青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「名前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~同様 同様~ 同盟~ 同行~ ~名 名~ ~名人 名人~ 名刺~ ~名前
名前~
名古屋~ 名物~ 名称~ ~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~ ~吐く 吐く~ ~向

「名前~」 6595, 71ppm, 1588位

▼ 名前~ (2058, 31.2%)

38 知って 36 つけて 32 書いて 18 口に, 呼んで, 聞いて 14 呼んだ, 見て 12 覚えて, 言って 11 云って, 持って 9 呼ばれて, 忘れて 8 付けて, 挙げて, 教えて 7 きいて, つけるの, もらって 6 いうこと, 知られて, 聞いただけでも, 聞かして, 聞くと, 見ると, 附けて 5 あげて, もって, 与えて, 並べて

4 [15件] つけた, つけました, つける, 云わないで, 入れる場所, 出して, 呼ぶもの, 呼ぶ声, 発見した, 知つてゐる, 知らせて, 知らなかった, 私が, 見た, 頂戴し

3 [37件] いうと, いって, かえて, きいても, つけたもの, 取って, 口へ, 呼ばれた, 呼ばれたの, 呼ばれた時, 呼ぶと, 呼んだの, 彼は, 思い出して, 思い出そうと, 承りませんでしたといふ, 挙げた, 書き込んで, 知ったの, 知らない者, 知りたいと, 私は, 耳に, 聞いた, 聞いたこと, 聞いただけ, 聞いたの, 聞いた時, 聞いても, 聴くと, 見つけて, 覚えたの, 言えば, 言つた, 訊いて, 記憶し, 頭に

2 [125件] あげなかつたが, あつしに, いえば, いろいろに, おつ, おつけに, おぼえて, お尋ねに, お聞き, かいて, かくん, きいただけでも, ききません, きくだけでも, きくと, きくの, それからそれ, つけたがる西洋人, つけたこと, つけてを, つけなければ, つけられて, つけること, つけるん, でッ, どうぞ, もってる者, もつた小さな, よく知っ, 一目見る, 与へたの, 云えよ, 云つ, 云は, 云ふと, 云わなかった, 伺うの, 使うと, 使って, 僕は, 入れぬこと, 入れぬもの, 出さないで, 出しちゃ, 出すの, 出すよう, 初めて知つた由来, 勝手に, 叫んだ, 叫んで, 名乗って, 告げると, 呼びかけて, 呼びかけながら, 呼びすてに, 呼び合って, 呼んでも, 囈語の, 売るには, 変へ, 幾つも, 引用した, 忘れたが, 忘れたり, 忘れた私, 忘れるの, 思い出されるか, 思ひ浮べたもの, 想像し, 打ち明けないん, 持つて, 指すこと, 挙げること, 掲げて, 換えて, 擧げて, 教えられて, 数へ, 書いた, 書いたか, 書いた札, 書いた白い, 書いた紙片, 書いた藁人形, 書いた黒塗, 書かないの, 書きつけて, 書きます, 書き入れたの, 書くこと, 片仮名で, 用いて, 用ひ, 知ってる, 知らないので, 知らないよう, 知らない作家, 知らない小鳥, 知りたがるよう, 知る者, 紹介された, 考えて, 考えるの, 考へて, 聞いてさえ, 聴いただけでも, 見た時, 言うこと, 言った, 言ふ, 訊いたの, 記して, 記入し, 記憶する, 読み上げた, 読んだ, 調べて, 譫言に, 變へ, 貰って, 貸して, 連呼し, 選んで, 隠すこと, 頭の

1 [1278件 抜粋] あげさせること, あげたと, あげてるし, あげる程度, あっしに, あらためろと, あらわに, いいなさい, いうほどの, いただきて, いった, いったらきみ, いつもカリフラ, いふと, いわなかったこと, うつかり聞き漏らした, おっしゃい, おつけ申しました, おぼえようと, お変えなさる, お明かし願い, お竹どん, お聞きしたい, お隠し, かいた誓約書, かきなぐると, かけって, からかわれ笑われるの, きいたか, きいただけ, きかされたが, きかないの, ききそれ, ききたいもの, きめないで, くっつけて, くり返した, こしらえ出して, ことごとく諳んじ, これに, ご存じな, さがしたが, ざつと, した連中, しばしば口, じっと眺めた, すっかり調べ, ずらりと並べた, そのままに, その当時, それに控, たしかめあうという, ためらいがち, だれかに, ちょっと出した, つい忘れまし, つかつて, つきとめるん, つけさせて, つけたが, つけたと, つけたアナーキスト, つけた酒, つけないで, つけなくちゃね, つけましたね, つけよう, つけようかね, つけられたもの, つけるか, つけると, つけるに, つける必要, つける時, つけろ, つけ客, つけ貴族に, でっちあげても, とつた, どうして忘れた, どう書い, なくしたいと, ならべて, なるだけ, なんべ, はっきり言っ, ひとわたり見る, ひろ子たちは, ぶきっちょな, ほじくり出して, まだ申しませんでした, まだ読まず, みな知っ, みんな知つてゐる, もう一度そこ, もった村, もってるの, もつた男, もつ輸入部, やたらに, ゆだねること, よく覚え, よばれて, よびすてに, よべば, よんだとき, ろくに書けない, わざと白々しく, クリストフの, シャロック・ホオムズでは, テテツクスといふ, ハクラクと, パトリツクだ, ペンキで, マリヤといふ, ミリガン夫人と, ヤマトタケルの, ローマ字で, 一々あげた, 一々列挙, 一々読んだ, 一つに, 一人のこらず知っ, 一字に, 一定の, 一番太文字で, 一種変てこりん, 下さいました, 与えたいという, 与えよう, 与えること, 与え得ると, 世人は, 並べたって, 久し振りに, 事実として, 云い表わすの, 云うと, 云えヤイ名前, 云ったの, 云つたのだらう, 云つて訊いた, 云へば, 云わねえか, 云わねば, 今こ, 今まで, 他人から, 付けたら, 付けまして, 付けやがったん, 付けるべきといふ, 付て, 仮りた, 仰しやつ, 仰有, 伺いましたところ, 伺うなと, 伺つても, 伺わせて, 何と, 何度も, 使いだした, 使ったワケ, 使わずジャン, 保つて, 借したん, 借す, 借りたこと, 偽って, 僕の, 先方へ, 入れなかつたの, 全然知らない, 冒し盲目千人, 冠せられたもの, 出されるの, 出したついで, 出しちやつたん, 出すこと, 出す事, 列べること, 列挙した, 初めて口, 判然申上げ, 利用する, 刷り込んで, 加へて, 匿くし, 厭が, 受けること, 口ずさんで, 口走つて, 叫びさえ, 名のられ, 名乗らぬ不思議, 君が, 吼えたてた, 呉一郎と, 告げちやア, 告げなければ, 呟いても, 呟くこと, 呼ばうと, 呼ばるる心, 呼ばれたよう, 呼ばれましたので, 呼び, 呼びかけられりゃいくら, 呼びつづけて, 呼びますから, 呼びわけるだけの, 呼び合, 呼び始めるの, 呼び続けながら, 呼ぶつもり, 呼ぶの, 呼べる位, 呼んだだけ, 唇に, 問うと, 囁いて, 国民は, 堂忘れし, 声高に, 売りたがって, 売り出し懐中, 売り込むといふ, 変えた, 変えたこと, 変えなければ, 変えようと, 変えるには, 変え娘, 変へて, 夜鷹と, 大きな声, 奥さまに, 妾に, 宣伝し, 室の, 尋ねそして, 尋ねは, 尋ねましたが, 尋ねると, 小さく木札, 届けて, 平気で, 引ぱり出された, 引合に, 当てれば, 彫った指環, 彫られちや, 彼女は, 得ただけの, 御存じでは, 御存知で, 心得て, 忘れたと, 忘れてね, 忘れられた, 忘れるなんて, 忘れ去って, 忘却した, 思いださないらしいので, 思いついたの, 思い出さなくとも, 思い出されますれば, 思い出したわ, 思い出すという, 思い出すまで, 思い出せねえという, 思はず呼んでしまつたと, 思ひ出せねえといふ, 急に, 悠々閑々と, 想い出して, 想ひ出し, 手前云え, 手早く書きつけ, 打ち明けるよう, 承って, 承わらぬと, 承知しまし, 抹殺し, 拝借し, 拵えて, 持たなかつた, 持ちだして, 持ち出すこと, 持ち出す必要, 持った実は, 持ってるかさえも, 持つこと, 持つた村境, 挙げたの, 挙げはじめました, 挙げよう, 挙げる事, 挙げれば, 捨てないで, 探して, 探し出すなんて, 探り出して, 揃えて, 揚げると, 擧げては, 教えた, 教へて, 数へて, 新聞で, 早口で, 明かさなかった, 明かに, 明記しない, 時々ポスタア, 書いただけ, 書いたインキ, 書いた文, 書いた月給袋, 書いた瓶, 書いた紙, 書いてないこと, 書かせたの, 書きあげた詳しい, 書きそれ, 書きだして, 書きに, 書きました小さな, 書き入れ唐紙, 書き変えて, 書き時間, 書き血判, 書き込ませて, 書く, 書くの, 書附け, 書附ける, 最初から, 有仰, 根気よく, 楷書で, 次に人, 正確に, 残すに, 母に, 気に, 汚すこと, 江戸といったので, 沢山あげました, 沢山書き列ねた, 活字で, 源右衛門様と, 点検した, 獻上致しまし, 生じた大きい, 申しても, 申しわけの, 申し上げました, 申せば, 申上げ, 申上げませう, 申上げる, 発見し, 登録した, 白状しろ, 盗みたくは, 目録の, 相続し, 省略し, 眺めて, 知ったからには, 知ってるか, 知ってるだけ, 知ってるの, 知つたのだ, 知つてゐた, 知つてゐません, 知らした, 知らせあったり, 知らないから, 知らないなんて, 知らないん, 知らない女, 知らない真白, 知らなかったし, 知らなかつたし, 知らなかつたに, 知らぬ人, 知られたって, 知りません, 知る, 知る手がかり, 確める, 私より, 秘密に, 称んで, 立板へ, 第一, 組み立て, 絶えず耳, 続けて, 繰り返し繰り返し喜びそれ, 繰返すの, 美術家の, 考えても, 考へ, 考へるだけでも, 聞いたとき, 聞いたらメンリッヒェン, 聞いたパリー人, 聞いた配達手, 聞いてすら, 聞かされた揚句, 聞かないで, 聞かなきゃ分らないよう, 聞きかじってる, 聞きたいという, 聞きだしたとき, 聞きました, 聞きます, 聞き及んで, 聞く, 聞くの, 聞けば, 聴いた時, 聽いた, 聽く, 腕に, 茶屋の, 薄い板, 覆ひ隱, 見たいと, 見たやう, 見たり, 見つける事, 見ながら, 見るの, 覚えた, 覚えてよ, 覚えられない, 覚えるだけでも, 覚えるよう, 覚える労力, 言いさえ, 言い違えたの, 言うには, 言っては, 言つても, 言ひなさい, 言ふと, 言われたの, 訊いただけ, 訊きたが, 訊くと, 訊ねた, 訊ねました, 訊問する, 記入した, 記憶え, 記憶の, 詐る, 誌した, 認め病人不具者, 読みあげて, 読み取った, 読むこと, 読めば, 読んで, 調べたら夏目坂, 諳誦させ, 讀み上げませうか, 變へただけで, 貸しといただけ, 賣つて, 通した時, 連ねた, 連ねること自体, 遠慮したい, 選ぶよう, 選むという事は, 選めば, 門番の, 間違えられたの, 閣下という, 附けたもの, 附けなければ, 附けると, 附して, 除くと, 隠してる同業者, 隠蔽した, 集めよう, 静枝さまと, 頂戴した, 順によん, 顛倒し, 風間丈六と, 騙っても, 魚谷一太郎と

▼ 名前~ (941, 14.3%)

23 何と 16 忘れたが 13 何という 10 なんという 6 何んと 5 何うし, 知らないが 4 どうでも, ないの, まだない, 何とおっしゃいます, 何と云, 出て, 聞いて

3 [16件] かねて, なんていう, よく知っ, よく聞い, 何て, 何とおっしゃる, 何と申します, 前から, 存じませんが, 忘れましたが, 明かせないと, 知って, 私の, 聞いたこと, 覚えて, 預って

2 [49件] おわかりでしょう, きいて, ことごとく帳面, すぐに, その方, ない, なかった, なくて, まだ無い, よくない, よく覚え, わかりませんが, コンスタンチェとして, 一人も, 一寸申上げ兼, 世を, 以前から, 仮りに, 何ていうの, 何でも, 何といふ, 何といふか, 何と仰せられます, 依然上巳, 勿論この, 口に, 各新聞, 妙に, 存じて, 彼にとって, 彼には, 思い出せない, 新聞で, 明かせない, 昔から, 昔の, 書いて, 書いてないが, 水流舟二郎と, 申上げられません, 知つ, 知つてゐる, 知らないわ, 知らなかったが, 知りませんが, 確か何とか, 私が, 私には, 青年の

1 [689件 抜粋] あえて秘する, あげては, あなたの, あなたも, あますところ, あまり沢山, ありました筈, ありませんか, あること, あるの, あれは, いえない, いっこうにたずねあたりませんでした, いっこう知りませんでした, いったいどうなる, いつも万葉仮名, いまたしかな, いまだに記憶, いろいろに, いわなくても, うまいなあ, ええが, おかね, おしずさん, おっしゃいませんが, おっしゃいませんでしたが, おところ, おふささん, おトヨ, お出しなさらない, お前に, お存知, お町さん, お米, お聞き, お言いはれしめへんどした, お銀様, お雪伯母, かい助, かなりよく世間, かりに他, かりに六蔵, きかないで, きかなかった, きっとご存じ, きわめて古い, けっしてことさら選り好んだ, このポケット, この方たちからも, この鼓, こりすぎては, これを, ござんせんでしょうか, ご存じでしょう, さきほど聞きました, しだいにポ, すごいが, すなわち一つ, ぜひ名, そこの, そのえ, そのままに, そのままの, その発音, その造酒司, それぞれ, それらが, それを, たいてい知っ, たしかデュッコ・シュレーカー, たしか南麟, だいたいにおいて, だれにも, ちゃんと書い, ちよつと, ついて, つくが, つけられないであろう, つねと, とうから存じ, ともかくどんな, どうでしょう, どうやら天台宗, どこでも, ど忘れし, ないと, ない悪, ない熊吉, なかつたといふ, なくっても, なくなって, なるほど, なんだか老人, なんだか聞いた, なんとおっしゃる, なんと云う, なんと仰し, なんと讀む, なんの, はいて, はつきりとは, はなから, ひどく世俗的, ひどく勿体らしいの, ひょう吉, ぴったりです, ふたたび呼ばれた, ほかの, ほんた, ほんたう, ほんの一人, ぼんやり私, まえから, まだきまりません, まだだ, まだつけ, まだ無, まだ生れ, まだ聞いた, まるで女王様, みんな特殊の, もう中央文壇, もう以前, もう私, もちろん知っ, もっと立派, もはや彼, やがて匿名, やはり名札, よくある, よくうけたまわっ, よく知られなかった, よく耳, よすこと, わかったかい, わかってない, わかつて, わからないが, わからないでも, わかりません, わかりませんよ, わざと云わない, わすれたお, わたしが, われわれにとっては, アリアダウエス小流と, アンティーアスと, アーデルハイト, イタリア語か, エザウと, エヴァンスであった, オイレル家の, カイ・ハンセン住所は, クーパー, コゼットに, ジョハナ・インカー・メー・バートルハイム号ホルスタイン純血だ, ジョン, ソローピイ・チェレ, タキ・ヒデヲツ, ツイブーリャ, テルヨさんといふ, ドウし, ナポレオンと, ヒョウトクと, ビッドルと, ビュルゲルです, フォルス監獄で, フランスにだって, プラトと, ヘノモチン, ベッキイでした, ペンキで, ホムチワケの, ポールと, マチアと, モミハラ・ダフ樅原駄夫といふ, ルンペルシュチルツヒェン, レミュエル・ガリバーと, ワーシカ・コルニコフと, 一々鋏, 一つも, 一と, 一寸思ひ出せない, 一度も, 一種特別な, 一見奇妙, 一言も, 下女だ, 与八も, 世に, 並んで, 中国にも, 丸木という, 丹三郎さま参る, 久しく思い出さず, 亀吉, 予て承知, 事と, 云ひ, 云へ, 云わぬ方, 互いに知っ, 亜米利加に, 京子の, 人々に, 人を, 人間の, 仇台であります, 今はっきり, 今まで, 今や全, 他の, 以前の, 仰し, 仰しゃいませんが, 仰言いませんと, 伺って, 伺つてゐました, 何, 何ていう, 何というの, 何とおつ, 何とか云, 何とつけよう, 何と申されます, 何も, 何れも, 何処かの, 作さんと, 信吉だ, 信義だ, 俺の, 僕にも, 僕も, 優しいが, 兄です, 光吉です, 全然同じ, 全然知らなかった, 全然知りません, 八犬傳に, 其処から, 兼ねて, 出さないけれども, 出さないやう, 出したくない, 出しませんけれども, 出なくとも, 刀身の, 分って, 分つて, 分らないと, 分らないの, 分りましたろう, 分ると, 列伝自伝内, 判って, 判つて居ます, 前編で, 勇ましいが, 勘弁し, 勿論の, 勿論ロマンチツク, 勿論女, 匿し, 十八世紀に, 千代子と, 千本槍, 半分以上違っ, 又外, 又野末吉綽名を, 古くから, 各文明, 吉田竜太郎さまで, 同じであり, 同じです, 同じ道徳的情操, 咄嗟に, 和子です, 和辻教授の, 土佐一中時代からの, 土地ごとにと, 外国では, 外国式に, 多分御, 大抵は, 大深, 大田梧郎の, 大阪では, 天誅で, 妾が, 始めてジルベルト, 始終取りかえる, 子供の, 存じません, 宏に, 客室には, 富士甚内富士に対する, 少々私, 少くとも, 少し申し上げかねます, 山田, 左の, 常子である, 平和と, 幼年の, 強さ, 強そう, 強権によって, 彦三郎さんと, 後で, 御勘辨願, 御存知でした, 御相談, 忘れた, 忘れたから, 忘れて, 忘れは, 忘却, 恐らく仏蘭西, 恐ろしく立派, 恥ぢなければ, 慎むほう, 慥かお, 憚らせ, 承って, 承つて, 承知だ, 採って, 支那でも, 教へて, 敦子, 数頁にわ, 方々に, 既に今, 既に縁遠く, 日子番能邇邇芸命と, 日本人の, 明かさなかった, 明智小五郎という, 映画や, 春日規矩男と, 昭和十年ごろ私が, 曲がりくねったそれら, 書いてない, 書いてないの, 書けないから, 最初から, 木片に, 未嘗, 本人にも, 本来ジャン・マティユーであったであろう, 村井の, 村井千代子君の, 東京女学館という, 東洋風に, 柚木といった, 柳派へと, 格別記憶にも, 梵名は, 梶原久美だ, 森本つた子森本つた子, 極めて魅力, 権現と, 權八だ, 歌沢の, 止めたの, 死亡場所の, 殆ど人が, 殆ん, 比較的著名, 水司又市でございます, 水戸の, 永い間, 永久に, 決して書かなかった, 津島修治様と, 派手でも, 消えて, 清閑荘だ, 無い, 無かつ, 父親が, 特に隠す, 玉質焼と, 理学者以外の, 琉球芋じゃ, 田鶴子と, 申されません仮令, 申しあげられませんが, 申しませう是, 申し上げません, 申し上げませんが, 略して, 異様な, 発表しなきゃなるまい, 白髪小僧という, 百蔵さんとか, 皆それぞれ特殊な, 皆私の, 目下不明, 矢杉の, 知ってるが, 知つてゐた, 知らないけれど, 知らないでも, 知らないと, 知らなかつた, 知らなかつたけれども, 知らぬか, 知らねえ, 知られて, 知りません, 知る人, 知れて, 研究所でも, 確かに, 確と, 社主が, 福田きぬ年は, 私と, 私にとって, 秘密に, 立派な, 竹青と, 米と, 米子と, 粉れ, 結城旗二郎殿で, 結婚って, 線二って, 羅馬時代から, 美留楼公爵という, 聘珍楼と, 聞いてたやう, 聞いてるが, 聞くも, 聴かなかったが, 聽か, 自分が, 自分で, 臭い所, 至る処, 艇客名簿に, 芝居の, 花の, 菅原を通じて, 萩江鞍馬絵に, 蔵前の, 虹野ミギワさんと, 蚊の, 蝶ちゃんと, 表記の, 西岳連峰縦走道によって, 見えて, 見当たらぬ, 見当らなかった, 覚え顔, 解らぬだらうか, 言いませんが, 言う必要, 言えないがな, 言えません, 言つても, 言は, 言わないで, 言わなかったが, 言わねえが, 言われないハテナ, 言文一致でも, 記憶してなかった, 記憶せぬ, 誰にも, 譲治です, 谷間田と, 豊年は, 豹吉と, 貞ちゃんにも, 赤鸚鵡, 起こったの, 返上し, 通俗的歴史小説と, 運勢上から, 遠慮しませう, 部下にも, 金谷健之助と, 銀次と, 銅六, 長々と, 門札の, 関東, 陶本三郎と, 須藤と, 預かる, 顕然川島武男と, 食堂から, 餘り出, 鶴木と, 麹町の, 黙つてるわけ

▼ 名前~ (727, 11.0%)

30 出て 27 書いて 21 ついて 9 記されて 8 ある, つけられて, 付いて 6 あった 5 書かれて 4 彼の, 私の

3 [14件] ありません, あるが, あるもの, ついたの, ない, 世間に, 出たので, 呼ばれた, 彫って, 残って, 目に, 知れて, 見えて, 通って

2 [44件] あつた, あつて, ありさえ, ありますか, あるだろう, あるぢ, あるとは, あるの, あるん, いろいろに, かわって, ちがって, ついて行きました, でて, ないの, はいって, ひきあひにで, わかりましたよ, ハッキリと, 一般にこの, 並んで, 他の, 出た, 出なくても, 出ると, 分って, 判らぬ, 判れば, 口に, 妙に, 引合ひ, 思出せぬ, 新聞に, 有るん, 東京で, 浮ばなかった, 耳に, 色々と, 見えます, 誌され, 読まれた, 違ふ, 隠されて, 馬鹿に

1 [467件] あげられて, あたえられた第, あちらで, あったし, あなたに, あまりしばしば番組, あまりに世間, あまり下種, あまり世間, あらゆる話, あらわれて, ありますが, ありませんでした, あり住家, あり歌, あるかを, あること, あるだろうこれ, あるに, あるにも, あるのに, あるもん, あるんでさ, ある訳, あれこれと, あんまり変てこ, いかにも妹婿, いかめしく物々しく目, いきなり書かれたなら, いくつも, いくらでも, いざと, いたましい, いっぱいに, いつも出, いよいよ固定, いります, おかしいから, お常, お延, お雪ちゃんの, かいて, かけて, かずかずの, ききたいね, きっと判る, この人, この空気, この話, ころりと, さずけられる場合, しばしば繰返された, しるされて, しるしてあつ, すぐに, すべての, するし, ずらりと並べ, ずらりと並ん, その下, その宛先, それぞれの, それだ, それに, たくさんある, たしか, たしかグリツプ, だしぬけに, だね, だんだんみんな, ちがいますか, ちとおかしい, ちゃんと出, ちゃんと書い, ちゃんと菱形, ちゃんと記され, ちゃんと門人名簿, ちょっと彼, ついた, ついては, つい咽喉, つくだろうな, つけて, つけられその, つけられた, つけられてるの, つけられなかつたもの, で, できたの, でたらめで, とぎれた頃, とてつもなく気に入っ, どうした, どうしても思い出せない, どうしても飲み込めない, どこかで, どこかに, どこから, どの新聞, どんな文字, ないから, ないが, ないという, ないん, ない但し, ない彼女, なくちゃ, なく先生以外, なければ, なぜ血, なんとなく好み, なんの, のって, はいりましたね, はじめて明るみ, はっきりすれ, はっきりと, はっきり書きこまれ, ひそやかな, ひどくいや, ひびいて, ふと耳, ほしい, まさに体, また実に, また明るく, また非常, まだきめ, まるで蟆子, みえる, みんな, みんな八の, もちだされると, もち出される, もとから, やたらに, やや大きく, よいじゃ, よいと, ようやくの, るいと, わかったって, わかったん, わかって, わかつたつて, わからないので, わからないん, わからなかったから, わからなくて, わからなくとも, わかり付近, アラカタ見当が, イメージが, ウッカリ歯から, ウータと, エキモスと, ガス文字に, ジャン, ズラリと, ソルディーニと, ドクトル井上と, ネコと, ハイカラだ, ハッキリいわれる, ハツキリと, ヨーロッパアジアアフリカ南洋の, ロンドンの, 一ぱいに, 一再ならず引き出され, 一寸違つて, 一度に, 一度も, 一番吸取, 上下に, 下手な, 不思議に, 与えられ大まか, 並べて, 並べ得られる, 二度とは, 云え, 五つありました, 人が, 人の, 今でも, 付いたもの, 付いてるそう, 付て, 仰山だ, 伝はる事だけは, 伝わるとか, 似形, 似通ったよう, 何か, 何である, 何ともいえず, 何んな, 余の, 余り知られ, 作者自身の, 使はれ, 俺の, 備後の, 僕が, 先に, 入って, 全く朝鮮名, 再び世, 冠さるるだけで, 出たついで, 出たらう, 出てないと, 出てるわ, 出ましたから, 出ましたの, 出まする, 出るかも, 出ること, 出るにつれて, 出るまで, 出るよう, 出来たわけ, 出来ました, 出来ると, 出没し, 出鱈目に, 分ったところ, 分らないかと, 分らないばかり, 分る, 切れて, 刈谷長太郎という, 列挙し, 判つたら, 判明る, 別にある, 刷り込んで, 刻まれて, 刻んで, 前漢紀, 十一人そろった, 十五人書い, 却つて今の, 古くから, 古書に, 同じで, 同じよう, 同五年三月, 同寺, 名乗れぬ時, 呼ばれ彼, 呼びいい, 呼びだす幼き, 呼び上げられ一人, 呼び上げられ一人一人, 呼んで, 命名された, 咄嗟には, 咽喉に, 圧倒的に, 地方ごとに, 城介に, 報じられて, 墨黒, 売れ出したと, 売れ出したの, 変って, 変わって, 変わっては, 変挺な, 大きく書かれ, 大きな看板, 大変私の, 大谷だった, 天下に, 太い字, 好きな, 好きよ, 妻に対する, 始まったかを, 始まったという, 嫌いだ, 嫌いな, 子供, 定らない, 宿帳と, 小さ過ぎる, 少し売れ, 少し宛, 少なくない, 幕末史の, 年々に, 幸吉で, 幾つも, 幾らも, 幾度か, 広告する, 廃るわ, 弓之助である, 彫りつけて, 彫りつけてでも, 彫り込んで, 彼女には, 御自身, 徳川時代の, 忌まわしい語句, 怖さ, 思い出せない, 恥ずかしく私, 悉く西洋語, 惜しいの, 意外にも, 戦後はじめて, 所々に, 承り度い, 承認せられる, 掲示された, 提出せられる, 放送せられ, 教室の, 数えられて, 断わって, 新聞や, 日本の, 明瞭に, 昔あった, 昔から, 昔の, 昔耳に, 時々新聞, 書いたるの, 書いてないから, 書きひけらかして, 書き並べられて, 書き入れて, 書き加えられたの, 書き添えて, 書けて, 書けるか, 有るもの, 木偏に, 村の, 果して彼女の, 榊さんだ, 標示し, 横文字で, 正しくない, 此處には, 歴然として, 残ったり, 殘つて居る, 気に, 気に入ったから, 汚れた庵看板, 江戸市中に, 決定する, 沢山列ね, 泛んで, 活躍し, 流布された, 浜っていう, 浮かんで, 浮び上りまた, 浮んで, 消えれば, 消されて, 漏れて, 演出の, 無数に, 物理学の, 現われたの, 理髪アーティストとして, 生れた, 生れなかった, 生意気だ, 田舎の, 男の子は, 登場する, 直ぐ覚えられる, 相手に, 眼に, 知られるの, 知りたくなった, 知れず誠に, 知れた作家, 知れてる, 知れないから, 知れるが, 知れるよう, 知れんじゃ, 短くって, 示して, 示す通り意識, 神経衰弱の, 福井県には, 福岡の, 秘密の, 稲扱器に, 突然夜, 突然夫人, 立派に, 竹山にばかり, 笹山大作だつた, 紙面に, 繍って, 罪悪の, 署名し, 耳新しく響いた, 聞えたも, 聞え出したの, 聞こえたので, 自分だけの, 自分と, 自分の, 色々あつ, 花櫛という, 落ちかかったので, 落雲館だ, 藤田五郎といふ, 表してるから, 要求せられる, 見えるやう, 見つかりました, 親の, 解つても, 解れば, 記された, 記して, 記入せられ, 誌してない, 読まれる, 読まれるたび, 読みあげられた時, 読みとれた, 誰に, 誰の, 變つて軍書と, 貴いから, 貼って, 赤い字, 赤い色, 赤く摺つて, 起こったもの, 趙大, 軽便だって, 載って, 迷信の, 通じられると, 通つてゐる, 通用し, 重荷であっ, 金で, 金文字で, 長いので, 長蔵だ, 附いて, 附けられて, 随分古くから, 非常に, 面白いの, 面白いので, 頻りに見えた, 顫へて, 飛び出しある, 飛び出した途端, 黒いペンキ, 黒い壁

▼ 名前~ (545, 8.3%)

15 上に 11 下に 6 男が 5 ために, 附け方 4 ところへ, 人は, 代りに, 方が, 書いて

3 [14件] ついて, とおりに, ものが, ように, 上へ, 下へ, 中に, 中には, 人が, 出て, 恥か, 手紙が, 男だった, 者は

2 [31件] おかげで, つけようが, つけ方が, ところを, ものに, 下には, 人だった, 似て, 作家が, 呼び方, 外に, 多くは, 女を, 女性に, 山に, 帝が, 手前も, 本を, 横には, 由来もしくは, 由来を, 男で, 町が, 知られて, 肩に, 言明を, 話が, 通りに, 通りの, 選み, 鯨が

1 [379件] あったその, ありそう, あるすべて, あるのに, あるもの, あるよう, ある婦人たち, ある或は, ある通り木, ある通り真赤, うえにも, うえまで, うちに, お方じかに, お方は, ことだ, ことで憤つたわ, ことなどは, ことについて, ことは, ことも, ことや, ことよ, ことを, ごとく始終, したしい富士山, ついた一団, ついた処, ついた糸, ついてる読物, つくやう, つくよう, つけやうと, つけやうを, つけようも, とおりだ, と荒木, ない人間, ない顕著, ねずみが, はいった黒い, はいる六, はずだ, ほうを, ほかに, むづかしいに似ぬ, もとに, ものであった, ものである, ものも, ものを, もほぼ, やうである, やうに, やうにも, やや広く, ゆえであった, ようじゃ, ようで, ようである, よく仕込まれた, よく知れ渡っ, わからないうち, わからない十二, わからぬので, イニシャルは, ドクトルを, ホテルに, ホテルの, 一つだった, 一つだって, 一つであった, 一二字を, 一人に, 一字を, 一字一字を, 一綴り一綴りが, 一致, 三つ続く, 三太郎らしく, 上だけは, 上では, 上の, 上のみから, 下だけには, 中で, 中の, 主が, 主人と, 主人な, 乗ってるだけの, 乞食が, 事件が, 五十がらみの, 人かネ, 人たちの, 人だ, 人で, 人なら死ん, 人に, 人物と, 人間が, 人間な, 人間ばかり, 付いたの, 付けて, 伊太利語の, 会社ほど, 何が, 余りに江戸趣味, 侍の, 偽似, 催眠剤を, 僅かに, 儀は, 先生が, 入った紙片, 入つた提灯, 全部が, 公開状が, 六ツや, 六十過ぎた, 兵曹が, 写真屋を, 出たこと, 出たところ, 出た明智小五郎, 出た某, 出た盃, 出た鳥沢, 出てないもの, 出るよう, 出所来歴を, 分らない首, 分らぬ土工, 分る筈, 切り抜きを, 初めを, 前に, 剣術の, 創作といった, 勧工場だった, 匿名で, 協会は, 印度人が, 参事官が, 参事官は, 反響は, 口に, 同人雑誌を, 名刺を, 名所だ, 名手で, 呼び棄てに, 喫茶店の, 四つの, 団体から, 国である, 国に, 坊さんが, 報知が, 変てこな, 外には, 夜宴が, 大きく書い, 大部分, 奇矯な, 奥に, 女優が, 好きな, 好みを以て, 如くやわらかくてぬるい, 如く滝, 如く絶えず, 委員会が, 子は, 字が, 字引を, 字画を, 学問を, 定義は, 実体を, 家に, 家へ, 家人で, 宿屋が, 対照に, 小い, 小さな村, 小さな海辺, 小さな海邊, 小鳥だ, 帳面が, 平凡な, 平石が, 幽霊が, 幽霊に, 広告と, 広告を, 店が, 張持出し, 役には, 役者ぢや, 後に, 御広大, 御神燈, 必要が, 思ひだせない人間, 恐怖とで, 意味が, 意味は, 感じは, 或る, 所には, 所へ, 手紙に, 手紙には, 持つ魅力, 探偵作家は, 文章形式で, 新聞が, 新聞は, 方から, 方だけを, 方に, 方の, 旅館へ, 旗を, 書いてないこの, 書いてない一封, 書き方に, 書には, 有る人, 本だ, 本であります, 本も, 本屋へ, 札を, 李永泰という, 村, 様にも, 横で, 横に, 樹, 橋が, 次に, 次は, 殺手, 気に入ったやつ, 気違が, 沢山書い, 浪人者が, 温泉は, 漫才芸人に, 火山島か, 無かった, 特徴なんか, 犬を, 独仙なども, 現れて, 産婆が, 由, 由来だ, 由来について, 男について, 男の, 画家が, 略称か, 病気と, 登録さえ, 發音に, 相談を, 真下に, 着物を, 知らない花束, 知らない鳥, 知られた書家, 知れないの, 知れないデカダン詩人, 石が, 石けんだ, 石と, 石鹸やら, 破片の, 示すごとく四種, 示すごとく坑, 示すごとく猛烈, 示すごとく魂, 示す通り, 立派な, 童話雑誌に, 糸は, 紙を, 綴りの, 美しく雄々しいよう, 義理で, 者に, 而も, 聞えて, 肩には, 肩へ, 脱字個所に, 舞子は, 花束を, 若い医学生, 若くして勇敢, 茶銘が, 草花が, 蓼な, 薄ツぺらな雑誌, 虫か, 行われて, 表札が, 裁縫女塾に, 解りきった空所, 訳を, 詮索ばかり, 詮索を, 誌された, 語尾を, 誤植が, 諸団体, 講義を, 講釈を, 貝より, 貼紙が, 起こりは, 載って, 載るよう, 農夫の, 通った人物, 通った花村, 通って, 通つた, 通つたお, 通つた人物であり, 通り, 通りか, 通りむづかしい四十男これは, 通り大の, 通り愚直一点張りで, 通り満月を, 通り百迄も, 通り瞬く, 通り福徳円満な, 違ふ, 選定について, 酒, 重みから, 野球チームが, 雄を, 雑誌だつた, 雑誌であった, 雑誌の, 雜誌で, 電報を, 青年である, 青年は, 面白さ, 響いたその, 響きと, 頭と, 頭字だけを, 頭字とに, 頭文字の, 頭文字はつであった, 頭文字や, 頭文字を, 類似から, 類似が, 食ものを, 食品が, 館の, 騒ぎでは, 高い中村半次郎様こと, 高かつ, 魅力に, 魚である, 鳥右ヱ門から

▼ 名前~ (355, 5.4%)

8 知って 5 何も, 出て 4 聞いたこと 3 ある, わかりません, 住所も, 知らない, 知られて

2 [12件] あったの, なくめいめい勝手, なにも, 変って, 忘れかけて, 教へて, 明らかに, 書いて, 知らないで, 知らない人, 知らなければ, 顔も

1 [294件] あなたの, ありました, あるが, あること, あるじゃ, あるでは, あるもん, あるん, あるリオ・マイオル, ある知らねえの, いくら訊い, いつの間にか有り来り, いつわりしこと, いらない私, いわれるたんび, おっしゃりは, お崎, お所, かつて一度, き, きかなくて, きっとその, きょういまはっきり, この室, ございましょうけれど, ご一緒, しらんいうたらこの, すたれて, すでに忘れられ, そうな, その存在, その怪しげ, その翻訳, それな, そんな愛情, ちゃんとそこ, ちゃんとわかっ, ちゃんと出, ついたわけ, ついて, つけて, つけてなかつたな, できたの, ところも, どうかする, どの名前, ない, ないでしょうから, ないはず, ない変, ない奴, ない手紙, なくそれ, なくなる, なくまた, なく年齢, なければ, なつかしい当時, はっきりとは, はっきり知らせ, はつきり憶え, ひときわ心, ぴったりと, ほとんど変っ, まことにふさわしい, まじって, まじつて, また初めて, また顔かたち, むろん私, めずらしいん, もう一度墨, もとは, やはり鬼, よう言はんくらゐ, よく似合っ, よく知らない, ろくに覺, わからずところ, わからず捜しよう, わからず探しやう, わからないので, わからない旦那, わからない芸者, わかるでしょうが, わたしが, われわれは, アイスクリンだった, イギリス官憲には, ギロチンという, コカコーラと, テューン, フォーシュルヴァンでは, 一度は, 一所に, 一枚入っ, 三浦さんの, 三男が, 並んで, 二三あった, 二階の, 云わずに, 人が, 今までの, 以前ほどは, 仮名では, 仰しやらない方, 仰言って, 住んでる所, 何となく嬉しく, 何にも, 何んにも, 作物の, 依然として思い出す, 俺に, 僞だらう, 元は, 先祖から, 入れなきゃいけないよ, 入れなけりゃいけないよ, 全く分りません, 共に一字, 兵馬は, 其の學生, 出さずに, 出さなければ, 出たが, 出まいて, 出ること, 出来た, 分らずはつきり, 分らず殆ど, 分らないまた, 分らんもの, 初耳な, 判らない口, 前章に, 口に, 同じ女, 告げなかった由, 呼び捨てに, 地理も, 境遇も, 売り出さないうち, 売れて, 大変気に, 女の, 妻サヾエの, 姉川合戦に, 姪の, 姿も, 婆さんは, 嫌いです, 存在も, 宛てた森本, 宛名も, 家も, 宿所も, 寒月君の, 少しは, 少し違う, 居どころ, 居所も, 差出人の, 年齢も, 幾度と, 度忘れし, 引合に, 当然或, 彫り込まれて, 彼女の, 御住所, 御迷惑, 忘れちまうん, 忘れて, 思い出されない, 思い出して, 所も, 承わっ, 承わり, 承わりませねば, 持たずただ, 持たぬ, 持って, 挙げて, 挙げないで, 描いたもの, 支那風に, 教会堂の, 文男と, 既に解つた, 日付も, 明かさないあたし, 明かすこと, 明さ, 時々忘れる, 書いてないん, 書かないよ, 書かなかった, 書き入れ問題, 書けないやう, 書けないよう, 書けなかつたくら, 書けんかて, 有るもの, 本名では, 残して, 汚さずに, 添えて, 演題も, 無論分らなかった, 珍しかった, 甚内と, 生れ故郷の, 田代さんの, 申上げません, 町人らしくない, 皆が, 知つてゐなかつた, 知らずこの, 知らずどこ, 知らずに, 知らず何處, 知らず年齢, 知らないだろう, 知らないでは, 知らないという, 知らないなんて, 知らないの, 知らないやう, 知らないよう, 知らないん, 知らない知つて, 知らない非常, 知らなかったからね, 知らなかったそう, 知らなかつた東京, 知らなかつた此, 知らなくては, 知らねえ, 知らねえし, 知らねえ顔, 知られないで, 知られる氣, 知りま, 知りませんし, 知るよすがが, 知れたから, 知れない女, 知れわたるに, 神皇正統記といふ, 禁じられてるの, 私の, 私は, 立派な, 第一の, 筆跡も, 箸の, 素姓も, 編輯長に, 耳馴れぬ長い, 聞いて, 聞えなかつた, 聞かされた, 聞く必要, 職業も, 能く, 自分で, 苗字も, 著者の, 見える, 見え慶応三年九月十三日, 見られない, 見出せると, 覚えちゃ, 覚えて, 覚えては, 覚えなくつちや, 言って, 言は, 言わない人, 記しあるべし一見, 記しちゃあ, 誤ること, 読んだという, 足利惇氏さんである, 載つて, 通過した, 違う, 金助と, 隠し了せた不思議, 隠語から, 革命広場と, 黒い字

▼ 名前~ (246, 3.7%)

9 あつた 7 呼んで 6 呼ばれて 5 呼ぶこと 4 知られて 3 通って 2 あつて, やがて五十, 不思議に, 呼ぶに, 或る, 此の, 私が, 芸者に, 送って

1 [194件] あがめて, あげた年賀, あつたの, あまり, いくぶんいやしい, いつぞや私, いつでも, いろんなこと, うっかり日本, おまけに, かなり出資, かりて, けっしてほか, こじきの, こっそり十円, ずっと前, そう云う, その以前, その前, その句, その家, その時刻, ね, ほとんど同じ, またホール, もって, やはり同じ, よろしければ, よんで, わかるとおりドイツ人, イタリア人です, イヤな, カロッツアは, ゲスか, ゲンブツという, ジョリクール氏は, ターヘルアナトミアの, チャチな, テーブル飾りといふほどの, トロミエスに, フランスに, ロア・ド・シシル街に, ロスコー氏の, ヲダハラから, 一括する, 一杯に, 一目リョウゼン, 一般に, 三種の, 三谷に, 世に, 世界じゅうで, 世間に, 世間にも, 二十円, 今でも, 今の, 他の, 代表し, 以て, 住んで, 何も, 例の, 供奴いふ, 修善寺という, 借りて, 健三に, 僕らが, 儲けて, 兄を, 充満した, 先代は, 先生に, 先生御, 六十三万フランの, 其時代に, 凡そ分っ, 出て, 分るとおり, 別の, 別土蔵, 前年クリストフが, 千七百噸だ, 千円近くに, 呼ばれた人物, 呼ばれなかった時分, 呼ばれるかといふ, 呼ばれると, 呼ばれるよう, 呼ばれる美しい, 呼び合, 呼ぶの, 呼ぶやう, 呼ぶ気づかいは, 呼べる気持, 呼んだくらい, 呼んだら従来, 呼んだり, 命令した, 営んで, 国際水文学協会, 埋めて, 堂々と, 塚越や, 大々的に, 大いに売出し, 大書肆, 大枚, 学界に, 家を, 家内安全の, 小生の, 少しばかりの, 少なくとも貴方, 屡々私, 巴里の, 平次へ, 彫像の, 彼が, 彼は, 彼を, 彼等を, 思い出す様, 恋を, 恐れ入りやすが, 息子の, 慈善小僧という, 我慢し, 戸籍謄本下附願を, 手紙を, 打つけ, 持て来たの, 振出した小切手, 数か月前から, 早くも, 暮らして, 書いて, 書かれた文学, 月賦で, 有ったが, 来るん, 東京中の, 柳の, 櫛田神社に, 氏神様に, 民衆を, 浅草蔵前の, 海軍省に, 深く馴染んだ, 湯屋を, 無い者, 特に探偵小説, 男の, 町の, 痛ましくも, 発表したい, 発表する, 登記され, 相応な, 知れるとおりユネスコ, 硯箱だの, 私は, 私を, 秋蘭と, 第一号, 自分が, 自分で, 自分を, 自家の, 芸妓に, 英語で, 荒物屋の, 衣類を, 諸問題, 販売され, 貰うこと, 買い取らせて, 買った家, 買って, 賣るから, 贈りもの, 身を, 這入って, 通つてゐます, 通知を, 鑑札を, 附けも, 陳列され, 頭が, 顔だち, 願書を, 高岡市の, 髷の, 魯迅の

▼ 名前~ (197, 3.0%)

20 なって 7 して 4 なつて 3 しても, 似て, 隠れて 2 かかわる, ついて, 囚はれない, 就いて, 申わけなし, 目を, 相当する, 違いない

1 [141件] あたかも電光, おおわれそれら, かかるやう, かぎって, からまる伝説, きめて, こだはる, した, したが, した王様, しときゃあ, しましょうか, しようか, しろよ, しろ全然, すぎない, すぐ執着, する, そつくりだ, そむかないと, それは, たしかにある, ちがいなかった, ちっとも覚え, つきては, とんちゃくしない, なったの, なってや, なっとるな, なつた, なるでは, なると, なるといふ, なるとか, びっくりし, ぴったりと, よく似合っ, よく似合つて, わけて, ウッカリ実在の, ジャパンという, ジヨンを, メリイを, 似ず不, 似た酒場, 似ない岩肌, 似合わねえすごい, 何らかの特権, 使うつもり, 依って, 依つて不可なかつ, 依つて帝都, 兄を, 免じて, 出っ喰わしたので, 出逢ったなあ, 劣らぬ怪しい, 合は, 合わない, 嘘を, 囚われるわれわれ, 土地で, 変えます, 変った, 変って, 変つてゐる, 変へて, 外ならない, 多少恥じ, 大した変り, 尉仇台といふ, 對し, 少しも, 惚れて, 意味なんて, 愛着を, 應用すれ, 打ちひしがれた五才, 投げられた言葉, 拘わります仔細, 拘束され, 拘泥し, 拠つたのだつた, 振假名, 捺印が, 掛るからって, 接し短い, 改名させる, 敬意を, 早くも, 書きあらためて, 書き換, 書き換えられて, 書換えて, 朱筆が, 注意し出した, 添えたの, 濁点を, 点火した, 父称を, 特別な, 用ひた, 疑問を, 盲信した, 相応しいの, 相応する, 相違ない, 眼を, 確定し, 私の, 移して, 税は, 窮するから, 終に紅い, 背かない頼母, 至当な, 英仏人が, 行き当ったが, 見覚えが, 覚えが, 解すること, 言い知れぬ執着, 記憶は, 象った白虎, 迷わされる, 過ぎないから, 違いなかった, 違ひありません, 違ひない, 違ひなかつた, 遭逢する, 鋭い観察, 関わると, 関連し, 關心を, 附けるよう, 障り当人, 障るから, 飽きた, 鬼が, 鳴雪非

▼ 名前~ (110, 1.7%)

13753 と云, と思った, んな 2 が, ぜ, つたと, ということ, といっ, と思う

1 [64件] かそれ, からそこで, からそれで, から思い出した, から泥坊, から親父, から記憶, から話, か知らない, か知らなかつた, か自分, か苗字, か英語, がこの, がこれ, がそれ, がね, がもっと, がキャバレー, が今, が倫敦, が当時, くらいにはご存じ, けれどし, けれど俺, こと, しドッシリ, そうだ, そうである, ぞ, っけあんたア, つたかも, つたから, つたといふ, つたの, つたのを, つて勝手に, といった, といふ, とは思った, とほめられた, とみんな一緒くた, と云っ, と八十助, と吐かし, と川端康成, と思つて今, と感じた, と或, と解され, と解釈, と言った, と記憶, と龍, なあ, なあ誰, なそれに, な出, な此, よウ, わね, イサミ勇と, 名前に, 名簿を

▼ 名前~ (107, 1.6%)

6 一緒に 3 それから 2 その巣, 住所とを, 住所は, 住所を, 爪判を, 用事を, 顔付から

1 [84件] あって, いい年頃, いうほどの, いかめしい肩書, いっしょに, お亡くなり, お住宅, お処, お所, ご住所, さうし, して, そうしてその, その人, その人物, その仕事, その他の, その住所, その測量年度, その置き場所, その運命, その雇, それから無精髯, だいたいの, なったの, なにが, ならんで, なり生きた偽り, なる, もと拾い, アドレスを, スケッチは, 一様に, 三つならべ, 伝統が, 住居を, 住所だけ, 住所とが, 作風とが, 便りを, 処とを, 処番地とを, 収容所の, 同じです, 同様に, 同級の, 場所を, 声だけは, 外皮とのみが, 妓の, 実際とが, 年齡とを, 形とが, 彼等によ, 御屋敷, 御父称, 思はれる, 意見とを, 感じだけが, 所とを, 数字と, 書類を, 本の, 来ると, 爪判だけ, 父が, 父称で, 父称の, 生きて, 生れた処, 生国とを, 生涯の, 用件を, 番地を, 私の, 経歴とを, 義挙の, 自分の, 製造年号とが, 財産とを, 貴公の, 金とを, 音楽の, 顔だけ

▼ 名前だけは~ (70, 1.1%)

5 聞いて 3 知って 2 知つてゐる, 聞いた事, 色男らしい

1 [56件] あくまでも祕, いえない, ご存じの, すこし前, そうだった, どこにも, ほぼ記憶, よく存じ, よく知つて, パリッと, メルローズ, 一人前の, 主人に, 予, 伺って, 俊助の, 俊助も, 偉そう, 僕の, 優しいが, 優しい中年過ぎ, 克く, 勘辨し, 厳めしく, 君の, 君も, 外国風だ, 大いに聞い, 大そう, 子供でも, 存じてを, 容捨し, 強さ, 強そう, 心得て, 怖か, 承知し, 折ふしひ, 故意にか, 日本の, 昔噺の, 書けるが, 確かな, 祕し, 私達の, 立派だ, 立派な, 耳に, 若いが, 若い六十恰好, 親しみを, 言いましょうお, 通用する, 野暮な, 隠さして, 骨が

▼ 名前です~ (59, 0.9%)

138632 からよく, って

1 [25件] かい, かね, から, から気, から知らない, か教え, がその, がそれ, がそれでも, がどうも, が年, が私, が英語, が親方, が鳩さん, けれどもここ, けれどもこの, こと, なし, ねえここいら, ねえほんとに, ものそりゃ, わ, 云々, 私は

▼ 名前まで~ (55, 0.8%)

2 つけられた, 書いて, 知って, 訊くこと

1 [47件] いうこと, いつの間にかその, いよいよ読み進んだ, おぼえて, お当て, お明し, お知り, くわしくいう, こしらえて, そう軽々しく, ちゃァ, ついて, つけた人, なにか儚, まるっきり変っ, もちだし二人, よく教え, 一つひとつ書き記される, 云ったぞ, 全部直し, 出したの, 出て, 出るよう, 分ったと, 分りますもの, 呼んだの, 変え同じ, 変って, 引合いに, 御存じの, 忘れて, 書き出せという, 来て, 知ってや, 知らせる事, 私は, 聞くん, 言い式, 言つてそれを, 言わせる気, 読み返したが, 貰いながら, 貰うこと, 貰って, 酒呑童子と, 隠れて, 飛び出して

▼ 名前だけ~ (51, 0.8%)

4 では 3 でその, 知って 2 なん

1 [39件] かえること, きめて, そのなか, ぢや, であいかわらず, であるが, でなく大河, で一座, で内容, で無く, で自動車, のを, やつと, 伏せて, 借したとは, 借りて, 出して, 名だけ, 変えたの, 小池はんの, 当てたって, 承わりましたから, 挙げて, 教えて, 消して, 焼けて, 知ってるの, 立派な, 聞いたところ, 聞いて, 聞かして, 聞くと, 聞けば, 記して, 記憶します, 識つてゐる, 貼りつぶされたん, 雅號を, 雅號樣の

▼ 名前~ (51, 0.8%)

2 何かは

1 [49件] あたくし, いうとるね, お所, それから, そんな名前, なあと言, また作歌文章, 伝記に, 住所や, 何かを, 作品を, 使い方を, 原料に, 商売を, 境遇の, 奉公人たちの, 奉公人達の, 年齡やを, 年齢やを, 心持には, 所は, 技巧に, 押絵に, 日付が, 本の, 本籍さえも, 標題に, 殊にその, 気に入った文句, 父称を, 特性を, 由来に対する, 粗雑な, 素姓が, 経歴では, 自分の, 著者の, 血の, 行動を, 言葉で, 詐術を, 貨幣などについて, 身分や, 身分を, 身許は, 過去の, 閲歴の, 顏が, 顔は

▼ 名前~ (50, 0.8%)

8 のです 7 んだ, んです 4 の, のか 3 のだ, のよ 2 のである, のでございます 1 のかね, ので, のでよけい, のでリバティ・ステーク, ので単に, ので由, ものです, んかちつ, んざあるもんか, んだろう

▼ 名前から~ (49, 0.7%)

23 して 2 思い付いた銭形

1 [24件] いいはじめて, お顔, その作品, つけなきゃ, みれば, 一字も, 予想され得る, 云うが, 先に, 再び鼓舞, 判ずると, 判断し, 受ける感じ, 年齢まで, 思いついたらしく, 推して, 推しても, 来る聯想, 渾名から, 生れ故郷の, 由来した, 申しあげます, 見ても, 言っても

▼ 名前さえ~ (38, 0.6%)

3 知らなかった

1 [35件] あった, その親方, ついて, つけて, まだ知らなかった, よくは, 云わないその, 今は, 全く消え, 出せば, 出ると, 初耳だった, 判然とは, 口に, 呼ばなかった, 存じませんし, 彼は, 忘れて, 思い出せないほどの, 持たぬ所, 挙げてないの, 既に忘れ, 明かしたが, 書き落したり, 母には, 発見出来ない, 知って, 知らずに, 知らないん, 知らない寺, 知らなかったの, 知る者, 絶えずまちがえてる, 自分の, 虚僞か

▼ 名前では~ (31, 0.5%)

4 ない 3 ないか 2 あるが, ないが

1 [20件] あったの, ありませぬ, ありませんか, ございませぬか, ございません, ございませんか, ないじゃ, ないそれ, ないと, なかった, なくて, なく地図, アンナ・マリア・サンフルと, 何だかインテリ, 効果が, 文章を, 柳雲飛鳥と, 絶対に, 覚えが, 通用しない

▼ 名前ばかり~ (30, 0.5%)

2 で相手

1 [28件] だ, だから, だった, つけたもの, である, でして, でなくあらゆる, でなく動物, でなく言葉, でなく顔, では, ではござりませぬ, でも, で一篇, で地理上, で水車, で私, で苗字, で近頃, 多く出, 意氣な, 残ったの, 気に, 矢つぎ早に, 立派に, 聞きたる人, 際限も, 集めて

▼ 名前だった~ (26, 0.4%)

2 かな, と思います

1 [22件] あの亀さん, お母さんは, か, かしら, かしらん, からだ, が, がその, がみんな, といっ, ねえ, のか, のだ, のです, のには, のねえ, のを, よ, ようだ, わけな, 大きく戦き, 悲しい事実

▼ 名前でも~ (26, 0.4%)

3 なければ 2 彫るならなるべく

1 [21件] ありました, あり同時に, きこうもの, つけて, ない, 一通, 云うよう, 出ますよう, 原稿紙の, 拝借しなけれ, 搜す, 明して, 暗記し, 漢語読みに, 男の子らしくし, 継がせて, 考えて, 聞かされたやう, 覚えようと, 違いは, 駄目です

▼ 名前だけを~ (25, 0.4%)

2 見て

1 [23件] いえ, かねてから, きき知って, しらせました, たずねて, でも廃, ジャーナリズムの, 二人の, 云はずに, 伺わせて, 御記入, 挙げて, 日記に, 明るくし, 書いたもの, 残して, 白く残し, 知って, 聞いて, 聞き知つて, 記して, 記憶に, 通じると

▼ 名前だけでも~ (21, 0.3%)

3 聞いて

1 [18件] えらく堅, お聞かせ下さい, たいへんな, スラリと, 人を, 伺って, 入れて, 兵馬に, 千何百とかいう, 可い, 容易に, 彼を, 数えきれぬくらい, 沢山覚えたい, 知りたいもの, 聞くと, 言はせ, 軽蔑し

▼ 名前である~ (21, 0.3%)

5 ことを

1 [16件] か, から普段, が, がそれ, がとにかく, ことが, ことだけは, ことも, ことをも, ということ, とすれ, と思ひ込ん, のか, 上は, 場合が, 若しや

▼ 名前などは~ (19, 0.3%)

2 持出さずに, 言わずとも

1 [15件] いかなる本, すべて除い, ないの, もちろん将軍家, ドウでも, 一切記憶し, 今から, 入れずに, 単なる符牒, 口へ, 問ふべき, 少しも, 彼女程度にも, 無いの, 知らないという

▼ 名前なんか~ (19, 0.3%)

1 [19件] いいたくは, どうでも, よくお, ドウデも, 一つも, 何だつ, 使つては, 出すの, 出て, 出ると, 呼ばれると, 忘れたが, 持って, 申し上げるよう, 知る必要, 符号に, 聞いて, 聞き度, 訊いて

▼ 名前には~ (18, 0.3%)

1 [18件] それぞれ意味が, ただ軽蔑, 似ても, 佐々徹男と, 印度の, 女丈夫の, 姉の, 常々心を, 彼女の, 換えられません, 新しい犯罪, 植物の, 煩わされるので, 父称と, 相違ない, 職業として, 違いない, 違ひない

▼ 名前~ (17, 0.3%)

2 へ伝, へ知らない

1 [13件] これから百, へもない, へも忘れ, へも替へ, へも碌々, へも見, へろくに, へ判然, へ忘れ, へ発見, へ稍朧ろ気, へ聞い, へ記憶

▼ 名前じゃ~ (16, 0.2%)

4 ないか 2 ありませんか, ないよ 1 あったけれど, ありません, ありませんからね, ありませんよ, ない本当, なかった, なくって, よろしくたのみ申す

▼ 名前にも~ (16, 0.2%)

1 [16件] あったから, かかわります, かかわること, かかわると, かかわる事, てんで無, なって, 似ずそれ, 係はる, 幽靈, 拘はる, 拘はるそつ, 拘はるわけ, 疵が, 運と, 障りますから

▼ 名前~ (13, 0.2%)

2 団長としての

1 [11件] どこから, わたしは, 二三千年の, 何か, 名前は, 存じませぬが, 宮川覚明と, 恐らくこれ, 知って, 知らんただ顔, 集合名詞と

▼ 名前こそ~ (13, 0.2%)

2 父の, 知らないが 1 やさしいが, 両種, 人々の, 出さなかったけれど, 堂々と, 旅柳桜だ, 聞いて, 言は, 読者の

▼ 名前など~ (13, 0.2%)

1 [13件] おぼえては, すぐ忘れ, つけるもの, ひとつも, 失念いたし, 尋ねられても, 知ってる筈, 知らんの, 綺麗な, 聞いたこと, 言わずに, 訊いて, 附いて

▼ 名前~ (13, 0.2%)

3 で小説 2 です, は妻, は承る 1 けの妻, は偉, は忘れまい, を變

▼ 名前~ (13, 0.2%)

2 は心得, は聞いた 1 きいて, は出, は坊城君, は平次, は搜, は知, は知っ, は言, ひの

▼ 名前でした~ (12, 0.2%)

41 かな, がここ, が忘れました, っけが, つけ, なんとなく可哀そう, ね, もの

▼ 名前までも~ (12, 0.2%)

1 [12件] あてさせましょう, なつかしいやう, キレイに, 否認し, 容易に, 忘れて, 数み込ん, 毒々しいが, 汚すよう, 知って, 祇一祇二祇福祇徳などと, 貰って

▼ 名前すら~ (11, 0.2%)

1 [11件] はっきりし, 不要な, 二三の, 云ったこと, 人が, 発見する, 知らずに, 知らない, 知らないもの, 知らなかつた, 聞いたこと

▼ 名前さえも~ (10, 0.2%)

1 変って, 思い出すこと, 打ち明けたくない, 書いて, 杳として, 無くなった, 知らずきれい, 知らないのに, 知らなかった, 頂いて

▼ 名前なんて~ (10, 0.2%)

3 どうでも 2 ものは 1 あてに, ごぞんじない, どうせ普段, ドウでも, 書き入れて

▼ 名前ぐらいは~ (9, 0.1%)

1 お聞き, ご存知でいらっしゃる, 公表し, 当てて, 知って, 聞いて, 覚えて, 覚える事, 誰でも

▼ 名前などを~ (9, 0.1%)

2 書いたの, 書いたもの 1 レオナさんから, 伺い度, 挙げて, 用ふ, 知らない先生

▼ 名前だけで~ (8, 0.1%)

2 想像し 1 きめて, 所書きは, 知られて, 結構でございます, 見合が, 通ふ

▼ 名前だの~ (8, 0.1%)

2 値段だ, 年齢だ 1 たくさん現われ, わたしの, 幸内の, 怨みの

▼ 名前なども~ (8, 0.1%)

1 いっさい出さず, やはりこういう, 在りの, 大抵は, 大方合つてゐる, 書きこんで, 知って, 覚えて

▼ 名前をも~ (8, 0.1%)

1 ありのままを, 併せて, 其通り當座に, 加へ, 口走り私, 在りの, 知って, 變へ

▼ 名前だけが~ (7, 0.1%)

1 しみ込んで, どうしても思い出せない, はみ出るとの, 今日僅かに, 判らない, 同じで, 改まったもの

▼ 名前だけしか~ (7, 0.1%)

1 お授け, 書いて, 書けない一人, 残らない, 知っては, 知らないの, 言わなかった

▼ 名前であっ~ (7, 0.1%)

1 たり隣, てその, てはならない, ても全然, て全米, て東京市, て遊女屋

▼ 名前なぞ~ (7, 0.1%)

1 ありませんのよ, いうの, からこれ, 忘れて, 申しあげても, 聞いた事, 迚も

▼ 名前までが~ (7, 0.1%)

1 一々あげられだした, 一々わかっ, 変って, 実にいい, 引合いに, 忘れられそうして, 立派に

▼ 名前~ (7, 0.1%)

1 が立てられ, だから, と家族, なりしかば罪, の事, は, やら奥役

▼ 名前という~ (6, 0.1%)

6 ものは

▼ 名前とが~ (6, 0.1%)

1 まるで拵えもの, 彼女を, 恰で, 書いて, 結びつけられて, 跡方も

▼ 名前とを~ (6, 0.1%)

1 よく覚え, 一致させ得る, 書いて, 聞いて, 見て, 見詰めたが

▼ 名前なんぞ~ (6, 0.1%)

1 ご存じな, ないの, まだでしょ, 何兵衛でも, 有るか, 知らないという

▼ 名前そのもの~ (5, 0.1%)

1 からそれ, がどんな, は度外れ, までも立派, も新井田氏

▼ 名前だけに~ (5, 0.1%)

1 しろと, せよお嬢さん, なったん, 接しただけの, 過ぎません

▼ 名前~ (5, 0.1%)

2 やありません 1 や, やない, やなく

▼ 名前でなく~ (5, 0.1%)

1 ちゃ厭, ちゃ駄目, てはいけない, てはならぬ, 仲間の

▼ 名前とは~ (5, 0.1%)

1 およそ遠い, まったく違った, 反対に, 少年の, 思はれぬ事

▼ 名前なら~ (5, 0.1%)

1 いくらでも, だが君, どこかで, なんでも, 大抵知っ

▼ 名前によって~ (5, 0.1%)

1 その髪毛, 客が, 画を, 私達は, 表現を

▼ 名前ばかりの~ (5, 0.1%)

1 並んで, 夫婦で, 洋服, 竝んで, 芸術家先生として

▼ 名前よりも~ (5, 0.1%)

1 先に, 更に前, 狼といふ, 自分自身で, 遊びの

▼ 名前~ (5, 0.1%)

1 う, て仰し, て有, でも持っ, といいます

▼ 名前だけの~ (4, 0.1%)

1 ことで, 夫婦関係を, 姪で, 町会長で

▼ 名前だつた~ (4, 0.1%)

1 かしらん, が誰一人, が酒注台, ところで

▼ 名前であった~ (4, 0.1%)

1 かしらん, が内容, が重吉, のだ

▼ 名前とも~ (4, 0.1%)

1 なれば, 思わぬが, 思われません, 覚えて

▼ 名前と共に~ (4, 0.1%)

2 すぐ私 1 ボストンの, 始まったと

▼ 名前に対する~ (4, 0.1%)

1 この奇妙, チョイチョイした, 吾, 自分の

▼ 名前はと~ (4, 0.1%)

1 改まつ, 聞いたら周樹人, 聞かれて, 訊いたけれど

▼ 名前より~ (4, 0.1%)

1 この名, ほかには, もっと昔, 大きく刷られ

▼ 名前らしい~ (4, 0.1%)

2 ものを 1 がともかく, のが

▼ 名前入り~ (4, 0.1%)

1 のハンカチ, の制帽, の状袋, 引き札付き

▼ 名前ある~ (3, 0.0%)

2 男を 1 表札を

▼ 名前かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, 知れない, 知れぬ

▼ 名前がち~ (3, 0.0%)

1 がふ, がふと, やんと

▼ 名前しか~ (3, 0.0%)

1 とどめない, 書けない一人, 頭に

▼ 名前だって~ (3, 0.0%)

1 いや, 一向香ばしく, 二の腕に

▼ 名前でございます~ (3, 0.0%)

21 かな

▼ 名前とか~ (3, 0.0%)

1 洗礼名とかまで, 考へとか, 顔とかを

▼ 名前として~ (3, 0.0%)

1 つけて, ふさは, 伝わって

▼ 名前なぞは~ (3, 0.0%)

1 一人残らず知っ, 書きませぬ, 親共の

▼ 名前なる~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 ものは

▼ 名前なんぞは~ (3, 0.0%)

2 どうでも 1 なく只一人これ

▼ 名前について~ (3, 0.0%)

1 いへば, お話しし, 緊張した

▼ 名前については~ (3, 0.0%)

1 別に何, 読者の, 重要な

▼ 名前にまでも~ (3, 0.0%)

1 呪咀を, 呪詛を, 障る訳

▼ 名前はなんて~ (3, 0.0%)

1 いふの, おっしゃるの, つけようか

▼ 名前までは~ (3, 0.0%)

1 わからない相, 実は私, 申し上げ兼ねますが

▼ 名前みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な味気, ね

▼ 名前をさえ~ (3, 0.0%)

1 きいては, 口外しなかった, 忘れて

▼ 名前倒れ~ (3, 0.0%)

1 の川, の看板, を露出

▼ 名前~ (2, 0.0%)

1 所番地, 聞かせ下され

▼ 名前くらいは~ (2, 0.0%)

1 ご存じでしょう, 知って

▼ 名前すらが~ (2, 0.0%)

1 思ひ出せないといふ, 記憶に

▼ 名前つける~ (2, 0.0%)

1 とおんなじ, ん

▼ 名前ない~ (2, 0.0%)

1 ん, 体験の

▼ 名前なし~ (2, 0.0%)

1 でした, でまず

▼ 名前などが~ (2, 0.0%)

1 いっぱい書い, 永続し

▼ 名前なんぞを~ (2, 0.0%)

1 ここに, 呼ぶもの

▼ 名前にて~ (2, 0.0%)

1 借請, 東方に

▼ 名前のみ~ (2, 0.0%)

1 である, で実は

▼ 名前のみを~ (2, 0.0%)

1 保有し, 当てに

▼ 名前ばかりと~ (2, 0.0%)

1 思ひしに, 言っても

▼ 名前ばかりは~ (2, 0.0%)

1 当り前の, 立派であった

▼ 名前~ (2, 0.0%)

1 書けないの, 石を

▼ 名前への~ (2, 0.0%)

1 様にも, 浅はかな

▼ 名前ほど~ (2, 0.0%)

1 でも, 凄味の

▼ 名前人五郎作~ (2, 0.0%)

1 が五郎右衞門, 改め五郎兵衞

▼ 名前伺っ~ (2, 0.0%)

2

▼ 名前即ち~ (2, 0.0%)

1 変名という, 死後につける

▼ 名前~ (2, 0.0%)

1 が這入っ, を持つ

▼ 名前申出~ (2, 0.0%)

2 づるにおいてはその

▼ 名前知っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 名前騙っ~ (2, 0.0%)

1 たりし, てこない

▼1* [172件]

名前いうて頂戴, 名前いかがです, 名前いろいろの事柄, 名前かとばかり思つてゐた, 名前かはあなたご存じの, 名前からがすでに恐ろしい, 名前からでも想像し得られる, 名前がでしよう, 名前きいてどない, 名前きかせて頂戴, 名前きれいな名, 名前くらいですぐ, 名前ぐらいおっしゃいよ, 名前ぐらゐは本当でもその, 名前こっちで考え, 名前ことごとくが匂い, 名前ご存じないでしょう, 名前さえがいまは, 名前じゃあない, 名前じゃがあんたらもう, 名前じゃったと思うた, 名前すらも初めて聞く, 名前そうざらにある, 名前そして脚が, 名前その他必要の事柄, 名前それが何, 名前それからその十分前, 名前だけはずつと以前から, 名前だけも覚えて, 名前だったらやってもいい, 名前だったろうがそれ, 名前だろうと思います, 名前ってついぞ聞いた, 名前ついてないの, 名前つけてるの, 名前つてものは変, 名前づらが他, 名前でありその名, 名前でありますな, 名前であるならよし聞かず, 名前であるらしく私の, 名前でございましたので私, 名前でしょうか, 名前でとほつて, 名前でない男の, 名前でない気取った仮名を, 名前でなければいけぬ, 名前でやすが, 名前で御座いまして, 名前といったような, 名前といふものは, 名前といふほどの意味も, 名前とともにヒチリキに, 名前とに顔を, 名前との聯想関係が, 名前とはと首を, 名前なぞがいつ新聞, 名前なぞと一所に, 名前なぞ一ツも知らなかった, 名前などについてもあの永い, 名前などまでもよく暗記ん, 名前なら知らないものは, 名前なりその特志, 名前なんかが呼ばれると, 名前なんかは僕が, 名前なんかも問い試みるよう, 名前なんかよりそれを, 名前なんかを大きな声, 名前なんだか伯爵には, 名前なんてとつくに, 名前なんどをお, 名前において魯迅の, 名前にたいして満腔の, 名前にでも出逢ったよう, 名前になつてゐた, 名前にまでなって, 名前によつて讀まない, 名前に対して君に, 名前に対してだけは恐ろしく潔癖, 名前に関することな, 名前どれも, 名前のこらずのなか, 名前のみはかねて, 名前はずつと昔どこかで, 名前はとにもかくにも, 名前はなどと聞くの, 名前はね私の, 名前はも早や, 名前ばかりがズラズラと, 名前ばかりで知って, 名前ばかりのねありや, 名前ばかりよっていいました, 名前ばかりを使って, 名前ばっかりだわ, 名前ばっかりじゃないん, 名前ひとつにし, 名前ほんとに綺麗ね, 名前まじァ知らねえ, 名前までを代筆なんて, 名前て来, 名前やあひびきの, 名前やと考へ込む始末, 名前やら判らない, 名前お秀さん, 名前よくみい, 名前よびにくいです, 名前よりは後だ, 名前らしくもあり, 名前らしくないあんな四角ばった口調, 名前らしく見せかけてさえある, 名前ッし聞いた, 名前をかたつてるん, 名前をかぞへるだけで, 名前をと云う, 名前をといふことにな, 名前を通してここで, 名前ガ敏子デアル, 名前ガ郁子デ娘, 名前ハ浮カンデ来, 名前モソレガ日本人ヲ夫ニ持ツ佛蘭西婦人, 名前持ッテ兵庫ニヤッタラ悦ンデ, 名前一つでも覚える, 名前三軒きいて, 名前下着類の状態, 名前世捨人の山僧, 名前世間にザラ, 名前なり, 名前五つの署名, 名前京都には京都, 名前人口地勢物産などをお, 名前はね, 名前以外の名前, 名前位ぴつたりと来る感じ, 名前住所は申し上げられません, 名前何てつたつけな, 名前借ったいうねんわ, 名前友達に言いましたら, 名前取調べ置き類焼, 名前吉田のお, 名前名前何てつたつけな, 名前が男文字, 名前宿所は必ず, 名前年月日番号等を書入れ, 名前年齢容色行状嗜みなんどを事細やか, 名前性質等は特に, 名前控えてあります, 名前故に取違えましたの, 名前せといたら電話帳, 名前書いてくれねえ, 名前に誰, 名前殊にその内容, 名前沢山に生れ付い, 名前申し出づるにおいてはその科, 名前真っ直ぐに申立, 名前つてる, 名前知つて御座らつし, 名前私生活自尊並に生命それ自身, 名前戲曲または, 名前立派な表題, 名前二に, 名前考えるん, 名前職場の位置, 名前肖像等の抹殺破棄, 名前自身が物語っ, 名前記憶になかつた, 名前悉く誦ん, 名前通りに塩鮭, 名前通り物柔らかだが, 名前通り確かに平原, 名前通り足を投げ出した, 名前野呂さんいひまんの, 名前騎手の名前