青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

同一~ 同僚~ 同士~ 同志~ ~同情 同情~ ~同意 ~同時に 同時に~ ~同様
同様~
同盟~ 同行~ ~名 名~ ~名人 名人~ 名刺~ ~名前 名前~ 名古屋~

「同様~」 6517, 70ppm, 1610位

▼ 同様~ (2631, 40.4%)

128 して 52 なって 14 彼の, 自分の 9 彼も, 心得て 8 それを 7 これを 6 之を, 有効に 5 すべての, なった, 彼は, 待遇し, 思って, 私は 4 した, 土地の, 彼等の, 手を, 私も, 考えて, 見て

3 [24件] なつて, なるん, よく知っ, 一つの, 一種の, 人を, 人間の, 他人の, 働いて, 可愛がっ, 多数の, 女の, 家の, 彼女の, 感じて, 扱って, 暮して, 現在の, 目を, 社会の, 私の, 育てて, 自由に, 非常に

2 [99件] ある点, うれしかった, この到底, これも, これらの, ござりまする, したと, するが, するの, その事, それに, それは, なる, また彼ら, また時, みて, むごたらしさ, われわれにとって, われわれの, コキ使われ, ゴーゴリの, チャンと, ヒューマニズムの, ランニングを, 不完全な, 二つの, 交換者, 亦名, 人から, 人生の, 他の, 作者の, 使って, 僕も, 労働の, 十九世紀の, 原子爆弾を, 又如何なる, 地球の, 変化し, 大切な, 妥当する, 子供の, 完全に, 容易に, 山に, 強力な, 彼らは, 彼れ, 彼女は, 彼女も, 心の, 心を, 怖ろ, 我々が, 我々の, 日本人は, 時と, 暮らして, 本来は, 概ね別れた, 此の, 火事は, 無意味である, 百名の, 知って, 社会に, 神の, 私には, 私を, 科学者も, 租税を, 精神的にも, 緩衝地帯だ, 脳髄が, 自分が, 自分は, 自分も, 苦しんで, 葉山の, 葬って, 要領を, 見られて, 見るべきもの, 見る人, 親しくし, 親切に, 討死です, 認めて, 貧乏で, 趣味の, 身を, 近代人の, 追い使って, 追使われて, 透明な, 運の, 頭の, 風雨の

1 [2050件 抜粋] あいつの, あたま, あなたが, あまりに強い, あやつること, ありし昔, ある場合, あれらの転生宗教家連, いい渡したこと, いかにも間, いっしょに, いつも自分自身, いはれる事, いわゆる, うまく種田氏, おのおの二つ, おも, お前が, かういふ句, かつてその, かわいがって, きゃっきゃっと心, きわめて打ち解けた, くらべるの, こうした職業組合, ここで, ことごとく電磁的, この二季, この地上, この巨人的磨臼, この本州, この神主, この精神病院, こもり暮らした江戸, これらを, ごろりと寝転ん, させられて, さまで骨, ざまは, したならば, してやること, しようと, じらしたり, すごい収入増加, すでに一つ, すれば, せよとは, そしてあれ, そのひと, その唱道者ら, その場, その実, その息子, その武器, その直接, その芭蕉幽玄体, その通常利潤, それからは, それぞれiueoの, それ等の, ただ一匹, たなびくの, だんだんと, ちゃんと生きた, つまりは, ときおり屋敷, どうも親切, どこへか, なしいたれど, なつたの, なり宮廷, なるであろうとも, なるべきはず, なんらの, ひざまずこうと, ぶら, まがおの, まずその, またこれら家畜, またエネルギー, また俳優, また性的本能, また無, また結果, まだ四十年, まったく清浄, みなさんの, むだであった, もし労働, もっぱら交換価値, やはり花茎, よく活動, よほどひどい, わからないまま夢中, わしにも, われわれが, アイヌ部落が, アビシニアの, エタの, オリヴィエから, カント式な, クリティシズムの, コキ使っ, サシと, スクルージにも, ダーチーと, ドイツの, ハッキリし, パリーの, プラウドである, ベルリンへ, ユダヤ人をも, ローマの, 一人ふたり連れ立っ, 一人残らず焼き殺せ, 一味相通ずる, 一度狂人, 一時すっかり, 一羽の, 一般社会の, 丁寧には, 三木城攻略その, 三筆四筆落し, 上流社会の, 不十分である, 不完全と, 不承不承に, 不滅である, 世界で, 世間から, 中村屋の, 九〇〇磅の, 亀を, 二人の, 二百万が, 享け, 人に, 人口に対する, 人生そのものに, 人足として, 人間を, 人類の, 今なお, 今日の, 仕事の, 令嬢か, 仲よくし, 伜を, 低められ其呪詞, 住み暮すという, 体験し, 何なと, 何十年来使用した, 使う, 使用し, 価の, 俗衆の, 信仰の, 修理工作を, 個人的利害が, 偶然の, 傷つくであろう, 働かず休息, 僕たちは, 優しくキッス, 全く, 全く生活資料, 全米でも, 其の保護, 内容が, 写実主義時代浪漫主義時代自然主義時代と, 冷却し, 出世の, 出来ないこと, 切り盛りし, 初めの, 利潤に, 前の, 劇文壇は, 労働階級の, 動く, 勝手気儘に, 北海道においても, 十勝岳で, 卑劣である, 単なる遊戯, 単に特に, 厳冬の, 厳重に, 又彼, 反津本派, 取り扱, 取り扱うの, 取り扱われたであろう, 取れるところ, 取扱った, 取扱われて, 口を, 古い時代, 古衣裳, 右岸に, 各与力部屋, 合法的な, 同一の, 君の, 否更に, 呉に, 味噌汁と, 唐突に, 商売としても, 善かったり, 嘲けられても, 四時まで, 固く信じ, 国宝です, 国家癌の, 土地を, 圧迫を, 地球は, 堅固で, 売っても, 変わった言葉, 夏に, 外国文学の, 多分科学, 多様な, 大きな速度, 大切だ, 大坂, 大西洋から, 天皇制自体は, 太陽の, 奇怪だった, 女にたいしても, 女子生涯の, 如何にも古風, 姿を, 存在し, 守り立てて, 安楽なる, 実は案外, 実際生活, 家々に, 容易には, 富田五郎左衛門の, 寺院の, 将来を, 小説は, 尾瀬沼は, 市子か, 帰郷する, 平凡に, 幾度か, 床の間の, 廻状を, 引取った, 強い枠, 当てはまる事, 当然な, 形式的性格を, 役に立つらしく思われる, 彼らまでが, 彼女等も, 待遇らいつつ, 得意らしく, 御赦免, 必ずしも史実, 必要なる, 快活に, 思い付きの, 思うぞという, 思ってるそれ, 思われて, 思ッて, 急送された, 悪戦苦闘である, 意味の, 意識なく, 愛し合わないかが, 愛惜し, 感じること, 感心してる, 憂鬱な, 憶測出来ぬ, 成立つだけの, 或いはそれ以上, 或る言語, 手に, 手段と, 才能も, 打撃を, 扱はれ, 扱われるよう, 拙者にも, 持続するであろう, 捨てて, 揺れて, 支那人自身も, 故郷の, 散りゆく香気, 数理的の, 文化国の, 文学は, 新宿を, 日本に対する, 日本画部に, 早くわが国, 早稲田の, 明るく見える, 映画においても, 時代は, 時間を, 暗い隣室, 暮したこと, 書物を, 最初の, 月を, 有徳の, 朦朧たる, 末弟である, 村中の, 果して, 柳眉を, 梵語の, 植物においても, 極度に, 標山に, 機密に, 歌の, 正しく鳴く, 此家に, 歩いたら気圧, 歴史的社会に, 死んだの, 殖えた, 殿様が, 民衆に, 気球に, 水が, 永く徳川時代, 汝等の, 沈滞し, 波田の, 津軽の, 浜村銀行に, 海上も, 深い憐憫, 温かい女, 港を, 演劇に, 火の, 無実な, 無邪気で, 無頓着で, 焼火箸, 燃え始める, 牙あり, 物を, 犬神の, 独断が, 狭苦しくまた, 猿田の面が, 現在においても, 理想の, 生命の, 生存の, 生産費にまで, 由兵衛も, 男子更衣場へは, 異人が, 疑るべからざる当然, 発達し, 白眼視し, 盛んに, 直線性を, 眉一つ動かさず, 真率で, 眠れなかった, 眼前の, 矢張り物質的であらざる, 知行を, 石塊で, 確実で, 礼を, 神聖でなけれ, 私たちを, 科学的の, 租税の, 穀物の, 空中で, 立ち腐れ, 笑ったでしょうが, 第十章末尾, 簡単明瞭なる, 精神と, 純然たる, 細くかつ, 紳士に, 結局は, 絵も, 続けたこと, 縄は, 美しく着かざった, 羽目板を, 考えものである, 考えること, 考へ, 職長も, 肥後では, 育てるもの, 能や, 脳髄の, 臨んだ, 自分に, 自動車で, 自然も, 自由貿易の, 舞台の, 良俗をも, 芳秋蘭の, 芸術家が, 若くて, 苦しむこと, 英国人を, 荒んだ有様, 落着き払って, 葬する, 薄くそして, 血塗れに, 行動する, 表面が, 裸かの, 西洋型帆船も, 見え写真, 見なされたもの, 見るの, 見傚, 視て, 親しく交際, 観察と, 解明できよう, 触発的な, 言語道断に, 訳文中に, 詩形の, 語ると, 読んだの, 課税され, 諸君を, 警察官を, 豊富なる, 貧乏だ, 貧弱である, 貴下は, 賭博的な, 赤銅色に, 跋扈する, 身動きを, 軟く, 軽蔑を, 農村が, 農民の, 追いやったの, 追廻して, 逃亡者だった, 通りすがりに, 連句でも, 運動し, 選挙権を, 部屋も, 醜悪な, 重大な, 金など, 針葉樹林に, 鋏を, 長石類を, 間違ってるという, 関東地方に, 陣借りし, 随分力, 離婚の, 震火災の, 静かな, 面白く, 靴下に対し, 順次に, 顔面の, 風変りで, 食うため, 食用に, 飾りつけた, 館林収税署から, 馬印の, 騰貴せしめられる, 高く評価, 高次の, 髪は, 鯨群の, 黒くなる, 黙従

▼ 同様~ (1251, 19.2%)

27 ことが 20 ことを 15 事が 11 ものを 10 もので 9 事を, 運命に 8 意味で 7 生活を, 結果に, 結果を 6 ものである, 状態に, 現象を, 話が

4 [14件] ありさ, ことは, ものが, ものは, 仕事を, 信仰を, 効果を, 地位に, 意見を, 感が, 感じを, 方法を, 目に, 経験を

3 [20件] ものであった, 例は, 効果が, 原因から, 場合に, 姿で, 影響を, 意味に, 意味の, 感を, 憂目, 手段を, 気が, 理由で, 興味を, 苦しみを, 話を, 説話を, 関係が, 関係に

2 [74件] ことに, ところで, ところに, ところも, ものと, ものに, わけにて, 事に, 事実が, 事情で, 事情の, 人が, 人の, 今の, 仕方で, 伝説が, 作用を, 値段で, 傾向は, 傾向を, 働きを, 嘘を, 場合が, 境遇に, 姿なる, 姿に, 姿勢を, 形に, 形式を, 待遇で, 待遇を, 心しか, 心持に, 念が, 思いを, 思想を, 意味において, 意義を, 感情を, 感慨を, 態度を, 或はそれ以上, 手段, 手段で, 手段に, 扱いを, 挨拶振, 新築で, 方法で, 格に, 権利と, 泥の, 浮浪者の, 為事を, 特徴が, 現象は, 理由に, 男に, 病気です, 目的に, 相違が, 経過を, 結果が, 考えを, 行事が, 観が, 記事が, 資本の, 質問を, 身と, 身に, 身の上である, 関係を, 響きと

1 [833件 抜粋] あさましい姿, あらは, いでたち, いら立たしさ, おきり, おじさまだって, おのれと, お客と, お沙汰, お訊ねなら, お高, からだに, きまりが, くそ虫たち, けたたましい笑, ことと, しかもいっそう, それが, つたない一席, ところから, ところでは, なつかしさ, ばかげた楽天的観念, またはむしろ, みだらな, もしくは類似, もの, ものいつも, ものだった, ものだろう, ものでありました, ものであるだろう, ものでございます, ものな, ものならん, ものなるべけれ, ものにて, ものやった, やうに, やり方が, イデヤは, エンタシスは, キモノを, グルグル巻, コマコマした, スペクトル, デモを, トゲの, プロレタリア文学といつても, ユニフォーミティの, ルンペン住家も, 一文ありけれ, 一致あり, 一言を, 上に, 不可思議な, 不埒を, 不安に, 不審が, 不快を, 不正と, 不自由な, 不都合に, 主義を, 乾きによって, 事で, 事の, 事件で, 事件の, 事務を, 事情に, 事情によって, 事業を, 云いがかり, 亡国的の, 交り, 交際を, 人から, 人たちばかり, 人口を, 人物です, 人物として, 人間だけに, 人間で, 人間です, 仕儀にて, 仕方である, 令が, 仮小屋, 仲で, 仲間であり, 伝説あり, 伝説は, 位置を, 住まいは, 何の, 例を, 侘しい所, 供物を, 保守的俗論が, 倉の, 催しが, 傾向あれ, 儀式信条をば, 免許之, 其の娘, 内容を, 内面の, 冷淡さが, 分化の, 分化作用を, 分離は, 刑罰を, 利助が, 前提が, 力しか, 力の, 努力を以て, 区別ある, 区別の, 印を, 危険と, 危険性をさえ, 厳刑に, 厳重なる, 反比, 取り扱いを, 口碑が, 口碑の, 叫び声我意を, 吾輩の, 周期は, 命が, 命令を, 和洋折衷館と, 商売も, 問に, 喜びで, 囚人の, 因果に, 困難である, 土ぼこりの, 圧政下に, 圧迫と, 地租その他を, 基礎を, 堪忍なり, 場合を, 場所が, 境地に, 境界に, 声が, 変動が, 変化が, 変化を, 外容と, 大がかりな, 大きな艶, 大切な, 大混乱, 天候が, 天才を, 奇怪は, 奉公人であるべき, 契約が, 女も, 好みが, 好結果, 妙趣を, 姿だ, 姿であった, 姿ながら, 姿勢で, 威厳を, 存在な, 存在を, 存在権を, 学士である, 安静と, 完成度と, 実験を, 宣伝名で, 宣告を, 家に, 宿老ながら, 寂照である, 尊敬の, 小さい庭, 小ぜ, 少年から, 山河の, 己惚れで, 座敷を, 引き締った精神, 弱者で, 弾力を以て, 役では, 役目を, 後ろ暗い, 御信用, 御奉公, 復命書が, 心事を, 心境の, 心持ちに, 心持の, 心持を, 心理に, 必要な, 快さ, 怜悧を, 思想の, 思想信仰風習願望を, 思索が, 性質の, 性質を, 怪物が, 怪談を, 恐るべき作用, 悦ばしい祝い, 悪戯を, 悲運に, 惨状を, 意を以て, 意向で, 意味である, 意味を, 意嚮の, 意義において, 意見は, 意識によって, 愛に, 感じに, 感の, 感想であったらしい, 感激と, 感違いを, 憂き目を, 懸念を, 成立を, 戦災者の, 所に, 所存然, 所業働き, 手つづき, 手口である, 手段が, 手順を, 打撲傷や, 批評を, 指導を, 挨拶で, 振舞いを, 振舞な, 改良が, 故事附け, 教育を, 斑紋を, 断案を, 新聞記者で, 方法が, 方法を以て, 方針から, 旅を, 日常を, 日本を, 時の, 時間で, 時間位で, 暇潰しだ, 暴威を, 曲節を, 書面が, 書類も, 有様で, 有様です, 有難さ, 服装を, 本能から, 村上は, 村岡に, 板を, 栄華座という, 校長先生に, 構成を, 構造を, 様式が, 次第にて, 歌を, 歌麿や, 此の, 残本を, 残酷さを, 母には, 民俗を, 気もちで, 気持ちで, 気軽さ, 決定性が, 浅ましい姿, 浮沈を, 消息を, 渡世致しおり候え, 演技を, 激しさ, 灰色の, 点を, 無形の, 無理な, 無策無謀の, 無自覚無定見の, 煤の, 熱心をもって, 片側染めに, 物であり, 物らしく, 物を, 犯行を, 状態で, 状態にまで, 猴一疋を, 玄関番の, 玉ばかり, 現象あり, 現象と, 現象として, 理由により, 生き物と, 生命と, 生活お, 生活だ, 生活ね, 生活様式を, 生産性を, 用心は, 用法に, 由文楽能楽歌舞伎などは, 男ぶりに, 畜生である, 疑いを, 疵が, 病人に, 発作が, 発明として, 白雲堂が, 目的で, 目的の, 盲目で, 相場はずれの, 相撲連が, 矛盾に, 石刻が, 礼で, 祈りを, 祝言も, 神話あり, 神話或は, 祭祀と, 祭神を, 私を, 秘法も, 移住民の, 積りで, 空地である, 空想が, 空気に, 立場である, 筒っぽ, 粗衣粗食を, 糸屑の, 系図を, 素人ラジオ研究家の, 素質を, 組織に, 経路を, 経験について, 結晶が, 結末に, 緑色を以て, 緒方先生が, 縛られ地蔵, 美感の, 群衆の, 老耄馬であった, 考えだ, 考えで, 者ありしならん, 者でございます, 者ども, 職人の, 臨時雇い, 自由が, 臭味が, 致方殊に, 興味が, 舞台なり, 色々の, 色彩の, 色盲ならぬ, 若い女, 苦しい胸, 苦労察し, 草で, 荒れすさんだ工場, 落ちの, 葉によって, 葬式した, 葬式行列を, 虚無思想であり, 行動を, 行跡を, 衣裳で, 被告みたいな, 装備を, 製作にて, 覆面を, 見方から, 見方を, 見立を, 視察で, 親しみが, 親しみを, 親戚の, 観察を, 観念が, 解釈を, 記念に, 記録が, 診断で, 評を, 試験的分析を, 詰問を, 話は, 誇りと, 誠意と, 誤算を, 誤見, 誤謬である, 説が, 説に, 説明が, 説明は, 説明法を, 誼み, 警戒を, 議決を, 貢献を, 貧しき苦痛, 貧乏士族の, 賛辞を, 赤丸を, 赤子抱き, 超自然的, 趣で, 趣の, 趣旨から, 身で, 身ではねえ, 身の上で, 身の上なれ, 身体ゆえ赤子が, 身長を, 軛を, 軽馬車, 迷もを, 速度を, 連中に, 遊びは, 遊戯を, 遊星が, 運動が, 運命にな, 運命を, 道庵お, 釈義の, 重要さを, 野人で, 銀の, 銅の, 錯覚を, 開闢説あり, 間柄だ, 間違で, 阿呆である, 際だった, 静観が, 非道い, 音に, 音曲節奏と, 顔触れである, 願いじゃ, 顛末を, 風習が, 風説が, 食物を, 饗応を, 驚嘆である, 高さ, 鴉声に, 鹿おどし

▼ 同様~ (756, 11.6%)

35 ことが 14 のだ 10 ことは 8 ことを, ものが 7 のです 6 ものを, 方法で 5 もので, ものである, 気持で 4 んです, 事が, 働きを, 場合が, 意見を

3 [13件] のである, ものです, んだ, 一種の, 事を, 事件が, 性質を, 意味の, 意味を, 現象が, 目に, 結果に, 話を

2 [41件] お方, ことに, すがた, のでございます, のは, ものだ, ものであろう, ものと, ものの, ものも, わけで, 一つの, 事は, 事情の, 仕掛を, 例が, 例は, 取扱いを, 場合に, 場所に, 境遇に, 孔子の, 家の, 心で, 意味が, 意味で, 感じを, 所へ, 手段で, 暮らしを, 状態に, 現象を, 生活の, 研究を, 移り行きを, 立場に, 結果を, 考えは, 考えを, 親切を, 錯覚が

1 [506件 抜粋] あつかい, あの柔らか, あらゆる努力, あれと, いかさま浪人いくら, いのちの, お家柄, お方が, お米, からである, ことわたしは, このたび, この体, この城, この染井あたり, この金, この骨肉, ご行動, さる旗下, しかし通例些細, その場かぎり, その場限り, ちんちくりんの, てんやわんやの, ところだ, ところでは, の, のが, のじゃ, のだろう, のでおとなしく, のでする, ので内務省あたり, ので東, ので江崎, ので自分, のに, のにそれ, のにち, のにも拘らず, のに気, のを, ふうに, まだ知らない, ものかも, ものであった, ものでありました, ものもしくは, ものや, やくざだ, やり方で, ように, わけであっ, わけであろう, んでも, ガス球と, ザッカケない, スープを, タドタドしい, フィクションは, プリューメ街からの, ヨタが, ランプの, リザベッタを, 下宿には, 不平は, 不平や, 不幸な, 不純混乱を, 不自然な, 不自由を, 主我と, 乞食が, 乾燥期が, 事件は, 事件や, 事実を, 事故を, 二三人で, 人たちです, 人は, 人格完成の, 人間であり, 人間と, 人間の, 人間一個の, 今の, 仏間籠り, 仕事に, 仕事を, 仕儀に, 仕方で, 仕方に, 令で, 伝説は, 位置に, 低能である, 余の, 例である, 例であろう, 例として, 例の, 例を, 倉庫が, 偶像信仰が, 催促に, 傷が, 儀でござろう, 兄経之の, 光景に, 全く目的, 公平さと, 兵法を, 内容を, 内部的地位を, 刀傷が, 判例が, 判断の, 判断を, 前提から, 力で, 力に, 効果が, 効果を, 効能しか, 区域が, 十手や, 卑屈な, 単純な, 博覧会群衆に, 危惧を, 危機に, 原因に, 原因による, 原理が, 反応しか, 反撥が, 叔父御, 取り扱いを, 名前を, 否それ, 命令が, 問に対して, 嘆声を, 噂が, 噂を, 囃子を, 四条道場に, 囲いに, 地史的意義を, 地点に, 報告を, 報道が, 場合も, 場合子供に, 場所即ち, 境遇の, 声を, 変更を, 外見は, 多くの, 夢の, 大金持, 大間違い, 大隅, 天体と, 太い線, 奉公ぶりを, 奴さ, 奴でございます, 奴を, 好意を, 姿だった, 姿で, 姿を, 威力を, 婆の, 孤独な, 実例に, 実例は, 実験を, 家具積み馬車との, 家族的掩護が, 寄附状を, 寝耳に, 寺に, 対哲学関係を, 小さな隕石, 小勢で, 小領土, 就職の, 尺度の, 属性が, 履歴が, 山伏姿に, 岸田屋宇之助を, 干渉を, 平和である, 庇護ながら, 店を, 弟を, 張氏の, 強情らしい, 形です, 形を, 形状を, 形而上の, 役を, 待遇と, 御不自由, 御制度, 心を, 心を以て, 心持で, 心理状態に, 必要から, 快感に, 快感を, 快適な住み, 思いに, 性格を, 性質の, 恐るべき解禁, 恒久的施設が, 息吹きが, 恰幅容貌の, 悪名を, 悪魔から, 悲惨な, 情勢で, 情景創造も, 想像を, 意を, 意味に, 意見である, 愚痴を, 感じが, 感情を, 感状が, 態度で, 態度を, 憂目, 我が身に, 截断の, 所に, 所を, 手紙を, 扱いです, 批評は, 拘束の, 拙者を, 拡り, 指令が, 推敲に, 擺動が, 支那服の, 政府代行機関を, 文が, 文化主義的傾向や, 文句を, 新しい仮, 新星として, 方じゃ, 方式が, 方式で, 方法が, 方法に, 方法によって, 方法を, 方面に, 施設によって, 日本画の, 星から, 書物を, 書状にも, 最期を, 月日さえ, 有様だった, 有様に, 机と, 条件を, 案を, 棒とは, 椀に, 楽しみを, 構図の, 権威を以て, 機会が, 欠陥を, 武門は, 殆ん, 比率の, 気層の, 気弱さが, 気持であった, 気持です, 気持に, 気軽な, 水辺部族は, 氷河では, 油が, 法華寺, 浅ましい声, 海岸隆起を, 混乱に, 混合が, 溌剌さで, 源平混成軍である, 漠然とした, 無名の, 無頼者と, 物で, 物である, 物心両面の, 物理的方則が, 物足らな, 犠牲を, 状態だった, 状態を, 狂人に, 狂暴な, 獲物と, 現象だろう, 現象である, 理由から, 理由で, 理由に, 理由によって, 生住者, 生活な, 生活には, 生活を, 生活状態に, 田舎へ, 申し出を, 町ばかり, 異状を, 異論は, 疑いが, 目標を, 目玉を, 目的の, 真似を, 眠に, 眼で, 眼を, 着物や, 研究であり, 破れかぶれの, 碑を, 社会生活で, 祭日を, 租税すなわち, 程度で, 程度に, 稽古槍を, 空気は, 突起を, 立派な, 竹を, 笑いを, 符牒を, 第二次的属性, 第五列, 箇条を, 節奏の, 籠と, 精神が, 精神で, 精神の, 納経を, 素寒貧であれ, 素朴と, 素気な, 組為替は, 組織を, 結晶性の, 結果が, 結果しか, 結論に, 統計的分布を, 絶間ない, 緊張した, 罪悪の, 美の, 群れと, 老爺の, 考え方が, 考え方によって, 者が, 者で, 者であり, 耳こすり, 脱漏は, 膠質が, 自分だった, 自然現象が, 自負や, 興奮状態に, 芸術が, 苦悩が, 苦悶を, 苦笑を, 苦難を, 蒼白なる, 行事が, 行事である, 行儀であった, 行動に, 行為を, 術は, 衝動に, 衝動を, 表情を, 見地から, 規則正しさ, 視線を, 覚悟で, 親しい者, 観察は, 解結の, 言い訳を, 言を, 言葉を, 計算を, 記事は, 設置が, 訳で, 証明は, 試練を, 話が, 話は, 認識不足さそれが, 語を, 語気を, 誤りに, 誤算を, 説明は, 諸条件, 議論を, 貞操を, 資料を, 資格で, 賞讃を, 賞辞を, 賤役に, 質問に対しては, 赤いお, 起臥を, 超自然的, 趣向から, 趣味や, 趨勢が, 身に, 身の, 身分である, 身分と, 身分の, 軍律が, 返事を, 迷信が, 速度で, 遊船宿の, 運命に, 運命の, 運命を, 過言, 遠心力を, 部分から, 部類に, 重傷を, 重大の, 金で, 金の, 釘が, 鉄棒の, 鍍金と, 閑静な, 関係に, 限りない, 限定を, 限界が, 陣笠打, 陰惨な, 障害の, 集りを, 需要の, 静けさの, 静的な, 面の, 頭脳の, 頻度を, 類の, 風を, 飛命は, 駕の, 驚愕と, 高慢を, 鮮やかさで, 鰓孔が

▼ 同様~ (249, 3.8%)

8 あつた 5 はない 3 さあ 2 あつて, ごぜえます, はありません, まるでなっ, 文字通りの, 泉岳寺に, 私は, 誰も

1 [217件] あなたの, あなた方が, あの生首事件, いずれも, いと易い, いわゆる長, おいでに, おそらくお節, おたがい, お安ちゃん, かねて法則, ことさらに, この点, この計画, これが, これを, これをめぐって, こんな場合, さ, しかなかっ, じかに物差し, そういった傾向, そこに, そして御, そっと涙, その中, その作品, その贋金, それに, それは, それを, それ以後には, ただその, ただそれ, ただ大形, たとい二朱銀一個, つまり何物, とうてい明瞭, ときどきに, とぼとぼ辿っ, どうにかこうにか, どこにも, どちらかと, なんの, な毎度, の, はあっ, はありませぬ, はある, はないでしょう, はなかっ, むしろ滑稽, めいめいに, もちろんできぬ, もとより墓標, もと遊芸者, もと非人, もない, やはりそこ, やはり自分自身, やむなく福島, よかったら, よければ, よも何事, われらは, イランコルなどの, オリノコや, ベルリンの, ヤタラに, ロンドンパリベルリン等へ, 一たんこれと, 一つ, 一つの, 一つ一つに, 一人だって, 一体に, 一円から, 一向にその, 一年の, 一挙一動が, 一番元老の, 万全を, 不如意の, 与力一騎に, 両者が, 並々ならぬ, 乗り込んで, 二三人の, 二人とは, 互いに意趣, 人々は, 人体各, 今さらこぼし, 今日は, 他から, 他所への, 以上三種の, 何が, 何の, 作者が, 例えば西行, 例外なし, 元来から, 全くこの, 八百屋などの, 出入りの, 別に鴉, 到底長く, 十匁の, 千秋万歳法師, 厚総を, 古くは, 只ぶら, 同じ処, 同類の, 唯位置, 唯富士山, 四方の, 土の, 場所によっては, 夏は, 外国人の, 多少共にこの, 大体に, 大体において, 大抵は, 天つ, 夫婦は, 妄念は, 威力も, 婚約し, 宇宙の, 実隆に, 客によって, 家の, 寺を, 山, 平時でも, 平淡なる, 年齢不, 彼は, 彼らで, 彼等の, 心細い身の上, 患者に, 或いは主人, 支那では, 教授の, 敵も, 斧で, 日本の, 明治四年エタ非人の, 昔に, 昨夜国元の, 曲という, 最初私が, 有名な, 木の, 本当の, 本気で, 村の, 東北日本の, 椅子に, 楽に, 殆ど碌, 母が, 江戸の, 決して意味, 決して生き, 油が, 海岸に, 滅多に, 為に, 独立心の, 現在の, 甚だ頼り, 生存競争上容易に, 生理上や, 男女の, 町人の, 皆が, 皆無か, 盆には, 真の, 短尺の, 磯が, 社会の, 私の, 私も, 私を, 種々の, 約二分半, 細胞を, 美濃の, 群を, 肝心の, 胎内に, 腹工合の, 自分の, 自然は, 藍を, 表通りよりは, 見物客を, 視神経は, 親猪, 講義も, 豪傑肌の, 身分の, 返答は, 連歌の, 部落部落に, 野に, 鉄格子の, 防虫剤こそ, 隣人としての, 飜訳か, 高尚なる

▼ 同様である~ (91, 1.4%)

4 ことを 2 かどう, が, がこの, がしかし, が代, ことが, ことは, と考え, ので人々

1 [69件] かまたは, からこう, からこうした, からその, からそれ, から古河, から当時, から或, から略する, から道中, から頼む, がこちら, がこれ, がさらに, がそれ, がそれ程, がわたし, が一つ, が今後, が住君, が作者, が大原, が実際, が新聞, が更に, が正面, が私, が細塵, この絵, これは, ぞ, ぞと云わぬ, ぞ品物, という, ということ, というの, という事, という信念, という議論, といわれる, とかそんな, と一段, と云う, と云っ, と仮定, と信じられる, と信じる, と信ずる, と同様, と思う, と申します, と自分, と言, と言われる, と説いた, には相違, にも関わらず, に相違, のだ, ので和田, ので夫, のに死後霊魂, のは, はずであり, ばかりか亭主, ように, ようにも, 事真の, 故音節

▼ 同様~ (84, 1.3%)

6 と思う 32 からである, ぞ, つたから, ということ, と思った, と思ひます, と思ふ, と思われ, ね

1 [57件] かね勇, からそれ, からそれで, からと云う, からな, から何, から少々, から少しも, から旦那, から見当, がしかし, がそういう, がそれでも, がどこ, が下層民, が之, が今晩, が只卒, が鱗, けどお, けれど非常時, しやがて, そうです, ぞッ, つたといふ, つたらしい, という事, といふ, といふ考, とかどこ, とすこぶる, とそう, とは思わない, と云い足した, と云っ, と仰っし, と信長, と思, と考えつい, と考へ, と聞い, と見え, と見えた, と見える, と見られぬ, と解すべき, と言, と言う, な, などと広言, よ, よ私, わね, ァな, 下物は, 唯見る, 徳川が

▼ 同様であった~ (37, 0.6%)

1 [37件] かどう, かもしれない, からこれら, からであった, からである, か硝子箱, がことに, がこの, がこれ, がその, がそれでも, がむしろ, がわけても, がライト, が只, が平和, が彼, が彼女, が普通, が綴, ことである, しお父さん, それに, ために, と思う, と推測, と言う, に相違, に違い, のであります, ので相変わらず, のも, ように, 上その, 事が, 妻を, 阿部一族討取り

▼ 同様であっ~ (28, 0.4%)

2 てただ

1 [26件] てこの, てこれ, てこれら, てその, てなるべく, て一つ, て一国, て三年間, て両者, て中, て五年間, て今に, て原稿紙, て同じ, て夏, て少数, て昔, て普通, て最近氏, て東洋, て民族, て沢, て異, て老母, て自分, て遠く

▼ 同様~ (27, 0.4%)

3 見て

1 [24件] いい渡して, おさげすみ, すれば, ならねば, なりて, なり友人達, なり破戸漢土手, なれり, 下世話で, 云うので, 存じられます, 御思い下さっ, 心得て, 激しい御, 為ったとは, 為って, 申しても, 称ふべきで, 考えられる, 聞くが, 自分で, 見えて, 見ても, 遠慮を

▼ 同様なる~ (23, 0.4%)

2 ものの

1 [21件] お前達, ことを, に似たれ, も一人, も殊に, を得べき, を見る, 一介の, 信念を, 原因に, 可し, 天然現象の, 愉快を, 戦慄に, 拘束が, 樹木説話の, 理なり, 精進を, 線路を, 藍と, 誤解に

▼ 同様です~ (21, 0.3%)

32 から

1 [16件] か, からその, からそれでは, からな, からねとまで言った, からやはり, から家, がそれ, がただ, がもともと, が叔父たち, が貴女, けれど今, ネ, 次の間へ, 私に

▼ 同様その~ (18, 0.3%)

1 [18件] ために, 上春日重蔵様の, 列車が, 土地を, 場を, 季題の, 放埓さ, 時分の, 晩の, 最も健全, 標準は, 気な, 物語を, 社の, 表面に, 雌が, 非を, 髪の毛を

▼ 同様であり~ (18, 0.3%)

1 [18件] この現象, そういうポリニャーク, そうな, その価格, それに加, それは, ながら, または貨幣, 主観主義の, 亀にとっては, 又どうやら, 名古屋へ, 哲学が, 彼等に, 心の, 支那学も, 服飾の, 詩と

▼ 同様~ (13, 0.2%)

1 [13件] にはそれ, にはどう, には初めて, のこの, の容体, は彼ら, は無表情, もこまる, もただ, も御, も捕えられ, も酒, より一

▼ 同様この~ (11, 0.2%)

1 [11件] ような, アジヤを, 危機が, 四月から, 小説を, 書た, 朗らかの, 権門の, 福済寺も, 窮屈な, 魚お

▼ 同様であろう~ (11, 0.2%)

2 か, が, と思います 1 が作者, しかしながら労賃, という意味, との報告, われわれが

▼ 同様だった~ (9, 0.1%)

1 か, かもしれない, からだ, ということ, となぜ, に違い, のです, 先代の, 桂子に

▼ 同様これ~ (8, 0.1%)

1 ではやり切れぬ, はというもの, は大, は自ずと, もまた, も国内, も敗戦国共通, を方々

▼ 同様なれ~ (7, 0.1%)

1 どもここ, どもただ, ども此処, ばいつ, ばこれ, ば外見上, ば滅亡

▼ 同様ただ~ (6, 0.1%)

1 名物として, 外部から, 茫然として, 蛇を, 道具立を, 馬を

▼ 同様でなけれ~ (6, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばと云っ, ばならない, ばなりませぬ, ば何

▼ 同様にて~ (6, 0.1%)

1 右の, 大臣の, 村境の, 果てはかく, 気の毒千万なれ, 西洋にては

▼ 同様~ (6, 0.1%)

1 勘弁下さる, 同様, 宗門に, 懇意に, 為に, 願い申す

▼ 同様あなた~ (5, 0.1%)

1 にもあてはまるべき, のよう, の御, まかせの, もだいぶ

▼ 同様じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ありませんか, で, ないでしょうか

▼ 同様だろう~ (5, 0.1%)

2 と思う 1 が石鐵県, とは思います, と想像

▼ 同様という~ (5, 0.1%)

1 ので, わけな, エー, 気分が, 趣で

▼ 同様なり~ (5, 0.1%)

1 という異説相, といえ, とする, との事, と知る

▼ 同様少し~ (5, 0.1%)

2 も美しい 1 の狼狽, も知る, も足る

▼ 同様自分~ (5, 0.1%)

2 の世界 1 で以, の身, の部屋

▼ 同様あの~ (4, 0.1%)

1 いまいましいお, じいさんが, 四人の, 端正荘厳な

▼ 同様やはり~ (4, 0.1%)

1 兵士であり, 春木座であった, 海に, 西洋に

▼ 同様人間~ (4, 0.1%)

1 がきい, と面会, の作った, の心

▼ 同様~ (4, 0.1%)

1 にドンナ事, のよう, の内, も武ばった

▼ 同様全く~ (4, 0.1%)

1 ただの, の間違い, 思いも, 西洋の

▼ 同様日本~ (4, 0.1%)

1 にもありし, も武力, を去った, を舞台

▼ 同様あまり~ (3, 0.0%)

1 善い心持, 肥っても, 食通では

▼ 同様かと~ (3, 0.0%)

1 おもわれる, 存じます, 思ったが

▼ 同様ここ~ (3, 0.0%)

1 でも燕, で冬, に居られなくしてやる

▼ 同様ちと~ (3, 0.0%)

1 ごひゐき, 肩身が, 虫が

▼ 同様であったろう~ (3, 0.0%)

1 と思う, と思われます, と想像

▼ 同様であります~ (3, 0.0%)

1 が, が他, が販売員一人当り

▼ 同様でした~ (3, 0.0%)

1 がそれでも, ので今度, よ

▼ 同様には~ (3, 0.0%)

1 なって, ならなかった, 云へ

▼ 同様まことに~ (3, 0.0%)

1 上品なる, 不愉快な, 迫真です

▼ 同様また~ (3, 0.0%)

1 ほぼ相似, 宗教家教育家においても, 本宅へ

▼ 同様世間~ (3, 0.0%)

2 の識者 1 を驚かせた

▼ 同様作者~ (3, 0.0%)

2 なの 1 が分からない

▼ 同様叔母~ (3, 0.0%)

3 御が

▼ 同様~ (3, 0.0%)

2 なり親しく 1 なり奥

▼ 同様~ (3, 0.0%)

1 でしたが, というもの, の持物

▼ 同様彼女~ (3, 0.0%)

1 に話しかけ, の方, も見物

▼ 同様日本人~ (3, 0.0%)

1 にたいしても同じ, にも珍しい, は西洋

▼ 同様極めて~ (3, 0.0%)

1 概念的な, 自然に, 解答の

▼ 同様~ (3, 0.0%)

1 も姿, も沙汰, も立てず

▼ 同様ある~ (2, 0.0%)

1 ひは, 馬は

▼ 同様いつ~ (2, 0.0%)

1 なん, 帰って

▼ 同様いつも~ (2, 0.0%)

1 人に, 情けない悲しそう

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 慕いして, 継立てその

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 城内の, 子息の

▼ 同様すこぶる~ (2, 0.0%)

1 簡明である, 読書家だった

▼ 同様それ~ (2, 0.0%)

1 に二人, に格別

▼ 同様でありまし~ (2, 0.0%)

1 て名, て誰か

▼ 同様でありました~ (2, 0.0%)

1 けれどもその, のです

▼ 同様であれ~ (2, 0.0%)

1 ば吾人, ば大抵

▼ 同様でし~ (2, 0.0%)

1 てかり, て法廷

▼ 同様で御座いました~ (2, 0.0%)

1 が, のでお側

▼ 同様どんなに~ (2, 0.0%)

1 忙しい軍事関係, 拳骨で

▼ 同様なかなか~ (2, 0.0%)

1 のって, 危険なり

▼ 同様ながら~ (2, 0.0%)

1 彼の, 板や

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 なれなかった, 気がねえ

▼ 同様はっきり~ (2, 0.0%)

1 と仲間, 覚えて

▼ 同様はなはだ~ (2, 0.0%)

1 貧しいもの, 遺憾の

▼ 同様まるで~ (2, 0.0%)

1 ブランクと, 幅が

▼ 同様みぬ~ (2, 0.0%)

2 まの

▼ 同様もはや~ (2, 0.0%)

1 読者諸君の, 遁れる

▼ 同様らしく~ (2, 0.0%)

1 自然に, 薄とぼけ

▼ 同様わが~ (2, 0.0%)

1 ふところは, 種属を

▼ 同様ガールフレンド~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ 同様クレオパトラ~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 アル, アルト考エテイタガ今日デハ左様ニ簡単ニハ云エナイ

▼ 同様一つ~ (2, 0.0%)

1 の分業, の美術品

▼ 同様一種~ (2, 0.0%)

1 の健康剤たる, の脅迫

▼ 同様世の中~ (2, 0.0%)

2 に如何なる

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 儀是迄, 心得にて

▼ 同様人力車~ (2, 0.0%)

2 の通れる

▼ 同様以上~ (2, 0.0%)

1 にたい, に掘下げ

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 か国民, も解りません

▼ 同様充分~ (2, 0.0%)

1 に, 気を

▼ 同様先生~ (2, 0.0%)

1 の人物評, を本当に

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 同じ者, 富士春同様に

▼ 同様右手~ (2, 0.0%)

2 へ消える

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 も僕, を思ひ

▼ 同様土下座~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 同様多少~ (2, 0.0%)

1 ニ拘, 拠ある

▼ 同様天下~ (2, 0.0%)

1 の通り物, はどう

▼ 同様夫婦~ (2, 0.0%)

1 に成っ, の間

▼ 同様子供~ (2, 0.0%)

1 の世話, の親

▼ 同様宮廷神~ (2, 0.0%)

1 に仕, に仕え

▼ 同様幕府~ (2, 0.0%)

1 に雇われ, の役人

▼ 同様年々~ (2, 0.0%)

2 に太つて

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 のもの, の口碑

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 の姿, の漢訳

▼ 同様彼ら~ (2, 0.0%)

1 のひとりぎめ, の方法

▼ 同様彼等~ (2, 0.0%)

1 にとって不思議, の気勢

▼ 同様~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 同様我々~ (2, 0.0%)

1 には奇妙, の書き

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 も足, をつい

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 三本の, 管領御家再興も

▼ 同様明日~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の事

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 が非, に関すること

▼ 同様最も~ (2, 0.0%)

1 民主的に, 貴重な

▼ 同様最初~ (2, 0.0%)

1 から動物性, から是非

▼ 同様案外~ (2, 0.0%)

1 やって, 下らない物

▼ 同様殆ど外出~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 がつかない, を失っ

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 の中, の主たる

▼ 同様浮気~ (2, 0.0%)

2 の虫

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 なる義, の底

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 装飾の, 褌の

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 に懐妊, は多く

▼ 同様理論~ (2, 0.0%)

1 に溺れ, 乃至科学

▼ 同様生き~ (2, 0.0%)

1 ている, ては行かれない

▼ 同様相手~ (2, 0.0%)

1 にされず, に勝つ

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 の恐ろし, 暗闇です

▼ 同様矢張り~ (2, 0.0%)

1 この男, 新しい部

▼ 同様社会~ (2, 0.0%)

1 には制度変革, に向っ

▼ 同様科学的~ (2, 0.0%)

1 であらねば, な現実的

▼ 同様経験~ (2, 0.0%)

1 は何, をし

▼ 同様自由自在~ (2, 0.0%)

1 であったから, でしたが

▼ 同様芸術~ (2, 0.0%)

1 にも統制, は元々

▼ 同様~ (2, 0.0%)

2 やかに生

▼ 同様誠に~ (2, 0.0%)

2 ハヤ未

▼ 同様~ (2, 0.0%)

2 しい鳥

▼ 同様身体~ (2, 0.0%)

1 から霊, が弱れ

▼ 同様転がっ~ (2, 0.0%)

2 てら

▼ 同様近代~ (2, 0.0%)

1 における自然科学的思惟, の風

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 なしと, に迷われ

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 のふるまい, を好んだ

▼ 同様~ (2, 0.0%)

2 とも滑稽

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 のはくちょう, 干の

▼ 同様首筋~ (2, 0.0%)

1 を掴まれ, を掴まれた

▼ 同様驚異~ (2, 0.0%)

1 でいのち, をありあり

▼ 同様~ (2, 0.0%)

1 がねえ, と皮

▼1* [906件]

同様さ寝, 同様あがってしまい, 同様あけっぱなしであるらしい, 同様あってなき, 同様あとに残っ, 同様あどけなく手緩かった, 同様あるいはそれ以上の, 同様あれを守刀, 同様あんまり有触れ過ぎて, 同様いいことは, 同様いきいきとし, 同様いくらか手持無沙汰らしく, 同様いじらしい笑みを, 同様いたずらに本箱の, 同様いちずな信頼, 同様いちはやく姿を, 同様いつか機嫌の良い, 同様いやそれ以上に, 同様いよいよ我慢が, 同様いろんな男女が, 同様うきめを, 同様うとましく思って, 同様うれしがって, 同様えらいのだろう, 同様えれえご威勢, 同様おいらに喜ん, 同様おきて来た, 同様おさえつけられてしきりに, 同様おっとりとして鷹揚, 同様おどろいたことだろう, 同様おばあさんでございますよ, 同様お前の側, 同様うした, 同様から意地汚ない, 同様かんげいされたの, 同様がんとして口外, 同様きき流すのは, 同様きれいな国, 同様くまと名, 同様よいは, 同様これからお力に, 同様ころげまわって軽蔑, 同様こんなのは, 同様さぞこざっぱりして, 同様さっぱり値打ちがねえ, 同様さま餓鬼の時分, 同様さみしくなると, 同様さんざん御弄り, 同様しずかにこう, 同様しっかりと片足, 同様しっくり似合うもの, 同様しつこいと言っ, 同様しなくてはならない, 同様しばしば途方に, 同様しばられている, 同様しょっ中上下, 同様や, 同様じつにあぶないこと, 同様じゃと嘲笑う度, 同様すぐ面白いよう, 同様すこし女中さんに, 同様すさまじがって, 同様すっかり老いぼれて, 同様すでに荒廃し, 同様すべてに平等, 同様すんでしまった, 同様ずっと同僚が, 同様せっぱつまった時の, 同様そういう不具物を, 同様そこいら, 同様そっと音も, 同様その後がまだ, 同様だいたい既成の, 同様だきみょうがの紋, 同様だっていうん, 同様だれに向かっ, 同様だ食べる物が, 同様ちかごろ酒と, 同様ちっとも怪我なんか, 同様ちょうど三年に, 同様ちょっと来いちょっと, 同様つい使いたくなる言葉, 同様ある, 同様であったであろうから生きん, 同様であらねばならぬ, 同様であるべき窮屈の, 同様でかれはこの, 同様でげすから, 同様でございまして妾, 同様でござる貴殿の, 同様ではれて峠, 同様でまさった者が, 同様でもかまわぬから, 同様でやりてとさえ言え, 同様で分らないうちこそ, 同様で在つしやる, 同様で帰るのを, 同様で引受けて桑, 同様で引返すよりほか, 同様で漬けるものです, 同様で焚き物の, 同様で疑ひもなく, 同様で考えたら最後ぞっと, 同様で調べること嫌いの, 同様といった格の, 同様といふ事である, 同様とうに眠って, 同様とかく昔気質の, 同様とは問題に, 同様とんだ難儀だ, 同様どうしても御門の, 同様どうぞお寛ぎ下さいまし, 同様どうも女優そのものの, 同様どんな高い音, 同様なありさまです, 同様ならしむる, 同様なりしといふ, 同様なりしならんのみ, 同様なるべきに似たれ, 同様なる疑ひを提起, 同様なんとも外からは, 同様な寂れであったにはちがい, 同様な寝像に, 同様な恐らしき武者どもが, 同様な慈しみがある, 同様な死に方を, 同様な生きた死骸を, 同様な辱めを加えられ, 同様な迂論である, 同様にあたり近所を, 同様にがつそ, 同様にしか持てなさないの, 同様にというほうが, 同様にとの特別扱いの, 同様にまで昂奮せしめる, 同様ねむることが, 同様のみかたが, 同様はきはきした事, 同様ひそかに天下, 同様ひどく欧米風な, 同様ふまれるべきものと, 同様ふゆかいであった, 同様へし折ってくれる, 同様ほとんど説明の, 同様ごころこめ, 同様まさしく男でした, 同様まず大阪の, 同様まずは庭の, 同様または雑巾ぐらいに, 同様まだ不完全で, 同様まだるっこしいもの, 同様まっ逆さまに, 同様まったく独創性を, 同様まっ暗になりました, 同様まんまと化かされて, 同様まア小田原を, 同様みごとな一刀切り, 同様みずから寸功をたて, 同様みんな一応代議士, 同様むき出しであるそれ, 同様もっとも通俗的な, 同様もとは行者, 同様もはやほとんど支那以外には, 同様やかましやの老臣朝倉忠左衛門, 同様やっぱり下手人は, 同様ゆえ始めて怪物, 同様ゆえ此の後, 同様ゆるしてのみいられぬ, 同様よよと雪に, 同様らしく思われるが特に, 同様れきぜんと男文字だ, 同様わしの父親, 同様われわれの一般社会, 同様アリアリと眼, 同様イタリアで世, 同様ウムと苦痛, 同様カケたコーヒー茶碗, 同様カピをど, 同様カヨ子もこの, 同様カラリと手, 同様キャラコにとっても従兄, 同様キリストの隣人愛, 同様クリストに対する嘲弄, 同様クリストフへ返事, 同様コブコブの顔, 同様コンヴェンショナルな, 同様ゴヒイキにお, 同様サ今日聞き込んだが, 同様ザルソバと合成酒, 同様シカゴのオペラ, 同様シュテッヘでありまして, 同様ジロリの女, 同様スキー滑降に理想的, 同様スチルネルにとっては無用, 同様ストルキオだったの, 同様スラリと小, 同様タクシーをよん, 同様ツケアガルことは日本人以上, 同様ツーリストビュロオの使い, 同様ドシンともビタビタ, 同様ナカナカ一筋縄では行かない, 同様ナル着想ハ本願出願以前ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 同様御セント欲スレドモ, 同様ニコレヲ応用セル犯罪ガ旺盛ナル流行ヲ示スベキハ論, 同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, 同様ニシテ帰ッタラ又, 同様ニ上ミの急用, 同様ニ公論を相, 同様ニ颯子モ地下デ喜ン, 同様装身具ヲ, 同様ハイカラ風の吹き散らす, 同様パスポートがいらない, 同様パリへ仕事, 同様ヒミズを神, 同様ピンと来ない, 同様フロをもっ, 同様プロデューサーとしても弱気, 同様マスクだけのアツ子, 同様マネージャーがビーハイマー, 同様ヤッカイ者扱いでそれでも, 同様ヨーロッパから, 同様ロハで貰える, 同様一々人に, 同様一ト安心仕候, 同様一人ほか居ないもの, 同様一冊の本, 同様一切を放下し, 同様一切不通のもの, 同様一匹一匹違って, 同様一同を見廻し, 同様一向用が, 同様一定の歴史的含蓄, 同様一応こつちで教育, 同様一日牛乳を半, 同様一昨日の夜以来, 同様一時に齎された, 同様一汎に平凡, 同様一生の独身, 同様一般に考へられ, 同様一週一度と定め, 同様一面に薄, 同様七十二歳までは歌, 同様七重八重にその, 同様三七八がらみ血色のよい, 同様三千人を与え, 同様三河武士におくれ, 同様三百万円にする, 同様上がる術が, 同様上品な服装, 同様から立ち上る, 同様下らん連中の, 同様不可能と思われた, 同様不幸の事, 同様不愉快なこと, 同様不憫に思う, 同様不文の農家, 同様不肖の私, 同様世田ヶ谷に隠居, 同様世界の大勢, 同様主として丸字を, 同様主人役として列席, 同様主食同様欠くべからざるもの, 同様乃公がその, 同様予想を絶, 同様予想以上に大きく, 同様事情に耐える, 同様二つに別れ, 同様二ノ木戸にある, 同様二重の意味, 同様二重三重に働く, 同様互いに力に, 同様交易申し立て出来申すべき儀, 同様交易筋之儀申聞候, 同様京都の哲学科, 同様の唾, 同様人々が私, 同様人一倍案じるにつけ, 同様人出に埋まっ, 同様人形師も不明, 同様人質として丸の内上屋敷, 同様人身の奴隷的売買, 同様人間離れのし, 同様人馬を殺害, 同様今日の, 同様今更云ふも, 同様仏法の方, 同様仮初にも人, 同様会わなければ会わない, 同様の反応, 同様位置する理由, 同様住み慣れている, 同様住む人間までも, 同様住居や飯, 同様佐渡送りにでもなっ, 同様体操要目に取入れ, 同様何ごとも新九郎, 同様何事も知らなかった, 同様何年経ても, 同様何等の不適切さ, 同様作品の美, 同様作家たちに好かれた, 同様使っていました, 同様修験者の配下, 同様借切りで同船の, 同様借家に住ん, 同様も同様, 同様値ぎり倒されて, 同様倶楽部員の一人, 同様偏見から生まれた, 同様停年近くの黄昏, 同様健康で暮らせますよ, 同様働く仲間が, 同様も此, 同様僧どもに腹, 同様と支那, 同様兄弟同志で夫婦, 同様先ず第一, 同様先覚者も決して, 同様全欧的の題目, 同様全然愛の, 同様全身にみなぎる, 同様八十に手, 同様けの苦情, 同様公平に見, 同様六時七時に使, 同様其の中に, 同様具体的に考える, 同様内大臣の長男柏木, 同様内部に文化部, 同様円本出版屋の洋紙スリ潰し, 同様再び坂田の, 同様凡そ役者の, 同様凸凹だらけのもの, 同様出京して, 同様出入り自由だ, 同様出兵をうながし, 同様分析不可能な場所, 同様判らないね, 同様の部民, 同様利き目の, 同様剥がしてまだ, 同様割合に強い, 同様力強く櫓を, 同様努力すれば, 同様勇ましき働きを, 同様勇んで困難, 同様勢力を及ぼしまし, 同様化石したよう, 同様北海道熱の烈しい, 同様北門の方, 同様十五世紀から始, 同様十本が十本皆, 同様千子院作の槍, 同様男女物と, 同様卑劣めいた咄, 同様卒業するまで, 同様南シナ海になげこまれ, 同様南国風景の一, 同様南鮮沿海に鉄条網, 同様単なる直観主義でも, 同様危く匪賊の襲撃, 同様危ぶみ怕れ, 同様危険千万である, 同様即ち遊山旅と, 同様即刻武力をもつ, 同様即死いたしました, 同様に上る, 同様厳正では, 同様友田とも可, 同様友達同様のよう, 同様取り崩して桑畠, 同様取次を務める, 同様口さへ濡らさせ, 同様口外はいたしません, 同様小屋一つ御座候此分人数四五人計も, 同様古くさいその体臭, 同様古風な身なり, 同様可成の年齢, 同様可笑しい程主従, 同様候補者の, 同様各種の鎮魂行儀, 同様同形同色でしたから, 同様も知れぬ, 同様名人気質と称し, 同様吟味中に牢死, 同様なそれ以上, 同様否あるいは藤枝以上に, 同様吶々と小説, 同様味気ない一夜, 同様呼吸して, 同様問題に就き, 同様啻に露西亜一国の, 同様善人呼ばわりのオッペルト紀行, 同様喫茶場に充て, 同様嘶声を採っ, 同様四次元の生物, 同様の政治, 同様国々の豪族, 同様国民性というもの, 同様国粋的なもの, 同様土地の守護神, 同様基礎薄弱どころか寧ろ, 同様堕落して, 同様場末でございますから, 同様が広く, 同様の中, 同様を低め, 同様売り切れたようである, 同様売買自在に御座, 同様壻養子して, 同様変化自在でその, 同様変遷したもの, 同様へ出, 同様外出にも連れ歩く, 同様外国人の教授達, 同様外見だけは如何にも, 同様多く狩野であった, 同様多数の新しい, 同様夜業ばかりする, 同様の告げ, 同様劇場主義の, 同様大きな硝子壜だの, 同様大分待ち遠い思い, 同様大手を振っ, 同様大雄宝殿其他の建物, 同様天鵞絨か毛皮, 同様太刀打ちの音, 同様太子殿下の奨学金, 同様太陽といっしょ, 同様失恋になっ, 同様奇病にかかっ, 同様女中も書生, 同様女性語としてはう, 同様婬乱なれば, 同様嬉しがられて, 同様を尽くしくれる, 同様も理想, 同様学校へ行かず, 同様宗任をかわいがっ, 同様官地を拝借, 同様に迷っ, 同様定期支出の一部, 同様実に運命的であり, 同様室堂の東側, 同様害虫を下したまうべし, 同様宵っぱりで朝寝坊, 同様におる, 同様家持の歌, 同様家来も連れず, 同様容赦をしない, 同様宿にのみ引籠, 同様宿根草である, 同様寂しい気持と, 同様寄宿舎に来, 同様寄席へ出, 同様審査などなく, 同様の墓場, 同様将監を待つ, 同様小さい針を, 同様小作人たちのこうした, 同様小児よりも無邪気, 同様小口をきざみ, 同様を垂れた, 同様屈しない激しい生れつき, 同様屋敷を脱, 同様を蔽, 同様屍体の後始末, 同様履行は昭和二十九年, 同様の温泉, 同様山原を六里, 同様岩波氏にし, 同様が沢山, 同様に追, 同様巧みに日本語, 同様の多勢, 同様を再び, 同様帝国候補生隊へ進まるべき, 同様帰った後つづい, 同様常に実際生活に, 同様常識でありその, 同様幕臣になっ, 同様平凡な道, 同様平家の天下, 同様平然としてそして, 同様平静な態度, 同様でない運命, 同様幸福であったと, 同様幼時から大きな, 同様幾らか此処で, 同様幾幅かの風景, 同様幾度も公, 同様広い庭先は, 同様引き移って, 同様弥勒仏の名, 同様当日より路頭, 同様形式を伝へ, 同様を浸し, 同様役目がなかなか, 同様彼女たちも積極的, 同様彼自身にはどう, 同様往々俳句という, 同様には口碑, 同様後列であるから, 同様徐ろに吐き出した, 同様得意で幸福, 同様御所方ニ召サレ候ヘバ下民ノ娘ニテハ不都合ユヘ, 同様禄なお, 同様も意気地, 同様心臓弁膜症に因る, 同様必要ですが, 同様忘れ難いもの, 同様思わぬところで, 同様には解せぬ, 同様恐ろしくもなけれ, 同様悉く生活の, 同様悩みと苦熱, 同様悲歎にたえぬ, 同様情け知らずの人非人, 同様惜しきものに, 同様意味なく気の毒, 同様意気地のない, 同様愛することも, 同様感傷癖に囚, 同様慰み半分に発明, 同様にもてなされた, 同様我々のに比べ, 同様我が日本人の, 同様或いはそれ以下に, 同様或はそれ以上に, 同様戦争のいろいろ, 同様手がかりとなるべき, 同様手掴みで食べ, 同様手蹟が巧, 同様開けた, 同様扶余族と称せられ, 同様むことが, 同様り出し, 同様抽象的である, 同様捕物怪異談は怪異談, 同様掛け替えの無い, 同様損失のみ多けれ, 同様改めて聞くにも, 同様敏感であるが, 同様敗戦後の悲しい, 同様へきれない, 同様整形外科的処置以外に有効, 同様敵中に捨て去る, 同様文字の素養, 同様文学も亦, 同様文学者の書斎, 同様文筆に従, 同様文芸講座に掲載, 同様文芸部にも興味, 同様に突進, 同様断乎たる結論, 同様新しい時代精神の, 同様新たに商売, 同様新人ですが, 同様新宅に運搬, 同様のこと, 同様旅人が帰京途上, 同様旅僧が小判, 同様旅客の中, 同様の御子, 同様日夜蚕が桑, 同様日常常識として結構, 同様日本国中を行脚, 同様日本歌の伝統, 同様日本紙綴じの分冊, 同様早くから何事をも, 同様明々白々の事実, 同様春夏秋冬緑葉青々たる一, 同様春風が吹き出せ, 同様昭和六七年頃からい, 同様なのに, 同様昼食を辞退, 同様時おりかれら, 同様時代の文学態度, 同様時季に適っ, 同様普通人と少し, 同様景色そのままを, 同様暗黒でイキナリ頭, 同様暦法も亦, 同様暫らくも休む, 同様曖昧に終っ, 同様曲馬団の性質, 同様更に真贋の, 同様書物好きとみえ, 同様書面の典拠, 同様木戸かぎりとなっ, 同様未だ曾て, 同様未来に於, 同様未知の男, 同様未練もなけれ, 同様末期の望み, 同様本人の生活, 同様本国におけるよりもむしろ, 同様来会者の少ない, 同様東京名物中の名物, 同様板の間まで上っ, 同様枚挙に遑, 同様も亦, 同様校友会の総務, 同様根所たる豪族, 同様根本に於, 同様根本問題である, 同様根生である, 同様格別ぜいたくらしい, 同様の花, 同様桜海老である, 同様じゃ, 同様棍脚に乗っ, 同様にかけ, 同様植木屋の興行, 同様検事は被疑者, 同様検非違使の牢, 同様に暮す, 同様概して雪崩を, 同様構想力に属する, 同様槍術の大, 同様横向き仰向きその他, 同様横浜へ落ち, 同様機密だから, 同様機械的なよく, 同様欄干からぼんやり, 同様欠くべからざるものと, 同様歌調が明朗, 同様止むを得ない, 同様正体を曝露, 同様正月に来たらしい, 同様此偶神を対象, 同様武門の子, 同様歩んでお出で, 同様がない, 同様死ぬまでは離れる, 同様んど, 同様殆ど批判的な眼, 同様残る米吉は, 同様残忍でもあれ, 同様殺してしまう, 同様殻其他の容れ, 同様は恐ろしい, 同様毎年給料つきの二週間, 同様毛沼博士の事, 同様民主的であつ, 同様気ままに諸国, 同様気味の悪い, 同様気持よくお辞儀, 同様水上渡御の舟, 同様水洗便所の件, 同様汚い所へでも, 同様の脛, 同様江島屋の主人, 同様江戸には殆ど, 同様決して特別心に, 同様決まっている, 同様沈黙主義の彼女, 同様沙汰下さる可, 同様沼気すなわちメセイン, 同様泥まみれの老若, 同様注目に価する, 同様洋式建築のもあります, 同様洗い浄めた農具類, 同様流動的で強い, 同様浅草の外, 同様海道に面し, 同様深刻勤勉面白をかしく, 同様清い水に, 同様清三も左利, 同様清太郎にも下町式, 同様湯屋の亭主, 同様をし, 同様漂流者の一人, 同様漠然とした左翼的態度, 同様漢文を欠い, 同様漸次普通人と, 同様潰しの利かぬ, 同様澄しかへつた一点頭, 同様無一物の乞食みたい, 同様無念流だ江戸, 同様無慙にも顔面, 同様無邪気で単に, 同様きつくやう, 同様焼け出されの者, 同様煙草でも贅沢品, 同様が短き, 同様熱心にそれ, 同様は既に, 同様牧羊犬なの, 同様を言わぬ, 同様物置ナル所ヘ一時, 同様物見遊山に過し, 同様特に規律とか, 同様犠牲のある, 同様犯しであつ, 同様独立の人格, 同様独身者の晩酌, 同様独逸語をも自由, 同様獄門台に目, 同様を讒する, 同様獣中最も愚, 同様率直であけすけ, 同様玉子を沢山, 同様珠算というもの, 同様現代日本の社会, 同様甚だ相済まざる, 同様の問題, 同様生命の危険, 同様生殖と排穢, 同様用いるものが, 同様用意して, 同様田植の人々, 同様も女, 同様男女俳優舞踊家をマネキン, 同様町名主や親方, 同様異常の蛇, 同様疑わしいと御, 同様病気と死ぬ, 同様痩土に成長, 同様のところ, 同様にさわらざる, 同様白樺と落葉松, 同様白眼を向け, 同様白雲も更に, 同様百姓女房そのままな, 同様百姓家には不釣合, 同様百年に一人, 同様皆僕と一緒, 同様盛んに見る, 同様監獄の前, 同様目上としての待遇, 同様真直ぐに延びはだかった, 同様眠らされてしまっ, 同様眠れぬのか, 同様も見えね, 同様知る人は, 同様短き二足のみ, 同様研究ノート第九冊, 同様確かに何物, 同様社会組織の如何, 同様祝着にたえぬ, 同様の矢, 同様神秘に感じた, 同様は建てられなく, 同様禁慾してるという, 同様の義, 同様秀吉もまた, 同様私たちが黙っ, 同様私どもの生活, 同様私共もすっかり, 同様科学的知識に於い, 同様程度に近い, 同様穢れたものとして, 同様に髪, 同様竹棒渡りをいたします, 同様筑前の歯, 同様答えもしない, 同様簡単に登れる, 同様簡単明瞭でさ, 同様米友の耳, 同様粗末ながら服装, 同様精神的畸形はこれ, 同様は売買, 同様紅葉するが, 同様納屋式で非, 同様に鉛筆, 同様素通りして, 同様細い煙を, 同様紳士ですよ, 同様の股引, 同様終身間者牢の住人, 同様組唄組織をとる, 同様組織部長をやった, 同様経済のバロメーター, 同様結局その, 同様を描く, 同様絶対に服従, 同様絶版と来, 同様綺麗ごとにすん, 同様総領以下の次, 同様の太い, 同様締りのない, 同様のない, 同様に書かれる, 同様繊細で才能, 同様羨望に堪えない, 同様がこの, 同様聞き流しにし, 同様は何, 同様肝臓を診よ, 同様を病ん, 同様胎児が如何, 同様腐敗に帰, 同様を立てる, 同様腹の中がきれい, 同様自家経営で数百頭, 同様自然その儘, 同様自然伏見は京大阪, 同様興味を以て読み, 同様舞台の写実化, 同様色々な自分, 同様芝舞台であつ, 同様若しくはそれ以上であり, 同様茫漠とした, 同様が生え, 同様草臥れていた, 同様荒れるに任せ, 同様荒寥んだ義, 同様萄領の澳門, 同様落胆したらしい素, 同様葉子も格好, 同様るしく奇蹟的, 同様の制度, 同様しまねば, 同様虚偽の上, 同様螺旋状で進行, 同様血相を変, 同様が染まらない, 同様衣服は裂け, 同様表向の披露, 同様成下候旨大目付海塩忠左衛門殿御談被, 同様被害者の一人, 同様裁判の上衆民, 同様裁判官や警官, 同様見つけ次第成敗する, 同様見るかげも, 同様見出されてそれ, 同様視せられる程にな, 同様覚られぬよう致す, 同様親しく往来致居る, 同様親しゅう交わって, 同様親子の関係, 同様親父もあんた, 同様言葉や物, 同様設計者クロード・ディグスビイが残した, 同様のつぎ, 同様語頭に来, 同様説明役の義, 同様読書にも勇気, 同様地方産商業家を, 同様豊富に産出, 同様豊臣の恩顧, 同様貧乏で些か, 同様責めてやる, 同様貴殿を相手, 同様賃仕事を分け, 同様資本家が巨万, 同様資本王国の建設, 同様賦課せしめら, 同様趣味のある, 同様距離の測量, 同様身ひとつ引っさげて, 同様軍隊の規律, 同様輝元公をさし措い, 同様農産の義, 同様近いうちに, 同様近代主義の一つ, 同様迷信上のマジナイ, 同様追っても怒鳴っ, 同様逃げてしまわない, 同様遊戯の分子, 同様に頼る, 同様過去のいきさつ, 同様達磨のやう, 同様遠からず平々凡々, 同様遠慮なく御使用, 同様避けることは, 同様酒場の些事, 同様重大な関心事, 同様重罪でしたよ, 同様野良犬だ, 同様槍の, 同様長々と出し遅れた, 同様長いこと崇敬を, 同様長くなって, 同様長しなへに空, 同様長居するの, 同様閑山はぐう, 同様閑暇が必要, 同様陰鬱だった, 同様隠岐本の中, 同様集中傑作の一つ, 同様ひつけ, 同様を争う, 同様雌牛を買う, 同様霊異な事, 同様青衣の神, 同様非常に乱雑, 同様非常識であっても, 同様面倒極まるもの, 同様頭陀行の出来る, 同様風説ばかりで, 同様食事に出, 同様につい, 同様首都漢城を陥れた, 同様馬鹿でもチョン, 同様駄馬が数頭, 同様の背, 同様驚かされるね, 同様骨張ったいけないものも, 同様高い処から, 同様髯籠だけで, 同様を殺す, 同様のため, 同様を怖, 同様黙って仕事