青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「包~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

勢力~ ~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い 匂い~
包~
~包まれ 包まれ~ ~包み 包み~ ~包ん 包ん~ ~包んだ 包んだ~ 匕首~ 化~

「包~」 2581, 25ppm, 4699位

▼ 包~ (1182, 45.8%)

51 持って 25 抱えて 22 持つて 20 開いて 19 小脇に 18 出して 17 解いて 16 抱へて 13 背負って 11 もって, 提げて 10 下げて, 取り出して, 開けて 8 あけて 7 さげて 6 そこへ, 取出した, 取出して, 抱へ, 置いて, 膝の, 見て, 解いた 5 手に, 斜に, 肩に, 背に, 解きました

4 [12件] あけると, かかえて, ほどいて, 取り出すと, 受取ると, 差し出して, 拡げて, 片手に, 私の, 脊負って, 解くと, 開いた

3 [18件] どこかへ, ほどいた, ほどきながら, 両手に, 出した, 出したの, 出す, 取って, 受取って, 抱いて, 提げながら, 斜めに, 渡した, 置いた, 腰に, 自分の, 解きながら, 貰って

2 [65件] おくと, とりだして, ひらいて, ひらく衣兜, ひろげて, ぶらさげて, ほぐして, ほどくと, みつけて, クルクルと, ポケットに, 一つ抱へて, 下して, 下に, 二つ出し, 二人の, 前に, 十文字に, 卓の, 取りだした, 取り上げようと, 取り上げ乍ら, 取り出した, 取り出しながら, 受けとった, 受取った, 奪られ, 差し出し, 差出した, 引寄せ, 引攫って, 懐ろに, 投出す音, 抛り出して, 抱えながら, 拾って, 持たせて, 持ち易, 持ち片手, 持ったまま, 持歩い, 提げた儘, 握って, 明けて, 机の, 柳の, 渡したん, 渡して, 生命よりも, 畳の, 直して, 眺めて, 示しながら, 紛失し, 背なかに, 胸に, 腋の下に, 見たが, 載せて, 開くと, 開けながら, 預かつ, 預けたが, 首に, 首根っ子へ

1 [609件 抜粋] あけ継ぎ, あずけて, あらためて肩, いくつも, いただいて, いただき校門, うんと脊負つて胸, おろした, おろしたが, おろし良吉, お前持っ, お力の, お雪, かかえた妹, かかえた田舎者, かかえなおした, かかえながら, かかえ左手, かかえ時には, かかへて, かくしたか, かついだ支那人, かなぐり捨てて, からげた細縄, くくりつけたまま, くれた, こさえて, こしらえて, こっちへ, ごつた, さげたまま, さげた繭商人, さげ妹, さし出した, さずけて, しっかり脇, しばったり, しょって, すり替えて, そつと, そのまま与え, そのまま賽銭箱, そのわけ, その上, ただ一つ, ちょっと動かし, ちょっと持ち上げ, ちょっと見た, ぢつと, つぎつぎに, つまみ出して, といて, とくと中, とりいだして, とりさよなら, とりひろげた, とり出した彼女, とると, ながめて, のせたまま, のせて, のせ手拭, ひらいた紬, ひらきまたもや, ひらき重箱, ひらくと, ひろげた巻鮨, ふつて, ふりわけに, ぶらぶらさげ, ぶら下げたり, ぶら下げた買出し係, ほどきかけて, ほどき小説本, ぽつぽつ整理, ぽんぽんと, まだ胸, もち, もち片手, もったお, もった上品, もってる彼女, もつて, もとの, やめさせる工夫, わきにおいて, わたした, わたして, サラリと解いた, ダランと, ヒョイと, ビクビクし, ボートの, ポンと, 一つお, 一つし, 一つずしり, 一つずつ, 一つづつ作らせ, 一つスレートの, 一つ下げ, 一つ宛持っ, 一つ担い, 一つ持っ, 一つ提げ, 一つ清三郎の, 一つ首ねっこ, 一ぱいに, 一包提げ, 一箇取り出しました, 七兵衛の, 三つ取り出し, 三つ手に, 下げ素頭, 下し手提, 下ろして, 下ろし褪めた二重トンビ, 下駄の, 下駄箱の, 与え車, 与へられた, 両手で, 両脇, 中結えし, 乗せて, 二人で, 二包持て, 云つた, 人に, 仕上げて, 何う, 作つた, 作りはじめる, 俺達にも, 側に, 傍に, 元の, 兄の, 入れたが, 入口の, 兩手に, 八つ持っ, 六十八番地へ, 其のまま衣嚢, 其の儘此方, 再び自分, 出されたら大抵, 出しながら, 出し外, 出すの, 初江が, 千代次が, 卸して, 取った, 取らうと, 取られ, 取られた位, 取られちゃ, 取られては, 取りおろして, 取りだして, 取りだる, 取りて, 取り上げて, 取り上げるなり, 取り出しました, 取り出す, 取り寄せさせようと, 取り落す所, 取上げて, 取上げましたから, 取上げられて, 取出し, 取出し大, 取出し居間, 取出し志丈, 取出し盜賊, 取出す, 取出だして, 受けとって, 受け取るなり, 受取つた, 受取つて部屋から, 受取らずに, 受取り十分, 受取る為, 叩き, 叩きつけて, 右と, 右に, 右手に, 呉れた中味四十八円, 嘉吉に, 四つ入れ, 四谷の, 執って, 外套の, 大な, 大事さうに受取つた, 大事さうに抱へて, 大事に, 大切相に, 大地の, 大江山警部の, 大砲へ, 奪られました, 女中に, 妻に, 始末する, 家内の, 密と, 小さく西行背負, 小わきに, 少し下さい, 届けた, 届けたの, 届けた奴, 届けて, 川へ, 川中に, 左に, 左の, 左手に, 差出せば, 巻き附けて, 帆村の, 帰り途, 常子に, 広げだした, 床に, 店先に, 座上に, 廊下の, 引いて, 引きつけて, 引き出すの, 引き破った, 引たくつ, 引ったくっ, 引ったくった, 引ツたくる, 引出して, 引寄せる, 引寄せ其に, 引抱い, 彼に, 御持參, 忘れたこと, 忘れて, 忘れるな, 懐中し, 或る, 戴いて, 戸棚に, 扇の, 手前へ, 手放した事, 手早く開けた, 手渡し三宅さま, 手渡すと, 投げて, 投げ出し, 投げ出して, 投げ込もうと, 披い, 抱, 抱えたお, 抱えたまま, 抱えたまま舟, 抱えた手, 抱えとぼとぼ, 抱え十一二, 抱え宿入り姿, 抱え込んで, 抱き小間使, 抱き緊め, 抱き緊張, 抱くが, 抱へても, 担いだり, 担つて居る, 拡げ冷, 括つて, 拵へたり, 拵へて, 拵へにか, 拾った, 持たされて, 持たせ最後, 持ちあげて, 持ちだした, 持ちて, 持ちまた, 持ち乍ら, 持ち出したの, 持ち出して, 持ち出口, 持ち子供, 持ち直しながら, 持ち紺飛白, 持ち込んで, 持った間抜面, 持つた, 持つた二十四五, 持て来て, 持出した, 持込んで, 指さしながら, 指して, 指しまた, 振りながら, 振分けに, 挾んだ姿, 捜しましたよ, 捧持し, 掌の, 探って, 掴み出しさも, 掴み出した, 提げた百姓, 提げた若い, 提げとく子, 提げ大きな, 提げ蝙蝠傘, 握つて, 握りしめました, 握りつぶして, 揺りあげながら, 携えて, 携え紅茶, 携へて, 携へながら, 摘み出して, 撫でて, 擁へ, 攫われました中, 收納せよ, 改めさそう, 放ねて, 放りだして, 放り出して, 敷居の, 明智の, 板の間の, 枕と, 枕に, 枕許に, 横に, 機械台の, 此方へ, 殘し, 波江さんに, 洪は, 派手に, 海へ, 渡された, 渡すと, 渡そうと, 湯とん, 漢青年に, 無意識に, 片付く, 片隅に, 狙って, 玄関の, 白い手, 白木屋の, 盗まれましたか, 盜むこ, 目の, 眼で, 着て, 短いよう, 破いた, 私宅の, 積みあげて, 積み上げた夜, 穴の, 突き出して, 笠へ, 箱丁へと, 糸で, 紐で, 素早くもと, 結び負いに, 縄で, 置いたまま, 置き乍ら, 義観の, 聞く, 聯想し, 股の, 肩にかけて, 背負い子供, 背負い込んで, 背負うたる洗濯婆, 背負たま, 背負った丁稚小僧, 背負った人, 背負った兵, 背負った形, 背負った旅姿, 背負った男たち, 背負つ, 背負つた様子は, 背負つてゐる, 背負つて古びた, 背負つて提灯を, 背負ひし, 胡蓙の, 胴巻へ, 胸の, 脇の下に, 脇の下へ, 脊負い, 脊負う, 脊負つてお, 腕に, 腰から, 腰にくく, 自分で, 自分に, 與吉へ, 舟に, 船長の, 落したるは, 落して, 行かしめようとは, 袂から, 製造って, 襷に, 西行背負に, 見せると, 見た, 見つける事, 見なさい, 見るよう, 見る君, 見比べた, 見詰めたまま, 覗って, 解いたり, 解いた真綿, 解きに, 解きますと, 解き下し綿, 解き中, 解き大きな, 解き始める, 解き會葬者, 解き眼, 解き箱, 解くの, 解開き辨當を, 負いたり, 負うた一人, 負うて, 負つてやつ, 負つて跣足, 負は, 貰いました, 貰うの, 買うて, 買つた明日徃訪する, 賣つて, 贈らる, 載せそれ, 載せた自動車, 載せコンパクト, 返して, 遣ろうと, 釈いて, 重いもの, 重そう, 金とは, 鎧櫃の, 開きて, 開きながら, 開きました, 開きますと, 開けても, 開けり中, 開けるの, 間違えて, 隔てた一方, 隠した日, 隠す工夫, 静かに, 頂けて, 預けられ, 頭の, 頸から, 頸にかけて, 頸へ, 額へ, 飛石の, 食えと, 食べると, 首根っ子に, 鷲掴みに

▼ 包~ (281, 10.9%)

34 中から 15 中には 12 中に 7 上に 5 中を 4 中へ, 紐を, 金が, 金子を 3 なかには, ま, 中の, 握飯を, 荷を

2 [19件] ことを, なかから, やうな, やうに, ような, 上から, 中からは, 中です, 中は, 弁当を, 握り飯を, 略取, 端を, 紙を, 置いて, 薬を, 藁屑が, 袋を, 長い箱

1 [139件] うわがき, おもて, お土産, ことである, ことには, こばを, ごとく安, ごとく車, すぐそば, ためぎごちない, ときは, なかに, ふところへ, ぶくぶくした, ほかに, まま振向い, ように, よし, んだ, アンペラの, ナプキン紙には, 一つから, 一つには, 一つは, 一片や, 上へ, 上書に, 上書ばかり, 下から, 下に, 下駄を, 中からと, 中が, 中では, 中などから, 中にね, 中味は, 中央に, 中結を, 中身は, 乾きたる, 事を, 他は, 位な, 佩剣を, 偽物を, 傍へ, 儘火入の, 儘箱へ, 内容を, 凡てを, 功遥かに, 匂も, 品物は, 固い結び目, 土産を, 土産物を, 堅めた, 外に, 外観, 大きな方, 始末, 字が, 封金を, 小判が, 小判を, 嵩を, 御経, 投出され, 拵えから, 振分けを, 据り, 揚げおろし, 握飯でありました, 握飯に, 方へ, 書籍を, 書類らしい, 書類を, 札束らしい, 棺桶が, 横を, 毒薬が, 毒薬を, 煉瓦を, 物を, 生々しい一塊, 生活とが, 男を, 番を, 痕で, 着物を, 祝儀が, 祭, 端が, 等級が, 箱が, 箱と, 粉剤こそ, 粉薬を, 紙それは, 紙入を, 結びへ, 結び目に, 結目を, 緒を, 置き場に, 胡麻の, 胸元を, 脇差を, 腰兵糧で, 色も, 荷物が, 荷造りを, 藥有りけれ, 表に, 表には, 袖に, 角ばった, 角ばつたのを, 語を, 買物が, 金, 金と, 金は, 金を, 金事情は, 金取出し二個に, 金子と, 銀貨を, 鍛えた七寸, 際今年の, 雪を, 頓服と, 類を, 飯つぎや, 餅を, 駄菓子, 鶏の

▼ 包~ (135, 5.2%)

4 出て 3 置いて 2 あった, ある, 五つ, 出た, 無いのに, 私の, 紛失し, 邪魔に

1 [112件] あったそれ, あります, ありませんか, あり不断着, あるだけ, あるの, いい値, いつのまにか紛失, おいよさん, かくして, ごとく謀りし故, しまって, すでに焦げ, ずり落ちた, その錦絵, それである, ちゃんとあった, ちらかって, つくりと, とかれて, とどいたから, とんで, どうしても, どの戸棚, ない, まだ放り出し, ガランガランと, スリ替えられ, バタリと, 一つあります, 一つ外に, 一つ書棚が, 一斤二十五銭うどんかけが, 上に, 並べられた訳, 二つ, 二つあり, 二つある, 二つお, 二つも, 二つ出來た, 二つ出來上つて押入れ, 二つ出来上つて押入れ, 二つ葛籠が, 二つ部屋の, 二十, 二服入っ, 何であつ, 何等級に, 八つばかり, 出ると, 出来あがる頃, 出来ました, 出来るくら, 出来ると, 出現した, 半分出, 各耕作者別, 四つ外に, 四つ飛出しやがった, 大きいわねえ, 大きくなっ, 大事そうに, 好きだ, 宙を, 小山の, 届いたが, 彼の, 彼女の, 後生大事に, 急いで, 恭しく供え, 我々の, 持たれて, 揺れたろう, 擦りついた, 新聞紙だ, 有って, 木炭と, 残って, 気に, 氣に, 無えから, 現われそれ, 現われた, 甘澁, 目を, 相当な, 石で, 破れたため, 結い附けては, 結び畢つた時一寸心持が, 艦上に, 落て有しと, 蒸されて, 裏の, 見る間, 解かれ煎餅, 解かれ竹, 転がって, 載せられて, 近くに, 運ばれた, 配られた, 釈かれて, 開かれなかみの箱, 障子を, 非常に, 飛び出した, 駅から, 駈け出した拍子, 黒い布呂敷

▼ 包~ (123, 4.8%)

38 して 5 手を 3 分けて 2 つけるか, なって, なつて, 入れた, 入れて

1 [67件] あるやうぢ, あるよう, ある物, くくって, くるん, くるんで, こしら, こぼれた, こめられたあらゆる, これほどで, した, したいという, したの, したほどの, したる菓子, した菓子箱, した赤砂糖, しては, しでかけるし, しまして, しまって, しまつ, し浅黄, そそがれた, ぢつと, つけて, なし二尺四寸五分順慶長光, なったの, なにか書状, はじめて蓬莱和子, まとめのこった財産, わたくしの, 二升の, 代え味噌, 倚りかかっ, 入れ, 入れそのまま人知れず, 入れられた物, 包まれず或, 包みそうして, 包んだ反物, 化けて, 収め見返り, 弁当箱に, 御納, 手拭を, 拵えて, 描いたばら, 気がついた, 油紙の, 火を, 由なし, 百五十円入っ, 目を, 眼を, 荷造りし, 蚊帳の, 行く, 袖を, 触った, 足を, 躓かなかったら手前, 近いところ, 返し残, 関係が, 附けて, 集めた瞳

▼ 包~ (113, 4.4%)

5 の中 3 に包んだ 2 に包まれた, に豆, のまま, の一片, の雨, をやぶっ, を折っ, を破っ, を解い

1 [87件] からパン, がすて, がちらばる, が一枚, が出, が帯, が机, が沢山, が皺, が着け, が見えない, であった, ですがね, ですよ, でつ, で腰張, としてもなかなか, とのし, なども無地, にくるんだ, にする, にちゃんと, には詩人, にも悪, にやぶこう, にわたくし, に下, に使った, に包ん, に宇津屋, に書かれた, に残っ, に非常, のかかっ, のほぐれ, のやう, のよう, のゴワゴワ, の上, の下, の余白, の出所, の印刷, の反古みたい, の実物, の屑, の文字, の新聞, の新聞紙, の模様職人, の皺, の破かれる, の紺, の裏, の黴臭い, はたしかに, は一応, は一應反覆, は封緘紙, は幾度, も解いてない, やキャラメル, やボール函, や水引, や由来書, や箱, を, をとらせ, をどこ, をもう一度, を三角, を使用, を取り除ける, を客, を廉, を握る, を細かく, を脱, を見る, を調べた, を買っ, を開いた, を開き, を開きかける, を除く, を隠し, を隠しました

▼ 包~ (62, 2.4%)

2 三つとも, 少し破れました

1 [58件] いつて, おくみ, お持ち, お返し申します, くるくると, これです, ございましたか, すぐ畳, そのま, ちゃんと枕もと, ぢいの, ないし, なんだ, はじめてだ, ぽつんと部屋, むき出しに, 一時も, 丁寧に, 丁度切り餅, 上等だ, 二人の, 五瓩以上三十瓩以下といふ, 何だ, 元通り踏石の, 兼ねて, 呶鳴ッた, 地圖やら, 奪られ, 容易く開いた, 少々色消し, 必要事項の, 戴く訳, 持たなかったに, 持歸り, 故郷の, 更に見えません, 次々に, 母が, 池大雅が, 濱名湖の, 煤け破れて, 癇癪まぎれ, 碧い, 絶対に, 縫いつけて, 腰ぎりにちょうど乗る, 若しや, 草に, 見出されなかった, 豊和が, 軍鶏かい, 輪を, 重いもの, 金鍔である, 難なく其処, 難なく其處, 青色の, 駕籠に

▼ 包~ (53, 2.1%)

4 一緒に 2 碧血斑, 蝙蝠傘とを, 覚しいの

1 [43件] いっしょに, うどんは, お父さんの, かえられて, した, すれば, ついでに, なって, まだ穿かう, インク壺とを, サトーを, バスケットを, ボウイさんとの, 一しよ, 一つに, 一つの, 一本の, 交換する, 人で, 傘を, 取違えたの, 古びた帽子, 同じやう, 同時に在留日本人間, 吾れ, 塩の, 子供を, 小さい妹, 水とを, 洋傘とを, 珈琲だけで, 破れた鞄, 糸に, 紙幣とを, 見事な, 覚しいもの, 触ると, 言い箱, 辨当箱を, 長い電線, 長煙管, 雀斑は, 非常に

▼ 包~ (43, 1.7%)

3 を持っ 2 の中, の価値, をよこせ

1 [34件] あるを, だか, とを受け取り, の結び目, はお, は奥様, は渡されない, をお, をだしかけた, をどう, をどこ, をひらい, をほどい, をグイ, を両手, を取り落とした, を取り返そう, を取ろう取られまい, を取出させた, を受け取り, を奪い取ろう, を島太夫, を手中, を拾いあげ, を持たせ, を持ち出したる, を持つ, を益々しっかり, を盛りあげ, を直接, を膝, を見詰めた, を賜, を開け

▼ 包~ (35, 1.4%)

2 に乗っ, に乗った, の素足, の群れ, の車輪, を呼びとめ, を呼びとめる

1 [21件] が何台, が流れ, が甲谷, が群がっ, が花, が走り出した, でも呼ぶ, に乗る, に速力, の上, の車体, の車夫, は走る, や通行人, をつっかけ, を呼びとめた, を呼んだ, を挽く, を選ん, を驅, 挽きなどを

▼ 包から~ (32, 1.2%)

2 荒い縞

1 [30件] ころがり出した, ころがり出たばかり, そのいわゆる古物, よそゆき下駄を, コツプを, 下駄を, 乏しい金, 出した, 出して, 別に, 別の, 取出して, 取出すと, 古い杖, 屋敷の, 帽子を, 怪しげな, 提供される, 新聞の, 書類と, 梨を, 獲つ, 疵の, 菓子を, 薬を, 薬品を, 蜜柑を, 転がして, 辨當の, 錦の

▼ 包~ (24, 0.9%)

6 されて 2 した

1 [16件] されその, された上, された形, された者ども, して, し誰彼, し鳴轟, す, する自然, せられたる市街, に會つて家財, に會つて死去, に脅迫, の網, の際, を破つた

▼ 包孝粛~ (24, 0.9%)

6 の芝居 2 に扮, は宋時代

1 [14件] がその, が大岡捌き, によるの, のよう, の再来, の姿, の扮装, の狂言, の舞台, は遠い, も何, を出し, を売, を打ちつづけ

▼ 包~ (18, 0.7%)

3 何かを 2 行李を

1 [13件] いろいろ運び入れ, バツグなどは, マッチを, リュックと, 何か, 傘など, 古行李, 巻物に, 新聞を, 目録を, 紙の, 花束などで, 荷箱の

▼ 包とを~ (17, 0.7%)

2 持って

1 [15件] お玉に, すっかり引合わせ, 並べて, 事新しくながめます, 兩手に, 取った, 折り曲げた左, 抱へて, 持ち立ちかけた京葉, 持つて, 網を, 置いて, 見比べるばかり, 運んだ, 部屋の

▼ 包~ (15, 0.6%)

3 解かずに

1 [12件] ありません, あれば, せで, ところどころ焦げ, ならざれば, みんなお, 一週間に, 下駄も, 二つ三つという, 出て, 出府した, 小麦粉から

▼ 包~ (13, 0.5%)

4 して 2 されて 1 されるの, しながら, する, するに, する個體的自我, せざるを, せられて

▼ 包~ (11, 0.4%)

1 [11件] あらう, お客に, くれと, ベンチが, 中には, 帰ろうと, 烈しくとばす, 烈しく飛ばす, 百梃, 背負ひもならず, 頬を

▼ 包まっ~ (11, 0.4%)

4 ている 2 ていた 1 てい, てから家, てそこ, てどこ, て寝かされ

▼ 包~ (11, 0.4%)

2 して 1 されるといふ, される種概念, し得る, すること, すると, するとき, の心境, は俺, 若くは

▼ 包には~ (8, 0.3%)

1 あるアルカロイド, ローソクが, 二宮金次郎の, 写本の, 皆無害な, 稼ぎの, 金十五両と, 非常な

▼ 包世臣~ (8, 0.3%)

1 からし, と同, の力, の考, は張得天, は書, は藝舟雙楫, を祖述

▼ 包~ (7, 0.3%)

3 何かを 1 なんか置い, 何かが, 何の, 風呂敷包を

▼ 包まった~ (7, 0.3%)

1 ほど小雨, 十燭の, 古新聞紙, 小ボブ, 幾組かの, 微妙な, 赤坊を

▼ 包~ (7, 0.3%)

4 して 1 するの, す可きもの, せられて

▼ 包~ (7, 0.3%)

1 が全部, して, といふ最後, の繩, の薦, の薦代, を剥ぎ

▼ 包~ (6, 0.2%)

4 の大刀 1 の太刀, を右

▼ 包~ (5, 0.2%)

1 下されたり, 床の, 盜取跡は, 置きけるとぞ, 金二百疋を

▼ 包でも~ (5, 0.2%)

1 下げながら, 宜い, 持つよう, 持て行, 提げて

▼ 包ましや~ (5, 0.2%)

1 かなお, かな姿, かな毛糸, かに色傘, かに薄

▼ 包一つ~ (5, 0.2%)

1 とに区分, はお前, を抱えた, 持って, 持つて

▼ 包~ (5, 0.2%)

2 せらる 1 せずんば, せる属僚, せる屬僚

▼ 包~ (4, 0.2%)

2 手を 1 あてがって, 入れて

▼ 包まし~ (4, 0.2%)

3 さなれ 1 くさしうつむかれた

▼ 包まで~ (4, 0.2%)

1 いうに, いふに, 夫の, 申すを

▼ 包もの~ (4, 0.2%)

2 のよう 1 が達, に字

▼ 包~ (4, 0.2%)

21 ていた, て虚有縹緲

▼ 包擁し~ (4, 0.2%)

2 ている 1 て居る, て空

▼ 包ずつ~ (3, 0.1%)

1 お景物, 十包飲め, 戸数割で

▼ 包~ (3, 0.1%)

1 のが, よ, 前掛

▼ 包である~ (3, 0.1%)

1 かなに, が, 秀子が

▼ 包など~ (3, 0.1%)

1 きちんと隅, さげて, なり

▼ 包なんか~ (3, 0.1%)

1 持って, 持つて, 背負って

▼ 包らしい~ (3, 0.1%)

1 が, 怪しい袋, 物なぞが

▼ 包~ (3, 0.1%)

1 ヲ持ッテイルガ, 又ソノ上カラ厚地, 又ソノ上ニ白金懐炉

▼ 包圍攻撃~ (3, 0.1%)

1 して, に遭, を喰つて

▼ 包~ (3, 0.1%)

1 に村名, に等級, に記帳係

▼ 包あり~ (2, 0.1%)

1 是を, 莱

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 弁当も, 験しの

▼ 包からは~ (2, 0.1%)

1 ボール箱に, 新聞紙に

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 て一束, 金を

▼ 包だけ~ (2, 0.1%)

1 でありました, では

▼ 包だの~ (2, 0.1%)

1 三ツも, 小箱

▼ 包という~ (2, 0.1%)

1 そのルビー, 者が

▼ 包として~ (2, 0.1%)

1 あります, 送りました

▼ 包などを~ (2, 0.1%)

1 受取って, 首から

▼ 包はや~ (2, 0.1%)

2 薄青し

▼ 包ましい~ (2, 0.1%)

1 腰の, 膝の

▼ 包ましげ~ (2, 0.1%)

1 なるに, な目

▼ 包むにあまりて音~ (2, 0.1%)

2 に出でぬ

▼ 包をば~ (2, 0.1%)

1 よいしょと, 宿に

▼ 包キウリ一樽お送り~ (2, 0.1%)

1 申しあげましたところ, 申し上げましたところ

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 デ屯スルハ兵家, デ握

▼ 包一ツ蝙蝠傘一本帽子~ (2, 0.1%)

2 それだけな

▼ 包入り~ (2, 0.1%)

2 の丁字帯

▼ 包半紙折~ (2, 0.1%)

2 懸上

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 が眼, の裏

▼ 包持っ~ (2, 0.1%)

1 て, て行った

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 や日數, を各

▼ 包有す~ (2, 0.1%)

2 と雖

▼ 包毛利元康筑紫~ (2, 0.1%)

2 広門等五千

▼ 包水引~ (2, 0.1%)

1 を掛け, を装っ

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 である, となった

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 べき御, 上げます迄

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 だよ, に証明

▼ 包~ (2, 0.1%)

1 に突込ん, の見返し

▼ 包裝紙~ (2, 0.1%)

1 の意匠, を取り上げる

▼ 包隠す~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼1* [190件]

くれば, 包いた叔父が, 包いま逆光に赤き, 包おけば敗餒, 包おちへ来, 包かと思いますと, 包からでも判るのに, 包からの鑑定を, 包かれた木一本ない, 包かを渡しますと, 包がっくりと抜衣紋, 包こぼしてしまっ, 包ごとに煙草, 包つそく, 包さげてぞろぞろ, 包さし出しはべれば上人, 包の脇差ざのはぞうしさな, 包しものありて, 包じゃないの, 包すなわち問題の, 包すべて斯の部屋, 包告れ, 包ず思ひ込で, 包そして焼酎一合, 包その辺を, 包それから一かけ, 包たった一つを, 包だけを見ても, 包っていたり, 包づつ用意して, 包づゝを備, 包であったのである, 包でございますが, 包ですよ, 包ではございますが, 包とかあいらしい爪, 包とが大いに奨励, 包とで太郎吉を, 包とでもいうの, 包とに気がついて, 包とりおろし結び目と, 包と共に辻堂の, 包なぞは決して持つ, 包なぞを小脇に, 包などが大小幾つと, 包なら誰も, 包について警戒し, 包にても手に, 包たまひき, 包のみそれぞれ一端を, 包ばかりがいくつも, 包へがくりと, 包ほどけば父親, 包ほどのものを, 包まいでもよい, 包ましい見得ものう, 包ましき事をも, 包まず申上る, 包まってる詩, 包までも包み直して, 包まるくらいな, 包みこむようにしてしばらくじっとしていたのち鳥の摺り餌入れみたい, 包みそへてあつ, 包むとすれどおのずから身にあふるる, 包むめる名や洩り出, 包むようなもちかたでもって台所へ出, 包もっておみやげ, 包もわづか十四, 包やら水筒やらを, 包やらを無理強いに, 包やをウンと, 包ば二つ, 包の戦功, 包れたがさて, 包れたる心地し, 包をかかへもう一方, 包をかかへながらこの店, 包をと云った, 包を以て世界と, 包背負いまして, 包ハンケチに似た, 包バスケット土釜鍋鉢の炊事道具, 包ミハ提ゲテイタガ僕ノ見, 包ミ紙ラシイモノニ包ンダ細長イ, 包ム二旬ニシテ一タビ剥ゲバ転ジテ復タ上ニ生ズ, 包ンダ細長イ, 包ンダモノヲ二本風呂敷ヲ解イテナイトテーブルノ上ニ置ク, 包ンダ豆腐ヲ土産ニ持チ, 包がどう, 包一ツえらそう, 包一人当一つ, 包一個を船室, 包世界的なるを, 包乾魚をまるめた, 包二つ出して, 包二個を手拭, 包二包ですよ, 包五山脈六水脈七五服八四至に分類, 包の銘, 包則蒔絵では白山松哉, 包半紙半分折懸上, 包南無緑平老, 包つて, 包取りだし握飯一つ撮み, 包口イ持って, 包する人類愛, 包合せなければならない, 包を吉, 包吹き飛ばしてしもうて, 包と併せ, 包咸孔安国馬融鄭玄王粛などの学者, 包圍亂打の下, 包圍十年に亙り, 包圍戰では手兵, 包圍身にう, 包圍軍の方, 包圍軍ヨリ寛過サレシ理由, 包堅固で實物, 包大方取に, 包奉納と書水引, 包子供たちの前, 包が母, 包のまま通用, 包小包便で御手許, 包小脇に抱, 包が二銭, 包弁当をぶら下げ, 包引き割くよう, 包待制のごとき, 包するところ, 包手早く解きて, 包置いて, 包押し込むと急い, 包持て帰つて参り, 包振分けの荷, 包提げていた, 包提げたるあり仕切の, 包攝融合の道, 包數等をそれぞれ, 包數葉分等級量目について讀み上げる, 包と称する, 包の太刀, 包の説, 包混雑に職員の, 包清書を入れた, 包渡して呉れた, 包渡しますと, 包熨斗が出, 包物開て見れ, 包を數, 包犧神農などを説い, 包用意して, 包皆燒いたの, 包真中へ紅白, 包真四角なの, 包福三郎の持薬, 包に亂飛, 包米ビーンズに高粱飯, 包紙ごとまるめて, 包紙入の, 包紙屋の模様, 包の三つ, 包背負ひたる女房, 包が一つ一つ落ち, 包がおい, 包藏シテ其ノ猶, 包藏ストナシテ敵味方ノ警戒, 包して, 包の香り, 包袱紗の縮緬, 包する粋美, 包見るやうに, 包へた, 包貳拾圓なり, 包買つてやつた, 包車一台を親方, 包し得べき者, 包速達しました, 包隠して開帆, 包なるころ, 包にひらき, 包との継ぎ目, 包鞘手術などをやる気遣い, 包鎮まで, 包頭跣足一見たちまち蛮人, 包頭連の七百, 包頭鎮から先, 包飲めばその, 包飲んで寝ました, 包の羽