青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「十~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者 医者~ ~十
十~
十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十字架~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~

「十~」 177835, 1764ppm, 46位

▼ 十~ (6282, 3.5%)

299 も前 231 の間 168 ほど前 106 の後 90 の昔 81 ばかり前 69 も昔 67 の歳月 46 になる 43 の生涯 41 の月日, 程前 33 にし, も二十年 32 にもなる 30 の余 29 この方 26 に一度 25 このかた, のあいだ, の知己 24 である 22 を経 21 に近い, の春 20 たって, も以前 19 となく, の年月, も経っ 18 もまえ 17 も奉公 16 のこと, の歴史, まえの 15 になります, の秋, ばかりの間 14 にもなります, の長い, まえに, も三十年, も四十年 13 か二十年, のむかし, の人生, の夏, も経つ, を経た 12 だ, ちかくも, のうち, の事, の星霜, ほどまえ, もたっ, も住ん 11 か前, では, の前, の頃, ほど昔, も後, 経って 10 ぐらい前, たっても, といえ, の冬, もかかっ, もこの, もたった, もの昔, や二十年 9 たてば, という長い, の今日, の経験, も年

8 [13件] か, かかって, か十五年, して, でも二十年, と云, の友, の末, ばかり以前, もか, も十五年, も生き, 経てば

7 [13件] しか生きられない, というもの, にもならない, の, の二月, の四月, の長, ほどの間, ほども前, ほど以前, もたつ, を経過, 近い歳月

6 [19件] かの後, といふ長い, になっ, に亙る, に近き, ののち, の上, の修行, の生活, の過去, ばかりも前, まへ, もお, もその, も生きる, も経った, を經, を過ぎ, 生きて

5 [33件] が間, ちかいあいだ, であるが, でも, という, という年月, という月日, とし, に一回, に相当, に至る, に近く, の一月, の一生, の久しき, の九月, の友達, の暮, の正月, の苦労, の長き, ばかりまえ, ばかり昔, ほど後, も, もかかった, もすれ, も山, も若く, を要する, 経つと, 続けて, 近い昔

4 [62件] かかつ, かそこら, からになる, か十一年前, か百年, くらい前, といへ, とこの, となり, ないし百年, ならずして, にもなろう, に亘る, に私, のあ, の七月, の五月, の八月, の夢, の大, の年季, の役, の日記, の春秋, の晩秋, の栄華, の條, の永い, の短い, の餘, はおろか, は夢, ほどの昔, ほど経っ, まへの, もたって, もたて, もつづい, もつづけ, もの長い, もむかし, もやっ, も人, も勤め, も故郷, も百年, も続い, も若い, も若返った, や十五年, を目標, を経たる, を經過, を記念, を語る, を過し, を隔て, を隔てた, 住んで, 後れて, 経っても, 近い年月

3 [92件] かかったって, かかっても, かの間, か四十年, か後, が何, ぐらいの間, たった, たつて, たつと, たらずの, ちかく昔, つれそ, であった, ですから, ですよ, というの, という時間, とする, とすれ, とたたない, とたつ, にあまる, にもなりましょう, にも足らぬ, にも近い, に一人, に亘り, に亙, に余る, に及ぶ, に生れ, のお, の三月十日, の交, の修業, の功夫, の博覧会, の命, の変遷, の年賦, の恩, の生命, の祝, の祝典, の自分, の苦心, の調べ, の非, はかかる, はかかるだらう, ばかりのあいだ, もかかる, もさき, もしたら, もたつた, ものあいだ, もの歳月, もの間, も一緒, も五十年, も今, も何百年, も使っ, も働い, も先, も後家, も御, も我慢, も早く, も活かし, も経たない, も経て, も經つて, も過ぎ, や百年, を出でずし, を費やし, を過ぎた, を閲し, 下天, 振に, 振の, 程も前, 程以前, 立つて, 経った, 経ったか, 若くは, 越しこの, 近い月日, 過ぎても

2 [290件] あまりになる, ある, あるひ, いや二十年, おくれて, および現在, かあるいは, かかるか, かけて, かすれ, かの雨風, かまえ, から三十二年, から二十三年, から二十二年, から十五年, か三十年, か五十年, か何百年, か生き, が二十年, くらいまえ, ぐらいのもの, この土地, この時, しかない, しか経たない, じゃない, じゃなく, すぎた, たちました, たったって, たったらふたたび, たったら世の中, たった後, たつか, だか, だと, ちかくなる, ちかく前, で, であ, であつ, であるから, であろうと, でこれ, です, ですか, でたくさん, でも一生, でも否, で卒業, で得た, で溜まる, という年, という時代, という間, といつた, といふ, とだんだんに, となる, と云え, と勤めた, と経つ, と続け, どころかもう, ないし六十年, ないし十二年, ないし十二年間, なり, なりとも, なり十五年, なり奔走, にいっぺん, におよぶ, にすぎない, になつ, にならう, には, には保, には完全, にもならぬ, にもなり, にもなりませう, にもなるだろう, にもわたっ, にわたつ, にわたる持久戦争, に一つ, に二十四歳, に亙り, に來, に入る, に制限, に及ん, に及んだ, に当たる, に当るであらう, に成った, に抽斎, に数え, に於ける, に来朝, に東京, に死んじまっ, に當, に相成ります, に至って, に過ぎぬ, のころ, のもの, のヒラキ, の三月, の不作, の不孝, の乱, の交友, の人間, の体験, の作家生活, の働き, の元旦, の先, の全, の兵糧, の内, の分, の刑, の初め, の利息, の古, の奥儀, の寿命, の屈辱, の年末, の恐ろしい, の恨み, の成果, の戦争, の新, の方, の旅路, の日子, の日本, の時, の時日, の暮し, の氣, の泰平, の流刑, の清節, の渇, の祝賀, の秋風, の約束, の經驗, の老, の西南戦争, の計, の詔, の調査, の辛抱, の重, の間自分, の馴染, の齢, は, はたっ, はたっぷり, はなれ, は一昔, は直ぐ, は経つ, は西洋, ばかし前, ばかりたつた, ばかりのうち, ばかりの前, ばかりの昔, ばかりも以前, ばかりも名望, ばかり後, ほどにもなりましょう, ほどの後, ほども昔, ほど早く, ほど続い, まえと, まえ二十年, もあと, もあの, もある, もいた, もいてた, もここ, もし, もそこ, ものむかし, もの永い, もぼく, もま, も一定, も使用, も側, も六十年, も勤めた, も勤め上げた, も夫婦, も安全, も年上, も年老いた, も彼, も待っ, も後家立, も悩んだ, も早い, も机, も此, も死んだ, も潜伏, も生きられる, も生活, も相, も着古し, も研究, も稼い, も経過, も經, も続け, も老け, も苦しむ, も見, も見ない, も見なかった, も親しん, も費し, も逆戻り, も遅れ, も長く, も雲水, も馴染, やった, やって, や七十年, や六十年, より五百廿年前元亨二年東福寺, ゐたとしても, をすぎ, をすごし, をその, をへた, を一年, を一時代, を一期, を出ずし, を加, を回顧, を大学, を待たずし, を歴, を眼, を経る, を費やした, を超えた, を越し, を送った, を送り, を送る, を長い, を閲した, 働いて, 別れ住んだ女房, 勤めて, 居たの, 待たなければ, 後れたと, 立った, 経ちました, 経った今, 経った後, 経つうち, 経つか, 経つた, 経つて, 若い時フト, 若くば, 若ければねえ, 越し仕送り, 近く住ん, 過ぎて

1 [2395件 抜粋] あがいて, あまり送る, あるいは一生, あるいは人間一代, あるん, いたずらに青春, いや十種類, おくれてるね, おやり, お師匠さま, かかったわけ, かかる仕事, かたって, かなん百年, かに亘る, かの後師匠, かの表彰, かぶったの, からこの, からは二十年あまり, から三十年, から人手, から出来, から十年間, から大正初期, から株, かれこれの, かハハ, か九年, か先, か十五年間, か振り, か経っ, か記録, が一千三百年, が半年ぐらゐにしか, が少し, が短い, が経った, が見え, が過ぎ去れ, くらいずらじゃ, くらいの懲役, くらいは経っ, くらい実地, くらい覚えなかった, ぐらいと今度, ぐらいはこの, ぐらいは空家, ぐらいも東京, こそ, このかた着用, このま, この四十歳, この方親, この街道, さきんじフランス, しかも生涯辞退, しか隔つて, しての, すぎて, すると, そしていま将棋指し, その論, た, たったあと, たったと, たった明治二十八年, たつたら帰, たらず今日, だが, だけ年齢, だね, ちかい年月, ちかくな, ちかく互, ちかく破られなかった, ちかく高級料理, つづいて, つれそった祖母, でありますこれ, であるに, でございますか, ですからねえ, ですわね, でもいい, でもします, でも何百年, でも根気, でも無言, でも考える, でわし, で三十八両, で作者, で到達, で成績, で是, で般若三藏, で行われた, で韓山童, というとき, という制限, という日本, という短い, といふもの, といふ新劇俳優, といふ百姓仕事, とかいた, とか二十年, とか百年, としてその, とすこし, とたちます, となれ, とはならず, とは経っ, とも申すべき, と三味線, と云つたの, と定, と思っ, と材, と火事, と申す, と経たない, と継続, と見, と言っ, と限られた, ないし七十年間, ないし十五年間, なお私, なら五十年, なりの歳月, なり而, にあそこ, においてさえ諸君, における三〇県, にかけて馬鹿馬鹿しい, にしかならぬ, にちかい, になつて, になりませう, になんなんとする, にはなりません, には二十三万四千戸, には出来, には尾藤二洲六十九, には文展, には次女俶, には百人, には遂に, にもなりますでしょう, にも亦, にも優る, にも及ぶ, にも足りない, にわたった, にわたって苦渋, にわたる京方, にわたる研究室生活, にわたる革命, にデンマーク, に一千百六十九戸五千三百六十六人, に一遍, に上野, に亘っ, に亙つ, に何, に入れ, に処女作, に到り, に十万円, に参河国, に同時に, に定家, に岩崎久弥, に当時, に懸け合う, に掛け, に新, に書いた, に栃木町, に死んだ, に池田氏, に現在, に発見, に菊池, に西郷隆盛, に讀み, に進ん, に達する, に霞亭, に高野長英, のあいだ姑息, のこの, のながい, のまちがい, のむかし噺家, のわが, のバルザック, のロシア, の七月一日, の三月九日, の下痢症, の九月某日, の井上外務大臣邸, の人, の今日記念, の伝統, の修行功夫, の公生涯, の冬與謝野寛, の刑務所生活, の初頭以来, の劇界, の勉強, の十二月, の友宮本二郎, の后, の回顧, の城内勤め, の壽命, の夢幻, の天地, の奈良時代, の始, の学校生活, の実際, の寿, の師, の年, の年期, の弊風, の後一たび土中, の後彼, の心, の思い, の恩誼, の想い出, の戦火, の撰, の文化構造, の日月, の春上京, の春明治座, の時間, の期間, の条, の歓楽, の歳, の波, の浮沈行蔵, の満州朝廷, の無事泰平, の物語, の生活の, の痴夢, の皮袋, の短き, の研修, の祝祭, の秋頃, の精力, の経営たちどころ, の缺席判決, の臘月, の芸歴, の苦学, の苦闘, の複雑, の記念, の訳, の責任感, の輝, の道中, の配所生活, の長い長い, の間シューマン, の間一度, の間人間, の間大事, の間山, の間影, の間日本, の間私, の間豊, の陰暦六月, の頃十歳, の風, の驀ら, はおろか三年, はかかるだろう, はかなり, はじめての, はたたない, はなお, はまる, はもつ, はよも, は二人, は優に, は出ない, は合宿生活, は家斉将軍下半期, は持たない, は明治二十一年, は最も, は永遠, は犬, は相当, は経ちます, は絶対, は苦心, は過ぎ去っ, ばかりたつ, ばかりになります, ばかりの同棲生活, ばかりの軍人生活, ばかりは生き, ばかりも居, ばかり上越線, ばかり住むでゐ, ばかり寿命, ばかり早く, ばかり経ちました, ばかり郷里, ほどいぜん, ほどそこ, ほどとんと, ほどの月日, ほどの老樹, ほどは非常, ほども引きつづき行われた, ほどを隔て, ほど已前, ほど徳川家, ほど老いた, ほど連れ添った, まえから, まえまでに, まえ二十八歳, または二十年, までい, までの屯田実績, までの間, まで亜米利加, まで彼, もいっさい仕事, もういい, もう男, もかけはなれた, もこらえ, もしくは終生, もそれ, もたちます, もっとに, もつけ続けた, もとし, ものあ, もの先輩, もの舊, もはり, もまえにたてた, もやって来た, もディメンション, も一時, も事務室, も交際, も他郷, も会わなかった, も使った, も働きあげた, も八十年, も出ない, も前日清戦争, も務め終せた, も台湾, も国境, も坑内, も實驗, も居る, も年々, も幾百年, も役せ, も忘れ, も思っ, も抛ったら, も掛, も支那, も文学者的活動, も早から, も暮し, も来る, も棒, も歩き慣れた, も永い, も無事, も生きてる, も生存, も白髪, も睨みあった, も秘密部, も立つ, も経たぬ, も経ったら, も経験, も続いたで, も老け込み, も臣下, も若返っ, も西洋, も諸国行脚, も賢く, も近う, も連れ添うた, も遠のい, も銅, も開墾, も音, も風雨, も體育, やそこら, や二十年昔, や四十年, よりずっと, より前, より沢山, わかけれア, をこの, をへだて, を一昔, を以て起, を先んじ, を囘暦紀元, を彼, を意味, を機会, を生, を私, を蝗, を費し, を越す, を送りける, を週期, を過した, を都會, を革命後, 一向にはやらない, 不見, 乃至六十年, 亦死, 住んだのち, 其の人, 即ち文禄元年, 及び十四年, 営々と, 少し長, 待つて, 御勤役, 御長生, 憂き世, 或は溯, 振で故郷, 新介宗厳, 早い, 早く気, 暮したあと, 未だに道, 猶在, 生きてから, 生きのびて, 生きること, 生き延びたからとて, 目ざしたる處, 程の間, 程此方, 程若返っ, 立たなくては, 立つうち, 約を, 経ち二十年, 経ったばかり, 経つ, 経つ間, 続いて, 背負って, 若かつ, 若ければ, 見ず故郷, 語りて, 越し思ひに, 越し荒した跡, 近いシナ滞在, 近い時間, 近い錆, 近クナルノニ, 遂にこの, 過ぎた今, 重なると

▼ 十~ (4582, 2.6%)

92 ほど前 77 ばかり前 74 の夜 65 の間 42 の朝, も前 35 のこと 31 に一度 29 の後 25 の晩, も二十日 24 の月, ほどまえ 23 になる 20 ばかりし 19 のお, ばかりの間 18 の日 17 づけの, の午後 16 と経たない, ほど後, ほど経っ 15 ほどの間 14 のあいだ, の余, ほど経った 13 である, ばかりで, ほどし 12 でも二十日, にもなる, の夕方, も経つ, や二十日 11 たっても, のうち, ばかり後, 経っても 10 であった, です, になっ 9 に, ばかり経つ, ほどの後, も経たない, も經

8 [11件] か, だった, だと, といえ, と日, の, の事, ばかりたっ, もたつ, も経たぬ, を過ぎ

7 か半月, という日, にし, に十色, の事件, ばかり過ぎ, ほどたっ, も経っ, 過に

6 [22件] かかって, か一週間, か二十日, たつても, だ, に歿, に近い, の夕刻, の大, の宵, の日記, の条, の空襲, ばかりになる, ばかりの後, ばかりの月, ほどのち, まで, もある, もかかっ, や十五日, を経

5 [17件] くらい前, だよ, とたたぬ, に解放, のクウ・デタ, の厄日, の夕, の頃, ばかりする, ばかりたった, ばかり経った, ほど経つ, もすれ, も十五日, も経った, も経て, 経ち二十日

4 [36件] たって, ちかくも, ですよ, では, という, というもの, といふ, と云, と経たぬ, なの, には, に東京, に私, に至る, の予定, の休暇, の分, の午, の午後十時, の嵐, の御, の断食, の風, ばかり, ばかりお, ばかりたつ, ばかり経っ, ほどする, ほどたった, もすぎ, もた, もつるし, も一月, も仕事, を, 程経った

3 [95件] かかるの, から, か三十一日, か二週間, か十五日, たつうち, たつと, で, であつ, ですから, でもいい, とある, とた, となっ, となる, と云う, と程をふれ, と経っ, と経つ, と過ぎ, と間, にあの, にいちど, にお, にかい, につきました, に一度くら, に一遍, に京都, に余る, に又, に及び, に及ぶ, に来る, に母さま, のご, の中, の前, の前日, の年始, の日数, の早朝, の昼, の期限, の東京地震, の総, の翌日, の航海, の辛棒, の雨, はお, はかかる, は朝, ばかりというもの, ばかりの予定, ばかりまえ, ばかりも前, ばかり以前, ばかり何, ばかり經, ほどになる, ほどのあいだ, ほどま, ほど立っ, ほど経ち, ほど過ぎた, までの分, も, もしたら, もする, もその, もたたない, もたたぬ, もたて, もつ, もまえ, も三十日, も先, も半月, も家, も早く, も続いた, も続く, も過ぎ, も雨, や半月, をすぎ, を過ぎる, を限り, 曇り, 経たないうち, 経ちました, 経って, 迄日, 過には

2 [245件] あれば, かそこ, かぶたばこ, からになる, からは授業, から三十日, から二十日, から八日, から旅行, か二十一日, か二十四, か経っ, が, が来た, ぐらいかかる, ぐらいし, ぐらい前, しかない, すぎて, すぎても, すぎると, すれば, た, たらずの, だそう, だつた, であったから, であると, でございます, でしたが, ですぜ, で判る, というの, という日附, とその, とたたない, となった, となりました, と二十日, と定めた, と沼, と立たない, と立つ, と経ち, と過ぎました, なり, なり三十日, なり俺, なり無料, にかえる, にその, になった, になつて, にならぬ, にはお, にはそちら, にはほとんど, にはもう, には出発, には屹度, には江戸, には親類, には鹿児島, にもならない, にもなります, にも半月, にも成ん, にわたる大, に一ぺん, に一人, に一度位, に亙る, に他界, に出発, に及んだ, に唐, に帰っ, に帰る, に当る, に彼, に旅, に既に, に書い, に来り, に榛軒, に死すべき, に民衆, に爆撃, に父, に生れた, に立つ, に至っ, に至り, に蘭軒, に行われた, に袷, に要る, に解散, のあと, のあの, のこの, のころ, のなし崩し, のもの, のよ, のガラマサどん, の下, の内, の初, の労, の労働, の午后四時頃, の午後三時頃, の午後五時, の合戦, の喪, の夜なか, の夜半, の寒空, の強震, の手錠, の押込め, の拘留, の新聞, の旅, の旅行, の日子, の日附, の早天, の明方, の暇, の月曜日, の期, の正午, の深夜, の深更, の猶予, の生活, の町中, の祈祷, の菊, の辻, の閉門, の間荒野, の黎明, は例年, は命, は如何, は御, は早朝, は雪, ばかりいた, ばかりおりました, ばかりかかっ, ばかりここ, ばかりしたら, ばかりたちました, ばかりにしかならない, ばかりのあいだ, ばかりぼんやり, ばかりろくに, ばかりを私, ばかり別離, ばかり待つ, ばかり徒歩旅行, ばかり暮した, ばかり東京, ばかり滞在, ばかり留守, ばかり過ぎた, ばかり過ぎる, ほどい, ほどお, ほどかかった, ほどかかつ, ほどすぎ, ほどたつ, ほどで, ほどで結婚式, ほどになった, ほども寝, ほども屯集, ほども滞在, ほど以前, ほど居ない, ほど日, ほど滞在, ほど病ん, ほど立った, ほど遅れ, まえに, までお, までで, までに, までに間に合せ, までのあいだ, まで毎日, もいっしょ, もうひと月, もお, もかかった, もかかる, もたちまし, もたっ, も以前, も休む, も休暇, も倉, も居る, も延びた, も廿日, も御無沙汰, も殆ど人間, も自分, も舟がかり, も航海, も逗留, も降つ, や一ヵ月, や二十日役所, や廿日, や百日, より二十日, より二日, より前, より開場, ゐて, を中心, を待たずし, を期し, を眼, を経た, を經, を過ぎた, を過した, 乃至二十日, 及び二十四日, 或はそれ以下, 程たっ, 経たぬうち, 経ち彼女, 経った, 経つと, 経つ裡, 迄

1 [2254件 抜粋] あけようと, あまりになつ, あまり帰らない, あまり過ぎたのち, あるいは半月以上, いや幾百日, いよいよ渡河, おも, かい今日, かかる, かかる千里, かに痩せた, からいたし, からです, からは多賀ちゃん, から一週間北京, から三十一日, から二十三四日, から二百二十日ころ, から他出, から動き出し, から半月, から国, から撮影, から正月休み, から長, から電磁気, か五日目, か十一日頃, があぶない, がどういう, がほんとう, が二十周年記念, が來, が国葬, が己, が木村重吉, が締切, が農民, が過ぎ, が間, くらいかかる, くらいの間, くらい経て, ぐらいしか過ぎ, ぐらいで済んだ, ぐらいのつもり, ぐらいはニヤリ, ぐらいドシャ降り, ぐらい遅れる, この日, さすがに, しか使, じゃない, すぎてから, すなわち神送り, ずつ演題, その晴れた, ただ静か, たったら, たつてから, たらずも, だけが恐ろしい, だっけ, だったので, だなぞと, ちかくたったこん, ちょうど私, つひに, であるから, でいなくなる, でこの, ですか, ですっぱり, でなおるだろう, でもあり, でもこの, でももう, でも五十日, でも半月, でも平気, でも後れ, でも海岸, でも目, でも近づいた, でムネ・シユリイ, で出来ない, で大概, で工面, で往, で新年, で来た, で考え, で覚えね, で達する, で隅, とあっ, というふう, という事, という夏, という空間, といったな, とかの夜, とか禁錮百日, とし, とすぎ, とたっ, とて保てませぬ, となつたの, とはなん, とは残つて, とは続かなかった, とも經つて, と九月二十二日, と云っ, と保たん, と半月, と定め, と延び延び, と日数, と申し, と經, と言つたの, と辛抱, と飲み, ないし百日間神社参詣, なりの間掠奪, なり四十日, にあ, にあらわれた, にいちど五合, におかき, におよび, にかの女, にこの, にした, にても御, になりぬ, にはある, にはそれ, にはどうせ, にはナポレオン, には上海辺, には何, には再び, には南北, には咲き出します, には小山田, には帰る, には是非音楽, には深川箱崎町, には若, には谷中村横段, には除隊, にまたも, にもみたぬ, にも当たった, にやす, にわたる, にカピタン, にサロン, にナポリ, にホンデュラス湾端, に一円, に一度づつその病院, に一通, に三合目以上, に上海, に世界, に二十両, に五十三歳, に亡くなりました, に保, に兄, に八一・九六支払い, に出, に出る, に十月号, に去つた, に古, に同院, に国会内, に増税案, に大石内藏助, に安田さん, に寂, に尾藤二洲, に岡, に帰った, に幕府, に当分旅行, に急, に押され, に文吉, に日本一太郎, に書かれた, に桑港, に正木先生, に水戸, に浜松師範学校, に湯島天神境内の, に漸く, に生まれました, に発表, に着いた, に私立渋江塾, に終った, に総, に翠暫, に至って, に荷造り, に行った, に親任式, に贈られた, に辛うじて, に過, に野尻, に長安, に颱風, に黄鶴堂, のうえ, のお七夜, のその間, ののち昇天, のエミール・フライ, の上, の二日間, の修善寺, の公判, の刑, の十時, の午前七時, の午前八時, の午前零時, の午後四時, の各, の土曜日曜, の夕刻以後, の夜九時ごろ, の夜四ツ半, の夜藤枝, の天満社神事宇治猿楽, の定案, の小雨, の左翼, の後大町, の御祓, の懈怠, の手紙, の打合せ, の攘夷期限, の斷食, の日數, の明け, の春, の晩方, の暴風, の朝上野, の朝其方, の期間, の東京, の東京見物, の榛軒, の毒, の波, の満願, の爆撃, の留守, の真夜中, の祝い日, の空, の習慣, の船旅, の菊無用無用わたしゃ夫, の薄暮, の記念, の謝肉祭, の退院, の道中, の鏡, の間どこ, の間何處, の間帶, の間私生子, の除目, の雨風, の風雪, の骨正月, はいつか過ぎた, はかかろう, はさも, はまた, はゐる, は一日一日, は二年目, は別に, は十時, は只, は多分, は安積, は市川, は必要, は持つ, は日曜, は朝六時五十五分, は歩ける, は浅草観音, は琴平, は石田, は経った, は赤城山西麓, は連続, は長崎, は零日, ばかし経っ, ばかりあなた, ばかりおくれ, ばかりしたら帰る, ばかりたつた, ばかりでうつしおえました, ばかりで済む, ばかりといふ, ばかりのお, ばかりの中, ばかりの旅行, ばかりの薄, ばかりはまるつ, ばかりは寝, ばかりは苦しみました, ばかりぶらぶら, ばかりもジメジメ, ばかりも朝夕顔, ばかりも足踏み, ばかりゐました, ばかり一つ着物, ばかり保平殿, ばかり八五郎, ばかり南方, ばかり君江, ばかり寝ました, ばかり平, ばかり張つて, ばかり月, ばかり泊っ, ばかり瀬戸内海, ばかり田舎, ばかり碧海島, ばかり立て続け, ばかり經つて兼次, ばかり續けた, ばかり見なかった, ばかり遊ん, ばかり陸, ひる, ほどおとまり, ほどすぎました, ほどたったら, ほどでやめた, ほどとどまり, ほどに白魚, ほどの御, ほどの留守, ほどの辛抱, ほどは働き, ほどは彼, ほどもその, ほども前, ほども牢, ほども経つ, ほども降り続いた, ほどゐた, ほどニュー, ほど出張, ほど寝, ほど州本, ほど念頭, ほど打ちました, ほど滞留, ほど経て, ほど老人, ほど行方, ほど過した, ほんの二, また半月, までだ, までと決定, までにはこん, までにもう, までに出来し, までに帰れ, までに書き上げ, までのモスク, までの私, までよ, まで並べる, まで同隊, まで待っ, まで警察, もあたし, もいた, もいる, もお湯, もかからない, もかかりますでしょう, もし, もすぎぬ, もそれから, もたちゃ, もたつてる, ものあいだ, もまい, もゐる, も不漁, も休み, も保たせ, も兵, も厄介, も四十日, も家人以外, も岬, も引っ張っ, も捨置く, も掛った, も日数, も暮した, も歸つて來, も汽車, も湯浴み, も火食, も留守, も節分, も絵具皿, も胡麻化, も補助椅子, も豹一, も迷惑, も連日, も野, も降り, も静養, も風浪, も餘, やそこ, や二十日こっち, や八朔, よ, より一九三六年三月二十七日, より五月二十日, より後で, より風邪, をおもしろく, をついやし, をぶっ, をもって死滅, を以て世, を以て東京地方裁判所, を利用, を待たず, を持ちこたへる, を期する, を田舎, を経ずし, を荒野, を費した, を越える, を逆, を限っ, 乃至二十五日間, 今や盛夏, 休むと, 働いて, 再び好餌, 又遣, 夙に須原, 待ちました, 待つても, 後れるに, 御著, 持てば, 故未定, 暮らした, 満十二年ぶり, 病んで, 程続ける, 立った, 第五十九回, 経たない内, 経ち家, 経つか, 行くと, 赤い, 迄と申す, 迄に尋ね出し, 迄に来た, 迄京宝, 近い時, 近づきたるにや, 過ぎたと, 過だし, 食わずとも

▼ 十~ (4152, 2.3%)

51 が云った 40 の顔 37 は云った 34 であった 22 はその, はまた 20 のため, のほう 19 はそれ 18 の声, は, は手, は眼 17 はうなずい, はお, は思った 16 はそう, は声, は盃 15 が, を見た 14 の前, の姿, はニヤリ, は自分 13 とお, はいった, は呟いた, は首 12 の手 11 だ, と申す, の言葉, はこう, はすぐ, は笑った 10 という男, の方, はこの, はニッコリ, は甲斐 9 である, の刀, の後, の眼, は急, は苦笑 8 がその, のこと, は刀, は頭 7 がこう, が訊いた, の口, は二人, を見つめ

6 [16件] がはいっ, のそば, の家, の情婦, はのんびり, はゆっくり, は先, は唇, は微笑, は心, は手酌, は笑い, は笑っ, を, をお, を見

5 [23件] と妻木右, のからす, の一行, の妾, の死, の胸, の部屋, の配下, はさすが, はそんな, はトホン, は例, は少し, は彼, は懐手, は歩き出した, は織江, は耳, は肩, は虎, は訊いた, は黙っ, を見る

4 [38件] お浦, がお, がそう, がそれ, が立っ, が笑った, というの, とその, と織江, に云った, のところ, の寿海老人, の心, の書斎, の横, の足, の邸, はすこし, はそっち, はどう, はなに, はへ, は両手, は思わず, は懐中, は暗然, は続けた, は胸, は花廼屋, は走っ, は足, は身, は部屋, は酒, は閉口, は顎, は顔, は馬

3 [75件] がこれ, が死罪, が自分, が見, が言う, が言った, が酒, が顔, じゃ, その人, だったの, でござる, という人, という者, という顔ぶれ, とかいう悪, とひ, と云, と云う, にこう, にし, にも似あわない, の, のもと, の傘, の妻, の様子, の背後, の話, の頭, の首, の馬, はうなずいた, はここ, はちょっと, はとど, はどこ, はなお, はひ, はふ, はへへら笑っ, はほほ, はまず, はもう, はやや, はよく, はニヤニヤ, はハッ, は一同, は人, は伊, は何, は口, は呆気, は地, は大, は宿, は彼女, は意味, は新左衛門, は歩き, は相手, は知っ, は腕, は膝, は苦笑い, は話, は酔っ, は長い, は頷いた, は鷺坂靱負, もその, を待っ, を見つめた, を討っ

2 [249件] か否, がいた, がいった, がいる, がおとなしく, がツカツカ, が一同, が今, が入っ, が十左, が姿, が忘れ, が最後, が死んだ, が犯人, が眼, が立, が訊き返した, きさ, さすがに, だった, だという, だな, でございます, です, ではあった, ではなかっ, という, といえ, と並ん, と主, と仲, と同じ, と名, と市助, と東儀与力, と澄江, と申します, と知っ, と繁代, と連立っ, と采女, と里見十左衛門, なの, にご, にはよく, には解らなかった, にむかい, に報告, に対抗, に応援, に挨拶, に注がれた, に用, に相違, に見られ, に負, のあと, のすぐ, のそう, のとこ, のとり, のアコ長, の一座, の三名, の下, の云う, の体, の候補者, の側, の出店, の到着, の勧進帳, の右, の右手, の呼吸, の命, の在所, の如き, の妹, の妾宅, の娘, の寵女, の後家, の心境, の心持, の態度, の手の者, の推理, の書いた, の死骸, の母, の消息, の澄んだ, の父, の盃, の目, の答え, の罪科, の肩, の腕, の腹心, の膝, の行方, の言, の言う, の許, の許婚, の道場, の遺書, の門, の陳述, はあやうく, はいささか, はいつ, はいつも, はいや, はうしろ, はうむ, はおどろい, はかくべつ, はかなり, はきき終っ, はくすくす, はこうして, はこんな, はしばし, はすまし, はずっと, はそこ, はそっと, はそれ以上, はただ, はとぼけた, はどき, はなるべく, はにっと, はのほん, はふと, はふところ, はふん, はへらへら, はまだ, はクスリ, はケロリ, はニコニコ, はヒサ, はヘラヘラ, は一喝, は一息, は一揖, は一礼, は七十郎, は三人め, は下, は乱暴者, は云い, は人々, は今度, は何気ない, は依然として, は全く, は再び, は冷笑, は前, は十左, は半分, は厚く, は古田巡査, は呟き, は唾, は変, は大口, は妙, は威厳, は家族, は強い, は思わず云った, は思案, は恐悦, は悠々, は慰め顔, は戻っ, は振返っ, は早く, は書状, は最早, は歩い, は歩いた, は死体, は気, は汁椀, は沈黙, は渋面, は満足, は澄江, は無造作, は現場, は矢, は立ち上がった, は立っ, は組ん, は考え込んだ, は聞き耳, は肚, は腰, は舌打ち, は花世, は薄笑い, は藤波, は袖, は語った, は語りつづけた, は誰, は警察, は軽く, は酌, は金兵衛, は銚子, は鑑定, は隠居所, は静か, は面白, は額, は馬鹿, は鷺坂, は黙然, もいる, もこれ, もさすが, もちょっと, も今, も当惑, も思わず, も立ち上り, も自分, や私, や織江, をはじめ, を捨て, を殺した, を目, を相手, を睨んだ, を親, を訪ね, を訪問, を贔屓, 考え込んだ

1 [2243件 抜粋] あたかも眼, いよいよ歯, かそう, からの返書, から出た, から疾く, から訊き出し, があと, がいきなり, がいま湯治, がおらぬ, がきく, がしゃがみ込んだ, がたずねる, がつぶやく, がどこ, がにやっと, がひ, がぼ, がまち, がやっ, がアッ, がハシャイ, が一味, が下手人, が事実, が云い, が亡くなつた, が以前, が低い, が僞言, が写した, が刺され, が勝ち, が口, が呟いた, が四五日前, が声, が姉, が宿, が少し, が席, が役禄, が応じた, が感服, が払った, が振向いた, が日頃, が来, が桐島伴作, が武芸, が決行, が涌谷さま, が無念, が牢死, が田沼方, が目, が祐経, が窓, が素, が織江, が芝札の辻, が藤兵衛, が行く手, が見とおしました, が討て, が語つて, が負傷, が踏みこん, が追いまわし, が適任, が錦明宝, が隅田川, が駈け, この柄, さ, じゃおおかたこう, すました顔, ただちに参上, だけが一人安全圏内, だし, だって魂フラフラ, だまさか, だ何ん, つづいて, であつ, でございますが, ですが, ではない, でもなけれ, で彼, とあっ, という上方役者, という人間, という悪鬼, という物頭, といったその, とうに捕っ, とがいた, とが駕籠, として初めて, とそして, とでこの, となり, との姿, とはごくごく, とは品川, とむかいあっ, ともあろう, とやら田舍廻り, と並び, と五代目菊五郎, と共に実に, と同, と向きあっ, と太刀打ち, と定まり, と意見, と改め, と比較, と申者, と突合せ, と花廼屋, と試し撃, と配下二人, と高市, などが何処, などのよう, などは酌, ならよい, にいだいた, にこの, にそ, にたっ, にとってはぞうさ, になつき, にはとりあう, には嬉しかっ, には情婦, には自分, には討っ, にも恐ろしい, にも見て取れた, によって奪い去られた, に万人, に云っ, に似, に冷笑, に助けられました, に向っ, に問え, に売女枕, に対しても他方範之丞, に対する一空さま, に巡り逢い, に応待, に挑む, に構う, に渡します, に盃, に笑みかけられる, に範之丞, に脊, に訊ねた, に話しかけた, に誘き出された, に読ん, に近, に逢おう, に邪魔, に飛びかかろう, のいい, のお, のお浚い, のするどい, ので, のほか, のやり口, の一人舞台, の不思議, の二人, の仆, の住所, の兇刃, の凧, の剣法, の叫ぶ, の呟き, の咽喉, の喉, の執拗, の外, の妾玉菊, の実父海老蔵, の寝巻, の屋敷, の師匠, の弟子, の後姿, の恋女, の悩み, の意気込, の懇願, の手引き, の抗議, の指圖, の敵, の本性, の柄, の横手, の死罪, の演じた, の焦点, の犬, の用箪笥, の相手, の矢張り盗賊, の第一歩, の縄, の背中, の脳裡, の芸術, の行衛結局, の見た, の親, の評判, の負担, の身, の輩下, の迷う, の金, の間, の頬, の養父, の驚くべき, の魂, はあぐら, はあっさり, はいい, はいっこう, はいんぎん, はうへえ, はおさえ, はお前, はかぶり, はくどく, はしたたか, はしゃれた, はすばやく, はそっくりかえって, はそろそろ, はたん, はつづけた, はとりあわなかった, はどうぞ, はなにかしばらく, はにべ, ははい, はははあ, はひとり合点, はふきだし, はへへえ, はほう, はまたも, はまっ白, はむぞうさ, はもの, はやっぱりぼんやり, はわからない, はイナリ, はカラカラ, はキョトン, はグングン, はズカズカ上, はチャン, はテレ, はハタ, はピタリ, はベソ, はポッテリ, は一, は一夜離反者, は一日一日, は一通, は七兵衛, は上気, は不愉快そう, は世, は事もなげ, は二十三歳, は云っ, は今年, は仰向け, は伊達, は何事, は余り, は元, は先生, は八ヶ岳山麓, は其前, は切り際, は前歯, は勇気づける, は十手, は即座, は取調べ, は可愛く, は同心二人, は呆ッ気, は呼ばわった, は喜び, は嘲笑った, は団八, は壬子, は多能多才, は大急ぎ, は大道具, は奥山出雲, は如何にも, は娘, は宝暦, は密森, は寝返り, は尚, は局外者, は屹, は布団, は年来, は庭, は弓鉄砲, は弾正太夫, は後日次, は必ずこう, は快く, は怒ります, は思うであろう, は思わずいった, は恩, は悲惨, は意外, は慈しむ, は懇願, は手のひら, は打ち込もう, は持参, は振り冠, は振り返り, は改まっ, は数歩, は旅籠屋, は日本, は明るい, は昨日, は更に, は服部兄妹, は机, は松並木, は枯葉, は桐, は棒立ち, は楠, は橋, は武家上り, は死地, は毒気, は氷室, は沈思, は泊っ, は浅草, は消え去った, は源左衛門, は灌木, は照れかくし, は熱心, は犯人, は猫撫声, は用心, は番頭川根, は癇癪, は益, は直感, は真相, は知らなかった, は石橋, は突き, は立ち上, は立ち木, は笑い出し, は箸, は続け, は繩目, は義兄, は聞えない, は肩越し, は腹心, は舊吉良家, は花, は若い, は苦りきっ, は莨入れ, は藤ダナ, は裁決, は見た, は見切り, は見行く, は言, は言葉通り, は認め, は説明, は貝十郎, は賭場, は踏み入った, は車塚, は追いかけた, は逐電, は遠慮なく, は部下, は里見十左衛門, は鉄砲, は長崎, は隠居, は非常, は音吉, は風巻先生, は食べ, は駆け, は驚くべき, は鼻, へとびかかった, へケシカケ, へ喋舌, へ打っ, へ背, へ話した, また呻いた, もいささか, もかんがえ, もじっと, もひ, もやり, も処置, も口, も少し, も意外, も時々, も歩いた, も猫, も種々, も範之丞, も茫然, も見, も警戒, も面, やそんな, や市村羽左衛門, や鳥羽, より引き放し, らしく死んだ, をし, をそんなふうに, をとおし, をねめつける, をよびむかえる, を不思議, を人間, を切っ, を動じさせる, を口説い, を呼びよせ, を地, を密使, を引っ立て, を待ちわび, を意識, を押え込み, を救っ, を案内, を演つた時, を狙つて, を眺め, を睨む, を立てよう, を背後, を見失い, を見詰めた, を討て, を認めた, を迎えた, を追い詰め, を透視, を顧み, 乗りおりまして, 参ったか, 喚き出した, 思わず拳, 探り出した, 泣いても, 立ち上がった, 許しませぬ, 遮って

▼ 十~ (3937, 2.2%)

45 が十人 29 となく, の人 28 の者 22 に近い 21 の部下 19 に一人, の武士 18 の中, の子供 17 のうち 16 の兵, もいる 15 の人間 13 の女, の警官, ばかり 12 の少年 11 の男, ばかりで, や二十人 10 では, の人々, の人影, の少年たち, もある 9 の若い, の警官隊 8 のお客, の生徒, ばかりの人, ばかりの者 7 になり, になる, に余る, の男女, も居た

6 [13件] あるか, が九人, である, の一隊, の人数, の女王さま, の客, の少年探偵団員, ほどの武士, もの人間, も三十人, も二十人, も居る

5 [21件] して, であった, なり, の, のうち九人, のお, のもの, の上, の人夫, の労働者, の団員, の敵, の群衆, はある, はいる, ばかり出, ほどの人, ほどの人数, も百人, や百人, 集まって

4 [35件] あり, かかっても, か何百人, ぐらいで, たらずの, でも二十人, となり, と云う, に揃, に過ぎず, の人足, の信者, の内, の勇士, の同志, の味方, の子, の子分, の小勢, の患者, の手, の手下, の美人, ばかりいた, ばかりの人足, ばかりの同勢, ばかりの学生, ほどで, もあろう, もいた, をつれ, を選ん, 及び許多, 寄れば, 近い人数

3 [74件] あっても, いた, からの人間, か三十人, か十二人, か十五人, が一度, ぐらい, だ, とある, というもの, という人, という人間, という警官, と組, と見, なれば, にし, にすぎない, にちかい, に九人, に及ん, に近かっ, に達した, のうち八人, の侍, の兵士, の力, の友だち, の同勢, の名, の壮士, の女たち, の家来, の屈強, の弟子, の新入生, の日本人, の死人, の男たち, の眼, の縄, の負傷者, の門弟, の青年, の顔, の騎馬武者, はあります, は十人, は泊, は浮い, ばかりの乗客, ばかりの人々, ばかりの人数, ばかりの仲間, ばかりの女, ばかりの男, ばかりの男女, ばかりの若い, ばかり集まっ, ほどの信者, ほど焼死, も, もあり, もあれ, もい, もの人, もの抜刀隊, も四十人, も集まっ, や十五人, を率い, 多いとき, 近い女

2 [273件] あいては, あった, あつた, あらうとも, ありて, ある, あるいは二十人, あるいは何百人, いるか, いるという, いれば, おろうと, かあった, かいる, かそこ, かの文士, かの男, かの男女, かの若い, からいる, からの人数, からの同勢, からの大, からの店員, がみんな, が中, が完全, くらいの学生, ぐらいあります, ぐらいいる, ぐらいです, ぐらいのよう, この人数, しか来ない, その配下, だからね, だけ, だけ手, だね, ちかい一団, であつ, です, でも何百人, でも百人, で五人, で私, という, ということ, という中洲亭, といふこと, といる, となる, とはなかっ, とふえ, ともその, と云, と数, と登らない, と衝突, と集まっ, ないし五十人, なら十人, になった, にも上った, にも優れた, にも及ぶ, にも当っ, に七, に及び, に増し, に大判三十, に過ぎない, に過ぎなかった, のうえ, のうち何人, のおまわりさん, のお客様, のこと, のど, のなか, のほか, のキャメラマン, の一団, の一行, の乗組員, の九人, の人たち, の人質, の会員, の会員達, の作家, の供, の係員, の備え, の僧侶, の割合, の勇敢, の勢, の同心, の団体, の土人, の土民男女, の声, の外国人, の多勢, の大, の大勢, の大男, の大臣, の女工, の女性, の威勢, の娘, の子供ら, の子持, の学生, の家士, の家族, の少年団員, の山, の巫女, の店員, の形, の影, の御, の手勢, の探検隊, の支配人, の曲者, の最も, の武者, の死傷者, の浴客, の滞在客, の火星人, の無辜, の狂人たち, の獄卒, の留守軍遊隊, の研究生, の社中, の粉ひき男, の級友, の組, の美女, の群れ, の職工, の船員, の若者, の草刈り, の荒くれ男, の覆面武士, の証人, の警護, の足軽, の連署, の野次馬, の野武士, の頭目, の食客, はあろう, はいるだろう, はおります, はその, は居ります, は必ず, は殺した, は瑪瑙, は翡翠, は長い, は防寨, ばかりある, ばかりお, ばかりその, ばかりだ, ばかりであった, ばかりである, ばかりになっ, ばかりのお, ばかりの一隊, ばかりの人たち, ばかりの人夫, ばかりの人間, ばかりの兵, ばかりの匪賊, ばかりの同志, ばかりの女の子, ばかりの妓, ばかりの子供, ばかりの小, ばかりの屈強, ばかりの巡査, ばかりの捕虜, ばかりの生徒, ばかりの見慣れない, ばかりの連中, ばかりの部下, ばかりの青年ら, ばかりを連れ, ばかり二, ばかり呼ん, ばかり来た, ばかり狩り, ばかり舞台, ばかり駆り集め, ほどある, ほどで組織, ほどになった, ほどのお, ほどの侍, ほどの客, ほどの生徒, ほどの者, ほどの部下, ほどの青侍, ほど乗っ, ほど集まっ, ほど集め, まで小判, もあった, もあったでしょう, もあります, もかかっ, もつれて, もどつと, もの女, もの家族, もの男女, もの眼, もの若い, もゐた, も一人, も五十人, も人, も使っ, も六十人, も子供, も小さい, も押しかけ, も来た, も来れ, も死ぬ, も死ん, も死んだ, も水, も連れ, も集っ, も集まった, やそこら, や三十人, や二十人時, や五十人, や八十人, よれば, をこえ, をひきい, を乗り組ました, を入れる, を兼ねたる, を加え, を容, を越す, を選び, を随, を養う, ズラリと, ムラムラと, 居る, 思って, 悉く生, 近い人, 近い人間, 近い止宿人

1 [2315件 抜粋] あったであろうか, あまりいる娘たち, あります, あるから, あるべし, あれば, いじょうなのです, いたもの, いやもっと, いると, いわゆるその市, かかって, かたまって, かのあか, かの僧ども, かの娘達, かの敵, かの生死, かの貧乏人, からある, からのお客, からの団体, からの群れ, からの警官, から上, から十五人, から居たろう, かわからない, か十一人, か恩沢, か討死, がおり, がこの, がみな, が一小隊, が之, が先頭, が分け前, が十三人, が十人期待, が十人紋切型, が十色, が右, が守備, が工服, が得物, が打ち揃う, が散, が毎月一回寄合, が総出, が送っ, が食い, くらい, くらいずつある, くらいになった, くらいの名前, くらいの家族全部, くらいはあった, くらいは御, くらい一生飼い殺し, ぐらいかかっ, ぐらいしかいなかった, ぐらいしょっぴい, ぐらいそして, ぐらいでやる, ぐらいな従者門人, ぐらいのごく, ぐらいの人間, ぐらいの手, ぐらいの老幼男女, ぐらいはありました, ぐらいは一側, ぐらいは飛んだ, ぐらい不足, ぐらい貝, このほか, しかおらぬ, しか僧侶, じゃありません, ずつ, ずつだ, ずつの人足, ずつほどの人数, ずつ一団, ずつ人, ずつ区切っ, ずつ殺し, ずつ轎, そこそこと, その時, それにあちらこちら, たりとも, だけとあらかじめ, だけ選ばれる, だそう, だろうが, ちかいから, ちかい情夫, ちかくも, つまるところから, であったかと, でかかった, でないと, でも五十人, でも来れたら来, でも間にあわなかった, で一組, で二円, で千人, で天下, で引く, で相手, で駆け, というお, という人夫土工, という多勢, という数, という武士, という美人, という黒い, といふ子供, とおります, とかの日本人, とか五十人, ときめ, とすれ, とつづい, となく青い, とは揃つて, とほんと, とも知れぬ, とチョット, と一隊, と仰せられまする, と共に島原, と合わせ, と居る, と数えられた, と束, と殖え, と相, と舞台, と覚しき, と醜業婦, と集ま, どっと押し寄せ, ないし四十人, などと愛すべき, なら十人一緒, に, にても二十人, にて荷, になりました, には八幡神社, にも余っ, にも見えた, にも達した, に一本, に上り, に余んぬる, に分ける, に加え, に対する一人, に当たった, に成つて, に聞える, に足らない, に近かろ, に限定, のうち一人, のうち六人, のお客さま, のすば, のひとり, のわし, のコウカサス, のタイピスト, のポルトガル人, のレビュー, の一日, の上り下り, の下役人, の中七人, の事, の人員, の仕事, の伝記, の侍女, の候補者, の兇徒, の八カ月, の公卿方, の内九人, の分, の列, の剣戟, の労働者家族, の卒, の友達, の合格者, の命, の商人, の四十, の地中突撃隊, の士卒, の大人, の天才芸術家, の女工さん, の妻妾, の婦人代議士, の子ども, の學生, の宿, の射手, の小学生, の山役人, の座員, の弥次馬, の徒党, の徴税使, の悪者, の戦犯人, の抱え, の捕手, の撮影所長, の教徒, の敵兵, の智者軍師, の朝鮮, の村民たち, の槍組, の武者輩, の死者, の泊まり客, の泥部, の浮浪人, の無頼物, の犠牲, の生き残り, の生活, の男女生徒がち, の畳屋職人, の百姓, の看守, の研究, の神, の稽古者, の篤胤, の精霊, の総, の老若, の職人仲間, の臨時, の船長, の落第生, の補助, の覆面少女, の親昵従類等, の警備係, の護衛者, の足, の跫音, の軍兵, の遊女, の郎党ども, の部長, の鉄道首脳者, の門輩, の集まり, の面々, の食, の騎馬, の麗しい, はいた, はお, はきっと, はすぐ, はほどなく, はゐた, は一斉, は二十様, は出ない, は古式, は娑婆, は少なくとも, は山, は屹度来, は得べく, は数えられましょう, は榊原康政, は現在獄中, は相手, は籠手, は見, は金兵衛, は集會, ばかりあり, ばかりいそがし, ばかりがひと組, ばかりが柳, ばかりが輿, ばかりし, ばかりずつ二組, ばかりつれ, ばかりとだった, ばかりと箱根, ばかりなら, ばかりに向っ, ばかりのひとたち, ばかりのプレーグ, ばかりの一団, ばかりの一行, ばかりの人夫達, ばかりの会員, ばかりの兵卒, ばかりの労働者, ばかりの同級生, ばかりの塾生, ばかりの女給, ばかりの婦人連, ばかりの客, ばかりの富農, ばかりの敵, ばかりの本屋, ばかりの歩行武者, ばかりの無頼漢, ばかりの男打, ばかりの盗賊, ばかりの芸者, ばかりの裸体, ばかりの護衛, ばかりの通信員, ばかりの露艦, ばかりはいっ, ばかりばらばら, ばかりみな顔, ばかりもお, ばかりも居る, ばかりも群, ばかりをやっ, ばかりを収容, ばかりを送る, ばかりワッ, ばかり下弦, ばかり今にも, ばかり円, ばかり各, ばかり女, ばかり宿らせ, ばかり居る, ばかり引用, ばかり招, ばかり時には, ばかり熊手, ばかり白衣, ばかり芸者, ばかり討死, ばかり車寄せ, ばかり降りた, ばかり集り, ばかり骨, ばっか今, ほど, ほどいる, ほどが一隊, ほどが神輿, ほどごそごそ, ほどそこ, ほどでその, ほどにそういう, ほどのいたって, ほどの一隊, ほどの主従, ほどの半, ほどの大人, ほどの小学生たち, ほどの帯刀, ほどの掠奪隊, ほどの植木師, ほどの眷族, ほどの聴き, ほどの記者達, ほどの黒法師, ほどは道側, ほどもありました, ほども付い, ほども現れた, ほどやって来, ほどを伴っ, ほどゴルフ, ほど大, ほど後ろ, ほど来た, ほど童女六人, ほど通っ, ほど音楽関係者, まずは立派, までが國家, まではこんな, までは確か, まで倒した, まで細引, もあったら, もいたであろう, もおりまする, もくっつい, もそのまま, もつかい, もならんだろう, もの六月, もの子供, もの日本人, もの生徒たち, もの老, もの郎党, もまわり, もメード, も一隊, も世間, も乗り込ん, も共に, も取りそろえ, も土間, も姿, も居ました, も当て, も手先, も押し込まれ, も控え, も来たろう, も殺す, も牢人, も産む, も相, も竹やぶ, も荒くれ男, も見つけ出しゃ, も詰めかけ, も遺, も馬, やそこ, よ, よりは三十人, より成り, ゐる教室, をえらべ, をしたがえ, をのこし, をひき連れ, を三組, を乗せ, を何とか, を入る, を別に, を召した, を家, を度, を従え, を抽, を支配, を斬り, を殺せ, を立たしむべき, を越した, を過ぎずし, を附し, を革財布, ゴロゴロし, 乃至三十人, 乃至十五人, 乗り六十馬力, 休んで, 全く同じ, 別に各, 召し連れ, 同じよう, 多い日, 少なくても, 居ります, 御一所, 或はもっと, 揃って, 斬の, 果して功利的, 死んだとて, 猶中, 申し合わせたらしく性教育, 程であり, 程の在郷軍人, 程の詩人, 程友禅模様, 突くも, 行けば, 計五十人, 辛くも鎖した, 近い女事務員, 近い年上, 近い男女優, 送政等, 集まると

▼ 十~ (2818, 1.6%)

25 ほどし 23 もたった 22 もする 21 ばかりし 17 であった, にし 1615 ばかり前, ほど前 14 です, ほどする 13 である, ばかりの間 12 もすれ 11 ほど後, も前, を指し 10 のうち, ばかり, もかかっ, もたつ, 経っても 9 おくれて, になっ, ばかりで, ほど経っ, までの間, も一時間, も経った 8 か一時間, して, はかかる, もかかる, もしない, やる, 程し 7 しかない, になる, ばかりの後, ほどのち, ほど話し, もたっ, も経っ

6 [14件] ぐらい, とたたない, にハネ, のところ, ばかりする, ほどたっ, ほどたった, ほどのあいだ, ほど経つ, もし, もしたら, も走った, も間, を示し

5 [16件] か三十分, か十五分, ぐらい前, では, でも一時間, でも好い, というわけ, と経たない, に東京駅, のもの, ほどたつ, ほどの後, ほどまえ, もって, も経つた, や一時間

4 [29件] あれば, かな, ぐらいの間, すると, たって, たっても, だった, であつ, とはかからなかった, になった, に出, に出発, ののち, ばかりい, ばかりたった, ばかり経つ, ばかり話し, ほどで, ほどの間, もあれ, もした, もたたない, やって, や三十分, より, を要する, 経った, 遅れて, 過ぎて

3 [52件] ある, から三十分, から四時三十分, か二十分, がんばれ, が過ぎた, くらいで, くらい前, ぐらい話, であります, でした, で行かれる, とたっ, となり, とはかからない, と立たない, のこと, はかかった, はたっぷり, ばかりたっ, ばかりたつ, ばかり時間, ばかり私, ばかり経っ, ばかり経った, ほどかかっ, ほどの時間, ほど何, ほど経った, ほど過ぎた, もあります, もおくれた, もか, もそう, も下る, も登る, も経たない, も経つ, も遅れ, も遅れた, も過ぎ, も過ぎた, よ, を費し, 乃至一時間, 待っても, 持って, 程の間, 経って, 経つか, 経つても, 考へて

2 [188件] あるの, うなずけるが, うなずけると, かかった, かかって, かそこ, かそこら, から一時間位, から三十分の間, から五十分, から四十五分, から四時五十分, か四十分の知己, くらい経っ, ぐらいし, ぐらいのところ, ぐらいのもの, ぐらいの時間, ぐらいの距離, ぐらいまえ, ぐらい散歩, ぐらい経っ, すぎて, たたぬうち, たつと, たてば, だったの, だと, ちかくも, であるが, でございます, ですわね, でも, でやっ, でゆかれた, で十時, で参ります, で往復, で済みます, で済む, で発つ, で終った, で達する, で達せられる, で頭刈つて来, ということ, というの, というもの, といふこと, といふの, とかからない, とかからなかった, とたたぬ, とたつ, とは懸らなかった, とも経たない, と経たぬ, と経つ, と経ぬ, と經, と過ぎ, なり, に, にここ, にたちます, にちぢめ, にもなる, に今日, に仕事, に四人, に成功, に明瞭, に此処, に注意, に着いた, に知らないなら, に至り, に著い, に規定, に過ぎなかったであろう, の大阪行, の長岡行, は懸る, は私達, ばかりあと, ばかりお, ばかりかかった, ばかりかかる, ばかりたつた, ばかりです, ばかりの内, ばかりの時間, ばかりの距離, ばかり何, ばかり後, ばかり散歩, ばかり早め, ばかり昼寝, ばかり熊笹, ばかり立つ, ばかり話, ばかり進ん, ばかり間, ほど, ほどおくれる, ほどします, ほどすぎ, ほどそう, ほどの静けさ, ほどもします, ほどもたった, ほど待つ, ほど後れ, ほど時間, ほど枕元, ほど焼く, ほど球, ほど行く, ほど走っ, ほど走る, ほど過ぎ, ほど過ぎる, ほど間, ほど階下, まつよろしい, まで, までに停車場, もあと, もある, もかかった, もかからず, もかかりました, もた, もたたぬ, もたって, もたつた, もつづいた, ものび, も坐っ, も待たし, も待っ, も待った, も待つた, も後, も早く, も此処, も歩いた, も生き, も立っ, も経ったであろう, も經, も行く, も話, も費し, も走っ, も走る, も車, も過ぎてる, も雑談, ゐて, を費した, を費す, を過ぎた, 坐れば, 待たなければ, 急いで, 或時, 早く着いた, 早く起きる, 程した, 程たっ, 程のうち, 程のち, 程の後, 程もする, 程前, 程遅刻, 立つと, 経たないうち, 経ち三十分, 経つに, 考えて, 話す, 迄の間, 遅くも, 過ぎた, 過ぎた時分, 骨折り甲斐

1 [1518件 抜粋] ああなんと, ありますから, あるいは四十分, あるひ, いじょう, うかがえるし, おくれたの, おくれるので, かかったとは, かからないかも, かかる, かかるという, かかるので, かけて, かそれ以上, かと存候, かにすぐ, かの後, かの終汽車, かもしれない, からです, から一時間, から三十八分, から二十分, から五時, から八時五十分, から同, から四時, から待たせられ, かソコラ, か七時ごろ帰着, か二十分の熟眠どころ, か前, か十五分の停車時間, か十五分一緒, か時に, か見せ, がうまく, がほどを千日, が何, が経つ, が間, きっかりでございました, くらいかけ, くらいしかたたない, くらいたっ, くらいにし, くらいの行程, くらいぶらつい, くらい子供, くらい待っ, くらい津軽平野, ぐらいかかっ, ぐらいしかたたない, ぐらいじゃない, ぐらいそこ, ぐらいたっての, ぐらいで, ぐらいですむ, ぐらいで妹さん, ぐらいな, ぐらいにはじまり, ぐらいに皆, ぐらいのこと, ぐらいの節約, ぐらいはかかる, ぐらいは後れます, ぐらいむこう, ぐらいも祈っ, ぐらい休み, ぐらい後れ, ぐらい眠りました, ぐらい續, ぐらい話し, ぐらい静か, この原則, この章, ござる, しかかかりません, しかるべく候, しか経過, したら九度, しゃべったばかり, じゃありません, すぎても, ずつにくぎっ, ずつ二回, ずつ手, ずつ話, そのま, その困難性, その手腕, その権力, それから, たしかめるよう, たったら帰って, たつか, たらずで, だけ待っ, だったね, だらう, ちかく歩きました, って, つきあって, て云ったら, であったが, であらう, であること, でいける, でかえりました, ですかな, ですな, です片道, でたんのう, でもいい, でも人並, でやる, でウラジヴォストク, でジュネーヴ行, で一寸, で今日松高山岳部, で充分, で出来ます, で十七八尾, で坊主小屋, で宿, で峠, で店, で手, で本番, で東京港, で歸, で深浦, で漸く, で祭, で荷物, で行きましょう, で賽, で道, で雁坂峠, で飛行機, という, という奴, という途方, とかに出発, とかのレンラク, とか言つて居, としてももう, とたたねえ, となりました, との間, とはかからぬ, とはもたない, とは言, ともたないであろう, とれるなり, と十二時二十分, と坐っ, と折紙, と立たぬ, と経っ, と行きつ戻りつするなら, と言った, どうかする, どうしても十時近くなつ, ならず行手, なりしため, なり三十分, なり四十分, にあまる, におこる, にしよう, にて手, にならう, にのれた, にはもう, には事務所, には和田, には目ざす, には農業, にひかえ, にもなりません, にも五十分, にも思える, にわたって断続, にキャリフォルニアン号, にタイタニック号, にヒルバ, にリオデジャネイロ経由, に一度, に下り始め, に中野, に亙り, に兇行, に出る, に判らぬ, に勤めなけれ, に受けた, に合わせた, に多賀ちゃん, に太陽, に始まる, に小屋, に巴里, に得た, に感ぜられ, に扶養, に探っ, に散会, に松花江, に汽車, に活動, に濁沢, に用意, に発車, に着せし, に短縮, に立つ, に続く, に致し置きました, に著く, に親鳥, に赤坂見附, に近い, に長蔵小屋, に限られる, に顯, に飲ん, に體得, のころ, のみ宿, の可能, の名古屋発東京行, の東京発, の自由, の鋭, はあまされ, はすぎ, はたっぷり間, はだいじょうぶ, はどうしても, はなれた, は十分, は御, は直, は貴, ばかりある, ばかりかかれ, ばかりしたら帰る, ばかりたっての, ばかりであります, ばかりで評価, ばかりにてモヤー来, ばかりにザツ, ばかりのうち, ばかりのぼる, ばかりの処, ばかりの郊外, ばかりは死ん, ばかりも, ばかりも出, ばかりも手間どった, ばかりも経つ, ばかりも遊ん, ばかりヴェランダ, ばかり休む, ばかり向, ばかり塞がらなかった, ばかり室, ばかり延着, ばかり息, ばかり支配人, ばかり曵い, ばかり枕元, ばかり歩き続け, ばかり演説, ばかり煮えた, ばかり發車, ばかり米友, ばかり縁, ばかり花井氏, ばかり見まもっ, ばかり走っ, ばかり遊ん, ばかり過した, ばかり雑談, ばかり黙っ, ほどいた, ほどお話, ほどが経った, ほどさき, ほどじっと, ほどたちました, ほどつきあっ, ほどではじまる, ほどで山頂, ほどで自動車, ほどなにか, ほどねむっ, ほどの距離, ほどは姿, ほどもかかった, ほどもすぎました, ほどもひそひそ, ほどもゐました, ほども待つた, ほども歩いた, ほども瞶め, ほども走っ, ほども身動き, ほども鶏舎, ほどをまだ, ほどジッ, ほど五目並べ, ほど先生, ほど待たされ, ほど後れた, ほど支店長, ほど本堂, ほど歩く, ほど登る, ほど経ったら, ほど縁喜棚, ほど茫然, ほど見詰め, ほど話す, ほど賢二少年, ほど迷っ, ほど遅れた, まえに, まさに青山, まっすぐ宿, までと断定, までにその, までに五分, までのうち, までの行動, までは召使二人, までタバコ, まで下山電車, まで待たない, まで社長室, までJOAK, もあ, もいない, もう一時間, もおくれる, もかかつ, もかかるまい, もぐずぐず, もさらされ, もしゃべっ, もせん, もそんな, もたつたでせう, もつづかず, もでたらめ, もはしった, もほっとけ, もまちぼう, もらくらく, も中, も人, も僕, も喋ってる, も坐つ, も寝, も居, も座, も待たされる, も待ち, も後れ, も手術, も掛, も揺られた, も時間, も歩く, も滑降, も登っ, も眠ったら, も私たち, も立たぬ, も経た, も経ったら, も続い, も続いたら, も考え, も自在, も行ったろう, も調べさせ, も走ったでしょう, も身, も逆, も過ぎる, も銀, も飲んだ, も默つて由松, やそこら, やり, やり下加茂, や三十分の時間, よくなった, より八度前後, より長く, わかりきって, をいでずし, をとっ, をもつ, を何, を崩御, を打った, を楽, を經過, を過ぎ, を過した, デ直, 乃至一時間中ニアソコノ一室デイカナル, 乃至五十分ごろ, 何とかの, 使える檻, 全く残光, 再び雪渓, 出るにも, 出来るで, 出校, 即ち年前九時, 又牽引スル, 呑み込めるの, 外し得たと, 大きな獲物, 察しられる, 役立つやう, 待つた為め, 後甲板, 思い知らせる為, 愛しては, 憧れの, 掛かって, 早くあく, 早く戻り, 果せるという, 演じた, 漸く海抜三千百二十米突, 煮ては, 熟しきつ, 生きたの, 畏れ縮んで, 眺めて, 着下り, 着十時十分出発, 着駅前, 確かめ得られると, 程かかっ, 程がすむ, 程ずつあります, 程たつ, 程でムウドン駅, 程で逃げ出した, 程の読経, 程もとつおいつ, 程も相手, 程も費す, 程やり, 程トロ, 程傍聴, 程官邸, 程御覧, 程立つ, 程経つた, 程船長室, 程話し, 程辿っ, 立った時二匹, 第一哨桜田門, 約二千八百四十米突, 経ったが, 経つ, 続いた, 纏める暇, 置き毎, 考へること, 補えるそう, 見せられた, 観るもの, 話せるん, 認め或, 調べても, 費やした, 起きる, 足りるもの, 近い時間, 進むと, 進んで, 遅くても, 遅れると, 過ぎた針, 過ぎまして, 重い荷, 開ける位, 飲み込ませようとも

▼ 十~ (2745, 1.5%)

121 になる 86 の時 59 になった 50 になっ 36 にし 31 を越し 30 を越した 26 に近い 25 のとき 24 であった 23 の年 22 の頃 20 を越えた 19 になつて, の春 18 であつ, の青年 17 である, の老人 16 を越え 15 になつ 14 にもなっ 13 の人 12 で歿, にもなる, の少年 10 ぐらいで, になります, の娘, を少し, を過ぎ 9 だと, の女, ばかりになる, ばかりの男, を過ぎた 8 くらいで, の子供, をこえ, を幾つ 7 だった, といえ, といふ, の今日, の老, の若, の若い, の高齢

6 [12件] であったが, です, ですが, では, になれ, にもならぬ, に達し, のころ, の彼, の私, ばかりで, をすぎ

5 [20件] か二十一, ぐらいの男の子, だが, なの, におなり, にもならない, にもなれ, に足らぬ, のお, の少女, の男, の間, ばかりの青年, をいくつ, をこした, をすぎた, を二つ三つ, を出た, を超え, を越す

4 [30件] から十五歳, か十一, か十一歳, ぐらいでしょう, ぐらいになる, ぐらいの男, だ, で, であるが, でございます, でその, で死ぬ, という年齢, となった, にならぬ, に至る, に達した, の夏, の祝賀, の秋, の老婆, の誕生日, ばかりの女, ばかりの頃, も年上, より下, を一期, を超えた, を越える, を踰

3 [50件] から二十五歳, から二十歳, から五十歳, から六十歳, から四十歳, くらいの娘, くらいの子供, くらいの時, くらいの男, ぐらいの老人, ぐらいの若い, だったと, でした, ですから, でせう, で死なう, で父, という, と聽, になったら, にならない, になり, には間, にも満たない, にも足らぬ, に近づい, のゴーリキイ, の子, の文士, の時分, の筈, の者, の自分, の長寿, ばかりの少年, ばかりの男の子, ばかりの痩せた, ばかりの背, ばかりの若い, ほどで, までの間, まで生き, まで生きた, も若い, も若く, をこし, をとうに, を一つ, を迎, 過ぎて

2 [157件] かそこら, かだ, から十二歳, から十六歳, から当時三十余歳, から金, か二十一歳, くらいと思われる, くらいにも見える, くらいの御, くらいの男の子, くらいの頃, ぐらい, ぐらいその, ぐらいであった, ぐらいにしか見えない, ぐらいに見えた, ぐらいに見える, ぐらいのがっしり, ぐらいのひと, ぐらいのりっぱ, ぐらいの主人, ぐらいの女, ぐらいの子ども, ぐらいの小さな, ぐらいの時, ぐらいの紳士, さして美しく, だか, だから, だつた, ちかいけれども, ちかいボーイ, であ, であると, でこの, でこれ, でも一弗, で世, で初めて, で小池, で死ん, で病死, で結婚, というの, という年, といっ, との間, とは見えない, とも見える, と二十三歳, と宣う, と指, なり, なるを, にちかい, になられた, になりました, になろう, にはなるまい, にはまだ, にもなつて, に垂んとする, に成る, に満たない, に満たぬ, に近く, に達せずし, のきん, のもの, のスティヴンスン, のマリア, の九月はじめ, の人間, の保延三年, の六月, の分別, の初夏, の境, の壮年, の壽, の壽齋, の大人, の天才, の女の子, の女性, の寿命, の小娘, の小柄, の彼女, の恋人達, の折, の時引, の比, の父, の独身者, の生涯, の男の子, の男子, の美しい, の老体, の老大家, の老年, の老爺, の老齢, の若者, の蘭軒, の蝶子, の隠居, の順平, の高, の高校生, ばかりだった, ばかりと聞けり, ばかりなる, ばかりになっ, ばかりのすっきり, ばかりのその, ばかりの女の子, ばかりの時, ばかりの束髪, ばかりの武家風, ばかりの美しい, ばかりの老人, までで, までの者, までは大丈夫, までも無病, まで教育, まで生きる, も上, も年, も年長, も老け, より上, をすぎる, をすこし, をちょっと, をよほど, を一つ二つ, を三つ, を出る, を待たず, を経, を經, を越えられた, を越してる, を迎えた, を迎える, を過ぎる, を頭, 少しは, 未滿, 若くは, 近いお, 近い男, 近い長寿者

1 [1051件 抜粋] あまりになる, いかに強壮, お萬, かそこ, かと見ゆる, かの時, からその, からもう, から三十二三歳, から三十五歳, から三十前, から上, から二十五歳位, から二十四五歳前後, から八十いくつ, から六十歳以上, から十三四歳, から十四, から参禅, から呑んだら, から山, か一, か三十歳, か少く, が年頭, が精, くらいかな頭, くらいで得た, くらいになっ, くらいに見え, くらいのおじいさん, くらいのころ, くらいのよぼよぼ, くらいのヘロイン, くらいの大きな, くらいの感じ, くらいの水兵服, くらいの老, くらいの背広, くらいの色黒, くらいの英国人, くらいの非常, くらいの黄色い, くらいまでは前途, くらい下, くらい色, ぐらいかと想った, ぐらいごく, ぐらいじゃ, ぐらいで早死, ぐらいで母, ぐらいと見える, ぐらいなきれい, ぐらいな子供, ぐらいな若い, ぐらいになっ, ぐらいにも見える, ぐらいに見えます, ぐらいのあごひげ, ぐらいのかわいらしい, ぐらいのころ, ぐらいのじゃがいも, ぐらいのとき, ぐらいのやせ, ぐらいの上品, ぐらいの人, ぐらいの人間, ぐらいの俳優, ぐらいの受け持ち, ぐらいの地位, ぐらいの奇妙, ぐらいの女性, ぐらいの小児, ぐらいの小綺麗, ぐらいの年恰好, ぐらいの年輩, ぐらいの年齢不確か, ぐらいの白い, ぐらいの美しい, ぐらいの老翁, ぐらいの背, ぐらいの見る, ぐらいの青年, ぐらいは老け, ぐらいまではただ, ぐらい天香さん, ぐらい色白, ぐらい頭髪, さ, しか違わない, すぎた頃, その風采, ぞや, だいや四十だい, だったからネ, だったとき, だった前, だつて云, ちかい母親, ちかくなっ, ちかくの, ちかく全く, ちかく若かっ, であったから, であったと, であった前夫, であった筆者, であと, であまり役, であります, であろうのに, でおわした, でこんな, でございますが, でしたが, でしょう, ですからね, でっぷりふとった, でなお, での留学生生活, でふだん, でもう, でわたし, で一人, で亡くなった, で信順, で再び, で創作, で卒し, で去年, で和事, で国許, で天, で始め, で孤兒, で家, で小説, で幸内, で御, で念仏往生, で或, で才子, で文学, で時三, で未だに, で死にました, で死刑台, で殺されちゃった, で沙弥, で活気, で現下, で白蓮さん, で神童, で細君, で自刃, で自然, で色, で若年寄, で藩, で足利, で近村, で隠居, という事, という娼妓, という言葉, といふ年齢, とお, とかになる, としてある, とは受けとっ, とも十二歳, とも見れる, と二十五歳, と云え, と五十歳, と偽り, と十五歳, と思われる, と書し, と精一ぱいあくせく, と見立てたらしい, と言う, ないし二十五歳, なつた, ならぬ内, なりける時, なり千四百四十氣, なり胡説, なんて年, にかかる, にすぎない, にてはかなく, にでもなれ, になったら死のう, になつて一弗, になられたなら, になん, にはならなかったでしょう, にはなるであろう, には小さき, には達し, にまでなった, にもなった, にもなっとるけん, にもならなかった, にもなられぬ, にもなりおっ, にもなるでせう, にもなッ, にも五十歳, にも成る, にも見える, にも近づけ, に二つ三つ手前, に充たぬ, に及び, に及んだ, に少し, に御, に成ける, に成器量, に満たざる, に満ち, に相成らざる, に至り, に見えた, に見る, に足らない, に近けれ, に近づく, に達せざる, の, のあの, のおじさん, のおばあさん, のかれ, のころ彼, のころ藤原信実, のずっと, のでっぷり, のとき園城寺家, のとき父, のとき発病, のなかば, のぼく, のアダム, のショパン, のソフォン・ボルティーコフ, のツルゲーネフ, のバルザック, のワーグナー, の丁年, の三郎, の中, の中村新八郎, の亀さん, の二重人格者, の人品いや, の人生, の伜, の住職, の作, の作者, の保守派, の共産派, の冬, の分別男, の初秋, の十一月末, の半ば, の可愛らしい, の向う見ず, の坂, の夏東京, の天寿, の太郎, の女中, の妹, の妻, の婆, の子供一人, の孫千菊, の家内, の将軍, の小僧, の小児, の少年ベルリオーズ, の尾崎行雄, の岡倉先生, の峠道, の年ごろ, の年少, の幼童, の後半, の復, の忠兵衛妾牧, の息子, の成善, の折乳母, の敬, の方, の明子, の時一冊, の時以来, の時奈良, の時孤児, の時春松検校, の時母病死, の時父彦兵衞儀江戸, の暁, の書生, の有徳, の未亡人, の村長, の栖鳳, の次女俶, の残り, の水泳選手, の洋画家, の父親, の牧師さん, の生活, の白雲頭, の相違, の祝い, の神童, の稍, の童女, の竹丸, の終り, の美婦, の老人ミールポア司教, の老母, の老躯, の肉体, の若き, の著者, の血気盛り, の親, の貧農ピョートル, の踵, の身の上, の道楽者, の醜, の金貸, の長い, の際勾引, の青年ブラームス, の馬鹿息子, の鶴雄, は丁未, は宝暦五年, は私供, は若く, は越えたろう, ばかりしたがって, ばかりで亡くなった, ばかりな, ばかりになる肥えた, ばかりのお, ばかりのごく, ばかりのとき, ばかりのサヴォア生まれ, ばかりのユダヤ人, ばかりの丸顔, ばかりの兄, ばかりの其の, ばかりの夫婦者, ばかりの娘, ばかりの子, ばかりの官僚型, ばかりの寺男, ばかりの小づくり, ばかりの小柄, ばかりの年, ばかりの年増, ばかりの息子, ばかりの村童一人, ばかりの父, ばかりの男來, ばかりの目鼻立, ばかりの矍鑠, ばかりの美女, ばかりの美青年, ばかりの若い美しい, ばかりの西洋人, ばかりの躯, ばかりの連中, ばかりも他, ばかり妻, ばかり年長, ばかり顏色痩衰, へかけ, へ入る, ほどであろう, ほどになっ, ほどにも思えました, ほどに当る, ほどのデップリ, ほどの人, ほどの子, ほどの年上, ほどの洋服紳士, ほどの老婆, ほども年下, ほど年取る, またはもっと, まだ若, まである, までが特別, までこれ, までだろう, までと宣言, までには納言, までに出れ, までのいたずら, までのもの, までの健康, までの勤労女性, までの女一人, までの婦女子, までの家庭教育, までの日記, までの生, までの男, までの紳士淑女, までの長い, までは故郷, までは生きたい, までは育てました, までは誰, までも生き伸びた, までよく, まで大学, まで年々駒, まで来, まで独身, まで結婚, まで遑, まで領内, もの年, も年下, も老けた, も超え, も越した, やそこ, やない, や十一歳, よりあまり, よりは上, より七十五歳, より五十歳, より八萬歳, より四十四歳, を, をいくら, をかなり, をこえる, をすぎれ, をちよ, をとっくに, をまだ, をもって初老, をもつ, をやや, を二ツ三ツ越中脊中肉, を以て京都, を以て江戸, を出, を出たる, を出過ぎ, を多く, を数えた, を標準, を貰い受け, を越, を越えつる, を越ゆ, を迫らぬ, を過ぎない, 乃至二十九歳, 乃至十九歳, 劣りが, 多少の, 子貢, 少し病身, 程に見える, 程の小柄, 老いた, 迄の間, 近いお嬢さん, 近いころ, 近い下手くそ, 近い大人, 近い年配, 近い柿沼, 近い私, 近い老婆エステル, 近い頃, 長ずるのみ

▼ 十~ (2225, 1.3%)

54 の金 17 の月給 15 では, のもの 14 もする, 出して 12 である 11 であった, もあれ 9 あれば, というの, になった 8 だ, と云う, ばかりの金, 持って 7 か十五円, だと, の家賃, の結納金, やる 6 だから, です, で買っ, で買った, になる, の為替, ばかり, 貸して 5 か, から百円, で, と云, なの, にし, になっ, になり, の給料, 借りて

4 [24件] あります, か二十円, だという, で買, という金, のうち, のお金, のこと, の入場料, の収入, の報酬, の手当, の扶助料, の生活, の生活費, の紙幣, の金貨, は高い, ほどありました, や十五円, や四十円, を与え, を持っ, 呉れた

3 [45件] あると, か四十円, くらいで, ぐらいのもの, ずつ払う, ずつ送っ, だが, だったの, だよ, でお, でこの, で売っ, で手, で買い取った, という, とられて, と言, になつ, になります, にもなつて, に使った, に売っ, の, のお, のため, の債券, の小切手, の御礼, の由, はかかる, は安い, めぐんで, もくれる, やって, や三十円, や二十円, や五十円, や六十円, を出し, を貰っ, を越えた, 入れて, 取られた, 置いて, 送って

2 [167件] あげよう, ある, あるから, かし, かそこら, から七十円, から二十五円, かりて, か三十円, か二百円, か六十円, がもの, くれた, くれて, くれると, ぐらいで, ぐらいでしょう, さ, ずつ仕送り, ずつ出し, たらずの, だか, だけそして, だけ山鳥, だそう, だった, だったという, だな, だね, だの, っててめえ, であつ, ですが, でも二十円, でも十五円, でも好え, でも高い, でやれる, でわけ, で五十円, で出来る, で嘆い, で売られた, で帰った, で私, で譲っ, で買い集め, で買う, ということ, というよう, という大金, といえ, といわれ, とか百円, とって, となり, とられる, と云った, と五円, と五十九歳, と少し, と書い, と見, と送っ, な, なら, ならよそ, なり, なり三十円, なん, に, にする, になりました, にはなる, にも売れる, に値切っ, に売る, に売れ, に目, に買っ, に近い, に達した, に達する, のやつ, のオツリ, の予算, の仕事, の仕送り, の借家, の値打, の値打ち, の内, の利益, の品, の商品切手, の売価, の大金, の意味, の捨扶持, の敷金, の料理, の月収, の月給とり, の札束, の特別賞与, の珈琲, の箪笥, の罰金, の蜜柑, の蝦蟇口, の貸家, の配当, の金子, の間違い, はある, はいっ, はもとより, は出し, は送っ, ばかし, ばかしある, ばかりか, ばかりの勘定, ばかり借りた, ばかり貸し, ばかり銀子, ほど, ほどになっ, ほど届け, ぽつち, もあったら, もかけ, も出し, も出せ, も取る, も月給, やむを得ずば, より下, をそっくり, をその, を懐, を手, を抜き取り, を納め, を請求, を資本, を賭け, 乃至十五円, 使いこんだ顔, 借りに, 出しただけじゃ, 出しました, 出すの, 出せ, 取られるか, 届いた時, 張って, 払う気, 払って, 程金, 若くは, 貰えば, 貰って, 貸せと, 近い小遣, 送ります, 遣って

1 [1305件 抜粋] あがって, あげるぜ, あったらよかろ, あっても, ありゃあそこ, あるいは幾百円, あればと, いかれた, え, お借りした, お銚子二百円, かで買い取りました, かねそれ, からな, からの金, から一朱, から五円, から五百円, から十五円どころ, から四円, から百四十円, かりたいの, かりる, か十五円位, か払いました, がいつか二百円, がたいへん, がとこ, がもすこし, が不当, が五六十円, が入っ, が百円, が相当, くらいある, くらいずつやった, くらいで下宿, くらいにし, くらいに輪, くらいのもの, くらいの研究, くらいは出, くらいまで行く, くらい使う, くらい貰っ, くれたそう, くれました, ぐらいかかる, ぐらいしか残らんで, ぐらいだ, ぐらいであったろう, ぐらいです, ぐらいで暮せた, ぐらいなら, ぐらいに下落, ぐらいに当ります, ぐらいの安, ぐらいの最高価格, ぐらいは手, ぐらい入っ, こつちで, この後, さつと, さつを, しかない, しか出さない, しか収入, しか無い, しか遣らない, じゃあなた方, すぐ出せる, すなわち三十軒分, するもの, ずつくれねえ, ずつし, ずつで六百円, ずつで買い取った, ずつとる, ずつに家ごと, ずつの出費, ずつの生活費, ずつは出し, ずつよこされ, ずつ余分, ずつ入る, ずつ分け, ずつ十年, ずつ差上げた, ずつ持っ, ずつ来る, ずつ自分, ずつ足, ずつ醵金, そのままそっくり此処, そんな金, ためて, たりない, だけこの, だけでも子供二人, だけぬきだし, だけはなんとか, だけれど, だけを毎月郷里, だけ借りた, だけ友人, だけ握っ, だけ用意, だけ納めさせ, だせば, だぞ, だったのに, だっていう, だって出し, だつた相, だなと, だの五百円, だろう, だ十五円, ってたべた, であるとか, でいい, でくず屋, でこんな, でございますから, でしたが, でしょう, ですからな, ですって, ですよ, でできるげながのオ, でびっくり, でもお父さん, でもくらし, でもどうにか, でもまとまった, でもゆずりますまい, でも出来れ, でも買, でも雨, でやっと, でガス, でフロ桶, でワタクシ, で三個, で二千円, で五枚, で何千挺, で円タク, で勘弁, で吹, で売ったろう, で売られ, で売れる, で売附けられるやう, で失敬, で実質的, で家屋敷白井様, で座元, で引取つて, で新橋, で済んだ, で盆暮, で落され, で話, で買おう, で買収, で足らなく, で身請, で雇う, で飛車, とあった, というわけ, という借用, という大, という当時, という破格, という苦肉の策, といくらか, といふもの, といふ巍然, とかいうの, とかする, とかであったらしい, とか三十円, とか八十円, とか手切金, とか申し, ときい, として六尺, とする, とつた所, となった, となる, とはかからない, とはどこ, とは余り, とは強欲, とは笑わせやがる, とみやげ, とられたし, とられ今月, と云う纏った, と五百円, と借り歩いた, と出しあっ, と吹っかけた, と定めた, と定められる, と時借り, と汽車賃, と発表, と網一具, と纏っ, と聞いた, と見積り, どうかした, どつせ, ないし二十円, ないし百円, などとはあまり, などと呉れ, ならいい方, ならびに交通費, なら安かろ, なら手許, なりに辿りつきたい, なり強盗, なんて, なんて料理, なんて馬鹿馬鹿しい, にあげる, にならなかった, には八円, にまで飛んだ, にも充たない, にも足らぬ, にをさめる, に仕入れた, に値せぬ, に十円, に売れた, に当たる, に改めよう, に比べ, に満足, に競り, に買わされた, に非常, のあまいあまい, のつきあひ, のねうち, のもの二枚, のわけ, のウイスキー, のカタ, のカレーライス, のサラリー, のテーブル, のネブチ, のミカン, の一時金, の一磅, の下級サラリーマン, の中七十四円十六銭差引, の乳牛一頭, の人たち, の仕込盛り, の使道, の借り, の借金, の借金返し, の値段, の入費, の切手二枚, の利, の半分, の南京豆, の収穫, の古着屋, の台所セット, の売り上げ, の大, の女, の安, の宝くじ, の寄附, の小, の小遣, の帽子, の建築費, の戻しだ, の手数料, の才覚, の損料, の料金, の時価, の月給取り, の月賦, の正札, の歩合, の残り品, の為替券, の父, の真相, の科料, の立ち退き, の者, の芋, の製造, の証文, の負, の買, の費, の賠償金, の通帳, の部屋, の間, の闇屋, の雪駄, の高給, はあなた, はおろか一万円, はお前, はかかりましょう, はする, はそれぞれ区役所, はつらい, はとられる, はなく, はやれないだろう, はわづか, は一文, は今日, は余りに, は俸給以上, は光井, は出したくねえ, は取る, は大金, は実は, は彼, は払い, は持っ, は掛ります, は欠けまい, は母, は百倍, は自分, は貸間, は間違い, は非常, は高柳君, ばかりある, ばかりそれから, ばかりです, ばかりにしかならぬ, ばかりのお金, ばかりの小作, ばかりは何, ばかりを一時, ばかり使い込んだ, ばかり借りられない, ばかり出し, ばかり取れる, ばかり暫く, ばかり細君, ばかり都合, ふやして, ほしい事, ほどいる, ほどという響, ほどに査定, ほどの売上, ほどの金, ほど余っ, ほど取っ, ほど懐, ほど献身的, まさか払わない, までいろいろ, までのお金, まで下落, まで漕ぎ付けた, まで飛び上った, も, もうける, もお, もかせい, もします, もそろそろ, もとられる, もはいれ, ももろう, もよう, もらった時, も下, も二百円, も使った, も儲かった, も出しやがる, も危い, も大庭親方, も安く, も数百円, も残らなかった, も献納, も行, も貯め, も追い追い, も送れる, やそこ, やった, やった怒られず金, やります, や五円, や十円, よたった, よりも掲載, よ一袋, をかけた, をくらった, をつかっ, をとっ, をはらっ, をも出させた, をわが, を一文, を下らない, を並べ, を主張, を五円, を以て矢張殆ど, を借りる, を出す, を包み, を取, を受取った, を売る, を奮発, を払, を投ずる, を捲きあげられ, を支給, を数えた, を母親, を無, を百二十人, を盗み得, を県庁, を給せられ, を肥料屋, を要求, を貸そう, を贈っ, を返却, を銀行, を頂戴, を黙, 上げますから, 下さい, 下さい十円, 乃至二百五十円程度, 但し向う三年間, 使うとして, 借りました, 借りるという, 儲かったの, 出さる, 出すと, 出て, 別に小豆, 包んで, 取るの, 取れるん, 吝ん, 売って, 少くとも, 差し上げます, 払いて, 払わなくては, 押しつけて, 握って, 有りや, 渡した由, 無之, 程かかる, 程の衿, 程入る, 程私, 程貸せ, 貰うて, 貸したぞ, 貸すか, 貸せちうて, 賭けて, 載せると, 近い金, 送る, 遣せと, 遣る

▼ 十面相~ (2040, 1.1%)

61 の部下 27 のやつ 22 です, はその 20 のこと 17 のすみか 16 だ, はそれ 15 はそう 14 のかくれ 12 だよ, のため, はもう 11 だッ 10 というやつ, の顔, はこの 9 だっ, とその, のほう, の声, の変装, はどこ, はまた 8 なの, のからだ, の手下, の自動車, はギョッ 7 だという, でした, のにせ, の部下たち, はそこ

6 [11件] がこんな, だったの, だな, ともあろう, にちがい, のあと, の姿, はあの, はいきなり, はいったい, はとうとう

5 [14件] がかくれ, がその, その人, のさい, のす, のほか, の親分, の電人, の頭, はここ, はさも, はヘリコプター, は何, は明智

4 [33件] がいる, がそう, がつかまった, がどこ, が化け, さ, だって, ではなく, と名, と呼ん, と部下, のうしろ, のすみ, のそば, のプロペラ, の両手, の前, の変装姿, の最後, の知恵, の秘密, の笑い声, の賊, は, はけっして, はふたり, はまだ, はまるで, はハッ, は懐中電灯, もこの, をとらえ, をとらえる

3 [57件] が, がおそろしい, がこの, がじ, がつかまっ, がどんな, がどんなに, がアドバルーン, がドア, がヘリコプター, が変装, が屋根, が逃げ, じゃない, だったとは, だと, でなくては, といえ, と同じ, と女, に勝った, に近づい, のし, のなか, のほんとう, のまわり, のカブトムシ, の上半身, の事件, の名, の手, の腕, の話, の首, の黄金怪人, はあくまで, はおそろしい, はすっかり, はすばやく, はついに, はどんな, はにくにくし, はふしぎそう, はふてぶてしく, はほんとう, はやっぱり, は両手, は思わず, は明智探偵, は気, は自分, は警官, は部屋, もついに, をつかまえ, をつかまえる, を追っかけ

2 [142件] がいった, がくやし, がつれ, がばけ, がまだ, がやってくる, がやっと, が三人, が化けた, が宝石, が恐ろしい, が空, が脱獄, が警官, が逃げだせ, が魔法つかい, が魔法使い, だか, だったと, だなっ, だなんて, だろう, ですって, ですね, ではありません, ではなかっ, でもこれ, でももう, といっしょ, ともいう, とわかっ, とわかった, とジャッキー, と呼んだ, と白い, と美しい, ならどう, にちがいありません, に敵対, に脅迫, に面会, のいう, のいたずら, のこうもり男, のじゃま, のせ, のところ, のとりこ, のひたい, のみかた, のやり, のやり口, のヘリコプター, の予告状, の味方, の大, の字引き, の巣くつ, の手紙, の新, の服, の独房, の第, の美術館, の考え, の胸, の裏, の身がわり, の車, の逮捕, の運, の青年紳士, の骸骨, の骸骨男, の魔術, はあっけ, はあわて, はいつ, はいつのまにか, はいつも, はいま, はおちつきはらっ, はおとし, はかんぜん, はきっと, はこれ, はさっき, はじ, はずっと, はそのまま, はそんな, はだんだん, はちゃんと, はていねい, はどう, はどっか, はなに, はなにか, はなん, はなんと, はにくにくしく, はにせ, ははたして, はふい, はぼく, はまず, はまんいち, はもうどう, は上山さん, は人間, は今や, は信雄君, は機械, は気ちがい, は目, は窓, は背中, は虚勢, は血, は走り, は頭, ばかりで, もあまり, もいよいよ, もそれ, もとうとう, ももうどう, やその, や部下, をたすけだし, をとらえよう, をとりかこん, をとりにがし, をにらみつけ, をにらみつけました, をまんなか, をやっつける, をわざと, を向こう, を捕えた, を滅ぼす, 立つん

1 [872件 抜粋] あるいは怪人四十面相, おっかける明智探偵, かあいつ, かその, かどう, かもしれません, からの投書, から一通, から左, から電話, か四十面相, があな, があなたがた, があらわれました, があんな, がいざ, がいのち, がうらみ, がおかしく, がおそおう, がおとし, がおばけガニ, がおもわず, がかくれた, がきょう, がこういう, がここ, がこれ, がさがしだし, がさんざん, がしのびこん, がじまん, がそういう, がそれほど, がそれら, がたまりかねた, がつい, がていねい, がとなり, がとびこんだ, がどうか, がなぜ, がなにか, がにせもの, がねらっ, がねんをおす, がはしご, がひきおろされ, がびっくり, がふたり, がほこらし, がぽつんと, がまた, がまちぶせし, がまんまと, がもう, がやみ, がりっぱ, がニヤリ, がヨシ子ちゃん, が一本, が一郎さん, が両手, が乗っ, が予告どおり, が二十面相自身, が五郎, が今, が仏像, が出, が力まかせ, が叫びました, が四ばんめ, が四十, が塀, が声, が大きな, が姿, が宮永, が小泉氏, が帰っ, が床, が息, が懐中電灯, が手, が手錠, が新聞, が朝, が死んだ, が海, が用意, が目, が着, が立ちあがっ, が笠原さん, が美術室, が考え, が見える, が警視庁, が買いいれ, が買いいれた, が追っかけ, が透明人間, が通信, が道具, が電話, が黒, くらいのうでまえ, こうしてならべ, さえとらえ, じゃございません, だけがどこ, だけじゃない, だけをくっきり, だったかと, だったね, だったらきみ, だっていう, だとは, だね, だまって, であったか, でしたが, ですか, ですから, でで, でなければ, では一度, でもこの, でもなん, でも幽霊, でも逃げる, とあの, というの, という大物, という宝石, という魔術師, といったほう, とおなじ, とがむかいあっ, とこの, として例, とそっくり, とそれから, とのたたかい, との一騎うち, とはかっこう, とはちがう, とはまるで, とは思い, とは長い, とまるで, ともつれあっ, とよんだ, とソックリ, と一騎うち, と全部, と呼ばれた, と小林少年, と少年名探偵, と戦える, と月世界, と百人, と知恵, と聞い, と話, と部下たち, などとはなん, ならあと, なら知らぬこと, なん, なんかに出しぬかれやしない, なんていや, にいっぱい, にかかっ, にかけよっ, にかぶせた, にきまっ, にくみつこう, にこんど, にし, にすぐ, につきつける, にとってはいちばん, になった, にねらわれた, にねらわれる, にはかさなる, にはむかう, には多く, にもどっ, によく, に会い, に天罰, に奥の手, に手, に早がわり, に組み, に聞かれ, に負けた, に追いつく, に関するあるおどろくべき, に関係, のあいだ, のあの, のいった, のいる, のうわさ, のおそるべき, のおどかし, のおも, のかくれた, のこき, のことば, のころ, のさわぎ, のしわざかもしれません, のしわざにちがいないと, のすさまじい, のたくらんだ, のどこ, のなぞ, のにくにくしい, ののぼった, のばけた, のひさん, のひとりごと, のほし, のもと, のやとっ, のようす, のわるぢ, のコック, のズボン, のメフィスト, の一団, の三十人, の世間, の予告, の二十メートル, の人, の催眠術, の力, の口ぶり, の命ずる, の四角い, の夜光怪人, の奇術, の好き, の対立, の左手, の従来, の復讐, の怪物, の悪念, の懐中電灯, の改名, の方, の本拠, の正体, の死, の汗, の消えた, の用心, の発明, の真意, の空中曲芸, の老, の肩, の術, の見おぼえ, の話し声, の足, の車庫, の通信係, の金, の鉄人, の隠れ家, の首領, の魔法, の魔法博士, の黒シャツ, はあ, はあざ笑っ, はあたり, はあらかじめ, はあんな, はいす, はいそい, はいぬ, はいよいよ, はうそ, はおとなしく, はおもわず, はかえす, はかくし, はかわら, はきゅうくつ, はぎりぎり, はくやし, はこう, はこうして, はこれから, はこんな, はしおしお, はしゃがん, はじっと, はすき, はすっくと, はそういう, はそこで, はそのうえ, はそれから, はたいまつ, はたる, はだれ, はつい, はつぎ, はてんじょう, はとある, はとっさ, はとどめ, はとびだす, はとりこ, はどうして, はどちら, はなぜもっと, はなんだか, はにせもの, はにわかに, ははっ, ははるか, はひとり, はひみつ, はひも, はふく, はぶ, はぶらんこ, はほら, はま, はまえもってこう, はまけた, はまっさお, はまわり, はみじめ, はみるみる, はむこう, はもうかん, はやすやす, はやっと, はゆうゆう, はりりりりり, はアドバルーン, はクルッ, はゴム人形, はツカツカ, はドア, はネコ, はノメノメ, はパッ, はピストル, はポケット, はポケット小僧, はワハハハ, は一時, は三人, は三方, は世間, は二十のち, は二階, は人々, は今夜わし, は係官, は八人, は前, は十一体, は原っぱ, は厳重, は名, は園田さん, は土まみれ, は地下室, は声, は大穴, は奇面城, は小型, は小林君たち, は小林少年たち, は少し, は少年たち, は幽霊, は廊下, は心, は忘れない, は恐ろしい, は手だし, は手錠, は投げたおされた, は操縦士, は早く, は昌一君, は書生, は服, は本, は楽し, は歯, は死ぬ, は気味, は洞窟, は消え, は無, は燃える, は着物, は石, は章太郎君, は笑い, は約束, は約束どおり, は絹ひも, は美術室, は美術愛好家, は考え, は血ばしった, は警視庁, は負けおしみ, は追いつめられ, は逃がし, は透明人間, は運転席, は金色, は門野老人, は階段, は電話, は風, は首, は魔法つかい, は魔法使い, は黄金塔, ほどのやつ, ほらあいつ, また逃げました, もあきらめ, もいっしょ, もきょう, もこんど, もそうやすやす, もどこ, もひさしく, もほんもの, もみょう, もやっぱり, もニタニタ, も一度, も仰天, も地上, も明智, も明智探偵, も負け, も部下, や部下たち, よりも強い, らしいはなやか, らしい冒険, らしい大胆, を, をお, をおっ, をぐっと, をこんな, をさも, をすくいあげた, をたい, をとらえた, をとらえなけれ, をとりにがした, をとり逃がし, をのせ, をはじめ, をひきわたします, をまた, をまもっ, をやすやす, をゆだんなく見つめ, をゾッと, を刑務所, を助け, を卒業, を地下室, を引きとり, を手ひどい, を水, を目がけ, を見うしなわない, を見つけだし, を見はっ, を見ました, を追いかける, を逃がす, 勝つか, 名探偵明智小五郎

▼ 十~ (2030, 1.1%)

16 の銀貨 15 である, です 14 の金 13 では 12 で買った, 出して 10 というの, になる 9 貸して 8 か三十銭, だ, の, のもの, もする, よ 7 だと, であった, で買っ, となり, の入場料, の原料, の定食 6 だが, であるが, の家賃, 借りて

5 [11件] か二十銭, か六十銭, だった, だったの, という, と書い, にし, になった, の会費, の弁当, 払って

4 [21件] あれば, か, か一円, くれると, しかない, しか持っ, だから, だつた, ですよ, でもいい, ということ, とは, なの, なん, にねぎる, に値上げ, の原稿料, の収入, の日給, やって, を出し

3 [41件] あった, ある, おいて, か十五銭, が支給, ぐらいであった, しかなかっ, でこれ, でしたが, で何, で売っ, で私, といふ, になっ, になり, に売っ, に売れる, に相当, に負け, に過ぎない, のうち, のうな丼, のお, のコーヒー, のニッケル貨幣, の切符, の割, の品物, の家, の本, の白銅, の空気銃, を三十銭, 出すと, 出せば, 払った, 持つと, 渡して, 貰い孫の手, 買った, 買って

2 [159件] あるの, かの本, から七八円, から三十五銭, から二円五十銭, から五十銭, から十五銭ぐらゐ, か二十銭位, か五十銭, か四十銭, くらいで, くれたから, くれて, ぐらいで買った, ぐらいのもの, ぐらいの家賃, しかなかつた, じゃ, だか, だして, だそう, だったか, だったと, だつたか, だの, だよ, であったが, でええ, でこの, でございます, でした, ですから, ですが, ですね, でちょうど, でも二十銭, でも五銭, でよろし, で世間, で乾山, で其処ら, で売った, で売り出す, で容易, で書生下駄, で求める, で自分, で行かない, で行け, で計, で買う, で買え, で買えた, で買つた西洋皿, で銘酒一本, で餡パン, という札, という金, といえ, とか一円, とか二十銭, とすれ, となっ, となった, と云, と端金, と言っ, なり, にこの, にしとく, にしよう, にも八十銭, に下落, に五つ, に値切った, のはたご, のわり, のティップ, の上, の事, の価値, の内, の利子, の割部屋, の古, の品, の売上げ, の安, の小, の小説, の小遣, の小銭, の損, の旅籠料, の日当, の月謝, の朝飯, の机, の泡盛, の炭, の焼酎, の由, の界隈, の白銅貨, の祝儀, の稼ぎ, の稿料, の筆, の米, の糸, の給金, の船賃, の蟹, の西洋料理, の見本, の賃銀, の車代, の酒代, の雑記帳, の飴チョコ, は, は今, は大金, ばかりで, も, もある, も五十銭, も出したら, も置け, やす, やそこら, や一円, や五十銭, や十五銭, よこせと, をせしめ込み, を上げ, を借りつ放し, を取る, を奮発, を持つ, を生む, を節約, を置い, 借して, 借りられて, 出すから, 出そう, 呉れると, 引いて, 持つて, 残ったので, 残って, 盗んだら折檻, 置いて, 貰って, 貸しとくな, 附けて, 頂きますが

1 [1203件 抜粋] あが, あがりました, あげるわよ, あるばかり, いくらでもひま, いただく筈, うまくて, お出しください, お買上げ, かいくら, かかりますからね, かかるよう, かでした, かで何, からもっと, から一円, から一円五十銭, から七十銭どまり, から三十銭, から二十銭位, から使いました, から十五銭, から四十銭, から毎日何百カロリー, から税, から見る, か二十五銭, か五円, か八十銭, が, がその, がもの, がザラ, が一個, が七十銭, が二十銭, が勢一杯, が卸値, が原則, が最高, が正直正銘, が程づつ顔, が電車賃, くらいしか持っ, くらいにし, くらいのごちそう, くらいの僅か, くらいの頭割, くらいをその, くれたが, くれれば, ぐらいが普通, ぐらいで, ぐらいで子供, ぐらいで買っ, ぐらいなら, ぐらいに割引, ぐらいの, ぐらいの小刀, ぐらいの本, ぐらいの薄給, ぐらい入れ, ぐらい祝ったろう, この三脚, こまるわね, さつ, しかしない, しかま, しか売れない, しか持ってない, しか無, したもの, します, じゃ気, すなわち食費, するもの, ずつくれる, ずつだ, ずつです, ずつで買う, ずつとか施す, ずつになり, ずつの割当, ずつの株式組織, ずつやった, ずつ九十銭, ずつ使う, ずつ取って, ずつ持っ, ずつ距離, そして駅, その半額, それだけ全部, だかの, だけその, だけど, だけの人望, だけは人, だけれど, だけ一昼夜, だけ増し, だけ大小, だけ支払え, だけ買っ, だけ走れ, だしたよ, だぜ, だったかな, だったろうが, だってその, だなんて, だのに, だの五銭, だよと, だヨ, で, であった本, であるから, である事, でい, でいくら, でうんと, でこんなに, でした長屋, ですかい, ですつてさ, ですとさ, でその, でちよ, でどうか, でもい, でもきつ, でもつ, でもクリーム, でも三十銭, でも家賃, でも拵えよう, でも貰え, でも高い, でゆく, でエジソン伝, でニュース館, で一人, で三つ, で三色, で事足らす, で二十人, で仕立賃, で仲士, で借り, で兎, で全部, で出来る, で別に, で卸してる, で合計二円七十銭, で売つて, で売りつけた, で売る, で外, で家族七人, で引越し, で新, で旅, で殺し, で毎日通勤, で済みます, で相当, で着, で良, で花束, で行かう, で貧しい, で買い, で購め, で踏みとまっ, で釣銭, で雇った, で頭, で飯付き, で鯉, とある, というお客, というみじめさ, という倍額, という割合, という拝観料, という相場, という食代, といったところ, といつた, といふ会費, といふ札, といふ賃銀, とかいた, とかとられた, とか五十銭, ときい, として一カ月十五円, とせしめた, とぢ, となりたる, とはいう, とは眼医者, とりて, とる, とる茶房, と三銭, と云った, と値踏みせり, と勘定書, と四円, と売りあげる, と引上げ, と持ち帰る, と書いた, と活動, と申す, と聞き, と見, と見れ, と言ったら, と貰っ, なぞと運ん, なのに, ならのど, なら東京, なりと, なり一円, なり五十銭, なんてこの, にいたし, におまけ, にさせ, にしかならぬ, にしときましょう, にせぬ, につき, にて一万二千部発行, になつた, にならない, にはなりました, には代, にもならへん, にも附け, にカップケーキ, に三つ, に上げる, に価切つた末, に値切っ, に四つ, に売り, に売ります, に対して三倍半, に当っ, に砂糖折, に負けさせ, に買い取りし, に違い, のあし, のおこわ, のきまり, のこと, のその, のちらし, のはしけ, のほう, のんびり晩酌一本, のキャラメル, のサンドウィッチ料理, のシルク, のスープ, のセルロイド面, のバナナ, のブリキ, のライスカレー, の万年筆, の上等, の予定額, の交通費, の会費完納, の何割, の俸給, の値上げ, の値打ち, の先払い, の入場券, の冤罪費, の切符五枚, の切身何個, の前, の割当寄付, の千日前, の半分, の卵, の原稿, の各, の地球儀, の売りあげ, の外, の女, の安西洋料理, の定食組み, の実に, の小さな, の小遣い, の帽子, の彼, の折, の指輪, の文字, の料理, の日賃銀, の昼飯, の書物, の木戸, の札, の楽しみ, の歯ブラッシ, の漫才小屋, の煙草, の牛乳, の物, の珈琲一杯, の畑代, の知己料, の穴, の米代, の紙幣, の芝居, の茄子, の菓子, の葉巻, の著書, の蛇の目, の血, の西洋皿, の見込み, の豪遊, の賃銭, の運賃, の郵便切手, の金銭, の鉛筆, の銭, の附木札, の雑誌一冊, の食事, の食費, の鰻丼, はあげ, はいつ, はかかるでしょう, はここ, はずむルンペン, はずんで, はとにかく, はひどい, はやれ, は今日, は仲, は取られた, は売り切れ, は天引, は安い, は平潟あたり, は惜し, は手頃, は持つ, は知己料, は老婆, は食, ばかりずつ賃銀, ばかりな, ばかりに相成り, ばかりの安, ばかりの銭, ばかり下さい, ばかり出来る, ばかり貰っ, ばかり遣ひ, ほどかかります, ほどの三良坂, ほどの銅貨, ほど買っ, ぽちなん, まけて, まであがった, までに騰った, まで値下げ, もあがりました, もうけて, もかかっ, もくれるだらう, もすべきや, もつて, もとる, もの使い途, もまけさせられ, もらったの, もらつて, も七十銭, も二円, も出す, も十五銭, も取られます, も奮発, も残っ, も用意, も磨る, も稼げぬ, も違う, やすと, やったじゃ, やったらひっくるかえして, やや太い, やる, やる必要, や六十銭, や十銭一銭, よりと書い, より一円, より下, より儲け, より持っ, らしいって, をいた, をおっかさん, をとり, をもって一円, を一枚一枚, を三十円, を上下, を五十銭以上, を五十銭相当, を借り, を償わね, を入れる, を包み, を取った, を可愛い, を奉納, を引浚, を徴集, を手, を払ふたの, を投げ出す, を投じた, を探しだし, を握らせ, を本器, を橋銭, を減少, を滞らせつ, を盆, を裏表, を請求, を越す, を送っ, を高い, 与へた時, 乃至一円七十銭位, 乃至二十五銭, 但しいずれ, 何だ, 借りると, 借るそれ, 入れたに対して, 入れると, 出したら突かえ, 出してるん, 出すぜ, 出せなどと, 即ち一升, 取るとは, 可い, 呉れて, 大奉書, 小供, 差し上げます, 忙しい月, 払えば, 払わなければ, 拾いました, 握って, 新銀貨, 替, 残りますが, 気張の, 稼いだこと, 絞りとられた, 見切屋, 貰うつまり二十銭, 貰えば, 足らんがな, 迄とは書き込まない, 返すん, 随分と, 頂きましたですね, 高くなる

▼ 十五日~ (1803, 1.0%)

58 の夜 35 の朝 31 の晩 17 のこと 15 である 13 づけの 12 の午後 11 だ, だから, のお, の間 10 であった, の夕方 9 にお 8 の日, の早朝 7 に, の事 6 が来た, だった, になっ, になる, に蘭軒 5 であつ, の条, の記事, までの間, を期し

4 [12件] か, であるが, です, にし, に歿, の休み, の前, の午, の名月, の早暁, の空襲, 曇り

3 [26件] か六日, か十六日, だと, でした, とある, となった, にこの, にする, には, にはもう, には必ず, に抽斎, に結婚, の, の上元, の事件, の後, の日曜日, の日附, の暁方, の月, は何, は過ぎた, も済まない, より十八日, を中心

2 [120件] からお, からのち, から三十日, から九月十五日, から二十九日, から五日, から十七日, が来る, その家, だが, だろうね, であったが, であって, であるの, でこの, でその, で店, で梅若さま, という, というの, という日, といえ, といふ日, となり, なり, なりし, なん, にいたり, にいよいよ, にこれ, にそこ, にその, につきました, になった, になつ, には四番目, には見事, にゆく, にツーリストビュロオ, にマユミ, に会った, に保, に再び, に出た, に初めて, に帰ります, に広島, に御, に手紙, に斎, に棠軒, に正, に死ぬ, に消, に生まれました, に町年寄, に相, に立つ, に終戦, に自決, に至っ, に至り, に至る, に行, に行われる, に頼山陽, のあと, のうち, のこの, のとき, のところ, のクリスマス, の一日, の三陸, の供養, の出来事, の墓参, の夕刻, の夜半, の夜子, の大, の宵, の小豆粥, の左義長, の式, の御, の日付, の昼, の暁, の正午, の火災, の第, の縁日, の衆議院, の記, の農場実習, の長い, はお, はその, はもう, は初, は如何, は妻, は旧暦, は朝, は疲れ, まで, まで御, まで続いた, まへ, もかかった, も家ん中, も濟, も生徒, より, より廿日, を小正月, を月, を費し, 迄でした

1 [1098件 抜粋] あると, あれば, いろいろわかりました, お亡くなり, かおそく, かの式日, からか, からこちら, からつづけ, からになる, からは一意専心小説, からサンジョェ, からトラック, から一ヵ月, から七日七夜, から九日, から九月二十七日位, から二十日頃, から休み, から円石, から十八日, から十月, から又, から地, から始めた, から後, から数日, から既に, から昭和二十年九月十日, から林町, から次, から着物, から配給, か二十日あまり, がこの, がすむ, がまいる, が一年, が世田ヶ谷, が來, が御, が本郷, が来よう, が済ん, が濟ん, が神田明神, が終る, が繰り返され, が闇夜, ぐらいにしかあたりません, ぐらいジッ, けふ, この工合, こんな好い, さそんな, しても, じゃ死骸, すぎれば, ずつ正しく, その三百日余, その母犬, その負けじ魂, それから十月一杯, たった, たつと, だかの, だからねえ, だったから, だったな, だなどという, だろう, だ満月, つづけたと, てやっぱし, であったな, であるか, であろうと, でこんな, でしたが, ですか, でも七百五十日, でやっつけようと, で丁度, で中, で厶, で年, で潮干狩, で私, で職人, で行ける, ということ, という土曜日, という日数, という歳末, といふこと, といふ日限, とか, としてね, とても良い, となります, との休日, と一月六日, と主張, と云う, と今二十六日, と六時間, と区役所, と四日間, と定め, と定められ, と毎月, と答える, と節分, と考えた, ないん, ならば, なんか待ち切れない, にあっち, にいつも, においていよいよ, にここ, にすんで, にたけ八丈, につく, にとうとう, にはいろいろ, にはお目にかかり, にはきっと, にはこれ, にはその, にはてっ, にはひさしぶり, にはわざわざ, にはヤブサメ, には上等, には予定, には全国, には前, には叔母, には和卿, には城, には大友義統, には大阪, には天, には安宅先生, には小字中, には御, には急, には折, には昼過ぎ, には朝, には棠軒, には次, には母親, には百歳, には職工, には西園寺公望, には退院, には野辺, には開眼供養, にひとまず, にまた, にももう一度, にも亦, にも大, にも風雨, にわれわれ, にアフレコ, にカルカッタ市, にジャマイカ, にパリ, にマイリ, に七日, に両人, に丸やけ, に久しく, に九条家, に五十二歳, に亡くなった, に亡君, に人, に伊豆守, に作った, に來, に催す, に先祖伝来, に八十三歳, に六歳, に処刑, に出す, に出立, に切明, に南亜, に友達, に叡山, に四世道陸, に国, に地震, に外台秘要, に大, に大坂篠崎小竹, に大王殿下, に大雪, に夭, に奥医師, に女の子, に姉崎曽恵子さん, に子供たち, に安楽椅子, に家, に寿江子, に届く, に川路, に帝, に帰郷, に店開き, に彼, に忘年会, に惠果阿闍梨, に所謂薩州邸, に探険, に放送, に文芸春秋社, に新しく, に日本, に日本無産党, に旧, に明倫堂, に書い, に書こう, に朝四時頃星, に未亡人, に来る, に棠軒等, に森枳園, に横浜, に次男斎藤瑞節, に殺す, に池鯉鮒, に津軽家, に浦上, に深い, に渡辺良左衛門, に生まれ, に當, に発行, に白子屋, に百三人, に研究会, に祝われる, に神田三崎町一番地, に福山, に私, に立ちたい, に立っ, に箱根丸, に納入, に綾小路千本通西, に芥川, に藩公, に行われた, に見舞い, に許された, に謁見, に起きた, に身, に退院, に進歩党, に邸, に里人, に錢形平次, に門人数人, に間違い, に限らず, に陸軍, に願人, に首, のおかえし, のたそがれ, ののち, のひる, のほか, のゆう, のサセ取り, のヴェネズエラ, の七時前, の三鷹事件, の下, の中元節, の二度目, の例祭, の元宵祭, の先祖, の其の, の分からね, の前後, の勤行, の午前一時頃, の午前十一時, の午後二時, の午後五時, の午過ぎ, の四ツ半, の国民槐樹社展入選発表, の夕凉みの晩, の夜こちら, の夜中, の夜十一時発, の夜志士ら蹶起, の夜晩餐, の夜臨時政府内閣, の大風雨, の天皇, の委員會, の客, の小春凪, の山狩, の年中行事, の忌あけ, の意味, の手紙未着, の拝見, の日待ち, の日没, の日記以降, の明け方, の昼食後, の晝, の最も, の會見, の朝がた, の朝九時, の朝刊, の朝相川良之介, の朝蘭領, の未明, の来る, の検挙, の正, の氏神祭, の永生き, の法事, の涅槃, の済む, の満月, の父, の生, の盂蘭盆, の神田祭, の祭礼, の精霊祭, の総, の臭気, の花, の菅公祭, の読物, の議案, の質問演説, の連続もの, の配り, の零時二十分, の頁, はあす, はお礼日, はかかる, はそのまま, はちょうど, はてれん, はなあおら, はまだ, は三ツ, は三周年紀念式, は上覧芝居, は中村座, は今年, は出版界, は反動的, は大正天皇, は帰るまい, は支那, は新暦, は明後日, は晴れた, は曇っ, は根岸庵, は殊に, は浅間山火山観測所, は無理, は私, は聖母昇天祭, は記念日, は阿蘭陀八朔, は風月堂休業, は黄金餅, ばかりの程, ひわという, への, ほどした, ほどの間, ほど指折り, まず第, または正月中旬, まだ復興, までいる, までおよそ, までつづいた, までとか中, までに, までにと云う, までには書き上げる, までにわたし, までに全, までに各自めいめい, までに大坂, までに書き上げられたら出る, までに着く, までのあいだ, までのばし, までの期日, までは九日間, までは禁漁, までまだ, までを予約期間, まで一切, まで夏, まで待つ, まで支倉, まで樽屋久八, まで深川八幡, もあまり, もうひる, もかかり, もその, もたつ, もひきつづき, もやる, も保存, も待てない, も済みません, も経つ, も続いた, も置く, も近く, も通, も遠ざかつ, も飲まず, よ, よりはハタ, より三月晦日, より二十七日, より今日, より六日, より外, より病, をし, をそう, をむかえる, を一番生産, を以て江戸, を利用, を図書館デー, を待つ, を此, を狙った, を用い, を登山日, を稽古仕舞, を調節, を迎え, を送った, を過し, ノ晩ニ, 働いて, 初めて病院, 即ち殺害, 又一島湧出, 同八年九月十二日, 当道場地鎮祭, 御当日, 御登城, 我が国会運営, 或は節分, 掛り八人, 浚って, 生きのびるって, 第五, 第四議会, 経ったら会わせましょうと, 総辞職, 老先生, 貴賤小豆粥, 迄として貰, 迄にし, 迄に私, 迄の家賃, 送られる迄, 過ぎてからに, 過ぐる, 過二十日, 隠れて

▼ 十~ (1790, 1.0%)

65 坂を 30 上を 20 声を 19 年に 16 顔を 13 時に 10 兄さんが, 家の, 年を 8 賀に 7 ものなら, 字に, 年には 6 一, 二, 前に, 力を, 指は, 歳に 5 ものが, 手に, 方へ, 美女を, 老人の, 若さ, 面を

4 [22件] ときに, 三, 上に, 五, 位だ, 傍へ, 四, 姿を, 字の, 字を, 家へ, 指を, 春を, 時から, 歳を, 老人に, 聲を, 賀の, 賀を, 頭の, 頭を, 齢を

3 [28件] お祝, ところへ, ものを, 一にも, 九を, 人も, 人を, 今日まで, 八九まで, 妻は, 娘が, 娘を, 子供の, 字が, 年まで, 心を, 扉, 指, 指の, 星霜を, 時であった, 歳から, 目を, 阪を, 頃から, 首が, 高齢に, 鼻の

2 [137件] うちの人たちは, うち九つまでは, おっかさんは, おっかさんも, おっ母, お婆さんが, お婆さんまでが, お母さんも, お父さんが, お父さんも, ことだ, ことは, ことを, ころに, ころの, すがた, すること, ために, ちまたの, ときだった, まったくちがった, ような, 一つだ, 一なり, 一切経が, 一生の, 七八は, 上も, 両番地, 中で, 九は, 九まで, 九までは, 乾菓子なら, 二三も, 二人だけ, 二倍は, 人が, 人の, 人生も, 仕上げが, 仕業でない, 位は, 余も, 働き盛りで, 兩人は, 八つ九つまでは, 八九までは, 十まで, 又三郎, 名は, 坂は, 声も, 女の, 妻七ツの, 姿が, 娘は, 字だったい脚が, 字と, 字は, 字ほう, 家から, 寿筵が, 居た時, 年から, 年で, 年配に, 後家は, 御指, 御賀, 怒った顔, 扉の, 手拭はか, 手習, 手習いとは, 指先を, 推理は, 操を, 方に, 日の, 星が, 時, 時で, 時暁の, 時洛に, 木の実を, 林だけは, 林の, 栃の, 橋を, 歌の, 歳まで, 母三十の, 湊に, 理は, 男, 男の, 白い手拭, 百の, 眼が, 眼を, 矢田津世子は, 石は, 私も, 紙数を, 繁から俺, 翁は, 習練である, 老爺さん, 老爺の, 老翁が, 者を, 耳に, 肩の, 腕を, 膝の, 若い男, 若者だ, 袂が, 複雑の, 角は, 話を, 賀が, 部屋だ, 部屋の, 金の, 鐺を, 間に, 間確かに, 阪に, 電燈が, 青年の, 面上へ, 頃始めて, 頬を, 高齢で, 鼻先に

1 [1051件 抜粋] あいだで, あいだらしい, あんちゃんら何に, いうよう, うしろから, うち三つは, うち九までは, うち二つは, うち十まで, おじいさんは, おばあさんは, おやじっていう, お声, お婆さんと, お年まで, お爺さんを, からだは, きまりの, くせに, けちん, ことなら, こと札面の, この年, こぶしが, ころから, ころ大人の, こんにゃくは, じいさんに, そそけ立ッ, その年, た, ただ一つ, ちがう顔, つく日, でも小僧達の, ときは, とき帰国し, とき父に, とこに, とし, はずだ, ふけた男, ほかは, ぼくが, もって, ものとして, ものには, もの二十ほども, やくざでも, やつが, ようだ, カウを, ゴム風船は, タイムである, テーブルと, ベッドが, マダムか, マンノーは, ヤマサンは, ルイ金貨を, 一つは, 一でも, 一も, 一三進が, 一味が, 丁野十助も, 七に, 七を, 三つか, 三であっ, 三倍と, 三四を, 三箇章は, 上でしょう, 上京後その, 上六つも, 上越し, 下り坂に, 不逞な, 両人, 両脚が, 並んだ顔, 中の, 中八までを, 中途ぐらゐの年頃に, 久枝に, 乾児の, 事が, 二つだ, 二で, 二人が, 二十何乗という, 五六を, 五箇が, 人と, 人三人有之, 人命を, 人家東西に, 人死が, 人馬が, 今まで, 仏躰を, 会員は, 体へ, 余までも, 使用例が, 俳句が, 個所から, 健康な, 傍に, 兄が, 先まで, 全集を, 八九に, 八九を, 六七その, 兵が, 兵を, 冬お, 処女を, 分別彼は, 初恋この, 初恋如水は, 前へ, 前後細面で, 割合を, 劇場は, 功徳が, 労救の, 勘当が, 十字架, 千両ば, 千兩箱が, 半ばには, 半分とは, 印を, 双刄, 口と, 口を, 古希に, 各社会事業団体, 名刺を, 名字が, 名花あり, 味方は, 命令で, 問題を, 噺しか, 嚢の, 四の, 四巻は, 回転速力で, 坂で, 坂にか, 坂へ, 坂も, 坂目かけ, 城砦を, 場合まで, 境ほど, 墓, 壮丁を, 壯年上下同じ, 声がか, 声色を, 変名だ, 夏まで, 夏日本の, 外に, 大人よりも, 大小会社によって, 大建築物棟, 大燈籠, 大石柱, 大金は, 太史公自序, 失敬な, 女は, 女給を, 妙齢の, 姻戚も, 娘と, 婆さんです, 婆サンでも, 婆サンを, 子の, 子を, 子供には, 子分おぶ, 字だ, 字内藤と, 字内藤の, 定年は, 実例を, 家, 家でも, 家を, 宿儒その, 寿を, 寿命を, 寿宴を, 将軍達が, 小さな仕事, 小人数, 小僧じゃ, 小池が, 小舟は, 小雀, 少年工で, 居所を, 居所姓名を, 屍体を, 峠, 峰巒を, 島から, 島嶼舟を, 工場が, 巻頭に, 師のみ, 年, 年じゃった, 年だった, 年でした, 年にな, 年までには, 年二十五の, 年寄, 年寄りの, 年暑中歸郷の, 年月かさね, 年配だ, 年頃色青ざめ, 店だ, 座席緑いろ, 弟, 弟助, 弦四重奏曲の, 張が, 影法師を, 彼の, 後を, 微粒分子に, 必要が, 思い出すの, 恋の, 恋を, 息子である, 悦びを, 悲歌の, 情は, 惑い, 意識は, 態度が, 我に, 所謂石の, 扉と, 手を, 手桶の, 手習いの, 手習で, 手習ひで始めた, 手首を, 抑揚まで, 持子は, 指土に, 捕手を, 捜査願いが, 推理には, 援軍が, 改心を, 救命艇しか, 散財で, 数へ, 敵の, 數に, 斧取り陣營に, 新居と, 新聞を, 方だって, 方は, 日が, 日には, 旧藩主華族諸家, 星を, 春から, 春まで, 春光に, 時だった, 時と, 時シンシナーチ大学の, 時一人の, 時二つ上の, 時分から, 時妻さんに, 時死んだ, 時盛名は, 智多, 曲目の, 本山を, 机の, 村落は, 松陰ある, 柱と, 柴大, 案内で, 椅子が, 楯を, 権利と, 横の, 櫓船を以て, 正直より, 武家屋敷より, 武蔵の, 歳であった, 歳にな, 歳の, 死が, 死では, 死体に, 死火山の, 死者を, 母から, 母親だ, 毒々しいことば, 比率に, 気分を, 汚らしい年寄り, 泊って, 波が, 活躍ぶりを, 混乱に, 溌刺たる, 漁船は, 火を, 無残な, 熊の, 爪と, 爺さまで, 爺さんと, 片刄, 物の, 独り者, 猟の, 王なり, 生れ代りとしか, 生徒を, 男が, 男と, 男は, 男婦を, 畑に, 番小屋に, 痴呆けた頭には, 白い爪折笠, 皐月政右衛門の, 盃, 目で, 目腐れ金では, 相当年輩の, 相手に, 眼にも, 眼玉が, 石工が, 石碑が, 砂利俵でした, 砲門から, 祝いが, 祝いを, 祝ひを, 神仏に, 私の, 秋だった, 秋も, 秘密荘厳心は, 種子を, 窮境には, 立派な, 笑ひ, 粗雑な, 紅白の, 細指は, 組合わせの, 結果を, 線に, 縁談を, 罸金附の, 美人を, 翁の, 老人が, 老人ながら, 老人を, 老女が, 老女優, 老婆も, 老武者, 老母の, 老熟円満な, 老爺か, 老翁を, 老輩に, 老門弟, 考えを, 肩を, 脳天を, 腕に, 腸に, 自動車の, 船へも, 船団が, 芝原とを, 花弁が, 若い手代, 若者の, 荒くれ男を, 萱葺の, 葡萄畑の, 蚊帳を, 血気胸は, 行動を, 行方不明に対して, 街区や, 衢も, 衰翁, 裸形は, 西瓜を, 見習い代言の, 親仁が, 角を, 詩篇を, 話は, 該当者が, 誕生日の, 誕辰に, 語った幕府, 諸区および, 謎が, 負傷兵が, 財布を, 賀, 賀という, 賀は, 賀梅の, 赤を, 足の, 身に, 身代りに, 身分と, 身持も, 軍勢を, 軽い心躯, 輪は, 迷児に, 追及は, 遊び仲間の, 運命たる, 違いか, 部分, 部屋が, 部落な, 郷村が, 金, 金は, 金庫を, 鈎を, 銃兵百二十の, 銭は, 長篇小説を, 間, 間位かも, 防人の, 隠居は, 隠者の, 雛も, 電燈の, 青年だった, 青年自体で, 面倒を, 音を, 頃なりけり, 頃より, 頃初めて, 頓兵衛が, 頭ある, 頭に, 顎に, 顔から, 顔は, 食器を, 餘にも, 馬力を, 騎兵が, 騎士を, 驚いたもの, 驢馬や, 鬱いで, 鶉籠を, 黒骨, 鼠が, 齢であった, 齢の

▼ 十~ (1434, 0.8%)

29 を過ぎ 22 になる 20 になっ 18 起き, 過に 16 の汽車 14 に起きる, を打つ 13 から十一時, を打った 12 である, 起き今日 11 であった 10 だった, を過ぎた 9 になった, に起き, に近かっ 87 ですよ, に近い, までの間, をすぎ 6 であつ, です, になり, にハネ, を過ぎる, 過ぎて 5 が鳴る, きっかりに, すこし前, と十一時, にお, に家, の時計, まで, 少し過ぎ, 過まで

4 [16件] かっきり, から十二時, すぎて, でなければ, に, になつて, にね, に眼, のバス, を打つた, 少し前, 少し過, 起き女房, 起き食事, 迄, 近かった

3 [39件] か, から, から一時, から十一時半, から午後四時, から朝, か十一時, が十一時, が来る, が近づい, が鳴った, だったが, だつた, だと, ですから, となり, となる, にならなけれ, に眠った, に至り, に起され, に起される, に近, の消, の鐘, の飯, は刻々, をうった, をうつ, をちょっと, を指し, 起き入浴, 起き医者, 起き清, 迄よく, 迄寝た, 過ぎてから, 過なり, 過の

2 [87件] あき, あきだが, からオリガさん, から三時, から十一時の間, から十時四十分, から昼, が来, が過ぎ, くれえだったが, すぎてから, だが, だったの, だよ, ちかくに, でございます, でした, ですね, ですもの, でないと, で御座いませう, で終り, というの, といえ, との間, と言っ, なの, なのに, にあの, にでた, にならぬ, にねました, にはまだ, には住居, には月, には間, にみんな, にもなる, に三木, に下, に会う, に倶楽部, に出, に出る, に十五分前, に垂ん, に宿, に帰る, に店, に朝食, に朝飯, に私, に自分, に至っ, に船, に近づい, の列車, の日, の頃, は私, まで延長, も過ぎ, より十二時, をうちました, をすぎる, をとっくに, をまわった, を廻っ, を待つ, を打ちました, を打ち出した, を打っ, を期し, 少し廻った, 起きビクター, 起きマチネー, 起き十一時, 起き暑い, 起き雨, 迄か, 迄にいや, 迄に明日, 迄に連絡, 近し, 過ぎますよ, 過までも, 過床

1 [698件 抜粋] あきだ, あき秋晴, お伺い, お暇, かの有名, かまだ, からあと, からいま午後五時ごろ, からいよいよ, からこんど, からだ, からである, からといふこと, からなんて言ってた, からは草むしり, からグッ, からセット, から三田, から中芸, から二回往復, から二時間, から五時, から全, から八時間東京, から十一時二十分, から十二時頃, から十時三十分, から午前六時, から午後一時, から午後三時, から始めた, から子宮癌患者, から式, から待っ, から朝方, から法医学教室, から渡す, から礼拝説教, から祝典, から稽古, から葬式, から試写, から赤い, から邦楽座, から開かれる, か九時半頃, か十一時ころ村, か十時, か十時十分ごろ, がきた, がその, がだいぶ, がまだ, がやっと, が五百, が打たないでしょう, が打った, が打つた, が疾, が過ぎた, が鳴り, が鶏卵半熟一つ, きっちりやれ, きっちり開き, ぐらいに寝, この私, こぼれさ, じまひ, じゃありません, じゃやっと, すぎても, すぎました, すぐ入浴, すこしすぎ, すこし過, すこし過で, そのま, それで君, だぞ, だったし, だつたので, だつて十二時, だとか, だもの, だらうか, だ諸君左様, ちかい, ちかいころ, ちかくでした, ちかくの, ちかく部屋, ちょうどに, ちょっと過ぎた, であろうと, でげす, でしょう, ですか, でもさすが, でも買物, で大体, で時には, で発っ, という, という名字, といっ, ときまった, とする, とならう, と三時, と不安, と何事, と十一時の間, と午後一時, と壁上, と定められました, と明記, と時間, と書い, と聴いた, と言ったら, なら日本, なり, にあいつ, にあった, にいらっしゃい, にきちんと, にきっと, にきまって, にこの, にご, にし, にすきや橋際, にする, につまり, にとまりました, にどんな, にならない, になりかかっ, になりました, になります, になれ, にぬすん, にねむり, にのれず, には, にはかえれません, にはきっと, にはこの, にはまた, にはもう, には一九八七米五, には出発, には寝なけれ, には床, には店, には店員たち, には扉, には来なかった, には海面, には消され, には渡されるらしい, には湯滝, には皆, には秋吉, には築地, には自由, にひきあげ, にま, にもなっ, にもなつて, にやって来た, にようやく, にグリル, にタクシー, にトラック, にハイヤ, にビル街, にビワ, にメルボルン男, に上, に上野, に上陸, に丸ビル, に事務所, に二階, に京極, に伽藍, に例, に全, に其寺, に再び, に出た, に出ました, に出れ, に助手, に又, に園田さん, に坂本公園, に夜, に妾, に始, に官邸, に寝, に寝る, に就床, に帰っ, に幕, に庸三, に式場, に徳山, に必ず, に招待, に按摩, に新聞, に日劇会議室, に日本, に明智, に時計, に晴々, に本郷区, に来, に柳江, に極めて, に楽屋入り, に深川八幡, に漕ぎ始め, に熱海, に牛乳一合, に物産会社, に生駒雷遊, に病人, に發, に盗んだ, に目, に知っ, に社, に築地, に終った, に終らせる, に罐, に美人, に脩, に興行, に芳賀博士, に行っ, に行った, に行幸, に裁判医, に西郷さん, に警報, に赤き, に起きた, に起し, に迎, に近郊, に這入っ, に遅れる, に開場, に間に合う, に青山, に食堂, ねえ, のこと, のでき, のまえ, のよう, のディジェスチフ, のバア, の上り, の会見, の処, の出帆前, の夜勤, の奏楽, の患者, の打込み, の方, の時鐘, の最後, の朝飯, の特急, の算術, の観想, の近づく, の開, の間食, の陽, の音, の音楽浴, の飯時, はすぎ, はまわっ, へ戻した, まえから, まだあの, までいた, までお, までかかる, までがんばる, までこの, までしょう, までそこ, までてんでに, までと各, までと定まっ, までにいいます, までにおいで, までにここ, までにです, までにと云う, までにはまだ, までには一時間, までには屹度, までには帰っ, までには床, までにまだ, までにわざわざ, までに予定, までに保存用結晶作成, までに出帆, までに当, までに必要, までに支払わなけれ, までに新宿, までに新橋, までねた, までねどこ, までの三時間, までの由, まではあなた, まではバス, までは何処, までは外, までは灯光, までぶっ, までをツルゲネーフ, までドミノ, まで一息, まで一番上, まで七時間, まで三十分間, まで三千円, まで二講師, まで夜業, まで大前さん水田さん, まで岡枝, まで待っ, まで待った, まで正門, まで温順, まで眠った, まで空しく, まで繰りあげた, まで話し込む, まで走り続け, まで音階, もだいぶ, ももう, よ, より前, より四時, より大, より大阪, より早く, より段々, より神楽坂, より車行二十八マイル, よ起きたら, をこす, をしらせました, をすこし, をすでに, をすでにずっと, をま, をまわらなけれ, をも過ぎたれ, をよほど, を三分, を告げ, を告げ終った, を報じた, を少, を少し, を廻った, を廻つた頃, を打ちぬ, を打ち出し, を点, を約し, を聞き, を過, を過ぎない, を過ぎぬ, を過る, を鳴らし, ジリジリが, 余程廻つて, 其の頃, 出葬, 堅く〆切, 宜い, 少し前後演奏, 少し廻っ, 御出発, 御本家, 或はその, 旧監獄署跡新開町, 早いです, 約の, 終り入浴, 記す, 起きして, 起きたっぷり, 起きなか川旅館, 起きの, 起きはかなく, 起きもう, 起きよく, 起きニューグランド, 起きパン食, 起きワッ, 起き上山, 起き上山雅輔, 起き中座, 起き中泉眼科, 起き久々, 起き伊豆山, 起き何, 起き入浴食事, 起き午前中, 起き又, 起き咽喉, 起き喜多村氏迎, 起き堀井夫妻, 起き家, 起き宿, 起き屠蘇, 起き山王ホテル, 起き左眼, 起き座, 起き座談会, 起き招魂祭, 起き文ビル, 起き新, 起き日記, 起き昨日整理, 起き朝食, 起き東宝グリル, 起き残暑, 起き眼, 起き稽古場, 起き花井, 起き蚤, 起き裸, 起き車, 起き辛し, 起き道子, 起き鎌倉, 起き鏑木, 起き顔, 起き風邪具合, 起き髭, 起き鳴尾, 起きJOBK, 迄にこの, 迄にハネ, 迄に病院, 迄に總, 迄ねた, 迄ベッタリ, 迄一, 迄休み, 迄寝る, 迄待った, 迄眠る, 迄遊び, 近い, 近いじゃ, 近い時刻, 近い頃青年, 近うに, 近かったでしょう, 遂に気仙沼, 過ぎた頃, 過ぎになつてばつたり, 過ぎましたね, 過ぎましたよ, 過ぎるころ, 過ぎれば, 過それから, 過なほ子, 過なりき戸, 過ぬるい, 過は, 過ギニ颯子ガヒョッコリ, 過上野, 過家, 過寢室, 過忽ち, 過連絡船

▼ 十~ (1321, 0.7%)

68 になる 43 の年 33 の春 32 の時 21 になった, の歳 19 になっ 16 だと 14 か十六, です, になつ, のとき 13 にし, になります 12 か六, の女 11 であつ 10 の少年 9 にもなっ 8 である, の女心 7 だ, であった 6 だから, という, といふ, になりました, にもなる, の千兩箱, の小娘, の若 5 で, になつて, になり, の今日, の娘, の男, の秋

4 [11件] だが, だった, に, にお, になったら, にもなつて, のお, の一, の二, の年齢, や十六

3 [19件] ある, か二十, でした, ですが, でその, でまだ, でもう, なの, なん, におなり, の三, の五, の厄年, の四, の少女, の私, やそこ, よ, 浅が

2 [79件] いんだ, か, からぢ, から三十五, から四十五歳, か三十, ぐらいで, ぐらいにおなり, だし, だそう, だぞ, だという, だとか, だもの, だよ, であったと, であるが, でございます, でしたが, ですよ, で二十四五, で先妻, で夭折, で才子, で死んだ, で船長, といえ, と十二, と十六, と四, と言つて, にしかならない, にて御, になりたい, にもなつ, にも相成, に二十五, に十三, に成ったら, のお話, のころ, のカニ円盤, の人, の出戻り, の前髪, の割合, の呆然, の夏, の大, の姫, の娘さん, の子, の子供, の孝友傳, の布地, の新, の昔, の星, の時舞, の男盛り, の町, の石, の若い, の辰年, の返し, の項目, までの間, まで他人, まで年, まで生き, もある, も二十, も年, も年上, や御, を以て易, を越し, 反帆, 第十六

1 [560件 抜粋] あった, お久美, お作, お染, かそこら, から, から三十, から三十代, から三十位, から三十四, から二十, から二十五, から二十年, から五十, から六十, から十七, から十七歳, から十八, から四十歳, から結婚, から酒飲み, か六ごろ, か六十, か十六ぐらゐかと思, か男盛り, か精, が一番, が十三, くらいでしょう, くらいの, くらいの年, くらいの方達, くらいは採りたい, ぐらい, ぐらいかな, ぐらいがよく, ぐらいで未婚, ぐらいな少年, ぐらいの姐さん, ぐらいの娘さん, ぐらいの少年, ぐらいの音, ぐらいまでの前髪少年, この日, しか違, しか違いません, じゃろ, じゃろうが, じゃア定命, じゃ人間, じゃ無い, すでに四方, すでに簾裡, ずついれ, せねの, それでいて仕事, それでいて新, そんなこと, だか, だかで, だからね, だけ傷, だったから, だったん, だった相, だつた, だつたかな, だつたつてぢ, だわ, っ, ついにこの, であったから, であったそう, であった事, であった弟, であるきりょう, でいらっしゃるの, でお, でおじいさん, でおま, でお婆さん, でお守, でお隠れ, できちんと, でございますが, でございます不, でござんする, でしょう, ですから, ですがね, ですつて, ですね, でなくちや, でなくなられた, ではある, ではございません, ではねえ, でまた, でも三十, でも入れない, でも遅く, でゐ, で一等, で三人, で丙午, で人, で人間, で何百万, で余所, で停年, で元服, で出, で出家, で前駆, で割っ, で区切る, で危篤, で去年亭主, で取引, で周囲, で垢抜け, で大, で婿養子, で子, で宰相, で小作り, で小日向, で後, で従弟, で御座います, で敵, で既に, で時子, で某, で様, で止めた, で死ん, で病み, で病氣, で薨ずる, で血気, で誰, で隱居, というさかり, というその, というの, という働きざかり, という割, という女盛り, という婆さん, という少女, という年, という数字, という格服, という歳, という男盛り, という老齢, という脂, という若い, といっ, といふ女盛り, といふ少女, といふ恰幅, といふ脂, といふ血氣盛ん, といへ, とかになる, とかに結婚, とか云, とか六, とか十六, とした, となく, となっ, となった, となる, との歌, とは見えない, とまだ, ともう, と三日續, と云, と云え, と五十五, と亜剌比亜数字, と十一, と十三, と十九, と成り, と改めて, と毎朝十一時, と答えた, と算盤, と聞い, と花, と言, と限つた訳, ながら才敏, なつて, などがそれ, なのに, ならおば, ならお婆さんぢ, なり未, なんてとし, なン, にある, にしかなりませね, にしき, にてこれ, にて怜悧, にでもなり, になりまし, になれない, になんかなる, にはよも, にもおなり, にもこれ, にもなった, にもならない, にもならん, にもなるい, にもなれ, にもなろう, にも七十, にも六, にも及んだ, にも成っ, にも見え, にも見える, に上下, に二つ, に十七, に増した, に対し学校, に左, に当たる, に影, に成っ, に成るで, に昔波羅, に晁端揆居京師, に死ん, に為る, に熊手, に猿雖, に相成り, に至る, に霧渓, のうち, のうち五十一, のおじいさん, のおぼこ気, のこと, のときペルリ, のとき東京, のとき處女詩集, のとしの冬, のわけ, のわたくし, のわたし, のオイボレ, のオジイサン, のゴーリキイ, のツネ, のベンゲット道路, のポーッ, の三日間, の両日, の主要部, の二度, の人種, の伊豆, の何, の元, の冬, の出戻り女, の初夏, の前厄, の友吉, の可愛い, の各, の吉, の名目, の品, の問答体, の回答, の土, の夢, の大山, の大差, の大河平一郎, の女の子, の女学生, の女工, の女盛り, の娘はん, の婆, の宏子, の寿命, の小僧, の小性, の少い顔, の少し, の山出し, の工業学校, の巻普門品, の平一郎, の年増, の年増盛り, の年明け, の年渠, の年父, の彦太郎, の彼, の御, の御新造ぶり, の心, の急所, の恐ろしく, の恥ずかし, の戸数, の所, の提灯, の数, の數, の日本, の日本人, の春御茶の水女學校, の春秋, の時位, の時家老, の時暁, の時江戸詰, の時肥後, の暮れ, の木理, の未開, の歳新潟, の死体, の汲出櫓, の測定値, の熟しきらない, の爪肉, の甚助, の石像, の筈, の箱, の絃, の考え, の耻, の色男, の若君, の若手, の若者, の葉子, の蓮葉娘, の行倒人, の補助礼拝堂, の記号, の輪, の送り火, の連続, の違, の郡, の部分, の酸, の頃, の頭, の香港生れ, の高齢, の齢, はあらわれた, はいって, はロシア国教宗, はン, は下らない, は二部, は懐中, は昔, は男, は知っ, は越し, は食え, ばかりなる, ばかりなるべけれ, ばかりになる, ばかりに成る, ばかりのナターシャ, ばかりの一人, ばかりの伊太利栗うり, ばかりの女, ばかりの少女入り, ばかりの少年, ばかりの男, ばかりの石, ばかり年下, ばかり新しく, ひく三, ほどの丸テーブル, ほどの小男, ほどの年配, ほどの部屋, ほど齢下, または十六俵, また二十マイル, まであの, までがピオニェール, までしか生きない, までそれ, までの, までのまる, までの事, までの子, までの若い, までは大抵, までを置い, まで七年, まで位, まで十八所, まで奉公, まで数え, まで数えた, まで満足, まで獨, まで生きながらえた, まで生きます, まで生きれ, まで育ち, まで育った, まで育てぬれ, まで背丈, まで血, まで詠みつづけ, も九州, も十六, も危ッ, も崩れ, も発見, も老け, も連続, も違う, や, やそこら, やもん, やられます, や六十, より, より上, より八, より北, より十八, より若く, よ慶応, をおくり, を上下, を二百三十五, を以て薨去, を境, を声, を引く, を掲ぐ, を数, を書きはじめた, を書けたら書きたい, を最初, を朗読, を要する, を見分け, を越え, を越せ, を過ぎ, を過ぎた, を過ぎます, を過ぎる, 下參看, 中姫君, 乃至三十歳生活, 乃至三十歳頃, 乃至二十幕, 初メテ眉, 同九年丁巳, 大そう, 大区, 大寺, 大新聞, 子棠助一つ, 安七つ, 小桜神社, 指して, 振質, 掛ける四, 撚りか, 来ぬ鴛鴦, 浅ヶ岳, 良十三, 辛い修行, 迄はこの, 返繰り返して, 長二十一

▼ 十~ (1278, 0.7%)

104 して 50 なって 45 なっても 31 手の 24 なるか 22 なつた 16 手が 15 なると 14 なるまで 13 なったばかり, なるや 12 なる 11 なれば, 近い老人 10 なったばかりの, 近い 9 なった, 近かった 8 なつたら, 八九は, 近い年 7 なつて, 一つも, 近い男, 達して, 間も 6 なってから, なるまでは, なろうと, 近いの, 近かるべき 5 なるが, なるの, なる娘, 近いと 4 なった時, なつたばかり, なりて, なる老母, なる頃, 及んで, 至って, 至るまで, 近い人, 近い身

3 [21件] あまるまで, なったって, なってからの, ならぬうち, なりますと, なるといふ, なるまでも, なる女, なる男, なる老人, はなつて, 九つは, 余れる, 垂んとして, 手のと, 至りては, 近いだろう, 近い女, 近い祖母, 近い筈, 近い老

2 [63件] おなりに, きげん, しては, すべえ, すれば, ちかい老, なったか, なったの, なりました, なりますから, なりますが, なりまする, なり五十, なり六十, なり十一, なるし, なるそう, なるのに, なるまでに, なるまでの, なる今, なる年寄, なる息子, なる日, なる母親, なる爺さん, なる都会, なんな, まも, 一つどうか, 一つの, 一つは, 一つ我知らず熱心に, 七八は, 余るの, 余る大, 余る本箱, 八九を, 分けて, 知られずに, 私は, 處する, 處せられる, 足りないこの, 近いが, 近いこの, 近いで, 近い私, 近い紳士, 近い老婆, 近い老母, 近かつ, 近かろう, 近き親, 近くし, 近くな, 近くなっ, 近くなる, 近し, 近づいて, 間が, 間の, 餘る

1 [521件 抜粋] あたる, あたる事, あと一つという, あのま, あまって, あまりぬる, あまるかと, あまるけれども, あまるひとり, あまる友好, あまる薬品棚, あまる黒法師, ある説, いて, いばりかえられながら, いわせると, いわせれば, おさよ, おなん, およぶ年齢, お成りあそばした, お近い, かういふ歌, かかって, かかりかけて, かかる者, かかれば, かぎつけられたん, してすら, しても, します, じゃれついて, するから, するんで, たのまれて, たらざる児ら, ちかいが, ちかいだろう, ちかいちつとも, ちかいも, ちかいよう, ちかい容貌, ちかい皿数, ちかかった, ちかき荷物, ちかき雑記帳それぞれ, ちがいない, とどいたか, とどくという, とどまり一, どうしてそれ, なったから, なったが, なったぜ, なったところ, なったはず, なったらそら, なったら仕事, なったら代言人, なったら何, なったわが子, なった人, なった今, なった小太郎, なった少年時代, なった彼, なった男, なった百姓, なった紀念, なった老父, なった親, なってからに, なってるわけ, なつたんだ, ならうと, ならずに, ならないかと, ならないのに, ならないまでの, ならないわ, ならないん, ならない位, ならない柴田, ならない私, ならなくては, ならぬころ, ならぬ前, ならぬ若い, ならぬ若者, ならぬ身, ならぬ青年, ならねえうち, ならねば, なられた人, なられました, なられるあき子さん, ならん内, なりか, なりけると, なりこうして, なりたい, なりぬらん, なります, なりますがね, なりますので, なりますん, なります生れつき知恵, なりまだ, なりやがった筈, なりネリ, なり八十, なり其母梅, なり四十, なり墓穴, なり始めて, なり悪い, なり戦争, なり掛けて, なり百五六十, なり給, なり脈, なるあゝあゝ, なるお, なるおばあさん, なるお嬢さん, なるかわいらしい, なるけれど, なること, なるこの, なるすぐ, なるその, なるはず, なるま, なるまいが, なるまいと, なるまでには, なるよう, なるん, なるアキム, なる一人息子, なる人, なる今日, なる仲居頭, なる佃, なる俺, なる児, なる兒, なる八百屋, なる出戻り, なる前, なる品物, なる大公, なる天保初年, なる妹, なる姉, なる小, なる小娘, なる弟, なる彼女, なる恒子の, なる惣領, なる根岸氏, なる水鼻, なる父, なる白い, なる老, なる老婆, なる身, なる迄は, なる長女, なる長老一人, なる鼠算, なろうという, なん, なんなんとして, なんなんとしながら, なんなんとする老齢頼政, はなつても, はまも, ふえて, まず近い, またがる身, みたぬ彼, みちぬ, もし御, やがて手, わりて, アサガオの, アスナロウノヤドリギとして, オベッカリウム百分の三十という, シャンパン酒を, ピッタリと, ヨメが, 一つぐらいの, 一つで, 一つと, 一も, 一今年は, 一本宛見る, 七つ破損人民四十万人死, 七ツまでも, 七八人までは, 三つあまり七歳に, 上るという, 与へて, 丹後の, 九つこの, 九つまでは, 九まで, 九までは, 九ツまで, 九ツも, 二つたらず, 二つ間が, 二ツ三ツ間が, 二三, 二三と, 云いつけようとは, 云いました, 云ひつけよう, 云ひました, 会ったらそんな, 伝あり, 余った己, 余りて, 余るお, 余るおばあさん, 余るであろうが, 余る大国, 余る室内楽, 余る老, 余る老人, 余る達者, 余る鼠, 余れり, 余れるくち, 俗説に, 候へば, 倚つたばかりの, 兄者人としての, 充たない夫人, 充たない若, 充たない青年, 充たぬ秋月九十郎, 入つて, 八つよ, 八九お初の, 八九まで, 八九までは, 八九弟は, 六七を, 出づ, 出て, 分ければ, 分け各, 分てこれ, 分てば, 分て一, 切るので, 到るまでには, 割付け一組の, 劣らない粗末, 勧めた, 及たり, 及ばずして, 及ばず何ゆえ, 及びし時, 及びて, 及ぶまで, 及ぶ著者, 及んだまでの, 及んでは, 合せて, 向はれ, 垂と, 垂として, 垂んとした其の, 垂んとする老, 垂んとする老人, 天の, 対抗し, 寿永三年正月元日伊勢怪異の, 對ひ, 小学校の, 少し足らぬ, 尚だ, 尾鷲郷の, 届いたか, 届くまい, 引かれた, 引用する, 当たる, 当るから, 悪犬, 懸け磐余, 成って, 成っても, 成つても, 成りぬらん, 成るおせん, 成る極, 成る百姓, 戟十一に, 戻つて, 手渡しする, 拡げるの, 持って, 振り回されて, 據る, 曰う, 書いて, 替って, 案内させ, 次の, 欧州の, 死んでも, 殆ど近い, 殖えて, 泉州の, 泣いて, 洩らしたの, 減少する, 渡しては, 渡つたに, 満たざりし頃, 満たざるが, 満たない琴平咲子, 満たぬ四十九歳, 満たぬ者, 満ちしを, 滿たなかつた, 滿たぬ, 漢土の, 牛乳搾, 猴を, 異った, 相当する, 相成りますが, 相當, 突きあたる, 突き退けられて, 竜と, 竜猛菩薩, 聞いた, 至って妥協, 至らずして, 至るは, 至る間, 茂右衛門の, 蓮を, 處す, 見えて, 見せたくない, 見ら, 言ひ付け, 記録せられ, 越えたり, 越え給, 足らず白蝋青隈, 足らない, 足らぬ, 足らぬしかして, 足らぬ中, 足らぬ生涯, 足らぬ若年者, 足らぬ若造, 足りない同窓, 足りない細君, 足を, 近いあの, 近いお婆さん, 近いお年, 近いかと, 近いかも, 近いから, 近いくせ, 近いけれども, 近いご, 近いだらう, 近いとは, 近いはず, 近いひどい赤毛, 近いまで, 近い七兵衛老爺, 近い中流家庭, 近い人品, 近い人柄, 近い今日, 近い体, 近い信西入道, 近い僕, 近い出がらし, 近い分別盛り, 近い半白, 近い古, 近い右, 近い同君, 近い大佐, 近い大柄, 近い女将, 近い姥桜, 近い婆, 近い家族, 近い小吏, 近い小柄, 近い小皺, 近い巌乗, 近い年寄り, 近い年輩, 近い年頃, 近い年齢, 近い引例, 近い当主, 近い彼, 近い思索, 近い或は, 近い敏捷, 近い日本人, 近い村長, 近い柳生対馬守, 近い歳, 近い母, 近い温容, 近い無名, 近い父, 近い男児, 近い町家, 近い痩せ, 近い相撲取, 近い眼, 近い翁, 近い老体, 近い老女, 近い老衰者, 近い老躯, 近い老齢, 近い者, 近い色, 近い血気盛り, 近い部屋数, 近い鄒七嫂, 近い陸軍, 近い青年紳士, 近い靴跡, 近い頃, 近い頑丈, 近い顔, 近い高齢, 近からう, 近からん, 近かる, 近き御, 近き美しき女房, 近き老人, 近き頽齢, 近くしかし, 近くすでに, 近くその, 近くなった, 近く三伝とともに, 近く名前を, 近く女の, 近く成つて居, 近く或は, 近く氏の, 近く髪は, 近く髪も, 近けれども, 近しと, 近しとか, 近しまた, 近づいたか, 近づくと, 近づくまで, 迫り候老体, 進み一進, 過ぎなかったと, 達ししかも, 達しその, 達したので, 達したる, 達した方, 達し老眼鏡, 達し順序よく, 達する確か, 達すれば, 達せん, 違いない, 遠けれど, 間近い筈, 限定し, 面目を, 頼み火葬に, 頼み燒棄させ, 頼むさ, 頼んで, 顏を, 飛びついた, 餘るであらう, 駄那羯礫迦国の

▼ 十二時~ (1274, 0.7%)

31 を過ぎ 30 を打つ 25 になる 19 になっ 15 少し前 12 をすぎ 11 である, の鐘, までの間, 近かった 10 だ, に座, を打った, を過ぎた 9 から, が打つ, が過ぎ, に家, 過に 8 の時計 7 だと, に出る, に近い, に近かっ, まで, を打っ, 迄ねる 6 になった, に近く, 迄ねた, 過ぎて, 過まで

5 [13件] が鳴つた, であった, になつて, に入る, に出, に迎, に近, のサイレン, をまわっ, を合図, を報ずる, 少し過ぎ, 起き

4 [11件] から一時, すぎて, となり, に起き, に間, の汽車, をうった, を打つた, を聞く, を過ぎる, 過ぎても

3 [20件] から先, がすぎ, が鳴った, すこし前, に, になつ, に五分過ぎ, に出かける, に宿, に至る, に起きる, に順天堂, のところ, までか, を報じた, を廻っ, を聞い, 迄寝た, 近かつ, 過までは

2 [83件] から二時, から小, から朝, か一時, が打った, が遂に, が過ぎた, すぎると, すこしすぎ, だが, だった, だもの, だよ, ちかくなっ, ちかくに, ちかくまで, であつ, でしたが, です, ですもの, ですよ, でなければ, といふの, なり, なん, になったら, にならない, にはなっ, にはなりません, にはもう, には帰っ, には必ず, にもならないらしかった, にも近い, にラジオ, に五分前, に十五分, に寝る, に山水楼, に帰る, に文ビル, に日比谷, に有, に氣, に目, に起きた, に食事, の如く, の所, の最後, の汽笛, の針, の頃, の飛行, まえに, までねる, まで待った, まで眠る, も過ぎ, も過ぎた, をうつ, をすぎた, を指し, を期し, を本, を相, を聞き, を過ぎたらしい, キッチリ, 起きる, 迄, 迄か, 迄ぐっすり, 迄には歸, 近いので, 近い頃, 過から, 過ぎたころ, 過ぎた頃, 過ぎると, 過ぎるまで, 過それから, 過る頃

1 [591件 抜粋] あえて見る, あるいは十二時すぎ, いよいよ冴, かっきり, かと思った, からが本, からけい古, からここ, からの, からの宴会, からの筈, からまた, からむこう, からよく, からヴァラエティ, から一分, から一時頃, から一歩, から三時, から三時頃, から二時間, から五時半, から今日, から伊藤松雄自身, から六時, から始まります, から山水楼, から放送, から文ビル, から文ビル三階, から日劇五階, から登る, から翌朝, から舞台けい古, から舞台稽古, から行, から零時三十分の間, から麻雀, かれこれに, かを打, か一時頃, か知らん, がうちました, がうつ, がかんばん, がすぎれ, が一時, が何故, が打たんけりゃ来ない, が打ちました, が打っ, が来, が来る, が過ぎなけれ, が過ぎる, が鳴っ, が鳴つ, が鳴りました, が鳴る, きっちりに, きっちりを, くらいにはなる, くらいまでも顕微鏡, ぐらいに目, すぎた, すぎたの, すぎたら又, すぎたら此処, すぎた裏階段, すぎても, すぎてや, すぎてる, すぎまできやつきやつ言つて, すぎるで, すぎるまで, すぐる頃帰, すぐ自動車, すこし過, だそれから, だったこと, だつたね, だつて, だつてかめ, だとかいう, だね, だのに, だろう, だ明日, だ疲れて, だ長話, ちかい, ちかい刻限, ちかかった, ちかくでした, ちかくでも, ちかくなつ, ちかくようやく飛びたった, ちかく風呂, ちょっとまえ, であるこれから, であると, でこの, でしたろう, でした毎, でしょうよ, ですから, ですね, ですよう, でないと, でなくちや歸, でなくも, では, で何, で午, で午前零時, で又, で御座います, で有った, で終る, というの, という二時間, という時, という頃, といえ, として四時間たっぷり, とそれ, となった, となる, との間, とは, とは為った, とナゼ, と丁度, と云う, と午前二時, と掛札, と数回, と言っといた, なの, なれば, にあがる, にいつも, にお, におのおの十二, にお握り, にかえって, にきっと, にこの, にしまった, にそろ, にちか, にちかづい, にならなけ, になり, になります, になれ, になろう, にはなるまい, にはねた, にはカンバン, にはサア罪人, には三時間, には例, には向う, には少し, には帝都劇場, には帰った, には猶, には皆七八人, には社長, には祭式, には終に全く, には終る, にほどなかっ, にみなさん, にもう一度, にもなった, にもならなけれ, にもなる, にアラスカ, にエスキーモ, にクレムリ, にクレムリン, にタスケ, にダッシー社長, にニューグランド, にノボゥシビリスク, にバンガロオ, にビクター, にビークン山, にロンドン, にヴィール夫人, に一分間黙祷, に一婦人, に一応, に上野, に了, に交代, に今一度低温室, に今橋, に使, に俳優協会, に入った, に出発, に分つ, に北, に十五分前, に君, に四分前, に四十分前, に垂, に大方山, に始まった, に始まる, に家畜, に寝台, に山口, に川口町, に帰っ, に帰宅, に店, に息, に戻り来りぬ, に捕鯨船, に撮影所, に散会, に新, に日本, に日本橋, に早苗さん, に昼飯, に最初, に朝日ビル, に来た, に東京駅, に東宝ビル, に東宝本社, に東洋亭, に梅田映画, に楽屋入り, に眼, に眼科, に着いた, に碁, に社, に神殿, に私たち兄弟, に竹川, に約束, に終り, に至り, に船場, に菊田, に虹猫, に行く, に行っ, に辞し, に近き, に追, に違い, に部屋, に金峰山, に金製, に閂, に開場, に限らず, に限らず行われる, に頂上, に飛行場, ねた, ねる, の, のかずかず, のこと, ので立つ, のどん, のぽ, のドン, の交替頃, の休み, の休憩, の内, の列車, の喜怒哀楽, の図, の大, の始, の定刻, の打った, の省線, の處, の過ぎた, の電車, の音, の鳴る, はとくに, は廻っ, は深夜, は過ぎた, は過ぎました, まである, までいろいろ, までぐっすり, までしかいられない, までそれ, までたっぷり, までついに, までです, までと二時, までにお, までには, までには落命, までに何分, までに保存用結晶作成, までに入っ, までに歸りさ, までに裾合わせ, までに間, までの出番, までの動かし, までの廓, までの短い, まではいや, まではおきない, まではちゃんと, まではヒッソリ, までは受合お休み, までは大丈夫, までは婆さん, までは生き, までぶっつづけ, までもかかる, までもくだらん, までやった, までよく, までわれわれ, までを過し, までベッタリ, まで健康, まで働かなけれ, まで働きまし, まで働き通す, まで僕ら, まで八百屋, まで動かない, まで即ち, まで四人, まで坐っ, まで執筆, まで店, まで待たされた, まで待つ, まで打つ, まで時に, まで書く, まで校長先生, まで殆ど, まで油, まで海田市町行乞, まで熟睡, まで眠った, まで私, まで秋穂行乞, まで種々実業家, まで續, まで読ん, まで連日, まで運動, まで間断, まで雷門, まで飲み続けた, まわってるよ, もすでに, もとうに, も回つた, も早, も近い, やさかい, やその, やぞ, や恋愛, よ, よりといふ約束, より一時間前, より前, より四五十分前, より早く, を, をうちました, をうち出した, をかなり, をしたたか, をすぎたら, をすぎれ, をだいぶ, をちょっと, をまわった, をまわりました, をもって賄賂, を余程, を使つて, を八分, を午, を四分, を大分, を少し, を廻ったら, を廻つて, を廻れ, を待つ, を打たう, を打ち, を打ちはじめた, を打ちました, を打ち鳴らした, を指した, を指す, を指そう, を用心, を聞いた, を越え, を越した, を越す, を軸, を過ぎたでしょう, を過ぎたろう, を過ごした, を過る, ウイを, チョット前, 全く真剣, 即ち十月一日, 少し廻った, 少し過ぎた, 少し過て居ただろう, 少し過でありました, 帰る, 御出御, 打ち一時, 打ってから, 打つて, 新京阪, 疾くに, 起きけい古場, 起きよく, 起き一座京都, 起き二階, 起き今日, 起き汗, 起き鈴木静一, 起き銀座, 越したの, 迄しっかり, 迄す, 迄だ, 迄で, 迄でこれ, 迄と思った, 迄に七景, 迄ね, 迄ね起きる, 迄の間, 迄は何, 迄は此部屋, 迄ぶっ, 迄やり, 迄よく, 迄僕, 迄出発, 迄台所, 迄寝る, 迄店しま, 迄待っ, 迄眠っ, 迄眠った, 迄眠る, 迄試験, 近い, 近いの, 近い新橋停車場, 近い秋, 近し, 過ぎたか, 過ぎたので, 過ぎたばかりの, 過ぎてから, 過ぎてるし, 過ぎる頃, 過ぐる, 過だった中村楼, 過て私, 過であった, 過でも, 過で遠慮, 過よ, 過ること, 過ると, 過ギニ敏子ガ一人デコチラニ, 開き二回半, 頂きにて

▼ 十年前~ (1252, 0.7%)

43 のこと 16 の話 12 に, の事 8 に死んだ, に私, のもの 7 のあの, の人間, の記憶 6 と同じ, にこの, に書いた, に自分, の日本, の私 5 である, と少し, にくらべる, に浪人, に見た, に踏んだ, の, の僕

4 [14件] にあった, にお, に一度, に書かれた, のよう, の人, の出来事, の夢, の本所, の東京, の自分, の若い, の記録, の露西亜

3 [17件] だと, と今日, にありし, になる, にパリ, に亭主, に別れ, に別れた, に或, に日本, に聞いた, のなつかしい, の古傷, の大晦日, の彼, の彼女, の秋

2 [81件] お皆, から奉公, だ, だったが, だったら私, であった, と同じく, と際限, なる我が, にあなた, にここ, にその, には動く, には確か, には自分, には見られなかった, にぼく, にもっと, にも一度, にも四五冊, にフランス, に亡くなった, に人間, に僕, に冷凍, に出た, に出来た, に出版, に妻, に山口県, に巴里, に建てた, に引, に於, に暖簾, に本郷素行氏, に死なれた, に比べる, に父, に病死, に発見, に白鷺, に経験, に行われた, に足, に逢いたかった, に長崎, のある, のこの, のアメリカ, の世界, の京都, の作, の保吉, の光景, の写真, の君, の娘, の帳面, の思い出, の怨み, の新聞, の旅行, の昔, の火事, の物, の現実, の神保町通り, の統計, の自由, の趣味, の連判帳, は, までそれ, まではアラスカ, までは彼女, までは決して, までは確か, も今日, を再現, 死にかけて

1 [779件 抜粋] あの浅草, いよいよ息, お父上, からかかつて, からこの, からたくさん, からつづけ, からの壮大, からの御, からの知合い, から一度, から一流, から世帯, から世帶, から使っ, から兄さん, から十里四方, から千遍一律, から各, から四十年前, から土地, から始まつ, から店, から既に, から時々, から有識, から気が付きおり, から特に, から覚悟, から較べれ, から音響, から領土, がこう, がつい, が行止まり, くらいまでは村, この同じ長崎, この女房, この家, すでに実行, すなは, すなわち一八三二年六月五日六日, すなわち今日, その前, それから基衡, それでは私, だから, だったら設計, だって同じ, だつた, だよ, ちょうど二十五, であったならさほど, であって, であります, であるその, でご, です, ですけれども, ではこの, では無い, でも今, という, といふ, とかと比較, とかに亡くなり, とか二十年前, とすこし, とそっくりそのまま, となる, とは持主, とは逆, とは違う, ともいうべき, と云え, と大した, と大して, と書, と比較, と現在, なら其方, なら秋, なる天智天皇九年, なれば, にあ, にあつ, にいた, において維持, におのれ, にかかれた, にかよう, にこういう, にこしらえた, にこの方, にさかのぼる, にし, にすっかり, にちよ, にできた, にともかく, にどこ, になら, になります, には, にはこの, にはその, にはそれぞれ専門学校生徒, にはっきり, にはなほ餘裕, にはよく, には三十何町, には互に, には余技的, には修道女, には可, には地上, には娑婆苦, には小説家, には山間, には川, には新しい, には暴動, には村, には知られなかった, には私, には誰, には醸造元, にひらけ, にふとした, にもかう, にもなる, にもなれ, にも今時分, にも能登, にゆっくり, にようやく, によし, にわたし, にイギリス労働階級, にクラバック, にクラバツク, にヌネス, にファヴロール, にボストン, に一, に一人, に一宿一飯, に一度雪, に万葉熱, に上野, に中学校, に久しく, に乳母, に予言, に亡くした, に亡くなつたお, に亡くなり, に亡び去つた, に京都, に今, に企てたる, に会った, に住ん, に佐渡屋源左衞門, に何等, に作った, に全く, に公, に其の, に其地, に出, に出現, に分れたぎり, に初めて, に別, に前, に労働予備軍, に古, に同じ, に吾輩, に国元ア夜逃げ, に増田屋, に外人, に大西洋, に始まった, に始め, に子ども, に孔子, に寺, に小説復刻, に建立, に彼, に心配, に恐ろしい, に悲壮, に成りたる, に戻され, に手放せ, に指環, に探険, に支那, に斯, に既に, に日本商船, に早川, に時, に書かれ, に村, に来, に松山, に株, に橋番, に死, に殺された, に母親, に比し, に氷屋, に江戸, に浦上, に清水, に濠洲, に炉辺叢書, に父親, に狂, に甲賀世阿弥, に當, に病床, に相, に神, に秋山図, に移植, に習字, に腹, に自殺, に艦隊, に芭蕉一派, に若く, に藤村, に行われたる, に裏返し, に見ました, に覚えた, に買, に起こったなら, に起った, に通, に逢った, に遡らなけれ, に遡ります, に金博士, に闇夜, に阿波, に隣村, に集めた, に非常, に飛んだ, に高, に高知縣佐川町, ね, のいい, のいとも, のお, のお握り, のここら, のこと也, のごく, のしかも, のつもり, のまま, のむかし, のわたくし, のわたし, のイタリー, のシャビエル, のソヴェト文学, のデンマーク, のパリー下水道, のフランス, のマラソン競争, の一八九二年, の一夜, の一族, の一派, の三人侍, の三角形, の不安, の不平, の世界悲劇, の亀さん, の事情, の仙台, の伊達捷平, の別嬪, の利根川筋, の北九州, の古, の古戦場, の咸豊七年, の善良, の嗜好, の嘉永三年, の困難, の地獄, の壁, の夏, の大, の大勢, の大師, の大正初年, の女, の如く, の子ども, の子供, の安政三年, の安永年間, の宝暦六年, の宝永四年, の家持ち, の宿命, の審査員, の小児, の少年, の山うど, の山崩れ, の巴里, の布哇, の常識, の幸福, の建築, の徳川, の心, の志士, の思ひ, の怨, の恋, の悪筆, の情景, の愚日記, の愛人, の憐, の懺悔談, の我, の我家, の戦争後, の採集, の支那, の教, の文章, の新劇, の方, の方法, の日, の日本人, の日清戦争, の旧, の旧い, の旧態, の昔日, の春, の昭和十一年, の書物, の書生時代, の有, の未定稿, の札幌, の東都, の果し, の歌, の歎, の此村, の歴史, の江戸, の洋服, の津右衛門, の洪水以来急, の流行, の満, の演劇革新運動, の焼跡だらけ, の煙草屋, の父母, の片目, の物理学者, の状態, の王政維新, の甥, の田舎, の男, の盗み, の盲人, の真夏, の矢矧川, の祖母たち, の神功皇后時代, の福澤先生, の秘密, の筆, の結婚, の維新史, の職人, の肥田沃土, の自己, の船場, の若々しい, の英雄たち, の著述, の袋中上人, の親, の言葉, の詩界, の貫一, の軍人, の辻川, の追憶, の造営, の金木, の針木峠, の錯覚だらけ, の長崎旅行, の關宿, の隠された, の青年, の青年ら, の風流才子, の駄文, の高い, の鳩, の鶯横町, はお, はこの, はじめて, はどう, は何, は分明, は天明七年, は安永六年丁酉, は承, は浅草なぞ, は物資, へ飛び越した, またもや聖典, まだ上越線, までなお, までに発表, までの私たち, まではあの, まではこれ, まではそう, まではそれ, まではよく, まではチベット国, までは一, までは二百戸以上, までは兄弟同様, までは原始林, までは女の子, までは小倉城下, までは数十頭雑居, までは椿岳, までは浅草橋場, までは畑, までは神官, までは美, までは芸術, までは随分, までは黒崎, までも一般, まで二三メートル積, まで位, まで盛ん, まで目黒, まで身動き, もお, もきかれた, もそう, も今, よりも更に, より企て, より行, をお, を覚え, 会った丁稚姿, 出来た寒川辰清, 初めて入, 即ち一八七四年, 同じ宿, 始めて京都, 建てられたの, 御金藏番, 情なく振り捨てた, 憶えたヴェルレエヌ, 捨てたか, 既にかく, 早くも, 死ぬ四日前, 特に外国人, 若かつ, 親しく知っ, 迄毎晩, 送って

▼ 十~ (1245, 0.7%)

79 になる 60 の年 40 の時 26 になった 19 の仮名 17 か四 14 だと, である 13 になつ 12 にし, になっ, の今日 11 の歳 10 だった, の春 9 であつ, にもなっ, の少女, や十四 8 だ, であった, のとき 7 といふ, の小娘, の少年 6 です, で死ん, になります, の一, の両日, の二, の娘 5 か十四, だが, なの, の女, の数

4 [12件] という年, という数, になれ, にも成ッ, のお, の三, の厄年, の子供, の死, の男の子, の秋, を得

3 [19件] か, だつた, でございます, でした, でその, という歳, と云う, に, になりました, にもなった, にもなる, の, の五, の四, の方陣, の湊, の老, の青年, や四

2 [67件] あり, から二, から十五, が馳, しかなかっ, だから, であります, であるが, でお, でご, ですね, で亡くなった, で健, で未だ, で武家出, で死んだ, で背, という, という年齢, といふ年, とか四, としてある, とは本当に, と云, と十一, なん, にしかならない, になつて, にもなつて, に一つ, のいも, のサチコ, の乗物, の五郎兵衛, の仮名以外, の六, の凶, の女子七ツ, の小さい, の小刻み, の小嶋おの, の方, の春子, の時親知らず, の浦, の男, の箇条, の絃, の老人, の若い, の處女, の部屋, の階級, の鞭, の頃, の駅近く, の髑髏, は, は今日, は入れね, まで, まで生き, まで育てられた, まで自動車, もう立派, 小会議区, 曲りも

1 [509件 抜粋] あったという, あること, あるの, いやもつ, いや十四, いや四分, かああ, かと思います, かな, かな大, かの年, からステッキ, から七, から十五ぐらゐまでの間, から十五六, から十四, から外國, から日記, から木造, から死ぬ, から育った, から育てられ, から選んだ, か四ぐらゐまで, か町, が之, が二十五六, が仮に, が確か, くらいに弥生さん, くらいの利発そう, くらいの年, ぐらいであったろう, ぐらいにし, ぐらいの女, ぐらいの子供, しかない, しか年齢, しか組織, じゃあ色気, じゃない, じゃなかった, すなわちずっと, その中, だからね, だけれども, ださうだけれども, ださうで, ださうですが, だそう, だそうで, だったけれど, だったと, だったな, だった非常, だって云った, だって云ったでしょ, だって早い, だつたお玉, だつたので, だつて, だという, だな, だもの, だよ, だろう, だネ, だ十三時, って悪い, ていう, で, であったが, であったと, であらう, でありそして, であること, であるという, である郷里, でい, でこの, でこれ, でころり, でございましょう, でしたよ, ですから, ですからね, ですが, ですそして, ですぢ, ですの, ですよ, でだんだん, でちょい, でちょうど, ではある, ではねえ, でむす, でも時々, でも男の子, で上, で久, で二人, で二人目, で五年, で亭主, で住職, で何処, で出っくわした, で出家, で取られました, で右近衛権中将, で吟味, で妹娘, で小学校, で小池, で崩御, で左少将, で年, で年季, で御, で手習い師匠山村小左衛門, で旦那, で権中納言, で死にました, で歿, で温, で独身, で生む, で男振り, で皆伝, で私, で肋骨, で脾弱, で色, で親, で買, で買い喰い, で配所, で鐘巻流, というわれ, という人生, という年ごろ, という年寄, という悪戯ざかり, という数字, という条, という此年, という稚い, という老人, という良い, といえ, といっ, といふ小さい, といふ年齡, といふ惡戯ざかり, といふ数, といふ若, とかを通った, とか云っ, とか五, とか言, とか言った, としわ, となり, となる, との間, とはなった, とは知るまい, とも見える, と七つ, と三国, と三日, と二十, と云ふつ, と八つ, と十五くら, と和し, と四十, と四十九, と小さい, と少し, と書いた, と書し, と極めた, と答え, と解す, と言, と言う, と言つて, どす, どすけれどな, な, などと共に四浦, ななつ, なのよ, なら晩婚, にあらずし, にございます, にしかならなかつた, にしかならぬ, にてみまかりし, にて初, にて薨去, になり, には, にはアガルイ, には伊予, には家, には死ぬ, には海尊高館, にもなったら, にもなつ, にもなり, にもなりやがっ, にもなるでしょう, にもなるでせう, にもなれ, にも手, によって彼, に三, に云, に伊吹山, に作つて可, に十五, に委しき, に対する愛着以上, に引用, に張り抜い, に成ります, に成りまする, に成る, に成ろう, に成長, に採録, に於い, に棒, に死, に死なう, に死ぬ, に毘舎離, に相成ります, に私, に細別, に羊僧, に見, に載する, ねん天神山城, のいは, のからだ, のこの, のころ, のとき以来ひとり都会, のとき娼婦, のとき藩主, のみづみづしい若衆, のもの, のやう, のオジイサン, のゴーリキイ, のヒエロニモ, のピストル, のマリア, の一人, の一月十五日, の一章, の七, の七不思議, の七之助, の上層, の中, の九, の今, の仏たち, の体, の傷, の元素表, の兄, の兄貴, の八, の八月, の冬, の凶日, の前, の割合, の勝, の十二, の千吉, の厄除け, の可愛い, の善智識, の場合, の壯年, の変奏曲, の夏, の大, の大人, の大字, の大柄, の女の子, の姉, の姑, の姿, の娘ざかり, の子, の子守女, の字, の小坊主, の小池, の尾田, の島, の巻, の市町村, の年京, の年増盛り, の年寄り, の年死, の座席, の弟一人, の弱冠, の彼女, の忰, の扉, の才次郎, の敬二郎, の文化団体, の新婚, の時アメリカ, の時旅, の時本所, の時父, の時與吉, の智識, の木こり, の村, の松, の果実製菓, の椅子, の欄干, の歳母親, の死歿, の河川, の渡し, の湖口, の瀧口, の牲, の独身哲学者田中王堂氏, の生, の男ざかり, の男の子ぢ, の男児, の町, の痩せ, の皺, の眞太郎, の石, の石神, の砂山, の私, の立派, の童子武者, の筒袖, の米国生命保険会社, の組み歌, の美しい, の美女, の翁, の老齢, の育ち, の花咲けり, の花売娘, の芽, の若, の若造, の茸, の藤原, の虎吉, の誕生日, の諸, の賢, の趙思綰傳, の部屋部屋, の長歌, の長男, の隧道, の青春, の青白い, の項目, の頭, の題名, の高齢, はいまだ, はおのおの, はすっかり, はちらりと, はやくも両, は不吉, は両手, は別に, は力, は女, は始めて, は当今, は混血人種, は無我夢中, は私, は蘭軒, ばかりであった, ばかりの娘, ばかりの子ども, ばかりの少女, ばかりの男, ばかりの私, へ, へばかり賭け, へ引越した, べん, ほどを切取り, まずは世間並, まだお手玉, まだなか, まだなかなか綺麗, まだ独身, までいた, までか, までかかっ, までだ, までの大切, までの長, までは生きよう, までほんの, までも独身, までも處女, までステッキ, まで年齢, まで手, まで独身, まで白齒, まで育て, むつかしい病気, もある, もやっぱり, も上, も嘉永二年, も年, も無事, も節, やかい, やさうに, やそこ, やそこら, や十五, よ, よりは数, より上の, より二つ, より二十八九, より逆算, をさえ毒牙, をしきりに, をズラリ, を一期, を以て崩御, を以て御, を以て薨, を助け, を十五, を占め, を打ちとりぬ, を数, を書く, を画, を見, を誘惑, を通り, を除いた, を頭, 乃至五十五行, 乃至十四内外, 出る, 同従三位, 大そう, 子棠助九つ, 安五つ, 寝たら浦潮, 寝ると, 小さい方, 打つた, 故鼈甲, 旧き道具, 時々リュウマチス, 次ハ十六歳, 決して早く, 第十四, 蒼白くて, 計四巻, 詣りで有名, 詣りの, 迄生き延びる, 連なる青い, 遊んで

▼ 十~ (1234, 0.7%)

73 になる 53 の年 39 の娘 30 か九 29 の時 26 になつ 24 の歳 23 になった 16 といふ 14 だと 13 になります, の春 12 です, になっ 11 であつ, の秋, や十九 10 だ, であった, にもなっ 9 である 7 にもなる 6 だよ, ですよ, にし, のお, の小娘 5 か, だが, で, でございます, の夏, の娘盛り, の少年, やそこ, を頭

4 [14件] か十九, たべた, だつた, ですが, ですもの, という, という年, になりました, にもなつて, のとき, の今日, の女, の少女, の足さき

3 [11件] しかない, で歿, といふ年, と十六, になつて, の一, の私, の花, の花嫁, の軽部, や九

2 [62件] あるべき筈, から十九, が二十六, じゃない, だった, だって, であったと, でお, でお前, でございますもの, ではまだ, で名, で器量, で妹, で房松, で来年, で母親, で色, という年頃, といえ, といふ年齢, となっ, となり, と二十, と云, と云う, にしかならない, にてみまかりし, になり, に十七, に成る, の, のお祝い, の両日, の中, の切株, の初陣, の前奏曲, の可愛い, の可愛らしい, の多血質, の大, の恐ろしく, の正月, の祖母, の良い, の花嫁さん, の若, の若い, の金次, の銃眼, の長寿, の音, の頃, の齢, は何だい, ばかりの女, まだ幼, も年下, よ, を越し, 要次郎

1 [490件] あったから, あつた, あり, ある, いや十九, おつぎ, および七十五, および仁王ら, お佐代さん, お夏十六, お志乃, お艶, かなあ, かなきっと, かの男, かひょっとしたら, から三十, から二十一, から二十二, から二十五, から十, から十九巻, か九の, か九位, か十九位, が行方不明, が遂に, が頭, くらいから女房役, くらいの娘, ぐらいからあと, ぐらいじゃ何, ぐらいな小間使, ぐらいになっ, ぐらいの小娘, ぐらいの年ごろ, ぐらいの年齢, ぐらいの綺麗, ぐらいの美しい, ぐらいの静岡, ござります, ご連枝, さえあれ, しかも妹, じゃ, じゃあの, じゃア, じゃア形, すなわち三, ずつある, せめて六十, そのまた, その天性, その若い, だか, だから, だけが違った, だけすなわち, だし, だぜ, だったが, だったでしょうお, だっていったん, だってね, だって云っ, だって今日, だつたかなあ, だつたので, だつた異母妹, だとかいう, だもの, だろ, だ生意気ざかり, だ相, ってこんな, てえとこ, であえなく, であったが, であった筈, であらう, でありました, でありますが, でいわゆる, でおち, でお母様, でげす, でこいつ, でこころもち, でこの世, でご, でございまして, でございましょう, でございますが, でございます助けて, でございませう, でござんす, でごぜ, でした, でしたが, でしょはたち, ですか, ですがね, ですって, でその, でそれ, でたいした, でとかく, でどっち, では年, でもまだ, でも通るでせう, でわたくし, でわたし, でゐ, でヘエ, で一ツ年, で九紫, で亡くし, で亡くなった, で亡くなりました, で今, で信二, で先, で児, で初めて, で去年, で大した, で女学校, で安宅先生, で家督相続, で容貌, で小石川巣鴨町, で岡崎屋, で左近権少将, で故郷, で新一郎, で日, で死ぬ, で煙草, で父, で申分, で眉, で種々, で第, で結婚, で若い, で若旦那, で藩主, で試合, で豪気, で貨一郎さん, で身体, で長女, で難, で頼り, で黄金舎, というこの, というそろそろ, というの, というよう, という名前, という娘, という娘盛り, という年齢, という数, という歳, という男盛り, という老僕, という者, という若, という若い, という街, といっ, といふ大, といふ子供, といふ年頃, といふ本, といふ歳, といふ男盛り, といふ老人, といふ若, といふ街, といふ齡, といふ齢, といへ, とかで, とかで評判, とか云, とか云う, とか伊呂波歌, とか言いました, とこんど, とす, とする, とつけます, となかなかたっぷり, となる, とはいう, ともなる, とルリ子, と一時, と云え, と十五也, と四女, と御, と抱き合っ, と改竄, と明記, と聞い, と聞いた, と解し, と言, と言つて, と註し, どうする, ながら要領, なの, なのよ, ならもう, なら一人前, なん, に, にある, にお, におなり, にかけて書かれた, にこの, にちの巳, にて蔵人頭, になったら, になつて吉川町, になりまし, になりましょう, になるく, になるでしょう, になれ, にはなっ, には山男, にもお, にもなった, にもなり, にもなりますまい, にもなりまする, にもなれ, にもなろう, にも成っ, にも成ッ, にや, にをられた, にをりました, にササユリ, に三十八, に二十二, に出, に家出, に御, に成ります, に次, に白打, に相成ります, に童部, に過ぎなかった, に達した, のいい, のおたふく, のおり江州, のお婆さん, のつぼ, のときテック公爵, のとき三たび江戸, のとき広島, のとき江戸, のとき父, のはず, のオールド, のカムツァン, のパリー, のピアノ曲, のフランシス, の一人娘, の三, の三日間, の三日間母, の世子, の世界, の中学生, の主, の乱暴者, の亂暴者, の二, の二日間, の二本棒, の人, の人生案内狂, の今, の伜, の伝右衛門, の倅, の働き, の働き盛り, の充分, の光圀, の六倍, の冬, の処女, の出戻り, の初秋, の前髪振り, の原子酸素, の同い年, の同志, の君代さん, の呉服, の咢堂先生, の夏初め, の夢幻的, の大数, の大都市, の女盛り, の妻君, の姉妹, の姪, の姿, の娘さん, の娼婦, の婦人, の嫁, の子供, の孔明, の学生, の富江, の寝台, の寺, の小, の小僧, の小綺麗, の峠, の年ごろ, の年伊太利, の年少者, の年弱, の年彼, の彼, の彼女, の息子, の成熟, の所分, の承, の支部図書館長等, の教会音楽, の旧, の旧態, の時アンヌ・ド・オルジェル伯爵, の時シインホニイ, の時一度, の時家, の時専検, の時木部孤, の時浪人者, の時親, の普通, の暮, の柿, の歳延宝八年, の江戸娘, の渓谷, の犯罪, の独身者, の獨, の生命, の発音記号, の白面, の白鼠, の皺, の盛り, の眞珠太夫, の石婦, の稲吉, の立派, の米寿, の素朴, の細君, の美しい, の老婆, の舞妓, の若旦那市村, の若武者, の若者, の若造, の茶々, の薦める, の誕生日, の誤で, の豊滿, の豹一, の豹吉, の赤, の長男, の間, の隠居, の隱居, の青年, の青書生, の頭蓋骨, の願, の馬鹿殿様, の高貴, はお, はまだ, はインデアン人種, はルリ子, は三十八, は先程, は夜, は念仏往生, は恐る恐る, は民謡, は自転車, は隣室, は非常, ばかり, ばかりになる, ばかりにやおさなき, ばかりの可憐, ばかりの娘, ばかりの娘さん, ばかりの少女, ばかりの細そり, ばかりの若い, ばかりを書き抜い, ばっか出し, ほどの痩せぎす, まだ初々し, まだ叔母さん, まだ大学, まだ親, まで, までお, までそこ, までの二川家, までの積, までの詩文, までの間, までを落第, まで当世顔, まで散髪, まで暮した, まで生き, まで生きたじゃ, まで生きる, まで男, まで私, もあら, もう一廻り上, もしくは脈搏, も揃, も撲る, も旅, も点けてる, も食った, も點, や, やからな, やがて御前, やそこら, や六, わが藩, をかける, を年三十八, を早飛脚, を更に, を米, 乃至二十歳, 初めて家来, 卷いよ, 口やかましくて, 可愛い, 可愛い娘, 唯可愛らしい, 子徳十四, 子棠助四つ, 少し淋しい, 淋しがる, 白い顔, 積んで, 良十六, 負けず劣らずの, 送り返せと, 長九つ, 長十四

▼ 十~ (1207, 0.7%)

63 の年 60 になる 34 の時 29 になった 21 の春 16 か七, であつ, のとき, の少年, の歳 15 の娘 14 になつ 12 だ, になっ 11 だと 10 であった, である 9 になります 8 です, にし, の小娘, よ 7 の秋 6 だそう, という, にもなる, の, の少女, の正月, や七 5 か十七, だった, でございます, に, にもなっ, のお, の瓢箪 4 であるが, で死んだ, になり, の一

3 [18件] だから, だけれど, だつた, だよ, でした, という年齢, といえ, といふ, と云, なれども, なん, になったら, にも成り, の三, の二, の四, の頃, までの数

2 [70件] から十九, か七位, くらいの少女, そんなには, だが, だったと, っ, であらう, であると, であるので, でお, でございました, ですから, ですよ, ではない, でもう, で亡くなった, で死ん, という人, という年, となり, と云う, と十七, におなり, にしかならない, になつて, になりぬ, になりました, にみたない, に分れ, に対する労力, に至る, に見え, に達すれ, のお宮, のこの, のころ, のとし子, の両日, の九, の五, の今日, の倅, の勘, の夏, の女房, の子, の寺院, の平一郎, の年増, の年彼, の弦楽四重奏曲, の彼女, の手, の歌, の灯, の眼, の眼玉, の美少年, の老齢, の若, の若い, の菊, の隧道, はこの, むさし, むさしの, やそこ, や十七, 美しく可愛らしく幼

1 [501件 抜粋] あっては, あやうく髪, あり仕切, いやこれ, および十七篇, おりる, か, かせいぜい, かそこら, かで沢, かないや, かな十七位, かほどの, かも知れない, からこちら, からな, からハタチ, から七, から二十, から二十歳, から八, から六十, から吸っ, から四十, から飲んだ, か女ざかり, が五へん, が粮米, が頭, くらいにお, くらいのとき, ぐらいで, ぐらいである, ぐらいでいらっしゃる, ぐらいでしょう, ぐらいでも皆おとな, ぐらいな腕白, ぐらいにはなっ, ぐらいに見えます, ぐらいのとき, ぐらいの初々しい美しい, ぐらいの娘, ぐらいの美しい, ぐらいまでは祖父, ぐらいポカポカ, ぐれえだ, けえ, こんな風, そのいう, そろそろ身, だか, だからと, だがね, だけつまり百四十尺, だぜ, だったお, だったか, だったから, だったが, だったの, だったん, だって聞いた, だつたね, だという, だといふ, だとか, だな, だなんて, だのに, だの眼, だもの, だらう青味, だろう青味, だわ, だネ, だ過ぎ去つた若い, つきせぬ物語り, であったが, であるという, でいたい, でおせん, でお年, でかわいい, でしょうが, ですからねえ, ですが, ですがね, ですつて, ですの, ですマダム, でそりゃ, でそれ, でちやん, でなくなりました, ではあれ, ではなかっ, ではまだ, では娘, では耳, でまじめ, でもあり, でも男, でも紅, でわれら, で一人, で一人者, で七之助, で三十男, で世, で五年, で傍, で働き, で初めて, で千恵造, で周, で器量, で大柄, で女, で女房, で小便, で帰, で平凡, で年, で御, で文字春, で既に, で月代, で未だ, で東京, で正, で死んじゃった, で歿, で江戸, で浅井さん, で父, で父信秀, で異性, で痩形, で皇太子, で相模一国, で私, で終っ, で色, で薨, で薨去, で赤坊, で近い, で郷, で都, で陸奥塙六万三千九百石, と, ということ, というの, というよう, という一つ違い, という名, という異常, という者, という若, という若い, といふまではかくして, といふやう, といふ壓, といふ年齡, といふ年齢, といふ数, といふ齡, といふ齢, といへ, といやがった, とか七, とか三十三, とか云, とか云う, とか十七, とか聞きます, とか言, とか飲ませ, とした, としてももう, とつけられた, となる, となれ, とはどうしても, とはなった, とは見えん, とまでに数える, ともなり, と云っ, と五十, と十三, と十二, と十八, と呼ばれなけれ, と成っ, と數, と申す, と聽, と言, と言え, と言つて, なり, なりき, なれば, にあります, にいわく, にこれ羊, にしかなっ, になったでしょ, になつたお, になつて六斗, にならない, になられる, になりまする, になり申す, になツ, にのぼっ, にはなった, にはまだ, にふえた, にも, にもなったら, にもなつ, にもなつて, にもなつて鼻, にもなれ, にも成った, にも成りました, にも成る, にも見れ, にも記載, にも足らない, に三八, に三十二, に出, に刺叉, に及んだ, に叱られる, に大, に対して右翼, に年一, に引く, に当る, に御, に成り, に捜査, に歌, に満たぬ, に滿, に疊まれ, に見ゆる, のうち十八, のおとめ, のおぼこぢ, のおり, のおれ, のお正月, のお転婆, のかお, のつぼ, のへん, のまるっきり, のジュヌヴィエヴ, のバレー, の一人娘, の丁稚, の丁稚品吉, の七, の七月, の三月, の中僧, の丸ポチャ, の亭主, の人, の伜, の僕, の元老, の兄, の光平, の全盛, の八, の六, の六三郎, の内気, の冬, の初, の劃内, の勇吉, の十, の十月, の千両箱, の印刷工場, の卷, の可愛らし, の和歌子, の器械, の売笑婦, の夏北海道, の夏川ヤス子, の外國文字, の大砲弾, の大穴, の太郎信勝さま, の夫婦, の夫有タテ何ア目, の女, の女中, の女学生, の女性, の妹, の媼さん, の嫁, の子ども, の学校, の実習台, の小僧, の小鳩, の少年カルソー, の屍体, の山麓, の巻, の年寄り, の年結婚, の年遁世, の年齡, の彼, の御, の息子, の戀仲, の手荷物, の方, の春松, の春風, の時吉水, の時声変り, の時家, の時家来, の時祖母, の時置去, の時自分, の暮れ, の柵, の椅子, の次男朝長, の正, の武者大島雲八, の歳尾道, の母, の涙, の湾それぞれ, の灯明, の父, の田舍娘, の田舎, の男, の異なった, の発電所, の目玉, の石, の私, の竜王, の童子, の竹, の笑, の第, の筈, の箱, の紫, の終り頃, の美しい, の美しくも, の義枝, の義母, の翠巒, の老, の肩揚, の胡桃, の脇坂隼人, の芥川さん, の花, の花嫁, の花嫁姿, の花火, の若々しい, の蕾, の藤山, の訳, の誓願, の誓願文, の車持氏, の部屋, の鈴木源吾, の銀行, の間, の階級, の青年, の頁, の高齢, の鼻, の齢, は, はそう, はそういう, はそれ, はるばる坂東平野, は不満, は二十七, は前, は却, は叙事詩, は愚か, は挫け, は検事, は胴体, は舞台, ばかりになる, ばかりのやや, ばかりの二人, ばかりの女, ばかりの娘, ばかりの小柄, ばかりの年, ばかりの級長, ばかり年, ばかり色, まだ慶応, まで処女, まで和尚様, まで嫁, まで永生, まで独身, まで男, まで育ち, まで育てた, まで足かけ二十六, まで魯, むさしが, むさしに, むさしも, むさしや, むさし将棋, むろん舞妓, もあつ, もう中, もう玄米, もなぐる, もぶんなぐっ, もみな, も一瞬, も出す, も年, も有る, も色階, も違つて, も雑然と, やさがた生れ, やそこら, や十七位, よしっかり, よりも幼い, より十八歳, より四十三, よ今夜, よ御苦労様, よ新しい, よ此, よ緩, り許, をかしら, を何と, を嵌めたる, を正方格内, を睨みすえた, を認め, 乃至二十歳, 初めて加冠, 及びそれ以上, 可愛らしいといふだけで, 大きいの, 子棠助二つ, 安八つ, 小女郎, 急ぐな, 持って, 早撮, 曲り十六景, 第百六, 良十四, 行く, 行く行くは, 計五万七千二百三十八社, 計迯, 計逃, 負けるな, 返目, 違うん, 長二十二, 長十二, 集めた一, 食ったこと

▼ 十三日~ (1178, 0.7%)

37 の晩 36 の夜 28 の朝 18 のこと 15 に蘭軒 13 である 9 のお, の午後 8 の月 7 であった, に歿 6 と十八日, のため, の夕方 5 であつ, といえ, にお, になっ, の事, の日

4 [11件] だ, づけの, でした, なの, に, になる, には蘭軒, に棠軒, の後, の手紙, は母

3 [15件] から十七日, という, という日, にこれ, の, のまだ, の公判, の出来事, の午前, の夕, の夜半, の条, の母, は私, 曇り

2 [67件] が, その日, だからと, だつた, ですよ, で月, となる, と二十八日, なり, なれば, にかけて大風雨, にし, にその, になつて, にね, にはもう, には何, には楢, には浄華院, に亡くなった, に先生, に出, に夭, に山陽, に当っ, に東京, に横浜, に母, に江戸, に父, に第, に茶山, に行われ, に静岡, のゆう, のエキセルシオール紙, のハガキ, の但馬地震, の分, の午, の午すぎ, の午剋, の午後十時, の国民新聞, の夜亥, の寅, の川開き, の新聞, の昼, の暁, の朝釧路, の期間, の直前, の祭, の私, の記, の誕生日, の議會, の金曜日, はお, は三周忌, は日曜日, は父, は親父, よく晴れた, を中心, を費した

1 [720件 抜粋] いよいよ今日, いろんな宗教的, おくつき, おくれても, お豊, か, から, からいよいよ, からさう, からだ, からちゃんと, からの稲祭, からはじまった, からはパパ, からは小湊, から七十九日, から七日間, から三二頁, から三月十九日, から二十七日, から二十四日, から五日間, から十五日, から十四, から同年十一月十二日, から四十八夜, から始まった, から床, から木挽町, から病気, から第, か十四日, がこちら, がモンペ, が二の酉, が仏事, が天奏衆御馳走, が日, が最後, が来た, が森枳園, が百回, が相川町恩賜金記念日, が腹ペコ, けふも, さらに同, すなわち霜月三夜, その当日, だかに, ださうで諸書, だったと, だったな, だったの, だったので, だって要するに, だな, だよ, だろうと, つまりプーチヤチンら, であ, であったかと, であらう, でしたが, ですから, ですが, でその, でないと, でまだ, でよろしい, で二十七日上海, で其の, で十一月三日, で昔ながら, で昼, で朝, で死ん, で法王, で終った, で翌, で金曜日, とあった, という命日, という声, といふ日, とが今, とこの, とイースター, と二十五日, と云, と云え, と刻, と大抵, と大時代, と日附, と書し, と決め, と相成った, と言, と言う, ないし二百六十七日, などそして, なりき, なんという, にあの, にいらし, におめにかかり, にお気, にお目にかかり, にかけて登山, にきめた, にこっち, にご, にしよう, にたべられる, にどこ, になつ, になりました, になります, にぬがされ, にねという私, にはきょうお話, にはここ, にはこれ, にはそこ, にはその, にはそれぞれお祝い, にはどう, にはやむをえない, にはゆく, にはペテルスブルグ, には一まわり, には三たび静, には上野, には不帰, には久野村, には任権大納言, には例, には再び, には前述, には十二時間, には午後一時半, には取詰めた, には四たび静, には堺, には大石農商務次官, には容赦, には将軍家, には引っ越す, には心祝い, には折井探偵, には政権返上, には既に, には是非かえって, には暑, には本当に, には機雷, には残つて, には浪士ら, には煤掃き, には煤掃き用, には目名, には窪川, には筒井, には羊, には老中阿部豊後, には野原, には鉢, には鎌倉雪, には関東, には館林, には魂迎え, にまさる, にもはや間, にも手紙, にやま, にゆき, にシュッツ, にマルセイユ, に三十一歳, に中学校, に久兵衞さん, に二十三歳, に五十七歳, に京城, に京都郊外壬生, に仕事, に伝馬町, に使った, に入れ, に入府, に六十九歳, に六十二歳, に出かけられる, に分娩, に初めて, に到着, に加茂, に千住, に半蔵, に味, に命ぜられ, に大師, に天気, に姉, に始めて, に宝素, に寝具, に寿美, に小沼家, に小沼父子, に山, に帰る, に帰宅命令, に平田さん, に広島, に当る, に彫, に御, に手紙, に抽斎, に撰集, に放送, に旧, に是非, に書いた, に書かれた, に書き, に未亡人, に本草経竟宴, に東京世田谷区, に柏軒, に棠軒良安, に榛軒, に正造, に此, に歩行願, に死ぬ, に江戸両国, に沙門三修, に津下君, に淀橋, に清水被告, に焼跡, に牢, に牢死, に生年七十一, に登つたとき, に着く, に短い, に祭, に祭っ, に祭つた関帝像, に突然, に立ち, に至つて病, に至る, に花, に荏原郡品川町南品川百五十九番地, に藤枝, に藩知事, に行, に行く, に行った, に行われた, に行われる, に西班牙, に見舞, に諸人御岳, に贔屓役者七代目団十郎, に赤十字, に通称, に酌源堂, に鎌倉, に開かれた, に関宿, に阿部伊勢守正倫, に阿部本家, に雨, に霞浦, に面会, に頂いた, に香港, に駿河国, のあと, のうち, のおくり, のけぶった, のこの, のごとし, のしかも, のその, のたそがれ, のところ, のもの, のノート, のバクハツ, のリヴィエラ, の七・四, の上落合, の事件, の会, の会合, の前夜, の前日, の午前五時半, の午前八時, の午前十時, の午前十時ごろ, の午後一時頃, の午後七時前後, の午後四時頃, の午後東京, の午後零時半, の半夜忽然, の博多合戦, の品川宿遊女屋土蔵相模, の噂, の回答, の土曜日, の夕七ツ, の夕方哲学者, の夕方帰宅, の夕景, の夕暮, の外出, の夜九時ごろ, の夜九時頃七・一, の夜十二時頃, の夜酒肴, の夜雲龍寺, の夢, の寝台, の席上, の引越し, の当日, の待たるる, の御前試合, の手紙きのう, の日付, の日曜, の早暁堀尾茂助, の旭日, の明けがた, の明方, の星, の昼頃, の時事新報, の晩フランセエズ座, の晩六助, の書, の書牘, の最高六・四, の月輪, の朝七時頃, の朝八時急行, の朝八時頃, の朝方, の朝日新聞, の木曜, の未明, の某, の榛軒, の次, の正午, の正午下り, の殆ど午頃, の毎日新聞投書欄, の決死, の法律, の浸水, の深い, の深夜, の火曜日, の烈風, の片, の申, の発光, の砲術試合, の祇園, の第, の粥, の続き, の総, の裁, の記事, の訪問記, の誕生, の買い入れ, の道中, の部, の鈔写, の間, の関東, の雨上り, の雪, の電報, の頃, は, はあまり, はこ, はじめてインド・フーグリ河口, はじめて本, はたっぷり, はどこ, はやがて, は今年, は何年ぶり, は何曜日, は午後, は土曜日, は大変, は家康, は引っ越し, は後, は文化三年六月十二日, は晴天, は暦, は月曜日, は本当に, は流山, は浜町中屋敷, は潰される, は生れ, は盂蘭盆会, は空, は美濃, は藩, は鏡番, は陽暦, ばかりも日, ほど寝倒れ, また東南, までその, までには仕上げる, までに玉子何箇, までの五日間, まではまた, までは余す, までも続いた, まで七十五日間, まで不在, まで保土ヶ谷, まで凡そ四, まで札幌, まで東海道近畿, まで継続, まで続き, も一日中ベッド, も二月十三日, も日曜, も盂蘭盆, も秀吉, も雨, も雪, よりひとつき間, よりも中日, より二十七日, より十九日, より十五日間休場, より後, より新富座, より著述, より開会, よ鶴飼橋, らしくなったわ, をすごした, をどう, をもって恭しく, を以て其の, を加え, を待っ, を挙っ, を重視, グッドバイ, 亦, 仮祝言, 全く, 即ちチベット暦, 又一島湧出, 同じく野山, 同亭会, 延ばされたの, 後二時, 御七条院此間予可儲肴等持参令, 御下向, 御下山, 御経奉納, 御誕生, 明けて, 未刻, 漸く折生迫, 無拠病用, 相携, 第三次卒業試験, 経ちました, 罷出候而罷帰, 迄, 迄の仕事, 迄私, 附けの

▼ 十~ (1166, 0.7%)

130 越して 42 越えて 31 過ぎて 25 越したばかり, 越しても 18 越したばかりの 14 幾つも 13 少し越した, 越してから 10 いくつか, 越した人, 越した老人 9 すぎて, 幾つか 8 こえて, 出たばかりの, 出て, 越した年配, 越した男 6 いくつも, 二つ三つも, 二つ三つ越した, 越した, 過ぎてから, 過ごして 5 二つ三つ越えた, 越えた男, 越えても, 越した老, 越すまで 4 こえると, こして, 二つ三つ過ぎた, 少し出た, 超えて, 越した年寄, 越すか, 過ぎたばかりの, 過ぎても, 過ごした老人

3 [11件] すこし出た, ちょっと越した, 一つか, 越したお, 越した女, 越した父親, 越した筈, 越してからは, 越すと, 過ぎた老人, 過ぎてからは

2 [78件] こえた後, すぎた不良老年, すぎてから, すこし越した, だいぶ過ぎ, つれて, とうに過ぎ, とつた, とめ等, ばかに, よほど越した, 一つこえ, 一つも, 一つ二つも, 一つ二つ越え, 一つ二つ越し, 三つか, 三つも, 三つ四つ越え, 三つ越した, 二つも, 二つ三つ越え, 五つ六つも, 出たばかり, 四つ五つ越したらしい, 多くは, 大分過ぎた, 少し越したらしい, 幾年か, 数へる, 斬り殺して, 殺したので, 率いて, 知ること, 知ると, 知るという, 討ち果した富山七之助, 越えた, 越えたこの, 越えたでっぷり, 越えたばかりの, 越えたれども, 越えた娘, 越えた老人, 越したか, 越したかも, 越したとは, 越したよう, 越した主人, 越した何日, 越した冬瓜, 越した出戻り, 越した婦人, 越した寡婦, 越した年増, 越した年寄り, 越した愛嬌, 越した源太郎, 越した石原, 越した祖母一人, 越した禅師, 越した私, 越した立派, 越した老女, 越した證, 越しての, 越す今日, 越ゆる, 踰え, 踰えし, 踰えた, 過ぎた分別, 過ぎた女, 過ぎた親父, 過ぎての, 過ぎると, 過ぎるまで, 遙かに

1 [477件] あげて, あそこへ, え後, おこえ, おこえなされ, おさえて, お稽古, かしらの, かぞえて, かぞえるに, こえた俳諧師月杖, こえた男, こえた老臣, こえた頃, こえまた, こえるとき, こえ子, こえ政務, こえ良人, ここへ, こしたくらいに, こしたご, こしたじいさん, こしたばかりの, こしたれども, こした一人, こした丸顔, こした兄, こした女, こした由起さん, こした老, こしてから, こすと, さとるという, しかりつけた, すぎいっぱし, すぎたおばあさまで大変, すぎたが, すぎたと, すぎたという, すぎた人間, すぎた今, すぎた今日, すぎた利右衛門, すぎた商家, すぎた帯刀, すぎた年, すぎた教頭先生, すぎた村, すぎた母, すぎた立派, すぎた老人, すぎた門弟たち, すぎちゃ, すぎてからの, すぎても, すぎてゐるやうだつた, すぎますと, すぎると, すぎ再び, すぎ給い威, すこしこえ, すこし越え, すこし越えたらしい, すこし踏ん, すこし過ぎた, ずうっと, そそのかして, たしかもう四つ, たたきのめしたの, だいぶ過ぎた, だつて, ちょっとすぎた, ちょっと出た, でたばかりの, とうに越え, とうに越した, とがめる気持, とっくにお越し, とっくに越し, とっくに越したらしい, とめ, なくして, はじめ五郎閑吉その他の, ひきつれ戦い, ふたつみつおこえなされ, ぶちこわす事, ぶらさげる, ほんのすこし, ほんのちょっぴり, まじえ勝則, またいだ心, またいで, まだ越えた, もう二つ三つ, もう五つ六つ, もっとしらべあげる, やっと, やっと出た, やっと越えた, やつと, やる銀行賭博, よほど越えた, アンカイオスの, デッチなみに, 一つ二つ出た, 一つ二つ越したらしい, 一つ出た, 一つ前の, 一つ越え, 一つ越し, 一ツ二ツこし, 一ツ二ツ越し歳なれ, 一二越え, 一名連れよう, 一寸出た, 一寸越した, 七つも, 三つほど, 三つ四つも, 三つ四つ越し, 三つ越す, 上りたれば, 上下に, 下らず蓋し, 下る所, 与えるという, 二つこえた, 二つす, 二つ三つすぎたらしく, 二つ三つは, 二つ三つ出た, 二つ越えた, 二つ越した, 五つと, 五つも, 五つ六つ越え, 五つ六つ越えたらしい, 五つ六つ越した, 五つ六つ越たるが, 五ツ六ツも, 五回数えた, 人の, 何歳か, 余すこと六ツ, 余り出, 余程過ぎ, 余計は, 作せ, 作り試みたが, 僅に, 充分過ぎた, 八十の, 出まい, 判ずる勘, 割るごとく尽未来際方, 加えて, 勘当する, 十一度掛け, 十二倍した, 半ばほどとは, 半ばも, 半ば過ぎ, 半ば過ぎた, 受けた上, 含めて, 告訴する, 呼に, 呼び出せしに, 呼二階へ, 問えば, 喚んだ, 四つ五つ越し, 四つ五つ越した, 四五まで, 境に, 壁に, 多く越え, 大分出, 大将に, 奪ったが, 子息権, 孫の, 寿した, 寿する, 導き入れると, 少々越した, 少し出, 少し越えた, 少し越したらしく, 少し越した筋張った, 少し過ぎた, 平らげ江戸堀江町, 幾つかこえ, 幾ツも, 引いたお年, 引具し城内, 引据える, 後に, 後家ごろし, 従えて, 必し, 悟り世に, 悟り聞くところ, 惑わした, 感ずるその, 感ずる人, 憎み疑ひ咀, 択び殿下, 押し包むよう, 押し止めた, 拘引し, 持って, 掛けて, 撰びあげ犧牲, 支へて, 数えその, 数えそのうち, 数えだんだん, 数えて, 数えるなんて, 数えるほど, 数える碓氷峠, 数え九百, 数え十一, 普通と, 有して, 望み十, 本当の, 桐の, 植ゑ少しく, 残して, 殺した犯人, 殺して, 殺し石松, 殺す目的, 殺そうと, 毒殺する, 求めて, 沢山越し, 減じて, 無事に, 率ゆアキリュウス, 略せば, 疑い百を, 皇帝だ, 省き去って, 知ったが, 知らないので, 知らない議論, 知らぬという, 知り兩親, 知るって, 知るで書物, 知るの, 知る悧発, 知る明敏, 知る的人物, 知る賜, 祝儀として, 稀なり, 答え十, 置場へ, 考える人, 聚め跳ね喧しから, 聞いて, 聞いては, 股ぎかけてゐるぼくへ襲ひか, 脅かした安, 見ず千万中, 見た, 見損, 覚る, 覺る, 訪れ苦心談, 識る, 貽り, 賀した, 贏ち得んや, 起して, 超えたばかりの, 超えたるなるべけれど, 超えたる老人, 超えた老, 超えた鮮人, 超えようと, 越いた, 越えずして, 越えたあなた, 越えたぐらいな, 越えたしるし, 越えたと, 越えたといふ, 越えたばかり, 越えたばかりで, 越えたばかりと, 越えたらしい裲襠姿, 越えたるべく長く, 越えたれど, 越えたろう白髪, 越えた三河武士, 越えた人たち, 越えた今日, 越えた位, 越えた奈良井, 越えた女性, 越えた小柄, 越えた彼, 越えた彼ら, 越えた母, 越えた盲目, 越えた相当, 越えた祖母さん, 越えた禿げ頭, 越えた私, 越えた老体, 越えた老妓, 越えた老爺, 越えた老齢, 越えた齡, 越えてから, 越えてるかも, 越えてを, 越えないと, 越えまいかと, 越えますが, 越えよう目口, 越えると, 越えるまで, 越える二, 越え中入り前, 越え女, 越え無頼, 越え給はず, 越されて, 越されてからの, 越したいっこ, 越したおばあさん, 越したお互い, 越したかと, 越したからと, 越したが, 越したくらいの, 越したぐらいの, 越したこの, 越したその, 越したであろう年輩, 越したという, 越したはず, 越したばかりと, 越したばかりといふ, 越したひとりもの, 越したもう, 越したものの, 越したもん, 越したやせた顔, 越したらしい歳, 越したる年, 越したる風貌, 越したろう間淵, 越したん, 越した一, 越した一老人, 越した中婆さん, 越した人たち, 越した人間, 越した今, 越した伯父, 越した兄, 越した労働者風, 越した古, 越した品, 越した失職職工, 越した婆様, 越した実直, 越した年格好, 越した彼, 越した御, 越した方, 越した時, 越した枯木, 越した極老, 越した武家, 越した源右衛門, 越した烏婆ア, 越した独身者, 越した祖母, 越した祖母さん, 越した神経質, 越した緑川夫人, 越した老年, 越した老爺, 越した老翁, 越した自分, 越した薄色, 越した赤銅色, 越した身, 越した道楽者, 越した重, 越した顔色, 越した齢, 越しては, 越してる, 越してると, 越してるん, 越してる兄さん, 越してを, 越しながら, 越しまして, 越し候, 越し六十, 越し檀家中, 越すまでに, 越すや, 越す位, 越せば, 越そうとして, 越た, 越て, 蹴って, 身代りに, 転居せしめ, 軽蔑し, 迎えたが, 過ぎし母, 過ぎたお, 過ぎたかと, 過ぎたちょぼくれおやじ, 過ぎたとは, 過ぎたひと, 過ぎたらしい人, 過ぎたらしく鶴, 過ぎたらそれ, 過ぎたらまた, 過ぎたら元, 過ぎたら派手, 過ぎたら私, 過ぎた上方者, 過ぎた人, 過ぎた今, 過ぎた太った女, 過ぎた学者, 過ぎた寡婦, 過ぎた方, 過ぎた物堅い, 過ぎた男, 過ぎた私, 過ぎた老母, 過ぎた考え, 過ぎた者, 過ぎた頃, 過ぎた風貌, 過ぎた齢, 過ぎちまった, 過ぎては, 過ぎてをる年配, 過ぎないと, 過ぎながら, 過ぎる身, 過ぎ久, 過ぎ五十, 過ぎ平和, 過ぎ耳, 過ぐる, 過ごしたくらいの, 過ごしたらしいデップリ, 過ごしたらしい寺子屋, 過ごした兇暴, 過ごした奥医師, 過ごした白い, 過ごした老, 銀座裏に, 除いて, 頭に, 食った, 餘程越したらしい, 高貴な

▼ 十~ (1162, 0.7%)

69 になる 45 の時 38 の年 19 になった 1817 のとき 16 の春 13 か三 12 の樽 11 だと, であった 10 であつ, の仮名 9 の歳 8 です, になっ, の厄年, の男 7 である, に, の子供 6 になつ, にもなっ 5 という, になります, の六, の冬, の夏, の少年, ばかりの眼

4 [15件] か, か十三, でした, でちょぼちょぼ, といふ, にし, になつて, の一, の三, の二, の五, の今日, の四, は, や十三

3 [20件] じゃない, だが, だった, で, ですよ, で死ん, という数, のピアノ, の娘, の子, の御, の秋, の鐘, の靈, の青年, もある, も年上, やそこら, や三, よ

2 [64件] から十, から四つ, だつた, だつていふ, であったが, でお, でしょう, で死んだ, と, とやら以前十里許, と八歳, と十二, なの, なん, になりまし, になるだ, になれ, にもなった, に分け, に分ち, に成ります, の, のひと, のびん, の七, の両日, の中, の二つ子, の二ツ子, の仕事, の凸点, の前厄, の動物, の千両箱, の問題, の大, の大願, の少女, の年齢, の形式, の数, の文学, の方程式, の橋, の民族, の瀧, の瀬戸もの, の疑, の石塚, の穴, の筐, の若, の若々しい, の若い, の蕾, の話, の赤い, の車輪, の食卓, の首, ほど持出され, も年, を打つ, を見よ

1 [516件 抜粋] あった, あったからねえ, ありと, あり小さい, ある, あること, ある異相, いる, および十三, お縫, かそう, かまア, から, から十九, から十四, から始まろう, がかたまっ, がそれ, がアイスクリーム, が居る, きろの, くらいだろう, くらいにしか見えませんでした, くらいに見えた, くらいの年, くらいの年格好, くらいまでそれ, くらいまでそんな, ぐらいの子, ぐらいの若, ことごとくこれ, この中四筋, この日, しかもなお逆境, しか見えなかった, じや, せねで金一円二銭, そっくり同じ, その十二, その時誰, だけがこれ, だけであっ, だけ打つた, だそう, だぞ, だったが, だったもの, だって云っ, だつたが, だつて, だつて云, だつて六十二, だといふ, だもの, だろうそんな, だ早く, っ, つく, てが, であるとは, でおととし関西, でここ, でこれ, でご, でございます, でございますいえ八十二, でございます美くし, でさ, でしかない, でしょうなんて, ですかしら, ですけれど, ですぜ, ですそれから, でちよい, でどう, でなくては, ではじめて, ではちょうど, でひとり, でふだん, でも小造り, でゐさしたつ, で三造, で下, で下田さん, で九つ, で九人兄弟, で二十歳ぐらゐの人, で五十分の一, で亡くなつた, で亡くなられた, で亡妻, で伜, で午, で去年逝, で同志社, で名, で土地, で夜間高校, で大, で子供, で尋常五年, で小原, で小面, で崩御, で平次, で彼那, で御座る, で徴兵検査, で故郷, で歿, で毒殺, で浅草清島町, で深川籾蔵前, で生き, で結婚, で脚疽, で貧しく, で赤銅色, で農家, で逝く, で郡, で野, で鰐口, とある, という外形, という札, という歳, という高価, という高齢, といえ, といふ数, といふ立派, といふ若者, といふ齡, といふ齢, とか言, として山陽, とても面白い, とです, となる, とのお話, とはいえ, とは思われない, ともなる, とや, と一月, と一目上り, と七つ, と三日学校, と九つ, と二, と云, と云っ, と五十六, と俵, と全, と外, と数, と言っ, どすと, なのに, ならべて, なら加代子さん二十四, なりしが, なる, なんとみなさん, なン, にいわく, にお, にこの, にて崩御, にて逝き, にで, になってた, になつたの, になられた, になりますだ, には四十四五円, にほかならない, にもなつ, にもなれ, にも亦, にクサタナ国, に一つ離婚, に二, に出, に分れ, に割った, に割つた, に割り一時, に区切られ, に収め, に古, に善い, に対して僅か, に対する断行説賛成者百七, に山神, に左, に引く, に成っ, に成る, に文鳳, に次, に此, に死ん, に浄道窟, に渉つて, に相成ります, に秦, に第, に絞っ, に自邸, に舎衛国, に見, に金沢領称名寺, に陣簡, ね女, のお, のおばあさん, のおり, のお前, のお年, のくすくす, のころ三, のとき勘当, のとき日露, のところ, のどの, のひろ子, のみ諸井, のアンポンタン, のソナタ中, のトマス, のブル, のポスト, のマズルカ, のヴァイオリン, の一人, の一白水星, の一節, の三ヶ月, の三月, の不思議, の両, の中等学校, の主任司祭館, の九倍, の事業, の二十四, の二四, の二日間, の二枚目, の人, の人生, の仁作, の何処, の使徒, の偉勲, の僕, の僧院, の八, の八倍, の冒険, の分類, の刺傷, の勤め盛り, の十, の十年, の卜翁, の卷, の厄, の厄前, の厄歳, の厄除, の原稿, の古, の司馬遷傳, の名, の咒文, の哨所, の四重奏曲, の図中, の国々, の国境, の土地, の夏疫痢, の夜, の大塔, の大祭日, の大通り, の大隊, の夫人, の夫婦, の女, の女の子, の如き, の妖怪, の子女, の孔, の寂, の小さな, の小僧, の小娘, の巻, の年雪, の幼君, の幼年, の弟, の弟子たち, の弱年, の彼女, の性質上, の息子, の所, の扉, の手紙二つ, の挽茶, の提灯, の數, の文, の文三, の方位, の旋毛, の日吉, の日數, の星座, の時の, の時孤兒, の晝, の智円, の暮, の最小公倍数, の椅子, の櫓, の欄干, の正月, の濁音, の煙, の爺さん, の特攻小僧, の琴, の男の子, の発電所, の百頁已下, の眼, の瞳, の短篇, の秘密藥液, の穀物生産教区, の窓, の竅, の筬, の篝火一時, の縦欄, の翁, の翼, の聲, の職業組合, の舟, の舟率, の船, の花, の花嫁, の花弁, の若年, の若者, の藥液, の血気ざかり, の行, の衣, の襞, の規矩男, の言葉, の言語, の論文, の諸侯, の謬, の質問, の通信社, の連立方程式, の遣, の選, の部隊, の都城, の都市, の金印, の銭叺, の鏡板, の門, の陰鬱, の雪子, の雲, の電球, の頃, の飯, の高い, の高僧, はいつて, はちょうど, はひかる, は二, は十, は好い, は歿後四年, は精神作用, は長篇一つ, ばかりでした, ばかりのお下げ, ばかりの友禪縮緬, ばかりの女の子, ばかりやりましたら, ばかり登つて, ひとしく彼, へん, ほどおりる, ほどになる, ほどぬき手, ほど若い, または九十三, または十三年, までしか知らない, までの数, までの数字, までの赤ネクタイ, まで一人, まで何, まで健, まで列ねた, まで数え切らない, まで時, まで書いた, まで独身, まで生きた, まで百三十一枚, まで続け, まで育つた, まで設けた, もつい, もつけ, もカキ, も上げ, も咲きました, も年下, も打った, も打つ, も歳上, も焼けたる, も瞬く, も若い, も鐘, や, やよ, より今年五十四, をもっ, をもろとも, を一期, を中心, を傷, を占むる, を參照, を数えた, を数え終わった, を最少, を置く, を足し, を頭, ノ七, 不という, 乃至十四里, 何とかし, 作ったが, 及び, 合せて, 咲きましたてば, 売れば, 安四つ, 居る様, 悉く其宮中, 打ちました, 打ったそして, 打つて, 打つ音, 折りに, 正二, 無格社五万千五百六十六, 白い十二黒, 第五, 第十三, 置き夏冬, 良二十, 良二十五, 良十, 買いこんだ, 足す, 載, 長く引く, 長八つ, 長十八

▼ 十~ (1155, 0.6%)

72 になる 43 の年 38 か二十歳 33 の娘 25 の厄 23 になつ, の春 21 か二十, になった, の時 16 だと 15 です, にし 12 であつ 9 といふ, になっ, のお, のとき, の厄年 8 であった 7 だ, で, という, にもなっ, の夏, の女, の歳, の秋, や二十, や二十歳 6 だが, である, になります, の若い, の頃 5 だそう, でございます, で死んだ, といえ, になつて, にもなる, の小娘 4 か, だった, ですから, という年齢, のさちよ, の娘さん, やそこら

3 [13件] かそこ, だよ, ですが, という若, と聞きました, なの, になりました, の両日, の今, の島, の暮, の私, よ

2 [58件] から二十五, か二十位, か廿歳, がそれ, だったから, だったが, だったね, であったが, であるが, でございますが, でした, ですつて, でもまだ, で処女, で東京, で私, で髯, と二十, と言, と言っ, と言った, と言つて, におなり, になりなさる, になろう, にもなった, に成った, に見, のかなり年, のこの, の一葉, の今日, の冬, の四日間, の夏子, の大厄, の子, の小, の少女, の御, の文献, の時あやめ, の機会, の歌, の滅法, の男, の美少女, の色白, の艶姿, の若, の若者, の虞美人草, の隠者, は, やそこ, や廿歳, より上, 全安

1 [406件] あけて, あって, あるの, かえ, かそこそこ, かでしょう, かな十八, かの娘, から三十, から中間, から二十七, から二十三, から二十歳, から廿, から廿歳, から私塾, から見れ, か三十, か九十, か二十歳くら, か二十歳位, か六十, か十八位, か四方, か精, が中軸, が六十, が年廻り, が通る, くらいで, くらいモスリン, ぐらい, ぐらいあるいは, ぐらいかしかし, ぐらいでしょう, ぐらいのお, ぐらいのとき, ぐらいの女, ぐらいの時, ぐらいの若者ぞろい, ぐらいの身長, ぐらい高価, じゃ, じゃもの花, じゃ若い, それにじ, だお, だから, だからな, だからなあ, だけ減じ, ださうで, だっけね, だったかな, だったと, だってえ, だって停車場, だって言う, だつたけれども, だつて云つて, だとかいふので, だね, だのに, だもの, だ二十一, であ, であったと, であの, であるそう, であると, である場合, でいらっしゃいました, でおと, でおととし, でおとな, でこれ, でございますお, でございますの, でございますよ, でござるが, でござんすよ, でさ, でさき, でしかなかっ, でしたが, でしょもうとっくに, ですかね, ですけれど, ですわ, でその, ではじめて, でぱあ, でまだ, でもとどりかり, でサガレン, でトキ子, で一番, で三年前, で三百六十一, で主人武蔵守, で九年前, で云う, で五年, で亡くなった, で京橋, で人手, で人生, で位, で出家, で利口, で十一, で十五円, で午年, で去年, で去年明石, で同地, で唄, で大川, で太宰治, で夫婦, で奉公中, で妹, で家, で容貌, で忍藻, で敢, で早死, で書いた, で次, で殺し, で江戸, で結婚, で自己, で色, で色白, で若い, で虫, で見かけ, で逝かれた, で阿部さん, で非常, とあり, というの, という厄介, という妙齢, という姫草, という娘, という小娘, という年, という歳, という男前, という良人, という若い, という若僧, という長, といふ年, とお, とかいつた, とかで, とか二十歳, ときい, となっ, となりました, とは, とはひどい, とは思えぬ, とは思われぬ, ともなり, とも二十, と三十三, と云, と云え, と十七, と十八, と十六, と廿年合, と持ち出しました, と書い, と混同, と聞え, と言う, などと限る, などはもう, なり, なれど, なれば, なんといっ, におきかえ, にご, にそれ, にちの, にちの午, にて逝く, にとった, になられる, になりまし, になりまする, になりやした, になれ, にはなるまい, には如意, には老込み, にまがった, にも, にもな, にもなつ, にもなつて, にもなつて独身, にもなつて獨身, にもなり, にも出, に三十二, に仁明天皇, に出, に十七, に十九, に大伴家持, に孔雀, に対する断行説賛成者六十七, に左大臣藤原師尹, に平, に当る, に成, に成ります, に成る, に據, に記された, に載せられ, に違, の, のおし, のおも, のお嬢さん, のお正月, のきょう, のくせ, のせつ女, のとき札幌, のとき漢学, のとき結婚, のとき貰つた妻, のとき長男, のとき麹町善国寺谷, のとしの, のはず, のばあちゃん, のひつじ, のぼく, のまだ, のやわ肌, のわれ, のウバ桜, のティトフ, のマリマリ嬢, の一, の一つ違, の三男正儀, の上, の両, の二, の二六, の仙一, の仮名, の信長, の元気, の処女, の初, の十月, の古, の可愛い, の四年間, の坂田源三郎, の坑婦, の声, の奇蹟, の女中, の女子大学生, の妹, の娘盛り, の婆惜, の嫁, の学生, の学生時代, の孫一, の山吹, の巻初, の年瑞典, の年盛り, の弟, の彼, の彼律義, の恋人, の意, の故郷, の昔, の春諸方, の時児髷, の時家, の時母, の時火事, の朝, の本文, の歳華, の母, の海騒, の無気味, の物品, の異, の祖母, の秋朝, の竜吉, の羊, の美しい, の美男, の翁, の老人, の者, の而, の職人, の肉体, の肉體, の胆, の腰元楓, の良い若い, の花, の花婿, の花嫁, の花盛り, の華奢, の萩乃, の處, の血性漢, の謝, の谷, の電燈, の青年, の青瓢箪, の頃漢学, の駈け, の高齢, はお, はわが, はをかしい, は不吉, は六十一, は白人種, は羅州盤, ばかりお, ばかりの, ばかりの品, ばかりの美人, ばかりの頃, へ, ほどの娘さん, まだひとり, まで, までお, までがいい, までの一年半ぐらゐな期間, までははらわた, までは乙女, までは僕, までむずかしい, まで正鵠, まで活き延び, まで独身, まで私, まで粒選り, まで育てた, まで自然, むすめ, もあと幾月, もおしまい, やれやれ大した, や二十ぢ, や廿, よいい若い, より軍, よ十九, を一期, を以て去り, を滋賀, を算, を見され, を超え, 又は三十, 及び第, 取って, 可愛い顔, 子徳十五, 子棠助五つ, 子賛二十六, 尚往事, 或は九十九, 折りせる山徑, 折りの, 故十九, 曲り曲つて, 積もりし憂さ, 良十七, 行く行くは, 計支度, 足す, 迄助からない, 迄離れ, 長十五

▼ 十~ (1139, 0.6%)

99 の金 13 の金子 12 の小判 10 の大金, 持って 8 という大金, と云う, のお金 6 貸して 5 という金, といえ, になる, や三十両 4 だ, と纏まった, の工面, の給金, はおろか, を持っ, 出して

3 [24件] あれば, ぐらいはサラサラ, ずつ稼い, であつ, ですから, で手, という大穴, とちょっと, にし, にはなる, のお, の一万人, の借金, の封金, の才覚, の銀子, はいっ, は安い, ばかりの金, べえ, ほど, ほどの金, もする, を出し

2 [63件] ある, あるか, あるから, お呉んなさい, からは笠, か二十両, か五十両, がとこ, がところ, がもの, くれて, だか, だけお, だとさ, である, では, でも百両, で買いましょう, で買う, という, ということ, というの, というもの, とか二十両, と早く, と纒, につき三俵替え, にもとむべし, に売っ, に売られ, の, のこと, のもの, の仕事, の件, の内, の合力, の手切れ, の盗人, の茶入, の褒美, の見舞金, の賞, の銀, の銀貨, はある, はお, はどこ, は大金, は自分, ほど持っ, も持っ, やるから, やるとか, やる約束, や百両, をふところ, を男, を給, 借りて, 出せと, 出そう, 貸したの

1 [719件 抜粋] あげたじゃ, あったので, あまるない, あらば, ありゃア結構, あるが, あるので, あるはず, あろうと, あわせて, おいて, おくんなさる, お内儀さん, お取んなすった, お恵み下さいまし, お筆, お貸し, か, かかっても, かたった, かの金, からこう, からとなる, からになる, からの金, からは首, から上, か二百両, か五両, か四十両, か廿両, がこの, がところ払つて買つた, がなん, がふい, がほどもする, が二十両, が包, が好餌, が小笠原石見守, が惜しく, が懐中, が物, が百両, が盗まれ, が関の山, くらいあれ, くらいのもの, くれた, くれたって, くれるか, くれるって, ぐらいで結婚, ぐらいなら, ぐらいにはなれ, ぐらいの金, ぐれえの, こういうばか, こしらえて, ころがりこむかも, ございます, さしあげると, さらに書類袋, しかのこん, したッ, しとっても, じゃあしようが, じゃないでしょう, じゃ遠慮, ずつ, ずつさあ, ずつの年賦, ずつの所得, ずつの酒代, ずつばらり, ずつやる, ずつ下女, ずつ入っ, ずつ出し合っ, ずつ返し, せしめて, その残り, たらずかと, たア, だけは安兵衞, だけは小粒, だけをひとまず, だけを伊八, だけ取っ, だけ貧乏人, だぞ, だとか, だの, ちかい前借, ちょっきり, てのひらに, で, であった, であの, であるが, でいつ, でおとなしく, でさえ, ですが, でその, でそれ, でといえ, でも, でもやられ, でも二十両, でも安い, でも無条件, でも買っ, で仕切られ, で句切ろう, で売っ, で売て, で売り渡した, で家, で平然と, で彼, で抱き込み, で江戸, で済め, で済ん, で篏め, で約束, で貴方, で買っ, で買つた, で買取られた, で追っ払われ, で連判帳, というお金, というところ, というよう, という品もの, という大枚, という手切れ, という浄るり, という金子, といこう, といたる, とお, とかになった, とかの値打ち, とか三十両, とか三十金, とか捲き上げた, とか百両, とします, とったが, とは些, とは何事, とまとまります, とも云う, とを胴巻, と云え, と云っ, と吹かけ, と奢ん, と少し, と年賦, と廉, と溜め, と溜りました, と盗み, と絞られた, と能役者, と見せかけ, と言いてえ, と酒肴, どうだ, なくっては, なければ, などというお金, などという大金, などと汝, ならば, なら出来るじゃ, なら私, なりそれ, なんとか工面, にさしつかえる, にしとけ, にでもなれ, になっ, になりました, になるだろう, にねがいました, にはなろう, にもなる, にも程遠い, にも近い, にゃ売れるだろう, に上らない, に何斤, に何片, に値切っ, に及んだ, に売られる, に売り込め, に売り込もう, に売ろう, に売付けた, に棒, に減ず, に纏めた, に見積っ, に買っ, に身, に近い, ねもし, のおろそか, のという大, のとり, の中, の五十両の, の仕合せ, の他, の代り, の借金家財, の元手, の利息, の前借, の勘定, の包み紙, の包み金, の収入, の受取証文, の台, の問題, の大穴, の好, の寄進, の小柄, の惜し, の手金, の損, の支払い, の料理, の槙, の為換, の無尽, の片ら, の現金, の用金, の盗賊, の目録包, の目録包み, の礼金, の端, の端下金, の約束, の紙包, の耳, の胴巻, の茶道具, の草鞋銭, の莫大, の裸代, の見積, の買い物, の貸借, の赤鰯丸, の運命, の金魚, の銀子一錠, の馬鹿, はあまり, はいつ, はかかる, はかたじけない, はこっち, はこの, はさておい, はたしかに, はだ, はちゃんと, はてめえ, はどうせ, はなん, はぴったり, はわたくし, はわたし, は今, は借財, は僅か, は入りやせん, は利息, は十両, は十日, は四郎兵衛, は増屋, は大丈夫, は奥方, は巧, は巾着切り, は戴きません, は掛る, は損, は朝飯前, は溜め, は確か, は結納, は見事, は財布, は貰っ, は違う, は鈴文さん, は馬, は高く, ばかりあった, ばかりあらあ, ばかりあれ, ばかりお, ばかりじゃねえやい, ばかりでございます, ばかりとして総て, ばかりの借り, ばかりの大金, ばかりの小判, ばかりの端金, ばかりの貸し, ばかり使い切りました, ばかり借り出し, ばかり取っ, ばかり少, ばかり拵え, ばかり持たし, ばかり無断, ばかり用だっ, ばかり盗られた, ばかり返した, ばかり遣ろう, ふんだくって, へ落ち, ほしいと, ほどがとこ, ほどせしめ, ほどで, ほどな, ほどの持金, ほどを窃, ほど引っ, ほど彼, までがやれ, までせり上げた, までになった, までに買いあげ, まで取っ, まとまったあの, まんまと騙り取ろう, もありましょう, もあれ, もお, もくれ, もするだ, もつけれ, もない, もみすみす, もみなさん, も一度, も余計, も借財, も捲きあげられた, も有ったろう, も有れ, も有ろう, も衣裳, やった事, やって, やらア, やる, やろう, や七十両, よ, よりはお, をうけ取っ, をお, をかっ, をこの, をさき, をつつん, をとり出し, をわずか, を万一, を与え, を与える, を了見, を仏様, を俺, を元, を入れた, を加え, を卓, を即金, を取り立て, を取り返した, を受け取っ, を叩い, を奪, を女, を島伝, を工面, を希望, を強盗, を彼, を我物, を所持せり, を抜かれた, を持ち出し, を持った, を改めて, を数え終わっ, を河内屋, を渡し, を無理, を父, を用立て, を用立てた, を百両, を私, を稼いだ, を結納金, を草鞋銭, を貰っ, を資本, を贈った, を返せ, を酬, 万一にも, 上げよう, 下されば, 付けて, 使いこみ, 使い果して, 使い込みただし, 借りたいが, 借りたいという, 借りたの, 借リテ女郎, 入ったの, 入るから, 入るだから, 出されるかな, 出した, 出しますか, 出す, 出せば, 出来ました, 取って, 取られたの, 取り今, 取り返して, 取るか, 合せて, 合わせて, 宜しい昆布, 小藤次, 少ないの, 張り百両, 心得たと, 惚れたしるし, 戴かなくっても, 抜いたの, 持ち出したとか, 捲き上げられたとき, 有るから, 有れば, 欠けただけ, 欲しいと, 残りそう, 残るが, 渡しましたら栄三郎様, 溜める人間, 盗った上, 盗った野郎, 盗まれた, 盗めば, 盗んでも, 程用意, 程集りました, 置いて, 落っこと, 誤魔化す方, 貰いました, 貰うて, 貰っただけ, 貰った廉, 貰っても, 貸した, 貸しつけようと, 貸せなんて, 返しゃ徳之助, 遣るが, 遣ると, 遣わせば, 遣わそう, 隠して

▼ 十一時~ (1116, 0.6%)

21 の汽車 20 を過ぎ 19 起き 18 になっ 16 になる 1412 に起きる 11 迄ねる 9 である, までねた 8 に出, に出る, 迄ぐっすり 7 であった, になった, に家, 迄ねた, 迄よく 6 が鳴る, でした, になり, に起き, に近い, の時計, を少し

5 [15件] かっきり, から十二時, が打った, すぎて, に目, に間, まで行乞, をすぎ, を打った, を打つ, を過ぎた, 少し前, 起き今日, 迄寝る, 近かった

4 から一時, だよ, という, との間, にオルゴール, に近く, の列車, を指しました, 過に

3 [15件] か十二時, が打つ, だった, だと, に, に出かけ, に店, に迎, に近かっ, まで, までねる, までの間, よ, 起きビクター, 起き日劇

2 [80件] か, から一時ごろ, から二時, から十一時半, から十二時の間, から十二時頃, から四時, から稽古, がどう, が二十分, が打っ, が打つた, きっかりに, すぎると, すこし前, だから, だつた, ちかくに, であつ, なり, にこの, にちかい, になつ, にはまだ, にはもう, にもう, に出かける, に別府行き, に垂んとす, に大沢小屋, に始まる, に式, に戻っ, に来る, に眠った, に立つ, に起きた, に近, のところ, の夜行, の女, の鳴る, までだ, までです, までに目的地, までよく, まで何処, まで寝, まで用, まで眠る, より十二時, をかなり, をすこし, をまわった, をや過, を二十分, を回っ, を打ち, を打つた, 少し過ぎ, 起きると, 起きマチネー, 起き三時, 起き二階, 起き医者, 起き宿, 起き東京, 迄, 迄ね, 迄ゆっくり, 迄寝, 迄寝た, 近かつ, 過ぎて, 過ぎになつてゐたらうと, 過ぐる, 過であった, 過まで, 過ギテモ, 過迄

1 [550件 抜粋] あき, かかる注意, かつきり, からお, からです, からザッ, からビクター, からプランス公園, から一時間半, から三菱銀行上海支店, から下り, から五時, から今朝, から出なく, から十二時ごろ, から午後六時, から営業, から夜, から始まる, から始められる, から始める, から学校, から家具什器, から店, から御飯, から日劇舞台けい古, から田中三郎, から研究課, から舞台稽古, から通う, から麻雀, か十一時半ころ目, か十二時頃, が, がいくら, がすぎ, が打たね, が打ち, が打ちました, が看板, が第, が読本, が近い, が過ぎれ, が鳴った, が鳴ります, ぐらいであり, ぐらいまでは働かせる, ぐらいまでムダ, じゃない, すぎた, すぎたので, すぎたら其筋, すぎた頃, すぎてよ, すぎる, すこしま, すこしまわった, すこし過, すこし過ぎ, そしてまた十二時, それからあんな, それからそれから, だが, だったが, だったな, だったのに, だった相, だつせ, だで, だなと, だのに, だもん, ちかいころ, ちかい時間, ちかく, ちと晩, ちょっと休息, ちょっと前, ちょっと前ごろ, ついに待ち, ついに永眠, であったが, であったので, であったろうか, であろう, でかえったら, でございます, でございますよ, ですがネ, ですって, ですね, でその, でなくちや, でなくっちゃ, でウイークデー, で何店, で営業, で天気, で少し, で教会堂, で時計, で有った, で来る, で筆, で終了, で電話, という問題, という時刻, という見当, という門限, といふ時分, といふ頃, とかに東京天文台, ときめた, となった, となります, となる, となれ, ともなれ, と十二時, と時, と知っ, と音沙汰, どすえ, ならあなた, なんてこと, にあいた, におろされた, にお迎え, にかえって, にここ, にこっそり, にしまう, にすっかり, にたつ, についに, になったら, にならない, になりかけ, にね, にねる, には, にはそれ, にはちゃんと, にはライスカレー, には二十分, には十一, には十四, には名代部屋, には向, には向う, には完全, には帰, には帰っ, には目, には鉄, には頂上, にまた, にもなっ, にもなれ, にアガっ, にグリル, にターシータン, にハネ, にヴィエー舞踏場, に上り, に上野駅, に中, に中央気象台, に五分前, に今井泰蔵家, に仏蘭西, に伊藤松雄氏, に入っ, に出なおし, に出帆, に出発, に医者, に及ぶ, に及んだ, に右, に国府津, に堅田, に塗り上げられた, に姫路, に宿, に寺本さん, に就眠, に川崎市, に市, に帰っ, に帰った, に帰宅, に床, に庭, に御飯, に成っ, に成立つた, に教師来, に新橋, に来, に東拓ビル, に東映本社, に柳橋, に楽屋入り, に横浜, に江崎, に河合, に浅草, に湖, に牛込, に田部君, に眠たい, に眼, に着く, に社, に私, に立ち, に立ち去り, に終った, に終ります, に終る, に終業, に至っ, に至る, に舞台, に船, に蒲田署, に行う, に起され, に起床, に車, に軍部, に農商務省, に迎え, に近づきぬ, に開成山, に開演, に関田町, に阿蘇神社, に露月, に鳴く, に黒川団長, にWGY局, のアペリチフ時刻, のウィーン, のバス, のビーフ・ティ, の下り, の下関行, の予定, の人通り, の休憩時間, の其処, の小田急, の急行, の折尾行き, の指針, の時鐘, の様, の消灯前, の点検, の牛肉, の第, の約束新宿駅, の紅海丸, の終列車, の罨法, の裏庇, の迎, の鐘, の開会, の閑寂, はごく, は丁度, は打ち, は未だ, は鳴った, は鳴りぬ, へかけ, までいらつ, までうと, までかかった, までがんばり, までしか明い, まですわる, までそこら, までだった, までにここ, までにとらね, までには必ず, までには歸ら, までに一寸, までに入らない, までに帰る, までに着く, までに空中村, までね, までねられた, までの勤務, までの就眠, までの許, までは何事, までは帰らねえ, までは生き, までやつて, までテーブル, まで下, まで全く, まで十九世紀, まで夜業, まで大学, まで大田町行乞, まで大騒ぎ, まで彼女, まで待たせる, まで新宿, まで明治座, まで朝寝坊, まで深江行乞, まで皆, まで眠つた, まで眼, まで私たち, まで美々津町行乞, まで美沢, まで花岡行乞, まで葉巻, まで西市行乞, まで話し, まで通計五時間, まで飜訳, まで高鍋町本通り行乞, も既に, やっとタクシー, やろ今日, よまだ, より三時, より勧銀, より千五百人, より執り, より福岡市中庄只圓翁旧宅庭前, より稽古, より翌朝, より鳴, をいふ, をうちました, をうっ, をうった, をうってる, をうつ, をさして, をすぎた, をすぎる, をまわっ, をまわる, を一寸, を三十分以上, を八分, を十分, を報じ, を報じた, を報じました, を報ずる, を寂しく, を廻っ, を廻った, を廻つた頃, を廻つて, を待つ, を打ちました, を打ちます, を打ち終ります, を打っ, を知らせる寝ぼけた, を聞き, を過, を過ぎつらん, を過ぎました, を過ぎる, を餘, を鳴り, 上り込む, 乃至一時, 乗ると, 出かける, 大行列, 始まりダービン, 小さな汽船, 少々過ぎ, 少し過ぎた, 廻って, 打つ時, 漸く当市, 着本読み一, 着車中武者小路, 立つ長崎, 起きあきれたぼう, 起きが, 起きすぐ, 起きで, 起きようと, 起きガスビル, 起きパン食, 起きビクター支店, 起き一時, 起き一時すぎ, 起き三信ビル, 起き上山雅輔来訪, 起き主婦, 起き久々, 起き二戸, 起き二時, 起き今日あたり, 起き今日臨時マチネー, 起き仕事, 起き伊藤松雄, 起き伊藤松雄訪問, 起き体, 起き入浴, 起き十二時半近く日劇, 起き南, 起き又, 起き咳, 起き夕方, 起き多和, 起き夜更し, 起き大庭, 起き夫婦, 起き宝塚, 起き家, 起き寺木歯医者, 起き山田勝氏, 起き平野, 起き御影, 起き徳山, 起き旅, 起き昨夜, 起き昼, 起き朝日, 起き朝食, 起き果して, 起き柳, 起き田中三郎夫人来訪, 起き穂積純太郎, 起き菊田, 起き藤山, 起き藤山一郎, 起き警察署, 起き鏑木清一, 起き陸軍中佐, 起き雨, 起きPCL, 迄か, 迄せい, 迄であり, 迄です, 迄となり, 迄に一寸, 迄に新橋登喜本, 迄ねられた, 迄ねられる, 迄ね通した, 迄は十四時間, 迄も仕事, 迄セット, 迄ベッタリ, 迄居る, 迄我々, 迄持たず, 迄早く, 迄暇, 迄深々, 迄深く, 迄眠っ, 近いこの, 近いだらう, 近いの, 近い時分, 近い頃, 近かったでしょう, 近し, 追ひ出され, 遂に潜水, 過ぎてからの, 過ぎても, 過ぎでもあつたらうか, 過ぎました, 過ぎましたよ, 過この, 過だった, 過て郊外電車, 過で, 過である, 過までも, 過よ, 過時刻, 過東京ステーション, 開き入り

▼ 十~ (1111, 0.6%)

69 になる 35 の娘, の年 33 の時 23 になった 21 か八 19 になつ 18 であった, の春 16 の歳 15 であつ 12 になっ 10 だと, です, にもなっ, の若 98 だった, になります 7 である, にし 6 でございます, といふ, なん, のとき, の女, の秋, の首 5 だから, だが, で死んだ, の若い, や八, や十八

4 [12件] か, だそう, という, という年, になり, にもなる, のお, の処女, の小, の御, の頃, ばかりになる

3 [21件] か十八, だよ, であったが, でお, でした, という年齢, と云う, と言っ, の, の一, の二, の夏, の女中, の小娘, の少女, の少年, の年齢, の暮, の老人, の違った, まで明

2 [54件] かな八, から二十五, から十八, か八位, だったと, だなんて, だろう, だ十七, であるけれども, であるのに, であろう, でしたよ, でしょう, ですからねえ, ですが, ですもの, ではまだ, でほんとう, で肌, と, といえ, といふ年齡, とはへん, と云, なり, に, になつて, になりました, にはなつ, ね, のあの, のひと, の三, の三日間, の中, の乙女, の女学生, の娘ざかり, の娘盛, の年紀, の彼女, の時江戸, の正平, の歳病死, の無, の矢田津世子, の自分, の若者, ばかりの少女, まで生き, よ, を以て御, 小女郎, 少し虚弱

1 [427件] あった, あったという, あって, ありて, あるが, あれば, いきなり丁一, いやもう, お十八, かとさすが, かと尋ねる, かの年, からだ, から三十, から二十三, から煙草, から第, か八くら, か八九位, か八家族, か十八公松, か変, か變, が, がある, が光, が悪い, くらいになるでしょう, ぐらい, ぐらいから絵, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいでしょう, ぐらいと覚え, ぐらいにしか見えない, ぐらいの, ぐらいのひと, ぐらいの一人, ころころころ, さんざん他, しかなく, しか叩かなかった, じゃねえ, じゃ男, それから重, それだけの, だか, だからな, だけど, だけれど, だし, だぜ, だったかな, だったそう, だったでしょうお, だつた, だつたかなあ, だつたので, だつた年, だつた球江, だという, だとかいふ, だとの, だな, だね, だの五十五, だもなあ, だもの, だ人, っていっ, つまり, であ, であった美奈子, であと, であの, であらう, であります, であるが, であると, でいま, でいらっしゃいます, でおじゃります, でこれ, でご, でございますから, でしたね, ですからね, ですし, ですぜ, ですつて, ですよ, でその, でそんなに, でとうとう, でなくちゃ, では, ではじめて, ではない, では惡, では足りない, でふとい, でほんの, でも十八, でも男, でチャラピタ, でパリ, で一人, で三高, で下駄屋, で世, で五十円, で亡くなりました, で今, で今年, で候補者中, で再び, で呑む, で品川, で大, で女, で妻帶, で嫁い, で子供, で宮中官女, で小, で小太郎, で少々, で帰り, で従二位中宮太夫, で戦死, で早くから, で書いた, で母, で没した, で町内, で素子, で素直, で腰抜け, で自分, で若い, で身, で道臣, で遣りました, で長女須磨子, で高等学校, というところ, というの, というよい, というアスファルト製造, という今年, という所, といっ, といふばかりで, といふ年, といふ状態, といふ若, とかあるいは, とかになった, とか云う, とか言, となった, となり, とのこと, とはい, とはいえ, とはとても, とは思えない, ともなれ, と三十一, と二十一歳, と八, と十五ぐらゐの背, と宿帳, と思ひ込んだ, と書い, と答える, と言う, と記され, どす, ないし百立方フィート, なの, なのに, なのよ, ならいつそ今, なる者, なれば, なんてなっただ, なんて言, にお, におなり, におわしける, にしかなっ, にしか成らぬ, にすぎない, にすぎなかった, にその, にちの, になったら, になってる, になつて文化学院, になつて畢, にならせ, にならなく, になられ, になられる, にならん, になりましたでございます, になるだ, には老けた, にもなつて, にもならない, にもなりました, にも十六, によれ, に上げ, に云う, に依れ, に入れた, に出, に十九, に届い, に彌, に成る, に捕縄, に擧, に相州足柄, に舅, に蒲壽庚, に見, に述, に過ぎない, のおり, のお嬢さん, のお祝い, のきょう, のころ, のとき一時藩, のとき蝦夷開拓論, のとき蝶子, のひとり娘, のほか, のオヤジ, のクロイツァー・ソナータ, のニキビだらけ, のランプ, の一昨年帝大, の一月三日, の不良少女, の両日開場式, の久枝, の九, の二千七百万円, の五, の五月, の人, の今年二十六年, の仮名, の六, の内, の冬, の初, の初陣, の北涼録四, の区別, の可哀そう, の可憐, の善ニョムさん, の喜の字, の四, の図書館網, の壮齢, の夢窓国師, の大学, の奈落, の女の子, の女心, の妹, の妹邦子, の姉, の娘心, の娘葉末, の娘達, の寮舎, の寿宴, の小柄, の少年俳優, の少年少女, の己, の平一郎, の年上京, の年少, の年法律学校, の弱冠, の懐ろ子, の懷ろ子, の支部図書館, の文章, の春ごろ, の春父, の時両親, の時強制結婚, の時私, の時蜀, の晩春, の暮れ, の最後, の欠伸, の歌, の正月, の歳女専, の氣, の物思い, の独身, の獨, の生徒, の生首, の田舎娘, の男, の男盛り, の町方, の白面, の直, の真珠, の祝ひ, の私たち, の秋家, の窓, の納屋, の美しい, の美人, の義兄, の腕白盛り, の花, の若もの, の若年, の若武者, の茶, の誤, の賀, の賀宴, の軌道, の連隊, の都市, の防寨, の隣数, の青年, の青春, の音, の風采, の齢, は, は使われ, は赤穂義士, ばかりに成る, ばかりのこども, ばかりのもの洗, ばかりの娘, ばかりの子ども, ばかりの少年, ばかりの給仕女, ばかりの綺麗, ばかり地丸左陣, ばかり少年, ばかり成し, へ, へ百五十法, ほどの少年, ほどを頭, または八十八, まだ女学生, までいた, までぐらいらしい, までその, までそれに, までひとり, まで一歩, まで仲居奉公, まで区別, まで奉公, まで生きた, まで童貞, まで記し, もあっ, もあつ, も出, も同じ, も年上, も誰, も違, やそこら, よく脂, より上, を, を列記, を失う, を引く, を擁し, を要する, を頭, んとき, ノ歳ダ, 下り藤, 乃至十九世紀, 入って, 全安, 分つかつて, 初花, 可愛いあの, 同二十七年今川了俊, 大教区, 大虎, 子棠助三つ, 安九つ, 小さい木製バケツ二十, 打ちやんした, 持ちながら, 有難い親心, 正是臥竜始起時, 永昼無事, 片ッ端, 程埋め立てられる, 第二, 第十八世紀, 良十五, 鎮までの, 鎮まで備えならべた陣地, 長十三

▼ 十一日~ (1101, 0.6%)

40 の夜 38 の朝 19 のこと 16 である 12 の午後 11 の間 10 づけの, の晩 9 のお 87 になっ, の事 6 の夕方, の月 5 に, の早朝 4 であった, にこの, の, の葉書

3 [16件] だと, であつ, にお, にし, に棠軒, に死んだ, に歿, に江戸, の午前, の夜半, の日, の日附, の暁, の真夜中, を要せ, 迄

2 [55件] か, から約, だから, だった, だったと, でした, とある, となった, となる, と云, と十二日, にここ, になった, になりました, になる, にはお, にはまた, には二度目, には二枚, にキングズアームスホテル, に会った, に出, に又, に大沢, に後, に成績, に来る, に生れた, に稽古始め, に立つ, に至る, に蘭軒, に行っ, のその, のよう, の二時, の午前一時, の午前十時頃, の午頃, の巳, の当日, の日曜, の日記, の昼, の月給日, の条, の稽古始め, は一日, は午後, は大師, までその, を期し, を越え, 即ち河北省問題, 迄留守

1 [718件 抜粋] ある日, ある月, いよいよ今日, いよいよ明日, かかると, かぎりぎり, からでなく, からね十月十日, からの行事, から七日間, から三十一日, から三月二日, から九月二十二日, から十一月二十一日, から十七日, から十日間, から噴火, から四日間, から始, から始まる, から母上, から湯島, から降りだした, から静江, か二日, がお, がその, が五月一日, が倉開き, が日曜, が来る, くらいかかる, この日, この日曜日, さ, さらに九日目, すぎたら帰って, その部将フンク, だけは太陰暦, だけ残っ, だって午後, だわ, つとめて本宮, であったが, であらう, でがしょう, でこの, でご, でしたね, でしょう, です昼, でその, でなきゃ出ないらしい何, では, で一ヵ月, で乗切り, で二十七枚, で休職満期, で低い, で例, で当日, で書き了, で江州伊香郡, で満願, で警察, という押, といふより, とおっしゃった, との中間, とまちがった, と云え, と僕, と四通, と日, と日付, と英語, と見せかけ, どんよりと, なの, なら私, なれば, にあの, にいよいよ, におめにかかりまし, にかえって, にかえる, にかかる, にきり, にこちら, にさしも, にする, にその, にそれ, につきました, になつて, になり, にはきっと, にはその, には一日, には上野介在邸, には京橋區北槇町, には佛艦, には全く, には六月, には其, には労働者たち, には南, には向う, には吾, には在郷軍人, には坪井博士, には大, には大阪, には大隈, には孝明天皇, には定, には小石川音羽蓮光寺, には嵯峨, には彦根, には攻玉社, には放送, には朝, には朝昼二回血尿, には本拠江戸城, には果してまたもや, には泰衡, には渡良瀬川, には満つまい, には社殿, には蘭軒, には賊, には近年, には開成山, には青江, にひとり, にみたない, にもらいたい, にも新規, にやつ, によそ, によび出され, にりよ, にわたってニューヨーク, にアイルランド出身, にアメリカ, にイースト・ランドン, にサンカルロ, にタケノコ, にトヨタ自動車, にパリ, にフェルミ側, にフランス, にボンベイ, にマニラ, にマルセエユ, にモスコー, にロンドン, にヴィクトリア, に一度, に一門, に三遊派復興, に上原, に予定, に二十九日, に二回目, に亡き人, に亡くなった, に京都, に京都朔, に仙台, に佐野, に僕, に全部, に八十四歳, に公布, に六十四歳, に円山公園, に出かけ, に出来まし, に出立, に切った, に加賀家, に北条一族, に吉原, に同じ, に執行, に基隆出帆, に夜舟, に夫人, に妻徳, に嫡男棠助, に子, に学校, に宇品, に宮内省, に家, に家茂, に将軍家茂, に届きし, に山城, に差し向けられる, に帰京, に常, に幕府, に引越し, に当たる, に御, に御旅所, に志村, に忠之, に手つだい, に手紙, に抽斎, に於, に旅, に明け渡し, に明瞭, に晩餐, に書い, に書いた, に末吉, に本所相生町, に来訪, に柏軒, に梅沢君, に極, に正弘, に死ん, に母, に氷った, に汽車, に法律, に法然, に浜松県, に湯河原, に犯人, に生れ, に生れました, に田舎, に画会, に百五十目玉, に着きました, に確定, に神保利左衞門貞恒, に神田青年会館, に福岡, に私たち, に終了, に網野さん, に翌日, に腥, に膳, に至り, に芝口, に菅茶山, に行った, に行なわれた, に行宮, に裁, に襤褸, に見, に貯金, に起請文, に過ぎない, に還つた, に鉱毒調査有志会, に鎌倉稻瀬川, に長子信一, に開かれた, に開成山, に関鑑子さん, に阿部侯正精, に隆, に隆ちゃん, に集まっ, に面会, に頂き, に願済, に飛び越し, に飯田休庵信方, に首切り, に黄ボッチ, ね, ね随分, のあいだここ, のあけ, のころ年越, のご, のたそがれ, のため, のなか, のシューベルト, のスエ子, のマッカーサー, のマンガ, のロンドン, の七時前, の万朝報, の両者, の二回, の仕事初め, の休み, の休戦布告後, の会合, の先生, の出来事, の函館, の初, の前, の創立五周年記念ダンサー, の勘定, の午前九時ごろ, の午前二時, の午前八時, の午前六時三十分, の午前六時頃, の午前十時ごろ, の午前零時, の午後十時半, の午後十時半近く, の吉辰, の四条河原, の国電スト, の夕ごろ, の夕暮, の夜ラクソール, の夜品川, の夜床, の夜明方, の夜晩, の太陽, の宇品, の寿, の常例, の府中城, の御, の憲法発布式当日, の払暁, の投票日, の日劇初日, の日暮, の明け方, の春昼, の昨朝逮捕, の昼頃, の時, の晩ひそか, の晩位, の暁時, の書牘, の朝八時過ぎ, の朝四十六歳, の朝日新聞, の未明, の本読み, の次, の正午, の決戦当日, の汽車, の消印, の深更, の滿願, の独唱会, の獨乙, の町, の眞夜中, の祈願, の祭日, の祭礼, の立願, の第, の紀元節, の終戦日, の翌日, の荒修行, の読売, の躍進東宝オンパレード, の農立て, の連休, の金龍寺墓参, の間毎日, の間私, の阿蘇, の陸羽地震, の雲龍寺, の頃, の項, はい, はここ, はその, はどこ, はどんな, はハダテ, は一日二人, は五時二十分, は亡父, は八五郎, は具足開き, は前日, は各国連合軍, は吉例どおり, は土曜日, は坂本, は夜来, は大, は学校, は小生, は小雨, は帳合, は当地, は御, は憲法発布式, は文化三年七月朔, は文化三年六月十日, は明日, は昼, は晴れ, は朝, は来りぬ, は棠軒, は殿様, は満月, は甲斐, は福山, は空模様, は約, は蘭軒, は赤裂地尊, は足利, は陰暦, は霧, ばかりの宵闇, まだ東京, までかかった, までかかつて, までにはまだ, までには一ヶ月以上, までに講了, までの奥名富栄さん, までは何と, までをかいた, までアンドレ・ジイド, まで一週間, まで三百二十四回, まで十二時, まで受信, まで夏, まで戦闘, まで滞留, まで踏みとどまろう, まで防空訓練, もう葬式, もかかる, もこの, もはや暮れ, もやっ, も来, も過ぎ, も飲まず喰わず, よ, より三日間, より三月六日, より十一月十九日, より同年十二月二十六日, より四月十五日, より浅草座, より火木土, より開始, をもって開戦, をもつ, を以て情報局官制, を出でぬ, を宇都宮, を楽しみ, を経, を要, 全く英国, 即ち大佐等, 即ち紀元節, 又一島湧出, 及び十一月二日, 彌, 御目附, 愈々憲法発布, 拙き和歌, 早くも, 曇り, 更に東方, 死すとの, 満鉄総裁後藤新平, 第三, 第二十回, 経って, 自川崎, 荒っぽい風, 迄なんての, 迄三日三晩, 迄広島, 迄桑港領事, 頂きました

▼ 十五六~ (1015, 0.6%)

30 の女, の男 20 の娘 19 の少年 17 になる 13 の立派 12 の小娘 10 の色 9 の子供, の小, の良い 7 の少し, の時分, の若い 6 に見える, のまだ, の小僧, の時, の浪人者, の頃 5 でせう, でもあろう, のこれ, の大, の女房, の少女

4 [15件] になった, のお, のそれ, のちょっと, のとき, の不, の世馴れた, の女の子, の婦人, の小間使, の武士, の美しい, の背, の青年, の顔

3 [31件] か, であつ, で色, とも見える, にしか見えない, になっ, にみえる, にもなるでしょう, にもなろう, のころ, のどっち, のむくつけき, の人, の働き者, の品, の型, の女中, の好い, の小柄, の小癪, の年増, の年配, の武家, の浪人, の男の子, の精悍, の老母, の良い若い, の若, の苦味, の華奢

2 [89件] かなまだ, から二十, か七, この時代, だが, だろうか, だろうと, であったと, であの, であらう, である, であろう, でしょう, ですが, といふ, としか見えません, とも見ゆる, と云っ, と思われる, にし, になれ, にはなっ, にはなる, にもなっ, にもなった, にもなりませう, にもなるでせう, にもなれ, にも見える, に成る, のいかにも, のこいつ, のどこ, のなか, のやくざ者, のよう, のハイカラ, の上さん, の中学生, の中老人, の主人, の乾し固めた, の何となく, の化粧, の古, の唖, の女学生, の女盛り, の好い若い, の嫁, の小作り, の小坊主, の小意気, の巖乘, の年頃, の月代, の柄, の汚らしい, の淋しい, の獰猛, の用人, の男盛り, の番頭, の痩せ, の篤実, の細面, の綺麗, の肉塊, の苦み, の蒼白い, の見附, の豊満, の赭ら顔, の逞, の遊び癖, の醜い, の青年武士, の青白い, の面皰だらけ, の頭, の髪, ばかりになる, ほどある, まで小店, もぶらりと, も見え, を過ぎ, 同じ稼業, 少し三白眼

1 [419件] あるいは四十, お政, かたまって, かとも思われる, かと思はれる, かな, かまだ, からぐれだした, からはたち頃, から七, から七八, から三十ぐらゐまで, から三十五六, から三十近く, から二十ぐらゐなのが揃つて來, から二十七八, から二十歳前後, から二十近く, から五十ぐらゐまでの男女俳優, から八, から十二三, から喫煙癖, から色, から身, から酒, から隠居, か健康, か顔, が大将株, くらいで, くらいのこれ, くらいの年ごろ, くらいの楚々, くらいの若, くらい少年, ぐらいによった, ぐらいに見える, ぐらいの品, ぐらいの子供たち, ぐらいの少年, ぐらいの年かっこう, ぐらいの男, ぐらいの白髪, ぐらい年上, ぐれえの, この社会, すっかり禿げ上がった, その広い, それから近頃, だったが, だったそう, だったろう, だった私, だという, だらうか, だろう, だろう結城紬, だろう骨太, ちょっと好い, って云う, で, であ, であったかと, であったが, であったよう, であったろうが, でありました, であるが, であるべきはず, であろうと, でおわせられた, でしたろう, でしょうか, でしょうが, ですけれども, ですちょ, ですもの, ででっぷり, ではある, でまア, でもあったろう, でもあらう, で二人共身體, で入る, で女房, で学士, で小林, で或, で早世, で洋服, で独り身, で白衣, で矢張内気, で私, で背丈, で膝っきり, で見苦しから, で雛妓, で風采, で飲み, というところが, というの, という人々, という年, という年齢, といふ青年時代, としか見えない, とするなら, とみえる, とも見え, と思はれます, と思はれる, と思わる, と聽, と見えた, と見える, と見ゆれ, と覚しき, と言う, と言つて, と言ふから, なにかの, なの, なる男, にしか見えません, にちのあいだ, にて太れり, にて諸人, になつ, になつて, になつて田舎, にならなけれ, になる肥えた, になろう, にはなるだらう, には見えた, にもなり, にもなりましょう, にもなります, にもなる, にもなるだろう, にもなるらしい, に御成, に見えた, に近く, ねんの, の, のあい, のあぶらぎった, のあまり丈夫さ, のいかにもキビキビ, のいじらし, のいなせ, のおとし, のおり, のお転婆, のかわいい, のきゃしゃ, のこの, のころ一人, のしとやか, のせがれ, のせっ, のなり, のはげ頭, のひどく, のひなびた, のぼってり, のまず, のも一人, のやう, のやせ, のやつれた, のよく, のシイク, のゾッと, のデップリ, のバイヤー, の一, の一人息子, の一克者, の一寸, の一寸肌合, の一理窟, の一癖, の万田龍, の丈夫, の上品, の下谷中, の不思議, の中婆さん, の亭主, の人品, の人影, の人柄, の人物, の仁體, の今, の仲働き, の例, の侍, の元, の元気, の兵隊風, の内儀, の処女, の出戻り, の分別盛り, の利口, の剽軽, の勝負事, の勤め盛り, の南京豆, の厭世時代, の口髭, の唇, の善良, の地味, の坊主, の堅, の壯ん, の外国人, の大きい, の大兵, の大家, の奥さん, の女の童, の女中風, の奴, の姐, の威勢, の娘達, の婆, の子供みたい, の存分, の室, の富裕, の實, の小さな, の小太り, の小女, の小皺, の小肥り, の小造り, の少年五, の少年時代, の屈竟, の岩乗, の巨大, の年, の年上, の年輩, の年齢, の弟, の当の, の御, の思い, の悪, の情夫, の慾, の房州者, の手堅い, の方, の日本人, の昔此所, の時上京, の月, の柔和, の案内者, の棒手, の櫛巻き, の歳上, の歳頃, の毛, の氣, の水, の汚な, の洋装婦人, の温和, の滅法, の父親, の物, の独身嬢, の独身者, の玉子, の田舎相撲, の田舎者, の申分, の男前, の男女, の男性的, の病弱, の病身, の痩せぎす, の痩せた, の癇癖, の皺, の目, の眞, の眼, の着実そう, の端麗, の紅顔, の納所, の素晴, の細君, の紳士, の綽名, の練達, の總髮, の美童, の老人, の老女, の職人, の肥った, の背広, の脂, の舍弟, の若い美しい, の若造, の薄い, の蜘蛛, の蜜柑, の見すぼらしい, の見事, の角刈, の角顔, の赤い, の赤ら顔, の赤ん坊, の赤襟盛, の身装, の身長, の軍人, の逞しい, の道樂者, の達者, の達者そう, の酒燒, の酒肥り, の陰気, の青, の青白く, の青黒く, の音楽家, の順礼娘, の頑丈, の頬髯, の顏, の食, の體格, の魁偉, の麗しい, の鼠色, の齢, はございましょう, はぜひ, は忽ち, は馳せ加わろう, ばかりなる, ばかりなるみめかたち, ばかりの品物, ばかりの小女, ばかりの都, ばかりを踏み, ほどの僅か, ほどの灸穴, まだ元服前, までが多い, までの一粒選り, までの同じ, までの女, までの少年少女, までミッチリ勉強, まで手代同様, まで碓氷, もおい, もずらりと, もつと, もの音楽会, も喰べた, も年上, も年齡, も年齢, も結びつけられ, も違, も違う, よりは上, より下, より二十四五歳, より取っ, らしいが, らしかった, をあまり, を越えた, スラリと, 一寸好い, 一見しかるべき, 上げた, 似たもの夫婦, 古い単, 多くて, 小意氣, 少し面窶れ, 早く夫, 本当はこの, 本當, 止まり大抵, 漸く円熟境, 痩せた背, 置いて, 置かれ三十人, 若くて, 親ゆづり, 負けん氣, 買って, 迄のいずれ, 迄の女の子, 迄位

▼ 十九日~ (952, 0.5%)

34 の夜 32 の朝 14 の晩 12 づけの 10 のこと 9 である 8 の事 7 のお 6 に生れた, の忌, の間 5 という, に, に歿, の夕方, の法事 4 が過ぎる, であった, に江戸, に蘭軒, の午後, の夕, の早朝, の条, の頃

3 [12件] が過ぎ, だ, にし, に棠軒, の, の分, の夕刊, の日, の日附, の明方, の正午, の牡丹餅

2 [49件] あった, か, から開始, がすんだら, が来た, だった, だな, であつ, でございました, です, で家康, という日, といえ, となる, と十三時, にかい, にはいよいよ, には蒲原, には関白さま, に五十一年目, に保, に八十歳, に大阪天王寺, に帰っ, に抽斎, に書いた, に榛名丸, に神楽坂署長室, に第, に自分, に至る, に誕生, のウォール街, の仏事, の出来事, の午前, の午後七時五十一分, の午後七時五十一分頃, の後, の新聞, の日曜日, の日記, の昼, の暁方, の法会, の法要, の生れ, の貧乏, の電報

1 [613件 抜粋] あって, あつた, あつたり, いよいよ大坂, お着き, かかったところ, かには此, かね, からうち, からのこと, からの切符配分, からわずか, から七月三日, から三日間開催, から二十五日, から休会, から十六日間, から有珠岳, から池, か二十日, があける, がき, がすぎた, がすむ, がどうか, が五月五日, が來, が公判, が十三日, が春尽, が来る, が済みました, が済ん, が済んだ, が濟ん, が立春, が終る, が過ぎれ, ぐらい蒸されるだろう, けふ, こう三日, こんなにたまりました, じゃ, じゃな, すなわちあの, すなわち大王悲境, すなわち約, それで小塚検事, だから, だけこの, だぜ, だなんて, だろうな, つけられた, であ, であいにく, であったという, であったな, でありましたが, でこれ, でした, でしたか, でしたが, でした米沢藩, ですから, でその, でもすん, でもすんだなら, でもすんだら, でホテル, で丁度, で例, で信明, で俺, で即ち, で同年十二月, で地球, で大変, で彼, で朝, で本郷追分, で笞打ほか, で自分, と, とある, とある一文, というきのう, というハンパ, という恐慌, といふ, といふの, とかいわ, とする, となりぬ, とのみ日附, とばかりで聞く, と七百六十五日目, と云, と今年一月二十日, と十日毎, と定め, と定家, と意識, と成, と限られ, どころかまだ, なる農奴解放, なんとなく殺伐, にある, におこった, にかえった, にかきました, にかけてであった, にございまし, にそういう, にそれ, についた, にてある, になった, になつて, になる, にねかきかけ, には, にはお前, にはかえり, にはすっかり, にはそれ, にはまだ, にはやはり, にはサン・ミゲル, には上田, には二種類, には亡弟彦, には信長, には入道尹時卿, には十四議会, には又, には土地, には埋葬, には堺, には彼, には征討, には御前会議, には徳さん, には成歓牙山, には手紙, には書面, には木下, には栃木町, には母, には江戸, には王侯たち, には祖父伊兵衛, には第, には筒井, には老中, には船岡, には菩提所円, には裁判所, には関東軍れい下, には障子, には鞍馬毘沙門, にもう, にもなる, にも七十六人, にも十五日, にも秋祭, にも開かれ, にゃあ, にやる, にやるらしい, にアンブロン, にイギリス, にイングランド, にエルデーディー伯爵夫人, にタガログ語, にニューヨーク, にバルボア, にパリ, にフォニックス市法廷, にミユンヘン, にモスク, にワリニャーニ, に一斉, に上陸, に下った, に主人, に仏国公使, に伊勢, に佐渡, に信長, に備後国安那郡神辺, に優, に六男翠暫, に其後, に再び, に出した, に到っ, に到着, に到達, に十六歳, に千駄木村植緑園, に単身入京, に又, に君, に四, に大変, に奏覧, に契約, に始まり, に子分, に安養寺, に宗忠様, に定期登城, に宝素, に家, に将軍家綱, に将軍頼家, に小, に小塚, に小樽, に届きし, に届出, に屏東飛行連隊, に山田郡四カ町村, に帰京, に広島, に延びた, に当, に当っ, に当る, に彼, に御, に忠之, に急, に息, に我々, に押し迫っ, に提出, に政祐, に於, に旧, に更に, に未だ, に来る, に来れ, に林町, に柳淀, に森枳園, に業種別平均賃銀千八百円ベース, に正弘, に死んだ, に沈められる, に法住寺殿, に法律, に湯, に湯元, に源作, に演説会, に犬塚印南, に當, に発しられた, に発向, に目黒, に相当, に相模, に相馬大作, に真, に社長もろ, に突然, に竹里, に紐育, に結婚式, に脚気衝心, に至つて, に至つて始, に致仕, に興行, に良経, に茶山, に菩提所遍立寺, に行っ, に西安, に訪問, に誕生日, に調印, に豊田郡, に貴女さま, に起こった, に越州, に逆, に通い, に逢われなかった, に那覇出帆, に金谷村, に門司港, に開成山, に阿部侯正精, に離別, に電報, に飯生酒, に養子雅之助, に黄粉, のあかつき, のその, のたしか, のにやっと, のひる, の供養, の八十, の公判廷, の公演, の制作品, の前後両日, の北海道, の北海道屈斜路湖附近, の十時頃, の午ごろ目黒行人坂大円寺, の午前一時頃, の午前七時, の午前二時, の午後それぞれ原隊, の午後一時半, の午後三時頃, の午後九時前後, の午後二時頃, の午後十一時すぎ月, の午砲, の同紙三號, の夕かた, の夕暮れ, の夕食過ぎ, の夜中, の夜以来, の夜大阪下寺町, の夜明け, の夜更け, の大祭, の大阪, の宵, の序, の待夜, の後記事, の戦火, の手筈, の拘留, の拘留期間, の撮影, の旅, の日付の, の日本プロレタリア文化連盟拡大中央協議会, の日本プロレタリア文化連盟拡大協議会, の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, の昼ごろ, の昼時, の時事日報, の晩長州, の暁方七つ時, の暑気, の暗夜, の曉方, の朝がた, の朝七時, の朝三人, の朝乗船, の朝仏蘭西, の朝方, の朝早く, の朝書生, の朝飯, の欠月, の法なみ, の父, の発病, の秘密, の立, の符, の第, の紙上, の缺月, の聴取書, の自序, の興行, の蒸物, の血, の衆議院, の記念, の誤差, の議会, の配物, の金曜日, の開戦一日前, の陰った, の集り, は, はいよいよ, はおし, はこう, はさき, はちょうど, はどう, はもう, はもとより, はよし, はルウス・ジュッド, は亡き, は京水瑞英, は例, は六時十五分, は冬, は午前中, は喪, は境, は夜明け, は我々, は戸塚, は打ち, は文化三年六月十八日, は日曜, は枝, は激戦, は無事, は私, は西経, は閏年, は静岡大火同情マチネー, へかけ, また二十九日, まだ将軍家, まで, までいらっしゃる, までつづきます, までに五, までに作っ, までに入京, までに遅くとも, までの被害, まではこの, までは太陽, までは女御, までは毎日, まで一週間, まで七日, まで五日間, まで仕事, まで四日間, まで延期, まで待っ, まで放置, まで職, も, もおそかっ, もその, もたたない, も便り, も明け, も済み, も経たねえ, も過ぎ, も過ぎた, も過した, よ, よべは, よりワイマル, より三十日, より三月十八日頃, より二十二日, をもって不, を以て出発, を以て征途, を何度, を待ち兼ね, を案外, を迎える, を頂上, ノ夜, 勝っても, 即ち忌避却下, 即ち田丸奈保子, 又それ, 同十二月二十一日, 御上洛, 御卒去, 御差立, 御帰城, 御相当, 早く大学, 曇り, 痛ましくも, 短く暮れ, 突然ゴンサカ, 第二審, 経たぬうち, 経ちますと, 経ってから, 迄, 迄のばす, 迄通す, 附け発令, 食ったとき

▼ 十五歳~ (950, 0.5%)

62 の時 44 になる 26 になっ 23 であった 22 にし 16 であつ, になった, のとき 12 の青年 11 の少年 9 だった, だと, の少女 8 の春 7 である, の今日 6 で歿, になり, の年, の頃 5 だ, にもなる, の秋

4 [14件] だが, だそう, であるが, で亡くなった, で死んだ, で病歿, になつて, にもなっ, に足らぬ, のこの, の老人, の若, の若い, の高齢

3 から五十歳, だつた, でその, でまだ, といえ, のお, の男, までの間

2 [51件] から十八, か三十歳近く, であったと, であるから, でした, でも一弗, で一人, で世, で死去, で父, で養子, という, という年, という年齢, なれども, になつ, になられた, になりました, になれ, に到る, に相成, のあいだ, のおり, のゴーリキイ, の夏子, の女, の女性, の彼, の折, の早春, の時出家, の時讒口, の未亡人, の未婚, の死亡率, の父, の美男, の老, の老爺, の者, の誕生日, の間, の齢, ばかりの年配, ばかりの青年, までの人, までの寿命, まで生きる, より三十歳, より上, を越した

1 [432件] か, からの友だち, からは三千五百円支給, から一カ月三千五百円, から七十余歳, から三十歳, から二十三歳, から二十位, から六十歳, から十七, から十七歳, から十八歳, から四十歳, から失明, から少し, から百五十円, が来年, くらいあと, くらいあるいは, くらいだろう, くらいであった, くらいになり, くらいのとき, くらいの間, ぐらいからだんだん, ぐらいである, ぐらいで上京, ぐらいで髪, ぐらいに見えました, ぐらいの不良少年, ぐらいの子供, ぐらいの若い, ぐらいまでの勤労青年, ぐらい屈強, だから, だけれど, だったと, だったピエール, だという, だといふ, だ捨てろ捨てろと, で, であ, であったから, であったが, であった若い, でありコゼット, であり時代, であると, であるのに, でおわした, でお年, でこの, でこの世, でご, でしたか, です, ですけれども, です彼女, でせう, では, でひそか, でほんとう, でもゴーリキイ, で一家, で三十幾年前, で不遇, で中国, で中学, で丸く, で亡くなつた, で京都, で今橋三丁目浦門喜十郎, で作曲, で元服, で出家, で初めて, で医学博士, で十一人, で十歳, で古風, で同, で命, で大学, で大阪, で夭折, で妻寿衛子, で妻帯, で娘, で子, で学問, で家, で小, で幾らか, で廉塾, で形式的, で彼, で打ち砕かれ, で既に, で日本, で最う, で有った, で末, で村随一, で来, で正に, で死別, で永い, で江戸, で没した, で没する, で河馬, で渋江氏, で焔, で生まれ, で町長, で町長さん, で看護婦, で築地, で結婚, で老い, で背, で脇差, で自殺, で萩, で行なわれる, で辛辣, で郷里, で長男昌太郎, で頓死, で養老院, とある, というの, という何となく, という女, という短い, という長寿, という青年, といふ年齢, といふ若者, といふ見る, とがいっしょ, とのあ, とのこと, とはどうしても, とは意外也, とやらで, と思われる, と書し, と真, と聞い, と註, ないし三十歳, ないし六十歳, ないし四十歳, ながら間, なり, なること, にお, におなり, にご, にさえなっ, にしか見えぬ, にて先關八州, にて御, にて美男, になったなら, になったら, になられる, にならん, になります, になりまする, になるです, には, にはなってるらしかった, には河内, にもおなり, にもなつて, にもなり, にもなる年取った, に似合わぬ, に候, に成る, に成候, に成候者愚姪方, に終り, に終る, に至る, に過ぎなかつた, に達し, の, のおじいさん江戸ッ子, のおとめ, のこと, のとき元服, のとき某氏, のとき江戸, のとき稽古通詞, のはじめ, のはず, のほんに, のわれ, のカウーテモ, のキビキビ, のギヨオテ, のゲルハルト, のナターリア, のブラームス, のヘンデル, のベルリオーズ, のロバァト・ルゥイス・スティヴンスン, のヴォルテエル, の一八三八年, の一老人, の一青年, の万吉郎, の三谷青年, の世にも, の中学三年生, の中学生, の丸髷, の丹三郎, の仇敵, の作者, の働き盛り, の僕, の兄, の兄紀一郎殿, の光子クーデンホフ夫人, の克彦, の公爵総裁, の其妻, の冬, の冷飯食い, の冷飯食ひで, の分別, の初々しい, の初陣, の前髪, の助手, の半次, の吉益亮子嬢, の土地, の壮者, の夏, の妹, の姉安, の姪, の娘, の娘時代, の子供ッ, の定評, の寺男, の小, の小さい, の小娘, の少女ヴァイオレット, の少年たち, の少年団, の岩太郎, の年増, の年少, の年長, の年長者, の年齢, の弱, の弱冠, の彦三郎江戸不案内, の御, の恋人達, の感傷, の折り, の折一度経験, の摩耶子, の文政九年, の新, の昔, の時三度関白, の時中学校, の時仔細有, の時代, の時大雪, の時東京, の時私, の時脊髄癌, の暮れ, の暴徒, の条, の桐村夫人, の森田草平, の正, の温厚, の無名, の現在, の生涯, の甥, の男ざかり, の男の子, の當主, の皮膚, の矢頭右衛門七, の知恵, の私窩子, の秋月九十郎, の章三, の織物女工, の美少年, の義重, の老中, の老人後々, の老兵, の老父, の老練, の脂, の腕, の花婿岩太郎, の花嫁, の若く, の若年者, の若武者, の若者, の藤吉郎, の藤屋万兵衞, の蝶々さん, の親, の親切, の詩, の逞しい, の長き, の長兄, の長吉, の長寿, の長寿説, の長者息子, の青年武士, の青年画家レンブラント, の青年詩人, の音楽家, の頃春琴, の養祖母, の髯男, は坂本龍馬晩年, は少き, ばかしの少年, ばかりこの, ばかりに成長, ばかりに見える, ばかりの娘, ばかりの老人, ほどにもなっ, ほどの女, ほどの女性, ほど腺病質, まさに脂, までついに, までというもの, までなので, までなる, までには数曲, までに青年, までの子, までの子供, までの子供たち, までの少年たち, までの年月, までの男子, までの青年学生, までは武術, までは衰, までも寝, までチョン髷, まで一度, まで人, まで呑みぬけ, まで女, まで女性, まで学生時代, まで山登り, まで待つ, まで我輩, まで死なぬ, まで母, まで生き, まで生きられる, まで生きられるだろう, まで生き得べし, まで生長, まで童貞, まで続く, まで育っ, まで育てた, まで辛うじて, まで金三枚也, もう落語, より一生, より七十六歳, より七歳, より下, より小説, らしい固い, をすぎ, をもって終るべきである, を一期, を主張, を以て東京, を以て終, を以て終った, を以て終結, を以て逝く, を満, を祝おう, を越え, を越し, を過ぎし, を頭, 互に貧乏世帯, 働き盛り, 初めて法山, 初御目見得, 少し腕, 未滿, 深く自愛, 潔く年, 生きると, 経れば, 迄の女子, 迄の婦人, 迄の彼, 迄の間, 迄生き延びる, 長い旅刀, 長十一歳

▼ 十四日~ (940, 0.5%)

32 の朝 29 の夜 24 の晩 12 のこと, の月 11 の夕方 10 である, の午後 8 づけの, のお 6 であった, に, の, の日 5 に棠軒, の事 4 から一週間, から十七日, になっ, の午前

3 [11件] から二十七日, だった, であつ, にその, に歿, に江戸, の夜半, の御, の新聞, の昼, 曇り

2 [63件] この日, でした, です, といえ, なり, にこの, には夕方, に一人, に七十八歳, に京都, に今, に六十三歳, に出立, に女, に当る, に彼, に於, に暇, に東京, に榛軒, に死ん, に私, に第, に至っ, のうち, のその, のひる, のパリ祭, の出来事, の前, の午前中, の午前四時, の午後三時頃, の夕陽, の夜討, の宵月, の年越, の旅程, の日附, の明け方, の明るい, の明神下, の未, の条, の来る, の條, の榛軒, の次, の深夜, の真夜中, の祭日, の衆議院, の間, の黄金, はちょうど, は先君, は私, までかくる, までを大, より開場, を思い出せ, 又青白き, 然し沼

1 [575件 抜粋] いよいよ上野介, いよいよ大政奉還, おせき, からはじまつた, から七日, から三十一日, から三日, から三日間, から二十二日, から二十五日朝, から二十日, から今日, から休暇, から六割増, から初雪, から十七八日頃, から復活祭, から病カン, から脚気, から記念祭, から踊らなくなった, から逗留, か十五日, があまり, が勘定日, が左義長, が最終日, が東京, が百姓平次郎, けふ, この黄, じゃない, その兄, だ, だか, だったかい, だったでは, だな, つまり殺される, づけ, づけ第, であ, であり, であること, でご, でございましたね, でござった, でしたかしら, でして, ですから, で丁度四日, で二十六日, で二百万, で今夜, で十個, で廓内全焼, で後者, で私, とあった, とあら, という, というこの, という文字, といふ今日, とお, ときまる, とした, としてあります, として裁判所の, とする, とただ一日, とに鉱業被害概表, とのこと, とはどういう, とは何, とは無関係, とナニワ節, と二十五日, と二十八日, と五月二十二日, と十五日, と十八分, と十六日, と定まった, と書かず, と極, と申すおく, と迫っ, などは地蔵盆, なので, にあたかも, にあっち, にお, にお目にかかっ, にかけての一夜, にこんど, にし, にそれぞれ, についてこの, についても一つ, にどう, になった, になる, にはあわただしく, にはじめて, にはすでに, にはその, にはとうとう, にはとにかくどんなに, にはどうしても, にはもう一度, にはもはや, には一同京都, には上, には佐藤鉄太郎中将, には便船, には元気そう, には六, には六地蔵, には初, には前日, には前橋裁判所, には十二所, には十二月二日, には周信, には地球, には大, には大石農商務大臣, には奇妙, には姫路, には寺門, には島田三郎外五名, には日本プロレタリア作家同盟, には更に, には曽, には本当に本当に, には柏軒, には母寿松, には清正公様, には田中正造ほか四十六名, には痛烈, には程, には義盛さま, には自分, には血, には農商務大臣曽禰荒助, には遠方, には鎌倉表, には長嶺, には関東切つて, には雨, には黒船八十六艘, にもやはり, にも雨, にやっ, にやっと, にアルバート, にサラリ, にスタンレー, にスボートニック, にトーキャ, にパリ, にファラデー, にブルゴス, にレントゲン写真腎臓結石, にロシア語, にローマ, にローヤル・ソサイテー, に一ヶ月半ぶり, に一寸, に下, に世界プロレタリア, に中佐相当陸軍一等軍医正, に中絶, に九歳, に予審, に五兵衞伜同道, に五十七歳, に五十五歳, に五男専六, に五百, に井上, に京師, に京水瑞英, に信順, に先立ち, に光工廠, に八十八, に六十九歳, に其子懐, に其家, に出家, に出発, に利章, に到着, に友人バウム宅, に古賀, に吉田菊潭, に噂, に四十七歳, に四十六歳, に四郎左衛門, に因幡国鳥取, に国王, に城山, に堺, に大在家村天徳院, に大統領官邸, に大阪曾根崎新地, に婚礼, に宝井其角, に家康, に宿, に寿江子, に尾道, に山梨県北巨摩郡穂坂村, に岡崎, に師市野迷庵, に師池田京水, に帰っ, に帰京, に帰宅, に幻花翁, に弁護士, に戦死, に手紙, に挙げられた, に撮った, に政権奉還, に敷香, に新, に昭和九年十二月末現在, に書, に最終, に木村, に来た, に来られ, に次, に江戸城本丸, に江戸御茶の水, に池田京水, に決行, に浅草, に熊野仁郷村, に生まれた, に生れ, に田舎, に病い, に病ん, に皆, に着任, に神前, に神辺, に私達, に種々, に種痘祭, に立っ, に筑前守斉隆, に箱館, に結婚, に結果, に総代, に練兵場, に纔, に肥前國松浦郡, に脱出, に至, に菅谷, に薨去, に藩, に蘭軒, に解放, に試寫, に諸, に谷文晁, に質問演説, に過ぎず, に里恵, に銀一貫五百八十七匁六分, に門松, に間に合う, に関宿, に除幕式, に陸奥国棚倉, に風呂敷包, に駿府, に高, に鳥羽港, に麹町土橋, ね, のけさ, のとき, ののち, のイ便, のオコナエ, のキャトールズ・ジュイエ, のクリスマス前夜, のフランス革命, のボンドコ, のメキシコ, のメルキュール紙, の一件, の一日, の一時十分前, の七ツ, の七刻下がり, の上覧能, の九つ, の亀戸天神様, の今朝, の八時半平林, の内, の円い, の出来事以後, の刃傷事件, の分, の勘定前, の午前六時, の午後三時, の午後二時, の午後六時, の午過ぎ, の台本, の四つ頃, の夕七つ半頃, の夕刊, の夕刻, の夕方同所油, の夕暮総理大臣, の外, の夜じゅうピエロ帽, の夜モスク, の夜中, の夜仙臺, の夜令嬢づれでクリスマス, の夜以来, の夜八時二十一分, の夜半病死, の夜明け, の夜明前, の夜行, の大きい, の大江戸, の天満, の宵, の宵宮, の将軍, の左義長, の戦, の手筈, の手紙, の拘留體刑, の授業, の新報, の新聞記事, の旅, の旗日, の日暮れ, の日暮れがた, の日曜, の日記, の早暁, の昼間上野駅, の昼頃, の晴天, の暁, の暁天, の暁方, の暮, の暮れがた, の暮方, の曙新聞, の書, の月夜, の朝僕, の朝刊, の朝日新聞, の朝東京湾, の朝東京駅発姫路行, の朝江の島, の朝自殺, の本紙, の札幌農学校, の来た, の水, の物忌, の狩谷, の盆供, の真昼, の祇園, の空襲, の終日, の航海, の討入, の詔, の読売新聞, の識語, の辛抱, の逮夜, の都下, の銀, の長門壇ノ浦, の開廷, の間説教, の附属書, の陶器祭, の陸軍側公判廷, の雨, の革命記念祭, の頁, の項, の黄昏, は, はうす, はからり, はすでに, はぬぐった, はハーバード大学学位授与式, は京都, は公使ら, は六日ぶり, は内匠頭長矩, は利章, は割, は勅使, は境内, は夜, は大島, は年越し, は幸い, は抽斎, は文化三年六月三日, は文化三年六月二十三日, は日曜, は日曜日, は朝, は毎年北京天津籠城戰死者及北京籠城後死亡者, は無事, は父上, は祭, は程ヶ谷, は築地, は薩州藩, は開場三日目, は革命記念祭, は飯島様, ほんとネ, までがお, までその, までだ, まででありました, までは絶えず, まで一週間, まで鳥小屋, もここ, もすぎ, もつづけ, ももしか, も先づ無事, も唐突, も延期, も日, も穴, よりは実験, より二十五日, より六十九回, より同, より後, より後で, より葬儀後, より雨ふり, を一日, を中心, を以て幸徳, を以て発せられた, を以て自ら廢刊, を取りたい, を大切, を持っ, を祭日, を費した, を迎えた, ノ午後一時カラ二時, 与諸子, 全観測回数九百七十四回, 即ち江戸, 即世, 同じく, 同県備前国津高郡井原村, 寒かった, 後三日, 或は除夜, 第二十五世法嗣光養麿君, 経って, 行くもの, 行われた, 辛うじてこれ, 迄すこし, 迄にあと三日, 迄日

▼ 十~ (937, 0.5%)

69 になる 43 の年 25 の時 24 か二 18 になった 1715 であつ 11 です 10 であった 8 である, になっ, にもなっ, のとき 7 だと, の春 6 だった, になつ, の一, の二, の歳, の秋 5 か十二, の三, の四, の子供, を置き 4 だから, で死んだ, に, になります, の娘, の本, の頃

3 [19件] か, だよ, っ, でございますが, でした, でせう, という, といふ, なん, にし, になつて, の, の五, の女, の少女, の歌, の男, の還暦, や十二

2 [51件] から下, から十七, か七年, か二十一, ぐらいのとき, ぐらいの女の子, すこし流行, それでも奥山, だぜ, だべ, であるから, で一昨年亡つた祖母, で小, で様, で親子, という年, となっ, と云, なり, におなり, にもなつて, にもなる, に出, のころ, の侶, の六, の冬, の前厄, の厄前, の大, の媼, の子, の少年, の巻, の弟, の桝, の男ざかり, の芳子, の若, の若い, の解脱, の零, まだろくに味噌, まだ一度, までに持つた, まで働きました, もう惜しい, も年上, や, 古い形容, 打った

1 [411件] あつた, ありまた, ある, うるは, おふみ, および第, お佐代さん, かだった, かなア, から三ヶ年, から二十七, から二十四, から五十六, から四, から相場, かスウッ, か十二位, か十二歳, か高, がつ, がカビネットプデン, が来, が残る, くらい, くらいの小学生, くらいの年, くらいの年歯, ぐらいあい, ぐらいから自分, ぐらいだった, ぐらいな男の子, ぐらいにしかならぬ, ぐらいの年ごろ, ぐらいの幼少, ぐらいの時, ぐらいの私, しか違わぬ, それからどこ, だかの, だが, だけ壁, だけ打っ, だし, だそう, だそら, だぞ, だったの, だったろう, だって, だつた, だつたなあ, だという, だとも, だとよ, だどうも, だなんて, だも, だ命, って云ってる, づらを, であったから, であった私, であって, でありましたが, であり丙子, でいらっしゃいます, でお, でお礼奉公, でお雛様, でこの, でこれ, でしたけど, ですが, ですって, ですなという, ですね, ですのよ, ですよ, でそれぞれ夫, でどうして, でどちら, ではある, では本当, でみずみずし, でフッ, で一躍, で万乗, で下宿住まい, で下谷, で世, で五, で亡くなった, で元気旺盛, で六十, で出家, で十時, で坂部壱岐守, で夭死, で女房, で妹, で姉, で始め, で実家, で年, で延期派, で思いがけず, で故人, で旧藩, で更に, で末っ子, で本, で東氏, で止んだ, で死ん, で物の数, で生家, で男, で眠っ, で総領, で色, で討死, で遊び, で道臣, で還暦, で長い, と, とあし, というの, というふう, という末姫, という歳, という記録, という遅い, という順, という鳥, といふお婆さん, といふ咲きこぼれ, といふ女盛り, といふ数, といふ數, といふ遊び, といふ青年, といふ鳥, とおなり, とかいう数, とした, とそれ, となった, となつて, となりました, とにしてやろう, とは健三, とは見えん, とは随分, と云う, と切つて次, と十七, と慌しく, と書い, と書かれた, と満, と相, と稱, と聞きました, と聞く, と言つて, と重なる, と飛ばし, なお空しく, なの, なる数, なれど, なんかが残っ, にいたしましょう, にいわく, にお, にちがい, にて死す, にて逝き, にでもなる, になったら, になつてニキビだらけ, になられた, になられます, にならん, になり, になりやんす, になるやす, になれ, にはなつ, にはならない, には利, には当てはまらない, には成う, には次, には秀郷自分, にもなった, にもなつて太政官, にもなり, にも成つて, にも見える, に分つた, に分類, に引いた, に成った, に曰く, に書い, に武蔵人, に江戸, に津軽辺, に深夜烈風中竜, に滞在, に目, に相成りまする, に群馬, に蛇, に西域人木八剌, に道士郭采真, に鉄鞭, に長, に養女, ねんのく, ねん辰, のお, のくせ, のさだ, のそれ, のときオタツ, のとき彼, のとき隼町, のゴーリキイ, のバカ, の七, の三艦, の下, の九, の予科, の二日間, の五巻, の交響曲, の停車場, の働き盛り, の働き者, の僕, の先生曰く, の児, の兒, の八, の助, の半, の名, の坑夫, の埴輪, の塔の間, の変化, の夏, の大字, の大学, の大都市, の女性, の好い, の姫, の娘さん, の小, の小娘, の小肥り, の工場主, の帝, の年下, の年彼, の年頭, の度数, の座席, の影, の成熟, の折, の数, の方, の日, の旧, の星われ, の春四月, の春是, の春東京, の時三州西尾, の時先生, の時兵隊, の時分, の時行方不明, の朝成, の未亡人, の某, の柿, の標準, の此歌, の歳江戸, の火山脈, の無, の燈, の牛酪製氷菓, の瓶, の男盛り, の白木, の百三十一回, の私, の第, の筆, の経験, の緋, の美少年, の翁, の老, の老人, の老爺, の脂, の良い若い, の花, の若年, の詩, の誤である, の貴族的聖者, の輪柄, の部屋, の部落, の銀行, の長女, の青年, の音, の首, の黒い, はそれ, は一廻りそれ, は中, は同族間, は文政己卯, は死んだ, は歿後十二年, は紐, は金輪寺混外, は非, ばかりそして, ばかりだった, ばかりで, ばかりであった, ばかりにて鴎外様, ばかりの別, ばかりの末, ばかりの牡丹餅, ばかりの男の子, へ, へ玉, へ真正面, までの間, まで十六年間一座, まで旁, まで暮し, まで独り者, まで結婚, まで英国, もあります, もある, もう爺, も変名, も若年, も違う, も齡下, やそこら, や二, よ, より, をし, をユーメーロス, を九時半, を作り, を六, を打ちきる, を数え, を数えられ, を数えられた, を斃, を見る, を限度, を頭, ノ三, ノ二, ノ五, ノ四, ノ秋カラ二十四, 中氣, 付けた莫大, 何卒私共, 其の次, 坐九重, 子棠助七つ, 安三つ, 打って, 搗き立て, 新吉原夜景, 次第に荘厳, 然るに秀林院様, 程なく小笠原, 第三, 第十二節, 耳遠し, 自護, 良十九, 見えて, 迄は殊に, 遅くは, 長二十七, 阿母さん

▼ 十七日~ (931, 0.5%)

34 の晩 33 の夜 27 の朝 16 の午後 119 づけの, のこと 8 に歿, のお 7 の月 6 の事件, の夕方 5 といえ, の条 4 だ, であった, である, になった, に蘭軒, の分, は朝

3 [12件] であつ, になっ, にはその, には朝, に書い, に江戸, に至る, の夜中, の御, の日附, の犯罪, 曇り

2 [45件] か, から十八日, が来た, だから, だったが, です, ですね, となつ, なれば, にあなた, にお許し, にここ, にし, にその, にはすでに, には私, には飛ん, に到着, に成田, に新, に東京, に渡す, に船, に霞亭, の, のため, のプレジデント・フウヴァ号, の出来事, の十時, の午, の夕, の夕刻, の夜半, の大, の宵, の帝国在郷軍人会, の日, の未明, の第, の航海, の読売新聞, の調べ, の間, より高祖忌執行, 迄の間

1 [593件 抜粋] あさ, あの時, あの雷雨, いわゆる出版, および同年十月六日, かかって, から, からである, からキッ, から七日目, から三十日朝, から三日, から三日間, から九日一日, から二十八日, から今日, から八日, から八月二十五日, から六日間, から半月, から四日間上場, から四日間連続, から四月十八日, から大手筋十六社二十四万人, から始め, から彼, から愈々, から打, から断食, か八日, か若しくは, が, がしずか, がすんだ, が始, が樋口道場, が満月, が生れる, が金曜, が防空演習, くもり, ぐらいからはじまる, こそ何, この日, この春, この髭, じゃねえ, だが, だけれども, だぜ, だそう, だった, だって, だとばかり, だに変, だね, つまり盆, づけお, づけ下, であ, であったか, であったと, であり二月上旬, でご, でした, でしたかな, ですわ, でまる, で仕方, で市科学会, で正式, で磁石, で蘭軒, というの, という事, という前, という日, という間, とお, とし, とした, とする, とだんだん, となっ, となりぬ, となる, とにかく春日殿, との話, と予想, と今月, と八時, と出しました, と同年十月三十一日, と定める, と思える, と日, と書し, と決定, と言つて, と記憶, なら月はじめ, なること, なる感, なる日, にあたる, にいた, にいでたたん, にいよいよ, にお, において遂に, にかえって, にこっち, にする, につく, につけ, につるさん, になつて, になつて兵, になりました, にね, にはここ, にはさっぱり, にはじめて, にはすっかり, にはそのうち, にはふい, にはふたたび, にはもはや, にはプラーク, には七女幸, には上洛, には久しく, には信長, には全, には出帆, には列国, には同, には和気清麻呂, には大分, には大和五条, には大陸, には奈良, には宮木判事, には寿江子, には師伊沢蘭軒, には引越します, には往き, には御飯一緒, には日比谷, には曳網, には最上, には最初東京, には月前, には木曾谷中宿村, には横山町馬喰町兩國邊, には正式, には歯舞諸島, には河内, には浅草, には笞打, には聖書会社, には芳菲山人, には蘭軒, には行っ, には高麗朝臣福信, には鳴海方面, にまた, にめでたく, にもならない, にやす, にやはり, にゆき, にゆく, にわが, にわたす, にアララテ, にアン女王殿下, にイギリス, にエジンバラ, にエッカ, にギャア・ニマ, にバス町, にフランス, にフリードマン, にロンドン, にワラタ号, に下谷龍泉寺町, に中橋, に中津川, に主治医, に予先づ小樽, に二条, に亙る, に亡くなりました, に京都, に京都町奉行伊奈遠江守忠告, に伊平さん, に会, に何, に俘虜満期, に僕, に入, に八十五歳, に八十四歳, に公布, に六信, に六十一歳, に内務省, に出した, に出た, に出帆, に切腹, に判任史生, に南亜, に召捕, に各省大臣, に嚢里, に四十九歳, に国王, に壽, に天草陣, に夭, に奏覧, に契約, に妙解院殿卒去, に妻, に始まる, に子, に室, に家々, に容態, に富士屋ホテル, に寿江子, に少, に届く, に山, に広島, に庶務局詰, に当る, に影, に彼女, に後鳥羽上皇, に御, に忠之, に急逝, に新報社, に日本橋八重洲河岸, に日本流, に春日寺, に来た, に柏軒, に染筆, に棠軒, に榛軒, に榛軒未亡人飯田氏志保, に正教, に氏, に海, に清潔検査, に父蘭軒, に王様, に甲斐, に男, に発せられた, に発行, に発表, に皆んな, に石川検事, に確答, に祖父, に祝言, に神戸, に秋川駿三, に第, に筆, に美濃苗木, に老中, に自分達, に自宅, に至っ, に至つて, に至り, に著く, に行つた, に行われた, に裁判官忌避, に裁可, に西山手, に谷中, に起工, に逮捕, に遂に, に酒井忠清, に開かれる, に闕, に阿部正弘, に陸奥国岩瀬郡, に電車, に静岡, のあけ, のあさはやく, のあと, のあの, のありがとう, のたそがれ, のところ, のひる, のひろ子, のよる, のプレジデント・フウヴァー号, の予定, の事, の事件以来, の今夜, の休暇, の僅, の内, の冴えた, の出初式, の十一時ごろ, の午前一時ごろ父, の午前一時半頃, の午前三時, の午前八時半, の午前六時, の午前十一時頃, の午後ひろ子, の午後一時頃, の午後七時, の午後三時頃羽田, の午後五時半ごろ, の夕方左柳高次, の夜の, の夜中馬喰町馬場, の夜予定通り二人, の夜二時頃漁舟, の夜亥刻, の夜帰京, の夜彼女, の夜敵陣, の夜晩, の夜更方, の夜當方, の夜私, の夜行列車, の夜頭痛, の夜麻布邊, の寒い, の対話以来, の封書, の射, の差, の彼, の戦い, の手紙, の払暁, の放送, の政変, の日付, の日付け, の日斯樣, の日曜, の日私, の明け方, の星空, の昼, の昼頃, の晩ファゼーロ, の晩奥様, の暁天, の月影, の月明, の月東, の朝八時, の朝六時四十分, の朝六時頃, の朝包金, の朝急, の朝蘆屋, の未, の條, の殺人事件, の法会, の湊川神社, の為, の犯人, の用, の由緒書, の発病, の相違, の総, の船旅, の行幸, の質問, の起業祭, の通り, の閣議通過, の雨, の雪, の項, の顔ぶれ, はお, はそんな, はどんな, はまだまだ, はゴール, はセント, は予想, は亡き, は今にも, は北条霞亭, は十何年, は天候, は天気晴朗, は奇想天外, は宇都宮監獄, は尼, は旧暦, は暮れ, は最終, は東照宮, は栃木町油屋徳右衞門, は武揚等, は浪士ら, は翌日, は金胎寺, は陽暦, は雑司ヶ谷, へかけた, ほど後, まで, までこの, までだ, までには大冊完了, までに四十四頭, までに着かす, までのこと, までの五日間, までの完了, までは, までは両, までもつであろう, までゐた, まで三日, まで五日, まで五日間, まで四日, まで四日間, まで太陽雙兒宮, まで書かなかった, まで殆ど, まで毎日三条西家, まで毎日注射, まで毎晩, もたしか早くから, も掛た, も掛った, よき往生, より, より二日間, より柏軒, より稿, より翌年, をもって接収, をもて, を中心, を以て世界, を旗, を期し, を経験, を迎え, を青箸, ノ朝, 丁度木曜日, 再び任命, 出来同夜, 到島田, 又, 又一帰塲せり, 及び二十五日, 及び二十八日, 各劇場, 同二十九日, 差出, 愈降伏, 成りければ, 日ごろ雨, 生国上州新田郡細谷村, 病んで, 突如兵二万, 第九番目, 第八十二機械化大隊, 迄にし, 迄に堤防, 迄に彼, 迄やっ, 迄休み, 迄日延べ, 遅れて, 頂きました

▼ 十八日~ (901, 0.5%)

39 の夜 22 の朝 14 の晩 13 のこと 109 づけの, であった, のお 8 に歿 6 である, に至る 5 であつ, の夕方, の日, の条 4 に, になっ, に夭, に棠軒, の事, の分, の午後

3 [15件] だと, にトラック, に御, に書い, に生れ, に私, に蘭軒, の宵, の政変, の日曜, の暮れ, はいよいよ, まで, 濃尾大地震, 迄

2 [48件] から三十一日, から二十四日, から二十日, でございましたが, でした, ですから, にし, になつ, には江戸, には洛中, には私, にも又, に佐野, に六十九歳, に大伴池主, に彼, に書いた, に第, に議会, に逝去, の三毬杖, の午前, の午前十一時頃, の午前十時, の変, の夕, の夕刊, の大安, の川開き, の手紙, の日附, の月, の月給日, の未明, の柏軒, の正午頃, の濃, の第, の間, は小夜, は朝, は東海道宇津谷峠, へかけた, も朝, より, を想像, を期し, 曇り

1 [567件 抜粋] あつたり, いつも朝寝, かおぼえぬ, かかったと, かに開成山, かねえ, からいよいよ, からひろま, からブロート, から一週間, から丁度, から三日, から六時半夕刻四時, から別, から十九日, から十月二十七日, から和蘭, から四日間花月, から怠業, から歌舞伎座, から正月, から浄勝房以下, から浅草観音, から遠慮, から防空演習, かれこれ午前七時頃, か九日, か二十日, がせまっ, がやつ, が咲枝さん, が日, が日曜, が浅草, が誕生日, が陰暦, この物語, さ, さらにルツェルン, その土地, その彼等, その日, その遺恨, だから, だった, だったか, だろうこう, ついに松方正義, ついに肺炎, つまり十方舎, づけ, であらう, でありましたが, でお, です, ですよ, でそれから, では, で一徃, で大きな, で次に, で終っ, で終る, で観測, ということ, というしるし, という日付, ときまっ, となっ, となつて, とに行われる, との中間, とは今日, とは好, とは昨日ぢ, とも記され, と三鷹事件, と二十九日, と云っ, と六月十一日, と気が付く, なの, にいった, にいよいよ, にお, にお年玉, にかえって, にかえる, にかけつけた, にきき, にこれ, にその, にちゃんと, についた, にて参り, にて学校, になりました, になります, になる, にね一枚, には, にはお目にかかり, にはかえり, にはきまって, にはさらに, にはじめて, にはすでに, にはそれ, にはどうせ, にはまた, には三十町, には三道, には下谷坂本町二丁目, には予戒令, には今村, には伊豆山専光房, には信長, には入浴, には十一歳, には千種家, には多賀ちゃん, には大阪, には妙見様, には寿江子, には建築士会, には必参詣, には思っ, には惜しい, には抽斎, には新居落成, には旧, には朝延, には樺山中将新た, には武田以下浪士全員, には母, には油屋, には法制局長官神鞭知常, には浅草川, には浪士ら, には父, には生, には筒井, には色々, には連合軍上陸, には長男恒善, には雨, には館林, には鳶田, には鶴岡放生会, にめでたく, にもき, にももう一度, にも参つて, にも札幌行, にも私, にわたる荷送り, にエタ非人, にエミール・ザウエル, にオランダ船, にオーストリア, にガリバルディ, にショッタリ, にストライキ, にツゴウニテカエリ一九ヒトナル電報, にブルジョア新聞, にマクシム・ゴーリキイ, にマッカーサア, にヴィーン, に一斉, に三十七歳, に三十才, に三右衛門, に上る, に上スワ, に下院, に二人, に五十一歳, に五女癸巳, に京都, に任有亭, に伝, に佐渡, に例, に信全, に信者たち, に債権者会, に僅か, に元明天皇, に先, に先ず, に全, に六十七歳, に六歳, に凹巷, に出, に出かけた, に出た, に出る, に出立, に初, に前, に北京, に十六歳, に参っ, に又, に右足, に同区本村町八番地, に同所, に味方, に和三郎寧親, に土手町, に堺, に墨染, に奥医師, に女王, に姉須磨, に始, に始まっ, に始めて, に宮駅, に家, に小康, に少なくとも, に工部, に帯, に帰った, に帰られ, に広田内閣, に康永, に延期, に弘前, に弘前県, に弘前藩士, に当る, に思ひ, に怪しげ, に愈々, に成善, に戦った, に手こず, に抽斎, に拝見, に持斎, に提出, に摂津国, に政府, に文久, に新, に於, に最後, に木沢氏, に来, に東京渋谷村, に栃木, に検事, に榛軒, に正方, に武蔵国池上, に氏子, に江戸, に江戸灣小柴沖, に決めました, に津山, に津軽家, に火星, に獄内, に生活費, に田舎, に甲府, に病, に病死, に白石在, に皇帝, に着いた, に矢島優善, に知行二百石, に禄, に福山, に稿成つて奏上, に立っ, に笠置, に終, に結願, に聴許, に股引, に肴町附近, に自宅, に至っ, に菅茶山, に蒔清, に西湖, に見舞い, に言渡された, に貰った, に買いかえた, に起った, に道三, に遠, に重ね, に長子恒善, に閑院大納言, に間に合わない, に間田, に降り, に隣り, に霧社, に頂き, に領地境, に鮭, に鳶田, のうち, のくだり, のたたかい, のひる, のワーテルロー, の一時, の三日, の三日間, の下, の下田, の中新田, の事件, の五十圓, の五時, の今日, の午, の午前十時頃, の午前四時三十分, の午後一時頃, の午後三時頃, の午後九時, の午後二時, の午後六時, の午後十時, の午後十時すぎ, の午後零時半頃, の午過ぎ, の厳寒, の各紙, の命日, の四谷, の変以後元治元年十一月, の夕刻, の夕刻ごろ, の夙く, の夜丑, の夜中, の夜中会, の夜八時過ぎ, の夜十時, の夜十時ごろ, の夜明けごろ, の夜更, の夜船, の夜船頭, の奉納相撲, の子, の宣命案, の帰路, の弟, の当日, の彼, の念仏, の戊日, の払暁, の政変以来, の新聞, の新聞ル・タン, の日記, の早朝, の明け方, の晝すぎ, の晨朝, の暑い, の曉大雪, の書, の朝まだき, の朝刊, の朝夕張, の朝歿, の未, の東朝所載, の某, の様, の正午, の火事, の登城, の真昼, の答弁書, の聴取書, の葬式, の薬研堀, の製造, の談判中, の追, の速達, の長い, の間我, の騒乱, の黄, はいつぞや, はミケルマス, は両国, は休み続きな, は例年, は兩國, は初, は午前十時, は即ち, は告別式, は小林検事, は彼, は成田様, は文化三年六月七日, は文化三年六月二十七日, は日比谷, は旦那さま, は月給, は法華山, は浅草三社権現, は白島村, は空, は遂に, は高谷千代子, ばかりの夏, ひどく暖い, または中世, また雨, まだ夜, までという約束, までに二ヵ月, までに天井, までの三月, までの二十三日間, までの所謂お七夜勤め, までジェーン号, までニューヨーク滞在, まで兩國橋, まで寧日, まで滞在, まで続け様, も土曜日, も時々, も欠け, よりただちに, より一月二十三日, より一週間, より三十二日目, より三十日, より三日共翁附, より三日間国民歌謡, より上流下流, より二十一日払暁, より二十八日, より八日間, より八月一日, より六月十七日, より引込保養, よる, をもって, をもって一切, をもって一斉, をもって審議, を二十九日, を以, を以つて, を以て春社, を以て江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸, を以て浦和県出仕, を以て長崎, を天気渡し, を経, 乃至二十日間, 全體, 反枢軸軍, 取りに, 同七年十二月二十五日, 同十九年閏五月七日, 喰いこんで, 大きな感激, 少許, 居た自分, 御帰城, 思い切って, 有楽座, 本三位中将, 極地点, 満洲柳条溝, 滞泊, 薨ぜられた徳川頼倫侯, 記す, 貴衆両院, 迄ここ, 迄に一反半, 迄に何とか, 迄に四回矢継早, 迄の, 迄日本橋高島屋, 遂に堀, 頂きましたこの

▼ 十五年~ (897, 0.5%)

22 の間 18 の春 16 になる 15 も前 14 の夏 13 にし 11 の歳月, の秋 10 の後, ほど前 7 である, の昔 6 のこと, の九月 5 の六月, の生涯, の長い, を経, 程前

4 [11件] になっ, のあいだ, の七月, の二月, の十一月, の十月二十日, の年月, ばかり前, も後, も昔, も経っ

3 [18件] たって, であった, で倍加, になった, になります, にもなる, に堤防, の, の一月, の七月十一日, の十月, の十月十九日, の四月, の大, の祝典, の頃, も奉公, も経つ

2 [56件] から二十年, から現在, くらい前, くらい経っ, だ, だか, であります, では, という, といえ, とする, とせず, と云, に, にかけて家政整理, にしかなりません, には, にはもう, にもなります, にやはり, にわたる古事記, にヨーロッパ, に生れた, に當, に私, に第, に近い, のその間, のロシヤ, の九月九日, の五月, の八月, の冬, の刑, の十一月二十日, の夢, の星霜, の晩春, の月日, の正月, の生, の短い, の竿, の結婚生活, の行程, の谷中天王寺墓畔, の長き, ほどまえ, もたった, も二十年, や二十年, を一期, を経た, を経過, を重ね, 経つと

1 [496件] お京さん, かかって, からになります, から七百八十一年, から七百十七年, から三十七年, から三十年, から二十八年, から二十年前半, から二百十八年前, から人民, から十六年, から十年間, から千二百九十二年, から實行, から推し, から日露戦争, から昭和十二年, から當年, から連添った, かれこれの, かれこれ前後四十年, か六年, か六年大阪, か前, か四十年, がほどの足掻き, がほど抗争, が初めて, が経った, が苦しい, くらいなどというの, くらいになります, ぐらいしかたたず, ぐらいな, ぐらいになります, ぐらいのところ, ぐらいの刑, ぐらいの後, このかた, この寺創建直後, この時, すれば, そのとき, その全集, それだけふい, たたないうち, たったきょう, たった後, たつた今, たつわけ, だから, だが, だって, ちかい時, ちかくの, ちかくも, であったの, でありちやう, でありまた, であると, ですから, でなくて, でなに, で今, で出版, で帰った, で昌造ら, で未亡人, で殆ど連続, で結局自分等, というふう, という一生, という刑罰, という年, という日本, という月日, という歳月, という永い, という長い, といふひどく, といふやう, といへ, とか勤め, とし, とすぎぬ, とその, とたっ, とだんだん, とつづいた, となつて, となり, となる, とは生き延びられない, と修業, と十六年, と大正二年, と年期, と探す, と月日, と期限, と此, と神武天皇, と読み慣れ, と逐次, と過ぎた, などとこまかく, なり楽, なり生命, にあたる, にいたっ, にかの有名, にこの, にどこ, になつて, になれ, にはなろう, にはマドリッド, には上野介藤原厚, には二男犬萬, には今, には伊勢, には保, には八〇%, には出来, には出来上っ, には孝高, には既に, には横山又次郎教授, には秋山氏, には脩, には足らぬ, には麻苧, にもなり, にもなろう, にも同じ, にわたって北, にわたり昨, にわたる会員たち, にわたる長い苦しい, にドツサリ泥, にベイン, に一度, に七篇, に三か月, に上越線岩本駅前, に不足, に中央公論社, に二条, に二條, に亙, に亙る, に保, に公刊, に出た, に出版, に単行本, に去つ, に因ん, に大, に大阪大林区署, に始め, に家族, に小島烏水君, に小川, に年僅か四十五歳, に幽斎, に当時, に徳島, に態, に成った, に成ります, に成る, に支那在住, に支那學, に故人, に故山階宮菊磨王殿下, に数学教授要目, に斬り靡け, に於ける, に時事新報, に暴風雨, に書いた, に松山, に柳州, に派遣, に生まれたる, に生れ, に生産物, に発行, に発表, に白骨温泉, に盲腸炎, に相違, に神祇, に筆子事件, に結ばれた, に羅馬, に自分, に至っ, に至つて, に至る, に解放, に該当, に資文堂, に達する, に遼, に陸奧宗光, に隋, に鵠沼, のあ, のあいだそれ, のうち, のころ, のちの, のはじめ, のセクサゲジマ日曜日, のメモランダム, のリスボン地震, のレコード五億二百十二万円, のヴァンデー, の一月五日, の一月其頃寄宿舎, の一月十日, の一月興行, の一生涯, の七月十一日あたり, の万聖節, の三月, の三月中旬東京警醒社書店, の三月岩谷書店, の両度, の久しい, の九月十日, の二十二万斤, の二期, の五月二日, の五月末, の人, の今, の余, の使役, の偉大, の僕, の元旦, の元朝, の八月あたり, の六月八日, の六月初旬, の冬十二月三日, の冬父上風邪, の処方, の刊行, の刑期, の初冬, の初夏, の前後, の割合, の創設, の功, の労働者, の医療費, の十二月, の十二月三十日, の半生, の南米チリ地震, の同年, の四月三十日, の四月二十六日, の四月五日, の四月十五日, の四月号, の大祝, の学年試験, の小学校奉仕, の島原役, の市区改正, の年, の年賦, の徒役, の御代, の思潮, の悔, の懲役, の我が, の日本人住居録, の日本語, の春ころ, の春作者, の春夫人, の春平定, の春慶應義塾理財科, の春新橋信楽新道, の春正月, の時, の晩秋, の暮, の暴風雨, の有名, の期月三十三年, の期間, の期限, の末, の条, の條, の歌舞伎座, の歌舞伎座一月興行, の正月二十六日, の正月十日, の正月四日, の歴史, の死亡, の民法商法延期戦, の永い, の洪水, の盆興行, の真っ暗, の示談契約, の禁教令出島和蘭屋敷, の秀吉, の秋あらし, の秋ごろ, の秋頃, の第, の聖詔, の行脚, の衣魚, の詔, の話, の説法, の調査, の貧乏, の貳百圓, の貴重, の足あと, の距離, の身長, の道, の選挙干渉, の鑛毒地, の間三万四千余り, の間丸帯一つ, の間殘金, の非, の項, の餘, の齡, はある, はかかるでしょう, はじめて安心, はその, はつきない, は一区切り, は九紫等, は半ば, は史論, は同年, は大丈夫生, は改元, は旅, は明治六年, は明治十六年, は明治大帝崩御, は欧洲平野, は毀れた, は直ぐ, は面白い, は顧みる, は高知, ばかりになる, ばかりもこの, ばかりも昔, ばかり歐洲, へ, ほどの後明応七年, ほどの間, まえの, まえ父, または三十年, または二十年後, まづは順當, まで, までおよそ, までだ, までには三十五年, までに出した, までの日本文学, までを第, まで元, まで兔, まで約, まへ, まへに, もあわず, もあんな, もお, もおじさま, もか, もかかっ, もかかつて, もかかる, もがんばっ, もこの, もすれ, もそれ, もたったら, もたったら備えつける, もともに, もの嘘, もの長い, もひとつ家, もま, もまえ, もよろこび祝おう, も一緒, も九月, も交際, も以前, も会はず, も会わない, も住み, も働い, も働きつづけ, も先, も夫, も居, も山中, も年上, も待つ, も恋人, も恋愛関係, も手掛けた, も暮し, も暮れよう, も生き, も生きてる, も生き延びた, も生延びてる, も経過, も若けりゃ, も辛抱, も逢, も門番, も開成山, も音沙汰, も風雪, も飛び去る, よりまた, より宇多天皇様寛平六年, より小姓組番頭, をへた上, をむかえ, をむかへ, をもってちょうど, を以て政党, を以て政権朝廷, を以て政黨, を労作, を勤め上都合廿五年, を叙, を延康元年, を期し, を經, を要するであろう, を逸楽, を過ぎ, を隔て, 乃至三十年時代, 乃至二十年, 乃至第, 今や原敬, 住み玉, 初税畝, 勤めると, 即ち今, 即ち大正元年, 即ち文政元年正月二日, 即明, 同州, 実に百二十二年, 封じこめられて, 御贈位, 既に鉱業停止, 旧門下追慕措カズ, 早くお, 更に現在, 最も大切, 然かも, 生きながらえるであろう, 生きのびて, 突然の, 経つて, 経つてから, 経てば, 迄で, 遂にその

▼ 十~ (894, 0.5%)

63 になる 41 の時 36 の年 23 になった 18 であつ 16 の春 12 のとき 10 になっ, の少年 9 か五, だ 8 です, になつ, にもなっ, の歳 7 になります, の小娘 6 であった, にし, にもなる, の今日, の秋 5 か十五, に, の一, の二, の夏, の少女, 反帆

4 [12件] だった, だと, である, でお, ですよ, といふ, となる, の三, の四, の娘, の東歌, や十五

3 [16件] か三, だが, ですが, という, という年, といふ年, と十二, なの, になりました, の五, の今年, の方, の若, の靈, の青年, や五

2 [36件] ああ世, あります, か, その内儀, だつたん, であるが, でこれ, でございましたよ, ですつて, ですもの, では, で上京, で世, で滅法, とか聞きました, と十五, におなり, になったら, にもなった, に出た, の, のお, のトム公, の六, の卦, の咲き過ぎた, の女, の女中, の姉, の子供, の小僧, の頃, まで, よ, を頭, 曲りも

1 [368件] あった, あったが, ありその, ありました, あるわけ, およびその, および二十八, お銀様, かな, から二十ぐらゐまでの娘たち, から二十四五, から四十, から通う, か五位, か五歳, がこの, が手痛い, が数年, が精神病院入院, くらいでしたろう, くらいで離れ, くらいの青年, ぐらい, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいでもあろう, ぐらいで死んだ, ぐらいな女の子, ぐらいな愛くるしい, ぐらいにしきゃ見えない, ぐらいの年, ぐらいの無学, この女, この日, じゃ, じゃあない, じゃない, じゃ無, それとも十五かしら, だか, だからといふ, だけが音, だけの音, だこれ, ださうである, だったが, だったでしょう, だった浩, だって, だつて, だという, だとか, だな, だのに, だよ, だろう痩せた青い, であったが, であった少女, であった若い, であらう, でありました, であります, であるので, でいずれ, でいづれ, でご, でございましたと, でございます, でございますはい, でござる, でしかない, でした, でしたが, でしょう明後日, ですけど, ですし, ですぜと, ですね, ですねん, でせう, でそこ, でつぎ, でどちら, でなった, ではじめて, ではてた, ではない, ではまだ, では今, でも未だ, でやして, でアムステルダム, で中学, で九十六文, で二人子持ち, で亭主, で今, で働き, で其, で十一度目, で十万円, で四千人, で四年前, で奥さん, で学校, で少し, で尾道, で往生, で従四位上, で早く, で最早, で東京, で此の間死, で死んだ, で歿, で江戸城, で犬, で独立, で男, で町内, で百, で結婚, で聊か, で薨, で薨去, で身長, で養子, で高等一年, というところ, というの, というもの, という中途半端, という大人, という年齢, という御, という春, といふ大差, といふ年齡, といふ御, といふ立派, といふ齡, といふ齢, とおいてと, とおつし, とかのお母さん, とかの人, とか五, とか言, とか言いました, とさっき胤頼, としてはし, として茶山, とする, とそれ, とつまり短歌, となった, となり, と七つ, と九つ, と九九, と云, と云々, と云う, と云え, と今年天正, と十二髪, と四日, と大きな, と大体もう, と数珠, と書い, と申します, と聞き, と際限, どっせ, なのに, なり, なる無, なれば, なん, なんぞに見え, にある, にお, にしかならない, にしかならなかった, にて逝き, になつて, になつて女学校, になつて銀座, にまでなった, にもあろう, にもなったら, にもなつて一家, にも五, に分銅鎌, に成る, に播磨, に減じ, に満たないであろう, に至る, に見える, に載せ, ね, のおいしい, のお婆さんひとり, のきじ, のころ, のその, のとき俊成, のとき前橋中學, のとき藤田東湖, のところ, のなめらか, のもの, のわけ, のサーベル, のザンギリ髪, のシンプトン, のラガー, のリュドミラ, の七, の中学生, の乙女久田姫, の九, の乳, の二百四十円, の二首, の倅, の児, の八, の冬, の処女, の出戻り娘, の前厄, の前奏曲, の十, の十一, の又四郎, の図書館, の夏錦輝館, の大, の大柄, の夫主護, の妙子, の娘さん, の子供だい, の宝石, の寝台, の小次郎, の少年たち, の市, の年並み, の年少武者, の年輪, の年齢, の座敷, の彌, の挿図, の支店, の支部図書館, の支部準備会, の政枝, の星, の春ごろ, の春ポッ, の春高等小学校三年, の時佐久間家, の時出家, の時天台, の時往生, の時神戸, の時豪商, の暁, の月輪, の末息子, の梓, の歌, の歌語, の正平, の狭間, の田舎豪傑, の男, の男児, の番号, の異, の盛り, の目盛, の石柱, の箇所, の肉体, の花嫁, の若い, の若様, の號舍鱗, の誕生, の誕生日, の身空, の間, の間隙, の音, の齢, は, はいわゆる, はこの, はちよこ, は奈々子, は死に, は男, は頓死, は驚く, ばかりになる, ばかりの, ばかりの子供, ばかりの少女, ばかりの愛くるしい, ばかりの髪, ばかり行, ひく十二, ほどつづけ, ほどの夕刊, ほどの少年, または五十五歳, までながらへた人, までも短く, までも育てしや, までをそだてしや, まで二十年, まで位, まで多少, まで学生生活, まで育った, もの金鉱会社, もはや豊頬, も戸, やそこ, よりなかっ, より酒飲み, をかきかけ, をかぞえる, をもって西ヶ原邸, を三, を以て示寂, を六十四度倍加, を拔, を数えられた, を書きあげ, を求める, を越えよう, を開きし, ノ二十五, ノ冬マデ檻, 初めて黛, 即ち九票, 子信匡十六, 安六つ, 安南, 小会議区, 担ぎ有, 持ってると, 斬違背, 留よこせと, 破れた恋, 第七嚢, 良十二, 葬巣鴨真性寺, 謂うべし簡, 買い一本, 長十

▼ 十~ (864, 0.5%)

12 の小説 11 ばかり 10 のもの 9 となく 7 の持主, の歯形, の皿 6 では, の小判, の短篇 5 の原稿, ばかり書いた, 書いた 4 ばかりの原稿, も二十枚, 書いて, 書き上げた

3 [12件] あった, かいて, ぐらいのもの, になる, の毛布, の紙数, ばかりの, ばかり書い, ほど, ほどの小説, も三十枚, を

2 [65件] ありました, ある, あるの, かあった, かの金貨, から五十枚, から十五枚位, か二十枚, が入っ, ぐらいで, だ, だから, でも書い, で全, という鉄扉, と引受ける, ならこの, にはならう, の上, の写真, の力作, の原稿紙, の御, の手形, の白い, の褒美, の賞金, の走り書, の金貨, の銀, の長篇, の黄金, はいっ, は時, ばかりずつ幾山, ばかりのもの, ばかりの小判, ばかりの小説, ばかりばりばり, ばかりを書い, ばかり持っ, ばかり書き, ばかり書きます, ばかり見た, ばかり重ね, ほどかき, ほどのもの, ほどの短篇, ほどの賀状, まで書いた, もある, もかい, も一度, も書く, や二十枚, をかき, を夢, を郵送, 写せば, 出した, 同五, 御送付, 画いた, 買った, 買って

1 [586件 抜粋] あった筈, あって, あつた, あらかじめ仕入れ, あります, あるいは百五十枚, あるおまえ, あるぞ, あるでは, あるひ, あるよ, あるん, ある筈, いただくと, お借りした, かいたのち, かいたらへばった, かいたら又, かいた夢, かかなければ, かかる, かき終ったところ, かくところ, かくの, かのこの, かの写真, かの小判, から七八十枚, から二百枚位, から百枚, かを書いた, か三十枚, か書き溜めた, か百枚, があります, がた, がヤット, が三十枚, が十枚, が卓, が印度ゴム, が届けられ, が股, が載っ, くらいギッシリ, くらい何, くらい売っ, くらい書けない, くらい画い, くれたん, ぐらいあります, ぐらいけちけち, ぐらいそのまま, ぐらいつく, ぐらいでき上った, ぐらいでしょう, ぐらいの, ぐらいのせます, ぐらいの小, ぐらいの書類, ぐらいの由, ぐらいの紙切, ぐらいを一冊, ぐらい同封, ぐらい買っ, しか出け, した, ずつ, ずつで十三回, ずつほど持っ, ずつよオ, ずつキチン, ずつ扶持, ずつ都合一年, ずつ都合三袋, ずらりと並べ, そうだ, そのいずれ, そのいづれ, その代金五十両也, たしかに, たひらげ, たらずの, だか, だけじゃない, だけを数え, だけ多助, だけ数え, だって, だってかのゑさ, だつた, だの, だ十枚, ちかく集める, ちゃんとはいっ, ちょっとです, であった, であつ, であること, でかたづく, でこと足ります, でございます, ですね, でたった, でまとめること, でも一時, でも三十枚, でも六十枚, でも書きあげる, でも書けない, でピタリ, で一円五十銭, で三百円, で二十銭, で国, で拾銭, で終る, で自然, で金, とあと, という値, という大物, という寄進, という小説, という計算, といっ, といふ話也, とお, とかえられ, とか枚数, として全部, とその, とつづけ, とても書けない, となげこまれる, となり, とまとまった, とを頂戴, と一枚, と二行, と云う, と出, と恰度洋服屋, と換えくれ, と書かなけれ, と書ける, と知れず, と私, と続い, と訳しおわる, と読まない, と読まぬ, と讀まぬ, と走り書き, ながら別々, ならびに包紙, ならべて, なるも, なんてかけない, にいたせ, になった, になつたの, になつちやつた, にならぬ, になり, にひきのばす, にもみたない, にも伸ばし, にも及ばなかつた, にも百枚, にわたる趣意書, にわたる長い, に寒天三本位, に対しては信頼, に対する玉塚商店, に当る, に書き直した, に書く, に煮, に纏め上げた, に過ぎなかった, に銀貨, の, のあ, のお札, のくさりかたびら, のため, のばいきんだらけ, のやまぶき, のノートル・ダム, のハガキ, のムシロ, の一円札, の予定, の人間, の作, の写真全部, の前篇, の努力, の厚, の原稿用紙, の大きな, の寄稿, の幻燈, の建札, の意見書, の所, の插繪, の時, の極上, の灰だらけ, の煙草, の爪, の由, の畳, の白金貨幣, の百両, の百円札, の短冊, の種紙, の紙幣, の紙片, の美濃紙, の肖像, の草稿, の蓆, の衣類寝具, の証文, の評論, の論文, の貴重, の賞賜, の質札, の銀子, の銀貨, の銅, の長, の青畳, の顕微鏡写真, はある, はいつ, はかけるでしょう, はみんな真物, は一日, は今日, は仕上げる, は分け, は口述, は平気, は敷けるであろう, は暗誦, は用意, は皆んな贋物, は自分, は読む, は野菊, ばかりおみやげ, ばかりきり, ばかりしか残っ, ばかりたまっ, ばかりだ, ばかりつくり, ばかりで, ばかりです, ばかりという約束, ばかりと黒, ばかりになり, ばかりのニュース演芸, ばかりのレコード, ばかりの中, ばかりの写本, ばかりの勉強, ばかりの同じ, ばかりの器用, ばかりの壁紙, ばかりの小品, ばかりの幻燈板, ばかりの感想, ばかりの文章, ばかりの畑, ばかりの短篇, ばかりの紙片, ばかりの襖, ばかりの評論, ばかりの頼信紙, ばかりの鴎外, ばかりは直ぐ, ばかりを口授, ばかりブラ, ばかりペシコフ爺さん, ばかり一銭切手, ばかり並べ, ばかり二つ折り, ばかり出た, ばかり半切十数枚, ばかり咲, ばかり封筒, ばかり後ろ, ばかり書きちらす, ばかり書きなぐっ, ばかり書き上げた, ばかり発送, ばかり紙, ばかり自動装置, ばかり色々, ばかり読ませ, ばかり贈, ひきうける, ひるすぎ, ほどある, ほどいつ, ほどかい, ほどだ, ほどにし, ほどに圧縮, ほどに成り, ほどに整理, ほどのかわら, ほどのがある, ほどのちょうど, ほどの一冊, ほどの作品, ほどの原稿紙, ほどの枚数, ほどの画布, ほどの短い, ほどの短篇小説, ほどの絵はがき, ほどの間, ほども書いた, ほどわたし, ほど中味, ほど今日, ほど入っ, ほど出, ほど四人, ほど彼女, ほど手ずから, ほど拾いあつめる, ほど揃, ほど敷かれ, ほど敷ける, ほど書かれた, ほど書き上げた, ほど書き込み, ほど書く, ほど発表, ほど続篇, ほど綴じた, までが贋物, まで小説, まで撮れます, もあったでしょう, もあやし, もあり, もいりませう, もお, もかかっ, もかきました, もずらりと, もそういう, もそれ, もため, もならべた, もの世界的名画, もの紙きれ, もはいっ, もひと, もまた, もやぶれ, もザラザラ, も入れ, も出来ぬ, も反古, も取る, も四十枚, も多く, も批評, も拵え上げた, も挙げる, も掃き立てた, も書ける, も束, も溜らない, も献納, も用意, も破った, も綴じ, も花火, も蓆, も買えた, も買っ, も買つて, も貼つ, も貼りつけ, も送っ, も首, や三十枚, や十五枚, よりは新しい, をあわて, をお送り, をだす, をはなむけ, をばわれこ, を七十五銭, を下げ渡され, を下げ渡された, を下さった, を下さつた, を出し, を出ました, を加えろ, を取り寄せ知れる, を取り返す, を取り返そう, を彼女, を手がた, を手刀, を持っ, を掴ん, を携え, を書い, を書いた, を書き, を書き得, を書く, を欠かした, を紙, を薬料, を被, を詐欺師, を買った, を費す, を賜わる, を越えたる, を越える, を造り, を隠し, ヲ完成サレヨ, 下さい, 並べた, 中二十枚, 入って, 入る, 出来る, 刷って, 取って, 売り切れてから, 封じられて, 少し, 或いはもつ, 或はそれ以上, 持って, 掴まされました, 掴んで, 揃いましたる大切, 揃えて, 揃って, 描く辛棒, 描けば, 攫んで, 数えると, 時には四十枚, 書いたが, 書いたらねちまった, 書いては, 書いても, 書かねば, 書くもの, 書けば, 書けるから, 書けるが, 替える, 汗ばんだ手, 渡した黄金, 渡して, 渡しました, 溜まったところ, 砕くと, 程の画, 程の畫布, 程の短篇, 程使っ, 程原稿, 程推敲, 積んで, 綴じた本, 置いた, 要りますけれども, 計致, 買ったところ, 載せられたの, 迄書く, 迄行った, 近いもの, 近い原稿紙, 近い父, 進む時, 隠して

▼ 十六日~ (857, 0.5%)

33 の夜 27 の朝 18 の晩 12 づけの, のお 9 の事, の夕方 7 のこと, の午後 6 に, の日, の月 5 の早朝 4 であった, である, になっ, に切腹, の御 3 だお, に榛軒, に歿, の分, の日記, の条, の記, は必ら

2 [39件] だ, だった, ですね, ですよ, にかえる, にここ, にはあなた, にはまた, に京都, に出した, に書い, に死んだ, に私, に第, に至る, に茶山, に行こう, の, のまだ, の事件, の午頃, の夕, の夕刻, の新聞, の明け方, の書牘, の朝まだき, の朝九時頃, の條, の次, の説教日, の間, の黄昏, はみなの衆, は朝, までの分, まで健, を, 大雷清涼殿

1 [578件 抜粋] お富, かよ, からあと, からで, からはじまる, からは夜具, からは寢, からは彼岸, からまず, からブロート, から三日, から二十二日, から先, から十七日, から半月間, から博文館, から取調, から四年半近く, から始まり, から始め, から新, から月番, から清廷, から興行, か十七日, か十五日, がみまかりました, が丁度三七日, が卒業式, が来る, くもり, けふ, しか一つ, じゃない, じゃ来月二十六日, すなわちこの, その電報, だかに, だから, だからね, だけは骨休み, だって十七日, だと, だろう, ちら, つとめて伊良胡, づけ請求, であったから, であったが, であったため案内者, であった勿論, であつ, であと五日, でありました, であるから, でこうして, でした, でしょう, です, ですからね, ですねえ, では, でスコットランド人, で二十日, で伸子, で宗祇, で日記, で父, で雪, で電車, で魔, といいまちがえた, という, というの, といえ, といそがしい, とおぼえ, とか云ってた, とし, とした, とって, となつて, とは食事, と七月, と二十七日, と二十八日, と云, と十八日, と山, と思います, と思わざる, と申す, と盆, と覚え, と言, と記入, と連日, なぞというはんぱな日, などは殊に, なの, なら相違, なんぞも寂しい, にいただきました, にいよ, にお目にかかったら, にかい, にきめ, にきめよう, にぎっちり, にこの, にし, にしかならない, にその, についた, につきました, につき八日朝, にて盂蘭盆, になつ, になり, になる, にはお, にはすこし, にはすっかり, にはカユノシル, にはベルギー, には中村楼, には冬, には出発, には前, には勤, には千住三丁目, には参ります, には家, には小僧, には山, には山巓, には弟泉三郎忠衡, には往復二里, には御飯, には救世軍, には新, には既に, には朝何時, には東京, には止まつた, には江戸, には皇学所, には短慮一徹, には筒井, には藪入り, には記事, には長浜, には長駆, には閻魔堂, には雪, には須山, には高, にぶじ, にまた, にもなる, にも各紙, にも川路, にも私, にゆきます, にわたり断続, にわたる頃, にオッタワ, にクスコ, にケルン市, にセイロン島コロンボ, にパリー, にファルマウス, にフランス, にベートーヴェン, にヴァッヘル, に一緒, に一頁, に七十二, に七十四歳, に三人, に三浦さん, に世界, に五十四歳, に京都所司代, に今度, に仏巌寺, に仲間, に伊勢寺, に会っ, に例, に僕, に允成, に先触れ, に六十一歳, に六十三歳, に内蔵助, に出立, に初江, に勝久, に化膿, に参ります, に又, に同志一同, に周防村, に和田駅, に品川, に四十二歳, に埋葬, に堀川舟庵, に夏道, に大, に大友皇子, に夭, に奉納演芸, に奏覧, に婦人有志, に学校庭内, に安房, に完成, に宴会, に寂, に寿江子さん, に尾久, に届き, に山中湖, に岡崎, に島田, に市川権十郎, に帰る, に常, に広島, に式, に弟柏軒, に彌勒町, に往生, に御, に急死, に愈々, に憲兵大尉, に所謂蹶起部隊, に打ち, に持たれた, に新潟, に於ける, に書, に書いた, に朝, に木下, に東京駅前, に東北學院教會堂, に東堂, に東武線, に柳湾, に柳田, に棠軒, に正宗院, に此職, に死亡, に氷った, に江の島, に法然, に浄照寺, に源覚寺, に父允成, に玄碩, に王, に生れ, に知事, に石垣, に福山, に立つ, に端座合掌, に簡単, に終つた, に結婚式, に続行, に老父, に至っ, に至り, に茅場町, に菅茶山, に蓋, に藤山, に藩庁, に蘭軒, に行く, に西岸寺, に試みた, に護法善神社, に讃岐, に起った, に遺物分, に里開, に重慶さま, に金勝寺, に長女純, に長岡藩, に陸, に養子願, に鹿角製浮袋, のあと, のあと四日, のお祭奠, のその, のとき, のひるま, の七時半, の下, の事変後, の仏送り, の会合, の冬, の出版, の切符, の前日, の十時, の午すぎ, の午前, の午前中, の午前九時三十分, の午前二時, の午前二時頃, の午前五時四十九分, の午前十一時, の午前四時, の午後一時頃, の午後三時頃, の午後五時, の午後八時三十分, の午後十時前後, の午後四時四十分東京着, の卯, の口書, の君, の國民新聞, の土曜日, の夕食, の夜中, の夜八時ベーリング行, の夜半, の夜四つ半時, の夜増上寺, の夜念仏, の夜明け方, の夜福山, の夜私, の夜舟, の夜行列車, の天候, の天気予報, の婚礼, の客, の宵, の宿題一, の寝台, の年号, の当日, の彼岸, の快晴, の怪火以来, の成績, の手紙着, の払暁, の日光白色, の日大分, の日曜日, の早暁, の春, の昼間, の晩被告, の暁, の暮れ方, の曉方近く, の書柬, の最後, の朝ぼらけ, の朝ぼらけ昨日, の朝やつ, の朝九時ごろ, の朝方, の朝景色, の朝東京, の朝舟, の朧ろ月, の木曜, の未明, の東京, の法要, の消印, の深夜丑, の激戦, の爆弾, の由, の盆休み, の研究会以来, の祥月命日, の第, の能, の菅茶山, の衆議院, の読売新聞, の読書会, の請待, の貞子誕生日, の質問演説, の踊歌, の送, の金曜日, の魂送り, の黄, はあるいは, はうごかなかった, はお, はちょうど, はイーハトヴ, はリンタク屋, はヴィニエッチ氏, は一行, は二十六夜待, は俗, は北朗自身, は即ち, は土曜日, は大変日, は彼, は御, は忠宝さま, は意味, は文化三年六月二十五日, は文化三年六月五日, は早朝, は書き卸し, は村民, は残っ, は浅草, は火曜日, は番頭, は立春, は第, は精一杯, は雨, は風, は食事, ばかりは少数, ひる, または二十三日, までさんざん, まででなけれ, までにまだ, までの五日間, までの十日間, まで寅二郎, まで待つ, まで續, もう一人, もその, もなお, もまだ, も降りつづけた, より一週間, より与党日, より二十八日, より二日間, より十八日, より四日間, より翌, より遠く, より銀四貫目, をつぶし, をもっ, を中心, を以て前, を以て歿, を以て生れた, を期し, を鉦起し, ヲ以テ, 与狩谷, 初めて入浴, 初めて文右衞門, 又朱印, 及び一八二一年五月五日, 大拷問, 宜う, 少しく風波, 常毛二州, 御受戒, 明ければ, 本普請, 来るという, 漸くに, 第二次卒業試験, 第四, 老夫妻, 薨ず享年七十五歳, 贈菊花於岡西玄亭及次子貞次郎, 迄, 迄に答申, 通いつづけましたが, 降りしきる雨

▼ 十二年~ (824, 0.5%)

24 の夏 22 の春 19 の秋 15 の震災 12 の暮 11 の間 9 である, の大震災, の頃 8 の二月, の關東大地震 7 のこと, の大, の後 6 になる, の六月十九日, の冬 5 という, に, の一月, の三月, の九月, の八月, の條

4 [11件] になっ, になります, に生れ, に至る, の五月, の六月, の十一月, の末, の歳月, の関東, の関東地震

3 [16件] このかた, だと, に当る, に私, の, の九月一日, の作, の刑, の初夏, の噴火, の地震, の役, の条, の正月, の長い, の震火災

2 [42件] から慶長五年, であった, といえ, といへ, となる, なん, にできた, にわたる私たち, に一度, に三好長慶, に出版, に又, に書いた, に歿, に生れた, に至り, の七月, の九月ごろ, の事, の二月ごろ, の二月十一日, の今日, の入閣, の十月, の子規, の昔, の晩秋, の月日, の永い, の生活, の開会日, の関東大震火災, の関東大震災, の関東震災, の關東大震災, の震災当時, ばかり前, まえの, も前, も暮れ, より三百七十年, 程前

1 [428件] おりやした, かかって, かにでき, からこの, からです, からはじめて, からは毎年五十人, から三十三年, から八十年前, から勤料五人扶持, から十六年十二月七日, から四年, から四年目, から日本, から百四年前, から第, から計画経済, か三年頃, か十三年, が彼, このかた思い, この地, この年, すなわち自分, そうでしょう, そのあいだ十六人, その家, そろそろ重い, たったけれども, たったという, たったに, だ, だったかと, だったね, だったろうと, ついこの間, つい七, つまり日本, であったと, であって, であつ, であり, であります, でありますが, であるから, であるが, であるは, でございましたかね, でしたが, でそれから, でもっとも, でもない, で東北征伐, で爾来, とある, といいます, という三年間位, という大昔, という長い, とすれ, となせる, となった, となり, との中間, とりこめられて, とんで, と五カ月, と四十三年, と称し, と称した, ないし十五年後, などあり, などという年数, なので, なり, における生活ぶり, にかけて, にかけて欧州, にかけ二十八年間, にこの, にし, にその, になつ, になり, にはすでに, には三十八歳, には丹波, には九月一日, には倉田, には八男剛十郎, には八百余万斤, には勘次郎, には北欧諸国, には国民歓呼, には國民歡呼, には大内正弘, には岡西氏徳, には彼, には支那, には既に, には更に, には東京地学協会, には江戸堀留町, には秀吉, には私, には自由劇場主事, には駿河, にもパエス, にも亙る, にわたる十年間, にわたる呉, にわたる頃, にチベット, にノールウェー, にフランス, に一家, に一遍, に七十三歳, に上梓, に上野, に下った, に九歳位, に二ヶ村, に五十一歳, に亡くなられた, に京都府, に先生, に入ろう, に入唐, に八十, に八十四歳, に公, に六十八歳, に六十六歳, に内務省地理局, に出来, に出来た, に出獄, に刑事民事訴訟法, に北陸, に十七尺, に千駄ヶ谷, に反戦論者, に地理局, に大阪, に奥医師, に女学校令, に完成, に富山, に對比, に川崎, に広島, に建てた, に引つ, に当ります, に彼處, に従一位, に憲法発布, に新式鐵砲, に春水, に暗殺, に書かれた, に有名, に服装その他百姓, に朝鮮, に来朝, に東京, に東西, に正味, に死ん, に水戸家, に江戸, に浦島子, に渡邊崋山, に熱, に王女, に病死, に百五十一箇, に石崎光瑶君, に神戸, に種子島, に第一高等学校, に筆, に米國, に終る, に義元, に聖武天皇, に自分, に至っ, に至つて此者, に船, に茨城県, に菊池博士, に行く, に計, に遡らなけれ, に針木峠以北, に露国, に頼氏, に高知, に鬼怒沼林道, のあいだ, のおそろしい, のお正月元日, ののち, のまだ, のもの, のやはり, のよう, のステンダール, の一月五日, の一月四日, の七月七日, の七月二十九日, の七月以降, の七月六日, の七月廿三号, の三四月以後, の三月二十八日, の三月十八日, の三月頃, の上諭, の世, の久しき, の二月出版, の二月十四日, の二月同行四人, の五回, の五月下旬, の仲秋信濃, の元旦, の八月十六日, の六月末, の冬十二月十二日, の冬十月, の処刑, の初, の初冬, の初夏六甲山上, の初頭, の創立, の劫火, の北支事変, の十一月二十三日, の十一月頃, の十二月, の十二月十一日, の十月ごろ, の十月下旬, の十月甲武信岳, の十月発行, の卒業生, の同人, の四月, の四月博文館, の変り型, の夏中, の夏伊豆, の夏場所, の夏多摩, の夏頃, の大水, の大火, の大赦, の大震火災, の天満焼けの, の宗門人別改帳, の宣告, の屈辱, の年数, の年月, の年末, の序文, の後半, の徳島藩, の所, の手紙, の文學附録, の文展出品作, の新富座三月興行, の旅, の日記, の早春興津, の星霜, の春唖, の春四月, の春彼岸十日, の春東京帝國, の春頃, の晩秋箱根強羅, の暦, の暮ごろ, の暮日本, の暮頃, の書上, の朝鮮, の期間, の末ごろ, の末頃, の条約問題, の林内閣食逃げ解散後, の歳, の獄中生活, の生涯, の発布, の秋以後, の秋八月, の秋大人数, の秋東京, の秋田, の秋頃, の秋風, の紳士, の総, の編撰, の罹災, の老酒, の苦闘, の著作, の選挙, の鎌倉, の長き, の間関係, の関東大震, の関東大震災以前, の阿波藩, の院展, の震災後, の露領, の頃文廷式氏, の頃清朝, の颱風, の飯田, の高等女学校令, の鰥寡孤独さ, はいったい, はどんな, は信階父子, は宿帳, は小, は小説流行, は明治三年, は明治二十三年, は明治十三年, は暮れた, は本能寺, は漁業, は稍, は蘭軒終焉, ほどなり, ほどの間, ほど前, まえです, までで, までの宥恕, までの文学史, まで三年間, まで十八年, まで彼, まで新聞記者生活, まで生存, まで雜誌, むしろ短, もかかっ, もそう, もっとも画期的, ものあいだ, もまた, もゐた, も世話, も北海道, も命, も奉公, も山, も手だて, も押, も掛った, も早い, も殿様, も秋, も終っ, も経った, も經, も若い, も連添った, より三百九年前, より昭和八年十月, より着々, をのむ, をへだて, を加えるであろう, を境, を成長, を最初, を経た, を經, を費し, を距, を送る, を過ぎ, を過ごし, を隔て, を飲む, 丁度節分, 再遊, 勤めて, 即ち天保三年, 即ち明治五年, 即ち終戦二年目, 即ち蔡倫, 又は三十四年, 同四十三年, 御届, 我が帝国憲法, 振に, 暮して, 更に下る, 程立っ, 経ちましての, 経った一八八〇年, 経っても, 経つて, 経つても, 経つの, 続いて, 迄, 遅れて, 駐英ローマ兵士

▼ 十七八~ (818, 0.5%)

43 の娘 23 の女 18 になる, の若い 17 の頃 13 の少女, の男 10 の美しい 9 でせう, の小娘, の少年 8 のまだ 7 になっ, の大 6 の可愛らしい, の小柄, の良い, の色, の青年 5 といふ, にしか見えない, に見える, の典型的, の小

4 [14件] でもあろう, どうかしたら, にもなるでしょう, にもなるでせう, のお, のこれ, のよく, のチゴサン, の好い, の時, の素人, の美, の美人, の色白

3 [15件] で色, とも思われる, とも見える, のきれい, のころ, のすっきり, の女中, の島田, の年増, の年頃, の武家, の水, の若, の若者, の青白い

2 [63件] あんな老人, から三十, から二十, が立つ, だから, だが, だつた, だと, であらう, であるが, でご, とすれ, と五十二三, にしか見えません, になり, になりました, に見える老けた, の, のいい, のいかにも, のお嬢さん, のしなやか, の丈夫, の上品, の両日, の中年増, の代, の侍, の前, の前髪, の古道具屋, の大きな, の女の子, の女学生, の如何, の娘さん, の婦人, の小綺麗, の小肥り, の少し, の平凡, の年, の年配, の弟子, の房州女, の書生, の武士, の滑らか, の狐, の痩, の背, の脂, の若衆, の苦味, の馬面, の髯跡, まだ小娘, より五人組七人組, らしい, をかしら, 一寸良い, 大町人, 老けて

1 [332件] あるいは十八, いい男, か, かしら, かとみえる, かとも見える, かと思った, かと思われます, かな, かなりなき, かまあ, かまだ, からなかには, から二十ごろ, から二十そこそこ, から二十四五, から二十歳前後, くらいかと思った, くらいで, ぐらいで, ぐらいな女, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいには化かす, ぐらいに見える, この二人, こんなの, じゃ, じゃない, すごい別, ずつも実った, そういう武士, だったかの, だったろうその, だって, だね, だらうと, だろうという, つら構え, であったから, であったらしい, であった時, であった父, であまり, である, であろう, であろうが, でいや, でこの, でござんしょうかな, でしかあるまい, でしかも, でしたが, でしたらう, でしょう, でしょうか, でしょうかね, でしょうが, ですから, でその, ででもござりましたろう, ではない, でわが子, で君, で女房, で容貌, で小説, で帳つけ, で手痛い, で撫子, で整った, で書き始めた, で片耳, で男勝り, で盛り, で眼, で眼鼻立ち, で美, で美しい, で翠, で翠袖紅裙, で若い, で見た, というおばあさん, というところ, というの, というよう, という腕節, といったところ, といふ中老, としか見えぬ, とながめられた, となってる, とみえる, ともみえる, とも二十歳, と思える, と見え, と見えし, と覚しい, と言っ, と言つて, なるべきか, におなり, にし, にしかなつ, にしかならなかつた, にしか見えぬ, にてかっきり, になった, になつ, にならう, になりたい, になりもやせん, になるだらう, になろう, にはなるだろう, にはなるでしょう, にはなるでせう, には手痛い, にみえる, にみえる痩せた, にもなった, にもなつて, にもなれ, にもなろう, にも成りましょう, にも見える, に成る, に至る, に見え, に見せ, に見せる, のあどけない, のあの, のいやらしい, のういういし, のおとなしい, のおふくろ, のからだ, のかわいらしい, のこざっぱり, のすらり, のその, のそれ, のちょっと, のちょっとした, のちよい, のぬうっと, のぬれ, ののっぺり, のべっぴん, のまたたび姿, のまるまる, のみすぼらしい, のアルメニア婦人, のクリーム, のゴーリキイ, のポチヤポチヤ, の一寸, の一寸顔立, の丈夫そう, の下婢, の下町風, の不器量, の不良中學生, の不良少女, の世馴れた, の中, の中僧, の中間, の乞食, の人, の人形, の他, の仲間, の何處, の供, の優形, の共産兵, の内儀, の分別者, の初心, の別嬪, の削げた, の前髪立, の品, の商人体, の喰, の垢抜け, の多血質, の太った, の女毎度馴, の女給, の如何にも, の姉樣, の娘人形, の娘盛り, の娘風, の婀娜, の子供, の実業家, の小さく, の小づくり, の小倅, の小僧, の小僧ひとり, の小冠者, の小女, の小姓, の小意気, の小男, の少女出, の少年時代, の島田髷, の年増ざかり, の引きしまった, の文治, の新造, の時分ひと, の材木屋, の桃割, の桃色縮緬, の正直, の死, の殘, の気, の気持, の氣, の浪人, の浪人者, の浪人風, の淋しく, の澁, の父, の猫, の田舎娘, の痩せぎす, の白く, の盛岡, の盛装, の目鼻, の盲目, の眞四角, の眼, の社員, の私, の立派, の粋, の粗野, の精悍, の紅裙翠袖, の素直, の素直そう, の紳士, の綺麗, の美くし, の美貌, の老, の老人, の肥えた, の肥った, の臆病, の自分, の至つて平凡, の與吉, の花, の花嫁さま, の芸人, の芸者衆, の若旦那型, の若旦那風, の若者揃い, の苦みばしった, の薄汚, の薄汚い, の藝人, の藤さん, の血気盛り, の血色, の見にく, の親父, の詩人的人物, の講師, の身分柄, の農家, の逞しい, の遊人風, の達, の達者, の醜い, の金髪, の長春, の陰氣, の青年二人, の頃一番町, の頭, の顏, の顔形, の騎士, の髪, の髭, の髯, の麗しい, の鼻, は, は男, ばかりと見ゆる, ばかりのほそ, ばかり田舍, ほどの女房, ほぼ兵馬, まだ子供, までは何, まで嫁, まで尽く, まで面白, も並んだ, やっと女, より五人組, らしいその, らしい髪, らしくすべすべ, を頭, 並ぶ者, 乃至二十四五歳, 又は三十位, 少しの, 少しのっぺり, 恐らく相, 縮れ髪たっぷり, 詰めたボール箱, 遅くとも二十ごろ

▼ 十二三~ (809, 0.5%)

31 になる 24 の頃 18 の若い 15 の女, の少年, の男 14 の時 11 の娘 9 の男の子, の美しい, の色 8 の女の子 7 の子供, の小僧, の良い 6 の中年増, の子, の小, の少し 5 でせう, でもあろう, になっ, のころ, の小娘, の少女, の立派, の青年 4 から十五, であった, ですが, にもなるでせう, に見える, の, のお, のこれ, の若者, 少しふけ

3 [15件] であろうか, で色, になった, のすらり, のとき, のまだ, の中年者, の品, の大, の好い, の浪人者, の痩, の痩せぎす, の紳士, を頭

2 [61件] から廿歳, がせいぜい, ぐらいの子供, だ, である, で上品, で小, で殺された, で片方, で細面, で顔, とも見える, と思はれる, と申します, と聞い, と見える, と言っ, と言つて, にし, にしか見えない, になつ, には見えます, にもなる, のあだっぽい, のいたずら盛り, のそれ, のびつくり, の一度, の上品, の中年女, の人, の働き盛り, の内儀, の凄い, の夏, の女中, の妹, の子供たち, の小作り, の小女, の小意気, の数, の時分, の月代, の武士, の河童, の淋しい美しい, の滅法, の痩せた, の童女, の美人, の老女, の背, の色白, の逞しい, の遊び人風, も年, より上, らしい, 何となく一脈, 大町人

1 [339件] ありますが, いかにも聰明, いかにも酒好き, かそれとも, かと思われる, かな, からこんなに, からは父, からようやく, から二十五六, から十五歳位, から十四五どまり, から流離, かナ, か四, か四五, か四五程度, くらいであったろう, くらいな, くらい性質, ぐらいで, ぐらいでしたろう, ぐらいと思われる, ぐらいにしか見えない, ぐらいになっ, ぐらいのこれ, ぐらいのスマート, ぐらいの女の子, ぐらいの年頃, ぐらいの粋, ぐらいの金髪, しか違いません, すでに所属, せいぜい四五, たぶん何村あたり, だが, だったでしょう, だつた, だつたの, だと, だよ, だろう, だろうが, であ, であったであろう, であったろう, であった世阿弥, であろう唐桟柄, でいらっしゃいます, でかく観察力, でこれ, でございます, でした, でしたから, でしたよ, でしょう, でしょうが, でしょうね, です, ですもの, でその, でどちら, でなければ, でなほ, でもありましょう, でやはり, でゐ, でモツアルト, で主人, で人品賤, で去年, で啓介, で妹, で小学校, で床, で武, で物, で立派, で麻布, という人物, という年, という見当, といふ, といふ年配, とかなら, としか受け取れなかった, としか見えざる, ともなれ, とも思われる, と云う, と云え, と想, と見えます, と見た, と見ゆる, と見受けられる, と鑑定, なの, なので, なるべし, なる男, なれば, にしかみえなかった, にしか見えず, にしか見えなかった, にしか見えません, にしか見られない, にしきゃみえない, になるでしょう, になる肥えた, になれ, にはおなり, にはなっ, にはなるだらう, にはなるだろう, にはなるであらう, にはもう, には祖母, には見え, には見えた, には見える, にもなつて, にもなるでしょう, にもなろう, にも成りましょう, に七八つぐらゐの松本, に成っ, に成る, に水海道, に見える痩せた, のいい, のいかにも, のうら若, のおとなし, のお嬢さん, のお嬢様, のきれい, のころ一度帰朝, のぞろりと, のたん, のちょい, のちょっと, のちよい, のちんぴら, のでぶ, のひよろ, のほっそり, のイナセ, のスラリ, のドクトル, のピオニェール, のボーイ, の一寸, の一番上, の丈夫, の下, の下僕, の下町, の不思議, の世, の世話女房, の中学生, の中老人, の丸髷, の主婦, の乞食, の亭主, の令夫人, の伜, の何百人, の侍, の侍女, の働き者, の優さ男, の優形, の優男, の典型的, の円頂, の出戻り, の北国, の北國, の口髯, の召使, の可愛らしい, の名前, の商売人上がり, の喉, の坊様, の壮, の大きな, の大柄, の夫人, の奈々子, の女房, の女盛り, の好色家, の如何にも, の妓, の威勢, の娘姿, の娘達, の婀娜っぽい, の婦, の子どもひとり, の子どももの, の子供みたい, の子供同様, の実体, の實體, の小僧たち, の小坊主様, の小男, の少女たち, の屈強, の巨男, の年, の年格好, の年配, の年頃, の幼, の彼, の御, の忰, の念入り, の息子, の悪太郎, の愚痴, の愛くるしい, の憂鬱, の抜ける, の文学団体, の方, の旅人, の昔, の時ロイマチス, の未亡人, の未熟, の楯類, の極めて, の櫛巻, の毅然たる, の気, の汚, の洋装婦人, の洟垂らし, の派手, の浪人てい, の海軍, の淋しい, の溌溂, の生っ白い, の町家, の痩形, の白い, の盛装, の目鼻立ち, の眞, の確り, の社員, の福々しい, の禿げ, の粋, の細君, の給仕, の総髪, の緑色ジャケツ, の總髮, の美青年, の老婆, の職人体, の肥つた一目, の脂ぎつた男, の腕白, の自分, の舳, の良い若い, の艶, の芸者, の芸術家, の若, の若僧, の若年寄, の若白髪, の薄汚, の見る, の見事, の見習い, の赧ら顔, の逞, の達者, の鍵, の開化, の雛妓, の青白い, の青黒い, の面長, の頃友, の頑丈, の頬, の額, の骨, の骸骨, の黒い, の鼻, はたしか, は女盛り, ばかりのが, ばかりの女の子, ばかりの女形美, ばかりの小僧, ばかりの獅子, ばかりの童児, ばかりの細君, までたいがい女学校卒業, までだ, までで, までです, までのお下髪, までの男の子, までは仕合せ, までも, まで三九郎, まで殊に, まで泳げなかつた, まで育った, も写し, も年齡, も年齢, も打ちのめせ, も空, も違う, やはり普通, らしかった, 似たよう, 如何にも酒好き, 少し足りない, 聴いた, 見えて, 逞しく正直

▼ 十~ (782, 0.4%)

31 の兵 20 の大軍 12 の金 8 の人々 7 の矢, の読者 6 の人, の人口, の人間, の大兵, の市民 5 の漁民 4 という人間, の人民, の味方, の軍, の軍勢

3 [15件] という人, という人々, という金, といわれ, とも知れぬ, の兵力, の同胞, の図, の増加, の失業者, の家, の現金, の生命, ほどだ, もある

2 [54件] ぐらいずつ死ん, だろうか, でしょう, というよう, という大軍, という読者, とか何百万, ともしれない, と云, と号, と号し, と称され, なン, になっ, になる, にも達する, の, のこの, の債務, の党員, の労働者, の勤労者, の大, の大金, の将士, の少年奴隷, の日光図幅, の未亡人, の死者, の民草, の民衆, の狂人, の生霊, の神, の精兵, の精鋭, の赤軍, の身代, の軍馬, の青年, の預金者達, はある, は多, ほど貸し, もの失業者, も二十万, や五十万, るーぶりニ達ス, を与, を算するで, を超え, を超えた, を超える, 近い金

1 [489件] あった失業, あって, ありそのうち, あり国中春, あるか, あるでしょう, あると, あれば, いや東京, いや百万円, うようよし, か, かあっただろう, かけて, かして, かないや, かななにしろ, かに殖え, かの少年少女, からある, からになっ, からの生粋, からの財産, から三十万, から二十万, から二十万以上, から二千八百万, から八十万, から四十万, か二十万, か何百万, か何百万ペソ, か十二三万, か四十万, か百万円, か知らない, が三十万ペセタ, が呉, が城下, が存在, が屍, が左右, が日に日に, が最低, が最高, が財, ぐらいかな, ぐらいのもの, ぐらいの損害, さすがに, じ, じゃ着手, ずつの人口, だけ多い, だすぐらゐなら, だろうが, ちかい人, ちかい人口, であった, であったと, でありまして, であるから, であるが, です, ですが, ですね, でもほか, でも出す, でも社, でも透明人間, でよろしい, で八百, で買, と, とあらわれたら, とある, というお, というところ, というまだ, というもの, というサラリーマン, というトカゲ人種, という事, という人口, という値, という労働者, という句, という同胞, という多数, という大兵, という平地, という攻め口, という数, という敵国人, という新鋭, という札束, という民衆, という災害, という珍品ぞろい, という現実, という盛況, という窓, という膨大, という若い, といった, といったそう, といはれ, といふ, といふ程多数, といます, とかいう相場, とかいつも, とか三十万, とか五万, とか五十万, とか十五万, ときめ, とすれ, とぞんじます, となり, とはいう, とは馬鹿馬鹿しい, とむらがっ, ともなるだろう, ともわからない, とやっぱり, と云う, と云われ, と云われる, と号する, と号せる, と売れる, と居るで, と数, と数えたなら, と檻, と決っ, と称し, と称する, と称せられる, と聞え, と聞える, と聞えわたる, と聞く, と見せ, と見積っ, と見積ったなら, と言え, と言っ, と言われ, と註し, と誇っ, ないし三百万タン, ないし二十万, ないし二百万クヲタア, ないし五十万, ないし八十万, ないし百三十万, なるを, なれば, におよんだ, にし, になれ, にのぼろう, には過, にもなっ, にも及ぶ, にも達し, にも達した, にゃすこし, に一人, に上るであろう, に下らざりしか, に不自由, に余り, に余る, に値切っ, に充たず, に出でざり, に分たれなけれ, に及ぶ, に増しました, に増加, に売れる, に対し寺院七十カ寺, に延し, に減っ, に登っ, に至る, に足りない, に近, に近い, に過ぎないだろう, に過ぎなかった, に達した, に達しない, に配当, のうち, のお, のつ, のつく, のみでなく, のもの, のインク, のキリシタン宗徒, のクラブ員, のサルマチア族, のチェッコ・スロヴァキヤ, のハシタ金, のパイナップル栽培計画, のポスター, のユダヤ人, のロシア, のロッペン鳥, の一部, の中, の予約者中, の人たち, の人一般, の人出, の人夫, の人家, の人民中二十五万以上, の仏蘭西人, の仕事, の位, の住民, の俊寛, の個人, の借財, の働く, の元, の兵士, の出版部数, の勇敢, の勝ち, の勢, の勢子, の勢揃い, の勤労男女, の勤労青年たち, の南鮮漁民, の参拝者, の口, の呉軍, の商店中毎年代がわり, の圧力, の地球, の外国政府出版物, の多き, の大兵野, の大都市, の女子, の妓, の娘たち, の婦人, の婦人たち, の学徒出征, の家々, の家屋, の家庭事情, の家軒ごと, の富, の将兵, の小, の巨富, の希望, の師範, の師範役, の師範王進, の弾薬, の後方, の後詰め, の従業員そのもの, の怒, の戦い, の折紙, の押印料, の損害, の数, の新築, の日本, の日蓮, の明軍, の普通漁民, の未, の本, の来るあら, の標品, の武士, の歩兵, の死んだ, の死亡者, の死活, の死活問題, の母, の民, の洪水的読者層, の浄土, の源氏, の源軍, の燈明, の特権者, の犠牲者, の現金さ, の生, の産業戦士たち, の申込み, の町, の異姓, の白蚯蚓, の白骨, の相続税, の眷属, の禁軍, の移民, の種, の空虚, の窮民, の端金, の精騎, の紙銭, の群集, の聖霊, の職工, の肺患者, の胸, の若き, の英兵, の荒くれ漁夫ども, の菓子店, の蛾, の衆, の行列, の行旅, の要らない, の親, の読者大衆, の貴族, の資産, の資産何, の足, の身上, の軍兵, の軍力, の軍団, の逞兵, の遠征軍, の遺産, の野蛮人, の銭, の陸軍, の青年たち, の靴, の顎紐, の鮎釣り党, の黒兵者, はありました, はあるだろう, はあるであろう, はあろう, はいつ, はいるだろう, はうごい, はかかる, はこの, はづもう, はもう, はもうかる, はよろしく, は住む, は儲かる, は大した, は官渡, は実に, は実は, は愚か, は擁する, は楽, は水上生活, は溜め込んだ, は用意, は百万騎, は赤字, は長江, ばかりおりましょう, ばかりかけ, ばかりの借財, ばかりを得た, ばかり今夜中, べん, ほどさ, ほどと鉱山, ほどね, ほどのヘソクリ, ほどの人間, ほど使いこん, ほど転, ほど預金, まで合計千二百万円, もあった, もあり, もあろう, もいる, もうけさせても, もこの, もって, もつぎこんだ, もの百姓ども, もの金, もの黴菌, も凩, も十五万, も合せた, も数多き, も減少, も超えるであろう, も軍艦, やそこら, や三十万以下, や二十万, や其他, や地質調査所, より凹む, をかり催し, をこえるであろう, をすべて岸, をととのえ, を下るまい, を以てこれ, を催促, を出し, を加え, を動員, を十万倍, を博多, を占め, を合し, を従えた, を得, を擁し, を救う, を数える, を曹操, を有し, を有する, を殺す, を焚い, を率い, を発し, を直ちに, を相手, を突破, を算, を要する, を越え, を越える, を長安, イヤ七八十万, ノ人民, ノ人民産, ノ兵, ノ寄手ト野戦, 不冥, 乃至七十万, 乃至三百万人, 乃至五十万, 乃至百万, 儲けたなどと, 儲けたん, 刷ります, 勝って, 即ち百万足らず, 多きは, 寄せるとか, 投げ出します, 持ちだすの, 捌かれると, 最も多き, 減って, 無告, 猶太人, 蹴ちらせないで, 近い人間, 近い党員, 近い札束, 近い熟練労働者, 近い軍勢, 集めれば

▼ 十二日~ (754, 0.4%)

26 の夜 13 の朝 11 である 10 のこと 9 づけの, に歿, の午後 8 の晩 7 になっ, のお 6 の間 5 だ, に, に江戸, に蘭軒 4 だった, にくらべ, にこの, にし, の宵, の月, の未明

3 [11件] から十三日, だから, であった, になる, に抽斎, に生れ, の夕方, の旅, の条, の頃, の項

2 [45件] かお前, から三日間, から二十五日, から四月二十五日, が来る, つい六日前, です, で今, とちがっ, にて此御鉢, になつて, になんかした, にね, には, には早く, に七十一歳, に再び, に勝久, に大祭, に大阪, に来る, に相当, に福山, に結婚, に聖徳太子, に至っ, に鎌倉, に黒部, の, の事, の北平, の午前, の夜半, の日, の時雨, の臨終, の黒部行, は信玄, は寒い, は朝, は来た, まで書きました, よ, を期し, 曇り

1 [468件] いたが, いらいの, おなくなり, および二十四日, かえる, かかる長い, からひどく, から三十五頁, から三度目, から三月三日, から九日間, から二十七日, から二十三日, から二十六日, から五十日間, から十二月二十一日頃, から始, から始まった, から始まる, から攻囲, から梅雨, から翌年三月中旬, から道頓堀, から金, から開場, から開始, から防空演習, か二十三日, か十三日, があれ, がいよ, がいよいよ, がこの, がアゲ, が即葬, が大安, が実に, が来, が来た, くたびれて, くらい, このよう, この日先づ白石, しかも今, じゃし, その日, だけを祭日, だったと, だと, つまりコルシカ, づけ御, であ, であつ, でしたか, でしょう, では, で丁度, で例祭, で僕, で光, で北山行幸, で差出人, で月, で月俸三十五円, で此大吉, と, とあります, というもの, という奥書, という日, とかに先方, とかに江戸, とし, とする, とそして, とそしてまた, となっ, となつ, とは思われない, と二人, と二回続発, と合計三回飛行機, と店, と推定, と経った, なのよ, なり, なんかで, にあたる, にお, にお産, にかえります, にかえる, にき, にここ, にこちら, にその, にそれ, にとめ, になった, にならない, にはいっさい山入り, にはおいで, にはかえり, にはきっと, にはこんど, にはじめて, にはとうとう, にはもう, には七十ポンド, には上田, には下早川田, には主人, には二度, には今期, には兄, には全部, には兵庫, には出かけられません, には同じく, には国会開設, には太子, には太陽, には寛斎, には弥陀如来, には忽ち, には既に, には朝六時五十五分の汽車, には浅草, には浪士ら, には火, には狐, には石井信次, には私, には笞打, には第, には箱館, には総督嘉彰親王, には越後三条, には鉱山監督署, には関東, には集, にふたたび, にまた, にも御, にも火事, にやう, にわが, にアトリ, にイギリス, にオーストリー, にクル・ラ, にシンガポール, にモスクワ, にランカシア, に七十二歳, に七十五歳, に三原, に下島勳, に九助九郎兵衞, に二人, に二十, に二子優善, に五合目以上, に亡くなられた, に亡くなりました, に今川槐庵, に今度, に作られた, に供, に信明, に先だって, に入牢, に六十八歳, に六年ぶり, に出帆, に出張, に勅使, に勝利, に北上, に原田, に友人, に古い, に古今書院主人橋本福松君, に名犬, に喀血, に四時, に壺形土器, に大小目付以下, に大王殿下, に大目付石河土佐守, に大風, に太子, に始, に始まっ, に娶った, に子, に完成, に寿, に将軍, に屍体, に帰宅, に幕府, に延し, に往生, に往路, に従来, に御, に御台所, に御園氏淳, に徳川慶喜, に念, に慰靈祭, に成っ, に成立, に手, に播州無宿, に新, に旅行アルラシ, に明州, に書, に書い, に書いた, に本所, に本所二つ目, に本郷真砂町桜木天神附近, に来朝, に東京, に果て, に柏軒, に桑名, に棠軒, に権, に正, に正教, に正方, に正造, に死んだ, に死んでる, に決行, に沒, に沖, に独軍, に獸牙製曲玉, に瑞長, に病, に発, に発見, に看守, に神辺, に稿, に立っ, に立つ, に竟, に竣工, に義元, に老中土井大炊頭利位, に胴体, に脩, に臨終正念, に至って, に至る, に虎列拉, に貧しい, に辞し去, に迫つて, に送られた, に送り出し, に道徳的抑制, に配流, に金, に長崎奉行, に隠居令図, に領主稲葉丹後守, に首尾, に高野領清水村, に鵠沼, に麻布西町十五番地, ね, のきょう, のぬかるみ, のもの, のオフラーナ紙, のタイムス新聞, のノート, の一日, の七つ下り, の万朝報, の上り, の丑刻, の予算, の事実, の会津落城, の作, の分, の初会式, の午ごろ, の午前七時ごろ, の午前七時頃, の午前中, の午前八時頃, の午前十一時, の午前十時, の午後あたり, の午後一時, の午後三時, の午後三時比貝塚, の午後姉夫婦, の午後隆治さん, の午過ぎ, の反乱, の合戦, の土曜日, の地震, の夏至, の夕べ, の夕陽, の夕飯時, の夕餉, の夜中, の夜伏見, の夜川崎, の夜慶喜, の夜明け前, の夜明け方, の夜更け, の夜蔭, の大, の大阪朝日新聞日曜, の子, の尺牘, の微, の敗報, の日付, の日曜, の日記, の日附, の早慶三回戦, の明け方, の明後日, の昼間徳田秋声先生, の晩宿, の最も, の朝ここ, の朝五時四十分至急, の朝播磨国室津, の朝日新聞, の榛軒, の槍祭, の横座標, の歌舞伎新報, の正午過ぎ, の火曜日, の玉稿如何, の王子, の真昼, の祭り, の秋祭, の空襲, の総, の衆議院, の詔, の議会, の連合通信, の開院式, の饗応, の8号, はその, はたしあい, はまだ, はイースター, は一日じゅうサイレン, は下島, は全く, は別に, は前夜, は啄木, は大雪, は天狗岩, は慶喜, は放免, は文化三年七月二日, は文化三年六月二十一日, は斯く, は未明, は本郷, は来れり, は猿田川岸, は私たち二十七回卒業生, は移る, は第, は諸, は雪, ばかり続い, また, または十七日, また大分, まで, までということ, までとても, までなどと短, までに非常, までの, までのお, までの永い, まではそう, まで一箇月間, まで三日間, まで九日間引, まで奥州浅虫温泉滞留, まで奧州淺蟲温泉滯留, まで我々, まで秋, まで繼續, むなしく踵, もすぎ, もみんな, ももう, も何, も十三日, も近くなつ, も近づいた, も雪, よりふと, より三日間, より丹羽文雄氏, より二十三日, より二十八年, より六月七日, より前, より喀血, より引つ, より東京控訴院, より痘瘡, より発症咳血也, より英国, より英国地方, より遅れ, より開催, わが狎友唖, をもって旅順, をもって訊問, をもって評議, を以て去る, を休ん, を得る, を忘れない, を忘れる, を楽しみ, を示し, を経た, を迎える, 再び強震, 初めて両, 即ちチベット暦, 即ち汝, 同じく閑窓読書, 居て, 承久元年, 持って, 早くなり, 曇りのち雷雨, 第三, 第二回目, 第十議会, 辛うじて脱稿, 遂にケーニヒグレッツ, 頂きました

▼ 十八歳~ (709, 0.4%)

48 の時 27 になる 17 である, にし 15 であった, のとき 12 であつ 10 で歿, の春 9 になった, の少年 8 になっ 6 になつ, の娘 5 でした, の今日, の生涯, の私, の若者, の高齢 4 になつて, のその, の坂田, の女, の男, の秋, を一期

3 [11件] だった, です, では, で死んだ, になり, になりました, のころ, の老, の老人, の若, の頃

2 [37件] から六十六歳, か二十歳, で亡くなった, で夫婦, で女学校, で始め, で姿, で学校, で孫, で新潟取引所, で死にました, という若, となった, とはこれ, になられた, にもなっ, に至る, のこの, のとき初恋, のチェーホフ, の三月, の初, の娘さん, の安二郎, の寿, の山陽, の手紙, の折, の母, の祖母, の翁, の老齢, の花嫁, の間違い, の青年, の青春, まで生き

1 [335件] からの二年間, からはそれぞれ妻帯, から二十一歳, から二十五歳, から二十歳前後, から五十歳, から四十七歳, から四十八九歳, から後家暮し, から暮し, から翌年, から選挙権, か十九歳, が四十歳, くらいの少女, くらいの男, ぐらいの若い, けれども私, これからと, すぐれた美男, そしてイエニー, そのまん中, だ, だけれども, だったかと, だったの, だった勘定, だった詩人ハイネ, だつた私, だと, だのに, ちゅう高齢, で, であたし, であったが, であったと, であったとも, であったなどという, であったもの, であっても, であるが, であるとは, であるべきに, でいま, でいらっしゃいました, でいらっしゃいましたから, でお, でこの, でしか, でしたが, ですから, ですからね, ですが, でなかなか, でなくなりジョージ親王, でまだ, でもはや, でも非常, でも體, でりっぱ, でわたくし, でソヴェト, で一生涯薬, で三条西家, で世, で中学, で九郎右衛門, で二高, で仏様, で他界, で六年, で処女詩集, で出家, で剃髪, で十二年前, で卒業, で博士号, で向島龜戸神社, で嘉永三年戌歳, で士官, で大, で大殿, で天台座主, で失った, で女子文壇, で徒刑場, で従軍, で恃, で戰死, で明, で書物番, で止む, で殆ど, で毒, で気持, で永眠, で江の島, で決闘, で法然, で父, で父輝宗, で生れ, で生年, で留守居年寄佐野豊, で病歿, で神聖ローマ帝国, で立派, で結婚, で老けて, で處女詩集, で行方, で行方不知, で襲爵, で践祚, で躋寿館, で身上, で身分, で軍艦頭取矢田堀景藏, で輿入れ, で鎌倉時代, で隠居, で隠居夫婦, で青洟, という壮年, という寡婦, という年, という老, といえ, といふ, といへ, といよいよ, とし, としてある, となつて, となり, となる, とはどう, とは思えぬませた, とは思へない, とは思われない, とほん, と云, と小さく, と成けり夫婦相談, と答, と答えき, どつ, ないし二十歳, なお端麗, などいづれ, なの, なり, なりしが, なるが, なん, にお, にございます, にて弥五右衛門景吉, にて逝けり, になられます, になります, になり給う, になれ, になれり, にもなった, に夫, に成ども餘, に成りまする, に成候, に成候男, に成候者愚姪方, に相成る, に達し, に達する, のお, のおじいさん, のお年, のかれ, のしん, のつら, のときイプセン, のとき最愛, のとき母, のひどく, のほう, のぼく, のむす, のゆき遲, のアガーシャ小母さん, のウラジミル・イリイッチ・ウリヤーノフ, のコムソモール, のバッハ, のマリア・ルイザ, のモダニズム作家, のユアン, の七月三日, の中学三年生, の中学生, の乙女, の乙女たち, の九月, の二少女, の人, の今, の休職士官, の伸子, の作家, の作者, の倭文子, の健康, の働き盛り, の兄栄次郎, の光悦, の冬, の冬母, の処女, の半蔵, の善吉ひとり, の夏, の夏休み, の大, の大晦日, の天保十年, の女子, の女学生, の女性, の妙齢, の妹さん, の妾, の娘死, の娘盛り, の婢, の婦, の将軍家, の小娘, の小島新五郎, の少女, の少年兵, の少年武士, の年, の年長者, の弘治元年, の弟也, の弱冠, の彼, の彼女, の後輩, の恐ろしい, の息子, の感情, の戲作者焉馬, の文盲, の断髪, の新, の新妻蝶々さん, の昔, の春上京, の春肇輯五冊, の時叡山, の時彼女, の時日本, の時横井, の晩春, の智慧, の暮, の有為, の死刑囚糊本, の殺し屋, の比較的, の温厚, の無, の父, の牧師, の独身店員, の理性, の男盛り, の登勢, の盲, の祝賀, の秀吉, の素女, の紳士, の美しい, の耶蘇, の肉体, の自分, の茶山, の蘭子, の蘭軒, の蝶々さん, の詩, の詩人藤村, の誕生日, の誕生祝, の身, の逞しい, の道盛信崇, の重吉, の長女千代, の長寿, の離郷, の霞亭, の青年昌造, の頭蓋骨, の頼家公, の養玄, の黎明, は, は文化十四年, ばかりで, ばかりのくみ, ばかりの時, へかけ, まで, までの半生, までの少年, までは六時間労働, までは獨學, まで年寄役, まで生きた, まで生き延びる, まで生き得る, まで長生, もう一人, をもって終り, を以てこの世, を以て世, を以て歿, を迎, 乃至二十歳, 今売出し, 代稽古, 即ち輝勝, 生れながらの, 迄の獨學時代

▼ 十七歳~ (706, 0.4%)

33 の時 25 になる 24 であつ 21 のとき 18 にし 14 であった 13 である, になっ 10 で歿, の少年 8 だった 7 になった, の今日, の頃 6 になつ, の少女, の年 5 で死んだ, の春, の青年 4 で, であるが, で結婚, の女, の若

3 [14件] であったと, でその, で世, で初めて, で妻, となる, と云う, になります, に至る, の夏, の御, の私, の秋, の若者

2 [38件] お歳上, ぐらいで, だから, だつた, だと, であったが, であること, でお, でしか, でエンジナー, で京都, で美貌, で臨んだ, で関ヶ原, と七カ月, と二十五歳, になつて, になられた, になり, にもなっ, のお, のとき米俵, のみが持つ, のチェーホフ, のブランキ, の初夏, の天野大助, の娘, の彼女, の時江戸, の男性, の美少年, の老, の自分, の花盛, の菊, の長寿, まで

1 [325件] あの頃, あほう, いつも水, ええこの, か, からいきなり, からは何, から三十三歳, から三十二歳, から三十八歳, から二十一, から二十一歳, から六十三歳, から十八歳, から四十歳, が末, くらいだった, くらいになっ, ぐらい, ぐらいにしか眺められず, ぐらいの作, ぐらいよ, さ, じゃが, だ, だそう, だった作者, であ, であったとも, であった母親, であって, であり少年, でいらっしゃいました, でこの世, でこれ, でございますから, でした, でしたし, です, ですが, での出陣, では, でよめ, でインド, でブルム襲撃, で二の丸火の番六十俵田口儀三郎, で二百石八人扶持, で二高, で亡くなっ, で亡くなった, で允成, で八月十一日, で卒, で同じ, で変死, で女学校, で子供, で左眼, で彼, で徒刑場, で戦, で文学者, で日本, で早く, で最近病臥, で朝田, で本陣さき, で死なせた, で死ぬ, で死刑, で死去, で父, で牢死, で病死, で發つて今年四十餘歳, で眠る, で米國, で終る, で色, で花婿, で若死, で薨, で述懐百首, で退位, で逝き, で遊蕩, で邑, で關ヶ原, という, というこの, というの, という体, という若い, といえ, といふ若, とかけと云う, とかでアメリカ, とか云っ, とする, とで結びつく, となっ, となり, となれる, とはどうしても, とは誤写, と三十二歳, と仮定, と成り, と言っ, と言ったら, などといふ年ごろ, なので, なるが, なる方, なれど, に, にあたる, にお, にかけての頃, にて死す, にて落飾, にて逝けり, になりまする, には, にはあの, にもなった, にもなり, に当る, に成, に成っ, に成る, に成候是, に相成りまする, に至つた時, に達し, に達した, に還った, のおぼろ, のおり, のころ, のすらり, のその, のそれ, のときここ, のとき一家, のとき原子核, のとき宮中, のとき家, のとき弁護士, のとき強制的, のとき旅, のとき東京, のとき父, のとき自殺, のひと, のわが子, のイレーヌ, のエレナ・ゲルハルト, のコムソモールカ, のセラフィモーヴィッチ, のソホー老人, のニューラ, のハイドン, のマリア, の一七二三年フイラデルフイア, の一少女, の一軽輩, の一輕輩, の世代, の中学生, の中小姓, の事, の五月, の人, の人妻, の人生, の伝六, の信二, の働く, の八, の六男, の冬, の処, の出陣説, の分別盛り, の初春, の劉禪, の十二月はじめ, の右衛門七, の名誉職, の哀れ, の四万吉, の坪内逍遙先生, の増田屋金兵衞, の壮齢, の夏頃, の大変, の大変美くし, の天才少年, の女の子, の女学生, の妙齡, の妻, の妻木右, の嫡子小太郎, の嫡子瑞長, の子供, の孫娘, の実業家北沢栄二, の小娘, の小次郎, の小谷さん, の少年北畠顕家, の少年時代, の山陽, の幸徳, の弁次郎幸村, の弱冠, の彼, の惜しい, の成年男子, の成熟期, の折, の折り, の折参戦, の明, の春剃髪, の春琴, の時入門, の時浪人, の時遊廓, の暮れ, の未亡人, の朱桓, の村童, の桃青, の棠軒, の正月, の母, の母曾能, の求馬, の独身, の生命, の男子, の眼, の絹子, の総, の罪, の美男子, の美麻奈姫, の老人, の老年, の老齢, の聖ベネディクト, の肉体, の胸, の自画像, の舞妓, の良人, の若々しい, の若い, の若年者, の蓮子, の蘭軒, の記念, の詩, の話, の誕生, の諸, の越前守大岡忠相, の身体, の追憶, の鈴子, の鈴木さん, の鈴木千七郎殿, の長, の雲霧, の頭, の高齢, の鶴松, はまるまる, はや老, は二十六歳, ばかりで, ばかりにし, ばかりのきれい, ばかりの婦人, ばかりはなはだ, まだまだこれからと, までこの, までのあいだ, までの作品, までの壮年期, までの少年十数名, までの男児, までの間, までは席, までを青年級, まで勤め続け, まで十年足らず, まで完全, まで現, まで眼鏡, まで童貞, より, より三十九歳, より前, より十八歳, をこえる, をもって世, を一期, を以て五百, を以て亡くなられた, を以て歿, を厄年, を迎へた時, デ喜寿, ノ今, ノ今日ニナリ, 出戻って, 無論の, 第六, 若かった, 迄に向う, 迄はただ

▼ 十三年~ (703, 0.4%)

21 の夏 18 の春 12 である, の秋 9 の正月, の間 7 の, のこと, の暮, も前 6 の冬, の十二月, の後 5 になる, の九月 4 に一度, の七月, の三月, の五月, の八月, の條, の生涯

3 [13件] であった, であるから, に, になります, のあいだ, の一月, の二月, の年, の歳月, の第, の頃, ばかり前, ほど前

2 [43件] がどんな, このかた, だよ, であつ, でありますが, であると, という年, と三カ月, と云え, にし, には, には久しぶり, には同じ, に出, に出た, に出来た, に出版, に初めて, に大学, に東京, に生まれた, に私, に至, の事, の今日, の勤労者, の十月, の噴火, の四月, の国会開設, の大, の封鎖, の旭川, の春頃, の期月, の条, の武鑑, の洪水, の相違, の長き, も昔, を経, を経た

1 [413件] いわゆる, および明治二十五年, かあるいは, からおよそ, からでございます, からのこと, から三十一年, から三十六年ころ, から二十七年時代, から五月一日, から十四年, から四年目, から大正七年, から少々, から廃娼, から日露戦争, から昭和五年, から毒, から阪神間, か十四年頃, か四年, このかた選擧, その生涯, その稀書, そんな長い, たった今日, だから, だそう, だと, であったか, であったが, であったと, であって, である吾派同人, でこの, でさえ, でした, です, ですつて, では, で一生, で丁度余輩, で其嗣子榛軒, で千二百五十五年, で唐朝, で斎藤総督, で江戸時代以前, という, というただならぬ, というよう, という年紀, といえ, とかぞえられる, とか六年, とでたらめ, との日記, と予約, と云, と大正十四年, と称す, と経つ, と続け, なの, なり, にあった, にあつ, にある, にい, における商法延期戦, にかけての巴里, にかけて仏蘭西, にこれ, にご, にその, になっ, になった, になつ, になつたん, になつて, になり, になりぬ, になりました, になり申す, にはあの, にはここ忍沼, にはどんな, にはもう, にはわずか, には三男八三郎, には丹沢鯰, には九百七十余万斤, には五月二日, には六百本ぐらゐはあつたらうとのこと, には凡そ, には十六歳, には叔母, には広, には憲法, には文晁, には文藝部長兼社會部長, には早く, には書けなく, には東亜, には次, には源内, には父五郎右衛門, には福原さく, には蘭軒, には阿片戰爭, には驚く, にひどく, にもなる, にわたる多彩, にイギリス, にチブス, に一家東京, に一生, に三十一歳, に三十六歳, に上野, に世, に中, に中学, に井伊大老, に亘つて, に亘る, に亙つ, に亙る, に今, に仏法, に仮, に何, に保さん, に働いた, に元, に入った, に公布, に六年, に其地, に再び, に刑法, に創刊, に勤倹令, に十七尺, に噴火, に国会, に大, に夫, に宝川温泉, に宰相, に小島宝素, に小島氏, に岩本, に巌松堂, に市町村制, に廉直, に当る, に役所, に彼, に憲法, に故郷, に新版, に日本, に日本絵画協会, に書かれた, に来った, に根岸派, に正, に池田錦橋, に浦和, に渡来, に源次郎, に狩谷氏, に生れた, に生活, に生魚, に発布, に発行, に発表, に發, に神田, に禁止, に結婚, に編輯局, に翻訳, に聯合軍, に至っ, に至って, に至つて路, に至り, に至る, に薨, に行った, に西山公, に詔, に足かけ八年, に達した, に間人連等五十氏, に靜岡縣周智郡長, のあたり, のお, のおしつまった, のとき, のはじめ, のまっ, のプロシア, の一年, の一月一日, の一月二十三日, の一月二日, の七月二十一日, の三月二十七日, の三月二十六日, の三月十日チベット暦, の三月号, の上書, の下らない, の中央公論, の中秋, の今, の作, の併合, の先生, の八月比, の六月, の六月十六日, の六月改元, の冬十一月, の出来事, の出版, の初冬, の初夏, の初森上田, の初秋, の前, の前半, の創営, の劈頭一月七日, の北清事件当時, の北清事変, の十一月, の十一月中旬, の十二月ラサ, の十二月二十二日, の十月十一日, の半生, の博覧会, の収益, の后明応五年林宗二, の四月十八日, の四月頃, の四道将軍, の国会開会, の國會開設, の地震, の夏活動, の女子, の婦人年表, の小説界, の年功, の年頭, の幸徳事件以後, の庚戌, の建築, の弱点, の当時, の後隅田川, の徒刑, の御, の忌, の悪, の折, の撮影, の改正令, の放送原稿, の文展出品作, の新山, の新年, の新春, の新聞生活, の日子, の日本, の日本美術院展覧会, の日記, の旦夕, の昔, の星, の春三月, の春以後, の春早々, の時, の晩秋, の暮れ, の暮春洋画家, の有様, の有珠, の期月二十五年, の末, の東京大学, の桜, の楚, の歌舞伎座三月興行, の正月芝居, の歳首, の歿年, の水野, の水野忠邦, の法事, の火難, の生れ, の破, の禁止, の秋ごろ, の秋七月, の秋八月, の秋尾瀬沼, の秋方, の秋隅田川, の秋頃, の空間, の竜池会, の終り, の苦労, の親, の訂正, の詔, の調査, の鍛錬の, の長い, の開展, の間法然, の間金, の院展, の音, の鰐口, は一粒, は千百九十人, は即ち, は和文, は天保, は天保壬寅, は幸徳事件, は改元延宝元年, は旱災, は明治十四年, は明治四年, は春木座, は犬, は秀吉, は私, は蘭軒歿後, は諸種, へかけ, ほど以前, ほぼ等しい, までというもの, までとし, までに至る, までに該地, までの一年, まで側, もお, もおまえ, もしやば, もたつ, もやつ, もやれ, も今日, も勤続, も十五六年, も地中, も懸つ, も経っ, も行け, も衣, も逢わぬ, も達磨, も都, やけど, よりずつと後, より四十四年, より急速, より百十五年前, わが二十二歳, をこの, をどう, を以て歿, を生き, を經, を距, を通じて彼女, 何とかかん, 全く詩, 再び同様, 初めて布, 初めて輸入, 即ち北清事變, 即ち唐, 即ち政宗, 営んで, 振で図らずも, 早く明治三十年代, 溯つて, 生きて, 程以前, 第二回, 経ちました, 経って, 経つ二十三年, 総同盟, 迄の最大風速, 迄は同じ, 迄は行

▼ 十二歳~ (702, 0.4%)

41 の時 40 になる 18 にし 16 のとき 13 であった, になった 11 で歿, になっ 10 だと 9 である, の春 8 であつ, の少年 6 の高齢 5 の頃 4 であるが, になりました, のお, の老人 3 で, ですが, で死んだ, になつて, にもなる, の娘, の少女, の年, の若

2 [55件] くらいで, だが, だった, であったの, でありながら, でありました, でございます, です, で御, で戦死, で病死, で示寂, という年齢, といえ, と註し, なり, になつ, になられ, にもなつ, に當, のお正月, のはず, のチェーホンテ, の二人, の児童, の分別盛り, の周樹人, の夏, の大曾根さち子, の女, の子供, の小学生, の座像, の彼, の意味, の文吉, の新年, の最期, の未亡人, の母, の源氏, の生涯, の男子, の男盛り, の筈, の老齢, の者, の良寛さん, の長寿, の高, まで, までうたう, まで生き, より下, るん自身

1 [331件] あるいはそれ以下, からその, からの彼女, から二十七歳, から十一年間, から十三歳, から十四歳, から四十五歳, が最高, くらいに見え, くらいの未来, ぐらいの子ども, ぐらいの男の子, ぐらいの頃, ぐらいまでで, この投書, こんなに若く, すぐ下, そんなお婆さん, たいへん御, だ, だからな, だったかの, だったから, だったころ, だったであろう, だったろう, だったん, だつた, だつて, だという, だとか, だ遠, であ, であったが, であった家康, であった筈, であった領主, でありましたが, であるから, であるという, であるべきに, でこの世, でこんなに, でご, でございました, でございましたが, でした, でしたから, ですでに, ですね, です二十九日三十日, では, ではじめて, でまだ, でまだまだ, でシャビエル, でナオミ, でマニラ, でヴォルガ, で一彦, で丁度, で不慮, で二郎, で亡くなった, で亡くなつた, で亡くなつた人, で亡くなられた, で人びと, で侍従, で保釋, で出家, で初めて, で初舞台, で去年, で四年前, で多年, で婚姻, で子供, で完成, で家督, で将軍, で師匠, で懲治監, で早, で春, で有信, で東京, で桃割髪, で歌劇, で死にました, で死ぬ, で殺された, で江戸, で深川籾蔵前, で溌剌, で熊本, で生活力, で生涯, で病身, で瞑目, で祐二, で神辺, で福山, で若, で藩主世子うえもん, で躋寿館, で麻疹, とあ, とあるは, というの, という信長, という夏, という娘ざかり, という年, という村松喜兵衛老人, という齢, といった若, といふこと, といへ, とし, として居る, としるし, となせ, となった, となり, となる, とはそれ, とは思えない, とは見えなかつた, ともあれ, ともいわれ, とも言われた, と九歳, と思わるる, と改めね, と書い, と聞きました, と解釋, と記され, と註せる, ないし七十四歳, などかある, なりと, なり大岡殿先切首, なるが, なるに, なる娘, なれど, における死亡, にて歿, になります, になれ, には少し, にもなっ, にわたらせられる, に再び, に到る, に相成, に見える, に達したる, のあ, のおじいさん, のおじいさん出座, のお嬢様早苗様, のきわめて, のぎん, のこれから, のころ, のとき京都, のとき児小姓, のとき日進堂, のとき父, のとき生まれ, のとき自分, のとき酔い泥屋滅茶滅茶先生, のとっさ, のとんだ, のもの, のアメリカ, のゲーテ, のゴーリキイ, のシャンガラ, のターニャ・イワノヴナ, のトルストイ, のパティ, のヘンデル, の一八三五年, の七男全安, の三月清澄山, の下手, の久江, の久美子さん, の亀一, の二つ子, の二十年間, の二月, の人, の今日, の伸一, の佐吉さん, の余, の作, の信階, の元服, の兄, の内室, の冬, の前後, の力持ち, の千博, の厄年, の古, の四月, の圓朝, の大きく, の大原右之助, の大学生, の大工, の大身, の女性, の妹, の妹名きみ, の始め, の婦人作家カースン・マックカラーズ, の学校行き, の寿, の小, の少年ルドビコ, の山川捨松嬢, の巨体, の巨體, の市, の年上, の当時, の息, の息子, の愛人, の文中三年, の文治五年八月, の新調, の早春, の春の作, の春ドイツ, の時アンナカレーニナ, の時一高, の時分, の時始, の時婆, の時宇多上皇, の時彼婆, の時父, の晩年, の未婚女, の末子, の棠助, の武蔵, の歳末, の浮浪, の猪, の由, の申松, の男, の白系韃靼人, の秋, の童生, の美しい, の義良親王, の翁, の老体, の老翁, の若い, の若僧, の若年, の蝶子, の謂わ, の酔詩人, の銀行員, の長命, の長女, の間, の陸, の際父茂兵衞病氣, の青年, の青年なみ, の頭, の齢, は嘘, は明治四十三年, ばかりの少年, までである, までには完成, までに出来た, までのもの, までの子供, まではパティ, までは歌, まで六ヶ年, まで歌, まで独身, まで生きた, まで生きられない, もう二人, も年下, より二十三歳, より十五歳, より四十四歳, をそれとなく, をむかえた, をもって偉大, をもって聖者, をよそ, を一期, を三十二歳, を上, を享年四十二歳, を以て世, を以て先づ江戸, を以て卒去, を以て歿, を以て江戸, を厄, を採れ, を經, を踰, を迎えます, を限り, を頭, 即歿前二, 御自身, 若盛り

▼ 十五分~ (691, 0.4%)

10 か二十分 9 であった, である 7 だ, ばかりし, を指し 5 だった, ほどする, も前, やる, を示し 4 たちましたから, です, とたたない, にハネ, ばかりで, もたった

3 [14件] おくれて, ぐらい, にし, になっ, になる, ばかり, ばかりの間, ばかり前, もあれ, もかかっ, もたたぬ, もたつ, よ, 過ぎて

2 [43件] ある, か, かかるん, か三十分, くらいで行っ, ぐらいだ, しかない, しかなかっ, すれば, たった, だから, だったと, でかえる, でした, ですから, ですよ, といふの, とお, に出発, に切上げる, に漸く, のうち, ののち, の浜松行, ばかりする, ほどし, ほどたっ, ほどたつ, ほどの間, ほどまえ, ほど前, ほど走り, もある, もかかった, もする, も柏, も走る, より, を, を打つ, 程し, 終に金精峠, 進んで

1 [465件] あつた, あらあね, あるから, あるからな, いよいよ上り, かかった事, かかってよ, かかるか, かかるから, かけて, かそこら, かで咲, かな, かの休憩時間, からせいぜい, からラヂオ小説, から三十分, から三時, から二十分, から二十分頃, から十二時, から四十分, から四時半, から子供, から正午, から長く, か二十分あて日あたり, か二十分の間, か二十分位, か五十分ごろ, か八分間, か声, か廿分, がすぎ, がところカット, が二十分, くらいしか経たない, くらいだ, くらいだった, くらいですぐ, くらいで降り, くらいのもの, くらいはじゅうぶん, くらいは充分, くらい前, くらい遅い, ぐらいおくれ, ぐらいおくれる, ぐらいかかる, ぐらいし, ぐらいただし, ぐらいたった, ぐらいでうり切れ, ぐらいでゆける, ぐらいで壇, ぐらいで帰れる, ぐらいで百年後, ぐらいの平凡, ぐらいの時間, ぐらいの診察, ぐらいの間, ぐらいはゆっくり, ぐらいは庭, ぐらい待っ, ぐらい蒸す, ぐらい話, ぐらい過ぎ, しかかからない, しかたたん, しかたちません, しかたっ, しかなかつた, しかゆるされない, しか寝ない, しか立たぬ, しか間, すぎた, すぎたばかり, すると, ずつ, ずつに区ぎり, ずつやらし, ずつ何十回, ずつ少年探偵団全部, ずつ腹, たたないうち, たつと, だけ, だけ一緒, だけ白鳥, だけ考, だけ自分, だけ顔, だったという, だったもし, だと, ちょうど時間一杯, で, であったから, であった眺望雄大, であつ, であり西武線中井, であること, でございます, でしたがネ, ですか, です閣下, でその, でそれ, でそれから, でとまっ, では, でもと, でも十分, でも危いさかい, でも結構, でカバン二つ両手, でネネム, でバス, で一九八〇米, で五十分, で出, で出発, で咲国太郎国府津行, で大きな, で宮, で帰る, で広島, で御座います, で昼, で本船, で来る, で湯河原, で熊沢山, で熱海発, で着きます, で終点, で行かれる, で見歩く, で語らせる, で賢島, で越後沢山, で金博士, で非番, で頂上, とある, という, ということ, というもの, という時刻, といふ, といふ時刻, とかからない, とかで, とかで十一時, とかの汽車, とし, とする, とつづい, となる, との粗雑, とはかからぬ, とはかかるまい, とは掛らなかったでしょう, とも待たない, とやる, と云, と勘定, と時計打, と決定, と経たない, と経っ, と記録, ないし三十分, なのに, なり, なり二十分, に, にすなわち, にだ, について三法以上, について四法以上, につきます, になりかかっ, になります, には対山館, には少し, には必ず, には桜田門, には頂上, にもどこ, にアンハルター停車場, にゴールデンゲート, にドイツ軍, に一台, に乗った, に出, に出す, に出る, に力, に動き出した, に只見川, に家出, に小池, に島田, に平岳沢, に御, に息, に於い, に昨日雨休み, に智凡尼, に津田, に発見, に白沢, に着く, に着くべき, に社長室, に終った, に終らせ, に自分, に装甲自動車, に見, に近づい, に迫つて, に過ぎなかった, に過ぎなかつた, に道筋通り, に開く, に高槻, に鳴, のこと, のところ, のばしてよ, のもの, のパリ行急行, の京都行, の岐阜発電車, の東京駅発伊東行き, の熱海行き, の神戸行急行列車, の長崎行, は, はかかる, はじめて名人, はたった, はやつ, は亂世, は經, は腰かけ, は説教, は過ぎた, は非常, ばかし前, ばかりい, ばかりお, ばかりそう, ばかりたった, ばかりちがっ, ばかりで済む, ばかりで行けた, ばかりと云, ばかりと約束, ばかりのこと, ばかりのところ, ばかりの後, ばかりはかかり, ばかりはかくし, ばかりは頑張っ, ばかりもそのまま, ばかりもたつ, ばかりも彼, ばかりも待ってる, ばかりやっ, ばかりわたしたち, ばかりマイク, ばかり休ん, ばかり公務, ばかり初枝嬢, ばかり大阪京都, ばかり室, ばかり寝なけり, ばかり徒, ばかり早く, ばかり時間, ばかり本物, ばかり用談, ばかり立話, ばかり経っ, ばかり経ったら, ばかり経つ, ばかり続けた, ばかり考え込んだ, ばかり話し, ばかり話した, ばかり走った, ばかり過ぎた, ひく三分, ほどおくれ, ほどしたら, ほどすぎ, ほどすすめる, ほどすすん, ほどその, ほどたちまし, ほどたった, ほどつづいた, ほどのち, ほどののち, ほどの休み時間, ほどの後, ほどの距離, ほどの閑静, ほども廻り, ほども立ち尽した, ほどエフィーム, ほどバス, ほど乗る, ほど待っ, ほど待つ, ほど後, ほど後らし, ほど経, ほど経った, ほど経つ, ほど蒸焼, ほど行く, ほど遅れ, ほど過ぎ, ほど過ぎた, ほど間, ほど鳴っ, まえすなわち, まえを, まで, までずいぶん, までには三時間あまり, までの間, までは皆意味, までゐ, までボク, まで行った, もおくれ, もおくれた, もかからないで上る, もかかる, もかかれ, もしくは三十分, もすれ, もそれぞれ時計, もたたない, もたっ, もたって, もねばっ, もの六本, もやっ, もやらなく, もボン, も一緒, も下ったろう, も僕, も女, も寝れ, も廻っ, も待っ, も待った, も待て, も懸っ, も早く, も歩かなけれ, も真直, も経ったろう, も経つ, も經, も続いた, も蒸焼, も行く, も行った, も観察, も進めさせる, も過ぎ, も静か, も黙りこくつ, やから, や二十分, ようやく大, よりも二十五分前後, よりカセイ, より三十七分, より中継, より二十五分, より太陽, より文ビル三階, より長く, よ登志さん, わが旗艦松島, わが艦隊, をさし, をついやした, をもう一度, を使, を出来る, を報じ, を報じた, を常, を廻りました, を待ちかね, を期し, を要した, を費し, を費した, を費やし, を超, を違約, ヲ二十分ニ伸バシ, 乃至二十分, 乃至二十分はか, 乃至二十分毎, 何とか短縮, 先ず山砲, 出て, 合せて, 同じく九時二十分の二回, 大窓着, 待たされた, 待って, 恐ろしい震動, 或はことに, 教えられた道, 時には三十分近く, 漸く三宝山の下, 焼きます, 焼くと, 着三時五十分出発, 程しか経っ, 程しか経つ, 程しか間, 程する, 程やる, 程早, 程経っ, 程経つた, 程過ぎ, 突然発狂, 立っても, 終り森永, 経った, 経ったばかり, 経って, 考へて, 許してから, 話して, 費せば, 起き小林さん, 迄に電球, 迄の間, 進ませた, 遂に南穂高岳, 遂に絶命, 過, 過ぎた, 過ぎても, 過ぎぬ, 過ぎる頃, 過であった, 過までの

▼ 十~ (690, 0.4%)

22 の道 13 の間 9 もある 7 の外, はなれた 5 のところ, ほど先, も二十里, も歩いた

4 [12件] というもの, の先, の地, の地点, の山道, の彼方, の路, の野, ほど離れた, も先, も離れ, を隔てた

3 [14件] に余る, のあいだ, の中, の大, の小, の山路, の遠方, の隔て, ばかりの処, も百里, も離れた, を隔て, を飛ぶ, 離れて

2 [39件] ある, が間都, ずつの距離, である, という, とも隔たらぬ, なり十二由旬, にし, に五軒, に達する, のうち, の余, の処, の地域, の山中, の山河, の旅, の湖水, はある, ばかり北, ほど北, ほど彼方, ほど退い, ほど進み, もあちら, もあろう, も前, も山奥, も彼方, も歩い, も歩かね, も歩く, も沖, も隔たった, や二十里, 歩いて, 歩く日, 行って, 離れた

1 [444件] あまり退がった, あり, あります, あり仏教盛弘, あるいは三十里位, あるいは五六十里程度, あるか, あるという, あろうと, あわただしの, おつと, かある, かの遠い, かぶっとばした, からある, からございます, からの旅, から三十里, から歩い, か二十五里, か何百里, か十五里, が放っ, くらいあるいてる, くらいは, くらいは歩くでしょう, ぐらいな, ぐらいはなん, ぐらい駈け廻っ, ぐれえ何, この川口, ご前進, しかありませぬ, しか離れ, して, じゃこの, すれば, ずつかけ歩く, ずつの旅, その尽く, それほどにも, たちまちに, だったであろう, だって歩ける, だと, だね, ついに江陵, でご, でございますから, でございますな, でございまする, ですな, でも道, で弘前, というところ, という安山鎮, という歩み, という洋上, という耕原, という道程, といえ, といふ感じ, といふ道程, といわれ, とおくは, とする, とその, とて七つ, となく, とはあるまい, とはない, とも思はる, と云, と他国, と八里, と思わる, と歩き出す, と江戸, と百里, と稱, と走る, と追いかけ追いかけ鞭打った, と隔たった, ない所, ながらもえらい, なり, なるほど, なるを, なる鷲木港, なんともない, に, にあまり, にあり, にある, におちよ, におよん, にすぎない, にて之, にひろがる, にもわたる, にも余る, にも及ぶ, にも及ん, にも感じられた, にも近い, にも連なる, にわたって, にわたって河北, にわたって翩翻, にわたり海, にわたる沃野, にわたる野, に二十里, に亘る, に余, に半ば, に及び, に及ぶ, に在り, に張る, に拡がる, に曲りくねり, に渉, に當, に笛太鼓, に至る, に足らず, に足らぬ, に踏みとどまりました, に近い, に達した, に陣取った, に餘つて, のこと, のその, のほか, のみ, のオダル, のツイシカリ, のドーバー海峡, の下水道, の下流, の内, の処々方々, の前進, の割合, の化成寺, の北方, の区域, の十二間道路, の半径, の原生林, の土地, の地方, の大き, の奥, の展望, の山, の山々, の山径, の山脈, の山間, の峡中, の市街区, の平, の平原, の平面, の建物, の手前, の政事, の散歩, の敵地, の方域, の日黄村, の歩, の沖合, の沖合い, の流, の浜松, の海岸, の深山, の清水港, の湖, の瀘水, の烏林, の直接, の相州箱根山, の眞白, の砂浜, の練馬, の血, の行程, の行脚, の裾野, の谷, の距離, の辺, の通遼, の道程, の遠い, の遠く, の遠近, の郊外, の郷路, の野外, の長い, の長堤, の間あし茅, の隔たり, の麓, は, はあゆむべし, はあるだろう, はあろう, はたいした, はなれれ, はなんとも, は人馬, は修羅, は充分, は四千八百万フラン, は我が, は日本アルプス, は樂, は歩い, は歩く, は歩けた, は煙草, は走る, は軽く, は遠から, ばかり, ばかりある, ばかりあるです, ばかりかけ離れた, ばかりさき, ばかりにて候, ばかりのところ, ばかりの地点, ばかりの山奥, ばかりの山路, ばかりの後, ばかりの海岸, ばかりの貧乏寺, ばかりの距離, ばかりはなれた, ばかりも川下, ばかりも往, ばかりも離れ, ばかり下る, ばかり先, ばかり出, ばかり南, ばかり参ります, ばかり宮川, ばかり東, ばかり歩いた, ばかり田舎, ばかり行く, ばかり追いかけた, ばかり退い, ばかり進ん, ばかり隔, ばかり隔たった, ばかり隔てた, ばかり離れた, ばかり駈けましたろう, へだてたロブノール湖, へゆく, へ寄せ, へ移った, ほどき, ほどくる, ほどで, ほどであります, ほどです, ほどの先, ほどの処, ほどの南, ほどの奥, ほどの後藤野, ほどの村, ほどはあった, ほどはなれた, ほどは路, ほども北, ほども来る, ほども退却, ほど上, ほど下, ほど北方, ほど小, ほど山奥, ほど後退, ほど手前, ほど来る, ほど東, ほど某, ほど溯, ほど漕ぎつづける, ほど総, ほど行く, ほど谷, ほど進ん, ほど陣, ほど離れ, また一つ, までの道, までは平気, まで出迎え, まで戎克, まで来, まで見送った, まで迫っ, まで迫った, まで送ろう, まで進んだ, も, もあるいた, もあろ, もいった, もくずれ, もございます, もつづく, ものお山, もの遠い, もの遠方, もはなれた, ももっと, もゆく, もをはり, も七百里, も三十里, も上, も上流, も八十里, も出, も南西, も向, も奥, も山, も広がっ, も引っ, も後ろ, も手繰られ, も故, も敗走, も来, も来ましょう, も東京, も歩かせられた, も歩かなけれ, も歩け, も歩まね, も行かぬ, も行った, も西, も西南, も走し, も走った, も距, も辿った, も追われ, も追われた, も退いた, も退却, も送っ, も連なり, も運ん, も遠く, も隔, も駆けた, も駈け続ける, やら方角, や百里, よりも, をそぞろ, をなす, をはるばる, をひか, をもっ, をよく, をわざ, をわざわざ, をテクテク, を出でざる, を奔走, を帰り, を快走, を急ぎ, を旅行, を普通, を来, を楽々, を横道, を歩, を歩み, を渡い, を自ら, を行く, を走せ戻っ, を距, を追う, を通し, を遠巻き, を離れ, を風, ヲ行クモ, 両畔, 去常陸国界四百十二里, 幽暗不, 広さ八十里, 往いて, 或は五六十里, 或は數百里, 来るうち, 歩いたか, 歩いたこと, 歩いたの, 歩いた人, 歩くとか, 歩くムダ, 歩く足, 漕ぎ出し海, 白くし, 行くての, 行けば, 行ける馬, 走つたの, 走らせようとも, 走る男, 踏出しても, 躍龍潭, 近く歩いた, 近く進ん, 退いたという, 進まば, 重さ二両半, 隔たる離落, 隔てて, 離れた地点, 離れた所, 離れた武州八王子出来, 離れた江戸ッ子

▼ 十~ (681, 0.4%)

9 の者 6 の警官 5 のもの, の人, の人間 4 であった, の中 3 に達し, の一隊, の侍, の兵, の美人, ばかり, ほどな

2 [38件] が, となっ, となった, になった, にのぼる, のうち, の一行, の人々, の作家, の労働, の労働者, の味方, の土匪, の学者, の學者, の志願者, の武士, の死傷, の獄卒, の生徒, の男女, の老幼男女, の聴衆, の軽装, の附加, は順次, ばかりありました, ばかりで, ばかりの女子学徒, ばかり連れ, ほどの人数, ほど中, も前後, をつれ, を出でず, を率い, を越す, を雇い

1 [546件 抜粋] ありと, ある, いた, いて, いるか, いるが, かが居る, かが静か, かとおもわれる, かと共に甲府, かの一団, かの家士, かの工人, かの頭数, から, からい, からの人数, からの宿将たち, からの者, から三十五名, か何百名, がいずれ, がいる, がさい, がどっと, がイヤ, が一人, が中心, が担送患者, が最後, が本艇, が枕頭, が武裝上陸, が死歿, が滯在, が立会, が藻屑, が調査会委員長, が足利郡, が連署, が集っ, ぎっしり詰っ, くらいだろう, くらいであったであろう, くらいでしょう, ぐらいずつ十段, ぐらいだった, ぐらいでしょう, ぐらいな藩士, ぐらいになるだろう, ぐらいの一行, ぐらいの組, ぐらいの若い, ぐらいはいよう, しか乗っ, ずつとわれ, ずつに分け, ずつの兵, ずつの捕手, ずつの食慾そのもの, ずつ一ノ宮, ずつ交, そこで料理, その内, たらずであろう, たらずの, たらず一手, だ, だけが残っ, だけとした, だけの壮丁, ちかい火消人足, ちかくを, であったが, であったそう, である, であると, であるのに, でこ, でその, でそのまま, でそれ, でもなにか, でもやっ, で作っ, で来, で男, とあるまい, という主張, という人たち, という同勢, という夥しい, という数, とともにこっち, との珍事, とはいない, とゐない, とフランス, と云いふらす, と共にご, と共に出張, と共に捕へられ, と共に自刃, と勢揃, と同心, と報道, と木材会社その他, と考えまし, と触れおいた, と雑役さん, ないし三十五名, ないし三十名, なりを呼びかえし, なり二十名, にうつわ, にちぢめ, にとりまかれ, にま, にものぼるらしく察しられた, にも足らない, により, に一どきに, に上り, に上る, に下らず, に余る, に制限, に及び, に囲ませ, に増員, に対する一人, に減じ, に減らし, に減り, に討ち減らされた, に足らない, に近い若い, に過ぎず, に達する, に阻止, のいわゆる, のうち十五名行方不明, のうち私, のこれら, のちつじ, のみであった, のわが, のケン挙, のトビ, のポルトガル兵, の一人楊志, の一団, の一小隊, の予定, の人影, の人民, の代表, の住所番地, の余, の使い手, の使者, の健卒, の優秀, の優良工員, の先, の先発隊員, の先頭, の共同正犯, の内, の切支丹宗徒, の刑吏, の制使中, の制服警官, の刺客, の剣客, の剣星, の割当て, の加勢, の参会者, の各国人, の同志, の執筆者, の堂々たる, の報告, の士, の壮漢, の多き, の大, の大将, の委員中八名, の婦女子, の子飼い郎党, の学士, の守兵, の定員, の家臣たち, の寄宿生, の尼, の巡査, の店員, の弁護人, の影, の従業員, の従者, の心, の志士論客, の患者, の患者さん, の悪, の情報, の戦死者, の手下, の探検団員, の援軍, の搭乗, の教師, の整理, の新, の新入学, の新入生, の新田方, の方, の日本人信徒, の書籍委員, の本艇員, の来援, の植物分類学者, の楽隊入り, の死傷者, の殉教, の決死隊, の法, の浪人, の浪士之, の物見, の犠牲, の狂人, の生命, の甲冑, の発明家, の発起人, の白衣, の百姓, の相手, の級, の紳士達, の組, の維持, の総見, の美姫, の者達, の職員, の胆吹王国, の船員, の藩士, の被告, の論文, の諸氏, の警官たち, の警官隊, の議員, の負傷者, の貧病者, の賛成, の賛成者, の赤化教授, の送付方, の連絡, の連署, の運搬員, の運搬者, の選良, の部下, の部将, の重役連, の銃口, の鎮台内, の間, の集団, の雑兵歩人ら, の青年, の顔合せ, の食事, の馬超軍, の黒田武士たち, はあるだろう, はいずれ, はいないであろう, はいまトラック, はけが, はことごとく, はすぐ, はそれぞれ身, はたしかに, はひきすえられた, はひとつ, はふた, は二隊, は人員点検, は其犯行頗, は出ない, は午前七時半, は対外部的, は山手, は後, は慎重, は日本画, は昨日今日, は検事, は法, は笑い, は築地, は約, は超え, は遠島, は馳せ参じよう, ばかしで, ばかりあつ, ばかりい, ばかりおかう, ばかりその後, ばかりであった, ばかりで行く, ばかりとのほか, ばかりと一緒, ばかりと共に公孫, ばかりのいずれ, ばかりのもの, ばかりの一族郎党, ばかりの一行, ばかりの中, ばかりの中国人, ばかりの人々, ばかりの僧形, ばかりの兵, ばかりの制服, ばかりの反乱軍, ばかりの同志, ばかりの土豪兵, ばかりの女学生, ばかりの家臣, ばかりの小, ばかりの役人, ばかりの火星兵, ばかりの異様, ばかりの知人, ばかりの者, ばかりの艇員, ばかりの若い, ばかりの諸, ばかりの音楽隊, ばかりもおこも, ばかりよん, ばかりを載せ, ばかり中洲, ばかり別れ, ばかり差入れ, ばかり欲しい, ばかり田, ばかり築, ばかり集ま, ひきつれて, への割当, ほど, ほどおりました, ほどが密やか, ほどが待ち, ほどが待っ, ほどが若松, ほどこの, ほどしかおらんで, ほどであった, ほどで守っ, ほどの下士, ほどの中堅, ほどの人々, ほどの仲間, ほどの兵, ほどの兵卒, ほどの制服警官, ほどの家中, ほどの来賓, ほどの江賊, ほどの法師武者, ほどの異口同音, ほどの知友, ほどの腕利き, ほどの警官隊, ほどの賊, ほどの部下, ほどは立たされ, ほどひかえ, ほどを連れ, ほどを選り, ほど会員, ほど具, ほど居ながれ, ほど引率, ほど待っ, ほど来ました, ほど無動寺, ほど連れ, ほど選抜, までの召使, までは登載, もあり, もあります, もあれ, もいた, もいる, もおりましたろう, もさしむけ, もそこ, もそろえ, もつれて, もの人間, もの放し, もまわり, もゐたであらう, も代議士, も寄れ, も居ったでございましょう, も峰々, も斬れ, も来たろう, も町中, も行っ, も集る, や遽, よりなる, をお, をくだるまい, をこえる, をその, をた, をだす, をのせた, をはじめ満場, をもって組織, をもって限り, をもつ, を二分, を付近, を会席, を使用, を先頭, を出ない, を募集, を取り, を呼号, を呼寄せた, を四手, を引き連れ, を引率, を応援, を捕虜, を撃ち取り, を撰び, を擁し, を改築前, を數, を春日山, を相手, を総, を艶, を西湖, を超え, を越え, を越える, を近く, を遇, を選ん, を選んだ, を間道, を限る, を限定, を雇う, を預かる, を預ける, 乃至二十名, 少なければ, 捕えられ数人, 望んで, 来たので, 相会し, 程のもの, 程の一団, 程の患者, 程の警官, 程増やしまし, 程集つ, 近い, 近い一団, 近い人達, 近い会員, 近い女弟子, 近い数, 近い研究員, 近い者, 雇いたいの

▼ 十~ (664, 0.4%)

13 ばかり先 11 ばかり離れた 8 の距離 6 にし, ばかりのところ, ほど先, ほど離れ, ほど離れた, もある, も行く 5 とも離れ, も先 4 ぐらいの距離, に及ぶ, の彼方, ばかりの処, ばかり来た, ばかり隔て, ばかり離れ, も離れた, を隔て

3 [12件] とは離れ, と離れ, の廻廊, ばかりの所, ばかりの距離, ほどの間, ほどもある, ほど後, ほど手前, も歩く, も離れ, 長さ四十間

2 [55件] から五十間, ぐらいのところ, ざらざらの, その瀬, ですが, で地廻り, という, という堤, といわれ, と離れない, になり, に足りない, に近い, の地, の幅, の広, の橋, の荒沢, の通り, の間, の高, ばかりあと, ばかりの, ばかりの川, ばかりの湾, ばかりの路地, ばかり上流, ばかり下, ばかり前, ばかり向う, ばかり追いかけ, ばかり間, ばかり馳, ほど向う, ほど距, ほど隔て, または二十間づつ, もあった, も二十間, も向う, も彼方, も歩い, も歩いた, も歩け, も行け, も行つて, も遠く, も駈ける, を超え, 程はなれた, 程先, 程向う, 程来る, 行くと, 離れても

1 [398件] あったと, ありたれど, ありまして, あり天守, あるいは百間, あるか, おき半町おき, からある, から二十間, か三十間あと, か二十間, か十二, か十五, がくずれ落ち, がほど五壇, くらいあるく, くらいずつの間隔, くらいに見, くらい長, ぐらいしか泳げない, ぐらいではある, ぐらいのもの, ぐらいの大岩, ぐらいの所, ぐらいの摺鉢形, ぐらい山, ぐらい歩いた, ずつと過ぎる, せいぜい六十間, その尽く, その幅十八間, それからたちまち, たらずの, だつた, であるから, でその, でまず, でまた, で三つ, で幅, で当てる, で流れ, で蔵, というくらいの所, という大岩, という距離, としてある, とない, とはあるまい, とはない, とははなれてない, とは歩かない, とは歩かなかった, とは歩かぬ, とは行かない, とは行かなかったろう, とは走らな, とは走らなかった, とは走らなかったであろう, とは距, とは進まない, とは間, とは隔, とは隔たらない, とは隔たらぬ, とは隔てぬ, とは離れない, とへだた, とも歩かない, とも遅れなかった, とも遲, とも駈けない, と張り, と書い, と歩かぬ, と称, と言つて, と走らず, と走らない, と距つて, と迫り, と隔てぬ, なら十分, にすぎない, にする, になる, にひろがり, にも当る, にも餘, にわたって海底, にわたる長屋数棟連立, に一本, に一本位, に一軒, に一軒ぐらひの間隔, に八間, に定め, に広げ, に成, に迫る, に達する, に酒肴, のあなた, のところ, のなぞ, のほんの小さな, の両側, の低い, の余, の先, の右手, の埋立地, の堀割, の外, の大, の大堤, の奥行百間, の寝, の小屋掛, の小鳥網, の巾, の平床, の敷石, の板の間, の楼台, の橋渡り, の毛皮, の深, の火, の町年寄, の番屋, の白扇子, の空地, の裏, の近い, の近く, の道了塚, の道糸, の鐵橋, の間口, の間隔, の際, はございましょう, はなれ, はなれた, はば, は凡, は百メートル以上, は確か, ばかりあるく, ばかりかなた, ばかりすぎた, ばかりずつ間隔, ばかりそしてまた, ばかりその, ばかりにし, ばかりにて休息, ばかりのあ, ばかりのあと, ばかりの先, ばかりの向う, ばかりの堀川, ばかりの小池, ばかりの川形, ばかりの彼方, ばかりの後方, ばかりの植込み, ばかりの矢場, ばかりの石敷路, ばかりの街路, ばかりの間, ばかりの間隔, ばかりの髪川, ばかりは路, ばかりは逃げたらしい, ばかりもあったであろう, ばかりも行, ばかりも行く, ばかりも行った, ばかりも離れた, ばかりを小半時, ばかりを瞬く, ばかり上, ばかり上手, ばかり上方, ばかり下流, ばかり中, ばかり二つ目寄り, ばかり互に, ばかり出た, ばかり勢いよく, ばかり北, ばかり南, ばかり向, ばかり向こう, ばかり崩れ, ばかり彼方, ばかり往く, ばかり後, ばかり手前, ばかり敷石伝い, ばかり東, ばかり東西, ばかり歩いた, ばかり歩きだし, ばかり歩みし, ばかり水筋, ばかり沖, ばかり流失, ばかり白い, ばかり真直, ばかり細い, ばかり行き過ぎ, ばかり行く, ばかり走った, ばかり走り出した, ばかり距, ばかり追いかけよう, ばかり逃げた, ばかり隔たった, ばかり隔てた, ばかり隔て最後, ばかり高潮, ほどいった, ほどこっち, ほどさき, ほどしかない, ほどてまえ, ほどに近付いた, ほどのところ, ほどの下, ほどの円筒, ほどの幅, ほどの彼方, ほどの橋, ほどの着弾距離, ほどの立岩, ほどの笹藪, ほどの距離, ほどの長, ほどの間隔, ほどの隔り, ほどはなれ, ほどは腫ら脛, ほどひっこんだ, ほどふっとんだ, ほどふつ, ほどもいっ, ほどもはひつ, ほども土俵, ほども引き分け, ほども行く, ほども越された, ほども離れた, ほども離れる, ほどコロコロ, ほど上手, ほど入った, ほど切っ, ほど前, ほど四方, ほど坂, ほど大股, ほど奥, ほど彼方, ほど来, ほど来た, ほど行き, ほど行き尽し, ほど行く, ほど行った, ほど走らせました, ほど進んだ, ほど隔, ほど駈け, までの間, までは離れ, まで待て, もあっ, もあつ, もあらう, もあらん, もありました, もあるまい, もあるらしい, もあろう, もし, もない, もはなれ, もやありぬら, もゆく, も上, も上る, も下, も下った, も下る, も下れ, も前, も座敷, も御座候, も折れ曲っ, も来る, も歩かない, も歩き去る, も登る, も登れ, も移動, も続い, も落て, も行かぬ, も行ったであろう, も行つた頃, も距, も距つた後, も転げ出した, も進む, も進んだ, も遅れ, も遲, も陸, も隔たった, も隔たる, も隔てる, も離れず, も飛んだ, やって, よりさき, より内, より大, より漸次, わが眼, を全部, を単位, を急ぎだした, を通る, を遡った, を門竝, 一気にかけさせた, 下った所, 下ると, 両崖, 乃至七八十間, 全石, 双欄, 広い所, 恰も眞綿, 或は四十間, 来ると, 歩いて, 歩いては, 歩くを, 歩けば, 流されたり, 深さ, 深さ一間, 渡った人, 潜って, 登ってから, 程さき, 程の距離, 程の長方形, 程も後, 程も歩いた, 程前, 程奥, 程引下つて, 程急湍, 程東, 程続い, 程西, 程距, 程道, 程離れた, 突いて, 続くと, 総二階, 置きに, 置き位, 行きつまり, 行きますと, 行くに, 行けば, 計りいったところ, 走ると, 遅れて, 過ぎぬ, 長さ三百間以上, 隔たって, 離れたらもう, 離れたらモウ人一人, 離れた土城, 離れた崖路, 飛ばしたの, 飛ぶここ, 駆け付けるまで, 駈け付けるまで, 高さ二十間, 高さ十間

▼ 十一歳~ (659, 0.4%)

52 の時 22 にし 20 になっ 18 になった 17 で歿 16 になる 15 であった, であつ 12 である 9 のとき, の春 7 の若, の青年 5 の年 4 だった, だと, で, になつて, になり, の頃

3 [12件] だったが, であるが, で元服, で江戸, となった, になつ, のお, の少年, の折, の私, の自分, を一期

2 [26件] だから, であったと, でこれ, でした, で亡くなった, で嫁, で本所二つ目, で譜代, で長崎, というの, という年, にもなる, のおり, のショパン, のドヴォルシャーク, の冬, の博士, の幼年, の男子, の純情, の翁, の老人, の若い, の蘭軒, は三十一歳, までです

1 [323件] お早, から二十六歳, から二十四歳頃, から五十二歳, から十五歳, から十四歳, から四十四歳, から奉公, から後, か十二歳, がその, が一人, ぐらいでニージュニイ, ぐらいの少年少女, さらに翌年, すでにこれ, そのとき将軍家, その子柳, その臨終, だ, だけのこと, だし, だぜ, だったの, だつた, だとして, だ相, であ, であったが, であったという, であったの, であったひと, であった多紀, であった弘前, であった彼女, であった枳園, であった次, であった私, であった迷庵, であらう, でありますが, であるから, でお, でございますが, でそこ, でつい, では, でまだ, で七年, で上京, で五六年, で亡くなる, で備後国深津郡福山, で初めて, で初婚, で前年, で十四年ぶり, で博士, で参与, で名, で夭折, で夭札, で夭死, で妻, で子供, で学士, で家族一同松山, で小, で小石川, で年寄, で従容, で御, で御座る否, で所謂, で手, で既に, で本, で権中納言, で正, で死にました, で死ぬ, で死ん, で死んだ, で歿年, で永眠, で池, で没した, で浜屋敷, で父, で父大久保卿, で生命, で痩せた気, で県会議員, で米国, で総, で美人, で聖譚曲, で肥前国唐津, で自殺, で薨, で藩地, で蘭軒, で誠に, で迷庵, で逝去, で雁次郎横丁, で養家, とあります, という, というあの, という年齢, という文字, といはなけれ, といふ年弱さだつた, といふ年齢, といふ老人, とかいうこと, とどれ, となぞ, となる, とはいっ, とは云い, とは思へぬ, とは見えなかった, とも子, と八歳, と刻ん, と墨色あざやか, と書い, と稱, などの青年, なら二十七年, なり, なりし, なりにいろいろ, なり忘れ, なるか, なる悴忠右衞門, なる故, なれども, なれば, にあたり若君誕生, にあらざれ, におなり, におわし, にて慶安二年俄, にて歿, にて身まかりぬ, にて逝けり, にて都, になつた, になつた彼, になつた私, になられました, になりかけ, になる肥っ, にもなっ, にもなつて, にもなります, に候, に初陣, に相, に相成り, に至り眠る, に至る, に達した, に達する, のおじいさん, のおり江戸, のこと, のこの, のその, のそれ, のた, のとき家, のとき本木昌左衞門, のとき父, のとき聖地巡礼, のびっこだ, のぼんやり, のまま, のわら人形, のギラン夫人, のゴーリキイ, のシューベルト, のセラフィモヴィッチ, のドビュッシー, のバッハ, のピオニェール, のヘンデル, のペタン, の一八三四年, の一葉, の三月, の三造, の世祖, の九月, の五月, の今日, の令嬢, の作品, の保, の信雄, の僕, の元康, の労働者出, の召使い, の可愛い, の名僧, の坂, の声, の夏, の多岐, の大和守正時, の天寿, の女, の好, の姉ナンネル, の姉娘, の姫君, の安井夫人, の寛政四年, の小学校生徒, の少女, の巳年, の年ストラトフォード, の年長者, の幼年時代, の幼者, の当時, の息, の愚, の愛くるし, の愛らしい, の懐子, の成年, の新年, の春水, の時三十二, の時存生, の暮, の曾祖母, の最後, の枳園, の某, の榛軒, の正明, の殿, の比, の父, の猪, の生涯, の男, の皇子, の碧山, の秋, の秋頃, の筆, の節一人, の納所, の紫, の美少年, の老, の老年, の老齢, の若武者, の若者, の藩主, の虎之助, の血統, の誕生日, の謙三郎, の軟かく, の通泰, の遊蕩児, の還暦祝, の重吉, の長寿, の闘病生活, の顔, の養孫信階, の高野長英, の高齢, はその, は三十一歳みたい, は器用, ばかりの女の子, までおれ, までと引延し, までには處女作, までに四万六千余人, までのもの, までの足掛け四年間, まで勉強, まで完全, まで寿, まで忘れ兼ね, まで東奔西走, まで用意周到, まで諸国, まで長寿, も年長, より三十六歳, より随従, らしい, を以て丸山, を以て卒し, を以て死んだ, を以て歿, を以て終, を厄年, を立て, を迎えた, 又は五十七歳, 子夏, 既に一家, 早くも, 秀でた眉, 程になる, 自矜, 若くは, 迄にはと思つて, 長十七歳

▼ 十四五~ (658, 0.4%)

24 の男 22 の女 18 になる 16 の少年 15 の娘 10 になっ 9 に見える, の年増, の時 8 の若い, の頃 7 の小娘, の少女 6 の小, の青年 5 のこれ, の婦人, の時分, の色 4 か, の女房, の立派

3 [13件] だろう, になった, のそれ, のひと, の中年増, の人, の子供, の年増女, の男の子, の痩せた, の若, の若者, より以下

2 [49件] かと見える, であったが, であるが, でしかない, でせう, でまだ, でもあらう, でもあろう, で初段, で隣村, としか見えず, としか見えない, にしか見えない, にしか見えなかった, にもなっ, にもなるでせう, にも見える, に受取, に見えた, のすっきり, のちょい, のまだ, のよい若い, の一人, の一寸, の上, の主婦, の人物, の可愛い, の可愛らしい, の大, の大男, の女の子, の娘子, の小僧, の小坊主, の少し, の平凡, の年増盛り, の年配, の時村うち, の書生, の痩せぎす, の白く, の美人, の美少年, の苦み, らしい, を頭

1 [315件] あまり賢, かと思う, かと思われる, かな, から, からの娘達, から七八, から三十, から三十八, から上の, から二十歳, から二十歳前, から五本, から十七八, から十七八どまり, から廿歳ぐらゐまでの間, か十七八あたり, がその, くらいにみえた, くらいの出戻り女, ぐらいかと思う, ぐらいでしかない, ぐらいな夫人, ぐらいな奴, ぐらいにしかうつらないでしょう, ぐらいにもみえる, ぐらいに見える, ぐらいのとき, ぐらいの塩分, ぐらいの女学生三人組, ぐらいの娘さん, ぐらいの婦人社員, ぐらいの少し, ぐらいの幼, ぐらいの若い, ぐらいはペラペラ, ぐらいまでの女, だ, だったわ, だつたかな, だのに, だろうが, だろうご, だろうすべて, だ短い, であったと, であったろうか, である, であるにも, であるらしく眼鼻立ち, であろう, であろうお, でこの, でこれ, でごく, でございます, でしたろうか, でしょうか, でしょうよ, です, ですが, でその, でどこ, でも有う, でクラブ, でブリアン型, で二十貫, で亡くなり, で年増盛り, で御新造, で木綿, で武家育ち, で死んだ, で母, で物好き, で男前, で素肌, で美術学生, で色, で若い, で身體, で頭, で顔付き, という, という癇癖ざかり, という若い, といえ, としか思はれぬ, としか思へず, となる, とみえる, とも見えます, とも見える, と僕, と十二三, と推察, と見えます, ならん, なるべく, なるべし, なるわらべ, なる老人一個障子一枚押開き端近, なれば, にしかならん, にしか見えず, にしか見えぬ, にしか見えません, にて色白, になったら, になつ, になつて, になるじ, になれ, にはなっ, にはなつ, にはなつた, にもなったであろう, にもなり, にもなります, にもなる, にもまた, にも成り, にも成りましょう, にも成るだらず, にも見え, にも見えた, に渡らせられる, に至る, に見られた, の, のいい, のいかにも, のおとなしい, のおば, のかっぷく, のきり, のころ, のずんぐり, のその, のたいへん, のちょっと, のつる, のでっぷり, のふっくり, のふてぶてしい, のみすぼらしい, のオカミサン, のオー, のスラリ, のチョン髷, のチンピラ, のトゲトゲし, のノーブル, のヒヨロヒヨロ, の一人物, の一青年, の丈夫, の上品, の下手, の中番頭, の丸髷, の主婦さん, の二人, の人々, の仲平, の何處, の働き, の優さ男, の兄, の先生, の凄い, の出戻り, の分別, の口, の商, の地方紳士, の坊や, の壮, の壮佼, の壮六, の壯者, の夫人, の奧樣, の女中, の女盛り, の如何, の妹, の娘同士, の娘子供, の娘子供ども寢, の婦人党員, の婦人労働者, の子分, の学生, の実直, の室, の小さい, の小づくり, の小役人風, の小意気, の小柄, の小綺麗, の小麦色, の少女同志, の少年中国兵, の少年少女, の年, の年ごろ, の年格好, の年輩, の年頃, の年齢, の幼, の店員十数人, の後で, の後姿, の御, の恐ろしく, の息子, の成熟, の技師, の折, の旅, の旅商人, の旅疲労, の旅疲勞, の欧州風, の正直そう, の歳, の毬栗頭, の水兵服, の洋服, の浅黒い, の浪人, の涼し, の渋い, の溌剌, の爺さん, の田舍娘, の男児, の男女, の男性, の病身, の痩せ, の白粉, の白面, の百姓, の目立たない, の眉, の神経質, の福々しい, の稚児髷, の穢い, の筒袖, の細面, の給仕, の絵, の綺麗, の肌, の肥り, の背, の良い, の若々しい, の若い衆, の若僧, の若気, の若衆旅裝束, の苦労, の草臥れた, の華族, の見る, の親仁, の豊滿, の賞, の質素, の近代母性型, の達者, の雑夫, の露西亜少年, の青白い, の頑丈, の頭, の頭髪, の顔, の顔色, の飛び離れた, の髪サン, の髮, の髯, の鬚, の鼠, ばかりなる, ばかりに成る, ばかりの女の童, ほど左右, までには私, までの仕込み時代, までの比, までの色男, まで着られる, まで關東, まで順々, もある, もう一つ二つ年, も列ん, を円く, を越え, 出さして, 出デテ遊ブ翰墨場, 勝れたる容姿, 喰い大, 実際この, 揃った, 止まりで十人並, 若くも

▼ 十三歳~ (635, 0.4%)

43 の時 25 になる 22 で歿 17 であった, にし 15 のとき 14 であつ 9 の春 8 である, になっ, になった 7 の少女, の頃 6 の年 5 だった, になつ, の少年 4 にもなっ, の頼朝, を迎えた

3 [13件] だが, だと, で, であったから, であったが, で彼, で死んだ, で私, なの, になり, の折, の父, の秋

2 [31件] から二十歳, だったと, だという, であるが, であるべきに, でこの, でまだ, で元服, で子供, で有馬喜兵衛, で茨城県布川, となった, なり, になつて, のお, のその, のゴーリキイ, のヘンデル, の二人, の今日, の夏, の大, の女, の子供, の彼, の男の子, の青年, の顔, の高齢, をもって薨, を以て歿

1 [301件] お夏, かまたは, からノロオニュ, から四十歳, から此, から瀧壺道, くらいになる, ぐらいの子供, ぐらいをかしら, さぞかしお, そして養父, だったから, だった藤村, だ一度, ちょうど頃加減, であ, であったこと, であったと, であったケーテ, であったゴーリキイ, であった晶子, であと, であること, でお, でおいで, でお伴, でかかれた, でこの世, でご, でございます, でございますよ, でしか, です, ですと, でとも, ではじめて, でオルガン, でボン, で一高, で上京, で世俗, で中, で亡くなった, で信長, で健康, で先立つ, で六十七万石, で共に, で其の, で出家, で剃髪, で剣術道場, で十代, で卒, で印刷屋, で嗣立, で夭折, で妻帯, で嫡子, で宮城縣立仙臺第一中學校, で少将, で山陽, で幕府, で弘前, で文部次官, で月並出仕, で未だ, で歩兵仲間, で死にました, で死にます, で死ん, で浅草, で病気, で病氣, で痢病, で目黒村, で知った, で立派, で筆, で結婚, で薨, で詩, で議長ジャカン夫人, で貴女, で逝去, という歳, という男ざかり, という若, といえ, といふもの, といふ年齢, とかいう, とか申しました, とか申します, となっ, とは見えぬ, とは言, と一ヵ月, と云う, と信じ, と十七歳, と左手, と成し, と書し, と相成り, と答え, と聞け, と雖, なりと, なり寶永四年紀州家御相續, なれど, にしかならない, にて切腹, にて師匠, にて石川五右衛門, にて縹緻, にて逝去, にならなけれ, にもなつて, にもなる, にもなれ, にも達した, に似合わぬませた, に府立二中, に成っ, に相成, に至つたの, のお婆さん, のころ, のころ女子高等師範学校, のときパリ, のとき入京, のとき得度受戒, のとき文殊講, のとき結婚, のねばり, のひとり者, のひろ子, のむち, のアントニオ, のアントニヨ, のエルマン, のカール, のケーテ, のショパン, のジイド, のソフィヤ夫人, のハイドン, のバッハ, のマリア, のロダン翁, の一個, の一少年, の一年, の一葉, の三男生田玄俊, の世慣れ切った, の中農出, の丸, の主人維明, の九月, の五百, の今年, の体躯, の作, の信忠, の信長, の元服, の円満示寂, の冬大阪緒方先生, の冬師匠感應院, の処女, の分別, の十二月, の千賀菊, の可憐, の四月, の国守, の堂々たる, の壮年, の変り者, の多久家, の天寿, の天正四年, の女の子, の女学生, の女性, の女盛り, の妻常, の娘, の孤独, の孫, の寿, の小, の小僧, の小坊主, の小娘たち, の少女壹與, の工科, の平治二年, の年齢, の幼年工, の弁, の強健, の彼女, の御, の忠之, の快楽主義者, の息子, の才能ゆたか, の折両親, の抽斎, の政江, の文学少女, の新帝後村上, の明治三十七年二月十日, の明治二十四年, の明治卅五年, の昔, の春初, の時シューマン, の時ローマ, の時帰国, の時玄機, の時病死, の暮感應院, の未亡人五百, の未婚, の次兄, の正行, の武将, の水野仙子, の法師丸, の独身者, の玉喜久, の生涯, の男ざかり, の神靈竹内信治五十七歳神靈竹内日座定介改め, の納豆売, の美人, の美術学校生徒, の翁, の老, の老体, の老後, の老齢, の者, の聟殿, の肥った, の色道餓鬼, の若, の若君, の若者, の英和混血児, の處女, の豊か, の豊麗, の身, の長兄, の頃京都, の頭, は生年, へかけ, まで, までこの, までで, までのもの, までの二十二年間, までの年, までの男, までは東プロシア, までをかぎっ, までを三浦半島, まで人生, まで勤続, まで四年間土曜日ごと, まで生き, まで生きた, まで生殖力, やそこら, より上, より十五歳, より将棋, をもっ, をもって大厄, を一期, を以て卒, を以て未だ, を以て没す, を以て終, を以て終った, を頭, 全く頃加減, 初めてと, 初めて母, 初めて詩, 早くも, 見知らぬ遠い, 記す, 迄の十一名, 長十九歳

▼ 十六歳~ (633, 0.4%)

54 の時 21 にし 19 になる 17 であった 15 であつ, の少年 11 である 10 のとき, の春 9 で歿, になっ 7 の頃 6 だった, の年, の美しい 5 から二十歳, であったが, になった, の夏, の若 4 の少女, の私, の秋

3 [11件] で, です, では, で死んだ, になつて, の伸子, の処女, の青年, の高齢, を一期, を頭

2 [49件] から六十歳, から十八歳, だそう, だったの, であ, であったと, でございました, でその, で刑せられた, で初めて, で始め, で早世, で死ん, となった, と云う, なり, にて伝聞, になつ, になり, になります, にもなっ, にもなる, に達し, の, のおり, のこの, のころ, のチェーホフ, の信長, の六郎殿, の初夏, の初秋, の大石主税, の娘, の小娘, の忠相, の日記, の翁, の老人, の花嫁, の若い, の若武者, の處女, の誕生日, の顔, ばかりの少女, まで三十九名, まで宿役人, まで生きた

1 [250件] お冬, かつて某, からの知己, から二十五歳, から五十九歳, から十七歳, から十九歳, から女, から小寺家, から那古屋, ぐらいになっ, ぐらいの時, さすが歴々, じゃ十六, その中五十有余年, その時, たしかそうだろう, だ, だから, だったが, だったので, だったシャポワロフ, だと, であったか, であった安積艮斎, でありました, でありましたが, であるが, であると, であれ, でいらっしゃいました, でこの世, でこれ, でご, でしか, でした, でまだ, でロシア, で世, で主君信長, で五人, で亡くなった, で亡くなりました, で今, で兄, で勤める, で右近衛権少将, で大, で将軍家光, で将軍足利義晴, で常磐会寄宿舎, で急逝, で恋, で早く, で最年長者, で未亡人, で来た, で柳島, で法学博士, で海賊, で漱石先生, で父親, で物理学, で猶, で生命, で番代, で番入り, で私, で稽古通事, で能楽師家担当, で見出された, で顔, という, というむかし, という年, という水, といふ小, とは思えない, とは思へぬ, と三カ月, と二十歳, と云, と五十歳, と伝えられ, と十八歳, と言え, などがあり, なの, なりき, なん, におわしける, にございます, にて容顏, にて身まかり, になつた長政, にならぬ, になるい, には, にもう, にわたらせられる, に到る, に満つ, に至る, に花ざかり, に過ぎない, のえらい, のかれにとっては, のころ物理, のさかり, のすこぶる, のその, のときその後家, のとき光明子, のとき妃, のとき法学博士, のとき清澄山, のとき父政宗, のとき狩野信近, のイエニー, のカルル・ロスマン, のコルシカ, のジョンソン, のチャイコフスキー, のバルザック, のフオン・シーボルト, のフランシーヌ, のヨアンネス少年, のラン子, の一人, の中学生, の人生, の作, の八月, の八月吉日, の兵庫, の処女シャロット・コルデー, の処女シャロット・ゴルデー, の初陣, の前髪, の剽軽, の匂やか, の十六日, の半玉雛太, の壯年, の声, の大, の天才児左内, の太郎信勝, の女, の女中, の女性, の妾, の子, の学侶, の学問好き, の孫, の少年そのもの, の少年ゴルドン, の少年ドヴォルシャーク, の少年四郎, の就任, の岡田, の幾勢, の弟也, の弱冠, の御, の心, の惜しい, の日本武尊, の明治天皇, の春余家母, の昭和元年, の時スタンダール, の時ヨルダン河, の時咸臨丸, の時嫡男徴, の時父, の時親傳藏, の暮, の曾能, の最初, の木下藤吉郎, の正月, の正月二日, の死, の殿様, の母, の母親, の気の毒, の洋服, の海野平, の牛若さま一人, の王子, の現在, の甥, の田舎出, の男子, の眼, の知人, の短い, の砌, の福沢諭吉, の美人, の義鎮, の老体, の老翁, の肉塊, の胆力, の若年, の苦悩, の茂山千作, の茶山, の葵, の蒲生, の誕辰, の誤であらう, の軍師王朗, の里恵, の隠居, の青年詩人, の高島田, はあれ, ばかりの当時, へもどった, まだ東京府立, までの少年, までの者, までの間, までの青年, まではある, までは髪, まで二十三年, まで長寿, より上, より若く, らしい顔, をもって歿, をもって鎌倉, を以, を以て世, を以て主人, を以て終った, を年, を過ぎ, ノ今日ニ至ッテ始メテ生キ甲斐, 乃至二十歳, 初めて老父, 即ち抽斎, 次ハ十二, 若しくは十三年三十七歳

▼ 十~ (605, 0.3%)

8 越して 6 十ながら 4 きまり悪, びっくりし, 手を, 目を, 過ぎて

3 [11件] あわてて, それが, それを, そんなこと, どこへ, 一昨年宜, 口を, 庭の, 急に, 独で, 驚いて

2 [42件] あちこち歩き, いきなり田打ち, この寺, さっきの, すすきに, すすきの, そこで, その秋チブス, だまって, だん, つい今, ひとりごとの, ぴたりと, まるでよろこん, もうあんまりよく鹿, もううれしく, よろこんで, われを, ホッと, 一ぺんに, 三十四歳の, 二人の, 口の, 咽喉の, 大惑, 安南皇帝, 少しから, 帆村の, 幾つか, 栗の, 水を, 狼狽し, 痛い足, 眼を, 納屋で, 縁側に, 芝草の, 萱場で, 走って, 顔を, 首を, 鶴子の

1 [454件] あきらめませんでした, あたかもグアナハニ島, あったよう, あとで, あのとき机竜, あの古井戸, あばれ出した, あみを, あらあ, あるかも, あるだらう, あるだらうと, あるだろう, あるであろう, あろうが, いきなり犬, いった, いつでも, いつでもと, いつに, いつまで, いつも番小屋, いつも縄, いつも繩, いま田村町の, いよいよ手, いわし屋に, ううッ, うめくよう, うるさそう, おかしさ, おじいさんたちと, おぢ, おっ母, おろかただの, おろか三十にも, おッ, かかしたこと, かかずに, かけよって, くやしさ, くらやみの, くれぐれも清二郎, ぐっとくだけ, ぐっと一杯, けげんな, こういう際, こうして僅か, こうして歳暮, ここぞと, ここに, ここには, ここへ, こさえて, このまま, この事件, この部屋, これは, これを, こわい顔, ごいんき, ございましょう, さては竹中半兵衛殿, ざるを, ざんにんなことを平気で, しきりにその, しきりに首, すぐに, すっかり廻り過ぎ, すっかり改心, すばやくそれ, そういう奇妙, そういっ, そうと, そのとき, その京都, その時, その管, その鼾声, それから, それでも, それでもまだ, そんな事, たしかにこの, たちまち化, たちまち図, だいぶ越し, だまつて俯向い, だれかに, だんだんじれ, だんだん笑, だんだん笑わない, ちょっとにが, ちょっと顔, ち左右, ついに船, つぶやきました, できます, できるだら, できるな, とうとう大, とうにこえた, ときどき霧, とっくにすぎ, とったろう, どうした, どうでも, どうなった, どなりかえした, どの女, なかなか義理, なかば錯乱状態で, なぐつた, なにを, にわかに上, にわかに耳, はきだすよう, はりきり網, ひっくりかえるかと, ひと眼, びくの, びつくりしました, びつくりする, びんば, ふと悪い, ふと顔, ほとんど夢幻, ほんた, ほんとうに, ぼろぼろの, まさしく不惑, またごろりと, またまたガッカリした, また二階, また鎌首, また駆け出した, まだ上, まだ幸い, まだ駆け出し, まだ駆出し, まったく途方, まるでこら, まるでこらえ切れない, むっくり起きた, もうびつくり, もうほろ酔い, もうほん, もうほんとう, もう何年かま, もう停年, もう自分, もう良い, もったいぶって, もはや王様, やがてほど, やけっぱちに, やっとそれだけいった, ゆだ, よいこと, よく其舌, よほどくやしい, よみ書きそろ, よろよろと, わけなくペロリ, わずかに, ウマウマと, エンジンの, オヤジを, ギョッとして, グッと, ジュンに, スッと, タキシードを, ターネフに対して, テンです, ピストルの, フラフラと, ミマツ曲馬団の, ミマツ曲馬団へ, 一人で, 一時間の, 一歩境を, 一種昂然たる, 一隅を, 三鞭入寒天寄冷菓, 上から, 上に, 上の, 下るまいと, 主人の, 乏しい智慧, 五の, 五日前に, 京橋弥左衛門町大庄は, 今しも, 今まで, 今までの, 他の, 他へ, 何という, 何の, 何等の, 例によって, 例の, 僅に, 元々学問, 其夜も, 其夜喚ん, 其金請取つ, 冷笑ひ, 冷酒を, 凝然と, 出刃庖丁を, 出来ません, 初めから, 初めて藤吉郎, 初惑, 則ち, 勇ましく崖, 動くもの, 勝手に, 勿論なり, 十二年前に, 十五六から, 十倍である, 十寸即ち, 午から, 午飯を, 卒の, 南無三寶仕舞, 南部甲斐守の, 又むし, 叫んだの, 同じく羅州地方, 呆気に, 呑ん平, 周囲の, 命令する, 和尚が, 咲けたの, 唇を, 喚いた, 嘔吐たい, 四十に, 埓も, 売れて, 多少の, 大岡殿を, 女房を, 委細構わず, 婦人に, 嬉しがっ, 子供たちの, 封筒と, 小一時間近くベンチ, 小間使の, 小首を, 少い数, 少し口, 少し安心, 少時黙っ, 尚お, 嶮しい, 左へ, 帆村に, 師父の, 平気です, 度胆を, 当家に, 後には, 従来農家の, 心からお, 忌々しそう, 忘れて, 思はずあと, 思わずドッキリ, 思わず呶, 急いで, 怨めしげに, 恐くは, 恐れし體, 悪いやつ, 惑い易い, 愁傷らしく, 意気揚々と, 愕然と, 慌てて, 慥かに, 或は伊七, 房枝の, 手携電燈の, 押し返したが, 拍子抜けが, 持ってるらしい, 指で, 数えられなかったであろうそれほど, 数年来西瓜を, 新聞の, 旅支度を, 既に越した, 日蓮として, 早坂勇の, 昂奮し, 明りが, 昨夜一ト口も, 昨日の, 是に, 時代の, 晩年の, 暫時の, 朝まだ, 杉代の, 杜甫の, 根が, 様々思案の, 横手を, 横柄な, 横柄に, 横目で, 櫓声の, 權三を, 止むを, 歯を, 死んだ, 死んだよう, 死体と, 段右衞門に, 殺され美しい, 気がつかぬ, 汗を, 決して悪人, 決して遅く, 河東節の, 泣いて, 泣きっ面, 泣きッ面, 泣き相, 流暢な, 浮かんで, 海に, 渇いた声, 満身の, 溜息を, 漸く正気, 激怒した, 火縄銃を, 無理に, 無言で, 無類の, 焦れ切って, 焼酎を, 煙草を, 牧者が, 物置で, 犬殺しの, 狸寝入, 生きてる時, 生返辞, 甲府へ, 男の, 畑の, 畑へ, 番小屋の, 番小屋へ, 皇帝だ, 皇帝と, 皇帝に, 皮椅子の, 監獄署の, 盲女に, 眉根に, 眞黒き, 真名古の, 眼で, 知って, 石田梧堂第, 秀陳から, 秀陳の, 私達の, 穴の, 立ちあがって, 立ち上がりから, 立ち上りから, 立上ろう, 筒先を, 箱を, 精神の, 綱に, 置けるだろう, 署内で, 考へ, 聞彌, 肚を, 胆を, 胸を, 胸先へ, 膳を, 自分では, 自分でも, 自若として, 舌打ちした, 舌打ちを, 船室で, 色盛り, 花の, 苔の, 若く見え色, 苦痛に, 草刈鎌を, 菊石面を, 落胆した, 薄汚い髯面, 蚊帳を, 観念する, 警察に, 赤い鼻, 赤が, 起きた, 超えて, 越したな, 足が, 軽く頷き, 返辞を, 追, 追っかけては, 逃げ腰に, 進上し, 郊外の, 酒も, 酷く其胸, 醤油くさい, 釣れる, 銀子を, 錫と, 鎌首を, 鏡に, 長さ, 長の, 長椅子の, 降参の, 陸を, 電報を, 霧の, 面を, 頬被りを, 顔中菊石な, 願哲と, 駕籠に, 高い赤松, 高手小手に, 魔都, 鶴子と, 黒川の, 鼻を

▼ 十前後~ (592, 0.3%)

52 の男 27 の女 13 の立派 9 の大 7 の老人, の若い, の青年 6 の婦人, の小柄, の色 5 の, の小, の背, の顔 4 ですが, のまだ, の恐ろしく, の恰幅, の支那人, の武士, の町人風, の達者

3 [17件] であろう, でせう, で色, のこれ, のそれ, の典型的, の女房, の娘, の屈強, の浪人者, の用人, の確り, の紳士, の老, の脂, の若者, の薄

2 [43件] だが, であったが, である, でございます, でもあろう, といっ, と見ゆる, と覚しき, に故人, のお, のよう, のよく, の一寸, の下品, の中年者, の乾物, の内儀, の凄い, の出戻り, の品, の商人, の外国人, の女中, の好い, の少し, の巖乘, の平凡, の平凡そのもの, の息子, の柔和, の武家, の狐, の狡, の番頭, の痩せ, の痩形, の眼つき, の老女, の良い, の若, の頃, の鬼, 美しさ

1 [263件] おなじく旗本, か, かさ, かつては, かと思われる, かと見える, から右足, か衣服大小, ぐらいで, さアここ, しかし商人, だったか, だったが, だったろう, だつたらう, だらうが, だろう, だろうか, だろう鬼髯, であさ黒い, であったと, であったろうかと, であって, であつ, でありましょうか, であるらしく髪の毛, であろうか, であろう菅笠, でいかにも, でかなり, でしょうが, でなければ, ではとても, ではなかっ, でまず, でゐ, でガラッ, でガラツ八, でタシュケント, でハッキリ, でベットリ, でベツトリ, で亡くなる, で人相, で体格, で名前, で家, で左, で母親, で生平, で細そり, で頗る, で顔色, といつた, といふところ, とも覚えられ, と云っ, と思われます, と思われる, と聴きました, と聽, と見える, と言, と言う, と言つて, どうも十八, なの, にしか見えない, にはすっかり, には一時, には完全, にぶつかった, にも見られる, に不養生, に失っ, に実, に思われた, に最盛期, に死せざりし, に胃痙攣, に見える, に起った, のお婆さん, のこと, のころ, のころ谷中, のすぐれた, のちゃんと, のちょっと, のちよい, のでっぷり, のなかなか, のひと, のぶらぶら, のむづかしい顏, のやかまし, のキリ, のセビロ, のセル, のハキハキ, のヒゲ面, のヒョロヒョロ, の一, の一処士, の一見, の上品, の下男風, の不, の不良少年, の中年, の中老人, の主人, の乞食, の乳色, の二人, の人, の人たち, の人品, の人柄, の人相, の仇, の仏蘭西女, の会社員, の住持, の体, の体格, の健康そのもの, の働き盛り, の働き者, の僧坊, の充分, の先代, の公達, の分別, の分別者, の利助, の古, の同じ, の和服, の品格, の商家, の喰, の四角, の堅気, の壮年, の壮漢, の大きな, の大入道, の大男, の女三人, の女学生風, の実直そう, の専門学校程度, の小さな小さな, の小作り, の小意気, の小男, の巌乗, の年, の年増女, の年輩, の年配, の年頃, の店員, の強か, の微, の息子娘, の愚かしい, の愛嬌, の感じ, の慾, の房州者, の技術家, の新内流し, の旅, の旅びとは額, の時, の時代, の月代, の未亡人, の植木屋夫婦, の極, の正直そう, の歯, の歳, の母親, の浅黄裏, の淺黄裏, の温良, の煙草切, の父, の独り者, の独身, の獨, の町人, の痩せぎす, の白あばた, の白粉, の盛装, の眼, の眼尻, の着實, の穩, の筋骨逞, の精力的, の細面, の組合員, の総髪, の線, の練達, の美, の美人, の老体, の老衰, の者, の肉, の肥った, の肥大漢, の背広, の能登守, の脂切, の腕達者, の芸者, の若僧, の苦味, の蒼, の見, の見る, の見事, の見識ら, の親方, の貴婦人, の逞しい, の醜い, の醫者, の銀杏, の鋼鉄, の長身, の青年武士, の面長, の頑丈造り, の頭, の頽廢的, の顎鬚, の顔色, の風貌, の鬚武者, の黒光り, は思慮, は知識, は謂わ, まだ脂切, までは彼, までは真面目一方, まで増減, まで楽, 一見侠勇, 凄まじい青, 半十郎, 嘗ては, 少し好人物, 或は六十, 見るから

▼ 十年間~ (578, 0.3%)

5 に於ける, のうち, の生活 4 というもの, にこの 3 の出生, の努力, の平均, の研究, の経験, 絶えず彼

2 [39件] こんな純粋, ついぞ同盟, といふもの, にし, に世界, に亙っ, に亙る, に国, に大いに, に彼, に急速, に於, に著しく, の世界, の事業, の僕, の利息, の増加如何, の増加率, の孤独, の御, の恋, の政治的活動, の新しい, の歩み, の短日月, の秘めたる, の苦労, の苦心, の進歩, は相互, まもりつづけ信長, もその, も住ん, も土地, を私, を要した, 保つと, 夢にも現にも

1 [459件] あらゆる階級, あるいは宗教, いた, いろいろの, おくれおると, おそろしくわたし, おなじ表紙, お酒, かかったと, かかって, かこの, か過し, がその, がケーテ, が憶, が程女, くらいが非常, くらいきちんと, くらいの我慢, くらいは寄りつきません, くらして, ぐらいがちょうどころ, ぐらいで御免, ぐらいを中心, ぐらいを取っ, こそ今日, このこと, この不愉快, この冷蔵鞄, この癖, さぞ苦しかっ, そしてその後, その医者, ただ眺め, だけで, だけれど, ちらと, であった, であったと, である, であること, ですら, では, でも一年間, で充分, で割れ, で東京, という如き, という時期, といへ, と思われる, どんな暮し, なる長時間, に, にあの, にいろいろ, にうけた, においてどんな, において二十世紀, におけるわが国文明, における日本, における減少, におよそ, にかかる, にかく, にここ, にさえ大小二十余隻, にしみ込んだ, にずいぶん, にその, にそれら, にただ一人, にたった, にちょうど, にどの, にはや, には一クヲタア, には一年, には何遍, には僅, には同一, には売り切る, には実に, には我国, には死亡率, には百分の二七・一〇, には筆端舌頭, には蘇我入鹿, には関東大震災, にまいた, にもだんだん, にも度々, にやっと, によくも, にわが, にわたっ, にわたって分布, にわたって彼ら, にわたって東京, にわたって毎, にわたって江戸城, にわたって潜伏信徒, にわたって研究, にわたって講演, にわたり続, にわたる単式機関船時代, にわたる大量生産, にわたる生活, にわれわれ, にアルブケルケ, にソクラテス, にダム, にナイチンゲール, にフランス, にマホメット教國内, に一とわ, に一年, に万国, に下野足利, に世話, に二万七千フロリン, に二三, に亘る, に亙つ, に作家, に先祖, に八銭, に凌い, に出来た, に出生総数, に前後三回, に動いた, に十何冊, に同, に唯一回, に国外, に増加率, に外科手術, に大友, に大気中, に実に, に実行, に家庭内, に小麦, に巨万, に得た, に徴募, に成就, に我々, に戦死, に数億, に文学運動, に於い, に日本, に書き溜めた, に有ろう, に木立, に東京, に某, に欧洲, に歐米, に此運動, に死亡, に版, に物質的方面, に當つて, に発表, に登場, に百七十余人, に百万人, に相当, に短縮, に経営, に翁屋, に考え, に至つて, に色々, に英蘭, に著述飜譯, に見, に見違える, に資産, に起つた, に農村恐慌, に道人, に遡っ, に開かれた, に際立つた, に骸骨化クラブ, のあいつ, のあらゆる, のいろいろ, のうち一番良質, のこと, のツキアイ, のフランス, のフランス文壇, のプリマドンナ生活, のロシア, の事, の交遊, の京都在住, の仕事, の他, の体験, の修業, の俳句, の俳句生活, の傷痕, の先生, の出生超過, の刻苦, の勤労表彰みたい, の協働, の収穫, の収集, の叡山, の回顧, の地代, の増加, の多産豊饒, の大, の大便, の大学教育, の小麦, の居城, の幕末演劇史, の平均価格, の平均死亡率, の年季奉公, の彼, の後, の忠勤, の恐慌, の抑制, の放浪, の政局, の教員生活, の新, の方, の日記, の普段, の晶子さん, の櫛風沐雨, の欧米プリマドンナ生活, の歳月, の死亡, の死亡以上, の源平時代, の溜飲, の漂泊, の特に, の独占, の病歴, の病苦, の登録洗礼数, の百分率増加, の研究生活, の研究集大成, の社会, の社会主義社会建設, の社会思想史, の私, の私共, の精神力, の經驗, の美味追求, の習得, の自分, の舞台的革命, の苦しい, の苦しみ, の英国穀物市場, の謂わ, の講演, の豹変, の費用, の辛苦, の辛酸, の通し矢, の連続所有, の道境三昧, の都會生活, の金, の革命市庁, はあまり, はいくら, はおのれ, はこの, はこれ, はじめての, はちょうど, はまったく, はタップリ, は一年刻み, は上流社会, は九十二シリング, は事, は今, は仮に, は先ず, は全然, は十年コッキリ, は千年, は半, は原型, は大丈夫, は平均, は年々三十五万貫, は幸福, は彼, は意識, は政, は更に, は校歌, は極めて, は殆, は殆ど住所不定, は永い, は無料, は相当, は短い, は私, は英山, は蜀山人, は西洋, は親, は言, は逢えなかった, は鋭意, は非, ばかりのところ, ばかりは實, ばかりは栄えた, ばかり私, ぶっと, ほとんどおなじ, ほとんど作曲, ほとんど随筆的心境とい, ほどに躍進的, ほどのわたし, ほどのブランク, ほどの間, ほどもちょうど, ほど洗, ほど関八州一円, または二十年間, もお, もこの, もそこ, もアフリカ, もアメリカ, も人類, も使った, も公民權, も写真, も吼えた, も土瓶, も地方, も子供, も学問, も意地, も意識的, も手品師, も提擧市舶, も支持, も支那, も放り出し, も最も, も木村君, も津軽, も破損, も継続, も続いた, も續, も自分, も舞台, も茶色, も蜀, も食事, やかましい小言, やって, やっと暮らし得る, よして, よりもこの, わかれて, わが邦人, を, をからん, をこ, をひたすら, を以て最, を働き, を努力, を平均, を振り返っ, を決して, を生き, を自分, を見送り, を語っ, を費した, を通じて東京, を通じて熱量, を速力構造, ノ教育ハ, ヲ一貫セシメ, 不知行, 与えて, 住んだ土地, 住んだ札幌, 何とも云, 倦まずに, 全く世の中, 全く神, 勤めて, 失って, 始めて, 尊い血潮, 屡々国劇, 帰らざりし男, 帰らぬ恋人, 御心配, 思いだしたこと, 恥ずかしい痩せた, 或る, 抑へに, 押し動かして, 持ちつづけて, 探しま, 書きつづけられたの, 最も親愛, 正しい情深いそして, 決して指揮棒, 生きて, 生きる者, 生き残ったこの, 留まったところ, 目立たぬが, 知らぬ土地, 磨いたらさぞ, 磨きつづけて, 程はちょうど, 稼いで, 絶えず中央公論, 続いて, 続け得る準備, 置いて, 考えて, 見たそのまま, 親しくし, 言わば私, 謂わば, 賢くない, 転輾, 開いたこと, 闘って, 飛び続けたこの, 飲んだとして

▼ 十一年~ (571, 0.3%)

28 の秋 18 の春 12 の夏 11 のこと 10 である 8 になる 6 の一月 5 の二月, の正月, の間, の頃 4 であった, の暮, の歳月, を経

3 [16件] から十二年, であつ, にし, に刊行, に歿, に砂子屋書房, に至り, の, の七月, の三月, の五月, の冬, の十一月, の十月, の四月, の生涯

2 [20件] か二年, だと, に, になっ, に既に, に浜松, に至る, に頭蓋鱗様部, のむかし, の九月, の事, の元旦, の十一月頃, の十二月, の年季, の後, の新年, の晩秋, まで凡六百三十余年, 生る

1 [354件] およそこれ, かに葡萄牙人, からある, からのこと, から七百九十一二年, から七百八十一年, から三十四年, から三年, から三年間病臥, から九十五年, から二十七年, から二十二年頃, から二百廿三年前, から五十三年前, から元, から十三年, から十五箇年, から大正三年正月, から天保十二年, から明和二年, から昭和十五年, から自由, が其の, が訪れた, このかた, この一廓, この工事, それから次, たった, たつて, だ, だから, だったと, だ見習い, てん, で, であって, であるから, であること, であると, でおそらく, でしたか, です, でなくては, で抽斎, で拙, で最初, で歐洲, というとき, というもの, という時代, という長い, といえ, といへ, とか経つ, となった, となり, となる, とに飜刻, と昭和八年, なり, にお, にかけてこの, にできた, になさった, になります, には, にはそれ, には一高旅行部, には上州桐生市, には九州, には五十七歳, には保, には國木田君, には既に, には最早, には江戸, には池田勝政, には父, には社, には私, には長政, にめでたく, にもなります, にわたる六回, にわたる感情, にウォルター・ウェストン氏, にコペンハーゲン, にジョン・ミルン, にマドリッド, に一粒金丹, に一般, に一遍, に七十八, に中, に中国, に中沢重種, に九十一歳, に二十一歳, に二十尺五寸, に二編, に亘り, に今, に他界, に俸禄, に先, に六十二歳, に再び, に再建, に出, に出生, に初めて, に到り, に制定, に医学, に十二階, に及び, に唐, に大, に孝高, に小島氏, に島抜け, に帰朝, に廃止, に当時, に我輩, に播隆上人, に撰ばれた, に政友会, に新, に於, に日仏条約, に春水, に晩年, に暴動, に書いた, に最後, に東京日, に槙嶋照武駒谷山人, に歳費辞退, に死, に死んだ, に死亡, に決めた, に河原崎座, に淀城主, に深川元町猿子橋際, に焼け, に狩谷氏, に生れ, に生れた, に當, に當つて, に當つて三十四年, に病死, に癌, に白馬岳, に碧山, に禁止, に福井県, に福島県, に私, に立教大学, に至っ, に至つて, に蘭坡, に表れた, に袋中和尚, に解散, に遂に略, に金座, に開かれた, に陸軍, に順成, に駿河, のあいだ, のいのち, のはじめ, のもの, の一万石以上, の一月すゑ, の一月一日, の一月三十一日, の一月二十一日, の一月五日, の七月二十七日, の七月十五日, の三ヶ年間, の三年間, の三月二十一日, の三月五目, の三月十日, の上半期, の中ごろ, の九州旅行, の九月巴里, の交, の仲秋岩代, の元日, の入山村, の八月, の八月中旬, の八月十二日, の六月, の六月三十日, の六月十二日, の冬十二月, の出来事, の出生, の出生五人, の初, の初め, の初め自由劇場, の初夏, の前, の劇界, の十二月二十八日, の十二月十九日, の十二月千種川, の十回, の十月下旬, の十月頃, の南海道地震, の句, の唐律, の啄木, の四月頃, の夏七月, の夏行つて, の夏頃, の大, の太宗, の姫路城下, の寓営, の年月, の年月病身, の年末, の序, の当時九十一歳, の後二年, の支那旅行, の文壇, の文展, の文書, の新嘗祭, の新聞雑誌, の昔, の星霜, の春伊香保, の春出版, の春秋, の普佛戰爭媾和, の月日, の本郷座, の村上天皇天徳四年, の東大哲学科, の歌, の正月匆々壊疽, の正月号, の洪水, の火事, の生, の生れ, の眞夏, の秋以来兄, の秋悶死, の秋西洋, の章, の第, の総, の藤原村, の藤原村及湯桧曾村, の蘭軒歳首, の衆院議員選挙, の記事, の調べ, の調査, の身辺, の間奉公, の隠, の隱謀事件, の雑誌, の雨, の雪解け, の雲上明鑑, はこの, は二月, は十二月十四日, は如何なる, は明治二十二年, は明治二年, は明治十二年, は暮れ, は浅草宮戸座, は百二十年前, は経っ, は蘭軒歿後, は迎えられよう, ばかりまだ, ばかりも前, ほど経った, までかかった, までが全盛期, までの各, までは予防拘禁, まで凡二十一年間遊女屋, まで開港場以外, もいよ, もたて, もだらだら, も前, も孤独, も待った, も終り, も経った, も続き, やはり歌舞伎座, よりは稿料, より僅か, より十二年, わが二十歳, を得, を改めて, を百, を距, を辛苦, を閲しぬ, 乃至六百年, 何と息苦しい, 再び第, 初めて四条, 勤めて, 即ちお, 即ちこの, 即ち大師, 即ち府県会開設以来, 即ち推古天皇, 即ち西暦三百五十五年, 及び十五年, 同二十四年, 好ましいと, 実際初めて, 建てられた当時, 旧二月十日, 殆ど日本, 生きたから, 生れ寅, 第一回帝国美術院, 第一期, 第三号雑録欄百七十二頁, 第二号所収, 第五号, 続いたから, 若くば

▼ 十~ (564, 0.3%)

43 の指 16 となく 9 の針 6 の爪 5 の刀, の薬草, の足 4 から五十本, だ, の剣, の神, の腕 3 のうち, のタケノコ, の中, の松明, 持って

2 [38件] ありましたが, が十本, しかない, たらずの, では, というところ, といふの, となり, になれ, の息杖, の手, の木, の杉, の杭, の枝, の矢, の短剣, の磔柱, の糸, の蝋燭, の貨物列車, は確実, ばかりの矢, ばかりの青い, ばかり並んだ, ばかり集った, ほどあった, ほどの刀, もの手, も二十本, も出来る, も運ん, 引くん, 植えて, 積みましたが, 詠み込んで, 買って, 飲んで

1 [364件] あったかも, あったから, あったって, あっても, あまりあり, ありこれ, いづれも, いやまだ, かある, かが薪屋, かけ並べた白刃, かけ並べた白刄, かの手, かの紙, かの配り, からの罎, から三十本, から上, から忘れました, かを試した, か三十本, か四十本, か打っ, か整列, か焼け, か知れぬ, がとこ噛, が一本, が十本皆, くらいを一束, くらいを一株, くらい溜まっ, ぐらいで, ぐらいの足, ぐらいもある, ぐらい一束ね, ぐらい叩き落した, ぐらい注射, ぐらい燈, ぐらい転がっ, ぐれえ, しか有りません, した, じゃすく, ずつときめ, ずつにし, ずつの大, ずつの毛, ずつ刈りすけ, ずつ吸っ, ずつ妻楊枝, ずつ怠らずやっ, そら, たまれば, だけ十本, だけ自分の, だけ負けた, だつたか, ちかくにも, つくって, であつ, であろうと, でしたな, でしたね, でも上野公園内, でも二十本, でも人, で僅か, で売りませう, とあった, とある, とある木, というの, というカギ, という偽物, という案, といふ規則, とかいう一列, とかの神, とか持っ, ときまっ, となく若い, とも折られる, とも知れない, と一本, と一生懸命, と並ん, と云う, と入, と出, と灯心, と載す, にしない, にしなけれ, にて代金二分, になります, になる, にも余る, にナマ卵, に余る, に及ぶ, に蔓延, に餘, のうち二本, のうでが, のかす, のアイスクリーム, のパイプ, のピカピカ, のマンノー, の乱片, の代赭, の低い, の余, の刀全部, の割, の十手, の吸い, の吹き, の噴水, の大きな, の大小, の小, の小刀, の恋文, の手紙, の抜き身, の指先, の指甲, の指頭, の木材, の材木, の松火, の果樹類, の柱, の桃色, の楓, の楽士達, の櫟, の残骸累々, の毛髪, の深い, の無用, の焼, の白刃月光, の白線, の白髪, の石油カン, の磔刑柱, の竹, の筒, の筮竹, の終らない, の組立鉄塔, の綱, の縄, の縫針, の肋骨, の胡瓜, の脚, の花, の葉巻, の葉煙草, の葡萄, の葱, の薔薇, の薪, の薬草花, の角, の足指, の通し矢, の釣竿, の銃剣, の鋭い, の鋼鉄ロープ, の錆刀, の錐, の雌松雄松, の雌雄, の雪割草, の電話, の髪の毛, の鬮, の魚雷, の鰹, はあった, はあらむ, はくだらない, はない, はもう, は喰わ, は庭, ばかり, ばかりある, ばかりこし, ばかりそっと, ばかりとり寄せ, ばかりと清酒, ばかりのそれ, ばかりのたけ, ばかりのろうそく, ばかりの木, ばかりの松, ばかりの棒, ばかりの樫, ばかりの細い, ばかりの蝋燭, ばかりの針, ばかりの鉄片, ばかりはさんだ, ばかりはほか, ばかりはスック, ばかりは其中, ばかりほしい, ばかりやっ, ばかりゆずっ, ばかりをきった, ばかり伐らし, ばかり入れ, ばかり出来, ばかり半ば紅葉, ばかり参つた, ばかり受取った, ばかり投げ捨て, ばかり抜けました, ばかり映画化, ばかり枝, ばかり梢, ばかり楷, ばかり次第に, ばかり残っ, ばかり生え, ばかり落ち, ばかり薪, ばかり買, ばかり載せ, ばかり頂戴, ばかり高値, ほど, ほどありました, ほどおくれ, ほどずつ一, ほどつまっ, ほどつめこん, ほどで, ほどのやつ, ほどの大小, ほどの房, ほどの扇子, ほどの筍, ほどもならう, ほども並べられし, ほども叩き落した, ほど丸めこまれ, ほど呉れ, ほど弦, ほど漕い, ほど試漕, ほど貰う, ほど買う, ほど購, まで, までええ, まではいい, までは作らし, までは許され, まで許され, まで許す, まぶしく集まっ, むらがって, もあげた, もある, もあるであろう, もさがってる, もそろえた, もない, ものんだ, もの幹, もの木竹, もの突支棒, もの蛇, もやれ, もらい受けその, もカンフル, もゴチャゴチャ, も三十本, も並べ, も並ん, も伐り倒さない, も入る, も入れ, も出た, も十五本, も右, も吸う, も堂塔, も奪い取った, も恋文, も持っ, も掛けた, も杉苗, も植木屋, も渡っ, も漕ぐ, も漕げ, も立っ, も立つ, も背負, も買える, も釣竿, も鑑定, も飲みゃ, やられたなと, や三十本ぢ, や二十本, よりすく, をつくる, をなん, を一クルス, を一両, を作っ, を噛, を描かしめ, を用意, を疾く, を白髭神社, を的, を私, ズラリと, 一気に注射, 並んで, 作って, 借り非常, 入って, 入り乱れて, 入二十六哥, 出て, 向かい合わせて, 吸ったこと, 射当てて, 射通すが, 平らげたこと, 引っ懸っ, 打ちこみましたがね, 打ち出すと, 打っても, 揃えたもの, 揃ってるって, 描かれて, 撚りくらいに, 撚り錘, 束ねて, 混ぜて, 短いの, 程のやつ, 程の水仙, 程の銀色, 程も有, 程一束, 立って, 立てそれから, 立て間口二十間, 紡いだといふ, 終りますが

▼ 十四歳~ (563, 0.3%)

59 の時 27 になる 18 で歿 12 のとき, の少年 11 になっ 9 であった, である, にし 8 であつ 6 になった, の少女, の秋 5 の春, の膝, の高齢 4 の私, の頃

3 [12件] だった, であったが, であるが, です, で戦死, になつて, になります, の今日, の娘, の年, の老人, の青年

2 [31件] から十七歳, から死ぬ, だが, だと, でお, でお人好し, でした, ではじめて, でロマンティック, で世, で亡くなった, で大, で市ヶ谷門外, で改名, という, といふ年齡, になりました, にもなる, に成られた, のゴーリキイ, の今, の分別者, の夏, の小, の折, の暮, の現在, の生涯, までの間, まで生き, を以て世

1 [250件] いう箱, お春, お若, から三十六歳, から二十五歳, から伊豆, から十七, から四十五歳, から賊心, から道場, か十五歳, が本当, くらいの若, すっかり耄碌, そうして京伝, だ, だから, だけれども, だし, だったね, だった母, だつた彼, で, であったそう, であったとも, であったの, であった二葉亭, であった二葉亭四迷, でありました, でいられました, でこの世, でご, でございました, でございます, でございますから, ですね, でそれ, では, でまだ, でわりに, で中, で二十六人, で五百, で亡き人, で亡くなる, で交響曲, で今, で傍輩, で備後, で剃髪, で卒, で卒業, で同じ, で始, で家督相続, で小, で小肥り, で帰朝, で当主, で彼等, で従四位上左権中将, で文政九年, で日野屋, で早まった, で春水, で本丸, で札幌, で来り, で柏軒先生, で次, で死したるかれ, で死に, で死んだ, で永眠, で父忠兵衛, で稼圃, で第, で結婚, で臨済, で自邸, で致仕, で落飾, で隠居, で音楽修業, という事, という女, という男盛り, という若, といえ, といふ, となりけれ, とはどうしても, と二十五歳, と云う, と書し, と言われ, と記し, と註し, ながら身, などと年齡順, なるを以て, なる少壮者, なる者五ヶ年間, にすぎなかった, にて去年, にて逝けり, になつ, になり, になれ, にはなっ, にもなっ, にもなった, にもなり, にもなります, に候, に母, に相成, に相成ります, に相成りまする, に至る, に達し, に達する, のうぶ, のうら若, のおり, のお初, のきょう, のこと, のとき忠利, のとき発明, のとんぼ頭, のぼく, のわたし, のインテリ娘, のシーボルト画像, のトマス等, のトルストイ, のニコラ博士, のフロレンス・ナイチンゲール, のブラームス, の三人, の中, の兄, の光雲先生, の八月, の六人, の冬, の処女, の嘴, の壮年, の大学卒業生, の大学卒業間際, の女, の妹, の妻, の娘マリアン・パアカア, の婦人, の学校生徒, の実, の寶龍院, の小坊主, の小娘, の少女ペパ, の少年武士, の左中将, の年少多感, の彼女, の御, の忠琢, の慶次郎, の懐之, の折家出, の放, の春ヴィーン, の春紀州加田, の時伯父, の時宋, の時村中, の時皆傳, の晩年, の晩春, の柏軒, の次, の死際, の母, の波響, の牧野さん, の男, の男ざかり, の男の子, の留学生, の砌, の磯貝十郎左, の秋成, の童, の童子, の老父忠琢成器, の老齢, の肉体, の自分, の色, の若, の若者, の蘭軒, の血気, の身空, の鍋丸, の間, の隆升軒信階, の青春, の顕家, の高, の魂, ばかり, ばかりの小柄, ばかりの栗虫, ばかりの男の子, ほどの童, またはそれ以上, まで, までのわし, までの児童, までの年頃, までの春秋, までを送っ, まで修業, まで八年, まで彼, まで米国, まで道了権現, まで長命, まで馬籠, より二十七歳, より二十九歳頃, より四十三歳, をまだ, をわずか, を以て, を以てした, を以て元服, を以て江戸, を以て藩学, を以て韮山, を売, を頭, ヲ以テ歿ス, 初めて新聞, 向柳原, 若くほぼ, 遅くも

▼ 十~ (563, 0.3%)

14 となく 9 の熱 8 の角度 5 です, なり, に上る, の傾斜 4 に一度, に開い, のところ, の方向, の線, 近い熱

3 [13件] から三十度, だか, になっ, に上った, に近い, の暑, の温度, の間, も二十度, を超える, を越える, を越す, 乃至三十度

2 [37件] あるいはそれ以下, かたむいて, か自分, ぐらいの温度, ぐらいの角度, ぐらい回転, である, であるという, という, といっ, にくだる, になる, にも上る, にも下っ, のアラスカ, の低温室, の処, の大, の寒, の斜面, の時, の範囲内, の角, の雪, の高熱, ばかり傾いた, までの間, まで下る, も熱, よ, を, を示し, を越え, を越し, を越した, 廻して, 近うございます

1 [375件] あるいはずっと, あるいはそれ, あるいは二十度, あるいは五十度位, かそういう, からの夜明け方, からの気温, から三十度辺, から二十七度辺, から五十度, から十三度, から千百七十度, から南緯八十三度あたり, から四十三四度, から四十五度, から四十度, から涼しい, から零下七十度, か二十度, か休む, か往来, が十度, くらいである, くらいにし, くらいになっ, くらいに感ずる, くらいの低温, くらいの厳寒, くらいの所, くらいの時, くらいの気温, くらいまでの範囲, くらいまでは平気, くらいまで温度, くらい傾い, くらい失敗, くらい左, くらい甚だしき, くりかえされて, くりかえしても, ぐらい, ぐらいあります, ぐらいから以上, ぐらいが最も, ぐらいだ, ぐらいだった, ぐらいだろう, ぐらいにし, ぐらいになる, ぐらいによこ, ぐらいに傾い, ぐらいに折れ曲がっ, ぐらいの熱, ぐらいの高, ぐらいはあろう, ぐらいはこれ, ぐらい生れかわっ, この日終日精神爽, じゃあきかなかった, すなわち一廻転, ずつ開いた, そこそこな, だけ前方, だけ沸騰点, だつて, ちかい勾配, ちかい熱, ちがった方角, であった, であったならば, でこれ, ですよ, でその, での仕事, では, でも否百度, でも早春, で分岐, で固く, で挫折, で転, ということ, というところ, というむしろ反対, という人, という冷寒, という寒, という寒い, という恐ろしい, という暑, という極寒, という温度, という無人境, という空気, という試み, といふほどもある, といふ氷海, といふ空気, とか, とかいうところ, とする, となる, とは上らない, とも勝てなかった, と七十度, と仕事, と会ってない, と出, と延, と無く, と百六十度, と百四十度, と見, ないし九十度, ないし十二度, ないし十五度, などさまざま, ならぬ間, ならほか, なりその, なりに僅か, なり四十度, なるも, なるを, なんと云, において適当, にし, にする, になった, になりました, にのぼらん, にひろまり, にまけ, にもなった, にもなる, にもわたる, にも九十度, にも及んだ, にも及んだだらう, にも満たない, にわたって蹂躙, にわたる海岸, にグラリ, に下がっ, に下らない, に保たれ, に保っ, に冷凍, に冷却, に分ける, に及ぶ, に固定, に對比, に折り, に挾まる, に昇った, に昇つた, に昇る, に比すれ, に相, に結合, に見えだしました, に赤い, に近く, に過ぎぬ, に達し, に達す, のあいだ, のあたり, のカーヴ, のスピッツベルゲン, の上, の中, の低温, の傾斜地, の先陣, の勾配, の十月尽, の厳烈, の合戦, の国境, の坂, の場所, の宇宙的, の実戦, の実験, の室内温度, の室温, の寒気, の寒風, の屈折, の屈曲, の展開, の工場, の差異, の廻転, の急, の恥, の戸外, の所, の方角, の春, の気温, の沈黙, の温, の温泉, の湯, の熱日, の熱湯, の熱病, の物, の發熱, の眼鏡, の程度, の空氣, の細い, の緩, の視野, の試合, の軍, の転回, の転換, の辺, の邊, の酷寒, の附近, の風, の高き, はあった, はたしかに, は今日, は入獄, は叩き, は大, は常温, は本当に, は確か, ばかりの角度, ばかりまわった, ばかり出ました, ばかり南方, ばかり右, ばかり大きい, ばかり左舷, ばかり擦っ, ばかり発熱, ばかり路幅十間, ひねって, ふらぬ日, ほどちがう, ほどの勾配, ほどの寒, ほどの角度, ほども気温, ほど傾, ほど傾い, ほど傾斜, ほど北, ほど壁, ほど大地, ほど左, ほど横, ほど熱, また上がっ, までの任意, まではない, まで冷, まで冷却, まで南西, まで及び, まで温めた, まで蔽う, まで騰, もある, もきょう, もくり返し, もつける, もの戦争, もの熱, もゆき, も三十度, も五ヵ年計画, も交し, も低, も傾いた, も傾いてる, も傾く, も出しやがっ, も北, も医者, も十五度, も強し, も時間表, も曲った, も気温, も消え, も火難, も目, も続け, も繰りかえした, も繰り返された, も落ちる, も読みかえし, も越す, も追っかけ追っかけ, も電鈴, やったあと, やるの, や二十度, よりは北, よりも二十度, より上, より八十度, より降った, より高から, をぐるっと, をこえる, をなし, を上下, を下らない, を下る, を中心, を何度昇つたら, を指した, を描く, を昇らない, を示した, を示す, を算す, を航行中, を諾威領, を超, を超えない, を超えなけれ, を超過, を越, を越えた, を越えん, を越ゆ, を通過, を重, を防ぐ, を降らない, を限り, 乃至三十度位, 乃至二百七十度ニ, 乃至六十度, 乃至十五度附近, 傾いて, 即ち世界, 又は百八十度, 及びそれ以上, 呼び出された後, 噛めば, 少しの, 廻すの, 忌ま忌ましい腹, 或は五十二度, 曲げて, 程の処, 結ぶこと, 繕ったもの, 繰り返え, 越しました, 足りないから, 転じて, 迄なら, 近い暑い日, 近い発熱, 近い空気, 近い霜, 近クモアッタニ, 追い払われても, 逢えば, 逢っても

▼ 十四年~ (556, 0.3%)

16 の春 15 の夏 13 の秋 10 である, の一月 6 の暮, の頃 5 に書いた, の, の三月, の二月, の但馬地震, の四月, の間 4 になる, の五月, の十月, の正月 3 の七月, の六月, の冬

2 [36件] から二十五年, から凡そ五十二年, が春秋, であつ, で一葉柳浪二家, といえ, にした, になります, には保, に再び, に出, に卒業, に於, に水戸城, に當, に至る, に農商務省, のこと, のころ, の今日, の作, の八月, の十一月, の十二月, の博覧会, の夏休み, の後, の政変, の昔, の月日, の末, の濃, の生, の第, 濃尾大地震, 罷められて

1 [348件] おくれて, か, かかったそう, かかつて, かかりました, かと思う, から, からの道行, から三十四年, から二十八年, から二十六年, から五人組制度, から五年, から僕, から六百六十三年前, から十六年, から十年間, から同, から明治三十九年, から昭和八年, から翌年, か五年, か大正元年, して, すなわち大正十三年, それから日露戦争, だったかね, だつた, ついに僧正, であ, であったから, であったが, であって, であるから, であるが, でその, でない, では, で十三年, で彼, で終っ, ということ, というとき, という歴史, という永い, となった, とは永徽六年來朝, と云, と云う, と五年, と何ヶ月, と定め, と為り, と申します, なりきダンテ, なりし, なんて欲張らない, に, にあたり黄猪虎, にあたる, にいたる, において俄, にし, にすでに, にせがれ, にそこ, にその, になっ, になった, になつ, には, にはその, にはザンベジ河, にはチュクノフスキー, にはロシヤ, には一千二百七十余万斤, には今村博士, には国会開設, には國會開設, には学生村, には巳和, には我等夫婦, には有名, には翁媼共, には脩, には蘭軒, には遠藤さと, にまとめられた, にもなる, にやはり, にインフルエンザ, にキリスト教, に一二六六年, に丁度, に上梓, に与謝野晶子, に二十九歳, に五嶽, に亙る, に亡, に亡くなりました, に京大, に作られた, に優等, に先, に入っ, に入る, に出した, に出版, に刊行, に到る, に副, に十九歳, に十二名, に十四尺浸水, に卒去, に四十三歳, に在り, に女子, に始まり, に始め, に孔穎達等, に学科改正, に安, に家, に寺内陸軍大臣, に島原, に帝劇, に帝大, に帰京, に当り, に彼, に我輩, に支那現代文学叢書, に政府, に文部省, に新潮社, に新聞, に日米露間, に早く, に春陽堂, に景樹, に有名, に東京, に東京大学, に果然世に, に次男某, に死した, に歿, に比べれ, に江, に池田氏, に没し, に没した, に河原崎座が, に法科大学, に準備, に無名氏, に獨逸, に理研, に生れた, に発行, に登山, に秦人, に羽後米代川, に老中, に肥前島原地方, に自火, に至って, に至つて纔, に若水, に英國, に落成, に藤堂佐渡守高虎, に藤川縣令, に蘭軒, に製, に記念, に讃岐, に過ぎない, に過ぎぬ, に遼, に銀座, に長安, に飯田, のあいだ, のとき, のはじめ, のもの, のチェルシー, の一月二十五日, の三月なかば, の三月十八日, の中頃あたり, の久しい, の九月末, の予想収穫高, の事, の二回, の二月二日, の五月二十四日, の五月頃, の働く, の優婆塞貢進, の元日, の八月終り, の六月十四日, の六月十日, の冬頃, の出色文字, の初, の初秋, の劈頭, の十一月ごろ, の十一月十八日, の十二月興行, の十月十九日, の十月十八日, の四月十一日, の四月十五日, の四月四日, の四月斗満, の堀辰雄, の多端, の学年試験, の寒, の巡幸, の市区改正, の年, の年月, の年末, の文学涸渇, の文書, の旅, の日記中, の早春, の春ごろ, の春ごろ婦人公論, の春先, の春哲学, の書牘, の期限, の末ごろ, の条, の来る, の東京大学, の正徳三年, の正月元旦, の歴史, の永き, の活動, の版本, の生涯, の盆すぎ, の盆踊り, の真面目, の短い, の秋七月, の秋頃, の苦心, の茶山, の華奢, の言葉通り, の詩集, の調査, の議会, の質問, の造営, の道徳界, の選挙, の重, の長い, の長き, の間国王, の非, の頃北越, の餅, の騒動, はすでに, はその, は一白, は僅少, は八月, は十月, は我が, は既に, は明治五年, は明治十五年, は暮れ, は演伎座, は特に, は経済界, は蘭軒歿後, は過ぎ去りぬ, ばかりわたし, への晩, ほどの間, ほど前, ほど続け, までが終る, までの私, までの間, までは六年以上, までは労務動員計画, までは大学, までは病気, まで電燈, もおくれ, も以前, も劫, も往かぬ, も後, も押, も春去秋来, も暮れ, も私達, も経っ, も経過, よりも三年, より三十年前, より後で, より条約改正論, より算すれ, をへた, を一〇〇, を三期, を以て終つて, を絶頂, を過ぎた, を過て, んん, 勤めて, 即ち天草島原, 各府県, 在牢, 広南国, 或ひ, 新番頭, 極く, 濃尾地震, 第一号, 第一号雑録欄所載, 第三号, 第二回勧業博覧会, 第十二巻, 腐刑, 自に, 迄

▼ 十~ (525, 0.3%)

94 捕繩 8 を持っ 7 を見せ 5 に物, の手前, や捕縄, を拔, を腰 4 の房, や捕 3 がある, の下, の柄, も捕, を取出し, を振り, を預っ

2 [50件] がその, がピシリ, が一挺, が叩きました, というもの, などを取出し, なら五十手, にかかっ, にも捕, に絡ん, に追われる, に驚いた, のチラチラ, の浪, の白磨き, の相, の義理, の道, の雨, はそこ, はどう, は二人, は少し, は左手, は平次, は後ろ, は曲者, は正大, は火花, は無事, は鳴りました, も捕縄, をあずかっ, をひけらかし, をチラ, をチラリチラリ, を光らせ, を出し, を出す, を取っ, を懐中, を振りかぶっ, を斜, を覗かせ, を返上, を閃, を閃かし, を預かる, を預つ, 捕り縄

1 [262件] から救った, がいきなり, がおど, がかけ, がそれ, がたがい, がどう, がはっしと, がもう, がわからねえ, がガッキ, がガツキ, がズラリ, が一本, が光っ, が入り用, が千段巻, が唸った, が御用御用, が持ちたい, が武器, が置き放し, が行く, が証拠, が錆, が閃きます, が隠れた, が雨霰, が風, が飛びこんだ, が飛び出し, が飛ん, が飛込み樣, さえ無事, さえ眼, そんな武器, だけは持たし, だったの, だってもの, だの御用提灯, だよい, だろうね, で, であった, である, であると, であるところ, では, でぶち, でもみがい, でも預かっ, でわし, でガン, で二つ三つ, で力まかせ, で即, で撲りつけた, で脾腹, で障子, ときく, ともいわれる, とわかつ, と一すじ, と光刃, と同じこの, と干からびた, と捕, と短刀, と約束, と身体, と身體, なぞを斜, などを光らせ, などを拔, などを持込む, などを搜, ならあるけれど, なら五十, なら六十, なんか突, なんか突っ張らかさなく, なんか突っ張らかし, なんか突張らかさ, なんか覗かせ, なんぞ引っ込め, にうしろ, にうねり, にかけてもだ, にかけても受けとる, にかけて引立てます, にかけ捕縄, にそり, にちがい, にてつつき散らした, にて挫, には十手, には馴れっこだ, には馴れつこだ, にびくびく, にへだてられ, にもの, にも及ぶまい, によって被った, に強く, に必死, に捕縄, に気がついた, に済ま, に用事, のこと, のひとり倉橋剣助, のほか, のやう, のガン首, の一ツ一ツ, の主, の二人, の傷, の元祖, の先, の光, の円陣, の危口, の名人, の名人日本一, の威厳, の当て身, の意地, の手前義理, の打撃, の指図役, の数, の暴風雨, の服紗, の用意, の突, の腕ぞろい, の見識, の親分, の誼, の達人, の鋭鋒, の鍵, の閂, の面々, はお, はお上, はしまいまし, はその, はときどき, はともすると, はとられる, はとらん, はキラリ, はピカリ, はピシリ, は三輪, は伊達, は出しません, は壁辰, は大袈裟, は帯び, は影身, は心, は持たせねえ, は持たぬ, は男, は発止, は發矢, は禁物, は自分, は走る, は逃げ行く, は飽くまで, ひき抜き右手, ひゅうっ, へ白木, もて数, やそこら無駄, やとり繩, や大小, よりも遥か, より酒精, をあずかる, をお, をお上, をかざし, をくわえ, をしのばせ, をたずさえ, をつかみ, をとっ, をはさん, をピカ, を一人, を以て請流, を使っ, を内, を出した, を出しました, を取られ, を取り上げた, を取り出し, を取出す, を呑ん, を呑んでる, を宙, を左, を左手, を引つ, を当て, を忍ばせ, を懷中, を打ち, を打った, を把, を抜い, を抜き出します, を抜く, を拾っ, を持った, を持つ, を振りあげた, を振り廻し, を振り廻す, を振り廻すごとく転がり落つ, を振上げ, を振廻し, を捻, を揮っ, を携え, を擔ぎました, を擧げ, を構え, を横哺, を爪搜, を突, を突き付けられ, を突き付けられた, を突き出す, を突っ張らかし, を紛失, を見, を見せびらかし, を見せられ, を隠し, を預, を預かっ, を預かってる, を預つてる, を預る, バラバラと, 出ましょうよ, 取りなわ, 取る手, 引き抜き発止, 引出して, 持ちませぬ, 持って, 摺れで, 預かりだった, 預かりに

▼ 十~ (509, 0.3%)

20 もある 18 も二十倍 11 も百倍 10 にし 9 も大きく 8 になる 5 にもし, に当る 4 になっ, も大きい, も強い 3 にもなった, に達する, の力, も立派

2 [30件] か, か働かね, か百倍, した, する, だ, にもした, にもする, にもなっ, にもなり, に拡大, に近い, の価格, の地震計, の増産, の時, の水, はなく, もあ, もいらいら, もの大き, もの強, もの烈し, もの長い, も三十倍, も働き, も元気, も大きな, も長く, 増して

1 [339件] かする新しい, かも大きい, からある, か何百倍, か強烈, が一時間, が一秒, が支払われる, くらいかかる, くらいきちんと, くらいな, くらいに廓大, くらいのよい, くらいの有頂天, くらいも使わね, くらいも長い, くらい立派, くらい速かっ, くるしいさ, くるしいもの, ぐらいかのところ, ぐらいだ, ぐらいであった, ぐらいにした, ぐらいの岩, ぐらいの買い物, ぐらいの長, ぐらいの難儀さ, ぐらいも堅, ぐらい大きい, ぐらい金, したほど, したよりかも, したる様, した丈, した巨大, した程, した魔力, して, し弱り居る村, す, すべし, するくらいの, するだけの, すると, するの新築, するほど, するほどの, するまで, するもの, する事, する人命, する人数, する大軍, する妻子老幼, だって, だよ, だわ, ての, である, であるが, であるとしても, であるなどと, であろうと, できく, です, ですねェ, でも, でも二十倍, でも早く, で覗い, という, というねうち, という凄い, という巨人的生産増加, という財宝, という躍進ぶり, といっ, とかけられ, として見ろ, となった, となる, とはひらかない, とみ, とやいはむ, と云, と多い, と新聞, と見積つた, と解釈, なる物, に, にかへつて, にしたら, にしちまった, にしなけれ, にする, になった, になり, にはた, にはねあがった, にひろげられた, にまさる, にまで変化, にもあがる, にもしなけれ, にもなつて溜つて, にもふえ, にも二十倍, にも余る, にも加重, にも及んだ, にも増した, にも当っ, にも殖え, にも見え, に上った, に上る, に余る, に吹, に増さなけれ, に増し, に増大, に売れた, に昂騰, に烈しく, に相当, に膨張, に達しました, に違い, に飛び上がった, のつらい悲しい, のもの, のよい, のボーナス, の三十五万円, の二, の人間, の値, の値上り, の値打ち, の値段, の偉大, の六百二十四名, の兵力, の分量, の利, の利子, の利益, の制限, の勇気, の勢, の勢い, の双眼顕微鏡, の収穫, の報酬, の大, の大きな, の大兵, の失業者数, の威力, の実, の少年少女, の尺度, の平原, の強, の強烈さ, の徳, の恐, の敵, の激し, の物, の生活量, の生産力, の疵, の綺麗さ, の腕力, の自由活動, の苦しみ, の苦み, の苦痛, の複雑さ, の言語, の距離, の速, の酸素, の鏡, の長, の間, の難儀さ, の顕微鏡, の高, はあるであろう, はあろう, はたしかに, はなさらず, はのまなけれ, は届く, ほどだまされ, ほどに大きく, ほどに擴大, まして, または十五倍, までゆーづー, も, もあっ, もあった, もあったでしょう, もあるだろう, もあろう, もいい, もいかめしい, もおそろしい, もお金, もかかる, もしくは数百倍, もしたる, もする, もぞろぞろ, もたかく, もたのしむ, もたのしんだ, もつらく, もなさけぶかい, ものお銭, もの人口, もの働き, もの勢い, もの平家軍, もの広, もの想像, もの意外, もの数量, もの旅, もの歴史, もの痛み, もの純益, もの造田, もの雨水, もの食料, もはなはだしい, もひどい, もひどく, もまさる, もむづかしい所, もよい, もよろこん, も上, も不思議, も世知辛く, も五十倍, も仕事, も何百倍, も余計, も佳い, も働きだす, も優秀, も優美, も儲かります, も力, も勇気, も勉強, も厄介, も厚く, も厳粛, も命, も困難, も増し, も増します, も多く, も夢中, も富強, も巧, も広く, も強かっ, も強く, も心得, も怖, も恐ろしい, も押し戻さなけれ, も押し込む, も拡大, も持ち, も捷, も数千倍, も數, も早い, も早く, も時, も時間, も永生き, も淋しい, も烈しく, も狼狽, も私, も美し, も美しい, も苦, も苦しい, も見事, も詳しい, も貪慾, も走る, も足早, も速, も進んだ, も過敏, も達者, も違いましょう, も遠方, も邪悪, も重, も重たい, も長命, も陰険, も集める, も青白く, も騰っ, も高い, ゆるせ, をお, を一升, を越す, 仕たり, 位するの, 勝つて, 多いという, 強いせい, 強い動物, 或は三十倍, 或は二千四百倍, 或は数百倍, 旨く舌打, 更に又, 激しい勢い, 程もする, 立てこんだ上, 近いのよ, 遅くし

▼ 十九歳~ (503, 0.3%)

24 の時 14 になる 13 であつ, にし 11 であった, で歿, になっ 8 のとき 7 になつ 6 になった, になつて, の青年, の頃 5 である, で死んだ, の元旦, を一期, 若きもの 4 だ, だった, の今日, の年, の春 3 だと, に達した, の少年, の殿様, の生涯, の老人, の若

2 [30件] だったと, だという, で, であったが, であると, でございます, でした, でモスクワ大学, で二十四歳, で卒, で新潟新聞, で母, で脳溢血, という若, と書い, に相成ります, の, の作, の冬, の夏, の大柄, の女, の娘, の彼, の母, の秋, の老, の若い, の青年時代, を以て世

1 [241件] から三十歳, から公卿, から四十年間, から皆, か廿歳, ぐらいのとき, この履歴書, だうむ然, だが, だったの, だつた, だつたの, だとかで, であったし, であった岸田俊子, であった蘭軒, であるから, であるが, であるという, でいかにも, でこれ, でございました, でございましたが, でございますが, ですが, でその, では, ではじめて, でも強い, で一緒, で世, で亡くなった, で亡くなつた, で初陣, で別に, で同, で唐, で多く年, で大体平安末, で奥医師, で女千代, で女学校, で始, で始め, で家督, で師範学校, で帰っ, で広島, で戦争, で政談演説, で本郷真砂町, で死に, で死ぬ, で死ん, で死亡, で死去, で永眠, で没しました, で法律学校, で法然, で源氏, で王位, で現在, で田原, で番代, で病歿, で盛ん, で県会議員, で神戸師範学校, で結婚, で綱村, で美女, で肋膜, で致仕, で薨, で衣笠城, で親, で隠居, とあり, というタイムス, という最盛期, という長男, という高齢, といえ, といふ人間, としてある, とその, となっ, となり, と一カ月, と云う, と彫られ, と数ヵ月, と横, なお二, などという年齢, などを厄年, にお, にて三斎公, にて古今無双, にて逝けり, になったら, になります, になろう, にはじまり, にはなつてる, には少し, に刑刀, に成りし, に相成りまする, のいわばまだ, のお爺さん, のこの, のころ, のときの, のとき世, のとき父男爵, のとき自分, のウルリイケ, のカール, のシューベルト, のセグレェ, のマリア, のマルクス, のロザリン, の一人娘, の一日, の三人, の三月, の中学校, の予, の五位, の五男直吉, の人, の代官婆, の伸子, の体, の信州, の信長, の元, の兄霞亭, の初, の初冬, の初夏, の医者, の十二月, の夏休み, の大介義明, の大晦日, の天保十三年, の天才, の奥田, の女中, の女流飛行家シユザンヌ・ベルナァル嬢, の妙齢, の娵, の家庭教師, の寛文十二年, の寡婦, の将軍, の小作人ニコライ・クリコフ, の小山内薫, の少女, の岸田俊子, の幼児, の御, の忠弘, の所謂例, の日本, の春東北帝大, の時学友アレキシス, の晩秋, の有名, の梅翁, の業平, の父, の爺さんだつ, の王, の田沢, の由, の男, の男子, の白痴, の百万長者, の盛夏, の真弓, の短, の短い, の秀吉, の稜々, の端麗, の筈, の結核患者, の美人, の美少年上原, の美青年, の老嬢, の老齢, の自適齋東里, の若々しい, の若き, の若年, の若者, の茂左衛門基治, の蕾, の裁縫女, の長い, の長命, の長寿, の青年艦長ペリウ, の高, の高倉祐吉, の高等学校, の高齢, の黒髪, ばかりであった, ばかりにて未だ, ばかりの痩せた, または五十歳, までかける, までの武人生活, までの男女労働者, までは乞食同様, まで一ぱい, まで生きた, まで生き延びた, より二十三歳, より六十五年, をもって世, をもって逝かる, を以てこの世, を以て歿, を以て終った, を最後, を若, を頭, 乃至二十一歳以上, 共に後, 同じく西村新三郎, 浅黒い顔, 迄は子

▼ 十~ (498, 0.3%)

12 の男, の者 9 の若い 7 の人 6 なれば, の女, の時 5 のひと, の美し, の貴公子, の青年 4 になっ, に見える, の若

3 [11件] だろうが, であった, に入, に入った, のもの, の人たち, の半ば, の夫婦, の時分, の美青年, の頃

2 [30件] から三十代, から二十代, じゃない, だとも, つづいたか, である, でこの世, で隠居, なるか, に結婚, のころ, のひとたち, の事, の人々, の作家, の商人, の天皇, の女房, の娘, の子供, の昔, の最後, の狡, の生活, の痩せた, の間, の頃世の中, はほとんど, はブランク, も後

1 [315件] かと思はれる, かに引延し, かの事蹟, かの新た, からそう, からなくなる, からの望み, から二十歳, から五十代, から六十代, から家, から廿代, から浪, から白髪, から花前, から頭髮, か三十, か三十二三, か三十代, か前, がきる, がジャーナリズム, が半分, が最年長者, が注目, が終らう, ぐらいだった, ぐらいな若僧, ぐらいに見え, ぐらいまでの長い, ただ一度, だ, だった, だったとして, だつたの, だと, だの三十代, だの呆れ果てた, ちかく続いた, であった両氏, であった仏国革命, であつ, であるからと, であると, であろう, でいらっしゃいましょう, でおぼえた, でしょうが, ですから, でどんどん, では, でめっきり, でもなくなった, で一人前, で亭主, で全く, で堂々たる, で夫, で役, で故郷, で文学, で早く, で死す, で死ぬ, で死ん, で死んだ, で結婚, で若しくは, で逝く, で際どく, で非常, というもの, という年齢, といふの, とすれ, とちがう, とつづく, となりまし, となる, とは違う, と三十代, と二人, と二十代, と云, と己, と見える, と見れ, なの, なのに, なのね, ならば, なら何, にあえなく, にかけての事故, にさえ見える, にしか見えない, にしない, にその, にて十幾歳, にでもなったら, になった, になつ, になつて, になる, にはい, にはモーパッサン, には八十キロ, には死ぬる, には永く, にわたるいわゆる, にわたるところ, に二三年他郷, に亘り, に傷寒, に入る, に出家, に加奈陀ロッキー, に及ぶ, に当時流行, に於い, に於ける, に於けるかずかず, に既に, に熊野, に痔瘻, に見えた, に輝いたであろう, に達し, に限る, に鰤網, の, のあいだ, のうち, のお, のおちつき, のがっちり, のこと, のとき, のはじめ, のはつらつ, のふしだら, のほこり, のほやほや, のもしくは, のよう, のアメリカ宣教師, のゴーリキイ, のジェネレーション, のハツラツ, のバルザック, のフランツ, の一寸, の中学一二年, の事件, の人間, の人間悲劇, の今日, の何, の余光, の作家たち, の俥屋, の健か, の働き, の優れた, の全体, の全国, の内, の初め, の前半, の努力, の噴霧, の壮年, の壮年資本主義国, の壮者, の声, の多, の天皇安康, の天皇崇神, の天皇高倉, の夫, の女みたい, の女性, の娘時分, の婦人, の婿, の季節, の学問, の安康天皇, の定家, の實祖母, の寧ろ, の小杉さん, の小田, の少く, の少年, の差, の年増, の幼い, の御, の心情, の快活, の我々見物, の文学者, の新聞記者時代, の日, の時習, の時自分, の時鴎外先生, の月日, の朝, の未だ, の末孫, の条理, の決断, の注意, の流行作家, の漱石, の無邪気, の爆発的, の父, の理性, の理想主義的, の生一本さ, の生徒, の男女労働者, の盛り, の盛時, の祖先, の神父, の私, の立派, の精悍さ, の精鋭, の終り, の絵, の美女, の自分, の自尊心, の舅, の舞台顔, の良い, の色, の艶, の若い男らし, の若い男らしかっ, の若い鋭い, の若僧, の若者, の著書, の著述, の血気, の血気盛り, の血統, の言わば, の認識, の讀者, の遠, の遠祖, の青二才, の青年俳優, の顔子, はおろか百代, はかわらず, はそんな, はどう, はもちろん, はやがて, は二種, は今, は初々しく苦しい, は小さい, は惨憺暗黒, は数日, は殺され続け, は無気力, は物語, は男, は自身, は迷い, は過ぎてるらしい, まえからの, まだ明治以前, までで, までの八十歳, までの生活環境, までの自分, まで飛びつかなけれ, もくそ, もっと年, もつづいた, も中半, も二十代, も代っ, も住みつかない, も八十代, も前, も祟る, も続いた, や三十代, より三十代, より後家, らしい見習看護婦, をかえりみた, を四十, を淨本, を終つた, を終らう, を経た, を越し, を踏みかけ, を送る, を過された, を顧, 山本恭庭, 若くは

▼ 十~ (480, 0.3%)

59 の金 24 の金子 16 の小判 13 といふ大金 10 の大金 5 と云, と纒まつ 3 といふ金, と云大金, を奪

2 [25件] からの金子, だ, だとさ, で手, で買, と言, になる, に賣, に賣つ, の代, の口錢, の品, の盜人, の給金, の茶入, の金さ, は何處, は大金, は愚か, や三十兩, を取出し, を渡し, を與, を預り, 贈りし

1 [289件] ありて, ありや, あるを, お惠, か, かそれとも, かも知れません, からは大金成, から上, から持つ, か三十兩, か五兩, か百兩, か高々, がもの, が二十兩, が包, が惜しい, が惜しく, が懷中, が物, ございます, しか持つ, だが, だけといふこと, だけは別, だけ伊三郎, だの, ですから, でせう, でせしめる, でそれ, でなくしつかり溜めて, ではなく, では半端, でも買つて, でも高, でわし, で一年, で八, で吉三郎, で歸, で江戸, で濟むが, で濟め, で茶碗, で親許, で買つて, で買取られた, で賣つ, で賣る, で連判帳, と, といふの, といふより, といふ値段, といふ品, といふ時, といふ額, といへ, とかだ, とかに, とか百兩, となる依, とは何所, とは餘, とも百兩, とバラ, と二三兩, と云金, と借り出し, と取, と引替, と時, と有れ, と溜め, と溜りました, と申, と申せ, と相談, と絞られた, と纒, と纒つた大金, と纒つた金, と言大金, と金, なら私, なれば, にても御, にて其翌日九助, にて年季勤め, にて相談, にて苦界, にて賣, になつ, になり, にはなる, には何事, には有付, には百五十石三百兩, にもなつ, にもなる, にも二十兩, にも程遠い, に値踏み, に利, に利子, に成ました, に有付事, に未練, に纒め, に誘惑, に負けろ, に買ん, に身, のお, のこと, の三つ一つ, の上, の不足金, の中, の中二十五兩, の事故鬼神, の仕事, の仕業, の代り, の元手, の元金, の其金, の内十兩久七, の利息, の半分, の外, の大金如何, の寄進, の富籤, の引負金, の引負金何分直, の形, の形成, の御, の惜し, の手切, の手土産, の手當, の才覺, の片ら, の纒まつ, の財布, の貯蓄, の資本金, の質物, の赤鰯丸, の遣ひ, の金其外金銀衣類大小, の金出し, の金子千太郎, の金皆, の騙り, はあります, はたしかに, は三十五ヶ年賦, は借財, は入, は全く, は兩人, は其儘, は其儘汝, は出, は利息, は命がけ, は大きい, は如何, は安い, は少し, は屹度利, は己, は巾着切, は彦三郎并, は惣助, は扨置二兩, は掏つて, は是, は決して, は溜め, は當座, は結納, は自分, は見事, は變, は變ぢ, は財布, は貸, は金, は高く, ばかり, ばかりその, ばかりの大金, ばかりの奉公人, ばかりの金, ばかりを出させ, ばかり借り出し, ばかり入, ばかり持たし, ばかり持つ, ばかり盜, ほしいなんて, ほどせしめ, ほどで, ほど出, ほど拜借, ほど持つ, までお, までに負け, まで付上, もお, もない, も出さなき, も四十兩, も奪, も持參, も掘り出し, も盜, も絞られる, も遣, やらう, やるから, や七十兩, や二十兩, や二十兩ぢ, や五十兩ぢ, や五十兩はか, や六十兩, や十五兩, や百兩ぢ, よこせ, より鐚一文, をこの, をを掠め取, を人, を佛樣, を元, を其儘, を其翌日預け置, を分て遣, を取り返した, を取上られ, を吐き出させた, を土産, を小僧, を忘れ兼ねた, を押し返し, を拔, を持てぶら, を既に, を渡しける, を盜, を盜取ん, を私, を納め, を覺, を貧乏人, を貯, を貰, を費はず, を路金, を遣したる, を遣ひ, を騙り取, 並びに質物品々脇差等, 借りその, 借りて, 儲けただけの, 入るから, 出すから, 出す事難儀, 取り今, 取る氣, 合せて, 多いの, 持つて, 有りければ, 欲しいと, 渡す對談, 溜めるの, 溜める人間, 送るべき事, 騙り取れし殘念さよ, 騙り取れ候由其節千太郎

▼ 十九世紀~ (466, 0.3%)

13 の初め 10 の末 9 から二十世紀, の後半 7 の終り 6 のフランス, の世界, の前半, の歌 5 の中葉, の大, の文学 4 のロシア, の人間, の今日, の大勢, の始め, の末葉 3 になつて, に入っ, に於, に於ける, のさなか, のイギリス, のドイツ, の初頭, の半ば, の文明

2 [36件] が生んだ, で終った, で終り, というもの, になっ, に入る, に至っ, に至つて, に至り, の, のため, のなかば, のはじめ, のドイツ唯物論, のフランス人, のヨーロッパ, のロシヤ, のロマンティスト, の一流品, の作家, の初, の初め頃, の半ば過ぎ, の半ば頃, の古風, の唯物論, の完成, の時代, の自然主義, の野蛮性, の間, の青年, の頃, はその, へかけ, より二十世紀

1 [253件] から, からの近代経済, からもちつづけ, から一, から世界文学, から二十世紀初頭, から連綿, がその, が分子, が提供, だったらば, でありバックル, です, ですね, では, で売れ残っ, で持っ, で暴威, で終つた, というの, という大きな, という時, といふもの, とはそんな, とは一変, と二十世紀, と更に, どころか今, にあった, にある, においてあまりに, においてなに, においては自ら為政家, においてもっともよろしく, においてマクスウェル, においてヨーロッパ, において宗教的観念, において武力, において法律史上, におけるアメリカ, におけるシェイクスピア熱, におけるロシア, における彼ら, における欧洲労働者, における芸術上, にかけてのこの, にかけてのその, にかけての唯物論, にかけて所謂, にここ, にこれ, にすくん, にその, になります, にはい, にはやった, には人類, には意識, には排斥, には至って, には随分, にも印度人, によって完成, にアプトン卿, にオースティン, にポーランド, に入, に入り, に全盛, に其, に及ぶ, に固有, に大, に属し, に最, に生き, に生きる, に生まれ合わせ, に移る, に至る, に英国, に英米, に著しく, に西洋, に起った, に跡, に遺された, のあの, のあらゆる, のある, のおしまい頃, のこと, のこれ, のその頃, のなかごろ, のはじめ執政官ボナパルト, のアメリカ合衆国, のイギリス人, のイギリス文学, のインテリゲンチャ, のインディヴィジュアリズム, のシムボリスト, のシヨウペンハウエル, のドイツ唯物論者, のフランス文学, のフランス音楽家ら, のブルジョア勃興期, のヨオロッパ, のヨーロッパ人, のライカルガス, のリアリストたち, のロシア大学生, のロマンチシズム, のロマンチズム, のロマンチツク初期, のロマン主義時代, のロマン派作曲家中, の一大奇観, の一大運動力, の一揆叛乱, の一揆叛亂, の一群, の万国旗, の世, の世界これ, の世界文学, の世相, の中ごろ, の中期, の中頃, の主潮, の予言者, の人, の人々, の人物, の人類, の仏蘭西印象派, の俗流唯物論, の俗流唯物論者, の俗流唯物論者達, の倫敦, の偉人, の偉人ジョン, の先程, の全部, の八十年代, の匂, の半, の半過ぎ, の厚み, の原則, の名, の哲学者, の好一対, の始, の始まる, の始めスコットランド, の始め議院改良論, の婦人, の小説, の巴里, の幾多, の当初, の形勢, の後半以後, の後半期, の思想, の悪, の懐妊, の或, の教養人, の文学運動, の文明自由, の文芸思潮, の文豪, の新, の日本, の日本語, の最も, の最初, の最大思想家, の有する, の末ごろ, の末頃, の極東市場史, の欧州, の歌女王パティ, の歴史, の歴史的, の毒物学者, の水力モーター, の活字, の漫画, の物理学, の特に, の犯罪科学, の理想, の生物学者, の画家, の目ざましい, の社会, の社会安寧, の社会状態, の科学者, の精神, の絵画, の美学全般, の肱金, の自然主義時代, の英吉利生れ, の英国作家, の英文学史, の董仲舒, の西洋文学, の詩人, の近代社会, の近代科学, の進化論者チミリャーゼフ, の運動, の道徳観念, の醫道, の金力, の隅っこ, の露西亜, の音楽, の音詩人, の黄昏, は何, は偉大, は分析, は国家的自覚, は國家的, は来るべき, は柔弱, は毒, は自然科学, は鉄道, への一大転向, までに形づくられた, までも英国, まで存せり, まで空白, まで築きあげられた, も半ば, より現, をおくり, を主として, を支配, を昨日, を維新後, を見出します, 乃至二十世紀, 初葉

▼ 十万円~ (451, 0.3%)

11 の金 7 に近い 6 の現金 4 という金, を投じ 3 だ, だと, ですか, になる, のねうち, の値うち, の懸賞, の研究費, の首飾り, もする

2 [29件] あれば, だか, です, ですな, になった, になり, にも当る, にも相当, に売った, に達した, の, のカタ, の借金, の収入, の小切手, の札束, の束, の欠損, の資産, の赤誠, の金額, の高値, はする, は愚か, ばかりのもの, まで出す, を請求, 貯めて, 貯めるまでの

1 [331件] ありさえ, ありゃい, あるその, ある家, いりますがね, か, かかったという, かけられるという, かけるという, かし, かといいたい, かな, かの資本, かの資産, かの金, かはいってる, から持っ, から概算, か何百万円, か十五万円, が, がいくら, がなん, が不足, が事もなげ, が入っ, が心残り, が浮き, が私, が都合出来次第, くらいの資金, くらいはあり, くらいは出し, くれただ, くれるの, ぐらいで, ぐらいに当るでしょう, ぐらいのご, ぐらいの仕事, ぐらいの計画, ぐらいはなん, ぐらいオレ, ぐらい一週間, こういう大金, こしらえる迄が, さえ出せ, しようと, ずつお礼, ずつくださるなら, ずつなら, ずつ与える, ずつ四ヵ月間, ずつ餌, ためたと, だから, だけいただきましょう, だけください, だけ費し, だして, だった, だな, だの百万円, ちかい大穴, であった, である, でうれたら, でこの, でした, でないと, でもい, でもこれ, でもこれぢ, でもフシギ, でも二十万円, でも差支え, でも本日さッそく, でも構わない, でエンゼル夫妻, でミ, で之, で人, で家, で家屋, で息子, で新築, で法本, で浮かばれない, で発明, で社, で請負っ, で買いはります, で買う, で買収, で買取らない, で買取る, で走りまわる, で輪タク五台, で雑誌, ということ, というの, というまとまった, というん, という値打ち, という入場料, という声, という意外, という数字, という財産家, という費用, といえ, といったなら, といふの, といふ所, とかで貸し, とかといふ話題, とかを投じ, とか百万円, としてその, とし使うであろう, とする, とはいいだせなかった, とはね上る, とふしぎ, と云, と云う, と値踏み, と内定, と区切りし, と段々に, と申せ, と銘打っ, ないという, なら十万円, なら十五万円, なら売っても, なり, なりその, なれば, なんかだれ, なんとかし, にこもっ, にし, にする, にちがい, について案外, にはなる, には売れない, には替えられない, にも上るだろう, にも及び, にも達し, にも達するであろう, に値い, に増額せり, に売る, に売れ, に売れた, に淡白, に買う, に達し, に達する, のお, のお詫び, のお金, のふぐ, のもの, のわいろ, のバラック, の仕事, の代り, の価格, の修繕, の出費, の出資, の利子, の単位, の売り, の夢, の大, の大金, の宝石, の寄付, の工費, の幸福, の恨み, の情熱, の持参金, の提琴, の救護資金, の教会, の権利, の横領, の泥棒, の海, の湯, の禁制品, の税金, の紙幣, の紙幣束, の補助金, の費用, の賞金, の赤字, の足, の違約金, の金位, の離縁金, の食事, はいりますし, はその, はやすい, はらく, は使い果し, は儲けた, は地底, は大, は大分安, は天下, は定期, は投げ出さないでしょう, は最低, は無理, は用意, は見る見る, は貯め, は越し, ばかりかかっ, ばかりの余算, ばかりの損, ばかりの貯金, ばかりの量, ばかり儲けた, ばかり持つ, ひきだして, ふんだくろうという, ほしい, ほしいな, ほどかすめとられ, ほどですみます, ほどでゆずりうけ, ほどになる, ほどの小さな, ほどの費用, ほどの資本, ほどの金, ほど出させ, ぽっち, もかかつて, もかかりました, もし, もしよう, もつかった, もの美殿, もふり撒く, もらって, も三十万円, も出させる, も取る, も溜めたろう, も蓄, やって, やる, をお, をこす, をひそか, をもって足るべし, をもって逃げた, をエンゼル, をサギ, をフトコロ, を下らない, を与えよう, を二人, を以て三隻, を使った, を値, を儲け, を全部寄付, を共謀者, を千満子, を受取った, を口, を定期貯蓄, を寄附, を得, を必要, を手交, を投げだし, を投げ出す, を投じた, を持っ, を掻き込む, を提供, を支出, を支払う, を新宿, を書きしるし, を横浜, を浮かし, を被害民たち, を製艦費, を資金, を贈呈, を超える, を越しました, を陳氏, を陸海軍, 乃至十七万円, 作らなけりや, 作るの, 作るまでの, 使い果した吾吉, 儲けたと, 出しあと年五万円, 出して, 出しても, 出せとい, 握つて瀬戸, 支払った, 早速明日, 有りゃい, 渡した, 渡した瞬間, 用立てて, 程ある, 貯めたなん, 貯めてから, 貯めてからは, 貯める迄の, 貸して, 集めよという

▼ 十九年~ (443, 0.2%)

14 の春 11 の秋 10 の夏 7 のこと 6 である, の津浪 5 の資財帳 4 という年, にした, になる, の一月, の事, の暮

3 [11件] に生れ, の, の七月, の三月, の三陸津浪, の冬, の月日, の正月, の長い, の間, を囘暦

2 [31件] が間そば, と七カ月, と云, にし, にはまだ, には脩, に公, に自分, の五月, の今日, の何, の出来事, の初夏, の十一月, の十二月, の半生, の取締, の大, の年月, の彼, の後, の日記, の末, の東南海地震, の歳月, の生涯, の非, まえの, もがんばった, も前, も只

1 [265件] お冬, かに, かに印刷, かふむ, かまたは, からは学徒動員, からは鉱業停止, から三十年頃私, から二十三年, から二十年, から元和元年, から四十年, から数年, から見れ, か三十年, か三十年ごろ, か二十年, か二十年前, ぐらいを境, この家, この方涙, この東北学院, しかない, しか使っ, すなは, すなわち大, だから, だった, だつたか, だと, ついに元和五年正則, で, であった, であったこと, であつ, でございます, でしか, です, でバタビヤ, でマホメッド, で同年六月七日, で私, という, という時代, といえ, と云う, と云え, と推定, と昭和八年, なり, に, における仏国大革命, になっ, になつ, になつて, になもし, には, にはもう, にはウイン, にはカラハリ, には三女, には休場, には前, には北海道, には朝野, には東京府, には稲舟, には関根八段, にも劣らぬ, にも同様, にようやく, にわたって歌舞伎十八番, にウェストン氏, にオークランド市, にドイツ帰り, にバーガンデ, に丁度, に七十七歳, に三井八郎右衛門氏, に三国真人五百国, に両親, に九州, に二度, に伝次郎事件, に入っ, に出, に出でたる, に出来た, に制定, に功三級, に北足立郡, に千歳村, に南方, に吉野離宮, に吐火羅, に堺利彦君, に存在, に宣言, に小島烏水君, に川浦, に工学士伊東忠太君, に帝国大学令, に常盤大定君, に延長, に從來中, に掛け, に擧行, に故, に敬神講, に於, に早く, に明治座一回, に此処, に死する, に潮州, に父, に父母, に生まれた, に生れた, に発表, に發布, に私, に終った, に至り, に至る, に英国東印度会社, に被害地, に豊臣秀吉, に質問, に近江征伐, に金峰山, に限られ, に高知, のうき, のお正月頃, のくだり, のその, のなじみ此, のひ, のウラニウム, のカルネワレ, のコレラ, の一月十八日, の七月下旬, の七月八日, の三陸, の三陸地方, の三陸海嘯, の丙午, の九戸乱, の九月, の九月十三日, の二月, の五月一日, の五月六日, の人情, の伽藍縁起, の俳句界, の元朝, の八月二十七日, の六, の六月, の六月二十三日, の六月頃, の前, の勅令, の勅命, の十一月中旬, の十一月頃, の十月, の句, の噴火, の四月, の地震, の堤防決潰, の夢, の天才組, の字, の屈辱, の年の瀬今, の年末, の後パリ, の後半, の悪夢, の或, の手紙, の抑, の新春, の日, の日本, の昔, の普請, の末日, の東京, の東北海岸, の條, の歩み, の残留澱土, の決潰, の法隆寺, の洪水, の災害記念碑, の牢獄生活, の留学, の短い, の秋熊本高等学校, の表, の裏田圃, の記念塔, の記念日, の詩集, の資財帳中, の辛棒, の間木, の間私, の陸羽地震, の頃, は先生, は我国, は日本山岳会, は明治二十年, は明治十年, は明治四十一年, は私, は西暦五百九十九年, ばかり引き, まえから, まえそこ, まえなに, までは政府, まで在日, まで歌舞伎座, まで溯る, まで独逸公使, もよく, も仕え, も六百年, も別れ, も存生, も少し, も押, も牢, も秋, より三十三年, をかぞえ, をむかえた, を現実世界, を経過, を起点, を迎, 住み慣れた土地, 依嘱, 即三十歳, 或は三十年, 振で, 掛るかも, 更に新進, 未だ嘗て一言, 生きたと, 第一号, 第一次大戦, 第二囘, 経ちましての, 迄に田畑山林屋敷, 迄四年

▼ 十七年~ (438, 0.2%)

11 の夏 10 のこと 9 の九月, の二月, の春 8 の犯人 7 の歳月 6 である, になる, の十月 5 の生涯, の秋 4 の今日, の四月, の暮, の間, も前

3 [11件] であった, に私, に至る, のあいだ, の三月, の事件, の冬, の十一月, の昔, の長い, を経

2 [25件] かかった, にいたり, にもなる, に初めて, に東京, に歿, に田部, に角倉了以, の, の一月末, の事, の初秋, の夏休み, の後, の日記帳, の日露戦争, の正月, の歴史, の法要, の閏三月, の頃, は私, も手塩, 振に, 第一回

1 [244件] あたかも日清戦争, あんたん, います私, かの女, からで, からは国民動員計画, から二十八年, から二十年, から以後, から八年, から大正九年, から歿年, から現代世界, から辞職, から通っ, か二十八年, か八年, があ, しか経っ, すなわち日清戦争, その代地, それから長禄元年, たって, つづけて, であったので, であります, でしたかな, です借金, です年度, でやる, で同じく, で年譜, で辞職, と, とある, というの, といえ, といふ生理, とおなり, とか奉公, とした, となっ, とに翻刻, と云う, と云え, なりと, に, における清仏, にかけてこれら, にかけては東京, にさかのぼり, にどうも, になくなる, になったら, になり, になります, にはまだ, にはシュレスウィッヒ, にはチュカロフ, には三男萬吉, には三百八十万斤, には二百余丁, には五十嵐, には保, には北海道, には原田豊吉博士, には女王狗奴國, には寄合, には日露戦争, には朝, には東方会, には相, には県会議員久保田某, には脩, にアメリカ, にジェミエ, にヨーロッパ, に亘つて, に亘る, に亡くなり, に住ん, に使, に再度, に出版, に別冊, に北宋, に卒業, に參つて, に和田重雄, に大坂, に始めて, に孝高, に宋, に彼, に戦争, に文部省, に於, に東南巡游中, に横綱, に此処, に死し, に没した, に渡辺千吉郎君, に準備, に澳門, に片桐且元, に発行, に県令三島通庸, に竣工, に至っ, に銭座開発, に闕本, に首, に鶴見, のあ, のおかげ, のむかし, のんべんだらりと, の一冊, の一月興行, の七, の七月末, の三月あたり, の上半期, の九月八日, の九月頃, の二倍以上, の二度, の五月, の五月場所, の人, の今年, の住みなれし, の作, の入学, の八月, の八月二十九日, の八月十七日, の出来事, の十二月, の十月頃, の卒業生, の周期, の地震, の場合, の夏以後, の大, の天長節, の容疑, の宿志, の年, の年忌, の後輩, の戦争, の戦役なかば, の旅, の日月, の日清戦争, の日記, の早春, の星霜, の春四月, の春正月, の杉, の検地, の正月二日, の正月元旦, の歳, の濃, の片桐且元, の甲申, の相違, の秋上野, の翼賛選挙, の育成, の船島, の調書, の配所生活, の長き, の間相摸國御殿場村, はおろか千年, はやはり, は宝永, は島原, は我家, は日本, は明治八年, は明治十八年, は来た, は江戸, は短い, ほど前, ほど昔, ぼんやり暮した, まえである, まで, までながらえ, まで位, まで宗祇, もいる, もかかる, もここ, もすみつい, ものながい, もの長い, もの間生活, もまえ, もやっ, も余計, も八年, も其前後, も勤める, も寢, も手鹽, も春, も来, も此處, も永い, も牢番, も看護, より七百八十五年, より漸く, をへた, を経過, を費し, を過ごし, を過し, を過て, 勤めて, 即ち前, 即ち囘暦, 即ち明治十八年, 同じよう, 始めて, 実に十九世紀, 書いて, 生きる蝉, 経ち今年, 経ったと, 経ったの, 育ったから, 見るもの, 迄の間, 迄は夏時

▼ 十分間~ (432, 0.2%)

11 焼きます, 煮て 6 に車, 煮ます 5 弱い火 3 に七十五輌, ばかり弱火, ほど煮, もでっち, も煮, 漬けて

2 [26件] おさえおるも, が彼, たっても, で彼, にし, に合, に打, のうち, は彼等, ばかり絵, ほどな, ほど漬け, ほど焼きます, ほど行く, もその, もつづく, も焼きます, も焼く, も祈念, 揉みに, 焼いて, 焼きますが, 煮た処, 煮ると, 程も長講, 置きますと

1 [323件] あつち, あると, おしずか, かかったが, から二十五分間位, から十五分間, か或, があった, が一日, きっかり十分間, くらいで行ける, くらいの放射, くらいは私, くらいも経たない, くらい根気, くらい経ったら, ぐらいお話, ぐらいし, ぐらいで, ぐらいに過ぎなかったであろう, ぐらいも雑談, ぐらい人, ぐらい便所, ぐらい泳いだ, ぐらい静か, このアリバイ, この大きな都会, この汽車, ずつ乳, そうして手, そのまま置い, その肉, たったらここ, たてば, たらずの, だか, だけお待ち, だけきい, だけじゃが, だけモデル, だけ何, だけ待っ, だぞ, だった, だよ, ちかくも, ちょうどぐらい, つづいたの, で, であったが, ですか, ですぜ, ですね, でその, でもいい, でも柔, でも父, で一年間, で乗客全員, で僕, で元通り, で全, で出来ます, で出来る, で十分の退屈, で壊し, で宜しい, で往復, で柔, で決議, で終わっ, で警察, というもの半日用意, となぐりつける, となり, とは我慢, とは申しません, と云う, と口, と経たぬ, どころかただ, なら出来ます, なり, なり二十分間, なり余計, なるべし, にからだ, にきりつめられ, にわたって失心, にわたって酸素, に一人, に一名, に一度, に一度づつ呼吸, に人, に付金五円宛申受候, に何台, に僕, に全, に六, に凡て, に合います, に合う, に彼, に我々, に技師エヴァンス, に構想, に登山, に総員, に自己, に過ぎない, に隠し場所, に顔, のあと, ののち, のむりな働き, の中, の以上, の休み, の休み時間, の休憇, の休憩, の休憩時間, の停車, の出来事, の勤労奉仕, の去, の小雨, の後, の心臓運動, の思索, の我慢, の時間, の機会, の無駄, の珈琲時間, の相手, の自由, の講義, の長い, の間, の頭, はある, はいつの間にか, はさほど, はなか, ははやく, はもう, は何, は何ごと, は家内平穏, は彼, は心臓, は恐怖, は眠ったらしかった, は眠つた, は説教, は電波収録班, ばかりした, ばかりする, ばかりたっ, ばかりで試合, ばかりというもの, ばかりね, ばかりの間, ばかりの電話, ばかりは何, ばかりも井戸端, ばかりも待つた, ばかりも続いた, ばかりよく, ばかりラムプ, ばかり二人, ばかり催眠術, ばかり前, ばかり即興演奏, ばかり呆然と, ばかり我慢, ばかり水, ばかり水面, ばかり海星, ばかり湯, ばかり煮た, ばかり煮る, ばかり相手, ばかり私, ばかり続いた, ばかり美しい, ばかり話し, ばかり話し続けた, ばかり過ぎたら, ふらふらに, ほどが実に, ほどで, ほどで大きく, ほどの会見, ほどの短時間, ほどは敵, ほどひろ子, ほどもそれ, ほども探り, ほどゆらゆら, ほどをいつもはらはら, ほど上り下り, ほど休み, ほど強火, ほど彼, ほど後, ほど探しまわった, ほど暇, ほど沈黙, ほど湯, ほど焼い, ほど煮ます, ほど煮る, ほど立たれ, ほど置きます, ほど考へた, ほど過ぎ, ほど骨, まで使わない, もおおかた, もか, もかかっ, もかかった, もかかり, もかかる, もかかるまい, もかた, もくっつい, もこの, もこんな, もした, もする, もすれ, もそのまま, もそんな, もたたずん, もたたぬ, もたつ, もグルグル, もシャワー, も先生, も外, も弱い, も弱火, も彼, も待っ, も歩いた, も泡立て, も浴びた, も湯, も犬, も石, も窓, も立ち止まっ, も経たぬ, も経っ, も経った, も経つた, も絶え, も聞いた, も要さず, も返事, も過ぎたら, も電車, よく捏ね, を, をぐっすり, をこの, を不平, を与えられ, を全く, を加える, を楽しく, を用, を皆, を要, を費す, を過さ, を過した, を陽あし, ノ安静, ポカポカと, 入れて, 其の儘, 出て, 同方向, 強い火, 待つあ, 待つと, 担げるか, 振り向きも, 早く発車, 早く發車, 歩き続けたか, 温める, 焼いたの, 焼いたもの, 焼くと, 焼くの, 煉って, 煮た後塩味, 煮ても, 煮詰めます, 眠るつもり, 程でした, 程も咳き入, 程休ん, 立つて, 経ったら置き去り, 経っても, 絶えず掻き廻します, 置いて, 置いてから, 置きに, 置きの, 置きますそれから, 蒸らして, 走って, 起きて, 過ぎた, 過ぎちゃったぞ

▼ 十六七~ (410, 0.2%)

29 の娘 17 の頃 11 の少年 10 の時 9 になる 7 の小娘 6 の可愛らしい, の少女, の男 5 になった, の女, の時分 4 であった, のころ, の小僧, の若い 3 なるべし, にしか見えない, に見える, の娘さん, の美しい, の色

2 [30件] だったろう古びた印半纏, であったろう, であろうか, でがなあらう, で色, といっ, とみえる, ともみえ, と見え, になっ, になります, にもなろう, にももつ, の中老人, の同じ, の女中, の娘たち, の娘三人おの, の小作り, の小間使, の少し, の愛くるしい, の男の子, の相模者, の眼, の美少年, の若者, の踊, ばかりの娘, まで縁

1 [200件] あぶらの, か, かときい, かと思った, かと見える, かまだ, かも知れません, からあの, から二十, から二十くら, から二十七八止り, から二十二, から二十四五, から二十頃, から五十六七, から何度, から八, から四十五六, が, が婚期, が潰し島田, くらいにしか見えない, ぐらいなるべし, ぐらいな五分刈り, ぐらいに見える, ぐらいのお嬢さん, ぐらいの男, すっかり月代, せいぜい二十八, だから, だぜ, だった自分, だった藤吉郎, だつたらう, だな, だらう, だらうと, だろうけれども, だろうね, でここら, でございますが, でしたが, でしょう, でその, では当て, でもあつ, でネ, で信子, で別品, で容貌, で小, で島田, で所謂文学青年, で渠, で結婚, で綺麗, で美, で顔, という時, という言葉, といえ, とかいえり, としか見えず, とばかり御, とばかり思っ, とも見える, と云, と見受けられた, と言え, なので, なるべく長, なる下女一人, にお, にしかならない, にしか見えなかつた, にすぎぬ, にでもなる, になり, になりし, になるらしい, になれ, にはなっ, には確か, には見え, にもなっ, にもなったらしく, にもなりましょう, にもなれ, にも見える, にや, に成れ, に足らない, の, のあどけない, のうら若い, のお, のお年ごろ, のかわいらしい, のすぐれ, のすばらしい, のそれ, のとき, のとき大志, のとき文天祥, のどちら, のにこにこ, のはっはっ, のまだ, のむかし, のギメレウスカヤ, のジャケット姿, のチゴサン, のフロック姿, の上さん, の下女, の下女立出此方, の下衆女, の中年増, の乙女, の侍女, の働き盛り, の円顔, の処女, の古寺, の可, の可憐, の同車, の大学生, の女将, の女郎, の如何, の妙齡, の姪, の娘ざかり, の娘甲斐, の娘達, の婀娜, の婢どん, の子, の子供, の子供ぢ, の子守兒, の小, の小さい, の小僧君, の小女, の小姓, の小間使い, の島田髷, の年配, の年頃, の戦災孤児, の支那姑娘, の敏子さま, の断髪娘, の時ダイヤモンド, の時代, の柄, の気, の派手, の瓜実顔, の瓢箪, の生意気, の町娘, の痩せぎす, の盛り, の眉目, の粗野, の紳士, の綺麗, の美女, の羽織着, の腺病質, の良い, の色白, の若, の若々しい, の若殿, の若衆, の若衆姿, の薄汚い, の達者, の阿, の際, の雇い, の青年, の青年紳士, の食盛り, ばかりの孫娘, ばかりの桃割れ, までは別に, までは欲しい, もう相, も打つた, やがて五十, らしいが, を出ず, を揃, を見れ, 大年増

▼ 十八年~ (394, 0.2%)

13 の春 11 の秋 6 の五月 5 である, のこと, の昔, の暮 4 の一月, の十一月, の生涯

3 [12件] に, になっ, の七月, の三月, の上半期, の冬, の夏, の月日, の末, の正月, の長い, の間

2 [29件] から二十一年, ということ, なり, にし, になる, には保, に亘る, に出た, に東京, に生れ, に生れた, に當, に至り, に西安, の, の二月, の五月二日, の作, の十月, の四月, の星霜, の歳月, の過去, の頃, ほどの長い, も前, よ, を経, 即ち昨年

1 [238件] あらゆる人中, いたの, かの, かよう, からちょうど, からになる, から三十九年, から九年, から二十九年, から以後明治四十五年, から再, から分冊, から理科大学, から足尾, が經過, くらいで, この二年間, この方, この特異, すでに支倉六右衛門常長, すなわち今, たつわけ, だぜ, だったと, であった, であったよう, であつ, でありまして, であるが, であること, でした, では, で豊洲, とあります, とある, という年, という歳月, といふ年, といへ, とかいた, とする, となった, となりぬ, との兩度, とは, とも云う, と九ヵ月, と予定, と云, と延徳二年, と推歩, と聞いた, にこれ, になった, になつ, になつて, になります, にはじめて, にははじめて, にはまた, にはスタンフォド, にはヴェ・イリイッチ, には三階, には六百八十万斤, には内閣修史局, には初めて, には官制, には弾正政高, には日本, には日比谷, には朱, には業界視察, にわたるインド西域, にカシュガル地方, にペテルブルグ, に一坪十円, に一家, に一族九戸政實, に中常, に京都, に京都六条村年寄, に今, に伊太利, に作られた, に元興寺, に公, に出, に厳父, に及び, に古来, に四階, に國内, に大宗, に大極殿, に始まり, に家持, に富士, に小説, に崑崙人, に巖本善治等, に巴里, に帰省, に彼, に於, に於ける, に日本, に書いた, に書かれ, に森氏, に渉, に着手, に瞿摩悉達, に私, に至っ, に至つて谷中村, に至りまし, に至る, に藩主忠利侯, に見えたる, に買, に軽井沢, に那破列翁三世, に長崎番, のあいだ諸州, のころ, のどちら, のパリ二月革命, の一月二日旅順陥落, の一月十八日マニラ, の一生, の久しき, の九月, の二十一歳, の今日, の今日八十二歳, の全, の八月, の其昔彼貴殿, の出版, の初冬, の初期, の勤続, の十, の十一月興行, の十二月日露戦役, の句, の呼吸, の夏五月, の夏酷暑, の小田原征伐, の少女, の屯田兵団長, の年末頃, の庚午四月卅日夜半, の弥生興行, の後, の悪夢, の新年号, の新春, の早春, の昔時, の春秋, の春頃, の晩春, の最初, の東京市中, の歴史, の永い, の焼打騒動, の猛, の異様, の盛夏, の秋八月, の秋頃, の秩父事件, の苦心水の泡, の苦闘, の街道生活, の試, の誕生日, の貧苦, の輝き, の長, の長き, の間世話, の間引, の青春, の革命, の養育料, はタメルラン西部波斯, は回つて, は媾和条約, は明治九年, は明治十九年, ばかりで, ばかり支那, へかけ, まえの, まで, まであつ, までとする, まで六年, まで満, まで王位, まで順に, もいっしょ, もたった, もまえ, も仕える, も働きとおした, も勤め, も居た, も旅, も日本, も育て, も野良, や秋, ゐたの, をいきなり, をこの, をもって思想界, をもって成年, を吾邦, を日本, ノ昔ナリ, 乃至嘉靖五年, 住んで, 働いた後, 初めて諸王, 即ち西暦千六百七十九年, 召されて, 溯れば, 程前, 第六回卒業, 第四回内国博出品, 経つと, 迄四年間, 迄用

▼ 十メートル~ (393, 0.2%)

16 もある 10 の高, ほどむこう 7 ほどのところ 6 ほどあと, ほどうしろ, ほど向こう 4 ほどになりました, ほど先, もいく 3 の距離, ほどあった, ほど下, もあった, もあります, もはなれた, も歩いた, をへだて

2 [30件] くらい, くらいの高, ぐらいの深, だ, となかっ, に達する, のところ, の円筒, の烈風, の間近, の間隔, の風, の風速, はあったろう, ばかり, ばかりはなれた, ばかりむこう, ばかり離れた, ほどいく, ほどさき, ほどの高, ほどへだたっ, ほどへだて, ほどもあり, ほどもある, ほど歩く, もおく, も下, も高い, を越す

1 [236件] ああもう, ある, あると, いじょうのこともある, いや何百メートル, かい, から二十メートル, から十二メートル位, か先, か大きい, がそう, がのびた, が人類, くらいである, くらいにすぎない, くらいの地点, くらいは吹い, くらいむこう, くらい追いかけ, ぐらいしかはなれ, ぐらいしか残っ, ぐらいで, ぐらいです, ぐらいのもの, ぐらいの変テツ, ぐらいの断崖, ぐらいの距離, ぐらいはある, ぐらいまで近づい, ぐらいもありました, ぐらい全身, ぐらい歩い, ぐらい歩いた, ぐらい進んだ, しかない, しかなかっ, すなわち六十里, すなわち台風, すなわち約, だと, ってどんな, であつ, でいよいよ, でしたね, で計算, という深, という高, といった孔, とせばまっ, とはへだたっ, とは離れ, とは離れずにせまつ, ともしれない, ともしれぬ, とも知れぬ, と下り, なら歩いたらどう, にすぎない, にせまっ, になりました, にのぼり, に近い高, に過ぎない, に達するであろう, のかなた, のちか, のなか, のはるか下, のボーリング, の一点, の上, の丘陵, の中, の全姿, の円形, の切り立った, の厚, の口, の向, の地上, の塹壕, の壁, の大, の奴, の崖, の巨大, の断崖, の暴風雨, の月世界, の深, の炎, の短波装置, の絶壁, の鐘塔, の長, の長い, の間, はあるだろう, はなれ, はなれた, はば四メートル, は同時に, ばかりあった, ばかりで, ばかりに近づいた, ばかりのところ, ばかりのひとすじ, ばかりのわれわれ, ばかりの上, ばかりの天井, ばかりの高, ばかりの高い, ばかりはいった, ばかりはかなり, ばかりへだった, ばかりまえ, ばかりもある, ばかりもはなれた, ばかり上, ばかり下, ばかり向こう, ばかり横, ばかり歩い, ばかり行く, ばかり進みました, ほどあがった, ほどおく, ほどしかありません, ほどすすみます, ほどすすむ, ほどてまえ, ほどでした, ほどにげ, ほどにせまっ, ほどにちぢめ, ほどにふくれあがった, ほどに近, ほどのあき, ほどの大きな, ほどの空中, ほどの細長い, ほどの近, ほどの長, ほどの風, ほどはなれた, ほどへだたった, ほどもつづい, ほども引きずられ, ほども歩いた, ほども進んだ, ほども隆起, ほどゆく, ほど上, ほど入っ, ほど前, ほど前方, ほど左, ほど手前, ほど歩い, ほど歩いた, ほど行く, ほど走っ, ほど近, ほど近く, ほど進んだ, ほど離れた, までのびました, まで実に, まで接近, まで降りる, もあっ, もありません, もあるでしょう, もあろう, もいきます, もいった, もおりる, もそれ以上, もつづい, もにげ, ものびた, ものぼった, もの大穴, もはなれ, もはなれる, もひくく, もへだたっ, もへだたった, もむこう, ももたげ, も上, も二十メートル, も先, も向こう, も崖, も歩いたでしょう, も漕ぎださない, も漕ぐ, も登ったでしょう, も百メートル, も行く, も行け, も行っ, も行った, も行つて, も跳ぶ, も跳躍, も逃げこんだ, も逃げた, も進みます, も進む, も遠く, も離れた, も離れる, も飛びあがっ, も飛ぶ, も高, やがて十メートル, や四十メートル, より低く, をこえ, をながれる, を歩い, を越え, を越える, を距, を転がっ, を隔て, 作られたこと, 果たして博士一行, 潜るの, 登らなければ, 程毀れた, 突きだした一番地理, 突きだして, 走るもの

▼ 十~ (392, 0.2%)

15 です 13 でした 10 ですが 6 である 5 だ, だった 4 であった 3 が, が平次, だが, のよう, の顔

2 [43件] が一人, が云った, が出, が小峰右内, が物事, そのくせ, だつたの, であまり, でこれ, でその, で人, で押, で評判, で金儲け, と下女, に相当, のお, の一剋, の世, の主人, の久さん, の佐吉, の作松, の働き者, の兼吉, の喜八郎, の坊主頭, の巨きい顔, の徳三郎, の心得た, の恥, の押, の独身者, の疲れ, の表情, の醜, の額口, はお, はアタフタ小屋, は何, は気, を雇っ, 同じ御用仲間

1 [233件] あるいは布衣, があつ, がある, がいた, がおんぶ, がすれ, がすわっ, がずっと, がその, がそれだけ, がただ一人, がちらり, がぶつ, がまっ, がズバズバ, が主人, が何, が僕, が加奈子, が口, が四升余り, が太刀, が女学生, が好事, が少し, が居睡り, が引つ立てられ, が恐ろしく, が想像, が手織縞, が時々, が札束, が村長, が浅黒い, が猪, が畳, が眼付き, が眼顏, が眼顔, が秤, が美しくも, が聞い, が腰, が膝, が自分, が見, が見付けた, が運転台, が顔, それで全部, だけが案内顏, だったから, だったの, だってしない, だ長い, であったこと, であったなら彼, であつ, であるのに, でお, でおまけ, ですから, ですがね, ですもの, でずつと, でそんな, でっぷりふとっ, でひどい, でひどく, でもう, でヴェルダン, で一, で一見, で世の中, で主人, で主任大寺警部, で仁術, で今, で仲間, で伜菊次郎, で何となく, で何より, で何様, で剣術, で劍術, で半生, で商, で日頃平次, で漁, で目, で眉, で稀, で細っそり, で遊び好き, とかねてから, とがあるいは, とその, とたたい, とひとり, と与三郎, と二人, と十八, と言つて, にか, にすぎなくなった, になつて, に一人, に化ける, に案内, に見える, に転換, の, のいやらし, のうしろ, のお伽噺, のこの, のした, のしたたか額, のする, のその, のづうづうしさで, のべそ, のみだりがまし, のやう, のんびりした, のクルベル, のボタン, の一刻, の二人, の仲平, の伝助, の俺, の傳助, の八五郎, の分別ざかり, の前額, の勘兵衛, の勘兵衞, の和助, の嫉妬, の安藤, の市蔵, の店, の強かさ, の彼, の性, の恋, の意気地, の感傷主義, の感覚, の文七, の最上清人, の次男坊, の氣, の水呑百姓, の治八郎, の治兵衛, の消防手, の滑稽, の無精髯だらけ, の物語り, の狡猾さ, の玩具, の理三郎, の生, の町人, の皮膚, の神官, の肥満, の肩, の背ろ姿, の胸, の蒼, の言う, の貧乏, の跡部満十郎, の跡部滿十郎, の逞, の遊び盛り, の道中師伊兵衛, の金五郎, の雄, の露助, の顏, の飯田町, の馬, はいい, はいつ, はきまり, はこう, はこうして, はしどろもどろ, はどっち, はわけ, は不貞不貞, は先刻, は全身, は兵卒, は口, は左右, は己, は復, は急, は意地, は慙, は此処, は眞四角, は繰り返した, は臆病, は雨, もいる, もどうやら, も襟巻, わからぬこと, をし, をそんなに, をつれ, をはじめ, を伴, を向, を引っ張っ, を探求, を描いた, を改めて, を発見, を相手, を見る, を選ぶ, を金五郎, 吝で, 少し剽軽そう, 少し剽輕, 渋い好み

▼ 十八九~ (375, 0.2%)

34 の娘 13 になる 10 の美しい 8 の女, の若い 7 に見える, の青年 6 の頃 5 の時 4 であろうか, にしか見えない, の, のころ, の可愛らしい, の男, の色

3 [11件] か, だと, にもなりましょう, のこれ, の婦人, の小柄, の少女, の時分, の綺麗, の若, の若者

2 [26件] から二十歳, か三十, である, ですか, でもあろう, で色, にし, になりましょう, にもなっ, にもなる, に成る, のとき, の侍, の子供, の小, の少年, の幼, の旅姿, の時分親爺, の武家風, の火箸, の美女, の色子, の色白, の賢, まだ若く

1 [164件] かと思われる, かなり良い, かもう少し, から二十一, から二十二三, から二十四五, か精, か色, くらいかも知れません, くらいであっ, ぐらいな, ぐらいにしか見えない, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいに見える, ぐらいの可愛らしい, ぐらいの女中, ぐらいの小綺麗, ぐらいの若い, せいぜい三十, だという, だろう, だろう三人, だろう成るほど, だろう肥えて, で, であった総領, でありましょうか, でありませうか, であろう, でお, でこの, でこれ, でしたかしら, でしょう, です, でせう, でちょっと, でなければ, でまだ, でもう, でラムネ, で二十歳, で人品, で女, で嫁入り, で狂い出した, で眼元, で紅顔, で綺麗, で縹緻, で面長, という, という女, という若い, といえ, とか二十二, としか思われぬ, とも見える, と又, と四十がらみ, と最高, と見える, どうかしたら, なの, なら三十, なんて正確, にしかならぬ, にて色, になったろう, にはなっ, には充分, にもなるでしょう, にもなるでせう, にもなろう, に見えます, のお, のかすり, のこと, のしとやか, のすばらしい, のそれ, のでっぷり, のどこ, のなよ, のなよなよ, のやや, のハイカラ, のポチャ, のポチヤポチヤ, の一人, の一寸澁皮, の丈, の両日, の中年, の乙女, の人品, の倅, の初心, の前髪立, の和服, の大家, の女学生風, の娘たち, の家庭, の小ぎれい, の年ごろ, の年増, の年配, の庇髪, の引つ, の愛嬌, の振袖, の時兄様, の時嫁, の束髪, の武家, の水, の洋服, の淋しい, の淑やか, の無分別, の田舍娘, の町娘, の痩せさらばえた, の癖, の目鼻立, の眼, の立派, の素晴らしい, の結綿, の絵, の美人, の美少年, の聲, の芸者, の若々しい, の若い衆, の若僧, の若武者, の蒼ざめた娘, の見馴れない, の軍曹, の農家, の銀杏返し前垂掛け, の顔, の高島田, ばかりで, ばかりに成ろう, ばかりの小柄, ばかりの書生風, ばかりの略人, ばかりの色白, まだ三十, までにおおよそ, までのこと, までの数年, までの歌, まで來, やがて四十年輩, を頭, 乃至二十位, 共云, 少し瘠, 迄毎日

▼ 十世紀~ (374, 0.2%)

17 の今日 10 の文明 9 の初め 7 になっ, のはじめ 6 の日本 5 に入っ, の人間, の初頭 4 の前半, の後半, の混乱, の現代, の神話 3 に至る, の間

2 [29件] だからと, である, でもない, にわたつ, に入, に生れた, に睡眠, の, のフランス, の人, の人間精神史, の会話, の伝奇譚, の半分, の堕落, の大, の小, の新, の新しい, の書, の歴史, の民衆, の真実, の舞臺, の虚妄, の音楽, の頃, へかけ, も前

1 [219件] かかるか, かの間, から十一世紀, から十二世紀, から十六世紀, がわれわれ, だ, だから, だとは, であるの, で店, で自身, という動かす, といっ, といふ現代, との違い, とは受け取れない, なる言葉, なん, にあった, にいたっ, においてはフランス, におけるマルサス主義, における無神論, における男一匹, における社会, にかけてはレーピン, にかけて輩出, にこの, にしか生息, にそんな, にできた, になつて, になり, になります, にはいっ, にはその, にはもはや, には到底, には地球上, には早く, には有益, には無い, には精神, には芸術家, にもある, にも全く, にも溯るべき, にも芸術, にわたる三, に乗っけられ, に亡びた, に仏教, に出世間的詩味, に取り拡げた, に宿命, に斬った張った, に於, に発見, に至っ, に西洋音楽, に譬えるなら, のあいだ笞, のいろいろ, のお化け, のこの, のなかば, のはじまり, のはじめごろ, のはじめピータア・クロポトキン, のはじめ頃, のばか, のもっとも, のアイヌ, のアダム, のアメリカあたり, のハイカラ, のフランス人ら, のフランス演劇, のブルジョア文学, のヤソ教, のヨーロツパ人, のロンサアル, の一等国, の三十年, の三千世界, の上, の世界, の世界文学, の世界歴史, の中村君, の人文学界, の人類生活, の今日今, の今日洋服, の今日運動, の伊太利, の俺, の倫敦, の倫敦人, の僧城, の僧城時代, の初, の初めごろ, の初期, の初頭以後, の前半期, の前夜, の勃興, の千九百何十年, の半ば, の半頃, の各種, の図書館, の国際的, の地球, の天才, の太平洋, の奇蹟, の奇蹟今様文福茶釜, の始め, の学者, の実質, の小学生, の巧妙, の年玉, の強国, の心中物語, の思想界, の怪物, の払暁, の支那, の教育理論, の文化, の文化人, の文化類型, の文学, の文明国, の文福茶釜, の旗手どの, の日光, の日本人, の日本的現実, の最も, の最大問題, の有力, の朝, の朝わが国, の歴史小説, の気, の汽船, の法律史, の無敵艦隊, の物理学, の特産物, の猫, の現在, の理想, の生活, の生物学者, の男女, の社会, の禁物, の私, の私たち, の科学文化, の科学的文明, の科学的文明国民, の空気, の終り頃, の終わり, の者, の自然, の舞台, の茶釜, の草双紙, の著しい, の衣魚, の西洋, の西洋人, の詩趣, の調節, の象徴主義, の軍隊, の輕薄, の道徳, の都会, の間力, の間汚水溝渠, の青年, の音楽家, の魔術, はこの, はじまりに, はじまりの, はすでに, はどう, は原子, は容易, は幸福, は彼ら, は恐慌, は物理學革命, は社会, への一大転向, へ進ん, まで続い, も今年, をむかえる, を一つ買つて房江, を予言, を完成, を満足, を軽蔑, ノ今日, ノ初頭ハ眞ニ世界, ノ第, 初葉, 迄の

▼ 十~ (374, 0.2%)

10 にし 7 ばかり先, を隔て 6 ほど先 4 と歩かない, と百歩, の距離, ばかり行く, も歩かない 3 かな, に尽き, のところ, の先, の庭, ばかりし, ほど離れ, も先, 下りて, 行くと

2 [30件] ですっ, と先, と歩かぬ, と離れ, に一つ, に三つ四つ, に鐘, の前, の楽, の百歩, ばかりした, ばかりの間隔, ばかりも歩い, ばかり前, ばかり歩いた, ばかり進んだ, ばかり隔てた, ほどあるいた, ほどのところ, ほども歩いた, ほど出, ほど前, ほど歩い, も, も行かない, も行く, を民, 心もとなく次第に, 離れたところ, 離れて

1 [234件] あるいたらぼく, あるいた頃, あるいて, あるいては, あるきまた, あるくごと, あるく中, お通, から十歩, か三十歩, か二十歩, か十二歩, か多く, が七歩, ぐらいはなれた, ぐらい先, ぐらい走れ, した後, して, しては, ずつを受ける, ずつ歩い, ずつ老幼, その辺, だかで, だけ違う, っ, である実は, では, で一寸, で出た, で忽ち, で沈ん, と, とあるく, とだんだん, とはまだ, とは歩かなかった, とは歩かぬ, とは行かない, とは行かぬ, とは走れなかった, とは離れ, とも去らない, と思われた, と拝殿, と眼, と行かない, と隔つて, と離れぬ, ならざるに, ならずして, ならずたちまち, なりき, にする, にたりぬ, にて小太刀, になり, には天工, にひとつ, にも足らぬ, に一棧, に一閣, に小, に尽く, に石, に立たしめ, に行き尽す, に足らぬ, に餘, のこと, のそ, のぼって, のぼりだした, の内, の土地, の地, の外, の大, の所, の才, の春, の石畳, の足, の近き, の遠き, の間, はどう, ばかり, ばかりあと, ばかりあなた, ばかりしかなく, ばかりで, ばかりの距離, ばかりの間, ばかりまた, ばかりも歩いた, ばかりも漕い, ばかりも行く, ばかり上, ばかり下がった, ばかり向う, ばかり向こう, ばかり大通り, ばかり小, ばかり左手, ばかり彼, ばかり彼方, ばかり後, ばかり戻り, ばかり戻る, ばかり手前, ばかり歩い, ばかり歩く, ばかり歩ませる, ばかり残っ, ばかり童信, ばかり行きける, ばかり走, ばかり逃げ出す, ばかり進ん, ばかり遁げ, ばかり遠のいた, ばかり隔, ばかり離れ, ばかり駆け出した, ばかり駈け, ばかり駈け出し, ほどあと, ほどあるく, ほどいっ, ほどしか逃げ, ほどすすむ, ほどそこ, ほどてまえ, ほどで立ちどまった, ほどで足, ほどの距離, ほどの路上, ほどまっすぐ, ほども歩く, ほど余勢, ほど前のめり, ほど向, ほど向う, ほど引っ返し, ほど彼, ほど彼方, ほど往来, ほど後ろ, ほど後方, ほど忍び足, ほど手前, ほど持っ, ほど東, ほど歩いた, ほど歩み出した, ほど行く, ほど行った, ほど走った, ほど躍っ, ほど近づい, ほど退い, ほど退がっ, ほど退っ, ほど進む, ほど過ぎ, ほど間, ほど離れた, また見ぬ, もあと, もあるく, もいかない, もう三十歩, もどり今度, もない, もふみ出し, もへだてた, もゆく, も二十歩, も先んじ, も先んずれ, も出れ, も前進, も去る, も歩いた, も歩く, も歩け, も歩まぬ, も歩み出した, も歩め, も行かぬ, も行き過ぎる, も行ったであろう, も讓つて, も距, も跳ぶ, も踏んだ, も進まない, も進んだ, も離れ, も駈けた, や三十歩, を出る, を歩き, を笑っとる, を行き, を行け, を責, を隔てた, を隔てぬ, 元來, 往いては, 押し返して, 押せば, 攀じては, 歩いては, 程ほんの, 程もと来た, 行きましたが, 行くか, 行くなり, 行くの, 行った時, 行って, 行っては, 見かえればか, 譲れば, 迫り五歩, 追うと, 退けば, 進んでは, 駈けて, 駈け込めるかに

▼ 十五円~ (359, 0.2%)

6 と云う, の月給 5 だと, である 4 だ, の金, もする 3 と云, の家賃

2 [21件] あれば, から二十五円, か十六円, しかない, ずつ有難く, ですね, でとても, で約束, で貸し, とはこれ, にし, に売っ, のもの, の中, の俸給生活者, の家, の貸家, の靴, 出さ, 出して, 持たして

1 [277件] あるから, いただきます, か, かい, かかったん, かかる訳, から二十円, から家賃, から廿五円, かりて, がおしく, が一時, が何, が続く, くらいじゃ食えない, くれましたので, ぐらいかな, ぐらいずつ金庫, ぐらいだった, ぐらいであった, ぐらいという, ぐらいのもの, ぐらいの品物, さ, しかなかつた, しか入っ, しか取つ, しか大学, しか貰わない, じゃ年, ずつの切符, ずつも出し合い, ずつを倅, ずつ加えられ, ずつ妾, ずつ或, ずつ支給, ずつ送っ, ずつ送金, その時分, それで結構, ただし年末, だから, だが, だけお送り, だけかり, だけど, だけ取り敢えず, だけ渡し, だそう, だったの, だってね, だつた, だつたかね, だよ, て云う, で, であがる, であったが, であの, でありましたが, であること, であると, でかり, でがすから, でさようなら, でしかも, でした, でしてね, です, ですもの, でちょっとした, でもいい, でもうける, でも入用, でも宜, でよく, で一家, で一度, で三度, で二月, で他, で凡そ四十日, で参りましょう, で参りませう, で売っ, で売りつけられた, で売りつけられる阿, で売れた, で家賃, で寝るの, で朝, で本屋, で点されるなら, で畠, で登記, で私, で買っ, で運ばせよう, で間に合わ, という, というもの, という世話人, という状態, という現在, という金, といふこと, といふ家賃, といふ彼等, といふ時節柄法外, といふ高価, とおやじ, とかいう高価, とかですつ, とかの家賃, とか十円, とか好況時代, とした, として十円, として約, とって, とは何, とは安い, とられくさる, と云っ, と他, と恁, と書いた, と相場, どうぢ, どころか, ないし三十円, ないし二百円, ないし四十円, なくしたって, なのに, なら貸す, なりき, なん, なんて, なんて端, な由, にきまった, にしかならない, にしよう, にすぎぬ, にせよ, にて九星暦, になった, になりました, になる, になれ, にまで騰り, にも及ぶ, にも足りなかった, に価, に十円, に当る, に負けとく, に買った, に過ぎぬ, のお, のもぐら隊, のカキ, のテーブル, のマグロ, のライスカレー一皿, の上, の事務員, の保証金, の俸給, の先取権, の入場料, の入金, の内職, の収入, の地, の地所, の大学助手, の小遣い, の慈恵金, の憂鬱, の懸賞小説, の方, の月収, の月給仕事, の月給取り, の服, の汽車賃二百七十円, の碁盤, の範囲内, の羽織, の葬いだ, の蓄音器, の補助, の調達, の負債, の貯金, の貸, の辞令, の部屋, の頼母子, の高価, はいる, はお, はウソ, は入れなけりゃ, は出さねえ, は懸, は送れよう, ばかし心配, ばかし貸し, ばかりいい, ばかりその, ばかりで, ばかりのコート, ばかりの羽織地, ばかりの金, ばかり借りたい, ばかり取っ, ふんだくられた, ほどな, ほど会, まさに拝借, まで取り揃え, もあれ, もうける, もお, もすっぽ, もとられた, もらって, も二十円, も出い, も出し, も出した, も取, も問題, も貸し, やすい, や三十円, や二十円, や四十円, よ, より安く, より高い, をお返し, を下る, を与えられました, を受け取っ, を得, を必要, を払っ, を支払う, を支給, を毎月, を給す, を費やし, を費消, 上がりました, 乃至四十円位, 位するそう, 儲かつたと, 出した値うち, 取ろうと, 呉れ, 差出した, 払うと, 払う話, 払った, 持って, 来た, 程の増切符, 程の必要, 程少い, 給すと, 貰うよりも, 足して

▼ 十~ (356, 0.2%)

19 二十も 10 三十も 9 年上の 6 年を, 百も 5 ある 4 六十も, 四十も, 年が, 年下の, 違ふ 3 あった, あろうか, 一度に, 一時に, 十五も, 年上な, 過ぎて

2 [23件] あるかと, あるこの, あれば, もって, やっと安心, よろこんで, ブラ下げた, 下だ, 下な, 五十も, 出かけて, 喰べて, 年の, 年下に, 張って, 殺されねば, 積んで, 網を, 老けて, 若く見える, 越えて, 違つてゐ, 際限なく

1 [214件] あいて, あって, あつた, あつたでせう, あつまりました, あらう, あらうか, あらう何, ありましたかな, ありますね, あるか, あるでせう, あると, あるの, あるので, あるべし, あるん, あるカフェー, あるヒガンバナ, ある中, ある塩酸加里, ある火鉢, あろうと, いいあわせたよう, うなづいて, おしまいに, おしまひに, おれの, お年を, くるので, こうまでとは, こえないのに, こしらえたらすっかり, こっちで, こつちでその, この時, ございますかね, さかんに, さらって, しなかつたもの, それに, それは, それらしい, ちがう姉みたい, ついに永遠, つい深く, つくる, つくること, とりましたの, とれれば, なかなか馬鹿, ならび一つ一つ, ならんで, なる, ぬすんで, はては, ひきだしの, べつの, ほつて, やがてどこ, よけいに, よけれと, ゾッと縮み上っ, ポケットの, ムッと, ワッショイワッショイと, 一所に, 丁度だ, 丁度六十も, 三十もとし, 三十もの, 上だった, 上な, 上へ, 下だろう, 下に, 並べて, 主膳の, 二十五も, 今度は, 作ったという, 入って, 八十も, 其儘立っ, 出來, 列べて, 列擧し, 半ばすぎの, 半を, 卵を, 取れましてね, 可也に, 叶わぬこの, 合せた程, 吊した加藤医院, 吊した加藤醫院, 同意語反意語で, 埋めたからな, 塩分を, 多く夏, 大分越した, 大分越したらしく, 室が, 小博徒, 少しきみ, 少し遠く, 崩壊した, 年うえである, 年をと, 年上で, 年上に, 年下で, 年下です, 年歯に, 年齢の, 年齢を, 幾つか, 建って, 引いて, 悪口を, 成就させたく, 打ちすえられた, 打つと, 拾うこと, 持った人間, 持って, 持つて, 持てあましアングリ, 持餘し, 挙げること, 揃って, 数を, 敷かるべく柱, 曳かれるよう, 書きつらねた長い, 机の, 棺桶が, 止むを, 歳が, 歳の, 歳を, 歳上の, 歳下な, 残して, 決心し, 油断は, 点って, 狼狽赤面し, 甞て, 生きるもの, 生れるよりは, 疑は, 疱瘡に, 病死し, 目睫の, 礼拝, 積むと, 積上げて, 立って, 素より正直者, 老いこけて, 老けさせて, 考え直すこと, 聞かねえ旦那, 腹を, 花の, 若い, 若いおれ, 若いよう, 若い人, 若い娘, 若い男, 若い者, 若かったら, 若かつたらなあ, 若がえったよう, 若くて, 若くなっ, 若くなつた, 若くなりました, 若返って, 苦笑し, 蒼白に, 蠅が, 見える, 見知り越しの, 覚えたか, 覺悟し, 討ち味方, 読んで, 買うとく, 買ったという, 買って, 越して, 迷って, 連続する, 道を, 違うの, 違うほどの, 違うよう, 違う主人, 違って, 違は, 重なり合って, 重ねて, 鍵の, 集まり来る事, 雲の上で, 頭数の, 飛びこむこと, 飛ぶやう, 食うという, 食って, 高い塔

▼ 十六年~ (345, 0.2%)

10 の夏 9 の間 8 である 6 のこと 5 の昔 4 の七月, の事, の二月, の生涯, の秋 3 に, の八月, の十二月八日, の四月, の春, の暮, の末, の横浜

2 [22件] か, から三十八年, から明治四十年, だ, なり, になっ, になる, に大学, に至っ, に至る, の九月, の冬, の初夏, の十二月, の十月, の地震, の歴史, の細注, の頃, ほど前, も前, ノ八月

1 [219件] いたうち, かかる, から二十七年, から十九年, から唐, から大学法学部, から昭和二十年, から私, かれは, が絶頂, すなわち大学卒業, すなわち実隆, その八月, だった, つい最近, つまり明治三十三年, であったと, であります, であるが, でその, では, で大和, で山形地方裁判所鶴岡支部, で翌年中島謙造氏, というもの, という年, という数, といふ勤續, といわれ, との間, と七ヵ月, と三段階, と十七年, と年譜, と答え, における団菊, にかけての冬期, にこの, にし, になった, になります, には, にはその, にはそれ, にはまだ, には主務, には京都, には今次, には保, には十二階, には多く, には当時, には明治, には曙覧未亡人, には橘町, には父, には百万斤, には神田錦町, には秀吉, には脩, にもなる, にも私, にわたって三度日本, にわたる合戦, にザンジバル, に三井呉服店, に亡くなった, に先生, に入, に初めて, に助手, に南宋, に及び, に及んだ, に品川, に姫路, に安積郡本宮, に寒稽古, に島田, に帰り, に拓いた, に時, に書かれた, に有名, に来朝, に次女うめ子, に江戸詰, に波斯譯, に牢, に生まれ, に発行, に発表, に相, に矢田部博士発見, に福岡, に程樹徳, に自由, に良工, に英國, に菊五郎, に解放, に郷里, に長安, に露國, の, のはじめ, の一月, の一月二十二日午後三時三十分, の三月, の上京以来, の中支行き, の久しい, の久しき, の二年間, の二月十八日, の五月, の仇討, の今日, の余, の修業, の元, の元旦, の八月上旬, の六月一日, の六月二十三日, の冬以来, の初め, の初めごろ, の初春, の制科, の十一月, の十一月なかば, の十二月九日以来, の十二月十何日, の十月号, の古び, の墺普戰爭, の壮年, の夏來, の大安寺資財帳, の大水, の始, の寺田先生, の常識, の後, の心血, の文科, の旅, の日記, の早春, の春三月, の暑中, の末ごろ, の来し方, の歌舞伎座三月興行, の正月三日, の正月朔日, の沈黙, の生れ, の盆興行, の破裂, の秋京都, の立秋後, の紀元節, の苦しい, の衆議院, の長い, の長き, の間服役, は一昔, は十六万石, は明治, は明治七年, は明治十七年, は暮れた, は更科日記, は終に, は過ぎ去り, ばかり以前, ばかり昔イギリス, までつ, までは被害, まで繼續, もいる, もお世話, もこ, もの昔, も今日, も使っ, も修業, も別れ, も大げさ, も娑婆, も日本, も暮れ, も此学校, も此學校, も生き, も行方, も音信, より二十七年, より前, を以て国会開設, を以て國會開設, を滿, を盛衰, を経た, を起點, 丁度私, 即ち先生, 及び, 及び陳渉世家等, 居る間, 死す, 狙って, 病みて, 祟ったからねえ, 第七月四日亜米利加十三州, 迄私

▼ 十~ (345, 0.2%)

11 もある 5 の間, ばかり行く, ほど歩い 3 と行かない, にし, ばかり, ほど先, も来た

2 [35件] か二十町, であるが, とその, に余る, のあいだ, の無人境, の田圃路, の距離, の道, はある, ばかりで, ばかりにし, ばかりを落ち, ばかり上, ばかり下, ばかり向う, ばかり往, ばかり隔, ほどの距離, ほども距, ほど離れ, ほど離れた, もあろう, も三十町, も下る, も先, も歩い, も歩いた, も行く, も行け, も離れ, や十五町歩, より従五位八町, を歩い, 程行く

1 [234件] あまりあるであらう, あまりに過ぎない, あまり登りつめます, あまり追いかけた, あり, あると, かそこら, からあつ, か先, か向う, くらいのところ, くらいまで行っ, くらい手前, くらい登った, くらい遡っ, ぐらいその, ぐらいである, ぐらいはあろう, しかはなれ, ずつを隔て, ちかくも, つい目先きのよう, でしかなかっ, でも二十町, でも先, で午後三時半温泉着, で小島, という僧正ヶ谷, という田圃, という観念, といわれる, とねえ, とはございません, とはない, とは歩かない, とは歩けなさるまい, とは遠ざかっ, とは隔たらぬ, とは離れない, ともあるまい, とも見ゆる, とも進みません, と出, と登らぬ, と私, と註, と距, と逃げない, と道ぞい, と隔た, と隔たらない, と隔つて, と離れ, などとある, にある, につ, には足りまい, にも及び, にも達する, にも餘, にわたる, にわたる火, にわたる陣, に及ん, に対して食封, に対して食封八十戸, に対比, に行人, に響き, の, のところ, の上, の位田, の先, の原, の地, の地点, の夜更け, の峻坂, の川上, の沖合, の熔岩流, の田, の試験, の軒端, の近道, の開墾, の間四, はくだる, は山, は来たろう, ばかしの間雪, ばかりある, ばかりおりる, ばかりが低地, ばかりが心ブラ地帯, ばかりこの, ばかりさき, ばかりになる, ばかりの山中, ばかりの平野, ばかりの水田, ばかりの湯田中, ばかりの築, ばかりの道, ばかりの道のり, ばかりの間, ばかりも走り, ばかりも足, ばかりも違つた方何, ばかりも邸町, ばかりも離れた, ばかりを退却, ばかり一目, ばかり上流, ばかり下流, ばかり出, ばかり北, ばかり半, ばかり参った, ばかり地層, ばかり夢中, ばかり山道, ばかり広い, ばかり急い, ばかり我が家, ばかり手前, ばかり歩い, ばかり登り, ばかり行っ, ばかり行つて爪先, ばかり西, ばかり道, ばかり野合, ばかり隔り, ばかり離れ, ばかり離れた, ばかり離れたろう, ふと仰ぐ, ほど, ほどある, ほどし, ほどしかございません, ほどしか距, ほどだ, ほどで, ほどで中野, ほどにし, ほどに在る, ほどの山, ほどの村, ほどの比良, ほどの荒れ, ほどの道, ほどの間, ほどの雪道, ほどもするする, ほども漕ぎ巡っ, ほども行く, ほどを波間, ほどを距, ほど上っ, ほど來, ほど左, ほど昼, ほど登っ, ほど脇, ほど行く, ほど行った, ほど西, ほど見送った, ほど距, ほど隔てた, もあった, もずうっ, もつ, もはなれ, も下ったろう, も下流, も二十町, も來, も倶知安, も向う, も展, も急, も戻った, も所有, も手前, も持つ, も来る, も東, も歩いたであろう, も歩かね, も沖, も登ったろう, も登る, も百町歩, も続きましょう, も葭, も行かぬ, も走る, も進み来り, も過ぎぬ, も隔, も離れぬ, も高原, や二十町, ゆくと, より四品四十町, を上っ, を下された, を所有, を東, を超え, を距, を離れた, を駈け, 下ると, 作って, 作れる見て, 厚さ數十尺, 大宰帥十町, 正に堂々たる, 正一位八十町, 程しかない, 程の手近, 程徒歩, 程歩行歸ら, 走るのに, 近く続い, 長さ五十町, 長しという, 離れた乞丐横町, 高さ六丈

▼ 十時頃~ (341, 0.2%)

15 になる 14 になっ 7 だった 5 でした, になつて 3 であった, である, でもあったろう, に床, に起き

2 [24件] かえる, から東京, から蚊帳, だったが, だったと, だつた, だつたが, だろうか, であったろう, であつ, でしたが, にこの, にその, になつ, にはもう, にまた, に私, ねた, の事, までかかっ, までカタ, まで居, まで話す, 起きる

1 [232件] あのフォニックス市警察, あの人, いつもより, おきる, おき書きあげた原稿, お帰り, かえりとり, かへつた, から, からうち, からぐっすり, からつい, からです, からは雲, からまた, からやっと, から三時頃, から二時半, から二時間, から二階, から例, から全く, から出かけ, から前原町, から午後, から午後三時すぎ, から外, から始め, から始められ, から家, から山, から待っ, から忙しく, から本降り, から果して, から正, から湖水, から焼岳, から行く, から近所, から霙, から靄, か切り上げ, か少々, が丁度, こうは, こっそり家, この日独協定, ざっと片づけ, しかいらっしゃいません, その軽い, たびたび前, だったね, だったろう, だったろうか, だったろう私, だった星, だつたかと, だと, だよ, だ星, であったと, である雨, であろうだしぬけに, でいい, でございました, でございましたね, でしたろう, でしたわ, ですから, ですが, ですよ, でせう, でその, でなければ, でもあったでしょう, でもあつ, でもう, で御座, で燕号, で田舎, という, という返事, となっ, とも思う, と午後, と午後三時頃, と約し, と見積った, なり直ちに, に, にさよならさよなら, にちょっと, にでもなった, になった, になったら, にならなけれ, にならね, にはここ, にはよく, には南, には大方片, には早, には身内, にも一度, にやっと, に三四発, に三四發續, に上陸, に下女, に乾燥室, に其処, に到っ, に大森, に大阪, に家, に寝, に寝る, に尋ねる, に帰っ, に帰る, に店, に彼, に急い, に散歩, に書斎, に朝餐, に林五君, に漸く, に瓢箪山, に白髯, に目, に眼, に着いた, に終った, に肉, に薬師堂, に起きる, に起き上る, に起き出し, に起床, に遅い, に長崎丸, に電気, のこと, の江戸, の電車, はいつも, また同所, までか, までが一番, までしゃべっ, までそこ, までちょうど, までつづい, までで, までどこ, までには来, までに客, までに役場, までに迎え, までは帰らぬ, までは蓄音機, までも叔父さん, までも稲垣, までも風力, までウトウト, まで二階, まで大同, まで妾, まで富岡老人, まで寐, まで寝, まで小さな, まで小説, まで山本, まで工場, まで床, まで手伝い, まで打ちつづけ, まで攻めつづけ, まで日向ぼっこ, まで波, まで色々, まで蒲団, まで話した, まで話し込んだ, まで調べ物, まで雨戸, もうねる, も一時, やっとの, やんで, よ, ようやく書き終りました, ようやく浅草駅, より一人, より段々, より病人, より黄檗, を意味, ノ約束ガモウ出来ナイカラ甚ダ済ミマセン, 出かける, 出かける気, 出て, 出る, 初めて入浴, 大きな崖, 寝ちま, 帰ったの, 帰って, 帰る, 御茶, 思ひ切つて學校, 漸く散会, 疲れた睡りから, 着いて, 着きましたもう再び, 第六, 行われた事, 起きたらまだ, 起きて, 起きると, 起き出づれば, 起き午後, 起きPH微, 迄か, 迄ゐ, 迄寝た, 迄居た, 連れ立つて, 降り止んで

▼ 十年後~ (334, 0.2%)

60 の今日 24 の世界 13 の今 8 のこと 7 に理解 4 になっ, のいま 3 の保吉, の東京

2 [22件] か, でなければ, でも介意, と書き改められ, にその, には, にはどう, に入唐, に書き物, に氷河, の, のその, のソヴェト社会, の今日それ, の今月今夜, の元, の地下農場, の強盗団, の日本, の最終戦争, の現在, の自分

1 [164件] いよいよ栄える, かそれ, か二十年後, が生まれる, くらいに当る, そのよう, てゐる, であった, であったら彼女, であつ, である, でしょうね, でなくたつて, でなくては, で無いと, とでその, とり出して, にかえる, にこの, にそう, にたいへん, にたった, にちかい, にと云い, になつて自殺, にはおそらくは, にはじめて, にはどれ, にはなお, にはもはや, にはダム, には不思議, には世界, には五十人, には今日銀行, には何, には反, には君, には四十五歳, には四千万, には地球, には完全, には容易, には日本橋, には来ない, には瓢箪, には自分, には莫大, には親鸞, には随分, には饗応, には馬鹿馬鹿, にぼく, にまたもや, にもなつて, にカッ, にカレンダー, にスクリイブ, にフッサール, に亡国, に今, に他国, に作られた, に倒れる, に再び, に切迫, に吉備眞備, に地球, に大, に室, に帰っ, に平安朝文化, に改選, に日本, に本当に, に歓喜, に毛織布一片, に生き, に生まれたなら, に短歌選集, に禍い, に突如, に算, に純粋, に経た, に至っ, に読まれ, に起った, に迎えなけれ, に近, に長兄, のこの, のこん, のもの, のトルコ, のヴェルダン, の一七二〇年, の一九三〇年, の一五四三年, の一八四〇年, の万人, の世界最後, の世間, の予想, の人々, の今年, の今日さ, の今日の, の今日カフエー, の今日吾等, の今日彼等, の今日思い, の今日郷土人, の伊達捷平, の六十一歳, の同窓会, の唯今, の嗜好, の大助, の女性, の妻君, の姿, の寛永九年, の寶暦十年, の延暦十八年十二月五日, の当時, の我が, の承, の文禄征韓, の日, の日露戦争, の明治二十九年十一月, の昨今, の東洋, の某, の機会, の正徳二年, の死亡, の母, の決勝戦, の津和野, の海底都市, の物理学界, の生産能力, の結果, の統計, の記述, の論文, の貧乏平氏, の辻ヶ谷君, の近ごろ, の長, の長い, の陽成天皇, は如何なる, までその, もありゃしない, もおそらく, もそのまま, もまた, より流行, を見よう, ノ今, ノ將來ニ存ス

▼ 十三四~ (326, 0.2%)

18 の頃 11 の女 8 の若い 7 のころ, の小娘 5 の子供, の男の子, の色 4 になる, の女の子, の小, の時, の青年 3 と思われる, になっ, のまだ, の久松型, の子, の小僧, の少年, の男

2 [24件] であった, であつ, であるから, でもあろう, で色, というところ, とも見ゆる, になった, のめくら縞, の学生風, の少女, の平凡, の年頃, の弟子, の強か, の方, の時分, の水, の美しい, の若者, の華奢, の青, の青白い, までの男

1 [168件] あるいは十五, いや五, いわゆる小股, か, かそれとも, からぐれた, からずっと, からに成らなく, からの幼, から二十歳過ぎ, から人生, から入った, から六, から六七, から十八九, から踊り, が艶, くらいで, くらいの若, ぐらい, ぐらいだった, ぐらいに見えた, ぐらいのどこ, ぐらいのよう, ぐらいの女の子, ぐらいまでの男の子, さうし, しか見られない, それとも五, だが, だとかで, だらう, だろう, であっただろう, であったとか, であらう, である, であろうけれども, であろうのに, でいらせられる, でいらつ, でこの, でしょう, でしょうね, ですが, でせう, でどこ, でなかなか, ではにかん, でもう, で一方, で二三年前, で五, で四肢, で年, で色白, という女, とか部屋, とは思えぬ, と二十歳, と判, と判った, と見うけられる, と言いたい, なのよ, なるべし種々, なる少女, なる男, にお, にしかみえませんでした, にしか見えない, にすぎない, にて, になつて, にもなっ, にもなったであろう, にもなり, にもなりましょう, にもなるらしい, に見える, のうらわけ, のこれ, のちょっと, のはず, のませた, のよく, のわけ, のクイティ, のタイテイ, のチョコ, のモダン, の一人, の丁稚小僧, の中学生, の主, の二人, の倅, の八百屋, の初々し, の友, の可愛, の可愛らしい, の坊や, の壮者, の女盛り, の好い, の娘, の婦人, の子守娘, の子役, の学生, の孫娘, の小僧さん, の小僧ッ子, の小柄, の小肥り, の少年少女, の年地方, の役僧, の恭吉, の惜しい, の書生, の武士, の歳, の母, の母親, の洋服, の浪人ふう, の浪人風, の独身, の生, の痩せた, の白雲頭, の眞黒, の禿, の細そり, の美少年, の職人, の背, の脂ぎった, の色白, の若旦那型, の華奢立, の蛮貊, の豊滿此上, の賢, の鉄漿, の頃中学校, の頃大阪, の頃私, の頼朝, の馬丁, の鳥刺, ばかりになる, まさにまさしくべっぴん, または十五六, まで, までがとまりである, までの男の子, らしい, らしいその, らしいやはり, を一所, を出, ノ徒ッ子, ノ頃ダッタト思ウ, 名まえ, 迄は使い

▼ 十五銭~ (319, 0.2%)

6 であった 5 では 4 になる 3 ぐらい, で買った

2 [19件] か二十銭, だと, である, でこれ, です, で売れる, で如何にも, で接吻, で買い取っ, で買われる, というの, となり, に買, の事, の割, の地代, はきっと, はその, もし

1 [260件] あつた, いか, いただくこと, いつもそれ, おいしかつ, から二十銭, から六十銭位, から十七銭ぐらゐ, が七円七銭, が二円十銭, が元値, が関の山, くらいで売る, くれた, くれて, ぐらいで古本屋, ぐらいで坑夫, ぐらいにはなん, ぐらいのランチ, ぐらいの帳面, ぐらいは取っ, さ, しかなかっ, しかやりゃしない, しか残っ, じゃ売れない, じゃ安, するウエストミンスター, ずつを集め, ずつ余程, ずつ徴収, ずつ施す, それから珈琲, だ, だが, だけ, だけの御飯, だけ私, だったの, だったり, だっていい, だつた, だろうね, てきまり, て書い, であったしかし, であったよう, であるから, でお, でかなり, でがす, でがん, でした, ですから, ですからな, ですと, ですね, ですむ, でずっと, でたりますわ, でできる, ででき上がった, でも悦ん, でも栄養分, でも構わない, でよろし, でナア, で二円二十五銭, で五十銭, で十四五本, で四升位, で売った, で売る, で好い, で我国, で料理, で私, で糸, で菊版三百頁, で見る, で買いました, で買えた, で買える, で買つて, で足りる, で車, で辛抱, で酒, で鉄, で鉄瓶, で高い, というわけ, というん, という予告, という勘定, という奴, という安さ, という宿賃, という小切手, という高利, といへ, とか五十銭, としました, とす, とする, とはほん, とは何事, と云, と云ふところ, と呼び, と思え, と懸, と言ふたの, と間違え, と附け, と雑費, などという安い, なら出来ます, なら買っても, なりこれ, なりにちょい, なんて私可哀そう, にあがり, にあたる, にいたし, にし, にしかならぬ, にしかならん, にしなけれ, にて, になっ, になった, になられた, になります, に上った, に勘定, に売っ, に売った, に売る, に対して女, に当ります, に御座候, に負けさせ, に負けろ, に買っ, ねそれから, のお, のこと, のところ, のむしずし, のめし, のもの, のアルミニューム貨, のコップ酒, のトマト, のネクタイ, のホットケーキ, の上等弁当, の与えた, の二割以上手数料, の佐倉, の俥代, の値打, の勘定, の南京錠, の原稿, の収入, の塩, の塩代, の外国品, の定食, の小切手, の小遣, の手当, の手間, の持寄りで, の指環, の散財, の料金, の月謝, の木戸銭, の本位, の札, の板一枚, の為替, の皿, の硯, の笊蕎麦, の羊羹, の茶, の蘭貢米, の足袋, の金魚掬, の附添食費, はいりました, はこれから, はま, はもう, はやすい, はダンゼン, はチビ公ひとり, は丸儲け, は安, は案外, は母, は金, は高い, は高く, ばかし持ってない, ばかり, ばかりだった, ばかりの胡桃, ほどの鈴, ぽっち, まあ百軒, まうかる, もする, もするです, もって, もの金, もらって, も二十銭, も十六銭, も取りたまい, やすいもの, やったという, よりは出せぬ, よりやす, をせしめたなら, をだし, をべこ, を加え, を受取, を奮発, を差出した, を投じた, を持参, を握りしめ, を自分, を要する, を要求, を貰う, を香港, 乃至七十銭, 乃至二十五銭, 出して, 取られる如き費用, 受取って, 合せて, 呉れるだけ, 安いの, 戴きます, 払う, 払って, 申し付, 程でした, 程になっ, 貰って, 這入って, 高い所

▼ 十がらみ~ (315, 0.2%)

40 の男 8 の女 6 の人 4 の大男, の武者 3 であるが, のお, のでっぷり, の大柄, の婦人, の小男, の年配, の見る

2 [26件] だ, だったが, で蒸気乗り, に見えた, の, のずんぐり, のその, のデップリ, の一見, の人相, の侍, の労働者, の大, の女房, の従業員, の漁師, の痩せた, の相撲, の相模女, の立派, の紳士, の総髪, の肥えた, の苦味, の貧相, の青瓢箪野郎

1 [177件] か, かとも思われる, がう, だが, であったが, であったと, でちょっと, で一目, で中肉中背, で何だか, で半纏, で参平, で小屋, で撥髪頭, で木綿縞, で薄, で顔, で髪, で鳶の者, という青年紳士, としか見えない, とみえる, になる, にみえた, のおばさん, のおやじ, のがっしり, のさむ, のしかし, のちよい, のでつ, のにこやか, のはで向き, のひと, のぼて, のまだ, のよく, のオヤジ, のスーツ, のフランス婦人, のルバーシカ, の一人, の一個, の上品, の下女, の世帯もち, の世辞, の世辭, の中, の中老妓, の主任, の主婦, の乞食, の人たち, の人物, の体, の偉丈夫, の働きもの, の働き盛り, の働き者, の元気, の六尺, の六尺豊か, の分別盛り, の分別顏, の分別顔, の前掛け, の割, の勤め人風, の勤人風, の半白, の単, の博徒, の同じ, の和服, の和装, の商人風, の商家, の坊主, の堂々, の壮者, の大きい, の大きな, の女性, の好男子, の婆さんだつ, の媼, の宗匠, の実体, の實體, の小, の小づくり, の小柄, の少し, の巌丈, の年, の年恰好, の年齢, の強, の恐ろしい, の憎体, の技師, の掃除女, の敏捷, の旅, の日, の未亡人, の村, の極めて, の武士, の武家, の武家ごろ, の武将, の泣き女, の洋装, の浪人, の浪人者, の海女, の清げ, の渋皮, の無口, の物静か, の独身者, の瑞典人, の男性, の痩せ, の痩せぎす, の目, の盲目, の禅僧, の素朴, の總髮, の纏足, の老, の老人, の老成, の職人, の肉付き, の肥った, の肥満漢, の背広服, の脂, の船頭, の色, の芸能者, の若い, の若者, の苦み, の苦みばしった, の藩士, の見事, の親方風, の親爺, の請負師, の赤ら顔, の赤毛, の遊び人風, の野暮, の雇婆さん, の露人, の面長, の顎, の顔色, の風采, の骨太, の骨組み, の高弟, の髯だらけ, の黒ルバーシカ, の黒髪, の鼠色カラー, の鼻下, みっともないほどの, もひとり, らしいが, 両眼, 苦みばしった男前

▼ 十~ (314, 0.2%)

17 の女 11 の男 9 の數 8 の数 7 に見える, の人 6 の, は1 5 になる, の時 4 では, の穴 3 であつ, になっ, になつ, のでつ, の大, の老人

2 [25件] が穴, が1, でした, との二桁もの, に答, に見えた, に1, のお, のとき, のひと, の亡夫, の合計, の数字, の數字, の爺さん, の痩せ, の老, の老女, の背, の色, の頃, の頭, の2, は0, をかけた

1 [157件] ありましょう, かい, かと思う, かな, から一寸, から上, から上がっ, から十年間, しか室, しか持っ, しか無い, だったかも, だったが, だったの, だつたの, だとか, だらうが, だらうと, だらうね, だろうか, だろうけれど, だわ, だん, であった, であったらしい, であろう或いは, でいい, でいき, でしょう, でせう, でそう, でで, でもあった, でもあろう, でも有う, でネ, で死んだ, で頬, と, とも見ゆる, と三十四五, と見ゆる, なお婆さん, なもん, なん, な婆さん, な年配, な男, にお, にしか見えず, にしか見えない, にしか見えまい, にしか見せやせん, になつて, になり, になるでしょう, にはなっ, には見えますでしょう, にもなっ, にも見えぬ, に丸め, に割っ, に見えるでしょう, に言っ, のおっさん, のお婆さん連, のころ, のまだ充分, のみすぼらしい, のよぼよぼ, の一人, の一婦人, の中尉, の中柄, の中老, の丸髷, の優し, の卑しい, の商人, の四数字, の四數字, の塩瀬, の外, の大柄, の大男, の夫婦者, の奥さん, の女の子, の妾, の姉, の婆さん, の婦人, の子, の子供, の學, の小さい, の小作人, の小柄, の小造り, の巌丈, の年寄, の年輩, の年配, の年頃, の幼い, の御, の所, の支那人, の汚い, の洋服, の漁夫, の田舎者, の男の子, の百姓, の盲目, の眼, の眼明き, の眼鏡, の立派, の職人風, の計算, の足, の身体一杯, の間, の附添人, の青年, の非常, の黒い, は何, は居るだらう, は有る, ひに, へあ, へあがった, までしか届かない, までにはいる, までの女, までは嫁入, までよく, まで掛ける, まで計算, もランプ, も分っ, も分つ, も見た, ゐの, ゐ違, をま, をまず, を一斤, を以て数, 入れて, 出て, 来ては, 老けて, 迄の若い, 食ったらうか

▼ 十何年~ (306, 0.2%)

47 か前 19 も前 8 も昔 7 の間 5 の昔 4 になる, の生涯, も連添う 3 かになる, かの間, か後, と云, と云う, の後

2 [16件] か過ぎた, という時代, といふ, といふもの, になります, にもなる, のあいだ, の年月, ほど前, もいた, もむかし, も会わない, も居候, も給料, を始め大抵, 越し世話

1 [158件] いわゆる鹿, おっぽりだして, かかって, かが経った, かたちました, かに, かになります, かに之, かに大いに, かに買った, かに配線, かのお正月, かの京都, かの年, かの悪運, かの昔, かの春, かの有名, かの歳月, かの洪水, かの活動, かの淋しい, かの生活, かの話, かの間ドストエフスキー, かの間戦争, かの間日本, かはっきり, かまえの, かまえは, からその, からの日記, かを過ごし, か一人, か先輩, か勤め, か懸った, か振り, か昔, か時代, か書き続け, か東京, か経った, か経つ, か經, か經つて, がやって来られた, ぐらいの銀座, しかもたなくする, たくわえて, たった昭和二十年, だ, だかに, だから, でやした, というつい, というもの, というものそこ, というもの手, というん, という建設期, という時, という長, という長い, という間我子, とかに入れた, とか奉公, とか撒水車, とか経っ, とたつちまった, にまだ, に始つて, のあ, のうち, のため, のつもる, ののち, の中, の丹精, の五月, の人情, の八月, の山, の憂鬱至極, の月日, の歳月, の歴史, の長い, の間つれ, は乱雑, ほど持つ, まえに, まへ, もいながら, もお, もお世話, もこの方, もし, もすぎた, もそこ, もその, もたたない, もたち, もたっ, もたつ, もちがった, もつとめあげ, ものあいだ, もの久しい, もの戦時中, もまえ, もやった, もやってる, もよく, も一つもの, も他所, も住ん, も冬, も勤め, も化け, も化けおおせ, も外国, も大切, も居る, も山, も慣れた, も我慢, も文筆生活, も昔平林初之輔, も時, も死, も汗水, も留守居, も童貞, も経った, も經, も続いた, も考え通し, も解らず, も遅れる, も遠洋漁業, を病気, を経, を過ぎ, を重ね, 勤めて, 同じ麦稈帽, 居たうち, 新しいの, 来はじめてね, 生きたけれど, 生きつづけて, 生きて, 経って, 経つと, 若い世代, 見て, 遊んで

▼ 十時半~ (295, 0.2%)

21 起き 9 起き座 7 に起きる, 起き十二時 6 だ, 起き今日 5 の汽車 4 になっ, になる, に起き 3 か, だった, であった, になった, に起される, 起きで

2 [20件] か十一時頃, だもの, であったか, です, にハネ, に出た, に宿, まっすぐ帰宅, までの間, まで眠る, を過ぎ, 大雅, 起きけい古場, 起き伊藤松雄訪問, 起き寒い, 起き清, 起き雨, 迄, 迄ぐっすり, 迄ねた

1 [164件] あき, あきで, かい, から, からけい古, からもう, から一時ごろ, から三時, から刈谷, から十一時, から十二時十五分, から演習, から稽古, がきました, が早, が非常管制, これから時計, すぎた, それからまたおでん屋, だって, だつた, だと, だわ, だ下, でありその, である, ですよ, でせう, という, といえ, となり, となる, と出, と太陽, と約した, などと云っ, にここ, にちゃんと, につく, になったら, になっちゃった, になつ, にはどこ, にはまだ, にはもう, には灯, には眠るでしょう, には終らない, にも確か, にも窓, にやっと, にウ氏, にゴーリキイ, にビクター, にホテル, に一ノ瀬, に僕, に入る, に入場, に公主嶺駅, に出る, に分った, に家, に寝ました, に帰っ, に床, に式, に東京, に満潮, に着いた, に砧, に立っ, に約, に終らせね, に行く, に起こされ, に車, に遇う, に風呂, に駒込, のシアンセ, のバス, の処, の列車, の夜行, の指針, まだ麻雀, まっすぐ宿, まで, までそれに, までに市庁, までねた, までねる, までよく, まで三十分, まで働い, まで岩国町行乞, まで快く, まで覗いた, よ, よだけど, よりはおそく, より前, より太陽, をさし, を報ずる, を指した, チョット前, 乃至十一時, 起きは, 起きむし暑く, 起きると, 起きハリバ宣伝映画, 起きビショ, 起きマチネー今日, 起き一時, 起き下二番町, 起き久々, 起き久々ボビー, 起き二時, 起き二階, 起き十二時半, 起き又, 起き堂ビル, 起き多和, 起き家, 起き小, 起き川万, 起き徳山, 起き日劇, 起き日曜, 起き昨夜吸入, 起き昨日, 起き昼, 起き暑し, 起き有, 起き母上, 起き母上見物, 起き渡辺篤, 起き狩野さん, 起き竹川, 起き築地小劇場, 起き藤山, 起き道子, 起き道子鎌倉, 起き銀座, 起き雨模様, 起き青砥来訪, 起き顔, 起き飯, 起きP, 迄か, 迄たっぷり, 迄ね, 迄ねる, 迄よく, 迄何, 迄十何回戦, 迄寝た, 迄寝つ, 迄寝られた, 迄寝る, 近し, 過ぎたばかり

▼ 十二人~ (293, 0.2%)

6 の中 5 の弟子たち 4 のうち, の女 3 の子, の子ども

2 [17件] と一緒, の一年生, の人々, の仲間, の使徒, の侍女, の内四人, の処女, の女房, の弟子, の方, の武士, の者, は皆, まづ草, も殺し, を殺す

1 [234件] あつた, ある, あると, いた, おあり, から二十四人, から出来, から召され, がいちどきに, がお茶の水駅, がかつぎ, がかり, がほどほどに飽く, が乗組ん, が兵隊, が十二, が大きな, が町, が私, が集まった, くらいいた, ことごとく枕, して, すなわち約, ずつ並び, ずつ或は, ずつ手, そのままそっくりこっち, だけだ, だったかの, だったが, だった所, だて, であった女人, である, であるが, でしかも, です, でせう, でそれ, で五組, で先生, で将校, で役所, で手分け, で揃ひも揃つてやくざ, で暮し, とある, という夥しい, といふ下, といふ区切り, といふ比例, といふ澤山, とかしかなかっ, とそれから, とは誰々, とも福, と一人, と云つて, と作兵衛, と共に一網打尽, と同じ, と呼んだ, と多, と女二十一人, と尼二名, と応援隊四百人, と挙げる, と話, にかこまれ, につき寺院一棟, になり, にも達し, に向い, に女子二十人, に對, に過ぎない, に過ぎなかった, の, のいでたち, のうち一割強, のうち三分の一, のきれい, のそれ, のなか, のめしつかい, のモルモン信徒, の世話, の乗組み, の人, の人たち, の人数, の代表的インテリガール, の代言人, の会員, の伴侶, の住所, の作家, の供奉, の俗名, の兄様, の全, の兵卒, の兵隊, の内十四人, の判官, の創立委員中, の創立委員中舊自由黨, の勝れた, の博士, の口, の召使, の史上, の同級生, の名誉職, の外交団, の多, の大, の夫, の姫, の子たち, の子どもたち, の子供, の子女, の学生, の実子, の客, の市女, の帝王, の年齡, の弟子達, の徒弟, の支那, の教正, の敵, の朝臣たち, の来会者, の棺, の楯持, の歩兵, の歩行者, の牢番, の用務, の皇后, の神さま, の筆, の米みそ汁, の組子, の編集員, の織, の罪人達, の羅馬兵, の美女, の老農, の耳, の職工, の腹, の舟子, の船員, の船客, の衆, の裏切り武士, の評議員, の資本主義国, の陪審員, の陪審員ら, の陪審官, の随一, の集まり, の需用品, の霊魂, の面倒, の領袖, の黄母衣組以下, はあげられねえ, はいるだろう, は一つ, は今, は口々, は周り, は多, は女王, は悉く, は格, は正体, は無言, は異端焚殺, は私, は越え, は集っ, は雇つた, ばかりが一緒, ばかりのお供, ばかりの同志, ばかりの客, ばかりの飲んだくれ, ほどであった, ほどになっ, ほどの婦人, ほど選びます, まではさすが, まで郷里, もあり, もある, もいる, もつい, も乘りこ, も人, も諸, も食べられる, を七条河原, を召捕った, を扶持, を投げこんだ, を数え, を有す, を汚す, を裂かしむ, を見, を連れ, を選び, を選ん, を配流, 各の, 同じ姿, 居た事, 待てつと, 揃って, 有するもの四人, 来ること, 死す英賀, 死んだ, 殺して, 選んで

▼ 十八世紀~ (289, 0.2%)

10 のフランス, の末 6 のイギリス 5 の中頃, の終り 4 になっ, のフランス唯物論, の初め, の後半, の頃 3 になる, に至つて, のイギリス文学, の初頭, の小

2 [17件] になつて, になります, に於, に至る, のアカデミイ画派, のフランス唯物論者, の中葉, の中葉頃, の古い, の唯物論, の大, の想像力, の末葉, の機械的唯物論, の置時計, の英国, の諷刺劇

1 [184件] からそう, から十九世紀, から十九世紀前半, がこの, ぐらいから絶えず, だったの, であるか, ですがね, ではありまする, では半, では漕刑場, でもなく, で當時, で百科全書編纂者, にある, にいたっ, においては雪, において科学, におけるフランス, における此, における農奴, にかけてのホッブズ以来, にかけてのヨーロッパ文学史, にかけての所謂, にかけての日本, にかけて隨分ヨーロッパ, につくられた, には今日頑固派, には生命蓋然率, には相当, には航海, には酸素, にも活動, にキリスト教, にシェークスピア, にジェスタス子爵, にバルレークール, にフランス, にフーリエその他, に刊行, に及ん, に唱えられ, に天主教, に対する考証研究, に於ける, に欧州, に沢山, に草案, に起った, の, のある, のい, のなかば, のはじめ, のイタリー, のイタリー諸公国内, のクラシック, のグラッブ・ストリート, のツォップフ, のドイツ, のフランス唯物論者達, のメゾン風, のヨーロッパ, のラファイエット夫人, のロンドン, の中期以後, の中間, の事柄, の事業, の人たち, の仏国, の仏国植物学大家ジュシューいわく, の作者ディフォー, の個人的, の個人的自覚, の偉大, の優雅, の初め頃, の初年, の初期, の初頭以来, の前半, の前半中, の匂, の半頃, の反動, の古, の叫び, の吐息, の哲学者, の哲学者たち, の啓蒙家, の啓蒙家たち, の啓蒙家カンペ, の啓蒙文学, の啓蒙時代, の啓蒙派, の夢, の始め, の始め頃, の始め頃欧州, の婦人扇, の宮廷画家, の帆船, の建築, の後, の後半期以後急速, の怪物, の戦争, の手工, の才能, の持久戦争, の数学, の文化, の文学史, の文芸, の時, の時代, の末ベルナルダン街, の末十年間, の末頃, の流行, の浮世絵, の火傷強盗, の煩雑軽薄, の生んだ, の用兵術, の監察官, の社会, の称賛者, の終, の終り頃, の終わり, の美術たる, の者, の而, の聖画, の英吉利文学, の英国文学, の英文学, の英文学研究, の西欧, の言葉, の貴族名媛及女優, の追慕者, の通俗小説, の開幕, の間, の頬白, の食通, はその, はともかく, はゴンクウル, は個人的, は個人的自覚, は光澤, は周知, は既に, は最も, は自由感想, は蒐集, は論ずる, へかけ, までの戦争, までの歴史的展望, までは, まではそこ, までは欧羅巴, まで続いた, もしくは十九世紀前半, や十九世紀, や又, よりももつともつと, より十九世紀, をさす, をまだ, をもっ, を最下等, を睥睨, を経十九世紀仏蘭西ロマンチズム, を經, を通じて全く, を通じて唯一人天才, 経つた今日

▼ 十五人~ (287, 0.2%)

7 の少年 5 の子供達 3 のもの, の中, の人たち, の武士

2 [23件] いた, そのうち三四人, だ, です, で船出, となり, ないし三十人, になった, に減っ, のなか, の善知識, の子供, の小さな, の少年たち, の総代, の警官, の警官隊, はあるだろう, ほどの腕達者, もあった, もいる, もたぶん, も二十人

1 [217件] あり, ありその, ありました, ある, いっしよに, いる, いるところ, おあり, かかると, かしかも, かの団体, からいる, からの聖人様, から十八人, か二十人, がいっせいに, がおのおの, がまた, が一度, が一時, が五十人, が定め, が寸分ち, が新, が江戸城, が皆, が長崎, くらいだった, くらいとしてこれ, ぐらいにかかせ, ぐらいの水夫たち, ぐらいの生徒, ぐらいは読ん, ぐらいまではどうにか, しかいない, しかいなかった, しか乗れません, ずつあり, ずつこの, ずつの二組, ずつ運べる, ずつ隊伍, そのうち, それからこの, そろって, であったら十二人半宛, でした, でその, でも旦那, でわける, で一昨年, で余, で其外, で分けた, で分配, で無害地, で百二十年間僅か, で追っかけた, とあります, とある, ということ, というの, という事, という少年少女, といふ出動率, とか見物人, とする, とは金木水火土, と塊, と彼, と徒黨, と楽書, と決めた, と言いきった, と集合, なぎ倒し前方, なら十五人, になり, になります, になる, にみたなかった, に一人, に一人位, に事欠く, に会頭, に対して溺死者千三十六人, に棟梁二人, に殖え, に男一人, に達した, のうち, のうち十七人落第, のお母さん, のその, のものら, のグループ, のマニラ人, の一, の人, の人夫, の作家, の候補者名, の先生たち, の全員, の内, の刃, の初年兵, の前, の勢揃, の反対署名, の司教, の合唱舞踊者, の合宿練習費, の同盟員, の名, の団員, の地球人, の多数, の夜番, の大, の大きな, の女, の女工, の妹, の妻, の娘子軍, の婦人客, の子持, の孝子, の家内, の少, の少年探偵団員たち, の少年連盟, の幹部, の搭乘, の教祖, の新兵, の殉教, の片, の男, の白衣, の米人技師, の若い, の複式教育, の赤衛兵, の踊子, の身許, の連盟少年, の道場, の部下, の鉱夫, の集団, の首, の驚き, はあるだらう, はなはだしきは, はみんな, は一度に, は入折戸, は年々現実, は影, は愚か, は町人形儀, は皆馬, は知らない, は等しく, は集団殺人, ばかりきちんと, ばかりしか居らない, ばかりのうち十人, ばかりの小さい, ばかりの弟子, ばかりの旅客, ばかりの紅毛人, ばかりを松尾, ばかり一時間四十分, ばかり天主堂, ばかり番, ほどあった, ほどい, ほどいっしょ, ほどいました, ほどずつ一組, ほどであった, ほどの主立った, ほどの客, ほどの腹心, ほどの集り, までに減ずる, までは他, まで数えた, まで生き返らせる, もいら, もこんぐらかっ, もていねい, もの心, も一, も声, も得ましたらう, も愛人, も手下, も生, も馬, や三十人, や二十人泊, ゐました, ゐる, をし, を下らず, を具, を探す, を詰め込む, を集める, 平僧三千四百人, 書いて, 本当にロケット, 来る明後日

▼ 十余年~ (281, 0.2%)

24 の間 20 の昔 10 を経た 9 も前 8 にし 6 の歳月 5 のむかし, の今日, の後, の生涯, を経 4 になる, を経過 3 のあいだ, の同盟, の長い, ほど前, まえに, を歴, を過ぎ

2 [13件] にもなっ, に亘り, に亘る, に亙る, のあいだ一度, の后, の星霜, の長き, もの昔, も以前, も昔, を過ぎた, を隔て

1 [124件] いまだに広島, おった, かかって, かれの, がある, が間, この狩太村, ずっと目付役, せまじき恋, だけにし, つぶさに思索, であったが, であつ, でありました, であるに, で廃絶, といえ, などは命, なり時刻爽, なれば, にしかならぬ, になります, にわたって公私共, にわたつ, にわたる権勢, にわたる私たち, に及んだ, に渡る, に相成る, に過ぎぬ, のうつりかわり, のきょう, のジャーナリスティック, の久しい, の久しき, の乱国, の二人, の今, の作家生活, の兵乱, の前, の労苦, の半, の半生, の在職中, の太平, の寛平年中, の年月, の年齢, の建暦三年, の彼, の径路, の忍耐, の怨恨, の政治生活, の教授生活, の数奇, の明治以来, の昔自分, の昔話, の時, の月日, の期間, の歴史, の泰平, の涙, の獄中生活, の米国人, の臥薪嘗胆, の苦心, の街道生活, の託言, の誼, の貢献, の辛酸, の過ぎた, の長, の長日月間, の間五畿七道, の間君臨, の間継続, の間館, の闇, はそこ, は私, は翁, ほとんど世界, ほとんど社交, もつづいた, もダラダラ, も別れ, も太刀, も居る, も新劇, も牢, も生きた, も育てる, も遡っ, ようやく蜀, をへだて, をほとんど, をパリ, を一日, を独身, を積ん, を経たる, を費やした, を送り来った, を通じての人情, を通じて一回, 住みなれた大森, 住んで, 我が書き溜めし, 既に予, 未だ千点, 未だ天下, 未顕真実, 深くその, 程前, 経った, 経て, 老措大, 過ぎた今日, 重ねて

▼ 十~ (278, 0.2%)

6 かな, だ 5 の眼 43 の影, の手, の晩, は何

2 [20件] がこう, がそれ, である, と旅川周馬, などにあらわれ, のうち五編, のため, のよう, の人通り, の姿, の方, の稚, の荒野, の足, の顔, はその, はまだ, も一角, や周馬, を含む

1 [205件] お十夜ッ, か, かと思った, か周馬, があわただしい, がいう, がお, がかすめ取った, がこの, がそぼろ助広, がち, がどこ, がひきずられ, がまた, が不意, が仲, が冗談, が周馬, が少しムッ, が恋, が投げ, が斬りつけた, が無念, が睨みつける, が肯んぜない, が言った, が走りだした, が近づい, じゃない, じゃねえ, そう腹, たるもの, だかに, だが, だけが知っ, だな, ってこの, であった, であり三位卿, でございますね, という形, という悪, とお, とそして, とて一筋縄, とはことに, とほかふたり, と一緒, と一角, と共に怪しげ, と申す, などにはおくび, などの毒刃, などよりはゆうに, にこう, にし, にしろ, にちょっと, について天堂一角, にでもふん, にとれ, には皆目, にまだ, にも思え, にグズ, にズタズタ, に任し, のうしろ姿, のうち, のかけあい, のこと, のほう, のやつ, の一言, の三人組, の上, の体, の側面, の兄貴, の利, の剣幕, の助広, の口, の名, の嘲り, の図々し, の執念, の声, の奴, の妖刀, の孫兵衛, の安価, の応援, の怒気, の怖, の息, の情血, の意, の手もと, の扱い, の暴行, の本名, の柄, の機嫌, の欲望, の爪, の片足, の用, の肚, の腕, の腕と殺念, の腹の虫, の色悪, の虫, の血, の語気, の諸手, の足もと, の跳びかかった, の面, の頭巾, の首, の鬱憤, は, はあえて, はおとなしく, はこう, はさすが, はさらに猛然と, はすこし, はただ, はただちに, はという, はどう, はない, はひとつ, はふたたび, はふところ手, はまた, はむっと, はやや, はゆるり, はゴック, はニヤニヤ, は一角, は不承不承, は今, は先, は出渋った, は哄笑, は大刀, は幾度, は座, は当身, は後ろ, は手, は手枕, は時機, は気, は町, は目知らせ, は真, は着流し, は笠, は考えた, は耳, は胸, は苦りき, は解しかねた, は返辞, は追分端, は酔う, へさした, へ白刃, へ突い, まだ話, もおれ, もぎょ, もその, もなんだか, もふと, もまた, もガッカリ, も一風呂ザッ, も同意, も同様, も周馬, も大, も殺すべく握っ, も母親, も煙草入れ, も続けた, や天堂, や祭, らしい声, をうまく, をおさえ, をムリ, を両断, を先, を対手, を抉る, を片手, を甘く, 早くせい

▼ 十六人~ (277, 0.2%)

10 の女たち 6 の中 5 と一人 4 である 3 とある, のうち, の命

2 [22件] が十六人, が島, です, という多勢, の, のなか, のもの, の乗組員, の僧侶, の内, の女, の官吏, の射手, の心, の男, はいずれ, はこの, は一人, は助かった, は的矢丸, もある, 死んだの

1 [199件] あったと, あつたさうである, あると, おります, か, がのれ, がほんとう, がやっかい, がバタバタ, が一つ, が乗り組ん, が任命, が住まっ, が信者, が十二名, が同時に, が屹然, が恩返し, が手製, が打ち, が昨年, が無人島, が皆, が藩船, が親方たち, が髪縄, ぎっしり詰められ, しかいない, ずつ選抜, その外流罪, だか, だかの, だけは怪我, だけ殘, だといふ, であった, でご, ですが, でたべる, で三両二分, で今日妙見山, で俺, で多い, で大体我々, で担ぐ, で満員, で見はっ, というの, という統計, という芝居, といふこと, となっ, となった, となつ, とは, ともおなか, ともすぐ, とも大便, とを刑戮, と云う, にかこまれ, にかんづめ一個, にきまつ, にし, について測定, にてふさがり, にて匈奴, にとってじつに, にとってたいへん, にとってはなく, にとっては岩, にとって雨, になっ, になり, になります, になる, には分らない, にミッドウェー島, に施した, に決まった, に白銀二百枚, に関係, のうち三人, のうわさ, のとんぼ組, のキリシタン, のチンピラども, の中八人, の乗りこんだ, の代表, の会員, の会員達, の修咒者, の優れた, の処刑, の勇士, の博士, の同勢, の国王, の土州勢, の坊主, の多く, の大, の女中, の女工席, の女房, の子, の子供, の守備兵, の守衛, の定員, の家族, の将校, の小勢, の島生活, の巨擘, の徴兵検査, の情夫, の愛妾達, の手下, の教正上院, の方々, の村中, の気もち, の演舞, の漕手, の生命, の百姓ども, の眼, の短文, の社員, の群, の肺結核患者, の話, の貧しい, の郎党, の部下, の顔, の首, はいっ, はお, はその, はひどい, はまた, はみんな, はむろん, はわしら, はベン, は一五三四年本国, は今, は各, は島, は左右, は彼, は思いがけなく, は思い思い, は急, は悉く, は感激, は目, は絶海, は薩摩國甑島郡, は釈放, は風俗, ばかりの農民, へ言い渡した, もかかっ, もかけつけ, もの先生, もやってきた, も漁業長, も集つて, をこの, をすべて秘密裁判, をのせた, をむかえ, をミッドウェー島, を今, を数, を数えた, を數, を明日, を有せり, を有馬, を矢つぎ早, を選ん, 内男三百二十五人, 同じやう, 同じよう, 多く死ぬ, 居ります, 居るです, 救われ百九人, 来た, 次に仲国さま, 残って, 相随, 重青銅砲十門, 飲み水十五石積

▼ 十近い~ (275, 0.2%)

7 年配で 5 老人が, 老人で 4 くせに, 女が, 女で, 年だ 3 品の, 大年増, 男が

2 [23件] かと思われる, この年, な, やうな, よく光る, 労働者の, 女と, 娘が, 年の, 年配に, 年頃で, 母と, 父と, 男で, 男の, 筈だ, 老人だ, 老人と, 老人の, 老爺が, 色の, 身柄です, 鼻ヒゲを

1 [187件] おどけ男しきりに, おばあさんが, お婆さんが, お婆さんだ, お年で, お年寄, お染婆さん, かも知れません, がその, がでっぷり, がまだ, が少し, ぐらいに見えます, けれど目方, これは, ころ, しかもまだ, そのほう, その羅宇屋, それで, つつましや, でしょうが, でしょう私, でせう, でっぷりした, でっぷり肥った, でつぷり, などとは思へない, のだ, のでしょう, ので耳, のにどう, のに子, のに腰一つ, のも, ばあさんが, やうに, 一人の, 一人は, 下僕らしい, 下女の, 丸顔の, 主人が, 主人は, 人々であった, 人が, 人で, 人の, 人品の, 仁體です, 仁體着, 今日まで, 他吉, 会の, 修驗者總髮に, 俳句を, 個所に, 働き者で, 働き者の, 兄貴が, 先代の, 兵士さんでした, 口鬚なぞ, 吉井明子夫人に, 名前だけは, 和尚と, 唇の, 外国人で, 大きな老爺, 大男が, 天野と, 太郎左衛門の, 奥様らしい, 女だ, 女ださうだ, 女の, 女役者が, 女性の, 女房と, 妻と, 婆さんが, 婆さんであった, 婆や, 婦人が, 客扱いに, 寡黙な, 小男だった, 尼が, 尾羽打枯らした, 巌丈な, 巖乘な, 師匠の, 年で, 年まで, 年を, 年増と, 年増の, 年寄りで, 年寄りとは, 年恰好の, 年輩その, 年輩であり, 年輩の, 年配, 年配とは, 年配の, 年配よりも, 年頃の, 年齡で, 年齢で, 年齢に, 幸右衞門は, 幸雄を, 御夫婦, 徳望県下に, 徳望縣下に, 息子が, 方と, 智的な, 様な, 武士ばかりが, 気丈の, 氣丈の, 浪人が, 父親の, 爺が, 爺さんで, 爺さん婆さんまで, 獨り, 田舎者の, 男, 男など, 男などが, 男若い, 番頭は, 痩せた老人, 痩せて, 痩躯鶴の, 白髪の, 白髯の, 矮い, 祖父が, 禿頭の, 立派な, 筈です, 細面の, 紳士が, 紳士である, 総白髪, 練達な, 美代吉という, 老人であった, 老人である, 老人でした, 老人に, 老人のりちぎ, 老体の, 老婆が, 老宣教師, 老文豪コルネエユ, 老爺さん, 老畫伯, 者で, 職業婦人の, 肥った女, 肥った顎髭, 背は, 能なし, 脂切った, 艦長は, 若者と, 薄痘痕, 被布を, 親仁で, 親爺だ, 親爺である, 貧弱な, 貴婦人めいた, 郵便配達の, 金持ちの, 金棒曳聞いた, 附添婦であった, 雲水の, 頑丈な, 首が, 齡を, 齢で

▼ 十~ (274, 0.2%)

6 いえば 5 七つ 4 いふに, 云ふ 3 助八, 十九の

2 [12件] つりあげた, なくその, なく並ん, なく幾百, なり貧窮, なる, 並んで, 六つ, 四十の, 富山七之助が, 富山七之助の, 聽きました

1 [225件] あって, あるだろう, いいつい, いい死んだ味噌屋, いうか, いうに, いうの, いった, いっては, いっても, いつか籠を, いつた具合, いふところ, いふ語には, うしやうから, ええばかばかしい, お石, かさねて, くっついて, ことばを, したの, する, するならば, すれば, だね, ちがって, ないえ, なき古代遺物, なき響官, なくあった, なくあばた, なくかさなりあった, なくぎっしり, なくのっかっ, なくわずか, なく三笠山, なく交っ, なく京橋, なく作られ, なく入口, なく其処, なく名札, なく島前, なく張っ, なく思ひ浮ぶ, なく持ち出す, なく掛かっ, なく柄, なく江戸中, なく照り, なく甚内, なく知っ, なく群, なく見, なく輝い, なく集まっ, なく頭, なし刺青, なった今, なっては, なつて, ならんで, なりなんと, なり五, なり四十, なり情熱, なり百, なると, なれば, まとまったもの, まとまった金, よび二人, よめないこと, ゐるの, オールマイテイーとを, ヲールマイテイイとが, 一つ, 一側並べ, 一緒に, 七つで, 七つとの, 七つの, 七十の, 七十六に, 三, 三つ, 三つ寝, 三に, 三十と, 三十とは, 三十四で, 三尋甲州名代の, 三銭, 九つは, 九との, 九歳, 二人で, 云うて, 云うランプ, 云う寄席, 云う金高, 云って, 云者あり, 五, 五とは, 五は, 五万石茶代が, 五十さあなた, 五十の, 五日の, 五銭, 五銭です, 仮定し, 何年も, 八つと, 八とに, 八ヶ所弘法大師は, 八人それに, 八陣, 六つという, 六つに, 六つ寝, 六人劇と, 六十は, 六歳, 兵を, 出せば, 分ける, 刷り込んで, 剣の, 劍の, 加助という, 加助は, 十一月も, 十二との, 十二の, 十六の, 十四ぢや, 取り込んでしまつた, 向き合ったマントルピース, 呼ばれる村, 呼べる下男, 呼れ, 命を, 四十との, 四十歳との, 國は, 増して, 声が, 大川時次郎とは, 安南国諜報部長宋秀陳, 宗皇帝が, 山中氏の, 峠の, 幾つか, 建って, 廿一とは, 御呼, 思しき捕吏, 思はれる女教師, 思ふ, 怪しげなる, 怪人物は, 感違いし, 指点する, 攫んでは, 改名した, 数えるの, 数を, 数年, 時次郎, 時次郎とが, 時次郎とは, 最後に, 杉代の, 權三と, 気づいたら急, 準備された, 火の, 申しますもの, 申す者, 申は, 申者委細存罷, 眼に, 着換の, 突き留めた他, 答える始末, 答えケンペル, 答え強いて, 経験上で, 結論なさった, 纏った金, 聞いたけれど, 聞く如何にも, 聞ば, 行こう, 見えた白足袋, 見えるが, 見られた, 見れば, 見做, 角助とが, 言うまでに, 言えば, 言って, 言つても, 言つて三十四歳槍の, 言へ, 言わず三十, 言わず群がる犬, 言われて, 赤ん坊の, 追, 遊んだ大阪, 郎党を, 部屋の, 重なっても, 重なり合って, 野葡萄一も, 鈴木茂三郎等が, 銘し, 間違われて, 頭を, 馬が, 鼎座に

▼ 十ばかりの~ (269, 0.2%)

9 男が 5 女が 4 字を, 男で, 男の, 男の子が 3 女の, 婆さんが, 爺さんが, 男と

2 [17件] 一人の, 上品な, 亭主が, 人の, 品の, 夫人らしい, 女の子を, 女中が, 女房が, 婆あ, 憐れなる, 日に, 気の, 神さんが, 老人でした, 老爺が, 身分あり

1 [193件] いたずら児が, いろんな小さい, おじいさんの, おとなしさ, お婆さんに, お爺さんです, お爺さんに, お神さん自身活, かわいいお, ことばを, この家, しかるべき会社, じいさんが, すらりと, ただの, でっぷりと, ときから, とめという, ほかには, サ行變化では, ダーシャという, チャンタン人が, チョビ鬚の, ボオイの, 一見し, 上さんが, 中老漢が, 亭主と, 人微妙に, 人道づれと, 人間が, 令嬢が, 侍が, 偉人の, 僧かつて, 僧で, 内儀さんも, 博士は, 句を, 可愛らしい女の子, 名前を, 商人体の, 問題を, 国について, 坊さんであった, 坊主が, 坑夫体の, 太い拇指, 太った爺さん, 夫婦が, 奥方らしい, 女から, 女で, 女であった, 女に, 女の子が, 女の子と, 女は, 女中頭らしい, 女何事, 女房で, 女房一人住み, 如何にも, 妾が, 婆さんであっ, 婦の, 婦人が, 婦人代議員から, 子供が, 子供たちが, 客が, 家来の, 寛容な, 寝台が, 寺男が, 小く, 小さな丸髷, 小僧が, 小勤人, 小柄な, 少女が, 少年が, 少年でした, 尼法師でございました, 平服を, 年配で, 年配才知も, 座敷数の, 待合茶屋の, 後家さんが, 従姉と, 御隠居, 怜悧そうな, 意地悪らしい, 手代が, 挿絵を, 時から, 時だ, 時クリスチャンの, 書生らしい, 柔和な, 梅干婆さん眼玉を, 梅干婆毛の, 武士で, 母親と, 母親にも, 汚い布子, 沙門が, 法体で, 洋服の, 洋服を, 淑女は, 温厚な, 漁師らしい, 漢でした, 火山島の, 爪を, 爺で, 男の子で, 男を, 男児武男が, 男周章し, 男子あり, 男病耄けて, 男薄汚い, 男頻りに, 病み窶れた女, 痩せた僧, 痩せた女, 痩せた温厚そう, 白髪の, 白髪童顔の, 白髪頭の, 皺くちや, 皺の, 眠たい盛り, 眼の, 石段を, 神主体の, 禿顱の, 童女の, 童子で, 筋骨の, 細君が, 細君風の, 細面薄化粧し, 総桐の, 美しい女, 美しい娘, 美しい腰元, 美青年である, 老人が, 老人であった, 老人一人あり, 老人也, 老僧, 老婦人, 老爺下草に, 肉づき, 肥った婆さん, 自分とが, 至極痩せた, 舗石を, 船頭と, 色の, 花と, 若い女, 若い芸者, 若き日, 萎びた爺, 蒙茸, 螢が, 親仁が, 親仁ぶらりと, 親仁瘠さらぼい, 觚を, 言葉が, 質樸な, 赤ら顔な, 赤ら顔の, 農夫が, 醜い女房, 醜い片目, 錆びた針, 間に, 隠居が, 青年とが, 音声の, 頭を, 顔の, 鬚男だった, 麗人が, 麗人であった

▼ 十~ (269, 0.2%)

19 の間 15 の座敷 9 の部屋 7 と八畳, の広間 5 の一室, ほどの広, も敷ける 4 ほどの広い, 敷きほどの 3 と四畳, に近い, の室, の真中, ばかりのガラン, ばかりの部屋, ほどの部屋, 敷きぐらいの

2 [13件] では, のお座敷, のその, の一間, の客間, の広, の茶の間, ばかりの室, ばかりの広間, ばかりの板敷, もあろう, も敷け, 敷きと

1 [139件] あるいはそれ以上, いやもっと, からある, か二十四五畳, か十二畳, くらいで, くらいの細長い, くらいは優, ぐらいの広, ぐらいの鏡, ぐらいは敷けるであろう, ぐらいもあった, その一番奥, だけに床, であったろうが, で大きな, で客室, で本床附, で話した, で部屋, で酒, とある, というの, というよう, という部屋, といふ三部屋, とを合せた, と下座敷, と二部屋, と云う, と十二畳続き, と茶の間, なん, にあります, にしたい, にだって台所, になっ, には七人位, には死人, にもう, にゆき, に一人, に入る, に四畳半位, に寝, に帰った, に足らぬ, のぜいたく, のへや, のほう, のマンナカ, の三室, の上, の中, の中の間, の主人, の二間, の二階, の京間, の奥座敷, の子供部屋, の客室, の寒気, の居間, の広い, の座敷いっぱい, の廊下外, の応接室, の方, の日だまり, の日本座敷, の日本間, の書斎, の書院, の次ぎ, の洋風応接間, の畳, の病室, の空部屋, の籐, の離座敷, の電燈, はしん, は敷ける, は暗い, ばかりとして見物, ばかりにさあ, ばかりのこの, ばかりのその, ばかりのリノリウム張り, ばかりの屋敷, ばかりの広, ばかりの板の間, ばかりの框座敷, ばかりの間, ばかり敷ける, ばかり畳, へ導かれた, へ敷, へ通したらしい, ほど, ほどの一室, ほどの内, ほどの古, ほどの大部屋, ほどの寺院風, ほどの居間, ほどの広間, ほどの座敷, ほどもあろう, ほど敷ける, もあったろう, もある, もあるだろう, もしける, も恐ろしい広い, も敷かりましょう, も敷けよう, も新, よりはやや, らしき奥, を一人, を借り, を神代杉, を隔てた, 吊の, 広い部屋, 敷きが, 敷きで床の間, 敷きばかりの, 敷き余り, 敷き程, 敷けるでしょう, 敷けるという, 次ぎは, 次に六畳, 程の広々, 程の座敷, 程の洋室

▼ 十日間~ (265, 0.1%)

4 のうち 3 というもの, の休暇, の兄さん, の表 2 というお, の, の手錠, の検束, も一本, も私, 程も熱心, 責めつづけて

1 [233件] ああし, あのとおり, あまねく貧民, いや二十日間, おいた, かにわたる大, がせいぜい, がほどは煩悩小僧, が燈火管制, くらいのうち, くらいも滞っ, ぐらいがいい, ぐらいは浦上, ぐらいを支え得る, ことごとく英領, この島, さいわいべつに怪しい, しかない, その珍魚, たのむって, だけあり, だよ, つ, つづいた, で, であります, である, ですから, では, でエンゼル家, で免除, で室, で目的地, で飛び越そう, というもの画面, といっ, といふこと, とかの間, ときまっ, ときめ, とは少し, なりほとんど, に, において生徒, にさがし出さない, にし, にじゃ, にすっかり, にどう, にふくれあがっ, にもし, にもわたろう, に一回, に一遍, に三十六回, に三度, に予定, に二割, に五百円, に亘り, に亙り, に仕上げた, に六千マイル, に十万里, に十分, に古, に幾日, に廿二囘, に彼, に書類, に百六十余円, に竣工, に見た, に過ぎず, に過ぎなかった, のあいだ, のいう, のお, のくらし, のドイツ語講習会, のプログラム, の三分の一, の予定, の休戦, の休養一ふき, の余裕, の傷, の入定, の入院, の公告期間, の公演, の勉強, の収穫, の塵, の売切, の天気, の季節, の宗教季節, の心術, の恩, の所感, の断食期, の旅籠賃, の日, の早く, の暇, の温度表, の準備教育, の滞在, の滞空, の猶予, の留置期間, の病苦, の糧食, の給料, の給料五万円, の総, の行住, の見物, の謹慎, の過去, の長い, の電車賃, の食違い, の鳴物停止, はすべて, はやや, はわたし, は充分, は八分三十秒, は助け, は十二時, は土地, は好, は学校, は実に色々, は彼女, は授業, は支える, は泊つて, は海, は経った, は阿, は雲水達, は飛べる, ばかりで, ばかりの努力, ばかりの田村茂三郎旅館, ばかりは朝倉夫人, ばかりを朝晩秘書, ばかり休暇, ばかり住ん, ばかり全, ばかり小, ばかり山, ばかり彼, ばかり徹夜, ばかり心, ばかり旅行, ばかり李, ばかり此処, ばかり滞在, ばかり無, ばかり私, ほどその, ほどに幕軍, ほどの予定, ほどの日記, ほどもてなされ, ほどやった, ほど呻吟, ほど御, ほど毎日, ほど空白, ほど經つて, ほど続い, まことに奇怪, まんざら遊ん, もつ, も地下, も地中, も宮子, も戸外, も打っ続け, も殆ど, も泊りこん, も涯, も牢, も生活, も空白, も続い, も腐敗, も萎まず咲い, も行方, も誰, も進んだ, も降つたら, も雪, も風呂, やって, をもって行いうる, を勤めた, を夫, を思い出し, を怪金属事件, を暮し, を私, を種籾, を費やせ, を足ずり, を除く, を難航, 休んで, 全く人, 小さい箱, 常に英国人, 引きつ, 打って, 押し込められて, 程この, 程で頓, 程は案内者, 程関西, 立てっぱなし, 約八十枚, 約六十枚, 続けて, 苦しんだあと, 責められて, 通して, 降って, 隠れて, 頑張ると

▼ 十一二~ (251, 0.1%)

10 の女 9 の子供, の男 8 の頃 7 の時, の若い 5 の青年 4 になっ, になる, の年, の時分 3 の少女, の男の子

2 [13件] であつ, であらう, で滅法, と見える, どうかしたら, の, のころ, のすぐれた, の典型的, の召使, まだ蔓草, 少々馬面, 少し縁遠い

1 [148件] か, かな, かもう少し, から上京, から仕込ん, から別, から十八, から江戸, か三, くらいにしか見えない, くらいの娘, くらいの美しい, ぐらいで, ぐらいで御座います, ぐらいな一方, ぐらいの仇, ぐらいの少年, だから, だけれども, だつた, だろうね, だろう精悍そう, ってところ, であった, でお, でおとなしく, でございましょうか, でございますが, でしょう, でしよう, です, ですが, でせう, でどうやら, でもあろう, でもし, でも青年期, で丸髷, で何, で其の, で小, で小さい, で浜田病院, で立派, で精悍, で色白, で際立っ, というところ, という悪戯盛り, といふ年頃, とする, とも思われる, とも覚しく, と言つた, と踏めます, なの, にし, にしか成らなかった, にしか見えません, にて色白, にはなってるだろう, には見える, にもならなかったろう, にもなりましょう, にも成つたらう, に成る, に見え, に見える, のいかさま鉄火もの, のこの, のこれ, のころ大津, のころ春先, のガッシリ, のヒヨロ, の丁度, の不思議, の中年増, の中隊, の体, の作品, の兄さん, の別名, の勤め盛り, の半, の女の子, の女形, の娘, の娘盛り, の子供位, の寛濶, の小, の小僧, の小柄, の小綺麗, の少年, の年ごろ, の年ちがい, の年増ざかり, の年増盛り, の年恰好, の年齡, の恋, の春ころ, の時平気, の束髪, の武男, の比丘尼一人, の気品, の気高い, の温和そう, の男の子二三人, の男児, の男盛り, の町人風, の眼, の立派, の筈, の紫メリンス, の編さげ, の美しき, の美人, の肌白村様, の臈, の良い, の若年, の若者, の若造, の豊滿, の赤い, の赭ら顔, の近在, の青二才, の青白い, の頃喧嘩, の頃小学校, の頃物心, の頃祖母, の頭髪, の高齢, ばかりに成る, ばかりの女の子, まで乳母, 小意氣, 平らげ両人, 相変らず, 迄の娘さん, 驚くべき美貌

▼ 十分の一~ (249, 0.1%)

9 にも足りない 6 に過ぎない 5 にも足らない 4 である, もない 3 にも足らぬ

2 [14件] が徴収, くらいのもの, でもあったら, でもこの, というよう, にも当らない, にも相当, にも達しない, に過ぎなくなった, のうち, の力, の幅, もあれ, も知らない

1 [190件] あるか, いや思う, かのよう, かは自分, から一セント, から八分の一, か二, か二十分の一, か百分の一, がそれ, が戦死, が鉱山, が除かれるなら, くらいで済む, くらいな短時間, くらいに弱め, くらいに縮小, くらいの小さい, くらいもある, くらいもふりかけれ, くらいやっと, くらい旅行記, ぐらいしか売れない, ぐらいにとどまったろう, ぐらいの興味, ぐらい安い, ぐらい小さな, しかない, しか取れない, しか無い, しか覚えられない, しか言ってない, すなわち八万, だ, だから, だからなあ, だけでも愛する, だけでも書き上げる, だけより少い量, だけ価値, だけ騰貴, だったの, だって見おとす, だという, であった, であったと, でありその, でありまして, であります, であり渋沢栄一氏, でいい, でしかない, ではなく, でもあるだろう, でもいい, でもしてやれ, でも何故, でも想像, でも文武, で充分, で新聞, で約, という割, という小勢, という微細, といふ, とか百分の一, とつまり, となっ, となる, と狂い, と等しい, と能率, と見, ないし二十分の一, ないし千分の一程度, ないし百分の一, にあたる, にしかあたらない, にすぎずし, になっ, にもせよ, にもたらない, にもたらぬ, にもならない, にも人手, にも及ばない, にも及ばなかった, にも及ばぬ, にも当らないでしょう, にも当らぬ, にも足りなかった, にも過ぎない, に相当, に示され, に縮める, に評価, に足らざる, に足らない, に足りない, に近い, に過ぎなかった, のシャッター, の三千石, の三百名, の人口, の報酬, の外, の大気中, の得分, の成績, の智慧, の正確さ, の税金, の細, の話術, の読書, の量, はおろか, は与えた, は少く, は巨大, は現在生産, ばかりに切り下げよう, ほどな, ほどにまで萎縮, ほどのもの, ほどの感激, ほどもなかっ, ほども満たす, ほど吸われた, までが書き込ん, まで出し, もありません, もおれ, もお話, もこの大きな, もとれない, もとれなかった, もなかっ, もよう, も与え, も具体化, も出, も出来ぬ, も動かない, も勤まらぬ, も口, も吐露, も売れなかった, も完全, も実現, も尽され, も往来, も成績, も持っ, も描寫, も書かぬ, も果さなかつたらう, も無かろう, も発揮, も綺麗, も補う, も讀まない, も飼っ, よりも小さな, より出でず, をもお話し, をもしない, をも伐る, をも伝え得ない, をも傳, をも償う, をも知らぬ, を下, を与えよ, を取り, を受け, を失った, を慈善, を政府, を死罪, を殺した, を漏らす, を課し, を達した, 出すと, 即ち二寸, 取るも, 或いはそれ以下

▼ 十三人~ (247, 0.1%)

8 の中 7 の子供 4 のうち, の人間, の男, の百姓, もある 3 いた, であった, に及んだ, の勇士, の女性, の腰元

2 [16件] おは, である, です, では, の労力奉仕, の同志, の客, の少年たち, の武士, の美濃衆, の騎士, は歩い, もいる, もの子ども, もの子供, を列侯

1 [162件] あつた, ありました, あるです, あると, おりますが, おり芳古堂, お末, がそれぞれ食卓, がどや, がほか, が一度, が乗り込み始めた, が十二世紀, が士分, が清河, が翌日晴れ, が船, が買出し, が閉じこめられ, ございましたの, しかいない, じゃア, そのいずれ, その子供たち家族, だ, だけしか生き残らなかった, だけ福州, だった, であります, でござんすね二十三人, でへ, でほか, でもなく, でヘエ, で始めた, で寄手, という, という夥しい, という狂気, といま流行, とかの子, とされ, となり, と云う, と御, と果, と申候こと, になつ, に出, に女, に対して決った, に過ぎなかった, の, のお, のきりょうよしは, のこどもたち, のはだ, のセミナリヨ, の一周年号, の一団, の一隊, の乗合, の乗組み, の事, の五分の一, の人, の人々, の人たち, の会員, の俘虜, の先頭, の入門候補者, の六騎目, の内, の卒業生中, の受洗者, の善知識, の場合, の多数, の失踪者, の奴僕, の姿, の娼婦, の嬰児, の子どもたち, の子供達, の宴会, の家, の家内, の密航婦, の少年, の少年探偵団員, の山伏, の年齡, の所在, の敗兵, の敗兵たち, の教正, の敵, の新聞記者, の日本, の日本人, の死屍縦横, の父親, の生, の生徒, の男児, の男女, の番士, の盗人ども, の肖像, の足, の身の上, の青年同盟員, の順序, の顔, の食う, はただ, はどう, はガロ島, は丘, は伊豆田浦岬, は彼, は恢復期, は揃っ, は痩せ, ひとりのこらず逃げだし, まだまだ折り重なっ, までは女子, までは欲望, まで殺し, もあった, もあり, もいっぺんに, もそれぞれ他, もそれぞれ貴族, もそろっ, もの人間, もやられ, もゐる, も一度, も出来た, も居られました, よいか, をまねび, を一番, を射, を局, を数える, を船, を見, を逮捕, を陟, 同じく至る, 同時に食卓, 居たのでさ, 帰りました, 斬り, 来て, 片付けた時, 程ある, 遠謫配流

▼ 十一人~ (241, 0.1%)

7 のうち 5 の少年たち 3 です, なり, になりました, の中, の子供

2 [18件] が十一人, そろったの, だ, と警察, のりっぱ, の元気, の名, の婦人方, の子, の子女, の少年, の少年探偵団員, の武士, の議員諸君, はかく, は女学生, もの村民, を送り出した

1 [178件] あったという, ありましたが, うませた親仁, および一八三〇年, から懲役, か児, がごはん, がのど, が一整, が三人, が僕, が切られた, が声, が廃帝, が磔刑, が載せ, が農村居住者, しかいない, しか黄泉, じゃ, ずつの組, その名, その女子, たす五人, だかの, だけおりました, だけな, だと, であったもの, ですから, ですよ, でとり囲ん, でもなく, で十一か国語, で大阪駅, で殆ど, で船, というの, となった, となり, とも荼毘, とも迷路, とやらの女, と放り込んだ, と数, と藤堂家, と連れ立っ, なの, にすぎない, にて元日, にとりつかれ, に及んだ, に極, に比する, に達し, のおまわりさん, のきょうだい, のまま, のむすこ, のもの, のパト・カー, のボウイ, の世話, の乗組み, の乳母, の人間, の使徒, の剣客, の友, の口, の古い, の可哀そう, の同勢, の同胞, の団員, の外国人検事, の大, の大名, の女たち, の女共, の女子, の女達, の妻, の婦人, の婦人会員, の婦人達, の子ども, の子供ら, の子供衆, の子持ち, の子福者, の宗徒, の宿泊, の小, の山賊, の市会議員諸君, の掠め取った, の教正, の方々, の書記, の死傷者, の死者, の水主船頭, の決死隊, の浪人, の浪人者, の浪士, の片, の犠牲者, の王妃, の王子, の生命, の男, の眼, の者, の者共, の者共肝, の膝, の船員たち, の親類衆, の許, の証人, の証人全部, の輕症患者, の遺族, の部屋, の關係, の青年, はいずれ, はこの, はま, は不思議, は僕達二人, は奉行所, は忠兵衞, は忠次, は狂人, は獄門, は王宮, は男子, は肥後國天草郡, は芦ヶ谷, は花房一郎, は英国, は説明, は追放, は飯沼, ばかりいる, ほどのお客さま, までの家来, までもがナイチンゲール, もあった, もあつ, もある, もさよ, もの大勢, もの罪人, ももしか, も出, も掠め, も次, も集っ, も髪切り, も髷, や, らしいだが, わずか三人, ゐます, を度, を案内, を武蔵国, を猿, を申し受け, を選ん, 居る乾児, 死んだ, 残って, 粛々と旅

▼ 十~ (236, 0.1%)

23 となく 3 でまとめる, もあった 2 でやっと, に亙つ, に及ん, ねじるよう, の一節, の凶作, の地震, も書き出した

1 [191件] あつた, あまり踊る, いままで誰, および総会百回, かの立読み, か何百回, か十二回振動, か発せられ, か知れない, か行っ, か話, が慣例, が終っ, くらいも聞いた, くらい往復, ぐらいこの, ぐらいで一応, ぐらいの割合, ぐらいの校正, ぐらい伸縮, こらえねば, ずつ見世物, そしてそこ, だってまわっ, つづくか, であった, でいい, でおしまい, です, でその, でも召喚, で七十五万法, で三万五千名, で二万六千円, で四十五円, で大阪中, といい, という, ということ, という風, といえ, といふ程, といふ芝居, とかある, とか三十回, とか明暗, とした, としなけれ, となる, となれ, と巻きつけれ, と来ました, と繰返し, と見る, などという, なるをもって, に, におよびました, にきかなかった, にし, になった, にのぼっ, には憲法, にわたって連載, にわたつた, にわたり六ヵ月, にわたり松原三夫氏, にわたる記録, に一ぺん, に一回, に一度, に上っ, に亙っ, に余る, に及ぶ, に及んだ, に於, に渡っ, に続き, に至っ, に近い, のうち四五回, のご, のその, の乾杯, の予定, の会戦中二十三回, の余り, の入塾式, の処, の割, の割合, の勝利, の回転, の塾生募集, の塾生名簿, の多数, の大小, の天災人害, の実験, の小見出し, の往復, の応戦, の拷問, の文通, の校正, の角力, の討議, の試み, の誕生日, の誕生祝, の誕生祝賀, の開塾式, の間, の閲読, の集会, の面接, はあった, はかかろう, は必ずしも, は続いたらう, ばかりと思ふ, ばかりコツンコツン, ばかり休み, ばかり出来, ほどそれ, ほどになる, ほどはげしく, ほどは死傷者, ほどもザンゲ, ほど注射, までも版, まで叫び声, まで延せ, まで送っ, まわる自信, もかかる, もぐるぐる, もそれツばつ, もつづけ, もつづけた, もやった, もやられる, もやれ, も下る, も五十回, も例, も其の, も同じ, も多く, も屋根, も川, も当然, も徒渉, も戸, も手, も招かれ, も振動, も私, も立, も繰り返される, も繰返した, も英国, も襲撃, も話, も蹴りつけ, も載らない, も通っ, も重ね, も鍬, も集会, も霧, も面会, も髪, や二十回, を書かせ, を決行, を累, を終る, 入って, 引越しましたよ, 払えば, 数えなかったん, 測るという, 繰り返し実験, 若しくば, 試みても, 読んだのう, 跳ねさせること, 通った路, 長い竹

▼ 十~ (231, 0.1%)

10 の酒樽 9 取の 5 の旗本 3 の加増, の夜船, の小身

2 [14件] である, でげす, に加増, の小禄, の扶持, の武士, の知行, の縁組, の身分, や百八十石, を取っ, を取った, を食んだ, 取に

1 [170件] お取りなさる, お禮, から六十四万石, から出, か取, がのぼっ, が出ます, が未だ, ぐらい造る, この金高百九十両余, さ, さア今夜, しか着かなかった, ずつ下され, だ, だった, だったが, だと, だとは, であって, であつ, では, で上っ, で伏見, で大, で役料, で旗本, で藤枝, で通る, で鉄砲組三十挺, で鮓, ということ, という風, といふ提灯, とか聞いた, とそこ, とはばか, と唱え, と成いよ, と船一艘, なら酒, なり知行, なんてえな, にあまる, にお, にすぎない, にすれ, にて馬, になつ, になる, に乗っ, に乗つ, に乗つた, に乗る, に乘, に代る, に値する, に取立てられ, に召し出された, に嫁入, に御, に新た, に横付, に足らない, に達せぬ, のうち, のお, のお家, のきり, のところ, のサムライ, の中納言様, の丸船, の側詰, の公卿, の分, の切米取り, の台所役人, の城代家老, の客, の家柄, の寄合役肝入, の寄合組, の小, の小普請組, の山岡, の御家人, の御家人ぢ, の扶持米, の政義, の旗本杉浦中務, の昼舟, の武家ぢ, の武家屋敷, の準, の潮, の潮水, の田地, の當主多良井藏人, の百姓, の祿, の禄, の者, の船代, の藤堂和泉守高猷, の館主, の香油, の馬廻格, の高, の高祿, の高禄, の鰊, はすぐ, はその, はぶり, は俺, は最高, は棹, は淀川, ばかりの勘定役所出仕, ばかりの家, ばかりを耕す, へ寄っ, ほどの家柄, ほど頂戴, もあった, もの糯米, もはいろう, も二十石, も持っ, も木葉微塵, も町, も米十石, も頂戴, や五十石, や百石, を一艘, を三回, を不足, を二十石減少, を収穫, を受けた, を喰ん, を増され, を増加, を尽す, を川中, を惣八郎, を意味, を所持, を給せられる, を給わっ, を給わった, を給わり, を里扶持, を頂戴, を食みました, を食ん, ヲ推載ス, 乃至五, 取った深見, 取って, 取て, 大宰帥, 少弐, 御馬廻り, 新恩, 被下置, 貰ったが, 賜わり候者

▼ 十余人~ (230, 0.1%)

5 の同勢 4 の者 3 の川中島, をつれ, を右

2 [12件] が一度, その中, のうち, のもの, の一団, の中, の侍女, の敵, の武士, の百姓たち, はことごとく, を従え

1 [188件] あった, あったが, あったと, あって, あり, ありましょう, いた, いた住民, からのもの, からの武装, からの百姓, から百五十人, があつまっ, がみな, がみな一様, が一時, が乗物, が入り乱れ, が合宿, が同居, が数艘, が東北, が死ん, が粛々, が西向, が躍り立っ, が集っ, が集ま, が餒, が黙し, ことごとく餓死, しかない, すくない, そのうち飴屋, その主, その結果浮浪, だったそう, でこれ, というお供立, というもの, という子供, という家士, とその, とともに京師, となっ, と共に最後, と共に車, にすぎなかった, にすすん, になる, に与える, に及ぶ, に及ん, に斬りたてられ突き立てられ, に東京, に減じ, に減った, に駈け散らされ, の, のお供, のことごとく, のこの, のほんもの, のキリシタン, の一座, の一行, の乗合, の人びと, の人足, の人間, の他, の伝, の供人, の便乗, の信者, の兵, の前衛労働者, の厄介客, の参詣者, の口, の召使, の同, の名, の士卒, の壮士, の壮漢, の多き, の多治見勢, の大工, の女, の女ども, の姿, の子女, の学者, の官職, の客, の宣教師, の家人, の家臣, の寺, の少年俳優, の尾州兵, の平泉, の幽閉, の彰義隊, の後家, の徒輩, の従者, の抱え, の捕手, の新, の新撰組, の旅客, の猛, の男, の男おんな, の百姓, の百姓一揆, の盗人たち, の眷族, の腕利, の舞子部隊, の茶袋, の警官隊, の貴女, の近臣, の連中, の道士, の雛妓, の首, の騎士, の黒衣白人, はいわず, はおのおの, はすべて, はやや, は木戸, は楽, は相, は総立ち, は誅せられ, は降参, は集まっ, ばかりの百姓, ほど打ち殺し, までいわゆる, もある, もいた, もの同勢, もやがて, も数えられ, も来, も武器, も江戸, も頼ん, も養成, ゐる平, をつれた, をひきつれ, をやった, を一手, を一時, を付き添わせ, を付け, を出した, を呼び集める, を太田, を容れ, を引受け, を御, を搦めとっ, を搦め捕っ, を教導, を数える, を斬った, を有楽町, を殺した, を監獄, を相手, を糾合, を語らっ, を連れ, 可なり, 各途, 同じく谷, 大床, 平大納言時忠, 第二回

▼ 十年来~ (226, 0.1%)

7 の親友 6 のこと 4 の経験 3 の友, の友人, の彼, の暑, の習慣, の雪

2 [13件] この巴里, の, の大, の愛読書, の旧, の旧友, の知己, の研究, の苦闘, の重荷, 始めて, 欠かしたこと, 絶えて

1 [165件] あざむかずまた, お宅, かつ迷い, こういう疑問, このくらい, この単調, この商売, この寺, この方, この方面, この木曾地方, この種, この窟, その人, その隠し事, そんな事, そんな習慣, たのみがい, ついぞそれ, つづけて, であった由, という大雨, ときどき想い出す, とくにこのごろ, なかった, に三十五度, のおくり, のお尋ね者, のその, のみ続け, のもの, のプロレタリア文学運動, の一代, の不作, の不名誉, の主義, の事業, の仏蘭西, の信仰, の信条, の修行, の剣, の史実, の同情, の同行者平畑静塔氏, の名所, の商売, の問題, の大雨, の大雪, の奮闘, の好み, の実験, の家事, の宿痾, の寒, の寒気, の市五郎, の希望, の建設的努力, の念願, の思索, の恐ろしい, の患い, の情人, の意中, の懸案, の持説, の政治問題, の数, の敵同志, の新作, の望み, の浮世, の海上, の深, の溜飲, の火, の災害, の煤, の現象, の画債整理, の番頭, の痳疾, の相識たる, の知り合い, の知る, の知己横山天涯君統計好き, の私たち, の私生活, の素志, の統治権, の織田家, の肩, の胸, の腐れ縁, の自説, の苦節, の行きつけ, の行為, の親類つきあい, の記憶, の誤信, の谷, の豊作, の資産, の金科玉条, の関係, の閲歴, の革新, の願い, は忘れ, ひどくまずい, まだか, まだほんたう, まったく諦め, むし込んで, むすこと, もしのん, も自炊生活, やって来ました実地, ノ生涯ニ積ミ, 云わば, 今に江戸, 住みなれて, 住み馴れたイギリス, 住んで, 何一つ殖えた, 依然として小使, 依然として忠実, 偲びに, 兎角お, 切り離されて, 初めてです, 初めての, 取り組んで, 古い道徳観念, 召し使って, 同じ机, 堪え忍んで, 大いに為す, 定まったその, 少しも, 常に同じ, 常に空腹, 御奉公, 悩まして, 慣れたこと, 打ち続いた合戦, 持ち来ったつぎ, 暮して, 欠かすこと, 歩み馴れて, 死ななかった, 点しつけて, 目ざして, 祝うという, 続けてるという, 考えて, 行ったこと, 隠して, 離さず犬, 飲んだ酒, 騒々しく発せられ, 高まって

▼ 十~ (226, 0.1%)

5 の間 43 とたたない, とたたぬ, のあいだ

2 [22件] か二十秒, か四十秒, くらいのもの, くらいの間, その裡, たった, です, とたっ, と恐ろしい, にあの, の間隔, ばかりで, ばかりの沈黙, ばかり相対, ばかり黙り, ほどたった, ほどのあいだ, もたたない, も経たない, 消えて, 経つた, 長くて

1 [164件] あります, いくら足, おいて, おくれただけ, かかかりました, かかったが, かかったと, かかる, かかるであろうし, かかるの, かで片, かとにかく, かの間, からあの, から一分, から二分, から十五秒, か三十秒, が命, が立った, が経つ, が經, が過ぎ去る, くらいたったろう, くらいな, ぐらいつづい, ぐらいであった, ぐらいです, ぐらいで走った, ぐらいのあいだ, ぐらいの間隔, ぐらいまで続く, ぐらいも長く, ぐらい待っ, さうかと思ふ, しかない, しか経っ, すぎると, ずつの時間, たって, たっても, だけ余裕, だけ加え, だけ待とう, だって怪しい, だッ, つきそれからまた, つづいて, てどれ, である, でもよか, でエンジン, で一分すぎ, で十時, で四時, で往復, で扉, で潜水, で爆発, で爆裂, で終り, で駆けもどっ, というもの, といふやう, とかいふ, とかからなかった, とか一分, とそれ, となる, とはかからなかった, とはたたない, とは経っ, とふたり, とも経たぬ, と変じ, と経たない, と経過, ないし二分, ないし二分の埋め合わせ, ないし二十秒, にとどいた, になる, にも足らぬ, に一回, に一閃光, に二十五語, に走りうる, のうち, のこと, のもの, の作業, の後, の手持ち, の時, の時間, の現状, の短い, の組, の観測, の間背中, はかかる, はかかるであろう, はなん, は二十, は大, は考へる, ばかりあっ, ばかりそう, ばかりたつ, ばかりの間, ばかりわたし, ばかり歩く, ばかり継続, ほどかかった, ほどじっと, ほどする, ほどそうして, ほどだ, ほどで, ほどにせまった, ほどにらみあった, ほどに感ずる, ほどの間継続, ほどもかかっ, ほどもつづきました, ほども息づまる, ほどガラス, ほど前, ほど彼, ほど沈黙, ほど産婦, ほど禿げた, ほど絶句, またたくま, までわかる, もあれ, もう十秒, もかからない, もかからなかった, もかからなかったでしょう, もすれ, もそれ以上, もた, もたたぬ, もたつ, もひらき, も待った, も歩く, も睨み合っ, も笛, も続けられたろう, も考へ, も遅れ, を要し, を費し, 乃至は, 早い, 程でおさまった, 程になつ, 立った, 経ったの, 経って, 続いたと, 過ぎても

▼ 十~ (222, 0.1%)

8 十まで 7 一をも 3 一にも, 七に, 十の

2 [19件] お類, どこで, ターネフに, 一なり, 一も, 一より, 三十でも, 九までは, 九ツまで, 出て, 十ながら, 坐って, 帆村に, 林の, 死んでから, 生きて, 皇帝に, 目を, 顔を

1 [160件] あまりの, ありません, あんとしても, いいました, いい終る, いうの, いった其声, いなくなると, える力, お石, ここで, この事件, この前, しまいって, すこし声, ずばりと, その前夜, それに, それを, たくましいこえ, ただ一人から, だんだん怪しく, でさ, とこじゃ, とこと, とこへは, とつぜんおどろき, とつぜん房枝たち, どうかした, どうした, どうしても甲府, どうしても聞かねえ, どうして皇帝, どこへ, なにかの, なんとかし, にげた, はりきり網, ひとりごとを, ひどく嫌い, ひどく嫌ひで, ふしぎそうに, ぶち込まれたという, まさに失神, まだ井戸, まだ若い, われわれの, ァ止ゥめェ, カアネーションを, サラダロアイヤル第, ッかう, ポケットから, 一だって, 一の, 一を, 一夜に, 三十の, 上々で, 不審顔で, 九は, 九ツ彦兵衞に, 九ツ此企て, 予期する, 二つは, 二度でた, 人波に, 今ご, 今夜東京会館の, 今立っ, 他へも, 代筆し, 住んで, 何の, 信玄に, 入って, 入り乱れて, 八九傷物に, 六十の, 処片づけた, 出る時, 切れると, 北大の, 十この, 十なくなる, 十ひとつ残らず, 十まちがいない, 十堕落の, 十成らぬ, 十純粋な, 古今未, 向うから, 四十でも, 四十二の, 夜に, 大きなざる, 大変太く, 天候を, 子分の, 客間へ, 富山七之助に, 富山七之助に対する, 小倉監獄に, 崖下まで, 左へ, 帆村の, 庭へ, 当家に, 復た, 急に, 恐れ畏, 懇願する, 手離し, 挙げられる, 改心し, 方へ, 昂奮する, 曲馬団を, 有明荘を, 末期に, 来たら杯, 来て, 来ても, 来ると, 板囲いの, 棒組權三と, 植ゑ蒔きし, 此年に, 添えて, 溜池署の, 漸く息, 犬だけは, 犯人でない, 玄関の, 白いかみ, 百おぼえよう, 眠って, 竈に, 約束に従って, 編輯助手の, 肩を, 脱落した, 腑抜けの, 苫の, 袖を, 見張って, 見張りを, 見得, 覗きしもの, 話し等委細, 豆腐汁三八が, 赤い井戸, 通相場なら, 酒の, 酔つ, 長屋へ, 雲煙看過し, 額際に, 食べて, 鶴子の, 鶴子を

▼ 十二分~ (222, 0.1%)

5 に発揮 4 に持っ 3 であった, に, に噴水, を期し

2 [13件] だ, だった, であつ, にある, に之, に充たされね, に其の, に整っ, に満足, に知っ, に酔っ, の幸福, の御

1 [175件] かで広島, かの汽車, ぐらいは何, しか時間, し十二禽, すれば, だったと, だったもの, であったから, であったろうもの, であります, でありますが, であり東照公, である, でこれ, でした, です, でその, で有, で止つて, で立ち, といっ, ならしむれば, ならず人数, な個性, な確信, にあげる, にあつ, にうまく, にこころ, にご存じ, にせね, にとうとう, にと味, にどやされた, になっ, には立たせなくする, には紐育, にま, にまで見せ, にみる, にもっ, にもの, にも十五分, にやらない, にマドロス, に三年町, に上方勢, に仕事, に例, に信じ, に健康, に備わっ, に傷つけた, に働かし, に働かせ, に働く, に出し, に出しゃばるべき, に出来, に利用, に効, に効果, に勢い, に参り, に取り揃え, に受け, に口, に同情, に君, に味, に味つて, に咲い, に堪え, に多く, に夜行, に好意, に始, に威厳, に実現, に察せられる, に實ら, に尊敬, に尽くした, に張つて, に強調, に強靭, に得る, に御, に心得, に恵まれ, に意識, に感受, に懲, に所見, に承認, に持ち合わせ, に持ってるで, に持つ, に捜査, に教育方針, に教育設備, に晴らした, に有, に有る, に果たし, に楽しんだ, に歓, に歡, に此山脈, に武装, に汁, に注意, に活用, に活躍, に湧い, に準備, に潜ん, に濟ん, に照明, に物, に現在, に理由, に疑っ, に発散, に發揮, に着きます, に研究, に確か, に終った, に絶命, に美人, に考えられる, に能通, に腹, に自覚, に至らないで, に花, に落ち付い, に行われた, に裏, に要心, に覚悟, に觀察, に觀賞, に証明, に認め, に認める, に説きつくし, に読み得られよう, に調べた, に謙遜, に負いましょう, に身じたく, に遂行, に酒, に酩酊, に酬いる, に醉拂つて, に霞ん, に馳走, に驚くべき, のお, の有頂天, はすぎた, ばかりだ, まで缺測, を指し, を示し, 即ち一日, 持つて, 着戸隠, 経つた, 経てば, 考へて

▼ 十まで~ (218, 0.1%)

3 人の, 見て

2 [15件] だ, ウダツが, 公平無私とのみは, 嘘ばかりの, 報告させ, 数を, 生きて, 癪に, 知りつくそうと, 羽子を, 自分の, 詭計である, 話して, 隙見, 面白くなく

1 [182件] あざむいて, あたった, あって, あなたに, あんたの, うまい話, おっしゃる事, お前に, お近, お金が, かいて, かけられましょうか, くわしいほど, こっちの, ことごとく面白く, この両端, この教室, これから二十年, これで, そうと, そのとおり, その叡智, それに, ちゃんと心得, つけたか, つとめたが, でそれから, のみこんでるつもり, まだ踏まない, みんなあたしの, みんな反対しない, もと空想, ものに, よく覚え, わかりきって, わたくしが, わっし, グレるもの, ケシ飛ぶ, サッパリわからん, ムリしてる, メが, ロクで, 七兵衛の, 丸裸に, 企みに, 会社側の, 何から, 何もかもすっかり呑みこん, 余が, 信じた訳, 信ぜずには, 信用した, 信用出来しません, 俺の, 僕ひとりが, 全然この, 写す必要, 出来合いの, 出鱈目だ, 分って, 勘定する, 十何年いやで, 卜筮に, 双親, 口で, 右の, 合わないで, 器械ばかりを, 土左舟であろう, 外人の, 外国を, 大根と, 天保時代で, 姫草さん姫草さんと, 完全な, 寛政七年から, 寸分たがわず, 少しも, 尾張藩一箇の, 帰庵する, 常に家, 干渉しない, 当てには, 当に, 彼自身が, 心得て, 心理の, 必ず釣れる, 感服し, 手まね身振りで, 承知し, 承知する, 抜け目, 持てたの, 振袖を, 捨て子を, 探って, 探らせて, 故人の, 数えおわれば, 数えて, 数えても, 数えよう, 数える, 数えるうち, 数え初めた, 新子に, 新高さんの, 日月同, 日本人である, 有難がって, 服従し, 松属の, 楽々と, 正しいとは, 殿様の, 殿樣の, 気に, 気にいらぬ, 気に入らない加州, 気に入るよう, 永生きした, 油っ, 独身で, 獨り, 生きすこし, 生きたが, 生きた騾, 生きのびて, 生きます者, 生きようとも, 生きられるかしらん, 生きる, 生きるとしても, 生きるもの, 生き延びるから, 番号名に, 百まで, 皆気に入らぬ, 盲信する, 相談し, 真っ正直に, 真に受ける, 知って, 知つてゐ, 知つてゐる, 知りすぎて, 知りつくして, 私に, 私の, 種馬役を, 築城修理に, 米の, 納得できない, 絞って, 翻訳劇の, 聞いて, 聴従できる, 聽いた, 舟で, 苦しまなければ, 英国が, 蒸しかへ, 行い澄し, 行届いた臨終ぶり, 観察する, 言い当てら, 註文どおりに, 註文通りには, 誤解する, 近頃は, 造り物の, 道夫の, 道徳的に, 邪魔を, 金銭で, 電力が, 面倒見, 面白くなく覚し, 駄目民衆と, FAKEである

▼ 十めんそう~ (210, 0.1%)

4 です, はそう 3 が, だ, の子分, はいったい, はその, はそれ, はつかまるでしょう, はどこ, はぱっと

2 [15件] だな, なの, のけん, のため, のほう, のやつ, のロボット, の手下, は, はいきなり, はさも, はとうとう, はぽ, はもう, は思わず

1 [145件] から取りもどした, から電話, があな, がいきなり, がいっ, がいつの間にか, がおどろいた, がおばけ, がからかっ, がした, がその, がたけしくん, がたっ, がつかまった, がどんな, がにげこんだ, がぬうっと, がびっくり, がへん, がま, がまた, がみえ, がみょう, がやって来たら, がわらいだした, がフランス, が化け, が家, が手, が負けた, が電話, だったとは, だって, だと, だよ, でも, にいわれ, につかまっ, につれ出された, にねらわれた, のおう, のおく, のかくれ, のからだ, のこきゅう, のさい, のすみか, のせんこうてい, のてつ, のぬすんだ, のへや, のもと, のゆくえ, のゆびさす, のりょう手, のヘリコプター, のボート, の住み, の使っ, の口, の名, の手, の方, の林さん, はあそこ, はいいき, はいそい, はいつのまにか, はおまわりさんたち, はかん, はがけっぷち, はきが, はここ, はこの, はこれから, はこんな, はさけぶ, はすばや, はすばやく, はせせらわらいました, はそこ, はそんな, はたけしくん, はだんだん, はち, はつかまった, はとんでも, はどうして, はどんな, はながい, はびっくり, はふしぎそう, はふじ山, はふね, はほう, はほんとう, はぼくたち, はぽかんと, はまごまご, はまた, はまどから, はみんな, はやって来ませんでした, はりょう手, はピストル, はフランス人, はヘリコプター, はペリスコープ, はモーターボート, は両手, は二かい, は古い, は夜, は大, は大きな, は小さい, は屋根, は手, は手下, は木, は目, は石村さん, は苦い, は金, は金庫, ほどのやつ, もかみつかれ, もこの小さな, もこんなに, もつかまっ, もなかなか, もゆだんし, もピストル, もフェンシング, も強い, をあっ, をいきなり, をおいかけ, をおいかけました, をおいかけます, をさがしました, をさがす, をつかまえ, をつかまえました, をどなりつけました

▼ 十~ (210, 0.1%)

474 あると, に近い, 好具足 2 ある, しかない, である, となく, の種, の覆面者, ほどの鉢, も二十種, 之一

1 [133件] あつた, あつめるの, あまりある, あり, あります, あり名字, あり熱帯アメリカ, あるうち, ある人, ある第, かの原子, か四十種以外, か百種, ぐらいしかなかっ, ぐらいすぐ, ぐらいな, ぐらいの植物, ぐらいの生態, ぐらいもらった, だけ作っ, であります, であるかも, である即ち, で当時, とある薬, という, という動物, という種類, とかに上る, としてある, ともしれぬ, と云, と云う, と出来, と数え尽されない, と申す, ないし三十種, にあまる, にしか区別, にちかき, になっ, になつ, にはならないかぎられた, には入らなく, には及ぶであろう, にもおよぶ, に出, に分かち, に分け, に分れ, に区別, に及ぶ, に常に, に過ぎない, に餘, のうち, のうまい, のトリック, の一切経保存, の事物, の作品, の前菜, の問題解決, の国々, の多き, の婦人, の宝, の実験, の惡, の新聞, の暗号, の植物, の標本, の洋酒, の海鳥ども, の海鳥共, の漬物, の物体, の理想国物語, の男, の穀, の脚本, の薬, の雑誌, の雷, の魚, はある, は刊本, ばかりある, ばかりになった, ばかりの兇器, ばかりの性質, ばかりもある, ばかりも出され, ばかり書い, ばかり産, ばかり記載, ばかり集め, ほどであった, ほどの書目, ほどの短篇, ほどもある, ほど出し, ほど載っ, もあった, もあるらしい, もできる, もです, もの園芸的, もの緑, もの顔, も出版, も挙げ, も数え切れまい, も植えおかれ, も読ん, も調合, を合せ, を挙げた, を数える, を算する, を越えざるべし, を集めし, 乃至三十種, 乃至十四種, 入って, 収められて, 温かいの, 程, 程知れ, 買う, 選んで, 集めた叢書

▼ 十万石~ (207, 0.1%)

16 の大名 8 を分割 5 の大 4 の格式, を分与 3 のあるじ, の仕置, を与える, を二つ, を寸断

2 [12件] に手, の家中, の所領, の抱え屋敷, の新, の藩主, の領主, は取, は安泰, をお, を一ノ関, を一ノ関さま

1 [131件] かなんぞの諸, から転, がうる, がおれ, がどう, が不気味, が安泰, じゃ, だなどとの, であったという, でも名うて, でも都近く, で蒲生, で貧乏財政, ということ, というもの, という住居, という大名, という大身, といふ天下, といわれ, とでは自ら, とのこと, とは言わない, と二十万石, と全, と大兵, ならこの, につき一人, にのぼった, にも更, に削られ, に及び, に封ぜられ, に進み, のいのち取り, のうち, のうち十万石, のお, のお家, のため, のまだ, のもの, の世子, の余, の侯, の保科侯, の内証分, の取, の名, の地, の城下, の増産, の夢, の大名以上, の大国, の太守, の存亡, の安泰, の宗従四位, の実力, の家, の封土, の座, の御, の改易, の権式, の欲, の気位, の津軽家, の番頭, の眺め, の知行, の社稷, の福山藩主, の米, の粮米, の糞尿, の薩摩薯, の金鱗亀尾蓬左柳, の雄藩, の霞ヶ城, の領土, はいっそ, はおれ, はまったく, は五十万石並, は十万石, は十万石並, は多, は無事, ほど輸出, もあたし, もらう筈, も困難, も捨てる, や二十万石, をあて行う, をその, をとりつぶされる, をとりつぶし, をめぐって雅楽頭, をやっ, を下され, を与え, を与えれ, を与へ, を分割寸断, を削らう, を取潰す, を召しあげる, を合力, を増加, を太閤殿下, を小出し, を差しあげ, を揺り潰そう, を旧, を棒, を横領, を治める, を白石, を計画, を誰, を調達, を護った, を賭け, を超え, を送りつけ, を附与, 引換えにと

▼ 十~ (207, 0.1%)

13 もある 7 の下, の高 4 の高い, もあろう 3 に及ぶ, も下, も高く 2 だとか, のところ, の七重高塔, の底, の支柱, の深, の間, ほどの崖

1 [147件] あって, あるだろうか, か, かの断崖, かの穴, かの空中, から二十尺, から四十尺, ぐらいであった, ぐらいの空間, ぐらいの飛瀑, ぐらい岩, その厚, だけ超越, だそれ以上, ちょうど汽船, である, です, で鯨, という, といはれる, とする, となり, とはもぐれまい, とみえた, とも進まぬ, と離れ, どう伸び, なるもの, になれ, にもおよぶ, にも及び, にも達する, に余る, に及べり, に及んだ, に基礎, に近い, に達し, に達する, のもの, のマスト, の上, の下部, の不, の円, の円筒形, の土層, の地下, の場所, の増水, の大, の太い, の姿, の小, の小山, の屏風, の崖, の巨大, の巨柱, の帆桁, の懸崖, の櫓, の淵, の溜息, の煙管吸, の王岳山, の真黒, の穴, の竿頭, の絵巻, の船, の谷の口, の超越, の辺, の鏡, の防空壕, の飛瀑, の鯨, はあるだろう, はあろう, はかりそれから, はかるという, はかるの, はかれば, は三間, ばかりのっぺり, ばかりの低い, ばかりの大岩, ばかりの大穴, ばかりの屏風岩, ばかりの深い, ばかりの美事, ばかりの象, ばかりぼう, ばかりも切立った, ばかり下, ばかり奥, ほどの切立った, ほどの崖下, ほどの美濃判卷紙, ほどの間隔, ほどの頑丈, ほどもある, ほどもいきなり, ほども降りた, ほど下った, ほど向う, ほど攀じ, ほど移動, ほど高い, もあっ, もあったでしょう, もあつ, もあらう, もある陥し, もの高, もズルズル, も一飛び, も三十尺, も上, も出来てない, も山, も掘れ, も跳びのい, も高い, を墜落, を数, を通過, を間数, 乃至百尺, 切立ての, 或はそれ以上, 或は七十五尺, 掘ると, 最も厚い, 深く沈みました, 深く海底, 深さ三十五尺, 深さ六尺, 程も土地, 行く, 長く低い竈, 長さ一千尺コンクリート, 長さ一里, 長さ二三百尺, 高く白色球燈

▼ 十一時頃~ (206, 0.1%)

6 であつ, になる, 起きる 3 でなければ, になっ, に出, 迄ねた

2 [19件] か, から, からからり, から雪, だった, であった, である, でした, でしたが, にはもう, に晴着, に湯, に無事, ねる, まで, までねる, までやっ, まで話し, よんだ

1 [138件] あの向う, かえりいい, かえり門, かえる, からあつ, からかなり, からがらり, からつひ, からです, から七時すぎ, から三時, から出かける, から午後三時頃, から坂本, から彼ら, から教会, から朝, から熱, から熾, から開始, だから, だったでしょうか, だったと, だったろう, だつた, だ非常, であったこう, であったろうか, であったろうと, でありそのうち, でありましたこの, でご, でしたらう, でしたわ, でしょう, でね, でもあったろう, で人通り, で手紙, で気温, と, という話, と鑑定, なかなか遠い, なの, にさき, にその, にはモウ, には家内, には少し, には片雲, には雨, にもなるであろう, にもまた, にも東京行き, にわたし達, に中将, に井村, に入口, に外, に寄宿舎, に寝た, に帰っ, に幸吉, に手塚屋, に朝飯, に横浜, に港, に着いた, に絞殺, に至っ, に藤, に貴方, に起き, に起こりたる, に階下, に階段, の事, の春, また電車, まであの, までいろいろ, までお, までかかっ, までかかった, までついた, までにかなり, までには帰らなきゃならない, までに天和堂, までねた, までの間, まではお, までは他, までは多分, までも往来, までも遊ん, までボオト・デッキ, まで休む, まで寝, まで寝床, まで小説, まで張番, まで悠々, まで朝寝, まで眼, まで考え, まで話し込ん, まで読書, まで起き出さない, まで針仕事, まで閉, やっとお, よりテント, より映り始め, より関先生, らしいが, 出かけて, 出かけました, 出る, 尋ね行きしに, 帰りかけた, 帰る途中, 書き惱, 来る, 漸く當市, 着いて, 着きました, 第五信, 終って, 行く, 見張, 起きちま, 起きる大庭, 起きる折笠, 起き道子, 迄眠る, 迄話し続けた, 迄読合せ

▼ 十~ (205, 0.1%)

3

2 [16件] から三十個, か買い込みました, ぐらいの卵, ずつポケット, のりんご, の卵, の大, の座, の文字, の檻, の灯籠, の重病室, の電池, ばかり盗ん, ほどの, もたべ

1 [170件] あった, あって, あつまっても, ありましたが, あり小さい, ある, あるだけ, かくして, か二十個, か十五個, がただ, が一つ, が残され, ください, くぢ, ぐらいうち, ぐらいずつちゃんと, ぐらいのバッジ, ぐらいは添えた, ぐらいも立ちならん, ぐらい註文, ずつで取り囲まれた, ずつズラリ, ずつ二包み, ずつ四隅, ずつ弾薬, そなえつけること, たらずの, だか, だけあります, だけ代金, だけ打ち掛けよう, で三錢, で八文, という懐中時計, という鎖つき, といふこと, といふヘボ石, とか七十個, とか金時計, ともなく, なくなって, などまあ, にひどく, に味噌, に足りない, に限らなけれ, に食糧, のこと, のたから, のわな, のカテゴリー, のコーヒ茶碗, のピース, のボタン, の中五つ, の代, の列, の区分, の反射鏡, の味噌桶, の味噌樽, の圈状, の天体, の女, の子, の学問, の実, の家庭, の寝台, の小さい, の小学校六年生児童, の小石, の建物, の惑星, の提灯, の携帯無線電話, の時計, の本, の材料, の桶, の業者, の爆弾, の爆裂彈, の爪, の玉子, の男, の皿, の眼, の石材, の禍い, の罐詰, の茶飲み茶椀, の荷物, の記録, の豆電灯, の部屋, の鉄釦, の隧道, の雄蕊, の電灯, の電球, の頭, の飛礫, の馬鈴, ばかり, ばかりだった, ばかりつまみ, ばかりの弾薬, ばかりの柵, ばかりの穴, ばかりの部下, ばかりも並ん, ばかり三和土, ばかり入れた, ばかり入手, ばかり合わせ, ばかり啜る, ばかり拾っ, ばかり貰った, ほどならん, ほどのメダル, ほどの五十銭銀貨, ほどの提灯, ほど不足, ほど並べ, ほど押しあげた, まるのみし, もある, もあろう, もお礼, もってるよ, もはいっ, も一杯, も平らげ, も連続的, も鏤め, も飛び飛び, をあげなさい, をともし, をボート, を使う, を取り出せ, を嚥下, を寄進, を店主, を手土産, を死骸, を獲た, 並べて, 作った事, 出て, 分けて, 割った, 取り出し, 取る方, 合わせたぐらいの, 安いには, 平らげさせて, 持って, 握りしめて, 産みます, 用いた, 程の椅子, 程数えられ, 買い四フィート, 買い求めた, 買って, 集まった位, 集めそれ

▼ 十年代~ (205, 0.1%)

7 のはじめ, の日本 4 のロマンティシズム 3 になっ, の, のこと, の事, の初頭, の吉原, の思想, の青年, の頃

2 [15件] から大正初頭, という時代, と婦人作家, になつて, に安定, に通じ, の文学, の末, の末期, の本所, の浪漫主義, の終り, の終り頃, の芝居, の麒麟児

1 [130件] ある大, から, からで, からチャン, から大正震災, から微か, だが, だなと, であった, であったかと, であったと, である, でなければ, では, でも今, なぞで, にあ, において故, にかかつて, にかかる, にかけてまず, にその, になる, には, にはい, にはいつ, にはいつた, にはいる, にはじまった, にはその, にはまだ, には翻案, によく, にゾラ, にフランス, に一度, に三宅花圃, に今日昭和年代, に入った, に入る, に写生文学, に初めて, に到, に唱えられた, に圓朝, に建てられた, に成人, に於, に既に, に早く, に書かれた, に桑田熊蔵工学博士, に死んだ, に歿しき, に比べ, に渉, に萩野半之丞, に進ん, に雑誌, のはなし, のもの, のやや, のよう, の一部, の中頃, の人々, の人心, の人間, の先輩同輩たち, の分裂, の初め小島烏水氏, の初期, の半頃, の半頃奈良, の団子坂名物, の国学者, の土佐, の婦人, の子供, の小説, の彼, の徳富蘇峰, の所謂, の扱い方, の政治, の文学者, の新派歌人, の日本人, の早い, の明治, の有り様, の東京地図, の流行, の海, の烈しい, の片田舎, の田舎, の知識階級, の終頃, の自由主義者, の自由民権闘争, の色彩, の芸術, の若い, の荷風, の詩界, の遺物, の郡司大尉, の限定出版, の雰囲気, の青鞜, の魂, はまだ, は日清戦争, は昭和年代, は浅草, は筆, へかかる, へかけ, へ掛け, までの汽船, までは真, まで出没, も日露戦争, も早い, や六十年代, を振り返っ, を通つて, 御執筆, 新詩社

▼ 十数人~ (204, 0.1%)

10 の人影 7 の男女 5 の敵, の男 4 の人々 3 の乗客, の者 2 の人, の人たち, の人間, の友達, の女, の巡査, の武士, の部下, の門弟, は戻

1 [147件] あったが, あるそう, いた家職, から知った, がかかっ, がそこ, がそっち, がわれ, が一人, が一瞬, が手, が斬ろう突こう, が発見, が肩, が集まっ, ござる, しかいない, であったと, です, で茶話会, としても数百本, と入り乱れ, と言, にすぎません, にふえ, に及びける, に周囲, に早がわり, に過ぎなかった, に達し, の, のお, のかこ, のため, のもの, のやじうま, のわれわれ, のコーラス, のチンピラ隊, のポルトガル人, の一団, の世帯, の乗組員, の乞食ども, の乾児, の乾児たち, の五郎蔵, の人夫達, の人足, の人達, の仲間, の侍者, の信者, の僧侶, の六文, の兵ども, の出迎え, の友, の同, の嘉門, の大, の大将, の女達, の妻, の姿, の娘達, の婦人, の子どもたち, の子分, の宮方武士, の家族人, の家来, の将士, の小学生, の屈強, の彼, の怪物, の悪人ども, の意次, の手のもの花四天, の捕り, の村人, の来客, の植木師たち, の武士ども, の武者, の決死組, の海賊, の火星兵, の男の子, の眷属, の破滅, の職人, の肉親すべて, の肩棒, の荒々しい, の荒くれ男, の血気さかん, の見物, の親戚, の諜者, の講習生, の警官, の貸元, の質子, の足音, の軍兵, の追手, の野武士, の門弟たち, の閲覧席, の風流, の飛田林覚兵衛, の香具師達, の魔形, はいるらしかった, は戻っ, は芝居, は騎馬, ばかりを率い, ひと仕事, まぼろ, もいた, もいる, も使っ, も働い, も加わっ, も抱え, も押し込められ, をクビ, を一瞬, を威勢, を引きつれ, を斬っ, を斬った, を普通, を検挙, を殺しました, を殺傷, を睨んだ, を討ちとった, 少きは, 打ち重って, 斬り斃, 残って, 集まって, 駈け廻わっ

▼ 十~ (202, 0.1%)

7 となく 3 です, の山犬, の木虱, の馬

2 [14件] の, の悪魔, の犬, の猫, の猿, の金魚, の鮭, ばかりいる, もとっ, も二十匹, も出, も斃, 殺すほど, 食べてしもて

1 [155件] いる, いるわけ, おりましたが, か, かさなり合って, からの蛭, から百匹位, か三十匹, か何百匹, がひとかたまり, が一, が一匹, が一度, が十匹毛色, くらいしかとれない, くらいだった, ぐらいしかおらない, ぐらいずつ食膳, ぐらいだ, ぐらいの悲しい, ぐらいは追っ払う, ぐらいもいるらしい, ぐらい行く, さ, しか捕らん, だ, だけあつ, だった, だったと, だったのに, だって, だよ, つれた豚さん, つれ僧正谷, で三匹, で無税, というウサギ, という蛇, といふ狼, としましょう, とつた, とつた二十匹, ととった, となり, となりました, とも知れぬ, と捕る, と獲た, と言う, と飛ん, と麻数十斤, ならどう, にとりかこまれた, になっ, になつ, になる, にも上った, にも余る, に余る, の中, の二十日鼠, の伊達絹, の動物, の基, の昆虫, の牝馬, の獲物, の絹, の継立て, の羊, の蚊, の蛇, の蛍, の蛾, の蜘蛛, の蝗, の蟻, はわが, は取れます, は捕りたい, は確か, は金米糖, は釣り上げた, ばかりがノズドゥリョフ, ばかりが急, ばかりの仲間, ばかりの地蜂, ばかりの緋鯉, ばかりの鮒, ばかりの鯡, ばかりはいるがら, ばかり放し, ばかり載せ, ばし出た, ぺろりと, ほどここ, ほどずつ飲ん, ほどのもの, ほどのマイワシ, ほどの子猫, ほどの猫, ほどの蟹, ほどの豚, ほども集められた, ほど入用, ほど藁床, ほど飼うたら, までは無税, まで数えた, まで數, も, もある, もあれ, もいる, もの犬, もの蚤, もの電気鰻, もらって, も三十匹, も入っ, も取れたら持っ, も夢, も引きあげた, も棒杭, も殺した, も狼, も生れ, も群, も要る, も釣りあげる, も釣り上げた, や廿匹, をそれ, をつれ, を平気, を揀び, を産む, を科する, を賜わった, を贈り, 乃至二三百匹, 乃至四五十匹, 位するん, 余りいた筈, 居ます, 捕ったぞ, 放させた, 斬られたか, 産み居つた, 産むと, 程メダカ, 近い仔, 這って, 釣ったら板倉屋, 釣れたの

▼ 十数名~ (200, 0.1%)

13 の警官 3 のもの, の人々

2 [11件] とは何事, の制服, の武者, の男, の直, の若い, の警官隊, の軍夫, の顔, の黒衣, を殺傷

1 [159件] あった, うんと御馳走, からなる, がいちどに, がバラバラ, が一, が先着, が再び, が取りつい, が投獄, が殺された, が物頭役, が現われ, が祖城, が隠れ, が集った, が集まっ, しかゐない, しか乗組ん, しか見えなかった, じわじわ詰め寄っ, すくない, ずつかたまっ, ずつの新入り, であった, とある, という微々たる, という激しい, と一緒, と僕, と共に二十一日湯小屋, と共に南京, と共に支配人室, と共に馬印, と吉岡社長, なり, にぎわしく車内, になった, に上っ, に及ぶ, に守られ, に襲われ, に足らぬ, のうち, のほとんど, のよから, のコーラス, のリーダー, の一隊, の人, の人たち, の人夫, の人夫たち, の人影, の人達, の使役兵, の信仰, の優秀, の兇賊, の兵, の兵士, の内, の制服警官, の剛力, の原士, の同志相, の団員, の団員たち, の外人一座, の多き, の太宰府, の女, の女連, の委託殺人, の婦人代議士, の婦人代議士たち, の官民有志, の家, の小屋, の少年探偵団員, の強, の従者, の応援, の戦死者, の捕虜, の政見, の文学者, の日本軍人, の暴漢, の有志, の村人, の武装警官, の法師, の浪人体, の浪士, の火星兵, の無, の父兄たち, の犠牲者, の甚だ, の男たち, の男女, の画学生, の白刃, の百姓, の監視兵たち, の祐筆, の美姫, の者, の股肱, の船夫, の若者, の血気, の覆面婦人, の覆面婦人たち, の話し声, の講師, の負傷者, の賃銀計算係, の軍人, の選抜隊, の郎党, の門下, の高等, はあれ, はいる, はかぞえられた, はこの, はざわめき立っ, はそれ, はたしかに, はついに, はみな槍, もいる, も入り交じっ, も居る, も整然と, も死ん, も見えた, をあつめ, をつれ, をひきつれ, をよびあつめた, を一人, を出した, を参考人, を引き連れ, を待たし, を率い, を連れ, を選び集め, バラバラと, ヲ見, 控えて, 残って, 泊りこんで, 集って, 集まって, 集めて

▼ 十兵衞~ (189, 0.1%)

6 を殺害 3 の女房, を芝札の辻 2 が仕事, が家, の出立, の妻, の死骸, は兄長庵, は長, を殺した

1 [161件] あんまり情, お吉いよ, お文, から受け, から改めて, がところ, がのつ, がヤアお前, が一日, が乗らね, が云々, が何, が何と, が其の, が出掛け, が出立, が前, が周囲, が四十兩餘, が垢, が埓, が夜中, が娘, が家音問, が年貢, が所, が手, が挙動, が来さうな, が現, が肩, が胸, が辛くも, が辛苦経営, が金子, が頭, が頼もし, が顔, さらに気, だから, だ此所, つひに, では, ではご, といふは何と, といふ愚魯漢, といふ浪人, といふ浪人者, といふ男, とは相撲, とやらを殺害, とやら云者, と一緒, と云, と仰, と共に塔, と口惜, と名, と御上人様, と申しまする, と申す, と申者, と申者人手, なれば, にて, になり, には口, にもお, に劣らう, に半分仕事, に向, に塔建て, に対, に打向, に普請一切, に相, に超, に連添, の代, の兄, の出府, の分別, の女房安, の妻安, の娘, の帳面, の後家, の思わく, の手, の生き甲斐無し, の答, の細工, の虫, の言, の金子, の顏, の顔, はさ, はて, はなほ眼, は不束, は人柄, は何れ歸村, は例, は兄, は其時例, は十兵衞, は又, は古稀, は大いに, は妻, は娘, は帳面, は幾, は情, は折目, は断念, は斯, は是, は有難し, は此處, は死ん, は死出, は然, は生き, は眞實, は續, は脅かします, は膝, は起上り顏, は馬鹿, への義理, へ此由, も先刻, も分らぬ, も大方我, も少し, も心, も快, も私, も耳朶, も見よ, も足踏み, よくも撥ねた, よべとは, よもや来, よ思ふ, を平次, を捕へ, を搖起, を殺したる, を見かけ, を飽, を饗應けり十兵衞, 余り道理, 呼べと, 来いとの, 聞くより, 脆くも, 見えぬか, 驚き振り向く途端

▼ 十~ (188, 0.1%)

4 で買 3 の金, 持つと

2 [16件] から六十錢, か五十錢, が四十錢, しかしない, する, だと, であつ, である, でいい, でも取り, で買つて, といふ, の土瓶, の家賃, の雪駄, も貰

1 [146件] ある, あるこれ, あれば, か, かく儉約, から一圓, から二十五錢, から賣つたつ, か二十錢, か十五錢, がとこ買つて歸りやア, が二貫, が無, が相場ぢ, ぐず, しか小遣, しか殘りさ, する陶器, それで十二疊, だ, だけをのせ, だといふ, だもん, だよ, だ若しも, ちう日當, であ, でした, でした長屋, です, ですけん, でどうしてそんなに, では錦絲, でまあ, でもい, でもいい, でもとにかく, でもよかつ, でも三十錢, でも二十錢, でも翌日, で其の, で手札形三枚, で掘出し, で狩り出された, で省線, で私, で買つて來, で賣つた, で賣り, で賣る, で餘, といふやう, といふ奧附, といふ疊附, とか八十錢, とか取, とし, とする, とすれ, と五厘, と入, と計算, と貰つて, なので, なりさして, なりなどが暫らく續, なり一圓, なり十二圓三十錢, にお, にし, にてなほ四十錢, にてよからむ, にて五時頃, になつ, になる, にもした, にもなる, にも七十錢, に當, に賣, に賣れ, に賣れたら, に過ぎない, に願, のこと, のことでぶツ, の上, の代, の八疊, の内, の北向き, の古, の商, の大阪, の收入, の當時, の稿料, の籾摺賃, の紙包, の至極, の裏屋, の資本, の違ひで買, の銀貨, の錢, の風呂, の飯, の高, はずむ見かは, はなくなりかけ, は奮發, は安い, は少し, は成, ばかりだ, ばかり多い, ばかり茶代, ほど足りなかつた, もする, もなかつた, ももつ, も二十五錢, も取れ無い, も稼い, やそこら, やる, や一圓, や五十錢, よ, より預つ, を二人, を償, を出し, を出した, を奮發, を拂つて動物園, を支拂, を託し, を越えない, を餘, 借りた事, 入れて, 稼いだ, 賣れた, 近い借

▼ 十センチ~ (183, 0.1%)

12 もある 5 ほどの長 3 ぐらいのかんかく, ぐらいのところ, になり, の近, ほどの厚, ほどの長い, もあり 2 ぐらいのこび, ぐらいの小さな, に近い, の黄金怪人, ほどの丸い, ほどの四角, ほどひらいた, もあっ

1 [129件] ある或いは, ある隕石, かそこら, くらいなかには, くらいのもの, くらいの円形, くらいの棒, くらいの速, ぐらいあるだろう, ぐらいしかない, ぐらいしかなかっ, ぐらいだって, ぐらいで, ぐらいで留まる, ぐらいな, ぐらいにもなり, ぐらいのあな, ぐらいのお, ぐらいのすき, ぐらいのせまい, ぐらいのまっか, ぐらいのもの, ぐらいのゾウ, ぐらいのチョコレート色, ぐらいの五重の塔, ぐらいの小人, ぐらいの幅, ぐらいの浅い, ぐらいの玉, ぐらいの短い, ぐらいの金色, ぐらいの銀色, ぐらいの黄金怪人, ぐらいは高く, ぐらい開いた, さがったら井上君, でいくら, という, と四十センチ, と大きく, ないし五十センチ, ないし四十センチ, にもなる, にも達し, に近く, に達し, のこびと, のすき, の中型, の体, の処, の割合, の小さい, の巨砲, の幅, の穴, の筒, の鉛板, の銀色, の鋼板, の間隙, の隕石, はある, ばかりで, ばかりのマンホール, ばかりの棒, ばかりの白円, ばかりの腸, ばかりの鯉, ばかり向こう, ばかり跳ねあがりました, ばかり飛び上った, ほどしかありません, ほどになっ, ほどになった, ほどになり, ほどに大きく, ほどに近づきました, ほどのいびつ, ほどのすき, ほどのつぶ, ほどのなん, ほどのへら, ほどのほそながい, ほどのまるい, ほどのまるく, ほどのガラス張り, ほどの土, ほどの小さい, ほどの小さな, ほどの岩, ほどの左右, ほどの幅, ほどの年, ほどの男, ほどの直径, ほどの穴, ほどの置き, ほどの金, ほどの間隙, ほどの黒い, ほどまでひらいた, ほどもある, ほど上, ほど手前, ほど摺れ, ほど柱, ほど皮膚, ほど背, ほど開い, までの泥, むこうに, もあります, もあろう, もたまっ, もの凹凸, も上, も水かさ, も滑った, も狂っ, を越す, 動くか, 多く跳んだ, 少なく跳んだ, 程手前, 近い大, 長さ二メートル, 開きながら, 高さ二十センチ

▼ 十歳前後~ (183, 0.1%)

5 の若い, の青年, の頃 4 のこと, のころ 3 で死ん 2 ですが, でせう, の女, の娘さん, の子供, の少し, の時, の男, の若者

1 [139件] かと推定, からであった, から二十五, から仕官, から十五六歳, から已に, から読ん, が一番百姓仕事, くらいの女, すなわち明治三十四, だったが, だったと, だったの, であったプレハーノフ, であった婦人政治家たち, であつ, である, でしょうか, です, でベルリン, で例, で画, で米國, という年, とおぼしき, と見える, に, にある, にし, にて花, になっ, になつ, になる, には人間, には夏, には安井息軒, には案外, には社会時評, にみえた, によく, に剋, に同じ, に発病, に至っ, に至る, に見えた, に見える, に違, のいわゆる, のういういしい, のおしゃれ, のおれ, のお方, のその, のひと, のむすこ, のめしたき女, のやはり, のオットリ, のスティヴンスン, のメリヤス, の一人, の一見, の中国, の人, の人々, の人物, の人間, の仇, の作家, の健康体, の写真, の刺青, の勘, の半身像, の口数, の可愛らしい, の堀口剛太, の壮年, の大人, の女らしい, の女性たち, の好男子, の娘, の婆さん, の子, の子供たち, の子供達, の寛達, の小柄, の小間使風, の少女, の屈強, の年, の年ごろ, の年頃, の年齢線, の律義, の成り上がり, の揃い, の時期, の武家, の武家奉公, の流行小説家たち, の無学, の父, の物静か, の男ざかり, の男女, の男子, の相当, の立派, の粋, の細君, の紺絣, の老, の老人, の老人夫婦, の腕白共, の色白, の血気, の血氣, の見知らぬ, の諸君, の釣り師, の門人たち, の闊達, の青年文学者, の顔, は生憎, は生涯, までの, までの若い, までの間, までは日, まで十人あまり, を眼, 即ち明治三十四, 然も

▼ 十八人~ (182, 0.1%)

6 の子分 5 のうち 3 の発狂者, の農奴

2 [16件] である, になり, の人間, の仲間, の侍, の切支丹宗徒, の命, の子供, の文身自慢, の眼, の磔刑, の者, の部下, の雇人, の黒衣, もい

1 [133件] あった, あり, あります, いっぺんに死にました, いるうち, から二十三四人, か九人位, か二十人, が, があつ, があつまつた, がずらず, がずらりと, がションボリ, が十八人, が同じ, が大村, が寝るで, が続々, ぐらい産婦さん, この意外, さ, ずつの夜番, ずつ互いに, そのほか, その大, それでも与吉, それにいちいち, それに一々, だが, であった, であったヤソ会士, で一八芸術社, で二両二分, で分け, とある, というの, という人数, という数, としてあ, とそれ, とだけで, ともにやにや, と出ました, なり, なるもの, にご, につき一人, にて斯様, になった, にならなけれ, になります, に一人, に対しボーイ一人, に過ぎなかった, のだれ, のほか, のもの, の中, の乗合, の人數, の会員, の侍大将, の兵士, の内, の切支丹関係者, の切支丹關係者, の同, の声, の多人数, の多数, の大勢, の女郎, の姨, の子分ども, の子分共, の客, の家々, の将校, の御, の手負い, の水主, の水主水差都合二十一人, の炬火持, の男, の番士, の百姓たち, の的持, の看護婦, の窃盗罪, の組子, の血判, の誰一人, の転び切支丹, の轉び切支丹, の道連れ, の附添, の附添ひだ, の黒衣兵, は婦人, は寺本八左衛門直次, は文字, は雪, ばかり手負い, まで劔術試合, まで斬り伏せ, もいる, も子供, も居られる, も斬り捨てた, も死にました, を, を収容, を就職, を引き連れ, を引率, を斬っ, を斬った, を洗っ, を激昂, を選ん, を雇っ, 入って, 受けないもの, 同じく水戸藩士二人, 御ところ, 悉く裸体, 悉く裸體, 悉く転宗者, 悉く轉宗者, 押し立てて, 第二十二回目弘化三年, 集めまして

▼ 十次郎~ (182, 0.1%)

5 と早坂勇 4 の顔 3 の方, は廊下 2 がそれ, と足, の手, の胸, はそれ, はフト, は何ん, は新聞記者, も何ん, を伴

1 [147件] か, がガチャリ, が夕刊売少年, が外套, が多血質, が学校, が客, が怒鳴る, が持っ, が斯, が来, が石井家, が言った, が顔, が飛ん, が驚き, だけをつれ, でした, ですよ, でなければ, で小栗, というもの, という名, と名, と相談, には一つ, に取っ, に感じさせました, に教え, に斯, に泣き付いた, に言い含められ, に訊きます, に逢う, のもの, のアパート, の二少年, の二少年吉見, の交際, の代り, の和服姿, の好意, の姿, の存在, の崇拝者, の恋人, の打ち萎れた, の横着, の激情, の為, の疑, の耳, の肩, の腕, の若々しい, の話, の鉛筆, の頭, はあまりの, はいつの間に, はいろんな, はこう, はさり気, はすっかり, はそう, はそぐわない, はそれっきり三日社, はそれほど, はどんなに, はアルコール, はゴクリ, はサッと, はツイ, はフト処女, は不安, は不用意, は凱歌, は到頭, は助け舟, は勃然, は十八歳, は卓上電話, は口, は各, は噛ん, は夕刊, は大, は女, は好ん, は妙, は寝台, は少々, は少し, は弾き上げられた, は必死, は応援, は思い出した, は思わず, は急, は斯, は新聞社会, は暫らく呻吟, は最後, は横側, は漸く, は玄関, は筒井順慶, は紳士, は統一部, は美保子, は聴耳, は衣嚢, は見落しませんでした, は説き進みます, は足, は逃避, は銀座, は闇, は階段, は飛ん, は首, は黙っ, は黙り込ん, へ勝ち誇った, へ電話, ほどの顔, も, ももう一度, も何遍, も同郷, も花房一郎, や足, をゾッと, をワクワク, を交えた, を兄貴, を取囲ん, を取巻きました, を問い詰める, を此処, を眼, を自分, を見た, を誘う, を説き伏せる, を迎えた, を養子

▼ 十~ (181, 0.1%)

7 ばかりの空地 6 ほどの庭 4 に足りない, ばかりの庭 3 ほどの広, ほどもあろう 2 だという, に足らぬ, の庭, の権利, ばかりのところ, ばかりの部屋, ほどのあき, ほどの細長い

1 [138件] あるといふ, か二十坪, か五十坪, か六十坪, か四十坪ぐらゐの庭, か百坪, くらいしかなかっ, くらいの, くらいの畑地, ぐらいしかない, ぐらいであろう, ぐらいの余地, ぐらいの採光用, ぐらいの畑, ぐらいはありましょう, だけを借り受けた, だってありません, ちかくあり, であった, であり一坪, でタクサン, で高い, ということ, とかある, と限らず, にあまる, にまで漸次, に十五, に対する設定金額, に次ぐ, に粉糠一斗, に足らなかつた, のうち吹上, のこったそう, のところ, の一戸, の一画, の世界, の余, の大, の天地, の天文台, の学究, の小, の小園, の建坪, の書斎, の畑, の茶畠, の野菜畑, の青, はある, はそれぞれ設定, は一坪一円, は優, は百坪, ばかりであった, ばかりのかなり, ばかりのそこ, ばかりのもの, ばかりの中庭, ばかりの北向き, ばかりの取る, ばかりの囲い, ばかりの土地, ばかりの地, ばかりの実験室, ばかりの室, ばかりの小, ばかりの平地, ばかりの平屋, ばかりの広, ばかりの広間, ばかりの建坪, ばかりの植込, ばかりの狭い, ばかりの狹, ばかりの玉石, ばかりの畑, ばかりの窪地, ばかりの細長い, ばかりの茶園, ばかりの薄暗い, ばかりの道場, ばかりの長方形, ばかりの風雅, ばかりを借りる, ばかりを囲っ, ばかり玉石, ほどあっ, ほどある, ほどかと察しられた, ほどにて先方手取一万円引ナシ, ほどのお, ほどのおおきな, ほどのがらん, ほどのひろ, ほどの二つ, ほどの二階家, ほどの土地, ほどの地面, ほどの平, ほどの思った, ほどの横, ほどの沼, ほどの灰色, ほどの畑, ほどの秘密室, ほどの空地, ほどの裏, ほどの赤レンガ, ほどの赭土, ほどの長方形, ほどもあつ, ほどもある, ほど家ぐるみ, ほど家屋付壱万五千円, ほど焼け, まあザッ, まで漸次建て増し, もある, もあるでしょう, もあるでせう, もない, も普請, や百坪, を年賦, を過ぎまい, 欠けるんでしたな, 程の売地, 程の平ら, 程の患者, 程の木羽葺, 程の表, 程の質素, 程の部屋, 程もある, 程細かい

▼ 十~ (181, 0.1%)

18 が云った 5 は眼 4 に云った, はそれ 3 と蜂谷, を見, を見た 2 だ, と七十郎, に会った, に向かっ, の顔, はさらに, はその, は云った, は口, 投げ槍

1 [121件] から手綱, がおれ, がくにもと, がけげんそう, がさっそく, がさも, がそこ, がなにか, がまた, が一ノ関, が七十郎, が仙台, が代っ, が呟く, が喚き返した, が囁いた, が坐り直した, が戻り, が振返り, が知っ, が私, が肩, が詰め, が諸方, が辛抱, が面会, が顔, そして丹三郎, そして私, だけで, だけは暗く重苦し, という男, と久八, と共にこの, と申します, と臂, と鷺坂, どの蜂谷六左衛門どの, にこの, にはわからない, には七十郎, には会いません, にみすてられた, に会え, に加担, に斬りたおされた, に渡し, に給仕, に酌, のため, のほう, の前, の声, の意見, の片腕, の肝, の腰車, の言葉, の非難, は, はある, はいつ, はおちつかない, はおれ, はこう, はすぐ, はすっかり, はそう, はともかく, はまあ, はまじめ, はますます, はまた, はむっと, はもう, は十左, は吃り, は呻いた, は喘ぎ, は坐り, は坐る, は声, は奥山どの, は奥山大学, は封書, は当惑, は役に立つ, は心, は思い過し, は思った, は性急, は手拭, は拳, は旅嚢, は根, は殆, は渋い, は硬, は膝, は船岡, は船岡どの, は見, は負けない, は頷い, は頷いた, は頷き, は顔, は首, は黙った, もそっち, もようやく, も同じ, も手, も甲斐, や伊東七十郎ら, らしいけれども, らしいな, らしくも, を煽動, を眺め, を踊らせ

▼ 十一時半~ (172, 0.1%)

9 に出 6 から十二時 5 になる, に迎 4 だ, に出かける, に出る, まで, までねる 3 になっ, になった, までの間, 起き, 迄ねた 2 だね, である, にしか初ま, に家, に起きる, 迄

1 [100件] うと, から二時, から二時頃, から十二時ちょっと過ぎ, から四時半, から東亜商事, から舞台けい古, から芝三椽亭, か十二時, か十二時ごろ, が鳴, ぐらいまでの間, だった, でしたが, でしたろうか, です, といふは何ん, と張出し, なり, なん, にかえって, にでる, にならなけりゃ, になろう, には了, には帰っ, には構内, には鎌倉驛前, にもなっ, にわずか, にゲンスヴィル, にモミヂ旅館, に中央線, に主人, に人穴, に入る, に出かけ, に出発, に大震, に座, に御, に徳山, に未練たっぷり, に来れ, に水明館, に竹川, に蒲田新道, に行く, に起こった, に起された, に起される, に閉, に鳴る, の, ので立つ, の列車, の弦月丸, の教官室, の汽車, の約束, の鐘, ばかりです, また麻痺剤, までそこ, までに横浜, までねた, までのみいろ, までは皆, までひ, までへた, までまる, までよく, まで勝手, まで種々, まで稽古, まで舞踏会, やれ辛い, よくねた, よまあ, より舞台稽古, をすぎた, を報ずる, を家, を打った, を過ぎた, 小劇場, 着途中清滝王, 起きその, 起き入浴, 起き家, 起き座, 起き東京駅, 迄ねちまった, 迄ねる, 迄ぶっ, 迄よく, 迄寝た, 迄山口, 過, 開き一時

▼ 十五六歳~ (172, 0.1%)

13 の頃 7 の少年 6 に見える 5 のころ 4 の時 3 で結婚, になっ, になる, のとき, の人, の少女, の男 2 から二十四五歳, だが, であろうか, にも見える, の娘, の小僧, の少年一人, の武士, の青年, の青白い

1 [96件] かと思われる, かと見ゆる, からの十余年, からもう, から二十二三歳, から六十歳, から四十歳, から後, くらいの年配, ぐらいに時には, ぐらいの鼠背広, ぐらいまでの青年, だったであろうが, だろうと, であったという, でありながら, であろう, ですでに, でもう, でもございましょう, で妻, で漁師, で肥前生れ, で色, という年, なりきと, にいたる, になった, にならなきゃ, になり, には卒業, にもなる, に及ん, に成し, に相成, に至る, に見えた, に誰, のいかにも, のういういしい, のかわいらしい, のとき母, のまま成長, のりっぱ, のイタズラ小僧, のハイカラボーイ, の中流婦人, の乳母, の壮年武士, の女の子, の婦人, の子供, の学生時代, の小, の小づくり, の小娘, の小柄, の少年五, の少年少女, の年恰好, の普通, の林檎, の無, の牛若, の理科, の男の子, の男女, の白皙美髯, の秋, の筈, の細川護美氏, の美少年, の若者, の見すぼらしい, の遊び人態, の陥穽, の非常, の頃醫, の顏容子, の高, ばかりなる, ほどの若い美しい, まだ老人, までに女, までの青年, までの頑是, まではをり, までは忘れる, までペン, まで教育, も年上, も年長, よりも若い, より以後, より老いたる, 程の召使

▼ 十~ (172, 0.1%)

15 の金 2 から二百圓, だと, で買, と云, どりの, の勸業債券, の損失, の月給, の相場, もあれ

1 [137件] かかります, かそんな, かの金, からし, から十二圓ぐらゐの損, から四十圓, から四十圓位, かりし一圓五拾錢, か五十圓, しかまだ, だけを渡す, だけ入れ, だけ托, であ, であつ, であると, でこの, ではなく, では何で, でも利益さ, で家屋敷白井樣, で持つ, で無く十圓, で賣られた, といふ僅, といふ巍然, といふ本, といふ立派, といふ雜作, とかいふ金額, とか手切金, となつ, とまとまつ, とり出して, と主人, と怯かす, なら賣ると, なり, にて拂, になつた, にはなる, には變, にふえた, にもなる, にやあ, に對, に少し, に賣, のお金, のてそんな, のコッテエヂ, の上, の借金, の入場料, の判任官ぢ, の利益, の受取, の口, の懸賞, の所, の手前, の手宛, の損, の枕木一本, の正金, の歴史科中等教員, の生活, の稼ぎ, の處分, の駄菓子, はかかつ, はかかり, はしえへんいう, はちと, は全部お父さん飮ん, は大阪屋, は實, は得たい, は若い, は莫斯科, は高く, ほうり出して, ほどとコッペパン, ほどになつて, ほどを失つて, ほど殘つて, ほど貯金, ほど飮, までない, もお, もむだ, も取る, も取れる, も支出, も春三郎, も月給, も殘, も貯め, も貸し, や, や五十圓, をとつ, を出し, を取られた, を取り戻さね, を受取, を單位, を増す, を得る, を拂, を添, を無意味, を請求, を贏, を長さん, 乃至二十圓, 借りが, 入つて, 出して, 出すから, 出すが, 出せと, 呉れいうたが, 呉れた, 呉れたさ, 増して, 多かつ, 得た, 或は幾百圓, 程の損失, 程はか, 見當, 貸して, 貸せちうて, 迄に負け, 送れ, 高いな

▼ 十時間~ (171, 0.1%)

3 の後, 働かなければ

2 [12件] か, かと私, ぐらい経っ, ちかく書い, である, の間, は雪, ばかり前, ぶっ通し, もかかっ, もたった, や十二時間

1 [141件] ああよろしい, あるいはもっと, ある訳, ある譯, いじょう, かからぬくらいの, かが経過, かけて, かの間, からのひどい, からの勤務, から十三時間, から十二時間, から十二時間労働, くらいやっ, ぐらいしか経ってない, ぐらいはかかる, ぐらいは睡る, ぐらいよまる, しか使えない, しか役に立たない, しないと, ずつ会議, ずつ見張っ, そのため, その上, たった翌朝, たてば, だ, だか, だから, だけは最深, だったと, ちかくいっしょ, です, ですね, でも一気呵成, でも二十時間, でも必要, で來, で六時間分, で往復, で御座います, で月三回休み, で走る, というレコード, といふの, とか十五時間, ときには二十四時間, とそれ, と云っ, と聞い, と蒸す, なら十時間, にし, にも感じられた, に亘る, に四トン, に大きな, に渉, に近い, に達し, のうち, のとりしらべ, ののち, の上, の夜, の授業, の汽車旅行, の無駄, の登行, の祈祷, の私, の行程, の講義, の連続観測, の間何, の間心臓, はけっして, はちと, は十分経過, は台所, は必ず, は経過, ばかりがいちばん, ばかり海, ばかり眠ったらしかった, ほどしゃっくり, ほどになる, ほどに長く, ほどの間, ほど揺られた, ほど遅れ, までの腸, まる三日, もかかる, もたたない, もつづい, もつづいた, もつづけ, もはこばれる, もぶっ, も余計, も前後不覚, も勘定, も十一時間, も呼吸, も左官, も後, も眠っ, も経った, も費し, を労働, を殆, を眠り続け, を経, を経た, を経る, を経過, を要した, を費した, を過ぎた, 乃至二十二時間, 乃至五十時間, 乃至十四, 働いて, 働かざるを, 寝た, 居すわって, 引きつ, 待たされて, 思い続けて, 持って, 教えれば, 死ぬよう, 睡りじあ, 程かと思う, 第八日, 経ったが, 経ったわけ, 過ぎないと

▼ 十七世紀~ (170, 0.1%)

4 に於ける, の仏蘭西, の初め 3 になる, の初, の前半, の頃

2 [19件] から十九世紀, から十八世紀, と言います, に於い, のこと, のはじめ, のパリー, のフランス, の中葉, の初頭, の古い, の名画, の大, の後半, の悲劇, の日本, の時代, の終り, の間

1 [108件] からしだいに, から現在, であるの, といふ時代, といふ芝居, と云, においてリシュリュー, におけるシェイクスピア, におけるフランス, における新, にかけて作られた, になっ, になります, にはつきり植ゑつ, にはなく, にはボッシュエ, には既に, には欧人東洋, には王さまたち, には生命蓋然率, にも費された, にわたる, にペルシア人欧州, にル・ノオル王, にロンドン, に久しく, に仏人バーボー, に対しては国王, に属する, に支那, に於, に旅, に比べたなら, に町人, に至つて, に至る, に英国内乱, に行, の, のあの, のイギリス, のイギリス政治学者, のイングランド, のオーランゼブ王, のクラシック, のクラヴサン曲, のサン, のドイツ, のフェレンツェ, のフランス人, のモラン幻覚派, のリベルタン, のヴァイオリン, の一つ, の一揆, の中ごろ, の中頃, の人, の人々, の人間, の仏人タヴェルニエー, の伊達女, の例, の初期, の半ば頃, の半頃, の古典文学, の地動説, の地震鯰, の始めイスパニア, の始め頃, の後半以來, の後半期頃, の所謂古典劇時代, の手工, の文学者達, の時代様式, の書, の末, の末期, の法王庁, の王宮, の盃, の精神, の素朴敬虔, の終, の終末, の絵, の絵画, の英国, の近衛兵営舎, の銅版画, の隠語, の風俗, はいわゆる, は古, は文化, は義務, は鎖国令, へかけ, までにはシェイクスピア, までも有, まで幾分存, らしい話, を通じて頻繁, 乃至十九世紀, 初半, 特にイギリス

▼ 十~ (169, 0.1%)

13 の圏 8 の峰 4 もある, を超え 3 の地点, の小圏, の高, もあろう 2 の等高線, も下る, も登ったろう, 程離れた

1 [120件] かの周囲, かの突風, から二十米, から百米前後, ぐらいすすむ, ぐらいだろう, ぐらいのスキ間, ぐらいの丘, ぐらいの地点, ぐらいの姿, ぐらいの海底, ぐらいの深, ぐらいの距離, ぐらいの釣糸, ぐらいはある, ぐらいまでくる, ぐらい先, ぐらい間, すすむすると, だから, だけ頼む, だけ高く, だよ, ちかくも, であの大きな, であるから, で陸軍, と, という音, としても, とどかぬ時, とへだたらない, と投げられず, と距ら, と離れぬ, にしたら, にも及び, にも足りない, に及ん, に足らぬ, のあたり, のもの, の一峰, の上, の位置, の八十三山, の円錐塔, の厚, の吹雪, の外, の大日岳, の小, の小さな, の小在, の岩場, の岩峰, の峰頂, の忠次郎山, の浅間山, の海底, の烈風, の登り, の眼前, の社山, の絶壁, の線以下, の脚下, の褐色, の長大, の隆起, の風, の風速, はあるだらう, はあるだろう, は越すだろう, ばかりいかがさま, ばかりの切れ, ばかりの所, ばかりの細い細い, ばかりの間, ばかりトラヴァース, ばかり前, ほどであります, ほどのクリーク, ほどのチムニー, ほどの海洞窟, ほどはなれ, ほども垂直, ほど下, ほど低い, ほど手前, ほど行っ, ほど距, ほど離れ, もつけ, もない, もはなれた, もひきはなし, も先, も切り立った, も向こう, も歩いた, も海, も登る, も釣上げられ, も離れ, も高い, をいくら, を下らない, を下る, を登る, を超えた, を飛ぶ, 乃至数十米, 低い, 低いに, 低い峰, 程も行く, 高いの, 高い所

▼ 十恰好~ (167, 0.1%)

26 の男 9 の女 5 の人, の婦人 4 のお 3 の紳士, の背, の色, の髯

2 [11件] お酒, のよく, の侍, の商人風, の商家, の少し, の浪人者, の老, の老爺, の職人風, の肥った

1 [84件] でしかるべき, で大して, で天窓, と認めた, に見えた, に見える, のあばた面, のあまり, のおそらく, のおばさん, のお上さん, のかっぷく, のずんぐり, のその, のどこ, のひどく, のりっぱ, のデップリ, のデツプリ, のドコ, のロイド眼鏡, の一人, の上品, の中肉, の主人, の人柄, の僧侶, の内儀, の切下, の医師, の召仕, の召使, の品, の商人体, の坊さん, の坊主, の堂々たる, の夏外套, の大きな, の太った, の女人, の女房, の婀娜っぽい, の婆さん, の小松敏喬, の小肥り, の巌丈, の巌乗, の巖乗, の年増, の日本人, の木, の浅黒き, の浴衣, の温厚そう, の爺さん, の番頭, の白髪, の眼, の眼鏡, の短気, の禿げた, の禿頭, の老人, の老婆, の老媼, の肥つた, の船頭, の苦味, の薄, の見る, の親切そう, の親爺, の話, の貧相, の赤ら顔, の赤顔, の身体, の逞しい, の青い, の頤鬚, の頭, の風采, 肥り肉

▼ 十七人~ (166, 0.1%)

4 の者 3 の中, の大, の生命

2 [12件] か十八人, のなか, の人, の名前, の命, の女, の少年たち, の御, の男, もある, 殺すと, 殺せば

1 [129件] あるん, いた, および近衛槍騎兵八百八十人, がボルドー, が京都, が代官所, が切腹, が山伏, が島, が急死, が来, が死刑, が洗礼, が火, が縦横, が縱横, が肚, が訪ね, この二藩, しかいない, しかいなかった, しかない, しか残っ, だ, だけの業, だッ, って本当に, で, であった, でした, でしたが, です, で三人, で女, とある, というの, という女, という尨大, という文盲者中, という様, という窮状, といふ大勢, となる, と三人, などが行っ, なの, なりと, にのぼっ, に対する公儀, に戯れた, に減じた, に減じられた, に爵位, に討ち減らされ, に達しました, に部下百余人, の, のうち, のし, のそれぞれ時局, の一ヵ月分, の一人, の人夫, の会員, の修道女教員, の候補者, の写真師, の出仕事, の労働者, の十七人目, の名, の増加, の大家内, の娘, の娼妓, の子, の子供たち, の子供達, の家来, の寝息, の少年, の方々, の旗本, の浪人, の浪士, の町内, の番士, の相馬, の罪人, の腸, の若い, の身, は, はいなかった, はことごとく, は女子供, は尽く, は巴里, は庭, は深川, は牢死, は睦, は立派, は譯, ほど討死, までも, まで数えました, まで數, もいた, ものおお, もの人, もの社長重役, も並べれ, も持っ, も集まつ, を乗せ, を乗せた, を五倍, を叩き斬った, を定, を引っ, を斬りし, を殺し, を生ず, を順々, 居る, 死んだその, 殺したの, 隣りの

▼ 十~ (166, 0.1%)

5 の家 3 によき, の茶屋, ばかりの家, ほどある

2 [12件] では, とは離れ, の人家, の古めかしい, ばかりあった, ばかりの人家, ばかりの村, ばかり家, ほどの家, も建つ, も襲つて, 並んで

1 [125件] あった, あったの, あつたの, あり, ありその他上流, ある, かたまって, かの家そのもの, かの小さな, くらいの多き, ぐらいは建つだろう, ぐらいもそう, しかない, ずつな, たらずでのこった数百軒, だけに押し, だった, であつ, である, でもまわる, で喧嘩, とあった, という数, といっ, とか一斉, とない, となく, とはない, と數, と離れ, にも殖えた, に一軒, に過ぎ, の, の中, の余, の家持ち, の家棟ともども淋れきつた, の宿屋, の小さな, の小村, の工場, の意味, の捻, の支店長, の村じゅう, の武蔵屋, の者, の薪, の親類, の銀行, の長屋, はあるだらう, は大丈夫, は確, ばかりあつ, ばかりある, ばかりが一握り, ばかりが使う, ばかりさき, ばかりです, ばかりどこ, ばかりならんだ, ばかりならんでる, ばかりなりし, ばかりの同じ, ばかりの小作人, ばかりの山あい, ばかりの店, ばかりの文房具屋, ばかりの民家, ばかりの泥土, ばかりの温泉宿, ばかりの百姓, ばかり人家, ばかり先方, ばかり歩いた, ばかり焼け, ばかり焼け残った, ばかり石造, ほどあっ, ほどそこここ, ほどの人家, ほどの部落, ほども焼けた, ほど散らば, ほど焼け, ほど素見し廻りたる, もあらう, もある, もあるだらう, もあろう, もかぞえられる, もつこと, もの小, もの茶屋, も床屋, も引き, も往, も成功, も押し流された, も持ってた, も歩いた, も歩かなけれ, も荒し, も荒らし, や二十軒, より多い, をこえ, を富士見町, を持っ, を数, を算す, を荒し, を譲り与へ, を顧客, 並んでる部落, 固った, 少い所, 建ちならぶ江戸名物, 挙って, 探ったん, 焼いたかなり, 程は荒増覚居候由, 飲み歩いて

▼ 十キロ~ (165, 0.1%)

6 のところ 5 もある 3 のもの, の速度

2 [16件] である, です, で動い, という風, の地点, の大, の水, の海上, の爆弾, の規模, の速, の道程, ばかりいった, ばかりのところ, ほど北, ほど東

1 [116件] あまりとんだ, ある, あるか, からある, か百キロ, くらいになる, くらいはたしかに, ぐらいから上の空, ぐらいで走りつづけ, ぐらいなら, ぐらいやった, ぐらい先, このバス, しかない, ずつとして合計五十キロ, ずつ七ヶ, だから, では, でやつ, でドイツ, で残り, という, というところ, という素晴らしい, として敵機, と出る, と称せられ, と聞い, ないし百キロ, ないし百八十キロ, にあげろ, にし, にて北西, になる, にわたって出没, にラロ, に分散, に達する, のあたり, のバコロ附近, のマイセン, のランビァン, のリボン, の円周海上, の喬野, の地, の地峡部, の山道, の彼方, の快, の快速, の所, の洋上, の海原, の海底, の焼夷弾, の由, の空間, の範囲, の米, の群馬, の計, の運河, の道, の部分品, の重, の重力, の高, はお, はユンクフラウ鉄道, は一円十銭, は多い, は歩かなけれ, は走った, ばかりくだった, ばかりだ, ばかりの地点, ばかり近く, ばかり離れ, ばかり離れた, へった由, ほどはなれた, ほど走りぬく, ほど遡った, まで下げる, まで下げろ, まで出る, もあらう, もあり, もあろう, もはなれ, もはなれた, も三十キロ, も伸び, も先, も来た, も来たであろう, も来ました, も歩く, も走った, ようやく中沢集落, をこえ, をどうして, をまた, を出ない, を少し, を超える, を越えた, を越す, を通過, 乃至七十キロ, 出せと, 即ち日本橋, 引く三十キロ, 走つた, 離れた所

▼ 十二時頃~ (165, 0.1%)

7 になる 5 になっ 2 かえった, から, だった, だと, でもございましたらう, にならなけれ, まで居た, まで話す, 帰る

1 [135件] おきて, お島, お隣りで, かえりました, かえる, かえるつもり, からどうもだんだん, から一時頃, から出かけ, から四十分, から墓前祭, から夕方, から夜七時頃, から宝塚球場, から曲馬, から次第に, から熊手, から翌日, から茶荘, から雨, から騒ぎ出し, から高峰秀子扮, かタクシー帰宅, か一時二時頃, こっそり寝床, すんだ, だ, だったか, だったそう, だったでございますね, だらうと, だろうと, であったろう, であろうという, でお, ででもあったであろう, でなきゃ帰って, でも喜ん, でも煌々, で有った, と仮定, にころり, になった, にならぬ, になるでしょう, にねた, にはもう, には何人, にもなっ, にもなるだらう, に伴, に何, に供せられた, に共同風呂, に出立, に名物, に女中達, に家, に寝る, に崖, に川端, に帰っ, に帰宅, に戻っ, に本堂, に桂川, に留つた駅, に留つた驛, に突然, に蟹田, に行われた, に車中, に雨, に驟雨, に黒い, のこと, は山, までいろいろ, までかかっ, までぐっすり, までそれぞれ仕事, までどこ, までね, までの一番, まではあの, まではぐつすりと, までは先生, までは安楽椅子, までは階下, までも働い, までも皆, まで上野駅, まで働きつづけました, まで八方自動車, まで凄まじき, まで奇妙, まで寝た, まで寝つこう, まで彼女, まで書見, まで湯本さん, まで熟睡, まで眠らず, まで老人, まで閉じ籠る, やって, やっと見える, ゆくつもり, ようやく家, よりクレムリン, を見計っ, 一旦ね, 出かける迄, 出て, 又ヴル, 寝に, 寝ました, 寝ましたが, 寝る, 寝るの, 小一里, 帰ったら昨日, 御通り, 眠いが, 縫い上げた式服, 行くと, 行って, 赤い広場, 起きるつもり, 起きると, 迄あれ, 迄ねた, 迄歩くなり, 迄睡った, 酔った佐介

▼ 十四時間~ (165, 0.1%)

8 のうち 4 の労働, の間 3 しかない, の中 2 つづくと, の内容, の後コロンビア, ぶっ通し, ほど経った, を八時間, 働いて

1 [129件] かかった, かかったの, かかるだろういくら, かもしくは, がすぎ去っ, がたやすく, が私たち, くらいで, ぐらいにで, ぐらい働く, すぎた後, ずつ労働, たったあと, たてば, だか, だけ南, だつたわ, つ, つづくこと, であったから, でふたたび, で一廻転, で人間, で体外, で地球, で書かれ, で死ん, で見事, というもの, という労働, という怨霊, といえ, として言いあらわした, とたたない, とわたし, と三十分, と月曜, なにかかに, にくいこん, にし, にその, にて地心, にとって何, にはその, にはそれから, にはソヴェト式, にふやした, にコップ, に一, に一度, に二百六十六マイル, に何人, に分け, に大阪, に捜しあてなけれ, に百哩, に素子, に細分, のうち二十三時間五十五分, のうち十時間, のおそらくはたいして, の一日, の上, の休暇, の内, の出来事, の周期, の大, の大半, の後, の猶予期間, の船, の長篇ジョイス, の間一食, はぜひとも, はその, はどんな, はまるで, はもつまい, は何, は寸刻, は救援隊, は睡りつづけるだろう, は食物, ぶっと, ほどふたり, もかかっ, もたたない, もつづく, も仕事, も十六時間, も遅れ, やそこ, よ, より長い, をぶっ, をわけて, を三交代, を何, を八時間制, を完全, を或は, を手前勝手, を殆ど仕事, を経, を経過, を要す, を要する, を計っ, を週期, を過す, 保たしめる, 働きつづけに, 働きづめでして, 入れて, 入れられて, 吹くならば, 待っても, 持たせるの, 眠って, 程全く, 立てつづけに, 第五日, 経たない以前, 経たねば, 経ったその, 続きます, 聞きなれた僕, 近づくモロー彗星

▼ 十万人~ (163, 0.1%)

3 の人民, の人間 2 だ, に一人, のうち, の人口, の労働通信員, の怨み, の手, の未亡人, もいれ

1 [139件] あったろうか, いるだろうか, か, かある, かがその, かが皆不倶戴天, かの新聞読者, からいる, から五万円余り, がこの, がその, が学齢以前, が洛中洛外, が百四十万, が皆, が良人, くらいなら, ぐらいしか相手, ぐらいの御, ずつの赤坊, そのほか, ちかい東京市民, であった, であったとして, で五本, で向っ, というロック, という人数, という勤労動員, という同じ, という従業員, とかいう説, とできました, となれ, とも三百万人, とも知れず, と予想, と伝えられた, と同じ, と居, と西部戦線, と言う, と運命, になる, にも上る, に上つて, に余るだろう, に加, に対して二十八人, に対して僅か, に対し女子一千六百五十万, に対する食糧, のうち二万, のひと, のフランス人, の一人, の中, の人々, の信者, の優秀, の全国教職員, の兵士, の兵隊, の労働組合員, の労働階級, の労務員, の参拝客, の参観者, の多き, の大, の失業者, の女, の学童, の客, の工場, の戦傷不具者, の戦災者引揚者, の日本軍, の未亡人中, の死活問題, の死者, の気の毒, の浪人, の溌溂, の犠牲, の研究組織, の糞, の署名, の自, の若い, の行進, の被害人, の計画, の講習生, の近親者, の透明人間, の都会, の陸軍, の集団, の集団単位, はおろか, は下るまい, は殆, ばかりであるらしい, ばかりに対して女, ばかりの労働者, ほどあります, もあった, もある, もいる, もが残らず死ん, もでかけた, もの労員, もの通信員, も多い, も尊氏, も投獄, も熟練工, も登る, も要る, も養成, も餓死, ゐる, をライン同盟国, を上下, を先鋒, を国境, を失った, を失業, を数えられた, を殺し, を生かす, を目指し, を目標, を立たしめ, を越した, 死んだ, 殖えたが, 生れても

▼ 十にも~ (161, 0.1%)

21 なって 5 なれば 3 ならないのに, なるのに, なろうという 2 ならない女, なりながら, なろうか, 五十にも, 六十にも, 及ぶ多数, 垂んとして, 足らでいざこれから, 足らぬみどり子, 近いかと

1 [106件] あの女子, とどきそう, とどこうが, なったお婆さん, なっては, なつたの, なつた小生, ならうと, ならざるうち, ならしたかのう, ならっしゃらぬが, ならないうち, ならないくらいの, ならない先, ならない小娘, ならない琴平咲子, ならぬうち, ならぬらしく色, ならぬ前, ならぬ若い, ならんじゃ, ならんずらん, なりそう, なりまして, なりゃあ, なりゃ帯一本, なりやが, なり既に, なる, なるお, なるが, なるし, なるでせうか, なると, なるといふ, なるの, なる大人, なる年寄, なる老人, なる老婆, なる老母, なる老爺, なれど, なろうかという, なろうと, なんねえ正太郎, ふえました, ま近く, やはり涅, わけて, 七十にも, 七十にもな, 三十五にも, 上るであろう翻訳, 二十一にも, 余ったに, 余るであろう, 余る人, 余んなむ, 充たないの, 及び後, 及ぶもの, 届かないこの, 引かれわが国, 成つて浅草の, 成る老人, 成給へば, 手の, 既に見え, 殖えた, 泊って, 満たぬ紅顔, 漸くこの, 犬にも, 百にも, 相成るが, 見えないくらい, 見える, 見えるあの, 見えるが, 見えるん, 見えれば, 見え巻七, 見え老衰, 足ざれば, 足らざるべく淋し, 足らでいざ, 足らで急病, 足らない年頃, 足らぬ身, 足らぬ齡, 足らぬ齢, 足りないわが, 近いその, 近い位, 近い友人達, 近い年配, 近い老人, 近い老婆, 近うございましょう, 近からん, 近かろう, 近くなる, 近く見ゆる, 達して, 間は

▼ 十数年~ (160, 0.1%)

18 の間 9 の後 8 の昔 5 も前 3 になる, の年月, の星霜, の歳月, を経た 2 かかって, このかた, たって, という永い, の長き, ほど前, を経過

1 [91件] ああでも, から二十年以上, が流れ, が経過, この一手, この方毎月, この方跡, すぎた, その苦痛, それとも二十年, たってのこと, で学位, にし, になります, にまで及ん, にもなる, にもなろう, にもわたる, にも亙る, にわたった, にわたってわたしたち日本, にわたって継続, にわたり私, にわたる思慕, にわたる苦心, に一度, に亘っ, に亙った, に圧縮, に猪苗代兼載, のうち, のこと, のむかし, の今日, の作陶研究, の兵戦変革, の埋み火, の奉, の年長, の往時, の後発表, の惨澹, の旅, の日本人, の月日, の烈しい, の生活, の童貞, の警察生活, の長い, の間戦争, の間牡鹿山, の闘, はその, は世, は建武中興, は手紙類, は活動, まあ三十年内外, まえに, まして三原山, もかかっ, もしくは数十年, もたった, ものあいだ, もゴルフ一つ, も以前, も使い馴れた, も尾張藩, も後, も忘れ, も捨て, も智慧, も正成, も着古し, も続い, を僅か, を意味, を期し, を生きた, を経, を送っ, を過ごしました, を隔て, 乗りだす時, 倦むこと, 第二次欧州大戦, 経ったある, 経って, 経つた今, 過ぎて

▼ 十四五人~ (157, 0.1%)

3 の人, の武士 2 ねぢ鉢卷, の同勢, の声, の怪人, の怪人たち, の捕手, の男, の老若男女, の軍人, もありました

1 [131件] あったが, あつまって, あり梅花道人我身, あるのみ, いた, いたが, いました, いるが, いろの, かな, か二十人, が, がつめ, がやがや遊ん, がダリア, が一ところ, が待ちあわせ, が逆風, が鬨, くらいにし, くりかえし唱えつつ, ぐらいでしょう, ぐれえ居りましたっけが, この大部屋, しか来, すごすごと, ずつかたまっ, ずつ二組, ぞろぞろ帰っ, だな, であった, である, であるらしくこの, でした, でずっと, でで, で其の, となり果てた, とりまいて, にて早, になった, になり, には過ぎない, に一人, に過ぎなかった, ねぢ鉢巻, のかなり重大, のからだ, のもの, の乗客, の乾児, の人数, の人間, の会員一人, の侍女たち, の停車場, の傍聴人, の兵士, の兵隊さん, の喧嘩相手, の声々, の多き, の大人, の大家内, の女の子, の娘達, の子分づれで, の学生さんたち, の居住者中, の平田門人, の弟子, の抱え, の死傷者, の殆ど十二三人, の狼藉者, の理科, の生徒, の男たち, の男女, の男女学生, の男達, の笑い声, の茶摘男, の荒くれ男, の街道人足, の被告, の雑夫, の頭数, の顔, の高等科, は切ったげにござりまする, は発見, は皆, ばかりの女, ばかりわらわら, ばかり一群, ばかり集まっ, ぶらぶらと, までは我慢, もあった, もいる, もございました, もつい, もの人数, もの大名, もナ, も使った, も切らせるた, も同伴, も居ました, も居りました, も引き具し, も手下, も載っ, も銃口, も集ま, わいわい言い, を引連, を手だま, を相手, 使って, 出て, 居りますばかり, 来て, 痩せた裸, 立ち止まって, 置き飯代部屋, 群がって, 追い立てられた夜鴉, 集って, 集まって

▼ 十以上~ (151, 0.1%)

11 の老人 6 の人 4 の女 3 と見える, にも見えます, の年, の男

2 [12件] かとも見える, であろう, ではない, になっ, になる, にも数, の人間, の年輩, の男女, の高齢, も年, も歳

1 [94件] あります, あり然し, あるかも, あるが, だ, だそう, だと, ちが, であらう, である, であること, であるらしく片手, であろうが, であろうな, であろう白髪頭, でこれ, でございましょう, でしょう, ですから, でその後二十年, で見る, とかの老人たち, とみえる, とも見られた, になつ, にならなけれ, にはなつ, にも老け, に当るらしい, に思われた, に老い耄, に見える, に見られます, に達し, の, のお, のお婆さん, のはず, のばあや, のまったく, のもの, のワナ, の人兎道, の分別, の善女, の垢抜け, の大, の女優, の婆さん, の婦人, の山, の年寄り, の御, の政府, の田舎者, の町人風, の穏やか, の老妓, の老婆, の者, の而, の背, の足跡, の頑丈そう, の高齢者, はあろう, はタダ, は見えた, は違わない, まだ四十, まで通り, もあつ, もあり, もある, もあろう, も小さい, も年上, も年齢, も生き, も生きる, も若かっ, も過ぎた, も違, も違う, も違っ, も齢, らしいが, を数える, を見つけ出した, 掛ける様, 生き延, 違って, 違わなければつ, 食べた

▼ 十六世紀~ (151, 0.1%)

6 の半頃 4 の初期 3 から十七世紀, になっ, の後半, の終り, へかけ

2 [13件] にいる, に初めて, に南米, に始め, のヴェニス, の中葉, の中頃, の初め, の初頭, の半ば, の日本, の頃, 前紀本

1 [100件] から, からの住居, から十八世紀, から現在, が終わる, にいたっ, にそういう, には, には寺院, には朝顔, にもっとも, にもギヴォイテ, にも十八世紀, にわたるヴェニス, にわたる哲学者, にアンリ二世, にオラウス, にジョアン・デ・バルロス, にナヴァル女王マーゲリット, にベスベキウス, にレオ・アフリカヌス, に仏国, に入っ, に出た, に各地, に名高い, に対して後, に成った, に於ける, に既に, に盛ん, に至っ, に航海大家マゼラン, に葡萄牙人, に起こった, のお寺, のこと, のはじめ, のアンリ四世, のイタリア人, のイタリヤ法王領内, のカソリック, のカピタンたち, のナッシ君, のバイエルン人, のフランス語, のメルカトル, のユーグノー派, のリヨンびとルイズ・ラベ, のレオ・アフリカヌス, のレオ・アフリカヌス筆, の中葉フェリペ二世朝, の中頃ペルー, の中頃ルーテル派, の事実, の享楽, の人々, の伊太利詩人タツソオ, の初, の初め頃, の前半, の前半フィレンツェ, の和蘭古画, の始めチューリッヒ, の宗教戦時代, の宗教改革以後, の庶民, の後半期, の快活, の所産, の文豪, の旋条砲, の日本人, の昔, の時代, の末, の末葉, の末頃, の欧羅巴, の歴史, の痕跡, の空中楼閣, の終わり, の著書, の血, の野蛮性, の頃アラス, の風潮, は感情偏重, は自我, まで, までの中世紀, までの宗教画, までは猴類, までを含む, まで家系, まで蛇, まで西班牙, よりは中年, をとりもどす

▼ 十~ (151, 0.1%)

4 と清松 3 である, の方, は思ふ 2 に清松, の耳, は今, も清松, を呼ん

1 [128件] お米, がかいま見た, がこの, がその, がたつた, がデッキ, が事務室, が代っ, が僕, が受けた, が後, が接し, が水, が汲ん, が起き, が風呂敷包み, だ, だったから, であった, であるが, です, といい, という鮫河橋三人組, とは車夫仲間, とキン, と二ツ, と仇名, と心得, と清松夫婦, と異名, と竹造, と船頭, なりに違, にとつ, にとつて, にはちよ, には聴きとれなかつた, に代っ, に打ちつけ, に渡した, に目礼, に眼, のあと, のこの, のもと, の世界, の妻キン, の姿, の子, の家, の寡婦キン, の小さい, の尻, の手, の溺れる, の目, の着物, の肛門, の肩, の落ちた, の部屋, はいつの間にか, はいつも, はいつも端然と, はいや, はお, はこの, はずいぶん, はその, はとッさ, はなかなか, ははき出す, はふと, はペコリ, は一人, は二十八, は些か, は仁王立, は僅か, は内々予期, は切れッぱなれよくうなずいて, は初めて, は十二, は十時ごろ一度, は唯一人, は声, は寄席, は座, は感じる, は明治廿五年旧暦六月二十六日, は案じ顔, は父, は盆, は終に, は翌日, は英文, は金瓶村宝泉寺, もあいにく, もほっと, もまだ, も日, らしい奴, らしい者, をおびきよせる, を何と, を別室, を大切, を小突く, を引上げ, を引立て, を恨んだ, を戒め, を抱え, を殺した, を水, を海, を温めた, を睨んだ, を紹介, を肩, を腹, を見, を見つけた, を見つめる, を見る, を評し, を誘い, を顧み

▼ 十年以上~ (150, 0.1%)

15 も前 9 も昔 7 になる 5 の昔 3 にもなる, の歳月, もこの, も住ん, も勤務 2 の時日, の間, も会わない, も相, も経っ, も経つ, も続い, も続いた, を経

1 [81件] あったらたまらない, お目, かかる, たって, でさえあれ, ということ, というの, という条件, になった, にはなる, に亘る, に及ん, のとしよりだ, の交際, の先生, の古い, の山, の年月, の手柄, の歴史, の牢獄, の生涯, の老木, の雨風, の齢, はかかる, はさげる, はもち, は経っ, は続かなかった, もいる, もこうして, もここ, もこんな, もたつ, もつきあっ, もつづい, もの年月, ももつ, も中風, も井戸, も俗務, も僕, も勤め, も古い, も同じ, も外国, も大明, も奉公, も寄席, も年齢, も彼, も後, も御, も忍耐, も探題, も敷き, も旧い, も暗闇, も朝夕, も殆ど芝居, も毎年, も無視, も生き, も生き延びる, も経, も絶えず, も自分, も舌, も行った, も貧し, も遺憾, を経過, 住みついて, 時々は, 毎夏, 経つた材木, 聞いて, 費やせしは, 逢わなかった様子, 開き続けて

▼ 十~ (150, 0.1%)

6 の細君 4 の顏, は細君 3 のうち, は又

2 [12件] と細君, の家, の心, の病勢, の眼, は, は三藏, は俄, は大きな, は答, は醉, を訪

1 [106件] からちと, がよく, が何とか, が來, が北海道, が星野, が歸つて來, が病氣, が轉居, であまり, といつ, とした, との間, とは落語, と一緒, と三藏, にかけた, にする, に似, に北海道, に反し, に聞く, に言つて, に言つてそれ, の不安, の住所, の健康, の全盛時代, の友達, の口, の同伴, の向う, の命名, の喀血後三月, の境界, の墮落, の態度, の手, の方, の時めいた, の暮し向き, の歸, の死後, の母堂, の現在, の癇癪, の眠つて, の眼通り, の睡つ, の胸, の談話, の起居, の轍, の野郎無責任, の頭, はいはなかつた, はそれ, はと見る, はもう, はハヽヽヽヽ, はハヽヽヽヽヽ, は一先づしづ子, は一寸目, は今度, は先づ笑つて, は其廢業, は其手, は其手紙, は其日, は其處, は其雪駄, は厭, は只, は咳, は咳き入る, は嘗て, は増田, は夜, は夜遲, は或, は旨, は明方, は星野, は更に, は朝, は東京, は歸つて來, は死んだ, は無理, は珍, は瘠せた, は瞑つ, は笑, は覺, は遂に, は餘所, も其以後もの, も大分, も歸ら, も眞面目, も細君, も襟垢, より傳, を見舞うた, を選ぶ, ノ陣

▼ 十ばかり~ (149, 0.1%)

4 きれいに, 年を 3 なる娘, 少しひらべったく 2 あって, ころげだす, なの, なる村, 並べて, 足を, 進むと, 違って, 食用に

1 [117件] あがなってけ, あったから, あるとね, あるはず, いかにも屈強そう, さげてけ, すばやく妻, その鎧戸, だが, だったと, だった織次, だね, つけて, つづいて, つまんで, づゝ盛つて河井さんと, で, であ, であるが, であろう, でこんな, でした, でしょう, ですこし, でなかなか, では, でほとんど, で人柄, で千両坂, で名古屋, で学生風, で愛嬌, で気味, で背丈, で軽から, ならべた上, なるが, なるべし, なる大男, なる男, なる男一尺, なる知らぬ人, なる者, なる陰険, ぬすんで, のせた, ひッぱたく, ほかの, もござりますの, わけて, ベッドの, 一つ所に, 一ふさに, 一度に, 一所に, 上だ, 並べた, 二銭サケ三合二十四銭が, 云いました, 作ると, 借りて, 入って, 其の山手, 出して, 出来た出来すぎたやう, 初茸を, 加えて, 固まって, 地蔵の, 声色を, 外務省の, 寝台が, 少しひら, 年の, 心当りが, 思想は, 打った, 投げました, 数うる, 數へ, 気の, 汗を, 泥繪の, 湯気を, 痩せて, 皿の, 空席が, 紙に, 続いた, 続くと, 続けて, 聖像が, 肥満った, 胡麻白頭の, 腹を, 色浅黒く, 色白く, 若いと, 見つくろって, 見つけて, 言いました, 読んで, 讀んで, 財布に, 貰いましょう, 貰おうかな, 越すと, 載せて, 違いますから, 違うの, 遥かに, 重ねて, 集まった故, 雜然として, 面長の, 食った, 黒地の

▼ 十四人~ (148, 0.1%)

8 の長老 4 の仕立屋 3 になった, の男 2 である, です, になる, の多き

1 [122件] あった, ありしも, え申渡, からの人夫, がみな, が一人, が向こう, が夜, が明治四十年, が死ん, が死罪, が汗, が雨戸, が魔, くらいの児童数, しかありません, しきゃいねえから, じゃあねえか, じや, すなわち約, そのほか名古屋百七十九人, その二十四人, その外數千, だって俺, であった, であったが, でしたかね, でただ, で何不足, とある, という, という数, といふ多勢, とすぐ, とだんだん, となり, との比, とは少し, と云う, と殖え, と聞く, ならんで, なり, なん, におよんだ, につき一カ寺, になったら, になり, には殖え, にもなる, に對, に終り, に過ぎなかった, のお, のきれい, の人, の人数, の人足たちゃなわじり, の会員, の兄弟, の兵たい, の内二人, の勇士, の同, の名, の大家内, の女, の子供, の学校, の客, の家僕, の家臣ら, の将校, の小さな, の少年, の屈強, の工場, の巫女, の座席, の弟妹等, の戒名, の採, の放火, の教正, の死者, の生, の男女, の神職七十五人, の級, の聖徒, の船員, の貴族, の過半, の駕籠かきども, はたつた, はみな逮捕, は冴えた, は勿論, は十五日, は扉, は詞, は首尾, ばかりとあと, まで数え抜かれた, もあり, もお, もつれて, より成る, をいぶかし, をのぞい, をひきい, を掘り出さなきゃならなかった, を犠牲, を率, を讀み上げ, を除い, 悉く戦っ, 斬ったてよ, 最も少ない, 死んだ, 残らずみんな, 総人数二百六十九人

▼ 十ぐらいの~ (147, 0.1%)

7 男が 5 時に 3 男の 2 おじいさんです, りっぱな, 人相の, 品の, 大柄な, 女が, 娘が, 年配で

1 [116件] おじさんでした, お上さんが, お坊さん, かわいらしい下げ髪, がっしりした, ここの, じいさんです, すば, ちょッと, ときたのもし, ときでした, ときね, ときのだ, ばあさんが, ひょろひょろと, めがねを, やさしい顔, やさしそう, やせて, よた, よぼよぼなお, オヤジに, ジイサンが, ジジイであった, ボロマントを, ヤミ屋が, ランプは, 中爺が, 丸坊主の, 主人と, 事件が, 人だって, 人も, 体格の, 修業ざかりと, 刑事巡査らしい, 割だった, 力の, 合羽を, 商人風の, 塩の, 大坊主, 大男でした, 太った爺さん, 奥さんと, 女だった, 女と, 女の, 女の子が, 女の子で, 女中が, 女房が, 女房で, 女神である, 奴じゃあねえかと, 威勢の, 娘である, 婆さんが, 婆サンが, 婦人患者が, 容貌の, 寮番の, 小供, 小娘な, 少年だった, 平田という, 年にも, 年よりに, 年輩でありました, 年配だ, 年配でなきゃ, 年配に, 年頃で, 弁舌さわやかな, 意味に, 時であった, 時の, 時分であった, 柔和な, 水, 温和な, 漁師で, 独身者で, 生意気な, 男で, 男は, 百姓で, 粋な, 細お, 紳士で, 紳士である, 老人が, 老人で, 老人に, 老人の, 老女が, 老闘士, 背の, 脚の, 色の, 若い二人, 若い婦人, 若い顔, 若さ, 苦味ば, 苦味走った, 薄あばた, 薄汚い女, 貧相な, 青年や, 面白い男, 頑丈そうな, 頑丈な, 頭の, 髯の, 齢に

▼ 十余名~ (147, 0.1%)

4 の人々, の同志 3 の者 2 の人夫, の警官隊, の郎党

1 [130件] あるからには, おのおのくだん, があった, がいずれ, がいよいよ, がうまく, がこの, がこれ, が一時, が上京, が他, が件, が会合, が大八車, が戦死, が手, が斃, が机, が殿下, が芝浦亭, が集合, ぐらいな小勢, すら容赦, であった, で始まった, で酒屋, というの, という人数, といわれ, と一所, と共に閣, につけねらわれ, にとりまかれ攻めたてられ, に上った, に及んだ, に途, に達した, のもの, の一行, の乗客, の人, の人間, の代議士, の会者, の作家, の側臣, の力者, の助勢, の原士, の口, の同僚, の同勢, の名前がち, の多き, の多数, の大, の大勢, の大官, の大衆, の太刀物の具, の女, の女子たち, の妻妾子供, の官職, の密航団, の小勢, の市会議員, の患者すべて, の慰霊祭, の手, の整理, の敵首, の有数, の模範店員たち, の水夫, の決死, の活弁, の浪人, の浪士, の猛者, の獄吏, の男女, の程ヶ谷, の給仕人燕尾服, の美人, の美人連, の芸妓, の若い, の諸, の警官, の跫音, の送, の遊女, の酔顔, の関取連, の雪, は, はあり, はここ, はこれ, はやがて, は三日来樽以来, は中重, は悉く, は数千, は正成みずから, は立派, ばかり息せき切っ, への賞賜, ほどなく呉, もいよう, もその, も同時に, も駕籠, をにわかに, を伴い, を招待, を捕えた, を捕虜, を擁, を殺傷, を相手, を眼, を船中, を葬った, を誘っ, を選びだし, を釜山公会堂, を集め, 打ち集

▼ 十日目~ (147, 0.1%)

3 にようやく, に死んだ, の夜, の晩

2 [16件] か, ぐらいではなかっ, だ, である, で又, にお, には駕籠, にまた, に上, に始め, に届いた, に島一つ, に来, のこと, の夕方, の朝

1 [103件] かで思わず, かで錢形, か半月目, が御し, が来た, くらいで, くらいな, くらいにお金, ぐらいで兵営, ぐらいに五十万円, ぐらいに新, ぐらいのお, ぐらいの訪問, ずつに労働省, だが, だった, だという, ちょうど地蔵盆, であった, であつ, であるか, でした, でした決心, といふ, なのに, に, にあたる九月, にあらわし, にありついた, にくる, にころり, にその, にたいへん, についた, にて大坂川口, にです, にとうとう, になっ, になつて先生, になる, にはき, にはまた, にはもう, にはモートル, には千, には手, には早く, には東京, には聯合艦隊, には花, には頭髪, にわかつた, にアラビヤ, にチタ, に一度, に一度原料, に一文, に一日, に一気に, に入る, に出来, に初めて, に団十郎, に大がかり, に屆, に弁慶橋, に当たる, に当っ, に彼女, に村, に来た, に松蔭大藏, に現れ, に産土神, に膓捻轉, に至っ, に西洋, に諸, に變, に辨慶橋, に逢おう, に雨, に靖国丸, に頭髪, に駿介, の今日, の十二月二十日, の午後八時, の惰気, の日, の正午頃, の紀元節, の終り, の芸人, の行乞, の雨, の黛夫人, は, はほとんど, は日本風, を迎えました, 程にあたる今日, 突然自宅

▼ 十~ (145, 0.1%)

7 をつれ 3 の者 2 にすぎなかった, の一隊, の兵, の敵, の武者, の騎馬武者, ばかりで, ばかりを従え, ほど, ほど連れ

1 [115件] あわせて, いたか, おかし申そう, か, か三十騎, がそれ, がひそん, が一種, が一陣, が乗り込み, が引返し, が百騎, が追, が飛ん, くらいは具, ことごとく一騎当千, しかなかっ, しか戻っ, しか続い, しか連れ, だけが夜, では, でやる, で平然と, という小勢, という馬の背, とちりぢ, となく, とは思うまい, とは案外, と共に小, と共に小松ヶ瀬, と共に河内, と出ない, と前後, と後, と数えられた, と敵, と次, と立ちふさがった, にございまする, にみな笠印, に向っ, に討ちへらされ, に足らぬ, の主従, の侍, の侵入軍, の同勢, の従者, の武士, の紅巾, の與力, の迎, はすぐ, はその, はヒソ, は一ノ谷, は完全, は挺身, は来合う, は突撃, ばかり, ばかりが跳びかかっ, ばかりつれ, ばかりで見えました, ばかりと駒, ばかりに守られ, ばかりの, ばかりの伴, ばかりの将士, ばかりの部下, ばかりひい, ばかり小姓四人, ばかり徒士一隊, ばかり連れ, ほどで, ほどな, ほどに守られ, ほどの三好, ほどの侍, ほどの士頭, ほどの将士, ほどの従者, ほどの手下, ほどの敵, ほどの武士, ほどの群, ほどの者, ほどの郎党, ほどは城下, ほどもいなかった, ほどを従え, ほどを連れ, ほど包み, ほど従い, ほど従え, もあれ, も張苞, も追いつい, をつれた, をひきい, をもって殿軍, を一組, を向け, を従え, を從, を提げ, を林, を率, を率い, を追, を連れ, を選び伴い, 或いは百騎

▼ 十二三歳~ (144, 0.1%)

19 の頃 10 の少年 6 になる 5 の子供, の少女 3 に至る, の女, の青年 2 になっ, のころ, のとき, のむす, の時, の時分, の自分

1 [76件] かと思われた, かと言っ, からだろう, から二十七, から五, から十五, から十六, か骨格, くらいのころ, ぐらいから衣食住, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいまでと思っ, だらうが, であったろうと, であるが, である社会的, でまだ, でむッくり, で底, で服装, で死ん, で相当, で相手, で秋, で読み耽っ, で身体, といえ, ともなる, と云う, と推定, と見える, になった, にもなる, に及ん, に当る, に見えるやせ, のかわいらしい, のころ病身, のチンピラ, のチンピラ小僧, のピオニェール少女, の一子, の三人, の伊達者, の児童, の内儀, の初夏, の女の子, の娘さん, の子ども, の小児, の少女有, の幼少, の折, の梵妻風, の漁師, の牢人者, の猟師, の男, の眼, の神様時代, の童, の童児, の背たけ, の腕白小僧, の血気盛り, の頃京都, の頃愛読, の髪, までの聖者, までの間, まで生れた, より太布, 迄位, 迄更年期

▼ 十四五歳~ (144, 0.1%)

11 の頃 8 の少年 5 のころ, の時 3 になった, の女, の少女 2 であろうか, になる, のきたない, の少年少女, の私, の青年

1 [94件] おなじく印刷職工, かとも見える, かと思はれる, かと思われる, から三十代, から三十前, から五十六七歳, から十二, から後, くらいまでの少女, ぐらいには見える, ぐらいに見受けまする, ぐらいの女, ぐらいの娘たち, ぐらい迄の間, そして亦, だから, であったが, であったろうか, であり君子, であるか, であろう, でダルメイダ, で初段, で師匠, で東京, で高段者, ともなれ, と思える, と見受け, などというもの, におなり, にし, になつて, になり, になります, にはなつ, にみえた, にもなつ, にもなる, に至る, に至れ, に見ゆる, に達し, のくっ, のその, のときトウ, のば, のわたし, の一少年, の丸髷, の人, の伊那丸, の大, の婦人, の小, の少年助手, の年配, の店員, の弱々しい, の後, の支那女工等, の新, の日本人, の武士, の水ぎわ, の男の子, の白人青年, の白皙明眸, の白皙紅唇, の童僕, の美青年, の老人, の者, の自動車, の芸人, の若い, の若者, の豊満, の貧乏書生, の間, の頃五, の髪の毛, ばかりな, ほどの乞食, ほどの見る, までのところ, までの女気力盛, も上, より二十歳前後, 刳袴, 若いが, 若かった, 迄の男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談

▼ 十年近く~ (143, 0.1%)

11 も前 6 にもなる 5 の間 4 になる, の昔 3 にもなっ 2 なるでは, になります, も欧羅巴, も経過, も過ぎた, 呼ばれて, 経って

1 [96件] いつもこの, お互に, か, がすぎた, この山, そういう気質, その土地, ではじめて, というもの, なつて今, なりたる, なる, なるかね, なるけれど, なるの, なるまでの, になっ, になるであろう, の交友, の年月, の日, の歳月, の色々, の間秋田, の間自分, の間隙, まったく愚作, まつたく愚作, もい, もいっしょ, もいる, もお, もかかっ, もここ, もこの, もこんな, もさ, もしくしく, もた, もたっ, もつづけられ, もつれ添つた亭主, もとりつかれ, もなり, もなります, もの永い, もゐる, も一人, も丹精, も仙台地方, も以前, も会, も会田, も住み馴れた, も余計, も全く, も北海道, も同棲, も地虫, も大事, も大学, も子供, も年, も彼ら, も後, も戦地, も故郷, も日本, も昔, も東海道, も機関士, も病気, も私, も第, も経った, も経つ, も落着, も覚え, も詩, も読んだ, も食物商売, をそれ, を苦しみ抜い, を過した, 会うこと, 働いて, 働き一人前, 同じ町内, 早いが, 生きて, 生き延びた, 経った今日, 経った今日顧, 続いて, 親しい友達, 過して

▼ 十~ (137, 0.1%)

11 あつた 5 死んだ 2 おかくれ, 児が, 共にテニス, 弁護士に, 死にました, 死んだの, 皆んな親元の, 神童十五で, 買うという

1 [103件] あいつは, あつたらう, あと二十の, あらう, あらねば, おしかは, お嫁, お恭ちゃん, これは, ござりました, しかも晩婚, せうが, そして朝夕庭, その中六つ, それも, たうとう, つけたら大した, とうとうくたばった, ときどき孫, ほんの寒村, まだ木挽町, まだ独身, もう御, わります, タダの, 一文なし, 一萬五千囘此れ, 下に, 中学を, 亡くなりました, 今は, 今日また, 体が, 作家に, 倒れ亡くなる五十五歳, 停年な, 停年なんて, 切って, 初めて北都尉, 初めて洛陽, 別れた時, 割った, 割り十年, 勝負が, 区切らなければ, 名を, 向うは, 君が, 喰いとめろ, 売つた耶蘇教徒, 失敗四十で, 妙詩を, 嫁を, 子が, 学資の, 寡婦に, 居るもの, 山師五十で, 年の, 底止だ, 従って色気, 御入寂, 御座ります, 思い出すが, 情交を, 戌年の, 成道し, 摘み喰い免許皆伝, 摘み喰ひ, 操は, 次が, 死にましたかな, 死にます, 死ぬかちやんと, 死んだと, 死んだとしても, 死んだ詩人, 死んで, 歿する, 母と, 浦和の, 深く妻, 満期だ, 滅相美しい, 生き飽いて, 男が, 異種族排斥の, 痩せて, 発狂三十で, 相当に, 神童, 禽獣二十で, 綺麗に, 罪人と, 色盛男欲し, 花江は, 蘭軒は, 衣服は, 表向き隠居した, 足の, 遅く取る, 養老保険を, 3р

▼ 十七字~ (137, 0.1%)

10 の中 6 にする 5 を並べ 4 の俳句 3 であるという, に余りぬべき, の詩, や三十一字

2 [12件] であって, でさ, でその, で出来, ということ, というもの, にし, の小天地, の形, の文学, の活殺, を並べる

1 [76件] が一句, が四行, が容易, が最も, さえ並べて, それに, である事, であろうと, でさえ, です, で云, で十分意味, で簡単, といううち, という事, という俳句, という型, という形, という方, という格調, という極端, という調子, といったところ, とか十四字, と佶屈, と定まりたる, と豫定, などを並べた, に, にいい尽され, にした, にちぢめた, につづめ, につめ, になる, には無数, にまとめ, に並べたる, に変, に変え, に標榜, に結晶, に纏めた, に纏めたい, に適し, に限られ, のおのおの, のもの, のパーミュテーション, の内, の吟ずる, の天地, の定型的詩形, の容器, の小, の幻術, の形式, の御, の発句さ, の短詩形, の答, の繩張り, の鋳, は実際, は詩形, をもてあそん, を二, を割込ませる, を品格, を標準, を用い, を私, を竝, を詩形, を誦し, 第三十字

▼ 十~ (136, 0.1%)

17 もある 4 に近い, の熊, もあろう 3 のもの, もあり 2 とも知れぬ, の上, の箱, の蓋, の鉞, を下る

1 [89件] あって, あつたさうである, ある木, いじょうは, から御, から百貫近く, か六十貫そこそこ, か十一貫, が入, ぐらいある, ぐらいに見える, ぐらいのミコシ, さ, ずつもある, だ, ちかいよう, つまり当時, でいくら, では, ということ, という健康児, という石, という蓋, といっ, といつ, といふやう, といふ巨木, といふ蓋, と云, と仰せつかった, にあまる, にご, にし, にしか掛からぬ, にすりゃ, にはどうして, にはなる, にも餘, に余る, に減じ, に満ちた, のうち, のからだ, の主任, の体重, の体量, の力, の同氏, の品物, の大, の大男, の小身, の巨体, の巨漢, の扶持, の本職, の火薬箱, の物, の石, の脂肉, の豚, の重味, の銅線, はあらう, はあります, はあろう, は充分, は楽, は要る, ばかりの重量, まではなく, もあっ, もあった, もあらう, も鰻, よ, をつかわす, を利用, を少し, を引き, を楽, を楽々, を越える, 出す, 切れて, 売りました, 近いもの, 近い石, 近い肥

▼ 十二時近く~ (132, 0.1%)

7 であった, であつ 5 なって, になっ 4 なってから, なると 3 だつた, になりました

2 [11件] かえる, だ, だった, であったが, なった, なつて, になつて, になる, に私, まで, 帰って

1 [72件] から又, から延々, この白粉, そして書棚, だったが, だったそう, だったでしょう, であったろう, であろう, でさすが, です, ですから, でなきや, でなければ, なったが, なったの, なつて散会, なので, ならなければ, なりけれ, なりそれ, になつた, にやつ, に家, に宿, に寂しい, に帰った, に帰宅せり, に打ちやめる, に看護婦, に起きた, に起きる, に針, の夜中, の桜木町, までぐーぐー, までねた, までも起き, までやり, までスワン, まで切通し, まで勉強, まで咄, まで唄, まで喋り, まで喋舌, まで寝床, まで待つ, まで未練がましく, まで熱心, まで私, まで立っ, まで続いた, まで話し, まで話し込んだ, まで起き, まで遊ん, もうその, やっと正面, より雨ふり, 出て, 又自動車, 起きる, 起き二時, 起き朝, 迄か, 迄かかっ, 迄ね, 迄ねる, 迄ぼんやり, 迄やつ, 迄テスト二回

▼ 十時ごろ~ (132, 0.1%)

5 になっ, になる 2 からはじまった, だっけか, だった, であった, に外, に家, に発した, に目

1 [106件] あまり遠く, お着替え, お神さん, かもっと, からそろそろ, からです, からやっぱり, からブローニュ, から一時ごろ, から初, から始まっ, から強い, から晩, から滑る, から蓑笠, から身の上相談, から飲み始めた, だ, だったろうと, だったろう手足, だつたらうが, であったが, であったし, であったろう, であつ, である, でした, でしたかね, でしたな, でしたもう, でなければ, で三月, で彼, で月, と午前十時ごろ, なので, になつて, になりました, になるでしょう, にはお, には妾宅, には少なくとも, には手, には焼けた, には腰, には解散, には降りだし, には雪, にも登つた, に一, に二人, に僕, に北, に台所, に帰っ, に帳場, に店, に強い, に彼女, に明智探偵, に昼, に楊枝, に死んだ, に蚊帳, に訪ねた, に鍾乳洞, に青銅, に飲むべき, のこと, のつもり, のメトロ, の下宿, の日差し, の晴れた, の暖かい, はじまった将棋, はもう, また起きた, までかかります, までが青年組, までしか持たない, までには朝, までには鮮魚, までの町, までの間, までは日, までも起き, までらしい, まで坐っ, まで外, まで寝坊, まで待たされた, まで目, まで赤神山, やっとホテル, ようやく目, より立ち出, 同じ場所, 寝ようとして, 帰ったと, 必ず眠ります, 消燈, 着八時半東京出発, 若い将校, 飲ませるよう, 飲むよう

▼ 十~ (131, 0.1%)

6 の絶壁, もあろう 5 に近い 4 の高 3 もある 2 だか, に余る, の懸崖, の竿, の縄, ばかりに見え, もあらう, もあるべし, をなす事右

1 [89件] ありとも, あるいは十丈, か, からの大, か崖下, くらい長, ぐらいの谷間, ぐらいも使っ, これぞ尋, その下, ちかくの, という, という高い, といつ, といふ絶壁, とかいう高, ともしれぬ, ともはかり, とも分らぬ, とも知れない, とも知れなかった, と上, と云つて, と称す, と聞, ならずとも, ならば, ならん, なる一大蟒蛇, なる岸頭, にも余る, に余んぬる, に及ん, に盈, に積みかさねた, のもの, の下, の地上, の壁面, の大木, の大瀑, の山, の嶮崖, の底, の断崖, の杉, の梁, の海, の深, の深い, の渓底, の滝, の瀑, の物, の王子, の翠, の荒磯, の虚空, の裏, の鐵門, の雪人力, の飛瀑, の鯰, は下るまい, ばかりその, ばかりなる, ばかりのタマ, ばかりの大蛇, ばかりの蜈蚣, ばかり太, ほどの下, ほどの険阻, ほども深く, もあった, もあら, もあるらしい, もの斷崖, も煮え騰る, ようように, を下らない, を掘っ, を超えた, を越え, 又は十五丈, 広さ数町, 更に集り, 近い大瀑, 長さ十丈, 高く聳え

▼ 十~ (130, 0.1%)

4 のお 3 でした, の厚化粧

2 [13件] が自分, が青く, です, で愛嬌, で身許, のよう, の心, の情慾, の肉体, の貧し, の頬, はそれ, を見れ

1 [94件] あった第, お藤, がうまく, がかう, がどんなに, がよびとめ, がブランコ, が乳呑児, が何気なく, が前, が四十, が居ました, が急, が恩, が挨拶, が描き出され, が時々, が黒ずくめ, だが, で, でお, でお嬢さん, でこれ, ですから, でそう, で七八年, で亭主, で人, で以前, で口, で明けつ放しな, で育ちかた, で自分, ときたら爪, との間, などの泣き, ならば, なり, になっ, になり, に克, に寄せた, に見えた, に近い, の, のでっぷり, のひたい, のレッキ, の下女, の仇, の口紅, の女房, の婦人病, の常套手段, の強かさ, の情炎, の情熱, の担ぎ屋, の持っ, の有する, の気持ち, の浅, の淺猿, の痩せた, の癖, の聡明さ, の自尊心, の自白, の色気, の豊満, の赤い, の赤く, の酔人, の重量, の黒水晶, はいう, はそんなに, はもう, はハツ, は何, は大家内, は強い, は思ひ, は遠慮, は遲, は鼻, ほどみじめ, も果ては, よなし, をひそか, を朝, を殺した, 又有, 時としては

▼ 十三夜~ (129, 0.1%)

12 の月 6 の晩 4 のお 3 かな, である, の月見

2 [15件] で, ですか, ですよ, で今夜, で近江屋, に縁, のお話, のぼた餅, の前夜, の前日, の方, の月待, の赤銅色, の題, は一八四八年

1 [68件] が陽暦, であるので, ですねと, では, で亥刻過ぎ, で月, で村, で遲, というの, という不思議, という九月なかば, という今夜, とのちがい, とはよく, とは言わず, とは限らず, と大師講, と庚申, なども念, なれど, にお祭り, について皆一つ, には枝豆, には雨中, にも半, にも月々順まわり, に両国橋, に兩國橋, に搗き, に月め, に渡邊織江, に祭る, に谷中瑞林寺, の, のすすき, の前後, の夜, の夜話, の大師講, の宵, の後, の文字, の日, の明るい, の月夜, の月明, の朧月, の湯島台, の石塔, の神様, の祭, の詩, の豆名月, の集まり, はお, は正月, は私, まで七夜, もしくは馬頭観音, もまた, や庚申, や庚申講, よりも二十二夜待, をもって稲, を拝み続け, を過ぎ, 晴れて, 深碧

▼ 十五度~ (129, 0.1%)

9 の角度 3 の方向 2 か寒い, ぐらいの角度, だ, になった, に下がる, のもの, の時, の線

1 [101件] から三十五度位, から五十度, から六十度, から六十度辺, から十六度, から四十二度, か二十度, が十度, くらいにし, くらいに船首, くらいの室内, くらいの時, くらいの範囲, くらいの角度, くらいまで下る, ぐらいと云いたい, ぐらいにし, ぐらいに頭, ぐらいの傾斜, ずつ廻転, ずつ窓板, そしてついに, だった, だネ, である, でございます, でわたし, という数値, といふ日, といふ本, とか十三度, と四半分轉, と思う, ないし七十度, なり, なれば, になっ, になれ, にのぼる, にはめられた, に入る, に當, に近かっ, のあいだ, のあたり, のこの, のモスク, の中石, の位置, の低温実験室, の低温室, の体温, の傾き, の傾斜, の厳寒, の吹きさらし, の外, の大, の嵐, の戦い, の所, の敬礼, の旋回, の気温, の炎天, の私, の範囲内, の転換, の退却, の間, の闘技, の風, はあの, は多, ばかりの角度, ほどななめ, ほど傾いた, まで行った, もある, もあるべし, も傾けた, も彼女, も急, も昇進, も有る, も遊牝, より五十五度, より寒けりゃ, を下がる, を指し, を超え, を越える, を距, 乃至三十度, 乃至二十度位, 乃至五十度, 傾いた円筒, 傾くと, 傾けて, 正に寒中, 泣くと

▼ 十幾つ~ (129, 0.1%)

3 かになる, かの元素, の提灯 2 かある, かになつ, か若く, になっ, になる, の元素, の御用, の胸, の部屋

1 [102件] か, かあ, かあった, かあり, かであっただろう, かです, かで死んだ, かで白い, かとも思われる, かになっ, かに見える, かに見られ, かの上方者, かの休火山, かの太った, かの宗派, かの年配, かの怪我, かの時, かの歳, かの死骸, かの汲出機, かの白髪豊か, かの祖父, かの総桐, かの老人, かの老年, かの職業, かの若い, かの部屋部屋, かの顔, から踊, か下る, か取り出され, がレコード, だろうが, であった, でしょう, でせう, で耳, という, というお, といふ, といふ年, とかある, とかで, とかになる, とか言つて, となく, となっ, となれ, とも思われる, と云, と云う, と年, と打ち割った, と打ち割つた, と数えられた, と書い, と渾天儀, ならんで, になるだろう, になるつんぼ, にもなっ, にもなつて, にも及ぶ, にも変化, に劃, のマジャルドー, の主導旋律, の人種, の侍女, の半, の和泉屋, の変化, の女, の火山, の短剣, の老, の老婆, の花輪, の見世物館, の身, は浅ましく, まで, まで二十五年, まで青竹, も並ん, も左右, も巨, も年, も年上, も年下, も若い, も行われ, も見, も違, も齢, やろか, を経過, 書いたこと, 食った

▼ 十あまり~ (127, 0.1%)

6 の男, の老人 5 の年増 4 の女 3 の老婆 2 のころ, の人, の品, の大, の婢, の婦人, の死体, の老, の老女

1 [85件] ある, た, ただし頭, であった, であった初め, でしょう, とみえる, ともおぼしき, と思われる, と見ゆる, と覚える, と覺, なる老人, になっ, になった, にはお, に裂け, に見えよ, に見ゆる, のかみさん, のしなだれた, のしなびた, のそれでも, のでつ, の一徹そう, の一見, の不規則變化, の主婦さん, の人物, の分別, の坊主, の士, の大男, の女入り, の女性, の好人物, の如何, の小づくり, の履物, の年ごろ, の年頃, の息子, の戯曲, の戸数, の教員, の春秋, の時銭塘江, の曲, の林檎, の炭, の爺, の白粉, の立派, の童顔, の羽織袴, の老爺, の老翁, の腦, の色, の花, の若い, の若者, の薄, の赤く, の輪, の逞しい, の音階, の頭数, の顔, の髪, の鼻, はそれぞれ若干専属俳優, ぶッ, もあっ, もうす青く, もイス, も並んだ, も年, も書い, やがては, らしい見るかげ, 円うならべる, 円く寄り, 殴られて, 置きて

▼ 十~ (125, 0.1%)

13 十一の 6 十一に 4 引眉毛に 3 十一くらいの

2 [11件] そこい, 七十か, 七十の, 三十の, 二十か, 五十の, 六十の, 十一ぐらいの, 十一で, 悉皆とは, 知れぬ白髪

1 [77件] あるいは四五, ざっとその, それとも二十八, それとも四十, ですね, はり月日さきく, ひょっとする, もう少し上, よし都合, わからない, 一か, 一斉に, 七十に, 七十は, 七十一の, 七十五まで, 三十か, 三十くる, 三十そこそこで, 三十やっ, 三十一だった, 三十短歌でも, 九つの, 九で, 九ツくらい, 九ツぐらいな, 九ツごろの, 九ツの, 九十か, 二十一か, 二十一だったろう, 二十一で, 二十位出, 五十か, 五十くらいの, 五十ぐらい, 五十位の, 何百か, 八十ぐらいの, 六十か年頃も, 六十ぐらいにしか, 六十だろう, 六十に, 六十位の, 其処辺の, 十一, 十一ぐらい, 十一ぐらゐだつたかなあ, 十一だ, 十一であった, 十一ローゼマリーが, 十一二の, 十一二歳くらいの, 十一位の, 十一位桃割に, 十一頃の, 十三ぐらい, 十二位の, 十五つづけ, 四十かに, 四十に, 四十位一人は, 四十熱湯を, 多分その, 寺での, 廿の, 御こし, 我れ, 是は, 百で, 百の, 百もらっ, 知れない人馬, 第十一, 見当が, 見当も, 集って

▼ 十八文~ (125, 0.1%)

5 おいて, の先生, の道庵 3 と書い, の道庵先生, を標榜 2 がどう, が十八文, じゃああんまり, でいい, に免じ, のお, の提灯, の貧乏医者

1 [85件] あれば, かかった, から百六十四文, が情け, しきゃ薬礼, じゃあんまり, じゃいけねえ, じゃ少し, ずつであった, ずつときめ, ずつ取っ, だが, だけで, だよ, だ今度, だ十八文, でありました, できまり, でげす, でよい, で十八文, で売っ, で売り出し, で売り出した, で売り込ん, で帰れる, で暮らし, で有頂天, で診, で買える, というの, というもの, という文句, とおっしゃっ, とおっしゃられた, ときめ, と入れます, と合せ, と申し, と言う, と言った, にしかならない, にした, になり, に成ります, に楯, に準じた, のうち, のおかえしイ, のおかげ, のこと, のため, のわが, の中, の先生風情, の全, の医者, の名, の名声天下, の奴め, の如き, の江戸ッ子, の看板, の藪医者はん, の貧乏神, の金, の金看板, はちっとも, は俺, は当座, ばかり有, ばかり有った, も置い, やかて, よこす奴, よりは三文, より安く, より高く, をとっちめた, をふりかざし, をチビチビ, を有難く, 下酒二斗三升, 取られるという, 置いて

▼ 十五両~ (124, 0.1%)

7 の金 3 の鶉 2 か二十両, だよ, といや, やった, を半価, を横取り, 乃至二十両

1 [100件] あったから, あったそう, あったという, おつり, お持ちなすっ, がとこ, が手, ぐらいの通用, ぐらい取ったろう, ずつまんまと, ずつやった, ずつ呉れる, その時, たァ, だ, だけ貸し, だった, だって, だっていや, だと, で, である, でいい, でなくて, でも這入り, でやる, で事, で売る, で競り, で臼杵藩, で買うた, で買った, というところ, というの, という亀安自慢, という借用証文, という借金, という大きい, という大金, という金, と一分二朱六十八文, と切出した, と女衒, と聞い, なら大金, にしかならない, になった, になる, に及び, に売った, に負けよう, に買い上げた, に買っ, に過ぎず, のこと, の三十両, の代物, の儲け, の大金, の手金, の損, の支度金, の横槍, の物, の礼, の約束, の金包み, の金子, の雪白, はほんの, は去年, は飛ん, ばかりの金, ばかりの雇い, ばかり入っ, ほどの金, もありゃ, もした, もする, も入ったら, やって, やらとにかく, や二十両, をそえ, をどうか, をまきあげ, を借り, を借りた, を入れ, を出し, を切餅, を天引き, を払っ, を持っ, を掻き集めよう, を故郷, を請け取った, 盗った上, 貰ったそう, 貸して

▼ 十~ (123, 0.1%)

4 の自動車 3 のロケット艇 2 あった, のトラック, の車, までを災い, 飛んで

1 [106件] かせいぜい, がはいれ, が押し寄せ, が迷惑, ぐらいしかない, ぐらいの若い, ぐらい数える, すえつけたこれから, だから, だった, でいる, でございますよ, でともかく, で一ヶ月, で亡くなった, で六十円, で名, で覇心, で通る, というトラック, という大, という鉄車, という長い長い, といふ車, とかのトラック, となく, とも知れぬ, と列, と思われる, にあまる, にし, になっ, にまたすこし, にも満たない, に及べり, に見える, の, のうち, のタンク貨車, のトラック隊, のロケット, の京子, の今日, の体, の初め, の売出し, の大, の大八車, の奥さん, の奥さん方, の女, の小娘, の扮装, の救援ロケット艇, の救援艇, の時分, の橇, の機械機, の清盛, の炭車, の犬橇, の男, の終り, の若, の血気盛ん, の見舞車, の貨物自動車隊, の電車, の青年, の頃, の飛行機, の高級自動車, ばかりの炭車, ばかりの荷車, ばかりの飛行機, ばかりの馬橇, ばかりパーク, ばかり一列, ばかり並ん, ばかり列, ばかり勢いよく, ばかり持っ, ほどずらりと, ほどで, ほどのロケット, ほどの車, ほどもずらりと, ほど絶え, もあった, もあろう, もこっち, もって, ものトラック, も作り, も持っ, も留吉, も百台, も立ち往生, を以てようやく, を落し, を要し, 作られたきり, 使って, 及び空中給油機六台, 抜くか, 置くつもり

▼ 十~ (123, 0.1%)

8 の馬 2 のもぐら, の乳牛, の牛, の裸馬, の雌, の駱駝, ばかりの馬, ばかり居る, を回向院, を殺した

1 [95件] ある, ある人, あんまり数, かしれまい, かの小荷駄隊, かの馬, からいる, か数, が分泌, くらいの群れ, くらいの荷駄馬, ぐらいごろごろ, ぐらいは食用, ずつを一ト組み, そのほかパン, たらずの, ちかい牛, という, という大群, という馬, となく, などその, につき一頭, にもなっ, に見えた, に足らぬ, のヤク, のヤク牛, のライオン, の中, の前頭, の名馬, の土佐犬, の大, の子, の巨鯨, の怪物, の海ひょう, の牝牛, の犬, の狐, の狼, の猛獣, の猟犬, の羅刹, の群, の訴え, の遠く, の馬匹, の駄馬, の駒, の鹿, はいる, は追, ばかりのみごと, ばかりの将軍, ばかりの立派, ばかりの軍馬, ばかりの馬蹄, ばかりゐました, ばかりを小屋, ばかり持っ, ばかり現われ, ばかり草, ほどの馬, ほどみんな, ほど軍, までを附け, もありました, もいる, もいるであろう, もつながれ, ものもぐら, もの荷馬, もの馬匹, も二十頭, も刈った, も十五頭, も子豚, も殺された, も用意, も群がっ, も飛出し, も馬繋ぎ, をります, を出し, を屠っ, を撲殺云々, を斃, を有する, を東大寺, を献上, を飼養, 近い牛, 飼ったそう

▼ 十九人~ (122, 0.1%)

2 になっ, の名前, の夢, の子供, の者, はへどもど, までは, を武蔵

1 [106件] あったが, あつた, ありしと, ありて, おりますが, から十五人, がひとり, が一, が寄宿, が武蔵, が瘋癲人, が誤, ぐらいで, そしてこの, それから返, だ, だけ済ませました, だったという, であった, であったとも, であつ, でありました, である, であろう, とある, という大連, となっ, となっとる, となる, と弟子, と見え, なり, について調べた, にガタ落ち, に対して六人, に対する七人, に皮肉, に食物, のそれぞれ, のどの人, のほう, のポルトガル人, のリストリア人, の一味, の人, の人命, の位牌, の作者, の内, の同車, の名, の垢, の多数, の女, の店員, の憎悪, の教正, の方, の欧羅巴人, の武者, の残り, の猟人, の生き残った, の砲隊士, の組, の義人, の舞姫, の若者, の銃隊士, の関係, は全然, は全部, は字, は極貧, は現状, は生き, は百九十三年後, は自分, は自殺, までいや, までがこの, までがそれ, までその, までの垢, まではきつ, までは他人, までは僕, までは平次, までは惨め, までは月, までは魔法使, までまるで, まで出来, まで皆, もあります, もの人, もの破戒僧, も乗り込ん, も捨てられ, をどんな, を始末, を選び, 狭い実験室, 程でご, 立ちならぶ中, 舞いたり

▼ 十フラン~ (121, 0.1%)

4 になる 3 だと, の金 2 するの, になっ, に値切っ, の金貨, もする, を持っ, 出すこと, 持って, 残った, 送って

1 [91件] あげようそして, いただきたいですな, いただきましょう, かの安, から一カ月三, くらいは友人, ぐらいは出, こしらえた, しかもらっ, ずつくれる, たくわえて, だ, だけ不足, だったの, だね, ついてるので, であった, です, ですとさ, ですね, ですよ, でできる, では, でぼく, でゴルボー屋敷, でマリユス, で売った, で買える, で買おう, で買った, で買つて, で賣る, というの, という金, といふ屋根裏, とかいう値段, とか六十フラン, と云, なら, にし, にしかならない, にまけ, にも売れた, にオリヴィエ, に当たる, に訂正, の事, の値打ち, の手形, の札, の紙幣, の罰金, はいっ, はする, はもらえる, はわたしたち, はジルノルマン氏, ばかりしか残らなかった, ばかりだった, ばかりでどう, ばかりにしかならなかった, ばかりの夕飯, まけた, までき, までまけた, まで値切った, もあれ, もくれた, もした, も借りた, も取る, も金, をモンフェルメイュ, を与える, を儲け, を出なかった, を受け取るべき, を増し, を家主, を渡し, を請求, 借りに, 出して, 分けて, 恵んで, 送らなければ, 送れですとさ, 集まるわけ, 集めなければ, 集めるであろうか, 飛んで

▼ 十~ (121, 0.1%)

4 か百文 3 になる, の金

2 [11件] あんまり安い, だ, だとか, で買った, の, の千住, の物, の銭, の鳥目, 出して, 選り出させて

1 [89件] いただきます, いただきます刀, お子供衆, かの木戸銭, から百文, か三十文, か二百文あたり, か十一文, か百文づつ呉ます, がところ餅, がほどの鳥目, が一兩, が得分, が鳥目, くらいであろう, ぐらいくれます, ぐらいでは泊め, ぐらいな, ぐれえには, さ, しかない, しかなかっ, するが, ずつで, ずつに当たる, ずつ払っ, ずつ火打袋, ずつ絞り上げ, たッ, だてぇますから, で, であったと, でなおしましょうと, でよろしゅう, で一遍, で乳下水, で見せる, とある, という定め, とはどう, と云う, と書い, と溜め, と踏んだ, と騰貴, なり, なりと, にて事足る, にて市場, にて買炮烙, になった, に相成, に相成り, に負けろっ, に買受, のこう, のところ, のコウダカ, のメリ, の上酒, の値段, の刀, の抵当, の日傭取り, の日當, の真鍮玉一つ, の糠代, の講演, の違ひで, の風藥, は惜しく, は確か, は米価, ばかりくれおった, ばかりだ, ばかりちゃぼ, ばかりで, ばかりの駄賃, ほど亭主, また文金一歩, まであり, もかたり取られた, もな, もらって, も持出さない, を与う, 張ったぞ, 這入って, 高いところ

▼ 十円札~ (119, 0.1%)

9 を一枚 4 を三枚 3 を二枚, を保存, を出し 2 がわずか, が一枚, と十円札, の姿, へ目, を出した

1 [85件] か百円札, がふるえる, がゴチャ, が二, が二三枚, が二枚, が出, が十枚, が渡される, だから, だわねえ, である, でした二百円, でどれ, でふくらん, で七百円, で九十円, で六十二枚, で支払った, で約, と受取証, と同じ, なんて滅多, にくずし, にも漂っ, に厭味, に小さい, に貼りつけ, のこと, のため, のつもり, の一枚, の上, の代わり, の束, の束丈, の準備, の百枚束, の釣銭, はたしかに, は一枚, は不思議, は棒, まだ新しい, もこう, も消え, やなんか, や百円札, らしい, をかぞえ, をつかみ出す, をつかむ, をつつん, をテーブル, をポケット, を一枚ボーイ, を三十枚, を何枚, を入れ, を六十二枚, を出す, を十五枚, を十枚, を卓子, を取り上げ, を受取る, を大切, を引き出した, を必死, を懐, を手, を束, を東洋銀行, を眺めた, を突, を粟野さん, を考えつづけた, を膝, を蟇口, を見, を見つめ, を返さなけれ, を返される, を銀次, 出して

▼ 十二時半~ (118, 0.1%)

9 に家 7 に出 4 に出る, に迎 32 か一時頃, である, にはきちんと, に入る, に出かける, に座, の約束, までものん, を打つ

1 [73件] うわこいつ, からけい古, からつぎ, から一時半頃, から三カット, から二時半, から大, が鳴った, が鳴る, じゃ怒りたくなる, すぎるころ, だったとか, だね, だよ, である寝よう, でございましたが, にしかなりません, にすむ, になり, になる, にねた, にねる, にホテル, に三越衣裳部, に低温室, に公会堂, に出発, に北, に大, に大阪, に女房, に寝る, に日劇四階会議室, に昼飯前六度三分, に来る, に東宝支社, に此処, に甲府, に稽古場, に立つ, に銀座, に食堂, ので行く, の昼食, の汽車ぢ, まで, までに子供, までのみ食, までまっ黒やみ, まで何, まで寝, まで待った, まで話し込む, ようやく鞍部, を回っ, を報じた, キッカリ, 切り上げる, 帰って, 帰る, 引きあげ, 終る, 起き宿, 起き日劇, 迄, 迄ね, 迄ねる, 迄やり, 迄休ん, 迄全くよく, 迄寝た, 迄撮影所, 迄紅茶

▼ 十年ぶり~ (118, 0.1%)

2 だもの, でその, ではじめて, でやっと, で三島駅, で郷里, とかの暑, にこの, のロンドン, の再会

1 [98件] かで, かでお, かで市民たち, かで故郷, かで現世, かで行った, かで見た, かにそれ, くらいで, ぐらいで, だ, だからね, だった, だつて, だと, だといふ, だらうそこ, で, であったので, であつ, である, でうれい, でお, でお目にかかる, でこういう, での帰省, でほんとう, でテク, でヨーロッパ, で二等車, で出, で叔母, で呉服, で外国, で奇妙, で始め, で帰っ, で帰る, で恋人, で我家, で日本, で本, で来, で来訪, で林町, で柳生, で生れ故郷, で田舎, で稻扱機, で逢う, で金瓶, という大, という暑, という珍しい, とかいうこと, とかで, とかの酷暑, などで母子, に, にあたった, につこりした, にてこ, にやって来る, に京都, に会つた子供, に來, に再会, に動物園, に区名, に帰郷, に平和, に海魚, に相, に親子, に読ん, に豊吉, に起き, に逢う, ね, のいや, のこと, のやう, の今日, の余裕, の創作, の味, の大, の大雪, の子守唄, の故郷, の旱魃, の猛暑, の現象, の由, の邂逅, の雪, らしく庭, 初めての

▼ 十マイル~ (116, 0.1%)

9 あり 3 も離れた 2 に及ぶ, の所, の距離, の間, もある, も行く, を隔て

1 [90件] あり山々, かそこ, からみたら, から百マイル, か十二マイル, か十五マイル, くらいしか離れ, くらいのところ, ぐらいずつ進み, ぐらいのところ, すると彼, その時, それで脛, である, でロンドン, で汽車賃, で私, というところ, という地点, とかいう高度記録, とか二百何十マイル, とす, となく, となる, と離れ, と離れた, なり, にし, にもひろがる, にわたって警戒網, にわたって路, に達す, のあたり, のところ, のアットルボロ, の内地, の南, の吹雪, の地峡, の地帯, の地点, の山脈, の山陰, の波上, の洋中, の線, の航, の速力, の道, の高度, は何, は歩いた, ばかりのところ, ばかりも車, ばかりを六十年, ばかり走る, へ悪魔, ほどいった, ほどのあたり, もあった, もいった, もはなれた, もむこう, も出向く, も太平洋, も徒歩, も遠く, も遠方, も遡らなきゃなりません, も離れ, や百マイル, を一日中航行, を四時間, を我々, を殆ど継続的, を隔てた, を離れたる, を馬, 乃至十二マイル, 乃至百マイル, 程手前, 程離れた, 行かなくては, 行くの, 走り続け得, 離れたる某氏, 離れた富士, 離れた所, 離れた長崎, 馳せること

▼ 十~ (116, 0.1%)

11 となく 6 の鶏 4 に茶漬け三杯 3 ばかりの雁 2 が群れ遊ん, である, といふ燕, のひな, の雀, の雛, の鴨, ほどの鶏, も群れ, も飼った

1 [72件] ありましても, いた鳩, いました, いる, いるん, いる豚, かたまって, かわからない, が声, が夜霧, くらいすぐ, ぐらいな鴉, ぐらいの雁, ぐらいは飼える, ずつは吉左衛門, ずつ買っ, つぶさしといたさかい, であった, では, という鵜, とはありますまい, ともない, と群, と茶漬け三杯, と限り, ならば, なり二十羽, なり集まっ, にのぼるだろう, に殖え, のアヒル, のカモメ, の代, の孔雀, の小鳥, の海鳥, の鳩, の鶩, の鷺, はナイフ, は見, は飼っ, ばかり取った, ばかり捕れる, ばかり白い小さい, ばかり親, ばかり飼, ばかり飼う, ほど, ほどと鴛鴦, ほどの鳥, ほどの鴨, まさか風, もらえる, もをり, も二十羽, も大, も大まはり, も捕った, も飛, も飼つて, も鶏, や七十羽, や三十羽, や二十羽, を彼, を飼え, 差し出さなければ, 放して, 殖えたぐらいは, 群れた岩燕, 買えるだけの

▼ 十幾年~ (114, 0.1%)

7 の昔, の間 5 の後 4 にもなる, の生涯 3 と云, のむかし 2 か前, になる, に建てた, のその間, の月日, の間身, も前, も昔, を経過, 経た今日

1 [61件] かが津浪, かで日本, かにその, かに創業, かの歳月, かの物, かの生活, かの辛苦, かの間, かぶり, かまえには, か以前, か分らず, か勤めた, か昔, か連れ添っ, この方, たたかひぬきし同志ら, たって, だか, という月日, という間, といふもの夜昼転倒, といふ月日, とか二十幾年, とか監獄, になりました, にもなっ, のうち, の以前, の友情, の孤獨, の後ケルン, の御, の栄燿, の武家生活, の生活, の男盛り, の維新前後, の苦しい, の苦労, の長, の長い, の長生涯, の間現世, の間私, は連載小説, もいたなら, もたった, も他人, も在職, も戦い, も続きました, も続けた, より通例概算, を経, を過ぎ, 住みなれた亡夫, 尤も私, 常に夫人, 求めて

▼ 十五年前~ (113, 0.1%)

4 のこと 2 である, と今日, なり, の享保十三年

1 [101件] ある冬, から彼, から彼等, から行なわれてる, だった, だったが, でありながら, で三十年前, とはずっとよく, と同じ, と比べたら, なら八十五円, なり斯く, にあなた, にあの, においてマルクス, において幕府, にこの, には, にはもはや, には今, には僅, には外山博士, には大, には思想, には文学, には文学士春の屋朧, には日本, には日清, には東京市内, には琴, には自分, には道楽, にもう, にイタリヤ, にクルプ性喉頭炎, にマルコ, に七十三, に亡くな, に亡くなつた, に住ん, に別れた, に墨書, に当る, に彫った, に恋し, に感じた, に書いた, に本郷, に栃木刑務所, に歌つて, に死にました, に死んだ, に比する, に生れ, に發表, に相当, に私, に立ちもどった, に素晴しきノルウエー人ラウラマルホルム, に結婚, に絞首台, に苦しみ, に蘭軒, に行った, に装填, に記録係, に詩, に通っ, に那珂博士, に関東都督府編纂, の, のあの, のかつて, のもの, のプティー・ピクプュス, のメキシコ征服, の一八四七年, の事, の人, の人間, の初, の原子構造論, の坊主学校, の学生, の日附, の演劇雑誌, の物, の現, の第, の蘭軒, の青葉, はお, はおろか, までこの, までロシア勤労大衆, まで女郎屋, を考えます, 即ち四人, 後堀川天皇, 長き旅路

▼ 十左衛門~ (113, 0.1%)

3 が云った 2 と伊東七十郎, の奔走, は云った, は低く, は杖, は黙っ

1 [98件] か, からも報告, から内蔵助, が, がお, がくいしばった, がぐいと, がしきりに, がしばしば, がそこ, がなお, がよっ, が乾いた, が云っ, が会釈, が使者, が去った, が吉岡問責, が呼びかけた, が喘ぐ, が増し, が来た, が笑い, が納得, が藩政全般, が青根, が頭, これからは, その子息, だ, だと, だな, です, とが人夫頭, と共にはいっ, と大和流, と桑山伊兵衛, と榊原采女, と相談, と臂, と蜂谷六左衛門, と話しあい, にとって大きな, には会った, にも似あわない, にも聞い, に主, に云った, に近, のかん高く, の四角, の声, の心, の意見書, の旅舎, の書いた, の来る, の死, の濡れた, の眼, の秘蔵, の足もと, の跡目, はさぐり, はしつとりし, はすでに, はそこ, はそれ, はどう, はながい, はひどく, はむずかしい, は今夜, は会釈, は俯, は口, は呼びかけた, は声, は宿, は居宅, は柄杓, は歯, は眼疾, は睡, は石巻, は遮っ, は頭, は頷いた, まで開城, も来なくなった, も私, も立った, も非常, も食事, や北見彦右衛門, を片づけたがっ, を見まもった, を訪ね

▼ 十年配~ (113, 0.1%)

11 の男 5 の女 3 の作家

2 [18件] だが, で綿入, のお, の人, の人物, の分別盛り, の寺男, の屈強, の左, の強か者, の浪人者, の独り者, の独身者, の老人, の肥った, の背, の船頭, の金貸し

1 [58件] から四十年配, だ, で洋服, で躯, に見える骨張った, の, のいちょう, のお方, のこの, の下男風, の中肉中背, の主人, の亭主, の俥ひき, の典型的, の出戻り, の前歯, の勝気, の同国人, の品, の地味, の太, の夫婦者, の奥さん, の婦人, の嫁, の少し, の強健, の御, の教養, の歯, の気, の氣, の求職者, の洋装, の洗練, の番頭平兵衞, の痩せた, の白鼠, の眼, の穩, の立派, の紳士, の総髪頭, の老, の者四五人, の肥えた, の肥満, の胡瓜, の苦労人, の苦勞人, の豪農, の農夫, の逞, の陽やけ, の頑丈, の頑固, の顏

▼ 十過ぎ~ (113, 0.1%)

6 の女 5 の男 4 の出戻り 3 の年寄 2 てから兄, としか見えない, ともみえた, の中婆さん, の分別者, の平常, の痩せた, の老人

1 [79件] いやヘタ, ぐらいの紳士, だが, だし, ている, てからいよいよ, てからの道樂者, てから寺家, てたった, てたつた, ての今, ての創作, ての厚化粧三昧, ての火, ての結婚, ての蹉跌, ても力, ても薄化粧, てより, て元気, て妻, て水仕事, て船頭, て貰つてぢ, であること, ですよ, では, にも見えます, にも見える, に見える, のいつも, のいや, のお爺さん, のこれ, のちよい, のまるまる, のノロさん, のビリケン頭, の下僚, の世帯疲れ, の中老人, の中老組, の乳母, の人みたい, の人物, の先妻, の同じく, の大, の大きい, の婆, の婦人, の年輩, の年配, の年配ぢ, の心, の愁い, の日本人, の時, の有徳人, の独身, の獨身, の疱瘡, の立ち役, の立派, の羊羹色, の薄汚い, の親爺さん, の越前屋周左衞門, の越後, の逞, の達者, の靄山, の青年紳士, までは何, までニキビ, まで奉公, まで獨, まで荻野家, らしく肥えた髯だらけ

▼ 十~ (112, 0.1%)

6 の米 3 を少 2 か五十俵, と十俵, の収穫, の御家人, を二十俵

1 [93件] いれました, からの増収, から五六十俵取り, が資本, ぐらいは貯, しか取っ, しか貰っ, すなわち竹, ずつとれました, ずつとを窮民, ずつ持っ, たらずと, だ, だけ馬, だと, つみこんで, である, では, でも禄米, で日数, で決して, というの, という米俵, といわず, とが平気, との比較, とは大した, と一人, と五十俵, と十五俵, と家族一人, と雑穀, にする, に七十俵, に三十俵, に二百五十俵, に五十俵, に八百俵以上, に就き, に当たる, に百俵, に薪, のほか, の半紙, の収入, の小普請, の小身, の方, の旗本格, の炭, の痩御家人, の白米, の祿, の禄, の自暴, の高, は僕, は四十俵, は焼いたろう, ばかりの土砂, べい, ほどの米, も他家, も引い, も積, も積重ねる, も立行かない, や百俵物, より九十九俵, より二十九俵, より六十九俵, より四十九俵, より四百九十九俵, を与うれ, を大, を大中士, を給, を雪, を食む, 出すという, 取の, 取れる六十俵, 取れる斯, 売って, 引いて, 御足四十俵, 盗まれたと, 盗んで, 穫ったこと, 穫ったの, 編んで, 送ったところが, 運んでも

▼ 十~ (112, 0.1%)

4 の大通り, の通り, の馬場 3 てがらです, に近い, の競馬

2 [11件] が太田, てがら, です, では, というの, に仮寓, の増田屋, の繁昌, の馬場屋敷, は平生, へ行った

1 [69件] か, から古川雑色綱坂, から眼, が山城宇治, が霊岸島, くらいだったでしょう, くらいの成績, ぐらいのところ, ぐらい上, だけ値切っ, でお, でございます, でしょう, でもなく, でも切ろう, でシュウマイ, で卒業, で用, という危, という地名, との席, とは誰, と十五番, ならお, にこの, には後備関勝蔵, に家, に泊っ, の, のう, のお客様, のお方, のカンタータ, のガスケル家, の増田屋金兵衞, の大金鍼, の家, の方, の水戸, の福槌亭, の第, の者, の錦繪, の靜物, の馬場屋敷内, の馬場屋敷居住, の高音, はこの, はどっち, はルービンシュタインの, は何だか, は太刀川時夫, まで, までの勘定方, までを内藤君, までを横田君, までを高谷君, まで一寸五分, まで総, まで行っ, まで負けられ, も弾きつづけ, も気に入らぬ, や品芳楼, よ, を出し, を表す, 斬の, 習った事

▼ 十五六人~ (111, 0.1%)

3 の男

2 [14件] それに平次, になった, にもなりました, の人たち, の人数, の侍, の同勢, の子分, の従者, はしばらく, は大きい, ほどの名前, も寄っ, 集まって

1 [80件] いたが, いた集り, いづれも, が一つ, が出入り, が女性, が野良, が鬨, ずつ三回, ずつ引きつれ, ただしその, であった, でこしらえ, でじゅうぶん, で毎晩鉦, で隊, というもの, と一人, と云, に会った, に過ぎなかった, のもの, の人, の人々, の人數, の人間, の仲間, の児童, の女, の娘, の客, の少年武士, の怪我人, の新聞記者, の暇そう, の武士, の武士達, の武家, の死骸, の漁師等, の田楽法師, の男の子, の盗人, の者, の聴講生, の船頭, の若い, の華車, の講中, の豊田兵, の門弟, の集まり, はいる, は太郎さん, は居た, は抜いた, は集まる, ばかりが対抗, ばかりの人, もいる, もつれて, もゐました, も乗れ, も寄った, も寝かされ, も居, も集まった, も集め, も顔, らしいわ, をみんな馘首, を相手, 乃至二十人位, 多い時, 居たが, 程いた, 立つて, 腰かけて, 語らうて, 集った倶楽部

▼ 十銭銀貨~ (111, 0.1%)

6 を一枚 5 を一つ, を二つ 4 を二枚 3 が一枚 2 の二つ, をお, をひとつ, を掌, を落した

1 [78件] がいつの間にか, が二十枚くら, が二枚, が光つて, が十枚, が底, が明治三年, が溜っ, が落ち, が落ち散っ, くらいの大き, だけど, だけにし, であった, です, でも一つ, で一銭, で二十何円, で六百枚, とその, に忠義, のうえ, の一つ, の代わり, の実物大, の影, はざっと, は六人, ほどの眼, をあげました, をいれ, をすうっ, をたべられる, をつまんだ, をやられる, をテーブル, を一つさし, を一つづ, を一枚ゴマ化, を一枚先頭, を一枚宛, を一枚床几, を三つ, を三四枚, を何枚, を使う, を入れた, を六枚, を出し, を出す, を取出し, を四つ, を四枚, を奮発, を山, を差出した, を幾つ, を手のひら, を手品, を手渡し, を投, を投げ, を持ち出し, を掴みだし, を握らせた, を料理人, を施したい, を森君, を求めた, を渡し, を湯水, を紙, を置く, を落し, を藤六さん, を蟇口, を頭, を鳴尾君

▼ 十フィート~ (110, 0.1%)

9 の高 4 のところ, もある 3 の距離 2 のもの, の小, の所, はある

1 [82件] あった, あるいはそれ以上, あるいは十二フィート, あるいは十五フィート, あると, かまたは, からの高, から八十フィート, から四十フィート, か七十フィート, か十五フィート位, か向う, くらいの四角い, くらいの深, ぐらいの, しかなかっ, そのほか, であったが, であって, であり点線, である, ですと, で上方, で高, と記載, と記録, ないし百フィート, なる蛇, にある, にも及ぶ, に二十五フィート, に六十フィート, に足らぬ, に足りない, に近い, に達する, の四角, の大蛇, の底, の応接間, の棒, の櫓, の水, の深, の石垣, の空間, の竿, の糸, の納屋, の肥った, の茂った, の蛇, の鋼鉄製, の電信柱みたい, は増す, ばかりのテーブル, ばかりの青銅, ばかり下, ばかり入った, ばかり登った, ばかり離れた, まで長ず, もあろう, も下, も聳え, も行った, も離れ, も雪, も飛ん, も高い, も高く, を越えず, を越し, 乃至三十フィート, 或る, 深さ八フィート, 近い深さ, 長さ二百フィート, 離れて, 高いところ, 高い所, 高さ六フィート

▼ 十日あまり~ (110, 0.1%)

4 して, の日, の月 2 たって, になった, になります, の間, も恋愛旅行, も滞在, も経つ

1 [84件] かかって, この辺り, それから白描, つづくわけ, であった大町米子さん, でかツ, で中止, で保久呂天皇, で匆々, で東平府, で石, で終り, とはよく, ともかくも, とも角, にしかならない, にすぎなかった, になっ, にもなる, に福原, の万七, の不在, の休養, の余日, の初夜, の天気, の山野, の幽, の彼, の後, の心労, の旅, の月光, の月明かり, の病床, の真, の萬七, の血, は唯ぼんやり, は新妻, は難儀, もかかっ, もかかる, もこの, もつづいた, も冢, も吉原, も安静, も寝小便, も御, も日数, も早い, も止っ, も毎日, も滯在, も町, も眺め暮らし, も私, も纏いつかれ, も考え苦しんだ, も舟がかり, も進む, も遅らした, も過ぎた, も銀杏, も銀杏返し, も門, も降りませぬ, も馬籠, も馳走, も髪, をすごした, を何処, を幽, を待ち暮した, を水, を経ぬ, を經, を過ぎ, を道誉, 明るい海光, 泊って, 泣きつづけたある, 経ったので

▼ 十~ (108, 0.1%)

7 の村 2 ある, か一握り, か二十戸, の小村, の部落, は今, ばかりの並倉, ばかりの小さい, ばかりの部落, も有らう

1 [81件] あったの, あり一家, ある四百五十戸, ある村, からある, からなる, から一人, から成る, かわからない, か百戸足らず, が全部人形操, しかない貧しい, しか無い, だと, である, というその, という同一数, という報告, という数, といふところ, にあまる, にし, にすぎない, にも上っ, に増加, に増額, に近い, のうち昨年中, の中, の人家, の労力, の小, の屋根, の山村, の民家, の漁村, の食封, ははなはだ, ばかりでした, ばかりで止みました, ばかりのもの, ばかりのバラック, ばかりの一族, ばかりの中, ばかりの家, ばかりの家族, ばかりの寒村, ばかりの小, ばかりの漁村, ばかりの異人屋敷, ばかりの竈, ばかりの開拓団, ばかりひどく, ばかり並ん, ばかり宿屋, ばかり焼いた, ばかり零落, ばかり風俗, ほどのこの, ほどの半, ほどの小村, ほどの村, ほどはある, ほどを焼いた, ほど居住, ほど散在, ほど村道, もあっ, もあった, もあらう, もある, もあるであらう, もあろう, やいた時, を住民, を数える, 半つぶれ, 小さな家, 有ったが, 程に増し, 程密集

▼ 十~ (107, 0.1%)

5 の書物, の本 3 もある 2 とした, とも知れぬ, の読書, ばかりの本, を選択

1 [84件] か八冊, があった, が借り出し, が表, ぐらい, ぐらいずつ雑誌, ぐらいのもの, ぐらい今さら, だけであっ, ちかい之等, ちかい創作集, ちかく不満足, でも二十冊, でも進呈, で我来也, とあり, といふ字引, となく, とも数, とよんで, とりよせて, と古代百科辞典, と机, にした, にはなるまい, にもなつて頭, にも二十冊, に当り, のあや, のいや数百冊, の中, の予定, の原稿用紙, の参考書, の大きな, の小説, の手記, の挿絵, の書籍, の短篇集, の背文字, の詳しい, は三部, は読めよう, ばかり, ばかりであった, ばかりです, ばかりのノート, ばかりの中本, ばかりの唐本, ばかりの著書, ばかりを三円, ばかり併, ばかり積み上げ, ばかり積ん, ばかり虎の子, ほど, ほどの孔子, ほどの本, ほどめくら, ほど取揃え, ほど読んだ, まで読んだろう, もございます, も買いこんだ, も買い込ん, も這入る, やそこ, や三十冊, や二十冊, や呑, よむ以上, よりなれる, わざわざ自分, を官, を強, を強う, を悉く, 出した本, 御申込, 持って, 揃って, 程と並べられ, 積上げて

▼ 十幾人~ (107, 0.1%)

4 の一座 3 の女

2 [14件] と人間, のうら若い, の下女下男, の前, の名, の多勢, の教師, の無力, の無辜, の腰元, の頭, の顏, は一, もの人

1 [72件] あった, かある, かの中年, かの児童, かの墓, かの子ども, かの子供たち, かの子持ち, かの巡査ども, かの組, かの聯名, かの随伴者, かは夕飯, かは捕え獲た, かを敵, か引連れ, があつ, が内大臣, が半死半生, が数日後, が新富座, が皆, が皆んな気, ただ滅茶滅茶, だけがいったん, だけが尼姿, とその, と随身, には因果, のうち, のお, のこども, のそれ, のほか, のジャコビン黨, のジヤコビン党, のソプラノ, の亭主, の人夫, の人達, の似顔, の出席者, の卒業生, の命, の塾生, の奇談クラブ, の奴隷, の妓, の子, の子供, の客, の家族, の男女, の者, の聴き, の聽, の若い, の苦労, の顔, は三浦方, は令嬢奈々子, は悉く, もお, ものひと, もの人間, もの子供たち, もの應募者, もの生首, も立っ, を一時, を死刑, 唯滅茶

▼ 十数年前~ (106, 0.1%)

5 のこと 3 にはやった 2 に書いた, の出来事, の古い, の日本, の昔, の話

1 [86件] からのこと, から仏教史観, から先生, から利根川, から故郷, から着手, から考へ, が映画, この上新田, この部屋, すでに僕, その俳優, たしか昭和十三年, だかに, だが, だった, では明らか, と対照, と決め, になる, にはモスクワ, には学僕, には少数, にひどい, にも一緒, にも小西屋, にわが国, にパリ, にプロレタリア文学, に一人, に一度, に一度支那, に亡くなっ, に亡くなりました, に出版, に家宅, に常陸, に死去, に比し, に浅野家, に百倍千倍, に碇ヶ関, に私, に窩人, に窩人達, に聴いた, に西郷南洲, に連れ合い, の, のこの, のもの, のイギリス, のフーベルマン, の世間, の予, の作家, の公式的, の吹込み, の夏, の夏東京, の嵐, の当時, の当時独唱会, の最初, の歌舞伎座, の米国海軍委員会報告書, の講演, の過去, の録音, の関東大震災, はじめて案内, は予約出版, は未だ, まだこの, までは, まではすべて, までは一面, までは同島, までは弘前在, までは視野, を思い出し, 亡き二人, 我が国名, 或山中, 明けて, 迄は髯籠

▼ 十年頃~ (105, 0.1%)

5 のこと 4 の事 2 から二十何年頃, には庭, までの温泉宿, までは随分, 迄が源之助

1 [86件] かと思う, からかぼつぼつ, からの傾向, からの漱石氏, から一切, から久しい, から何時, から温泉, から猫, から西暦紀元後二百二十六年, だったと, だったとか, ちょうど西南, であるから, でしたが, でしたろうか, です, ですが, でもありましたろう, でもあろう, とか聞い, と今日昭和, と思う, における雀右衛門, になります, になる, には, にはわれわれ, には既に, には柴明館, には立派, には紫明館, にわたる昔, に一度, に宮本武蔵, に日本語, に未熟, に民間, に私, に至, に至り, に行信僧都, に西洋, の, のあり, のお話, のガルリア, の出來事, の出来事, の千日前, の建物, の新, の新聞, の書上, の最近, の横浜そのもの, の歌, の生まれ, の百両, の話, は正しく, は生産量, までの時代, までの活版, まではこの, までは日暮里, までは深良家, までは熊本, までは立派, までは西成郡勝間村, までは運送馬車, までは邦語, までも用いられた, までわが, までを中心, まで丁髷, まで大, まで小石川安藤坂上, まで父, よりその, より三四歳, より日本, を絶頂, 生きて, 迄には寒蘭, 迄行

▼ 十~ (103, 0.1%)

2 が寄寓, が足, の声, の養子, は思い沈ん

1 [93件] からの手紙, から妻, がその, が云う, が云った, が帰る, が東京, が着物, が社員, が膳, が雨戸, であったが, とか幸右衛門, とか老, と丹女, と喜兵衛, と孫, と添っ, どのどう, なども尾, にはよう, には分った, には可笑しい, には親しく, に会う, に嫁いだ, に気付いた, に渡し終っ, に親しく, のあの, のす, のてがみ, の二人, の姉, の家, の属する, の従兄弟, の心, の思惟, の手, の方, の本能的, の母, の独り合点, の絶筆, の耳, の胸, の話, はいきなり, はいつも, はそこ, はその, はどこ, はなぜ, はまだ, はもう, は云う, は会社, は先日, は兵士, は別, は唖然, は幾たび, は広場, は彼, は思った, は思わず, は息, は悲痛, は或, は抑え, は書面, は松原十右衛門, は涙ぐんだ, は溜息, は無念そう, は省み, は真顔, は眼, は立っ, は襖, は赤松重造, は身震い, は追いかけ, は途方, は飛び上った, へ嫁, もそれ, も妻, も近ごろ, や惣右衛門, を案内, 又伜幸右衛門

▼ 十何人~ (101, 0.1%)

4 の子分 2 かの卒業生, の人間, の奉公人, の少年少女, の捕方, の者, は皆んな親類縁者, も何

1 [81件] かいちど, かが死傷, かとその, かのよそ, かの代議士, かの侍, かの妾達, かの子供たち, かの所員, かの生ける, かの男, かの盗人, かの老幼男女, かはほとんど, か働い, か全然, か控え, か新入学, か泊っ, か登場, か集った, か頭, がだれ, がもう一度, が泊つて, くらいしか来, だか, だかの, でおしかける, で見, で見張った, で食べる, で飮ん, で飲ん, という人間, という子, とかです, とか云ってた, とか持ちかえた, と上等, と乗っ, と乘つて, と分て, と変った, と数, と皆俳優部屋, にのみは大入袋, に召使い, のもの, のメムバー, の乗合, の人名表, の会衆, の児供, の友だち, の大, の子ども, の子どもたち, の席末, の毛唐, の男, の男たち, の讐, もお, もできあがる, もの荒ら, も坊主, も寝たなら, も揃つた席, も斬っ, も現れ, も軍艦, を屋井, を珠數つなぎ, 並んで, 呑んだり, 寝て, 居た受験者, 斬っても, 斬つて, 殺めた曲者

▼ 十~ (101, 0.1%)

4 の速力 3 にある, 程離れた 2 である, の, の行程, ばかり離れた

1 [83件] くらいでしょう, くらいまで近付い, くらい走る, しか泳い, じゃ, だったろうと, で太平洋, で自動車, というところ, という前古未曾有, と云われ, と同じく, と四十五哩, などはお茶の子サイサイ, にいたり, にし, にはアンチウム市, に達する, のスピード, の円, の土地, の地, の山路, の彼方, の徐行, の快, の曠野, の最大速力, の直行運転, の西南, の距離, の速度, の道路工事等, の遠隔, の間, の騎行, は云う, は出し, は苦, は走らせる, は隔つて, ばかりです, ばかりの盆地, ばかり先, ばかり歩い, ばかり行つたミルコオト, ばかり西方, ばかり離れたる, ほどの所, ほど文明, ほど東方, ほど離れた, むこうの, もある, もの道程, も倫敦, も先, も同じ, も向う, も最初, も歩い, も歩く, も走らなかった, も違, も違う, も離れ, も離れた, や三十哩, を一日, を七時間, を上りまし, を歩いた, を突発, を経た, を走った, を越える, 乃至十二哩毎, 出せるだけ, 歩いても, 歩かせて, 歩く人, 行けば, 離れたアンチウム市

▼ 十五年間~ (100, 0.1%)

2 に世界, のあらゆる, の大, の東京生活, の爪, の生活, は市

1 [86件] いた間, から七十年余, かわらずに, この二つ, ずつの刑, でも二十五年間, でも引き受ける, において如何, において社會, にかけてすまし, にこの, になされた, には何事, には優に楽々, には十五本, には非常, にわたっ, にわたって今, にわたるいわゆる, にわたる長い長い, に三百本, に五代, に亙り, に出た, に勢力, に十一家, に図書館設置, に学校, に於, に日本, に期待, に武器, に生き, に百五十, に驚くべき, のそれ, のアメリカ, の世界史, の人口実測, の出来ごと, の努力, の困難, の堕落, の帝都, の平均年超過, の引退興行, の思い出, の深い, の眠り, の社会事情, の詩生活, の追憶, の都会生活, の雪, はいくら, はた, は人, は免ぜられ, は殆ど, は草, まだとけ, もじっと, もつまらない, もよく, も先, も居, も意志, も故郷, も東京, も無事, も配当保証, を可能, を経過, を見, を過ごしました, を過し, を顧み, 住み荒されて, 働きづめでためた金, 全く一日, 切っても, 戻らなかった, 持ちこしたの, 泣かされて, 稼いで, 約三百回

▼ 十時すぎ~ (100, 0.1%)

3 かえる, に起き, に起きる, 起き 2 だと, であった, でなければ, になっ, に二人, に出る, 出る, 起き雨

1 [72件] いつもの, かえって寿江子, からМОСПС, からスタヂオ, から今朝, から始める, から来合せた, から雨, か十一時ぐらゐに東京, ぐらい迄ウンウン, たの, だから, だった, だったという, だったやう, だろう, て小南, て鶴来, であつ, でした, でしたから, でして, でせう, でほうき草, で私, といふの, にかえって, にかえりました, にここ, にし, にしか次, にはきっと, には空しく, にもう, にタクシー帰宅, に一度, に一旦, に勇敢, に国, に家, に床, に本部, に来た, に東京駅, に沢子, に竹川, に豆奴, のハネ, の復員列車, ふら, まで, まで居, やめ自分, エイ, 全病院, 起きて, 起きる, 起きると, 起きる宿, 起き上山, 起き久々, 起き久富, 起き北原武夫, 起き寒い, 起き庭, 起き朝めし, 起き東海道線昼頃, 起き絨たん, 起き順天堂病院, 迄やった, 迄よく, 迄寝る

▼ 十七八歳~ (99, 0.1%)

11 の頃 6 の青年 2 と思われる, になった, に至る, のころ, の時

1 [72件] かとも思ふ, かと思われた, かと思われる, から三十五, から二十歳がらみ, から廿一歳ごろ, から後, か二十ごろ, くらいの美夫人, くらいらしかった, ぐらいの男, すなわち明治二十一, だつた, であった, であった母, であつ, であろうか, でかかれた, でこれ, でしか, でしたらう, でしたろうか, でもあろう, で筆者, で色, というところ, とも見える, と十七八歳, なる乙女, にし, になっ, にもなる, に至り, のひと, のよう, のボオドレエル, の下男, の令嬢ふう, の体躯, の商人風, の商店員, の夫婦, の威風, の娘, の少女, の少年, の少年兵士, の弱い, の時代, の武士, の浮き浮き, の琵琶法師, の生, の痩せぎす, の美少女, の職人風, の肉, の足, の頃祖母, ばかりの青年, までの真面目, までの美人, までの血潮, までの貸, まで生き, むっつりした, を出, を限度, を頭, 即ち明治二十一, 或は四十歳くら, 蒼白い顔色

▼ 十そこそこ~ (98, 0.1%)

5 の若 4 の女, の若い 3 でしょう 2 でしょうが, ですが, の年輩, の年配, の男

1 [72件] か, くらいであったろう, じゃありません, だが, だったので, だのに, で, であらう, でありながら, でございます肌合, でその, で世間, で双方容子, で放埒, で父, で若死, とみえる, と思われる, なかなかの, にしか見えず, にしか見えなかった, になっ, に見えた, に見える, に見られる, のがっしり, のところ, のどう, のひと, のまだ, のよう, のインテリ階級, のブールジョア独身婦人, のベットリ襟首, の人, の人物, の分別者, の坊, の壮年, の大, の女優, の女性, の好い, の婦人, の小ぎれい, の小さな, の小僧, の屈強, の平凡, の年齢, の時分, の毛利幾造, の浪人者, の田舎娘, の畫學生, の病死, の紳士, の色, の若い衆, の若僧, の若者, の青年, の麦藁帽子, まず厄前, まだ用人, までといふところ, よく湯屋, らしい旅姿, らしく都会, を籠, 少し病身, 若くも

▼ 十三世紀~ (98, 0.1%)

6 の後半, の末 4 の半, の半頃, の頃 3 の人 2 から十四世紀, に起った, の前半

1 [65件] および第, からはじまった, から十六世紀, から始まっ, が終る, だか, だね, でもなけれ, において発明, におけるフィレンツェ, になる, にはこれ, には蒙, にアルベルトゥス・マグヌス, にコンスタンチノプル帝, にダンテ, に出た, に決して, に瀬戸物屋, に至る, に蒙, に遡る, のある, のはじめ, のもの, のイタリー, のカソリック, のゴシツク式建築, のフランチスカン派, のフリードリッヒ二世, のペルシャ, のマルコ, の中頃, の人々, の伊太利亜, の円塔内, の初, の初め, の初めウェールス, の初期ここ, の半過ぎ, の古, の始めローマ皇帝フリートリヒ二世, の宗教史, の寺院, の建造, の後, の後半シエーナ市中富豪, の昔, の書, の末イタリア, の末グエルフィ黨, の末フィレンツェ附近, の欧州, の科学者, の終頃, の自然哲学者ヴィテロ, の言語, の頃法王, へと連続, まで奴隷制度, まで奴隷經濟, より十四世紀, 但し生死, 蒙古

▼ 十人あまり~ (97, 0.1%)

3 の男女

2 [12件] そのうち, の人, の人びと, の人影, の仲間, の味方, の女, の家族, の者, の若い, の顔, の騷ぎなれば何事

1 [70件] あつた, かかえて, からの同勢, が木, この周囲, この客, だが, だった, だと, ですが, でダンチョン, で各, で担ぎ込みました, にもなっ, のお, のおまわりさん, のおもに, のお客たち, のひとたち, のりっぱ, の人だかり, の人数, の人間, の侍衆, の兵士, の兵隊, の博労, の同僚, の同勢, の塾生, の奉公人, の女性, の女群, の子供達, の客, の小人, の少女たち, の少年, の役人, の植木屋, の生徒, の男, の異様, の職人, の腕達者, の船客, の荒くれ男, の菅笠, の警官, の警官隊員, の農人, の野武士たち, の閑そう, の雪掻き, の青年, の青年たち, の香具師, の騒ぎ, は, は崩れ残った, は崩れ殘つた櫓, へ胡桃餅, も既に, も殖え, を択, を相手, 同じ方角, 従った, 押寄せた, 斬って

▼ 十~ (96, 0.1%)

10 三十の, 百の 5 二十の 4 三十は, 二十は, 六十の, 十一の, 十五は 2 そこい, そこらの, 二十では, 二十も, 五十は, 十五の

1 [39件] そこば, そこらぐらい, そこらは, 七十にも, 七十の, 七十まで, 三十あつ, 三十くらい, 三千六百とも, 三千六百なら, 九十まで, 二三の, 二十, 二十じゃ, 二十を, 二十一では, 二十四五ヵ所色ちがいの, 二十駄作の, 五十で, 五十の, 五十人の, 五十殺した, 五郎に, 五郎よりも, 五郎達が, 八十には, 六十, 六十で, 六十惜しい, 六十組合わせた, 十一で, 千二百か, 四十の, 大亀よりも, 大庄などへ, 廿打たれまし, 百と, 百は, 赤螺三平などで

▼ 十太夫~ (96, 0.1%)

2 が, にいい, の勤, の娘, はすぐ, はそ, はその

1 [82件] がいかに, がいた, がすわる, がふと, が先, が再び, が台所, が呼ばれた, が所望, が手馴れ, が新九郎, が木剣, たった一人, で副使, という浪人, という関口流, とは聞き, と云, と儀助, と権次, と申す, と竹内数馬, にきく, にもない, に廉, に念, に指図, に洩した, に渡し, に連係, に遺つた, のところ, の受けた, の妾, の專横, の後, の眉間, の組下, の諫言, の額, はおどろき怒, はしばらく, はとう, はにこにこ, はふところ, は上, は主人右衞門佐, は仰向け, は又, は声, は威嚇, は心底, は愕, は新九郎, は最前, は灯籠, は特に, は玄関, は禿げあがった, は箱, は袴, は謙遜, は起った, は追放, は飛び退い, は高, もお, もどの, も不安, も出, も奴共, も小さい, も少し, も畳, も眼, も若党, も若党共, も途方, を呼べ, を呼ん, を弾劾, を見かえった

▼ 十五名~ (95, 0.1%)

2 である, に及び, のうち, の一番最後, の名, は小走り, は麓

1 [81件] あった, ありまして, ある, あると, がのりこんだ, がはるばる, が今, が刑法, が願書, だという, であった, です, でみんな三年以上, でも出来る, でよそ, で文学, というよう, とかぞえられ, なり, について一人, になっ, になり, に解傭, のもの, のポンプ押し, の不, の中, の乗組, の乗組員, の人間, の代議員, の侵略戦争謀議者たち, の信徒, の僧侶, の判決公判, の力者, の労働者, の受験者中, の外人, の多き, の学生, の密入国者, の少年, の放送委員, の村民, の猛者, の申出, の発明官, の研究員, の移民, の者, の解傭, の証人, の踏み得ざりし, の部下, の門弟, の隊員, の頭立った, はいう, はアメリカ人, は一日, は召集, は朝, ばかり不, への判決, ほどの中, ほどの小規模, ほどの患者, もある, もいる, をもって構成, を上京, を収容, を小笠原, を従え, を満載, を算, を謹慎処分, を選ん, を選拔, 新しいゲスト

▼ 十年一日~ (95, 0.1%)

38 の如く 13 のよう 9 の如き 7 のごとく 3 のごとき 2 のごとし, の如し

1 [21件] がどれ, と言う, どころか千年一日, のご, のごとくある, のごとくで, のごとく動かし, のごとく頂き, のごとしで, のやう, の古, の古い, の型, の如く作陶, の如く出版物, の如く貧乏, の如く連続, の如し云々, の規準, 云いつづけて, 旧東京招き行燈

▼ 十年以前~ (95, 0.1%)

5 の事 4 のこと 3 の記憶 2 とあれ, と今日, に終結せり, のもの, の東京, 全く細微

1 [71件] からあった, からある, からそう, からで, からの西洋, から予期, から書き来った, から東京, から知っ, から行われ, この仙台藩, であろう, です爾, とさしたる, と云え, にあった, にその, になくなった, にはまだ, には大衆文学, にロンドンタイムス, に一度, に云, に五, に卒業, に家出, に彼, に急, に戯曲論, に日本, に書き始められた, に未亡人朝子, に死んだ, に比せ, に異国, に癇癪坊主, に蘭山, に見たる, のあの, のある, のしらべ, のでき, のわたし, のニユウ・イングランド, の北アメリカ合衆国, の吹込み, の如く, の恩人, の恩返し, の日本, の林田文次, の流行唄, の流行歌, の画人, の真理, の私, の計画, の雨, の高山舟津川, はじめて東京, は貴族, まだ両親, までは我, まで存在, まで当, より西洋, より連作論, 失って, 屡々見学, 御側衆, 我が君

▼ 十一時すぎ~ (93, 0.1%)

5 迄ねる 4 に起きる 3 かえる, だ, に出る, に家, の汽車 2 だった, になっ, に帰っ, に起き, よ, 歩いて, 迄寝る

1 [55件] かえったので, かえり, かえる炭, からスタヂオ, ぞろりとご, だぞ, だったん, であった, であるが, です, ですが, でなくちゃ, で馴れない出先, となる, にあわて, にうち, になった, にねる, にははれました, にやっと, にやつ, にスエ, にセット, に一度, に三原, に出かける, に召使, に始まる, に帰宅, に店, に彦根着, に斎藤寅次郎, に済んだ, に葉子, のトゥウェルスカヤ通り, の上り, の急行, までいる, まで店, まで思はず, より, 出る, 出るピーカン, 漸く始まる, 終る, 起き, 起き伊藤松雄, 迄, 迄か, 迄たっぷり, 迄ね, 迄ねた, 迄やった, 迄ゆっくり, 迄よく

▼ 十余年前~ (93, 0.1%)

3 のこと 2 である, に, に世, に悉く, の饑饉

1 [80件] からの僕, から仏教, から廃れ, から新聞紙上, この地, だ, なり, にあり, にここ, にこの, にこの世, にただ一度実見, にたった, になるでしょう, にはこの, にはこれ, には信玄, には権六どの, にわたし, にツルゲーネフ, にワシントン府, に一度, に三人, に世に, に仏蘭西, に佛蘭西, に十二三歳, に双方, に大化, に小泉八雲, に当っ, に東京, に浦安, に漠然と, に現れ, に用いた, に申し上げました, に異なり, に自分, に跡見女学校, の, のかの, のサッポロベツ原始林, のメーデー, の一月半ば, の事, の事実, の伝五郎, の冬, の印象, の学校生徒, の宝永ごろ, の崖崩れ, の建保元年十月, の悪夢, の手製, の昔, の春, の時勢, の時節柄, の某, の父, の相識, の葉居升, の蜂須賀村, の話, の銀座, まだ本人, までの村上氏, までは金紋さき箱, までは高原, まで但馬因幡地方, まで差当り, まで戦勝, よりまたまた, 全ソヴィエート作家, 成った, 満洲, 見たが, 遠き異国

▼ 十二時過ぎ~ (92, 0.1%)

7 であった 3 でなければ, に到着, に眼, に私 2 など近所, まで帰らなかった

1 [69件] からにし, から一時過ぎ, から今, から行く, だぜ, だつた, であったが, である, であるが, でした, でしたろう, ですから, で引越して, で無ければ, にそれ, にとほる, になっ, になつ, にならう, になる, にぴかりと, にシャツ一枚, に出, に出帆, に別れた, に受持, に吉良, に喜兵衛, に室, に小さな, に御, に手水, に来た, に案内, に母親, に湯, に状態, に着き, に自動車, に芙佐子, に赤ん坊, に起床, に通る, に通行, のモンマルトル, の夜半, ましてこの, までのべつ, までも近所, までも酒, までやっ, までディノソウルス, まで御, まで百合ちやん, まで続いた, まで織りつ, まで聽, まで話し, まで讀書, まで起き, まで頑張られる, まで飲み, まで飲み続けた, まで飲む, より帰途, 迄かかっ, 迄も話し込み, 迄交, 迄消えなかった

▼ 十年輩~ (92, 0.1%)

11 の男 7 の立派 4 の侍, の武士 3 の浪人者 2 の女, の武家, の母親, の爺, の遠縁

1 [53件] である, で威厳, のあまり, のいやらしい, のその, のでつ, のニヤニヤ, の三味線, の下女, の人, の体, の僧侶, の分別者, の叔母, の四角, の土地, の坊主頭, の堅い, の堅氣, の夜会服, の大男, の容貌魁偉, の小さい, の小作り, の小男, の小鬢, の徳兵衞, の恐ろしく, の房州者, の技術, の押, の押し, の支配人總兵衞, の気, の氣, の氣むづかさうな男, の瀬尾博士, の眼, の羊羹色, の老, の背負, の背負い, の脂, の船頭, の薄い, の親方, の親爺, の豪農, の逞, の酒肥り, の長身, の飛白, 片眼片耳

▼ 十日頃~ (92, 0.1%)

3 になる 2 から怎, であったと, より鹿兒島市附近

1 [83件] お目にかかりに, かと思う, からといふこと, からまた, からもうそ, からようやく, からイタリー, から仕事, から凡一ヵ月, から出かけます, から降りきれない, が来たなら, ださうでございますから, だったと, だよ, であつ, である, でしたか, でしたやろか, とある, といふ早, としとこう, なの, なりしかと, にあたる, にあれ, にお目にかかります, にかえってずっと, にこの, にぞろ, にはどうしても, には出来る, には帰ろう, に一度, に上京, に入営, に出た, に又, に小石, に帰っ, に成らなけれ, に江戸, に白浜, に私, に自分, に遊行上人, に青森, の事, の日あたり, の月松林, の月歸途, の月氷, の有, の汽船, は健康, までで, までになるべく, までにはいずれ, までには一同京地, までには特別, までにもう, までに長安, までの事, までの仕事沢山, まではこの, までは全部, までは書物, まで大変, まで姿, まで待っ, まで消え残っ, まで過ごしました, まで長々, ゆく, より二月二十日, より留守, より相, より連載予定, より青年男女, より頻繁, を先ず, 寒い風, 我が淀橋町

▼ 十二時間~ (90, 0.1%)

3 の後, の間 2 の労働, の夜, の昏睡, は昏睡, は覚醒, 眠って, 眠りました, 経つと

1 [68件] あるいは十五時間位勉強, かかった, かかって, から十四時間, くらいここ, しかない, すぐ経っ, すると, すれば, だつたかしら, であるけれども, でなに, でも十五時間, でも十六時間, で出来る, となさん, とほぼ, と云う, と働かされ, なりす, にも渉, にわたっていよいよ, にわたって続けられた, に八十八回, に及ぶ, に百十四回以上, に縮まっ, ねたか, のこの, の休み, の勤め, の勤労, の延着, の当直, の戦闘, の断食, の熟睡, の講義, は伸子, は寝る, は昼, は確, は私, ぶっと, ほどの時間, ほど眠りました, もぶっつづけ, も効いた, も立ち尽し, も骨, やっとフィリップ, を藤原威夫, を限度, 働いて, 働くから, 吐き続けました, 引き続いて, 或は全, 眠ったわけ, 眠った休息, 立つ, 第七日, 第三日, 第五日, 第四日, 見えて, 走り続けるとして, 隠れる

▼ 十二階~ (90, 0.1%)

3 の塔 2 に悪, のガラス窓, の前, の聳え, の頂上

1 [77件] いづれも, から吉原, があった, がとり片づけられ, がのつて寫つて, がよく, が五万五千円, が倒れる, が出来, が崩壊, が水蒸気, が総, が見えた, さては六区瓢箪池, だ, だけは展覧会場, だとさ, であった, でしょうよ, で記憶, というもの, とおなじ, とその, と呼ばれ, などと同じ, などはこの, におります, に今, に昇っ, に灯, に百美人, に達し, のこと, のところ, のはりだし, のやう, のシルエット, のラセン階段, の一坪館, の三倍, の上, の下, の冠, の創建, の化物, の建物, の摩天閣, の灯, の無慙, の窓, の舞台, の裏手, の高, はたらく女, はてっぺん, は三四片, は他, は地震, は横, へは父親, へ御, へ拔, へ昇りまし, までが春の, まで紅葉山人, もばく, も睫毛, や上野, や宮戸座, より成る, をぶっ, を使つて, を定め, を見た, を見る, 儚き空, 飛降り自殺者

▼ 十~ (89, 0.1%)

2 と云う, にある, のカンバス, の画布, の紙上

1 [79件] かの絵画, から京伝馬琴種彦ら, から十三号, から命令, から慾, か第, がはいりこんだ, がひとり, がスパイ, が出ました, が厳粛, が彼, が彼女, が追い出され, くらいだった, ぐらいの人物, だが, でい, ですから, で網, というもの, という部屋番号, としてはすこし, としては隆夫, とをかき出した, と並ん, と名乗っ, なの, なり, にあっ, にちがい, になった, にわたって掲載, に居ります, に当る, に至る, に載する, に載せ, のそば, のため, の七, の五, の八, の前, の副長, の募集句, の十三条, の大作, の幻影, の訪問, の風景, の風景画, はこの, はどう, ははじめ, はふり, は中央, は今, は他, は少し, は彼ら, は急, は時々, は満足, は無理, は特種病室, は起ち上がっ, へつけろ, へ走り出した, へ返し, ほどの半, までの番号, までを私, まで出した, まで出す, より大正四年三月発行, をうち, をかきかけた, を訪ね

▼ 十年目~ (89, 0.1%)

3 に一度 2 かの大, である, に僕

1 [80件] かで再び, かの肩車, があたかも, が近づく, ぐらいには心, だ, だとか, で, であった, でこの, でもこうして, で一尺九寸余八百五十匁, で三尺二貫七百余匁, で三度目, で二尺五寸余一貫八百匁, で再び, で姿, で敵, で逢った, とかにそれ, とかに一度, とか二十年目, と言った, にあ, にあたりますの, にありつ, にただ一度, になり, になります, になる, にはかなり, にはどうしても, には十億本以上, には千本以上, には必ず, には百万本以上, には適当, にまた, にやっと, にようやく, に一度位, に一昨年, に他国, に仙人, に初めて, に姫君誕生, に屹度來, に巡っ, に弟, に当たり, に彼, に感じた, に故郷, に日光東照宮, に次男, に相当, に穴, に聯合軍中, に至っ, に起る, に迷いこんだ, に骨, のお, のこと, のソヴェト同盟, の亀山天皇, の千載一遇, の大げさ, の奇遇, の好, の日光, の日光東照宮, の暑, の東照宮修営, の行事, の記念, の長者, の頃, の顔, もしくは七十年前

▼ 十歳位~ (89, 0.1%)

7 の時 4 の男 3 に見える, の女 2 であつ, で背丈, になる, のころ, の子供, の小綺麗, の青年, の頃

1 [56件] いだ, からフランス, から折々, だったと, であったが, であった頃, でしたろう, でしょうか, でしょうが, です, でそんな, でで, でもあったでしょう, で余程, で尾崎君, で黒い, とある, と思われる, と見ゆる, な小, にしか見えない, になつて, になられた, になります, にはなっ, にもなった, に成りませんけれ, に見, のとき, のところ, のひどく, の人, の会社員風, の医者, の小, の少年, の年, の年寄, の年配, の御, の時分, の水兵服, の生命, の男の子, の白髪, の相当富裕, の眼, の美しい, の若い, の蓬髪, の骨張った, ひの, までの盲目, まではそういう, ゐの, 極めて上品

▼ 十近く~ (89, 0.1%)

6 なって, なつて, になっ 5 なると 3 の男 2 でありませうか, なった, の, の半分炭化, をあの

1 [53件] あつて湯ヶ, ある室, でいらつ, でこの, でなりふり, では若旦那, でもあったろう, で母性的, なった時, なってから, なつて丈夫, なつて獨, なつて配偶, ならないと, なるまで, なる女, になつ, になつて, にのぼった, にみえる, にもなっ, にもなつて, にもなる, にも見えるだろう, のお婆さん, のこれ, の半白爺, の品, の女, の旧い, の痩繊, の立派, の老齢, の高貴, まである, までの娘, まで処女, まで東京, まで育っ, まで長生き, もある, もなっ, もの家族, も年, も年上, も違, も違う, も違っ, も齢, 並んで, 少しばかり, 見えたが, 見えたけれど

▼ 十二三人~ (88, 0.0%)

3 の男 2 いたであろうか, のもの, も害め, も斬る

1 [77件] あらわれ, ある, あるもの, いて, いましょうかな, から三十人, が不安, が婦人, が歸つて, が死骸, が皆影法師, ずつ一組, ずつ入居, だったなあ, であったの, でございました, で芸者衆, となる, とは人数, と早立ち, と読ん, なんて晩, になった, にもなっちまってる, に上ったらしい, のコルシカ人, の下宿人, の乞食共, の人, の人影, の人數, の住所姓名, の侍, の写生旅行, の勇士, の受驗生, の口, の同志, の名, の大, の女, の妖精ども, の子供ら, の役人, の文官教官, の昵懇者, の村, の男女, の者, の聯合組連中, の若い, の若い衆, の衆, の足軽, はあるでしょう, は二階, ほどえりぬい, ほどだ, ほど一群, ほど見えた, までは数えられる, もございましたでしょう, もずらりと, もぞろ, もみな, もやられたらしい, も召し使い, も立っ, も養えれ, やって来たので, 居るやう, 居るよう, 急いで, 狭い家, 見えるから, 走りだして, 集って

▼ 十五六年~ (88, 0.0%)

17 も前 7 の頃 4 の昔 3 にし, になります, になる, の間, も昔 2 して, にもなります, 生きて

1 [39件] くらいまでのこと, ぐらいにしかならない, ぐらいは経っ, このかた痛み, たって, にしかならない, にもなりませう, のあいだ, のころ仏京, の忘れ, の時代, の時分, の月日, はぶじ, は立つ, は若返った, ばかりも前, まえの, までの間, まるで彼, もたった, もの長い, も住み慣れる, も備中, も前お, も奉公, も姿, も孫右衛門, も放つ, も此家, も無事, も経過, も過たる, も雇つて, より同, を経過, を過ぎた, 経つて, 過ぎての

▼ 十余り~ (88, 0.0%)

7 の男 4 の老人 3 になる, の女 2 と見ゆる, のでっぷり, の短篇, の老女, の背, も蛭

1 [59件] あるが, か四十, しかも男, その面影, であった, で歿, とおぼしく, とも見える, と見える, と覚しき, なの, なるが, にもなる, に及ぶ, のあの, のおばあさん, のお上さん, のお爺さん, のかみさん, のふっくり, の丸, の人, の人々長方形, の侍, の大, の大柄, の姿, の婆さん, の尼僧, の屈強, の巳, の弾薬盒, の意気, の慾ばり, の未亡人, の死体, の清ら, の爺さん, の禿茶瓶, の紬, の総髪, の老, の老婆, の肥った, の色, の芝居小屋, の諸, の鉄工所, の闇商人, の骸骨, の魂, もあった, もあり, もある, も出た, も違, を一月, を重ねた, 立つて

▼ 十三四歳~ (87, 0.0%)

7 の頃 6 の時 3 の少女, の少年 2 のとき, の子供

1 [64件] から十六, から大きい, から婚姻, から水茶屋, ぐらいの, ぐらいの時, ぐらいの色白, それでいて礼儀ことば, であったが, であった宗房, であって, でしか, でしたかな, で結婚, という年齢期, といえ, と推定, なるべし, にいたる, にしかなるまい, にしか見えない, になっ, になる, にはなる, にもなろう, に見えた, のあどけない, のころ, のとき母, のはで, のグットネル, のシューマン, の丸顔, の乞食娘, の作, の児童, の女の子たち, の孔明, の小, の小僧, の小坊主, の小姓, の屈強, の山家, の彼, の彼女, の息子, の日本児童, の時分, の未婚者, の男, の男の子, の若々しい, の茶坊主, の血気, の青年, までの児童, までの男女, までの青年, まで大人, も下, らしい武家, を過ぎ, 乃至五十一二歳

▼ 十~ (87, 0.0%)

3 の中 2 がこの, しかない, とし, の全集, を読ん

1 [74件] ある予定, があっ, がいかに, がいよいよ, が上梓, が公, が此, ぐらいの長, ずつ勅訳, それでもなかなか, だったの, である, であるの, でちょうど, で晋, といふもの, といふ厖大, とである, と脈経一巻, なりの映写, においては観想的生活, になっ, になった, にわたる部立, に出した, に収められ, に収録, に縮まつ, に縮めた, の, のある, の伝記, の全, の区別, の厖大, の善本, の大作, の小説, の書物, の末章あたり, の杉本氏, の歌, の終り, の著作, の著書, の論語, の連歌集, は一つ, は実に, は此紀, ばかりのもの, ばかり散在, ほどの長, ものエンチクロペディー, をしらみ, をなし, を世に, を了, を完全, を御, を手, を撰び, を書いた, を書き上げる, を機, を立派, を編, ヲ収メタル書函, 第三号所載, 第四号, 第四号所載, 第百十二号, 続集一巻, 続集十巻

▼ 十~ (86, 0.0%)

4 へ着きます 2 で茶, のうち, の長句, を切っ

1 [74件] から百字位, か何百字, ぐらいまではたいして, ぐらいを含む, しかありません, ずつ切っ, であって, です, でビフカツ, でランチ, で一人, で全体三百十字, で夕食, で軽く, で食事, と書いた, なりに巻き, にあやどり, にあやなし, にかけたい, にかげ, にかたど, にからげ, にからげた, にすぎない, にてまつ, にぶつかる, に合せた, に往来, に打ちつけ, に振った, に白鉢巻, に綾取る, のおっとり, のもの, のデフォルマション, のヨハネ, のランチ, の三分の一, の三角旗, の中心交叉点, の二階, の刻文, の呪縛剣, の形, の旗, の街, の襷, の要路, の詩句, の里程標, の銀, の鐵牌, の閃光, の首切役人, は実に, ばかりきってた, へながれる, ほど折れ釘, も厳重, をきる, を切られる, を切り, を切る, を截, を画き, を畫, を私, 乃至二十五字, 乃至百五十字, 書いたが, 迄にし, 迄はいい, 近き諡號

▼ 十右衛門~ (84, 0.0%)

2 と申す, に訊いた, の次男, を傷つけ

1 [76件] から町内, がいう, がいた, が云った, が何者, が先ず, が待ちかね, が来る, では, という人, という者, とが長火鉢, とその, と云, と云名譽, と呼びかけた, と大桝屋弥平次, と村山喜兵衛, と突き合わせ, どうぞ御, には主人, に云った, に手, に挨拶, に盃, に相手, に誘われ, に逢った, の子, の懐中, の炉辺, の疵, の訴え, の話, の首, は, はいよいよ, はおずおず, はぎょっと, はさらに, はせかせか, はそれ, はなんだか, は一, は下げられた, は不思議そう, は仕方, は先, は先ず, は堪, は奥, は妙, は宿, は少し, は帳場, は思い余った, は急い, は政吉, は答えた, は自分, は自身番, は葬式, は訊いた, は追う, は障子, は頭, は顔, は鼻紙, もさすが, も少し, も最初, も黙っ, を憎ん, を祗闌, を襲った, を見識

▼ 十三郎~ (83, 0.0%)

2 だ, だった, の手, の部屋, は兄

1 [73件] からだ, がいない, がひそか, が勅任官, が撃った, が時々, が気づい, が激しく, が起きだし, が顔, だけはと頼み, っなぜ, でございます, です, というの, と違い, には少し, に家督, に泣き附く, のため, の二人きり, の兄弟, の冴えた, の取り, の家督相続, の方, の書斎, の為め, の生命, の行く手, の行った, の討手, の身命, の連累, の運命, の部下, の顔, の顔いろは, はあたり前, はすまない, は何気ない, は俺, は八, は其許, は手拭, は才子, は振り向いた, は提げ, は桂, は気の毒そう, は窓, は組ん, は蒼白, は観念, は読む, は誰, は跳びつい, は近頃, への心やり, へは何で, もいない, もすぐ, もズット, も今日, も庄次郎, も後口, も江戸, も照子, を其方, を思っ, を慕う, を求める, 断わって

▼ 十二名~ (83, 0.0%)

3 の被告, の警官 2 といふ通知, に大町, の婦人代議士, の無, の被告たち

1 [67件] あげて, あり, いるの, おりまして, がつかまっ, が到着, が国会, が死刑, が誰, が追放, ことごとく死刑, ずつ三行, その人たち, ぞろぞろと, だけ宥, であったが, である, でご, とあった, というよう, という陛下, とは次, と古河市兵衛, ないし二十三名, なん, におよぶ, に及び, に謝, に過ぎません, のよう, の一団, の不幸, の作家, の判官, の恩赦, の文学者, の新, の新入り, の旗本, の殉教, の罪, の船客, の血族, の被害者, の謀叛人, の警官たち, の貧民, の部下, の陪審員, の革命家, はかえって, はほとんど, は三千一名, は刑一等, は十一台, は天, は政略, は首, へかよう, も殺したく, を徒, を従え, を殺し, を殺した, を賛成者, 内女四名, 居る

▼ 十二時すぎ~ (83, 0.0%)

3 になる, に出 2 に出る, に家, のこと, まで, まで仕事, まで居, 迄, 迄か, 迄ぐっすり

1 [59件] あの男, からか, からと定, から二時頃, から二荘, から伊藤松雄, から十一時, から工員, から麻雀, だし, であった, でもおどりで, で弱い, にかえる, にそつ, にそれ, になっ, にはもう, には乗客, にアガリ, に了, に入れ, に出かける, に医員, に及んだ, に帰る, に店, に座, に待ち兼ね, に新宿駅, に琴平駅, に眼, に落合った, に高槻, までかかりつめ, までねた, までぶとう, までもある, までもその, までブラック, まで問題, まで歩く, まで聞こえた, まで話し, まで飲み, もう嫌, ゆっくり食事, 帰る, 引きあげる, 眠い, 着東宝文芸ビル, 苦しくて, 迄これ, 迄で一かた, 迄ね, 迄ねた, 迄やり, 迄二日分, 迄第

▼ 十手捕縄~ (83, 0.0%)

13 を返上 8 を預かっ 6 をお上, を預かる 4 の手前, をお 3 の返上 2 と縁, を召, を辱, 御返上

1 [31件] が飛ん, じゃ, でも出来る, にかけた, には仔細, にも及ばない, に縄張, のさばき, の功徳, の威光, の御, の晴れ, の誇り, はこの, は持っ, も同時に, をあずかる, をおいた, をお返し, をつかん, をとっ, をもつ, を守りつづけ, を守り通し, を投, を持たせた, を持出す, を放り出したくなる, を預かるこ, を預かるなら, を預っ

▼ 十から~ (82, 0.0%)

5 六十の 3 八引く, 四十までの, 違うて

1 [68件] せいぜい十五, そうきまった, そろそろいけなくなる, だ少く, 一つ出る, 一まで, 七十の, 七十四五としか, 七十歳へ, 三を, 三十そこ, 三十までとしても, 三十までの, 三十七まで, 三十五までの, 三十五六という, 三十迄, 上, 上の, 上は, 下の, 二三十本の, 二十五ぐらい, 二十五までの, 二十五ペセタ, 二十五六までの, 二十四五ぐらいの, 二十四五という, 二百五十個ぐらいの, 五十いや, 五十ぐらいな, 五十代の, 五十位まで, 五十六十の, 入った, 八つと, 八十で, 六十に, 十三に, 十三四ぐらいまでの, 十五六までの, 十申せ, 四十くらいまでに, 四十ぐらいまでの, 四十そこそこまでといふ, 四十に, 四十の, 四十までと, 四十も, 四十五くらいの, 四十位までの, 四十四五の, 四十封度ある, 四十疋まで, 小説を, 引く一, 後の, 百に, 百まで, 百七十個ぐらいの, 百人あまりの, 百人程度, 百千と, 百迄, 聞いた前夜, 語学を, 逆戻りし, 釣つてお

▼ 十八番~ (81, 0.0%)

73 が千兩, てがらです, の勧進帳, の札所 2 だった, でございますよ, です, ですの, の中, の観音

1 [50件] が富突き, だ, だが, ての, であります, である普通選挙, ですわ, でな, でものびのび, で十人, とした, とへよっ, と云う, と云われ, なぞはその, にあたるあたり, にこりとも, になっ, に下落, のからめ手詮議, のよう, のグリスペイント, のフイルプス夫人, の右門流, の名, の啖呵, の喚い, の因縁, の家, の席, の折田兼助, の方, の本, の札, の札所常安寺, の約束, の自慢, の舞楽, の護良親王, の部屋, の電車, は六号, へ, へ着いた, を呼出そう, を訪ね, 一見迂遠, 合わせて, 知らぬ存ぜぬと, 第二十九番

▼ 十分前~ (81, 0.0%)

63 である, でした, になる 2 であった, ですよ, に出

1 [60件] から急, か十五分前, がよい, ぐらいそんな, ぐらいだった, ぐらいです, ぐらいに出勤, だから, だった, だよ, ともすこし, と出, と津田, におさめた, にこの, にこれ, になった, には確, にも亦, にやって来た, にアルプス山, に一つ, に二人, に入れ, に出来たろう, に参観者たち, に向, に向こう, に念, に意気, に来る, に東京駅, に無意識, に玄関, に發, に盛子, に私達, に船医, に行った, に表, に起せ, に金華山, に駅, のこと, の出来事, の四時, の地震, の自分, ばかりに眼, へ, ほどであった, まっすぐ帰宅, までそれ, までの自分, まで未来永劫, よ, をさしました, を指し, を指せり, を示す

▼ 十~ (81, 0.0%)

4 の小説 3 である, の詩 2 の原稿, の文章, の短篇

1 [65件] あるいは二十一篇, あるし, が集められ, くらいにはなっ, くらいのもの, くらいの予定, くらいみんな, ぐらいに訳詩十篇, ぐらいのいい, この外, その翌々年, だ, ちかい歴史的素材, ちかくを, でありましたが, です, というところ, と彼, なり, においても堯舜, における構図, におさめ, になる, にはある纏まり, にはなるだろう, には幼年, に及ん, に対して現前, に達し, の, のうち, のみが生き残った, のヴァイオリン, の内, の創作, の応募作品, の捕物小説, の校歌團歌, の激流飛沫, の短篇小説, の處, の論文, の追, の銭形平次, は書い, は比較的, ばかりの文, ばかり発表, ほど選ん, も集まっ, より永もち, をこえ, をとつ, をよんだ, を一度, を上論, を下論, を擧げる, を清書, を納め, を記した, を越えた, 亦然, 作った, 近い記録

▼ 十いくつ~ (80, 0.0%)

5 になる 2 かある, かになっ, の墓石, もの部屋

1 [67件] あった, あったそれ, あったという, ある, かであった, かである, かでブリキ, かで四年級, かで死ん, かとかのお, かになつ, かになられる, かのよる, かのテーブル, かの人命, かの入口, かの年, かの彫り, かの掘, かの時, かの窓, かの若造, かまで隠れた, か違う, がみな, じっさい奇蹟, じゃ, だそう, だという, つきさした神社, で一代, という盛り, とかいう事, とかでも, とは思はれぬ, になっ, にもなつて, にも成りやがっ, のお, のきり, のくず, のさ, のひどく, の一風宗匠, の墓, の幸福, の怪談, の懐中電灯, の晩年, の植物, の段, の浪人風情, の目, の石, の石段, の立ちならぶ, の若い, の袋, の製薬会社, までの高弟全部, もならん, も地面, も現れ, も齢, よ, バラバラと, 取って

▼ 十~ (80, 0.0%)

8 の青年 4 の若い 3 に何 2 で金, なのに, にも見えない, の働者, の女, の彼, の時, の筈, の若, の若者

1 [45件] いいえ二十六七, から大きい, から綱, くらいの二人連れ, ぐらいね, だぜ, だぞ, だよ, だろうに, でも男, といっ, とは思えぬ, と言う, と言つて, なら女, にやあ車, に一仕事, に世帶, に他人, に書きつくされ, に総持寺, のあまり, のしかも, のまんざら, のもの, のよう, の公達ども, の凋ん, の初々しい, の娘, の学生, の小娘, の少女, の年増, の息子, の林檎, の独身者, の男女, の神官, の私立タンテイ, の血気旺盛, らしいね, 位の, 年頃, 肥り肉

▼ 十~ (80, 0.0%)

4 のもの 2 の大

1 [74件] あるもの, から七八十匁, から三十五, から三十匁位, から二百匁, から八十匁, から六, から百二, から百匁, から百匁以上, から百匁近く, がはい, が一しょ, くらいのもの, くらいまでのもの, ぐらいはあるだろう, じゃあまり, ずつが与えられる, ずつを貰っ, ずつ運ん, ずつ配給, だから, だね, である, でお, でございましょうか, ですもの, でまことに, とか何百匁, と申, ならばと, なりを持っ, なり六十匁, にその, につき金一両, になつ, に当っ, に比し, に育て, に過ぎない, の, の出殻, の大き, の大物, の姿, の小, の川鮎, の徳, の生肝, の用, の茶, の野菜, の飲料, はあろう, は三日, は六百文, ばかり, ばかり分け, ほどあっ, ほどが最大, ほどのもの, までであっ, までのもの, をかけた, をまだ, を主人, を懸けた, を砂糖そのもの, 替, 替国分, 甘いところ, 買う, 費やした, 迄五厘

▼ 十~ (80, 0.0%)

2 や百金, を与うべし, を投じ, を持っ

1 [72件] あるから, ある路銀, あれば, いずこ, お渡し, か十八金, がこの, ください直に, さしあげました, ずつ御, だから, だけやっと, ちかくを, でございます, でございますが, でちょっと, でもとめられた, で一寸, で買った, という分, とかいう大枚, とはどういう, と言, にいたしました, にても百金, に売りし, に過ぎず, のはしたな, の借用, の星, の縁切り状, の貯蓄, はしよう, はどうか, はまあ, は只今, は容易い, は後, は必ずや, は資本, もそちら, も出す, も遣ったら, も遣わす, も領, やろう, をおさ, をこの, をはずみ, を入れ, を出し, を奪おう, を得る, を懐き, を捐, を支払っ, を散ずべき, を渡し, を獲れ, を礼, を贈った, を贈つた, を贈られ, を贈られぬ, を路用, 並べまして, 乃至は, 出来よう筈, 包まれて, 差上げて, 差上げるつもり, 遣ろうが

▼ 十~ (79, 0.0%)

6 の歌 4 の詩, を作る 2 に上らず, の中, の多き, を作り, 但し各人

1 [55件] かの秀作, からもあります, か十五首, が出はじまつた, が出る, ぐらいずつ読まれる, で入選, で呪文, とも失恋, と見, にし, に詠み足し, に近い, のうち, のおのおの, のお歌, の内, の内九首, の和歌, の御歌, の御詠歌, の時期, の歌合, の短歌, の連作, はもう少し, は春秋, は普通, は殊に, ばかりその, ばかりに成つた, ばかりの連作, ばかりは失つて, ばかり作り, ばかり作りあげ, ばかり持ち込んだ, ばかり読めない, より成る, をことごとく, を作つて, を実隆, を得たれ, を得べく, を得る, を抜き出した, を拝読, を日本紙上, を棄て, を縮め, を評した, を読め, を選ん, 写そうとして, 見ては, 載り

▼ 十一時過ぎ~ (78, 0.0%)

4 であつ, になる 3 であった, になっ 2 迄も待ちあぐませる

1 [62件] おそい月, から一時, じゃない, だ, だった, だったと, だつた, だんだん腹, だ出掛けるの, だ戯談, である, でございましたらう, でございます, でしたあの, でしたやろう, ですから, では, で無, とかいっ, とはいえ, なの, にお, にこの, にちらし, になつ, には料理屋, にむしろ, にむすこ, にやっと, にようやく, に堀井, に夜食, に安成, に山口村, に工場, に着くべき, のよう, の太陽, の往来, の神楽坂, の芝居, の街衢, まである, までしゃべっ, までも小, までも小児等, までも遠く, までゐた, まで夜食, まで寝, まで帳場, まで相手, まで続いた, まで續, まで話, まで話し, まで謹聴, まで起きるで, まで雑談, まで飮, よ, よちよ

▼ 十五世紀~ (77, 0.0%)

3 の後半 2 から十九世紀, から十六世紀, の中頃, の伊太利, の初め, の末, もたっ, より十六世紀

1 [58件] からはトルコ, から十七世紀, から十八世紀, から始, でありまして, で茶の湯, という一時代, なんてちょっと, における日本, にかけてトルコ帝國, にかけて栄えた, にかけて相, にしろ, にはこの, には問題, にアジア諸国, にクロプトン, にコンスタンチノブル, にラブレー, に伊人ポッジオ, に入っ, に出来た, に建てた, に建てられた, に建てる, に於ける, に既に, に筆, に至っ, に至り, に行われ, のあいだ, のこと, のころ, のほう, のインド, のメトロポリス, の中葉, の事, の人物, の住人, の初, の半頃, の外套盗賊, の大, の始め, の建築, の建造物, の後半期, の有名, の末期, の理想家, の眼抜き, の老若男女, の頃, へかけ, も過ぎた, を経た

▼ 十時過ぎ~ (77, 0.0%)

5 になる 3 であつ, になっ 2 だった, であったが, に帰っ, に帰宅, 恐らく十一時過ぎ

1 [56件] から出掛けた, だぜ, だったが, だったと, だと, だらう, だろう, であった, である, である盆踊り, でしかも, でした, でしたけれど, でしたろう, でしょう雪模様, です, でなければ, でもあっただろう, でもあったでしょう, でもあろう, とかであっ, ともなる, と思う, なのに, に, にお里, にしゃがん, になった, にならなけれ, になれ, には馬, には駅, にもう, にやんだ, にストロンボリ, に先生, に冷蔵庫, に寝る, に少し, に尿意, に居合せた, に散, に湖水, に至, のこと, の太陽, の汽車, の電車, の静けさ, はめったに, までお, までお茶, まで待った, まで話し, まで銀座, よ

▼ 十一二歳~ (76, 0.0%)

8 の頃 4 の少年, の時 2 のころ, の色

1 [56件] かであつ, から十四, から歴史, くらい, くらいに見, くらいの大小二足, くらいの女物, くらいまでの近所, ぐらいゐ, だったから, だったわけ, だった一人, であったかと, であつ, でしか, でしたでしょう, でなければ, でもあろう, でハタ, で最長, で気, で第, としか見えない, と思っ, にしかみえない, にて背, になった, になってた, になる, にも及ぶ, のあどけない, のお下髪, のこの, のころ東京, のじ, のひとり, のぼく, の子供, の子供たち, の少女, の少年少女, の少年少女数人, の年, の弱冠, の支那少年善金, の時分, の理学士, の田舎武士, の美丈夫, の者, の頃秩父郡, の髪, は奉公, より十五六歳, より家計, を越す

▼ 十~ (76, 0.0%)

2 の道, ほど行く, もある, も来た, 程ある, 程上る

1 [64件] あるいは二, ある学校, かの鑢, くらいのもの, くらいの小さい, くらいの狭, ぐらいだ, そこら往, つめ三里高野山, といふ標柱, とは離れ, と言います, にし, には過ぎぬ, の先, の地, の坂路, の時, の江戸, の沖合, の潤筆料, の路, の道のり, の遠方, の間, ばかりいく, ばかりで, ばかりにし, ばかりの所, ばかりの森林, ばかりの距離, ばかりも予, ばかりも往く, ばかりも登った, ばかりも登る, ばかり先, ばかり出かけ, ばかり往, ばかり歩い, ばかり長堤, ばかり離れた, ばかり飛ん, ほどの距離, ほどゆき雑木道, ほどタッタ, ほど東, ほど歩い, ほど行っ, もあつ, も下流, も出かけ, も奥, も戻っ, も有るべし, も行く, も這入らなけれ, も離れ, を僧所, 程と思はる, 程はなれた, 程も先, 程も東, 程南, 行ったどんづまりの隠し平

▼ 十七名~ (76, 0.0%)

6 の会員 4 の水兵 2 でその, とが出会った, と連署, のうち, の中, の切支丹, の者

1 [52件] あり, がふた組, が死, が送りこまれた, が釈放, が非, が騎兵, その内六十七名, だった, でご, とお, となれり, と称し, に対する不当, に減っ, に源十郎, のこと, のほとんど, のスペイン人, の一年半, の一行, の中立的, の党員たち, の共産党代議士, の兵, の剣士, の剣援隊, の収税管理人, の同志, の囚人, の堕落, の姓名, の婦人代議士, の幹事, の教授連, の水夫, の生辰綱輸送, の移動劇団, の老若, の肖像畫, の連判状, の部下, の頭数, の馘首反対, の駕, は二派, は東, は証拠不十分, もあろう, を藩邸, を順々, 居る道中

▼ 十二銭~ (76, 0.0%)

5 の酒 2 あった, であった, です, のうち, またその, 這入って

1 [59件] おいしい中食, が高い, くれる事, くれろと, ぐらいであった, ぐらいな汚, ぐらいのもの, しかもそれ, しるだア, すらてんで, そうそう, だ, だかで, だからね, だった, で, であり居ながらに, では, で三分の二, で三日続き, で台所道具, で私, ということ, としてざつと一円, とは驚いた, と見, なの, なりか, にうる, になった, になつ, のやつ, の不足, の切手, の弁当, の昼食, の貸し, の賃銭, の金, の釣, の銭, はもつ, はミ, は今日, は高い, までが支給, もって, も出す, も貼る, やっぱり弁当, をチェーカ, を出したら, を受, 乃至十五銭, 取れだしたというくらいに, 払ったら剰すところ銭九銭米二合, 渡して, 貼った手紙, 高い

▼ 十六七歳~ (76, 0.0%)

5 の少女, の頃 3 の時 2 のころ, のとき, の娘, の若い

1 [55件] かと思ったら, かと見える, からの重, から二十二三歳, から二十歳だい, から戦場, から習作, から遊廓, くらいであった, だったそう, であったが, であらう, でもあろう, でルムフォード伯, で二十歳, で大丈夫博士, で彼, で懐中, で或いは, にしかならなかった, にしか見えない, にする, になっ, になった, になる, にもならう, に達した, の, のあだめかしい, のあの, のころ私, の人, の初陣, の可愛らしい, の堂々たる, の女子, の小冠者, の小粒組, の少年, の山家育ち, の新年, の武家, の独身者, の絵, の美, の良人たち, の芸者, の若, の若者, の鍛冶屋, の青年福沢諭吉, ばかりのうらわか, まで合わせ, より三十歳, 程の智慧有

▼ 十~ (76, 0.0%)

5 の船 3 の大, の潜水艦, の運送船 2 であった, の, の大船, の艦隊, の軍艦, の駆逐艦

1 [50件] かの救助船, からの軍艦, か二十隻, がたがい, が大阪, が目的, ずつ一塊, だったが, だろう, でしたね, で二十五隻づつ, と今町津, なり, のアラビア船, のボウト, の一艦隊, の主力艦, の供船, の商船隊, の噴行艇, の小船, の川蒸汽隊, の強力, の快速船, の捕, の救命艇, の日本, の特務運送船, の破壊, の艨艟, の貨物船団, はうち, は一隻, は留め, ほどで, ほどの川舟, ほども集っ, もあった, もすっかり, もの商船隊, も助け, をもって護衛, をもって遊撃艦隊, を以てする, を引っ張っ, を撃滅, ノ潜水艦, ノ駆逐艦, 小巡洋艦八隻, 残って

▼ 十~ (75, 0.0%)

3 か二十行, を一行 2 かの批評, で書ける, と筆, の詩, ばかり書い

1 [59件] あるいは三十行ごと, あるうち, からもある, が一枚, くらいの文章, ぐらいずつで何, ぐらいに個条書き, ぐらいに尽き, しか書けなかった, でもよろしい, でも論ぜられるであらう, で書き尽くせる, で書き尽せる, で百字, という長い, ならびの, にも亘っ, にわたって連続, に亘る, に亙る, に尽きる, に敬護, に於ける, に書き縮める, に書く, に此二つ, に終る, に自分, の, のもの, の原稿紙, の奴, の尊, の小, の文字, の文章, の横文字, の欄, の正伝, の洋罫紙, の短文, の雑報, は單, ばかりにつづめ, ばかりのところ, ばかりの大きな, ばかりの簡単, ばかりタイプ, ばかり読む, ばかり載っ, ほど書い, やそこ, を何行, を越ゆ, を限, 乃至数百行, 或は二三十行づゝ, 或は五行, 書いて

▼ 十日余り~ (74, 0.0%)

2 になっ, になる, に四十両, の間, もお, も遅れ, 寝た切り

1 [60件] あんなに山狩, か, しかたたない, すごして, せんと, たってから, たつてから, だった, だの, つい過し, で乗りきっ, となります, となる, になります, にもなっ, にもなる, のこと, の不, の旅路, の日, の昨夜, の晩, の月, の間団体観光, はとまれ, はほとんど, は過ぎました, ぽうと, もある, もかかっ, もこの, もつづいた, も同じ, も寝こん, も悩み, も早かっ, も清洲, も滞在, も病気, も続い, も続く, も見えない, も費やさね, も赤坂, も通り, も鑿, よく御, をこの, を仮屋, を巡遊, を床, を籠っ, を経過, を近畿附近, を重ね, を頑張り通し, 未だ, 経ったが, 経つと, 遅れたと

▼ 十日前~ (74, 0.0%)

8 に死んだ 4 のこと 2 に主人, に大, の帳尻

1 [56件] から国境, から浦賀, くらいからピッタリ, ぐらいと言い, だ, だから, だったら大変, でもい, とくらべたら, なりし, に, にお, にくらべ, にくらべる, になくなりました, にはチョロ, には出来た, にも火の手, に主人佐兵衛, に主人佐兵衞, に亡くな, に亡くなった, に京都, に入れ, に大川, に家出, に幣, に悉く, に旅, に来, に植付け, に泊つた, に潛つた山門, に潜った, に父親, に福井, に荒れた, に越え, に開山大師, に馬, に駅前, のまま, の事, の前後, の喧嘩, の四月一日, の曇天, の深夜, の話, の闇夜合戦, の霜針, の頃, の風, まで一方, まで紙鳶堂先生, 当の重

▼ 十六世~ (73, 0.0%)

3 の時 2 が断頭台, が断頭台上, の処刑, の孫, の宮廷, の立憲内閣, をギロチン

1 [56件] およびマリー・アントアネット, がド・ラ・ペルウズ海軍大佐, がヴァランヌ, が処刑, と同じく別に, なの, ならぬコン吉, におけるが如き, については私, に伝えられ, に似, に反抗, に退位, のうち, のころ, の代, の卑称, の嗣子, の場合, の大蔵大臣, の天台座主, の嫡男, の手, の断頭台, の時代, の最後, の死, の死刑, の治世, の王妃マリ・アントワネット, の王弟プロヴァンス伯, の秘書役, の第, の背後, の胸, の若い, の裁判, の遺留分, の錠前道楽, はある, はその, は一人, は八十歳, は史上まれ, は太子, は彼女, は断頭台, は眼, まだかつてこんな, もアレキサンダー二世, をくつがえす, をへ, をもフランス, を処刑, を英国, を進ん

▼ 十四五年~ (73, 0.0%)

13 も前 9 の頃 7 の間 5 になる 2 にもなる, ののち, の前, まで此札幌

1 [31件] から七八年代, このかた, だらう, というところ, というもの, になります, にわたる古い, に死んだ, のうち, のこと, の昔, の月日, の間予西インド諸島, の頃主人, の頃友人, の頃此, まえまで, まへの, もあんな, もたつた, ものち, も以前, も城中, も妻, も後, も相, を占める, を経た, を経過, を過ぎ, 居る中女房

▼ 十という~ (71, 0.0%)

2 人物, 字が, 年に, 男は

1 [63件] あやしい東洋人, ことに, ときは, ところでしょう, のは, わけで, トーチの, マットウ仁でやす, 人の, 人は, 人寿の, 人物だ, 人物は, 人間の, 会社の, 別の, 古い寄席, 叺の, 同族が, 国が, 声の, 声のか, 声を, 夕陽新聞の, 奴が, 子供を, 存在は, 小さい虫, 小作人の, 年から, 年な, 年にも, 年まで, 年よりも, 年を, 年紀の, 年配に, 年齢から, 年齢が, 年齢を, 思慮分別にも, 愚にも, 感じである, 所までは, 数だった, 時計を, 歳を, 独房が, 現状に, 男を, 男盛りの, 程ある, 紙芝居の, 絶対多数で, 若いとき, 若い家老, 若い身空, 若さ, 落語の, 裏山の, 譬えの, 醜い老人, 長上の

▼ 十一時ごろ~ (71, 0.0%)

2 であった, になっ, のこと

1 [65件] いつもの, かえったら咲枝, かえって来た, からは廊下, から仕事, から川, から明け方, があの, すでに床, だす, だった二階, だろう近所, ちょっと稽古, であ, であったが, であったらしい, でありました, でした, でしたが, でしたろう, でしょう, で大気, にきっと, にこれ, になる, になるでしょう, にはここ, にはもう, には昼飯, にも鳴く, にやって来た, にやっと, にようよう, にわかに薄暗く, に出かけ, に妻, に朝昼兼帯, に来ましょう, に芝居, に西宮, はかえる, はかえれます, ふと目, までいた, までおもしろく, までかかっ, までにかえり, までのりと汗, まではお客, までは帰らぬ, までは扉, までも眠り, まで五郎吉, まで佐藤次郎, まで作文, まで電燈, まで露店, よりにわかに, を見はからっ, 出て, 大グロッキー, 帰って, 帰りかけると, 来て, 立てば

▼ 十七八年~ (71, 0.0%)

5 も前 4 の日清戦争, の間, の頃 3 も昔 2 たって, の戦争, の戦役, の日露戦争

1 [43件] であるが, ですからね, という時代, という歴史上, と云え, にこれ, になる, にもなるだろう, にもなるべし思へ, にもなろう, に亘った, に至つて成墾, の, のころ, の交, の人気, の博覧会, の年月, の戦争以来, の戦役直後, の日清戦役後, の日清戰役, の日露戦争以来, の日露戰役後, の歳月, の飢饉, はもっぱら, まえに, までに中村屋, までは中村屋, まへの, もの長い, もまえ, も以前, も奉公, も浪人, も親, も親しん, より二十年, を要し, を隔てた, 即ち日清戦争, 逃げ廻りあの

▼ 十~ (71, 0.0%)

15 の八九 11 の九 10 の八 6 の十 5 の七 4 の一, の七八 3 の五 2 にて五分, の三, の六 1 いくぶんか, に九, の一人独り春情, の三位, の五人, の四五, ほとんど十

▼ 十~ (71, 0.0%)

8 の海底 5 の水底 4 の深 3 のところ 2 から十五尋, から百二, の底, の深い, の鯨, もある

1 [39件] あるいはそれ以上, から三十尋, から三四十尋, から九十尋, から六, から十尋, から四十尋, から百尋, がたちまち, くらいの深, くらいまでの比較的, ですが, という巨大, という深い, といふ, となる, と浅く, と透い, なり, に余る, に及びました, に及ぶ, に足らぬ, の味, の所, の水深, の測深線, の測鉛線, の處, は潜り, ばかり引き去り, ものびる, も三十尋, も手繰る, より三十尋, を算, 凄い紺碧, 出さねば, 出すとか

▼ 十~ (71, 0.0%)

4 ばかり袋 2 ぐらいはたしかに, になった, のあま, の猿, もとっ

1 [57件] が首尾, くらいは居る, くらい一か年一貫七百文納入, くらい塔森, ぐらいもとった, しか得られない, じゃない, それからヤク, だけ殺し, でございます, で買い入れた, で足る, とある, というそれ, という多数, という触れ込み, となく, とゾロ, になつた, に人, に絹, に羊, のみ成功, のもの, の中馬, の収入, の河鹿, の獲物, の蚕, の野牛, の馬, の驢馬, は毎日, ばかりが數頭, ばかりで出, ばかりの猿, ばかりも斬った, ばかり繋がれ, ばかり贈りました, まで群れ, もかけ, もとれた, も付き纏う, も出た, も居たです, も居る, も捕る, も百疋, も親, ゐると, を賜うた, 多い時, 居ったん, 居るじゃ, 居るです, 居る驢馬, 飼ってたです

▼ 十一娘~ (70, 0.0%)

5 はそこ 2 は, はいった, はその, はそれ, ははじめて, はひどく, は三娘

1 [51件] がいっ, が亡くなった, が自殺, とあなた, と別れた, と孟, に知らした, に結婚, に逢う, のこと, の伴, の侍女, の墓, の室, の屍, の方, の牀, の病気, の考え, はいきかえっ, はそっと, はその後, はたっ, はどうしても, はひと, はほんと, はぼうっと, はもう, は喜ん, は孟, は封三娘, は忿, は承知, は改めて, は朝, は東籬, は止め, は泣い, は無理, は牀, は痩せ, は笑っ, は細か, は縊死, は苦し, は訊いた, は驚い, は黙っ, も参詣, を得る, を探さした

▼ 十歳以上~ (70, 0.0%)

5 の老人 4 の人 3 の者 2 になる, になれ, のもの, の老年, の高齢者

1 [48件] かとも思われた, から百円, ことごとく死亡率, だから, だろうと, であるのに, でなければ, というよう, とは思われません, とは見えず, とは見えなかった, とは見受けられなかった, と子供, と聞い, と見える, におなり, になつ, にはなっ, にも見える, に二人, に老け, に至れ, に限られ, のおやじみたい, のその, のひと, のヨボヨボ, のロシア人, の一般, の人々, の人口, の人間, の大, の婦人, の方, の未婚, の老, の老齢者五人, の芸者, の規則, の長寿, まで持っ, まで生長, も老け, も若い, ノ男女, 及び篤疾, 若い彼

▼ 十~ (70, 0.0%)

2 ばかり, も読ん

1 [66件] か, かの本, から百頁, か六十頁, か其辺, か長い, がいつの間にか, が歴史的, ずつの暗記, ずつもラブレター, ずつ暗記, その装幀, できました, でしたが, ですつて, で詳, というの, という宿題, となる, とは読ませなかった, と重なったら, にある, にさえわたる, にし, にわたる長い, に満たない, に近い, のこの, のちっぽけ, のところ, のもの, のグラビヤ, の唯物史観, の多き, の御嶽山, の間, は何, ばかりというもの, ばかりの小さい, ばかりの小品, ばかりの本, ばかりの論文, ばかりはまるで, ばかり書きました, ばかり読ん, ばかり読んだ, ほどつい, ほどのもの, ほどの長, ほどやり, ほど読み, ほど讀み進んだ, までかいた, もつづけ, や五十頁, よんでも, をたしか, を何時間, を切り裂い, を占め, を最後, を毎週一回, を要求, を超, 読みて, 読み直せ

▼ 十人以上~ (69, 0.0%)

4 にもなつて, の人 2 だと, もいる, も入りみだれ, を饗する

1 [53件] あったこと, あって, ありました, ある, いたの, が言葉通り, しかもその, だったと, では同じく, と思われる, な喊声, になっ, にふえ, にもなっ, にも達し, に絶対, に達し, のカニ怪人, の乾兒, の人影, の人物, の兵隊, の多数, の妾, の客, の宴会, の少年店員, の死者, の紳士淑女, の職工, はたしかに, は極貧者, もあります, もある, もいるだろう, もごろごろ, もの人影, もひき連れた, もまつわりつい, もんだ, も住みこん, も何やら, も屯, も息の, も獣, も船, も要った, も集め, をあやつっ, を以て当り得る, 使って, 少い時, 居る宿

▼ 十間堀~ (69, 0.0%)

11 の猪 3 の春日, の親分 2 に利助, の友達, の喜多屋, の堀割, の河岸, の河岸通, は私

1 [38件] であった, で近く, にいた, には酒醤油, に一酌, に住ん, に出で, に大, に巡査, に移した, に面し, に飲む, の, のある, のお家, のふち, の中島五郎作, の元春, の大きい, の如き, の家, の彼, の方, の洛南柴田元春, の深雪, の色物席柳江亭, の蜂龍, の警察署, の酒亭寿, の野口, の長谷川, は三十堀, へ來, へ出よう, へ来る, もそこ, を拾っ, 即ち真福寺橋

▼ 十さん~ (68, 0.0%)

2 かえ, の勘当, の特徴, はその, は結婚

1 [58件] からお母さん, からの音信, がお, がそれ, が南摩ホテル, が早い, が硝子, が言葉, こんにちは, という人, という頑強日光一, と仲, と約束, なのね, にお目にかかる, にぜひ, にどう, には大切, には幸福, にもわかっ, に会いたい, に厚く, に聞く, の今, の勘当中, の口占, の場合, の居所, の左腕, の弟, の指す, の案内, の様子, の言う, の話, の話し, の語る, の通信, の顔, はちょうど, はまた, はポツリポツリ, は亭主, は壮者, は実に, は知らなかった, は縁側, は苦笑, は言おう, は車, は雷洋丸, へもお達し, もしょっちゅう, もどこ, も別段, も迷惑, やっぱり私, をかばっ

▼ 十五里~ (68, 0.0%)

3 の道 2 と停車場, なり直道, の島, の海上, はあるだろう

1 [55件] あり, が家業, しか走れない, とある, という所, とはないでしょう, と云う, と歩み行き, と見れ, と言っ, のあいだ, のところ, の万流湖, の円盤, の区域内, の厚, の山道, の江戸, の沿岸道路, の湖, の灘, の行程, の西高峯, の距離, の速, の遠江灘天窓, の長途, の間, はある, は今日中, は大抵, は我が, ばかりと答, ばかりのところ, ばかりの処, へだてたクロア・ド・コルバ, ほどである, ほどの円, ほどの道, ほど先, もある, も先, も距, も遠方, も馬車, をやって来た, を一目, を尾, を神行法, 悲しきこと, 歩いたわけ, 歩きます, 歩みぬまた, 真北, 降り十五里

▼ 十年あまり~ (68, 0.0%)

3 の後, の歳月, も前, を経 2 して, の月日, も昔

1 [50件] かかって, このかた, しか隔, で血, と言う, になります, にもなったろう, にもなりました, のあいだ, のあいだじゃま, のむかし寛平昌泰, のもの, の今日, の年, の年齢, の日月, の昔, はほとんど, は世, むこうで, もあるいは, もいる, もお母さん, もかかっ, もこの, もこれ, も住ん, も兄さん, も召使, も商売, も島, も後, も暮らし, も机, も生死, も続け, も苔虫類, も蜂, も購読, も過ぎた, やがて三十年, をそこ, を經, 全く考えた, 憧れ思ひあまつて仕合, 経っただけ, 経った後, 経て, 続けて, 若い独身者

▼ 十一時近く~ (66, 0.0%)

5 であった, 起きる 3 であつ, なって 2 なつて, になっ, になる, までは大丈夫, 起きて

1 [40件] だった, でありそれでも, で今, で小樽, なったので, なつてしまつた, なつて四人連れ, なの, にそれ, になつて電話, にやってきた, に家, まで, までねた, までやっ, まで寝, まで寝床, まで彼女, まで書い, まで起き, まで雨, まで電燈, まで食事, めでたく終った, より一時半, 切り上げて, 帰った, 起きるづっしりと, 起きると, 起きるボビー, 起き女房同道, 起き母上, 起き築地小劇場マチネー, 迄おあ, 迄か, 迄ねた, 迄ねる, 迄よく, 迄寝る, 迄熟睡

▼ 十~ (66, 0.0%)

10 となく 3 も同じ 2 と繰返してる, ばかりも繰り返し, も百遍

1 [47件] あまり読み返し, かこれ, かわからない, か何百遍, するも, でもある, でも二十遍, でも何百遍, でも引立てられ, でも水, でも私, とは芝居, に一度位実行, に三度, ばかりちんちんちんと, ばかり深呼吸, ばかり遣り直させられ, もききあきた, もくりかえし, もくり返さした, もくり返し, も云, も人, も何百回, も先生, も心, も折り重ね, も石, も空しい, も立て続け, も経験, も聞きました, も蓋, も見る, も言っ, も読みかえし, も読む, も遣直させられた, も額, を越えた, 同じやう, 唄わせた, 噛んだという, 称えて, 繰り返して, 繰返して, 読んでも

▼ 十二三年~ (65, 0.0%)

6 の頃, も前 5 になる 4 の間 2 のころ, のころ品川楼, ばかり前, も昔

1 [36件] から二十年前後, から四, から浜子, その位, といふのさ, にかけて, になっ, になりましょう, になるだろう, にもなる, にもなるだろう, に優秀, に私, に至る, のこと, の交, の交情, の歳月, の間日本, の頃伊原青々園, の頃鴎外先生, はとし, は食, まえおまえ, まえに, まえの, まへに, もまえ, も以前, も奉公, も寺, も過ぎ, を過ぎ, 生きて, 経て, 過ぎてからの

▼ 十年振り~ (65, 0.0%)

2 で母, に故郷, に私, の兄

1 [57件] かであの, かで今年, かで父母, かの大雪, だ, だったもの, だという, だとかいうくらい, でおまえ, でござる, ではいった, でまた, でめぐり合った, でヨーロツパ, で云々, で会う, で内地, で国, で始め, で帰っ, で帰る, で帰国, で御影, で我が, で故郷, で旅, で東京, で深川通り, で父, で私, で草鞋, で逢っ, で逢った, とかいう大水, とかで, なの, にお, にその, にてひそか, にわたくし, にスケート, に大, に帰れる, に帰郷, に手紙, に浦崎さん, に見出した, に貴重, のお, のこと, の会飲, の厳寒, の大雪, の帰郷, の弘光慶子さん, の故郷, の私

▼ 十には~ (64, 0.0%)

4 なって 2 なるまい, なるまいと, 少し間, 間が

1 [52件] いくつか, うなずけるもの, このいい, これが, すでに述べた, だいぶまが, とどくまい, とどくまいが, なかつた氣持, なっても, ならうわい, ならずその, ならないであろう, ならないの, ならないほどの, ならない職人風, ならない青年, ならなかったが, ならぬでしよう, ならぬ年, なるまいが, なるまい能う來, なんでも, ひとつ間の, まだなるまい, まだも, まだ二ツ三ツ, まだ大分間, まだ届かなかった, 一つ欠ける, 一二年ある, 三年も, 二つ三つ間が, 二三年間の, 勘当後に, 尚少し, 従兄の, 成るまい不, 未だ大分間, 次第に乞食, 武家息子らしい, 西瓜畑が, 見えないはず, 見えない美人, 見える, 足らぬ小村, 足りない童児, 足るま, 過ぎしと, 過ぎまいと, 遠いのに, 間の

▼ 十五分間~ (64, 0.0%)

4 焼きます 2 の後, ばかりノベツ

1 [56件] があります, ぐらいもそこ, ぐらい後, じっとし, ずっと喋り, ずつ寝る, その店, だ, で大, で建物四棟, で間に合う, というもの, とは前代未聞, と変り, にねたましい, には揃, に七たび, に六十二個, に自分, のねうち, ののち, の休み, の滞, の眩惑, はどちら, は最初, は過ぎ, ばかりささえた, ばかりでも, ばかりなるべし, ばかりは何, ばかりもどっ, ばかりも握りしめられ, ばかり大声, ばかり焼きます, ばかり続いた, ほど蒸焼, もあれ, もつづいたら, も並ん, も夢中, も泡立てる, も焼け, も眠れ, も経ちます, も運転, やっとこらえた, をこえない, をわたくし, を利用, 戦った, 歩いた所, 漬けて, 焼いたの, 程一言, 貰って

▼ 十数日~ (64, 0.0%)

6 の後 4 の間 2 の欠配, を経

1 [50件] か後, たったある, たって, たつと, だ, で頬, にわたる惨憺, に亘つて連載, に亙る, に迫っ, のあいだ, の南町奉行所, の喊声, の後中川兄妹, の憂色, の捜索, の日, の物思い, の苦労, の間釈放, はいつか, はげしい山歩き, は大雨, は完全, は恐怖, は病床, は絶対, は草の根, ばかり立った, ほど滞陣, もつづいた, もつづけ, も役宅, も手出し, も監禁, も経過, をついやし, を暮らした, を滞留, を病床, を要した, を費やした, を過し, を過した, を野, 乃至数十日, 当の犯罪事件, 或は幾十日, 続いた時, 遂に或

▼ 十~ (63, 0.0%)

5 といふ 3 という 2 から貴方, と, よ

1 [49件] からその, からどっち, からまさに, から明日, から歌子, か其様, か四十, がこれから, がしかし, がなあに男, が八十, が手術, が若々しい, が親孝心, が達者, しその, し冬, し思索, し病気, し言, ぜいいかね, ぜ考え, そうだ, そうです, ぞ, つたのです, つたのに, つた娘が, てえ, で, というもう, とか十一, とする, とばかし思っ, とも二十一, と云, と大きな, と知ったら, と聞きました, な, ね呼吸, のという, のにもう, よ十, んも, ん以上も, 君は, 四十一だ, 早く女房

▼ 十三名~ (63, 0.0%)

2 の学生中

1 [61件] ありしが, から一挙, から引く, から成り, がこれ, が全部, が前後五日, が危険, が学士会館, が斃, が死, が血判, ことごとく死んだ, そのほか新館別館, だけでございます, だけは姫路, だと, であった, であったが, といふ大, となつ, となり, と共に氷島, と読む, に對, に達し, のお, のこの, のブル候補, の一団, の一行, の中, の乗組員だれ, の先頭, の児童, の共産党代議士, の地主, の多き, の御, の戦死者, の政友会席, の新撰組, の有する, の柳門選り抜き, の水兵, の決死組, の船員たち, の若き, はいきなり, はぞろぞろ, は各, は組合旗, ばかりゐる, ほどは井口城, を九組, を合祀, を密輸問題, を数える, を獲得, 前皇, 打ち揃い

▼ 十余歳~ (63, 0.0%)

4 の時 3 にし, の今日 2 である, の, の吉田忠左衛門

1 [47件] かとも見えまする, であるが, でございますが, ですでに, でなくなるまで, で喉頭癌, で婿入, で数年前, で明和, で歿, で見るから, という, という高齢, となり, とねんねこ, と思わるる, にて鬚, になっ, になった, に相成る, のころ, の今, の今年, の厄年近辺, の寿, の年齢, の男, の皺腹, の老人, の老侯, の老婆, の老婦多年予, の老媼, の老衰病, の老骨, の老齢, の長命, の青年赤毛布, の高橋作左衛門, の高橋左衛門, まで例, まで生きのびた効いあっ, まで眼, まで身代, まで通し, らしい清げ, 罷成

▼ 十~ (62, 0.0%)

5 の兵船 3 となく 2 の船

1 [52件] あつた, ある, ぐらいが内職, ずつになる, ずつ風, では, という軍艦, とことごとく, と港入り, にし, に望み, に積ん, に過ぎない, に限り, のうえ, の小舟, の帆船, の快, の持船, の楫, の櫓船, の火船, の甲鉄艦, の美船, の舟, の舟手, の艦隊, の蒸汽船, の貢ぎ, の黒き, ばかりに屈竟, ばかりの八梃櫓, ばかりの和船, ばかり乗出し, ばかり兵船, ほどは商船仕立て, も三十艘, も並ん, も川, も牛車, も続い, をそろえ, をととのえ, を下流, を命じ, を持っ, を数え, を浜, を率い, 或は数百艘, 来れば, 附き從

▼ 十銭位~ (62, 0.0%)

3 かかりましょう, です 2 で買う, なもん, の本

1 [50件] かかりましょうね, かと思ふ, からある, からあるです, からで, しか与へられないで, だ, だが, だったから, だつた, だと, だろうと, であった, であったが, であったもの, でしょう, ですから, ではやり切れないでしょう, でもあろう, で二色, で充分, で出来ます, で古本屋, で売り出せ, で承知, で結構, で買い得るであろう, とった, なの, なもの, な処, な白湯同様, になっ, に売れた, の, のお, のおもちゃ, のすし, のところ, の割合, の肉, の舶来品, の西洋料理, の馬鹿値, までで買えます, もかかりましょう, ゐですが, 持って, 致しますこれから, 食いますって

▼ 十銭玉~ (62, 0.0%)

5 を一つ 4 を二つ 3 を一個 2 が一つ, に二銭, を彼女, を掌, を畳

1 [40件] がばらばら, が何枚, が出た, が汗, が要る, だの, で七銭, で四十三銭, とが急, とを返し, と銅貨二個, のレンズ, の何十倍, の穴, の黒い, はずっと, は二枚, は裾, ばっかりだ, をなくし, をひとつ, をオッコトシタ, を一つポン, を一つ助手, を一つ報謝, を一個母親, を三つ畳, を下さいました, を二つづつ, を二つ卓子, を二つ畳, を二ツ, を五つ, を何枚, を出し, を大事, を彼, を水瓶, を私, を裸

▼ 十パーセント~ (61, 0.0%)

2 にすぎない

1 [59件] かが立派, かはその, かはジイド, かは家庭, があやしい, が社会的, が間違い, ぐらいまでは自分, ずつを托し, だ, だった, でこれ, です, でその, で済んだ, というの, との報告, と称せられる, にやりました, に妄信, に満たない, に的中, の不幸, の児童坑夫, の利益, の割合, の勇気, の媚, の幸運者, の料理, の権力, の生活, の真理, の臆病, の譲歩, の面積, は, はほんもの, は人工, は今日, は哀れ, は樹木, は樹林, ほど長く, までは持ちまえ, までは短篇, までは花柳病, までは視力, までは音声, もぞろぞろ, も占め, を占める, を失う, を支配, を私, 入った由, 多いもの, 迄暗い, 迄碌

▼ 十五夜~ (61, 0.0%)

5 の晩, の月 2 であった, で川開き, に親しい, のフランクフルト, のリューネブルク

1 [41件] か, だが, だつた, だという, であつ, であること, である月, でございましたよ, でした, でしょう今夜, ですよ, で晴れた空, で無事平安, で酒, という日, とかいう時, なり, に, にあたっ, になります, には月, にも松, に当たり, に於ける, に病, に至る, に限られ, のこころ, のこと, の丁度月, の団子突き, の月雲, の歌, の正式, の満月, の玉兎, の闇, の黄金, は飫肥, を迎, 照る月

▼ 十五枚~ (61, 0.0%)

4 書いた 3 の小判 2 した, だと

1 [50件] あつた, あり他, かいて, が貰えるなら, くれとは, ぐらい, ぐらいの小説, ぐらい来月, ずつで, だけ送る, だぜ, でお, でも兎, で一梱, といふ今, とわかっ, と分厚く, などがある, になつ, のうち, のもの, のコント, のフィルム, の紙片, の色紙, の額, はねえ, ばかり仕事, ばかり引, ほど, ほどかいた, ほどつるさん, ほどのもの, ほどの文学史, ほど明日, ほど書いた, をわたす, を与え, を与える, を以て一把, を手, を抹殺, を書き下し, 並べた, 出来上る, 大鱗, 書いて, 書きました, 程書いた, 迄書い

▼ 十~ (61, 0.0%)

3 の男, の老人 2 の婆, の婆さん, の老

1 [49件] あった, だったと, であった, でもと, で死ぬる, で稼盛り, となり, にて亡くなり, にて生存せり, に成る, に至り, のお, のでつ, の代議士, の傷, の先生, の処女, の品種, の地獄, の大, の婦, の将士, の山々, の料亭, の旅館, の歩卒, の浮舗, の瀑布, の王, の管弦楽曲, の細作り, の翁, の老体, の老母, の老翁, の老農, の藩主, の醤油工場, の項目, の顔, の黒ずくめ, まではそう, まで无病, もあった, もある, を悉く, を焼き払わせた, 出来た, 載

▼ 十余日~ (61, 0.0%)

4 になる 3 の間, を経 2 にし, のあいだ, の旅, の歳月, の髯

1 [41件] いた, お預り, かかって, が経った, くらいになっ, しかつづかない, しかも其傍若無人, して, である, とある, というもの, と聞い, に及び, に及びます, に及ん, に至る, の後, の籠城, の苦心, の討議, の間毎晩一度, の間逃げ廻つた, は寄場, は見なけれ, まえより, まだ, もいっしょ, もお, もすれ, もひっきりなしに, も守りとおした, も水びたし, も経っ, を打ち続け, を費さなけれ, を費し, を費やし, を過ぎぬ, 措かれて, 無朝, 経ったころ

▼ 十幾歳~ (61, 0.0%)

3 にもなる 2 で亡くなった, という若, の老婆, の高齢

1 [50件] かになっ, かのお爺さん, かのはず, かの乏しい, かの畫, かの老, かの老人, かの老婆, かの雛腹, か年長, だかに, だつたかの, ですって, で早世, で死んだ, で草履, という, というの, という媼, という頗る, とかいう高齢, とかで, なるか, にし, になっ, のこの, の今, の今年, の今日, の元気盛り, の北山, の好々爺, の婆, の屈強, の年下, の春の, の格二郎, の眉目秀麗, の老年, の血気, の遠藤主膳, の長い, の頃, の頭山満, の高, まで生き長らえた, まで評定役, も年下, も若い, を一期

▼ 十三間堂~ (60, 0.0%)

3 の裏 2 のお, の佛, の太閤塀, の通し矢, の長い

1 [47件] からいい, が眼中, が聞きたい, だ, です私, で寛文, で通し矢, といい, とのシムメトリイ, ともよばれ, と東福寺, には金色, にふしぎ, にも九千百五十本, のさわり, のそば, のよう, の上, の下, の事, の二十八部衆, の写真絵はがき, の堂衆, の塀, の奥, の廂, の折, の暗い, の果し合い, の永い, の浄瑠璃, の矢數, の競い矢, の細長い, の縁, の西, は京, は今, へ立たせ, へ行つて, へ這, も御, を先, を思い出させる, を摸し, を横, を通り宮川町

▼ 十二円~ (60, 0.0%)

4 の家賃 2 あるそれだけ, の月末払い

1 [52件] いるから, か, か十五円, しかない, すこしで, ずつ送っ, だけ貰, だったが, であ, であった砂糖, である, でお, ですの, で売りつけた, で蚊帳, で買つた, で買つて貰つて, で雇われた, で非常, なるありほか, にし, になる, に電話, のお, のこの, のバス附, の弟, の洒落, の百倍, の米, の罰金, の金, はずいぶん, は大した, は蜜柑, ばかりあげ, ばかりもの, もした, もキ, も滞る, よ, を二円, を割り当てる, を強奪, を痩せこけた, を貰った, ヲ給ス, 又ハ二十円, 取る方, 戴き大変使い出, 渡される, 頂きました

▼ 十人近く~ (60, 0.0%)

6 の人間 2 いた, いるの, なつて

1 [48件] あったが, いる従って, が寢, で夜明し, なかなか手, のお客さん, のし, の人数, の傍聴者, の受験者, の召使, の大, の女工, の客, の市会議員, の患者, の旧知, の此, の死者, の男女, の男達, の見物人, の野次馬, はある, はい, もいっぱい, もかかっ, もごろごろ, もゐた, も人, も住ん, も使つて盛大, も囲繞, も失うた, も子供, も寄合, も寝, も忙し, も手伝い, も行っ, も詰めかけ, も集っ, を要する, 乗って, 思われたが, 集まって, 集めたの, 集りましたが

▼ 十~ (60, 0.0%)

2 だ, ときたま七十三点, の作品

1 [54件] あたらねば, あった, あるか, から九十五点, から六十点, がつけられる, が六つ, ことごとく帯, しかくれない, ずつでした, だったけれども, だった操さん, である, でしたが, でも得, で点, で英語, といふまとまつた, といふ奴, とか九点, とし, と並んだら, と手紙類, と認める, などはさ, なり, にも及ん, に改まり, に改めた, の個人展, の夢, の大作, の絵, の美人, の間, ばかりいろいろ, ばかりの松火, ばかりを常置, ばかり書き上げ, ほど懸け並べられ, もあった, も取れれ, をやる, を取った, を取つ, を満点, を見せ, を陥れる, 取れたでしょう, 総品目三千何種, 貰ったこと, 集めて, 黒い円形, 黒い色

▼ 十人位~ (59, 0.0%)

2 あった, ありますよ, である, 集って

1 [51件] ある, いた, から三十人位, が, が一時, が歩い, しか居らない, ずつ具足, ずつ次, だけどね, で, であったと, であろうとの, です, でせう, ということ, と登録, なの, な從者門人, になつ, に過ぎざる, の人, の人数, の会員, の会食, の弟子, の御, の文学志望者, の日本画家, の母たち, の積り, の範囲, の者, の遣ひ, はあるでしょう, はそこ, は一緒, は出, は楽, は色々, まで居る, もゐた, やって来た, より及第, ゐの, ゐるかな, を泊める, 乗れよう, 乗れる位, 住んで, 御婦人

▼ 十人前~ (59, 0.0%)

3 や二十人 2 ですから, といふ前

1 [52件] かの木具, が一箱, くらいの権利, ぐらいしかでない, ぐらいは出し放し, すぐ炊い, ちゃんと揃っ, で二十銭, で五十五銭位, で五銭, で十八銭位, で四十五銭位, で弐円, で百二十片, といふ, と数多く, と注文, などと記した古ぼけた, なら一升, におよそ, にし, になります, に一斤, に三斤, に二斤, に二本, に八つ, に小さく, に截, に沢山, に牛一頭, のお, のすき焼き, のスープ, の塗, の弁当, の椅子, の膳, の膳部, の膳飯, の食物, は焼いたであろう, へ蹴飛ばす, ほどもでる, ほど並ん, もある, もの弁当, 出け, 出来れば, 届けさして, 揃えて, 来り他

▼ 十貫目~ (59, 0.0%)

5 の力 3 の荷物, もある 2 しかなかっ, の人間, の柴

1 [42件] あったと, あるという, からある, から八十貫目, ぐらいの荷物, ことごとく出した, という字, と云う, と捕れた, と相場, に餘, のばら, のもの, のリュックサック, の体躯, の力量, の婆さん, の底, の最良昆布, の煙硝箱, の鉄棒, の鐵棒, の間, ばかり取っ, もあらう, もあり, もあります, もあろう, も這入っ, より十八貫目, をも超えるだろう, を十貫目, を届け, を指し, を荷うに, を超え, 余程の, 出せという, 始終手先, 担げと, 軽尻五貫目, 近い体

▼ 十一名~ (58, 0.0%)

2 の剣客, 現患者三十六名

1 [54件] か, がずらりと, が十一名, が拘引, が持っ, が欄干, が避難, だった相馬月輪組, であります, でABC三組, という絶対多数, とでも所詮, となった, とも禁錮八カ年, と簾中上, と自由法曹団, にご, にございまする, になる, に二人, に以詔, に過ぎなかった, のうち, のほか, の一人一人, の下士卒, の人数, の会員, の元, の全, の内, の名, の壮行者, の大学教授連, の弁護士, の悪, の数, の無心, の生命, の脱退, の若, の被告, の被告たち, の身分, の顔ぶれ, はすぐ, は共産党員, は旧, またそれら, もの災死児童, もまいっ, を前, を揃え, を極端

▼ 十年二十年~ (58, 0.0%)

3 の後 2 および現在, とこの, のうち

1 [49件] あがいて, あるいは人間一代, たったあと, たってから, たつたあと, で其の, で可能, といふ年代, とたちます, とたつ, となる, と月日, と生きのび, と立つ, と経つたら, と続け, と続ける, と苦しん, にも勝る, に収, に読み, に讀み, のイノチそのもの, の仕事, の修行, の内容, の勤続者, の命, の後牢屋, の思弁, の月日, の歳月, の状態, の短日月, の稽古, の親友, の計, の間, の間人間, の難行苦行, はおろか, は十年二十年, は直ぐ, ほど前, も一時, をその, を挙げ, を虫, を過ぎ

▼ 十スー~ (57, 0.0%)

3 の銀貨, を盗んだ 2 の金, 貸して

1 [47件] おごって, か, くらいです, くらいに買い取った, しかふところ, しか得る, しか残らない, じゃない, ずつとしても弾, ずつはやらね, ずつ賃金, だけかかった, だと, だよ, であると, でしかも, です, ですよ, でそれ, でろうそく, で売っ, で諸君, で買った, とかもらう, と決められ, なら休む室, にし, になる, に一スー, の値打ち, の食事, は二フラン, は次, ばかりですむ, ほどにてもよろしく, もうける, もらいましたよ, も出し, も消え, よりもらわなかった, 借りた, 出しその, 出しそれ, 出した, 出せば, 持って, 集めて

▼ 十円紙幣~ (56, 0.0%)

6 が二枚 5 を一枚 3 を二枚 2 が一枚, が三枚, を出し

1 [36件] かな, が七十枚, が五十枚, が半分, が懐中, が百枚, が青年芸術家, であるか, でで, で九十円, とが何, とを間違えられた, と一緒, などを乗せ, に見えた, の二つ, の大束, の束, はいつも, ばかりだった, をくれ, をくれた, をのぞかせ, を一枚二枚, を三枚, を入れ, を勘定, を彼, を抛り出し, を抛り出した, を抜きだし, を横瀬, を置く, を見, を載せ, を辞退

▼ 十四郎~ (56, 0.0%)

3 の寝間 2 との関係, の妻

1 [49件] があくまで, がしぶとく, がそれ, がどうしても, がもしかして, が問い返す, が喜惣, が意識, が父, が真実, が話した, そっくりの, その側, だけを除いた, であると, とあの, というの, との肉欲世界, と呼ん, と喜惣, と滝人, にはそれ, にはやはり, には生存, には金輪際, に云い聴かせはじめた, に対するとき, に決定, のあの, のありし, のため, の二つ, の前, の居間付近, の死地, の気性, の荒々し, はまったく, は一度, は同じ, は土木工学, は恐怖, は熱した, は片, は絶対, は運, は鉄弓, を殺さね, を鵜飼

▼ 十~ (56, 0.0%)

2 となら, の重, の食パン, ばかりの埋木

1 [48件] あったに, か何, か八十斤, がとこ, くらいの収穫, ごまかす, だけの分量, で両, という偃月刀, という大刀, という鉄, となり, となるべし, とを持っ, と水晶, と称する, と絹一万疋, なら塩, にあまる, に足りなかったら足りない, に近い, のパン, の味噌, の大, の小判, の慾, の慾心, の滑腔砲, の火薬, の肉, の色慾, の読書慾, の鉄, の鉞, の錘, ばかり鐵檻, もある, もあろう, もする, もヒレ肉, を供え, を加, を得, を用意, を要する, を食い, 買って, 長さ一丈八尺

▼ 十万年~ (55, 0.0%)

4 ぐらい前 3 の人間, の昔, の間 2 となく, ないし三十万年前, の勝利, の歴史, もあと, も前, も経て, をき, 或は百万年

1 [24件] かかるという, かないや, かはしらぬ, たったどき, でもいずれ, という人間, ないし十万年前, なるか, になる, に一度, のより, の人類, の苦労, の驚くべき, はたっ, ほどまえ, ほろびずに, もかかる, もころん, も努力, を往復, を要する, 乃至数百万年, 秘められて

▼ 十三番~ (55, 0.0%)

9 の札 8 の札所 6 の凶 3 てがらです, の 2 のお, の内

1 [22件] か, が甦る, が石山寺, だけれど, てがら, となりました, と記したる, なんて少し, に人, に津保見, のタタム氏, の右, の席, の座, の札所和銅寺, の札所薬王寺, の練習曲, はレヴィツキー, へたびたび, へのる, をブゾーニ, を指し

▼ 十五万石~ (55, 0.0%)

4 の城下 2 のお, の城主, の御, へ移封

1 [43件] が何ん, が救われ, が雪, その藩中, だ池田様, だ私, でげす, という堂々たる, ならば, に減封, に疵付ける, の中, の中府, の侯なり, の勝手元, の喉笛, の城地, の大, の大名, の大国, の大目付, の太守, の彦根, の松山藩, の浮き沈み, の相続者三河守忠直, の絶体絶命, の蜂須賀重喜, の財力, の足枷, はお, はそのまま, ばかりの殿様, へ移された, まで築きあげた, を与え, を召, を拝領, を物の数, を相続, を領, を領する, 取潰し

▼ 十~ (55, 0.0%)

2 さア, で酔う, に焼, のつる, もあの, を飲んだ, 呑ませて, 飲んで

1 [39件] かれが, ぐらい, ぐらい食う, けろりと呑み干し, けろりと呑み干した, さしもに, ずつ三人, ずつ回し飲み, だ, つながって, で一斤, で五百人, といふ有, となく, になつて, には達せず, に砂糖二杯, に饂飩粉五杯, の脂, の錢, は取れましょう, は少く, ばかりひっかけた, ばかりも並んだ, ばかり立續, もあび, もの水, も与え, も入っ, も十五杯, も取れた, も食べ, も飲み, も飲みたい, も飲んだらう, や十五杯, 煽つた残り, 量らなければ, 飲めと

▼ 十二世紀~ (54, 0.0%)

3 の後半, の頃 2 の, の人, の末

1 [42件] からで, から十七世紀, にかけて日本, にこの, になる, にはピサ, にカスティレ, にスペイン, にラテン語, に入っ, に出来た, に於, に根, に至っ, に至る, に起れる, のす, のはじめごろ七百年, のアラビア人エドリシ, のスペイン, のペルシア, の初, の半, の半ば頃, の半頃, の合唱集, の地震虫, の始め, の始めイロワイエ, の姿, の市民, の年頃, の書, の末ナーポリ附近, の末葉, の終り頃, の終わり, の長期間, の間事実上, の院政時代, の頃市, まではかかる

▼ 十二年前~ (53, 0.0%)

2 にダーウィン, に勘当, の事

1 [47件] この家内, すなわちサラット・チャンドラ・ダース師, だったね, だつたね, でありまして, である相州逗子, ですが, と記憶, なん, には伏波将軍, にカナダ, にバルボア, に丁度, に伊豆, に国, に戦, に書かれた, に洋行, に猛烈, に筑紫, に著した, に豊島家, に越え, の, のあの, のこの, のその, のもの, のやはり, の一月初旬, の上海, の乳癌, の円形, の冬, の寛政十年五月朔日, の木曾路, の沖縄旅行, の経緯, の經緯, の芸州, の若, の藝州, までは石, を思い出せ, を想起, 即ち千八百六十三年, 果たしてそこ

▼ 十二畳~ (53, 0.0%)

4 の座敷 3 と八畳 2 の一部屋, の客座敷, の広間, の書院

1 [38件] があっ, が問題, が頼母, ぐらいの一室, その奥, だった, でございます, と六畳, と廊下, と自分, などといふの, にしたい, に桃山風, に続く, のその, のひろい, のガラス障子, の奥座敷, の客間, の寝間, の日本間, の本, の梅, の椅子テーブル, の狭い, の襖紙, の部屋, の間, はわれ, ばかりで, ばかりの広い, へは達せない, ほどの二方硝子窓, ほどの広, もあった, も敷かりませう, も敷けよう, 程もある

▼ 十人余り~ (53, 0.0%)

3 の人数 2 の会員, の女

1 [46件] あるいは騎馬, がひとかたまり, が同じ, ずらりと居, であったが, です, に減っ, のお客様, のもの, の一団, の中, の乗馬, の人, の人影, の人達, の人間, の同勢, の士官, の女達, の客, の小屋, の幕兵, の抱え, の捕手, の武士, の生徒等, の白衣, の者, の若, の若い, の見物, の講中, の農夫, は何処, ぶった斬って, もこもっ, も佇ん, も使おう, も店先, も集まっ, を一気に, 出迎えて, 相伴い鉄砲, 走って, 走り出たが, 集めて

▼ 十八度~ (53, 0.0%)

2 よ, を越す

1 [49件] あったまるで, ありますあしたあたり, から七〇度, から四十度, か八度五分, ぐらいである, だったかに, だってあつい, である, でございます, です, ですからね, ですけれど, ということ, という温度, とは恐れ入りました, と九度, ないし六十二度, にあたる, にそい, には吃, に上った, に下った, に下る, に保たれ, に及ぶ, に当たる, に当ります, に温められ, に過ぎず, のところ, の体温, の場合, の所, の炎天, の熱, の蒸気, の高温, ばかり, ほど, ほどです, ほどの暑, まで下る, も手, より低から, より高い, わが梅雨, をさし, 即ち夏

▼ 十日過ぎ~ (53, 0.0%)

3 である, になっ, のこと 2 にはもう, の月

1 [40件] からがいい, からはいよいよ, から乞い, こし方, たる夕暮, であった, です, で百貨店, と日, と決められた, どうしても土用, なので, にお, になる, にはまた, にもなった, にもなる, にやっと, に中宮, に六条院, に兵部卿, に右大臣, に妹, に家, に成っ, に東京, に私, に立っ, のうらら, の三, の夜, の有, の梅, の頃, までは大通り, まで滞在, よ, らしい雨, を迎えた, 候えば

▼ 十~ (53, 0.0%)

2 の三人, はその

1 [49件] が, がどうして, が右, が斬りつけた, だったお, って男, です, という者, といっ, と仁木於義丸, と名乗る, にうまうまと, にでも見つかれ, に追いすがり, に遊び, のことば, のほう, の執拗, の姿, の死骸, の毒牙, の眼, の血液, の顔, の鼻, はあわて, はうごかない, はこう, はそう, はそこ, はとたんに, はどうか, はへなへな, は乗り気, は何度, は単に, は平気, は得意, は思わず, は手, は満足そう, は独り, は猟犬, は病気, は笑っ, は酔う, は離れない, もすぐ, より朱実

▼ 十三年前~ (52, 0.0%)

3 の三月三日 2 のこと, の大水, の泥棒

1 [43件] から専ら, すでにかく, だ, だった, ちょうど十六, である, にお, にさかのぼる, には大, にわかれた, にトルレス, にリベディンスキー, に一本, に二人, に亡父, に写した, に勃発, に当, に悲劇的, に捨てた, に捨てられた, に早く, に死せし, に盗んだ, に盜ん, に編纂, に起った, のあの, の二月十九日, の再, の創立, の嘉永六年, の夢, の女, の感激, の放埒, の火事, の自分, の順礼行, はや西國順禮, は寛政九年, より商店, 恐しい洪水

▼ 十何歳~ (52, 0.0%)

3 かのレムブラント 2 かの時, かの老, と云う

1 [43件] かで, かです, かで三河守, かで悪化, かで没, かで獄中, かで郷里林崎, かになった, かに達した, かのクリスト, かの作品, かの叔父さん, かの彼, かの悲しい, かの某, かの祖母, かの老女, だか, であつ, でもカクシャク, という伝奇的, という分別盛り, という若手, という血気盛り, とかで初婚, とかの爺サン, になっ, になり, になる, の声, の女, の年齢, の当時, の時, の時分, の未亡人, の男, の老人, の老年, の西園寺公, の青年, の青春, 細い髷

▼ 十八九歳~ (52, 0.0%)

2 になる, の侍, の頃

1 [46件] かそれ, から二十五, から二十六七歳くら, ぐらいの女中さん, だったこの, でした, でパン焼釜, で使用人, で鴨居, という年頃, といふ見当, ともおもわれる, とも見られる, になっ, にもなれ, のころ, のさい, の二人, の人, の優男, の勞働, の女性, の威厳, の小柄, の少年, の悪戯青年, の時分, の狼使い, の田舎青年, の立派, の美しい, の美少年, の老, の職人風, の肉體, の艶女, の草履取り, の豊麗, の貴人, の質朴, の連中五十名ぐらゐ, の頃片山, の頃豐前國小倉, ばかりとも見える, までの仏蘭西人, までの少女

▼ 十分後~ (52, 0.0%)

2 にはあの, に到着

1 [48件] すなわち三月三日午前七時ごろ, ただ眼前, であった, でもう, にこっち, にすぐ, にでる, には, にはいっそう, にはおそらく, にはこの, にはそこ, にはなごやかな夜食, にはりっぱ, には今度, には僕, には法水麟太郎, には私, には粉々, には細雨, には艦内, には駒, にまた, にボンド街, に不審, に並山, に其処, に敏子, に旅館, に暴れ出させ, に検事, に沈んだ, に法水, に浅田, に海水, に濡れ鼠, に犯人, に皆, に第, に貫一, に起った, のこと, の予定, の光景, は三十分後, ぽっかりと, を期し, 正九時

▼ 十~ (52, 0.0%)

3 の店 2 であった, のこと, はそれ

1 [43件] がさからう, がした, が帰っ, が来, が笑う, が言った, だ自分, であるが, というの, におっつく, に三十両, に目, の手, の秘密, の義, の輿入れ, は, はす, はすぐ, はその, はひどく, はもう, は一ばん蛇, は文世高, は毎日, は産蓐, は言いかえし, は言った, は顔色, もまた, をおがんだ, をかえし, をだまし, を出した, を呼ん, を思う, を袁氏, を見つけた, を見る, を責めた, を送ります, を逐いだし, を頼ん

▼ 十二枚~ (51, 0.0%)

4 の歯 2 そろって

1 [45件] あったきっと, あるといふ, いと細々と, おわる, かき上げました, かぞえるの, ございます, そうです, その十二枚, たまつ, だ, だけありました, だけいま, だけは眞物, だ親分, であの, ですから, ですけれども, にわたる長文, に二十日, に描いた, に極彩色桐, に細字, のうち, のレコード, の中, の原稿, の封筒, の小判, の掲示, の竹牌, の綴れ, の胴片, の黄金, は二千四百四十円, も封筒, をまた, を数えられ, 入れて, 張りさ, 時には二十余種, 書いたもう, 書き上げた, 残って, 終る

▼ 十六名~ (51, 0.0%)

7 の者

1 [44件] おてつだい, だけがゆくりなく, である, で未曾有, という数, という竊盗事件, となり, と十九名, と峠, にとっては, に同情, のいと, のもの, の人々, の代表者, の割当て, の増加, の姿, の学会長, の家来, の少女達, の影, の浪士たち, の無, の特別裁判進行中, の筆頭, の被告中, の被告人, の赤穂浪人, の顔, はもう, は武裝, を具し, を出し, を嗤, を失った, を引きつれ, を提出者, を摘め, を水野, を無, ズラリと, 同処, 居るです

▼ 十分位~ (50, 0.0%)

3 ゐは 2 になります

1 [45件] か, かかりますから, しかか, しかたたない, しか経っ, したら空襲ケイ報, ずつ吾, ずつ睡眠時間, たって, だ, だつた, つ, です, でせう, でやみました, で山, で帰らなけれ, で散歩, で気, で済みます, で空っぽ, で終った, と断っ, には当ります, に身体, のもの, の演説, の距離, の間, はき, はどちら, は夢, は眠れた, ひの, もさう, も経つ, よりありません, を經過, 歩き廻って, 焼きますが, 焼けば, 経って, 蒸して, 蒸します, 遅れて

▼ 十四世~ (50, 0.0%)

4 の時 2 がかつて, といひたる, の下, の時代, の王冠

1 [36件] から十六世ごろ, が命令, が嬖臣, が死んだ, が自分, が身, とルイ十五世, について伝説, に仕え, に売りました, に於い, のよう, の住ん, の喜び, の国家統一, の孫, の寵愛, の弥生, の後裔, の御, の戦争終結以後ヨオロッパ, の朝, の治下, の漕刑場, の白, の銅像, の閣員中, の頃, はフランス, は侍女, は国家, は国民バレー研究所, もしくはナポレオン, もロベスピエル, もロベスピエール, を嘲っ

▼ 十ぐらい~ (49, 0.0%)

3 で色 2 あった, でしょうか

1 [42件] それだ, だが, だったので, だと, だのに, だろう, だろうか, だろうな, だろうね, であった時, であろうか, であろうと, でこの, でしょう, です, ですか, で女房, で無精髯, で白い, で菅笠, で蠣殻町二丁目, で身の丈, なのに, なんとかし, のみずみず, 人並に, 出して, 名は, 呼吸し, 大丈夫あります, 女房の, 年を, 年上に, 座席が, 投げただけで, 有るらしい, 紙屑が, 色が, 身長は, 鈴生りに, 銀髪で, 齢を

▼ 十六夜~ (49, 0.0%)

19 の月 2 か, ならば, のお, の光風, の月待ち, の華美, の金, や月夜

1 [14件] う月, だ, だから, で煙, なり, にもまた, にパッタリ, の夜半, の後一日, の方, の月光, の月影, 待ちじゃ, 待ちぢゃ

▼ 十分頃~ (49, 0.0%)

2 だったろうと, であろうクック, まっすぐ帰宅, までの間

1 [41件] か, から十時半, から正午, この邸, しか居なかった, それから下, だから, だった, だったと, だつた, だという, であった, であり郵便局, である, であるその, でしょう, でしょう今日, では, ということ, といえ, にけだ, になつて, になる, には完全, には田郷さん, にタクシー, に初江, に同家, に宅, に平, に西那須驛, に電話, のこと, の話, の間, また西沢, まで, までは園長, やっとこちら, 行ったが, 迄だろう

▼ 十~ (49, 0.0%)

3 を獲 2 の金鯉, を獲ん

1 [42件] くらい捕る, ぐらいずつを自分, ご入用, でたつた十銭, でもよろこん, といふ数, とか放つた, とも知れず泳ぎまわっ, にあまり, に及び, のやまべ, の岩魚, の群れ, の蝦, の頃太陽, の餌, の鮎, はとれる, は下らない, は放し, ばかりですむ, ばかりの小さな, ばかりの岩魚, ばかりの獲物, ばかりの鮒, ばかりの鱶, ばかり捕る, ばかり熱飯, ほども余分, ほど持っ, ほど掛けた, ほど揃え, もいた, もいない, も居た, も釣れれ, を検, を甲板, を進物, を銃, 使うとして, 釣れるところ

▼ 十すぎ~ (48, 0.0%)

3 ても 2 ていた, の小姑, の老人

1 [39件] から四十前後, くらいの丸顔, たらもう, だから, ていたら, ている, てからのこと, てもただ量, ても六十, ても変らない, て二十七八, て海道随一, て髪, なければ, にもなっ, のお婆さん, のきれい, のだらし, のひと, のジイサン, のユーブカ, の分別男, の壮者, の大, の女, の娘, の婦人, の小母さん, の年配, の汚い, の爺さん, の独身男, の男, の立派, の老いぼれ, の老翁たち, の農婦, まで女, よ

▼ 十三絃~ (48, 0.0%)

14 の琴 3 の箏 2 をお

1 [29件] が院, である, というもの, という物, という順, に端然と, のあの, のしらべ, のまろ, の上, の出, の技, の掻き, の琴の緒, の艶, の音, はちょっと, もはんぱな稽古, や琵琶, よ, をひと息, をほのか, をもちいる, を入道, を出させ, を南部, を合い, を派手, を源氏

▼ 十日以上~ (48, 0.0%)

2 になります, になる, にもなる, もこんな, もまえ, も苦しんだ

1 [36件] かかるため, たったが, たって, です, というの, ともいわれた, ならば, になっ, にわたる旅行, に及ぶ, に渡る, のいと, のもの, の日, の日子, の暇, の食客生活, はどんな, もあったろう, も乾い, も宝塚, も居る, も横, も渇, も病床, も直家, も立てこもった, も経ち, も経つた, も続いた, も降りこめられ, も雨, も飢えず, も麻川氏, 暮して, 続いて

▼ 十餘年~ (48, 0.0%)

3 の後, を經 2 なり, に亙る, の御, の昔, も前, を距

1 [30件] お馴染み, このかた, たつて, で今日, で唐, とある, にし, のいにしへ, のむかし, の世, の勞苦, の昔語, の春秋, の時代, の月日, の歳月, の誤脱, の長い, の間, の風雨, ほど前, も經, をつづけた, を期し, を期したる, を消光, を經過, を過ぎ, 住んで, 前英國

▼ 十五分前~ (47, 0.0%)

3 である 2 だ, であった, です, になる, まで図書館

1 [34件] あの並木道, からもう, からアレキサンドリア, から九時ごろ, だよ, であつ, でございますよ, ですよ, ではない, なら, になっ, にはそこ, に一台, に停車場, に地震, に御, に晴々, に来た, に着いた, に着く, に私, に船中, に起き, に陣取っ, のこと, の朝っぱら, まで, までのあいだ, まではよもや, までは手拭い, もう十五分, を差し, を打ちました, 又山野

▼ 十人扶持~ (47, 0.0%)

3 を食んだ, 御足五人扶持 2 を給, を給せられた, を頂い, 御足三人扶持, 御足十人扶持

1 [31件] ずつの増し, であつ, である, で国許, で細川家, とはいえ, と若党, にせられた, になり, に進められた, の世禄, の奥医師, の小身, の渋江, はぼく, は最下士, も取らせましょう, より三十人扶持, より少なき, をいただい, をうけ, を付け, を受け, を受けた, を賜つて, を賜わる, 下され足輕小頭申付, 似合うであろうがな, 御足八人扶持, 御足四人扶持, 被下置

▼ 十年余~ (47, 0.0%)

4 の月日 3 を経た 2 である, の後, の長い

1 [34件] が二十六歳, で起こった, と伝へられる, にし, に日本, のほどに変移, の今日, の前, の夫, の持久戦争, の昔, の業績, の歳月, の間, の限り, もあの, もおくれ, もかかった, もこの, も亜米利加出版, も会わない, も住ん, も前, も大, も姿, も帝都, も後, も牢屋, も経っ, も継続, も足帝都, も過, を距つる, 立って

▼ 十~ (47, 0.0%)

4 か二十粒, に足らず, を出でず 2 にし, 与へ

1 [31件] かかるの, か三十粒位, がもしか, が二十五円, ぐらいしかない, ぐらいずつのん, ぐらいのもの, ぐらいウィスキー, ぐらい飲ん, だ俵, ですか, とかを服用, どろ, に過, のお, の丸薬, の五臓丸, の塵埃, の工面, の米, の薬, の見事, ばかりの飯, ばかり口, ほどないしょ, ほど加え, ほど食った, もあったろう, ものん, を舐っ, 程食

▼ 十~ (47, 0.0%)

4 となく 2 の小柄

1 [41件] かが場, かの男女, かを見送っ, くらいは輸入, ぐらいもあったでしょう, であった, ともしれぬ, ともなく, にあまる, にもなった, に分れた, のお仕置き, の中八組, の十風隊, の名, の娘盆踊, の宿泊客, の弁当, の株, の橋立, の羽織紐, の足場足場, の食卓, の骨牌, はない, は引受けます, ばかりある, ばかりの客, ばかりズカズカ, もある, ものヨイトマケ, もの人達, もの結婚式, もの陣取り, も小半日, も泊っ, や二十組, を二百両, を硫酸, 合わせたくらいの, 同時に動く

▼ 十~ (47, 0.0%)

1 [47件] あったの, かって来よう, か二百部, か恵まれる, か百部, くらい売れたであろう, くらい残っ, ぐらいしか刷らなかった, ぐらいは大して, しかない, だけ出来る, だけ半紙版八百頁, で宣, という目, とも売れ, と街じゅう, と街ぢゆ, と詰め込ん, と賣れませんでした, に足らず, の基本, の多き, の画帙画套, の製本, の語學書, は依然, は売れる, ばかり買った, ばかり送, ばかり限定出版, へ来た, ほどを知友, ほど売つた, ほど残つて, も認めましょう, をあつめ, をもらい受け, を世界各国, を写さしむべし, を写させ, を刷つて知友, を差押, 乃至二百五十部, 乃至百部, 仕上げて, 即ち凡そ二千冊, 送って

▼ 十一屋~ (46, 0.0%)

17 の隠居 3 の方 2 に頼みました, のある, の二階, の親方

1 [18件] からそれ, から届いた, だ, でもなかっ, にでも行ったらある, に旅, に滞在, に落ち着き, の親分, の言い草, はなかっ, は彼, は瑞, は膝, へ取って返しました, へ取つ, も古い, を去る

▼ 十二本~ (46, 0.0%)

2 の大, の矢

1 [42件] あって, こしらえた, しか無い, であるの, でご, でやられる, ともそいつ, になった, になる, のうち, のこ, のナイフ, の刃, の剣, の大木, の大理石, の枝, の柄, の槍, の歯, の燐燧, の白刃一時, の簪, の糸, の藁, の規則, の足, の足並, の長短, ほどの大木, ほど植, もある, もらって, も主人, も來, も呉れ, も振り廻し, よりとか百本, を作り上げた, を取り出し, 或は十三本, 抜いて

▼ 十~ (46, 0.0%)

4 の人民 3 の人類 2 とかの金, の償金, の看客, の脳髄

1 [31件] あるか, かかるかも, かほんとう, か見当, だの, で割っ, という莫大, となく, と云, と数え, になろう, にも近い, に削られた, に相当, に等しい, に足らずだ, の七宝, の人間, の地球人類, の多数, の大金, の幼魚, の投資, の時, の生霊, の蛆虫共, の軍費, の頭蓋骨, の鬼衆, もの償金, 持つて

▼ 十四世紀~ (46, 0.0%)

3 から十五世紀 2 の伊太利, の後半, の頃

1 [37件] からおこりはじめた, から十五世紀頃, から十六世紀, だか, にある, においては五十七年, における倭寇, になる, にロクス尊者, に始め, に生き, に職業組合, に行われた, の, のもの, のエジプト王ナーシル, のドゥオモ, の中頃, の初期, の初頃, の初頭, の塔, の始め, の当初オランダ, の彫刻家, の日本人, の木槌暴徒, の末, の独逸, の絵画, の西欧, の額面, の高師直, へかけ, まで約, もの高, より新しき

▼ 十四号室~ (46, 0.0%)

3 の前 2 の中, の鍵

1 [39件] だった, である, で同じ, で自殺, で起った, との間, にて米国帰り, にはその, に一夜, に居られる, に昨夜誰, に残っ, に泊っ, に現れ, に約, に置い, に警察, に這入りました, に這入る, に陣取る, のガリバルジ君, のテイラア, の出来事, の患者, の悲劇, の扉, の方, の止宿人, の窓, の自殺, は宮城, へ, へ上っ, へ押し掛け, へ朝飯, へ案内, を出, を泊らない, を警察

▼ 十日ごろ~ (46, 0.0%)

3 であった, のこと 2 まではゐる

1 [38件] から入った, から後, から熱海, だした手紙, だそう, で野, という, にかならず, にはきっと, には加州金沢藩, には寛斎, には尾州, にも連日, に三条, に吉日, に帰省, に歸省, に源氏, の夜半, の月, の柳, はちょうど, また斧四郎旦那, までいるでしょう, までおよそ, までに兄, までは来た, まで待たなけれ, まで待つ, まで息, まで戻らない, まで続いた, よく雪, らしいという, 出来上りますから, 帰って, 立って, 迄とか云っ

▼ 十ドル~ (45, 0.0%)

2 である, のニセ札

1 [41件] あるいはそれら全部, から七十五ドル, か二十ドル, か十二ドル, か百ドル, が自分, くらいだ, くれれば, ぐらいはもらい, ずつ余計, だけ損, だけ進呈, だと, で何, で生命, で解約, というところ, と金時計, なの, なら両替, なら大, になった, に切り下げる, の切手, の米貨, の贈り物, の餌, の高値, はいくら, は廉, は町, も取っ, も畠, をあんた, をもらい, を先生, を支払う, を是非, を銀貨, を集め, 支払った当

▼ 十万両~ (45, 0.0%)

3 というもの, の金, 持って 2 の身代, もあった

1 [32件] からの出費, ぐらいの小判, そんな値段, ですとさ, という大金, とする, と云う, と計上, なくちゃ, にほぼ, のうち小口, の一割, の万和, の古, の宝, の調達, の身上, の軍用金, は動かぬ, は右, は夢, もあるだろう, もかけ, も米, やいう, を, を上納, を丸取り, を巻きあげよう, を強奪, を貸, 片ッぱし

▼ 十分以上~ (45, 0.0%)

2 も待っ

1 [43件] か, かかる畑地, から来る, その忙しい, でごわす, で漸く, にもわたっ, に亙っ, の余裕, の時間, の皮肉, の距離, はとても, はタップリ, は請合, もあの, もかかる, もこんな, もたった, もたって, もまえ, もゴソゴソ, も上野, も仔細, も停車場, も動かない, も平野, も時間, も次郎, も湯ブネ, も石, も論じた, も遅れ, も遊んだ, も過ぎた, も長く, やるトリ, を費しました, 待ち電車, 歩いて, 歩き僕, 煮て, 続いた

▼ 十~ (45, 0.0%)

12 侍の 5 侍らの 3 侍に 2 侍たちの, 侍と, 侍も, 侍を

1 [17件] までの特別給与, より従五位, 侍, 侍たちは, 侍という, 侍など, 侍らが, 侍らは, 侍らも, 侍らを, 侍一味の, 侍一派の, 侍一派を, 侍十名の, 侍張譲などと共に, 侍趙忠や, 侍郭勝だ

▼ 十~ (45, 0.0%)

2 あった

1 [43件] あるの, ある梯子, いじょうになろう, くらいずつ登っ, すぐれた女, ずつ七折, ずつ登りはじめた, とは必ら, にディレッタンティズム, に分つ, に分列, のお, の勾配, の懸隔, の檢索, の石段, の階子, の鞭, ばかりころがりおち, ばかりに仕切った, ばかりの高い, ばかりはまだ, ばかりも昇っ, ばかり一人, ばかり上る, ばかり続く, ばかり降りる, ばかり降る, ほど登つて, もあった, もある, もくだる, もこれ, も先刻, も劣った, も見劣り, も隱, も駆けあがり, より第, を積み重ねた, を見る, 上ったり, 登り詰めてから

▼ 十八円~ (44, 0.0%)

1 [44件] ありゃ助かるからな, かかるそう, から二十一, ぐらいだ, ぐらい遊んだ, ずつくれた, ずつで, ずつとられ, だった, だつた, であった, であつ, である, でつかつて, で一家, で借り受け, で命, で売買, で或, で電車, というわけ, といふ村内最高額, ときめ, となっ, と四十六銭, と記し, になった, に減らされる, のところ, の家賃, の小型, の樺太狐, の給金, の飯代, ばかり出さね, もかかってる, もかかりまし, もシャレた, を渡し, を越えた, 出さなければ, 取られたそう, 要ると, 貰って

▼ 十八銭~ (44, 0.0%)

2 のブリスケ

1 [42件] が高い, きゃべつは四十一銭, ぐらいかかる, じゃない, じゃ足りねえ, そして煙草, だったと, であった, では, で売っ, で松茸, で自分, で買っ, というの, という低率, という額, とはその, とは牛肉中, と極まっ, と見れ, ないし七十二銭, になった, のブリスケ料理, の保健的享楽とい, の切手, の小屋, の日給, ばかし, までなった, もした, もする, もとられます, も辛い, や, よ, よオ, 出して, 即ち二斤, 古新聞十六銭, 売りとして, 最も高い, 細かい商売

▼ 十年前後~ (44, 0.0%)

3 のこと 2 の事, の元, の日本, の時代

1 [33件] から俄, から四十年頃, から景教碑, から次第に, がそう, つまり, ではなかっ, で一葉女史, と云う, にかけて揚巻, には一世, には不用意, には民権党, には演劇改良, には邦語, にわたる約, に盛岡中学, に至る, に跨る, に飛騨山脈, の, のあ, のもの, の一つ, の作家群, の小説界, の此, の激しい, の織物, の頃, の魯文珍報, は市川荒五郎, まで関西

▼ 十数年間~ (44, 0.0%)

2 に日本, の日本, 可愛い可愛いと

1 [38件] この島, その独断, ただもう, に, においてこれしき, にも大和古寺, にわたった, にわたる彼ら, に人間, に夥しい, に於ける, に生長, に私, に貰った, に起こった, に高められた, のすべて, の努力, の所謂開化期, の民衆, は不毛, は作者, は大した, もの悪夢, も師匠, を思え, を文化人, を生きつづけた, ノ同棲, 其の間大小様々, 即ち慶長年間, 泣いたり, 濃くされ, 特に太平洋戦争, 絶えずつよまる, 続いて, 行われた, 辿つて

▼ 十~ (44, 0.0%)

5 となく 3 に一度, の手紙 2 の古手紙, ばかり書いた

1 [29件] おくった, かの手紙, その代金十二両二歩也, ちかくを, とある郵便物, という成績, と云う, にちかい, にのぼったろう, にのぼる, にもおよん, に一通, に上れり, に及んだ, の, の事, の保釈願い, の書付, の通告書, ばかりのべつ, ばかりの手紙, ばかりを持つ, ほどの一通, ほどの手紙, までみつけた, も手紙, も文, や十三, 猶在

▼ 十ぺん~ (43, 0.0%)

4 となく

1 [39件] かけまわった, かぞえると, きても, くらいになる, くらいは酔っぱらわした, くり返して, ぐらい代議士, この邸, ずつひくく, だけ一緒, だつて, でも何百ぺん, でも同じ, でも行っ, で行く, なきますと, に一度, の棒打ち, ばかりまわった, ほども繰返した, もおかあさん, もやる, も一つ, も二十ぺん, も友だち, も善, も市役所, も思案, も戸, も接吻, も昇降, も暗唱, も繰りかえした, も繰り返す, も聞い, も聞かされた, も莚, 見たといふ, 食ったらもの

▼ 十五六年前~ (43, 0.0%)

6 のこと 2 に旧

1 [35件] かと思う, ちょうど私, とある, としておこう, と來ちや, にあの, になっ, には全然, には未だ, には無頼者, にも或, に一度, に中部山岳地帯, に其処, に問題, に建てた, に書いた, に自分, に長谷川如是閑氏, の, のアムステルダム大会, の事, の人, の四月二十四日, の富士登山, の幽霊, の日本橋, の歴史, の気力, は蕎麦食いたち, までは一反いくら, までは暑中休暇, まで遡る, 丁度僕, 不図

▼ 十何年間~ (43, 0.0%)

4 いや兄 2 いやはははは, さう, というもの, といふもの, どのやう, も見馴れた, も迷惑

1 [25件] かこつこつ, この辺, この邊, というもの人, どのとしも, にたった, になかっ, に先生, のうつり, の女王, の探偵生活, の教育, の血, の話, の道徳, は全く, は閣僚, もまるで, も住ん, も思いつめ, も水呑百姓, も閉め, やはり摩擦, をとにかく, を地

▼ 十余州~ (43, 0.0%)

3 をめぐって歩ける 2 に散在, に輝いた, に雲水, を尋ね

1 [32件] ありと, かくれも, から笈, にも平和, に及ぶ, に音楽批評, の中, の兵, の半端物, の反抗, の名所霊蹟巡覧記, の国, の将軍, の春, の権衡, の津々浦々, の神祇, は風, へ百八十, をおん, を一度, を一致, を回国, を指揮, を歩き廻ったです, を相手, を睥睨, を血眼, を跨, を踏破, 広い日本, 罷通るもの

▼ 十格好~ (43, 0.0%)

5 の男 3 の人, の婦人 2 に見えた, の人物

1 [28件] で気性, と思われる, のあぶらぎった, のお, のお方, のじいさん, のせい, のやや, の中老漢, の丸髷, の人品, の克明, の女中, の女房, の好, の婆, の小柄, の年, の役者, の洋服, の無, の痩せ, の脂肪, の脊, の親爺, の香具師, の鬚男, の鳥打帽

▼ 十~ (43, 0.0%)

3 のゾパル 2 のところ, の三箇章, の方程式, の研究

1 [32件] である, で私, となっ, とにする, と併せ, において愛, において特に, におけるヨブ, にし, にはある, にも見え, にアラブ人, にアルメニア, に亘る, に依れ, に入り, に十六世紀, に当る, に書き残した, に記す, のヨブ, の八節, の末尾, の語, の誹諧歌, はすなわち, よりなる, を一, を数, を見る, を讀みました, 第七

▼ 十くらいの~ (42, 0.0%)

2 男が

1 [40件] おじいさんでした, おばさんだ, ころから, ジジイを, 下男風の, 中嫁御が, 中肉中背で, 叔母様の, 吹出物だらけの, 品の, 女が, 女の, 女の子が, 女の子も, 女中でした, 女給が, 妹を, 婆さんであった, 小字の, 小室分に, 師匠盛りで, 年配である, 深さ, 田舎女の, 男, 男で, 男であった, 男の, 白髪の, 眼鏡を, 税関吏とが, 老婆である, 老爺から, 良く肥えた, 街区を, 袖, 親爺に, 頑固な, 高さ, 髯を

▼ 十七年前~ (42, 0.0%)

2 に溯つた, の事

1 [38件] がまるで, すなわち清, だと, であるが, と少し, に, にそれら, には誰, にもあっ, に一度, に主張, に亡うた子, に北大, に女房, に娘, に家出, に常に, に日本, に書かれた, に果さなかった, に死ん, に殺した, に江戸, に溯つ, に跛者, に鷲, の, のこと, のもの, のフロール・エスビイナ, のマルクス, の代価七円, の恋, の恋人, の母親, の藤波金三郎, 嘗て奥州江刺県, 逃げ出した東京

▼ 十円位~ (42, 0.0%)

2 の金

1 [40件] い損, かかります, がせいぜい, ずつはどうしても, ずつは債券, であったが, ですが, ですって, でガス, で出せる, で出来る, で約束, とのこと, ならいつ, な賞与, にあたります, にすれ, になり, にはなる, に見える, に見積る, の割合, の収入, の大, の相手, の賃金, はあった, はいっ, はかかるだろう, は取れる, は毎月, までの事, までの奴, まで大差, もぽん, も花束, も送れたら, 取るの, 汚い間借り, 這入るそう

▼ 十ヶ月~ (41, 0.0%)

4 とよ, になる 2 の後, ほどになる, を此村

1 [27件] かかるさ, であった, では, で為る, という時, といふもの僕, なり, なれど, に亙る, のこの, の今日, の命, の大きな, の期限ニ, の猶予期間, の胎児, の腹, はいつた, ばかり荘家, ほどの後, ほど前, ほど暮らし, も働いた, も育てた, を費す, 経った, 経つ

▼ 十一字~ (41, 0.0%)

5 の歌 3 の短歌 2 の形式

1 [31件] から成立つ, が深く, だけれども, であ, で構成, という調子, となり, と古き, に, にし, にした, のた, のみごと, の仮名, の初め, の和歌十七字, の型, の形, の方, の歌三首, の短い, の詩, の詩形, はその, を並べ, を標準, を笑, を綴り得ず, を脱し, 亦以音, 又は十七字

▼ 十三銭~ (41, 0.0%)

2 しか持ち, のメシ, の金, の釣銭

1 [33件] あった, ある中, お酒一本十二銭, ずつです, そして古本屋, だけよけい, だった, だって云った, ってこんな, であった, であるが, でこの, ですから, ですね, では, で労働者, で売る, で通った, ときまりました, と早口, と米一升六合, に改め, に比べ, に米八合, のお, の定め, の定食, の幸福, の浪費, の現金, の銭, は酒, 借りたよ

▼ 十二万石~ (41, 0.0%)

4 の大名 3 の大 2 に瑕, の城主, を分割, を寸断

1 [26件] が安泰, ぐらい何のその, ご家臣, で六千二百人, とをつり, に封ぜられた, のお姫さま, の仕置, の天下諸侯, の太守山内侯, の奥州, の威勢, の封主, の将軍家, の御, の息, の改易, の浅野長勲公, の雄藩, は安泰, を与えよう, を受け, を呉れる, を喰う, を戴く, を給わる

▼ 十二時ごろ~ (41, 0.0%)

2 になる

1 [39件] いよいよ国境, おきて, かえる, からどうか, から夢想, から山下, さすがの, だった, だったな, であったが, でございます, でした, ですが, でもすっかり, ともおぼしき, なん, にはたいてい, には空, に戻つ, に江戸, に海中, に突然, に辻, の間, は四十一二度, までいや, までかかった, までそれ, までなにかゴソゴソ, までの間, までも續, まで一人, まで書物, まで話し込ん, やっと日, 出てから, 帰って, 戻って, 通る時

▼ 十余年間~ (41, 0.0%)

2 に於ける, の歴史

1 [37件] ついに中止, というもの, にあった, にあの, には少から, に一廉, に亘れる, に作つた, に十二貫五百目, に文学, に渡っ, に顕著, のうち, の一心, の久しき, の勤勉, の好色生活, の心血, の戦い, の拮据経営, の日記, の私, の腰弁生活, の舞台, の著述, はこの, はめざましい, は全く, は実に, ほとんど毎日, もそれ, も有, 依然たる, 捨て飼いに, 書きたく話したいテーマ, 為せし, 絶えず伊兵衛氏

▼ 十余里~ (41, 0.0%)

6 の道 2 の路上, もある, を隔てた

1 [29件] お膝元, それからまた息, です, というよう, といわれ, に及ん, のあなた, の一, の南, の官渡, の屈曲, の山野, の川上, の戦線, の所, の旅, の水源, の深い, の深山, の湖水, の行程, はまだ, まるで敵, も向う, も追撃, も馬, を行っ, 廻って, 空しく魏船

▼ 十分許~ (41, 0.0%)

4 りの, り前 3 り経つて 2 り經

1 [28件] で鞍部, の間, り, りお, りおくれたりき, りお待ち, りしか, りして, りすぎると, りすると, りたった頃, りで此, り休んで, り向, り対向つて, り応接間, り椽, り樹林, り経つと, り經つて, り經つて暇乞, り西, り話, り遲, り黒木, を費やした, 休んで, 過ぎて

▼ 十~ (41, 0.0%)

2 あったと, ですから, 違います

1 [35件] あった, あったの, あります, お砂糖, ずつ収め, ちかいダンゴ石, で菓物, という同じ, といっ, といふ老, にし, になった, にふえ, に砂糖一斤, に量っ, の事, の綿, の見る, の観る, の鶏, は主人, は石, は集, ばかりの勝利, ばかり取り集め, ほどのヒレ肉, ももどつ, よりありません, を収めた, 勝ったという, 即ち英一斤, 増えて, 殖え十日, 親属故旧, 足して

▼ 十九名~ (40, 0.0%)

3 の婦人代議士

1 [37件] いた, いづれも, いるぜ, からなる, から一名増加, が気, が漂流, が自由, だけがなぜ, だったの, だな, だよ, であった, できた, というもの, という多数, とその後親族雇人同居等, になった, に逮捕命令, のうち, のファシスト達, の乗組員, の体重増加, の従業員, の活動, の留学生, の県会議員, の者, の記名, の賛成者, はどうして, は中島鎭夫, は売, は皆一味, もの婦人代議士, をここ, 内女一名

▼ 十二度~ (40, 0.0%)

2 に下る

1 [38件] あるという, から四度, が沸騰点, くらいだった, くらいを往復, ぐらいである, しかない, すなわち氷点, だ, だった, であった, であるから, で低い, ということ, という日, なり, にと云え, に過ぎざれ, に過ぎない, に釘付け, のあいだ, の夜焚火, の御, の所, の時御前, の熱, の範囲内, の臺灣, の辺, の附近, は通わなけれ, ほえた, までの度, まで熱, まで行った, も読み返しました, を超えまい, 下りた方

▼ 十二社~ (40, 0.0%)

3 の方, の榎長者 2 についた, に歩い, の如き, の池, の滝, までおくっ

1 [22件] が審議, すなわち在, で, で基本図書, なぞかかる, に住ん, のあたり, の中野村, の吉井さん, の吉井勇さん, の森, の汚, の池畔桜林亭, の滝の下路, の滝壺, の近所, の鉛筆工場, へ酒, まで遠い, も寂しかっ, を東大字, を減じ

▼ 十八分~ (40, 0.0%)

3 です 2 であった, に着きます, 考へて

1 [31件] ある種, かかったのね, かなんて奴, だから, であつ, でおかえり, でした, で下呂, で帰る, という, というの, といえ, と一字一字二尺平方, と午後四時三分, と半分, における変化, になっ, に入っ, に小千谷駅, に起った, に起つた, の沼津発, までは大丈夫, もう旅館, も考へた, わりにうまく, を待っ, を要する, 全く速し, 第七日, 経って

▼ 十日ぶり~ (40, 0.0%)

3 に入浴, の酒

1 [34件] か, かで句作気分, かで守時, かで毎日, かの雨, か知れない, ぐらいだらう, ぞと父, だ, だつた, だわ, で, でこんな, でしたから, です, で二人, で忍び遍歴, で病院, で草庵, で降り, にお, にどうやら, に快, に我家, に毒気悪気, に炭火, に街, に道後, に長文, に青空, のこと, の入浴, の明る, の爽やか

▼ 十~ (40, 0.0%)

12 の電燈 4 の電灯 3 の電気 2 の球

1 [19件] がまるで, ぐらいの電燈, と十六燭, と取りかえ, にも足りない, のあかり, のあかるい, の下, の光り, の街燈, の電球, は東京, ばかりの薄暗い, ほどのともしい, ほどの薄暗い, ほどの電気, や百燭, をつけ, を着け

▼ 十~ (40, 0.0%)

2 に延し, の人, の兵, の生命, の金

1 [30件] か知りませぬ, が皆, ではいかぬ, で蜀, という都市, と云, と綜合, にて可, に近い, の, の人間, の位, の住民, の協力員, の大軍, の富, の市民, の浪人, の端金, の英國人, の貴族, の部下, ほどの都市, もあれ, を坑, を率, を要す, を越える, を鑄造, 近いといふ

▼ 十萬圓~ (40, 0.0%)

6 の金 5 掛けて 4 と云

1 [25件] か, こんな馬鹿, であるが, と時, と開墾, のダイヤ, の上, の價, の幾分, の指輪, の親, の費用, はする, も金, を使用, を借りる, を新, 取れる許, 合せて, 掛けたが, 掛けなければ, 掛ければ, 掛ると, 掛る其外田畑宅地立木容易, 程しかなかつた

▼ 十三円~ (39, 0.0%)

2 が這入る, になる, の金

1 [33件] から十八円, くらいこさえ, ぐらいで, その内, だぢ, だと, であった, でしょう, です, でちょうど, でタンス, で古い, で子供, で満足, で質, と八十銭, と記し, に御座候, の下宿料, の俸給, の割, の小さい, の高い, ばかりの税, ばかりの金, もする, もらったと, や十八円, を得, 丁度ふた, 安く食っ, 送って, 頂きます

▼ 十三次~ (39, 0.0%)

2 の, をかいた

1 [35件] が出来た, が十次, である, と同じく, どの宿, のうち丸子, のうち沼津, のなか, のよう, の並木, の中, の名所絵, の宿駅, の昔, の気分, の泊り, の蒔絵, の賑わい, の風物, の駅, はあそこ, も日本橋, やれやれの, やマチス, より取つ, をあばれまわる, をお, をする, をドライブ, を三月がかり, を伝わったごとく, を僞, を東, を順々, を飛ばし

▼ 十八名~ (39, 0.0%)

4 でございます 2 しかありません, でご, に二十, は裏山

1 [27件] が三十七年中, が全部当選, だ, です, という堂々たる, という言語道断, に及ん, に転落, に過ぎなかった, の中, の乗組員, の予審, の家臣, の死者, の点呼, の統制委員, は無事, は選り抜き, ばかりえりぬき, ばかりでした, ほど選りぬき, もい, もまだ, を商工奨励館, を獲得, 出来また, 合せて

▼ 十~ (39, 0.0%)

2 にたらず, に過ぎざるべく, を出

1 [33件] あつた, しか得られぬ, というもの, とも始め, と鏈, などと随分, などを試みた, に, にあらず, にし, になった, に及ぶ, に至りぬ, に過ぎなかった, に達し, のスピード, の作, の時, の訳, は多, ばかりの俳句, ばかりを作った, ばかり便箋, ばかり列挙, ばかり玉斧, ほどつづいた, までを抜き, を選, を選んだ, 出来たどうせ, 忽ち成る, 拾った中, 立ち所に出

▼ 十~ (39, 0.0%)

8 の中 7 と云 5 に加 2 に數, の第, の罪, の説明

1 [11件] ではなく, の一, の不孝, の内, の惡逆, の條, の特徴, は名, は既に, を包含, を取入れた

▼ 十時近く~ (39, 0.0%)

4 であった, なつて 3 になっ 2 であつ, なると, 迄寝る

1 [22件] であっただろうか, であったろう恐ろしく, である, でしたの, でしたろうが, なったので, なって, なってから, なっても, なりましたから, なるのに, になり, になる, には三人, の列車, の所, までやっ, まで遊んだ, 起きて, 起き入浴, 迄やり, 迄寝た

▼ 十畳敷~ (39, 0.0%)

2 もあろう

1 [37件] くらいでもあったろう, くらいの一室全部, くらいの広い明るい, くらいの木造建築, くらいもあったであろう, ぐらいある, ぐらいそこ, ぐらいの一室, ぐらいの室内, だと, というバカ, に不調和, に狩野派, のその, の二階, の小屋, の広, の広間, の座敷, の真中, の部屋, の隅ッこ, は寂然, ばかりのガラン, ほどの両側, ほどの広, ほどの広間, ほどの空, ほどの道場, ほどの間, ほどもある, ほどもあろう, よりもっと, を一時, を閉, 程の広, 程の空室

▼ 十~ (39, 0.0%)

12 りの 2 の品, り脹

1 [23件] と見ゆる, のお婆さん, の女, の婦人眉, の此家, の氣, の爺さん, の男身, の白髮頭, の細君, の頭, りとが, りとも, りも, り盗んで, り盜, り裂けたるま, り載つて, り這入つて, り違つて, ヲ存ス, 其の人種もと蝦夷人種, 少に

▼ 十七士~ (38, 0.0%)

6 の墓 2 の墓所, の面々

1 [28件] がいささか, が切腹, が君讐, が奮起, が居る, が細川家, が義, ぐらいのヘナヘナ腰, ごときとうてい, で, といはれ, などでも根, に心服, のいる, のかたき, のよう, の事蹟, の仲間, の助命, の国法, の大志, の年忌, の物語, の襲撃, の討ち入り, の部屋, はする, を殺す

▼ 十万フラン~ (38, 0.0%)

3 の金 2 の年金

1 [33件] が一年, が私, ぐらいの価値, ぐらいは出し, だ, だと, である, でサン・ドニ, で買い手, なんて持ち合わせ, にはなるでしょう, にも達し, に目, の出所, の出血治療, の女学生, の小金, の懸賞, の払出請求書, の資産, はまさしく, は彼女, ばかりで, ばかりの年金, までは半分わけ, もする, も驚く, をどこ, を山分け, を消費, を請求, を返却, 持ってると

▼ 十六番~ (38, 0.0%)

2 てがらです, の, の右, の紙札

1 [30件] かつて見ない, からある, てがら, でいま, ですのね, ですわ, とワッショイワッショイ, どろ, にお, にかけれ, に落ち, に非, のワルツ, の二階, の射手, の山車, の席, の方, の札所, の歌合, の肉屋, の自, の責め手, の部屋, は常盤町, への山越, までの山車, 斬りなんと, 斬りの, 斬を

▼ 十円以上~ (38, 0.0%)

3 の金, もする 2 になる, もし, 無格社

1 [26件] いろ, かかりますから, それからごく, である, です, でタンス, となる, にまで飛び上っ, に三割, に上りぬ, の人々, の価値, の値, の値打, の品物, の報酬, の常, の支出, の月給, の為替生活者, の物, の草履, の身の代金, の阿呆, を値い, 借りてないもの

▼ 十年位~ (38, 0.0%)

4 の間 2 にしかならぬ, 続いたが

1 [30件] かあるいは, から四, しか立たない, しか距つて, して, たつと, でやっ, におの, にて活動, には当るであろう, にもなるでございましょう, のこと, のもん, の事, の店, の歳月, の義務教育, はかかっ, は住ん, は洋行, は経つだろう, までの間, まではこの, もひそん, 書いて, 生きられるの, 縮まったに, 若くなる, 途絶えて, 過った処

▼ 十歳頃~ (38, 0.0%)

2 からのこと

1 [36件] からメキメキ, から唯一, から描く, から政治, から書き出しまし, だつた, でしたが, にはいつたい, にはまだ, にもなられ, に建て直した, に書いた, の女, はすでに, までずっと, までずつと本所, までに袴着, までの彼, までの逸事, まではさ, まではなか, までは修養, までは彼, までは時々, までは普通, まで一個所, まで働く, まで年季, まで熱心, ようやく具体化, より二十四歳位, より六十八歳頃, より文筆, より縁日その他, 迄はこれ, 迄をその

▼ 十軒店~ (38, 0.0%)

4 の八百徳, の徳次郎, の徳次郎親分 2 から神田, の治郎公, の親分

1 [20件] から本, があそこ, です, で近頃, にも治郎公, に人形, のお, の五月人形, の五月人形屋, の人形屋, の人形市, の人形店, の御, の方, の治郎さん, の通り, の雛市, はここ, や人形町, を左

▼ 十一度~ (37, 0.0%)

2 にし

1 [35件] ある, から十二度, その中六度, でございました, でした, というブラジル沖, という例, という広い, という恐ろしい, といふん, と云う, にちよ, になっ, になつ, になりました, にも下った, に近い, に達する, のところ, の地点, の明るい, の正月以外, の薩摩, の霜, ばかりの近眼, まで下った, まで昇つた, も勤めた, も結婚, も願書, を少し, を越え, 打った所, 掛けて, 繰り返して

▼ 十五万円~ (37, 0.0%)

2 に近い, の金

1 [33件] ぐらいか売る, ぐらいに値切る, ぐらいを配当, だかの, であるから, では, でも格安, でケリ, で売れた, で買い受け, とし, と大穴, と腕時計, なり, にお, のラジウム, の収入, の声, の安値, の富豪, の懸賞金, の財産全部, はうけとるべき, はする, ばかり入っ, もあっ, も費した, を携え, を政江, を献納, を要求, を費消, 程のもの

▼ 十~ (37, 0.0%)

1 [37件] あわてるな, が, がいよいよ, がすぐ, がその, が呟い, が片手, が犯人, が立ち去る, が立ち去ろう, この女, この男, だ, っ, であること, なの, に云った, に似た, のこと, のす, の声, の様子, の皮肉, はおら, はそこ, はその, はそれぞれ, は何処, は嶮, は振り顧, は水柄杓, は浴衣がけ, は番小屋, は疑っ, は駈け, もビックリ, を初め

▼ 十何分~ (37, 0.0%)

2 かにここ, かの汽車

1 [33件] か, かで帰った, かにこちら, かについて改札, かにのりおくれ, かに上野着, かに両国, かに島田, かに発見, かの, かの下り, かの室積行, かの東京行き, からで, か前, か経過, で又, で鎌倉, とか, に乗る, に了, に伊東発, に大分, に大阪, に楽屋入り, に着, に終る, まだいかん, まっすぐ帰宅, まで大いに, もかかっ, 待って, 着自動車

▼ 十何年前~ (37, 0.0%)

4 のこと 2 に書いた, の同窓

1 [29件] かのこと, かの忠臣蔵, からの友達, から耳, から食わし, たまたま村, にあった, にここ, になる, にはイクラ文人, には文人自身, には新聞社内, にエノケン, に変わらない, に我が, に現実, に返ります, のキールン, のターザン, の九月十三日, の切絵図, の富士見軒, の月刊雑誌, の游心帖, の爭, の自分, の記憶, の非, 若い男

▼ 十六号~ (37, 0.0%)

4 の自動車, の船長, の運転手, はやみ

1 [21件] があそこ, がききかえした, がききとれない, がだまっ, が日比谷, が沈黙, が答えた, が言った, であった, でしょう, などというもの, に乗っ, の中, の箱, の誌上, の車体, は横ざま, は沈黙, は腕時計, まで出た, を見た

▼ 十六銭~ (37, 0.0%)

2 と五厘

1 [35件] がわれわれ, が相場, ございました, しかない, しか残つて, じゃ, ずつの日給, それだけしか, だぜ, であったと, である, であるが, でござんさあ, で下寺町, で買っ, というの, とす, と六合, と見, になります, になる, に過ぎない, のやつ, の利, の日給, の給料, の見込み, の賃銀, の銀貨, まだ二銭あまつて, ものいちばん, より出ない, をいただく, をショカン, 残りますね

▼ 十四五名~ (37, 0.0%)

2 が一列, の人数

1 [33件] おとなしく席, が何, ぞろぞろと, であるが, でした, です, で持ち寄り, で隣村, なおその, になった, に過ぎなかったろう, のラマ, の人, の会員たち, の児童, の潜水隊員, の生徒, の蓑笠, の貴婦人, の超人, の防毒面, は牛尾大六, は連れ, もあつまり, もいるだろう, もが自分, も迎え, を従え, を栄吉, 出しては, 若きあり中年, 通って, 集まって

▼ 十~ (37, 0.0%)

6 をさげ 5 さげて, さげても

1 [21件] がせい一杯, が得意, のばあさん, の一寸法師, の女工監督, の首席訓導, もあれ, も束ね, をかかえ, をした, をてらてら, を下げ, を下げた, を冷然, を朝酒, 下げたおれ, 下げて, 下げるん, 相まてッ, 買えば, 降り乱れて

▼ 十~ (37, 0.0%)

9 りの 2 とある

1 [26件] あり土人, で京師, とあつ, とほり, とも覺しき老婆, と見え, と見ゆる, と記し, と間, にし, にも見ゆる, のチヤシ, の人品能老女聲, の代議士, の僧形, の大兵, の大名, の好人物的風采, の文字, の松火, の老, の老人, もあつ, も年齡, りと, りも

▼ 十ポンド~ (36, 0.0%)

2 から三十ポンド, の紙幣, まで

1 [30件] が年俸千ポンド, ずつを給与, ずつ送っ, であつ, でも遺し, で買い取っ, ないし三十ポンド, に妥協, に対して百ポンド, の函, の小麦粉, の毛糸, の褒美, の資本, の金, の銀行預金, の額, ばかりと残額, ばかりの現金, ほどを法本, またハンドレッド, また豆ハンドレッド・エート, もあれ, より一三〇ポンド, をこさぬ痩せた, を投げ出し, を支払い, を支払う, を超え, 小さい金

▼ 十七分~ (36, 0.0%)

2 であった, です, を示し

1 [30件] ありますね, か, から支那料理, が月, だ, て永い, でありました, である, で一時間, で帰京, で沈んだ, というレコード, になる, には京都, にプラット, にルウス・ジュッド, に出た, に北停車場, に着く, の印度洋上, の筈, を過ぎ, 即ち離陸後二十四分, 待って, 着第, 着青年団, 考へて, 迄薄く, 遅れて, 過ぎて

▼ 十三分~ (36, 0.0%)

4 です 2 の大

1 [30件] が終つたの, たった後, だそう, だったの, だつた, だろう, であつ, である, でございます, でとまっ, で熱海, で立ち, という金, とかいうの, とは, になっ, になった, になつ, に出る, に止った, ばかり進ん, まで行った, も考えた, も考へる, も遅れ, も遲, を浪費, を示し, 着一時出発, 考えた

▼ 十五万~ (36, 0.0%)

4 の大軍 2 に余る, の兵力

1 [28件] あれば, おりまた, でも合わない, とに連盟, と定まっ, と称せられ, と算, と軍二万, にはなっ, の壮丁, の大兵, の客貨車, の将兵, の小学校教員, の彼, の所帯, の敵, の武装警官, の軍, はたしか, は成都, は白馬, もあつ, もあるだろう, も怒, や三十万ペセタ, をひきつれ, を超えるであろう

▼ 十五世~ (36, 0.0%)

2 の下, の名

1 [32件] がマダム, が死に, さ, して, にお前, にちがい, について城壁, によって利用, に伝わり, に差し出された, のうしろ, のこと, のため, の一団, の勅諚, の味方, の声, の大蔵卿, の天孫氏, の嬖幸マダーム・ポンパドール, の孫, の左手, の時, の時陰謀, の皇后, の神秘, の罪, はその, はクラウディウス皇帝, は自分, もロザレ, を探し出さ

▼ 十五日間~ (36, 0.0%)

1 [36件] かかって, が一字, つづく, における日々, に八十七円五十銭, に四百回, に大町, に尽き, に平次, の停会, の印象記, の旅, の祈祷料, の練習, の謹み, の遅滞, の食い扶持, は決して, もうけた様, もの山ごもり, も寒い, も打ち続け, も相州さま, やり通しました, を失業, を客止, を期し, を限り, 変えて, 帰りませんでした, 教えた後洗礼, 経つと, 続いたの, 続かないで, 続ければ, 蒸しかえしで

▼ 十五郎~ (36, 0.0%)

3 なの 2 です

1 [31件] うれしくて, かこっち, かどっち, がいったん, がおどろいた, がかけつけた, がふたり, がまた, が嘘, が怪しむべき, が本当, が深川なぞ, じゃ睨み, だったの, だ江戸, でした, ではござりませぬ, にふたり, に化け, の先ず, の啖呵, の家, の思わざる, の肌, はまぎれ, はもっと, は急, へ躍りかかる, をうながしました, を主, を知らねえ

▼ 十~ (36, 0.0%)

4 か八十仙 3 しか取らない 2 にもなる, の金, 取れる二十歳

1 [23件] か八仙, か八仙くら, くらいな, しか取ら無い, ずつ呉れ, だった, で別に, で番号札, というよう, とか八十仙, とか八十仙くら, と云, に二枚, に相, に規則, の割合, の昼食, を出し, を請求, を貰, を貰つて, 下さいましたつけ, 出して

▼ 十年余り~ (36, 0.0%)

4 の間, も前 2 も昔

1 [26件] しか経っ, たてば, だったとの, になりますでしょう, になる, にもなる, のあいだ, の上洛中, の中, の昔, の歳月, の閑日月, の馴染, も働い, も忘れ, も経った, も覚え, をへ, を登り続ける, を経たれ, 仕えて, 何一つ世間, 前お主, 暮して, 経った昨日, 経つ

▼ 十日以内~ (36, 0.0%)

2 に犯人, に衆議院, に議決

1 [30件] にあたらしい, にこれ, にといわれた, には出発, には彼, には萬端, には返上, に上納金, に他, に何とか, に出発, に刄, に參議院, に夜, に引払え, に挙げなけれ, に挙げろ, に掲出, に支払っ, に検事, に此, に犯人全部, に生まれる, に目的, に納付, に縛め, に行わなけれ, に選挙, に阪地, に黄泥岡

▼ 十日位~ (36, 0.0%)

2 の間

1 [34件] が食べ頃, しかつくらない, しか余裕, しか経っ, しか要らない, して, すぎて, せえ, そんな風, だから, だが, である, でしょう, で死ぬ, で死ん, で結婚, で西北原, になるだろう, のもの, のケイコ, の半ば, の雛鳥, は夢, は逢, ひ前, までにはたちたい, までに完了, まで林町, も笠原, 持ちますから, 掛かれば, 掛れば, 経ってから, 続くの

▼ 十時半頃~ (36, 0.0%)

2 では, 最近かっ

1 [32件] かなり強い, からで, から出る, から揉ませ始める, から来られ, だつたので, だと, つく, であった, でさては, でした, でしたお, でしたか, になっ, になります, には大概, にやつ, に学校, に家, まで連弾, まで開い, より舞台稽古, 寝る, 帰って, 明るい街路, 起きた, 起きる千山閣, 起きる松平旅館, 起き今日, 起き入浴朝食, 迄か, 迄熟睡

▼ 十ちかい~ (35, 0.0%)

3 年に 2 んで, 大年増

1 [28件] お金持, しお, じいさんです, だろうか, と何度, のに好男子みたい, ひげむじゃのじいさんでした, ふとったマダム, ガチャ鉄と, 傷口が, 分別深い, 叔母さんで, 四十ちかい, 大入道山伏す, 女に, 年で, 年配らしい, 情炎が, 横太り, 筈です, 筈な, 老人だいぶ, 老人に, 老人の, 老齢を以て, 連中以上が, 重役さんだ, 陸軍大尉に

▼ 十一番~ (35, 0.0%)

5 てがら 2 の客, の部屋

1 [26件] から三十番, から二十番, が上, だけでございます, だつた, てがらです, であったが, です, とをやすやす, と呼ばれた, に六回, のあの, のお客, のコルトー, の右, の婦人, の席, の座敷, の日記, の時, の模倣者, の襖, は大乗寺, まであ, わかつたか, 取つて

▼ 十七世~ (35, 0.0%)

2 がタンプル

1 [33件] が名乗っ, が巴里, が現れ, と宣言, なりと, について私, になった, に比し, に関する追想, のこと, のカストリ侯爵, の吉村金兵衛さん, の名家, の噂, の境界, の方, の死, の無残, の登位宣言, の登場, の神, の血統, の迫害, の遺族, の顔, は, はなお, はキャプシイヌ街, は国会, を擁立, を救いだした, を知っ, 生

▼ 十七年間~ (35, 0.0%)

2 あの裏山, つづいた, も肌身

1 [29件] かかって, であったなどと, である, という