青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「咄嗟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命令 命令~
咄嗟~
和~ 和尚~ 和歌~ 咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉

「咄嗟~」 1042, 11ppm, 9656位

▼ 咄嗟~ (577, 55.4%)

14 身を 11 彼は 6 私は 5 それを, 思いついて 4 彼の, 思った, 頭に 3 決心を, 眼を, 考えたが, 言葉が, 顔を

2 [32件] そこの, それと, めくるめく狼狽, わからなかった, ペンを, 九鬼が, 今日出発する, 兄の, 出たらめ, 印度人の, 右の, 大憤慨, 思いついたよう, 意を, 感じたの, 歩速を, 決心し, 決心した, 相手を, 答えられなかった, 考えた, 考えたの, 考えて, 自分に, 自分の, 自分も, 自分を, 見て, 転換した, 返事が, 返辞が, 首を

1 [445件] あそう, あらゆる計算, あるだけの, あゝ云う, あ感電, いい口実, いい智慧, いうべき言葉, いろんな男, うしろへ, お暇, お糸, かういふ悪戯, かう云, かれの, かれは, きっぱりと, きめるか, きめること, くるりと, こういった, こう思いました, こつちの言葉使, このよう, この壁, この大金, こんな事, こんな夫婦, ごまかすと, さうし, さう思, さう考へた, さっきの, しでかして, すべての, そう信ずる, そう彼, そう思い, そう思った, そう考えた, そちらの, そのため, その上, その二つ, その名, その女, その欣び, その気持, その決意, その狼狽, そんなこと, そんな錯覚, つくられた言葉, つけ加えた, つけ加えました, どうした, どう答え, どう考え, なにか得物, なにも, なにを, なると, にらみかえして, ばつの, ばらばらと, ぱっとまた, ひとりの, ふと見た, ふり返っ, ふり返った, ぼくが, また, また槍, みだれた心, むらむらする, もう明日, もう突っこん, ゆき子が, よろしいと, わしを, キッと, チャップリンの, テエブルを, デカダンス失格を, ニコと, ハネ起き, ヒラリと, 一の, 一切悟つた彼は, 一歩後ろへ, 一歩退い, 上から, 上に, 両の, 主人の, 亀吉から, 了解した, 了解する, 二つに, 二人は, 二組に, 云い捨てた言葉, 云った, 云って, 亡くなつた夫, 今度は, 今後病院へ, 佐兵衛の, 佐古は, 体を, 何と声, 何と答え, 何を, 何事か, 信二は, 俺は, 傍なる, 働きました, 僕は, 僞小判の, 先頃からの, 兎角の, 凡てを, 出た思いがけない, 出なかったの, 判断し, 剃刀を, 劇しく, 動くの, 半身を, 半開きの, 危険な, 又太郎, 反問した, 反対の, 取纒め, 口が, 口も, 叫ぶ声, 向うへ, 呟いた, 呟きながら, 呼び止める意欲, 命じました, 命を, 哥薩克は, 塀を, 壁へ, 声を, 変った, 変つた, 外套の, 大将の, 夫の, 女の, 女性の, 妹の, 妾の, 子分たちが, 孝一は, 官員の, 実に驚くべき, 実行しよう, 寂寞と, 寝間着の, 寿女は, 寿女も, 射撃号令を, 小一郎は, 小判を, 小屋の, 小林は, 小次郎が, 小田島を, 尺ばかり, 岩の, 左に, 巧いこ, 巴里楼の, 平仄を, 平常の, 床へ, 度を, 延びて, 弓子が, 引ッ奪, 彼女が, 彼女には, 彼女の, 後を, 御方の, 心で, 心にも, 快濶, 思いあたって, 思いついた, 思いついたの, 思いつきました, 思いましたので, 思い付いた, 思い出したの, 思い当った, 思い返したが, 思うこと, 思ったが, 思ったそう, 思ったの, 思って, 思つた, 思つたから, 思つたのは, 思ひあ, 思ひかへ, 思ひついたの, 思ひついて, 思ひ出して, 思ひ出すこと, 思ひ切つて, 思ひ得た窮余, 思案し, 思案の, 息を, 想い出すと, 想像し, 意味が, 意味は, 意味も, 感じた, 感じた全部, 感じた然し, 感づいたの, 態度を, 懐の, 我毛利先生の, 或る, 戦争に, 手を, 手紙を, 手近かな, 才覚が, 折れ槍, 抜き合わせた玄蕃, 抜き払ったその, 拳銃を, 指環を, 振ひ落して, 振り返つた, 捨てて, 掛かった真, 提灯を, 放浪を, 敏捷な, 整理統一し, 敵と, 敵を, 敵意の, 文句を, 断行する, 新九郎は, 旨く処分, 曇つて了つた, 書き綴った願文, 望月に, 望月刑事の, 木崎は, 本能的な, 本街道, 棒を, 椅子の, 構えて, 構へを, 権六どのと, 横へ, 横断の, 次の, 此奴だ, 武蔵は, 死を, 死んだこと, 死んだの, 殆ん, 気がついたもの, 気がつかなかった, 気狂いでは, 気軽く陳, 求めなければ, 決心が, 決心する, 泛ば, 泥んこで, 泥土を, 洒落も, 浅次郎の, 浜子の, 浮かばないので, 浮んだの, 浮んだ形, 混乱を, 渋面を, 湧いて, 澄江の, 濠の, 無言の, 牽き出されたから, 犯人は, 現わし, 甘い言葉, 生命を, 町人の, 疑いは, 発見した, 登勢は, 直感した, 直覚した, 相手が, 看護婦が, 真相が, 眼ま, 硬くなり, 祖父は, 私にも, 稚児の, 稲妻の, 空に, 穿きちがえたもの, 突きえぐって, 立ちあがると, 立とうと, 答えが, 答えた, 答えに, 答えも, 答えられずだまって, 答えられなかったの, 答えられるわけ, 答えること, 答える術, 算盤を, 素早く思, 結びつき身体中, 緊張した, 羅門一流の, 習慣的に, 翔び立つ心構え, 考えが, 考えたん, 考えられるの, 考え出されたから, 考え出そうと, 考へ, 聞いたから, 職業がら釘勘の, 胸に, 脇へ, 脱いだ毛糸, 腕を, 腰の, 腰掛の, 腹を, 膝を, 自分が, 自分で, 自動車は, 自由に, 良い返答, 荒尾の, 蓋を, 蜘蛛の, 表情に, 表戸, 裃の, 見くびった金井一角, 見のがさなかった, 見分けが, 見当が, 見破ったの, 覚悟を, 覚束ない, 言句も, 言葉は, 言葉を, 詩集を, 説明する, 誰へとも, 謙虚な, 警備の, 豹一の, 走ったらしかった, 起き上る刹那, 起った, 起ったある, 起った此, 起った激しい, 起りし騒動, 越せなかった, 足を, 身をかは, 身仕度を, 身構えて, 身構える姿勢, 身構えを, 身構へながら, 躱して, 車を, 辨ずる手際が, 返事を, 返答できず, 迷うこと, 退くべきからだ, 逃げこんで, 逃げようと, 逃亡を, 逆上し, 通り過ぎた, 過ぎる影, 道子の, 道子は, 適当な, 適當な, 部屋の, 都合よく, 酒場での, 酬いて, 針を, 鉄扉を, 長門は, 門の, 閃いたの, 間近く進み寄っ, 降って, 隣りの, 隱された, 雷発し, 電燈の, 頭の, 頭を, 顎十郎の, 飛びか, 飛びかえり建物, 飛びかかったが, 首をね, 馬の, 馬首を, 髯男は, 麦藁帽子を

▼ 咄嗟~ (401, 38.5%)

148 間に 9 うちに, 間の 8 間には 7 あいだに, 間にも 6 場合に, 際に 5 ことで 4 間で 3 出来事に, 考えで, 表情が

2 [16件] こととて, さきも, まに, 事で, 五郎兵衛の, 出來事で, 出来事だった, 場合さすが, 思いつきで, 思いつきに, 急に, 感じは, 機転で, 気転で, 瞬間に, 間ながら

1 [151件] いろいろの, おそろしい叫喚, お夏, ことだった, ことであった, ことな, ごまかしで, その早, 一瞥で, 不安を, 不快感に, 中では, 事, 作で, 働きに, 働き生垣, 内に, 処置に, 出來事です, 出来ごとで, 出来事で, 出来事であった, 出来事を, 刹那にすら, 動きに, 動揺を, 勘で, 勢で, 危急が, 反撥の, 同情を, 吐瀉の, 問答を, 嘘を, 場合そこへ, 場合それを, 場合だ, 場合で, 場合です, 場合では, 場合と, 場合とて, 場合の, 場合まず, 場合ハッ, 場合作り声では, 場合僕は, 場合先ず, 場合判断を, 場合双方とも, 場合品物を, 場合外に, 場合小松に, 場合思った, 場合思わずこう, 場合津田は, 場合私の, 場合私は, 場合薬箱を, 場合詰と, 場合闇太郎にも, 好奇心から, 安心感は, 宙が, 幻想に, 弁明に, 弓なりの, 心持に, 心構えが, 心理は, 応答に, 思い付きを, 思い立ち, 思ひつき, 思案で, 急には, 恐怖に, 恨みだった, 想いに, 感じで, 感じでは, 感情に, 感慨あたかも, 感激から, 手が, 手に, 撮影の, 文章にて, 早業の, 智惠で, 智慧だった, 智慧でも, 智慧を, 本能的な, 構えは, 機が, 機智で, 機智彼は, 機転を, 武器の, 気持に, 気転手拭に, 牢固たる, 用には, 目つぶしの, 私の, 考えが, 考えは, 考へに, 考察, 聯想に, 職業的意識に, 肚を, 行動で, 衝動から, 衝動で, 衝動を, 表情には, 表情を, 言い逃れだったが, 言葉が, 言葉は, 調子に, 謀計で, 趣向かと, 返辞に, 逆転に, 進退を, 遅を, 遊戯としては, 間いかで, 間お, 間その, 間であった, 間ですが, 間では, 間ガラツ八はさう, 間世にも, 間側へ, 間其答の, 間散策子は, 間遂に, 防禦に, 隙に, 際だった, 際にも, 電火作用は, 駭きであった, 騒ぎに, 驚きで, 驚愕に

▼ 咄嗟には~ (26, 2.5%)

1 [26件] あの疎ら, こうまで, それすら, それと, つと思つて, むっといたした, わからなかった, 内の, 分らないよう, 分らなかったが, 刎ね, 判らなかった, 口が, 幻が, 役立たないもの, 思い出せない様子, 思い出せなかった, 思い出せませんでした, 打身の, 杖槍を, 気がつかなかつたさ, 浮かんで, 秘勅の, 空間に, 答えられなかった, 起らなかつたの

▼ 咄嗟~ (8, 0.8%)

1 ことに, のだ, キザな, 不自然が, 出会いな, 場合二人は, 振舞いが, 神経に

▼ 咄嗟~ (2, 0.2%)

1 何の, 言葉に

▼ 咄嗟にも~ (2, 0.2%)

1 うかうな, 直ぐに

▼1* [26件]

咄嗟あぶなかったの, 咄嗟この事態に, 咄嗟そくの, 咄嗟そこを支えた, 咄嗟その意志を, 咄嗟そのまま虎之助は, 咄嗟たたき落としたものの娘, 咄嗟し馬, 咄嗟でありあまりに芝居, 咄嗟では貝, 咄嗟見向かんと, 咄嗟という秒間には, 咄嗟につつーっと, 咄嗟ニ予ハタオルノ上カラ両肩, 咄嗟一歩の時, 咄嗟反撥的な力, 咄嗟城太郎は真っ白, 咄嗟は左足, 咄嗟横ざまに馬, 咄嗟武蔵のみずおち, 咄嗟狙い澄まして, 咄嗟猫足のごとく納めた, 咄嗟紙門は鉄壁, 咄嗟燕に, 咄嗟長政のおどろくべき, 咄嗟を呼ん