青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「反対~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~友人 友人~ 友情~ ~友達 友達~ 双方~ ~反し 反し~ 反動~ ~反対
反対~
反射~ ~反感 反感~ ~反抗 反抗~ ~反映 反映~ ~反省 反省~ ~収入

「反対~」 7544, 78ppm, 1437位

▼ 反対~ (1966, 26.1%)

34 なって 11 私は 10 彼は, 自分の 9 なる 8 彼の 7 前へ 5 これらの, なった, 人間の, 日本の, 自分が 4 これは, して, 彼が, 彼に, 或る, 私の

3 [20件] あなたの, おせき, すべての, それが, それは, それを, なつて, なるわけ, 人の, 今は, 出る, 外から, 彼らは, 急に, 父は, 相手の, 立って, 考えて, 非常に, 馳せました

2 [89件] あった, あって, かえって迷惑そう, ぐん, ぐんぐん上, ここの, こちらが, こっちへ, すると, そのため, その顔, そんな風, どちらかと, なったり, もう廃せ, わたしは, われわれは, ドストエフスキーは, 一つの, 一方の, 一種の, 一部の, 三千代と, 不安に, 云えば, 人は, 人を, 人物の, 人間が, 今まで, 今度は, 他の, 令嬢は, 伸子は, 俺の, 偶, 僕は, 出て, 却ってシュトゥンプフ自身, 右から, 右門は, 喰って, 国民の, 声を, 大きい大きい寂しさ, 孤独癖の, 少しずつ, 少しの, 山の, 彼を, 彼女の, 彼等は, 後退りを, 急転した, 打ち勝つこと, 敏感に, 根を, 此方の, 火の手は, 焦れた, 父の, 物を, 猫は, 現在の, 生れた人間, 男性から, 男性の, 男達は, 社会の, 私が, 立派な, 精神を, 聞くよう, 自分に, 自分には, 自分は, 自分を, 興奮的に, 裏口の, 西へ, 解釈され, 解釈し, 身を, 遇ふて, 道を, 野蛮な, 鉢の, 顔の, 魏の

1 [1590件 抜粋] あああのひと, あがる, あなたから, あの地獄, あまりおとなし, ありありと, ある時代, あんなお, いいます, いうと, いきなり土佐犬, いくらか, いずれも, いっそう熱心, いつでも, いとも面白く, いよいよ悪魔, うしろの, おかみさん, おしりを, お元, お台所, お断わりした, お竜ちゃん, お誓さん, かえって安らか, かかる観念, かなり信用, かわいい男, きやしやな, ぐっと皮肉, ここは, こちと, こっちに, このこと, この先生, この大商船隊, この恋, この素顔, この観念, この陳情, これから都, これを, ごくごくの, さうし, しずかに, しつかりと握つたもの, しようと, すこぶる振るわない, すでに善良, する人, すんで, そういういわゆる道徳, そうした蛮地, そこへ, その一方, その作品, その動揺, その好奇心, その容姿, その成員, その次ぎ, その画題, その資本, それから, それではいつか, それの, たいへん気, たった一期間, だんだん血の気, とっちめられて, どうすれ, どこかで, どこへ, どんなに入り, どんな騒がしい, なった様, なにか穏やか, なりいわゆる, なり次, なるがね, なるので, なる現実生活, なんでも, のめり込ませでこぼこ, ひっそりと, ひどく寒くなる, ふとって, ぶっつかった, ほくほくし, ぼんの, ますますたより, ますます陰気, またこの, また世俗, また彼女, また酒, まだしやん, まわって, ま上, むくりむくり起きはじめ身仕度, むしろすっかり休息, むしろ達意, もしなに, もし外国, もつともつと癩小説, もんどり打っ, やって来るねえ, わが四冢, わざわざ難儀, われわれが, アンソニ・ホウプの, カッセンの, キリスト教を, サッと蒼ざめた, シャーロック, ジャン・ウエーバーが, セイ氏は, ダンダン大きく, ドシドシ増加し, パイーシイ神父は, ヒロインが, プロレタリア作家が, ユーモラスな, ヴァレリイ, 一円だ, 一層彼, 一心にもの, 一日ごとに, 一枚の, 一生懸命細君にも, 一色に, 七八つの, 三十を, 上って, 下っ端の, 不出来だ, 不満に, 世を, 世間が, 両者を, 中枢神経を, 主張しだした, 之を, 九谷と, 二つの, 二人は, 二輪が, 享保時代は, 人口が, 人手は, 人民は, 今の, 仏菩薩への, 他ならぬ, 代数が, 伐つべからずと, 伝右衛門氏の, 位置を, 何から, 何となく妻, 何にも, 何処までも, 余の, 作者自身の, 例えばザッキン, 俊成は, 俺は, 個性という, 働くとき, 元気に, 先生に, 入ると, 全く逆, 全逓などという, 六号とか, 内包量でなけれ, 再建説に, 冬忙しく, 凄くなりやしない, 凜, 出たらめ, 出るよう, 出会うこと, 出口の, 出来上って, 切殺される, 刺客を, 前より, 加奈江は, 動機の, 勝家から, 化かして, 北朝は, 十二天の, 南さんは, 南北の, 却って千鶴子, 又之, 友人が, 取っちめられたこと, 取違えて, 受け身の, 古人が, 叱りとばした, 右側すなわち, 右近の, 吉野遷幸この, 同じ恋, 向うへ, 向て, 君こそ, 吸気の, 呉を, 哀願的な, 問屋の, 嘉六は, 四五年間は, 回るよう, 固くなっ, 圧力が, 坂を, 埃だらけの, 墓から, 墨さへ, 夏比較的, 外界の, 外見上する, 夜の, 大人の, 大変中の, 大衆の, 太田が, 夫人の, 奨励の, 女を, 女子も, 妹の, 婦人団体は, 子たちに, 存在する, 宇宙を, 官選の, 実物は, 客観主義者は, 宮崎の, 家康が, 寧ろ寂莫, 尋ねたの, 小娘の, 小石一つでも, 小説の, 少しでも, 少し蒼ざめて, 屈折力は, 山が, 山口の, 岩公は, 峡間を, 左に, 左足から, 巾地は, 帆村荘六に, 平塚らいてうが, 幸便に, 幽霊が, 幾分右方, 広告などは, 底の, 廊下での, 式場の, 引っぱり寄せて, 弱者は, 形が, 影法師が, 彼らを, 往って, 後妻の, 後者前者の, 従順な, 徳次は, 心持よく, 必要な, 忘我の, 怒りを, 思うところ, 思わずひょいと首, 恐ろしく冷え, 息子を, 悪なり, 悪魔的の, 惜しげも, 意識し, 愛に, 感謝しあった, 我儘で, 戦争成金で, 戯曲として, 所々に, 才無き, 抒情詩は, 抱きついて, 掘り出し物の, 支配者の, 政宗の, 故国の, 教授に対して, 文化生活の, 文字の, 斜めに, 新しい階級, 日々の, 日夜慚愧の, 日本人が, 日記に, 早く芸人, 明らかに, 明子は, 昔よりも, 春に, 暗黒の, 最も原始的, 最も目立った, 月謝を, 有閑の, 未熟で, 村中から, 東京に, 東側の, 枝の, 根柢を, 植込みの, 極めてつつまし, 極めて日本室好み, 極めて関心, 榛名の, 権力感を, 欅の, 欧人将来の, 正直な, 武を, 武蔵の, 歴史的社会の, 段々に, 殺されます又, 母や, 毒ぐちを, 気の, 気恥しくつて, 気持は, 水を, 氷を, 決して殺人淫楽者, 法隆寺には, 洋館を, 浜の, 海から, 涙が, 深いさびしさ, 満場大, 滑稽味を, 潤沢な, 濡れた身体, 灼熱した, 無職で, 煖炉から, 熾であるらしい, 父なる, 牛丸少年が, 物理学の, 独りぼっちの, 猴が, 珍しい夏, 現在ある, 理智的な澄んだ, 生姜を, 生活に対する, 生者の, 由って, 男から, 男を, 番所の, 発陽性フーテンという, 白紙でも, 益々ややこしく, 盗賊かと, 直接支那劇の, 相手を, 相違ない, 真南, 眠り込む状態, 眼を, 矢代の, 硝子が, 神が, 神経が, 私言い換える, 秋風は, 積極的に, 空想の, 突拍子も, 立ち自ら, 立つ事, 第一, 筆を, 簡素で, 級全体で, 素直に, 統一単純性すなわち, 緋の, 締りが, 置いたところ, 美しさ, 老人にも, 考えられて, 考えるほど, 耳を, 肚には, 背向に, 脱皮の, 自分から, 自制力を, 自己を, 自由詩を, 興奮が, 船は, 色神異常者には, 芸術の, 苦い顔, 苦学に, 茶事とか, 落ちて, 落語を, 蕪村こそは, 薄くなり過ぎる, 蚊帳の, 蜘蛛を, 行進を, 表の, 衰えて, 袁将軍の, 被支配階級, 複雑な, 西洋には, 見えなくなった, 見ること, 見物人の, 角が, 言ふと, 訊いた, 記者の, 話の, 語り口は, 読者の, 誰しもが, 諸君の, 護の, 財力の, 貴女に, 資本の, 賢人に対して, 赴かしめた, 足音が, 身構えして, 軽部の, 近い, 近所の, 退却した, 通りの, 逸れて, 遣り込められて, 酒の, 酸素の, 金と, 金も, 銅を, 鐘鳴, 開店と, 間違ったの, 関羽の, 陰気で, 陸の, 隅田川を, 集団農場を, 零下百二十度にも, 雷門の, 露伴は, 静けさを, 非常なる, 面識なく, 頗る優雅, 頭が, 顔を, 風にも, 食って, 飽までも, 駈け落ち, 驚くほど, 魏軍は, 鹿島槍側からは

▼ 反対~ (1774, 23.5%)

71 方へ 68 側に 66 方向に 49 側の 30 方角に 28 方向へ 27 ことを 25 意見を 24 方に 23 方角へ 18 ほうへ, 方から, 結果を 17 側から 15 方角から, 立場に 14 側には, 方向から 13 側を, 方の 12 ものである, 側へ 10 意味に, 方向を 9 事を, 効果を, 方を 8 ほうに, 見解を 7 ことが, ものを, 側は, 傾向を, 場合も, 結果が 6 ことも, ために, ものが, もので, 説を, 隅に 5 ものに, ように, 位置に, 方向の, 方角の, 方角を, 道を

4 [17件] ための, ものであった, 側にも, 場合には, 場合は, 声を, 山の, 思想を, 性質を, 意を, 意味を, 態度を, 理由は, 端に, 結果に, 考えを, 隅の

3 [26件] ものとして, もの即ち, 事実を, 例を, 力が, 壁ぎわに, 壁には, 声が, 奥の, 意味で, 意思を, 東の, 森の, 極に, 気勢が, 気勢を, 気持に, 現象を, 立場を, 結論に, 結論を, 見方を, 証拠が, 証拠を, 運動を, 隅へ

2 [70件] がわに, ことばかりを, この行動, すみに, ためには, はずれに, ほうを, もの, ものでも, ような, 中に, 人は, 余地は, 側が, 側すなわち, 側では, 傾向さえ, 出来ないよう, 印象を, 場合の, 声明を, 左へ, 思想と, 性情の, 性質の, 悪い結果, 意味の, 意図を以て, 意見が, 意見は, 感情を, 手紙が, 推論を, 方からは, 方は, 方へと, 方向には, 方角で, 方角には, 方角へと, 方面に, 方面へ, 日記を, 決議を, 演説会が, 点から, 片側には, 現実の, 理由と, 磁極を, 積極的な, 立場だ, 端から, 端まで, 竹足を, 精神が, 舷に, 舷の, 行き方, 行動を, 西の, 観念を, 言葉を, 説が, 議論を, 赤坂行へ, 趣を, 路へ, 電車が, 順序に

1 [722件 抜粋] あの事, あらうわけ, あるもの, うしろへ, おしゃべり屋でした, おも, かたすみ, かたは, がわ, が多い, きびしさ, こころを, ことさへ, ことでした, ことと, ことの, ことは, ことばかり, ことばを, この事件, しかたが, しやう, たちを, ためである, できないもの, できないよう, ところに, ところにまで, ところも, はしに, はじの, ばあいに, ひとだ, ほうの, ほうへと, もいて, もっと光線, ものだらう, ものであったら, ものでござる, ものでなけれ, ものとは, ものなる, ものにも, もののみを, ものへ, ものも, やうである, やつは, ようだ, ようである, ようです, わがままな, アクセントを, アッピールは, アッピールを, ストの, ストライキまで, チヤチな, ハムレツト型の, ビラの, ピオニールの, プレーシュール街を, ムッムッと, 一くさりを, 一人でも, 一例を, 一番隅に, 一組合が, 一説を, 一隅で, 一隅にわ, 万事自分で, 上は, 不安をも, 不安期待好奇心を, 並み木道を, 並木路の, 中心と, 主要な, 主題や, 事の, 事は, 事件が, 事実として, 事情です, 事情と, 事柄即ち, 事相に対して, 二つの, 二人の, 二点に, 人あえて, 人たちは, 人も, 人らしく思はれました, 人物として, 仕よう, 仕方に, 会合が, 伝承あり, 位地に, 位置であり, 体位で, 何物かを, 作品は, 作品例えば, 作用が, 使い途を, 例が, 例なき, 例に, 例をも, 信仰を, 倶楽部へ, 側からも, 側なる, 側のも, 側白山道の, 側面は, 備前橋の, 傾向に, 傾向の, 働きを, 働は, 光景を, 党派たる, 党派に, 入口から, 入口である, 八百屋組合から, 共産党が, 凡てを, 処に, 出入口から, 出口へと, 出来ない道理, 利己主義を, 利己的感情が, 力をも, 努力を, 効を, 効果であっ, 勇猛なる, 動きにとっての, 動きも, 勢力の, 勤王思想家と, 北側へ, 区へ, 即ち元気, 原則を, 原因から, 原因により, 取扱方は, 口ぶりだった, 口火を, 右の, 右側へは, 同志を, 名目の, 向うはじに, 向う岸へ, 命令に, 回転運動を, 団結, 土産物だ, 坐席, 城西方面に, 場合が, 場合すなわち, 場合であっ, 場合である, 場合に, 場合にも, 場合一処に, 塀側に, 壁に, 壁にか, 壁を, 壁際に, 壁際へ, 声明に, 夕風が, 大デモンストレーション, 大体の, 大示威運動, 大運動, 天城の, 天王寺行きの, 天真爛漫な, 好みを, 好例として, 嫌疑の, 学生が, 学者も, 学説が, 安全率の, 宣伝を, 室の, 寛ろぎや平安や, 寝室の, 小さい池, 小笠原図書頭の, 山へ, 山裾の, 岸, 岸の, 岸は, 左の, 左側の, 市民大会を, 帝国ホテル側の, 幟を, 年には, 広場の, 座席に, 庭の, 廊下に, 廊下よりの, 強さ, 強硬論を, 形でも, 形に, 形を, 彼も, 径から, 御隠居, 心が, 心境が, 心持が, 心持として, 心理に, 心理状態に, 応用も, 思ひも, 思想でございまし, 思想の, 思想感情を, 性の, 性格である, 性格の, 性格を, 性質と, 息を, 悲運に, 情火が, 想像を, 意に, 意向を, 意味だけを, 意味は, 意見だ, 意見な, 感じの, 感じを, 感を, 感情が, 態度である, 態度に, 慾望を, 憎悪の, 成功が, 戸口, 戸口から, 扉から, 扉の, 手数が, 手段に, 手法である, 抽象に, 振る舞いを, 攻撃を, 政策に, 教えられた森, 敵を, 文学は, 文芸講演会で, 斜面に, 新宿だ, 方すなわち, 方には, 方ばかり, 方へね, 方へも, 方向すなわち, 方向だった, 方向である, 方向では, 方向とに, 方奥の, 方法を, 方策を, 方角からばかり, 方角だ, 方角だつた, 方角な, 方角や, 方角筑豊の, 方針を, 方面から, 方面で, 方面であった, 旗色を, 日々夜々を, 日本国民の, 時にも, 暗さ, 最も非, 有様じゃ, 条件の, 条理に, 東南方を, 根拠が, 根拠も, 桟敷に, 森に, 極端な, 極端に, 極限を, 様な, 様子を, 模型に, 横の, 機運さへ, 歩きかたであった, 比喩を, 気味である, 気持で, 気持と, 気立てが, 気象状態の, 気運も, 決意を, 沈滞に, 法則的理性的な, 活力消耗と, 流れを, 流行を, 消極的な, 淋しい方, 渡良瀬川を, 準備が, 溝の, 火の手は, 点が, 為に, 烽火を, 焼点たり, 熱情に, 片端に, 犬生かし, 状態に, 状態を, 状況を, 独逸の, 狼岩から, 玉川上水の, 現実が, 現実家で, 現象に, 現象の, 理由として, 理由としては, 理由の, 理由を, 生である, 生ぬるい澱んだ, 生気論者は, 生活非, 生物や, 町から, 町角に, 療法の, 発言を, 白い日本人, 目が, 目的が, 相を, 真実である, 社説を, 秀の, 称へ, 空へ, 空を, 空気は, 窓から, 窓に, 窓際に, 立場という, 立場において, 立案を, 立派な, 立証は, 竹橋御門へ, 竹藪の, 算盤屋の, 糸を, 紙帳の, 素質を, 組織へ, 結果すなわち, 結果である, 結果の, 結果をと, 縁を, 羽生街道へ, 考えでも, 考えも, 考え方を, 考を, 者の, 者共でございます, 聡明な, 背後遙かには, 背景にこそ, 脇の, 脇構え, 自己肯定を, 舷側へ, 艇壁を, 色を, 色白で, 落日の, 行動でした, 行為言動を, 街路へ, 表情が, 表示である, 表面から, 裏口から, 裏通りの, 西側の, 西北の, 要求なんか, 要求に, 要素が, 見るからに, 見当に, 見解のみが, 見解をも, 観察である, 観点から, 角度から, 角隅には, 解釈から, 言も, 言を, 言論を, 証拠ある, 証拠の, 証拠も, 話に, 話を, 説だ, 説も, 調子の, 谷底へ, 資料を, 赤松の, 趣味で, 趣意で, 足に, 路地の, 身長も, 車掌台の, 輩だった, 追放の, 退化である, 逐字訳である, 通路の, 進化向上の, 運動とは, 運動に, 過程が, 道路だ, 道路の, 長短を, 間で, 闘いであり, 闘争の, 陰陽不和が, 陳情で, 隅っこに, 隅を, 階段からも, 階段を, 集会が, 離れた場所, 電車がも, 霧の, 面から, 面持を, 頬を, 風が, 風付きを, 風聞なども, 馬場の, 駅の, 麓の

▼ 反対~ (449, 6.0%)

54 ている 20 ていた 175 たり, て来た 4 て言った 3 それを, ていない, ていました, ておる, てか, て立つ, て自分, 平和を

2 [20件] その後も, たりまた, たるが, ていや, ていらっしゃる, てくる, てこれ, てその, てそのまま, てはいない, てみた, ても父, てより, てゐた, て居る, て平和, て民族, て芸術, 人民の, 衆議院が

1 [280件] けっしてそれ, これらの, さうにな, さうもない, さまざまに, さらにカトリック的解釈, そうな, その反対, その命令, その悲惨, その没趣味, その議論, その退陣, それよりも, たりしかして, たりしかれ, たりしてる, たりしない, たりとめよう, たり又, たり反抗, たり喰っ, たり嘆願, たり常識家, たり批判, たり挑戦的態度, たり私, たり途中, たるに, ついに反対, つつある, つつもなお, つつ抽象的, つねに熱意, つまり私たち, てい, ていきり立った, ています, ていらつ, ていられる, ているらしい, ていわゆる, ていわれるでしょう, ておっ, ておった, ており, てきた, てくるであろう, てくれ, てくれる, てこの, てしかるべき, てすべて, てそいつ, てたたかう, てたたかっ, てとくに, てともかく, てともこう, てなに, てはいなかった, てはならなかった, てはならなかつた, てはばかる, てひたすら, てまで自分, てもかまん, てもっと, てもなりますまい, てもらおう, てもムダ, ても何ん, ても容易, ても斉彬, ても母さん, ても賛成, ても逃げ, てやめ, てわし, てわたし, てゐ, てゐます, てゐる, てアンドレイ, てオブザーバトリー, てクリストフ, てパリー, てヒューマニズム, てプロレタリア文学時代, てラジオ放送, てレーニン, て一, て世人, て云われた, て亡ぼされた, て人, て他, て何処何処, て具体的, て写実的表現, て利益, て労農大衆, て勃興, て勇敢, て原稿料, て反抗, て叫ばれる, て召集令状, て各自論説, て呉服橋, て唯心論, て国学, て天才, て天皇制, て女, て女学校, て学問, て宗教, て実際, て密か, て工場, て市民軍, て幽閉, て強健, て彼, て徹底的, て怒鳴り散らし, て愛, て憤然, て成立, て戦った, て掲げた, て提出, て政党内閣, て政府, て政論, て故, て敵, て敵城, て日本, て早く, て時, て時局, て極力, て正義, て殆, て残り, て民業, て民権, て民間, て沙汰止み, て演説, て激しく, て無条件, て独立戦争, て玲瓏玉, て現実的, て生き残つた, て産業革命主義者, て皇武合体, て石油, て福沢, て私, て科学上, て立ち, て立ち会い演説, て立った, て立会演説, て簡潔, て紀州慶福, て終に, て絶えず, て置い, て自ら保守論派, て自然, て自由党, て自由放任, て自立たち, て興った, て芸人, て藩閥内閣, て見, て見たくなる, て見る, て言, て谷崎, て起こっ, て起こり, て起とう, て起りたる, て車掛り, て退化, て遂に, て闘っ, て集団農場さ, て集団農場化, て静, て静粛, て頑張っ, て頗る, て飽く迄も, て騒ぎ, て黄竹居士湯川老人, ながらなぜ, ながら心臓, ながら日本人, ながら自分, はしなかつた, ひとまず現在, また内山, むしろ帝政論派, やがる, やはるの, わしを, ストライキし, ソヴェト同盟を, ファシズムに, プロレタリアの, リズムを, 一日両, 一部からは, 世界平和を, 並せ, 人種退化論に, 住み込みの, 何に, 全国的官吏の, 勤労階級の, 又はギャップ, 反民主的, 各国は, 合理的の, 同時に今日, 同時に共産主義, 国の, 国家, 土蔵の, 地租増徴と, 女は, 妻も, 学問の, 宗教的, 宣教師を, 対立する, 強国間の, 彼が, 従ってその, 思想の, 或いは疑問, 戦争によって, 戦争の, 戦争を, 戦争挑発に, 戦争挑発を, 批難し, 抗議を, 挙国一致と, 日本の, 時には官憲, 更に共産主義, 校長に対してまで, 死活を, 泰西模擬の, 父も, 父親も, 甲の, 瘤に, 相矛盾, 筆誅を, 箱根の, 結局は, 結論として, 而し, 芸術至上の, 資本主義に, 軍備拡張と, 軍国主義の, 軽率なる, 都筑氏は, 陸軍内の

▼ 反対する~ (424, 5.6%)

15 のは 13 ものは 9 ことは, 者は 6 ものが 5 ことが, ので, のも, ような, 人が, 人も 4 のか, のが, のだ, もので, ように, 気持は, 者も

3 [11件] かも知れない, ということ, というよう, のである, のです, ものである, わけにも, 事が, 理由は, 理由も, 者が

2 [20件] ことに, ことを, すべての, ための, という, と彼, のだろう, のを, ものと, ものも, んだ, 以上は, 奴が, 学者は, 理由を, 者とが, 者なり, 者の, 言葉を, 運動は

1 [241件] あまりに自然淘汰説, いささかの, か, かそれ, かつて誰か, かとまで思わるる, かもしれない, からといっ, からやめた, かッ, が, が故に, が日本流, が為, こと, ことも, このもの, この現, し親類, その反対, たびごとに, ために, ためにも, だけの力, だけの破壊的, つまりソフィスト, つもりです, つもりは, と, というあり, というこの, という一般傾向, という共通, という反対者, という名目, という困難, という意味, といふ, とか大隈党, とか左様, とか愚か, ときいつでも, ところから, ところであった, ところと, ところの, との仰せ, と云わん, と共に労働者階級, と思われる, と言, と言っ, と陸, どころかあわてはためい, どころかむしろ, にあらざれ, にきまっ, に及, に非ずし, ね, のであった, のであつ, のでございます, のでした, のでしたら, のでも, ので馬場等, のみ, のん, の外, の意, の方法, の決意を, の決議を, の観ありき, はずが, は実に, は最大, ばかりで, ばかりでなく, ほどで, ほどの好奇, までに深く, ものあら, ものでない, ものとして, ものに, ものの, ものを, もの多し, もの少なから, やうな, や保守論派, よ, ようで, よりも寧ろ, わけぢや, わけに, を悪, を評したる, んです, アラビア人であった, グルッパ, コンムニストたる, プロレタリアは, プロレタ文化だって, ユダヤ人の, 一切の, 一局員の, 一方の, 一派が, 一派の, 一種の, 不正と, 世界の, 世論を, 中日両, 主張が, 主義, 主義の, 主観説を, 事は, 事を, 二つの, 人々が, 人々の, 人々は, 人々も, 人々をも, 人たちが, 人と, 人は, 人民の, 人民戦争の, 人間が, 仕事それに, 代りに, 仲間も, 作家たちの, 作家としての, 個人の, 倫理主義の, 優勢な, 元気も, 先験論は, 党人たちの, 分子の, 力, 勇気は, 勇気も, 勢力は, 反対し, 口実を, 同盟中には, 君の, 唯一の, 啓蒙的な, 墺地利も, 声の, 大きな理由, 女の, 学派では, 学生の, 守旧の, 宣言で, 小数反対派の, 左翼は, 平和運動に, 従来の, 心を, 悪い奴, 悪玉に, 情熱は, 意味での, 意味に, 意志の, 態度を, 所です, 所なり, 所の, 所論の, 批判の, 政党が, 政党を, 政治家と, 文化擁護の, 新カント派, 方が, 日本を, 時読者の, 根拠は, 概念である, 様な, 権利が, 母の, 母親や, 民衆の, 気が, 決議や, 特別な, 理由, 理由が, 理論家達の, 生徒が, 男である, 男女の, 癖あり, 癖を, 白系露人が, 程の, 立場を, 筈が, 筈だ, 結婚が, 者あ, 者ある, 者たちは, 者で, 者である, 者です, 者なし, 者など, 者には, 肉食論者は, 自由主義の, 良心の, 衛生学者は, 要は, 要素を, 説と, 諸人をも, 諸将, 議論の, 軍主脳部乃至, 軍部が, 農村では, 迄もない, 運動が, 道義主義, 長いそして, 風も

▼ 反対~ (343, 4.5%)

9 の壁 8 にある 6 の窓 3 に立っ, に立つ, のほう, の小路, の端, の角, の隅, を見る

2 [20件] から眺めれ, が赤羽行き, にその, に席, の壁ぎわ, の家, の広間, の廊下, の戸, の方, の方角, の框, の砂嘴, の蝋, の襖, の車窓, の軒下, の電車, へ降りた, を歩い

1 [256件] からその, からつまり, からの光, からはいっ, からまたも, からも七, からハッキリ, から乗った, から出, から別, から同じ, から廊下, から廻っ, から徐々, から憎まるべき, から煙火見物, から現れた, から眼, から突出, から落下, から軽気球, から飛び, が自分, すなわち底面, つまり表側, であり三郎, でしたし, で草, で誰, で頭目, なの, に, にあ, にあたる, にあたる下館, にいる, にうつっ, にかしいだ, にささやか, にすりぬけよう, にそむけ, になっ, にねじっ, にはオートバイ, には別, には半, には水, には竹叢, には索道, にひき, にひとり, にひねこび, にぶつかる, にまわり, によってうんと, にソ連, にミシン, に今, に今一つきり部屋, に位する, に低く, に傾い, に写真師, に出る, に別, に加わり, に同じ, に向けた, に在る, に変っ, に夜卓, に姿, に居る, に届かなくなる, に庸三, に影, に微笑み続けた, に折れ, に折れた, に散在, に明り障子, に更に, に楽師達, に歪む, に海水パンツ一つ, に消え, に温泉マーク, に痳痺, に腰, に裏口, に跳びおりよう, に跼みこん, に車道, に近い, に酷似, に門戸, に障子, に面し, の, のあっち, のかえ, のこと, のこの, のとつつき, のオカ, のカフエー, のドア, のドアー, のフォーム, の一つ向こう, の不浄, の与力席, の丘, の中, の丸窓, の二階, の人々, の人達, の低い, の入口, の公, の出入口, の北寄り, の半面, の向い合った, の噴水, の土堤, の土間, の地上, の坂, の垣, の壁ぎは, の大広間, の太, の奥, の女, の存在, の客車, の室, の家並み, の小, の山々, の山路, の岸, の左, の床の間, の座席, の弁護士, の弧, の戸口, の戸外, の扉, の扉口, の手, の斜面, の日本間, の暗い, の最も, の本港町, の杉戸, の東側, の東側病棟, の梯子, の楓樹, の横, の横山町, の横腹, の欄干, の武蔵伝, の歩道, の水田, の浅草, の深川本所側, の玄関, の理智小説, の神田川, の突堤, の突端, の線, の縁側, の羽目板, の者, の脇下, の腕, の舞台脇, の船津, の芝生, の草, の薬屋, の袴腰, の襖ぎわ, の西北, の諸, の賑やか, の赤煉瓦, の足, の車道, の連中, の郊外, の部屋, の野, の長屋, の長浜方面, の階段, の雑木林, の雑草, の雨戸, の露路, の静脈, の頭目, の食卓, の黒板塀, はお, はなお, は中庭, は全く, は古, は小, は山, は崖, は日光, は書棚, は深い, は被害者, は髪川, ばかりに枝, ばかり見, へかしげ, へかしげました, へずっと, へはづんでどんの腹, へ出た, へ動かした, へ回っ, へ小首, へ引張つ, へ引返した, へ抜け, へ撫で移る, へ政権, へ曲るかする, へ歩きだした, へ白い, へ突き出, へ落ちた, へ行っ, へ闖入者, へ飛びのいた, へ飛び降り, へ飛んだ, まで達する, よりももっと, をいそぎ足, をむい, をテーブル, を竹村

▼ 反対~ (327, 4.3%)

13 のだ 11 ことを 10 んだ 9 ものが 8 ものを 7 のである, のです 6 方へ, 方角へ 5 のは 4 ものだ, ものであった, ものです, 方向へ 3 ものと, 意見を, 或る, 立場に

2 [13件] のか, のが, ので, のよ, ほうへ, んです, 効果を, 性質の, 性質を, 方角に, 理由を, 相対空間の, 結果を

1 [191件] うわさばかりが, おかしさ, が一泊り, くらいだった, ことである, ことは, ことばかり, ことばを, このナイーヴ, しかし似合った, ところが, どぶ, なんとなく自分, の, のだろう, のであった, のであろう, のでこう, のでございました, のでございます, のでございませう, のでその, のでそれ, のでも, ので二人, ので眼, ので驚く, のに, のに驚き, のもっと, のを, または実現, むしろ抗争的, むしろ都会的, もの, ものさえ, ものさえも, ものだった, もので, ものであろう, ものとして, ものに, ものにさえ, ものにも, ものによって, ものの, ものは, ものも, もの即ち, もの善真な, もの手を, んでせう, クリストフの, ケースも, ジャーナリズム機能の, ピエロオに, プロレタリア農民の, 一見翼, 不注意と, 事を, 事態が, 二人の, 二号令が, 人が, 人たちだ, 人たちの, 人物で, 人間が, 人間の, 人間を, 仕方, 位置に, 何等かの, 余味が, 作用で, 価値批判を, 信濃堺の, 倒壊者である, 倦怠の, 側の, 側は, 傾向の, 冷かな, 利害を, 力の, 加賀と, 卑俗極まる, 厳科を, 叔父に, 口上を, 同じ道, 名の, 名利なき, 命令だ, 哲学なんて, 回天動地の, 報告が, 姿勢を, 存在を, 実に美しい, 実状が, 実質を, 寂しさ, 富農が, 対立物に, 専門性に, 小さい人形, 岸の, 川下へ, 左の, 強つい, 形で, 影を, 彼女の, 志操への, 快い印象, 性向も, 性格である, 性格と, 性格の, 悪の, 悲劇の, 意味の, 感じを, 感情が, 慈悲に, 態度で, 戦勝国の, 所以である, 教訓を, 方の, 方を, 方向に, 方角から, 日ばかりを, 暗い怖るべき, 条件に, 東門の, 桃花村を, 正面衝突を, 気軽る, 決断を, 点を, 王党であった, 現実を, 現象として, 環境を, 生田の, 申し越しである, 眼だ, 矛盾した, 空気が, 立場で, 立場にまで, 立場の, 笑顔や, 索漠さを, 結果に, 継母の, 考えかたを, 考えを, 考へを, 者の, 胸苦しい痴情, 自由な, 色を, 色感を, 苦笑に, 苦言を, 落付いた, 行動が, 衝動から, 表現が, 西山の, 覆面太郎とは, 見るからに, 見解を, 親ゆずりの, 誤解を, 説を, 賑やかな, 返事を, 通りまで, 連想にまで, 過去の, 道へ, 重吉の, 錯覚に, 風説も, 骨格と, 高地ふじヶ根山の

▼ 反対~ (246, 3.3%)

10 押し切って 5 して 3 となえて, 向いて, 唱えた, 唱えて, 唱える者, 押しきって, 押し切つて

2 [18件] した, となえた, なしたり, 主張する, 信じて, 受けた, 受けて, 唱へ, 声明し, 押しきつ, 押切って, 押切り娘, 犯して, 示して, 表明し, 表明した, 見いだすかも, 買った

1 [174件] いいたかったの, いたしまして, いたします, いたし続けるの, いったの, いって, うけたの, うけて, うけ破門, おし切っての, お題目的に, さけぶ者, しかねその, したかったの, したかつたわけ, したと, したの, したり, した審査員, しなかったこと, しなかったもの, しなければ, しました, しめて, しようと, し続けたの, する, すること, するに, するので, する者, せられるか, とって, となえその, となえたの, となえた本, となえながら, となえました, となえるだろう事, となえるもの, となえる以上, となえる者, となえ市場競争, どれ程か, なさざりきむしろ, なさるとは, なしたるもの, なして, なんといふ, のべた, ぶつよう, ぶッ, やった時代, よびおこした, ハッキリのべ, 主張し, 事実と, 云った, 云わさぬよう, 信じようと, 信ずる者, 共産党が, 具現し, 冒して, 受くる, 受けそれ, 受けただ一時, 受けたとき, 受けたり, 受けつつも, 受けても, 受けなければ, 受けるからと, 受けること, 受ける余地, 叫び出した, 叫ぶ世界, 叫んで, 各時代, 同時に考える, 否定する, 命ずるそこで, 唱うるもの, 唱えたが, 唱えたと, 唱えたの, 唱えたま, 唱えた所員, 唱えないで, 唱えようとも, 唱えられないかも, 唱えるばかり, 唱えるもの, 唱える共産党, 唱へる, 喰った事, 声明した, 外部から, 好むから, 始めたの, 容れ得るもの, 封じる意味, 幾らか現代, 強て, 強硬に, 彼らは, 得れば, 怖れ, 恐れたらあるいは, 意味する, 意図した, 打つもの, 抑えて, 押しとおすわけ, 押し通しだした, 押切りまた, 持するこころもち, 指したよう, 指すの, 指すもの, 斥けて, 断乎として, 書いても, 根本的に, 比較する, 決議さす, 決議し, 決議した, 無視し, 申し立てるもの, 示したるは, 私流に, 称えた, 称えた理由, 称えは, 称えるだけの, 称える理由, 称へ, 称へは, 答えた, 経験した, 絶対に, 考え, 考えて, 耳に, 行うこと, 行く旅人, 行ったの, 行って, 行ふ, 表したり, 表し得たばかり, 表わす事, 見, 見せて, 見ること, 見るの, 言わなくなり積極的, 証明する, 試みたるは, 試みる所以, 試みんと, 語って, 説えた, 説へる, 買ったの, 買つたのです, 述べる人, 退けた支配人, 選ぶべきである, 陳情した, 非常に, 顧慮せずし, 風諭し

▼ 反対~ (152, 2.0%)

3 彼は 2 あつた, あつて, 絶対に, 顔に

1 [141件] ああいう, あの時, あの通り, あらう, あんまり深切, いいん, いくぶん心残り, いたるところ, いつでも, お国, お精神, きっと顔色, けだし三都, ここに, このままここ, この燃料, この芝居, これを, さあ, さっきは, ずいぶん滑稽, そのままに, それが, それは, それを, つまり科学, とても快感, とても自分, とても金銭, とよの乗る, どういふ, どんなこと, なにか駄々, ほんの最近, まあもう暫く様子, ややともすると身体, よい, ウバ彼岸が, チャラピタが, 一二巻の, 一切戸締りを, 一方が, 上流の, 上田や, 不合理, 不安に, 人の, 今なら, 以前に, 伊助が, 伝六の, 体こそ, 何うにか, 何だか近寄り, 何でも, 兄の, 全く信念, 全科にわたって, 共通の, 冴えて, 出来るもん, 出演出来なくなり, 初めどうしても, 古賀君が, 吉事祓へが, 同盟の, 名人気質の, 喜びに, 執筆の, 声の, 夏は, 夢酔に, 大層柔, 夫婦から, 妖気魔気どころか, 実にこれ, 実は不具, 実行できない, 家庭では, 寧ろ舞踏, 小柳雅子が, 少しも, 巨人自身が, 年と共に, 弱い者, 彼を, 後は, 徹頭徹尾腕一本, 思いの外に, 成程, 擬似後光を, 敷居際に, 文章は, 日々夜々何一つの, 最も原始的, 最も時代, 母親にばかり, 毛並みの, 気まりの, 海でも, 消え易い, 深遠とか, 無心の, 爾うで, 牛の, 物事に, 現に東部, 現場証明という, 甚だしい迷信者, 白糸の, 百貨店は, 直ぐに, 直吉が, 相変らず, 碁石などを, 社会教育だけ, 私の, 稀代の, 程度が, 稼がせるだけは, 窓ガラス越しに, 笠森仙太郎は, 米俵を, 而も, 興然, 芝居好き舞台好き更に, 菩薩肩は, 華族会館の, 蛮カラーと, 街道筋の, 見れば, 講義の, 貴嬢, 越中の, 野暮の, 非常に, 面白い, 顔は, 餓鬼大将に, 髯の, 鳥の

▼ 反対した~ (148, 2.0%)

9 のは 6 のである 4 ので 3 ことは, のが, ものは, んです, 人は, 子供は, 意味での 2 ことにも, ものである, 事が, 事を, 者が

1 [98件] あの遺言書, かによって定まるべき, かは諸君, かもしれなかった, からといっ, からよ, からメーデー, がいざ, がどうやら, が他, が安部, が彼, が彼女, が忠通, が梨枝子, が気, が私, が負けた, けれども事態, けれど愛しい, ことから, ことが, ことに, ことや, ことを, じゃない, ぢや, ってはじまらない, って始まらない, って耳, って譲らない, という, という嫌疑, という昔, にもかかわらず, のか, のじゃ, のであった, のであつ, のでありました, のです, のでとうとう, のに, のに電報, のも, のを, の何, ばかりでなく, ほどの女, ものだ, もので, ものであった, ものでした, んじゃ, んだ, アテン派その他の, モチーフを, 一個の, 上私が, 事柄である, 京都所司代が, 人々の, 人格を, 人道的な, 人間が, 人間は, 側面から, 判断を, 君止すなら止せ, 大将が, 奴で, 安治川という, 幾何学者の, 廉も, 志士は, 性質を, 意見, 意見が, 意見を, 所置として, 指導者であった, 文芸が, 方の, 暗示を, 曲者です, 民主主義者を, 汎太平洋婦人平和会議の, 潮流に, 点に, 理由は, 田豊や, 男で, 立場という, 結婚では, 者であった, 覚えは, 詩人である, 顔が

▼ 反対~ (134, 1.8%)

3 がある, です 2 であった, ではない, の一人, はどう

1 [120件] あり, から押し附けられる, から言わすれ, が, があった, があり, がございまし, がなく, が一人, が一木内相, が出た, が多い, が必ず, が攻撃, が現れ, が現れよう, が現われる, が蘭軒伝, が要求, たる尾張, たる政事家, たる用人, だから, だけはどうしても, であったこと, であった明恵上人, でありことに, でありジード攻撃者, であり反, である, であること, であるので, でござれば, でしょう, ではなく, でも当時局外中立, といえ, としてか, としてさえ現われね, として少しく, として現われる, として積極的, となる, との両方, との相剋, と云つて, と向き合っ, などは不道徳, なの, なる物部氏, にあらず, にあらずし, にさえなった, にとって小気味よい, には何でもかでも, には左翼, にばかり見出される, によって反対, に依っ, に冠ら, に対しその他, に対して最期, に対する弾圧, に打撃, に認めさせ, に駁論, のあらゆる, の主張, の例, の信ずる如く, の冷笑熱, の出現, の勢, の口, の口吻, の呪い, の喝采, の大群, の心, の心理状態, の方, の流布, の発言, の罷免, の説く, の讚同, は, はある, はいた, はずいぶん, はたいてい, はもう, はよしんば, は云うであろう, は例, は反米的イデオローグ, は悪い, は昔, は有名, は民衆, は王子自身, への反駁, もあった, もある, もたくさん, もなかっ, もなし, も今, も多い, も多かっ, も手, も生れる, も結局, を不忠, を呼びおこした, を沈黙, を生じた, を眼前, を責め, を除い

▼ 反対~ (105, 1.4%)

3 を打破 2 があり, の中, はその, は別, もある, を考察

1 [90件] から免れる, から説きはじめ, があなた, がある, がなされた, がなされる, がもち, が出, が掲げられ, が残らざる, が理論上, が自ら, すなわち労賃, そういう形而上学主義, であると, であるよう, でその, ではない, ではなく, で主として, で裁判官, というもの, として, として用い, となす者, とのあいだ, とまた, と私, と認められないなら, なきに, などを耳, においては私, には耳, にまで発展, に対して氏, に対する明白, に怯え, に答, に関してはもしも, に関しては異, に関しては私, のうち, のことごとく, のため, のなか, の全部, の内容, の出る, の最も, の正しい, の特別, の考察, の論拠, はあり得ない, はかかる, はこれ, はそれ, はロンドン, は多く, は大きな, は幾何, は最も, は確か, は粗, は荻生徂徠, は豊作, への答弁, もあった, もなされ得ない, も作つて, も少なく, や科学精神否定論, をすべて念入り, をつづけた, をとなえ, を一時間, を唱える, を唱え出した, を容, を展開, を引き起こす, を弱める, を承認, を持ち出しまし, を提出, を書いた, を私, を避けん, を防ぎ得ない, 多く諸

▼ 反対~ (89, 1.2%)

5 ね, わ 4 ということ, よ 3 と云 2 し実際, そうである, と云った, と思う, と思ふ

1 [58件] あの桔梗様, からである, から家, から然, から自由主義, がな隣, が神経, が総じて, けれど, しいくら, しマルクス主義, し大, そうで, だがみんな, っけ, つたのだ, という, というの, というよう, というん, という右近, という結果, という鼻息, といった, ときまる, とさえ思っ, としか思えません, とする, とするなら, とすれ, とどっち, となぜ, ともいわれる, とも云, とよかっ, とよく, と主張, と云う, と云っ, と思っ, と思った, と思はれた, と思はれる, と旧, と考え, と見えます, と言, と言い張りました, な, ね君, のう, んね, ッ, 御隠居, 恐縮する, 背中の, 藤吉から, 訛や

▼ 反対~ (81, 1.1%)

8 わの 3 出て 2 あった, あって, あれば, わは, 起った

1 [60件] あったからでも, あったため, あったと, あったにも, あったの, あっても, ありました, あるかも, おきた, おこる, おこると, かなり単純, ことごとくガラス, ございまして, できないも, できなかったかの, でた, ないなら, ないので, なされるかも, なされ得よう, はなはだしいから, わから, わに, わに小さな, わに潜航艇が, ジキに, 一番いけない, 上って, 事実である, 事実とな, 云ひたいかも, 今日まで, 出なければ, 出ること, 出来ないのよ, 善だ, 多いの, 宣教師追放の, 尋常でなかった, 強くなり, 形式論理的矛盾でない, 惹き起こされるとは, 有ったにも, 正しく江戸川君, 燃え学士秦, 理解せられる, 甚だしい, 生じ二年前プロレタリア文学, 真であろう, 真理では, 私の, 科学主義工業である, 突発する, 結果する, 起こった, 起こらないという, 起り間際, 鉢合せを, 高まるにつれて

▼ 反対~ (80, 1.1%)

6 しなかった 3 しない 2 しないが, しないよ, しなかったが, しなかつた

1 [63件] あったが, あらゆる場合, あり得ずより, いわない, お声一つ, きわめて強い, これ位い, さぞかし猛烈, しては, しても, しないであろう, しない見合い, しなかつたが, しなくなるだろうし, しねえて, しますまい, しません, しませんでしたが, せず, せんが, せんぞ, せんに, その現われである, それが, できない, できないと, できないよ, できなかった, どうも細い, なかつた, なかる可, なかろう, みななくなっ, ドイツ芸術の, 一座を, 云わないが, 出来ないが, 出来ない義理, 出来なかった, 出来なかったので, 到るところ, 卑劣に, 単に論理的反対, 唱えない, 対立でも, 師道も, 強く青木, 恐る, 悪い意味, 愛しないこと, 憎みでは, 次第に声, 次第に親爺, 為さ, 申さなかつたよう, 病気であります, 称えぬが, 結局常識と, 著しく消極論, 覚悟で, 解釈学が, 退屈です, 運動の

▼ 反対~ (80, 1.1%)

5 である 4 だという, であること 3 に転化 2 でしかない, でなくては, なの, に外, へ行く, へ転化

1 [52件] が人々, が媒介, さえが日本, その意味, たるデマゴギー, たる日本型ファシズム, たる生産奨励金, だから, だったの, だと, だなどと, であって, であらざる, であり即ち, であり又, であり啓蒙活動, であるかの, である無, である色々, でさえあった, でしかあるまい, でしかなかっ, でで, ではない, でもあります, でもある, で同じ, としての多, としての役目, としての構成説, としての権力関係, として唯物論, として夥しい, として存在, として提出, として罪, として虚偽意識, となり得る, にさえ捏造記事, にまで導いた, にも相当, に対して哲学者達, に移行, の克服, は何, への変化, への転化的飛躍, へ転向, をその, をカフェー, を空想, を齎す

▼ 反対~ (75, 1.0%)

6 しなかった 2 あったらしくお, あるが, して, しない, また事実

1 [59件] あった, ありましたで, あり得る, ある, あるだろうが, あるだろうし, あるであろうが, あると, こう極端, されず京都, されなかったよう, しないので, しない積り, しなかったが, しなかったので, しなかつた, しなければ, しませんでしたが, せずすべて, せずそれ以上, せずただ, せずつまり, せず同意, せず黙って, せぬといふ, できかねたの, できまい, ないと, なく彼, なそうとは, また有り得よう, また真, また真実, また絶対, もちろん真実, 予想される, 何も, 出たり, 出来かねたし, 出来ずつい, 出来ず平尾, 出来ますまいさ, 反駁も, 受けずに, 唱えなかった, 声なき, 多いよう, 当然多い, 意に, 感じずアメリカ人口, 押切り形, 提起しないであろう, 断乎として, 有つた, 現れて, 真であり, 真である, 見出さなかった, 起った

▼ 反対~ (69, 0.9%)

3 の一人 2 があっ, すなわち皇甥擁立派, と目, の新聞, の誰か

1 [56件] からはひどく, が忍びこみやがつた, が種々, すなわち立憲党, たる李光明一派, であったので, として, として仕事, として合法的, として立ち働い, との二手, の, のすべて, の中, の中傷, の二派, の人々, の人達, の代議士, の候補者木村利右衛門, の吾, の壮士連, の大, の大騒ぎ, の学者, の学者たち, の張本人, の技師, の捫著, の教授たち, の方, の木村候補者, の李光明一派, の根拠, の王様, の現, の皇女, の立場, の筆, の者ども, の誣説, の論拠, の議論, の跳梁, の道具方, の陥穽, の面々, の頭, はこの, はまたも, は右, は欣喜雀躍, もこっそり, をみな, を描かない, 諸雄藩主

▼ 反対~ (65, 0.9%)

2 に走り, の人達, の尻おし, は彼

1 [57件] からしきりに, から憎まれ, か新聞, が, がしのぎ, がよい, が案出, が殴打, すなわち親, であるの, で居, としての立場, として集団的, とはなに, とはなん, とは何事, とも目, と中立党, と目指す, なる長井, にし, に依, に売っ, に対する憤りで, に攻撃, に敵視, のいう, のうち, のため, のヰルヒヨオ, の人, の人々, の先鋒, の刺客, の奴ら, の廻し者, の悪口, の手先, の攻撃, の敵意, の毒刄, の気勢, の爆裂弾, の爪牙, の盛ん, の立場, の策動, の者, の陣営, は幕府, へ送る, へ高価, を恫喝, を撲った, を有し, を疎外, を阻止

▼ 反対~ (38, 0.5%)

2 があります, がある, を唱え

1 [32件] あるも, があっ, が出, が出よう, が多く, だと, と自然, にしか過ぎないだろう, にそんな, になるべく, にも耳, に加担, に遭遇, の出, の大要, は厳粛, は消滅, もあらわれた, もあります, もある, も根拠, をあきらか, をもつ, を主張, を出した, を唱えだした, を唱える, を唱えるで, を排し, を排除, を試みた, を読ん

▼ 反対である~ (37, 0.5%)

3 ことを 2 ことが, のに

1 [30件] からた, から大阪人, がこの, がそれ, が僕, が真, が矛盾, が自生, けれどもその, ことそして, ことに, ことは, というお断り, ということ, という一事, という意味, とかといふこと, とも云, とも思いえませんでした, と云いだした, と云わなけれ, と誤解, にも関, に拘らず, のが, のを, タキノ家や, 例は, 処の, 点である

▼ 反対~ (36, 0.5%)

4 なった 2 なって, なり肉筆画, 云っても

1 [26件] いうと, いうに, なり秋山先生, なると, はいって, ファッシズムに対する, 再軍備反対, 出かけたいん, 出掛けた処, 反対が, 反駁を, 号し, 司法部の, 呼ぶこと, 将来の, 平和の, 思えば, 思われるも, 悲憤との, 批難とが, 結局の, 聞いて, 裏切りとを, 見なしますぞ, 言って, 迫害を

▼ 反対意見~ (34, 0.5%)

1 [34件] があつ, がある, が出, が出た, であった, であって, であり又, で建白書, との夫, と義長, などが発表, にかなり, にはもっとも, には誰, はこう, は出なかった, もあった, もあるらしい, も出た, をかれ, をそのまま, をのべ, をもつ, を出され, を吐かれました, を固持, を持たれる, を持っ, を書きつらね, を無鉄砲, を発表, を述べ, を述べた, を述べる

▼ 反対運動~ (27, 0.4%)

1 [27件] があっ, があった, がおこる, がやかましく, が盛ん, が起された, が起った, する国家, と戦わね, にたった, に奔走, のよう, の声, の婦人, の形, の指導者, の結果, はちょっと, は鎮まり, も何, を始めた, を手伝わせよう, を止めるなら, を試み居る, を起されぬ, を起そう, を開始

▼ 反対論者~ (24, 0.3%)

1 [24件] がすこぶる, がひじょうに, がまるで, が世界中, が居る, じゃない, であります, であり再, であると, でこういう, です, としてとどまる, ならん, によって使用, によりて根本, に対して僕, のスティヴンスン, の中, の反対, の攻撃, の杞憂, の説, はただ, よりもその

▼ 反対しよう~ (19, 0.3%)

3 とする 2 とし

1 [14件] があるまい, というつもり, というの, という用意, とさえしました, とした, とは思わない, ともしなかった, ともやはり, とも私, と努め, と思っ, と思ひました, ものなら

▼ 反対しなけれ~ (17, 0.2%)

7 ばならない, ばならぬ 1 ばならなかった, ば実験的, ば平和

▼ 反対にも~ (16, 0.2%)

1 [16件] かかわらずこれら, かかわらず信仰, かかわらず千里眼, かかわらず彼, かかわらず牛若たち三人, かかわらず退院, し, しホーマー, し右, 上程の, 取つた, 従は, 拘はらずやはり, 見られる, 解される, 遭い金額

▼ 反対だった~ (15, 0.2%)

3 のです 2 のである 1 からつい, じゃありません, じゃない, といった, ね, のでございます, わね, んじゃ, アメリカの, 場合は

▼ 反対であった~ (15, 0.2%)

1 [15件] かと考えられる, かもわかる, からで, か容易, がさりとて, がため, が反対, が故に, が正直, のが, のだ, のである, はずで, ようである, んや

▼ 反対です~ (15, 0.2%)

531 が, が同時に, が農村, ってどうか, な, ね, 美しい夫人

▼ 反対では~ (15, 0.2%)

2 ない, ないか, ないらしい 1 あっても, あり得ない, ないが, ないの, ないらしかった, なかった, なく重臣たち, 劉璋も, 困るの

▼ 反対という~ (14, 0.2%)

3 のは

1 [11件] ことに, ことを, つよい統一的, 保守反動的方法の, 処にまで, 否定的な, 声と, 当面の, 旧い反動思想, 現象を, 立場を

▼ 反対したる~ (12, 0.2%)

2 ものなり 1 か, かはたして, か水戸派, は此, ものを, を以て伯, 左宗棠が, 当時の, 者は, 開化党は

▼ 反対しない~ (12, 0.2%)

21 でどこ, ではいられない, で少し, という条件, のみかむしろ, ものは, んだ, 私の, 範囲で, 迄も必ず

▼ 反対すべき~ (12, 0.2%)

2 何の, 理由も 1 か, ことで, ものは, 何らかの対象, 何らの, 個所を, 合法的何等の, 理由は

▼ 反対される~ (11, 0.1%)

1 [11件] おそれ, かもしれぬ, と忽ち, のだ, のを, わけな, 人々が, 人たちは, 時には, 根本理由が, 訳は

▼ 反対には~ (11, 0.1%)

2 あらざるも, 不当な 1 あらず改進論派, トムも, 俗っぽさ, 意外な, 止まらなかったの, 皆んなが, 馴れたもの

▼ 反対された~ (10, 0.1%)

1 かもしれません, ぐらいで, ことも, というは滅多, ので参加, のは, ほうが, んです, 出発であった, 寺田は

▼ 反対され~ (9, 0.1%)

3 ている 1 たり入れ, ていなかったらしい, てだめ, ては話, ても構いません, もしくは無視

▼ 反対なる~ (9, 0.1%)

1 が為, ものの, ものは, 別の, 憎を, 或る, 背中合せの, 連想より, 高踏詩派に

▼ 反対~ (9, 0.1%)

1 そうな, なんかは, 不平に, 不平を, 再軍備反対, 威嚇で, 対極という, 批難の, 議会主義経済的には

▼ 反対じゃ~ (8, 0.1%)

1 ありませんか, ありませんな, ありません賛成, から, なかった, なかったん, よええ, 念の

▼ 反対理由~ (8, 0.1%)

1 であって, である, であると, であろうと, は我々, は特殊, は言語, を順序

▼ 反対しました~ (7, 0.1%)

1 がともかく, が久世氏, が内心, が番頭, が結局信之, ことに老人たち, ので

▼ 反対せざる~ (7, 0.1%)

2 をえない, を得ない 1 までも之, を得ず, を得なくなる

▼ 反対せし~ (7, 0.1%)

2 はその 1 ところなり, にはあらず, にもかかわらず, はいちじるしき, ものに

▼ 反対であっ~ (7, 0.1%)

1 たりする, てその, てどっち, て何物, て従って, て現代, て自分

▼ 反対であり~ (7, 0.1%)

1 いつだれが, ながらそうして, むしろ伸子, 一部の, 却って新体詩, 同じレアール, 男性的で

▼ 反対なら~ (7, 0.1%)

2 反対で 1 ば仮に, 反対だ, 反対の, 文部省が, 脇構えな

▼ 反対演説~ (7, 0.1%)

1 がすすめられた, による, はこの, も行なわれた, をした, をしたらしい, を聞いた

▼ 反対給付~ (7, 0.1%)

6 とする 1 で満寿子さん

▼ 反対すれ~ (6, 0.1%)

2 ばする 1 ばいかなる, ば彼奴, ば第, ば絶交

▼ 反対でも~ (6, 0.1%)

1 して, すると, するとか, ないらしい, なく矛盾, 否定でも

▼ 反対ばかり~ (6, 0.1%)

1 した, しては, します, するかで, するが, なさるの

▼ 反対文学~ (6, 0.1%)

1 とは原則的, とは異, と現代プロレタリアート, は多く, は帝国主義, は必要

▼ 反対衝動~ (6, 0.1%)

2 に駆られる, の発作 1 が起っ, が起つ

▼ 反対したい~ (5, 0.1%)

1 ために, ためばかりに, という欲求, のか, 人びとが

▼ 反対せる~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 なり, ものあり, 信州組の

▼ 反対なさる~ (5, 0.1%)

1 かも知れません, と知る, なんて妙, ので, ようね

▼ 反対をも~ (5, 0.1%)

1 予想し, 切り抜けて, 無視し, 畏れずし, 社会問題をも

▼ 反対~ (5, 0.1%)

1 があり, の作用, の効果, の白い, を用

▼ 反対から~ (4, 0.1%)

1 では, 反対へ, 考えて, 読んで

▼ 反対しなかった~ (4, 0.1%)

1 がだまっ, ことです, も道理, 為に

▼ 反対します~ (4, 0.1%)

1 か, しまた, とそれでは, わたしは

▼ 反対するだろう~ (4, 0.1%)

1 か, からな, と思った, と思つた

▼ 反対するなら~ (4, 0.1%)

1 ばおかみ, まずきみ, 僕は, 有害だ

▼ 反対せず~ (4, 0.1%)

1 におこう, になるべく, むしろ自分ら, 味方でも

▼ 反対せん~ (4, 0.1%)

1 か, がため, が為, とせ

▼ 反対とは~ (4, 0.1%)

1 云は, 何か, 呼ばれない, 聞えない

▼ 反対とも~ (4, 0.1%)

1 いわず寝台, とれる云, 云える, 申されましょう

▼ 反対勢力~ (4, 0.1%)

1 が少し, が院, を結成, を野

▼ 反対方向~ (4, 0.1%)

1 に作用, に働い, の山, への著しい

▼ 反対概念~ (4, 0.1%)

1 でありながら, であります, であり後者, と考えられる

▼ 反対~ (4, 0.1%)

1 である処, なもの, に働き, に自分

▼ 反対~ (4, 0.1%)

1 にはその, には銀紙, を五〇マイル, を兼ね備え

▼ 反対~ (3, 0.0%)

1 あるいは一緒, あんたと, 賛成かで

▼ 反対かも~ (3, 0.0%)

1 しれない, しれないが, 知れない

▼ 反対かを~ (3, 0.0%)

3 投票し

▼ 反対してる~ (3, 0.0%)

1 この社会, と言う, わけじゃ

▼ 反対せぬ~ (3, 0.0%)

1 のは, ばかりかかえって, 別に

▼ 反対であろう~ (3, 0.0%)

1 が, と意味, と構う

▼ 反対でした~ (3, 0.0%)

1 からよく, わはじめ, 眉と

▼ 反対として~ (3, 0.0%)

1 それは, 太陽神たるの, 対象が

▼ 反対なんか~ (3, 0.0%)

1 させまいとして, しちや, 気に

▼ 反対によって~ (3, 0.0%)

1 とりやめと, 投獄され, 是非なく

▼ 反対~ (3, 0.0%)

1 傾きかけて, 出る, 突進する

▼ 反対らしい~ (3, 0.0%)

1 お加代, から相川氏自身, 面持を

▼ 反対療法~ (3, 0.0%)

1 して, によってなぜ, に如く

▼ 反対関係~ (3, 0.0%)

1 があった, が決して単に, の上

▼ 反対ある~ (2, 0.0%)

1 にもかかわらず, のん

▼ 反対~ (2, 0.0%)

1 へしなけれ, へなけれ

▼ 反対したがる~ (2, 0.0%)

1 ドノバンは, 人が

▼ 反対したくなる~ (2, 0.0%)

1 のである, 気持ちの

▼ 反対し得る~ (2, 0.0%)

1 といっ, と想像

▼ 反対すなわち~ (2, 0.0%)

1 一人の, 生滅界に

▼ 反対せね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 反対せられ~ (2, 0.0%)

1 て政界, 進歩党に

▼ 反対だったら~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, 日本の

▼ 反対~ (2, 0.0%)

1 やありません, やな

▼ 反対であります~ (2, 0.0%)

1 が前, 国家には

▼ 反対できない~ (2, 0.0%)

1 ということ, ような

▼ 反対でさえ~ (2, 0.0%)

1 あるもの, ある他

▼ 反対でし~ (2, 0.0%)

1 てねえ, て生憎

▼ 反対でない~ (2, 0.0%)

1 ことを, のは

▼ 反対でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, ても又

▼ 反対としての~ (2, 0.0%)

1 光明の, 肯定を

▼ 反対との~ (2, 0.0%)

1 人民的階級の, 統一である

▼ 反対どころか~ (2, 0.0%)

1 むしろ大いに霊, 一緒に

▼ 反対なさっ~ (2, 0.0%)

1 てはいなかった, て巻数

▼ 反対なさった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 反対にては~ (2, 0.0%)

1 無之, 無之候

▼ 反対にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐます, つて頭を

▼ 反対より~ (2, 0.0%)

1 生じ第, 生ずるもの

▼ 反対主義~ (2, 0.0%)

1 に立っ, をば唯物論打倒

▼ 反対傾向~ (2, 0.0%)

2 の作品

▼ 反対声明~ (2, 0.0%)

1 して, で残念

▼ 反対~ (2, 0.0%)

2 演説大会

▼ 反対宣伝~ (2, 0.0%)

1 のよう, も要らなけれ

▼ 反対~ (2, 0.0%)

1 に一言注意, を倒し

▼ 反対意識~ (2, 0.0%)

1 によって立ち上った, を含ん

▼ 反対態度~ (2, 0.0%)

2 はすでに

▼ 反対文化~ (2, 0.0%)

1 の内容, を構成

▼ 反対方面~ (2, 0.0%)

1 からこの, へばらまかれた

▼ 反対決議~ (2, 0.0%)

1 を為さしむ, を通過

▼ 反対真理~ (2, 0.0%)

1 であると, のこと

▼ 反対署名~ (2, 0.0%)

1 した非, し全面講和要求

▼ 反対者たち~ (2, 0.0%)

1 の多く, は動物

▼ 反対者ども~ (2, 0.0%)

1 が投票, が選ばれ

▼ 反対者ら~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は息

▼ 反対致しました~ (2, 0.0%)

1 が私, のを

▼ 反対~ (2, 0.0%)

1 が, を以て表わした

▼1* [211件]

反対ありしにもかかはらず, 反対いたしましたが黒い, 反対えてノッペリした, 反対がはから掴みかかつたので, 反対がはの町端れで, 反対こそ真実な, 反対この冷い, 反対さえなければ, 反対させてそれ, 反対させる事が, 反対されるだろうことは, 反対されるべきではなく, 反対しうるもので, 反対しきっている, 反対しきることは, 反対しくさる, 反対したかつたけれど実際, 反対したがった彼は, 反対したくなったのだ, 反対したではない, 反対したなら反対すれ, 反対したらしいんです, 反対したらしかったがなに, 反対したら食えないから仕方, 反対したろうな, 反対しつづけたにもかかわらず, 反対してたんです, 反対してたらあんたなんて, 反対してるらしいの, 反対しないだろうと思っ, 反対しなかったらわが国の, 反対しなかつたらしいので彼, 反対しなくなることだろう, 反対しまいと思う, 反対しませんよ, 反対しよるだけやなく, 反対し併せて公武合体派, 反対し切ったのも, 反対し始めたと見る, 反対し得ない計算に, 反対し続けて来ました, 反対し続けたのでとうとう, 反対し通していた, 反対じゃと言うて, 反対と聞いた, 反対すぎてかえって, 反対すべきであつて, 反対すべくもない, 反対すまいもので, 反対するいうことも, 反対するじゃろうな, 反対するであろうと信じ, 反対ずきのドノバン, 反対にやならぬ, 反対せむことを望みたるなり, 反対せよと東方会議, 反対せらるる方が, 反対せられ得ないのである, 反対その代りに, 反対その他の要求, 反対それを断乎, 反対それ自身は正当, 反対たる自由, 反対だったり, 反対って意味Oは, 反対でありまするが日本, 反対であればその, 反対できなかったばかりか日々, 反対できぬ不運な, 反対でございますわ, 反対でさえもある場合, 反対でなければならない, 反対というばかりでは, 反対といふので, 反対とか国体観念の, 反対とかと云うの, 反対としてこそ意識する, 反対なお考えだ, 反対ながら横山が, 反対なき仕事と, 反対なく独占し, 反対なさらなかったのは, 反対なされて居られた, 反対なしに行われた, 反対なすったそうです, 反対なすったでしょうからね, 反対などにこちらが, 反対などのできること, 反対なり情熱は, 反対なりといへる片言を, 反対な調子づいた話を, 反対にかぶつて, 反対にかの女のちえ, 反対にずつと上手に, 反対にだけ云われるけれども, 反対についても手前だけは, 反対にて愈々頼, 反対による決定と, 反対にナ行音が, 反対に対して義長は, 反対に対しても彼は, 反対のみを特に反対, 反対ばかりの行動を, 反対へと歩きつづけて, 反対まえに山, 反対みたいだけれど, 反対やを無視し, 反対ゆえといいきっ, 反対お坊っちゃん, 反対らしかったのである, 反対らしく彼女は, 反対をこそ主張する, 反対をさえ意味する, 反対をばかりなして, 反対アメリカ軍事基地化反対などにこちら, 反対イデオロギイの化身, 反対サレタノミナラズ金ノ用意ガ不足シタ, 反対シコンナ高血壓ノ際ニ旅行ハ思イモ寄リマセン, 反対ストで準備, 反対ストライキをやらかす, 反対スルコトヲ承知デ云ウ, 反対ソヴェトを侵略, 反対ソヴェト同盟中国ソヴェトを守れ, 反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, 反対デモをやった, 反対ニ僕ガ彼女ノ性慾点, 反対ニ洋服ヲ和服ノヨウニ着テイル, 反対ファシズム反対を持する, 反対ファシズム排撃を大衆, 反対ファッシズム絶対反対を叫ぶ, 反対豫期シテ云ウト, 反対事実を証しうる, 反対作用もみな, 反対側お勝手の隣, 反対側マウナ・ケアは鞍部地帯, 反対側乗場の方, 反対側桟橋を上がっ, 反対側物置の隣, 反対党員ではない, 反対党銅山党の陰険離間流言中傷, 反対出来なかった事と, 反対出来るかのよう, 反対刺戟材である艾, 反対に必死, 反対効果を現, 反対危険なるしかも, 反対即ち純人情的, 反対反対と出かけたい, 反対哲学が如何, 反対声明書などはなまなか, 反対大戦当時の政治犯大赦, 反対は女学校, 反対好きな人, 反対妨害罵詈讒謗をもの, 反対学説の構成, 反対宗教反対のピオニール, 反対宗教排撃の主題, 反対対立ということ, 反対屈折皮膚面の変質硬化等, 反対平和運動を禁止, 反対弁当代を出せろ, 反対心敵対心の火炎, 反対思想が何, 反対は彼, 反対恋敵のお前, 反対れた顔, 反対意向に投じる, 反対意志表示もやっ, 反対意思はない, 反対憲法擁護などの運動, 反対戦争反対アメリカ軍事基地化反対などにこちら, 反対戦争反対大戦当時の政治犯大赦, 反対批難が続出, 反対投票を行なっ, 反対抗議誹謗の内, 反対攻撃をもの, 反対教育のため, 反対敵視するもの, 反対新聞だ, 反対暗示がある, 反対材料が随処, 反対条件だねえ, 反対決議文を手交, 反対沖縄返還軍事基地反対憲法擁護などの運動, 反対派攻撃会である, 反対派李光明一派の密旨, 反対派皇甥李光明一派から密旨, 反対坐一致, 反対現象なの, 反対申しあげねばならぬ, 反対的態度でいった, 反対的立場から観察, 反対矛盾する近代思潮, 反対があった, 反対窖道と云う, 反対が口, 反対者将軍デクレスと数時間, 反対者民族の自主生活, 反対者流をし, 反対衝突するもの, 反対要旨につきる, 反対説発表の事実, 反対論旨が本質的, 反対党は, 反対讒訴姑息な陰謀, 反対賃下げ反対に立っ, 反対起リタレバ彼等ノ一隊ハ, 反対返上其他の方針, 反対運動一つどこの兵営, 反対運動平和憲法擁護運動原水爆禁止運動沖縄返還および日中国交回復国民運動, 反対隣りの乾物屋