青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「味方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呑ん~ ~呟いた 周~ ~周囲 周囲~ 呪~ ~味 味~ 味噌~ ~味方
味方~
呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん

「味方~」 4316, 47ppm, 2514位

▼ 味方~ (1306, 30.3%)

15 兵を 9 中へ 8 内情を 7 うちに 6 中に, 内に, 勢を 5 内へ, 士気を, 死骸を, 者に, 者の

4 [18件] うちから, うちへ, ために, ように, 一人に, 上に, 中から, 全軍, 兵も, 兵力を, 勢は, 屍が, 手に, 損害は, 者を, 諸将, 陣へ, 陣を

3 [19件] ためには, ほうへ, ような, 人々を, 兵が, 兵は, 勢が, 危急を, 土人は, 大部分, 方へ, 旗を, 物見が, 者が, 衆, 軍勢の, 間に, 陣に, 陣営に

2 [76件] あいだに, うちでも, ことは, ためにも, ものの, 一人は, 一人を, 一兵も, 不利である, 不利と, 不利を, 中の, 中を, 中軍は, 二人が, 人たちが, 人たちに, 人たちの, 人数が, 備を, 優勢を, 先鋒と, 先鋒も, 兵に, 兵力は, 兵士の, 兵船は, 分かる, 勇気を, 勝利と, 勝利に, 勢の, 声に, 多勢を, 大勝に, 大将を, 大捷, 大軍が, 学者や, 将士も, 屍を, 左翼を, 弱点を, 後方から, 御勝利, 惨敗は, 援軍が, 損害を, 敗色に, 最後の, 最期を, 本陣へ, 死傷は, 物見の, 砲弾が, 総勢は, 者と, 者どもも, 者へ, 者らは, 見定めも, 誰かが, 誰にも, 諸勢, 諸部隊, 諸隊, 軍勢と, 銃声が, 陣が, 陣中へ, 陣地の, 陣地へ, 陣地を, 集合に, 顔な, 馬岱

1 [943件 抜粋] あいだで, あいだにすら, あいだ迚も, あとから, いずれにも, いる夫人, うしろから, うしろを, うちで, うちにすら, うちの, おどろきが, か, か敵の, くずれに, ことであり, この敗色, これに対する, すべてが, すべてを, その物見たち, それを, そんな声, ためと, たれ一人, つもりで, では, ない敵地, ない自分, なかで, なかの, なかへ, なだれと, ふがいなさ, ほうへでは, ほしいでは, むすびが, ものか, ものが, ものに, ものは, ものまで, もの一同を, やぶれか, ようにさえ, エゴイズムをも, シヴィリアンを, フランス式伝習隊の, 一人です, 一人と, 一人の, 一兵をも, 一勢力と, 一団を, 一城摂津の, 一大事すでに, 一将が, 一将に, 一将石橋和義を, 一手が, 一突角である, 一翼と, 一船列を, 一部とばかり, 一部隊を, 一隊が, 一隊は, 七八十騎が, 三つの, 三人を, 三番機に, 三番機は, 上下の, 不利とでも, 不振は, 不時着機に, 中たりと, 中堅は, 中川隊と, 中馬を, 主力は, 主力を, 主義を, 乱軍を, 二倍その, 二機は, 五六倍は, 五百余艘が, 人々に, 人に, 人妻を, 人心を, 人数にも, 人数も, 人間を, 仮装マネージャーを, 伝習隊が, 作戦おさおさ, 作業隊の, 侵略は, 倍も, 倦怠を, 側面から, 傷負い, 先手衆駈けつけた, 先鋒の, 先駆が, 入城も, 全体へ, 全線を, 八木さんの, 兵と, 兵や, 兵共は, 兵地の, 兵士だった, 兵士も, 兵数は, 兵粮を, 兵粮貯蔵地の, 兵馬と, 内で, 内にすら, 内にも, 内より, 内訌を, 出鼻を, 分界線らしい, 分類が, 利だ, 利覚束なく, 前を, 前線布塁を, 前衛に, 前進を, 劉封孟達の, 劉辟だった, 加勢に, 勇士と共に, 動静を, 勝ちと, 勝ちは, 勝ち敗け, 勝ち色は, 勝つの, 勝利じゃ, 勝利なる, 勝利を, 勝利疑いも, 勝報は, 勝龍寺城には, 勢か, 勢に, 勢も, 勢力に, 包囲形の, 包囲陣を, 北条時政などは, 区別なき, 区別も, 十万の, 十四人は, 半ばは, 卑怯者から, 危急である, 危機は, 参禅を, 収拾は, 右翼を, 各部隊, 吉事と, 名を, 呪いの, 哨戒舟であろう, 善照寺の, 嘱を, 四五名も, 囲みを, 国家と, 土豪を, 地, 城も, 堀口大島などは, 堅い唇, 塹壕に, 墺太利軍は, 士とは, 士卒も, 士気と, 士気にも, 声か, 声とが, 声も, 夏侯覇夏侯威の, 多くが, 多数に, 大不利, 大兵が, 大勝は, 大勝利, 大半を, 大宴, 大将が, 大将の, 大将簡雍であった, 大小名, 大戦果, 大捷だ, 大捷を, 大敗に, 大臣が, 大軍に, 大軍を, 大部隊, 天神山へ, 太史慈, 夷陵の, 奔勢を, 奴らが, 妻女山別動隊が, 姿も, 孤塁に, 宇野伝十郎が, 宮内大臣レルドレザルは, 家来も, 富強を, 将たちであった, 将に, 将士あらましは, 将士にも, 将校の, 小勢と共に, 小勢も, 小幡城は, 居るべき筈, 山之手隊が, 山手隊街道隊浜べ, 岸を, 崩れを, 左翼が, 差別なく, 布陣を, 帰結としては, 幸いである, 幸福, 幾多の, 弱味と, 弱腰, 強者が, 弾丸が, 弾丸に, 弾丸を, 影に, 後を, 後続隊を, 後詰などに, 後陣に, 従兄弟味方な, 御主勢, 御内諾, 御決断, 怒濤, 怯むを, 悪口を, 意志では, 愛刎頸の, 態度を, 戦列が, 戦意は, 戦死者が, 戦線から, 戸板に, 手には, 手綱には, 手負いは, 打ち出した大砲, 批評家にも, 抑えに, 拡充と, 振舞に, 掩護が, 揚足を, 援けに, 援軍の, 損傷は, 損害も, 撃ちだす高射砲弾, 攻撃の, 攻撃機です, 救いの, 敗けと, 敗れと, 敗北と, 敗北を, 敗戦それから, 敗軍に, 数正の, 斃された, 斥候隊が, 方から, 旗じる, 旗幟は, 旗本は, 旗色が, 旗色の, 日本兵が, 明智さんだ, 最前列, 有利とは, 木村父子が, 本軍は, 本陣では, 李典呂虔の, 李厳と, 来援に, 桑山重晴の, 楯の, 槍先に, 檣と, 武士が, 武者たちの, 歩兵に, 歩兵は, 歩兵を, 死体の, 死体を, 死傷を, 死屍の, 死者も, 死者五万余人を, 死骸である, 死骸は, 死骸負傷者旗の, 残軍を, 殿軍三十騎も, 比では, 毛, 気を, 気概を, 水軍都督蔡瑁張允の, 泪を, 浮足は, 混乱が, 滅亡と, 滅亡を, 漕力を, 潜航艇は, 潮を, 為に, 無数の, 熊本軍敵の, 牛渚の, 物笑いを, 物見に, 狼煙の, 王平へ, 用具と, 男は, 発見とまで, 目を, 相当数が, 眼醒しい働き, 石に, 石田三成以下を, 砲丸が, 砲丸自身の, 砲兵も, 砲兵隊は, 砲弾で, 破れるの, 禍いに, 積極的な, 突撃路は, 端だ, 第一, 第五列, 精鋭が, 糾合については, 細作, 経験ずみです, 統率上には, 総くずれと, 総くずれを, 総崩れでは, 総軍, 群れに, 羽柴秀長殿の, 者, 者たちから, 者で, 者です, 者でなけれ, 者どもに, 者にも, 者らよ, 者満ち満ち, 者達の, 聯絡は, 股肱夏侯惇の, 背後へ, 腹は, 船まで, 艦隊との, 若い一組, 若者の, 苦戦と, 苦戦を, 虚を, 蛮兵は, 血に, 衆この, 衆目が, 行動を, 裏を, 裏切りだ, 見まもる中, 見張小屋, 視線が, 言葉に, 詩人や, 誰をも, 諜者が, 諸士臆病神, 諸砦, 諸陣地, 警官も, 豪傑が, 負けた場合, 負けは, 負け色を, 負傷者や, 貯臓物であった, 賤ヶ嶽からも, 足が, 足もとに, 足場と, 足手纏いと, 足溜りと, 跡部尾張守が, 軍とも, 軍を, 軍兵が, 軍勢で, 軍勢は, 軍数を, 軍隊に, 輜重隊は, 辛労ひいては, 迷信の, 追撃が, 退却と, 逃げ足を, 過半数を, 違和を, 選手ばかりに, 郎党の, 部将十八騎が, 部隊の, 里にも, 鉄砲が, 鉾を, 銃弾か, 銃隊か, 鐙と, 間にも, 間柄であります, 防塁を, 陣, 陣まで, 陣中へも, 陣備えとは, 陣営へ, 陣地から, 陣地に, 陣地内へ, 陣門へ, 陣頭へ, 陳宮臧覇に, 隊に, 雄々しい姿, 難儀である, 霊, 領へ, 頭上に, 頽勢を, 飛行機すら, 飛行機の, 飛行機は, 首を, 首脳部で, 馬をも, 馬標を, 馮習の, 騎兵が, 騎馬武者を, 高定, 高射砲が, 魏延が, 鷲津丸根の, 黒母衣か

▼ 味方~ (526, 12.2%)

52 なって 18 して 5 すること 4 しては, するでも, ちがいない, なった, なつて, なる, 分れて, 加えて, 立とうと 3 しなければ, つけて, ならねば, なるか, なること, なれ, わかれて, 別れて, 抱き込んで

2 [21件] ある, したいの, したわけ, しても, それを, ついた, ついて, つく者, つけようと, つけること, なったの, なりましょう, なると, なる事, なろうと, まじって, 加算し, 合し結城, 引入れること, 得て, 笑われるな

1 [346件] あらば, いはせれば, いれて, うしろ矢を, おかれても, おくるるな, お加えくださる, きて, くわえて, さしずを, させて, しうるもの, しかと御, したいもの, したがった, したがる御, したところ, してさえ, しとったこと, しようと, しようとも, し相手, し親友, すべく先頃, するか, するため, するつもり, するとか, するに, するには, するの, するも, する必要, する秀吉, すれば, せよ戰鬪, たのみたいと, たのむ思, たのんで, ついたと, ついた穴山, ついた給仕, つきかねない, つきなば, つき地方, つくか, つく密約, つけた, つけたこと, つけたため, つけた方, つけといて, つけるため, つけるつもり, つけるの, つける人, なったと, なったという, なったに, なったら命, なったら敵, なったグレー, なっちゃ, なっても, ならないという, ならなかったこと, ならなければ, ならね, なられい, なりそうして, なります, なりますか, なりますよ, なりもしくは, なりよそ, なり原作者, なり新吉, なり無益, なるから, なるしるし, なるだろう, なるつもり, なるでしょう, なるでせう, なるといふ, なるならば, なるなんて, なるの, なるので, なるべきはず, なるもの, なるやう, なるわね, なる勇気, なる振り, なる正しい, なる気, なる決心, なる者, なれとか, なれとは, なれぬという, なれば, なれるか, なれる人, なれん様, なれん樣, なろう, なろうも, はせ加わりどうやら, ひかえ大坂, ひきいれた理由, ひきいれて, ひきつける魅力, ひきつれ, ひき入れた手, ひき入れて, ひき入れんと, ひき込もうと, ひとりの, ほかならぬこと, ほこりもう, まいらんと, まいる者, まさか真昼間, まさるよろこびですよ, まねきひいては, むかって, もったよう, もまれうろうろ, やさしく敵, わかれ京都, わたくしを, われて, 一人の, 三分の損が, 上がった武士, 上がりましたから, 下知した, 不公平なき, 不利で, 不利と, 不吉な, 中っても, 二を, 二股を, 人も, 付け, 付けずば, 付けたい人物, 付けること, 付けるという, 伴れもどりましょう, 似せて, 余裕の, 値した, 充分時を, 先がけて, 入れたかったの, 入れなけりゃあ, 入れるの, 八旗の, 分かれて, 分かれ互いに, 分るるもの, 分れたか, 分れよう, 分れ模擬戦, 別れても, 別れる, 利あり, 利するところ, 利という, 利用し, 利用せ, 力を, 功を, 加えた, 加えたいと, 加えても, 加えねばと, 加えられい, 加えるとき, 加えるの策, 加え常に, 加わるからには, 加わるという, 加勢し, 勘づかれて, 勝る, 勝目が, 勝目の, 勝算なき, 参じその, 参じた節, 参じて, 参じましょうと, 参じ日和見, 参ぜよとの, 参ったので, 参った九州, 参る者共, 参会せん, 反対し, 収めて, 取った気, 取って, 取っては, 取り戻せば, 取付けて, 召抱えること, 合して, 合せよと, 合せよとの, 合図を, 向って, 告げるもの, 執らすよう, 外ならぬ, 多少手創, 大きな手違い, 大将の, 守られて, 寄せても, 対立し, 幸いし給う, 引きこもうと, 引きつけたよう, 引き入れしばかり, 引き入れたい少く, 引き入れたとばかり, 引き入れたの, 引き入れたらしい, 引き入れた結果, 引き入れて, 引き入れねば, 引き入れました, 引き入れようかとも, 引き入れようと, 引き入れられなければ, 引き入れる, 引き入れる者, 引き入れれば, 引き入れんと, 引き入れんとは, 引き入れ平野屋, 引き分かれること, 引き取られること, 引き込もうと, 引入れさえ, 引入れて, 引入れよ, 引入れるより, 引入れる爲め, 引込んだので, 弾丸を, 当たらずに, 徒らな, 得たよう, 応ずるであろう, 怖れられ, 思い込む方, 思ひ込む方, 怪我人の, 悦ばれず敵, 慣け, 成りますもの, 手懐け降人, 抱かなきゃあ, 抱きこみたいが, 抱き込んだ, 抱き込んだの, 押され石, 招かれましたこと, 招きよせて, 招く以外, 持たせるか, 持たなければ, 持って, 持つこと, 攻めあぐねみな長陣, 教えながら, 於いて, 早変わりを, 時を, 有利な, 来た二万, 来るは, 来る時, 極めてご, 機を, 死傷が, 求めたい, 為り散々, 用い以来, 疑いを, 病者の, 百倍の, 相違なく, 知らせるという, 秘して, 立った, 立った例, 立って, 立つとき, 立とうとして, 組を, 編入し, 聞えるほど, 裏切りを, 見て, 見ては, 誘い込んで, 誘うてよ, 説き入れても, 説き降して, 請い受け申して, 走って, 起つだろうか, 越されては, 迎えて, 迎えねば, 迎えんとして, 近づきつつ, 迷惑な, 追いつけるはず, 連れて, 違ひない, 長陣の, 附けようと, 附けるん, 降しそれ, 降伏させる, 離れるかも, 頼まれるとか, 頼みここ, 頼むの, 頼んだの, 願うの, 馳せさんじて, 馳せ上った山東, 馳せ加わって, 馳せ参じて, 馳せ参ずる者, 馳せ向う所存, 馴付けんと

▼ 味方~ (472, 10.9%)

57 して 10 した 8 得たよう 6 する 4 するの, するもの, 得て 3 すると, するに, するよう, する気, 励まして, 得たと, 持って, 糾合し

2 [25件] したいと, したため, しなければ, しました, すること, するなどと, なすつた, まとめて, もつて, 作る能はず, 信じながら, 募って, 叱咤し, 待って, 得たもの, 得たやう, 得たるの, 得た様, 抑えて, 立て直して, 裏切って, 見て, 見出した, 誓って, 連れて

1 [305件] あざむく計, あざむけと, あつめ, あつめて, あつめながら, あつめるという, あやつり進め城, いたしますから, うしろに, うったこと, うっちゃ, えたよう, えた思い, おあつめ, おまとめ, お集め, かえりみて, かえりみると, かき分けて, かくまって, かぞえて, かためろ, かり集めて, こしらえて, こしらえること, こぞッ, さへ, しかりつけては, しずめ, したからって, したからと, したくは, したって, したもの, したよう, しても, しないよう, しながら, します, しますよ, しや, しようという, しりめにかけて, し世の中, し兼ねて, し啓示, し始めて, すぐり怨敵家康, すすめたならさしも, すてて, すべて北国勢に, するかっ, するから, するけれども, するだが, するつて, するという, するなあ, するにゃ, するので, するべきいわれ, するわけ, する奴, する某, する筈, する若者たち, する草木, する訳, する謂われは, せず珠子, せよと, せられた, たしなめて, たすけ夜, たずねめぐるうち, たのむよりは, ちゃんと見分け, つくり大藩, ととのえた, ととのえ一日, とどめて, ながめて, ながめ廻しながら, なされたから, なされひで, なされましたばかりに, なしたるもの, なし果, なすって, なやます強, のこらずさっそく, のこらず寄せれ, はげますこと, ひきつれて, ふやしといて, ふやすため, ほのめかした, まねくまえに, みつけ出して, もって, もってるの, よびあつめて, よび返し, よび集めるため, わきかえらせた, わすれ仇, 一人も, 一人見つけた, 一千も, 一眼見る, 不敗の, 中断され, 二分した, 五人斃した, 作り商売工業, 作る, 作ること, 倒したの, 借らずとも, 傷けられた, 傷つけず敵, 先づ殺し, 出しぬいて, 切り仆, 制した, 制しながら, 制し止められ候, 制裁に, 力と, 加えて, 加えても, 加えるには, 助けて, 助ける者, 励まし, 励ましあうべきはず, 励ましながら, 励まし一方, 勝たしめること, 募つて対抗, 区別する, 収めると, 口ぎたなく憤り合う, 叱咤する, 右に, 号令し給い, 味方が, 呼びいれて, 呼び立てたとき, 呼び返せ, 呼び集めて, 呼ぶ味方, 問うの, 問わず万人, 問わず強右衛門, 嗅ぎ分ける, 四五人騙し討ち, 声も, 売った, 売って, 売るの, 売る裏切り, 売る諜, 多勢に, 夢かとばかり, 大勢拵え, 失いたまわば, 失いわずか, 失い敵兵, 失うては, 失うの, 失ったよう, 失っては, 奇襲し, 妹に, 孤立に, 容れその後, 射るなっ, 射ろという, 屠った数, 引きよせました, 引き込んで, 得さ, 得たいもの, 得たつもり, 得たで有ろう後で, 得たといふ, 得たので, 得たほどに, 得たも, 得たより, 得たること, 得たるよりも, 得た以上, 得た心地, 得た心持ち, 得た思い, 得た感, 得た氣, 得ば, 得るからには, 得るでありましょう, 思わずその, 急いで, 悩まして, 悩ませた悪天候, 惑わして, 感情的に, 抑え必死, 押し分けて, 招き入れた, 招集し始めた, 持てる気強, 指揮し, 振り向いて, 振り返った集五郎, 振返って, 捨て去った卑劣, 探したり, 掻き分けて, 損じたという, 損じたに, 損じたの, 損じないよう, 損じまいとして, 損じること, 損じるので, 損じるよりもと, 損ずるの, 攪乱した, 救ったこと, 救った二度寝返り, 斬り落とし斬り落としいたしま, 新らしく見つけ出そう, 案ずるに, 棹で, 標榜する, 欺かんが, 欺くという, 求めて, 滞りなく, 潜ませて, 激励し, 無理に, 狩りあつめ夜明け前, 申して, 申し内々手引き, 申し南朝びいき, 病め悩ませる別所長治, 発見し得た, 知り敵, 破る我, 確かめてから, 箭先にかけ, 糾合すべく, 糾合する, 約した手始め, 約し落魄, 繰引き, 罵った, 脅かす惧, 脱して, 致すと, 致す人間, 舐めさせて, 裏切るとは, 見いだし得るに, 見つけでも, 見つけ出すの, 見ても, 見なかったか, 見まわして, 見付けること, 見出したこと, 見出したの, 見出し得ること, 見物中に, 計れこういう, 計れと, 討つ, 誘った, 誘って, 諸所に, 變ふる, 超越し, 超越した, 越えて, 足手まとい, 踏みあう叫喚, 踏みつぶして, 迎えると, 追いかけた, 追っかけて, 退かせろ, 通そうと, 遠く離れ, 部落の, 長陣に, 集めしきり, 集めたが, 頼み入れて, 顧みて, 顧みれば, 養う糧米, 驚かした

▼ 味方~ (251, 5.8%)

4 敵の 3 今日の 2 この小勢, ひとりも, 一人も, 全滅を, 味方と, 味方の

1 [232件] あいの, あらまし討たれ, ある, あるが, いたし, いたして, いちどに押し出し, いないか, いよいよ影, おおかた召使い, おまえと, おりませぬ, お前だけ, お味方, お母さんに, かえって袋露地, かすり傷一つ, かならず敵, かなり多い, かように, かよわい女, かよわい女一人, ぐるぐると, ことごとく敗走, この国, この山々谷, この野陣, これだ, しないつもり, しねえの, しやしない, すかさずそれ, すぐわかる, すでに対岸, すでに殲滅, するが, そうはいぼく, そう急, そのいずれ, その図, それに, たがいに, ただ駒, たちまち八方, たちまち蜘蛛, たとえ小勢, つよいな, できぬ, どうにも働く, どう崩れた, どこで, どこに, ない, ないかと, ない岩, なお刻々, なかった, のこって, のこらず城, はやらち, ほしい, ほとんど全滅, ほとんど手薄, まさしく敗北, また利, みなこの方らの, みなごろし, みな赫々と, みな頼長の, みんなロクでもね, もうきわめて僅か, もうよくわかる, もう既にその, もう沢山, もとより敵, ようやく防いだ, わずかに, わずか三隻, わずか五六十人, わずか五千, バラ, バラバラに, ライ麦の, ワッワッと, 一万に, 一万四千, 一人, 一人しかも, 一人相手は, 一機だけ, 一矢一弾も, 一郷一村の, 一陣に, 万を, 三万に, 三人でしょう, 三木城に, 世界中に, 二三千と, 二人とても, 二人広場へ, 二人返り討ちに, 二十余名, 互に不安, 五千, 五百余人かかった, 今は, 他の, 他力では, 何人か, 何処へ, 俄かに, 健在だった, 兄さんひとり, 充満し, 全滅した, 八機敵は, 分断され, 勝ったぞ, 勝とう, 勝鬨を, 勿論敵, 北, 十分の勝利を, 半分以下にも, 半数に, 古い歴史, 名に, 呂将軍の, 味方へ, 味方らしく, 味方を, 四千に, 四散した, 四散しだした, 国民を以て, 土くれ, 地理を, 増して, 声を, 多いほう, 多勢だ, 大将を, 大軍です, 天にも, 天下に, 如何にと, 実に危ない, 寡兵これを以て, 寡兵どう, 小人数, 小勢, 小勢だ, 小勢なれ, 小牧に, 少く土地, 居ず敵, 山崎に, 崩れ立ち始めて, 巧妙に, 序戦に, 当然冬期, 後から, 徐々に退, 徐々に陣, 心酔と, 必死に, 愁い, 愛と, 我なりと, 挟撃を, 揃いも, 数こそ, 敵将, 新手の, 明日の, 時を, 果然意気, 森の, 次々と, 此処に, 死傷を, 殆ど討死の, 残って, 残らず討ち死に, 河内和泉などの, 洞くつ内の, 深追いに, 混乱に, 潰走し, 火薬を, 無勢じゃ, 無勢だんだん, 狭隘な, 狼煙を, 甚だ苦戦, 皆どう, 皆本陣とは, 皆無礼な, 知らないこと, 私だけよ, 窮地に, 築土, 組み合ったままドウ, 総勢二十三人敵は, 総州征伐, 総敗れ, 肉体を以て, 腹背に, 腹背の, 蝋燭である, 街亭に, 見る見るうち, 討たれ或いは, 討ちなされあまつさえ, 詩人なりと, 詩人の, 誰と, 負けて, 赤い筋, 近くまで, 退路を, 運送に, 重囲の, 関の, 防ぎに, 青州の, 頼もしく思い, 飛行機と, 駈けちらされて, 駈け集まる, 鬨を

▼ 味方~ (200, 4.6%)

16 なって 8 信じて 5 なること 4 なりて, 味方の, 見せて 3 なるの, わかれて, 思って 2 するもの, たのんで, なっても, なつて, なるであろう, なるもの, 呼応し, 思つてる, 敵との, 連絡を

1 [130件] いうので, いえども, いえば, いえ斬って, いひ憎む者同志, いわず敵, お頼み, ここの, しあまっさえ, したこと, したる如く外交, してでも, し上様, し同志, し暗夜暁闇, し韋紐, すぐわかる, する, するから, するならば, するに, する天武天皇, せずわが, たのむ奥さん, ちりぢり, つなぎを, てないその, なく仰天, なし得たもの, なった, なった人々, なった政治家, ならずには, なりしかして, なりし医師, なりたるが, なりわたしら, なり党, なり別れお上, なり力, なり変つて, なり女, なり得るもの, なり恩怨両, なり憎み合う効果, なり某, なり白人達, なる, なるか, なるつもり, なるべく集まっ, なるべしと, なるを, なる者, なれり, なろうと, なろうとも, わかれる人, 一緒に, 二人ツ限に, 二人ツ限りに, 云うか, 云はず敵と, 会する, 信じ得る, 分れた以上, 切離されて, 別れて, 別れては, 加算し, 合流し, 味方とが, 味方との, 味方同士でも, 呼び得る方々, 対いあう, 心得たる頃, 思いたまえ, 思いの, 思えば, 思つた彌次連は, 思ふ人, 思われる可能性, 恃まれた, 恃むように, 感謝します, 戦って, 戦場に, 抱きあつ, 抱き込んでの, 数える者, 敵とは, 敵とを, 敵に, 敵の, 朋友, 朋友とを, 期待され, 板行で, 案外の, 正義と, 気付いたらしい, 決した以上, 火に, 為すの, 烈しく揺, 爲すの, 申さずば, 目を, 睨めあった人間, 知りつつ, 知り戦, 称する西国大名, 考え母親, 聞えなば, 聞え俄, 芳は, 見えるだらうか, 見た, 見て, 見込んで, 言わず敵, 謀挙の, 近い所, 遠ざかって, 間違えて, 頼むの, 頼むは, 頼む信西入道, 頼んで

▼ 味方~ (195, 4.5%)

6 ある 4 出来た, 味方を 3 あるか, 敵に

2 [13件] あって, あるから, あると, あるん, きょうの, ない, バタ, 一人も, 再び砲撃, 勝つに, 無えんだ, 現れるであろう, 起ち上るだろうが

1 [149件] あった, あつまって, あり距離, あるからな, あるこう, あること, あるでは, あるもの, ある男, いた, いたらここ, いったいどこ, いまぞと, いま閾一すじを, いる, いるの, いるらしい, いる西岸, うごくか, おったであろうか, かく双方, くずれ立ったとき, くるんだ, この尼ヶ崎, これへ, ござります, さんざん敗北, して, そとに, その方, ぞんぶんに, どうよく防ぎ戦いまし, ないとは, ないのに, ない味方, なくなったとき, なくなるから, なんだ, はこばれ四十面相, はるかに, ばたばたと, ひきあげて, ふえたわけ, みな遠隔で, やってくる, やって来られるの, やっぱり倒れ, ギラギラと, ケンカを, 一人あらわれた, 一人殖えた, 一廉の, 一斉に, 三月十二日の, 並ぶの, 争奪の, 他の, 付いて, 代る代る毀す, 何やら蒲団包み, 信長の, 値打ちが, 入り乱れて, 全滅した, 出た, 出て, 出來, 出来たもの, 出来て, 出来ると, 勝ちつつ, 勝ったの, 勝って, 勝てば, 原だ, 原の, 参られたぞ, 同時に敵, 君の, 土音方言を, 在ろうかも, 地理に, 多いん, 大勝利, 寺内に, 少なからずあったらしい, 尚左岸, 帰ったもの, 庫裡へ, 引いて, 引揚げに, 彼を, 必要だつた, 怒り罵る, 意の, 押しよせて, 撃滅され, 敵へ, 格納庫を, 案じられます, 欲い, 欲しい旅, 欺かれたもの, 死人の, 残らず討たれて, 殖えた, 殖えたので, 沢山出来, 瀬兵衛の, 火を, 火花を, 点在し, 焼け死んで, 現われて, 発見された, 短距離で, 突貫, 総出で, 聞くと, 肥える, 自分に, 自分の, 舞台で, 船を, 苦しいとき, 落ち合って, 西と, 討たれたの, 誰か, 諜者に, 負けいくさかと, 負け色に, 起って, 趙子, 足手まとい, 追っぱらって, 追込まれて, 退き出しても, 門を, 門内に, 陣し, 隠れるのに, 集つて, 集まって, 頼みの, 風を, 駆けつけたとて, 駈けて, 騎虎に

▼ 味方~ (189, 4.4%)

4 ない, 敵も 3 汝が 2 いない, きょうの, この花, なかった, 多い, 悲惨である, 退却の

1 [164件] あすの, あっ, あの方船, あらかた散っ, ありありと, ありません, ある, あるべからずと, あるまいじゃ, いた, いっしょくたにして肯定, いなかった, いまの, いるから, うしろを, おほか, お味方, かの消, きょうは, ここを, このまま, これには, ございますまい, ございませぬな, さすがに, さだかでない, さんざんに, すでに尊氏, すると, せい, そういった, その時, その額地, それに, ために, つくる, つづききれなかった, できないが, ない人間, ない若松全体, ない足利殿, なくただ, なくなって, なくなり白人, なくなると, なくなるという, なくカラリ, なく恐らく, なく杯, なく百, なければ, なしに, はるかに, ひとし, ほとんど蹴ちらされ, また彼, また破竹, また鼓, まったく知らない, みえず夜, もちろん見, やつと, ゐるので, 一しょくた, 一度に, 一応は, 一瞬小波も, 一緒くたに, 一路京へ, 不測な, 五十人は, 今は, 仲好く, 何事か, 何処へ, 何處へ, 傷ついたので, 公平一様に, 共に景慕, 分らぬほどの, 前線に, 勇猛の, 動かずであった, 包容した, 区別できなくさせ, 又鎗持, 合戦どころか, 同じスローガン, 同時に方々, 名だたる徳川勢, 味方当の, 味方御, 呼応し, 咽喉を, 囂々と, 執着なる, 多いの, 多かろう, 多く進み, 多ければ, 大切で, 寄って, 小勢に, 小銃を, 少なしと, 居た, 居ない, 居坐ったまま矢弾, 彼の, 得た, 恐怖に, 恩も, 息たえだ, 手疵を, 折り重なって, 抱きあふ雪, 持てなかった, 挙国一致が, 援けに, 損ずるよ, 整へば, 敵に, 文句の, 於犬が, 暫く黙っ, 槍ぶす, 次々に, 正法を, 気づいて, 滅茶苦茶な, 滅茶苦茶に, 無いじゃ, 無事に, 狭い道, 異頭同心, 疑心暗鬼に, 疲れて, 百以上の, 目が, 目指すもの, 眼を, 知らなかった, 知る有名, 突然飛びこん, 箱根の, 舌を, 舷を, 落ちる, 見さかい, 見たなどという, 見つけて, 見ろ敵, 見定めが, 賞歎した, 辛い目, 追, 鎌倉へ, 鏡に, 長途に, 頬や, 馳せ加わりましょうし, 驚いた, 驚きました, 鳴りを

▼ 味方~ (85, 2.0%)

6 ている 5 てくれる 4 ていた 3 てかあるいは 2 て, ておる, て俺

1 [61件] あるいはグラリス州, その顫動, それを, たり敵対, ていいました, ていなかった, ていなかったら, ていられる, てお, てくださった, てくる, てくれた, てくれるだろう, てすっかり, てである, てほか, ても得る, てやっ, てやる, てわたし, てゐた, てトロイア軍, てブルジョアジー, て二人, て云う, て仮面, て出来心, て利得, て呉れた, て大いに, て大吉, て居つた, て居なかつた, て当分, て春日様, て滔々, て父, て猪, て白人達, て私, て終始一貫, て自ら孤立, て血判, て親, て邪魔, て闘い, ながらも怒つた, ながら両方, ながら中道, に来た, もしくは反対, シューアヌリー, 一揆が, 声援する, 強きに, 感情は, 明日は, 秀吉と, 経験も, 自らそれと, 馬籠の

▼ 味方する~ (59, 1.4%)

2 か, からである, ことが, つもりで, のは, 者が, 者の

1 [45件] かと思われた, かもしくは, か良人, こころお, こそ当然, ことで, ことに, ことは, ことを, というわけ, といつ, ところが, とはかぎっ, とはさてさて, と称し, と金持世界, に如かず, ので, ものが, ものと, ものは, やうに, よ, ような, よう頼まれ, んで, 一木斎太郎が, 人は, 人も, 大名にたいして, 奴なら, 心の, 情熱など, 意志は, 憎悪や, 手紙が, 持前の, 旨を, 気だ, 江戸ツ子の, 者で, 者です, 者も, 者らは, 英雄の

▼ 味方~ (57, 1.3%)

1 [57件] いいつけて, いましめた, こう呶, こう命じた, このようす, この急変, さけびながら, さずけて, ついに自分, とびこんで, むかって, わめいたが, 乞い請けましょう, 云って, 令を, 伝令し, 初陣として, 加わったの, 加わろう, 参陣の, 右の, 号令し, 合図を, 告げた, 報じた, 報らせた, 報告した, 密, 引き上げて, 引き入れます, 急を, 急使を, 急速に, 投じるでござろう, 抱き込む工作, 招いて, 招くこと, 攻めて, 攻勢を, 救いを, 気勢を, 浴びせかけて, 知らせろ, 示して, 粮米を, 総引揚げ, 聯絡を, 言った, 討って, 誘引した, 豪語を, 負わせて, 追い討ちかけんと, 追ッかけ, 降らせましょう, 非常の, 馬を

▼ 味方~ (41, 0.9%)

3 つたに, と思っ 2 ということ, のと

1 [31件] かその, かも分らないでしょ, から, からお, からな, がいったい, がまた, が云い, ぜハヽヽヽ, ぞ, とばかり思っ, とも何とも, と云つて, と云はん, と信じ, と信ずる, と思った, と思ひました, と思われる, と称する, と考え, と自称, と言う, と言っ, なんぞといつも, ね, ねえ, よ, よ助け, ッ, ドシドシやって来い

▼ 味方~ (38, 0.9%)

4 敵か

1 [34件] いずれか, ここへ, それさえも, それは, どっちの, ふたりは, またわずか, やがての, わからないの, わからないマグネシューム色, わからない土地, わからない間, わからんが, ゴチャ, ッ, 中立か, 仰向けに, 入りみだれ, 分らない国々, 分らなかったし, 分らなくなりましたよ, 判じかねるもの, 判らない, 判りは, 判然しなかった, 別嬪か, 勝つか, 十五六人の, 味方か, 市郎も, 探ろうと, 敵にさえも, 気違いか, 見分けも

▼ 味方である~ (37, 0.9%)

4 ことを 2 と信じ, はずの

1 [29件] から, からにはあたりまえ, から私, から自分, か敵, が労働者, ためには, としか思われない, と思っ, と斷言, と自称, と述べた, に相違, のにその, はずな, やうに, カルルが, 事を, 作者の, 大政党, 天忠の, 小侍従, 数人の, 旗岡巡査を, 真理に, 筈で, 筈の, 者たちは, 諸新聞

▼ 味方とも~ (37, 0.9%)

1 [37件] いずれ劣らぬ, これを, たいがい乱打の, つかずおよそ, つかずただ, つかぬもの, なって, にその, に見, ぶつかりあった, わかぬ死屍, わからぬ乱れ, わからぬ軍勢, オジッセウス戦功無双と, ハッキリ見分け, 人馬の, 分たぬ位置, 分らぬ一隊, 分らぬ武蔵, 囃した, 多くの, 思いたのもしき, 思えなかった, 思われないほど, 思われます, 戦争の, 散々に, 極めて目標, 死者負傷者の, 気づかないらしいが, 火縄の, 牛乳や, 砲撃中止危険区域を, 耳を, 離れて, 鳴りを, 麗かな

▼ 味方~ (33, 0.8%)

3 あつた 2 共通する

1 [28件] あり得ないと, あるならば, ここへ, ござります, すら眼, ただ何人, のでの字, はござりませぬぞ, 一つの, 二三言は, 京都方にとっては, 候ぞ, 充実し, 先棒を, 当時二三人より, 彼等は, 御内儀, 心強かった, 忠義な, 早く言え, 月夜で, 氣の, 泥溝泥長屋に, 無くて, 父とは, 良民を, 蝙蝠を, 頼母しく慰めた

▼ 味方として~ (32, 0.7%)

2 この強敵, 政界に, 起つ者

1 [26件] あなたに, いつでも, かつ貧民, その擁護, では, なら私, 予定の, 人間に, 劇界の, 力を, 叛乱を, 対立する, 必ず起とう, 恋も, 感ずること, 攻め立てて, 有力な, 炊事看護通信連絡等赤衛軍の, 現われ出て, 立った, 立とうと, 自己の, 自由制度の, 送った人, 頼むには, 頼むべく敵

▼ 味方にも~ (29, 0.7%)

2 敬愛せらる

1 [27件] しようと, そっと自陣, そっと部下, ないが, なつた, なにか雲表, ならない, ならなかった, 主君にも, 付く, 何し, 加わって, 告げぬつもり, 多少傷ついた, 損失は, 気づかれぬよう, 沢山入り混って, 用心し, 畏れられたも, 秘密に, 買はれる, 買はれるであらう, 買われるであろう, 買われるもの, 長可, 高かった, 鬼神の

▼ 味方では~ (27, 0.6%)

5 ない 3 なかった, なくて

1 [16件] ありません楠木方, あるまいが, あれ私娼, ないか, ないかと, ないという, ないに, ないの, ないらしかった, なおさらない, なかつた, なかつたの, なかつたらしい, なくても, 決してなかつた, 無かった

▼ 味方でも~ (25, 0.6%)

3 ない 2 何でも

1 [20件] ありません, かまわないが, ないお, ないが, ないし, ないといふ, ないのよ, ないらしい, ない中途, ない人, ない大, ない日本, なく日本, なく東洋, なければ, なし尊敬, なし荒木, 尊敬し合う, 心強く思われる, 許すまいと

▼ 味方同士~ (24, 0.6%)

2 のあいだ

1 [22件] がこう, がそれ, がひとつ, が相討ち相仆, が邪魔, だ, ではない, でも必ずしも, で何, で激闘, とはいえ, の兄弟, の危険, の喧嘩, の喧嘩沙汰, の恥, の猜疑, の邪げ, ぶつかったの, を啖, を混乱, 怒り合って

▼ 味方には~ (21, 0.5%)

2 して

1 [19件] あきれ顔, あらざりき, その十分の一, その都度, なって, まったく水軍, 一将の, 今までより, 別荘が, 参りますまい, 大事な, 官兵衛の, 憎まれた高師直, 用意が, 相違あるまい, 知れすぎて, 誂向きいざ, 途中で, 違いない

▼ 味方から~ (20, 0.5%)

1 [20件] いくら不信, いはせれば, イデオロギー論の, ボロを, 一時に, 偵察に, 兵糧の, 壊して, 急報を, 打って出るな, 抜け駈け者, 敵へ, 本城への, 湯茶兵糧などの, 盲目的な, 背き去る, 裏切られること, 観れば, 計る, 逃げて

▼ 味方~ (19, 0.4%)

5 のだ 4 んだ 2 のか, のです, んです 1 のかと, のよ, はずです, 従兄弟同士って

▼ 味方した~ (17, 0.4%)

1 [17件] か, ためと, ってまず, てまつる, とでも仰せられる, とみせた, のは, もうかと, ものに, トルコ人等は, 五百人会の, 人も, 山浦常陸介という, 曲者は, 百瀬の, 覚えは, 豪族が

▼ 味方同志~ (16, 0.4%)

1 [16件] が同志, が恐れ合っ, じゃない, であった, であろうかと, でございますから, になっ, のはず, のもの, の争, の兵士, の戦争, の排斥, の暗闘, の民族, を敵

▼ 味方であり~ (14, 0.3%)

1 [14件] そうして保証者, その第, それが, ながら味方同志, 不幸な, 幕府時代の, 戦争にも, 掩護者であった, 擁護者であった, 暴力の, 正義の, 社会改造の, 親類の, 贅沢を

▼ 味方との~ (14, 0.3%)

2 連絡を

1 [12件] あいだに, あいだを, 分れ目と, 前に, 区別なんか, 声や, 生命の, 聯絡も, 通路を, 間に, 関係, 陣地の

▼ 味方たる~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことである, ことを, とに関わらず, とをとわず, の事実, 人土居画伯の, 切支丹の, 大名と, 実なき, 志士仁人の, 性情を, 無秩序

▼ 味方でない~ (12, 0.3%)

2 ことは 1 か, ことが, ってこと, とすれ, と云, のであらう, ものは, 事は, 帝国の, 者は

▼ 味方にとって~ (11, 0.3%)

2 最も怖 1 ここに, さほど不利, たのもしいもの, 不利益な, 地勢も, 大助りであった, 大幸と, 有利な, 歓ぶべきこと

▼ 味方にな~ (11, 0.3%)

1 [11件] つて, つてただ, つても, つてゐた, つて力を, つて叔父と, つて奮闘した, つて居りました, つて株主攻撃の, つて矢張俺に対して, つて秀吉の

▼ 味方であった~ (8, 0.2%)

1 かをはっきり, がきょう, のである, ような, ミレーは, 友その, 武蔵とは, 間は

▼ 味方です~ (8, 0.2%)

1 かそれとも, からあなた, かッ, が敵, と以前あれ, のよ安心, よ, わ

▼ 味方しよう~ (7, 0.2%)

1 てえ, というわけ, とは, とも, と云う, と思った, と馳せ加わった

▼ 味方だった~ (7, 0.2%)

1 から彼ら, なつかしい故人マルト, のか, のだ, のである, のであんまり, はずな

▼ 味方という~ (7, 0.2%)

1 ことに, ものが, ような, 危険な, 意味で, 者は, 者も

▼ 味方にとっては~ (6, 0.1%)

2 致命的な 1 いよいよ事態, おもしろからぬ, 信頼の, 大幸

▼ 味方にとっても~ (6, 0.1%)

1 ただ一城, 万一の, 危険なる, 同じく利益, 唯一つ, 極秘の

▼ 味方ばかり~ (6, 0.1%)

1 して, じゃ, だった, だろう, ですよ, なさるの

▼ 味方をも~ (6, 0.1%)

1 もたないこと, 合せて, 損せず, 敵をも, 猛烈に, 猶その

▼ 味方かと~ (5, 0.1%)

1 問乗掛見れ, 思えば, 思って, 怪しみ見て, 片唾

▼ 味方じゃ~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ないの, ないもの, なア, 悪魔の

▼ 味方といふ~ (5, 0.1%)

1 ことは, のは, ものが, ものは, 思想あらざるなり

▼ 味方とは~ (5, 0.1%)

1 いえおのおの, それで, ほとんど同数, 本丸と, 遇し

▼ 味方なく~ (5, 0.1%)

1 いわれて, ご供養, 心さびしきままにおのずからへつらい寄る, 拍手を, 正成の

▼ 味方へは~ (5, 0.1%)

1 いい島土産, どういう方法, 忍びを, 懸れ懸れと, 昼の

▼ 味方らしい~ (5, 0.1%)

1 から名画, が, こいつあ, ぞ, 年上の

▼ 味方~ (5, 0.1%)

1 から離反者, でも常に, の仮想敵, の整え, へお

▼ 味方しない~ (4, 0.1%)

1 で取扱, までも呪咀, わけには, 以上秀郷貞盛の

▼ 味方であっ~ (4, 0.1%)

1 てくれた, て別個, て法律, て生

▼ 味方としては~ (4, 0.1%)

1 お前を, ずいぶん気骨, 何らの, 堅城鉄壁の

▼ 味方とばかり~ (4, 0.1%)

1 おもって, 信じきって, 信じて, 思って

▼ 味方につけ~ (4, 0.1%)

1 同族の, 清水坂を, 甲駿へ, 花垣一派の

▼ 味方にと~ (4, 0.1%)

2 つては 1 山へ, 望む彼

▼ 味方~ (4, 0.1%)

2 用心棒を 1 まだ気配, 宮内官たちを

▼ 味方からの~ (3, 0.1%)

1 一人の, 友情表白婦人からの, 掩護の

▼ 味方からも~ (3, 0.1%)

1 今やその, 何らの, 裏切が

▼ 味方さえ~ (3, 0.1%)

1 今の, 後に, 知れぬほど

▼ 味方すべて~ (3, 0.1%)

1 が敗亡, をこの, をも失ッ

▼ 味方すら~ (3, 0.1%)

1 信じきれない細心, 影まばらだった, 知らない者

▼ 味方せん~ (3, 0.1%)

1 いや織田, がため, と云った

▼ 味方たち~ (3, 0.1%)

1 が, は年来, は彼

▼ 味方であろう~ (3, 0.1%)

1 かの, が, が情

▼ 味方とが~ (3, 0.1%)

1 合流する, 君の, 夜なかに

▼ 味方ども~ (3, 0.1%)

1 の心, は, よ

▼ 味方ながら~ (3, 0.1%)

1 それを, むしろ冷やか, 己が

▼ 味方ならぬ~ (3, 0.1%)

1 人間も, 敵の, 旗さし物や

▼ 味方なり~ (3, 0.1%)

1 と思っ, と考え, 安土の

▼ 味方なる~ (3, 0.1%)

2 乎と 1

▼ 味方はと~ (3, 0.1%)

1 いえば, 思った, 見れば

▼ 味方へも~ (3, 0.1%)

1 まず面目, 今日藤吉郎が, 節操を

▼ 味方やら~ (3, 0.1%)

1 知れない混雑, 見分けも, 防ぎ口

▼ 味方より~ (3, 0.1%)

1 多い賊, 手出しある, 計ると

▼ 味方~ (2, 0.0%)

1 引いて, 散々だった

▼ 味方いずれ~ (2, 0.0%)

1 の兵糧, の国民

▼ 味方いつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, 明日の

▼ 味方かという~ (2, 0.0%)

1 ことを, ような

▼ 味方かといふ~ (2, 0.0%)

1 ことばかりを, 穿鑿を

▼ 味方かも~ (2, 0.0%)

1 しれません, 分らぬ大

▼ 味方この~ (2, 0.0%)

1 塁の, 女子さえ

▼ 味方したい~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と思った

▼ 味方したら~ (2, 0.0%)

1 いいの, 好いん

▼ 味方してる~ (2, 0.0%)

1 んだ, 人ない

▼ 味方しなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 味方し給う~ (2, 0.0%)

1 ものと, ものという

▼ 味方すらも~ (2, 0.0%)

1 ことごとく彼等, ともすれば分らなかった

▼ 味方すれ~ (2, 0.0%)

1 ば城下, ば恐らく

▼ 味方たら~ (2, 0.0%)

1 ざるを, んとして

▼ 味方だの~ (2, 0.0%)

2 日本だの

▼ 味方だろう~ (2, 0.0%)

1 がその, ね

▼ 味方でしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 味方でなかった~ (2, 0.0%)

1 あるいは敵, ことを

▼ 味方でなく~ (2, 0.0%)

1 なつた, 先方の

▼ 味方でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 味方でもが~ (2, 0.0%)

1 加はつた, 加わったよう

▼ 味方とに~ (2, 0.0%)

1 めぐりあったの, 分けて

▼ 味方とを~ (2, 0.0%)

1 人生の, 色分けする

▼ 味方と共に~ (2, 0.0%)

1 夾石道方面へ, 自刃する

▼ 味方など~ (2, 0.0%)

1 かぞえて, 一国も

▼ 味方などは~ (2, 0.0%)

1 ない, 寄るも

▼ 味方にさえ~ (2, 0.0%)

1 なお平井山, 眼に

▼ 味方にまで~ (2, 0.0%)

1 深く偽っ, 詮議が

▼ 味方に対して~ (2, 0.0%)

1 また備, 害意を

▼ 味方ばかりと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 思ふと

▼ 味方への~ (2, 0.0%)

1 聞えも, 聯絡を

▼ 味方~ (2, 0.0%)

1 ほんとうの, 返せ

▼ 味方よりも~ (2, 0.0%)

1 以上の, 敵方の

▼ 味方らしく~ (2, 0.0%)

1 どんな相談, は振舞っ

▼ 味方~ (2, 0.0%)

1 勝利歴々タラント述ブ, 警戒ヲ

▼ 味方~ (2, 0.0%)

1 にも二心, へ聞え渡る

▼ 味方争い~ (2, 0.0%)

1 するな, は儼

▼ 味方以外~ (2, 0.0%)

1 にいる, は断乎

▼ 味方全体~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, にとってもよろこぶべきだ

▼ 味方全部~ (2, 0.0%)

1 を配置, 集まる

▼ 味方勝敗~ (2, 0.0%)

2 を忘れ

▼ 味方勧誘~ (2, 0.0%)

1 に着手, の大

▼ 味方味方~ (2, 0.0%)

1 でない者, と思え

▼ 味方喧嘩~ (2, 0.0%)

1 をします, をひき起こした

▼ 味方~ (2, 0.0%)

1 一族の, 一統にも

▼ 味方戦死者位牌~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 味方敗北~ (2, 0.0%)

1 というの, の主因

▼ 味方狐疑~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 味方相対~ (2, 0.0%)

1 しその, して

▼1* [203件]

味方あやうしと聞えた, 味方あるようと, 味方いたさねばこの, 味方うちの, 味方おたがいにかつて安土に, 味方おれにかまわず, 味方かえって懐かしく思われ申す, 味方かのけじめも, 味方かはどうでも, 味方からというのは, 味方からは忽ち, 味方かを決議しよう, 味方きょうは敵国, 味方くだされぬとなれ, 味方こぞって徐々と, 味方これを見, 味方され力を, 味方したがるのだ, 味方したくなるんです, 味方したまわず最後の, 味方したろう乎革命党に, 味方しなかつたのである, 味方し好んで人, 味方じゃあないだろう, 味方じゃろうな, 味方じゅうへ, 味方とかよく, 味方すかさず本丸より, 味方すべきであろうかと, 味方するでもなく, 味方するべきか, 味方せずんばやまぬ, 味方せぬばあい, 味方せよと促される, 味方せる当時の, 味方ぞと頼んで, 味方たらしめようとする, 味方たらんことを, 味方たりといえども, 味方たるべき紅毛人が, 味方たる者の大, 味方だけを拾って, 味方だったら同士討ち, 味方だにあればと, 味方ついに一人の, 味方であるらしく考へられるからです, 味方でござったよ, 味方でしたらこっちに, 味方というは唐土に, 味方というもこの日本国, 味方とかそういう隔て, 味方とで全くその, 味方とでもなると, 味方とともにこのあり, 味方とのみ思って, 味方とまで固まるには, 味方とまでにならざるも, 味方ない哀傷の, 味方なき驚嘆と, 味方なさるならばなさるで, 味方ならば誰, 味方ならそちゃ何ん, 味方なんかせんで, 味方においてもそれへ, 味方にかへた, 味方にさえも返事なんか, 味方にすら不明だった, 味方にだって心の, 味方についてくるとは, 味方については何か, 味方についてもその実力, 味方にて恨みを, 味方にでも遭ったよう, 味方にばかりあたって, 味方にゃならんもの, 味方によって称びわけられる, 味方による確報では, 味方に対してはわれわれは, 味方に対しても峻烈である, 味方に対する謀略などは, 味方のかしら敵のかしら, 味方のみだれを, 味方はわッと, 味方ばかりの席とは, 味方ばっかりして, 味方ぶりすぎやしない, 味方ほしく思うをも, 味方ほしさに來, 味方ほど捨てきれないで, 味方までも御疑い, 味方まま有りがち, 味方よりというのが, 味方よりはすこし多い, 味方らしく持ち込んで向う, 味方わかりゃしないのよ, 味方をもって自任する, 味方正シキ道理アリ, 味方ハッキリ二つに, 味方ボルシェビキの側, 味方図レなどという, 味方一万五千の先, 味方一人に敵数十人, 味方一同の勝ち誇り, 味方一地で玉砕, 味方一座したもの, 味方七分の勝利と見, 味方三万の将士, 味方三千七百の人数, 味方三方わかれの, 味方下さるのみかどうして, 味方不思議の力, 味方両人してやられて, 味方中滅亡の上, 味方とうそぶく, 味方乱軍の最中, 味方二万がいつ, 味方二人の騎馬武者, 味方二十七家事いよいよに, 味方五十人も死, 味方人穴城をお, 味方仕るこの正成, 味方も憚, 味方からで, 味方先鋒部隊と呼応, 味方入りみだるる剣槍の, 味方入り乱れの戦場, 味方入れ混っての合戦, 味方全軍の致命, 味方八万余の運命, 味方八十三万の人馬, 味方八十三万人の仇, 味方に実際, 味方共通のある, 味方初めて正式に, 味方前進猪突シテ勝利ノ分, 味方割れ同時に和睦, 味方勘定は勘定, 味方が彼方, 味方半分は大阪方勝, 味方で握手, 味方各国の人民, 味方同士反目のたえ, 味方同士味方内の仮想敵, 味方同士啀み合つて, 味方同士腰の鞘, 味方同然になっ, 味方四人のうち, 味方多からんと, 味方勝利疑いなし, 味方大声が谺, 味方少くあまつさえ路, 味方山県の位置, 味方崇高な者, 味方弥左衛門殿のご, 味方弥次馬もろとも, 味方弾正の人数, 味方当の怪物の, 味方なるを, 味方必敗のかたち, 味方必死と揉み合いました, 味方手詰りになる, 味方打交り隨所, 味方拠るに地, 味方わない, 味方敗軍の責め, 味方数万がこんな, 味方敵方の意識, 味方曹性が, 味方有利と聞え, 味方村笹川邸にて大, 味方をならべ, 味方武門がたれ, 味方毛利側の総, 味方気負いぬく敵拾収は, 味方混み合って滅茶滅茶, 味方環視の原頭, 味方申して居りました, 味方申そうと云っ, 味方百歩の間, 味方破れに懲り, 味方穴山一族の木ッ葉武者ども, 味方糜竺糜芳の兄弟, 味方五六百の, 味方と上方加担, 味方やぶれだッ, 味方自身のほう, 味方苗木久兵衛父子の兵, 味方蕃タウツア社蕃人がもたらした, 味方が回っ, 味方見る中において, 味方諸共海底の藻屑, 味方識別をつけ, 味方遥かな妻女山, 味方金吾中納言秀秋の一万五千, 味方を割り, 味方長短がある, 味方閧死軍兵皆令入仏道也, 味方難渋仕り候はん, 味方をする, 味方面して一切, 味方を見合っ, 味方飛びちがえてジッ, 味方鬨死軍兵皆令入仏道也