青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた 周~ ~周囲 周囲~ 呪~ ~味
味~
味噌~ ~味方 味方~ 呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~

「味~」 10469, 113ppm, 932位

▼ 味~ (2092, 20.0%)

94 帯びて 69 つけて 33 持って 25 しめて 24 もって 17 知って 14 持つて, 覚えて 13 付けて 12 加えて 11 もつて 9 占めて, 含んで, 感じて 8 つけたもの, 見せて 7 おびて, 知らずに, 知ること 6 つけたの, つけます, 増して, 知らないから 5 与えて, 加へ, 加へて, 味は, 帯んで, 感じるの, 知らない, 知らない人, 覚えた

4 [14件] おぼえて, しめると, つけた白ソース, 享楽する, 入れて, 噛みしめて, 忘れて, 満喫し, 知った, 知らなかった, 示して, 覚えたの, 覺えた, 頬に

3 [35件] さして, たたえて, つけたり, つけたソース, つける, みて, やる, やるな, よくする, よく知つて, 付けます, 出さうと, 出して, 出すよう, 味わって, 帯びたの, 帯びた大きな, 帯びた色, 帯びた顔, 帯んだ, 感じた, 感じたの, 感ずる, 感ずるの, 有して, 湛えて, 潮し, 知ったの, 知りつくして, 知るもの鮮, 知る者, 見せた, 覚えると, 覺え, 身に

2 [106件] あざけりて, お覚え, かくも, しみじみと, つけた, つけたうまい, まして, みながら, やかましく言う, やって, やりおるわい, やるぜ, やるぞ, やるので, やるや, やるわね, 与える, 充分に, 充分受け持つ, 出そうと, 加えた, 加える, 加味し, 占めたもの, 占めた上, 占めては, 占めると, 吸は, 味って, 味わ, 味わうの, 増す, 失って, 如実に, 帯びさせて, 帯びその, 帯びたちやう, 帯びたもの, 帯びたやう, 帯びた光, 帯びた枝, 帯びた白い, 帯びた紫, 帯びた緑, 帯びた美しい, 帯びた透明, 帯びた雲, 帯びた頭髪, 帯びては, 帶びた, 心に, 心ゆくまで, 忘れては, 忘れること, 思いだして, 思い出した, 想像し, 感じたこと, 感じたので, 感じなければ, 感じる, 抜いたもの, 持たせて, 残して, 殺さぬこと, 汲み取らねば, 添えて, 満喫する, 漂は, 現わし, 生じて, 生れて, 異にする, 知ったこと, 知つた, 知つてゐる, 知つて居る, 知らざれば, 知らないという, 知らないん, 知らねば, 知らんと, 知る, 知るには, 知るもの, 知れ, 知れば, 破壊し, 示した, 私は, 純粹, 自分の, 見た, 見て, 覚えさせたの, 覚えてから, 覚えながら, 覚えるの, 解きて, 解しない, 解せぬもの, 試み, 賞翫する, 酌んで, 附けて, 離れて

1 [1260件 抜粋] あおるの, あたえられた真綿, あまくす, あらわし始めるかも, いいはじめた, いま知った, いわれて, うなぎの, うんと見せ, おつけなさいまし, おびたやや, おびた夜空, おびた椅子, おびた白い, おびた背中, おびた顔, おぼえさせて, おぼえたらしく煙草, おぼえた彼, おぼえはじめた, おぼえると, お好み, お目, かくそうとして, かみしめてからよ, きかせた調子, くっつけ或いは, こころみさせて, この四字, こわして, さえ持って, さし, さしてゐる, さへ, しのぶには, しみじみ味わい, しめたから, しめたる事, しめた医学士, しめた物, しめた虎の子, しめて瀬戸, しめるという, しらずそば, そえるの, そなえて, その本来, たたえた上品, たっぷりつける, たつぷりと, たのしむもの, ちよつと, つけさらに, つけただけの, つけたブラウンソース, つけた御飯, つけた水っぽい, つけた言葉, つけますが, つけられないで, つけるから, つけるだけ, つけるの, つける哲学, つけ加えた特殊, つけ微温程度, つけ有らゆる生物, つけ葱, つよく出し, なさずであるが, なめさせられること, なめた事, ねらつては, のぞいて, ひきうけること, ふくんだ象牙色, ふりま, ふんだんに使つて, ほめながら, ほんとに味わった, まぢ, みたいと, みまた, みると, むさぼること, もう口, もたらすであろうと, もちまた, もったもの, もった柔らか, もった煙草, もった誰, もつけれども, やったな, やりおる, やりまさあ, やるきいきい声, やるなと, よくおぼえとく, よくしらべ, よく噛みしめる, よしと, よろこぶ時候, わが上州, わきまえて, わすれられない彼等, シャーマニズムによって, 一つも, 一層なごやかなもの, 一緒に, 三斎に, 与えた, 与えるであろうと, 与へる, 並べた脅かしの, 予告し, 云い出して, 云つたさうだ, 云ひ, 享楽し, 他の, 付けては, 付けるの, 伝うる能わざるとともに, 伝へること, 伴う点, 作り出すため, 使ったもの, 供すること, 保つて, 保有し, 保護し, 傳ふ, 僅に, 僕は, 全く忘れ, 具えて, 凌ぐもの, 出させるには, 出さなければ, 出した程度, 出します, 出し堤, 出す, 出すの, 出すもの, 分らせたくなって, 判定する, 利かした次, 利かせ脚色演出共, 刻みつけられて, 加う, 加えたが, 加えたスリル, 加えた黄金色, 加えようと, 加え星屑, 加へたまでの, 加味した, 區別する, 占めたから, 占めたんでね, 占めた奴, 占めやがった抜け目, 占め紳士, 取り混ぜたりも, 受付けて, 吉原氏の, 吟味し, 含み分けるところ, 含む憂顔, 含めるもの, 含んだ厚肉, 含んだ楢, 含んだ蒼い, 吸ひ取り, 呈し化粧塩, 味い得なくなる, 味おう, 味った, 味ひし, 味わい分け得るの, 味わい得たと, 味わい得るもの, 味わうとは, 味わう助, 味わった人々, 味識し, 喫するの, 喰つた, 嘗めさせられるが, 嘗めねば, 噛みしめた, 噛みしめる, 噛み分, 土地の, 基礎として, 増し, 増し薔薇色, 変えない心掛け, 変質する, 多く含んだ, 多分に, 多量に, 大切に, 失った成功, 失った蒼く黄色い, 失なう, 失はないの, 失ひ自ら, 失わさぬ為, 失わなかった, 好み低級, 好むよう, 好む者, 完全に, 害せぬため, 寂しく哄笑, 寓し, 寧ろ快く, 尊んだが, 少し小味, 屡々其の, 差して, 帯びかけながら, 帯びたこの, 帯びたすべっこい, 帯びたそれで, 帯びたほっかりしたその光は, 帯びたる藍, 帯びたドロン, 帯びた一枚, 帯びた二尺許, 帯びた処, 帯びた地膚, 帯びた壮大, 帯びた天, 帯びた岩壁, 帯びた心持, 帯びた暖か, 帯びた柔, 帯びた汚水, 帯びた煉, 帯びた瑠璃鳥, 帯びた眉毛, 帯びた砂, 帯びた純白, 帯びた羽目, 帯びた葉書用紙, 帯びた褐色, 帯びた谷, 帯びた鉛, 帯びた青空, 帯びた飴色, 帯びた鳥, 帯びつるつる, 帯びなんとなく, 帯びるよう, 帯び喜劇, 帯び棹, 帯び毛, 帯び眼, 帯び頬みたい, 帯べり, 帶びたのは蒲ださうである, 帶びた人形の, 帶びた口調で, 帶びた烈々たる, 帶びた石を, 帶びた色に, 帶びた輪廓の, 帶びてゐるのは昨日に, 帶びて來て, 帶びて嶮しく, 帶びて殊に, 帶びて聳え, 帶びて響い, 帶ぶ, 形なし, 彼等に, 御方に, 心から愛好, 心中に, 忘れえずしかれども, 忘れかね次, 忘れないで, 忘れるの, 忘れ得ないで, 思いおこします, 思い出したと, 思い知らせて, 思うさま描き, 思ひ出したもの, 思わせるもの, 怺え, 恋うという, 想い出しては, 想い浮べて, 想像する, 意味し, 愛で合うなどは, 感じさせて, 感じたに, 感じない訳, 感じられるよう, 感じ出したぐらい, 感じ小山, 感ずるばかり, 感ずるよう, 感ぜざるべし, 感ぜずには, 我慢し, 手の平で, 抱かせた, 持たせかえって, 持たせたつもり, 持たせた上, 持たせるよう, 持たぬの, 持ちしかも, 持ち冴え返り人情, 持ち続けて, 持ったちょうど, 持ったやさしい, 持った丁度大仏, 持った厳重, 持った微妙, 持った肉附, 持った茶人, 持った頷, 持つた夜目, 持つた眷属殿, 持つところ, 持つやう, 持つ時, 持つ魚二, 排して, 探しだして, 掩蔽する, 提供した, 搜求し, 教えた, 教えて, 教へて, 文字でなく, 日本の, 晴季は, 最も多く, 有する苗木, 有って, 有つてゐる, 未だに忘れる, 本当に味わった, 極少量伴奏, 極度まで, 楽しめば, 欠いて, 欲しない, 殆どけした, 殺いだ, 殺さないよう, 殺すな, 気に, 永遠に, 求めては, 汲んだ, 決して愉しく, 浮かべて, 浸込ませるため鉄串, 消すという, 深くしない, 添えた, 添えぬ, 添えるからね, 添える独特, 添へ, 湛えた, 湛へ, 満喫せん, 滲み込ませること, 漂わせて, 潮した, 玩弄し, 理解し, 生じたるが, 生ずる, 生ずる故, 用いると, 異にし, 発する能はず, 発見しよう, 盛りあまりに, 相手は, 真実に, 知ったお, 知ったが, 知ったら大変, 知ったら忘れられまい, 知った彼, 知った最初, 知つたもの, 知つてる, 知つてゐない, 知らされて, 知らざる者, 知らせよう手段, 知らないため, 知らないので, 知らない孤児, 知らない幸福, 知らない私共, 知らなかったただ, 知らなかつた, 知らなかつた平次, 知らなければ, 知らぬ僕, 知らぬ大木, 知らぬ爲, 知らねえから, 知らん, 知らんとは, 知りぬ, 知りません, 知るって, 知るなり, 知るまいと, 知る事, 知る能はず, 示すであろうし, 示すやう, 突抜けて, 第一等, 絵画彫刻で, 美味しく拵えなけれ, 肉体に, 脱せねど, 與へ, 舐め尽しながら, 舞台を通じて, 落さない良心的, 落付いた, 薄くし, 補つた, 襯衣の, 見せたり, 見せても, 見せようと, 見せる, 見せ角, 見ようという, 見出す興味, 覚えし, 覚えたであろう, 覚えたとやら, 覚えたもの, 覚えたペテルブルグ, 覚えてからは, 覚えるあり, 覚えるもの, 覚え三十五歳, 覚え此, 覺えたら, 覺ゆる, 解し出した, 解し心, 解する者, 解せぬかと, 言い身, 言うため, 言ひ, 言ふ, 設けて, 試すという, 試みゆらりゆらりと, 試めた, 説くやう, 誰も, 論ずるの書, 讃美し, 貴ぶにも, 買ってるらしい, 賞する餘裕, 賞揚した, 賞美したい, 踏みしめて, 追うの, 運んで, 那辺より, 醸す法, 附けたちょっと, 附加される, 除けば, 露はに, 頒つ, 飛ばしました, 食すること, 食べ分けるよう, 飲み分けるの, 験して, 骨の

▼ 味~ (1527, 14.6%)

69 ある 41 出て 25 あって 22 する 17 あるの, ない 16 ありません 15 あった, かつた 12 かって, した 10 して 9 あります, 違います 8 あると, 出ません, 劣って, 悪くなります 7 わかって, 良くなります 6 あるが, あるという, 出ます, 悪うございます 5 あつた, あるもの, さした, なかった, 出る, 変って, 悪い, 抜けて, 非常に

4 [13件] あつて, あるよう, さして, さしてきた, しました, すると, どうだ, よいと, わからない, 少しも, 良うございます, 良くなる, 違って

3 [23件] あるので, するもの, ちがう, なくて, なくな, なくなって, よくて, よくなります, よくなる, わかるの, 出ない, 出るの, 勝って, 悪くって, 残って, 消えて, 深い, 舌の, 苦いから, 落ちて, 軽くって, 違うから, 違ふ

2 [93件] あったが, あらわれて, ありその他, ありまして, ありますから, あるか, あるから, あるこの, あるには, あるね, あるもん, あれに, あろう, いいの, かつた濡れた, きわだって, この土地, こまけ, ございます, したか, したぞ, したの, するか, するから, するでしょう, するの, するん, ついて, でて, ないと, ないので, ないわけ, なくって, なくなります, なく機転, なければ, むかしの, わかつて, わからないの, わかるにつれて, わるい, リズム化し, 一層うまい, 乏しい, 二つ重なる, 付いて, 作者の, 佳い, 出るもの, 出来た, 分って, 分らないという, 分らぬ不平, 分ると, 分るもの, 加は, 加わって, 劣り香気, 勝つて, 十分は, 取れて, 口の, 合ふ, 含まれて, 大層好い, 大層悪い, 好い, 好きで, 嬉しい, 存するもの, 宿って, 彼の, 忘れられないの, 思い出された, 悪くなる, 感じられた, 感ぜられる, 成立する, 抜けると, 格別です, 籠って, 舌に, 良いもの, 良くありません, 落ちる, 見えて, 解らんような, 豊かで, 足りない, 身に, 違いましょう, 違いますね, 重過ぎる

1 [816件 抜粋] あくまでも芸術家, あったでは, あったね, あったよ, あふれて, あまりに多かっ, ありある, ありこれ, ありました, ありますしかし, ありますね, ありますのう, ありますゆきあたりぎく, ありまた, あり健康, あり力, あり品調, あり朝, あり木々, あり残味, あり町内, あり素朴, あり近代味, あるああ, あるかと, あるからこそ, あるけれども, あるそれ, あるだろうという, あるでは, あるとかいう, あるなら麻布, あるやう, あるわけ, ある下品, ある位, ある森, ある深, ある銃後句, あろうとも, あろうはず, いいよう, いけない, いたします, いつからとも, いつか褪い, いま貴様に, うすくなった, うまいので, うまれて, えげつない, おいおいと, およそどんな, おわかり, お糸さん, お銀様, かかった皮膚, かかった錦, かったつや, かって一そう立派です, かつた曇り, かつて一そう立派, かつて見える, からだつきや, かり浅葱, くどく下品, ぐっと劣, こういう風, こっそり忍び込ん, こまかく刻み込まれ, こもりおどしが, こもるの, さしたかと, さしたと, さしてき, さしてその, さして手足, さして白い, さして茫として熟, さして酒, さしましたわ, さし榮養, さすので, さす東天, したよう, しないが, しない事, しは, しましたか, します, しみじみと, しよう, しんしんと, すこぶるうまい, すこぶる宜しい, すっかり落ち, すべて野菜に, するかな, すること, するそう, するぞと, するだらうねえ, するだろう, するので, するらしく小首, する程度, せまいという, その特徴, その線, そりや, それより, たちまさるので, だらだら流れだした, だん, ちがい役, ちがって, つきすぎて, つけて, つまり作品, でる, とてもよく, とれて, どうしても忘れられない, どうである, どうも出たがっ, どこかに, ないから, ないが, ないし, ないとさえ, ないの, ないやう, ない五月, ない気, なかなか出せない, なかなか結構, ながいこと, なくして, なくていかん, なくなっては, なくなる, なくキリッ, なく町, なく膝, なく魂, にじみ出すばかり, にじみ出るもの, のこったり, のぼり外, はっきりわかる, はなはだ甘き, はらまれて, ひつこく, ふかいと, ふくざつ, ほんた, ぼーっと残っ, ましてくる, まずい, まずいとか, まだ幾分口, まづく, まるで違っ, みちみちて, むつと, むづかしい, もう一歩, ややうすらぎ, やや苦い, よい, よいこと, よいという, よいもの, よいよい匂, よくいわゆる, よくなっ, よくなった, よく丸の内, よく出, よく感ぜられた, よく肉, よく解る, よろしいし, よろしいという, よろしいの, わからず, わからないん, わからなかったため, わからなくて, わからなくなるの, わかりかかって, わかります, わかりません, わかるくらい, わかるという, わかるまいから, わかるもの, わかる人, わかる顔, わたくしを, わるいと, わるかった, われと, デリケートに, ヘンだったろう, モチモチします, モツレあっ, 一番生き生き, 一種ごたついた, 三通りくらゐ, 上品である, 上等で, 上等として, 下らない洒落, 不足の, 乏しくて, 乗らなかつた, 乙な, 互いに不純物, 互に化学作用, 今さら異, 今云, 今日でも, 付くし外, 伝わるに従って, 伴って, 似て, 低くかつ, 何とかならん, 佳いからと, 佳くなります, 健康な, 優れて, 充満する, 全くなくなっ, 全体に, 内助の, 冴えるの, 出かかつて來, 出せるか, 出たと, 出ないかと, 出ないで, 出ないので, 出なかったらホン, 出ませんけれども, 出るか, 出るだろう, 出るとか, 出るので, 出合わんね, 分かります, 分ったろう, 分つたらこんな, 分らないの, 分らない人, 分らぬという, 分らねえかと, 分らねば, 分りません, 分り充分, 分るか, 分るかも, 分ること, 分るとは, 分ると共に, 分るらしい, 判らないん, 判りは, 別だ, 加ったら, 加つて居る, 加はつて, 劣ります, 劣り釣っても, 劣るけれど, 動かないよう, 勝つたやう, 十分の, 半分に, 単に色, 却ってかれ, 去勢せざる, 口いっぱいに, 口うら, 古くから, 味いたい, 味として, 味われない, 噛みしめられる, 堪らなくいい, 増して, 増すわけ, 変つた, 変らんじゃった, 変るの, 変わって, 変わるじゃござんせんかよ, 多いと, 多く腹, 大味である, 大味に, 大変違っ, 大層好く, 大層違う, 失せて, 失せぬほど, 奴ら忘られね, 好いと, 好いとは, 好かった, 好くって, 好くなります, 存するの, 完全で, 実にぴったりし, 実はそこ, 密教芸術の, 少いこと, 少しある, 少しずつ, 少し深く, 少し重い, 少ない, 少ないの, 岸田といふ, 差して, 平均せぬ, 幼い時, 広くなれ, 強くて, 強くなっ, 強く色, 彼には, 彼を, 忘られず, 忘れかねて, 忘れられずその後牡鹿半島, 忘れられず何回, 忘れられないせい, 忘れられないと, 忘れられなかったから, 忘れられなかツ, 忘れられなくなって, 快く体中, 思い出されたから, 恋しかった, 恋しくなっ, 恐らく, 悪い日本, 悪くては, 悪くも, 惡く, 愛される, 感じられない, 感じられる, 感ぜられるの, 感ぜられ申候, 感傷でなく在っ, 抜き取られて, 抜けますし, 抜けるもの, 捜査本部に, 描いて, 数倍上等だった, 旨いという, 時に少々ナツカシク, 暫く我, 最後に, 最高と, 有り心, 有る, 有機化し, 本当の, 柔らかく食べられる, 極く悪い, 横溢し, 欠けて, 次第に移つて, 正當, 此処も, 死んで, 残ろうという, 殘つてる, 汗にな, 油の, 注し恥らい, 津々と溢れ, 流れた, 浮かんだ, 浮びた, 消える, 深かつ, 深くなっ, 深く充分, 混り合っ, 添うたと, 湧いて, 滲み出して, 滲み出て, 濃いし, 濃かに, 濃くって, 濃くなっ, 濃すぎた, 無かつ, 無是候, 無類に, 片目の, 物足らん, 特別に, 独特な, 玉子よりも, 甘いから, 甘いの, 甘かった, 甘過ぎ, 生ずる, 異うよう, 病める身心, 癖が, 目ざされて, 知りたかっただけ, 知りたかつただけ, 稀薄で, 空気を, 突然ありありと, 立派である, 笊の, 籠ります, 細かい, 細やかである, 結構と, 缶詰し, 美味しいの, 肥えて, 背中ば, 脱け, 自分たちの, 自分の, 自然の, 至極よろしい, 致しました, 致しますと, 致すぞ, 舌を, 良いの, 良いよう, 良うございましょう, 良く出来ません, 良く参りません, 色を, 茶の, 落ちその, 落ちたと, 落ちるから, 薄いが, 薄くなる, 薄く食い足りない, 蘇へります, 複雑に, 見える, 解らないかぎり, 解らないでは, 解らないなんて, 解らなくなつ, 解らんので, 解るだろう, 解る迄に, 読書界を, 變つて一晩くらゐ, 貴ばれる, 走った, 足りなかったら菜, 身の毛を, 軽い, 軽くて, 辛くて, 這入つて, 過ぎて, 違いました, 違いますよう, 違い網で, 違い過ぎて, 違うと, 違うばかり, 違うよう, 違わなければ, 酒や, 酸いので, 重いし, 重い上, 重くなる, 鎖沈した, 附いて, 面白い, 食物の, 魚へ, 黄ばんで, 鼻に

▼ 味~ (1120, 10.7%)

23 つた 18 ふこと 13 つて 12 なければ 11 つたこと 10 つてゐる, ひが, ひの, ひを 9 ひながら 8 ひつ, ふ, 出て 7 つてゐた 5 ない, ひ, ふ事, 忘れられない 4 されて, どうです, ひである, ひました, ふことに, ふやう, 失うて, 非常に

3 [20件] ありますが, あるが, つたやう, つて見る, どんなもん, ねば, ひだ, ひには, ひ度, ひ方, ひ盡, ふことは, ふに, ふの, ふ時, へる, また別, 少しも, 格別で, 解らない

2 [56件] ありません, いかがでした, おのづか, しめしこと, せた, せたいと, つたが, つたと, つたので, つて來た, つて居た, つて居る, つて行く, つて貰へ, どうであろう, ないが, ないもの, なかなか結構, はうと, はねば, ひさ, ひつつ, ひて, ひ得る味, ふために, ふ人, ふ為, ふ茶, へない味, へるの, へれば, やはり忘れ得ない, よかった, よく知っ, れるの, わからぬ, リッチな, 何ともい, 判らなかった, 又格別, 又特別, 味わえない, 大切である, 山吹の, 平安朝文学に, 忘れざりしかど, 或る, 殆ん, 水の, 無い, 私には, 結構です, 舌の, 若鮎と, 苦いね, 除き去られ香り

1 [739件 抜粋] あくどくなる, あつた, あまり世人, あまり強めでない, あらゆる味, あり, ある, あるでせうね, ある大層, いいし, いかがでござった, いかがな, いささか酸い, いずれも, いつもの, いとめでたか, いまだに忘れられぬ, いよいよ味つて, いわゆる歌よみ, う, うた, うたって, うて見ると, うと, うまいの, えも, おちて, おんなし, かう云, かけても, かの化政度, きらひで, こ, こころよかった, こたえられん, ことの, このよう, これら漁人の, これ以外に, さう, さずには, させるもの, さっぱりわからぬ, されたもの, された中学, ざるなし, ざる也, ざれば, して, しない, しむ, しめずには, しめたやう, しめる, しらず色, すこしく茄子, すでに桔梗河原, すばらしく美味かった, するけれど, ずっと減っ, せたくな, せたに, せた自分, せないか, せに, せぬと, せ冬, その作品, その数, その気, その肉, それで, たいへんふえ, たかとうだい, たしかにどこ, たとえ落ち, だれも, つたあの, つたその, つたなら, つたに, つたのは, つたのも, つたやつぱり豆腐は, つた事が, つた仁井山, つた可愛, つた文字通りの, つた有難い, つた殊に, つた気持について, つた豪華な思ひ, つた驚異については, つてくれ, つては, つても, つてゐない, つてゐなけれ, つてゐるらし, つて其の, つて居は, つて悦びを, つて生甲斐を, つて行かなけれ, つて見くさる, つて見せれ, つて貰ひたい, つて食ふこ, とうとう舌端, とくに鮮度, とにかくものの生ぬるい, とにかく何, どうかしら, どうした, どうだ, どこに, どこも, どんなもの, どんな種, ないですよ, ないよ, ない代り, ない夫婦, なかった, なかつたけれども, なかなかよくサシミ, なかなかよく珍重, なくても, なくは, なつかしいもの, なめさせられた, ぬので, ぬるりと, ねばゐられない, のこさぬもの, はずに, はずには, はせなければ, はれたに, はれなくなるの, はれるから, はれるけれども, ひありと, ひえないもの, ひき, ひきれて, ひしめた事, ひしらん, ひそれ, ひそれに, ひたいと, ひたいといふ, ひたかつた, ひたくて, ひたくなるん, ひたま, ひだした, ひだつた, ひだ水の, ひつくした今日, ひつくせぬ味, ひであるが, ひである傳説, ひなどは, ひは, ひもか, ひもせぬ, ひ乍ら, ひ伊藤松雄, ひ分けて, ひ味, ひ安心, ひ家猪, ひ尽せるぞ, ひ帰り, ひ強か, ひ得たやう, ひ得なかつたもう, ひ得ぬ悲し, ひ得るか, ひ得るだらう, ひ得る如く乙, ひ支那, ひ来れば, ひ樂, ひ横, ひ清閑, ひ知りお, ひ自ずと, ひ芸術, ひ酒, ひ銘酒, ひ香魚, ふい, ふその, ふと其老人, ふので, ふべく近く, ふもの, ふより, ふ場合, ふ心, ふ快し, ふ感じ, ふ暇, ふ此, ふ経験, ふ高津川, へずに, へないと, へないもの, へない魅力, へぬのんびり, へまい, へよとの, へるかと, へるもの, へる現在, へんに, ほろ苦い, ほんとうに, まずこの, またかくべつ, またなかなか, また一段, また格別, また特別, まだよくつい, まだ忘れられない, まつたく千差万別, まづし, まるでじ, まるで抜け, むがために神と, もう悉皆通じた, もっと複雑, もともとその, やっぱり買, やはり何, やはり焼酎, やはり飮, よくなる, よく判つた, よほど身, よろしかった, れるもの, わからない, わからないであろうから, わからないもの, わからぬもの, わからんね, わからんよ, わかりませんね, わかるまいが, わかるもの, わるうございましょう, われ心得, カステラより, クリストフを, コッテリと, コーヒーによって, ツた, ドライバーショットです, バタっ, バナナに, ヒリヒリする, ベルギー産の, モンパルナスの, 一々違, 一層で, 一種特別の, 一重まぶたもしくは, 一體に, 上士族の, 上等の, 世に, 中年から, 中腹の, 乏し, 二三倍も, 二月の, 云ひ, 人を, 人造では, 人間味の, 人間様の, 今まで, 今日の, 今日市場に, 他から, 伏見城でも, 何うだ, 何だか甘酸, 何だか鼠, 何と, 何とこみ入っ, 何ともいへず, 何とも語る, 何も, 何時の間にか無く, 何時までも, 信州の, 先の, 全く味, 全く違った, 凡手の, 出せない, 出まいと, 出盛り季節, 分らないとさ, 分らなかつた, 判らない, 別問題, 劣ると, 劣れりと, 十分です, 十分現れ, 半減する, 単なる抒情, 却って良い, 厭で, 又ぐっとよく, 又下, 口に, 各々別個, 同じビクター, 味う, 味へ, 唾液の, 嘗めさせられたけれども, 四国産の, 土に, 声に, 変らないに, 変りません, 変りませんの, 夏蜜柑ほど, 大キライ, 大切ね, 大層好い, 大層違います, 大抵これ, 大變, 天下の, 天下一品と, 天才の, 天然の, 失つてし, 好いぞ, 好きです, 如何なる調理法, 季節によって, 学校通いに, 宜いと, 宝蔵院で, 実にこん然, 実によかっ, 実に耐ら, 実はそこ, 容易に, 小右京, 小説は, 少しずつ, 少しわかりかねる, 少しわかる, 少し悪く, 山における, 川によって, 市村座の, 常に一定, 年を, 廣太郎を, 彼の, 彼氏に, 御存じでしょう, 忘れかねる, 忘れない, 忘れは, 忘れられないな, 忘れること, 思想に, 急に, 悪くなかった, 悪くも, 感じて, 感じないよう, 懺悔の, 成立する, 我国のに, 戦場ならで, 所謂歌よみには, 持つて, 摩訶不思議で, 数で, 文字の, 日本の, 日本人に, 旨くも, 春の, 時々舌端, 時期外れ, 普及し, 普通の, 更にしない, 更にない, 有た, 末期の, 本場の, 根柢から, 格別である, 格別に, 概して生々, 正に茲, 正反対, 歩, 殆ど知らなかった, 残して, 毎日味は, 水っぽい, 水を, 永い間気, 永久に, 江南を, 決して単なる, 洋風, 消えて, 淡いといふ, 淡白であっ, 深くなる, 渓流激瀬で, 滅茶, 濃膩, 無坪, 然しフランス, 父さんの, 獣類の, 甘い歓び, 甘くなく, 甘く西洋李みたい, 甘蔗から, 甘露の, 生の, 生活的な, 生薑の, 異つて, 発見されず, 發見されず, 眞似, 真に言うべからざる, 眼と, 知らずに, 知らないし, 知らないらしかった, 知るまいが, 知れませぬ, 砂糖の, 竊むにあらでは知る, 紅楼の, 絵や, 絶品だ, 義経, 聊かその, 肉類野菜類何れも, 脂肪の, 至極可え, 興が, 舌を, 良うございます, 良くなります, 色の, 苦甘い, 蒼味の, 薄い, 表現できる, 要するに蕎麦切, 覚えが, 解らないで, 解らぬであらう, 言ふまで, 試されないの, 詩から, 話せない, 話せませんよ, 読者よ, 論に, 身に, 辰つ, 遂に舌端, 遠い, 遠く玉子, 酒席の, 金春一流の, 銀座の, 青い時分莢ごと茄, 非凡らしく見えます, 食塩と, 香はなし米の, 高い趣味, 鯰の, 鶏を

▼ 味~ (1078, 10.3%)

24 あるもの 11 ある顔 10 よさ 8 ないもの 7 ある声, するもの, 豊かな 6 ある話, ものが, ものだ, もので, 良いもの 5 あるところ, ような, 深さ 4 ある人, ある言葉, ある調子, ものを, ように, 好いもの, 方が, 深いもの

3 [17件] いいもの, うちに, ない声, ものに, わるいもの, 中に, 出て, 出るもの, 分る人, 多い眼, 季節が, 季節では, 悪いこと, 濃いもの, 甘さ, 立派な, 美なる

2 [68件] あること, あるの, ある人物, ある光, ある声音, ある女, ある娘, ある平凡, ある微笑, ある怪物, ある新しい黄色, ある深み, ある物, ある生, ある男, ある色, ある話しでは, いいこと, いいところ, いい魚, さした頬, すること, する旅情, する薬, ためには, ないこと, ない夢, ない役者, ない水, なかに, なつかしさ, ひろが, ものか, ものです, もんだ, よいの, よいもの, よくない, よくなる, よろしさ, ダブルという, 上から, 上に, 世の, 中で, 出るまで, 変ったもの, 好さ, 季節である, 季節と, 季節は, 季節を, 悪いもの, 注した常, 点で, 無いもの, 無い涙, 物は, 物を, 良いの, 藻が, 藻は, 裡に, 話に, 調和が, 豊な, 豊富な, 間に

1 [740件 抜粋] あせて, あったもの, あふれたこの, あらわな, ある, あるいい, あるお方, あるかういふの, あるだけ, あるでたらめ, あるふう, あるべきもの, あるゆえん, あるよう, あるアルト, あるエキス分, あるキンキン声, ある一個, ある一風, ある丸顔, ある仕打, ある会話, ある俳句, ある倫理説, ある兇器, ある光らないきめ, ある光りを, ある全体的効果, ある処, ある刺戟, ある剥身, ある厚い, ある原書, ある口調, ある古文, ある哲学, ある唇, ある団塊, ある土地, ある塊団, ある壁, ある大きな, ある奴, ある字句, ある学問, ある家, ある小皿もの, ある幅, ある幅広い, ある建物, ある形, ある彼, ある心, ある思いやり, ある意味, ある戦, ある手, ある手長エビ, ある敷物, ある方, ある方言, ある旅, ある書體, ある月, ある板, ある枝, ある榧, ある歌, ある汁, ある沈黙, ある海鼠釉, ある淡, ある深い, ある火鉢, ある独創的, ある異国情趣, ある痩せたすんなり, ある皮膚, ある眉毛, ある眼, ある硬玉, ある空, ある立派, ある筆触, ある箱, ある紅色, ある素っ破抜きを, ある綿, ある考え, ある肉體, ある自然, ある荷物, ある華車, ある血痕, ある表情, ある豚肉, ある財布, ある輪, ある返事, ある長い, ある院, ある青, ある顎, ある顎肉, ある食品, ある飾り, ある黒髪, あろうはず, いいもん, いいサフラン酒, いちばんうまい, うすい朝, うち最も, うまさ, お漬物, かかったうすい, かかった十銭丸二つ, かかった瞳, かけること, かったセル, こころを, ことで, ことも, このみやその他, こまやかな, こまやかなる, こもつた云, さした両, さした円, さした生, さした紫, さした美しい, さした若芽, さした露わな肉塊, さした面, さして, さしてる, しつこい記憶, しないよう, すっぱいもの, するうれし, するも, するやつ, する吊橋風, する唯一, する少年時代, する意識, する生, する竹, する言葉, する貝, する酒, たっぷりした, ためである, ため全, たれで, ちがったもの, ついたソップ, ついた液体, ついて, つながりを, できた気分, でるもの, ときよりも, ないくら, ないことお話し, ないの, ないほっ, ないギスギス, ないジナイダ, ない不健全, ない丸い顔, ない仕事, ない刺身, ない古雅, ない味, ない型, ない大柄, ない大皿, ない女性, ない実用, ない感じ, ない所, ない接吻, ない文学, ない機械的, ない煙草, ない男振り, ない経営主, ない肴, ない茶, ない言葉, ない話, ない返事, ない道化, なかなか結構, なきもの, なくなる原因, なんと咽喉, のこる煖炉, はなはだ豊か, はるかに, ふかい正直, ふかふかした, ほか何ものも, ほか用ゐない, まじらない石, まねは, むきだしに, もっとも熾烈, ものだった, ものであっ, ものでした, ものでで, ものには, ものは, もんを, やうに, よいお, よいこと世界一, よい啖呵, よい方, よい沈默, よい活, よい瓜, よい茸, よい身, よさそう, よしあしなど, よしあしを, わかって, わからない家, わからねえ野郎ども, わかる舌, わかる連中, わるいウィスキー, わるい気もち, わろからぬ, アイスクリームも, コロッケビフシチュウなど, ステッキが, デリカな, バクテリヤ等を, レモンの, 一つかも, 一つに, 三味線いと, 上には, 上の, 世界で, 世界である, 世界も, 中には, 中の, 主張に, 乏しいこと, 事実, 事実と, 会話の, 伝統は, 余りに美, 作品こそ, 佳いこと非常, 佳いの, 佳い秋刀魚, 佳い野草, 佳くなった, 佳なる, 侘の, 優れて, 克つた薄, 入った羽二重, 兵制軍法が, 其句に, 出た事, 出ない作家, 出るという, 出る美, 出る者, 刀を, 分かるよう, 分って, 分らないもの, 分る者, 分る舌, 初参詣, 功力と, 加減を, 劣った鮎, 劣る小斎, 勝った, 勝ったインテリ役, 勝った中年, 勝った友禅, 勝った外套, 勝った暗い, 勝った気分, 勝った翼, 勝った言葉, 勝った陽, 勝った頤, 勝った顔全体, 勝つた容色, 勝つた櫟, 勝つた眼, 勝つた細い, 勝つた褐色, 勝つた醉眼, 半は, 半熟水飴などを, 厚さ, 取りとめなきを, 向上を, 和やかな, 問題その他生理学的の, 善い物, 変ったの, 変つたのや, 変わったばか, 変化を, 多いもの, 多い世に, 多い女房, 多い小さい目, 多い用語例, 多い白眼勝, 多い細君, 多分に, 大部分, 失せないの, 奢りが, 奥に, 奥行きが, 好い燒, 好い賜り物, 妙は, 季節でない, 寂しさ, 富んだ郷土玩具, 少い口調, 少ない冷酷, 届かない所, 差, 店甘味処さ, 弟でさえ, 強い大粒, 強い童話本, 強い赤い夕陽, 強い陽, 強烈な, 強調等人類の, 役には, 微妙さを, 心を, 忘られず, 忘れがたい, 忘れられないその, 忘れ得ない美, 思ひ出, 思出は, 悪い事, 悪い蓬, 悪るいもの, 惡さに, 愛飽く, 感じが, 感覚と, 懷疑説の, 抜けた戯曲, 抜ける事, 持ち主では, 持ち主初が, 振りの, 握り鮨と, 数は, 整は, 文体で, 新しき, 新鮮さを, 方は, 旧に, 最も熾烈, 有るの, 本質は, 板が, 極楽であります, 様な, 欠乏を, 歌を, 残って, 残つた座蒲団の, 殘つた座蒲團の, 気分, 水に, 波動とを, 洋館で, 流露を, 浅さ, 消失, 深いこと, 深いエロキューション, 深い俳句, 深い公園, 深い懷, 深い浪漫的, 深い海鼠釉, 深い筆, 深い腐, 深い雪, 深かつ, 深浅は, 混つた自我が, 溢る, 滲んだ肉, 濃い人, 濃い麦酒, 無いおま, 無いやう, 無い男, 無い砂地, 煮物などが, 熾烈な, 物であった, 物でなかつた, 特色が, 特質は, 獨立が, 甘いバナナ類, 甘かつ, 甘さうなの, 甘美さが, 甲斐絹で, 男だった, 異なるもの, 白粉に, 短篇では, 短篇を, 神では, 神薬を, 私小説に, 科学が, 程度は, 空気でも, 節と, 籠ったよう, 籠つた一茶の, 籠る食品, 細かいこと, 細かい詭計, 美い, 美ならざる, 美を, 美味さ, 者, 自信が, 自由に, 良さ, 色を, 芸術である, 苦いの, 落ちついた, 落ちないこと, 蔭を, 薄い喰物, 行き方, 製作陶を, 見える風呂敷包み, 親娘, 解らないほど, 言い合いから, 記念が, 試しを, 話な, 誘惑に, 説明は, 説経は, 調不調の, 謙遜を, 變らぬ, 豊かに, 走った面長, 輕い, 辛いの, 通って, 違ういろいろ, 違う物, 邪魔を, 重複で, 野郎背中ば, 長所を, 関係で, 雲の, 露骨な, 額縁で, 類が, 食物でも, 飲みにくい, 高下や, 魚の, 麦酒が

▼ 味~ (493, 4.7%)

14 そっけも, そつけも 9 何も 6 素っ気も, 結構です 5 ある, 香気も 4 あれば, ない, 悪い, 知って, 良くなります 3 ソッケも, ソッ気も, 非常に

2 [30件] あると, あるの, あるよう, さること, そっ気も, ないの, ないもの, ないよう, なにも, はるかに, 今も, 値打も, 優れて, 出て, 出ますし, 匂いも, 匂ひも無い, 大層結構, 消えて, 素ッ気も, 素氣も, 良いの, 良いよう, 色も, 覚えはじめた上, 解つて居る, 違う, 風味も, 風情も, 香も

1 [345件] あったし, あって, あつた, あらうが, ありません, あり憎, あり栄養, あり静か, あるけれど, あるし双方, あるし餡, あるひ, ある自, いい, いつか覚えた, いつもの, いろ, いわずこの, うかが, うるおいも, うれしかつ, おのづか, おわかり, かおりも, きのうと, きらひだ, ぐっとよく, この仏像, こまかい, こもつて, こもるであらうが, さだめし悪う, さっぱり落ち, さてこの, しっとりと, しないので, しなかった, しなかつたまる, すでに秋, すべて日本の, ずっとよかっ, ずっと減る, ずんと上, せぬ, せんわな, そこに, そつ気も, その人, その年の, その肴, たっぷりな, ちがって, ちょっと辛く, つけて, てんでわからない, ともにかみしめ, ないが, ないと, ないところ, ないほどの, ない世渡り, ない冷たい重苦しい感じ, ない刺戟, ない口, ない声, ない思索, ない箸, ない純忠至誠, ない退屈, なお良く, なかった, なかなか好く, なかなか結構, なからう, なき, なきが, なき悲しきゆめ, なくあつち, なくただ, なくだまり返っ, なくまじめ, なく一番, なく不味いこと, なく云い棄てた, なく修養価値, なく吸う, なく声, なく歴々, なく片付け, なく素直, なければ, なさそう, なしこの, なつかしかった, なつかしきかな, においも, ひとしおだろう, ひと通りは, ふくまれて, ふくれた甲, へちまも, まずかった, またよく, また佳し, また失われよう, また忘れえぬ, また春, また申し分, まだ美味い, まだ身, まづかつた, まんざら棄てた, みな殺され, みんなアメリカ式に, めッた, もう嘗め飽き, もっとうまかっ, やはり甘ったるい, よいが, よいし, よくだし, よくなり, よくは, よくまた, よく出来ます, よく合います, よく知っ, よく舌ざわり, よく解らない, よく香, よし匂い, よし女中, よろしいばかり, よろしく世界, ろくにしなかった, わかって, わからず香気, わからなかった, わからなくなるほど, わからぬうち, わるい, オーソドックスで, サッパリし, サラッとして, ザク, セセラも, タノシミも, ヘンテコな, 一種の, 三色に, 上品で, 上等である, 上等です, 不味い, 二つわけに, 亦妙, 亦異ならざる, 京都方面のには, 人の, 今では, 今の, 今は, 以前と, 何もねえ, 佳い, 佳なる, 価値も, 充分に, 具体的でなく, 凄くタテ, 出ては, 出ません, 出るし, 出るの, 分って, 分らずすまして, 分らなかった, 分り字引, 到底人為的, 力強さ, 加わりいよいよ, 劣って, 劣ります, 劣り釣り, 劣り香気, 効能も, 勝り申そうと, 匂も, 卒気も, 又何とも, 可愛気, 咽喉の, 品格も, 問題では, 塩だけが, 変らずほんの, 変らず風味, 変ります, 変る, 大層佳く, 大層良い, 大層良く, 天妙の, 女としての, 好いと, 好うございます, 好かった, 好くって, 好く肉, 好し消化吸収, 姉妹の, 少いの, 幾分か, 建物も, 忘られない, 忘れかねつつ, 忘れたが, 忘れられない, 忘れられぬ, 忽ち鞣され, 思い出される, 思い出したが, 悪いから, 悪うございます, 悪くなります, 悪く粗悪, 悪る, 感じられない放庵, 慈悲も, 戻って, 抜けさ, 捨てたもの, 捨て難い, 捲き毛, 日本の, 旨味も, 有つて沢山, 有り憎, 未だに忘れる, 李の, 案外苦に, 比較に, 水蜜よりは, 汁気も, 浮べないで, 淡泊で, 深く文壇臭み, 渋く万事渋, 減り蒼白く, 滋養分も, 滿更厭で, 濃くする, 濃く味, 無い, 無いから, 無かつ, 特長さえ, 率気も, 生ずるよう, 異う, 異ふ, 眞物そつくり, 知った, 知らずあんた, 知らずに, 知らない, 知らないで, 知らないん, 知らない二十四, 知らない位, 知らない彼, 知らなかったので, 知らなければ, 知らぬ, 知らぬという, 知らねえくせ, 知らねえで坑夫, 碌々わからなかった, 私には, 私は, 秋に, 立派で, 立派な, 素つ, 素気も, 絶えないよう, 絶味他の, 線の, 美味しくってようございます, 考えた, 臭いも, 臭ひもない, 臭も, 臭味も, 良いし, 良いという, 良うございます, 良し功能, 良し滋養分, 良し腐り, 良し長く腐敗, 色彩も, 艶も, 苦甘い, 薄い, 薫も, 見えない, 見ごとと, 覚えお, 覚えた, 覚えたと, 覚えられたで, 覚えられたであろう, 解って, 解つた, 解つて来, 解らず食べた物, 解らなかつたらうし, 解るやう, 訳語の, 試みた, 變らず, 豊かな, 質も, 身に, 軽いもの, 軽くって, 辛味も, 近代的な, 通じません, 逸して, 道徳が, 違いますし, 違った菓物, 遠く何, 邪魔には, 醸されるの, 重くなります, 野猪に, 長い饒舌, 雲東の, 餘裕も, 馬鹿に, 黄味も, 黄身も

▼ 味~ (310, 3.0%)

31 於て 15 於いて 5 富んで 4 なって 3 して, なる, なるの, 似て, 心を, 酔って 2 なりました, なります, 一点の, 心は, 欺かれて, 溢れて, 舌鼓を, 違いが

1 [221件] あふれた作品, あふれて, あまり人が, あらざるまで, あるので, あるわけ, うっとりと, うるさくなった, からまったこと, かわりはねえ, ぐんぐんと, これから少しずつ, したところ, したもの, しようじゃ, すぐれたもの, するため, それを, たえましょうか, たより過ぎる感じ, ちょっと似, ちよつと, つくって, つぐもの, つりこまれて, できた酒, とどまって, とぼしいもの, なった, なりそれ以外, なりません, なりやしなかったかい, なり宝生, なること, なるね, なるので, なる事, はいつて, はたうてい, ひめた象徴, ふっくらと, ふれると, ほかならず, まさる味, まさる我, また有効, まもられ艶, めぐりあいました, もううっとりと, わさびを, 一抹の, 乏しいと, 乏しい生活ぶり, 人の, 似せたり, 似た純白, 何んの, 作者が, 依つて概略, 価値が, 傾いてや, 優る人工味, 優る味, 優る美味, 充ち満ちて, 凋落高調の, 出来て, 出来ます, 劣り寒い, 勝るは, 千金にも, 参りません, 及びませんけれども, 古くから口, 合体した, 含みが, 命を, 囚われて, 堕落する, 変って, 変は, 変りは, 変化が, 変化します, 多いの, 大層な, 季節が, 富むと, 富むもの, 富めるは, 富んだもの, 富んだ事, 富んだ人間, 富んだ好, 富んだ性格的, 富んだ物, 対照し, 少しの, 当ると, 從ふであらう, 徹せむとする個人, 心からの, 心酔した, 思い寄せたの, 感じた, 慣れざるのみ, 慣れ帰国, 成立つの, 我を, 手などを, 手を, 打たれ寧ろ, 拘泥せず, 接觸し得ざる, 搦んだ, 據て, 於いての, 於いては, 於ける, 於ける五色, 於ける日本美, 於ても, 星が, 朝夕を, 染んだせい, 染んだ見交わしの, 根ざして, 欠けた化物, 欠けて, 正体を, 比すべくも, 比べて, 比べると, 比べる時, 比べれば, 気を, 氣が, 永い間, 沈湎する, 泌み出させよう, 浴させよう, 浸って, 淡い悦び, 深浅渋甘, 渇いて, 湯だった, 満ちた絶望みたい, 溢れた作品, 溢れた名句, 溶け合, 潤おされ美しい, 濃淡の, 災いされます, 煮つける無類, 狎れて, 狭い棚, 甘みが, 生命を, 田の, 申分が, 異様な, 病ひされた, 皆区別, 眠らない夜, 私は, 私を, 移るいく盛り, 笑った, 精き, 細い顎, 絹糸の, 缺けた日の, 美悪の, 考えられて, 育みて, 自信なき, 至っては, 興味を, 良否の, 落ちるの, 著しい差異, 襲われながら, 見えるアメリカ風, 覚えの, 親しんだ, 解いて, 触るなんて, 触れること, 觸れ, 言い及んだとき, 詳しいという, 變化します, 辟易した, 近くなり, 近づきつつ, 迫って, 通じたところ, 過ぎず, 過ぎるよう, 違いあるまい, 酔いつつ, 醉ふ, 関係が, 限るとか, 限るよう, 陥り易い, 陶酔する, 随つて追, 障子の, 隠れて, 非常に, 響く, 響くよう, 類するけれど, 食えるの, 飽き飽きして, 驚いたか, 驚きました, 驚く, 高い気品, 魅力を

▼ 味~ (226, 2.2%)

51 ことが 10 ことの 7 ように 6 ことは, ことも, ことを 5 ために, のである, 事が 4 方が 3 ことと, のだ, ような, 事を 2 ことから, ことによって, ためには, 事の, 事は, 余裕も, 時に, 機会が

1 [93件] うえでは, おやつ, から柔, から爰, がよい, が如き, が如く, ことであります, ことに, ため弱い, だけでも今度, だけの余裕, だけの心がけ, ている, てくれる, というは人世, という態度, という順序, とか草木, とこれ, とでも云うべき, となかなか, とまことに, ともなく, とやはり, と一緒, と作歌稽古上, と共にこう, と共に他方, と内容, と同時に, と広義, と極, と渋味, と父, と特色, と赤人, ない, なおや, ので, のであった, のです, のでなくっ, のにある, のに便利, の資格, ばかりである, ばかりでなく, までは渡瀬, ものが, ものである, ものに, ものの範囲, ものの落着, ものは, よりはジュコーフスキー, よりもただ, よりも何, よりも自分, わけな, 上から, 也, 事こそ, 事と, 人が, 人な, 人の, 人間では, 何とも, 力は, 可く, 喜びとで, 場合は, 小説である, 心持に, 性質の, 悦び, 感覚という, 感覚において, 方法として, 方法を, 時の, 本当にへん, 様に, 機会を, 歳末の, 段どり, 為静に, 絶望混乱の, 者ふるる, 舌が, 趣味的の, 麦酒の

▼ 味~ (202, 1.9%)

32 ことが 9 ことの 8 事が 7 やうに 6 のである 5 のは 4 ことである

2 [12件] ことだ, には先づ, のが, のだ, ので, のに, のも, のを, 者は, 酒でなけれ, 酒は, 酒へ

1 [107件] いや楽しむ, うちに, うまいうまい, うまいと, うまい捨てられた, うまかつ, がよい, が如く, こだ, ことで, ことに, ことには, これも, しづかな, そしていつ, そしてぐつすりとねむつた, その余勢, それは, などいふ, なり, にいたらしめし, には伊香保, には大分時, には焙烙, には見えざる, に似, に値する, に及び, に足る, に適, のであつ, のでさ, のと, の必要, の頗る, ひまも, へそして, ほどに酔, ほどに酔う, ほろ酔に, もう堅い, やうな, よいかな, よりも貧乏, をうべ, を得る, を許さ, トマトを, 一杯は, 一杯やりたい, 上の, 中村君しつかりし, 事も, 信濃の, 前に, 力が, 可き, 品が, 喉の, 塩は, 境涯である, 境涯であれ, 寂寥の, 工夫もがなと, 年輩な, 度に, 彦根の, 心, 心だ, 心と, 心には, 心は, 心即ち, 心持では, 心持は, 心持を, 悠然として, 感覚の, 感覚も, 方へ, 日などは, 時は, 様な, 樂み, 機会が, 死を, 気分である, 為めに, 無論お菜, 生活から, 眼で, 私に, 私は, 絶好の, 者よ, 能はずん, 蕎麦粉そのものの, 豆腐一丁三銭ヤツコで, 資格が, 酒さ, 酒の, 酒よい, 雑草を, 青しその, 食道楽者を, 飯そのものの, 香春岳は

▼ 味~ (195, 1.9%)

7 のある 6 がある 3 があります 2 があっ, があり, つつある, である, のよう, をもっ, を欠く, を添え, 小説は

1 [161件] うまいまずいを, かぜを, かたこの, かたで, かたです, かたを, かた理解しかたの, かつ夢みた, があった, があり得る, がその, がたいところ, がまるで, が一段と, が出, が出る, が加, が加わります, が極めて, が深まっ, このみの色, そうし, そうな, そしてその, そして又, だけは永久, つつさらに, つつ仲間, つつ会場, つつ作り捨て, つつ午後三時頃大河原, つつ室中, つつ是非, つつ生き, つつ静か, つつ食べ始める, つつ黙然, つよく生きん, てもと, て楽, であるが, とか臭, として相手, とても関白, とともにたいへん, ながらありし, ながらじっと, ながらその, ながらゆっくり, ながら二町, ながら今度, ながら叱り, ながら壁, ながら往来, ながら抜け, ながら然, ながら相手, ながら老酒, ながら表, ながら話, ながら静か, ながら顔, ながら飲んだ, などした, にあふれた, においてついに, において日本, になった, にも拘らず, に到る, に有り附いた, に満ち, に溢れ, に行く, のうち, のため, ので一銚子, ので時々, のもの, の一つ, の作品, の凡て, の日, の極めて, の浅い, の為, の違う, はありません, はお, はそれだけ, はまた, は又, は年, は深遠, は減る, は無限, は真実涙, への共感, またその, また愛する, また時には, よく香, をしらずしらず, をそがれ, をつくし, をつけられた, をひき出し, を七分の一, を以, を加える, を増し, を奪う, を好みます, を思い浮べる, を愛惜, を持ちません, を持っ, を持った, を生命, を生活, を知っ, を知り初めた, を示し得, を示す, を腰かけ, を蔵, を見た, を詠んだ, を附け, を飲み尽した, 一方おのれ, 主客の, 乍ら書いた, 体中に, 出船の, 十二時三十分に, 女夫, 少し己惚れ, 悲しみを, 感覚する, 慰藉料という, 批評できる, 方が, 方で, 方は, 早松, 最後に, 梨ざます, 梨で, 深いと, 深いもの, 深い小, 深く感じられます, 深く読まれる, 煎餅で, 爽醇な, 甚だもっ, 胃袋へ, 豊富な, 醤油を, 長い夕方

▼ 味~ (182, 1.7%)

3 なるの 2 いう, いうよりも, なる, 相俟つて, 色は, 触と

1 [167件] あまり違わぬ, いいまことに, いい木箱, いうか, いうが, いうだけ, いうより, いえば, いえよう, いおうか, いったので, いったら本当, いっても, いひ深々, いふので, いふよりも, いわれて, いわんばかり, うけとられず女, この二つ, さっぱりした, されて, され今日, したという, したもの, しっくりと, して, しやつきり, し山北, し金剛, する, その縦横無碍, ぞうげの, どうしたら, どちらに, なって, なり時, なると, ぴったりとこ, また慎ましく, やさしいリリシスム, やさしみと, よく調和, コルネイユの, トリック, バターの, ヨードと, 一たびこれを, 下地の, 下腹と, 二つある, 云うもの, 云ったよう, 人間の, 人間らしさ, 値とを, 優劣を, 全く一つ, 全身の, 共に誇る, 共鳴とを, 力が, 力と, 力とを, 古典的な, 合い一寸, 同時に河場者, 含蓄の, 味噌の, 呼ばう, 品位とが, 喜びを, 堅實さが, 塩気と, 塩気とが, 大衆に, 女の, 好一対であろう, 宗教的虚無思想が, 小豆の, 川の, 幻怪味とを, 弓矢を, 強い色感, 形から, 必要とが, 快感が, 思って, 思われるから, 悩ましい息づかひ, 情愛の, 感じを, 感化とを, 手触りに, 技を, 支那の, 来ては, 柔らか味の, 栄養に, 梅の, 植物の, 歴史を, 毒茸の, 比較する, 気の, 気品を, 氣の, 汁の, 沈著と, 海藻である, 深みを, 清々しさ, 温かな, 溢る, 滋味を, 潤いと, 火力の, 片付けて, 生硬な, 田舎の, 皮の, 相成居候, 称して, 童話的な, 素麺の, 結びつかないとは, 肉臭を, 自然に, 自然味と, 興味の, 色彩の, 艶とを, 芳香, 芸術の, 芸術味による, 荒唐味は, 葡萄酒の, 薪の, 蟲惑も, 見識を, 言えば, 言って, 諧謔味を, 赤味が, 輝きとを, 連想も, 違は, 酒の, 重さ, 重味に, 野菜の, 金鉄動かすべからざる, 鋭い才氣, 間男の, 陽の, 隈の, 題名を, 風体で, 香りとが, 香気が, 香気と, 香気とに, 香気とを, 香気は, 香気を, 骨の, 黄身の

▼ 味~ (167, 1.6%)

7 がある 4 を知り初めた 3 が加つて, を持つ

2 [13件] があつ, がきき, その結果, てかれ, に於, に理, のある, の深い, は詩, をもつ, を人々, 人情の, 功を

1 [124件] かつ上, があります, がそこ, がよい, がわからう, が中, が出, が分つ, が心, が歌, が深い, が生じる, が缺, が變つて, が身, が違, が靜, ぐらゐ林さんは, これに, さへも, しきりになつかしく, その熱心さ, それから一々, たまへ, たらふく麦飯, つつある, つつふと, つつリツケルト, つつ句, つつ山水, つつ消去, つつ黙然, てこれ, て其の, て窮, て見, ながら, ながらうたつて, ながらしかし, ながらそして, ながらその, ながらゆ, ながら何故, ながら右, ながら大き, ながら成長, ながら泣き度, ながら神田橋, ながら絵, ながら飮ん, など出せる, にくいもの, にやつ, に似る, に少し, に来る, に溢れる, のため, のよささや, の紙, は, はあなた方, はこれから, はその, はそれぞれ違つて, はそれだけ, はつねに, はとても, はにがかりき, は体得, は塩辛く, は無限, は祖先以來與, は簀, は解らう, ふかい, ふるき米, また雨, よく染紙, よし, をなくし, をのみ吸収, を互, を兼ね, を出す, を加, を多分, を失つて, を思ひ出し, を持たせる, を是, を概念式, を歌つて, を知る, を覚える, 井月句集を, 位は, 來つて人間に, 候, 多しと, 太だ, 如何に, 娯むこ, 幾分実感, 怪奇な, 方を, 方をも, 更に郷土, 朝鮮の, 未来に, 樂しみ, 水くさく, 深く感じる, 漢詩文の, 然る, 生死を, 盡きぬ美しい, 盡し, 盡しました, 知つて來た, 給はんこそ, 自分も, 自然を, 諷経念誦の

▼ 味って~ (151, 1.4%)

7 いた 5 いるの, くれ給え 4 いる, みて 3 見て 2 いたが, いること, いるところ, いるよう, みたいと, みると, みれば, 居ります, 置きたいという

1 [105件] いい, いいわけ, いただきたい, いただきたいと, いたって, いたの, いたり, いた頃, いった, いないわけ, います, いるうち, いるかも, いるだけに, いるでしょう, いると, いるという, いるので, いるふるくさい, いるん, いる中年, いる女たち, いる幸福, いる快適, いる恋愛論, いる満足, いる画家, いる秀子, いる積り, いる雅風, おかねば, かからねば, かまわない, かまわぬ, きたの, きたり, くれるか, この方面, こんなもの, ござるの, しばらくこの世, そこに, そのお蔭, それから寝床, ほしいと, みたかったの, みたかったよう, みたが, みたの, みたり, みなければ, みようという, みようウムこれ, みるもん, みる必要, みる迄も, もらいたい, やって, やるん, やれ, よい歌, られないで, 下さい, 下さる, 下さる方, 只一通りの, 嬉しかった, 居る, 居ること, 居ると, 居るの, 居るよう, 居る以上, 床の, 当も, 悦んで, 日々を, 朗らかに, 来た, 来たこと, 来たよう, 来た彼, 来た経験, 来ましたが, 来ようなら女, 流石に, 物を, 眺める, 眼も, 而も, 育ったの, 自分が, 行けるよう, 行こうと, 見た, 見たく而, 見ようと, 見る, 見ると, 見るの, 見れば, 見ろ, 見ろと, 読むため, 離婚し

▼ 味~ (116, 1.1%)

14 ことを 5 真似を 4 のだ 3 まねを, もので, ものに 2 のは, まねし, ものが, 文章を

1 [76件] お存, ことお話しに, ことが, ことです, ことは, ことも, さかげんを, さそうな, せりふを, てがら, ところだ, ところな, ところの, ところは, の, のでございます, ので私, ので飽き, のも, のよ, のよりは, もの, ものさ, ものだ, ものと, ものを, んだ, ア河面さ頭ば, イケ図々しい, 事だ, 事は, 事を, 光線を, 力で, 勤めとやらを, 印象を, 古めかしい縁, 句の, 奴ッちゃ, 小径を, 幕切を, 御供が, 微笑で, 心持ちに, 思いつきだ, 思い出の, 情から, 戦法よ, 様子を, 気が, 気なぞが, 気に, 気も, 氣に, 無邪気振り, 物と, 生活境では, 目くばせ, 稚児ッ小僧じゃ, 笑い方, 締め方でした, 縁を, 色を, 言葉を, 詩人である, 話である, 話に, 話を, 語調である, 調べ方を, 調子で, 謎を, 趣が, 返事を, 雰囲気なぞ, 顔色で

▼ 味~ (96, 0.9%)

8 あつた 3 あらう

1 [85件] あつて, あらうが, いけない, いる人, いる弦, うまいの, おとす場合, げして, げす, しかも十分芝居, そいつが, そして美しい紅, その他鮪豆腐なめこ黄菊天麩羅生菓子いくら等, その家, その頃, どこを, な, びっくりしました, ぼやける, よく笑, アクを, ガラツ八は, サ, ポウッと, 一個の, 一層好い, 一種の, 一等二等を, 万葉には, 中, 互いにドッ, 人気を, 人物の, 今なら, 仲, 俺から, 凡日本民族の, 分るもの, 判断する, 只さえ, 各々の, 各地の, 味覚の, 売って, 多少中国料理, 天に対する, 天子様も, 天満宮節分の, 少しく融け, 彼の, 掲, 支那か, 汗を, 洗えと, 満腹し, 煮たもの, 煮て, 煮ても, 煮出して, 狩野家の, 狩野派円山派アカデ, 相当味が, 私などには, 程よくなっ, 紹介される, 翫味されます, 胃を, 胸が, 腕を, 薬味には, 藝術家に, 表現し, 見せた, 見たが, 見ました, 解けかかった, 貼り付けるん, 輝きわたる, 通つてゐる, 野菜を, 非常に, 風上に, 食えば, 食べられる, 鼻が

▼ 味がかった~ (71, 0.7%)

2 光を, 金髪の

1 [67件] かげ, ものが, もや, オレンジ色である, ブロンドの, プリプリする, ペンキを, ユニホームは, ユニホームを, 丸い魂, 体躯が, 何んとも, 光が, 光の, 処の, 剛毛と, 小さな壺, 小さな顔, 岩壁に, 帯を, 平凡な, 幽鬼じみた, 庭の, 憎体な, 手を, 星を, 松脂見た, 栗色の, 棒縞の, 水の, 水は, 水浅黄の, 汁に, 汚点の, 濃い髮, 灰色だった, 煎餅若干も, 煙を, 白さ, 白眼や, 目を, 盲人の, 真佐子の, 眼を, 瞳は, 紫色に, 細かい縮れ, 緑色で, 羊の, 美しさ, 色と, 色の, 色を, 茶っぽい, 薔薇色に, 薬液が, 輝きが, 野の, 金肌に, 金髪が, 青である, 青軸を, 面の, 頭髪は, 髪の毛とが, 髪の毛は, 黄色い瞳子

▼ 味った~ (70, 0.7%)

6 ことが 5 ことの 2 からだ, のです, ものは, ような, 事も

1 [49件] あの読書精神, あれと, うちで, かもしれない, からです, がこの, ことでありましょう, ことです, ことも, つもりで, ところで, のか, のだ, のであった, のである, のは, ばかりで, ばかりでなく, ものです, ように, よりももっと, ワインや, 不思議な, 中で, 事である, 事であろう, 事の, 事は, 人である, 人は, 他人の, 幸福の, 心理という, 時は, 時藤十郎の, 最初の, 次第である, 歓びと, 気持の, 気持を, 物の, 物も, 獣の, 知人から, 者にとって, 者は, 薫の, 訳である, 野糞山糞何と

▼ 味~ (70, 0.7%)

10 なければ 4 ずに, ずには 3 された, されたの, されて 2 され意外, せる, ないで, なかった

1 [35件] させる, されたもの, された為, されました, される, されるいそがし, されること, される場合, ざる児童, しめようと, しめる場合, ず松の内, せねば, せるから, せるだけの, せるだろう, せるに, せるの, せるも, せるよう, せる名作, たッ, つた, つたのかも, つたよう, つていた事は, ないでは, ない人, なくては, ぬうち, ねばならなくなった, むとせしに真紅の, るること, るるもの, るる美

▼ 味~ (68, 0.6%)

7 と醤油 3 やお 2 で味, とお, と水, と砂糖, と酢, の気

1 [46件] か何, がすき, だって同じ, だと, でも呑ん, で下, で煮ます, で煮付け, で美味しく, とで一度下, とで少し, とを入れ, と味噌, と少し, と水飴, と酒, と鰹節, などをのむ, にしろ, に強い, に白砂糖, に醤油, のごく, のよう, のワリシタ, の匂い, の問屋, の杯, の這入った, はそれ, は昔, は普通, へ浸し, へ漬け, へ酢, もございます, も湯, も砂糖, や醤油, をお前, を一升, を一合, を入れる, を好い加減, を買っ, 入れて

▼ 味つて~ (59, 0.6%)

7 ゐる 6 ゐた 3 ゐるの, 見ると 2 ゐたの, ゐると

1 [36件] いただくより, いよいよ深し, から漸く, ほしいの, みて, もらへれば, も味, ゐたが, ゐたし, ゐたもの, ゐて, ゐないから, ゐますが, ゐられるといふ, ゐるあれ, ゐるうち, ゐること, ゐるに, ゐるので, ゐるん, ゐる悦び, ゐる時, 居た, 居るの, 居るやう, 居る余裕, 戴けないの, 来た, 来たの, 置いて, 置かなければ, 見た, 見ても, 見やうかしら, 見る, 見給

▼ 味~ (52, 0.5%)

3 これは, ぜ, な 2 が, けれども然し, と心得, と思った, のという

1 [33件] か, か知らん, か舌, がうまく, がこれ, がなかなか, しが, し胃液, つた割に, つた春雷それも, つた飯とても, つて吹い, という, というの, といっ, といふ, とかが嘗つて彼, とのこと, と云っ, と思, と思いました, と思いやす, と思う, と思っ, と感心, と言, と言っ, と言はん, など云つて, ね, のもの, サイクロ銃は, 完璧を

▼ 味という~ (51, 0.5%)

14 ものは 9 ものが 6 ものを 3 ような 2 ものであろう, ものも

1 [15件] ことの, ことを, ところに, ところね, のである, のは, のも, ものかしらて, ものについては, ものの, やつです, わけには, 事で, 味の, 点から

▼ 味~ (35, 0.3%)

4 ない 3 ないの 2 ばこの

1 [26件] が餘, こた, そうに, てこそ近く, ないが, ないと, ないみんな, ない味, ない大阪, ない心持, ない為, ない町, ない美食, なかった, ばもう, ばやはり, ばよい, ば世界, ば好い, ば歌柄, ば荘麗, ば誰, ば面倒, も判り, も知らざる, 物有つたら

▼ 味ある~ (34, 0.3%)

2 ものを, 楔を

1 [30件] お言葉, が如くなれ, ことでしょう, こと無し, こと能はず我が, と味, にあらずや, ものと, ものの, ものばかり, を以て日々, を何れ, を感, を示す, を覚, 事項に, 人柄と, 古風の, 姿が, 快美感, 所以の, 所以は, 探偵小説, 筈だ, 緑, 緑色, 薔薇色の, 都市の, 青色の, 顔を

▼ 味~ (34, 0.3%)

6 を喰

2 [14件] がだ, が描きだされた, が鈴, などの冷たい, に白眼, の蔓, の黒い, は冷たい冷たい, は後, をお, をたべる, をひつ, を喰べたつて, を盗み

▼ 味~ (33, 0.3%)

4 ない 2

1 [27件] かかろうと, ず前, た, ないかと, ないが, ないけれど, ないこと, ないた, ないと, ないといふ, ないトンネル, ない可, ない自然, ない鶏肉づくし, なかった, なかつた駅, なければ, ばい, ば初より, ば十分足りる, ば味ひ, ほがら, ほんとうに, まづ身, 日本酒の, 柿の, 酒に

▼ 味わせ~ (31, 0.3%)

42 ている, てくれた, てやろう

1 [21件] たその, たの, た方, た点, た父親, た自分, てい, てくれ, てくれない, てくれる, てやらね, てやりたい, てやりたく, て上げよう, て充分, て呉れた, て呉れる, ながらも同時に, ながら当然, まいという, ません

▼ 味~ (30, 0.3%)

2 息づかいでも

1 [28件] においを, よき心, エロチシズムや, ヤボな, 一夕の, 匂ひ, 喝する, 形において, 後味や, 微細な, 意気な, 栄養を, 油を, 結構の, 美の, 肉を, 脂を, 至誠の, 色が, 色を, 親しみが, 誹諧趣味, 調味料が, 起死回生の, 通常性の, 醜い僻, 錵も, 錵や

▼ 味い得る~ (27, 0.3%)

3 ように 2 あらゆる幸福, のである, ものと

1 [18件] かそれ, ことは, ということ, ところである, ところの, のは, ほどの余裕, ものだ, 人に, 人のみに, 人は, 人間が, 力は, 時間は, 最後の, 満足が, 点に, 者こそは

▼ 味~ (27, 0.3%)

3 なさ 2 ない, ないもの, ない氣, なく思つたの

1 [16件] ないし, ない世, ない世の中, ない事, ない寂しさ, ない島, ない心持, ない思ひ, ない思ひでありました, なかつた, なかつたか, なき事, なき田舍景色, なき驚異, なく木石, のない

▼ 味から~ (23, 0.2%)

2 いっても

1 [21件] いえば, して, りっぱな, 云えば, 云っても, 來る, 出て, 女の, 幕末へ, 幸村の, 思い出して, 滅多斬り, 演繹すれ, 脱線し, 見て, 見ても, 解釈が, 言うと, 言えば, 言へ, 言へば

▼ 味ふこ~ (23, 0.2%)

3 と, とは出来ない 2 とによつ

1 [15件] とすらない, となり, との出來, との切実, との如何, との真実, とはできない, とは出, とは出来る, とまことに, ともできる, とも出来ない, と具体的, と句, と生活

▼ 味とを~ (22, 0.2%)

1 [22件] だぶ, もったもの, もって, もつて, もつ事, 与へるので, 何よりも, 保たせながら, 備えた明快, 半減し, 取り逃がすこと, 孕んだ花, 持って, 材料そのものから, 汲む, 消して, 混ぜたよう, 直接に, 知つたのも, 絶対唯一の, 読者に, 遺憾なく

▼ 味~ (21, 0.2%)

1 [21件] がある, がない, がのこっ, が何とも, すること, で何とか, といふこと, とがおもしろく, と云つて, と海, にでっち, に持ち来される, のきり, の記憶, はとこし, は木村荘八画伯, も變つて來, をば十二分, を与えた, を想う, を直ぐ

▼ 味には~ (20, 0.2%)

2 幽かな

1 [18件] しょせんかなうまい, すぐ涙, そんな余徳, とても抵抗, ならずなんだか, ひどく癖, 人の, 及ぶまい荒い, 妥協出来なかった, 実は興味, 富んで, 山葵と, 微妙な, 次第に旨み, 縁の, 胸が, 落ちて, 誰れ

▼ 味~ (20, 0.2%)

2 あるひ, をそ

1 [16件] が殘, が漂つて, が生じ, に耽る, のみのうま, の奈落, の如き, の範圍, の纖細, の驚異, や聽覺, を優秀兒, を失ひ, を研い, を與, を舌

▼ 味つた~ (19, 0.2%)

3 ことの 2 がその, ことが, ことは 1 うまかつ, かも知れない, からだ, ことはめつた, ことを, と云, のはいふ, もの以外, やうな, 見ては

▼ 味では~ (18, 0.2%)

3 なかった 2 ないの

1 [13件] あるが, あるまいか, こちらの, この人, ないかと, ないから, ないらしい, なかったろうか, なくなって, なく常に, なく正統, ポピュラーである, 原子時代は

▼ 味加減~ (18, 0.2%)

5 をし 2 をなおし

1 [11件] というもの, などには一切無頓着, なども気難しかっ, まで法律, や銚子, をいちいち, をされ, をします, をつける, を心得, を試し

▼ 味いたい~ (17, 0.2%)

4 と思う 2 のである

1 [11件] からに外, と云う, と思います, と思わせる, と楽しん, のかしら, のだ, ばっかりに罪, 故郷にも, 白熱的な, 自分

▼ 味かた~ (17, 0.2%)

4 をする 2 です, ではありません, をします 1 になつて, になるでしよう, の少将, の軍隊, は今, は保吉, は勇敢

▼ 味よりも~ (17, 0.2%)

1 [17件] おいしいその, お登和嬢, さらに形, それを, むしろ形では, やや複雑, 主として酔う, 僕には, 冷奴から, 天ぷらを, 寧ろうまく, 方法が, 深いと, 趣巧の, 連想が, 量で, 養いよりも

▼ 味いと~ (16, 0.2%)

4 いうもの

1 [12件] いわれて, よしと, を持っ, を見たい, を魂もろ, 同じこと, 嫌な, 幸を, 思って, 沈思と, 湯加減の, 豊かさと

▼ 味おうと~ (16, 0.2%)

1 [16件] しこの, した, したなら銀座界隈, したら埃及伊太利, した希望, して, するの, するよう, する人, する茶人, すれば, もしない, もしなかった, 思えば, 思って, 願って

▼ 味なき~ (16, 0.2%)

1 [16件] がご, とあるを, に等しい, に至らん, ものの, 世界を, 事を, 労力の, 哲理に, 塩と, 意義なき, 政治に, 日々の, 繰り返しにおいて, 繰返しにおいて, 酒の

▼ 味へる~ (16, 0.2%)

2 けれど焼酎

1 [14件] その事, ため人類を, ところ即ち, のだ, ものなら, もの凡そ, やうに, 時の, 気が, 筈は, 者の, 者は, 者即ち, 間に

▼ 味~ (16, 0.2%)

2 が相

1 [14件] がよい, が注目, が肥え, たるや, にまとう, の上等, の区別, の絶頂, はまことに, ほど人, まことに卑, を論ずる, を賞, 高い鮎

▼ 味うべき~ (14, 0.1%)

1 [14件] ところを, ものあり, ものだ, もので, ものである, 夢と, 季節である, 実例が, 所が, 最も至廉, 珈琲だった, 生を, 生活の, 言葉で

▼ 味とか~ (14, 0.1%)

2 その表現, 柔かさ, 温味とか 1 さうし, 云うもの, 余裕とかいう, 優味とか, 寂びとか, 本心の, 芸術とかの, 観方

▼ 味さえ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あった, さして来, よくかけ, 分らない子供, 帯びた音, 帯び顔, 年一年荒れた, 感じた, 感じます, 持った極めて, 持って, 消えて, 覚えるほどの

▼ 味とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] およそ反対, この肉膚, そこまでに, それぞれの, 世界を, 似ても, 何と, 何を, 同じ温か味, 待つ心, 言えません, 較べもの, 逆行する

▼ 味あり~ (12, 0.1%)

1 [12件] いま直面し, ことにはか, て燒, まず天地, やと, 含蓄の, 喫烟家嗜み啖う, 曷んぞ, 然れ, 真理は, 蕗の薹, 陸象山いう

▼ 味だった~ (12, 0.1%)

1 [12件] ありがとう, かすっかり, かも知れない, から, がこんな, がでも, が気概, が素朴, と絶讃, のが, よ, 潮の

▼ 味でも~ (12, 0.1%)

2 ある 1 ない, ないでしょう, なく唯, 一尾の, 云うよう, 体裁でも, 半片の, 温か味が, 濁川の, 豆の

▼ 味として~ (12, 0.1%)

2 人々から 1 しかもあどけなく, ふんだんに入, ふんだんに入っ, 上は, 人に, 取扱い得るの, 噛みしめるところ, 夕食の, 活かそうと, 特筆したい

▼ 味をも~ (12, 0.1%)

1 [12件] 一度自分, 刺戟する, 忘れぬと, 感ずる, 感ぜずに, 教えなければ, 知って, 知らないこと, 覚えたり, 解し得るやう, 過去には, 露出しない

▼ 味瓜畑~ (12, 0.1%)

2 から娘さん, のある, の両端, の泥, はその, を見

▼ 味がち~ (11, 0.1%)

2 な目 1 がひ, がふ, じゃ鮪, なお, な円まつちい眼, な小さな, な月明り, にまた, のパッ

▼ 味~ (11, 0.1%)

2 うに煙草を 1 うだと, うに喰つてゐる, うに喰べ, うに舌打した, うに舌鼓を, うに飯の, は味いが, へつけれ, へ添

▼ 味~ (11, 0.1%)

3 てみる 2 てみよう 1 たり思想, てくれるだらう, てしまふ, てほしい, てみた, てみたかつた

▼ 味である~ (11, 0.1%)

1 [11件] か分からない, がこの, がしかし, しんみり味, それに, とし, と心, と思う, と言, ふぐの, やうに

▼ 味ひ得る~ (11, 0.1%)

1 [11件] からである, ところなり, に当, のは, ものを, やうな, やうに, 人は, 意氣な, 感謝すべき, 材料を

▼ 味わねば~ (11, 0.1%)

4 ならなかった 2 ならなかったの 1 ならぬこと, ならぬの, ならん, なりませんでした, なるまい

▼ 味~ (11, 0.1%)

10 の子 1 というところ

▼ 味ふと~ (10, 0.1%)

2 言ふ 1 いふこと, いふのみ, いふやう, いふ程, か自ら孤独, もそれ以上, 同様に, 食慾は

▼ 味ふべき~ (10, 0.1%)

1 ことで, ものあり, ものだ, ものである, もの有之, パイプの, 所である, 言葉だ, 詞だ, 説である

▼ 味い得た~ (9, 0.1%)

1 ことであろう, ことに, のであっただろう, のである, もののみ, 事は, 人は, 刹那に, 珍書が

▼ 味うの~ (9, 0.1%)

2 が好き 1 がせめて, がその, がヒダ, が末造, とは方向, はやがて, もまた

▼ 味~ (9, 0.1%)

2 知らぬが 1 あらむ然るに, あんめえ, ようく, 三味で, 知らずただ, 知れない, 薩摩隼人の

▼ 味です~ (9, 0.1%)

321 かねそいつ, からうれしい, がモー, な

▼ 味といふ~ (9, 0.1%)

4 ものは 2 ものも 1 ことは, のは, ものが

▼ 味など~ (9, 0.1%)

1 た, なく薄墨, ぼくらは, もう遠い, わからなかったと, 判らんだろうね, 思うべくも, 槙三には, 涌かなかつた

▼ 味える~ (8, 0.1%)

1 かつシンミリ, ことは, というもの, という希望, のわるく, ような, ように, 神津島でも

▼ 味などは~ (8, 0.1%)

1 どうでも, わからないの, わからなくなって, 一点と, 全く涸渇, 完く, 私には, 見るべくも

▼ 味にも~ (8, 0.1%)

1 して, 世代が, 似て, 現れて, 秋は, 見た目にも, 觸れ, 食い馴れて

▼ 味ふため~ (8, 0.1%)

1 ではない, に, には金, に他, に俳句, に自己, に茎, に西洋人

▼ 味よく~ (8, 0.1%)

1 して, し渇きて, そして甚だ, 出来た, 出来て, 味わうわけ, 薄目に, 食べられるよう

▼ 味~ (8, 0.1%)

8 の眼

▼ 味それ~ (7, 0.1%)

1 がほん, がマチス, はみな, は澄太, は盛上げた, は飯, を一度

▼ 味ばかり~ (7, 0.1%)

1 であって, でなく釣り, でも, で形, なんだ, 溶て, 知っただけで

▼ 味われ~ (7, 0.1%)

2 ていた, て来る 1 て来, て食通, はすまい

▼ 味われる~ (7, 0.1%)

1 あの一種, あの特殊, までが仏教, ものである, ようであった, ように, 万葉の

▼ 味~ (7, 0.1%)

2 に幻滅, の絶讃 1 の心, の意, も讃辞

▼ 味~ (7, 0.1%)

2 して 1 し熔鉱, し身読, するの, する人格, を説き

▼ 味おう~ (6, 0.1%)

1 ている, てまた, て戯れおり, というの, という単純, と思い

▼ 味かつ~ (6, 0.1%)

41 たのみならず非常, ぺな

▼ 味すら~ (6, 0.1%)

2 受け容れられない場合 1 女性と, 帯びた人格, 感じ得ぬばかりか, 知らずに

▼ 味とに~ (6, 0.1%)

1 いつと, 包まれるばかり, 富んだギリシア語, 深い関係, 満ちて, 輝いて

▼ 味ない~ (6, 0.1%)

1 お料理, などうも, もの, ものに, んだ, 酒を

▼ 味なく~ (6, 0.1%)

1 スラ, 受けとれたこと, 毛抜鮨も, 潰れて, 終ろうと, 肴数種に

▼ 味について~ (6, 0.1%)

2 その蘊蓄 1 二三の, 何事か, 効果的で, 宮本などよりも

▼ 味はせ~ (6, 0.1%)

2 てくれた 1 てやれ, て呉れた, て呉れる, て戴きました

▼ 味いが~ (5, 0.0%)

1 かぞへる, なかった, なくて, よいと, 深いもの

▼ 味いも~ (5, 0.0%)

1 なくただ, なく従って, ん喰, 叶い最上, 決してゆるんだ

▼ 味そのもの~ (5, 0.0%)

1 が底, が美味, のほか, の見地, の話

▼ 味っても~ (5, 0.0%)

1 いいだろう, いいもの, いい歌, 味い尽せぬ, 味っても

▼ 味つた事~ (5, 0.0%)

3 がない 1 がある, はない

▼ 味でなく~ (5, 0.0%)

1 おろおろ声, てはならない, てはなりません, オミヨツケだった, 慰めと

▼ 味とが~ (5, 0.0%)

1 あった, どうもぴったりと, 入交って, 混じり合, 貯へ

▼ 味とでも~ (5, 0.0%)

1 いおうか, いつたもの, 云うか, 言えるの, 言おうか

▼ 味なら~ (5, 0.0%)

1 ば玉露, ば誰, みぞれ, よく心得, 人間に

▼ 味なんか~ (5, 0.0%)

1 お大名料理, まるッきり, わからないの, 分らないでしょう, 知らないまま

▼ 味はう~ (5, 0.0%)

1 と思つたの, のが, のでした, わけです, 事を

▼ 味はせる~ (5, 0.0%)

1 ことに, のは, 人も, 必要が, 程度に

▼ 味ひも~ (5, 0.0%)

1 あつさ, ない物, よし春, 無く腹, 這入つて

▼ 味ひ得た~ (5, 0.0%)

1 すべてを, と云, のであつ, のは, 外どうして

▼ 味へば~ (5, 0.0%)

1 いい, それでも宜しから, 何でもうまい, 凡常の, 楊雄の

▼ 味われた~ (5, 0.0%)

1 かどれ, が, ことであろう, ので一, ような

▼ 味深く~ (5, 0.0%)

1 こなれたそして, 聞かれその, 覚ゆる, 陰性の, 響いた

▼ 味~ (5, 0.0%)

1 のカレ, の丸, の音楽, を合奏, を撥

▼ 味~ (5, 0.0%)

1 の, の五感覚, の五種, 法の, 法も

▼ 味いた~ (4, 0.0%)

1 がって無遠慮, さで, のしみ, のしん

▼ 味いつきぬ~ (4, 0.0%)

1 いきさつを, ところです, ものでしょう, 趣が

▼ 味いつくし~ (4, 0.0%)

1 ていない, てしまった, てたべ楽しむ, 難いもの

▼ 味うに~ (4, 0.0%)

1 とどめて, はあまりに, は頗る, もこの

▼ 味~ (4, 0.0%)

1 はない, 感ずると共に, 感ずるの, 感ずる程度

▼ 味~ (4, 0.0%)

1 おます, て見る, ながらそれでも, 更には

▼ 味その~ (4, 0.0%)

1 怖いの, 美しさ, 霊麗なる, 香い

▼ 味たっぷり~ (4, 0.0%)

1 なもの, な虫ず, に踊っ, の色男気取り

▼ 味だけ~ (4, 0.0%)

1 だ, ですから, でなく人生, 召上れ

▼ 味だけは~ (4, 0.0%)

1 うまい支那料理, トコトンまで, 見たこと, 阿片みたいで

▼ 味~ (4, 0.0%)

1 たり哄笑, たり土, たり摂取, たり自分

▼ 味であり~ (4, 0.0%)

1 いずれも, テムポから, 彼等の, 後には

▼ 味との~ (4, 0.0%)

1 混合が, 混合で, 間に, 関係に

▼ 味とも~ (4, 0.0%)

1 いえる魚介, いふべきであつ, なり時に, 言ふべき

▼ 味と共に~ (4, 0.0%)

1 世に推賞, 人間同士の, 喰料を, 矢張り拙い

▼ 味などに~ (4, 0.0%)

1 共鳴を, 区別する, 注意する, 重きを

▼ 味なども~ (4, 0.0%)

1 この頃, 吹き飛, 思い出させました, 知って

▼ 味において~ (4, 0.0%)

1 なんら択ぶ, 劣らぬもの, 国内随一である, 天地の

▼ 味ひし~ (4, 0.0%)

1 こと, 也, 也人間の, 人のみが

▼ 味~ (4, 0.0%)

21 きしづく, 荷風だって

▼ 味われない~ (4, 0.0%)

1 ことも, 哀れな, 官覚の, 肌理の

▼ 味われぬ~ (4, 0.0%)

1 あの一種特別, ものの, 句である, 或る

▼ 味をさえ~ (4, 0.0%)

1 感じて, 感ぜずに, 知って, 雑え

▼ 味以上~ (4, 0.0%)

1 に尊重, に未来, に高潮, のもの

▼ 味勝ち~ (4, 0.0%)

1 な眼, な紫色, な髪の毛, に澄ん

▼ 味噌擂用人~ (4, 0.0%)

1 ですね, なんかに脅かされる, なんか何處, をギューッ

▼ 味淋酒~ (4, 0.0%)

1 でもやれ, という, をひと息, を突き付けられた

▼ 味~ (4, 0.0%)

2 と寒, 堅さ

▼ 味~ (4, 0.0%)

2 やその 1 の命, の浮き

▼ 味~ (3, 0.0%)

2 ひが 1 つてゐた

▼ 味いう~ (3, 0.0%)

1 たり邪推, ものが, もんが

▼ 味いたく~ (3, 0.0%)

1 ない者, なさ, なったん

▼ 味いで~ (3, 0.0%)

1 この味いがあまり世間受け, 又私, 日常生活を

▼ 味うてゐる~ (3, 0.0%)

2 うちに 1 ひとり考へ

▼ 味うて得た~ (3, 0.0%)

3 所の

▼ 味~ (3, 0.0%)

1 うたことは, うた経験の, まっかと

▼ 味かと~ (3, 0.0%)

1 思って, 聞たら, 訊かれたらさあ

▼ 味がま~ (3, 0.0%)

1 づいに, づいの, づくて

▼ 味これ~ (3, 0.0%)

1 じゃ殺生, と異, も亦

▼ 味しか~ (3, 0.0%)

1 しないの, もたない料理, 感じられなかった

▼ 味した~ (3, 0.0%)

2 のであった 1 がこれ

▼ 味だけが~ (3, 0.0%)

1 全身の, 喉元に, 胸に

▼ 味ったら~ (3, 0.0%)

1 とそういう, やはり讃歎, トテモトテモ忘れられない

▼ 味ったらしい~ (3, 0.0%)

1 のです, 薄笑いで, 表情たっぷりで

▼ 味ってる~ (3, 0.0%)

1 のでしょう, ものだ, ように

▼ 味であっ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, ても嗜好, て今日

▼ 味でない~ (3, 0.0%)

2 のが 1 ことも

▼ 味なぞは~ (3, 0.0%)

1 前科者で, 皆こうした, 福岡あたりのより

▼ 味などを~ (3, 0.0%)

1 なつかしむこと, 求めて, 知って

▼ 味なる~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものに, 其模型に

▼ 味によって~ (3, 0.0%)

1 汲み場, 種別した, 表現し

▼ 味はつ~ (3, 0.0%)

1 たりした, たりまた, たり感じ

▼ 味はは~ (3, 0.0%)

2 なければ 1 なかつた明るい

▼ 味はれない~ (3, 0.0%)

1 ところだ, 官覚の, 快活さです

▼ 味はれる~ (3, 0.0%)

1 のであらう, やうな, やうに

▼ 味ひたい~ (3, 0.0%)

1 と思つて, のだ, のである

▼ 味ひと~ (3, 0.0%)

1 が出, その才能, を忘れない

▼ 味ふた~ (3, 0.0%)

1 うとう一杯買, 一喫の, 悠々独酌

▼ 味ほど~ (3, 0.0%)

2 幽かな 1 うまいと

▼ 味ゆたか~ (3, 0.0%)

1 な人生観照, な含蓄, に掬す

▼ 味よき~ (3, 0.0%)

1 うま酒か, ことしば, ものを

▼ 味わし~ (3, 0.0%)

2 てくれる 1 てくれた

▼ 味わせられた~ (3, 0.0%)

1 事であったろう, 事でした, 切ない月日

▼ 味を以て~ (3, 0.0%)

1 われわれに, 生れて, 響いたもの

▼ 味~ (3, 0.0%)

1 喫セシメシ而已ナラズ, 満喫シテイタノニト思ウトクヤシクモ忌マ, 試サンガ為ニ試シ斬

▼ 味~ (3, 0.0%)

1 佳なれ, 須究其文字と, 須究其文字此罪唯僧能治非

▼ 味付パン~ (3, 0.0%)

1 であった, なるもの, に加

▼ 味~ (3, 0.0%)

2 は知ツ 1 覚えて

▼ 味善う~ (3, 0.0%)

1 云うたら承知, 云わなん, 行ったので

▼ 味~ (3, 0.0%)

1 と合致, などをご, のありがた

▼ 味深い~ (3, 0.0%)

1 んなら, 光を, 日の

▼ 味無く~ (3, 0.0%)

1 やう, 不快, 只恍惚たる

▼ 味~ (3, 0.0%)

1 旨, 美也, 膩なりと

▼ 味甚だ~ (3, 0.0%)

1 よし, 辛かるべし, 香し

▼ 味自身~ (3, 0.0%)

1 が酒, に一種, を味

▼ 味附海苔~ (3, 0.0%)

1 で昼, とを棚, の鑵

▼ 味あう~ (2, 0.0%)

1 ことも, は湖面

▼ 味あわせ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てきた

▼ 味いたま~ (2, 0.0%)

2

▼ 味いよいよ~ (2, 0.0%)

1 加わるもの, 新たなり

▼ 味い尽し~ (2, 0.0%)

1 て墓場, て置きたい

▼ 味い得ない~ (2, 0.0%)

1 ものには, 味だ

▼ 味い得べき~ (2, 0.0%)

1 芸術なら, 趣であっ

▼ 味い知っ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て居る

▼ 味い返し~ (2, 0.0%)

1 ている, てみた

▼ 味がか~ (2, 0.0%)

1 ッた, ツて

▼ 味こそ~ (2, 0.0%)

1 なかなかに, 生活の

▼ 味さえも~ (2, 0.0%)

1 ないの, 殺した

▼ 味ざし~ (2, 0.0%)

1 て耳, 小鳥が

▼ 味すなわち~ (2, 0.0%)

1 かつおぶし, 加工の

▼ 味する~ (2, 0.0%)

1 という道楽, 素質と

▼ 味そして~ (2, 0.0%)

1 二人で, 餅の

▼ 味たくさん~ (2, 0.0%)

1 のお前さん, の身

▼ 味たる~ (2, 0.0%)

1 や干潮, を失はなかつた

▼ 味だって~ (2, 0.0%)

1 あるだろう, そうだ

▼ 味だろう~ (2, 0.0%)

1 か, と吐出した

▼ 味っぽい~ (2, 0.0%)

1 ものでも, 光に

▼ 味つたの~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 味つた方々~ (2, 0.0%)

2 へ多少

▼ 味でございます~ (2, 0.0%)

1 からこれ, から戴い

▼ 味といった~ (2, 0.0%)

1 ものが, ような

▼ 味としては~ (2, 0.0%)

1 実にまず, 牛も

▼ 味にかけては~ (2, 0.0%)

2 すばらしく甘いが

▼ 味による~ (2, 0.0%)

1 料理を, 格式品位の

▼ 味はへ~ (2, 0.0%)

1 ばい, 私は

▼ 味はへば~ (2, 0.0%)

1 足りると, 飽まで

▼ 味はれ~ (2, 0.0%)

1 さうにも, 易い平談俗語

▼ 味はれた~ (2, 0.0%)

1 ことの, に違

▼ 味はん~ (2, 0.0%)

1 が為め, とする

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 しった顔を, しつた美男子

▼ 味ひしめる~ (2, 0.0%)

1 ことに, といふ程

▼ 味ひとつ~ (2, 0.0%)

1 にした, 分るじゃ

▼ 味ひ得~ (2, 0.0%)

1 たりし, たり渋茶一ぱい

▼ 味ひ知らぬ~ (2, 0.0%)

2 憂愁の

▼ 味ひ知る~ (2, 0.0%)

1 そこに, といふこと

▼ 味ひ知れる~ (2, 0.0%)

2 人なら

▼ 味ひ耽る~ (2, 0.0%)

1 ものの, やうに

▼ 味ふとき~ (2, 0.0%)

1 いつも思ひ出す, 生き甲斐を

▼ 味また~ (2, 0.0%)

1 いつまでも, 不美

▼ 味までが~ (2, 0.0%)

1 劣って, 違って

▼ 味より~ (2, 0.0%)

1 安値で, 推論すれ

▼ 味わせよう~ (2, 0.0%)

1 という訳, として神

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ 味んで~ (2, 0.0%)

1 居るより, 見せる

▼ 味タップリ~ (2, 0.0%)

1 なもの, の叙述

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 たらしい, たらしいん

▼ 味一つ~ (2, 0.0%)

1 なるが, 知らないといふ

▼ 味~ (2, 0.0%)

2 にさんげ

▼ 味~ (2, 0.0%)

2

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 としても, は乃公

▼ 味以外~ (2, 0.0%)

1 に何, に色

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 ならず糟糠, なるも

▼ 味佳き~ (2, 0.0%)

1 料理を, 珈琲など

▼ 味利き~ (2, 0.0%)

1 ということ, をし

▼ 味及び~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 の人間味, の神性味

▼ 味垢古色仙骨~ (2, 0.0%)

1 をアルコオル, をアルコホル

▼ 味好く~ (2, 0.0%)

1 こなしたれど, せられたり

▼ 味少なく~ (2, 0.0%)

1 苦なりと, 黒味の

▼ 味師内~ (2, 0.0%)

2 の宿禰

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 い其眼元, き頭

▼ 味感溢~ (2, 0.0%)

1 る, るる佳

▼ 味成分~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 味本位~ (2, 0.0%)

1 だった, の美味

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 のつら, の飛

▼ 味~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ 味淋一杯~ (2, 0.0%)

1 と酢一杯, のお

▼ 味無い~ (2, 0.0%)

2 がた

▼ 味無し~ (2, 0.0%)

1 その代り十五銭也, に笑う

▼ 味白檮~ (2, 0.0%)

2 の言八十禍津日

▼ 味知らず~ (2, 0.0%)

1 の何, 是なりに

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 しての, すること

▼ 味苦痛~ (2, 0.0%)

2 及びこれ

▼ 味豊か~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる畑

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 に似る, の白味

▼ 味走った~ (2, 0.0%)

1 無髭, 額に

▼ 味辛し~ (2, 0.0%)

1 故に方言鹽, 然も

▼ 味返つ~ (2, 0.0%)

1 て, て話し

▼ 味~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ 味鋺村~ (2, 0.0%)

1 である, の者

▼ 味雅味垢古色仙骨~ (2, 0.0%)

1 をアルコオル, をアルコホル

▼ 味面白味~ (2, 0.0%)

1 を発見, を見出し

▼ 味~ (2, 0.0%)

1 が群れ鳴い, の住む

▼1* [566件]

あったところこれは, 味あわせたいと思った, 味あゝこれでは, 味いいますねん, 味いがあまり世間受けのしない, 味いが美貌のうち, 味いが身にしみ, 味いきれない内容を, 味いたかったの, 味いたかつたが果さなかつた, 味いたって美, 味いたることあり, 味いつくしたのかと, 味いつくすというわけ, 味いつづけていた, 味いですからサラサラサッと, 味いで感じられるように, 味いといつたら他の, 味いとしないで, 味いなば争い, 味いなおしさもそれ, 味いなさいましたろうとお, 味いなさるのも, 味いなされよ, 味いはなく虎屋の, 味いふかさ, 味いました明日は, 味いまだに冷えず恋, 味いも下界で読む, 味いも元より大切, 味いや粉飾にとじこもっ, 味いわけなければならない, 味いわけようとすれ, 味いわけ得られるだけの微か, 味い働き愛して居る, 味い出している, 味い出したので, 味い分けられなくなったわ, 味い分けることが, 味い剰すが, 味い喜んだあの佃島, 味い学びたいと思立, 味い学ぶところにこそ, 味い尊ぶ習慣が, 味い尽きぬものを, 味い尽さなければならぬ, 味い尽しましたよ, 味い尽すどころか元来, 味い役に立て自分の, 味い得ざるが故に, 味い得しめたなら料理それ自身の, 味い得しめるよすががある, 味い得たならば望外, 味い得なかった幸福が, 味い得られない辛酸を, 味い感じ学ぶ心持ちに, 味い来って人間, 味い来ったものの, 味い楽しむことが, 味い楽しんでいる, 味い歩きまわる作家の, 味い歩くという珍しい大きい, 味い残したものが, 味い沁みて匂う, 味い深めるものと, 味い直されて来た, 味い直しこの筆者, 味い眺め探求し, 味い知り等しく鬢髪, 味い知るは嬉しく, 味い知ろうとする, 味い締められるが故に, 味い考えどうしたら, 味い誇る処の, 味うごとく味い, 味うその境地, 味うたがひぬ, 味うたことは無い, 味うた人で文士, 味うた気がしない, 味うて天与の, 味うて居る暇が, 味うて行くのが, 味うて見ると自ら一種, 味うところの, 味うに事を欠かなかった, 味うに外ならぬの, 味うの便となした, 味うべくして, 味うべく余儀なくされた, 味うまえに, 味うまかった, 味えずに失望, 味えたのだ, 味えつたつて, 味えなくなったのが, 味えばその味, 味えようと思っ, 味おうてる身で, 味かねえが, 味かねえなんていふもんぢ, 味かも知れない, 味からは自由に, 味からばかり勝敗の, 味がかった寄り合った眉の, 味がからざで両端から, 味きわどさと, 味く感ずる筈な, 味ぐらい覚えても, 味ぐらいまで形の, 味こだわりない感性, 味ごく堅くって, 味さうだなア, 味さうで口に, 味さうな柿の, 味しいもんやろ, 味しめたもんだ, 味しらねどあら, 味じゃないかと, 味川より, 味ずくめの世界, 味をとる, 味その他の滋味, 味それに大きなコップ, 味それらは凡て人間, 味それ自体もすこし, 味そんなものの, 味そ以外の部分, 味たつぷりと, 味たらしい思出し, 味だけで食おうと, 味だけとみるの, 味だけの人でも, 味だけを無くして, 味やありません, 味ってから選んだ研究題目, 味っとくが, 味つきパンや色んな, 味つぎは茶, 味つけておきます, 味つたいま乘移つた人も煎餅, 味つたフインランドの旅, 味つた人なら誰, 味つた哀愁をさながら, 味つた後汽車で東京, 味つた所で一つ己, 味つた日本人といふこと, 味つた時はありません, 味つた澄君ありがたう一洵君, 味つた粗末な, 味つた者はこの, 味つた茂君よよろこん, 味つた草餅のかをり, 味つた親友の心持, 味つた記憶がある, 味つてごらん此のお, 味つてみたいといふの, 味つて充分官覚の洗練, 味つて大変い, 味つて此二つの味, 味つて貰ふ, 味つて賞めて貰ひたい, 味つめたく滑つこい, 味づいていた, 味づけられたもの錆づけられた, 味であろうともそれでは, 味でしょうね, 味でなく現れるのです, 味でなければ承知, 味といつてはまた, 味とかいうものは, 味とかが思ひが, 味としての美味さ, 味とては別に無い, 味とてもまた汽車, 味とで製作する, 味とによってもっと東京, 味とれて跡, 味と迄なって, 味どころでは, 味なおくりものが, 味ながら誠に効果, 味なしとしない, 味なぞいずれも, 味なぞというものは, 味などで紐の, 味などと云うもの, 味などの知ること, 味などよりは絹の, 味なり滋養なりに, 味なるべしと雖, 味なんぞつけてや, 味なんぞは毛唐に, 味なんてむしろ無い, 味な探し物じゃわい, 味においても上等である, 味における専用語の, 味にがきさか, 味にしか過ぎないこと, 味にだけ感じ入るの, 味についての記憶が, 味になつてよ, 味にのみ托する, 味にまで味到しつくさん, 味にまでも迫らうと, 味によつてこの, 味により山自身の, 味に対して認識を, 味ねば駄目と, 味のけはひ, 味のねえやり方, 味のみが數年來の, 味のみに於いては, 味のみを味は, 味はからつぽ, 味はさほどでない, 味はじめ厭はし, 味はずにはゐられない, 味はずしてしまふ, 味はったのであった, 味はというと, 味ははにやならんぞ, 味はむと欲する, 味はれざればその, 味はれますし老, 味ばかしは知らない, 味ばかりが多くなる, 味ばかりに耽溺し, 味ばかりのやうな, 味ばかりは生涯忘れられません, 味ばかりを苦に, 味ひあるものと, 味ひがした, 味ひきれない程, 味ひしると, 味ひそめしきの, 味ひそめた青少年の, 味ひたくない者は, 味ひたらば別に, 味ひたりしその昔, 味ひたるところなり, 味ひたればなり, 味ひつくさうとする, 味ひつくすのである, 味ひでもする, 味ひで頭をまるで, 味ひとつまみの小言, 味ひととせあまり忘れゐし味, 味ひなほすやう, 味ひなきこと久し, 味ひにくるのか, 味ひはじめてゐた, 味ひまた西洋画, 味ひも色も淺, 味ひわけるに一番動き, 味ひ占めて見たい, 味ひ尽しそれからはじめて, 味ひ尽した上でなけれ, 味ひ尽すのである, 味ひ得ざるところ, 味ひ得たる感有之, 味ひ得なかつた嬉しさ, 味ひ得ぬ味を, 味ひ得ぬであらうと思はれる, 味ひ得られるのであつ, 味ひ得るならばその, 味ひ得んと, 味ひ忘れがたく, 味ひ楽しみ得ることの, 味ひ楽しむ心は, 味ひ直して見ね, 味ひ知らなかつた私を, 味ひ知り六帖や, 味ひ知るなるべしと, 味ひ馴れてゐる, 味ふかいのです, 味ふが如き平民的画趣とも, 味ふしづけさ, 味ふた事は無い, 味ふた血肉は切つて, 味ふた雪そのものを詠ひたい, 味ふてゐる快適な, 味ふならそれでよろしい, 味ふなれば, 味ふべきである大山君は, 味ふべきでないか, 味ふべくここに, 味ふべく呷らないこと微酔以上を, 味ふべしアルコールとして, 味ふべしおちついてしづか, 味ふより外, 味ふ如き単純なる, 味ふ楽しむへ, 味ふ頭がない, 味への不断の, 味ほとぼりをいかなる, 味まで害するから, 味までも私自身の, 味むし暑いこの二三日, 味むのですけれど私にゃ何, 味むらの居る, 味もかはるそれで, 味もけやけし足らずしも, 味もしもそっくり伝えられるもの, 味もつた紅さ, 味もとよりわるい, 味ものをし, 味もはや忘れて, 味やらを言はれ, 味やを研究する, 味よし柔かに, 味よろしく下手へ, 味らしいひと言が, 味ぞな一時亀山, 味わしむるに余りある芸術的素質, 味わせたきものであると, 味わせられている, 味わせられきってい, 味わせられるのは, 味わせ味おうと, 味わせ建設の勇気, 味わせ自分から三味線, 味わるべき言語に, 味われなくなっていた, 味われまして七面鳥, 味われ手で触れられる, 味わろき宵の, 味わんがため, 味をと教えて, 味をばよくあちらこちら, 味アリ混ズベカラズシテ而シテ之ヲ同, 味イリフペトロフが決して, 味ウベシ子ニ, 味エロ味の変態美, 味乏シイワ, 味ゲッソリおちて, 味ソーダ水の薄, 味ッ気がない, 味ナル多辯, 味ニュアンスと云われる, 味ハヒテ味ヒヲ知リ支體ニテ覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 味ハ甜シ救飢ニシ根ヲ採, 味ハ苦甘シ, 味ハ醇厚久シキヲ経テモ損セズ, 味ヒヲ知リ支體ニテ覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 味一つまみの小言, 味一分だめし, 味七分に土気三分, 味七分水三分酒と申位, 味万両の風流, 味は美味しく, 味不明のところ, 味に勝れ, 味助氏は, 味五体はタヒチ島土人, 味の味, 味もなほ, 味今に忘れず老, 味の何物, 味付パン餅菓子食パン西洋菓子の四工場, 味付料としていずれ, 味何うにもうまい, 味候者も有, 味凄味を通, 味凄惨味を心ゆく, 味出したような, 味利きだといつ, 味力みましけ, 味加減出来は少し, 味加筑炉薩罐煮芳芽, 味劣るごとく神の, 味勝った所もさほど, 味温覺, 味匂いこぼれるような, 味十年のむかし, 味半分粹半分の心持ち, 味卵子のむし, 味ならず, 味だ, 味名亀甲等の標本, 味否嗜好が変わっ, 味と申, 味哀憐の趣, 味品秀調である, 味善くして, 味嗅ぎつつも思ひ, 味嗜汁臭い息, 味噌擂だ, 味噌添へて食べ, 味噌漉さげて, 味噌炙が, 味塩梅を見る, 味も, 味出さ, 味変りじゃ, 味変り致してよい, 味変わりでお, 味の味, 味多き空想を以て, 味夢にも知ず物, 味まじめで食ってる, 味大いに好し, 味天然の味, 味太く劣る故, 味太ダ濃重, 味願上候, 味定めて悪から, 味宜しとて主君, 味実によしと, 味は口取, 味容易に感じ取れる, 味宿は寐, 味に佳境, 味少しもなく, 味よし, 味尤妙なり, 味岳黒田岳所謂八重岳の群巒, 味の味, 味帯びたる髪房, 味常にい, 味平和な趣, 味幸福涙である, 味幻覚などが伴った, 味幼くして, 味に授けた, 味庵流畑奧實に授けた, 味後者の豊か, 味と心, 味必ずしも豊かとは, 味忘れられず野田屋から, 味思わず晩酌を, 味悽惨味を心ゆく, 味の, 味意味までがすっかり, 味慈味がある, 味手っ取り早い味落着か, 味持ち前の味, 味掛ったものの, 味描写の冴え, 味文明開化の食物, 味うした, 味昼間から美味, 味妙なり, 味するとき, 味月夜富士財布を落した, 味未知の味, 味村騷ぎ沖に立つ, 味東京にもこんな, 味染味が無類, 味栄養もいい, 味極めて甘美なり, 味残ってるみたいに, 味毒無味毒とは蛇, 味毒無味毒滅され地, 味っ濃い, 味注していた, 味淋一割と交ぜた, 味淋一合位な割, 味淋一杯酢一杯醤油一杯の三色, 味淋二合の割, 味淋二合砂糖一斤塩小匙一杯半の割, 味淋蒸それが好かろ, 味なるも, 味淡い味を, 味淡し下品, 味淡甘ナリ, 味深い人間らしいものです, 味深刻味凄惨味を心ゆく, 味深刻味悽惨味を心ゆく, 味深長なるを, 味清洌な岩間, 味渋みに甘き, 味渡ッて二十四日, 味渡ツて廿四日, 味溢れるばかりであった, 味漿は悉く, 味澄んだ空気それから, 味烏賊魚に似, 味無き化石の, 味物質は依然として, 味という珠, 味甘ったるい味という, 味甘辛なりと云, 味甘酸にし, 味甜ク美ナリ或ハ熱湯ニ, 味甞めて, 味の村, 味生一本を賞味, 味生村御産所, 味白檮岡の言八十禍津日前, 味百パーセントの世界, 味でありそして, 味的研究の進歩, 味的触覚に過ぎない, 味目ざめるような, 味に青物, 味真心を喰, 味は寝ず, 味つたこの, 味知らで過ぎし, 味知りの茶人, 味知るといふ, 味神秘的な色彩, 味神秘趣味なぞというもの, 味が口, 味称美すべきもの, 味と云う, 味稲之を取りし, 味立った細い体, 味三が, 味の表象複合, 味簡適にし, 味粗野な味, 味あらば, 味繊細な感覚, 味美しく候ふや, 味美器の艶谷, 味聴聞の結果, 味胆魂の程, 味自体は光沢, 味致し候ところ以ての外なる, 味を刺す, 味良いのと, 味色感じを作中, 味茶気俳味古雅仙骨埃を礼讃, 味茶碗の欠片, 味落着かない, 味葡萄酒と木の実, 味蒲団の感触, 味西洋の味, 味覺ときてはゼロ, 味覺生活に比し, 味覺的聽覺的嗅覺的觸覺的な要素, 味の五欲, 味觸法の十二, 味試さんと存ぜし, 味調を落とす, 味に啻に, 味ッた, 味走って額, 味軽く滋養も, 味近来受けたこと, 味返っていました, 味迫り来たる, 味の句, 味通生死同風, 味があつ, 味酬どのくらいと言っ, 味では秒速三二・七米, 味野村へ著, 味金襖では野暮, 味とかに分類, 味附け飯の, 味附けした玉子を, 味陶然とした, 味雰囲気などはそれぞれ, 味静かな味, 味に加はり, 味旨し, 味頗る口に, 味に清汁, 味鮮やかに群がり立つたる, 味鳬群さわぎ行くなれど, 味鳬群騒ぎ行くなれど, 味鴨肉のごとし, 味麻之が輸入