青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

口実~ 口惜し~ 口笛~ ~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~ ~古く 古く~
古人~
古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く

「古人~」 1104, 11ppm, 9511位

▼ 古人~ (513, 46.5%)

12 句を 9 心を 7 言に 6 詩を 5 句に 4 やうに, 書を, 糟粕にては

3 [11件] しきたりなど, と相違, 心に, 心もちが, 文を, 歌に, 用意は, 範疇を, 糟粕を, 言葉に, 辮髮の

2 [38件] いふた通り, いまだかつて作らざりし, やうな, やらなかった境地, ように, 上手に, 事を, 俳句を, 句には, 句をば, 句先輩の, 句碑の, 天幕に, 子孫と, 意を, 教えが, 文章に, 曰く, 書に, 書物, 書物しか, 歌でも, 歌を, 生涯を, 画題に, 粉本を, 絵を, 著作を, 言にも, 言葉は, 言行を, 話を, 語に, 辮髮に, 道破した, 遺物先進の, 間に, 風を

1 [353件] いうた通り, いう事, いう夏, いったこと, いった言葉, いは, いわゆる, いわゆる忠孝両全, うちにても, お墓, お経, お蔭で, お言葉, こういう半, こころは, ことだ, ことばにも, すぐれた連句, すでに用い, するとおり, そうした戦い, それは, ために, は求心的, ひとりである, まだ言わなかった, ものである, よりも重い, 一人だ, 七種の, 世界観が, 中に, 九星生性を, 了簡, 云って, 云つた例言が, 交わりが, 交わりも, 人情風俗に, 仕事が, 仕事は, 仕事を, 会意の, 伝不明で, 伝記を, 伯夷叔斉を, 住んで, 何かしらの, 作から, 作つた歌が, 作と, 作に, 作の, 作は, 作や, 作中得意の, 作今人の, 使用せし, 便利と, 信ずるところ, 俳書から, 偏見を, 儔, 先蹤を, 其に, 出放題に, 利益に, 刺戟が, 刻苦力を, 則に, 力によって, 労を, 勢力は, 博智無く, 厭世的貞操観を, 受けた鍛錬, 句, 句こそ, 句で, 句にても, 句の, 句は, 句も, 句よりも, 句らしい, 句中に, 句集を, 右に, 名に, 名を, 名作, 名作なり, 名作は, 名作へさえ, 名句や, 名局が, 名文は, 名画を, 名言や, 名詩画, 吝嗇に, 呟きが, 命名法は, 和歌では, 哀れでも, 嘆きの, 圈の, 土地は, 在世中から, 型の, 声を, 外に, 外套を, 多くが, 夢の, 夢想だ, 太子奉, 妄想にて, 妙墨蹟好, 子孫が, 実境, 少しも, 居るところ, 工学的才能は, 布帛を, 師, 帽子などの, 年代を, 後に, 微妙な, 心, 心が, 心づくしに, 心である, 心でなけれ, 心の, 心意気を, 心持は, 心掛けは, 思ひは, 思想が, 思想であった, 思想として, 思想においても, 思想の, 思想は, 思想を, 悩んだこんな, 情念を, 想の, 想像から, 想像に, 想像は, 意匠を, 意図が, 感動律を, 感情から, 感慨を, 戒に, 戒むるところであるのにその, 戒めが, 戰爭時期です, 戲れた, 所為に, 所説を, 所謂, 所謂利根水源は, 手本のみに, 批評で, 抱いた桃源, 捕虜にな, 措辞が, 描いた図, 支配が, 支配の, 教えたこと, 教えなれ, 教えに, 教えに対して, 教えを, 教に, 教ふる, 文に, 文句を, 旅を, 旅行記など, 易行には, 書いてる部分, 書より, 書画を, 曾孫に, 本の, 村は, 業とか, 様式に, 歌, 歌では, 歌にも, 歌やら, 歌詠の, 歎ける, 正説を, 歴史観を, 残した言葉, 気魄再現の, 永遠の, 注意を, 源意を, 火を, 狂歌一首を, 理想を, 生活を, 生涯の, 用い来りし普通, 田地の, 男子とが, 男子は, 画幅を, 発意に, 発明に, 發句の, 皮鞋匠が, 目に, 目の子勘定を, 直間接, 眉を, 真似を, 真心と, 研究, 研究の, 確定し, 穴居を, 立派な, 笑が, 筆なり, 精神を, 純粋な, 経歴性格日常生活などを, 群峰が, 習俗や, 考えかたの, 考えには, 考へに, 聊かも, 胆を, 胸底を, 色の, 芸に, 芸術家が, 芸術的良心, 芸術的関心は, 苦心なぞ理解し得ず, 苦心を, 苦肉の, 著述を, 蘇言機たる, 虚構に, 血が, 行つた, 行履が, 行持の, 行道ほど, 衣服も, 襲來, 襲来の, 観察が, 観察も, 言, 言う二夫云々, 言う私心, 言えるの, 言だ, 言ったこと, 言と, 言に従って, 言の, 言は, 言へる如く, 言も, 言を, 言葉, 言葉などを, 言葉を, 記述に, 設計に, 証拠に, 評の, 評判にまで, 詩である, 詩では, 詩に, 詩歌が, 詩歌など, 詩賦中に, 話は, 認めて, 語も, 語録を, 説いた性善説, 説なり, 説に, 説は, 説をも, 調にも, 論議を, 諸説と, 賜に, 賢人を, 質実剛健なる, 趣に, 足あとを, 足跡なお, 足跡の, 足跡より, 跡を, 踏んで, 蹟を, 蹤を, 近親種族の, 造る者, 連句にも, 連句を, 連句中の, 連句集には, 逸話という, 逸話などを, 過ぎたる後, 道を, 遺書に, 遺業を通じて, 遺跡の, 遺跡を, 酒を, 金言ぼくあえて, 金言宜, 金言思ふべきなり, 門下生と, 間では, 陰徳恩賜と, 随筆の, 随筆は, 障害物によりて, 隠逸を, 隨意なる, 隨意自由に, 隱逸を, 靈の, 顔が, 風俗などを, 風俗を, 食物も, 骸を, 魂が

▼ 古人~ (156, 14.1%)

2 この態度, 嘆じた如く, 少くとも, 後生恐るべし, 民衆を, 生別は, 自分が

1 [142件] いいところ, いうたいかなる, いったい誰, いって, いつの, いつも海上, うまいこと, かろがろしく物, こういう貴い, この場合, この大事, この記録, この重苦しい, これを, しばしば, しばしばこの, すく, すでに同じ, そういうもの, それで, とうにこの, まるで盜人, みなそうだったの, むしろこれ, もう一つ北の方, もち得た, もとより今人, よく九星, アラビア人や, 一人で, 一體さきに, 之を, 九原より, 云つてゐる, 人生を, 人界を, 今も, 今を, 今申した, 仏の, 他國人, 伝習的に, 何れ他, 何處かの, 偉い, 其知れる, 冬の, 別に季題, 前頭と, 及び難き, 向うむき, 否蒙, 咳唾珠を, 困るです, 国亡び, 夜のみ, 大きいといふ, 大抵二枚の, 女の, 奴隷を, 如何なる状態, 始終これ, 始終是, 小さい時分, 平素は, 必ずこの, 必ずしも今日, 必ず冬, 成るたけ先方, 我々よりも, 我々人間の, 我我人間の, 戒めて, 戰爭は, 戰爭中殊に, 手に, 教えて, 既に熟知, 日本人と, 明哲身を, 時々水草, 暑氣, 更に山野, 曾無一善の, 木や, 東の, 桜を, 楡を, 極めて少く, 極めて物, 歌うが, 此を, 此クーミー或は, 死んで, 毎朝稗の, 水に, 水戰には, 決して我等, 決して掠奪, 沈黙を, 深い山, 深くその, 漢人の, 無意識の, 狩りなどは, 現に哲里木盟, 生さぬ生すの, 申しましたが, 疾くに, 皆二個の, 盛に, 目を, 神の, 第一, 精神的に, 絶えず他, 美術家と, 考へて, 腸を, 自然の, 船は, 花之, 蒙古, 行つたらしい, 衣食足り, 言った, 認めて, 賞讚に, 辮髮です, 過誤せず, 酷いです, 銀漢を, 鍵とか, 陸上でこそ, 随所に, 非常に, 面白いもの, 頭髮を, 食量が, 馬へ, 駄目です, 黒い物

▼ 古人~ (107, 9.7%)

2 客観に

1 [105件] いいぬ今や, いうたの, いうわけ, かかるもの, かかる洞窟, この両様, この二人, この薄, これを, すでにその, すでに言いきっ, せっかく研究, せっかく築き上げ, たが, ただ物を, つくったもん, どんな大きな事業, まじって, もち得ない, もと移動式, やってきはって, よく墓, ススキに, ペストに, 一世一代の, 一様に, 不用意に, 世の中に, 五六百年の, 伝えた珍譚, 位する, 作った称呼たる, 作って, 出て, 出刃じゃ, 初めである, 勢威を, 北から, 南ロシアの, 古事記の, 吾らを, 和名として, 大いなる事業, 大きな損, 大きな海産動物, 女子の, 女子を, 如何なる有, 如何に, 妖怪を, 季題に, 定めた以外, 実際に, 客に, 山奥に, 年を, 悪魔と, 想像し得たであろう, 戒めて, 或観念, 戯曲の, 撰した, 支那の, 支那を, 支那書の, 文字で, 日熱や, 明かに, 明らかに, 曲輪の, 有益動物を, 木ヘンに, 樹下の, 正義の, 此の, 残して, 殘し置きたる, 水と, 燕子花の, 狙って, 王孫, 用ゐ慣し, 申したの, 皆徴發, 着ます衣服, 神と, 穿いて, 結婚は, 美を, 自家見, 菰, 萬物の, 虫また, 蚊帳の, 言を, 詞心に, 詠まなかったと, 詩に, 誡めて, 誤り信じて, 論じて, 財蔵を, 近江の, 逃げても, 頤咽喉下から

▼ 古人~ (73, 6.6%)

8 いって 4 多く旅 3 教えて, 言つた 2 変りは, 死馬の骨を

1 [51件] ある, あるが, あるのに, いいしのみ, いったよう, いひき, いへり, しばしばいっ, せるび, そうだった, やつた, クリミヤ人も, セルビヤ人も, 一日為さざれ, 之を, 云った, 亦今, 亦今人, 亦田中君, 今人も, 今人もさまで, 仰せに, 伝えいま, 俳書を, 夙にそれ, 富士と, 彼等の, 心づいて, 折々は, 時務を, 月の, 決して閑却, 申した通りそれ, 矢張我々と, 確かな, 繰返して, 至誠に, 言いまた, 言えれ蒲団, 言って, 言ひける, 言へ, 訓え, 誡めて, 説いた, 読書について, 謂うは, 辮髮を, 近代人の, 遥かに, 魅惑を

▼ 古人~ (39, 3.5%)

2 十七字中に, 友と, 罵るの

1 [33件] おもふ, して, モデルに, 一体に, 偲ぶこと, 凌ぐ訳, 尚友, 崇むがごとくならしめざるべからず, 引き出して, 引くの, 引用せね, 待つ身, 後世の, 思慕する, 憬慕する, 把握し, 景仰する, 最も凌駕, 期するの, 模倣し, 畜生劣り, 眼中に, 祭ったもの, 罵ったの, 罵つたの, 見ること, 見ると, 観る, 観るの, 談じた, 論じて, 買ひ, 選んで

▼ 古人~ (32, 2.9%)

2 して

1 [30件] あはれまれつつ, あらざるを以て, あるの, お鮨, すまないやう, では, なぞらへる人, 与したとでも, 会す妻, 及ばない, 及ぶ, 向ひ, 在り, 学ぶところ, 就て, 恥じねえほどの, 擬せなければ, 数倍する, 比して, 比すれば, 比べると, 求むるまでも, 求めれば, 江戸時代の, 縁が, 至つて前の, 見た方, 親しみを, 触れ静夜月, 限つた譯では

▼ 古人~ (16, 1.4%)

2 後生との

1 [14件] いへば, するの, 万里隔絶の, 傳はつた, 僕らとの, 共に語る, 同じに, 変ったこと, 心相通ずる, 戦つたとの, 為りて, 猶太人, 蒙古人, 雖能は

▼ 古人~ (11, 1.0%)

3 先輩の 1 シナ人が, 先例に, 先例を, 先輩は, 支那人が, 満洲人, 滿洲人との, 韃靼人の

▼ 古人には~ (6, 0.5%)

1 分らなかった, 及ばないやう, 及ばないよう, 大いに感謝, 幾多の, 盜人が

▼ 古人及び~ (5, 0.5%)

4 今人 1 韃靼人の

▼ 古人~ (5, 0.5%)

1 が淺, が鼠牛虎兎, と夜食, には風狂, に交っ

▼ 古人たち~ (4, 0.4%)

1 がみな多芸多能, の言, の間, はみんな

▼ 古人に対して~ (4, 0.4%)

1 今さら尊敬, 少しも, 当然な, 愧ずべき

▼ 古人より~ (3, 0.3%)

1 今の, 以前に, 強くな

▼ 古人~ (3, 0.3%)

1 を, 徳, 糟粕

▼ 古人自身~ (3, 0.3%)

1 でも陸, は危險, は見るべき

▼ 古人これ~ (2, 0.2%)

2 を猟

▼ 古人って~ (2, 0.2%)

1 奴が, 奴は

▼ 古人~ (2, 0.2%)

1 クーミーの, 日本の

▼ 古人という~ (2, 0.2%)

1 ように, 法律の

▼ 古人とは~ (2, 0.2%)

1 異なった文明, 異なつた文明

▼ 古人なき~ (2, 0.2%)

2

▼ 古人について~ (2, 0.2%)

1 さらに研究, 見ると

▼ 古人にも~ (2, 0.2%)

1 せるび, 是程の

▼ 古人ばかり~ (2, 0.2%)

1 では, でも

▼ 古人よりも~ (2, 0.2%)

1 優秀な, 山水そのものです

▼ 古人われ~ (2, 0.2%)

1 を欺かず, を欺かずである

▼ 古人今人~ (2, 0.2%)

1 の作品, 流るる水

▼ 古人初めて~ (2, 0.2%)

2 陳ぶるに

▼ 古人太祇~ (2, 0.2%)

2 が句

▼ 古人~ (2, 0.2%)

2 へること

▼1* [94件]

古人あり体極めて, 古人はゆる, 古人いふ無事是れ, 古人かと思ったが, 古人からは古代の, 古人すでにいッ, 古人その糞の, 古人つて身分に, 古人だけでは, 古人だけは王公が, 古人であるが常陸, 古人でさえ決めかねたこと, 古人でもよい寛先生, 古人とが使用する, 古人として見たもの, 古人としては梅に, 古人との混血児だ, 古人とも思われない, 古人どもと渡り, 古人なく後に, 古人など沍寒烈風断えざる, 古人などが行って, 古人などは其の最も, 古人なら竜宮を, 古人なら殺して見たい, 古人なり今人, 古人にとっては余技も, 古人にばかりかう云, 古人によつて歌ひ尽された, 古人によって定められた星座, 古人によるシナ征服である, 古人に対しては熱狂的に, 古人に対してもなんともハヤ相, 古人のみが帳幕に, 古人はいふかも知れない, 古人ばかりを尊重する, 古人への復讐という, 古人へは恥かし, 古人またかくの, 古人みたいな顔, 古人もさうだつた, 古人よりずつと前には, 古人アヤマッテ一転語ヲ祗対シテ, 古人諸神ト動物トノ生殖行爲, 古人ニ至テハ百幅中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 古人一種の蜈蚣, 古人今日の動向, 古人以上の立派, 古人以外に一機軸, 古人以来特に古人, 古人伊企儺を心, 古人信仰の標的, 古人はみな妙, 古人六世の孫, 古人を正し, 古人を用, 古人半人半神予言者教会の長老, 古人古来馬肉を食い, 古人急用の, 古人大兄を立て, 古人大兄王が中大兄, 古人大力量を有する, 古人好く畜の, 古人如何なる意より, 古人子貢の言葉, 古人学業終身を期せ, 古人尾崎紅葉の未, 古人崇拝癖を止め, 古人已に早く我が, 古人慣用の手段, 古人サラニ塚草独青, 古人斯く思ひしは, 古人既に閑花只合閑中看, 古人曰ク諸天互魔擾, 古人書画近代儒家文人詩文唐山真蹟書画本邦諸国地図唐山蛮方地図草木金石珠玉点介鳥獣古銭古器物, 古人朝鮮人乃至台湾, 古人蹈の, 古人来襲によってひき起された, 古人の朝鮮人, 古人の集, 古人を以て鬼, 古人波蘭人等から有無, 古人を試みる, 古人をとっ, 古人稍勘違ひを, 古人系統の特徴, 古人苦辛のほど察すべし, 古人やらのいうた, 古人を学ぶ, 古人はみんな, 古人開拓の田地, 古人を祷る, 古人霊妙の機, 古人緩不