青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け 向け~ ~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ
向っ~
~君 君~ 君たち~ 君子~ 吟味~ ~否 否~ ~否定 否定~ ~含まれ

「向っ~」 8633, 93ppm, 1185位

▼ 向っ~ (8078, 93.6%)

83 いた 57 云った 56 いった 46 進んで 45 歩いて 42 言った 41 何か 39 いる, 行った 31 出発した 30 手を 29 自分の 28 いるの 22 いると, 来た 21 叫んだ 20 こんなこと 19 走って 18 左の, 彼は, 歩き出した 16 声を, 言いました 15 頭を 14 右の, 立って, 行くの 13 きた, 開いて 12 動いて, 坐って, 言って, 近づいて, 髪を 11 いる時, 来るの, 歩いた 10 いて, 彼の, 歩きながら, 行って, 駈けて

9 [17件] いること, こう言いました, それを, たずねた, まっしぐらに, 何を, 呼んだ, 急いで, 次の, 歩きだした, 流れて, 物を, 腰を, 行くと, 話して, 走った, 飛んで

8 [13件] いるよう, こういった, これを, 並んで, 出発する, 右側の, 右手の, 大声で, 彼女の, 私は, 行く, 進んだ, 静かに

7 [16件] いたの, お辞儀を, こう言った, どなった, 一散に, 仕事を, 何と, 合掌した, 大きな声, 帰って, 来て, 来る, 眼を, 筆を, 訊いた, 馬を

6 [18件] いても, います, いるが, くる, こう云った, やって, 一つの, 丁寧に, 下り始める, 叫ぶ, 心の, 矢を, 突進し, 突進する, 自分が, 言葉を, 集中し, 顔を

5 [30件] いったの, いって, いるとき, お前は, みると, ものを, ピストルを, 一直線に, 下って, 両手を, 口を, 右に, 呶鳴る, 左手の, 挨拶を, 掌を, 最後の, 来るもの, 歩みを, 殺到した, 熱心に, 腹を, 舌を, 落ちて, 要求する, 見ると, 言ったの, 進行し, 駆けて, 駈け出して

4 [63件] あいて, あなたの, いうと, いうには, いる間, かけて, きいた, このこと, こんな事, そんなこと, ていねいに, では, まっすぐに, ゆく, 云う, 云って, 伸びて, 何かを, 例の, 出て, 前進し, 叫んで, 合掌し, 吠えた, 呼びかけた, 呼ぶ声, 大声に, 大股に, 小声で, 居る, 居ると, 居るの, 左側に, 愚痴を, 投げた, 投げつけた, 投げて, 本を, 来たの, 来ました, 来ると, 歩み出した, 殺到し, 生命を, 石を, 私が, 私に, 突進した, 立った, 笑って, 行けば, 行ったが, 行ったの, 言う, 言うこと, 言うの, 話を, 足を, 身を, 進むもの, 進もうと, 駈け出した, 驀し

3 [113件] あんなこと, いう, いた時, いながら, この手紙, した, するの, その話, それが, である, なすりつけて, ひそかに, まともに, ゆくの, 一定の, 一斉に, 不意に, 云うかの, 云うた, 云うの, 云うよう, 今日まで, 何かの, 何という, 何の, 何をか, 僕は, 其を, 出かけました, 力を, 助けを, 努力し, 反抗の, 叫びました, 叫んだの, 君が, 吹いて, 吹聴した, 呟いた, 呼びかけたの, 呼びかけて, 問いかけたの, 喧嘩を, 坐った, 居た, 居ります, 展い, 左手に, 床の, 彼に, 念を, 急に, 感謝の, 旅を, 書いて, 書を, 最初に, 来たので, 来たよう, 来るよう, 欠伸を, 歌を, 歩んで, 水を, 注がれて, 消えて, 燃えて, 猛烈に, 球を, 生きて, 申しました, 疾走し, 発せられた, 発言しよう, 眉を, 真一文字に, 真直に, 礼拝した, 神の, 私の, 積極的に, 突撃した, 箸を, 聞いた, 腰かけて, 膝を, 自分たちの, 自分は, 自分を, 行きますと, 行くこと, 行くよう, 行ったので, 行進し, 行進する, 言うよう, 訊ねた, 話しかけた, 語って, 走りつつ, 走り出した, 走り込んで, 走るの, 逆に, 進みつつ, 進発した, 進行した, 進行する, 飛びかかって, 馳け, 駄目を, 驀地に, 黙祷を

2 [389件] あなたも, いいました, いうとも, いそいで, いたが, いたので, いちいちその, いったこと, いった言葉, いました, いるか, いるから, いるかを, いるその, いるところ, いるん, いる傍, いる心, いる方, いる時間, いる私, いる若い, いろいろの, うなずいて, うなだれて, おじぎを, おのおのの, おりて, おりました, お化粧, お叩頭, お礼を, かなり大きな, きいて, きて, きても, くるの, こういっ, こう言う, ここの, このよう, この質問, さけんだ, さめざめと, して, しまった, しまって, しゃがんで, しゃべった, じっとし, すすんで, すべてを, すること, そういうこと, そう云っ, そのよう, その境遇, その旨, その罪, それは, たずねて, なす, なにごとかを, のそのそと, のびて, はなはだ大きな, ひらいて, ぶっきら棒, ぶらぶらと, まともな, みて, もたげられて, もって, やって来た, ゆうべの, ゆく自分, ゆっくりと, ゆっくり歩い, ゆっくり歩いた, よけいな, われわれの, キチンと, チェホフが, ネクタイを, ハッキリと, バラバラと, パッと, 一人の, 一歩を, 一通の, 七兵衛が, 三拝する, 下の, 不信を, 不審を, 不平を, 不拘束, 不断の, 二つの, 二人は, 云いました, 云うには, 云えよう, 云ったもの, 云われたの, 人の, 人間の, 今度は, 伸して, 伸子は, 佇んで, 何事か, 信長は, 俺の, 俺は, 偃松の, 働いて, 僕が, 光った, 光を, 全世界, 出発し, 出発しよう, 別れの, 刻々に, 加速度に, 努力する, 努力を, 勇敢に, 南に, 南へと, 反抗する, 叫んだり, 右が, 右へ, 右側に, 右側には, 合図の, 同じよう, 君の, 君は, 吹くと, 告げて, 告げること, 周囲の, 呪文を, 呶鳴りつけた, 呼ばわった, 呼ぶと, 呼んで, 命じた, 唇を, 問いを, 喋ること, 噛みつくよう, 四五歩バッと, 土下座, 坐る, 堤の, 墨を, 大衆を, 天下の, 奔れり, 女の, 子供の, 宙を, 尋ねた, 小腰を, 小言を, 小説を, 少し下る, 尿を, 展開し, 山の, 屹と, 左から, 左端に, 差出して, 席を, 帽子を, 幾度と, 廊下を, 延びて, 当りを, 彼が, 往った, 御辞儀, 復讐を, 心で, 快活に, 急ぎ足に, 急ぐ, 急ぐの, 急ぐ者, 急ごうと, 急速に, 恭順を, 患者の, 悲鳴を, 愛想よく, 我々の, 戦を, 手短かに, 批評を, 投げかけて, 投げつけて, 投げます, 投ず, 招かれて, 拝を, 拝礼を, 指を, 指定する, 挑戦し, 捧げられて, 推移し, 放尿し, 文句を, 斬り込んで, 旗を, 日本の, 早馬を, 昔の, 曰く, 書類を, 来い, 来たが, 来たこと, 来ます, 来ようと, 来るか, 来るかと, 来るに, 来る者, 杯を, 柏手を, 椅子に, 楯を, 槍を, 正面の, 武蔵は, 歩き出して, 歩き出す, 歩みながら, 死物狂いの, 残酷な, 気を, 汝は, 泳いで, 浴びせかけたの, 涙を, 深刻な, 演舌し, 演説を, 漕いで, 為されたの, 無二無三に, 無言で, 無遠慮に, 熱情の, 父の, 片手を, 物語りました, 特別な, 犬に, 猛烈な, 率直に, 生活の, 畑の, 異様の, 疾風の, 病人の, 発せられたもの, 発動する, 発射した, 発達する, 目を, 直接に, 真正面に, 瞳を, 碁を, 示して, 礼を, 礼拝された, 礼拝し, 祈祷を, 私を, 稲田の, 突きの, 突っ立っ, 立たせた, 立ちながら, 立つと, 立つという, 立てかけて, 笑った, 第一, 総攻撃, 繰り返されたもの, 罵った, 耳を, 聞いて, 肉迫した, 肩肱を, 胸の, 脱出した, 膝まずい, 自分から, 自分で, 自分も, 自己の, 航行する, 船で, 色が, 苦笑し, 行かなければ, 行きます, 行く限り, 行けないん, 表現する, 要求した, 見ましたが, 解放された, 言いだした, 言ったり, 討幕の, 訓戒を, 設問し, 試みて, 試みようと, 話しかけて, 話しかけるの, 語りかけて, 語るの, 誰か, 諄々と, 講釈する, 責めたらしかった, 貸金の, 質した, 質問する, 走ったか, 走らせた, 走りだした, 走りながら, 走りました, 走り出す, 走る時球, 足早に, 身構えた, 車で, 軽く頭, 辷って, 逃げて, 逃げるが, 逃げ出した, 通じて, 進む, 進むという, 進むの, 進むべきもの, 進む上, 進めば, 進歩する, 運動しなけれ, 道を, 道庵は, 道庵先生が, 開けっ放しに, 闘いを, 降りて, 階段を, 集まるよう, 集中され, 雑多な, 雨を, 雪の, 雪崩れ, 鞭を, 額に, 顎を, 飛びついて, 食事を, 首を, 馴, 驀進し, 驀進する, 鼓舞する, 鼻の

1 [5100件 抜粋] ああいう, あげる苦悶, あちら向きに, あの女, あらゆる努力, あれか, いい気持, いくども, いたあまり, いた一人, いた川瀬勇, いた自分, いったな, いつ何時, いままで, いるため, いるらしいが, いる体, いる姿, いる机, いる男, いる葛岡, いろいろ事実, うちかけ, うねを, おいで, おちつき, およっちゃんと仲よく, おる信忠, お前ほどに, お数寄屋坊主, お花畑を, お通, かく呼びかけざる, かけ出して, かれこれと, きた兵力, き彼, くるまえに, くれ, こういうこと, こう中座, こう呼びかける, こう言いかけた, ここを, この, この列車, この日記, この際何, これで, こんな話, さかんに, さまよい出でて, さんざんに, しきりと, しきりに撫でつけ, しっとりし, しまう, じかに呼びかけ, すぐ云った, すばやく投げつけ, する事, ずんずんやって来る, そういった宣言, そしてつぎ, そっと微笑んだ, その一点, その名, その後を, その方法, その空樽, その談判, そばに, それとなく早く, そんな事, たずねるよう, たち向った渾身, たらし餅, ちっとも譲らぬ, つい, つきすすんで, つぼ焼, ではあの, どういう場面, どうぞ私, どなったの, どんどん迫り, ながれて, なすべき筈, なだれかかっ, なんらかの親しみ, のしかかって, のび津浦線, はっきりと, ひざを, ひとりだけ, ひらいた窓, びりびりと, ふらふらと, ぶっつけたくなって, ほうり投げるの, ほほ笑んだ独特, まくし立てたが, または彼, また減ずる, まっ直ぐ, みた結果, むらむらと, もし私, ものやわらかに, やっぱり謀叛, ゆきました原士, ゆく姿, ゆく角度, よく生れ甲斐, わが呉, わめくところ, イタリーの, カドリールでも, ギョロリと, ゴロゴロガタンと, スクラムを, ツバを, ナイフや, ヒステリーを, フラフラと, ペコペコと, マターファが, ラジオ放送を, 一つ支峰を, 一回転を, 一度だって, 一文字に, 一枚の, 一番煩く, 一線を, 一間の, 三人の, 三間ほども, 上眼を, 下り始む, 下江し, 不逞の, 世界戦争の, 両道から, 主張した, 乱闘し, 二人とも, 二言三言毒の, 云い出せるもの, 云う人, 云ったよう, 云われて, 京都の, 人指しゆびを, 今がんりき, 今日は, 他目も, 伏目がちで, 伯爵が, 佃の, 体気を, 何やかやと, 何事にでも, 何言う, 作為が, 來ます, 信仰の, 停った, 働きかける世の中, 優越めいた, 先生は, 入口の, 八ツ峰と, 公言した, 兵糧止めを, 円本の, 凝らす玻璃瓶裏, 出すと, 出掛けた, 出発と, 刃を, 初めて其面, 前, 前進しない, 力強く槌, 加之, 勇往邁進した, 動き出した, 動員し, 匕首を, 十字架を, 南一条大宮の, 即刻行動を, 去った, 参拝の, 反射し来ったる, 口元を, 叩きつけて, 叫びはじめた, 叫んだ者, 右側では, 号ぶ, 吉報を, 同時に物, 吐き出されました, 吠えるだけ, 吹きかけました, 呉れないのに, 呟く気持, 呼びかけずには, 呼びぬいた, 咲いたの, 唾する, 問う, 喋って, 嘆息を, 噛んで, 国家を, 坂に, 坐っとったん, 城内から, 塊りあってた, 売却され, 多くの, 夥しく波, 大きく叫んだ, 大事を, 大奥の, 大目付副使ふたりの, 太平洋の, 奥様に, 如何に, 委細呑込み顔に, 嫉妬の, 季という, 実に多く, 害心を, 寄せて, 対座し, 尋ねますと, 小笹篠原を, 少し加減, 尾根上を, 居るため, 展望的に, 崩れ彼等, 左側には, 左隣り, 希望したい, 帰着を, 幅広く這出し, 平気で, 幾歩か, 庭上に, 弓を, 引張られる, 強いの, 強面の, 役所に, 彼女又, 後醍醐帝の, 御主人, 御縁女, 心から笑っ, 必死と, 忠告, 怒るよう, 思うさまこの, 急ぎ小, 急遽命令, 恥じること, 悪い事, 悵望し, 愚痴である, 感じた時, 感謝したい, 慟哭したい, 懇ろに, 我が文学陣, 或は父自ら, 戦闘する, 手荒い活法, 打撃を, 投げかけたらい, 投げつけた言葉, 投げる狡猾, 投ずるその, 抛りつけたので, 押しかけて, 押し立てて, 拡がる形, 指揮棒が, 挨拶した, 振り立てた無気味, 捻じ込んだ, 描いて, 揶揄いかけます, 擲きつける, 改築事務を, 放たれました, 放送した, 散って, 文字の, 断えずまた, 新しい状態, 於虎の, 日南の, 早口に, 明確な, 是非その, 晴らしたの, 暫く瞑目, 曳航した, 曾遊を, 望むべからざること, 未来の, 来たかと, 来た左角, 来ようとも, 来るでは, 来る一人, 来る模様, 東は, 果てなく延びて, 格子を, 構えたの, 橋本って, 歓呼した, 正論とは, 武田方は, 歩き去った, 歩みはじめました, 歩み行く同じ, 残夢は, 毎日彫り, 気焔を, 求めて, 汽車に, 河野の, 泣いてばかり, 注意し, 泳ぎ出したの, 流されて, 流れ出したかを, 浄化しよう, 海から, 深く延び始めた, 湧く人情, 滴り落ちる雫, 漸く立脚, 火鉢の, 無心に, 無電と, 煽風機, 爪先下りに, 物語った, 狐つき狐の, 猛然と勃発, 現今の, 生きる大衆, 用いつつ, 由斎を, 申し上げるの, 異口同音に, 病的に, 発せずかえって, 発展させられ, 発足した, 登記の, 白状しよう, 目礼を, 直航中の, 相談し, 真ッ正面, 真鍮の, 矢の, 石撃を, 碧荷を, 示す精神, 祈ったところ, 祷りを, 私刑を, 空地を, 突出した, 突然諸声, 窓の, 立ち並ぶ, 立つ後姿, 端座合掌した, 第一弾, 筵の, 米友は, 紀念すべき, 細い声, 結語し, 絶対普遍的な, 続行し得る, 繁茂した, 罪を, 群蠅が, 翳すを, 聞かせたの, 胆吹マラソンの, 胸当を, 腕を, 臣下に, 自慢した, 至極穏, 船を, 芳子は, 茶臼岳の, 荒木村重に, 薄い粥, 蜿蜒と, 行きそう, 行くこと二里半, 行く事, 行く気持, 行けるん, 行った時, 行動し, 衣裳箪笥と, 西洋紙と, 見ても, 解放される, 言いは, 言い過ぎたことば, 言ったお, 言われたの, 計画的に, 訊ねますと, 訴えたの, 証人の, 話さば, 話した, 話すだけ, 誇示し, 語った, 語る, 説き立てるの, 説明を, 調べものを, 謙信が, 護摩を, 貧民窟の, 賛を, 走られたと, 走り来る二つ, 走る火, 越智さんが, 踏み出すべきはず, 身ぶりを, 軍を, 軽侮の, 辷り出して, 近よって, 述べたよろこびと, 追い行くと, 送って, 逃げ出したの, 逆流する, 逢わないまでも, 進み行くと, 進む地域, 進んだもの, 進軍する, 運動し, 道中の, 遠く投げた, 遡航, 郡長の, 重に, 鉄路が, 鋭い高い啼き, 長々と, 門扉も, 開かれたあらゆる, 開け放して, 関羽の, 闘って, 陶山義高も, 雄弁に, 集注する, 電話で, 音を, 頻々と, 頼みに, 飄々と, 飛びついた角, 飛び去って, 飛行機は, 飽くまで探求的, 馳けた, 駆け上がる, 駈け上がった, 駛る, 高く翳した, 鬢の, 麦畑の

▼ 向っては~ (186, 2.2%)

2 何の, 何も, 憧憬だって, 深夜の

1 [178件] いえずに, いかに無心, いずれの, いつも生理的変化, いるが, いるん, かたく閉され, かつてなかっ, きちんと審理, きょうは, きわめて慇懃, こうも, こう云った, こう言う, この弟, これを, さしもの, さらにその, しきりに追討, すぐもと, そう言いました, そのこと, その大道具, その感情, ただ医学博士, たとえばどんな, たまるまい, どんな顔, なお鈍い, ならないと, ならぬぞ, なんにも話した, なんの, にやりと笑った, のぼせ過ぎますから, ひとまず客舎, べつに激怒, また答え, また隆起, まだ剣道, まるでそういう, もう少し食事, もっとはっきりと, よろしく天, アメリカの, アヤが, ウネビ耳成天, ジャパニーズと, セント・エルモス・ファイアーという, ティパーティの, デッサンを, トカチネムロに, 一ことも, 一喝した, 一層深い, 一言も, 万事を, 久子は, 予想し, 云えない, 互に競争者, 人の, 人も, 今の, 今まで, 他に, 以前ほど, 何か, 何が, 何だか気恥, 何でも, 何にも, 信州黒姫山の, 充分の, 其様な, 出来ぬ事, 制限以上に, 卑屈な, 単にこれ, 厳粛な, 反抗しない, 口が, 口に, 右が, 唯希望, 唯感謝, 唯白い, 嘘だけ, 大きな山, 天下の, 太刀打ちが, 奥深く水, 女は, 女口調は, 如何なること, 妨げにこそ, 婦人が, 嫉妬の, 子供の, 容易に, 尾行まで, 峠の, 希望が, 帝都を, 常に感謝, 悪いところ, 意識無意識の, 愚痴ひとつ云えぬ, 感謝が, 批判能力として, 批評家たる, 抱き付かれて, 押しかくすよう, 持合せの, 指を, 支那の, 方十数哩にも, 施す術, 明国と, 更にその, 朝廷の, 梓川の, 構えを, 正真の, 歯牙にも, 殆ど調べが, 殷賑を, 民衆の, 決して吠えねえ, 法然様だって, 波多野の, 流れない, 流言蜚語を, 満身の, 澄まして, 無限の, 燃えつくよう, 特によく労っ, 特に冷淡, 用心ぶ, 田畑を, 疲れの, 癩事業の, 発展しなかった, 白々しく出来る, 盗賊も, 直接に, 真に美しい, 碌々充分に, 秦の, 笹子川を, 絶対盲目的に, 織田公も, 聡明な, 舌鉾を, 芸術批評家として, 苦手である, 行ったが, 言いかえす言葉, 言いかねるこんな, 言い出しにくい, 言葉通り顔負けを, 訴える由, 貞操という, 貴公を, 近代の, 返事を, 迷信の, 通常世間の, 進まないながらも, 逸早く秀吉, 阿漕な, 雨水の, 頗る威張った, 頼んだり, 馬を, 鬼神の, 黒部及高瀬の

▼ 向っても~ (159, 1.8%)

2 それは, 例の, 同じこと, 同じよう, 楯を, 自分は, 言えます, 開放され

1 [143件] あえて一, あのタンク, あア場所, いう口吻, いったばかり, いらっしゃいと, お前の, かつて食事, がんこに, きりっとし, くねんと, こう手厳しい, するよう, ずいぶん親切, そういう気持, そういう風, そうである, その朝起き, その消息, それからそう, それを, たとえその, だ, どんな優秀, はぐらかしては, はっきりと, はり切って, はるかに, ひり出すよう, ふと中共, まず敵し, また共に, また合掌, もうゆうべ, もう書物, もはや通じない, やっと膝, やはり同じ, やむをえず特殊部落, わくの, アナタと, カム即ち, ギーヴミーの, ハリ倒される, ヤング氏は, ワンワンいらっしゃいと, 一度は, 一番意味深い, 一般的に, 一言半句も, 一貫され, 不動を, 不平の, 亦吾, 人民の, 他人を, 何でわたくし, 何時も人, 何等の, 保証し切れない, 倫理批評を, 傍杖に, 公平な, 出せるだけの, 出立の, 勝てぬ相手, 化粧一つしよう, 反動が, 同様に, 堅い鉄, 多々益々弁じ, 好い話, 妙に, 妻が, 娘に, 子路は, 容易な, 対決する, 小説の, 尠から, 屡々それ, 山陽道へ, 常に働かせる, 平気で, 幾分声を, 庶民的な, 強いて再生, 形の, 御米, 心は, 必ずしもその, 惜しむこと, 感情の, 慣れないうち, 或る, 戦後の, 手を, 打ち融け兼ねて, 承認し得ない, 折々朝, 抵抗し, 斯う, 既に恥じるべき, 既に理性, 日吉はに, 明らかに, 昔し, 次第に雄々しい, 水にでも, 池上に, 漸, 無暗, 無言で, 牙を, 甲斐は, 盗んでは, 目は, 直ちに角, 看病疲れの, 眼を, 石を, 破れ返った敵, 確信に, 祝意を, 答える張合い, 簡便な, 米友に, 自分の, 行為が, 西に, 言い得ないはず, 話せる筋合い, 諄々として, 諒解を, 起請文を, 追分の, 進む事, 開始した, 頂戴と, 頒たなけれ, 驚が, 魏か, 黙ったまま

▼ 向っての~ (106, 1.2%)

1 [106件] あこがれが, お世辞, お願いな, ここの, しずかな, すべての, たえざる非難, ひろがりを, むしゃくしゃ彼, ように, よびかけであった, わたくしに, アジプロとして, ロマンティシズムみたいな, ロマンティックな, 一日と, 一種異様な, 不断の, 人類の, 仕事で, 会食が, 信憑と, 信用である, 冷淡さは, 前進を, 努力であり, 努力を, 劫は, 動きは, 勝利的自己批判を, 勝気という, 卑劣な, 反駁だった, 叱声に, 叱言, 各自の, 合図です, 姉さんの, 山中で, 希望ある勇み, 廊下に, 彼女の, 心持を, 忠実さによる, 思惟の, 恍惚たる, 意欲を, 意識的な, 感謝の, 態度に対して, 憧憬な, 戦いである, 戦端である, 手段は, 手蔓, 打ちこわし, 批評としては, 抗争の, 擂鉢の, 文字による, 方が, 方の, 旅に, 有力なる, 極めて微々たる, 様に, 欲望の, 水雑炊と, 注進では, 深い無意識, 深い課題, 無私が, 無窮の, 無言の, 特別の, 用心ばかり, 疑いとして, 発展を, 発展形態を, 目覚ましい一飛躍, 知的陳列の, 示威運動である, 祈念も, 積極的働きかけの, 積極的進出と, 精神とは, 素直な, 興味期待に, 裁判は, 覆面かも, 言葉であっ, 言葉なき, 言語である, 話では, 論理の, 警戒と, 身ごなしであった, 車中宝くじの, 進化発展の, 遍歴であり, 道を, 金儲け話, 鍛錬は, 闘争の, 頼みという, 骨惜しみを

▼ 向っ~ (14, 0.2%)

3 が立っ 2 を立て, を立てた 1 で後, は引込ん, も立てない, をお, をたてる, を立てたらしい, を立てる

▼ 向ってさえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもしろからぬ, おれば, かような, これである, はっきりと, ビクビクし, 何となく恐縮, 制作の, 愛情が, 現実の, 生活難を

▼ 向ってでも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いい客体化, そう言っ, ない, ないん, なんでも, むずかしいこと, 吐くよう, 提出し, 精神を, 荷物の, 貴様こそ

▼ 向っていう~ (10, 0.1%)

1 ことには, ことは, のが, ものとしては, ようは, らしい者, 呻きであって, 朴訥な, 言葉だ, 言葉な

▼ 向ってか~ (7, 0.1%)

1 こんなこと, ちっと烙, ような, 分らぬそんな, 御出動, 悪魔へ, 絶えずつぶやい

▼ 向ったり~ (6, 0.1%)

2 して 1 しがち, なお仔細, 城の, 膳に

▼ 向ってのみ~ (5, 0.1%)

1 人道主義は, 全意識, 初めてその, 走って, 集中し来る

▼ 向ってだけ~ (4, 0.0%)

1 与えられる賞讚, 打開ける, 町まで, 話したの

▼ 向ってまで~ (4, 0.0%)

1 云った, 口を, 口走るの, 眼の

▼ 向ってこそ~ (3, 0.0%)

1 全幅に, 国民が, 彼は

▼ 向ってばかり~ (3, 0.0%)

1 いたの, でなく自分, 分配され

▼ 向ってから~ (2, 0.0%)

1 とんと卵, 出掛けて

▼ 向ってさえも~ (2, 0.0%)

1 それを, 素子は

▼ 向ってじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ない何

▼ 向ってすら~ (2, 0.0%)

1 彼が, 戦を

▼ 向ってという~ (2, 0.0%)

1 ことに, ような

▼ 向ってとも~ (2, 0.0%)

1 なく無性, なく負け

▼1* [14件]

向ったりはしませんから, 向っちゃおいらは, 向っちゃあ甘いもの, 向っていうだけだとの, 向ってさう云った, 向ってすらが彼は, 向ってだけは特に, 向ってつつつと小きざみ, 向ってに青い鎧戸, 向ってもがきはじめた, 向って迄此の世界語の, 向っまで来る, 向っをカッ, 向っ臭い女学生数十名に