青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

名称~ ~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~ ~吐く 吐く~ ~向 向~ ~向い
向い~
~向いた 向いた~ ~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~ ~向け 向け~

「向い~」 5384, 58ppm, 1978位

▼ 向い~ (3796, 70.5%)

113 いた 76 いる 64 しまった 45 歩いて 35 いるの 34 ゐた 31 言った 28 いった 27 云った 26 いて, みると, 立って 23 見ると 19 ゐる 17 何か 16 いたが, 黙って 15 来たの, 行った 14 いるので, しまいました 13 いると, 手を 12 いました, います, しまつ, 居る 11 行くの, 見て 10 ゐるの, 坐って, 声を, 来た, 笑った, 見た 9 云つた, 口を, 寝て, 眼を, 立つて, 腰を, 見ても 8 叫びました, 居た, 来て, 私の, 顔を 7 いたの, いるん, しまう, それを, みた, 了った, 家の, 行く, 訊ねた, 開いて

6 [14件] いるか, いるよう, いる方, きた, しまって, 叫んだ, 居るの, 来る, 腹を, 自分の, 言葉を, 進んで, 頭を, 高く叫びました

5 [12件] いるから, しまうの, しまふ, すわって, 両手で, 両手を, 来ると, 来るの, 笑って, 行って, 言つた, 飛んで

4 [25件] いたから, いても, いること, いるばかり, だまって, みても, ゆくの, ゐたが, 了つた, 仕舞った, 何も, 壁の, 姫は, 居ります, 彼を, 歩いた, 煙草を, 目を, 眺めた, 空を, 考えて, 舌を, 苦笑した, 見たが, 見ました

3 [55件] あるいた, あるいて, いた女, いつた, いるかという, おります, お辞儀を, かう言, きたの, きたん, ごらん, しまいます, しゃがんで, その男, ゆくか, ゐて, ゐました, 一生懸命に, 下さい, 偈を, 動いて, 同じよう, 吠えたので, 呟いた, 唇を, 大きな声, 寢て, 小声で, 帰って, 待って, 御覧なさい, 息を, 斯う, 来たよ, 歎息の, 歩き出した, 流れて, 煙草の, 知らぬ顔を, 窓を, 笑いだした, 答えない, 聞いて, 肩を, 行くか, 行こうと, 行ったか, 行つてし, 見ては, 見な, 見るもの, 走って, 足早に, 身を, 返事を

2 [200件] あぐらを, いいました, いかにも申し訳, いたこと, いたという, いたので, いた男, いなかった, いなければ, いましたが, いるが, いるし, いるでは, いるところ, いるもの, いる人, いる彼女, いろ, おいで, おいでに, おしまいに, おっしゃいました, おまけに, おりました, おりますが, おれと, お礼を, きたと, くれ, くれた, くれるの, こう云った, ごらんなさい, しまったが, しまつて, しまひました, しまッた, すまし込んで, そこに, てんでに勝手, どんどんあるい, にこにこし, ほかの, ましたよ, まるで黒砂糖, みたが, やって, やつた, ゆく, ゆつくり, わざとらしい泪, ゐたの, ゐた頭, ゐましたから, ゐるし, ゐると, ゐる方, スタスタと, フラスコを, 一人で, 一緒に, 並んで, 云いました, 云ひました, 人の, 仕事を, 以前の, 何の, 來た, 兄の, 前足を, 動き出した, 勝手に, 去って, 合掌し, 唾を, 喚いて, 嗤はれた, 囁いた, 坐つて, 坐りながら, 壁に, 声の, 変に, 大声で, 大声に, 嫣乎と, 嫣然と, 室の, 小さな声, 居て, 居りました, 居るが, 居るに, 左の, 布の, 帯を, 帽子を, 庭の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 彼女を, 待つて, 後を, 御覧, 御辞儀, 微笑した, 恥かしげ, 悠々と, 意味も, 手で, 手招きを, 拝んで, 挨拶を, 控えて, 時々妙, 暫く黙っ, 朝の, 来たという, 来たといふ, 来たので, 来ます, 来ること, 来るもの, 来る時, 来る時代, 枝に, 椅子へ, 歩きながら, 歩き出します, 池の, 泣いて, 泳いで, 洩した, 源太郎の, 澄まして, 烟草を, 焼いた栗, 片膝立て, 眉を, 着物を, 礼を, 祈祷を, 私は, 突立っ, 笑いました, 笑つた, 笑つたが, 絵を, 背を, 腕を, 膝の, 膝を, 自分等は, 苦笑いを, 荒々しく何, 莞爾と, 落ちて, 行くよう, 行くん, 街道を, 見さ, 見ること, 見る勇気, 見る気, 見ろ, 見返るの, 見逃がして, 言う, 言うの, 言ったが, 訊いた, 話かける, 話しかけた, 話を, 説明する, 赤い舌, 走つたの, 走る, 足を, 返事も, 逃げようと, 逃げ去つて, 進むの, 金色の, 釣って, 靴の, 鞭を, 頂を, 頭の, 顏を, 顏をば, 風を, 馬上から, 駈けて, 高く歌, 鳴いて, 黙つて, 鼻で

1 [1978件 抜粋] あくびでもしながらのようにいった, あっと, あらぬ処, あるき又, いう, いきなりチョロチョロ逃げ出した, いくら歩い, いたおじいさん, いたその, いたもの, いた事は, いた友吉親仁, いた彼, いた柱頭, いた花, いっしょに, いつて, いないうち, いない時, いねえか, いましたから, いましたはっと, いますアゼルバイジャン, いよう, いるうち, いるけれども, いるとき, いるのに, いるほど, いるタミノ, いる一つ一つ, いる三つ, いる妻, いる居士, いる彼, いる時, いる波間, いる焦って, いる真面目, いる窓, いる表情, いる豚, いる間, いる面, いる髯, うす笑い, うつむいて, うめいた, えへら, おくれ, おじいさんから, おめ, おり, おり平尾, おれば, お取りでした, お歩き, お茶を, お通, かうボツ, かしこまって, かわるがわる山鳩, きそう, きた幸運, きつねの, ぎらぎらと, くっささった自分, くるかも, くるのに, くる女給さん, くれると, ぐつと唾と, こういいつけた, こう叫ぶ, こう挨拶, こず, こつりこつり, この刀, この深, こんな事, ご覧よ, さし招い, さっきま, さびしいので, しきりに何, しっかり立て, しばしは, しばらく黙っ, しまいばば, しまうこと, しまうん, しまったばかり, しまひほれぼれ, しまふ方, しまわれました, しゃんと坐っ, じっとしばらく空虚, じっと佇ん, じろ, すぐ歩い, すでに彼, ずらりと並びました, せっせ磨いでるだ, そうそう少し笑っ, そこの, そして始めて, そっち向い, そなた, そのまま地底機関車, その地図, その漁夫, その真実怪訝そう, その背中, その顔, それとなく袖の下, そ知らぬ, たずねる, ためらって, だれを, ちょっと澄し, ついに熱烈, つぶやいた, てれたところ, どうしてレビュー, どなった, ないで, なつかしそう, ならんだ店, にこにこ笑っ, にっこりと, にやにやし, ねころび電気, のろけ給え, はたきを, ひたすら海, ひょいひょいと, ふいの, ふと目, ぶらぶら歩い, べつな, ほどき物を, ぽたぽたと, ましたね, またつっ, また笑う, まつたく別の, みせる, みょうな, みること, みろッ, むらがる弥次馬, もう一度, もったいないと, やけに団扇, ややしばらく鶴菜, ゆきました, ゆくと, ゆつくり切り出した, らっしゃいな, ゐさうな, ゐただらう, ゐちや, ゐましたよ, ゐるだけ, ゐるひま, ゐるらしかつ, ゐる人, ゐる塔婆, ゐる町, ゐる裕佐, ゐる顏, ゐ給, カリガンガー川に, キョロキョロし, グズ, シラトリ属に, スッと, チエッチエッと, トットと, ニコニコ笑っ, ニッと, ニヤニヤ笑い, ハンカチを, ピッタリと, フッフと, ベチャクチャと, ホロ, メズサの, 一つ, 一丈あまりも, 一度斜, 一町ほど, 丁寧に, 三棟が, 上って, 下され, 下唇, 不自然な, 両腕, 乗込んだもの, 了は, 二つ続いた, 二人の, 云い出した, 互いに運命, 人見勉の, 今に, 今夜妹を, 仕舞ふ, 仰言, 伸びて, 低くこう, 何かしら考え始めた, 何と, 何やら相, 何処を, 俯向きに, 倒れた木, 停車場の, 働らきかけた, 先ほどはと, 先登に, 光ってる, 共に神戸, 写せと, 出かけた, 出掛けるの, 刀を, 前の, 前髮, 勉強を, 勘次を, 勿論挨拶, 半ば夫を, 厭くちょう事, 参らなければ, 又目, 双眼鏡の, 取り合わずに, 取り澄し, 口の, 只ヅカ, 叮嚀に, 叱責し, 吊革に, 同僚と, 吠え続けながら, 周章てて, 呼び掛ける子供, 呼んで, 咳払いを, 哄笑しました, 唱歌を, 喚いた, 囁き合って, 困つた笑, 坐つた利助, 坐り田螺, 埃及模様の, 外の, 大きく口, 大きな聲, 大事に, 大籠山と, 太い鼻息, 女の, 媚を, 嬰児の, 宇宙時代を, 実際は, 寂そりと, 寝かし附けたらしいが, 寺を, 将棋を, 小一丁, 少し仰, 居たそれ, 居た世間, 居ないばかりか, 居りましたが, 居りまする, 居り幾ら, 居るこの, 居る北側, 居る椅子, 山羊が, 席に, 平に入, 庄吉の, 座しそれから, 張扇を, 彳み, 往った, 後ろも, 従容として, 御着城, 微笑しました, 微笑んで, 忍び笑, 快走し, 怒鳴ろうと, 急いだ, 恐る恐るおわび, 愕然として, 慰め顔に, 懼れなし, 或る, 戸の, 戻りはじめた, 手探りでも, 打附, 拍手を, 指先を, 捕手の, 掠れ掠れ笑って, 政界が, 数十丈の, 日曜の, 早足に, 星から, 景色などを, 暗涙を, 最も侮辱, 未来は, 机を, 来たと, 来たもの, 来たらしいと, 来た事, 来た話, 来ないの, 来なかったので, 来ましたぜ, 来るし, 来る勇気, 椅子に, 横たわって, 欠けた所, 歌って, 正餐を, 歩きだした, 歩き出したアルトニヤ人, 歩くもん, 歩みを, 死ねおれ, 段々押寄せ, 気が, 水平に, 汁の, 沈める音調, 泣きいると, 流れ出すが, 深く息, 清十郎の, 源さんの, 溢るる, 潮の, 点頭いて, 無言だ, 煙を, 熟と, 片足を, 犬かなんかを, 独白した, 王の, 田代は, 男の, 畢つた, 発達した, 皆の, 相争わなけれ, 相談打つ, 眉の, 眠ってでも, 眺めまた, 眼玉を, 睡るくせ, 瞑目した, 短い太い指, 破顔した, 碧色の, 祈りを, 秀吉は, 私を, 突いて, 突進する, 竈の, 立ちどまりましたので, 立ち二足, 立ち止つて, 立ったなり, 立つし, 立つてる, 立上った, 立去るの, 笑い出した晴れ, 笑った源三郎, 笑つてゐた, 笑ひだす, 答えた, 答えると, 米友を, 紙に, 素知らぬ風, 終ったから, 絶叫した, 線香などを, 練って, 美しい眼, 老いさらばった, 考えてる間, 耳に, 聞かない振を, 聴いて, 肩へ, 背後を, 腕組した, 膝小僧を, 自分でも, 舌の, 舳を, 艀の, 若い彼女, 茄子たら, 草原で, 莨の, 落ちると, 蔭ながら, 蝶子は, 行かれること, 行くで, 行くので, 行く一連, 行く猶, 行た, 行ったの, 行っても, 袖を, 西南を, 見せる, 見た事, 見ながら, 見ようと, 見る度, 見下ろす者, 視線を, 親指を, 言う愚楽, 言葉は, 訴えるよう, 話しかけたり, 話しを, 話で, 誰かに, 諾か, 谷の, 赤井を, 走るの, 跳び上がらないばかり, 身構えを, 輕く, 近づいて, 述べた, 逃げ去って, 通りぬけた, 進む力, 進撃し, 道なりに, 遠くからに, 遥かに, 鄭寧に, 重い荷物, 野蛮な, 金扇を, 長い欠伸, 開いた引窓, 開き五雄蕊, 阿母さん, 降りるとわ, 障子に, 雁首へ, 電車通りを, 静かな, 靡いてる芒, 頓狂な, 頻りになに, 額の, 顔をば, 飛び出して, 飲さしの, 馬に, 馳り, 駆け出して, 高く上, 髯を, 鳴海絞, 鵠立で, 黙して, 黙り込んだ, 鼻を

▼ 向い~ (219, 4.1%)

12 家の 3 ところに, 家から, 家で, 屋敷の, 窓を 2 壁に, 室の, 家では, 家へ, 家を, 愛の, 活動小屋で, 活版屋の, 部屋の

1 [174件] ある家, うしろ向きに, うちから, うちの, おばさんお茶のみに, お婆さんでした, この一家, イタズラ小僧が, カムデンハウスに, シルコ屋から, ダンスホールと, テーブルながら, バラックから, 一二二二号が, 一名, 一家で, 三好野に, 三枝さんの, 三角点が, 三角点の, 三造は, 下宿に, 下宿屋を, 主人は, 亭主受句が, 人が, 今の, 代りに, 使いふるされた, 例の, 側の, 内の, 処に, 刀研厨子野耕介の, 加藤家いずれも, 動物園の, 化粧品屋や, 化粧鏡に, 千種さんの, 南天堂の, 反宗教出版所, 古い反物屋, 古軌条置場, 可なり, 右手に, 商人体の, 地方へ, 地面の, 場合に, 塀に, 壁へ, 壮士腕を, 大字へ, 奥さんお, 奥だった, 奴は, 室から, 室で, 室では, 宿屋の, 寂しさ, 寺の, 小さい煙草屋, 小島へ, 小路に, 尼の, 尾張町の, 尾根に, 屋上を, 屋根を, 山は, 山までも, 山も, 山影から, 山裾を, 岡なる, 岩壁には, 岩崎の, 岸に, 島でも, 島蔭に, 崖の, 席では, 席に, 席を, 常盤座であった, 常盤座は, 平吉科白が, 平家の, 座席から, 座席に, 座席の, 座敷なる, 庭に, 庭の, 廂の, 建物の, 御内儀, 御夫婦, 御新造さまに, 戸は, 折にという, 政務長官官邸が, 斜めに, 方限りの, 昆布岳も, 晩餐を, 暗い室, 暮の, 書斎の, 朝の, 机で, 村へ, 東宝劇場などは, 板じき室あの, 森は, 森より, 椅子に, 椅子には, 椅子を, 植物園の, 横丁にも, 横町を, 武蔵がなよ, 洋菓子店の, 淋しさ, 漬物屋の, 火は, 炭屋へ, 為事を, 無駄話や, 煙草屋の, 特等室で, 理亭の, 画家の, 畳の, 研究室の, 破れた裏塀, 空ほのぼの, 空地からの, 空地の, 窓が, 窓には, 窓の, 窓へ, 窓際に, 第一銀行支店, 糸車は, 縞の, 羽目に, 自分の, 船頭の, 花売り, 若い男, 若葉の, 蒲鉾屋で, 蒲鉾屋では, 薬屋に, 襖の, 谷に, 赤ちやんを, 邸に, 部屋にも, 部屋は, 部屋へ, 郵便局で, 郷士の, 酒屋土倉小家民屋は, 雑貨店の, 青ペンキ塗, 面倒の, 顔を, 高い塀, 高い建物

▼ 向いても~ (178, 3.3%)

9 左を 4 神さびた一生 3 山ばかり 2 同じよう, 宿が, 山ばかりの, 東を, 見ないで, 見なかった

1 [150件] あたりは, あんまりコンプレックス, いいこと, いけないもの, いちばん近い, いないに, いなかった, お金の, くもの, くらがりの, ぐつと睨む, ぐるりと, ここまで, こっちを, この通り, ごらんに, さっぱり山, しんしんと, すがりどころ, すぐそこ, そうであった, た, ただまっ, ただ眼, つづいて, どっしりした, においも, はてしの, びょうぶの, まずい事だらけ, みない, みな南だ, もう殆, よく顔, わからねえや, アイタシコ, インネンを, ガラン洞で, 一度ほ, 一度視た, 一面の, 不可能だ, 不平ばかり, 事件は, 京都の, 人が, 人らしい, 人間は, 仏像の, 他国の, 仰いでも, 何しら流れ漂っ, 何となくもの, 何んにも, 余り幸福, 借財だらけだ, 借金で, 偽りの, 凄じい自然, 初心の, 動くもの, 南に, 口先だけで, 右を, 坂ばかり, 壁, 壓迫だ, 声は, 女が, 女中にまで, 好いかね, 姿態が, 嫌な, 子供沢山な, 山で, 山ばかりな, 峰の, 差支ない, 幾度か, 床から, 底の, 彼は, 思い切って, 性の, 手足を, 指で, 損であり, 放置と, 暗黒ゆえ素早く, 果しの, 極端に, 母妻姉妹皆, 気の, 汚らしいパン屑, 涙を, 深い山, 火災後の, 灰色の, 無かつ, 無辜の, 煙のけ, 独りぼっちだった, 王国など, 痞え, 癪に, 白い花, 百姓一揆て, 盲目な, 相当の, 真に進退ここ, 真ッ赤, 眼の, 知った顔, 知つた顔といふ, 私には, 突きあたるよう, 窮屈な, 立って, 笹子や, 罪の, 美人揃いという, 聴えます, 脚本を, 自分の, 自分自身の, 茄子茄子です, 薔薇の, 血色の, 西を, 見えるの, 見ずに, 見ないが, 見ないやう, 見まい, 親切の, 親類縁者が, 言葉の, 許容と, 赤松の, 路は, 逃げよう, 重畳たる, 陸という, 面の, 面白そう, 頭の, 頼もしい顏, 食べて, 高い山山, 鷹臭い

▼ 向い~ (152, 2.8%)

17 なって 10 坐って 8 なると 4 なった 3 腰を 2 あった, して, 八百屋が, 坐った, 坐ったが, 坐りながら, 座を, 箕作元八氏が

1 [94件] ある喫茶店, ある大きな, ある彼女, ある教会, ある本屋, ある温泉宿, ある骨董屋, いても, いらっしゃること, いるの, おなりなされ, かけて, かけアルミニューム, こしかけた男女, この火山, こんもりと, すわって, ちょっと立ち止まる, どしん, なったという, なったの, なった時, なっても, なつた, なつて, なりたいん, なりながら, なりぬ, なりました, なりまして, なりますと, なり厳重, なる, なるの, なるよう, なる一脚, また小さな, アワシマ様という, ウィルヘルム一世記念碑の, タキシードの, ニュウと, ミヤケ薬局が, 下宿し, 丸吉それから, 二枚華奢な, 互の, 井出, 今日見つけた, 嘴の, 在る籐椅子, 坐った花嫁さん, 坐り理由, 坐ると, 大きな滑らか, 大丸と, 小さい薬屋, 小さな店, 居たの, 山喜という, 差し向っ, 席を, 平屋の, 店を, 座ると, 当るところ, 持って, 据えられた肘掛椅子, 新聞記者が, 曲辰の, 更に一人, 朝飯の, 来て, 椅子を, 永く坐っ, 洋燈に, 結綿と, 罵り合って, 肘掛椅子の, 腰かけて, 腰かけてる綿貫, 腰かけるの, 茅屋根の, 行くまで, 行って, 西瓜屋が, 話して, 誰が, 路地が, 近く富士と, 遣しと, 陳情人たちが, 食卓に, 食堂の, 黙って

▼ 向い~ (145, 2.7%)

3 に坐っ, の家, の小路, の建物, の歩道 2 にある, に腰, のドア, のプラットホーム, の壁, の小さな, の座席, は広い

1 [114件] から, からも人, からエレーナ・ニコライエヴナ, から与えられる, から同じ, から声, から大家, から道子, が共同便所, でお, ですバス, でドイツ語, で今, で鋭く, で面白い, とこちら側, なる室, にあたる草叢, にあった, にあつ, にいた, にいる, においてある, にしもた, にずらりと, にそびえ, にとぐろ, になっ, には嫁女, には相, には緒方正規氏, には茵三枚, にぼんやり, に一軒衛生薬具販売店, に並ん, に乗っ, に九人, に九十坪, に今, に入っ, に卓, に大, に大柄, に小間物, に川上音次郎, に席, に座った, に掛け, に撞球室, に殆ど竣工, に渡っ, に着席, に立っ, に腰かけ, に腰かけた, に見える, に道, に髪, の, のぎっしり, のどこ, のやっと, のビルディング, のホーム, のメイ・フラワ・ビルデング, の一角, の中老人, の五六軒先, の人, の何とか, の割合年, の十七号, の叩き, の呼び声, の喫茶部, の大, の客席, の寄留係り, の富山鉄道, の小学校, の店, の廂, の料理店, の新しい, の方, の普請場, の暗い, の書斎, の果物屋, の梨の木, の棚, の椅子, の甘酒屋, の町家, の真白, の窓, の素子, の縁, の美人画, の茅屋, の葉, の薬種屋, の軒下, の部屋, の陸軍軍人, の静か, の飲食店, はすぐ, は市内, へ引き返し, へ膝, へ部屋, へ飛び越える, を見る

▼ 向い~ (68, 1.3%)

6 話を 3 食事を 2 いるよう, 夕飯を, 飲んで

1 [53件] いた, いても, いること, いるこの, いると, いるとき, いる日本人, いる間, こんな物, ご存じでしょう, しんみり酒を, とじこめられる一等車, やって, よく分る, コーヒーを, ベチャクチャと, 上方の, 二人は, 五分間と, 五月の, 何を, 僕の, 前に, 午前半日精, 君と, 吸取紙, 呉服を, 四十格好の, 安倍川を, 少ししんみり, 居た, 居て, 居なければ, 居るあいだ, 座を, 暮らせるよう, 楽しかった, 猪口の, 盃を, 睦じ, 箸を, 約一時間位, 聖天様の, 胡坐を, 芥舟の, 見て, 話が, 酒も, 長火鉢に, 食べる, 食事し, 飯を, 飲みはじめた

▼ 向いたり~ (57, 1.1%)

13 して 3 するやう 2 こちらを, こっちへ, しながら, 左に, 左を, 眼を, 腕を

1 [27件] いけませんよ, うつ伏しに, おぼつかない陽, こっちを, した, します, するたびごと, するの, するもの, せずに, その陰, つ, 一足毎に, 下を, 仰向いたり, 内を, 前を, 南が, 又丸薬, 外の, 左へ, 廻ったり, 廻われ右を, 後の, 感じたり, 空の, 膝を

▼ 向いては~ (33, 0.6%)

2 いなかった, いるが

1 [29件] いないで, いないよう, いるの, かえすことば, それとなく微笑, づしながら, ならん, なりません, また悠然と, ゆかなかつた, ゐないと, トルストイ夫人と, 並んで, 云い左, 何か, 去った彼, 咲いても, 嘲って, 太郎に, 姉の, 威権甚だ, 少しの, 殆ど柔か, 烈しい気候, 省さんいけないでしょう, 艱難とも, 見なかった, 言葉にも, 貧乏と

▼ 向いながら~ (31, 0.6%)

2 その場

1 [29件] これまでに, その云う, なまめかしい女, プラットフォームの, 一杯飲み始め, 一生懸命に, 京野等志は, 今日は, 伸子素子中館川瀬の, 嘘と, 小一里, 帽子を, 廂を, 彼は, 忽異議を, 旧里, 朝夕の, 東へ, 母子が, 私は, 空想した, 膝の, 自身却って, 苛立たしそう, 訊いた, 話を, 途中から, 陽気に, 黙ったまま突

▼ 向いつつ~ (30, 0.6%)

4 あるの 2 あった, あるという, あるよう

1 [20件] あった宗久, あった日本, あった築地小劇場, あり, ありと, あるこの, あると, あるとき, あるもの, あるものの, ある事, ある彼女等, ある探偵小説界, ある時, ある若い, それが, 何か, 半ば嘲笑を, 却って上, 顫動し

▼ 向い~ (15, 0.3%)

2 しなかった, しや, する以上 1 いたします, したばっかりに, した為, するか, するに, する勇気, する奴, 致しましたの, 致しますので

▼ 向いその~ (13, 0.2%)

2 人は, 時たまたま 1 中の, 事件印象を, 交渉の, 因縁を, 望みを, 用を, 進行の, 障難, 髭の

▼ 向い~ (13, 0.2%)

1 [13件] ありません, いたしますぞ, いたしませんという, したもの, したものの, 仕らぬ, 大けが, 山中又, 崖で, 桃畑で, 炭焼く, 致しませぬ神妙, 致しませんから

▼ 向い合わせ~ (12, 0.2%)

2 に拡げ 1 に坐った, に立った, に繋, に背中, に長火鉢, の一つ, の座敷, の炬燵, の蒲鉾小舎, 正面を

▼ 向い~ (10, 0.2%)

1 しない郷左衛門, しませんでしたが, せずただ, せずに, せず埒, できなかった, みんな本, 何も, 出来たもの, 出来るもの

▼ 向いする~ (9, 0.2%)

41 かと罵れ, か無礼者, だい, 者が, 隙も

▼ 向いこの~ (7, 0.1%)

1 お碗, 先へ, 姦婦めと, 山椒魚の, 数は, 者ら誠に, 茶が

▼ 向い~ (7, 0.1%)

1 うか, か心, か読ん, とトンガ島, の答え, も彼, をいう

▼ 向い~ (6, 0.1%)

1 どっしりと, 一つ空室を, 会見室だった, 栗林氏の, 氷屋でした, 洗面所と

▼ 向いそれ~ (6, 0.1%)

1 に憂い, より八幡原, を客, を掘り出した, を書き上げ, を皮肉

▼ 向いちゃ~ (6, 0.1%)

2 いけないよ 1 いけない, ならねえぞ, アいけ, 犯人が

▼ 向いあい~ (5, 0.1%)

1 でナースチャ, にその, に席, に腰かけ, の小店

▼ 向いてから~ (5, 0.1%)

1 さらに李, 先に, 出雲守に, 刃を, 顔を

▼ 向いには~ (5, 0.1%)

1 まもなく美松, 山が, 桃色の, 銀座パンという, 髪を

▼ 向いての~ (4, 0.1%)

1 そりの, 憧憬は, 言, 言葉は

▼ 向い合い~ (4, 0.1%)

1 ながら俺, に一人, に淋しく, に腰

▼ 向い合つて~ (4, 0.1%)

1 いられるもの, おかれた膳, 坐つた方, 坐つて

▼ 向い~ (4, 0.1%)

1 をつかえ, を挙げ, を振った, を敲い

▼ 向い~ (4, 0.1%)

1 いかにする, かの犢, の言う, はいまだ

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 ちゃ悪い, てあたら, て重々

▼ 向いそこ~ (3, 0.1%)

1 からファラデー, の国分寺, の戦い

▼ 向いそして~ (3, 0.1%)

1 十三日には, 第一年以後, 食事の

▼ 向いてさ~ (3, 0.1%)

1 うして, う云, う言つた目賀田

▼ 向いてを~ (3, 0.1%)

1 つた, らず, りはじめて

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 なって, 同じおかず, 相合橋東詰に

▼ 向い両手~ (3, 0.1%)

1 で声, を合せてる, を突き

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 は主神, 往った, 現に金

▼ 向い今日~ (3, 0.1%)

1 までは親, まで教えた, 見せられた事柄

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 の動物, は人, は熊野灘

▼ 向い会っ~ (3, 0.1%)

1 ていっせいに, ている, て坐った

▼ 向い前進~ (3, 0.1%)

1 した, するに, するの

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 劇場の, 崩壊の, 音声で

▼ 向い~ (3, 0.1%)

1 の心, はこの, は少し

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてすわる

▼ 向いあなた~ (2, 0.0%)

1 はインド, は気の毒

▼ 向いあの~ (2, 0.0%)

1 ラマは, 立葵の

▼ 向いあるいは~ (2, 0.0%)

1 日に, 歴史的立場を

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 経を, 銀様の

▼ 向いから~ (2, 0.0%)

1 池までの, 澱んで

▼ 向いがち~ (2, 0.0%)

1 だった, でした

▼ 向いここ~ (2, 0.0%)

1 に寝, の女房

▼ 向いたぎり~ (2, 0.0%)

2 チツクタツクと

▼ 向いたりなど~ (2, 0.0%)

2 しながら

▼ 向いたる~ (2, 0.0%)

1 がさて, 式台の

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 が差し, てと思われる

▼ 向いでは~ (2, 0.0%)

1 永もちが, 経済能力の

▼ 向いでも~ (2, 0.0%)

1 しなさる, するかと

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 ので何, 習慣の

▼ 向いなさり~ (2, 0.0%)

2 ながら

▼ 向いなし~ (2, 0.0%)

1 には出ませぬ, 死物狂いに

▼ 向いにっと~ (2, 0.0%)

2 可愛く微笑

▼ 向いまた~ (2, 0.0%)

1 この城, ひとりは

▼ 向いやがて~ (2, 0.0%)

1 吉野を, 峯子に

▼ 向いやと~ (2, 0.0%)

2 男は

▼ 向いわき~ (2, 0.0%)

2 に立っ

▼ 向いわれ~ (2, 0.0%)

1 と同類, は一度

▼ 向いわれ汝~ (2, 0.0%)

1 に竜, のため

▼ 向い一組~ (2, 0.0%)

1 は日浦坂, は高知

▼ 向い一緒~ (2, 0.0%)

1 に旅行, に立小便

▼ 向い仕事~ (2, 0.0%)

1 の下ごしらえ, をし

▼ 向い何事~ (2, 0.0%)

1 かいどみかかる, をか書

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 が経歴, の御

▼ 向い叮嚀~ (2, 0.0%)

1 に一礼, に頭

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ 向い合せ~ (2, 0.0%)

1 てきっと, てさて

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 も優しく細く, を大きく

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 の灯, の略

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 が健康, 既に曠野

▼ 向い最早~ (2, 0.0%)

1 皆, 雨降るべし

▼ 向い~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 向い此頃英国~ (2, 0.0%)

2 にダーウィン

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 をすれ, 騒ぐ観衆

▼ 向い立て~ (2, 0.0%)

1 しようとも, を為

▼ 向い若い~ (2, 0.0%)

1 時から, 時分の

▼ 向い~ (2, 0.0%)

1 をおおう, をもっ

▼1* [410件]

向いあとの行方, 向いあなた御飯はと小歌, 向いあまり心細いから, 向いあれから小, 向いあわせの間, 向いいくらか増し, 向いいとまじめに, 向いいま果敢なる突撃, 向いいよいよ離別の, 向いおしのは, 向いおれり, 向いお前の身の上, 向いかく誓って, 向いかしわ手を鳴らし, 向いかねて貞之進が, 向いかの女薬剤師の, 向いきのうの手紙, 向いくれぐれ好意を, 向いこのごろ汽車の中, 向いこれを投ぐる, 向いこんどはきわめて, 向いっしゃるか, 向いさせて考えたら, 向いさぞお前たちは, 向いさも妥協を, 向いされたら親の, 向いしかも自我の, 向いしきりに書を, 向いしずかに頭, 向いしたことは, 向いしませんからどうぞ, 向いじゃやりきれませんや, 向いすべての役, 向いそれではお母様は, 向いそれとなく甘寧, 向いそれ等の一枚一枚, 向いそろそろ五時かと, 向いそんな馬鹿な, 向いちゃあどうだ, 向いつい今しがた袁術からの, 向いついに今の, 向いつつも心は, 向いてあつち向いて, 向いてかういつた, 向いてからに畜生, 向いてからはもう見られなかった, 向いてけつかるど, 向いてさえあの通り, 向いてだってと云って, 向いてとぼとぼと歩い, 向いてなんか歩けないわ, 向いてにゆつと, 向いてやーと, 向いてよと云われれば, 向いであるが為め, 向いでいらっしゃるお話の, 向いでなくっては出来ますまい, 向いというのが, 向いどうか此世, 向いどうか今夜無事に, 向いどうも無礼だ, 向いなお残る子ら, 向いなおも口の, 向いなすって, 向いなぜあなたの, 向いなぜもっと早く来, 向いなぞしなかったわ, 向いなぞをしては, 向いなどは彼の, 向いならば衝突, 向いなんぞをしないよう, 向いにあたる人氣の, 向いになつて今までの, 向いにも土蔵と, 向いひとりこういうとき, 向いふたたび絵ふで, 向いふと家郷の, 向いいって, 向いますます赤く焦げる, 向いまたもやあなたに, 向いまるで対峙し, 向いまんいち高橋その他の, 向いまんまると, 向いゆるやかに大きく, 向い凄いわねえ, 向いよりの車を, 向いわが節操かつて, 向いわが堂々たる日本の, 向いアテナを使っ, 向いギラギラと目, 向いダーヴィッシのこと, 向いチベットは諦め, 向いテーマに心, 向いトーストを裂い, 向いドレスデンは依然, 向いペンをとり, 向いは人, 向い一つは余, 向い一人は手, 向い一心に仕上げ, 向い一心に骨牌を, 向い一拝して, 向い一日も早く, 向い一死一番大義と大道, 向い一片の文書, 向い一直線に走る, 向い一通りのゆく, 向い丁度棕櫚の, 向い万一信玄が, 向いを見たら, 向い不思議にも同一, 向い不意に之, 向い不都合の事, 向い与力が表, 向いに処し, 向い世尊毎も舎利弗, 向い両方より挟み, 向い中央突破を敢行, 向い主人の大蔵, 向い久々で逢った, 向い久内である作者, 向い九時同地着県知事へ報告, 向い予後を注意, 向い二の丸三の丸まで打ち入っ, 向い二夫人の御車, 向い五ポンドの貨幣, 向い五十銭でもかまわぬ, 向いをばか, 向い仁右衛門はただ, 向い今度の博覧会, 向い今後の日本, 向い今後一定時に小さい, 向い今後皇帝に対し忠誠, 向い仏国内の排露熱, 向い仏涅槃の霊蹟, 向い代々の帝王, 向い任官の沙汰, 向い伯父を殺せ, 向いは上り框, 向い声にて, 向い佐々木小次郎もまた, 向い何とも返事しません, 向い何人について学ばれし, 向い何故に他人, 向い例年のごとく, 向い候処其許様にも相, 向い側暁橋の袂, 向いになる, 向い先刻死骸検査の為め迎, 向い光忠に協力, 向い神経を, 向い八月には衣城, 向い八月二十五日ズォルンドルフ附近に於, 向い八月十二日クーネルスドルフの堅固, 向い公儀より正式, 向い具さにこの, 向い再び別の, 向い処女よ処女, 向いの糸, 向いで猪属, 向い出発いたしました, 向い出陣の指令, 向いのこじり, 向い前進ポー川左岸に退却, 向い化粧を凝し, 向い医者の申立, 向い十一月五日二万二千の兵力, 向い千々の心, 向い千鶴子は雨外套, 向い半ばその席, 向い半時間で烏帽子岳北側, 向い半音高く移調, 向い厳かに云い聞かせる, 向いを切りました, 向い口数の多い, 向い古武士的な闘牛士, 向いから左の, 向い右手の手綱, 向い合う魚頭や, 向い合つた女二人の話題, 向い合つた小萩とはまつたく, 向い合つてそれこそ久々, 向い合つて何か話し, 向い合つて腕を組ん, 向い合つて話をする, 向い合われると新子, 向い合掌念仏して, 向い同じことを, 向い同士で毎日お湯, 向い后宮へ出入, 向い向い小児の, 向いは旧弊, 向い吾輩と将軍, 向い吾輩留守中江戸において何, 向いを捨てる, 向い国老遠藤なにがしをし, 向い土居画伯が暴力, 向いに殺気, 向いに向い, 向い夕飯を間, 向い夢中で書いたり, 向い大きな川に, 向い大声を以て第, 向い大磯の新居, 向い大義を説き, 向い太子汝らを請せず, 向い好い仕事が, 向いな事, 向いはこの, 向い威嚇的に白刃, 向い孔雀好色あれど, 向い安らかに眠っ, 向いも昔検事, 向いへの手紙, 向い対局の時計, 向い封建的農奴制を徐々に, 向い将来について一つ, 向い小便を後, 向い小児の泣く, 向い小名木川と並行, 向い小料理屋のよう, 向い小路で女, 向いのおなじ, 向い山中城は昨年以来相当, 向い山刀を振上げ, 向いに四本, 向いにも人, 向い工合それのみを気, 向い工場でも小さな, 向いから充分, 向い巻ものを読み, 向い縫の, 向い広大なる恒河, 向い弁明などと注文, 向いを挽く, 向い弥勒寺の塀外, 向い当分はお, 向いという役, 向いの三, 向い後方は茫広, 向い心配する必要, 向いを押す, 向い思うさまに喫, 向いな坂, 向い恭しく敬礼を, 向い慇懃に, 向い成熟間際になっ, 向い我三海を征, 向い我今生分尽きたれば, 向い我汝を抱き, 向いを推し, 向い抽斗から何, 向い拍子木をパン, 向い拙者一流の兵法, 向いすると, 向いで甚八, 向いを合わせた, 向い揉手をし, 向いって, 向い政府が一般, 向い文学に向っ, 向い文武の大将, 向い断然此方から, 向い新しい山を, 向い旋回し先遣, 向いに向い, 向い旧時の門閥虚威, 向い早速修行の, 向い昂然として講ず, 向い昨夜の小言, 向いも何, 向い晦日には堺奉行所, 向い暗黒にむかっ, 向い曹真も一軍, 向い最も不愉快な, 向い最後の威たけ, 向い最近急に自分, 向いに向い, 向い有合わせのペン, 向い木石でない以上, 向いを読ん, 向いの向う, 向いの頭, 向い来るという取沙汰, 向いへ向っ, 向い格式が違う, 向い梅子嬢を許す, 向い出した狭長骨, 向い次々に逞しき, 向い此等を書い, 向いは北, 向いのない, 向い気味でやや, 向い氷河の溶けだした, 向い永久の夜, 向い汝ら前んで無駄死, 向い汝ら爪も牙, 向い汝外出するなら必ず, 向い汝娑婆に還っ, 向い汝湖水を擾, 向い決戦を強行断行, 向い汽車でネパール, 向いの打ち合う, 向い活動を開始, 向い漱石氏はそこ, 向い無人境に向った, 向い無実だと, 向い無論始終針路が, 向いる可, 向い燕角の弧, 向いの加勢, 向い父さんや母さん, 向い私の, 向い生死をきめる, 向い生活っていかに, 向いの角, 向い疑いそのものとなっ, 向い白い方には, 向い白状なされと, 向い益々赤く焦げる, 向い盛政は直ぐ, 向い直ぐ畠で, 向い直接にその, 向い相手を何回, 向い相馬弾正大弼, 向い眼鏡の横べり, 向い知れてしもてる, 向い知人の誰, 向いかくとまで, 向い硯筥を求め, 向い祐吉はあげた, 向い祖母は甘酒, 向い祝辞を述べ, 向いか仏, 向い福神漬の鑵, 向い稲妻形に漕ぎまわる, 向い立ち猿田彦と, 向い立つ美津子の, 向い四軍は, 向いから聞え, 向い簡単に自我的, 向いと心, 向い素子はグルジア産, 向いを謝, 向いに対し何, 向い美人を指し, 向い美味で稀薄, 向いの鳩, 向い永禄元年二月には, 向い習慣的に脳天, 向いして, 向い聖トーマス学校の合唱長, 向いの中, 向い自らきびしく責める, 向い自分が一番, 向い自分同志が良い, 向い自分等は長い, 向い自動車を呼ん, 向い自然とぴったり, 向い自然科学の好き, 向い自身の構え, 向い至急にアルブュフェクス侯爵, 向いを出した, 向い航行中なり, 向い荒々しく叱った位, 向い荘八を絵かき, 向い葡萄酒罎の貼紙, 向い蓄膿症についてはじめて, 向いて家族風呂, 向い西洋風な帳面, 向い言辞一類にし, 向い設計用紙を前, 向い読書にふけっ, 向いゆる各自, 向い谷間田は, 向い貧道青竜疏を念ずる, 向い貴公が遥々将, 向い質問のある, 向い趣味を離れ, 向いはぽかぽか, 向い足取りや敬礼, 向い身じたくもととのえる, 向い転進した, 向い迂回した, 向い近ごろ過言なり早々, 向い近付く者なし, 向い近頃は床, 向い追っ付け都から, 向いを八木市場, 向い道端からはずっと, 向い遥か斜めなる渠, 向いの附知村あたり, 向い金吾は西, 向いを鳴らそう, 向いみ嘲けるごとき音調, 向いに当る, 向いにそんな, 向い隠居所の室, 向いの煙筒掃除, 向い集中前進せしめた, 向い雪山の端, 向い静かに草, 向いるにつれ, 向い高尚なる学校教場, 向い髪の毛を大事, 向い啼きて, 向い鶏一番いを味わわん, 向いの銀箸, 向い黒部別山の裾, 向い黙祷をはじめ