青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吾輩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~含ん 含ん~ 吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~ ~吹く 吹く~ ~吾 吾~
吾輩~
呂~ 呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる 呉れる~ ~告げ 告げ~

「吾輩~」 1669, 18ppm, 6344位

▼ 吾輩~ (528, 31.6%)

33 猫である 6 これを 4 ここに, 主人の, 例の 3 いつでも, 今まで, 仕方が, 吾輩の, 当時の, 敢て

2 [18件] この新論派, この時, この点, この論派, これに, その時, 人間の, 以上の, 何の, 君が, 君の, 実を, 彼の, 急に, 悠々と, 猫として, 表面に, 頭を

1 [423件] あえて議員諸氏, あの時, あらかじめ戦場, いかにと, いかに日中, いつもこの, いつもコンナ風, いよいよ危うい, いろいろ考えた, おとなしく三人, かく存じ, かつて主人, かねて, ここで, ここの, この三派各個, この両, この体態, この偉大, この光景, この刹那, この学者, この愉快, この日野亜黎子, この有様, この期, この期節, この標準, この男, この瞬時, この笑い声, この篇, この船, この論者, この運動, この道, この釜山港口, この間に, この際限, この頃故郷, これからあの, これから呉一郎, これから血涙, これで, これでも, これより, しばらく恍惚, じっと穴, すぐさまその, すこし取扱いかね, すこし得意, すこし気の毒, すでに十分, すでに小, そういう令嬢, そうしたルンペン道, そこで, そこに, そっと裏口, そのままポカン, そのよう, そのアト, そのテリアUTA, その夜豚肉三片, その後野良が, その未亡人, その横, その毛, その爆薬, その猫, その裏面, その親友, その詭激, その説, その間じゅう何を, それこそ, それだ, それ以外の, そんな無, そんな訳, ただでさえ, ただ二期, ただ死刑, たまらなくなっ, ちょっと嘲笑っ, ちょっと失敬, ちょっと散歩, ついにこの, ついに路傍, つくづく自分, とうてい駄目, とうとう雑煮, とうとう鼠, とくに国民論派, どうだ, どこまでも, なるべく彼, なんでも, ふたたび揚言, ほかに, ほぼその, ぼたりと, まず彼, まず第, また前期, また少々, また暫時, また欠け, まだかかる, まだ教壇, まだ諸君, もう何ん, もう夙, やはりのらくらし, やはり論派, わざと哄笑, アタマから, イキナリ焼糞に, イキナリ親方の, カモである, ガバと, グッと, グングンと, サラサラと, スッカリ諦らめて, ステッキ待ち直す, ソンナにも, ゾッとした, ダカラ勿体らしく, チャンと, ツカツカと, トウトウ決心を, ドンの, ナアニと, ハチ公である, ハッキリと, ハンカチで, バッタリと, パトロンの, ヒゲ, ビリの, ピッタリと, フト思い出し, ベースボールの, ペッと, ホッと, モウ一度引返し, モウ欺されなかった, ヤット我に, ルンペンでは, 一は, 一も, 一人で, 一旦下宿, 一生涯この, 一種の, 一策を, 三週間いらいらし, 世の, 世間が, 両君の, 主人が, 主人と, 二人の, 二十世紀の, 云うの, 人文の, 人間が, 人間と, 今ここに, 今の, 今一つ, 今一つうなずいた, 今一度吾輩の, 今九大精神病学教室本館階上教授室の, 今日より, 今日只今即刻に, 今日実に, 今朝の, 今朝風呂場, 今猶, 仕事が, 仮りに, 仰せの, 何だかこの, 佛教を以て, 侮辱を, 保守論派を, 信ずるいづれに, 信ずる又, 元来ここ, 元来そんな, 元来地上の, 元来山窩という, 元来貴婦人気取, 先刻申す, 先天的鼠を, 先頭に, 全く知らなかった, 全体の, 内地の, 再びおさん, 冒頭から, 切に武右衛門君, 別にタッタ一人, 別に伝兵衛, 別に奇矯, 前に, 前回断わった, 前足に, 劇作の, 加藤弘之氏箕作麟祥氏津田真道氏を, 勿論癪, 十五六回は, 十五秒で, 危うい, 即刻総長室に, 即座に, 去る明治四十年, 去年生れた, 又猫相応, 又甲板, 友吉親子を, 叙述の, 右の, 司令部の, 名前は, 君たちなんぞに, 君と, 君に, 君君も, 君地球と, 吾輩で, 嘆賞の, 四本の, 国家に, 国家的自由の, 夙う, 多分終身懲役, 大いに古賀君, 大きな甕, 大師の, 大戦の, 大洗説を, 天にも, 天地の, 天狗猿の, 姪の浜浦山の, 娑婆の, 嬉しかった, 宙乗りを, 実は先日, 寒月君に対して, 寝室の, 少々気味が悪く, 少々物凄く, 少からず, 少なからず, 山登りの, 山高帽を, 巌角から, 巨大な, 帽子も, 平気さ, 年来美学上, 幸に, 度々黒, 廊下の, 当地旅行の, 彼と, 御馳走も, 心中ひそかに, 忙が, 思う仔細, 思わずその, 思わず噴出, 思わず噴飯, 思わず急ぎ足, 思わず犬, 思わず続け様, 思わず貰い, 急にから, 息を, 悪党が, 惜気も, 愉快なるべき, 意志の, 慌てて, 應さに, 懐中電灯を, 我ながら, 我慢に, 投げ出されては, 挨拶の, 振り顧見る, 描である, 改めて老, 政論考を, 教師の, 文明の, 断然思い切っ, 断言し, 新年来, 斷言する, 日光の, 日本に, 日本の, 早速跳, 昨年の, 昨年中に, 是非とも, 昼飯後快, 時々忍び足, 曾て, 最初において, 最前から, 最早これ以上, 有難い事, 未亡人との, 未来の, 東京天狗倶楽部の, 松の木の, 板の間から, 森の, 椀の, 椽の, 椽側で, 次章, 止むを, 死ぬ, 毎日毎日お, 気味が悪くなった, 水戸から, 水戸からの, 池の, 決してその, 決して無意味, 決して鼠, 沖の, 波斯産の, 淡泊を, 深くここ, 満天下の, 滿洲語や, 無論何, 無論後者, 無論歓迎, 無論泥棒, 特に満腔, 犬が, 猛然として, 猫, 猫だ, 猫では, 猫ながら, 猫には, 現在この, 生れて, 用捨なく, 直ぐに, 看破した, 眠る, 確信し, 科学なる, 穴の, 空惚けて, 空気抜の, 突如跳ね起き, 突然この, 窃かに, 窓の, 立上った, 第二期, 終ひ, 総指揮官, 総督府の, 美学を, 考えたよ, 聞いて, 肴屋の, 胸が, 腹式呼吸と, 自殺する, 自白する, 茫然として, 落ちかかる, 藁の, 虎から, 衆議院で, 裸一貫津川子には, 裸体の, 覚えず第, 覚悟を, 訂正追加の, 謹んで, 賑やかな, 赤ゆも, 起立した, 超越智, 越中褌の, 蹲踞まりながら, 近頃智仁勇, 近頃運動, 返答を, 迷惑である, 道を, 遠慮会釈も, 遺憾ながら, 金田君の, 金田邸へ, 鈴木君の, 鑑定を, 険呑に, 隙かさず, 非常に, 非藩閥論派, 面喰らった, 面白くつて仕様, 駐在所へ, 魚心堂じゃ, 鮑貝の, 鷹揚に, 黙って

▼ 吾輩~ (462, 27.7%)

10 処へ, 顔を 8 頭を 6 前に 4 専門の, 鼻の 3 ような, 手に, 眼で, 眼の, 自殺の, 話の, 鼻づら

2 [25件] ここに, ために, ように, マントの, 主人の, 主人は, 云う事, 傍に, 切なる, 如く天が下, 姿を, 家の, 尊敬する, 所謂, 所謂自白心理だ, 爪は, 眼から, 研究の, 立場は, 精神科学の, 襟首を, 話が, 講演を, 遺言書の, 頭の

1 [349件] いわゆる大, いわゆる学者作家, いわゆる旧式運動, うちなどで, かく事は, からだ, こうした心事, こと, この世に, この解放治療, ごときは, ごときもの, ごとき猫, ごとく風呂, さきに, そうした講演, ところに, ところへ, とピッタリ, ほうにも, もっとも希有, ものと, やったこと, アホラシサが, シンフォニーには, スパイに, ドッチが, ボツクスを, ポケットから, ユートピアだ, 一生も, 一番痛い, 一身が, 一身なんか, 上下左右に, 上着は, 上華客だった, 主人が, 主人に, 主人も, 主人を, 主張する, 主張は, 乾児が, 事である, 事業の, 二十年分の, 云うこと, 云った垣巡り, 人格が, 今回の, 今日までの, 代りに, 休憩室に, 休職の, 似顔を, 住み込んでから, 倍は, 健康を, 傍へ, 全生涯, 全身が, 内地出發の, 写真を, 前で, 前では, 前には, 前段において, 創作として, 力で, 力量を, 功績を, 努力が, 努力の, 勝に, 半出来, 博士製造業, 双肩に, 取るの, 受け売, 口から, 口に, 右に, 右足の, 同輩若林鏡太郎博士は, 名は, 名前に, 名前を, 名宛で, 周囲には, 周囲を, 命令に, 咽喉が, 咽喉を, 唇に, 問ふ, 善後策は, 在学当時からの, 場合でも, 大に, 大好物, 奇問には, 如き世間無用, 如く理髪師の, 姿が, 姿は, 威光に, 威厳に関する, 学位論文, 学説, 学説と, 学説の, 実験に, 実験の, 実験を, 家へも, 家庭の, 寝室に, 専門上当然, 射撃の, 小さな身体, 小事件, 小手先一つで, 尻尾には, 尻尾へ, 左の, 左足に, 帯際を, 弁力の, 当の怨敵, 後ろで, 得意想うべしだ, 得意想うべしだった, 御蔭だ, 復讐と, 心当りを, 心眼に, 心臓は, 忍んで, 忰みた, 性に, 性質は, 惜む所は, 意気応に, 意見である, 感想じゃが, 態度は, 懐中へ, 懶惰を, 所信は, 所有である, 所謂絶対科学探偵の, 手で, 手を, 手作だ, 手打に, 手腕一つに, 手際では, 手際には, 拳骨一挺で, 持って, 持説たる, 指図通りの, 探偵小説という, 握って, 放言を, 敗北だ, 文に対しても, 新発見, 方から, 方からも, 方で, 方は, 方を, 昼寝の, 普通一般の, 暗示を, 有名に, 本俸手当を, 本名を, 本官を, 本懐何をか, 本職な, 材料に, 柔かな, 椅子の, 極楽行きの, 横っ腹へ, 横っ面を, 横に, 横腹を, 横面を, 歌に, 正体を, 死んだこと, 死後一箇月目だ, 毛を, 毛並に関する, 毛中にのみと, 気焔の, 気焔を, 水彩画に, 水彩画の, 決意には, 泣きの, 注意を, 演説を, 無上の, 無聊を, 煙草である, 父は, 特性でも, 独創だ, 独創でも, 現在の, 理想境な, 生命の, 生死の, 生涯を, 畏友九州帝国大学医学部長若林鏡太郎君の, 留守中に, 畢生の, 癖で, 発明である, 監督の, 真の, 真意が, 眼に, 眼を, 眼前に, 眼底に, 眼玉の, 眼玉は, 眼球の, 眼界に, 矮小なる, 研究が, 研究を, 神たる, 神経が, 窮状を, 立って, 立場から, 竹馬の, 笑い顔だけは, 第一, 精神異状が, 精神異状だけは, 精神病理学は, 精神解剖学や, 経験に, 罪では, 羨望し, 考えなんか, 考では, 考に, 考へ, 耳の, 耳を, 職業という, 肖像が, 肖像を, 股を, 肩に, 背中に, 背中の, 胸に, 胸へ, 胸を, 胸中を, 脳裏に, 脳髄探偵小説は, 脳髄論と, 腹では, 膝栗毛も, 自由だ, 自転車を, 苦手な, 苦痛とは, 行衛を, 襟が, 襟番号を, 襟髪を, 見るところ, 見幕を, 見方で, 親友, 親友で, 親友若林学部長が, 言う事, 言葉の, 記憶が, 記憶する, 記臆する, 記録は, 許に, 話だけでも, 話に, 該事件に対する, 認識不足が, 説に, 説明で, 説明なぞ一言も, 説明を, 調査の, 講演なんか, 講義を, 負けに, 責任感を, 資本という, 足は, 足下に, 足元の, 身上話を, 身辺を, 輪廓を, 近づくの, 這入れるだけ, 運の, 運動は, 過去と, 選んだ運動, 遺言以上の, 遺言書と, 遺言書とを, 遺言書は, 遺言書も, 遺言書を, 邸は, 釣の, 関知する, 靴を, 頭に, 頭へ, 頸根っこを, 額の, 額を, 顔に, 顔や, 食指の, 首を, 首無し事件の, 馬が, 驚愕も, 魂も, 魂をさえ, 鮑貝が, 鮑貝の, 麦稈帽を

▼ 吾輩~ (199, 11.9%)

3 考ふる 2 どこからか, タッタ一人で, 例の, 昨夜から, 昨日から, 死んでから, 自身に, 首を

1 [180件] いいところ, いくら待って, いるの, お勧め, かくまでに, かく云, かく夢中, こうしてケロリ, こうしてボロマント, ここで, ここを, このくらいの, この事件, この大, この家, この戦慄, この珍客, この絶影島, この遺言書, この際武右衛門君, これから自作, これから話す, これほど, すこし大きな, そこで大, その手, その貴婦人, そんな大, だね, ともを, ぶつかったの, まだ生き, まだ行衛, やるの, イクラ他所から, オヤジの, シャッポを, スクリーンの, ズット前に, タッタ一人頑張っ, ドンナ処置を, ドンナ科学的の, ペシャンコに, ポカンと, 一生懸命餅の, 主人の, 乗ったから, 九大で, 予期し, 二片の, 交際の, 今朝に, 仕出かした事, 代わって, 仮りに, 何故に, 作り溜めて, 偶然君の, 先刻一大, 出て, 前代未聞の, 前回に, 前文を, 卒業論文として, 又煙, 司令官の, 吾輩自身の, 唯道楽, 唱え出した精神科学, 嘗て当, 国民論派, 外を, 夜通しがかりで, 大負け, 如何なる観察, 如何に, 実例に, 少々気抜け, 居なくなったら忽ち, 平生眷顧を, 幽霊だ, 引受けた, 当家に, 当時の, 彼の, 彼奴の, 彼等に, 後から, 悪かった, 慰めに, 成仏出来ない, 投出したセパード, 振りまわす拳固, 振翳して, 掴んで, 攫って, 改めて説明, 断髪令嬢の, 日本に, 昨夜焼い, 是非とも, 時々同衾, 書いたん, 書いて, 最初から, 最後に, 木から, 松の木を, 林の, 植え付けた五十万, 検事兼被告人という, 椽側から, 機関長の, 此處で, 死んで, 死んでも, 毛の, 決定する, 法廷に, 泥棒だ, 犬の, 犬を, 琥珀よりも, 町から, 畢生の, 発明した, 眼下に, 研究の, 秘蔵し, 空ストーブの, 立止る, 笑うの, 筆を, 精神科学の, 納まり返って, 組んで, 総督府を, 耳に, 聞き付けて, 腕に, 自殺に, 自殺の, 至誠病院で, 蘇張の, 虎の, 蜂の, 見下して, 観念し, 記憶し, 記述する, 詰まるところ運命, 話した, 説明し, 説明した, 調査記録した, 談判の, 論文を, 負わねば, 躍起と, 車屋の, 連続二日間の, 逸早く遮り止め, 遅かれ早かれこの, 運動海水浴転地療養の, 金田に, 金田邸へ, 銀幕の, 鍵を, 長く松樹, 長髯, 閥族政府に, 隣家の, 面白いと, 預かるん, 風呂場へ, 飛んで, 飲めん, 首に, 驚いた, 驚ろい

▼ 吾輩~ (83, 5.0%)

2 若林も

1 [81件] いささか賛成, この問題, この小僧, この相談, この記事, この頃, これは, こんないたずら, そのひとり, そのアト, その小さな模型, その時, それがしも, ちょっと雑煮, また人間世界, やおら立, アンナに, カフェー, ソロッと, ドン漁業の, ヤット安心し, 一度で, 一廉の, 一時面喰った, 三毛子に, 不安に, 今日まで, 他人の, 仰天した, 余りの, 先生と, 共々に, 其の席末, 冷やかして, 十万億土行きの, 午後の, 友吉おやじが, 双手を, 可笑しくなった, 右往左往へ, 君も, 困る, 堂々と, 多々良君の, 大いに凹, 大いに口, 大賛成, 安心を, 実を, 少々気の毒, 少々煙, 少し変, 尻に, 彼等の, 思わずアッ, 悋気が, 悪いの, 手の, 日本の, 時々参考, 晩年の, 殆ん, 決して崔述, 現在の, 異存は, 白状すれ, 知って, 種取り兼人間研究の, 考えた, 聊か狼狽, 腕を, 英語で, 諦らめ切れん, 負けちゃったね, 負けて, 負けないつもり, 隨分輕卒家で, 飛んでも, 飲むよ, 馬鹿に, 驚いた

▼ 吾輩~ (80, 4.8%)

3 目し 2 信じて, 君の, 引っぱって

1 [71件] かえり見て, この世に, この事件, じゃらして, その事件, ぶら下げて, やはり一般猫児, キチガイキチガイと, コケ威しにかけて, シッカリと, 一種の, 中心に, 丸め込む見込み, 主役と, 乞食扱いに, 人事不省に, 倒して, 先生と, 入れて, 写生し, 処分し, 凹ませるため, 出さなくっても, 千芳閣に, 卸して, 台所へ, 吾輩相当に, 呑込ん, 呼び止めた奴, 呼ぶ, 呼出さなくとも, 嫌疑者として, 尻尾で, 崇拝し, 待合に, 恐れ入らしてやろうという, 恐ろしい小僧, 感激せしめた, 押え付けて, 指して, 振り仰いで, 振り返るばかり, 捉まえ, 掴まえて, 断わる事, 極度に, 狼と, 目安に, 真白な, 睨んだ, 知らずして, 知らない新顔, 立派な, 自由に, 見おろす吾輩, 見て, 見るや, 見上げた令嬢, 見上げて, 見上げ見下した, 見殺しに, 見玉, 覚えてるかね, 評価する, 賞める, 軽蔑する, 迎うる, 進呈する, 食うつもり, 驚かせるため, 魔法使いと

▼ 吾輩~ (38, 2.3%)

3 向って

1 [35件] あらずや, あらず家主, いろんな物, この罪, しちまえ, すすめて, もっともよく利く, わかったら事, 一つ面目ない, 一言の, 云わせると, 人気を, 今謎みたいな, 劣らぬくらい, 取っては, 口を, 向い合って, 喰付かれた, 在りと, 報告した, 引渡したもの, 引渡して, 押しつけに, 敗けない位, 甘たれ, 用が, 盃を, 直接面会など, 秘密裡に, 苦手な, 詫びること, 負わした彼, 質問を, 面会させよう, 預けて

▼ 吾輩~ (30, 1.8%)

2 若林が, 若林の

1 [26件] いうので, しても, ピッタリ視線, 一脈相通ずる, 三人である, 似たり, 全く別, 友吉おやじと, 友吉おやじの, 同じ恰好, 同様に, 同様独身者の, 君とで, 君を, 将軍が, 来島の, 津川五郎子とは, 若林とが, 若林とに, 若林とは, 若林ばかり, 説を, 鈴木君の, 闘うべく腰, 顔を, 黒は

▼ 吾輩には~ (17, 1.0%)

1 [17件] この狂言, そんな勇気, ちょっと面白い, どうしても想像, なかった, もう少し利目, よくわからん, わからん, 丁と分つ, 了解が, 全く見当, 分らなかった, 分らぬ, 気付かれなかった, 知れよう訳, 自信が, 頓と

▼ 吾輩自身~ (9, 0.5%)

2 の事 1 がその, が君, が烏, にも予断, の境遇, もこの, も自分

▼ 吾輩これ~ (7, 0.4%)

1 でも亜黎子未亡人, に応ずる, を一, を欧化時代, を知らざるなり, を知るあたわず, を翻訳民権論

▼ 吾輩でも~ (5, 0.3%)

2 これは 1 今吾輩の, 何でも, 奮発し

▼ 吾輩などは~ (5, 0.3%)

1 始めて, 生れてから, 生れない前, 目の, 茹章魚の

▼ 吾輩みたい~ (5, 0.3%)

1 なルンペン紳士, な偉人, な田舎活弁, な身体, に無

▼ 吾輩独特~ (5, 0.3%)

1 のルンペン犬, の新規, の精神的, の精神科学式ドウドウメグリ, の解放治療

▼ 吾輩から~ (4, 0.2%)

2 見ると 1 して, アンポンタン・ポカン博士の

▼ 吾輩~ (4, 0.2%)

1 つてケチ臭い, つて生き, と悟つて, よ

▼ 吾輩である~ (4, 0.2%)

2 と云う 1 事が, 吾輩は

▼ 吾輩という~ (4, 0.2%)

2 事に 1 この人間, 検事の

▼ 吾輩アンポンタン・ポカン~ (4, 0.2%)

1 が一たび, が考え, と相, はこの

▼ 吾輩一人~ (4, 0.2%)

1 かも知れない, の実験材料, の言, を蹴落し

▼ 吾輩一流~ (4, 0.2%)

1 の学術研究態度, の法螺, の酔った, の野性

▼ 吾輩~ (4, 0.2%)

1 の背後, は刑事, は握飯, は焚火

▼ 吾輩にとって~ (3, 0.2%)

1 コレ以上の, 千載一遇の, 望外の

▼ 吾輩にも~ (3, 0.2%)

1 わかるが, 出なかったと, 精神病者と

▼ 吾輩より~ (3, 0.2%)

1 以外に, 少し大きな, 巧者な

▼ 吾輩ごとき~ (2, 0.1%)

1 ものの, 者は

▼ 吾輩だったら~ (2, 0.1%)

1 そんな風, 文句無しに

▼ 吾輩だって~ (2, 0.1%)

1 出るの, 喜多床へ

▼ 吾輩でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば不可い, ば外

▼ 吾輩では~ (2, 0.1%)

1 ないが, なかった

▼ 吾輩との~ (2, 0.1%)

1 妥協を, 約束を

▼ 吾輩とは~ (2, 0.1%)

1 天下の, 違って

▼ 吾輩~ (2, 0.1%)

1 のだ, んだ

▼ 吾輩なんかは~ (2, 0.1%)

1 乞食以下の, 絶対に

▼ 吾輩に対して~ (2, 0.1%)

1 あまり功能, 出す声

▼ 吾輩のみ~ (2, 0.1%)

1 であろう, であろうと

▼ 吾輩ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 毎日運ぶ

▼ 吾輩~ (2, 0.1%)

1 斎藤先生の, 若林は

▼ 吾輩ポカン~ (2, 0.1%)

1 と一緒, は断言

▼ 吾輩一家~ (2, 0.1%)

1 でさえ父, の私言

▼ 吾輩以上~ (2, 0.1%)

1 に立派, の道楽気

▼ 吾輩~ (2, 0.1%)

1 と雑言, よりも好物

▼ 吾輩~ (2, 0.1%)

1 好物だ, 得意の

▼ 吾輩大いに~ (2, 0.1%)

1 考えたよ, 腹を

▼ 吾輩幼時~ (2, 0.1%)

1 迄はやつ, 迄サントメ

▼1* [115件]

吾輩あればこの, 吾輩いよいよ面白くなった, 吾輩かつもっぱら表面, 吾輩がと肱を, 吾輩ぐらい不名誉な, 吾輩けっしてその自由論派, 吾輩こそ大馬鹿, 吾輩しばらくこれを, 吾輩じゃないよ, 吾輩すらこのあき, 吾輩だけだが, 吾輩だけかも知れないが, 吾輩だけになる, 吾輩だったがあの, 吾輩相互の, 吾輩でないなどと先頭, 吾輩としては俯仰天地に, 吾輩どもが朧, 吾輩なければこの, 吾輩などに較べると, 吾輩などもあるいは今, 吾輩にだって志は, 吾輩にとっては格別の, 吾輩に対する嫌疑かい, 吾輩のみが忠臣に, 吾輩のみを見つめて, 吾輩はにゃあにゃあと甘えるごとく, 吾輩ばかりが精神に, 吾輩ひそかに思う, 吾輩ふたたび勃興すれ, 吾輩ふるえ上ってしまった, 吾輩ほど夜陰に, 吾輩までがこの方面, 吾輩までも彼等君子の, 吾輩もう舌が, 吾輩よりも単純だ, 吾輩ら二人の手, 吾輩イヨイヨ溜飲を下げた, 吾輩イヨイヨ舌を捲かされた, 吾輩ウッカリ乗せられて, 吾輩キチガイ博士にとっては躄, 吾輩タッタ一人の死物狂い的白熱戦, 吾輩ハ猫デアル, 吾輩ホッと安心, 吾輩ヤット気が付いた, 吾輩一個人としての想像, 吾輩一期の失策, 吾輩一杯景気で, 吾輩万死国を誤る, 吾輩不幸にし, 吾輩二人で一皿, 吾輩の, 吾輩今日はいかなる, 吾輩以外にこの, 吾輩仮りに民権論派, 吾輩元来漁師向きに生れ附いた, 吾輩づこの, 吾輩六杯その他平均五杯ずつ合計, 吾輩を鼓, 吾輩及び主人家族にとっては, 吾輩双手を挙げ, 吾輩唯一の竹馬, 吾輩喜んで書斎, 吾輩喜んだね, 吾輩在外の頃, 吾輩外国人の書, 吾輩に送られた, 吾輩専売の精神病学, 吾輩屏息すれば, 吾輩幼時出雲の竜蛇, 吾輩幼時和歌山で小児, 吾輩広告の新案, 吾輩微動だに, 吾輩いで町, 吾輩思わずゾッとして, 吾輩思わずカッとなりかけた, 吾輩に嬉しく, 吾輩を揉み合わせ, 吾輩故障を容れし, 吾輩日本人でも支那古典的趣味, 吾輩最近の発明, 吾輩有難く頂戴する, 吾輩殿軍としては五尺六寸ヌーボー式, 吾輩毎度農民に聞く, 吾輩毎日運ぶべしと, 吾輩毎日見に往, 吾輩気の毒とも何とも, 吾輩決して泣き上戸, 吾輩渇死となる, 吾輩焼酎を吐出し, 吾輩独創の心理遺伝, 吾輩などには到底, 吾輩猫共から見, 吾輩猫属の言語, 吾輩獣医の薬局, 吾輩留守中江戸において何, 吾輩に先駆け, 吾輩皆護衛の士, 吾輩目下の状態, 吾輩相当に評価, 吾輩知る所を以て, 吾輩を抜い, 吾輩自ら余瀾と号する, 吾輩請うこの三遷, 吾輩へらく, 吾輩議論だと, 吾輩不遵奉耶, 吾輩賤人の議すべきでない, 吾輩轟技師に伺い, 吾輩返事に詰まっ, 吾輩焔と, 吾輩閑散だからね, 吾輩に上った, 吾輩随分田舎芸妓に, 吾輩鬚野房吉博士の剥身