青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

含まれ~ ~含ん 含ん~ 吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~ ~吹く 吹く~ ~吾
吾~
吾輩~ 呂~ 呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる 呉れる~ ~告げ

「吾~」 6601, 71ppm, 1585位

▼ 吾~ (2178, 33.0%)

64 をし 35 はこの 28 はこれ 26 は実に 18 はその 16 は之 1514 はただ, は彼 12 は今 11 にし, の世界, はそれ 10 の生活 9 が今日, の心, の眼, は決して 8 の前, の見る, は吾人 7 の想像, の注意, の知る, は今日, も亦 6 はここ, は其の, は寧ろ, は常に, は敢

5 [17件] に向かっ, に教, の尊敬, の想像以上, の感情, の感覚, の知識, の祖先, の経験, の魂, はかかる, はかつて, はさらに, は主として, は人間, は此, もまた

4 [20件] がこの, が希望, にとり, の上, の中, の今日, の住む, の思想, の意, の意識, の眼前, の精神, の言, はあえて, はまた, はわが, は嘗て, は如何, は此処, は直に

3 [50件] が, がわが, が喋々, が外界, が実に, が眼前, と雖, に及ぼす, の五官, の努力, の感官, の日常生活, の智識, の有する, の民族的理想, の氣, の理想, の生, の知り得る, の胸, の観念, の説, の身, はいかに, はかく, はむしろ, は不幸, は信ず, は国民性, は彼等, は必ずしも, は或, は断言, は既に, は日本, は更に, は特に, は猶予, は理想, は祖先, は神, は聞けり, は芸術, は表現, は遂に, は過去, は非常, は須, は須らく, もし

2 [139件] かつて, がかつ, がかつて, がこれ, がしばしば, がもっとも, が上, が之, が今, が先祖, が彼, が朝鮮, が本能, が決して, が父祖, が耳目, が頼襄, たと, に与, に与える, に光, に免, に取, に對, に教え, に言わしむれ, に言わすれ, のいわゆる, のため, のもっとも, のもつ, のもの, の世, の主義, の五感, の人生, の修養, の力, の周囲, の周圍, の大, の宇宙, の官能, の家屋, の實際, の崇拝, の張る, の彼, の心中, の恋愛, の情, の意向, の抽象, の持っ, の敵, の最も, の本質的要求, の標準, の権利, の活動, の渇仰, の理性, の用, の目, の目的, の直感, の真情, の知っ, の社會, の空間, の立場, の耳, の自負, の血, の行為, の要求, の見, の視, の觀念, の解, の豫言, の身辺, の車, の遂に, の過去, の面目, はいまだ, はすべからく, はそれら, はもとより, はデュウゼ, はトルストイ, は一, は一個, は一歩, は世, は井伊, は何程, は何等, は充分, は又, は各, は唯, は国民, は大, は天, は天下, は妄り, は始め, は容易, は已に, は必ず常に, は恐る, は我が, は明, は明らか, は春, は是, は朝鮮, は未だ, は生き, は真に, は真正, は肉体, は自ら, は自由, は自覚, は試み, は詩, は野, は野蛮人, は非, は驚くべき思ひ, よりし, を以て之, を啓發, を支配, 得て, 豈に

1 [1175件 抜粋] あに軽々看過, いずくんぞわが, かつて各地, か一般, か此事, があえて, がある, がいずれ, がかかる, がこれから, がその後, がつねに, がもし, が一歳有半, が一色, が不肖, が事象, が人格, が人間, が今年, が他人, が假, が切に, が劇場, が卓絶, が同胞幾百万, が呼び起こさん, が商, が大胆, が夫人, が完成, が将来, が尤も, が常に, が従来物質, が微力, が心裡, が恐れ入る, が想像, が戦い, が所有, が手, が抱い, が敢, が文学, が断言, が既に, が日常, が日常秋雨, が日本文学史, が日蝕, が普通, が最初, が未だ, が東隣, が此, が歴々証明, が氏, が江戸演劇, が爪, が特に, が猶, が理解, が生活, が真正, が知り得る, が示す, が精細, が経世的眼識, が腰掛け, が若少, が見る, が見解, が言い得る, が詩, が論弁, が講究, が通例, が遊星, が道義, が音楽, すでにこれ, と出逢わぬ, と同一, と左, と独立, にとって新しい, にとって選択, にとつ, になん, には何, には少し, にもこんな, に与えた, に与え得る, に休神, に何等, に価値, に到着, に取っ, に向, に啓示, に嘱, に因り, に大切, に対してもなほ永久, に対して有する誤ち, に幾多, に想, に教えない, に無限, に眞理, に知識, に示す, に考慮, に與, に見ゆる, に親しみ, に許す, に語る, に説明, に責める, に近き, に進撃, に黙示, のあまりに, のいう, のうち, のこれ, のする, のなした, のひそか, のまったく, の一生, の世上, の世界觀, の予期, の人, の人生觀, の仲間ら, の住居, の信ずる, の先祖, の先輩, の兩足, の内界, の内面生活, の切に, の創造, の勝利, の受, の古典的觀念, の味, の品性, の哲学中, の四綱領, の在世中実現, の地球, の境遇之, の夢想, の天職, の好, の如く興奮, の子供, の宗教, の実験, の家, の小智小善, の屡々, の常に, の平和, の平素痛嘆, の幸福, の強味, の往々, の徳, の心性, の心神, の心裏, の志, の思はざる, の思索, の性たる, の悟入, の悩み, の情緒, の愛した, の感, の憂苦病患, の懷中, の所論, の所謂信条, の所謂詩, の批判, の抒情詩, の指, の描像的能力, の敢, の敵手, の文章, の方, の既に, の日用語, の時間, の最, の期待, の未來, の本能, の概念, の欺かざる, の残務, の気に入る, の決して, の浮世絵, の深く, の清廉, の測量, の父祖, の物理的觀念, の現在, の理想的態度, の生命, の生死, の生涯, の生理上心理上, の疑, の痛感, の目下, の直接, の眠, の知ってる, の知力, の知覺, の砲火, の社会的知識, の私, の立脚地, の簒奪, の精神状態, の考, の考える, の耳朶, の肉骸, の肺臟, の能, の腦裏, の膂力, の臓腑, の行動, の衣食住, の見ん, の視線, の親しく, の観照, の言いうる, の言語, の評価, の詩情, の論ぜし, の賞美, の身體精神, の輸入, の運動, の道, の遺憾, の霊性, の霊魂, の頭上, の頭腦中, の願, はある, はいくらか, はいつ, はおの, はかの, はこ, はこれら, はこれら無限, はしばしば, はすべて外国, はその或, はたとい, はつけ加えよう, はどこ, はなに, はひざまずく, はまことに, はまず, はもろもろ, はよしや, はキュージャス, はディーニュ, はナポレオン, はラフアエロ, はヴェニス, は一人, は一日, は一篇, は一言, は万葉, は下り, は世人, は中古, は乃ち伯叔, は事実, は二百年来, は人生, は人道, は他日, は何, は何故, は依然として, は信条, は偶然, は先, は先づ, は先人, は全然, は六百年, は其暴論, は其生涯, は内外交通開発, は写実, は冷頭靜, は初め, は前, は劇詩, は十余年前, は原因, は厳, は双手, は古今, は只, は各種, は同志諸君, は君, は嘗つて支那新聞, は四季, は因果, は基督, は堺兄, は多少, は夢中, は大向う, は天保, は女子, は如何に, は嫦娥, は完全, は実に斯く, は寛政時代, は少く, は少しく, は屡, は希望氏, は常識学, は年少, は序言, は張る, は彼等聖人, は復讐, は徳川政府, は必ず, は忽ちに, は思想上, は恐るべき, は惡しき型, は意識, は憤怒, は成る, は我劇, は我教会, は我邦, は戦争熱, は所謂俗物, は推す, は政論家, は敲く, は數千年, は斯, は斷, は日常英國, は日比谷青山辺, は明治二十六世紀, は星巌, は時勢, は普通, は智識, は暴動, は最も, は最期, は朴泳孝, は東洋, は極めて, は欧州武備, は欧州諸国, は此二, は此小論文, は歴史, は比較, は水素原子核, は永く, は浅薄, は深く, は渠輩, は無, は無論, は独り明治政府, は現今商家, は生きたい, は生れ落ち, は疑ひなき, は病根, は皆一人, は盆景, は直接空気, は真実, は眼, は知, は知る, は確實, は社会問題, は福沢翁, は種々, は穏やか, は童謠, は策, は素より, は罪過, は聯合, は自分, は自由詩, は色, は茲, は著述, は蓄妾, は虔, は被告, は見た, は観察, は言, は言語, は記憶力, は説教, は読者, は諾する, は豕, は豪快, は賛美, は身震い, は途中, は進歩主義, は過飽和度, は達する, は遺憾, は重ね, は霊的本能主義, は面, は香炉, また波瀾層, もし硬き疎, も五郎兵衞老人, も少しく, も皆, わが王朝, をエピカル, を以てこれ, を以て夫, を刺衝, を取り巻き, を困, を変え, を導き, を愛する, を愧死, を暴圧, を死なし, を甚だしく, を経綸, を舎, を裨益, を誣, を責めたる, を踏みつぶす, を閑眠, を駆, を鼓舞, ノ心情, 久しく之, 共に西洋人, 即ち止ま, 固より, 寧ろ生, 既に彼, 未だ之, 焉んぞ喜ん, 若し神佛, 豈偏狭自ら, 豈惆悵, 遂に其余り

▼ 吾~ (450, 6.8%)

5 の運命, は地 4 の傍, の前, は 3 の手, の祖先, はそれ, は最早, も亦

2 [37件] が海岸, が美的生活論, に, に取っ, に生活, の, の上, の仲間, の先祖, の写真, の力, の友, の善, の大難, の姿, の市, の幸福, の心, の採る, の爲, の生活, の胸, は之, は今, は以為らく, は再び, は却, は只, は君, は如何なる, は微笑, は此急難, は自ら, は芸術, は遂に, は飛び, をし

1 [339件] から見れ, が, がその, がため, がやらう, がよし, が万難, が三年, が不幸, が不意, が其家, が凱旋, が命拾, が地, が幾年月, が徒ら, が得ん, が心情, が悪魔, が懺悔録, が散歩, が斯, が普段, が橄欖島, が此大危難, が此島, が渡つて來, が演劇, が無上, が無事, が犬, が生命, が生存, が空中旅行, が絶えず, が肖像, が苦しい, が見, が豫定通り, が道, が領主, が馬鹿, こそ固, だつて, つら, とていつ, と共に存在, と認めた, にい, にし, にとっては稍大づかみ, にとって大, にとつて虚偽, にはこう, にはそ, にはやはり, には云えた, には先輩, には出来ない, には寧ろ, には幾何, には思ひ, には断じて, には無, には直ぐ, には興味, に与える, に与ふべき, に出, に労作, に参政権, に取, に向, に呪, に対して第, に對, に教, に敵對, に春夏秋冬, に昼夜, に残され, に滿足, に産業, に親しく, のかすか, のみなる, のコムミユン, のスター, のデイ・ドリイマア, の一行, の上陸, の世界, の九死一生, の二人, の企て, の前後左右, の勞力, の十人, の卑見, の叫聲, の可憐, の同, の同情, の同胞, の名誉, の周囲, の哲学者, の境遇, の大, の大いに, の如き, の委員長, の子供等, の子孫, の宗教的意識, の家, の寿命, の居室, の居村, の屡々, の常識, の心臟, の心象中微塵, の思ひ, の急難, の恨, の悪魔, の悲哀, の意志, の意見, の愛すべき, の感ずる, の憤, の所在, の払った, の批判者, の持ち得べき, の指揮者, の教育者, の文明, の方, の旅, の是, の智慧, の望, の本質, の本質的要求, の歩む, の注意, の海水, の涙, の深く, の災難, の父, の父母, の父祖, の王, の現住, の理想, の生命, の町, の登山, の目撃, の眼, の眼中, の研究, の祖師, の神, の立てる, の立去, の笑, の筏, の精神, の糧, の素, の經歴, の經驗, の罪, の考, の考える, の肉, の脈管, の脳髄, の自ら, の自ら恃, の良心, の花嫁花婿, の若い, の行く先, の見, の見る, の言葉, の詩情, の誇り, の談話, の豊漁踊り, の賤, の身命, の輕氣球, の近づき, の道, の達したる, の邪魔, の錯覚, の顏, の首途, の驚嘆, の骨肉, の齒, はいつも, はいま北極, はおのがじし, はそこ, ははじめて, はまた, はもう一度, は一たび省, は一生懸命, は一面, は不覚拍案快哉, は不運, は世界, は事, は互に, は五六歩, は人生, は今ここ, は今や, は仮借, は何, は何時, は信ずる, は兎角, は其難丈, は凍り果て, は初めて, は剣, は協心戮力国民道徳, は吾国批評家, は吾等, は哀れむべき, は固, は国法, は大, は大佐, は夫婦, は如何, は如何にも, は始め, は学ん, は宇宙, は尊重, は導かれ, は常緑樹, は彼, は待つ, は心, は恐怖, は悠々, は惟一, は手, は擬人法, は日本歴史中, は是, は時, は月, は東, は林, は此, は此等, は水兵等, は決して, は法官, は注意, は温順, は潔, は潜心, は爾後十年生存, は現代, は生れ, は生存競争, は病死其他, は皆神, は皇子, は真正, は知る, は短歌, は確か, は綴錦, は老, は耳, は至誠一貫職分, は行く, は運命, は重大, は野, は鐵車, は驚い, まうでたり, また黙, もい往く, もようやく, も何時救はる, も千秋, も喫驚, も彼處, も新約聖書, も明日, も濡れ, も白状, をみ, をりける, を危險, を唯, を嘲る, を好き餌物, を尻目, を待て, を悲觀, を打捨て, を招いた, を握, を搜索, を救はん, を此危難, を生んだ, を羨む, を見る, を見捨て, を讃美, を迎, を首肯, 既に牛肉, 期するところ, 病める足, 若い者, 若き東洋人, 辛く首肯きぬ, 馴れむとすらし

▼ 吾~ (357, 5.4%)

15 の阿 9 の者 5 の母様 4 のお父さん, の母さん, の門, へ帰る 3 のこと, のもの, の子供, の方, へお

2 [26件] では子供, にある, にいる, には戻らう, にゐる, に居た, に居る, に帰っ, に引き, に来る, のあたり, の凧, の同人, の坂, の奴等, の母親さん, の祖母さん, の門前, の隠居, の鶴, へも寄っ, へ嫁, へ来る, を出る, を指し, 好子孫

1 [245件] から出掛け, から提げた, から立っ, から通じ, から酒, が何時何, が好い, が海, が見える, が近づく, じゃそう, じゃほんとに, じゃ仙十郎, じや, だよ, でお, でごろ, での自分, ではあんなに, ではお母さん, ではこれら, ではまだ, では僕, では土地, では此頃麻雀, では湯治, では病, では親類, では阿, でもいくらか, でもその, でも先月, でも幾度, でも御蔭, でも食べさせる, で一晩, で井戸掘り作業, で使ってる, で凧, で太助, で心配, で昼寝, で暮し, で朝御飯, で歌留多, で読み慣れ, との関係, とは音通, と同様, と水車屋さん, ながら人気, なども斯ん, にお, にたどりついた, にだ, にて晩飯, になど戻れる, にはお金, にはさう, にはコツプ, には代々斯, には代々頭, には何, には出入り, には切支丹, には日本酒, には相, にも歸ら, に不幸, に乱心, に來, に入り浸る, に冷羮残, に凧道楽, に在, に在らず, に在り, に帰, に帰った, に帰つて乱暴, に帰らう, に帰り, に帰りたく, に帰り来りたる, に引き上げたら, に忍び込まう, に忍び込んだ, に戻, に戻る, に来, に来り, に滞在中, に着いた, に祖先, に置け, に蔵, に走り込ん, に錫, の, のおばあさん, のお祖父さん, のお袋, のしきたり, のそれ, のやつ, のフレームぢ, のマスコツト, の下男, の不祥, の不祥事, の人, の人々, の今年, の仏壇, の佐吉, の兄さん, の先祖, の光景, の児, の内職, の前, の古い, の名跡, の吹毛剣, の周囲, の団子, の土蔵, の地所, の場合, の女房, の婆ア, の嫁, の宗太, の宵張り, の家畜, の平氏門, の床柱, の庭, の御, の忠孝仁義, の忰, の抱負, の敷居, の旦那, の旦那さん, の晩御飯, の晩酌, の月, の林, の次郎, の燈火, の父さん, の犬, の状態, の珈琲, の用, の百足凧, の知合, の祖父さん, の祖父母, の種々, の細君, の経済上, の縁辺, の聖護院大根, の蔵, の血統, の親父達とい, の親爺, の親類, の話, の財産, の跡, の部屋, の酒, の酒樽, の門扉, の非難, の風, の食卓, の食堂, の骨董羹, の鶴松, はこんなに, はそれほど, はやはり, は代々材木商人, は何, は組内, は覗かう, は解散, へいらっしゃいまし, へはいった, へはその, へは書生時分, へもすこし, へも手紙, へも書いた, へやって来, へ一枚, へ入れない, へ出入, へ四日振り, へ届け, へ帰っ, へ帰つて, へ帰つて彼等, へ帰るべき, へ引き返し, へ急ぐ, へ手伝い, へ手習, へ来ます, へ歸, へ歸つて, へ着いたら, へ行かう, へ行く, へ行こう, へ被, へ訪ね, へ走, へ転がり込ん, へ逃げ込もう, へ遊び, へ配達, へ飛び込んだ, へ餅, また墓, までは七八町位, まで戻る, もこれ, も他家, も片付きました, も香爐, をあけ, をほうっ, を出掛けました, を出立, を目ざし, を目指し, を飛び出し, 又吾, 遺法人知否, 遺法在

▼ 吾~ (311, 4.7%)

5 死なむ 3 彼の, 来に, 遊ばむ

2 [32件] いそしみて, え治らさじ, た, なべての, 中, 何にも, 何の, 借家の, 可笑い様, 周に, 嘆けり, 妹おも, 宅に, 官軍, 席に, 弟の, 忘れじ, 拝せり, 是れ, 梅子の, 汝の, 消えむ, 火の, 父と, 白し早, 相変らず, 老い吾, 自ら知己の, 蔓の, 赤い瞼, 面倒な, 鰻が

1 [233件] ありわたるかも, あるかも, いたみぬ見るたび, いつも御用部屋, いな醜, いひて, いまだ見ず, うなずいて, うるささうに葉巻を, うるさそう, おもひき, かくて, きくああ, きっと許さん, ここにて, この断定, こもりて, これより, さく, さくさく, さっそくに, さぶし, するかも, すれど, すゝみ, せしかど, そつと, その悔, それを, ただ疲労, た虫, どうしても取ろう, どうしても断念め, どのみち助からない, なぜ早く, なにかしら, なほ生き, なりなむ, ぬすみも, はやく先, ふたたび宗匠山田宗, ふと彼, ほとほとに, やはり当り前, よくこの, スナノオの, ツと, ポケットから, 一日ここに, 一日に, 一滴の, 下りて, 不幸なる, 久しく此, 之に, 乞ひ祷, 乱世を, 仇を, 今まことに, 今日の, 今更ながら, 今猶, 今翼, 以何ばかり, 伊豆志袁登賣, 何でも重隆様, 何も, 何気なく主人, 個性として, 傘を, 優勝劣敗の, 兄なれ, 兵を, 刀剣紋附の, 別にその, 動いて, 動物的な, 去なむ, 去らん, 只吾不幸, 同志帆立に, 名は, 君とは, 君意を, 吾たりじ, 吾の, 吾銀の, 呆然として, 命の, 唯, 天に, 天より, 天保中津軽信順が, 天照らす, 天照太神の, 太い一文字眉, 奮つて彼の, 如何せん冤罪, 如何に, 子を, 定められた時刻, 室内に, 宮の, 宿らむ, 宿らむ高島, 寐転ん, 寐転んで, 寝が, 専六が, 小学校へ, 小心翼々と, 居り常, 島根で, 左夫思恵君に, 年老い身, 建文皇帝なりと, 彼を, 待たむゑ, 得たり, 御ん身等凡て, 御国魂を, 御身の, 心しづかに, 忘れず, 忠義立てに, 思はざりき旧りたる君, 思ふ汝, 思へど, 思ほ, 怡然として, 恆に, 恋ひむ, 恋ふる, 悔いんこと, 悦びの, 悪魔の, 悲しかりけり, 惡事も, 愕い, 愛ある, 戰はずと, 掌を, 改まって, 改めてプログラム, 既に先, 既に有らん, 日の, 早くより, 時勢の, 暫く此處, 曩昔の, 最早堪へ得じ, 未だ口さ, 未だ飽き足らぬ, 来つれど, 来にし, 橋の, 歌はん, 歎き, 此断定を, 此方に, 此歌を以て, 此薊の, 歯を, 歸らめ, 殉情の, 永久此花の, 汝が, 汝たちの, 汝等の, 津軽承, 海尊と, 濡れて, 無し夜昼, 無學, 無形の, 煙草に, 猶五形, 猶汝, 生けるか, 異しき夢, 皿と, 監獄に, 目覚めたり, 眠さ, 眠そう, 矢庭に, 矢張当り前の, 矢張故の, 知らずた, 知る強き百千, 神の, 稻垣小三郎なる, 籠手を, 素早く, 絞首台に, 縁端に, 纏向の, 聴かじ, 聴く夜, 聽かじ, 聽く, 肘で, 腰を, 臥り, 良人だ, 草臥れぬ, 落付払っ, 落付払つてゐた, 薩藩士也肥後守の, 藁束の, 行かな, 行くなり, 行く鎌倉, 衷心天來の, 西方を, 言ひ, 言ふこ, 訣れむ, 読み居り物音, 誰の, 謀られまじ吾, 謁見を, 讃へ, 越えゆく相坂山, 進ぬ, 金屋子神なり, 長立し, 餓死しない, 驚きぬ, 鹿爪らしく, 黄泉戸喫しつ, 黄泉戸喫を

▼ 吾~ (221, 3.3%)

11 と吾が 9 勝ちに 76 にかえった 5 らが 4 も吾, 人の 3 にもあらず, に戻った, は今, は神

2 [14件] ながら感心, にかえって, にかえる, にもなく, に帰っ, はさらに, はなり, も食み, ら世界唯一の, われは, を忘れ, 人ともに, 吾れ, 談を

1 [135件] からここ, から値, から振ひ, から捨てぬ, から殺さう, から異, がちに, こそは新, さきに, さきにと, ぞ野, と伴, と偕, と同じ, と吾前, と心, と生命, と自ら受け渡し, と自分, と語れ, ながら, ながらおいしい, ながらその, ながらの幸福感, ながらハッ, ながら天晴見事, ながら妙チキリン, ながら日頃, ながら真に, ながら眼, ながら聞く, ながら自分, ながら芝居, ながら見事, ながら驚く, にあらざれ, においても拍手, にかえったらしく, にかえり, にしろ, にはゆるせ, には唯, にもあらず濡れた, にジーグフリード, に吾, に在り, に帰ったらしく, に従う人々, に用, に返っ, に非, に頼れよ, のの, の其の, の変, の手触り, の行く末, はそこ, はなつかしき, はエホバ, は一つ, は呼吸, は唯, は天地, は思はず, は是, は親, ひとり, も, もその, もとヘポメニアス氏, もと共鳴, もと船長室, もなき, らに, らの, ら二十代の, われには, われの, われま, われ警察の, をあはれ, をころす, をさ, をば燒, をも友, を何とか, を動かす, を忘れた, を慰め, を語るなり, を護る, を責むる誘惑, ブブ博士の, 一たびは, 一たび神を, 久しく斉, 之れ, 乍ら驚く, 人が, 人に, 人共に, 人諸共に, 今に, 兄弟長幼并せ, 其然る, 勝に, 命あれや, 固より, 嫁を, 宍, 宗矩について, 実に大日本帝国, 實は, 少數者, 屋宅の, 山路に, 復た, 我れ, 敗残の, 来つて燈, 正覚を, 歸國し, 汝を, 独りあゝ, 疾より, 直ちに悪魔, 知らず顔面の, 神と, 等の, 等は, 自ら頻りに, 謂えらく, 識らず棄て, 関せず

▼ 吾~ (204, 3.1%)

41 忘れて 7 して 4 かも知らにと, 吾と 3 祭る時 2 奈何, 待つと, 待つらむぞ, 忘らす, 忘れるの, 欺かなかつた, 殺せ, 見て, 辱か

1 [127件] いたむかじ, いねしめず, さようの, しぬばね, つけて, まつらむ, みつめたまま, むかへ, めぐりてありしかば寒蝉ひとつ近くに, ハッと, 亡う, 亡くしたが, 偽むき, 全宇宙, 助けしが, 勝たしめば, 包みぬ, 卑怯に, 召して, 召し還して, 同一人, 呼ぶなる心地, 咎めて, 変じて, 大盗と, 失ひさ, 失ひて, 失へる, 如何と, 学んで, 尊ま, 導くに, 尻目に, 弁え難く, 彼の, 待ちたま, 待つ, 得たりと, 忘るる, 忘れし拍手, 忘れた, 忘れたもの, 忘れたよう, 忘れたり, 忘れた色, 忘れた風情, 忘れないで, 忘れながら, 忘れること, 忘れるよう, 忘れる程度, 忘れ得なかった, 忘れ深い, 忘れ誰, 思ふ人, 愛す, 愛するすべて, 憂へ悦び, 憎み給, 憐み, 憐みぬ, 憐んで, 打ち挫, 招く, 指して, 描く時, 摘みに, 支配する, 敵と, 既に死ね, 案内せよ, 棄つるに, 欺かない, 死ねと, 死地に, 殺さうと, 殺さんと, 殺して, 殺すか, 殺せよ, 殺せり, 殺そうと, 汝が, 治したいか, 生ましけむうらわかきかなしき力, 用ふる, 疎み忌み嫌, 盗人と, 知らないであろう, 磨くの, 磨く足, 磨こうと, 祭らむと, 穢き死人, 筆頭に, 罵って, 育てて, 自ら生む, 良人と, 芳之助と, 苦むるなり, 見る, 見上げ見下す体, 見棄てて, 見棄てるか, 見給う可, 視て, 覚えず胸騒ぎ, 解したれば, 訪ひまし物語る, 認めしもの, 誘ふ, 語らいしその, 誰とか, 護る侍, 軽侮嘲笑し, 軽蔑する, 迎うる, 送るもの, 透す大いなる, 遁さざれば, 遶る, 重ねること, 鈍く叩きこなし, 長崎随一の, 除きて, 饗応します

▼ 吾~ (182, 2.8%)

5 はこの 4 の心, の爲, は車 3 と一緒, のやう, の中, の方

2 [12件] が兄弟, が無, の事業, の前, の知る, の親類, はまた, は世界, は寧ろ, は湯, より初, を乘

1 [129件] から離れなかつた, がこうして, が散歩, が来た, が温まり, が生粋, が知つて, が豊世さん, が迷惑, が鈍, が長津呂, だつて高砂, とその, とは其様, と汝, には死んだ阿, にばかり裃, にもたらす, にも矢張, に与えられたる, に仰せ聞けられたで, に媒酌人, に解らなかった, に解りません, に話し, に遠慮, の仲間, の会, の会見, の側, の内幕, の商売, の境涯, の天下, の小さな, の居る, の屡次耳, の弟, の心持, の所望, の既に, の時代, の望み, の来る, の案内, の歸, の注意, の生活, の相手, の眼, の眼前, の祖先, の組, の繰返し, の若い, の苦々しく, の言, の身, の身體, の関係, の附近, の頭腦, の食, の馬車, はいとど, はかく, はこ, はそれ, はもう, は一緒, は三人, は不断, は乘ら, は二三人, は互に, は人, は今, は伊東行, は何処, は先ず, は其間, は別れた, は制服, は勇ん, は友達, は唯, は奇蹟, は宿, は帳場, は徒ら, は敢えて, は散歩, は斯, は旅, は未だ全く, は枯, は椿, は樂, は残されたる, は河津, は激しい寒, は烈しい, は爭つて風除, は爾, は皆, は緑色, は肩, は艀, は茶代, は草鞋穿, は行く先, は親類, は趣, は連, は遠く, は長い, は雪舟, は馬丁, は馬車, ばかり火鉢, も陸, も頭, を待っ, を待つ, を手玉, を眺め, を見送つた, を誰, を連れ

▼ 吾~ (179, 2.7%)

9 返った 7 帰った 5 返って 4 返ると 3 返つたやう

2 [12件] かえった, 似て, 向ひ, 帰って, 帰つた, 従え, 復えった, 汝の, 無心を, 辱見せ給いつ, 返ったよう, 返つて

1 [127件] あらぬ苦悶, あらば, あり, ありと, いで逢, かえったよう, かえって, かえってこれ, かえって背中, かえって自動車, かえって調査, かえりからくり人形, かえりながら, かえり皆, かさなむ, したが, しても, せまりて, なったが, なって, なりやがったな, なるの, ひびきて, みつかりハネ後, むかひて, やったり, よれども, 一抹の, 不利なる, 与うること, 与へよ, 以何なる, 任せぬ習, 伴は, 似た書生さん, 何の, 何をか, 使命ぜよ, 來らざるは, 來らぬ, 依るべしと, 内通させ, 出会つたのも, 勝る弟, 双鯉魚, 取っては, 向って, 告らせ, 問う, 回るや, 在りとや, 奉らむや, 屬し, 左袒する, 師なし, 帰ったよう, 帰ったらしく顔, 帰りたる髯, 帰りて, 帰りました私, 帰ると, 帰るよう, 帰れば, 從て, 從ひ, 復った, 復る, 復れ, 復れり, 復れる, 恋ふ, 戻った時, 戻って, 手だてあり, 放に, 数え切れない借が, 欲するや, 欺かえつと, 歸つてか, 残されて, 洛陽負, 為せりカンタイ夫, 為せり黄巾, 為ん術, 猶心殘, 生活能力の, 眼張とれ, 笑はれた, 笑めと, 篤からざりし, 縁るべしと, 習いて, 聞かする, 聴く奥津城処, 聽く, 背きて, 臨むこの, 與へよ, 要なけれ, 言つげし, 計あり, 詮術あり, 賜は, 辱見せし, 辱見せつ, 返えり, 返すん, 返ったかの, 返った心持, 返った時, 返った様子, 返つたの, 返つた如く漠然, 返つた心持, 返つて気, 返り居住, 返るやう, 返る事, 迫るところ, 還す, 還ったの, 還るもの, 還る事, 醒めた時, 野島をば, 雑言した, 食は

▼ 吾~ (136, 2.1%)

3 屋戸の, 待つ君, 思ふ妹

2 [15件] する君, せむ枕, 和ぎごころ, 哭く涙, 堪へが, 寝む, 寝むこの, 思ふ人, 来れば, 聞いた, 聞いた時, 聞くん, 行きて, 起きて, 附く道

1 [97件] あやまちの, いろ, うまく行かない, かきさ, こぼす白き, すぐ松本, すめろぎよ, するもの, せむ, どうして金, ひょっくり来, むりやり宮川町, ゐる, ロマノフ王家の, 代ったこれ, 佐保河の, 再び出, 削る, 削る紅柔, 取れずといふに, 受取らなかったとか, 大きみ, 好むところ, 如か三輪, 如か妹, 如く物, 子古日, 守るもの, 寝む此, 居しところ, 居る袖, 居れば, 弱い心, 張る氣, 往く駒, 思える君, 思ひの, 思ふきみ, 思ふこころ甚, 思ふ君, 思ふ吾子, 思ふ妻, 思へる公, 悲しむごときこと, 愛するこの, 愛するもの, 愛するカオル, 愛する姉, 日本の, 曳手, 有つて, 来か, 来し, 来し恋, 来し汝, 根岸のみかは, 此処の, 泣く, 泣く妻, 泣く涙, 渡る, 牛の, 生の, 生める子ふさはず, 生胆, 直に逢った, 直に逢つたの, 眺めつつ, 稍, 立てる山稜, 米国聯合艦隊所属の, 置きし, 群れ往なば, 聞き取った, 聴くしら雪, 肝いりで, 自分ので, 至るを, 與へ, 荒猪を, 蒔きし韓藍, 行く世界, 行く道, 見し兒ら, 見たる神, 見に, 見ると, 観るは, 訊いて, 誤解から, 踏み分, 辿るなり, 這入って, 還るを, 隠せる妻茜さし, 頭山満翁は, 頼むところ

▼ 吾~ (112, 1.7%)

38 介は 17 介の 13 介様 6 介も 4 介を 2 を知らず, 介が, 介様は, 介様私は

1 [26件] を爲, を阻み, 介, 介でしょう, 介です, 介と, 介に, 介にとって, 介にも, 介より, 介パッ, 介一人出かけた, 介一刀の, 介二三人踏み倒し, 介様あんまり, 介様お, 介様が, 介様それは, 介様の, 介様を, 介様争いに, 介様嬉しい, 介様山野辺の, 介様山野辺も, 既受中気以生之後, 未受中気以生

▼ 吾~ (99, 1.5%)

3 湖を, 養子に

2 [13件] いうこと, 了簡で, 外に, 始終忙し, 方を, 様子を, 海白し, 理由を, 笹売り, 罪なり, 行動ありし, 門内に, 顔を

1 [67件] いかに美しき, おでんとっ, かじ, こと京都の, ふたりの, ほしがる, ように, 与次郎という, 二湖は, 人を, 今千葉, 何を, 先走りしたチェック, 冬暁の, 利腕を, 句が, 右の, 名前が, 吾では, 命数極まっ, 嘆きてあら, 夢幻への, 奴が, 奴を, 奴アわしを, 嫁はんなる, 子を, 家に, 尻端折だ, 帰るの, 彼らを, 心は, 性格は, 息づく釜無, 惜しい誤解, 招待の, 方から, 方へ, 東南岸の, 東方茶臼山へ, 横顔を, 歸る, 死ぬの, 水際から, 渋茶一杯すゝる, 湖の, 湖心に, 生父初代玄悦, 田出が, 病を, 相待つ, 祈りえざるは, 笠に, 考へ, 臥処に, 蒔絵の, 西岸で, 西岸を, 親戚に, 言葉の, 論において, 謂ふ, 造りたるもの, 面にだけ, 頃にも, 頬に, 首小波の

▼ 吾ながら~ (91, 1.4%)

2 不思議で, 気が, 自分の

1 [85件] あきれたこと, あきれたね, あはれにも, あやぶみかなしく, うまい, その妙案, それが, てれ臭そうに, はじめて気づいた, はつきりと, はつと, よく出来た, ウロンな, テレた, モノメニアックと, 不安を, 不思議でならなく, 不思議として, 不思議な, 不明である, 乗るという, 今も, 何といふ, 何時にも, 偉い博識, 傍見し, 卑俗の, 又なき, 可笑しかつ, 可笑しければ, 吃驚りした, 合点が, 呆れるやう, 呆れるよう, 唖然と, 善い事, 堪らぬ冷汗, 奇異の, 好もしくない, 妙だつた, 寧ろわらはず, 少し声, 少し大人気, 尤もらしく, 巧かつ, 弁解の, 弥, 得体の, 心の, 心弱しと, 思う, 思はず恐縮, 恥ずかしくなった, 悲壮の, 意外であった, 意外の, 愛想が, 愛相が, 感心だ, 損な, 残念な, 気づかなかつたの, 気恥しかつ, 浅ましい, 浅間しか, 満足し, 滑稽で, 男甲斐なき, 異様だつた, 穴へでも, 腑甲斐なし, 落着いた, 薄ぼんやり, 見すぼらしく思えた, 見事に, 見苦しく急, 軽蔑せず, 迂闊千万で, 随分と, 面白さうに喋舌, 飛乗りの, 驚いたの, 驚かされる程, 驚くべきおし, 驚く程沢山

▼ 吾~ (87, 1.3%)

6 かな 5 こそ 3 には 2 で吾身, のこと, の社, はすべて火炎, は如何, も往先

1 [61件] がある, が二つ, が分った, が危うい, が吾身, が怖, が恨めしく, が情なく, が日増, でないよう, とも存候まま, ながら如何, ならぬ者, にある, にはその, に向かう, に引きくらべ, に待ち受けた, に愛想, に計り, のいか, のはか, のテレ, の兄弟, の危険, の夢, の姿, の幸福, の悦び, の挙動, の此世, の為め, の破滅, の縁, の背後, の運命, の陰陽交加, は夢, は如何にも, は悲しく, は慄, は露, もまた, も吾, も吾が, も心, も或は, も手古奈, をいとし, をもつ, を世に, を初めて, を卑しめる, を忘れ, を忘れる, を思う, を投じた, を斃す, を置き得る, を試験, 亦似

▼ 吾~ (82, 1.2%)

3 の祖先, をし 2 のいる, の眼, の神, はその

1 [68件] から云え, が世, が主, が主君, が主君義明公, が忍び込ん, が捕虜, が父母, が生, が生れる, が耳, が胸, が苦しい, が通称, ごときもの, と吾ら, と起居, にとっては大敵, にとっては好都合, に与えたまう, に手出し, のお願い, のため, のトム公, の世界, の内面生活上, の唯一, の商売, の妻子, の心, の怒り, の生活振り, の知識, の繋り, の言葉, の身, の身の上, の間, はいずれ, はいつか宗平, はことごとく, はこの, はこれ, はそんな, はただに, はただ人, はまた, は伝説通りロブノール湖, は平和, は心, は油, は浪人, は目前, は賞味, は辛き, は過去, は雀躍, ばかりがシケ, もともに, も否応なしに, も汝ら, よりも旺盛, より奪うなく, を欺い, を満足, を遁, 大嘯, 必ずそ

▼ 吾~ (77, 1.2%)

7 汝と 6 代助 4 吾が胸 3 わが心 2 いえども, 云ふ, 吾が腹, 思わぬ時

1 [49件] お鹿, この姉, しも, なく胸, なし恰も, なる筈, わがつぶやき, わが懊悩, わが手, わが眼, わが運命, 一緒に, 云う兄, 交情あり, 会ふから来い, 同じうす, 同志帆立とは, 同志帆立は, 君と, 吾が力, 吾が喉, 吾が喉笛, 吾が母, 吾が虚無, 吾が醜, 吾が頭, 吾夫の, 吾心を, 吾手に, 吾身が, 姿との, 孰れ, 小さき世, 岡本と, 心に, 思わざる世, 思わむ常識屋, 改名し, 杏春との, 此姉の, 畫題と, 相似て, 笑まして, 自ら吾肉体に, 貴女の, 赤垣源蔵な, 鈴木作右衛門とは, 鋭を, 顔合せて

▼ 吾~ (76, 1.2%)

7 人の 4 人も, 吾もと 2 ちぢまりぬ, 亦何, 代助

1 [55件] いろいろ家の, く, はあ夜の目, ひとも, またそう, また例, 一つなれ, 一句も, 万難を, 不幸ばかり, 九月中という, 了簡の, 事成るべし, 事成るべしや, 亦わが, 亦紅, 亦随喜, 今我, 今本の, 保たむ, 信ずるところ, 内々靴のか, 別に謝罪, 吾もとウヨウヨ集まる, 吾もと仕切りの, 吾もと付届けを, 吾もと咽喉を, 吾もと女を, 吾もと腕を, 吾もと踊手の, 奇し, 好物の, 妻も, 姉の, 小室ぬ, 彼も, 我もと一日を, 折檻せられず, 数ある, 斯くこそ, 歸らば, 汝とともに, 沈めるこの, 渡りつ, 煙突を, 爾か, 環にゃ, 男だ, 老いぬ汝, 裳裾潤らさな, 見つ人, 詰めて, 詳しいこと, 起つ向, 足を

▼ 吾~ (44, 0.7%)

5 爺は 3 茶屋の 2 が言, のこと, は畫, 爺が, 茶屋に, 茶屋にて

1 [24件] お前は, がどの, が話し, とか言, とも言, と勝手元, に畫, の田舍, の言, の部屋, は一筆, は大層, は斯く, は田舍, も拜見, を慕, を憎く, 吾助と, 少し困り, 爺さんから, 爺の, 茶屋へでも, 茶屋まで, 贔負にて

▼ 吾~ (40, 0.6%)

2 をゆるし

1 [38件] おやぢ, が通るであろう, が頼めない, すぎるッ, だけはお, である, でない方, でなかった, でも放縦, で勝気, で容易, で気薄, といえ, といへ, と頑固, なふう, な不徹底, な兄, な向っ腹, な慾張つた様, にすぎない, にも私, に勝った, のかなった, ばかり働く, もいえる, や自分, らしい申し出, をし, をやり足りない, を云いあう, を云う, を振舞つて, を申し, を言, を通してこそ菊五郎, を通す, を通すなら

▼ 吾~ (30, 0.5%)

3 の野郎 2 はお前

1 [25件] がキライ, がクビ, が行方, だって同じ, とアナタ, と同じ, と結婚, と話, にはそれ, には鼻, に左, に引導, のた, のクビククリ, のバカ, の亡魂, の境遇, の幽霊, の様子, の骨, はサガミ湖, はヤケクソ, は男, は馬匹, もキライ

▼ 吾~ (29, 0.4%)

2 の気心, は望ん

1 [25件] がそう, が先, が気の毒, が郡役所, こそ当時恋, じゃあんなに, じゃ暇, たるべき耶蘇, でも好き, でも小泉さん, と来たら, にさせ, に為せ, に知れよう, のする, の信ずる, の為る, の特權, の言い草, の話, もねそれ, もね染める, も懲りました, も苦しい, をか

▼ 吾から~ (28, 0.4%)

2 一人と

1 [26件] お十夜, その嗚咽, 先に, 其甲板に, 内匠頭の, 吾が声, 吾を, 吾戀を, 命を, 囚われて, 寄って, 床を, 引っ込み思案に, 恍惚として, 愚痴を, 慰めては, 懸けし戀, 手伝うもの, 玄蕃の, 肉體に, 自慢し, 蟷螂の, 運命を, 避けて, 酷く軽蔑, 頼まれたがる

▼ 吾~ (28, 0.4%)

2 の小説界, の文学

1 [24件] では到る, によく, に起っ, のみならず, のファシズム, のプロレタリア作品, の作家, の国防, の地方色, の村会, の歴史, の現代, の生命線, の自然主義, の自然主義小説, の茶の湯, の蒟蒻問答, の近事, の近辺, の過去, の黄, は向後, は海禁, 第一勝

▼ 吾~ (27, 0.4%)

5 の妻

1 [22件] がしばらく, が素晴らしい, だ, にまで持っ, にまで自分, に毛皮, に隠れる, のため, の不機嫌, の家, の屍, の遺族, の鋭い, の顔, はその, は下, は事務所, は何, は右腕, は太い, は蹌踉, は食う

▼ 吾~ (25, 0.4%)

1 [25件] か誰, が江戸橋, が続い, が這入っ, が馳足, だけであった, でも連れ, という男の子, とキク, と百代子, にも僕, に托する, の代り, の姿, の手柄, はすぐ, はそれ, はどこ, は婆さん, は居所, は彼ら, は若い, は面白, もすやすや, も東京

▼ 吾~ (23, 0.3%)

2 を励ます

1 [21件] が入学以来ズット引, たり友, というもの, と並ん, にさ, に因果, に渡す, の元気, の名前, の幸福, の方, の芸, の血, の行末, の跡, の轢かれた, の骨, らしい声, を戦場, を抱き締め, を旅

▼ 吾~ (18, 0.3%)

2 はやはり, は答えた

1 [14件] という若け, と申します, に云いつけ, の腕, はまた, は声, は小声, は少し, は後, は語り続けた, は説明, は驚いた, は黙っ, も薄々

▼ 吾等兩人~ (17, 0.3%)

3 の顏 2 を乘

1 [12件] か, が意外, との間, の姿, の實例, の幸福, の應援, は一時, は遂に, は非常, を救, を見詰めた

▼ 吾~ (15, 0.2%)

1 [15件] なぐさまなくに, に感じた, に變, のみである, のみはこの, の劇變, の底, は吾諫め, は雀, わもと云, を奪い, を慰むる, を食尽, 似秋月, 折るよし

▼ 吾にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あらずいつしか, あらず呟いた, あらず寄りつくの, あらず心, あらず歓待, あらず眼, あらず腕, あらせぬ焦き方, あらぬ心地, あらぬ憤怒, ない疾さ, なく, なく高く叫んだ

▼ 吾~ (13, 0.2%)

2 ながら立派, を 1 なつかし, にはあれ, の, は病勇, も年, を見れ, 在彼諳山蹊, 御近状, 愈御

▼ 吾~ (13, 0.2%)

41 なる貴公子, には猶, にも許さで, の上, の戀人, の言ふところ, も亦, よわれ, を見出す

▼ 吾~ (13, 0.2%)

1 [13件] が大勝, で過ごされた, における客観文学, にも中世下等人, に比較的, の学者, の對清對露, の自然主義者, の茶の湯, の詩人, の趣味, の進歩, 古來大詩人

▼ 吾さん~ (12, 0.2%)

1 [12件] が多喜二, とを誘つて, と二人, と石井柏亭さん, に, のお, の兄さん, はこれからどう, は三十三, は朝八時半ごろ, は私共, わるいわね

▼ 吾れ知らず~ (12, 0.2%)

1 [12件] その夢遊発作, その方向, ホ, ホーッと, 二通の, 今の, 右手の, 気, 熊笹を, 襟元を, 身体を, 鼓動が

▼ 吾~ (11, 0.2%)

5 の士 1 で固め, の中, の大事, の攘夷論者, の本望, は大いに

▼ 吾~ (11, 0.2%)

1 [11件] に残され, のみが知る, の夢幻, の考, はただ, は動物的, は小学校, は島根, は愛, は餓死, 還令羞汝

▼ 吾背子~ (11, 0.2%)

2 を今 1 がふり放け見, が朝, と二人, と手, と相, はいづく, は仮, は物, を何処行かめ

▼ 吾~ (11, 0.2%)

32 の底 1 に存す, に立つ, のいたみ, は, は溢れ, を靜

▼ 吾知らず~ (10, 0.2%)

1 ぞうっ, にブルブルッ, に悠々, 動くに, 平生の, 弦之, 深い孤独感, 湧いて, 答えを, 重苦しく彼女

▼ 吾~ (8, 0.1%)

4 野を 1 はなひる, ひとり, もの思ふ, 病める

▼ 吾には~ (7, 0.1%)

1 こを, もう幕間, ゆるせ三島県令, 尚お, 母を, 続く悲し, 見分け難し

▼ 吾~ (7, 0.1%)

1 すがれの, のす, のながらへの, の幸, の祕密, も吾身, を高み

▼ 吾人之~ (7, 0.1%)

1 を出, を徳富蘇峰氏, を我が, を独り源兵衛佐頼朝, を知る, を究め得ざる, を記憶

▼ 吾人人類~ (7, 0.1%)

2 の生息 1 が円満, が因り, の生活状態, は百川, 及び一切生物

▼ 吾~ (7, 0.1%)

2 にし 1 その國, ぞ明らめし, ただちに悪魔, に至っ, よりは当世流

▼ 吾勝ち~ (7, 0.1%)

1 と父, に争う, に山, に引っ, に海中, に立上がっ, に第

▼ 吾~ (7, 0.1%)

2 を眺めた 1 で吾が, に抱, はしびれ, は木, を

▼ 吾~ (7, 0.1%)

1 が命, と作れりし, に告げん, に某, に目合せむ, は我, を此困難

▼ 吾聞く~ (7, 0.1%)

1 のみ, 前代の, 天朝戦を, 昔は, 東坡が, 近臣を, 魏の

▼ 吾~ (7, 0.1%)

2 の士 1 がかく, とエワレツト, の大事, の自由, の諸君

▼ 吾ながらの~ (6, 0.1%)

1 感興や, 生気を, 痴酔の, 胸の, 迂闊さを, 酔つ

▼ 吾~ (6, 0.1%)

1 堀部安兵衛や, 明日よりは, 水茎の, 看護婦の, 落葉の, 雄心も

▼ 吾~ (6, 0.1%)

4 関焉と 1 関焉たるを, 關焉の

▼ 吾儘者~ (6, 0.1%)

1 だな, ですから, の与右衛門さん, の良人, の鄙, は見た

▼ 吾~ (6, 0.1%)

1 いかにむつかり給う, と一緒, のここ, の画室, の言, も英国料理

▼ 吾~ (6, 0.1%)

1 から巴里, にはバルザック, にも生れた, に傳, の文學, の肖像畫

▼ 吾~ (6, 0.1%)

2 はや 1 なまり, の方, はやと三たび嘆, へゆく

▼ 吾~ (6, 0.1%)

2 の墟 1 からの報告, に会う, の奥様, を以て頼み

▼ 吾等一同~ (6, 0.1%)

1 の沈默, はみす, はドツ, は殆ど卒倒, を希望, を見た

▼ 吾~ (6, 0.1%)

321 はかけ

▼ 吾という~ (5, 0.1%)

1 のは, 大兵の, 子が, 者の, 言葉が

▼ 吾とも~ (5, 0.1%)

1 なくウスウス, なくヨチヨチ, なく興, なく視線, 知らず妻

▼ 吾はもや~ (5, 0.1%)

3 安見児得 1 梅見, 相爭

▼ 吾人これ~ (5, 0.1%)

1 をマコーレー, を知らず, を聞く, を詳, を識認

▼ 吾兵衛~ (5, 0.1%)

1 が伊達家, のそう, はひ, は篤実, を訪

▼ 吾勝勝速日天~ (5, 0.1%)

5 の忍穗耳

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 のまま, も今日, やまた, を縮め, 暗の

▼ 吾~ (5, 0.1%)

2 を得 1 に従, のご, を得た

▼ 吾~ (5, 0.1%)

2 は, は河邊 1 を語る

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 がため, の事, の先哲, の頭上, をみる

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 たる可, とした, と主張, にした, にしなけれ

▼ 吾~ (5, 0.1%)

2 の職員, の面目 1 の特権

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 する時, は一, や固, を念, を覺悟

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 には, には紛れ, の欺かれ, は光つて, をはなす

▼ 吾等自身~ (5, 0.1%)

2 の蔭 1 である, であること, を耕す

▼ 吾~ (5, 0.1%)

1 せずそれだけ, せずで, せずの, せず全然, せず焉

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 なつかしき, ならず語らはむ, 勢子は, 蝴蝶かを

▼ 吾かの~ (4, 0.1%)

3 さまに 1 雅之なら

▼ 吾こそ~ (4, 0.1%)

1 ませ, 居れしき, 王の, 益さめ

▼ 吾こそは~ (4, 0.1%)

1 九州帝国大学精神病科教室に, 今日登山競走の, 御嶽冠者なり, 片面鬼三郎と

▼ 吾その~ (4, 0.1%)

2 上を 1 猪を, 進むを

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 あつた, はござりませぬ, 一杯や, 四条通東洞院西へ

▼ 吾とは~ (4, 0.1%)

1 まるで違った, 何ぞや, 別々であった, 著者自ら謂ふ

▼ 吾はもよ~ (4, 0.1%)

4 偲ぶ

▼ 吾もと~ (4, 0.1%)

1 出かけて, 張上げて, 押寄せて, 皆手を

▼ 吾をも~ (4, 0.1%)

1 刑余に, 友とめず, 忘れて, 知らずに

▼ 吾一人~ (4, 0.1%)

1 でないに, にても試みるべし, にもあらね, の少女

▼ 吾~ (4, 0.1%)

2 を以てか自ら 1 にも構わねえだ, をか懼れん

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 きにと, とに, にと, にとコツプ

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 にさ, の氣位, の爲め一所懸命, の骨

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 に來, に横, に立ち塞がりたる, を

▼ 吾~ (4, 0.1%)

2 はみ 1 の梅雨, の水層

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 の旧, は, ひ居らむ, を壊

▼ 吾無隠~ (4, 0.1%)

2 乎爾, 乎爾といふもの

▼ 吾~ (4, 0.1%)

1 の射る, は蘭医方, は農夫, は農夫也

▼ 吾~ (4, 0.1%)

3 に麗 1 不分三教

▼ 吾領主~ (4, 0.1%)

2 の若殿 1 に凌辱, に同情

▼ 吾ある~ (3, 0.0%)

1 を忘れ, を知らざりし, 人に

▼ 吾しばらく~ (3, 0.0%)

2 待て 1 男装し

▼ 吾なら~ (3, 0.0%)

3 なくに

▼ 吾はも~ (3, 0.0%)

21 や小さ

▼ 吾まなこ~ (3, 0.0%)

3 には

▼ 吾まま~ (3, 0.0%)

1 やお前たち, をし, 育ちそれ

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 ヲ愛憐スルト, ヲ肥サントス, 又案ヲ拍チ筆

▼ 吾一家~ (3, 0.0%)

2 に不 1 之外者

▼ 吾久しく~ (3, 0.0%)

1 斉しうす, 斉しうする, 東海に

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 として主宰, に非, 終れりと

▼ 吾人々類~ (3, 0.0%)

1 が圓滿, の享有, の究極

▼ 吾人今日~ (3, 0.0%)

1 の位地, の文化, の生活

▼ 吾人平民~ (3, 0.0%)

2 の膏血 1 として見る

▼ 吾人自身~ (3, 0.0%)

1 の心理的, の線, を處理

▼ 吾大王~ (3, 0.0%)

1 の, の朝, 高耀

▼ 吾太夫~ (3, 0.0%)

2 を足蹴 1 は寿美蔵

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 問蝴蝶, 誰望哉と, 酔兮舞霜鉾

▼ 吾我我執~ (3, 0.0%)

1 に対する信頼, をさえ, を払い去った

▼ 吾既に~ (3, 0.0%)

1 一盞を, 御岳を, 黄泉国の

▼ 吾未だ~ (3, 0.0%)

1 其人を, 多く其比, 義人の

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 では, とか, より私

▼ 吾生涯~ (3, 0.0%)

1 いひ捨てし句, が中断, 即吾遺言也

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 が反逆, のや刈束稻, の畔

▼ 吾盛安~ (3, 0.0%)

1 から髪, と名乗る, もすり寄っ

▼ 吾~ (3, 0.0%)

2 には 1 に見ゆる

▼ 吾~ (3, 0.0%)

21 ふけば

▼ 吾等三人~ (3, 0.0%)

1 が同時に, は全く, 之寫眞

▼ 吾等二人~ (3, 0.0%)

1 に, は父, は真に

▼ 吾西岸~ (3, 0.0%)

1 の足海, へ移り, を追撃

▼ 吾~ (3, 0.0%)

1 の勝利, の弾丸, の死傷者

▼ 吾がち~ (2, 0.0%)

1 ちうが, にすつ

▼ 吾~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 吾こそを~ (2, 0.0%)

1 れ, れ我

▼ 吾この~ (2, 0.0%)

1 人に, 兄弟の

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 へも, へ沾

▼ 吾し思は~ (2, 0.0%)

1 ば人妻, ば斯く

▼ 吾ため~ (2, 0.0%)

1 に一人, に尽せ

▼ 吾たる~ (2, 0.0%)

1 をも何もかも, を択ぶ

▼ 吾でも~ (2, 0.0%)

1 ない, なし

▼ 吾とわ~ (2, 0.0%)

2 が知る

▼ 吾どの~ (2, 0.0%)

1 ちょっとこれ, サ肩にかけて

▼ 吾において~ (2, 0.0%)

1 損なし, 栄あり

▼ 吾はあ~ (2, 0.0%)

1 ひとりでに天窓, 自分で

▼ 吾はしも~ (2, 0.0%)

2 己が

▼ 吾はや~ (2, 0.0%)

1 一日に, 飢ぬ

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 づ名告りせ, づ問は

▼ 吾また~ (2, 0.0%)

1 これを, 来たらん

▼ 吾もの~ (2, 0.0%)

1 おもふ, 顔で

▼ 吾よく~ (2, 0.0%)

1 ともどもに, 知れり

▼ 吾より~ (2, 0.0%)

1 伝はる高麗の, 伝わる高麗

▼ 吾ら羅布人~ (2, 0.0%)

1 の神, ばかりな

▼ 吾れ忘れ~ (2, 0.0%)

2 めや

▼ 吾をば~ (2, 0.0%)

1 倭の, 笑ひ罵りもやせん

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 救フベキ権力無, 知ラズ

▼ 吾一さん~ (2, 0.0%)

1 でたくさん, を連れ

▼ 吾一身~ (2, 0.0%)

1 にある, の事

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 に母, を省

▼ 吾二人~ (2, 0.0%)

1 にまして, を除き

▼ 吾人修養~ (2, 0.0%)

2 の手本

▼ 吾人日常~ (2, 0.0%)

1 の眼, の近世的煩悶

▼ 吾人比量~ (2, 0.0%)

2 の見

▼ 吾人現在~ (2, 0.0%)

1 の知識, 之生

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 も知らん, を守れ

▼ 吾~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 を雨戸, 散亦

▼ 吾儕夫婦~ (2, 0.0%)

1 のこと, より外

▼ 吾儕軍医~ (2, 0.0%)

1 が欺, はこれ

▼ 吾儘一ぱい~ (2, 0.0%)

1 の生活, を働きな

▼ 吾其上~ (2, 0.0%)

1 を読み, を蹈

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 を抜かん, を抜く

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 後に, 矣

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 何をか, 生きん

▼ 吾友だち~ (2, 0.0%)

1 は汝, は羅馬

▼ 吾吉氏~ (2, 0.0%)

1 とボク, と同じ

▼ 吾周囲~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 吾国民~ (2, 0.0%)

1 の上, の芸術愛好慾

▼ 吾大君~ (2, 0.0%)

1 と申し, ものなおも

▼ 吾夫腕~ (2, 0.0%)

1 は源太親方, は源太親方さ

▼ 吾~ (2, 0.0%)

2 はわれ

▼ 吾嬬川~ (2, 0.0%)

1 の石場, をわたる

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の光俊, へも仕掛

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 に帰り, の障子

▼ 吾家一家~ (2, 0.0%)

1 の出世, の大事

▼ 吾宿~ (2, 0.0%)

1 の, は人

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の和尚さん, の鼠

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 という俳人, の

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 に打, は乾く

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の誕生, を得

▼ 吾弟ら~ (2, 0.0%)

1 が麦藁帽, は鳰

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 をばお, を伺見給いし

▼ 吾往かん~ (2, 0.0%)

1 という流儀, の気象

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 歎は, 部屋樣などと

▼ 吾必ず~ (2, 0.0%)

1 之を, 悪魔を

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 を妨ぐる, を彫りし

▼ 吾忘れ~ (2, 0.0%)

2 めや

▼ 吾思ひ~ (2, 0.0%)

1 の一切, を絶つ

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 なり, は完

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 は眞, を以て他

▼ 吾愛する~ (2, 0.0%)

1 約翰伝, 頼山陽氏と

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の判別, の意欲

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 あって, 態終無

▼ 吾日本~ (2, 0.0%)

1 といえ, に於ける

▼ 吾是汝~ (2, 0.0%)

1 之幸魂奇魂也, 之幸魂奇魂術魂

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 て妙義, て象山師

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の四大師, の風俗

▼ 吾殿~ (2, 0.0%)

1 まで御, を通じてお

▼ 吾~ (2, 0.0%)

2 けなく

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 を殺さ, を殺さん

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 としよう, に仕

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 して, り醒めたりと

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 にさし当り申候, のため

▼ 吾知らず吸収~ (2, 0.0%)

2 された

▼ 吾知らず足~ (2, 0.0%)

1 を伸ばし, を留めた

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 といふはその, とよぶ

▼ 吾等一行~ (2, 0.0%)

1 の有様, を見送っ

▼ 吾等村民~ (2, 0.0%)

1 の生命財産, を駆

▼ 吾等農民~ (2, 0.0%)

1 が自ら眼, の真

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 は真, を啖はん

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 がため, は大和女

▼ 吾背子その間~ (2, 0.0%)

2 にも見

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 夙, 耐支持

▼ 吾自ら~ (2, 0.0%)

1 がそれで, 貴領

▼ 吾衣手~ (2, 0.0%)

2 にとりすがり

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の記, は紅き

▼ 吾谷中村~ (2, 0.0%)

1 と利害興廃, と同一堤内

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 その遺骸, に智

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 のひよこ, は傷つき

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 の硬, を埋る

▼ 吾~ (2, 0.0%)

1 こもる, を流しゆきぬ

▼1* [715件]

あやまれり矣, 吾あゆむとき長崎の, 吾あらざりし其世より, 吾ありしかば舟競, 吾いとけなき折の, 吾いまだ碁を, 吾おくるこれの, 吾がけはひ, 吾てみれ, 吾くれば浜風, 吾ぐらいは玩ぶこと, 吾こそと飛び出すの, 吾こそよ吾こそよと, 吾こそよと膝すり寄せぬ, 吾ことごとく感に, 吾こひざらんとよみし, 吾衣に, 吾そこにおいて種々, 吾それから江戸の, 吾たたへなむ, 吾ただその人, 吾たちぬれぬ山, 吾たりしなり, 吾たりじや, 吾ケエに, 吾だけアそれ程, 吾って男酒の, 吾んだ, 吾でしたね, 吾でないシカシお, 吾ではなくなって, 吾といふのが, 吾とか云うずんぐりむっくり, 吾とかいう子供と, 吾とて物を, 吾とともに在り, 吾とる弓の, 吾とを敵の, 吾と共ににこにこし, 吾なつかしく父母の, 吾など上方の, 吾などの荘助を, 吾なみ兄弟の仰ぎ法るべき, 吾ならぬ愁に, 吾なりはしきやし君, 吾なるのみなり, 吾なれど山坂, 吾なんじを称えん, 吾にとっては父の, 吾にな絶えそ, 吾に対して悪を, 吾のけふ俄かに, 吾のみずうみの, 吾のみが知る制作, 吾のみし聞けば, 吾のナ今歳二十六, 吾はかへり, 吾はぞ追へる, 吾はたとへ世, 吾ばかりでない, 吾ひとり漕ぐ, 吾ひめ力こ, 吾みる木ぞ, 吾めづる木のま, 吾もさは思へ, 吾もとウヨウヨ集まる必要, 吾もと仕切りの柵, 吾もと付届けを運ぶ, 吾もと咽喉を鳴らし, 吾もと女を夫, 吾もと腕をふる, 吾もと踊手の数, 吾もなよびかの, 吾もみ吉野の滝, 吾知っとるぞ, 吾ゃおまえに怨まれるの, 吾ゃお前様の心, 吾ら一切の同勢, 吾ら一千人の主, 吾ら両人の間, 吾ら人間の運命, 吾ら人類がこの, 吾ら利根の輩五人, 吾ら夫婦島よりここ, 吾ら好事家に取り, 吾ら巡り巡って, 吾ら米利堅に往かん, 吾ら純粋の羅布人, 吾ら野武士の一味, 吾れいまだ天長節外務大臣, 吾れいかんというなに, 吾れ往かんとの独立自重, 吾れ捕えて我手柄, 吾れ死して光, 吾れ知らずうつむきながらソーッ, 吾れ知らず惹きつけられて尼君, 吾れ知らず握り締めていた, 吾れ知らず混じて出た, 吾れ知らず迸つて來る, 吾われは今, 吾われ人間に恵み, 吾をかへりみて, 吾をぞも汝に, 吾をな見給いそ, 吾を以てこれを, 吾イマ大軍ヲ南鄭, 吾ガ国ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之ヲ禦グベシト, 吾ガ大師吾ニ我ガ前生ヲ示告セ, 吾ガ密法ヲ壊リ, 吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 吾ガ廟前密法修法, 吾ガ心ノ憂悶ナルニ関セズ, 吾ガ敢テ問フ所ロニ非ズ, 吾ガ整形手術ニ於テハ夫レ等僅少ナル寸法ヲ短縮スル等, 吾ガ汝ヲ眷愛スルノ念, 吾ガ為メニ勤労シ吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, 吾ガ獄卒ノ為ニ叱咤セラルヽヲ傍観シタルノミ, 吾ガ生ノ須臾ナルヲ哀ミ, 吾ガ田内整形手術ガ全世界ニ普及セラレタル暁ニハ, 吾ガ肝ヲ潰シ吾ガ腸, 吾ガ腸ヲ裂カシメントシタリ, 吾ガ言ヲ聴クト聴カザルトハ吾ガ敢テ問フ所ロニ, 吾ガ連合艦隊ハ今ヤ, 吾ガ高橋子ヲシテ数月, 吾ゴト好ギ, 吾サントニアに来り, 吾ト子ト江渚ノホトリニ漁樵シ魚鰕ヲ侶トシ, 吾ト汝ハ如何ナル宿因有テカ, 吾ニ我ガ前生ヲ示告セ, 吾ミチエルアンジロにもやはか, 吾レニ力ヲ致スノ厚キ, 吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, 吾レ其ヲ渡ラン乎, 吾レ死スルノ後速ヤカニ火化, 吾レ毎ニ一議論ヲ発シ一文章ヲ綴レバ, 吾ヲシテ飛ンダ迷惑ヲ為サシメタル, 吾一つ先生の代理, 吾一人天下に抗せ, 吾一味が僕, 吾一度天下の, 吾一度人間に歸, 吾一氏の豆腐, 吾一箇でも金田, 吾一郡の怒り, 吾七福を詠ずる, 吾三保の松原にあがり, 吾三歳にし, 吾上手に入る, 吾不幸を悲しむ, 吾不浄を培い, 吾不運を嘆き, 吾汝弗如也, 吾与えし櫛に, 吾与せざるなり必ずや事, 吾中らも招飲致候間, 吾主エスは, 吾主エス吾を愛す, 吾乍ら鋭い錐, 吾乍ら誇張めいて, 吾事休矣としきりに, 吾事休矣いくらしがみついても, 吾事業なるか, 吾事畢ると, 吾事終へつと, 吾事足れりとしてゐる, 吾二子年若くて, 吾五位の如き, 吾昔年漫踏過, 吾や道頓堀, 吾亮さんじゃねえ, 吾人のと同様, 吾人はかのキャンベル, 吾人もとよりこれ, 吾人一たひ不幸天災, 吾人一片の情, 吾人一般の内面生活, 吾人不幸にし, 吾人二人新進作家を得る, 吾人五官の感覚, 吾人人民は皇家, 吾人人間には多く, 吾人今其如何にし, 吾人何んぞ今, 吾人僅に破, 吾人其太だ難き, 吾人其恩に感じ, 吾人其物を擴大, 吾人内心の欲する, 吾人凡俗を遥か, 吾人只一策あり是, 吾人各々がその, 吾人味噌粕輩は申す, 吾人奇くも其発源を革命, 吾人如何に寂寥, 吾人居士を識ら, 吾人情性皆悩中一種の構造, 吾人情感の世界, 吾人戦勝国の国民, 吾人敢て彼, 吾人文学を研究, 吾人文芸家の理想, 吾人既不能知前身又何, 吾人日本人に取, 吾人普通の感官, 吾人最後の理想, 吾人歌を詠まん, 吾人民友子に対する誤解, 吾人法医学者ハ如何ニシテ犯罪, 吾人爭でか, 吾人生存の意義, 吾人生活の全面, 吾人生涯に利己私愛, 吾人男性に対すべき, 吾人皆望を君, 吾人相互の尊卑, 吾人相対性の心, 吾人真如を捕捉, 吾人確かに保証, 吾人社會主義者は戰爭, 吾人窃かに憂う, 吾人答へて曰, 吾人自らその甞, 吾人自ら不忠ならず不孝, 吾人萬葉頭の人間, 吾人西洋の事情, 吾人詩学的の眼, 吾人道徳上ノ認識トシテ區別スル所ニ於テモ, 吾人醒覚の場合, 吾今多くを言はず, 吾今観之従頭至足, 吾とあおぎ敬う, 吾が終に, 吾他力宗は単純, 吾他日宗廟神霊に見えざらん, 吾伊豆志袁登賣を, 吾の間積り, 吾子, 吾住むあがた, 吾住坂の歌, 吾住居から電車線路, 吾何在疑是須弥山頂居, 吾れりと, 吾信州教育界の名誉, 吾なる桑, 吾儂怕折看山福, 吾儕のもそのまま, 吾儕二人は互いに, 吾儕元よりその, 吾儕兄弟の一生, 吾儕四人は直に, 吾儕挙つて御免を蒙る, 吾儕職員を侮辱, 吾儘ぶりを発揮, 吾儘ものと他人, 吾儘坊ちゃんのお客様, 吾儘娘を成敗, 吾儘気儘のいえる, 吾儘無類と云われた, 吾儘生活をする, 吾儘者めが, 吾儘者剛慾者としてのけもの, 吾兄医はもと, 吾兄長崎にひさし, 吾先だちて啓, 吾先友海内数公既漸凋落, 吾児以外の誰, 吾児同然の荒くれ漁師ども, 吾児殺しです, 吾入れば太刀, 吾八さんの代, 吾八代巣河岸は平沢旭山, 吾無疾病, 吾公嬰疾辞職而至冬大痊, 吾兵各所に進撃, 吾其門弟に列す, 吾に思想界中心變動, 吾前人の文, 吾のあらん, 吾劣らじと後, 吾助夢さらさら憎く, 吾とは名, 吾の吾, 吾勢子は假廬, 吾十有五にし, 吾友われは僧, 吾友フエデリゴの曾, 吾友青山二郎の労, 吾反って先, 吾を突い, 吾口中は湿, 吾古家のこと, 吾右軍と戦ハん, 吾合戦覚え書, 吾吉一人じゃない, 吾吉利太郎の四名, 吾吉夫婦西村仁三郎谷利三郎土人一名合せて, 吾同志数人のみ, 吾同盟国英国皇帝の御, 吾にし, 吾君やつぱり本省の方, 吾吾国民の上, 吾吾日本人は世界, 吾吾詩人は餓死, 吾周公の成王, 吾和田三造外二人の日本人, 吾へば, 吾嘗つて百國の春秋, 吾嘗て明史を, 吾四方に志, 吾国ニハナク遠ク渡リ来ル水鳥ガ時, 吾国ニ矢鱈ニ見付カルモノデハナイ現ニ, 吾国下層社会の生活, 吾国人固有の美徳, 吾国体を世界, 吾国固有の美風, 吾国宗教の幻象, 吾国批評家の文, 吾国現代の文芸界, 吾國開闢以來の思想, 吾も且, 吾坂口辺りを放火, 吾をつくる, 吾の色, 吾増井富次の両君, 吾の攪乱, 吾外務当局の重大声明, 吾のさめ, 吾大和民族の文化的使命, 吾大夫の後, 吾大安吾という言葉, 吾大王能毛呂比登乎伊射奈比多麻比, 吾天地を牢獄, 吾天皇となり, 吾太祖の意, 吾好むところに, 吾如くこ, 吾姿を見せる, 吾嬬下五十三次より取つ, 吾嬬下五十三次興行と同時, 吾嬬村に至り, 吾嬬森の碑, 吾嬬森碑とあり, 吾嬬橋を工兵, 吾嬬神社に詣, 吾子供らを夢, 吾存在を確め, 吾孫子なにがしというおどおど, 吾孫子老人池田森ら多勢走り込んで, 吾孫興邦はなほ乳臭机心, 吾定義す, 吾宝蔵へ参っ, 吾家のは後れてる, 吾家代々此処の長, 吾家伝来の憲法, 吾家庭の友, 吾家貌に住ん, 吾家近くまで子供, 吾宿所に帰, 吾寺の前まで, 吾将軍維茂ではない, 吾將軍御方能員合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 吾小冊子よ幸, 吾かりしとき賤, 吾少きときや, 吾少時の福, 吾居る谿の, 吾前爾生土針従心毛, 吾屋前に生, 吾山家斧三郎の二人, 吾山路に惑, 吾となる, 吾を構えた, 吾已に大八洲, 吾に世, 吾なり, 吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 吾常勝軍ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, 吾年十三四の時, 吾居する, 吾にもどる, 吾弓箭詔而擲廢給又金弓箭流出來, 吾引きわたる伊麻村, 吾当世の道理, 吾を見る, 吾に一個, 吾待ちしこよひ, 吾待つ月夜風吹く, 吾後れじと石垣, 吾の術, 吾徒ニ幸スル所以ノモノハ即チ吾徒ニ禍スル者ト謂フモ, 吾徒ニ禍スル者ト謂フモ亦タ不可ナル莫ランカ, 吾徒復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, 吾徒詩格罷, 吾無似, 吾御名を獻らむ, 吾御子益荒男ならば, 吾御子讃むる時弓絃響きて, 吾御子麻須羅神御子座者所亡弓箭出來願坐爾, 吾復進貢せざら, 吾心はたも悲し, 吾心伸び上りかねて, 吾心幼兒の腦, 吾心燒くよしも, 吾心臓を刺す, 吾心頭には稻妻, 吾忠勇義烈なる将士, 吾思う人の, 吾怪我せしと, 吾恋めやも, 吾詩之, 吾恐れて彼, 吾は海, 吾情林風時有鳴枝葉, 吾情清隅之池之, 吾惴ざらんや自ら, 吾意これが人間生活, 吾意思の欲する, 吾意気込むと花道, 吾意見は御, 吾の如く, 吾慨憤する時, 吾なり, 吾所蔵致候旧赤穂, 吾手男の胸元, 吾持つや手, 吾は, 吾政府薩長人武断政治の致す, 吾文界に之, 吾を之, 吾に落行く, 吾方面までの山河, 吾於今覺非無其故, 吾於過去無量劫中求法華経無有, 吾と孰, 吾を翻, 吾既ニ産ヲ鄙北ニ受ケ, 吾日本人は世界, 吾明日還りま, 吾は老い, 吾なる剣, 吾是猿田彦命也嚮導を為さん, 吾書捨て室香に, 吾曹先生が来た, 吾曹更誰望父執有君存, 吾朝日新聞の購読者, 吾木ノ本のあたり, 吾未だ嘗て見ゆること, 吾陳お, 吾来也という支那, 吾東周を爲さん, 吾いはむ波, 吾校将来の前途, 吾をとり, 吾楽しみて食む, 吾をよろこび, 吾止まれば彼, 吾の大, 吾此地に來, 吾武林唯七らの人々, 吾死屍を憎む, 吾殿忍男の君, 吾の迫害, 吾毛虫たりし, 吾民族の文化的実力, 吾を掌, 吾汚れたる経歴を, 吾法力によつて, 吾泣かむとす, 吾泣く吾を, 吾くるに, 吾派同人は新進, 吾を超え, 吾の昔語り, 吾瀬子之射, 吾煩悶する吾, 吾熊本県人某君はこの, 吾ゆる眼, 吾に須臾, 吾父ひとのこと, 吾物顔に占領, 吾せん, 吾狐塚附近の三戦場, 吾知ると, 吾独り在り, 吾独自の食物, 吾在此家, 吾寝る夜, 吾王父白仙綱浄は嘗て, 吾現時の状態, 吾琵琶はいう, 吾生きて名, 吾生ける驗あり, 吾生めりし国は, 吾生れながらにし, 吾生害の情, 吾生活の整頓, 吾田媛密かに来, 吾田村字星倉から二里, 吾田節の淡, 吾を犯す, 吾有霊, 吾な佳士, 吾うこと, 吾目らかも, 吾目眛まぬ, 吾直に入て, 吾着物の中, 吾睦神漏伎, 吾の立つ, 吾知らずウットリとなっ, 吾知らずカーッと上気, 吾知らずタイキに鞭, 吾知らず七転八倒の振舞, 吾知らず儲けものをした, 吾知らず却つて眞奈の片, 吾知らず口笛で吹い, 吾知らず声を出し, 吾知らず大変に酔, 吾知らず大皿のジヤガ芋, 吾知らず安全燈の薄, 吾知らず川原を上, 吾知らず手の甲を顔, 吾知らず枕を外し, 吾知らず次の章, 吾知らず気の毒さうな思ひ, 吾知らず生垣の中, 吾知らず相互の関係, 吾知らず眼を閉ぢ, 吾知らず膝頭を震, 吾知らず自分の拵えた, 吾知らず観念の眼, 吾知らず調子を踏み外し, 吾知らず身ぶるいをさせられた, 吾知らず驚嘆の叫聲, 吾知らねえで押通しやさ, 吾知る公恙あらず, 吾石井柏亭両君と一緒, 吾社會の有らゆる, 吾の国, 吾を否定, 吾神仏をたのまず, 吾に鳴く, 吾立ち待たむ早帰りませ, 吾立ち濡れぬ山の, 吾端艇には帆, 吾等つどひぬ, 吾等ファンを喜ばせた, 吾等一たびも耳, 吾等一個の偏狭, 吾等一党はアラスカ, 吾等一等船客たるの權利, 吾等一般の仏教者, 吾等一行小憩の後, 吾等万一今回の試合, 吾等之を中央当局ニ訴, 吾等五人は安全, 吾等五名の者, 吾等人格の獨立, 吾等人間の苦境, 吾等人間惟り此鈎束, 吾等人類を相, 吾等何処にか食, 吾等信仰をし, 吾等兄弟が物覚, 吾等兩名は今, 吾等功業にたらずし, 吾等去年音にき, 吾等司祭を貶し, 吾等同志は何ん, 吾等同様に武士, 吾等命を棄て, 吾等国民の大慶, 吾等大和民族はこの, 吾等大悟一番生死の念, 吾等如何にか活きん, 吾等孤島の生活中, 吾等山岳宗徒は如何, 吾等市民代表者の切, 吾等怯懦のため, 吾等拝誦して, 吾等撰任されたる五名, 吾等日本民族が先祖代々, 吾等晝寢しても, 吾等有志より牧殿, 吾等村民ハ日に同胞, 吾等来しかば浅水, 吾等東洋人も亦, 吾等樂晩年之間適也君可之且言, 吾等此より安き, 吾等死の傍觀者たち, 吾等涙もてうずくまりぬ, 吾等猫などには到底, 吾等猫属とはなはだ, 吾等猫属間で御, 吾等猫族に限った, 吾等猫輩の機能, 吾等生命は土, 吾等生甲斐ある心地致候, 吾等疲勞者大會, 吾等科学研究者の坐, 吾等窃かに高山君, 吾等窮余の村民, 吾等笛吹けども踊らず, 吾等自らの蔭, 吾等自ら幻影を追, 吾等苦しみあがきし日, 吾等茲に聊か, 吾等薩摩隼人に拷問, 吾等軽輩はやらず, 吾等軽輩秋水党の中, 吾等農夫は尚, 吾等遠く印度洋の此孤島, 吾等陸上の一同, 吾は, 吾微躯, 吾終ニ袵ヲ左ニセン, 吾経歴の大体, 吾維新の挙動, 吾縄張内だと, 吾美しと云はる, 吾矣, 吾老いぬれど, 吾老何況明朝又一年, 吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 吾肉体に邪悪, 吾肉身は浮い, 吾肩書に官爵, 吾をも折らね, 吾背生けりとも吾, 吾胸中には少時, 吾くその, 吾と突き合, 吾自ら茲に諸子, 吾自身も擦っ, 吾舌頭の悪魔, 吾の方, 吾は沈没, 吾が白菊, 吾にあり, 吾虎身九尾人面虎爪この神天, 吾となり, 吾は驕る, 吾は真, 吾血潮さえ容赦, 吾血色は異様, 吾かむニール, 吾行かんの概, 吾行くみちに, 吾行けば彼, 吾衣物を透せし, 吾見し少女忘れかねつ, 吾を以て人, 吾言うに忍びず, 吾に送り届け給え, 吾許来むと言ふ, 吾許通はむ, 吾詩人は餓死, 吾の千, 吾の是非, 吾をか欺かん, 吾論決を聞ク, 吾諫めをすら背く, 吾の底, 吾谷元八栗原宰次郎その下流, 吾身の上に跳ね返っ, 吾身一人で引き受けた, 吾身上を知っ, 吾身不肖にし, 吾身終ば真に, 吾輩出ずるにあらずん, 吾孤衾如水已三年, 吾運命を形, 吾東畔去, 吾を何と, 吾邦人のうち, 吾邦唯一の美習, 吾邦将来の批評, 吾邦未来の文運, 吾酔態にも似たる, 吾かりし時, 吾醜しと見られし, 吾にかぎらず, 吾を抛出す, 吾の鎧, 吾鐵拳をもつ, 吾関するところに, 吾父の, 吾之所有, 吾陸軍省の手, 吾という威, 吾隠されねばならぬ, 吾隣県にし, 吾震電雷動の日烈風暴雨, 吾に吐き掛けた, 吾領民との爭鬪, 吾をも挫, 吾を女, 吾頭上に加, 吾に侘, 吾をはたく, 吾に觸, 吾を叶える, 吾願先生寿不騫, 吾過振, 吾養豚所のをみな, 吾館迎還好, 吾熱き蹄, 吾の歩み, 吾骨天賦予なるもの, 吾にあらめ, 吾数山陽十往返山翠依然, 吾黨望を失, 吾黨諸君の批判, 吾は甫め, 吾と思い馴れ