青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「名称~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

同行~ ~名 名~ ~名人 名人~ 名刺~ ~名前 名前~ 名古屋~ 名物~
名称~
~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~ ~吐く 吐く~ ~向 向~ ~向い 向い~

「名称~」 1125, 12ppm, 9039位

▼ 名称~ (247, 22.0%)

9 もって 8 異にし 4 つけて 3 与えて, 有するもの, 設けて

2 [13件] そのままに, 与えられて, 与へて, 付けて, 必要と, 持って, 用いたの, 用いて, 知って, 知らない山々, 私は, 継いで, 訊くと

1 [191件] あげて, いい現, おぼえる位, かぶせられた, かむらせたもの, これに, さえも, さす, さへ, しらべること, その各区隊, その部族全体, その間に, その音色, つくって, つけたいと, つけたの, つけたよ, つけたり, つけなくとも, つけまた, つけられそれ, つけるが, つけること, つけると, つけるとき, とり街路, はじめ北方特産の, ほしいまま, まぬがれて, もった思想, もつた色々, ソヴェト作家協会と, ハシタと, 下して, 下し得べきもの, 下す必要, 与うるにも, 与えた, 与えたの, 与えた以上, 与えられたもの, 与えられるであろう, 与えるよう, 与え妖怪, 与へ, 与へられその, 与へられて, 乱る, 他に, 付け十, 付しこの, 付し隣接, 付することこれ, 付するに, 仮に用いる, 伝えたの, 作って, 使った, 俗に, 借りると, 借用した, 偽り或は, 其効験に, 冒涜する, 冠された一条, 冠したところ, 取り去るも, 取るに, 取るもの, 受けとるに, 口に, 可笑しが, 同じゅうし, 同君は, 吾, 呈するを, 呼びかけは, 呼んだもの, 変えて, 変化させる, 変換し, 嫌がって, 存し, 存するを以て, 定めて, 小さく書き記す, 工夫する, 左に, 帯びて, 廃し, 廃した, 廃すること, 廃するよりも, 弁別する, 強行せしめた, 得たの, 復したけれども, 必ずもち, 忘れずに, 思付いた, 思付く, 恥ずかしめなかったわけ, 想い出しを, 手放さないため, 択ぶん, 持ったこと, 持つて, 挙げた, 挙げながら, 挙げよ, 捧げて, 採用し, 採録し, 掲げたもの, 掲載せる, 提唱する, 改めさせて, 改めて刑名律, 暗記し, 有しながら, 有する者, 有った法律, 有って, 有つ, 有つ鋳, 東宝劇場の, 案出する, 棄てずに, 棄てて, 止めよと, 比べて, 毛ぎらいするようなあわて者たちとは, 混雑させ, 現代の, 甘んじても, 生じたの, 生ずるに, 生んだくら, 生んだもの, 生んだ或, 用いつづけて, 用いても, 用いながらも, 用いられた, 用いること, 用いる者, 用いる都下, 用いれば, 用いエタ, 用い一七八九年, 用い始めたトレヴィラヌス, 用う, 知つたのは, 知る人, 破し去る, 第二, 継いだもの, 総じて風俗習慣その他, 置かず公認教, 置き変えたに, 考え出すよ, 考案し, 考案しなけれ, 聞いても, 至るところ, 蒙って, 融通し合った, 要求する, 見て, 覚える事, 言ふ, 記憶せね, 設けんと, 誌した, 認め新た, 誘致した, 調べて, 賜わる事, 質して, 選びその, 選むものを見よ, 選んで, 間違えるの, 附けずとも, 附し, 附してから, 附し得るかぎり, 附し得可, 集めたら一冊, 離れて

▼ 名称~ (168, 14.9%)

21 下に 4 ままで 3 上に, 由来は 2 あるの, ために, もとに, 中に, 如きは, 存在を, 由来を, 示すが, 範囲が

1 [119件] ある伝来, ある半円状, いはれなどを, うちに, きまるまで, ことから, ことだ, ことを, ごときは, ついて, つく一切, とおり海面からは, どこまでも, ほうから, ほうは, ほかに, ままに, もつ趣き, ものである, ものの, クラブを, 上では, 上の, 上よりも, 不可なる, 中で, 人を, 付けて, 代わりに, 何たるかを, 使われて, 侍が, 依つて, 分岐点は, 創始主法, 創始者は, 創定者は, 区別を, 和名倉山に, 問題でありまし, 問題よりも, 変容の, 変容は, 如きも, 如くに, 如く用うる, 如何に, 如何を, 存するが, 存するの, 存在する, 学科の, 官職は, 対立の, 峠に, 差あり, 差異に, 影鶴山を, 必要を, 意義を, 戯画的適用, 持つ美, 撤廃は, 教育とは, 教育等枚挙する, 新しき他, 方から, 方が, 方を, 是非を, 最も弘, 最も早く, 有せらるる, 本を, 本意は, 条下に, 概念が, 標準と, 民間に, 沿革を, 混雑は, 濫用を, 物に, 用いられかた, 用いられたの, 由来, 由来の, 異なるのみにて, 異なれる, 示す如く, 示す如く町会, 示す様, 示す範囲, 示す通り, 神聖ローマ帝国なる, 範囲に, 者で, 行われたの, 行われて, 見えたるは, 解釈としては, 許に, 詮議が, 誘惑に, 起こりたるは, 起こりだと, 起こりは, 起りに, 起りは, 起りを, 起原の, 起源から, 遊女が, 間には, 附加言に, 離合又, 領分は, 類似から, 類似は

▼ 名称~ (156, 13.9%)

2 なかった, 感心しない

1 [152件] あまりに突拍子, いまだなかったろう, けだしもと, この冬, この本能, この草, これを, ござらぬが, その以来, その初め支那, その初期, その実質, その表, それにも, それよりも, それを, たしかに青年, つづけるが, では諸君, とっくに既にこの世, とらなかつたが, どうかと, どうします, ないが, ないすべて女役者, ないの, なくて, なんでも, まだ記憶, まったくあたらない, もちろん慶長以後, もとその, もと必らずし, もと支那, もと餌, やはり一種, ガボリオーの, ゴナア教授の, シナの, ゼムリヤ事件の, チュウゲン・ハシタと, ツル以外誰の, デマデス, ハバキヌギもしくは, ライン河の, 一見いかにも階級的, 丁, 三つとも, 三韓の, 上より, 不明である, 世人おおむね, 事実を, 二度に, 京阪へも, 今では, 今の, 他の, 付けて, 付近一帯にも, 以前には, 似て, 何でも, 何と, 何を, 何人に, 使用し, 元来あまり, 全く名実, 其山が, 其意義甚だ, 其語り物の, 刑務所の, 労力に, 医学的に, 十六世紀後半に, 単に鈴木, 叛逆者に, 同じ山, 名づけて, 名称としては, 名詮自性越中の, 国と, 土地人相互の, 外国から, 多分は, 大抵みな批評家, 女給仕人だ, 存じませんが, 実によくあてはまっ, 小太刀潜入飛燕術, 少くないらしい, 少し思い上った, 広く我邦, 廃され, 形式の, 彼みずから称し, 彼らが, 後には, 後世にも, 後立山, 性格的でなくなる, 悲劇でも, 意味なし, 意識という, 慣用以外には, 或いはこの, 支那から, 文学の, 文学史的分類である, 新聞雑誌や, 既に大化以前, 旧通り, 時によって, 時代によって, 普通過ぎる, 更に溯る, 本人が, 様々な, 次第に失われ, 此附近に, 殺された深山理学士, 決してある, 沖永良部島にも, 浮浪漂泊の, 無論単なる, 特殊に, 生まれて, 画工という, 略す, 異るだらう, 穀物の, 経験から, 能楽で, 自然に, 自然物に関する, 芸術家や, 若皇子, 行はれ, 西は, 西洋でも, 踊子とて, 近代よほど, 通俗作家の, 適当する, 部屋の, 鎌倉時代以来甚だ, 随分古くから, 隣どうしの, 非文化的大阪人, 面白からず, 飯麻呂の

▼ 名称~ (131, 11.6%)

5 ある 3 あって, 彼らの 2 ありまた, あるが, ないと, もと放免囚, 一般に, 与えられたの, 残されて

1 [106件] あたえられて, あったから, あったこと, あったのみ, あったらしい, あるに, いろいろと, このごろひどく, この県, しばしば物, すたれ一般, そのまま伝わった, それに, それほど近代演劇, たちまち世間, ついて, つけて, つけられて, ない, ないかと, なかった, もっぱら賤者, もとは, ようやく津田, よく説明, よほど変っ, わかったら形態上, わからなくなつ, ニュートンの, 一種の, 一般化し, 下に, 与えられいるよう, 与えられた, 与えられて, 与へられた以上, 世に, 中古に, 久しく行われ, 今何か, 今日の, 他の, 何となく押込められ, 何の, 使われだしたの, 保存され, 保存せられたなら, 冠せられると, 出たの, 出来て, 出来仏国, 十分に, 可なり判然区別, 同じ程度, 唱門の, 夙く存し, 多いの, 多くみえる, 大いに気に入っ, 奇蹟の, 妥当でない, 子供心に, 存したなら, 存在した, 実際の, 幾つも, 当時十七歳で, 彼女の, 往々擬音, 或る, 投げて, 抹殺された, 数奇として, 既にわれわれ, 普く行われる, 曖昧な如く, 案出された, 次々取替えられ, 正月二十日には, 残って, 永くその, 特殊に, 現時の, 生じたか, 生まれたの, 生れたの, 用いられて, 用いられぬの, 用いられ漢算, 男子にも, 示すとおり, 神武天皇の, 空名として, 継承された, 耳新しく感じられた, 自ら語るごとく, 西保村の, 起りそれ, 軽侮の, 近世に, 選ばれる, 選定される, 遺ったもの, 遺って, 附して, 順序を

▼ 名称~ (48, 4.3%)

2 あるの, なって, よりて, 就て

1 [40件] かぶせられお先, さへ, して, しても, すぎないこと, なったさ, なったという, なったの, ほかならず, ま行, よくある, 不都合は, 伊太利その, 依っても, 価しない, 再検討, 取って, 取りかえられても, 各人の, 含まれて, 執着し, 変りました, 変遷の, 就いては, 当てはめたの, 復したの, 復するの, 応じて, 恥じないよう, 憧れて, 於て, 於てこそ, 法師道士生, 相当する, 相違あるまい, 相違ない, 稍不穏当な, 賛成する, 過ぎない, 過ぎないの

▼ 名称~ (46, 4.1%)

2 なかった, 区別も

1 [42件] あるくらい, あるもの, ある位, いつ誰, おそらく新た, きまり準備委員, ここに, そうであった, その字義, ひとり飛騨ばかりの, また妥当, みえて, よく似た, カヒラと, ワンダーフォーゲルから, 亦同様, 亦至つてまち, 今なお, 元の, 元は, 其に, 区々に, 右の, 名称としては, 地方により, 地方差が, 多いの, 形状も, 従って亦, 懇話会よりは, 旅人の, 時代によって, 案外この, 模様も, 欲しくなっ, 残つてゐる, 気に入った, 消滅した, 自ずから廃せられるべき, 自然不, 自然昔の, 違えば

▼ 名称~ (36, 3.2%)

4 呼ばれて 2 それが

1 [30件] あつて, あらねば, ある種, いつも足場, これを, ござります, すなわち狄, せう, その時代, チャンと, 一括されるべき, 何んな, 単純に, 呼ばれなければ, 呼ばれるか, 呼ばれるもの, 呼ぶこと, 呼ぶには, 呼んで, 営業を, 宇野浩二氏の, 実は味わい, 広く彼ら, 御身体, 恐らく, 此に, 称び合つてゐた, 第一回, 絵入, 行ひ

▼ 名称~ (36, 3.2%)

3 なって 2 なつて, なる, 考へて

1 [27件] それの, なったという, なったについては, なったもの, まず見るべきであろう, キャッチフレイズである, サンジョとを, 七月七日の, 下落し, 内容との, 取りかえて, 同様一定の, 察せられるから, 性質とは, 活動を, 深い関係, 私は, 笛の, 系統の, 見て, 見られませう, 見ること, 見るべきであろう, 詠吟の, 調理法は, 門づけ, 齟齬する

▼ 名称である~ (17, 1.5%)

2 といっ

1 [15件] からこれ, からもとより, がかりに, がけだし古く, がこれ, がその, が地方, が市場, こと, ことわ, ということ, と云, に他, に相違, はずな

▼ 名称から~ (14, 1.2%)

3 して

1 [11件] その服装, 平将門すなわち, 想像し, 想像する, 救うこと, 柱の, 考えて, 見て, 見れば, 誤られて, 除外する

▼ 名称では~ (13, 1.2%)

3 ない 2 ないの, なかった 1 ありませぬ, あるが, あるまい, なくて, なさそう, 少々奇抜

▼ 名称には~ (9, 0.8%)

1 あたらぬけれども, すくなくとも私, もちろん寺, 其北方から, 単に理論, 単純な, 少しも, 文字の, 立派に

▼ 名称を以て~ (8, 0.7%)

1 これを, 世間と, 依然として区別, 呼ばれたり, 呼ばれて, 呼ばれる, 差別された, 彼らを

▼ 名称として~ (6, 0.5%)

1 ゐるの, 呼ばれたもの, 呼ばれること, 用いられたまたま, 用いられて, 解釈する

▼ 名称~ (6, 0.5%)

1 その用途, それに, 人名を, 言葉だけが, 説明は, 関係が

▼ 名称~ (5, 0.4%)

1 つたのです, と心得られ, と思った, と解せられる, よ

▼ 名称からも~ (4, 0.4%)

1 わかると, わかるとおり, 容易に, 推測せられる

▼ 名称そのもの~ (4, 0.4%)

1 がすでに, が抑, が既に, で実証

▼ 名称であっ~ (4, 0.4%)

1 てそれ, て一向, て同一, て渠ら

▼ 名称なども~ (4, 0.4%)

1 それだ, よく知っ, 臨時の, 舞子の

▼ 名称について~ (4, 0.4%)

1 考えよう, 考え合わすべきもの, 説明しよう, 通を

▼ 名称によって~ (4, 0.4%)

1 指示し, 概括される, 空に, 経済と

▼ 名称教育~ (4, 0.4%)

1 とは父母, とは苗字, と特有名称教育, の二種

▼ 名称そのまま~ (3, 0.3%)

1 で社会, に社会, のもの

▼ 名称たる~ (3, 0.3%)

1 こと天正年間の, に外, タミの

▼ 名称だけを~ (3, 0.3%)

1 いくつか, 得られただけでも, 知って

▼ 名称であった~ (3, 0.3%)

1 には相違, ようだ, 事が

▼ 名称であり~ (3, 0.3%)

1 パラスというは, 主として維新後, 軍事学の

▼ 名称としては~ (3, 0.3%)

1 あいまいで, はなはだ気に入らぬ, 感心も

▼ 名称との~ (3, 0.3%)

1 変化を, 間に, 間を

▼ 名称~ (3, 0.3%)

2 のか 1 のでもと

▼ 名称のみが~ (3, 0.3%)

1 世間一般に, 伝承せられ, 残って

▼ 名称~ (3, 0.3%)

1 の区別, の関係, また実際

▼ 名称~ (3, 0.3%)

1 の相違, を記し, 大いに関係

▼ 名称こそ~ (2, 0.2%)

1 伝わらざれ当然, 新嘗

▼ 名称さえ~ (2, 0.2%)

1 作られて, 猶だ

▼ 名称だけは~ (2, 0.2%)

1 このごろまで, 俳優学校と

▼ 名称であろう~ (2, 0.2%)

1 ということ, と思う

▼ 名称でも~ (2, 0.2%)

1 その実質, ないらしい

▼ 名称とは~ (2, 0.2%)

1 すべてかかる, 悉く各々一個

▼ 名称とも~ (2, 0.2%)

1 なる, 考へられる

▼ 名称とを~ (2, 0.2%)

1 与えられたもの, 有するとき

▼ 名称など~ (2, 0.2%)

1 いかがでございます, 教えて

▼ 名称などに~ (2, 0.2%)

1 かかはらざるなり, 捕えられず活眼

▼ 名称などは~ (2, 0.2%)

1 すなわちその, それほどで

▼ 名称なる~ (2, 0.2%)

1 も起原, 事を

▼ 名称なれ~ (2, 0.2%)

1 どもこの, ば余

▼ 名称にさえ~ (2, 0.2%)

1 なったの, 羞恥を

▼ 名称については~ (2, 0.2%)

1 何ら侮辱軽侮, 自分は

▼ 名称にて~ (2, 0.2%)

1 之を, 新聞に

▼ 名称にも~ (2, 0.2%)

1 またいろいろ, 転用せられ

▼ 名称に関する~ (2, 0.2%)

1 ことも, 語源学的な

▼ 名称のみを~ (2, 0.2%)

1 用うる, 観察し

▼ 名称までが~ (2, 0.2%)

1 オシラすなわち, 一つに

▼ 名称らしく~ (2, 0.2%)

2 なぜ私

▼ 名称をも~ (2, 0.2%)

1 全廃する, 輸入し来った

▼ 名称を以ては~ (2, 0.2%)

1 あらわされず普通, 呼ばれない

▼ 名称以外~ (2, 0.2%)

1 にたくさん, には明白

▼ 名称例えば~ (2, 0.2%)

1 山水画花鳥画といった, 政策道徳等の

▼ 名称所有者~ (2, 0.2%)

2 の意

▼ 名称近く~ (2, 0.2%)

1 て違う, て違ふから

▼1* [64件]

名称あり天然的解釈の, 名称および学科の, 名称かと日本の, 名称からでも察せられる, 名称こそは特殊である, 名称ことごとく師子王と, 名称これより変じ, 名称さえも世間には, 名称ている, 名称すでに予期意向を, 名称すらもピンと, 名称その他種々類似, 名称それ自身がそれ, 名称だけでは, 名称だけが物々しい幾棟, 名称だけになろうと, 名称だったのであろう, 名称づけられないことを, 名称でありましょうが室町時代, 名称ですがそれ, 名称というものは, 名称としての語部では, 名称とともに支那, 名称とに復したもの, 名称とについて定説が, 名称とについてはそれが, 名称なしに空, 名称ならで刻み, 名称なんかにこだわって, 名称においても一脈の, 名称になつてくどきと, 名称に対しても彼ら自身の, 名称に従って具律という, 名称に関しては幸に, 名称のみはなお久しく, 名称ばかりで頭, 名称ほど種々雑多, 名称まさしく相反せり, 名称もしくは一音調の, 名称もをかしな, 名称よりして, 名称それお, 名称をさえ定め用い他日, 名称をわざわざつけなくてもいゝ, 名称伝達スル神経ガ麻痺シタノミデ知覚ヤ伝達ヲ, 名称不明の地点, 名称仙軒季が鎌吉, 名称何れも泡沸沫, 名称出版の年月, 名称及び上に, 名称及道路等割合に多く, 名称学上正しいもの, 名称家格を持っ, 名称差支なかるべし, 名称廃止以前のエタ, 名称形状出現の場所, 名称所有の, 名称為めに大いに, 名称特殊の風俗習慣, 名称種別はなく, 名称等凡て閭巷猥瑣の事, 名称自身が宮門, 名称起原については種々, 名称音調に相同