青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

向い~ ~向いた 向いた~ ~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け
向け~
~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ 向っ~ ~君 君~ 君たち~ 君子~ 吟味~

「向け~」 3919, 42ppm, 2741位

▼ 向け~ (2825, 72.1%)

114 いた 53 いる 37 いるの 19 いたが 16 出発した 15 いたの 14 しまった 13 ゐた 12 いると, ゐる 11 云った, 立って 10 いった 9 出発する, 坐って, 自分の 8 きた, みた, みると, 寝て, 言った 7 いること, いるよう, 手を, 歩き出した, 行った, 見ると 6 いて, います, しまつ, 出帆した, 来た, 眼を, 開いて

5 [12件] いたから, いなかった, おいて, ゐたが, ゐたの, 何か, 来たの, 歩いて, 私の, 置いて, 腰を, 黙って

4 [13件] あらむ, いたので, いました, いるので, しまいました, 庭から, 彼の, 彼は, 振つた, 来て, 横に, 窓の, 行って

3 [30件] いるが, いるだけ, いるでは, いるところ, いる中, お立ちに, しまう, やった, サッサと, 何の, 入口の, 出かけて, 出帆する, 出発, 出発し, 出立した, 右手の, 居た, 居たの, 居る, 戸口の, 机の, 椅子に, 発った, 眼の, 立つこと, 立つて, 耳を, 訊ねた, 顔を

2 [167件] ある, あるが, あるの, いたこと, いた目, いつまでも, いなかったので, いましたが, いや八五郎, いられなかった, いる三人, いる必要, いる眼, いる者, いる顔, おるの, お文, お話を, きました, くると, くるよう, この宿, これは, しまうと, しまうの, しまって, そこに, そしてそして繁, そのたび, その人, それを, ぢつと, である, とびあがった, とんで, ぼそぼそと, まっしぐらに, みても, みましたが, みますと, みよ, ゆく, ゆくと, ゆるやかな, ゐても, ゐないから, ゐると, ゐるの, ゐる方, ゐる男, ピカリピカリと, 一目散に, 下さい, 下りて, 伸子に, 何かを, 例の, 入って, 出つ, 出て, 出発せし, 出發, 出立し, 出立する, 動いて, 動かずに, 厭に, 口を, 右の, 同じよう, 呉れるかと, 唇を, 唾を, 固くなっ, 孜々と, 定着せられた, 家の, 小屋の, 小走りに, 居る船, 座敷の, 建てて, 待って, 微かな, 微笑みかけながら, 心を, 急に, 手紙を, 投げつけます, 拡げて, 据えて, 掛けて, 撃って, 撃鉄を, 放った, 放って, 放送された, 旅を, 日記を, 更に, 札幌を, 来たもの, 来ました, 来るので, 構へ, 槍の, 横た, 横木や, 樹立の, 歩きだしたが, 河沿ひ, 火に, 熱心に, 物を, 生きて, 男の, 発すること, 発って, 発射された, 発射し, 眉を, 真一文字に, 眠つてる, 眼で, 眼は, 私は, 突きとばし庄吉, 突き飛ばした, 突立っ, 窓から, 立ち去りました, 立った, 立つ, 立とうと, 笑った, 答えた, 縁側へ, 老人が, 考えて, 背を, 腰かけて, 膝の, 自分は, 自分も, 花屋が, 行く, 西の, 見せた, 見る, 訊いた, 走った, 走らせた, 跣足で, 身を, 身構えた, 送って, 進むこと, 進発した, 銃を, 長椅子の, 雨の, 頬を, 頭を, 顔の, 馬を, 驀進し, 髪に

1 [1801件 抜粋] あえなくなって, あったか, あの光景, ある役人, あゝと, いきなりぷっと, いたあらゆる, いたし, いたにこやか, いたらしいが, いた女, いた弦四郎, いた旅商人, いた田川夫人, いた老婆, いったこと, いても, いない, いないの, いない隙間, いなくては, いますと, いられない, いるあどけな, いるかの, いるでしょう, いるらしい形跡, いる二千万, いる低い, いる南, いる姿, いる年頃十八, いる憎々しい, いる暴女王, いる源助, いる磁力, いる近く, いる重い, うしろ髪を, うちこまれた, うつ向いて, おいで, おくでしょうか, おじいさんに, おまえさんに, おりました, お尻, お引返し, お立ちでございます, お蝶, お鶴, かざして, かむ真似, きたんだい, きりとり強盗, くる, くれ, くれなければ, ぐっと目, こういう註解, こう引傾, こちらの, この木曾街道, こんなこと, さかんに, さてどんな, さも心地よ, さんざんに, しきりに青江三空曹, しつらえた祭壇, しばらく睨み返し, しまったと, しまへば, じっと見つめ, じろ, すえつけて, すばやく楽譜, ずらっと, そ, そこへは, そしてカラ子, そっちを, そのひざ, その入口, その男, その遊び, それだけ知識, それ自ら疑問し, そツと, たしかめる様, たつこと, ちょっといいよどみ, ちよつと, つまり江戸, ところ斑に, とりまいて, なかには念仏, なほ笑つて居る, なんとも云えぬ, にっと笑っ, にらみつけて, はかない虹, はしを, ひたすら出版ヂヤアナリズム, ひとり立ち去っ, ふいて, ふわりと, ぶっ飛ばして, ぼんやりと, まさに投げこみまじき, またそれ, まるで犬, みたと, みる, みるべきだと, みんなに, もう子供, もしや鬼, もらいたいこの, やったら演劇, やって, やらなければ, やりました, やれと, ゆく不思議, ゆけるだろうか, よこし舌打ち, りいりい, わざと入口, ゐたでは, ゐた人達, ゐた眼, ゐない点, ゐること, ゐるもの, ゐる人達, ゐる視線, アウガスタ号に, ウラーを, ギリシアは, ゴーシュを, ジワジワと, ソッと, テーブルの, ドドドーンと, バタ, ヒタ泣きに, ピストルを, ブラブラ歩い, ホヤホヤと, ポカンと, リシアを, 一人で, 一列に, 一思案な, 一掃する, 一発を, 一礼し, 一隻の, 丈太郎は, 三枚も, 上衣も, 下界の, 不思議な, 並べて, 中村警部たちを, 乗り出したの, 乾くまで, 予ての, 二三冊立て懸け, 二人は, 二階の, 云つた, 互に離れ, 人知らぬ, 今一つ新たに, 今度は, 仕事を, 仮面の, 休んで, 伸べられて, 何かしら激しい, 何を, 供へ, 信二は, 俯向きに, 傍見せず, 僕たちに, 充行い給水タンクの, 先発し, 兎も, 入口から, 全速力で, 六疊一パイに, 其儘行手を, 兼好は, 再び航海, 凝乎, 出かけようじゃ, 出る發動機船, 出帆, 出港する, 出発しました, 出発を, 出陣した, 刀を, 切子硝子の, 削ぎ下った, 前進し, 劉表張繍の, 勝ちすて, 化粧し, 十国峠へ, 半面に, 厳重なる, 叔母の, 叩いて, 叫んだが, 右隣の, 吐息した, 吹いて, 吾は, 呟いた, 命令する, 咲いて, 唄うので, 善いもの, 喜惣は, 四五歩引返した, 土鼠の, 坐ったが, 垂れ下った, 埋めたり, 堀口と, 壕に, 売り物に, 夜の, 夢語の, 大年増, 大股に, 太い息, 妻の, 威儀だけを, 娘の, 孔明に, 安らかな, 客を, 家を, 宿屋の, 寝た, 寝てるの, 寝られませんよ, 射る日, 射放ち今一度, 小さな声, 小柄な, 小汽艇, 少し速足, 居たらうか, 居るの, 屈みこんだ, 山林と, 崩れました是, 左方の, 差し伸べさも, 帆の, 帰り掛けた, 常に自分, 幸内の, 庄司署長の, 店の, 建って, 建てるの, 引きながら, 引つ繰り返されたやう, 弱, 張ったので, 当時七人が, 彼に, 彼女の, 待つべからざるもの, 後ろむきに, 御出発, 微笑し, 必ずや近く乾雲, 怒りきつ, 思い通りに, 急航, 怪力線を, 恨みを, 悠々と, 悪魔と, 惚れぼれと, 愛そうと, 應答を, 戦うこと, 戻つた, 手紙で, 打ちこんだの, 投げた, 投げ棄てたまま, 押しこくっ, 拡げた掌, 指の, 振りかざした, 捕り物, 据え櫃台, 探しました, 掲って, 握飯を, 撃ちだしたの, 撃つよう, 支配階級を, 放した, 放射される, 放流します, 政府への, 敬二郎の, 斃し, 斯う, 新聞を, 旅立ちを, 早使ひ, 明け放しである事, 星が, 晋吉が, 暗やみの, 曲げて, 書かれて, 月へ, 木曾路を, 本格的に, 来たらまっ先に, 来た一転機, 来た話題, 来る, 来るな, 来賓の, 松虫なんぞを, 柄を, 椅子が, 楽書の, 横差しに, 横目で, 次第, 正しゅう坐る, 歩かせた, 歩き出したので, 歩くという, 歩道に, 死者と, 殺到する, 毬の, 氣だる, 法然の, 泳ぐこと, 洋服姿の, 流れて, 海岸の, 淋しそう, 渋の, 満洲, 漕ぎだした, 濫費し, 烽火を, 無言で, 煉瓦の, 照準し, 爆裂させ, 牀の, 物をも, 犇き合っ, 猛烈な, 珍しそう, 生活する, 田螺の, 町を, 痩我慢の, 発せられた通信, 発砲した, 発足した, 白い壁, 皮肉気な, 目を, 直ぐ芝生, 相帰着, 真先に, 眠つてゐた, 眺めやりました, 着換えながら, 睨みつけた, 矢張り私の, 祈って, 私を, 移動せしめる, 突きあげた, 突き込んだ, 窺うと, 立ちあがると, 立ちながら, 立ち去る者, 立ったから, 立つた一人, 立てかけたもの, 立て直すと, 立在ん, 竪てた, 笑ひ, 等分に, 米の, 納屋の, 累進し, 絵に, 綿の, 縁側の, 縛つて置いた, 置いた首飾, 群像の, 考えるしか, 耳の, 聞くべきだと, 背負つた, 脇腹に, 自分たちだけで, 自滅を, 舞台を, 航行したる, 艫を, 荒々しく門, 葉子を, 薬売りを, 虹を, 蝙蝠を, 行き交, 行くかと, 行く決心, 行ったの, 衝立つてゐた, 袱を, 襟に, 要請しなけれ, 見せい, 見たの, 見ねば, 見ましたが, 見よ, 見る大きな, 解き放されたものの, 言葉も, 訊いたこと, 訴えるよう, 話した, 誓って, 読み初めた, 豆を, 貰いたく思い少し, 貰ひたくない, 赤く大きな, 走つた, 走らせて, 走りました, 走るの, 足を, 跼んだ, 蹴倒した, 軍勢の, 返事を, 迫寄る, 送られて, 逃げるか, 透し見るより, 通った, 通り過ぎた, 進発する, 運動を, 鉄砲玉の, 長い睫毛, 長崎を, 開かれて, 陸地の, 階段の, 雄々しくも, 雲霧の, 静に, 鞭打つの, 頸の, 飛ばして, 飛びつかせた, 飛び込ませないとは, 飛出したもの, 飛行中だ, 飯代を, 馳せ上る, 駈けだした, 駈け出そうと, 騒動を, 高く押立, 高笑いし, 魯八の, 黒い棒

▼ 向け~ (156, 4.0%)

16 して 12 なって 5 倒れて 4 寝て

2 [11件] けり, しました, なったもの, なったり, なりました, なると, 寝転んで, 床に, 立てて, 羽織かぶり, 行く重い

1 [97件] した, したばかりの, したり, しながら, すること, すると, するよう, その住居, だらり延ばし, つら, ときには, どうと, なった, なったが, なったの, なった手首, なった百姓体, なった頸, なつた, なつたま, なつて, なりだれ, なりました背中, なること, なるん, なれば, なろうという, なろうとは, ねて, ばたり, ひつくり返つて, ぶらりと膝, よろよろと, アグネスに, 中折帽ぐるみ顔を, 仮髪, 伏せたよう, 倒おれた, 倒して, 倒れその, 倒れた, 出て, 取り縋つた, 口を, 吐く白い, 咲いた半鐘, 地に, 大な, 大の字にな, 寝かされたま, 寝転び天井, 差しつけたん, 床へ, 引っくり返されました, 引提げた, 引繰返す, 成った女, 成つて防ぐ, 成つて麻の, 或いは相, 手を, 打ち倒れた, 投げ出された者, 投出されぬ, 押伏せ, 揉手で, 撫でたと, 撫肩の, 枕元の, 棒を, 横倒おしに, 此方を, 母親の, 流れ來, 浪に, 爪皮の, 白旗を, 睨んだ逆, 突伏し, 突伏す, 紅入, 膝に, 船積みする, 色を, 菫の, 蒼沼に, 覗いたが, 負うて, 転がすと, 這わせて, 通じて, 銜え煙管, 長や, 革鞄の, 頬を, 頸を, 額を

▼ 向けながら~ (115, 2.9%)

3 言った 2 云った, 例の, 心の, 眼を

1 [104件] いったの, おいどんが, お米, ぎょッ, こう言いました, これと, さう, さざなみの, さも何, しきりに, じつに必死, せなか, その目, それを, そんなこと, ちらと, つづけた, ですよ, どなりました, ひし形の, また老婆, みな去った, もう一度と, もう一度叫んだ, もう一度眠り, やがて長嘆, アマーリアを, ドオミエの, ニコニコし, ニッコリと, 一人ぶらぶら, 一心に, 一語一語力を, 不信者への, 両手を, 両腕, 主婦が, 乗っかって, 云う, 今母, 低い声, 低い腰掛台, 何だか知らない, 信長が, 入る如き甘, 動物たちの, 原口さんが, 口を, 口中に, 叫びました, 同じく道, 坐って, 坐つて, 多計代, 大笑いした, 婆さんに, 実は何, 室の, 小さな靴足袋, 少しづつ庭, 帆を, 度の, 庭の, 弁当を, 彼の, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 後ろから, 徐ろに, 怒りの, 様々な, 横に, 武蔵は, 毛だらけの, 沁, 済むまでじつと道ばたで, 父が, 片足で, 独言の, 男に, 盛んに, 目を, 直立し, 眞劍な, 瞳だけを, 突っ立っ, 突つ立つ, 突進し, 答えた, 素直に, 老人の, 考えだした, 菜っ葉の, 見向きも, 見張って, 規則ただしい, 話しつづけた, 話し居たる, 足を, 近づいて, 門の, 震え声で, 黙って

▼ 向け~ (62, 1.6%)

2 いくらでも, 作られて, 子鴉あはれ其方向けば, 尾が, 朱の, 犬の, 知られない歴史, 私の

1 [46件] いいの, いくらか落つき, お話合い, すぐに, そいつを, その尾, どっかへ, ばかと, ひゅうと北風, まめに, もうい, もういい, もう干せない, 上を, 下を, 不思議な, 二度入る, 人を, 会員達の, 何べ, 兄の, 公衆の, 其時一散に, 千ルーブルの, 南の, 右へ, 喉を, 好いと, 宮と, 家族を, 幾ら讀ん, 彼等は, 待つ間, 或は這, 手に, 旅ごこちする, 歩けと, 毎晩興行物を, 現在の, 畝の, 笛を, 義侠的に, 舞台を, 西の, 随分遠く, 黒髪こそは

▼ 向けたり~ (33, 0.8%)

5 した 2 こつちへ, 手を

1 [24件] あるいは上下, こっちに, して, してから, します, するが, すると, するところ, するの, する人, する余裕, せずに, 下へ, 下を, 堡塁を, 左に, 平にし, 弓に, 愛撫を, 是故に, 書斎の, 流したり, 浜田の, 顔を

▼ 向けても~ (24, 0.6%)

2 好い時分

1 [22件] あてが, いっこう気, いつこうに, おそらく鎧袖一触, お喜代, なか, やがて宏壮, よい, 同じ形, 寝なかった今戸, 彼は, 徒労と, 手を, 手触りの, 打ち解けませんが, 来ず他, 東へ, 歩き出さなかった, 滅多に, 生々と, 素知らぬ顔, 見えるの

▼ 向けては~ (21, 0.5%)

2 いたが, いなかった

1 [17件] いけないの, うっかり言えない, くれないの, ゐるけれども, 万事おしまいだ, 人形と, 何も, 啼いて, 執拗に, 大声で, 寝ないくらいの, 寝ないこと, 寝ないと, 寝られないこと, 岳川岳の, 灰色の, 豪放に

▼ 向け~ (20, 0.5%)

1 [20件] その顔斜め, できないよう, ま, ものの, フランス船です, 不開, 二使者が, 出來ない, 出來なく, 島田から, 役人に, 教育機関である, 時右向けを, 絵雑誌から, 股へ, 色物たくさんで, 薬師丸が, 袖に, 靴の, 駒の

▼ 向け~ (19, 0.5%)

53 るべきもの

1 [11件] るべきであったの, るべきでは, るべき憤りだと, るると, るるところ, るるとは, るるの, るる大きな, るる懺悔, るる無, るれば

▼ 向けての~ (18, 0.5%)

4 ものであり

1 [14件] そりと, ひとり旅が, よい見せしめ, 仁人で, 対岸には, 排斥運動だった, 材木と, 歩一歩である, 激越した, 発展に, 行進動作で, 許可が, 詞章は, 長い人力車

▼ 向け~ (16, 0.4%)

3 しなかった 2 しなかつた

1 [11件] しないで, しないの, せずに, できんうっかり, ならないやう, ならない姿, ならぬやう, アメリカの, コンゴー向けも, 得せずせめて, 疑えば

▼ 向け~ (12, 0.3%)

1 [12件] かそんな, から来る, が本当, が異, が直ちに, が違っ, が間違ってる, すなわち態度一つ, でも今, においては自分, に彼女, は知っ

▼ 向けよう~ (9, 0.2%)

2 がない 1 では何うに, として反, によって積極的, もない, もなかっ, もなく, もなし

▼ 向け~ (8, 0.2%)

3 なりません 1 できないほどに, できなくなる, ならねえ, なりませぬ, 出來

▼ 向けその~ (8, 0.2%)

1 ま, 上辺に, 小さい頭, 眼を, 素肌の, 結果として, 長い道, 顔を

▼ 向けつつ~ (8, 0.2%)

1 あるぞ, ある若き, しかも勇気, 句を, 平凡な, 泣ける石像, 行懸けし, 走って

▼ 向け出発~ (8, 0.2%)

3 した 1 して, しようと, す, するばかりに, する事

▼ 向け~ (7, 0.2%)

4 した 1 してやった, へすれ, へならぬ

▼ 向け~ (7, 0.2%)

2 いえば, いって 1 いへば, 云つて引張込む, 言へば

▼ 向け~ (7, 0.2%)

1 した, したよう, した者, して, すること, 受けて, 教えるため

▼ 向けがち~ (5, 0.1%)

1 だったが, だったであろうが, である, に従っ, に静か

▼ 向けどころ~ (5, 0.1%)

1 がまるで, にすつかりまごつい, に困った, のない, はない

▼ 向けまた~ (5, 0.1%)

1 凌統を, 助手たちの, 同時に雪, 山河の, 根井行親を

▼ 向け~ (5, 0.1%)

1 がありましょう, がござるまい, に困っ, のない, を失っ

▼ 向け~ (5, 0.1%)

2 を擡げ 1 を半ば草, を向け, を後ろ

▼ 向け~ (4, 0.1%)

1 すまいかとも, なさらないが, 変つ, 雨に

▼ 向けやう~ (4, 0.1%)

1 がない, としてゐた, に由つて, もなし

▼ 向け~ (4, 0.1%)

1 でドン, をゆがめ, を上, を開いた

▼ 向け~ (4, 0.1%)

1 はし, はす, ひ時として, ひ電車

▼ 向け~ (4, 0.1%)

2 えた 1 えて, えながら

▼ 向け~ (4, 0.1%)

2 の前 1 から外, を見

▼ 向けかへて~ (3, 0.1%)

1 やや屈み, ゐた, ゐるうち

▼ 向けこれ~ (3, 0.1%)

1 に同君一流, はアジアゴ市, も眠れり

▼ 向けしかも~ (3, 0.1%)

1 その顔, なほ愛し, 聴衆を

▼ 向けすぐ~ (3, 0.1%)

1 に出発, また捜し始める, 彼らの

▼ 向けそう~ (3, 0.1%)

1 だった, ら手前の, 云う真紀子

▼ 向けそして~ (3, 0.1%)

1 例の, 片付けて, 眼を

▼ 向けてから~ (3, 0.1%)

1 つと座, 久慈や, 自己の

▼ 向けてと~ (3, 0.1%)

1 とんとんと, なりに, ぼとぼと向う

▼ 向けにな~ (3, 0.1%)

1 つておいで, つてすや, つて蚊屋の

▼ 向け~ (3, 0.1%)

1 がって, はし伏は, コンゴー向けは

▼ 向け両手~ (3, 0.1%)

1 で拍子, を地, を組ん

▼ 向け~ (3, 0.1%)

2 えた 1 えても

▼ 向け~ (3, 0.1%)

1 だけ西南, を傾け, を垂れ

▼ 向けいっ~ (2, 0.1%)

2 てとき

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 ぢをに, へただけの

▼ 向けがたき~ (2, 0.1%)

1 司かな, 天の

▼ 向けこっち~ (2, 0.1%)

1 へ向きなおった, へ向け

▼ 向けこの~ (2, 0.1%)

1 桑名へも, 赤外線を

▼ 向けさえ~ (2, 0.1%)

1 すりゃあ, すれば

▼ 向けざま~ (2, 0.1%)

1 にねころぶ, の寝顔

▼ 向けそこ~ (2, 0.1%)

1 にあるべき, に全力

▼ 向けそれ~ (2, 0.1%)

1 はねえ, へ彼女

▼ 向けそれから~ (2, 0.1%)

1 奇妙な, 薬包紙を

▼ 向けてばかり~ (2, 0.1%)

2 いた

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 恋し我が, 愛し我が

▼ 向けなかば~ (2, 0.1%)

1 開けるまい扇, 開けるまひ扇

▼ 向けやたら~ (2, 0.1%)

1 に吠える, に論議

▼ 向け上人~ (2, 0.1%)

1 のお, の御

▼ 向け両足~ (2, 0.1%)

1 で孤, を揃えた

▼ 向け中庭~ (2, 0.1%)

1 の薄明, を通っ

▼ 向け二人~ (2, 0.1%)

1 の男女, はゆっくり

▼ 向け今日~ (2, 0.1%)

1 の赤軍, もうごかず

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 か囁く, か頻りに

▼ 向け全速力~ (2, 0.1%)

1 で航行中, で走っ

▼ 向け出帆~ (2, 0.1%)

1 したる後, の豫定

▼ 向け出立~ (2, 0.1%)

1 したという, というその

▼ 向け勝ち~ (2, 0.1%)

1 でまた, に酒肴

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 さしめまた, したま

▼ 向け小さな~ (2, 0.1%)

1 御飯台, 盆に

▼ 向け少し~ (2, 0.1%)

1 くねらす体, 離れてる高

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 の方, は勇ましく

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 の方, 物凄き夜

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 っこら, 向け廻れ右

▼ 向け帰国~ (2, 0.1%)

1 した, の引揚げ

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 また馬岱, 脳へ

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 を労, を落

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 が真赤, も暮

▼ 向け~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 にそっ, にもたれ

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 に斃, も無かっ

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 になった, に寝返っ

▼ 向け気味~ (2, 0.1%)

1 にし, に七俵

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 にもまれ, の上

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 だけで塩野, を足元

▼ 向け知らすれ~ (2, 0.1%)

1 ば不思議さうに覗き込, ば不思議そう

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 へた, へよう

▼ 向け~ (2, 0.1%)

1 に任せ, をぶら下げ

▼ 向け足ば~ (2, 0.1%)

1 やにかなた, やに立ち去った

▼ 向け~ (2, 0.1%)

2 は前

▼ 向け飛行中~ (2, 0.1%)

2 なり

▼1* [354件]

向けあたりに向け, 向けあの男の, 向けいかにもスパイらしい, 向けいずれの地点, 向けうしろむきに流され, 向け右, 向けおのれの空洞, 向けおまけにその, 向けおろおろしながら, 向けお勝手の窓, 向けかかる凶暴な, 向けかへた, 向けきちんと直されて, 向けきれいなほう, 向けぐったりと死んだ, 向けこう大声を, 向けこうして今ここへ, 向けころぶせば, 向けさもさも高い大木, 向けさんざいじくり廻されても, 向けしずかに丘, 向けしっかりした低い, 向けしとやかに手, 向けじっと小猿, 向けじゃあ寝勝手, 向けそうして創作集の, 向けそのままじっと椅子に, 向けたえず信号音が, 向けたてかけて来た, 向けたまうはうつくしき, 向けたるに今, 向けね, 向けちゃあいけませんやあ, 向けちやいけません, 向けちよつと困る, 向けちんまり机の, 向けつくづくと眺めた, 向けつとめて答えまいと, 向けてがつくりと, 向けてとも判らず拝むよう, 向けてにつと笑つた, 向けてのみ速力を, 向けてもがもがさせながら, 向け突走っ, 向けとか河川風水害防止愛国工事とか, 向けとは申せ将軍, 向けどうも傷が, 向けながらぞッとして, 向けながらも尚一生懸命, 向けなりになって, 向けには日本社会民主党という, 向けにわかに伝令の, 向けねばいられなかった, 向けはるかに見える, 向けば声をふるわし, 向けぱたぱたと逃げた, 向けぱぱーっと竜, 向けひろ子を見ない, 向けふふふふ, 向けぶりもない, 向けぶるぶる顫え, 向けほとんど母親らしい, 向けぼんやりと一つ所, 向けまさにアルバニアの, 向けまず二筋に, 向けまたは樺太へ, 向けまるで人魂の, 向けみねを耕介, 向けもう風の, 向けもう一度室じゅうを, 向けもしこの森, 向けやはり身動きも, 向けゆっくりと毛筆, 向けらりょうかこれ, 向けりや却つて値が出る, 向けわざとのよう, 向けわれもさびしき, 向けとすれ, 向けオイとかいう大きな, 向けシャッターを切った, 向けスーツを引きよせる, 向けズーと一通り廊下, 向けツル子は顔, 向けテーブルの前, 向けニコニコしながら, 向けノッソリノッソリ歩き出した, 向けハッチの方, 向けバットの灰, 向けパリは補充六個軍団, 向けヒョイと一歩あと, 向けピアノに向かっ, 向けフィルムを廻す, 向けフランスの国, 向けベッドの毛布, 向けペンを持った, 向けライターを点けた, 向けルパン対スパルミエントの大, 向けロンドンを去った, 向け一つの入口, 向け一つかみの焼き灰, 向け一句一句力をこめ, 向け一塊の練炭, 向け一揖してから, 向け一書呈上候処その後何らの, 向け一条通りの方向, 向け一言一言はっきりしゃべってる, 向け一言重蔵の容体, 向け万太郎は素早く, 向け三十梃一時に放発し, 向け上眼でぐっと, 向け下げ舵をとった, 向け両脚を竹格子, 向けに吊っ, 向け中腰になっ, 向け主上より綸旨, 向けに唇, 向け乍ら一枚の絵, 向け乍ら与力は云, 向け乍ら輕い調子, 向け乗船した二年, 向け人間の力, 向け今更に再び, 向けのもの, 向け低いけれども太く, 向け体じゅうを針鼠, 向け何やら覚束なく, 向け作家の資質, 向けの小, 向けに僚友, 向け具合がすなわち, 向け内務省は発し, 向け再び飛び乗って, 向け冷やかに又, 向け冷酷にし, 向け冷静な言葉, 向けを知らぬ, 向け出遊す, 向け切りはなし, 向け鰭で, 向け前進中であります, 向けいッぱい刺し, 向け加減にし, 向け千鶴子と並ん, 向けを左, 向けとして気, 向け又は海上の, 向け受け口を少し, 向け可愛らしい眼に, 向けの号令一つ, 向け右前へおい, 向け合図と同時に, 向け同時に後方に, 向け向う向いたまま, 向け吾人をし, 向け周囲七町に余る, 向け唯一の幸福, 向けぼとけの, 向け喜びも怒り, 向け地上にただ二人きり, 向け壇上で交わされる, 向け夕月の下, 向け夕陽が消え, 向け夜具の中, 向け夜通しの飛脚, 向け宇宙の, 向け大の字なりに俯伏, 向け大棟で背, 向け大砲二三発ならびにかなた, 向け大股に居住区, 向け女房は顔, 向けを山中, 向け子爵夫人は感歎, 向け宇治川へは一千五百, 向け宏子は全く, 向け実はすぐにも, 向け将校の話, 向け小さい声で, 向け小川に沿っ, 向け小気味の悪い, 向け小説家にし, 向け峨々累々と重なり合っ, 向け左右から両側, 向け左向けを教える, 向け差異の點, 向け帰還の途, 向け帽子をとりあげ, 向け干渉戦争の危機, 向け平しし状をま, 向け平気で散歩, 向け年賀状をしたため, 向けを突っ切り, 向け延着を報知, 向け引揚中である, 向け引金に指, 向けに向けた, 向け当惑したよう, 向けのいい, 向けにも立たず, 向けの方, 向け彼女が寝, 向け彼等をちらっと, 向け徒らに衝, 向け御嶽冠者の抑え, 向け微風にその, 向け心から恩を, 向け心臓に突き立てた, 向け急行す, 向け恍惚と声, 向けをこらし, 向け感傷的に慟哭, 向け感覚的の唇, 向け憎悪の念, 向けも寂しき, 向ける人, 向け或は優しい眼, 向け戦乱を避けよう, 向け戦場を離脱, 向け戸口から廊下, 向けに迷つて, 向け指令を下さね, 向け挨拶に手, 向け換えようとした, 向け放尿しつつ, 向け政党にも加わっ, 向け政治に対して無, 向け教授を墳墓発掘罪, 向け教養の高まる, 向け文化的生の基體, 向け文句やいのやいのと, 向け新婚移住の旅, 向け方一つだ, 向け旅行者のこと, 向け日本のよう, 向け日本語放送は, 向けの光, 向け映画の問題, 向け曲阿方面から劉, 向け書状及び贈物, 向け上等の, 向け最後の突撃, 向け最後のは十人前一日分, 向け有頂天に云った, 向け朝子に向けた, 向け朝寝の松井三段, 向け木像のよう, 向けを右向, 向け村重を懐柔, 向けに向け, 向け桐生太田などを一巡, 向け桝形の茶屋, 向けを左, 向けがむと, 向け横町へズンズン, 向け歐洲諸國, 向け正しい方に, 向けぎしるよう, 向けと彼女, 向け水煙をたて, 向けの裏衣, 向け江戸を発足, 向け汽車に乗った, 向け河馬は糞, 向け浅草の花道, 向けを拭き, 向け深い憂悶の, 向け源次郎が出奔, 向けくさい身体, 向け澄江はそっち, 向け灰吹から狼煙, 向けのそば, 向け炉端にひとり, 向け焚火に手, 向け無限のあらゆる, 向けとの話, 向け牝牛供養の石, 向け狛犬のよう, 向けな損害賠償, 向け瓦斯を放出, 向けの渡舟, 向け畑うちかへす, 向け発展して, 向け発車するに際し, 向け白い繃帯を, 向けの小さき, 向けで義雄, 向けにしました, 向け真紅の貝殻, 向けをつがえ, 向け矢来のうち, 向け砲塔を後ろ, 向け硝子の外, 向け碇泊した, 向け祝電を発送, 向け神田川を競っ, 向け管絃楽団に気, 向け簡素にし, 向け紙帳の背面, 向け結局君なんかがもうすこし, 向け縦隊のまま死, 向け總身を震, 向けも一番私, 向けを縮め, 向け背中を東, 向けに抱い, 向けをひらい, 向けをゆすっ, 向けを抱えた, 向け自身もその, 向け航行つかまつるべく候, 向け航行中でありました, 向けや詩, 向けの実, 向け街道を赤尾村, 向け西風に乗じ, 向け論文の印刷, 向け護送し司令部内, 向け販路がひらけ始め, 向け賞められたの, 向け賢くておきゃ, 向けは, 向け軍事的侵入を試み, 向け輸出するに, 向け轟然と一発, 向け進発したと, 向け進航す, 向け遊ばしてわたくし, 向け運転手のほう, 向け道中差や合羽, 向け酒店の主人, 向け重々しく葺いた屋根, 向け重く光の, 向け金尚を搦め, 向け金次郎を御, 向け関羽に固, 向け階段を下り切った, 向け階段型に付い, 向けでも呼ぶ, 向け離陸後消息を絶ちし, 向け難き刃を, 向け難くなっても, 向け難し地獄の, 向け難なくそれをは, 向けの上, 向け雷鳴とともに笑い出した, 向け電報を打つた, 向け電車のステツプ, 向けの流, 向けの尻, 向け馬田に対した, 向け高い鼻を, 向け默つて鼻で息, 向け黙々として突っ, 向け黙然とこの長, 向けの先