青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「否~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~向こう 向こう~ ~向っ 向っ~ ~君 君~ 君たち~ 君子~ 吟味~ ~否
否~
~否定 否定~ ~含まれ 含まれ~ ~含ん 含ん~ 吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~

「否~」 5291, 57ppm, 2020位

▼ 否~ (1187, 22.4%)

30 彼は 22 急に 18 すぐに 13 私は 7 自分の 6 彼女は 5 それは, 例の, 僕は 4 まるで雪, 彼の, 非常に 3 すぐその, それが, それを, 前約を, 我々は, 槍を, 自分は, 色の, 頭を

2 [84件] あわてて, いつも僕, うす紫, お利代, くるりと, ここの, この男, これぢや, これを, すぐお, すぐ江戸川, すぐ消え, そいつが, その二人, たと, つと立ち上がり, ヘクターは, マリユスは, 一刀の, 一散に, 一斉に, 一種の, 主人は, 二人は, 人の, 代助, 何方かと, 余は, 元の, 共に吾儕, 又手帛, 周章下駄を, 咄嗟に, 問を, 士官は, 大急ぎで, 子供のみが, 家畜の, 寡聞に, 将た, 岩が, 巧みな, 巧みに, 己を, 庄兵衞は, 店に, 当付がま, 彼女が, 後のが, 心に, 情念が, 感傷は, 或者, 扇子を, 手を, 文鳥は, 時子を, 本郷から, 桜花の, 梅子から, 死人の, 気の, 海の, 火山灰が, 疾風の, 直ぐに, 相手の, 眼が, 矢庭に, 私の, 突然, 自己と, 若くは, 若僧は, 茨の, 葉子の, 譬へ, 護謨の, 逃ぐるが, 門野は, 非常な, 須山教師の, 飛石に, 鳥打帽を

1 [869件 抜粋] ああいう, あたかも硝子, あとは, あまりの, あれッと, いいつけられて, いきなり, いきなりに, いきなり眼, いきなり茶碗, いきなり近寄つ, いきなり飛び上る, いったん入りかけた, いつの間にか赤毛布, いつも誘惑, いへ, いや竹刀, おい三百円, おそろしい形相, おれと, お松も, お沙汰, お茶道, かえりて, かちりと, がばと跳ね起き, きらきらと, けたたましい音, ここが, ここへ, このよう, この剣, この山寺, この憲法草案, この煙, この色, この誘惑, この野郎, これ実に, さっき地を, さっそくの, さっそく控室, さも久しぶり, すぐ, すぐこっち, すぐその後, すぐちり, すぐ万年筆, すぐ例, すぐ其用事, すぐ向う, すぐ己, すぐ床, すぐ正面, すぐ立っ, すぐ自転車, すぐ話しかけた, すぐ起き直っ, すぐ風, すべての, すべては, ずいと立っ, そこが, そこそこに, そっ首丁と, そのうち両君, そのまま飛び出し, その一人, その三人兄弟, その下, その価格, その写真, その印象, その家, その少女, その広い, その御, その椅子, その罪状, その身体つき, その長い, その面, その靴, その顏, それさえ, それに, それまで, それツとばかり, そんな疑, たたきつけるよう, ただちに彼, たちまちに, たちまち寒, たちまち非常, たった一, だれかに, ちと高, どういう料簡, どうしてこんな, どこかで, どこどん, どっと寒気, どっと涙, なお研究, はっと思った, はつと, ぱっと立った, ぱッたり, ひどく慌て, ひどく高慢, ぴしやりとその黒い, ぷいと外, ほとんど全米, ぼくの, まことに疑わしい, また下を, また兄, また姿, まだ先方, まだ茶, まるで監獄, みんなで, もうアーニャ, もう煙, もう羽, もしやあの, もはやこの, やにわに死んだ, やはりその, よく庭上, わけも, わたくしは, わたしの, われこれを, わー, アッと, アルコールに, オールに, クサンチスは, クリストフは, クーリー団は, ジャヴェルが, タッタ一眼で, トロッドおよび, ドーブレクの, ハドルスキーの, ビシーッ, ビシーツ, ピーと, フェージャ・リャーミンの, マトモ一パイに, マリヤ・ニキーチシナや, ムーッと, ランジェー氏は, 一として, 一人の, 一同手を, 一挙に, 一本の, 一気にそっち, 一考す, 一足飛に, 三つの, 三人ともに, 三転し, 下顎犬歯, 不安で, 不恰好な, 不明なる, 世間は, 丘も, 両手を, 両方の, 中へ, 主客の, 事実の, 云ふ, 互いにかかる, 些少の, 人々の, 人指指を, 仁右衛門が, 今おれの, 今この, 今まで, 今度の, 今持ち, 今日は, 他の, 他人と, 仲仕その他すべて埠頭に関する, 伝二郎は, 何だか口, 何とも知れない, 余りに遷延, 俄然として, 傍らの, 傍若無人な, 僕らの, 兄さんは, 先ず国事探偵, 先を, 先生の, 兎は, 全速力を以て, 八つ裂きに, 其一人が, 其処の, 再びあらゆる, 再び会衆, 再び横, 切立の, 別に心当, 前と, 剣を, 包みを, 十二に, 印度及び, 即刻回報あるべし, 即時に, 卵を, 又は過失, 友人の, 叫んだ, 台所で, 各, 同じくそれ, 后は, 向を, 吠えかかる痩犬, 吾, 吾人は, 商船会社の, 嘴を, 固めの, 固より, 土地の, 坑の, 塀に, 士官連がわ, 声にこそ, 多少の, 大いに憤つ, 大いに疑わしい, 大きな麻風呂敷, 大地に, 大夫人, 大岳山神社の, 大騒動, 奇怪の, 如何にもさばさば, 妙に, 姉さん少し, 孟達は, 学校の, 安さんは, 宛も, 実はあなた, 客将輩は, 容易に, 寝床の, 寸暇も, 封を, 小丘, 小宮山は, 小柄な, 小池助手の, 少しく無, 少し話, 尻馬について, 山々は, 山之, 崖に, 巡査の, 左様ばかりも, 席に, 席亭の, 帳の, 帳面の, 平和が, 平素宣言してる, 年の, 庄兵衛は, 座右の, 弔慰の, 弾械の, 彼には, 彼らの, 彼らを, 彼を, 彼女の, 待ちかねたよう, 待合所の, 御多角, 御荷物, 必ずまた, 必然的に, 忽ちウエーバー, 忽ち内務省, 忽ち物體, 忽然とし, 怒鳴りだした, 急いで, 恐ろしそう, 恭しく頭, 悲は, 意地悪く, 憂いなき, 懐から, 我は, 我れ, 或人, 戛然剣は, 手招きを, 手紙を, 打ち克ちがたい, 抔いふ, 押丁は, 放射線室として, 政府は, 散々に, 文三が, 文壇では, 文彦に, 斜すに, 断りなし, 新聞雑誌なんかの, 斷言し, 日に, 日本中の, 早くも, 早速新, 早速新聞雑誌, 昏, 星野博士の, 暇ある, 暴風は, 書肆の, 最後の, 期せずし, 未だほ, 杭へ, 東圃君の, 枕元の, 柑子の, 梯子を, 棒を, 極力これ, 楽想は, 次の間から, 次代の, 正面の, 此変動の, 歩行き出した, 死人を, 母が, 民法上無能力者と, 民衆は, 気を, 気違いの, 汝これを, 波が, 津田は, 渾身から, 源七の, 滅り込み, 激怒し, 火薬の, 烈しく体, 無言の, 爆音高く, 牛は, 物品の, 犬どもは, 犬歯の, 狼の, 狼狽加減も, 玄関の, 甚だしく怖れ, 産婆高声で, 田園の, 町じゅうに, 畜生と, 番頭の, 異常な, 疑う可, 疑問に, 病人たちに, 癇癪玉が, 白旗の, 白衣の, 皆一時, 皆一時に, 監督官は, 目下未定に, 直ちにこれ, 直ちにジェイン, 直に家, 真つ, 真理は, 眼の, 矢を, 石を, 砦の, 社会の, 神殿の, 私を, 秋元の, 稲富伊賀逆心仕り, 穹窖より, 窓を, 立ち停り, 竹刀と, 第三, 答へて, 箪笥の, 籐椅子に, 紙に, 素早く彼, 結構なお, 綾子と, 續い, 纜切る, 考ふる, 肋骨君は, 肥って, 肥満し, 背後に, 胡元の, 腕を, 腦溢血を, 腰の, 自分が, 自烈, 自身と, 船中数十日の, 艪を, 英国の, 茶碗を, 荷物に, 萎れ伏したる女郎花, 董卓は, 蓄積は, 蝙蝠傘を, 血眼で, 行長の, 裳を, 見きわめたいもの, 見知らない仏蘭西, 覚えずワツ, 覚束なく, 覺束なし, 託されたエセックス, 許しを, 誣告など, 誰より, 課税は, 諏訪栄三郎の, 識者を, 豹の, 負傷の, 赫と, 足を, 踏占めた, 身体で, 軍鶏の, 迎の, 迷亭君は, 途端に, 部下の, 部長殿を, 金切り声を, 鉄槌を, 鋤や, 長靴の, 陰鬱な, 陸地が, 隣の, 雲雀目白文鳥鸚哥, 電光の, 電気仕掛の, 青くなっ, 静かに, 靜かに, 鞄を, 韋駄天で, 頬が, 顔は, 颯と顔色, 飛びかゝつてゆく, 食慾は, 首は, 馬上の, 馬鹿に, 駅長が, 駆け出そうと, 高らかに, 魔から, 鸚鵡返しに, 黒い眸

▼ 否かは~ (233, 4.4%)

8 別問題, 疑問である 7 知らぬが 5 不明である, 別として 4 知らない 3 別の, 問題である

2 [15件] その受取勘定, 全く問題, 分らぬながら, 判然せぬ, 十分疑い得るであろう, 日本の, 明らかでない, 物が, 疑は, 疑わしい, 疑わしいこと, 疑問と, 自分の, 読者の, 貴兄は

1 [160件] あなたの, あまりに主客, いずれも, いま我々にとって, おくとして, この問題, この安定性, この方法, これまた, これらの, これを, これ史家の, さておきさらに, さまで重要, すぐわかる, そしてまた或, その剰余生産物, その時として, その火山, その道, その酵母, それが, それを, ちょっと見分け, とにかくとして, ともかくこの, どうでも, どうも不明, ひとえに女王, また別, まだ分からぬ, まったく自分, もっぱら労賃, もとより多く, わからない, わからなかった, わからぬ, わからぬに, キャプテンの, ココ数月の, 一切自分には, 一応の, 一部分は, 主體そのもの, 事實が, 二の次として, 亦復不詳, 京都において, 人の, 今までの, 何とも言, 何れに, 余の, 余程疑わしい, 余程疑問, 併し, 僕は, 全くその, 全く不明, 全く君自身, 分らないと, 分らない仕事, 分らなかったの, 分らぬ, 分らんの, 別である, 別です, 別としても, 別に記, 労働者が, 単に好奇心, 又おのずから, 史實として, 右の, 咳が, 問う所, 問はず, 問ふところでは, 問われなかった, 問題であろう, 問題でない, 問題でなかった, 問題でなかろう, 問題に, 問題の, 固より, 多くの, 大きな問題, 存じませぬ, 実地に, 実際かく, 実験を, 客観的な, 容易に, 少しも, 年齡では, 当人を, 当分と, 彼が, 彼女の, 必ずしもすでに解決, 思召し, 恐らく運命, 我らの, 敵にとっても, 明かでない, 明でない, 明らかに, 明白でない, 暫く論ぜず, 格別の, 検討の, 比較的には, 氷河を, 決して問題, 決定されない, 無論断定, 畢竟他者, 疑わしいが, 疑問だ, 疑問です, 疑問に, 疑問の, 疑問を, 目印を, 真宗の, 知らずその後胴引, 知らずとにかく, 知らず数年前, 知らねども, 知りませぬが, 知る由, 知れないが, 確かでない, 確かに, 確かめたわけ, 私が, 私たち歴史を, 立派に, 第一義的重要性を, 第二, 考えものである, 聯隊の, 自ずから別, 自分でしか, 自分には, 興味ある, 英佛側の, 要するに第一義, 解析に対して, 言明の, 計り知らない, 試した上, 調べれば, 資本の, 近年まで, 金と, 錘に関する, 随分疑わしい, 頗る疑問

▼ 否かを~ (173, 3.3%)

4 判断する, 確める 3 検べ, 見て 2 問うて, 彼は, 檢する, 決定する, 知らない, 確めた, 私は, 考察する, 訊いて, 調べて

1 [139件] いう代り, いかにし, きく三人共退座, しらべて, すぐに, そっと体, たしかめたかった, たしかめて, たしかめるよう, たずねて, ただして, たちまち鑑別, だれが, つまびらかに, ほとんど顧みない, まず疑う, もう省みない, もっと深く, 一々物尺, 争ふ, 人々に, 人々は, 偵察せね, 充分試驗, 判ずる事さ, 判ずる力, 判定する, 判斷し, 判斷せよ, 区別する, 區別する, 反省し, 吟味し, 問いたくない, 問うこと, 問うところ, 問う必要, 問は, 問ふ, 問わず外国, 問わないに, 大いに疑う, 大体卜する, 学問的方法によって, 定めなければ, 定めること, 定めるの, 実験させ, 実験によって, 容易に, 少しも, 慥かめること, 懸念します, 懸念する, 明らかに, 明細に, 暫く措き, 最初の, 検するの, 検討するであろう, 検証し, 檢し, 武蔵も, 殆ど顧みない, 決するの, 決するもの, 決めるの, 決定し, 決定した, 片っ端から, 率直に, 疑うもの, 疑って, 疑わざるを, 疑わずには, 疑問と, 発見する, 監督する, 相談し, 相談した, 真理的に, 知らないが, 知らないし, 知らぬ, 知らぬが, 知らねば, 知りたいと, 知りたいなら試み, 知るため, 知る事, 知れば, 確かめてから, 確かめなければ, 確かめること, 確かめる必要, 確かめる目的, 示すこと, 立証すべき, 答えるよりも, 簡単に, 糺して, 考うる, 考えて, 考えみよ, 考へ残念, 考察し, 考量した, 聞いて, 表示すれ, 見ようと, 見る, 見るの, 見るべきである, 見る必要, 言って, 言は, 言ふ, 訊ねた, 訊ねました, 評するやう, 試せと, 試みようと, 試験し, 試驗し, 話題に, 調べようと, 調べること, 調べるには, 論ずる場合, 論ずる資格, 識る, 識別し, 質問し, 迷った瞬間, 透察しそれを, 速報せしめる, 運命の, 鉤によって, 顧みるよう

▼ 否~ (144, 2.7%)

11 応か 9 である 4 それは 3 不明である, 私の 2 そしてこの, それが, それを, 知る由

1 [106件] あいまいな, いずれにも, うけが, これは, これらの, しかと様子, すなわち霧, そこまでは, その夜, その実否, その実証性, その書簡, その辺, それから, それによって, それのみが, それらは, であって, であり且つ, です, とにかく大垣, なお再考, はっきりしない, はっきり復命, またそれ, まだそこ, まだ思いまよっ, よく知らぬ, わからない, わからぬ, わからぬか, わからぬの, わしは, わたくしは, ッ, レーヨンが, 一刻も, 一週間ぐらい, 不明で, 乃至一葦, 乾坤一擲の, 二三の, 他日の, 位の, 其事神明の, 其處まことに, 其道の, 分らんが, 分りませぬ, 分りません, 判然しない, 即ち異議, 厳粛の, 及びそれ, 地理や, 大問題, 學問を, 希望は, 当てが, 心得て, 応かの, 応かは, 応などは, 或は理源大師, 明確でない, 易者に, 春も, 書肆の, 最も正確, 本土での, 果して文学普及, 根源的である, 梁の, 歴史の, 現に誰, 疑いなき, 疑は, 疑わしい, 疑わしいが, 疑問である, 知らず, 知らず永い, 知らないけれど, 知りません, 知れたもの, 確かめて, 私たちは, 私どもの, 穿鑿する, 等が, 等の, 精神が, 聞きおいて, 自分には, 自分の, 見通しさえも, 覚束ない, 解らないで, 解らんが, 解釈次第で, 言換えれ, 試みに, 誰よりも, 資料が, 越前守の, 返答を

▼ 否~ (126, 2.4%)

6 云えば 3 せり, 云ふ 2 いう, する者, 云う返事, 答えざるを, 答えた, 答えて, 答える, 答えるに, 答へる

1 [96件] あなたは, あれば, いいたい, いいながら, いうならお, いうならそち, いうのに, いうよりも, いえず, いはれぬ今, いはれぬ苦し, いひて, いふ, いふたら自分, いわば即座, され得ない, して, せざるを, たれか, はさまで, はとに, わが耳, アダム, 一に, 云いますめ, 云い切るだけの, 云う, 云うの, 云うよう, 云う事, 云う代り, 云う風, 云えね, 云ったならば, 云つたら, 云つてゐる, 云ひたい, 云へ, 云わずに, 云わば, 云われぬ人, 仰しゃるのならば, 仰しゃれば, 仰せられても, 先ず一語, 其公平と, 及び其記述, 反対し, 強くか, 思い直して, 應との, 我は, 断言し, 断言した, 断言する, 欲すると, 消化の, 物に, 申さば, 申さば太刀打ち申そう, 申せば, 眼を, 答うる, 答えけるに, 答えたいの, 答えたかった, 答えたが, 答えたであろう, 答えたであろうことに, 答えたの, 答えなければ, 答えねば, 答えるの, 答えるほか, 答えるより, 答ふる, 答へ, 聞くならば, 自ら答えた, 言います, 言うが, 言うため, 言ったの, 言っても, 言は, 言ひし, 言へ, 言わぬ職人気質, 言切る訳, 訳しても, 返事を, 面を, 頭を, 顔を, 首を, 黎明は

▼ 否むしろ~ (89, 1.7%)

3 私は 2 それに, それは, それを, 一種の, 無邪気, 良人と

1 [74件] いわゆる賤民以上, かかる時代, かくの, かような, こういう一道, この方, この目, これによ, これらの, これを以て, さうし, その上位, その宿命, その方面, それが, それらの, それ以上に, よろめきと, エタの, フラウの, 万葉中の, 不気味な, 侘しい思ひ, 僕自身そう, 先達たる, 助長的の, 反対だった, 叙事詩の, 同一現在同一自己, 名利を, 唯一の, 善くよりも, 善よりも, 城中に, 大雨に, 妥協の, 嫌いで, 存在そのものは, 宗教家程, 実利実情に, 実務取扱い上の, 岩石づたひに辛うじて, 平年作の, 彼らは, 悲惨なる, 推奨したい, 揚々として, 救い得ざるがため, 昔日より, 時間を, 根源的體驗において, 正義に, 此方から, 洩れて, 減少し, 瀕死の, 無理な, 玄洋社の, 現在の, 社会の, 粗服を, 自分の, 自由詩は, 茶や, 虚を, 言葉と, 讐敵同士かも, 追, 違ふ, 遠山の, 醜さ, 非常に, 領主および, 顏一ぱいに

▼ 否でも~ (87, 1.6%)

65 応でも 6 應でも

1 [16件] あろうが, いいが, すこしの, その方, 一盃ぐらいは, 否といひいで, 応で, 曩昔の, 次の, 正確な, 殿様の, 片羽, 縄が, 警官隊が, 連れて, 顔を

▼ 否それ~ (82, 1.5%)

5 ばかりで 2 が心, であるが, は既に, よりは何, を言

1 [67件] が一つ一つ人間, が唯一, が問題, が変化, が当面, が現代, だから, だからこそ, だけで, であればこそ, でなければ, とてもたしか, にては中川様, にては先方, には全然, にも増し, に就, に忍從, に止っ, の觀念そのものさ, は, はあまりに, はさうで, はすでに, はただ, はでき, はでき得る, はむしろ, はもう, はもとより, はわれわれ, は不正, は二人, は信ずる信じない, は却って, は善意悪意, は多分, は婦人, は実験論, は彼, は悪い, は清浄, は芽, ばかりでなく, もあの, よりいっそう, よりのうわ, よりも, よりもこの, よりもより, よりもシェイクスピイヤ, よりもソヴィエト, よりもソヴェート, よりも上皇, よりも上野, よりも井戸, よりも以前, よりも六樹園, よりも我が, よりも納税, よりも軽快, よりも重大, より惨め, より間違え, を後代, を曾, を通して私ども

▼ 否とに~ (73, 1.4%)

5 関係なく 3 よりて, 関らず 2 かかわらずすべて, 拘らず, 頓着なく

1 [56件] ありといふも, かかわらず, かかわらずいつも, かかわらずうまけれ, かかわらずその, かかわらずただ, かかわらずとにかく, かかわらずまた, かかわらずわれわれ, かかわらず今一つ背後, かかわらず労働, かかわらず周り, かかわらず学者, かかわらず客観的, かかわらず彼, かかわらず彼女, かかわらず教化, かかわらず最寄り, かかわらず物価暴騰, かかわらず皆, かかわらず社会, かかわらず私, かかわらず過去, かかわらず魂, むかひては, 一々注意, 依って, 係はらず, 存せり, 拘はらずその, 拘はらず当然, 拘はらず断乎, 拘はらず現在, 拘はり, 拘らずいまや, 拘らずえられる結果, 拘らずそれ自身, 拘らずまず, 拘らずブルジョア社会, 拘らず不幸, 拘らず之, 拘らず今日, 拘らず個人的意識, 拘らず利根, 拘らず如何に, 拘らず殆, 拘らず現に, 拘らず用意, 拘わらずぼくねんじん, 毫も関ら, 由って, 論なく, 関せず依然として, 関せず此山脈, 関わらず万事, 際して

▼ 否~ (73, 1.4%)

3 知らない 2 かも, かも愛しき, 尋ねたこと, 知ること能はず, 窺うよう, 調べて

1 [58件] うかがわせて, かも我や, きくと, さぐらせたが, たしかめようと, たづねて貰, とうに主, 与えるの, 入れしむる例, 卜する, 問いしに, 問う, 問うの, 問うのみと, 問はずやり出したら, 問はれた, 問ふ, 尋ねました, 尋ねますと, 尋ねると, 尋ね仰せら, 度外に, 掌る, 探って, 探つて, 探究めんと, 敢て, 明らかに, 決するのみ, 決定する, 申す私, 疑つて, 知らず人, 知らず然, 知らぬが, 知りて, 知るを, 確かめること, 確かめるため, 確めた, 確めね, 私には, 窺った, 立證する, 聞いて, 聞きに, 見る者, 訊かせた上, 訊ねて, 訊ねると, 訊ねるなどは, 試さんとて, 試験した, 語る所, 論ずるよりは, 諮問する, 鳴らさうと, 鳴らさなければ

▼ 否~ (65, 1.2%)

2 のは, 俗物の

1 [61件] かれは, その品行, その革新向上, それは, それ以上にも, それ以上の, ほとんど不断, むしろ外患, むしろ有害, ものなら貰いますまい, や忽ち, んだ, カイロでは, ゼロよりも, 一刻も, 一流の, 之を, 人の, 人間の, 会は, 何れも, 僕は, 制限に, 声だ, 大空を, 夫の, 子弟の, 存在せしめね, 寧ろ, 寧ろ見ずし, 弁償を, 当事者は, 彼に, 彼の, 彼は, 彼女とは, 彼等は, 彼等も, 徒に其時節到来, 徳川を, 我々の, 文句である, 日米国を, 最初からの, 最近にも, 果して其責任, 死刑の, 殆ど不断に, 独り同人ばかり, 百歳, 目的論的世界觀の, 神の, 私は, 総ての, 者は, 花が, 記者先生も, 試みて, 話から, 話声が, 階級的区別なき

▼ 否その~ (62, 1.2%)

3 ような 2 時は, 瞬間から

1 [55件] うちの, ほかに, ほかにも, デモクラシーの, 一点の, 上に, 上流の, 中の, 事をば, 二三に, 以前から, 住んで, 何です, 価値について, 健康も, 判断に, 前に, 前逢った, 原子バクダンを, 反対だった, 反対である, 味が, 哲想を, 多喜子が, 大部分, 女ばかり, 如く引離すの, 存在の, 少し前, 帷幕の, 手は, 敵将は, 方角へ, 時すでに, 時まで, 曲り金とは, 有明の, 正反対が, 激しさ, 点で, 片鱗あつ, 生命までも, 畸形的な, 発見が, 百余騎を, 粗忽な, 考への, 者は, 自らの, 自由が, 被告人に, 見解も, 言葉は, 連関は, 鼻の

▼ 否とは~ (62, 1.2%)

3 別として 2 いはせぬ媚態, 一に

1 [55件] いいますまい, いいません飲めない口, いはぬ, いわずに, え対, え對, しばらく擱, すぐに, そのこれ, その人, その自然, ただ, わが頭, 云いかねて, 云いますまいから, 云いません, 云へど, 云わさぬ, 云わない, 云わなかった, 云われん, 云わんのに, 人々の, 人人の, 人間の, 今より, 偏に汝等, 全然趣味, 別としても, 勝手である, 同時代, 問うところ, 問ふところでは, 大奸, 実に伯, 實に, 年齢の, 彼の, 暫く措, 未だ容易, 此大權を, 生きる上, 申しませぬ, 申しません, 申せませんでした, 纔に, 自由である, 言えない, 言えませんわねえ, 言へ, 言わせません, 言わなかった, 言われぬば, 言わんでしょう, 謂はれぬ

▼ 否かの~ (54, 1.0%)

2 問題だ, 問題である, 問題に, 問題は, 責任を

1 [44件] とたんに, どたん場, やまを, よりどころ, わからない疑惑, 一つじ, 一点に, 二つしか, 先祖より, 分れ目で, 分れ目である, 判断を, 判斷が, 刹那と, 咄嗟に, 問合状を, 問題, 問題が, 問題で, 問題とは, 大事な, 大決心, 女の, 妖美なる, 対立である, 思弁的なる, 思辨的なる, 成り行きを, 昌作の, 決心を, 準備及び, 瀬戸ぎわに, 疑問については, 疑問を, 確と, 程度である, 穿鑿は, 穿鑿を, 考察に, 証明には, 議論も, 返事だけなりとも, 違ひだ, 點に

▼ 否寧ろ~ (48, 0.9%)

2 私は, 美文素の, 自分の

1 [42件] かのケバケバ, かの多, この征服, さういふ点, その不自由, その点, セクト的と, 下層社会の, 交際を, 今人よりも, 今後も, 他に, 充分な, 冷然として, 北支は, 古典論の, 吾が意, 哀れむべきとも, 喇嘛寺などは, 尊敬する, 幸福である, 彼は, 彼等は, 従来の, 心の, 戯曲の, 日本文化の, 是を, 時折は, 暗い夜, 本當, 棄てて, 概念せしめる, 無で, 物理学そのものに, 物理学の, 猜疑の, 生死の, 窓を, 蝋の, 進んで, 鼻の

▼ 否~ (39, 0.7%)

2 は日毎, をし

1 [35件] がこの, がさき, がため, とてもいかで初め, には好奇心, には自分, の全身, の多年, の心, の犯した, の着たる, の金銭, の黒絽, はあまりに, はいっさん, はこの, はすぐ, はそういう, はその, はそれ, はつぶやかず, はまたまた, はルイ十六世, は一面識, は二畳敷, は傍ら, は十分, は常に, は彼女, は本丸, は馬, も甲冑, よりももつ, よりももッ, を成敗

▼ 否~ (38, 0.7%)

52 そんな事, 私は

1 [29件] あれは, かうして, その曲り金, そんなこと, たいへんな, だ, っ, むしろ城中, 今は, 僕にすら, 十倍二十倍増し, 千度も, 君よ, 否だ, 垂迹和光の, 壁を, 如何考へ, 左り, 座間詩人は, 庭の, 当然この, 彼の, 更にお, 疑うを, 眼眸も, 科学の, 自分の, 行きて, 露に

▼ 否かという~ (37, 0.7%)

4 ことである, ことは 2 ことも, ことを, ような, 点に

1 [21件] ことか, ことが, ことさえ, ことだ, ことだけが, ことに, ことには, ことよりも, そういうキワドイ危機, ところまで, のが, ケジメを, 一般的問題については, 事が, 切実な, 問題に, 問題は, 問題を, 大問題, 段階に, 第二

▼ 否かに~ (36, 0.7%)

6 ある 4 よつて 3 かかって 2 就いては

1 [21件] あること, あるの, ある事, ある今日, あろう, いたっては, のみかかっ, よつて決定, 依存する, 原因する, 尚も疑義, 就いて, 就きて, 懸かつて, 懸って, 拘らず依然として, 氣を, 決定的な, 躊躇せざる, 関わるの, 限るの

▼ 否とも~ (36, 0.7%)

6 応とも 3 諾とも

1 [27件] いえず弟子, いえないこと, いはれねば, いふべし, いわずきせる, いわず頷きも, その方, ちと私, 云い兼ねて, 云え, 云われぬ市郎, 仰っしゃらない, 何とも, 含ましむるだけの意味, 申すまいが, 答えない, 答えなかった, 答え得ると, 聞こえなかった, 言いませんあるとも, 言い難い, 言う, 言はずに, 言わず肩, 言わない微妙, 言われず少し, 陳宮が

▼ 否かが~ (35, 0.7%)

5 問題な

1 [30件] いつか暗黙の, さらに疑問, すでに根本的, すでに疑問, わからず和尚, 今の, 僕にとっては, 先決問題であった, 分かるとさえ, 分らない点, 判断されます, 唯物論と, 問題です, 問題と, 問題に, 大いに疑わしい, 岐れ, 幾何学の, 根本的な, 決定される, 疑はれ前途, 疑われる, 疑問であり, 疑問である, 突留められぬ, 第一, 第三回大会, 論証の, 重大な, 階級的であるない

▼ 否この~ (35, 0.7%)

2 ことも, ような

1 [31件] かはゆき兒, 一同を, 世の中が, 優美の, 兒の, 取引で, 問題は, 基地へ, 女は, 女優こそは, 度の, 心持ちを, 惨事の, 愛情すら, 手術だけ, 方が, 方面に, 時の, 期間の, 樂しき生を, 民衆説は, 男は, 町を, 穴から, 第一次, 自我こそは, 菩薩にとっては, 遺書を, 重大な, 際彼は, 電車の

▼ 否~ (35, 0.7%)

22 応も 4 應も 1 うその, 分らなかつたので, 前後も, 問は, 少し先, 忘れました, 無いが, 諾も, 錢の

▼ 否~ (32, 0.6%)

3 はむしろ 2 が明晰, はいつか朝鮮, はここ, はそう

1 [21件] が歸, だつて, の両親, の兩親, の方, の苦悶, の記憶, は, はあの, はそれ, はやはり, は出家, は初め, は只, は否, は炭籠, は積極的, は自分, は自白, は誤解, よりもいとしい

▼ 否~ (29, 0.5%)

2 と云え, と云っ

1 [25件] から神信心, が聞け, という, というたら, といった, とて到頭, とは云えません, とは云われない, と一度, と云った, と云ったら, と仰るなら, と何故きっぱり, と判然, と吼顔, と強情, と思え, と断られた, と皷, などと仰有らず, などと申し, なんと仰しゃいます, よッ, 否だ, 貴方その

▼ 否とを~ (26, 0.5%)

2 問はず, 問わず吾人

1 [22件] 判断し, 問う必要, 問はず世に, 問はず兎も, 問はず又, 問はず後代に, 問わずあらゆる, 問わずすべて壮麗, 問わずその, 問わずむしゃむしゃ, 問わず一家, 問わず事情, 問わず余, 問わず島中, 問わず旧, 問わず演技, 定むべ, 定めまた, 料らず私, 構成上の, 標準として, 言わざるを

▼ 否~ (22, 0.4%)

1 [22件] と著作三昧, ほどは, わからぬ手合, 一事は, 一言で, 一語を, 問題である, 問題を, 境界な, 応が, 応のといった, 応のは, 応のを, 意味で, 投票を, 断案が, 証拠, 試金石の, 試驗を, 論争中なる, 諸問題, 返答者については

▼ 否かも~ (20, 0.4%)

2 不明である, 私には

1 [16件] これを, わからない, わからないと, わからぬという, 分らないほど, 分らぬそち, 判らぬ, 判然しない, 実はそう, 容易に, 決定する, 甚だ不明, 疑問であった, 覚束ない, 記憶し, 近づいて

▼ 否かと~ (18, 0.3%)

2 言うこと

1 [16件] いふ論である, おもいまどいつい, その丸い, ふと思, 云うこと, 云う切迫, 云う問題, 云う実験, 云ふこ, 反問する, 問ふと, 思つて云つたのである, 申すこと, 考えたいと, 考へれば, 論じ合ったり

▼ 否これ~ (18, 0.3%)

2 は東雲

1 [16件] こそが科学的, すらも不公平, と見た, などは血法中, に増, のみが許された, はすべて, は好み, は疑問, ほど明確, よりも早, より幾倍, をも花鳥諷詠詩, を一つ, を書きとばし, を見ざる

▼ 否~ (17, 0.3%)

2 嘘です

1 [15件] そういう処, それっきりお, それも, そんな事, ただ切り取った, まあ旦那様, 主人は, 何の, 別に誰, 商売人な, 明日ですつ, 盗まれたらしいと, 私が, 秘密金庫です, 踏み入れたん

▼ 否~ (17, 0.3%)

15 応でも 1 どうである, 應でも

▼ 否~ (17, 0.3%)

11 なしに 1 なく崖, なく決心, なく私, なく誘ひ出された, は申しません, は申す

▼ 否~ (16, 0.3%)

4 ざれば 2 ずむば一家, ずむば西園寺侯 1 ざる信仰, ざる病人, ざれは, ずば, ずむば憲政党, ずむば憲政黨, ずむば沈默, ずむば沈黙

▼ 否とよ~ (15, 0.3%)

1 [15件] また思へ, 丞相, 兄上, 君, 和子を, 大王一旦, 将軍すでに, 彦右どの, 思へば, 恋のみ, 恋は, 時頼朝の, 立てきみ, 陛下, 鹿之

▼ 否なら~ (15, 0.3%)

3 否で 2 否だ 1 いつでも, この隅, それだけでも, ば否, ば聊か, サア今の, 又外, 女郎に, 己を, 悉皆財産

▼ 否~ (15, 0.3%)

1 [15件] すぐに, でもそれ, でもそんな, でもない, でもなお, は単に, は彼, までここ, までたがい, までに僕, まで狐憑き, もなお, もなほ, も尚, 謂つたぢや

▼ 否~ (14, 0.3%)

1 [14件] いざ知らず, 人に, 保留したい, 公明正大なる, 判らないが, 判然しませぬ, 問題です, 明白でない, 暫く云はず, 申しません, 疑問である, 言は, 言わせぬ, 頗る疑問

▼ 否自分~ (14, 0.3%)

2 に訣別, の年々 1 から死, が立っ, が自分, には出来ない, の妻, の小心, の手, の気持, の知らない, は行かない

▼ 否かによって~ (13, 0.2%)

1 [13件] 交換価値は, 全く決定, 初めてアインシュタイン, 去就を, 場所により, 始めて与えられる, 子ども遊びの, 或いは自我, 決する, 決ること, 決定される, 生活の, 美醜の

▼ 否そう~ (13, 0.2%)

3 では 1 して, しなければ, じゃごわしねえ, じゃない, すること, でない, なること, は成りません, 云っては, 正直に

▼ 否かといふ~ (12, 0.2%)

3 ことを 2 ことは 1 ことが, ことである, ことについても, ことにのみ, ところに, やうな, 事が

▼ 否それ以上~ (12, 0.2%)

1 [12件] かも知れない, でした, にいつ, に世界, に外国, に意識, に我國, に深い, に金貨, のもの, の喜び, の深い

▼ 否~ (11, 0.2%)

2 一人, 墓詣り 1 二人とも, 仙人の, 恥か, 新殿の, 知己でも, 種が, 高どのか

▼ 否~ (11, 0.2%)

1 [11件] ういふ, うぞ, かしらず, か白い, か知らない, という考え, にも考え込まない, の因果, の目的, の貴僧, を思う

▼ 否彼女~ (11, 0.2%)

2 の周囲, の心 1 はさっと, はすでに, は一歩一歩, は否定, は容易, は蓬莱建介, を奪った

▼ 否更に~ (11, 0.2%)

2 一歩を 1 おほいな, それ以上に, 一歩進んだ, 世界人類の, 今一つを, 廣く, 形の, 根本的な, 進んで

▼ 否~ (10, 0.2%)

1 せよ情実, なり善悪邪, なる, なるよ, 帰しても, 影響する, 異論も, 諂うなどと, 関はらず, 関らず

▼ 否~ (10, 0.2%)

2 は今日午後 1 かあ, にすらなる, はこの, はやはり, は昼寝, は晝寢, は決して, は真実

▼ 否彼ら~ (10, 0.2%)

2 の作, は無学 1 によってますます, の最も, は彼, は従来世人, は悲憤, もまた

▼ 否かえって~ (9, 0.2%)

1 すべては, そういう失礼さ, その, 余に, 彼は, 愛嬌が, 本能から, 自分の, 長くなった

▼ 否かく~ (9, 0.2%)

2 衣を 1 てはわれ汝, のごとき, の如き, の如く, も明白, 夜ふけて, 観ずること

▼ 否かについて~ (9, 0.2%)

1 あまりに単純, ここに, さっきあれほど, 何事をも, 教えて, 疑いを, 疑ふの, 自由意志を, 進退に

▼ 否そこ~ (9, 0.2%)

2 に今 1 にこそ工藝, には古い, にも訪客, にゐた, に人生, まで抽象化, を是非

▼ 否~ (9, 0.2%)

2 世界に, 宇宙の 1 世界が, 世界の, 信楽の, 山の, 體で

▼ 否凡て~ (9, 0.2%)

2 の人間, の男性 1 のアプリオリ, の作品, の個性, の民画, の生物

▼ 否~ (9, 0.2%)

2 うしては, では 1 う, うぢ, うでない, らざるなり, らず

▼ 否かかる~ (8, 0.2%)

2 ことは 1 ものとして, 世界にのみ, 実在が, 必要は, 意識に, 愛を

▼ 否すべて~ (8, 0.2%)

1 が信子, の事, の人間, の女, の幸福, の才能, の植物, の民衆

▼ 否そういう~ (8, 0.2%)

1 ことは, ものは, 一般的な, 勢力を, 御遠慮, 批評こそ, 条件に, 責任から

▼ 否~ (8, 0.2%)

1 げすか, ござえます, せうよ, 仕様が, 分ってるのに, 宜しい無理, 戦の, 訳は

▼ 否という~ (8, 0.2%)

1 かに賭けられ, ような, 一語に, 二つの, 卦です, 気持ちが, 訳は, 身振

▼ 否われ~ (8, 0.2%)

1 とてもその, ははや, は悲し, は未だ, は永久, は求婚, は石膏, は舞

▼ 否今日~ (8, 0.2%)

2 は何とも, は土曜日 1 からで, のみで, までの工藝史, 既に体

▼ 否日本~ (8, 0.2%)

2 の文壇 1 の文壇常識, の文学史, の民主主義, の現状, の誇り, 第一

▼ 否かには~ (7, 0.1%)

2 大なる 1 じつの, なくこれ以上, 多くの, 幾分の, 疑が

▼ 否すでに~ (7, 0.1%)

1 多くの, 彼女は, 日本民族に, 昨夜から, 来つつ, 確信し, 進みはじめました

▼ 否そんな~ (7, 0.1%)

2 事は 1 ことは, 事で, 気持ちで, 特殊の, 譯ぢや

▼ 否ただ~ (7, 0.1%)

1 にもと, に令制, に経清, に聖人, の中型日本犬, の適用, 一槍の

▼ 否です~ (7, 0.1%)

21 か, からじゃ, か應, と一言, もの

▼ 否との~ (7, 0.1%)

1 応えを, 標準と, 点だけが, 点より, 爭ひありき, 經界と, 論に

▼ 否もっと~ (7, 0.1%)

2 一般的に 1 以前から, 家庭的に, 甚だしいの, 確かな, 確実な

▼ 否少なくとも~ (7, 0.1%)

1 その中, 使えば, 寄生者である, 彼自身は, 新しいモラル, 日本側代表者達は, 講談や

▼ 否既に~ (7, 0.1%)

1 あの被告, 創作それ自身が, 半ば別れ, 幕府を, 現はれ, 軽微な, 過ぎ去りつつ

▼ 否現在~ (7, 0.1%)

2 でもその 1 では愛市心, でもぼく, でも急行時間, の私, の頭山満翁

▼ 否あの~ (6, 0.1%)

1 おやじと, 土地へ, 御幣は, 時よりも, 石仏を, 隅田川の

▼ 否あれ~ (6, 0.1%)

2 を書く 1 は何某, よりは, を読んだ, を讀んだ

▼ 否~ (6, 0.1%)

1 うあるべきだ, ういふ, うした, う言つて, までならず, 景色が

▼ 否といふ~ (6, 0.1%)

2 字にて 1 まじき原則, 一言を, 悪いかと, 的確な

▼ 否とか~ (6, 0.1%)

2 ぶりを 1 いって, ノオとか, 応とか, 答えるより

▼ 否まだ~ (6, 0.1%)

2 有るもの 1 出して, 外にも, 恐ろしい話, 知れざる前

▼ 否~ (6, 0.1%)

2 を思ふ 1 には酒一杯飮, のみにあらず, は表面, よ驚く

▼ 否大いに~ (6, 0.1%)

1 あって, おそれてさえ, これが, 劣ると, 否, 考えて

▼ 否少く~ (6, 0.1%)

2 とも瑠璃子, とも自分 1 とも日本側代表者達, とも閣下

▼ 否~ (6, 0.1%)

2 にな掛け 1 に掛け, に浮, の中, を虚くし

▼ 否~ (6, 0.1%)

1 の存在, はよく, は共に, は彼, は愚か, は路

▼ 否或は~ (6, 0.1%)

1 その為, 他の, 多少の, 本当と, 此の, 此記事を

▼ 否ある~ (5, 0.1%)

2 時は 1 が故に, ときは, 日の

▼ 否かで~ (5, 0.1%)

1 あるの, これほど, 自身の, 行って, 親族に

▼ 否とい~ (5, 0.1%)

2 へど 1 は, はば, ひいでがたき

▼ 否どこ~ (5, 0.1%)

1 かへ宙, かへ隠れ, で正しい, ということ, の僧院

▼ 否ほとんど~ (5, 0.1%)

1 わき目も, 数千年も, 死に, 逃げ込むよう, 道を

▼ 否もう~ (5, 0.1%)

1 そりゃ実に, それを, 半年はやかっ, 大分勝手が, 鑿の

▼ 否~ (5, 0.1%)

2 は本 1 の友人, の文章, は遠から

▼ 否実は~ (5, 0.1%)

1 かかる絵, 之は, 大衆が, 華北大衆の, 誰も

▼ 否実際~ (5, 0.1%)

1 はまだ, は一つ, は民器, 人は, 山を

▼ 否工藝~ (5, 0.1%)

1 たる本来, と模様, において個性美, の問題, の美

▼ 否恐らく~ (5, 0.1%)

1 この航海, 一切の, 両方だったろう, 両方ともそうだろう, 無意識的な

▼ 否~ (5, 0.1%)

2 と雖ども新た 1 だ, の手, はなお

▼ 否~ (5, 0.1%)

1 こそ最も, の並びに, の病床, はともあれ, は自ら

▼ 否絶対~ (5, 0.1%)

2 に独自 1 にもはや, に他人, に望み得ない

▼ 否あらゆる~ (4, 0.1%)

1 人々が, 国民に, 女を, 怖れ

▼ 否あるいは~ (4, 0.1%)

1 その一部分, 同時であった, 荘園という, 藤枝以上に

▼ 否おそらく~ (4, 0.1%)

1 一里にわたる, 個性は, 分らないうち, 声聞師の

▼ 否かについては~ (4, 0.1%)

1 一考を, 単に本, 吾, 私は

▼ 否それどころか~ (4, 0.1%)

1 かかる態度, ほとんど意識的, 悔いそのものは, 絶對者は

▼ 否なりと~ (4, 0.1%)

1 した人, するもの, 存じます, 答へ

▼ 否なれ~ (4, 0.1%)

2 ばなり 1 ば僕, ば頬辺

▼ 否みよう~ (4, 0.1%)

1 なくまいりまする, なく尊氏, なく幕軍, なく自覚

▼ 否もし~ (4, 0.1%)

1 之が, 彼らが, 皇太子殿下が, 私が

▼ 否もはや~ (4, 0.1%)

1 トリスタンにも, 事変すらも, 自由主義では, 趣味人とは

▼ 否事実~ (4, 0.1%)

1 の中, は昔, をいうなら, 死んで

▼ 否全く~ (4, 0.1%)

1 出来ない事, 無いと, 無用の, 群衆の

▼ 否単に~ (4, 0.1%)

1 このこと, この運動, 俗間的な, 戦慄すべき

▼ 否却って~ (4, 0.1%)

1 技巧が, 教主釈尊より, 精神的に, 酒を

▼ 否否否~ (4, 0.1%)

1 たいへんな, 千度も, 否だ, 左り

▼ 否多く~ (4, 0.1%)

1 なくとも, の場合, の欲望, は女

▼ 否~ (4, 0.1%)

1 に狼藉, 剣を, 多数の, 都会特有の

▼ 否彼等~ (4, 0.1%)

1 が吾, の足跡, の部族, は兵士

▼ 否~ (4, 0.1%)

1 からあった, よりかえって, より幾層堅固, 懐かしの

▼ 否~ (4, 0.1%)

1 としては人物, とする, には法律, による

▼ 否未来~ (4, 0.1%)

2 の日本 1 だけで, の有無

▼ 否此方~ (4, 0.1%)

2 が早い 1 が却, に旅

▼ 否~ (4, 0.1%)

4 んど

▼ 否決して~ (4, 0.1%)

2 かかること 1 さうでは, 関係でない

▼ 否清子~ (4, 0.1%)

2 に自分, は自ら

▼ 否現に~ (4, 0.1%)

1 二三や, 今も, 前山さんが, 彼の

▼ 否~ (4, 0.1%)

1 でも然, にも斯ん, のとも定ら, よりも早く

▼ 否お前~ (3, 0.1%)

1 からお, は蚊帳, も覚え

▼ 否かでは~ (3, 0.1%)

2 ない 1 なくして

▼ 否かをも~ (3, 0.1%)

1 またよく, 明に, 知らぬ

▼ 否すぐ~ (3, 0.1%)

1 また取って返した, 前の, 着工し始め

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 ば天馬空, 偶, 実にわが

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 は千金, は誤り, は隱

▼ 否ただに~ (3, 0.1%)

1 こればかり, その子孫, 史前

▼ 否なお~ (3, 0.1%)

1 それ以上であった, よく言え, 対峙の

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 むとす, むとするならむとさまざまに, ッ黒に

▼ 否より~ (3, 0.1%)

1 以上に, 以上の, 正当に

▼ 否らざる~ (3, 0.1%)

1 とは単に, は陸奥宗光, は陸奧宗光

▼ 否ファラデー~ (3, 0.1%)

1 だけで, はただ, は前

▼ 否一層~ (3, 0.1%)

1 之を, 強くからみつき, 彼等の

▼ 否一歩~ (3, 0.1%)

1 を進め, 進めて, 進んで

▼ 否世界~ (3, 0.1%)

1 の一大普仏戦争, の工藝品, の科学界

▼ 否世界中~ (3, 0.1%)

1 に誰, の人間, の学者たち

▼ 否~ (3, 0.1%)

2 あるが 1 眞僞之後有

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 としてはむしろそう, と云, のした

▼ 否人間~ (3, 0.1%)

1 ならば, の異常, は一度

▼ 否何とも~ (3, 0.1%)

2 ありませんよ 1 ありやしませんわ

▼ 否全然~ (3, 0.1%)

1 之を, 予期せざる, 日本ばなれ

▼ 否其の~ (3, 0.1%)

1 人の, 多數, 如き説

▼ 否別に~ (3, 0.1%)

2 面白い本 1 如何も

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 だ, だ厭, らしいッ

▼ 否反対~ (3, 0.1%)

1 にこれら, に山, に彼

▼ 否同じ~ (3, 0.1%)

1 たぐひ, 同一問題であっ, 物を

▼ 否啻に~ (3, 0.1%)

1 云ふ, 月鼈霄壌のみ, 贊成が

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 のこう, の斯, の死体

▼ 否子供達~ (3, 0.1%)

21 に強請まれ

▼ 否定説~ (3, 0.1%)

1 がつよい, のどちら, のほう

▼ 否実に~ (3, 0.1%)

1 人民の, 判り切りすぎたこと, 私が

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 しろその, 信じない有, 或意味

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 丘の, 供達に, 子こと色に

▼ 否少し~ (3, 0.1%)

1 ずつ退歩, も, もない

▼ 否~ (3, 0.1%)

2 れに 1 れ自ら

▼ 否愛する~ (3, 0.1%)

2 能は 1 こと能は

▼ 否日本人~ (3, 0.1%)

1 にはかういふ, の全部, の美

▼ 否昨日~ (3, 0.1%)

1 か神山様, か神山樣, まで私

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 より以上, より幾倍, れ欲しけれ

▼ 否~ (3, 0.1%)

2 年度の 1 工と

▼ 否植村~ (3, 0.1%)

2 も氣 1 も気

▼ 否~ (3, 0.1%)

3 の悪い

▼ 否民衆~ (3, 0.1%)

2 ならでは 1 こそそれ

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 である, にする, 也

▼ 否生き~ (3, 0.1%)

2 ている 1 てゆく

▼ 否~ (3, 0.1%)

2 を無視 1 に即し

▼ 否直に~ (3, 0.1%)

2 疲れて 1 解義する

▼ 否真に~ (3, 0.1%)

2 自らの 1 工藝品に

▼ 否確か~ (3, 0.1%)

1 なる故に, に僕, に認める

▼ 否秀吉~ (3, 0.1%)

1 に対する秘密, の陣屋, や家康

▼ 否科学~ (3, 0.1%)

1 から独立, の時代, の独創的

▼ 否結婚~ (3, 0.1%)

1 ぐらいなん, に際して守るべき, は致しませぬ

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 でございますか, とか何とか, までも参りません

▼ 否自分自身~ (3, 0.1%)

2 の発見 1 のうち

▼ 否説明~ (3, 0.1%)

1 したくなかった, すると, ではない

▼ 否~ (3, 0.1%)

1 いななき衣, に乗っ, をとばし

▼ 否あなた~ (2, 0.0%)

1 こそ私, よりほか

▼ 否あらね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 否いつも~ (2, 0.0%)

1 一人で, 死が

▼ 否おそらくは~ (2, 0.0%)

1 あったであろう, それ以上の

▼ 否おん身~ (2, 0.0%)

1 に忤, の話

▼ 否かさ~ (2, 0.0%)

1 へも判然, へ不明

▼ 否かさえ~ (2, 0.0%)

1 分りません, 勿論わからなかった

▼ 否かすら~ (2, 0.0%)

1 みな疑問の, 今朝まで

▼ 否かなどは~ (2, 0.0%)

1 問題では, 自然に

▼ 否かによりて~ (2, 0.0%)

1 決せらるる, 生ずる感情

▼ 否かへ~ (2, 0.0%)

1 つてその, つて男から

▼ 否かれ~ (2, 0.0%)

1 は全身, 等の

▼ 否がる~ (2, 0.0%)

1 のを, 奴を

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 だもの, ふは

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 はわれ此処, はアヌンチヤタ

▼ 否こういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 事例は

▼ 否さらに~ (2, 0.0%)

1 いくつもの, それよりも

▼ 否さる~ (2, 0.0%)

1 ものには, 筋の

▼ 否ざる~ (2, 0.0%)

1 かそ, とあり

▼ 否しか~ (2, 0.0%)

1 させられること, なすこと

▼ 否それ処~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 否だろう~ (2, 0.0%)

1 けれども性来怜悧, となん

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 やあござんせぬ, や退屈

▼ 否てえ~ (2, 0.0%)

2 ば仕方

▼ 否でございます~ (2, 0.0%)

1 どうかまア, よ

▼ 否では~ (2, 0.0%)

1 ないん, 迚も

▼ 否とで~ (2, 0.0%)

1 其の国, 真の

▼ 否とには~ (2, 0.0%)

1 少しも, 拘らず何事

▼ 否とによって~ (2, 0.0%)

1 分れるの, 科学的真理を

▼ 否とのみ~ (2, 0.0%)

1 いひけり, 面を

▼ 否どれ~ (2, 0.0%)

1 も実子, 程戦闘力

▼ 否ない~ (2, 0.0%)

1 と云う, と言い切っ

▼ 否なほ~ (2, 0.0%)

2 も眼

▼ 否はしたなく~ (2, 0.0%)

1 見られた様, 見られた樣

▼ 否はじめて~ (2, 0.0%)

1 お目にかかりました貴下, と言

▼ 否また~ (2, 0.0%)

1 おのづか, 鬱陶しい生活

▼ 否まったく~ (2, 0.0%)

1 何という, 鼻だ

▼ 否もはやそう~ (2, 0.0%)

1 あること, では

▼ 否やという~ (2, 0.0%)

1 ところに, ような

▼ 否やまだ日~ (2, 0.0%)

2 の落ちぬ

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 否わが~ (2, 0.0%)

1 新劇俳優の, 曹植の

▼ 否わが家~ (2, 0.0%)

1 のドブ, の下女

▼ 否われわれ~ (2, 0.0%)

1 から云わせれ, は諸君

▼ 否アノ卓子~ (2, 0.0%)

2 を俺

▼ 否アレ~ (2, 0.0%)

2 は市役所

▼ 否アントニオ~ (2, 0.0%)

1 と云, 猶おん身

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 どうして, 怒るどころか

▼ 否ホン~ (2, 0.0%)

1 の少, の少し

▼ 否ムッ~ (2, 0.0%)

1 クリと, シュウ

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 判斷スルニ足ラザルナリ, 聞届ケ給フマデハ御

▼ 否一つ~ (2, 0.0%)

1 ある, の実験

▼ 否一撃~ (2, 0.0%)

1 のもと, もって

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 図する, 圖する

▼ 否九時~ (2, 0.0%)

2 になりけり

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 が説く, は汝

▼ 否人格~ (2, 0.0%)

2 まで散々

▼ 否人生~ (2, 0.0%)

1 に対する執着, の楽しむ

▼ 否他人~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 否以上~ (2, 0.0%)

1 の生活難, も以下

▼ 否何と~ (2, 0.0%)

1 書いて, 申しましょうか

▼ 否何ん~ (2, 0.0%)

1 とも別に, なこと

▼ 否何事~ (2, 0.0%)

1 も, も起こり

▼ 否其分裂~ (2, 0.0%)

2 の機

▼ 否其意味ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 否出先軍部~ (2, 0.0%)

2 が北支問題

▼ 否力め~ (2, 0.0%)

2 て人

▼ 否労働~ (2, 0.0%)

1 がない, こそ神聖

▼ 否十時頃~ (2, 0.0%)

2 だつたが

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 主義者は, 町内においてすら

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 なこと, になる

▼ 否問題~ (2, 0.0%)

1 の鎧櫃, は此

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 にこの, に海道

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 なき所

▼ 否報酬~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ 否多分~ (2, 0.0%)

1 は知れるなら, 正しいの

▼ 否大抵~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 否天下~ (2, 0.0%)

2 を家

▼ 否如何~ (2, 0.0%)

1 して, 考へても

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 であるほか, を殺さした

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 というもの, の上

▼ 否子供~ (2, 0.0%)

1 の存在, は勿論

▼ 否存在~ (2, 0.0%)

1 すらも問題, の一定

▼ 否家庭的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 否寧われ~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 否将来~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, 愈々そうであるだろう

▼ 否小説~ (2, 0.0%)

1 の霊, ばかりじゃない

▼ 否小説全体~ (2, 0.0%)

2 に働く

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 さえお, 深く参つたの

▼ 否常に~ (2, 0.0%)

1 所謂言葉の, 相続をめぐって

▼ 否弄ばれた~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と思つて

▼ 否弄び~ (2, 0.0%)

2 物に

▼ 否弱き~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 否当時~ (2, 0.0%)

1 の悪疫, の私

▼ 否彼自身~ (2, 0.0%)

1 だ, にとってはそれ

▼ 否後世~ (2, 0.0%)

1 その名称, のため

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 がたき, まで行かなく

▼ 否悲しい~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 否感情~ (2, 0.0%)

1 に強い, の尊き

▼ 否我々~ (2, 0.0%)

1 の日常, は個人的

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 時は, 者は

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 に取っ, は既に

▼ 否抵抗的~ (2, 0.0%)

1 な完全, に完全

▼ 否支那~ (2, 0.0%)

1 に限らず, の國情

▼ 否政治上~ (2, 0.0%)

1 の論争, の論爭

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 の存在, を倒す

▼ 否文学~ (2, 0.0%)

1 といふもの, のおもしろ

▼ 否昌作さん~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 否書く~ (2, 0.0%)

1 つもりで, つもりであった

▼ 否曹操~ (2, 0.0%)

1 は足, も戟

▼ 否有るべからざる~ (2, 0.0%)

2 事である

▼ 否本当~ (2, 0.0%)

1 のマッシバン博士, をいう

▼ 否本当に~ (2, 0.0%)

2 忘れられないの

▼ 否果して~ (2, 0.0%)

2 往きつきぬとも

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 ひませんから

▼ 否正に~ (2, 0.0%)

2 その最たるもの

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 のくるしみ, の家

▼ 否此處~ (2, 0.0%)

1 で下ります, は東京

▼ 否歴史~ (2, 0.0%)

1 の意味, の最後

▼ 否死ぬ~ (2, 0.0%)

1 まで弟, まで私

▼ 否殆ど~ (2, 0.0%)

1 ないが, 捨てて

▼ 否殆ど関知~ (2, 0.0%)

2 しなかつたと

▼ 否殺される~ (2, 0.0%)

2 までだ

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 うへは, として己

▼ 否永遠~ (2, 0.0%)

2 に犯され得る

▼ 否決してそう~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 は波, よりも大きい

▼ 否淫楽自体~ (2, 0.0%)

2 が悲しい

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 は何時

▼ 否無限~ (2, 0.0%)

1 に, に鉄砲

▼ 否父親~ (2, 0.0%)

1 が猫, を

▼ 否狐火~ (2, 0.0%)

2 だとも

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 風一陣ど, 風一陣どっと

▼ 否理由~ (2, 0.0%)

1 があっ, はない

▼ 否生涯~ (2, 0.0%)

2 待ち続けても

▼ 否男女関係~ (2, 0.0%)

2 のすべて

▼ 否疑問~ (2, 0.0%)

1 である, の人

▼ 否百人~ (2, 0.0%)

1 にも当たったろう, は百人

▼ 否相手~ (2, 0.0%)

1 に個性, の利手

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 一もっと, 二式の

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 を執る, を投げ

▼ 否紛れ~ (2, 0.0%)

1 もない, もなく

▼ 否総じて~ (2, 0.0%)

1 人間性は, 当時の

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 が心, にし

▼ 否職業~ (2, 0.0%)

2 を求むる

▼ 否胆力~ (2, 0.0%)

2 とは両立

▼ 否自然~ (2, 0.0%)

1 に気象台員, は皆神

▼ 否芸術~ (2, 0.0%)

1 のアカデミー, は幻影

▼ 否若し~ (2, 0.0%)

2 此人が

▼ 否英雄達~ (2, 0.0%)

2 すら史料

▼ 否華族さん~ (2, 0.0%)

1 でなくても, で無く

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 たりといひ, はいたしません

▼ 否見た~ (2, 0.0%)

1 しで, ばかりで

▼ 否観念~ (2, 0.0%)

1 ならば, は終局

▼ 否討論~ (2, 0.0%)

1 が出, が出来ない

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 かも, かも愛しき

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 ること

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 なくても

▼ 否貴方一人~ (2, 0.0%)

2 で見なく

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 かならざれ

▼ 否遂に~ (2, 0.0%)

1 比肩する, 求めなければ

▼ 否遂買~ (2, 0.0%)

2 はなかつた

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 ひません決して

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 かに高尚純潔, にそれ以上

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 は菩薩, は酒

▼ 否量的~ (2, 0.0%)

2 に足りない

▼ 否~ (2, 0.0%)

1 あり即ち, の中

▼ 否青木淳~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ 否鞍馬~ (2, 0.0%)

2 の竹童

▼ 否~ (2, 0.0%)

2 け始めた

▼1* [1056件]

あしき人に, 否あってもない, 否あったとしても今, 否あまり沢山の, 否あらずといひ, 否あらましでお, 否あらわれる事は, 否ありはしない, 否いい得なかったのであろう, 否いかなる天才でも, 否いかに深刻な, 否いかほどつらい生活, 否いずれにか決する, 否いつでも楽, 否いつの間にか時も, 否いふ事が出, 否いやがられの年齡, 否いやまして準備, 否うしろへ廻っ, 否うそだろう, 否うまくやれば, 否おいおい声を, 否おうなく預けてしまった, 否お蔭でさまざま, 否お雪さんは行きゃしない, 否かうして打明けない, 否かさえもあやぶまれたこと, 否かだけが問題と, 否かつて彼らは, 否かなのです, 否かなどと事あらためて, 否かなどということは, 否かにしかないよう, 否かについての計算においては, 否かについても起訴状は, 否かについてよりも徳に対しての, 否かによってのみ決するの, 否かばうどころか彼, 否かまでいちいち新帝, 否かも目にとまらない, 否かよりも人を, 否かりにある程度まで愛情, 否かわきがたきごとく, 否かネ次に時刻, 否きつと整理, 否きのう私が会った, 否きょうの一日, 否はしく聞きた, 否けっして困らない, 否こう桜が, 否こうした広範な, 否ここばかりでない, 否ことによると, 否この世に生, 否これから愈々自由主義の, 否これ君子の言, 否これ等の自然条件, 否こんなのも, 否ごらんにはならなかった, 否さっと隠れた, 否さてはおん身は, 否さながらの貴公子, 否さもあれ常, 否さらずば, 否ざざざッと崖, 否しかく造りいだせるちから, 否しかしこの, 否しばし待ちたま, 否じゃアと, 否じゃわとそのままかえった, 否すくなくともさうし, 否すぐれた力士は, 否すすんで一応, 否すべて人間誰しもが各々, 否すべて生者たちよ, 否すらむかしから, 否ずいぶん無理な, 否そうした沢山な, 否その後の数年間, 否それから暫く經つて, 否それぞれ甲鎧をあらためて, 否それだけのこと, 否それではこう言っ, 否それでも足りないくらい, 否それほど荘厳な, 否それらの性質, 否それ丈でも充分処刑, 否それ以下の銅, 否それ以外に茶道, 否それ所ではなかっ, 否それ故にこそ人, 否たいへんな職業ちがい, 否たった一ヶ月間でも, 否たとえこの私, 否だったということ, 否だなら別に世帯, 否だれの罪, 否だ叶わぬ迄も力, 否ちょうど黒描が, 否ついこの頃, 否つづいて其処, 否であったろう否だろう, 否でないものと, 否でなければ否, 否で御座いますよ先生, 否といふはどうでも, 否とが観客に, 否とこたへしわ, 否とにかかかわらずただ, 否とについて考えない筈, 否とについての疑問なり, 否ともに技を, 否とやいはん, 否どう致しやして, 否どうして彼は, 否どうにかしなければ, 否どころでは, 否どなっている, 否どんな拙い役者, 否なだれを打っ, 否なべての女, 否なまじ聞き覚えの, 否ならいツその, 否なら強いてとまでは云いません, 否なら止しやアがれ, 否なら訴える方が, 否なるを, 否な喜ぶであらう, 否な威張ってかえって, 否な思はざるに非, 否にて誰れ, 否になッた, 否にはあれど, 否に関してはおおいに不, 否のぞいたばかりで, 否はっと馬前に, 否はばかるどころで, 否ぱっと閣から, 否ひどく大あわて, 否ひねくれてゐた, 否へたに茶人, 否ほとんどいとまを, 否ほんとにそれよりも, 否ぽんと縁先, 否まあ流した方, 否まことの深い, 否まことに殺しかねまじき形相, 否まっさきに林の, 否みづから試めす, 否みとおす事も, 否みなく各, 否みなく誘われてゆく, 否むあたはずわがかく, 否むあたわざるの事実なり, 否むおもむきあるかな春罪もつ子, 否むしろすこぶる感服する, 否むしろもう殆ど手に, 否むところでござりませぬがただ如何, 否むわけにもゆかず承知すると, 否もう一度いひ換, 否もう少し中に, 否もっともっと詳しく私, 否もつことすら, 否もとより今日と, 否やおやと思った, 否やさう言つて坐りも, 否やと云うこと, 否やなど仔細に, 否やにょいと手を, 否やにわに座から, 否やりたくとも計画, 否やわーと, 否やを適当に, 否よくよく誰もが, 否よのう開門致す, 否よりもむしろ読む, 否らざる者とを問わず, 否わからなくなるのは, 否わが国には元来ファシズム, 否わざわざ曲解し, 否わたくしたちの日常生活, 否われらの銀貨, 否われ爭でか, 否われ等の, 否アジア人以外の有色種族, 否アジア大陸にはこの, 否アダムとかイブ, 否アヌンチヤタなりけ, 否アルセーヌ・ルパンであった, 否イデオロギーと云っ, 否インテリゲンチャの自由, 否エ妾になれ, 否エ本当ですよ, 否エ此頃はもう, 否エ篠田さん大和さんに御, 否カハ自然明ラカニナルデアロウ, 否カントの批判哲学そのもの, 否ガマ六のよう, 否キールケゴールからマルティン・ハイデッガー, 否クワツと怒り, 否ゲーテ以上にベートーヴェン, 否ゴシック精神とロマンティシズム, 否ザレバ死ヲ与, 否シエークスピアの客観的, 否シナ人とかその他外国人, 否ジイドには有り得ない, 否ジイーッとみつめ, 否スクリーンの中, 否ステパンが帝, 否ズルズルッと座敷じゅう, 否セントスル者ノ歐米ニ, 否ソノ何です今, 否ソレ以上の恐ろしい, 否決して頼まれた, 否トニカカワラズシテイルモノト考エテ間接ニ彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, 否ドアを閉める, 否否ナ, 否ナチュラリズムでもデカタン, 否向うが, 否ハダシの娘, 否バラバラッと横ッ, 否パッとかけはなれ, 否ビフテキです実際, 否プラトン・アリストテレス・でさえ関係, 否プロレタリアにのみ教えられ得る, 否ペンが変調子, 否ホテルのバルコン, 否マリアはさて, 否マリユスはただ, 否ムシロをしいた, 否ムッシュといつ, 否ム革命的思想家ハ人類ノ進化程度, 否少し先, 否ヤノ儀権門ヲ恐, 否ラシーヌを読む, 否ラヂオ・ドラマであるばかり, 否レアルとイデヤール, 否レーニン主義哲学さえが固定, 否一人残らず彼ら, 否一代のうち, 否一体啓蒙という運動, 否一個の人間, 否一分間でも, 否一切の工藝, 否一句だにしなかった, 否一向不安に, 否一室借りまして, 否一年一生に一度, 否一方で貶し, 否一月に一度, 否一歩戸外に踏み出す, 否一生逢わずに, 否一生逢はずに終る, 否一般に常識的, 否一般的に云つて, 否一跳足に部屋, 否一鞭加えて, 否七年ともいふ, 否万人に対して今や, 否万葉の歌, 否万葉びとの倫理観, 否三人をまとめた, 否三千の兵, 否三千年を滝壺, 否三千年来の淳風美俗, 否上祖師ヶ谷の安穏寺, 否下がっても喜びたい, 否下僕扱いをうけた, 否下水ばかりでない, 否不利とならぬ, 否不可思議な出来事, 否不名誉な話, 否不束では, 否与えるので, 否世界一の犯罪王, 否世界三千年を司配し, 否世界的機関としての構造そのもの, 否世界開闢以来未だ曾, 否の裾, 否両側の日本全て, 否両方からだった, 否両者の範疇体系, 否両頭の大蛇首, 否に一物, 否中古に限らず, 否中央の卓子, 否中心にしない, 否中間層は自分, 否丸部一家の為, 否分かりません, 否乗ったことが, 否乗る所を, 否る所, 否九十九九九パーセントぐらいが不合理, 否九大医学部全体の名誉, 否了解しようと, 否予てふ人間, 否二つのもの, 否二人の行動, 否二十八の私, 否二千年を経, 否二年前の東京駅ホテル殺人事件以来, 否えない, 否五体の隅, 否五月蠅いではない, 否五百万円でもいい, 否とも変らない, 否亡滅に至らざれ, 否人々はあらゆる, 否人一倍死を, 否人民のため, 否人物の輩出, 否人肉を食, 否人間最後の理想社会, 否人類の苦痛, 否人類すべてに適用, 否今や空想では, 否今君に, 否今年の春頃, 否今度は擔, 否今日只今この仮, 否仏罰を思はなかつた, 否仏蘭西人全体の将来, 否仕合せと思わなけれ, 否仮りに法廷, 否伊太利國の第, 否伊織は, 否位置の関係上, 否佐太郎主ならば, 否何もかもない, 否何れとさ, 否何れ人間と生れた, 否何一つよくは分らなかった, 否は不善, 否余裕があるなら, 否作らんとして出来, 否作るという如き, 否使に行っ, 否の私, 否侮辱しようと, 否俳人らしく人, 否倉皇と馳, 否個人の見地, 否偉大な天才, 否健在ならばという, 否健康なもの, 否働いてゐた, 否償はずにはゐられない, 否元来ヒューマニズムの, 否は如何なる, 否充分にあっ, 否にも云った, 否先方から依頼, 否先祖より伝わりたる, 否光そのものが散つ, 否全体で三竿, 否全国にわたって炭労, 否全文をよまず, 否全身をもつ, 否全部焼き捨てたと, 否兩卦に跨つ, 否公平に觀, 否公然と曰, 否をひい, 否は講官, 否其前逢つた時既にと, 否其友の家, 否其思想の自ら, 否其濃情なる事, 否内儀さんのいる, 否再び斬りつけ斬りつけ玄蕃, 否冲天の怒気, 否凡そ一致する, 否凡そ神を信ずる, 否凡人ならずば, 否凡庸の運命, 否出し忘れるという, 否出来たという, 否出来るだけ深く, 否分ったからとて出来る, 否現の, 否初めから恋, 否のことぢ, 否別人ではなかつた, 否剃るべきであるのである, 否前世より, 否前後二たび往きしのみ, 否が斬る, 否創作劇というもの, 否労苦すること, 否動き易い熱情, 否動物の多く, 否勢いよく櫓柄を, 否区別を設けぬ, 否十一日朝午前二時頃なるべし, 否十中八九その一人, 否十人中九人までは小人, 否十人十五人百人千人の力, 否十倍二十倍増して, 否十字架に於い, 否十數年來執り來, 否千年前の群盗, 否千度も否, 否千鳥ヶ浜の方, 否卓一の内省, 否協団への帰依, 否単なる言葉であっ, 否て是, 否厭わぬではない, 否しても, 否友人たるが為め, 否抗力も, 否取り去る人すらも, 否受け得べからざるていの, 否に出し, 否古代の文学, 否古池以外に多く, 否叫声が嚇, 否叫聲が嚇, 否うござんすよ, 否可能なあらゆる, 否叱咤して, 否に大, 否司馬懿の所, 否各地の夙部落, 否同僚らしくさえ, 否同時に平家の, 否を変えた, 否向側を登りつくし, 否君らがいわゆる, 否否人と云, 否否否否否だ, 否に還った, 否吾人はこの, 否吾家遺法在, 否吾輩と若林, 否呂木の疲れ, 否告げてすげなく, 否周瑜は, 否味方とのみ思っ, 否呼び入れよ, 否はむと, 否哲学には他, 否唄ったという, 否なしに, 否唯一のなつかしい, 否唯音のし, 否問題それ自身が常に, 否善き降口, 否善惡は我等, 否喜びどころでは, 否嗚咽さえ私, 否嗜好が変わっ, 否ばつかり, 否器分を離れ, 否四つ全部さえも兼ねる, 否四谷の大通, 否四邊は寂然, 否困窮するだけに, 否国民にし, 否国民一般はこの, 否の貧富, 否阿に, 否園田の前科者, 否園芸家にでも通俗, 否土曜日ですもの, 否に対する反逆者, 否地上生活の経験, 否地震後と何時, 否垂迹和光の月明らか, 否城下に機, 否城下民のすべて, 否基体的なるもの, 否基督教もいよいよ, 否堂々と自分たち, 否場合という言葉, 否塩気を嫌う, 否塵芥は至粋, 否に片, 否を, 否士大夫ともあるべき, 否なこと, 否夕暮のかた, 否多少の不安, 否多言を費やした, 否は古, 否大丈夫である去年, 否大事なこと, 否大友皇子否天武天皇, 否大友皇子日本武尊らの運命, 否大喝して, 否大変熱心にフイルム, 否大学においてさえ使っ, 否大津絵に見出せる, 否大股にサッサ, 否大衆文芸のみならず, 否の蒼生, 否天使の中, 否天智天皇までは古代説話, 否天武天皇との戦, 否天職を帯びてる, 否天賦の大, 否太平洋戦争中にも美徳, 否こそが弁証法, 否夫婦関係が続けられ, 否夫子自身である, 否契約書には二十五日, 否奪われた彼女と, 否奪掠者ぢやない, 否奮然獅子の子, 否女学校に通う, 否女尊男卑がドシドシ流行, 否女性というもの, 否女王自身さへも認めた, 否奴隷的に使われ, 否好まぬどころで, 否好運穴といふべきである, 否の中宮, 否姫山の丘, 否婚約者さえもなかつた, 否嬢ちやんサア, 否孃ちやんサア, 否孟子は恒産, 否学問でなくてさえ, 否学校教育も亦, 否孫兵衛の刃, 否宇宙その物, 否安土へ召され, 否宋代となる, 否を駈け, 否で愚, 否宝そのものをわが, 否宝生栄之丞, 否実証され得る筈, 否実践の後, 否客観からでなく, 否室一つ我ばかりを残し, 否宥克立幾何學を唱, 否害毒となっ, 否を出た, 否家出後の暫時, 否家康はがばと, 否宿命的の仇讐同志, 否ていた, 否に私, 否實際はまだ, 否対等以上に対立, 否将軍家も定, 否將來は一層, 否小姓二人は直に, 否小山の降り口, 否小鎚を把, 否小雨にぬれた, 否許, 否くとも, 否山犬ならまだしも, 否崩し去って否, 否工藝中に中, 否りの, 否左右正面の三方, 否左様では, 否左膳はゆっくり, 否巧拙と評する, 否已に今日も, 否平凡となれ, 否平壌のみにと, 否を経る, 否か不幸, 否幸徳らの躰, 否幸福に運好く, 否幻覚ではなかつた, 否幼稚なればこそ, 否幾百万という新聞読者, 否広く全欧羅巴に, 否広袖だの秋風, 否座間詩人は唯一人, 否の春, 否廃墟はそれ, 否建築としての本殿, 否弔砲の閃光, 否が私, 否張飛は, 否強いてひまに, 否当分他に生きる, 否当局者が抑, 否当然この方, 否当然そうあるべきもの, 否形式の完美, 否形状大小を備えた, 否彼らはいちように起っ, 否彼人のみかは我, 否彼処へも人, 否彼等一部の人間達, 否彼等歌ふといふ, 否彼等自身の文学論, 否待つまでのこと, 否後ろに消え, 否後者には前者, 否徒に文化学問の, 否徒刑囚に対してである, 否従来久しく後れた, 否婦人に, 否徳ニシテ股肱のたすくる, 否心理学的見地に立つ, 否必要であるゆえ, 否忍野氏の罪, 否です, 否志村浩太郎は自殺, 否志村浩太郎氏の屍体, 否忘れたと思っ, 否怒ることすらも, 否怖いので, 否思ひがけない, 否思想の危機, 否に死ぬ, 否怪物だ, 否み難い, 否恋文さえ受取った, 否恐らく種々こまかいこと, 否恐怖が予想外, 否恐縮をした, 否恥らへるは, 否悪人をも摂取, 否ある佐太郎, 否い事, 否惣勢足なみを竦み止めた, 否意識の存在, 否意識そのものの根本的傾向, 否意識的に, 否いて, 否愚かしき真個憫むべ, 否愚痴はいいますまい, 否感じる事も, 否慎一さんから云っ, 否憂鬱症が誇大妄想狂, 否憎らしいとその, 否憤るであろう一応は, 否憲法なんかはだめ, 否懸り始めて三年四年以上, 否成功しなければ, 否我が親愛なる, 否我が国の文壇, 否我とてもその, 否我地球はさらに, 否我夢は夢, 否我心を引く, 否我等自身が誰, 否我話の腰, 否戦争せずに, 否戦略の立場, 否戦術ですらも, 否戸外に面した, 否手それ自身が一つ, 否手工への復帰, 否手腕のみで, 否払暁の事, 否技術が乏しい, 否もそんな, 否抜いたる刀を, 否拙者の所持品, 否持たなければならない, 否持主その人, 否探偵及び巡査, 否探偵小説はこれら, 否掴んでいた, 否描かれなければならない, 否握らねばならぬ, 否撮影し続けたもの, 否翁の, 否故郷の名, 否敬意と質問, 否数百の羊, 否数重の意味, 否文化はその, 否文句以上筆以上の壮観, 否文壇的虚栄のため, 否文学一般の先駆, 否文明の遅れた, 否文法はそれでも, 否文部省も文理科大学, 否断じて独本土上陸作戦である, 否斯くの如き, 否新しきものと, 否新聞には次, 否方々へ逃げ失せぬ, 否方則といえ, 否に出, 否を浴びる, 否日支事変のはじまりかけた, 否日本中の到る, 否早晩ではない, 否早稲田へ下る, 否早速先生の, 否旺盛な敵意, 否明智の部下, 否明治の始め, 否昨夜私が鏡台, 否昨日梅蘭芳や楊小楼, 否昨晩出でたりと, 否昼夜の別, 否時としてはその, 否時には健康上有益である, 否時間性の克服, 否普通一般の人々, 否普通日本人と呼ばれ, 否智識に餓え, 否暫くして, 否暮させられて来た, 否暮しやすければ, 否暴風雨に打ちひしがれた, 否曲直一切はありのまま, 否書いて居る, 否最も注意すべき, 否最前の仮, 否有名なもの, 否有明三百年の間, 否服装等の点, 否は西の京, 否であると, 否未だ読んで, 否末ッ子の土彦, 否末期においてすらこれ, 否本来技術的であるの, 否杜瓊を召され, 否条路は女, 否東京である, 否東京市内の商売振り, 否東北に人間, 否東太にも会わせる, 否松風でない, 否伯爵家の, 否棒切れさえも浮ん, 否椀底の様子, 否上等のをと, 否楽そのものすらも感じ得ない, 否概念のこの, 否概念一般が概念, 否模様化された世界, 否はいらない, 否権利だと, 否に飛び退い, 否機械の助け, 否正しく詩の, 否正直に旧縁, 否此処は東京, 否此嗜好が無けれ, 否此女は見掛け, 否歪曲した事実, 否歴史的変遷を見る, 否歸途で可, 否死するに際して第, 否死なない人間すらが, 否死にものぐるいであなた, 否死んでも銅像, 否死んだのなら, 否死刑ではない, 否殉国の愛情, 否なく味, 否残さないだけで, 否残ると勿体ない, 否なく味, 否段々本当の, 否殺され方を, 否殺した時私は, 否殺すので, 否殿上はまったく, 否母もさは思ひ, 否時間春夏秋冬口論の, 否毎日一ツ二ツは度々, 否によれ, 否なりと, 否永田市長の辞職, 否永遠さに触れる, 否の言う, 否決して然らず, 否決せられたるときは, 否決定権をさえ有っ, 否決定論は機械論, 否沙汰もなく, 否没我よりより, 否河原者の或, 否はすでに, 否法外の名, 否法律を完備, 否法律書の一ページ, 否泰消長にかかわる, 否流転即成長, 否浅草あたりのそういう, 否浜田某の片耳, 否海原に出た, 否海外にも普及, 否消防の人数, 否深くあなたを, 否深川へおぼこ釣, 否清原氏はその, 否源氏の題, 否滑稽中の下等, 否漆黒の髯, 否漢文そのものによって自己, 否潜るときに, 否潜在する教養, 否瀬善次兵衛俊兼戸隠山九頭竜権現の申し, 否火遊びといえる, 否災難として受取る, 否炎天情あり, 否を見出しません, 否無くてならない, 否無数のもの, 否無言のままタッタ, 否無関係であらざるを, 否煤煙は石炭, 否燃え出して来た, 否燈火の見ゆる, 否いたの, 否父さんやお母さん, 否父正一氏の立場, 否が盗みしなり, 否物理的に離れ, 否特にその作品, 否犯罪事実を確定, 否独り恋愛のみならず, 否り君, 否玄洋社連の四百億円, 否内閣との, 否現にこうなりつつ, 否現れざるを得なかった, 否現代文学を通じてのまさに, 否現在そこいら, 否現実はことごとく, 否現実的な空想, 否現身に属する, 否理想の人間, 否生活からにじみでた, 否生活そのものにとって根本問題, 否用いなければ眠れない, 否用途に交っ, 否當時の私, 否疑うをやめ給え, 否疑っている, 否疑義嘆声こもごもに, 否病めるが故に, 否発散せしめようと, 否発明発見も人類, 否発表し得ないで, 否発見したと, 否白衣の影, 否白鷹先生ならぬ白鷹先生, 否百度でも彼女, 否百考千考すべき所, 否がその, 否皆さんがとうに, 否皇国一の見世物小屋, 否なき訴訟, 否盜人の巣, 否直ぐその足, 否直ちに其口なる, 否真っ先に斬り捨てた, 否真っ向から斬り下げた, 否眠っている, 否眠りということ, 否と口, 否眼眸も鼓膜, 否瞑想ではない, 否矛盾的自己同一的なるが, 否知るに近し, 否知れ切っていない, 否研究を仕上げる, 否壞では, 否社会の大, 否社会哲学的自由主義によれ, 否社会過程そのものがすでに, 否は我等, 否神様はここ, 否神聖なるが, 否禮制にも定, 否私たちの一隊, 否私ども石垣の前, 否私等は東京, 否私自身が私自身, 否科学時代になれ, 否科學のみならず, 否立派な美事, 否ふこと, 否第一線に立つ, 否答えられなかったのです, 否箝口令が実施, 否約束の言葉, 否経済的無価値, 否結婚ぐらゐなんべんやり, 否結婚以来私の心持, 否結局其處なん, 否結構ですとも, 否総合という, 否総理大臣かね, 否美しくすること, 否群臣のうち, 否習俗をふみにじった, 否先生は, 否老いたる無花果, 否考えようでは, 否考へるともなく, 否聖母の惠, 否職業婦人堕落の原因, 否肉声で宣伝広告, 否肉迫力を欠く, 否肝胆相照すの, 否肯定のみされる, 否脱走して, 否脳天もしびれ, 否腰間に躍る, 否自分一人を除い, 否自己自身すら装飾品, 否自律的に自由, 否自然科学一般の科学的客観性, 否自由によってこそ自己, 否自転車より落, 否あるこそ, 否船頭直に櫓, 否良心の批難, 否良種の繼續也, 否花見の方, 否芳子の霊, 否芸術家的素質しか持たなかった, 否苟も持てる者, 否苦戦した, 否茶道が美, 否菓子がうまい, 否古人ばかり, 否藤次郎は此, 否虎三つ振りだとも, 否虚偽を以て真実, 否虚無僧のうしろ, 否も殺さぬ, 否の兵, 否蜘蛛を見た, 否血みどろになっ, 否衆人の期せし, 否はれて, 否行かなかツた, 否行きて訴, 否行方すら解らない, 否に於, 否被告の意志, 否西にあらず, 否見せて欲しい, 否見るに足るべき, 否見方に自信, 否見物と申す, 否親しすぎると, 否観方によっては世界, 否觀方によつて, 否解らない故に, 否解釈や批判, 否言葉を強め, 否言葉自体が茶番, 否記念といふ, 否記紀時代以来からわだかまる, 否訳文をし, 否詩人の人, 否詭弁はここ, 否詭辯はここ, 否話してゐる, 否誠に結構な, 否誤らざるどころでない, 否読まされシルレルは, 否読むものなどとも, 否誰のとも定まらね, 否誰何されたかも, 否論理学的急所を奇麗, 否独りこの, 否貧乏の方, 否貧窮の救済, 否貴下だから, 否貴族に代っ, 否質的にすでに, 否賭けてあった, 否起らねばならぬであらう, 否足下自身も或は, 否路傍に差し出でたる, 否跳びあがって広間, 否を挺, 否軍人の正直, 否較べては清葉, 否近く見えても, 否近頃ではそれ以上, 否てのこと, 否退く槍の, 否造化といふもの, 否進み来つた道は, 否進んで其内, 否進歩的な日本主義, 否遇つてゐても, 否遠く信長の, 否選定されるまでも, 否酔っ払うと忘れます, 否酔つたすつかり酔, 否酔わない時でも, 否酔ツたから, 否醉つたから散歩, 否醉つたすつかり醉, 否醜い手工藝も, 否因は, 否重んずるどころで, 否野性を有し, 否野槌という河獺, 否金吾は夢中, 否鉱毒の感染, 否銀子さん私は学校, 否銃先下がりに撃っ, 否鍋町ではなし, 否長政は大, 否門外へ逃げ出した, 否開化が進め, 否関羽は急, 否閣下等の明, 否闘うことで, 否闘牛ファンに言わせれ, 否關東平原の一特色也, 否難が, 否阿波守重喜の片足, 否陸軍の通訳官, 否随伴しなければ, 否はあっ, 否雖然不意だつたらお, 否に聲, 否静子と共に吉野, 否靜子と共に吉野, 否非常に真剣, 否非難はなんと, 否に激色, 否である, 否も折れよ, 否遂に飛びかかり, 否音樂會としてはかく, 否から襄陽, 否飛び立つ思ひでそれ, 否飛び込んで来, 否食ってしかるべき, 否は持つ, 否飼料が無償, 否取が, 否餓死にすら与, 否首里城中にあった, 否馬の背から飛び下り, 否馬自身もこの, 否駄目ですよ, 否騰貴または下落, 否驚くひまも, 否高き工藝は, 否高められる可能性に, 否高山隊二千余はもう, 否高手小手に縛っ, 否高貴な品, 否魏延の兵, 否黄蓋の書状, 否黒塚は決して