青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

同士~ 同志~ ~同情 同情~ ~同意 ~同時に 同時に~ ~同様 同様~ 同盟~
同行~
~名 名~ ~名人 名人~ 名刺~ ~名前 名前~ 名古屋~ 名物~ 名称~

「同行~」 1011, 11ppm, 9898位

▼ 同行~ (265, 26.2%)

3 二人の, 人が, 人を, 友人の, 者が

2 [17件] お数寄屋坊主, ことを, ような, 一人が, 一人なる, 上官石黒氏を, 人々にも, 人に, 人は, 儀は, 友人に, 奴は, 約が, 約束が, 者の, 船員にも, 記者も

1 [216件] あの気, いまひとりの, うちあの, お巡りさんが, ことだ, ことは, つれを, ときであった, はずだ, ものに, ものには, ものは, ものを, よろこびを, イソベルは, オランダ人と共に, フ氏は, ブッダ・バッザラ師は, ラマ達が, 一人この, 一人で, 一人という, 一座を, 一隊の, 一類眷属も, 丈の, 三人も, 不快を, 両替の, 中に, 中山君と, 中戸川宗一が, 中村先生が, 中村君や, 久助さんの, 久助の, 九鬼氏とともに, 二人は, 二人を, 人々に対して, 人々の, 人たちが, 人たちといつても, 人たちに, 人たちは, 人たちも, 人なる, 人達と, 人達に, 人達は, 人達を, 他の, 令息とでも, 伊藤君は, 会員鳥山成人君を, 佐々木君は, 僧は, 兄さんに, 先輩を, 先輩柳家三語楼昇龍斎貞丈尺八の, 光栄を, 公爵, 兵馬をも, 内藤理学士に, 冒険好きの, 刑事も, 前代議士某君, 北八は, 医師は, 南日君と, 南日君も, 南日実君も, 原田は, 友人と, 友人にまで, 友人は, 古川君の, 品川弥二郎を, 四十起氏が, 国枝金三さんに, 土田が, 堀口軍医が, 塩田踵いで, 士が, 士は, 壮士の, 壮士二人と, 多いの, 多い処, 夢に, 大人物には, 大人物は, 大使館員二人には, 奇士の, 奇士より, 奇士雲井なにがしとは, 女たちは, 女性が, 女性にも, 女房は, 姉妹に, 学者の, 寺本氏が, 小場君に, 小林萬吾に, 尺振八など, 尼一人に, 山田八郎と, 岡田君が, 川平朝令氏にも, 工藤介茂光は, 市河君と共に, 師榛軒が, 幸兵衛平助共に, 庄屋たちとも, 庄屋たちと共に, 形式で, 後を, 御依頼, 御家人少々, 念仏者も, 情夫を, 敬治君も, 數名の, 旅で, 旅人の, 旗本家人等で, 書生に, 有志に, 有志家たちに, 有志家たちも, 木文字章三という, 村松梢風君が, 村民の, 村田を, 東伏見伯にも, 松本君と, 某君, 某大尉, 栗村君岡田君それから, 橘夫妻を, 武士を, 毎日の, 永田衡吉氏と, 渋沢会長と, 渡辺天蔵が, 煙管掃除の, 田山白雲に, 申す通り, 男, 男の, 男達が, 画家, 画家の, 白人の, 白川, 相手は, 看守が, 祐筆が, 神戸信孝は, 神西さんが, 神谷宗湛の, 私服は, 秦君は, 窪川稲子さんは, 筈の, 米友が, 約束した, 約束じゃった, 約束だつた, 結城氏は, 絹商と, 老僧, 者は, 者も, 船員らは, 船員等は, 芳賀さんと, 若い婦人, 若い衆たちで, 若い詩人, 菅谷君は, 菊五郎は, 菊池寛氏が, 薩州その他の, 藤島君とともに, 藤島君は, 西村選手からの, 覚悟でない, 親兄弟, 記者三名は, 話が, 話といふ, 誰かれ, 諸前輩, 諸君も, 諸氏に, 貴婦人が, 身支度だった, 輩ここに, 近江夫人が, 途中などから, 連れの, 部下を, 釣の, 長瀬直諒の, 雪岱さんを, 雲井なにがしの, 青年が, 青年に, 青年は, 青年紳士にも, 養子の, 馬来る, 高頭君は, 麗水

▼ 同行~ (125, 12.4%)

2 [12件] して, 勧めた, 勧めたが, 勧めて, 承諾した, 承諾しよう, 望んで, 約した, 許し奉行所, 頼んだ, 願ったの, 願って

1 [101件] うながすと, うるさがった, お勧め下され, お島, ことわろうと, さそい合わせるよう, しようと, すすむる事, すること, すゝめる, つづけること, とりきめまかりまちがえば, なしつつ, ねがった連中, はずした, まぬがれないもの, もとめ送られて, 一人恵まれた, 中止し, 乞うと, 予想しかねる, 促すと, 促すにも, 勧められた, 勧められたが, 勧める, 勧めるの, 勸めた, 勸めて, 否定され, 好まないの, 好まないらしい, 希ひたい, 希望した, 強いたり, 強いて断る, 強ひ, 強ひる, 御免蒙りたい, 思い立ったの, 悔いと, 拒み候, 拒み得ず渋々, 拒む以上, 拒んだらどう, 断ったの, 断った覚, 断つたの, 断られたの, 断わるなぜ, 断念した, 極めて自然, 極力避ける, 欣んだ, 気に, 気にかけて, 求めた, 求めたこと, 求めたこの, 求めた時, 求めた際, 求めて, 求められたとき, 求めるから, 求める口実, 独りぎめにしている口吻だった, 申し出でた際, 申し出ると, 申し込まれたの, 申し込んで, 約したが, 約した内田誠君, 約束し, 約束した, 納得させた, 聞いて, 肯んじなかった, 見合わせた松平, 許された, 許されなかったから, 許されました, 許され一七〇三年ゼノア, 許すよう, 許可する, 誘って, 誘つて呉れる, 辞して, 辞まんよう, 辞退した, 迫りやう, 追いぬいたの, 離れまいと, 頼まれた, 頼まれましたもの, 頼んで, 願い, 願うこと, 願うて, 願おうと, 願っても, 願わねば

▼ 同行~ (105, 10.4%)

6 ていた, てきた 5 て来た 4 て来 3 てくれ, てその 2 ている, てくれた, てこの, てもらいたい

1 [70件] さえすれ, そうに, たり, たりあるいは, ていただかなけれ, ていつのまにか, ている隣り, ておった, てかけつけた, てくれる, てくれれ, てここ, てなお, ては, ても, てもはじまりません, てもよろしい, てもらい, てもらう, てやってきた, てゆるゆる, てシャアトル, てナイル河, て一片, て三日前, て下さい, て下さつた, て下さるまい, て中学校, て予算, て余, て其の, て其技倆, て北京, て呉れない, て嗤, て大役, て宮島, て専門, て小城さん, て居る, て帰国, て廣州滯在, て新, て来る, て橋袂, て泊っ, て洞庭, て父, て街, て見ぬ, て警察署, て貰いましょう, て送る, て郊外, て釣り, て電車, て面倒, て頂く, て魚, て麻布我善坊, て龍原府, ながらもこの, ながら雲井なにがし, 取調ぶる, 大いに話, 大学の, 小川町通の, 道鏡も, 金兵衛は

▼ 同行~ (101, 10.0%)

5 の一人 2 があった, がある, であるならば, なの

1 [88件] あまりに早く, があつ, があり, がなけれ, が一時, が必要, が時々, が段々, が芭蕉, が負担, が都会人, だと, であったこと, でそれ, としての責任感, としての連帯感, として僅か, として梧堂, とは問わずし, と別れ, と別れ単身伊吹山, と漸次, と笑っ, などなかっ, なん, にもそれ, にも及んだ, に気兼ね, に聞い, に語れり, に追, の, のうち誰ひとり, のこの, のところ, のアリバイ, の一人柳川文吉氏詩, の三谷, の中, の仕事, の多き, の多く, の多数, の姓名, の山田, の意味, の態度, の温順, の紀行, の親切, の責任, の身, の間, の顔, は, はおりません, はこの, はしきりにブツブツ, はそこ, は上野さん, は五, は以前家, は何もの, は何れ, は多く, は実に, は日本歴史地理学会出張員藤井, は日本評論社, は松本甲子蔵, は武田代次郎, は河井寛次郎, は目の玉, は矢川文一郎, は脊椎, もきまっ, もない, も多く, も皆, も非常, を一人, を促し, を増した, を待たせ, を待つ, を思い出した, を手こずらした, を紹介, を表

▼ 同行する~ (69, 6.8%)

14 ことに 6 ことを 5 事に 3 のだ 2 ことは, ことも, という, のが

1 [33件] かという, から一緒, かわりに, がよい, こと, と, という訳, と愉快, と申し渡し, と聞き, など妾, ので, のは, の意, はずで, はずであった, までのこと, ものなく, ように, よりはホンモノ, んだ, ブルック先生は, 事は, 事も, 創作者は, 友に対しても, 時も, 様に, 気持にも, 湯浅芳子さんは, 父にとってもか, 用意を, 筈の

▼ 同行した~ (59, 5.8%)

3 のは 2 ことが

1 [54件] からである, から彼女, が夫人, が平常, が此所, ことで, ことは, ことを, こと美濃尾張方面の, という, という時, とも考へられる, と思い給え, のが, のだ, のである, ので私, ものは, ように, 三上永人さんの, 事は, 事見え, 二人の, 二友の, 五人の, 人たちに, 人夫を, 人足も, 人達は, 仲間の, 伊藤君に, 僚友は, 医師は, 奥野将監を, 娘達を, 宗像博士は, 官吏が, 官吏と, 宿方の, 小山君にも, 小笠原賢蔵と, 山中温泉の, 御老臣ほか二名, 旨を, 時屏風の, 桂井氏と, 男な, 画工さんが, 益田の, 私は, 美術家仲間は, 若い巡査, 話を, 青年達は

▼ 同行~ (23, 2.3%)

2 例の

1 [21件] いたしません, いつもの, いつも二人, うれしい老人, されなかった, しませんでした, そら來, むしろ便宜, ゆるされて, 一洵月邨三土思夫妻布佐女栗田姉妹, 三人だけ, 二人八五郎は, 喘息持ちで, 女中一人, 差当り五人蛮カラ画伯小杉未醒子髯の, 恐れるわ, 皆どうも, 編集の, 見た事, 辞退します, 長途の

▼ 同行~ (16, 1.6%)

2 向って

1 [14件] こんな人, しなければ, なって, ならぬ, 一人を, 値いしない, 入れて, 加は, 加はりたく, 加わるよう, 反対する, 天皇に, 決して五十嵐, 養軒子という

▼ 同行二人~ (16, 1.6%)

2 の巡礼, を一組

1 [12件] でお互い, とあまり, といふ, と書い, と書いた, と書き, と細く, と記せる, と読める, なら野宿, の巡禮者, の形

▼ 同行~ (13, 1.3%)

2 二人だ

1 [11件] いい得ないであろうか, いつしよ, いふべきだらうか, し酒長, 云い得ないであろうか, 同道し, 存居申候, 申出で候て, 稱すべき, 道連れに, 間違へ

▼ 同行~ (9, 0.9%)

1 できないの, なるか, 七八人居る, 出来ると, 出来れば, 多いから, 多いし, 道庵の, 都へ

▼ 同行しよう~ (9, 0.9%)

2 といった 1 といつ, として橋, と云, と云う, と勧められる, と申し出ました, と言っ

▼ 同行~ (8, 0.8%)

1 やってきて, 出羽の, 木曽川あたりへ, 来たとか, 湯治に, 車中ずっと, 郷里に, 高野山

▼ 同行したい~ (7, 0.7%)

1 というの, という事, という人, という相談, と云つて, と述べた, ものだ

▼ 同行四人~ (6, 0.6%)

1 がシャスタ山, である, でにぎやか, で箱根早雲山, の中, の自分ら

▼ 同行~ (5, 0.5%)

1 に横文字, に鉱毒問題, の, の年少者, の神田憲君

▼ 同行させ~ (4, 0.4%)

1 ていた, て来ました, て貰, 慶喜の

▼ 同行しない~ (4, 0.4%)

1 かと誘はれ, かと誘われ, か自動車, 方が

▼ 同行しろ~ (4, 0.4%)

2 という 1 といった, ッ

▼ 同行三人~ (4, 0.4%)

2 のもの 1 となっ, の人

▼ 同行させる~ (3, 0.3%)

1 ことが, ことに, 筈であった

▼ 同行せよ~ (3, 0.3%)

1 という, とのこと, と勧め

▼ 同行せん~ (3, 0.3%)

2 事を以て 1 との事

▼ 同行~ (3, 0.3%)

1 つたのである, みんな好人物らしい, 話題は

▼ 同行という~ (3, 0.3%)

1 ことに, ような, 返辞であった

▼ 同行にて~ (3, 0.3%)

1 来り厚く, 発途, 霞が関へ

▼ 同行六人~ (3, 0.3%)

1 で南, に候, 仲よく下山電車

▼ 同行され~ (2, 0.2%)

1 ていろいろ, 私は

▼ 同行された~ (2, 0.2%)

1 お方だ, 丹羽氏にとっては

▼ 同行しましょう~ (2, 0.2%)

1 という, ということ

▼ 同行せし~ (2, 0.2%)

1 を夫, 上は

▼ 同行せしめよう~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 同行せしめる~ (2, 0.2%)

1 こと, ためであった

▼ 同行せられし~ (2, 0.2%)

1 に逢, に逢い

▼ 同行せられる~ (2, 0.2%)

1 かも知れない, ことに

▼ 同行とも~ (2, 0.2%)

1 つかず従者, なる

▼ 同行なさらない~ (2, 0.2%)

2 こと丈は

▼ 同行なされた~ (2, 0.2%)

1 のじゃ, 方でありまし

▼ 同行には~ (2, 0.2%)

1 源波響木村文河釧雲泉今川槐庵が, 船附の

▼ 同行のて~ (2, 0.2%)

2 まへ

▼ 同行~ (2, 0.2%)

1 しようと, 出来得るですでなあ

▼ 同行主義~ (2, 0.2%)

1 は念仏, は浄土真宗

▼ 同行五人~ (2, 0.2%)

1 のうち, の旅

▼ 同行~ (2, 0.2%)

2 候様に

▼ 同行八人~ (2, 0.2%)

1 が一室, の寝室

▼ 同行~ (2, 0.2%)

1 向の, 衣の

▼ 同行者中~ (2, 0.2%)

1 にも一人, 少しは

▼ 同行者二十一人~ (2, 0.2%)

1 が僕, は僕達二人

▼ 同行~ (2, 0.2%)

1 とがしみじみ, や朝

▼1* [94件]

同行あるならかの物二三枚, 同行おんぶで行きたい, 同行山崎は, 同行から餅を, 同行がちゆうちよ, 同行こいつは何, 同行させられたことは, 同行さんから餅, 同行したいなら大隈と, 同行したくないよ, 同行したけりゃそれまでに, 同行したら何を, 同行したるまでにて恰も, 同行しなかったし彼女, 同行すべきはずの, 同行すべく知事によって, 同行すれば山神鬼童, 同行せざるの遺憾, 同行せしめたのである, 同行せられたのである, 同行せられなかつたので此夕同級生, 同行たちを叱り飛ばす, 同行であるらしくそれも, 同行できなくなつた, 同行でござるか, 同行として世間から, 同行とともにシャンパンを, 同行とは日和佐町の, 同行どこまで旅, 同行どころでない, 同行なお七八人小諸町では, 同行なほ七八人小諸町では驛, 同行なり悦ばしや, 同行によって地上に, 同行または同段, 同行親しかった, 同行さよなら高知, 同行をさえ嫌って, 同行をもことわるつもり, 同行サトウロクロー藤田と北村, 同行タヌキ嬢の虐待酷使, 同行て薩邸ニ, 同行一人おばさんはよい, 同行一幕二人のため, 同行七名の不動山伏, 同行三人榊原紫峰君と青年畫家, 同行三越にゆき, 同行さりませぬか, 同行下さるよう, 同行下さるまいか, 同行下され候わば一家困窮, 同行二人わが身に病い, 同行二人力に思い合っ, 同行二人行雲流水と書き添え, 同行二人谷譲次氏は新, 同行二人連れでござるが, 同行五人上野より日光線, 同行五六人のもの, 同行何とかいふ女教師, 同行何人とその, 同行偏に通信員に, 同行前後一二日相継発, 同行喜多君がここ, 同行大阪から江戸, 同行を此土, 同行少年の名, 同行ニ二十人バカリ熊手鉞ナド担フモアリテ, 同行常に二十人ばかり, 同行幾人かとこんど, 同行はグレ, 同行戦死者の霊, 同行数名と叡山, 同行数里にし, 同行東水の尾, 同行母上柳と三益, 同行池田吉之助君をかへりみた, 同行淡雪未開信女之墓, 同行清川安策の父玄道, 同行申すべきよう申し候え, 同行異体の集まり, 同行神尾薬師寺庄司三氏のみ, 同行翌日の応酬, 同行者モ全部同ジ, 同行者一同期せずして, 同行者二人は長野経由, 同行者八田一朗十時春雄伊藤東籬有吉瓦楼森脇襄治大林古垣鉄郎, 同行者立夫は森枳園, 同行致そうと申す, 同行衆之から一大事, 同行衆皆座に着く, 同行差遣候旨副長被, 同行話し合っている, 同行誠に心苦しかり, 同行護衛をもとめた