青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向こう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け 向け~ ~向けた ~向こう
向こう~
~向っ 向っ~ ~君 君~ 君たち~ 君子~ 吟味~ ~否 否~ ~否定

「向こう~」 2398, 26ppm, 4502位

▼ 向こう~ (631, 26.3%)

11 方に 10 ほうへ, 方から 9 すみに 7 方で, 端に 6 山の, 山まで, 方へ, 林の 5 やみの, 森の 4 丘の, 山へ, 方を

3 [11件] ほうが, ほうは, ほうを, 丘に, 壁に, 声が, 山に, 席に, 席の, 方が, 桜の

2 [33件] あの女, あの山越え, お屋敷, すみで, ほうから, ほうの, 人の, 家が, 屋敷の, 屋根船には, 山は, 岸に, 方の, 明かるい, 栗の, 様子を, 横町に, 波の, 男は, 町かどに, 町の, 空に, 端から, 端の, 端まで, 船にゃ, 辻で, 連中には, 道を, 部屋で, 部屋に, 部屋を, 隅に

1 [432件] あちらは, あの丘, あの外, うすぐらい廊下, うちに, うちへ, お客は, お日様を, くさむら, くだもの屋の, くぼみで, こんもり木, しげみが, すみっこ, すみには, すみへ, すみを, その自身番小屋, そらあの大きな, それなる, たんぼの, つきあたり, どこか, にわとこの, はしまで, はずれに, はての, はらあそこ, ひとりが, ひば, ひろびろした, へいの, へやの, ほうだ, ほうで, ほうまで, まがりかど, まがりかどまでは, まっ黒な, まばらな, ものが, やみから, やり口が, アルカディアに, インド魔術の, ゴルフ場の, スクリーンに, ソファに, ドアが, パーラーから, ベッドの, ポプラの, ポプラを, 一つ目小僧の, 一端だった, 上野の, 上隣り, 丘からは, 丘は, 両手を, 並み木は, 並木へ, 中二階に, 中二階は, 中央に, 中央の, 丸い丘, 丸屋根に, 丸木艇では, 二十面相の, 二階屋が, 人が, 人ごみの, 人だ, 人との, 人数ガヤガヤ喋舌り, 人間は, 仁念寺という, 仕事の, 位置が, 便所の, 側に, 側の, 側を, 入谷田圃の, 公園の, 六畳に, 出口から, 出口の, 別棟で, 勝手さ, 勢いが, 博士が, 印版屋方照り返し, 原っぱで, 原っぱへ, 受付に, 向こうの, 哨戒圏内に, 噺を, 四つ辻に, 国々の, 国じゃが, 国と, 土手の, 土間の, 地平線の, 地面を, 坊ちゃんが, 垢離場の, 堤の, 塀の, 塔を, 増屋っていう, 壁が, 壁ぎわに, 壁ぜんたいが, 壁の, 壁へ, 壁際には, 大きなや, 大きな二階建, 大きな灰, 大きな白山茶花, 大人たちは, 大学の, 大将が, 大通りに, 天主堂は, 夫に, 姿も, 姿を, 娘さんは, 婚礼馬車の, 子が, 子供の, 子供は, 学校には, 学者たちの, 客車の, 室から, 室の, 室は, 室へ, 家々は, 家から, 家と, 家の, 家を, 家並の, 家屋に, 寂しい場所, 寝台の, 寺そして, 対屋には, 小さい家, 小さい森, 小坪の, 小大橋, 小屋の, 小説家が, 小道を, 小間物屋を, 小高い丘, 少し小高い, 少年を, 尾嶺に, 尾根に, 尾根へ, 屋形船へ, 屋根に, 屋根の, 山々も, 山から, 山を, 山下の, 山王神社の, 山脈は, 山腹を, 山路を, 山道から, 山頂の, 岩かげに, 岩の, 岩陰まで, 岸は, 岸へ, 峡へ, 峰までは, 崖から, 崖の, 幸福を, 広い中庭, 広場の, 広間の, 床の間の, 床も, 座敷では, 座敷の, 座敷までが, 庭には, 廊下の, 建物へ, 往来に, 志を, 忙しくない, 怪人は, 手中に, 手首にも, 掛小屋の, 操縦装置を, 政公も, 料理店から, 新田で, 方だった, 方には, 方は, 方まで, 方角へ, 明智は, 暗いゴミゴミ, 暗い壁, 暗やみに, 暗やみの, 曲がり角から, 曲がり角の, 月世界へ, 望みどおりに, 木に, 木の下で, 木の間に, 木立の, 朱塗りの, 机の, 杉戸の, 村, 村に, 村の, 村へ, 条件は, 東屋の, 松林から, 松林には, 板庇の, 林へ, 枯萱山が, 柵の, 桐の, 桜を, 桜並み木の, 梅の, 梅屋一軒上の, 梯子段が, 森と, 森へ, 森を, 森林を, 植え込みの, 椿の, 楠の, 楢の, 楯の, 榛の, 樟の, 横町から, 橋へ, 機械は, 次郎が, 正座を, 正面の, 武士が, 水田の, 水面を, 河原に, 河原の, 河岸に, 泥孔を, 泥水の, 洞穴の, 海から, 海の, 海底に, 淵の, 渚には, 渚の, 渡り廊下に, 港に, 湖水の, 濠端に, 濠端を, 灌木の, 火に, 火も, 狭い町, 玄関の, 田に, 男が, 男べやに, 町かげにでも, 町かどを, 町すじに, 町や, 町役場には, 町角に, 畑が, 畑と, 畑道を, 畦の, 番号が, 白い河原, 白鳥のみねの, 百姓家から, 目と, 目に, 相手へ, 真垣, 知らないうち, 石垣に, 社殿が, 神社の, 穴から, 穴ぐらのようなまっくらな中へ, 穴まで, 空中に, 空地へ, 突き当たりだ, 窓の, 窓を, 窓際に, 立ち並んだ家々, 端で, 端は, 端へ, 端を, 美しい娘たち, 翠の, 胸から, 胸に, 自動車の, 自身番からも, 船が, 船を, 茂みの, 茶屋に, 草むらから, 草原を, 莫迦囃し, 薄暗がりの, 藁葺屋根の, 藤棚の, 蘆へ, 蛾次郎の, 衆は, 街から, 街燈の, 規模に, 角が, 角に, 角には, 角の, 角へ, 角を, 言うこと, 言うには, 言う通り, 計画は, 話も, 谷だ, 谷間の, 谿まで, 質屋へ, 赤松の, 路から, 踊り場を, 踏切番は, 軍勢に, 辻に, 辻を, 通りに, 通りの, 速度が, 道の, 道へ, 遠い国, 遠い昔, 遠い遠いその, 遠藤様に, 部下の, 部屋から, 部屋の, 部屋は, 部屋へ, 野の, 野まで, 野原から, 野原を, 鈴蘭の, 銀の, 錨の, 門前こっちの, 開けた場所, 関東煮, 陸へ, 隅っこに, 隅で, 隅には, 隅の, 隘路に, 雑誌で, 離れで, 雪の, 雲の, 電柱の, 電波を, 電燈の, 青い木立, 青い森, 青い野原, 顔へ, 食卓には, 馬糧小屋の, 高みから, 鳥の, 麦畑に, 黄金怪人が, 黄金怪人は, 黒いひのき, 黒いカーテン, 黒い几帳, 黒い壁, 黒光りした, 鼠いろ

▼ 向こう~ (443, 18.5%)

10 まわして, 立って 6 廻して, 見えて 4 回して, 見えるあの 3 ある, いるの, いる子供, 向けて, 腰を, 部屋が

2 [21件] あった, あるの, いたひとり, いって, いて, ころがって, すわって, りっぱな, 一つの, 一団こっちに, 丘が, 人影が, 出て, 出ると, 姿を, 安心させなけりゃいけねえ, 寺の, 消えた, 見えた, 身を, 駆けて

1 [343件] あったが, あって, あの立派, あまり人相, あらわれた機械人間, あらわれましたよ, あるはず, あるよう, あるドノゴオ・トンカ, ある林, ある海水, ある理科大学, ある行って, ある鏡, ある離れ, いけがき, いたさっき, いた夫人, いた家刀自, いらしった, いらしって, いるかわいい, いるだろうと, いるなあ, いるよう, いる本隊, いる竹童, いる蛾次郎, いろいろの, うっすら霞ん, おいでに, おくれて, おすわりなせ, おちるはず, おるですよ, おわんを, お姿, かかって, くねりと, けどられそう, こしを, こちらに, この人, ころがったまま, こんもりと, さめざめと, じっとし, じっと自分, すえて, すくすくとのびた, すっくと立っ, すわった, すわった男, ずっと続い, そっと連れ, そびえて, それが, それは, そろばん, たむろし, ちいさく姿, ちらりと明り, ついて, つっ立って, つづくひろびろ, とび越えた, とまって, とめさせたの, とろとろ火, どっかりと, どんな奴, どんな町, どんな風景, なって, なにか漁夫, なんだか黄色, はげしい銃声, はたいて, はねかえった, ひとりの, ぼんやりとして, ぼんやり見える, ぽっと火, まだ部屋, まるでけむり, まわしたこと, まわしたの, まわしても, まわしました, まわし必死, まわし誠一, まわすという, まわって, みすぼらしいみ, みょうな, むらがって, むらさきばんだ昼霞, もう一つ, もう一つ奥, もっと高, よく朝, わからせないうち, わかるまで, カルイジキンの, カーテンが, ガラス戸から, クリストフの, サンムトリが, ズッと, ハンカチほどの, ハンケチが, フォルス監獄の, ベルヴィルの, ポーッと, マッカリヌプリの, 一人の, 一台の, 一団見えるだろう, 一帯の, 一種の, 一群の, 一軒でも, 一軒という, 一軒建ての, 三つの, 三上山が, 三人の, 三台の, 不規則に, 中田の, 二台の, 交番が, 人々の, 人が, 人の, 人形の, 人影を, 今真赤な, 何か, 何者か, 倒れて, 傷を, 僕を, 出た, 去った, 取落としてるの, 口を, 古稀の, 同じよう, 向けられて, 四尺の, 四角な, 回しての, 回しては, 回すよう, 回そうと, 回ったか, 回ったもの, 回るたび, 坐った, 壁が, 変化が, 大きなもの音, 大きな二階造り, 大きな樫, 大きな顔, 大なる, 大空が, 太陽が, 寐て, 寝て, 小さな富士, 居りました, 山が, 川に, 席を, 幻燈の, 広い荒漠たる, 広い野, 広すぎる, 広大な, 廊下が, 建てられてる家, 廻すとき, 廻わして, 廻わり仕事の, 彼は, 征矢野の, 御覧なさい, 思い出させようと, 恐ろしいピストル, 恩を, 恵那山麓の, 投げ込み築, 抜け目なく, 敷いて, 旗艦須磨が, 日を, 昇って, 昔世に, 晴れやかな, 更に板戸, 朦朧と, 木の, 来るよう, 東京湾汽船発着所の, 板の, 林に, 柳の, 根城を, 格子の, 森の, 椿が, 楊の, 横たわる風景, 横どりされました, 橋橋の, 正夫が, 正門を, 歩き出した, 水が, 沈んだ町, 泊りその, 浮き出して, 海が, 涼しき世界, 火花の, 煙突が, 爆弾が, 現れました, 現われ常に, 田沼主, 畑が, 登ると, 白いワイシャツ, 目ざす温泉場, 着いたらこれ, 着いて, 着いてから, 着きたいという, 着くこと, 着くんじゃ, 着く馬車, 着けは, 積んで, 空林庵という, 突き出で, 立ちました, 立ち去って, 立ってる, 立てた棍棒, 細長い砂地, 続いた築, 締め切って, 縁側が, 置いた大きな, 群青色の, 翁塚が, 聞きつけること, 聞こえて, 自分を, 艇長室が, 落ちて, 落ちましたので, 蒼い若松屋惣七, 蕎麦の, 藁屋根が, 行きついた者, 行きつくこと, 行きつくでしょう, 行くと, 行けっ, 行って, 行つて了しまつた, 見えたの, 見えてる小さな, 見えてる街路, 見えないよう, 見えなくなって, 見えなくなってからも, 見える, 見えるお寺, 見えるは, 見えるひょろ長い, 見えるへん, 見える一つ, 見える二階建て, 見える古い, 見える古めかしい, 見える夕, 見える山, 見える岬, 見える森, 見える次, 見える窟, 見える若草山一帯, 見える荏原屋敷, 見える高い, 見え出したころ, 見つからねえよう, 見ゆるミルトン, 見出した, 認めた機影, 警視庁の, 譲って, 貧相な, 赤レンガの, 足音が, 辻木惣八が, 迷惑を, 逃げて, 通じたもの, 通じたらしかった, 通じて, 連れて, 配備され, 長く立っ, 開かれた窓, 開けてるパラチーノ丘, 障子が, 隠れて, 隠見する, 雁の, 雪子の, 雲の, 雷が, 青々と, 青白くしょんぼり, 青草しげる, 頑丈な, 頭を, 顔を, 駆け抜けて, 骸骨が, 高いレンガ, 高く聳え, 魚の, 黒いやつ, 黒く見せる, 黒覆面の, 黙って, 龕が, 龕灯が

▼ 向こう~ (269, 11.2%)

22 行って 17 歩いて 6 いって 5 行った 4 向こうへ, 走って, 逃げて, 遠ざかって 3 立ち去って, 越した, 飛び越した, 飛んで

2 [15件] いこうと, つれて, とびのいて, 出ました, 回って, 往く, 来て, 渡った, 行きました, 行くの, 行こうと, 越すと, 遠のいて, 開いた, 飛び下りた

1 [161件] あとじさりする, いきつくより, いくと, いくん, いけば, いざなって, いった, いったんだ, いった人物, いっちまおうと, いらっしゃれば, うごいて, おわたりに, かけたり, かけだして, かけだしました, かけ出しました, こう声, こえて, ころがって, しばらく語る, すたすたと, すべり抜けでも, すまして, それようと, ついたらどっさり, ついたら買って, ついて, つきます, つくこと, つづいて, とび越えると, なげて, ならばなければ, にげて, ぬけられそう, ぬけ出ました, のぼって, はいって, ふわりふわりと, まがって, まわして, まわす身, まわって, めぐり黄いろ, やって, やると, ゆくの, ゆくまでの, よじのぼる, わたったり, わたる道, オズオズと, グルリと, グーッと, 下って, 下りて, 下りようとして, 仆れた, 伸びて, 入って, 出た, 出たところ, 出て, 出ましたが, 切り込みそこで, 切り返しながら, 去らして, 去るが, 参って, 取りに, 向かった敵, 向かって, 向こうへと, 回して, 回り込む所, 声を, 姿を, 寝返りを, 廻して, 廻し切り合って, 廻し羽目板, 廻った, 廻り振り返っても, 廻わし駄法螺を, 往きがけに, 投げた, 投げつけました, 押しやって, 押し込まれて, 押し開けば, 押すと, 曲がって, 曲がりゃ江戸, 歩きだした, 沈んで, 泳ぐくらいは, 消えました, 渡ったもの, 渡って, 渡りついた, 渡り越した, 渡ろうと, 盛りあがり正面, 着いたとき, 着いた時, 着いて, 着いてから, 着かなければ, 着くと, 矢の, 知れるん, 突きって, 突っ切ろうと, 立ちさる, 立ちさろう, 続いた廊, 翔けて, 行かせた, 行き, 行きかかった, 行きましょう, 行きやしたぜ, 行くこと, 行くじゃ, 行くもの, 行け, 行けて, 行けば, 行こう, 行こうとして, 行った向こう, 見送るまで, 試合に, 走りながら, 越えその, 越えた国境附近, 越した市ガ谷本村町の, 越して, 跳び越えて, 追い返して, 逃げたぞ, 逃げました, 逃げよう, 逃げようと, 逃げるときルビー, 逃げるの, 通じるし, 通りすぎた機会, 通り抜けること, 通り過ぎると, 遠くへ, 開いて, 降りて, 降りながら, 隠れるよう, 頭が, 飛ばされて, 飛びおりたぞ, 飛んだ, 駆け抜けようと

▼ 向こうから~ (226, 9.4%)

4 一人の 3 来るの, 歩いて

2 [14件] こちらへ, まっ黒な, やって来たの, 一台の, 与次郎が, 声が, 声を, 手を, 来た, 来ると, 来る人, 聞こえて, 誰か, 走って

1 [188件] あがって, あたかも愛する, あるいは築, あわただしく近づきました, いうたので, いたち, おうい, お前たちの, お持参, お膳, お話しなさい, きこえた, きつねが, くるひとり, くる人, こっちが, こっちへ, こっちへは, この亭, この隣室, ころげこんで, さあっと自転車, そう言われる, その気, とんきょうなさけび声, のぞいて, のぞくこと, はこつちが, はねかえって, ばたばたと, ふたりの, ぶつかって, ぷるぷるぷるぷる一ぴきの, へんに, やってきたの, やってくるだろう, やってくるの, やって来た, やって来た人影, やって来は, やって来ました, やって来る, やって来るの, やって来るもの, やって来る小前, よって, クリストフの, ゾロリと, ワッワッと, 一そうの, 一つ女車が, 一人と, 一尺ほど, 三人づれの, 三四郎の, 与次郎と, 二三人連の, 二人を, 仔馬が, 仕掛けて, 伯父さんの, 伸び上がるよう, 例の, 俺を, 優しいことば, 兄の, 先に, 八百屋の, 兵隊さんが, 兵隊の, 十数間の, 右門の, 号外売り, 呼びたてた声, 大きな瓜, 大きな赤い, 大そう, 大声で, 女づれが三四人来た, 姫苦蓬や, 子供を, 寒そう, 尋ねて, 小林先生が, 小父さんに, 少しも, 巌が, 差し出さるれば, 帰って, 年を, 廊下を, 彼の, 彼を, 彼女を, 御息所の, 忍びやかな, 急いで, 怪しい声, 意気揚々と, 意気昂然と, 愛せられてたとき, 戻って, 手招きを, 招待し, 挨拶の, 挨拶を, 撃って, 文学の, 斜めに, 日本橋あたりの, 早苗と, 月の, 来た浴衣姿, 来た老, 来てかの, 来ないうち, 来るシルヴァン・コーン, 来る人影, 来る鑓, 東京などの, 横に, 橋を, 機織り女が, 武士が, 殿さまの, 求めて, 洋行し, 火が, 現われたの, 現われて, 益田街道を, 真っ赤な, 真っ黒な, 知った人, 砲声が, 硝煙が, 祝いに, 私に, 立ちさったけ, 美しい若い処女, 群集を, 老武士, 聞えるもの, 背に, 自動車の, 自転車を, 若い男女, 見たとき, 見つけて, 見られる心配, 言いました, 言うと, 訪ねて, 話し出されるの, 謂わねえたって, 買いに, 足を, 身を, 身分の, 車が, 車の, 転がりこんだよう, 近づきました, 近づけば, 近寄って, 返して, 返事が, 送る電波, 通って, 連れ立って, 郁治が, 酒に, 鉄砲か, 開いて, 開き一人, 開けて, 集まって, 電話の, 青じろいのろし, 非常に, 頓狂な, 頭に, 頭を, 風に, 飛んで, 馬の, 駈けて, 髪を

▼ 向こう~ (215, 9.0%)

5 にある 3 の斜面

2 [14件] にあっ, にいた, には五, に人, に大きな, に寝, に見えた, に誰, の家, の様子, の歩道, の畳, の窓, へ行った

1 [179件] からこっそり, からこっち, からしきりに, からの声, からも煙, からシャンシャン, から含み笑い, から呼びかけた, から大勢, から女, から彼女, から渡っ, から男女, から老婆, から虹, から蹴放され, から銅, から音, から首, がもり上がっ, がやや, が意地, が高い, でいらついてる, でおもしろ, でかがみ込ん, でさせ, でひどく, でも黙っ, で悲鳴, で提灯, で日, で立ち止まった, で聞こえ, とこちら側, なる田, にあった, にい, にいる, にうやうやしく, におそらく, におり立つ, にこそ, にすわっ, にすわった, にたどりついた, になっ, にはもう, には坦々, には小規模, には掛鉄, には杉林, には瑪瑙色, には畑地, には白い, には神, にエセックス, にジェスウィト, にマリー, に一つ, に一人, に一台, に三郎, に五, に住んでる, に何, に北条美作, に城主, に妙, に尾, に左門, に座蒲団, に懸けられた, に控えた, に日本小間物屋, に春挙さん, に書きなぐっ, に柿, に渡った, に物影, に神, に空家, に突進, に置きました, に美男, に行く, に見え隠れ, に身, に逃げ出す, に髪, に黒い, のすみ, のクッション, のジャン, のドア, の一つ, の三人, の人垣, の供, の傾斜, の光景, の北, の呉服屋, の土手, の垂木村, の場末, の小座敷, の屏風, の山の上, の岸の上, の市橋下総守, の店, の座席, の方, の旅人, の昼, の暗い, の林間軌道, の格子戸立て, の男, の石崖, の空席, の突き当り, の窓ガラス, の舗石道, の草むら, の行列, の襖, の足音, の隅, の隠宅, の隣, の離座敷, の高粱, の鹿島ビルディング, はいっそう, はすっかり, はどうも, はまだ, はモーヴェ・パー, は一冬中そう, は往来, は断崖, は死んだ, は闇, へおりれ, へさえ姿, へ下り, へ人, へ出, へ回った, へ映る, へ次第に, へ泳い, へ渡り越した, へ移した, へ落ち, へ落ちる, へ行き, へ醍醐弦四郎, へ飛び下りた, まで掛け渡され, まで来た, もズーッ, も真, よ, をあご, をすかし, をにらん, を及び腰, を取り巻い, を横, を歩い, を流れ, を西沢, を見た, を見下した, を覗いた, を隙

▼ 向こう~ (114, 4.8%)

15 向いて 7 むいて 6 見ると 3 みると, 見て, 通ったの 2 すかして, むいた, 向きながら, 張って, 見た

1 [67件] あのじいさん, ごく安静, ごらん月は, だらだらと, てらすこと, ながめて, ながめながめ右, のぞいて, のぞきに, のぞくよう, ひょいとながめました, ひょろひょろ飛ん, まっすぐに, みおろすと, むいたまま, むいた宗演老師, 例の, 向いた, 向いたまま, 向きある, 唸らせようと, 圧して, 夜空を, 大臣は, 屹と, 嵐の, 平気な, 張ったの, 張つて沈黙を, 彷徨っ, 怪人の, 想像し, 指さしました, 指さすと, 指差しながら, 掃きや, 探しまわって, 歩いたもの, 歩いて, 狙って, 眺めて, 眺めましたところ, 睨みつけた, 睨むよう, 矢の, 突っ切って, 行く草, 見かすめて, 見すかすと, 見ても, 見はって, 見ますと, 見やりました, 見やると, 見ようと, 見れば, 見届けたく思い射撃, 見続けて, 見透かすと, 走って, 透かして, 通って, 通りかかったので, 通るという, 隙か, 驚かすつもり, 骸骨男の

▼ 向こう~ (79, 3.3%)

7 わの, わへ 3 わで, わには 2 わに, わにいた, わを

1 [53件] いちめんの, しじゅう来られる, するまま, そう偉い, その気, わから, わにあの, わにとつぜん, わにみょうな, わにも, わにドアが, わに見なれない, わに頭を, わは, わびて, ヤンヤと, 七十親爺なら, 中津川だ, 二十間ぐらいの, 人なら, 佐久間町な, 佐賀県人まん中に, 何を, 勝手下女部屋と, 吠え面かくと, 多勢という, 大いに偉い, 大森林, 妙に, 帽子を, 店らしい, 強くなる, 強すぎた, 必ず蝋燭, 支配する, 明かるく, 油断を, 海, 深い谷, 準備する, 牧場に, 物置の, 眼を, 私よりも, 立たぬ千番, 自分を, 色気を, 見えないが, 見えねえん, 見えるぞ, 見えるの, 見通されて, 逃げるよ

▼ 向こう~ (75, 3.1%)

2 それを

1 [73件] あなただ, いつもの, じっと立っ, すでに名高く, すみれの, ずうっと, ずんずん歩い, そう高く, それでもなお, たぶんひろびろと, ちゃんと地ならし, どこまで, どんなに美しかろ, なかなか手剛, なまこ壁の, はじめっ, ひろびろした, びっくりし, まっ平, やぶれたレンガ塀, ゆだ, わしが, ベルクリシュトックから, ムッツリし, 一段低く, 一面の, 三上山を, 不意を, 亡魂, 人数が, 人生は, 佐渡よ, 俺を, 六人こっちは, 加賀家の, 動かないの, 厚い闇, 取られまいと, 名高い荒え, 和辻さん赤木君久米という, 夢中だ, 大きな黒い, 大勢です, 大勢私は, 寺島隅田と, 小さいへや, 少なくとも一個連隊, 平気で, 平気である, 年寄りの, 広い板縁, 広い畑, 彼を, 急に, 手を, 打っては, 本当に自分, 気がつかない, 気がつかないよう, 流し元で, 渺茫たる, 焼野原, 空襲で, 荒れ地に, 荒廃した, 荒海太平洋だ, 行き止まりに, 軽く会釈, 逃げたん, 部屋に, 長びかせといて, 非常に, 麻疹犬じゃ

▼ 向こうには~ (66, 2.8%)

2 いって

1 [64件] おかあさんが, おかあさんも, お日さま, かかり柴船, こっちの, さし身を, その小路, たくさんの, ただそれ, ところどころに, なお耕作地, にぎやかな, ひらめく暁, またごぼう, まっ黒な, わかって, コモガタケ, ノートル・ダームの, 一体どんな, 一種変な, 五十人ばかりの, 人の, 何かが, 光の, 助手の, 千駄谷の, 喜作の, 四十五ばかりの, 墓場の, 夕闇の, 大内山の, 大勢の, 大気川昼の, 夫婦らしい, 小暗い林, 川が, 庄司という, 政治家の, 明るい世界, 明智の, 春深く, 有名な, 果樹園の, 某町, 死が, 無数に, 玉簾が, 畑が, 眼には, 神さびた弁天堂, 籠川入りが, 紫色がかった, 組織だった, 縁台に, 肌ざわりのよさそうな檜の, 荒らくれた, 行かねえ, 赤い屋根, 通じないの, 金が, 金堂の, 隠れた泉, 馬籠の, 黒いまっすぐ

▼ 向こう~ (62, 2.6%)

1 [62件] あかりが, いちばん先に, いっしょに, いやと, くるりと, ぐうぐうとうわ, こう素っ気, こう言う, そいつを, そういった, その家, たたかいを, だまりこむと, だれかが, つかみあいを, どっと挙がる, なにかやっ, はじめて人, ぱーッと, ふうふう一, やって, ステテコ踊っとる, メモの, 一人の, 一年生の, 一生暮らし, 三人の, 亡くなって, 人殺しが, 人間が, 会えるよ, 何を, 借金で, 入れて, 呼んだ, 呼んで, 困っちゃってね, 女房たちに, 姿の, 小学校を, 役に, 成就させよう, 新聞売子が, 日本人が, 気がついて, 火が, 男女が, 白い袋, 皆を, 聞いたよう, 聞いて, 自分の, 行き停りに, 見て, 言いました, 言って, 述べるべき悔やみ, 逃げて, 録音し, 鍵を, 顔を, 髪の毛の

▼ 向こうでも~ (23, 1.0%)

1 [23件] こちらを, こっちを, その全身, それを, にこにこし, びっくりするでしょう, やるという, よく知っ, 人声が, 何にも, 切られこっち, 同じこと, 喜ぶだろうが, 心得たもの, 気がついたか, 気がついたらも, 笑い出した, 答えて, 自分の, 負けて, 軽く挨拶, 面くらったと, 鳴らした

▼ 向こう~ (22, 0.9%)

3 お色

1 [19件] しみじみした, ふえて, まあ嘘, オジギを, 働くから, 収縮すなわち, 回るという, 回転する, 国を, 宣告する, 用いること, 用いるほか, 発展する, 発揮する, 膨脹せん, 苦患と, 進めば, 開いて, 顕われた

▼ 向こうまで~ (20, 0.8%)

2 つづいて

1 [18件] お遁げ, ずうっと, やっぱり海, 七里あり, 二色の, 伸びて, 寂しく続い, 山を, 往きました, 来て, 気持ちよく飛ん, 渡して, 聞こえても, 行きたくない気, 行きつくこと, 行って, 進んで, 顔を

▼ 向こう~ (18, 0.8%)

2 した時, するトタン

1 [14件] こちらで, こちらと, こちらとを, こちらに, こっちに, こっちの, したけれども, した拍子, して, するとき, する途端, 丸石を, 右手の, 向くまいと

▼ 向こう~ (18, 0.8%)

2 止まる

1 [16件] こちらも, こちらを, こっちも, これに対して, すます, ひどくめんくらった, またこっち, 二ひきの, 何とか小さい, 十分に, 取ると, 押して, 止まった, 歩き俺, 黄金怪人ウリ二つの, 黙って

▼ 向こうでは~ (17, 0.7%)

1 [17件] いま手塚が, お前を, こちらも, どうする, ひとりの, わたしが, ママが, 一度も, 上手に, 僕たちの, 僕にたいして, 喜ぶよ, 家が, 彼にたいして, 御記憶, 気に, 私に

▼ 向こうにも~ (8, 0.3%)

1 おれに, ベッドが, 一つ火が, 同じ生きた, 手くばり, 神崎の, 部屋が, 飛ばせまた

▼ 向こうからは~ (6, 0.3%)

1 やはりなん, わからないふう, 打ち込んでは, 磯屋の, 秘書の, 答える声

▼ 向こう見ず~ (6, 0.3%)

1 か, などんな, な血, に無鉄砲, の明知, もしなかった

▼ 向こうからも~ (4, 0.2%)

1 そのお, なんらの, 一応は, 火を

▼ 向こう~ (4, 0.2%)

1 からいい, ということ, 向こうだ, 蚕婆と

▼ 向こうじゃ~ (3, 0.1%)

1 そんなつもり, 煮物の, 知らないて

▼ 向こう~ (3, 0.1%)

1 ねにぶつかっ, ねをくいつかれた, ねをけとばした

▼ 向こうだって~ (3, 0.1%)

1 あるかも, いうん, わざわざ僕

▼ 向こうへと~ (3, 0.1%)

1 ぬけて, 云ったばかり, 引き返して

▼ 向こうへは~ (3, 0.1%)

1 あかなかった, いけなくなって, はいる余地

▼ 向こうからの~ (2, 0.1%)

1 声である, 訪問を

▼ 向こうさま~ (2, 0.1%)

1 にお, のご

▼ 向こう~ (2, 0.1%)

1 岸まで, 気の

▼ 向こうては~ (2, 0.1%)

1 いっこうに動かない, 個人間の

▼ 向こうとは~ (2, 0.1%)

1 しなかった, 思わなかった

▼ 向こうとも~ (2, 0.1%)

1 しなかった, 面前に

▼ 向こう~ (2, 0.1%)

1 ので聞えない, んだ

▼ 向こうへも~ (2, 0.1%)

1 担いで, 響かずには

▼ 向こうより~ (2, 0.1%)

1 来たるの, 頭長く

▼1* [39件]

向こういっぱいに秋晴れ, 向こう汝悪逆, 向こうかどにやっぱり一丁, 向こうかどまで連れて, 向こうかどをこちらへ, 向こうかも知れないと, 向こうからかときどきさまざま, 向こうからというように, 向こうごとく恐るるとにはあら, 向こうだけのかってな, 向こうても必ず生物学的, 向こうであるが道, 向こうですよあの, 向こうでの生活について, 向こうという意味, 向こうとかずっと見える, 向こうとしても向くこと, 向こうにゃア奥様という, 向こうのよもぎっ原, 向こうばかりまっすぐに, 向こうへつつーと, 向こうへでも行ったの, 向こうへまではとどかぬであろうし, 向こうまでも逃げて, 向こうむいて歩けん, 向こう隣でや, 向こうやいばはねえ, 向こうもっと向こう, 向こうらしくもある, 向こうルール街やブルーヴェール街, 向こう側バリエール・デ・ゴブラン街の寂しい, 向こう側家の片, 向こうが最も, 向こう手近の野良, 向こう持ちであって, 向こうが大層, 向こうがお, 向こう湯屋の表門, 向こう見ずなことを