青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「命じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呼ぶ~ ~呼ん 呼ん~ ~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ
命じ~
~命令 命令~ 咄嗟~ 和~ 和尚~ 和歌~ 咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く

「命じ~」 1467, 16ppm, 7116位

▼ 命じ~ (1022, 69.7%)

21 いた 15 おいて 13 これを 12 いる 11 置いて 8 いるの 6 おいた, おくと, 自分は 5 之を, 彼を 4 ある, あるの, おきました, ください, くれ, 下さい, 居る 3 あったの, いたの, おいたの, おいたもの, くれる様, 例の, 自分の, 近所の

2 [40件] あった, あるから, いました, いる冷酷さ, いる声, おく, おくから, おけ, くれる樣, くれれば, しまった, それを, ひそかに, やった, ゐた, ゐる, フランスの, 一同を, 二人に, 今度は, 作らせたもの, 兵を, 嫉妬と, 家の, 市有案を, 庭の, 彼は, 我を, 曰く, 檄を, 此の, 火を, 秘蔵の, 竇を, 置いたの, 船内に, 行列の, 調査せしめたる, 音羽九丁目に, 首を

1 [782件 抜粋] あったから, あったもの, あった佐, あつた, あの股, あるもの, あわただしく第, いそがした, いたが, いたこの, いただきたい, いたと, いたほど, いた有様, いった, いったの, いつ何時, いましたが, いらっしゃるの, いるうち, いるかが, いること, いるその, いると, いるのに, いるもの, いるらしい声, いるらしかったが, いる事柄, いる利益, いる清子, いろいろ働き, おいたから, おいたとおり二人, おいたに, おいたん, おいた一人, おいた国道, おいた夫人, おいた文珠屋佐吉, おいた用意, おいた秀吉, おいた裏庭, おいた車, おかれぬ, おかれぬの, おきましたが, おきましたと, おくぞ, おくの, おくれリザヴェッタ, おなじほどの, おぬがせ, おやりなさる, おります, お前は, お待ちし, お後, お由, お通, かなり多く, かの一件, きッ, くるに, くれた, くれ給え, けろりと澄まし, こじ明けさせると, ことごとく斬, この八字, この写真, この問題, この室, この軍旅, さお, させて, させるの, さらに新手, しばらく話し, しまう, しまったもの, じぶん, じぶんたち, すぐお, すぐに, すぐ蘇越, せつ子は, そうした数理的才能, そこに, その一人一人, その助け舟, その古巣, その時以来節約, その横, その白髪首, その笠, その者たち, その金, その雄雌, それからの, それから南, それに, たき火を, ただちに同じ, ちびりちびりやり, つけ火を, でき得る限り多く, とうとう犯人, どっととき, どんどんと, はじめて扉, ふたりを, ふろ桶から, また書き物, また蒲団, まづ先, みたが, みる, もし自分, もらいたいという, やって, やらせた, やらせる, やる, より七日, より武蔵野, ゐたかの, ゐられるの, ゐるの, ゐるん, アカイアの, カンヌキを, ガスコ邸を, コツプで, トラバトウレを, トロイアの, パク, パルテノンの, ブレーキを, ヘクトールを, ヨナを, 一ぷく求め, 一万七千円の, 一刃の, 一切を, 一斉に, 一日一と, 一書を, 一椀の, 一群が, 三人を, 三千人の, 三女神を, 三宝を, 上沓の, 下さったり, 不熟, 中橋別邸へ, 丹陽公主, 乘る, 九条近衛両家の, 二人の, 二個の, 人に, 人の, 人数の, 今宵あ, 他の, 伊勢崎町の, 会場に, 佐助の, 何でも, 作らしむといふ, 作らしめたところ, 作らせたの, 作らせた新, 作らせた法律, 作らせるか, 俊雄の, 倉の, 停車場へ, 僕たちを, 僕らも, 僕等の, 先づ水, 先へ, 兎に, 兩軍に, 其の儘国外, 其処から, 其皮を, 其馬を, 再び家, 冬子を, 冷紅茶と, 出た, 出船の, 出陣を, 到着の, 刺殺させたの, 創口から, 加集の, 勝手に, 勝栗土器を, 半年に, 卒業間近かの, 南京豆の, 即座に, 厳しく叱責, 又馬, 取つて來, 台所にて, 各々帰省, 各地を, 合羽を, 吉日を, 同文の, 君の, 吾, 呪殺, 味方の, 唐詩一首を, 唖の, 四方から, 図譜を, 地上の, 坑道の, 城下へ, 城中へ, 城南の, 城門を, 埴輪土偶を, 夕飯の, 外に, 多年悶着を, 大きな勾玉, 大勢の, 大砲を, 天下に, 太子に, 女優の, 婢を, 子路を, 定軍山を, 実地を, 客に, 室の, 宴席に, 家を, 宿酔の, 將來に, 小使たちを, 小君の, 尚馬匹, 居ります, 山地の, 山形警部を, 山路や, 巴里へ, 市民に, 帝国ホテル内の, 帰って, 帰宅した, 帽子と, 幅二間高, 平和的に, 庄太夫を, 座敷の, 庭なと, 庭園を, 庭木へ, 弁護士を, 引き出しに, 彫らせたもの, 彼らの, 後は, 従亡伝を, 従軍中の, 御所へ, 御旗, 思い入れした, 怠らず大船, 急使とともに, 息を, 息綱を, 成都へ, 或國手, 戴き度, 戸の, 戸外に, 所々修繕の, 扉を, 手ぐすねひい, 手分けを, 打たれたこと, 抱き止めさせし人, 拵えさせたの, 掛合は, 掠奪を, 探させた時分, 探らしむ, 探索させた, 携帯用の, 改めて福澤, 攻撃計画を, 敬四郎が, 敵を, 文三が, 新字一部四十四巻を, 新聞を, 施行せしめた, 日本憲法の, 早速二顆, 明朝天明とともに, 明珠を, 是が, 時々大砲, 普請を, 暗黒の, 曰くわが, 更に模型, 最も精密, 木島君に, 杏を, 杖百打を, 来たに, 来て, 来ました, 東京に, 某々の, 柱廊の, 校合し, 案内せしめ, 棒寄せを, 検察事務改善に関する, 模造せしめた, 檻の, 櫓を, 歌を, 正成の, 武器を, 殆ん, 殺すところ, 殿前の, 毎日の, 氏家を, 民法を, 気軽に, 水を, 江戸へ, 江東外科病院の, 泪を, 浜手の, 浜松に, 海外諸, 深々と, 混乱の, 渡場を, 湖上から, 滝川教授の, 灯火を, 炊事の, 無用庵と, 熊の, 猴の, 玉造組与力で, 王妃を, 瓜盗人の, 用意の, 男を, 町家から, 画かしめた法然上人, 画像の, 畫かせた, 病気見舞に, 白綾の, 百本の, 直ちに五万両, 直ちに取りはずさせる, 直ちに本堂, 直ちに祈祷, 直に丹, 看護せし, 硝石十万斤を, 礼拝堂の, 祈祷を, 祭に, 祭壇の, 私たちの, 私に, 秋刀魚の, 空腹へ, 窓を, 立去った, 立去つた, 築かしめたもの, 築かせた大, 籾を, 紙と, 紙幣を, 素早く誰, 細大洩らさず, 給もれ, 縁先き, 置いた, 置いたから, 置いた場所, 置いた酒, 置いた龍子, 置かねば, 置きかえさせたの, 置きました, 置くから, 義貞を, 翌朝の, 聖書を, 胃と, 胃腸を, 膳部を, 自分で, 自己の, 自称フランス氏の, 船尾へ, 花前を, 茶を, 草庵の, 荘厳な, 華陀の, 蒲鉾だの, 蛟を, 行わしむ, 行家どのを, 被害者の, 裏庭で, 見張らせて, 見逢, 討伐さした, 記せしめたもの, 許容違法の, 詰め替えさせて, 誄を, 誰でも, 調べさせると, 諸人を, 諸君らの, 谷博士を, 貝を, 貰いたいですね, 貴族生活を, 賈華を, 質子として, 身を, 車の, 車を, 軍用に, 軍艦を, 軽敏, 軽舸, 輿から, 迷惑させる, 逃亡の, 通行券を, 造らせて, 造営費いっさいを, 連絡に, 進ましむ, 遍ね, 遠く家業, 邸内の, 郵送せらる, 配縄を, 酒肴の, 醤油で, 金を, 金無垢の, 銀の, 鍬一挺持っ, 鏡中雙鸞の, 鐘を, 鐵砲玉を, 長い竿, 長い間, 長孫, 開封させた, 開拓主事と, 降伏を, 陣中に, 隣室の, 雑魚と, 電話を, 鞭や, 韓胤の, 頂きたいと, 頸を, 飲み始めた, 驚いたといふ, 鬼神の, 魂魄を, 黒衣の, 龍床から

▼ 命じ~ (45, 3.1%)

11 なった 5 なって 4 なりました, なること 3 なったの 2 なります

1 [16件] なったあと, なったもの, なった国, なった言葉, なってるん, ならなかったの, なりあの, なりましたが, なりましたな, なる, なるお, なるなつかしい, なるなどの, なるわけ, 来た, 行く

▼ 命じたり~ (26, 1.8%)

8 して 4 した 2 すること

1 [12件] いろいろ細かい, したが, しました, するには, それから, ひたすら感興, ぼんたんを, 小供達, 巡査は, 良清朝臣などが, 観賞する, 酒を

▼ 命じながら~ (20, 1.4%)

2 自分は

1 [18件] しきりに采配, その笑顔, それが, にやりと笑つて応酬, ぴたり船底, よくいつ, バラバラッと, 主公出, 先へ, 内か, 弟の, 心の, 手を, 検事は, 自分も, 花に, 鞭も, 韮崎の

▼ 命じその~ (13, 0.9%)

1 [13件] せつ架けおかれた, とき一年ぶんの, まに, 一つに, 代りこの, 代り鉄甲の, 作業量の, 命令の, 本多忠勝が, 様子を, 水で, 覚束ない, 賭場を

▼ 命じてから~ (12, 0.8%)

1 [12件] その後で, その私服, 再び礼拝堂, 古山荘, 城外へ, 帰ろうと, 彼一人動物園の, 暫くうと, 秀吉は, 立ち上った, 自分は, 装束を

▼ 命じ自分~ (8, 0.5%)

1 で栓, の研究力, はその間, はスズキ, は屈強, は炉, は茶, は鏡

▼ 命じそれ~ (7, 0.5%)

1 からひどく, から二十分, が済む, より先, を少年たち, を待つ, を知らぬ

▼ 命じても~ (6, 0.4%)

1 あるいは彼, しない, なかなか閉口, 一城を, 一般社会は, 番人は

▼ 命じまた~ (6, 0.4%)

1 みずから演奏に, 典膳に, 出征の, 劉封孟達は, 柳城の, 黒田官兵衛その他と

▼ 命じては~ (5, 0.3%)

1 あらゆる佳肴鮮味, ある, なかった, 内裏へ, 玄徳の

▼ 命じ~ (4, 0.3%)

2 しないの 1 しない, しましたが

▼ 命じ自ら~ (4, 0.3%)

1 は残り, 寄って, 行なって, 起つて

▼ 命じ自身~ (4, 0.3%)

1 は, もただ一騎馳, も一丈八尺, も近道

▼ 命じかつ~ (3, 0.2%)

1 与ったらば, 遣ったらば, 領内米原において

▼ 命じこれ~ (3, 0.2%)

1 を大, を左右, を指導

▼ 命じさえ~ (3, 0.2%)

3 すれば

▼ 命じ同時に~ (3, 0.2%)

1 エセックスに, 淳于瓊を, 目附中川半

▼ 命じ~ (3, 0.2%)

1 ひければ, ふを, へ

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

1 手勢と, 酒を

▼ 命じさて~ (2, 0.1%)

1 主従二人きりと, 自分に

▼ 命じすなわち~ (2, 0.1%)

1 大威儀, 曹操を

▼ 命じそして~ (2, 0.1%)

1 向に, 幼い身

▼ 命じそのまま~ (2, 0.1%)

1 の服装, 寝椅子

▼ 命じたりと~ (2, 0.1%)

1 あれど, いう

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

1 事件を, 通り運びました

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

1 しない本, しない素晴らしい

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

1 にたずね, に向っ

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

2

▼ 命じ江戸中~ (2, 0.1%)

2 の御用聞

▼ 命じ~ (2, 0.1%)

1 を執, を執っ

▼ 命じ都門~ (2, 0.1%)

2 の外十里

▼1* [244件]

命じあるいは禁ずるもの, 命じあわただしく宮門へ, 命じかなりな犠牲, 命じくだすったらうれしい, 命じけれども心ここに, 命じここに洋式造船術, 命じこちらの小者達, 命じこの人は, 命じさらに硯筥を, 命じすぐ袴を, 命じそこで介を, 命じそれから患者の, 命じたまへといふ, 命じちびりちびりと飲んでる, 命じつぎに訓導, 命じつつ新たなる, 命じてかの者を, 命じてからも二人は, 命じそのままお立ち, 命じでもするだろうと, 命じなお酒や, 命じひとりも免, 命じひどく氣ぜ, 命じづ岸邊の, 命じまさにその兵船, 命じまでして, 命じみずからも手, 命じやがて沐浴し, 命じやがて恐る恐る揃って, 命じるべきであった, 命じわが馬を, 命じゲーレスはサー, 命じタクトを揮, 命じトラックが動き出す, 命じハイデクルッグの弓, 命じポケットからバット, 命じは服する, 命じ一切穀類を植えし, 命じ一切経書写の事, 命じ一座のざわめき, 命じ一方ハドルスキー氏に, 命じ一臺にはトランク, 命じ三宝に盛っ, 命じ三度目に出す, 命じ上庸を中心, 命じ下しおかれますよう, 命じ下田奉行をし, 命じ下田条約を拒絶, 命じ且左右調度など御, 命じ名を, 命じ丹三郎が去る, 命じを拒む, 命じ乍ら千種十次郎を自分, 命じ乗り換え馬や荷駄, 命じ九月の半ば頃, 命じ二つのコップ, 命じ二度目に出す, 命じ二月には早, 命じ二百俵三人扶持を給, 命じらしく扱うもの, 命じ人穴の奥, 命じ仁井田益太郎仁保亀松松波仁一郎の三博士, 命じ今度は自国, 命じ代金を払っ, 命じ以下の大将, 命じ使いの者, 命じの一本, 命じ借着屋の調査, 命じ入り口のドア, 命じ入れ歯などおさせ申し, 命じを調, 命じ其擾亂を鎭, 命じ再び獣皮の, 命じ利秋は干城, 命じった痕, 命じ匕首を以て刺させた, 命じ印刷出板の手続き, 命じ卷煙草に火, 命じより高い, 命じ叫喚を禁じ, 命じ右豫審判事は其後本件陰謀, 命じ合祀励行で止む, 命じ同じ味噌汁を, 命じ鵠字は, 命じ吐雲斎のこと, 命じ味方の死骸, 命じを承け, 命じ嘉永元年より元治元年, 命じ四度出すと, 命じ四度目の修正, 命じ城兵数百が事, 命じ城内の老いし, 命じ墓畔に移し植えたる, 命じ外国新聞を取り寄せ, 命じ銅缸を以て, 命じ大塩平八郎の母兄大西与五郎, 命じ大抵の事, 命じ天平三年十一月の紀, 命じ天神橋筋を南, 命じの六帖, 命じをよび, 命じ委員は一案, 命じ姫路に住む, 命じ子供が水, 命じ安間了現に一文, 命じ実業界から引退, 命じ家人たちもそれ, 命じ家政婦が勝手, 命じ富田弥六郎に府中, 命じみどりを, 命じ小作させて, 命じへ散歩, 命じ山中氏の女, 命じ巻煙草をくわえ, 命じ市郡に散在, 命じの故, 命じの窓, 命じ帰航に島, 命じ幕府これを奉ぜず, 命じ幼児の生命, 命じ当時盗罪の罰, 命じ彼らの自治, 命じ彼女自身の手, 命じ其雄の, 命じ後陣の副将, 命じ従来の自由主義的, 命じ本堂の, 命じ怒りと嘲り, 命じにそこ, 命じもつかず, 命じ悲調な語気, 命じ慇懃に, 命じの手, 命じひは, 命じの, 命じ手ぶりで去れ, 命じ探偵せしめた, 命じ支度ばんたん力をつくし, 命じ数多の第, 命じ新たにアカイア, 命じ新聞の綴じ込み, 命じがまた, 命じ既に江戸を, 命じ日幡どのを暗, 命じ明日の約束, 命じ昨夜は蒲原氏, 命じ更に音楽部へ, 命じ期限的に交替, 命じ木曾谷中へも二百名, 命じ未明城門を出, 命じ本領安堵の墨付, 命じ林町に行く, 命じ果ては, 命じ次いで月瀬右馬允に, 命じ氏房を介し, 命じ永久に大, 命じ江北の山本山城, 命じ江戸湾を解纜, 命じ注射だけで病気, 命じ注意して, 命じ深夜まで眠り, 命じ準備がととのう, 命じ火焔の傍, 命じ無間地獄中に不忠不孝無礼義破廉恥, 命じ爾後約二ヵ年, 命じ犬死を誡め, 命じ猛火を起し, 命じ兩人に, 命じへ下し, 命じ玄徳を追撃, 命じ王平関索をし, 命じ珠簾の宝台, 命じ瓦斯も電気, 命じ甲軍の背後, 命じ皆一所に飲食歓楽, 命じ盗賊の宝蔵, 命じを留め, 命じ目前に敵府, 命じ直ちに両軍間, 命じ直に新富座に, 命じ直之の首, 命じ看護婦を本邸, 命じにてこれ, 命じかに大, 命じ秘密の裡, 命じ四の, 命じ筑摩県への郷村, 命じ米沢三十万石を旧, 命じ終つた大佐は武村兵曹, 命じ結局なんの取締り, 命じ結局原告の勝訴, 命じ縁側へ置かれ, 命じに其逃亡, 命じ群神を衆議, 命じを命じ, 命じ自ら十字を画き, 命じ自ら燦爛の黄銅, 命じ自ら竹矢来にとりつい, 命じ自分たちはあと, 命じ自己の領地内, 命じ自身客舎へ行っ, 命じ船底へ穴, 命じ芸子と太夫, 命じ若者を連行, 命じ草履をつっかけ, 命じを命じ, 命じ蕃社がさらに, 命じを取らしめ, 命じ藤島君と私, 命じ蘇小を聘し, 命じ虐非道の敵隊, 命じ蟇目の矢, 命じ行軍主簿を呼ん, 命じ下度候, 命じの木小屋, 命じ西北の山地, 命じ親らも柿崎等, 命じ談話に実, 命じ諸生党の, 命じ諸道並び進みて, 命じ蹂躙させます, 命じずから, 命じ軍法裁きを開いた, 命じ近侍真子平馬, 命じ道士院の玉清観, 命じ都市の美観, 命じは七本, 命じ髮の, 命じ長崎奉行の注進状, 命じ長照には笠寺, 命じ陣中に美酒, 命じ雑司ヶ谷墓参に赴か, 命じ難いであろ, 命じ韓国及び皇室, 命じ韓國及び皇室, 命じよく塹濠, 命じへ扇子, 命じ颱風の如く, 命じひ且つ, 命じ首相にこれ以上, 命じを太都夫, 命じ魚容は汗だく, 命じ鮮魚を宰, 命じ鳥居内藤水野酒井の諸