青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呉れた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~吹く 吹く~ ~吾 吾~ 吾輩~ 呂~ 呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた
呉れた~
~呉れる 呉れる~ ~告げ 告げ~ ~告げた ~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた

「呉れた~」 1045, 11ppm, 9638位

▼ 呉れた~ (206, 19.7%)

1914 である 12 です 7 だと, であった 5 だった 4 だから, だが, だつた, はこの 3 であるが, では

2 [18件] だけれど, ださうです, だそう, だろう, でした, ですが, と言, なれど, はあり, はあれあ, はお, は私, は細々, は詰らなかつた, も夫, も洪水, を幸, を見る

1 [84件] か, かえ, かと思ふ, かと考え, かも知れません, か左腕, か気, か知らん, がうまかっ, が何, が寧ろ, が有触れた, が有難かっ, が無くなる, が白レース, が若い, ださうだ, ださうで私, だつて, だよ, だろうか, だろうが, だ料理, であったが, であるから, であろうか, でしたが, でしょうが, ですか, ですけれど, と私, には先ず, には面, はあの, はいい, はこれ, はその, はそれ, はただ, はやっぱり, はヘンリイ, は丸髷姿, は主, は九時, は京家, は千代子, は吾が, は妻, は嬉し, は嬉しかっ, は実に, は山, は手近, は昔教, は次郎ぼんひとり, は此, は渠, は特に, は生れ, は疑, は祖母さん, は羅生門河岸, は誰, は譲吉, は黄色く, もあの, もお, もこの, もちっとも, も喉, も斯, も祖母さん, をたった, をつい, を予, を俺, を其儘, を思う, を思ひ出した, を断つ, を斷つて, を有難く, を見, を記した

▼ 呉れたので~ (67, 6.4%)

11 あつた 2 それを, とにかくここ, 早速履歴書, 私は, 私も

1 [46件] あつたら, いさ, かれは, これで, これを, その後について, たいへん喜びました, ほつと, やっと放免, やっと袂, ウイのみ, 一安心する, 一日の, 一歩だけ, 一緒に, 七時に, 上さんも, 今と, 兄貴も, 其人は, 凌ぎよく, 助かった, 助かつ, 勢よく, 固より, 大に, 姫は, 少し明るく, 当分侯爵邸に, 成程と, 採集に関する, 支倉を, 改めて褒め返す, 日頃少年の, 早速私, 朝の, 未完成, 漸く解, 盗賊どもは, 直ぐ横町, 私が, 第一, 自分は, 話す万安, 足は, 龍馬は

▼ 呉れた~ (54, 5.2%)

2 これは, 宜い, 環境も, 矢張駄目だ, 私は

1 [44件] あとの, あの人, おはぎのおかげ, ここの, しかし結局中禪寺, すぐに, その日かげ, それから, それでもい, それは, それを, ちつとも, とうとう発見, どうしても僕, どうもさ, ふと俺, わたしは, シビレを, ナニ決して, 二三時間の, 今日の, 何うも, 何だか門前, 僕は, 受持ちの, 台所向きは, 君は, 味も, 夫は, 子供心に, 小野山が, 小野山は, 御免を, 思はしい色, 最後に, 朝から, 熟し過ぎて, 私が, 結局誰も, 美奈子は, 美術的の, 自分は, 遂に唯ある, 遠慮を

▼ 呉れたこと~ (51, 4.9%)

4 がある 3 があつ 2 があった, が何, が彼女, でしょう, は非常, もありました, 思えば

1 [30件] か, が分る, だからこれから, だけは今, だつたらう, であつ, ですが, でせう, にも僕, に対しては非常, に就い, はあった, はない, はもっと, は嬉しく, は次, は真, は銀さん, も書い, やら孫娘, をも囘想, を今, を僕, を喜ばね, を思ひ, を男, を義雄, を覺, 従って自分達, 思へば

▼ 呉れたもの~ (42, 4.0%)

4 である 32 か彼, だから, だが, です, は病後, を捨て

1 [23件] がただ目, がはじまりでした, ださうだ, だった, だつた, だと, でありました, であるのに, でした, では, と心, と感心, なの, に違い, のやう, はそんな, は昨日君, は第, もある, らしいですが, を中国辺, を心から, を限り

▼ 呉れた~ (29, 2.8%)

65 だよ 3 だから, です

1 [12件] か, だが, だった, だつたらさ, だて, だな, だらうにな, だわ, だ何故, ですけれど, ですの, や

▼ 呉れた~ (20, 1.9%)

1 [20件] かね, が投身自殺, だよ, でしてね, と昼, にもその, に送る, のあった, の友達, の心, は前者, は君くら, は常磐津文字吉, は後者, は秀子, もあつ, や甲, を俺, 即ち奥平壹岐, 居ず

▼ 呉れた~ (19, 1.8%)

2 云ふ

1 [17件] わたしは, 二昼夜眠らなかった, 云うこと, 云うの, 云う事, 同時に心, 大悟法君に, 思いまして, 思う, 思うた位やつ, 思った御免, 思った男, 思ふ, 思ふと, 想つた, 書き送つた, 考へて

▼ 呉れたから~ (18, 1.7%)

2 だった, 私は

1 [14件] あゝ是, この藩, だし, つて容赦は, である, もう何, ッたっ, ツたつ, 兎も, 出来るか, 力に, 子息の, 深く礼, 驚いた是

▼ 呉れた~ (18, 1.7%)

2 がある, を話さう

1 [14件] があった, があつ, がすっかり, がない, が牧田氏, だった, だろう, の禮, はない, は兄達, は平常, を心から, を快く, を思い出し

▼ 呉れた~ (16, 1.5%)

2 の新太郎, の自分

1 [12件] にはとう, には自分, に素直, のうれし, の嬉しかっ, の趣意, はもう, は九太, は平岡, は御, は薪, も既に

▼ 呉れた~ (13, 1.2%)

2 がいい, が自分 1 がお, がどの, がまだ, がよかつ, が助かるです, が望ましい, が観る, が面倒臭く, の男

▼ 呉れた~ (9, 0.9%)

2 知れないぢ 1 して, 何うだ, 天野君, 嬉しいや, 知れませんでした, 私は, 解らない

▼ 呉れた~ (9, 0.9%)

4 うだ 2 うだし 1 うだな, うだねえ, うで色々

▼ 呉れたよう~ (9, 0.9%)

1 だった, だったが, でしたが, なもの, な大, な気, な貰ったよう, に思えた, に思える

▼ 呉れたところ~ (8, 0.8%)

1 だ, であった, です, でその, で何, で娘, で決して, を見る

▼ 呉れたって~ (7, 0.7%)

1 いいだろう, いいと, いらん, えじゃ, 伯母さんが, 気の毒な, 言うん

▼ 呉れたあの~ (6, 0.6%)

1 お雛, 家の, 恍惚を, 理学士の, 理學士の, 美しい人

▼ 呉れた~ (6, 0.6%)

1 ツ母さんだ, 吉と, 吉は, 敬ちゃんが, 牧と, 雛は

▼ 呉れたといふ~ (5, 0.5%)

1 ことが, ことで, し文平, 事や, 顏付で

▼ 呉れたのに~ (5, 0.5%)

1 おしいこと, この頃, どうぞこの, 何うし, 留置場の

▼ 呉れたその~ (4, 0.4%)

2 人は 1 男こそ, 言葉は

▼ 呉れたつけ~ (4, 0.4%)

1 がお蔭, がそれ, にヽヽヽヽアヽ, ね

▼ 呉れたつて~ (4, 0.4%)

1 いいぢ, こんな事言, も好, 好さ

▼ 呉れたという~ (4, 0.4%)

1 ことは, 気も, 虫目金とか, 説は

▼ 呉れた~ (4, 0.4%)

2 がひとり 1 だった, の曰く

▼ 呉れた~ (4, 0.4%)

1 と云うつきない, と俺, もあった, もなかっ

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

1 その外, 今度は, 貧亡ながら

▼ 呉れたとき~ (3, 0.3%)

1 の少女, の歌, の気持

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

1 呉れたが, 宜いが, 顔一めんの

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

2 一人の 1 その時

▼ 呉れた人々~ (3, 0.3%)

1 の力, の子供, の相手

▼ 呉れた人達~ (3, 0.3%)

1 があつ, を彼, を神田

▼ 呉れた友人~ (3, 0.3%)

1 に會, ね其, のこと

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

21 に近づい

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

1 が来なく, に感謝, の尊い

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

1 であるならたとい, といえ, の方

▼ 呉れた自分~ (3, 0.3%)

1 が鎌倉時代, の息子, の文集

▼ 呉れた詞句~ (3, 0.3%)

1 だ, に依るべく, のやう

▼ 呉れた~ (3, 0.3%)

1 が一歩, が此処, でね

▼ 呉れたお客~ (2, 0.2%)

1 に対しては有り, の一人

▼ 呉れたお礼~ (2, 0.2%)

1 だからと, ですよ

▼ 呉れたこれ~ (2, 0.2%)

1 で借金, はよろしい

▼ 呉れたのみ~ (2, 0.2%)

1 ですぐ, ならず乗組員

▼ 呉れたもん~ (2, 0.2%)

2 だから

▼ 呉れたやう~ (2, 0.2%)

2 なもの

▼ 呉れたわかい~ (2, 0.2%)

2 女給が

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 恩に, 言ひ継ける

▼ 呉れたんぢ~ (2, 0.2%)

1 やありません, やない

▼ 呉れたんで~ (2, 0.2%)

1 せうね, とても上等料理

▼ 呉れたホテル~ (2, 0.2%)

1 のバー, の一人娘

▼ 呉れた一切~ (2, 0.2%)

2 は大略次

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 には海軍, に案外

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 の持つた, は悦ん

▼ 呉れた其の~ (2, 0.2%)

1 功に, 翌朝草花を

▼ 呉れた医者~ (2, 0.2%)

1 じゃなかった, は

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 もゐた, よこれ

▼ 呉れた叔母~ (2, 0.2%)

1 の心遣い, の手

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 新聞で, 盥の

▼ 呉れた名前~ (2, 0.2%)

1 の三太郎, を侮辱

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 べては惡いか, べては惡るい

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 が有る, が盗人

▼ 呉れた子供達~ (2, 0.2%)

2 が路

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 でもと, なん

▼ 呉れた恩人~ (2, 0.2%)

1 であつ, のお

▼ 呉れた手紙~ (2, 0.2%)

1 がわたくし, は又

▼ 呉れた文章~ (2, 0.2%)

2 の内

▼ 呉れた時分~ (2, 0.2%)

1 だ, だよ

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 であるが, 當に

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 も浅い, も淺

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 だつたが, なもの

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 が顔, と砂

▼ 呉れた生魚~ (2, 0.2%)

2 の鮓

▼ 呉れた百姓~ (2, 0.2%)

2 も頬かむり

▼ 呉れた着物~ (2, 0.2%)

1 を一寸, 綻びが

▼ 呉れた~ (2, 0.2%)

1 に行く, を諄々

▼ 呉れた美人~ (2, 0.2%)

2 の女給

▼ 呉れた老爺~ (2, 0.2%)

1 と朝晩, は私

▼ 呉れた青年~ (2, 0.2%)

1 が見舞, を一眼

▼ 呉れた風呂敷包~ (2, 0.2%)

1 と洋傘, を持っ

▼1* [285件]

呉れたある人が, 呉れたいろいろの場面, 呉れたうちから五圓札二枚, 呉れたおもたら手切れ, 呉れたお前はやッぱり, 呉れたかと思えば, 呉れたかも知れない, 呉れたがねそれは, 呉れたぎりだから腹が空, 呉れたぎりで一向構っ, 呉れたけにそれを, 呉れたけれど私には, 呉れたけれども自分は, 呉れたこそ天与の, 呉れたこと従つて自分達も頻りに, 呉れたこの手拭で, 呉れたしかし自分は, 呉れたじゃないか, 呉れたすべての事柄, 呉れたせいであろうか, 呉れたそうですが, 呉れたそれだけの礼, 呉れたけどが, 呉れたただそれだけな, 呉れたたった二つの, 呉れただからなあ, 呉れただけである, 呉れたつてそれがいつ, 呉れたつて何になる, 呉れた可さ, 呉れたとおりの汽車, 呉れたとは較べに, 呉れたアといふ, 呉れたなんてことは, 呉れた相違なかつた, 呉れたには兎も, 呉れた待つて, 呉れたのちわたしはいよ, 呉れたのね自分で, 呉れたふな, 呉れたまえ極内で, 呉れたまでは好かった, 呉れたまんまさっさと何処, 呉れたものの顔を, 呉れたやつさ, 呉れたオノトで書いた, 呉れたカレンダーに熊, 呉れたコートを着, 呉れたスリーキャッスルを咬, 呉れたタクシーの中, 呉れたチエホフの短篇集, 呉れたチューリップが紅, 呉れたツけが此節はもう, 呉れたハルビンのチョコレート, 呉れたバー・ラッキーへ行く, 呉れたフロオベルのやう, 呉れたミルクの壺, 呉れたモダニズムの室内装飾具, 呉れたラジプット・ペインティングの中, 呉れた一方の窓, 呉れた一頭の猛犬, 呉れた一顆の栗, 呉れた丁度今秀子も, 呉れたけで, 呉れた三井物産の支店員, 呉れた三人の中, 呉れた三時の富士, 呉れたの戀, 呉れた上等兵が毛布, 呉れた下宿屋は至極, 呉れた下町の三四, 呉れた忍の, 呉れた不味いこと甚だしい, 呉れた丘田医師だったけれど, 呉れた中味四十八円もシャレた, 呉れた乾物を干し, 呉れた事実はこれ, 呉れた二枚のどてら, 呉れた二百七十何円二百円前借してるから, 呉れた二羽の白鳥, 呉れた井戸の若水, 呉れた亡父の遺物, 呉れた仲仕の内儀さん, 呉れた伯父に教わっ, 呉れた作家の出現, 呉れたし其, 呉れた信頼であった, 呉れたな松明, 呉れた儘第二階へ昇つて, 呉れたは, 呉れた先輩として君, 呉れた六連発の短銃, 呉れた写真が来, 呉れた切符橘夫妻を誘った, 呉れた別にさしたる事, 呉れた功労は之, 呉れたに満腔, 呉れた勇ましき虎髯大尉は, 呉れた動機を考へ, 呉れた医師を憎んだ, 呉れた千葉県船橋の土地, 呉れた博文館の日記, 呉れた卷煙草を吸, 呉れた友だちの帰った, 呉れた友達が得意さうに, 呉れた古今東西の偉人, 呉れた古老を尋ね, 呉れた味噌汁はお, 呉れたの親, 呉れたのい, 呉れた商人というの, 呉れた喘息の妙藥, 呉れた四角の小, 呉れた地崎喜太郎君が上海, 呉れたもあつ, 呉れた恩の, 呉れた大事なお, 呉れたに僕, 呉れた天使だった, 呉れた太田古川二君に頼ん, 呉れた好機に乗つた, 呉れたを失った, 呉れたではあった, 呉れた寝巻だ, 呉れた小さい小鳥の, 呉れた小学の教科書, 呉れた小遣銭の記入, 呉れた少なからぬ友人達, 呉れた懐かしい金峰山, 呉れた山吹の花, 呉れた山水が相応, 呉れた峠茶屋の爺さん, 呉れた川越しの蓮台, 呉れた布団を敷い, 呉れた布施は此方, 呉れた希臘神話を読んだ, 呉れたなども取出し, 呉れた帳簿面の評価額通り, 呉れたへ這入っ, 呉れた床の間の花, 呉れた床几だと, 呉れた座右の銘なぞが入れ, 呉れた弁当を提げ, 呉れたがその, 呉れた弟子達のダンス, 呉れた濶な, 呉れた思い出はどんなに, 呉れた愛讀者とは君, 呉れた感触を思い出した, 呉れた感謝状よ, 呉れたが薄汚, 呉れた所行はた, 呉れた手際もたしかに, 呉れた押入らしいもの, 呉れた握飯は停車場前, 呉れた支那兵だった, 呉れた教室の小使, 呉れたある贈物, 呉れたらしい乳母, 呉れた新聞紙だよ, 呉れた新鮮な魚肉, 呉れたから不意, 呉れた日高君が愈, 呉れたらしい菜の花, 呉れたが私, 呉れた時今から思へ, 呉れた時計なん, 呉れた書物は碌, 呉れた最もい, 呉れた月給を机, 呉れたがたい, 呉れた有難てえ, 呉れたの大砲, 呉れた未知の人, 呉れた本社の人達, 呉れた朴歯の下駄, 呉れた杉林や林檎畑, 呉れた杉田の声, 呉れたの人々, 呉れた根強い生への, 呉れた案内者サラーも宿屋, 呉れた梯子を昇つて露台, 呉れただつたが, 呉れたが頭, 呉れた此原稿紙に日記, 呉れた毛絲の巾着, 呉れたを心持, 呉れた洋服ホワイトシヤツ裏毛つきメリヤスのシヤツ, 呉れた流行帯揚の淡紅, 呉れた浅田ではある, 呉れた渋茶の味, 呉れた冷しと, 呉れた点字のいろは, 呉れた然し余は, 呉れた煎餅を噛, 呉れた燈臺中の人, 呉れた燐寸を手, 呉れたの親友, 呉れた父母の好意, 呉れたの肉, 呉れた独身者の叔母, 呉れた狸ばやしと胡蝶, 呉れた生命表現のおもしろ, 呉れた登山を新しい, 呉れた白い毛糸の, 呉れた盗人がふん, 呉れた看護婦が銀, 呉れた眞黒な坊さん, 呉れた着物二枚を脱い, 呉れた社員に案内, 呉れた祝儀が銀一分, 呉れた神君を何で, 呉れた福岡の市民, 呉れたを諄々, 呉れたは眠つた頭, 呉れた端艇をば波打際, 呉れたの名刺, 呉れた篤と一緒に, 呉れた米倉屋孫右衞門が零落, 呉れた精工舎の質素, 呉れた紅苺を, 呉れた紙包の握飯, 呉れた紙巻煙草を一本, 呉れた紺絣晴着のかさね, 呉れた総子の心持, 呉れた編糸のシヤーレ, 呉れた縁者などを引留め, 呉れた羅状元の, 呉れた老人はそれ, 呉れた老女に導かれ, 呉れた臺長の手前, 呉れた船頭までが恨まれた, 呉れた若い看護婦が, 呉れた英国砲艦の軍医, 呉れた茶皮のケース入り, 呉れた茶菓子を買, 呉れた菱形の紙鳶, 呉れたつぱを, 呉れた藐姑射の山の神女, 呉れたをしっかり, 呉れたと今千世子, 呉れた裏店のよう, 呉れた褒美に飯, 呉れた西洋式の晩餐会, 呉れた親類の姉さん達, 呉れた言葉とあの, 呉れた記念だ, 呉れたりで敵, 呉れた証明書がぼく, 呉れたは大, 呉れたかの家, 呉れた貴い友人達, 呉れた赤い表紙の, 呉れた越野氏が彼, 呉れたの悪い, 呉れたでまた, 呉れた近所の人々, 呉れた退社届に目下移転中, 呉れた退職金で二月, 呉れた通りにし, 呉れた通りわたしはいつも, 呉れた造物主の余裕, 呉れた連中に礼, 呉れた遊歴者の噂, 呉れた過去の人達, 呉れた酋長等の一人, 呉れた醉拂ひだつた, 呉れた野崎の道行, 呉れた鉄塔書院主とへ謝意, 呉れた錯覚である, 呉れたというの, 呉れた雑巾に絣, 呉れた雑炊が余り, 呉れた雑魚の味, 呉れた有かつ, 呉れたを三ケ一, 呉れた駄菓子の袋, 呉れた高島富峯君と共に大悟法君, 呉れた高橋さんの兄さん, 呉れた高麗焼の礼状, 呉れたを食, 呉れたは, 呉れた麥煎餅は昨日, 呉れた麦煎餅は昨日, 呉れた黒いカリンを