青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

向~ ~向い 向い~ ~向いた 向いた~ ~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き
向き~
~向け 向け~ ~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ 向っ~ ~君 君~ 君たち~

「向き~」 2919, 32ppm, 3724位

▼ 向き~ (628, 21.5%)

11 窓の 5 縁に 4 ことは, 窓に, 窓を 3 ことに, ものを, 二階の, 場所だ, 屋根の, 山の, 座敷に, 戯曲, 窓が, 部屋で

2 [28件] お給仕, かれ芝, ことで, ことなどを, ことまで, ことを, ところへ, まま云った, ものが, ものの, ものも, やぶ竹, ように, ベランダで, 室で, 宵であった, 座敷へ, 庭には, 建物が, 斜面を, 白い欄干, 立派な, 編輯者諸, 縁側の, 美貌が, 講座は, 適当な, 部屋から

1 [514件 抜粋] あかり障子の, いけないこと, いろんな野菜, おかみさんに, おぼろやみです, お使番, お使番馬廻り, お客さんの, があります, こしらえであった, ことであれ, ことなど, ことなどは, ことには, ことの, こと法律の, この二基, ご馳走が, せいか, その小さな窓, たちでは, たった一つ, たのもしさ, だら, ちっとや, ところだった, は先日, は原料低廉, ままさも, ままするする, ままそれだけ, ままで, まま太い, まま机の, まま深く, まま蠅でも, まま雨だれの, ものから, ものであっ, ものである, ものです, ものでなけれ, ものと, ものに, もの他は, やうな, ような, よく用いられ, エロチシズム写楽や, ガキを, ガラスの, ガラス戸を, コマコマした, ゴルフ日和, ジャンロー袋町の, タフタの, チャンスは, バックだらう, パリー物たる馬鹿げた, プログラムが, ベンチには, マッチ入れとか, レンラクに, 一例である, 一室に, 一枚です, 一番左側の, 一番広い, 七つ道具の, 三番目の, 三畳が, 三畳で, 三畳に, 三疊の, 三階四室ばかりは, 上品な, 上寄合い盆割で, 下の, 世界であっ, 丘が, 丘の, 中庭に, 事なぞについて, 事なぞは, 事などは, 事件が, 事務室であった, 事柄が, 二つの, 二号で, 二隅と, 二階で, 二階建てで, 人々が, 人々には, 人々は, 人だ, 人では, 人の, 人は, 人家を, 人才を, 仕事がな, 仕事も, 仕事を, 仕入物, 会社だ, 低廉なる, 作りものだった, 作品だ, 作品には, 作風では, 使用には, 便利に, 修練を, 俳優では, 側へ, 傾斜である, 像には, 像を, 儀礼の, 八畳は, 八疊眞ん中に, 六畳で, 六畳に, 六疊である, 写生を, 凡俗な, 処を, 出窓から, 出窓に, 切盛は, 刺激物として, 前に, 剣法な, 剣術の, 助手も, 勉強も, 勾欄に, 厚い硝子, 句は, 可愛い鼻, 可愛げ, 名前で, 否定は, 吹きさらしな, 品も, 品物に, 商売が, 商売をと, 商店ばかり, 喫茶店が, 因襲的偶像又は, 困難やら, 図書室つまり, 土産品や, 地所が, 型に, 場面である, 塀が, 壁に, 売店が, 変った青年, 変るの, 多いこと, 夜だった, 大きな貸家, 大きな部屋, 大写しで御座います, 大年増, 大物たち並べて, 天才ある, 奉公人でした, 奥さんという, 女だの, 女であり, 女では, 女でも, 女の, 女中を, 女子は, 妙齢の, 姿が, 姿勢で, 娘なら, 婦人が, 婦人も, 宗教らしい, 宗教意識に, 定型である, 定店が, 実用式性格を, 実験を, 客人は, 客座敷の, 室の, 室は, 室数で, 家でした, 家には, 家の, 家へ, 家を, 家庭音曲である, 寒い部屋, 小さなヴェランダ, 小さな一室, 小さな窓, 小冊子類, 小器用な, 小屋の, 小屏風, 小座敷の, 小庭, 小紋縮緬, 小脚本, 小説向きでない, 小部屋, 小間使として, 屋敷である, 屋根や, 山で, 山腹三囲四囲も, 山襞に, 岩尾根を, 崖に, 崖には, 工合で, 左端の, 幅の, 平均誤差が, 幾軒かの, 広い庭, 広場中には, 広廂, 広間で, 広間の, 店と, 店は, 店舗に, 座席の, 座敷が, 座敷で, 座敷の, 座敷は, 座敷を, 庭に, 庭の, 廊下に, 建て工合, 弁舌家が, 引つこんだ家, 形式を, 役, 役人が, 御けらいが, 御首尾, 必要, 怖ろ, 性格を, 恰好な, 悪い方, 悪い男, 悪くない, 悪くなっ, 情緒が, 意で, 戦場は, 捏土だ, 文句だ, 文庫本の, 料理で, 料理屋が, 斜平な, 斜面の, 斜面は, 方が, 方は, 方も, 方向に, 旅館であった, 旅館として, 日の, 日よけに, 日当たりの, 日暖かに, 日本書を, 旧い, 明り障子に, 明るい小綺麗, 明るさ, 映画な, 映画を, 時間である, 暗く寒い四疊半, 書き方だ, 書斎は, 朧月である, 木が, 本です, 材料で, 条件に, 松茸日和で, 枝に, 椅子に, 様子が, 様子など, 模様が, 横六畳で, 機会であった, 段丘の, 気の, 水性な, 水車番, 沈下を, 沢に, 注文が, 注文を, 洋室に, 洗濯日和, 淡暗い電信取扱口, 清浄野菜を, 温い処, 温かさ, 温泉が, 湿っぽい臭い, 濡縁に, 片側にだけ, 片側は, 牛飼い, 牛飼小屋も, 物である, 物ゆえいやしくも, 物品を, 特別席に, 特徴を, 特性を, 特殊な, 犯罪は, 狂言的人物な, 玄関には, 甘た, 甘藍白菜や, 用なども, 用に, 用にも, 用を, 男だ, 男だった, 男の, 男は, 男ばかりとは, 男よ, 留置場では, 番頭と, 異っ, 病床に, 病気なりと, 發明に, 白鳥の, 百姓が, 相手じゃ, 相談に, 相談にまで, 相談や, 真新しい目醒時計, 着物が, 知識だけで, 短篇も, 石地蔵が, 石段の, 石鹸クリームチックポマード美顔水ふけとりなどの, 礼儀は, 科学教育の, 秘密などを, 窓からは, 窓ぎはへ, 窓で, 窓なら, 窓には, 窓硝子に, 窓際に, 窓障子の, 笹舟を, 筆匠で, 箇条が, 箱の, 素人評であり, 素子の, 素晴らしい星空, 細長い窓, 経済の, 絵に, 絵の, 縁がはに, 縁さきへ, 縁で, 縁の, 縁側と, 縁側に, 縁側へ, 縁側を, 縁側近くに, 縁先には, 縁先一間半ばかりの, 縁座敷を, 美しい歌, 美人画を, 肯定は, 肱かけ, 肱掛け窓に, 腕時計を, 腰高窓に, 腰高窓には, 自分の, 臭味に, 興味が, 興味の, 興行物だ, 舞台だった, 船影は, 良い本, 良地図が, 芝居であり, 芝生の, 芸術映画歌麿や, 茶の間で, 茶は, 茶わん一里を, 蕎麦屋と, 藪からは, 藪に, 藪竹に, 衛生的装飾かも, 表情の, 裂屋だ, 裏二階で, 製造家は, 要領を, 規定関係によって, 観念で, 観念的私小説と, 角度に, 評判の, 詩歌で, 誰彼へも, 談判は, 豆絞りの, 豊かな, 赤い袖, 趣向は, 踏臺は, 身体の, 軽い御, 軽喜劇, 逆光の, 造作が, 道より, 違いさ, 遺物としての, 部屋であった, 部屋です, 部屋に, 部屋にでも, 部屋の, 部屋部屋, 都合かとも, 野郎が, 銀子さんや, 長四帖, 長四畳, 長屋窓を, 陶器を, 随分骨, 障子から, 障子からは, 障子には, 障子の, 障子を, 障子窓に, 隠れ家かと, 雑誌か, 雑誌や, 離室を, 雨戸の, 雨戸を, 雪が, 露台が, 露天劇場である, 露臺が, 面も, 靴だった, 頭から, 頭部を, 風景な, 飮料が, 高い四つ, 高台に, 高級バアの, 高臺故

▼ 向き~ (553, 18.9%)

93 なって 10 出来て, 立って 9 して, なった 6 できて, なったまま, 倒れて 4 なつた, 並んで, 坐って, 寝て 3 すわって, なると, 坐つて, 腰を

2 [18件] かかって, かけて, さしうつむいて, なったが, なつて, なりました, 仆れ, 何か, 坐り団扇, 寂しく立っ, 建てられて, 机に, 浮いて, 移る夕雲, 立つて, 置いて, 腰かけて, 顔を

1 [340件] あつて, ある多く, ある時, あんな下品, おあげなさい, おなりなさる, お針の, かえって来, かえる, かけた侍ひとり, かぶる, からっと晴れ渡っ, こしらえた一ちょうら, こしらえて, こしらえても, こときれて, ごろりと横, されて, したよう, した何十冊, した男髷, しつらえ雪, しなくては, しゃがみ七輪, しゃがんで, しよぼ, じっと横, すっと立った, するか, ずり落ちた褄, そういう質, その一点, その時分, そろえて, そろそろ歩い, ただ頷いた, ちゃんと小説体, ちょっきり結び, ついて, つくったらしくどの, つくった余程, つくった金物細工, つくんつくんしながら, つっぷして, つっ伏して, できたナンバースタンプ, できた一人, できてや, できてるもの, どっかと坐り込みました, なおり最後, なったおばさま, なったかと, なったの, なったので, なったはぎ野, なった一軒, なった儘, なった心, なった男, なった瞬間, なった肩, なった血色, なっては, なつたま, なつたら, ななめに, ならせる, ならないの, ならない限り, なり, なりながら, なりましたの, なりましたので, なりまして, なりましょうと, なります, なりビーカー, なり兩手, なり冷沢, なり大声, なり拝, なり歩いて, なり汗, なり素早く, なり雄, なる, なるお, なるなり, なるべく解り, なるん, なればと, ぬいで, のっぺりと, はなつてるけれども, ひつぱられるやうであつた, ひとり坐っ, ひょっこり現れ, ひろげるの, ひろ子の, ふすま, まだ俯, まるで関係, よこたわり少し, よその, わかり易く門下, イヤ味なく, ウケを, ガスが, クッションの, クレムリン城廓に, ジヤアナリストの, ズリ落し, ソロソロと, タミノと, トロッコを, トロツコを, ドッと, フシンしたけりゃ, ヘリコプターが, ワメき立て, 一席やっ, 一間の, 下がって, 両手で, 並びその, 丸卓子に, 主人の, 乱暴いたし, 云って, 人の, 人形を, 今も, 仕えて, 仕える中老松風, 仕掛けの, 仕込めるかも, 低く擴げ, 余裕が, 使用し, 係らず, 倒れたまま, 倒れた鉛筆, 倒れながら, 倒れ両, 倒れ頭, 停って, 備えて, 傾いて, 傾きまた, 傾き落ちて, 入って, 入るらしい, 凝視めて, 凭掛っ, 出来上った人, 出来上って, 刀の, 前へ, 動くはず, 勢揃いの, 勤めて, 十七八の, 半ば起きあがり, 双六巌に, 受付が, 口を, 右手の, 向き直ると, 命中する, 喰い込んで, 四つん這いに, 困る事情, 固く結んだ, 国の, 坐り込むの, 坐り込んで, 坐り針, 変える, 大あぐら, 大きな硝子窓, 大胡坐, 奉公する, 女中と, 孔有り, 安置された, 実を, 寝かされた死美人, 寝ころんで, 寝ると, 寢た, 寫眞の, 射し夕日, 小窓, 居坐り直って, 山々の, 島君殺しに, 崖下の, 崩打れた, 布團を, 干して, 廊下に, 弁明する, 引きさ, 引っ転, 彎曲する, 当てて, 彫らせる, 彼の, 御不安, 急ぎ下り, 成りましたの, 或は通俗的, 手を, 打倒れ, 折れて, 抱えて, 押して, 押し寄せて, 押し込んだ人物, 据えて, 据え露, 捻ぢ, 掛けて, 描きさ, 描き改められた, 撫で肩の, 改正しよう, 改造される, 改造し, 教育が, 斃れ, 日和下駄を, 明るくし, 曲がった先端, 曲る廊下, 書き直して, 書箱は, 束髪の, 椅子に, 椅子にかけて, 椅子を, 検査係が, 楓を, 横たわって, 横へ, 樹に, 次の, 正視し, 母屋書院小者部屋納戸玄関と, 気も, 水切りて, 水熊の, 水甕は, 汝を, 注文した, 深く夜具, 漆が, 瀬戸と, 火が, 火鉢に, 生れついた一匹, 生れとる事, 生れ附いただけ, 由布嶽と, 男二人は, 直され手, 直した, 直った, 眠って, 矢印の, 石地蔵を, 研究所の, 空車の, 突き落した, 突着けたですだ, 窓が, 立ちながら, 立ち止まる拍子, 立った, 立つ, 立てかけて, 立てられた小さな, 精製し, 置いたの, 考えこんで, 肩を, 脚を, 腰かけたまま, 腹がへ, 臥か, 臥た, 苦しんで, 草の, 落ちたところ, 落ちたの, 落ちた花, 落ち始めても, 葉子の, 葬りたてまつる, 蓋の, 行ったわけ, 衝突したであろう, 袖は, 裾を, 見える, 見物を, 設けられた八畳, 設備し, 赤い手柄, 走るコース, 起返っ, 趺座を, 蹲んでうまく, 蹴込み, 身を, 転がったの, 転げ落ちて, 近い, 迷って, 這出して, 通って, 造られたの, 遊んで, 遠く追分節, 郎党たちへ, 配置され, 金歯を, 長くなり, 開いて, 関係を, 雨戸が, 電車を, 露地口へ, 革の, 頸を, 飛行帽を, 飛騨に, 饒舌れ, 駆けるの

▼ 向き~ (271, 9.3%)

36 かえて, 変えて 13 かえた 8 変へて 7 変えた 6 変えると 5 かえると, 変えました 3 かえながら, 変えようと, 変へ, 變へ

2 [14件] かえたので, かえようと, 変えたが, 変えても, 変える, 変えること, 換えて, 換えながら, 換へて, 正直に, 直して, 變え, 變へて, 逆に

1 [115件] あべこべに, かえ, かえさせられもと, かえたかと, かえたつもり, かえたとしても, かえたよう, かえた一陣, かえなお, かえようとも, かえる, かえるごと, かえ主任, かえ二年三年, かえ人々, かえ何処, かえ内玄関, かえ周囲, かえ彼, かえ日浦坂, かえ月面, かえ相手, かえ矢, ぐっと変える, しちっくどく, すっかりよく, ずらずら, どうして捩, モデルに, 乞う白い, 互い違いに, 代えた為, 代えて, 代える, 佞臣輩に, 保護する, 勤めて, 南西に, 博士の, 反対に, 口実に, 右に, 変えさせて, 変えずお, 変えずに, 変えたくらい, 変えたその, 変えたと, 変えたトラック, 変えた時, 変えた笛六, 変えちょっと, 変えながら, 変えゆっくり, 変えるか, 変えるたび, 変えるとき, 変えるところ, 変えるなど, 変えるの, 変えるのに, 変えるよう, 変える曲芸, 変える毎, 変えベンチ, 変え与吉, 変え両, 変え再び, 変え四辻, 変え始めた, 変え始めて, 変え暗い, 変え梅, 変え決闘場跡, 変え湿った砂, 変え終ったと, 変え間隔, 変じて, 変じ道路, 変へたり, 変へてから, 変へる, 定めずに, 意味する, 据えると, 探って, 換えさえ, 換えさすと, 換えさせられて, 換えたり, 換えなかった, 換えられソラ, 換えると, 換えるなり, 換えるの, 換た, 改めて, 更へる, 標榜する, 横に, 注意し, 生じたの, 目当てに, 直しはじめた, 直し近付く前, 示して, 自分の, 見りゃあ, 語るもの, 説諭し, 變えた, 転え, 違えた際, 願ったので, 願った以上

▼ 向き~ (243, 8.3%)

36 しないで 18 しなかった 17 せずに 12 しない 9 ある 8 あるが 5 しないの, せんから 4 あつた, ありますが, あるかも, あるよう 3 あった, あったが, しなかつた, ないで 2 あったよう, あって, ありさ, ありましたが, あるらしい, あろう, あろうかと, しなかったの, 思う程

1 [87件] あったけれど, あったそう, あったらしいが, ありその, あります, あり水木由子, あるくらい, あること, あるし, あるという, あるので, ある位, ある様, あれど, あれば, いいに, して, しないと, しない村田, しない氣, しない背中, しなか, しなかったあたり, しなかったが, しなかったこと, しなかったわ, しまい, しません, しませんでした, せず, せずいった, せずすたすた, せずつい, せず一言, せず体, せず急ぐ背, せず横目, せず残り, せず源叔父, せず物臭さうに, せず相, せず知らぬ貌, せず突ッ, せず第, せず答え, せず答える, せず蓮華寺, せず走つて, せず長い, せず馬, せず駒, せず鴈治郎横丁, せず默つて, せで行過ぎんと, せぬ彼, せんで, できなかった, なきにし, なしとは, またちがっ, 一二軒あった, 亦ち, 出来たという, 多いと, 多いの, 多いので, 多かった, 多く出, 察せられて, 少くなかつた, 少しちがっ, 少なくない, 少なくなかった, 巧くゆこう, 幾らか詰まっ, 扮え, 持ても, 方角も, 有るって, 楽に, 決して少なく, 白, 直さず濃く, 移動させ, 種々なるべけれ, 西山町通りに, 返事も

▼ 向きながら~ (95, 3.3%)

7 歩いて 4 言った 3 云った 2 それではお前, 彼女の, 手綱を

1 [75件] いった, うなずきました, おかしく流盻, ここへ, しきりに自分, そう云った, そっと額, その恐ろしく, ないた, ふわりふわりと, ぷいと向こう, よそ行きらしく, ろんじだの, わたしに, スルスルと, 一刀浴せる, 両手で, 二服とは, 云って, 今に兄, 前へ, 又口笛, 口に, 同じ無関心, 声を, 安印章を, 小さく呟いた, 小さな声, 少し慄, 尿しおる, 左肩を, 己れ, 帯の, 帽子の, 急いで, 悄然と, 悲しいよう, 打微笑み, 拭巾で, 撫でつけた襟足, 日ざし, 時々微笑, 暗闇の, 林之助を, 構え直そうと, 泣いて, 浅吉が, 無暗に, 煙草を, 煽ぎ消すやう, 物々しい声, 石段に, 石門の, 答えた, 義理と, 義経の, 考えて, 考え込む様子, 耳の, 聞いて, 腰を, 腹の, 自分の, 苦しそう, 薪を, 街路樹の, 語を, 車夫は, 返答した, 頤で, 頤髯の, 頭の, 髪の毛を, 黒く積んだ, 鼻で

▼ 向き~ (64, 2.2%)

3 多い 2 あちこちに, あるかも, それて, よかった, 変って, 多いの, 少し西

1 [47件] ある, あるが, あると, あるよう, あんまりちがっ, いいか, いいと, お有り, しません, そろつて, ちがって, ちの所を, どう変る, ないでも, ひとりでにさうな, ふえ田丸浩平, まだある, ようございます, スッと, ソレ以来激増し, 一つ置き, 出来たの, 北に, 変つて全然, 変らねえと, 変ると, 多いらしい, 多かった, 多く国内的, 定まらないうち, 少し変っ, 少なからぬ, 少なくない, 張り過ぎるなら張り過ぎると, 彼の, 思わしくないので, 悪いので, 方々に, 甚だ多く, 異って, 異なって, 私の, 立たなくなるという, 西南に, 違いますぜ, 違う上, 違つてゐる

▼ 向き~ (57, 2.0%)

2 ござります

1 [55件] あつた, こちらも, このままバック, ござりまし, せっせと縫っ, せつせ, そこに, その例迥, その方, それも, たくさんだ, なぜなら, ね草履, はなはだむつかしい, よほど得失, 一見怪しい, 三ヶ日間ネズミと, 三人が, 三分の二ぐらいまでの, 主人の, 事務室は, 仄暗く, 何の, 北は, 同じ古, 土地の, 字を, 安直な, 寒いばかり, 嶮崖に, 広い床の間, 戸の, 文字を, 日あたりが, 日当りが, 昨夜の, 本として, 染井の, 物を, 玄也の, 用の, 相向つて, 確かに, 素通りで, 紺地に, 結構である, 膳の, 見えな, 話しかけました, 調子が, 陽が, 雲の, 震えつづけて, 顔は, 高くなく

▼ 向き~ (51, 1.7%)

2 のか, のである, のを, 住みかは

1 [43件] ことおよび, ことで, ところかも, の, のかも, のさ, のだ, のでしょう, のでよく, ので小林秀雄, ので表情, ので軒端, のは, はつた, ほりいきなり, ほりながら, んだ, んです, 三間位な, 人物では, 人間じゃ, 仕事は, 例証を, 商店の, 四囲の, 女に, 學問で, 心で, 憤激の, 戦態を, 所を, 時に, 晩, 晩を, 温泉場医者である, 獰猛さが, 男だらう, 異性の, 精進を, 苦心努力に, 詩や, 話だ, 話は

▼ 向き加減~ (38, 1.3%)

4 になっ 2 にし, になつて庄兵衞, に下

1 [28件] で時たま, で通り, なのどか, に, にこう, にそろそろ, にちらつく, になった, にむらさき, によって三浦, にウソウソ, に人垣, に加奈子, に坐っ, に坐った, に室, に市街, に懐手, に歩き出した, に白い, に眼, に聳え, に莞爾, に雪, に首, のなだらか, の一男, の就中

▼ 向き~ (34, 1.2%)

1 [34件] いかがでござる, いささかなり, この, しなかったが, しませんか, そうなっ, ひと先づ遠慮する, まるでそんな, ゆめゆめ廃物利用, 上, 不利と, 世間知らずの, 何です, 何方であっ, 俯向きながら, 同じな, 味方ばかりと, 困難の, 固より, 変へ, 大目附役大, 女房関白の, 実に堅い, 実に暖かく, 少し横, 新調の, 楽でなかったらしい, 済みましたが, 病気で, 知れて, 筑前切っ, 納まりましたが, 苦しそう, 障子の

▼ 向き~ (32, 1.1%)

7 つた 3 ひに 2 ひにな, ふ, ふやう

1 [16件] つたやう, つて, にその, はした, はせた, はせて, はなけれ, はね, ひて, ひ頭, ふこと, ふて画いて, ふとスカート, ふとポツポツ語り出した, ふと表, ふ位

▼ 向き~ (31, 1.1%)

2 見玉

1 [29件] お貞, しからば, そと, ネクタイを, 上を, 何とも, 坐り先づ首桶, 子鴉, 宙に, 床の, 往來を, 往来を, 後退さる, 思わず門, 時計を, 暗澹の, 来る, 横様に, 犬ゐる, 睨みぬ, 空を, 立つ, 立てる一人, 答へ, 膝の, 見せたま, 覚めながら, 長ぜむ, 飛びいでます

▼ 向き~ (30, 1.0%)

4 つて 2 つた時には, つて言つた

1 [22件] つた和尚の, つてあの, つてからだを, つてそして, つてそつと, つてち, つてぼそぼそ, つてタンカを, つてレクトリウムの, つて唇を, つて喋舌つた, つて小生意氣に, つて巨摩の, つて持前の, つて挨拶しよう, つて来た, つて欠伸の, つて煙管を, つて珍らし, つて老人に, つて聞いた, つて見る

▼ 向き合つて~ (27, 0.9%)

2 ゐた, 坐つて, 立つて

1 [21件] もしくは掴み, ゐなければ, ゐました, ゐる, ゐるので, ゐる加茂川べり, ゐる時, ゐる横門, ゐる滝尾, ゐる間, ゐる隅, をります, 乗ること, 互に沈默, 勝つ神, 坐つたが, 坐つたり, 嬉しいやう, 立つた太田, 見ると, 跼んでゐた

▼ 向き~ (20, 0.7%)

32

1 [15件] から冬, から耳, から講義, から面, がおれたち, が非常, とかいや, とか子供, との吉田さん, と云う, と単純, と喜ん, な, のう, わ

▼ 向きがち~ (18, 0.6%)

1 [18件] だった, であって, で生きた飾り物, なので, な彼女, な時, にあえぎ, にし, にゆられ, に令嬢, に広縁, に摺れちがっ, に歩い, に母, に私, に野, に髯, のもの

▼ 向きにな~ (17, 0.6%)

2 つて

1 [15件] つてあかんべえを, つてゐた, つてウトウト, つてスヤ, つて兩脚を, つて居つ, つて怒つ, つて昨夜から, つて書棚の, つて眼を, つて硝子戸に, つて立つ, つて蝋燭に, つて頭の, つて髮の

▼ 向き勝ち~ (17, 0.6%)

4 に歩い 2 に歩き始めた

1 [11件] にいった, にとぼとぼと, にぼんやり, に帯, に急い, に歩, に歩む, に薬師堂, に辿っ, の小, の顔

▼ 向きでは~ (15, 0.5%)

2 ない, ないが

1 [11件] あろうが, これが, ないと, なかった, なくなる, レペル先生というも, 外では, 始まりま, 御座るけれど, 猶何, 見懸人

▼ 向きには~ (14, 0.5%)

1 [14件] いっさい眼を, かれい類中の, どうあろう, なって, もてはやされたもの, スマートすぎる, 一こう, 一等重要な, 人の, 姪にあたる, 干さない, 自分の, 詩歌は, 頗る鋭利

▼ 向きそう~ (13, 0.4%)

2 もない, もなかっ 1 でいて, なもの, なもん, なチャイコフスキイ, な職業, になる, もありません, もがいんな, も無かっ

▼ 向きでない~ (13, 0.4%)

1 [13件] かも知れない, からと云う, かを一考, ことに, ことを, ということ, ところへ, ね, やうである, ようで, エナメル靴を, 定食の, 諸君は

▼ 向きあつ~ (12, 0.4%)

3 てゐる 1 たその, たもう, た岡, ておし, てゐた, てシガレット, て知る, て鍬, て食事

▼ 向き~ (11, 0.4%)

1 [11件] いうのに, いうべきですが, いえんこと, して, 云えなかった, 云って, 人気が, 印しが, 早さ, 見えますから, 見なされて

▼ 向き~ (9, 0.3%)

2 つてゐる 1 つてゐます, つて小さい, つて行儀よく, と叫ん, ひゐたり, ひ畑, ふとまた

▼ 向きざま~ (9, 0.3%)

1 といふ形容, に灰, に衝, に面, ふた声三声, わがか, わがかお, 周章てた形, 撲ったり

▼ 向きという~ (8, 0.3%)

1 いい娘, ところが, ところで, よい天気, わけです, スローガンを, 女が, 家です

▼ 向き~ (7, 0.2%)

1 うでありますけれども, うですが, うも, うもない肌合, う言, へしなけれ, へすれ

▼ 向き~ (7, 0.2%)

2 果して名文, 進行を 1 お土産, 申し上げた, 訴人いたす

▼ 向きから~ (6, 0.2%)

1 いろいろの, ご注文, 下々への, 照し出され, 表彰された, 近郷近在の

▼ 向きつつ~ (6, 0.2%)

1 あること, 一室の, 歩いて, 歩みだした, 蟲を, 降って

▼ 向きなおる~ (6, 0.2%)

21 とすたすた, となんとも, と切長, のを

▼ 向きをかへて~ (6, 0.2%)

1 にやにやし, 元の, 再び鳩舎, 竹藪の, 邦人相手に, 階段を

▼ 向き~ (6, 0.2%)

2 で豆腐屋 1 であった, で癖, に佇ん, に話し続けた

▼ 向き~ (5, 0.2%)

2 岩の 1 はし須臾に, 困りなら何, 岩

▼ 向きじゃ~ (5, 0.2%)

1 ありませんか, ない, ないか, ないと, ないよう

▼ 向きたる~ (5, 0.2%)

1 わが顔, 人の, 方へ, 若衆の, 面構へは

▼ 向きである~ (5, 0.2%)

2 が昔 1 からこれから, かを不思議, という宣伝

▼ 向きとは~ (5, 0.2%)

1 いかなる謂, およそ反対, 何んな, 反対の, 言えぬ登山

▼ 向きにて~ (5, 0.2%)

2 師走の 1 日あたりよし, 日あたり好く, 日あたり悪しく

▼ 向きにも~ (5, 0.2%)

1 いれられたの, 往々誤解, 行かない, 軍議にも, 郊外風の

▼ 向きへは~ (5, 0.2%)

1 よしなに旅途, 出入りを, 執事の, 貴女から, 道誉が

▼ 向きあい~ (4, 0.1%)

1 に立つ, の位置, の桶板二枚, 楽しき夕餉

▼ 向き~ (4, 0.1%)

1 かつた, はりされる, へるといふ, 知らずに

▼ 向きかげん~ (4, 0.1%)

1 にし, にそつ, に人, に肩

▼ 向きかも~ (4, 0.1%)

1 しれない, 知れない, 知れないが, 知れませぬ

▼ 向きその~ (4, 0.1%)

1 上の, 木と, 男の, 翌日おかみが

▼ 向きそれ~ (4, 0.1%)

1 から二人, から次ぎ, を八一ねえさん, を少し

▼ 向きなおり~ (4, 0.1%)

1 ドアを, 玄関に, 窓から, 赤いトルコ帽

▼ 向き~ (4, 0.1%)

1 お屋敷方, がれ, 展覧会を, 距離を

▼ 向き合せ~ (4, 0.1%)

2 に端坐 1 ておい, はかつて

▼ 向き~ (4, 0.1%)

1 から来る, ならそれ, を変更, を變更

▼ 向き次第~ (4, 0.1%)

1 その時, だから, であるか, 御気分

▼ 向き返り~ (4, 0.1%)

1 千枝子の, 平和な, 自分の, 部屋の

▼ 向き返る~ (4, 0.1%)

1 とくすくす, と男, と私, と静か

▼ 向きかえり~ (3, 0.1%)

1 ながら, ながら加賀家外, 土間に

▼ 向きかは~ (3, 0.1%)

1 つた, つて日が, 聞きもらした

▼ 向きこちら~ (3, 0.1%)

2 向き飛び飛び 1 を向く

▼ 向きだった~ (3, 0.1%)

1 からぱッ, のか, ので三日

▼ 向きてか~ (3, 0.1%)

3 妹が

▼ 向きであっ~ (3, 0.1%)

1 ても而, て可逆的, て新聞紙向き

▼ 向きでも~ (3, 0.1%)

1 ないから, 変ったなら炎, 変つたなら

▼ 向きなお~ (3, 0.1%)

2 つた 1 つてまるで

▼ 向きなおっ~ (3, 0.1%)

1 て, てけわしい, て暗

▼ 向きなおろう~ (3, 0.1%)

2 とした 1 とする

▼ 向きなほつて~ (3, 0.1%)

1 とぼけた顔つき, ゐたり, 戻つて

▼ 向きなほる~ (3, 0.1%)

21 ところが

▼ 向きもう~ (3, 0.1%)

1 ひとつは, 一度目を, 一方は

▼ 向きをかへ~ (3, 0.1%)

1 た, なかつたならば, わたし等を

▼ 向き~ (3, 0.1%)

1 しも十七八, の身, まで私

▼ 向き八幡宮~ (3, 0.1%)

1 があった, の前, へも寄らなかった

▼ 向き~ (3, 0.1%)

1 になっ, は東, を女

▼ 向き返っ~ (3, 0.1%)

1 てスタスタ, て室, て彼

▼ 向きかわる~ (2, 0.1%)

1 と思いがけず, ように

▼ 向きここ~ (2, 0.1%)

1 に要求, は極楽

▼ 向きさえ~ (2, 0.1%)

1 あるよう, すれば

▼ 向きさっさと~ (2, 0.1%)

1 其処を, 斜めに

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 ながら歩いた, 方へと

▼ 向きそろそろ~ (2, 0.1%)

2 と歩き出す

▼ 向きだけが~ (2, 0.1%)

1 ちがって, 縁に

▼ 向きとして~ (2, 0.1%)

1 なかなか評判, 珍重される

▼ 向きなすっ~ (2, 0.1%)

1 ちゃア, て

▼ 向きなせ~ (2, 0.1%)

1 えな, えよ

▼ 向きについて~ (2, 0.1%)

1 うるさくいろいろ, 長時間眺め入り思いを

▼ 向きにでも~ (2, 0.1%)

1 依頼に, 少しでも

▼ 向きまた~ (2, 0.1%)

2 或る

▼ 向きまで~ (2, 0.1%)

1 弟直義に, 誹謗しおった

▼ 向きもしくは~ (2, 0.1%)

1 西向きの, 西向の

▼ 向きらしく~ (2, 0.1%)

1 名古屋より, 学生の

▼ 向きケッコウ~ (2, 0.1%)

2 突然男

▼ 向き一方~ (2, 0.1%)

1 は横, をやり

▼ 向き両手~ (2, 0.1%)

1 で顔, に顔

▼ 向き主人~ (2, 0.1%)

1 が亡くな, の世話

▼ 向き乍ら~ (2, 0.1%)

2 歩いて

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 でもない, にもなかっ

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 は一人旅, を見つけ

▼ 向き出し~ (2, 0.1%)

1 に笑顔, の洋服

▼ 向き合つた~ (2, 0.1%)

1 となる, 如く誠吾

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 に喉, へると

▼ 向き尖り~ (2, 0.1%)

2 口し

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 の手, へ向いた

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 に持った, を曲げ

▼ 向き斜面~ (2, 0.1%)

1 で幻像, で黒沢口九合目

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 えた, へた

▼ 向き時々~ (2, 0.1%)

2 ふふん

▼ 向き~ (2, 0.1%)

2 の木

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 のきいた, を附け

▼ 向き煙草~ (2, 0.1%)

1 にまぎらせ, をくゆらす

▼ 向き落首~ (2, 0.1%)

2 の種

▼ 向き西~ (2, 0.1%)

1 と北の方, のもの

▼ 向き返った~ (2, 0.1%)

1 が横風, 中村に

▼ 向き返り駆け出し~ (2, 0.1%)

2 そうに

▼ 向き釣眼野狐うしろ向き~ (2, 0.1%)

2 尖り口

▼ 向き青い~ (2, 0.1%)

1 海を, 煙を

▼ 向き飛び飛び~ (2, 0.1%)

2 てまた

▼ 向き~ (2, 0.1%)

1 をかしげ, 垂れて

▼1* [313件]

向きあぐらをかい, 向きあさ子はまくし立てた, 向きあそばすよう, 向きあって坐っ, 向きあった真中の, 向きあまりやらないやはり, 向きあり生駒なども, 向きありとあらゆることにおいて, 向きある者は, 向きな垂れ, 向きおうて居る, 向きおもさうに地上に, 向きおれが考へたい, 向きお前だ, 向きかけて来, 向きかけるやうな, 向きかたはその, 向きかへさせぬ御, 向きかわって闊達, 向きかわり先に立っ, 向きがかはつてこんどは, 向きがちあたりはお, 向きこっち向く度, 向きこの二つの, 向きこまるからかわり, 向きこれでお, 向きこれからすぐしなければ, 向きさうな良い身體と, 向きさうになったり, 向きさっきからそこ, 向きさて笛を, 向きさまに髪, 向きさ良心にちと, 向きざまひょうっと鉄箭, 向きざま中腰に二三歩, 向きざま掌に掬い, 向きざま馬上から鉄, 向きしだいに興, 向きしだい予定の狂う, 向きしなに人力車夫, 向きじっとその顔, 向きすっかり逆帆, 向きずいぶん困難であっ, 向きそして言った, 向きそのままで果皮, 向きたまえそうじゃ, 向きためらひながら, 向きたる側に安倍ヶ城, 向きたれば立, 向きだけでなく釜屋, 向きだろうと想像, 向きっきりになり, 向きつつも千鶴子の, 向きであり新劇専門家の, 向きでありませんからお客様, 向きであれば研究的, 向きであろうが一向, 向きですから, 向きでなかったのかといふ, 向きでなく繊細すぎる, 向きでなければ屹度東向き, 向きでの尽きない悲嘆, 向きといったにしても, 向きといふ事は, 向きといふものぢや, 向きとしての格相応な, 向きとやらを一人二人世話する, 向きどういう理由を, 向きなおった拍子に, 向きながらとぼとぼとお, 向きながらもそのまま一散, 向きなどでは正室の, 向きなどということを, 向きなどにはかえってこの, 向きなどはなお私, 向きなほつたが冨子, 向きなほつたときには狐, 向きなほつてわたしたち二人の頭, 向きなほつて云つた正文の声音, 向きなほつて皮肉を云, 向きなほつて言つた, 向きなほつて言葉をつづけた, 向きなほつて語をついだ, 向きなら四五日も, 向きなる精進を, 向きなれど通例, 向きにかの神秘の, 向きにねぢむけられ, 向きにのみ進行する, 向きにぶツ倒れた, 向きによつては, 向きによって頭の, 向きに対しても自から別, 向きのみで勝敗が, 向きばかりにはいかないもの, 向きばたばたばた, 向きひとに言われ, 向きひとつは左, 向きひとりでバス, 向きへも考えが, 向きぼんやりした眼, 向きむきに横たわっ, 向きむつつり口を噤ん, 向きむ子神近市子平塚明子又は武者小路夫人, 向きやうで小べり, 向きやがて下の, 向きやっぱり窓外を, 向きゆえ御大家, 向きゆるゆると歩い, 向きでなけりゃ迫害, 向きようで一目, 向きよう一つで彼ら, 向きよう次第で待たね, 向きより主として支那向き, 向きらしい窓から, 向きをかへる, 向きをかへてよけて行かうと, 向きアンナは, 向きスポーツ好みの短靴, 向きてば, 向きツ切りであつ, 向きハンカチを額, 向きヒューッと何, 向きプッと口, 向きライタアらしく従って, 向き一つの男, 向き一人二人の客人, 向き一匹は逆さま, 向きけを換え, 向き三階の楼, 向き刃は, 向き下婢に何, 向き不動様を信じよう, 向き不向きのある, 向き不如意のため, 向き不用のもの, 向き両方へ前後, 向き乍らトボトボと歩い, 向き乍ら下駄の歯, 向き乍ら考へ込ん, 向き二階の八疊, 向き人間の方, 向き今上って来た, 向きしたる銀杏, 向き低い声で, 向き何かと不自由であろう, 向き何事をかしきり, 向き作品としてはあまり, 向きの大, 向き俯伏になつ, 向きは上, 向き僕らは体, 向きの文帝, 向き八五郎をやつ, 向き其処が壁, 向き具合と自分, 向き内臓をしぼっ, 向き円陣は一部分回転, 向き写真よりも上, 向きを差し付けた, 向き前垂をぎりぎり, 向き加多を見る, 向き加減前髪の冷た, 向き千人に適う, 向き地に, 向きの手, 向き右腕で両, 向き吃驚した様子, 向き合つた二つの層, 向き合つた儘幾皿かの料理, 向き合つた儘葛の葉を吹き返す, 向き合つた処にゴロロボフ, 向き合つた南側の前庭, 向き合つた場合勝は多く, 向き合つた壁と其両翼, 向き合つた末最後に椎茸, 向き合つた石段をおり, 向き合つてそれが三組, 向き合つて一しよに, 向き合つて一二尺の眼前, 向き合つて一刻前の話, 向き合つて五哩か六哩位, 向き合つて他人入らずの, 向き合つて何か話, 向き合つて夜の更ける, 向き合つて横顔の赤い, 向き合つて煖炉の側, 向き合つて眞面目な顏, 向き合つて腰を掛け, 向き合つて英國の先帝陛下, 向き合つて酒などを酌み交す, 向き合わせを見る, 向き同時に駕籠の, 向きひ, 向き呻くように, 向き哀れな状態, 向き商品として南あめりかあたり, 向きを開, 向き焼く煙, 向き墨斗の紐, 向き変りたらし引き, 向き外務省向きであって, 向き外套の下, 向き大声で教え, 向き天下第一, 向き夫婦同樣, 向きのおしり, 向き女中ボーイ下男等々全部で二十五人, 向き女人向きなどにはかえって, 向き女房が, 向き好くなりぬ帆, 向き如何なもの, 向き姦通とか誘拐, 向き客二を見る, 向き客貨物船だった, 向き市街の真中, 向きの上, 向き店賃が三つ, 向き形膝を折っ, 向き彼独特のおさえつけた, 向き後頭部を後, 向きで衆中潛, 向き思はずほつと肩, 向き思わずほっと肩を, 向き怪しいのが, 向き手の甲で眼, 向き向きし, 向き支那的の絵, 向き斗満の清流, 向き方ひとつで生涯, 向き早口にごく, 向き易い關東地方に, 向き易かった, 向き映画特製論を検討, 向き暫らく涙に沈み居たる, 向きえるまでの, 向き更らせ皆, 向き最も不利な, 向き最後同じく君, 向き木々のかなしく, 向き本当ですかと, 向き材木積める空地, 向き案排もしくは向け具合, 向きか草香君, 向きに, 向きになる, 向きの咒文, 向き次に他の, 向き次第あちらこちらと歩き廻っ, 向き次第いつでも上ります, 向き次第どこへでも勝手, 向き次第国々を流し, 向き此処に示す, 向き毛糸の長, 向き気圧は急, 向きのきいた, 向き炊事道具をコトコト, 向き物語の中, 向きにぶつ, 向きは左, 向き田之助全盛の時流, 向きの円, 向き百般の事, 向きなわかりやすい, 向きが揃っ, 向き知らざる様, 向き淵訓に, 向き瞬きを繁く, 向き短尺物なぞを作る, 向き社務所へ向かっ, 向き祝福するよう, 向きの胸, 向き稍暫らく凝ツ, 向き立つて歌垣, 向き美しく髪を, 向きある飛揚, 向きつくばかりの, 向きを舒, 向きを組み, 向きの上, 向き自動車の背, 向き苦しそうに, 向きの氣, 向き要するに私にと, 向き見れば妾, 向き荷物人足五十二人赤陣羽織を, 向きへた, 向き變つて行くか, 向き赤いダリアの, 向きを折りかがめ, 向き身体をかがめ, 向きえると, 向き込みそろそろ頭, 向き込んでいた, 向き返り打ち合せをはじめた, 向き返ろうとした, 向き通しの疲れ, 向きつた, 向き遜り彼女の, 向き金時の火事, 向き鏡面に行進, 向き間昼のよう, 向きにまぎれ, 向き随筆のよう, 向き隠居所を三間, 向き雀紫蘭の蔭, 向き静かに筆, 向き面影やややつれたれ, 向きをいま圭介, 向き食物の事, 向き黙々として声, 向き黙って唇, 向きを二つ三つ