青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「向~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

名古屋~ 名物~ 名称~ ~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~ ~吐く 吐く~ ~向
向~
~向い 向い~ ~向いた 向いた~ ~向う 向う~ ~向かっ 向かっ~ ~向き 向き~

「向~」 3533, 38ppm, 3041位

▼ 向~ (602, 17.0%)

50 なって 18 寝て 15 なつた 9 倒れて 8 なつて 7 して, なった 5 寝そべって, 寢て 4 倒れた, 寝たまま, 寝転んで 3 すれば, なったまま, なる, なれば, 寐て, 寝た, 示した通り, 立つた, 見えて

2 [38件] あがいて, しきり振りとど, すると, ちらふ, では, ながながと, なったが, なつたま, なりました, なり胸, なると, ひっくりかえった, ひっくり返った, ひっくり返って, 倒れる処, 倒れる新吉, 出来て, 坐って, 坐つて, 宿しく今, 寝ころんだまま, 寝たり, 寝ながら, 居て, 成って, 打ち倒れながら, 明らかに, 横に, 残る古い, 置いて, 臥せた, 葬られて, 見える松林, 見ゆる, 身を, 述べた意味, 長く伸び, 開ける隅田川

1 [363件] あかあかと, あって, あとあし下りに, あらわれて, ありふれた一間, あるけれども, あるので, あるやう, いたすが, いのれとも, いる人, おなりよく, お繼, お菊, かかると, かざして, かぶった途端, かぶって, ころが, ころがった, ころがって, ころがりました, ごろりと寝ました, さし当り三つの, された少女, した, しただけ, したもの, した形, した様, しつつ, しばし暗然, しやが, しようと, しようとは, しろ品, じっと寝た, すすめいれしめおは, するならおし, する事, ちょく, なし両手, なったので, なったまま鞘, なったらお, なった儘, なった初々し, なった女, なった気持, なりたるが, なりては, なりぬ, なりのり紅, なりますれば, なりまた, なるありあるいは, なるの, なン, ねそべって, ねそべり小さな, ねたり, はっきり浮い, ばったりと, ばつたり, ひっくりかえって, ひっくり返しては, ひつくりかへ, ひッ, ぶっくり, ぶら下って, ぷかりと死人の, みえるの, よく見る, よりかかりいつ, ゐた貝原民子さん, アカイア軍の, ベッドの, ランベルトへの, 一人じつ, 一人の, 一太刀あびせ, 一種の, 一筆画の, 一脚の, 三角形の, 不法の, 不自由の, 並んで, 中ったので, 事務所に, 二階が, 云い及ぼした処の, 云った, 五行洪範を, 仄に, 仆れ, 今でも, 伝えられたに, 信じて, 倒けて, 倒れた若菜, 倒れると, 倒れ両, 倒れ空中, 倚りかかっ, 健か彼, 働いて, 僵れた, 先生家の, 光が, 凭れて, 凱旋門を, 出した氷, 出来上つて, 刀を, 切出します, 刎ねられた, 友人が, 反響を, 口入よろず, 可憐な, 向うに, 吾を, 命ぜられたの, 喋舌らし, 土蔵が, 坐った, 坐ったが, 坐ったの, 坐つた, 坐りすぐ, 坐ること, 垣間見えて, 変換群に, 多少苦しい, 大きな柿の木, 大の字に, 大勢居る, 大島の, 夫婦の, 奇特を, 始まる, 始まること, 姿勢を, 定義した, 家が, 宿しく, 寐た, 寐ぬ, 寝かし枕, 寝ころがった, 寝ころがったら腹, 寝ころがって, 寝ころがり両脚, 寝ころがり小雨, 寝ころび, 寝ころんだ時, 寝ころんで, 寝しく今, 寝たなり, 寝たまま天井, 寝たまま顔, 寝たらば, 寝た人, 寝た余, 寝た女, 寝てからは, 寝るの, 寝直したそして, 寝転びて, 寝転ぶと, 寝転んだ, 寢か, 寢た, 寢たつ, 寢たままで, 尻尾を, 届けては, 山を, 干して, 平らに, 庇を, 庭を, 建物の, 引くりか, 引くり返つて, 引摺り倒しました, 引用した, 当つて, 御相談, 心を, 心配は, 悋気も, 悩んで, 愚論数道を以て, 成つた, 成つてお, 成つて居る, 戸口へ, 打倒れ, 投げ出されて, 抱えて, 抱込んで, 押して, 押付けられ喉笛, 拘り候国家, 指すこと, 挙げた変換式, 挙げた物理学的, 振りかざして, 振りかぶって, 掌らしめた, 揃うとも, 描かれた大幅, 斃れ, 於て, 明らかと, 昏昏と眠つて, 有数の, 本尊が, 机に, 来ると, 枕し, 桃を, 梅の, 椅子に, 横え, 横たわって, 橋が, 檜が, 欄干にも, 歯を, 残って, 水の上に, 沙塵を, 河原に, 沿つて流れ出る, 注意した, 洋服を, 浴漕に, 涙を, 火桶に, 火鉢を, 焼けのこりの, 特定の, 生延びて, 畳の, 皆出, 目を, 直り筆, 直観は, 相応ずる体勢とによって, 相見え候間古家建直し, 真直に, 眠って, 眠つて居る, 眺めて, 眼を, 知れずに, 砂の, 示された通り表現, 私が, 私は, 科学の, 科学的世界を, 科学論と, 科学論の, 空間に対して, 立って, 立ってる, 立つて, 立廻した, 竹田といふ, 答えた, 範疇としての, 約束した, 縁談を, 置きました, 翔って, 而は, 聞き出した, 聳えた松屋, 聳え立ってる神聖トリニティ, 股の, 肱を, 育て上げられて, 背を, 背負つたもので, 脊へ, 腰を, 膳に, 臥して, 臥て, 自然科学と, 至つて始め, 至つて校正を, 舌を, 落付けた, 行った頃, 行ツてから, 見えたり, 見えます, 見える万年橋, 見える二階建洋館, 見える人家, 見える堤, 見える小高い, 見える山の上, 見える岡, 見える村落, 見える柳, 見える石段, 見える緑色, 見える表通り, 見える高い, 見せて, 見た, 見つつ, 見ゆる奥, 見られて, 見る, 見入つて進ん, 規定した, 計量は, 谷川が, 責任者が, 跨り粗末, 跪いて, 跳りか, 踏んぞ, 身体を, 転がり落ちます, 転って, 転倒せる, 轉が, 農家が, 返り起き上りて, 返ると, 述べた, 述べたが, 述べたこと, 述べたロッツェ, 述べた事情, 述べた処, 述べた如く数学, 述べた理由, 述べた通り, 通じも, 違いない, 長くな, 長くなった, 関係してない, 閣を, 附いて, 限ったもの, 隣を, 青い水, 青木ヶ原の, 面を, 頤を, 風呂の, 骨打ち碎く, 麦畑の

▼ 向~ (557, 15.8%)

9 日代の 5 家の, 方から, 部屋の 4 方へ, 男が, 男を 3 ことを, 二階の, 別録の, 山に, 山は, 岸から, 岸に, 岸へ, 部屋に

2 [44件] お台所, ことは, ことや, まま二匙すする, ものが, ものである, 事で, 事なんか, 事を, 二つの, 単行本の, 口供を, 国は, 場合の, 奴が, 奴も, 媒妁人として, 家に, 山の, 序録を, 座敷に, 性格を, 方が, 方に, 方は, 方を, 旅人が, 日あたりの, 沙汰で, 男は, 畑の, 目録學に, 窓の, 第一, 縁側の, 縁側へ, 補助を, 言葉が, 話などを, 部屋から, 部屋へ, 隅に, 障子に, 顔を

1 [406件] いろんな読物, うちは, お, お取, お家来達, お屋敷, お手先, お手紙, かわった仲見世, かわるにつれ, ことで, ことと, ことなんか, ことに関して, すべての, せいか, そなえ, その肩, その黒い, ために, ためには, ところに, なつかしみが, ほどが, ほどは, まま, ままうるんだ, ままで, ままなり, まま答え, まわり縁, ものだった, もので, ものでない, ものとも, ものね, ものはから, ものよりも, ものを, ような, よれる片寄り, カケ布団は, テーブルで, ディアレクティークの, ディアレクティークを, レツテルを, レディメードが, ワキ役は, 一つの, 一人が, 一番端つ, 一種の, 丁度宵下がり, 不首尾で, 不首尾により, 丘の, 了解を, 事さ, 事に, 事にまで, 事は, 事務室の, 二人に, 二人の, 二階座敷を, 人が, 人に, 人家の, 人形曰く何曰く何, 仕事だった, 仕事である, 仕事と, 仕事とのみに, 仕事を, 他の, 件, 位地から, 低い山, 何か, 作つた, 作といふ, 使が, 例に, 傳ふる, 儀式のみに, 儀承, 儘榾の, 先陣は, 八畳寝間に, 具合か, 出座では, 出張だ, 出来ないよう, 出来ない事, 出版を, 列仙傳や, 判断は, 別録である, 別録とも, 別録により, 別録は, 別録其子, 利益が, 助けに, 医者の, 半襟を, 単なる応用, 原稿を, 参考にも, 名に, 品に, 商売は, 四つの, 困るくらい, 圓髷を, 土手に, 坂を, 城跡の, 堕落江戸の, 堤に, 場合と, 壁に, 壁の, 壁へ, 壁を, 外れの, 大きな絵, 大体は, 夫婦が, 夫婦に, 奉公人ばかりを, 女も, 好時節, 娘さんが, 婦人一人我を, 子と, 字, 存在判断である, 孝さんの, 学生であった, 學問が, 學問の, 宅でも, 実用品, 室には, 室内は, 家からも, 家といふ, 家は, 寺へ, 将軍日和, 小屋の, 小山の, 小庭, 小窓, 居間の, 山, 山で, 山や, 山を, 山手前の, 山見てる, 岸で, 岸の, 岸までが, 峯へ, 峰へ, 崖なる, 崖下に, 川の, 川岸で, 工合は, 差図を, 年齢を, 序録に, 店で, 座敷では, 座敷を, 座標が, 庭だ, 廊下は, 形式は, 彼女同様に, 御一座, 御披露, 御新姐, 御新造として, 御稲荷さま, 御部屋, 心が, 念仏である, 思惟経済説と, 性格は, 意味に, 意地立てだけ, 感覚を, 成否に, 戯曲のみを, 所謂方法論であった, 手から, 手前呼び付け, 手紙と, 手鞄であった, 払方を, 批難は, 披露は, 披露を, 挨拶の, 揚場に, 撰する, 撰では, 改革を, 政事上の, 料理屋の, 斜面だ, 新しい大きな, 新建の, 新規な, 方々が, 方々の, 方で, 方とは, 方なら, 方には, 日本人か, 時に, 時にな, 時には, 時にも, 時は, 時より, 書いた目録, 書きましたので, 書き方に, 書上は, 書齋の, 最初の, 月の, 木立が, 本堂の, 本栖の, 本格性へ, 杖を, 松原, 林町三丁目の, 果に, 柱へ, 格子戸造りの, 棚に, 椽側に, 業を, 極めて通俗, 構成的概念では, 横町に, 機を, 次には, 気の, 洋風な, 洒落た扱帶, 済み次第お上, 濡縁の, 瀑に, 瀧を, 燕麦を, 爲に, 父である, 牛鍋屋で, 特色である, 玄関から, 玩具や, 珈琲店の, 理由に, 理論的な, 理髮床の, 生垣に, 用に, 用を, 用事で, 用事に, 田を, 男です, 画を, 画商との, 畑地は, 番頭手代もう, 白君などは, 百合の, 百貨店には, 目を, 目録學, 相対空間と共に, 相対空間は, 着手の, 知合です, 石垣の, 石垣まで, 砂原に, 硝子窓に, 社会現象は, 祝言でねえ, 祝言なら, 神妙さやら, 科学論から, 程を, 稼業は, 穴師坐, 空から, 突当りが, 端に, 第一歩の, 筋が, 築山の, 精進の, 約束に従って, 結論が, 結論は, 縁から, 縁側から, 縁側に, 縁組のみ, 縮緬紙に, 罪人にこそ, 義理なりや, 者が, 者に, 肉料理を, 胸に, 自著なる, 艶を, 草の, 荒物屋に, 藁屋根は, 衆から, 衝突の, 表情だ, 袖を, 裾を, 要求として, 見えないほど, 見つけどころかも, 見る以前, 見識で, 視察よりも, 親父さんの, 親類でも, 観照の, 解析的方法は, 言い分は, 言うよう, 言葉は, 言葉を, 記載である, 記述に, 話に, 話の, 話を, 説を, 説明によって, 説苑, 諸規定, 謂ふ, 谷の, 豊ならぬ, 責任でありました, 路地の, 身に, 道路が, 違う事, 部屋で, 部屋とは, 都合を, 酷く因循, 釘が, 鈴が, 長濱といふ, 門に, 間に, 陶器漆器を, 隙を, 障子には, 雑書を, 雑木山へ, 雑誌の, 雑誌や, 雑談を, 雨戸を, 雨落より, 雨迎酒なかるべからずで, 電氣學の, 露地を, 静的形式を, 非曲, 頃より, 頭を, 顔は, 顔も, 願を以て, 風の, 饌でない, 香水女性向の, 香水芝居の, 高い枝, 高い白壁, 高台の, 鰻屋で, 麦畑の

▼ 向~ (427, 12.1%)

12 にある 7 の家 6 にいる, へ向側 4 にゐる, の壁, へ無限, を見る 3 にあっ, に日, に立っ, に腰, に見える, の窓, へ渡る, へ落ちる

2 [41件] からお, から響い, だ, で何, で叫んだ, とこちら側, にあった, には何, にもいる, にもゐる, にも樹木, にゐた, に出, に在る, に坐っ, に幻, に廻っ, に母, の, の人道, の入口, の坂, の岸, の建物, の椅子, の横町, の美しく, の腰掛, の舗道, の角, の路地, の軒燈, の鋪道, の鏡, へ渡っ, よ, よ向側, を歩い, を流し, を眺め, を眺めよう

1 [274件] から, からあなた, からたたく, からつと, からは返事, からもアッ, からやっと, からやつ, からバタン, からモウ一つ別, から一句, から半ば岸, から奇妙, から戯談, から押し, から敷布, から来た, から直ぐ, から私, から給仕, から自分, から見, から調戯, から鉋飴, から鍵, から開かれ, が人形師, が小, が崖沿, が平家, が長く, だけ一軒づもりポカリ, だったから, だという, でちょっと, でどやどや, ではまるで, でカクテル壜, でカチカチ, で一同, で何事, で八百年来, で私たち, で袖, と云う, と云っ, と此方側, と覚, なの, なる上行寺, なる卓子, なる待合妾宅, なる畠地, なる芸者家新道, に, にあらわれる, にい, にいた, にいつ, にいるべき, にさした, にしゃがん, にそれ, にとても, にとまっ, になっ, にはある, にはいかめしい, にはいない, にはおもに, にはすぐ, にはよく, にはゐない, にはウツギ, にはオデッサ, にはギリシヤ辺り, にはギリシヤ邊, にはフランス, には一列, には例, には夢, には小規模, には曹洞宗東清寺, には途方, にぶら下っ, にぽ, にぽっかり, にまた, にガサガサ, にチェチョリン, にチラ, に一臺, に並ん, に並んだ, に何, に停め, に出現, に別, に坐, に坐つ, に坐つたお, に夢みる, に大岩, に夷麦酒, に妙, に子供, に安, に安坐, に密着, に小さい, に居た, に山野夫人, に市島, に席, に庫裏, に庭園, に恐し, に懸っ, に手形書, に手際, に映し出す, に書見, に机, に横, に殺人強力犯係, に沒, に泊った, に派出, に点ぜられる, に牛肉屋, に突き出し, に粋, に置い, に胡坐, に腰掛けた, に行つて, に見えなくなっ, に越し, に足音, に進み, に陣取つ, に雪, に駆ける, に驅, に高飛び, に黒い, のある, のおでん屋, のこれ, のその, のばか, のやや, のキリ昆布屋, のサイセリヤ, のビル, のビルディング, のプラットフォーム, のプラットホーム, のプラツトホーム, の乗車場, の人, の元, の十九人, の双眼鏡, の吉良邸, の唐紙, の土手, の塵埃, の大, の大きな, の妓樓, の婦人, の家並, の屋根, の山脈, の崖下, の席, の広い, の座敷, の当時, の従兄, の戸, の扉, の景色, の棕梠竹, の棟, の歩道, の池, の波窪, の混凝土壁, の牛檻, の畑尾, の病室, の監房, の省線ガード下, の石垣, の石段, の硝子戸, の社, の窓硝子, の窪地, の立樹, の端, の築山, の美しい, の老人, の色彩, の芝生, の蕎麦屋, の行, の警察, の足袋屋, の路地口, の車道, の軒, の軒下, の農家, の道路, の部屋, の陸地, の隅, の階下, の障子, の雑貨屋, の馬肉屋, の騒ぎ, の鮓屋, はすべて平, はやはり, はトタン葺, は他家, は何事, は切支丹坂, は立派, は西神田, は露西亜人, へ, へくぐりぬけた, へつき抜け, へと横ぎってしまったが, へ下り, へ姿, へ往く, へ抜け, へ来, へ注意, へ渡った, へ滑り落ちる, へ砂利, へ移っ, へ移つ, へ翻っ, へ落ちた, へ越し, へ越した, へ連れ, へ飜つて, へ馳, へ馳せ下りた, まではっきり, まで二十間, まで行っ, もみんな女給さん, も隣席, も黄いろい, を今度, を登りつくし, を眺める, を立っ, を見卸した, を通り越した, を駈, 即ち次, 詳しく言

▼ 向~ (192, 5.4%)

24 うと 6 なければ 5 しむ 2 うとして, うとは, どうだ, 他人の, 經傳, 鯛の

1 [145件] あ, うかと考へた, うとしながら, うとも, お察し, かく他人, これは, これ無き, ざりし事, ざる, ざることなく, ざるに, ざるべからず, ざるを, ざれいかで, しむこの, しむその, しむとの, しむとも, しむべき一つ, しむ愚か, しめずば, しめた, しめた動機, しめました, しめる, しめるの, しめる風, すこと, すべて抛, せける, せしめようと, せなかつたところ, せやう, せられ, せんは, その手柄, それだけです, たしかに物好き, できません, とてもお話, ともかくも, ともかく私, どうか, どうか成るべく, どんな事, ないの, ない心, なかつた, なかつたらしいの, ならねえこと, ぬ事, ぬ敵, ば, ふとすれ, むとするに隣室の, むとするは洵に, むとする努力は, むとする努力を, むの, グンと, ランプを, レデーらしくなる, 一切浴客は, 一大事が, 一面に, 上りがけだった, 之について, 之を, 二月三月の, 他所の, 何でも大, 何にも, 何事も, 何處までも, 信じきって, 僕の, 入學, 全く恐れ入つ, 勿論不如意, 十四五人で, 南より, 古着屋の, 味方ばかりと, 墓場であろう, 大に, 大勢だ, 大勢でございます, 天気が, 太陽の, 女, 委細の, 尊王攘夷抔唱候得共内心は, 少い, 川で, 左右とも, 師匠と, 庭は, 引くから, 弘前藩目附役百石比良野助太郎妹翳として, 彼らの, 律義にも, 後取りと, 後退も, 思ひの, 恐れまさ, 恐れるぜ, 所有権が, 新潟の, 桜並木が, 極めて静か, 死に子, 殺されたお, 江戸の, 洋妾立国論を, 津田が, 湯上りの, 漢の, 無御座, 熱苦しくって, 町の, 盗賊の, 目下だ, 社用につき, 策謀の, 考慮の, 自分の, 良い方, 色々の, 色々手, 西俣の, 親切に, 言つては, 調べ物という, 質屋で, 近頃どんな, 違っても, 鄭重に, 長く続かね, 長男で, 随分何千人, 隣家の, 面白いの, 頭の, 饒津公園である

▼ 向~ (172, 4.9%)

4 大に 3 居るの

2 [22件] 三尊中の, 人民の, 何種の, 内閣の, 利益分配の, 子を, 悪い事, 攻撃の, 政府党組織の, 政府黨組織の, 政治的絶交を, 是れ, 極度に, 此方から, 自己の, 花を, 英雄らしき, 訴へて, 詰腹を, 談判の, 閣下は, 鼎の

1 [121件] あなたと, あれは, かつて抵抗, しまう文三, その利害, はんけちに, チルチヌスは, 一等を, 一言半語の, 一雫涙の, 三人分の, 不平を, 丸腰に, 云々の, 今の, 今日福沢諭吉は, 伊藤崇拜の, 伊藤崇拝の, 何時までも, 余は, 兵を, 其の処分, 其の処決, 其の處分, 其の處決, 出立と, 勧話の, 即ち陳, 叫び我が, 同一様, 命ずる所, 命令する, 唾し, 大変丁寧に, 威張りたくも, 威張れば, 容易に, 小倉には, 尿せし, 居ました其証拠, 居ます, 山木君は, 当局の, 怒を, 怒鳴り付け, 急ぎつつ, 感泣すべきなり, 愧ずべき, 戰ふ, 所望すれ, 担保を, 攻撃を, 政権分配を, 政權分配を, 救済の, 敵対の, 断然政府, 斷然政府を, 暫時退席を, 最早や, 来たが, 此若殿樣の, 求めたこと, 汝, 泥棒野郎と, 海底に, 演説の, 無禮, 猛進し, 用ひし, 発したり, 発せられたる也, 発砲し, 目を, 直ちに其必要, 相楽居候事に, 眞正面に, 瞻る, 砲火を, 碁石を, 祝詞を, 神聖を, 細君が, 結合せん, 総べて, 總べて, 自分が, 自分の, 若し其の, 蒲鉾を, 見せれば, 解説を, 言ふ, 誠に気の毒, 請願せん, 貸すところ, 賛助を, 質問する, 走り彼我相並行し, 走るとでも, 足を, 返辭, 逃走せり, 進で斬る, 進みぬ, 進み彼相反対, 進むべき標的, 進む力, 進行し, 進軍を, 道を, 遣り, 遺憾の, 酒氣を, 金二分持て来い, 鉄椎を, 集るを以て, 露都通信員の, 順次に, 顫へて, 飛び去りしは

▼ 向~ (158, 4.5%)

11 変えて 6 帯びて 4 かえて 3 むいて, 変へて, 見ると 2 かえると, どう切り出し, 兼ねて, 取囲んで, 向いて, 変へ, 持って

1 [114件] いって, かえた, かえたよ, かえたり, かえました, かえわが, かえ縁側, した烏, して, すませて, せられよ, たずねた, なさんもの, ねらつて, はる物, ひとつ胸に, むいた, むく, ゆびさして, よく調べ, りふし, 一つに, 上下に, 云って, 云ひ出す, 代えて, 仰せ聞けられますよう, 仰付けられて, 仰付けられ身, 信じそら, 出さないまでも, 出したって, 出して, 出て, 切り廻して, 別としては, 勤めて, 十方に, 南へ, 又変, 取っては, 受けて, 可と, 右から, 変えさせ腕, 変えた, 変えまた, 変え溝, 大次郎の, 尋ねた, 帯びた旅客, 引受けて, 張ってるん, 張る映画, 張る楽屋通, 後へ, 御存じです, 思わずくるりと, 怨むには, 悲しむの余, 承り置きまして, 探り申候処今年九月, 換えて, 換えに, 換えると, 換へ, 支配する, 明らかに, 易え, 更え, 更へて, 替えて, 望むと, 流れて, 申せ互に, 発揮する, 直して, 眺め, 眺めて, 眺めながら, 眺める, 知って, 知らぬ人, 納得させよう, 罵りました, 罵るばかり, 聞いて, 行く車, 見て, 見るのみ, 見れば, 見わたすと, 見込みて, 見込む, 見込むあたり, 見透すと, 覗き込んでるの, 言おうとして, 言って, 訊こうとも, 訊ねて, 訊ねると, 許さず, 話しませうか, 話すと, 調べたいの, 謂ひ, 變へて, 變へる, 辨ずる, 辨ずる爲には, 述べた, 通った, 頼むであらうと

▼ 向~ (141, 4.0%)

254 行って 3 出て 2 いくらか, ど馬, ば, 持って, 渡ると

1 [99件] ごろりと轉, さっと一太刀, さッ, しどけなく崩, たまふ, ためらひそ, ついたらすぐ, ついた時, つづいて, ないの, ばあつき, ばい, ばゆう, ば石に, ば見, ば見ゆる, ば雨漂漂雲北に, ば雨犁を, ば風冷し, むけ暗い, むずとばかり, やったから, りと, わたると, 一人落ち, 一里上がる, 一里半も, 上がるまでが, 上がれと, 上って, 伝えて, 低くは, 倒れる処, 償って, 入る, 出ると, 去って, 土地の, 坐つて一杯, 帰って, 廻しちゃ, 廻すこと, 廻りお, 廻ると, 廻れと, 弾いた, 彼らに, 往くので, 払ったら冷たい, 投げた, 抜ける, 抜ける時, 押しやると, 押すと, 掛合って, 来て, 横切る, 歩いて, 歩き出す, 泊る方, 渡して, 渡すため, 渡って, 渡つて小石川の, 渡り向, 渡ろうとして, 父母に, 申しつけて, 直角に, 着いてから, 着くと, 神明は, 突き出すまで, 繰り出したの, 聴合せた, 落ちて, 落ちる, 行かないじゃ, 行くと, 行く手拭, 行ってから, 行っても, 行つちまつた, 訴え出づる, 越した時, 跨いで, 跳んで, 軍陣の, 転がった, 返して, 返事を, 逃げても, 遠退く, 遣った処, 遣った義理合, 靡く, 鞍上から, 飛んだ, 鳴って

▼ 向~ (118, 3.3%)

3 を見る 2 から, で, の三人, の堤, の社殿, の空, の窓, の街道

1 [99件] からこうもり傘, からは次第に, からやつ, から大蛇, から慌しく, から戻つ, から知つた人, から響い, から麦笛, が寒く, が左, が感じる, が油蝉, が荒々しく, が越し, であの, ではつまり, でウロン, で何, で声, で御免, で払, で独り, で眺め, で間違, としては具合, となる, にそびえ, にはある, には地下, にワーツ, に例, に帰ります, に我家, に移らなけれ, に窺, に細い, に落ち, に薄れ, に行, に見ゆる, に赤く, のでも, のトタン張り, の二人, の云, の人, の仕事場, の円光, の声, の夕陽, の大きな, の小山, の小川, の川, の敵意, の月, の月あかり, の服部家, の木立, の本流, の村, の村道, の校合, の桟橋, の森, の楯, の橋, の海, の渚, の男, の畑, の百日紅, の着物, の稲むら, の紙芝居, の紫山巒, の繁華通り, の舟, の藤棚, の言葉, の部屋, の闇, の隅, は向方, は故意, は走る, へ低く, へ引きあげたら, へ注がれた, へ行かう, へ行つて, も不思議, も向方, も癪, をま, を眺め, を見ろ, 又一角

▼ 向~ (90, 2.5%)

2 あって, ある, それを, 出来ねえから, 多いやう, 本を, 違つてる

1 [76件] あるか, あるでございますから, あるの, いいという, おれの, かなわぬから, かわった, ございますから, ございますならば, したので, すっかりわかる, すめバ一日, そない, それに, なければ, ならないやね, ひどく不自由, わかるその, 乗込んだの, 二つある, 今度は, 僕の, 全體, 六かしくなっ, 其の當時目録, 分けたか, 前漢の, 名主様だ, 向なら, 堅気でなけれ, 変ったからとて, 変って, 変つてお, 多いそれ, 多くの, 多くは, 多く出来, 大切だ, 大勢で, 天祿閣に, 始めて, 子供や, 定めたの, 尚書を, 岡に, 岡を, 岡又, 岡都築ヶ原に, 恐れ入るの, 悪い人, 悪るい, 時代順に, 書, 書いたの, 書籍の, 有って, 校合を, 校正の, 校訂した, 泰然の, 異うから, 當時校正を, 目録を, 直覚され, 着手した, 知つてした, 篇目を, 編次を, 總裁し, 自分を, 色々の, 花道を, 藤尾の, 西部二部隊で, 豊かに, 起るかも

▼ 向から~ (85, 2.4%)

2 帆を

1 [83件] あの通り遂, あるまでは, ある迄は, いっしょに, お町奉行, くる下駄, こう私, その受取, ぢや, やったところ, やってくるこう, ステパン・ミハイロヴィチを, ヒョロ, ヒヨツクリや, ワイ, 一人やって来る, 一本極め付け, 三杯家に, 三藏が, 主人の, 二三人し, 二人の, 人を, 優しく出る, 凄さ, 利三郎に, 割り込んで, 助役の, 参ること, 又此方, 反駁した, 叩きつける, 名を, 向つて來, 否定し, 吹きつけるかと, 問ひかけました, 圧倒的に, 大きな聲, 大型の, 威勢の, 字鯉沼へ, 尋ねて, 尾を, 左向に, 左膳に, 座敷着の, 押しかぶさつて, 振りかざして, 提灯を, 斬つたの, 斬り下げて, 断わられた事, 時折談笑の, 来た, 来たり, 来た一人, 梨割りに, 正面に, 歩いて, 焦躁を, 當つて見ませう, 相手取つて鬪つて, 私の, 空舟が, 肉薄した, 脅かすと, 自分へ, 袴の, 言うと, 言うの, 話を, 赤錆びた, 跛の, 近寄つて, 返したこたア, 重い書物, 金の, 頭を, 頭巾を, 頻りに槇氏, 飛込みました, 駈落となると

▼ 向~ (67, 1.9%)

4 あるが 3 しないで, せずに 2 あつた, ある, しなかった

1 [51件] あったであろう, あったと, あらうが, あります, あり是, あるくら, あるくらい, あるよう, あるらしいと, かねて, くっついて, これあり, したくないほどに, しない, しないやう, しなかったらしい, せずまた, せず一心に, せず熱心, せなん, どうやら火, なかったらしい, やらず其儘障子, よくなる, 二三軒あった, 仕ないん, 他に, 伺いませんで, 出来ない, 出来ないやう, 右に, 堅くほんの, 変って, 多いよう, 多からう, 多かろう, 大抵わかる, 存じて, 室の, 少し歩こう, 尠から, 尠く, 店を, 改ためない, 有之, 無いで, 無論それ, 相分候, 聞いた, 血筋だ, 面が

▼ 向~ (54, 1.5%)

2 より長く

1 [52件] あつた, いいながら, いひながら, おいでるら, しらんか, ずしんと, とまって, どうにか世渡り, ない花車, なさすぎた, もって, わざわざ再び甲州, パリーへ, ロンドンと, 上る人, 世話を, 会って, 何か, 内実の, 冬は, 冬暖かで, 出さないの, 出張し, 十二時近く迄, 口なんぞ, 吹き返したの, 外出する, 居た上, 居ったが, 居る処, 常にはお, 引き摺り出して, 弟を, 払って, 拭き込んだ椽側, 持って, 散財し, 時々耳, 欲しけりやおら, 溝を, 燃えて, 答えたもの, 腰を, 萬之助の, 落ちつき払っ, 薄痘痕, 訪ねて, 話を, 語つた, 道を, 降りそう, 食べる事

▼ 向~ (45, 1.3%)

13 って 3 ってこっち 2 した, って顔

1 [25件] ってお, ってつかつか, ってのっそりのっそり, ってまるで, ってツン, って丁寧, って不思議そう, って云った, って出た, って抜いた, って早く, って栗野博士, って気, って皺だらけ, って真面目, って眺めさした, って膝, って苛, って衝, って話, って関門, って闘う, って階, って電燈, って黒塀越

▼ 向つた~ (39, 1.1%)

42 がその

1 [33件] いはば, お六, かと云, から丁, が, がいろんな, がおちつかない, がそれ, がともかく, が同じ, が天候, が故に, が此間, が氷峰, が相手, が神代鎌, が私, が車窓, が道, といふ事務所, といふ警報, とか李四, とたんに彼, と同じ, ならば, なりで, のでわれ知らず, ものと信仰的, らしい, 半洋風, 大きな家, 大望遠鏡, 沈んだ聲

▼ 向にな~ (34, 1.0%)

2 つてゐた, つて人を, つて行儀よく, ツた

1 [26件] つた霧の, つた顔と, つて, つてこと切れ, つてする, つてゐ, つて今度は, つて合せ鏡を, つて居ました, つて復た起きたら, つて持前の, つて死ん, つて水を, つて浮い, つて焚火に, つて目を, つて硝子天井を, つて絶間なく, つて肘を, つて肱を, つて臥て, つて莨を, つて葉鶏頭の, つて足の, つて黄色い, ツて

▼ 向つたの~ (27, 0.8%)

6 である 5 です

1 [16件] がよく, が南, だ, だが, だつた, であつ, でありました, であります, はさすが, はその, はもう, は九月二十五日, は宇都宮附近, は悠々, は珍, は翌

▼ 向へば~ (21, 0.6%)

3 必その

1 [18件] おのづか, その幾倍, 先生自身にも, 刃金雷の, 厳かしき昔の, 塵埃老翁を, 孝大なる, 小皺の, 平かな, 影法師, 忠である, 懐しさ, 老鸛河, 自らその, 花の, 陸より, 雪の, 雲の

▼ 向ひで~ (19, 0.5%)

2 ゐる時, 大きな大きな提燈

1 [15件] あるが, いつぱい, お辨当, はさつき, はどう, は多く, は居られなかつた, もした, 何となく黙りこくつ, 暮して, 頻に, 食べて, 食べると, 食べれば, 食べ始める

▼ 向には~ (18, 0.5%)

1 [18件] ありましょう雁来紅, ある風景画家, つきり, ひろびろした, 世にも稀, 出来ませんから, 同じ家, 嫌われるで遠慮, 幾度も, 彼女の, 林の, 樅の, 橋が, 煖炉も, 直観を, 逢坂の, 酌み取れないと, 青空が

▼ 向~ (16, 0.5%)

4 の屋根 2 の御門 1 だのお, には請負師, のお, のペンペン草, の横路地, の油障子, の焼, の瓦屋根, の相続人, の阿

▼ 向でも~ (14, 0.4%)

1 [14件] こう年, このくらい, この人込, さぞ詰らないだろう, そんな事, ハイハイと, 今日一日に, 仰付けられますので, 何とか云う, 否とは, 大きい木, 容易には, 弟と, 急に

▼ 向方側~ (14, 0.4%)

2 にあたる栗林, の二人伴 1 だらうと, でしたから, で此方, で黙, には何万とも数, にま, のソフア, の世界, の隅, を指

▼ 向はん~ (13, 0.4%)

4 とする 2 とせし 1 か, とした, とせり, とて此船, と城門, と駈け, や

▼ 向岳寺~ (13, 0.4%)

6 の尼寺 1 から出た, に見慣れぬ, の新, の方, の燈外庵, の開山, へ向っ

▼ 向~ (12, 0.3%)

2 べに日, べの山, 腹を 1 ちや頼み憎い, ぱらを立て, 山まだ, 山夕冷早し, 山腹に, 岸へ

▼ 向~ (12, 0.3%)

1 [12件] いはば, の, のだ, ので, ので両方, ものであり, ものと, ものばかりを, より高尚, 所だ, 絵の, 許りでなく

▼ 向~ (12, 0.3%)

2 の方 1 に出来, の人, の家, の木の間, の親達, へ漕ぎつけた, へ越え行かう, へ飛ん, 側には, 側の

▼ 向では~ (11, 0.3%)

1 [11件] あるが, うなずいて, かつて握り返した, それも, つとまらないの, ないが, ない丸の内向き, なく例, 見掛けないよかよか, 阿蘇の, 離れじと

▼ 向ては~ (10, 0.3%)

4 其の宜しく 1 丸で, 余が, 威張られる, 嫁を, 精神上の, 茶かし顔なる

▼ 向~ (10, 0.3%)

1 すれば, それは, 云うの, 思ったより, 殆ど一致, 申て, 給仕とは, 自分の, 覚しい二三, 高級と

▼ 向より~ (10, 0.3%)

2 二人の 1 して, につこりと, 出たこと, 問う, 岩も, 来る夫婦連, 詫を, 駒下駄に

▼ 向~ (10, 0.3%)

2 へ知らせず 1 から是処, なぞは成るべく避け, になる, に六左衛門, に居た, の手合, は斯, へは通知

▼ 向える~ (9, 0.3%)

1 が二つ, が又, が女, のすたるじ, ような, ように, わけも, 女は, 陽気さは

▼ 向つた時~ (9, 0.3%)

1 である, には何, には先頭, に母, のやう, はさながら, はもう, までの歌, 荒漠たる

▼ 向ても~ (9, 0.3%)

2 特約に 1 仮初にも, 依怙贔屓なし, 命ず可, 嫁に, 平等に, 特種の, 警しむ

▼ 向合った~ (9, 0.3%)

2 のが 1 と思召, 壁に, 崖縁に, 店頭に, 欄干の, 正面とは, 白いもの

▼ 向する~ (8, 0.2%)

1 ことに, ことにて, ときは, ところを, なんぞもこれから, のは, ような, 地点である

▼ 向~ (8, 0.2%)

1 あね, から唯もう, から顔, つた伝が, と喜ん, ね, よ, よわかつ

▼ 向つたこと~ (8, 0.2%)

2 は言 1 がない, がなかつた, をさとり, を喜んだ, を知らぬ, を記した

▼ 向柳原~ (8, 0.2%)

1 であつし, といえ, に店, はいい, はどう, はほんとう, は少し, は川一つ

▼ 向~ (7, 0.2%)

2 見とい, 見な, 見の 1 見と

▼ 向にて~ (6, 0.2%)

1 すりに, 只今御, 大股に, 御訪問, 登城中と, 聞けば

▼ 向はせる~ (6, 0.2%)

1 ことに, もののみ, やうな, わけにも, 仕組みに, 民謡

▼ 向~ (5, 0.1%)

1 しきに, ふからや, ふから人力車が, ッ腹を, 隣りかい

▼ 向ひで話~ (5, 0.1%)

3 をし 2 をする

▼ 向ふと~ (5, 0.1%)

1 こっちの, メルリン叮嚀に, 彼は, 手紙の, 遉に

▼ 向へる~ (5, 0.1%)

1 とき我を, ところに, のだ, のを, 年月なれや

▼ 向合う~ (5, 0.1%)

1 て二階, 処まで, 同じ高, 湯宿が, 鯒の

▼ 向合っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 て米琉絣, て腰掛けた, て黙っ

▼ 向~ (5, 0.1%)

2 へ御 1 から渡っ, に廻す, は思

▼ 向~ (5, 0.1%)

1 が燃え, なる一大平民国, には同じ, の砂原, へ急ぎます

▼ 向~ (5, 0.1%)

2 は春桃 1 である, は, は少し

▼ 向つた窓~ (4, 0.1%)

1 からは折, に顔, のうへへあげ, を開け

▼ 向です~ (4, 0.1%)

1 から, ぜ, ね, わ

▼ 向にも~ (4, 0.1%)

1 出来ません, 家が, 廉立った, 随分迷惑千万

▼ 向直つて~ (4, 0.1%)

1 お品, じつと, ゐた四十, 眺めさ

▼ 向直る~ (4, 0.1%)

1 とはや, と串戯, と半ば, と突当り

▼ 向うの電燈~ (3, 0.1%)

2 のたくさん 1 の光

▼ 向からも~ (3, 0.1%)

1 寄り添うて, 来なかった, 車が

▼ 向さん~ (3, 0.1%)

1 にもその, の娘はん, の快挙

▼ 向だけは~ (3, 0.1%)

1 こちらから, 各々違ってる, 夫婦と

▼ 向つたところ~ (3, 0.1%)

1 に小さい, に曙覧, を見定め

▼ 向つたやう~ (3, 0.1%)

1 でも, な位置, にはつ

▼ 向ての~ (3, 0.1%)

1 御答, 犠牲として, 砲撃も

▼ 向でない~ (3, 0.1%)

1 からほしい, からもう, のと

▼ 向という~ (3, 0.1%)

1 のが, のは, 次第でも

▼ 向とは~ (3, 0.1%)

1 表面上わたしは, 言われまい, 関係の

▼ 向ふむき~ (3, 0.1%)

1 になつて毛布, になり, に青い

▼ 向~ (3, 0.1%)

1 に五千円, に盛る, や熱い

▼ 向伏す~ (3, 0.1%)

1 下つ, 山吹の, 極み秋は

▼ 向米一辺倒~ (3, 0.1%)

1 であった, のけっか, への急

▼ 向~ (3, 0.1%)

1 はあんなに, は腕車, より待合所

▼ 向うっ~ (2, 0.1%)

1 つら, 側の

▼ 向かずこ~ (2, 0.1%)

2 なたへと

▼ 向からの~ (2, 0.1%)

1 しか, ねんごろ

▼ 向くめ~ (2, 0.1%)

2 えよ

▼ 向さま~ (2, 0.1%)

1 に顛倒つて了, は由

▼ 向だけ~ (2, 0.1%)

1 唯々諾々として, 御養子

▼ 向つたもの~ (2, 0.1%)

1 と見える, もある

▼ 向つたら~ (2, 0.1%)

1 いつもより, 好いぢ

▼ 向つた崖~ (2, 0.1%)

1 は或は, ぶちの

▼ 向つた所~ (2, 0.1%)

1 から言, に又

▼ 向つた方~ (2, 0.1%)

1 でしたが, は家

▼ 向つた障子~ (2, 0.1%)

1 にくつきり, をするりと

▼ 向である~ (2, 0.1%)

1 から平生, マドレエヌに

▼ 向などは~ (2, 0.1%)

1 用の, 管子を

▼ 向なる~ (2, 0.1%)

1 兵営に, 深川亭に

▼ 向について~ (2, 0.1%)

1 ぼんやりし, 詳しい説明

▼ 向はしめ~ (2, 0.1%)

1 たり, よ

▼ 向はれる~ (2, 0.1%)

1 筈で, 筈にな

▼ 向はん事~ (2, 0.1%)

2 の心憂

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 きと, きは

▼ 向ひで食事~ (2, 0.1%)

1 をし, を執り

▼ 向へは~ (2, 0.1%)

2 遠いけれど

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 また各, 人との

▼ 向よりも~ (2, 0.1%)

1 學問の, 左向を

▼ 向をかへ~ (2, 0.1%)

1 た, るい

▼ 向利春~ (2, 0.1%)

1 などいふ, を襲

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 との指摘, には私

▼ 向學心~ (2, 0.1%)

1 と狎れあ, の乏し

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 は東北, は牢

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 に仆, に火

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 な声, な性質

▼ 向直った~ (2, 0.1%)

1 ふっくりとある, 顔が

▼ 向直つて頭~ (2, 0.1%)

2 だけ捻つ

▼ 向~ (2, 0.1%)

1 へ廻し, へ廻っ

▼1* [245件]

ひの, 向あって罷り越した, 向うのかげから一人, 向うの艇内をのぞい, 向えり梯子を半ば, 向お前さんの罪, 向かざらんと為, 向かつたり歩い, 向かつ腹を立て, 向かはなければ, 向かへばあなに, 向かも知れないがね, 向からどさッと, 向きし子は不意, 向くる矢もはや, 向こい行き, 向こそ以前に, 向これが漢, 向さえ変れば, 向しなければならなくなり, 向じゃないか, 向せる鉤刺が, 向たって突き当り, 向だけでも轉んで, 向だったから顔, 向だの或は顔半分, 向だろうと答えた, 向つたときは多く, 向つたとき十月の風, 向つたのちの芸術家, 向つたますらおの心, 向つたままいつかうんこをし, 向つたまま傲然と我々, 向つたまま前後左右を顧, 向つたまま惡びれずに, 向つた一味はそんな, 向つた一端に其処, 向つた中空は厚, 向つた丸髷の女, 向つた事を思ひ出す, 向つた二人の手先, 向つた二階の角, 向つた人の思ひ定めた, 向つた人達ばかりで, 向つた側にある, 向つた処であ, 向つた別莊の雨戸, 向つた北向きの離室, 向つた卓子が人知れず, 向つた右手の樹木, 向つた坂路の上, 向つた垣根を身軽, 向つた大手の跡, 向つた官軍は賊軍, 向つた宮殿の大理石, 向つた將軍の姓名, 向つた小木の方, 向つた山上の茶屋, 向つた左り手, 向つた廊下のがら, 向つた後姿を眺め, 向つた故である, 向つた方角活鯛屋敷の前, 向つた方面には特に, 向つた旅程を東, 向つた日である, 向つた明後日また引返し, 向つた時そこから新, 向つた時床揚の祝, 向つた時後ろから青年, 向つた時私は婢, 向つた時素戔嗚は苦い, 向つた梯子段の下, 向つた様子があつ, 向つた次第である, 向つた浴室の窓, 向つた海岸の位置, 向つた田圃道にか, 向つた男の児, 向つた留守で却つて, 向つた相手が斯ん, 向つた眞直ぐな道, 向つた石段の傍, 向つた空虚に乘, 向つた窓ぎはへ行き, 向つた粗末な一下宿屋, 向つた背戸庭は一杯, 向つた自分の机, 向つた蓑よりも擴, 向つた藝者は長唄, 向つた處であ, 向つた血気の青侍二三名, 向つた農商務技師三浦宗次郎氏と同, 向つた道傍にやう, 向つた遙か品川, 向つた部屋へ通された, 向つた鎖鎌の地位, 向つた間よりも一層, 向つた間口二間半建て坪十三・四・五坪, 向つた際別れをおしん, 向つた頭の上, 向つた鯉登部隊が地形, 向つやま山火, 向てこそ望ましけれ, 向であったのである, 向であろうとも下向, 向でございますか, 向でさえ一目置い, 向でしやべる, 向でねえから知らせねい, 向でやつてら, 向とか云う気持, 向として海外に, 向とも全く想像, 向とを見較べた, 向などには遣れたもの, 向ならこっちも, 向にかけて本を, 向についても大した期待, 向につき事件が, 向にばかりお客が, 向にゃア知れますまい, 向によってはせっかくの, 向だん, 向のほどを承りましょう, 向のみいちやん, 向はかない努力死にかかった, 向はしめたる像の秋, 向はしめ大将軍維盛自らは七万, 向はせるならば明, 向はば君を, 向はむパラス・アテーネー許さず, 向はんこと蜀犬の日, 向はんすべぞなき, 向はん刃なしと, 向ばかりでなく番頭, 向ばかりは何うし, 向ひさへしたらう, 向ひさうにしては, 向ひで一合を半分づつ, 向ひで一席聴かされたこと, 向ひで初孫を寝かせ, 向ひで威勢よく盃, 向ひで湯豆府で飮, 向ひで自分達の幼馴染, 向ひで談話をする, 向ひで静に食事, 向ひで靜かにそんな, 向ひで香りの高い, 向ふくらいならむしろ, 向ふさ降りだらそれ, 向ふさ着げば撰鉱, 向ふとつい凡ての, 向ふとまことにだらしも, 向ふみずな, 向へて拜み, 向へとのこと, 向手前は, 向まで並んで, 向までも追掛けて, 向むいてその, 向よしを取りにやる, 向よりの母が, 向へん, 向こと今, 向をかへてねる, 向をと頼まれて, 向を以てめぐる時分, 向を通じて称へた語である, 向三昧に餘念, 向三間半に三間半位, 向の段へそ, 向言論次不空取, 向九月ごろまでしまつて, 向の許嫁, 向付肴が甘酢, 向付香炉観音像などが生干し, 向仙壇上早晩移植到梵家, 向以外に人, 向以後に始まつた, 向側十日ほどの行程, 向側小伝馬町側にあった, 向八つ手のかげ, 向其の子, 向合おうという註文, 向名高い御寺, 向地敵軍去十七日, 向地通いの小, 向の刺戟, 向実は牢の, 向との間, 向岳寺の前を通っ, 向嶋公園と呼ばれる, 向嶋小梅の里, 向嶋日本橋の, 向嶋永代から品川, 向座敷で時々, 向延子さんを大事, 向のところ, 向役向に伝えられた, 向得心させて, 向とは申し, 向の師直, 向という医者, 向朗馬良などをとどめ, 向にあり, 向村近傍に蜘蛛火, 向は気, 向柳原両国橋と円周, 向柳原浅草茅町南は神田, 向柳原町に住, 向汁椀焼八寸吸物と木の芽, 向田町堀端の諸, 向監獄部屋の通称, 向直っていった, 向直つたがあまりに, 向直つた三田の懷, 向直つた時彼は今, 向直つて丁寧に辞儀, 向直つて口を開けた, 向直つて挙手をし, 向直つて爪探りに下駄, 向眉間真向を突き, 向碧山行住在人間足道情, 向も主君, 向穿きの前, 向突当りの廊下, 向の學問, 向紫縮緬の服紗包, 向と言える, 向には幾所, 向斎の, 向の山の根, 向越しに見た, 向を逆, 向軍治さんが一面委員会, 向軍治君である, 向返ってその, 向返る子爵の, 向から云っ, 向鉢巻の男, 向間藤の沈澱池, 向乃至は, 向の綽名, 向に俯