青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「只~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く 叩く~ ~只
只~
只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん 叫ん~ ~叫んだ 叫んだ~

「只~」 4903, 51ppm, 2281位

▼ 只~ (339, 6.9%)

28 一度も 16 一人も 6 一つも 5 一度でも 4 鼠では 3 一個所も, 人では, 酒を

2 [16件] お道具, ような, 一つでも, 一枚も, 一返, 五つ違いとは, 人で, 仔馬ならあります, 仔馬は, 女では, 女に, 枕を, 百貫文と, 筈は, 話し相手は, 鞄の

1 [239件] あり来りどおり, いっぺんで, おとなしさ, おなじみさんへ, おんなさ, お人形, お盆程の, ことにては, たわけで, ねずみとも, ひと言も, むじなでないことの面目が, やりてや, わら屑を, ガラスで, クロニクルに, サラリーマンには, ヤスピカ物, リアリストでは, 一つで, 一と, 一ツも, 一人だって, 一人で, 一人にても, 一冊も, 一刀で, 一刹那も, 一匹も, 一句さえも, 一夜で, 一夜であった, 一字だって, 一字も, 一少年工に, 一度しか, 一度だ, 一度だって, 一度で, 一度に, 一度の, 一日も, 一月でも, 一本でも, 一本半, 一滴の, 一疋でも, 一突きで, 一篇も, 一言も, 一軒でも, 一通も, 一遍も, 三人だけ, 三人だけに, 三十五両だ, 三村保三郎である, 下郎御, 世間咄に, 丸は, 丸玉の, 主観に, 乗物では, 事で, 二千金とは, 二度切りで, 人でない, 人の, 人極度に, 人殺しじゃ, 人殺しと, 人間じゃ, 人間だ, 人間に, 人間の, 人間を, 人間ヘクトール女性の, 仲よしと, 体じゃ, 余暇では, 信者と, 信者の, 偶然だ, 偶然では, 偶然なら, 傷では, 八町に, 六セントを, 写本に, 写真では, 医学者では, 医者では, 十五銭, 十円と, 印象である, 参拝者の, 反古紙を, 台詞じゃあねえ, 品では, 営利的な, 土間に, 堅気の, 壁画に対する, 外生活が, 天狗と, 女, 女である, 女の, 女を, 奴でない, 好奇心から, 娘らしい, 娘一人に, 字せ, 学校只の, 学者だ, 客引きかと, 客引なぞ, 客引に, 家へ, 家賃に, 宿屋には, 寺に, 封筒でした, 小屋人足た, 屁で, 平凡な, 広い板の間, 店が, 弥兵衛では, 彫刻では, 御近侍衆, 御酔狂, 心中じゃ, 想像で, 慰みの, 慰めの, 所産であるなら, 手段を以ては, 抽象的な, 按摩取でなえ, 掏摸でなかった, 文学感興という, 料紙な, 新聞と, 暗黒では, 様な, 模型じゃァ, 機械の, 死にやうぢ, 殺気では, 毒蛇では, 気前の, 水じゃァねえ, 水見, 洒だ, 漁師の, 潜水艦では, 火傷ぢや, 点の, 煙草の, 物好きな, 物資とのみ, 犬だ, 現象である, 男が, 疲労の, 病死だ, 病院なんて, 白い紙, 白紙で, 百両でも, 百姓だった, 百姓で, 百姓では, 真ツ赤, 真言寺に, 石灯籠じゃあねえ, 社会現象としてだけ, 社務所では, 空地と, 空家じゃァ, 空間の, 笑い話なり, 納豆で, 素人ぢや, 素人向うは, 素浪人大月玄蕃も, 綺譚に, 美しい鳥, 習慣で, 考証家に, 肉体の, 股引では, 臣下で, 舟では, 花魁じゃ, 茶を, 血気だけで, 角材である, 註文では, 詞では, 詞と, 貧乏に, 貧乏人であった, 赤線でない, 路傍の, 軍談で, 農家の, 農民な, 逐電な, 通りもので, 運転手だった, 酒だ, 酒ばかり, 酔狂で, 金持の, 釣り姿では, 鎌では, 鎌と, 鑑賞批評を, 鑢は, 長屋も, 間柄では, 青では, 靴屋どころか, 鞄が, 音では, 顔料の, 風だ, 風邪でない, 馬車を, 駕籠では, 騒動じゃ, 高札でない, 鼓じゃ, 鼠じゃ, 鼠じゃあ, 鼠じゃねえと

▼ 只~ (183, 3.7%)

3 是れ 2 心の, 慇懃に, 貴嬢

1 [174件] お前さんの, かしこの, からこれ, さう, その仙方靈藥, その瑰偉珍奇, その笑止, その補充, それが, それを, それ限りだ, と聞いた, ひたすらに, 一たびの, 一たび山を, 一つところに, 一つの, 一つ困つた, 一つ宗教という, 一つ心に, 一ツの, 一人で, 一人なる, 一刻も, 一口に, 一室あり, 一心に, 一撃に, 一歩を, 一片の, 一番先きの男が, 一目に, 一種なら, 一舟の, 一言, 一言判然仰し, 一言懺悔させ, 一言最後に, 一言臨終に, 一首だ, 一黒斑の, 丈低き, 三寸の, 両個擅制帝国の, 二三使嗾者の, 亡き母, 亡き阿, 人々と, 人を以て, 人生の, 人車鐵道さへ, 人類の, 伯母一人姪一人と, 何分にも, 余は, 余り目立たず, 個人の, 偏に主義, 僅かの, 先生を, 其の言ツ, 其死を, 冷澹に, 前よりも, 力なく, 労は, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏, 厭ばかり, 君の, 吹上の, 善の, 喪心せる, 土臺の, 壁間モーゼ火中に, 外部の, 夢かと, 大海の, 夫れ, 奇しく, 奥州より, 如何にも忙しく, 妾を, 専門と, 小波瀾, 屈辱の, 山を, 山羊の, 工場デパアトメントストア事務所等に, 当時黄金が, 役目に, 彼等が, 御互に, 微動する, 微笑する, 心中に, 怪訝顔, 恩人に, 慾火炎上の, 我を, 我心に, 戲に, 手を, 掟の, 政府此の, 故なく, 教育せらるべきである, 是非とも仕なけれ, 書册も, 月日の, 有難いと, 梅子の, 森々たり, 歌舞伎劇で, 此の, 此の世の, 此れ, 死を, 死骸同然で動かない, 気にな, 沈黙と, 法廷で, 法律より, 浅薄皮層に, 浪の, 涙なり, 温順を以て, 熱の, 片附き, 猶心, 獨り, 理窟ばかりを, 男子の, 目に, 目を, 社会国家の, 神を, 神様の, 神様ばかり, 私は, 私も, 私貴, 空気が, 空氣が, 空虚を, 空鳴りに, 篠田の, 羅馬に, 美しきヱネチア, 美姫の, 聖母の, 能く, 自己一身の, 自然の, 舊藩の, 良心の, 苦笑する, 茫然と, 茲に, 衆の, 調子の, 貴所の, 赤煉瓦の, 赤面恐縮, 赭丹赭黄なる, 身幹高く, 郵船会社同様に, 酔へる如き, 重ねて黙礼, 錦衣玉食する, 鍵盤に, 頽廃の, 風なく, 馬鹿でも, 黄金に

▼ 只一人~ (130, 2.7%)

6 の妹 2 で乘, で泣い, なるぞ, になっ, の人間, の伯父, の生

1 [110件] ありし妹, あるのみ, いつもの, いるのみ, うつむき勝, おつぎ, かうして, があの, が愛情, この室, しかいない, しか見受けなかった, して, じゃ, その坊主首, だったこと, だと, で, であっても, であつ, である, であるが, でお, でじゃ, でつっ立ってる, でもある, でも餓死者, でやれない, で世界, で中斎, で其処, で勝手, で定め, で山, で御用呼ばわり, で江戸, で淋し, で港, で起き臥しする, で逃がす, という小, と一緒, なかなか機嫌, にてありたし, にて黒人, になった, になつた, になつて仕舞, に思はれる, に限られ, のルカス, の乘客, の人物, の僕, の兄妹, の友達, の同情者, の咽喉, の壯士, の大学出, の夫人, の女, の姉, の娘, の子, の子供カオル, の巫女, の愛すべき, の此, の為め, の父親, の猛勇, の相談相手, の真, の船頭, の若様, の若者, の行人, の親, の親戚, の貴人, の音楽, は高尚, ほど我, もいない, も守っ, も居なかった, をも指名, を伴侶, ノ醜, 住む, 吊されたる單位, 味わいたいつもり, 呼び出された, 在りき, 嬉しくて, 居り, 怒濤, 打ち萎れて, 歩いて, 残った頬骨, 残って, 生き残って, 生き遺って, 立って, 行き危険, 見えぬ, 起きて, 踏み留つたヘクトール, 離れて

▼ 只~ (106, 2.2%)

42 にあっ, にいる, にゐる, に飛び込ん, に飛込ん, へ矢, へ自分

1 [88件] あるいは無人, から望む, から自分, から見出そう, から飛躍, さして転び落つ, だ, であつ, であるにも, でこうした, でどの, では, でぼんやり, でケプラー, で居住い, で怪談噺, で技術, で流され, で燃えだし, で絶えず, で船, で行き倒れ, なる一點, にある, において息, にぐさり, にのさばり出る, によく, に一輪, に住ん, に住玉, に働く, に割っ, に取り残される, に名人紀昌, に在し, に在る, に埋っ, に天才, に孤立, に実証, に当っ, に彼女, に悠然, に投げ出され, に押し出されるだろう, に於, に日夜, に横たわる, に次郎吉, に止る, に沈め, に波, に真っ暗, に真直, に碎け散つ, に突き立っ, に立ち, に立っ, に置き, に自分, に行, に行き暮れた, に計り知れぬ, に身, へ, へこの, へはいっ, へも叩きつけ, へ出す, へ出たがっ, へ封じ籠め, へ放りだされる, へ角, へ跳躍ん, へ飛, へ飛び込もう, へ飛び込ん, へ飛鳥, へ駈け, めがけて, をアプアプ, を徹り, を早間, を狙う, を突き透した, を霞, を黄色く

▼ 只~ (98, 2.0%)

3 に自分, 頼むと 2 にあせる, に其の, に神

1 [86件] お杉さん, この山, この旧友, と, にあせり続けた, にあやまっ, にこの, にそれ, にめでたし, にやっ, によき, にわが, にわび奉りぬ, に主人, に二里, に他人, に健康, に呆れ, に地上, に外部, に天, に夫, に妖怪変化, に宥恕, に寒毛樹立, に平和, に後姿, に怖, に思ひ込んだ, に思ふ, に急い, に恍惚, に慌て, に懺悔, に日常生活, に時間表, に死, に氣運, に沈まう, に没落, に涼風颯々, に焦つ, に熱, に猛進, に現状打破, に甘い, に皇軍使命, に真実, に眠る, に粟, に考, に聖句, に膠柱, に臣下, に自己, に虚譫, に言, に読者, に謝罪, に貴女, に賞め稱, に足許, に道, に醫者, に限り, に願上, のアンティシペーション, の感激, 古キヲノミ喜ブハ, 善きもの, 奉歎願誠, 御勘弁, 御寛恕, 御歎願申上ゲル次第ニ候得バ, 懸けられて, 我が演じいだす, 或物, 拝みまするを, 欲するやう, 欲するよう, 深き思案, 深くその, 甘い恋, 詫びる然, 讀み耽らうと, 走りて

▼ 只一つ~ (80, 1.6%)

4 ある 2 しか無い, どうした, の心頼み

1 [70件] あつた, あり而, お伺いいたします, この附近, しかない, すがりたるがい, ずつそびえ立っ, そのコンデイシヨン, だけお尋ね, でありますが, です, でも善い, で懐疑, の, のくら, のこと, のたより, のみ, の人間群像, の仕事, の例外, の写象, の声, の山, の巣, の希望, の店屋, の弱点, の心当り, の恢復, の戀, の接吻, の方法, の方針, の机, の民族教, の炉, の無電装置, の片目, の物, の盃, の目当て, の直線, の穢ら, の約束, の聯合, の肉体, の装身具, の資本, の道, の部屋, の鍵, の除外例, の音響, まだ開けない, も火鉢, 今草, 仕止める方法, 分らない点, 動かぬ靜, 困ったこと, 大きな声, 小さな硝子窓, 届いた, 御座いますの, 新しいもの, 残って, 置いて, 開いて, 鳴つた

▼ 只その~ (69, 1.4%)

2 お心根, まはり, 中で, 中に, 時の

1 [59件] あやし気, いやな, こけおどしの, これを, ような, 一箇を以て, 下の, 仕事が, 反映の, 同一人, 名を, 周囲の, 呼名を, 問題の, 噂を, 場で, 場を, 場合作家より, 壊滅を, 声の, 子が, 子供が, 将官が, 川上から, 年月の, 形象が, 患者が, 悪ばかりを, 推定家督相續權を, 文章の, 昔を, 時拵へ, 時知つたのは, 橋桁の, 水戸家に, 活きた発散, 理智を, 甘言に, 盲情や, 眼玉ばかりは, 瞬間瞬間の, 瞳に, 背を, 航路を, 苦悩が, 表現の, 詳しい手続き, 読み方が, 贈り物は, 身を, 途中に, 選択に, 都度魂を, 階段的跳躍によ, 青い眼, 音が, 顔の, 風が, 高塀

▼ 只圓翁~ (65, 1.3%)

2 の墓, の遺徳

1 [61件] から能楽, が一人, が今, が嫌っ, が暴風模様, が茶道, であった, としてはそのまま, と間違う, にだけはそれ, について語る, にも上京, に対する扶助, に譲った, の, のお蔭, のこの, のよう, の上京問題, の人格, の係医, の写真, の凜烈, の名前, の尊, の崇拝者, の後, の心用意, の性格, の曰く, の生涯, の略歴, の真骨頂, の稽古腰, の筆跡, の簡素, の自筆, の至純至誠, の舞台, の苦手, の茶, の茶事, の装束附, の追善能記念事業, の逸事, の逸話, の銅像除幕式, の風格, の高齢, はこの, は一生懸命, は上京, は前記, は極めて, は重い, もこの, よりも高齢, をし, を中心, を促し, を尋ね

▼ 只~ (63, 1.3%)

24 一人の 4 今出 2 一度で, 一度でも, 八十両べ

1 [29件] 一つ臍から, 一人ある, 一人仲の, 一人年寄子で, 一人者でも, 一度しか, 一度云う, 一打に, 一日で, 一目お, 一目お前の, 一突きで, 一言美惠比丘尼の, 一軒ある, 二人閑静な, 今おえい, 今おっ, 今お帰り, 今出て, 今死ね, 今追出してしめえ, 今追出します, 今追出す, 今逐, 今野辺仕事, 今離縁状, 八十両何と, 六十四文ほきゃ, 指環を

▼ 只~ (62, 1.3%)

4 さへ, 住んで 2 すむ筈, なにし, 取って, 泊めて, 済ませるつもり

1 [44件] あの海女, いくらでも, いようという, おかねば, お遣わし, くれると, こんな馬鹿騒ぎ, すむわけ, はおかん, やって, やるから, よこして, 三千円は, 乗せて, 何でも, 使ったり, 働かせるから, 入る野郎, 出すと, 取られた講中, 大ッぴら, 学校から, 宜かった, 差上げても, 持つて, 書いて, 歌って, 病院に, 秘伝を, 笑わないだけの, 置いたらみんな只, 置く女, 茶屋酒を, 話す, 諸名家, 貰う, 貰うは, 貰ひ集め, 貰へ, 貸すという, 賄うよう, 運動を, 頂いては, 頒つと

▼ 只それ~ (49, 1.0%)

4 だけで 3 だけである 2 だけだった, だけの事

1 [38件] から三四年, が何, が出来ぬ, が幸福, が知りたい, だけじゃ野毛山, だけだ, だけだつた, だけであった, だけであろう, だけで内部, だけで解決, だけのこと, だけのもの, だけの刹那, だけの役目, だけの浅薄愚劣, だけを受け, だけを心がけ, だけ書い, には今, はまぎれる, は形式, は浮世絵, ばかりで, ばかりをはかない, までは他, より前, を出来る, を思つた, を或, を捜し, を書物, を気, を皆, を置い, を色, 故にのみ

▼ 只ならぬ~ (44, 0.9%)

2 様子で, 気配が, 淋しさ

1 [38件] あたりの, さが, ざわめきが, に不安, はひとり都市街巷, ものが, やうすです, ように, 事態が, 人間の, 其場の, 姿が, 小冠者の, 彼の, 心配が, 怪音が, 悩を, 悲鳴が, 悲鳴を, 惱を, 様子に, 様子を, 樣子を, 殺気を, 気色な, 気配で, 泣声と共に, 物音, 物音が, 物音でも, 物音は, 空気が, 精神状態の, 緊張の, 群衆の, 詮議の, 関係に, 魂胆が

▼ 只~ (40, 0.8%)

2 の前, も貴方

1 [36件] がご, が執筆中, と仲, と居た, の不調法, の体, の作った, の呪われた, の小さい, の心, の愛する, の留守, の胸, の親切, はえ, はかなし, はこう, はそれ等, はわけ, は大きな, は妻, は待ち, は微塵, は本妻, は爾, は若, は見, は赤い, ばかりである, への情愛, より申上候義理情実能, を大事, を操っ, を泣かせる, を疲らせ, 叱驚

▼ 只~ (37, 0.8%)

3 置かねえぞ 2 来ないよ, 置かないよ

1 [30件] あはあと, おかせんぞ, おかないぞ, おかない連中, とおしゃせんぜ, ら, 上げられませんよ, 出しません, 動かねえよ, 叩かせませんでした, 置かないって, 置かないよという, 置かなくなるぜ, 置かぬぞ, 置かねえから, 置きま, 置きませんぞ, 聞かせる事, 許さんぜ, 読まない, 起きないという, 起きないふう, 起きない例, 起きない女, 起きない工夫, 起きない性分, 起きない相手, 起きない覚悟, 起きぬ狡獪さ, 黄色味を

▼ 只この~ (34, 0.7%)

2 一歩を, 感じを

1 [30件] うちの, ま, ままの, グロウヴスが, 一小, 上は, 中の, 事たる, 事ばかりに, 人には, 使と, 健康この, 十八段地方では, 問題一つを, 土地に, 場の, 場所に, 夜も, 屋敷の, 帯で, 扉の, 欲しい物, 短かい, 神を, 美人の, 裏と, 言語に, 遅鈍の, 遊興のみ, 際特に

▼ 只もう~ (32, 0.7%)

2 胸を

1 [30件] お潔ぎよいと, それだけで, にぎやかな, ひた走りに, 三年もの, 不愉快な, 二箇の, 出所が, 只, 呆れて, 呆気に, 嬉しいの, 嬉しくて, 嬉し泣きに, 嬉し涙が, 息の, 息も, 悪夢を, 校舎を, 残念で, 涙が, 私は, 空ばっかり, 胸が, 自分の, 見事の, 譯も, 雨が, 馬と, 黙って

▼ 只自分~ (32, 0.7%)

1 [32件] がお, が一生一つ顔, が一番害, が自然, と男, にて謹み, に対しての羞恥, のため, のつとめた, のみの築き上げた, の一時, の不幸, の問題, の土地解放, の心, の心配, の悟性, の感情, の望み, の氣, の物, の空しい, の耳, の胸許, の腹心, の調子, の部屋, の錯覚, は神, は非常, もそろそろ, を意味

▼ 只さえ~ (28, 0.6%)

1 [28件] じっとし, どうにかし, ぶるぶると, システムの, 一大疑獄に, 万物を, 乾いた花, 人口過剰の, 人気ない, 人通りの, 今の, 寂びれた田舎町, 弓なりに, 引っくり, 弱ったの, 手不足だった, 気の, 淋しい悲しい心持, 無口に, 癇の, 神経的な, 秋毛は, 精神的連鎖の, 自分が, 陰気であった, 雪の, 青い顔, 静かな

▼ 只では~ (27, 0.6%)

1 [27件] おすがも, ききずて, どうも理想的, ない貴方, なえと, やれない, 京大阪の, 出来ないの, 命令は, 悪いから, 教えない, 汽車にも, 済まされないここ, 済まない, 済まんぞ, 濟まさない, 納まらないはず, 納まりませんな, 置かない, 置かないから, 置かないという, 置かぬと, 置かねえの, 討ち取られない, 許せないと, 起きないカフエー, 遣れないぞ

▼ 只一度~ (18, 0.4%)

1 [18件] おつぎ, だけその, つければ, ですが, でも子, で子供, で無く, とのこされた, の出来事, の形式, の微笑みなり, の機会, の欠伸, の逢遇, もつけた, も慰問袋, やる丈, 打つた切り

▼ 只ある~ (17, 0.3%)

2 森の

1 [15件] さもしい勝手, 人家の, 人通りの, 伯爵家の, 切株に, 小径を, 尾上に, 岩の, 工場の, 村外れで, 橋の, 河岸まで, 空地に, 藪陰に, 谷の

▼ 只これ~ (17, 0.3%)

1 [17件] が私, しか無い, だけで, だけである, だけでした, だけで犯人, だけなら, だけのこと, だけのりっぱ, だけの仔細, では描像, で当分海, に共鳴, は鼠, を傍観, を制限, を心

▼ 只~ (16, 0.3%)

1 [16件] こ, この世のみの, して, するという, 三年前に, 当局の, 手工のみ, 明治文壇とのみ, 歡樂の, 残った, 眼に, 私の, 置かれない気持, 興味を, 荒涼, 通俗な

▼ 只~ (16, 0.3%)

2 の自白

1 [14件] からこの, にあたって角力, に対してのみ燃え, の家, の店, の心, の技巧, の構, の歌, の浮世, の深い, は教会員以外, は目下, をじっと

▼ 只~ (15, 0.3%)

1 [15件] さわばかりを, 一人でございます, 叱りに, 名残い, 品が, 品にのみ, 安うございまし, 屋敷で, 憎しみ一途の, 懐かしいので, 案じ申上げる, 泣きに, 浦が, 祭りを, 願を

▼ 只~ (15, 0.3%)

2 は何

1 [13件] から叱られた, が恐ろしく, が死ぬ, という者, と号, のみ相続, の力量, の張り, の着物, の通り, は字, は私, は装束

▼ 只~ (14, 0.3%)

1 [14件] うも私, うも美代ちゃん, かの時, か原書, か口疾, か残酷, か漠然と, か言, がなし, でもない, とはなし, のぎこうもなく, の意味, の苦

▼ 只単に~ (14, 0.3%)

1 [14件] たえ子の, 一種の, 上杉の, 召使と, 女が, 孤児が, 年少の, 度きょうが, 抽象的な, 旨いと, 月謝を, 氏の, 異国情調の, 臆病な

▼ 只ひとり~ (12, 0.2%)

1 [12件] いるきり, おかれて, かつて父親総一郎, こちらへ, して, だった, で英彦, で非常, の肉親, 入れられて, 打ち沈んで, 睡らせないの

▼ 只一本~ (12, 0.2%)

2 の大松 1 しかない, に九尺柄タンポ槍, のまっすぐ, の大きな, の櫂, の毛, の綱, の金剛杖, の長い, 挿して

▼ 只~ (12, 0.2%)

1 [12件] 両親だけ, 両親の, 主人さまで, 互の, 仁政一つある, 参考にしか, 学友の, 悔之印迄に, 暇, 案内する, 様子を, 自分の

▼ 只~ (12, 0.2%)

2 の中, 附かなかつたと 1 がそ, で思っ, に浮ぶ, に神, は小室, ばかりで, を深く, を見透

▼ 只~ (12, 0.2%)

3 の前 21 が酷く, で合点, と耳, に映じる, を屡, を瞑, を瞠

▼ 只そう~ (11, 0.2%)

3 やって 1 いって, お思い, かなと思う, らしく推察, 云つて白い, 云われるだけ, 思うん, 思った方

▼ 只~ (11, 0.2%)

1 [11件] 智と, 智無自覚である, 暗にこの, 暗に人, 暗に可愛, 暗に強く深く, 暗に息, 暗に押さえ付けよう, 暗に東京, 爲に, 邪氣に

▼ 只~ (11, 0.2%)

1 [11件] あらん人, だけで笑っ, と口, にあまる, にて観る, のみあきたる, を丸く大きく, を出す, を大事, を放つ, を開い

▼ 只茫然~ (11, 0.2%)

1 [11件] して, といたし, としてお, としてゐた, として居りました, として殆ど無想, と宙, と時々, と松蔵, と目, と見

▼ 只見る~ (11, 0.2%)

1 [11件] さえ黄金色, と墓石, と持出された, と自分, と飛んだ, ようと, 一隻の, 方が, 本艦を, 西方の, 黒暗々たる

▼ 只じゃ~ (10, 0.2%)

1 あるめえな, なかなか落ちねえや, 怺え, 止まらねえよ, 済まねえべ, 答えねえぜ, 置かないからネ, 置かないぞ, 詰まりませんから, 通さないぞ

▼ 只凝然~ (10, 0.2%)

2 として居る 1 として居た, として死んだ, として見, として醫者, として騷ぎ, と動かさない, と悚ん, と立っ

▼ 只あの~ (9, 0.2%)

1 うるささには, お店, ひとは, やうな, 人の, 作は, 変な, 後どう, 石狩原野だの

▼ 只~ (9, 0.2%)

1 ういふ, うして, う思, う思はれた, う痩せ, へあゝ, へ少し, へ滅多, へ病弱

▼ 只一筋~ (9, 0.2%)

3 の白い 1 にさう, にそっと, にはけ, に汽車, のそれ, の細い

▼ 只一言~ (9, 0.2%)

1 いつた, でも私, でも褒められ, で答えた, にし, に断ろう, も恵ん, 云った, 申したいこと

▼ 只~ (9, 0.2%)

2 黙又 1 が結果, れ丈, を所縁, を眞, を真似る, レガ彼ノ, 丈では

▼ 只~ (9, 0.2%)

1 ではない, とは思えなかった, とは思われなかった, の噂, の墓, の顔さ, より一日先, を見る, 殺

▼ 只何となく~ (9, 0.2%)

1 凶歳來の, 家庭らし, 悪い気持, 感じやすく, 気が, 病人に, 空の, 自烈度, 落着が

▼ 只其の~ (9, 0.2%)

1 みで, 一句を, 名を, 家庭問題を, 差図に従い, 後について, 意義を, 手紙せ, 日

▼ 只~ (9, 0.2%)

1 うれしさ, だけいつ, に一, のみである, の両, の新, の旦那, の秋, の積極

▼ 只ぼんやり~ (8, 0.2%)

2 して 1 した流言, その上, としてし, としてゐた, と見過ごし, と青眼爺さん

▼ 只もの~ (8, 0.2%)

2 では 1 でないと, でない時間, でなかったの, は書けません, わかりよ, をかけないよめない

▼ 只わけ~ (8, 0.2%)

2 なしに, もなく, もなく嬉しかっ 1 もない, も無く

▼ 只~ (8, 0.2%)

1 くちに, の光景, の医心方, の感動, の松崎慊堂, の解釈たる, の解釋たる, ひら

▼ 只~ (8, 0.2%)

2 の先 1 が悪い, で叩きます, で唱, で請取, に味覚, の中

▼ 只~ (8, 0.2%)

2 のよう 1 でしたけれ共, のやう, の中, の様, の話し, を見

▼ 只彼等~ (8, 0.2%)

1 が一分, が私共, には文字, の仲間, の凡て, の団結, は持っ, ノ不義ナル財産

▼ 只~ (8, 0.2%)

1 がなく, が欲しい, でだけ保障, と獣欲, ばかりに気, を払う, を請取, を通して金

▼ 只~ (8, 0.2%)

2 ばかり大きい 1 がごつごつ, がぼんやり, の中, の毛, りの, をふっ

▼ 只一冊~ (7, 0.1%)

1 だけについて物, の, のワイルド・プロフォディス, のワイルド・プロフォンディス, の信用, の史的唯物論, 当のゼムリヤ号

▼ 只二人~ (7, 0.1%)

1 だけ乗り込み, である, の伴随者, の身元, を留め, 其の家, 居向

▼ 只~ (7, 0.1%)

2 うやっ, う云 1 う云つた, う胸, う遣っ

▼ 只見れ~ (7, 0.1%)

1 ば先程, ば去る, ば幸右衞門, ば彼方, ば犬, ば苔, ば遙

▼ 只あれ~ (6, 0.1%)

1 がちらつく, が不思議, が生き, の神通力, は結婚前, ほど自分

▼ 只ここ~ (6, 0.1%)

1 にいくら, にひとり日本, に最も, に特筆, に鼻, はおと

▼ 只ごと~ (6, 0.1%)

1 じゃあなかっ, じゃありません, でないらしいの, ではすまされぬ, ではない, ならないもの

▼ 只じっと~ (6, 0.1%)

1 喰い入るよう, 四辺を, 堅く堅く息, 必然の, 眼を, 瞳を

▼ 只そんな~ (6, 0.1%)

1 けはい, ものが, 所へ, 気が, 水掛論を, 配合に

▼ 只~ (6, 0.1%)

1 っと見, つと島裾, つと狙, や帰らねえ, や歩い, や駄目

▼ 只一刀~ (6, 0.1%)

1 で, で腹壁, に切, に息の根, に惨殺, に脳天

▼ 只~ (6, 0.1%)

1 る, る仕事, る夜, る家, る森, 時代には

▼ 只時々~ (6, 0.1%)

1 その大柄, に田園, 囁く如く聞, 小供, 此の, 睡気ざま

▼ 只生き~ (6, 0.1%)

1 っぱなして, てのみ居る, てゐたい, てゐる, て在る, て行く

▼ 只美しい~ (6, 0.1%)

1 としか感じなかった, と云, 品の, 女が, 女だ, 物愛すべき

▼ 只あきれ~ (5, 0.1%)

2 にあきれ 1 てぞ御座, て聞く, て驚い

▼ 只それだけ~ (5, 0.1%)

1 さ, だ, の事, 云つた, 綺麗な

▼ 只った~ (5, 0.1%)

1 一人の, 一人足元を, 今おい, 今出, 今海

▼ 只どう~ (5, 0.1%)

1 いふ道徳, かなるべく, したわけ, しようと, なの

▼ 只ほんの~ (5, 0.1%)

1 一時感染れ, 一瞬間昔の, 下話だけで, 気晴しに, 看て

▼ 只~ (5, 0.1%)

2 つさりとして 1 つさ, つさりと, つとして

▼ 只一口~ (5, 0.1%)

1 にけなす, に云う, に何, に堪難き, に私

▼ 只一時~ (5, 0.1%)

1 に目, の上辷り, の事, の流行, もはやく

▼ 只一点~ (5, 0.1%)

1 に向っ, に成る, に集中, の時計, 違う所

▼ 只不思議~ (5, 0.1%)

2 な緑色 1 でならなかつた, なこと, な現象

▼ 只~ (5, 0.1%)

1 が希望, の人種, の吾, の学者, の競馬場

▼ 只~ (5, 0.1%)

1 が仕事, が誤解, と我と, に戀, はいつの間に

▼ 只呆れ~ (5, 0.1%)

3 に呆れ 1 てしまっ, て我知らず椅子

▼ 只呆然と~ (5, 0.1%)

2 なり果てぬ 1 波に, 生きて, 胸に

▼ 只~ (5, 0.1%)

2 を束ね 1 になれ, をあけ, を手拭

▼ 只泣い~ (5, 0.1%)

2 て居た 1 てばかりいた, てみたい, て居

▼ 只無意味~ (5, 0.1%)

1 な一瞥, にじっと, に使つて, に恨めしい, に近づい

▼ 只~ (5, 0.1%)

2 でねえ 1 でねえと, でねえ人, ではねえ

▼ 只現在~ (5, 0.1%)

1 だけが彼女, と行末, の支那, は確, は私

▼ 只~ (5, 0.1%)

1 が好き, を好み, を随分, を飮, を飲ん

▼ 只~ (5, 0.1%)

1 に風, の優しい, の真中, の綺麗, を真赤

▼ 只黒い~ (5, 0.1%)

1 ごみ, しみに, コンテの, 棒杭の, 色で

▼ 只あなた~ (4, 0.1%)

1 がそんな, にお, のお側, の横

▼ 只~ (4, 0.1%)

21 ある, しや

▼ 只じゃあ~ (4, 0.1%)

1 あの鼠, 勿体ねえ, 真平だ, 置かないよ

▼ 只それ丈~ (4, 0.1%)

1 が分っ, けでした, だ, でどんなに

▼ 只でさえ~ (4, 0.1%)

1 ミスの, 不自由千万な, 女の, 歩きにくい

▼ 只でも~ (4, 0.1%)

1 いかん妙, 一時間か, 探しに, 油断の

▼ 只一個~ (4, 0.1%)

2 と下女 1 の現実, 見かけたが

▼ 只一寸~ (4, 0.1%)

1 した好奇心, で宜し, と思い, の間

▼ 只一片~ (4, 0.1%)

1 の反故同然たる, の微衷, の通知, の野心

▼ 只一目~ (4, 0.1%)

1 で其先, に見渡される, 見たばかり, 見ましたこの

▼ 只一軒~ (4, 0.1%)

1 あるばかり, で女郎, のうち, の店

▼ 只一面~ (4, 0.1%)

1 に白い, に茫然, に針葉, より命ぜられた

▼ 只~ (4, 0.1%)

2 の彼 1 そう思う, の処

▼ 只何事~ (4, 0.1%)

1 もおかしい, もおも, もすがっ, をも強い

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 にお玉, は僕, は捉, を僕

▼ 只圓先生~ (4, 0.1%)

1 に節, の真似, の遺風, はお

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 だけの我, になつ, ひやっこい東風, を明かさし

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 としてさし, と云う, に向く, は

▼ 只嬉しい~ (4, 0.1%)

1 のは, ばっかりで, 丈では, 気持で

▼ 只少し~ (4, 0.1%)

1 明るくし, 気が, 火に, 足溜りの

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 にさう思はれる, の未来, れに, れの

▼ 只恐ろしい~ (4, 0.1%)

1 けれど海, 只逃れたい, 男の, 目を

▼ 只悲し~ (4, 0.1%)

1 げに, さうに其尾ばかり, そうな, 味と

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 に浮ん, の滴, を欲, を汲ました

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 がこみあげ, にくれ, に暮れ, をこぼす

▼ 只独り~ (4, 0.1%)

1 で感じ, の宗教家, の身, 感じたの

▼ 只~ (4, 0.1%)

2 の御 1 と人類, に選まれ

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 にお, にのみ響い, の想像, へ

▼ 只立つ~ (4, 0.1%)

2 て居る 1 て居たい, て見

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 と頭, に薔薇, の中, をドキドキ

▼ 只若い~ (4, 0.1%)

1 だけで, と云う, 方を, 美くしいお

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て居た, て居られぬ, て過る

▼ 只~ (4, 0.1%)

1 がこう, の廻り, の置處, を落した

▼ 只静か~ (4, 0.1%)

1 である, にうなずく, に皆, に静か

▼ 只~ (4, 0.1%)

3 を俛 1 と足

▼ 只驚い~ (4, 0.1%)

1 ている, て何とも, て居た, て黙っ

▼ 只黙っ~ (4, 0.1%)

1 て使った, て歩い, て眼, て紫

▼ 只~ (4, 0.1%)

2 の恰好 1 で笑つて, の先

▼ 只かすか~ (3, 0.1%)

1 なほほ笑み, に笑っ, に自分

▼ 只こうして~ (3, 0.1%)

1 いろいろな, 手を, 通って

▼ 只そこ~ (3, 0.1%)

1 に恐れた, に永遠, へ坐つ

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 同じよう, 書いて, 言っては

▼ 只どうして~ (3, 0.1%)

1 いいか, 色彩的効果によ, 芸術家として

▼ 只どうも~ (3, 0.1%)

1 ね魂消, 江戸では, 魂消て

▼ 只ならない~ (3, 0.1%)

1 のを, ものが, 様子に

▼ 只なんとなく~ (3, 0.1%)

1 叡子さんに, 暖く, 馬鹿で

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 え, ええと, えへえという

▼ 只まだ~ (3, 0.1%)

1 婚嫁前の, 知らないもの, 非常に

▼ 只むやみ~ (3, 0.1%)

1 と卑下, に書ける, やたらと

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 まけかし, やに, 同じよう

▼ 只やたら~ (3, 0.1%)

1 に口惜しい, に可愛, に金

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 かしがる事, りを, 売って

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 置かねえと, 置かねえ彼奴等, 置かねえ本当に

▼ 只一つ最後~ (3, 0.1%)

1 に久能, に欧弗同盟側, に訊きたい

▼ 只一人紅矢~ (3, 0.1%)

2 の枕元 1 の室

▼ 只一人自分~ (3, 0.1%)

2 の室 1 のみを選び

▼ 只一刹那~ (3, 0.1%)

2 の事 1 で覚めた

▼ 只一方~ (3, 0.1%)

1 しかない, だけが當面, に勝與

▼ 只一眼~ (3, 0.1%)

1 その姿, で区別, なりともお目もじ

▼ 只不幸~ (3, 0.1%)

1 な偶然, にし, にも

▼ 只主人~ (3, 0.1%)

1 と懇意, に倚つて, の清閑

▼ 只二つ~ (3, 0.1%)

1 ある, ある其一つ, のみに餘所

▼ 只人間~ (3, 0.1%)

1 の勤, の煙, も四十歳位

▼ 只仕事~ (3, 0.1%)

1 が忙しい, の手後れ, をする

▼ 只偶然~ (3, 0.1%)

2 同じ自動車 1 な事

▼ 只僅か~ (3, 0.1%)

1 に大宮, 申上る, 言葉の

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 だけであったら, れを, ノ殺

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 に狩谷, に述べた, を流るる

▼ 只参考~ (3, 0.1%)

1 になる, によむ, 迄である

▼ 只台所~ (3, 0.1%)

1 して, だけが小さい, のお

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 から左, の肩, や左

▼ 只吾等~ (3, 0.1%)

1 が得ん, の力, の憤

▼ 只太陽~ (3, 0.1%)

1 の方, の熱, を讚

▼ 只好い~ (3, 0.1%)

1 ものを, 天気に, 気持が

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 として賞, の外囲, を見せ

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 のみ獸, を拵え, を異に

▼ 只彼女~ (3, 0.1%)

1 がそう, が生き, のみの持っ

▼ 只徒ら~ (3, 0.1%)

1 に天, に息, に頁

▼ 只微笑~ (3, 0.1%)

1 した, と点頭, を洩らした

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 づ, れた, ろし

▼ 只怖い~ (3, 0.1%)

1 せいでしたろう, と思った, のは

▼ 只愉快~ (3, 0.1%)

1 なの, な場所, を得る

▼ 只憾む~ (3, 0.1%)

3 らくは

▼ 只折々~ (3, 0.1%)

1 こんな, とんで, 顔の

▼ 只~ (3, 0.1%)

2 の先 1 を曲げ

▼ 只日本~ (3, 0.1%)

1 だけが取, のみは日本文學, を出る

▼ 只日本人~ (3, 0.1%)

1 の如く, は古代, は漢字

▼ 只早く~ (3, 0.1%)

1 こんな目まい, 皇化に, 顔が

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 あつた, お心, からの伝習

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 だけの事, れ四奏, 他做不成

▼ 只有る~ (3, 0.1%)

2 のは 1 山蔭の

▼ 只枯蓮~ (3, 0.1%)

3 の襤褸

▼ 只歩い~ (3, 0.1%)

2 て通る 1 てゐた

▼ 只~ (3, 0.1%)

2 が弱い 1 任せに

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 が金, とメネラオス, は畜生

▼ 只泣き~ (3, 0.1%)

1 ながら震え, に泣きし, 號んだ

▼ 只淋しい~ (3, 0.1%)

1 思いにのみ, 気持が, 秋の

▼ 只漠然と~ (3, 0.1%)

1 した好もし, 不親切と, 人の

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 り, り其群, り悲哀

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 らしいとか, らしい何だか, らしい内

▼ 只白く~ (3, 0.1%)

1 あれな, 山の, 見えた

▼ 只目前~ (3, 0.1%)

1 に見, に見えなく, の苦痛

▼ 只相手~ (3, 0.1%)

1 の好奇心, の少女, の神経

▼ 只眺め~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 ている

▼ 只空気~ (3, 0.1%)

1 がさう見える, だけが運命, をふるわす

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 から中, から射し込ん, の外

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 一段を, 二次の, 四層の

▼ 只管心~ (3, 0.1%)

1 に祈っ, を寄せた, を惱

▼ 只自然~ (3, 0.1%)

1 と運命, の悠久, の惠

▼ 只~ (3, 0.1%)

2 に割かれる 1 の所

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 の工合, の真白い, を描き

▼ 只花魁~ (3, 0.1%)

1 に一寸, の名高い, の身の上

▼ 只蘭軒~ (3, 0.1%)

1 が何故, の時, をし

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 の商頌, は菅茶山, を作る

▼ 只謹ん~ (3, 0.1%)

2 で親爺 1 で神意

▼ 只走り~ (3, 0.1%)

2 に走っ 1 に駕籠

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 かに川, か向, に隔つた村落

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 かであつ, かに滑, かに背中

▼ 只~ (3, 0.1%)

2 いだ 1 がしく

▼ 只~ (3, 0.1%)

1 だけは幼少, だけは艶, を短く

▼ 只あと~ (2, 0.0%)

1 には豚吉, に一人きり

▼ 只あらゆる~ (2, 0.0%)

1 力で, 場所に

▼ 只あんまり~ (2, 0.0%)

1 ふとっちょさんは, 長く掛っ

▼ 只あゝ~ (2, 0.0%)

1 いふ風に, と溜息

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 ては五百年千年, ても仕方

▼ 只いつ~ (2, 0.0%)

1 までも吊らせ, 迄も死骸

▼ 只いつも~ (2, 0.0%)

1 浮世絵風の, 涼しい襟足

▼ 只いろいろ~ (2, 0.0%)

1 と取り止め, 考えて

▼ 只いろんな~ (2, 0.0%)

1 方面から, 気持を

▼ 只うらやましい~ (2, 0.0%)

1 だけで, 丈で

▼ 只うるさい~ (2, 0.0%)

2 と思つて

▼ 只おぞましい怖し~ (2, 0.0%)

2 いとのみ

▼ 只おれ~ (2, 0.0%)

1 が尋ねる, の永久

▼ 只お側~ (2, 0.0%)

2 に居る

▼ 只お前~ (2, 0.0%)

1 と寝食, を心から

▼ 只お前さん~ (2, 0.0%)

1 へ執心, を遠目

▼ 只お金~ (2, 0.0%)

1 だけ溜めたい, の関係

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 うして, しかしに

▼ 只かう~ (2, 0.0%)

1 云つた, 思つてゐる

▼ 只かの~ (2, 0.0%)

1 梅林の, 男ばかりは

▼ 只からり~ (2, 0.0%)

1 とし, と清潔

▼ 只きい~ (2, 0.0%)

1 て下され, て居た

▼ 只これ丈~ (2, 0.0%)

1 けの事, である

▼ 只こんな~ (2, 0.0%)

1 丈夫でない, 孤独の

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 うっと, た

▼ 只しかし~ (2, 0.0%)

1 夢は, 荷風君は

▼ 只しん~ (2, 0.0%)

1 としすぎ, とした

▼ 只すら~ (2, 0.0%)

1 時運の, 最後の

▼ 只そういう~ (2, 0.0%)

1 性格な, 非常な

▼ 只それきり~ (2, 0.0%)

1 だ, の生き方

▼ 只それ等~ (2, 0.0%)

1 が正常, を色

▼ 只だ泣い~ (2, 0.0%)

1 てばかりいました, てばかりおりました

▼ 只だ見る~ (2, 0.0%)

1 男子三人女子二人より, 粗造の

▼ 只でし~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てはくれまい

▼ 只どうにも~ (2, 0.0%)

2 仕様の

▼ 只なら~ (2, 0.0%)

1 んと, 欲しいといふ

▼ 只ならず~ (2, 0.0%)

1 懇意だ, 騒々しくなっ

▼ 只ならず喚き罵る~ (2, 0.0%)

2 声が

▼ 只なんと~ (2, 0.0%)

1 いう事, 云つたら

▼ 只には~ (2, 0.0%)

1 置かず揚代請求, 聞かず鼠

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 そう考へる, 貴女が

▼ 只ひと~ (2, 0.0%)

1 へに釈迦如来, 睨み

▼ 只ひと色~ (2, 0.0%)

1 の青, の黒い

▼ 只ふらふら~ (2, 0.0%)

1 と歩き廻った, と池

▼ 只ぽかんと~ (2, 0.0%)

1 した空っぽ, 口を

▼ 只まるで~ (2, 0.0%)

1 女中と, 石か

▼ 只よく~ (2, 0.0%)

1 みると, 釣るといふ

▼ 只わたし~ (2, 0.0%)

1 に附い, の言う

▼ 只ブラン~ (2, 0.0%)

1 だけは横, とばかり呼ん

▼ 只一つ心配~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 只一つ箪笥長持~ (2, 0.0%)

2 はもとより

▼ 只一つ言~ (2, 0.0%)

1 ひたいこと, ひたいの

▼ 只一ヶ所~ (2, 0.0%)

1 たたき潰したため, であった

▼ 只一人殘~ (2, 0.0%)

1 りまして, り先鋒

▼ 只一体~ (2, 0.0%)

1 が穏当, に痛く

▼ 只一回~ (2, 0.0%)

1 だけ石膏, の発表

▼ 只一図~ (2, 0.0%)

1 に口惜しい, に嬢様

▼ 只一場~ (2, 0.0%)

1 の出来心, の痴話

▼ 只一室~ (2, 0.0%)

1 に起臥, を巣

▼ 只一度微か~ (2, 0.0%)

1 な唸り声, に

▼ 只一打~ (2, 0.0%)

1 にと切つて掛, に討ち果した

▼ 只一日~ (2, 0.0%)

1 しか留守, で畢

▼ 只一枚~ (2, 0.0%)

1 の原稿紙, の青

▼ 只一條~ (2, 0.0%)

1 の細い短い, の路

▼ 只一湖~ (2, 0.0%)

2 を描ける

▼ 只一突~ (2, 0.0%)

1 で死ん, にやられ

▼ 只一聲~ (2, 0.0%)

1 を鳴けよ, 大日本帝國

▼ 只一艘~ (2, 0.0%)

1 の軍艦, をのこす

▼ 只一足~ (2, 0.0%)

1 しか出し, に蹂躪

▼ 只一身~ (2, 0.0%)

1 に努めん, の世話

▼ 只一間~ (2, 0.0%)

1 にのみ垂れ籠め, に籠ッ

▼ 只三藏~ (2, 0.0%)

1 が歩く, は十風

▼ 只不便~ (2, 0.0%)

1 なの, に見えた

▼ 只世の中~ (2, 0.0%)

1 のそしり, はの歌

▼ 只世間~ (2, 0.0%)

1 の, の名聞

▼ 只事実~ (2, 0.0%)

1 の真相, の記録

▼ 只云う~ (2, 0.0%)

1 なり次第に, ので

▼ 只人々~ (2, 0.0%)

1 だけ, の諫め

▼ 只低い~ (2, 0.0%)

1 囁く様, 水田と

▼ 只何ん~ (2, 0.0%)

1 でも, となく

▼ 只何時~ (2, 0.0%)

1 までも立, 迄も近藤夫人

▼ 只信仰~ (2, 0.0%)

1 によってのみ感じられる, をもっ

▼ 只個人~ (2, 0.0%)

1 として営業, として行く

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 な突起, に口

▼ 只働き~ (2, 0.0%)

1 で余り, をし

▼ 只儲け~ (2, 0.0%)

1 だとも, といふ事

▼ 只光る~ (2, 0.0%)

1 とでも, 烏

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 少年大衆の, 篇の

▼ 只写真~ (2, 0.0%)

1 で知っ, で知つて

▼ 只凝結~ (2, 0.0%)

1 したやう, して

▼ 只出来る~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 只初め~ (2, 0.0%)

1 から何, は小児

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 を出し, を極めて

▼ 只勘弁~ (2, 0.0%)

1 しろたって, だけで

▼ 只勘次~ (2, 0.0%)

1 が與吉, の仕事

▼ 只単純~ (2, 0.0%)

1 なる事実, にそれ丈

▼ 只厄介~ (2, 0.0%)

1 な事, な荷物

▼ 只友達~ (2, 0.0%)

1 でなみなみ, で永久

▼ 只口惜し~ (2, 0.0%)

1 さうに頭を, そうに

▼ 只古い~ (2, 0.0%)

1 分限帳に, 樅の

▼ 只吃驚~ (2, 0.0%)

1 して, するばかり

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 在瑤台

▼ 只同じ~ (2, 0.0%)

1 様な, 種類という

▼ 只同然~ (2, 0.0%)

1 にやすかっ, の給料

▼ 只呆然~ (2, 0.0%)

1 して, とし

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 るばかり

▼ 只喜助~ (2, 0.0%)

2 が弟殺し

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 つたのは, つて其の

▼ 只圓翁歿後~ (2, 0.0%)

1 の事, の福岡

▼ 只圓翁門下~ (2, 0.0%)

1 の頑固, の高足

▼ 只在る~ (2, 0.0%)

1 ことの, ものは

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 だけが力, を呑み

▼ 只大きい~ (2, 0.0%)

1 眼を, 蓮池の

▼ 只大きな~ (2, 0.0%)

1 古跡として, 骨が

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 にからかわれ, を困らせる

▼ 只如何~ (2, 0.0%)

2 に小説

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 なる音樂, にネバネバ

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 が可愛く, を守っ

▼ 只婚礼~ (2, 0.0%)

2 をしなく

▼ 只嬉し~ (2, 0.0%)

1 かつた, さと

▼ 只嬉しく~ (2, 0.0%)

1 て堪へられず, 如何かし

▼ 只子供~ (2, 0.0%)

1 だけはすくすくと, の頭

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 と思っ, を並べるで

▼ 只孫四郎~ (2, 0.0%)

1 の皮肉, の顔

▼ 只學者~ (2, 0.0%)

1 としての鼎軒先生, の事業

▼ 只安逸~ (2, 0.0%)

2 な日

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 シク独用スベシ搭配スベカラズ, 開口笑生年五十未知非

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 に酒, を祝福

▼ 只寂しく~ (2, 0.0%)

1 暮して, 笑うばかり

▼ 只寒い~ (2, 0.0%)

1 のでやりきれない, ばかりの此

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 たり起き, ても覚め

▼ 只小さな~ (2, 0.0%)

1 虫穴ばかりが, 銅貨を

▼ 只小室~ (2, 0.0%)

1 が如何, の失望

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 數の, 黄昏春月臨

▼ 只少女~ (2, 0.0%)

1 はそう, は余

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 の中指, の顔

▼ 只希臘人~ (2, 0.0%)

1 があつ, は口

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 帝紀に, 謝罪に

▼ 只幻惑~ (2, 0.0%)

2 の悲音

▼ 只幾分~ (2, 0.0%)

1 か頭脳, でも將來

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 の顏

▼ 只当時~ (2, 0.0%)

1 の水深, 最も権威

▼ 只御酒~ (2, 0.0%)

1 はいけますまい, を頂く

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 に, にハイ

▼ 只微か~ (2, 0.0%)

1 な生, に首肯い

▼ 只心配~ (2, 0.0%)

1 するばかり, なの

▼ 只忘れ~ (2, 0.0%)

1 てならない, てゐる

▼ 只忠之~ (2, 0.0%)

1 が利章, 主從

▼ 只思う~ (2, 0.0%)

1 だけだ, ときでは

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総, ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ私は

▼ 只恐ろし~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ 只恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 僻んだ容子, 見えた

▼ 只患者~ (2, 0.0%)

1 に命令, は單獨

▼ 只悲しい~ (2, 0.0%)

1 ときには, と云

▼ 只惜しい~ (2, 0.0%)

2 かな名利

▼ 只感情~ (2, 0.0%)

1 の逸る, ばかりにて尊し

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 に誠, 思ふ所

▼ 只我々~ (2, 0.0%)

1 と旅行鞄, にとって重要

▼ 只手拭~ (2, 0.0%)

1 でぼ, をしめし

▼ 只支那~ (2, 0.0%)

1 の言語, を知る

▼ 只文字~ (2, 0.0%)

1 に書い, の上

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 と云, に一度

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 ならぬ血潮, を早め

▼ 只時間~ (2, 0.0%)

1 とか何とか, として仕事

▼ 只暗澹~ (2, 0.0%)

1 たる前途, として首

▼ 只書生~ (2, 0.0%)

1 に這入った, の云う

▼ 只最後~ (2, 0.0%)

1 に附記, の末子

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 の儘, 東風弄彩旗と

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 を読む, 善の

▼ 只本国~ (2, 0.0%)

1 の普通, ヘ送

▼ 只東京~ (2, 0.0%)

1 の, の内外

▼ 只松崎慊堂~ (2, 0.0%)

1 が客中, の墓碣銘

▼ 只此処~ (2, 0.0%)

1 で困る, の親達

▼ 只此處~ (2, 0.0%)

1 にては古今東西, に坐

▼ 只死に~ (2, 0.0%)

1 度いと, 瀕した

▼ 只残念~ (2, 0.0%)

1 でございますと, なの

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 からきく, も私

▼ 只母親~ (2, 0.0%)

1 と子供, のお節

▼ 只毎日毎日~ (2, 0.0%)

1 というの, と流れる

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 の弱い, の故

▼ 只気持~ (2, 0.0%)

1 だけで, の上

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 こわし棒, のやう

▼ 只沈黙~ (2, 0.0%)

2 っていたい

▼ 只泊め~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て呉れ

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 只泣く~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, よりほか

▼ 只深い~ (2, 0.0%)

1 ため息を, 緑に

▼ 只無意識~ (2, 0.0%)

1 であ, に立つ

▼ 只煙草~ (2, 0.0%)

1 の烟, を吹かし

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 が闊, の名

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 のそば, の名前

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 もなく, り前

▼ 只登っ~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 只白菊~ (2, 0.0%)

2 の白

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 済まん, 済みませんでは

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 がある, を伝え

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 唯我独尊山, 青草稠

▼ 只眞白~ (2, 0.0%)

1 である, に見え

▼ 只真似~ (2, 0.0%)

1 をしたい, 方と

▼ 只真理~ (2, 0.0%)

1 に憧れる, を目掛け

▼ 只短い~ (2, 0.0%)

1 松の, 線を

▼ 只禮拜堂~ (2, 0.0%)

2 で患者さん達

▼ 只空虚~ (2, 0.0%)

1 な四角い, な言語

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 て居る, ひ聲

▼ 只笑つて~ (2, 0.0%)

1 は聞き流せない, ばかりゐ

▼ 只管それ~ (2, 0.0%)

1 がため, を佳味

▼ 只管勉強~ (2, 0.0%)

1 で打消さう, に沒頭

▼ 只管君~ (2, 0.0%)

2 がベルリン

▼ 只管恐怖~ (2, 0.0%)

1 した, に囚

▼ 只管歳費~ (2, 0.0%)

2 を辞する

▼ 只管自分~ (2, 0.0%)

1 が跳躍, を悲慘

▼ 只紅茶~ (2, 0.0%)

2 を一杯

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 に和蘭

▼ 只美しく~ (2, 0.0%)

1 あるべき筈, 清潔で

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 から侮辱, ラ知ルヲ許ス

▼ 只自分丈~ (2, 0.0%)

1 がその, の思い

▼ 只自己~ (2, 0.0%)

1 が美, のため

▼ 只良人~ (2, 0.0%)

1 が少し, ばかりが天地

▼ 只薄暗い~ (2, 0.0%)

2 不愉快の

▼ 只~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 只行人~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 児輩読書繁, 文種永相存

▼ 只見た~ (2, 0.0%)

1 やうに, 人のみが

▼ 只言外~ (2, 0.0%)

2 に否定

▼ 只許嫁~ (2, 0.0%)

1 のマリイ, の誼

▼ 只話し~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 只話す~ (2, 0.0%)

1 にはいい, 人の

▼ 只資格~ (2, 0.0%)

1 ある社会, を拵える

▼ 只軍事用語~ (2, 0.0%)

2 の知識

▼ 只辛い~ (2, 0.0%)

1 ところです, 事ばかりが

▼ 只迷惑~ (2, 0.0%)

1 が残る, の外他

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 ふもの, 使れる

▼ 只逃げる~ (2, 0.0%)

1 だけの事, 道が

▼ 只遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 のが, 萍も

▼ 只運命~ (2, 0.0%)

1 に任せる, の奇

▼ 只遠い~ (2, 0.0%)

1 地平線の, 村

▼ 只長閑~ (2, 0.0%)

2 なさま

▼ 只青年~ (2, 0.0%)

1 の血気, を待っ

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 なく燃える, の大きい

▼ 只類似~ (2, 0.0%)

2 の心状

▼ 只食い~ (2, 0.0%)

1 をされた, 附きそう

▼ 只食う~ (2, 0.0%)

1 為に, 為めに

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 の蹄, を引張っ

▼ 只馬鹿~ (2, 0.0%)

1 な譫語, な顔

▼ 只高価~ (2, 0.0%)

1 いだけ, になった

▼ 只麺麭~ (2, 0.0%)

1 が得られ, が得られれ

▼ 只~ (2, 0.0%)

1 つて杉夫の, つて此次の

▼1* [1859件]

ああやって, 只あおむけに寝, 只あきらめて居る, 只あせって居る, 只あたりまへの, 只あたり前の事, 只あちこち歩き廻つて, 只あてのない情ない, 只あやしき空気の, 只あやしくくもって, 只あやふきは令孃, 只ありふれた意味で, 只あるいてさえ居れ, 只いかにして, 只いかにも忙しげ, 只いくらをかける, 只いささか満足する, 只いそがしい雑事などとは, 只いち面の濃い, 只いとわしき者にのみ, 只いまのところ, 只いれば大分まし, 只うす黒く浮いて, 只うつうつと長い, 只うつくしいとか奇麗, 只うつくしき人參の, 只うとうとと眠っ, 只うまく立廻ろう, 只うらみそねみ争いなんかに, 只うらやましかった, 只うらやましく眺めるより, 只うるほひて我目, 只うるみ勝, 只うんうんうなりながら, 只うんと二三度うなずいた, 只えらいだけで, 只おかしいばかりであった, 只おだて上げ唆り立て, 只おとなしいなんかという受動的, 只おのれに愁, 只おばあ樣, 只おぼつかないのは, 只おろおろと打ち, 只お上のこと, 只お客さまの仰せ, 只お母さんの声, 只お母様のうしろ, 只お話だけし, 只お鍋が睡むそう, 只かいて食う, 只かうした友を, 只かえって来るかも, 只かかる語が, 只かなしかり, 只かなしいことが, 只かまを掛ける, 只かるくきき流して, 只かれアレクサンドロスアレース愛づるメネラオス, 只がつがつと見た, 只がぶがぶと酒, 只ょと, 只きいただけ, 只きれいにうつくしく, 只ぎよろりと一睨した丈, 只くたばらせるのは, 只ぐつしりと濕つて居る, 只ぐつすりと眠つて居た, 只ふは, 只げらげらと笑わせる, 只こうやって, 只ここちよく爽にて, 只こそばゆく見えた, 只こっちが見, 只この間最も警戒, 只これからすこし暇が, 只これ一時の戯れ, 只これ切りのもの, 只ころんだだけだ, 只ごうごうと臭い風, 只ごろごろと遊ん, 只さう米国で, 只さうざうしいだけ, 只さえも保守的な, 只さしあたッた, 只さつき梅の間, 只さんさんと月光, 只したがひゐたる, 只しつかりと抱, 只しばしである, 只しゃぶって居た, 只じいつと顎, 只じいっと空を, 只じかに並べて, 只じろじろと私, 只すぐに一刀, 只すこし大きく一端, 只すべる衝立が, 只せかせかとして考, 只せつせと, 只せつぱ詰まつて, 只せわしそうに, 只せんぼうを暁, 只よ, 只そういった気分に, 只そつくりそのままに, 只そのいわゆるゾレ名の, 只その間に経た, 只その間首くくりの力學, 只それでもって私, 只それほどまで私, 只ぞろぞろと人, 只だの動物とは, 只だまって光君, 只だらだらと愚, 只だ在るところの, 只だ明けても暮れ, 只だ浮ぶま, 只だ燃え立つ復讐の, 只だ黙念する, 只ちょっと花魁に, 只ちよつと要綱, 只ぢやあない, 只つた十八萬五千七百九十九枚の年始状, 只つまらないのは, 只墜落した, 只である筈の, 只ときどき寝床の, 只とは違って, 只とりえ間違いの, 只ぼんと, 只どうしようどうしよう, 只どうぞ彼さえ, 只どこまでも我慾, 只どちらかの顔, 只どてらが少し, 只どれが他, 只どんなに奇妙な, 只どんよりと蹲つて, 只なだらかに浮い, 只なつかしそうに, 只なにかまだ, 只なるほど北朗, 只なんとなく彌一右衛門の, 只なんにもおねがいが, 只にぎやかな町, 只にて拝見したる, 只にもあらで病, 只にやりとしたッきり, 只にらめすえたばかり, 只ねる場所として, 只のっそりぼんやりと, 只はあはあと返事, 只はかなき苟且の, 只はしゃぎ廻って私, 只はずんだ様な, 只ばんやりとして, 只ひきずられて生きる, 只ひそかに氣遣, 只ひたすら空想する, 只ひたむきにその, 只ひとついつもしみじみと, 只ひとり友を離れ, 只ひとり室の隅, 只ひとり熱愛する夫, 只ひとり食事をすませる, 只ひとり默然として其前, 只ひと目あで, 只ひょいと手渡しされた, 只ふいと湧いた, 只ふし沈んで, 只ふしぎという外, 只ふだんから彼女, 只ぶくぶくと肥っ, 只ぶらぶらと灯影, 只ぶん投げて行く, 只ほしくないよ, 只ほのかなり, 只ほれぼれと云う, 只ぼうと障子, 只ぼうっとして, 只ぼんやり玉雄の顔, 只まあ遁げる, 只まくらつてゐやが, 只まごつくばかり, 只まじめ腐って, 只まっ暗な焼, 只まア魂消てば, 只てい, 只みたいに取った, 只みのるの放, 只むしょうに歩く, 只むだに日数, 只めでたしと見る, 只もううろうろとすっかり, 只もうおろおろとし, 只もうこのまんま, 只もうどうも富五郎は, 只もうやたらにかるい, 只もう只もうお潔ぎよいと, 只もう少し沈鬱な, 只もしかすると, 只もってまわる, 只もはや自分の, 只もんじゃない, 只あらへんぜ, 只やっとうなずいたばかり, 只やっぱりああ云う人, 只やどり木だけは小さな, 只やぶれかぶれだけ, 只ゆくばかりでなく, 只ゆらりゆらり体が, 只さの, 只よこすのです, 只よそに紛らさむこ, 只よりましだ, 只よりはましだ, 只よんだり書い, 只りよ一人平作の家族, 只づか, 只わかつたといふだけにすぎなかつた, 只わが前に, 只わしらの大, 只わたくしは江, 只わやわやと七日位, 只われの頼み, 只われわれはよもや, 只アレヨアレヨと騒ぐ, 只アーサー大王の御代, 只アーッと云っ, 只アヽ悪い事, 只イナオを立てる, 只ウィリアムの見詰めたる, 只ウロウロとし, 只エッダよりもずつと嚴密, 只エレベエタアを一緒, 只オイソレとする, 只オーバーの下, 只ガタ馬車の喇叭, 只ガツクリとそば, 只キーキーいじること, 只クシャクシャばかり感じる, 只クルクルとまるめ, 只クロニクルではない, 只ケプラーは全く, 只コックリと頭, 只コルビエールの敏捷性, 只シンとして真暗, 只ストーヴのよう, 只スペルリングを学ぶ, 只セックスの相手, 只セッセと歩い, 只セルギウス様を一目, 只ソレを空, 只ソワソワして, 只ダラットの生活, 只チューヂュースの子, 只チンと済まし, 只ヅーフのみ, 只ドコまでも運命, 只ドックへ這入る, 只ニヤニヤして, 只ネス湖の怪物, 只ノートだけを取らせる, 只ハ済マヌカラ書附ヲ出, 只バカ扱いに, 只ビックリした顔, 只プラトオニツクマンにお, 只ペンの力, 只ホリシス神の御, 只ホールの上の電燈, 只ボンヤリ気抜けの仕た, 只ボーツとして居る, 只ポスター・ヴァリューだけに絵, 只マイオーン一人を, 只マリイと云, 只マージナル・ユーティリテーの大, 只ミスタ・クローダ・サヤマは直ぐ, 只モウお酒, 只モウレツに美味い, 只モウ貴方の傍, 只ルーファスが抜きかけた, 只レミントンのタイプライター, 只ロシアと云, 只ワシリといふ丈, 只ヱホバをかしこ, 只一ことでいい, 只一つきにつき殺す, 只一つそれより外, 只一つほかない小, 只一つリウサン参謀の作り首, 只一つ不得手であつ, 只一つ中門から中, 只一つ入口に四角, 只一つ公にされたつ, 只一つ勇敢にもぐんぐん, 只一つ厄介な事, 只一つ君に教訓, 只一つ吾人の気に入る, 只一つ大切な事, 只一つ左の手首, 只一つ心残で御座いましたので, 只一つ思い附いたは, 只一つ我国のよりも優れた, 只一つ戦死ということ, 只一つ松の木の間, 只一つ柝木に打つ, 只一つ樺太定期ブラゴエ丸の二等料理人, 只一つ正義は大義, 只一つ死所を得た, 只一つ殘つた, 只一つ温泉場がある, 只一つ灯いて, 只一つ無類飛び切りの謡曲好き, 只一つ猿の人間, 只一つ目についた, 只一つ臍の中, 只一つ自分の弱味, 只一つ芝も燒, 只一つ葉の一つ, 只一つ蘇鉄の鉢, 只一つ言つて置くがな, 只一つ難儀な事, 只一つ非常に困つた, 只一ぺんでも子供, 只一ツあった, 只一ツここに私, 只一ヵ所縫って, 只一ヵ所海の気流, 只一人これであろうかと, 只一人トボトボと阿, 只一人ノミコレ有リキ, 只一人ワシリだけはロシア風, 只一人一人に生き, 只一人世評を斥けた, 只一人供もつれず物思いがち, 只一人凛然とつっ立っ, 只一人千筋の羽織, 只一人吾と吾心, 只一人坂道を登っ, 只一人大野修理治長の所, 只一人奥の六畳, 只一人女王になる, 只一人娘さんだけのこった, 只一人完いものは可愛らしい, 只一人室内に取り残された, 只一人宴会帰りの学生, 只一人居間にい, 只一人屍体と取組ん, 只一人心のなか, 只一人憂身をやつ, 只一人手仕事をし, 只一人教室の出入り, 只一人敵對すべく立, 只一人斃るべしされども, 只一人斯る山, 只一人智からん, 只一人暗がりに歌, 只一人浮袋に身, 只一人特別に私, 只一人男子もありたれ, 只一人真面な人間らしい, 只一人群を離れた, 只一人親に似ぬ, 只一人起き伏しする身, 只一人長火鉢に手, 只一人長育したと, 只一人骨肉の愛情, 只一人黙然として控え, 只一介の南蛮鋳物師, 只一件だけあった, 只一八六八でいい, 只一処の婚姻, 只一切を自分, 只一刺にと足, 只一台が役に立つ, 只一囘ビールを飮, 只一回それもほんの, 只一回参考人として洋服裁縫職, 只一回指一本で軽く, 只一回逢つたのみである, 只一声あいつと云, 只一夜の看病, 只一大事因縁ヲ告グ, 只一妻奈何老鶴乍孤棲, 只一宮村と云, 只一寸前ぶれをし, 只一寸口元に微笑, 只一寸君達に逢っ, 只一寸旅にでも出た, 只一寸様子を見る, 只一寸気んなる, 只一峰にて根張り, 只一帶の平野, 只一年位ほか一緒に居なかった, 只一年内外齋藤秀三郎先生が當時創設, 只一度保子へ逢いたかった, 只一度次のやう, 只一度正月のお, 只一度浮世の空気, 只一度珍らしく濁酒, 只一度私は何, 只一度遙か, 只一度金山の四方, 只一心に海, 只一息に飛, 只一撃と思いました, 只一日吾は彼, 只一日聖教を見なかった, 只一昨々年の暮, 只一時的に其症状, 只一時腹が立つた, 只一時限りの, 只一本無駄な花, 只一本貴重な報告, 只一枚丈け孤立, 只一株の山茶花, 只一概に大掴, 只一歩不動の姿勢, 只一気の盲動, 只一渡り見まわして, 只一生楽に暮す, 只一発で殺られた, 只一百萬圓ヲ所有シ得ルノミナリ, 只一目そつちを, 只一目僕を見上げ, 只一瞥した感じ, 只一禮し成るべく嚴格, 只一秒も早く, 只一種の好奇心, 只一突きに何, 只一策あり是, 只一箇所の窓丈, 只一箇所舳の所, 只一箱を賣た, 只一粒の小麦, 只一緒にいる, 只一編だも, 只一羽の荒鷲, 只一色の闇, 只一色大海の様, 只一花あり黄弁, 只一花黄弁大心, 只一行の方程式, 只一言曖昧にいつた, 只一言私の名, 只一言車夫は聞き, 只一軒アベードの列, 只一輪なでしこを封じ込めた, 只一輪真赤な薔薇, 只一途に己, 只一通りの人情話, 只一遍も自覚, 只一道の光輝, 只一部三角測量臺の見通し, 只一部分丈に視野, 只一酸化炭素の液化, 只一音の笛, 只一首のみ伝, 只一騎心細く落ち給う, 只一髮の隔り, 只丁寧に頭, 只丁度五十歳前後の父, 只万歳と叫びませう, 只万里小路藤房は政道, 只三つ丈光った星座, 只三万日の間, 只三人のみの家族, 只三個所だけ微か, 只三十年前に指環, 只三十日と考える, 只三年の喪, 只三年壬辰の十一月, 只三月と書い, 只三杯だ, 只三角にし, 只上げやア, 只上っ面だけをアスファルト, 只上着のみに付き, 只上野の山, 只上面を眺め, 只下男の役, 只下着を着かへる, 只下駄が飛ん, 只満足の, 只不思議そうに石, 只不良少年少女のは大抵, 只不規則の漣, 只世間体がある, 只両側と一端, 只並べておく, 只中村さんに喋らし, 只中私たちが意識, 只丸い元気そうな, 只丸山邸内の一戸, 只家来で, 只主人公が病気, 只主命と申物, 只久慈たちの吐息, 只乏しさ丈の, 只乗りをし, 只乗るだけです, 只九人の名, 只九州の産, 只乱暴の防ぎ, 只乳母と云う, 只の子, 只の性質, 只争闘と罪悪, 只事件の発生, 只二ヶ所うす暗い電燈, 只二三の暴漢, 只二三首を擧げ置き, 只二人ぎりですから, 只二人社会を離れた, 只二人私の心, 只二位を設, 只二十一ヶ條と云, 只二十人三十人とかたまっ, 只二十年と云う, 只二寸ヲ可, 只二川がこの, 只二間と台所, 只二首の詩, 只云い掛りでも, 只五七十年前の趣味, 只五六人の菜ッ葉服, 只五日間と云, 只井戸の中, 只亢奮の繰返し, 只交戦国人として抑留, 只交際が卑しく, 只享楽だけがある, 只京都の北部一角, 只人間並に神明, 只人間生活の歓び確信, 只人類の真髄, 只今宮樣のお, 只今度の改正税率, 只今日残された問題, 只他愛のない, 只仙台藩士の腰抜け, 只以前よりも稍, 只以宿意誅亡之故, 只仮にホンの, 只峭, 只仲よくして, 只伊之助の事, 只伊之助さんの看病, 只休憩室で三人, 只会ったという, 只伝統を守り続ける, 只住み慣れない病室に, 只が必要, 只何だかわからないという, 只何となしに, 只何となくあんまり妙な信じる, 只何となく少しばかり気に入らぬ, 只何もかもすっかりあの方, 只何やらはつきりしない, 只何れにする, 只何処から来た, 只何年ぶりかでお, 只何故とも知らず, 只何時他人を迎え, 只のいふ, 只余念なく見惚れ, 只作るのみだ, 只し自分, 只の背, 只先去, 只便通と洗面, 只に随, 只信ぜよ信ずるものは, 只修辞の責, 只俳句を生命, 只の芸術至上主義, 只個人的に内面的感情的葛藤, 只假初の風邪, 只偉大だと, 只に粘土, 只側室佐藤氏さよが残つた, 只偶曾能子刀自の話頭, 只偶然恭の居る, 只傷害の思念, 只働く一方で, 只僕身神共に健全, 只僕達は死ぬ, 只僧侶に対し不, 只優しく桔梗色に, 只兀然として女, 只元和七年に生れ, 只兄さんが死んだ, 只先生に会っ, 只先霊名録の蘭軒庶子女, 只の透明さ, 只入京之日半日雨, 只入場料が二円, 只入江のほとり, 只全く私が, 只全体に田舎, 只全部が全部, 只公共団体が報酬, 只公園のアーク燈, 只公認競馬でも何, 只共犯だと, 只其丈の単純さ, 只其上を上滑り, 只其事が偶伊沢氏, 只其儘に自分, 只其内容より推し, 只其利他は人類, 只其力足らずして, 只其名目を弄ん, 只其唇を見詰め, 只其図ヲ左ニ列ス, 只其大意を領せり, 只其存在を認容, 只其形骸のみが辛うじて, 只其断りに来た, 只其時日が山陽, 只其水平動, 只其瘡痍を何人, 只其癖の舌, 只其身を凝然, 只其那気がする, 只其間に彼此優劣, 只其題が蘭軒雑記, 只其顏だけで判斷, 只の裏, 只内生活に関してのみ注意, 只写真師の浅田, 只冠木門だけがうっすら, 只冥想にのみ耽けらず, 只冬夜電燈のもと, 只かであつ, 只冷たく凍るの, 只冷やかに笑っ, 只冷然とその, 只凄きばかり, 只凍ての酷い, 只凝視て黙っ, 只出すという奴, 只出世を致したい, 只出来ぬとばかり仰し, 只出来得る限りの, 只刃物で死んだら, 只別れてしまへ, 只利息之心持, 只利章等が最初, 只刹那の感興, 只刺戟の方便, 只前後の事情, 只前者が目疾, 只前記無政府主義者男四名女一名, 只前記七名のみの間, 只剛勇のアキリュウス使, 只ったり, 只動いてゐる, 只動いたといふだけで, 只動物的な活力, 只勘藏ばかりあて, 只勝元は薙髪, 只勝次郎が可, 只勞作其物を樂, 只で見る, 只化石した様, 只化粧品小間物類の陳列棚, 只十一年ぶりの行事, 只十二月の廿五日, 只十日程前に受取った, 只は一直線, 只南瓜だけは其の, 只博勞だけで, 只卯平と二言三, 只坐に, 只原っぱなの, 只原子の組成, 只去年のよりも短, 只反覆して, 只て来, 只取るのじゃ, 只取れるという是, 只取ろうとする, 只取残された昔の, 只受話器を持つた, 只口先だけでいくら, 只口髭を捻, 只のは, 只古典的見地の基準, 只古来の行, 只可愛がりなすったの, 只台所口が明い, 只叱つたのです, 只号令をかけた, 只各人の体力, 只各種閥族等ノ維持ニ努ムルノミ, 只合掌して, 只合閑中看, 只吉原の事, 只同情ある殊, 只同様に長石類, 只同氏が大変, 只名人のみがこれ, 只名前丈で小説, 只名所をのみ探らん, 只向う山が, 只君たちより早く, 只君等の處置, 只吹き通しの, 只吾不幸を悲しむ, 只吾輩大得意, 只んやり, 只呆れるより外, 只呆氣に取られる, 只呑みの客, 只周囲の状況, 只周圍の勢力, 只呪いその物, 只呼んだって来る, 只呼吸だけは苦し, 只命令の儘, 只咄嗟の弁明, 只に随, 只和蘭船を撃つ, 只哀願を続ける, 只ばかりが見えます, 只唸るばかり, 只賣を, 只問う丈では, 只喋っちまって, 只喋るとか遊ぶ, 只喜び許り感じられる, 只なる概念, 只べ物, 只営利に走る, 只器用といふの, 只嚴めしく見える警察官, 只四つの塊, 只四人にて我, 只四日しか私, 只四縁の和合, 只四角い枠の, 只四角くて大きい, 只困つてゐる, 只困ると云う, 只国一人のみなる, 只國家ノ保護ニヨリテノミ各人, 只圓一流と云いたい, 只圓翁のは時間的, 只圓翁一人では, 只圓翁以外の千代造氏, 只圓翁崇拝家であったが, 只圓翁旧宅庭前に於, 只圓翁肉筆の歌集, 只圓翁門下一統の名物, 只圓門下に似合わない, 只の上, 只人間外, 只在来の名前, 只地主から非常, 只地団太を踏ん, 只地方の豪族たる, 只のよう, 只堅くなつて, 只堕落にしかすぎない, 只報いんとす, 只堺先生をしたわしく, 只を磨たま, 只壁際に端, 只売らんかなのみである, 只売り物としての堕落方面, 只変らぬは御, 只ばかりの僅か, 只外国人にあっ, 只外国文化の堕落, 只外科医と違う, 只外部から磨, 只外面からのみ照, 只多くの人々, 只多量に嚥下, 只夜中の二時, 只夢みたいな事, 只夢中でつい, 只夥しき茅花のみ, 只體から, 只大きく女らしく成つて, 只大井川其他の歌, 只大人が今, 只大切なの, 只大和魂をなくした, 只大嘗祭が行, 只大意だけを傳へた, 只大理石の塊, 只大阪に居, 只天保十二年に歿, 只天命に在る, 只天才ばかりであらう, 只天気が不確か, 只太い眉毛と, 只夫人の帰京, 只夫国法はそれ, 只夫婦が市場, 只失わんことを, 只奇しき夢を, 只奇激ナル行動及ビ言文ニ依リテ社会ヨリ注目セラレタシト云フ虚栄, 只奈々の姿, 只奉公して, 只奥医師より表, 只奥秩父を旅行, 只奮闘して, 只女中のする, 只女房が欲, 只好き折あれと祈る, 只好みの人物, 只好奇心に驅, 只如何にも感動した, 只の枕元, 只妻子を思う, 只と云う, 只委細承知したどうぞなるべく, 只威張っている, 只婀娜な女, 只子供心にも珍, 只存ぜぬ知らんと云っ, 只孤立して, 只学問ばかりでなく, 只学問的なもの, 只学校だけでいう, 只の出來事, 只孫娘あるのみ, 只學校の課業, 只にばかり居まし, 只安らけく, 只安らけさと歓び位ほか, 只安佐の生れた, 只宗虎が親類江, 只官吏だからと, 只実際そうであったという, 只室内を見詰め, 只宮島を見た, 只のもの, 只家出をした, 只家庭の需要, 只家康の方, 只家賃を払っ, 只容貌許りでなく手古奈, 只寄せに寄せ, 只富士川游さんの所蔵, 只富岡の背, 只るより, 只寛子によく, 只寝ころがってはいず, 只て居る, 只らしく思はる, 只實業の點, 只實用實用と考へ, 只寸法だけを世話, 只に努力め, 只専ら怖れ, 只専心一途に自分, 只将軍だけがこの, 只供の, 只小さき句集二冊や, 只小さくふるえて, 只小僧の声, 只小生をし, 只小言ばかり言つて, 只小野崎を, 只少し抑へるだけ, 只少女時代という大ざっぱ, 只尾世川を来させろ, 只屋根の真上, 只屍体の背部, 只の療養所, 只山岡大夫や山椒大夫, 只山林にのみ住, 只山路が頼んだ, 只山陽茶山の側面観, 只れたと, 只岡田のよう, 只のある, 只岩山と濁り海, 只島々は浮い, 只嵯峨樵歌の一巻, 只川一筋向のお, 只に逃げ廻り, 只已むに勝る, 只市川団十郎父子の病んだ, 只帆村荘六だけがにやりと, 只希うのは, 只帰そうといっ, 只帰り度く成って, 只常に緊張した, 只幕府への届, 只干したコマセの, 只干瓢の酢味噌, 只平凡な可愛い, 只平安に生き, 只平気で頭, 只平臥する事, 只平馬一人とかぞえ, 只年代の差違, 只幻影の盾, 只ない可愛い牛乳屋, 只幼い者が, 只序論だけを述べた, 只庭園の其處此處, 只廉いもの買い, 只延びたと云う, 只を擦る, 只引きこもりてありけれ, 只強くこそ住みなせり, 只強人ヲ捉エント, 只作一種親愛的諢名, 只形式のよう, 只形許りの, 只形骸ヲ存シテ獨リ東海, 只役所に出, 只彼一人のみのこと, 只彼人名辞書の記載, 只彼処へ蹲, 只彼女等特有の形容詞たっぷり, 只彼等上流人士の最高, 只彼處の二番目, 只征夷将軍として漸く, 只待っている, 只でする, 只後年の補写, 只後進すること, 只徒に空虚な, 只御覧になった, 只徳義と云う, 只心あてに見し, 只心外で堪らなくなる, 只心得違いでは分らん, 只心當りとも, 只心臓の上, 只必然にそう, 只必用の人々, 只忍耐が要求, 只られるもの, 只忘れられぬことである, 只忘却ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, 只忙しくて放棄つて, 只忠心義気の者, 只忠言を與, 只よく思ふ, 只快くその夜, 只快活さと活動的, 只を入れ, 只怒つてゐる, 只思いもかけぬ, 只思い出すばっかりである, 只思って居る, 只思っただけで, 只思つたに過ぎない, 只思ふ様に, 只思想上に哲學的共産主義, 只思附だけの様, 只いくつな, 只怠けてしまう, 只性欲に満足, 只怪しからんの, 只怪しみ驚く許りだった, 只怪未見古医書, 只ういつた, 只恍惚としてしまつ, 只恍惚たるのみ, 只恐しいこの, 只恐るるのは, 只恐れてどうも, 只恐ろしい白い土地では, 只恐ろしかった, 只恐怖する性質, 只恐怖憎悪すべきもの, 只恐縮し切って, 只恥しさうににや, 只やしい, 只悔しく只腹立たしい, 只悠久なるもの, 只悪い事を, 只悲しかった, 只悲しみばかりを多く, 只悽愴たる感じ, 只情景の壮大, 只惘然として居る, 只い時, 只想像して, 只愁然と, 只意外なの, 只意義に広狭, 只愚痴を云っ, 只に溺れた, 只愛ちやんは然, 只愛銭と歌い出した, 只感じなくして居る, 只感じるだけ, 只感ずる丈では, 只感心して, 只感情的に考える, 只感謝の外, 只の一字, 只慾ばりたが, 只憑かれた人として, 只憔悴しつ, 只憫然なの, 只懇親を以て交ろうと, 只懲らしめに参る, 只懸命に盾, 只戀人の心, 只成語として見ず, 只我さきに念じ, 只我と同じき心, 只我ものになる, 只我先にと乱れ入る, 只我等がみづか, 只我身に応じたる, 只戦きに戦く, 只戦争に行, 只戦捷の二字, 只ぶれるばかり, 只戻ったので, 只所謂ありのままを写した, 只手前が悪い, 只手古奈の顏, 只手当として四百両, 只手當り次第に, 只手紙の礼, 只手細工にすぎない, 只手足となっ, 只棄つても, 只打ちうろたえながらまごまご, 只批評をする, 只抒情的であるばかり, 只抜け出して語らぬ, 只押しに押した, 只押しつぶされさうな哀れ, 只拙者の謡い, 只拜伏する外, 只持って行っ, 只持つてゐる, 只持て行くような, 只指井が益々, 只指先と足, 只かな切通し, 只捉え難い空虚, 只提灯は確, 只握られたばかりで, 只になる, 只支那人のガンガラ騒ぎ, 只教師とし, 只教義を鵜呑み, 只敬愛の情, 只敵方に騙り寄せられた, 只敷石の道, 只文化になるべき, 只文化十四年に景樹, 只文句ばかりに拘泥, 只文学的に生れた, 只文政三年庚辰の詩引, 只文明の程度, 只文目で面白い, 只文章が書けるで, 只文芸に関する作物, 只料理人とそれから, 只料金を取っ, 只斬ろうという念, 只断片的に知っ, 只斯く思ひ夜, 只籾の, 只新しく仲間入りを, 只新年を賀する, 只新聞雑誌の評言, 只方々の戸, 只方言として農民, 只に出る, 只日数が一週間, 只日曜日を日, 只に限らず, 只明けても暮れ, 只明るさが, 只明るくなるまで, 只の波, 只昨年来在職せし理由, 只是一片の石, 只是上經説得齊整下經便亂董董地, 只是上繋好看, 只是空無而已, 只是等の法, 只時代の要求, 只時子のゐる, 只時計の代, 只景樹時代には貫之時代, 只景気のいい, 只景色のいい, 只晴賢と戦争, 只暗夜と侘しき, 只暗涙を流す, 只暗礁あかべ鹿根, 只暗黒星の事, 只暫くの間, 只暫時の心やり, 只曇つて鈍い水, 只怨んだが, 只更私の顏, 只更頭を掻いた, 只曾能子刀自がわたくし, 只最う胆を, 只最前の王, 只月給をとる, 只月色蛬思心を傷むる, 只朋輩と共に立つ, 只服装などではない, 只朝凪の浦, 只朧気にその, 只木の葉ばかりが遺っ, 只木琴の如く, 只未知の世界, 只本土に面した, 只本当の信者, 只本能の働き, 只をならべ, 只李堂などに讃め, 只村役人がお, 只束の間の命, 只来た奴が, 只と芒, 只松蔭とのみで名, 只もない, 只果てしない覚醒の, 只果てしなき深き淵の, 只果物なぞを売っ, 只枝葉的に着物, 只が短く, 只柏益一人並無伯益柏翳分二人, 只い頬, 只のよう, 只栄華権柄の慾望, 只くらべである, 只梅喜さんに遇, 只を二本, 只棠軒の妻柏, 只棲息して, 只椽側に腰, 只椿子と私, 只榛軒が此秋問津館, 只の頂上, 只樹木を伐る, 只が織り上る, 只機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 只機械的に手, 只機関長だけは居なかった, 只次手に書き, 只欲しい物であった, 只欲しくなるばかり, 只歌人の古語, 只歌人自身の生命, 只かわしいと, 只歓喜した, 只正午近くなって, 只正当な自分, 只正直と勉強, 只此一日で暖か, 只此丈である, 只此上はそ, 只此事を外, 只此二句が雜誌, 只此人には肝, 只此僧侶學者は往々, 只此国の裁判官, 只此土地を離れよう, 只此如來を信ずる, 只此度の事, 只此手紙の書かれた, 只此方の為, 只此書は旅中見聞, 只此法華経をのみ汝, 只此百姓一人きりほか目に入らぬ, 只此短篇を会得, 只此詞丈を言ふため, 只此話を誰, 只此青年の立派, 只此風に耐える, 只此點に於テ他, 只武勇の御, 只武士の意気地, 只を運んだ, 只歩くと云う, 只歳末に近づい, 只歴史の學問, 只歴史的存在だからと, 只をおそれ, 只死人と烏, 只死損いの坂本, 只殆ど本能的に形勢, 只殺さないで置い, 只毎日来て, 只毎日天女たちの春, 只比較でもの, 只気ぜわしく落つか, 只気に入ったものと, 只気の毒に堪へぬ, 只気もちばかりイライラ, 只気休めに養母, 只気味の悪い, 只水司又市に一刀, 只水脈に關, 只水音のみでございまし, 只永い年月イプセンの, 只汚ないぼろぼろの, 只にはる, 只決論を聞かん, 只沈んで居る, 只沈黙つてゐた, 只で艶, 只法律にさう書い, 只泣いた許りで, 只泣き寝入りの外, 只のやう, 只注入された知識, 只洗濯にいそ, 只洗面台の処, 只洪鐘のみ存ぜり, 只派手一方になる, 只浅からぬ因縁, 只浅間山を多勢, 只浪花のみならず, 只っかり見廻して, 只浮世絵によつて当時, 只浮石の崔嵬, 只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 只海内偉帖, 只海岸の生活, 只涼しい蔭を, 只淋しかったと, 只へてあつ, 只清く美しい許り, 只清淨な水, 只清潔で快, 只渉猟に忙し, 只渡辺刑事の現実, 只温かく柔和な, 只温情なる多血, 只温順しい一方, 只を出る, 只湊合の奈何, 只満堂の塵埃, 只滅茶苦茶に赤ちやん, 只漁村の大きな, 只として歌, 只漫然と遣い棄てるの, 只激しき筋骨の, 只つぽく, 只と灰, 只である, 只無口でどこ, 只無性に煙草が, 只無断で使った, 只無為に蛇, 只無茶先生の家, 只無茶苦茶に目的地, 只無言で家蔭, 只無駄に花, 只煩って看病, 只熱心に伝導説教, 只熱情がある, 只熱燗に漬物, 只燃えつつある, 只燈明の火, 只父子が奈良, 只父母をたより, 只いさんの, 只爺むさく説法や, 只がついた, 只片時の夢, 只が来る, 只物好きにやる, 只物語の時, 只犇めいている, 只犠牲になる, 只状況からの推定, 只狂気のよう, 只独りニイチェばかり知った, 只独り王の前, 只独善的である場合, 只苦しい小屋, 只猛悪な熊, 只猫可愛がりになり, 只猫柳の花, 只猿楽と名, 只獨ゆつくりと, 只獨逸ガ最後ニ破レタルガ, 只を二つ, 只玉座ばかりで, 只王様や大将たち, 只現象をおった, 只理由なく申込まれ, 只理窟はなし, 只甘い歎息は, 只甘粕近江守は妻女山, 只甚だ遺憾な, 只生きのびるためにとて, 只生きるためにしか, 只生きんと衝動, 只生き肝と, 只生れながらに一生光君さま, 只生れ故郷の国, 只生命だけは助け, 只生存競争見かけばかりといったよう, 只生活の苦しみ, 只ではない, 只用心しろと, 只田畑に勞働, 只田舎だけが持つ, 只甲斐なき手弱女, 只男体山を背負っ, 只男性の鼻, 只に新, 只画的対象とし, 只の話, 只畜生と云, 只とすべき, 只異なって居る, 只異性と公許, 只へ額, 只疲れては眠り, 只疲労した感, 只病気には敵, 只病氣の爲め, 只発著を記, 只ばかり, 只白い眼を, 只白く淋しかつた, 只白壁の上, 只白衣を干し, 只白銀の鏡, 只百何十万円という声, 只皮膚の荒れ, 只目下の窮状, 只盲目な偶然, 只直ぐ眼の, 只直接の受取人, 只直覚的にそう, 只相国寺と勝元邸, 只相好ばかりは昔日, 只相戀の二字之, 只相當の紙數, 只眉間傷ばかり, 只看る宮は, 只看れば日, 只眞心より詠み出でたら, 只眞志屋の屋號, 只真夏の夕べ, 只真実私も良寛和尚, 只真白な絹布, 只真言を唱え, 只真黒な格子, 只つてるばかり, 只眠るが如く, 只眼中金あるのみ, 只眼前の海上, 只眼鏡の度, 只睨み合っていた, 只睨み返したまま男の, 只瞬間のなか, 只りに, 只矜りかにうれしく, 只知らないといつた, 只知らぬ存ぜぬの一点張り, 只知らぬ存ぜぬでは突, 只知らぬ顔をし, 只知君報国満腔気泣対神州一片秋の句, 只短歌の事, 只石礎ばかり残っ, 只の山, 只砂道を行く, 只破壊ばかりになっ, 只硝石年年輸山幾千舟, 只に憶え, 只社会を組織, 只社會主義に偶然, 只社會國家ノ爲メニ盡クスベキ欲望ニ生活セシムベシ, 只祈りをいい続けた, 只祈る事丈を, 只神様ばかりでした, 只神燈を燃し, 只神経を費す, 只神靈の, 只禁止の表現, 只私等三人より外, 只私自身に萬, 只私達のゐる, 只の空, 只科學振興の基礎, 只にちよい, 只程度が高い, 只種類と感じ, 只かな紫, 只かに引, 只空き名が残っ, 只空しく一身一家を, 只空地がある, 只空手を以て童子, 只空腹を凌ぐ, 只突然に五万円, 只窒息するばかりの, 只窓一ツしか無く, 只かにイルミネーシヨン, 只の端, 只笑いながら頭, 只笑い喋り平凡な, 只笑ってい, 只笑ったばっかりであった, 只管ら時の經, 只管ら金起を愛したる, 只管不思議に思っ, 只管事なかれと, 只管人懐かしさ, 只管他人の好尚, 只管休息を求める, 只管伜の無事, 只管信長に頼った, 只管其機会を待っ, 只管努力して, 只管勉励の途, 只管勘次を慕, 只管卯平の元, 只管哀訴嘆願して, 只管四方の壁, 只管外国婦人の所業, 只管天に祈る, 只管天險の比, 只管夫のため, 只管失敗のない, 只管失業地獄に呻吟, 只管姫上を眷慕, 只管嫂の冥福, 只管子供の為, 只管希望の至, 只管弟に見せよう, 只管彼女に智力, 只管怪美人に謝まろ, 只管恐懼して, 只管愚となり, 只管感に打たれる, 只管懊悩した, 只管我國の風, 只管支那街らしい左右, 只管支配せられ圧制, 只管暇をくれる, 只管書きに書き説き, 只管机にむかつ, 只管松吉の成長, 只管検屍を恐れた, 只管此の家, 只管死病の自分, 只管母上の全快, 只管河内山墓と誤, 只管洋灯を明く, 只管清浄な煙, 只管父母の無情, 只管犠牲の覚悟, 只管珍饌異味を搜求, 只管現在の愛恋, 只管發表が待, 只管眠つてるやう, 只管眼鏡をコスリ, 只管研究に没頭, 只管籠を出, 只管純真な美, 只管練習に精根, 只管繊弱な世界, 只管肘の瘡痍, 只管胎児の健全, 只管自家の営利, 只管自己の栄誉, 只管舞台的生命たり得る, 只管良人の帰宅, 只管蕎麥の幹, 只管藝事ばかりを勵, 只管虎の動作, 只管蟄居謹慎して, 只管觀客をし, 只管詩人と劇部, 只管詫び事して, 只管謹慎して, 只管躊躇しつ, 只管身の幸福, 只管達者な雑文家, 只管野原のおかげ, 只管金儲を夢見る, 只管鏡に映る, 只管開戦の速, 只管隣席の男, 只管雙脚の力, 只管霊感に耳, 只管食料の少量, 只管馬を急, 只簡單にさういつた, 只簡短な号令, 只つぽい薄暗, 只粗製石棒中の或, 只糊口のしのぎ, 只を斯, 只約束は決して, 只紅矢の苦しい, 只納めをし, 只納豆売りの, 只紙一重を隔てられ, 只紫燕の乱飛, 只細君が稍, 只細長い通りを, 只紺碧である, 只経験のない, 只結論ノミヲ綴リシ者アリ, 只統計的にのみこれ, 只網代車の小ざっぱり, 只綺麗とか優美, 只の煙, 只縁側に猫, 只縋るやうな, 只繪畫彫刻の裸體, 只繰り返して一枚板, 只罪過をのみ説い, 只置いて来れ, 只置きましねえ, 只置くものか, 只羅紗の服, 只美しかつた, 只美しき模様の, 只美人の絵葉書, 只美男であつ, 只美紅姫だけは自分, 只美食の娯楽, 只義務を尽し, 只義理に声, 只羸弱の病者, 只翻訳上の欠点, 只先生へだけ, 只老人と一人, 只考えてばかり入, 只考えたのは, 只し秋, 只聞いたま, 只聞きたいのは, 只聞き流したこの頃, 只聞く人の, 只聞山鳥与渓声, 只を呑んだ, 只聴いてい, 只職人の積り, 只職域の一元的, 只肉感だけを与へる, 只肉欲に色, 只肉體ノ一面ノミ, 只の柔い, 只肝要なる一事, 只肥料が固定, 只背いた風を, 只を取る, 只く働い, 只早き犬, 只が立つ, 只腹立たしい殆ど誰, 只と膝, 只自作の英文, 只自分独り生き残って, 只自分等の陰翳, 只自分自身だけ照, 只自己一身の功業, 只自己目前の利害, 只自我の意識, 只自由といふもの, 只自身家庭趣味の経験, 只至って限られたる意味, 只臺所だけが小さい, 只で搗いた, 只をもっ, 只興奮して, 只舌皷を打つ, 只がずしー, 只船舷に掴, 只良い点ほかない, 只良子刀自所蔵の文書中, 只色どりの激し, 只色気を見せる, 只芝居に於, 只花子がどう, 只芸術と学問, 只がりき, 只苦しんで胸, 只苦惱する病人, 只苦笑をさせる, 只英國海軍ヲ撃破シ得ベキ日本及日本, 只英語の發音, 只英語ホド普及セズシテ而モ英語思想以上ニ影響ヲ與ヘタル獨乙語ニ, 只茫漠たる焼野, 只に例外, 只を啜つた, 只茶山の江戸, 只茶碗の酒, 只荒く木を, 只萬一の際, 只萬葉崇拜者が第, 只落ちさえすれ, 只葉子ばかりはひたすら, 只葛城と日本語, 只蒼い顏を, 只蒿雀は冬, 只蔦かつらの力, 只薄情だと, 只薄紅の顔, 只がある, 只藉すに時日, 只の中, 只藤岡の理想主義者, 只虫干をする, 只蛭児を称する, 只を更め, 只行きたがらせばかりする, 只行き抜けて引きかえし, 只行っただけでした, 只行ッテ食物デモ食ウテ寝テ居ロト云ウカラ行ッタガ, 只行動そのものに妙, 只行爲活動を尚, 只の灯, 只ともいい, 只になる, 只褒める丈け, 只の所, 只西が射し, 只西側の明り, 只西方の裾野, 只西風が僅, 只見つめて居る, 只見ますと昨年鹽原, 只見廻しては綴泣き, 只見掛けたと云う, 只規丁面でこち, 只規則通りの課程, 只覚書に数, 只親しいと云う, 只親仁の不承知, 只親切の心から, 只親指に墨, 只親爺が出, 只観客をわつと, 只観念の生存ほか, 只観照的ならしめようと, 只観音様へ向っ, 只觀念的に小さく, 只解雇しても, 只ひ附けられた用, 只言うだけの事, 只記憶の海, 只記者の心持ち, 只記録として残す, 只記録係タータの神, 只もなし, 只訳したので, 只訳詩の覚悟, 只詩集がある, 只詰め込んで見た, 只誠に重々恐れ入っ, 只誠氏がどういう, 只読者の怠慢, 只もが彼女, 只調子で讀む, 只諸君の想像, 只謝るだけで済め, 只謡曲丈けはやっ, 只を読む, 只警察へ三人, 只譯詩の覺悟, 只豪い人も, 只貧しい者達の, 只貧しく只金が, 只貧乏慣れて, 只貰いではあっし, 只貴方を泣かす, 只買ッテ遣ウシ, 只賑やかなだけ, 只として友, 只賤しんで最早, 只贅沢な手入れ, 只のでは, 只赤い羽根を, 只赤く戦ぎえ, 只起きるがんりきだ, 只の裏, 只距離はある, 只路傍の人, 只み込んで, 只身一つに背負っ, 只身一ツの, 只身体だけをヒルミ夫人, 只身軽さということ, 只がふるえます, 只車前草ばかりが繁茂, 只軋く車輪と, 只軟派は同じ, 只輝く星と, 只辛抱するったって, 只迂闊に本, 只いとか, 只迅速に過ぎ去ります, 只迅速ナラザルノ恐アリシニ, 只追出す心は, 只退却將軍ノ報告文トシテ古今獨歩, 只退屈払いになり, 只逃れたいばかりのもの, 只這入て観る, 只通俗では, 只連れて行つた奴, 只連續して, 只進みたい念願を, 只遊び一方で仕様, 只遊んで暮し, 只を天, 只過ぎて行く, 只が実に, 只道下佳人命偏に薄し, 只道楽を道楽, 只達者に女, 只違うのは, 只違つてゐるの, 只遠巻きに眼, 只遠方の緑, 只遣ろうという書付, 只遺骸を灰, 只邦国の人体, 只邪魔になる, 只部屋が一つほか, 只都会の草餅, 只酒井家に奉公, 只酒酒と言う, 只醫者のいふ, 只里恵がいかに, 只を打っ, 只鉄砲と弾薬, 只銀幕の記憶, 只銭穀の取扱, 只鋭い作品では, 只をもつ, 只えに, 只長い許りで, 只長く歩きたいの, 只長大息の餘余山陰, 只長照寺の慶山, 只間に合わせセンスなどと, 只関五郎が藤陰, 只関係が密接, 只閣下があなた, 只阿古屋の小玉, 只陰氣で出る, 只陰電氣を帶びてゐることは確か, 只陸上の一小地, 只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, 只さえあれ, 只障子をしめる, 只の主人, 只隣家の広瀬医師, 只隱岐の國福浦, 只のいる, 只であっては, 只雜談して, 只有うございます, 只難澁の句, 只ばかりの庭, 只雪解けの泥々道, 只雰囲気ではどう, 只だけが流れ, 只電燈に桃色, 只に於, 只霜風が身, 只を吸っ, 只青い海に, 只青く見えて, 只青年会館の正門, 只青春のときめき, 只青獅のみ, 只静岡までの切符, 只非常に意地, 只面白い小説という, 只を立て, 只に行っ, 只順序だけつない, 只順風に帆, 只預かってお前様, 只頑固なの, 只頗る品の, 只だけくつろげ, 只頷いて熱心, 只題材が大きい, 只を抑え, 只顔色があまり, 只にサラ, 只風俗を利用, 只風景の中心, 只颯爽小気味がいい, 只飛んでいった, 只飜訳と云う, 只食いされた菓子や, 只食って生き, 只食べて眠る, 只食べるばかりで帰られ, 只食わしては置けない, 只食事時に行い, 只食糧だけ持っ, 只飲み喰い逃げ付け文位が, 只飲もうというん, 只飲んでいりゃ, 只飾りつけてるんだ, 只餓死を待つ, 只香勾を看よ, 只馬小屋の蝿さ, 只馴らしてある, 只馴れぬ人が, 只駈出した訳でない, 只駕籠の中, 只騒々しい幇間式の, 只騒いで心配, 只騒然たる雨音ばかりが, 只驚いたのは, 只驚かされてしまった, 只驚きの余り気絶, 只驚くべき怪しむべき事ばかり, 只骨惜みを, 只骨組が少し, 只骸骨は自在, 只を卑, 只高見王から筋, 只髪の毛は今, 只に止まつた, 只鮮やかに赤い, 只鯨波の声の数, 只を調べた, 只のみにて釣界中, 只鳥渡聞いた計り, 只だけは寝ません, 只鳴るものは, 只鷹揚な若殿, 只鹿や猪, 只黄色い薄暗い光りを, 只黄褐色に光つてさ, 只黒い小さい頭が, 只黒ずんで見える, 只黒光りする鉄, 只黒神村より熔岩縁, 只默つて歩いた, 只默つてむしや, 只默想し居, 只黙々として心, 只黙つてしく, 只點頭いた, 只鼠麹草の花, 只鼻っぱしの強い, 只鼻声だと, 只軋りしたばかり