青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同僚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合理~ 吉~ 吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~
同僚~
同士~ 同志~ ~同情 同情~ ~同意 ~同時に 同時に~ ~同様 同様~ 同盟~

「同僚~」 1147, 12ppm, 8862位

▼ 同僚~ (337, 29.4%)

5 一人が, 顔を 4 一人に 3 中でも, 名を, 手に, 話に, 誰彼が

2 [17件] 一人は, 一人を, 三人の, 中にも, 仕事に, 友人の, 口から, 噂でも, 奧樣がたの, 家へ, 者が, 者は, 誰一人敢て, 誼み, 間で, 間にも, 院長アンドレイエヒミチを

1 [274件] あのあばた, あばたの, あるもの, いづれか, うしろへ, うちから, うちでは, おくれを, お先棒を, かおを, ことだ, それを, そんな失態, ところへ, ところを, なかでも, なにがし君です, ねしずまるを, ねたみ根性, ひけたあと, ひとりが, ひとりに, ふたりにたいして, ほうへ, もう一人, もので, やって, やつが, ように, よしみも, シェシコーフスキイの, ドイツ人ユンケル氏から, ビング嬢と, ヘンリー・ジーキル博士の, 一人から, 一人で, 一人である, 一人と, 一人の, 一人二人と, 一人手を, 一人松本博士などからも, 一人醒まさん, 一團ひとしく, 一少尉は, 一群を, 一部に, 一隊は, 三四人が, 三四人とともに, 上泉君とも, 上田教授と, 下士たちの, 不慮の, 中には, 中傷に, 中村の, 丹波丹六に, 事など, 二三と共に, 二三の, 二三名が, 二人へ, 二人まで, 交際にも, 人々も, 人から, 人たちをも, 人を, 仕事を, 仕打ちも, 他の, 仲だ, 住みあらしたあと, 作物まで, 侍たちに, 保姆タミノが, 側に, 側へ, 傍に, 傍へ, 備前藩士から, 先生が, 先輩たる, 先頭に, 冷笑を, 刑事が, 刑事に, 刑事達が, 利己的観念から, 前で, 前では, 前に, 前へ, 劔により, 加藤福島を, 助けを, 危急見る, 原野が, 友達は, 取りなしで, 同心たちは, 名誉なり, 命を, 問題と, 噂であった, 噂咄は, 噂話であろう, 国へ, 城彈三郎に, 執務する, 場合です, 士, 士官たちは, 多くは, 大部分, 太っ腹に, 夫人たちの, 夫人連と, 奥様がたの, 女たちに, 女たちの, 女の子であるだろう, 女事務員二人, 如く人力車夫, 妻君たちが, 姿を, 娘たちに, 娘たちは, 嫉みに, 嫌忌懼るべし, 学風の, 宋果は, 家に, 家を, 家庭を, 密行警官や, 将も, 小さな部屋, 小林勘蔵と, 居る所, 岡さんから, 岡さんに, 島田左京が, 幕将たちに, 年若い, 幸子が, 幾人かが, 庭や, 張済は, 影が, 彼を, 後を, 忠死を, 悪戯が, 意見を, 愛情を, 所へ, 手あつい介抱, 手で, 手を, 手前役目として, 手紙を, 探偵吏に, 探偵小説作家などは, 接待役一人として, 政治談も, 教師たちが, 教師の, 教授連とも, 敵, 敵お, 方へ, 日々勤務する, 明子も, 昔の, 書状が, 月給支払請求にも, 杉田と, 某何心, 森山榮之, 榊博士が, 横顔を, 橋本訓導の, 橋本訓導は, 武者を, 歴史科の, 死と, 死骸を, 気持を, 氣受を, 永田と共に, 河田嗣郎君が, 波越八弥に, 注意を, 片桐助作が, 物理学者で, 物笑いと, 田村先生に, 男の, 男先生は, 疑惑を, 目を, 眼には, 矢留瀬苗子その, 矢野博士が, 知人の, 立場から, 第四斥候隊, 筋を, 策謀に, 細君が, 細君の, 細君同士に, 細君同士の, 紹介, 羨望の, 老理学士, 者など, 者に, 者にも, 者を, 肩を, 背中を, 芸者は, 若い教員たち, 若い教師たち, 蒲地某という, 裏書が, 西園寺という, 親切な, 言い草では, 言行に対して, 記念に, 記者が, 評判から, 詰所の, 話を, 語を, 誰も, 誰もが, 誰彼など, 誰彼に, 誰彼によって, 諸將, 講義を, 財布が, 足を, 足元に, 遺児の, 間でも, 間に, 間には, 関さんに, 関さんや, 閣臣も, 隊伍の, 雑賀丹治が, 青年将校の, 静代の, 非を, 面に, 面前に, 頼春は, 顏が, 顏を, 顔が, 顔も, 顔や, 首を, 駆込むの, 高木とか, 魏続, 黒田が

▼ 同僚~ (92, 8.0%)

4 向って 2 あとを, して, 對し, 捲込まれて

1 [80件] あて, すぎないの, そう話しかけた, たずねた, だつて, だまされぬだけに, つかまって, つきそわれて, とりまかれてを, なぐさめられて, なにかふた, なるべき人々, なる人々, むけのばす, もらしたと, もらした言, 一個一銭宛で, 一泡吹かす, 一笑され, 一言半句物言ひかける, 一足おくれ, 不平が, 交わろうと, 代って, 会った, 出した, 労られ, 化けた悪魔, 博士が, 参軍の, 及ぼす感情, 口授し, 叫べある, 合す顔, 合わせる顔, 向いて, 向っても, 呼びかけた, 囁いた談片, 妻の, 嫉妬しなかった, 宗易を, 對する, 少からぬ, 忠告され, 手や, 挨拶を, 敵心を, 渡し了, 無心され, 無心された, 無理矢理誘われ, 理学士が, 知れたら何, 知れて, 確めて, 礼を, 羽翼の, 聞いたり, 聞かせて, 見せたの, 見て, 見られるの, 親に, 訊ねた, 話しかけた, 話したし, 話したそう, 話したの, 認められて, 誰か, 諮れり同僚みな否, 逢坂といふ, 金を, 雲石不, 頼むつもり, 頼んで, 顔を, 馬鹿に, 鬱憤まじり

▼ 同僚~ (88, 7.7%)

2 支那官吏の, 訪ねて

1 [84件] あいづちをうった, あったので, あつて, あやしんで, あります, いくらも, お客に, この間英吉利から, すでにこの, すべて虚偽と, そこに, とりどりに, どうした, まぜかえした, やってきたとき, やはりこの, ゐる筈, バイスケ一杯満たす, 三名いる, 主家の, 二人ふえた, 二人三人と, 云う, 互いの, 亜米利加から, 代る代る慰め, 仲間の, 例によって, 先夜上野の, 出て, 刀を, 又かと, 君どう, 君は, 告げて, 噴きだした, 四人あ, 大ぜ, 妻を, 官物を, 小声で, 居住区で, 帰ってから, 帰ると, 座に, 彼の, 彼れ, 彼女に, 彼方から, 心配を, 恐ろしくなる, 憐れんで, 手伝いに, 斬られたという, 方々から, 映画スタアに, 来ると, 次第に出, 殺害された, 気が, 町工場の, 病気で, 皆それぞれ獲物を, 皆厭に, 相集まっ, 知らん顔を, 等しくそれ, 答えると, 絶望に, 聞いた, 聞くと, 肘で, 腹を, 自働人形, 西洋の, 見かねて, 計画した, 訊く, 警笛を, 車寄せから, 退出した, 食堂へ, 首を, 黙つて

▼ 同僚たち~ (85, 7.4%)

3 は彼 2 に言いふらした, のこと, の嘲笑

1 [76件] からある, からこの, からすっかり, からは除外, から受けた, から生来, がうらやんだ, がそう, が先ず, が咎め, が心配, が折カバン, が暗に, が色, が色恋, が順吉, くちさがない連中, だった, とは直ちに, と語らっ, と骨牌, にいいふらした, にくばっ, に交っ, に好ん, に存外, に客, に揶揄われ, に比べ, に見られる, に訊い, の, のうち, のこらず見送り, のにぎやか, のひそひそ話, の世間ばなし, の仲間, の勇気機敏, の大勢, の有様, の目, の眼, の薦めであった, の迷信, の面前, の顔, はこの, はすっかり, はなんだか, はまち, はみんな, はわいわい, はデスク, は何, は固い, は本, は町, は皆, は祝っ, は突然, は腹, へ過敏, もある, もさ, もみんな, も何, も全然, も声, も心配, も思わず笑った, も男尊, や婆, や親戚, を胸, 特に同性

▼ 同僚~ (65, 5.7%)

3 訪問する 2 誘って, 顧みて

1 [58件] あとに, うつして, お忘, かたき役, しのぐだけの, つくるを, ひねつた, 一々それ, 二人まで, 二人呼ん, 介抱した, 代表し, 伴って, 傷つけた, 傷つけたの, 先に, 出し抜き度, 出し抜こうと, 刺戟しよう, 勵まし, 勵まして, 含む多数, 呼びその, 埋むべ, 失わなくては, 婿にでも, 守ったり, 寿せ, 庇うよう, 彼は, 思ひで, 振り返って, 探しだして, 擲れ, 敢えて麾下, 斬った理由, 来させた事, 殺し偵察機一台, 殺害し, 犬だの, 瞞着する, 立たせて, 薦めるやう, 見返りながら, 訪うよりも, 訪ねて, 誘った, 説きつけようと, 諫め勵ます, 警めつ, 起こし分署, 迎えるに, 追い抜いて, 追っ馳, 除いては, 集め四人, 頤使し, 麻睡薬を

▼ 同僚~ (58, 5.1%)

2 これを, 彼の, 皆彼の

1 [52件] あわてた, いいました, いつも馬鹿, こんな風, しきりに秘伝, その貪慾, なにかに, ますます得意, みな去り, みな教育が, みんな官途について, もうとっくに書類, もう少しで, 一人のこらず出払っ, 一口に, 一層の, 一時に, 体操教師の, 依然としてその, 八十九人でありました, 凱旋の, 前から, 可成り, 哀悼いたく, 多くは, 大隅君の, 小形の, 工場長の, 弁護し, 強く緊張, 役所の, 心配と, 急に, 我々どもを, 戦死し, 手を, 措き其の, 昨日小生が, 時めきて, 未亡人常子に, 村の, 森ちゃんと, 無駄に, 町に, 眼鏡を, 矢崎の, 立川に, 訊ねられた, 講壇で, 非番である, 鶴鶴と, 鼓菊庵桑田恒三である

▼ 同僚~ (54, 4.7%)

4 一しょに, 一緒に 2 何か, 喧嘩は, 称して

1 [40件] いえば, いまわしい関係, して, なった, なりました, なるべき人々, ぶらぶら歩き, ナンテルの, ホウゴウ社に, 一しよ, 一諸に, 三人で, 三人の, 上陸し, 云う言, 云ふ, 交際が, 人種と, 共通の, 出京, 別れて, 友人その, 園子も, 地位を, 安バー, 将校集会所で, 思ふ以外, 手分けし, 政友会本部に, 爭ふ, 立話を, 縄飛びを, 繩飛びをしていたのを気違い達が, 自分が, 話して, 話を, 諍いを, 議論を, 電車停留場まで, 飯を

▼ 同僚~ (23, 2.0%)

2 あるが

1 [21件] ある, あるん, いたが, おおかた帰っ, それに, ゐたり, 一人や, 一斉に, 亦それ, 今後の, 信じ合えずあの, 多く後, 意見を, 懐古園の, 押して, 清三の, 漁師も, 皆戦死, 見えたので, 集って, 風邪に

▼ 同僚~ (22, 1.9%)

4 あつた

1 [18件] そのウ, その後久三は, 一人原爆の, 三沢を, 同じ接伴役, 夏目って, 有ッ, 極く近しい, 次右衛門, 殊に同郷人, 深水の, 漱石氏の, 然も, 第二楽長, 職員を, 連歌の, 遠い親類, 鉄道の

▼ 同僚~ (15, 1.3%)

1 [15件] からの香奠, がやっかん, が坐っ, にもつつけん, に安, に恐れられはじめた, に愛される, のあ, の嘲笑, の村高, の酒宴, は嘲笑った, は柴田環, は順繰り, を笑

▼ 同僚から~ (14, 1.2%)

1 [14件] あいては, 一円二円と, 口輪を, 大笑, 手紙で, 押しつけられて, 縁談を, 聞いたこの, 英雄視される, 親切な, 軽んぜられて, 軽蔑され, 邪魔に, 金を

▼ 同僚~ (13, 1.1%)

2 後輩の, 部下の 1 上役の, 先輩が, 先輩たちよりも, 先輩長上に対して, 朋輩七八人の, 県庁時代の, 自分の, 近隣の, 高弟の

▼ 同僚~ (11, 1.0%)

3 というもの 1 というとき, というよう, という文字, とその, と更に, において友人, をもてる, 即ち友情

▼ 同僚たる~ (9, 0.8%)

2 文武教官各位の 1 ギュイヨオ君であります, 一等船匠兵アイグナウ・ロトラァは, 井上伯は, 元シャッガァ号乗組軍医長, 凡人に対して, 大学の, 教員一家が

▼ 同僚だった~ (9, 0.8%)

2 方の 1 がこれ, し手塚さん, のでドッ, ので知っ, 潮見博士は, 私の, 鞘取

▼ 同僚とは~ (9, 0.8%)

2 まるで打解けた 1 いうものの, ずいぶん違っ, ちがうが, 折合はず生徒とは, 折合わず生徒, 申せ今, 行く

▼ 同僚にも~ (9, 0.8%)

1 いわゆる鵜, お殿様, 一の, 信用が, 分けもちろん, 告げ知らせずそれ, 放言し, 散歩する, 格別異状などは

▼ 同僚~ (9, 0.8%)

1 では, でもこんな, でも漢学, で一番廣, で結核, で詩, には日露戰役後三年, に一人宗匠格, に直

▼ 同僚である~ (7, 0.6%)

1 かのよう, から互に, ジーキル博士の, 古市署長が, 吉村君と, 弥吉に, 菊池大麓博士に

▼ 同僚として~ (7, 0.6%)

1 二人は, 彼の, 彼女を, 愛して, 知り合って, 結び合わせ, 顔を

▼ 同僚との~ (7, 0.6%)

1 いきさつによるばかり, つきあ, 不和や, 交際に, 忘年会で, 折合も, 話も

▼ 同僚には~ (7, 0.6%)

1 二重三重の, 嫉妬された, 嫌われ官僚, 手短かに, 木村半, 武者を, 豪傑も

▼ 同僚という~ (6, 0.5%)

2 ものは 1 ものが, ものを, わけでなく, 丸く肥えた

▼ 同僚であっ~ (5, 0.4%)

1 て児供, て叔姪同様, て古い, て小学時代, て現在

▼ 同僚二人~ (5, 0.4%)

1 は左右, もその, をいわれなく討ち果たしました, を決闘, を討たれた

▼ 同僚とともに~ (4, 0.3%)

1 寒そう, 教区の, 署の, 衣川の

▼ 同僚と共に~ (4, 0.3%)

1 七階建ての, 宇佐から, 座中の, 木曾川へ

▼ 同僚ども~ (4, 0.3%)

1 のいる, の居る, の手前, を一夕招

▼ 同僚らしい~ (4, 0.3%)

1 あとの, のが, 同じく若い, 男と

▼ 同僚弁護士~ (4, 0.3%)

1 に命じ, のストライヴァー氏, の名, の風采

▼ 同僚であり~ (3, 0.3%)

1 友人でも, 同時に競争相手, 当代の

▼ 同僚でも~ (3, 0.3%)

1 あった辺, なければ, 長屋氏は

▼ 同僚とも~ (3, 0.3%)

1 そんなに往復, よく人, 一緒に

▼ 同僚に対して~ (3, 0.3%)

1 さえそう, 合わせる顔, 気恥かしい

▼ 同僚~ (3, 0.3%)

1 からもすっかり, のうち, はくだらない

▼ 同僚および~ (2, 0.2%)

1 幼児を, 彼の

▼ 同僚~ (2, 0.2%)

1 ア, 上役の

▼ 同僚であった~ (2, 0.2%)

1 ことが, ばかりでなく

▼ 同僚です~ (2, 0.2%)

2

▼ 同僚とが~ (2, 0.2%)

1 ライバルに, 山の

▼ 同僚などから~ (2, 0.2%)

1 何時式を, 殆ど毎日

▼ 同僚ばかり~ (2, 0.2%)

1 で十四, で皆見知り越し

▼ 同僚友人~ (2, 0.2%)

1 が潔から, との間

▼ 同僚小林勘蔵~ (2, 0.2%)

1 だけである, とていさぎよく

▼ 同僚~ (2, 0.2%)

1 の嫉妬, の彼

▼ 同僚関係~ (2, 0.2%)

1 だけにこの, にあり

▼1* [124件]

同僚あばたの敬四郎, 同僚いくたりかを土地, 同僚おしなべて年始に, 同僚かつぎこまれる負傷者の, 同僚からの紹介を, 同僚からはいろいろな, 同僚からも呆れられる程, 同僚この籤を, 同僚すら余計な, 同僚そのほかあなたと, 同僚たりし人々, 同僚だけであれば, 同僚だけで簡単な, 同僚だの生徒だ, 同僚であり離れてゐ, 同僚でしてね, 同僚でなくとも痩公卿, 同僚では今小林徳三郎が, 同僚とかを探しだして, 同僚としか映らず同僚, 同僚としてとはいっても, 同僚としての嫉妬人種としての, 同僚とに出會, 同僚とをくらべて, 同僚のだ, 同僚など犬千代に, 同僚などがお出, 同僚などというのは, 同僚などとも刃傷沙汰を, 同僚などもこそこそやってる, 同僚なみに近ごろ, 同僚なりしこと直ちに, 同僚にすら一語も, 同僚につきいろいろ承り, 同僚にまで食つても, 同僚のでも借りられれば, 同僚はじめ他の役, 同僚はじめ風雅の友, 同僚へは僅か一カ月, 同僚なかに, 同僚または生徒との, 同僚までに一種の, 同僚みな否とせり, 同僚もなんぞと言えば, 同僚やら知人やらは, 同僚汝らの, 同僚らしくさえある, 同僚アルゴスの將帥, 同僚ウェスネル・アントンが涙, 同僚トレス・マックリィディの二人, 同僚ヘデン警部だった, 同僚メンデンホール教授はこの, 同僚リコルヅ少佐の, 同僚同苦笑, 同僚一同へあて, 同僚一同当地市民の会葬, 同僚七八名と手伝い, 同僚三浦博士から借, 同僚上下の愛情, 同僚上役友人方を招い, 同僚下僚から蔑み, 同僚並びに後輩の, 同僚中坂昌功は壽, 同僚中私の従弟, 同僚互いに相助ける, 同僚五名に直ちに, 同僚井沢判事と決闘, 同僚交際であった者, 同僚ともに, 同僚作家を軽視, 同僚全部に弊害, 同僚即ち看護人の, 同僚及び親愛に, 同僚友人先輩保護者上役いろいろ有りうる, 同僚友人愛人にし, 同僚四人は連れ立つ, 同僚堀達之助は蕃書取調所教授, 同僚士官及び兵, 同僚大久保忠成が大きな, 同僚安井氏の記し, 同僚山井博士牟多口氏等の人びと, 同僚巡査一人とは本署, 同僚巡査一名と共に都合三名, 同僚彼此の猜疑, 同僚後輩のため, 同僚後進を励まし, 同僚恋愛と結婚, 同僚患者すべての人, 同僚或は上役との, 同僚教授に聞い, 同僚教授がたの中, 同僚数人と夜, 同僚数名と連句, 同僚の尊大, 同僚時代のこと, 同僚木村は怒り心頭, 同僚松本愛重博士などと一緒, 同僚に向っ, 同僚横井源太郎の死, 同僚殺人の嫌疑, 同僚殺害のあらぬ, 同僚水野忠成君寵を得, 同僚清盛の大きな, 同僚渡辺鶴洲は本, 同僚無言で新聞, 同僚現象として生じ, 同僚甲斐だけにあいつ, 同僚すでに集まり, 同僚知人と共に熊本, 同僚知友のあいだ, 同僚も一杯, 同僚花形たちはこの, 同僚裁判が開かれた, 同僚親友の手塚東条両人, 同僚諸子僕の為, 同僚諸氏に對, 同僚議員の反応, 同僚連署ということ, 同僚長槍を手中, 同僚阿部伊勢守は涙眼以, 同僚飜訳方で小石川, 同僚をひねっ, 同僚高橋の擧動, 同僚高橋安二郎君がこのごろ病気