青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「各々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~台所 台所~ 史~ ~右 右~ ~右手 右手~ 号~ 司令~ 吃驚~
各々~
各地~ 各自~ ~合 合~ 合い~ 合う~ ~合せ 合せ~ 合っ~ 合った~

「各々~」 1241, 13ppm, 8559位

▼ 各々~ (434, 35.0%)

4 人の, 家に 3 家の, 心の, 意氣と, 時代の

2 [32件] モナドは, 任地の, 価値の, 個性による, 元素は, 国民は, 境遇が, 変数が, 小都市, 意見が, 手に, 文字を, 文章さらに, 方向を, 時代に, 時代を, 渓谷から, 生殖器で, 生活, 生活を, 瞬間は, 私事に, 精根を, 美しさ, 職場で, 角度を, 角度各々の, 車は, 通路を, 部分に, 部屋へ, 顔に

1 [350件] いくらか, いのちに対する, お宮を, かおが, さめはてた心, その胸, それぞれの, ふるさとを, もつて, ものすら, ものに, ものには, ものは, ものを, イデオロギー実現の, エッセンスを, エネルギーには, クラブは, テーブルで, テーブルの, ホテルには, モナスは, モナドの, 一つの, 一方に, 一点に, 不統一, 不規則な, 世界に, 世界は, 世界を, 両手を, 主義者等は, 主観的文学者は, 事情により, 事柄は, 人が, 人たちの, 人は, 人格の, 人物が, 人間には, 以前の, 仲間に, 任務に従って, 作り出すもん, 作家が, 作家たちを, 作家の, 作家は, 來た, 例について, 供給と, 保留せられ, 個人が, 個性が, 個性の, 個性を, 個性をこそ, 候補者の, 値である, 側で, 入りみだれた恋, 内側に, 再檢討, 写真は, 出身中学校とを, 分別なり, 分度, 分担を, 分業併せたる, 分科的な, 分量でも, 分量を, 切なさ, 初速度, 利潤に, 前には, 前の, 劇団に, 動きの, 勘定を, 務を, 勤めによって, 勤勉さを, 卓子から, 卦に, 卦の, 句の, 合計の, 名を, 品を, 商品の, 図について, 国内及び, 国語と, 國に, 在るべきところ, 地で, 地元に, 均斉の, 場合に, 場所に, 変化には, 変換群に対して, 大名から, 大慾望, 大臣の, 大阪弁を, 天体の, 夫は, 好きな, 好みで, 好みに従って, 好むところ, 妻の, 妻子全部と共に, 姿を, 威神力を, 子供たちは, 子供達三十余名が, 子弟もしくは, 孤独という, 学問の, 学派は, 客観的な, 宣言は, 室ごとに, 家から, 家には, 家は, 家庭に, 家庭の, 家筋の, 容器によ, 富の, 寝所に, 専門に従って, 専門的な, 専門雑誌が, 小枝, 山が, 峰の, 巣を, 帰途に, 平々凡々な, 年數が, 幾何学の, 床屋の, 座標には, 建物は, 影を, 後から, 徳に, 心を, 心記憶愛と, 必然な, 思考と, 急所急所を, 性格とが, 恋を, 息づかいと, 悲願を, 想いは, 想像を, 意に, 愛情の, 戸口に, 所存を, 手が, 手足が, 才能に従って, 才能を, 拠点に, 持ち前に, 持ち前を, 持つ階級的積極性, 持場に, 指からは, 故郷である, 敵を, 旅館に, 旗号を, 日本の, 星では, 映画を, 時に, 時代幼少の, 景色の, 智能と, 最善を, 有効需要が, 有効需要と, 札につけ, 朱印を, 材料に, 植民地について, 楽器の, 概念が, 構成機能に, 様式によ, 標準の, 機械は, 櫓へで, 欠陥を, 武器を, 歴史の, 民族の, 民族は, 民衆の, 気心で, 水滴とで, 永遠の, 流義で, 激しい放心, 火の, 炉が, 点に, 焼跡に, 父の, 物を, 特別な, 特定の, 特殊な, 独楽の, 独自の, 献物によって, 班長を, 現象と共に, 理想に, 環が, 生きかた, 生みだした美貌, 生活の, 生活表現を, 生産に, 生産部門の, 異った, 異なった主義者, 疲れた頭脳, 疲れた頭腦, 発病の, 皿の, 目の, 眉の, 真実が, 眼を, 瞬間と共に, 石の, 社の, 社会で, 科学は, 科學は, 秘密集会所で, 稀少性と, 稀少性の, 種類を, 窓から, 窓に, 竈の, 立場から, 立場が, 立場で, 立場と, 立脚点から, 端が, 竹が, 精気の, 細君を, 細胞と, 組長が, 絵を, 美が, 群に, 群には, 群れを, 考へは, 考も, 者は, 耳に, 職分と, 職務が, 職域に, 職場において, 肩を, 胸で, 胸に, 胸には, 胸の, 脚の, 膳に, 臆測について, 自我を, 色の, 色を, 花瓣の, 若い衆が, 荷物を, 葡萄酒について, 血と, 行が, 街に, 衛星の, 衣服を, 製造業者によって, 要素を, 角度と, 言葉が, 言葉に, 訂正が, 訓戒を, 詩人が, 詩人によ, 詩論を, 誇りと, 読者を, 講座には, 負うべき責任, 販売曲線は, 買手及び, 質の, 趣味が, 足音が, 身の, 軒からは, 軒を, 道を, 部分, 部分を, 部屋が, 部屋である, 部屋に, 部屋の, 部屋を, 部門と, 量が, 量と, 量に, 量は, 間とに, 階段あり, 面に, 領内には, 領域は, 頭に, 頭脳に, 頭腦に, 風景に, 食物も, 高下関係も

▼ 各々その~ (55, 4.4%)

2 位置に, 新しい教室

1 [51件] うちの, こころざしを, 一端を, 中心を, 中隊には, 人その, 位によって, 便に, 個性に, 先発見の, 分である, 勢力範囲を, 土地の, 女房を, 好むところ, 学祖の, 專門的見地から, 工場に, 工程形態によって, 席へ, 志を, 感受する, 懷中に, 拠る処, 指導を, 斜面を, 族の, 日に, 時代に, 本尊が, 本性を, 特色を, 特長あり, 生活の, 生活を, 用途を, 禄高に, 精鋭を, 職域に, 膝の, 西南側に, 親達が, 觀察を, 身を以て, 重要性を, 鋒尖, 長所によって, 長所を, 階で, 領国に, 題目について

▼ 各々~ (54, 4.4%)

2 一つの

1 [52件] ある物, いかなる額, お互いに, お互に, すでに走り去る, その奉ずる, たつた一人, つくる大, つながりの, もつ二つ, より高く, タイプとして, 一つずつ, 一つずつの, 一本の, 一粒ずつ, 二個の, 人間の, 何れも, 作り出すもの, 作用する, 受持った五本, 好きな, 孤立した, 寺院の, 小さな罨法鍋, 屡々えらい, 履物を, 彼れ, 思い思いの, 思ふ事々, 意匠した, 所有する, 持ち出して, 最後の, 毛利方に, 永遠の, 満足な, 演劇好きで, 生れながら, 発表的だ, 盃を, 目を, 美しき場所, 考へて, 自ら消費する, 自ら百姓の, 落着い, 虫の, 鉛筆と, 長さ八フィート, 高い標準

▼ 各々~ (44, 3.5%)

2 就いて

1 [42件] ひたむきに, まぎれも, シガレット九本マッチ浄水薬便所の, 一ツずつ, 不機嫌な, 云う, 人気の, 人間の, 伝え置きたり, 入って, 全心, 其利其畜其穀として, 割当てられるであろう所, 加留多に, 勝手な, 反射し合い, 名が, 向けて, 君自身に, 大体一定の, 大太鼓, 大雨を, 奴隷の, 実現された, 感状を, 持つの, 東と, 歌留多に, 殺戮されるべき, 気を, 注がれた, 燃ゆる, 特定の, 特色が, 異る, 自覚を, 見舞状を, 話を, 贈られた, 酒を, 附随する, 靄が

▼ 各々~ (25, 2.0%)

1 [25件] これを, その購買, それに, ただみづか, なるたけそうでない, 一々生活, 一〇クヲタアの, 二商品の, 今日から, 以前の, 価格を, 出版現象としては, 別々に, 可なり, 同じく山下, 夫, 小諸寒し, 攻め入って, 森林に対して, 皆この, 相信じ, 薩藩士として, 衣類箪笥だの, 製造業者よりも, 非常に

▼ 各々~ (24, 1.9%)

1 [24件] が一旦, が争っ, が平生, が志, この敵, なかなかうまく, にあの, にかほど, に分からなかった, に御, のお話, の忠言, の随意, はこ, は拙者, は誰方, も大名, も御, よろしく, を信用, を処刑, 今や予, 近うお, 静まられい

▼ 各々自分~ (12, 1.0%)

2 の家, の椅子 1 こそ此, のすき, の地位, の生活, の目的, の職域, の部屋, の野心

▼ 各々独立~ (11, 0.9%)

1 [11件] した人間, した箇々, して, する外, なもの, な即ち, に創作, に変化, に考え, の尊厳, の目録

▼ 各々~ (9, 0.7%)

1 その納音, 中心として, 反対給付と, 成立させる, 母胎に, 真にユニーク, 突発的に, 第二次的, 色々の

▼ 各々~ (8, 0.6%)

1 った光りを, った心, った意義, った構図, って, るに, る形, る身の上

▼ 各々から~ (7, 0.6%)

1 五を, 借りられるの, 區別される, 十分の一が, 得られる粗生生産物, 申し出た肥後, 蛋白質脂肪含水炭素の

▼ 各々勝手~ (7, 0.6%)

1 な世界観, な方向, な方角, な語, に保存, に句作, に味わい楽しむ

▼ 各々一個~ (5, 0.4%)

1 の形式, の神, の神格, の童子, の謀將

▼ 各々違った~ (5, 0.4%)

1 しかつめらしい言葉, 売場から, 文体を, 種類の, 言語や

▼ 各々において~ (4, 0.3%)

1 同一の, 同様の, 売買は, 種々の

▼ 各々には~ (4, 0.3%)

1 いずれも, 判読に, 同樣, 異る

▼ 各々によって~ (4, 0.3%)

2 所有せられる 1 支払われる全額, 用いられる固定資本

▼ 各々~ (4, 0.3%)

1 とめるところ, よく存じ居るべき, 何よりも, 知つてゐるだらう

▼ 各々~ (4, 0.3%)

1 の金, の金五十円, へ引こん, をたて

▼ 各々~ (4, 0.3%)

1 にとり別け, に数枚, は連ね, を振り動かし

▼ 各々これ~ (3, 0.2%)

1 に応じ, を一刀, を祖述

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 がつた名, がつた平面, がつた特質

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 一所に, 交換せられる, 独特な

▼ 各々における~ (3, 0.2%)

1 労働者に, 増加率は, 歴史的法則は

▼ 各々について~ (3, 0.2%)

1 内部から, 皆ちがっ, 霜柱を

▼ 各々に対する~ (3, 0.2%)

1 利用と, 批判と, 記者の

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 かたまり一, と間, ばん適する

▼ 各々全く~ (3, 0.2%)

1 別個の, 異って, 異つた方面

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 である, ながら甚だ, の途

▼ 各々別々~ (3, 0.2%)

1 の傳説, の周囲, の興味

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 にバット, を揃, を袖

▼ 各々孤立~ (3, 0.2%)

2 して 1 の道

▼ 各々~ (3, 0.2%)

1 の写本, の業, の舟

▼ 各々特色~ (3, 0.2%)

1 があった, のある, を発揮

▼ 各々異なれ~ (3, 0.2%)

1 どいずれ, ども一度, 皆同一の

▼ 各々相違~ (3, 0.2%)

2 して 1 がある

▼ 各々~ (2, 0.2%)

1 綱を, 辭儀を

▼ 各々この~ (2, 0.2%)

1 神苑で, 程度の

▼ 各々に対し~ (2, 0.2%)

1 せり上げの, 価値尺度財で

▼ 各々一本~ (2, 0.2%)

1 ずつ細い, の大身

▼ 各々二階~ (2, 0.2%)

1 に三人, を建て増し

▼ 各々五〇磅~ (2, 0.2%)

1 すなわち一年, の労賃

▼ 各々他人~ (2, 0.2%)

2 に判読

▼ 各々全力~ (2, 0.2%)

1 の発揮, を尽し

▼ 各々其欲~ (2, 0.2%)

1 するま, する所

▼ 各々分裂的~ (2, 0.2%)

1 で強, で強いて

▼ 各々単独~ (2, 0.2%)

1 で戻られた, にきく

▼ 各々土地~ (2, 0.2%)

1 の社寺, を私有

▼ 各々彼ら~ (2, 0.2%)

1 の座, の財貨

▼ 各々得意~ (2, 0.2%)

1 ありさ, の伎倆

▼ 各々~ (2, 0.2%)

1 をぬきとりつ, を取っ

▼ 各々~ (2, 0.2%)

2 に分裂

▼ 各々~ (2, 0.2%)

1 ひ雰囲気, や詩

▼ 各々独特~ (2, 0.2%)

1 な外延, の思想

▼ 各々独自~ (2, 0.2%)

1 なもの, の境地

▼ 各々~ (2, 0.2%)

1 ありです, ありといふ

▼ 各々維新~ (2, 0.2%)

2 の大業

▼ 各々~ (2, 0.2%)

1 の混沌, をおどらし

▼ 各々自己~ (2, 0.2%)

1 に相当, を防衛

▼ 各々自然~ (2, 0.2%)

1 に備わる, の美しい

▼ 各々部署~ (2, 0.2%)

1 につい, を定め

▼1* [419件]

各々〇・五インチである, 各々あたり見, 各々ある時機に, 各々いろんな相手を, 各々おきめになっ, 各々おのが領, 各々おのれの外衣, 各々お立ちを願います, 各々かくて人生, 各々かへつて謝罪した, 各々くちの中, 各々すいと出, 各々すすけたツヤが, 各々そのある説を, 各々その道に倒れ, 各々それ自身では欠けたる, 各々そんな境界を, 各々ちがった幅の, 各々支払ふ, 各々との間に, 各々どれだけ破壊, 各々にとつて唯一な, 各々にとり最も有利, 各々に対してせり上げの, 各々はげしい自愛を, 各々はげしく戰鬪を, 各々ひそかに武具, 各々ひどく違って, 各々ひろげて縋る, 各々ひろげまして棚, 各々面会する, 各々まつしぐらに水を, 各々みずからを全体社会, 各々つて來て, 各々より大である, 各々わが家庭へ, 各々わが家へ持ち帰った, 各々ゴンドラの制服, 各々スケートの包み, 各々ノルウェイ協會デンマルク協會とを組織, 各々バタをふんだんに, 各々バラバラに事件, 各々一〇〇八〇及び七〇封度, 各々一〇日ずつの三つ, 各々一〇磅だけより多く, 各々一たび見えて, 各々一つずつ離せる, 各々一ツ御用意, 各々一万一千を超え, 各々一丈ばかりもある, 各々一二年乃至数年, 各々一人づゝの怠け, 各々一八〇一七〇及び一六〇クヲタア, 各々一冊ぐらい読む, 各々一字ずつの仮名, 各々一定の組織, 各々一室を占め, 各々一家をなし, 各々一小隊が加, 各々一席弁じて, 各々一性ヲ献ジ, 各々一日の労働, 各々一時間位宛おくれちまった, 各々一書を著, 各々一杯五銭のコーヒー, 各々一東一西に別, 各々一流の曲者, 各々一片ずつを与え, 各々一理あること, 各々一生懸命になっ, 各々一疋の蝦, 各々一空壺中に唾かし, 各々一虎あり晋安王, 各々一輛ずつとほか, 各々一輛づつとほかに郵便, 各々一部分でくっつい, 各々一風変つて威風は一々, 各々一騎を切, 各々七重塔一区を敬, 各々を以て計, 各々三万デシャチンの田地, 各々三十ブッシェルないし六十ブッシェル, 各々三十分位ずつ吾, 各々三四尺ずつ違う, 各々三字以上の語, 各々三本ずつという畸形児, 各々上下の二個, 各々上膊部の中央, 各々下宿へ陣取る, 各々下馬して, 各々与える所の, 各々腕を, 各々主人公の何もの, 各々主張して, 各々主観的な我, 各々レヲ, 各々争って働き, 各々二つに分れ, 各々二つ宛の寝台, 各々二三人ずつ一団, 各々二三本の大きな, 各々二人ずつ二個, 各々二人引きの人力車, 各々二十坪ほどの庭, 各々二合づつ一日に都合八合, 各々二拾円に充たない, 各々二階建である, 各々五・三分の一人以上の子供, 各々五十キロの焼夷弾, 各々五百人ばかりの勢, 各々五種づゝ含んで, 各々交互に伸縮自在, 各々交替で附添夫, 各々享楽した方, 各々によって答, 各々今日見るが, 各々に職業, 各々位合点か, 各々かによって自分, 各々何かとカングルところも, 各々何升かの水, 各々作者その人, 各々価値において一〇〇磅, 各々便利の思想, 各々保つてゐる, 各々倶楽部を持っ, 各々偉いとする, 各々傍若無人であつ, 各々の位置, 各々先生の詩情, 各々の緒, 各々六十人分の常, 各々を出し, 各々其の経験を, 各々其人ヲ中心, 各々其使命を帯び, 各々其味方をなし, 各々其國を國, 各々其國民精神ト建國歴史ヲ異, 各々其天然ニ備ハラザルコトナク皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 各々其字句の下, 各々其所領において互に, 各々其方物を貢, 各々其誤謬を残し, 各々内側に向い合っ, 各々内容の量, 各々冷めたい孤立で, 各々で来た, 各々出鱈目を並べ, 各々を一本づゝ腰, 各々を收め, 各々分れてゐる, 各々別個に持つ, 各々別室に留置, 各々利害がある, 各々利用の方法, 各々に皿, 各々前日捕えた魚, 各々前頭筆頭の力士, 各々収入によって, 各々割り当てられた部屋に, 各々割拠して, 各々を合せ, 各々動機がバラバラ, 各々勝手気儘な方向, 各々勢力を争, 各々勲章を受領, 各々十フィートを越し, 各々十五ルーブリを私, 各々十個取り出し, 各々十数個の花, 各々十畳に四畳半位, 各々半周し中央, 各々占拠の地, 各々肌脱ぎにな, 各々反対に走らせ, 各々反発力を有, 各々取り済した円陣を, 各々同じからざる, 各々同一の資本, 各々を成し, 各々味方を得, 各々哀歓悲喜の音曲, 各々をつき, 各々四本の支持物, 各々四杯も代, 各々囲炉裏の傍, 各々国家に対する負担, 各々國家に對, 各々地位を異に, 各々夏祭を行う, 各々を向い, 各々多くの場合専門語, 各々多少の手疵, 各々多数の点, 各々を成す, 各々の方向, 各々天分がある, 各々太閤を諫め, 各々奉れる歌を, 各々奉仕販売するの, 各々好みあり趣味は, 各々好める歌ぶり十首許り, 各々好もしい形を, 各々如何に生, 各々を埋め, 各々存在の価値, 各々守備位置にあり, 各々定めたといふ事, 各々家々へ散らばった, 各々家族と友達, 各々家畜の喰, 各々密議をこらす, 各々富裕な權高, 各々寮長があった, 各々対策を講じ, 各々専門の次官, 各々小具足を着け, 各々山人らしくこの世, 各々峭立して, 各々巍然としてその, 各々巡視したが, 各々の家, 各々帰省せしめたもう, 各々幸福だという, 各々幽かに万物照応, 各々幾らかの穀物, 各々広間に通じる, 各々に潜り込ん, 各々当るべからざる気焔を, 各々役人を京, 各々徒荷を持っ, 各々一人宛で, 各々御存知の如く, 各々心願書を幕府, 各々忌詞あって, 各々怠ること勿れ, 各々に従って長短, 各々悟れかし, 各々意義深い功績, 各々意見を交換, 各々感心にも日記その他, 各々を張らず, 各々我命を惜む餘, 各々る食物, 各々戦闘の片影, 各々を得, 各々所在なげである, 各々扁平銅條を外, 各々をあけ, 各々手の平に試み, 各々手分けをし, 各々抱負や目的, 各々抵抗したり, 各々だよ, 各々持ち場があっ, 各々政府に対し一〇〇磅, 各々教区換言すれば, 各々数千を国境, 各々数年露国に留学, 各々数百名の党, 各々敵方の藩, 各々うした, 各々新三郎さま松島治郎二さまと申します, 各々方今夜はお, 各々方左様では, 各々方平壌の二の舞, 各々方酒も大分廻つたやう, 各々旅費の借用, 各々旅館はあるらしい, 各々に何回, 各々日本人にし, 各々明らかな意味, 各々明るい窓ぎわに, 各々明治まで十三, 各々本尊を貌, 各々枢機に参じ, 各々染心を生じ, 各々椅子を引き寄せ, 各々楕円を描い, 各々を異に, 各々様々の色, 各々様ゆえ別して御, 各々欠伸を洩し, 各々止むなき表現を, 各々正当の夫, 各々歴史的地理的環境によってその, 各々が気, 各々気持ちをたかぶらせ, 各々氣候あり然, 各々法衣めきし黒衣, 各々をなし, 各々浮びあがるだらうと思ふ, 各々海軍の勢力増大, 各々を流し, 各々邪氣な, 各々無限の憂, 各々片手にはロザリオ, 各々特に一期を, 各々特種の職業, 各々特赦などに会っ, 各々犯人を別, 各々独得の技倆, 各々独立独歩のもの, 各々から受けた, 各々現実的利益を動機, 各々球形の質塊, 各々生命を気遣いし, 各々生死且つ省みる, 各々生産する貨物, 各々生産事業に従事, 各々用意の通り, 各々異なつてゐ, 各々異なって居る, 各々異なつてゐる, 各々異なるのである, 各々異国の名人位, 各々百名の人間, 各々皆特色がある, 各々皇女をし, 各々目ざす方へと, 各々直角に交っ, 各々譲らざる功労, 各々相手の様子, 各々相扞格して, 各々相當な文化, 各々相識らざる者までも皆, 各々真行草があります, 各々短所を持っ, 各々研究会の方, 各々神髓あり各々, 各々私たちの仕事, 各々私交はあっ, 各々私田を開墾, 各々租借し次第に, 各々稲羽の八上比売, 各々立膝となっ, 各々箇立して, 各々紙上に躍動, 各々素晴らしく芸術上時に, 各々細長い筏を, 各々紹介者がある, 各々して, 各々纏頭這うよう, 各々職域を守つて, 各々に腹巻, 各々背後にその, 各々腹ちがいの二十八, 各々藩の, 各々自ら独自の見解, 各々自作の作品, 各々自利利他せしむと, 各々自国の発明, 各々自宗を最, 各々自家識見の象徴, 各々自説を固守, 各々自身の専業, 各々苦しみおるではない, 各々菓子が這入っ, 各々蓮子にし, 各々蝸牛の殻, 各々蝸牛角上の争, 各々行われている, 各々西北角や泰安門, 各々覚悟をかため, 各々罵りて, 各々言わねど奥州出羽, 各々設けの席, 各々認め合っていた, 各々誓いを立て, 各々語り各々歌, 各々警察隊応援の目的, 各々議論がある, 各々豊富な感情, 各々赤坊を抱い, 各々の先, 各々を三つ, 各々車夫二人つきの人力車, 各々輝いて居る, 各々辿るべきをたどった, 各々近くの廣場, 各々近代裝備はなく, 各々違う職業の, 各々違っています, 各々違ってるから一概に, 各々違つた術語を以て説明, 各々適宜に入れる, 各々適材適所に振り向け, 各々遺書一通あり尚, 各々郊外の吾家, 各々郷里から間違, 各々配下のパンパンガール, 各々重い錘に, 各々金一ケセタと金, 各々釣竿を持っ, 各々を肩, 各々鋭い眼付で, 各々長所があっ, 各々長鳶口長熊手打鈎, 各々関係の場所, 各々防空監視員が乗りこん, 各々隊伍整ふる, 各々随喜恭礼されたなど, 各々際限もなく, 各々が雌, 各々面小手を付ける, 各々音読を始め出した, 各々順序を以, 各々を絞った, 各々頭奉行を定め, 各々頭部に斧, 各々額縁に入, 各々を洗, 各々飛行機で来, 各々をねじまげ, 各々首府の名前, 各々高く双の, 各々高瀬を攻略, 各々黒い影を