青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叫ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叩く~ ~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん
叫ん~
~叫んだ 叫んだ~ 召使~ ~可 可~ 可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~

「叫ん~」 2418, 25ppm, 4671位

▼ 叫ん~ (2247, 92.9%)

141 いた 94 いる 49 いるの 27 ゐた 22 ゐる 21 ゐるの 19 いたが, いるよう 17 います 15 いたの 14 いました 11 いる声, 手を 9 しまった, 私は, 身を 8 みた, 居る, 自分の 7 その場, それを, 彼は 6 ゐる声, 見たが, 顔を

5 [13件] いるうち, いるが, ゐたの, ゐます, 一人の, 刀を, 彼女は, 父の, 眼を, 私の, 立上った, 足を, 逃げて

4 いること, いるところ, ゐたが, 倒れた, 右手を, 後へ, 行きました, 見た, 走ったり, 逃げようと

3 [36件] あわてて, いたこと, いるだけ, いると, いる光景, いる者, お鳥, これも, じゃんけ, そっちの, たじたじと, とっさに, みたが, みたり, やった, ゐるが, ゐるところ, 吉郎を, 居た, 彼の, 急に, 救いを, 椅子から, 男の, 私に, 私を, 立ちあがりました, 立ちすくんで, 立ち止まった, 腰を, 膝を, 血の, 走り出した, 頭を, 飛び出して, 馬の

2 [113件] あとは, あばれて, いた彼, いた男, いましたが, いるけれども, いるとき, いるに, いるのに, いるらしかった, いるん, いる様子, おいて, お父さんは, かの女, くるりと, しまったもの, そこに, そして面白, そのま, その人, その男, とても爽快, はだしで, また走りはじめました, みたところ, みて, みました, やりたかった, わたしは, ゐたので, ゐました, ゐるうち, ゐるかの, ゐること, ゐるやう, デングリ返った, ドッと, ドンと, 一同の, 一座の, 両手を, 両眼, 両足で, 仆れる, 傘と, 兵藤が, 再び斬込み, 冷笑した, 出て, 卒倒した, 右手の, 唇を, 地団太を, 子供を, 居るの, 左手で, 庄吉の, 慌てて, 戸口の, 手袋を, 拳を, 持って, 提灯を, 教師の, 早く息, 本当に斬る, 机の, 杉の, 来たの, 来るの, 柳の, 棒立ちに, 棺に, 次の, 歩いて, 死ぬ兵隊, 気絶する, 渠は, 照子と, 狂気の, 目を, 短刀を, 立上って, 竹刀を, 箒を, 肩を, 背後の, 葉書の, 行くの, 襖の, 見たり, 谷へ, 走った, 走り寄っ, 走り狂ひたい, 跳りあがる, 身体を, 転げ込んで, 転ぶよう, 追いかけましたが, 逃げ出した, 逃げ出したい気持, 途を, 通った, 過ぎた, 遮に, 障子ごと真向から, 雨の, 顔色を, 飛びあがりふりむいて, 飛びのいた, 駆け戻って

1 [1258件 抜粋] あとじさり, あるいた, いいこと, いきなりとびつい, いきなり走り出したい, いきなり飛びかかっ, いさぎよく目, いたけれど, いたそう, いたという, いたので, いたり, いた勝則, いた女, いた宮崎光子, いた松江, いた父, いた言葉, いっかな信用, いなければ, いますと, いるかと, いるから, いるだろうか, いるのよ, いるらしいの, いるらしく一人, いる中, いる事実, いる例, いる口, いる夜店, いる女車掌, いる始末, いる子供, いる広岡, いる新吉, いる最中, いる歴史, いる甲高い, いる精神, いる者たち, いる警戒, いる間, いる黒部川, うしろへ, おかう, おぢ, おどりあがった, おもわず逃げ, おりましたが, おり七十郎, お千代, お歌を, かけよって, かぶりついたの, がやがやあと, きつと, くれ, くれたればこそ, くれる, けわしい崖, この新, これまた, ごろ, さわいで, しまい一人前, しまつてゐた, しまふこと, じりじりと, すぐにはいつていかうとするから, すつと, そこらを, そつちの方へ, そのあと, そのまま裏山, その側, その声, その少年, その注意, その肩, その途端, その鳩, それからは, それぞれの, たあッ, たおれたの, ちよつと, ついと退く, つっ立った時, とおりすぎる, とびつく, とび上った, とぶ, どすんと腰, どちらの, なおじっと, にげだしました, にわかに考えこん, のけぞるよう, ばらばら走っ, ぱっと土, ひとかたまりに, ひとりの, ぴしゃんと頬を, ふとったおじいさん, ますらおの, またと, また義雄, また逃げ出した, みたい, みたの, みましたが, みませうか, みんな驚き恐れました, もう一本, やさしく睨み, やまない時, やや活氣, やりたいよう, やると, やろう, わあ, わたしを, ゐたさ, ゐた信一郎, ゐるだけ, ゐるのに, ゐるらしいが, ゐる呪, ゐる女達, ゐる恐し, ゐる醉, オイオイ泣いた, カテリーナが, ガタガタ顫えた, キョロキョロする, グラグラと, グルグル部屋, ズボンの, テレビジョンの, ドリュオプス打てる, ハッと, パンフアガスドシウスシイロン等と, ヒラリと, ベッドの, ボオドレエルの, ミコちゃんを, ローラの, 一二間板の間を, 一勢に, 一層激しく, 一日中島の, 一歩後ずさり, 一跳び, 七瀬の, 万太郎は, 三本目を, 上半身から, 下界を, 世を, 両手に, 主水之, 久しく行き絶え, 乳色の, 二つ三つ自分の, 二三歩馬の, 二人に, 二階から, 互に手, 人々は, 人の, 人静なる, 仆れた, 今度は, 仙ちゃんに, 仲間から, 伊集院を, 佐吉は, 体ごと跳ね上った, 何の, 信者どもは, 俺の, 倒れそう, 倒れる処, 傍に, 僕の, 元の, 先頭に, 兩手を, 八郎太と, 六歳の, 兵隊を, 其葉を, 再び夢中, 再び甲板, 写真を, 切りつける, 切符を, 前のめりに, 前方を, 加集は, 勢いよく防空ごう, 千代子は, 千種は, 卒倒し, 卓子を, 危なく失神, 去るという, 反り返った, 取り落として, 台所へと, 右手で, 合掌した, 同じく外, 君枝が, 吾, 咄嗟に, 喜蔵は, 四五歩飛び, 固めた兩手, 土間へ, 地を, 地球儀を, 坂下目がけ, 堀仲左衛門と, 塚屋を, 声を, 多少呂律がま, 大きな剣, 大声を, 大工の, 大手を, 天に, 太郎は, 失望の, 女は, 女房は, 妖女は, 姫は, 婆あ, 子供に, 学業を, 宗久は, 室の, 家を, 小さい女, 小初, 小林君の, 小柄の, 小遣銭かせぎ, 尻退りする, 居ようが, 居るが, 居る曰く, 屋根瓦の, 山岸中尉に, 岩手山の, 巌から, 工場から, 左手に, 席に, 帰って, 床に, 店を, 庭先へ, 廻った, 引き寄せた山一丸, 引っ返しかけた, 弟は, 弥生は, 影長き, 彼らに, 彼女が, 待ちうけ, 後は, 後を, 徐ろに, 微笑した, 忙て, 忽ち窓, 思はず酒瓢箪, 思わず膝, 急テンポの, 怪漢めがけ, 悄然として, 悸か, 慌て, 懐剣を, 我れ知らず, 手あたり次第に, 手に, 手古奈に, 手足を, 打騒ぐ, 投げました, 投炭する, 抱きとめようと, 押しつ押されつ非常, 拳で, 指さす方, 指導した, 指揮台を, 挟箱を, 振り向きも, 振り返り途端, 掛って, 掴みかかりたいよう, 敢然立った, 敷布を, 新しい傷者, 新しく別, 新造が, 早々に, 昇降機に, 時平は, 暫時我を, 曰く師よ, 曰く爾の, 最初の, 木札で, 本陣の, 杉村は, 来たが, 来ました, 枕に, 柱に, 格子を, 棍棒もっ, 椅子と共に, 槍の, 横を, 櫓を, 次に投げた, 歇ま, 正義を, 歩いたの, 歩く名, 歯噛みを, 死者の, 気を, 水に, 汲桶を, 泣き出しました, 津軽の, 海龜は, 涙を, 清くんは, 滝太郎は, 滝次郎飛込ん, 瀧次郎飛込ん, 無惨に, 照彦様が, 熊はど, 父親の, 片手を, 片足を, 物見の, 狐よりも, 狼を, 猿の, 玉雄と, 産業を, 男にも, 留吉に, 発狂し, 白虎太郎は, 皿を, 監視官が, 直ちに剣, 眞正面からを, 真蒼, 睨みつけた, 矢庭に, 礫に, 社内に, 私達は, 突きかけて, 突然とび起き, 突起た, 窓へ, 立ちあがった, 立ちあがり殆ん, 立ち上がった, 立ち上がる, 立ち上った時, 立ち上りけ, 立ち去るすると, 立ち止つて, 立ったの, 立上つて突然, 立上り幾列にも, 立止まった, 笊を, 笑いたて, 笑顔を, 籠を, 素子の, 素早くエプロン, 細君は, 組みついた, 縁側かち, 縮むを, 群集の, 義雄はかの, 肘を, 肱を, 胸へ, 自分には, 自席に, 船底に, 花鋏を, 苦も, 荒涼とした, 衆を, 行く人, 街路の, 衝いて, 表まで, 襖を, 見たいな, 見たこと, 見べが, 見る, 触れまわった, 言う, 話を, 誠一が, 貝谷の, 赤ん坊を, 走りかかる, 走り出した味噌松, 走る声, 起きあがり何とも, 起きようとして, 起き上つて, 足ぶみを, 跣足の, 跳ねて, 踊りながら, 踏みだん, 踏台から, 躍りあ, 身の, 身悶えし, 軍鶏を, 轅門の, 追い去らんと, 追い追いつつ, 追ひかけ, 追駆る, 逃げた, 逃げだしたいの, 逃げるほど, 逃げ出さうと, 逃げ出すの, 逃げ出そうと, 逃げ残る二羽, 逃れ去り, 通りかかった家, 通るもの, 連れ戻した, 遊びくらせし, 道夫は, 遠山の, 部屋から, 部屋を, 金兵衛の, 鈴を, 銅貨の, 鏡の, 長老の, 開いて, 闘って, 陣十郎が, 隣室と, 面白そう, 鞘走る刀, 頭上の, 顔の, 飛びあがつた, 飛びそのまま, 飛びつきました, 飛び上, 飛び付いた, 飛び出したの, 飛び起きた, 飛び退きました, 飛上る, 食い止めました, 飲食店から, 首を, 馬腹へ, 馳ける, 駆け寄った, 駈け出そうと, 駈け込んで, 駿介は, 高谷君の, 黒い箱

▼ 叫んだり~ (98, 4.1%)

16 して 11 した 5 しながら, 笑ったり 2 する, するだろう, する声, 喚いたり, 或る

1 [51件] こんなに好い, したが, したと, しても, してる間, しないから, すること, するところ, するの, するので, するばかり, するもん, する労働者, する所, する時, またにいさん, また兄さん, もがいたり, わあと, 一人の, 不平を, 主張し, 互に小突きあっ, 口の, 同じこと, 呻いたり, 喚いたりさえ, 声を, 小さな紙片, 怒鳴ったり, 或いは笑顔, 手と, 手を, 拍手を, 歌つ, 歌を, 泣いたり, 男の子が, 眼を, 石を, 空を, 罵ったり, 聞きとれぬ位, 自分が, 舌を, 走ったり, 転げたり, 集団行動に, 顔じゅうを, 馳けずりまわり, 騒いだり

▼ 叫んでも~ (47, 1.9%)

2 いた, わめいても, 無駄な, 青年の

1 [39件] いいだろう, いいと, さしつかえないまでに, そこに, それは, だれも, ひとりとして, まだなおりませんでした, みんな気違いで, めったに, もう津村, もう聞こえやしない, もがいても, 今まで, 仕様が, 何の, 助かりっこ, 原動力とは, 反応が, 口の, 叫びきれないほど, 叫び足りなかつたやう, 周子の, 当時誰あっ, 彼女達の, 後からの, 戦友すら, 決して歌意, 波の, 熊としての, 父は, 甲斐が, 私らの, 聴え, 誰一人出, 返事しなかった, 返事は, 追付かないそして, 駈けめぐっても

▼ 叫んでは~ (16, 0.7%)

2 だか, ならない, ならないん 1 いって, それが, それに, ならないの, みたものの, ゐるが, 呼子笛を, 投げどなっては, 自分の, 起ちつまた

▼ 叫んでから~ (6, 0.2%)

1 おかしな顔, おそらく気, ヒメを, 叔母さんは, 後である, 著者は

▼1*

叫んじゃうの, 叫んでからをかしな, 叫んでさえいれば, 叫んでとこしへに