青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叩い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

古く~ 古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い
叩い~
~叩く 叩く~ ~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~

「叩い~」 2055, 21ppm, 5394位

▼ 叩い~ (1705, 83.0%)

40 いた 26 いる 20 見せた 18 ゐた 17 いるの 16 みた, 見た 15 見ると 14 みせた 13 ゐる 11 いたが 10 みても, 見たり 9 やった, 叫んだ 8 みて, みると 7 おります, 女中を, 居ります

6 [11件] いるうち, いる音, みたが, みたり, みました, ゐたが, ゐるの, 居りました, 居る, 拍子を, 見せるの

5 いたの, いるよう, やれ, ゐました, ゐるうち, 云った, 見せる

4 [15件] いった, いました, くれ, くれた, ペロリと, 人を, 入って, 居た, 居るの, 念仏を, 灰を, 笑って, 笑つた, 見せて, 見ましたが

3 [32件] いましたが, います, いるが, いる者, それから, みせる, やつた, やりながら, 下女を, 云つた, 出て, 合図する, 合図を, 廻って, 彼の, 彼は, 水を, 渡る主義, 笑った, 自分を, 舌を, 蛇を, 行くの, 見せると, 見たが, 見て, 見る, 言いました, 言った, 起した, 酒を, 首を

2 [90件] あるいた, いうには, いたそう, いたら, いるじゃ, いるもの, いる様子, いる私, うちには, おりましたが, お題目, こういった, その大根, その方法, まわりました, みたけれど, みたけれども, みよう, みる, みるの, みるよう, やって, やらう, やりました, やります, よろこびました, ゐたの, ゐます, ゐやがるな, ゐると, ゐるので, ゐるんぢ, ゐる音, バターで, 低く喇叭節, 何か, 先に, 口を, 呉れと, 呼んで, 喇叭節を, 喜んで, 喝采した, 囃したてた, 大笑いする, 天井を, 奇声を, 女の, 廻りだから, 手を, 手水鉢の, 指を, 斯う, 更に, 本能寺の, 歩いた, 歩いたが, 歩いて, 気を, 波音が, 注意を, 渡るよう, 渡る男, 男の, 私は, 立ち上った, 笑いながら, 粉に, 紫の, 細かくし, 胸などを, 行く, 見せました, 見ました, 見ませう, 見ませうか, 言って, 言つた, 話を, 調子を, 賞める, 赤前垂の, 起ち上った, 逃げて, 酔つ, 開けて, 静かに, 非常に, 音を, 飲んで

1 [987件 抜粋] あけさせませう, あげましょう, あげる, あつと, ある, いいもの, いくらか, いたなごり, いた乾いた音, いた妻, いた準之助氏, いて, いねえでさあ, いのちの, いますが, いようと, いるかの, いること, いるすぐ, いると, いるという, いるので, いるらしい澄み渡ったカン, いるピラム, いる処, いる天井, いる実業家, いる店, いる旅扮装い, いる澄んだ響, いる男, いる言葉尻, いる通信, いれば, ううっと, うわずった声, おいで, おかはり, おく必要, おこり出した, おやり, おりますが, お前は, お呉れ, お振りかけなさい, お綱, お送りしましょう, かう云, かれは, きた, ください, くれたり, くれた草鞋, くれない限り, くれるの, くれ一人, けツ, こう叫び, こう叫んだ, こう流し, ことごとくその, こまそ, これある, これを, ころげまわってから, ご覧なさい, さぞうるさく, さへ, しくしく泣い, しまうべきだと, しまおうて, しまひました, すいと, すます頃, そういった, そう大声, そして純, その上, その手, その木, その貴族, その鷹, それから一寸, それから自分の, たやすく形, ちょっとも, つめた, とりこみます, どなった, どよめきけり, ならして, にっこり笑いました, はやしたって, はやし立てた, はやす, ひとつ聞い, びっくりした, ふたことみこと威厳, ほろ酔い機嫌を, また大きい, まわりましたが, みせすると, みせたの, みせた鶴枝, みせました, みたそれでも, みたらその, みたら音, みてさ, みねえ, みましょうかな, みようでは, みるより, みろ, みろ必ず, もう眠っ, もちつとも, もらって, やったもの, やったん, やつて, やまなかったの, やや小康, やらなくちゃ, やりたいの, やりたかつたが, やりたく思ふこと, やりましょうよ, やり度, やるか, やるぞ, やると, やるん, やれと, ゆく, ゆく人達, ゆさぶるうち, ようやく鬼仏洞, よろこぶよう, よろこんで, わたる, わめく, わらいました, われらの, ゐたつて, ゐたり, ゐた昔, ゐましたが, ゐますの, ゐや, ゐること, ゐるもの, ゐるわ, ゐる可憐, ゐる文学青年, ゐる相撲, ゐる鍛冶屋さん, アホダラ経みたいな, カラ, スパセニアが, ナーそれから, ニヤニヤと, パッと, パンパンという, フヽンと, ポンポン鳴らした, ラハーキャローラハーキャローと, ワンワン詰め寄る, 一人の, 一散に, 一泊を, 三人ここで, 三州は, 三語楼と, 上げる, 上り船に, 下されば, 下女の, 中なる, 中を, 中間の, 亀吉が, 二百円の, 云った者, 云ふ, 井筒屋の, 人々の, 今一度一声なり, 今晩はって, 以来彼は, 伝右の, 伸子の, 何うせ, 何やら訳, 來ます, 信号した, 傍の, 僕も, 先生ありや, 先生を, 全軍, 公園の, 其れ, 内の人を, 出して, 出す音, 出陣を, 別れたが, 加えまして, 励ました, 動揺めき笑う, 勢い切った, 勢よく, 去つた, 又娘, 取次げと, 口で, 口惜しいぢ, 口論などが, 叩く度, 叱ったおもい, 叱られた後, 名を, 吼えるの, 呉れた, 呉れる様, 味噌を, 呻った, 呼び起して, 呼んでも, 哄笑を, 唄たつ, 唱へ, 喚きたて, 喜こぶ, 喜び出した, 喜んだ, 喜んでるから, 囃すの, 固めて, 土下座する, 堂の, 塩少し, 変な, 外部と, 大きく笑, 大に, 大声する, 大変だ, 太子の, 奥を, 女中に, 妻の, 嬉しそう, 安直の, 家の, 容易に, 寺域追放の, 小さいよろこび, 小使の, 小間使ひ, 少しの, 居たって, 居たよう, 居ようと, 居るか, 居る一年, 居る其の, 居る姿, 居る時, 居る音, 山の, 帰したらろくな, 平らに, 幼い妹, 幽霊が, 座敷へ, 廻った, 廻りますよ, 廻るくら, 廻る合間, 引っ組ん, 彼を, 彼等の, 待つて, 後の, 後を, 復た, 徹底的に, 快く詫, 念仏供養を, 怒りの, 怒り出された, 怒鳴つた, 思い出そうと, 急病人, 悔いてでも, 悪戯を, 愉快がっ, 感じいった, 慰めた, 扉を, 手伝った, 手紙を, 打って, 払いゆるんだ頬かむり, 抱きあい, 招ぶといきなり, 拠ろなし, 提灯の, 摺ったもの, 支那語で, 文句が, 斬れるもん, 斯んな, 日を, 星野は, 曰く, 朦朧と, 村内の, 来たか, 来たので, 来臨を, 松沢に, 柔らかに, 案内を, 横に, 樽野の, 歌いだして, 歓び躍った, 歓声を, 歩かせようと, 歩く丈, 歩く様子, 死慾ばかり, 気勢を, 水夫達の, 河の, 泣かせる若者, 注文した, 浮陀落を, 消さうと, 渡つて行く, 渡るほう, 渡る人, 渡る流儀, 滝の, 漸く起き, 灰殻を, 無事でゐる, 無理を, 煙草ばかり, 照ちやんを, 牛丸少年に, 物語りし昔, 狐を, 独り言を, 玄関へ, 琴の, 用事を, 町廻り, 番頭を, 疲弊に, 白状させる, 皮肉な, 直ぐ, 相手の, 眼に, 知らせた後, 砕いて, 秀麿の, 穴を, 突き貫く, 立ち上ったの, 立った, 立上りました, 竦んだが, 笑いは, 笑い出しました, 笑う, 笑ったきり, 笑ったやつ, 笑った女, 笑った英, 笑つてこちらを, 笑は, 笑ひ出した, 笑わせたの, 笛吹い, 答えます, 篠原の, 米を, 納屋に, 細かな, 続けさま, 総長に, 繰り出すといふ, 置く方, 罵ッ, 義太夫語りの, 老院主, 聞いて, 聞くだに, 肉を, 脇差を, 腰かけ料を, 腹を, 膝を, 自分と, 舌出し人形の, 船員たちを, 芳年が, 苦しがっ, 苦笑いしました, 英語で, 菓子売が, 落ち出した, 董卓の, 藤吉は, 行きました, 行き違った, 行く水兵, 行っちまった, 袂を, 見せたの, 見せられて, 見たの, 見ても, 見なくても, 見るか, 見るの, 見る気, 見ろ, 覚束ない, 言い放ちます, 言葉を, 訪れたが, 訪れるもの, 詫び入った, 語り出した, 誰か, 調べ天井は, 論じ合うと, 諫めた, 警官と, 貰いながら, 貰うそれ, 貰つ, 費耀は, 賛成した, 起き上った, 起すと, 跳り出た, 踊つてゐる, 踊り出すの, 踊るやう, 躍って, 躍り上った, 身体を, 軍艦明石の, 転げ込んで, 辻さんが, 近侍を, 近所を, 返事を, 追う, 追從, 通った, 通りました, 通行の, 運転手を, 遠野と, 邵に, 酒の, 酔ツ私ひ, 野禽を, 金吾を, 金田一さん, 銚子の, 門番さんを, 開けさせ下女, 開けようと, 間の, 阿呆陀羅経を, 院全体への, 階段を, 隠居は, 青い迷走, 順々に, 顫える, 飛び入りの, 飛んで, 飯坂ぢやあ, 飴を, 馳せ寄る響, 駈けて, 騒ぎ立てる, 驚嘆した, 黒白の, 黙って

▼ 叩いたり~ (201, 9.8%)

31 して 18 した 9 するの 4 笑ったり 3 何か, 眼を 2 こすったり, 引っぱったり, 手を, 木の, 泣き濡れて, 自分の, 長ん

1 [119件] あまり勝手, あるいはまた彼, あるいは万年筆, いろ, いろいろと, いろいろ介抱, がたがた試み, こぶしを, ころがしたり, したあの, したが, したくらい, したみ酒を, してを, しなかったらこの, しました, しましたが, しましたの, しや, し始めた, すつかり, する, するいひますわ, するお, するので, する六歳, する役目, する有, せんと, つき飛ばしたり, つぶしたり, なさるけれど, なさるん, ひろい水面, ふざけたり, へらず口を, または大きな, ゆす振つたり, よろこび廻ったが, フォークで, 三味線を, 下を, 下手な, 乳管を, 何やら素人, 倉田が, 刻んだり, 又は誰々, 口を, 口腔に, 呼んだり, 唇を, 喚き声, 嘗めたり, 土塊を, 壁を, 声を, 大声を, 小さな曲, 小口の, 小股を, 小鬢を, 床板を, 弱々しい声, 御神酒を, 戸の, 手招きし, 打ったり, 打つたり, 抑え切れぬ愛情, 押したり, 掃いたり, 握手を, 撫でたり, 撲ったり, 擦ったり, 放歌し, 木を, 棒や, 樹を, 水を, 注射を, 洗えるだけの, 無雑作, 然も, 煙管を, 球投げ, 男女の, 真佐子真佐子と, 石ころを, 立つた腹, 笑い出し, 笛太鼓も, 縁側の, 耳を, 肋骨を, 胸を, 脚を, 腹を, 膝を, 自分大将の, 舌を, 舌打し, 草摺を, 落しに, 襟を, 足で, 足ぶみし, 足踏みを, 蹴ったり, 身体を, 避けて, 雨戸を, 靴の, 頬を, 頭を, 顔から, 鼻を, 鼻柱を

▼ 叩いても~ (106, 5.2%)

5 ビクとも 3 何の, 返事が 2 切れるもの, 動かない, 叩いても, 手の, 押しても

1 [85件] あのハーモニカ, ありませんでした, い, いい兎, この答え, そら嘯い, それが, そんな陽気, にこりとも, まるで活き, やつて, やはり黙っ, ボンボンと, 一本, 中から, 中へ, 五百両を, 人中を, 仕方が, 何のかんのと, 何んにも, 凡そ妙案, 割れない位, 匿って, 厚い板戸, 叩きば, 叱つて, 同じ事, 呼んでも, 埃一つでない, 家の, 容易に, 岩壁は, 幾らも, 引っ張っても, 後い, 御眼, 微塵動こう, 応答が, 息も, 戦時らしい, 手ごたえが, 撫でても, 文句は, 桜の, 構は, 殆ん, 決して易々, 決して本音, 決して醒めなかつた, 湯を, 熟睡から, 猫が, 甘えて, 甲斐のねェ, 神の, 神韻の, 私が, 窺いても, 粒状に, 聞えまい, 聞えるはず, 聴かれなくなると, 膝元を, 自分の, 誰の, 誰も, 起きちゃ, 起きなかったん, 起きること, 起ること, 踏んでも, 蹴っても, 逃げは, 進まばこそ, 金つ, 銀は, 開かれない門, 開けては, 開ける気色, 離れなかった, 雨戸の, 音が, 音の, 顏を

▼ 叩いては~ (17, 0.8%)

1 [17件] かう云つて, その家, ひつて, また仕損じる, チヨキン, ブツ, 受刑者は, 安眠の, 抗辯, 捏返し, 撫り, 時々き, 渦巻を, 無念の, 空に, 解して, 言い訳した

▼ 叩いてから~ (8, 0.4%)

1 もう幾日, 受取る店, 大人に, 巡査が, 平七は, 部屋へ, 金五郎の, 顔を

▼ 叩いての~ (3, 0.1%)

1 ことに, 強談判だ, 授受は

▼ 叩いたりなど~ (2, 0.1%)

2 しました

▼ 叩いてのみ~ (2, 0.1%)

2 日を

▼1* [11件]

叩いていうことには, 叩いてからというものは, 叩いてさえいれば, 叩いてすら容易に, 叩いてたりして, 叩いてでもやらなければ, 叩いてなど居たのに, 叩いてばかりいて, 叩いてやがるのに, 叩いてをる, 叩いときや何