青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「名古屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

同様~ 同盟~ 同行~ ~名 名~ ~名人 名人~ 名刺~ ~名前 名前~
名古屋~
名物~ 名称~ ~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~ ~吐く 吐く~ ~向 向~

「名古屋~」 1361, 15ppm, 7607位

▼ 名古屋~ (339, 24.9%)

9 城の 6 城に, 城下へ, 客は, 金の 5 お城, 方から 4 客が, 方に, 方へ 3 城は, 城を, 方の, 河嘉の, 特徴が

2 [15件] お三, 伯母さんは, 在です, 城下に, 城下を, 大須の, 客の, 対局では, 料亭の, 母と, 熱田から, 甥たちや, 街の, 親戚の, 近くの

1 [239件] あるバー, お千代さん, お殿様, お留守居, きしめん京都の, ことばかり, こと三益の, どこだ, どこの, は東京, ほうの, ほとりとかいう, もっと先, もので, ゴルフリンクで, ステーシヨンに, ヘソが, ヘソは, ボール, マラソン王日比野寛といふ, 一名妓を, 一客, 一流株の, 一番大きな, 万松寺に, 三銀行, 上流では, 中学校に, 丹治蕪人加藤霞村加藤了谷, 乾大根尻尾を, 事等等を, 二人と, 人, 人々は, 人が, 人じゃねえ, 人で, 人な, 人は, 他にも, 他の, 代官を, 伊東紀州の, 何という, 俘虜収容所附に, 俳諧師で, 借を, 停車場まで, 兄から, 八高の, 公演も, 共進会の, 出しものについて, 出張先から, 分は, 医科大学を, 医者の, 十日間は, 半分と迄, 南の, 吉川義信という, 名古屋らし, 名城を, 名産だ, 土を, 地へ, 地を, 地尾張の, 地所と, 坊主も, 城, 城および, 城が, 城であっ, 城下で, 城下では, 城下と, 城下という, 城下の, 城下は, 城主従三位権中納言宗春と, 城内城下を通じて, 変化の, 外辺に, 夜景は, 大城は, 大村医師の, 大村未亡人に, 大藩とも, 大須である, 大須観音の, 大須観音境内を, 大領主, 天地に, 天守へは, 天守閣が, 女の, 女は, 女優界に, 女流の, 女流界には, 姉が, 姉の, 姉婿や, 学校なんかへ, 宗家を, 実家まで, 客さきでも, 客として, 客に, 客より, 客を, 家に, 家の, 家へ, 家中衆の, 家来です, 宿を, 富の, 富豪を, 富豪連を, 小尾悦太郎老も, 小酒井不木博士に, 屋敷に, 工場へ, 市中に, 市街から, 師匠の, 師団から, 幼年学校には, 幼年校では, 御園座と, 御城, 御大身, 御本丸, 御留守居あたり, 御重職, 徳川家である, 徳川家に, 愛知銀行の, 或る, 撞木町では, 支店へ, 料理屋の, 新聞の, 方だ, 方だって, 方で, 方でございます, 方には, 方言から, 方面から, 方面へ, 旅へ, 旅館は, 旗亭香雪軒の, 旧お城下, 旧家に, 朝日新聞名古屋支社で, 杉立正俊という, 松坂屋本店で, 枇杷島まで, 枇杷島橋で, 某紙の, 森君からは, 欣人から, 殿様と, 殿様の, 治兵衛に, 洋食は, 海へ, 海潮音氏が, 源氏節から, 熱田神社へも, 生れで, 産れで, 町にも, 町に関する, 留守師団に, 疲れも, 病院から, 病院に, 相場で, 真中で, 知性度を, 石曳き, 碁盤割隅に, 神谷八郎右衛門さまと, 私の, 秋葉大, 秋風に, 空気の, 笠寺の, 筍連にも, 管轄に, 粋を, 紅売り, 紅売りだ, 紅売りなる, 素人劇団が, 綿業家を, 義姉に, 義雄兄に, 老人から, 興行は, 舞踊界に, 花柳界舞踊を, 若宮の, 著名人たちの, 藩主, 藩黌明倫堂に, 裁判所長にな, 製陶会社の, 記者五名ばかり, 財産なんか, 踊りに, 踊りも, 軍需会社の, 輩までに, 辺りで, 辻で, 近くに, 近くまで, 遊郭だ, 郊外に, 配役だ, 酒を, 長焼, 陶器会社へ, 陸軍病院に, 雑貨商熊沢寛道氏であろう, 雑貨屋に, 風が, 饂飩が, 饅頭焼なんぞと, 饅頭焼は, 香具師に, 駅に, CK新潟の

▼ 名古屋~ (161, 11.8%)

7 来て 6 行って 5 出て 4 向ふ 3 行った時

2 [11件] かけての, こっそり這入り込み, 入って, 出張中の, 向けて, 帰って, 帰つて来た, 帰りてえと, 帰ると, 行けば, 行った

1 [114件] おいで, お立寄り, お降り, くだりました, ついたら市, でかけること, では後, まいって, また, また江戸ッ児, もと来た, やって来て, やつて, リンゴ舎へ, 一旦は, 上の, 下りいろいろ, 不参と, 乗りつけて, 乗込むという, 乗込んで, 二時着, 京へと, 伸しちまえ宿, 來て, 入り込ませたの, 出かけた留守, 出かけて, 出かけるごと, 出た, 出ようでは, 出るには, 出る裏街道, 出張し, 出発, 去って, 参って, 参ります前, 参るつもり, 向って, 回って, 大, 娼妓に, 寄りましたもん, 帰った, 帰り著く, 帰るの, 廻され三橋, 廻るという, 廻る予定, 廻ろうと, 当分根を, 御立ち, 持参させる, 旅を, 書いて, 来た, 来たとき, 来たの, 来たも, 来た連中, 来りアラスカ, 来るごと, 来れば, 東海道線にて, 注文し, 派遣といふ, 用が, 発ちたいと, 発った, 発って, 発ってから, 発つという, 発つよう, 着いた, 着いたら日あたり, 着いたら迷惑, 着いて, 着く, 着くべき間柄, 私が, 移って, 移つてから, 移つてからの, 移住した, 稽古ごとを, 立って, 立寄る一つ, 翌年の, 芝居で, 行かれて, 行き寝起き, 行くこと, 行くなら紹介, 行くの, 行くんで, 行く予定, 行く度, 行く折, 行こうか, 行ったもの, 行った私たち, 行つたと, 行つた年の, 行つても, 行つてゐる, 行商に, 訪ねに, 訴えすくなくも, 逗留し, 通すつもり, 遊んで, 道を, 飛んで

▼ 名古屋~ (118, 8.7%)

4 住んで, 於て 2 しては, しようか, 一人芸妓は, 戻って

1 [102件] あらざるの, ある, ある同志, ある有志, いた, いたころ, いたの, いた人, いた宇治山田, いらっしゃらない, いらっしゃらないの, いられるだが, いる, いるの, いる彼, いる時, いる棚田判事, おちついたの, お知合い, しまって, ゐたこと, 一人は, 一人居る, 一泊し, 一軒犬山に, 乗込むこと, 二人が, 人間無き, 住むこと, 例の, 健在する, 入り込みため, 入ると, 六日それから, 出張し, 出発した, 加藤家も, 収容され, 四日い, 在る, 姉の, 定め自ら千五百, 宝永の, 客死す, 宿を, 小酒井君を, 居て, 居まして, 居られること, 居ること, 居るに, 居る時分, 居る森彦, 居る正太, 山本梅逸の, 帰って, 帰りたがってるの, 帰る, 帰ると, 帰るべく東京駅, 引き返して, 引っぱり出して, 彼の, 往く人, 打ち建てるとの, 於けるあらゆる, 於ける木村升田三番勝負, 於ける自分, 於ける道庵, 於ては, 於ても, 昔し, 時めく大, 来たの, 来て, 来てから, 根を, 款み, 残して, 残って, 滞在する, 無かった, 無事到着した, 現れて, 生れて, 生れ永田なか, 着いた, 着く, 移すまでの, 移り住んだ, 綿糸工場を, 行った時, 行って, 赴くの途次, 近江八景の, 逗留する, 遊びし帰途伊勢, 遊びに, 遷つた, 金色夜叉夫人といふ, 開かれた民政党有志, 集って

▼ 名古屋から~ (58, 4.3%)

2 上京し, 上京した, 来た紅, 添状を

1 [50件] いっしょの, ここに, ここまで, この越前敦賀, である, やろう, よっぽど一人, 一寸上京した, 一寸別離を, 一緒に, 上方への, 中央線に, 京大阪を, 伊勢路へ, 伊豆まわりの, 出た雜誌鵜川, 出て, 出で, 出張し, 出掛けて, 初めて暑中休暇, 取寄せて, 受領し, 吉岡方へ, 土岐大井を, 大阪へ, 岡崎へと, 岸本さんという, 帰って, 彼を, 持って, 昨晩着いた, 来た, 来た女, 来た物, 来る客, 此の, 清水へ, 神戸まで, 福島行きの, 箱が, 絵ハガキが, 茶の, 車窓の, 送るべき筈, 送る積り, 集団上京し, 電話が, 電話がか, 飛脚に

▼ 名古屋~ (51, 3.7%)

1 [51件] あったが, あって, あとすぐ, ある人, お住まい, ございます, その人, だんだん勢力, なじみの, のんだ薬, また逢, また逢える, もう少し働い, よかった, スケツチすべき, 一緒に, 下車し, 乗りかえ塩尻, 乗りかへて, 六月ハヒ出しの, 刊行された, 創立当時の, 取付けに, 大いに書く, 大持ての, 嬉しいの, 子供まで, 工場を, 彼女を, 捕ったと, 捕まり仲間, 探って, 景気づい, 書かれたもの, 有名な, 木村升田三番勝負の, 正太さんが, 洋食と, 漸次流行, 焼くよう, 玲子が, 異人を, 發表する, 目が, 行きつき先, 行はれ, 見た絵巻物, 辰雄の, 返信を, 通路が, 青年期を

▼ 名古屋~ (37, 2.7%)

2 中心と, 閑却し, 除外した

1 [31件] お立ちな, お立ちに, たったの, つき抜けて, 一時三十六分, 一見なさる, 中に, 中心に, 出た列車, 出立する, 加えたという, 去る, 地盤として, 後ろに, 振り出しに, 散歩し, 東西に, 発った, 的に, 知らうと, 經て, 西から, 西に, 見ること, 見給え百メートル道路, 起点に, 逃げるよう, 通過する, 過ぎ池鯉府, 過ると, 雨の

▼ 名古屋~ (35, 2.6%)

3 の天主閣 2 が見える, の内外, の型, の城内, の藩主

1 [22件] からの具足長持, だと, ではない, で手, にし, には加藤, に帰っ, に知れ, のお, のところ, のなんとなく, の天主, の天守, の細部, の金, の鯱, は今, へ行った, まで車力, をお前, をそっくり, を見る

▼ 名古屋まで~ (32, 2.4%)

7 行って

1 [25件] きて, そうし, のを, 伸しちまえ, 出て, 出張し, 出張する, 到着する, 参る途中, 友人の, 名所見物を, 帰るところ, 来て, 苦労し, 行くうち, 行くつもり, 行くのに, 行った時, 西は, 送つて行つた, 通し駕籠, 遊びに, 運ばれて, 運び諸国為替問屋, 電車

▼ 名古屋~ (25, 1.8%)

2 城で

1 [23件] さういふ事, その一人, なおさらみんな平城, もうじき, 三家の, 中京と, 予想外な, 五分間停車, 何んな, 健吉さんの, 六時開演, 地盤を, 尾州の, 怖るる, 格別に, 此の, 焼け効いが, 白眉らしい, 盛な, 美人の, 近代化し, 途方も, 駄目と

▼ 名古屋城下~ (19, 1.4%)

1 [19件] から逐い, がこの, で死ぬ, にあっ, に住む, に戻り, に程遠く, に落着, の人, の加藤家, の医者たち, の柳生兵庫, は目, へ拘引, へ来, へ護送, を出立, を隈, 第一

▼ 名古屋~ (18, 1.3%)

2 である, に於ける

1 [14件] から愛電, でもいま, で猛烈, で行われた, となつ, には動物, に限り, の中心点, の大火, の教養婦人会, の郊外, はまったく, はまつたく, へ来た

▼ 名古屋~ (15, 1.1%)

1 [15件] あるので, いひ京都, いへば, こじつけたの, 云う声, 云ふ, 京都との, 北九州の, 呼ぶ声, 定ったらしい, 富山県の, 戦争だ, 旅を, 来ちゃ, 東西百里の

▼ 名古屋~ (11, 0.8%)

2 の特色 1 がお茶, ではない, なの, にはお, に似, の心, の腹, はお金, への面目

▼ 名古屋にも~ (10, 0.7%)

1 あらゆる所, いらっしゃいませんお, ちょッと, 加藤と, 堂々たる邸宅, 寄る約束, 持って, 支店と, 此ん, 浜松にも

▼ 名古屋あたり~ (9, 0.7%)

1 で一番上, で夜, と同然, に古く, に行く, の作, の方, ばかりで, へ行つた頃

▼ 名古屋~ (9, 0.7%)

1 オキャアセに, 何に, 十四日初日それだけって, 焼き払われる, 甘すぎた, 私の, 竹林派の, 誇る名古屋踊り, 食い倒れの

▼ 名古屋より~ (9, 0.7%)

1 する成瀬隼人, づっと, 下呂温泉へ, 伊勢京都への, 先へ, 到着の, 又受ける, 多くを, 清洲へ

▼ 名古屋山三~ (9, 0.7%)

3 は一 1 が教, との問答, の引き出した, の鞘當, ほどの良い, や政宗

▼ 名古屋では~ (8, 0.6%)

1 ない加藤, もっぱらその, 乗換に, 定宿を, 挙って, 杉本氏の, 正午だ, 正午だった

▼ 名古屋には~ (8, 0.6%)

1 いらっしゃいません, いらっしゃいませんの, すでに江戸ッ児, やす子も, 今平家琵琶の, 平家琵琶の, 数日滞在した, 食通は

▼ 名古屋因幡守~ (8, 0.6%)

1 からこの, のほう, の臣, は主筋, は又右衛門, も, をうごかし, を堀川

▼ 名古屋~ (8, 0.6%)

2 の福島出張所 1 からの通知, がこの, となる, に赴い, の手, 総管所

▼ 名古屋~ (8, 0.6%)

2 の汽車 1 だが, の分, の列車, の立稽古, の配役, を一つ

▼ 名古屋行き~ (8, 0.6%)

1 に汽車, のこと, の仕事, の汽車, の配役, は半蔵, は苦, を俊夫君

▼ 名古屋~ (7, 0.5%)

1 としての觸書, の人々, の城下, の方, の津田助左衞門, の直轄地, も名古屋県

▼ 名古屋~ (7, 0.5%)

1 でその, で杉本画伯, の建物設備, へ着いた, へ着く, を下り, を離れる

▼ 名古屋~ (6, 0.4%)

1 コーヒーの, 大抵お, 大阪も, 広いね, 焼野原, 這般の

▼ 名古屋からの~ (5, 0.4%)

1 二通の, 便りは, 土産を, 車中でも, 送金は

▼ 名古屋って~ (5, 0.4%)

1 とこ戦前から, とこ粗食の, ひどく暑い, 土地の, 昼の

▼ 名古屋~ (5, 0.4%)

1 が白地, てえ, とお市の方, のお, の観察

▼ 名古屋新聞~ (5, 0.4%)

1 が週報, にあらわれる, に連載小説, の森一兵, の社長

▼ 名古屋~ (5, 0.4%)

1 に於, のお, のこの, への出馬, へ昼夜兼行

▼ 名古屋くん~ (4, 0.3%)

1 だりから電報, だりへ出かけた, だりへ引返し, だりまで苦労

▼ 名古屋~ (4, 0.3%)

1 がやり, とあんまり, よりを, 畜生奴ツ

▼ 名古屋人士~ (4, 0.3%)

1 が充分, にとって後学, の人気, はあらゆる

▼ 名古屋~ (4, 0.3%)

1 でもっ, でやっ, のアクセント, もかなしく

▼ 名古屋方面~ (4, 0.3%)

1 からも福島方面, から高山, に所用, へ出る

▼ 名古屋~ (4, 0.3%)

2 一の 1 一という, 一等の

▼ 名古屋逸見家~ (4, 0.3%)

2 の大 1 にある, の屋敷

▼ 名古屋附近~ (4, 0.3%)

1 では猪, では現在, に行われる, の親類

▼ 名古屋でも~ (3, 0.2%)

1 横浜で, 膝を, 見て

▼ 名古屋という~ (3, 0.2%)

1 ところは, ような, 退嬰的の

▼ 名古屋とか~ (3, 0.2%)

2 東京と 1 なら地方

▼ 名古屋への~ (3, 0.2%)

1 別れ道に当たる, 往復が, 時は

▼ 名古屋へは~ (3, 0.2%)

1 何ぞ御用, 着けないでは, 間違いっ

▼ 名古屋までの~ (3, 0.2%)

2 切符を 1 道のりは

▼ 名古屋もの~ (3, 0.2%)

1 なぞと気, には小川君, のお

▼ 名古屋ホテル~ (3, 0.2%)

1 で会談, の部屋, は古風

▼ 名古屋味噌~ (3, 0.2%)

1 が辛く, と宮重大根, の香しい

▼ 名古屋城内~ (3, 0.2%)

1 へご, へ入り込んだ, へ自由

▼ 名古屋~ (3, 0.2%)

1 か, であるかも, であるらしい

▼ 名古屋情調~ (3, 0.2%)

1 をしのびはじめたなら, をたつ, を顧

▼ 名古屋河豚~ (3, 0.2%)

1 に中毒, の名, は関東

▼ 名古屋生れ~ (3, 0.2%)

1 のチヤキチヤキ, の大声, の見物衆

▼ 名古屋~ (3, 0.2%)

1 だったそう, だつたさうで江戸, のため

▼ 名古屋見物~ (3, 0.2%)

1 から伊勢参り, と出かける, も異な

▼ 名古屋~ (3, 0.2%)

1 では何とか, でもそう, まで実に

▼ 名古屋です~ (2, 0.1%)

1 か, からまあ

▼ 名古屋での~ (2, 0.1%)

1 仕事も, 足あとを

▼ 名古屋といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, 土地柄何を

▼ 名古屋へでも~ (2, 0.1%)

1 やられるかも, 行って

▼ 名古屋一藩かぎり~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 名古屋上り~ (2, 0.1%)

1 の岡本美根なにがし一座, をする

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

1 という, は旧名ネヴァタ

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

2 市民の

▼ 名古屋出身たる~ (2, 0.1%)

2 に拘らず

▼ 名古屋劇場~ (2, 0.1%)

1 へ出, へ行く

▼ 名古屋医大~ (2, 0.1%)

2 へハゲ退治

▼ 名古屋名古屋~ (2, 0.1%)

1 と云う, と呼ぶ

▼ 名古屋名物~ (2, 0.1%)

1 どてやき, の一つ

▼ 名古屋在住~ (2, 0.1%)

1 の棋士, の選者小酒井不木氏

▼ 名古屋地方~ (2, 0.1%)

1 には, にまで知られた

▼ 名古屋大阪~ (2, 0.1%)

1 といったグアイ, などの秤座出張所

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

1 をしめ, を結んだ

▼ 名古屋或は~ (2, 0.1%)

2 大阪神戸方面から

▼ 名古屋支店~ (2, 0.1%)

1 でこの, の招待

▼ 名古屋県時代~ (2, 0.1%)

1 の出張所, の福島出張所

▼ 名古屋美人~ (2, 0.1%)

1 の本格, を前

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

2 のま

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

1 を思い出した, を真似

▼ 名古屋辺り~ (2, 0.1%)

1 の人造白蛇, へは立ち寄っ

▼ 名古屋~ (2, 0.1%)

1 で胸, を

▼ 名古屋鎮台~ (2, 0.1%)

1 から熊本鎮台, につとめ

▼1* [168件]

名古屋あそびの時, 名古屋あるいは静岡辺の, 名古屋城下は, 名古屋おきやあせ, 名古屋せいぜい関西, 名古屋かとくさったもの, 名古屋こいつはいけません, 名古屋そのものを象徴, 名古屋だけで一日五十貫, 名古屋だけがなにも, 名古屋だったりいや, 名古屋であれ京大阪であれ, 名古屋でしたからね, 名古屋でという影武者が, 名古屋でなければならない, 名古屋といったぐあいにあっちこっちしてる, 名古屋とが話題の, 名古屋とでは私の, 名古屋とのあやまりでありそれ, 名古屋どまりであった, 名古屋なぞと地名, 名古屋などで泊って, 名古屋などに比べると, 名古屋などの次に京城, 名古屋などへも火の手が, 名古屋ならば金, 名古屋にだって得月とか, 名古屋にて一泊すれ, 名古屋にでもそのほか, 名古屋にゃ上方で, 名古屋ばかりの現象では, 名古屋ぶしんとかすきや建築, 名古屋へしか行かない言伝, 名古屋へと東京へと, 名古屋へんの言葉, 名古屋までしか行かない鳩, 名古屋までとは言わずに, 名古屋までは一時間でも, 名古屋松山を, 名古屋ゆきに着, 名古屋よと身支度する, 名古屋よりはいっそう懐古的, 名古屋しさ, 名古屋ッ児だけある, 名古屋一流の名士, 名古屋一等の美人, 名古屋三カ所に限った, 名古屋三菱のパーティ, 名古屋下堀川へ鰹群, 名古屋をうろうろ, 名古屋事件の頃, 名古屋交趾とを並べ, 名古屋京大阪をかけ, 名古屋京都大阪はては仙台, 名古屋京都大阪東は仙台, 名古屋京都大阪神戸の六大都市, 名古屋京阪地方にまでも絵, 名古屋人間の無く, 名古屋便りまでが気, 名古屋の親戚, 名古屋内燃機の人四人, 名古屋の道具屋, 名古屋出府のはじめ, 名古屋出張中の留守, 名古屋出発京都へ向, 名古屋刑務所に入っ, 名古屋刑務所長佐藤乙二氏の好意, 名古屋名物のどて焼, 名古屋因幡守様からのこれ, 名古屋の矛盾, 名古屋城外で窃盗, 名古屋城天守閣の登臨, 名古屋城攻撃に出かけた, 名古屋城頭の経験, 名古屋大根の水ッ, 名古屋大路に見出した, 名古屋大阪神戸それから紀州, 名古屋大阪神戸岡山広島から福岡へん, 名古屋女天下の一巻, 名古屋女流が天下, 名古屋小牧御嶽大井を経, 名古屋小諸高鍋等にもある, 名古屋山三さまの御, 名古屋山三そっくりなん, 名古屋山三郎の亡霊, 名古屋山三郎生年十五歳天下に名, 名古屋山左衛門ていう美男子, 名古屋岐阜をはじめ尾, 名古屋岡崎から幡豆郡, 名古屋市中の大, 名古屋市中区御器所町字北丸屋八二ノ四, 名古屋市内となつ, 名古屋市昭和通松月町六ノ一九, 名古屋市民に近頃, 名古屋市瑞穂区に住ん, 名古屋市西区児玉町二百二十三番地二階建ての二軒長屋, 名古屋市長なども愛児, 名古屋広小路の寄席, 名古屋廻りの道筋, 名古屋も開く, 名古屋撞木町そのと, 名古屋支社で挿画, 名古屋支社図書館の方, 名古屋文化是々非々談二時間ばかり, 名古屋料理店の大, 名古屋新聞社や名古屋毎日新聞社, 名古屋と木曾福島, 名古屋月見坂にて, 名古屋朝日クラブの会, 名古屋本町通りの文明社, 名古屋東京の音響, 名古屋東山動物園で鹿五頭, 名古屋東海道筋へ向う, 名古屋松竹座へ寄り, 名古屋松竹座出演を経, 名古屋某氏の別荘, 名古屋株式取引所の新年会, 名古屋毎日新聞社などでは氏, 名古屋江戸と諸, 名古屋河豚世間では金河豚, 名古屋津軽松前の諸, 名古屋湊町の線路, 名古屋甚句も聞える, 名古屋生まれの鼻, 名古屋の千把コキ, 名古屋尽しの, 名古屋のさくら, 名古屋発東京行の列車, 名古屋百七十九人津百人金沢五百二十五人和歌山二百五十六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 名古屋県出張所の官吏, 名古屋が四, 名古屋着三藤旅館ての, 名古屋着六時半なか川旅館へ宿, 名古屋福富旅館の朝, 名古屋の美人, 名古屋笠寺観音堂の碑, 名古屋育ちの小野田, 名古屋臭いとにらまれ, 名古屋舞踊の三, 名古屋舞踊界の大きな, 名古屋芸妓の取締, 名古屋藩士で田中寅三郎, 名古屋藩士十三年ヨイチ郡大江村を拓いた, 名古屋藩士田中不二麿が消息, 名古屋藩知事を仰せ付けられる, 名古屋行普通車で東京駅, 名古屋西区俵町一丁目俵小学校の前, 名古屋訛りの言葉, 名古屋と大阪語, 名古屋踊りを大成, 名古屋來た, 名古屋近くなつて, 名古屋近辺で原稿, 名古屋近郊にもそういう, 名古屋から來, 名古屋金沢秋田それに仙台, 名古屋鉄道局管内ならスキー割引, 名古屋雑感になっ, 名古屋音頭で市村宗助, 名古屋の趣味, 名古屋と云, 名古屋駅発帰京の途, 名古屋駅立派になった, 名古屋駅近くの明治橋, 名古屋駅頭まで断続, 名古屋駅頭一人も出, 名古屋から來, 名古屋を釣りあげる