青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~叔父 叔父~ 叔父さん~ ~取 取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ
取つ~
~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~ 受~ ~受け

「取つ~」 1381, 14ppm, 7787位

▼ 取つ~ (1257, 91.0%)

29 見ると 25 来て 16 ゐる 12 それを, 返しました 10 返して 9 居る 8 下さい 7 ある, つけたやう, やらうと, 返すと 6 みた, ゐること, ゐるの, 居るが, 居るの, 自分の 5 下され私 4 くれ, しまふの, それは, ゐると, 何でも, 返した, 返したの, 返します

3 [17件] あるの, お呉れ, くれては, それに, つけた樣, やつた, ゐるので, ゐるやう, ハツと, 下さいお, 之を, 何う, 引入れられる者, 引出すやう, 来ると, 無理に, 私に

2 [63件] おいたの, おいて, おきたいやう, おけば, お前は, くれと, こられたもの, これに, これは, しまひました, しまふ, つけた様, みても, みると, やる, やれ, ゐない, ゐるかも, ゐるさ, ゐるに, ゐるんぢ, ゐる事, ゐる男, サツと, サテ音させぬ, 一と, 下すつたが, 中を, 何か, 何の, 何よりも, 何を, 八五郎の, 宜いので, 少しも, 居るさ, 居ると, 居る時, 御覽, 忘れること, 性急に, 或所, 投げる様, 投げる樣, 掌に, 来い, 来る, 来ること, 来るの, 格子の, 注いで, 渡して, 渡す, 白くな, 第一頁, 級友の, 置け, 行く紅白粉, 見せる, 見る, 運んで, 非常な, 首に

1 [858件 抜粋] あげませうか, あげるが, あげると, あとにも, あはや, あるため, あるだらう, あるので, ある所, ある深い, あわよくば大名, いいです, いきなり向, いきなり奧, いく地, いるため, いるの, うしろ状の, おいで, おきましたん, おくさ, おくん, おますよ, おれその, お二人づゝ, お前が, お客さんの, お幽, お末, お盆を, お行き, お靜, かかりなほ, がちやり, きた包數, きて, くる, くれたま, くれた幸田ゆき子, くれぬと, くれよ, くれようと, くれるかも, くれるの, くれる帽, くれ給, けしからん, このクセ, この主人, この俵屋, この身上, これが, これと, これ程恐ろしい, さぞ本望, さつ, さまで面白い, しとやかに, しまはうと, しまはにや, しまはれるやう, しまひましたの, しまひます, しまふから, しまふもの, しまふ人, しまへば, じめじめした, すつと, すべての, そこはかと, そして事実以上, そつち, その中, その代り, その全, その形式, その日, その甲, その胸, その述べる, それから, それだけを, それをば, そんなわ, ちつと, つけたもの, づう, どうする, どれほど, どれ丈け, ぬき撃に, はいつてタギシミミ, ぴたりと, ふだんは, ま, また同じ, また歩き出さう, また義雄, まだ青い, まゐります, まゐりませう, みない事, みんなの, めつきり, もう重要, もちひさく, やや整理, やらう, やらうとして, やらなくつちや, やり, やります, やるが, やるといふ, やれと, ゆけるが, よい詩, よく見る, よほど重大, ゐないし, ゐるお, ゐるだけ, ゐるとか, ゐるにも, ゐるのね, ゐるほど, ゐるもの, ゐるわけ, ゐるん, ゐる人, ゐる印税, ゐる家内, ゐる御馳走, ゐる時, ゐる訣, ゐる語, ゐる間, ゐる頃, キチナーと, グイグイと, スイッチを, ダルジンが, ツイ昨日から, ニツと, パツと, ビールの, ピタリと, ヤツと, 一人とめどなき, 一向恐れる, 一寸右, 一寸狙つて, 一層嬉しい, 一方ならぬ, 一曲り, 一生懸命覗い, 一種の, 一金五百円也と, 丁度好い, 七つに, 上から, 上げようかね, 上へ, 下さいと, 下さいませんか, 下さい可哀想, 下さる, 下さること, 下さるわねエ, 下されたわけ, 下すつた, 下り立たれました, 下根の, 不幸な, 不幸を, 不思議に, 世の, 両指, 中の, 中蓋, 之に, 乞, 二た, 五色の, 井戸の, 人指指の, 今にこ, 今年最初の, 今度は, 今晩白い, 仲町へ, 任那の, 体が, 何が, 何だか心, 何といふ, 何と云, 何も, 何よりの, 何物にもか, 何處から, 作れるもの, 例の, 俯むいた, 傍に, 僅かに, 僕等に, 優しく微笑ん, 元の, 先づこれ, 入つて, 全く特別, 全然苦, 兩提の, 其のま, 其儘下目を, 其内容を, 再び手, 初めから, 別に, 別の, 力に, 力一杯地面, 動き出した, 匕首を, 十文目筒で, 半分は, 半分以上飲んだ, 却つてその, 又暗い, 又非常, 反りで, 口から, 口の, 口を, 只今考へ, 右手に, 同じ様, 君の, 呉れと, 呉れないん, 呉れろと, 唐天竺に, 啖呵は, 喉笛を, 喰は, 噛まう取つて, 土から, 埋もれた雪, 増田屋親子の, 夢の, 夢は, 大きな声, 大玄關, 天下を, 天才に, 奇異な落ちつかぬ, 奴は, 如何にも巧, 姑く, 婆あ, 嬉しいこと, 子供を, 宜い, 実は大金, 室の, 容易で無い, 寢道具も, 寸毫の, 封筒から, 小さな裏, 小桶, 小粒を, 少し歩い, 少し足元, 尚も散歩, 居るから, 居るし, 居るといふ, 居るので, 居る可, 居る巧者, 居る間, 居る點, 差出すと, 帰りは, 常に包ん, 平次と, 平次は, 年末には, 廊下へ, 引き上げようと, 引き起しその, 引つ繰り返して, 引出され乍ら, 引立てる, 弾いてでも, 役人立會の, 彼等未来派の, 徒らに, 御はん, 御墓, 心地の, 忍び返しの, 忘れられない國讓, 思はずヒヨイ, 思切つて此何れ果さ, 急ぎ立去りました, 急に, 慥かな, 手の平に, 手を, 手紙を, 抑へ, 投げる, 投げると, 投げ棄てる力, 括枕, 持ち直せと, 振り返つた左, 新たに, 旅は, 日頃身體の, 明るい縁側, 明神下の, 昭和四年度の, 時々醫者, 暑中休暇で, 暫く持つ, 暮して, 更に其下, 最も楽しい, 最も気, 最も落つき, 有馬の, 朱とも, 杖を, 来たいの, 来てか, 来てね, 来なくたつて, 来ませう, 来るから, 来るだ, 枯らし, 柔らかに, 柔術の, 森を, 楊弓の, 極めて不慣れ, 極めて大切, 構内の, 欲しい, 正粋, 此の, 此世の, 殆ん, 殺しても, 民衆と, 気短に, 氣鬱の, 決して良好, 河内屋の, 注ぎ飲む, 派手な, 涙を, 済ましても, 演芸欄文芸欄に, 漸く七八月, 澄ましたり, 火中を, 灰吹を, 煽ぐとも, 熱い茶, 燐寸を, 燭臺の, 牧瀬と, 現れて, 瑠璃子の, 生剥, 生長する, 申しませう, 男たちは, 疊の, 痛烈に, 瘡だ, 白梅屋敷の, 皆な, 皆此處彼處に, 皆納する, 益々よい, 直ちに額, 相模屋の, 破れた靴, 確乎と, 神の, 神棚へ, 私の, 移しました, 窓枠の, 立たうと, 箪笥に, 箸を, 篳篥の, 精錬した, 純然たる, 結婚生活が, 續け, 置かうかと, 置かれるもの, 置けない果物, 羊羹を, 翳んだ目, 老は, 耕すといふ, 胸に, 自國, 自園, 自然の, 船の, 船底の, 若い男, 苦痛である, 英吉利を, 英國の, 茎の, 草書楷書と, 葦原醜男の, 薄いびらびら, 藝術に, 行かなければ, 行かれようもの, 行きたいと, 行く, 行くから, 行くと, 行方も, 袂に, 袂へ, 袖を, 見せると, 見せるの, 見せる芝居, 見よ, 見るうち, 見るの, 見る様, 見る氣, 見ろ, 触つて, 話し合, 誰かは, 謀反の, 谷風を, 走り出す, 足許に, 身代りに, 近所の, 返したガラツ八, 返した左, 返した手際, 返しながら, 返す事, 返せば, 述べる事, 逃げ出したが, 逃げ出したところ, 逃げ出して, 逆に, 逆様に, 途中廣田村中條の, 遂に, 遥かに, 遺憾かも, 酒瓶を, 重いリュック, 金目に, 金色の, 鏡に, 長い間自分, 降りそ, 雌蕊へ, 雪枝は, 鞘を, 頂きたいの, 頂き産婆さん, 頭の, 頻りに來, 顕微鏡で, 飛んだ役に立つの, 食べるが, 食べるやう, 飽けば, 香ばしく焼けた, 馬の, 駄賃も, 高く提げ, 鹽に, 麦湯の

▼ 取つたり~ (47, 3.4%)

4 して 2 すること

1 [41件] いくさごつ, さも厭, した, したが, すると, する仕事, する方, する樣, する遊女, どろ, なさつたが, 中耕は, 人に, 何か, 冠つ, 別々に, 匂ひ, 卑怯な, 家財を, 岩魚を, 川へ, 巫山戲たり, 帽子の, 床の, 手の, 歯車の, 残りを, 物干, 用箪笥の, 着て, 着換の, 税を, 米を, 結構な, 肩を, 膝へ, 鉛筆を, 離したり, 電車を, 鞠を, 駆け競べ

▼ 取つちや~ (13, 0.9%)

1 [13件] あいけない, あつしの, いけないつて, いけないと, いけません, いないし, おめ, この中, こんな張合, 夢見たやう, 少しも, 居ないだらう, 掛け替へは

▼ 取つ付き~ (10, 0.7%)

1 が按摩, にある, のお, の三疊, の六疊, の四疊半, の部屋, は内儀, は長, 易い絵

▼ 取つてあつ~ (9, 0.7%)

2 たので 1 た, たの, たん, た緋, て下手, て寢臺, て頭

▼ 取つ組合~ (7, 0.5%)

3 ひを 2 ひが 1 ひの, を始め

▼ 取つ組み合~ (4, 0.3%)

1 でもし, ひを, ふことに, を始める

▼ 取つかへ~ (3, 0.2%)

3 引つかへ

▼ 取つ組み~ (3, 0.2%)

1 あつて, さうな恐しい, ぬ水ぎはにとてもあざやけき朝花たんぽぽ

▼ 取つたとい~ (2, 0.1%)

1 つてゐる, はれて

▼ 取つとき~ (2, 0.1%)

2

▼ 取つ組み合ひと~ (2, 0.1%)

1 かでありまし, して

▼1* [22件]

取つぐなはれたる皆その頃八重, 取つたかが窺, 取つたらしい見事な, 取つたらしく苦笑した, 取つたりと云ふ, 取つたりなんぞのケチツ臭え, 取つたんぢやない, 取つちやつたものさね, 取つちやつたンですけど, 取つちやア客が一人, 取つちや一代のほ, 取つちや一生忘られない仇敵, 取つちや張り店みたいな役に立つて, 取つちや道樂息子や身投げ女, 取つちや骨身に徹, 取つとき給へ, 取つれたり, 取つの中, 取つへてあの, 取つ組み合つて居りました, 取つ組合ひなんか以ての外, 取つ締めなきア癖