青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「卒業~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~半ば 半ば~ ~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~ ~卒業
卒業~
~卓 卓~ ~卓子 卓子~ 協会~ 協力~ ~南 南~ 南方~ 単なる~

「卒業~」 2609, 26ppm, 4500位

▼ 卒業~ (610, 23.4%)

17 ている 11 てすぐ, て今 10 て東京 9 てしまった 8 ていた, て就職 5 て, ていない, て来た 4 て何, て帰っ, て後, て研究科

3 [15件] てから今日, てから行く, てしばらく, てゐる, て先生, て国, て大学, て大学院, て家, て帰った, て暫く, て相当, て社会, て銀行, 京都の

2 [57件] てある, ておいた, てからこの, てからのこと, てからはしばらく, てからもう, てからも同じ, てからも英吉利語, てから一回, てから今, てから何, てから東京, てから東京目白, てから試験, てから長らく, てし, てしかも, てしまう, てしまふ, てそれ, てそれから, てどこ, てみた, てもまだ, ても職業, てやる, てゆく, てゐた, てゐない, て一年, て上級学校, て了つて, て二年, て以来, て働かない, て出た, て初めて, て司祭, て地方, て外国, て女子大学, て家事, て将来, て小六, て新進, て父, て牧師, て生理学, て直ぐ, て真筆, て見せ, て見る, て親, て間, て馬車, 東京帝大の, 簿記学校へでも

1 [346件] この年, この点インテリ芸人, すぐに, そのまま大学, それからずっと別に, それからは, たりといふ妹, たり中途退学, たり在学中, ちゃもう, てあと, てい, ていきいき, ていっ, ていました, ています, ていよいよ, てお, ておく, ておけ, ておらず, ており, てからあと, てからお, てからこれ, てからさらに, てからずっと, てからでもそれ, てからでも生活費, てからと云う, てからの一年間, てからの事, てからの数年間, てからの生活, てからはペン, てからは急速, てからは浅草, てからは経済, てからは語学, てからは謝恩的, てからもそこで, てからもキング・コレッジ病院, てからもモオパスサン, てからも尚, てからも私, てからデパートメント・ストア, てからファン, てからフランス, てからブリュン, てから一八五四年, てから一学期, てから一度, てから一高, てから三十七年, てから三年, てから上級, てから二年, てから以来, てから何処, てから先生, てから八日目, てから医局, てから台湾, てから困る, てから学校, てから学資, てから寺, てから少し, てから弘前, てから後, てから或, てから明治学園, てから村中, てから林, てから母, てから江戸, てから田舎, てから米国, てから色んな, てから衣食, てから西田天香氏, てから返す, てから間, てから隣り, てきた, てくる, てくれ, てくれた, てくれる, てここ, てことし, てこの, てご, てごろごろ, てしまい, てしまいました, てしまえ, てしまおう, てしまっ, てしまわなく, てじき, てずっと, てそこ, てその, てだ, てちょうど, てつまり, てといっ, てとひたすら, てどう, てどうやら, てのち, てふい, てぶらぶら, てまあ, てみる, てもこの, てもその, てもち, てもちっとも, てもやっぱりこんなに, てもらふ, ても七八年, ても大方, ても官員, ても就職, ても帝大, ても引きつづき, ても相, ても職業野球, てやがて, てをり, てドコ, てニュウ・メキシコ, てローマ大学, て一二年, て一人, て一同帝, て一度, て一時義塾, て一本立, て一本立ち, て一緒, て一週間, て一高, て七八年, て世に, て世の常, て中学, て九州, て九月, て了つた, て二三年親, て二人, て二年目, て二年間, て五六年, て京宝撮影所, て京都, て今年, て今年十九, て今日開業, て仕舞った, て以来足, て会われなくなっ, て何年, て例, て偉大, て僕, て元, て免許皆伝, て兎, て入った, て共同経営, て出京, て医者, て十三, て十年のち, て十年以上, て半年, て卒業式, て同じく, て名誉教授, て君, て商船会社, て四五年, て四五年後, て四十面相, て土百姓, て士官学校, て夙に, て大学病院, て大阪, て天国, て女, て女子大, て女流詩人, て学士, て安心, て官吏, て官庁, て家庭, て小学教員, て居ない, て山口高等中学校, て山梨県, て巌本さん, て左翼, て巴里市庁, て帰りました, て年寄った, て年寄つた父, て当, て当局, て役所, て御所, て授業時間, て文学士, て新聞記者, て既に, て日本, て日本橋, て旭川高等女校, て更に, て最早, て月給, て朝鮮総督府, て村, て来, て来い, て東大, て極, て正に, て此年十九, て母, て毎月, て毎朝妹一人, て毫も, て気, て活版屋, て渋江, て漂浪性, て独乙, て理化学研究所, て理科大学, て産婦人科, て田舎, て目下, て県庁, て県立, て社, て社會, て福岡, て立派, て第, て結婚, て縣立, て置け, て翌年, て翌年軍医, て職, て自分自身, て萬朝報記者, て薬剤師, て行くだろう, て行っ, て製造所, て見すべし, て話, て迷信婆, て銀時計, て間もなく, て阿, て雑誌社, て頭, て飽き, て高等女學校, て高等学校, て高等學校, て高等工業, て髯, て鳥居竜蔵博士, ながらまだ, ながら間もなく, に行く, ひとから, やがった, やがて日本, やはりました, クリミヤ地方の, 一つづ, 一個の, 一高へ, 世間にも, 中の, 九月には, 人工心臓の, 今は, 体だって, 北条の, 卒業と, 去る公ら日本, 司法省に, 同い年で, 同じ不安, 同七年, 大学へは, 夫人も, 女一通りの, 学校の, 学者として, 就職できず, 就職を, 就職口が, 就職口も, 山本有三久米正雄菊池寛は, 弟の, 当時ドイツ最大の, 当時農地解放なぞで, 後年浅草オペラで, 後朝鮮李王家の, 恩賜の, 教授と, 方々の, 日比谷公園へ, 本科生と, 来年三高文丙か, 欧米へ, 浜松中学校の, 浪花節語と, 海外へ, 現在に, 現在府下滝の川の, 直ちに日本, 翌年十四歳の, 翌年7月に, 職業婦人に, 背広を, 自分も, 農村小学校の, 送別会上級学校の, 電気部の, 高校の, 高等下宿の, 高等学校から, JO撮影所の

▼ 卒業する~ (360, 13.8%)

21 とすぐ 10 と同時に 6 ことが, と間もなく 5 気は 4 ことに, と直ぐ 3 と私, のだ, のでした, んだ, 前から, 前に, 前の, 少し前, 年の, 頃には

2 [22件] かしない, ことは, ことを, という, ということ, ともう, とアメリカ, と何, と家, と彼女, と東京, と町, と直ぐに, のである, のです, のを, はずの, までそこ, 事が, 間際まで, 頃から, 頃の

1 [230件] かあて, かという, からもう, から専ら, ことそして, ことだ, ことだけは, ことだけを, ことと, ことなんか, ことの, ころには, ころ仏壇の, し, しそしたら, し妹, し少し, すこし前, すらりと, ためには, という前, という場合, という年, といふその間, といふ見こみ, といま東京帝国大学, とかねて, とかれ, ときに, ときには, ときやめ, とき学校から, ところである, ところを, としない, としばらく, とそう, とそのまま, とぢ, とは私達, とまた, とまもなく, とベルリン, と一郎, と丸の内, と二人, と信子, と信濃川, と共に何, と共に大蔵省, と反物, と喜美子, と図, と圖, と大熊老人, と妹, と学友, と学費, と学資, と學校, と将校, と府立, と忽ち, と新聞記者, と時男さん, と江川夫妻, と浜崎, と海軍兵学校, と演劇研究, と男爵家, と番頭, と直ちに, と真理, と祖父, と練習艦隊, と自分, と自分一人, と自殺, と西洞院, と開成学校, と陸軍士官学校, と随筆読, と麹町辺, なり県庁, なり私, なんて, にせよ, には十年, に先だち, に相違, に至りし, のが, のさ, のであった, のと, のに一昨年, のは, のも, ばかりが目的, ばかりであった, ばっかりになっ, まで, まであの, までい, までいや, までぐらいはどうにか, までしばらく, までずっと, までつひ, までと思っ, までにしました, までにも四五年間, までに二回養子, までに二度, までに仕上げた, までに十六年, までの姉娘, までの永い, までの短期間, までの視, までの間, まではたまさか, までは見るであろう, まで一カ月, まで二十五年, まで何, まで北海道, まで実に, まで月々三十円, まで極貧, まで煙草, まで私等, まで約, まで続く, まで自分, まで解決, ものに, ものは, や, や一年, や僕, や否や活動女優, や軍隊, ように, よりももう, を見る, インテリの, 一つづ, 一年ほど, 一年半ばかり, 予定だ, 事の, 二三カ月前たしか, 二十四の, 人からの, 人が, 仕組みに, 優等生に, 六年生かも, 前々年同じ, 前将来は, 前年に, 前年の, 前彼から, 前後から, 前後には, 前後の, 前後二年あまり教を, 前後五六年の, 医学士の, 十七の, 半年前に, 半歳ばかり, 四年の, 大学部の, 女子部といふ, 娘さんは, 子供たちの, 少年を, 少年少女は, 年で, 年に, 年には, 年頃に, 度に, 後までも, 必要について, 折は, 方が, 日まで, 時から, 時その, 時だけにでも, 時に, 時には, 時は, 時も, 時分には, 時學校へ, 様に, 直前に, 私等を, 程度ぐらいまでは, 筈だ, 筈だった, 筈に, 筈の, 者には, 者の, 者は, 訳です, 訳にも, 譯にも, 貴女は, 迄この, 迄と思つて, 迄も其, 迄位, 迄月謝, 迄東京, 迄私, 迄首尾, 近くから, 運命を, 間近に, 間際の, 頃なく, 頃まで, 頃わたしが, 高等科の

▼ 卒業した~ (354, 13.6%)

7 のである, ばかりで, 年の 6 のは 4 人が, 十歳の, 者が 3 ことに, ばかりの若い, ものは, ような, 方が

2 [35件] からといっ, が私, ぐらいで, という一種, とかで, ときには, とき朝日新聞へ, とし, と云, のだ, のです, のを, ばかりだ, ばかりらしい, 二十三の, 作者が, 匂いの, 女が, 女学校の, 子供たちの, 学校の, 年に, 年よ, 後の, 或る, 時に, 時には, 時の, 田部は, 男の, 秋信輔は, 者で, 者即ち, 階級の, 頃は

1 [230件] あくる日, あとあとまで, あとで, あの勝子, お方と, か, かそこら, かたは, かと訊き, からこれから, からし, から地位, から結構, か否, がからだ, がこれから, がその, がそれ, が同窓, が東京, が理研, が登美子さん, が鉱山技師, きりの, くらいな, ぐらいの凡人, ことには, ことを, この従妹, ころにな, さ, しるしに, ためなにも, だけだ, だけで, だけであった, だけで家, ちゃんとした, ってこう, ってそれほど, ってそんな, って食う, つもりに, てというよう, と, ということ, というその, というで, という事実, という名題, という自覚, という風, といふ, といふ馬顏, といふ馬顔, とかいう, とか同人雑誌, ときの, とき一度だけ, とき私は, ところだ, ところで, としでした, とて一般, と云う, と思, と思っ, と思ったら, と思ふ, と聞く, と見え, と言っ, などという人々, なにがしに, のだった, のであった, のでありました, のでま, ので一族, ので大学, ので私, ので老人, ので貧しい, のと, のなら, のにお祝い, のみならず, ばかりかと思われる, ばかりだった, ばかりであった, ばかりです, ばかりのころ, ばかりの兄, ばかりの少女, ばかりの年, ばかりの年頃, ばかりの才媛, ばかりの文士, ばかりの時分, ばかりの東京, ばかりの法学士, ばかりの秀才, ばかりの経験, ばかりの親友, ばかりらしく, ばかり十九, まだうら若い, まひしかば, ままで, まま製糸工場の, もので, ものに, ものも, よりも私, わけです, わたしは, んだ, アグネスと, イギリス法学者とが, シューマンは, ソログーブは, タガンローグ中学校でも, フランス人と, フランス法学者と, ホヤホヤの, ミッション, 一知という, 主人の, 二十一年四月から, 二十三年の, 人です, 人も, 人三郎さんは, 人間なら取ろう, 以上は, 仲である, 仲間である, 先生は, 切り上の, 助教授の, 友人が, 友達について, 叡子さんを, 名誉ある, 四月から, 園部の, 士官である, 夏速水先生の, 多数の, 大人に, 大正九年は, 女は, 姉娘だけは, 娘たちは, 學課の, 官立の, 家出娘で, 専門の, 小ツル, 小学校が, 小学生が, 少年少女たちが, 少年少女たちは, 年で, 年位だった, 年父に, 当時が, 当時拵へ, 彼にとっては, 後には, 後二月目に, 後大正元年か, 後或, 或裁縫學校, 文学士の, 日の, 明くる, 春に, 春休みおばあ, 時かう, 時こう, 時は, 時代に, 時在学中の, 時始めて, 時彼は, 時此方へ, 時英語の, 時身体が, 暁に, 曉に, 本間さんの, 杉浦チカ子先生でした, 村人の, 村瀬よりも, 母校校友會に, 気丈な, 洋一は, 理学士, 生徒たちが, 生徒の, 生粋の, 男子と, 當時の, 知識階級の, 秀才の, 筈です, 米国の, 翌年の, 翌月には, 者か, 者だって, 者だつた, 者でなけれ, 者なら, 許で, 譲吉は, 通の, 金井湛氏は, 長男の, 陳煥章といふ, 雪子としては, 青年も, 青年文士の, 音楽家で, 頃から, 頃である, 頃であろう, 頃隣家の, 龍二と

▼ 卒業~ (143, 5.5%)

5 時に 3 後に, 後は, 日を, 時には 2 上は, 女事務員, 後も, 成績は, 日が, 日まで, 時の, 検定を, 直前, 資格を

1 [106件] ありがた味は, さしせまった富士子, ため四散し, できない発音, ときに, ときは, とき卒業式の, ひとたちが, ものは, 一人の, 一年前位からの, 上どう, 上採用される, 中には, 事務員らしい, 人が, 優秀な, 優等の, 兄と, 先輩としての, 免状を, 写真, 写真が, 出来ないよう, 出来ねえところ, 出来るもの, 券に, 前から, 前年に, 前年の, 半年ほど, 即ち結婚, 名誉を, 喜び初めて, 女子に, 娘らしい, 季節である, 学士などは, 学士に, 学校やらが, 宴会が, 家出娘で, 少し前, 少年が, 工学士で, 年で, 年に, 年の, 年も, 年中学校の, 年私は, 年迄, 当時考へない, 後, 後あちらこちら歩いた, 後これも, 後には, 後三田聖坂に, 後政党に, 後文学者の, 成績が, 成績さへよ, 成績だ, 才媛であった, 才媛である, 折には, 折は, 折郡長さんから, 文学士と, 新知識, 日は, 日も, 時が, 時だけ, 時は, 時びりから, 時も, 時恩賜を, 時期が, 時私は, 時迄, 曉に, 月より, 期を, 某女見習, 検定試験を, 永井嬢が, 理学士たる, 祝いの, 祝宴初めて, 祝辞を, 程度である, 程度の, 筈だった, 組である, 肩書の, 行き止まりが, 見込が, 見込みの, 記念として, 証書も, 論文を, 資格は, 間際まで, 際に, 頃十四歳の

▼ 卒業~ (90, 3.4%)

6 の時 4 の日 3 に於, のあった, の当日 2 がすん, といひ, の前, をもう

1 [63件] かはたまた, から優等, から受けた, か告別, がある, がこの, が来た, が正木先生, が済む, が終り, であります, といふもの, といふ事, とかいう話, とかのよう, となります, と同時に, などに臨む, なりしなるべし, にあたって陛下, における名士, にし, につらなった, には列席, には県知事さん, には知事さん, には間部福子, に例年, に先立っ, に出ません, に出席, に列, に列席, に大統領, に感動, に招かれ, に晴衣, に来ない, に歌, に演説, に盛られ, に臨み, に行き, に訓辞, のこと, のとき, の二三日前, の光栄, の写真, の折り, の演奏会, の演説, の生徒代表, の記事, の順序, は一年一回, は済んだ, も後幾日, をすました, をスッポカシ, を熾, を盛大, 且つ十五周年

▼ 卒業~ (85, 3.3%)

3 の就職 2 に控え, の志望, の自分, はどこ, は概してあまり

1 [72件] この極楽主義, しきりに女子大入学, しばらく東京, すぐさまアメリカ, すぐに, そろって, ただちに着手, であったが, どつ, には縫物, に佐賀県師範学校, に実社会, のこと, のインテリゲンツイア, の三年め, の二三年, の十数年間, の大切, の学究生活, の小生, の暁, の東京生活時代, の栄達, の生活, の結婚, の結果, の練習, の需要範囲, はいつ, はかなり, はもう少し, は上, は今, は依然, は教科書出版社, は獨逸, は直に, は算盤, は自活, は野村, ほとんど獨力, まだ間, までもいつも, まもなく早世, まもなく赤木桁平君, まる一年, もしばらく, もずっと, もやつぱり, もアグネス, もトントン拍子, も不断, も十年, も友達, も永く, も肩, 初めての, 初めて見つけた, 古社寺保存会, 尚お, 引続き今日, 或会社, 暫く目白, 東京に, 直に洋行, 程なく緒方氏, 若い文士, 間もなく, 間もなく三里, 間もなく千葉, 間もなく大阪, 間もなく結婚

▼ 卒業論文~ (51, 2.0%)

32 として責任内閣論, に, には, を書い

1 [40件] かなんか, が出来上れ, が英国, が賞, さ, で忙しく, として, としての点数, としてパス, として九大, として提出, としました, なぞも無論, などについても指導, なんかに呪, なんてなかなか, にて毎日ギュー, には乏しい, には余り類, には国史, にも彼, にも支那, によって今, に取りかかった, の仕度, の如き, の方, の銓衡, の題目, はカント, へとりかかった, もああ, も提出, をいよいよ, をよん, を書, を書き, を準備, を漸く, を讀み

▼ 卒業証書~ (49, 1.9%)

2 が貰えない, のよう, を授与, を握

1 [41件] があり, が三枚ヒラ, が二枚, が何, が出せます, が戴きたい, だけは懐中, と云つて, と共に, と四冊許, と通信簿, なるもの, の在処, の有無, の穴, はどう, は只, は得られた, は金色, まで入れ, も家, も検閲, も貰えなかった, をもらわない, を出せる, を取り出し, を受, を売っ, を得, を得る, を恩恵的, を懐き, を戴けませんでしょう, を手, を持っ, を握ったら, を机, を貰う, を貰えない, を貰つて, 握りて

▼ 卒業したら~ (47, 1.8%)

2 その日, 中学校へ

1 [43件] あそこへ, あたしたちだけで, いっその, いやでも, うちの, お前の, お嫁, お裁縫, こちらへ, こんどは, すぐ家庭, すぐ自分, すぐ間に合う, って待って, と彼, どうか出来るだろう, どうする, どこかへ, なるべくなら, はやく何処, もうあんた, 一度顔を, 伸とともに, 何に, 何を, 作を, 僕また, 兵隊に, 卒業したら, 国へ, 女が, 家の, 新しい鞄, 新は, 新子の, 朝鮮へ, 期限つきで, 次の, 母に, 直に洋行, 結婚する, 親爺の, 靴ミガキに

▼ 卒業~ (28, 1.1%)

2 したが, して

1 [24件] ありがたくも, いつです, お前に, かなり危ぶまれた, させられたものの, しなかったらしいが, しなかつたらしいが, すぐ目前, するか, できまいと, ともかくも, なるべく長引かせる, やや近づいた, 三十歳か, 二十七年に, 余よりも, 去年じゃ, 同時にまた, 少し困ります, 生涯に, 皆より, 確実である, 結構に, 許さぬこと

▼ 卒業~ (27, 1.0%)

4 して 2 前に, 待ち兼ねて

1 [19件] したいと, したの, したら早速, しました, すれば, そのまま其校, のばし次, またずに, 待たんですぐ, 待受けて, 控へて, 機として, 機会に, 目の, 祝うため, 美しく信じ, 軽蔑こそ, 送るに, 間近かに

▼ 卒業~ (26, 1.0%)

2 して, なる場合

1 [22件] いそいそし, ござります, だも, なった方, なって, なります, なると, なるので, なる次女, なれば, 仮及第, 先立って, 手が, 至るまでは, 近い上級生, 近い女学生, 近い時, 近い課程, 近かった, 近く電機技術師に, 近づきました, 間近く成っ

▼ 卒業すれ~ (24, 0.9%)

2 ばもう, ば働かね

1 [20件] ばあと, ばいくら, ばいや, ばかならず, ばご, ばそんな, ば何うに, ば修養, ば充分, ば天晴れ自ら何, ば奥様, ば幾年, ば引, ば引續, ば後, ば教育, ば是非洋行, ば本来, ば立派, ば銭

▼ 卒業~ (23, 0.9%)

1 [23件] がいる, が僅か, が外国語, であった, でありまた, であること, でなくては, という, についた, になった, の就職, の数, の職業別, はその, はもとより, は中学校, は大学, は自他とも, も文部, を五人我県, を出し, を採用, を求めた

▼ 卒業~ (22, 0.8%)

1 [22件] ある, いいながら, なる, 云うこと, 云ふ, 同時に二人, 同時に仙台, 同時に入営, 同時に兵隊, 同時に小さい, 同時に故郷, 同時に最後, 同時に東京, 同時に火の玉, 同時に直ぐにも, 同時に研究科, 同時に肺炎, 同時に高熱, 就職との, 私たちの, 言ふ, 高等一年修了の

▼ 卒業試験~ (22, 0.8%)

1 [22件] がすんだ, が可, が始まりました, が近く, が近づい, にある, にかかります, に受験学生一同, のせい, のため友人, の勉強, の少し, の時, の最中, の準備, の点数次第, はもう, は正に, もうや, も近づいた, を眼, を迎

▼ 卒業間際~ (22, 0.8%)

2 になっ, に肺病

1 [18件] だから, になった, になつて, になつて退校処分, になる, にふと, にもう, にモト子, に一人, に伝染, に先生, に放擲, のがっしり, の十四歳, の学校, の学生たち, まで完全, まで行つた

▼ 卒業しない~ (18, 0.7%)

2 うちに, から他, 二十五歳か, 前に 1 うちから, が試験, で諸, で退校, のかね, のであります, のは, 中に, 前から, 少年でございまし

▼ 卒業~ (17, 0.7%)

1 [17件] から自活, から話, だから, ですから, にし, にファイ・ベータ・カッパ, に千代子, に少し, に就職口, に岡倉先生, に発表, の一箇年私, の修学旅行, の四年級, の正月休, の法科大学生, 上京します

▼ 卒業程度~ (17, 0.7%)

2 のもの, の語学力

1 [13件] である, でもつとまる, で家督, に見せ, の娘, の学力, の学識, の學歴, の私, の者, の英語, を以て父兄, 乃至夫以上

▼ 卒業させ~ (15, 0.6%)

1 [15件] ていた, てくれた, てくれる, てもらいたい, てやった, て下さい, て亜米利加, て師範, て新しい, て月給, て貰った, またこの, 二人を, 別荘の, 卒業する

▼ 卒業~ (15, 0.6%)

2 しないうち

1 [13件] いつし, しないで, せぬ書生, だんだん近づいた, どうかと, 二年ばかり, 出来かねた私, 出来たのに, 待てずに, 見ないで, 間もなく来る, 間近に, 首尾よく

▼ 卒業しよう~ (12, 0.5%)

4 とする 2 とし 1 という前, といふ長男, とした, としてゐた, と心掛け, と心掛ける

▼ 卒業実験~ (12, 0.5%)

1 [12件] としてその, としてはかなり, としてやっ, として寺田先生, として湯本さん, にはこの, に三味線, に課された, も忙しく, をし, をする, を寺田先生

▼ 卒業しました~ (11, 0.4%)

1 [11件] か, から安心, から自分, がこの間, がこれから, がその, が三十二年, が是, が猶, もんです, 者が

▼ 卒業まで~ (11, 0.4%)

1 [11件] おあずかり, おあずかりいたしましょう, この二人, やって, 入れて, 大橋の, 引続い, 日本へ, 結婚を, 車で, 餓鬼大将として

▼ 卒業免状~ (11, 0.4%)

1 [11件] だったが, でも渡す, という奴, と一緒, をお, を力, を家中, を持っ, を持ッ, を見上げた, 乃至は

▼ 卒業~ (11, 0.4%)

2 まで船賃 1 だつた, ではある, に二十人以上, に当っ, に肺尖, に近い, の五年生, の庶務課長, の洋画科生

▼ 卒業~ (10, 0.4%)

2 できて 1 なんだ, 入学資格で, 出來, 恨めしいと, 条件で, 来月に, 父の, 迫って

▼ 卒業しなけれ~ (10, 0.4%)

2 ばならない, ばならなかった, ば彼 1 ばいけない, ばだめ, ば一人前, ば入れない

▼ 卒業したて~ (9, 0.3%)

2 の私 1 で教師, に悉く, のほやほや, の学生, の新, の理学士, の竹内平吉さん

▼ 卒業~ (9, 0.3%)

21 からあなた方, つたの, という間際, という顔つき, といふ時に, と云つて, と思う

▼ 卒業という~ (9, 0.3%)

2 時に 1 ことに, のであった, 全く清新, 肩書を, 触れこみで, 資格を, 間際に

▼ 卒業以来~ (9, 0.3%)

1 ずっと北海道, ずっと黒川先生, である, というもの, はぢめ, 引続き医薬, 絶えて, 逢う機会, 預けて

▼ 卒業出来る~ (9, 0.3%)

1 かと心配, ことを, という一時, と思った, のだ, のなら, のを, 筈な, 青年という

▼ 卒業させる~ (8, 0.3%)

1 ことが, だけの六年間, という請負, と学校, なんておれ, なんて己, ものなら, ように

▼ 卒業~ (8, 0.3%)

1 おめでとう, せう, ウラジオに, 卒業制作だけを, 土井は, 小学校程度のは, 母校の, 沢山と

▼ 卒業祝い~ (8, 0.3%)

1 か, さ, に呼ぶ, に是非一度, は已め, をする, を兼ね, を塵

▼ 卒業試驗~ (8, 0.3%)

1 と殆ど, に上成績, の優等證, の少し, の準備中, の爲, はもう, を控

▼ 卒業前後~ (7, 0.3%)

1 からいつ, からはその, からは其待遇法, に何, に読み, の向上期, の日記

▼ 卒業され~ (5, 0.2%)

1 てから十八年, て文学士, て美術学校, て間, 更に最高

▼ 卒業せず~ (5, 0.2%)

2 に南米, に終 1 に居る

▼ 卒業せられた~ (5, 0.2%)

1 かのどっち, ということ, のであります, のは, 方々である

▼ 卒業~ (5, 0.2%)

2 んです 1 のだ, のです, んだ

▼ 卒業なさる~ (5, 0.2%)

1 ことだ, とお針, とすぐ, と二十五六, 方々に

▼ 卒業制作~ (5, 0.2%)

1 だけを出せ, でどういう, についてほか, のとき, は画面

▼ 卒業製作~ (5, 0.2%)

1 なども何, なの, には還俗, の採点, の絵の具料

▼ 卒業さえ~ (4, 0.2%)

2 して, すれば

▼ 卒業したなら~ (4, 0.2%)

1 ばすぐ, ばただちに, ば一日, 父と

▼ 卒業せし~ (4, 0.2%)

2 ものなり 1 はただ, 頃なるべし

▼ 卒業です~ (4, 0.2%)

21 から本, から電信局

▼ 卒業までには~ (4, 0.2%)

1 まる一年, 一人前の, 十年も, 未だ間

▼ 卒業證書~ (4, 0.2%)

1 である, はたと, をほし, を貰つて來

▼ 卒業いたします~ (3, 0.1%)

1 お祝いに, から出ましたら, 者で

▼ 卒業させた~ (3, 0.1%)

1 だけで, のだろう, 上実家へ

▼ 卒業します~ (3, 0.1%)

1 とはっきり, と彼, と新制高校

▼ 卒業といふ~ (3, 0.1%)

1 土壇場な, 学歴の, 規則にな

▼ 卒業どころか~ (3, 0.1%)

2 てんで試験 1 一生経つ

▼ 卒業なされ~ (3, 0.1%)

1 て何, て博士, て見

▼ 卒業なすった~ (3, 0.1%)

1 のです, 方, 方が

▼ 卒業~ (3, 0.1%)

1 ぎはに, ぎわに, ぎわになって清三は

▼ 卒業までは~ (3, 0.1%)

1 あんまりその, わずかに, 何とか食える

▼ 卒業後郷里~ (3, 0.1%)

2 の父母 1 に帰っ

▼ 卒業~ (3, 0.1%)

1 によって経営, に対して職業紹介所, ばかりで出し

▼ 卒業~ (3, 0.1%)

1 にこれ, にと云っ, に同意

▼ 卒業致しました~ (3, 0.1%)

1 のです, のと, 時に

▼ 卒業致します~ (3, 0.1%)

1 と間もなく, のでそれ, 時で

▼ 卒業試問~ (3, 0.1%)

2 もある 1 が済む

▼ 卒業間近~ (3, 0.1%)

1 かになり, かの小学校, になっ

▼ 卒業あそばし~ (2, 0.1%)

1 たりし, てお

▼ 卒業おさせ~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ 卒業された~ (2, 0.1%)

1 文学と, 文学に

▼ 卒業される~ (2, 0.1%)

1 のは, んでしょう

▼ 卒業しち~ (2, 0.1%)

1 まへば, やつてる

▼ 卒業してやろう~ (2, 0.1%)

2 かと思っ

▼ 卒業しなかつた~ (2, 0.1%)

1 のは, ものらしい

▼ 卒業し得た~ (2, 0.1%)

1 のは, 位です

▼ 卒業せざる~ (2, 0.1%)

1 のみならず, 運転手の

▼ 卒業せん~ (2, 0.1%)

1 とする, とせし

▼ 卒業でき~ (2, 0.1%)

1 さうもない, そうも

▼ 卒業できた~ (2, 0.1%)

1 のだ, のにね

▼ 卒業できる~ (2, 0.1%)

1 かと思ひます, のじゃ

▼ 卒業でした~ (2, 0.1%)

1 かしら, がしかし

▼ 卒業なさっ~ (2, 0.1%)

1 てからずっと, て徴兵検査

▼ 卒業なすっ~ (2, 0.1%)

1 ても御, て何

▼ 卒業にも~ (2, 0.1%)

1 当らないよう, 試驗の

▼ 卒業までに~ (2, 0.1%)

1 きちきち一杯, 漕ぎつけました

▼ 卒業までも~ (2, 0.1%)

1 それは, 休みの

▼ 卒業やら~ (2, 0.1%)

2 卒業後に

▼ 卒業出來~ (2, 0.1%)

1 たのにね, るか

▼ 卒業出来た~ (2, 0.1%)

1 のが, のも

▼ 卒業席次~ (2, 0.1%)

1 がいちばん下, は

▼ 卒業当時~ (2, 0.1%)

1 の席次, まで引きつづき

▼ 卒業後そこ~ (2, 0.1%)

2 に教鞭

▼ 卒業後主人~ (2, 0.1%)

2 の紹介

▼ 卒業後半年~ (2, 0.1%)

1 ばかりにし, ばかり教育総監部

▼ 卒業後彼~ (2, 0.1%)

1 は一歩, をどこ

▼ 卒業後数年間~ (2, 0.1%)

2 の絵画

▼ 卒業後肋膜~ (2, 0.1%)

2 にいつも

▼ 卒業記念~ (2, 0.1%)

1 として悪筆, のお

▼ 卒業論文中~ (2, 0.1%)

2 の第

▼ 卒業論文銓衡~ (2, 0.1%)

1 の教授会議, の神聖

▼1* [199件]

卒業あと一年間の大学生活, 卒業ていた, 卒業いたしましたので彼, 卒業ごろから結婚, 卒業っしゃったサイエンス, 卒業さしてくれた, 卒業さした上更に, 卒業させたいものである, 卒業させでえと思った, 卒業させなければ七位, 卒業させられず少女時代から, 卒業されましたか, 卒業したかったんです, 卒業したつて何, 卒業したでしょうけれどもしかし, 卒業したらしい男です, 卒業したら成るべくなら東京の, 卒業したる者が, 卒業した愛する妹が, 卒業しちまえば, 卒業しちまってジャズ音楽, 卒業しちゃったのよ, 卒業してないんだ, 卒業してるね, 卒業しといて貰わない, 卒業しなかったのは, 卒業しまいと思っ, 卒業しろと云わない, 卒業し出した氏が, 卒業し得る自信を, 卒業し阿爺は, 卒業すべかりし私, 卒業すりや, 卒業するしないは別, 卒業するだろうそのとき, 卒業するであろうし自分, 卒業する乾いた雑布を, 卒業する気づかいはない, 卒業せぬでもかまいません, 卒業せらる方々に, 卒業せらるる方々を, 卒業それ以上の皆職業婦人, 卒業だったそうです, 卒業っていうんじゃ, 卒業であるが第, 卒業できないよ, 卒業できなかったので故郷, 卒業ででもあれば, 卒業ではどうにも, 卒業とともに直ぐ老成, 卒業とは名ばかりで, 卒業と共に比較的智識階級, 卒業なかなか勉強家で, 卒業なさいね, 卒業なさいましても誰, 卒業なさった方に, 卒業なさつたんぢや, 卒業なされた文学士甲田美郎さんといふ, 卒業なされる方々に, 卒業なすったらこちらから, 卒業なれたのに惜しい, 卒業にともなふ變化, 卒業になつて二十歳の, 卒業ほど好都合の, 卒業ますのを, 卒業または女学校程度の, 卒業までしか生きて, 卒業までと思ったろうし, 卒業よりもわずかに, 卒業と学問, 卒業アルバムで僕, 卒業シタ人ガ嫁ヲ貰フ時ニ富豪カラ貰ヒタガルダラウカ, 卒業一三%中学校卒業三九・二%大学専門学校在学一八・一%等である, 卒業三九・二%大学専門学校在学一八・一%等である, 卒業三十二年母校に奉職, 卒業五〇年の記念, 卒業以上の喜び, 卒業以來いろいろの, 卒業以来二年間余り手も通さなかった, 卒業以来大学の教授, 卒業以来漢文を勉強, 卒業写真に私, 卒業出来ないことが, 卒業出来んらしいですね, 卒業前一年位は一週間, 卒業前父はわざ, 卒業医学士であったところ, 卒業応召という, 卒業ハ同, 卒業同窓会であろうと, 卒業国文学を専攻, 卒業子女の大, 卒業宴会に, 卒業就職の後, 卒業年度の最も, 卒業式予行に出かける, 卒業式以來一度も逢つた事, 卒業式卒業の祝宴, 卒業式直後小西小原銅直金子諸先生同乗, 卒業式証書を持つ, 卒業当時明治天皇様の皇后陛下同校, 卒業後ビクターの宣伝部, 卒業後一家を為し, 卒業後一年を経ない, 卒業後一部の学生, 卒業後不可能です, 卒業後世に出る, 卒業後両人があて, 卒業後中學教員としての資格, 卒業後二三年大学で研究生活, 卒業後二年目である, 卒業後五六年迄の間, 卒業後今度はいよいよ, 卒業後今日に及ん, 卒業後傳通院の傍, 卒業後兄に縁談, 卒業後南洋大学の文科, 卒業後司法官や弁護士, 卒業後向うはすぐ, 卒業後商会に通勤, 卒業後図書館に足, 卒業後国語漢文科の検定試験, 卒業後大学へ行く, 卒業後大蔵省に入, 卒業後妹の勧め, 卒業後学校に残っ, 卒業後官庁や会社, 卒業後実務上の修練, 卒業後宮城女學校に入, 卒業後家事の手伝い, 卒業後方面が違った, 卒業後東京の有力者間, 卒業後池野は滅多, 卒業後法律を専攻, 卒業後物理学科の聴講, 卒業後犯罪学にひどく, 卒業後独立し再三, 卒業後白川は弁護士, 卒業後目を病み, 卒業後直ぐに渡米, 卒業後相当の地位, 卒業後研究を続けられ, 卒業後研究室に一年, 卒業後社会に出, 卒業後祖母が病気, 卒業後神戸の或, 卒業後福岡県県庁に奉職中, 卒業後私は職業, 卒業後私達は東京, 卒業後職についてから実際, 卒業後英米人に英語, 卒業後農事に身, 卒業後長崎三菱造船所に入っ, 卒業後陸軍へはいった, 卒業後順天堂の助手, 卒業後香川県の工芸学校, 卒業後香川県下の工芸学校, 卒業後高等文官試験に合格, 卒業後高等文官試驗に合格, 卒業成績の良かっ, 卒業日私は非番, 卒業早々何ほどかの, 卒業の成績, 卒業次第英国へやる, 卒業きく, 卒業済みであり下手, 卒業目下社会へ出, 卒業目白の女子大学英文予科, 卒業直前の人達, 卒業直前ぼくは井上, 卒業真際にある, 卒業祝パス祝誰さんの誕生日, 卒業程度以上の学力, 卒業程度以下の学歴, 卒業者一五一一四に対し女子卒業者, 卒業者中最後の末位, 卒業者名簿にも芥川, 卒業製作塑像の写真, 卒業記念ノタメニ自ラ作成セル歌詞ニ, 卒業記念写真帳と三女, 卒業設計は大がかり, 卒業証勤惰表履歴書その他臨時の試験等, 卒業証書みたいなもの, 卒業証書授与式が行なわれた, 卒業証書授与式以来の胸, 卒業証書教育者となる, 卒業試験中燈下に書, 卒業試験全廃を唱えた, 卒業試験前の夏休み, 卒業試験準備をする, 卒業試験間近の多忙, 卒業試験間際から分け始めた, 卒業試驗前は近松, 卒業試驗成績は皆, 卒業論文作成のため何, 卒業論文口頭試問の席, 卒業論文問題の起った, 卒業遣つて, 卒業間近くなって