青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

吐い~ ~吐く 吐く~ ~向 向~ ~向い 向い~ ~向いた 向いた~ ~向う
向う~
~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け 向け~ ~向けた ~向こう 向こう~ ~向っ

「向う~」 11002, 119ppm, 896位

▼ 向う~ (3289, 29.9%)

73 方に 54 方へ 41 方で 39 家の 36 方から 31 山の 23 隅に 22 方を 19 岸に, 方が 18 丘の 16 窓の, 隅の 15 方の, 方は 14 岸へ, 森の 12 室に, 部屋で 11 席に 10 壁に, 山に, 端に 9 室で, 方には, 部屋に, 隅で, 雑木林の 8 である, 室から, 橋の, 端から, 部屋の 7 方へと, 方まで, 空に, 窓を, 角を

6 [13件] 二階の, 人が, 向うの, 唐物屋の, 室の, 家へ, 山腹に, 岸の, 木の, 窓に, 草の, 辻の, 隅から

5 [15件] 人に, 卓子に, 土手の, 家に, 小山の, 山は, 岡の, 岸を, 崖に, 席の, 杉の, 松林の, 海の, 窓へ, 部屋から

4 [30件] か, ことは, だ, 人を, 壁を, 女の, 室へ, 山へ, 山脈の, 峠を, 崖の, 崖を, 座敷に, 廊下の, 彼女を, 手に, 方だ, 方にも, 村の, 森を, 椅子に, 河岸に, 男は, 町へ, 船の, 質屋の, 通りに, 部屋へ, 部屋を, 闇の

3 [66件] いう通り, であった, では, ほうへ, テーブルで, 下の, 二人は, 人の, 人も, 傾斜の, 垣根の, 宅の, 家で, 家では, 家も, 小屋から, 屋根に, 屋根の, 山から, 山が, 山には, 山も, 山を, 山蔭に, 岩に, 岸は, 岸まで, 峰の, 左手の, 座敷で, 座敷の, 杉垣の, 村から, 村で, 村に, 村へ, 松の, 柱の, 柳の, 様子を, 横丁へも, 樹の, 機も, 水に, 汀へ, 片隅に, 畑の, 空を, 端へ, 縁側の, 船に, 要求は, 角に, 角の, 言うこと, 言葉に, 言葉を, 谷の, 谷を, 車は, 辻に, 通りを, 道を, 隅へ, 雲の, 高い山

2 [202件] お浜, お琴婆さん, お芳ちゃん, だった, だという, ところに, ひのきの, ひば, ほうから, ほうに, ものは, を待ち, コンクリートの, テエブルに, テエブルの, テーブルに, ブランコへ, 一族でも, 三階の, 下座敷, 丘に, 丘を, 丘方々の, 丘陵に, 事務所の, 二階から, 二階で, 二階屋から, 云う事, 五枚は, 亭の, 人たちが, 人たちも, 人物が, 入口の, 共立病院へ, 出口の, 勝手じゃ, 勝手です, 北側の, 卓子の, 右手の, 合流点の, 唐物屋さんの, 四畳半の, 国の, 国を, 土手に, 堤に, 堤の, 塩煎餅屋の, 壁が, 壁の, 壁へ, 壁際で, 声が, 声は, 声を, 大きな松, 女も, 女中が, 奴に, 子供を, 室には, 室を, 家から, 寝台の, 小山を, 小川の, 小沢に, 小路へ, 小路を, 小高い丘, 屋根から, 山だ, 山の上の, 山の下へ, 山の端に, 山巒を, 山蔭の, 山裾に, 山裾の, 山間に, 岡へ, 岩角に, 岸から, 岸には, 峰へ, 峰を, 島へ, 崖から, 川で, 川端さ松の木の, 庇の, 床の, 店先に, 座敷から, 座敷へ, 庭の, 廊下から, 廊下に, 思う壺, 意向を, 戸棚へ, 扉から, 扉を, 方も, 方図で, 暗闇の, 曲り角を, 木の下で, 木の間から, 木立が, 机の, 村道から, 松原に, 松山を, 松林へ, 林に, 林の, 林を, 梅の, 棚の, 椅子へ, 植込みの, 椿の, 様子が, 横町に, 横町の, 橋へ, 気が, 気の, 江島屋の, 池の, 海岸に, 渚には, 無花果の, 物干, 物音が, 瓦小屋から, 男が, 町で, 町の, 畦の, 白く乾いた, 監舎の, 石垣の, 空が, 空には, 空の, 空地へ, 突当りの, 窓から, 窓硝子は, 立樹の, 端の, 端まで, 笹藪に, 納屋の, 線路に, 縁側から, 腹を, 膝を, 芝生の, 草むらへ, 草原に, 草原の, 薬棚から, 藁屋根の, 袖垣の, 製造場へと, 襖の, 襖を, 角から, 谷へ, 谷間に, 足を, 路へ, 身に, 車が, 軒下に, 軒先に, 返事を, 連中は, 道の, 部屋では, 部屋には, 部屋は, 都合で, 野は, 野原から, 隅っこに, 隅には, 雑木山の, 電柱の, 霞の, 靄の, 青い森, 馭者が, 駅で, 麦畑の, 鼠いろ

1 [1764件 抜粋] あたりには, あの岩山, あの藪, ある大店, いたずらの, おばさんが, お台場, お嬢さんは, お屏風, お民さん, お祭り, かたは, がなかなか, が彼, きしに, ことこちらの, こみ入った裏通り, さっきまで, すぐ左側, すすきのかげには, せいいっぱいの, その嬉しい, てき弾兵, であります, でなければ, ところを, と肩, にごり屋, はけだし, はしまで, はずれから, はその他, は在る, は間違っ, ほそい流れ, まっくらやみ, みよちゃんに, ものが, ものに, わなに, を拳骨和尚, を空しく, アパートの, ウルグ附近の, カンヅメは, ケルミッシュの, サンムトリに, ストックブリッヂには, テイブルに, ドブに, ブリキ色の, ベンチで, ポプラの, ミズウミを, ラボラトリーへ, ロツビイの, 一そう烈しい, 一室に, 一段高い, 一目千本を, 一連の, 一面に, 三島北条といった, 三艘の, 下宿屋が, 不氣味, 世界が, 丘から, 丘山を, 並松や, 中野学士は, 主筆に, 事務室の, 二等車に, 云い条, 五条坂の, 亜鉛塀へ, 人々は, 人たちには, 人家から, 人混みの, 人道では, 人間に, 仕置場の, 仙郷に, 低いところ, 低い楊, 低い隣家, 何処かに, 信号所から, 俳優学校へ, 停車場の, 催促も, 傾斜面には, 先生に, 入り口から, 八つの, 六畳に, 内壁を, 写真屋へ, 凶作地に, 出口から, 出版であった, 刈田での, 別室に, 劇場に, 勝手で, 北向きの, 十字路には, 卓で, 博士の, 厩の, 反物屋へ, 口の, 古本屋に, 各国の, 向うを, 唐檜が, 唐紙を, 嘉吉さんの, 四十雀の, 因の, 國の, 土間で, 地平線の, 坂の, 坊ちゃんが, 坑夫だって, 城サイで, 堤には, 塀ぎわでくるりと向きを, 境内の, 壁ぎわの, 壁には, 壁際に, 売物, 大い炉, 大きな工場, 大な, 大旅館, 大道路, 大陸の, 奥さんの, 奥へ, 女に, 女給たちに, 奴の, 好いところ, 好意に, 姉小路では, 姿見硝子棚バリカン廻転椅子カバーの, 子でも, 子供たちとを, 学校にでも, 客に, 客車から, 宵色な, 家だ, 家には, 容子に, 宿外を, 富士山の, 寝室に, 寝床だった, 将校同士での, 小さな木橋, 小使部屋に, 小山から, 小形の, 小松林, 小石の, 小間物屋の, 少女は, 尾根ぞ, 居間が, 屋台うどんの, 屋根を, 山々の, 山で, 山の手の, 山まで, 山下でございます, 山壁に, 山脈は, 山谷堀の, 山鼻で, 岩の, 岩角の, 岸さへ, 岸へのたり, 峠見た, 峰から, 島に, 崎を, 崖下まで, 川を, 川隈の, 左官屋へ, 巻向の, 席から, 平地へ, 平野に, 庁舎の, 広い見晴, 広書院, 庇ご, 店で, 座敷じゃ, 庭から, 廊下へ, 廣間に, 廻廊が, 彫金師の, 彼女について, 径を, 得客先へ, 御小間物金座屋, 微かに, 心持は, 思わしくない事, 怪しい時計, 意味を, 感情を, 或は高く, 戸口の, 戸田能登守様の, 所に, 扉が, 手筋を, 押入を, 提灯も, 政府の, 文学も, 斜面へ, 新聞が, 方からも, 方です, 方と, 方蔵の, 日当りの, 星空の, 景色を, 暗い棚, 暗がりへ, 曲り角から, 曲馬団の, 月下に, 望むよう, 木立ちを, 木立も, 本土には, 本通りへ, 材木問屋の, 村には, 村よりは, 東の, 松山の, 松林には, 板塀に, 枕橋を, 林念寺の, 柱にも, 柳村の, 格子を, 桜井の, 桟敷を, 梯子の, 森で, 植込の, 楊の, 榎木の, 標本を, 横町から, 樫の, 橇は, 橋詰まで, 欄干の, 欲しがる, 武器見る, 母家の, 気に入るよう, 気色を, 水などは, 水晶の, 水車も, 水面へ, 決勝点から, 汽車からも, 汽車は, 河原の, 河原へ, 河岸へ, 沼の, 波打際まで, 洋風の, 流の, 浜倉から, 海とこなた, 海を, 消息通が, 深みの, 清滝って, 渚の, 港まで, 溝から, 漁村と, 灌木の間を, 火葬場には, 炭坑へ, 焚き場, 煉瓦塀の, 煖炉の, 爆撃機が, 片側町の, 物干しから, 物音に, 獄舎から, 王さまの, 現実な, 生垣に, 産科病院の, 田中町に, 田圃道を, 男と, 男の, 町つづき, 町にも, 町角まで, 畑, 畑道から, 畠の, 番地を, 畳の, 病人の, 病棟に, 発掘によって, 白い浴槽, 白く浮き出した, 白壁を, 百姓家へ, 皿の, 直るの, 看護婦とこつ, 真似を, 真菰の, 眼は, 短所ばかりに, 石垣が, 砂に, 砂原を, 硝子戸を, 社会主義建設の, 禅宗寺へ, 穴は, 空で, 空地で, 空席の, 空気窓の, 空間に, 窓が, 窓には, 窓際まで, 竜巻村まで, 端で, 端を, 竹籔を, 竿の, 筧の, 築山の, 精米所と, 紙漉場へ, 細殿, 絶壁の, 編輯の, 縁側へ, 繁華街の, 美しさ, 群集の, 者も, 肘掛廻転椅子の, 背の, 胸へ, 腹が, 臺所口を, 舳は, 舷板により, 船は, 船底の, 芋畑の, 花畑へ, 茄子畠を, 茶店で, 草ッ原へ, 草山の, 荒物屋に, 萱の, 葡萄園の, 蒼ざめたびつくりした, 蔭をば, 薄暗い木の下, 薄板工場と, 藤棚の, 蚊帳へ, 蝋燭屋の, 行燈の, 街や, 街道から, 表現そのもの, 袂へ, 裾へ, 西の, 見えぬほど, 親が, 親との, 角にも, 言い分も, 言葉で, 話し声は, 話の, 話を, 誠意を, 調子が, 警察の, 谷かげに, 谷地らしい, 谿間から, 赤煉瓦の, 足が, 路地の, 身にな, 軍刀が, 軒先, 輿の, 辻を, 通りから, 連中と, 連中を, 道へ, 遠い向う, 遠い所, 部屋からは, 部屋来月は, 都合が, 酒屋で, 酒屋へ, 醤油屋街へ, 里まで, 野原を, 野郎逆蜻蛉を, 鉄道線路まで, 銅板画の, 錺屋さんの, 長く續, 長崎の, 長椅子へ, 門先を, 間で, 閨淋しい, 降り口を, 陸に, 隅っこの, 隅でう, 隅とこつ, 隅田の, 障子の, 隣県へ, 集団は, 雑木林に, 雑草の, 離亭に, 離屋へ, 雪の, 電信柱の, 電話器の, 電車道を, 露地口には, 靄で, 青い水, 青くかすんだ, 青田の, 青葉の, 順じゃ, 顏を, 顔を, 飛行機を, 食物に, 飼鳥屋敷の, 馬の, 驛の, 高い所, 高みに, 高台の, 高山の, 髪結床へ, 鶯いろ, 麦畑に, 黄色な, 黒い家, 黒い森, 黒く小さい家

▼ 向う~ (1766, 16.1%)

50 廻して 20 まわして 16 坐って 15 見えて 14 立って 10 行って 9 置いて 8 見て 7 一人の, 見えるあの 6 あるの, 一つの, 坐つて, 消えて, 見えた 5 ある, あるもの, 渡って, 立つて, 見える山

4 [12件] いるの, して, しても, まは, 何か, 居るの, 廻わして, 彼の, 聳えて, 行くと, 見える, 見えるの

3 [25件] あった, あつた, いて, かくれて, かすかに, まわさねば, 人影が, 住んで, 何処かの, 大きな波, 寺の, 山が, 席を, 廻しての, 据えて, 松林が, 消えると, 火の, 灯が, 石の, 私は, 見えなくなって, 見えます, 進んで, 隠れて

2 [104件] あって, あるよう, ある大きい, ある大きな, ある実業家, ある小さい, ある小さな, ある或, ある泉水, いた, いるお, ささやかな, さめざめと, つき出した半島, ないもの, なって, なる, ひろ, まだ車体, まるでけむり, むけて, もう一つ, ドックの, ポツンと, 一本の, 一面に, 三つの, 三人の, 並べて, 並んで, 二階建の, 人の, 伏せて, 何が, 傾いて, 入って, 十八の, 同情が, 坐った, 大きな唐銅, 妙な, 姿を, 寝て, 小さな普請小屋, 山の, 幽かに, 広々と, 座って, 廻しても, 廻って, 待って, 微かに, 据わった, 明治座の, 映って, 木が, 杉の, 樅の, 横に, 橋が, 歩いて, 浅間の, 浮べながら, 海が, 海の, 消えた, 湖水が, 火事が, 炉中の, 煙筒の, 煙草屋が, 町の, 相手が, 着いて, 着いてから, 着くまで, 私の, 突立っ, 立ち並んだ無数, 立つ, 行きますと, 行つた, 見えなくなるの, 見えるお, 見える一帶, 見える劇場, 見える唐津様, 見える大きな, 見える楓, 見える灯, 見える青い, 見覚えの, 誰かが, 越して, 迫って, 透いて, 雲の, 青々と, 青い空, 顔を, 鷹が, 鷺が, 黒ぐろと, 黙って

1 [1224件 抜粋] あかあかと, あがって, あったので, あつて, ありますよ, あるから, あるだろうがね, あると, あるブロウニュ, ある世界, ある兵士, ある厨子, ある地蔵堂, ある寝殿, ある御堂, ある本陣, ある根堅洲国, ある洗心亭, ある猿沢, ある目的, ある真っ黒, ある筑波屋, ある郊外, ある際限, ある麗らか, いざなって, いた趙, いつもは, いらっしゃいましたん, いられて, いるとき, いる事, いる人間, いる彼, いる日, いる玉造, いる給仕, いる越前, いる連れ, いろんな瓶, うずくまった影, おどろおどろしいばかりに, お八重殿, お文庫, お祖父さま, かえったよう, かくれた, かっきりした長方形, きらきら水銀, くっきりと, けたたましい犬, こちら向きに, この子供等, ころりとせ, こんな海, ございまして, さう, さっき彼が, したって, じっと立っ, すべり出そうと, すれば, ずらりと並んだ, ずり込んで, その望, そびえて, ちょんぼり見え, ちら, ちらりと動いた, つめて, とばして, どこか, どこから, どなった, どんな顔, ないの, なつて, なにが, ぬけぬけしゃがんでる, のんびり構え, はっとした, ばかばやしを, ひろびろと, ほてつて, ぼんやり眼, ぼんやり見え, ぽっちり人影, ぽつりと, まがって, まだじっと坐っ, まっ白な, まわした奴, まわしてこそ, まわって, もう一つぼう, もう北海道, ゃそんなものがまるでないんだからいざ, やらせた, ゆく十台, わかるよう, ゐて, ゐる女, ゐる誰か, アンリエットが, カリガンガーが, コンクリートの, サラ, センセイションを, ダンシング・チームの, バシリスクの, パンテオンの, ブラ下がっ, ポツネンと, マウント, モジモジとして, レモン色の, 一つも, 一と, 一台形の, 一塊此方に, 一寸幅の, 一村藁屋が, 一棟小さな, 一群の, 三十だ, 三畳の, 上陸した, 不平さうな, 並んだ何軒, 丸い芝地, 乗物が, 二つ吊, 二三本の, 二重の, 五六坪の, 五十七八とも, 人が, 人家が, 今の, 今生れた, 仰様, 伐られたその, 佇んで, 住の江と, 何事をか, 何時の間にか姿, 例の, 信用が, 借金が, 備前橋を, 僅かに, 僕を, 先だちこの, 光った, 光る秋, 入日を, 六角の, 円まる, 出て, 出ようと, 列を, 初日の出, 到着の, 前栽の, 勉強なさい, 北郷村の, 十七八メートルばかり, 反して, 反響を, 古い棗, 古城の, 右手に, 同じよう, 吹きだまりを, 噛みついて, 四条あたりの, 土塀を, 土木請負師か, 在る明り取り, 在る限り, 坐った飾, 坐らせた, 坐り一册づつ, 坐れる姉様, 垂れた蒼空, 塊ってる, 声なき, 夕闇が, 多量の, 夢の, 大きい銀杏, 大きな入江, 大きな姿見, 大きな星, 大きな汽船, 大きな舞踊, 大らかに, 大分痛んだ, 大山が, 大石内蔵助の, 奈良田の, 姉夫婦の, 威厳の, 宮川町の, 宵闇の, 富士の, 寒そう, 尋常に, 小さい炭屋, 小さく白き不, 小さな土橋, 小さな樺の木, 小さな赤, 小ぢんまりと, 小春日和の, 小高い雑木林, 居た, 居た女, 居ぬ, 居るから, 居直った, 屆いた, 屋根だけ, 山嵐の, 岩壁が, 川が, 市村羽左衛門の, 帰った, 平賀源内が, 広広と, 座して, 庭が, 廻さねば, 廻したから, 廻した石田さん, 廻しつつ, 廻しスタアト, 廻し兎, 廻すこと, 廻そうなどとは, 廻わし是だけ, 引越しても, 弱みが, 当って, 後姿を, 御殿の, 徹しなければ, 心斎橋筋の, 忍術を, 恐ろしいもの, 息づまったよう, 恵那駒ヶ嶽御嶽の, 愛宕山が, 感じ続けて, 我枕元に, 戦いで, 投げ出されて, 抗愛山脈, 抛って, 抜け梯子段, 押しのけて, 拵えて, 据えた朱, 掛って, 控えたまた, 敏子を, 数人の, 敷いて, 文晁の, 日本の, 旧知の, 明が, 明るい往来, 明るく闇, 昔ながらの, 星月夜の, 暗い笹藪, 暮れがたの, 月だ, 月見窓が, 望まれた, 朦朧と, 木瓜の, 杉や, 村らしい, 来てるの, 東北の, 松尾山の, 柔道の, 桜に, 椅子を, 槐の, 樹立深く, 次の, 武庫の, 残す必要, 残紅を, 母屋が, 毎晩ねむっ, 毛抜き屋が, 気配が, 江戸湾の, 池の, 没したらしく山, 沢庵が, 泉水の, 泊っても, 泥脚と, 派手な, 流れて, 浮び出させる頃, 海, 消えた時, 消え失せて, 淡路島の, 深い深い草藪, 渡った横町, 渡らなくちゃあ, 渡ること, 温室の, 港を, 漕出し, 濃い黛色, 火の見の, 烏帽子の, 焼けのこりの, 煙だ, 煙の, 煤けたよう, 熊の, 牛の, 狗児の, 玉の, 現れた, 現在敵が, 瓦斯会社の, 生垣が, 田植に, 町角が, 白, 白い雲, 白の, 白湯気を, 監督が, 目付屋敷が, 直立し, 相違ない, 真暗な, 眺めて, 眺めながら, 着いた頃, 着きますと, 瞬いて, 知らんとて, 石橋こちらに, 砂利置場が, 研水桶, 私が, 私を, 穏か, 空と, 突き退けたほど, 窓を, 立ち止まった, 立ったので, 立った男, 立ってた二人連れ, 立つこと, 立つ煙, 立てた時, 筑波の, 簡単な, 細いズボン, 細長い石碑, 続いた景色, 続く牛ヶ岳, 縁先の, 羅馬カトリツク教の, 美しい花, 翁は, 聞いた, 聞え始めたころ, 聳えた山々, 肩の, 背の, 胡坐を, 腰巻一つの, 膳所の, 芋虫の, 花屋が, 芳子は, 苦しませて, 茶を, 莫迦囃し, 菜の花が, 落ちついたの, 葬式彦兵衛の, 薄光った, 藪が, 蜘蛛の, 行かうと, 行きなやんで, 行くの, 行けよ, 行った, 行った角, 行つて一日二日待つ, 裾を, 見えなくな, 見えなくなりそちら, 見えらあ, 見えるが, 見えると, 見えるほか, 見えるもの, 見える一劃, 見える下, 見える乘, 見える井戸, 見える厳か, 見える同じ, 見える大山, 見える天蓋, 見える家, 見える寺院, 見える庭口, 見える明るき, 見える本, 見える森, 見える樹木, 見える池谷控家, 見える浜離宮, 見える白い, 見える真夏, 見える空, 見える絶影島, 見える縄簾, 見える製菓會社, 見える辻川博士, 見える鳩居堂, 見える黒い高い, 見せて, 見て取られた, 見ながら, 見ゆる村里, 見る土手, 見合にでも, 覚られないよう, 誠意が, 誰にも, 警察署が, 赤い光り, 赤い線, 赤松の, 越すと, 踞って, 身を, 近々と相手, 逃げ走って, 通ずる術, 通りがかりの, 連なる山, 連れて, 進むので, 運び付けるという, 運河が, 違いない, 遠くな, 遠く離れ, 里見が, 鉄道馬車が, 錆びついたボイラー, 長々と, 長煙管, 開聞岳の, 陽が, 隔たる宗参法師, 隣りの, 隱れる, 離れ座敷, 雨上りの, 雪を, 雷の, 霜に, 青あおと, 青い水, 青葉に, 静かに, 頭へ, 飛んだ, 飴屋が, 飾って, 駆けて, 高いとよ, 高い山, 高だ, 髪を, 鹿が, 黒いみち, 黒い髪

▼ 向う~ (1067, 9.7%)

105 行って 20 いって 14 歩いて 13 飛んで 12 行った 11 逃げて 9 渡って 8 廻して, 廻って, 走って, 連れて 7 出て 6 消えて, 行くと 5 来て, 着いたの, 行こうと, 行つ 4 いけ, かくれて, まわして, 姿を, 抜けて, 着いて, 行く, 行くん

3 [14件] つれて, 上って, 去って, 向うへと, 廻しての, 押して, 持って, 歩き出して, 流れて, 着くと, 行きました, 行つたら, 行つてし, 飛んだ

2 [68件] つきやると, とんで, はいって, めぐり黄いろ, やって, やると, スタスタと, 下った, 下って, 下り切ると, 出ますと, 出ようと, 去る, 吹いて, 寝返りを, 帰って, 延びて, 廻ると, 廻わして, 急ぎ足に, 投げやる, 抜けると, 押されて, 押しやりながら, 指して, 放り出すと, 横に, 横切った, 歩み去りました, 沈んで, 消えた, 渡りました, 渡ると, 渡れば, 渡れるよう, 着いた時, 着いてから, 着くまでに, 着くよう, 突いた男, 突き抜けて, 突切る, 立って, 続いて, 落ちた, 落ちて, 行かうか, 行かうと, 行かなくちゃ, 行くの, 行けば, 行こう, 行ったところ, 行ったり, 行ってから, 行っても, 行つてゐる, 行つて了つた, 行つて見る, 走り去る, 越えて, 越し向う, 越すこと, 通じて, 進んで, 遁げて, 隠れて, 靡いた時

1 [602件 抜粋] あすこを, いきかけますと, いきましょうが, いくの, いった, いったと, いったところ, いったの, いったらぜひ, いったら君, いったら本当に, いったら気, いった留守, いっても, いらっしゃい, いらっしゃいさ, いらっしゃいってば, うしろ手に, おいでに, おどり越えて, お桂様, お糸さん, かえって川沿い, かき消えて, かけだした, かけだして, かけて, かけ寄った, かけ返した, くれるの, けし飛んで, け飛ばした, すたすたやっ, ずっと外れます, たらたらと, だつて, だらだら上り, ついたので, ついた時上り口, つい近所, つきぬけたこと, つき当ると, とびだして, とわたつ, とんだ, どうしても置きたかった, どかりと, どなると, なげられた, ならべて, ぬいと, ぬけて, のめりずり, はいろうと, ひき下った, ひく, ふらふらと, また下駄, まるで水, まわさなければ, まわす左膳, まわって, もって, やすやすと, やっと達し得る, やれと, ゆくお, ゆく後ろ姿, ゆく駕籠, ゆこう, ゆるやかな, よろけて, ケシ飛ばされ, ジリジリと, スタスタ歩い, スッスと, スル, ツツと, トボトボと, パタパタと, フワリと, 一つ投げ, 一タンガー渡し, 一所に, 一歩先陣蹴出す, 一歩犯し, 三町ほど, 下ったところ, 下りて, 下りるあたり, 下りると, 下る所, 中腰で, 乗りかえるの, 乗り越えつつ, 乗り込み隣りの, 乘込ん, 二三歩あるき出し, 二日行け, 仕かけて, 伸ばして, 何うし, 何刻に, 俯ッ伏し, 倒して, 倒れましたが, 僕を, 入った, 入って, 入つて, 入る, 出たの, 出ましたところ, 出ようという, 出ること, 出る所, 出向こう出向こうと, 出拔, 出掛けて, 出這入りする襖, 切って, 刎ねる, 到着し, 到着しました, 到着すれ, 動き出した, 動き襟, 千種さんの, 去ると, 参りますと, 取消すわけ, 口を, 叫んで, 合図を, 吐くわさ, 向うへ, 向かせたり, 向き例, 向けたの, 向けて, 吹き落しながら, 吹け, 呼ばれて, 呼び寄せると, 商用に, 回して, 圧して, 坂に, 坐った奴, 坐らせて, 坐るか, 声を, 大波が, 大溝, 大股で, 女だてらに, 宇野という, 宙を, 寄ったり, 寄った笹, 寄って, 寝返りうちました, 寢返り, 対手に, 小さなお, 屆か, 屆く, 展けて, 展します, 峰を, 差し林藏, 差出し両手, 帰ったらお母さん, 帰ると, 帳場の, 廻した津田, 廻すの, 廻す事, 廻った女房, 廻つて逆に, 廻り込む, 廻れと, 廻ろうか, 引かれて, 引き取られれば, 引っぱって, 引ッ立て, 引取られれ, 引張って, 引渡して, 引越したいん, 引越したが, 引込んで, 引附ける, 張り出した中二階, 弾いた, 弾ね, 当って, 彼は, 往きますの, 往くの, 感づかれないよう, 懐中電灯を, 戻りました, 払ふと, 扱いて, 投げかけた, 投げこみあの, 投げた, 投げ出したの, 投げ出す, 投げ捨てた, 投り出し, 抛げ, 抛り投げた, 抜けだそうと, 抜けやう, 抜けようと, 抜けるん, 押しすすんで, 押しながら, 押しのけようと, 押しやった, 押しやられて, 押しやると, 押し通り, 押す, 押すの, 担いで, 拔けて, 持出されるの, 挨拶なら, 捨てさせた, 摩れ落ちて, 摺ッて, 支度を, 放れたと, 普請を, 曲り自動エレヴェーター, 来かかった自動車, 来給え, 桜山を, 歩き出した, 歩き出す, 歩け, 歩みだした, 歩みつつ, 歩みはじめた, 歩んで, 永遠そのものの, 沈もうと, 泊って, 泊りこむから, 泊るん, 注意を, 浮上って, 浴びせかけた, 消えたと, 消えるの, 済州島の, 渡して, 渡すか, 渡そうと, 渡ってからも, 渡っても, 渡つた兵隊と, 渡つた時は, 渡つて, 渡つて大な, 渡つて見ませう, 渡つて附箋を, 渡らうと, 渡らねえの, 渡らんければ, 渡りそれ, 渡りましょ, 渡りましょう, 渡り着くまでが, 渡り終ると, 渡るん, 渡る舟, 渡る見込み, 無造作に, 燒く, 片手で, 牽かれて, 生産の, 盛んに, 目の, 直した, 相談に, 眸を, 着いたっけ, 着いたとき, 着いたらば, 着いてからの, 着いてからは, 着かなかった, 着かなくちゃ, 着きました, 着きましたし, 着くか, 着くまでには, 着くまでは, 着くや, 着く勘定, 着ける自信, 知れるから, 移って, 移動し, 突きとばした, 突きやりその, 突き抜けなきゃならんと, 突っぱしってポーッ, 突っ切って, 突っ放した, 突ンのめっ, 突切って, 突切ろうと, 突当りの, 立ち去って, 立ったって, 立つて, 立止った, 紅葉の, 素早く渡っ, 置き去りに, 聞えたのに, 聞えるよう, 脱けい, 腰を, 舞い下った, 落して, 落ち出した, 落ち着いてから, 行かないと, 行かれたの, 行きか, 行きかかる, 行きかけた, 行きたけりゃ手前, 行きましょう, 行きますからね, 行きますよ, 行きますると, 行きます姿, 行きやんした, 行き着けるだ, 行くで, 行くので, 行くよ, 行く三人連れ, 行く人々, 行く前, 行く勇気, 行く十八, 行く様子, 行く男, 行け, 行けという, 行けないの, 行こうとして, 行ったついで, 行ったと, 行ったとて, 行ったよ, 行ったらへい今日, 行ったら日本語, 行ったら私, 行ったら電話, 行った二人, 行った仲間, 行った向う, 行った大変ッ, 行った時千世子, 行っちまう連中, 行っちまったから, 行っちゃった, 行ってただけ, 行っての, 行つた, 行つたら見える, 行つて, 行つておいで, 行つてから, 行つても, 行つてる, 行つてゐろ, 行つてガンガン, 行つて了ふ, 行つて了へ, 行つて床の, 行つて待つ, 行つて昨夜こ, 行つて木戸でも, 行つて皆んなの, 行つて見ませう, 行つて貰は, 行着いた時, 行過ぎる, 詑びにやる, 話して, 贔負を, 走った, 走つて行つたの, 走り去りました, 走り去ろうと, 走り続けて, 走る, 走るん, 越えること, 越える氣, 越さなければ, 越した地, 越した時, 越すだろうと, 越すと, 越すの, 足を, 跳んだ, 辷り込みたくなった, 辿りつくと, 近づいて, 追いやると, 追ひ, 追ひやる, 追掛けて, 退却した, 逃げた者, 逃げちま, 逃げましたこの, 逃げる, 逃げ出したから, 逃げ出したそう, 逃げ去った, 這いずって, 這い上ったら痛快, 這い上る者, 這って, 這入ると, 這入るを, 通して, 通じたか, 通じるよう, 通りぬけました, 通り抜けた, 通り抜けた時, 通り抜けて, 通り過ぎようと, 通る暗, 通拔ける, 進まない, 進まれぬ, 進む, 遁げた後に, 運ばれたの, 過ぎて, 遠くな, 遠ざかった, 遠ざかるの, 遠のきました, 遠去かっ, 遣り其の, 避けて, 長い廊下, 長く帯, 長く縦, 開いて, 開く仕懸にて, 降りたが, 降りますと, 降りる路, 隔てた吉野村, 隔てて, 隠れるの, 離れて, 離れますと, 離れる時, 靡くの, 響いて, 頭を, 顏を, 顔を, 飛び下りた, 飛び去りました, 飛び越えて, 飛び込んで, 飛び退いて, 飛び降りました, 飛んだの, 飛んだは, 馳けだした, 馳せ出した, 駆けだした, 駆けだしてネ, 駆けて, 駆出しにか, 駈けさって, 駈けて, 駈け出して

▼ 向うから~ (1017, 9.2%)

15 来て 13 歩いて 11 声を 8 進んで 7 やつて, 来るの 6 一人の, 人が, 來る, 声が, 持って 5 やって, 来る人, 私に, 走って, 近づいて 4 何か, 例の, 出て, 口を, 来た, 汽車が, 自動車が, 誰か, 飛んで

3 [13件] こっちを, 二人の, 人の, 先刻の, 妙な, 引くやう, 折れて, 持つて, 渡って, 眺めて, 話しかけて, 顔を, 駈けて

2 [53件] お呼び寄せに, くる人, こちらの, ちらほらと, はいって, やって来た, やって来るの, 上って, 人影が, 僕等の, 先に, 先を, 多勢の, 大きな声, 子供が, 引っかかって, 彼の, 手を, 断髪に, 時々笛, 来たの, 来たトラック, 来た一台, 来る, 来る奴, 来る旅人, 来る駕籠, 此方へ, 流れて, 湯づけ, 相談を, 私が, 私の, 積極的に, 聞えて, 落ちて, 見れば, 買うべきもの, 路地へ, 車の, 近づき出した, 近眼らしい, 送って, 逃げて, 遊びに, 開いて, 電車が, 須山が, 頭を, 頼んで, 馬が, 馬に, 駆けて

1 [720件 抜粋] あたしが, あっしに, あなたの, あまり女らしく, いつもの, いよいよ打解け, いわれるまでも, うつむいて, おふさ, お坊さん, お多賀さん, お小遣い, お役人, お爺さんが, お礼を, お藤, お誂え, お面, かかって, かけて, がた, がらがらした, きこえました, きっとなっ, きりっと襟, くるん, くる自動車, こう云い出した, こう云った, ここへ, こっちへは, これも, さしのぼった月, さっさと片づけ, さらにまた, しいて品物, しかけるの, しきりに此方, じろじろ見, すぐ返事, すれ交, せの, そういう懇望, そうと, そう出られ, その男, その舌, そんな不足, ぞくぞくと, ただ一人歩み来る, ただ一人洋紅色の, だれか, ついて, ですかい, とびついて, とめた, どうっと, どこか, なんとか知らせ, のろのろ歩い, はずかしそう, はずれた, ひとりの, ひどく蒼い, ひびいて, ふたたび声, ふらふらやって来た, ほじくり出すの, ぼんやり尾, ぽかり, また一つ, また人, また橋, また白く, まるで棒, まん丸いお, もう由吉ら, やってきた, やってくるであろう, やって来たです, やって来たもの, やって来た百姓, やって来て, やって来ますぞ, やって来るまで, やって来るん, よろよろと, わい, わざとひどく, わめくよう, カランコロンカランコロンと, ガフーリ, キスを, ギラッと, ゴットフリートが, シュウシュウと, ショパンの, スタスタと, スレ鈎に, バスが, バタバタという, パタパタと, フランス語で, ブラブラこちら, モウ一つ大きな, ヨボヨボと, ラッパの, リンリンと, 一つの, 一タンガー即ち, 一分の金を, 一見何処, 一跨ぎし, 丁寧に, 丁度反対, 三人づれ位の, 三尺ばかりの, 三日分位は, 上り列車が, 下りて, 不意に, 世話を, 久保山樣が, 乳母車が, 二つの, 二人づれでやって来る, 二人づれのお孃さんが, 二十五六に, 二番目に, 五郎が, 人を, 今日は, 仕向けて, 会いたいと, 伝わった, 伝令が, 何とか言っ, 何にか, 何も, 何んか, 何十匹とも, 來た, 來て, 信号が, 俯向い, 偏衫を, 働き掛けられる時機, 僕の, 先き, 先主が, 先手を, 光子が, 写真を, 冬子が, 凄さ, 出かけて, 切り出された時, 刑事らしい, 利いた風, 前申し上げた, 劇しく, 勘定書を, 勢よく, 十五人の, 十六人の, 半分の, 博士の, 又キラキラ, 及ばずながら, 収めさせるよう, 取組んだ作, 受け取ったか, 合図を, 合圖を, 名乗って, 吹いて, 吹き付ける非常, 呼びかけた, 呼びに, 呼びましたが, 呼び止めながら, 呼んで, 呼んでる女中, 和尚の, 品物を, 唇を, 四五日前に, 四国屋の, 坊さんが, 坊主頭を, 壞された, 売ったん, 外れて, 多少囘復, 夜店出しが, 大きな星, 大きな月, 大きな荷物自動車, 大きな體格, 大勢の, 大原女が, 大将と, 太い声, 夫婦者らしい, 女の, 女中らしい, 好意上で, 始末を, 宅へ, 宗像博士が, 害心を, 宿を, 寄る馬車, 尋ねた, 小さい火の玉, 小さな女異人, 小三郎が, 小坂の, 山田邦子さんが, 巡査が, 平気に, 幸福な, 建長寺の, 廻つて来, 引上げて, 引捉んで, 影が, 彼に, 御世辞, 御城下, 御目付, 怒鳴って, 思い余ったよう, 怪美人の, 愛せられてると, 愛想よく, 懇請する, 懸って, 或ひ, 戦闘を, 扉が, 押されて, 押し拡がった下, 挑戦し, 挨拶でも, 振り返つた, 探検家が, 推輓する, 提灯が, 揶揄われてる, 撮るよう, 支配人さんが, 教えたの, 教えて, 敵が, 斜めに, 斷わ, 施米の, 明るい色, 是非書かし, 時々ここ, 晴々と, 暇を, 暴い声, 最前の, 月光を, 望みの, 木魂する, 村の, 杜の, 来かかった人間, 来かかった八丁堀, 来かかった老婆, 来かかった自動車, 来さしたこと, 来たしまた, 来たもの, 来たり, 来たん, 来た夫婦づれ, 来た女, 来た継子, 来た自転車, 来た船, 来た道士, 来た釜形, 来た音信, 来ても, 来やしないん, 来ること, 来るという, 来るところ, 来るに, 来る一人, 来る人間一匹, 来る姿, 来る廻礼, 来る橋本, 来る汽車, 来る者, 来る自転車, 来る車台, 来る電車, 来る鼻っぱし, 柳が, 柴を, 機械の, 歌の, 此方を, 此處を, 歩行く, 民子を, 気の, 気狂いじみた, 水野の, 汽車の, 泣寝入に, 泳いで, 洶, 渡つて來る, 湧いて, 湧くが, 潮さんが, 激しく咎め, 灰いろ, 無提灯, 無暗にぎらぎら, 熟と, 熟柿が, 父の, 片, 牛車が, 犬の, 狐の, 狸が, 狸を, 生温い夜風, 男女の, 疾風の, 発する剣気, 発音し, 登楼した, 白い服, 白張の, 白髪童顔の, 目潰しを, 目鼻立ちの, 相變ら, 眼がねを, 眼隱し, 着いた旅客, 睦じ, 睨んだ, 破れ切った編笠, 祖母は, 神尾の, 私, 私と, 私へ, 秘書の, 積極的には, 空桶を, 突き当って, 突戻されて, 突然余, 突然四五人, 突然現れた, 突進し, 窺いて, 立って, 笑いかけ照れたふう, 笑いながら, 第二艦隊, 箸を, 粗朶を, 紙と, 紙細工の, 綺麗な舞い, 緋の, 罷めさせるまで, 美留藻の, 羽壺の, 羽根まで, 聞き直した, 聲を, 肩を, 自然と, 自発的に, 芸者衆が, 若い三人, 若林博士は, 苦手の, 茜さんが, 蕗の, 薄暗がりの, 薬包紙の, 藤沢が, 表現する, 襖一枚颯と, 襷がけの, 西日を, 西洋の, 見えないの, 見え出したもの, 見つからないよう, 見つけられないよう, 見られるの, 見ると, 見覚えの, 覗いて, 親しそう, 解決を, 言い出しあと, 言葉を, 訊き返して, 訪ねて, 話しかけようと, 話しかけられて, 話しかけるが, 話した試, 話しを, 話し出されるの, 話し掛けられでも, 誘いの, 誘われ渋々, 誘惑されたらしい, 誰かが, 誰一人来る, 請求し始めた, 謝罪って, 貨物自動車が, 赤紫っぽい, 赤錆びた, 走つて來, 足早に, 車が, 転がりこむの, 転げこんで, 近づき迫って, 近付いて, 返事を, 追い落した獲物, 追つかけ, 送つて來, 逃げ出すじゃろう, 逆に, 逆捩, 通信も, 通訳に, 道を, 道草を, 遠慮され, 遠雷の, 遣って, 還って, 都合悪い, 重さうに粗朶, 金で, 鉛いろ, 銀色の, 銭を, 閉め出しだと, 附いて, 陸軍の, 陽が, 隣りの, 隣組の, 集まって, 雨が, 雨霰と, 電話を, 電車に, 青じろいのろし, 靴音が, 順礼の, 頻りに乗り気, 頻りに槇氏, 頼みました, 頼み出させるに, 顔や, 飄々と, 飛び出して, 飛び出すよう, 飛込んで, 馬も, 馬を, 馬力の, 馬蹄の, 馬鹿に, 馴れ馴れしく, 駕籠で, 騎馬の, 驢馬が, 鮭を, 麝香の, 黒い外套, 黒い尖った, 黒い影法師, 黒い毛皮, 鼠の

▼ 向う~ (474, 4.3%)

61 向いて 53 見ると 20 むいて 19 張って 15 見て 6 指して, 見た, 見る, 見れば 5 向いたまま, 見ますと 4 眺めた, 眺めて 3 通る, 飛んで

2 [22件] のぞくと, むいた, むいたま, 代表し, 向いた, 向いたま, 向いたまんま, 射抜け, 張らうかと, 張るつもり, 張るの, 歩いて, 歩くこと, 見たまま, 見ながら, 見ること, 見ろ, 見渡して, 覗いて, 透かして, 通ると, 限って

1 [214件] あなたは, いろいろの, うかがった, おこらさないで, お張り, きまり悪, ご覧, さぐりつづけた, さびしく渡った, ざわざわと, すかして, すかすよう, そして万吉, つつくと, ながめて, ながめると, のぞいたが, はって, はるワケ, ひとか, ぶち犬, まだもう一人, みると, むいたお, むいたが, むいたまま, むいた儘, むきこんど, むきながら, やっつけて, やめたんだい, コジ開け, ジリジリと, ノタクタと, 一心に, 一杯に, 代表する, 伺い振返って, 何かしら青白い, 信じてるんぢ, 信頼すべきである, 児玉的外が, 冷たい暗い河, 出たの, 出たもの, 出て, 出発した, 別嬪が, 劃つてゐる, 動いて, 可愛ゆく思っ, 右肩を, 向いたが, 向いたなり, 向いたので, 向いた久慈, 向いた寢姿, 向いた木, 向いた顏, 向いてて, 向いてるまま, 向いてる隙, 向きました, 向きツ切り, 向き今, 向くと, 向く時, 四五人の, 地白紋登りはしごの, 塀が, 墨染で, 大いにへこました, 大和口の, 奈何と, 尅殺せね, 少し行った, 屹と, 巡廻して, 差し示すよう, 幅二十米ほどの, 廻って, 引き出すには, 張った, 張ったの, 張ったもの, 張ったわけ, 張った大, 張つた, 張つてお, 張つて厄介な, 張つて陸軍の, 張らうか, 張らせて, 張らせること, 張らせるには, 張らせ道庵, 張りまするので, 張り夏季休暇, 張り得る先輩, 張るから, 張るん, 張る名家, 張る気, 張れるから, 張れる人, 張ろうじゃ, 張ろうという, 御覧に, 思い出したもの, 急いで, 怪人物が, 愛してると, 愛してるほど, 指さして, 指し, 指した, 指しました, 指し示して, 指す句, 搜せ, 教会の, 敵国の, 極むる行き当り, 歩き廻って, 氏神が, 汽車が, 注意し, 流れて, 渡して, 滑る, 濛々たる, 理解できる, 疾る, 痩せこけた馬, 発って, 目の, 省線が, 真柄余りに, 眺めたと, 眺めまじめ, 眺めやるなれば, 眺めると, 眺める浜田, 睨んだ, 知らず向う, 苦しめたくないん, 苦しめること, 荒立たせないつもり, 行く車, 裸馬が, 見い弓小屋, 見ずには, 見たが, 見たままいそぎ足, 見たら何, 見た時, 見つめて, 見てちゃ, 見ねば, 見ました, 見やった, 見やります, 見ようと, 見ようとも, 見るなり, 見るの, 見る三人, 見る効果, 見る場合, 見る気, 見る許, 見ろあれ, 見ろよ, 見上げると, 見渡したけれど, 見渡すと, 見詰めたま, 見込み, 見込んで, 見返した, 見送って, 覗いた, 覗かずには, 覗く, 調戯い返した, 走って, 走る犯人, 辱しめ, 辷る千鶴子, 透視する, 這って, 通ったの, 通って, 通りかかって, 通るとき, 通るならおれ, 通る四五人, 通る女, 通行の, 過ぎて, 遠く夢, 遮って, 銀の, 限った板塀, 雀が, 雁が, 頤で, 顎で, 風に, 飛ぶその, 馬鹿だ, 黄色いマスト, 黒の, 鼠色の

▼ 向う~ (375, 3.4%)

2 [13件] こっちの, 一面に, 二男の, 例の, 化学, 平気な, 広々と, 広い庭, 板塀に, 水田で, 泥坊を, 私の, 親しく馴

1 [349件] あたしに, あの, あの大身代, あの男, あの調子, あんな立派, いいかも, いかにも愛想, いつかな, いつから, いつでも, いま日の, おけさ母娘, お前一生懸命だ, お吉, お昼か, がっくり落, きつと, ここよりも, こっちにとって, こっちを, この辺一帯, こんな事, こんもりした, しかと防ぐ, しんと静まり返っ, じりじりと, すぐに, すぐ台所, すぐ大, すぐ懸崖, すこぶる楽天的, するりと横, ずっと蜜柑畑, そういうの, そうじゃ, そうまで, その半分, その太い, その返礼, それやうづうづしてるわよ, それを, そんなに苦しん, たいへん落, たかの, ただの, ただ默つて眼, だらだらと, ちっとも気, ちょっと調戯, ち卷, とうに氣, ともかくも, どういう様子, どうして出た, どうです, どうなっ, どう出る, どんな人, なに別に, のぞかれは, はるばると, ひどく暗い, ぴたりと, ぼんやりし, ますます増長, またし, また広間, また歩き出す, まだ土堤, まだ来, まつすぐ, まるで地獄, もうへたばった, もうハッキリこっち, もう両側, もう公園, もう南部領, もう坦々, もう天然, もう気がついたらしく, もう疾くに, もっと驚いた, やっとの, やつと, やはり雪, ゆるい起伏, わたしに, アフリカの, ヘリコプターとか, ホンの, 一人こっちは, 一人だった, 一度で, 一週間に, 一間隔てた, 一面の, 三度目だ, 三疊ほどの, 上総の, 下って, 下総葛飾郡前を, 事務的な, 二たび一つの, 二つばかり, 二三十坪の, 二人此方は, 二軒とも, 二軒長屋に, 人を, 人家を, 人通りも, 仲の町でも, 会津屋敷だ, 低い平家, 佐渡だ, 何かに, 何しろ軍需品工場, 何にも, 何も, 何一つしゃべらない, 何年か, 余所の, 信濃境まで, 値切って, 側用人此方は, 元より, 先にわ, 兎も, 党派主義で, 全然未知, 八吋砲こっちは, 八百松から, 写真だ, 凝固土の, 出したつて, 出家で, 出羽奥羽の, 切腹で, 刑務所総代に, 初婚では, 判りきってる人, 削ったよう, 前に, 十五六日無人の, 十人位で, 十八年の, 十坪ばかりの, 十餘人で, 博士の, 却って真面目, 厩西の, 只一度打つた, 向う, 向うこっち, 向うで, 呆気に, 命知らずばかり, 商人です, 商売だ, 商売人や, 噂さの, 四ツ目に, 困らあ, 土地馴染の, 地勢が, 墓場であった, 変な, 大きな侍, 大きな町, 大へん, 大スタア, 大分暖かい, 大勢, 大勢です, 大手を, 大真面目, 大頭です, 天下の, 太平洋て, 女だらず, 女中の, 学科が, 安宅町河岸の, 安山岩の, 官費だ, 少しの, 山である, 崕谷か, 川中島そこは, 川岸っ, 己を, 市街である, 平次に, 平気で, 年も, 広い板の間, 広い河原, 広漠と, 底なき, 廓外の, 彦根藩邸の, 彼女の, 往来が, 往来な, 往来を, 後に, 後家の, 御存じない, 御用商人こっちは, 急ぐから, 恐ろしくや, 恐ろしく広い, 戦士が, 拍子抜けが, 擽たいもの, 攻めるん, 故意からか, 文学士だけに, 斜め登りの, 新雪で, 日野春と, 早いもの, 暗い木立, 暗闇で, 更に恐ろしい, 月中の, 有徳人私は, 木槿の, 木立に, 本家此方は, 松と, 松山でございます, 林で, 柔しい, 棒立ちに, 業平竹の, 樊城の, 橋詰めに, 次男の, 武器以上の, 武家で, 歳を, 殊勝なり, 気がついて, 水銀の, 江戸城の, 決して出, 河内国の, 泳ぐまね, 浴室との, 溝に, 無事でも, 焼けに, 焼け跡で, 熱海で, 牧野越中守の, 獲物に, 田圃であった, 男子の, 畑に, 畑一ぱいに, 畠に, 疎林に, 白旗を, 百人ばかり, 皆自分の, 相当の, 相變ら, 真の, 真暗な, 眼が, 眼界が, 眼開が, 知らずとも, 知らぬ美しい, 知れたこと, 石垣石垣の, 砂の, 砂利場を, 砲艦を, 祖父を, 神秘そのものの, 秘書と, 空の, 空地だ, 立派な, 笑いくずれた, 笑いながら, 籠の, 純日本風, 絹川の, 総門の, 美しか, 耳を, 茂った森, 茂太郎を, 草叢を, 草津から, 荒いや, 葛西領此方は, 薄暗くて, 街灯が, 見えず, 見えねえん, 許嫁だけ, 診察室で, 負けても, 賣る必要, 赤の, 赤星ジュリアを, 越前の, 足が, 躍気, 返事を, 通用門山屋敷の, 通路に, 連山と, 達者で駈, 郊外らしい, 酒屋うまく, 野菜畠に, 金梃を, 長老の, 降って, 陰欝な, 陽が, 随分深い, 障子に, 隣の, 隣家の, 離れるだらうつて, 雪が, 電気の, 霊南坂から, 霜の, 霧が, 靴を, 飛騨かね, 饒津公園である, 馴染で, 駕籠こっちは, 高い巌壁, 高が, 高輪の, 鰐の, 麦畑で, 黒山署の, 龍土町自分は

▼ 向う~ (359, 3.3%)

5 何か 4 待って, 見て 3 こっちを, 何を, 声が, 手を 2 それと, 世帯を, 勝手に, 女学生の, 子供を, 答えた, 聞いて

1 [320件] あけて, あんな見物, いつでも, いつも矢代, いつも縮こま, いま会いたがらない, うまく言い抜けられる, おきる時分, おくみ, お会いしまし, お光, お化けに, お婿さん, お探し申し, お書き, かげろうに, きっと市蔵, きらりと, くすくす笑い出し, こつちを, この村特有, こればかりは, ごうごうと爆音, さうでなければ, さそったからって, さめざめと, しいんとし, しきりに拍手, しきりに謝っ, しらを, すげなくすれ, する呻き声, する衣ずれ, そうきい, そうきめ, そうさせない, そうなら, そう云うなら, そう呶, そしらぬ顔, そのお里さん, その襖, それだけの, それを, たまげたよう, だいぶ待つ, ちゃんと案内, ちょっと意地悪そう, ちよつと, つぶやくよう, とうに飯, なぐられた, なぜです, なんか談判, なんか面白い, にげて, のたうち廻る姿, はいという, びっくりしない, ぼっと大きく, ぼんやりと, ぽうと, また, またいろんな, またそう, また一刀, まだまだと, みんな六疋位ずつ, もし二百, もって, もとまって, やさしいおどおど, やつて, ゆっくりフランス, わざと考えさせる, わざわざ指名, わたしが, エチオピアの, ガサガサと, グズグズ話, コツコツ何, サーチライトを, ターンし, ダンダンと, チェッと, チラッと, ドクトルに, ドンを, ナスビと, ハッと, バタバタと, ヒラ, メランコリックな, ワンタンを, 一人殺られた, 一切経だ, 一列涛が, 万歳と, 下さらねえ, 不忍, 不時の, 並べていやがる, 二つの, 二言三言何か, 云いました, 云う通り四五回, 云って, 云ひ出すだらう, 五人ばかりの, 人々が, 人に, 人の, 人夫を, 今頂上, 伊太利領の, 会うと, 会っちゃって, 会つたのだ, 何が, 何にも, 何もかも教え, 作り声らしい, 信用しません, 倒れるかも, 停めて, 僻んで, 元気に, 入れる捜索, 冬の, 出るん, 出逢つた, 助けるため, 勝手について, 勿体ぶった女, 半ば体を, 半ば體を, 厚い殻, 厭気が, 又三郎, 又云いました, 取裁くと, 取調べを, 叫び声を, 叫んで, 召使いが, 台所の, 吠えて, 吠える, 呶鳴る, 喋って, 喜助が, 困つたやう, 地主の, 壁に, 声を, 太鼓をば, 奸策を, 好意から, 始まったよう, 嫌い始めたの, 嫌だ, 嫌なら, 宴会を, 寝るほう, 寫眞機を, 少女たちの, 居眠りを, 山崎が, 差上げよう, 帳面を, 幽かな, 幾らかその, 弥吉も, 影を, 彼は, 待ってて, 待つが, 御用に, 御這入り, 御飯を, 微かながら, 心を, 忍び笑いひそひそ, 忙が, 急いて, 恐れて, 恐ろしい事件, 患った熱病, 悲鳴を, 意地わるく, 懇意に, 成人し, 我々と, 我儘いっぱいに, 手の, 手数を, 手紙を, 打つから, 折れべきもの, 折入っ, 捨てぬ限り, 探して, 断わった虚無僧, 日本食を, 昼寝し, 暖って, 暮した事, 杉の, 来たいと, 来なくっても, 梨枝子の, 極めて, 歌って, 殆ん, 気取って, 汗を, 河が, 洋服の, 洪天さんは, 涙ぐんで, 滑って, 点火された, 熾って, 独り勝手に, 琴の, 生まれたん, 生活させ, 由吉は, 甲斐の, 申上げます, 男が, 疑いさえ, 病気を, 白い大きな, 白い歯, 百も, 百姓が, 相談した, 眺めて, 着替えて, 知らなくっても, 知り合つた二三, 私達の, 立ちあがりました, 立話し, 笑い出しますからね, 笑って, 答える声, 納まると, 納得する, 終業の, 罷めるだけ, 聞かぬ上, 聞くの, 聽かれ, 肩を, 背中を, 腸の, 腹を, 自分と, 自分の, 自動車に, 苦力が, 苦心を, 苦笑する, 荷物を, 薄陽, 蘇枋の, 蝋燭の, 血眼に, 行われて, 衣摺れ, 袖で, 見なして, 解決し, 言いながら, 言うにゃの, 言う声, 言った, 言ったの, 言ひ, 言ふ, 言伝り, 話して, 誰かが, 誰やら, 豚が, 責任を, 買うこと, 赤い昔, 起きた, 身を, 逃げたの, 逃げ惑って, 道を, 避暑に, 部屋へ, 都合し, 酔った誰, 金を, 金魚売りらしい, 鈴が, 銅鑼亀の, 錨を, 錫を, 鍵の, 鎌首を, 長談義に, 開いた時, 開いた汽鑵場, 面の, 頷いたの, 食って, 馬の, 騒いで, 驚いて, 驚きますよ, 鳴いて, 鳴つて, 黙って

▼ 向う~ (270, 2.5%)

7 わの 3 それを 2 こっちへ, わに, わへ, 先に, 少しでも, 止むを, 空屋で, 見えないので, 見渡される, 透いて

1 [240件] あのまま, あやまるなら特別, いかにも自慢げ, いくらこっち, いふの, いやだ, うたないさき, うって, えらけりゃ仕方, おなじここ, お前さんの, お前を, お穴様, からかい半分に, がらんどうらしい, こう変った, こちらの, こっちよりも, これからの, ごとしと, さういふ立派, さきに, しゃがんだまま, すうっと, すぐれてること, すぐ海, すつかり, ずうと, せせっこましい庭, そうな, そうなら, そう云う, そのつもり, その了見, その気, そんな格式, たまらなくなっ, つぶれた, つんとし, どこまで, どんな良い, なんと云つて, なんにも, はたして誠意, ふくれ向う, ぽうっと赤らん, また岡続き, まだ険呑, もうすぐ林, もう山田, やつた, やるという, わから, わざわざこっち, わだ, わに何か, わは, わるいと, わるいよう, シュトルツ氏の, ハタと, バタバタとつい, プカプカやっ, ヤイヤイ言っ, 一人の, 一部始終を, 一面に, 三間幅の, 下手で, 下矢切村でございます, 久八の, 乱雑にとり, 二人だ, 二人前なら, 云ひ出した, 五秒早く, 今朝登っ, 仏眼なら, 低い堤防, 何か, 便所な, 俺に, 全部の, 全面的に, 八ヶ岳此処からは, 八ヶ岳此處からは, 公園で, 内心他の, 冷淡な, 凌雲閣あれが, 出ないん, 出まいもの, 出羽自分は, 切り込んで, 動かないから, 勝手に, 勲三等ぐらいな, 十人の, 半狂人, 危なくな, 又上り坂, 収容所の, 叔父の, 台所の, 吉野だす, 同情されるだろう, 向うならこっち, 向うならこつちも, 吾平さんという, 命の, 四季の, 困るん, 土蔵の, 変声期にまで, 大勢だ, 太いこと, 奇蹟を, 奥様で, 寂かなので, 寂しいところ, 寺男の, 少し高い, 屋根より, 山で, 岡の, 左俣谷で, 平気で, 広い河原, 庭である, 廻って, 弱え, 弱過ぎる, 張れるはず, 強ければ, 影か, 往来に, 往生し, 従僕だ, 悪いと, 悪いの, 悪いん, 悪るい, 惚れて, 愛して, 我慢する, 打ち出した, 承知しません, 折入っ, 折入った, 抵抗する, 持って, 探す番, 日本を, 旨く遣りおった, 明る過ぎる, 明軍は, 曲って, 本当で, 松林, 松林銀鼠の, 槍突きなら, 機関銃で, 此方へ, 此方を, 殺されなければ, 油断すれ, 泣いて, 泥濘へ, 泰然と, 浮気なら, 海に, 海岸みたいな, 漕ぎやめるまで, 無だ, 煙草屋電車から, 生身の, 田圃だった, 白壁で, 相手に, 真っ暗な, 真弓の, 真赤だ, 真面目に, 睨む, 破襖, 私を, 秘密を, 空いちまった, 突き当ったと, 答えるだろう, 築山築山の, 絶壁で, 絶頂だ, 美紅か, 聞き手に, 脈の, 自分の, 自由に, 苦しがれ, 華族の, 薮畳み, 西部二部隊であった, 見えず, 見えない, 見えないよう, 見えないん, 見えなくなった, 見えなくなって, 見えませんから, 見えるかい, 見ないよう, 見るよう, 見返したの, 話の, 谷中です, 赫っと, 身上が, 逃げたり, 逃げて, 逃げ廻るの, 透かして, 透明な, 鐵鎚で, 開いて, 開きますまいなどと, 開けて, 間違いぢや, 際どく明るい, 隠すの, 隠れ私, 雀の, 離れると, 電車の, 面白が, 須山を, 頭が, 頻りに強う, 高い棟, 高台の, 黴毒なら

▼ 向うには~ (252, 2.3%)

5 低い山 2 処々の, 外国人が, 島の, 座蒲団が, 庭の, 灰色の, 真青な, 竹山に, 自分の, 親子らしい

1 [227件] あんな鉄網, いって, いろいろの, うずまく毒煙, お城, かなり広大, かれ等, くろぐろと, ここより, この新開, この都会, これも, さっきの, さもただ, さらに高い, すっかり春めいた, すつかり春めいた, ずっとてんでんばらばら, その思いがけない美し, その森, その比婆山, つきり, つまり敵国, ときどき閃光, とど松, どうやら薄, どんなすさまじい, どんな人間, なおも魔物, なれて, ばたばたと, ふみ枝の, また湖水, また白い, また隣村, まだ三つ部屋, まだ多少の, もう一つ, もう肥った, やや離れた, ゆうべの, コット, コンモリと, ピサの, ヴエスヴイオの, 一層深い, 一斗以上も, 一軒の, 一面に, 三千坪ほどの, 三四郎の, 三坂女坂などの, 三段に, 三階建の, 不思議な, 不意に, 丘が, 二人の, 交番が, 人声も, 仁王門, 仏蘭西の, 伊豆が, 低い杉, 佐渡の, 何でも, 例の, 偉大な, 僕の, 兎の, 内乱の, 円形の, 分らない, 分らないで, 刳り取つた岩, 勿論花, 危険も, 又こんもり, 古い墓, 名を, 向うで, 向ったが, 周圍が, 土手が, 墓地の, 壁に, 夕靄に, 夜霧の, 大きな, 大きな唐金, 大きな崖, 大人が, 大別山, 大勢二本差しが, 大川が, 大病の, 太い鋼管, 太陽が, 夫婦らしい, 奥さんも, 奥座敷へ, 女囚の, 定めない雲, 家だの, 容易に, 實は, 射的場釣堀屋ミルクホール白粉地獄と, 小さい星ども, 小さな丘, 小山や, 小高い岩, 少しも, 尖った山, 山毛欅の, 岩ばかりから, 川の, 工業都市として, 市郡, 幅一尺ばかりの, 平たい芝生, 幾つも, 広々と, 広い庭園, 広い郊外都市, 広瀬川が, 庭石が, 思いがけない幸福, 思ひがけ, 意外な, 懇意な, 懐しい親子, 懸って, 戸隠や, 摩周の, 既に峻峰, 旦那の, 春の, 曇った空, 曇つた空と, 更に一層賑, 更に薄暗い, 最早や, 月光が, 望月家を, 朝から, 枯蘆の, 柔かい島, 柳の, 柵と, 桃の, 棕櫚が, 極めてエロチック, 樅の, 次第に大きな, 残忍な, 殿様から, 毒ヶ森や, 気の毒な, 水の, 水色の, 洗濯屋の, 派手な, 海の, 湖水を, 湯殿の, 滴らんばかりの, 火が, 焼けのこった防火壁, 牛小屋が, 狭い町幅, 甘藍や, 甲斐の, 男女が, 畑を, 白い花, 白銀の, 百姓家が, 相違ない, 眞面目な, 砲兵工廠の, 確かに, 社用で, 私の, 秩父の, 稲田や, 空気は, 端舟の, 紛う方, 絵画的な, 線路と, 緩い丘, 背の, 背中の, 草が, 荊棘や, 薄暗い芝居, 薬研なりに, 藪や, 行けないさ, 複雑を, 証拠の, 警視総監が, 貫ちやんといふ, 赤沢岳が, 足りませんでした卑怯, 足柄峠から, 通じない, 遠くの, 遠く鷄, 鉄道工夫が, 鏡の, 闇の, 附添と, 陽子の, 青々と, 静かな, 静な, 靜浦牛臥沼津の, 頃あいな, 飛行場が, 馬ご, 高い火の見櫓, 髪も, 魚たちが, 鶴子が, 黒い山脈, 黒煙が

▼ 向うでも~ (126, 1.1%)

8 私の 3 こちらを 2 同じよう, 私たちを, 笑って

1 [109件] あれが, いいたそう, いくらか, うまくやった, おいと, おかずを, きさくに, こっちでも, こっちの, こっちへ, こっちを, こつちを, この異様, じっと僕, じろじろ視る, すぐに, その呼吸, その場, それに, それを, ていねいに, ないん, まあ何, またそう, まだ知らない, やあ御早う, やってる, やっぱり同じ, やはり好奇, ボンタンを, 一尺動く, 一瞬彼の, 二尺前む, 云ひ, 仕方が, 会釈を, 何かを, 何だか気, 何とか云い出す, 停まる, 僕に, 僕を, 動かします, 叫びを, 同様に, 君に, 変だ, 変に, 多少こちら, 大体私と, 大騒ぎを, 天下に, 好意だけで, 嫌でしょう, 嫌な, 容貌の, 小聲, 少し気まずく, 引っかつい, 張る気, 待ち受けて, 待つてるらしいんでね, 急ぐよう, 恥かしがる, 愕いた, 愛想を, 懇望した, 我々を, 戸を, 扉の, 打擲した, 挙げる金剛杖, 振り舌, 捜して, 時々こちら, 普通の, 来なかった, 来月初旬に, 止めました, 気がついたと, 気が付いたと, 気づいて, 気づきえへっ, 気の毒が, 永く離したがらない, 流石に, 私が, 私たちが, 種々に, 窮屈を, 立ちどまって, 耳を, 聞きてえこと, 腹の, 自分を, 船の, 芸者が, 苦笑いを, 見つけた, 見て, 諦らめて, 貴公を, 起った, 迷惑がっ, 速力を, 長い日, 隣りでも, 驚いたと, 髪に

▼ 向う~ (126, 1.1%)

2 こちらから, こっちに, 同じよう, 思うが, 最早志村, 此方で

1 [114件] ああ強情, いうと, いうに, お婆さんは, こちらが, こちらとに, こちらは, こっちだ, こっちと, こっちとは, こっちの, こつちの岸, この時, これでも, しばらくの, すぐに, すると, そのたんび, その制作態度, その困難, その覆面, その親切, それが, たちまち一種身, ちょっと楽譜, どうしても制する, どうにも, どうもすくん, どっちが, なると, なんだかそんな, なんだか圧され, ほつて, またおなじ, また消え, まだ其作物, まだ早い, まるで気持, われなら, インク壺へ, タンクの, 一行も, 丁度後ろ, 三公兄貴と, 云う完全武装, 人が, 今更の, 何気無い顔, 同じ位, 同じ程度, 同時に其自然, 同時に構図, 同等の, 吹溜りの, 大変な, 女は, 子供は, 富五郎も, 少しも, 尾根は, 平常心, 庚申塚橋とか, 彼は, 彼らも, 得意の, 御父さま, 心得べし, 忽ちこんな, 思ったよりも, 怪しい男, 手だけの, 手を, 手帳に, 新子は, 早速夫人, 明治以来の, 松柏の, 此方だ, 此方との, 此方に, 此方音にも, 殆ん, 気持が, 涙が, 濃厚に, 瀬戸の, 父親はけろ, 牛は, 獅吼え, 琥珀色の, 申しながら, 病魔辟易, 益軒は, 直ちに原始的, 直ちに没頭, 矛盾が, 秀吉さまの, 私は, 私達は, 突然脇息, 立ちながら, 粥の, 考える考えかた, 聞いたとき, 胃が, 蒜や, 虎大いに, 蛤汁は, 裏門の, 観衆も, 誰でも, 途端に, 造船小屋の, 遉に

▼ 向うでは~ (118, 1.1%)

4 私の 2 あゝした, 初から, 此方の, 直ぐ相当, 私に

1 [104件] あいかわらずじいじいじい, あなたが, あまり自惚れない, いつもどうも見た, えらい奴, お前が, お前を, きっと仔細, こっちに, こっちの, こっちを, こつちの顏, こつちを, この新しく, さびしとは, せせら嗤, その心, たしかに俺, とうとう風一つ, どんどん切っ, はじめから, また一人, もう病気, やはり前, ゆっくり歩い, よく知っ, よこすと, わかりません, わたくしが, わたしの, われわれの, カフェの, サンムトリが, セエラが, ナオミが, 一々ヘルン, 一トン, 丁銀が, 些とも, 人間が, 今も, 何でも, 何んとかいう, 何気なく新吉, 俺らの, 僕なんかを, 僕の, 僕一人が, 其処の, 内海の, 別に祟る, 別の, 前から, 十両出せ, 原子力の, 問題に, 好い鳥, 子供たちは, 少しびっくり, 少しも, 当然と, 彼が, 彼を, 怪しい彷徨者, 懇望な, 押しつまったから, 料理やに, 日常使われ, 是非とも, 最うよそ, 最前こそこそ, 月並な, 東京廻しと, 此処に, 残って, 気がついて, 気がつかないらしく別に, 気の, 甲賀世阿弥が, 畑を, 盛唐と, 相交, 相変らず, 着られないそう, 知ってるだろう向う, 確かに, 笑いながら, 笑い物に, 素知らぬ顔, 聞き咎めた九鬼弥助, 聞こえないつもり, 胸が, 自分が, 苦も, 草履取でさえ, 覺え, 貴方を, 連中が, 遊びかも, 運動会の, 間違いは, 類は, 食用に, 麦粉を

▼ 向う~ (115, 1.0%)

2 こちらも, こっちも, こっちを

1 [109件] あたいを, ありますけれど, あんまり虫, いちはやく怪しいと, およその, ぐっと来たらしい, こ, こちらに, こつちも, これでは, さうだと, さる者, じっと夕日, そ, そうだろう, そそり立った岩, それと, それに対して, どうやら火, どうやら私, なかなか大家, なかなか放っ, なるべく穏, ふわふわと, また私, もう参, やっぱし正月, やっぱり私, やはりバラック, やはりバラツク, やはり無言, やはり窓, わたしを, パッと, ピッタリと, マンザラな, 一人こちらも, 一日に, 三高生だ, 上陸隊が, 不思議に, 主将の, 五六人これだけの, 伏目に, 会いたいと, 何か, 何かの, 例の, 内心ジタバタし, 出る人おまえ, 区別の, 口を, 合点が, 四五歩遠ざかっ, 大抵お, 大自慢, 少し気味, 後退し, 心配し, 忙しいの, 怖がるん, 急ぎ立ち, 急ぐと, 急に, 恐れを, 愕いた, 慥か氣, 懸かろうとは, 押し返すこの, 教育の, 旧は, 朝の, 来れば, 此方を, 毛色の, 燒けを, 用心し, 目を, 直ぐ答, 相手を, 眼を, 矢張り立ち上っ, 石の, 私なぞは, 立ち止まって, 立止る, 簡短な, 美留藻の, 自分を, 若いが, 藤野屋杢左衞門の, 見えない, 覚えて, 話さずこちら, 負けないん, 赤面し, 足を, 身の上が, 身分が, 遠いけれども, 鋭くつめ寄つて, 隣も, 靄の, 非常に, 靠れかかつて來, 驚いたが, 驚いたやう, 驚かあ, 鹽原角右衞門己も

▼ 向う~ (91, 0.8%)

5 物を 3 居る, 発す 2 法壇の, 筋違角から

1 [76件] いやしくも政, いる, いる間, する動作, その言, はなやと, まあウソ, よういうた, ゐた, 一歩ずつ, 乞う事切, 予が, 五度目の, 五穀を, 亥戌酉申より, 何を, 來る, 僅に, 働く力, 入って, 出発した, 口ごおはい, 大きな大きな声, 大に, 宣告する, 害を, 居ます, 居ります, 展開すべき, 巳代公は, 徐々と, 心細い思ひ, 思に, 急ぎ逃げ去らん, 懐疑を, 我等の, 戦いを, 手を, 投げた石, 日々夜々に, 日本民俗学の, 早や, 暗に攻撃的, 来りて, 此家の, 涙を, 漂いはじめたの, 為す事, 熟と, 王の, 病勢の, 益す繁栄, 睨まると, 礼拝恭み, 突進し, 立ちますと, 立つ山, 立つ高台, 終日兀座, 胡笳を, 胡笳誰か, 行く, 行つた, 行なう競争, 詩文の, 走って, 轉べば, 迂回した, 迫害を, 進ましめ居る如きこと, 進みますと, 進むに, 進む方法, 道路新設たる, 馬匹等は, 馬糞を

▼ 向うむき~ (84, 0.8%)

16 になっ 4 になった, になつ, に寝 3 にし 2 になつて, に佇ん, に坐つ, に揃っ

1 [45件] でも普通, で地べた, にすつ, にすやすや, になつてぐつすり眠つて, になつて井戸端, になつて自分, にね, にステッキ, にハタ, に休ん, に停車, に円く, に坐, に坐っ, に坐った見すぼらしい, に坐りこん, に夜着, に寝返った, に屈ん, に御, に投げ出し, に捨て, に椅子, に潰島田, に煙草, に片, に真直, に突ッ, に立たされた, に立っ, に立つ, に羞, に背, に脚, に腰, に舞台, に見えます, に転がっ, に隠れ, に雪, のまま, のまま靴, のやや, の雲先案内

▼ 向う河岸~ (62, 0.6%)

3 の家並 2 の空, へ, も勿論, を山谷堀

1 [51件] から新来, から漕ぎもどし, がよく, じゃねえ, では盛ん, で紙砧, で腕まくり, で高見, とこっち河岸, にい, には三囲, には税関, に人, に居る, に魚, のお, のジョホール, の並倉, の中洲, の亀長, の人生, の公園, の太鼓, の官衙, の家畜病院, の小高い, の役所, の枯蘆, の森蔭, の渡船, の火の手, の百本杭, の眺め, の薪, の辺, の辻番, は掘, は掘割, は静か, へもう, へ渡っ, へ渡ん, へ越し, へ通つて, まで泳ぎ着い, も見えない, や此方, をぼんやり, をみたる, を見, を通る

▼ 向うまで~ (58, 0.5%)

3 続いて 2 引いて, 来て, 歩いて, 渡して, 行き過ぎてから

1 [45件] あの日, いく間持ちません, お連れ, つづきオホーツク海, 一行七人自動車から, 並び続いて, 出られそう, 取つて, 同じよう, 名の, 声が, 女中に, 寄って, 往ったら, 往って, 来る, 架けて, 氾濫し, 江戸を, 深く湛えた, 渡って, 溢れ出して, 滑りついた, 煤けたうす白い, 移動を, 行かうかや, 行きつかないうち, 行くこと, 行くよう, 行くん, 行ったら締めたもん, 行抜け, 見渡せるだけ, 走って, 走らせようと, 辷らしたが, 近付くと, 逃げて, 逃げ出して, 連れて, 運んで, 響く大きい, 馳け, 馳けて, 駆けて

▼ 向うこと~ (48, 0.4%)

6 になった 3 にした 2 ができた, ができなかった, となった, となり, になっ

1 [29件] かわゆし, がはたして, がわかった, が出来た, が出来よう, が出来る, が多く, が如何, が必要, が難しく, さえもしなかった, である, となる, などは思い, にし, になりました, になる, によって食糧, に定めた, に興味, は出来ない, は出来ないで, は疑い, もない, も敵, をしなかった, を目的, を知らない, を祈った

▼ 向うからも~ (30, 0.3%)

2 こっちからも

1 [28件] この市, そうし, ふと見た, ぼくへ, わたしに, 一人中田の, 一臺の, 中心の, 云いたそう, 來た, 全部を, 同じ返事, 大声が, 小走りに, 崖が, 応じるだけ, 応ーッと, 愛されてると, 愛されるだろうという, 振りかえった, 来た試, 立ち入つたこと, 見にくい, 近づく如何にも, 進んで, 還って, 鉄砲の, 黒い影

▼ 向うにも~ (29, 0.3%)

1 [29件] あること, あるよ, きつと, こちらにも, またいた, やはり桐, よい水, よく分った, 一つ滝が, 一人という, 一人前として, 一艘見えた, 二十坪ばかりの, 仲間が, 住居が, 充分方策が, 坊主が, 夜汽車が, 妹の, 敵の, 未練が, 正しい名, 池が, 洗場が, 監督が, 石を, 自己同様の, 花を, 食べる物

▼ 向う向き~ (29, 0.3%)

6 になっ 3 になつて, に立っ

1 [17件] たる人, にただ, につっ伏し, になった, にぶツ, に布團, に撫で肩, に束髪, に突き落した, に立つ, に立てかけ, に這出し, に飛行帽, に飛騨, のベンチ, の男, の逆光

▼ 向うところ~ (22, 0.2%)

1 [22件] であった, である, でこれ, によって見る, に発展, の, のこころ, の局面, の静か, は富士, は韃靼, は飛行場, もこの, も京都警護, をみれ, を失わず, を察し, を知り, を転ずるごとき, 冷たいビール, 常に敵方, 止むを

▼ 向うよう~ (21, 0.2%)

2 になった

1 [19件] です, で一夏養生, なここち, なこと, なもの, な勢い, な寛さ, な弾んだ気, な恐怖, な態度, な気, な気質, な軍勢, にいった, にしなく, にしろ, にそこ, に成った, に火

▼ 向うより~ (21, 0.2%)

2 ほかに, 那須の

1 [17件] おいよと, きいたふう, して, ともすると後方, ドタリドタリと, 他は, 來懸りし, 外に, 大泉伴左衞門が, 春彦走り出, 来る巡礼遍路, 楓は, 湯気の, 田原弥三郎三十四五歳以前は, 薄だ, 那須与五郎宗春二十歳烏帽子直垂にて, 鳥居の

▼ 向う~ (21, 0.2%)

3 のお, へ行ったら

1 [15件] が, がお断り, がそそう, が首, じゃ何ん, だってその, だって遠慮, に対してボウトク, に褒め立てた, に鏑矢, の勝手次第, へお, もさぞ, も御, を怨む

▼ 向う~ (20, 0.2%)

1 [20件] が両替屋, が立派, でそこ, にある, にいた, に行つて丸善, のコーヒー店, の一角, の大きな, の女郎屋, の川, の暗闇, の消防ポンプ置場, の火災保険, の炭屋, の蔵造り, の裁縫店, の辻行燈, へ顔, を見る

▼ 向うへは~ (18, 0.2%)

2 づすと水も

1 [16件] どういう風, もう行く, 一度も, 一歩も, 入つて, 平氣, 患者は, 渡られませんよ, 着かないだろうね, 聞えないの, 聽えなかつた, 行けなくなった, 誰も, 返すな, 通さぬ, 通じませんで向う

▼ 向う柳原~ (18, 0.2%)

3 に住ん, のあっし, の八五郎 1 から神田川, から通つて, にある, のあつし, の伯母さん, の叔母, の巣, は少し, まで飛ん

▼ 向う両国~ (17, 0.2%)

2 へ引き返し

1 [15件] から右, だね, で左, にはお化け, には西陽, に河童, の大工, の紺屋, の見世物小屋, の観世物小屋, の青柳, へまわっ, へ渡った, も本所, を指し

▼ 向うからは~ (15, 0.1%)

2 群集が

1 [13件] かすかながら, むしろ縁遠い, もの悲しいマズルカ, ガラツ八の, ゲリラが, タイプの, 不相変, 何んの, 半分桐の, 名乗って, 変らず深く, 迎えに, 黒い着物

▼ 向う~ (15, 0.1%)

1 [15件] だから, でも砂埃, で遣っ, にある, には東岳, には男, にまだ, に坐っ, に居り, の二階家, の桟敷, の隅, ひらりひらりと, へ坐り込ん, 晩に

▼ 向う~ (14, 0.1%)

1 [14件] か遙, が紫, では鹽原角右衞門, で鳴く, と此, には山男, に響い, の崖先, の源氏, の緑青, の腹, の茂, の頂, を通り

▼ 向う~ (14, 0.1%)

2 の部屋

1 [12件] から最も, だ知るわけ, であの, で急, で誰, にある, に天蓋, の方, の暗い, の隅, を押し流し, を鋲

▼ 向う~ (13, 0.1%)

1 [13件] この女, その俳優, その男, だ, に敵地, のよう, の分, はいつも, はさける, は単に, は向, は親, もああ

▼ 向う正面~ (13, 0.1%)

2 の畦中

1 [11件] なる朝燈明, にあい, に坐っ, に縁起棚, の例, の坂, はちょうど, は雑木林, をじっと, を合せる, を睨ん

▼ 向うじゃ~ (11, 0.1%)

1 [11件] くれないの, こっちに, そのかわり, とうに忘れ, アない, ヨクそんな, 君に, 君を, 手前の, 狼と, 私の

▼ 向うという~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことは, ことを, こと及び, その日, ので, のは, ものは, 何となく引緊, 例は, 傾向が, 捕手の

▼ 向うもの~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一団, が事情, が運命, であると, として目的, と信じた, なれば, の器量, は八ツ, は疎ら, 凄さ

▼ 向う途中~ (11, 0.1%)

3 であった 1 から白朧, そのスパイども, だったの, である, の景色, もの凄い大, 真白い蕎麦, 美しき女神

▼ 向う三軒両隣~ (10, 0.1%)

2 りの 1 がお, が尽く, が空家, にノラ, はある, へ八犬伝, りと, を問はず

▼ 向う横町~ (10, 0.1%)

1 という横町, に代言, に出来た, の方, の樽神輿, の貸家, へ折れた, へ曲がろう, へ来, をシャラン

▼ 向う~ (9, 0.1%)

21 から化物, から萬事, けれどまあ, つた, つて鼻の, ともいえる, な

▼ 向うては~ (8, 0.1%)

1 しんみの父に対する, 何の, 尻向けぬ, 影を, 極度の, 武備を, 言悪い, 誠に天

▼ 向う~ (8, 0.1%)

2 になった 1 ができます, になる, のよう, は出来ません, は出来る, を憐れ

▼ 向う川岸~ (8, 0.1%)

1 から撃つ, から鐵砲, に廻つて, の小, の崖, の藝者屋, へ出た, を眺め

▼ 向う~ (8, 0.1%)

1 であるが, として勝たざる, には芸者, に任せぬ, に迷った, は黒部川, を占う, を決しよう

▼ 向う~ (7, 0.1%)

1 え如何にも, その理想, どうせ中途半端, 向わないかが, 大工を, 生真面, 考えはじめるか

▼ 向うからの~ (7, 0.1%)

1 ように, 一つの, 便りが, 催促だ, 帰還兵で, 手紙を, 銃砲撃の

▼ 向うだって~ (7, 0.1%)

1 そう急, だまって, 今と, 俺の, 厭なら, 引継ぎの, 知って

▼ 向うです~ (7, 0.1%)

21 からお, から見えません, がね, もの, わ

▼ 向うへと~ (7, 0.1%)

1 どこまでも, ぼとぼと行く, 往つてもう, 渡す, 走つて行, 追い立てた, 遠のいて

▼ 向う~ (7, 0.1%)

1 で非常, とのいずれ, も胸底, をえらんだ, をきく, を歩い, を遠ざかる

▼ 向う~ (7, 0.1%)

2 の家 1 に今, の二階家, の素人下宿屋, の耶蘇教信者, の非常口

▼ 向う隣り~ (7, 0.1%)

1 に寝, の, の万国料理安福軒, の按摩, の桃代, の部屋, の醫者

▼ 向うざま~ (6, 0.1%)

2 に突出 1 にしめ, に畳, に突き出す, に顱巻

▼ 向うとき~ (6, 0.1%)

1 その弱い, には葛岡, のよう, はいつも, はこういう, はさき

▼ 向う態度~ (6, 0.1%)

1 が戦争当時, で私, というもの, にかさなっ, の発展, はこの

▼ 向うさま~ (5, 0.0%)

2 へもご 1 からでございます, が出迎え, は質屋

▼ 向うその~ (5, 0.0%)

1 うしろ肩の, 人の, 方の, 頃を, 顔は

▼ 向う~ (5, 0.0%)

1 があまり, という, 不断の, 卓子の, 縁側へ

▼ 向うつもり~ (5, 0.0%)

1 かい, でおる, です, とばかり期待, らしく手拭

▼ 向うとも~ (5, 0.0%)

1 しない態度, しなかった, せぬ無, 彼等の, 思われる地点

▼ 向う~ (5, 0.0%)

1 ので日済金, の貢さん, んだ, んです, 士族とかいうが

▼ 向うのに~ (5, 0.0%)

1 そッくりだ, らい, 水路は, 純粋の, 豐後水道を

▼ 向う~ (5, 0.0%)

1 だと, であっても, ですから, のこと, まである

▼ 向う合せ~ (5, 0.0%)

1 では何, でスレ鈎, にこの, に並ん, の北側

▼ 向う~ (5, 0.0%)

1 のむら錦葉, の山颪, の明神, の的, を前髪

▼ 向う横丁~ (5, 0.0%)

2 の角屋敷 1 の鼻, へ入っ, へ足

▼ 向う通る~ (5, 0.0%)

2 はスター 1 は, はピカソ, アキョンド

▼ 向うても~ (4, 0.0%)

1 亡くした幼女, 実にわずかであっ, 盲目的に, 見送っても

▼ 向うところ敵~ (4, 0.0%)

1 なき快勝, なく康囘, なし, なしじゃ

▼ 向うへも~ (4, 0.0%)

1 手が, 抜けられるよう, 行って, 調査には

▼ 向うほど~ (4, 0.0%)

1 その, 大圏を, 血を, 身内の

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 否や, 否や人が, 此方で, 町の

▼ 向うよりも~ (4, 0.0%)

1 なお愚かしき, やすき低地, 今日かかる, 民衆と

▼ 向う三軒~ (4, 0.0%)

1 の屋根越, 両お隣りや, 両どなり, 両隣り

▼ 向う三軒兩~ (4, 0.0%)

1 隣り, 隣りへ, 隣りを, 隣り天井裏

▼ 向う三軒兩隣~ (4, 0.0%)

1 の二三人, を當, を當つて, を荒し

▼ 向う二階~ (4, 0.0%)

1 の一間, の椽側, の欄干, の障子

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 から海, の房総, の断崖, へ

▼ 向う~ (4, 0.0%)

2 の桜 1 の祠, の花

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 であり物, では釣月軒, よりも内, よりも大地

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 がどれ, がよい, に居る, の凶

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 ありと, の兜, もあるだろう, も多い

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 から廻っ, です, の長作, へ逃げこんだ

▼ 向う鉢巻き~ (4, 0.0%)

1 のはじめさん, の双, をし, をした

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 で仲間, には大きな, に昇降口, へ行っ

▼ 向う~ (4, 0.0%)

1 から兄さん, から海, なるに, の様

▼ 向うあたり~ (3, 0.0%)

1 に, にうち, に一つ

▼ 向う~ (3, 0.0%)

2 がりに 1 降りだらそれ

▼ 向うため~ (3, 0.0%)

1 にはどうしても, に一切, に彼

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 やとても, やもう, や平次親分

▼ 向うとは~ (3, 0.0%)

1 きっぱり手, 夢にも思わなかった, 限らねえその

▼ 向うので~ (3, 0.0%)

1 志望者の, 現に行い, 鷺町辺で

▼ 向うまま~ (3, 0.0%)

1 になり, に受けた, に好き

▼ 向うバス~ (3, 0.0%)

1 に乗った, はその, はどれ

▼ 向う下り~ (3, 0.0%)

1 にこの, になっ, のこれ

▼ 向う世界~ (3, 0.0%)

1 には偽, の敵, を見物

▼ 向う二十年~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 向う人間~ (3, 0.0%)

1 の将来, の進歩, を探究

▼ 向う兩國~ (3, 0.0%)

1 に渡り, へ, までは一

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 に亜鉛, の運動, を見

▼ 向う前進~ (3, 0.0%)

1 およびフロイシュ, に部署, を部署

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 に対して土, はなかっ, を描いた

▼ 向う向い~ (3, 0.0%)

1 てし, て見, て走り去る

▼ 向う小山~ (3, 0.0%)

1 の山の端, の雉, へ立たせたら

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, にすわる, の四畳半

▼ 向う心持~ (3, 0.0%)

1 で読者一般, の底, はやはり

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 にず, の古, の小料理屋

▼ 向う斜め~ (3, 0.0%)

1 にしかも, に見わたせる, の異

▼ 向う新道~ (3, 0.0%)

1 の例, の縁台, の角

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 では祝言, の虫, の都合

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 から大, で, にもなれる

▼ 向う気持~ (3, 0.0%)

1 になれません, にもなる, を折り

▼ 向う汽車~ (3, 0.0%)

1 に乗った, の二等室, の窓

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 にたかった, を泥靴, を蚊

▼ 向う遥か~ (3, 0.0%)

1 が草井, な城, に人

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 の中, の櫻, の紅い

▼ 向う鉢卷~ (3, 0.0%)

1 である, なの, を取ります

▼ 向う~ (3, 0.0%)

1 に淺, へ据えつけ, まで歩い

▼ 向う~ (3, 0.0%)

2 に浴びせ 1 にキズ跡

▼ 向う顱卷~ (3, 0.0%)

1 うんと緊め, をうんと, をした

▼ 向うかと~ (2, 0.0%)

1 思うてた, 思うと

▼ 向うかも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬと

▼ 向うからか~ (2, 0.0%)

2 ときどきさまざま

▼ 向うさん~ (2, 0.0%)

1 のいう, のこと

▼ 向うしし~ (2, 0.0%)

2 には矢

▼ 向うじゃあ~ (2, 0.0%)

1 どんなに恩, 忘れずに

▼ 向うだけの~ (2, 0.0%)

1 事であります, 勇気は

▼ 向うだった~ (2, 0.0%)

1 かしら, が女

▼ 向うづき~ (2, 0.0%)

1 にグサ, に杖

▼ 向うづら~ (2, 0.0%)

1 という句, と云う

▼ 向うでし~ (2, 0.0%)

1 て下さる, て透間

▼ 向うになよ~ (2, 0.0%)

2 たけが

▼ 向うのせ~ (2, 0.0%)

1 なあが追分, 山

▼ 向うのと~ (2, 0.0%)

1 おちょぼ口し, 我等の

▼ 向うのめり~ (2, 0.0%)

1 にうしろ, に手

▼ 向うはと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 見れば

▼ 向うへまで~ (2, 0.0%)

1 お艶, きて

▼ 向うむい~ (2, 0.0%)

1 て一心に, て空

▼ 向うむいた~ (2, 0.0%)

2

▼ 向うわけ~ (2, 0.0%)

1 であって, には行かない

▼ 向う一帯~ (2, 0.0%)

1 が松島町, の雑木山

▼ 向う一箇月間一緒~ (2, 0.0%)

2 に暮す

▼ 向う一週間~ (2, 0.0%)

1 で全部採掘, に亘っ

▼ 向う上り~ (2, 0.0%)

1 にず, の徑

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 見この, 見に

▼ 向う丘夕かげ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 向う乙姫~ (2, 0.0%)

2 の歩い

▼ 向う二人~ (2, 0.0%)

1 では, で私

▼ 向う五日間~ (2, 0.0%)

1 の猶予, よ

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 だと, となった

▼ 向う便船~ (2, 0.0%)

1 の日数, を探しあてる

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 が見えない, に尖った

▼ 向う列車~ (2, 0.0%)

1 の沿線, はその

▼ 向う同志~ (2, 0.0%)

1 だから, と云う

▼ 向う向いた~ (2, 0.0%)

1 まままた, まま編物を

▼ 向う土手~ (2, 0.0%)

1 の松, へ行つて

▼ 向う坂道~ (2, 0.0%)

1 をのぼっ, を降り

▼ 向う場合~ (2, 0.0%)

1 ついに堂々たる, にも起っ

▼ 向う墓地冬木~ (2, 0.0%)

2 したしくなりに

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 は射殺, もない

▼ 向う屈み~ (2, 0.0%)

1 に水瓶, に背

▼ 向う屋敷~ (2, 0.0%)

1 の大, の裏手

▼ 向う岡木~ (2, 0.0%)

2 の立

▼ 向う座敷~ (2, 0.0%)

1 の方角, は障子

▼ 向う感情~ (2, 0.0%)

1 にはいくら, はおのずから

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 の始め, も主命

▼ 向う持ち~ (2, 0.0%)

1 だ, で仕事

▼ 向う支度~ (2, 0.0%)

1 をした, をしなけれ

▼ 向う新家~ (2, 0.0%)

1 が秘か, へ行く

▼ 向う時分~ (2, 0.0%)

1 からしとしとと, だったから

▼ 向う時私~ (2, 0.0%)

2 も共に

▼ 向う木の根一本~ (2, 0.0%)

2 は泉州岸和田岡部美濃守

▼ 向う様子~ (2, 0.0%)

1 となった, もなく

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 から呼び叫んだ, に腰かけた

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 が二本, の金歯

▼ 向う河原~ (2, 0.0%)

1 にどこ, の方

▼ 向う泊り~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 向う理由~ (2, 0.0%)

1 はお, はどこ

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 の心, の心身

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 の小, 大きいもの

▼ 向う~ (2, 0.0%)

2 にカキ色

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 向う自分~ (2, 0.0%)

1 の心, の運命

▼ 向う蟷螂~ (2, 0.0%)

1 のなんと, の斧

▼ 向う過程~ (2, 0.0%)

1 としてでなく, の攪拌作用

▼ 向う道路~ (2, 0.0%)

1 に面した, を歩い

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 だけ気違, に二つ三つ坂

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 とその, になっ

▼ 向う顱巻~ (2, 0.0%)

1 の豪傑, をした

▼ 向う~ (2, 0.0%)

1 が灰, の強い

▼1* [418件]

向うあそこへ行き, 向うあの景色が, 向ううつむけに沈ん, 向ううらに海, 向うお山へ花, 向うかげにいる, 向うかこッちかという決戦, 向うかはまだ私自身, 向うからからッ風が, 向うからさえわざと三人, 向うからずつと左まで, 向うからぞろ, 向うからながらみ取り, 向うからわーッと, 向うがはの座席に, 向うぎしに灯, 向うこっちはこっち, 向うこの複雑で, 向うこのごろのこと, 向うころからその, 向うさき見ずはどんな, 向うしかないの, 向うすぐ目前紅提灯に, 向うすべての交通機関, 向うそうである, 向うそういう生活的な, 向うそして折り折りさ, 向うそれがひとつ, 向うたび中村の母, 向うたんで視る, 向うたんびにあんな, 向うだけじゃないや, 向うだけで一人ぎめにきめていても困る, 向うだけは土が, 向うだらうかそれとも, 向うって何処だ, 向うつらとどまり鹿, 向うづけに屋根裏, 向うてばかり益伸び, 向うでしたね, 向うでしんとし, 向うででもやけに鳴らされ, 向うでのお疲れ, 向うというは先般の, 向うといった風で, 向うときここを通過, 向うときわたくしは, 向うところ万丈の血, 向うところ強制疎開の家屋破壊, 向うところ強敵ばかりで, 向うところ我慢や対面, 向うところ敵勢草木のごとく靡き伏し, 向うとして気が, 向うとしては場所まで, 向うとに二人ずつの, 向うどうしや隣り, 向うながらそれほどさ, 向うなどとは今までに, 向うなどは暴虎馮河の, 向うなるセラ大寺の, 向うなんてらんぼうじゃ, 向うにだって通訳は, 向うにとって余り人聞き, 向うにとってはどうで, 向うにばかり話を, 向うにゃ路が, 向うによりかかって, 向うに従ってうすくなっ, 向うのどてのかげ, 向うの舎にも菊造り, 向うはいちめんの刈田, 向うはじに立て, 向うはずつと長い長い, 向うはずつと原つ, 向うはちよつと明るい, 向うばかり見て, 向うへの通行を, 向うへまはつて行つて, 向うほうがこの, 向うほどにそちも, 向うほどの大胆な, 向うまでにその戦場, 向うまでは吹くまいが, 向うむくはずみに, 向うものの面の, 向うもの他の一つ, 向うやつは叩, 向うよなあみんな, 向うよりは葛西大崎の, 向うらしい唯事では, 向うわが窓は, 向うわきになつ, 向うアスファルトの舗道, 向うガラス戸はまだ, 向うズネすりむいたって, 向うブルジョア・インテリゲンチャ層ではない, 向うプロレタリアートの精鋭, 向うホテル五階の窓框, 向うヨーロッパの全, 向う一つの勢力, 向う一ヶ年の靜養, 向う一ヶ年位は一銭, 向う一ヶ月の間, 向う一ヶ月間の期限, 向う一国の自然的進歩, 向う一帶の入江, 向う一年ばかりの間, 向う一年半コーヒーも飲めない, 向う一方だと, 向う一本の広い, 向う一条は余派の如く, 向う一箇月毎日レタスを一株僕, 向う一箇月間休場いたします, 向う一週間休講の電話, 向う一週間分食事の差入, 向う一隊の士卒, 向う一面に美しい, 向う七ヵ年据置の軍費, 向う七ヵ年間に諸君, 向う三カ月のうち, 向う三ヵ年間据置の帝国軍費, 向う三十日の間何事, 向う三十日以内に支払っ, 向う三年の間, 向う三年間のこと, 向う三粁ほどのところ, 向う三軒両隣的人情でつながっ, 向う三軒両隣近所の人, 向う三軒筒拔けに聽, 向う三間ほど先, 向う三階の蚊帳, 向うの甲州地, 向う下ろしはッ, 向う不断の努力, 向うの二階, 向う中間の地点, 向う二ヵ月の予定, 向う二年間といふこと, 向う二年間此の劇場, 向う二年間鬼子母神の御, 向う五カ年間はこの, 向う五年間の約束, 向う井伊掃部頭はこの, 向う人々は腕, 向う人口と富, 向う人知の大き, 向う仕事します, 向う付肴が残余つて, 向う低い窓から, 向う何十日かの毎日, 向う何年の間, 向う信仰は余り金, 向うに姿, 向うの歩道, 向う傾けに草, 向う傾向は非常, 向う僧兵のみか稚, 向う入口と入口, 向う八十日間のあいだ, 向う六時も前, 向う六百年前の楠木正成, 向う六箇月の間, 向うは忽ち, 向う兵糧運搬の人夫数百人, 向う内陸は一面, 向う処一敵なしと, 向う前栽の小, 向う努力において成立, 向う勃海使の乗船, 向う動機は今, 向う動的な態度, 向う十五ヶ年の空費, 向う十五年の貴重, 向う十四五町がほどにずらりと, 向う半ヵ月のお, 向う半月か一月, 向う南側千束町三丁目を除い, 向う原因ともなった, 向う反省から哲学, 向う受け本位の, 向う口調で, 向う作家の, 向うでいい, 向う向き傷は上, 向う商売なの, 向う地下の客室, 向うの書割, 向うまで来, 向う境界に移る, 向う夕方の列車, 向うはなかっ, 向う多数の巡礼, 向うの雁, 向う夜行にやっと, 向う大名と彼, 向う大昔を思いだし, 向う大通りを一台, 向うの一間, 向うの姿, 向う姿に至っ, 向う子供等を送る, 向う子分は貧乏神以下, 向う孔明の目的, 向う学生服の一群, 向うの庫, 向うは軽快, 向うの廂見当, 向う寒雲を秋, 向う寝室にゐる, 向う小さな男の子と, 向う山の上に立つ, 向う山の端の空, 向うの上, 向うへ響いた, 向うの原, 向うは江戸川, 向う巡礼の一群, 向う工夫はなかっ, 向うへ切れた, 向うの高台, 向うの夕餐, 向う廊下の東雲, 向う廻りに娘分, 向う張る勢いで, 向うの眼中, 向う彼女の反逆, 向う征途にはなく, 向うにつづき, 向う心持事業に向う, 向う心持異性に向う, 向う心構えで目黒駅, 向う心算であろうか, 向う必死な争闘, 向う必然にそういう, 向う必要がある, 向う急行列車に乗り込む, 向う性癖を持っ, 向う性質が違っ, 向うの荒い, 向う恵比寿の出た, 向う悲しみのよう, 向う意志も失っ, 向う意欲とその, 向う意氣が強く, 向う感じは形而上, 向う態度そのものにそういう, 向う態度テーマなどの点, 向う期間受けん, 向う所四五十間四方は小田, 向う所天下に敵, 向う所毎に功, 向う所燕兵披靡す, 向うを分け上ります, 向う手筈になっ, 向う扶持で五十銭, 向う数万の人々, 向う数年間鏡から遮断, 向う数日前にエリザベート, 向う敵意や殺人機, 向う敵手の無い, 向う敵軍を徹底的, 向う方角を眺, 向うに出た, 向うをその, 向う日本の道, 向う紫金城の, 向うを告げた, 向う明治においてさえもブルジョア革命, 向う時五条の橋, 向う時代にさしかかっ, 向う時候だから, 向う時兵馬は色, 向う時妙にそこ, 向う時時雄の胸, 向う時私たちは名, 向う時節であったから, 向う時臍より上, 向う晩春なので, 向う曲折はある, 向う本意でこちら, 向う本道で一つ, 向う来るのは, 向う板塀繞らした隣, 向う柳原一番の良い, 向う柳原七曲の路地, 向う根気をこの, 向う棧敷まで張つた綱, 向う次第だ, 向う欣びに顫, 向う歩道のはずれ, 向う段取りになった, 向う母上にも宜しく, 向う気候の加減, 向う気力を鼓舞, 向う気色をみせ, 向う気配があった, 向う永い日影が, 向う汽船に乗った, 向う河岸一帯は百本杭, 向う河岸春日出の宏大, 向う注文ぶりではあるまい, 向うによ, 向う渡辺綱よりも大役, 向う漁史膝を抱き, 向う濃いしおりが, 向う火の手は更に一層, 向うにもう一度, 向う無神経な指導者, 向う熱そうなこわい大きい, 向う片側の家根, 向うの寛大, 向うに椅子, 向うに矢, 向うのよう, 向うが歩い, 向うから乗合, 向う町内の平, 向うの鎮守様, 向う疎林の小径, 向うが彼, 向う登山者中案内を連れ, 向う百年に亙っ, 向うの横, 向う省線に逗子駅, 向う眺望のよい, 向う知識慾であったには, 向う石置場のある, 向うり途中, 向う碓井から先, 向う社会の進歩, 向う私鉄に乗っ, 向う積りだ, 向う突きにした, 向う突堤は三潴ば, 向う立場に立つ, 向う立派な遊歩道, 向う第一歩として共産食堂, 向う筆法はいつ, 向う筒井の渡舟, 向う精力を蔵, 向う精神の表現, 向う素質をもった, 向うに志望, 向うの在所, 向う群集を撮影, 向うはない, 向う自動車があった, 向う自身の態度, 向う臼井のそういう, 向う航空路の上, 向うのデッキ, 向う若林の屋敷, 向う著者にトラック, 向う葛西領の敵手, 向うから響い, 向うの力, 向う血祭りにし, 向うはあるまい, 向う街道という街道, 向うよ, 向うを走る, 向うて寝たる, 向う覚悟といっ, 向うと子, 向う計画です, 向うの岸, 向う谿の青, 向う豊富な社会生活, 向う貧者の心配, 向う貨物船に便乗, 向うで月六円, 向うのよう, 向う路地を入る, 向う踏つけ道を行った, 向うづくろい, 向う続いて, 向う迅雲に乗った, 向うで我々, 向う途上諸所において少, 向う途中トルストイはアスタポヴォ, 向う途中思いもかけず, 向う途中石田三成からの使者, 向う途中裂石の山門, 向う途端に何だか, 向う通りの家, 向う通風をよく, 向うの男, 向う遊覧船にひかれ, 向う部屋はその, 向う都下の人民, 向う野戦砲兵の一隊, 向う金網の鉄, 向う卷か何ん, 向うは窶れ, 向う鐘虫の音, 向う長屋には二夫婦, 向う長根の的, 向うに立っ, 向う門出の重要, 向う関心を捨てよう, 向うをさがり, 向うの門司ヶ関, 向う陸続とした, 向う障子の明, 向う隣りですか, 向うふる時, 向う雨山の桜, 向うの峰, 向う電車にのっ, 向う電車通りに出る, 向う非常識も弁え, 向う鞠子辺の産, 向う頼朝は勢い, 向う顧巻か何, 向う顱卷膚脱ぎの, 向うになっ, 向う高層建築は真珠細工, 向う鹿に矢