青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「名人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~同意 ~同時に 同時に~ ~同様 同様~ 同盟~ 同行~ ~名 名~ ~名人
名人~
名刺~ ~名前 名前~ 名古屋~ 名物~ 名称~ ~名誉 名誉~ ~吐い 吐い~

「名人~」 2650, 29ppm, 4096位

▼ 名人~ (492, 18.6%)

18 目が 10 目の 8 名を, 域に, 目を 7 口から, 声が, 目は 6 手に, 目に 5 ことです, 手は 4 ことばが, ように 3 そでを, 半九郎, 吹いた尺八, 声は, 姿を, 秀麗な, 顔に, 顔を

2 [18件] おもて, からだ, さえた声, ところへ, 内に, 出馬を, 医者が, 口に, 域には, 境に, 手から, 手が, 目には, 目も, 耳に, 許に, 顔が, 髪結額から

1 [329件] あとを, あるという, いうこと, いったその, いったとおり, いないの, いわゆる右門流, うしろから, うれしさ, おじいさんは, おどろきは, お医者, お血すじ, かいた山水, きげん, くせに, こころづかいも空, ことだ, ことでした, ことは, ことばな, ことばに, ことばは, ことばも, この心構, こぼれ種不思議に, こわきに, ごとく伝えられるが, さわやかな, したたか驚いた, すさまじさであり, すっと胸, すばらしい恫喝, ずぼしどおりきな粉, せりふを, そでの, その一, その手, そばへ, たてた茶, ために, つけられる面, つよい求道心, と人, と言われ, なにものにも, のど首ねらっ, ほかに, むっつり右門, もぐらの, もろ足が, やって来たの, ようだ, ようではござりません, わがむっつり, オモ役者であった, タッチなど, タッチなどという, チンピラの, 一世に, 一人であった, 一代前は, 上に, 不審なふるまい, 不審は, 中にも, 予言は, 五四歩これが, 仏師は, 仕カタ開キ, 仕事が, 仕事に, 仕業だ, 作だ, 作だけ, 作ったさかずき, 作で, 作であった, 作です, 作なり, 作に, 作は, 作を, 使う槍, 使って, 使つたのでない, 候補で, 全知全身は, 出ない時代, 出馬いまか, 出馬する, 分は, 分を, 制止も, 刻んだもの, 前に, 前へ, 剣術遣いでも, 創作なる, 力が, 十人十五人に, 十八番です, 千柿の, 卓抜の, 占い者は, 卵や, 口辺に, 古今未, 名に, 名人わざでした, 名人芸を, 名啖呵, 吹くこと, 命令一下とともに, 喉と, 噂の, 圍はれ, 域と, 域にまで, 域にも, 域を, 場合など, 場合は, 塚田が, 境を, 境地に, 境地にも, 境界を, 声に, 大度フェアプレー, 大長考, 女髪結, 如く系列, 姿のほどの, 姿態が, 子の, 子孫である, 子孫に対して, 寝床へ, 射るよう, 将棋を, 尊称を, 小柄が, 山浦清麿の, 左手が, 師が, 序盤に, 庖丁を, 弓です, 弟子で, 彫ったという, 彫った名作, 彫んだ人形, 微笑しいしい行き向かった, 心を, 心掛だけ, 心構への, 心理は, 心血を, 忍び寄るよう, 応手が, 思付きで, 息が, 息子が, 悲しさ, 情けある, 態度が, 慧眼や, 所産でした, 手からも, 打った一打ち, 打つたもの, 技倆によって, 技術だ, 指が, 指の, 指物師でなけれ, 振附師, 捕物さばきに, 捕物帳も, 推断が, 描いたもの, 操る糸, 放った矢, 放つた矢, 敗北が, 敗北を, 敗因は, 数に, 料理人という, 断定する, 新たに, 新邸宅, 方が, 方で, 方は, 明るい声, 明知は, 曲だ, 書いた上品, 本来真面目に, 杉山が, 染吉さんに, 構えた扇, 槌が, 機嫌の, 次には, 次へ, 気分を, 気持ちは, 気炎当たるべからずです, 水洩れだ, 泉嘉門だ, 注意を, 浜子を, 淵沢小, 漁師は, 演じるある枕, 演奏で, 演奏でも, 澄みきった心境, 火入れする, 父子も, 特技の, 特殊の, 独擅場と, 由です, 疑惑は, 病衰し, 癖です, 相撲観を, 看破した, 看破どおり一時の, 眞に, 真に名人, 真相を, 眸と, 眼が, 眼の, 眼光が, 眼光は, 矢に, 矢を, 研屋が, 碁の, 碁客が, 磊落性を, 神響でも, 積りで, 第十五番, 筆は, 策の, 素質が, 絵に, 絵を, 美しいタッチ, 耳を, 聞えが, 胸に, 胸中には, 胸中を, 胸先に, 胸板めがけ, 脾腹目がけ, 腕前だ, 腹を, 至芸だ, 至芸は, 至芸を, 至言と, 舞踏を, 花冠を, 芸という, 芸の, 草香流でした, 莞爾, 著書を, 藝に, 西域人や, 観察は, 言でした, 言ふ如く, 言葉といへ, 言葉や, 言葉を, 話が, 話に, 誉れを, 誉高く, 講釋を, 謡だ, 豪啖に, 豹太沙朗八万に, 足の, 身に, 身の, 返事が, 追憶に, 逸事を, 逸話や, 道具類を, 選み出した, 配下に, 配下には, 鋭いことば, 鋭い声, 鋭くさえた, 錢形平次が, 鍼灸医の, 鏃師, 長唄を, 長考が, 間を, 随一まず, 静かな, 面に, 面は, 面を, 面影を, 頭には, 頭は, 顔は, 顔色が, 風格などと, 風格などといふ, 風格駄ジャレにも, 餌刺しで, 鬢の, 鳥刺しの

▼ 名人~ (248, 9.4%)

3 あった, あって, いて, やっても, 呼びとめると

2 [16件] ありました, いいました, いる, いるん, やんわりと, ゐて, 世に, 代を, 出て, 外国から, 演じても, 現われると, 莞爾と, 追ひこまれ, 静かに, 鳴らして

1 [201件] あったそう, あったその, あったのに, あつた, あの舞台, ありうるという, ありながら, ありましたが, あり槍, あるそう, あるって, あるばかり, あるん, ある程度だ, あわてて, いかなる責め, いくらも, いた, いたすこと, いたの, いったんこうして, いった江戸, いとわしげ, いますぜ, いやはりまし, いるかと, いるという, いるのよ, おかしなもの, おどろくべきこと, おわすもの, かいた豹, かわいい配下, かんからと, がばとはね起きる, きき尋ねるだろうと, ここで, こともなげにいいました, この手, これを, こんなこと, ごくなん, ございました, さうきいた, さしても, さし控え, さっさとやっ, さわやかに, しかりました, じっと考え, ずかずかと, ずばり, ずばりと, ずぼしを, そうザラ, そこの, そのままもの, その時代, その時分おいで, その晩年, その行く手, その面, とつぜんその, とつて, どうした, どこの, にやりと笑いました, にやりと笑う, はしなくも伝六, ひそんで, ひと皮剥ぎゃ, ひょいとのぞく, ふたりも, ふふん, またさらに早かっ, またひどくおもしろ, また知っ, また騒がない, やったの, やにわにずばりと, ややいぶかっ, ゐる, アドの, カンカラと, グッと, コマを, ピカリ鋭く, フラフラと, 一丁あとから, 一世一代として, 一言一句に, 一門の, 上がらないの, 不思議な, 中国に, 乗るん, 九年かかっ, 事起こる, 何か, 何を, 作った美術品, 來さへ, 信長と, 凡下の, 出たと, 出ました, 出ました御, 出ましても, 初段で, 双葉山を, 受け継いでは, 古今に, 叩くの, 各時代, 同じフランス人, 名人でなく, 名人位から, 名人位を, 名人位引退を, 吐き出すごとくに, 吐き出すよう, 品川で, 唄ったって, 坐つて, 多うございます, 多かった, 大きく笑っ, 大人にな, 天を, 好きで, 実はわが, 容易に, 封じ手の, 将棋に, 将軍の, 居た, 居て, 居ますぜ, 居るから, 居るだ, 居るよ, 弓を, 応接間に, 意外な, 手前の, 押えながら, 押し止めると, 持って, 持てば, 捕われたこと, 日本橋の, 早朝に, 明治から, 昔京都に, 書けば, 有って, 朝寝も, 本当に人生, 村に, 来たぜ, 沢山出ました, 泳いだかと, 演じた義士銘々伝, 現れた, 現われても, 生涯に, 用いるという, 百年前の, 眞劍で, 碁の, 私の, 笑いわらいいいました, 続いたが, 縄張りとして, 老いて, 考へ, 自分の, 自動車で, 荒れ狂って, 覇気横溢の, 見すごし, 言つた, 記録員に, 許すべき, 詩まで, 起きあがったかと, 身も, 身を, 軽く草香流, 近年まで, 追ひこまれた, 速記を, 鋭く制し, 鋭く問いかけました, 鑑別に, 隠れて, 雇傭される, 雪ずきんに, 雲の, 静かには, 駒を

▼ 名人~ (226, 8.5%)

5 静かに 3 あごを, なにごとか, にこりとも, 柳に 2 いたって, さっそうとし, しんしんと, 彼等の, 畏るべきである

1 [199件] あちらこちらそれとなく, あふれあがるしずく, ありません, あるまい, あるまいと, いかなる場合, いかにもおちつい, いくら泣血, いっそうの, いつまでも, いつもそうな, いない, いやすでに, うれしい気性, おしの, おもわず声, お組屋敷, けっこうそれ, こう言った, ことに吉田操子さん, この古今亭今松様, この童子, これを, さつきの, さとくも, さわやかに, しきり, しずかに, じっとまずあの, すぐさま人形大尽, すぐさま路地奥, すでに自ら, すばやく下乗札, すまして, ずかずかと, そこの, そのいじらし, そのままくるりと, そのままごろりと横, そのまま人生, その熱い, その秀麗, そろりそろりと, た, たいがい升田らしい, たしかに強い, ただ黙々, だが, ちゅうちょなく, とつぜんかん, とんちゃくが, どんどんまた, どんなに道具, ないと, ないよう, なかなかに, なぞの, なに思った, にやにやと, ぬっと手, のっそり近, ひざの, ひざを, ぴたりと, へやの, ほこらの, ぼつぼつと, まことになんともいい, まず懐中, まっしぐらに, みずからの, もう大人, もう駒, もとより当の, もとより黙々として, ものすごいくらい, ややしばしじっと考えこん, ややしばし老, ゆうぜんとはいっ, ゆうゆうと, ゆうゆう淡々顔色一つ, らんらんと, ゐなかつたで, クスリと, タバコの, フェアプレーどころで, 一歩一歩と, 一足飛び, 上体直立胸をは, 上手であっ, 不世出の, 不審に, 不朽である, 丹念に, 九段に, 事の, 京の, 何か, 何も, 何処かへ, 依然にやにやと, 先に, 八丁堀目じる, 冷罵す, 勝負の, 十分おきぐらゐに構へが, 十年や, 十年不敗の, 十数年間私と, 千萩の, 升田八段に, 南部つむぎ, 双葉山を, 反対でした, 右へ, 同県上高井郡仁礼村字米子, 名人でした, 壮年の, 完全に, 射すくめるよう, 小夜福子に, 少し様子, 少なくない, 居間の, 床に, 強い, 強くしかっ, 待ちうけ, 微笑し, 微笑しいしい, 微笑とともに, 心も, 必ずしも後悔, 我々には, 戸を, 打ちあげられて, 敗れて, 本来の, 横に, 機械科學の, 止めるひま, 死の, 求道弘法の, 江戸中に, 決して現れないだろう, 沈々黙々, 温泉地と, 滅びては, 滅んだといふ, 烱, 無心に, 物柔らかく, 狐か, 疑問の, 発見する, 目に, 短檠を, 碁盤の, 秀麗かぎりない, 私に, 私の, 私達に, 穏やかに, 精根を, 紙一重の, 聞き流しながら, 聞き終わるとともに, 肚で, 胸を, 自信あり, 色々な, 血に, 言つた, 言つてゐた, 詰手を, 調子に, 謙遜を, 足早に, 身じろぎも, 軸の, 軽く押える, 近世の, 道の, 違ったもの, 違つてゐます, 郡内の, 重なる不審, 闘魂の, 面を, 首筋と, 騒がずに, 黙々しんしんそこ, 黙々とあご, 黙々とし, 黙々として, 黙々としばらくうち, 黙念, 黙然として, 龍山陸軍病院に

▼ 名人~ (161, 6.1%)

12 言はれた 4 言はれ 3 いわれて, 名人との, 言ふて

2 [11件] いうよりは, いふよりは, いわれるだけ, きて, なって, なるため, なると, 云は, 自称し, 言は, 謳われるくせ

1 [114件] いうが, いうべきであろう, いえども, いえば, いえる奴, いっては, いっても, いつて, いはれた長野, いはれるお前, いろいろあった, いわるる秀吉, いわれたお, いわれたかの, いわれるに, いわれるほどに, いわれるほどの, いわれる人, いわれる徳川夢声, うたわれたタクミ, うたわれて, おしゃべりの, されて, され春団治, し非常, その一時代前, その時, なすとか, なった, なったも, なられ仮初, なりしもの, なり聖域, なるを, なる方, なる程, なれば, ぼくは, みえて, みえます, もてはやされたが, もてはやされて, やらいう, ゆるされて, ゆるして, よばれた太海三之助, よばれる人, われわれの, オレとは, 一杯やり, 三十分ほど, 三十年も, 云えば, 云ったもの, 云つてこの, 云はれた, 云ふ, 云ふも, 云れる, 云われた並木, 云われた人, 云われた大家, 何ヶ月にわたって, 初心の, 升田八段も, 名を, 名宰相, 名工だ, 呉清源, 呼ばれたの, 呼ばれた一立斎文慶, 呼ばれた先代三遊亭円馬, 呼ばれて, 呼ばれる話術家, 呼ばれ女団十郎, 塚田八段に, 対局する, 思ってるの, 恋に, 成り難く, 承わりました故, 村松梢風さんと, 申しますもの, 申しませうか, 申し実に, 申すの, 睨みました, 知り合いだった, 知れて, 称されるもの, 称せられその, 称せられて, 聞いて, 聞けば, 聴いたが, 自称した, 解つて居る, 言はれし, 言われた人, 言われた女師匠, 言われた平次親分, 言われた満, 言われた近, 言われた銭形平次, 言われた鎌倉, 言われて, 言われるほどの, 言われ生きながらに, 註すること, 認められなかつた犠牲者, 謂われまた, 謳われた男, 謳われた銭形平次, 雖も

▼ 名人~ (118, 4.5%)

6 なって 4 なつた, なると 3 なろうと 2 して, なること, なるべき素質, なれる, 二代なし, 就いて

1 [89件] ああし, あらずと, いつもポカポカ後, おそるべき慧眼, おなりに, おなり遊ばし, おわす, かかっては, かないっこない, きまったかの, こういった, ござりました, しちや, すがりついたの, たずねるがの, てつだって, なった, なったと, なったよう, なっても, ならうと, ならなくて, なりすましたの, なりたいなあ, なりたいもの, なりたい人, なるため, なるだらうと, なるだろうに, なるという, なるなどと, なるには, なるの, なるやう, なる人, なる様, なる見込み, なれるか, なれるかも, なれるさ, なれるであろう, なれるなら今, なれるもの, なんの, ふと不審, ほかの, まかして, もどして, もんで, 三タテを, 三連勝以来大阪の, 不意討ちを, 二ツ三ツ振廻され, 今一歩だ, 会った, 似んこと, 出馬を, 助だち, 占な, 叩かれたら美しい, 同じ嘆き, 同情し, 同情する, 向つて, 弟子入りし, 念を, 悪人は, 悪党は, 掉尾の, 数えられて, 早変わりいたしまし, 明治の, 最も近く, 柳田将監という, 比して, 準ぜられて, 現れられて, 生前死後身より, 用が, 発見される, 聞かれて, 謎の, 負かされて, 責めたてられてはと, 追いついて, 逢われたと, 達する努力, 限って, 食って

▼ 名人~ (112, 4.2%)

7 あつた 3 ござります 2 この人, わたしは, 櫓を

1 [96件] あつて, あらっしゃる, いつも蒸気河岸, いらっしゃいまして, いらっしゃいます先達て私, おあり, おいでに, お母さんの, かつ左きき, きょうは, げす, しかも世に, すら屡々, そしてピアニッシモ, その上和歌, その作曲, その子小野治郎左衛門忠常が, その道にも, それでもって, どんな漁師, どんな画家, なかには, ね, ね晩年, ね死んだ, ひとの, またさる, みごとに, 一人は, 一回損を, 一度逢, 三十三間堂前に, 不敵な, 中には, 亀を, 二十八年間此の, 二日も, 人に, 今は, 何の, 保田の, 六郷左京一人は, 其前に, 刀を, 十二文の, 千両という, 半九郎, 名高かった, 困る, 土橋亭りう馬という, 夫延寿太夫を, 女形の, 家鴨を, 小叫天, 小艶, 巳之, 常に錦, 平次如き, 当時故あっ, 当時既に, 御鷹役人を, 投げ銭ぐらい, 數十歩を, 新聞記者としては, 旗下八万騎の, 日に, 木村さんが, 東山中御門御, 機関銃の, 永生きを, 江戸っ子の, 江戸開府以來と, 無二斎, 狙つたら, 界隈でも, 神田中に, 篠笛を, 終戦後は, 経済に, 綱渡り玉乗りなんでも, 義理人情の, 自分など, 自分の, 自身調合にも, 若い女, 若旦那が, 西洋人が, 親仁に, 調法がられた, 賣り出されて, 足は, 身構えに, 遠くから, 長助に, 高林弥九郎という, 鼠ばかり

▼ 名人~ (104, 3.9%)

87 ということ 5 からね 3 からといっ, とて上手 2 あんまり利口, そうで, という, という噂, ね

1 [68件] いずれ上玉, お前たちも, からきつ, からどんな, からなに, からね岩入, からまた, から仲, から光線, から大抵, から女中め, から山本さん, から新, から竿, か知らねえ, がこの, が一方, が棋譜入り, が決して, が矢, しその, し空気銃, ぜ, そうだ, そうです, つたので, つたのです, つてことだ, つてやられます, と, という解釈, という評判, という話, という説, といっ, といふ, といふ噂, とおも, とか上手, とされれ, となア, とは思った, と乗せ, と云う, と信じ, と思, と思った, と思はれた, と思われる, と感心, と日ごろ, と自称, と近郷近在, などと云つて, ねエ, ね驚いた, のと, もの, よ是, よ高名, わ, 下谷の, 伯耆の, 名医だ, 地図で, 彼には, 相だ, 相です

▼ 名人~ (55, 2.1%)

2 はたと当惑

1 [53件] あっけに, あっと, あまりのす, あります, いいよう, いささかあっけ, いささかずぼし, いささか凝然, いささか意外, いささか腹, いろめきたちました, おもわずぎょ, おもわず目, ぎょッ, ことごとくあぐねきっ, ことごとくおどろいたらしい, この村, これには, しきりと, したたか驚いたらしく, なくなりしたがって, ひとたび棋力, またあと, またおごそか, またそう, また同様, もう何度, 世界の, 亦あつ, 京に, 人心地を, 今年は, 伝六も, 全身あわつぶだって, 多い, 少々不審, 少しぎょ, 愕然と, 感に, 提灯袋も, 數限りなくあります, 文化天保の, 沢山出る, 生死を, 胸を, 舞台に, 芸を, 苦笑する, 謙遜し, 足音ころし, 青めくらましながら, 風雅な, 高段者も

▼ 名人~ (53, 2.0%)

3 を失った, を失ふ 2 から転落, の鼎, を失, を失っ, を奪, を譲る

1 [35件] から落ち, がどこ, がひつくり, が呉八段, だけぢ, にくらべれ, についてゐた, に就いた, に挑戦, の五段, は十中八九, も失う, も有名無実, をとっ, をとつ, をとる, をとれ, を中国, を争う, を去りつ, を国外, を大阪, を失つたの, を失つた二年前, を失つた塚田, を失つた時, を失つて, を奪う, を奪還, を授けられ, を望み, を落ちた, を賭け, を賭けた, を転落

▼ 名人~ (49, 1.8%)

2 大いに呻ら

1 [47件] あつめその, お招きなさった, けしかけました, すぐって, そんな羽目, まだ知らない, やりこめたつもり, 一人なくなしちまった, 争うとき, 二人も, 低く見る, 作るの, 先祖に, 出して, 十年も, 台なし, 合せたビクター, 名乗る者, 名人とも, 向へ, 呼んで, 尋ねて, 待ち伏せて, 恨んだ, 押し込めながら, 招待し, 拵へる, 指込む, 探しだして, 探すこと, 数え上げそれ, 書き上げて, 期待する, 疑わなかったよう, 知る, 称揚した, 自称し, 自称した, 要する, 見たこと, 見つめぢ, 見ると, 証人に, 評して, 誰れ, 迎えたの, 集めて

▼ 名人~ (49, 1.8%)

4 の第 2 その最終戦

1 [43件] がある, がこんなに, がはじまつた, がやり, が三対二, が塚田二勝一敗, が最も, だけは, だの挑戦者決定戦, であつ, である, で見た, といふ大事, といへ, にあ, に二対二, に時間, に比べ, に現れた, に興味, のうち, のすごい, の人気, の参会者, の定宿, の最終回, の観戦, の観戦記, はこの, はさうで, はむつかしい, は私, ばかりでなく, への興味, もここ, も水もの, をひらい, をひらけ, をやらね, をやるべし, を争う, を目, を行うべき

▼ 名人右門~ (36, 1.4%)

3 です 2 の姿, の目, もおもわず

1 [27件] があの, がすでにもう, がひとたび, がぴいんと胸, とのやりとり, との胸, と一対, のしずく, のする, のほう, の吟味席, の幕下, の推断, の明知, の眼, の考え方, はおもわず, は期する, は珍し, は莞爾, は駕籠, もしたたか, もはたと, も伝六, やはりまた, をしかりしかり, をしり目

▼ 名人上手~ (33, 1.2%)

2 となる, と呼ばる, と言われる

1 [27件] がそう, が山猿, が来よう, であるか, でも世に, という, といえ, といえる, といわれ, といわれる, とかいふ風, となれる, とは御身分, になつ, によって洗練, に先二, に聞く, の人たち, の出よう, の少なく, の庖丁, の心掛け, の構え, の至芸, は来, は続々, を月旦

▼ 名人でも~ (32, 1.2%)

3 あった 2 手の

1 [27件] あったよう, いらつし, こういうところ, この中, これだ, そうお, そうすぐには, なければ, にわかに腕, まだ我が, やはり首, 一国の, 二間半先に, 人に, 何でも, 出来る筈, 半夜の, 困難な, 地が, 変人の, 大名に, 大工にゃ, 実子が, 実際は, 悪者が, 跳び越すの, 鬼神でも

▼ 名人~ (30, 1.1%)

10 んだ 3 のだ, のである, のです, んです 2 ので 1 のか, のであろう, のよ, ものだ, んで, 人ゆえ力足を

▼ 名人です~ (28, 1.1%)

7

1 [21件] か, から, からお, からこんな, からどんな, からね, からねえ, からまだ, からゆだん, から今, がきょうの, がそれ, が大名方, が女, が拙者, が無精, が私, つてね, ねえ, よ手, 本当に日本

▼ 名人~ (26, 1.0%)

2 だ, を見る

1 [22件] から機械化, がある, がもの, だった, だね, という言葉, といったもの, として有名, とはいい, と云う, と古典性, にただ, のよう, の一つ, の産物, の至極, は生れる, めいて, を云々, を思い浮べ, を打ち破っ, を高く

▼ 名人だった~ (23, 0.9%)

5 のです 3

1 [15件] かということ, からな, からなかなか, が安政, ことを, この大石, じゃありません, な, のだ, ので, のでございます, んです, ジル・マックァサーの, 光太郎の, 長五郎の

▼ 名人として~ (21, 0.8%)

2 歴史に, 知られて

1 [17件] その珍, また鷹, 世に名高き, 人も, 塚原卜伝や, 天下に, 客将の, 将棋さしの, 挙げて, 江戸と, 浪人組の, 目された, 私が, 空前の, 自他ともに, 見物人の, 通って

▼ 名人気質~ (21, 0.8%)

1 [21件] がほ, だと, でなかなか, で自作, というやつ, とでもいう, と名, と称し, などといふ形容, のやつ, のわがまま, の人, の仙人的骨董的神格的, の方, の記内, の野郎, の頑固さ, を五月蠅, を御, 却って面白い, 悪くいえ

▼ 名人である~ (20, 0.8%)

3 ことを

1 [17件] いや名人, かも知れない, がいくら, がその, ことが, そうじゃ, ということ, という一つ, とか, ところから, と吹聽, と認められ, などといった, のは, のを, ゆえに, 蔦之

▼ 名人という~ (19, 0.7%)

2 ことに

1 [17件] のが, のは, ものだ, ものは, ような, わけで, オウグュスト・エスコフィエ老は, 事に, 事を, 人の, 何となくまだ貫禄, 先生の, 者は, 者も, 評が, 評判だった, 評判でした

▼ 名人たち~ (17, 0.6%)

1 [17件] からも腕, が如何にも, が正に, が選んだ, にもひけ, のお, のする, の手, の製作, の道場, の間, まるでサル, もばたばた, も一時間たち, を呼びた, を奇面城, を聴く

▼ 名人~ (16, 0.6%)

2 へ行く

1 [14件] で出演, といふの, とか美音会, と来月, に出かけ, の氾濫, の連中, へともに, へ出演, まで行っ, をのぞい, をのぞく, を見る, 第一回公演

▼ 名人には~ (13, 0.5%)

1 [13件] いっさいの, いつでも, なかなかなれない, ならなかっただろう, 伏せた壺, 別の, 引窓から, 支那人に, 敗けられぬ一戦, 自己に, 道が, 防ぎが, 隙という

▼ 名人であった~ (12, 0.5%)

2 にし 1 から元就, が何, が造酒, ことは, ことを, と云う, なだが, バッハが, 下曾根金之丞は, 事も

▼ 名人とか~ (12, 0.5%)

2 または達者, 何とか言 1 いわれるほどの, それに, サロンの, 上手とか, 何とか言われ, 何とか言われる, 天才とか, 実力十一段とか

▼ 名人とは~ (12, 0.5%)

1 [12件] いえその, いえどうせ, チト受取り, 一路話の, 二十年も, 云へ, 云われない一箇所, 今まで, 異います, 知らなかったね, 知りませんでした, 言えないなどと

▼ 名人~ (11, 0.4%)

1 [11件] でありまして, ではなかっ, というもの, ともいうべき, なるもの, なる型, な人, の一くせ, の人, の芸術家, の親方

▼ 名人錢形~ (10, 0.4%)

10 の平次

▼ 名人達人~ (9, 0.3%)

1 がある, が火花, というもの, にのみ解し得る, の作, はまさに, を相手, を訪, 諸先生

▼ 名人たる~ (8, 0.3%)

2 夫子が 1 ことを, のみ, の力量, ゆえんを, 力量でも, 所以を

▼ 名人~ (8, 0.3%)

1 が隣り, と伯仲, の手, の額, の顔, はその, は部屋, も流石

▼ 名人錢形平次~ (8, 0.3%)

1 とその, には外, の先, の子分, の手柄, はかうし, は子分, は粉煙草

▼ 名人にて~ (7, 0.3%)

2 夜通しに 1 お齢四十, 新しき仕掛け物, 最初は, 田舍に, 藁と

▼ 名人らしい~ (7, 0.3%)

1 な, のが, 事は, 方です, 貫祿が, 軽捷さで, 顔触でない

▼ 名人主従~ (7, 0.3%)

1 の駕籠, ははや, は引き入れられる, は教えられた, は辰, を導い, を待たし

▼ 名人銭形~ (7, 0.3%)

7 の平次

▼ 名人だって~ (6, 0.2%)

1 あんなににいさん, いやがる, この高い, とびこせそう, やられますよ, 人を

▼ 名人とも~ (6, 0.2%)

1 あらうもの, あらう人, あろうもの, あろう人, 知らないの, 言はれた

▼ 名人むっつり~ (6, 0.2%)

2 右門の 1 の右門, ふたりの, 右門に, 右門は

▼ 名人では~ (5, 0.2%)

2 ない 1 ありませんか, なかった, 通りますまい

▼ 名人巨匠~ (5, 0.2%)

1 となる, と肩, に對, の僞作, を網羅

▼ 名人~ (4, 0.2%)

1 さう, 何んか, 知らぬが, 聞きたいもの

▼ 名人かたぎ~ (4, 0.2%)

1 が自慢, だな, でしたが, も名人かたぎ

▼ 名人じゃ~ (4, 0.2%)

1 ありませんか, この男, 真の, 自然の

▼ 名人でした~ (4, 0.2%)

1 が, がその, がそれだけに, けれど人並み

▼ 名人でない~ (4, 0.2%)

1 ということ, といふこと, までもこういう, 九段が

▼ 名人なら~ (4, 0.2%)

1 いざしらず, このお, ば許都, 灸と

▼ 名人にも~ (4, 0.2%)

1 なつて, にあわないじゃ, ゼドリンを, 似合わない大きな

▼ 名人のさえ~ (4, 0.2%)

4 まさった声

▼ 名人意識~ (4, 0.2%)

1 で一貫, で観照, の点, も手伝っ

▼ 名人~ (4, 0.2%)

2 であまり 1 ですね, でやっ

▼ 名人~ (4, 0.2%)

1 が一時, なん, 古くから, 非名人論

▼ 名人銭形平次~ (4, 0.2%)

1 と子分, には外, の子分, は子分

▼ 名人から~ (3, 0.1%)

1 さけて, 受けた三カ月, 生まれる

▼ 名人それ~ (3, 0.1%)

1 がこの, にくらべたら, は鼬

▼ 名人であっ~ (3, 0.1%)

1 てそれ, てまた, てもことごとく

▼ 名人であり~ (3, 0.1%)

1 大成会の, 弦之, 曲芸師

▼ 名人でいらっしゃる~ (3, 0.1%)

1 から殿様, こと造船所には, しそれ

▼ 名人でなく~ (3, 0.1%)

1 てはできない, なつた, ばという名

▼ 名人といふ~ (3, 0.1%)

1 のを, ものが, 大なまくら

▼ 名人とても~ (3, 0.1%)

1 当惑する, 沈吟する, 考え込んで

▼ 名人との~ (3, 0.1%)

1 兼ね合いである, 対局の, 試合であった

▼ 名人にな~ (3, 0.1%)

1 つたやうに, つても, つて戻

▼ 名人らしく~ (3, 0.1%)

2 蟠りも 1 横柄に

▼ 名人わざ~ (3, 0.1%)

1 だ, だ名人わざ, でした

▼ 名人位獲得戦~ (3, 0.1%)

1 でさ, で第, の首位

▼ 名人~ (3, 0.1%)

1 パチリと, 七郎, 呟やく

▼ 名人同士~ (3, 0.1%)

1 の至妙, の試合, はこういう

▼ 名人平次~ (3, 0.1%)

1 はまだ, は相, も

▼ 名人晩年~ (3, 0.1%)

1 の姿, の述懐, の述懷

▼ 名人~ (2, 0.1%)

1 へ一生, 可笑しくたっ

▼ 名人しかも~ (2, 0.1%)

1 家計は, 隠形

▼ 名人じゃが~ (2, 0.1%)

1 向こうにも, 法律上の

▼ 名人ぞろい~ (2, 0.1%)

1 のこと, を要する

▼ 名人だけ~ (2, 0.1%)

1 あって, だと

▼ 名人だけに~ (2, 0.1%)

1 余程手早く, 自分の

▼ 名人ださうで~ (2, 0.1%)

1 お前の, 日本へ

▼ 名人だつた~ (2, 0.1%)

1 が私, のであつ

▼ 名人だろう~ (2, 0.1%)

1 か, が頭

▼ 名人って~ (2, 0.1%)

1 大抵知れてる, 奴は

▼ 名人でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばできない, ばなりません

▼ 名人といった~ (2, 0.1%)

2 方が

▼ 名人としては~ (2, 0.1%)

1 こうるさい同僚, 天下無敵の

▼ 名人などと~ (2, 0.1%)

1 おだてあげるもの, 言われたこと

▼ 名人なる~ (2, 0.1%)

1 ゆえんです, 榎木小僧引受け

▼ 名人にとって~ (2, 0.1%)

1 将棋は, 恋人にも

▼ 名人にとっては~ (2, 0.1%)

1 これからが, ちょうどの

▼ 名人のみが~ (2, 0.1%)

1 これを, 知る業

▼ 名人~ (2, 0.1%)

1 がな, がにわかに

▼ 名人モイーズ~ (2, 0.1%)

1 が受け持った, が吹い

▼ 名人三遊亭円朝~ (2, 0.1%)

1 も晩年, や大阪

▼ 名人二人~ (2, 0.1%)

1 が極めて, はアザラシ

▼ 名人仙波阿古十郎~ (2, 0.1%)

1 が北番所, の下

▼ 名人位挑戦者~ (2, 0.1%)

1 になり, になれ

▼ 名人作阿弥~ (2, 0.1%)

1 がどういう, の身寄り

▼ 名人六代目菊五郎~ (2, 0.1%)

1 の鏡獅子, をさえ齲

▼ 名人决定戰~ (2, 0.1%)

1 の觀戰記, の金

▼ 名人利休~ (2, 0.1%)

1 でもこんな, の幼名

▼ 名人~ (2, 0.1%)

1 は十八人力, よりも技術

▼ 名人南町奉行所~ (2, 0.1%)

1 の控与力藤波友衛, の控同心

▼ 名人名工~ (2, 0.1%)

2 はその

▼ 名人圓朝~ (2, 0.1%)

1 が四銭, は

▼ 名人~ (2, 0.1%)

1 一座で, 長考と

▼ 名人大家~ (2, 0.1%)

1 でなくとも, はノッピキナラヌ言葉

▼ 名人寸毫~ (2, 0.1%)

2 の隙

▼ 名人小さん~ (2, 0.1%)

1 のよう, の小言幸兵衛

▼ 名人振り~ (2, 0.1%)

1 を, をやっ

▼ 名人春錦亭柳桜~ (2, 0.1%)

1 が穴, の速記

▼ 名人木村義雄氏~ (2, 0.1%)

1 としてあの, と共に半島

▼ 名人本因坊秀哉~ (2, 0.1%)

1 と呉氏先番, に二目

▼ 名人紀昌~ (2, 0.1%)

2 は次第に

▼ 名人繁慶~ (2, 0.1%)

1 もいた, も一時あれ

▼ 名人自称問題~ (2, 0.1%)

1 がもつれ, は紛糾

▼ 名人茂市~ (2, 0.1%)

1 がいま, は七

▼ 名人豊住又七~ (2, 0.1%)

1 が用達し, は麻

▼ 名人~ (2, 0.1%)

1 があった, があつ

▼1* [311件]

名人あって官軍, 名人あと三十分です, 名人あと二十分です, 名人あと二時間五〇分です, 名人あと十分です, 名人あるなら紅いろ緋, 名人いっぽうは錬磨, 名人葉が, 名人かすかにウン, 名人かと疑われるほど, 名人かということが, 名人かなんかで猿, 名人かは知らないが, 名人がくづれるやうに駒を投じた, 名人がっていかにも, 名人きみのよう, 名人さえ近づけなかった, 名人さこれに追付く, 名人さぞかし安心の, 名人じゃけまあ金さん, 名人じゃと云う程, 名人すぐ七二金打, 名人すでに顛倒為し, 名人そこで何を, 名人その時代は, 名人それであのお小姓, 名人それ以外はない, 名人そんなことも, 名人たらんものをと, 名人たりしかばこ, 名人ださうで, 名人だったらしく十年ばかり, 名人だらうが髷, 名人だ縛るだけが野暮さ, 名人ちうことに, 名人ちょうどここに, 名人や真, 名人づくり金造独楽そこらの歯みがき屋さん, 名人であったら面は, 名人であろうと年, 名人でございます玄人は, 名人でさえいかんとも, 名人でなきゃア鳥刺しの, 名人というはまず誰, 名人といつてもさし, 名人といふだけのことぢや, 名人とが対局した, 名人としか解さなかった, 名人としての米友の, 名人となつても, 名人ともども待たして, 名人とやらでそれ, 名人どうかしとる, 名人なしに優れた, 名人などとはつまり横綱, 名人ならではできぬ, 名人なりしと今さら, 名人なんかになるもの, 名人なんて女は, 名人について珍しい鳥, 名人にとつては, 名人はだの親方です, 名人はとみると, 名人はぶきみなの, 名人ばかりだわ, 名人ばかりが集まって, 名人ばかりはおよそこういう, 名人ひとりはにやにや, 名人また身の, 名人までが小屋を, 名人みずから立ち上がって, 名人みずから十枚のやまぶき, 名人もろともあッ, 名人やと自称しとるらしい, 名人ゆえ千金を求められる, 名人ゆゑこれを御, 名人よく梢風先生の, 名人よりも弱いの, 名人らしく見える先生でございます, 名人らしゅう御座いましたよ, 名人も剣, 名人を以て自ら任じ, 名人アマディオがフリュート, 名人カタギの専門家, 名人カラクリ嘉平の娘, 名人キュッと口, 名人クライスラーは兵隊, 名人グイと首, 名人ゼウクシスクロトンのヘーラ女神廟, 名人タバコをすて, 名人チビの鼬, 名人チャムピオンは常に, 名人チラと見た, 名人トンガリ長屋のチョビ安太夫, 名人ハーリー・ハウデニーの, 名人一代の制度, 名人一名縮尻の平次, 名人一夢斎の裔, 名人一立斎文慶は, 名人一門の外, 名人三代目越路太夫の眉間, 名人上手たちに負けない, 名人上手とうたはれた者, 名人上手余りにも多く, 名人上手同志の試合, 名人上手簇出の勢, 名人上手達の勝負事, 名人下女のお, 名人下男の三次, 名人久左衛門の小舎, 名人もくだ, 名人二つの御用駕籠, 名人二十八分六三金これも負けず, 名人二十面相こうしてならべ, 名人二時間半です, 名人今日はここ, 名人仙波さんといえ, 名人仙波阿古十郎駕籠屋と変じ, 名人仙波顎十郎もこの, 名人仲蔵の門下, 名人会金語楼の, 名人伝六のふたり, 名人伝六七造の三人, 名人伝六善光寺辰とおよそ, 名人伝六辰の三人, 名人位四回戦は翌々日, 名人位失格は彼, 名人位引退を宣言, 名人位挑戦試合では折柄大患後, 名人位獲得のリーグ戦, 名人住吉町の円喬師, 名人佐々木只三郎のため, 名人作家が新, 名人の持ち時間, 名人便所へ立ち, 名人係り吟味のお, 名人倉松地上三間あまりのところ, 名人候補と声, 名人全然返事なし, 名人円喬の迫真, 名人円朝のため, 名人初代梅坊主の阿呆陀羅経, 名人制度はたと, 名人制打破は甚だ, 名人名人という, 名人の道, 名人十八番の右門流, 名人十八番からめ手詮議のつる, 名人十八番中の十八番, 名人十寸見露光の追善, 名人千葉周作の名, 名人九郎, 名人南北がそれ, 名人即ち実力日本一, 名人又七と聞い, 名人右手で口, 名人右門存生の当時, 名人右門心の耳, 名人右門退散と注進, 名人吉十郎です, 名人吉田文五郎桐竹紋十郎諸氏を招い, 名人吉田玉造が捕り, 名人吊り専門寄り身の, 名人同志後先変わらないの, 名人も音, 名人名人を知る, 名人名優でなくとも, 名人名等の考證, 名人四時間十三分の大, 名人地獄鼓賊伝イラハイイラハイ今が初, 名人坂東美津江のいた事, 名人塙江漢老人の一子塙郁次郎, 名人壁辰親分のまえだ, 名人壺振りの見透し, 名人夜一夜唄うに, 名人大会の用件, 名人大倉六蔵に鼓, 名人大倉六蔵それには及び, 名人太兵衛の娘, 名人太兵衛三代が安政四年, 名人太海三之助の子, 名人を口説く, 名人妙手にまつわる伝説的逸話, 名人宝蔵院流の槍, 名人家元などという連中, 名人寿司として有名, 名人将棋の名人, 名人小団次の女房役者, 名人小女のお, 名人小手をかざし, 名人小浜太夫の一座, 名人小菅剣之助さん, 名人小野五平翁であったの, 名人小野忠雄すら一歩, 名人尾張町の藤吉, 名人岡谷半嶺, 名人崇拝の一つ, 名人常磐津金蔵が同じく, 名人座出演のこと, 名人を見る, 名人引退後の名人位獲得戦, 名人弱しとは言, 名人彦三郎の代り役, 名人役者のした, 名人得意の啖呵, 名人必ずしも戦場では, 名人必死に居, 名人愛用の一刀, 名人戦一席の浪花節, 名人戦本因坊戦スポーツ万端よろずやる, 名人の會場, 名人戻つてき, 名人房吉と知っ, 名人をふき, 名人挑戦対局に至っ, 名人撫でるように, 名人文学も出来, 名人文魚本多の創始者, 名人でゐ, 名人日本一だという, 名人春日藤左衞門は分別盛り, 名人真翁, 名人曲馬団のトッテンカン, 名人の演出, 名人隠龍太郎, 名人木村義雄と二人, 名人木村義雄さんが私, 名人木村義雄君がある, 名人未だ来らず東日, 名人本因坊文和がある, 名人松助とはまた, 名人松崎殿にも劣るまい, 名人桂文吾写しのきわめつけなりし, 名人桜間左陣翁が見込み, 名人権藤左門に入っ, 名人横綱たる技術, 名人歓迎会というの, 名人に人, 名人気どり仲間を, 名人気どりで鼻もちの, 名人気取りの職人, 名人気質どまりね, 名人気質的なふと, 名人気質的ゴウマンとの混合物, 名人氣質の東洲齋, 名人浅山三徳という者, 名人潮吹の面, 名人物事の気合, 名人特有の右門流, 名人独楽は金造づくり, 名人独特のなにもの, 名人独自のからめ手詮議, 名人理学士水島寒月でさあ, 名人甚三という若者, 名人生活やまた, 名人由斎に心, 名人由緒ある美術品, 名人町奴を気取っ, 名人をはき, 名人白翁堂勇齋のところ, 名人であつ, 名人的素質のある, 名人にか, 名人盤面から目, 名人は鷹, 名人をなげ, 名人秀哉がまだ, 名人端坐黙想して, 名人竹久紋之助, 名人竹本住太夫であった, 名人素質がある, 名人紫式部兼好法師も三舎, 名人美濃清が二年がかり, 名人考案の縦横十五線, 名人聖人の心, 名人肌的な畸行ぶり, 名人を組み, 名人をたて, 名人芸みたいな顔, 名人芸術にもならない, 名人茶碗をとりあげ, 名人荒木竹翁の門人, 名人荻江露友が手, 名人菊五郎のある, 名人でした, 名人されたこと, 名人試合ばかりやつ, 名人を書い, 名人赤い顔木村名人も, 名人越路太夫の門人, 名人の頭, 名人逸話には類型, 名人遊び人の方, 名人道中は長物, 名人道策が日本, 名人達者といわれる, 名人邑井一の, 名人酒量は少い, 名人錦城齋典山もまた, 名人鎮西八郎の末孫, 名人鐘巻自斎, 名人鑑向うが凌雲閣, 名人長谷川監物との射術, 名人閑日月のたとえ, 名人関根金次郎をも指し, 名人を見た, 名人飛鳥左近吾がこれ, 名人高木樂山氏は自分, 名人鷺太夫がつとめる, 名人鼻介を知らねえ, 名人龍太郎と血色塗り