青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

含ん~ 吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~ ~吹く 吹く~ ~吾 吾~ 吾輩~
呂~
呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる 呉れる~ ~告げ 告げ~ ~告げた

「呂~」 2579, 28ppm, 4189位

▼ 呂~ (842, 32.6%)

108 の首, はその 6 が, のほう, の陣, は彼 5 であった, のため, はまた 4 か, の前, の姿, の手, の胸, はそれ, は玄徳, は自分

3 [17件] がいう, です, のこと, のす, の使い, の兵, の勇猛, の声, の書簡, の眼, の軍, の軍勢, はそう, はわれ, は城, は直ちに, は眼

2 [48件] がいる, っ, と戦っ, につづい, に与える, のごとき, のそば, のよう, の家, の心, の方天戟, の私邸, の臣, の赤兎馬, の顔, はすっかり, はすでに, はたちまち, はなお, はまだ, は一礼, は何, は初めて, は双方, は味方, は小, は徐州, は心, は急, は恩, は有頂天, は牙, は狼狽, は王允, は眉, は赤兎馬, は頭, へ与える, へ向っ, もついに, も彼, をお, をよん, を攻め, を殺せ, を生, を討っ, を迎え

1 [598件 抜粋] ありと, あり馬中, かそち, から使者, から呼び迎え, があわただしく, がうしろ, がこの, がたて籠っ, がどう, がどうして, がひい, がひかえ, がふるえあがった, がもし, が乗っ, が仲裁, が何, が剣, が勇, が向っ, が城外, が城門, が多年戦場, が太師狂乱, が守っ, が小, が席, が帰る, が彼, が意識, が愛し, が戟, が戻っ, が捕われ, が曹操, が気づいた, が窮鳥, が立っ, が自分, が自身, が見, が見廻っ, が赤兎馬, が起きだし, が轅門, が逃げた, が違約, が頼み, さえおれ, さえ闇, しかも今, すら敗れ, その日, だ, だが, だけは目, だぞ, だっ, だろうが, っ呂布ッ, であったか, でなく董卓誅殺, ではない, でもなん, でも今, といい, という人間, という怪雄, との間, とはいつも, とやらいう, と一戦, と交誼, と同郷, と娶, と我と, と玄徳, と等分, と袁術, と親しみ, どの待たれ, などという敵, などを出迎え, ならば, なり呂布, にそれ, についてとどまった, についてのご, につづく, にとっても幸福, にとって逃げ, になど与える, にはかなわない, にはほとほと, には名馬赤兎, には妙齢, には懸念, には正面, には馬鹿, にもなにか, にも文句, にも異存, にも胸, にやるかっ, に会えた, に会わん, に出, に勇猛, に向けた, に完全, に対してはどこ, に対し報復, に当らん, に従っ, に斬られた, に時刻, に異, に見せ, に説明, に謁, に貂蝉, に通じ, に頼まれ, のいた, のいない, のつい, のつぶやく, のなす, のまえ, のむら気, のやつ, のやつめ, の一命, の一撃, の一方, の一行, の上, の下, の不信, の人がら, の人物, の仕方, の体, の使者, の信じ, の前衛, の勇, の勢, の勢い, の厩, の反問, の味方, の命, の命令, の城下, の大勇, の大声, の大将高順, の大軍, の如き, の始末, の娘, の客将, の客臣, の客舎, の家族たち, の家臣, の容子, の帰り, の忿怒, の息の根, の悪政, の意中, の懸け, の戟, の手もと, の招き, の招待状, の捜索, の暴虐, の根城, の沓, の滅亡, の煩悩, の爲, の猛勇, の眼光, の立っ, の立場, の紫金冠, の罵る, の肩ごし, の背, の背面, の腕, の血相, の許, の謀臣陳宮, の赤兎, の走狗, の迎え, の返辞, の邸, の部下, の配下, の醜態, の閨室, の陣営, の陥穽, の面, の鞍, の顔色, の馬, の駒, の麾下, はあせっ, はあわて, はあッ, はいい, はいか, はいきなり, はいよいよ, はうつろ, はうつ向いた, はうなずいた, はうなっ, はうろたえた, はおおい, はお家, はかえって, はかく, はかね, はぎょっと, はくすくす, はくわっと, はこう, はここ, はすぐ, はすこぶる, はせきこん, はそこここ, はそれで, はただ, はたちどころに, はだんだん, はつぶやき, はどなった, はなに, はのみこみ, ははったと, はひそか, はひとまず, はひとり相府, はひらり, はびっくり, はふと, はほっと, はもう, はもちろん, はもとより, はゆるせ, はようやく, はわが子, はわたし達, は一大事, は一生, は不意, は丘, は事態, は二通, は云った, は人目, は体じゅう, は例, は傲然, は元来, は兇勇, は先頃, は兵, は前門, は剣, は劉備, は勃然, は動き, は動転, は単純, は危険, は却って, は反覆常, は取次, は名だたる, は呂布, は呻いた, は命からがら, は城門, は声, は大きく, は大口, は天下, は姿, は孤立, は実に, は家, は小耳, は少し, は左, は左右, は帰っ, は帳, は常, は弓, は当惑顔, は彼女, は必ず, は忿怒, は怒っ, は思わず, は思わぬ, は怪しみ, は怪しんだ, は恍惚, は恨み, は悠々, は愕, は憤然, は戟, は手, は押, は振返っ, は断腸, は新手, は日夜酒宴, は暗中, は暗愚, は書面, は曹操, は李粛, は杯, は機嫌, は櫓, は正しく, は歯, は死に, は気, は淋しく, は満座, は激怒, は濮陽, は濮陽城, は無才, は無言, は父子, は物, は狂, は生れ, は用向き, は真剣, は真面目, は眠り, は着かけ, は突然, は立っ, は立った, は立つ, は翌, は耳, は耳元, は聞く, は肚, は自己, は茫然, は蒼白, は袁術, は詩, は谷ふところ, は貂蝉, は贈られた, は走り, は躍りかかる, は身, は軽く, は迂, は途方, は連戦連勝, は遂に, は酔える, は鏡, は鐙, は閣, は陳大夫, は韓胤, は顔, は颯ッ, は首, は馬, は駒, は驚喜, は鬢髪, は黎陽, は黙然と, へもその, へも参戦, へ冷然, へ向けた, へ呼びかけ, へ復命, へ折重なっ, へ挑んだ, へ槍, へ正面, へ目通り, へ見せた, へ訴えた, へ諫言, へ貂蝉, へ送り返せ, へ駒, もあわて, もいさぎよく, もいち早く, もさすが, もそう, もその, もその後, もだんだん, もとうとう, もどこ, もふと, もまごついた, もまだ, もみだりに, もようやく, も亡ん, も今, も多少, も奥, も心, も日頃, も気色ばんだ, も深く, も煩悩児, も精鋭, も董卓, も躍起, も近頃, も遂に, も驚い, らしい大将, らしい爪牙, を, をおい出せ, をころし, をその, をつつん, をにらん, をはじめ, を伴い, を信じ, を信じきれない, を制する, を助けん, を呼び, を圧, を小, を左右, を征服, を恐れた, を愛し給う, を愛し給うなら, を成敗, を扶, を拉し, を振向いた, を攻めた, を放置, を敬い, を斬れ, を暗愚, を殺したら, を殺す, を疑っ, を目の敵, を真ん中, を縛めた, を見かける, を見る, を討ちもらした, を討つ, を討て, を訪れ, を迎え直し, を追い慕っ, を騎都尉中郎将, ヲ征ス, 及び呂布, 奉先, 待て, 来れりと, 討つべしと

▼ 呂宋兵衛~ (355, 13.8%)

5 の手下 4 である, と蚕婆 3 の一族, の前, の手, の部下

2 [23件] か, がこの, がこんど, では, とその, と可児才蔵, のあと, のからだ, のほう, のまえ, の口, の妖術, の手下ども, の残党, の目, は, はいきなり, はいよいよ, はたちまち, は唇, は昌仙, をはじめ, を生けどっ

1 [284件] あおじろい額, あやうしと, いきなり障子, いよいよここ, かどれ, からわたされた, から張り番, か井戸, がいく, がうまうまと, がうらみ骨髄, がおれ, がかくれ, がかわさ, がきのう箱根, がこう, がさ, がさけび, がしきりに, がしゃべっ, がすばやく, がとくい, がどこ, がふところ, がもどりかける, がイヤ, がチラ, がヨロケ, がヨロリ, が三人, が人穴城, が南蛮錦, が命がけ, が山, が強力, が役, が得意, が怒号, が扇, が手策, が放, が桑名, が武士, が水, が水気魚陰, が眼, が立ちさった, が脾腹, が自由, が蛮流幻術, が裾野, が護送, が身, が逃げのぼりました, が魔, こそ多少, このほう, この期, さだめし明日, してやったりと, じゃああ, その者, その黄金, たちのいたところ, だ, だけになった, だぞ, だった, だどうして, だの伊那丸, であった, でありその, でももう, といい, というの, という怪人, という悪い, という者, という賊, という野武士, といっ, とそち, とともに間道門, とにがりきった, とよびならわし, と出会おう, と半, と問答, と昌仙なにごと, と菊池, なの, なので, にうらぎられた, におまえ, にかぶれ, にここ, にしたがう, にそうい, にはあまり, には詩, にまぎれ, にむかっ, にもまして, にも龍巻, にれい, に天ヶ丘, に折りかさなり, に申しつける, に目, に蚕婆, に軍師丹羽昌仙, のいく, のいのち, のお流れ, のことば, のごとき, のす, のところ, のふところ刀, のゆくえ, のよう, のようす, の一行, の下, の二の腕, の五体, の人, の側面, の偽者, の列, の前後, の努力, の叫び, の名, の在所, の奥の手, の姿, の家来, の密告, の寝台, の山, の幻惑, の幻術, の所在, の手もと, の手並, の指, の敵, の横, の正, の水龍隠れ, の縄尻, の耳, の脇腹, の腹心, の足もと, の軍師格, の辞退, の遠, の隠密, の顔, の顔色土, の首, の黒い, はいか, はいちはやく, はいま, はいまし, はかならず, はき, はくろい, はここ, はことば, はさきごろ桑名, はしめた, はじ, はじゅうぶん, はすぐ, はすっかり, はすでに, はすばやく, はずるい, はぜったい, はその, はそれ, はただいま, はただいま小, はとん, はどう, はどうやら, はなにか, はなんと, ははじめて, はひそか, はふい, はふりかえっ, はぼうぜん, はま, はまえ, はまた, はまったく, はもう, はもち, はもとより, はやっと, はややしばらく, はや天命, はらんらん, はジリジリ, はスッ, は一同, は上段, は中央, は人知れず, は今夜, は土手, は大広間, は富士, は山, は幻術, は徒歩, は心中, は怪力, は息, は有り金, は杯, は民部, は没落, は法術部, は混血児, は琥珀, は立ちなおっ, は聞きおわっ, は肩, は腹心, は荒廃, は蛮人, は蛮音, は裾野, は鉄格子, は陶器パイプ, は馬, へのお, へもついで, まだなにかいう, もあちら, もすぐ, もそれ, もはやく, もまた, もズルズル, も伴天連, も弱腰, も昌仙, も臆病, も舌, も蚕婆, も間道, やその, や吹針, や敵, や昌仙, よ, をあい, をあそばせ, をうちとり, をうっ, をこの, をとり逃がした, をのがさじ, をはじめその他, をはじめ丹羽昌仙, をはじめ天ヶ丘, を乗せた, を取りおさえろ, を取り逃がした, を多宝塔, を引っ, を手, を生けどり, を討つ, を追っ, を頂上, 待て

▼ 呂~ (194, 7.5%)

5 作と, 名の, 威勢が 3 こ, 方へ, 歌も, 為自分の 2 ような, 場合の, 挽歌, 歌, 歌と, 歌に, 歌を, 爲自分の

1 [151件] かいた美人, こいつ等だって, ここで, した為事, すぐの, そんな気苦労, には悲しみ, に比べる, ぬし, むすめ, ものと, も短歌, も黒人の, 一行が, 一行に, 一行は, 一門だけに, 三軍は, 不穏な, 事と, 事件なども, 亡くなつて後, 代から, 代作と, 任地, 伏奏も, 伝らぬ, 伯仲眺むれ, 作だ, 作つた歌を, 作で, 作でなく, 作にも, 作物に, 内儀さんで, 出生が, 出身が, 別宅びらきの, 功績である, 南家の, 反の, 反逆企図は, 古事記においては, 四人の, 土佐流謫事件を, 境遇を, 声の, 声を, 多, 大才, 奏言によって, 如きも, 如くなりて, 妻, 姉法均であっ, 姿が, 姿に, 姿のみ, 子孫だ, 字の, 宅で, 宮廷詩人としての, 家, 川と, 川の, 川を, 影響は, 征伐が, 後に従って, 後ろ姿にも, 後半生の, 御像, 復命に, 復命にも, 復奏は, 心の, 心を, 思ひに, 恋愛詩にも, 恩恵に, 意識でも, 態度は, 所へ, 手柄が, 抒情詩は, 捧持した, 方を, 旨を, 春本寐乱髪といふ, 時から, 曲の, 案は, 楽を, 様な, 様子を, 次男たる, 歌として, 歌としての, 歌などは, 正義, 此歌に, 武威は, 死に対する, 泊瀬部皇女, 流離の, 漁師は, 漁村へ, 爲に, 父である, 父散, 牛ヶ瀬神子元島の, 用あり, 相場を, 眉は, 眞實純, 眼付挙動を, 神教自体の, 第一船, 筆法を, 答えも, 系統, 羽織とを, 育てた, 背後に, 背後には, 胸に, 芸術を, 蝦夷征伐の, 行為が, 詠める歌, 詠らしい, 話を, 語気は, 語気も, 調子が, 軍勢も, 転訛なり, 遊の, 達した此心境, 遠征が, 鋭い矢先, 鏡を, 長歌, 長歌に, 長歌を, 音に, 頃から, 頃である, 顔なり, 鮑取り, 黄鐘と

▼ 呂~ (117, 4.5%)

32 が急, が病, だの甘, と甘, はその, は碁盤, は自分

1 [100件] か, から聞いた, が, がき, がそれ, が兵, が呉侯, が大将, が楯, が献策, が生前, が自分, が見えない, が見つけ, が陸口, すら先生, とか呉郡, と一戦, と事ごと, と陸, などという呉将, にもこの, に会い, に会う, に何, に劣らず, に向っ, に計られ, のさし, の一軍, の兵, の名, の大軍, の奇略, の奸計, の子, の容体, の心, の意見, の手, の機転, の死に, の病, の発言, の策, の築いた, の計, の遠い, の遠謀, はその間, はそれ, はただ顔, はなお, はなおさら, はほんとに, はまず, はまた, はまだ, はむくむく, はやにわに, はわざわざ, は一軍, は上陸, は作戦上, は再び, は出, は怖, は日々, は書簡, は目, は眼前, は碁, は過分, は鞭, へお, へその, へ降参, もにわかに, もよく, も亡, も大いに, や甘, より十幾歳, をかえりみ, を伏し拝ん, を先手, を呼んだ, を士卒, を後陣, を招い, を降す, 公を以て, 凌統の, 呂蒙, 太史慈などは, 様の, 潘璋傅士仁糜芳などに対する, 潘璋陸遜, 甘寧, 第五陣

▼ 呂~ (85, 3.3%)

5 今年五十を 2 何か, 道鏡の

1 [76件] あの歌, いつもの, お寺の, かえって不忠, かしこまって, きちんきちんと揃う, こういうスケール, この勢い, これまた, これを, しばらくは, すぐうながした, すでに神教偽作, そういっ, そっと清原, その後鈴鹿山の, そんなに強い, そんな噂, たと, つれて, はっとした, ひそかに, ひとり残される, まだ渾沌時代, 一年の, 一方の, 不思議に, 今更仏さま, 何やら不可解, 何やら急, 倭成す, 傍の, 六つだった, 其を, 其風采をも, 再び一心に竹籠, 出て, 初めて見る, 助語なるべし, 十一の, 十七歳の, 即ち音, 呆然として, 大宮人, 奈良の, 奥州の, 妻戸の, 官を, 実地に, 帝王を, 待ちあぐねた, 得体の, 必ず痩せたる, 急に, 恐らく大和, 感激した, 楠木正季らと共に, 楠木正季らの, 様式から, 歌って, 母親の, 清原の, 痩せたる人, 笑いながら, 自分が, 芝居を, 蘇我氏であり, 言葉も, 言葉を, 説明する, 身も, 遠い別棟, 隊の, 面を, 魂を, 魔に

▼ 呂~ (76, 2.9%)

2 がいる, になりきっ, の堀川

1 [70件] が上京, が今日, が出, が出れ, が堀川, が彼, が東京, が洋服, が芸, です, といったところ, となる, との暗闘, と昇華, などから見る, にそうした, にとっても有, には三十, に向かっ, に相談, に見惚れ聞き惚れ, の, のこと, のやう, の上京, の全盛, の出勤, の咽喉, の声, の壺坂, の専有, の弟子, の恋人, の持小屋, の方, の日常, の柄, の柳, の浄瑠璃, の浪花節, の生涯, の看板, の美事, の義太夫, の聴者, の芸, の角, の透き, は, はうるさい, はよき, は共, は咽喉, は巧み, は弾語り, は松, は無頓着, は町人, は芸人, は身, も頭, よりうまい, をきく, をよん, を久しく, を待つ, を発見, を素顔, を聴い, を聴かせ

▼ 呂~ (58, 2.2%)

5 泣きを 2 土佐国に

1 [51件] あわただしく駈け戻っ, いなくなって, きわめて冷淡, ここに, こんな手本, その上, ふと前方, もうひとり, ヤアーッという, 下げ髪に, 不忠の, 不慮の, 不破山を, 其領土の, 再び神教, 出たの, 右手に, 向う側から, 坐り込んで, 大宰府の, 天武持統の, 女飯の, 小声で, 山陰の, 帰ったあと, 座を, 抗議し, 支那の, 日並知, 時流を, 某を, 某皇子, 歌に, 死んでからは, 現れた, 現れて, 現れる, 甚八を, 病気で, 神教に, 福地の, 立って, 竹籠を, 繋綱を, 自分の, 自身の, 詔に, 賜わった福地造, 道鏡の, 長歌を, 雑戸を

▼ 呂将軍~ (45, 1.7%)

2 の方, はまた

1 [41件] がおり, が奥州征伐, が捕われた, が玉造柵, が芝居, が血, というの, と共に方家, と方福山, に向っ, に恨み, のクーデタ, の傷所, の参謀, の宿舎, の影響, の急死, の様子, の眼, の知嚢, の私室, の脳溢血頓死, の顔, はこの, はちら, はなお, はなぜ, ははっはっ, はもう, はわし, は人物, は山, は平服, は急務, は突然, は笑い, は考えてる, も御, をへん, を弁護, 何とてかく

▼ 呂~ (44, 1.7%)

3 の心, はその 2 の疲れ, は不思議, は女, は激しい, は自分

1 [28件] が急, に物言, の茫漠, の貯, はすて, はそれ程, は中食, は再び, は去つた, は心, は思, は最も, は死, は沢山, は無理, は絶望, は苛酷, は視凝, は転々, は郊外, は酒, は降りた, は静か, も泣い, よりも強く, を憎ん, を熱心, を窺

▼ 呂~ (40, 1.6%)

2 の山

1 [38件] である, とか高砂, との貿易, との通商, には島井家, に住, に入る, に対し経略, に往来, に渡り, に趣き, のみならず, のマニラ市, の大, の太守, の海上, の穀倉, の言葉, は意, へ向け, へ旅立った, へ着いた, へ船, までも赴いた, まで急い, まで押しわたろう, や南蛮, や台湾, より安, より海南, を征, を経, 古渡り, 安南, 第一, 第一都, 織りの, 織りらしい男女痴遊

▼ 呂~ (33, 1.3%)

3 の信者 2 の一味, の企み, は山の神

1 [24件] が上座, が思い, のうつ, のツラ, のヘナヘナ, の云う, の化けの皮, の奴め, の娘, の情婦, の愛人, の敵手, の方, の施術, の次女宇礼, の正体, の長女比良, はほか, はタナグ山神, は東太母子, は食わせ, を信仰, を生き神様, を訪ねた

▼ 呂~ (29, 1.1%)

4 の三吉 3 へ泊った

1 [22件] からはじまっ, から起った, がそもそも, が部落, で下駄, には六太郎, によっていくら, のただ一組, の下, の戻り道, の泊り客, は一番, は万病, は今, は湯, へあがりこむ, へくる, へ来, へ泊っ, へ湯治, へ降りた, も湯花

▼ 呂~ (22, 0.9%)

1 [22件] が, がこう, が荊州, でしょう, と共にその, と共にわが, と対面中, にもよく, はさすが, はひとまず, はまず, は事もなげ, は君前, は大きく, は媒人役, へ相談, もし母上, も同席, も強情, をこれ, をやっ, を婚姻

▼ 呂~ (20, 0.8%)

1 [20件] お頼み, はつた, ひき分けて, ほおまあに, やるほか, 一時に, 中心と, 京家と, 前に, 南家房前を, 召し上げて, 大将に, 学んで, 征夷大将軍として, 悲劇の, 慕いきって, 慕つては, 手本に, 扶持し, 持って

▼ 呂~ (19, 0.7%)

1 [19件] かう云, してからが, たくさんの, ついて, 一目にらまれる, 事を, 代作を, 似た黒い, 合つてまるで, 向けた批難, 因果を, 帰し律呂, 比較する, 燃ゆる, 田村将軍という, 詔し, 逢える日, 違ひ, 関係ある

▼ 呂宋兵衛さま~ (19, 0.7%)

1 [19件] から軍配, すこしもはやく, とにかく早く, にお知らせ, に知らせ, のあと, のおん, のところ, の手先, の身内人, はやくここ, へお供え, へこの, もうこうは, もお, も一国一城, も帰らぬ, も手傷, をお

▼ 呂~ (16, 0.6%)

5 奢を 4 奢は 2 奢という, 奢の 1 奢であったの, 奢と, 奢驢

▼ 呂~ (15, 0.6%)

1 [15件] ぐるな, なかなか戻っ, また弘文, まん, 一しょに, 宝玉も, 律も, 戻って, 手勢を, 既に其俤, 楠木正季らと共に, 歯ぎしりを, 清原も, 清麻呂も, 身を

▼ 呂氏春秋~ (13, 0.5%)

1 [13件] に於, の序意, の形, の最初, の此文, の注者高誘, の當染篇, は大, や左傳, や淮南子, より新, 大樂篇, 過理篇

▼ 呂~ (12, 0.5%)

1 [12件] その息子文麻呂, ほ, 云う人, 云う詩人, 似て, 同心し, 同日に, 呼ぶもの, 娘の, 改められて, 清原, 清麻呂姉弟と

▼ 呂~ (12, 0.5%)

2 のふたり 1 が献策, だった, の三将, の二人, の二大将, の二将軍, の兄弟, の勢, もつれて, も惨敗

▼ 呂~ (11, 0.4%)

1 [11件] が, に一策, の五百余騎, はたちまち, は今, は勇ん, は振り, は自分, は連珠砲, は進ん, や許子

▼ 呂子山~ (11, 0.4%)

5 だ, だと 1 の裾

▼ 呂~ (9, 0.3%)

1 という者, にその, についてこの, の任, の諫め, は地図, は大いに, は携え, を呼び

▼ 呂竹さん~ (9, 0.3%)

1 が見舞, に頼ん, の奥さん, はいかにも, へお, へ花茗荷, らしい私, を訪ねる, 来庵

▼ 呂~ (8, 0.3%)

2 韋の 1 韋に, 韋は, 韋も, 韋何れも, 韋死後の, 韋自身の

▼ 呂曠呂翔~ (8, 0.3%)

1 が献策, の三将, の二人, の二大将, の二将軍, の兄弟, の勢, も惨敗

▼ 呂という~ (7, 0.3%)

1 のが, ものが, 僧が, 十五位は, 名高い学者, 家が, 者であった

▼ 呂~ (7, 0.3%)

2 を物 1 で包み膝, に溢れる, の儘, へ模型, を拡げ

▼ 呂~ (7, 0.3%)

2 の陣 1 がひょうッ, とか于禁, などは中軍護衛, の兵, も程

▼ 呂馬通~ (7, 0.3%)

1 の眉, はただ, は一同, は何故か, は存外, は得意そう, は長い

▼ 呂から~ (6, 0.2%)

1 下田まで, 二三百メートルの, 今の, 得た影響, 数歩離れた, 来て

▼ 呂利新左衛門~ (6, 0.2%)

2 であった 1 が大声, が築造, の頓智, もいた

▼ 呂~ (6, 0.2%)

4 の王 1 の郎女, の郎女二柱

▼ 呂~ (6, 0.2%)

1 だの, だの褒似, に苛まれた, の微, の父, は人

▼ 呂~ (6, 0.2%)

1 が武器, と十手, の定法, を取り出し, を取り出した, 弾きを

▼ 呂~ (6, 0.2%)

1 が坐っ, という者, の語, は得意, は顔, は髭

▼ 呂~ (5, 0.2%)

1 何ぞの, 或は其祖先, 然ら, 自然の, 赤人でなけれ

▼ 呂和氣~ (5, 0.2%)

3 の命 2 の天皇

▼ 呂天皇~ (5, 0.2%)

2 のミササギ 1 の相, は元, を確認

▼ 呂~ (5, 0.2%)

1 があの, に当る, の対岸, の条, の縁

▼ 呂布軍~ (5, 0.2%)

1 の一角, は全線, は追跡, も一足あと, をたたきのめした

▼ 呂~ (5, 0.2%)

1 が極めて, と出入, に就, の太一, を傳

▼ 呂~ (5, 0.2%)

1 で大変, で落ちつい, に歌, に歌う, のひびく

▼ 呂~ (4, 0.2%)

2 ところから 1 人々は, 唖聾を

▼ 呂存生~ (4, 0.2%)

4 の頃

▼ 呂宋助左衛門~ (4, 0.2%)

2 の手代 1 とか茶屋助次郎, と云われ

▼ 呂宋強硬外交~ (4, 0.2%)

31 も実利的

▼ 呂~ (4, 0.2%)

1 などの考え, の一軍, の部下, はなお

▼ 呂~ (4, 0.2%)

1 とは俗, のうねり, は, または稲羽

▼ 呂~ (4, 0.2%)

4 と呂翔

▼ 呂~ (4, 0.2%)

2 の家 1 がいつ, の一家

▼ 呂竹居~ (4, 0.2%)

1 に推参, に泊め, に泊る, へ呂竹老

▼ 呂自身~ (4, 0.2%)

1 の心, の歌, の糶り上げた, の腹

▼ 呂~ (3, 0.1%)

1 あつた, 出家し, 完成し

▼ 呂には~ (3, 0.1%)

1 どうも話, 自責も, 見られぬ影響

▼ 呂大中~ (3, 0.1%)

3 つ日子

▼ 呂姉弟~ (3, 0.1%)

1 とであったであろう, のその, の貶謫

▼ 呂宋兵衛一族~ (3, 0.1%)

1 が天ヶ丘, の列, の焼けだされ

▼ 呂~ (3, 0.1%)

1 にあらず, にも譲らなかったろう, 范増皆老い

▼ 呂~ (3, 0.1%)

1 となりし, の成れる, は生み

▼ 呂~ (3, 0.1%)

1 であった, の二隊, を斬り立て

▼ 呂~ (3, 0.1%)

3 の別

▼ 呂~ (3, 0.1%)

2 の蜃 1 に帰る

▼ 呂祐吉~ (3, 0.1%)

1 に宗, の乗物, の顔

▼ 呂覽等~ (3, 0.1%)

2 によれ 1 に散見

▼ 呂足一味~ (3, 0.1%)

2 が邸内 1 の中

▼ 呂その~ (2, 0.1%)

1 差しのべられた手, 次には

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 が細おも, より始まる

▼ 呂太夫~ (2, 0.1%)

1 に師事, の錚

▼ 呂夫人~ (2, 0.1%)

1 などは悲鳴, も恐がっ

▼ 呂子春秋~ (2, 0.1%)

1 の如き, はその

▼ 呂宋兵衛たち~ (2, 0.1%)

1 がおおきな, はこの

▼ 呂宋兵衛め~ (2, 0.1%)

1 が人穴城, はいずれ

▼ 呂宋兵衛ら~ (2, 0.1%)

1 のため, の祈祷

▼ 呂宋暹羅~ (2, 0.1%)

1 などにわたる亜細亜, 安南

▼ 呂左方~ (2, 0.1%)

1 へ下り, へ消える

▼ 呂布どの~ (2, 0.1%)

1 に対して, を殺せ

▼ 呂布自身~ (2, 0.1%)

1 は関羽, もまたがれる

▼ 呂布陳宮~ (2, 0.1%)

1 の兵, は眼

▼ 呂後期~ (2, 0.1%)

1 と其以後, より遅れ

▼ 呂敷包~ (2, 0.1%)

1 へ手, を忘れた

▼ 呂敷包み~ (2, 0.1%)

1 の細長い, は繼母

▼ 呂~ (2, 0.1%)

2 であるべきこの

▼ 呂時代~ (2, 0.1%)

1 から此屋敷, にかえるべし

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 の才, も比較

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 に娶ひ, 次に長谷部

▼ 呂歌集~ (2, 0.1%)

1 などにも出, の歌

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣次に

▼ 呂~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 呂洞賓~ (2, 0.1%)

1 という仙人, など博学能文

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 では此流れ, でも

▼ 呂~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 呂範朱治~ (2, 0.1%)

1 の二隊, 諸葛瑾

▼ 呂~ (2, 0.1%)

2 陽の

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 は呂, を呼べ

▼ 呂霊薬~ (2, 0.1%)

1 である, を売りだし

▼ 呂~ (2, 0.1%)

1 の実久, の島

▼1* [217件]

あたりの宮廷歌人, 呂あり保久呂天皇の, 呂あれらは漢魏, 呂いずれ帰洛の, 呂ぎょっとして, 呂この地に, 呂さまがいってたろう, 呂が, 呂であるが翁, 呂でも新語など, 呂といひける人, 呂といふのでした, 呂どのにも変り, 呂なかりせば我が, 呂などもさうし, 呂によって面責せられた, 呂によってのみ救われたと, 呂に対して既に一種, 呂に対する或る, 呂はなよたけの胸, 呂ほど身分高い, 呂まで行くうち, 呂むろの樹, 呂もう一度今度は, 呂綿麻呂の, 呂やっぱり時間だ, 呂より来る, 呂よりも人麻呂の, 呂れつも廻らない, 呂をもまたかく, 呂三手の軍勢, 呂不思議な笛, 呂両手を頭, 呂中央にやって来る, 呂に帰, 呂の云う, 呂の諱, 呂以前にも我々, 呂以後皆模倣, 呂以来の短歌, 呂任終て永き, 呂伎能御代佐可延牟等, 呂伎能神乃美許等能御代可佐禰, 呂何やら掴み難い, 呂保山にこもっ, 呂倍乃牟気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 呂はこの, 呂凱字は季平, 呂の中, 呂刑文侯之命秦誓五篇者, 呂刑篇に據, 呂別押別命押勝忍の海, 呂勘文以下の, 呂勝之進がそれ, 呂卿配土左国之時歌三首並短歌の中, 呂古事記の撰者, 呂右手奥へ走ろう, 呂命穆王實作自呂, 呂在国の間, 呂の下あたり, 呂は呉, 呂執筆の筈, 呂妹宇礼の父, 呂には前後妻, 呂の原案否決, 呂可志能宇良爾, 呂安老という人, 呂宋交趾安南あたり, 呂宋人まで善悪正邪, 呂宋兵衛うしろに徳川勢, 呂宋兵衛きょうこそはかならず, 呂宋兵衛ここにおった, 呂宋兵衛さま意外なところ, 呂宋兵衛さま裏手のほう, 呂宋兵衛ざまを見ろ, 呂宋兵衛したたかに肩, 呂宋兵衛その他のもの, 呂宋兵衛たち五人のもの, 呂宋兵衛どのにも軍師, 呂宋兵衛のからだ, 呂宋兵衛はいぜんとして目, 呂宋兵衛はかッと眼, 呂宋兵衛はじッとたたずん, 呂宋兵衛ひとりは裾野, 呂宋兵衛ふたりを乗せた, 呂宋兵衛ほかの二人, 呂宋兵衛ムズとつかんだ, 呂宋兵衛一味の残党, 呂宋兵衛丹羽昌仙などというやつら, 呂宋兵衛久しぶりの酒, 呂宋兵衛九輪の銅柱, 呂宋兵衛以下野獣のごとき, 呂宋兵衛伊那丸方にさる者, 呂宋兵衛卜斎のふたり, 呂宋兵衛口をもっ, 呂宋兵衛呂宋兵衛汝いかに猛, 呂宋兵衛得意の口術, 呂宋兵衛手を打っ, 呂宋兵衛柴田の内幕話, 呂宋兵衛桑名のご, 呂宋兵衛汝いかに猛, 呂宋兵衛煙草色のウブ毛, 呂宋兵衛監禁の六角室, 呂宋兵衛神妙に渡し, 呂宋兵衛脱兎のごとく, 呂宋兵衛黒衣に蛮刀, 呂宋刀でご, 呂宋助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 呂宋北端のアパリ, 呂宋南支那などの旅行ばなし, 呂宋天竺などを訊ね, 呂宋天竺あたりまでへもご法度, 呂宋媽港安南, 呂宋屋のお, 呂宋文字のいれ, 呂宋暹羅和蘭陀天竺など南蛮諸州, 呂宋暹羅明国を股, 呂宋暹羅柬蒲寨の数ヵ所, 呂宋湾に停泊, 呂宋爪哇満剌加, 呂宋爪哇婆羅納安南, 呂宋総督マリニャス宛ての勧降, 呂将軍呂将軍何とてかく, 呂居仁の詩, 呂山道同郡網走市中及四, 呂が招く, 呂左手の方, 呂巨勢朝臣多益須, 呂布これにあり, 呂布ガ首ヲ献ゼバ, 呂布一族が来, 呂布以来の騎, 呂布劉表およそ羅刹, 呂布征伐の実現, 呂布明日また来い, 呂布自ら死地をさがし, 呂布自身玄徳を城門, 呂布自身馬をとばし, 呂布袁術のあいだ, 呂布赤兎馬はなお, 呂布黄金の, 呂建徐商の二将, 呂を根柢, 呂征彼九伯浸及齊桓, 呂敬甫の, 呂敷シオルなど, 呂昇なぞも女義太夫, 呂昇のは男, 呂昇はんのやう, 呂昇びいきになった, 呂昇会をつくろう, 呂昇全快呂昇復活の人気, 呂昇君だ, 呂昇大隈加賀宝生哥沢追分磯節雑多なもの, 呂昇復活の人気, 呂昇支持者はそういう, 呂昇熱は, 呂昇竹本綾之助の二人, 呂昇贔屓の錚, 呂月娥てふ, 呂朝集使にて仮に, 呂の天皇家, 呂次女は宇礼, 呂正しく聞こえるよう, 呂比良の三名, 呂比良宇礼地伯はじめ信徒の重立つ, 呂氏春秋並に禮運, 呂氏春秋尊師篇には神農, 呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 呂氏春秋求人篇には別に, 呂氏春秋行論篇などに出, 呂氏春秋造類篇に元, 呂泥またの名は意富夜麻登久邇阿禮比, 呂流離の連作, 呂を聴き, 呂無言で丘, 呂熊字は文兆, 呂に耳許, 呂石見に下り, 呂祐吉通訓大夫慶暹同丁, 呂に遇っ, 呂祖空中顕像という写真版, 呂突然何か, 呂の両君, 呂竹さん来庵文字通りの清談, 呂竹さん来庵香奠返しとして砂糖, 呂竹冬坊俊の三君, 呂竹老は温厚そのものとい, 呂の活躍, 呂範字を子衡, 呂給諫及び侍, 呂綿麻呂の蝦夷征伐, 呂賊の, 呂能伊都加斯賀母登を参考, 呂能伊都加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 呂舞台右手竹林の外れ, 呂蒙病んでいま, 呂蒙馳せ行って凌統, 呂虔李典の三名, 呂調の抒情味, 呂と納め, 呂に娶ひ, 呂赫若氏の, 呂足ワガ長女の名, 呂足下座に比良, 呂足比良の弟, 呂足須曾麻呂比良の三名, 呂の氏, 呂はたちまち, 呂部落の全, 呂と叱り, 呂の歌, 呂にぶら下る, 呂に異常, 呂を両手, 呂頼義義家などの武将, 呂黙ってうなずき