青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叔父~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~反映 反映~ ~反省 反省~ ~収入 収入~ ~叔母 叔母~ 叔母さん~ ~叔父
叔父~
叔父さん~ ~取 取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ

「叔父~」 5278, 55ppm, 2128位

▼ 叔父~ (1421, 26.9%)

36 家に 28 顔を 21 家の, 家へ 19 ところへ 16 家で 12 所へ, 方へ 10 家を 9 ことを, 家は, 方を, 言葉に 8 前に, 姿を, 心を 7 許へ 6 小林鉄之, 手に 5 ために, 手を, 方が, 言葉を, 話を, 顔は

4 [15件] 世話で, 事を, 噂を, 姿が, 定次郎が, 室へ, 家から, 惠之, 意見に, 手から, 源太郎が, 玄は, 耳へ, 許に, 話に

3 [22件] ことだ, ところに, もとへ, 側へ, 傍へ, 処へ, 名は, 子の, 安兵衞は, 家には, 家まで, 方から, 方で, 横顔には, 病室へ, 病気を, 知合ひ, 背後に, 袂を, 部屋へ, 重武, 鉄之

2 [96件] お通夜を, ことです, ことは, せいだ, そばへ, ところで, もとに, やうに, ような, ように, ゴットフリートが, ラルフが, 一人息子で, 事に, 事業に, 佐伯に, 体は, 依頼を, 側に, 傍に, 凄まじき気色, 出発の, 刀に, 前で, 前へ, 勘三が, 勝造と, 半斎, 友二郎に, 口ぶりに, 商用が, 声が, 声を, 夢, 大六, 安兵衞が, 室に, 家, 家である, 家では, 家にも, 家も, 希望に, 庄兵衛から, 庄兵衛が, 彦兵衞を, 後からく, 後へ, 後を, 態度が, 態度や, 手へ, 手伝いとして, 手腕で, 敵だ, 敵は, 敵討の, 新宅で, 枕許に, 案内で, 森川庄兵衛の, 様子を, 機嫌が, 死を, 死骸が, 気に, 気色を, 狂態を, 癖で, 目は, 知って, 知人に, 立場に, 肥つた膝の, 胸の, 胸を, 自筆で, 與三郎は, 舟に, 葬式の, 藤六が, 観覚は, 言葉は, 訪問を, 語る所, 諸葛玄, 貞吉は, 財産が, 財産を, 邸へ, 都合は, 頭を, 顔が, 顔に, 顔をも, 骨の

1 [819件 抜粋] あとの, いいつけ, いい出そうと, いう所, いう通り, いう通り疎ら, いわゆる当世向, うしろから, うちに, おかしな影, おとなひ, お蔭だ, かたくなな, かたくなは, からだは, ことが, ことでも, ことへ, ことや, こどもらが, この想いやり, この言葉, すがた, その後の, その態度, そばに, それを, たおれて, ためな, ところまで, と決まっ, ほうは, ほうを, ほかには, まぼろし, むかし気質を, もとで, ものである, ものとして, ようすを, ウラジミールも, カールが, シモンに, シモンの, ストゥヴァン家で, フェーシュ氏を, フォン, ヘナンの, リチャード・ロイドであった, リチャード・ロイドは, 一人娘で, 一句で, 一家とともに, 一家を, 一族が, 一族に, 一族を, 一生かと, 一身の, 三吉と, 三吉にも, 上る楼, 上花客に, 下に, 下村も, 不在が, 不注意か, 両鬢, 並々でない, 久作が, 久左衞門は, 予言どおり困り, 事です, 事情を, 二人なら通る, 二重人格を, 云うこと, 云う事, 五左衞門に, 五左衞門自身が, 亡くなった事, 亮造が, 亮造は, 今井行平などと共に, 仕事が, 仕事の, 仕事を, 会津友次郎翁から, 会社だった, 位牌の, 住まって, 佐兵衞に, 体を, 体面上父は, 使った文句, 例の, 係累母方の, 信光を, 側で, 傍で, 光安も, 光安入道の, 入った未決檻, 冷たい石, 処じゃから, 処の, 処置に, 出す手, 出費によ, 出雲屋岩太郎に, 判を, 別離の, 利家に, 前にて, 前を, 創作に, 加藤恒忠氏の, 助太刀で, 勘三な, 医局に, 医院に, 医院を, 千代助が, 半三郎, 印籠の, 厚意に, 友だちで, 友人で, 友次郎にも, 取り乱した焦燥, 口からも, 口を, 口先の, 叱言, 右馬助, 吉田五郎三郎からは, 名が, 名前か, 名跡を, 周到に, 味方にも, 命に, 唇もとへ, 商売はめりやす, 四度指さす, 土産を, 圧制に, 墓が, 声に, 声音だった, 夏侯惇に, 夏侯淵が, 外遊を, 多門が, 夜具の, 大きな身體, 大学とやらを, 大巻徹太郎の, 大業の, 大業は, 大草香皇子を, 奎吾も, 奔走によ, 女房で, 好奇心が, 如き公衙, 妹で, 妻で, 妻ゆり独子幸助の, 妾であった, 妾に, 姿は, 娘と, 娘の, 子を, 子明智光春と, 孔賓みな青州奉行の, 学資を, 孫三郎と, 孫右衛門が, 孫静に, 宅に, 安兵衞で, 宗矩が, 定吉も, 定次郎に, 定次郎は, 定次郎も, 室であった, 室へは, 宮の, 家が, 家さへ, 家だった, 家とは, 家のは, 家へも, 家族とともに, 家族と共に, 寄宿先は, 寝台の, 寝姿, 寝息を, 寝相を, 寝顔を, 寵に, 専断でした, 尊きを, 尊き身, 尊を, 小兵衛, 小林定次郎から, 尸を, 居るところ, 居所を, 居間の, 屋敷つ, 屋敷で, 屋敷従兄の, 左門老人が, 差し出す盃, 希望通り叔父の, 帰りを, 帰り遅し, 帰宅らぬ, 平生から, 幽霊が, 幽霊を, 庄兵衛と, 庄兵衛に, 座敷に, 建築に関する, 弥左衛門が, 彦兵衞が, 彦兵衞は, 影響で, 待合に, 待合入りを, 後ろ姿は, 後妻は, 後姿を, 従弟の, 心と, 心当りの, 心理状態が, 心配し, 怖ろ, 思ひもの, 思惑を, 息子の, 悪強いも, 悲み, 意を, 意見に対して, 愛情を, 態度に, 態度は, 憎きにつけ, 懇意な, 懐の, 戯を, 所に, 所へでも, 所を, 手さきに, 手びきで, 手下に, 手伝いかたがた祖母さんを, 手元を, 手前を, 手前何と, 手前申し訳ばかりに, 手引きで, 手柄に, 手荷物と, 手荷物を, 拵らへて, 持ち船, 指さす方, 指さす物, 指金の, 挨拶も, 捺印を, 接待が, 散らかして, 文章も, 斜うしろに, 新之助だ, 新之助は, 新原の, 方じゃ, 旅に, 旅の, 旅舎へも, 昔の, 春風からの, 智慧が, 智慧と, 書斎を, 書置きと, 朋友大勢集ま, 末の, 机と, 机の, 村岡五郎の, 来たか, 来ないのに, 来着を, 松尾要人の, 板倉屋が, 梁に, 椅子に, 様子なども, 様子は, 権威などは, 横顔を, 機嫌は, 正直な, 歴史を, 死よりも, 死んだこと, 死体を, 死後家を, 気には, 気性が, 気持と, 氣色を, 決心を, 河村氏を, 法事に, 注意で, 注意に従って, 浦添王子尚, 深田琴吾といふ, 混乱に, 清とは, 清五郎という, 清吉を, 源次郎氏に, 滑稽な, 滝川一益は, 為に, 為ばかり, 煽ても, 物で, 狂態などを, 独子幸助, 狭山から, 猛烈な, 玄を, 玉木文之進に, 甚右衛門は, 生活とて, 生活様式が, 田巻左門と, 田母沢源助からは, 田舎から, 由平に, 申し付けで, 留守に, 疑いは, 疾み, 病気の, 病状をも, 病院へ, 発狂後の, 監督の, 監視の, 目の, 目も, 目的中には, 相続人と, 省吾という, 真面目くさった道学者めいた事, 眼の, 眼は, 眼を, 眼光に, 着換えなどを, 知ったこと, 知人で, 祐玄を, 祐範と, 祐範などが, 祭司の, 禿げた脳天, 秀人から, 私だって, 窮策を, 窶れて, 笑い声の, 笑談は, 第一信, 管理下に, 素振りを, 細君に, 細川三之助に, 紹介だ, 結婚を, 總兵衞も, 織田信照や, 考えに, 耳に, 職を, 肉親たちが, 肘が, 肩に, 背後へ, 胸に, 能筆で, 脱棄て, 腕を, 腹の中を, 腹心たちは, 膳には, 興奮に, 舟こぐ, 航海の, 良兼, 良兼勢, 良正良兼などを, 荷物に, 著書で, 蒲団の, 薬戸棚の, 藤井に, 血色が, 行家が, 行家へ, 要求を, 見て, 見物の, 観覚得業の, 解いた手, 言ひ, 言を, 言葉が, 言葉通り愉快らしい, 言葉通り断行し, 許を, 話しぶり比較し, 話では, 話は, 説を, 読み古し, 請を, 諒解をも, 識って, 讐と, 貞吉が, 買った墓地, 賀相は, 賀相老臣の, 蹣跚した, 身に, 身の, 身代に, 身代りに, 身体に, 近所にネ, 迷惑に, 連合いだ, 選挙公に, 遺業たる, 遺骨を, 部屋の, 野辺送りに, 金じゃ, 金之助が, 金兵衞夫婦で, 鉄道長に, 銚子屋へ, 長平が, 長男である, 長男に, 長閑斎光廉が, 阿闍梨に, 附き添, 隆秀阿闍梨は, 隣りに, 雑誌の, 非道勿体なき, 革足袋と, 鞭韃を, 頬が, 頬に, 頭へ, 顔, 顔いろ, 顔には, 顔へ, 顔色ただならず, 養い子, 養女として, 養父叔母の, 館へ, 首を, 駈けて, 髪の, 黄奎が

▼ 叔父~ (983, 18.6%)

14 言った 9 私の, 自分の 7 お延 6 お庄, それを, 例の 4 いつでも, 叫んだ, 笑った, 訊いた

3 [12件] この時, その晩, それから, そんなこと, 何か, 死んだ, 目を, 私に, 私を, 窓を, 言葉を, 黙って

2 [46件] いつもの, うなずいて, ここで, さすがに, そう云った, そう言い, それに, にこにこし, 丑松の, 事業家で, 云った, 今まで, 何という, 俄に, 医師とともに, 十何歳かの, 娘達に, 室の, 少しも, 帰って, 彼を, 彼女の, 快よく, 思い出したよう, 想像した, 東京に, 殆ん, 江戸の, 父の, 独りで, 甚く, 生れ故郷の, 甥の, 由三を, 眼を, 種々な, 職人を, 苦笑した, 薫を, 見るに, 言つた, 身代譲ったろう, 長州萩の, 非常に, 頭を, 顔を

1 [782件 抜粋] ああ見え, あちこち見やっ, あの室, いいひと, いかにも垢抜け, いずれも, いたって, いつもそうして, いよいよその, いよいよ夢中, うろうろし, おおれ, おとなしさ, おりおり紀州, おれを, お前と, お勢, お終, かう言, かえって気の毒そう, かれについて, きいたが, きかない, ぐずぐず言う, こうして私, こう云っ, こう結んだ, こう言っ, こころみに, ことさらに, この女, この姉妹, この様, この頃武人, こはくなり出した, これが, これまでに, こんなところ, こんなもの, さう, しばしこぐ, しばしこの, じゃ御, すぐそば, すぐ皮付, すぐ返事, ずいぶん口喧, そういう話, そうした旧悪, そこに, そこへ, そのあたり, そのうち, そのころ, その一つ, その丸き, その会社, その余裕, その売, その奥まった, その当時二十六歳, その後影角, その挨拶, その旅先, その時, その杯, その檀家総代, その翌, その翌日駿河台, その言葉, その金, その頃大分酒を, その高い, それから後, それだけ云っ, それには, それ見た, そんな事, そんな理性, たいへん親切, たえ子へ, たしなめるよう, ただ, ちょうど男, ちょっと武, ついに調停者, とう, とうとう怒っ, とかくに, ときどき何, どういうもの, どういう考, どうした, どうしたらう, どうしても承知, どこに, どこまでも, どんな風, ない私, なお細工もの, なぜ三好, にっこりとも, にやにや笑っ, はいること, ひねくれて, ふだんでも, ぼんやりした, まえの, またうかうか, またお, また一切, また叫び, また坐った, また振れ, また権叔父, また真面目, また自転車, まだたえ子, まだ復, まだ昨夜, まだ笑い, まるで別, むすめ, むむよろしい, もうとっくに何もかも見破っ, もう一度きいた, もう夢中, もう白痴, もう着い, もう逆上せ, もし私, もちろん話, もったいぶった考え方, もと妾, もどって, やがてすごすごと, やはりじっと風景画, やはり家, ようやく皿, よくお, わけの, わしを, わずかに, アメリカに, カバンの, ケロリと, ニコニコ者で, ユックリうなずい, 一体が, 一寸慶子, 一寸躊躇, 一層儲け口, 一度国務大臣, 一度発狂, 一方ならぬ, 一方私, 一段の, 一番先に, 一番高い, 一躍し, 一面において, 七人の, 七十の, 三十位で, 三日も, 三時に, 上州万座といふ, 上框に, 不図, 不審そうな, 丸山へ, 丸部朝夫と, 事業家でした, 二三ヶ月前に, 二人を, 亡くなった, 人が, 今でこそ, 今では, 今までの, 仕方なし, 他力信仰の, 以前の, 仲, 低い返事, 何かの, 何げなく, 何となく白けた, 何商売じゃの, 余が, 余に, 余よりも, 余り其の, 余を, 余計に, 修繕の, 偽者だろう, 傍に, 僕の, 元の, 先年ある, 兎も, 入場券なし, 全く我, 全く豪い, 共同墓地を, 其の事, 其の言葉, 其中に, 其筆の, 其賣捌方を, 兼ねて, 内赤, 再びアトリヱ, 再び注意, 出て, 別に燈火, 利口だ, 到頭怒りだし, 前よりも, 勉強せよ, 勿論むつ, 勿論余, 化石し, 医師と共に, 千駄ヶ谷に, 卑怯な, 卓子を, 厳格に, 去年の, 又何, 又感じた, 反対の, 叔母や, 取り敢えず余, 受け取って, 口惜しくって, 只管に, 只管此の, 叫んだが, 叫んで, 吉助という, 吉助といふ, 同じ物, 周囲を, 咒語を, 唯訳も, 問われるまま, 嘆息つきつつ, 嘆息なり, 四月の, 園田孫兵衛と, 地面に, 壮健で, 声が, 外の, 外へ, 多少なりとも指導助力, 夜着の, 夢の, 大いに感激, 大きく何度, 大人気も, 大声を, 大抵の, 大礼服, 天気などは, 太子の, 失望し, 如何し, 如何にも二人, 姉や, 姉婿が, 始終あれ, 嬉し相, 嬢次様の, 宇平を, 安堵の, 定めし喜びましょう, 実に浄土真宗, 客と, 家に, 寄って, 寝台も, 寝台より, 尋ねた, 小さい蝋燭, 小さな包, 小川町の, 小石を, 小説家の, 小間物を, 少し当惑, 少し機嫌, 山, 山林事件の, 常人の, 帽子を, 平気で, 幾分か, 引っ返して, 当分遊ぶ, 当惑そうな, 彼の, 彼女に, 往診に, 御苦労さまと, 復た, 忙しそう, 快活そうに, 怒り出して, 思う, 思わず目, 急に, 怪美人を, 怫然として, 恐ろしく口, 悲しんで, 意志の, 我が為, 或る, 手を, 承服できず, 承知し, 按摩などを, 挨拶した, 推量した, 故意と, 断髪姿で, 旅から, 旅舎の, 既定の, 日増しに快く, 早々に, 早めに, 明日金を, 昔の, 昔見し, 昨夜の, 是まで, 時々自分, 時々藤井, 暗闇の, 暫く沈黙, 暮に, 最初会見の, 最後の, 有っても, 朗読を, 朝飯の, 朝鮮に, 村長の, 東京の, 果して最後, 棄ておく方, 極めて冷静, 櫓こぎ, 欠を, 正式に, 此の前日に, 歩き乍ら嘆息, 殆ど見兼ねた, 残って, 毎日叔母を, 毎朝八時半頃から, 気さくで, 気に入らなかった, 気を, 気持を, 水泳と, 沖縄から, 油の, 法律上重吉には, 注射し, 涼みながらに, 深いパナマ, 深く気, 満五十歳, 滅多に, 火熱った, 無言の, 然し私, 照子の, 熱心に, 片手を, 牛の, 物故し, 物静かで, 特急の, 犬の, 独身者だつた, 猶説明, 玄関の, 現役で, 甥に対して, 用事あり, 用心深いん, 田舎へ, 田舎者は, 留守の, 疲れ切って, 百姓らしい, 盗まれたの, 盤の, 直ちに別室, 直に其, 真っ直ぐに, 真面目な, 真面目に, 眠った振り, 眼閉じ, 着物を, 矢代の, 知らないらしかった, 石の, 破産し, 祖母さんの, 神経の, 私だ, 私と, 私に対しても, 私らより, 秘密などの, 突然大きな, 立ち上って, 立つ間際, 立てて, 笑うだけ, 笑って, 筆の, 答えたが, 答えて, 米の, 紀州に, 素人学問ながら, 絶えずせかせかし, 縊れて, 繰り返した, 繰返して, 考えこんだよう, 聊か正気, 聖書の, 聞き終って, 肚が, 肥った身体, 背筋へ, 腸チブスに, 腹の中で, 自分に, 自棄半分に, 船を, 船頭に, 芸者に, 若干の, 苦しげ, 英文學者で, 茶の, 蒲団の, 蓮太郎の, 薄目を, 蛤茶屋の, 蝋燭持ちの, 行ったきり, 行方不明の, 袂を, 西側の, 親切な, 親父が, 言いベッド, 言い次に, 言おうと, 詳しく秀子, 説明し, 貨車の, 赫っと, 起ち上る浅井, 足の, 身動きも, 近ごろ運が, 通りの, 遮った, 酷く疲れた, 金の, 鎮宅霊符という, 附加し, 隆造を, 随分病み, 電話機も, 非常な, 面白半分, 頭から, 頷いて, 頻りに薫, 顎の, 顔色を, 食糧営団に, 養女にまで, 馬術が, 驚いて, 驚きあわてて

▼ 叔父~ (471, 8.9%)

8 自分の 4 来て, 眼を, 言った 3 その女, 云った, 住んで, 出て, 此の, 経営し

2 [15件] いるの, ここで, どんな顔, やってくるという, 乗って, 二こと三こと喋る, 人形町に, 安房上総へ, 帰って, 彼を, 死んだ今日, 目を, 私を, 突然に, 突然死んだ

1 [403件] ああ云う, あきないに, あったくらい, あなたに, あの時賊軍, ある, あるか, あるかい, あるから, あるには, ある夜酒, ある日何, あわてて, あんな奴, いい気持, いうの, いずれへか, いつもこうして, いて, いなければ, いふと, いよいよ田舎, いるのでね, いる叔母, いろいろ云っ, おこるぞ, おって, おりとやかく, お怒り, お浦, お祖父さんを, かえって彼女, かず枝, かつて津田, かの丸き, がちがち顫えて, きいたが, こうしたの, こう呶, こう軽く, ここへ, ここまで, こと忘れず, この廓, この手段, こんどの, こんな近い, さかんに, さきへ, すぐ後, すでに大阪, すべて指図し始めた, そういう始末, そこに, その後彼の, その日, その病気, ただ一度こんな, ちょうど上野, つい其処, つかまえる, どうしても許さなかった, どうして甥, どう千代子, どう見よう, どこからか, なにを, なんでそんな, なんの, のっそり立っ, ひとりあっ, ひょっこりやって来た, またどこ, また家, また新た, また旅, また答える, また聞いた, まだ私, もし自分, やかましいので, やって来た, やって来て, やはりそうでした, ゆうべの, ゆめの, よくたえ子, わが子でも, わが家に, わしの, ゐなかつたら, ズンズン理解し始め, ソロソロと, ボストンに, ポカンと, 一二度二階へ, 一人あります, 一人ある, 一人の, 一人寝, 一人毛布を, 一体どんな, 一家族の, 一番に, 一緒に, 丁度道子, 三十一の, 三日の, 三日ばかりの, 不承知で, 世盛りの, 予に, 事に, 事業の, 二一の, 二人あっ, 二階に, 云つた自分も, 亡くなるその, 人に, 人を, 今一度家の, 今度も, 今日曲馬団に, 今自分, 介錯し, 他數人, 代って, 代つて, 代償に, 仰向きにな, 会社に, 伝通院前に, 住持を, 何れほど, 何れ程の, 何処か, 何時迄も, 余と, 來て, 保管し, 借りて, 偶然らしく, 偽者であるなら, 僕に, 先ず秀子, 先刻玄関先で, 先手を, 入つて, 入院し, 六十九歳で, 其の最も, 冷しい夜風, 出京, 出発した, 出立を, 初めて秀子, 十一月なかばに, 厄介ばらひ, 又答, 反り身に, 叔母の, 叔母を, 取り違えると, 受合った, 口を, 口癖の, 古本屋の, 叫び声を, 可成り, 各, 向こうから, 呑込んで, 呻くと, 命令的に, 唯一度こんな, 商賣, 問い返す暇, 善兵衛の, 喧しいから, 国から, 城中の, 場所も, 変質的な, 夕方に, 大変に, 大阪へ, 大雪渓, 奥から, 女に, 好きに, 姪の, 娘の, 媒酌人で, 子供を, 学校へ, 学校を, 家の, 家の向側には, 家を, 家一軒ただ, 家督を, 富士見ご, 寫眞を, 尋ねた, 小樽から, 少し前かがみ, 居さ, 居た家, 居りながら, 居ります, 居る彼自身, 屡々やって来た, 差し出す盃, 市の, 帯を, 帰りし後, 帰ると, 帰国した, 干渉し, 年を, 床に, 店に, 引き受けること, 引き籠つて, 弟子を, 強く自分, 彼にだけは, 彼女から, 待ち遠しが, 從子を, 心配そうに, 応対に, 怒るまいか, 怒る様, 急に, 怪美人をば, 恁うし, 悪い病気, 我が挙動, 我事の, 戦争に, 扉を, 手伝って, 手荷物の, 手荷物を, 指で, 故郷を, 教師を, 斯う, 斯う云っ, 新宿あたりへ, 新聞紙上で, 旅立つ直前, 日本一では, 明日にでも, 昨夜拾った, 昨日あたり東京から, 是非行け, 時々咳, 時々軽い, 書見の, 曾て, 有るか, 未だ私, 机に, 村長の, 村長を, 来た, 来ましたから, 来ましたよ, 来る来ないと, 検事の, 検事を, 歩いて, 死なないとは, 死に矢代, 死ねまして, 死物狂いに, 母に, 毎晩行く, 永代橋から, 汽車に, 注意した, 浜町から, 混返した, 渡船の, 満鉄, 無理算段を, 煙草を, 照子の, 煩いから, 父に, 爾後は, 狂人といふ, 独身者か, 独身者である, 理解し, 甥の, 用件を, 用意し, 由三の, 男の, 町の, 疑って, 病気で, 痛く驚いた, 発狂し, 皆な, 盗まれたと, 盛んに, 直ぐ近所, 相次いで, 真の, 真夜中に, 睡りこけたの, 確かに, 確りし, 秀子の, 私どもに, 秋子に, 突然こう云った, 突然何分臭い, 突然市さんヨット, 立って, 立つ父, 笑いながら, 笑うの, 笑ひなが, 紀州を, 紹介し, 縁側へ, 繰返して, 美貌の, 義姉を, 耕して, 聞いた, 聞いたらさぞ, 聞いて, 聞くと, 聟に, 肉身である, 育て外国, 脱院, 腰掛けて, 自分が, 自分に, 自殺を, 舟底に, 苦りきって, 藁の, 行きつけの, 行末楽しかるべし, 裁判官であっ, 褞袍を, 襟の, 見て, 見立てて, 覚り相な, 言い付けるの, 言ったが, 言つた, 言つただ, 言葉には, 許すまい叔父, 評した, 話した尼僧, 話しに, 話しを, 講釈の, 護国寺の, 買い度, 賛成した, 起きて, 跣足で, 較や, 迎えに, 遊びに, 遊んで, 道楽を, 遙, 遠い国, 遠慮の, 遮った, 酔後の, 金魚屋で, 銀行の, 鑑賞の, 長い仕事, 間違えたの, 隆造を, 電話で, 非常に, 頑固で, 頑固に, 頭を, 顔見, 飛び出し彼, 骨に, 骨身惜し, 高々と, 黒の, 黙って

▼ 叔父~ (357, 6.8%)

10 連れられて 9 向って 8 話した 6 あたる者 5 當る, 言われて, 随い 4 むかって, 保管を, 指して, 言って, 話して, 頼んで 3 して, 渡した

2 [20件] あたるので, あやまりたい一心, その仕事, 一任し, 一時の, 合せて, 告げずし, 就いて, 引き取られて, 当って, 当る, 挨拶を, 渡して, 継いで, 花を, 言った, 話す事, 違ひない, 預けて, 預けられたかを

1 [239件] あたるこの, ある芸人, いった, いやな, いろいろ訊かれる, いわれて, お咲, お庄, お身, この話, こんな事, ささぐべきであったの, しがみついた, しても, しろ何, すっかり懐い, そういう風, そのこと, その理由, そんなこと, たのもうかと, ちょっと挨拶, つかまつたこと, つれられて, つれられまだ, ひきとられること, ひっ張りだされて, もすつかり愛想, ゆかれると, 一人の, 万事を, 与えた叔父, 事情を, 云った, 云ふ, 云へ, 付添立出る, 代って, 代つて出征, 任せると, 伊作といふ, 会いたいと, 会いましてね, 会うはず, 会えるよう, 会おうと, 会つて飛んだ, 伴れ, 伴れられ, 似通って, 便りすること, 係り合いの, 促されて, 僧侶に, 其の事, 其の辺, 内々無心を, 出して, 別れて, 動かして, 勧めた, 厭な, 厳しく叱られまし, 及び孔賓, 反抗しない, 取っては, 取次いだ, 叱られて, 同一道学者何某, 向い, 向い美人, 向った, 向つて云, 向ッ, 告げた, 告げると, 告げ美人, 呼ばれた後, 呼び留められた, 問うた, 問うた勿論, 嘆願した, 四時間ばかり, 売りつけるよう, 妙な, 威圧せられ, 嫁し, 安心させ, 宛てた封書, 宛てて, 宛て急用, 家を, 容体を, 密告した, 対して, 導かれすこし, 小さき驢, 小遣銭を, 就て, 引渡されました, 強いられる意味, 当るある, 当るの, 当る人, 当る児島良平, 当る加藤恒忠, 当る方, 当る玉那覇某, 当る田口, 当る男, 当る黒木長者, 応じたの, 忠告しなかった, 怒られて, 慰められるとは, 懇望され, 手を, 手紙を, 打開け, 托して, 批べて, 招かれ余, 拵えて, 持たなかつた, 持つと, 挨拶し, 振り向いた叔父, 捕まえられては, 捕まえられなければ, 接近し, 推薦した, 断わって, 暇乞いを, 暗誦させられた, 書物を, 楯を, 横領, 横領された, 欺かれた当時, 欺かれた記憶, 欺された, 歌がるた, 死なれ主, 母は, 毒害を, 毒薬を, 気付かれて, 気付かれては, 気兼ねし, 泣き付くと, 注意し, 洩らしたくらい, 混乱が, 済まない, 済まないやう, 渡すが, 渡せば, 煽られて, 父の, 父を, 父親が, 甘へる, 申しこみ金五十円也, 當ります, 監督され, 相談し, 矢を, 知らせた事, 秀子の, 秘密で, 突きのめされて, 突然綾, 笑はれた, 紹介した, 続いて, 縁の, 聞いて, 聞かせながら, 聞かせようとして, 育てられたの, 育てられて, 育て上げられたよう, 胸を, 腹の中で, 自由に, 至っては, 褒めて, 見せる時, 見つかつ, 見て, 見付かったら大変, 見送られて, 解らなかった, 言い出さずに, 言ったが, 言つた, 言はせる, 言ひ出さず, 言わなけりゃ僕, 託して, 託してまでも, 話し掛けた, 話し爾, 話し聞かせた, 話を, 語った, 語り始めた, 説明した, 説明を, 護られ二三, 財産を, 貰ったの, 貰って, 買って, 跟い, 近く来, 返済しなけれ, 追い出されたの, 逢いて, 逢いに, 逢い余所, 逢う訳, 逢って, 逢つても, 逢わせて, 金が, 鎮西八郎為朝が, 関係した, 関係する, 附いて, 附き纒, 随つて夜に, 隠して, 隠し事を, 電話を, 預けられ中学, 頼みましても, 食べ物を, 鼻先で

▼ 叔父~ (208, 3.9%)

4 見た, 見に 3 毒害する, 見て, 訪ねて, 訪問した

2 [12件] だまして, はじめ土地の, 停車場に, 尻目に, 待って, 捜しに, 探が, 案内し, 殺した自分, 殺すの, 頼って, 頼りに

1 [164件] ありがたいもの, うらめり, おこらせたのに, おさえつけようと, おだてあげて, おでん屋へ, お住, この機会, この谷中, さし措いて, して, じっと見つめた, すつかり怒らせて, せがんで, たよって, つかまへて, つれて, とうとう呼び起した, にらめたと, ひどく嫌っ, ひやかしながら, もって, やり込める事, よく見よう, よろこばすべく黙って, 一人で, 一人持ちたる, 乗せて, 伴れ出す, 何故自分, 便って, 信じて, 其処に, 初め大勢の, 刺す事, 力に, 叔父とも, 受取りに, 叱咤し, 同道し, 呪おうと, 呼び出して, 呼び出しに, 呼び寄せたの, 呼び棄てに, 呼ぶやら, 呼留めた, 哀れな, 喜こ, 土間の, 執念深く附け狙っ, 好いて, 始めとして, 威嚇する, 寄せつけなかつたと, 寝かさうと, 尊敬し, 導いて, 幽霊塔の, 弁護士に, 引っ張りおろした, 引戻す, 待った, 待受けて, 思い出したり, 思ひ出したり, 怨んで, 恐れないよう, 恨み何, 悪しざまに, 愛したと, 愛しては, 慰め源造, 憐れむ気, 懐かしく思う, 打ち取り援軍, 抱き寄せ, 持つ身, 指名した, 捕まえる機会, 探した, 探しに, 探すの, 推し退ける程, 揶揄う, 操った手腕, 救い出す方法, 救けいささか, 敬愛する, 暗殺し, 有ち, 案山子に, 款待そうとして, 殘し, 殺さねば, 殺した, 殺したの, 殺したので, 殺したり, 殺した下手人, 殺した罪人, 殺して, 殺し乍ら, 殺すと, 殺せしかば, 殺そうとして, 毒害し, 毒害した, 毒害しよう, 毒害せん, 気の毒と, 演った, 父と, 畏れる様, 発狂した, 相手に, 相手取って, 看護する, 真中に, 睨みつけた, 私が, 窘めるよりも, 立ち止らせて, 終夜運転の, 終夜運轉の, 絞め殺すやう, 絞め殺すよう, 絞殺し, 翻弄し, 考えて, 肱で, 自分の, 見たばかり, 見た時, 見つけに, 見つめて, 見ると, 見上げながら, 見付け出したらすぐ, 見殺しに, 見送った, 見送って, 見送ろうとして, 訪うて, 訪ねましたが, 訪ねようとして, 訪は, 診察した, 評して, 誘き寄せる所, 誘って, 説き伏せるの, 説き附け余, 貴女へ, 迎いに, 迎えたこと, 迎えに, 迎へに, 送り出してから, 遠くから, 陥れて, 隆造は, 頼るより, 食ひ入る

▼ 叔父~ (187, 3.5%)

25 一緒に 3 叔母の, 姪との, 甥との

2 [14件] 云うの, 叔母とは, 同様に, 志村との, 打合せが, 板前の, 母とが, 甥とが, 甥の, 碁を, 肩を, 自分とは, 話して, 離別し

1 [125件] あれば, いえば, いっしょに, いっても, お庄, お杉ばば, お浦, こうして偶然, その妻子, そろそろ家庭以外, たえ子と, ただふたり, であるという, なされご, よんだしかし, 一しょに, 一しよ, 一所に, 一所の, 三人で, 丑松とを, 丸山とは, 争う事, 二人づれで, 云うのに, 云う人, 云えば, 云ふ, 交渉させ, 交渉させよう, 京都へ, 伊奈子の, 伯母との, 何やら争論, 僕は, 兄弟との, 入替りに, 共にある, 兼帯で, 別れて, 別れてからの, 叔母だけが, 叔母とが, 叔母とに, 叔母とに対して, 叔母との, 叔母とを, 叔母は, 吉田は, 同じよう, 同じ人間, 同じ年ごろ, 呼ばれた爺侍, 呼び吉左衛門, 呼び鼠, 呼んで, 呼んでも, 唱う, 声を, 大に, 天王寺を, 妹と, 姪では, 姪とは, 姪の, 姪叔母と, 娘と, 娘とを, 娘ふたりの, 対座した, 小林は, 尨犬の, 幸さんとは, 従兄弟が, 従姉妹の, 従弟を, 思えばこそ, 怪美人の, 意見が, 手代の, 探偵との, 書いたの, 朱実と, 村の, 歩き出した, 母の, 母や, 母親とが, 海の, 甥が, 甥だ, 甥と, 甥とで, 甥も, 甥従兄弟と, 田島は, 田舎から, 申しても, 申すの, 相対の, 眼を, 祖母の, 秀子との, 私と, 私とは, 立談を, 糺とは, 綾さんの, 聞いて, 自分との, 自分とを, 花を, 裁判に, 言つても, 話し合ったり, 話を, 談し, 談判を, 豊世とは, 連れ立って, 連立つて, 遊びに, 遠浅の, 静御前の, 頚の

▼ 叔父~ (145, 2.7%)

8 叔母も 4 丑松も 2 お定, それを, 娘も, 気の毒に, 自己の

1 [123件] あの大病, あるし, いつの間にかこの, お定姉妹, お浦, こぞって変, この通り, この黒ん坊, すぐ答えた, すこしく眉, すこし驚かされた, そっと這い起きた, その他の, その日, そばから, それでは自分, そんなよう, たちまち承諾, なしか, はじめの, まさかにそれ, また大正, また私, また裁判官, まだ妻帶, まだ権六勝家, みな家人家族を, やうやく, やがて後, ゐた, 一たび怒る, 一時は, 一生懸命に, 一緒に, 上って, 不興げな, 五十ちかい, 交じって, 亦それ, 亦大正, 人々の, 今ようやく, 伊奈子も, 伯母も, 住み兼ねて, 何かしら二皿か, 何だか対面, 何だか考え, 兄弟も, 到頭私, 十九歳で, 叔父なり, 同情する, 同時に全身, 喜んで, 多助, 大阪の, 妹も, 学校の, 少し飽き, 帰った, 帰って, 帰つて来た, 彼の, 彼様忠告した, 従弟も, 心地よく二三杯, 心配らしい, 忙が, 忙しい時, 思わず眉, 悠々と, 愈々墓地, 手を, 掌を, 文吉も, 旅で, 旅行と, 明朝を以て, 横にな, 次に皺がれ声, 気がかりに, 気持が, 江戸へ, 涙を, 湯治場まで, 源氏の, 溜息を, 漸く山, 無く又, 無言で, 父も, 父親と, 番頭も, 疾から, 皆同じ, 直ぐに, 知って, 知らなかった, 磯野の, 秀子も, 笑へば, 若かった, 荒木も, 蓮太郎も, 見当らなかった, 誰だって, 諜し合っ, 財産を, 資本の, 賛成し, 足の, 逢い度, 附き添って, 随分ひどい, 隠居の, 非常な, 非常に, 須和康人も, 食わせ者, 首を, 驚いた, 驚けば

▼ 叔父~ (127, 2.4%)

5 のお 2 が, だと, のところ, の声, の家, の胸, は, はあの, や叔母様

1 [104件] があたし, がお, がおかえり, がお雪さん, がこの, が仰天, が何, が何ん, が兄様, が呼び返し, が大声, が幽霊塔, が待っ, が応対, が更に, が未だ, が東京, が眼, が確か, が示した, が西洋, が酔つて, が頭, が黒蛇, じゃありません, そのよう, だから, だったのに, でいらっしゃいます, というの, という人, と一緒, と呼ん, と大日坊, どうしてこの, なの, なり彼, なんかにはどんな, に, にお話し, には淀屋, にパス, に不運, に会いたい, に会おう, に会っ, に対して済まない, に挨拶, に知らせ, に訴え, に違い, に電気, のおる, のお世話, のよう, のるす, の代り, の号令, の外, の心, の様, の焚火, の狭山九郎太氏, の発明, の目, の脇の下, の頭, はお, はその, はそんな, はひと, はアパート, は何もかも, は例, は南洋, は印度, は御存じ, は敵, は新聞, は目, は秘か, は腕組, は自分, は自分用, は逆, は銅像, へあげた, へ泣い, まあどうしよう, もお, もこの, もみな, も参つて, も心, も私, や舅様, や警察, を, をお送り, をお通し, を怖, を自分, 帰られては, 結構でございます

▼ 叔父~ (101, 1.9%)

3 たちの 2 が, がもどられ, にお, の口, の孔賓, や叔母, よりも甥

1 [84件] あなたの, からは, から私, がいった, が京, が言わし, が頻りに, が駆けこん, さまか, さまたちが, さまにも, さまの, さま達が, じゃござらぬ, たちから, たちからも, たちで, たちでなく, たちに, で, でも無体, とお, と一つ, と連れ立っ, にあたるお, にせがまれ, にちがいありません, にはわし, には見せね, にもおら, にもただし, に会い, に叛, に死なれ, に毒害, のおす, のことば, の但馬どの, の召使, の喜び, の声, の孫静, の寝室, の小山様, の愛妾, の振舞, の敢ない, の枕許, の法師, の源次郎氏, の生命, の見舞い, の許, の郷, は, はいずれ, はお, はどこ, はわし, は法性寺, は秀子, へお, へ合わせる, までが, まま腰, もうわさ, もお, もおととし, もご, も叔父, も大炊, も次第に, や親類, よ, よ又八, を救う, を討つ, カピューレット殿同じく, ッ, ーッ, 御苦労ながら, 旅籠は, 背を, 賞めて

▼ 叔父さま~ (89, 1.7%)

8 のお 3 や社長 2 にお, のところ

1 [74件] いつのまにか, からお, からそう, から速達, がいい, がお, がお出で, がくれぐれも, がこの, がねえもう, がねほら, がむかし, がもう, が一番, が全部お世話, が叔母さま, が実家, が村, が櫓梯子, が病室, が見えられ, こうな, こそ一番, とお, とでも対座, と私, と謡曲, どうぞ私達, にお母さま, にお願い, にこれ, にたよらなけれ, には何, に今, に助け, に叱られた, に叱られる, に対する信頼心, に弟子, に御礼, に御返事, に折, に逢え, のお話, のほう, の世話, の会社, の信濃坊源盛, の手, の秘書, の許, はあたし一人, はあんなに, はお, はこの, はご, はその, は大きく, は浮かれ, は私, は私達, は荊州, は非常, は顔, へお母さま, まあ不思議, まったく犬, もう一ぺん, もおどろいた, もこれ, もその, もやって来られ, も不良, や叔母さま

▼ 叔父~ (88, 1.7%)

4 のお 2 の前, の室, は

1 [78件] お履物, から, から何ぞ, が, があなた, があれ, がいいました, がお話し, がか, がそれ, がたのんだ, がやたら, が位, が切り, が御, が能, この尊像, それからひ, だけはすべて, だってわかっ, ですか, では, とどちら, とも御, とも母上, と叫んだ, と喧嘩, と母, と甥, どうしてこれ, どうしよう, なの, にせめて, にはお年, にはまだ, にはわれわれ二人, には京都, にもお変り, にも一応, にも以後, にも母上, に伺ったら, に強い, に手紙, に水, のことば, のほう, のみ御不, の上京, の傍, の博士, の口癖, の家, の御, の悪事, の手落ち, の話, はあばた, はお, はそれ, はそれとなく, はもうろく, は前, は十二月六日, は少し, は明日, は案じ, は私, へ云わね, もいい, もこの, も変, も相, をばか, を怨ん, を放せ, を本当は, 寒さ防

▼ 叔父~ (63, 1.2%)

11 叔母の 3 叔母に, 叔母は, 叔母や 2 友人に, 叔母が, 叔母も, 妹や, 学校の, 母親に, 甥が

1 [29件] お杉ばば, ガラドウが, 丑松と, 久世喜善が, 伯母の, 兄に, 兄貴の, 先輩や, 叔母から, 叔母たちが, 叔母たちには, 叔母はさのみ, 叔母達の, 多勢の, 姉婿などにも, 店の, 弁護士の, 当人から, 持主と, 湯島の, 父の, 父ばかり, 父母を, 甥も, 田舎の, 祖父などが, 貞盛などが, 近所の, 高輪田などの

▼ 叔父~ (54, 1.0%)

6 の間柄 4 の仲 3 の縁 2 という, のあいだがら

1 [37件] あるいは兄弟, かたらいあって, が, であったが, でもなく, で刃, という程, という骨肉, といった関係, とかの名, とは気, とも何とも, と繋がる, と言っ, なぞの間柄, などでは無い, なども戦, に共通, の事, の域, の感情, の特殊, の血属関係, の血屬關係, の血縁, の親しい, の間, の間がら, はここ, は冷めたい, は常に共に, は手, は相談, は肩, は話し続けた, ほどの相違, をこっち

▼ 叔父から~ (52, 1.0%)

2 あれ取れ

1 [50件] あの家, あべこべに, いろ, こうむったひどい, こんな風, ぜひ帰れ, そう言われる, その人, であった, では, もらったが, 云われ勘当, 今年は, 何か, 俺の, 千円ばかしの, 受けた反問, 国許の, 委される, 封書一通共に, 封書一通門井に, 巻煙草を, 得る月々, 惑病は, 手紙の, 母親の, 父の, 特別に, 理解されなかった, 田舎の, 目指されて, 結婚を, 繋がれたの, 聞いた後, 聞いても, 聞きつ, 聞きました, 聴かされた話, 袂時計を, 見ると, 詩と, 認められて, 請求し, 貰ったもの, 貰って, 返事が, 金が, 金を, 養子にと, 鼻の

▼ 叔父叔母~ (50, 0.9%)

5 又一族 3 の顔 2 に叱られる, の前, の耳, はしかし, はどんな, は喜び, もない, や美津子

1 [26件] がどんな, が大阪, が帰り来る, といっ, といってる, にあたります人, にかくれ, にもよう, に孝行, に対しては気がね, に対して申訳, に捧げ得る, に話し, のところ, のめぐみ, の事, の後, の死, の肚, の見物, の観察, の輩, はお, はこの, はたやすく, は二階

▼ 叔父夫婦~ (36, 0.7%)

2 と共に二人, にはいとせめて, に紹介, のこと, はそれから

1 [26件] がいろいろ, がまた, が入れ代っ, が口, が色々, であった, とが万事, とその, と向, にも子細, にも従順, に頼み, の室, の家, の居る, の昔気質, の者, の顏, の顔, は奈何, は気, までを意氣地, も一緒, や子供たち, や従妹夫婦, を欺

▼ 叔父~ (35, 0.7%)

3 を見返し 2 の手

1 [30件] があの, がおまえ達, がおれ, がこそこそ, が悪心, が望みどおり, が横領, が止せ, が責めたら, ぐらい束, である, と与ん, なの, にごま化, に分け, に知られたら, のやしき, のカラ騒ぎ, の上, の庇護, の肚ぐろさには, の良心, の顔, はおれ, はここ, は殊更, は見えるだろう, へも, へ嫁い, へ談

▼ 叔父たち~ (28, 0.5%)

2 の眼

1 [26件] がいなかったら, がどんな, がなに, が取りあげ, が奥, が結托, であった, でもこれから, といえ, と共に上内, にも異存, に自殺, の下, の係蹄, の厚意, の巡り, の息子, の群れ, の良心, の視線, の訴文, は今, は小次郎, や叔父たち, や従兄弟たち, を乗せた

▼ 叔父~ (27, 0.5%)

1 [27件] がある, が住ん, たちあんまり, だという, とが馴れ, としては珍, と共謀, などその, なんだ, についてつい, にはきっと, にも自慢, に事情, に手柄, に授けられ, のところ, の名前, の夜話, の屋敷, の手, の説, もそう, も親類ども, を煽り, を訪ね, 変梃だ, 道氏その

▼ 叔父~ (27, 0.5%)

2

1 [25件] がき, が夏羽織, が新, が木, だな, と其処, と葬儀, に一礼, に反抗, に知らせる, に示した, に黙っ, のいる, の一族, の出, の力, の来た, の行った, の身の上, の集った, はみな弟, は二階, は早く, へはわが家, 老夫婦

▼ 叔父~ (23, 0.4%)

2 叔父は

1 [21件] かに当る, から, からあんな, からってそんな, からである, からときどき, から他人, か一寸見分, が叔父, ぜ君, つた, といい, という, ということ, という南条庄介, という話, と明言, と言う, よ, わね, 金森家嫡子の

▼ 叔父にあたる~ (23, 0.4%)

1 [23件] かつ若, 二宮就辰穂田元, 人が, 人だった, 人である, 別所賀相が, 十内の, 千草大学と, 名将が, 壬生源左衛門の, 大津絵師の, 孔賓という, 家に, 岩城源造は, 左馬介の, 御方な, 明智光安入道と, 皇太子の, 竹原入道の, 西班牙の, 阿闍梨その, 非常な, 黒川大隅守も

▼ 叔父には~ (18, 0.3%)

1 [18件] あった, いっそう陰険, その後今も, ただ荒稽古, もう内達, 何か, 其の旨, 内証で, 出来ずハイ私, 判らなかった, 告げて, 容易に, 寄りつく術, 寝道具を, 年齢の, 普通の, 疾くに, 解らなかつた

▼ 叔父にも~ (18, 0.3%)

1 [18件] いや一族, お通, すぐ来, なつた, ひとむかし, よく判る, 云つた, 叔母にも, 可愛がられて, 吾一にも, 告げたとの, 困ったもの, 彼女にも, 思惑が, 来て, 母親にも, 道さんにも, 鳥取の

▼ 叔父~ (17, 0.3%)

1 [17件] 一枚吉川夫人へ, 其の旨, 告げて, 宛てて, 密告した, 密書を, 復讐する, 早速知らせ, 時計の, 渡した, 渡して, 相談が, 相談の, 話し貴女, 譲って, 返した, 長い手紙

▼ 叔父という~ (16, 0.3%)

7 のは 3 のが 1 事に, 人が, 人の, 人は, 叔父は, 資格で

▼ 叔父~ (16, 0.3%)

5 の世界

1 [11件] たる軽, なる松島海軍大佐, にあたる, にあたる大原氏, に當つて, の九郎判官さま, の俄, の新宮十郎行家様, はそんな, は早, を四天王寺

▼ 叔父ちゃん~ (15, 0.3%)

1 [15件] が勿論, が来た, が死んじゃっ, が死んだ, が苦し, に手伝っ, のお, のお話, の御, の話す, は死んじゃった, ほら臼, も今に, を連れ, 手伝って

▼ 叔父とは~ (15, 0.3%)

2 別の

1 [13件] あべこべ水車の, どっちゃも, ぱったり消息, よほどの, 全く似, 嫉妬喧嘩を, 年が, 既に養父養女, 村長なんか, 滝川一益の, 着物を, 近所交際いもし, 齢も

▼ 叔父~ (14, 0.3%)

1 [14件] すらこう, すら夢, それに, ほんとの, 何でも, 何を, 女は, 小松屋の, 当時十五に, 明智光廉入道長閑斎という, 有る叔父, 紂の, 親父の, 負ぶさって

▼ 叔父でも~ (11, 0.2%)

2 親類でも 1 ありまた, ないと, なく主人, まさか一統, 何でも, 何んで, 叔母でも, 従兄でも, 無法の

▼ 叔父である~ (8, 0.2%)

2 ことを 1 から忠通, かを疑った, という事, のを, 山本喜譽司さんの, 頭中将や

▼ 叔父との~ (8, 0.2%)

2 間を 1 丸部一家に, 約束の, 調和が, 間に, 関係にばかり, 関係を

▼ 叔父と共に~ (8, 0.2%)

1 其の後巴里, 別室へ, 家に, 此の, 此所に, 江戸へ, 甘州, 諫めに

▼ 叔父なる~ (7, 0.1%)

1 プロヴァンス伯は, 人が, 人にも, 人の, 赤城の, 頼錦の, 鬼は

▼ 叔父に対して~ (7, 0.1%)

1 ただ気の毒, 何か, 余りわるい, 来たよう, 気うとい, 言葉が, 警戒し

▼ 叔父よりも~ (7, 0.1%)

1 すこし背, ずっと縁, むしろ, サア・ジョオジ・カリウが, 叔母よりも, 猶早く, 自分の

▼ 叔父とが~ (6, 0.1%)

1 お通, ために, 上の, 切り出そうと, 大事な, 行くと

▼ 叔父とも~ (6, 0.1%)

1 思はない, 思わぬ横着千万, 死に, 知らず無心, 碁を, 逢うこと

▼ 叔父です~ (5, 0.1%)

2 か, な 1

▼ 叔父では~ (5, 0.1%)

2 ない 1 ございません親父, ないか, なかつた

▼ 叔父に対する~ (5, 0.1%)

1 個人的な, 強い憎み, 彼女の, 恩返しの, 悲壮なる

▼ 叔父一家~ (5, 0.1%)

1 が叔父, の引越, の移り, を中心, を滝野川

▼ 叔父勝家~ (5, 0.1%)

1 のあれ程, のそば, のよう, の帷幕, の言

▼ 叔父殺し~ (5, 0.1%)

1 だぞよ, とは, の前提, の大罪, をやらう

▼ 叔父~ (5, 0.1%)

1 とか兄弟, と云, と從子, を毆打負傷, 或は兄弟

▼ 叔父さえ~ (4, 0.1%)

1 その不幸, ただ船に, なくば, 何となくなつかしく

▼ 叔父その~ (4, 0.1%)

1 人では, 人に, 人には, 姪など

▼ 叔父だった~ (4, 0.1%)

1 ことも, だけによほど, 人と, 按察使大納言の

▼ 叔父とか~ (4, 0.1%)

2 姪とかの 1 云うの, 叔母が

▼ 叔父として~ (4, 0.1%)

1 この善兵衛, 何か, 少しも, 時政へ

▼ 叔父なり~ (4, 0.1%)

1 あわれ, 吾他日宗廟神霊に, 尊族なり, 師匠なり

▼ 叔父~ (4, 0.1%)

1 たと, 一太刀浴びせる, 今宵の, 抜かるまいぞ

▼ 叔父上あなた~ (4, 0.1%)

1 が印籠, はご存じ, もめっきり, も甥

▼ 叔父朝夫~ (4, 0.1%)

1 が這入っ, に相談, は丸部, も出来る

▼ 叔父~ (4, 0.1%)

1 が誰, が辯護士, が顏, の肩

▼ 叔父自身~ (4, 0.1%)

1 が自身, ではない, の手許, は猶

▼ 叔父からも~ (3, 0.1%)

1 お父上, 命知らずめと, 教えられ自分

▼ 叔父ぎみ~ (3, 0.1%)

1 が, におすがり申し, を叱らない

▼ 叔父だの~ (3, 0.1%)

1 伯母だ, 兄弟だの, 叔母だの

▼ 叔父であり~ (3, 0.1%)

1 医学士で, 後見人でも, 父系を

▼ 叔父といふ~ (3, 0.1%)

2 のは 1 人は

▼ 叔父としての~ (3, 0.1%)

1 岸本一人より, 彼が, 極めて普遍的

▼ 叔父とを~ (3, 0.1%)

1 尋ねること, 探が, 誑かした是

▼ 叔父~ (3, 0.1%)

1 のです, ものです, んだ

▼ 叔父なら~ (3, 0.1%)

1 そのくらいの, 嬉しがっ, 極楽の

▼ 叔父について~ (3, 0.1%)

2 一つの 1 何か

▼ 叔父に対しても~ (3, 0.1%)

1 冷めたく振舞, 叔母に対しても, 道江に対しても

▼ 叔父ばかり~ (3, 0.1%)

3 では

▼ 叔父らしい~ (3, 0.1%)

1 調子で, 連れの, 響さえ

▼ 叔父ゴットフリート~ (3, 0.1%)

1 にたいする愛情, のこと, はその

▼ 叔父一人~ (3, 0.1%)

1 のため, の外, を頼り

▼ 叔父上それ~ (3, 0.1%)

1 じゃあんまり, はいったい, はそれ

▼ 叔父孫静~ (3, 0.1%)

1 があたっ, は彼, を会稽

▼ 叔父宮脇志摩~ (3, 0.1%)

1 の二女, の所, を除く

▼ 叔父春風~ (3, 0.1%)

1 が京都, が歿, の子

▼ 叔父晴高~ (3, 0.1%)

1 が参集, に対してだけで, も

▼ 叔父杏坪~ (3, 0.1%)

1 が当主, と共に出, をし

▼ 叔父様叔母様~ (3, 0.1%)

1 には御, のほか, の朗らか

▼ 叔父~ (3, 0.1%)

2 負けぬ気 1 豪い人

▼ 叔父貴から~ (3, 0.1%)

1 また小遣, も今みたい, 手紙が

▼ 叔父~ (3, 0.1%)

1 武が, 武に関する, 武は

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 なんか, 偽者である

▼ 叔父からは~ (2, 0.0%)

1 そういつ, 頻々と

▼ 叔父たる~ (2, 0.0%)

1 や生来, 自身の

▼ 叔父だけは~ (2, 0.0%)

1 嫁に, 毎日の

▼ 叔父ちゃ~ (2, 0.0%)

1 まの, ま何

▼ 叔父ちや~ (2, 0.0%)

1 んもう, ん何処

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 ていうの, ていう人

▼ 叔父でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばどうして, ば誰

▼ 叔父としては~ (2, 0.0%)

1 これに, 記念館なみに

▼ 叔父とともに~ (2, 0.0%)

1 試みた最後, 追いついて

▼ 叔父とに~ (2, 0.0%)

1 一礼し, 大いに啓発

▼ 叔父ども~ (2, 0.0%)

1 が多忙, はあれ

▼ 叔父などが~ (2, 0.0%)

1 やって来た, 集つてしらべる

▼ 叔父などの~ (2, 0.0%)

1 後を, 死に

▼ 叔父なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ, ばとて常

▼ 叔父にて~ (2, 0.0%)

1 シモンの, バレアロス諸島イスパニアの

▼ 叔父までが~ (2, 0.0%)

1 旅先で, 私を

▼ 叔父めら~ (2, 0.0%)

1 に思い, もてい

▼ 叔父より~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 客一同に対して

▼ 叔父三家~ (2, 0.0%)

1 とも護, の物

▼ 叔父二人~ (2, 0.0%)

1 が見, はかわるがわる

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 はいかん, もなお

▼ 叔父任せ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 叔父伯母~ (2, 0.0%)

1 さう, などが亡くな

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 となり, にあたる

▼ 叔父勝造~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 叔父叔母さし向かい~ (2, 0.0%)

1 でたいがい毎日碁, の囲碁最中

▼ 叔父叔母みんな~ (2, 0.0%)

1 の消息, を連れ

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 のよう, の普通

▼ 叔父孔賓~ (2, 0.0%)

1 の身, を助け出したい

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 にした, の密封書

▼ 叔父幸衛門~ (2, 0.0%)

1 にお, も怪しみたれ

▼ 叔父庄兵衛~ (2, 0.0%)

1 が扱う, の組下

▼ 叔父朝夫君~ (2, 0.0%)

1 です, に詳しく

▼ 叔父皇城~ (2, 0.0%)

1 の危篤, の霊

▼ 叔父秀吉~ (2, 0.0%)

1 から愛され, の気色

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 の安価, の生活

▼ 叔父~ (2, 0.0%)

1 が肚, の代表みたい

▼ 叔父良兼良正~ (2, 0.0%)

1 などが語っ, の上訴文

▼ 叔父達夫婦~ (2, 0.0%)

1 のそうした, の葬式

▼1* [252件]

叔父ありて此, 叔父ぬし, 叔父お前のため, 叔父からの手紙が, 叔父からばかり学んだ彼女, 叔父がちやんと, 叔父の膝, 叔父きの奴は貴様, 叔父ぎみ道に立ち, 叔父にならっしゃる富沢町さん, 叔父ごろしの, 叔父あん, 叔父さあもどんなに, 叔父さえも数日来色々, 叔父さまたちのお世話, 叔父さま二人に水, 叔父さま叔母さまはどうしても, 叔父さま昨日お願いしましたこと, 叔父さま神道は道, 叔父さんだつた, 叔父さアん, 叔父じゃないか, 叔父すなわち彼の, 叔父すら度を, 叔父そういう人々の, 叔父それを中心, 叔父そんな事は, 叔父たち共通の実家, 叔父たりと雖, 叔父だったら秀子は, 叔父ちやんのセエ, 叔父やない, 叔父きは, 叔父てえのが, 叔父でありましてその, 叔父であろうが肉親, 叔父でさえ今だに, 叔父でしたがこれ, 叔父でない事は, 叔父とかいう奴じゃあねえかと, 叔父とかがなんでも, 叔父とかに当る男, 叔父とこからはそれだけ, 叔父とても若しアノ美人が, 叔父どのを, 叔父なぞはオッチョコチョイの, 叔父などは祖先伝来の, 叔父なら断るであろうと思い, 叔父なりが神から, 叔父なりの袖に, 叔父にあたり市十郎の, 叔父にさえあさましき難題, 叔父にたいしてまが, 叔父にたいする礼を, 叔父についての噂を, 叔父にとつては, 叔父にとりましてはたった一人, 叔父によって育てられたるロイド・ジョージ, 叔父に対しては偽物贋物の, 叔父に関する事件を, 叔父のみでなく余, 叔父のよこへ, 叔父はなおれを, 叔父はもの案じ顔にて, 叔父はわざわざやらなくたってきまりきったことなのにあなたを, 叔父ひとりその叔父, 叔父ぶってもったいぶった, 叔父ぶんなげの七, 叔父への謝罪文と, 叔父へは月賦で, 叔父へも報恩を, 叔父ほど手数が, 叔父ほどに親しい相談, 叔父また父の, 叔父またもや人の, 叔父まで声を, 叔父までも抱きこまれこの, 叔父もうしろのち, 叔父もほどにしたが, 叔父よっ何し, 叔父らしい気取った身ぶりで, 叔父わが甥どもは, 叔父をまで誑かして, 叔父をも左右において, 叔父を通じて十一谷君と, 叔父アルトア伯の長男, 叔父ウィリアム・ノリスであると, 叔父エリゼの後, 叔父サア・ウイリアム・ノリスが適当, 叔父サンガフトコロニ石ヲ一杯イレテ, 叔父サンニ怒ラレヤシナイカナ, 叔父サン・テヴレモンド侯爵パリーの酒店, 叔父トーマスの書庫, 叔父マークの妻, 叔父リヒァルト・レーヴィーの弁護士事務所, 叔父ロベルトに奪, 叔父ロレーヌ公のシヤルル, 叔父一族の長老, 叔父一統いずれも故人, 叔父上いつまでもこんな, 叔父上これはお化け, 叔父上その他を中心, 叔父上ちよつと伺ひます, 叔父上っ叔父上の, 叔父上なんの御用, 叔父上ひょっとすると, 叔父上みなお揃い, 叔父上今からはこの, 叔父上尋でに伺ひます, 叔父上年のせい, 叔父上急に右, 叔父上手前はなに, 叔父上本所石原の岩おこし, 叔父上様へ, 叔父上様厭でございます, 叔父上潮ざしが, 叔父上貴方が死刑, 叔父丸部朝夫である, 叔父五郎左衛門の不首尾, 叔父からこう, 叔父伊達兵部少輔宗勝, 叔父る茨城縣, 叔父信尹を迎え, 叔父信平五十七である, 叔父信玄の持つ, 叔父に向っ, 叔父光安のやしき, 叔父光安始め誰もが年, 叔父共三家でおれ, 叔父共以上な無慈悲, 叔父兵九郎は切腹, 叔父兵九郎様の御, 叔父分殺しという重罪, 叔父別府の住人, 叔父劉玄徳がいる, 叔父勘三の指金, 叔父勝りといわれ, 叔父叔母以上によく, 叔父叔母達へも手紙, 叔父各大封重兵を, 叔父吉沢さんのこと, 叔父吉田五郎三郎四十前後おなじく旗本, 叔父吉田氏を続, 叔父を苦しめた, 叔父呉景のこと, 叔父嘲らんとにはあらで, 叔父の人間, 叔父多門の口, 叔父多門方に娘分, 叔父海人すなわち, 叔父大したものじゃ, 叔父左衞門様へ, 叔父夫妻と共にする, 叔父好める植物の, 叔父姪従兄妹同志義理ある姉, 叔父孝行のうち, 叔父孫三郎信光と共に機先, 叔父宗矩の近状, 叔父に帰りし, 叔父家大兄の膝下, 叔父小山源五右衛門従弟進藤源四郎など義理, 叔父小林定次郎だった, 叔父平国香の書状, 叔父の細君, 叔父張済が死んだ, 叔父とたえ子, 叔父従兄弟から遠縁, 叔父徳富一義小楠翁に陪, 叔父も一度, 叔父志摩宮脇氏の婿養子, 叔父慈円もそう, 叔父手代の金之助, 叔父新宮行家があれ, 叔父がみな, 叔父既に之を, 叔父明智長閑斎などという身内, 叔父明智長閑斎光廉である, 叔父春次さんは拙, 叔父本位田家のご, 叔父柏軒の洋医方, 叔父森川庄兵衛の組下, 叔父様どこに, 叔父様ミスタ・サヤマに話し, 叔父様叔父様と呼ん, 叔父様実を申せ, 叔父様御機嫌よろしゅう, 叔父様独楽にまつわる淀屋, 叔父様船もない, 叔父様達は仲, 叔父様顔の道理, 叔父樣方は大して, 叔父る, 叔父して, 叔父死去大番町の家, 叔父歿につき後目, 叔父母等を毆打, 叔父水守の良正, 叔父永井榮伯が連署, 叔父沢蟹と合戦, 叔父清吉の行っ, 叔父源三郎じゃ更め, 叔父源助はなんと, 叔父独得の陽気, 叔父玉木に与え, 叔父甥ぢや無い, 叔父甥三人は良兼, 叔父甥二人も日頃, 叔父甥二龍その子分, 叔父甥仲だ, 叔父甥友ども打語らい鳰, 叔父甥同士で浅ましい, 叔父甥喧嘩から思う, 叔父甥姪などの交換, 叔父の彌次郎兵衞, 叔父的名を彌次郎兵衞, 叔父相応の愛, 叔父真家桂斎という医家, 叔父程に親しい相談, 叔父竹原八郎入道へ今回, 叔父といふ漢字, 叔父純忠の援助, 叔父細川の叔父, 叔父細川三之助は風変り, 叔父続いて祖母伯母, 叔父織田有楽斎など有力, 叔父織田越中守信照と生駒八右衛門, 叔父羽鳥の良兼, 叔父齡の, 叔父うして, 叔父能登ノ介, 叔父自動車にて着, 叔父茂の, 叔父良兼みだりに将門, 叔父良広の子, 叔父良持の子, 叔父良文の子, 叔父良正良兼また源護, 叔父萬兵衞の溺愛, 叔父蔡瑁がお, 叔父藤兵衛によく, 叔父袁隗はまだ, 叔父親長とともに出向き, 叔父親類連中は勿論, 叔父貴いま孫新へ言った, 叔父賀相のよう, 叔父逍遥軒すら伊那郡, 叔父長閑斎がここ, 叔父間もなく自ら京都に, 叔父承老, 叔父隠岐守信尹を使, 叔父頼杏坪に従つて東遊, 叔父高三郎の子