青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吹く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

否定~ ~含まれ 含まれ~ ~含ん 含ん~ 吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~ ~吹く
吹く~
~吾 吾~ 吾輩~ 呂~ 呉~ ~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる

「吹く~」 2126, 23ppm, 5034位

▼ 吹く~ (349, 16.4%)

65 か, にあちら, の中 4 と聞き流し, のよう 3 ならぬ白雪, につれ, に銀杏返し, のほとり, も, を背

2 [28件] が, が根こそぎ, が氷, であつ, であり風の音, である, と聞き流した, に, に日, に目, に追, の, のうれし, のするど, の幅, の方向, の朝東風, の涼しき, の涼しく, の訪れ, は, はいまだ, は寒く, も地, も寒く, も暖か, も無い, をも正面

1 [246件] あるは迸る, お店, かで少し, かという姿, かという態度, かという様子, かといったふう, かとお, かとばかりにうけ流し, かと対馬守, かと思へ, からし, か山, がいかにも, がおよそ, がぞッ, がぱつたり, がひし, がひしひし, がもう, がバタリ, が人, が今日俄, が冷たく, が夜, が己, が常に, が強く, が時々, が暑, が暖か, が次第に, が汗, が沁み, が波頭, が消し, が渡る, が秋, が耳, が荒く, が身, が都, が霰, さそう花, すらも私, ぞよせつ, だから, だけが知り合っ, だと, であっても, であるが, ではない, でも来い, で一文, で寄せ来る, と, とあたり, というよう, といったふう, といったよう, ときき流したくなりました, とともにその, とアラビア, と云はん, と共に大粒, と共に烟, と変り, と打ち合っ, と波, と浪, と空々し, と聞い, と聞き, と聞き流しつ, と藤波, なの, なら何時, なり, なん, にあふられ, にいななく, にこの, にさえ鳴る, にさからい, にさそわれ, にさっと, にそよい, になよ, にのっ, にはおのずから, にはた, には植物鉱物動物ども, にばかり籠め, にまかせ, にもあります, にもふとした, にももろく, にも春, にも聞え, にサイレン, に一二本, に乗せられ, に伴う, に吹き散らされ, に声, に変わる, に寂しく, に対しては招牌, に小屋, に山, に帚, に思ふ, に我が, に拔, に揺れ, に本, に楡, に歌, に沙羅, に波, に消え, に秋, に耳, に花, に葉, に藻屑, に衣手, に西, に誘われ, に軽く, に追われ, に逆, に音, に額際, に馬, に驅, に鴉, に黄色, のいつ, のおと, のさむき, のさや, のまにまに, のまま, のみがあつ, のみをぞなつかしき, の力, の勁さ, の声, の如く, の季節ごと, の寒き, の恋, の恐るべき, の悲しい, の意, の日, の果て, の涼しい, の為め, の甲斐, の目, の肌, の肌ざわり, の臭い, の色, の荻, の触感, の調べ, の身, の過ぎ去る如くである, の鋭, の類, の類い, はあけ, はあたたかく, はいかに, はいとど, はこまやか, はせち, はつめたい, はどんな, はまさしく, はアフリカ地方, はコトゴトク英国, は再び, は冷たい, は加茂川, は唯, は天籟, は強く, は晦い, は決して, は涼しく, は激しい, は爽, は秋, は緑, は肩, は荒れ狂い, は身, は金, は障る, は非常, ばかり方丈, ひむがしになりにけるかも, ほども身, まかせに, まるで負けた, もおだやか, もとりわけ, ものどけき, もまさに, もやや, もハタ, も俄, も冷たい, も助け, も吹くなり, も妙, も家, も彼, も快, も悲しい, も有らね, も流る, も涙さそひぬ, も涼しく, も湯あがり, も漂い, も秋, も秋風, も空, や船, よ東, を, をなこ, をアイ, を愛し, を納, を覚える, を遮る, 寒く忽夏, 生温く人, 誘はず地, 誠に心持

▼ 吹く~ (173, 8.1%)

2 いった, なき山, 動くん, 柱動く, 栗の, 炭から, 紙鳶を, 言った面持

1 [157件] あたま, あれあの, あんなにお金, いうから, いえども, いきなりフッと, いって, いつた風, いつも海, いふこと, いふ事, いふ所に, いやね, おばあさんが, こまかい砂, しも, しよう, すぐに, そこは, そのあと, その家, その影, その煙, その落ちた, それが, それに, それにつれて, そんなに軽蔑, そんな疲れ, ちがった音, ちょうど本, ちょうの, つい踊る, どこに, なおたまらなく, なく, はるかな, ぱッと, ひょっとこは, ぴいぴい囀り, ほんとに日本服, ぽツ, また竹筒, みんなはわ, もう一人, やがて空中, やっつけて, アッたしか, アッたしかこつち, イヨイヨ調子が, カラカラ鳴る, シューシューいう, タヌは, ブルブルッと, ポッと, 一様に, 丁度本, 上から, 云いますけれど, 云うの, 云うよう, 云う約束, 云えば, 云ったの, 云って, 云ひ, 云ふ, 人が, 人ただ簫声ある, 人騒がせだ, 今にももぎれ, 今度は, 元気な, 全体が, 六里四方に, 其中へ, 再び元, 前に, 口から, 外へ, 夢の, 大小無数の, 姿も, 川の, 底の, 彼らは, 待ち構えて, 必らず, 思ひぬ故郷, 思わぬところ, 悪い潮騒, 意味あり, 晴として, 書いて, 書斎の, 木の, 本当に雁, 松の木は, 森の, 棺の, 横ざまに, 殺人犯が, 汁鍋と, 洋燈の, 消えるという, 消えるやう, 涙が, 温帯の, 漣が, 煙は, 煙突の, 狼が, 甲板に, 百合の, 皮が, 眼界も, 矢張ヒョウと, 矢張ヒヨウと, 知り眠り, 砂霧に, 私も, 空中に, 紙片は, 羽根さばきが, 考へて, 聞きたれど, 船頭に, 草の, 葉が, 見えない屋根上, 見えますね, 見え裾野, 親分も, 親父が, 触れ合う程度, 触れ合って, 言うのに, 言うほどじゃ, 言つた氣樂さで, 言つては, 言つてゐる, 言わぬばかりに, 語りもぞ, 誠に好い, 谷底の, 足痕も, 路次は, 軽い物, 運動場は, 部屋の, 銹びたトタン屋根は, 防火設備は, 雨に, 雨の, 雲と, 風当たりが, 騒々しいの

▼ 吹く~ (125, 5.9%)

10 です 9 である 64 にたちました 3 だった 2 かい, でした, では, と上手, をやめ, をやめた, を聞い, を見

1 [77件] かその, かといふやう, かと思う, かと思った, かと思われる, かと良寛さん, か見極め, が, がい, がすら, がすらすら, が上手, が同じ, が如何にも, が常, が強く, が普通, が癖, が相, が絶え, だから, だけはまし, だつた, だよ, であった, であって, であらう, であるか, であるが, でございますよ, でしょう, ですね, でないこと, でなければ, とは私, と同時に, と吸う, と明神, と眼, にまかせ, に當つて高山, に音無し, ね, はこの, はこれから, はその, はただ, はなか, は前, は可笑しい, は妙, は弟, は愚, は最早, は未だ, は稀, は茶, は論外, は野分, は風, も嫌, も知る, よりほか, よローレライ, よ左, をあざらし, をなに, をやめました, をアラハエ, をクロハエ, を先生, を常, を待った, を海豹, を禁め, を耳, を聞く

▼ 吹く~ (76, 3.6%)

3 であった, であつ, は 2 でも一日中, には仕事, には原, は遊び, もまた

1 [57件] あおそら, があたる, が一番落着, が分ります, が多, が多い, だ, だつた, であったそう, であったという, であり雨, である, でここ, でも襁褓, で窓, で裏, などはその, など自分, なり, なりき, なりわれ, にそして, になる, にはいっしょ, にはきょう, にはすき間, にはその, にはどこ, には南, には少し, には尻尾, には気短, には裏, に吹き飛ばし, に旗, に暗い, に森, に爆発, に置い, の夕方, はそれ, はどうして, はどんな, はやたら, は塵, は外出, は多い, は大, は山鳴り, は非常, は頭, は風, まで火ダネ, も暖か, も黒, より, を選ぶ

▼ 吹くよう~ (74, 3.5%)

6 な音 4 な声, な調子, になった 2 なこと, な蛙

1 [52件] である, です, でも, で本当に, なきみ, なさびしい, なの, なむっつり, なり傍正面, な吐息, な噴火口, な塩梅, な妙, な工夫, な往来, な息, な木兎, な気, な気味, な気持, な波音, な美しい, な話し方, な隻眼, な頼り, に, にすゝめ, になっ, になったら行こう, にならなけれ, になり, になりました, になります, になる, にピイ, に咽ん, に唇, に唯, に奥, に導いた, に峰, に思えた, に思われた, に感じられた, に澄み透る, に笑った, に落ち, に貝殻, に貧しい, に身, に風, に鳴っ

▼ 吹くこと~ (51, 2.4%)

2 なかれ, にしよう

1 [47件] があっ, があれ, ができない, ができる, がはやりました, がはやる, が上手, が出来ない, が多かっ, が好き, が実行, さても, じゃろう, だの, であろう, と歌, なくし, などはすぐ, などはなんとも, など忘れ, にいたしましょう, によって人間, の出来ない, の出来る, の無い, はあっ, はない, はなかなか, はやめ, は出来ぬ, は出来ません, もあった, もあろう, もできた, も出来る, も早けりゃ, も知らず, やまねば, やや久しく, よりは自分, をおぼえました, をけいこ, を夢見, を忘れ, を願い出る, 故に心, 良久しく怒

▼ 吹く~ (35, 1.6%)

2 あり

1 [33件] がある, がだれ, が出, だけが, ではなかつた, とそれ, なの, にとって音色, に心, のすさび, の友だち, の家, の心構, の技, の許, はそう, はそういう, はそんな, はただ, はついにこう, は何, は別, は哀れ, は家臣, は生絹, もあった, もだ, もふさわしかっ, も下手, も知らないで吹き, や, をし, を知り

▼ 吹くやう~ (34, 1.6%)

3 な声, に 2 な音

1 [26件] でございますが, で通じ, な, なこと, な凄い, な口, な広大, な氣持, な渡鳥, な空威張り, な自由さ, な鳥, にならなけれ, になりまし, にめきめき, に両, に思へる, に私, に突ら, に縁, に聞え, に花火, に落ち, に音, に風, に鼻

▼ 吹く~ (33, 1.6%)

9 の音 2 が麓, だよ, に

1 [18件] が, がふもと, だろう, で踊る, にからかわれる, に初めて, のごときであっ, の一声, の調子, の音色, は, はそこ, はとその, は闇, も, をあはれ, を吹く, を聞け

▼ 吹くので~ (25, 1.2%)

1 [25件] いろいろな, ぐっすり眠っ, この紳士, さらにぼう, その胤栄, それに, たじたじと, やめて, ト云ッたら, マントの, 中, 冷たい, 同時に不眠, 困るよ, 山の, 廓の, 暑さ, 未嘗, 汽鑵の, 泣いた跡, 瀬戸内海地方の, 火は, 直ぐ快い, 耕地の, 頭が

▼ 吹くたび~ (23, 1.1%)

2 にその

1 [21件] からからと, にぐらぐら, にさわさ, にしきりに, にそれ, にちらちら, にひらひら, にアネサ, にヒラヒラ, に動き候, に動く, に木, に梢, に歌, に父, に種子, に空気, に糖雨, に身体, に陸, に黒い

▼ 吹く~ (23, 1.1%)

1 [23件] いっそうに, である, でした, で之, などずいぶん, などは目覚しい, にはきっと, には対岸, にストーヴ, に限る, のない, の様, の習慣, の考え, は, はいつ, は十里四方, は我, は直行, は胴中, は謡, は風除け, も雨

▼ 吹く風の音~ (23, 1.1%)

1 [23件] いろが, がさえ, が挽歌, が活氣, が遠い, さえ聞え, しかきこえない, です, で松島, と水門, につれて, にもざわつく, にも心, のかそけき, ばかり, ばかりが聞こえる, ばかりで, ばかり今, も静か, をまくら, を忘れ, 怪しく鳴りぬ, 聞こゆ

▼ 吹くという~ (22, 1.0%)

2 ことは, ことを

1 [18件] ああいう, ことが, ことこれが, のでありまし, のであります, のである, やつか, ような, わけで, 事は, 事も, 古いことわざ, 古式は, 条件を, 様子で, 行為は, 言い伝えが, 鼻の

▼ 吹くとき~ (21, 1.0%)

151 にはかならず, には彼ら, には気, はいつもこう, は一分間, は天気

▼ 吹く~ (21, 1.0%)

1 [21件] で, でバイオリン, で井戸端, で田, に哈爾賓, に突っ, に細かい, へし, へ車夫, や二つ星, をいず, をみんな, をわざわざ, をオーバ, をザブ, を単, を夜, を広, を歩い, を薄着, を道

▼ 吹くから~ (20, 0.9%)

1 [20件] ありったけの, ありったけのぜにで, ありつたけ, その中, それで毒, だろう, であったが, であろう, でございませう, とても郊外, ひょッ, 別に, 宜いかえ, 幹が, 旨い工夫, 法印の, 火など, 直にお, 習いに, 面

▼ 吹くとも~ (19, 0.9%)

3 ない風 2 なく吹い, なく吹く

1 [12件] ない冷たい風, ない春風, なき風, なく渡る, 思やせぬ, 恆に, 知らぬ業, 蜑小舟おも, 見えで, 見えぬのに, 霜降る, 頂搖が

▼ 吹く~ (18, 0.8%)

3 任せて

1 [15件] あらず死灰, つけつつ, つけても, ふさわしく出来, まかさう, まかせて, 乘じ, 任かせた, 似通った, 委せて, 当りて, 當り, 至らない, 連れてという, 違いない

▼ 吹くもの~ (18, 0.8%)

2 か, である

1 [14件] か存じませんでした, が来る, じゃ, じゃない, だと, だ手, でご, でそして, では, と覚悟, と解った, なれど, もない, ゆえその

▼ 吹く~ (15, 0.7%)

2 だ, だよ

1 [11件] じゃない, だぜ, だそう, だぞ, だね, だ呼子, です, ですか, ですよ, でせう, で往来

▼ 吹く~ (14, 0.7%)

4 ままに 1 いい, かなしと, これは, ようなる, 如くなる音, 如し, 快きなり, 恩は, 歌と, 淋しさ

▼ 吹く~ (12, 0.6%)

2 は, は君 1 などはい, には廓, に蝶, のこと, の蟇, は海, も一緒, 流れる光

▼ 吹く~ (12, 0.6%)

1 [12件] に, にだんだん, にむつちり, にジャ, に其の, に小さな, に無常, に瓠, に目, に簑, に興奮, に遠く

▼ 吹く~ (11, 0.5%)

1 [11件] いいとも, ここに, そうでなけれ, だ, 吹かずに, 吹かないかの, 吹かないのに, 吹かぬか, 大雨が, 女郎が, 歌を

▼ 吹く~ (11, 0.5%)

1 [11件] 五十四郡の, 問題ぢや, 嗚呼恐ろしい, 夜の, 憂たて, 春風, 株を, 焼場なりという, 百日紅よりも, 野分の, 風吹く

▼ 吹く~ (11, 0.5%)

2 夜あらし心の 1 五十四郡の, 夏の, 年ごとの, 東の, 梅なき, 海の, 淋しきすさまじき, 渋柿原の, 高嶺晴

▼ 吹く~ (11, 0.5%)

1 [11件] がよい, であった, でじっと, などにはその, などには其の, には窓, には糸, にも私, にも雨, に限っ, に飛ばせる

▼ 吹く~ (11, 0.5%)

2 がある 1 あり歌, あり歌う者, があるで, へ, もあり, も出, や唱歌, カラカラ笑う, 全く釣堀

▼ 吹く~ (10, 0.5%)

1 から又, で之, になったら来る, になりました, になる, には急, の夕立, はさら, より専ら, 少しの

▼ 吹くころ~ (9, 0.4%)

3 になる 1 いでや, からまた, に, になった, のまたは, ふと芙蓉

▼ 吹くごと~ (9, 0.4%)

1 にわれ, に危ふからずし, に噴水, に煙幕, に私, に細い, に衣服, に閃, に阿

▼ 吹く~ (9, 0.4%)

1 いろが, がきこえ, がする, が聞えた, ではない, とは違っ, と病気, を聞い, を聞く

▼ 吹く~ (8, 0.4%)

3 かな 1 であった, にもろもろ, に根, の風, よりも乱れ

▼ 吹くだけ~ (7, 0.3%)

1 あつて, だったので, でした, で人, 吹いて, 吹かねば, 吹け

▼ 吹くまま~ (7, 0.3%)

1 に, にヒラヒラ, に遊び, に過ぎゆく, に飛散, の流れかた, 咲いて

▼ 吹く~ (7, 0.3%)

2 もある 1 がありまし, がある, が年々, は, を知らぬ顔

▼ 吹く~ (7, 0.3%)

1 に, にぐらり, にすがすがしい, にパアット吹雪, に体, に少しく, に算盤

▼ 吹く~ (7, 0.3%)

4 の風 1 で雲脚, の季節, を人々

▼ 吹くかと~ (6, 0.3%)

2 部屋の 1 いいたげに, 云う様, 希有に, 聞きながして

▼ 吹くかという~ (6, 0.3%)

1 ふうでいらるる, ような, ように, 体で, 落附き, 顔を

▼ 吹くところ~ (6, 0.3%)

1 がとりえだ, だらう, であった, で煙草, に露出, を見る

▼ 吹く~ (6, 0.3%)

2 この笛 1 ゆめ, 浅間の, 雨よ, 風

▼ 吹くなか~ (6, 0.3%)

21 に目, を事務所, を帰っ, を私一人

▼ 吹くほど~ (6, 0.3%)

1 いい音色, よい日, よい湿度, 寂しい天地, 熱いの, 良くこそ

▼ 吹く~ (6, 0.3%)

1 が来た, の山麓, の晩, の空, の風, へかけ

▼ 吹く北風~ (6, 0.3%)

3 を琴 1 に戦い, に石炭, を積み重ねた

▼ 吹く寒い~ (6, 0.3%)

1 夜でも, 日が, 日であった, 日の, 日を, 風も

▼ 吹く微風~ (6, 0.3%)

1 にさえ枝, に垂尾, に嬲られ, に醉つた顏, のやう, のよう

▼ 吹く~ (6, 0.3%)

1 で向う, と倶, の觸, の音, もほつほつ, 薄紅

▼ 吹く朝風~ (6, 0.3%)

1 いと涼しく, にさっと, にも揺らる, に一度, のよう, の中

▼ 吹く~ (6, 0.3%)

1 に拾われ, の人, の前, の大きな, の腰, は尺八

▼ 吹く秋風~ (6, 0.3%)

1 が伽藍, が袖口, に驚く, のみがいたずらに, は膚身, を忘れ

▼ 吹くとか~ (5, 0.2%)

1 そういう類, サ, 枝が, 枯れ木に, 貝を

▼ 吹くばかり~ (5, 0.2%)

1 そのうち手, だ, でそば, でなく目, で口

▼ 吹く~ (5, 0.2%)

1 でした, でなければ, には起らない, に坐っ, へ

▼ 吹く~ (5, 0.2%)

2 へ吹飛ばし 1 ですが, にぶらぶら, へと歩い

▼ 吹く方向~ (5, 0.2%)

1 に神経, へなびき, へ急, へ押し流され, を告げ

▼ 吹く春風~ (5, 0.2%)

21 が雨戸, にどこ, はすでに

▼ 吹く~ (5, 0.2%)

2 に立て 1 に出よう, の夕風, の風

▼ 吹く~ (5, 0.2%)

1 がふる, が降る, の横, の降るある, も降る

▼ 吹く~ (4, 0.2%)

1 川は, 留守が, 空は, 風は

▼ 吹くといふ~ (4, 0.2%)

1 やうな, 古関の, 芸当が, 言葉が

▼ 吹くやら~ (4, 0.2%)

1 唱歌を, 払いますやら, 鉄鼓を, 雪が

▼ 吹く~ (4, 0.2%)

1 何防ぐべき, 傍らに, 歓ぶかの, 能く

▼ 吹く~ (4, 0.2%)

1 で殊に, に立て, は寒い, へかつぎ出す

▼ 吹く午後~ (4, 0.2%)

1 おそくひろ子, だった, であった, の鬱血

▼ 吹く暗い~ (4, 0.2%)

1 夜に, 往来へ, 晩に, 空は

▼ 吹くあと~ (3, 0.1%)

1 さえ見えなかった, をぐわうー, をごう

▼ 吹くかぜ~ (3, 0.1%)

1 が白い, と小糠星, の絶えぬ

▼ 吹くかも~ (3, 0.1%)

1 しれないと, 知れない, 知れない奇蹟

▼ 吹くからに~ (3, 0.1%)

2 つぎつぎと 1 嵐ぞ

▼ 吹くこれ~ (3, 0.1%)

1 がいわゆる, がすなわち, を吹い

▼ 吹くその~ (3, 0.1%)

1 卓子は, 曲の, 音色の

▼ 吹くだけの~ (3, 0.1%)

1 ものです, ものな, 余裕が

▼ 吹くつもり~ (3, 0.1%)

1 だ, で明るい, で言っ

▼ 吹くといった~ (3, 0.1%)

1 ことを, ように, 太くて

▼ 吹くとは~ (3, 0.1%)

1 なくて, 今まで, 申しながら

▼ 吹くほどに~ (3, 0.1%)

2 淑女を 1 なった

▼ 吹くより~ (3, 0.1%)

1 寂々として, 新鮮な, 軽く飛ん

▼ 吹くハーモニカ~ (3, 0.1%)

1 のしらべ, の金, の音

▼ 吹く口笛~ (3, 0.1%)

1 に小池君, に過ぎない, のやう

▼ 吹く喇叭~ (3, 0.1%)

2 の音 1 は山

▼ 吹く夕べ~ (3, 0.1%)

2 の街 1 に巴里市

▼ 吹く夕方~ (3, 0.1%)

1 に大将, に牛, の沼

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 の嵐, はない, を見

▼ 吹く季節~ (3, 0.1%)

1 になっ, の風, もすぎ

▼ 吹く尺八~ (3, 0.1%)

2 の音 1 がお前

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 の横顔, は山, れは

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 のいとし, は墮, は石

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

2 の風 1 のかぜ

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 に来た, に肇, 汚なく

▼ 吹く海風~ (3, 0.1%)

1 に吹き払われ, に軽い, に鬢

▼ 吹く白河~ (3, 0.1%)

2 の関 1 の關

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 のしづ機, の敷居, の風

▼ 吹く竹法螺~ (3, 0.1%)

3 の音

▼ 吹く荒神山~ (3, 0.1%)

3 の上

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

1 に落ちつかぬ, へ出, へ鉄砲玉

▼ 吹く~ (3, 0.1%)

2 の笛 1 かとぞ

▼ 吹くあの~ (2, 0.1%)

1 やさしげ, 美しい風の音

▼ 吹くある~ (2, 0.1%)

1 寒い日, 寒い朝

▼ 吹くあるじ~ (2, 0.1%)

1 の懇ろさ, は笛

▼ 吹くうち~ (2, 0.1%)

1 に思わず, に鳩

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 経の, 風邪でも

▼ 吹くこの~ (2, 0.1%)

1 頃の, 風が

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 お株だ, 君は

▼ 吹くため~ (2, 0.1%)

1 か私たち, に紺碧

▼ 吹くたんび~ (2, 0.1%)

1 にいい, にその

▼ 吹くなべ~ (2, 0.1%)

1 に, 吾が屋前

▼ 吹くのに~ (2, 0.1%)

1 よしに, 合わせる琴

▼ 吹くばかりに~ (2, 0.1%)

2 綺麗な

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 同然だ, 夢成らず

▼ 吹くものぢ~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 な三味線, な雲雀

▼ 吹くよりも~ (2, 0.1%)

1 こまかなる, 易かるべき

▼ 吹くカタカタ~ (2, 0.1%)

1 ククと, 蝶々の

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 には空, の晩秋

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 の風

▼ 吹く原っぱ~ (2, 0.1%)

1 のところ, を歩い

▼ 吹く吉備~ (2, 0.1%)

1 の兒島, の海

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 こそすなれ, も聞えます

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の夜, もひととき

▼ 吹く夕暮れ~ (2, 0.1%)

1 となった, などに遠く

▼ 吹く夕風~ (2, 0.1%)

1 に桜, は美

▼ 吹く夜風~ (2, 0.1%)

1 が快, とを合せ

▼ 吹く大風~ (2, 0.1%)

2 のひびき

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 が面, を知り

▼ 吹く子供~ (2, 0.1%)

1 があやしい, は長い

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の何たる, をめぐ

▼ 吹く山風~ (2, 0.1%)

1 でゆき子, の中

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の上, の嵐

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 の近く

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 の瀬

▼ 吹く川風~ (2, 0.1%)

2 に灰

▼ 吹く度び~ (2, 0.1%)

1 に揺れる, に枝枝

▼ 吹く往来~ (2, 0.1%)

1 には黒い, へ出

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 る方向, る薄

▼ 吹く時分~ (2, 0.1%)

1 になっ, は波

▼ 吹く木枯~ (2, 0.1%)

2 の呻き

▼ 吹く木枯し~ (2, 0.1%)

1 の音, の高き

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の下, の風

▼ 吹く松風~ (2, 0.1%)

1 の声, の音

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 のこもり

▼ 吹く様子~ (2, 0.1%)

1 と言ったらありません, もない

▼ 吹く氣息~ (2, 0.1%)

2

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 の面

▼ 吹く河風~ (2, 0.1%)

2

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 が荒れる, に下

▼ 吹く清らか~ (2, 0.1%)

2 な風

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の気, の氣

▼ 吹く濃き~ (2, 0.1%)

1 煙を, 色の

▼ 吹く烈風~ (2, 0.1%)

1 におくられ, の際

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の角, へ出

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 吹く白き~ (2, 0.1%)

1 昼の, 晝の

▼ 吹く真似~ (2, 0.1%)

1 をした, をする

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 とともに蟻, まじりの

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 と共に扉, を聞

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の中, の葉

▼ 吹く軟風~ (2, 0.1%)

1 に腥き, のため

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 の臭気, の香

▼ 吹く鈍い~ (2, 0.1%)

2 音色に

▼ 吹く雨後~ (2, 0.1%)

1 の寒い, の風景

▼ 吹く雨風~ (2, 0.1%)

1 は大抵, も柳

▼ 吹く~ (2, 0.1%)

1 に出, に出来

▼ 吹く音さ~ (2, 0.1%)

2 へ聞えた

▼ 吹く音色~ (2, 0.1%)

1 じゃない, にじ

▼ 吹く風さき~ (2, 0.1%)

2 に楊

▼ 吹く風大黒傘~ (2, 0.1%)

2 の上

▼1* [370件]

吹くあした雨の夜半, 吹くあたりに据えた, 吹くあらしに似, 吹くうそ寒い日である, 吹くおもちゃの笛, 吹くお玉さんの下町娘, 吹くかといふやうに, 吹くかとぞ思わるる, 吹くからからに乾いた, 吹くかわりに都会, 吹くかをもっと確実, 吹くけれど静かで, 吹くけれども山鳩は, 吹くこと五六ぷくお鍋の膳, 吹くこと数回にし, 吹くこと火事のある, 吹くこと矢の如し, 吹くこれ汝の尤も, 吹くころ宇都の山, 吹くこんにち, 吹くんだ, 吹くうだ, 吹くさまは一葉, 吹くしずかな海上, 吹くすいつちよ, 吹くすると又向う, 吹くすゑに一むら, 吹くすゞしき風に庭, 吹くぜもお株だ, 吹くよ, 吹くそしてたうとう, 吹くそれはこんな, 吹く薙ぐぞという, 吹くぞと一人たまたま, 吹くたそがれ時などに背中, 吹くたび舞ふもある, 吹くだけが能事の, 吹くやなし, 吹くって笑うん, 吹くづち原の物作, 吹くというは誠に妙, 吹くとかという運動と, 吹くとき一つ變な癖, 吹くとき半球の空あざやか, 吹くとき樹の皮, 吹くところ寺ありてねうは, 吹くところ瘴癘の気, 吹くとともに物々しく色めき立ち, 吹くとどつと燃え上りました, 吹くどこかへ飛ばされ, 吹くどころか敗戦と, 吹くどんな曲にも, 吹くなと云われると, 吹くなどという事は, 吹くなどといふ妙想は, 吹くななあ吹くな, 吹くなべ竹籃にひしこ持ち, 吹くなりひと羽に千里, 吹くにもむずかしい法, 吹くによけれど竿, 吹くのぢや, 吹くのほとり願はくは黄塵, 吹くのみなりけり, 吹くの意味に解釈, 吹くの正直な俚言, 吹くの白河を越える, 吹くの韻事をも解せざりし, 吹くの類である, 吹くの風はまた, 吹くはずがない, 吹くはてしない広野, 吹くはやて, 吹く止すの, 吹くばかりの呼吸づかい, 吹くほどの意力も, 吹くまさに秋風だ, 吹くまた深い海, 吹くまで眠れなかつたいろ, 吹くまでにゃあ二月三月, 吹くまね三度して, 吹くままどこをうろついてる, 吹くみなみ風かな, 吹くる, 吹くもの好きな飲物, 吹くもの扇子をか, 吹くもの蛇皮線をひく, 吹くやつだが, 吹くやもりの姿, 吹くよき愁吹く, 吹くらむ花の香, 吹くらん思ひやる袖うち, 吹くああ恐ろしい, 吹くわけはない, 吹くアイは山, 吹くコスモスを, 吹くコンツモールの曲, 吹くスコール速し雲, 吹くチャルメラの声, 吹くトリイトンの神二人海馬, 吹くハルモニカやお, 吹くメガホーンの声, 吹くラッパの音, 吹くその次, 吹くワアという人声, 吹く一人も見た, 吹く一向身は, 吹く一曲竜之助, 吹く一番貝の音, 吹く三月初めの頃十一二歳, 吹く世の中を忘れた, 吹く中空に, 吹く中華ソバ屋をやっ, 吹く予報である朝, 吹く事今夜は, 吹く二百十日の風, 吹く五月のすがすがしい, 吹く人々の顔, 吹く人たちもキマジメ, 吹く人里離れし山巓, 吹く人間はなやむ, 吹くの幹, 吹く今宵もだんらん, 吹く来給ふけ, 吹く仲間である, 吹くをきい, 吹く伊勢の海, 吹く住吉道を日傘, 吹くか面白い, 吹く何となく物足らない, 吹く佳人の笛, 吹く光景である, 吹く冷たい朝であった, 吹くしい風, 吹く処黒潮暖流の寄, 吹く初夏の風, 吹くもない, 吹く化粧の魔女, 吹くの風, 吹く十二時だ, 吹く十月下旬の陽, 吹く十月春さきの波, 吹く十月末から十二月, 吹く千年杉の真っ暗, 吹く南風をシラハエ, 吹く反対の方, 吹く口元きょろきょろと, 吹く口笛その他荷の中, 吹く口笛一つに引, 吹く同宿者七人みんな文なしだから, 吹くと眠, 吹く呼吸が調節, 吹く四月の夜, 吹く四辻でヒョッコリ, 吹くはあまり, 吹く国界の石, 吹く国粋主義は代る代る, 吹くが飛ぶ, 吹く土堤か何, 吹く坂道の小便横町, 吹くの向う, 吹く場面でもかすか, 吹くには悲愁, 吹く夏野の風, 吹く夕暮だつた, 吹く夜なかに犬, 吹く夜厨房用の石油, 吹く大胆者は多分少し, 吹くの風, 吹くはあと, 吹く晴の, 吹くが, 吹く姿の憎々し, 吹くが横笛, 吹く季節風にまでも拡張, 吹くさえある, 吹く寂しい四谷の, 吹く寒い寒い晩の, 吹くの境内, 吹く尾上のさくら, 吹く山深み尋ねわびてや, 吹くの上, 吹く川面の景色, 吹く左右の風, 吹くの植ゑ木, 吹くの裾, 吹くは海岸, 吹くの顔付き, 吹く度数を半分, 吹く度毎に阿, 吹く廊下の庭, 吹く強い風が, 吹く強弱につれ, 吹くである, 吹くにあたる随身, 吹く役所にいる, 吹く御面相っての, 吹く微風さへ今宵, 吹く心境のふしぎ, 吹く思いだ, 吹く悪い日だった, 吹くであつ, 吹くを挙げる, 吹くには倒れ, 吹く掛りがある, 吹く支那ソバ屋もいた, 吹く支那風の街なみ, 吹く政枝の左手首, 吹く斯くて棧道, 吹く新鮮な冷風, 吹く旋風のよう, 吹く日人力車に乗っ, 吹く日大空に向っ, 吹く日雲の影, 吹く明るい風が, 吹く明日は明日, 吹く春先の東風, 吹く時そ乱れざりける, 吹く時分一景気附けましょう, 吹く時季はむろん, 吹く時山の上から灰, 吹く時期なども老人, 吹く時節もありましょう, 吹く時西に向え, 吹く普仏戦争当時の軍歌, 吹く景色を見る, 吹く曇つた日であつ, 吹くの, 吹く書架を撫でる, 吹くには帽子, 吹く期節となろう, 吹く木の葉も青し, 吹く東京の灰色, 吹く東北の恒信風, 吹く東風に飜, 吹く松林の道, 吹くは鳴る, 吹くは十銭五銭, 吹く柔らかな風の音, 吹く柳橋の方, 吹く梵論字の事, 吹く業火でもある, 吹く楽団の連中, 吹く機会があれ, 吹く次第で, 吹く歌舞伎幕憂しと, 吹く正月の朝, 吹くも廻る, 吹く気色はございませんでした, 吹く水仙の芽, 吹くの風, 吹く沙漠の風, 吹く河風木の葉の散る, 吹く浪路の末, 吹く海洋まで流れ, 吹く海産商も, 吹く涼しい風を, 吹く涼風の拍子, 吹く深い森林を, 吹く深夜の焼け跡, 吹く温かい風に, 吹く潮風に騒ぐ, 吹く潮風金色の髪, 吹く濡縁のところ, 吹く火の手にかわり, 吹くには吾肱, 吹く烈しい秋風の, 吹くのなか, 吹く煙草のけぶり, 吹く牢屋です, 吹くぞかし, 吹くに十能, 吹く狭き山谷に, 吹くが太鼓, 吹く生徒の口笛, 吹く生活の現実, 吹く田圃みちを進ん, 吹く甲斐なしと, 吹く甲板に雀, 吹く病気だ, 吹く盆踊の大, 吹く似を, 吹く真夜中に運び出され, 吹く石亭先生がピリッ, 吹く砂塵の道, 吹くの息づかひ, 吹くのシルエツト, 吹く寂しい天地, 吹くの果, 吹く空ッ風は明るい, 吹く窓先に赤子, 吹くとかあるいは, 吹くありて, 吹く竹螺の音, 吹くという笛, 吹くを開けし, 吹く篠蝋燭や六地蔵, 吹くの声, 吹く紫蘇の畑, 吹く紳士の鼻, 吹く終夜物のささやく, 吹くというやつ, 吹く者太皷を打つ, 吹く者太鼓を打つ, 吹く聲人の物, 吹く舊暦の四月, 吹く芝生はしだいに, 吹く花合歡の下, 吹くをば見歩きぬ, 吹く若い男であった, 吹く荒野のよう, 吹く蒼茫として暮れる, 吹くの葉, 吹く藝當に浮身, 吹く歩けるもんぢ, 吹く虚無僧とはすっかり, 吹くと烏鷺, 吹く術さへ知らなかつた, 吹く街はずれを歩いた, 吹く要素になる, 吹く角笛がいかにも, 吹くには行かなかった, 吹くのこと, 吹く貝磔場の夜半, 吹く路上は冬, 吹くまで往く, 吹く迄の限度, 吹く近江の田舎町, 吹く追手風に帆, 吹く途すがら四の袖, 吹く遊芸僧であった, 吹くだけ細かい, 吹く遠くの島, 吹く都々逸に初秋, 吹くは人, 吹く野分かな, 吹く野邊の焚火, 吹く金魚のよう, 吹くをたたきちらす, 吹くの笛, 吹く銀緑色の夕方, 吹くに, 吹く陰気な笛, 吹くでも降り, 吹くの電光, 吹く青き鳥笛, 吹く青年等は非国民, 吹く静かな一瞬, 吹く音蝋のにおい, 吹くばかりである, 吹く順風に帆, 吹く風さへ赤き, 吹く風そよとも告げね, 吹く風つたへて伯母君, 吹く風の音ばらばらっと板屋, 吹く風の音下にはカサコソ, 吹く風はなこその関, 吹く風まつたくさう, 吹く風バクゲキなどはわが身, 吹く風冷やけき頃, 吹く風垣の内, 吹く風強み岩の鵜, 吹く風我れを, 吹く風海へ吹く, 吹く風竹の葉, 吹く風絶へたれど, 吹く飯蛸の乾びた, 吹くはひん, 吹くの茎, 吹く麦笛に武蔵野, 吹く鼓子に似