青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「君~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~向き 向き~ ~向け 向け~ ~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ 向っ~ ~君
君~
君たち~ 君子~ 吟味~ ~否 否~ ~否定 否定~ ~含まれ 含まれ~ ~含ん

「君~」 76418, 826ppm, 105位

▼ 君~ (19175, 25.1%)

150 それを 110 僕の 98 自分の 76 私の 67 何を 64 君の 62 何か 59 僕を 46 知って 45 僕が 44 どう思う, 僕に 34 そういっ, そんなこと 32 どうする, 私に 31 例の 30 すぐに 29 どうだ, 私を 28 語る 27 さう 26 気が 24 どうした, 急に 23 ここに, これを 22 何も, 言った 21 どこへ, 誰だ 20 私が, 私と, 自分で, 顔を 19 だまって, 思った, 黙って 18 それが, 僕と, 首を 17 あまりの, それに, どこに, ハッと, 言いました 16 あの女, そこに, その時, びっくりし, ほんとうに, 今の, 目を, 非常に 15 彼の, 頭を, 馬鹿だ 14 ここで, それで, 自分が, 言って 13 いつでも, こ, 何だ, 手を, 此の 12 一体何, 今まで, 今日は, 妙な, 心の, 日本の, 覚えて, 酒を

11 [13件] あの男, こう言っ, この事件, どうだい, 何う, 何の, 何時でも, 出て, 君自身の, 思って, 眼を, 知らないの, 笑いながら

10 いつもの, お銀様, この頃, こんなこと, そのとき, その中, 人を, 何と, 帰って, 平気で

9 [22件] あれを, いったい何, さすがに, さっきから, そのこと, そんな事, どうし, どこの, なんの, ひとりで, 人間の, 今は, 何処へ, 俺の, 初めから, 尋ねました, 少しも, 確かに, 立って, 立派な, 笑って, 自分に

8 [30件] あの時, あわてて, いつまで, おぼえて, きつと, その女, とっさに, どこから, どこで, なにを, よく知っ, わしの, ギョッとして, 一人で, 人の, 今度の, 何が, 何に, 何にも, 先に, 先生の, 口を, 君は, 喜んで, 女の, 妙に, 安心し, 東京の, 死んで, 相変らず

7 [42件] あの事件, この, さきに, そういい, そう思う, そう言っ, そこで, そこの, その人, その日, それから, それと, た, どうかし, どうしてそんな, どうしよう, どうです, ばかだ, びっくりした, われわれの, 云った, 何という, 余の, 口の, 君で, 声を, 子供の, 学校の, 左の, 得意げに, 思いきって, 最後に, 来て, 気がついて, 熱心に, 生きて, 相手の, 知るまい, 答えた, 胸を, 自由に, 言う

6 [47件] いったいどこ, おれを, ここへ, この家, これが, しかたが, しばらく考え, じぶん, そこへ, その前, その男, それには, それらの, つかつかと, どこまでも, なんにも, まだ若い, わたしの, ゾーッと, ベッドの, ポケットから, 一度も, 二人の, 今どこに, 似てるね, 何でも, 何者だ, 勇気を, 右の, 君に, 大に, 学校へ, 家へ, 幸福だ, 感心し, 普通の, 気の, 気を, 永久に, 男の, 知るまいが, 誰です, 身を, 部屋に, 頭が, 頭の, 驚いて

5 [81件] あなたの, あの人, いそいで, いった, いつから, いづこ, うなずいた, うれしそう, おれの, お芝居, この人, この土地, この男, これまでに, こんどの, さっきの, さつきから, しばらくの, ずるそう, その頃, どうしたろう, どうしました, どう云う, どう思います, どんなこと, どんな風, なんだ, なんでも, ぼくの, またし, まだ何, わしが, わしを, 両手を, 中, 之を, 云って, 人が, 人に, 今でも, 今度は, 何かに, 何思った, 俺が, 嘘を, 変だ, 夢を, 大いそぎ, 始めて, 少年探偵団の, 彼が, 彼女の, 心を, 心臓が, 心配し, 思うの, 息を, 懐中電灯を, 手に, 日本に, 最初から, 此処に, 気でも, 泣いて, 泣きながら, 物を, 犯人の, 申しました, 直ぐに, 知つてゐる, 私より, 考えた, 考えて, 能く, 腰を, 自分を, 見て, 訊いた, 話が, 誰だい, 返事を

4 [145件] ああいう, あたりを, あなたに, あれから, いくつだ, いって, いつまでも, いつ頃, いままで, いやな, いろいろな, いろいろの, おとう, お父さんに, からだの, きょうは, ここの, このこと, この僕, この女, この辺, これまで, これも, これらの, しきりと, そういう, そうささやい, そうじゃ, そうは, そこまで, そのあと, その場, その夜, その時分, それは, それも, そんなもの, ちつとも, どうしていい, どうしてここ, どうしてそれ, どうして僕, どうだった, どうな, どう思ふ, どこかで, なか, なかなかの, なぜ僕, なるほど, なんという, ひそかに, へんな, ほっとした, ぼくを, まずその, また, みんなの, もうあの, もうその, もう帰っ, もっと早く, よくこの, りっぱな, ホッと, ポケット小僧の, ムクに, 一つの, 一言も, 不幸に, 不幸にも, 不思議な, 不思議に, 主人を, 今この, 今では, 今夜も, 今更の, 何処から, 僕たちの, 僕等の, 全くの, 切る, 前に, 勇気の, 君と, 善き人, 外に, 大きい涙, 大変な, 大学の, 女に, 娘の, 家の, 實に, 小田さんに, 小田さんの, 少くとも, 少女の, 庭に, 彼を, 彼等の, 忘れて, 或る, 手紙を, 既う, 昂然と, 時計を, 曾て, 本気で, 机の, 東京に, 次の, 歩きながら, 永遠に, 涙を, 照彦様の, 犬に, 犯人を, 現在の, 真面目な, 知らなかったの, 知らんの, 社の, 私には, 窓から, 笑った, 細君を, 耳を, 聞いて, 背中を, 胸が, 自分でも, 自動車の, 言うの, 言つた, 言出した, 詩を, 誰, 足音を, 途中で, 部屋の, 金を, 静かに, 非常な

3 [326件] あきれて, あっけに, あの, あの時僕, あの通り, あれが, いうの, いくつ, いくつです, いつかの, いつだって, いつに, いつの間にやら, いまから, いよいよ好奇心, うちの, えらい, おそろしい夢, おやしき, お冬, お殿様, お父さんを, お酒, かう云, かう云つて, かねて, きっとこの, きっとそれ, きのうの, ここを, こっちから, ことしの, この寒い, この少年, この手紙, この時, この時計, この部屋, こぶしを, こまって, これだけ, これで, これに, これは, こんどは, ご自分, さうし, さだ子の, さつき, した, すぐ私, そうし, そうと, そう云う, そう思っ, そこから, そこを, そのよう, その声, その手, その犯人, その者, その詩, その話, ただひとり, たまたま, だまったまま, だれだい, とう, とてもいい, どうしてその, どうしてる, どう思った, どう考える, どう解釈, どこか, どんな事, なかなかいい, なかなかうまい, なにも, なんだって, なんていう, なんと言う, にこにこし, にこりと, にやにや笑い, ひとけの, ひろ子が, ふたりの, ほかの, ほほゑみぬ, ほんとに, ぼくが, まじめな, またどうして, また君, まだお, まだこの, まだその, まだ生き, まっさおに, もうそれ, もうだめ, もう僕, もう眼, もつと, わきに, わたくしの, わたしと, わたしを, われを, キョロキョロと, ギョッと, ムクの, 一体誰だい, 一張羅の, 一日も, 一枚の, 一生懸命に, 一種の, 一緒に, 下関へ, 不意に, 不真面目, 世の中を, 世間を, 両手で, 両手に, 主人の, 之に, 予が, 予の, 予等を, 云つた, 云ふ, 五月雨, 今も, 今何処に, 今夜は, 今駒形あたり, 仕事が, 他の, 他人の, 仲, 何うし, 何かい, 何し, 何と云つて, 何人の, 何処までも, 何方の, 余が, 依然としてお, 信じて, 俺を, 傍に, 傍らに, 僅かに, 僕より, 僕よりも, 兎に, 其処に, 冗談を, 前の, 力を, 医者の, 博士の, 口ばた, 口笛を, 向こうの, 君が, 君自身で, 呆気に, 唇を, 団員の, 困って, 固より, 土地の, 堀口生の, 変な, 外套の, 夜の, 夢でも, 夢に, 夢中で, 太郎左衛門の, 好んで, 如何に, 妹の, 娘を, 嬉しそう, 学校で, 学校に, 学監室へ, 安らかに, 宗教を, 実に偉い, 小声で, 小学校の, 小田刑事に, 小説を, 小説家だ, 少年の, 山の, 山を, 川柳の, 己を, 帰期を, 帽子を, 幽霊を, 床の, 座に, 彼女を, 往来に, 後から, 忍んで, 念を, 思う, 思うかも, 思わず, 急いで, 怪老人の, 恋を, 意地悪く, 意地悪そうな, 慌てて, 我に, 扇を, 手の, 持って, 探偵小説を, 斯う, 斯の, 早々に, 早くから, 明智探偵の, 昔から, 昔の, 書いた, 最初の, 朝から, 本を, 本当の, 東京から, 東京へ, 椅子を, 横から, 正直だ, 正直に, 死ぬ気, 死んだの, 殺されて, 毎日の, 気の毒な, 池の, 満足し, 溜息を, 火星の, 無我夢中で, 無理に, 無邪気に, 煙草を, 熱心な, 父親を, 犬の, 狐に, 生れつきの, 用が, 留守だつた, 病気に, 病院に, 盃を, 目が, 相かわらず, 眉を, 真面目に, 知ってるか, 知らじな, 礑と, 私から, 私にも, 私に対して, 笑ひ, 素直に, 細君と, 細君の, 絵を, 緑ちゃんを, 肩を, 胸の, 腕を, 腰の, 自然主義の, 自身の, 苦笑し, 草の, 薫の, 裏の, 言うかも, 言ったが, 言葉を, 誤解し, 誰か, 誰が, 誰に, 誰の, 誰も, 誰よりも, 誰を, 赤い手, 途, 逞ましい, 逮捕された, 遊びに, 部屋へ, 金助の, 長願寺, 階段を, 青雲に, 面白そう, 顏を, 餘り, 馬鹿な, 駄目だ, 高等学校の, 鬼だ

2 [1140件 抜粋] あいつの, あかるい秋, あしたは, あたま, あとを, あの人たち, あの婦人, あの家, あの時自分, あの犯人, あの頃, あるきながら, あれは, いいから, いいさ, いい人, いい心境, いざと, いったいなん, いつか, いつだった, いつもに, いつ大阪, いへども, いやに, いろいろ心配, いわれるまま, うべな, おうち, おそらくそれ, おたか, おねえさま, おぼ, おもわず心, お気の毒, お辞儀を, かつての, からだを, がっかりした, きいて, きっぱり言いました, きょとんと, こう思っ, こちらに, こっちへ, このたび, この事, この会社, この原稿, この地位, この奇怪, この屍体, この流, この瞬間, この肖像, この言葉, これからすぐに, これからどうする, こわくなっ, こんな時, こんな話, さうい, さえぎるよう, さだ子と, さめざめと, しばらくためらっ, しばらく耳, すっかり体, すべてを, そうさけん, そうやっ, そう思いません, そこが, そのあいだ, そのころ, そのま, その写真, その姿, その年, その後の, その手紙, その点, その虫, その通り, その間に, その顔, それでもいい, それについて, それまでの, そんな女, そんな男, そんな風, ただの, ただ気の毒そう, たまりかねて, だれだ, ちらりと振り向いた, ついて, とても正直, どういふ, どうかした, どうしてあの, どうして自分, どう思つて, どこだ, どこまで, どんなに困つ, どんなもの, なかなか勇気, なぜか, なぜ動物, なにかい, のんきに, はね起きた, びっくりしました, ふしぎそうに, ふと右, ほんた, まさかと, ますます若返る, またそれ, また何, また訊いた, まだそこ, まだ人生, まだ僕, まだ帰っ, まだ来ない, まだ洋傘, まだ知らない, まだ若く, まっかに, まもなくこの, みんなから, もういい, もうがまん, もうとうに, もうゴム靴, もう出, もう声, もう少しで, もう死にものぐるい, もう笑い声, もてあました, もとより望む, やっとその, やはり巡査, ようやくその, よくその, よく記憶, わかつて, わしに, ウイスキイを, カラダを, キャーッと, シクシク泣きだした, チヤムバーレーンに, ナオミに, ニヤニヤ笑っ, バットを, ビーチャーの, ブラツシユを, ポケットの, ムク犬を, ヤヲラ立ち上つて盃を, ロマンティストじゃ, 一たいいままで, 一と, 一体いくつ, 一体これ, 一体何者, 一個の, 一家の, 一時間ほども, 一體に, 万年筆型の, 三十三君の, 三年前の, 三田君の, 上に, 下手だ, 不思議そうに, 中央委員の, 中村君と, 乃公の, 久しぶりに, 九州の, 予に, 事実を, 二階に, 云ふけれ, 亡くなって, 京都へ, 人間か, 人間として, 今か, 今どう, 今何を, 今後は, 今日頭痛が, 今朝の, 今私の, 仕事に対して, 令嬢に, 以前に, 伯父さんの, 体が, 何かを, 何だって, 何とも返辞, 何れを, 何事にも, 何故に, 何日でも, 何時に, 何時も, 余を, 來給は, 俄に, 偉い人, 健康を, 僕から, 僕などと, 儂の, 元来胃病でした, 元気の, 先日の, 光君の, 全く気, 兩手に, 兵馬を, 其室を, 其様な, 凝乎, 出席し, 初めて他人, 初めて答えた, 別にこれ, 力が, 勉強に, 勘定を, 勤め人の, 北海道の, 卑劣漢だ, 南大門まで, 危険な, 厭だ, 又暇さ, 反動だ, 叡山に, 叫びました, 台所の, 名古屋の, 君も, 吾家へ, 吾輩に, 哄笑した, 哲学を, 唾を, 問うであろう, 四年生で, 国民の, 地上の, 壁を, 夕方からの, 外国へ, 夜は, 大きい声, 大きな手, 大丈夫だ, 大切な, 大喜び, 大学に, 大尉が, 大杉ヤの, 大阪へ, 天才な, 失敬だ, 奈何思ひます, 女も, 女房を, 如何です, 妹に, 始めから, 嬉しがっ, 子供が, 学問も, 学校が, 学習室の, 安心する, 完全に, 宜しく市民, 実に怪しから, 実に羨ましい, 家で, 富三の, 寝床の, 小さい声, 小樽で, 小田刑事の, 小説の, 尚ほ, 山上の, 巧みに, 巴里の, 巻煙草を, 帰るの, 常の, 平安朝の, 幸あふれ, 幾歳だった, 廊下の, 廿六七その, 弱冠に, 彼と, 彼女と, 彼様いふ, 後ろから, 御心, 微笑し, 徹底的に, 忘れる事, 怒って, 思うん, 思わず声, 急歩, 怪談を, 恥ずかしくない, 悄然と, 悪いと, 想像した, 愛嬌の, 感心に, 懷中から, 我々を, 我知らず, 或は僕, 戯曲家として, 持つて, 支那の, 故里に, 散歩に, 文科です, 新たに, 新聞を, 日本で, 日本を, 日本人だろう, 早くも, 明らかに, 明日にも, 明日スペエドの, 易介が, 昨夜は, 暗い中, 曠原の, 最初に, 朝に, 朝鮮飴一切れを, 未だ作文, 本でも, 本来は, 机を, 来ると, 林檎園の, 柳の, 校長に, 棄てる神, 椅子から, 概して心理研究者, 機會ある, 正三君が, 正三君を, 歯を, 死んだ, 死体の, 殆ん, 段々遠く, 気に, 気の毒だ, 水に, 池邊君の, 決して星, 沢子さんを, 泣き出しそう, 海に, 淋しき人, 満足した, 無学で, 無論知っ, 無邪氣, 熱が, 特に翰, 犯人でも, 狸の, 珍らしく, 生れつき科学に, 生命の, 生憎どこ, 生面である, 田舎の, 留守だ, 疑わしそう, 病人の, 病気の, 白い綺麗, 皆に, 目に, 目前の, 真剣な, 眠って, 眼に, 眼鏡の, 知ってや, 知ってるん, 知らない, 知らないかも, 知らない存じませんの, 知らんか, 知りたもう, 石に, 磚を, 神の, 私とは, 稀に, 突然に, 窓の, 竹さんを, 笑つてゐる, 第二, 答えました, 純な, 素人の, 紳士と, 縁側に, 美しい子, 翁の, 聞きつや, 能登守の, 膝を, 自信あり, 自分では, 自分等の, 自動車に, 自己の, 興奮し, 船の, 良い娘, 色の, 芸妓の, 若いけれど, 若くて, 苦笑いを, 英語を, 落ちついて, 蘭学を, 袂を, 製作の, 西洋の, 見たこと, 見む, 言うが, 言ったね, 詩人である, 話を, 説明し, 読んで, 警官に, 警部の, 豪傑だ, 貴族の, 起きて, 起って, 蹌踉として, 農民組合だ, 透明怪人の, 這, 遊ぶの, 遍路に, 道江を, 遠慮しなけれ, 酒に, 金に, 釣竿を, 随分ひで, 障子を, 青い顔, 静に, 音楽家だ, 顔が, 顕微鏡を, 飛び出して, 食事を, 飯を, 首から, 馬車に, 骸骨の, 魔法博士の, 鶏が, 黙っては

1 [11632件 抜粋] あ, あすこへ, あなたとの, あの何とも, あの室, あの有名, あの菩提樹, あの麻袋, あまり詰込み過ぎた, ありのままに, あれの, あんまりねんね, いい父, いかに夜, いきなり飛, いけません, いたね, いったいどうして二十面相, いっぺん京家を, いつのまにか透明人間, いつもその, いつも手紙, いつスパイク, いまこういう, いま何と, いやも, いるか, うつむいたま, えらいって, おそらく一年, おなかが, おもわせぶり, お前を, お杉, お豊さん, かぜを, かねがねフランス俳優ルイ・ジューヴェ, がばと起き, きっと残酷, きみょう, くわしい, こいつが, こう云った, こたえて, このあ, このとおり僕, この不意うち, この冬, この奥さん, この抜萃, この棺, この画, この規則, この頃河岸, これからストライキ食い, これを以て, こんなに言つて, ごはんを, さだめし不審, さっき袁術袁紹の, さも苦し, しおれて, しきりに聴衆諸君, しばし妻, しばらく見, じっとその, すかさず答える, すぐ屏, すこし知恵, すでにあの, すばらしい秀才, ずいぶん竹さん, せんちめん, そういう恐怖心, そうしてちょこちょこ, そう考えます, そそりたつ, そのくらいの, そのまま昇天, その一枚, その切り口, その夜一晩中, その弱い, その忠告, その日欠勤, その机, その発見者, その縄, その覚悟, その鏡, それからのち, それでも為方, それ以上を, そんなに學問, そんな弁解, たいして面白く, たかを, たしか下宿, ただ一つ, ただ黙然と, たまさかにしか, だらしが, ちかごろ美枝子さん, ちょっとこれ, ついに堪えられず, つまらなさうに, とうとう一人ぼっち, ときどき私, ともかくも, どういった, どうしてそんなに氣, どうしても虹, どうして王君, どうもしなかった, どう云もの, どちら, どんなつもり, どんな破っ, なかなか偉い, なかなか詳しい, なぜ泣くん, なにか変った, なわば, なんで又, にやにや笑, ねんど, はじめ空気銃で, ばか野郎, ひとり熱狂し, ひどく謙遜, ふしぎな, ふとヨシ子ちゃん, べたべたと, ほほえみながら, まあ別, まさか默, まずこう言っ, またしみじみ, また前, また昔, また語學, まだきわめて幼少, まだドイツ, まだ出勤, まだ弁明, まだ生, まだ解らんの, まったくひどい, まるっきり赤ん坊, まア早く, むしろその, めいめいの, もうそば, もうヘンリー・ジーキル, もう動けなくなっ, もう小, もう死んだ, もう赤ん坊, もちたくないか, もっと詳しく, もはやこの世, やす子と, やっぱりまけ, やにわに緑ちゃん, やはり笑い, やれるの, よかれあしかれごく, よく大, よく飲ませ, りゅうの, わざ, わびしいこと, アメリカの, ウズウズする, オレの, キット吾輩が, グルグルうずまき, ゴンチヤロフの, シルク, スチブンソンの, ソーボリはじめ君の, チラと, トミーを, ドリュック夫人, ハイネの, バスの, ビロードの, フリート街や, ベツレヘムで, マア坊に, メリヤス工場を, リスの, ヴィーンの, 一人の, 一体何だ, 一刻も, 一年余の, 一昔前と, 一生わすれる, 一脚の, 一高の, 丈の, 三味の, 三町四方に, 下に, 不安らしい, 不正直です, 世界の, 中井北見の, 中甲板, 久助君と, 予期に, 二人前働かなけれ, 二年間の, 云つてた, 交っ返すから, 人形を, 仆され, 今にも泣きだし, 今夜カッフェから, 今度来た, 今日も, 今朝から, 今越智野, 仕合わせにも, 以前は, 会ったの, 佐藤春夫ほどの, 何となくきまり, 何んで, 何年何月生れだ, 何故結婚, 何者な, 余程野蛮, 依然として長閑, 信勝を, 倉皇として, 傲然として, 僕をも, 元気いつ, 先ず私, 先月の, 入婿同様大手を, 全く驚いた, 八月中旬の, 兵馬に, 其眼に, 再びカンヴアス, 冷か, 出なかったよう, 切る君, 初め筆を, 利口な, 割り切れない男, 励ましました, 勝ちに, 北海道に, 十分の力を, 午後三時頃あの, 南向に, 即ち無電小僧, 厳父が, 又エジトル, 又軽業みたい, 受けとって, 古賀君から, 叱られたぜ, 合理主義者すぎる, 名著, 君僕は, 告訴される, 咽喉仏を, 問題に, 嘘ばかり, 四本の, 国師より, 地中海の, 城の, 塩子で, 夕方まで, 多分自動車, 夢中の, 大きな怪我, 大人の, 大変疲れ, 大抵だまつ, 大胆にも, 天井から, 太郎左衛門について, 奉天に, 女中と, 好い絵, 如何にも的中, 始終同じ, 婦人客にたいして, 字は, 学生服で, 安楽な, 実に他人, 実君と, 宣ぶべき, 容貌も, 寝が, 寺男に, 尊敬すべき, 小学上級生や, 小説家志願で, 少しお, 少し腹, 少年探偵団員の, 屋敷より, 山男が, 峻厳で, 左様し, 帝が, 帰宅が, 平岡君と, 年齢も, 幽霊という, 床を, 延岡で, 弱いな, 当分東京へ, 役不足という, 往来を, 御亭主, 復讐した, 心理学上の, 必ず質問, 応じなかった, 怒りながら, 思い自身, 思わずすすり泣き, 思わず顔色, 怪獣が, 恐らく物心, 恥ずかしく思っ, 悪がしこい犯人, 惜しいよ, 愛情の, 慣れない身, 懐かしそう, 我がそこ, 或アイノ, 戻るや, 手帳の, 扱帯の, 拘はり, 振りか, 掻く, 支那語の, 救を, 散歩でも, 文字通りに, 断念し, 新聞社から, 既に槍ヶ岳登り, 日本橋新, 早く大, 昆虫の, 明治何年生まれかな, 昨夕妙な, 昨日の, 昼の, 時局柄君自身が, 暗いなか, 暫時見えない, 書生時代の, 月へ, 望遠鏡で, 未だこの, 本官を, 本所茅場町の, 村民が, 来訪した, 枕頭に, 栄華の, 桜痴居士の, 極力自由劇場, 機嫌が, 歌ふ, 正午に, 此堂に, 武士道の, 死にに, 殆毎日の, 殺人犯人から, 毎日どこからか, 毒蜘蛛と, 気がつかなかったが, 気絶した, 江戸の, 沁沁感じ, 波に, 泰然と, 浅草を, 消しを, 清之介君が, 溜め息を, 漸く本題, 烟の, 無理義理やり, 無論須山春一, 熊楠が, 父親さんと, 特に僕, 狐つきの, 猫だ, 現れるには, 瓦斯中毒説を, 生涯髭を, 申されました, 畑が, 疑い深いなあ, 痛痒を, 白葡萄酒を, 盛んに, 直に詩眼, 真の, 眩きまで, 知ってるかね, 知らない筈, 知れりや, 磁力砲の, 神経衰弱も, 私たち二人を, 秦に, 窓わくに, 競走は, 笑ひ出し, 答へ, 粥を, 紙片に, 紳士かと, 結局双方の, 絶対に, 縛られるなら這入る時, 美しい盛り, 老いも, 考え違いを, 聴衆を, 肺病に, 脳みそを, 臆病者と, 自分勝手に, 自腹を, 航空事故で, 芥川に, 芸術座の, 若者らしく笑っ, 英国から, 莫大な, 葡萄一株拾った, 薬鍋を, 蝋燭の, 行く私, 裁縫の, 要塞の, 見分ける, 親がって, 触角を, 言ふ, 診察の, 話に, 誤解される, 課長に, 議論は, 貢いでるか, 買わないつもり, 赤くなっ, 越年の, 身の毛が, 転々と, 農家を, 近頃すこし痩せた, 追求する, 連続的成長を, 運動場の, 遠からず, 遺骸を, 酒場に, 重い責任, 針箱から, 銃に, 長い間満州地方, 間抜けた, 陰では, 雀に, 電話帳を, 青空を, 革命歌を, 頭巾を, 顔立もみなりも, 食い欠いた焼, 飴が, 馳け, 驚くだろう, 高橋君の, 鯨蝋を, 黒い眼鏡

▼ 君~ (15938, 20.9%)

189 ような 153 ために 125 ことを 113 顔を 110 ように 76 ところへ 75 方が 73 家の 60 方は 59 手を 56 家へ 55 やうな, 家は 54 方で 51 やうに, 手に 47 前に, 心は 46 おうち 44 事を 43 心の, 心を, 所へ 41 家に 38 姿が 37 話に, 話を 35 方へ 34 ことは, 言葉を 33 為に, 顔は 32 方を 31 姿を, 言うこと 30 方の 29 名を 28 ことだ, 口から 27 ところに, 頭の 26 好きな, 手紙を, 方から 25 耳に, 説に 24 名は, 声が, 言ふ 23 死を, 眼は 22 お父さんは, 姿は, 話は, 顔が 21 意見を 20 方に, 頭を 19 いうこと, 云ふ, 場合は, 案内で, 様に, 眼に 18 おとうさんは, 上に, 報告に, 家を, 紹介で, 考えは, 言葉は, 話では 17 ほうが, 云うこと, 云う通り, 傍に, 家で, 話の, 説は 16 おかげで, ことが, 手で, 目の, 部屋へ, 頭に 15 うちに, ところで, 知って

14 [11件] お父さんの, ことも, 事は, 名が, 家では, 手から, 様な, 様子を, 眼を, 肩を, 胸の

13 [17件] いう通り, うちの, お父さんに, 今の, 仕事は, 処へ, 名前は, 声は, 妹の, 小説は, 心に, 手紙は, 持って, 気持は, 身の, 部屋に, 顔に

12 [17件] おとうさんの, ことです, ためには, ところの, 作品を, 前で, 名前を, 如きは, 意見は, 手は, 手紙に, 手紙の, 注意を, 父は, 祖先です, 肩に, 詩は

11 [16件] おとう, お母さんは, お蔭で, そばに, 中に, 住んで, 作品に, 作品の, 作品は, 力で, 胸に, 言う通り, 説を, 部屋の, 顏を, 魂は

10 [15件] いうとおり, いるところ, ことに, ためにも, 写真を, 国の, 外に, 宅に, 為めに, 生活を, 眼が, 腕を, 言うよう, 言ふこ, 面を

9 [28件] いうよう, お父さんが, そばへ, ところから, ほうで, ほうは, ほうへ, 兄さんの, 好意で, 家が, 将来の, 心が, 意見に, 方も, 書いたもの, 来るの, 番だ, 病気は, 目に, 目には, 眼の, 細君に, 細君は, 背中を, 自由だ, 説明に, 部屋は, 阿母さん

8 [37件] あとを, うしろに, ことで, ところは, 事だ, 云うよう, 仕事の, 前へ, 力を, 好意を, 家から, 御両親, 御説, 心も, 態度は, 所へは, 所謂, 机の, 死は, 気持を, 現在の, 生命は, 留守に, 目は, 眼には, 絵は, 耳には, 自由に, 言うとおり, 言に, 話が, 話で, 話である, 説明を, 身の上を, 頭は, 顔の

7 [41件] うちは, うちへ, お手紙, お母さんに, お父さんと, すがた, ところへは, 世話を, 事が, 云う事, 今度の, 命を, 宅へ, 心持は, 手紙には, 文章の, 最近の, 様子は, 気が, 爲めに, 画と, 目を, 細君の, 考えて, 考えに, 考へ, 耳を, 胸には, 見て, 言葉が, 許へ, 詩の, 話だ, 説が, 責任だ, 足を, 身を, 身体は, 部屋で, 部屋を, 頭が

6 [45件] いう事, うちで, お宅, お母さんと, お父さんだ, お父さんを, からだを, ほかに, もとへ, ものに, 一行が, 云うの, 健康を, 前を, 勝手だ, 友達は, 唇に, 声に, 奥さんは, 姿と, 姿に, 姿も, 小説の, 弟の, 後に, 恋人の, 感情は, 所で, 所に, 手紙が, 批評に, 文を, 樣な, 死の, 知ったこと, 細君も, 考へて, 胸を, 行方を, 親友の, 言う, 過去の, 過去を, 阿父さん, 顔には

5 [77件] うちには, おとうさんが, おとうさんと, おとうさんに, からだに, こと, さけび声, ためなら, ところには, ほうから, ほうに, ほうを, ものだ, 一生の, 世話に, 主張する, 事に, 亭主は, 作品が, 兄貴の, 出て, 分も, 厄介に, 厚意で, 周囲に, 場合に, 外は, 夢を, 如きも, 妻君の, 姉さんの, 宅で, 家には, 幸福を, 弟を, 後を, 御心, 心臓は, 心臓を, 態度が, 態度を, 戯曲, 所の, 手が, 手紙で, 持つて, 指紋が, 方へも, 最後の, 服を, 歌は, 気持が, 消息を, 爲に, 父が, 生涯の, 画は, 画を, 細君が, 細君と, 考えが, 考えを, 耳の, 腕は, 芸術は, 言うと, 言葉の, 計画を, 許に, 話, 話も, 説明で, 議論は, 部下の, 顔と, 首に, 魂の

4 [149件] い, いうところ, いまの, いわゆる, おかげだ, お友だち, お名前, お姉さん, お母さんが, お母さんの, お父さんも, お父さんや, お父様, お顔, からだは, ことだの, ことばかり, ことばに, これまでの, ごときは, その時, そばを, ため, ところへも, ところまで, ところを, まわりに, もとに, ものな, やったこと, 一生に, 下宿の, 世界見る, 世話で, 両親が, 中で, 事務所へ, 云うところ, 人物を, 仕事が, 仕事に, 他の, 住む所, 作は, 作を, 例の, 傍へ, 傘の, 兄さんは, 内に, 初舞台, 勉強に, 厚意を, 友情を, 双手を, 名も, 唇の, 噂が, 国は, 報告, 外には, 夫人は, 奥さんに, 女は, 妹さんが, 妹は, 妻君に, 妻君は, 姉さんは, 存在が, 宅を, 家でも, 家庭の, 小説も, 屍骸の, 帰るの, 店で, 店に, 店の, 弟が, 御手, 御母さん, 忰は, 思想の, 性格は, 性質は, 想像に, 懐中電灯を, 手によって, 手許に, 故郷は, 文章を, 方じゃ, 方だ, 書くもの, 最初の, 望みを, 村は, 様子が, 死際の, 気に, 気の, 氣に, 注意が, 父上は, 生活の, 甦りは, 病気が, 発明した, 目からは, 眼から, 研究の, 立場から, 筆に, 精神の, 絵に, 耳もとで, 胸は, 胸中に, 自殺を, 虎に, 裡に, 視線の, 親切な, 親切は, 言うその, 言うの, 言って, 言は, 言葉に, 言葉には, 訃を, 訪問を, 評が, 質問は, 身の上に, 身は, 返事は, 運命は, 郷里の, 間に, 隣に, 面影を, 顏が, 顔色が, 首の, 首を, 馬前に, 鼻を

3 [311件] あとから, あとに, いたところ, いったこと, いって, うしろの, うちから, おかあさんも, おかげです, おじいさんは, おじさんの, おとうさんも, おとうさんを, おもちゃに, お友達, お母さんとの, お母さんを, お父さんから, お芝居, お話も, からだの, ことかね, ことである, ことなど, ことなら, ことなんか, このたび, この頃, こんどの, ご遺言, すぐ隣, すること, その話, ための, ためを, とこの, ところが, は, ほかには, ものは, ものを, よさ, わきに, ウチの, シスタアに, パパは, 一家は, 一座に, 一生を, 一生涯の, 下宿に, 下宿を, 両手を, 両眼, 両親の, 中には, 事じゃ, 事も, 事件が, 事業を, 二つの, 二人の, 今日の, 仕事を, 代りに, 位置は, 体を, 作品も, 像を, 兄さんだ, 兄さんも, 先祖の, 写真が, 冷たさ, 処に, 出世を, 初めの, 判断力と, 前です, 前では, 力では, 力に, 功労である, 功労は, 勝だ, 勝手に, 原稿を, 友情に, 友達に, 口の, 口を, 右の, 同情を, 名前が, 名前で, 周囲には, 周囲を, 命は, 問題は, 噂を, 場合と, 場合の, 声であった, 夢にも, 奥さんから, 奥さんを, 女御は, 女御も, 好な, 好意は, 妹が, 妹で, 妻に, 子供が, 学校の, 室に, 家, 家だ, 家にも, 家へも, 家も, 家庭は, 家庭を, 家族の, 容貌は, 寝室へ, 寿命は, 将来を, 小説が, 小説に, 小説を, 尽力で, 左の, 希望を, 帰って, 店を, 弟である, 後から, 後で, 後へ, 後姿を, 得意な, 御世話, 御息所が, 御為, 御質問, 御身の, 御運, 徳を, 心持ちを, 心持も, 忠告に, 忠告に従って, 思って, 性格を, 性質を, 息は, 悪口を, 想像の, 想像は, 意向を, 意志を, 意気に, 感情の, 態度に, 成功を, 戯曲は, 所へも, 所を, 所有だ, 手には, 手の, 手中に, 手腕に, 批評は, 批評を, 拍手に, 文は, 新らしい, 新秋, 新聞が, 方でも, 方には, 方へは, 書き方は, 期待する, 未来の, 本当の, 来て, 来る前, 横に, 機嫌を, 此の, 歩いて, 歩みを, 死が, 母上の, 決心を, 注意は, 涙を, 温情を, 父の, 父上の, 父親が, 犬が, 状態は, 生きて, 生活と, 生活に, 生活は, 生涯は, 申し出に, 画の, 留守を, 留守中に, 番に, 目から, 相手に, 着物は, 着眼は, 瞳は, 知つてゐる, 知力と, 知恵に, 研究は, 立場に, 立場を, 筆で, 答は, 籍は, 素性を, 結婚の, 結論は, 絵について, 絵の, 美しさ, 美貌が, 耳にも, 耳へ, 聲は, 肉体を, 肩は, 肺腑から, 背中に, 背後に, 脚本を, 腹の, 自慢の, 芸術を, 荷物は, 葉書を, 著, 血を, 行くところ, 衣を, 衣服を, 袖を, 製作を, 見たの, 視線を, 親戚の, 親父は, 観察は, 言うまま, 言う事, 言う所, 言ったこと, 言を, 言葉も, 記憶を, 許しを, 評判は, 詩に, 詩を, 話しを, 話です, 話には, 説の, 説明は, 読んで, 談に, 論旨は, 財産は, 足は, 身に, 身には, 身体が, 身体を, 身辺に, 送別会を, 通って, 遺族は, 部下に, 部下を, 都合で, 酒は, 金を, 面影が, 音楽に, 頭には, 頸筋を, 頼みを, 顔も, 顔色の, 顔色は, 顔色を, 首は, 馬は, 髪を, 鼻と, 鼻の

2 [943件 抜粋] あとについて, あの手紙, いいよう, いうと, いったとおり, いったよう, いつもの, いるの, うしろを, うちへも, おそば, おとうさんや, おもかげ, おッ母さん, お仲間, お名, お姿, お母さんも, お父さんです, お目, お話では, お説, かおは, かくれて, からだが, くるの, こころの, ことさ, ことについて, このさま, この言葉, この話, これからの, ごとくに, ご恩, さっきからの, すすめに従って, そういう性質, その, そのパイプ, その女々しい, その手, その言葉, ためだ, たよりの, ところにも, なきがら, はいって, は内, は愛, ふしぎな, ほうだ, ほうの, ほかの, まへに, もって, もの, もので, ものと, やうなる, やり口を, ゆきに, よく知り, アトリエを, バスは, ベートーヴェンは, ポケットから, リズムは, ロールヒェンとを, 一代の, 一存で, 一言が, 一身上の, 三人で, 上を, 上役の, 下宿へ, 不利益じゃ, 不利益ぢや, 世に, 両親は, 主人公は, 主張に, 主義の, 之等の, 予想は, 事である, 事と, 事ばかり, 事件を, 事情を, 云い方, 云うとおり, 云う機構, 云つたように, 交友の, 人格を, 人相は, 人間の, 今夜の, 仕事と, 仕事場に, 令弟が, 仲間と, 会社は, 伯父さんが, 住所を, 作に, 作品では, 価値を, 便りを, 個人の, 偉大な, 傍を, 僕を, 元首蒋将軍に, 兄さんに, 兄さんを, 兄上の, 兄上は, 先刻の, 先生の, 全作品, 全集は, 内なる, 内部に, 写真から, 処分の, 処女作, 出発を, 判断を, 前だ, 前途を, 力は, 努力に, 努力を, 努力をも, 勇気に, 動議で, 勝手な, 勧めで, 半生の, 協力を, 厳父の, 参考にも, 友が, 友に, 友人, 友人な, 友情は, 叔父さんが, 右手の, 名で, 名の, 名前も, 名誉で, 向うを, 味方に, 呼吸は, 哀れな, 唇は, 善も, 噂なぞを, 噂に, 噺は, 国じゃ, 国へ, 報告を, 場合には, 境遇から, 墓を, 声でした, 変心を, 外の, 夜中に, 大事に, 大食は, 天祐は, 天稟を, 夫人で, 夫人と, 奉公が, 奥さんには, 奥さんも, 女御が, 好意に, 如き人, 妹さんです, 妹さんの, 妹を, 妻と, 妻君が, 姉さんが, 姉さんを, 姓名は, 威力の, 娘も, 子である, 子供の, 存在は, 学校は, 実家は, 実験は, 室へ, 家とは, 家へでも, 容体が, 宿は, 寝て, 寝室に, 察して, 将来は, 小さいいとこ, 就職の, 屍を, 屍骸に, 崇拝者より, 希望も, 席が, 帰る頃, 年, 幸福の, 幽霊に関する, 座敷へ, 弁護を, 弟に, 弟は, 弟丈を, 強さ, 後方に, 御不徳, 御出座, 御寵愛, 御尽力, 御息所の, 御意見, 御書, 御機嫌, 御跡, 心では, 心臓の, 心霊と, 心霊の, 志は, 怒りを, 思想は, 性格が, 恋人が, 恋愛には, 恐らくは誰, 恩, 悲しみは, 悲鳴に, 想像を, 意味は, 意図は, 意志の, 意見をも, 愛で, 愛に, 愛人の, 愛情が, 感化も, 感覚も, 態度から, 態度も, 所へでも, 所在を, 所持品に, 所蔵に, 所謂有の, 手によ, 手へ, 手伝いを, 手紙と, 手腕には, 手際で, 才能と, 抑えた手, 持前の, 指を, 指摘した, 捕虜に, 探偵ぶりを, 推理に, 推理を, 損害は, 政治論は, 敵と, 斡旋で, 新聞に, 方こそ, 方ばかり, 旅は, 日記には, 昔からの, 時計を, 智慧を, 書に, 最も本質, 服たる, 望むところ, 本体なる, 本名は, 本心を, 村で, 来庵, 来訪を, 枕頭を, 案内により, 業を, 楽しみを, 様子に, 横から, 歌の, 此詩集は, 死に, 死に対する, 母こそ, 母の, 母親が, 母親の, 母親も, 気持ちは, 気象を, 氣持は, 永い間, 永年の, 汽車は, 注意に, 洋服を, 消極な, 深い愛, 温情に, 為にばかり, 為ること, 熱心な, 父と, 父も, 父上と, 率直な, 理想, 瑠璃子夫人崇拝は, 生活が, 生活状態または, 用事と, 田舎の, 画に, 留守の, 番です, 病気の, 発案で, 発起で, 監督で, 目的は, 真似を, 真実なら, 眼と, 瞳の, 知つ, 知らぬ間, 知恵を, 研究が, 碁は, 示教を, 社の, 神経の, 神経を, 私を, 突然の, 立合の, 立場には, 立場は, 笠を, 第一集, 筆, 節操を, 素直な, 細君にも, 紹介の, 結婚は, 給料を, 絵が, 絵を, 罪は, 美しい胸, 考えでは, 考が, 考へ方, 考案に, 聲が, 肉体と, 肢態に, 胸より, 腕で, 腕には, 腕前には, 腹に, 膝の, 自信の, 自分の, 自殺した, 興味が, 船は, 良心が, 花輪を, 芸術と, 苦しみな, 苦しみを, 苦衷も, 英雄でも, 著書たる, 蔵書を, 處へ, 行為を, 衣の, 袋には, 袖に, 要求を, 親兄弟, 親友から, 親方が, 觀察は, 言の, 言伝が, 言葉で, 言葉と, 計画は, 記憶が, 記憶の, 設計し, 許で, 訳を, 診察を, 詩が, 詩こそは, 詩について, 詩人としての, 詩集に, 話した話, 話であった, 語が, 説も, 調べた地図, 調子が, 論旨中含蓄する, 講演の, 議論も, 護衛を, 貸した盃, 質問に, 趣味に, 足が, 足下に, 身が, 身の上の, 身体から, 身体に, 身装は, 身辺を, 車が, 軍服は, 近作を, 返事に, 迷惑は, 運命を, 道を, 道江に対する, 遣方, 遺言を, 遺言丈を, 邸に, 部屋が, 部落の, 部隊の, 郷里は, 都合の, 酒を, 鋳物を, 門から, 関心が, 隣りに, 霊に, 霊魂は, 青春を, 面には, 靴が, 靴の, 頬が, 頬は, 頭と, 頭脳は, 顔から, 顔色には, 風, 馬車が, 駁した文, 魂だ, 黒い姿, 鼻に

1 [6962件 抜粋] あした打ち出よう, あのお便り, あの樽, あまりに高貴, いいたいこと, いうワッフル, いう魔法使い, いつかの, いなかったの, いふ魔法使, いる舷, いわゆる純潔, うたったもの, おあと, おくめん, おっしゃるとおり, おはなし, おん前へ, お佩き, お国, お察, お手の物さ, お為, お玉と, お肌, お話は, お顧客, かけひき, かよふところが, がんじ, くるしみに, こつたもの, ことなり, ことや, このよう, この後, こみいった事件, ごとき境遇, ご家臣たる者, さしずで, した仕事, すぐ上, する事すべて, そういう気持, そのウン, その地, その懸命, その眼鏡, その青春, それを, ためぢや, ため君は, だよ, といつしよに, ところにもな, どういふ, なさるよう, にせ者, はただ, は一生, は愛読, ばあいと, ふっくりした, ほそさ, まねに, めでい, ものだった, も苦しい, やり口が, ゆるせなかったもの, れいの, ゐ玉, アイノコみたいな, アメリカ劇紹介佐藤朔鈴木力衛両君編輯の, エノクアーデンを, キャビネ版の, ゴーマンさだ, スケッチ帳と, チェエホフ論には, ネエムだ, ビュビュに, プランは, ホームは, ムキさに対して, ラエーフスキイ氏を, ロマンは, 一ばんの, 一家にも, 一点の, 一言一動は, 三人が, 上が, 下僕として, 不平な, 不用心な, 世界国尽しを, 両親とは, 中毒を, 主宰し, 久しく留守, 乱暴は, 事で, 事件は, 二三日來の, 二通の, 云う侏儒, 云った正方形, 云ふそ, 亡き骸の, 人となりという, 人気に, 人間的成長という, 今夕の, 仏蘭西語は, 仕返しを, 令兄である, 任務が, 会社向きでない, 伯父も, 住宅とを, 体臭を, 余裕に, 作品だ, 作物の, 來てを, 依頼通りに, 信じる神, 信義も, 借間は, 側に, 傷の, 優しき顏, 兄さんだった, 兄貴か, 先祖であろう, 入営を, 全集でも, 内侍を, 写生である, 処で, 出して, 出征は, 分だ, 初めて宅, 利己主義に対して, 前年知らせ, 創始された, 力作, 助言と, 勅勘を, 勉強部屋の, 勝利だって, 勧めだけは, 区別した, 卓越した, 印象批評論は, 厚恩を, 去った後, 友人じゃ, 友人達が, 友誼の, 叔父さんからも, 受売な, 口は, 古い兵隊長靴, 召す御酒, 吃りは, 同胞な, 名前だけ, 吐く息, 周囲の, 命乞いを, 哲学は, 商賣, 善いお母さん, 喪中だけは, 器が, 固い辞退, 土地に, 地面との, 場合ずっこけた, 境遇を, 壮行を, 変つた如く, 多くの, 大きい眼, 大切な, 大当りなんか, 大菩薩峠を, 太い右腕, 失敗が, 契りは, 奥方様より, 女房の, 好き敵である, 如きそれ, 如き藝苑, 如く葬式, 妹と, 妻君も, 姉も, 姻戚で, 娘は, 嫁は, 子の, 存分に, 学校には, 學問は, 宗教的な, 実頼, 室と, 家これは, 家主の, 家庭生活は, 容態や, 宿屋に, 寝に, 審問に, 専業では, 小さい手さき, 小手も, 小説描寫論は, 居どころを, 居村です, 屑し, 嵌り場, 差図によつた, 帰ったあと, 常に計, 平生を, 年齡に, 幼弱を, 座を, 弁明も, 弟さんです, 張り通した, 形式で, 役目を, 後ろを, 従妹な, 御一途, 御作も, 御召し, 御子の, 御情況, 御母堂, 御稜威とぞ, 御託宣に, 御馳走で, 心がけ次第さ, 心にも, 心尽しで, 心理を, 必ずふるって立つ, 忠告なんか, 怒ったの, 思つてゐる, 思想と, 性行の, 恋する女, 恢復を, 息を, 悪影響を, 情ある, 想ひ, 意味に, 意見かと, 愚かな, 愛友殺したる, 感じは, 感違いだ, 慰安かたがた君を, 懐姙の, 戦死を, 所へという, 所謂唯心的とは, 所謂落着きの, 手によつ, 手帳には, 手紙にも, 手袋の, 才気を, 批難は, 披露が, 拳は, 指さすところ, 指導に, 捕虜にな, 推奨によって, 描いたよう, 提案で, 攻撃も, 敏腕を, 散文の, 敵討ちを, 文学生活は, 文芸的素養を, 斯んな, 新家庭, 方からも, 方にとっては, 旗下に, 日記にも, 旨其旨われは, 時は, 晴れた瞳, 暮しが, 書いた肖像画, 書生気質南翠君の, 最も書きたい, 有様では, 望みと, 未来記も, 本心に従って, 札幌農科大, 来まさじ, 枕に, 根本思想から, 業蹟は, 樣子が, 機械の, 歌った晩春, 歓びを, 正面に, 歩んで, 死によって, 死後一手に, 母あ, 母親に, 気に入るまいけれども, 気持だ, 氣持にも, 汚れた外套, 油断を, 泣き声が, 洋室の, 海の, 淺慮の, 温情は, 演出振り, 潜在意識は, 為めだ, 無感動, 煩悶も, 燃犀なる, 父ひとりを, 父親は, 物語を, 犬好きも, 独舞台で, 現在では, 理論の, 生命が, 生活内容其物を, 用向きは, 男っ振りの, 画面で, 番である, 疑問を, 病室に, 病状を, 癇癪は, 発案ではじめた, 登子が, 皇太后は, 目ざまし時計に, 直きが, 相手は, 眞言を, 真意は, 眼わすれず, 着くの, 知しめす, 知らない少年, 知性は, 石彫, 礼儀を, 祖で, 神經衰弱は, 私生活については, 空中征服には, 立って, 競争を, 笞の, 答えが, 箸が, 精神状態が, 純眞, 細君よりも, 経験も, 結婚式の, 絵求む, 緻密な, 纎手に, 美学では, 義勇と, 考えたこと, 考え方に従って, 考定された, 聞きたいこと, 職業が, 肖像かならず, 肩の, 背中と, 胸ばかりかは, 脚並みは, 腕全く, 腹立まぎれ, 自己反省力の, 自殺状況について, 自重を, 船を, 色香は, 芳志万謝, 若いを, 苦心し, 英語演説に, 葉書の, 葬式に, 薬鑵頭と, 螢雪の, 行くえ, 行動は, 衣が, 裁量に, 褒めやう, 見たいろんな, 見るとおり, 見違い, 親たちの, 親孝行に, 親爺は, 解剖学は, 言うこと信仰, 言った, 言われた如く多く, 言葉そのものは, 計ひなら異存, 記憶する, 訪うた某, 訳で, 証書が, 詞するどく, 詩作を, 話した山本, 話法も, 認識が, 語風に, 誤解だ, 説とは, 読物は, 諏訪から, 論鋒は, 講義は, 譽れの, 財政状態を, 貴い処, 質問には, 赤子と, 足には, 踊るの, 身ぺんに, 身勝手には, 車車簾の, 輔佐役たちの, 辞表は, 近著の, 追跡は, 這入って, 連中は, 運命に, 道徳的感情の, 遺族へ, 還るの, 部所に, 鄭重なる, 酔ひが, 金力に, 銭形を, 長い首, 長男は, 間にも, 陣中蓄ふる, 隠れ家を, 雜誌を, 霊魂が, 静養という, 面に, 靴だけ, 領分が, 頭よりは, 頼みでも, 顔だって, 顔容が, 風流線に, 食欲が, 首長, 骨を, 髮毛が, 黄疸の

▼ 君~ (8299, 10.9%)

63 来て 45 僕の 33 私の 32 それを 27 出て 24 自分で 22 僕に 21 僕を 20 帰って, 自分の 18 持って 17 私に 15 そんなこと 14 いった, 君の, 知って 13 何を, 口を, 私を 12 きいた, 云う, 云った, 入って, 祖なり 11 ここに, やつて, 何か, 先に, 声を, 連れて 10 言って, 訪ねて 9 いて, 來て, 家に, 手に, 目を, 言つた

8 [15件] こ, これまで, これを, びっくりし, やって来て, 云つた, 例の, 名を, 好きな, 心の, 心を, 手を, 持つて, 来た, 行って

7 [17件] あの女, ありと, いう, きて, ために, やって来た, 一番よく, 今の, 名は, 家の, 寝て, 情の, 東京へ, 生きて, 言いますと, 言った, 非常に

6 [16件] いいますと, いるん, たずねました, やって, 住んで, 前に, 叫びました, 心配し, 悪いん, 来たので, 此の, 胸を, 自殺を, 見たの, 見て, 言うと

5 [24件] いいました, ここへ, この家, して, そこへ, その男, たずねますと, ひとりで, ぼくの, ぼくを, 他の, 代って, 何と, 急に, 日本の, 最後に, 死んで, 気を, 発見した, 立って, 聞いて, 肩を, 袖振る, 言う

4 [62件] ある, いた, いったとおり, いって, かくれて, ここで, この部屋, すぐに, そうし, そこまで, その事, その時, それに, なさけに, はいって, びっくりする, ふしぎそうに, まっさおに, まなこに, わたしの, 一緒に, 云うと, 云ふ, 今まで, 俺の, 傍から, 先生を, 名の, 君自身の, 好きだ, 如何に, 尋ねて, 居ないと, 待つて, 心に, 懐中電灯を, 或る, 手の, 教えて, 書いて, 最初に, 来ると, 死ねば, 殺したの, 気に, 病気に, 相手に, 私と, 笑いながら, 答える, 自分を, 自身で, 見舞に, 言いました, 話して, 調べて, 買って, 送って, 電話を, 面, 顔を, 黙って

3 [126件] あの男, あれを, あわてて, いったよう, いないと, いなければ, いやだ, いるの, お登和さん, かい, ここの, こちらに, この女, こんなところ, さきに, ささやきました, ささやきますと, さざめ言, さっきから, そう云うなら, そこに, そばから, そんな事, たずねます, ため, つけた, どこかで, どこかの, どこかへ, にこにこし, わたくしの, ゑみ, 一人で, 一生懸命に, 一番に, 上に, 上本町九丁目の, 云ったよう, 今いった, 今度は, 今日の, 仕事の, 使って, 來る, 俺に, 僕達の, 出かけて, 勝手に, 博士に, 名刺を, 君が, 吾輩を, 声の, 夢中に, 女を, 好きで, 妙な, 子供の, 家を, 寄って, 居る, 帰つて来, 帰ると, 彼女を, 待って, 心は, 心配そうに, 思って, 我輩の, 戻って, 戻つて, 旅行し, 昔の, 最初の, 朝鮮へ, 来る, 来るの, 東京に, 横から, 歌, 歌を, 歸つてから, 歸る, 死んだとき, 残って, 注意した, 洋行する, 海の, 特別に, 犯人を, 画を, 病気で, 病気の, 眼ざし, 知らない筈, 突然, 突然尋ね, 笑った, 筆を, 答えた, 素直に, 翌年の, 聞いた, 聞く, 胸の, 腰を, 行くと, 見えて, 見せて, 言ったよう, 言は, 訊いた, 診察を, 話した, 誰よりも, 身に, 身は, 迷惑する, 這入って, 遊びに, 遣って, 郷里の, 酒を, 額に, 飄然と, 飛んで

2 [514件 抜粋] ああいう, ああし, あの時, あらわれた, ある事件, あれほど, あれ程, いうよう, いちばん長生きを, いっしょに, いっそうの, いつまでも, いつもの, いない, いなくなったの, いのちをも, いひなづけの, いまはの, いやに, いらしつた洛外, いるから, いること, いるため, いると, うしろを, うたふと, おかくれ, おこって, おどろいて, おも, おれを, お代さんと, お母さんの, かざしの, かなしき傷口, かなしき釣臺, かね, かわいそうだ, がっかりし, きかせて, ききますと, きょう帰る, くたびれ足, こう云った, こころに, こころの, こたえた, こちらを, このこと, このよう, この事件, この仕事, この土地, この地, この茶碗, この論, これも, こんな事, さう, さう云, さう云つて, さけびました, さっき見た, したよう, しらべの, じっさいそこ, すぐれて, すました顔, そういうの, そういっ, そうした, そう云う, そう言った, そこから, そつと, その, そのこと, そのころ新造さま, そのやう, そのよう, その仕事, その婦人, その後を, その意味, その手紙, そばに, それで, それほどまでに, そんなにいう, そんな態度, たが, ためらって, ため未明, だしぬけに, だまって, ちよつと, ついて, つれて, とじこめられて, どうし, どうした, どこまでも, どんなこと, どんな風, ねて, ねむって, ひやかした, ひろ子の, ふたりに, ほかの, ぼくに対して, まこと, また, まなざし, みもと, もう来, もし僕, もって, もつて, もつと, もどって, やって来たの, よくお, よく知っ, よく遊び, わざわざ誘い, わしに, わたしに, わるいこと, クラムの, ジスレリーを, テツさんに, ノロちゃんの, ヒョイと, ベルリンにか, ベロナールを, ホントに, ホーレーキを, ポケット小僧を, モデルに, ヴァイオリンを, 一人の, 一座の, 一日も, 三千代さんと, 上って, 上野まで, 上野公園で, 下から, 下の, 不思議に, 不意に, 世に出, 中学校へ, 予の, 事件の, 二十四子供が, 云うの, 云うよう, 云ったの, 云った通り, 云ひました, 亡くなった後, 京都で, 今, 今と, 今なお, 今度が, 今度の, 仕事を, 仰いで, 伊藤侯を, 伊豆の, 会って, 佐藤君です, 何と言, 何に, 何んと, 何故か目, 作曲し, 來た, 便所に, 信じないの, 偶然あの, 傍に, 傷ついたならまた, 働いて, 僕から, 僕が, 僕たちと, 優しき心, 光儀を, 入社した, 公用旁, 再びベル, 出てから, 初めて顔, 前から, 力を, 勇敢に, 勝ったと, 十五の, 協力し, 南から, 去ってから, 友の, 取って, 取りに, 受話器を, 叫ぶよう, 叫んで, 可哀想に, 可愛がると, 同じこと, 同人に, 同志社を, 名も, 吐息の, 君を, 君自身を, 呉れて, 告発され, 唇に, 喜んで, 嘘を, 団長と, 困って, 困つて, 報告せられた, 変な, 多年住ん, 大声で, 大好きだ, 大船の, 天下の, 夫れ, 奢るん, 女に, 女中の, 女房に, 好きに, 妻は, 妻君を, 姿, 姿を, 嫁いだ後, 嫌疑を, 学校の, 学習室へ, 安心した, 宙に, 宮の, 專門に, 尋ねました, 小学校の, 小田原の, 小諸に, 居た, 居て, 居ませうか, 届けて, 山を, 川べりで, 帰ってから, 帰つ, 帰省した, 平安朝古典の, 店へ, 形見に, 彼の, 得意の, 御代を, 御代をば, 御掟, 御楯, 心ぼ, 心配する, 必要だった, 念を, 怎やら, 思いこんで, 思わず声, 思わないよう, 恋してる, 悲鳴を, 情に, 想像した, 想像する, 感心し, 慰め顔に, 戦争に, 戸塚特務曹長から, 扉を, 手は, 手枕来ぬ, 手紙の, 手紙を, 払って, 拾って, 探して, 握り飯を, 撮影し, 支店長に, 故郷で, 教会の, 散歩に, 新たに, 新宿の, 新聞社の, 旅に, 旅の, 既に千金, 日本に, 早や, 明日また, 明智探偵の, 本気に, 机の, 村の, 来たと, 来たとき, 来たの, 来た時, 来ないから, 来まさぬに, 来訪し, 東京から, 枝豆を, 楠野さん所へ, 横向い, 欲するならば, 歌ふ, 正しいと, 正しき心, 此処へ, 此函館に, 此家に, 此迷夢から, 死にに, 死んだ, 死んでは, 死去の, 殺されて, 殺したん, 毎日アノ山の上まで, 毎日散歩に, 気が, 気の毒そうに, 水を, 水銀石英灯を, 汽車に, 泣くこと, 浜の, 海へ, 海賊の, 涙香の, 濡れけむ, 瀕死の, 無雑作, 然うし, 煙草を, 父で, 犯人だ, 犯人でない, 独りで, 現われて, 現在の, 瓢箪に, 甲州へ, 申しましたので, 男子として, 留守で, 異議を, 発見し, 白き駒, 盃を, 盗んで, 目下神経衰弱で, 相変らず, 相談に, 眉には, 眼の, 眼を, 知ってる通り, 研究し, 社と, 神田家へ, 私から, 移ろひぬらむ, 空も, 窓から, 立ち上りました, 竹さんに, 笑うと, 笑ひ, 第二, 答えました, 答へ, 米友を, 精一ぱいなら, 紹介し, 結婚する, 結婚を, 絵を, 編輯する, 縁の, 羅馬は, 美術に, 考えて, 考へて, 聖書を, 肉付けを, 腕に, 腕を, 自信あり, 自己の, 自転車で, 自転車を, 芝居を, 花を, 花市君の, 苦心を, 苦笑した, 英語で, 菓子を, 蜀に, 血を以て, 行きたいと, 行くの, 行く方, 行く道, 行けと, 行日長く, 行水し, 袖ふる, 見えた時, 見えないので, 見かけ程, 見たあの, 見た池, 見違えたの, 覚えて, 言うの, 言うよう, 言ったが, 言ったこと, 言ふ, 話したこと, 話した所, 誘ひに, 誘拐された, 語って, 説明し, 説明します, 読んだ, 誰を, 論鋒の, 豆腐屋の, 豹一を, 貧乏だ, 貴女を, 赤裸々で, 踊りに, 身を, 軽部と, 返事を, 送つて, 逆上られた, 途中で, 進み出て, 進んで, 遊んで, 達子へ, 遭遇した, 邸内を, 部屋を, 酒で, 醉つたを, 金を, 針を, 銭湯の, 鎧の, 降りて, 雨を, 電人, 電車から, 青年に, 面を, 鞠これ, 顏を, 顔色を, 飛び込んで, 飯山へ, 飲まして, 養源寺の, 館の, 駒井に, 高瀬の, 鬢の, 黒き瞳子

1 [5552件 抜粋] あ, あすこに, あっけに, あのとおり恐竜, あの人, あの建物, あの連中, あまりに遅い, あらわれたの, ある人, あれに, あんなに見張っ, あんまりよけい, いいぞ, いうと, いかに頭, いくら内緒, いさ, いたらすぐ, いったこと, いつか話した, いつもだまされ, いないの, いなくなったこと, いふて, いまの, いま胎内に, いよいよ帰京, いろ, うしろについて, うなって, うるさい, おけいさん, おと骨の, おもりに, お上げ, お嬢さんと, お気に, お祖父さんの, かう云, かけた方, かつていみじくも洩らした, かの女, がんばって, きくと, きほひ猛, くると, げんしゅくな, こうして遣る, ここん, このうち, このまえ, この先生, この文書, この病室, この警視庁, この願い, これから余, これで, こんなに美しく, ごさいごと, さけびますと, さぞお, されたすべて, したの, しばらく来ない, じっとその, すこしも悪びれない, すなお, すわるには, そういいます, そういう打ちあけた, そうした注意, そうは, そう思っ, そこの, そのへん, その代り, その威力, その手, その玉砕, その美人, その話, その音楽会, それだけ経験, それほど賞め, そんなにイライラし, そんな人間, そんな考, たいへん不誠実, ただいま御, たづねてゐる, たまらなかった, ため折れるかざし, だれにも, ちょっとご, ちょっと骨折っ, つかまへて, つまらん疑ひを, とうとうムク犬, どうか, どうしても説明, どうも君, どちらの, どんなに骨折っ, なおって, なさいます, なりふり構わず, なんとなく暗い, にせものでは, のぞき板, はじめは, ひつくりかへ, ひどい眼, ひょっこり来, ふき出した, ふと目, ぶらりと東京, ほとんどすべり落ちる, ほんものだ, まず返事, また今, また答えた, まだ僕, まだ高山, みずから恩を, み堂, めそっこと来てる, もう代表, もしも僕, もし注意深い, もとの, やってきた, やっとそれだけいいます, やられたん, ゆけ, よく引っ越し, よびこ, わが不平, わしの, ゐる, アブリヤに, オピタル大通りの, ギョッとして, ゴルキイに, ジリジリし, ゾーッと, チョコチョコ走る, ドコまで, ハキハキした, パラシューターに, ピストルを, フロツクコートを, ペストの, ムキになるの, ラビットの, 一つ大原君に, 一人いらっしゃる, 一同を, 一度は, 一旦御, 一生懸命の, 一行に, 七時に, 三十匁の, 上がって, 上海に, 下山の, 不安そうに, 不適任だ, 世間での, 中村君の, 主人だ, 主賓な, 乱したわけ, 二人羽織の, 二夏つづけ, 二羽だけ, 云うてを, 云った碁, 五六人の, 亡びた事, 人から, 今どこに, 今より, 今夜此処に, 今日ただ, 今読ん, 他に, 令嬢を, 会えないと, 住みたる有, 何うかし, 何で私, 何主義者である, 何故その, 余儀ない偽り, 作者と共に, 侵入に, 信じよう, 倍音は, 停車場に, 傍で, 僕に対する, 元船, 先を, 先生の, 入営の, 六かしく道理を, 其様に, 内閣を, 写真機を, 出かけてから, 出なけりゃ両方, 出張し, 出馬する, 初めて入っ, 判つて呉れたなら, 創り出したお話, 助けられると, 動坂へ, 勞苦し, 北川に, 十年ぶりに, 半方を, 南洋へ, 厳かに, 友なれ, 取るにも, 叡子さんに, 叫びましたが, 台所を, 同く, 同時に二ヵ所, 名刺屋を, 名讃, 君自身であった, 呶鳴った, 命を, 問題の, 囁いた, 困るの, 園田という, 地下道の, 堕落すれ, 声する, 外国の, 夢中遊行の, 大きな声, 大人しくない, 大声を, 大時計, 大連見学の, 太郎左衛門に, 奇術こそ, 女の子に, 好からう, 好色の, 妻君に, 始終お, 婦人記者を, 子のみに, 学校が, 安心し, 実に清新, 宮廷に, 家島, 宿屋の, 寝床から, 專ら動物試驗を, 小学校を, 小田さんに, 少し溝, 尻尾を, 居なくなる土屋君, 居士に, 山の手の, 川岸に, 巴里に, 帰ったの, 帰るまでには, 帶廣へ, 平素から, 幾日休ん, 庶務課から, 弁論を, 引越した晩, 当時フランス語の, 影像を, 彼方へ, 待ち兼ねて, 後繼者, 御名得し, 御気の毒, 徹底した, 必ず俺, 応じた, 怒らなければ, 思い出すか, 急行し, 恋しくなる, 恐ろしく眉毛, 悪い, 悪者でない, 惡いの, 意を, 感じてる様, 憎くなる, 我々より, 戸へ, 扇とわが, 手仕舞の, 打明け給, 承認されん, 抱きて, 拳銃を, 指を, 採訪せられた, 探偵小説キチガイで, 撫育を, 放して, 教室には, 文をば, 文部大臣に, 新しい眼, 新盆だ, 旅行談を, 日本人たる, 早苗さんと, 明治四十二年の, 春月亭に, 昨日行った, 時々見舞われる, 書いたの, 書牘体の, 最初僕を, 會はう, 望んで, 木村博士の, 本当の, 本講座, 来たもん, 来なかったら銭形平次, 来るか, 来れば, 東宮へ, 栗の, 案内を, 検事の, 横合から, 機関車に, 歌ひとつ染めつけぬ, 正木の, 此島へ, 歯の, 死ぬなら僕, 死んだらか, 残つてゐる, 殺したと, 母の, 比較的に, 気がつくか, 気に入るだろうとね, 氣持の, 決然として, 泊った跡, 泣く, 洋服排斥の, 浅田に, 淨き, 清水から, 溜息を, 漸く來, 火の, 無事に, 無量の, 熱心な, 牛を, 特にこんな, 狂氣のしを, 猫柳の, 珍蔵する, 現われた時, 生まれここ, 生命がけ, 用向きを, 申しましたよう, 留守中の, 病んで, 痛罵した, 登山され, 皆まで, 目に, 直ぐ受話器, 相識にて, 真先に, 眼病で, 矢車みづい, 知らないでしの, 矮鶏を, 示して, 神様の, 私一人激しく, 種本に, 突然に, 突然自分, 立ち上がった, 立派な, 笑つていひました, 答えるやいなや, 精霊といふ, 納経所から, 組みついた, 結構な, 総裁と, 罪人だ, 美容術を, 羽田空港へ, 考えても, 聞いたとおりサ, 聞くところ, 肉茶を, 背景扮装等の, 脚の, 腕組みし, 臥ようとは, 自分だけ, 自害し, 自身の, 舞台の, 船橋を, 芯から, 若い神官, 若し私, 苦勞の, 草稿の, 落付い, 蕎麦屋へ, 蝙蝠は, 行きたいなら, 行ったらお金さん, 衣を, 袖なれ, 褌なんかを, 見えないよう, 見たって, 見つけなかったからって, 見る怪物, 見落して, 解つ, 言い出したん, 言ったろう, 言わるるごとくば, 訊きたいと, 許すまでは, 話したいわゆる, 誘った, 説いて, 誰かの, 談判すれ, 警官の, 負けたら高谷君, 貴様に, 賊の, 赤心, 起した, 踏み行く路, 輕井澤で, 迎へに, 近藤勇の, 迷亭などの, 逃亡し, 這入りたい這入りたいと, 逢坂山から, 運動場へ, 遙, 選定し, 部屋の, 醉つ, 金牌を, 銀行に, 長官と, 関係し, 階段を, 雅叙園を, 電気を, 青くな, 静岡から, 面白くない, 頑張って, 頼りに, 風雅も, 飛行場で, 飯屋へ, 首を, 馬鈴薯党を, 驕楽, 髮の, 鳰鳥を, 黒ビロウドの

▼ 君~ (4936, 6.5%)

33 して 27 聞いて 24 向って 23 言って 21 頼んで 20 しても, 對し 19 手紙を, 話して 16 見せて 15 對する, 逢ふ 13 似て 12 来て, 連れられて 11 何か, 案内され, 話を 10 向つて, 招かれて 9 それを, とつて, 会って, 会ふ, 別れて, 渡して, 話したいこと, 逢って 8 しあらねば, そんなこと, よりて, 代って, 僕の, 御願い, 感謝する, 教えて 7 しては, 向かって, 恋うらむ, 言った, 話が, 逢ひ

6 [17件] きいて, しがみついて, それが, たのんで, つれられて, むかって, よろしく, 伴はれ, 尋ねて, 手を, 教へ, 知らせて, 聞きたいこと, 聞くと, 読んで, 貸して, 返事を

5 [33件] あげるよ, あるか, きいた, これを, こんなこと, こんな事, したって, それだけの, やって, 何の, 取つて, 宛てて, 導かれて, 就いて, 悪いこと, 感謝し, 書いて, 比べると, 注意し, 用が, 相談が, 私は, 聴いて, 肩を, 自分の, 訊いて, 詫まる, 話したい事, 話すと, 説明し, 逢は, 逢へ, 限って

4 [38件] あげる, お願いする, そう言っ, なって, 云って, 云つた, 会った時, 会つた, 何も, 出て, 同情し, 好意を, 寄す, 忠告し, 恋人が, 投網の, 持って, 於て, 相談を, 聞くが, 見せたいもの, 見て, 言ふ, 託して, 話さなければ, 話しかけた, 話すこと, 誘われて, 軽蔑され, 送って, 逢った, 逢ってから, 進呈する, 電話を, 非難を, 預けて, 頼まれて, 頼んだの

3 [93件] あとを, いうの, いって, いわれて, おぶさって, からかわれて, からだを, きくと, くらべると, この話, ささやきました, さるぐつわを, したところ, しろ僕, ちよつと, なんの, ふた心われあらめ, まかせて, やる, やるよ, よく似, よく似た, よれば, わかって, 一任しよう, 事うる, 事情を, 二句, 云うの, 五十銭貰い, 仕えて, 仕えること, 会いに, 会うの, 会えて, 会った, 会へ, 依頼する, 出逢ったの, 力を, 助けて, 及ばないと, 向ひ, 問う, 声を, 多少の, 夢の, 始めて, 宛てた手紙, 寄りなな, 御馳走しよう, 御馳走を, 忠告する, 忠義を, 惚れて, 托して, 描いて, 教へて, 教わって, 最後の, 注意した, 用事が, 相談し, 相談した, 相談したい, 紹介した, 聞けば, 至つては, 見せたいと, 見せるの, 言いました, 言うと, 言つた, 言わせると, 話した, 話したいと, 話したよう, 話したん, 話した事, 説明する, 調べて, 質問する, 迷惑を, 退場を, 送られて, 逢いたいと, 逢うと, 違いない, 遣るの, 邂逅し, 頼みが, 頼みたいの, 頼むよ

2 [338件] あげるから, あって, あてて, あとで, あの女, ある, あるん, いくど, いった, いったの, うつさ, おかれては, おくれて, おしえて, お会い, お別れ, お前は, お当り, お當, お礼を, お話しなす, お願, お願いした, かけて, かなうもの, きかれて, ききませんでしたか, きけば, きまつて, くっついて, くれる, こういうこと, このよう, この事, この事件, この手紙, さそわれて, したがって, してからが, すすめた, そう言った, そこの, そのお, そんなもの, たしかな, だきついて, だよ, ちっとばかり, とっちゃ, とびかかって, どんな好い, なりすました小林少年, ほだされて, まかせた, まかせよう, まかせる, また頼みたい, むかひて, もう一年, ものを, やってしも, やるから, やれるん, ゆずって, ゆずっても, よくにた, よばれて, よほど恋着, よると, よろしくいっ, よろしくと, わかれば, 一つの, 一つ頼みたい, 一任し, 一任した, 一任したい, 一任する, 一切の, 一寸相談を, 一般動物学を, 上げようと, 与えると, 並んで, 中国の, 乞ふ, 云うこと, 云った, 云ったの, 云はう, 交渉した, 仕えずと, 仕事を, 代つて, 任すと, 任せたきり, 任せて, 任せる, 会いたいの, 会いたくて, 会う機会, 会えば, 会ったこと, 会ったの, 会ってから, 会つてゐる, 会釈し, 伴われて, 似しさ, 何を, 依つて, 依りに, 僕から, 僕が, 僕は, 出会った私, 出逢つた, 分かるもの, 分って, 初対面の, 判って, 判るの, 別れを, 勧められて, 勧めるの, 勸める, 厭はれ, 友人としての, 友情を, 取って, 取っては, 取つて所謂, 叱られるかも, 合は, 同情した, 同行を, 向けて, 向っても, 君の, 呼びかけて, 命ずるの, 命を, 命令する, 問うた, 問ひかけた, 喰べ, 堪へなく, 報告する, 声援を, 奉る献上, 奢つた, 如かず, 委せよう, 嫌疑が, 家を, 尋ねました, 尋ねる, 就いての, 就いては, 就て, 尾行され, 差上げないの, 帰期を, 引かれて, 従うて, 従えば, 御依頼, 御話し, 御馳走した, 心配を, 忠なる, 忠に, 忠告したい, 急用が, 恋うる, 恋ひ, 恋を, 恨まれても, 悔い改めさせたいばかりに, 悪気が, 惚れたの, 想像が, 感謝したい, 感謝してる, 手わたしました, 手伝って, 手紙が, 折入っ, 抱いて, 拠る, 拠ると, 挨拶し, 捧げて, 捧げよう, 教えられて, 敬意を, 敬服する, 於いても, 於ては, 明言し, 昨日の, 曰ふ, 會つた, 村田は, 染みて, 案内し, 案内を, 欲する, 欺かれたとは, 此の, 歴事, 殺されるの, 比すれば, 比べて, 比べれば, 気が, 気づいて, 気を, 氣に, 注意します, 注意する, 涙を, 済まない, 渡した, 渡しました, 満腔の, 激され, 濟ま, 特に謝意, 犯人の, 独立し, 理解し, 琴を, 申し上げて, 申訳が, 畏怖嫌厭の, 白状し, 白状を, 相談しよう, 相談に, 相違ない, 知らせようと, 示すため, 礼を, 禮を, 私が, 私の, 笑はれ, 約束した, 細君が, 紹介され, 罪は, 聞いたところ, 聞いたの, 聞く, 自信が, 自信を, 至っては, 與ふ, 蛇の, 行って, 見えて, 見せなと, 見せば, 見せました, 見られ理想, 見覚えが, 覚えが, 解って, 解らないという, 言いたいこと, 言うが, 言ったじゃ, 言伝てを, 訊きたいん, 訊くと, 訊ねるが, 許されて, 診て, 話しかけて, 話したいの, 話したい心もち, 話した役場, 話した新田君, 話す事, 話せば, 誘はれて, 語って, 語つた, 語るべし, 説明した, 警告し, 譲って, 負けずに, 貰って, 貸すから, 贈り其フライリーフ, 贈る, 贈与した, 近いもの, 返した儘其方, 返して, 迷惑の, 追いついて, 送った, 送つて, 送ること, 送る最後, 通じて, 逢いたいそう, 逢うこと, 逢うて, 逢えて, 逢ったとき, 逢った時, 逢ひ思ひし, 逢へる, 進呈し, 遇って, 遇ふ, 遣れないと, 適しない, 重く用, 金を, 鉄の, 関係した, 集つた, 非ず, 面会, 面会を, 面白い活動, 頭を, 頼みたいこと, 頼むから, 頼むがね, 願ふ, 食わせて, 飯を

1 [3042件 抜粋] あいずを, あうとき, あかんぼ, あげようか, あげるわけ, あずけましょう, あて, あの冷やか, あひ見, あまり大きな, あらず民民, ありゃしないじゃ, ある人, あわせて, いいたかったか, いい人, いたずららしい, いつか, いどみかかって, いろいろと, いわれたこと, うち明け, うらまれないため, おかれても, おどりかかろうと, おめ, お上げ, お合せ, お小遣, お聞き, お迎え申す, お金を, かかえられて, かくされて, かけるよう, かならず令生ざらめ, きいたら明智さん, ききたいこと, きまづい樣, くれぐれもよろしく, くわれるの, こう云う, このうちどれ, この位, この数字, この気持ち, この間頼まれた, これといふ, こんな手紙, さう云, ささげたと, さっきから, さんせい, したが, しちゃね, しなやかに, しようと, しろまた, しろ法医学的, すがりついて, すすめて, すっかり話そう, すべてを, すれば, せよ多分, そういううらみ, そうさせたく無い, そう言わなかった, そっくりでした, そのよ, その所信, その由, その話, それほど男つて, そんな事, そんな物, たずねたいこと, たづねておきたいのは, たのむよ, だつて, ちっとも悪い, ちょっとテレビ, ちょっと金儲け, ついて, つき合って, つたえること, できて, とった僕, とりては, どうぞ, どんな事, ない高度, なぜ貸さね, なにか, なら云っても, なるほどと, にて, はじめは, はっきり聞きたい, ひいきし, ひとつ素敵も, ひねこびた聖人君子, ふさは, ぶつかったん, ほれて, まかせるかな, まけない位, また僕, まみえて, まもられて, みな打明け, めぐまれたとさえ, もうこれ以上, もう再会, もっと働い, もはや御, やつて, やること, ゆずらせる, ゆだねしけぶりゆゑおぼろになりし月夜, ゆづらう, よき水際, よく巴里, よけい注意, よろしく云っ, わかったため, わからない筈, わかれて, わしの, わたしながら, インチキ画を, ゴルフの, ソワ付かれ, デパートで, フイリスチンを, ルキーンの, 一つその, 一つ折入, 一つ質問が, 一冊の, 一寸御, 一撃を, 一杯担がれたらしい, 一臂の, 一言断っ, 万斛の, 上げたい物, 上げるの, 不利だ, 不服は, 与え, 与えるため, 世にも珍しい, 両替の, 乗りうつっ, 事うべき, 事へては, 二心わが, 云いたいこと, 云おうと, 云っても, 云つて置きたい, 云わなきや, 五文銭一枚を, 仇を, 今度親しく, 仕うべしもって, 仕えたがるし, 仕える身, 仕え同じ, 仕ふるその, 仕送りを, 代るべき人, 任せよう, 休養し, 会いビール, 会う必要, 会して, 会った事, 会つて話した, 会ふために, 会われた時, 伝える, 伝へたらいい, 伴うて, 似ず, 似合わぬこと, 何かを, 何と詫びたら, 余外な, 供せん, 依頼しおき候え, 信じさせるに, 借りた五十銭, 偸見せられ, 傾いて, 僞物である, 先き, 先日来方々から, 入って, 八句, 其先を, 再會, 出あつ, 出会つたのは, 出来るもの, 出逢う機会, 出頭しろ, 分らないの, 刈らせるぐらい, 判らせるため, 別れた小野さん, 別れ大阪, 到らずしかく, 劣らず文學, 助けられて, 勉強させれ, 勧めずには, 勧めました, 勸められ, 十八万円の, 半額に, 危害を, 原稿料として, 參つちまつ, 及ぶ者, 取つて勿怪, 取持とう君, 召して, 叱られた, 合わないの, 同情めいた, 同感である, 向く, 向つて頭, 含ませ, 呈しましょう, 告げま, 告げる勇気, 呼ばれた事, 命じて, 問うが, 問ふと, 喧嘩を, 困ってるん, 報告しよう, 売渡す約束, 外へ, 大分世話を, 大村君を, 奉りて, 奪はれ, 好きに, 妹さんが, 姉の, 委任される, 嫉妬を, 安心させよう, 宛てた一文, 宜しく云っ, 実際証拠, 宿の, 寄せ内藤君, 密と, 対すると, 尋ねたいの, 尋ねられると, 小百合, 少し頼みたい, 属せり, 差し上げる手紙, 帰する, 幼稚園の, 廻航の, 引っ張られて, 引渡すから, 強ひる, 当られます, 彼女が, 後を, 得心の, 御湯, 徳田は, 忘られぬ, 忠又, 怒られまいか, 思って, 思索を, 恋ひ寝ねぬ, 恥かしくなつた, 恨まれるだけ, 悲しい思い, 惑亂と, 惚れとるかも, 意地悪を, 愛想を, 感謝すべきだ, 慰めて, 憑って, 戀ひ, 我與ふ, 手伝わして, 手渡した, 打ちつけたの, 打明けずに, 払わせるの, 扱って, 押し付けて, 持たせて, 指一本でも, 指差し, 挨拶を, 捧ぐべき恋愛曲線, 捧げら, 探偵趣味が, 提供した, 救けられて, 教えられたところ以上, 教えるわけ, 教わらなくても, 敬服せらるる, 文書かんと, 新しい恋人, 旅立つ時, 昔すすめ, 是非話さなけれ, 書いた端書, 書き送って, 書けないの, 最初に, 會つたのは, 會つて譯を, 望みたいこと, 本当かと, 林田の, 案内役を, 樹明君に, 正しき敵, 歸しぬ, 殉ずる忠臣, 母さんと, 気がつく心配, 気付かれないよう, 求めた, 泣きを, 洩らした彼, 済まないという, 渡したもん, 渡す台所用, 溝を, 無效, 煽動され, 物語られた話, 独力で, 王手飛車を, 瓜二つである, 由りて, 申しわけが, 画を, 當嵌めよう, 癒して, 白状した, 目か, 直して, 看破られたらしいの, 知って, 知らして, 知らせない筈, 知らせるため, 短冊を, 確実に, 示すべく主として, 私するもの, 移つて行つた, 立ち向かった, 笑われて, 答へ, 約するに, 納得の, 紹介しました, 組みついて, 編集を, 羨んで, 耳うちし, 聞えるやう, 聞かれたらあなた, 聞き合せて, 聲を, 職を, 背きしならねば, 自動車の, 至急聞きたい, 與へられた, 良い考え, 若い恋人, 苦労させられた, 蓬平の, 行き会った, 被せて, 西洋の, 要求する, 見えるかい, 見せじと, 見せたから, 見せよう胴体, 見つかると, 見られて, 見咎められて, 覚えぬ悲し, 親切で教え, 解らんかね, 言い聞かせて, 言える, 言つたつて通じやしない, 言つて見た, 言ふべき, 言わなかったの, 言渡して, 訊き度, 討たれても, 訴えようと, 詫った, 話さなかったかな, 話しかけ別に, 話しただけの, 話したらどうして, 話した題材, 話し早稲田専門学校, 詳しく聞く, 誘い出されて, 語らむこと, 語ること, 説いて, 読ませたいん, 調べ方, 論じ同日二条殿, 警告する, 譲るからと, 讓りたい, 負けた口惜し, 責められて, 貸しある, 賞めて, 質問を, 贈る父, 赤ん坊が, 踉い, 身体検査を, 辞任申出, 近づいて, 返さうと, 返す荷物, 返答を, 追分と, 送つた金, 送りぬ, 送金する, 通じないだろうな, 逢いたくなったからね, 逢う, 逢う機会, 逢えるだろうから, 逢ったので, 逢っても, 逢つてみたいね, 逢つて解決を, 逢ひし, 逢ふよし, 進ずるとまでは, 遇ったら果して, 遇ひまゐ, 過日の, 遣る, 遺恨を, 邂逅同伴し, 酒を, 重大な, 鉱毒地を, 長生橋まで, 関係してる, 附き來, 限った事, 随身の, 雛祭りを, 雪だらけの, 非常に, 面会した, 面白くなかつた, 預けたの, 頼まなければ, 頼みたいね, 頼み十時幾分, 頼もうと, 頼んでも, 風を, 飛行靴と, 食客門下多, 餞の, 鬼女の, 黄昏が

▼ 君~ (3409, 4.5%)

30 訪ねて 27 連れて 24 つれて 19 して 17 愛して 16 見て 15 ここへ 14 相手に 13 呼んで 12 思へば 11 見ると, 訪ふ 10 助けて, 戀ふ, 殺したの, 知って 9 尊敬し, 見た 8 伴れ, 好きだ, 待って, 迎えに 7 思って, 誘って, 顧みて 6 待つ, 煩は, 訪ねる

5 [18件] そこへ, もって, よんで, 中心に, 侮辱する, 先頭に, 大学へ, 好きな, 措いて, 煩わして, 自分の, 見ました, 見ること, 訪ねた, 訪ねる不在, 譬ふれ, 迎えて, 馬鹿に

4 [23件] おも, しぞ, だきあげて, にらみつけて, 乗せて, 信じて, 僕の, 君の, 待つて, 得て, 心に, 怨んで, 愛する, 憎む, 殺して, 紹介する, 置いて, 見たの, 訪れて, 軽蔑し, 迎へる, 送って, 離れて

3 [69件] お連れ, こ, こよなき審判官, さそって, つけて, とらえて, どこかに, どこかへ, にらみつけました, のぞいて, はじめとして, よく知っ, ダシに, 世話し, 中に, 九州へ, 人間の, 介して, 使いに, 侮辱した, 促した, 保護する, 入れて, 助けだすこと, 助けるため, 口説く機会, 呼ぶこゑ, 呼ぶの, 呼んだの, 外へ, 好きに, 家の, 尊敬する, 尋ねて, 少しも, 待つの, 思い出す, 思うて, 恋ふる, 愛してるの, 慕って, 慰めて, 憶ふ, 救う事, 残して, 泣く, 無理に, 疑って, 盗見し, 眺めて, 私の, 私は, 立てて, 紹介し, 背中に, 見つめました, 見る, 見舞ふ, 訪ねると, 訪問した, 誘拐し, 起こして, 起して, 軽蔑する, 迎えたが, 迎へ, 邪魔に, 除いたら誰, 除外した

2 [218件] あきらめて, いじめて, うしろに, うながして, おいて, おきて, おしつぶさんばかりに, おそった怪物, おどろかせても, おもふ, おもへば, かえして, かえりみた, かえり見た, かどわかして, ここに, こわきに, こんな所, さがして, さきに, さらって, しばって, そんなに偉く, たずねて, つかまへて, つきとばすよう, とりかこんで, とりもどすこと, とりもどすため, ぬすめる吾心, ほめた, みて, もう少し信頼, もとの, ゆるして, よく知つて, よび起して, われ一個人に, チヤムバーレーンに, ホントに, モデルに, 一つ心を, 不安に, 不愉快に, 中心として, 京へ, 付けて, 伊賀井樣へ, 伴って, 信用し, 信用しない, 信頼したい, 僕と, 僕は, 元よりも, 兄と, 出迎, 利用し, 制して, 前に, 前において, 助けださなければ, 助けに, 助けること, 勧めて, 化生し, 厭はむ, 取り巻いて, 味方に, 呼ぶ, 呼んだ, 呼んだ甲斐, 咎めない, 団長に, 大切に, 大統領に, 好きです, 守ること, 安土へ, 安心させる, 実に気の毒, 密接ける, 尊敬した, 崇めむ, 崇拜し, 崇拜する, 帰す時, 廃し, 弄んで, 引受けると, 待たまし, 待った, 待つこと, 後目に, 従えて, 御紹介, 心から愛し, 忘れやしないよ, 怖れ, 思いて, 思うの, 思ひかね, 思ひ出, 思ひ出すの, 思ふ, 思ふこと, 思ふと, 思ふ心, 思へと, 思出した, 恋しがっ, 恋して, 恋慕ふからだ, 想って, 愛してるん, 愛す, 愛すること, 愛するため, 感動させる, 慕ひ, 慕ふ, 憎めるが, 憎んで, 手に, 手まねきし, 扶け, 招いたの, 招んで, 指して, 捕えて, 捨てて, 探しに, 措いては, 擔ぎ過ぎる, 救うため, 救って, 有野村の, 本当に愛し, 案内し, 案内した, 案内に, 権威ある, 欺いて, 欺き国, 歓迎します, 殴ったの, 殴って, 殺す, 殺すこと, 殺すつもり, 毒殺し, 毒殺しよう, 洋行させ, 犯人と, 王と, 生じた精虫, 疑った, 疑ったの, 疑つて, 発見した, 監視し, 知つたのは, 知つてる, 知らない, 知らぬ人, 知るもの, 知れるもの, 私から, 立派に, 第一, 紹介します, 縛る氣, 苦しめて, 裂き喰うて, 裏切りした様, 見かえった, 見たこと, 見たので, 見ても, 見るたび, 見れば, 見向きも, 見染めて, 見殺しに, 見込んで, 見送る, 訪う, 訪ねそれから, 訪ねたが, 訪ねるつもり, 訪ねるまた, 訪ねるビール, 訪ねる折, 認めて, 認めない批評家, 誘惑し, 誤解し, 識る, 讃美し, 責めるわけ, 貶したの, 貶したもの, 起こすと, 車の, 迎えた, 迎へて, 追いかけて, 追い廻して, 送つて, 送る, 送ろう, 逃がさないよう, 選挙し, 離れないので, 非常に, 鞭撻し, 顧みながら, 駅に

1 [2246件 抜粋] ああし, あざ笑って, あのとき, あの桜, あまりひどく, あらためて副, あんなに大切, い, いざな, いじらしき者, いぢ, いつも一ぱい, いやみ, うけとった, うばいあった木, うやまい愛, え忘れず, おくるにも, おっかけて, おどかして, おひゃらかして, おもいながら, おろした場所, お伴に, お恨み申す, お慕い申し上げ, お見舞い, お迎え申し, かえすの, かくして, かしこに, かならず見つけ出せるだろう, からかうため, からかったり, きらひで, こう呼んだ, こちらに, この, この家, この鼓, こんなに信用, ごまかして, さがしだす方法, さした毛虫, さんざんに, したの, しのぶころ, しんせきにでも, じっと見, すくいだそうと, すっかり自分, せめる気, そう言う, そのかたわら, その器械, それから, そんなにした, そんなに恐ろしい, たいへん有望, たすけ出して, たずね勇一少年捜索, ただ呆れ, たのみ右, たよっちゃ, だきすくめて, だます位, ちよつと, つかまえるという, つけ廻して, つりあげそして, つれさること, とうから知っ, とじこめた部屋, とらうと, とりまいて, とりもどすの, どうしてくれよう, どうもしよう, どんなに愛し, ながめました, なぜ頼んだ, なみ, にらみつけたの, ねたんで, ねんじて, のみ死なすべき, はじめお手伝いさんたちまでが, はじめ五少年は, はじめ姉崎高山など, はじめ身辺の, はんたいが, ひきま, ひじで, ひっぱりあげ窓, ひと間に, ひやひやさせた, ふうはり, ぶらさげて, ぼくの, また見, まともに, まもること, みつめて, めぐまれて, もう弟, もつと, ものかげに, やり込めたつもり, よく思わない, よく識, よびとめたでは, りっぱな, わが背, わざわざ引つ, わずらわすよう, われは, カルカチュアの, クロイツ街で, ステーシヨンに, デッキから, ベッドの, ロマンチックだって, 一万年ばかり, 一個の, 一度でも, 一日見, 一種の, 上から, 下ろすとともに, 世に出し, 両国に, 中傷する, 主席に, 乗せようと, 亜砒酸で, 人たちの, 人質に, 他の, 仰ぐ一人, 休ませまつらんと, 伴うて, 何と思ってる, 使いたいん, 促し集めて, 信ずること, 信用したい, 偉いと, 偲び篭屋, 傷つけたい気持, 僕らに, 先に, 光らせるため, 兵部卿の, 冒さず臣, 冷やかすほど, 出して, 初めて見た, 利巧な, 力づけたり, 助けさせて, 助けたいばっかりに, 助けるが, 助け得ず, 劬りたい, 動かす水, 包衷し, 千里において, 南郡城に, 取りもどさなければ, 取り次ぎに, 取鎮め万事, 口説きでも, 可愛がって, 叱って, 右衛門に, 同じよう, 名指しに, 君を, 呼びだして, 呼びに, 呼び出しその, 呼び捨てに, 呼ぶん, 呼ぶ者, 咎めは, 商売人だ, 喪った幾十万, 団長と, 囲んで, 地下防空室へ, 垣間見ようと, 墓から, 夢みながら, 大好きな, 天国から, 失ったと, 失つて, 奉ずること, 奪ったの, 女に, 好きかい, 妙な, 妾と, 始め内山山県斯波田岡丸山, 娶え, 婿に, 子供扱いに, 守り奉りたる, 定めたり, 害する事, 宿に, 対等の, 尊しと, 尋ねるといふ, 小坂氏の, 尭舜に, 山師と, 崇拝するだろう, 左将軍に, 帰すこと, 幸福な, 庇って, 廊下のかべへ, 弑し民, 引かそう, 引き出す役割, 引くり返さんけりゃいいがな, 引っ張り出して, 引張りあげたよう, 弟かなんぞの, 強者だ, 彼の, 待たせた, 待ちわびて, 待ち受け新宿聚楽, 待ち焦れてるひと, 待つたが, 待つ四時, 待つ気, 後生畏, 得ては, 御墓, 御選定, 必ず一緒, 忘れずに, 忘れること, 忠諫し, 怕れ, 思い出さぬおり, 思い出すの, 思うこと, 思えども, 思ひ切りて, 思ひ昼, 思ふに, 思わぬ時, 恋しい恋しい兄さん, 恋し始め, 恍惚たらしめた, 恐怖さえ, 恨めしそう, 悩ますれば, 悪物喰, 悲しとおも, 悼めば, 惜しむ諸君, 想い出して, 惹かなくなって, 愛さないもの, 愛してるから, 愛しなくなったらなどと, 愛するであらう, 愛するよう, 慕うて, 慰めようかと, 慰めるよう, 憎まん, 憎むで, 憤慨さした, 戀し, 戒めるの, 所望した, 打ち叩き, 批評し, 抛り込んで, 抱いて, 抱きて, 抱き給, 押し籠め, 拉して, 招き給ふか, 招待する, 拵えたの, 持ってるあなた, 指さして, 振りきって, 捉え硫黄ヶ滝, 捕えに, 捕るは, 捜しに, 捨てる, 採用しよう, 探偵と, 掴んで, 揶揄した, 搾取した, 擁き, 擢んで報, 攻め, 故なく, 救けたの, 救わずに, 教える時分, 敵と, 文づかい, 斬らずば, 新記録, 昨日から, 書斎に, 有為の, 未明の, 村民が, 板屋の, 桜木に, 極めつけた, 欺いた, 欺かなかった, 欺く不忠, 歌に, 止めました, 歸す, 死ぬか, 殴らせて, 殺したこと, 殺したん, 殺した疑ひで, 殺してから, 殺すの, 殺す氣, 殺そうとは, 殺人犯人也と, 毒殺し得た, 気の毒に, 江原道に, 泊めて, 海で, 涙ぐましくした, 深海見物に, 満足させ, 烏賊虎さんの, 無視し, 煩わさないよう, 煩わした新聞広告, 煽てるやう, 牛久沼の, 犯した, 狐だ, 玄徳へ, 甘やかして, 生んだ, 田舎でも, 留守番に, 疑い得ないと, 疑るわけ, 発奮させる, 目し, 相手じゃ, 看護婦の, 真面目な, 睨みました, 知ってたの, 知ってる叔父, 知らないが, 知らぬわが輩, 知る前, 研究し, 祈る道, 祝って, 神韻化した, 移すこと, 突き合わせて, 立て参らせるの, 笑う権利, 笑わせて, 精神病患者だ, 紹介いたします, 組長に, 絶望的な, 罪に, 罰するが, 美代子も, 羽黒山の, 考へると, 聴きに, 脅かさんなど, 興奮させる, 良人には, 若樣, 苦しめること, 茶の間に, 葬るに, 蕩した, 行かせませんでした, 裏切ったとき, 裏切ること, 襲ひ, 見かけなかったかね, 見きといふは, 見し時, 見せて, 見たまえついで, 見つけたわけ, 見つめた, 見ては, 見ましや, 見やりますと, 見るべき時, 見る事, 見んと, 見上げた時, 見初めたその, 見損なっても, 見舞うたが, 見舞つた, 見詰めながら, 見送った, 見送ると, 覚えて, 親愛する, 記念する, 訪えば, 訪ねそこ, 訪ねた時, 訪ねない事, 訪ねるから, 訪ねるにぎやか, 訪ねる二三日前, 訪ねる帰途, 訪ねる理髪, 訪ね又, 訪ひ, 訪れたの, 訪問し, 許しては, 試して, 認めると, 誘かして, 誘つて十年前の, 誘惑する, 説きつけて, 誹謗の, 論ずる前, 識つたのも, 讃ぜ, 責めたり, 責める気, 買いかぶりすぎて, 資生堂へ, 走らせしも, 起訴する, 身うけしよう, 軽視した, 輕蔑し, 迎えること, 迎える用意, 迎へた意外で, 返さないという, 追いかけ, 追い出す様, 追っかけては, 追廻すよう, 送ったと, 送らんと, 送るだで, 送る須, 連れだした, 連日にわたって, 道づれと, 遠くへ, 遠眼鏡で, 選りに, 邪魔し, 部屋へ, 重くした, 釧路へ, 銅像に, 長岡に, 陛下の, 除いては, 離したが, 離れか, 面倒見, 鞭打つの, 頼んだ, 顧見る, 養ひ, 馬車まで, 騙して, 驚かすつもりぢ, 鶉鳴く

▼ 君~ (2943, 3.9%)

82 知って 27 一緒に 25 僕も 18 私も 16 いっしょに 15 来て, 知つ 11 知っての, 知つてゐる 10 僕と 9 その一人, それを, 僕の, 御承知, 知ってる通り 7 私の, 見て 6 さすがに, そこへ, またあの, わたしも, 今は, 何か, 同じよう, 知つてるだらう 5 この頃, これには, こんどは, やつて, よく知っ, 一しょに, 私と

4 [17件] ご存じの, ご承知, その以上, なか, やって, ノロちゃんも, ポケット小僧も, 一度は, 今度は, 御存じの, 来庵, 気を, 然う, 知ってるだろうが, 知つてる, 覚えて, 首を

3 [30件] あらなくに, うなずいて, ここに, そう思うだろう, その時, その頃, それに, どうだ, またお, ろとも, 一つ, 今の, 以前は, 僕を, 少しは, 書いて, 相変らず, 知ってるじゃ, 知ってるだろう, 知つての, 知らないの, 笑った, 細井君も, 聞いて, 自分で, 自分の, 行って, 行つた, 言って, 負けては

2 [152件] あなたを, あまりの, い, いうよう, いくらか, いたの, おとうさんの, かく塵, きいて, これからは, これが, これを, さう思ふの, しかたが, しば, すぐに, そうだ, そうだった, そうだろう, そうな, そのあと, そのつもり, そのひとり, その場, その部屋, それから私, それが, それは, そんなこと, そんな靴, だ, どうか, どうせ細君, どうだい, なかなか利口, なんだか暗い, はなやかな, ひさしぶりに, ひとか, びっくりし, ほんとうの, ぼくを, まけては, またその, また僕, また創作社, また芥川, また遊び気分, よかったら, よく, よくあの, よくない, よく気, らは, ろともに, われも, ゐた, ゐたの, ミヨ子ちゃんも, 一種の, 一緒か, 一緒で, 不幸な, 不思議に, 中, 二人の, 人々に, 今頃は, 何だ, 何なら, 來て, 元気が, 先生の, 卓子から, 同じ様, 名誉と, 埴科郡から, 堪へに, 変つた, 変な, 外の, 夜更け, 夢を, 大体は, 大分変った, 大分旨い, 大鰐まで, 子供の, 家に, 小松君も, 小林少年と, 少女の, 居るし, 市長と, 帰って, 年を, 引いて, 彼に, 心配だろう, 恐る恐るに, 息を, 惚れて, 我も, 手伝って, 承知の, 承知僕も, 探して, 敢て, 既に言われた如く, 日本の, 曾て, 最初から, 来ませんか, 来訪四人で, 正しく訳し, 気が, 気がついて, 気の毒に, 泊って, 泣いて, 注意せん, 満足だろう, 火なりと, 無垢で, 生きに, 町井君も, 皆と, 目を, 知ってるよう, 知つて居る, 知らないこと, 笑って, 米友も, 美味い物, 肩を, 苦しいん, 行くかい, 行くかね, 行くん, 行こうと, 見ただろうが, 近頃は, 這入って, 過ぎぬ, 遣って, 随分礼義, 雪子ちゃんも, 非常に, 面を, 顔を, 馬鹿だ, 鷄二も

1 [2109件 抜粋] あかるい声, あとから, あの不動, あの奇術性, あの時, あまり立ち入った, あるいは思い出す, あわせて, あんな夜更け, いいかげんに, いい仕事, いかん, いくらか察しられ, いた, いった通り, いつのまにかはだし, いないし, いまは, いよいよこら, いよいよ此処, いるの, うちほほ, うんと勉強, おうむが, おくれては, おそらく眼, おどろかなかった, おも, おわかりくださる, お困りだらう, お待たせ申し, お握りを, お父さんと, お酒, かけ給え, かつて御覧, かねがね, かれと, きいた通り中, きっとマア坊, ぎょっとした, げに, こうして大野さん, こっちへ, このへん, この信玄袋, この夕, この怪物, この汽車, この罪, この通り, こぶしを, これから生活, これまで, こんな具合, ごぞんじだらう, さうか, さう思つたの, さぞ不愉快, さようなら, しかしまた他, しずみそう, しばらく当, し一, し彼, じつに明るい, すぐお, すこし体, すでに指摘, すでに論じ, ずいぶんお, ずいぶん年, ずい分空想家だ, せつかく, ぜひやってきた, そういう方向, そうである, そうらしかった, そう思う, そう長く, そして人々, そのおつもり, そのなき声, そのまま敬礼, その一味, その仲間, その土地, その後附合っ, その方, その汽車, その露悪家, そばで, それぞれの, それと, それまで, そろそろはじまる, そんなに立腹, たしかに, たっしゃでいれば, たツ, だね, ちっとばかり, ちやんと, ちょっと出ない, ついに一流, つい長く, つき合うか, ですか, ときどき見た, とんだいい, どうかちっと, どうなり, どきょうを, ない人間, なかなかゆ, なかなか味, なかなか眼, なにかね, なめずに, なんだかむっつりし, なんぼか, のんきな, はなはだ落ち着かぬ, ひざの, ひとつてっぺんまで, ひと口かじった, ひどい人, ひよつと, べつの, ほぼわたし, ぼぼ牧草, まさか詐欺, まず喜ん, またこれ, またにぎやか, またやつ, また一見, また人物, また君, また恐らく, また私, また自愛, また駒井甚三郎, まだ年取った, まだ覚え, まるでえん, まアよく, みまかりしよと, むろん出発, もうすこしで, もう僕, もう度々彼, もう知っ, もう長く, もちろん使われた, やったと, やって来て, やっぱり同じ, やっぱり笑っちまった, やはりそうだ, やはり交際, やはり皆, やられたの, やり給, やれたらこの, ゆっくり考え, よいところ, よくおぼえ, よく知ってる, よじ登って, よほど呑気, わかつたらうね, わたしに, ウイッタンバーグの, カソリックに, コクリコ我も, ゴーゴンと, ツイこのごろ世を, ドロボーである, ハムレットの, フランスへ, ボルネオ行きだった, ヨシ子ちゃんと, 一々に, 一つ持ってる, 一人の, 一度も, 一度書いた, 一応しらべよう, 一旦松本, 一本四斗樽と, 一発打った, 一言も, 丁度この, 三宝山として, 上京する, 下さい, 下宿屋で, 不眠症だ, 世を, 主任店員として, 亀井君も, 二人とも, 二葉亭四迷である, 云はれる, 交つて談笑常の, 亦いま, 亦つまらない, 亦同伴, 亦招, 亦細心, 人々の, 人の, 今から, 今それを, 今より, 今夜の, 今日では, 今来, 仕度を, 他人の, 仲なか負け, 会ったろう, 何う, 何となくヲダハラ面, 余つ, 余程奈何, 作家じゃ, 俊三君も, 偉人, 傍から, 働き給えこれ, 僕らの, 元気な, 先代に, 先年アメリカへの, 先立ちに, 全快し, 共に, 兵太郎君の, 内気な, 出かけて, 出京, 出来るなら直ぐ, 初めてさとった, 到頭待ちきれなく, 力を, 加瀬谷の, 労働者か, 勇気凜, 勿論くわしい, 化け物に, 十スー貸し, 十年前の, 卑劣な, 危険だ, 参ったよう, 友人の, 口に, 古色愛すべき, 合宿に, 同じだった, 同志として, 同感だ, 同様であった, 同行したけりゃ, 同類か, 名高いお方, 君を, 呆気に, 味な, 咽喉から, 商業會議所の, 喜ぶでしょう, 噂を, 困つたオッチョコチョイ, 国家の, 在宅でしょう, 堪らなくなったと, 声を, 外を, 多少その, 大いにやに, 大いに食指, 大よろこび, 大分迷亭見た, 大変な, 大變仲よし, 天智天皇の, 奥さんが, 好い加減に, 妻も, 嬉しくありました, 安, 宝生金五郎翁の, 実家の, 寄りそって, 寝ること, 尊敬の, 小声に, 小猫八, 少しあがった, 少しのぼせ, 少し勉強, 少し手伝わない, 少し端唄, 少し遅れ, 少年探偵団の, 居らんよう, 山岸さんに, 巨人金庫の, 巴絵さんも, 帰る私, 帰省し, 平凡な, 序ながら, 引用された, 強制的に, 当時パリーに, 彼方此方の, 往きて, 後から, 後継が, 御同感, 御用学者に, 徳治二年ふと, 心の, 心細くなった, 必ずその, 忙しいだらう, 思った, 急がんの, 恐らくこの, 恨めしく今朝見舞, 悪い悪いが, 悪党だ, 惨めなりゃ, 愕く, 憤りたくは, 我輩の, 戦場に, 手の, 承認し, 折角上京, 撃退され, 敏感に, 散々聞かされた, 文學なんか, 斯うい, 新婚当時で, 新調の, 日本へ, 旨くやっ, 早く何とか, 早く来い, 明日一日遊ん, 昨日群像の, 是非食いたい, 時々通っ, 時計の, 暇さへ, 最後に, 木の, 未来の, 来いよ, 来たまえ, 来なかつた, 来り門司三, 来るでしょうから, 来年出る, 杯を, 東京へ, 案外頭脳, 次の, 正宗君も, 此世を, 此書を, 武夫君の, 死んで, 残れそれから, 毅に, 気がかりで, 気がつかなかつたらう, 気に, 気附いたろう, 汗を, 決して分らない, 泣いてばかり, 注意した, 流行の, 淫売婦では, 港区に, 満足の, 演説した, 無事だつた, 無事な, 無論知っ, 熊谷君も, 牧師な, 物憂し斯, 現在他から, 用が, 男の, 画らしい, 略ぼ, 畳に, 病めれば, 發心しろ, 直ぐ気がついた, 真剣である, 矢張り大宮へ, 知ってるだらうが, 知ってるだろう大, 知ってるね, 知っとるであろうが, 知つてゐられる, 知らせ給, 知らねば, 知り給, 知るとおり, 石見生れの, 社員の, 私たちと, 私より, 稽古させ, 立ちあがりました, 立候補しとる, 竹造君も, 笑ひ, 素直である, 細かいのう, 終わりの, 絶望の, 綱引御, 續い, 習慣の, 老女の, 考えなおした方, 聞いた, 聞いた通り, 聴きつら, 脊広を, 腹を, 自然逃げ足に, 芸術を, 若し萬一不幸, 苦笑し, 茶目だ, 落ちつかないだろうと, 藤沢に, 蟹の, 行きて, 行くの, 行ったこと, 見えなかった, 見た, 見たよう, 見れば, 視覚を, 覚悟の, 解脱が, 言つた, 言われたとおり, 試に, 話して, 認めて, 變つた, 貯金が, 賛成した, 起きて, 足が, 車を, 転んだ, 辻村君の, 近ごろ来, 追放です, 進み出た, 運動選手の, 遠慮なく飛び込ん, 遣つて, 重々知つ, 鎧を, 開業, 阿呆だろ, 随分不, 随分心配, 随分熱心, 随分頭, 隨分やん, 震へながら, 面白がる, 頬を, 顧問くらいの, 食わず嫌いを, 飼って, 馬鹿ぢや, 驚いたかも, 驚く可, 鬼の, 黒い眼鏡越し

▼ 君~ (2721, 3.6%)

100 一緒に 57 二人で 44 いっしょに 35 僕とは, 私とは 28 僕との 24 一しょに 19 同じよう 18 話して 16 三人で, 僕と, 同道し 14 僕とが, 私との 13 して, ポケット小僧は 12 いって, いつしよ 11 話を 10 ノロちゃんは, 一しよ 9 並んで, 僕の, 僕は, 我との, 私と 8 君の, 私とが 7 云ふ, 別れて, 私の, 私は, 話しながら, 顔を 6 それから, 一所に, 我とは, 相談し, 結婚した, 遊んで, 違って 5 ポケット小僧が, ミヨ子ちゃんは, 僕が, 私が

4 [21件] ここで, ならんで, わかれて, ミヨ子ちゃんの, 一緒の, 予との, 予とは, 二人の, 倶に, 其著述, 別れてから, 協力し, 呼んで, 我, 相談の, 私とを, 細井君の, 自分の, 言うの, 言ふ, 連れ立って

3 [42件] あの人, お登和さん, そっくりの, である, なって, ならば, なりて, ひろ子が, ふたりで, わたしとは, わたしは, われ, ノロちゃんが, 予と, 二人きりで, 云って, 交際し, 余と, 余とは, 余は, 僕だけ, 別れた, 同じやう, 同様に, 同行し, 団員の, 寝よ, 懇意に, 為す, 相携, 相携え, 私とで, 細井君が, 細井君は, 結婚し, 結婚すれ, 絶交する, 言えば, 言って, 語つた, 酒を, 雖も

2 [140件] あの瑠璃子夫人, いうと, いえば, いっしょなら, いふが, いへば, おかあさんとは, おなじよう, その細君, その話, なつた, なら安心, なり次, なるの, のぼれば, ふたりの, ほかに, ぼくと, ゆっくり話, わが植, わたしの, わたしも, われとの, ソックリの, ノロちゃんと, ポケット小僧の, ヨシ子ちゃんが, 一杯やろう, 三人の, 三人限にな, 下女の, 二人きりの, 二人だけで, 云うて, 交渉が, 交際する, 令妹が, 仲が, 仲良くしてやっ, 会った時, 何か, 俺は, 僕とで, 僕とを, 僕程, 全く同じ, 共同で, 内藤君も, 再び逢, 分れてから, 別れた後, 別れた路次口, 別れる時, 力を, 助手たちとの, 友達に, 同じ, 同じくらい, 同じこと, 同じだ, 同じクラス, 同じ組, 同伴し, 同行した, 向い合って, 君づけ, 君との, 呼ばれたこと, 喧嘩を, 声を, 女の, 婚約を, 実君は, 小生の, 差向, 己とが, 志田君の, 思ひけり, 恋愛する, 我うそに, 我輩とは, 旧交の, 期せずして, 来庵, 樹明君とが, 此処に, 水兵服の, 水沢君が, 淀野の, 火薬庫と, 父と, 独仙君が, 申しまする, 目形君は, 相前後, 知らませば, 碁を, 私, 私とでは, 篠崎君とは, 結婚したい, 緑ちゃんとは, 縁故の, 自分と, 自分との, 自分とは, 自分とを, 自動車の, 花岡君, 萩原君とは, 行って, 見て, 親友な, 言った, 言葉を, 話したこと, 語を, 調和しない, 談合つた通り現時の, 豹一に, 逢うの, 逢ふ, 逢ツてからといふ, 連立つて, 遊ばむ, 遊べるの, 過せし, 達子との, 違うの, 野村君とは, 関係ない, 阿母さん, 隣つて居る, 離れて, 雪子ちゃんの, 雲取山に, 青木学士は, 飲みたい, 高谷君と, 黎

1 [1549件 抜粋] あなたとは, あの大きな犬, あの少女, あの賊, あらんと, ある, あわせて, いいまして, いうか, いうほどの, いくつ違う, いっしょでなけれ, いったり, いつし, いつもその, いひ共に, いま一人歌沢の, いわれその, うけたまわりおん情け, おとうさんの, おなじ年, おなじ洋服, おもって, おれは, お分, お嬢さんとが, お揃いでこしらえた, お母さんと, お直, お近付き, お雪とを, かしづかれ, きみが, こうして坐っ, こうして酒, この, この人, この女中, この桜井氏, この籐椅子, この阿, ごいっしょ, さしむかい, しかも, しても, しゃべって, し今, し母宮, し遊び, すこし歩い, ずっと一緒, そうだ, そして私, そっくりな, そのみる, その妹, その小梅, その犬, それからディック, そんなこと, たどらむ, ちがうところ, ちぎりて, であったかが, どういう訳, どこの, なし奉らねば, なっても, ならそりゃ, なられたばかり, なら話すかい, なり初, なり竈, なると, なる人, ねたか, はいふなり, はや夕, ひっ越しの, ふたりきりな, ふたり泊め, ふとかよ, ほく今, ぼくとの, またしても, まつたく正, もうひとり小原君, やすえちゃんという, やること, ゆっくりやりたい, ゆつくり落ちつい, よく出, よばれて, わかるる, わかれの, わがはいとで, わしが, われのみ, われを, われ葵に, アーネスト君である, ォわか, サム君とを, シノブさんとの, ジャック君は, スタア博士と, チタ子とは, ナオミとは, ノロちゃんに, ハッキリ区別, ヒルト博士が, ポオ君と, ポケット小僧と, ポケット小僧を, マサちゃんと, マリが, ミヨ子ちゃんが, ミヨ子ちゃんという, ムク犬との, モヨ子さんとの, 一しょだ, 一しよなら, 一串に, 一刻も, 一寸廻っ, 一杯やらう, 一緒だった, 一緒なら, 一軒の, 一郎君も, 三千代ちゃんの, 三峰へ, 三男の, 上総の, 世間なれた, 並べて宛名, 中学校で, 中田君とが, 丸山君とが, 久しぶりに, 久助君は, 九里丸君, 争うこと, 争おうとは, 二三問答を, 二人きりに, 二人ぎりで, 二人ぎりに, 二人づれで, 二人会も, 二人沼津中を, 二十年ぶりに, 二言三言話す, 云うロマンティスト, 云う法律, 云ったって, 云つたら, 云ふべきなり, 五人, 交り, 交渉した, 人力車上の, 今一人二三日前から, 仕事の, 付け合わせの, 以前御, 仰がれて, 仰るん, 仲よくする, 会いましてね, 会う機会, 会って, 会ひ, 会わなくなってから, 伝四君に, 住の江に, 何年ぶりか, 余とを, 作者自身とが, 依田君とが, 信子さんとの, 俺との, 偶然一緒, 僕さ, 僕とはね, 僕らとを, 兄君は, 先般逢った, 入道の, 公園の, 共に住め, 共訳した, 兵太郎君は, 其の人たち, 其頃発行し, 再び此原, 再會せり, 出掛けた主人, 切り離せないもの, 判ってから, 別れた時, 別れようと, 別れるお茶, 別れる今生ふた, 別れ愛兒日出雄少年, 利根の, 劉表とを, 匂う宮, 北見君です, 千樫君だけ, 協議の, 南支へ, 印東にしか, 友だちでし, 双璧とも, 取られん, 口論を, 可愛が, 合議の, 同じくらいの, 同じく本能, 同じぐらいの, 同じボックス, 同じ境遇, 同じ宿舎, 同じ様, 同じ泰明小学校, 同じ程度, 同じ考え, 同じ言葉, 同伴すれ, 同姓だ, 同居しよう, 同年ぐらいじゃ, 同感, 同時の, 同期二度目には, 同様ツーリストビュロオの, 同様私も, 同級です, 同郷では, 名づけたかの, 向かいあって, 君と, 君川君という, 吾輩の, 味って, 呼ばれたる少年, 呼びかけて, 呼び掛けたり, 呼ぶにてや, 呼ぼうでは, 呼んだの, 和解する, 善悪を, 喫茶店で, 四男の, 国富君とが, 地獄の, 堀口君二十一番から, 堤君とが, 変わりは, 多々桜君, 夜逃げを, 大原君の, 大学の, 大田黒君とが, 天野少年に, 契約した, 奴隷としての, 妻君が, 妾とは, 娘とは, 婦長さんとが, 子供とを, 安二郎に, 安国寺さんとは, 実はよろこん, 宮原さんと, 宮島君も, 宿の, 寝ようか, 対座した, 対蹠的な, 對てを, 小坂氏の, 小庵, 小林少年と, 小柳君とが, 小田原へ, 小魔人, 少女助手の, 尾沢君が, 屡々酒, 岡君との, 峡中に, 川手氏とは, 左右に, 己との, 巴里唯一の, 師匠と, 平和に, 幸子さん姉弟が, 広田青年が, 弟君を, 当時の, 彼女との, 往復した, 御一緒, 御相談, 微に, 心安くした, 思ひて, 思われる男, 恋仲に, 恒子さんとを, 愛ちゃんと, 我と, 我と二人, 我と見る, 我のみと, 手を, 抱擁する, 拙者とは, 接近は, 操とのみと, 故劉表, 散歩する, 斯うして, 旅行する, 旧友の, 春の, 是部屋に, 時を, 暮した四十年間十余人, 書いて, 書生の, 最も親しい, 會つた, 會ふ, 有田君と, 木々君と, 木村さんと, 村田君と, 東風君に, 松村君が, 林原耕三君と, 某君との, 柴田流星君が, 桂文楽林家正蔵, 梶君との, 椿山君とが, 槇村君は, 正三君を, 此処で, 歩みしあと, 毎晩こうして, 民とも, 民部が, 決つた, 決闘でも, 河田が, 波田きし子女史とは, 流水落花の, 海岸へ, 渡辺君とに, 源三郎が, 滑らかな, 為山氏は, 照彦様を, 熊谷君は, 片岡の, 現在そこに, 田川君との, 田村君と, 甲板の, 申します, 申す人, 町を, 異うの, 白山へ, 相ひ見る, 相對, 相見る, 相談しよう, 相識った, 真一とは, 真斎, 睨みっこ, 知り合, 知合いに, 短い知合, 石神井部落を, 神近とは, 秀岡氏とは, 私だけは, 私とも, 私も, 称して, 程は, 立ち寄つたおぢさん, 筆者との, 篠崎君が, 米国の, 素問合読なす, 細井君には, 紹介された, 結婚したてには, 結婚の, 絶交したくなり, 総ての, 緑平老とへ, 聞ゆ, 脚色者の, 臣との, 自分が, 自分とで, 自然との, 色々話し, 芦田均君が, 花嫁との, 芳野君だけ, 芸者を, 茶室めぐり, 落ちあった, 落ち合ったよ, 葛卷君の, 蓉子さんが, 藤野先生と, 蜂須賀巡査は, 行き, 行く白馬ヶ岳, 行先を, 西巻を, 見つるは, 見るより, 見歩くゆかり, 親しくなられ, 親しく往来, 親友としての, 親戚の, 観潮楼へ, 言います, 言う事, 言う男の子, 言つてわるい, 言わず人々, 記代子の, 詩の, 話しこんで, 話したおでん, 話しました, 話し合ったり, 話すことさ, 話す君, 話込ん, 語らずなりに, 語り明かした幾夜, 語る親, 説が, 論爭する, 識り, 谷川徹三君と, 貴島とが, 賊とが, 踊って, 軍曹は, 迷亭君の, 通つて, 逢ったらすぐ, 逢ひけり, 連れだつて上野, 連夜楽屋を, 遁げ出す, 遊ばん, 遊んじゃ, 運転手に, 道綱とが, 遠ざからなくちやならない事, 邦画洋画優劣論を, 郵便屋との, 金子君だけ, 長いこと話, 長島君の, 長次郎だ, 関係を, 陳君との, 雖嫉妬の, 離れるの, 雪子ちゃんとが, 雪江さんとの, 青山の, 鞘当てに, 顔さえ, 飲む, 首尾相助け, 駒形の, 高橋栄君とに, 高頭君は, 鳴らさむ

▼ 君には~ (863, 1.1%)

12 それが 7 僕の 6 わかって, 何か, 何も 5 想像も 4 僕が 3 お気の毒, なにも, わからん, 何の, 無関係な, 解って, 言は

2 [48件] お礼を, がまんできない, この言葉, これを, すまないが, その意味, その音, なんの, ほんとうの, まだ何, まだ茶, まだ話さなかった, よくわかりませんでした, よりぬ, わかったの, わからないん, わからぬ, わかりません, わかるだろう, わかるまいが, わるいけれども, アンナが, 些とも, 何にも, 信じられなかった, 値なき, 全く僕, 分ってや, 分らないよ, 君の, 尻尾が, 忠親には, 思えるの, 想像が, 手の, 昔から, 有為多望の, 未だ君自身, 気に入らんの, 気の, 気の毒である, 無い, 血の気が, 話して, 責任が, 逢へ, 関係ない, 髭が

1 [700件 抜粋] あ, ああ落ちつい, あった, あと三万を, あの作物, あの先生, あの旗, あらざりけりと, ありすぎる, あるん, あれで, あれツ切り會は, いいたいこと, いい娘, いかなるご苦労, いかにも氣, いつかお世話に, いつもだれ, いつも先生, いま金もっ, いやがられるが, いろ, いわんでも, うっかりした, うまい考え, うれしいの, うんと報酬, おどろく, おむこ, お急ぎ, お銀様, お馴染, かけられて, かしこなる, かなり愉快, かなわない, かわいそうで, こいつが, こうした薫, この, このヴェリチャーニノフ, この二人, この刀, この前, この新居, この時, この玉, この自然, この違い, これが, これでも, これ以上云えなかった, こんな事, こんな経験, ご孝行, ご無事, さういふ, さきに, さし当たって, さらに耳, さる記念, しずかに, すぐわかるだろう, すぐ書けるだらう, すでに馴染, すまなかつた何とも, ずいぶんお世話, そういうこと, そういう直接療法, そうして明智探偵, そう云う, そう思えた, そこまで, そこまでは, そのこと, その他所行の, その判断, その勇気, その大事, その後出会わない, その後間もなく, その意, その時, その決定, その特別, その秘密, その自由, それだけの, それら実相を, それ位の, それ程の, そんなこと, そんな必要, そんな気, そんな遠大, たくさんだ, たくさんな, たびたび迷惑, たまるまい, ちっとも通じない, ちゃんと話, ちょっとむずかしい, ちょっと想像, ちょっと見当, つきり, つきりさ, できない君, とてもあの, とてもその, とても判らなかった, とても我慢, とても雀, とりあわぬ, どういう役目, どうしてこれ, どうしてその, どうしても隠す, どうだい, どうでも, どう見える, どこぞへ, どこまで, どんな男, ない, ない筈, なかなか判つて貰, なかなか直言, なにより, なるだけ, なんだか関さん, なんとも, なんとも意見, なんらの, のみこめないだろう, はっきり通じたらしかった, はなはだ応, ひとつ心配な, ひとまず物を, ひとりの, ひどく氣, ほかの, ほんとうに, ぼくが, ぼくと, まこと, まず疑い, またゆっくり, まだお父さん, まだつい, まだよくわかっ, まだ体得, まだ僕, まだ數, まだ無理, まだ解るまい, まだ邪心, まつたくな, むしろ見えない, むろんの, もうすこし説明, もうそれ位, もうなに, もうわかったろう, もう一つ望み, もう何, もう僕, もう出来, もう好い, もう心配, もう手, もう解つて, もう逃げ場, もう青雲, もったいないくらい, ゆっくり話, よいご, よくない, よく呑, よく解らない, よろしく言っ, わかったろう, わかっとらんの, わからないかねえ, わからないの, わからなかったの, わからんか, わからんの, わかりませんでした, わかりませんで案内, わかるかい, わかるはず, わかるまい, わしは, アリキタリが, テンキリ解っ, ノロちゃんの, ピデリットの, 一たん良人と, 一シリング上げる, 一人も, 一寸も, 一度も, 一晩もう一度, 一杯も, 一歩を, 一生頭が, 一番し, 一見し, 一軍を, 上の空とも, 下りて, 不忠親に, 不斷, 不評判だった, 不適当, 与えぬ, 世話に, 九条家に, 乳母と, 二三の, 二度無料で, 二週間で, 云わないで, 京都在の, 人の, 今まで, 今後いろいろ, 今書きたい, 今驚かれる, 他に, 他人の, 以前会った, 似つれ, 似も, 何とも申し訳, 何とも返事, 何を, 何事か, 何故の, 作中人物に, 作者が, 侮辱と, 信じられないくらい, 信じられないこと, 俳句は, 俺が, 俺れ, 僕より, 僕を, 兄上の, 兄弟が, 充分に, 先年雑司が谷の, 先生の, 児戯に, 全く何, 全く死身, 全く氣, 全く無効, 全然理解, 公私の, 兵太郎君が, 其の正嫡, 其様な, 出来ないの, 出来るかね, 分からない, 分からないの, 分かるまい, 分ってる筈, 分らないこと, 分らないだけ, 分らない樣, 分らなかったの, 分りませんでしたよ, 分るの, 分るまい, 分んないさ, 初めてみる, 判らないの, 判断が, 刺戟が, 助手の, 勝たしたくない, 十分だ, 十分想像が, 十勝の, 友人も, 取りみだしたやう, 只自分, 可能性の, 史料なる, 同情する, 向かない, 君自身の, 味方の, 四勝の, 四歳の, 困るん, 国家という, 国家といふ, 園君の, 圭角が, 埴輪が, 報知講堂で, 声を, 変態的な, 多少の, 夢にも思えない, 大いに話し, 大して迷惑の, 大に, 大体二種類ある, 大叔父にあたる, 大概わかっ, 天王寺を, 太郎左衛門が, 女と, 如何思し召す, 嫌いに, 嫌な, 子が, 子供が, 学徳世に, 学生臭は, 完全に, 宗族故, 家ダニ, 察しが, 察しられんの, 対策が, 小林少年が, 少しも, 少し無理, 屡, 岡の, 己の, 年の, 幾ら払つた, 度々やられ, 当り障りは, 当日の, 彼の, 彼方で, 後に, 後へ, 御世話, 御幼時, 御懇親, 御気の毒, 御目, 御礼を, 心掛けて, 忠義しょせん, 思想が, 恋人を, 息の, 悪いこと, 悪に, 悪魔の, 情熱的な, 想像されたろう, 意地悪く, 愛する子供, 感心させられた, 感服する, 感服だ, 懐かしからう, 成算が, 手を, 手数が, 抜けなかろう, 振りすてて, 授かりものかも, 操縦は, 敵わ, 敵を, 文才が, 断言が, 新野の, 日ごろじ, 明日が, 昨夜来曹操の, 是非とも来, 晦日に, 曹操の, 會へ, 望みが, 未亡人が, 東京に, 栗を, 梨枝子の, 椅子の, 検屍審問に, 此処で, 死という, 死ぬ氣, 毎朝午まで, 毒だ, 毫もハイカラ, 民衆の, 気が, 気の毒がっ, 気の毒だ, 気の毒な, 永久に, 求めないよ, 決して満足, 沙汰が, 浪人の, 浮んで, 済まないね, 渡せないね, 湯が, 無関係だ, 父君の, 片附ける, 犠牲的精神が, 用は, 申し上げて, 男の, 画を, 疾患を, 的が, 真理と, 眼の, 石炭の, 礼服が, 神様という, 秀吉が, 私からも, 私の, 私も, 私を, 立派な, 竹さんの, 答を, 縊死という, 罪という, 置いて, 美しい娘さん, 美人不美人の, 聞いて, 聞えないかね, 聞かせたくないと, 脣まで, 腕が, 自信が, 自分から, 自由である, 自由意志は, 至極平凡, 苟且の, 若い時, 荷が, 菊水の, 菓子が, 見えない, 見えないか, 見えるかね, 見えるはず, 見えんの, 見分けられないの, 見当が, 解るまい, 解るまいが, 言うまいと, 言っても, 言わなかったかしら, 詩集一册が, 話さないの, 話した事, 説明する, 読み取れないの, 読んで, 誰だ, 負けないつもり, 財産でも, 迷惑な, 途中で, 通じて, 逢つたが, 逢わずじまい, 逢わずに, 運が, 遠廻りの, 適当の, 酒一杯飮ま, 金魚屋と, 閑雅な, 関係の, 阿部君が, 青鈍色の, 面白くあるまい, 風や, 飛んだお手数, 馬念に, 高すぎる, 髪を, 默視できなかつた

▼ 君から~ (661, 0.9%)

11 聞いて 7 電話が 6 何か, 聞いた 5 借りて, 手紙が, 私の, 聞いた話, 話を 4 次の, 遣された家の子 3 だ, 僕に, 手紙を, 見れば, 金を, 電話で

2 [33件] ありがたい手紙, お離れ, かねて, きいての, くれな, であつ, なにか, もう一度話し, 來た, 借りた, 借りたの, 先へ, 先生の, 十返花君から, 四人目恰度私と, 左の, 教えられた通り, 有益なる, 続篇を, 聞いたこと, 聞いてね, 聞かされて, 聞きながら, 聞きますと, 見たら僕, 見ると, 親切なる, 貰つ, 贈られた伊香保日記, 輕佻の, 遺託, 離れて, 頂戴した

1 [514件 抜粋] ああいう, あったの, あなたの, あまり便り, ありがたいたより, あれは, あんななぐさめ, あんな同情, あんな意地, いただいた最初, いただいた賜酒, いただいて, いっしょに, いって, いっぺん忠告し, いつぞや小児, いやあなんとか, いろいろあんた, いわせれば, いわれなくっても, うけと, うけとると, うれしいたより, うれしい返事, おくられたの, おしづさん, お供し, お名前, お客さんに, お聞き, お聞きください, お聞き及び, お金を, かりて, きいた話, きいて, きかされた気, ききたいこと, くわしい話, くわしく報告, こうしたもの, このマグソダケ, この事件, この国柄, これ程深刻, こんどの, こんなさ中, こんな話, こんな電報, さう, さきに, してが, じかにきいた, そういう心づかい, そう聞いた, そう言っ, そう言われ, そして珍, その他から, その女, その山羊, その新聞, その話, その適当, その間の, それぞれ反駁を, それに, それは, それほど敵愾心, それを, そんなこと, そんなに叱られる, そんな報告, たちまち同, たのまれて, たよりが, だうれし, だよ, ちっとは, つらまえられたの, どちらも, なんとかし, なんとかすすめ, のがれるつもり, のを, はがきが, はじめてみんな, はっきりそうだ, はなしを, ひとつなにか, またこんな, また一つもの, また入間海苔, また問, また次, まだお, まだ何, まだ四册殘つて, みんな聞きました, もつと, もらうだろうが, もらうと, もらったの, もらったん, もらった寄せ, もらった手紙, もらつた田口菜, やうやく, よう申しおい, よくう, よく事情, よく聞い, よく聞きました, よく言っ, よく誤解, よくPW, よこして, よろしく周君, よろしゅういう, アンドレイエフの, イヤ君から, ウエストミンスター酒壺洞君から, カワセが, キレイ一本頂戴した, サムライの, チエスターフイールドを, トレードの, ハウプトマンが, ハガキ, ハガキが, ハガキを, ハムレットに, ヒントを, ヨッちやんに, ルナアル日記を, 一つ新田さんへ, 一つ真実の, 一つ頼ん, 一切の, 一寸法師の, 一寸聞いた, 一度催促の, 上田五郎武藤春雄といふ, 世事画報臨時増刊の, 中外日報を, 久保田夫人告別式の, 事件の, 云えば, 云はれ, 云へ, 云われても, 五十円送っ, 五十銭借り, 人間の, 今一応, 今三千ルーブリだけ, 今回の, 今度今年学校を, 今日倶楽部宛の, 仙崖の, 伝達され, 佐賀の, 体の, 何かの, 何等の, 作家である, 使いが, 保子に対する, 信濃の, 修正したい, 俳諧雑誌, 借りたもの, 借りた麦, 借用し, 借用した, 借金した, 僕の, 僕は, 優しい同情, 先むじて親書が, 先生及び, 八日の, 公けの, 写真を, 出た話, 分けて, 切手を, 利子を, 創業時代の, 助けられると, 勧められて, 北京へ, 北支出征の, 十メートルも, 十一月二日夜, 十万円取り分が, 十数年前に, 原稿を, 原稿紙を, 参木の, 受けたこと, 受けたもの, 受けて, 受取ったの, 古い夏帽子, 句稿を, 句集到来友情が, 句集柿の, 同人に, 同君の, 同君らの, 同国における, 君の, 君等二人の, 呉呉も, 告げられて, 呼ばれさえ, 呼び出しすぐ, 命を, 四月馬鹿で担がれ, 地下の, 城主の, 墨を, 声を, 壺に, 夕飯の, 多少棋理, 大阪朝日新聞の, 奥さんお, 奪い取ったという, 女人形を, 好意を, 姉の, 始めよう, 委しく書い, 委しく通知, 委細の, 委託された, 学ぶところ, 安六君から, 完全に, 宜しく云う, 宜しく言っ, 寄せられた見聞録中, 寄席で, 寄贈し, 密使を, 尊敬されたい, 尊敬される, 小さな葉書, 小包が, 小包で, 小包を, 小遣拝受感謝で, 少年探偵団員に, 屆いた, 屆けて, 届いて, 島木さんの, 左へ, 差入れが, 幾島君に, 序文を, 度々君の, 度々聞かされ, 引き給え, 引き離されて, 強く言っ, 当面の, 彼の, 彼女へ, 彼手紙を, 従来発行し来った, 得たヒント, 御文, 心臓の, 志村浩太郎君の, 恋愛論を, 愛の, 態人が, 憎まれたら僕, 懇望され, 懐中電灯を, 戴いたゲルト, 手渡して, 承ったところ, 抽象した, 拍手を, 招かれて, 招聘された, 指月堂君から, 掛かった電話, 握飯を, 揶揄された, 支度が, 教えられた, 教えられたところ, 教えられたほか, 教えられて, 教えられとんだ, 教わって, 文楽君へ, 断って, 旅費として, 日蓮上人の, 明かされないそれ前, 是程, 書いて, 書状が, 書留の, 最初の, 最初受ける, 朔君から, 来たうち, 来たで, 来て, 来るだろうと, 来るの, 来信, 来信ありがたう, 来信すぐ, 来信その, 来信北支は, 来信星を, 来電一時の, 東京新聞紙上で, 枇杷二部と, 桂子さんから, 橘の, 櫛か, 止めさせて, 正當, 歩き出す, 比べると, 決して自分, 注意され, 注意したら, 洋服シャツネクタイ靴靴下など, 洗礼を, 浅い大きな, 涙ぐましいたより, 滞留中に, 澄太君の, 熊本の, 熱心に, 父親の, 獄中に, 現在の, 理解され, 瓢箪形の, 瓦みたいな, 生まれた人, 田端の, 画の, 當時伊國漫遊中の, 疾くに, 百万ぐらい, 盃を, 益洲老師講話集, 直接吉田親分に, 直接岡倉さんへ, 直接手紙でも, 相談し, 相談を, 眞の, 真の, 知らせて, 示された, 示された見聞録, 私へ, 私を, 突然有馬, 突然道綱, 立派な, 笑われたこと, 簡単に, 米友は, 精しく聞い, 紹介され, 紹介された, 紹介せられ, 結納ならびに, 絶交状送られた, 習いたいん, 耳よりな, 聞いたか, 聞いたその, 聞いたと, 聞いたところ, 聞いたの, 聞いたので, 聞いたやう, 聞いたよう, 聞いたん, 聞いた事, 聞いた土地, 聞いた折, 聞いた時, 聞いた米若, 聞いた通り, 聞かされたこと, 聞かない分, 聞かれたこと, 聞きましたが, 聞きましたよ, 聞き姫君, 聞き知, 聞く, 聞く必要, 聴いた話, 自分は, 船長に, 芝居に, 芸術オリンピツクに, 葉書が, 蕎麦粉と, 薄情冷酷という, 装幀の, 見た天地, 見られたら死にたくなっちまう僕, 言えば, 言って, 言われた, 訊いて, 訊かして, 託されて, 許して, 詫を, 話が, 話しかけられた, 話して, 話は, 詳しいこと, 誓いを, 誘はれて, 説く事, 説教された, 説法された, 請求され, 豆腐の, 貰うぞ, 貰うたった, 貰うっていう, 貰つたそれである, 貰つた歐羅巴での, 貰つた正宗を, 貰つた般若湯が, 貰つて来た, 買った夕刊, 買収する, 買取った上, 質問が, 質問された, 贈って, 贈らる, 贈られた同君訳, 贈られた翻訳小説ネルヴァール, 身分不相, 軽佻の, 軽蔑される, 輪飾りに, 近著, 近著を, 返して, 返信さらに, 退院を, 送つて, 逃げたいん, 逃げ出そうと, 逓友稿料受取さ, 進んで, 部屋を, 重々申し, 野口君の, 金吾老人の, 金堂の, 鉢の子到着これは, 鏡子さんが, 長文の, 離れるだけ, 離れ去って, 電報が, 電話かけとい, 非常な, 非常に, 面白い報告, 音信が, 音沙汰は, 順々に, 順順に, 預って, 頼まれたって, 頼んで, 風呂敷を, 飛行郵便が, 養はれる, 馬上の, 馬鹿に, 鯛の, 鼓吹される

▼ 君~ (486, 0.6%)

7 の中 6 の方, の歌 5 のよう 4 が何, はあの 3 がこの, のこと, の考え

2 [32件] がいわゆる, がそれ, がはじめて, が先生, が私, が考え, のいう, のいる, のうち, のため, の人間, の仲間, の奴隷根性, の如く, の行動, の話, は, はその, はそんな, はどうして, はどうも, はほとんど, は僕, は右, は君ら, は君ら自身, は帰っ, は水, は自分, は警察, をし, を船

1 [381件] おた, から放れ, がいかに, がいた, がきらい, がこうして, がその, がそんなに, がつぎつぎ, がほんとう, がみんな, が人間, が何と, が使う, が全, が出かけた, が出発, が別に, が可哀そう, が君ら, が君ら自身, が国家, が外国, が学士, が常に, が応接間, が怒り, が揚錨, が断頭台, が日和見主義, が最後, が朝昼晩, が木魚, が死にたい, が海賊, が煙山さん, が物質的, が犬, が経験, が考へ, が血, が見え, が進歩, が邪魔, が鐵亞鈴, が離れる, こそむしろ, こそ抜からず, さえもう少し, だけで, だけには信じ, だって僕, だつて一晩位, であります, できめる, で遊び, という人間, といっしょ, とこうして, とともにはたらく, とともに永平寺, とはなはだ, とは随分, とわたしら, と一緒, と会合, と余, と共に, と共に休憩所, と共に余, と共に悠遊, と同じ, と多少, と季刊雑誌, と密接, と提携, と朝夕往復, と熱海, と肚, と親しく, なり, にあくまでも, にあげよう, にあらずし, にうのみ, にくらべる, にこの, にこれから, にしっかり, にすすめ, にそれだけ, にそんな, にとってはその, にとっては芸術, にどんな, にはそこ, にはまるで, にはわからん, にはナンチモン, には想像, には懐い, には空想, には自分, には葉, にほんとう, にもちやん, にも分ける, にも私, にネバ, に一度, に丸, に事情, に交す, に人間, に会えた, に何, に分るだろう, に切符, に右向け左向け, に味方, に売りつけ, に多く, に委せ, に対して法律, に対して重大, に対する愛情, に尽く, に尾行, に恐しい, に手, に押しつける, に相談, に真剣, に知らし, に答える, に考え, に耳, に聞せる, に荒療治, に要求, に言われた, に雨天体操場, に願っ, のあと, のあまり, のお世話, のお父さんたち, のこれから, のすべて, のそうした, のその, のそれ, のほう, のまえ, のパリー, のミリタリズム, の一人一人, の一番, の一行, の一身, の一隊, の不利, の中流社会, の交際, の人情, の人類, の今朝, の仲裁会, の体, の依るべき, の修正主義, の傍, の共和, の前, の動静, の十分, の参考, の受持, の同胞, の周旋, の噂, の墓, の外道文学, の大, の夫人, の失態, の如き, の室長, の家, の尊敬, の小, の小父さん, の尾行記, の希望通り, の幸福, の役目, の志, の思想, の思想善導, の恥, の恩, の想像以上, の態度, の手, の最善, の来る, の気持, の泥足, の漫談家, の無, の生命, の生活, の畸形, の痩せ腕, の相談, の真理, の眼, の経営, の結婚, の罪悪, の義務, の耳, の職業, の腕ぢ, の船, の良心, の芸術, の著作者, の行為, の覚悟次第, の言行, の談話, の論争, の赤裸々, の這入れる, の選んだ, の間, の非常識, の革命, の音楽, の頭, はあれ, はいい, はいうだろう, はいったい, はかつて, はこういう, はこれ, はさらに, はすこし, はすなわち, はすべて盲従的, はそういう, はただ, はどう, はなん, はふだん自己批判, はほんとう, はまア, はみんな, はもう, はやりましょう, はよかつ, はよく, はよりいっそう, はわれわれ, はダンス, はフランス, は一体, は不在, は之, は乱臣賊子, は人間, は今朝, は何, は何ん, は何人, は偽善者, は元々, は充分, は全く, は前衛, は剣道, は印度, は友人同士, は嘘, は地べた, は多数, は太陽, は妙, は学校, は小生, は小雀, は巌谷, は帰りたまえ, は幸福, は引, は必ず, は思, は恐らく, は戦災, は撲られた, は改革, は敲かぬ, は斯, は日本, は早, は早く, は早川辰吉, は時, は暗愚, は村, は権利, は死, は気の毒, は決して, は淫猥, は無位無官ぢ, は王党, は眠る, は知事, は秋川駿三, は第, は第六感, は精神的, は約束, は芝居, は蜀, は血書, は言う, は酸素発生器, は重大, は鏡, は非人, は頑張っ, へそのまま, ほどの熱意, も, もあの, ももう, もよかっ, も外国, も子供, も学理的, も将来, も或いは, も昭和遊撃隊, も淋しい, も皆, も行った, も鍛練, も随分ぶうぶう, よりは切実, よりは大ら, わが前, をさんざん, をせせら笑ってる, をそんなに, を信頼, を圧死, を始め世間, を強制, を恐れない, を憎み, を捨て, を排斥, を機械, を欺こう, を真空管, を締め殺した, を背後, を良心, を見, を見てる, を載せ去る, を非難, 先がけて, 出て, 喜んで, 若い方々, 進み行き果して

▼ 君~ (406, 0.5%)

10 のやう 7 が祖 6 の祖先 5 の方, は, は未だ 4 のよう, の何れ, はその 3 と一緒, のお, の仕事, の手, の目

2 [27件] が日本, だから, と共に開いた, と同, と同じ, に代, に助, に比, のいう, のこと, の一行, の中, の仲間, の力, の時代, の為め, の相反, の行動, はおれ, は両頭, は云, は僕, は永久, は法律, は自分, よ, を祝福

1 [287件] あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, からも手紙, があれ丈, がこの, がずん, がはなばなしく, がもち齋, がよく, がわし, が一時, が一通り道理, が世の常, が云, が何, が余輩, が処得貌, が出, が出ないなら, が千葉, が呼ぶ, が国家問題, が地盤, が夥伴, が恥じ, が昨日, が最も, が最初, が有, が求め, が生, が生れない, が発表, が発議者, が見た, が賜, が邪魔, が間, こそわれら, こそプロレタリヤ精神, その猿田毘古, た, だつて他, だよ, である, でも内部, とし, とその, とても特長, との大きな, とはだから, と云, と反, と同じく, と国事, と我等, と農科, と農科大学, などに面会, に, にこうして, にこれ, にさ, にしろ, にそれ以上, にだけある, にとっ, にはわからない, には不可能, には夢, には如何にも, には普通, には私, には篠田主筆, には要領, には解, には関係, にまで誤解, にも弁解, にも来る, によろしく, にソレ, に下される, に人間靈長, に傾け贈りぬ, に判然, に叱られ, に大人, に対してお, に對, に手數, に故郷, に文藝上, に笑, に給, に自慢話, に萬, に話した, に話すべきだった, に逢った, に道理, に隠し, のお世話, のお父さん達, のか, のこの, のつぎ, のやる, の上席, の不, の云, の五人, の余分, の偉大, の入, の其時, の内, の前, の努力, の十名, の厚意, の名誉, の四人, の国, の外誰, の夢, の奉仕, の学校, の定, の宣伝, の将来, の少年, の尻拭い, の巣, の干渉, の幸運, の形式論者, の心, の心づか, の急難, の指図通り, の指導, の歩み寄り給, の氣焔, の法学院派, の爲, の理想, の生命, の知, の知る, の社会主義, の禅僧, の美しい, の考え, の考へてる, の考へる, の耳, の職権, の自信, の舊知, の荷物, の蒙, の處置, の見, の親父, の観光団, の観察, の言, の言う, の言葉, の話, の説, の諸君, の身の上, の這入る, の遠大, の隊, の面目, の頭脳, の魂, はいい, はいうだろう, はいろいろ, はお父さん, はこの, はこんな, はさっき, はそう, はそれ, はつまらぬ, はどう, はどこ, はなぜ, はなん, はまあ, はまだ, はもうとうとうに, はもし, はもつ, はやられた, はわし, はナゼ姉歯, は一家, は一體僕, は二十銭以下, は人間, は今, は仮令, は何, は何時, は勿論, は卑怯, は南アフリカ, は原案反対, は古, は困る, は地方, は垣, は墨子, は外形, は大屋, は大村, は如何, は實, は巴里, は後, は感心, は我が, は或, は日本, は杏仁水杏仁水, は此, は気が付かなかった, は牛肉党, は猜疑心, は直ぐ左様, は真面目, は知らぬ, は結局馬鹿, は罪, は義経, は苟も, は蔦, は話せない, は議論, は限界, は随分, は電車, は飲みすぎです, は馬賊, もあんな, もやられた, も一度, も一所, も一緒, も僕, も十人十色, も希望, も昨, も硝子屑, も行つて, やの詩, や僕等ぐらゐ, をうけ入れた, をお, をお送り, をし, をふり棄て, を下ろし, を人間並, を友, を嫉妬, を引裂い, を攻撃, を救はん, を方外, を罰しなけれ, を見, を見る, を訴えたなら, を載せ, を輕蔑, を部屋, 畏き歌, 若い人達, 見たいな, 見送られる三ノ宮, 黄ばんだ河添

▼ 君~ (403, 0.5%)

8 は何 6 はこの, はどう 4 たらずと, たらずとも, は, はあの, は今 3 はいったい, はもう, はよく, は僕, は自分, も一緒, も随分

2 [11件] と僕, にこの, にはお, に頼み, の意見, の話, はここ, はまた, は定めし, は相, もそんな

1 [320件] あそれ, あ存外人, いけませんよ, おいなぜ, からいわれなくっ, から左, から買った, が, がいくら, がいろんな, がお話, がきいた, がこの, がその, がそんな, がそんなに, がゴルキイ, が一番, が主人, が僕, が出かけ, が変, が大, が幽霊, が弾圧, が手, が持ち出した, が最初, が根拠, が桃, が正直, が煙草屋, が登場, が知ろう, が行, が行っ, が調べ, が送っ, が電話, このひと, この子, そこで嚊, そのまま放っ, その指, その異形, たらざれば, たらず臣臣, だ, だけがこの, だけだ, だってこんな, だって分っ, だよ, ちょっと行っ, ったらどうして, とこうして, とはじめて, とは時間さ, と云う, と全く, と我輩, どうする, どうです, なども妻君難, なんかには絶対, にあらず, にお, にお願い, にし, にちょっと, にはいつかお世話, にはその, にはなにもかも, にはほんとう, にはもう, にはもうこ, には君, には妹さん, にもその, に一つ, に判っ, に聞いたらわかるだろう, に電話, のいる, のうしろ, のお, のおかげ, のこと, のその, のところ, のほう, のよう, のシスタア, のヴァイオリン, の一言, の世間智, の主張, の事, の今度, の休業中, の刀, の勝, の口, の右, の夫人, の奥さん, の家, の家庭, の専門, の小説, の崇拝, の平生, の役目, の御覧, の心, の成功, の手, の死んだ, の気に入り, の画, の眼, の碁, の神速, の立腹, の組合, の考え, の胸, の腹, の見聞, の言う, の話し, の説, の質問, の身辺, の連, の都合, の酔い, の頼み, の鼻, の齎し, はあっち, はあれ, はいつか僕, はいつも, はいろんな, はえらい, はお, はけしからん, はこのごろ, はこれ, はこんな, はこんなに色々, はしきり, はずいぶん, はそういう, はそっち, はその, はそれ, はつい, はとんでも, はどうして, はどうしても一応, はどっち, はなぜ, はなにか, はなんと, はねじけ, はひどい, はふるえ, はまあ, はまだ, はまったく, はもっと, はもの, はりっぱ, はアベラアル, はインシュリン, はエスキモー土人, はサウ, はトムセン, はドストエフスキイ, はニーチェ, はババンスキイ痛点, はパリ, はヒステリー患者, はボー, はリシュリュウ機密閣, はルチアノ, はレイリー卿, は一つ, は一体, は一体どうして, は丙君, は今度, は今日駿三, は今晩何, は以前, は伝熱作用, は何故, は何科, は例, は偉い, は刑事, は刑法家, は初めて, は医者, は君, は吾輩, は図書館長, は外, は妙, は婦人客, は家庭訪問, は小さい, は尚, は川島, は左, は左様, は帰る, は平岡君, は幽霊, は床下, は徹底的, は心臓停止, は忘れやしまい, は思ひ, は性根, は怪しから, は恐しく, は感心, は手燭, は捜査, は探偵小説, は描けた, は故意, は旗太郎, は明治何年生まれ, は昨日柱時計, は昼飯, は期せずし, は木琴, は本官, は本気, は検事, は歡迎會, は残れ, は毒薬, は水仙, は汁, は津多子, は猶, は王様, は生まれかわった, は當分此港, は疲れ, は相撲, は省線, は真正, は知っ, は知るまい, は砒食人, は碁, は私, は紙芝居, は細君, は罰, は誤解, は諸国, は警保局長, は路用, は近ごろ, は酒豪, は長, は非常, は革命, は革命歌, ほんとに君, まだ怒つ, もいつの間にか, もうんと, もう一ときここ, もう一ぱい, もずいぶん, もそう, もそこ, もそっち, もだ, もまさか, もコーリン・ムーア, も一応, も俳句, も役不足, も悪く, も探し, も文學, も新, も是非, も本当, も来, も来る, も母親さん, も民政党, も知っ, も砲術, も立会つて, も考えなおした, も見, も覚え, も鬼, やあど, よい加減, をねえ, をノーアウッド, を嬢様, を澁谷, を道づれ, ァすこしどうか, 何だか知らない, 怒つた, 為らざれば

▼ 君にも~ (357, 0.5%)

4 分るだろう 3 わかるだろう, 僕にも, 来て

2 [19件] あの女, その他の, よろしく, 似合は, 似合はんことを, 似合わないね, 何か, 出て, 分けて, 君の, 容易に, 想像が, 欠点が, 熊本君にも, 紹介し, 話した, 責任が, 逢って, 逢つた

1 [306件] あきれたもの, あげるよ, あったよう, あの音, あるだろう, あれで, いうと, いたずらを, いったじゃ, いろいろ話した, いろいろ都合, うらなりの, うんと喰, おわかりだろう, お分り, お待ちかねで, お暇乞, お疑い, お知らせする, お鉢が, かくしておかね, かけるよう, きっと悦ん, くって, この身, これから感傷, これだけは, これで, こればかりは, ご拝顔, ご馳走し, さだめし待ち, さるぐつわを, しっかりチップ, して, じきに, すぐわかった, すぐ来い, すまなかつたとう, せよ皆完全, ぜひお, ぜひ夕食, そう見えるだろう, その位, その問題, その声, その気持, それが, それにも, それを, そんなの, そんなやさしい, たいてい想像, たっぷりお礼, ちょうどその, できるん, とうに決心, ない時, なにかそんな, はっきりわかる, はっきり分からなかった, はっきり分る, はなした宮中, ひとつこの, ひとつこれから, ほんとうの, まさった人, またよく, またモデル, また軽蔑, まだ分からぬ, まだ慰めなく, まだ昔, まだ見当, もう自分, やっぱり写真機, やつぱりさういふところがあつた, よくいっ, よくわかるだらう, よくわかるだろう, よく分るだろう, よく教え, よく言伝, よく話し, よく通じ, よりよく, よろしくそれ, よろしくと, よろしく御, わかったよう, わからんこと, わかりますか, キズが, ハッキリ分っただろう, ビールを, 一緒に, 一足心がけ, 三上君にも, 三百万出, 上げたいと, 不利益じゃ, 不服は, 九里丸君にも, 了解し, 云った居酒屋, 云って, 云つたように, 交際し, 亦彼自身, 今に, 今は, 付くだらう, 以前に, 休息の, 会いたいからね, 会うた, 会って, 会わせて, 似て, 似合わない, 似合わないぜ, 似合わないちと, 似合わない優しい, 似合わん, 似合わんじゃ, 何かと縁故, 何かの, 何の, 何らの, 余波が, 來て, 借りたもの, 優しくし, 儲けさせて, 充分に, 充分わかっ, 免状を, 出くわし三人, 出来るだけ, 分かって, 分った筈, 分って, 分るかね, 分るでしょう, 分ると, 分るよう, 判つ, 判らないの, 判らないほどに, 判るだろう, 別れを, 別れ今市, 加入し, 劣らず尊敬, 勧めて, 勸めた, 勿論此, 十月四日痢症にて, 即刻兵を, 厚く謝意, 可愛がられて, 同感は, 同感出来るだろう, 同様に, 君から, 告白した, 告白しない, 夜と, 大体は, 大凡分るだろう, 大凡想像出来るだろう, 大抵の, 天然を, 失礼な, 妹が, 嫌疑が, 子供が, 宮中で, 家の, 巴里へ, 年ごとに, 幼君や, 幾分の, 待ちかねて, 従いて, 御両親, 御同行, 御安堵, 御志, 御母さん, 心配を, 忠実の, 忰分啓夫にも, 悦びに, 惚れ込まなくては, 想像できるだろう, 意を, 戻って, 抵抗を, 撃ち返して, 明かに, 昔の, 是非一つ面白い, 時々逢う, 景気よく, 書き送つた筈, 書こうと, 會つて聽い, 有名である, 未だ作者, 松島へ, 林檎を, 梶女史にも, 正直に, 此の, 氣の, 永くいやし, 江夏の, 沈黙し, 海外から, 済みません, 潜在し, 煩悶の, 現われたけれども, 申しのべよう, 疑いを, 疾く疾くお, 白い服, 相談した, 相談に, 知らせて, 知らせなかつたの, 知らせようと, 知らせられるだろうと, 確信が, 私から, 私に, 私にも, 私は, 私交が, 種々都合, 紹介した, 紹介する, 絵里子にも, 罪は, 聞いて, 聞えるか, 聞かしたきは, 聞かせて, 聞かせるよ, 聴いて, 背き我が, 脱がせるよ, 腑に, 舎弟にも, 船を, 見えるはず, 見える筈, 見くらべて, 見せたの, 見せて, 解ったろう, 解らないじゃ, 解らないぢ, 解るだろうけど, 解決の, 訊きたいこと, 詩外楼にも, 話さなかったが, 話したあの, 話したお, 話したこと, 話したん, 話した通り, 話して, 話そう話そうと, 話の, 説明は, 読めないかい, 調べさせたん, 負けない奴, 責任は, 資格は, 起こって, 逢いたいん, 逢うて, 逢えるだろう逢えなかったら明日あたり伯爵家, 逢つた呂竹居に, 逢つた小郡は, 逢つてやりたい, 逢ひたい, 逢ふこ, 逢わなかった, 酒を, 重きを, 開戦と, 間には, 間代が, 関係の, 隨分暫く, 青竜王にも, 非常に, 面会, 飛んだ心配, 食事を, 高谷君にも

▼ 君自身~ (329, 0.4%)

7 の心 6 のこと, はどう 4 が, の過去, を世に, を呉一郎 3 で君, の, のため, の言葉

2 [26件] がその, が何, が何者, だ, ですら, で判断, にも出家, に取, に関する種々, に関係, の体, の信ずる, の力, の印象, の思ふ, の自殺, の苦悩, の誇り, の論理, は一体どう, は無意識, も亦, も此先, をあさましく, を君, を洗練

1 [230件] および輔佐役たち, からも一二度手紙, から出た, か呉一郎, があいつら, があの, がいく, がいまそれ, がえたい, がきめる, がこれ, がたま, がつけるべき, がどこ, がどの, がもう, がやはり, がわかつ, がわざわざ, がチャン, がモデル, が不思議, が余りし, が判断, が平和, が幻覚, が御, が死んだ, が気, が狙われ, が笑っ, が考え, が考えた, が自分, が行っ, が見る, が覘, が親, が訴え出る, が話し, が謝罪要求, が質問, が進ん, が顔, が食えなく, さ, さう言つたぢ, すっぽりと, すら心, そうした危険, そのこと, だか, だけを見たがる, だって経験, だつて, で, であったこと, でありたまえ, ではその, では一ぱし化け, でもいう, でもこの世, でも僕, でやすやす, で何, で何とか, で妙, で家, で無いと, で癒さなけれ, で考え, で肯定, で解い, で解決, としてももし, とのあつ, との一致, とを救い得る, と共通, と思わされ, と想像, と関係, にさえ立ち合っ, にすら物すごい, にとって迷惑, にどこ, にはっきり, にはない, には赤, にもおそらく, にも僕, にも当時十八歳, にも思い, にも本, にも毒, に何等, に冠ら, に君自身, に実行, に対する私, に来, に確かめさせなく, に罪, に表する, に親しみある, に関すること, のうち, のお父さん, のお蔭, のこの, のさ, のライフ, の不幸, の世界, の人間, の内面生活, の判断, の創作, の助手, の努力, の名誉, の告白, の命, の品性, の問題, の堅固, の外, の姿, の学問, の富, の寿命, の将来, の幸福, の弁護, の怠惰, の意志, の意見, の手, の才能, の指, の方向, の旅行記, の暮し, の永い, の深い, の特に, の犯した, の現在, の球, の理智, の生活, の用事, の真実, の筆, の考え, の肉体, の苦しみ, の血路, の言, の詩, の認める, の語る, の誤解, の説明, の講演, の讃辞, の責任, の進歩, の過敏, の選択, の青ざめた, の顔, の顱頂骨, はこの, はそう, はそれ, はちつ, はどんな, はよく, は信じ, は僕ら, は古い, は寫實主義, は弱くっ, は既に, は殿下, は気づかないらしい, は無論, は素早く, は縁, は苦痛, は輸血, は釣殿, ばかりだ, も, もあまりに, もこのごろ, もしくは呉一郎, もそう, もその, もつと, もまた, もやはりだいぶ, も一ペン, も云っ, も今に, も十分, も常に, も最初, も知っ, も経験, や家族, をもそれから, をも同様, を傷つける, を守護, を思い起こし, を愛しすぎる, を救いたまえ, を救え, を洗い清めろ, を無理, を生かす, を発見, を苦しめる, を見いだした, を見た, を軽蔑, ノ狂遇, 恐らく後

▼ 君~ (283, 0.4%)

3 いくたび, その他の, われや, ーい, 僕は, 君の, 私の

2 [16件] 中将の, 他の, 僕が, 刑事たちは, 南日君と, 我, 木村荘八君等と共に, 植木直一郎君に, 清沢満之君の, 神近は, 私と, 細井君が, 細井君の, 荒君は, 青空われや, 馬越君の

1 [230件] あどうかしてる, あのお方, おいでよ, おくびょうものの, お前あの, お前が, お前の, お前今日は, お志保さん, お芳, お辻さん, かげは, こし我, このホーキンズ, この方, しら萩われやしろ百合, しるらん, その一味, その他僕が, その友人, その奥さん, その妹, その系列, それから植物, それに, と大概, な, なぞ, または神近, むかしの, もし年, わしらが, われには, われの, ア讀ん, エバン船長の, エレーヌちやんが, サラ氏が, サーカスの, ナポリ学者と, ノロちゃんも, ユダヤ系ドイツ移民に, ラノン海賊は, ルゾン号の, ルーマニアの, 一寸おいで, 一年あとの, 一葉女史の, 三宅君の, 三宅幾三郎君や, 三浦君に, 下村君や, 不折君に, 世間の, 中村係長に, 中村君に, 中村君の, 中村正常君達に, 中野君と, 久保田万太郎君の, 亡くなった佐近益栄君, 佐々木昂さんと, 佐佐木君は, 何かの, 倭文子さんに, 僕たちの, 僕と, 僕などの, 僕の, 僕を, 兄さんは, 兄様に, 兵太郎君など, 其の友達, 其他の, 出入の, 加市君や, 北見君だ, 又は自分, 友ちゃんの, 友住君の, 古谷君とともに, 吉沢君の, 吉田君が, 四人だけ, 国富君や, 土屋君が, 堀内敬三君菅原明朗君なんぞも, 壮六君などと, 多くの, 大久保作治郎君なども, 大勢いる, 大夫などとの, 大学の, 大審院検事の, 大沢さんに, 妻と, 妻君の, 子供を, 安国寺さんの, 安孫子君は, 室生君は, 室生君等やの, 室生犀星君などが, 宮本君なんぞが, 寺内万治郎耳野卯三郎君なども, 小僧は, 小笹君が, 小野君が, 少年団員たちに, 少年団員たちも, 少年探偵団にも, 少年探偵団の, 山川君が, 岡本帰一君などと, 岩佐君や, 岩波の, 川尻君も, 師の, 帰りましょうもうどう, 常に敗北, 平塚君が, 幸田露伴氏などは, 度人妙經の, 弟たちの, 後の, 御一同, 心ながく, 悟れる, 戀ふる, 我国の, 探偵より, 故人の, 故人久能木慎治君などは, 斎藤新一郎君などが, 新賀梅本が, 日野技手に, 景蔵さんは, 有名な, 有島武郎さんが, 有島生馬君に, 有馬君に, 木下君に, 木工などは, 杉本君たちを, 村山君や, 東野さんは, 東風君の, 松本君だらう, 松本君と, 松本君と共に, 林田や, 柳田君の, 桑野は, 森口君とはずつと, 森口君は, 森田の, 楠山君の, 樋口君という, 横光君それに, 樹明君と, 樹明君や, 欒大より, 次兄池内信嘉やなどと共に, 次郎君は, 正ちゃんは, 正三君が, 波多君が, 波多君と, 清水君が, 渡辺君の, 源五兵衛君や, 照次郎君などが, 片岡君や, 物集君の, 理科の, 田中君と, 田畑君の, 白くぬった, 益田君が, 益田君は, 相川君たち五人の, 相撲選手の, 知るや, 硲君や, 硲長島君などと, 神代君は, 神近には, 福原君の, 福田徳三氏や, 私には, 私を, 秋山数夫君など, 立すら, 立花さんで, 細井君さえ, 細井君さえとは, 細井君にも, 繁野君たちと, 羯南先生なども, 羽柴君とは, 羽柴君の, 羽柴壮二君などで, 芥川さんが, 花房君の, 芹沢君はじめみんなこの, 菅忠雄君や, 菊池君や, 菱賣る, 葛西君も, 藤壺の, 藤沢君の, 赤星青年など, 車夫の, 辰野隆氏などが, 道迷ひ, 里見謹一君や, 金田君の, 長次郎達は, 閔子騫君の, 関屋君は, 隔つる, 雪子ちゃんで, 青木君をも, 香蔵さんを, 高谷君と, 黄瀛君や, 鼠骨君や, 龍太郎などは, M子さんに

▼ 君さん~ (262, 0.3%)

5 の御 4 はその, は長い 3 たら頸筋, に聽, の子供, の方, の眼, の顔, は田中君

2 [15件] が誘い, とお松さん, と私, のよう, の上, の大きいひさし, の養母, はあの, はポン, は可, は子供, は枕元, は運, もそんな, も一緒

1 [198件] おめでとうございます, お薬, からもさ, がある, がいけない, がうらやましく, がこう, がその, がそれ, がそんな, がつい, がもう, がわたし, がベエトオフェン, が不恰好, が云つて, が亡くなつた, が今夜, が伊勢屋, が何, が刀, が危ない, が月足らず, が殺された, が気がつく, が病氣, が知つて, が私, が血だらけ, が行方, が誰, が風, が駈けつけ, しっかりしなく, それではお, だけがなけれ, だと, だよ, だツ, である, でした, でしよう, という, という女性, とおっしゃる, とがお, とこの, とその, とは会えない, とは繼, と云, と云う, と彌, と添, と祝言, と親子, と言っ, と違っ, などを殺し, について行った, にとって田中君, には御, には気がつかなかったらしい, には縁談, には若い, にもまた, にもわたし, にも約束, に伊勢屋, に同情, に方々見物, に済まない, に言, のいびき聲, のいる, のお, のお父さん, のお父つぁん, のこの, のほか, のもの, のサンティマンタリスム, の不幸, の中, の事, の仲, の休日, の元, の前, の口, の名誉, の唯一, の姿, の安心立命, の家, の小さな, の幸福, の幻, の弟, の弟さん, の心, の恋しい, の手, の手引, の手蹟, の描いた, の敵, の新, の旦那, の板橋, の横顔, の死ん, の気持ち, の涼しい, の生れた, の癇, の百層倍, の相手, の聲, の芸術的感激, の視線, の言, の言葉, の説明, の趣味, の趣味生活, の身, の運命, は, はいくら, はいつか立, はおこった, はこの, はしばらく, はどこ, はひとり机, はほとんど, はまだ, はクリイム色, は丁度, は云う, は今, は今日, は今晩, は伊勢屋, は壁, は平松屋, は庭, は思わず, は怪しげ, は横, は此處, は毎晩, は氷峰, は波止場, は浪子夫人, は淋し, は滅多, は確信, は笑っ, は綺麗, は義理, は背, は脊, は自分, は茶, は袂, は誰, は運命, は頭痛, ばつかり, への借り, へ迫害, もほか, も今夜, も内心, も私, や正ちゃん, よく承知, より三十あまり, より卅あまり, より妹, をここ, をそういう, をたずね, をののしっ, を可愛がっ, を引きつれ, を彌, を御, を抱き起し, を殘, を殺した, を気の毒, を生む, を縛らう, を見, を護っ

▼ 君~ (256, 0.3%)

9 は君 6 は実に 5 はこの, はもう 3 のいう, の考え, はあの

2 [23件] がこんな, が水, というの, と一しょ, と云う, の, の家, の寐, の方, の言葉使い, の話, の間柄, はここ, はこれ, はこんな, はそこ, はその, はちかく, はもう暫く, は御, は怎, は泣い, は野暮

1 [176件] おもしろいこと, かあ, がここ, がどうして, がどんなに, がもし, がズバリ, が予言, が今, が今これ, が伸子, が出し, が合意, が君, が困る, が怠け, が悪かっ, が新, が殊に, が生前僕, が発つ, が雪渓発掘, だけは格別, だって君, だって皆, だつて左様冷, だ武田, で呼ぶだろう, で話, で話す, で隠す, と一, と一緒, と三人, と呼び, と言いかわしてる, に, にすべて, にとっては笑い事, にはまだよく, にはやはりどうも, にはレヴェズ, には分からぬ, には腸, に二十円, に極言, に耳語, に言つて, のおとうさん, のお父さん, のしっぷ, のよく, の三人, の三助, の主意, の云, の交換, の交際範囲, の代り, の会話, の判, の創作, の国, の場合, の妹, の学生時代, の家の上華客, の後, の心事, の心像鏡的証明法, の懊悩, の推察, の推理, の昨日, の死んだ, の母, の毒物類例集, の気持, の眼鏡, の記憶, の証拠, の調子, の顔, の魔法史的考察, はあすこ, はあぶなく, はいつかつ, はいつも, はいま自然, はいま非常, はいや, はきみ, はぐー, はこ, はこれから, はさっき, はじつによく, はそういう, はそんなに, はたくらみ, はどうしても, はどんな, はね, はねえ, ははじめ, はひょっとしたら, はもうすぐ, はもうなんとも, はやられたらしい, はわたり, はエイメ・マルタン, はソーンダイク, はホッ, はモー懲, はラザレフ, は一体どうしたらい, は不幸, は不愉快, は人, は今, は今日, は他人, は伸子, は何時, は信じる, は僕, は僕達, は先程, は八年前, は夕食, は外国, は実は, は思う, は新た, は旅行, は日本人, は昨夜, は昨晩, は未来, は植物学者, は正直, は此の間非常, は永遠, は決して, は淋しい, は深く, は率直, は知っ, は知つて, は穢多, は考える, は聞きたい, は自分, は行かなきゃならない, は見違え, は覚悟, は近い, は近ごろ女房, は饒舌りや, は馬, もこれから, ももう, も今度朝, も今日, も会話, も御, も既, も皆, も苦しい, や松本, を信じ, を助ける, を単に, を射っ, を馬鹿, んとこ

▼ 君とは~ (242, 0.3%)

3 この人 2 いよいよ親密, ちがって, どう云う, まことに霊肉相, やはり親友, 僕は, 別れて, 明日また, 百分の一秒毎に, 見えず

1 [219件] あんまり泳いだ, いくら話を, いとこどうしだ, いろいろ面白い, いわなかった, こう言っ, このたしか, これは, すぐそれ, ずっと懇意, そう思っ, そのとき, その小川屋, その時, その頃, それから, それから五つ, それきり逢えない, それぞれ神田の, それだけ違い, そんなやう, そんな共通, ただ大地, ただ文学上, だいぶはなれ, だいぶ方角, だいぶ暫くぶり, ちっとも似, つい最近, とても勝負, どういう関係, どうした, どう言う, どちらが, どっちが, どんな知り合い, なぜに, ならざら, なりけり, なれずとも, なんの, はがきの, ほとんど口, ほんとにしばらくだ, また入浴, まだ二度, まだ指した, まったく別, まつたく別, まるでちがっ, みんな蔵の, もう主従, もう会わない, もう口, もう駄目, よく一緒, アイサツを, スッカリお話が, パリ以来論争ばかり, 一つお, 一度しか, 一昨年君が, 一緒に, 一面の, 三四日逢わない, 不思議な, 並んで, 二三度会った, 二人の, 二級下であった, 二階に, 云はじ春の, 人殺しを, 今はじめて, 今後同行を, 仕事の, 仮小屋, 仲の, 仲よしに, 会うの, 会で, 似ても, 何度か, 何處に, 俳人の, 僕が, 元からの, 兄弟の, 兄弟以上の, 先生に, 全く別, 全く利害, 全く關係, 全然反対, 八幡前を, 初めから, 初対面だ, 別人かと, 力を, 十年来の, 午後僕の, 半年ぶりに, 去年の, 又変つた事, 反対に, 反対の, 口を, 同じ中学校, 同じ舟, 同郷の, 喜んで, 地圖を, 塀を, 外国語の, 大の, 大学の, 大正十年以來の, 夫婦に, 女として, 妙な, 婚約でも, 学校も, 対面する, 少々方面, 少し違う, 居士の, 山道に, 平生さう, 年代の, 廊下の, 徒歩で, 徒歩での, 快く話, 思いがけない対面, 思いませんでした, 思わずおたがいに手, 思わず吹き出した, 思われないほど, 急いで, 恋と, 恒子さんを, 意外です, 抑も, 指しませんからね, 故も, 断然絶交, 新しき友情, 早くから寝室, 明治二十七年卒業以来逢う, 昔し, 昔は, 春雨に, 昵近の, 時々往来, 時間が, 時間さへ, 暫らく交際し, 本町で, 札幌からの, 次の, 正反對, 此前伯母の, 此決闘に, 死ねない, 殆ん, 毎日毎晩会え, 永遠に, 泣きの, 熟知の, 父法主でも, 特に親しく, 生活状態も, 生涯なんの, 男の子が, 異なった悲しみ, 相反し, 私には, 種々の, 端なく, 笑つてし, 第一, 紅葉館の, 考へて, 肌合が, 自から, 茶器を, 藤島塾で, 親しいし, 言いながら, 言合わしたよう, 話が, 話したくないよ, 誰と, 近しかった, 近しかつ, 近親である, 逢った事, 連句という, 連璧だ, 違いましてね, 違いますね, 違う, 違うからな, 違うん, 違った感覚, 違ひ, 違ふ, 長いあいだ, 長い間, 長年の, 間もなく乾盃, 間接に, 関係が, 随分議論, 離れて, 非常に, 領事館に, 駅で, 高等学校からの

▼ 君~ (224, 0.3%)

4 の方

2 [12件] がその, のやう, の仲間, の可愛らしい, の心, の生活, の知らぬ, の苦楽座, は, はしるまい, は花市君, も好き

1 [196件] からし, から聞かされ, から遠ざけられ, が, がここ, がそれ, がやられちまう, が劇団苦楽座, が劇薬, が厭ぢ, が後, が思った, が旅行, が来, が熱心, が目, が米国, が良寛さん, が見た, が逃げ出せ, が面白い, さえ立派, そのうち, そのままで, だ, だから, であつ, でなければ, で石川君達, とは違, と少し, と種々, と違っ, に, にあえる, にお伽話, にかまっ, にした, にとっての, にとって国, にとって殆, にとつて, にはわからなかつた, にむつかしい, にもたやすく, にも会われない, にも分るでしょう, にも逢いたい, にスタア意識, に一つ秘策, に不動, に他人, に依つ, に嘘つき者, に対して抱く, に対して講義, に愛, に手数, に最初, に聞いた, に自重, に良寛さん, に言った, に訊ねる, に話そう, に逢う, に逢っ, に頼まれた, の, のあ, のうしろ, のうち, のうへにのしかかり, のお父さん, のこと, のその, のそれ, のため, のもの, のよろこび, のホテル, の中, の事ぢ, の二台, の前, の前額, の卑劣, の口, の名, の国, の境遇, の好意, の姿, の小机帳, の席, の御, の恋愛, の愛情, の我々日本犬, の戯曲, の持っ, の掌面, の收, の日本, の水素, の為, の生命, の真に, の礼儀, の立っ, の籃一杯, の胸, の虚心, の行った, の装飾品, の詩, の話声, の重, の間, の関五郎, の靴下, の額, の風, はあまり, はお, はおどろかした, はけろんけろん, はこの, はこんな, はし, はその, はとうに, はひつ, はひろびろ, はまた, はみんな六年級, はみんな私, はもう, はスタア意識, はモグリ, は一體何所, は今日, は何と, は例, は僕, は元気, は即後, は多分, は夢中, は大, は大昔, は嬢様, は安心, は寒く, は小学生, は己, は彼等, は思います, は既に, は死んだ, は気, は知つて, は知れ, は良寛さん, は言ふか, は都會, は音楽家, は鳩, ばかりだ, ばかりで, もそう, も作戦計画, も僕, も宜, も少し, も忠君無二, よりも先, より生じ, をいつも, をくるしめる, をその, を別荘, を動かし, を喜ばせるだろう, を思ふ, を愛し, を指斥, を救, を相手, を立ちあがらせた, を迎, を馬鹿, ァ白テロ白テロ, 余程知恵, 少しは, 生れてから

▼ 君~ (210, 0.3%)

19144 から斯様, つたのか, つても, な 3 ぜ, と云う, と思う, と思っ

2 [15件] からいい, からこんな, から打明ける, から話す, が, が君, つて, つて何も, つて考へ, といふ, と云, と思った, と思つて, のが, 幻覚中の

1 [119件] あね, からお話, からかまわない, からこそ心, からそう, からそんな, からである, からとてそうそう, からのこと, からもう, からわざと, から云う, から何, から内幕, から君, から夫, から恥, から重要書類, があれ, がね, がね母ひとり子ひとり, が今, が僕たち, が私達, ぜといふ, そうだ, そうで, ぞ, ちの困難を, っけ, つたぢや, つたと, つたな, つたの, つたのかも, つたまことに, つた事は, つてさう, つてさうだ, つてさうだらう, つてそんな, つてどうせ, つてもう大抵, つて一体サウ陽気な, つて一緒にな, つて一體サウ陽氣な, つて五月蠅い, つて僕だ, つて僕の, つて困る, つて恋女房の, つて東京へ, つて津村先生に, つて清潔な, つて病気に, つて痛く, つて真実の, つて空車で, つて義理も, つて花見に, つて製板の, つて見覚えが, つて間部福子の, つて陳いんだ, つて頬かぶりなんか, つて駄目だい, という声, という証拠, とおもう, とかいうの, とかまあ, とか親, とか言った, としたら, としても山ノ井君, とて芸術的価値, とは信じない, とは思はなかつた, とは気がつかなかった, とばかり思いこん, とばかり思っ, とみんな, とわたし, と分っ, と名代, と思いこん, と思へ, と思わない, と清浄, と滅多, と言う, と言つた訳, なんて言う, な尾田高雄, ねこれ, ね妙, ね腹, のと, のという, のを, まるで予期, もの, ものたとい, もの俺の, よこれ, よ小杉君, わざ, サッサ砲弾という, ッ, ッて, ッても, ネ, 今少し, 君が, 君だ, 晴信君だ, 縁側で, 酒と, 黎

▼ 君という~ (207, 0.3%)

18 のは 13 のが 11 人は 10 人が 5 女が 4 ものは, ものを, 人を, 少年が 3 のです, のを, 女を, 少年の, 青年が

2 [11件] ものが, ものに, 人と, 人に, 人の, 人物は, 名を, 女は, 男を, 薄命な, 豪の

1 [97件] かけがえの, ことは, ごく貧しい, その姪, なきだし, のだ, のである, のと, のに, のには, ひとは, ひどく太い, ふうに, ものと, ものの, ような, ように, わけだろう, シッカリした, トウ, ボーイかい, ミチ子さんの, ミドリちゃんの, リスの, 一年先輩の, 三人の, 中学一年生もう, 中学校一年生の, 事に, 人だった, 人で, 人との, 人などが, 人には, 人も, 人間が, 人間に, 人間の, 人間は, 僕の, 医者の, 単独者みすぼらしい, 同級生と, 名であった, 名は, 名前は, 呉服屋の, 大学出でない, 大学生が, 夫が, 女に, 女の, 女中を, 女房に, 奴が, 奴は, 子だけ, 子の, 字が, 学校に, 小がら, 小僧さんが, 小学六年生で, 小学生と, 少し年輩, 山獣の, 巨頭が, 年の, 心の, 技師が, 敏腕家, 方の, 方は, 書家に, 未見の, 無双の, 男は, 男も, 目撃者が, 秀才です, 私の, 稱號を, 紛れも, 者の, 色男の, 若い店員, 莫迦者は, 薄命の, 親友の, 言葉も, 足手ま, 重荷が, 雄弁会の, 青年とが, 青年も, 風格で, 高級の

▼ 君たち~ (203, 0.3%)

3 の話

2 [11件] からお, が落とした, でありわれわれ, の, の家, の心, の船, はなにか, は起き, もその, も遠慮

1 [178件] いったいどこ, おはします所, から, からずいぶん, からイヤ, からヒント, から僕, から無理矢理, から言われ, が, がいる, がきたら負かし, がくる, がこちら, がせっかく, がそこ, がそれ, がなに, がへびにかこまれてこまっていた, がほんとう, がみいられた, がゆくえ不明, がストライキ, がデパート, が一目, が俥, が元気, が冬ごもり, が夜, が思わず, が昏睡, が歩い, が水, が皆りっぱ, が自首, が見はっ, が話し, が逃げだそう, が逃げてる, が通った, が魔法博士, くらいの中学校, こつちへ, だけが人類, だけが昨日, だけじゃない, だけであげ, だけでやっ, だけな, だけの事, だけの反抗, だけは現にもう, でありわが, でありパストゥール, である, とラビットクラブ, と先生, と騒ぎ, なんらの, にただ, には何, にも不明, によって富まされ, に周さん, に悪い, に気どっ, に気どつ, に直させ, に言う, に語らう, に読ん, に酒, のあいだ, のあと, のすき, のめでたき, のもぐりこんだ, のドビュッシー, のバス, の乗った, の住居, の前, の勉強, の叫び, の唇, の学校, の寝室, の小さい, の少年探偵団, の影, の得た, の息子, の手, の手がら, の望み, の灯, の生活, の目, の粗雑, の精密, の良心, の血, の行手, の見はり, の計画, の車, の部屋, の頭, の顔, は, はあれ, はいい, はいったん, はいつのまにか, はきっと, はこんな, はしりません, はその, はそれ, はとうとう, はところで, はどうして, はどこ, はなんだか, はべつに, はま, はみち子ちゃん, はめくら, はやっぱり, はよく, はビクビク, はヨーロッパ, は一歩, は一體, は人, は今にも, は信仰, は六時間め, は君たち, は夢, は奴隷, は安心, は小説家的民衆, は幸福, は思わず, は早速, は校庭, は死ぬ, は皆そう, は知的, は窓, は葷酒山門ニ, は電柱, は順々, ばかりでない, もすばやく, もなっとくした, も帰る, や兄貴, や君たち, よりもさき, よりも先, をあんな, をおどしつけ, をたすけだした, をたすける, をだ, を一度, を作家, を処罰, を学校, を患者, を悩ませ, を捉, を教育, を追っかける, を送っ, を遊ばせ

▼ 君~ (194, 0.3%)

27 あつた 15 はない 7 はありません 5 はなかっ 4 はなく 3 同君は 2 こちらの, その住居, はある, もない, 他の, 我々は, 有る, 自分が

1 [117件] あつたさうである, あつたの, あらう噫衰殘, あらせられたこと, あり得るはず, あんなこと, いらっしゃいますから, おれが, おわすが, お互, きまりを, きみは, このこと, この人, この方, これが, ござりました, さえあと, さえそういう, さえ万, さえ明治八年, すらかく, すらもこの, ずいぶんその, せう, せう知, そしてカビ博士, その噂, それに, それ以來かれ, そんなだし, そんなもの私, どうも彼組, なし能登守, はあるまい, はいらっしゃいません, はございませぬ, はしつくりしない, はないです, はなし, はむろん, はやはり, は幼少, は相手, は話, また可憐, また太子, また泊瀬部皇女, もあるまい, もいれ, もおとな, もこの, もどなた, もな, ももっと, も一旦, も分らない, も墮落, も忽ちこう, も手塚さん, も昼夜, も気がつく, も雪子ちゃん, カプシン僧など, サ, 一年志願兵の, 三人の, 人間には, 今この, 伝説の, 何か, 余り性の, 働き僕, 僕が, 充分だ, 充分つとまる, 入内し, 其後同君が, 分らなければ, 前の, 右の, 君に, 君の, 在すでなあ, 大正六年の, 大菩薩岳, 媒人口では, 孰れ, 実行委員が, 實行委員が, 小谷の方さまお, 小野田を, 岩坂村の, 御子の, 思い出したが, 思い出すの, 是非コワルスさんに, 暢気な, 未醒子, 某学校, 毎日の, 無論旅屋, 独自の, 白いベレ帽, 白い歯, 私は, 縮尻つて懲りた, 自分は, 荒畑寒村君なども, 行きづまっている人, 行きづまってください, 話の, 誰が, 長いこと患, 間に合う話, 非常な, 題目は

▼ 君~ (184, 0.2%)

54 の旦那, の顔, はふと, は三好 3 が小郷, が鶴雄, はそんな, は自分

2 [11件] がはいっ, が犯人, だった, の元, の手, の横顔, はいきなり, はこの, はわざと, は二階, は小郷

1 [129件] がきき返す, がすっくと, がなぜ, がひきつけられ, がキャバレー, が今夜, が先斗町, が呼び出された, が断る, が来る, が笑った, が自白, が芸者, が酔いたい, じゃない, じゃないでしょう, だったら新聞, だと, ですか, という名, としてはしかし, ともあろう, と一緒, と並ん, と二人, と会っ, と別れ, と小郷, と肩, と鈴子, なの, にきい, につきまとった, にとっては先斗町, にふられた, にも弓子, に今夜, に似ぬ, に嫌疑, に背, に言った, に話しかけた, に貰った, のあと, のこと, のやつ, の写真, の勇, の古風, の声, の影, の手前, の方, の歌声, の耳, の肩, の表情, の言葉, の関係みたい, はあでやか, はあまりに, はあわて, はいけすかない, はうたう, はお座敷, はさっき, はそう, はその, はそれ, はちょっと, はつんと, はとろんと, はにやにや, はふきだした, はまた, はまだ, はもはや, はやがて, はよろめいた, はわれ, はスタンド, はハンドバッグ, は勘定, は匂う, は半, は取りかえし, は同じ, は呼びとめよう, は四条通り, は小郷なぞ放ったらかし, は床几, は心, は思わず, は思わずにこり, は稍, は稽古, は立ち停った, は美しく, は肩, は返辞, は鈴子, は階下, は驚い, は鴨川踊, へ旦那, もあと, もいい, もいよいよ, もすらり, や市龍, や鈴子, よりももっと, をうながし, をかばう, をつかまえ, をにらみつけた, をまく, をめぐる, を世話, を伴っ, を取調べ, を口説い, を呼んだ, を書く, を自分, を見, を見れ, を連れ, を鈴子

▼ 君この~ (162, 0.2%)

4 人は 3 事件の 2 上は, 事件には, 屍体の, 意味が, 男は, 薬は, 辺に, 辺の

1 [139件] あいだ美禰子さんの, いきおいで, おかめどんぐり, お茶の, きずを, ざまを, ひとを, ふたりの, まま素直に, まま黙っ, ように, アイスクリームは, オレンジの, カフェ, ケーポン肉は, スープを, ナイフは, ビフテキを, ボイルドチッキンこそ, モヤモヤした, レースの, 三人なんて, 三色刷を, 与一は, 中に, 事件について, 事件は, 二つの, 二階だ, 人たちは, 人も, 人を, 人生は, 人間が, 仇は, 位安全な, 例題は, 僕の, 儘じゃあ, 先生か, 先生に, 公卿, 写真は, 出来事には, 刺青を, 原稿は, 原稿を, 君と, 君皇統でさえ, 呉春は, 四つの, 土地の, 場合に, 場合鐘楼には, 夏も, 大阪じゃ, 奇妙な, 女が, 女を, 婆やの, 婦人を, 子どもに, 子に, 家の, 審き, 局面の, 山ぢう, 岩の, 島は, 工場を, 感情が, 手箱の, 打棉部, 捧げ方, 支配人さんと, 文字は, 方が, 方は, 方はね, 時に, 時椅子から, 暑いのに, 月を, 様子では, 正月に, 気持が, 水は, 汽船は, 油画は, 泰平郷に, 漆の, 火鉢は, 犬は, 田毎豆腐を, 男の, 神秘な, 笛を, 節だ, 結び方一つに, 結論には, 結論を, 絨氈を, 統計は, 胡桃形を, 胸の, 脊の, 自殺の, 船では, 艇内日誌を, 芋を, 荷物を, 葡萄酒は, 葬龕は, 蓋を, 行燈を, 警句は, 譬喩の, 超自然, 軽焼餅は, 近所には, 通りの, 通り家には, 連中が, 部屋には, 金で, 金は, 銃と, 鍵穴は, 雪だ, 青年を, 頃の, 頃は, 顔は, 飛行さえ, 食堂が, 魚は, 鯡を, 鳥は, 鳥子が

▼ 君~ (157, 0.2%)

8 知るや 4 君は 2 君の, 幸福であれ, 我は, 我れ, 春枝夫人よ, 知らなければ, 私は, 許せ, 青きを, 驚いては

1 [125件] あなたが, あの晩君, ありがたうどうぞ, あんたと, いくとき, いそが, いとしい人, かれが, きみ想ふ, ぎりぬと, こちら向け, この問い, この岸, この特絶無類, この答弁書, この花, さきには, さまでには, しつかりして, すまなかつた, すまなかつたすまなかつた, せめて今, そして私, その血僅, そは, たいへんお世話, たとい今私, たとい僕, たまくら, なげくな, なつかしき身, みだりに愛, ゆかしき紫, ゆめみる人, よかつ, よろこんで, わが見たる, わが身は, わたしの, われら終日おなじ, われを, ガンバリタマヘ, ナマクサと, 人よ, 人間の, 今の, 今は, 今まさに, 今わが, 今日は, 他日来たまえ, 何とで, 何の, 健在なれ, 僕に, 僕は, 决し, 処女たるを, 初々しき少年, 勝たんば, 南へ, 口を, 君が, 君と, 君はた, 君ほどの, 命長く, 夢魔に, 天に, 太陽系は, 妾らの, 威儀いかめしい, 子を, 孤独の, 安らかなれ, 山の神に, 左樣で, 師の, 幸福であり, 強い人, 御機嫌よう, 心と, 心を, 心豐かに, 必ず永久, 思の, 思ひ煩, 悠久うごかぬ, 感傷家よ, 我に, 我命の, 早く, 早く元気, 昔も, 春が, 暮春の, 棄てゆくこと勿, 死せる, 死に, 泣いて, 涙の, 火かげに, 真に田園, 私が, 私の, 私らが, 笑うなかれ, 笑ひ, 絶間も, 聴け, 自ら苦と, 茶が, 見給え, 許して, 谷間の, 賤の, 赦して, 辨當を, 迷うな, 金を, 青簾の, 願はくは, 駿馬の, 驚く勿, 高らかに

▼ 君だって~ (136, 0.2%)

3 そうだろう, そうでしょう 2 ことが, そう思ってる, たいさんだって, ぼくだって, 僕だって, 彼女を, 豪そう, 飯田君だって

1 [114件] あたりまえの, あのひと, あんななり, あんな不義理, いいに, いそがしいから, いぢめ, いっぺんひき殺されれ, いつもちくちくやられ, うすうす知らない, おれを, お前の, からだは, きいてるだろう, きっと弾かれない, ここに, ここまで, これで, これまでに, こんなはず, さっきから, ずいぶんみんな, ずいぶん変装, そうじゃ, そうだ, そうできる, そうでした, そう思うだろう, そのくらいの, その場, その点, それとは, それ位の, そんなこと, そんなに悲観, そんな秘密, ぞっとしたろう, だ, ちっとは, ちゃんと知ってるだろう, どうかなります, どうせ家, なかなか旺盛, まる一日, もう大抵世の中, やっぱり三宝, よくにこにこ, わかりゃしないん, マルキストだろう, レーニ一思いに, 下宿屋生活では, 不満足, 主人の, 亡霊かい, 今お秀さん, 今に, 今日は, 何か, 俺だって, 借りに, 偉いさ, 僕が, 先刻御, 先王が, 分って, 別段に, 制服を, 割に猫背, 同じだ, 名まえ, 名前くらいは, 君をだって, 命に, 四寸着る, 多勢の, 好んで, 嫉妬心に, 家にとって, 小坂さんの, 恋煩いなんか, 恐れやしないから, 戒名を, 担架で, 教育の, 新賀君だって, 昨日や, 機械の, 欺罔を, 決して死ん, 決して無責任, 油断は, 現にそこで, 生きて, 田村君だって, 痩せたよう, 相当の, 着て, 知って, 知ってるじゃ, 知ってるだろう, 知ってる筈, 知らんの, 知るまい, 知るまいけれど, 結婚したい, 聞いたよう, 腹芸じゃ, 見たこと, 解らんのだろう, 謎を, 賛成だろう, 逃げだせやせんよ, 遠慮し, 驚くだろうそれほど

▼ 君これ~ (132, 0.2%)

5 は何 4 はどう 3 は君 2 でも君, でも真面目, は一泊者, をどう, を読ん, を識

1 [108件] が, があの, がすなわち, がどういう, がなんだか, がわかる, が二十世紀, が人間, が分る, が易介, が昔, が毎々, が発見当時, が相当, が真, が讀める, こそ自然淘汰, だけ見せ, でいよいよ, でこの, でだいたい, でモー, で先刻人形, で君, で奴, で子供, で美事あなた, で菓子, で見, なくてはと, にこり, には君, に乗っ, に和す, に署名, はいよいよ, はうっかり, はおかしい, はきっと, はきみ, はけだし, はたいへん, はただ, はだめ, はどうも, はどこ, はどれ, はなにか, はほんとう, はアスペラガス, はハンブルクビフステーキ, はパリ, はフワーグラーエンビルビュー, はブラジル, は余程, は僅か, は僕の, は光線, は困った, は土, は学生, は少し, は帰す, は後, は心配, は必ず, は日本人, は未だ, は本当, は牡蠣, は犯罪, は皆, は皆アメリカ, は盗った, は米国ボストン府, は紫苑, は聞き捨て, は誰, は贋物, は震災, は驚いた, は驚駭噴泉, は高圧電気, は鶏, ほど進んだ, までのところ, もやっぱり, も今, も前, をどこ, をぬがせ, をのぞい, をみたまえ, をよく, を写さない, を利用, を取るべし, を持っ, を着, を着たら, を破れ, を見たまえ, を読める, を読んだ, を輔, ァ大失態, 画かね, 読むの

▼ 君との~ (127, 0.2%)

7 間に 5 間の 3 ことを, 約束を, 結婚を, 関係は 2 仲が, 縁組みに, 間だけの, 間には, 間を

1 [93件] あいだの, あひだがら, ある日, いきさつに, おはなしあい, お争い, お二人, お手紙, お話も, ことで, たもう, つきあひは, まずも, フロインドシャフトは, 一行でありました, 三人で, 三人暮しで, 上に, 争いも, 交り, 交友が, 交友に, 交友も, 交渉に, 交渉を, 交際の, 人物について, 人間的感応を, 今後の, 仲は, 会話, 会話も, 共著, 別れは, 前で, 友情が, 友情のみは, 友情は, 名を, 問答が, 地盤を, 夢を, 妥協は, 婚礼を, 婚約へ, 婚約も, 実に美しい, 対照が, 当時者の, 御写真, 恋の, 情話が, 感情交錯を, 手紙が, 指摘せられた, 接触について, 接近は, 旧縁を, 果しなかった, 永久の, 決闘の, 相違が, 第宅, 約束の, 約束も, 結婚の, 絶えて, 縁談を, 芸術上の, 血みどろを, 行方が, 親交は, 話の, 話も, 話を, 誠一に対する, 談話において, 論戦の, 議論の, 距離の, 逢引を, 道であり, 部屋を, 間にも, 間柄に, 関係さ, 関係の, 関係を, 関係上少し, 關係で, 關係は, 雅交の, 雑談の

▼ 君より~ (126, 0.2%)

6 外に 4 僕の 2 して, ほかに, 先に, 先へ, 前から, 君の, 外には, 遙かに, 頼に

1 [98件] うまいだろう, えらい人間, お召し, お訪ねある, し惡言罵詈, ずっとせい, ずっと年長者, たけを, はこべらの, むしろ安二郎, もっと科学主義者, よほどえらい, ズツト以前から, ズート以前から, 一寸落し, 上席に, 上等だ, 上等の, 上級の, 二つ上じゃ, 亡妻追悼録を, 他に, 他には, 以外に, 俺の, 傍で, 先輩で, 内々の, 出たもの, 出で, 前の, 十一も, 印二顆, 又二つ年下, 受くる, 向うの, 命ぜられたる重荷, 四五歳年上の, 天下の, 奪へりし, 妻へ, 始めて, 小さかつ, 平気だ, 平気な, 年々莫大な, 年下で, 幸福だ, 弱くなる, 強いかも, 当時七八つは, 役者が, 得た事, 御注意, 御礼可然, 悟って, 感受性が, 慰めらるる, 数段上に, 数等きびしい, 早く滝, 春日殿へ, 書簡を, 来信, 来書いつも, 来書はるかに, 東京へ, 林田の, 桜木方へ, 次の, 此論題に, 求められて, 法正へは, 火急の, 男振りが, 白シャツだけが, 示されたる写し, 立派な, 糸公の, 紹介せん, 罪を, 聞いてる方, 聞きたり, 聞けば, 背丈が, 自由な, 良く御存じ, 贈られた一册, 返書あり, 速達東京新聞の, 進んで, 遠く追悼, 那珂先生に, 重ねて, 野村君の, 風を, 高い立場, 齡若き

▼ 君~ (125, 0.2%)

13 手紙を 3 送って 2 あった, 手紙で, 挨拶し, 訴えた, 送る

1 [99件] 〆切を, あちらを, あてた電文, おやり, お届け, お礼を, お禮, お返し給わります, お頼みあっ, お願いし, お願い申し, かかったものの, この報告, そして吉田, そっと密書, そもなん, だて, とぶ螢, まず手紙, また新しい, やって, ノートを, ホンの, ラヴ, 一日の, 丁寧に, 上げれば, 二十ドルだけ, 云ったの, 云つた, 会わせて, 僕には, 入門の, 初見参, 取り次がすの, 取り次がせて, 受贈本を, 向くよう, 向つて兩手, 報じたが, 声を, 宛てたる手紙, 家臣を, 届けられる, 廻るつもり, 形見に, 御たのみ, 御つた, 御令妹, 御礼を, 心から望ん, 悪筆発送ほ, 懸けたと, 戯れられた, 持参した, 指月堂君へ, 授け給うたもの, 推挙の, 旅立延期を, 書いて, 来た, 椅子を, 歸つたら, 消息を, 無坪君, 申しあげて, 申しやる詞, 申しわけない, 相談に, 緑平老へ, 聞こえて, 葉書を, 行く, 言った, 言わせたが, 訴えようと, 詐らぬ, 詫状を, 話して, 説明を, 貸した覚え, 賀状を, 贈られたの, 贈られたもの, 近づいたら眼, 返しとこう, 追いつくと, 送つて, 送るべき原稿, 逢ひ, 遠島を, 長い手紙, 降参を, 電報到着せり, 電話, 電話する, 預けようと, 馬力を, 駈けつけて

▼ 君どう~ (114, 0.1%)

13 したん 8 だね 7 した 6 したの 5 する 4 だろう, です, 思う 3 したんだい, だ, ですか 2 いふ意味, したしっかり, したね, したねと, だこれから, だつたい, なんだい

1 [40件] かね聞けば, したい, したい人, したっ, したもの, したらいい, した持って, した起き給, しました, しやう, しよう, しようという, しよう書いても, するの, するん, だい, だいあの, だいそんなに, だい俺に, だい君は, だい御, だそいつ, だっていう, だねと, だろうッ, だ一つ校歌祭, だ一肩, だ今夜, だ熊本製, ぢや, ですいっしょ, です一杯, です服, でもえ, なるか, 思うかね, 思う君, 思ふ, 思ふつて, 着色写真でも

▼ 君あの~ (109, 0.1%)

4 女は, 男は 2 中で, 事は, 女の, 爺さんに

1 [93件] ご婦人, ねえ凍った, ほらあそこ, まだお, ものすごい台風, クロロフォルムの, サン・ソールヴ街の, ピストルが, ランプには, ロケットが, 一番奥の, 七色は, 中には, 乞食に, 事件では, 人々は, 人たちを, 人だ, 人の, 何とか云つたモデル, 偉大なる, 先生は, 刈株や, 判事の, 卓子の, 四句に, 夜最後に, 夢みたいな, 天才泥坊に, 女が, 女に, 女には, 女を, 女千代三郎の, 娘の, 婆さんに, 婆だ, 婆に, 婆やも, 子どもの, 子を, 宮子を, 宿から, 対決の, 尾の, 山中という, 山吹屋敷まで, 巨人金庫の, 日すなわち, 日僕が, 日本で, 明き屋買ひ占め, 時だけは, 時代は, 本館の, 松の木へ, 果物屋を, 栖方の, 歌澤は, 池の, 滑稽を, 瀬川丑松といふ, 火は, 煙りの, 田村君が, 由来書きを, 留守番の, 病院横町の, 矮鶏は, 石窟全体を, 神秘の, 神通自在な, 穴の, 窓の, 芳秋蘭という, 著いた, 赤シャツが, 足跡は, 路傍に, 辺の, 遺書で, 野苺も, 野郎木田市郎といふ, 鍵は, 間に, 青年は, 青年を, 額の, 顏つきや, 顔は, 風船に, 鳥は, 鼻に

▼ 君きみ~ (107, 0.1%)

5 はどう 4 はこの 3 はいったい, はぼく 2 にはそれ, のおとうさん, はまだ, は気, は花岡君

1 [82件] いって, からさき, からのよい, がいく, がだれ, がぼくたち, がぼんやり, が書いた, が監禁, が黒川, だってぼく, ちょっとここ, ともしばらく, どうだ, におもしろい, にのみこめない, にはうまい, にはわかっ, には少し, に迷惑, のいう, のところ, のほか, のポケット, の思いちがい, の番, の赤ん坊, の部下, は, はうまい, はうらやましい, はおこっ, はきっと, はこういう, はこれから, はじつに, はそこ, はその, はそれ, はたいへん, はとんだ, はどうして, はどうしても, はなにか, はひじょうな手がら, はほんとう, はもう, はわかるだろう, はわし, はわしたち, はナカナカ感心, はニュージーランド, はランニング, は上流, は今, は何, は僕, は勝ち, は博士, は四方, は土曜, は変, は夢, は安斉先生, は小さい, は心配事, は悪い, は懐, は明智, は毎日, は照彦様, は花岡さん, は虎, は血, までふるえ, も, もいま, もそのまま, もつい, もシッカリ, も便所, も知ってる

▼ 君その~ (105, 0.1%)

3 人である 2 人に, 人の, 人を, 大事の

1 [94件] うちに, くらいの腕, ためさ, つぎは, とうてい解しきれない, ときに, なかでも, ひとであった, ように, わけを, スイセイとは, スリッパを, センチメンタルな, ピストルを, 中に, 事については, 二つの, 交換条件という, 人たちを, 人では, 人も, 他五六人の, 他十数名と共に, 余の, 傷は, 前に, 半面をも, 南京豆の, 名を, 君が, 問題は, 四角な, 場所という, 壁に, 大食を, 女は, 娘は, 婦人の, 家具屋の, 寝台へ, 小指, 山羊の, 山鹿が, 岩が, 巨根を, 役を, 心和げ, 意味を, 懐中電灯を, 扇は, 手紙を, 拳銃を, 指の, 旦那を, 時君が, 晩聖ジュアンの, 本は, 棒の, 楼へ, 様子じゃ, 横には, 歌を, 死んだ多, 潜勢状態という, 物質構成の, 犬を, 男の, 異形な, 百姓と, 真相を, 短所は, 石を, 破滅告ぐる, 窓から, 窓の, 窓を, 答を, 素志を, 結果は, 編輯に, 義臣を, 脳組織侵害法が, 自から, 芳秋蘭という, 荷馬車に, 貝床こっちへ, 辺お, 野蛮は, 金貨は, 鉄ば, 鐘馗や, 頼むから, 顔色は, 飯を

▼ 君一人~ (102, 0.1%)

4 か, では 3 である, の手 2 だ, であと三人, ならだね, のため, を待

1 [78件] かい, かこの, かと思われる, が, がこの, がそんなに, が人生, が取り残され, が君, が知らない, が絶叫, が頼り, ぐらい居候, さねあ, じや, だけが客, だけが知っ, だけが苦しん, だけで, だらうと, だろう, であと, であります, でいる, でお, でこれら全部, でやつ, でゐられる, で住ん, で体躯, で出かけ, で呑込ん, で山野家, で来た, で枕許, で行き, で行き給え, で行く, で行っ, で面接, で飲ん, とでも云, となった, と一人, なの, なら何ん, なん, にかかつて, にし, に任せ, に家庭教育全体, に背負わせる, に自由行動, のこと, のもの, の主張, の人, の力, の室, の心持, の気, の病院ぢ, の責任, の運命, の都合, はそれ, は何故しかく, は別山, は如何, は紫, よりほか, りで登るよう, をつつみ, を守った, を残しとく, を相手, 入つて内証, 居るかも

▼ 君こそ~ (89, 0.1%)

2 何し

1 [87件] あとで, あののろわしい, あの女, あらゆる堅い, いつたいどう, いんちきでしょう, お気の, ここの, この夜中, この機, ずいぶん頭, そういう小さなこと, そのまちがい, たふと, とんだ所, どうしてこんな, どうして来た, どうして隠した, どこへ, なんだかにやにや笑っ, なんにもわからない, はまこと, ひとりである, よくこの, よく知り, 万事を, 人殺しだ, 今に, 今頃どう, 何か, 何だい今頃, 何を, 來る, 備へ, 僕たちが, 僕よりも, 先づは, 出鱈目を, 勉強したろう, 卑俗な, 単に基督, 受けるに, 君こそ, 否定狂さ, 嘲笑し, 夢でも, 大切な, 大変だつた, 失礼だ, 女も, 女を, 女性の, 妙な, 安らいなれ, 実に失敬, 寝とぼけてるよ, 少しよくなつ, 少し気, 御先棒, 心を, 必ず心たしか, 我が憩い, 我に, 日本の, 昔を, 最も重要, 此処にと, 水ムシの, 災難だ, 白足袋を, 盗賊だ, 相變ら, 真に人民, 真に社会, 知つてゐる, 社を, 私を, 穏か, 立つて, 自分の, 見らめ真野, 計算違いだ, 迷惑だろう, 過去の, 酔興な, 頑固だ, 馬鹿を

▼ 君ちゃん~ (88, 0.1%)

32 がみつけた, が大きい, だけが帰らない, に附い, のこと, の日本風, はもう, は俺ら, は帰らない, や二三人

1 [65件] いいかい, か, からのハガキ, からのハガキ一枚, がいねえ, がいる, がとり, が俺ら, が居ないなら, が帰ったなら, が話した, だけは旅, である, でしょう, では, という女の子, と云う, どいて, どうだい, にそう, にその, にはずし, には米友さん, にもお前, にムク, に会え, に会っ, に捨てられた, のいない, のため, のとこ, の仕送り, の在所, の殿様, の許, の話, はいねえ, はここ, はそう, はそんな, はどう, はねえ, はまさしく, は品, は女, は容貌, は居ない, は旅先, は花形, は近い, ばっかりは生き, もこの, も姉さん, も帰った, も旅, も罪, や, やった, らしいな, を思う, を本当に, を活用, を疑, 御贔屓, 頼むぜ

▼ 君なら~ (86, 0.1%)

93 で, で誰 2 きつと, どうする, 僕は, 大丈夫です

1 [63件] あの娘, いくら出す, いつでも, いまそこに, きっとうまく, きっと上手, きっと何, きっと有利, ここを, すぐに, そういう心配, その箱, それが, それくらい, それぢや, でああ, では, でまた, で知りたまわじ, どうだい, どちらを, なくて, なくに, なくにた, ばこの, ばすべて, ばそう, ばそこ, ばそぞろ, ばなに, ば一本, ば何事, ば或いは, む肱細う, めやは, もう死んだ, もっと身体, んと, 一時間ほど, 三日と, 今でも, 何か, 何と言, 僕が, 判つて貰へるん, 十年は, 君といふ, 君に, 大丈夫と, 実に適任, 屹度やる, 巧いがな, 必ず成功, 必ず紅葉, 抱へ, 法も, 涙を, 熊川君が, 生涯荷って, 疾から, 芸者に, 訳なく, 電話を

▼ 君~ (85, 0.1%)

6 に出 2 で一決, にまかり出, のお, へ出

1 [71件] から帰っ, から退がっ, から退く, しかも今日, であの, でたたかった, でもこの, でもその, で云い, で居眠り, で披瀝, で真剣, で自白, で行われ, で頭巾, なれば, にあり, にいた, にお, においてあけすけ, においていずれ, においては互に, における挙止動作, にてあるまじき, には粛殺, にまた, に伺った, に取次, に呼ばれた, に報告, に戰, に手向け, に於, に於い, に暇, に献げ, に罷り出る, に討死, に進み, に進む, に進ん, の密議, の憚り, の首尾, へおとりなししたれ, へのお, への進言, へは何とぞ, へは兄上, へもどっ, へもどったら, へ仮病, へ伺っ, へ実検, へ献じましょう, また衆臣環視, まであるい, までお, までお伝え, もおもしろく, よしなにお, よろしく御, をさがる, を執り成そう, を申しなだめ, を退い, を退く, を退っ, を退った, を遠ざけられ, 甚だ畏れ多い

▼ 君~ (81, 0.1%)

3 をし 2 うか, を考え

1 [74件] うおもう, うせ大した, うだ散歩, かあった, かある, かおもしろ, かこれ, かの必要, かやられた, か一つ, か不自由, か出, か出来ました, か君, か変った, か少し, か心配事, か忘れ物, か手がかり, か新しい, か方法, か書い, か書く, か用, か知っ, か言いました, か詞, か食べたく, か食べない, か食べる, が出来る, が故, ぞ帰らざる, だ, だぜ, だってお雪ちゃん, だらう, だろう, ちたつて, ちゅう名, て答えた, です, でも行, なん, にでも押し, のこと, の不思議, の役, の理由, の相談, もそり, もそんな, もそんなに, もためらう, もやつちやいかん, も土産, も心配, も悪い, も東京, よりも詩, をいつ, をしよう, をそう, をやっ, をやつ, をボヤボヤ, を君, を意味, を背負っ, を言う, を躊躇, を遠慮, んすれ, 云ってるん

▼ 君~ (78, 0.1%)

3 の手紙, は 2 が自分, の事, は誰

1 [66件] か, から, からそう, がいた, がなにか, がにこにこ顔, がびっくり, が与力, が入, が冗談, が出, が始め, が手, が手土産, が横, そして君香, であつ, というの, といっ, とが別府, とが始めた, とが肩, との関係, とは別府温泉, と一緒, と云つた, と別府温泉, と同調, と呼ばれた, と変, にはそんな, に手紙, に訊い, に頼ん, のいった, の仕込んだ踊り, の手, の本名, の話, はその, はためいき, はつんざく, はひととおり, はもう, は傘, は叫んだ, は同じ, は四辺, は家, は小, は彦島以後, は美しい, は自分, は茶化した, は金五郎, は鋭く, まで一役, も, もためいき, も染奴, も機会, も眉, をあらためて, を愈, を招, を椿

▼ 君~ (73, 0.1%)

2 まああがれ, 僕か, 君は, 我を, 野本君君に

1 [63件] いいとも, え大河, おまわりさんかと, この人, この男, これは, さっき電話を, さびしさ, そこまで, そも, それともあの, それとも女将, だつたら憤つて, とうとう君, どうだい, どちらかが, なでよ箜篌, ならず守り, へす朝, へらぬこの, へりこむ其日, へり來, ほかでも, もしくは呉一郎, よく来た, ホーキンズかに, ミヨ子ちゃんを, ラウダ, 丈夫らしい, 上んな, 亡くなつた井上唖々君, 代, 代は, 何故台所, 俺に, 俺は, 僕だ, 六の, 印君に, 友よ, 君こそ, 呼び棄て, 好く訪ね, 岩井の, 弟君か, 張飛とかいう, 彼女か, 折角呼, 松下君の, 松野奏風君に, 案外くわしい, 淡路君か, 田中園子さんという, 石川君といふ, 私かの, 私は, 芋銭君かに, 誰かを, 警察が, 迷亭君が, 道理で, 飛んで, 飲んで

▼ 君それ~ (73, 0.1%)

3 はいけない 2 は, は違う, をあいつ

1 [64件] からどう, から二人, から佐々君, から宅, から手塚さん, から柳田国男君, がこの, がまた, が三段論法, が僕, が兜, が双生児, が君, が惡い, が読める, が降矢木家, が+-, じゃあ君, じゃ御苦労, だから, だけはしない, なんか, につけ, に會社側, に田畑君, に相対性理論, はきみ, はきみたち, はそっくり, はだれ, はほんとう, はむり, は何, は値段, は僕, は全く, は利己主義, は君, は堪忍, は指, は日本人, は無理難題, は確か, は表面, は違, は違うだろう, は間違つて, は露西亜, は飛んだ, は鼠, ほんとかね, やア, よりか鉱石, を, をつけ, をもどかし, を一つ, を引き込める, を心理学的, を明日僕, を知った, を飲ん, 見たま, 願わくは之

▼ 君とが~ (72, 0.1%)

2 写真機械携帯で, 話を

1 [68件] ある日, いま客間で, いよ, お堂, そこを, そのあと, その屋敷, その頃, そろって, そんなこと, つくって, とうから恋中, にせものの, ぼそぼそと, また迎, みんなこの, やって来た, やって来て, やつて, ゆうべの, わたしの, ヒョイとうしろを, 一歩も, 一番先に, 二里の, 互いにこれ, 人目に, 來訪し, 偶然いつ, 出て, 友達に, 口を, 各室を, 同じよう, 同時に仁和寺, 奥多摩の, 對談し, 居る, 帰って, 幸福な, 御籤を, 復員し, 応援に, 怪物に, 愁嘆し, 折りかさなって, 抱いて, 最初にかは, 朝から, 来て, 来る, 松田の, 消えて, 激論した, 猿轡を, 瓜二つに, 県庁まで, 真に一体, 私に, 秋川邸に, 立ち話を, 竹馬の, 西洋館に, 見送つて, 話し合って, 読み役, 部屋の, 風を

▼ 君に対して~ (71, 0.1%)

2 どんな悪い, 感じて, 真に済まない

1 [65件] あやまらなければ, あわただしい旅, いつもかわらぬ, いや友人, かけ通し, して, すまない事, すまない涙骨先生, それを, そんなこと, そんな誤解, どうな, なおのこと腹を, なんで僕, はなはだ同情, まったく率直, サンクスだ, 不実だ, 不平らしい, 交情最も, 今度は, 何か, 何ごとかが, 何となく不安, 何らの, 何んと, 余り好い, 俺は, 僕が, 僕は, 全然無効, 公然明言, 友情を, 君を, 奇問を, 嫉妬心を, 実に恥入る, 実に済まぬ, 実に面目, 将来永く, 恐しい, 悪意を, 愛憎の, 抱いて, 持ち続けて, 持ったこと, 有難うと, 次の, 殆ん, 求めて, 深い愛, 満たざる所, 猶予し, 甚だ失礼, 申し訳けがない, 異常な, 礼を, 立腹は, 第二, 糧米五万石駿馬五百匹金銀一万両緞子千匹を, 罪を, 言われて, 身の, 陳謝する, 頗る礼

▼ 君とも~ (70, 0.1%)

3 相談の 2 あろうもの, お別れ, 一緒に, 女房とも, 相談し

1 [57件] あらうもの, あらためて相談, あろう人, あろう者, いつか疎遠に, いつし, いわないで, うちあわせたうえ, これから仲よくし, そのため, その後二三年を, その頃, そんな約束, ちがいます, なれば, また, もう別れなけれ, やはりそうで, よく打合せ, グッドバイらしい, 一寸御, 二夜三夜は, 云れる, 云われる新太郎少将, 人選について, 今は, 会って, 会わないよ, 初対面の, 判断の, 別れを, 十年ぶりで, 同乘, 同等の, 同道した, 噂し, 大いに活溌, 姉弟じゃ, 強って, 心安くなる, 思えないじゃ, 懇意に, 握手した, 曰ひ, 盟友だった, 相談した, 称ふべき, 稱ふべき, 絶交だ, 聯絡を, 自動車を, 行動を, 話したが, 逢うこと, 道江さんとも, 醫光寺まで, 電話で

▼ 君~ (68, 0.1%)

25 とこの 7 とこに 5 とこは 4 とこへ 3 ところの 2 とこも, ところへ

1 [20件] ちで飲ませて, ちのおふくろから, ちのかい, ちの姉さんの, ちの爺やが, ちの爺やとは, でしょうだから, とこだけじゃ, とこと, とこまで, ところに, ところには, ところのは, ところ狭い, とこ金は, 処は, 家で, 家の, 家へ, 處にも

▼ 君です~ (67, 0.1%)

25154

1 [23件] かといったです, かよろしい, からなにか, からね唖, からやはり, から政, か失敬, か影佐君, か御, か福松君, か結婚, が, がいくら, それからお嬢さん, って, といふ, と紹介, な新聞記者, な福井, のねって何, 何だつて日本銀行総裁, 巣鴨の, 私が

▼ 君もう~ (67, 0.1%)

2 いいから, ここで, 雲見の

1 [61件] いいじゃ, いいだろう, いいん, いっぺんこの, ここは, こんな話, その話, だいじょうぶだ, ひとりの, よござん, よせ, よろしい, 一つ君に, 一つ屍体が, 一つ思いだし, 一ときここに, 一ぱいくれ, 一人は, 一時過ぎだ, 一言君に, 一返打たしてやる, 三月許り, 下りるか, 二十年も, 二時過ぎだ, 五分ばかり, 五分許坐, 今日から, 僕たちは, 僕は, 冗談だけは, 勘弁し, 口が, 吾儕の, 大阪は, 好い加減に, 家へ, 寝ようじゃ, 寝る時刻, 帰して, 帰った方, 帰らないと, 帰れよ, 帰ろう, 心配は, 是方の, 時間だ, 時間です, 来て, 来なくッ, 止めて, 永い事, 泣いちゃったの, 熊岳城だ, 羽織袴どころで, 虐めるの, 観念し, 踊って, 逆立ちで, 酒は, 飲んで

▼ 君~ (66, 0.1%)

3 願ひだから 2 ふささんに, もひ, 君, 大事に, 登和さんの

1 [53件] あいにくさま, うい誠一君, さよの, はしけり, はします, はすらし白梅, ひとりであった, ひとりであろう, めえ, もふわれ, ゆるしを, 久しぶりぢや, 久良が, 乳を, 二人を, 互に妥協, 互に感情, 互は, 京さんに, 体裁は, 分かりに, 危うございます, 君お, 君と, 君や, 和歌さんを, 大事にね, 姉様の, 学友の, 市どので, 庭へ, 強鉢の, 手柄だ, 手紙ただ今拝見いよいよ, 敏さんの, 敏な, 敏の, 染婆さんの, 樂に, 気の毒じゃ, 気の毒だ, 清は, 登和さんは, 糸とは, 耳を, 聞きエレベーター, 自ら磊落そうに, 花を, 辰の, 酌人の, 重に, 銀様米友七兵衛それぞれに, 食べよ

▼ 君といふ~ (65, 0.1%)

4 のは, 人の, 人は 2 のが, のだ, ものが, 人が, 人で, 娘まで, 男は, 言葉を

1 [37件] ことでした, ことに, ことらしい, この国, さう, ひとに, ひとを, やうな, 事で, 二十の, 人と, 人に, 個人で, 働きてが, 友人が, 同情者に, 名は, 四十二三歳の, 女性に, 好い案内者, 姓を, 威勢の, 娘に, 少年を, 愚劇を, 支那人が, 日に, 映画の, 桜には, 独身者の, 神との, 称へは, 肉体は, 若い人, 難物の, 青年哲人が, 非難を

▼ 君じゃ~ (62, 0.1%)

28 ないか 4 ありませんか, ないよ 3 ない 2 あるまいし, ないの

1 [19件] ありません, ありませんよ, いけないん, これで, ございません, と, ないが, ないでしょうね, ないん, なかったか, なかったの, なかな, なくたって, アない, アなかッた, ランプは, 君は, 小味に, 辻褄が

▼ 君だけ~ (61, 0.1%)

94 なん 3 では 2 あって, ぢや, である, 帰れ女

1 [37件] あと十一人は, それでは義, だぜ, だな, だね, だよ, だろう, だろうという, だ彼女, だ等, です, ですから, ですよ, でそれ以外, でだいじょうぶ, でなくだキリスト教全般, でなく他, でなく君たち, でなく大覚寺統, でもう, はじぶんと, 今日は, 帰りたければ, 帰るやう, 後に, 恐る恐る出頭, 来庵, 残つてゆつくり休ん, 残つてゐ, 気づかなかったの, 気づかなかつたの, 河ンなかへ, 海鼠を, 知って, 知ってるん, 蚋に, 飲んで

▼ 君と共に~ (61, 0.1%)

1 [61件] もう一度樹明徃訪, ムク犬を, 一日一夜たのしく, 一杯の, 三保の松原に, 上州と, 下関へ, 之を, 予等の, 五竜方面から, 催された, 六時の, 其處へ, 出でて, 印度洋の, 味ふ, 咽ぶ筈, 四十年の, 國, 國頭への, 大悟法君の, 天下の, 寝た中原君, 岔水居で, 引返そう引返して, 往きて, 心ゆくまで, 愈々大, 我々の, 推参し, 支那の, 斉く, 新宅へ, 星城子居に, 月刊雑誌, 李人傑氏を, 東京駅を, 林五舎へ, 枢機に, 死ぬるも, 残る半額, 活動写真を, 深夜大雪の, 温泉嶽に, 湯島三組町の, 満蒙及び, 着眼すべきだろう, 研究し, 腰から, 自刃し, 落ちのびるところ, 裏山から, 談話の, 農平居を, 辻聴花先生に, 迎へられ, 野球を, 雨を, 餘念も, 首里の, 高遠城阯へ

▼ 君みたい~ (60, 0.1%)

4 な奴 3 な男 2 ないい, な人間, な若い, にそんな

1 [45件] な, なここいら, なひま, なエゴイスト, なベッピンさん, な不道徳, な助平, な女, な子供達, な恥知らず, な所, な探偵, な模範生, な気取った言いかた, な生温い, な神様, な自意識, な芸, な身体, な酒豪, な野郎ども, な飾弁家, な馬鹿, な馬鹿文士, に, にきちんと, にその, にそんなにはっきり, になれたら, にはやく, にエゴイスチック, に一日中室, に何, に偉く, に勝手, に女御たち, に徹底, に最初, に気, に碧, に窄, に贅沢, に身, に間違い, の人

▼ 君からの~ (54, 0.1%)

3 手紙を 2 所報に, 手紙は

1 [47件] おたより, お便りが, お便りに, くれぐれもの, それは, たよりでは, たよりは, ハガキだ, ハガキで, ハガキには, 伝統比古君からの, 便りが, 便り又, 借金の, 封書で, 御来状, 手紙, 手紙であった, 手紙に, 最後の, 来信ありがたし, 来信その, 来信も, 注文は, 消息にく, 直接の, 第一便, 紹介が, 葉書来り, 蘇鐵の, 見舞の, 言づてはほかになかったかい, 言伝にも, 贈り物だ, 贈物で, 贈物を, 贈物赤かぶら, 返事である, 返事に, 返事は, 返事を, 返信は, 返翰, 重大な, 電報を, 電話だけ, 電話に

▼ 君でも~ (53, 0.1%)

4 なかツた, 僕でも 2 なかろう

1 [43件] あったが, あるまい外, いい, いいあれ, いいじゃ, いくら姪, これには, こればかりは, こんな所, そんな激しい, ない, ないであろう, みな同じ, めあわせて, よいすぐ, よみそう, 一日の, 三人の, 交っ返す隙, 今度の, 今日この, 傍に, 僕位の, 出来まい, 到底読み切れまい, 可いや, 地震後軍隊の, 容赦しない, 当分あの, 恋なんて, 悦ばして, 手に, 時に失策, 気管を, 無いだらう, 無駄を, 現実の, 私の, 自分の, 行けば, 行つたなら, 誰でも, 頼まれて

▼ 君なんか~ (53, 0.1%)

2 そうだろう, 僕に, 其中でも, 初めとしてね

1 [45件] あの通り, あれで, いつまで, いつも呑気, いなくたって, うっかりいく, これからなにかと, これから日本, そうよなあ, ただ面白く, つかまえは, どこも, ひとのみ, ひどすぎる, よく分ってる, 一ひねり, 人間で, 何う, 何うせ, 例えば貝柱, 僕が, 出しゃばって, 君なんかの, 器用だ, 外は, 宝石を, 家に, 將棋を, 少尉だ, 恋愛を, 文六ちゃんより, 滅多にこの, 無論初耳, 牛込通だ, 知るもの, 知る必要, 精力が, 美人と, 自由だ, 色が, 若い人達, 被害妄想だろう, 西洋の, 連れて, 邪魔な

▼ 君ちょっと~ (51, 0.1%)

5 ここへ 3 待ち給え 2 きて, これを, 待って, 待て

1 [35件] あの男, お爺, ここを, こちらへ, この方, そこい, そちらを, はいれ, 僕の, 先刻の, 出掛けて, 呆れたが, 外へ, 失礼する, 奥へ, 学監室へ, 家の, 帽子が, 待ちたまえ, 折り入っての, 持って, 時計を, 来たまえ雑魚寝, 来て, 活を, 眼を, 竹さんを, 耳を, 聴き給え, 行き詰る, 行って, 見て, 見てくれ, 釜場の, 電気を

▼ 君よりも~ (49, 0.1%)

2 僕の, 十通に

1 [45件] あらゆる俗界, いっそう, くわしく知ってる, こッちの旦那方が, ずっとよく知っ, ずっと少ししか, その後に, どれだけ, はげしい苦しみ, はげしくおいで, はるかに, はるかにつき, もっと正大, もつと, よく進ん, よそに, よっぽど田口, われぞ, オフシェンコを, 一度お, 三つ四つ年の, 三十枚ばかりの, 不幸な, 二三年おくれ, 以前に, 優越し, 先に, 分って, 君の, 多少低, 大丈夫だ, 実の, 小さくて, 少しあと, 手軽に, 才色が, 早かつ, 早く外国, 用心ぶかかった, 私は, 私よりも, 足かけ四年おくれ, 足の, 遙かに, 頭の

▼ 君あれ~ (48, 0.1%)

2 だよ, は何, は本当に, を脚本

1 [40件] から渥美, がどんな, がまとまる, がゲン, が佐藤慶太郎氏, が君たち, が皆, が蝸牛, ぐらい毎日何かしら読書, であの, ですよ, でな, で中津川あたり, で老, なん, についてジュピター, に使う, に聞きおぼえ, はいったい, はドイツ人, はロオラ, は信号, は出鱈目, は可哀そう, は夢, は時々, は私, は稀病中, は飼っ, ばこそなどと詠み, ばこそ私, ば戀, ほど呼んだ, を, をぜひ, をちょっと, を書いてる, を聞きました, を記念, 山本さんじゃ

▼ 君ここ~ (48, 0.1%)

3 へ来 2 で失敬

1 [43件] からモン・ブラン, が人間力, だよ, でしばらく, では, で小使, で降りる, で靴, ならゆるり, なる美術学校, に, にある, においで, にこんなに, にゐる, にイワン, に一人, に二十円, に僅, に双眼鏡, に待っ, に途方, に金, の料理, はどう, は一番粋, は僕, は出た, は宿屋, は神田, へつれ, へと催促, へはいる, へ入っ, へ出なさい, へ切手, へ坐っ, へ掛けません, へ顔, まで云え, を去れ, を見た, を見給え

▼ 君などは~ (47, 0.1%)

4 暫時ながら 2 年も

1 [41件] あの村, ことによる, この雑誌, そのたたかい, その頃三遊派, とびだして, どこから, どこへでも, まだ少しの, まだ年, もうとっくに紫, もう頼まぬ, もっとコンフォタブル, イライラし, 一夜それらの, 人間が, 先方が, 内へ, 坊主に, 大きな口, 学校を, 年が, 悲観する, 態, 散歩は, 文士の, 春木少年ひとりに, 書いて, 横書を, 武山や, 漱石氏の, 猫と, 皮造りの, 目下郷里へ, 美人だ, 言ったかと, 誰よりも, 買遅れた, 身体がい, 逢う度毎, 道楽は

▼ 君に対する~ (47, 0.1%)

5 僕の 2 最後だ, 貴女の

1 [38件] いやみを, それ以前の, みんなの, やうに, 不安の, 信を, 借金の, 判断だ, 失言を, 嫌疑と, 尊敬と, 彼女の, 待遇には, 心持との, 心持の, 心遣ひ, 忌しい, 志という, 思いがけない程, 恋の, 恐れを, 愛が, 愛などという, 愛情から, 愛情すら, 愛情は, 態度は, 批評を, 時だけは, 最後の, 武器としてさえも, 理想は, 私の, 翁の, 行為として, 誤解だ, 責任から, 責任は

▼ 君~ (47, 0.1%)

3 の反, は卑弥呼, は女 2 の前, はいっ, は二人

1 [32件] が投馬, が鏡, たりしもの其數, たりしもの十二名, であった, となれる, に微笑, に率いられ, に請, に過, の周囲, の唇, の弟, の方, の腕, の葬礼, の視線, の面前, の頭, は刈薦, は剣, は大夫, は妃, は御, は燈油, は空虚, は立ち上っ, は童男, は鏡, を味方, を突き跳ねた, 反耶

▼ 君そう~ (46, 0.1%)

6 じゃない, だろう 2 では

1 [32件] いふ悲しい, いわれると, して, しようよ, じゃろうが, じゃ有りません, だつたろう, なると, ひどいこと, や, 云うとき, 君の, 後足で, 心配しない, 心配しなく, 怒るが, 怒ること, 怯えなくたって, 感じないか, 我儘を, 早く来たっ, 毎日毎日珠ばかり, 焦らない方, 皆な, 短刀直入に, 簡単には, 考えないかい, 興奮し, 言っちゃ, 言って, 長くは, 顔を

▼ 君だった~ (46, 0.1%)

9 のか 5 のです 3 か, んです 2 かも知れない, と思う, ね, の, んだ

1 [16件] かあの, かい, かという訳, かね昨夕馬車, かも知れないです, かも知れん, がしかし, そうです, な, ね絵葉書, のかしら, のである, のには, もんです, ようだ, 僕等は

▼ 君だけは~ (44, 0.1%)

2 厭世的な, 生きて, 見張

1 [38件] あまり野枝さん, いつか苦も, いつまでも, いつも景気, こちらへ, そういう僕, そこに, そこを, それを, だ決して, つかまらないよう, とにかく犯人, タッタ一人の, 一ぺんも, 事が, 今でも, 信用しとった, 僕の, 僕を, 全く意表, 凡そ不安, 友情としても, 嘘を, 家内に, 小説家としての, 幼年組の, 意地にも, 有名に, 洋服で, 相かわらず, 真面目に, 知つ, 私を, 簡単だ, 約束を, 自分が, 遊びに, 靴

▼ 君である~ (44, 0.1%)

4 ことを 2 ことが, ことは, 事これから

1 [34件] あゝ, かこの, かどう, から危険, がもう, が中, が大家, が孝心, が富士見高原療養所, が戦後ほか, が故に, ことに, そうだ, ということ, といふこと, とは誰, と弱く, と思い, と思った, と思ひたかつた, と思ふ, と知る, と言, と言う, と言っ, などとも尚侍, のかも, のだ, 事が, 六条の, 場合に, 女御とは, 関係そんな, 高皇

▼ 君~ (44, 0.1%)

3

1 [41件] 一筆ヲ, 不逮, 今イル宿ニ作ル, 今日, 健康ヲ, 光栄アル胸ヲ, 全功, 内部ニ氾濫スルマラリアノ愛, 冒険心ガ健ヤカニ成長スルコトヲ望ンデヰル, 写真ハコ, 厳父ハ予, 右頬ヲ, 姿ノミ燦然日マワリノ花石坂君キミハ鶴見祐輔ヲ, 小心ト暗愚ヲ, 帰洛ヲ, 悔ミノ文ナドヲ凌駕スルコトト思召シ下サイ, 手デ, 手紙ハ非常ニ面白カッタ, 手紙ヲ, 文章ヲ, 方ガ僕ヲ, 明ヲクラマシテ恩光, 最モ忠実ナル下僕, 最モ忠實ナル下僕, 梅見, 楽シミノ方ガズット大, 気持チト思イ合セヨ, 無表情カラ離レルト, 父ヨリ, 眼窩ニ千年ヲ, 義胆ヲ, 要求ハ, 論文ヲ, 遺物ハ是レノミゾ残レリ, 霊ヨ, 霊前ニ致シテ曰ウ, 音楽, 音楽ヲ, 顔, 顔ヲ, 飛行ヨ自在ナレ

▼ 君~ (44, 0.1%)

2 我に

1 [42件] いかにも取り戻せる, いのちの, こいつが, こそ特に, こそ私, このうち, となっ, なら人, ね赤坂見附, のその, のところ, のぼく, の洒落, の篠田, の証言, の談話, の農村青年, の飛行機, は亡き, は京都, は何, は同盟, は疾く, は静か, まできみ, まで知らんかった, もしかあれ, わしが, 中庭で, 亡シ, 却て, 大弱りだ, 女連れの, 学業を, 少し言葉, 搬び去らんず, 日帰りに, 空しくなさん, 考えると, 誓言を, 電報を, 鳴らして

▼ 君~ (41, 0.1%)

2 なんじゃ

1 [39件] あすこに, あの晩, いっ時, ここで, この人, こんなカマ, じゃ未だ, すると, それで, それを, たまが, なんだ, なんでそんなに此処, なんで外, まだ埋立工事, みんな持っ, やって来たんだい, ファッショだろ, ヘンじゃ, ホンモノの, 三度目ぢや, 以前マルキシズムを, 何も, 俺を, 俺達の, 先刻から, 喫茶店に, 四五年の, 多分知るまい, 存外人が, 旅で, 来たん, 牧師な, 神経衰弱だ, 腹がへ, 舟木から, 言ってるん, 貴島ん, 酔つてる

▼ 君そんな~ (40, 0.1%)

5 ことは 3 ことを 2 事が, 事を

1 [28件] あやしい品物, いたずらを, お金持, ことまで, ところで, のは, ばかな, ふうの, ものじゃ, ものは, もんじゃ, もんぢや, 事に, 事よりも, 人に, 処に, 君, 呑気な, 弥次馬に, 泥靴の, 無法な, 物が, 物は, 蒼い顔, 角張った事, 連中も, 金を, 風に

▼ 君~ (39, 0.1%)

11 んだ 5 のか 3 のだ, のである, んです 2 のです, んだろう 1 あれが, ぐさめむちからなし鬢の, のであったろう, のでありました, のでございまし, んざあ金持の, んざ僕よりも, んで, んでした, ンか

▼ 君~ (39, 0.1%)

3 の御 2 は亡くなりました, をお

1 [32件] から弟, がこんな, が妻, が是非, が自分, が西, この御簾, たる神様, つれなさ, と一夕, と申しました, なりお, にここ, にはそれほど, に代っ, に申しわけ, に結婚, のくれぐれ, のこと, のご, の所, の教授会, の袴, は, はとうとう, は御, もお, より皆々様, を始め, を尋ね, を御したい申し, を思いかけたる

▼ 君への~ (38, 0.0%)

2 贈物だ

1 [36件] あてつけでは, お便りは, お引合わせ, お答, それと, それの, はがきとが, 伝言を, 伺候を, 供養, 先生の, 同時の, 奉公は, 嫌がらせに, 心の, 忠告だ, 愚痴などを, 愛の, 愛情を, 感謝の, 手紙に, 手紙の, 手紙は, 手紙を, 旅愁が, 最後の, 楽しきお, 私信の, 義理との, 腹癒せにね, 草花を, 贈り物に, 贈物は, 贈物を, 返事に, 返答だ

▼ 君ひとり~ (37, 0.0%)

32

1 [32件] がこの, が働い, が榎本虎彦, が犠牲, が百日逗留, が金, が食, だったらそりゃ, だつたらそり, である, ではどう, でぼんやり, で喋, で寂しい, で彼処, で死ん, で行く, ならこんな, なり, にとどまっ, のご, のため, の技能, の為め, の胸, やりたくない, よりもまし, をたのみ, 好めるま, 居ると, 彼の, 死なせたる世

▼ 君~ (37, 0.0%)

21 にたま 4 にたまう, に給う 2 して, に給 1 するの, にし, にしかも, ぬるとも

▼ 君にとっては~ (36, 0.0%)

3 それは

1 [33件] あの一家, この上, この五年振り, そのほう, その場合, なつかしい岩内, なにもかも遊び, まだ宵の口, 一つ一つ見知らぬ, 一の, 三田君は, 不倶戴天の, 今や一つ, 仕事を, 何より寝せ, 余計な出しゃばりである, 助手たちを, 君が, 唯一無二の, 嘸かし傲慢, 大なる, 天国な, 好いこと, 思い直しよう, 憎まれ役, 殆ん, 貧乏は, 身にも, 酒の, 重大な, 金を, 鈍感な, 非常に

▼ 君としては~ (34, 0.0%)

3 尤もの

1 [31件] あまりに不謹慎, これが, さうだらう, ぜひともあなた, そうだろう, そうは, その理由, どの点, ぼくが, 一生を, 今こんな, 兵馬の, 冷やかな, 好んで乗り出した, 如何にも發, 宮を, 尊氏なる, 少し白髪, 御国の, 或る, 最後まで, 無理も, 珍らしくムキになっ, 當り, 相当の, 私の, 種々事情, 素性も, 素状も, 許されないこと, 過去の

▼ 君夫妻~ (34, 0.0%)

2 の温情

1 [32件] がいた, がいっしょ, がついた, がまた, が旅行, が来た, が私, が終戦後, が見えた, だけ茶の間, とその, と令息, と共に, と滯在, に僕, に迎えられ, に逢, のこと, の優待, の厚情, の参加, の夫婦生活, の短い, はこの, はトゥール, は小倉, は新劇俳優, は此, よいつ, を向う, を訪ねる, を送り出し

▼ 君~ (33, 0.0%)

3 へよけれ 2 へその, へ承知

1 [26件] ういつた風, うさやらなく, うだらうそこ, うぢ, う泣く, う眞面目腐らん, う言つて, おい宿の, へかの, へかまはん, へちやん, へもう少し確り, へ元, へ好, へ居なく, へ居なけれ, へ真面目, へ確, へ邪魔, へ青い, やうなら, ア, ツき, モシヤ, 一夜に, 踊ろう踊ろう

▼ 君として~ (33, 0.0%)

2 無きに

1 [31件] あるの, あんな労力, お考えおきください, かしずかれて, これだけ, しぜん諸人, たいそうな, たとい将曹, どんな場合, まして世に稀, ゐる, 下に, 世に, 仕えて, 別世界の, 南面する, 宮に, 尊まれ, 尊敬を, 帝が, 怨を, 持たねば, 權威遙かに, 生れた, 登場させる, 神の, 置く, 薦め遂に, 見れば, 記憶する, 迎えるあるもの

▼ 君にとって~ (33, 0.0%)

1 [33件] あまり有り難く, この世における, その解決, それが, それは, どんなに永かっ, ひとつの, まだ決して最後, タワーリシチじゃ, 仕合せでありました, 何の, 何んとも, 先ず第, 名誉じゃ, 大切な, 太郎左衛門は, 少しも, 幸福の, 忠実な, 怖ろ, 愉快な, 憎悪に, 敵地である, 格別有利な, 次に大切, 此上も, 残されたただ, 気持が, 永久に, 決して愉快, 独立という, 米友が, 都合が

▼ 君まで~ (33, 0.0%)

1 [33件] あの噂, おかしくなっ, おとなの, お体, さう, すべて過日の, そんなこと, そんな風, だまされて, どんな理由, まっかな, 一緒に, 何も, 僕を, 出懸けて, 命を, 夫婦喧嘩を, 妙な, 婆さんの, 持ち出して, 来たの, 毒害した, 消して, 皮肉を, 神経衰弱に, 興奮さし, 茶か, 行って, 變な, 貰ひ泣き, 軽蔑したくなる, 連れて, 魔法の

▼ 君なども~ (32, 0.0%)

1 [32件] あの妖気, かつて奥州七戸辺, この会社, この計画, こんな風, その真似上手, それ相応に, そんなに憧憬, どれ程, よほどヂーツゲン張り, ゐたと, 一しょに, 一緒に, 二三度遊びに, 会話の, 十幾年前は, 参謀の, 君の, 妻君難の, 御一しょ, 恐らくそれ, 日本へ, 早くからこれ, 明確に, 正しくその, 現にその, 盛んに, 碁の, 私同様の, 立会の, 自身幾度び我輩を, 非常な

▼ 君~ (32, 0.0%)

2 の言葉, はこの, はこれから一寸, は何, は君, は自分

1 [20件] が信望, が悪, が読売新聞, とお, には何一つ, に一つ, の云, の云う, の家, の愛児, の新聞, の生活, はどうしても, はどうもちかごろ, はまことに, は今一つ, は全く, は勉め, をお, を助ける

▼ 君などが~ (31, 0.0%)

2 奔走し, 群集と共に, 遊びに

1 [25件] あつて, いたので, いる, おり素人, この山, さう, しきりにそれ, すでに社務所, そうヒョックリ本物, その一派, その存在, もとの, 一身上の, 中心に, 久しくこの, 出て, 初めて此処, 取たって, 嘴を, 尋ねて, 早くから注意, 満足の, 知らない文字, 読んだらきっと, 隨分精細な

▼ 君らしい~ (31, 0.0%)

3

1 [28件] がしかし, こくめいさ, さもあり, ぞ, ぢや, とおもった, ところは, と中将, と知っ, と言う, な, のです, よ, ヒュウマニズムに, 一人が, 事を, 人が, 声である, 小学生服の, 憐みと君主としての, 最後だ, 澄太君である, 琴の, 男に, 短篇に, 賢明で, 逸話も, 青春だ

▼ 君今日~ (30, 0.0%)

2 の材料, はいつ, 迄三晩共社

1 [24件] から又, の外国, の珍しき, の相場, はお, はこれ, はこれから, はどうか, はね日曜日, はもう, はカロリー表, は一大珍報, は伺えません, は何, は僕, は大きに, は拙者, は晩, は正式, は此, は見えんです, もまた, 持って, 来て

▼ 君からも~ (28, 0.0%)

2 手紙が, 手紙を

1 [24件] いろんな秘事, おん母に, お礼を, お礼状を, ご感状, そこまで, 一つ僕の, 云うて, 何ぞ一筆, 出雲浦海岸の, 去るお, 国森君からも, 慶びに, 承って, 折返して, 文太さんからも, 物質的にも, 緑平老からも, 聞いた, 聞きまた, 近々訪問, 頼まれて, 高定に, 龍ちやん

▼ 君にと~ (28, 0.0%)

14 つては 3 言つては 2 つても 1 いって, いつて, つて, つて可愛い, つて姿なき, つて守護の, つて殺人ばかりの, 書かば, 言って

▼ 君だけが~ (27, 0.0%)

1 [27件] この死体, こんな事, その神聖, それを, たよりに, だめじゃ, とても仲よくし, 伯耆, 助かって, 呼吸を, 女の, 当選し, 後れた, 得意な, 心の, 心得て, 悪いこと, 悪いわけ, 拾って, 未だ艫, 来なかった訳, 残ったと, 理解する, 私の, 突き放されて, 誰より, 頭巾を

▼ 君どこ~ (27, 0.0%)

4 へ行く 3 にいる 2 へ行っ

1 [18件] かいい, かない, かに強奪, かに首, から手, から来た, から買っ, か心当り, か都合, でお家, に住んでる, に宿ってる, に居ります, へいく, へいつ, へ往く, へ行った, をどうして

▼ 君なぞは~ (27, 0.0%)

1 [27件] すでに鴛鴦歌, せんだっては, そんな夢, たしかにその, どう思う, まだ解るまい, めったによりつかない, 一向詰らない, 勿論飲まない, 大もて, 大衆物に, 奈何いふ, 女で, 幕府が, 未だ若い, 独身な, 疾っ, 立派な, 羨ましいよ, 聞かない方, 自分の, 若い盛り, 見てると, 見込みが, 開化した, 非常に, 食物を

▼ 君ばかり~ (27, 0.0%)

6 では 43 ぢや 2 でなく火薬庫

1 [12件] そこに, だった, つけ廻す, である, でない僕, でなく一般, でなく他, でなく死んだ阿父さん, ほめられるの, 大騒ぎしてる, 寐て, 承諾され

▼ 君~ (27, 0.0%)

2 を河童路地

1 [25件] からの電話, が働きだした, が胸, が言う, ちやん, と次郎, にはそういう, に対するの, に暇, のお産, のそば, の姿, の皮膚, の腑, の足, はかなりよく, はびっくり, はまた, は思いがけず, は病院, は答えた, や次郎, をくしゃくしゃ, を乗せ, を説き伏せた

▼ 君たち二人~ (26, 0.0%)

1 [26件] がいく, がいっ, がそれ, が乗っ, が海, ぐらい奢っ, には僕, にやっ, に委し, に研究, のうち誰か, の仲, の思, の恋, の真, の私事, はいつ, はきょう一日, はけふ一日, はむこう, は万国堂, は天井, は書斎, は顔, をアルトゥール, を僕

▼ 君たる~ (26, 0.0%)

2 に貴ぶ, 者は

1 [22件] あなたの, あなた様の, あなた様を, ところじゃ, ところで, と同時に, に當つて, の品位, の品格, ものの, もの感激せざる, よりは十州, 三千代夫人にも, 孫桓は, 彼の, 御方は, 曹丕であります, 次男の, 白面純情蝶ネクタイいやしからぬ, 者が, 者として, 軽皇子

▼ 君~ (26, 0.0%)

15 やない 3 やありません 2 やなく 1 やさよなら, やで, やどう, やア, や無, や無い

▼ 君とか~ (26, 0.0%)

2 たらふ, 馬越君とか

1 [22件] いわれる方々, うして, そうした親しい, それから, たるに, 云うよう, 云ふ, 僕とか, 僕とかいう, 島崎君とか, 御むす, 愛国とか, 明日出席しない, 正宗君とか, 永井君とか, 浮舟などの, 米友とかいう, 親とか, 言ったね, 言つた, 鈴木とか, 長田君といった

▼ 君まだ~ (26, 0.0%)

2 僕は, 君は

1 [22件] あの曲芸, いたの, いたんだね, いたんですか, いるの, ですか, 何か, 何にも, 儲けた事, 太郎を, 学校へ, 寝床には, 御覧に, 怒つて, 斯の, 歯は, 気が付かないか, 眠いか, 知らないの, 見まい早く, 起きてるの, 辞職届を

▼ 君をも~ (26, 0.0%)

1 [26件] あなた同, うなづかしめるであらうと, お取り申そう, お呼寄せ, お訪ねしたい, その点, なつかしがる, 今輔君, 以前ほどに, 伴った, 伴ひ, 含めての, 呼棄て, 奪い取れ, 待たでその, 怒らせないで, 我をも, 早く失い, 留置したらしい, 知って, 知つてゐ, 知りけむ, 碁道に, 見ようと, 酒の, 露憎し

▼ 君以外~ (25, 0.0%)

4 の人 3 に何人 2 には誰

1 [16件] からは聞き, にうん, にこの, には絶対, に一人, に活躍, に犯人, のだれ, の医者, の客, の男, の苦楽座同人諸氏, の血続き, はてんで, は傍流, は半死半生

▼ 君~ (25, 0.0%)

2 のため, の滅亡

1 [21件] がなく, で食べれ, には極めて, に何, に何事, に対する犯行, に帰る, に病人, のご, の危機, の安危, の役, の御, の禄, へ帰つて, へ帰る, を去らね, を護る, 同癖童, 未ダ兵馬, 隠趣

▼ 君さえ~ (24, 0.0%)

1 [24件] いけないん, おいでに, かまわなければ, くれば, その気, よいと, よければ, シャンと, 介意わ, 元気が, 悪勧めしなけれ, 承知し, 承知なら, 来て, 棄て給わずば, 構へん, 死んで, 決まって, 生きて, 知らぬその, 確なら, 見て, 見ようと, 頑張りゃみんな

▼ 君など~ (24, 0.0%)

1 [24件] いう利根川寄り, いかが御, いふの, いろいろ心配, こ, はおとよさん, 勝負師が, 又神, 当時大学を, 戰爭を, 数十年の, 日ごろの, 晩春の, 柄に, 氏育ち, 猴と, 肝腎の, 行っても, 見むき, 言ふ, 言ふ頭分を, 長い辛棒, 随分と, ,人からも

▼ 君ぼく~ (24, 0.0%)

2 だよ

1 [22件] がひとり, が大統領, だって人, にもすこし, に代っ, の学校, の心持ち, の指, の顔, はいっさい, はいま, はおばさん, はきみ, はこのごろ, はちょっと, はねここ, はひとり, は毎朝きみ, は熱海, は相談, を嘲笑っ, を見物

▼ 君また~ (24, 0.0%)

2 文壇の

1 [22件] おのろけ, からかいかける, きみに, それを, ワレに, 他の, 余と, 前年この, 同誌に, 問ふて, 四国に, 女流の, 妙な, 御苦労だ, 我を, 明日いっしょに, 来る, 物の数ならね, 田中君の, 病気か, 眺むべし, 衆を

▼ 君などと~ (23, 0.0%)

3 一緒に

1 [20件] まるで違っ, よく教室入口, 云うもの, 云うよう, 反対である, 同車で, 呼びすてに, 夜更けまで, 奉って, 密談する, 手つだいに, 撮した写真, 散々悪口を, 知り合いに, 神仙ご, 親友で, 言われ唐衣, 諷し給, 遊んだ郷里, 違って

▼ 君こんな~ (22, 0.0%)

1 [22件] いい所, きたない着物, ことは, ことを, ところに, ものが, ヤッカイなお, 事で, 事は, 山の, 店でも, 愉快な, 所に, 指紋を, 景色が, 獣が, 画だ, 目が, 素晴らしい写真, 話が, 話知ってる, 闘争の

▼ 君であった~ (22, 0.0%)

2 か誰, と思う

1 [18件] からいう, から心苦しい, から源氏, がある, がしかし, がそう, が誰, が近い, ということ, とこの, とすれ, のかと, のだ, のは, のを, ようです, 恋人を, 藤野漸翁が

▼ 君なる~ (22, 0.0%)

1 [22件] お妙, ことおん友達より, ものが, ものは, イエスは, エスティ家の, グイード・ダ・ポレンタ, フランチエスカの, マッテオ・ヴィスコンティの, 万葉集の, 事を, 人あり, 人が, 人の, 人を, 人浪を, 信なき, 学友は, 春枝夫人で, 松島海軍大佐で, 者は, 貴夫人

▼ 君について~ (22, 0.0%)

1 [22件] いわないの, うんざりし, お縁, ほとんどなに, もう一つ記憶, 一席弁じ, 云つた, 何か, 來たんぢやあない, 入江元彦は, 命令が, 和尚に, 学びたいの, 思ったの, 是非とも, 書いたの, 私は, 細かな, 襄陽の, 言えばね, 言へば, 駒井家に

▼ 君とともに~ (21, 0.0%)

1 [21件] かかる流寓艱苦, この江畑君, すること, その中, たとえ荒屋, またも箱雪車, 共倒れに, 十一月十六日に, 右の, 味わったかの, 敵を, 斑鳩の, 洋服を, 現地に, 生き君, 相撲部に, 編輯の, 被害地を, 見物の, 身搾らしく歩みたる, 飯詰村中島の

▼ 君によって~ (21, 0.0%)

1 [21件] かの有名, この遺蹟, たちどころに解決, みごとに, 一挙に, 初めて, 始めて文字, 学界に, 宝塚系の, 平民労働者と, 御案内, 恋うる, 感ずる事, 提出せられた, 新たに, 書かれ私, 歴史地理三十三巻三号, 理化学研究所の, 生きかえったから, 発表され, 解決され

▼ 君ほど~ (21, 0.0%)

2 烱眼じゃ

1 [19件] この写真, それに, では, ともかくもの, な人物, また損得利害, 大人しい人, 女に, 弱い人間, 明らかな, 正直で, 熱烈に, 自我の, 自暴では, 詩人の, 長くはやりません, 飛行機の, 高尚で, 鮮かな

▼ 君よく~ (21, 0.0%)

3 来て

1 [18件] ききたまえ, きたね, ここへ, ごらん, さっした, ぞそこ, たっしゃで, やった, 我を, 支那に, 来たね, 泊りましたね, 無事で見えられた, 物が, 知つ, 聞きたまえ, 見給え玉子, 話さんですけれど

▼ 君~ (21, 0.0%)

1 [21件] がゆ, が小野, の深く, の顔, はあ, はこの, はそつ, はその, はそれでも, はもうこ, はやがて, はやつ, は初めて, は夢, は孤独, は強, は思はず訊い, は東京, は楽しん, は見出した, まで苦しめ

▼ 君早く~ (21, 0.0%)

2 出て

1 [19件] かえっておいで, かついで, この土地, ひきかえそう, 北海道の, 去ねが, 受けたまわずやと, 帰って, 帰つて呉れ, 本当の, 来て, 死んだが, 病院に, 立ちたまえ, 結婚し, 話したまえ, 逃げて, 電流を, 頼むぜ

▼ 君しっかり~ (20, 0.0%)

3 したまえ 2 して

1 [15件] したまえどう, しなくちゃ, しなさい, しろ, しろよ, しろ名, し給え, たのむよ, なさいどう, やって, やるん, 傘を, 目を, 見て, 頼むよ

▼ 君そんなに~ (20, 0.0%)

1 [20件] いいなさんな, いい気味, しや, よくば, わしを, 下品がらなく, 台風が, 各自違つてる, 山葵を, 弥次馬を, 心配する, 怒ったって, 怒る事, 感服ばかり, 火事が, 無理し, 臍ばかり, 顔色を, 駆け出すなよ, 驚かんでも

▼ 君のは~ (20, 0.0%)

1 [20件] いくです, きいきいぴいぴい, そんなの, ぴったりそれ, ほんもの, マルクス主義では, 下唇, 二合入裸男のは, 五十句とも, 仏蘭西詩歌殊に, 他の, 例えば犬, 十五歳の, 四首や, 実物よりも, 昔発表せられた, 田村君のだ, 笛を, 銀座の, 長い経験

▼ 君はと~ (20, 0.0%)

2 見れば

1 [18件] いうので, うたう来て, がみ, がむな, きかれたので, くいだった, くいらしく右, しの, のほう, ほうに, ぼける, みやの, をばかりなりし, 云つたら, 問ひ返す, 彼は, 是れ, 見ると

▼ 君まあ~ (20, 0.0%)

2 君は

1 [18件] お互に, かけ給え, この辺, すわって, そこへ, 体は, 何に, 学校の, 待ち給へ, 御苦労でも, 来て, 止さう, 聞いて, 聞きたまえ, 苦しめるだけ, 荷馬車か, 落ちついて, 話して

▼ 君一つ~ (20, 0.0%)

2 も売れない

1 [18件] うまくや, この事, この問題, この昔馴染, この珍菓, この紙, しらべて, とその, どうだ, の創造, の暗号, はばかりまでつい, 働いて, 入って, 引受けて, 御紹介, 聞いて, 行って

▼ 君少し~ (20, 0.0%)

1 [20件] は考へ, は薄, ひどすぎない, も心配, も憚, やつて, キチガイじみすぎる, 乱暴じゃ, 凄くなっ, 君の, 待ち給え一緒, 心配な, 気を, 注意し, 考えて, 金が, 金を, 隙が, 顔色が, 駆け歩

▼ 君では~ (19, 0.0%)

3 なくて 2 ない, ないと

1 [12件] あったが, あるが, あるまいこと, このまま囚人, ないかと, ないぞ, ないの, ないん, なかった, なく一個白面, 僕も, 速水を

▼ 君とに~ (19, 0.0%)

2 別れあと

1 [17件] やって, 云つ, 元気の, 同時に情交, 外ならず思はれ, 委せて, 感謝を, 旅費その他を, 濺ぐように, 物を, 病院まで, 私は, 聖母の, 色々題, 詳細の, 誘われるが, 逢ひし

▼ 君よりは~ (19, 0.0%)

1 [19件] しょっちゅう叱っ, その弟, それだ, はるかに, ましだ, 一日の, 一歩極端に, 二葉亭である, 何ら弁明, 十二ほど, 孤独に, 少しばかり, 巧いです, 後に, 清潔だ, 猫の, 私が, 辛い立場, 馬鹿じゃ

▼ 君そこ~ (18, 0.0%)

1 [18件] が少し, が旅, じゃよ, にある, にいる, に何, に呼鈴, に奇想天外, に推摩居士, のところ, のマッチ, の岩, の窓, へこられた, へ伏せ, へ掛けた, へ腰掛けた, を下り

▼ 君などの~ (18, 0.0%)

1 [18件] いう地誌的方法, た, ような, ように, 五少年の, 仕事を, 俸給では, 同門同輩な, 名が, 周旋を, 本から, 洋画界の, 翻訳の, 耳には, 記憶を, 講義を, 鑑定である, 頃には

▼ 君太郎~ (18, 0.0%)

1 [18件] がムッ, が三十, が大きな, が言った, が重, という二十一, とはさっき女中, と一緒, と私, に促され, に勧められる, のこと, の俤, の留める, の華奢, はオヤジ, は強い, をいとおしく

▼ 君~ (18, 0.0%)

1 [18件] が持つた, が時代, で逢つた同君, にも一番, に其, に用立て, に立寄つた, に負け, に電話, の一夜, の名誉, の演説, の見込, の記憶, はきっと, は地面, は毎朝神, を一目

▼ 君~ (18, 0.0%)

2 に返す

1 [16件] かに思し召し, か女, か見付け, か走らせ, がいったい, がこんな, が好き, が考えた, が考へ, だってこんな, だと, なればしか, にでもよい, にも言っ, も居ない, も知らない

▼ 君からは~ (17, 0.0%)

1 [17件] うれしい手紙, お嬢様に, この夏, さうは, ばったり便り, へちまの, また浅間葡萄, まだ一片, まだ何, まったくなん, 一度か, 地震の, 折返して, 昨日手紙を, 毎日の, 絶えて, 長良川の

▼ 君こそは~ (17, 0.0%)

3 童貞女よ 2 遠音に

1 [12件] いにし世, わがイノチ, わが安らい, 人性を, 修道女よ, 全世界, 劇文学者として, 君こそ, 妻子の, 実にこよなき, 新しい世代, 鵜匠なれ

▼ 君さっき~ (17, 0.0%)

1 [17件] からここ, からこれ, から何度, から六, から咳, から見, のお婆さん, の二枚, の小男, の死人, の葉書, の部屋, の電話, の電話連絡, までここ, も言った, ネ辻川博士

▼ 君なれ~ (17, 0.0%)

71 とドメニカ耳語, ど, ど厭, ばこそお, ばそぞろ, ば君死, ば御身, ば志, ば格別, ば鍬がた

▼ 君なんぞは~ (17, 0.0%)

1 [17件] さうでも, とうに売りつけられた, なにかね, もう足, 一体何部位売れる, 京都の, 先方が, 兵隊の, 御養母, 怖気を, 既に気がつい, 気を, 気楽な, 真先に, 羨しい, 難有, 駄目だ

▼ 君~ (17, 0.0%)

2 主人が

1 [15件] 両親は, 夫婦とを, 宮に, 心配には, 恢復と, 戲に, 持参の, 木井男爵夫人と, 母堂お, 紹介しましょう, 紹介しよう, 聖徳に, 自身御, 附と, 馬前に

▼ 君来訪~ (17, 0.0%)

1 [17件] ありが, おそくまで, おもしろい人, お土産, しつかりやりたま, しばらく話す, すぐいつしよにならんで, そしてまた藤井さん, そして暮羊居徃訪, つ, ついて, ついで桝田啓三郎君, なつかしく話しつ, にぎやかなことだつた, の由注意, 大いに画筆, 誘はれて

▼ 君いい~ (16, 0.0%)

2 かい, のかい

1 [12件] じゃろう, だろう, でしょうかね, ところに, の, やお前さん, ように, 加減に, 家庭婦人に, 工夫は, 球を, 風呂だ

▼ 君だの~ (16, 0.0%)

3 僕だ

1 [13件] あの騾馬, お追従, ぼくだ, 久米正雄君だ, 公園劇場の, 土屋君だの, 大臣だの, 小泉信三君だの, 彼様いふ, 慶ちゃんだの, 植木君だ, 欒巴だの, 澤木梢君だ

▼ 君なり~ (16, 0.0%)

1 [16件] しかも塵, しが, て病みた, とあがめ, といと, とて欲界, と出, 僕なり, 安全な, 春の, 正蔵君なりが, 父なり, 状猫の, 自分なりが, 自分の, 金馬君なり

▼ 君今度~ (16, 0.0%)

1 [16件] こそ僕, の下宿, の休み, の土曜日, の展覧会, の御馳走, の罷業, の選挙, はさも, はどうか, は十分肝胆, は名古屋製, は家, は毛, は照彦様, は細君

▼ 君どうか~ (15, 0.0%)

5 して 1 あなたの, したか, したかね, したの, したん, してるん, そこを, なるまいか, 御早く, 許して

▼ 君にでも~ (15, 0.0%)

2 行って

1 [13件] お骨折り, ことわって, そう言っ, 今度會つたら, 会うたらよろしく, 來て, 整理し, 相談し, 聞かうと, 聞かなくちゃあ, 聞くこと, 質して, 頼んで

▼ 君にまで~ (15, 0.0%)

2 うやうやしく手交

1 [13件] そう見えた, 伝わったの, 冷かされるほど, 卑しいお, 声を, 子供扱いに, 御迷惑, 心配を, 意気地が, 懺悔し, 来て, 迷惑を, 隠して

▼ 君今夜~ (15, 0.0%)

1 [15件] いらっしゃい, だけは赦し, に限つて, の命名式, の最大奇観, の法医学的意義, はどうか, はオペラ, は伊達男, は危い, は大いに, は宜しく, は止めた, 少し飮, 少し飲まう

▼ 君~ (15, 0.0%)

1 [15件] がもし, が江東, には一向, に勝手, の今度, の場合, の字引, の方, の金, はちっとも, は七人, は今朝, は婚約, は決して, ももう

▼ 君夫婦~ (15, 0.0%)

1 [15件] があれ, が僕, が妬ましく, が帰っ, が郷里, が間借, とその, と話す, の主催, の如く, の尽力, の行く, はもともと, は幸福, は座敷

▼ 君~ (15, 0.0%)

2 は若い

1 [13件] だぜ, にただ, にほれた, に座蒲團, のこと, のよう, の樣子, は君, は吾, は腕力, をくれる, を失った, を愛した

▼ 君待つ~ (15, 0.0%)

3 と吾が 2 と居りし 1 てくれ, ても来らず, てゐ, て呉れ, と, 吾を, 家と, 心に, 秋の, 雪の

▼ 君~ (15, 0.0%)

1 [15件] たまえ, たまふ, たりわが, たり一夜, つ, ていた, ていない, てくれ, てくれた, て呉れる, て頂戴, まさむ, やと, 丁度, 如相避

▼ 君だけの~ (14, 0.0%)

2 胸に

1 [12件] 事ぢや, 公定だっ, 力量が, 場合では, 女な, 好みで, 心を, 才能が, 材能が, 考えで, 話だ, 送別会でなく

▼ 君でした~ (14, 0.0%)

541 かな, かね, が口髯, 小田君は, 私が

▼ 君とを~ (14, 0.0%)

1 [14件] ご紹介, だれか, ソッと, 同一視する, 引合せました, 弟や, 招いて, 案内し, 水責めに, 生んだのに, 目標に, 結びつけるいまわしい, 見いだした, 見たの

▼ 君にだって~ (14, 0.0%)

1 [14件] こういう経験, もっと沢山用事, わかるが, 必要だ, 忙しいこと, 悪意が, 慶ちゃんにだって, 本気に, 真相は, 秘密に, 経験が, 解って, 解るはず, 誰も

▼ 君に対しても~ (14, 0.0%)

2 悪い

1 [12件] このまま, 主人に対する, 会わせる顔, 何とも御, 余に対しても, 同様だ, 彼が, 彼は, 殆ど何人に対しても, 済まんです, 碧梧桐君に対しても, 鼠骨君に対しても

▼ 君までが~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの人, いいはるので, いつのまにか黒い, かかる不祥事件, そういうの, そんなこと, そんな事, ついさきほど自動車, やつぱりお定まりの, 嘘を, 死ぬ必要, 汗を, 私の, 鼻もちの

▼ 君~ (14, 0.0%)

2 の方, は名家, は最初, は遂に, は金 1 というもの, といふもの, のため, の為

▼ 君知ってる~ (14, 0.0%)

53 のか, のかい 21 かい

▼ 君知る~ (14, 0.0%)

71 が如く大, やいなや, や否や, や夜寒, や既に, や若き, らめや

▼ 君これから~ (13, 0.0%)

1 [13件] きみを, どこかへ, は朝, 一緒に, 上陸する, 先は, 口の, 右手が, 布施君の, 後も, 旅行免状なし, 此処に, 行く処

▼ 君なく~ (13, 0.0%)

4 てあ 1 して, てもあてる, て塵, て岩, ば, ばわれ, ば人, んば, 民に

▼ 君にだけ~ (13, 0.0%)

1 [13件] うち明ける, して, その憂鬱, それを, ならどんな, やるから, ソッと, 一先ず帰っ, 会つて, 本当の, 無理に, 特別個人的に, 話すこと

▼ 君一寸~ (13, 0.0%)

2 ここを

1 [11件] くらい背, この歌, これを, だから, と, 十円ばかり, 待ちたまえ, 待ちなさいよ, 散歩しよう, 見て, 風呂に

▼ 君~ (13, 0.0%)

2 なもの, のもの 1 と君権, なところ, の分, の時, の背恰好, の頭, の頭脳, は主人, は国憲

▼ 君実は~ (13, 0.0%)

2 僕は, 君に 1 さっきから, ねえ, ねえ君, わしは, 君の, 大事な, 斯うな, 木村清君という, 重明は

▼ 君来庵~ (13, 0.0%)

2 お土産, つ 1 お節句, しばらく話した, すみませんでした, の日, の約束, ほんに久しぶり, 快飲, 観そこ, 間もなく樹明君

▼ 君考へ~ (13, 0.0%)

9 て見 1 てばかり居ない, て呉れ, て見た, ようにも

▼ 君がた~ (12, 0.0%)

1 [12件] に命がけ, に和解, に話し, のうち, の意見, の方, の結婚, の誤解, は, は大学, は自発的, へなる

▼ 君さま~ (12, 0.0%)

4 のところ 3 の御 1 があれ, の召使, の袴, よひ, を初めて

▼ 君たらず~ (12, 0.0%)

5 といえ 3 とも臣 1 とも, とも臣臣, とも臣臣たる, 臣臣たらず

▼ 君でなく~ (12, 0.0%)

1 [12件] これを, ちゃならない, ちゃ出来ない, てこの, てはならぬ, ては出来ない, ては択べません, ては書けない, ても今, てアレ, ともだれ, 四海の

▼ 君とても~ (12, 0.0%)

1 [12件] あれからは, かういふ想像, しかり, 信じては, 口にこそ, 御存知あるまい, 感じがよ, 昨日今日の, 樂しき日少なから, 生ける観世音, 自然主義を, 面白い奴

▼ 君どうして~ (12, 0.0%)

1 [12件] あんなところ, いたんだ, いたんだ昨日, いらっしゃるだろうと, これへ, そんなユダヤ人根性, そんな事, 別れるよう, 動けるもの, 台辞なんか, 小柴が, 検事に

▼ 君なんかは~ (12, 0.0%)

2 僕に 1 さう, まあお寺, またいつも, まだ若く, 主義で, 最初馬鈴薯党で, 横川の, 無関心, 肥って, 若くて

▼ 君によ~ (12, 0.0%)

2 つて感じ得た 1 つてある程度, つてこの, つてする, つてわれわれの, つて実行された, つて實行された, つて我々の, つて指摘された, つて提出せられた, つて継承せられ

▼ 君ばかりじゃ~ (12, 0.0%)

5 ない 1 ありません, ないか, ないよ, ない中村警部, ない君, ない土耳古人, ない新賀

▼ 君ら自身~ (12, 0.0%)

2 の良心 1 が可決, が君ら, が責任, でそう, のもの, の力, の幾時間, の生活, も人間, をますます

▼ 君~ (12, 0.0%)

1 [12件] タズネマシタノサエ二年ブリト申スヨウナ訳デス昔ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ今, 弑シ国ヲ, 忘ルルヲ, 思ヘドモ見, 殺スノハ惜シイガ, 求ムル心無, 深ク信ジル, 看ルノカ, 誡ムル使ナリ, 説カント欲シテ先ズ涙下ルナオ恐, 連レテ来, 駿城ニ拝シテ洛陽ニ帰休ス

▼ 君一緒~ (12, 0.0%)

2 に本, に行かない 1 になった, に出かけ, に来い, に歌うた, に行き, に行く, に駆けよう, の人

▼ 君~ (12, 0.0%)

1 [12件] た逝かむと, われの, 不待還暦而長逝焉, 出都門望, 尋花, 心喜ば, 我の, 来る, 畢に, 睡取るを, 石敢当の, 須及早

▼ 君及び~ (12, 0.0%)

2 その他の, 其著述 1 其の細君, 其病妹と共に, 同郷なる, 天下の, 奈良飛鳥園主の, 東京新聞の, 水戸中学出身の, 金田令夫人を

▼ 君大変~ (12, 0.0%)

3 なこと 2 だね, だよ 1 が出来した, だ, だぜ, な婦人, やチャンウー

▼ 君実に~ (12, 0.0%)

2 馬鹿 1 不思議とは, 不思議なおどろくべき, 偉大な, 名論です, 妙な, 悪い事, 意外な, 済まんこと, 豪い, 面白い例題

▼ 君左様~ (12, 0.0%)

7 ぢや 2 じゃない 1 だつたねえ, 運動にばかり, 釈る

▼ 君昨日~ (12, 0.0%)

1 [12件] あのザチ, の味方, はおいで, は何, は何うしたんだい, は大きに, は失敬, は済まなかつた, は警戒, 殴られたん, 買って, 返りがけ

▼ 君~ (12, 0.0%)

2 のこと 1 いるだらう, がある, が無い, と労力, の工面, はあと, はいらない, を儲ける, を出し, 持ってるか

▼ 君いま~ (11, 0.0%)

1 [11件] こうして話し, この不仁, たすけて, にかう, の猫女, の碑銘, はね天火, はのぼる, まではあまい, 戻った, 聞いての

▼ 君その他~ (11, 0.0%)

2 の人々, の人達 1 とも会見, にはあまり, にも会う, の人人, の同僚, の話, の諸君

▼ 君それから~ (11, 0.0%)

2 少年探偵団の 1 とみ子がね, 僕, 僕は, 僕野村少年と, 兄さん僕五人で, 千鶴子わしは, 岔水君おくれ, 油とうやの, 選り抜きの

▼ 君だけじゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ない, ないか, ないだろう, ないよ, ないん, ない夕焼け, ない死んだ明君, なく息子さん, なく誰, アない, 相手に

▼ 君だけに~ (11, 0.0%)

1 [11件] あてはまる批評, あること, して, では, はねと, わけを, 報告する, 教える行って, 時局問題には, 話して, 読んで

▼ 君などに~ (11, 0.0%)

2 なると, 何が 1 不平を, 僕の, 大いにやらせ, 逢っては, 連れられて, 頼んで, 鮎子が

▼ 君なに~ (11, 0.0%)

2 もそんなに 1 がわかった, もし, をいっ, をする, をそんなに, をにやにや, を失礼, を急い, を感じる

▼ 君なん~ (11, 0.0%)

2 でもない 1 かな人間, かやりたまえ, か用, だって, だってそうしょっちゅう, だって今, だね, だろう, や

▼ 君なんかの~ (11, 0.0%)

2 所謂警察眼なる 1 ことは, 仕事は, 意見では, 方が, 柄に, 消えた訳, 相手に, 知ったこと, 靴を

▼ 君にだけは~ (11, 0.0%)

1 [11件] すべてを, 不思議に, 事の, 失敗させたくない, 妙に, 平気で, 意味の, 是非見, 是非逢ひたい幸に, 逢いたかった, 顛末を

▼ 君をば~ (11, 0.0%)

2 思ひだす 1 お取り申しません, 今より, 何の, 其処から, 其處から, 則ち, 待たむうち, 此二十年まで, 満緑叢中紅一点

▼ 君ヶ代~ (11, 0.0%)

1 [11件] がぴつたりしないといふ異論, の是々非々論, はふさ, も満足, をやったら, をボックス, を合唱, を客, を歌, 吹いて, 歌ったやう

▼ 君~ (11, 0.0%)

2 となり得る, に對 1 に佞, の怒, の方, の臣民, より諡, を大, 御不例

▼ 君~ (11, 0.0%)

1 [11件] は男, は相当, を怒る, 任鴻城, 像百穗作と, 墓, 墓下に, 帰還の, 忠臣也, 發意三人相並而坐南窓之簷下爲記念撮影了更相携遊于八瀬受博士之, 靜音今尚

▼ 君人間~ (11, 0.0%)

1 [11件] が四十五度, というやつ, という奴, の手, の生命, は一度, は何, は境遇, は心, は肉体上, も落ちぶれる

▼ 君我々~ (11, 0.0%)

2 の理想 1 がもし, が今, の一世紀前, の集り, はあちら, はどうしても, は罰金ごっこ, もこの, もすぐ

▼ 君~ (11, 0.0%)

2 のどくだ, は確か 1 がつかない, が付い, にかけて貰っ, はたしか, をしずめ給え, をつけたまえよ, を附け

▼ 君~ (11, 0.0%)

2 てい 1 ていたまえ, ています, ていろ, ておい, てごらん, て云はん後, て来, て端居, 誘探梅以詩答之

▼ 君見ず~ (11, 0.0%)

32 やかっきょ 1 ば心地, や世に, や故人太祇, や晋朝, や漢家山東, や青海

▼ 君あいつ~ (10, 0.0%)

1 だ, どうした, の家, の懐中物, はたしかに, はどう, は処女, は無茶, は詐欺師, を雪

▼ 君おも~ (10, 0.0%)

4 はする 2 ひでの, ふ 1 かげの, ふまくらべちかき

▼ 君こういう~ (10, 0.0%)

1 ところへ, 光景を, 凄惨な, 家な, 所に, 方法は, 案は, 残酷な, 空を, 調子じゃ

▼ 君ひとつ~ (10, 0.0%)

1 いい具合, この手品, この笠, なぞをかけよう, やって, よく見当, 教えて, 考へて, 行って, 踊って

▼ 君ほどの~ (10, 0.0%)

1 ハグラカシの, 不思議な, 人が, 人がねえ, 作家の, 勇将が, 理想家じゃ, 腕の, 腕を, 親しめる人

▼ 君もし~ (10, 0.0%)

1 きみが, この銅版画, その心理, シュミッドと, 今度この, 午後の, 幽霊が, 本當, 知らば, 雪崩に

▼ 君らしく~ (10, 0.0%)

5 もない 1 もなかっ, もなく, も無い, 勇敢に, 過敏に

▼ 君をこそ~ (10, 0.0%)

3 思へ 2 おもへ, 待て, 祈れ 1 頼め

▼ 君見た~ (10, 0.0%)

3 まえ, ように 1 か新聞, ところどうも, のかい, ような

▼ 君頼む~ (10, 0.0%)

2 から, よ 1 から射っ, から畫, から誰ア, ぜ, よ一時間, らむといふ形体的内容を

▼ 君あたり~ (9, 0.0%)

1 から若い, が誘っ, とキャッチボール, と一緒, と話, に間, の出品もの, の配慮, を一つ

▼ 君あなた~ (9, 0.0%)

1 こそもう, の善, の話, は, はあいつ, は伝道的観念, は子, は心, は日本人

▼ 君ある~ (9, 0.0%)

3 のみ 1 によって今夕, によって明日, のみに候, を忘れ, 島へ, 遊戯を

▼ 君いくら~ (9, 0.0%)

1 なんでも, よんだって, 何でも, 御謹慎中, 恋愛の, 払ったん, 窮境に, 苦労した, 荒れても

▼ 君いや~ (9, 0.0%)

1 あなた飛行家に, か, これでは, に意気銷沈, に気, に落ち着い, まだみなさん, 星田代二と, 蛭田博士悪あがきは

▼ 君ぐらいの~ (9, 0.0%)

2 ものだ 1 もので, ものであった, 年に, 年には, 年頃さ, 年頃では, 腕だ

▼ 君こう~ (9, 0.0%)

3 して 1 じゃない, なれば, 云う事, 云う奴, 思うの, 笑わされちゃ

▼ 君たち自身~ (9, 0.0%)

1 が不満, が感味, で警察事務, となる, なぜ責任, に何, はそれ, ばかりでなく, を救い

▼ 君たり~ (9, 0.0%)

1 しならむ, し時, し楚王, し頃ヴェロナ, その家紋, 一三二九年七月トレヴィーゾに, 一二九三年その, 十一世紀の, 臣は

▼ 君だつ~ (9, 0.0%)

3 て僕 2 てそれ 1 てたびたび, てまさか, て俺, て申す

▼ 君ちゃんお前~ (9, 0.0%)

2 の方 1 がまた, がもし, にはいろいろ, の毛, は一旦, は正直, もたんと

▼ 君って~ (9, 0.0%)

1 いい子, いうの, いうよ, 云う人, 人には, 偉い人, 女どう, 男が, 美しい遠く

▼ 君とで~ (9, 0.0%)

1 あつた, うんと活動, お嬢さんの, かわるがわるおととい, がくやを, 尾行し, 慶北丸の, 殊に男三郎君, 登ったの

▼ 君なんかには~ (9, 0.0%)

2 分るまいが, 餘り 1 そういう経験, 分らない味, 想像も, 本当の, 絶対に

▼ 君にとっても~ (9, 0.0%)

2 僕にとっても 1 お銀様, ぼくにとっても, まだ解けない, 不思議な, 不相応だ, 女中たちにとっても, 米友は

▼ 君のみ~ (9, 0.0%)

2 髪黒し 1 いづに, うたを, ならず僕ら皆んな, ならず屡, ならんや, ひとり古稀を, 今以

▼ 君を通じて~ (9, 0.0%)

2 自分の 1 あなたの, そこの, 依頼せし, 右の, 報道された, 折衝を, 私と

▼ 君一流~ (9, 0.0%)

1 の作り噺, の寫實主義, の想像, の手腕, の教訓, の果敢ない, の特色, の甘, の言

▼ 君~ (9, 0.0%)

2 見古人太祇 1 信仰に, 座十方, 改台池楽, 来二人, 看双眼色, 見方今天下転変, 見西洋諸国奇術多

▼ 君以上~ (9, 0.0%)

1 かも知れない, には答えられぬ, にぽしゃっ, に明日, に泣い, に貧乏, に馬鹿, の事柄, の発見

▼ 君~ (9, 0.0%)

4 に殉 1 に報効, に忠實, のため, の人民, の爲

▼ 君~ (9, 0.0%)

1 に奮闘, に悦び, に感心, へんな, 光頭の, 恐慌である, 感激し, 秘密が, 骨を

▼ 君大丈夫~ (9, 0.0%)

4 かい 1 かいと肩, かこれ, かね, だ, だよ

▼ 君~ (9, 0.0%)

3 あれば 2 の中 1 に何, を得べし, を鎮め, 自芳

▼ 君心配~ (9, 0.0%)

2 はいらん 1 しないで, しないでも, しなくたって, しなくても, すなよ, すること, は御

▼ 君~ (9, 0.0%)

2 ういう, ういふ 1 うして, う見渡す, う言, して, の家

▼ 君日本~ (9, 0.0%)

1 にいなかった, の印象, の女, の植物学, の芸術家, の裁判官, はいま国運, へ帰ったら, へ帰れ

▼ 君知っ~ (9, 0.0%)

4 ている 2 てます 1 ていたら, ておるだろう, てたかね

▼ 君おれ~ (8, 0.0%)

1 がどこ, のところ, はおとなしく, はおどかし, はやっぱり, はゆかい, は執念, をだれ

▼ 君かと~ (8, 0.0%)

2 云った 1 云つた, 問いながら, 思ったので, 思ひて, 愛想を, 機嫌よく

▼ 君こいつ~ (8, 0.0%)

1 にいくら, はいけない, はきみ, はちと, は気味が悪い, は誰, を一つ, を頭

▼ 君そして~ (8, 0.0%)

2 私の 1 山頭火共に, 私つ, 私よく, 耕三君, 自分らだって, 辻君

▼ 君たち三人~ (8, 0.0%)

2 の少年 1 がまとまっ, と主人, にあげよう, の地底, はどう, もその

▼ 君だけを~ (8, 0.0%)

1 僕が, 力に, 卸して, 呼びにおよこしなされた, 手に, 見誤るはず, 誘かいしたの, 語つて私の

▼ 君ちよ~ (8, 0.0%)

2 つと 1 つとききたい, つと冷かし, つと待つ, つと眼, つと窓, つと聞きたい

▼ 君であっ~ (8, 0.0%)

1 てあれ, てその, ては自身, ても恥ずかしく, て久し振り, て今, て欲しい, て王子

▼ 君であり~ (8, 0.0%)

1 おつきの, この世の, そしてこの, また八歳年上, 一人は, 五所川原に, 又近時三代沢本寿君, 型附で

▼ 君でなけれ~ (8, 0.0%)

2 ばならない 1 ばつとまらん, ばとても, ばならん, ばほか, ば務まらない, ば誰

▼ 君とて~ (8, 0.0%)

1 やっぱりそうだ, やつぱりさうだ, 人々の, 坊, 木から, 正可, 矢張シリヤ人なり, 遠きやまと

▼ 君どうぞ~ (8, 0.0%)

2 勘弁し 1 こちらへ, 一つ充分に, 勉強し, 君どうぞ, 宜しく, 食堂の

▼ 君なかなか~ (8, 0.0%)

1 おそいね, の大, 人が, 元気者で, 多情です, 戻つて, 話が, 逃がさない

▼ 君なぜ~ (8, 0.0%)

1 きみは, この人, だか, だまって, ほらなかった, 挨拶を, 窓から, 黙って

▼ 君なんかに~ (8, 0.0%)

1 のぞき見されて, 会ふと, 掏られる, 本気で, 気は, 特別の, 絵が, 見当が

▼ 君なんぞ~ (8, 0.0%)

1 あらゆる意味, まだ若気, ヤソ教を, 思いも, 死んでも, 見向きも, 食い道楽から, 駄目だい

▼ 君にゃ~ (8, 0.0%)

1 あ敵, この心持, やらないよ, わかって, 何の, 分るかも, 莫迦げて, 関係の

▼ 君に対しては~ (8, 0.0%)

2 やはり丁寧 1 ただ実情, 常に僕, 特に私, 相応に, 秘か事は, 自由な

▼ 君ねえ~ (8, 0.0%)

2 君は 1 うちの, さう, そうしたまえよ, ナチュラリーズムがね, 僕は, 内藤君

▼ 君はね~ (8, 0.0%)

2 いつでも 1 むかし僕を, 今度モスク, 仕事を, 何か, 御苦労だ, 昨夜あの

▼ 君はやく~ (8, 0.0%)

1 あが, あがって, こっちへ, たすけて, つれて, 来い, 来いよ, 逃げるん

▼ 君ら二人~ (8, 0.0%)

1 だけでもいい, だけでやる, に迷惑, の友情, の目, は庭, を共に, を無事

▼ 君主たる~ (8, 0.0%)

1 ものが, ものは, 事を, 国造は, 男子は, 者が, 者は, 資格なき

▼ 君五郎氏~ (8, 0.0%)

1 でも, と云っ, の訪問, はこの, はそこ, はまさしく, は異論, を思いだした

▼ 君~ (8, 0.0%)

3 きに 1 きの, だって頼ん, に一つ, に吐き, へ行く

▼ 君~ (8, 0.0%)

1 ている, てくれない, てしまおう, てやれ, て来る, で, でましぬ, 來ました

▼ 君~ (8, 0.0%)

2 昼寐を 1 ねつかれざるものの, 天下に, 来診, 癪で, 論ずらく, 逢おう

▼ 君来り~ (8, 0.0%)

3 訪はる 1 てその, スエヒロの, ラッキーへ, 漢口を, 雀と

▼ 君~ (8, 0.0%)

2 を完全 1 が完全, とだけに専属, に固有専属, はけずられ, は立法, を削

▼ 君~ (8, 0.0%)

2 がさめ, は消えしや, を丸く 1 をほそめ, を覆われ

▼ 君いったい~ (7, 0.0%)

2 これは 1 この真夜中, この示威運動, どのくらいの, 博士は, 君は

▼ 君いよいよ~ (7, 0.0%)

1 わたしも, 事件は, 熊本へ, 登りだ, 調子づきましてな, 階段を, 青銅の

▼ 君かい~ (7, 0.0%)

1 いやおれ, さっき笛を, じや, どうだい景気, パラシューター志願って, 商業学校の, 面会人という

▼ 君~ (7, 0.0%)

1 くらうさま, 夫婦といふ, 油断あそばす, 自身さらに, 自身と, 自身に, 自身彼の

▼ 君しばらく~ (7, 0.0%)

3 だったなあ 1 お待ちくださいまし, じゃ, たのむぜ, 手を

▼ 君~ (7, 0.0%)

2 しんの 1 しんとボウイさんの, しんも, やない, やなかつた, や君

▼ 君~ (7, 0.0%)

2 見るべき 1 ありぬる, かしこれ, 恋しき, 来まさぬ, 無双なる

▼ 君ちやん~ (7, 0.0%)

1 と云, と呼ばれた, と毎夜, の家, や母さん, より他, 僕も

▼ 君でない~ (7, 0.0%)

2 のにはっと 1 ことは, という証拠, と出来ない, と困る, 事を

▼ 君どうも~ (7, 0.0%)

1 これは, へんだ, 仕方が, 変じゃ, 変だ, 彼女は, 有り難う

▼ 君なにか~ (7, 0.0%)

1 おもしろい雑誌, さがして, 名案は, 思ひ出, 臭くは, 話して, 遺言は

▼ 君なんかが~ (7, 0.0%)

1 そんな風, もうすこししっかりしない, よく病気, 吸うと, 好きに, 小母さんの, 物を

▼ 君にあたる~ (7, 0.0%)

1 お方の, ラグナグ国王の, 人の, 大原氏の, 幽斎公さまが, 横川の, 道三山城守様をば

▼ 君のから~ (7, 0.0%)

5 だが 1 だと, だのう

▼ 君はい~ (7, 0.0%)

2 つたい誰 1 つたいどう, つたいどこ, つたい僕, つたい大観, つたい文学つて

▼ 君はた~ (7, 0.0%)

3 ふとき吾が 2 君が 1 うとう帰つて, 知らじ覺りえ

▼ 君はなんて~ (7, 0.0%)

3 ことを 1 いふ名, おかみの, おとなしい奴, よく僕

▼ 君わが~ (7, 0.0%)

1 ために, 君, 君と, 戀これより, 歌よみし, 秘密を, 造くるべき

▼ 君~ (7, 0.0%)

1 のごとく, のマッチ箱, の一件, の水夫ヤン, の病起り, の西瓜畑, の鳥籠

▼ 君~ (7, 0.0%)

1 が窮迫, に進む, の奸, の用向き, の監督等, の讒争, はただ

▼ 君先生~ (7, 0.0%)

1 にお茶, に話した, に逢うたら, のところ, の所, は君, は形

▼ 君南風~ (7, 0.0%)

2 は南君 1 が従軍, が逆, である, の策略, を迎

▼ 君困る~ (7, 0.0%)

21 じゃない, な, なあそれぢ, ね, 事は

▼ 君奈何~ (7, 0.0%)

1 した, だらう, ですか, です今日, でせう, なもの, にでも都合

▼ 君~ (7, 0.0%)

1 が, がわが子わが子, の人, の女, はいつも, れは, れ自分

▼ 君本当に~ (7, 0.0%)

1 それは, そんな事, も少し, 伊豆山へ, 僕の, 君豊さんを, 翻訳の

▼ 君犯人~ (7, 0.0%)

1 が小, が浴槽, なんか必要, はダンネベルグ夫人, は何故, は分かった, をきい

▼ 君~ (7, 0.0%)

1 か, その以前, どうしたら, のふたり, は孫策, を呉郡, 子衡

▼ 君眠る~ (7, 0.0%)

2 時, 時われひとりし, 時君眠る 1 らん

▼ 君あそこ~ (6, 0.0%)

1 いら, に店, に隠れ, の梅, の森蔭, の隅

▼ 君あんまり~ (6, 0.0%)

2 力を 1 だ, 失敬な, 子供を, 澄してる

▼ 君いつ~ (6, 0.0%)

1 その約束, だつたか, でもきたなく, になく, ぱいどうです, までねぼけ

▼ 君います~ (6, 0.0%)

31 かこちら井深, 時には, 邊の

▼ 君ぐらい~ (6, 0.0%)

1 だからな, なところ, なもの, 一人置い, 不人情な, 鑑賞力の

▼ 君こちら~ (6, 0.0%)

1 が百合子さん, はこれから, は南老人, は綿貫ルリ君, へお, へ来

▼ 君すぐ~ (6, 0.0%)

1 ここへ, そこじゃ, には判らない, に外, アトランチスへ, 電話を

▼ 君そりゃ~ (6, 0.0%)

1 ほんとか, アちょっと, 何だ, 共産党の, 困ると, 本当の

▼ 君それでは~ (6, 0.0%)

1 どうする, ね食卓, 僕は, 僕も, 届を, 御説明

▼ 君たち少年~ (6, 0.0%)

1 が本艇, だけで, の力, はこれから, は四人, ばかりで

▼ 君だつた~ (6, 0.0%)

2 しプランタン 1 かどうか, かねえ, か穴打ち, ねいつたい

▼ 君~ (6, 0.0%)

2 ァん 1 つと外国語, つと金, ゅうたら, ッとも

▼ 君どの~ (6, 0.0%)

1 か, こりゃ大事, も, よく見えました, 場面でも, 馬だ

▼ 君なんかも~ (6, 0.0%)

1 この術, こぼして, ロクに, 早く切上げ, 気を, 自分が

▼ 君なんと~ (6, 0.0%)

1 いう皮肉, いっても, かして, すてきな, すばらしい時代, 言ったって

▼ 君に関する~ (6, 0.0%)

1 事実で, 事実は, 報知であった, 批評を, 見解は, 話には

▼ 君のが~ (6, 0.0%)

2 出た 1 あった, 一ばん良かっ, 分離した, 本当だ

▼ 君ぼくら~ (6, 0.0%)

2 は大 1 のサクラ号, はかかし, はきみら, は早く

▼ 君もう一度~ (6, 0.0%)

1 ここで, 宇宙艇の, 私の, 読んで, 金沢へ, 骨折頼む

▼ 君やっぱり~ (6, 0.0%)

1 あいつは, きみの, なろうと, 今でも, 伝熱作用だ, 来て

▼ 君わし~ (6, 0.0%)

1 がこんな, が煙草, といっしょ, の弟子, はお礼, を機械人間

▼ 君わたし~ (6, 0.0%)

1 きこえ給, にはここ, の方, も今, も賀茂, を裸

▼ 君を通して~ (6, 0.0%)

1 奈良井徳利屋の, 平尾氏から, 村瀬さんから, 知つては, 素顔君の, 遠征を

▼ 君一度~ (6, 0.0%)

1 は君等, は帰京, もならなかった, 僕と, 娘に, 見に

▼ 君世の中~ (6, 0.0%)

1 にはいろいろ, にはさまざま, にはすぐ, は何, は妙, は広い

▼ 君~ (6, 0.0%)

1 にその, に巴絵さん, に引き上げなさい, に新協劇団当事者, に私, に香葎君

▼ 君二人~ (6, 0.0%)

1 で大, で山奥, とも新しい, とも私, ながらこの, の間

▼ 君~ (6, 0.0%)

1 から親切, が殺せる, の心, もあろう, をからかう, を裁く

▼ 君~ (6, 0.0%)

1 ではない, ならぬあの, に仕方, のに, の一ツ, 三人ばかりが

▼ 君~ (6, 0.0%)

1 が警察, ぐらい催眠剤, に催眠剤, に隠し, の弟, や石倉

▼ 君何処~ (6, 0.0%)

2 にゐる, まで行っ 1 へでも掘れる, へ往

▼ 君兄弟~ (6, 0.0%)

2 にばかりいや 1 がいた事, と平田禿木君, の援助, もいつしよ

▼ 君~ (6, 0.0%)

5 から見ぬ 1 れ之

▼ 君其様~ (6, 0.0%)

2 なこと 1 な判断, な病人ぢ, な真似, に酷く

▼ 君~ (6, 0.0%)

21 ますぞ, 于京師時娶, 余子尽墳塋, 茲鸞鳳辞荊棘烏鳶如有疑

▼ 君実際~ (6, 0.0%)

1 あの女, その恍惚状態, は二つ, 恐怖かった, 感に, 気の毒な

▼ 君待ち~ (6, 0.0%)

1 がてに, がてら, くらす心地, 給え待ち, 給え待ち給, 給え詳しく

▼ 君有名~ (6, 0.0%)

2 な万年雪 1 なあばずれ, なランジイ, な探偵小説, な箸

▼ 君~ (6, 0.0%)

2 の擴張 1 のみが無限, を強く, を脅かす, 頗る強大

▼ 君病気~ (6, 0.0%)

1 だったの, なの, なん, の方, は如何, は気

▼ 君自ら~ (6, 0.0%)

2 之れ 1 でさ, はっきりと, も勿論, 貴きあたわず

▼ 君自分~ (6, 0.0%)

2 の手 1 のため, の事, の亭主, の大望

▼ 君若い~ (6, 0.0%)

2 女に 1 お方失敬だ, くせに, 女の, 連中を

▼ 君あて~ (5, 0.0%)

2 の手紙 1 がなくっ, に書い, に辞令

▼ 君あまり~ (5, 0.0%)

1 君の, 外泊は, 学校の, 感化を, 空想的な

▼ 君あり~ (5, 0.0%)

1 ての妾, とも売らする, と告げまし, われの, ア仮病さワトソン君なんだか

▼ 君いかに~ (5, 0.0%)

1 して, とて訪ね, なんでも, むつかり給うこう, 君でも

▼ 君いつも~ (5, 0.0%)

1 あた, ながらきみ, のよう, 人生が, 喧しいこと

▼ 君うち~ (5, 0.0%)

1 に上つて結果, のあかん, の座, の自転車, の阿

▼ 君および~ (5, 0.0%)

1 三浦君とともに, 久保謙君に, 市川代治氏とともに, 特別館賓伊藤長次郎氏を, 雑誌に

▼ 君お前~ (5, 0.0%)

1 に歌, はそんなに, はサン・ジョルジェ十字勲章, は聞きわけ, もうよろしい

▼ 君かも~ (5, 0.0%)

1 しれないね, ないもの, ないもん, 知れぬ, 髪に

▼ 君さすが~ (5, 0.0%)

1 にまだ, に広, に腕, は名, 明智探偵の

▼ 君すまない~ (5, 0.0%)

1 が千円, が日の出タクシー, が火, が見世物, けどあたし

▼ 君そこで~ (5, 0.0%)

1 君の, 嚊なんか, 声を, 藤吉郎が, 静かな

▼ 君そっくり~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だと, なん, になります, の身体

▼ 君たしかに~ (5, 0.0%)

1 ふたりいるだろう, わしらを, 佐々木に, 健康でゐる, 悪いもの

▼ 君だいたい~ (5, 0.0%)

2 君は 1 の薬量, 双生児という, 虹には

▼ 君だったら~ (5, 0.0%)

1 こんなところ, どうする, 九百ルーブリで, 何と云う, 大根植える

▼ 君ちゃんと~ (5, 0.0%)

1 どんな約束, 知って, 親友な, 言ったり, 言って

▼ 君づけ~ (5, 0.0%)

2 にし 1 で呼び, で呼びあう, に呼んだ

▼ 君としても~ (5, 0.0%)

1 久助さんとしても, 思いきった我儘, 物足りない気持ち, 震災以來の, 震災以来の

▼ 君なき~ (5, 0.0%)

1 今を, 夏の, 後とて, 閨へ, 閨も

▼ 君なぞが~ (5, 0.0%)

1 その一人, 信じないという, 喜色を, 誘い合せて, 近頃その

▼ 君なぞの~ (5, 0.0%)

2 想像も 1 外に, 思いも, 考へて

▼ 君なんて~ (5, 0.0%)

1 ありは, 云うの, 人は, 名前も, 塚越よりも

▼ 君にて~ (5, 0.0%)

1 おわせしこと, グエルフィ黨なる, 君の, 御坐せしよ, 汝は

▼ 君にや~ (5, 0.0%)

2 唯一人の 1 わからん, イモノの, 済まなかつた

▼ 君により~ (5, 0.0%)

1 なごむ心, にしものを, 初めて明日, 吾に, 睫しめらむ

▼ 君はしも~ (5, 0.0%)

2 恋は 1 四十五年住み, 御夢, 東に

▼ 君ばかりは~ (5, 0.0%)

1 いつ迄, やらぬ, 何時まで, 健康が, 超然として

▼ 君へと~ (5, 0.0%)

2 書いて 1 宛名した, 封筒に, 認め終って

▼ 君ほん~ (5, 0.0%)

1 たう, たうかい, たうだよ, たうに, との幽霊

▼ 君ゆゑ~ (5, 0.0%)

21 に姉, に新, 泣かむ

▼ 君われ~ (5, 0.0%)

1 といったよう, に問, はもや倦み, をその, を忘れ

▼ 君一体~ (5, 0.0%)

1 このおさまり, この事件, これは, なんだって, 腐って

▼ 君一家~ (5, 0.0%)

1 と共に家族的, の事情, は旧, も奥多摩, を誘う

▼ 君久しぶり~ (5, 0.0%)

1 じゃのう, だな, で大いに, に来, に来訪

▼ 君何時~ (5, 0.0%)

1 だね, になったら返せる, になつ, に寝る, まで君

▼ 君僕等~ (5, 0.0%)

1 が真実, が鐘楼, と同じく, の一生, の側

▼ 君先刻~ (5, 0.0%)

2 の話 1 の続き, は君, は大きに

▼ 君勇姐さん~ (5, 0.0%)

21 ええ扇子, が叱らはった, これからお

▼ 君南家太政大臣~ (5, 0.0%)

4 には叔母君 1 には叔母様

▼ 君去り~ (5, 0.0%)

1 て十日たち, て我ら, て雲, にけり, 武朗君来る

▼ 君問題~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だぜ, はこれ, は空想, を童話

▼ 君大いに~ (5, 0.0%)

1 不平なり, 力を, 周章狼狽し, 気焔を, 酔給ひぬ

▼ 君失敬~ (5, 0.0%)

2 じゃない 1 したねえ, します, だが

▼ 君待っ~ (5, 0.0%)

2 てくれた 1 ていた, ていました, てくれたまえ

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 にたいして不平, を公証, を奉じ, を晦, を煩わし

▼ 君拙者~ (5, 0.0%)

1 のため, の頼み, はこのごろ, は君, は机竜

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 ありて, なみだ, 岩崎弥之助君益田孝君原六郎君その他大倉喜八郎田中平八などの, 直木三十五君なども, 西郷従道侯の

▼ 君未だ~ (5, 0.0%)

1 そんな風, 大殿籠りいます, 寢ない, 市長の, 片が

▼ 君来庵酒~ (5, 0.0%)

2 と下物 1 と新, と汽車辨当, も罐詰

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 こそは何とも, との事, に愛想, に立ち, の妻

▼ 君此処~ (5, 0.0%)

1 ですよ, で何, には随分, は怖い, へ来た

▼ 君白い~ (5, 0.0%)

2 蓮華の, 鈴の 1 帆が

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 の道徳, を軽, 変らず元気, 変らず無茶, 変らず甲野

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 暗闇に, 物と, 物を, 物出現の, 物現れ

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 あつて, 強調された, 複雑な, 詳敷く, 適確微妙に

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 から書状, ぐらいにはなれたろう, の調べ, は暇, 御奉公中

▼ 君行く~ (5, 0.0%)

2 や柳緑 1 のは, 世の, 路は

▼ 君行っ~ (5, 0.0%)

2 て見よう 1 てくれ, てみよう, て了

▼ 君見たい~ (5, 0.0%)

1 な一年級, な乱暴, な贅沢, な野郎, にむやみ

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 がちよ, の最中, の続き, をし, を途中

▼ 君遊び~ (5, 0.0%)

2 に来た 1 にきた, にきなさい, に來

▼ 君雪子ちゃん~ (5, 0.0%)

2 のふたり, の三人 1 それからわれら

▼ 君非常~ (5, 0.0%)

1 なこと, に喜ん, に大胆, に微妙, に面倒

▼ 君~ (5, 0.0%)

1 が烈しかっ, が裳裾, の表題, はなかつた, を斫

▼ 君ああ~ (4, 0.0%)

1 いふ風ぢや, いやしい, したこと, して

▼ 君あらぬ~ (4, 0.0%)

1 後杜鵑と, 日に, 時, 為め

▼ 君ありがたう~ (4, 0.0%)

1 トンビが, 一洵君ご, 子規全集を, 皆さんごきげんよう

▼ 君あんな~ (4, 0.0%)

1 奴の, 手紙を, 本が, 機械で

▼ 君いくつ~ (4, 0.0%)

2 なの 1 になった, になつ

▼ 君いっそ~ (4, 0.0%)

1 お媽さん, の事, よし子さんを, 僕は

▼ 君いづれ~ (4, 0.0%)

1 それでは根津, も今, も私, 何か

▼ 君いろいろ~ (4, 0.0%)

1 なこと, わけが, 苦労を, 面白い話

▼ 君お願い~ (4, 0.0%)

1 がある, だそれ, だねえ, ですよ

▼ 君かね~ (4, 0.0%)

1 あはははは, そうさ, ニーナ, 僕の

▼ 君がま~ (4, 0.0%)

31 な児

▼ 君くらいの~ (4, 0.0%)

1 もので, ものである, 年齢の, 高さ

▼ 君こうして~ (4, 0.0%)

1 いっしょに, 今まで, 呉れないか, 私の

▼ 君こっち~ (4, 0.0%)

1 だねえ, にし, へよっ, へ出

▼ 君こんど~ (4, 0.0%)

1 こそとうとう, の事件, の僕, はいよいよ

▼ 君さき~ (4, 0.0%)

21 に上り給え, に帰っとれ

▼ 君さんお前~ (4, 0.0%)

1 が坐っ, の身内, はお嬢様, はきっと

▼ 君~ (4, 0.0%)

2 花とに 1 て其後, ふみな

▼ 君しかし~ (4, 0.0%)

1 こういう事, 何んだ, 僕は, 誰が

▼ 君すでに~ (4, 0.0%)

2 亡し 1 僕は, 過去の

▼ 君そいつ~ (4, 0.0%)

1 と結婚, のピストル, はそんな, は殺人

▼ 君そういう~ (4, 0.0%)

1 ことを, ところから, 事を, 考え方は

▼ 君そり~ (4, 0.0%)

1 あいろいろ, やどう, や君, や本

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 うとう戻らなかつた, ぐふべき, のむらむ, はやすし

▼ 君たしか~ (4, 0.0%)

1 あの中, あの女, あの男, お父さんの

▼ 君たちヤマ族~ (4, 0.0%)

1 が見, のあく, の海中侵入, はよく

▼ 君たち夫婦~ (4, 0.0%)

1 でなければ, の中, の事, はこんな

▼ 君だけでも~ (4, 0.0%)

1 しっかりやっ, 丁寧に, 偉くなつ, 自重し

▼ 君だろう~ (4, 0.0%)

1 というの, と思っ, ね, 女を

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 なぜ逃げる, わが君, ベルが, 君っ

▼ 君とこ~ (4, 0.0%)

1 だけや, に行ってる, へ行く, へ行っ

▼ 君などを~ (4, 0.0%)

1 初めとして, 加へて, 大きに手足, 題目に

▼ 君なんかと~ (4, 0.0%)

2 取組んで 1 いっしょに, そのうちまた

▼ 君なんぞに~ (4, 0.0%)

3 何が 1 分かった例

▼ 君なんぞも~ (4, 0.0%)

1 一緒だった, 子供を, 当分よほど, 黒部平の

▼ 君にぞ~ (4, 0.0%)

2 惑ふ 1 ありける, ある

▼ 君についての~ (4, 0.0%)

1 心苦しさ, 指示が, 母の, 話を

▼ 君については~ (4, 0.0%)

1 この外, ひどくおとなしいという, もう一つ, 詮議は

▼ 君にな~ (4, 0.0%)

1 ぐさめのことばをかけてやろうとふす, つてもう, つて使に, づきしその

▼ 君に対し~ (4, 0.0%)

1 いきなり, またこんど, 好意を, 甚だ気の毒

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 カラザース君ウードレー君, 一定の, 少し頼まれ, 馬に

▼ 君はから~ (4, 0.0%)

4 だが

▼ 君はずつと~ (4, 0.0%)

2 このホテル 1 以前に, 續けて

▼ 君はど~ (4, 0.0%)

1 つちか, つちの愛情, つちの方, つち道自分

▼ 君はの~ (4, 0.0%)

1 そりと, たまへ, ぼつて, 歌を

▼ 君はや~ (4, 0.0%)

1 なき飯, ッぱりえらい男だ, 無き, 逝きぬ

▼ 君はん~ (4, 0.0%)

2 の嫁入り 1 の家, は病気

▼ 君ひよつこり~ (4, 0.0%)

2 来庵 1 来訪しばらく, 来訪酒と

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 さば時めく, さむ船路はるか, づ君から, 黙つて

▼ 君まず~ (4, 0.0%)

1 この機械室, 愛国婦人会の, 異国人に, 跳び越えて

▼ 君までも~ (4, 0.0%)

1 すっかり, 可懐しい, 失って, 透明人間に

▼ 君もっと~ (4, 0.0%)

1 おもしろくなる, やらないか, 尖った固い, 顔を

▼ 君もも~ (4, 0.0%)

1 ゆるさんも, 一度外套, 少しする, 少し本

▼ 君やっ~ (4, 0.0%)

2 て下さい 1 ちゃどう, てくれた

▼ 君やはり~ (4, 0.0%)

1 僕の, 君の, 強制が, 浄善は

▼ 君わかる~ (4, 0.0%)

2 かね 1 かねこの, かねそれ

▼ 君ビール~ (4, 0.0%)

1 でない恵比寿, はない, を持つ, を飲む

▼ 君一体どう~ (4, 0.0%)

2 すれば 1 したの, したもの

▼ 君万歳~ (4, 0.0%)

1 だ, とひとり, と言う, の声

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 が上戸, けに出, けに相談, は例外

▼ 君不思議~ (4, 0.0%)

1 だと, だねえ, なもの, な事

▼ 君五郎~ (4, 0.0%)

1 という三十, という人, という名, という決して

▼ 君人生~ (4, 0.0%)

1 かねえ, のうち, は先ず, は幸福

▼ 君今の~ (4, 0.0%)

1 は以前, は誰, も殺っ, を聞いた

▼ 君以下~ (4, 0.0%)

1 きながし, の弟妹等, は, もやがて

▼ 君何とか~ (4, 0.0%)

2 して 1 云つた, 云つてゐました

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 て見, まさば, よと染むるにや, れ雄

▼ 君信長~ (4, 0.0%)

1 と御, の前途, の許, を繞

▼ 君僕たち~ (4, 0.0%)

2 はもう 1 にばかり饒舌ら, のいる

▼ 君先ず~ (4, 0.0%)

1 おめでとう, 何は, 吾儕の, 此人殺しを

▼ 君全く~ (4, 0.0%)

1 余計な, 寒月は, 山羊だ, 悔悟し

▼ 君其の~ (4, 0.0%)

1 人であった, 細きランプ, 肌確に, 色を

▼ 君再び~ (4, 0.0%)

2 来庵 1 生きるという, 訪来り

▼ 君助け~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てやっ, て下さい, にきた

▼ 君即ち~ (4, 0.0%)

1 ハインリヒ六世, 千種十次郎君立ち会いの, 殿の, 目を

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 くないよ, 之且言, 怪しいじゃ, 恐いもの

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 看今, 県史蹟調査委員たる, 美名, 野口の

▼ 君同胞~ (4, 0.0%)

1 が僕, が承知, に申出た, を説

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 じゃない, なこと, な気, な顔

▼ 君夕飯~ (4, 0.0%)

1 にアンリエット, の支度, はどう, をたべ

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 で聞, のこと, の事件, へ行かなく

▼ 君大分~ (4, 0.0%)

1 こたえるぞ, しや, の君, 白いね

▼ 君如何~ (4, 0.0%)

2 です 1 だ細君, だ近頃

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 なこと, なところ, な咳, な縁

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 の息子, の風呂, へ寄食, へ行く

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 でもよろしい, で此の間, に何度手紙, の手紙

▼ 君小角~ (4, 0.0%)

2 が山林仏教, が山林佛教

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 のまだ, をとる, をとれ, を取れ

▼ 君必ず~ (4, 0.0%)

2 新しい勢 1 此犯罪の, 順序を

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 つたの, つたのかい, ツた, リ給ウコト勿レ

▼ 君怒っ~ (4, 0.0%)

1 ちゃいけない, ちゃ困る, てやすまい, て縁

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 のいきさつ, は罪悪, ふるなみ, ふる涙

▼ 君所生~ (4, 0.0%)

2 の, のもの

▼ 君折角~ (4, 0.0%)

1 だから, の縁, 呈げようと, 好い心地

▼ 君散歩~ (4, 0.0%)

1 しないか, しよう, に行かない, は止める

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 の事, の吟遊詩人, は今, 話しに

▼ 君昨夜~ (4, 0.0%)

1 のかたき, は失敬, は妹たち, は随分

▼ 君普通~ (4, 0.0%)

2 の奴 1 の状態, の者

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 だか, 嘗思, 回, 真蹟を

▼ 君~ (4, 0.0%)

2 當に 1 をもっ, 居と

▼ 君本当~ (4, 0.0%)

1 か, かい, かい主人, か素晴らしい

▼ 君殺し~ (4, 0.0%)

3 の下手人 1 に懸かっ

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 のあり, は明, も要らない, を点け

▼ 君煙草~ (4, 0.0%)

1 だけはどうも, をのむ, を吸っ, を呑む

▼ 君~ (4, 0.0%)

2 双眼色 1 天上一輪月無, 雙眼色不

▼ 君真者~ (4, 0.0%)

1 と言, の名, は天神, 現れて

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 つてる, つてるかい, つてるの, 不

▼ 君知つて~ (4, 0.0%)

1 の通り, ゐませんか, ゐるか, ゐるかい

▼ 君知らない~ (4, 0.0%)

3 のか 1 ことは

▼ 君程の~ (4, 0.0%)

1 ものが, 作家の, 天才は, 才能しか

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 三に, 二に, 二世出生, 二回の

▼ 君考え~ (4, 0.0%)

1 てくれ給え, ても分る, て見たまい, て見る

▼ 君~ (4, 0.0%)

2 が裂ける 1 いつぱい, でも痛い

▼ 君自由~ (4, 0.0%)

2 に跳ねられやせん 1 なポーズ, に就い

▼ 君若し~ (4, 0.0%)

1 何等か, 君が, 天上を, 妻を

▼ 君行き~ (4, 0.0%)

1 たまえ, だナ, て心, て黄金

▼ 君見れ~ (4, 0.0%)

2 ば想すゞろぐ 1 ば二條, ば君

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 に孝, に對, に背かず, に負かず

▼ 君辱め~ (4, 0.0%)

3 らるれ 1 らるる

▼ 君近頃~ (4, 0.0%)

1 でも矢張り学校, のカフェー, 健康不, 逢ったの

▼ 君達二人~ (4, 0.0%)

1 そして機上, だけだろう, に調べ, の仲裁者

▼ 君郎女~ (4, 0.0%)

4 の祖父君南家太政大臣

▼ 君~ (4, 0.0%)

1 は飲む, もつかない, を飮, を飲む

▼ 君陛下~ (4, 0.0%)

2 の御 1 も妹インゲボルグ, も御

▼ 君電話~ (4, 0.0%)

3 を掛け 1 はない

▼ 君馬鹿~ (4, 0.0%)

1 なこと, な事, にお洒落, に精しい

▼ 君あす~ (3, 0.0%)

1 さそうゼ, も来ない, 来る時

▼ 君あすこ~ (3, 0.0%)

1 にだいぶ, にどく, に見世物

▼ 君あっち~ (3, 0.0%)

1 い二人, へ連れ, へ鋏

▼ 君あと~ (3, 0.0%)

1 は君, を博士, を頼む

▼ 君ありがとう~ (3, 0.0%)

1 とも云わず, ぼくは, ホントに

▼ 君ありゃ~ (3, 0.0%)

1 なんだ, 真面目かい, 雨洩り

▼ 君いかん~ (3, 0.0%)

21 よと意志表示

▼ 君うまく~ (3, 0.0%)

2 行った 1 行ったろう橡面坊

▼ 君ええ~ (3, 0.0%)

1 でしょ, どうした, 話教えたげよ

▼ 君お嬢さん~ (3, 0.0%)

2 がきみ 1 の姿

▼ 君かな~ (3, 0.0%)

1 もろともに, 山の端に, 御年

▼ 君からと~ (3, 0.0%)

1 思うが, 語学教師の, 鈴木君からと

▼ 君がか~ (3, 0.0%)

1 ど昨日, ような, 笑は

▼ 君がに~ (3, 0.0%)

1 こ, ほひある, ほひをぞ

▼ 君がも~ (3, 0.0%)

1 うちつと, 一度よく考え, 少し無邪気

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 ひしその, ひしゆ, ふる夢

▼ 君こりゃ~ (3, 0.0%)

1 うまくいき, デマだ, 駄目だ

▼ 君ごとき~ (3, 0.0%)

1 に酒, 思索家に, 覇道の

▼ 君さる~ (3, 0.0%)

3 詞をば

▼ 君しか~ (3, 0.0%)

1 いなかったよ, ないと, 僕は

▼ 君しのぶ~ (3, 0.0%)

1 といふ思想, 時, 草に

▼ 君じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ないこと, なぜきみ, 私が

▼ 君すなわち~ (3, 0.0%)

1 ポコちゃんと, 千ちゃんと, 真に法師

▼ 君ぜひ~ (3, 0.0%)

1 あの狂太郎君, 一度近藤に, 読んで

▼ 君それだけ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, の理由, はやめ

▼ 君それほど~ (3, 0.0%)

1 の大, の大変, 稚拙も

▼ 君たいへん~ (3, 0.0%)

1 お邪魔, なこと, 遅いじゃ

▼ 君たちトロ族~ (3, 0.0%)

1 がわれわれ, に惨害, はわれわれ

▼ 君たち五人~ (3, 0.0%)

2 の少年 1 を葬る

▼ 君たち四人~ (3, 0.0%)

1 だけでなく, の子ども, の少年

▼ 君たれ~ (3, 0.0%)

1 ばすなわち, ばなり, ば惡

▼ 君だいぶ~ (3, 0.0%)

1 お頭, やるね, 景気が

▼ 君だけには~ (3, 0.0%)

1 相談に, 約束が, 言訳を

▼ 君だしぬけ~ (3, 0.0%)

2 に来 1 に来訪

▼ 君ちょい~ (3, 0.0%)

1 とその, と失礼, と少し

▼ 君ちょうど~ (3, 0.0%)

1 いい, これに, 十二時だ

▼ 君つまらない~ (3, 0.0%)

1 いたずらは, 奴だ, 笑談は

▼ 君つまり~ (3, 0.0%)

1 この事件, 怒っちゃ, 銀行へ

▼ 君できる~ (3, 0.0%)

2 ものか 1 ことなら

▼ 君といった~ (3, 0.0%)

1 のは, ような, ように

▼ 君とうとう~ (3, 0.0%)

1 あの写真, 僕は, 君が

▼ 君としての~ (3, 0.0%)

1 唯一不断の, 思いなしが, 顔つきや

▼ 君とやら~ (3, 0.0%)

1 お使ご苦労, の云う, むの

▼ 君とんでも~ (3, 0.0%)

1 ないこと, ない事, ない話

▼ 君どういう~ (3, 0.0%)

1 ものだろう, 仕事ならいろ, 約束だつ

▼ 君どうしても~ (3, 0.0%)

1 ごまかし切れぬ一塊, クリヴォフ夫人が, 七八年仕事だ

▼ 君なぞ~ (3, 0.0%)

1 ほしくは, 待つてる処, 既にいい

▼ 君なぞに~ (3, 0.0%)

1 この光景, 死んで, 言は

▼ 君などで~ (3, 0.0%)

1 あつたら, いずれも, 組織された

▼ 君などとは~ (3, 0.0%)

1 わりに親しく口, 終始交際, 馴染が

▼ 君ならず~ (3, 0.0%)

1 ともつい, ともやられたくなる, や

▼ 君なんだか~ (3, 0.0%)

1 専問家に, 深い穴, 顔色が

▼ 君にばかり~ (3, 0.0%)

1 威張って, 答へる, 軽蔑され

▼ 君に関して~ (3, 0.0%)

1 云った覚, 何も, 出された役所

▼ 君のみは~ (3, 0.0%)

1 何事をもを, 泰然として, 粛然として

▼ 君はて~ (3, 0.0%)

1 いこうしなかった, すりにも, みじかに

▼ 君はな~ (3, 0.0%)

1 なりかたちこそ, ま返事, 西側に

▼ 君はは~ (3, 0.0%)

1 つと立ち直つた, づかしさうに, ツと

▼ 君へも~ (3, 0.0%)

1 いつまで, 直々の, 育児についての

▼ 君ほんと~ (3, 0.0%)

1 うかと実際聞き返した, か, は妙

▼ 君まさず~ (3, 0.0%)

2 葛葉ひろご 1 とも

▼ 君まつ~ (3, 0.0%)

1 とふみし, 春の, 秋の

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 てえ, む道に, 袖の

▼ 君みんな~ (3, 0.0%)

2 貴蛋白石 1 きいて

▼ 君もうすこし~ (3, 0.0%)

1 待つて, 研究し, 話さうぢ

▼ 君やっと~ (3, 0.0%)

1 分ったよ, 鏡の, 間にあいましたよ

▼ 君ゆく~ (3, 0.0%)

1 あなうたて, とその, をちか

▼ 君よし~ (3, 0.0%)

1 たまい, つかりやつ, 給えよ

▼ 君よりの~ (3, 0.0%)

1 申込に対し, 聞書, 賜物を

▼ 君よろしく~ (3, 0.0%)

1 やって, 頼むから, 頼むぜ

▼ 君らしくない~ (3, 0.0%)

1 が, ほどの用心深い, よ

▼ 君わかった~ (3, 0.0%)

21 かい

▼ 君われわれ~ (3, 0.0%)

1 が出会つた人間, はまた, は本艇

▼ 君をか~ (3, 0.0%)

1 かかえて, へすわけ, へりみた

▼ 君を以て~ (3, 0.0%)

1 呼びました以後斯, 天才の, 天文方の

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 すこしどうかし, どうかね, 鳩ぽっぽ

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 なぜ, 出れば, 犯さないの

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 さあお通し, ておんな, てもの

▼ 君ンとこ~ (3, 0.0%)

1 にオーダン, はまだ, へ行

▼ 君一個~ (3, 0.0%)

1 の意見, の案, の立場

▼ 君一杯~ (3, 0.0%)

1 やらない, 行こう, 飲みたまえ

▼ 君一身~ (3, 0.0%)

1 の問題, を捨て, を爭

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 へおり, へ行かう, を向いたぎり

▼ 君不幸~ (3, 0.0%)

1 なこと, にし, にならなけれ

▼ 君中務~ (3, 0.0%)

1 などという女房, などという若いよい, 少輔殿立孝公

▼ 君仕事~ (3, 0.0%)

1 があれ, は悲哀, をはじめる

▼ 君住む~ (3, 0.0%)

2 墓の 1 は西方百里飛鳥

▼ 君何ぞ~ (3, 0.0%)

1 それ商骨に, 得手勝手なるや, 此時を以て

▼ 君何所~ (3, 0.0%)

2 か奉公口 1 から手

▼ 君何故~ (3, 0.0%)

1 に人間, に我, もと早く

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 がレニヱー, が学校, に勧むる

▼ 君俳句~ (3, 0.0%)

1 の好き, をやります, を書きません

▼ 君偉大~ (3, 0.0%)

2 なる人間 1 なもの

▼ 君偶然~ (3, 0.0%)

1 にし, にも僕, の中

▼ 君僕ら~ (3, 0.0%)

1 の私情, はギリシア, もいっこう

▼ 君僕達~ (3, 0.0%)

1 はもう, は常識的, は要するに

▼ 君儲かる~ (3, 0.0%)

2 んだ 1

▼ 君元気~ (3, 0.0%)

1 か, かね, をだした

▼ 君兄さん~ (3, 0.0%)

1 として次郎君, は策士, を旅行

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 に角, に角何科, に角運送店

▼ 君冗談~ (3, 0.0%)

2 じゃない 1 を言っ

▼ 君函館~ (3, 0.0%)

2 は可 1 にも芸妓

▼ 君分った~ (3, 0.0%)

1 かい, かね, やっと分った

▼ 君分る~ (3, 0.0%)

2 かい 1 かね同情

▼ 君初め~ (3, 0.0%)

1 からどういう, やや腕ぷし, 御隠居様

▼ 君勝手~ (3, 0.0%)

1 にし, にのん, に驚け

▼ 君勝負~ (3, 0.0%)

2 は僕 1 はこの

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 つて後, 後, 風流絶

▼ 君同様~ (3, 0.0%)

1 に彼等, に私, の手段

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 として常に, は如何にも, は臧兒

▼ 君君たち~ (3, 0.0%)

1 なぜ死ぬなら死ぬ, はここ, は起き

▼ 君君一人~ (3, 0.0%)

1 だけが客, で出かけ, で枕許

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 どうした, に惚れ, をお

▼ 君報告~ (3, 0.0%)

1 による, の寛永十一年阿波国板野郡神宅村, の蚕卵紙

▼ 君~ (3, 0.0%)

2 がき 1 はこれ

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 の十二時過ぎ, の十時, の港

▼ 君失礼~ (3, 0.0%)

1 しようじや, だが, だけれど

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 がお世話, が家, など共に

▼ 君~ (3, 0.0%)

2 を以て自任 1 というやつ

▼ 君学校~ (3, 0.0%)

1 で見た, にいた, を休め

▼ 君安心~ (3, 0.0%)

1 しいや, したま, して

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 だらう, 學校の, 瓶子

▼ 君小説~ (3, 0.0%)

1 に書く, は出, をかいたら

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 があっ, の, を

▼ 君山木~ (3, 0.0%)

1 が早く, の梅子, は彼

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 が紅茶, に抱えられ, は電報

▼ 君帰っ~ (3, 0.0%)

1 てせっかく, てたんか, て呉れ給え

▼ 君幡江~ (3, 0.0%)

1 が一気に, は君, は自分

▼ 君彼奴~ (3, 0.0%)

21 を表

▼ 君徃訪~ (3, 0.0%)

1 さらに黎君徃訪, なつかしかつ, 生憎不在

▼ 君徃訪これ~ (3, 0.0%)

1 は丸ビル, は東京ビル, は海上ビル

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 かしいこと, かしめらるれ, しめられれば

▼ 君悦び~ (3, 0.0%)

1 給え, 給え中川君, 給え今夜

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 はおん身, を伴, を助け

▼ 君我輩~ (3, 0.0%)

1 のやう, はここ, はまず

▼ 君所蔵~ (3, 0.0%)

1 の, の圓朝, の部落関係書類

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 をはなせ, をゆるめる, を携

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 が藝苑, にそんな, は可

▼ 君握手~ (3, 0.0%)

1 しよう, しよう可哀そう, をしよう

▼ 君明日~ (3, 0.0%)

1 にでも親分, の朝, はまた

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 だつて言, でも真面目, れ程筋

▼ 君書いた~ (3, 0.0%)

1 のかい, らい, 当人に

▼ 君最後~ (3, 0.0%)

1 に太田医院, に樹明君, の模様

▼ 君最早~ (3, 0.0%)

1 一時だ, 斯う, 睡たの

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 が何百尺, の旧家, の柳

▼ 君東京~ (3, 0.0%)

1 にいた, の諸, へ帰

▼ 君林田~ (3, 0.0%)

1 はあれ, はどう, ははじめ

▼ 君権完全~ (3, 0.0%)

2 の政治 1 ならざれば

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 ありき, は止め, へ歌う

▼ 君此頃~ (3, 0.0%)

1 から僕, わが悩みとらむとて, 大變顏色

▼ 君決して~ (3, 0.0%)

1 君の, 貰っちゃ, 遠慮する

▼ 君流石~ (3, 0.0%)

1 である, の名, の君

▼ 君済まない~ (3, 0.0%)

1 がこの, がその, が扇子

▼ 君無理~ (3, 0.0%)

2 だよ 1 をしない

▼ 君父子~ (3, 0.0%)

1 がひと目, と共に会飲, に誘はれ

▼ 君独り~ (3, 0.0%)

1 で来られた, わたさむ, 寝て

▼ 君独り愁え~ (3, 0.0%)

3 多きや

▼ 君独特~ (3, 0.0%)

1 のスタイル, の伎倆, の発見

▼ 君~ (3, 0.0%)

2 をつぶっ 1 が高い

▼ 君直ぐ~ (3, 0.0%)

1 に翻訳, に返辞, 散歩へ

▼ 君看ず~ (3, 0.0%)

2 や雙眼 1 や人

▼ 君知らん~ (3, 0.0%)

1 か, かしらつい, かね

▼ 君確か~ (3, 0.0%)

1 な証拠, にこれ, に新聞記者

▼ 君秘密~ (3, 0.0%)

1 な話, に姙娠, は守っ

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 による夢, に現れる, を閉め

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 の書後, も御, 留まって

▼ 君紹介~ (3, 0.0%)

1 したまえ, して, の右

▼ 君結婚~ (3, 0.0%)

1 しちまえよ, し直せって, って嬉しい

▼ 君聞い~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てて疲れやしない, て呉れ

▼ 君聞かず~ (3, 0.0%)

2 や胡笳 1

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 の綱, を使う, を視る

▼ 君興奮~ (3, 0.0%)

1 しちゃ, しちや, すると

▼ 君西洋人~ (3, 0.0%)

1 にはあばた, の書物, の水道使用者

▼ 君見贈~ (3, 0.0%)

1 新筍, 花十枝賦此答謝結句者, 陸放

▼ 君記憶~ (3, 0.0%)

2 すや 1 せよ

▼ 君許し~ (3, 0.0%)

1 てくれるだろう, て呉れ, て見逃し

▼ 君~ (3, 0.0%)

3

▼ 君誠に~ (3, 0.0%)

1 不幸なり, 済まないが, 濟ま

▼ 君誤解~ (3, 0.0%)

1 しちゃ, しちゃあ, しては

▼ 君読んでる~ (3, 0.0%)

2 んです 1

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 つて, ひ手, 被つとるん

▼ 君起き~ (3, 0.0%)

1 たまへ, てん, 給へ

▼ 君軽蔑~ (3, 0.0%)

2 しちゃ 1 しては

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 の害, へも無断, をうごかす

▼ 君~ (3, 0.0%)

2 クヘ行ク 1 州だって

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 から先発, の運座, の離家

▼ 君電車~ (3, 0.0%)

1 が出来, はうるさく, へ乗る

▼ 君~ (3, 0.0%)

2 は確か 1 出して

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 が蒼い, を出す, を拝

▼ 君~ (3, 0.0%)

1 のあと, を食わん, 食わないか

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 どうな, 又なぜそんなに

▼ 君あした~ (2, 0.0%)

2 に去りぬ

▼ 君あんた~ (2, 0.0%)

1 にも三十票, も落しやせん

▼ 君あん時~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎつて, の騷ぎつてなかつたねえ

▼ 君いかが~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, ですか

▼ 君いた~ (2, 0.0%)

1 くめで, ね

▼ 君いっ~ (2, 0.0%)

1 てくれます, てごらん

▼ 君いつか~ (2, 0.0%)

1 な聴き入れず遂に, のお礼

▼ 君いまさず~ (2, 0.0%)

1 とも在す, とも顔色

▼ 君うるさく~ (2, 0.0%)

1 ていかん, ないか

▼ 君えらい~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ 君おい~ (2, 0.0%)

1 なぜ返事, 大丈夫かい

▼ 君おい君~ (2, 0.0%)

1 その窓, ったら

▼ 君おどろい~ (2, 0.0%)

2 てはいけない

▼ 君おれたち~ (2, 0.0%)

1 は善男善女, もしか

▼ 君お父さん~ (2, 0.0%)

1 は近頃どう, を安心

▼ 君お礼~ (2, 0.0%)

1 のこと, をいう

▼ 君お金~ (2, 0.0%)

1 ある, に困った

▼ 君かなと~ (2, 0.0%)

1 のたまいしよう, 一世の

▼ 君からまで~ (2, 0.0%)

1 世俗並にしか, 聞きたくないと

▼ 君がと~ (2, 0.0%)

1 くいの, どの詰まり

▼ 君がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひつて

▼ 君がを~ (2, 0.0%)

1 られるので, りを

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ゃつはかくしているゼおかしい, ゃつはまた消え

▼ 君きき~ (2, 0.0%)

1 たまえ, て泣き

▼ 君きみたち~ (2, 0.0%)

1 の都合, は花岡君

▼ 君くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ死

▼ 君くれ~ (2, 0.0%)

2 なゐ

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 ふは

▼ 君こんなに~ (2, 0.0%)

1 おそく上がっ, ぞんざいに

▼ 君ご苦労さま~ (2, 0.0%)

1 だったねえ, だね

▼ 君さえも~ (2, 0.0%)

1 すこしも, 不遇の

▼ 君さだ子~ (2, 0.0%)

1 はあの, を林田

▼ 君さらば~ (2, 0.0%)

1 じゃ, 巫山の

▼ 君さんお嬢様~ (2, 0.0%)

1 から招, がお前さん

▼ 君さんどこ~ (2, 0.0%)

1 へいらっしゃる, へ行つて來たん

▼ 君しこひと~ (2, 0.0%)

2 にあらね

▼ 君しつかりし~ (2, 0.0%)

1 たまへ, てくれ

▼ 君しばし~ (2, 0.0%)

1 うた, 留りて

▼ 君しろしめせ~ (2, 0.0%)

2 今年米

▼ 君じつに~ (2, 0.0%)

1 りっぱな, 附き合いにくい

▼ 君すこし~ (2, 0.0%)

1 は察し, 向うの

▼ 君すっかり~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 片付まで

▼ 君すまん~ (2, 0.0%)

1 がもう, ことを

▼ 君すみません~ (2, 0.0%)

1 でした, でした二時間

▼ 君すら~ (2, 0.0%)

1 分らなかつた筈, 王と

▼ 君ずいぶん~ (2, 0.0%)

1 このなん, 君は

▼ 君せっかく~ (2, 0.0%)

1 のきみ, 逢ったもの

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ふだらう神, を胸

▼ 君そのまま~ (2, 0.0%)

1 で萌さん, 放っては

▼ 君それぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やお

▼ 君それで~ (2, 0.0%)

1 ひとつこの, 君の

▼ 君それでも~ (2, 0.0%)

1 この字, 来るか

▼ 君そろそろ~ (2, 0.0%)

1 後楽園へ, 面白くなっ

▼ 君ただ~ (2, 0.0%)

1 の所, ひとり立つ

▼ 君たちふたり~ (2, 0.0%)

1 で一, をパクッ

▼ 君たち一同~ (2, 0.0%)

1 と共にあらん, をあらゆる

▼ 君たち三少年~ (2, 0.0%)

1 はあい, は黒覆面

▼ 君たち五少年~ (2, 0.0%)

1 がほんとう, も残念

▼ 君たち人類~ (2, 0.0%)

1 の先祖, はこんな

▼ 君たち地球人~ (2, 0.0%)

1 がいやに, の低い

▼ 君たち青年~ (2, 0.0%)

1 の立場, の自負心

▼ 君だいじょうぶ~ (2, 0.0%)

1 か, だよ

▼ 君だから~ (2, 0.0%)

1 ソバケーヴィッチなんか, 僕は

▼ 君だったろう~ (2, 0.0%)

1 か, か矢野目源一君

▼ 君だつたら~ (2, 0.0%)

1 どうする, 葡萄位呉れ

▼ 君だまっ~ (2, 0.0%)

1 てそら, て歩きなさい

▼ 君ちっと~ (2, 0.0%)

1 外国語でも, 金を

▼ 君ちゃんとさ~ (2, 0.0%)

2 しむかい

▼ 君ちやう~ (2, 0.0%)

2 どい

▼ 君つて~ (2, 0.0%)

1 いふひと, ねこれから

▼ 君つと~ (2, 0.0%)

1 立ていざ, 褥を

▼ 君つまらぬ~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことを

▼ 君つまらん~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ぢや

▼ 君でありました~ (2, 0.0%)

1 か存外, か斯

▼ 君であろう~ (2, 0.0%)

1 とは思わなかった, と思う

▼ 君でございます~ (2, 0.0%)

1 か, 伊勢の

▼ 君でさえ~ (2, 0.0%)

1 そう思っ, どうした

▼ 君でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ間に合わない, てはならなかったら

▼ 君とこそ~ (2, 0.0%)

1 思へ, 行け我

▼ 君ところ~ (2, 0.0%)

1 の牛小屋, へ使

▼ 君とだけ~ (2, 0.0%)

1 だよ, で目的

▼ 君とち~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 君とっ~ (2, 0.0%)

1 てくれなく, て来

▼ 君とにかく~ (2, 0.0%)

1 きれいに, それで

▼ 君とのみ~ (2, 0.0%)

1 思うて, 見し

▼ 君どうにか~ (2, 0.0%)

1 なつて, 方法は

▼ 君どっか~ (2, 0.0%)

1 へ出る, へ行く

▼ 君どっち~ (2, 0.0%)

1 だろう, も好意

▼ 君どれ~ (2, 0.0%)

1 ぐらい預ってる, だけ

▼ 君どん~ (2, 0.0%)

1 じゃない, も来

▼ 君どんな~ (2, 0.0%)

1 ご様子かお, 顔を

▼ 君どんなに~ (2, 0.0%)

1 喜びましたらう, 景気よく

▼ 君ながら~ (2, 0.0%)

1 お憎い, そのこと

▼ 君なし~ (2, 0.0%)

1 で生きるなんて, に生き

▼ 君なぞも~ (2, 0.0%)

1 もっと年, 一度欧羅巴

▼ 君などから~ (2, 0.0%)

1 延長し, 鞭撻を

▼ 君などという~ (2, 0.0%)

1 人は, 少年上がりの

▼ 君などと共に~ (2, 0.0%)

1 二高, 拵えた小説

▼ 君なほ~ (2, 0.0%)

1 ざりに, 急がずば

▼ 君ならじ~ (2, 0.0%)

1 そのかみの, 我ならじ

▼ 君ならびに~ (2, 0.0%)

1 その輔佐, 同山の神氏

▼ 君なんかから~ (2, 0.0%)

1 何か, 見ると

▼ 君なんぞの~ (2, 0.0%)

1 かつて近寄った, 理想と

▼ 君なんとか~ (2, 0.0%)

1 いわないかね, はからって

▼ 君なんにも~ (2, 0.0%)

1 これといふ, 知りやしないからね

▼ 君においても~ (2, 0.0%)

1 これは, その後さらに

▼ 君にさえ~ (2, 0.0%)

1 これっ, 僕と

▼ 君にすら~ (2, 0.0%)

1 こうは, ハガキも

▼ 君にたいして~ (2, 0.0%)

1 争わなければ, 畏れあるが

▼ 君にだけでも~ (2, 0.0%)

1 僕の, 報告し

▼ 君にだけの~ (2, 0.0%)

1 ませて, 話だ

▼ 君になんぞ~ (2, 0.0%)

1 わからないと, 話を

▼ 君にもの~ (2, 0.0%)

1 いひて, 云ふ

▼ 君のての~ (2, 0.0%)

2 ひら

▼ 君はく~ (2, 0.0%)

2 はしい

▼ 君はけ~ (2, 0.0%)

1 ふここ, ふも不相

▼ 君はじめ多く~ (2, 0.0%)

1 の同胞, の外国人

▼ 君はずかしい~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 次第じゃが

▼ 君はたと~ (2, 0.0%)

1 ひ天性世, 怒りの

▼ 君はつ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 君はぶ~ (2, 0.0%)

1 じです, じに

▼ 君はまる~ (2, 0.0%)

2 はだ

▼ 君はを~ (2, 0.0%)

1 さなき時, ぢいさん

▼ 君ひさしぶり~ (2, 0.0%)

1 だったねえ, だね

▼ 君ひろ子~ (2, 0.0%)

1 の論理, は警察

▼ 君へは~ (2, 0.0%)

1 たくさんある, 始めてで

▼ 君ほどに~ (2, 0.0%)

1 あばずれでない, 参りませぬ

▼ 君ほんとに~ (2, 0.0%)

1 僕は, 君は

▼ 君まさに~ (2, 0.0%)

1 その水銀, 時は

▼ 君まさぬ~ (2, 0.0%)

2 端居や

▼ 君まったく~ (2, 0.0%)

1 さお嬢さん, 景気よく

▼ 君みずから~ (2, 0.0%)

1 攻め給わば, 行きて

▼ 君みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 君みづか~ (2, 0.0%)

1 らと, ら名告りつ

▼ 君もうしばらく~ (2, 0.0%)

1 僕の, 議論を

▼ 君もうそろそろ~ (2, 0.0%)

1 ええや, 退却しようで

▼ 君もう少し~ (2, 0.0%)

1 たつて, 歩を

▼ 君もけ~ (2, 0.0%)

1 ふは, ふ一日私

▼ 君もつ~ (2, 0.0%)

1 としつかり, と飲み

▼ 君もつれ~ (2, 0.0%)

1 て東京, て行かう

▼ 君もね~ (2, 0.0%)

2 むりたまひぬ

▼ 君もはや~ (2, 0.0%)

1 十分の覚悟は, 君にも

▼ 君もよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, ッぽ

▼ 君もらっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃいかん, ちゃどう

▼ 君もらわなかった~ (2, 0.0%)

2

▼ 君やう~ (2, 0.0%)

1 なき物取り出, やく帰宅

▼ 君やら~ (2, 0.0%)

1 やつて, 侍女たちも

▼ 君やり~ (2, 0.0%)

1 たまえ, 給へ

▼ 君ゆえ~ (2, 0.0%)

1 さ, に石

▼ 君よう~ (2, 0.0%)

1 来たなあ, 来て

▼ 君よと~ (2, 0.0%)

1 われ呼びし, 深き嘆息

▼ 君よりか~ (2, 0.0%)

1 我より, 青木の

▼ 君よろこびた~ (2, 0.0%)

2 まえ

▼ 君らしくっ~ (2, 0.0%)

1 ていい, て面白い

▼ 君ら四人~ (2, 0.0%)

1 が一室, が又

▼ 君わかっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てくれるだろう

▼ 君をからか~ (2, 0.0%)

1 ひ出しました, ふの

▼ 君をしか~ (2, 0.0%)

1 想像する, 見なかつた

▼ 君をのみ~ (2, 0.0%)

1 かなしき人, たのむ旅

▼ 君をは~ (2, 0.0%)

1 づかしめる意圖, ふりぬ

▼ 君をまで~ (2, 0.0%)

1 傷つけようとは, 危地に

▼ 君を通じての~ (2, 0.0%)

1 御依頼, 申込だ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 とエ, ね何

▼ 君カラザース君~ (2, 0.0%)

1 そのピストル, だが

▼ 君カン君~ (2, 0.0%)

2 もう雲見

▼ 君コソハ僕~ (2, 0.0%)

2 ノ永遠

▼ 君コペイキン~ (2, 0.0%)

1 の番, は平気

▼ 君シロ~ (2, 0.0%)

2 を知らないです

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 い岡, てエ人

▼ 君ト腕ヲ組ン~ (2, 0.0%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 つかへ, もよろしく

▼ 君ニコライ~ (2, 0.0%)

1 の会堂, の會堂

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 前カラ知ッテタノカ, 見ルカ

▼ 君ハッキリ~ (2, 0.0%)

1 いって, 貴島の

▼ 君バカ~ (2, 0.0%)

1 に気に入った, に驚ろ

▼ 君ピストル~ (2, 0.0%)

1 を持つ, 持ってるの

▼ 君ファラント~ (2, 0.0%)

2 を一滴

▼ 君ペンペン草~ (2, 0.0%)

2 を我無者羅

▼ 君メリメエ~ (2, 0.0%)

1 という人, といふ人

▼ 君モー~ (2, 0.0%)

1 少し早い, 行こう

▼ 君ラディゲ~ (2, 0.0%)

1 が生き, は自殺

▼ 君ラデイゲ~ (2, 0.0%)

1 が生き, は自殺

▼ 君レニエ~ (2, 0.0%)

2 の小説

▼ 君一々~ (2, 0.0%)

1 其出処を, 近傍の

▼ 君一人位~ (2, 0.0%)

1 だつたら何うに, どうで

▼ 君一個人~ (2, 0.0%)

1 に対しては恩, の面目問題

▼ 君一所~ (2, 0.0%)

2 に居る

▼ 君一文~ (2, 0.0%)

1 くれ給え, 恵んで

▼ 君一方~ (2, 0.0%)

1 ではこういう, に於

▼ 君一日~ (2, 0.0%)

1 あれば, に二百円平均

▼ 君一派~ (2, 0.0%)

1 が主催, の人々

▼ 君一生~ (2, 0.0%)

1 だまされて, の事業

▼ 君一種~ (2, 0.0%)

1 の悲哀, の芸術

▼ 君万民~ (2, 0.0%)

1 ですね, の理想

▼ 君三人~ (2, 0.0%)

1 でろ, とも手拭

▼ 君三法師~ (2, 0.0%)

1 にも謹ん, の食邑

▼ 君不可~ (2, 0.0%)

2 んよ

▼ 君不良少女~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の訊問

▼ 君世話~ (2, 0.0%)

1 にはならない, を焼かす

▼ 君並びに~ (2, 0.0%)

1 のろたちが, 沖縄同胞の

▼ 君主従~ (2, 0.0%)

1 がまだ, が行け

▼ 君久々~ (2, 0.0%)

1 にて来, 御不快

▼ 君九時頃~ (2, 0.0%)

1 に來, に来た

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ふ潛, ふ許せ尊命

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の玉璽, より重き

▼ 君事務所~ (2, 0.0%)

1 でだけはお, の方

▼ 君事情~ (2, 0.0%)

1 ありて, が今

▼ 君二十面相~ (2, 0.0%)

1 の最後, はどこ

▼ 君二月~ (2, 0.0%)

2 も敵陣

▼ 君二階~ (2, 0.0%)

1 のドア, へどうぞ

▼ 君亡き~ (2, 0.0%)

2 夏の

▼ 君今どこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, に居る

▼ 君今や~ (2, 0.0%)

1 我等旧友に, 暗の

▼ 君仕方~ (2, 0.0%)

1 がない, が無い

▼ 君会社~ (2, 0.0%)

1 の中, の手

▼ 君位君権~ (2, 0.0%)

1 に固有専属, は立法

▼ 君佐竹~ (2, 0.0%)

2 の自尊心

▼ 君何だか~ (2, 0.0%)

1 知つてゐる, 知らないが

▼ 君何と~ (2, 0.0%)

1 いうの, 云つても

▼ 君何とも~ (2, 0.0%)

1 言えない感じ, 言えませんでした

▼ 君何處~ (2, 0.0%)

1 まで行つたつて矢張, まで行つて

▼ 君~ (2, 0.0%)

2

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 し僕

▼ 君俳優~ (2, 0.0%)

1 が国王, が國王

▼ 君俺たち~ (2, 0.0%)

1 があの, が娘さん

▼ 君借りとく~ (2, 0.0%)

2

▼ 君傾城~ (2, 0.0%)

2 の果て

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 は志村, 氣です

▼ 君元来~ (2, 0.0%)

1 僕は, 十二宮なんて

▼ 君八時ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 君出たまえ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいでは駄目, と大久保君

▼ 君出で~ (2, 0.0%)

1 て, てこれ

▼ 君出る~ (2, 0.0%)

1 が好い, オペラと

▼ 君出直し~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来い

▼ 君出迎~ (2, 0.0%)

2

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の一週間, 入道者は

▼ 君制度~ (2, 0.0%)

2 は九州

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ち新著百種, を刺殺し

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 多夫

▼ 君勇たち~ (2, 0.0%)

1 のあと, は鴨川湯

▼ 君北海道~ (2, 0.0%)

2 も今

▼ 君医者~ (2, 0.0%)

1 に売る, へ駆け付けた

▼ 君千代~ (2, 0.0%)

1 といふの, の処

▼ 君半熟~ (2, 0.0%)

1 のいわれ, を命じた

▼ 君印度~ (2, 0.0%)

1 に共産党, はどう

▼ 君危篤~ (2, 0.0%)

1 の病人, の電報

▼ 君厭浪華市井~ (2, 0.0%)

2 之囂塵

▼ 君友達~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつたん

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 臂環

▼ 君古い~ (2, 0.0%)

1 から焼かぬ, 木が

▼ 君同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 文字が

▼ 君同様可~ (2, 0.0%)

2 なり親しく

▼ 君君ここ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, へ入っ

▼ 君君一緒~ (2, 0.0%)

2 に行かない

▼ 君君僕~ (2, 0.0%)

1 の国, は今

▼ 君君等~ (2, 0.0%)

1 だよ, の方

▼ 君君達~ (2, 0.0%)

1 から言え, の一行

▼ 君吾が~ (2, 0.0%)

1 毛虫たり, 説に

▼ 君唐崎~ (2, 0.0%)

1 なんかへ行く, の松

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 となつて, ふて云

▼ 君在れ~ (2, 0.0%)

1 ばこそじゃ, ばと安心

▼ 君外套~ (2, 0.0%)

1 がほしい, を着せ

▼ 君多分~ (2, 0.0%)

1 この家, この矛盾

▼ 君大した~ (2, 0.0%)

1 勢だ, 腕だ

▼ 君大将~ (2, 0.0%)

1 に会ったら, の言ってる

▼ 君大層~ (2, 0.0%)

1 遅いぢ, 陽気ぢや

▼ 君大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 でやって来給え, で地階

▼ 君大概~ (2, 0.0%)

1 い, きまってよう

▼ 君大臣~ (2, 0.0%)

2 になれ

▼ 君大阪市~ (2, 0.0%)

1 のカフェー, の煤煙

▼ 君天才~ (2, 0.0%)

1 さえ有れ, だよ

▼ 君夫婦ワイマルショオンベルヒ~ (2, 0.0%)

2 の両

▼ 君奥さん~ (2, 0.0%)

1 が来てる, をあちら

▼ 君女教員~ (2, 0.0%)

1 と來ちや, と来

▼ 君女郎~ (2, 0.0%)

1 が立替, よな妾

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ありや, にさう

▼ 君始める~ (2, 0.0%)

1 が覚悟, よ

▼ 君姿~ (2, 0.0%)

1 の女, を見せた

▼ 君婆さん~ (2, 0.0%)

1 に充分, の所

▼ 君婦人~ (2, 0.0%)

1 じゃない, に手錠

▼ 君子供~ (2, 0.0%)

1 が雪兎, を始終側

▼ 君孫権~ (2, 0.0%)

1 からお, には先頃

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 といい, 南の

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 を云う, 将帰東奥臨別贈

▼ 君宮城浩蔵君等~ (2, 0.0%)

1 の十名, は原案反対

▼ 君家主~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 君容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬ無, ならぬ無礼

▼ 君察し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくれ給え

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 兮奮匈奴, 道避痾方

▼ 君小伝~ (2, 0.0%)

2 によれ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 壯の, 許穏当で無いだらう

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 はその, は井上侯

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 ひり虫

▼ 君居られます~ (2, 0.0%)

2

▼ 君島田~ (2, 0.0%)

1 が帰らせる, の君

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 い工夫, くやつ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 が上, のロシヤ語なんざあ

▼ 君帰ったら~ (2, 0.0%)

1 よろしくいっとい, ファザーに

▼ 君帰らず~ (2, 0.0%)

1 ばなんと, ば堪へ

▼ 君帰ろう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 左様なら

▼ 君帽子~ (2, 0.0%)

1 の寸法, を買った

▼ 君平岡~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ 君平野君~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ 君平野君ら~ (2, 0.0%)

2 はどうも

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に雨, ひ月夜

▼ 君幸い~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に首肯

▼ 君幽霊~ (2, 0.0%)

1 というやつ, なんかこの

▼ 君幾らか~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 海子爵は, 海子爵も

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に付い, に入りました

▼ 君待て~ (2, 0.0%)

1 仏国の, 軍裝を

▼ 君徐々話~ (2, 0.0%)

1 を初めようぢ, を始めよう

▼ 君得意~ (2, 0.0%)

1 のもの, の句

▼ 君御台所~ (2, 0.0%)

1 の住まいなされる, の住まひ

▼ 君御苦労~ (2, 0.0%)

1 だが, やけど

▼ 君徳子~ (2, 0.0%)

1 が頭痛, の最後

▼ 君忘れ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ困る, もせぬ

▼ 君思い違い~ (2, 0.0%)

1 しちゃ, しては

▼ 君急い~ (2, 0.0%)

1 でくれ給え, で手配

▼ 君恋し~ (2, 0.0%)

1 命いと, 唇合わせね

▼ 君恋人~ (2, 0.0%)

2 あるの

▼ 君恐ろしい~ (2, 0.0%)

2 ものさ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 まれ口を, 源太君も

▼ 君悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事は

▼ 君悪魔~ (2, 0.0%)

1 のしのび, の尿溜

▼ 君意味~ (2, 0.0%)

2 深げ

▼ 君愛育~ (2, 0.0%)

1 の伝書鳩, の鳩

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 むてふ鳥は, 惡の

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひわたる貴人

▼ 君戦争~ (2, 0.0%)

1 でやった, は厭世

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 には錠, を排した

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 臣主義の, 臣主義を

▼ 君持っ~ (2, 0.0%)

1 ているなら, てきた

▼ 君指先~ (2, 0.0%)

1 が箆, に最高

▼ 君支倉~ (2, 0.0%)

1 のよう, の検挙

▼ 君支那人~ (2, 0.0%)

1 のよう, の五味調和説

▼ 君教え~ (2, 0.0%)

1 てあげ給え, てくれ

▼ 君文章~ (2, 0.0%)

1 にならぬ, をかきたいなら

▼ 君新しい~ (2, 0.0%)

1 パンツが, 所へ

▼ 君新体詩~ (2, 0.0%)

1 でそんな, の種

▼ 君新作~ (2, 0.0%)

1 の小, の狂言其姿団七縞

▼ 君新聞~ (2, 0.0%)

1 に出, みてるかい

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に来た, へ出りゃ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 かつたら待つ, やくこの

▼ 君昌一君雪子ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 君昔我~ (2, 0.0%)

1 を訪いし, を訪え

▼ 君星眸の~ (2, 0.0%)

2 をやみ

▼ 君時代~ (2, 0.0%)

1 におくれる, に後れる

▼ 君時計~ (2, 0.0%)

1 をもってるだろう, を見

▼ 君暫く~ (2, 0.0%)

1 ここで, 逢わなかったネー

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 そんな死, ふ如き光榮

▼ 君曰く~ (2, 0.0%)

2 ああ僕

▼ 君書生~ (2, 0.0%)

1 なども来, の広田

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 上位の, 少しそっち

▼ 君本然~ (2, 0.0%)

2 の真

▼ 君札幌~ (2, 0.0%)

1 はいくら, は狹くつ

▼ 君来ませ~ (2, 0.0%)

1 といふ希望, よと心皆

▼ 君来庵先夜~ (2, 0.0%)

1 の脱線ぶり, の連中

▼ 君来庵同道~ (2, 0.0%)

1 して, で布佐女さん

▼ 君来庵餅~ (2, 0.0%)

1 を焼き, を貰

▼ 君来訪いつ~ (2, 0.0%)

2 しよに

▼ 君来訪三人~ (2, 0.0%)

1 いつし, で飲み

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の対の, 去去舟汎

▼ 君東都~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 は僕達, 大隊長

▼ 君椅子~ (2, 0.0%)

1 に腰, の螺旋

▼ 君構はず~ (2, 0.0%)

2 に置く

▼ 君樣御代~ (2, 0.0%)

2 御側

▼ 君権万能主義~ (2, 0.0%)

1 の宣示, を崇敬

▼ 君権主義~ (2, 0.0%)

1 のもの, は存在

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 たはり我, に逃げる

▼ 君權擁護~ (2, 0.0%)

2 の爲

▼ 君次第~ (2, 0.0%)

1 といったら, 御両親

▼ 君欲しい~ (2, 0.0%)

1 のなら譲っ, ものを

▼ 君正気~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ 君正直~ (2, 0.0%)

1 な人, に働い

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の地所, の頃躰

▼ 君此處~ (2, 0.0%)

1 にあり, へ坐

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 をくいしばり, をどうか

▼ 君死ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 君死体~ (2, 0.0%)

1 の発光, は他殺死体

▼ 君気の毒~ (2, 0.0%)

1 だがね, だな

▼ 君気分~ (2, 0.0%)

1 でもお, はちっと

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 にさける, をあ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 とも一, の唄う

▼ 君泣く~ (2, 0.0%)

1 ことは, や聖母

▼ 君泥棒~ (2, 0.0%)

1 じゃあるめえし, に入られる

▼ 君注意~ (2, 0.0%)

1 して, しないと

▼ 君注文~ (2, 0.0%)

2 が割合

▼ 君活動~ (2, 0.0%)

1 へいく, を見

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 で名訳, にで

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に浮び, へいっ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 のおんかた, 見軒

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に行こう, に這入つ

▼ 君湯あがり~ (2, 0.0%)

2 に一杯

▼ 君火星~ (2, 0.0%)

2 のアアビング

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 智ゆえに, 智ゆゑに

▼ 君無茶~ (2, 0.0%)

1 だよ, な留吉君

▼ 君燐寸~ (2, 0.0%)

1 が見えない, を借せ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 には両面, には裏

▼ 君特愛~ (2, 0.0%)

1 ののみ, の信條

▼ 君特有~ (2, 0.0%)

1 の書斎的錯乱, の笑

▼ 君猪一郎さき~ (2, 0.0%)

2 に一書

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 りでは, り引返すの

▼ 君獨特~ (2, 0.0%)

1 の他力本願, の藝術境

▼ 君玉子~ (2, 0.0%)

1 の新鮮, の黄身

▼ 君玉膚~ (2, 0.0%)

2

▼ 君珍しい~ (2, 0.0%)

1 ね, 犬だろう

▼ 君甚だ~ (2, 0.0%)

1 失礼です, 御苦労を

▼ 君生き~ (2, 0.0%)

1 てゐられる, て来よ

▼ 君生別~ (2, 0.0%)

2 又兼死別時

▼ 君生命~ (2, 0.0%)

1 のこと, を棄

▼ 君生存~ (2, 0.0%)

1 が出, が出来なくなる

▼ 君生徒~ (2, 0.0%)

1 が祝勝会, を是処

▼ 君用心~ (2, 0.0%)

1 したまえ, すると

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 だから, の遺伝性

▼ 君番地~ (2, 0.0%)

1 は, を知ってるだろう

▼ 君病院~ (2, 0.0%)

1 はまだ比較的, は未だ比較的

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 のよう, の野郎

▼ 君登青雲~ (2, 0.0%)

2

▼ 君百姓~ (2, 0.0%)

1 がたつた, が出来る

▼ 君皆男許~ (2, 0.0%)

2 りな

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 の位

▼ 君直接~ (2, 0.0%)

1 の話, 会って

▼ 君真に~ (2, 0.0%)

1 形容詞か, 有難い仕合せ

▼ 君真実~ (2, 0.0%)

1 かい, に顔色

▼ 君真物~ (2, 0.0%)

1 の君, は即

▼ 君知ら~ (2, 0.0%)

1 ざらん, む

▼ 君知れる~ (2, 0.0%)

2 かへと母親

▼ 君秀次公~ (2, 0.0%)

1 には幸蔵主, を危険

▼ 君私ア~ (2, 0.0%)

1 そういう主義, まったくの

▼ 君穀民~ (2, 0.0%)

1 が局票, の説明

▼ 君笑っ~ (2, 0.0%)

2 て諾す

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 を吹け

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の, のどこ

▼ 君等の~ (2, 0.0%)

1 は儲ける, は蓋し

▼ 君等みたい~ (2, 0.0%)

1 な見込捜索, な高等常識

▼ 君等カベイロイ~ (2, 0.0%)

2 を迎

▼ 君等二人~ (2, 0.0%)

1 にやらせれ, の胆玉

▼ 君筑紫~ (2, 0.0%)

1 の三家, の米多

▼ 君算哲~ (2, 0.0%)

1 という人物, の心臓異変

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の君, の袖

▼ 君細君~ (2, 0.0%)

1 と二人きり, の有る

▼ 君結局~ (2, 0.0%)

1 そう云う, は君

▼ 君統一~ (2, 0.0%)

2 せんと

▼ 君經義~ (2, 0.0%)

2 を演説

▼ 君緑平~ (2, 0.0%)

1 老井師, 老敬治坊

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 たまえよ, もあ

▼ 君聞く~ (2, 0.0%)

1 か其, だけ野暮

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 かず, かれねば

▼ 君脅迫状~ (2, 0.0%)

1 の主, を送

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 からその, づと思も

▼ 君自宅~ (2, 0.0%)

1 の書斎, へ遊び

▼ 君自身これ~ (2, 0.0%)

1 が染上げ, を赤大根

▼ 君自身ぢ~ (2, 0.0%)

2 や痛快

▼ 君自身カテリーナ・イワーノヴナ~ (2, 0.0%)

1 に気, のところ

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 と名乗り, に聴かず

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 がさめる, を入れ

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 付いて

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 が三匹枕, を見

▼ 君行跡~ (2, 0.0%)

2 悪しければ

▼ 君裁判所~ (2, 0.0%)

1 の連中, へ行け

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 にし, を垣根

▼ 君見えず~ (2, 0.0%)

1 生絹の, 遠の

▼ 君見る~ (2, 0.0%)

1 がいい, や

▼ 君見給え~ (2, 0.0%)

1 この舟, 琵琶湖には

▼ 君覚え~ (2, 0.0%)

1 ている, ているだろう

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 ふときは, をもっ

▼ 君言う~ (2, 0.0%)

1 だけのこと, のは

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 りぢ, り寐

▼ 君話ツ~ (2, 0.0%)

2 てな何

▼ 君読者~ (2, 0.0%)

1 もご, をみんな

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 に反対, を主張

▼ 君警察~ (2, 0.0%)

1 の車, の連中

▼ 君谷村~ (2, 0.0%)

1 の家, の方

▼ 君起きろ~ (2, 0.0%)

2

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 は痛まない, を出し

▼ 君躍り~ (2, 0.0%)

2 上ツた

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 のごとき, 当りがたし

▼ 君辱められ~ (2, 0.0%)

1 て臣, 臣死する

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 へ神, 送能扶疾

▼ 君近い~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 君近所~ (2, 0.0%)

1 の菓子屋恵美須屋さん, へ聞えない

▼ 君退屈~ (2, 0.0%)

1 してるよう, になつて

▼ 君連れ~ (2, 0.0%)

1 て行, て行っ

▼ 君遂に~ (2, 0.0%)

1 問題は, 神ならず

▼ 君遅い~ (2, 0.0%)

1 ねまた, よ

▼ 君遅く~ (2, 0.0%)

1 なりやしないの, まですまなかつた

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の床し, を然

▼ 君達の~ (2, 0.0%)

1 が綺麗, は名

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 君酷い~ (2, 0.0%)

1 じゃない, めに

▼ 君金沢~ (2, 0.0%)

1 より上京, より出

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 はあまり, をした

▼ 君釧路みたい~ (2, 0.0%)

2 な田舎

▼ 君銀座~ (2, 0.0%)

2 なんかのハイカラ紳士

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 が内側, はありません

▼ 君附け~ (2, 0.0%)

1 にし, に呼ぶ

▼ 君随分~ (2, 0.0%)

1 ひどい目, 仕たいこと

▼ 君電気~ (2, 0.0%)

1 の線, を消し

▼ 君面白い~ (2, 0.0%)

1 ことには, でやせう

▼ 君面白く~ (2, 0.0%)

1 ないか, 無いじゃー

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の絆創膏, を中

▼ 君願はく~ (2, 0.0%)

1 は之, は陣中

▼ 君風呂~ (2, 0.0%)

1 があったら入っ, はまあ

▼ 君飛行機~ (2, 0.0%)

1 の爆音, はどう

▼ 君香さん~ (2, 0.0%)

1 さ行こ, よくわかりました

▼ 君馬車~ (2, 0.0%)

1 が駄目, も紙腔琴

▼ 君驚いた~ (2, 0.0%)

1 か, かもうこう

▼ 君~ (2, 0.0%)

1 の死ぬ, はどう

▼ 君鳥渡~ (2, 0.0%)

1 考えただけ, 降りて

▼ 君~ (2, 0.0%)

2 わずかに

▼1* [3374件]

〆切におくれ, 君ぁぜんたいなんだ, 君ぁたちのよく, 君ぁどこでそんな, 君ぁなにを言う, 君ぁ俺の, 君ぁ僕んとこ, 君ぁ君公は子供, 君ぁ流しをさせ, 君あお香代ちやんと, 君あかしやの, 君あさりとしきゃ思いません, 君あしたいっしょに魚つり, 君あすあたりぼくの身辺, 君あずかっておい, 君あたしか郡山, 君あたらしい時代は, 君あたりぢやあるまい, 君あちらの部屋, 君あっては一致, 君あとひとつき寝れば, 君あどつかへ, 君あなた酒はどうやら, 君あのおたかという, 君あのこの頃産業的に, 君あの大きな湯壺の, 君あぶないつ, 君あまねくイタリアの, 君あまり熱心になつちや, 君あやまったらいいだろう, 君あやまりたまえ, 君あやまるの何, 君あらしめて聞く, 君あらせられて万民, 君あらためてこのひと, 君ありけるを花一ツ採り, 君ありったけの将校, 君ありや全くの, 君あるいはあの時, 君あるらしいンだ, 君あれあれあすこを, 君あれ人間の顔, 君あわてることは, 君あんなに人間が, 君あゝいふこと, 君あゝあゝかうと, 君あ相変らずお, 君女, 君いかなれや, 君いかようにもなし, 君いきている, 君いくどでも云う, 君いくら美くしいと云っ, 君いけないよ, 君いけませんよ, 君いずれ何とかなりますよ, 君いたずらをし, 君いちばん小さいの, 君いっしょに遊び, 君いったいどうしたという, 君いっちょ行こか, 君いつかきみにあう, 君いつか云つた言葉をいよいよ, 君いつか吾家の鶴, 君いつぞや君は, 君いつなんどきどういふ, 君いづこ, 君いと厳重に, 君いなければ仕方, 君いふ今は, 君いまお話をきい, 君いまさぬ日に, 君いまだ早大の, 君いま何時と思うとります, 君いま僕のいった, 君いま元気にし, 君いま勢いに乗っ, 君いま手が空い, 君いま脚を, 君いるかね, 君いるいるといっ, 君いるかね, 君か, 君うしろより余, 君うそをつく, 君うっかり人を信用, 君うつくしうら葉, 君うなぎを食いません, 君うなされてるようだ, 君うなづきて納受, 君うらみたまへど, 君うるはしき, 君うれし恋ふと, 君うれしい緊張の, 君うわさによる, 君うんざりしたろう, 君も御, 君おいおい君抱き, 君おい一杯飲もう, 君おかけなさいな, 君おくれて樹明君, 君おしはかり給へ, 君おそかったねえ, 君おそまつのない, 君おそらく先生の, 君おそるべきものだ, 君おたがいにゆずりあっても, 君おちついて話し, 君おちつかにゃいかん, 君おどろいたかい, 君おどろくことは, 君おなかすいてるん, 君おねがいだから, 君おのれに語られぬ, 君おはじき持って, 君おばけに変装, 君おもしろいものを, 君おや鶯も, 君おやじはずつとね, 君おろしてやれ, 君おわこの前, 君おわすぞ, 君おん自らは葵, 君おーい丸山君, 君お互いに舞子, 君お便りありがとう, 君お化け結びと云う, 君お宮の方, 君お待ち下さい, 君お忙しいところを御苦労, 君お昼は, 君お正月はここ, 君お母さんにしかられる, 君お祖父さんの説明, 君お茶のみに行こう, 君お蔭で何, 君かいつまんで話し, 君かういふことが, 君かえって来て, 君かえり金親君かえったら, 君かえる迄待たせ, 君かかり人まで, 君かかる折は, 君かく誇りたもう, 君かくさないでもよろしい, 君かけ合ってくれ給え, 君かしらの雪, 君かためいのちか, 君かついでるわけじゃ, 君かつてアイサツは, 君かということに, 君かなんぞのやうに, 君かに写して, 君かの羊を, 君かへ今俺を, 君かまわず引き立てて行っ, 君かまわないから仏頂寺, 君かやすこし面変り, 君からいばりは, 君からだを頑健, 君からでも聞いて, 君かりに俳句の, 君かわってくれた, 君かんがへ, 君かんじんの犯人, 君かんにんして, 君がかへたる口づけには, 君がからかふと大田黒君, 君がた四五人ちょっとここ, 君がてがらを, 君がどえらい山師, 君がねえそんなこと, 君がねもごろ吾は, 君がのこのこと見物, 君がへいきな, 君がへに草むす, 君がやーあそこに, 君がりゆきて茄子トマト腹, 君がんばるんだ, 君きつと来, 君きのう日向に自分, 君きのう此処で吠, 君きませというよう, 君きみいま何か言いやしなかった, 君きみはぶじで, 君きみらふたりは幼年組, 君きゅうに元気, 君きょうのレッソン, 君くさくないかい, 君くせ者だ早く, 君くどいようで, 君くらいなもの, 君くらいに愛情が, 君くらいには俺にだって, 君くりくりした眼, 君くれなきゃその代り, 君ぐうの音, 君ぐずぐずして, 君ぐらゐに若くみ, 君ぐらゐのものでそのほか, 君ぐらゐの世話はする, 君ぐらゐの年のひと, 君ぐらゐの時分に讀んだ, 君ぐらゐロシア語がたつ, 君けれども外に, 君こくふ田君, 君ここいらで文化運動, 君ここらを知ってる, 君こし草の, 君ことしの夏京都, 君ことによると, 君ことばの上, 君ことわり給ひつれど, 君こないだいってた共産党, 君この世の神, 君この間も見た, 君こまるじゃない, 君こよなう怜し, 君こら吹きなよ, 君こらあきくらしい, 君こりや駄作, 君こりゃあ山田源之助の, 君これからすぐ出かけて, 君これきりで君達, 君これくらゐの, 君これぢや五十圓ぢ, 君これシカゴから今, 君これタヾかね, 君これ以上論ずる問題, 君こわがらなくてもいい, 君こわくはない, 君こわければ先生, 君こんどのは一番, 君こんやは遅い, 君こん度はそんな, 君こッちへ, 君ご苦労でした, 君さあ御土産, 君さいなみに倦みぬ, 君さえかの家に, 君さえとはなんだ, 君さけぶ道の, 君さしもの巨人, 君さそってくれた, 君さっき大阪へ帰りたい, 君さっき浄瑠璃を語った, 君さっき誰かに逢わせたい, 君さっさと片付けるに, 君さっぱり方角が, 君さつきは失敬, 君さつき俺は云, 君さびしいだろうと, 君さまこれは我今日, 君さま一門のこり少な, 君さま十六の, 君さま大事と時, 君さま茨城の, 君さよなら岔水君よ, 君さよならさよなら馬酔木君, 君さりげなく妹, 君されるままに, 君さんあなたの母様, 君さんあれはどなた, 君さんがけふ母, 君さんざんにやられる, 君さん今日は晩番, 君さん以外の女, 君さん兄さんにそんな, 君さん友さんが来ました, 君さん君さんという, 君さん殺しの下手人, 君さん母様の顔, 君ざつと遣つて, 君ざんねんだがおれの負け, 君しかたがない, 君しきりに独り悟った, 君しずかに, 君したがっては僕, 君しだいだ, 君しばらくぶりに来, 君しまいまで読ん, 君しゃがんで本, 君しゃべるまいぞ, 君しるや, 君し住まねば吾胸, 君し思はばわれ, 君し来ば手馴れ, 君じいっと耳を, 君じつはぼくも, 君じゃねえ園は, 君じゃァないよ, 君つかり片付, 君すきなの, 君すぎて, 君すっぽんが鳴く, 君すなはち, 君すべて不調和なもの, 君すむかたの, 君すれちがいし船の, 君ずつと快活な, 君せきこんで詰問, 君せめて最後の, 君ぜんぜん落第だった, 君そいでだ, 君そういった種類の, 君そうこうして, 君そうした失敗は, 君そうしたら僕の, 君そうして他殺から, 君そうやたらに神様, 君そこらも余り, 君そちもはや年頃, 君そっちはただ, 君そのうちゆっくり遊びに, 君そのものは今, 君その他今は僕, 君その他大倉喜八郎田中平八などの諸君十数名, 君その他文学徒の落語家, 君その他福原中川清川の諸君, 君その後の通知, 君その後不審な人物, 君そばへ寄っ, 君それそれを云う, 君それとも蛭田博士と, 君それなら関係官庁に, 君それにしてもだ死ぬの, 君それらなりに仕事, 君それトロイア軍中に進み入らん, 君それ之を図れ, 君それ位でなけれや, 君それ我に怒らん, 君それ本当かい, 君それ砂といふ勿, 君それ自身かも知れない, 君そんなら彼, 君そんなにおいそれと出来ることぢ, 君そんなに急ぎたまうな, 君ぞと仰がれて, 君ぞなどいふも, 君たいがいの女, 君たいこ焼食べろよ, 君たかの知れた, 君たくさん待って, 君たしかにどうかしてるね, 君たしかめてき, 君ただ一人である, 君ただ一人光栄とも恐縮, 君たちぁ十里離れた江戸ッ子, 君たちぁ昔の通人風来山人平賀源内, 君たちおのおのはその, 君たちおれを盛りつぶし, 君たちきょうは美術館, 君たちさっき調べた旧式, 君たちのは黒い, 君たちはじめ日本人のこしらえた, 君たちカラマゾフ一族の問題, 君たちカラマゾフ一統はしきりに, 君たちトムスクまでも逃げた, 君たち一ぺんあれを縦, 君たち一家がもう, 君たち一行はそれ, 君たち両人の所有物, 君たち五年生から行つて, 君たち兄弟はどちら, 君たち全部が元気, 君たち六人の中, 君たち凡庸の法悦, 君たち劣等な人類, 君たち十六人をこの, 君たち同志勝手に話, 君たち地球の人間, 君たち外国人のさし, 君たち姉弟を嫌つて, 君たち学生はいや, 君たち客室つき女中というもの, 君たち年輩の俳優一年生, 君たち幹部候補生二百名くらいが四列縦隊, 君たち悪の華, 君たち手盛りで遠慮なく, 君たち文章を書かん, 君たち日本人種の使っ, 君たち本来の面目, 君たち歴史家のする, 君たち洋行者の大半, 君たち溌剌たる人々, 君たち独特のもの, 君たち現代の人類, 君たち眼がない, 君たち結婚式はいつです, 君たち耽美家の熟達, 君たち貴族はそんな, 君たち青蛇団はみんな, 君たとえそんな方法, 君たとえばその米, 君たのまれもしない, 君たのむぜ, 君たのむ死んではならぬ, 君たのんでくれ, 君たぶん海精の, 君たまにはトランプ, 君たらばすなわち, 君たらざれば臣臣, 君たるべく諸王或は, 君だけくらいなもん, 君だけしか見て, 君だけで結構な, 君だけとしての希望を, 君だちを背景, 君だってもこの社会, 君だめだよ, 君だらうが, 君だろアハハハそんねな, 君だんだん流行らなくなる, 君ちか道とはで, 君ちがいますなどと答え, 君ちと迂闊で, 君ちゃんあんたいつまで足洗, 君ちゃんいまお前はここ, 君ちゃんお客さんのふり, 君ちゃんそやろ, 君ちゃんそれでよろしい, 君ちゃんわたしはどうも, 君ちゃんイカサマをやっ, 君ちゃん一人を置い, 君ちゃん久しぶりだな, 君ちゃん俺らもようやく, 君ちゃん君が行っ, 君ちゃん堪忍して, 君ちゃん私いやだわ, 君ちゃん達も学校, 君ちゃアんと俺, 君ちやんちつたあ俺, 君ちよいと其処, 君ちよツと, 君ったらどうしてこの, 君っていう子ね, 君ついて来, 君ついでに峠, 君つかん事を, 君つきあってくれない, 君つき合はない, 君つき合いはお断り, 君つくり話だけで, 君つたらどうしてこの, 君つてひとが呑気, 君つて子はとても, 君つて毎日どんなにし, 君つて男は自分一人, 君つひのさだめ, 君つぶりたまえ, 君つまらんですな, 君つまり十年前の横綱, 君つらつら考へて, 君つれていかない, 君つれむその時彼, 君づけだったがだ, 君づけで以下呼びずてにもどる, 君いい人, 君てえのは, 君であったならばこの, 君であったらローザと, 君であり出來る, 君であるならば今, 君である栄えた人の, 君できるならやつて, 君でござるからはご, 君でござんす, 君でさえが一時は, 君でしたら今東京に, 君ででもよいが, 君でと紹介された, 君でなかったことは, 君でなかったら胸が, 君でなくつちやならん, 君でなけりゃそれで, 君でなけりゃ出来んよ, 君でやすよ, 君で逢えばお前仕掛, 君といったか柳沢だ, 君といったっけな君の, 君とかいう美女が, 君とかいふ代りに, 君とかく迄親, 君とがめるな, 君ときどきそんな考え, 君とけふ物語れる, 君とこう親しく呼びかけ, 君ところがこの事件, 君とさえしっかりし, 君としか云ったこと, 君とじや道, 君とずつと話を, 君とだけはいつも平気, 君とちつとも変らない, 君とでも恋愛を, 君となんぞと暮さない母, 君とはかはる, 君とはずつと御無沙汰を, 君とばっかり思ってた, 君とへたよりを, 君とめぐりあふ機會を, 君ともかくあれを, 君とやらが數年前掘り出した, 君とやらと犯人さがし, 君とやらになつて象に, 君とんだめに, 君ないしたん, 君どうしてこんなに御懇意, 君どうせやられるもの, 君どうやら次郎君と, 君どころの騒ぎ, 君どころか最う既に, 君なお念を, 君なかなかよく知って, 君なけなくに, 君なぜもっとはやくわし, 君なぞと同時代, 君なぞには難有, 君なつかしと都鳥, 君なつかしい岔水君だ, 君などからは退屈風に, 君などでも必ずこの, 君などとともに四五日滞在した, 君などには目も, 君などによって階級性を, 君などに対してもはがゆくて, 君なにごとを云, 君なに云つてるんだい, 君なほ命ありし時, 君ならさう言ふ, 君ならずして誰, 君ならつぶされてしまう, 君ならではと思はる, 君ならでたれにか見せ, 君ならでは人にし, 君ならやってくれるだろう, 君ならやりそうな, 君なら乗れないことも, 君なりがその晩, 君なりき一つをば, 君なりしをゆくり, 君なりしかとうち驚かる, 君なりにいずれも, 君なりを充分活かし切らない, 君なるべしとおも, 君なるほど火の, 君なんかとは違うん, 君なんかより丈夫だろう, 君なんかよりも大学の, 君なんざァ筋, 君なんざ往来なかへお, 君なんざ生涯用う時, 君なんぞがなんだかすぐ其処, 君なんぞにもそう見える, 君なんぞにゃうまい事, 君なんぞをお引き取り, 君なんともないかい, 君なんどは稀有, 君なんぼなんでも, 君にかへし, 君にこそ寄れ救, 君にじゃないん, 君にたいする判断を, 君にだけしか云へ, 君にだけに驚いてるよ, 君にだに慕い寄るべ, 君についても別段に, 君につき付ける, 君にてもおわすかと, 君にといふ遺書でも, 君にとっての仕事は, 君にとてあまたの, 君にとは俺にかい, 君になんか負けるもん, 君になんて何が, 君にに帰期を, 君にねむりぐすりを注射し, 君にのみ対して, 君にぶッかけた, 君にやにやてれながら, 君にやはあらぬ, 君にをしふな, 君に対してさえちょいちょい閉ざされる, 君に対してのみならず世間, 君に対してばかりでは, 君に対するだけでは, 君に従って今日まで, 君ぬらさじと堰き, 君ねむる時, 君ねんのために, 君のうでを, 君のかはりには, 君のじゃないだろう, 君のせゐぢや, 君のせゐだし長い戦争, 君のてがみを, 君のと言うよりは, 君のとだけ言って, 君のなわを, 君のなんぞぶくぶくだ, 君のにしろ誰の, 君のねむりはやすらかで私の, 君のねがひ望み, 君のの一派とは, 君のへこ帯を, 君のみが匂ひた, 君のみとは言はず君の, 君のみにあらずわれ, 君のみの名なるべし, 君のみを咎め暮せし, 君のも一つ以前の, 君のやひと目光に, 君はいぜんから死んだ, 君はいっている, 君はいりたまえよ, 君はいりませんかやすけりゃ, 君はうでぐみ, 君はかへらず又, 君はかぶりを強く, 君はがつかりだらう, 君はきやしやなる, 君はじきそう極端に, 君はじしゃくをさがす, 君はじぶんには長所, 君はじめみんなこの島, 君はじめ七八人の同人, 君はじめ三人の少年, 君はじめ不断から用意, 君はじめ五人の少年, 君はじめ井上ノロの三人, 君はじめ井伏さんのお, 君はじめ同行の人達, 君はじめ四人の少年, 君はじめ手近にいた, 君はじめ有志の方々十余名一行, 君はじめ硯友社の人達, 君はじめ秋川家の人達, 君はずしんと畳, 君はずんど切, 君はたせめていなまじ, 君はだしのイディアリスト, 君はっきり云って, 君はつきりと言, 君はなあを引っ張った, 君はなどしも盗人めきし, 君はなはだ失礼です, 君はにが虫を, 君はぶきみになっ, 君はへいきです, 君はめちゃだ, 君はもうじぶんひとりで, 君はもうとつく, 君はもの云はず, 君はやり損なったと, 君はよくさうやつ, 君はわツと, 君はをととひ, 君はんとこでは大切, 君極り惡さよりは, 君ばかなこと, 君ばかしなんだ, 君ばかりかきみ自身まで, 君ばかりが眼について, 君ばかりといふ風に, 君ばかりの事実では, 君ばかりを相手に, 君ばっかりがんばったところ, 君ひくといはじもの, 君ひたすらに, 君ひともとは, 君ひとこと釈明して, 君ひとたび当陽, 君ひとつここで合わせ, 君ひとつそこは含ん, 君ひとつそこらを駈けまわっ, 君ひとつそれにあと, 君ひとつどっちへ出れ, 君ひとつスパツと金, 君ひとつレコード歌手にならん, 君ひとつ二人でお雪ちゃん, 君ひとつ君考えて, 君ひとつ小柳君とランデヴー, 君ひとつ弁信さんに給仕, 君ひとつ花子さんの町, 君ひとつ都落ちをせん, 君ひとり先に帰っ, 君ひとり勞せしむ, 君ひとり後にのこっ, 君ひとり様子を見, 君ひどいじゃない, 君ひどく下劣で, 君ひもは大じょうぶ, 君ひろ子さだ子初江が残, 君ひろ子初江ということ, 君ぴつたり凭せて, 君ふつうの人間, 君ふるさと遠き人, 君ふるることなかれ, 君ふれ給ふこ, 君ぶじだったか, 君ぶじでよかった, 君へかよふは, 君へとへとになっ, 君へんだよ, 君へんじをしたまえ, 君ほかの連中, 君ほか二名の仲よし五人少年, 君ほか私にやさしい, 君ほらちょっと前, 君ほんの二三分間で, 君ぼくたちは助かった, 君ぼく達がリンカアン, 君まあさう君, 君まあとにかく君い, 君まあ少し待つて, 君まかせで訂正, 君まことに樂しく, 君まごまごしないで, 君まさかあなたの, 君まさかにその恒数, 君まします帝都東京を, 君ましませばあや, 君まじないをし, 君ます方に, 君またたく間に通り過ぎ, 君または赤塚氏に, 君まだまだ吾儕の, 君まつ家と金字, 君まてば野末, 君までの話だ, 君みえず黍の, 君みおくりて, 君みかけによらぬ, 君みごとにつかまえた, 君みずや紅, 君みずから蜀の帝, 君みどころがある, 君みる天上一輪の, 君みれば君, 君みんなそれぞれ君に贈物, 君みんなやつてくれ, 君みんな知つた顔である, 君みんな逃げを打ってる, 君むこうは僕, 君むしゃぶるいが出ないかね, 君めがけて突進, 君めったに陥落し, 君めづる人ある庭, 君もうすでに新しい幕, 君もうとしごろ弟君も, 君もう一度よく考えて, 君もう一杯ここで, 君もう二度とこんなところ, 君もう暫くすると, 君もか俺も, 君もからだが, 君もがいている, 君もし真にお雪, 君もちて, 君もちろん鋭器, 君もってのぼっ, 君もったいないことなんか, 君もてッきり同類だ, 君もの云ひ, 君もはいつて, 君もるすに, 君ゃ大学の教師, 君やあさんそして山翁, 君やかく君やなぞ, 君やがて水を, 君やけになっ, 君やす子が秋川家, 君やっかいな女, 君やって来たまえ, 君やって来ないか, 君やつぱり本省の方, 君やつぱり組合員は組合員, 君やまがらはお湯, 君やめたまへとのみ, 君やめたの, 君やめたらよかろう, 君やりましたよ, 君やるさせっかく, 君ゆうべは大変, 君ゆうべ塾生一同に申し渡す, 君ゆっくりやって, 君ゆゑこそ可惜青年一人此處にかく, 君ゆゑその唇, 君ゆゑにこそ斯く, 君ゆゑにゆゆしくも吾は歎, 君ゆゑにわれは休まず, 君ゆゑにわれは仆れず, 君ゆゑ目もうちぬ, 君ゆんべの議論, 君よい加減に, 君よかったぞ, 君よかの問いの, 君よび給ふつみ, 君よほど好きな, 君よもや嫌で, 君よりずつと年長者の, 君よりてもこじを, 君よんだのかい, 君らあっちへ行っ, 君らお互いの間, 君らがまとゐ, 君らしいひかえ目な, 君らしいやりかただ, 君らしい心づかひだと, 君らしくなく臣が, 君らしく思われ不思議に, 君らしく無いよ, 君らみなひと方ならない, 君らドイツはわれわれ, 君ら五人の看護婦, 君ら全部に対してお話, 君ら六人の中, 君ら共産主義者は婦人, 君ら剣術を知らん, 君ら唯二人アムブロシヤの夜の, 君ら意あらば, 君ら探偵小説界は外国礼讃, 君ら救援隊の冒険, 君ら暗愚な人間, 君ら本尾の青年, 君ら東京人の気持ち, 君ら隠れ場へ戻る, 君りっぱな女, 君れっきとした御婦人たち, 君わかしわが老, 君わかつてるね, 君わからんかね, 君わざと気を, 君わざわざ何処そこから, 君わするるや思へる, 君わびず隅に, 君わらふ, 君わるいけれども今月, 君われら今彼らの滅種政策, 君われわれ都会人はふだん一流, 君われ一言を陳ずべし, 君われ切な, 君をからかつて見, 君をぞ思ふ, 君をだって僕は, 君をとッつかまえた, 君をよびよせてもらつてアイスクリームを, 君ん所では現在, 君アおれのその, 君アア君はあれ, 君アヌンチヤタの健康, 君アバよ, 君アベラアルとエロイズ, 君アベードをたべ, 君アメリカ人かい, 君アメンダこそ僕, 君アルコールは胃, 君アレを何で, 君アントロポロジーじゃなく, 君アンナ・カレーニナの競馬, 君アンリ・ピエロンは疲労, 君ア來てるか, 君ア庄司利喜太郎から頼まれ, 君ア早變りしたと, 君ア氣が多い, 君ア知らずにきた, 君ア色をとこ, 君ア養精軒はまだ, 君などと三十分, 君イぼくが知った, 君イブラヒム君は余, 君イヤだろう, 君イリネの王, 君インプインプといったら, 君ウイスキイもう一杯, 君ウォーズウォースが, 君ウシモロの女, 君ウユルツブルヒに立つ, 君エライもんぢやない, 君オオご夫人, 君オデン屋の酒, 君オブザーヴァとしてこっち, 君オルガにあてはまる, 君オーストリヤからは書記官河島醇君, 君カタブの妹, 君カフェーの紫式部, 君カムレッシ王女殿下がいかに, 君カンヴアスを負, 君カークが僕, 君与メニ名ヅケテ紫陽花ト作ス, 君ガスのにおい, 君ガソノ地ニ於テソノママ富貴ヲ望ムナラバ, 君ガタメマコト乾杯痛イッ, 君ガリビックでござれ銀行, 君ガレージのうしろ, 君ガ代をうたっ, 君ガ充分ノ親切心ト忍耐力トヲ保有シテイルナラバ, 君ガ勝手ニ計ラッタライヽ, 君ガ家ニ到ル, 君ガ恩恵ヲ近, 君ガ為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン, 君ガ自宅デ現像シテクレルワケニハ行カナイダロウカ, 君ガ自重ト自愛トヲ祈, 君ガ途方モナク美シク見エルッテコトサ, 君キミらしいん, 君キミハ鶴見祐輔ヲ笑エナイ, 君キャッチボールをしよう, 君キャムベルに云わせる, 君ギリシアの芝居, 君グルーシェンカが僕, 君ケルミッシュ君を見かけなかった, 君コダックは, 君コペイキン大尉はこれ, 君コンニヤクの粉, 君コン吉がこんなふうに, 君コン吉君ここからモン・ブラン, 君ゴッホだぜ, 君ゴム人形の秘密, 君サアこの菓物, 君サクラ子ちやんは, 君サッパリしたものサ, 君サービス君きみらふたりは幼年組, 君シャンパンを飲んだ, 君シャーレマンの鼻, 君シートの上, 君ジェーブル伯爵はわざわざ, 君ジナイーダはたしか, 君ジャズ歌ひに, 君スチールを見せ, 君ステーションで僕, 君スパニール君美君醜君, 君スピードを出す, 君スライドの上, 君スリッパ一足でも持つ, 君セステルチアだよ, 君ソッと唐紙, 君ソップがさめる, 君ソノ手ノ指, 君ソーダ水を一杯, 君ゾシマ長老のこと, 君タイタイ大先生, 君タイヘン失礼ナ小説カイテ居ラレル, 君タラズトイヘドモ臣モッテ臣タラザルベカラズ親ハ親タラズトイヘドモ, 君ダイヤをつけ, 君ダッテ五子カラ聞イテ知ッテタンダロウミンナデ寄ッテ集ッテコノ老人ヲ騙, 君ダマスクスへの道, 君ダンスはしない, 君ダンピングのコンゴーマフラー, 君チモフエイに七ルウベル, 君チャンノカオ, 君チャンガキクトイヤト頭ヲフル, 君チャンガ何カニビックリサレタヨウニフト目ヲサマシタノ, 君チャンタチノネテイルトナリノヘヤニ入ッテイッタトキ, 君チャンニマイバン目ヲサマシタラ, 君チャンノオ母ッチャハナンデ今, 君チャンハ急ニ, 君チャンハホットシテネガエリヲウッテ足ヲチヂメテネルノ, 君チャンハヨナカニ目ヲサマスト, 君チュウチュウ音をさせる, 君チョットと呼びとめ, 君テレミンというの, 君ディグスビイという不可解, 君デヴィルド・クラブを食っ, 君トリエステで隠れ衣, 君トルコ風呂だよ, 君トロイアにプリアモス, 君トロイア城を禦ぎ, 君ト予トハ元ヨリ仇デハナク, 君ト同居シ又同, 君ト我トハカツテ一度ハ桃園ニ義ヲ結ンダ仲デアルガ, 君ト漢中王トハ養父子ノ間ニナッテイルガ, 君ト相識リシハ初メテ蕃書調所教授手伝並タリシ日ニアリ, 君ト知ッテ史ヲ語リ兵ヲ談ジ, 君ト鱧ヲ食ベルノハ浜作以来ダナ, 君ドイツ語のよう, 君ドノバン君みんなきいて, 君ナオミは何処, 君ナポレオンが死ぬ, 君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君ノ一筆, 君ニクラベルト見チガエルホド, 君ニタリと重く, 君ニダケハ見ラレテモ仕方ガナイ, 君ニッケルでいい, 君ニマミエ私ヲ負, 君ニ事エテソノ本ヲ忘レズ, 君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, 君ニ伝染ノ可能性スコブル多大, 君ニ命令スルトコロヲ見タイト思ッタンダガナ, 君ニ未練ガアルノサ親父ヲ出, 君ニ親愛ヲモツ君ノ父ヨリ, 君ニ逢ウタラ鰹節一本贈ルナドトイウテ居タガ, 君ヌルマユを貰, 君ノヨロコビノ為ニ元原ノ表出, 君ハイツカラ煙草ヲ吸ウンダ, 君ハオレノ顔ニヨクモ泥ヲ塗ツタ, 君ハカント派ノ哲学, 君ハモウ酒杯ヲ, 君ハヤタラニホルモン剤ヲ飲ンダリ, 君ハース氏らと袂別, 君ハ三十六宮第一, 君ハ今何シテイルカト問ウノデコレ, 君ハ僕ガ何ノ写真, 君ハ君タラズトイヘドモ臣モッテ臣タラザルベカラズ親ハ親タラズトイヘドモ, 君ハ必ズコノアワレナ男ニ同情ヲ持ツデアロウコトヲ我輩ハ, 君ハ横ヲ見, 君ハ百姓ヲ以テ, 君ハ羅侯子ノ子, 君ハ隣ニ寝テクレ給エ, 君パスカルの事, 君パパに会った, 君パリーから五里, 君パンの食べ, 君パンパンと同棲, 君パーマネントをかけた, 君ヒステリイだぜ, 君ビステキの生, 君ピエール氏が非常, 君ピカソの歩む, 君ピピアスも伴, 君ピンセットを一つ, 君フアビアニフランチエスカの人々, 君フイブルは, 君フエミニストに傾い, 君フザけたま, 君フザけたもう, 君フルール・ド・リシイにフリードリッヒ, 君フロイドは幻覚, 君ブウちゃん良ちゃん鉄ちゃんの五人, 君ブナの森, 君ブルが下宿代, 君ブルジョアはそれ以上, 君ブロズキーがこの, 君ブローアムは知っ, 君語リカケ, 君ヘルソン県の地主君, 君ヘンに誤解, 君ヘンリイ・マンガア君何うだ散歩, 君ホテルに電話, 君ホデリの命, 君ボンベイより, 君ポインタァ君, 君ポケット君助けにきた, 君ポケット小僧がいい, 君マイナスの者, 君マインレンデルというの, 君マグロ雲といふ瑞雲, 君マドゥムアゼルは立派, 君マドロス君萌さんをおぶっ, 君マリユスはこの, 君マルキシズムだよ, 君ミイたちはまだ, 君ミュリトカか, 君ムクもろともに自分たち, 君ムラムラと人生, 君メネラス様の, 君メリイ・カルヴィンって名, 君モヒのこと, 君モンマルトルへ行った, 君モーツァルトは困窮, 君モーパッサンの捉, 君モー一つの原因, 君モー一つ僕の言う, 君モ一緒ニ附イテ来給エ五分カ十分デ直, 君モ手ヲ貸, 君モ私モソレカラマタ林氏寝ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ, 君モ魏ヘ降, 君ヤボな顔, 君ヤリキレやしない, 君ヤールタで僕, 君ユグチュユモトへ行っ, 君ヨーロッパの娼婦, 君ラジオの経済市況, 君ラスキンを読みました, 君ラ日本艦隊ヲ爆撃ニ行クノダ, 君リオノルス姫が居りまする, 君ルウズウェルトの方々, 君ルキーンのよう, 君ルクサンブールの朝, 君レオの番人, 君レンズをかし, 君ロオレライつて歌を知つて, 君ロシアにはとにかく, 君ローラさんは日本語, 君ワイマール侯ウイルヘルムはその, 君ところで二三日, 君ン家の隣り, 君ン所のポチ, 君ン許へもちょいちょい, 君ヴィトーゲンの粉, 君ヶ代ランの和名, 君ヶ代石鹸を使っ, 君ヶ代神酒の乾杯, 君ヶ畑で紺絣姿, 君と通, 君一しょに来, 君一たび承諾された以上, 君一たび試みに亜洲, 君一つ君の腕, 君一つ浅田と一緒, 君一つ発見したよ, 君一つ相手をし, 君一つ談判して, 君一つ譜を作っ, 君一ダースの註文, 君一丁賭くか, 君一七五三年にベーリング島, 君一中に入った, 君一人きりでは君, 君一人そう恐ろしがる, 君一人ぽっちですよ, 君一人位友人を失ッ, 君一人公の御, 君一人宛てに来た, 君一人薄茶の手前, 君一人購読を止した, 君一人辞職させて, 君一人食はしてやる, 君一人養ふ力もないん, 君一人館に残る, 君一代の傑作, 君一件の女, 君一体はっきり云える, 君一処に逃げ, 君一切の中, 君一刻も忘れず, 君一同に届きました, 君一同連名で相良惣三, 君一名判官三郎だ宮尾君, 君一向蚊は, 君一夫多妻主義ですか, 君一寸まあ見て, 君一寸待ち給え, 君一寸手を貸し, 君一対に端坐, 君一度君に御馳走, 君一応君を, 君一息に, 君一族とも離れた, 君一日浴後居士の室, 君一日談海防談此島に及, 君一昨年より私金, 君一晩にこんな, 君一書を予, 君一服しない, 君一條をひどく, 君一洵君辻田君そして山頭火, 君一羽の鶏, 君一羽位ひつかまへられ, 君一茶が子供, 君一言も無い, 君一週間奥さんから手紙, 君一郎君ブウちゃん良ちゃん鉄ちゃんの五人, 君一郎君良ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, 君一風変った青年, 君一風呂敷買ひ来りしかど, 君一馬君巨勢君を語らっ, 君丁度良いところ, 君七年のレウマチス, 君七条君下村君その他今は僕, 君七郎丸は鼻柱, 君万々歳の世, 君万事君に任せる, 君万年筆ではだめ, 君三たび論ずらく, 君三十私は三十八, 君三千七百四十二人は多, 君三千子は死ん, 君三尾の君, 君三崎亀之助君の原案賛成, 君三川の衣, 君三年目となる, 君三度も家内, 君三晩とも碌, 君三月の能, 君三本しか無い, 君三浦君も, 君三百は何, 君三藏の音, 君三題半できたよ, 君上がれるかい, 君上村君という三人, 君上衣をぬげよ, 君上諏訪の諸君, 君上野にて夜, 君上長に仕える, 君上阪中にて留守, 君下村君などいう, 君下村君その他今は僕, 君不二山を翻訳, 君不安なの, 君不平いっちゃ, 君不機嫌に独言, 君不相変やってる, 君不良の相場, 君且ク去レ, 君の無常, 君世間には恋愛, 君両脚と両, 君並みに扱う, 君中世非文献的史詩, 君中国じゃない, 君中川君見渡す処, 君中村がいる, 君中林君等によろしく, 君中桐君水谷君等面識の人, 君中橋徳五郎君等法学院派の法律家十一名, 君中西が来た, 君中野君僕と三人, 君串談だよ, 君というの, 君丸山の姉君, 君丸山君君たちなぜ死ぬなら死ぬ, 君丸山君待ち給え待ち給, 君丸山君藤沢君等を部屋, 君丹羽長秀様などの一軍, 君丹頂の鶴, 君殿香炉小, 君主義なり破壊主義, 君久助君の四人, 君久木会社へ入社, 君久留島武彦君などの本, 君久米という顔ぶれ, 君乎思将待, 君乗せし黄の, 君乗りゃァしなかったろう, 君九十万両ぐらいの小判, 君九十郎が半, 君九年も戸, 君九年前の大, 君九段の燈明台, 君九郎御曹子様のお, 君乞食よりひどい, 君乾老人古田君それから僕, 君亂暴をし, 君ひの, 君事ひとたびお金のこと, 君事件の真相, 君事十一月十日夜半より御, 君事実それは伝説, 君事昼後は日々あとくり有, 君二つの甲冑武者, 君二三十分もぐずぐず, 君二三日待ちなせえ, 君二三日前に白井道也, 君二三杯はい, 君二三歩出たが, 君二三点見せ給えな, 君二人一緒でも見られる, 君二処居たり, 君二十一番から三十番, 君二十六円だから, 君二学士の落第, 君二年生なん, 君二月号に載せた, 君二百六七十年前に書いた, 君二百年も経つ, 君二課の神保組, 君二銭の二百五十万倍, 君二銭五厘のとき, 君二面だらうか, 君の奴, 君于江戸鱸坊之僑居, 君はない, 君云相告何太遅, 君ひに, 君五万円という金, 君五味君北朗君と夜, 君五年生のやつら, 君五郎さんはいます, 君五郎君も哀れ, 君井上さん星城子君といつ, 君井上君が先, 君井上君ほか二名の仲よし五人少年, 君井上君星城子君を訪, 君井君高君藤君そして辻君, 君井家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 君くて, 君交換して, 君交際して, 君京吉君の恋人, 君京都の人, 君京都大學の内藤君, 君京都柳原の明石民造君, 君亭主のある, 君人前で三日男, 君人殺しを胴忘れ, 君人造人間が博士, 君にはあらめ, 君今ごろでも薄い, 君今に僕が, 君今われに妙齡, 君今井君くせ者だ早く, 君今何の仰せ, 君今何処にあっ, 君今僕の着込んでる, 君今内に入り, 君今君に云われ, 君今回は決心, 君今宵の即興, 君今年の春, 君今年正月七日の連歌, 君今度塾へ御, 君今日一日引籠ったところ, 君今日家へ来, 君今日渥美へは行かないです, 君今日遊びにきた, 君今時詰襟で歩い, 君今晩は酔っ払っ, 君今晩ここで泊っ, 君今更嘘を, 君今更ら躊躇するの, 君今朝の内, 君今森の中, 君今盲進は戦争, 君今頃どうした, 君仏国の革命, 君仏様ならあの, 君仏蘭西や英吉利, 君をはげん, 君仕している, 君他人の空似, 君仙太を殺した, 君代りのもの, 君代議士なんてほんま, 君令状があろう, 君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 君以前は知らなかつた, 君以前やつた商, 君以外旧知の諸君, 君以後の読み物, 君以心伝心という現象, 君以来毛唐の知人, 君仮にそう呼ばして, 君仮令ばレヴェズ, 君仮装に出ない, 君仲間からつまり, 君伊勢の別, 君伊周公である, 君伊坂の細君, 君伊藤悌次君中橋徳五郎君等法学院派の法律家十一名, 君伊那の谷, 君伐, 君ひたけれや, 君会津八一君その他の人々, 君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 君伝道なども少, 君伯母なる人, 君伯母君二処居たり, 君伯父はね, 君黙坐, 君位熱心に掛けられた, 君位身体があれ, 君佐伯あいつ等が盛ん, 君何かとつてゐた, 君何しろ未検挙, 君何だかよっぽど面白そう, 君何でもかんでも三時過, 君何もかも言い給え, 君何よりブラーエの, 君何冊あるか, 君何分宜しく御, 君何卒一つ充分に, 君何君と君, 君何故こう世の中が, 君何方にいました, 君何某のと近頃, 君何貫ある, 君余すところは, 君余りに意外な, 君余計なお節介, 君作詞にか, 君作雨夜の曲, 君例えば髪, 君をはなれ, 君依田君七条君下村君その他今は僕, 君便所へ行っ, 君が嫁, 君を賣る, 君信玄様さえ西征, 君信用というもの, 君信者だらう, 君信雄君もよく, 君に乗ったら, 君倉子へ見え隠れ, 君個人の問題, 君の前, 君候在世の砌, 君倦んずる額を, 君号は, 君健在なれ, 君側輔弼の宰相, 君傑作だどこ, 君は, 君傭人の中, 君ふ, 君僅かに打撃, 君働かなくちゃいかん, 君とある, 君僕あそこのコーヒー, 君僕ン許の妹たち, 君僕自身精神病院で気違い, 君僕處へ來, 君は左翼, 君元寛君に先日来方々, 君元日におめでとう, 君兄妹と云つた様, 君兄弟ぢやない, 君兄弟数人はいずれ, 君兇器は見つからん, 君先だってはいか, 君先づ在り, 君先づ電車に乘, 君先君の御事, 君先導のもと, 君先斗町のこと, 君先頃の神亭, 君光丸は僕, 君光榮を彼, 君雲洞君そして, 君入るや, 君入場券をお, 君入局して, 君入庫して, 君入江良之君岡村司君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 君入社したん, 君印国民会議執行委員三百六十名の, 君全然彼女は, 君全身の魂, 君八幡宮はない, 君八月十四日某々君同日と列記, 君公園はどこ, 君公定の配給肥料, 君公益御機嫌能澁谷御屋敷, 君引く一, 君六平太の小父, 君六時に僕, 君六条君あれは何, 君兮抑又何求, 君宿者, 君共犯者ということ, 君兵太郎君久助君の四人, 君兵太郎君徳一君というなき, 君兵太郎君徳一君大作君達はみんな私, 君兵太郎君音次郎君達はみんな六年級, 君其他の人達, 君其他一二の諸君, 君其他豫算委員が之, 君其処は下手, 君其奴の名, 君其許は聞いた, 君ふるを, 君兼ねての作戦どおり, 君の姉, 君内侍などもいる, 君内藤伸君などでいずれ, 君内部も同じ, 君円錐の立方積, 君ビ赤壁, 君である, 君冗談ぢやない, 君写真をもっ, 君冬村君御馳走でした酔うて, 君冷めない内に, 君出ないでいる, 君出張の途中ちよ, 君出征後すでに一年半, 君出掛けて行った, 君出現の動機, 君出発後敵なきに, 君出給へよ, 君出鱈目というもの, 君凾館にも藝妓, 君分かったよ死人, 君分ってるか君, 君分つてゐる, 君分りますか, 君分別ありげ, 君切に此邦を, 君切手の集めた, 君切端詰つたところ, 君と前後, 君列傳に春申君, 君初めてでは, 君初め五名の同級生, 君初め優良連中と和解, 君初め多くの同人, 君初め篠田如き者, 君初対面ではあるまいし, 君判んないのかい, 君判任官閣下頼むから, 君別に気にも, 君別れたって一緒, 君別余輩経若狭入丹後, 君利口の君万々歳, 君利己主義のよう, 君到頭落ちるところ, 君刺し殺し死ぬるべか, 君前山が来, 君前座をいけ, 君前後の事情, 君劉予州が荊州, 君劉玄徳にはその, 君加代子は世間, 君加勢だ, 君加害者はやっぱり, 君加市君兵太郎君久助君の四人, 君加藤政之助君宮城浩蔵君等は原案反対, 君労働者住宅は労働者, 君勇さんちょっと, 君勇もその頃, 君勇久し振りやな, 君勇女史の頬, 君勇意外にも小郷殺し, 君勇気がある, 君動くつもりな, 君勘定を払っ, 君勝利はたしか, 君勝手道具位といっ, 君北朗君と夜, 君十一時がきた, 君十三年だよ, 君十円乗らぬかと, 君十日もあります, 君十日間にじゃ, 君十時に日本, 君千鶴子さんとのこと, 君半分弁償して, 君半眼相手になろう, 君単に名人位だけ, 君単独でその, 君博士論文はもう, 君危險で箱根, 君聞得大君の, 君即国であったが, 君原六郎君その他大倉喜八郎田中平八などの諸君十数名, 君原君まだまだ吾儕, 君原稿用紙は二十字詰, 君なら仕方, 君厳かしく膝, 君去つて風流, 君去らば誰, 君去りし時, 君去りゆかば, 君去勢術の利益, 君去年あたりのこと, 君又は二禁なる, 君及余の二人奮発一番衆, 君及私の外, 君及第しましたか, 君及貢君の案内, 君はよい, 君友住君国際通信社のジョオンズ君並, 君友田ガ三菱ノ幹部ト話シテ居ルノヲ聞イタヨ, 君友田喜造が駅, 君双眼鏡をかし, 君取りにいける, 君取りてたかくう, 君叡子さんそれに老, 君叡山はどの, 君をあけ, 君古代のにおい, 君可哀想に, 君可愛い女と, 君無等, 君と左, 君司令官のおっしゃる, 君司会のもと, 君吃驚せんでも, 君各々相譲らざる功労, 君吉川と岡本, 君吉川さんの話, 君吉田君と呼ん, 君吉田君井上君が先, 君吉田惣蔵君のこと, 君同情という言葉, 君同日と列記, 君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 君同様物を言わぬ, 君同様肺を病ん, 君同行何とかいふ, 君同車し途上門司義夫君, 君同道した, 君名前を聞い, 君名古屋藩も名古屋県, 君名義で蓄えた, 君名臣の余徳, 君名誉心が強い, 君瀟湘我向, 君向こうのほう, 君君うちの自転車, 君君きのう此処で吠, 君君さっき浄瑠璃を語った, 君君たち地球人の低い, 君君ちよつと窓, 君君ひとつそこらを駈けまわっ, 君君ひとつ弁信さんに給仕, 君君らはふだん自己批判, 君君んとこの, 君君ハオレノ顔ニヨクモ泥ヲ塗ツタ, 君君ンとこはまだ, 君君ン所のポチ, 君君今盲進は戦争, 君君何なん, 君君先に一つ, 君君其処は下手, 君君君のその, 君君大に奮闘, 君君子もたま, 君君少年をそそのかし, 君君心あれば, 君君斯う見渡す, 君君申訳がない, 君君男の子だよ, 君君白秋くうん, 君君百十六疋の分, 君君盲人蛇に怖じず, 君君自身ですら, 君君行つて駿太郎君にそう, 君君遁げなくても, 君吟屐穿雲去, 君吸取紙は, 君吹かんかよと言, 君吾燃ゆる眼, 君吾輩のボツクス, 君呂竹さんへお, 君呉郎さん来訪やあさんまた来訪, 君告発するとか, 君告訴したまえ, 君の善い, 君呼びこだッ, 君呼わりにし, 君呼出しを中止, 君を傳, 君命じたまへり, 君命じなば戰, 君命令だったから, 君和宮さまの御, 君和宮内親王が時, 君和尚さんの姪, 君和田君来訪いつしよに, 君和田平の鰻, 君和蕾の五君, 君和蕾君と話した, 君咽喉をしめられた, 君哀公や魯, 君ふとき, 君唐世民だろうあれ, 君唯一人を思ふ, 君問歸期未有期, 君問答無用だ, 君は美, 君善良な警官, 君喜びてませ, 君喜多君徳川君等と一緒, 君りて, 君嘉那志按司一員が出, 君嘗つて喜ばしめしこと, 君嘗て日本の, 君噛まむ, 君の君, 君四ツ谷見附がさしづめ, 君四人集り三宅君, 君四十歳までの家庭教育, 君四十面相が脱獄, 君四年生です, 君四時に来た, 君四本君六条君あれは何, 君四派にもわかれ, 君困ったことに, 君困ったろう母様は, 君困るだろ六ちゃんとも, 君より人物, 君固定した現金収入, 君から雑誌, 君国主の為め, 君国学者の立場, 君国家にとつ, 君国富君砂岡君清水君依田君七条君下村君その他今は僕, 君国府と桃山, 君国民学校の教師, 君国際通信社のジョオンズ君並, 君國親夫と謂, 君土地会社つていふもん, 君土堤が長い, 君土屋君も居る, 君土屋文明君上諏訪の諸君, 君土田茂君などがその, 君土耳其帽を横ちよ, 君在りし日と, 君在職中遺業の一つ, 君地上からはかっ, 君地下室へいこう, 君地回りかい, 君地団駄ふんだが, 君地球と同じ, 君を上がる, 君坂本朝一君のごとき, 君坐さずとも, 君坐さずして, 君坐したまへ, 君坑内へ入ります, 君が些少, 君埋れ木の時, 君城数馬君等が発表, 君といっ, 君堂々たる代議士の, 君堤名村などという小字, 君報じいへアキリュウス, 君報国満腔気泣対神州一片秋の句, 君報酬はのぞみ次第, 君の上, 君塩田村長田中邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 君塩野君一寸待ちなさい, 君からの渡邊君, 君墓嘉永元戊申四月十日, 君墓銘数葉持参致し誠に, 君が, 君但丁堡, 君士人すこし快活, 君士分のもの, 君士坦丁堡に入り, 君だな, 君が高い, 君壹師の君, 君変ぢやない, 君外三人の画家, 君外三名が甲斐, 君外務省の板倉君, 君外国人とつき合う, 君多少気に入つてるからこそ, 君多年の苦闘, 君多治比の君, 君夜鷹に到る, 君か現, 君夢物語はいい, 君大きな眼を, 君大きに御馳走さま, 君大丈夫かいと赤シャツ, 君大丈夫発見出来るかね, 君大久保の家, 君大人と子供, 君大人げないじゃ, 君大作君達はみんな私, 君大使館へ来, 君大分おめかしして, 君大原ほどの丈夫, 君大坂から倉田厚子夫人, 君大声で山節, 君大学に法, 君大家ぶって, 君大庭君日向君の代理, 君大手がらだったねえ, 君大抵の家, 君大村君と一緒, 君大枚三円なにがしを収穫, 君大槻君これァ大失態, 君大江を渡るなれ, 君大河君君も来, 君大澤鎭臺に從, 君大磯に一泊, 君大竹博吉君のロシア問題研究所, 君大衆の本能, 君大谷君なぞの外, 君大谷君その他の人達, 君大谷木備一郎君等の法学院派, 君大辻司郎君が十日間出演, 君大野清敬君の賛成, 君大阪へ着いた, 君大阪朝日の土屋君, 君大隈侯爵夫人綾子戸田伯爵夫人極子を数える, 君に熊手, 君天下に恐るべき, 君天井を蹴破る, 君天国にもやつぱり家主, 君天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 君天江富彌君, 君天祥丸の水夫, 君太一君書生なども来, 君太夫の名, 君太宰っての, 君太宰つてのはおそろしく, 君太田の君, 君太田君その他の人達, 君太田君二人とも私, 君太郎なぞを連れ, 君とも犬, 君夫人は正弘, 君夫人同道にて来訪, 君夫妻来訪庭に咲き, 君夫婦千葉夫人眞山西田両君及び予等夫婦, 君夫婦片山夫人の弟, 君夫婦画家の眞山孝治其他, 君失はば我むしろ, 君失業せる由, 君失神が下等神経, 君失職して, 君失脚せる時荀子, 君奇蹟は自然, 君奈何いふ訳だらう, 君奈何早先許不之意, 君奈落へ下りる, 君奢るか奢らない, 君奥さん坊ちやんありがたう, 君奥のを呼ん, 君奥君林大隊長, 君奥様のお, 君女不幸早亡, 君女同志だと, 君女子と小人, 君女学校で用, 君女形をこのごろ嫌, 君女郎買ひに, 君奴等の密猟, 君加減に, 君如きは知るまい, 君妹たちにはもとより, 君妹背山の次, 君姉さんの事, 君姉川の方面, 君姉弟に案内, 君始めて遇つたお, 君始め左様だらう, 君の者, 君姫様方の祖父君南家太政大臣, 君をかさ, 君婦人会なんぞじゃ後姿, 君婦長さんの一団, 君媒酌人を立てる, 君だらう, 君は全く, 君孔雀の趾跡, 君存外急速な, 君孝君といふ働き, 君孟達などのご, 君学問の出来る, 君学問研究に従事, 君学界の至宝, 君学監室へいっ, 君学習院の女, 君孫策様のご, 君學問の道, 君學課御多忙の由, 君宅地よりほか, 君宇君には憐笑, 君宇津木さんが鍵, 君宇津木君抜けがけをし, 君安い月給取りの, 君安かれと祈る, 君安心立命の地, 君安易であ, 君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 君完全なヒステリイ, 君官吏たる者も自, 君定期市へ行っ, 君宛ての名刺, 君敷頼みます, 君実験が出来ない, 君実験室の戸棚, 君室内の卓, 君宮城浩蔵君末松三郎君等が最も, 君宮崎君が來訪, 君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君よりのいたつき, 君家ニ託セド君家未ダ兵馬, 君家先世称雄武遺訓守淳猶混農, 君家内は君, 君家劉予州を, 君家清尚襲箕裘, 君家術理取嫦娥病裏顔, 君宿の拂ひも一とき保證, 君宿屋へ行つて, 君宿泊ぐつすり睡れたが, 君寄書見論王安石詩, 君寄附金の箱, 君に申上ぐべきことの候, 君富三と栄吉, 君富士山へ登った, 君むさうな, 君寐起きする処, 君太君を, 君寒いのン, 君寒くはない, 君寒月が博士論文, 君寝なければ誰か, 君寝る前に, 君寝室が温, 君は僕, 君實際こんなこと, 君審判になっ, 君対空本部へ電話, 君専務や支配人, 君専政あり君主立憲, 君将来特異な才能, 君将棋をする, 君尊治こそすなわち, 君尋問室の僕, 君對お前そのお前對おれ, 君小城さん下関で地橙孫君, 君小山三がなんと, 君小川さんは探偵, 君小杉さん原稿は書く, 君小林もよく, 君小池堅治君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君小生は料理番, 君小田君はこんど京都, 君小田君中桐君水谷君等面識の人, 君小笹君が医療袋, 君小野君中林君等によろしく, 君少々講義めく, 君少しどうかして, 君少女のゐる, 君少年をそそのかし, 君少年探偵団の三人, 君尼御台所さまが建保六年, 君尾州家で版籍, 君に寄つて米代返金, 君居ますか, 君居るかい, 君屋上へ行こう, 君僕を, 君山千秋庵白雲房あたりの名, 君山彦って知ってる, 君山本君四人集り三宅君, 君山村の帰った, 君山椒魚だ, 君山玉鏡に可憐一点, 君山道の君, 君岡さん丁度いい, 君岡君がこっち, 君岡山兼吉君大谷木備一郎君等の法学院派, 君岡本さんは金持, 君岡村司君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 君岡田君それから二人, 君岡野知十君いづれも, 君岸本君なぞも一度, 君島司某君等が余輩, 君島崎勇次というの, 君島根の人, 君島田三郎君其他豫算委員が之, 君島袋君と共に首里, 君崇祠の妄信, 君川又英君及び水戸中学出身, 君川尻君あたりと話, 君川崎さんはあっち, 君川村多実二君, 君工場の主, 君左側の家, 君巨勢君を語らっ, 君巫社巫祠族人炊の屬, 君巴里で行った, 君市次郎が上京, 君布勢の君等, 君布団着て, 君帝政時代の或, 君を立たない, 君帯広支社にだ, 君帰ったばかりだ, 君帰らぬこの家一夜, 君帰りやがて百圓君たち, 君帰り物語りすと見し, 君帰れ故郷の, 君帰来しんみり飲ん, 君帰郷といふ事, 君帳場に来, 君帶廣支社にだ, 君昼不, 君常に官に, 君幕府の用途方, 君幣岐の君, 君平和の君, 君年齢をとっ, 君幸田君つてねこれから, 君幹事の權利, 君幼きころ祖父と, 君幽い谷だ, 君幽香子はとうとう, 君幾つになる, 君広長舌を掉, 君庄司利喜太郎から頼まれ, 君にレムブラント, 君府攻略その先, 君をたつ, 君庶務課に行く, 君建部の君等, 君廻りくどい訊き, 君弁解の余地, 君弁護の辞任届, 君弁護士の制服, 君の伝授, 君引っ返しておくれ, 君引越しでもする, 君弟さんまで君, 君弱ったことに, 君張魯の弟, 君ひて, 君強く臣弱し, 君当り前だよ, 君当世流に襟元, 君当人に逢っ, 君当局は犯人, 君当年二十七歳の美男子, 君当時十八歳の頼家公, 君当然そうなると, 君当社社司石原堅磐君塩田村長田中邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 君役所の書類, 君役者にならない, 君彼女は一種, 君彼女らが≪変態≫, 君彼方へ行っ, 君彼様いふ悪い風潮, 君彼等は無, 君往訪不在干うどん, 君徃訪ついでに, 君徃訪不在ふと思ひつい, 君徃訪同道して, 君徃訪梅干を貰, 君徃訪私は帰庵, 君徃訪酒によばれ, 君待たせてわれ, 君待ちかねて悲し, 君待ちたまえ僕も度々, 君待ちたまえ馬鹿に早い, 君待ってるぞ, 君待つてて呉れ, 君後学のため, 君後手に縛られた, 君徐世賓たらば, 君て臣, 君得しわが名, 君得知於公深身庶人而俸賜三百石, 君御供仕たま, 君御嶽冠者殿の偉大さ, 君御用の品, 君御苦労様秋川殺人事件もどうやら, 君御覧の通り, 君御飯を食べたら, 君御馳走でした酔うて, 君復古が復古, 君の華, 君徳一君というなき, 君徳一君兵太郎君音次郎君達はみんな六年級, 君徳一君大作君達はみんな私, 君徳川君等と一緒, 君徳田君だけ飲ん, 君心像は広い, 君志等は意味, 君るるや, 君忘れたのか, 君忘年会をやろう, 君の為, 君忽卒として暇, 君忽獲病而遂不起, 君怒ったのか, 君怒つちやゐない, 君怒らずや, 君怒るな, 君ろし, 君怖いのかい, 君怖くはありません, 君思いすぎだと, 君思いだしてごらん, 君思い切って富子嬢, 君思うかは知れん, 君思う存分にやっ, 君思ひ切つて, 君思ひ掛けない猫又さんさ, 君思ふ暫時, 君な話, 君急がなければここ, 君急くなよ, 君急逝の悲報, 君怪我人を助け, 君恋愛なら恋愛, 君恐くは僞らむ, 君恐らくこの名前, 君恐れちゃいけない, 君恐れずや勇猛, 君恐れ入つたかね, 君恐山という山, 君恐縮して, 君恥じるがいい, 君息長の君, 君悉皆嬉しくなっ, 君悌後名は信恬字, 君悠長のシンボルそのもの, 君悦んでいい, 君悪う思わんで, 君悪人が多く罪, 君悪夢は発狂, 君悪魔集団は僕たち, 君悲しいなんていう, 君悲報を二, 君悲惨じゃない, 君悲観せんでも, 君情婦の小間物屋, 君の色, 君愉快ぢやない, 君意久地の無い, 君愚痴を云, 君を世に, 君愛子は妊娠, 君感傷に走らう, 君感冒をひく, 君感電して, 君ちゃんと二人, 君之, 君憎むちょう鳥は, 君まず速, 君憶えてるかねイ, 君懐しと都鳥, 君懐中電灯だ, 君懐中電燈をつけ, 君懲しめを蒙, 君書札, 君成功したよ, 君我がアルセーヌ・ルパンは, 君我儘不出勤, 君我耳に付き, 君戦つても見ない, 君戦死の通知, 君戦闘をはじめよう, 君戰つても見ない, 君戰場を逃げ, 君戰歿の家, 君戴いて天下泰平, 君戴立の披露, 君戻ってであります, 君とか方, 君所長にも僕, 君手さげの内, 君手つだってくれる, 君手伝ってくれ, 君手塚さんのそば, 君手帖に書い, 君手掛りが有たら聞せ, 君手数をかけない, 君手筈どおり全国アナウンスをし, 君手袋をはめ, 君てり, 君打てるかといっ, 君へるかね, 君払って呉れ, 君するところ, 君批評家というもの, 君批評的笑いを洩し, 君入って, 君折りて柳, 君抜けがけをし, 君抜け目がない, 君抱き石を, 君抱くとき, 君押鐘津多子だけにはけっしてそう, 君拉甸語伊太利亜語以斯班牙語を引証, 君拱廊へ行かなけりゃならん, 君はせるよ, 君拾ってくれ, 君拾円貸したまえ, 君持ち掛ける相手は, 君持ってるの, 君持つててくれ, 君持参の唯一, 君持參の本書, 君指紋は, 君按司といふ女君, 君按摩さんに何, 君捜査官が猟奇的, 君捨蔵様の御, 君排中律をどう, 君掛け給へ, 君掛け合っても無駄, 君掛け給えさあどう, 君接吻し給え, 君接吻爲給へ, 君推摩居士に加えた, 君揃つて出掛けた, 君揃つて芽出度く出陣, 君揚饅頭がよっぽど, 君うべし, 君撲られて気絶, 君擁立の誓い, 君は父, 君支倉さんは居ない, 君政治家人格円満な大成会党主, 君故にさかえし我, 君救はんと宣, 君敗けてるんだ, 君へて呉れます, 君教育は一種, 君散々仕飽きたからね, 君か味方, 君敵塁の方, 君文学士だぜ, 君文学的に云っ, 君文室広之は武士十人, 君文帝も名君景帝, 君文思敏澹世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 君文明流の台所, 君文書課長としての木村通君, 君文芸戦線の青野季吉君, 君斉藤さんの方, 君斎藤君上村君という三人, 君斎藤豊吉君がいた, 君斑君黒君虎君ポインタァ君, 君料理の話, 君断ることは, 君斯様なこと, 君発見の, 君新作狂言今様薩摩歌の批評, 君新作脚本の朗読, 君新婚の祝句, 君新年に成つたら, 君新潟地方文化闘争同盟の松岡, 君新聞社内では既に, 君新著近代情癡集の序, 君新著青春の序, 君新進作家とか何とか, 君方ア判官や検事, 君方二人だ, 君方小刀細工やらずに, 君方等に頼みます, 君方解石ってどんな, 君旅客課の慰藉掛, 君旅行から帰っ, 君旅費はもう, 君既にをさなくし, 君既寡子皆幼, 君日出夫君浮き岩だよ, 君日向君の代理, 君日日新聞の永戸君, 君日曜の朝, 君日本人の誠実さ, 君日本窒素株式会社の常務取締役, 君日本風の食事, 君旦那の留守, 君早いところ視察し, 君早川というあの, 君かに悟り得ず, 君明けて五十二歳, 君明るい顔は, 君明日中の君, 君明日僕の処, 君明智はここ, 君明智君僕のいう, 君明眸ブリーセーイスを, 君昔フランスでやった, 君星城子君を訪, 君星田の懇意, 君春子は別荘, 君春日部の君, 君春画みたいなもの, 君昨夜紐にて燐, 君昨夜裏口から上つた時僕, 君昨年露国駐剳大使館一等書記官, 君昨日僕のところ, 君昨日朔郎の室, 君昨自洛城西, 君昭公は三桓, 君昭和十三年初夏南昌空中に於, 君是通りだ, 君是非君に判断, 君昼飯を食, 君によって内, 君時間が余程, 君普通世間で偶然, 君暗いネ, 君暗算が迅, 君暫らく此処へ掛けたまえ, 君曰くこれ土気上升し草木萌動, 君曰く人生の幸福, 君曰く何を言っ, 君曰く同君の祖父某, 君曰く最初が旗太郎さ, 君曰く残念プルウストはもう, 君曰く殘念プルウストはもう, 君曰く透谷と月下, 君るまで, 君更に知りたま, 君書き給へ, 君最上先生は君, 君最愛のお, 君最近現われた探偵小説家, 君が出る, 君月ぢやない, 君月夜の晩, 君膂力技亦, 君有り村に, 君有島君兄弟ぢやない, 君有島生馬君青木繁君田山花袋君それから柳田国男君, 君有難かつた, 君有馬さんの有名, 君を新調, 君服部君だぜと, 君朝倉先生が心, 君木島君しっかりしろ, 君木村君と並べて, 君木村莊八君に感謝, 君末松三郎君等が最も, 君末松謙澄君等が発議者, 君本当にやがて一年東京に, 君本所の写真屋, 君本日の市街, 君本気で云, 君本物になっ, 君机竜之助, 君杉山氏は夕方鳩, 君杉村虎一君城数馬君等が発表, 君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君村山君しっかりしろ, 君村田君そして私, 君村田君等が有, 君来ずて寂し, 君来たことある, 君来たまえ僕は, 君来たまはんしるしなり, 君来ないか, 君来ましぬと, 君来ますやと, 君来らず空しく帰る, 君来るといふ, 君来年きたら連れて, 君来庵ブラジルコーヒーを味, 君来庵一升樽さげて, 君来庵三人でつ, 君来庵久しぶりだつた, 君来庵俳句研究九月号を貸し, 君来庵君は私, 君来庵四人でおもしろく, 君来庵庵の御飯, 君来庵招待されて, 君来庵杉の青葉, 君来庵樹明君も暮羊君, 君来庵渋茶をすゝ, 君来庵漫談もまた, 君来庵焼酎を奢, 君来庵熟柿をもい, 君来庵空箱釘密柑を持つ, 君来庵脱線談を聞く, 君来庵自宅からわざ, 君来庵間もまく, 君来襲三人の酔漢, 君来訪ウイスキー持参す, 君来訪サケサカナ例の如く, 君来訪バスで吉敷地方, 君来訪一の珍瓜, 君来訪二十五年ぶりの会見, 君来訪例の如く飲む, 君来訪俳談閑談しばらくほどなく一洵, 君来訪兄の酒癖, 君来訪冷静に現在, 君来訪同君のよ, 君来訪同道して, 君来訪君は変らない, 君来訪四人でおそく, 君来訪坊ちやん二人, 君来訪奥さんも仲間入, 君来訪幸雄さんはそれ, 君来訪抱壺君父子と共に会飲, 君来訪方々へ寄せ書き, 君来訪明日の吟行, 君来訪月の出る, 君来訪朝から飲む, 君来訪樹明君の意, 君来訪白船君を送りだし, 君来訪私としては今年最初, 君来訪詩園二月号は常夏追悼号, 君来訪酒と魚, 君来訪非常に暑く, 君東京じゅうで電燈, 君東京地図はなかっ, 君東京帝国大学の俵國一, 君東京日比谷現代そんな事, 君東征軍があの, 君松井を可愛がる, 君松山のつかった, 君松島通夫君坂本朝一君のごとき, 君松島遊廓君の連中, 君松本亦太郎君, 君松永の肋骨, 君松竹を出る, 君の下, 君林先生は清朝, 君林檎も落ちる, 君林田ひろ子さだ子初江が応接間, 君林田ひろ子初江が出かけ, 君林田自身に自分, 君果して今の, 君枯枝と枯枝, 君に似合わぬ, 君課長としての, 君柔肌に粟立た, 君柱時計というもの, 君根元から丸噛, 君格子戸を開け, 君案内して, 君案外汚い所, 君桑野のところ, 君桜井潔楽団等が出演, 君梅子さんが見えぬ, 君梅幸と云, 君森彦さんは彼方, 君森木国松の事件, 君棲む庭は, 君植民政策としては最も, 君検視して, 君椿君を転任, 君をにやし, 君極楽へ島流し, 君極楽浄土へ行った, 君じゃあない, 君楽しみき悔いむ何無し, 君楽屋で奥さん, 君楽観したまえ, 君榛原の君等, 君構うことは, 君様あなたの殿様, 君様あれにわたくしども, 君様ここで拝見, 君様ゆゑと口元まで現, 君様光君と御, 君様正客にし, 君樣故に使, 君権保持のため, 君権政治を支持, 君権民権の反対, 君横光君田畑君の三少年, 君横田さんの野心, 君樹明君どうです, 君樽麦酒の祝杯, 君橋本福松君もすでに, 君橘曙覧のよう, 君機嫌よく実家, 君機械の音, 君が押せる, 君櫻井平喜君と共に催された, 君權擴張の棟梁, 君權漸長の痕, 君も同じ, 君次に中村春雨君また, 君次瓦谷にて捕へらる, 君欲するや, 君歌つてもいい, 君歓迎の意, 君止さないかッ, 君止した方が, 君止すなら止せ僕は, 君止めたまえ, 君正しからず一国正, 君正に一個の, 君正岡の会, 君正木には夕方, 君正木署長の電話, 君正統の嫡流, 君正蔵君とはそれぞれ神田, 君此の前原稿持って, 君此コロップは曲者, 君此家の夕食, 君此様な脚, 君此秋は復日本, 君武二君と同道, 君武内の苦衷, 君武勇におかせられ, 君武士のなさけ, 君武夫君はいない, 君武州時房さま御長子泰時さま, 君武文との顏, 君歩けないかね, 君歯切れのいい, 君歴史小説を書く, 君歸郷といふ事, 君死せりとふ, 君死にきかかる夕, 君死んどるのか, 君死去の報, 君歿後暫くし, 君残念な事, 君残酷じゃない, 君殘つて一つ相談に乘, 君殴れという, 君段々妙な, 君殺ったのは, 君殺生じゃない, 君殿ただいま取次い, 君殿そなたの, 君殿下に書, 君が久しぶり, 君並竹輿行, 君毎日浣腸して, 君比べられるもんです, 君比較的危険率, 君民部どのきょう, 君気がついています, 君氣儘に飮, 君でも汲ん, 君水戸市の北端, 君水族館でお, 君水晶の糸, 君水源の問題, 君水精と男性, 君水谷が来り, 君水谷君等面識の人, 君氷島なん, 君永楽君と来た, 君汚いじゃない, 君江口君岡君がこっち, 君江戸川乱歩というの, 君江畔老緑平老, 君池田君というわけ, 君汽車にカチカチ, 君汽車辨当持参で来訪, 君沐浴す君昔我, 君没頭と酷使, 君沢山あると, 君へ泳ぎ, 君河上肇君といふやう, 君治君来訪方々へ寄せ書き, 君を賞し, 君法学士西川鉄次郎君オーストリヤからは書記官河島醇君, 君波多の君, 君泣きぬわれも, 君泥棒猫だからさ, 君注射をしなく, 君泰然百體從令心爲形役乃獸乃禽という二本, 君洋服は珍しい, 君洋行中にて寐覺, 君洒落はよし, 君津多子夫人の恢復, 君津田は注意, 君浄善は最初, 君浄瑠璃ぢやない, 君浦上さんまだだっけ, 君は死ん, 君浮き岩だよ, 君浮世のこと, 君浮気でも始めた, 君海底軍艦ナル小説ノ著, 君海軍のキャラメル, 君涙して悲めどそれ, 君涼州より攻め上れ, 君究経史, 君深く此島之, 君深堀君もこもっ, 君清水君依田君七条君下村君その他今は僕, 君清良大按司志良礼, 君済まんが自動車, 君渋々千円札を, 君渓辺に出よ, 君温い毛皮外套に, 君源三郎様さえ亡き, 君溝口君が芸者物, 君滑稽に見えるだろ, 君演習すみて, 君演習済みてドレスデン, 君演説をやってる, 君ヲ慕フノ心, 君澤郡久連村より出でし, 君まない, 君濱島武文の消息, 君濱島武文春枝夫人及び二百餘人, 君瀧口君の友情こまやか, 君炉辺夜話集探して, 君炊ぐところの, 君為らざれば臣臣, 君無くば乾, 君無産者の為, 君無銭能不憂, 君無電装置を持っ, 君無駄じゃない, 君らば, 君然し叔父の, 君煩さいので, 君凝という, 君熊本さんのこと, 君が出, 君でか, 君父子同村大出の松沢元太郎氏, 君父師の三つ, 君父母に孝, 君片山君夫婦と話す, 君片意地になっ, 君諸, 君牛肉のついで, 君牛蒡の柔, 君牛諸が女, 君牛込下宮比町の寓居, 君牟禮の別等, 君牧場創業以来の老, 君牧師の衣, 君物事を苦, 君物凄い立廻りやった言う, 君のお蔭, 君犯罪となに, 君狂人とはいかなる, 君狂信だ, 君狂氣の眞, 君独り吾を憐, 君独り普請をし, 君独乙では, 君独仙の説, 君独寂寞ですたい, 君独自の観察, 君独身生活を攻撃, 君独逸のドクトル, 君ねいりどころか, 君猛火に包囲, 君猫女てすごい, 君慈母の, 君も木, 君玄人に言わせる, 君玄徳を説きつけ, 君玉垂のをち, 君の溪, 君王老師はまだ, 君玩具の紙幣, 君らしいなあ, 君珍談がある, 君はれて, 君現場をお, 君現存の人, 君の陵, 君理事長のおっしゃる, 君理窟も何, 君の二人, 君瑤高橋静覧横田万年叔宗橘酒井安清多良辨夫及二児厚重, 君璧宜山と号, 君は普通, 君瓦斯マスクを売っ, 君甘んじてかの少女, 君生きた人間だ, 君生憎今日は, 君生来の江戸ツ児弁, 君生活の花々しい, 君生身を大根研子, 君用事はすぐ, 君用件は何, 君田中君実は君, 君田中君大谷君なぞの外, 君田山花袋君それから柳田国男君, 君田村君少年探偵団の三人, 君田村君読者もご, 君田畑君の三少年, 君田舎には百姓, 君田舎者の爺さん, 君由良一座はナシ, 君由良君と呼ぶ, 君申訳がない, 君男の子だよ, 君男体と女体, 君男君の哥, 君を見, 君町長田中君いづれも, 君留吉は物, 君留守ですか, 君畜生谷が現われる, 君をし, 君異様な質問, 君疑いが解けた, 君疲れたときには, 君疲れたろう寝んでくれ給え, 君みぬ, 君病むと聞き, 君病死の報, 君病歿妻と行き, 君痛みなんどはちっとも, 君痛むだろうね, 君発見の新説, 君発電所のそば, 君第の, 君登って見給え, 君登場君でなくつちや, 君發句は御, 君っぱくれるの, 君白山方面に美人, 君白山白水谷の危険, 君白状するが, 君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君白秋くうん, 君白米の握り飯, 君白鳥会は何とか, 君百十六疋の分, 君百穗君と共に雨, 君百穗氏の問題作, 君称慶, 君皆上り給ひ候, 君皇統でさえあれ, 君益田孝君などの周旋, 君益田孝君原六郎君その他大倉喜八郎田中平八などの諸君十数名, 君目掛けて振り込んだ, 君盲人蛇に怖じず, 君直にまた四番目サ, 君相川泰二君と十人, 君相当の現代人, 君相応に財産, 君相念いて, 君相手与し易し, 君相槌打つ, 君看取せよ, 君看護婦がゐない, 君真剣勝負の意味, 君真名古がわれわれ, 君真珠をもっ, 君真赤な偽物, 君真面目である, 君眠りませ永久に, 君眠れないようだ, 君眼鏡とマスク, 君たれとは, 君矢島君黒須君ご苦労でした, 君知った女が, 君知ってるなら教えてくれ, 君知っとるかい, 君知らしめせ忍びかね, 君知らなかったのかね, 君知りたもうや, 君知りませんかえ, 君知るべきやあき, 君知る如く城中に, 君知ろしめす如し弟は, 君短刀を持っ, 君短波放送で警察, 君矯曇弥とともにはじめて, 君石井が皇命, 君石倉という管理人, 君石子君鳥渡待ち給え, 君石川君田村君少年探偵団の三人, 君石川君田村君読者もご, 君石炭屋の高瀬, 君砂吐流君が来, 君砂岡君清水君依田君七条君下村君その他今は僕, 君破顔微笑して, 君硬度の高い, 君があったら, 君硯箱だの時計, 君確かさう仰, 君確かそう仰しゃいましたね, 君確りするん, 君社会から度外, 君社会主義の本, 君社長と美人社員, 君祕密な話, 君祖家康公よりお, 君神さまを裁判, 君神保君それから僕, 君神奈川県の人, 君神山東洋夫妻だのまして, 君神明の域, 君神様は天然, 君神無を今, 君票数を調べた, 君福井へ帰るなら, 君福助君の手, 君福山の殿, 君私ぁあの女, 君私用で長距離電話, 君秋川邸へ行, 君秋川駿三は可哀想, 君秋津のとこ, 君程に山へ, 君兒あり, 君はすっかり, 君種々なこと, 君稻垣君それから油とうや, 君の暗き, 君空想だよ, 君空成最後之撮影, 君空気抜けの, 君突然妙ナオ願イヲスルヨウダガアッ, 君突込んであるん, 君窪田君珍談がある, 君窮屈な思い, 君立たないでください, 君立ちて, 君立ち会いの上, 君立ち川の紅燈, 君立ち川六条などの遊君, 君立ち給ひこの, 君立旗の野, 君立派な髭, 君立脚の地, 君競輪商売にしてる, 君競馬に行つて, 君竹さんみたいなの, 君笑うことなかれ, 君笑えないサ, 君笹木の話, 君筆者等の子方連, 君等々そして君ら, 君等その他多くの有志, 君等なんにも知らん, 君等今のごと, 君等僕等は, 君等実業家連が外資輸入, 君等座員達の芸術家, 君等此地を足, 君等法学院派の法律家十一名, 君等白人の謬見, 君等等友としては得難い, 君等義務の叫び手, 君等自身の争議委員, 君等船まで見送られる, 君等親子にこれ程, 君等面識の人, 君筒井筒振分髪と云う, 君策謀富めるオヂュシュウス, 君箕三楼君入雲洞君, 君管理部長の処, 君箱根へ行こう, 君節筑水と号, 君金屋, 君篤胤先生の古, 君簡公を弑した, 君簡単になった, 君のめし, 君米国漫遊の別, 君米国行は止め, 君粗忽で人, 君粘土が喰っ附いてる, 君の趣味, 君が出る, 君糞だらけの服, 君糸目を上, 君墨水舟遊而遂不, 君約束の如く, 君紅梅の下, 君紅蓮や多き, 君紙魚に蝕, 君素敵だなあ, 君素晴らしい仔犬だ, 君終に倒る, 君終幕の緞帳, 君経営の人文会出版部, 君経済書の売行, 君結局君の智能, 君結局犯人の意志, 君統制上の問題, 君統計好きの乾びた, 君がわかる, 君を序す, 君をつかっ, 君綿貫君を家, 君編著の太陽暦年表, 君編輯の, 君編輯局に入り, 君編輯長に気, 君がわに, 君縄ばしごのかわり, 君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 君る人, 君いて, 君の子, 君署長に電話, 君罹病入院のたより, 君羅甸語じゃない, 君をいつ捕っ, 君羊蹄春無有来, 君美そちならば, 君美人の為め, 君美君醜君, 君美徳だからね, 君美既出の人物, 君美春夜酔後過丸山花街, 君美謝罪而去云詩以調之, 君群衆心理の波及力, 君義太夫は遅い, 君羽黒君井上君ほか二名の仲よし五人少年, 君習った事と, 君老人をつきのけ, 君考えなくてすむ, 君考えなくっちゃいけない, 君考へると実に, 君而無臣を慨, 君というやつ, 君聊か唖然として, 君聖書ってもの, 君聞いた事が, 君聞いてるか俺, 君聞かめ世に, 君聞かしてくれ, 君聞かないか, 君聞きたまえ実は, 君聟君一対に端坐, 君が高い, 君聴け啾啾赤大根の, 君職業婦人だよ, 君肉体で稼ぐ, 君はあるだらう, 君肯かんと宜しく, 君育てしや, 君胃袋の上, 君の高い, 君背中を流し, 君胸中に明策, 君胸板にズドン, 君能うべくは我意, 君どころか自分, 君脱線のこと, 君腎臓か肝臓, 君を掛け, 君でもくずす, 君膨らんだ物が, 君自ら來訪して, 君自ら寛うせよ, 君自ら後詰して, 君自ら自分の家, 君自ら間違なりと曰, 君自体やはりカラマゾフ, 君自作の詩, 君自分一人や自分, 君自慢の腕, 君自殺事件を知っ, 君自然に逃げた, 君自画の横顔, 君自身おのれの不愉快, 君自身さへ學校, 君自身それが立証, 君自身ひとつロシヤ社会の現代生活, 君自身ぼくの愛, 君自身われわれを裏切ろう, 君自身タイピストとして働い, 君自身一個の人間, 君自身一度だつて, 君自身僕のところ, 君自身兄であった, 君自身君の道, 君自身好きなよう, 君自身子供が欲しい, 君自身教頭や配属将校, 君自身書きたまえウン僕, 君自身本当の君自身, 君自身本然の愛, 君自首しに, 君致死量のストリヒニン, 君興信録でも見, 君興味のない, 君舊知の妓鶴さん, 君舞踊家の石井美代さん, 君舟木にたきつけられた, 君がしずむ, 君船医だ, 君を岸, 君艇長はいま, 君良ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, 君良心に恥じん, 君芝田さんは少し, 君芭蕉の思想, 君花売が処, 君芳島君が加わる, 君芸者を知っ, 君苟くも今日社会に生き, 君しか國民, 君若からず陪從, 君若やいだ名にも, 君若宮君に細君, 君若殿には御, 君若草を枕, 君若造が馬鹿造, 君苦しくはない, 君英主海外蛮夷を懾服, 君英語の漢語, 君茄子というもの, 君茶化してしまえない, 君荒井賢太郎君入江良之君岡村司君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 君荒木又右衛門を知らない, 君荷物の追跡, 君かっせば, 君菅原明朗君なんぞも一緒, 君菊池寛の半, 君萌さんをおぶっ, 君萬歳だ, 君落ちつくんだ, 君落ち着いてちょっと, 君著述ツてたくさん, 君葛城の高額姫, 君葛巻少年実際彼, 君葵君といい, 君の方, 君蓋世の勇, 君の根, 君や医者, 君の靜物, 君藝者や娼妓, 君藤井君村田君そして私, 君藤君そして辻君, 君藤君一洵君辻田君そして山頭火, 君藤枝だ, 君藤沢君等を部屋, 君虎井博士に電話, 君虎君ポインタァ君, 君へ遊び, 君が好, 君が湧いた, 君の下, 君の大, 君蜜蜂が見たけれ, 君蠅男というの, 君蠣殻町だけは用心, 君血液の九〇%以上, 君つて, 君行くならいっしょに, 君行けそうだ, 君行ったんなら見, 君行つて見ようよ, 君行つて駿太郎君にそう, 君のど, 君表面にこまかく, 君の血, 君裁判とは言, 君裁判官がいる, 君裏面をさらけ出したら, 君は困る, 君西びとの歌, 君西北というの, 君西洋料理で二色, 君西洋料理屋へ行っ, 君西洋音楽でも習, 君西華門院またみかどの随身, 君見かけよりや存外, 君見ててごらん, 君見ゆるその時, 君見よと宵, 君見んことを, 君見出さば何とせむ, 君見張りはいらない, 君見当違いでございますだ, 君見渡す処この, 君見物である, 君覗き眼鏡は忘れず, 君覗くなり水色, 君親子の言葉, 君親戚や何, 君観察だ, 君煮を, 君角鹿の濟, 君つたかい, 君解してくれ, 君解ったかね, 君解ったらそうしたら, 君込が, 君言えないのかね, 君言つてたね, 君言われたとおりに, 君言わんのです, 君言葉が過ぎよう, 君討ちし彼は, 君取セヨ, 君記事を見よ, 君記念事業会から父, 君記念事業委員会から私達, 君記述の, 君ひ来ませと, 君訪はんとや, 君設計のシェイクスピア庭園, 君訳する所の, 君訳エツケルマンのゲエテ語録, 君訳ジユウル・ロマンの, 君訴えますか, 君てもらつた, 君診察に来る, 君証人はぜんぶ, 君証文をひとつ, 君証書はここ, 君評判の鴛鴦夫婦, 君試しに持ち上げ, 君を書き給え, 君詩人の詩, 君詰らん事を, 君話してやり, 君話したって損, 君誘ひ給ひたれ, 君誘拐だ, 君語り給ひしを, 君語れまたさらに, 君語学を専攻, 君に山神, 君説くところ詳細に, 君説教するよう, 君説教壇に立っ, 君説明する, 君説明書を売っ, 君読んだのか, 君読売新聞の整理部長, 君誰かが案出, 君調査して, 君ふ安心, 君請う疑うことなかれ, 君論ずらく, 君論文脱稿前にその, 君諸侯の割拠, 君講談倶楽部を焼き, 君識らないかな, 君警句だぞ, 君警察官が来る, 君警察眼じゃない, 君警察眼ぢやない, 君警視庁にちゃんと, 君警部は困つ, 君警部それですよ, 君警部君この青年, 君議論の範圍ぢ, 君を報じ, 君谷野君木村君と並べて, 君豆腐屋がえらく, 君馬に, 君豊さんを取り戻せる, 君豐吉君など晩春, 君豐川君その他福原中川清川の諸君, 君の子, 君ちゅう女, 君負傷じゃない, 君て後世, 君責むる勿れ, 君責めず過分に, 君責任を知らない, 君貴島は何, 君貴方の優しい, 君買い手のない, 君買ったね, 君資性穎悟兄弟に友, 君賦一律見贈今, 君賭けというやつ, 君賽転の類, 君贅沢だと, 君贔屓にする, 君赤シャツは臭い, 君赤ン坊の脳髄, 君赤塚の君皆上り給, 君赤塚ドクトル達皆船を雇, 君赤松男爵夫人の長女, 君赤栴檀ぢやない, 君赤沢君みんな知つた顔である, 君起きたまえ, 君起きたまえ製作室へ, 君起きてるウ, 君越智東風の高輪事件, 君足下先づ此位にし, 君になれ, 君踊るかい, 君身体がわる, 君車上より声, 君軍隊だッ, 君筆屡, 君辰子さんに似, 君辰猪が気魂, 君しめられて, 君辱められるのが, 君辺りの影響, 君辻田君そして山頭火, 君迂路此相同, 君迄は判つてゐた, 君迎えにも来ない, 君つ淡海, 君近ごろ何をし, 君近日頻りに法廷, 君近来の傑作, 君近頃神というもの, 君迷惑をするだろう, 君迷路の歩き, 君退屈凌ぎに三四行, 君送って行け, 君送りしものは, 君送る夜は, 君送別句会に出席, 君逃げちゃいかん, 君逃げるにはおよばん, 君逃げ出しなぞする, 君逆様にふつ, 君通訳して, 君逝いて回らぬ, 君逝きてより, 君逝きし二十六日, 君逝きましぬ東京に, 君逝けり存するもの誰れ, 君造作もない, 君逢ったのか, 君逢坂にやあれ, 君を代表, 君進むか退く, 君進んでいる, 君逸品古色ありと, 君遁げなくても, 君遅かった, 君遊蕩を控え, 君運動はもう, 君過失でもなし, 君道がちがやしない, 君道也先生どんな服装, 君道平安分手時不期生前首, 君道徳などというよう, 君道徳經は乃ち是, 君道理上より言え, 君達はじめ当年の政友, 君達一派の理想家, 君達俳優が, 君達想像して, 君達皆なを, 君達美人がみんな, 君達自身が不満, 君達虚妄にとりつかれた, 君遠く松本市より高橋希人君, 君遠慮して, 君遠慮なくやり給え思わぬところ, 君遣切れないぢや, 君那樣に可, 君邪魔をし, 君郊外散歩に行く, 君郡長の夫人, 君郵便だ, 君郵便屋戸川差配人の三人立会, 君郷里の方, 君都影君江畔老緑平老, 君酒人の君, 君酒呑るかい, 君酔うて来, 君酔つて帰ると, 君酔ひのすさび, 君君, 君醜態だ, 君里村千代という女, 君里見のお嬢さん, 君里見君と同席, 君重ねていうだけ, 君重大事件なん, 君重役が供, 君野村さんという人, 君野村君それに會社側, 君野田君があたらしく, 君金五楼君は私, 君金沢町助役の伊藤直之助君, 君金盥が明いたら貸し, 君金魚だってお湯, 君針間の阿, 君釣りに行きません, 君鈴子に惚れ, 君鈴木紀一郎君小池堅治君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君鉄胤先生にそんな, 君には暗, 君銅鑼声で, 君鋳物をやる気, 君鍔広帽を冠, 君鎌倉に西尾正君, 君とも五円, 君見すかし, 君長い間人間は, 君長く田舎に, 君長坂の君, 君長賢明ならざる, 君門下の今, 君開閉器はどこ, 君には撃剣, 君間に合うだらうか, 君間もなく京に, 君間人穴穂部皇后の宮, 君間違ひないで, 君間違いないだろうね, 君間違っている, 君閣下初めて天, 君でなくては, 君爺の, 君阿片の味, 君阿蘇の君, 君降りたまえ, 君の上っ, 君障子を見つめ, 君隠れる場処を, 君雀部さんちょいと, 君雄弁会の大沢君, 君難なく捕まったよ, 君難問だ, 君雲中君巫社巫祠族人炊の屬, 君零敗とはあんまり, 君電子の針金, 君電気鉄道へ乗った, 君電話口へ出ろ, 君電車賃かし, 君震災の時, 君霜柱の研究, 君露伴君に私, 君露悪家という言葉, 君靈寳天尊の言也, 君青い色で, 君青木君谷野君木村君と並べて, 君青木繁君田山花袋君それから柳田国男君, 君青森の, 君青竜王のやつ, 君青苔の生えた, 君青銅の魔人, 君静かに自ら掌ら, 君非道く評判, 君の色, 君面倒だが, 君面皰とりのえ, 君を提げ, 君音次郎君達はみんな六年級, 君順和君の二王子, 君順序通り読んで, 君須らく聴取すべし, 君須永と言う, 君頭脳の問題, 君頼まれものだ, 君頼まれたときに, 君頼まれないよ, 君頼みますよ, 君わくば, 君顧みたまいて始め, 君風さへ無, 君風呂小屋の中, 君風呂敷を開け, 君風来坊の物, 君颯爽と現れ, 君飛行艇の寿命, 君食ったそうだ, 君食道楽会は西洋料理, 君飯一食を捜す, 君飯山の御, 君飯田市より二三里, 君飲み給へ, 君飲んで見たら, 君りにも, 君好句, 君首縊りと縁, 君馬場孤蝶君は私, 君馬鹿どもにお, 君馴育掛りのお嬢さん, 君駆け付けて来, 君驚く勿れ, 君驚くべきことには, 君驚ろいたろう, 君驚駭噴泉の踏み石, 君驢馬の雌, 君骰子を, 君さは, 君高君藤君そして辻君, 君高志の池, 君高杉君だよ, 君高橋さん失礼します, 君高田浪吉君に頼み, 君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 君高等学校へ行く, 君高級料理から下級料理, 君高谷君昨日は失敬, 君高野ユカリ君です, 君づらの, 君は殺せない, 君魂胆の在る, 君魔人がしめきった, 君魔法博士のお, 君といふもの, 君の頭, 君捕りを, 君でも食っ, 君鰥暮しで不自由, 君鳥渡待ち給え, 君をすりかえ, 君の君, 君と云う, 君にも睾, 君鹿を目がけ, 君鹿児島の壮士, 君鹿田が君, 君麻薬中毒なん, 君黄歇に用, 君黒い長い髪で, 君黒君虎君ポインタァ君, 君黒呪術は異教, 君黒田クーンと呼ん, 君黒船以来毛唐の種, 君黒須君ご苦労でした, 君っている, 君ッて, 君黙って観, 君黴菌の巣窟, 君の下, 君龍之介集を一寸, 君龍動に在勤, 君MLQと書い