青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

告げ~ ~告げた ~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた 周~ ~周囲 周囲~
呪~
~味 味~ 味噌~ ~味方 味方~ 呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~

「呪~」 1478, 16ppm, 7062位

▼ 呪~ (232, 15.7%)

19 を唱 12 の神 7 の中 5 の効果 4 の威力, は 3 と言, の副, の展開 2 から出た, から叙事詩, である, に伴, のよう, の上, の形式, の最初, を唱え, 及び叙事詩

1 [152件] から出, から分化, から寿詞, が, があつ, があり, がのりと, が一等, が其型, が円満具足, が卑位, が国家以前, が多く, が天, が家長, が悉く, が早く, が最初, が有勢, が歌謡化, が段々, が自然, が記録, が譬喩表現, が闘, であ, では新, で閉じられいる, とか呪詞, としての利用尠, としての国生みの詞章, としての威力, としての威力発揮, としては行, となつ, との関係, とは幾代, とほか, と共に亡び, と其, と劇的舞踊, と叙事詩, と呪力, と呪術, と敍事詩, と甚, と言語遊戯, などに詞霊, なるつぎ, なる寿詞, には古く, には直ちに, にま, にも兼ね, にも神, によつて, に伴う, に其誘因, に威力, に対しては其反覆讃歎, に対して宮殿, に対して精霊, に対する信仰, に据ゑて, に攻守二霊, に於, に最近いも, に絶対, に関係, のあつ, のある, のかけあひ, のほ, のみを伝へる, の一番神秘, の事始め, の代表者, の創始者, の創製者, の力, の受け, の叙事詩化, の古, の型, の外形, の威霊, の存在, の守護神, の希望, の当否, の後, の性質上氏, の文体, の断篇, の本, の本来, の本質, の栄え, の発言法, の禍, の系統, の総, の通り, の闘争判断方面, はかむろぎ, はとこ, は一度, は他, は元, は卑猥, は古く, は宮廷, は必, は神託, は秘密, は過去, もあつ, もてかかる, も新, も軽く, や呪言, や物語, をかける, をし, をも唱, を中, を人, を代理者, を以てほか, を以て外来, を包みこん, を取扱, を含んだ, を唱える, を天, を奏する, を奏上, を宣り降す, を悟られぬ, を感得, を書いた, を求めれ, を発する, を称, を組織だて, を綜合, を誦する, を述べる, 即天, 及び其, 及び其副演, 誦しながら

▼ 呪~ (162, 11.0%)

5 して 4 の声 3 の言葉, の詞, は 2 なども自在, により, に燃え, の光, の力, の叫び, の如き, の義

1 [128件] いながら, い合うもの, い合う心, い合って, う, から守つてやつ, か毒殺, か洩るる, がきかなかった, がこの, がどんなに, がペロス, が利く, が如何なる, が彼, が懸けられる, が横たわる, が消し, さえ利きます, されて, しある, しその, した, したこと, したのみ, したら彼等, した血, した貴人, し初め, し嫉視, し彼, し絶叫, するばかり, するほどに, するほどの, するもの, するやう, する一点, せられたる行為, せられん, そして町, だなどと, だのう, でもない, で君, とああ, として観察, となる, との咽び, と怨言, と悔い, と悲哀, と悲嘆, と惡罵, と憤激, と破壊, と祈願, などを創作, などを考え, などを行, にみちた, にみちみち, にも魂喚, によって富士, によつて, に似た, に樒, に燃える, に疲れ, に結びつけ, のこの, のひびき, の一幕, の人形, の像, の埋み火, の山, の心, の挙動, の時, の気分, の火, の的, の眼, の秘法, の結果, の置物, の行, の言, の言放ち, の雲, まざまざと, もし, もない, もなく, もまた, も時に, や祈祷, や策, わず, わない, わなけれ, われたこの, われた者, われて, をいたし, をお, をこめた, をした, をせよ, をとこ, をどこ, を事, を加えなけれ, を司る, を吐, を吐きかける, を否定, を引き, を撥ね返す, を浴び, を浴びせる, を行っ, を覚えた, を言, を身, を鈎, 殺せし其子

▼ 呪~ (142, 9.6%)

9 の中 5 を唱 3 があつ, を伝承

2 [11件] から出た, なり叙事詩, にない, の上, の叙事詩化, の太初, の数, の文句, の秘密, の記録, を宣する

1 [100件] から変化, がありまし, が一つ, が交, が常世の国, が必, が必要, が断片化, が更に, が次第に, が段々, が現れた, が用, が非常, だったの, だつたの, であ, でもあり, で天子, とか言, としての意義, として用, とを関聯, とを齎, と同じ, と同様, と御座, なくし, にうち, には祝詞, に伴, に在る, に籠る, に絡んだ, に起原, に関した, に馴れ, のうけ, のかけあひ, の一体, の伝誦数, の儘, の力, の含む, の唱, の固定, の固有, の変化, の存在, の幾種類, の形, の後, の応酬, の意, の把持, の持つ, の断篇化, の方, の歴史, の民謡化, の用, の研究, の神, の神こ, の種類, の精髄, の要素, の語義, の誤解, の飜訳, はま, は宣下式, は常に, は此土, も奏詞, も歌, も此径路, や千歳, や芸道, をみこ, を仰せられる, を伝へる, を伴う, を具体化, を分化, を別に, を唱誦, を威力化, を宣布, を用, を神人, を考へ, を考へる, を自ら, を諷誦, 並びに其分化, 並びに呪詞系統, 又は叙事詩, 及び祝詞, 或は叙事詩

▼ 呪~ (94, 6.4%)

3 の言葉, をする 2 ぢや, はこれ, をかけた, を受けた, を持つ, を教, 自分を

1 [74件] があり, があります, がちで, が利いた, が多く, が早く, が行く, が頂點, つつそも, て曰はく, て殺さん, て見たき, ながらも此, ながら或, などといふもの, におびやかされ, にかかつて, には斯, に依つ, に呪, に生きよ, のおも, のか, のさけび, の一幕, の両方, の中, の五寸釘, の今日, の力, の口, の叫び, の場所, の声, の女, の如き, の意味, の手, の故, の歌, の此伝, の火, の火焔車, の犠牲, の科學性, の聲, の藁人形, の詞, の輪, の魔力, やあらゆる, や果敢なみ, をあげる, をかけ, を感じ, を感じた, を暗示, を止めない, を止めなかつた, を浴せはじめた, を聞い, を行, を込め, 乍ら大地を, 人を, 平氏を, 式な, 心を, 権力を, 歌, 死を, 自由を, 野村の, 革命を

▼ 呪~ (60, 4.1%)

3 ように 2 お狐, 声を, 宝石を, 手紙, 手紙を, 藁人形も

1 [45件] おコンコン, おコンコン様, お蔭だ, ごとく彼, せいに, はがきは, ままに, ダイヤの, ダイヤは, 偉効を, 前には, 力か, 力にたいする, 力を, 力を以て, 効顕を, 古經, 叱, 声と共に, 女は, 姿を, 威力を, 存在の, 宝石, 嵐を, 念が, 息を, 意味を, 手紙そんな, 手紙の, 手紙位には, 振袖が, 明かな, 極は, 正統者を, 法として, 浄三葉印ほど, 爆薬の, 爆音を, 言葉が, 言葉で, 言葉を, 運命に, 釘も, 願文を

▼ 呪~ (59, 4.0%)

4 唱えて 3 誦して 2 誦えた

1 [50件] お解きください, かける妖婆, きかせましたがね, きっと受け, くらべて, して, しなければ, とくには, となえて, となえるかと, なさるの, なしやめず, むすぶ金物, もって, 二つスキートおよび, 会得し, 作ろうと, 保ち身, 受けこんな, 受けた者, 受けて, 吐く, 唱え病魔, 唱へて, 尊重し, 心得た術士, 念じながら, 念じなにか, 投げかけます, 投げて, 持て石子, 教えて, 教えましょう, 教へて, 焼き納棺, 発するの, 破って, 秘呪の, 結んだこと, 行って, 行ふ, 誦しながら, 誦持し, 説かずして, 負うて, 負うよう, 負ったの, 負って, 負ひ, 逞しゅうした

▼ 呪~ (49, 3.3%)

3 しくなった

1 [46件] うとさ, うとも, ざるを, しい, しいかな, しいと, しいもの, しいバサウリューク, しい一面, しい化生, しい掟, しい来客, しい棍棒, しい状態, しい睡魔, しい言葉, しい酷寒, しい響き, しき, しき執と, しき夜の, しくな, しくなりましたそして, しくもまた, しく一, しく思はれた, しく陰鬱, ない, ぬやう, ねば, るる者, れること, れろ, れろ地下, わし一代かぎりじゃと, 世界滅却の, 二重に, 呪の, 唯二つ, 外に, 字書に, 完全に, 容易で, 成就致しませぬ, 果てしも, 見事であった

▼ 呪~ (44, 3.0%)

6 可き 2 のだつた, のは, やうな

1 [32件] あまりに丹後, ことが, どころか愛し, どころか生れ, にあらず, にか, にかすすりなき, のだ, のである, のです, 事見, 人は, 人も, 側と, 前に, 原始に, 国に, 声の, 声も, 外ありませんでした, 心から書き始め, 心とか, 心に, 心持だけが, 心持は, 所以な, 様な, 気持が, 私は, 立場に, 行ひ, 言葉也と

▼ 呪はれた~ (42, 2.8%)

42 手である, 手な

1 [34件] ことだ, ことには, のである, のは, やうだ, 一人である, 一人といふ, 一篇を, 主題に, 人間を, 佐渡屋の, 六月の, 六月三十日である, 千数百年の, 反省癖の, 外道めが, 存在を, 山頭火, 弱さ, 日, 枇杷の, 母と, 矢並行方といふ, 私は, 紙片を, 結果を, 者である, 者の, 自分の, 自分等二人だ, 船が, 路薄白き, 運命の, 邪宗門めは

▼ 呪はれ~ (31, 2.1%)

9 てあれ 7 てゐる 2 てゐた

1 [13件] がちな, たり得意, てどう, て呪, て居た, て居る, て忽ち, て滅茶, て蝮, て馬さ, でもした, ながら一方, 殿御腹立ち

▼ 呪~ (30, 2.0%)

2 して, の力, をする

1 [24件] があります, だか, ったか, であること, ですか, でもされてる, というの, とする, と言っ, なんかで, にきょう, にでもなる, に使う, に柄杓, に達した, の一つ, の十字, の方法, めいたこと, や祈祷, をし, をやっ, を行う, 教えて

▼ 呪つて~ (20, 1.4%)

3 ゐるの 2 ゐなかつた, ゐる, ゐるかも, 居ます 1 あるから, やらうと, やるに, ゐたの, ゐるが, ゐる事, ゐる女, 呪いぬいた末, 来た老

▼ 呪ふべき~ (18, 1.2%)

3 ものは

1 [15件] かな, ものだ, マソヒズムは, 幻術よ, 時代に, 焼酎よ, 現状を, 私自身を, 臭だ, 行者の, 装置だ, 酒では, 酒の, 酒よ, 酒樽よ

▼ 呪~ (16, 1.1%)

2 かかって, たまりかねて

1 [12件] いわくヨーアヤマダラマダラ, しても, してやらうと, そんなの, なるぜ, なるでせうか, なるん, なるんで, 害せられアルサイイル族, 小唄を, 摂まって, 額へ

▼ 呪~ (16, 1.1%)

1 [16件] がやはり, が出, で其, とも言, ども還っ, に入, に向い, の前, の占, の後, の方, の本, の目, めいた言, を召集, を見る

▼ 呪~ (14, 0.9%)

1 [14件] あるん, いる, とけて, 事件全体を, 事実に, 其時に, 利かなくなる, 好い, 心耳に, 成就する, 書いて, 流行るの, 解かれたやう, 解かれたよう

▼ 呪~ (14, 0.9%)

5 ている 2 ていた 1 たりさ, たりした, たりする, てしまふ, てみせる, てみろ, てやる

▼ 呪詛われた~ (14, 0.9%)

5 神経が 3 んだ 1 ものは, 人間だ, 女だ, 女です, 神経とは, 神経は

▼ 呪はれたる~ (12, 0.8%)

1 [12件] 世界である, 仙禽よ, 君よ, 尻よ, 当世小説家よ, 愚かな, 極悪人, 樽野は, 灰色ぢや, 群衆である, 自らの, 言葉

▼ 呪~ (11, 0.7%)

3 何も 2 あるけれど, はてたる 1 かかったの, しますからね, 心得て, 試て

▼ 呪~ (8, 0.5%)

1 あり其の, かいへど, 云って, 占ひと鶴嘴を, 同時に行, 相俟, 称せられるのみにて, 解つた

▼ 呪~ (8, 0.5%)

1 か, だけでも, という手段, の効験, の計, まで試みた, を, 変

▼ 呪~ (8, 0.5%)

3 して 1 した, の文句, を得れ, を羨み習うた, を行わぬ

▼ 呪する~ (7, 0.5%)

2 為に, 聖の 1 とその, 法を, 験者に

▼ 呪~ (6, 0.4%)

1 て忠勤, て手, て疣黒子, て白蟻, て石, 燈に

▼ 呪つた~ (6, 0.4%)

1 が今更, が或, が所詮, ことで, ことは, ところで

▼ 呪~ (6, 0.4%)

1 せう, せう疱瘡, それが, そんな事, どうかなりやしません, 直して

▼ 呪でも~ (6, 0.4%)

3 して 1 ありません, ないかと, 籠って

▼ 呪はず~ (6, 0.4%)

3 にゐられなかつた 1 にはゐられなかつた, には居られなかつた, にゐ

▼ 呪殺する~ (6, 0.4%)

2 ことは 1 ということ, という悪逆無道, と己, にちがい

▼ 呪~ (5, 0.3%)

1 からアヽ痛, つたので, と思う, と書き居る, な

▼ 呪~ (5, 0.3%)

1 にかかっ, の対象, の為, 殺しを, 著くる

▼ 呪言神~ (5, 0.3%)

1 が精霊, に反抗, の群行, の資格, の零落

▼ 呪~ (5, 0.3%)

1 して, に使う, めいたこと, もて動く, を使用

▼ 呪~ (4, 0.3%)

3 んだ 1 のです

▼ 呪はしか~ (4, 0.3%)

3 つた 1 つたこと

▼ 呪ひ申し上げる~ (4, 0.3%)

4 ことで

▼ 呪わるべき~ (4, 0.3%)

1 もので, ものは, 人じゃ, 哉俺は

▼ 呪殺し~ (4, 0.3%)

1 て, てくれ, てまで秘呪, 主君を

▼ 呪~ (4, 0.3%)

2 の神 1 に濡らされ, を灑ぎぬ

▼ 呪~ (4, 0.3%)

1 に与う, のため, は只, は常

▼ 呪詛われ~ (4, 0.3%)

1 ている, ておれ窩人, て殺されかけ, て神経衰弱

▼ 呪~ (3, 0.2%)

2 何んか 1 知らないが

▼ 呪という~ (3, 0.2%)

2 字は 1 ことも

▼ 呪ひで~ (3, 0.2%)

1 あつたらう, はない, はなかつたら

▼ 呪ひと~ (3, 0.2%)

1 いふの, にみちた, 無関心

▼ 呪ひ殺し~ (3, 0.2%)

1 てやらう, てやる, てやるだ

▼ 呪~ (3, 0.2%)

1 と闘わね, の呪文, を駆逐

▼ 呪~ (3, 0.2%)

1 と曲芸奇術, のたぐい, の血

▼ 呪咀絵~ (3, 0.2%)

1 だったの, なん, を見付けた

▼ 呪師系統~ (3, 0.2%)

2 の田楽 1 の芸能

▼ 呪殺しよう~ (3, 0.2%)

21 としおった

▼ 呪法典~ (3, 0.2%)

1 という一語, はいわゆる, を作った

▼ 呪禁師~ (3, 0.2%)

1 すなわち呪師, の影響, の言

▼ 呪言中~ (3, 0.2%)

1 のえきす, の真言, の重要個処

▼ 呪言争~ (3, 0.2%)

1 ひが, ひの, ひを

▼ 呪言系統~ (3, 0.2%)

1 の文藝, の物, の詞章

▼ 呪~ (3, 0.2%)

1 する動機, せざれ, せられざるべし

▼ 呪つてる~ (2, 0.1%)

2 と云

▼ 呪です~ (2, 0.1%)

1 かな, 親分

▼ 呪なら~ (2, 0.1%)

1 水の, 間違つた處で

▼ 呪には~ (2, 0.1%)

1 なりませんよ, 苦笑します

▼ 呪にも~ (2, 0.1%)

1 ならず近い, なるめ

▼ 呪ひあれ~ (2, 0.1%)

2 呪はれた

▼ 呪ひ殺した~ (2, 0.1%)

1 も同, 奴が

▼ 呪ふなら~ (2, 0.1%)

1 もツ, 呪つ

▼ 呪~ (2, 0.1%)

1 かし, 呪へ

▼ 呪~ (2, 0.1%)

1 建築物の, 番頭の

▼ 呪り殺し~ (2, 0.1%)

1 また呪, 呪り生かし

▼ 呪を以て~ (2, 0.1%)

1 するとでも, 自身を

▼ 呪~ (2, 0.1%)

1 の咀, は麓

▼ 呪師出~ (2, 0.1%)

2 の法体芸人

▼ 呪師猿楽~ (2, 0.1%)

1 とも並称, と並称

▼ 呪~ (2, 0.1%)

1 れ無, れ無上呪

▼ 呪殺した~ (2, 0.1%)

1 という証拠, 人物でさえ

▼ 呪王經~ (2, 0.1%)

1 などは云, や佛説稱讃如來功徳神呪經

▼ 呪~ (2, 0.1%)

1 は决, を了解出來

▼ 呪言以外~ (2, 0.1%)

1 に附加, の目的

▼ 呪言以来~ (2, 0.1%)

1 とは言, の呪力

▼ 呪詛う~ (2, 0.1%)

1 のも, 気の

▼ 呪詛っ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 呪詛った~ (2, 0.1%)

1 事を, 声で

▼ 呪詞呪法~ (2, 0.1%)

1 の助勢, は常世の国

▼ 呪詞的~ (2, 0.1%)

1 な用語例, の効果

▼ 呪詞的叙事詩~ (2, 0.1%)

1 であ, であったよう

▼ 呪詞神~ (2, 0.1%)

1 の酒ほか, の霊力

▼ 呪詞系統~ (2, 0.1%)

1 の叙事詩, の文学

▼1* [173件]

うたは千枝太郎, 呪えるか呪えぬ, 呪かわかつた, 呪されてしまっ, 呪しくさえ思われる, 呪しければ, 呪したがなかなか, 呪し奉る例にな, 呪し苦しめても益, 呪といくらか, 呪すなわち風雨を, 呪せられたからである, 呪せられ苦しむを見兼ね, 呪やない, 呪つたお酉は, 呪つたやつだ, 呪つた彼女をその, 呪つた権力は現在, 呪つた權力は現在, 呪つた笑ひではなかつた, 呪つて呪つて呪いぬいた末, 呪つて自然に帰れ, 呪つて身を悶えた, 呪やるン, 呪てて何ぞ恐い, 呪というはその実, 呪とは口偏に, 呪とりて, 呪とを書いたもの, 呪なく券なき, 呪なりということは, 呪なんか知らないよ, 呪についてのある話し, 呪によつて再, 呪のせゐにし, 呪はしの音, 呪はれなされずにすんだ, 呪はれなされた訣に, 呪はれると言, 呪ひがましい言葉さへ, 呪ひごとする, 呪ひためらふ, 呪ひたいと思ひます, 呪ひたい氣持だつた, 呪ひだつたので, 呪ひつづけて, 呪ひつめてやりたい, 呪ひであるとか, 呪ひと怒りに泣きあかした, 呪ひと怨みに引き歪められ, 呪ひと恨みの數, 呪ひと言ひたかつた, 呪ひによつて不実柿, 呪ひも恨みもせず, 呪ひ倒すやうに, 呪ひ初める怨念の, 呪ひ嘆かずにゐられなかつた, 呪ひ居り候, 呪ひ憎んでゐ, 呪ひ殺さうとしてゐるらしい, 呪ひ殺さんばかりの顔つき, 呪ふが如き血相を, 呪ふだらうエゴイスト人間, 呪ふとかそこ, 呪ふべきだつたのだ, 呪ふべし味ふ, 呪ふより他, 呪ふ思ひに落ちた, 呪へば穴二つだ, 呪へる日の, 呪みたような, 呪もて自ら護る, 呪もと漢土の, 呪り生かすという法力, 呪精神の, 呪われて, 呪ろわしくさえ, 呪わるべきであることを, 呪わるべく値せられた下卑な人間, 呪亂之本也, 呪なりとぞまた, 呪僧それ自らを滅ぼす, 呪加持祈祷と人, 呪医等々両者に共通, 呪卜筮を行い, 呪占筮の魔術, 呪之文, 呪厭勝の力, 呪呪文そんなもの, 呪咀いになる, 呪咀さへもがあつ, 呪咀しあい最後はあらん, 呪咀力がある, 呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚僞怠惰暴行などのあらゆる, 呪咀禁厭の法, 呪咀禁厭等の事, 呪咀等一般の宗教的信仰, 呪師來つて樹葉に唾, 呪師其ものは痕, 呪師田楽の地方的本拠, 呪師田楽以前の神事, 呪師羊の角, 呪師習合以前の姿, 呪師芸や其後身, 呪師芸能の色んな, 呪師蛇に向い, 呪の重複, 呪したの, 呪すれば, 呪に現われた, 呪文書の紙, 呪既に終れば, 呪是親淨於那爛陀亦屡, 呪と有る, 呪服せられてゐる, 呪を凡, 呪せんか, 呪殺したる大逆の, 呪殺したる如くうぬら, 呪殺すと云う, 呪殺申すよりは証拠, 呪法典一つのみと云っ, 呪湧く如, 呪火吹竹は瘧, 呪用薬用ないしは装飾用, 呪的効果を発揮, 呪のやう, 呪禁いにした, 呪禁つて下すつて, 呪禁のかかつ, 呪禁ひと言ですよ, 呪禁好きのマン, 呪禁等が唐, 呪二は, 呪や尊勝陀羅尼經, 呪は更に, 呪罵することから, 呪者食時ごとにまず, 呪芸者の群れ, 呪藏一字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 呪藏云升天乘龍役使百神利生之道, 呪言一切に関してある, 呪言作者の創作物, 呪言叙事詩の変態, 呪言叙事詩以来の古代詞章式, 呪言口授の最初, 呪言唱和の注意, 呪言氏人に宣る, 呪言的の歌, 呪言的威力を考へ, 呪言者の意思, 呪言自身の神, 呪するもの, 呪詛い憎悪しむ, 呪詛い悲しんでいる, 呪詛われるのを, 呪詞中特に神秘, 呪詞信仰と密接, 呪詞全体と等しい, 呪詞其他の伝承, 呪詞唱文に就い, 呪詞夜が明ける, 呪詞播磨風土記の出雲墓屋, 呪詞時代を過ぎ, 呪詞発想法の特色, 呪詞神其ものとする, 呪詞贈答が行, 呪詞類の中, 呪の邪道, 呪でも打っ, 呪面されるとなんだか, 呪の凾