青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「右手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

可能~ ~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~ 史~ ~右 右~ ~右手
右手~
号~ 司令~ 吃驚~ 各々~ 各地~ 各自~ ~合 合~ 合い~ 合う~

「右手~」 3893, 40ppm, 2878位

▼ 右手~ (1012, 26.0%)

26 方に 18 方へ 12 指を 11 指に 10 指で, 方の 9 壁に, 方を 8 指の, 甲に 7 刀を, 壁の, 拇指と 6 拳を, 隅に 5 ない男, 大刀を, 山の, 扉の, 指が, 方から, 方は, 甲で, 道から

4 [15件] ほうへ, 中指に, 人さし指を, 低い丘, 壁には, 崖には, 崖の, 拳で, 指先を, 爪を, 目の下に, 短刀を, 窓に, 肱を, 運動の

3 [15件] ものは, 中指を, 壁は, 奥の, 小指を, 岬の, 所に, 扉を, 拇指を, 指は, 掌を, 方には, 槍を, 親指の, 親指を

2 [72件] こぶしを, だらだら坂, ところに, なすところ, ほうの, むちを, やみの, シグナルば, マキリを, 一つの, 三本は, 丘の, 中指が, 中指で, 二本の, 人差指が, 低き, 剣を, 吹上の, 唐紙を, 塀に, 大刀は, 大釜の, 奥には, 小入口, 小指で, 小指と, 小窓, 小高いところ, 山が, 山を, 山奥に, 広間へ, 扉が, 手首を, 拳が, 指先で, 指先に, 方へと, 方通りの, 杉垣の, 杖に, 柱に, 棒を, 横から, 横町から, 樹木の, 沢を, 洋画のか, 甲の, 甲を, 短刀で, 空に, 窓の, 粗末な, 肘を, 草原を, 襖の, 親指と, 谷の, 路を, 路地を, 運動は, 闇の, 隅であった, 障子を, 雑木林に, 雑木林へ, 頭上には, 食指で, 食指と, 駱駝岩の

1 [564件 抜粋] あたたかさ, あたりに, あったところ, うちから, かの紫陽花, が副, が安川敬一郎氏, が斑尾山, が猪, きく人間, くぐり戸, くすり指に, こととて, さきで, さきを, しまった襖, ずっと遠く, そばに, たなごころで, ちょっと凹んだ, ところです, ない一個, ない人間, なかから, にぶいうごき, のぼりを, は白楊樹, ひとさし指で, ほうから, ほうで, ほうに, アルペジオなど, アーチを, オヤユビに, カーテンを, ガラス戸の, キリを, ギリギリの, コブシを, セーヌ河に, テラスに, テラスは, テーブルの, ド, ドアから, ドアが, ドアの, ドアを, ドスを, ハンドルを, ヒジから, ピンセットを, ピークから, フレンチ, ベンチに, ホールから, ホールへ, ボックスの, メスと, 一人へ, 一人グググと, 一刀を, 一方は, 一枚岩の, 一角に, 三ばんめに, 三尺の, 三軒長屋は, 上に, 上にも, 上の, 上方に, 下の, 下方から, 下駄箱の, 不恰好に, 丘には, 丘を, 丘山の, 中から, 中で, 中に, 中啓で, 中指には, 中新川を, 丸窓から, 二の腕で, 二軒長屋の, 五重の塔経堂ぬれ, 人さし指で, 人さし指の, 人差し指を, 人差指, 人差指だけが, 人差指で, 人差指と, 人差指に, 人差指を, 伊賀侍が, 低い板敷, 例の, 偏光の, 傍屋の, 働きぐらゐでは中, 入りこんだ平野, 入口から, 入口の, 公園の, 処に, 処置に, 凹壁に, 出刃を, 出刃庖丁を, 刀で, 刃を, 刄は, 切り妻壁に, 切口へ, 切口を, 別荘なぞは, 前へ, 前列に, 前面に, 匕首を, 卒塔婆の, 原に, 取付きの, 受付へ, 叢の, 台所の, 四本指を, 団扇を, 地下室に, 地唐臼である, 地平に, 坂を, 坂下には, 垂れ幕を, 埋れ木に, 塀の, 塔の, 墓地を, 壁いっぱいに, 壁が, 壁ぎわに, 壁について, 壁を, 壁面には, 壕の, 外陣の, 大きい岐道, 大きな手袋, 大きな法螺, 大階段室, 太い指, 太刀それを, 太刀を, 太郎岬の, 奥に, 女湯, 安楽椅子の, 家々の, 寒竹の, 寝室に, 小さい部屋, 小さな丘, 小さな林, 小さな玄関, 小刀を, 小山の, 小座敷お客さまは, 小径に, 小指から, 小指に, 小綺麗な, 小道から, 小高い丘, 小高い岳, 小高い方, 小高き岡, 尺八を, 尾根へ, 屋敷の, 屋根裏です, 山々に, 山々には, 山の上へ, 山は, 山ひらに, 山刀の, 山脈は, 山腹に, 山蔭へ, 山裾に, 岡の, 岩の, 岩の上の, 岸から, 岸に, 岸には, 峯上に, 崖と, 崖下に, 嶺通りの, 川べりで, 川を, 川底の, 工場で, 平野を, 広い応接室, 広い穴, 広い空地, 床の間には, 庭に, 庭を, 廊下に, 建物へ, 弓が, 弛べて, 弦を, 形にも, 彼の, 急な, 戒刀を, 戸が, 戸だ, 戸だって, 戸を, 戸口より, 戸袋によ, 扇で, 扉から, 手のひらで, 手拭いで, 手綱を, 手頃な, 手頸を, 手首だけ, 手首に, 拇指で, 拇指な, 拇指の, 拇指より, 拳から, 拳に, 拳は, 拳も, 指さきを, 指と, 指にて, 指先から, 指先が, 指先の, 指先は, 指尖, 指紋だ, 指足の, 指頭を, 振袖が, 掌の, 掌中に, 支柱曉の, 斜め上の, 断崖の, 新しい赤煉瓦, 方が, 方で, 方も, 方をと, 方一間半ばかり, 方十間ばかり, 方地平の, 方川の, 方枕に, 方河岸伝いの, 方紫に, 方通りのは, 日本風の, 暖かく痺れ, 暗から黒い一物, 暗闇の, 書いて, 書架には, 木立が, 末に, 朱雀門から, 杓で, 松の, 松林の, 松柏の, 林を, 柄杓に, 栗の, 棒で, 棒も, 棚には, 森からも, 森の, 森林から, 椽側を, 構内の, 槌を, 横へ, 横丁へ, 横丁を, 横寄りに, 正面の, 武者窓づくりの, 池の, 沖合いには, 沖合に, 沖合へ, 沢は, 河底に, 泉水を, 法螺の, 深い草むら, 港に, 湖の, 潜り戸を, 炬火を, 炭車の, 煙突の, 煙管を, 爪が, 爪楊枝で, 片わき, 片隅には, 牛小屋の, 物置の, 独楽を, 狭い室, 玄関の, 玄關めいた, 玉姫神社の, 瓶と, 生垣から, 生垣の, 生濕, 町口に, 痩尾根を, 登りへ, 白扇で, 直ぐと, 直径二十町とも, 直槍, 短刀逆しまに, 石や, 石段の, 硝子窓には, 磧に, 禅杖を, 空家の, 空席を, 窓から, 窓からは, 窓下には, 窓口に, 端に, 竹簾の, 笛を, 筋肉の, 筥崎駅へ, 箱から, 箸は, 節立った, 納屋の, 細い中指, 細い小路, 細腰まで, 絵馬堂から, 緑の, 繁みの, 繊細な, 繩を, 羽目に, 耳かき樣な, 聖アンナの, 肉を, 肘の, 股を, 肱矢頃は, 背後に, 脇差を, 脈を, 腕に, 腕には, 膨らんだ峯, 臥牛山の, 自由が, 自由を, 舞台うらで, 芝丘に, 若葉の, 茶店名物芋団子やら, 草の, 落葉松を, 蔦の, 薄暗い谷底, 薄青い, 薙刀を, 薬指だ, 薬指でした, 薬煙草を, 藪が, 藪陰から, 血まみれな, 行の, 街の, 街角に, 街路には, 袖を, 袖口を, 袖軽く, 裏に, 襖際に, 西南に, 角が, 護摩木長, 谷に, 谷へ, 谷底から, 谷間に, 谷間には, 赤名山と, 赤樫が, 車窓が, 車窓には, 軍配の, 軍配団扇を, 軒近く看, 農家の, 近くへ, 迫持の, 通路から, 通路を, 道は, 道も, 道を, 道路に, 違い棚から, 遙か, 遠眼鏡山も, 部屋から, 部屋に, 部屋には, 部屋の, 部屋を, 金時山の, 金網の, 鈴を, 鉄扇が, 鉄扇に, 鉄扇は, 鉄扇を, 鉄棒を, 銃を, 鋭い鋏, 鎧通しを, 鎧通の, 長き物, 長屋の, 門柱に, 門番の, 閃刃が, 陣竹の, 隅の, 階下に, 階下の, 階段を, 障子で, 障子の, 隣家の, 雫の, 電燈の, 霞の, 鞘が, 鞭うばひ, 頑丈な踏み, 頭上へ, 風呂敷包みを, 飛火野へ, 食指が, 食指に, 食指を, 養源寺に, 饗庭の, 馬を, 骨ばったにぎりこぶし, 高い森, 高きには, 高さ, 高台に, 高札場丁度, 鳥居を, 鴨居の, 麓について, 黒い壁, 黒い革, 龍が

▼ 右手~ (998, 25.6%)

28 持って 8 握って 7 もって, 刀を 6 ピストルを, 見て 5 さげて, 並んで, 持ちながら, 提げて 4 下げて

3 [15件] ある組み重ね, しっかりと, して, つかんで, にぎって, 当って, 持たれて, 持ち左手, 杖を, 海が, 海を, 置いて, 見えて, 見ながら, 隠して

2 [63件] あって, ある, かかえて, かなり大きな, そのいちまい, それぞと, だらしなくぶらさがり, つかんだ, タバコを, ナイフを, ピストル左手に, 一軒の, 何かを, 例の, 刀左手に, 刃物を, 剃刀を, 剣を, 取って, 奥に, 小刀を, 山が, 建物が, 折れて, 抜き身, 抜身を, 持ち, 持ちそれ, 持ち替えて, 持った, 持ったまま, 持ったショベル, 持った一尺, 持った時計, 持つて, 捧げて, 掴んで, 提げたの, 提げたる百錬鉄, 握ったまま, 曲ると, 望みながら, 木刀を, 杓を, 棒を, 構えて, 火の, 牛の, 當る, 砥石を, 立って, 立派な, 籠を, 細身の, 繃帯を, 肩いからし, 脇差を, 行くと, 谷より, 鐘楼が, 降りて, 階段が, 高く捧げ

1 [741件 抜粋] あいての, あたつ, あった, あったの, ありペン, あり松, あると, あるわけ, ある化粧室, ある大釜, ある寺, ある小さい, ある広い, ある応接間, ある新刊書棚, ある書斎, ある父, ある窓, ある蜂谷良作, ある賢徳館, ある階段, いた, いた連中, うごいた, お母屋, お閻魔様, かくす, かけて, かざして, かまえた切, かまえました, きらめく河, きりたった崖, ぐっと握った, ぐっと握りしめ, さげたの, さげたまま, さげはい, さげヒタヒタ, さしあげて, さしておる, さらつた平次は, しっかり三十銭, すこし大きい, すぼめたまま, そしてときどき, そして力, そつと, その三角洲, その老人, その軒窓, それぞれ室内を, それを, だいて, ちょっとした支流, つかむと, つかんだ般若丸, つき漏れ出づるせきを白綾, つるして, とった, とまったと, とまって, とり左ひじ, ながめる比良, なる方, にぎったステッキ, ぬいた, ぬき左手, のぞみながら, ぱっと立ちのぼった, ふりかぶって, ふりかぶり左手, ぶらさげうまう, ぶらさげたまま, ぶら下げて, ぶら下げ左手, ほのかな, またドア, みて, もう得意, もちなおすと, もち左, もち手織り縞, もち直し度胸, もった光るもの, もつと, もつとか, やっぱりは, ゆるい坂, アルコールを, オーケストラバンド指揮者と, グッと, グランド, コップを, コンクリートの, シカと, ジャックナイフが, ステッキの, スプーン左手に, テントが, ドキドキ光る, ドンヨリと, ナプキンを, ニケ, ハンドルが, ペンを, ホテル・リュックスが, ポンプ井戸, マッチを, モンデトゥール街と, 一個の, 一升瓶すでに, 一合瓶左手に, 一寸小綺麗, 一本もっ, 一枚の, 一部平坦な, 一面灰色の, 三つばかり, 三尺五寸の, 上野の, 下駄箱が, 並んだ窓, 中折帽を, 予て用意, 二つ, 二畳の, 井戸が, 伸子を, 住みすてられたよう, 何やら路, 使いなれた無, 傷口を, 元結を, 光る花鋏, 入った, 入るうねった枝路, 全山, 共同の, 円い金魚鉢, 出て, 刄物を, 利鎌を, 剣の, 割り箸を, 勅書を, 匕首を, 北海道の, 十ばかり, 十手を, 十番の, 半ば諏訪山に, 印刷所, 厚ぼったい紙, 厚ぼったく繃帯, 取ったるは, 取りつけられて, 取り上げて, 取り直し血, 受付の, 口の, 名刀般若丸を, 唖は, 四人左手に, 四十七番地の, 国境の, 国書を, 在る八尺位, 坐ったが, 坐って, 堅く握りしめられ, 堅く縛ります, 墓場を, 夕陽を, 大きなとても, 大きなメス, 大きな手銛, 大きな金づち, 大なる, 大事そうに, 大刀左手は, 大剣, 大山の, 大杯を, 奥まったところ, 奮ひ起つ, 妙な, 孤立してる, 寄せて, 寄りそ, 富士山が, 寝て, 寥々と, 寺の, 小さな部屋, 小さな銀色, 小卓, 小町針を, 少しの, 少年を, 尖剣, 山高帽を, 工場用の, 左へ, 左手は, 巨勢が, 差し上げて, 常用の, 帽子左手に, 平屋建の, 平野を, 庖丁を, 座って, 庭の, 廻ったの, 廻るな, 弓を, 引こうと, 引っ掴んで, 当たって, 当たりドシリ, 当り十兵衛, 当る下女部屋, 当る弓形, 御所の, 御隠, 心覚えの, 思いがけなく人, 懐を, 懐剣を, 所謂平和塔が, 扇子で, 扇子左手に, 手が, 投槍を, 折れる小径, 抜いて, 抜かれて, 抱えたは, 抱え夫人携帯, 押広げ, 拇指が, 持たせましたが, 持たせる恰好, 持ちあらあらしい, 持ちか, 持ちかえた, 持ちかえて, 持ちかえると, 持ちこ, 持ちそして, 持ち五, 持ち五六軒, 持ち変えた, 持ち換えて, 持ち素直, 持ち黙って, 持ったごく, 持ったま, 持ったる提灯, 持ったパイプ, 持ったマキリ, 持った光るもの, 持った差料, 持った洋杖, 持った白刃, 持った百円紙幣, 持った簪, 持った護符刀, 持った針, 持った鎗, 持つたの, 持つた出刄庖丁, 持つた簪, 持つた降魔, 持つの, 持つは, 持て潛, 持添へて, 指輪を, 振り上げ呆気, 振り袖を, 捧ぐる袖, 捧げた, 捧げた橘, 捧げつ, 接吻せり, 控所と, 掴んだもの, 掴んだ振分け, 提げたまま, 提げた品, 提げた黄色い, 提げながら, 握ったは, 握った坏, 握った様子, 握った煙管, 握つた煙管, 握つて, 握りさえ, 握りしめるの, 握り川手さん, 握り左, 握り締めたるま, 握り締め天地, 握り込んだまま, 握ると, 握る十二珊砲, 揮ふ, 搦み付く, 摺みたる, 擬したかと, 擬して, 支いた力杖, 支えながら, 文晁の, 斧を, 新しい世帯道具, 方って, 日本刀左手に, 景光を, 曲れそう, 望んで, 木の, 木鋏を, 杉丸太の, 松の, 松葉杖を, 枯れた前年, 柄子を, 柱時計, 株式取引所の, 楢崎向いあう, 樅の, 横山町も, 歯ぎしりし, 歸し, 水を, 水力発電所が, 永田組名入りの, 河を, 洋傘を, 活動小屋が, 消えると, 深い古, 深い谷, 湖水が, 満々たる, 滴を, 瀬戸の, 火独楽を, 無いの, 無数の, 熊吉は, 燻りかえる安, 独り聳え, 狭い小室, 玄関へ, 玄関を, 現れた, 現れたと, 現れ桔梗, 男狐二匹と, 番小屋が, 畳んで, 當つて熟れかかつた, 白みがきの, 白扇を, 目を, 目的の, 眺めつつ, 眺めて, 矢筈竹を, 短銃を, 石を, 石鹸を, 硯箱みたいな, 碧い, 磁石を, 神意審問会が, 秋田の, 種ガ島を, 突いた刀, 突き出た岬, 窓, 窓が, 立ち並んだ人家, 立つ, 立てられて, 竹槍を, 笠を, 箱根連山が, 箸を, 紐の, 紙を, 細いはけ, 絵馬堂が, 絹の, 続いた墨塗羽目, 続く山, 続く高い, 線路が, 編笠を, 聖典を, 聳えて, 腰かけさせた, 腰掛け他, 舞台を, 花束を, 若い男二人こっち側, 茂った山, 茶盆を, 茶箪笥が, 薄水色, 薩州お, 藁屋が, 蟹の, 血に, 行くこと二三町, 行った, 見えた, 見えたり, 見えるさらに, 見えるむこうに, 見える家, 見える様, 見える白い, 見える竹藪, 見える谷間, 見え左, 見なれた貨物置場, 見られたが, 見るより, 見る眼, 見廻しながら, 視線を, 詩人の, 谷を, 貴女の, 赤, 赤塗の, 赤楊の, 軍人の, 軽々とかかえ, 農家なくなり, 近く塩田でも, 近く草原や, 近づいた, 近よって, 逆賊門が, 過ぎて, 道を, 違い棚前は, 部屋を, 重そう, 金剛杖ほどの, 金剛杖を, 金槌を, 金釘の, 鉄扇を, 鉄棒左手に, 鉤の, 銃身を, 鋭利な, 鋭剣, 長い女もち, 長い裾, 長劍, 長煙草, 閃く龕灯, 閃めく, 陣刀を, 険崖矗立せる, 集めた時, 雷光閃かし, 電信處の, 青い山, 青竹の, 鞄の, 鞄を, 額を, 風呂敷包みらしい, 骨に, 高い肱掛窓, 高くさし上げた, 高くつづき, 高く兜形, 高く御, 高く白色球燈, 高く金十字架, 髪を, 髯を, 鮮魚の, 鶏小舎の, 黒いガラス, 黒い水着, 黒くおし静まっ, 黒く見える, 鼻紙に

▼ 右手~ (695, 17.9%)

36 あげて 11 のばして 9 高くあげ 8 上げて, 挙げて 7 出して 6 伸ばして 5 ポケットに, 懐中へ 4 つかんだ, 上げた, 上衣の, 差し出した, 懐に, 突出し, 見ると

3 [19件] あげた, ふところに, ふところへ, ポケットから, 伸ばすと, 使って, 入れて, 出した, 延して, 延ばして, 延べて, 挙げた, 擧げて, 胸に, 胸の, 腰の, 自分の, 額に, 顔の

2 [47件] あげそれ, いれた, おろして, かけて, さしだした, さし入れて, さし出した, そっちへ, なでて, ひらいて, グッと, ズボンの, ヒラヒラと, 上に, 両手で, 伸して, 伸べて, 内ポケット, 前へ, 外套の, 宙に, 宙へ, 左の, 差し出して, 差し出す, 差伸し, 差出した, 帯の, 延した, 延ばすと, 彼の, 我に, 挙げるの, 振って, 掴んだ, 揚げて, 敷いて, 望めば, 横に, 畳について, 膝の, 見た, 見て, 離して, 額の, 高く挙げた, 鼻の

1 [421件] あげ, あげたらすぐ, あげたり, あげますと, あげる, あげ右手, あげ頭, あごの, あてて, あらためる力, いきなり後ろ, いそいで, うしろの, うしろへ, うでの, おさえた, おほふ, おろし堀内大助, お挙げ, かけると, かけ次に, かざして, がくがく震わせ, ぎゅっとにぎりひきよせよう, くじいてるん, ぐいと一ふり, ぐっとのばし, ぐっと肩, ぐっと階段, ぐつと半円に, ぐるぐるっと, ぐるっとポリニャーク, ぐんぐん捩じ上げた, ごらん下さい, さかしら, さしこんで, さしのばした, さしのべて, さし伸べて, さし伸べながら, さし入れた, さし入れました, さし出して, さし込んで, しきりに動かし, しばらくも, しばらくもじもじさせる, しばりつけて, じりじりと, じりじり絞った, すかすと, すこし前, すっと伸ばし, すばやく次郎, すべらして, そっとはずし, そっと差し出し, そっと当て, そっと見ました, そつと, そのままサッと顔色, その上, その度, その肩, そろそろと, たかくあげた, たかく挙げ, だ, だして, ついたまま, つい先刻, つかんで, つき出したの, つけて, つとのばし, つとのばした, つとのばす, とって, とらへて, とろうと, ながめたり, なでひどく, なるたけ動かさない, にぎって, にぎりしめて, にゅっとつき出し, にゅっと出し, ぬきだしながら, ねじあげた, のぞきこむと, のばした, のばすと, のべて, はじめて見た, はなして, ひしと抱い, ひっぱったの, ひっぱりますと, ひっ掻いて, ひらめかす, ひろげて, ぴたりと, ふくれ上った腰, ふとんの, ふりかぶって, ふり上げたかと, ふり向くと, ふり放した, ふれば, ぶら下げて, まっすぐに, まっ直, まわします, みまもって, めがけて, もぎ取られただけ, もって, やって, やっとの, よく見れ, らくの, わずかに, わなわなと, アンナの, エプロンの, カルルの, ギュッと, スッと, スプリング, ソット額に, ソロソロと, タタミに, ダイヤルに, チョットあげる, ツト動かし, ハンドルから, バンドから, ピストルの, フトコロ手左腕を, フランネル服の, ペシッ, ポケットへ, ムズと, ラッパの, 一刀の, 一寸挙げ, 上げたかと, 上げれば, 上げピストル, 上向きに, 下げて, 下し両, 下へ, 不器用に, 並んで, 二三度大きく, 二人の, 仔細に, 伸ばした, 伸ばしたと, 伸ばした山城守, 伸ばしぬ, 伸ばしね, 伸ばし椅子, 伸べた所, 伸べた竜, 伸子の, 低く下げ, 何心なく, 使いたいとき, 使つてかう, 使ふ, 例の, 侍の, 借したる丈夫, 傷めなかったならば, 働かせなかつただけは, 働かせながら, 八ツ口から, 内ぶところ, 内懷, 出しかけて, 出しましたが, 出しりんご, 出しパッ, 出し始め, 出し悪漢, 出す, 出せ, 刀を, 切つて棄てたい, 別な, 前に, 前方へ, 劇しく, 力いっぱいのばし, 力なげ, 力任せに, 力強く振りおろした, 動かして, 動かしはじめる, 動かそうと, 十分に, 千久馬は, 半分取られた, 卓に, 取ったが, 取られた時, 取りあげながら, 取り外して, 口に, 口の, 口もとまで, 叩きつけた, 右の, 右脇に, 唇に, 喰い込むよう, 固めて, 地上に, 執ったら蛸, 執られて, 外の, 大きくふりまわし, 大きくグルーッ, 大きく振っ, 大きく振つた, 大刀の, 太刀の, 失うという, 失ったピアニスト, 失って, 女の, 婦人の, 小太郎の, 小机の, 少女の, 屏風に, 左手より, 差しのべた, 差し伸べ更に, 差し延ばして, 差上げたり, 差入れて, 差出させましたが, 差出して, 差出しました, 差延べて, 巻きつけて, 布団の, 布團の, 帽子の, 延ばし仰向いて, 廻して, 引いたが, 引いて, 引くと, 引抜いて, 引金へ, 当てて, 後方へ, 後脳, 後鞍, 徐々にぬきはじめた, 心持前に, 必死に, 思ひきりあげて, 懐中に, 懷に, 所在な, 扉の, 抑えながら, 折られりゃ河童, 抜くと, 抱えて, 抱きつ一語, 押した, 押釦の, 拔く, 拡げた, 持って, 指して, 指差し, 指差した, 挙げ, 挙げこの, 挙げたと, 挙げるが, 挙げると, 挙げ右, 挟んで, 振ったつもり, 振りほどいて, 振り上げた, 振り上げて, 振り切って, 振り向いて, 振り左足, 振り廻しながら, 振り振り, 振るこうして, 振ろうと, 振上げざま, 振上げた, 振上げながら, 捕らんの, 掛けながら, 探って, 探れば, 掴まれて, 掴んで, 握った葉子, 握って, 握られて, 握りしめて, 握りしめのびあがって, 握り人差指, 擧げると, 支へて, 放したが, 放しては, 斜に, 斬って, 既に袂, 時々出し, 書棚の, 机の, 柄頭に, 柄頭にかけて, 柄頭へ, 柴田の, 水平に, 水車の, 洋服の, 津村の, 深くポケット, 添えて, 無理に, 無雑作, 牛の, 男乞食と, 男4の, 畳の, 痙攣的に, 益満へ, 目の, 眉に, 神像の, 私の, 私は, 移して, 空に, 空洞の, 突出す, 突込ん, 突込んで, 窓から, 窓の, 累蛇の, 絶えずやけ, 絶えず突, 絶え間なく, 締め付けて, 縮め左手, 繃帯し, 置いたまま, 美しい鳥, 翳して, 耳の, 肩に, 肩の, 背へ, 胡瓜の, 腰に, 腹の, 膝へ, 蒲団に, 蒲団の, 袂の, 袖口から, 袖口に, 襟に, 見ても, 見よ, 見下すと, 軽くあげた, 逆に, 運河の, 遠くの, 鍵形に, 長くさし, 開いたり, 開かせますと, 隠して, 隠しに, 靴の, 頤から, 頬に, 頬杖に, 頭に, 頭の, 頭上に, 頭山満氏の, 頸から, 頸へ, 額へ, 額より, 顫は, 颯つと, 首に, 高くあげた, 高くあげる, 高く上げ, 高く上げた, 高く伸ばし, 高く天空, 高く差し伸べました, 高く差し延べ, 高く差上げ, 高く振り上げかけた, 黒木綿の

▼ 右手~ (269, 6.9%)

4 刀を 3 しっかりと, 左の, 胸を

2 [17件] それを, つかんで, クサリの, シッカリと, ナイフを, ピストルを, ブレーキの, 刀の, 懐中から, 懐中電灯を, 深雪の, 私の, 自分の, 若い男, 足の, 銀色の, 頭を

1 [222件] あいさつ, かるくクロ, きりりと引張りつけ, くるくる廻し, ぐっと松代, こぶしを, しごいて, しごきながら, じっと脈, すすむの, そっとさらさらした, その上, その二本, その包み, その眼鏡, その額, その顳, つかみました, つかみ左手, つつきながら, なぐりつけて, なにかやっ, はしを, ひたいの, ひねくりながら, びんびん引っぱっ, ぴしっと打った, ぴしりとキンチャコフ, ぴったりと, ふところから, ふりながら, むこうを, もう一度ポケット, もって, ものを, やったもの, ギュッと, ソッと, ソフトを, タオルを, トンネルのかべに, ノッブを, ハンケチを, バチヤバチヤ水を, バロンの, パッとうしろ, ブレーキバルブを, ベッドの, ポケットの, マンの, ムズと, メスの, ライターを, レモナーデの, 一寸髭, 一枚を, 一梃の, 上野の, 下から, 両眼, 乳牛の, 二三度背中を, 京子の, 人波を, 代る代るたたく, 伸子の, 何か, 何度も, 入口の, 公爵の, 兵頭の, 其兒を, 分かつた, 切る片, 制しながら, 制動機の, 前方を, 力一ぱい空間を, 十字を, 半分ばかり, 受け其儘, 口の, 口を, 叩いたが, 合図した, 和歌子の, 地に, 地面に, 坊や人形を, 墨を, 壁の, 外を, 太刀を, 娘の, 宙に, 客の, 小さくおいでおいで, 小林少年を, 左から, 左右の, 左手の, 左手を, 左足の, 差す時, 差上げた, 差出した, 座蒲団の, 引張って, 強くさし, 形を, 彼女の, 後頭部を, 心臓を, 必ず持つ, 愛子の, 懐中を, 懸命に, 所要の, 把手を, 抜きとり鏡, 抱き上げると, 押えつけたという, 押え片方の, 押出すと, 抽斗の, 拳が, 拳銃の, 拳銃を, 持ち上げて, 持ったもの, 持つ癖, 指を, 挙手の, 振りあげながら, 捕吏たちを, 掴まえたよ, 掴み出すと共に, 掴んだが, 掴んだハンドル, 掻き寄せポケット, 握って, 握りしめながら, 摘んでは, 撫でて, 敏捷に, 時に左手, 有合わす, 机を, 杓を, 柄もとを, 柄を, 柄頭を, 柱を, 柳子の, 槍の, 水を, 激しく膝, 猫づかみ, 玄関の, 王の, 益満の, 盛な, 盤の, 眉間を, 示して, 空中に, 突き上げ突き上げお手玉, 窓掛けを, 竹藪を, 紙切れに, 紫の, 続けざまに, 縫い始めて, 肉叉を, 肩を, 脱ぎながら, 腰の, 腹を, 自分のく, 舵を, 蓋を, 蔵人の, 蛇の, 袂から, 袖口を, 袴を, 襟元を, 話した, 身を, 車の, 軌条を, 軽くおさえ, 軽く天衣, 軽く頬杖, 輕くお, 輕く好い, 部屋の, 酒を, 酒瓶を, 針を, 針留めを, 鉄棒に, 鉄槌を, 銃を, 長い左, 長くも, 障子に, 雑誌から, 鞭を, 頭の, 頻りに金髪, 額の, 顔を, 首の, 首を, 骰子を, 高く鞭, 鮮魚が, 鳶口の, 麥を, 鼻の, 鼻血を

▼ 右手~ (175, 4.5%)

5 乳の 4 早くも 2 わたしの, アイスアックスの, ポケットへ, 刀の, 屋敷の, 急に

1 [154件] いきなり膝打, いつか帯の, いつ仕事仕舞い, いまだに老, いやと, お仕置場です, かたく握りしめ, こうしておれ, こうして忘れ果てた, ござらぬ, さげたまま日光菩薩, しっかりと, すぐ屏風, すぐ行止り, すぐ角, すっかり様子, すでに腰, ずっとシラス台地, ずっと投げ出し, それぞれの, それより, ただの, ただも, ない, ねらいを, のたりのたりと, はげしく深くね, ふかくしげった, まさかの時, まだちゃんとつい, まだ松平, ゆったりした, ゆるやかに, わなわなと, カマの, キチンと, シュトラールエックホルンの, ピストルの, フト主人の, ベッドの, ラファエレの, 丁度ニーセン, 三軒長屋で, 上がり短銃, 上段の, 下方ゆるやかに, 中庭左手は, 中指の, 人差指一本左手は, 伸子の, 低い土堤, 何か, 何時迄も, 全く麻痺, 全然運動, 内懐より, 凍傷の, 切り立った崖, 別建, 勇左手は, 勝手の, 千駄が, 反射的に, 右の, 同じ律動, 問題の, 四尺の, 固く刀, 土壇に, 壁そして, 外套の, 天井だけ, 夫人の, 客間らしく, 寧ろ黒, 寺西家の, 小剣, 小林君に, 居間と, 屋の, 岩山であっ, 峨々と, 崖, 帯の, 平右衛門町, 廊下へ, 後ろへ, 忽ち一種異様, 恐ろしい執念, 想い出の, 懐に, 懐剣の, 懐剣を, 懷に, 扉の, 手で, 手入れよく, 手桶にかけて, 拇指なし, 指定された, 握りしめて, 放さなかった, 断崖に, 書斎の, 望遠鏡の, 本屋に, 梅林左手が, 槍を, 殆ん, 治療が, 泡の, 波止場の, 洋服の, 浄善左手の, 海に, 深く左手, 無殘, 爪を, 玉川堤で, 王婆の, 畑左は, 盆を, 盲目的に, 直ぐ書斎, 石段の, 石炭置場に, 窓の, 筆を, 絶壁と, 翩飜と, 背の, 膝の, 自由だった, 花崗石の, 草原が, 蕾の, 藁蒲団ぐるみ強烈な, 蘆の, 谷川を, 越後越中正面は, 道路左手に, 遠く松林, 遥に, 鍔根を, 階段の, 障子だ, 雑木林の, 雑草と, 青々と, 颯と挙がります, 颯と擧, 高い黒板塀, 高く伸び, 鬱々と

▼ 右手には~ (165, 4.2%)

3 キラリと 2 もう一刀, ピストルを, 新身の, 杖を, 青葉の, 魚刺を

1 [150件] あの太い, いつの間に取出した, いぶかしいひと品, おそらく今度, こうこうたる, ずしりと, そっくりその, その家, その屋敷, その街路, だらりと, どこかの, どれも, なにかを, はるかに, ひどく血, ひる, もとの, アルトが, イワン・イワーノヴィッチ・エローシキンと, エベルトオと共に, カテリーナと, ギゼの, ギラギラ光る, コンパスを, シーモノフズヴェルコフは, スネークウッドの, ピストルが, フィルムの, ブローニングらしい, プティート・トリュアンドリーの, メスの, 一匹の, 一挺の, 三上山の, 三段に, 下流の, 二階への, 五寸程の, 今火, 伊豆半島の, 何か, 例の, 先に, 先刻の, 入口と, 兩名の, 凄いよう, 前種高, 前述の, 剣を, 勝手の, 同じ色, 土雷居り, 塗香と, 外濠線の, 大きな筒眼鏡, 太い藤, 嬢次少年が, 字の, 学校道具の, 寺院の, 小さな円卓, 工廠の, 幕の, 平安神宮の, 幾度か, 広い平地, 建仁寺垣が, 悠揚と, 愛用の, 愛蔵の, 懐中電灯を, 拾いあげた白刃, 持てり, 新しい四ツ折, 既に湖, 最愛の, 木戸が, 朱丹, 机に, 桃太郎の, 棚が, 槎, 櫂を, 残雪に, 氷刃の, 氷斧左手には, 汚血, 沢が, 油断なく, 法文科大学が, 浄瑠璃人形の, 海が, 猟銃を, 猿田の面が, 産婆が, 用心の, 田川夫人が, 田植を, 画架を, 皿を, 目盛の, 相違ありません, 短い一本, 短刀が, 破れかかった築, 神田下谷浅草へ, 稲の, 稻の, 空弾を, 窓に, 紅白の, 素迅く, 絵筆を, 繩で, 美しい篁, 美しく光る, 翁倉黒森の, 背の, 腹を, 花電燈が, 苗字を, 茫々と, 血だらけの, 買物を, 赤ひげの, 軽く扇, 道に, 道灌山の, 重そう, 鈍く光る, 鉛の, 鋭い薄刃, 鍬瘤満ち, 長い杖, 長い金属製, 長い鞭, 長剣を, 閃らめく, 階段に, 青玉の, 馬繋ぎ場も, 高々と, 高い土手, 高く竜王, 鵝ペンを, 黄白二面の, 黒ペンキが, 黒塗の

▼ 右手~ (131, 3.4%)

3 自由に 2 一刀の, 不自由な, 伸びて, 八畳の, 刀の, 動いて, 宙へ

1 [114件] あがった, あの当時痲痺, ある, あんな頭上, いきなり金五郎, いたんで, おどり出て, おぼつかなく幼児, きかなくなってから, この葡萄園, しや, すっかり血まみれ, すッ, ずっと工廠, その藁人形, だらりと, なく左足, のびると, ぴく, ふさがって, ふところを, ふと蓬莱建介, ぶるぶると, また四畳半, やはり無意識, ギニョール左手が, グーッと, サッと宙, シャビエル上人の, スウッと, スルリと, ソロソロと, チラと, ヌッと, パッと, ヒョイと, ピシリと, ブルブルと, ブルブルふるえ, ポケットの, ムズと, ユックリ動き眼が, 一尺うごいた, 上がり何, 上らないんでね, 人形の, 佐竹右京太夫の, 使えず, 六つの, 切り離されて, 前に, 動いたよう, 動きました, 勘定台で, 受け取って, 受け取り取った時, 台所と, 台所左手は, 宙に, 山鹿の, 後へ, 徐々に下, 必死に, 怪しくも, 愛撫の, 扉だつた, 扉を, 拙者の, 振り下されると, 揚がったと, 擧がる, 擧りました, 施無畏, 最大の, 机の, 柄へ, 柱の, 機嫌を, 機関室左手は, 殆ど自由, 水を, 永久に, 洋式の, 濡羽の, 炊事場に, 無くて, 無くなってから, 無意識に, 甲板に, 男の, 畳じきの, 疲れると, 痛いが, 痛むらしく不自由そう, 痛んで, 確かに, 神経痛に, 突然胸元, 窓の, 素早く前, 肩の, 腰に, 自ら高く, 袂で, 身体を, 軽く柄, 遠く開け, 長く延び, 頭目だ, 飛んで, 高々と, 高いピッチ, 高くあがっ, 高く上がった

▼ 右手~ (85, 2.2%)

7 去る 6 退場 3 曲って, 消える, 行きかける 2 廻った, 廻る, 置いた, 走り込んで, 逃げい

1 [53件] うつる, かけての, そろそろと, つづいて, のぼって, まがる, まつすぐ, よろめいた, よろめいたが, よろめいた範覚, わずか廻り込もう, トランクを, 一生けんめいに, 並べた, 入って, 切れました, 去って, 取直して, 向って, 墨を, 小さい張り出し, 左手を, 廻りこんで, 廻わり込むらしい, 引附け, 急いで, 急ぎ足で, 急カーブ, 手を, 折れて, 抜けた, 抜けようと, 掻切っ, 敵を, 曲った, 次々に, 歩いて, 消えた, 突き出した六疊, 緩かに, 置きその, 聳え立ち甚だ, 行き吉村, 走って, 走つて行, 走りかける, 身を, 転がり落ちた, 退場東山は, 進み第, 都の, 降りて, 飛び退った

▼ 右手から~ (58, 1.5%)

4 左手へ 3 出て 2 人の, 前後を, 左へ, 現はれる, 登場, 風の

1 [39件] さしこんで, ずっと南, はじまって, ひきちぎった, エーアシップが, シタシタと, ソーリンと, 一尺ほど, 三番目の, 主人健作と, 二番目に, 仙太郎が, 仙太郎出, 前出の, 包みを, 友吉が, 小沢が, 左手にかけて, 投げて, 押し出して, 月, 村の, 止めの, 歩いて, 油汗が, 浴衣がけに, 無理に, 繰出した, 腕時計を, 茶色の, 蔵まで, 血が, 走り出て, 野良着の, 長い首, 雪の, 雪礫が, 颯と切り込ん, 黄の

▼ 右手~ (25, 0.6%)

5 の方 2 になり, に大きな, に板の間, に見える, の部屋, へ二人, へ退場, を気 1 に隣室, の間, へ消える, へ走ろう

▼ 右手~ (24, 0.6%)

4 左手, 左手に

1 [16件] 一本の, 入口の, 前面には, 口で, 口とを, 右の, 右足とが, 右足とを, 同じに, 左の, 左手との, 左手とを, 左手の, 左手を, 左足と, 豊かな

▼ 右手より~ (19, 0.5%)

5 現はれる 3 登場 2 ターンと, 急ぎ足に 1 一人の, 亡者乙白髪の, 出て, 投げたる梭, 曹長先頭にて, 流れ落つる小, 現れる

▼ 右手寄り~ (14, 0.4%)

2 にくぐり

1 [12件] にずっと, にツツ, に之, に切石, に小高き, に枝ぶり優美, に母屋, に水熊, に禿山, の池, の沖合, の谷間

▼ 右手~ (13, 0.3%)

4 左手も 1 ついて, やはり中指, 共に白布, 左手の, 無意識の, 病気の, 病氣の, 白く消された, 筋つるとて

▼ 右手なる~ (12, 0.3%)

2 汀に 1 側, 岸の, 峰からも, 戒刀を, 新聞社より, 犬は, 白珊瑚の, 石段を, 菓子を, 鞭を

▼ 右手では~ (7, 0.2%)

1 ない, チョッキの, 反射的に, 演技者ばかりか, 碁盤に, 美緒の, 飽くまでも磊落

▼ 右手にて~ (7, 0.2%)

1 包を, 左の, 後より, 手拭を, 拝み涙, 採る, 軽く首筋

▼ 右手にも~ (7, 0.2%)

4 左手にも 1 一本ずつの, 三ツの, 持つて

▼ 右手屯所~ (6, 0.2%)

3 の方 2 へ去る 1 からバラバラ

▼ 右手でなく~ (4, 0.1%)

1 ちゃいけない, てはいけません, てよかっ, て左手

▼ 右手~ (4, 0.1%)

1 のです, よたけ, んでしょう, 神社の

▼ 右手にとって~ (4, 0.1%)

1 おもむろに血, ちゃわんを, びゅっと振る, 筒を

▼ 右手からは~ (3, 0.1%)

1 いつて, ひつて, 十本程の

▼ 右手にあたる~ (3, 0.1%)

1 暗い海, 簾の, 長いかべに

▼ 右手にかけて~ (3, 0.1%)

1 なだらかな, 居る運転手, 後向きに

▼ 右手一本~ (3, 0.1%)

1 では, で熔融炉, で雨樋

▼ 右手左手~ (3, 0.1%)

1 とつぎつぎ, の三方, の機関銃

▼ 右手遠く~ (3, 0.1%)

2 に見える 1 の方

▼ 右手からも~ (2, 0.1%)

1 力が, 杉山が

▼ 右手すなわち~ (2, 0.1%)

1 東を, 横座から

▼ 右手それ~ (2, 0.1%)

2 が颯と

▼ 右手~ (2, 0.1%)

1 ね, よ

▼ 右手だけ~ (2, 0.1%)

1 である, 残って

▼ 右手だけは~ (2, 0.1%)

1 そうこの, 侵略者が

▼ 右手だけを~ (2, 0.1%)

1 やや水平, 先に

▼ 右手である~ (2, 0.1%)

1 ばかりか食指, やうに

▼ 右手との~ (2, 0.1%)

1 時間が, 無い屍體

▼ 右手もて~ (2, 0.1%)

1 しっかと金嚢, 植え給

▼ 右手よりに~ (2, 0.1%)

1 その柱, タンポポの

▼ 右手プロセニウム~ (2, 0.1%)

2 に近く

▼ 右手~ (2, 0.1%)

1 挙テ摘ミ右脇ヨリ出デタマヘリ, 擧ゲシムベシ

▼ 右手半分~ (2, 0.1%)

2 は広

▼ 右手即ち~ (2, 0.1%)

1 神が, 西にも

▼ 右手向う~ (2, 0.1%)

1 に青麻山, の小高い

▼ 右手奥遠く~ (2, 0.1%)

2 の寺

▼ 右手少し~ (2, 0.1%)

1 離れたところ, 離れた所

▼ 右手~ (2, 0.1%)

1 を云われた, を押し

▼ 右手~ (2, 0.1%)

1 でその, といっ

▼ 右手~ (2, 0.1%)

2 の辺

▼ 右手茗荷谷~ (2, 0.1%)

1 へ抜ける, へ拔

▼ 右手~ (2, 0.1%)

2 の傾斜

▼ 右手~ (2, 0.1%)

1 かな海上, かに小さな

▼ 右手~ (2, 0.1%)

2 に立っ

▼ 右手鳥居なか~ (2, 0.1%)

2 の一本

▼1* [89件]

右手いつぱいに, 右手うしろから酔つた足どり, 右手かすかに霞む, 右手かなり離れて, 右手こまるのです, 右手さしのべて少女, 右手しかないその, 右手しびれて堪へ, 右手すばやく稲妻つかみ, 右手だったらしいのです, 右手でくびのところをだくようにしますと犬は言われた, 右手という正面入口の, 右手といふものは, 右手とが搦み合った, 右手とで三尺ほどの, 右手などはただそれ, 右手にかのオリーヴ色の, 右手について墓地の, 右手によって置かれ左手, 右手にわたって渺と, 右手に当たって建築材置き場が, 右手のべ肩より, 右手はずつと膝に, 右手ばかりで無く, 右手ばかりでいろ, 右手ばかりを使うの, 右手へと半円を, 右手への道へ, 右手へをれて, 右手まで手首に, 右手もて擦りながら肱, 右手もと大きな物置藏, 右手隅の, 右手よりの彼方に, 右手をやッと, 右手ウバニレカワヤナギ落葉松モミツガ等の下, 右手カールの底, 右手アダリン, 右手ニ撥ヲ執, 右手一つで咄嗟, 右手一杯にホウ帯, 右手一面に橄欖, 右手三尺のところ, 右手下海に近い, 右手人差指の先, 右手れが, 右手に見える, 右手前列に, 右手前方に伸び, 右手を執り, 右手だけ残し, 右手右足の妙, 右手寄り四本目の格子, 右手屋根裏部屋の少女, 右手と寺, 右手山際に景行, 右手嶂壁の下, 右手左手中央と三つ, 右手左足近づく時, 右手常願寺川へ流れ, 右手の一隅, 右手に結ばり, 右手彼方には階, 右手後ろのほう, 右手掌貫通銃創であります, 右手のささぬ, 右手本堂の南, 右手柳原の土手, 右手柳田に備え, 右手此處は安, 右手沿いにずっと, 右手海寄りの方, 右手海岸はとほく, 右手温泉側はド, 右手源兵衛橋を渡った, 右手片手で刀, 右手片腕の男, 右手眞上には富士, 右手真下に先刻, 右手竹林の外れ, 右手花売の乙女達, 右手茶屋町の裏側, 右手を引か, 右手にありました, 右手遥かに海, 右手の渡し, 右手階段のあたり, 右手隣室で笑, 右手及び左脇腹