青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呼んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん 呼ん~ ~呼んだ
呼んだ~
~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~

「呼んだ~」 1226, 13ppm, 8342位

▼ 呼んだ~ (351, 28.6%)

34 である 3017 では 7 だと, であった 65 です, は 4 だが, でも, はこの, はその 3 かい, かも知れない, だった, であります, はお前, はこれ, はそれ

2 [17件] だから, だよ, だらうと, だろう, であるが, であろう, ですよ, と同じ, はあなた, はお, はすなわち, はほか, は他, は何, は僕, は君, は彼

1 [169件] かえ, かお, かしら, かそれ, かそんな, かな, かね, かもしれません, かも知れません, かわかりません, か知ら, か第, か貴女, がある, がいい, がなぜ, が二度目, が初, が原因, が古い, が園, が始まり, が始め, が悪い, が本, が氣, が聞えない, が自然, が驚, じゃあるまい, じゃこの, じゃない, じゃ此, だいて, だからな, だったが, だってこと, だとは, だなと, だね, だらうか, だろうか, だ外, であったが, であったであろうが, でありました, でありましょう, であるから, であろうか, であろうが, であろうと, でござる, でしょうか, ですか, ですが, ですけれども, と天堂一角, ならいざ, ならおそらく, にも仔細, に始まる, はあたし, はお前さん, はこう, はそれ以外, はたしかに, はただ, はたつた, はと云, はと云い出した, はどう, はなん, はねただ, はほんとに, はまぎれ, はまじめ, はまだ, はまったく, はむだ, はモルヴァアク, は一考, は不覚, は世阿弥, は中学, は之, は亭主, は人目, は今, は今度, は佐々刑事, は何ん, は併, は元来以上, は再び, は又, は各地, は囈言, は四十五六, は固, は外, は大概, は天, は始め, は始めて, は実感, は実際, は室, は小, は小笠, は岩太郎, は川波大尉, は常, は庇, は後世, は必, は恩師, は悪来, は手代, は斯, は期せずし, は東方, は正当, は氏, は氏自ら, は気, は流石, は現在, は理由, は病, は確, は私, は臨済寺, は船上, は船長ノルマン, は若い, は草津参謀, は藤次郎, は要するに単に, は見, は誰, は豪い, は通俗的, は野性的, は間, は隼人, へさえ, も, もありました, もこの, ももはや, もわざわざ, もテンポ, も彼, も我, も根拠, も桜樹, も生き, も用事, も精神病専門, をギリシア語, を六歳, を後に, を思い出し, を思ひ出し, を最後, を極東來航, を知っ, を隣り, マリって

▼ 呼んだ~ (96, 7.8%)

7 返事が 5 誰も 2 おれは, どこからも, 今は, 何の

1 [76件] あたりには, いい, この風, これは, しかしヒジキ, そのときハンス, その応答, その時, その返事, それが, それきり答えなかった, それでも小間使, それでも返事, それは, それも, たけは, だれも, どういうわけ, また, まだ何とも返事, もう半身, もう手遅れ, もう眼, もう間に合わなかった, やがて首, やはり同じ, よかろう, カピも, バルザックの, ロシヤ正教の, 一体あの, 一向きかず, 上眼で, 二声とも, 今私の, 代理は, 何とも返事, 侍女は, 双方隙を, 呼ばれた者, 嘲笑うよう, 多い, 学校教員たる, 察する, 彼は, 心ばかり, 心臓を, 愛嬌が, 提督は, 更に答, 次の間で, 汽車の, 父親の, 犬は, 益満, 矢張返事が, 答えぬ, 経験界の, 維新後の, 縋り付いた, 美妙斎は, 自分が, 舌が, 蔵の, 藤吉郎は, 見あたらないので, 返事を, 酔いません, 醉ひません, 醒めも, 階下に, 隣りでは, 頷く力, 飲みに, 魂魄の, 鷲は

▼ 呼んだもの~ (94, 7.7%)

21 である 64 であった 3 がある, だから, です, では 2 があった, でした, と見える, らしい

1 [43件] か小田原町, か或いは, があつ, がここ, がこの, がやがて, がカツラ, が何, が取り, が細かく, さ, だろうが, であったであろう, であったに, であらう, であるらしい, でいつしか, でこれ, でしょう, ですね, で国栖, で流行心理, で祭礼, としか思われない, と思う, と私, と解する, と解せられる, にほかならない, によつて補, に含まれ, に相違, に過ぎぬであらう, に違い, の一部, は, は実は, は実在, は当日, は彼, は必ずしも, らしかった, をこの

▼ 呼んだこと~ (55, 4.5%)

4 がある, もある 3 のない 2 から見, が彼女自身, のある, はない, は有名, もあった

1 [32件] が, があった, があつ, がありました, がない, がなく, が察せられる, が真済, であろうたいへん, でせう, と火事, に何等, に相違, に解する, の当否, の根原, の用語, は, はただ, はなかっ, はまだ, は分っ, は既に, は日本人, は確か, までも知っ, もあり, もない, も勿論, も耳許, を思いだした, を思い合せ

▼ 呼んだ~ (33, 2.7%)

3 思うと 2 云うの, 思ふが, 言って

1 [24件] いいます, いい直しましょう, いうから, したら彼女, みえて, みちゃんどうしたの, 云う, 仰しゃるのだ, 伝へて, 同じく日本, 思いねえ, 思う, 思え, 思ったの, 思ったらふと, 思つた, 思わないから, 申すか, 聞くと, 見えて, 見える, 言ひます, 記憶す, 証した

▼ 呼んだので~ (27, 2.2%)

3 あらう 2 あつた, 私は

1 [20件] おきえさん, この諺, これは, ござりました, せう, その戒律有無, それまで, はじめて少年, 二人とも, 何だ, 又も, 喜多村御大以下来てる, 彼の, 彼は, 彼らは, 新子は, 羽ばたきを, 術者は, 貞之助は, 越前屋という

▼ 呼んだ~ (23, 1.9%)

3 じゃない 2 だ, だが, だけれど, ですよ

1 [12件] じゃねえです, じゃ前方, だからね, だそう, だね, だよ, だろあの, だろう, です, ですか, ですが, なら何

▼ 呼んだ~ (23, 1.9%)

2 にはたしかに

1 [21件] から何となく, から子供芝居, から私, その男衆, だ, など私, にお, には耳, に皆, に美禰子, に肩, に能登守, のその, の呼び, の自分, の貌, の通り, はその, はもう, は日吉, は誰

▼ 呼んだところ~ (20, 1.6%)

6 のもの 2 から見る

1 [12件] から考える, でお礼, でこの, でムダ, で助かる, で助け, で誰一人助け, に我々, のその, の一間, の過程, を指す

▼ 呼んだ~ (18, 1.5%)

6 がある 2 があった, がありました 1 があります, と営んだ, はあした朝食後退院, はいう, はそ, は埒外, をだれ, を指摘

▼ 呼んだという~ (16, 1.3%)

1 [16件] ことが, ことであろう, ことについては, ことには, ことは, ことを, つまらないこと, のであった, のである, ものです, ような, 伝説が, 位の, 恰好で, 経験は, 風土記の

▼ 呼んだよう~ (15, 1.2%)

2 だった, に思われる

1 [11件] だぞ, である, でした, なもの, な気, に, に思う, に思った, に猪武者, に稀少, に聞えた

▼ 呼んだ~ (15, 1.2%)

8 もある 2 は助けられた 1 が忽ち, が自分, の膝, はもう, は無い

▼ 呼んだ~ (15, 1.2%)

3 がいい 2 がい, が適当 1 がふさわしい, が当っ, が私, が粋, が紛わしく, が都合がい, の囚徒, もありました

▼ 呼んだ~ (13, 1.1%)

1 [13件] がふたたび, が小歌, が更, が樹, が聞えた, が誰, の下, はこんな, はまだ, もきこえた, をいま, を聞いた, を覚え

▼ 呼んだから~ (11, 0.9%)

2 である 1 だ, アケミさんは, 何だ, 実は下等, 星田さんが, 来たぞ, 来たの, 自然蝶子たちは, 蟹が

▼ 呼んだその~ (11, 0.9%)

2 人の 1 ギリシャ人くさい, 名が, 声が, 声を, 星の, 時は, 男の, 足で, 風変りの

▼ 呼んだ~ (10, 0.8%)

1 したって, したところ, してから, しては, 他ならぬ, 相違ない, 過ぎないもの, 違いない, 違なかっ, 違なかつた

▼ 呼んだのに~ (10, 0.8%)

1 あの子, なぜ待たない, なぜ聴, なぜ返事, 何故来ない, 何故返辞, 傚った, 傚へば, 早合点し, 過ぎないという

▼ 呼んだ~ (10, 0.8%)

1 があった, がある, が取り, が森三谿君, が見える, に就, は一度, は上, を悟り, を述べた

▼ 呼んだって~ (8, 0.7%)

1 お姉様, わけでも, 仕方が, 叫んだって, 彼奴宿に, 来るもの, 返事しない, 返事も

▼ 呼んだけれど~ (7, 0.6%)

1 はま公が, ジョンの, ペスは, 婦人は, 答えが, 跡は, 返辞が

▼ 呼んだとき~ (7, 0.6%)

1 にこなかった, にさっそく, にすこし, には弦三, に現われる, の名, も名指し

▼ 呼んだ~ (7, 0.6%)

1 だと, であった, であって, である, なの, は, 稱である

▼ 呼んだあの~ (6, 0.5%)

2 時の 1 あさましい自分, ときである, 声, 声に

▼ 呼んだ~ (6, 0.5%)

1 その時室, それは, 分らぬと, 忘れたが, 知る由, 知れやしない

▼ 呼んだやう~ (6, 0.5%)

1 なもの, な大人びた子供, にテエヌ, に思ふ, に見える, に跡部

▼ 呼んだ~ (6, 0.5%)

1 から類推, が多い, はある, は応神天皇, もある, も古い

▼ 呼んだけれども~ (5, 0.4%)

2 返事が, 風雨の 1 手拭を

▼ 呼んだつもり~ (5, 0.4%)

1 だつたが, である, なの, なのに, の自分

▼ 呼んだ~ (5, 0.4%)

1 その剰, どこの, 十九四の, 同じく十二支, 手長猿の

▼ 呼んだ~ (5, 0.4%)

2 が玩具 1 もあり, もある, を見れ

▼ 呼んだつて~ (4, 0.3%)

1 も來, も来, ゐやしない, 聞えませんよ

▼ 呼んだといふ~ (4, 0.3%)

1 ことも, のが, のは, 夜見ヶ濱から

▼ 呼んだほう~ (4, 0.3%)

2 がお気 1 がいい, がこの

▼ 呼んだわけ~ (4, 0.3%)

1 が判らなくなった, が聽, だが, でさて

▼ 呼んだ意味~ (4, 0.3%)

1 である, でなら, というもの, は通じないであろう

▼ 呼んだこの~ (3, 0.2%)

1 無終極性, 父親は, 男を

▼ 呼んだだけ~ (3, 0.2%)

1 だった, でしたが, なん

▼ 呼んだとは~ (3, 0.2%)

2 思われぬ 1 みえない

▼ 呼んだとも~ (3, 0.2%)

1 云う, 健ちゃんも, 思われない

▼ 呼んだまで~ (3, 0.2%)

2 である 1

▼ 呼んだもん~ (3, 0.2%)

3

▼ 呼んだ~ (3, 0.2%)

21 だけど

▼ 呼んだ~ (3, 0.2%)

3 のもの

▼ 呼んだ名称~ (3, 0.2%)

1 であった, であらね, でそれ

▼ 呼んだ~ (3, 0.2%)

1 なん, もおかしく, を穴

▼ 呼んだ~ (3, 0.2%)

1 でしたが, と呼ばれた, は三笠山

▼ 呼んだ言葉~ (3, 0.2%)

1 だった, であろうと, や彼

▼ 呼んだあと~ (2, 0.2%)

1 で下, で耳

▼ 呼んだ~ (2, 0.2%)

1 君の, 小夜は

▼ 呼んだかと~ (2, 0.2%)

1 思うと, 思う蚊帳

▼ 呼んだかも~ (2, 0.2%)

1 しれない, 知れない不思議

▼ 呼んだくらい~ (2, 0.2%)

1 だ, ですから

▼ 呼んだじゃ~ (2, 0.2%)

1 ないの, ア有りません

▼ 呼んだそう~ (2, 0.2%)

1 でございます, です

▼ 呼んだでも~ (2, 0.2%)

1 あろう, あろうか

▼ 呼んだところが~ (2, 0.2%)

1 いくぶんか, 総葺替え

▼ 呼んだ~ (2, 0.2%)

1 かようの, 同然な

▼ 呼んだ女房~ (2, 0.2%)

1 の中将, の聞く

▼ 呼んだ正直者~ (2, 0.2%)

2 ばかりです

▼ 呼んだ理由~ (2, 0.2%)

1 は容易, を釈明

▼ 呼んだ甲斐~ (2, 0.2%)

1 があった, がない

▼ 呼んだ職人~ (2, 0.2%)

2 が肋膜

▼ 呼んだ芸者~ (2, 0.2%)

1 はどう, へ二円

▼ 呼んだ若い~ (2, 0.2%)

1 芸子が, 藝子が

▼1* [197件]

呼んだお前は大変勉強, 呼んだお玉の声, 呼んだかて来て, 呼んだかなその道場, 呼んだかのように, 呼んだかは一つの, 呼んだがと同時にカテリーナ・リヴォーヴナ, 呼んだきり唖となった, 呼んだぐらいで驚いて, 呼んだぐらゐで僕の注意, 呼んだよか, 呼んだことこれも多分, 呼んだこれが乙下, 呼んだころの何れ, 呼んだしかしこれは, 呼んだしたがってそこから, 呼んだじゃあないかね, 呼んだすると池の, 呼んだそして五十銭銀貨を, 呼んだたった一言から, 呼んだだけで仁清が, 呼んだつてお前始らんぢやない, 呼んだつて來て下さらない, 呼んだつて駄目だよ, 呼んだせう, 呼んだとかいふ話で, 呼んだときやつぱり可愛く私たち, 呼んだとき伸子の心, 呼んだとき彼は抗議, 呼んだとき越後守北条仲時はもう, 呼んだところ医者もこんな, 呼んだとしても耳に, 呼んだとの事が, 呼んだなと思いましたけれど, 呼んだなど似た事, 呼んだなどより考うる, 呼んだのさ云ったッ, 呼んだのみならず別に, 呼んだのよどう, 呼んだばかりです, 呼んだほどである, 呼んだもの記憶像の如き, 呼んだそしてこの, 呼んだんぢやありません, 呼んだんで根が, 呼んだキリストの大, 呼んだトタンに早瀬, 呼んだバルザックが政治的, 呼んだ一証であるとともに, 呼んだで自分, 呼んだ三千の兵, 呼んだでも再び, 呼んだ上手な評判, 呼んだ下女のお, 呼んだ不世出の画伯, 呼んだ事実を黙つ, 呼んだ人々はそれ, 呼んだ人達のやう, 呼んだ今帰仁の郷, 呼んだ仕返しにワイズミュラー君, 呼んだ以上はここ, 呼んだだ私, 呼んだも続い, 呼んだが, 呼んだ係り同心が二三人, 呼んだに驢, 呼んだはそれ以来寒中, 呼んだ其人の耳, 呼んだ医者だ, 呼んだ十三世紀のフリードリッヒ二世, 呼んだ十四の女中, 呼んだ危急の瞬間, 呼んだだけが彼, 呼んだ同僚や朋輩, 呼んだ名前が親, 呼んだ吾が子の, 呼んだ和尚の声, 呼んだ唐人唄と称する, 呼んだの果, 呼んだ地方もある, 呼んだ坊さんの説教, 呼んだ場合が多い, 呼んだ外部の念, 呼んだ多くの健全, 呼んだ大衆劇の沢正, 呼んだ大阪町人は実に, 呼んだ女学生であった, 呼んだがばか, 呼んだ如月敏来る, 呼んだ妹娘のお, 呼んだの声, 呼んだ娘ぢやありません, 呼んだ孫悟空が急, 呼んだ宗右衛門は気味, 呼んだ客たちを隣室, 呼んだ寂蓮尼はまさに, 呼んだしめだの, 呼んだ小女の声, 呼んだ小笠原ての, 呼んだ小舟の影, 呼んだ少年の話, 呼んだには不思議, 呼んだ左源太は, 呼んだ巨人におびえる, 呼んだ師範代の若者, 呼んだ平次は, 呼んだである, 呼んだ弁信は前, 呼んだ弁証法は以上, 呼んだで射よう, 呼んだが, 呼んだ形迹あり, 呼んだ影響も全然, 呼んだ彼女の姿体, 呼んだ彼自身はなお, 呼んだ待合だから, 呼んだで桑畠, 呼んだ後急に調子, 呼んだろしく威張った, 呼んだ怪人物にもよく, 呼んだ愚楽老人なの, 呼んだ愛人との交渉, 呼んだながら雉子, 呼んだ所以である, 呼んだの玉, 呼んだ故灰衣托鉢僧団の祖師フランシス, 呼んだだと, 呼んだ旦那衆が改まっ, 呼んだ時代の末頃, 呼んだ時分に液, 呼んだ時妻君は産婆, 呼んだ時妾風の大, 呼んだ時姉妹は同時に, 呼んだ時庄吉は商人, 呼んだ時瀕死の娘, 呼んだ時隣の部屋, 呼んだ暁星歌劇団のテノール歌手, 呼んだ最初の人, 呼んだ未開の人種, 呼んだ東洋詩的情緒のある, 呼んだ森岡正のとき, 呼んだ概念が正に, 呼んだ民間伝承の雁, 呼んだがした, 呼んだ気持もわかる, 呼んだ油壺のよう, 呼んだ混乱と奇観, 呼んだの外, 呼んだ湯島か芳町, 呼んだ火縄函がまるで, 呼んだ用件というの, 呼んだ古ギリシアローマ, 呼んだ甲州屋も遂に, 呼んだ男の子の弟, 呼んだ相談というの, 呼んだ看護婦さんが親切, 呼んだの杜, 呼んだは少し, 呼んだの嬌名一代, 呼んだ紳士があった, 呼んだ経験はない, 呼んだ給仕は遣っ, 呼んだ美代吉が何となく, 呼んだ羽二重商のいどむ, 呼んだ石工に, 呼んだ老人はまさに, 呼んだ自動車に載せ, 呼んだ舞妓をいきなり, 呼んだ舞子であった, 呼んだ芳沢旅館へ電話, 呼んだ芸妓が六人, 呼んだ菊弥の声, 呼んだ薄暗がりの中, 呼んだの声, 呼んだ覚えはない, 呼んだえは, 呼んだ言い分と同様, 呼んだを述べある, 呼んだともなる, 呼んだ証拠となすべき, 呼んだ話好きな友達, 呼んだでなければ, 呼んだ貴下に向, 呼んだの妻, 呼んだ車夫も來, 呼んだ通称である, 呼んだ酒巻ドクトルが自動車, 呼んだ金助という, 呼んだ門附の声, 呼んだが, 呼んだ髯の, 呼んだが揃, 呼んだ養父母に對, 呼んだ馬鈴薯の種, 呼んだ高次の存在, 呼んだ黎明の大, 呼んだMP