青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取り出し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し
取り出し~
~取る 取る~ 受~ ~受け 受け~ ~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~

「取り出し~」 1862, 19ppm, 5946位

▼ 取り出し~ (1462, 78.5%)

48 それを 36 来て 22 来た, 見せた 14 火を 11 見ると 10 見た 9 それに 8 きて, みると, 自分の, 見て 7 きた, 私の 6 みて, 之を, 彼の, 私に, 読んで 5 いた, これを, 左の, 見せて 4 そこへ, 何か, 愛撫する, 机の, 膝の, 開いて, 顔を

3 [16件] ながめて, みた, テーブルの, 二人の, 來た, 來る, 例の, 口の, 徐ろに, 来たもの, 皆に, 見せる, 見るの, 読んだ, 頁を, 額の

2 [79件] いった, いる, いると, いるところ, いるの, お庄, お銀様, きたの, きれいに, くれた, これが, さらさらと, しずかに, そつと, その上, その中, それで, ゐると, トワールを, 一枚一枚丁寧に, 与えると, 両眼, 中に, 來て, 先づ其の, 先生に, 前に, 卓の, 卓子の, 口に, 塵を, 夫の, 女に, 子供に, 封被, 床の, 弾丸を, 彼に, 彼は, 彼女の, 御米, 御覧に, 投げて, 時間を, 来たの, 来る, 杯を, 死者の, 法然の, 渡した, 火に, 無雑作, 燧を, 男の, 皮を, 相手の, 眺めて, 着た, 私にも, 綺麗に, 臆面も, 自分に, 良斎, 見せたの, 見せました, 見せるの, 見たが, 見ても, 見ようと, 見る, 見ること, 金を, 鉛筆で, 開けて, 青嵐居士の, 飲みました, 黙って, 鼻に, 鼻紙に

1 [960件 抜粋] あけて, いかにも慌て, いきなり久米氏, いただいたメデューサ, いたとき, いつもより, いんぎんに, うつむいたわずか, うやうやしく祷っ, おいても, おおかたやっ, おくれ, おぼらして, おんつぁん, お客の, お延, お茶を, お遊び, かけた, かけると, かつてそれ, きざみをつめながら, きたので, きては, くる, くると, くれ, くれたの, くれたもの, くれた手紙, くれと, くれますか, くれると, ここに, この位牌, これこそは, これらの, ごらんに, さっきの, さや, しきりに何やら調べ, しげしげと見, しばらく静子, しまうの, しまえば, しまったでしょうから, じつと, すつかり, せかせかと, そこに, そのなまめかしい, そのまま頭, その側, その分析, その医効, その口絵, その名文, その品, その大脳, その木札, その片足, その獣, その紙, その花瓣, その誇るべき, その隼人, その髪の毛, それからぼつぼつ, それでもって, それについて, たこうと, ためつすがめつ四つ, ちびりちびりと, ちょっと一服, ちらしピストル, つつむよう, つぶさに戦況, どうもまったく別, どこかで, ながめること, にやにやと, ぬかを, のろのろと, ぱちりぱちりと打っ, ひゅうひゅう, ひろげそれ, ひろげて, ふくんで, ほんとに額, まごまごし, まず番将, まず腰, また徐, みせた, みせたの, みせるからな, みたとき, みたら何と, みたん, みましたけれど, みようと, みるの, もう一度読ん, もらひ一息, やつた, やるが, やろうと, ゆっくりと, よいもの, よく見る, わたくしの, ゐた, ウエスに, カロラインと, コツコツと, コン吉に, サッと目, ザミヨートフに, シロオテの, スイッチを, ストーン氏の, チェリーに, パウロの, パン, ビリーに, ベットリと, ボアと, ポツポツと, マア坊に, マツチの, ヨットの, ライターで, ランプの, リュックに, 一々印像, 一々説明, 一つを, 一同の, 一年や, 一応田原さん, 一方に, 一服吸ひつけ, 一枚一枚どんなに, 一種の, 一緒に, 三つとも, 三四品註え, 上り框に, 不意に, 与八の, 世間話に, 並べて見, 中から, 中へ, 中将の, 主人の, 乱れ髪梳け, 亂れ, 二三本の, 二人に, 二郎が, 云った, 五体かまわず, 五銭に, 人を, 人目に, 今日は, 伝六の, 但しペン, 何やら誌, 何心なく, 使ったが, 俗歌の, 俳人の, 健作の, 傍に, 傷の, 僅かな, 元の, 兄上が, 先づ洋装の, 先生の, 先端を, 八百長役の, 其の顔, 内容を, 写生を, 写真掛けなる, 分析するなら, 切手を, 前の, 前もって琴浦, 副院長, 効能書を, 勘定を, 包み紙の, 十一年間も, 半蔵の, 卓上に, 卓子に, 厭に, 参れ, 友吉の, 口では, 古藤が, 可憐で堪らな, 台所に, 台所の, 司令官に, 名人の, 向けようと, 吸つてゐた, 吹きすさみつつ, 吹奏し, 呉れたもの, 呉一郎殿の, 呑むと, 周子に, 和尚の, 咥え, 咽喉笛を, 啖呵を, 噛んだ, 四条磧に, 土の, 地上に, 型ばかりの, 墨汁を, 売りつけよう, 夕方近頃としては, 大きな白鳥, 大佐は, 大根と共に, 奇異なる, 女と, 女給の, 始末しない, 婆さんの, 子の, 安全の, 室内を, 家へ, 寝床の, 寢室を, 寧ろ専有感, 射撃を, 小さなグラス, 小太郎に, 少しばかり, 少女の, 山へ, 崖を, 左衛門に, 差し出す者, 帯びた, 平一郎に, 幾度も, 広盆, 床へ, 庭へ, 弄って, 弾いたこと, 役人に, 彼ズケリと, 彼女に, 後頭部を, 御持参, 心元に, 念の, 思い切ったよう, 急いで, 恭しく鼻, 悠々と, 惜しさうに密, 懐に, 成瀬に, 戸田老人が, 扉の, 手ぎは好く, 手と, 手を, 手入れを, 手品師が, 手早く注射, 手渡しした, 手足を, 打懸けた, 押し開きました, 拙な, 拭こうと, 拾円札の, 指の, 按摩の, 捨てて, 掌で, 掌面に, 掛けたり, 揚索を, 搏たせ, 放して, 教示願へれ, 数発うつ, 敷きのべながら, 斯んな, 新吉, 日に, 早くも, 昔, 昼飯を, 時田に, 更に張つて, 書物を, 最近売買の, 木人に, 木村に, 本国へ, 村重に, 来たいくつ, 来たと, 来たという, 来たり, 来た土産物, 来た粉薬, 来ました, 来ると, 来る日本人, 来れば, 東雲の, 松葉や, 枕辺に, 柱に, 格子戸に, 案配した, 梅代に, 榛軒に, 次の, 歌つたのである, 此の, 歩きながら, 母親の, 毛の, 水か, 汚れた紙, 洗つてホヲリの, 流れ罎の, 浅瀬を, 渡しつつ, 滝の, 炭火で, 焚いて, 焦点を, 然るべく, 煙草に, 煤を, 熊笹の, 燧石を, 父親が, 片方の, 特に我が, 特別の, 犬養氏の, 独り静かに, 玄関の, 生かして, 用立てしたくは, 甲板の, 畳の, 盃を, 盛んに, 目の, 直ぐ私たち, 直家へ, 相当の, 真名古の, 眺めた, 眺めては, 眺めると, 眼に, 眼を, 着物を, 石黒氏の, 磨くの, 磯五に, 示した山, 祖母に, 神秘な, 秀吉の, 私が, 私自身の, 積みながら, 穿いたの, 立ちふさがると, 立上ろう, 笈の, 笹村に, 筆を, 箱を, 米友に, 粗末な, 紙縒を, 素描し, 網棚の, 縁先きで, 置いた夜具蒲団, 美紅姫に, 老人の, 考えても, 而も, 聴きに, 肩に, 腹ごしらえを, 膳に, 自分が, 自分も, 花の, 若者に, 茶道具を, 落涙を, 蒔くよう, 蒲団の, 蓄音機に, 藤吉郎は, 蜜柑を, 蝶を, 血に, 行なう分析, 袱紗づつみそれを, 西洋臭い, 見せこんなに, 見せたが, 見せた一書状, 見せるであろう, 見せると, 見せる黒塗, 見たけれど, 見たら割れて, 見た時, 見なかったせい, 見ました, 見るならば, 見る気, 見ろと, 見晴らしの, 見豐岡川, 覗いて, 親しい, 観山氏の, 計算を, 詳かに, 読みだした, 読みはじめた, 読み耽つた, 読む, 読む事, 調べて, 調書を, 護り持て, 讀み始めた, 谷川の, 貪るやう, 貰つて明るい, 賞美した, 赤ん坊の, 足下の, 足袋の, 身に, 逃げるという, 道具調べに, 達磨の, 遠くの, 遠慮なく食, 金口を, 鉄漿を, 錠を, 長左衛門の, 門弟に, 隅から, 階上に, 隠居は, 青い光沢, 静かに, 鞄の, 鞘を, 頬の, 頸筋を, 頼ずりを, 顕微鏡で, 風呂敷包みの, 食うため, 食って, 食べはじめました, 飲んだ, 馴れた手付き, 駿太郎の, 高星総監, 髮を, 鯨の, 鳴らしはじめました, 黄金色の, 鼻の

▼ 取り出しそれ~ (37, 2.0%)

2 をその, を開い, を開き

1 [31件] に息, を, をここ, をほのぼの, をめくっ, をもっ, をチョンチョン, をテーブル, をポケット, を三つ, を上下, を又, を好ん, を小, を弄びはじめる, を彼女, を息子, を打ち, を拡げ, を持った, を振っ, を新聞紙, を物立台, を甲斐, を着, を紙, を袋, を部屋, を静か, を頸, を餉台

▼ 取り出しては~ (33, 1.8%)

2 これは, ランプの

1 [29件] いやといふ, それに, どこか, ながめずには, ながめとり出しては, ながめ取り出しては, ぽつりぽつりと, 一々寝床, 一人で, 又元, 心覚えに, 必要も, 思いなやん, 恵んで, 慈母の, 振って, 撫でさすり, 書きつけて, 泪を, 眺めしかる後元, 眺めて, 眺め入りました, 菓子つくりの, 見るの, 見取図を, 象に, 長いこと熱心, 餓死に, 魅了された

▼ 取り出しながら~ (17, 0.9%)

2 叫んだ, 連の

1 [13件] あごひげの, あたりを, そう去った, ふと別れた, イワンの, 先ず自分, 吉田に, 始終面白, 弟を, 横目で, 答えた, 考えた, 訊いた

▼ 取り出し~ (17, 0.9%)

2 来たもの

1 [15件] かかって, かかる模様, かかろうか, なったこと, なったと, なったの, なって, ゆくと, 来たならば, 来たの, 来るの, 福を, 行ったところ, 行ったの, 行って

▼ 取り出しその~ (13, 0.7%)

5 中から 1 なかから, 一粒を, 刃で, 原文を, 美しい色, 跡まだ, 鍵の, 頁を

▼ 取り出しこれ~ (6, 0.3%)

1 によつて兩者, に蓬, は梶原, は誰, をば汝, を利用

▼ 取り出したり~ (4, 0.2%)

1 パンを, ミルクココアを, 郷倉を, 隅の

▼ 取り出し~ (3, 0.2%)

1 二人の, 京の, 菊の

▼ 取り出しそして~ (3, 0.2%)

2 何故に 1 鞄を

▼ 取り出しそれから~ (3, 0.2%)

1 ズボンの, フロックの, 櫛や

▼ 取り出し一つ~ (3, 0.2%)

1 ずつ二人, のかぎ, の飾り台

▼ 取り出し~ (3, 0.2%)

1 を特殊科学自身, を特色, を科学的方法的

▼ 取り出し~ (3, 0.2%)

1 にもすすめた, に寄こした, に讀ませた

▼ 取り出しあの~ (2, 0.1%)

1 同門の, 晩そつと

▼ 取り出しちょっと~ (2, 0.1%)

1 その内容, 調子を

▼ 取り出しつつ~ (2, 0.1%)

1 ある, 女の

▼ 取り出してから~ (2, 0.1%)

1 これこの, 云い続けた

▼ 取り出しても~ (2, 0.1%)

1 その取り出された, まだ渋い

▼ 取り出しなされし~ (2, 0.1%)

2 由御

▼ 取り出しまた~ (2, 0.1%)

1 床の, 繰り返して

▼ 取り出し万年筆~ (2, 0.1%)

1 で四十三年七月廿七日, の用意

▼ 取り出し~ (2, 0.1%)

1 なる錢, の錠剤

▼ 取り出し~ (2, 0.1%)

1 に与え, に与へ

▼ 取り出し~ (2, 0.1%)

1 に叩きつける, に立てた

▼ 取り出し~ (2, 0.1%)

1 に注い, に渡す

▼ 取り出し手早く~ (2, 0.1%)

1 それと, コロッケを

▼ 取り出し~ (2, 0.1%)

1 に芸術的方法, は維摩

▼ 取り出し永い~ (2, 0.1%)

1 こと掛っ, 間掛っ

▼ 取り出し鉛筆~ (2, 0.1%)

1 をなめた, を引き出し

▼ 取り出し高射砲型~ (2, 0.1%)

2 のライター

▼1* [221件]

取り出しあちらこちらから手早く, 取り出しあわや喉へ, 取り出しいろいろの調子, 取り出しおかゆを作っ, 取り出しおもしろく造つてある, 取り出しかたがだんだん, 取り出しかねてこのお, 取り出しきまり悪そう, 取り出しごしごしと磨ぎ始め, 取り出しさえすれば, 取り出しさし寄り申しけるは, 取り出ししきりにそれを, 取り出しじっとそれに, 取り出しそうして, 取り出しそうしてその煙草入れ, 取り出しそこは兼ね, 取り出しそっと二つに, 取り出しその他の荷, 取り出しその間から一通, 取り出しそれでのぞき孔, 取り出しそれでまた別の, 取り出しそろそろ用意を, 取り出したとえば小羊, 取り出したりなどして, 取り出したりなんかした, 取り出してなんかいないで, 取り出しでたらめにペエジ, 取り出しどこに置こう, 取り出しなどして, 取り出しにかかつた, 取り出ししたものの, 取り出しぱっぱっと埃を払い, 取り出しひと廻りさせ, 取り出しべつのかぎ, 取り出しまず水の, 取り出しむかしの恋, 取り出しむろん探偵式に, 取り出しやうがなかつた, 取り出しやすいように, 取り出しゆうゆうと食っ, 取り出しれいの花咲, 取り出し忘れたの, 取り出しクッションというクッション, 取り出しコップの水, 取り出しサインをし, 取り出しスパスパやりはじめたその, 取り出しハンカチで穢れ, 取り出しパトラッシュを家, 取り出しヒタヒタと強い, 取り出しピストルはポケット, 取り出しペエジを繰った, 取り出しマリユスが鉛筆, 取り出しランプをつけ, 取り出し一円二円三円四円と数え始めた, 取り出し一分の四分の一に三十五回, 取り出し一匹の猿, 取り出し一服つけては, 取り出し一本ぬき出して, 取り出し一本口にくわえ, 取り出し一枚ずつめくっ, 取り出し一枚づゝめくつて一枚のはがき, 取り出し七枚の十円紙幣, 取り出し上書の文字, 取り出し不安さうにそれを眺め, 取り出し両手の親指, 取り出し中味をちょっぴり, 取り出し丸山の妓楼, 取り出し主人への取り次ぎ, 取り出し二つのもの, 取り出し二つ折りにし, 取り出し二三度吸った, 取り出し二三本ストーヴにくべる, 取り出し二軍の運命, 取り出し迄の洋服, 取り出しの場所, 取り出しの肉, 取り出し來つて奇無しと雖, 取り出しに立っ, 取り出し先ず豚吉を, 取り出し兩將の運命, 取り出し其の血を, 取り出し其中に, 取り出し内容をちら, 取り出し再びあぶり直した上, 取り出しって眠る, 取り出し冒頭の二行, 取り出し冷酒をあおった, 取り出し利用する知恵, 取り出し割合しずかな, 取り出しを合せ, 取り出し勧進帳と名づけ, 取り出しをほどいた, 取り出し十銭玉を三つ畳, 取り出し半紙綴の懐中手帖, 取り出し卓上の水瓶, 取り出し取り出すと, 取り出し台所から料理, 取り出し唾吐をかけ, 取り出し四月三十日の夕刻以後, 取り出し土居さんに見せた, 取り出しに私, 取り出し大きなのを, 取り出し大げさに顔, 取り出し大広間での剣術, 取り出し奉献する時, 取り出し女たちはそれ, 取り出し女中を呼ん, 取り出し女給共に見せる, 取り出し家内がなんと, 取り出し寝台に寝そべつ, 取り出しを切った, 取り出し小池助手のかざす, 取り出し小粒を摘み, 取り出しを計っ, 取り出しの意味, 取り出しをほどい, 取り出しをほどきはじめる, 取り出し庁内で誰一人, 取り出しに籠, 取り出し当日の使用量, 取り出し形勢逆転する, 取り出し彦一にも一本, 取り出し徐に一服ふかし, 取り出し御前にさらさら, 取り出しを入れ, 取り出し思わず二人の, 取り出し悠々暗号の, 取り出し患者と差向い, 取り出し悲しげである, 取り出し戸口を開き, 取り出しを閉じた, 取り出し手の平へのせ, 取り出し手回しで遠心力, 取り出しの爪, 取り出し指先でしゃりしゃり一端, 取り出し数葉の黄紙, 取り出しに射かけられた, 取り出し早口に経文, 取り出し昭和二年始めて, 取り出し是非とも頼むと, 取り出し暗い電気の, 取り出し未亡人から盆, 取り出し末弟のお伽噺, 取り出しの上, 取り出し机上にあった, 取り出し来った人物では, 取り出し東京へやる, 取り出しをあける, 取り出し梅干二個とそれ, 取り出し正面の塀, 取り出しでそれ, 取り出し殊更に顔, 取り出し毎晩マドレーヌ氏が自分, 取り出し水筒の蓋, 取り出しの岸, 取り出し法水に与え, 取り出し洗濯衣古肌着, 取り出しの水中, 取り出し瀬戸引きの鉢, 取り出しをつけよう, 取り出し灯籠の光, 取り出し熱い紅茶を, 取り出し燐寸を摺った, 取り出し燧石をカチ, 取り出し片手で器用, 取り出し片隅で静か, 取り出し独りで庭, 取り出しに下され, 取り出し玄関式台上へ差し置き候う, 取り出し玉乗りの芸, 取り出しに見えぬ, 取り出し畏敬礼拝を遂げつ, 取り出し白く光るの, 取り出し白紙に包ん, 取り出しの前, 取り出しの中, 取り出しをお, 取り出し直ぐにそれを, 取り出し相手の目, 取り出し硯箱を引き寄せ, 取り出し示す草案の, 取り出し秀吉の前, 取り出し私たちにすすめました, 取り出し秘曲中の秘曲, 取り出し窓框の上, 取り出し窓際で飲みはじめた, 取り出しくれ立つた指, 取り出しの工合, 取り出しをひろげる, 取り出し素子は口, 取り出し素早く帯の, 取り出し総計で二十個, 取り出し練大口に包ん, 取り出し總菜の餘, 取り出し美事に平らげ, 取り出し老人に配給, 取り出しの矢立, 取り出しの前, 取り出し自分の臂, 取り出し虫喰ひの, 取り出しに飛び出よう, 取り出しにつっ込ん, 取り出しでその, 取り出し読むと果して, 取り出し調べて見る, 取り出し警察でされる, 取り出しありの, 取り出し路傍に洋傘, 取り出しを照らし, 取り出し道臣の枕元, 取り出し部屋を出, 取り出し銀子の病床, 取り出し雁首にきざみ, 取り出し雄太郎君に手伝わし, 取り出し静かに煙草, 取り出しの前, 取り出し顔子狗の方, 取り出し風呂に行く, 取り出し飲食店の勘定紙, 取り出し骸骨の顔, 取り出し鬢毛