青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「告げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

吾輩~ 呂~ 呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる 呉れる~ ~告げ
告げ~
~告げた ~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた 周~ ~周囲 周囲~ 呪~

「告げ~」 1767, 19ppm, 6017位

▼ 告げ~ (1100, 62.3%)

63 いた 38 いる 33 いるの 17 来た 11 きた 9 行った 8 ある, しまった, 出て, 曰く, 曰く諦に 7 いるもの, 曰ふ 6 いたの, いるに, ゐるの, 行こうと 5 いるよう, やつた, ゐた, 去った, 来たの, 置いて 4 いう, いたので, 出た, 曰くと, 立ち去った, 自分の

3 [14件] あった, います, いるという, おいたの, おかねば, しまいました, 云つた, 別れた, 帰った, 帰って, 帰ろうと, 来たので, 来たもの, 来て

2 [48件] いうには, いずこ, いない, いなかった, いました, いること, いるだろう, いるのに, いる声, いわれた, おいて, おく, お呉れ, ください, くれる, くれるよう, こう云う, それからケルリ, みた, やった, 來た, 再び上京, 出ると, 外へ, 居つたの, 居る, 席を, 座を, 彼の, 彼は, 彼を, 我は, 我家を, 打笑, 更に一軒山蔭, 来たこと, 来る, 汝の, 立ち去つた, 立って, 立上る, 置きたい, 置きたいと, 老後の, 船に, 華陰山の, 行くつもり, 退院の

1 [659件 抜粋] あげようし, あたしの, あの人, あるが, あるとおり籠居, あるので, あれから, いいもの, いたかは, いたが, いたこと, いたに, いた勇壮, いた品, いた折, いないが, いないの, いないので, いない物, いなかっただけに, いなかったの, いましたぜ, いまの, いまや魏軍, いるかに, いるが, いるこれら, いるそう, いるその, いるでしょうか, いると, いるとき, いるところ, いるにか, いるほか, いるま, いるらしく見える, いる作品, いる十人あまり, いる女, いる小さい, いる挿話, いる様子, いる間, いる際, いわくわれ今, おいでに, おかう, おかうと, おきたかった, おきたかつた, おきたくなるもの, おくしか, おくの, おくれ, おけという, おぬ, おまえに, おもて, およろしい, おられた, おります, おりますと, おるの, おるので, お礼を, お返しあれ, お通り, かえった, かかり合いに, かしこに, かれは, きたお, きたの, きた事実, きた苦しい, くる, くると, くる声, くる早馬, くれい, くれたこと, くれたの, くれたまえ, くれた時, くれた者, くれと, くれぬか, くれましたゆえ, くれます, くれられたそ, くれる人, くれろと, こ, こい, こう報ら, こちらへ, この場, この家, この後紙, この陣営, これから帰る, これへ, これら小, さっさと草履, さっそく町会, しかるべきに, しずかに, しまうと, しまったの, しまった語法文法, しまってること, しまつたのである, すぐに, すぐトム公, すぐ蜀軍, すげなく留めら, すすめたと, そしてぼんやり, そして大, そっと室, そとへ, その人たち, その兒いまなほ, その國, その後男らしく, その方角, その日, その来援, その病, その秘密, その誤り, その間だけは, それからに, それが, それぞれ家来を, それに対して, それを, たずねても, ちっとの, どやどやと, なんとか叔父, なんぼなん, にわかにそこ, ひとめ園子さんを, ふたたびもと, ふたたび新野, まいりました, まいりましたか, まいりましょうが, まいれ, まことの, まさかのとき, また森, また重い, まわった, みたいという, みると, めでたく英領インド, もしもの, もらいそれから, もらいたかったの, やがて半蔵, やがて私, やがて私達, やったの, やまない, やらなかった, やらなかったこと, やりにくい心弱, やりゃあ, やるよう, やろうかとも, ゆく, ゆく味方, よいか, よい事, よこす, わが願, わしの, わずかな, われ門前の, ゐたといふ, ゐたにも, ゐる, ゐると, ゐるところ, イソイソと, ゲンパラの, サラファンの, ダージリンを, マレーの, メネラオス兄を, 一と, 一人道を, 一先ずその, 一同は, 一夜ひそかに, 一室の, 一小隊の, 一時すこぶる, 一緒に, 一部始終を, 三年前こまどりと, 下さい, 下宿屋に, 与に, 中門を, 丸刈りに, 乗客も, 予期通りの, 予言的な, 事を, 云うよう, 云った, 云ふ, 五名の, 京都を, 人々に, 人を, 今の, 今や不幸, 以来大和に, 伊豆の, 伝令は, 作戦方針を, 使者を, 來鳴きけむ, 僕の, 僕らと, 優の, 先へ, 全軍, 兵糧の, 其ぢつと, 其人の, 内側から, 再び探, 出たらお, 出た門口, 出入り差しとめ, 出掛けた, 出発した, 出立し, 前日ここを, 加藤虎之助と, 助けを, 午前七時三十分頃天野屋を, 半蔵が, 協議にか, 単騎で, 即座に, 却て, 去ったの, 去って, 去らしめむ, 去らんと, 参りました, 参りましたどのみち, 参るであろう, 取り極める筈, 取り鎮めまする, 可否を, 向こうへ, 君が, 呉れた, 呉れました, 呉れる者, 周章しく乗込んだ, 呼んで, 命を, 咄嗟の, 喜ばして, 回顧の, 国民一般は, 地を, 坐ったとき, 埋葬には, 堤下の, 壞れかけ, 外に, 外出の, 大いに騎土, 大に, 大川に, 大道易者馬春堂の, 奉行の, 媾和談判中幸徳は, 学校の, 安意, 家の, 家人の, 宿に, 宿題の, 寄すもの, 寛政に, 寝室を, 小仏, 尾の, 居る信用, 居る地上, 山の, 師子を, 帰ったの, 帰つた, 帰り去りぬ, 帰る時, 帰国する, 帰朝を, 帰途に, 年頃の, 幼児が, 幾分なりと, 床の, 庭に, 廻る, 弁当を, 張りつめた勢, 当国, 彼も, 彼女が, 彼女を, 彼等徒弟は, 後穀物の, 従者等を, 復た, 徴求の, 徽典館の, 心霊忽ち, 応挙に, 応援の, 思いがけも, 意向を, 意見しよう, 愛馬赤兎を, 我々と, 我々一同が, 戦闘の, 扇ヶ谷を, 打ふりたる, 承認し, 操縦室から, 散る楢, 数日の, 数日前から, 文武百官の, 斯う, 新しく協議, 既に薄暗く, 早々一戦, 早足に, 曰くおれは, 曰く一へに, 曰く九月廿日頃より, 曰く坂口の, 曰く天下に, 曰く孟孫孝を, 曰く我れ, 曰く是の, 曰く殿下は, 曰く汝この, 曰く駒之助と, 書記官が, 朝鮮から, 本人も, 本陣の, 村へ, 来たから, 来たが, 来たし庫中, 来たほど, 来たゆえ, 来た書状, 来た頃, 来ない, 来なかったら初めて, 来ましょうと, 来よう, 来るあいだ, 来るよう, 来る者, 来れ恨み, 東京へ, 案内を, 極めて横柄, 楽土安民を, 次の, 次の間まで, 此処へ, 歩いた, 歩き出したが, 死を, 殺されたと, 氏の, 民わが, 求めさせ箱書, 求知の, 泊めて, 波止場を, 波止塲から, 泣いた, 漸く岩上村, 無理に, 燕王の, 牢番頭を, 玄徳関羽張飛の, 用心深く屋敷, 男の, 発せん, 発った, 皇室の, 目に, 相手を, 相談した, 石の, 礼を, 神の, 福なる, 秀吉の, 私が, 私を, 私達は, 空飛ぶ, 立ちかけた時, 立ちかけると, 立ち出で, 立ち去ったと, 立ち去ろうと, 立つ, 立つて, 立出でます, 立出る, 立去った, 笑うでしょう, 納骨堂への, 結婚は, 給え, 総上陸, 縄梯子を, 置いた叔父, 置きました, 置くが, 置く可, 群集の, 老人は, 自分は, 自分も, 自己の, 自由な, 船へ, 船を, 若干の, 菊水旅館を, 薄暗い通り, 蛇の, 衆議院の, 行かねば, 行きたいと, 行くお, 行くが, 行くこと, 行く事, 行く岸本, 行く悲しみ, 行く時, 行く朝, 行こう, 行ったらどう, 行った下男, 行った声, 行った後, 見よダイアナ, 観念させる, 言った, 言ふ, 試むると, 詫びた, 警視庁に, 谷に, 責めは, 貰えないだろうか, 貰へ, 起こしに, 辞し去りぬ, 退いたが, 退がった, 逃れしめた, 連れて, 過分の, 都へ, 銀座へ, 門を, 間もなく私, 頭山翁に, 風の, 飛び廻る, 食わせるぞと, 香港会談における, 高瀬が, 鳴る

▼ 告げ~ (145, 8.2%)

22 来た 10 来たの 9 行った 6 来て 4 きた, 行つた 3 来る 2 きて, ゆく, 來た, 来るもの, 生まれて, 行くつもり

1 [75件] いった, かかった, きたこと, きたと, きたの, くるころ, そこへ, その下座敷, でかけた, なったと, やってくるもの, ゆくよう, ゆく早馬, よりて, 予てより, 二階へ, 來て, 其成就を, 参ったが, 参りますと, 参詣し, 基づいて, 夫人の, 奥さまの, 奥の, 寄った, 寄ったの, 帰ると, 彼の, 従わぬと, 心付いて, 来たからといふ, 来たと, 来たので, 来たばかり, 来たもの, 来たん, 来た位, 来た侍たち, 来た兵, 来た天使, 来た女, 来た小者, 来た帰り, 来た手下, 来た時, 来た未知, 来た武者, 来た甲斐, 来た男, 来た者, 来た頃, 来ること, 来るのに, 来る人, 来る人々, 棺の, 源氏の, 立ち寄ったの, 立った, 立って, 符合し, 行かなくても, 行く, 行こうと, 行ったが, 行ったと, 行ったの, 行って, 行つた学生の, 違いなかった, 集るとき, 飛んだの, 飛んで, 駈け出すこと

▼ 告げたり~ (17, 1.0%)

4 すること 2 した

1 [11件] ければ, したと, するうち, そんな気使い, またレーテ, アルクマイオン即ち, バルブレンの, 手を, 礼を, 而し, 訴えたり

▼ 告げながら~ (16, 0.9%)

2 言った

1 [14件] けたたましい声, さっと立ち上っ, しばらく彼, どやどや駒, ぺつたりと其処へ, やがて大宮, 三色菫の, 反対の, 曳舟人夫の, 発刊された, 笑った, 腰を, 道場の, 顔を

▼ 告げそして~ (10, 0.6%)

1 すべての, それらは, それを, 一晩は, 奨励金が, 姿を, 正季も, 母親が, 水で, 狂暴な

▼ 告げてから~ (10, 0.6%)

1 おさい, その間には, であった, また諸, 又し, 彼女の, 後に, 明かに, 程なく二人, 言ひ足した

▼ 告げまた~ (10, 0.6%)

1 つまびらかに, まだうら若い, 三十石の, 三日にわたる, 二階へ, 同席の, 大蔵と, 急を, 王平廖化張翼張嶷呉懿なども, 白黨の

▼ 告げ~ (10, 0.6%)

1 というもの, と聞いた, にいっこう, にでました, の口上, もない, をし, をまま, を受けた, を帰した

▼ 告げつつ~ (9, 0.5%)

2 あった, ある 1 あるゆえん, ある全, 七月も, 我等を, 民子は

▼ 告げても~ (9, 0.5%)

1 いいわけ, た, みんなこの, もしこんど, よかろう, ろくに返事, 外人は, 彼らが, 本当にせず

▼ 告げ~ (8, 0.5%)

2 なさるの 1 信じて, 知らして, 聞いて, 聞くと, 表す語, 語る信仰

▼ 告げその~ (7, 0.4%)

1 不実を, 佐吉が, 処置について, 日すこし, 注意を, 脚で, 足で

▼ 告げ知らせ~ (7, 0.4%)

1 てやった, てよ, でもする, に来, に来た, もしない, 人に

▼ 告げかつ~ (6, 0.3%)

1 その中, その冥界, 八人の, 妾も, 戦争の, 謂いて

▼ 告げ~ (6, 0.3%)

3 あった 1 あったからと, あれば, ほんとだったら

▼ 告げては~ (6, 0.3%)

1 いけない, いない, いまいか, ならずとの, 下さらぬか, 興も

▼ 告げ~ (6, 0.3%)

1 かの新しき, この物體, これ何の, 汝いかなる, 汝何ぞ, 汝知れ

▼ 告げこの~ (5, 0.3%)

1 悲しさ, 愛が, 日の, 時この, 際はっきり

▼ 告げそれ~ (5, 0.3%)

1 が終る, と共に, によってよろしく, に従わない, を知る

▼ 告げ~ (5, 0.3%)

1 さっき鳴った, しません, すまいか, すまいかといふ, 嘘では

▼ 告げ~ (5, 0.3%)

1 はざりき, ひしに, ひ詔, ふ, へり

▼ 告げずし~ (4, 0.2%)

2 て事 1 て家, て往く

▼ 告げやがて~ (4, 0.2%)

1 二人を, 数里を, 深更に, 私たちは

▼ 告げやら~ (4, 0.2%)

21 ましを, む女郎花下葉は

▼ 告げ~ (4, 0.2%)

1 では別, は第, 私部主從三人は, 美貌成就せる

▼ 告げ~ (4, 0.2%)

1 の宿直, は嶮, は高遠, も公然

▼ 告げ~ (4, 0.2%)

1 である, なもの, なり, な歌わない

▼ 告げさらに~ (3, 0.2%)

1 一方では, 分倍河原への, 名主に

▼ 告げなお~ (3, 0.2%)

1 このこと, 帰りがけにも, 証拠として

▼ 告げ~ (3, 0.2%)

1 やと, 如何なら, 渠輩は

▼ 告げ~ (3, 0.2%)

1 つらむも益, ほしけれ, をした

▼ 告げ~ (3, 0.2%)

1 る, るるを, るる詞

▼ 告げ自分~ (3, 0.2%)

1 の生きる, はこれからすぐ, も詞

▼ 告げ~ (3, 0.2%)

1 うるところ, へて尚, へて尚かつ

▼ 告げありけれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ばマリア

▼ 告げあるいは~ (2, 0.1%)

1 予め告げ知らしむ, 聞くこと

▼ 告げすぐ~ (2, 0.1%)

1 お支度, 城門へ

▼ 告げそれから~ (2, 0.1%)

1 水屋の, 法王の

▼ 告げたりと~ (2, 0.1%)

1 夢む, 聞く

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 あげますだ, 欽明天皇に

▼ 告げでも~ (2, 0.1%)

1 ないなら, 出来得る限り

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 同様で, 解しそれ

▼ 告げによって~ (2, 0.1%)

1 その死, 山中で

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 如く夕顔, 通り鶚に

▼ 告げまつり~ (2, 0.1%)

2 しに

▼ 告げむとするや公~ (2, 0.1%)

1 は清国, は清國

▼ 告げむ葛飾~ (2, 0.1%)

1 の, の真

▼ 告げもはや~ (2, 0.1%)

1 そのこと, 何を

▼ 告げよき~ (2, 0.1%)

2 やうに

▼ 告げわが~ (2, 0.1%)

1 まことに持てる, 願ひ

▼ 告げ且つ~ (2, 0.1%)

1 は今, 妾も

▼ 告げ二人~ (2, 0.1%)

1 をうしろ, を放免

▼ 告げ今日~ (2, 0.1%)

1 いつもの, は玄関

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 はまた, を引

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 くらいまっ, 好古小録好古日録に

▼ 告げ宿屋~ (2, 0.1%)

1 もそれ, を引きはらっ

▼ 告げ彼等~ (2, 0.1%)

1 の妄, をこ

▼ 告げ早く~ (2, 0.1%)

1 官を, 来って

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 で小林兄弟, の日世

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 の為, をしくじらせる

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 を読み上げ, を貼り出した

▼ 告げ若干~ (2, 0.1%)

2 の金

▼ 告げ~ (2, 0.1%)

1 の縄, の繩

▼1* [262件]

告げあたりの露店, 告げいつかは犯人, 告げきっと快くなります, 告げきのうは陣輿, 告げこちらへ対し, 告げさえすれば, 告げざらんや, 告げしかし葛岡自身は, 告げすでに病室の, 告げそこへかへれ, 告げそこそこに美濃, 告げただちに自己の, 告げたまへこの, 告げたるが如き, 告げたれど父, 告げちやアいけないなるべく, 告げついに収めて, 告げていうことには, 告げてからの話も, 告げてでも居るよう, 告げてはと読み上げたもう, 告げというような, 告げどこでも茶, 告げなるべく遠巻きに, 告げにより地の, 告げばやとかくは, 告げひとたび彼に, 告げ心せよ, 告げむと言ひし山里, 告げむラ・ペーラの家族, 告げむ人のあらなく, 告げむ時は迫る, 告げむ汝これを生者, 告げむ汝等の見る, 告げもうふたたびたがいに, 告げもし今にも, 告げ綸旨に, 告げやうとはしなかつた, 告げようもない, 告げようやく自分たち人間としての, 告げわが子の三法師, 告げわたしてよい, 告げわたり馳け, 告げわたればすぐ, 告げスズメに用事, 告げハマン遂に木, 告げブルジョワが三角, 告げプロシア軍をし, 告げベーカーも亦, 告げポツジヨはめぐる, 告げワン・ヘルモントは硝子, 告げ一同疑惑するところ, 告げ一大使命を帶びて此空中, 告げ一揖をし, 告げ一臂の力, 告げ七郎左衛門から記念, 告げ万事うまく運んだ, 告げ助勇助, 告げ上陸してからは, 告げに臨む, 告げは余, 告げ且三人の家, 告げ両親に愛育, 告げにはことさら, 告げ中国表の御, 告げ中流階級または少く, 告げ主人の姪, 告げ乗用車は一路厚和, 告げをしよう, 告げ二つのお, 告げ二十五年の結婚生活, 告げ交響曲は楽団, 告げ人々と一緒, 告げ今や本巻並, 告げ今回外国事務局を建て, 告げの何, 告げ代理大使にも挨拶, 告げ代金と礼物, 告げ但し単身潜入した, 告げを教え, 告げ何かしら軍医のところ, 告げ何とかしてやって, 告げによって被告, 告げにや可, 告げ偶来つた凹巷が郷人, 告げ光秀のうなずき, 告げも角, 告げ共に賤ヶ嶽を, 告げ其同意を得, 告げ其身も続, 告げ円本成金に愛され, 告げ出立を致しまし, 告げ初めて見る西洋人, 告げ劉皇叔の兵, 告げ助力を頼み, 告げ労働軍を召集, 告げ勝負は強い, 告げに向い, 告げ医者からそう, 告げ十月十六日平和克復の大詔, 告げ千浪と重蔵, 告げ卵子を与える, 告げ原田はとうとう, 告げ去りもはやここ, 告げ口上する奴, 告げ召喚に応じ, 告げき事柄, 告げを仲氏, 告げ各国の船艦, 告げ同じ道だ, 告げ同日問注所のある, 告げ同時に附近いったい, 告げ名刺を巡査, 告げのため, 告げ吾忠勇義烈なる将士, 告げ吾等は東, 告げと思うなら, 告げ固く再来を, 告げ国力発展の名, 告げ園さんと共に島原, 告げ坊主から風呂場, 告げ報らせること, 告げ多くの旅費, 告げに入る, 告げ大書して, 告げ大正十四年の但馬地震, 告げ大笑いにて済み, 告げ堪えようとして, 告げ孝道の爲, 告げへも訴え, 告げ宴遊鳴物は申す, 告げ小さな行李一つを, 告げ小姓から坊主, 告げ少しも悪びれない, 告げ尤も表面学校生活は, 告げ居間に帰り, 告げ左膳は今どっち, 告げれも, 告げ平家都落ちの悲劇, 告げ幼き兒を, 告げ幽霊なれば, 告げ広き意味に, 告げ庭前で又, 告げ張飛に会っ, 告げ強心剤の注射, 告げ院第, 告げ彼自身も友人, 告げ後事を托し, 告げ贔屓を, 告げ応接室に入る, 告げ忠宗は承知, 告げ恐る恐る中川家の, 告げに彼等, 告げ我がこの苦を, 告げる慰め, 告げ手術中誰も中, 告げ承認を得, 告げ招待をし, 告げ指令を仰いだ, 告げひを, 告げ教えられたところと, 告げ助に, 告げをした, 告げ旅支度して, 告げ日本執政の来る, 告げ日本酒正宗一瓶一円五十銭なりと, 告げ早速な処置, 告げ歌いながら, 告げは入閣, 告げ昨日の散歩, 告げ時間がなお, 告げには卯木, 告げ更に碑上に, 告げ有りけるを驚かぬ, 告げの食事, 告げ村人海上の難, 告げたれり, 告げ松原内匠も用事, 告げ果して生まる, 告げ柳営大奥へ伺候, 告げの頃檜木村, 告げ模造首飾り事件の片づく, 告げ次に海舟先生の, 告げ欣々然として潔ぎよく, 告げ欺瞞者を呪い, 告げ武村兵曹に送られ, 告げを転じ, 告げ死因に就, 告げ水上より早舟, 告げ江陵の城, 告げ浜田吉兵衛は喜ん, 告げ淀川の岸, 告げ火の気がなくなる, 告げ無知が始まる, 告げは盗人, 告げ罪ある, 告げ玉環を見せよう, 告げも一安心, 告げ王滝の方, 告げ申さんとする, 告げ申したという記事, 告げ町役場の前, 告げ隷また, 告げ直ぐに此, 告げ相当の代価, 告げをこらし, 告げ知らされるといふ, 告げ知らするに二人, 告げ知らせしに和尚, 告げ知らせたところが他人, 告げ知らせたい烈しい衝動, 告げ知らせたかったのです, 告げ知らせると平太, 告げ確かり食事, 告げ示し置きたし, 告げ神仏の来臨, 告げ秀吉も質子, 告げ秀子を捕縛, 告げ私達の最も, 告げ精神勞作の休息, 告げ終に借金が, 告げ終らないかの際, 告げ美人が此, 告げして, 告げしかる上, 告げ聴かされたときにも, 告げ自信のない新しい, 告げ自決をすすめん, 告げ自身案内に立ちかけた, 告げを離れ去る, 告げや供物, 告げ若殿が悦び, 告げ茶菓なぞ取り出し, 告げ荊州の危急, 告げ蘇武が胡国, 告げ行衛定めぬ草枕, 告げ街中で見かけた, 告げ叔父各大, 告げ警官を同道, 告げ赤ん坊をつれ, 告げ越したる事なけれ, 告げ農業の必要労働, 告げ退け給はず, 告げ造り改めた裏, 告げ遠慮なく穏やかに, 告げ適当な相手, 告げ邸内を隈, 告げ邸門を閉ざし, 告げ部将はこれ, 告げ金兵衛にも告げた, 告げ金眸が洞, 告げ鎌田新介ひとり, 告げ隣村山口に帰り, 告げ雇人も全部解雇, 告げに及ばしめ, 告げ青山半蔵がここ, 告げ青山小竹両家の改典, 告げて縮れたる, 告げ駿三が今度林田, 告げや獣, 告げ鳴らしている, 告げ6日の午後家