青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「友~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~又 又~ 又は~ ~及ばない 及び~ ~及ぶ 及ぶ~ ~及ん 及ん~ ~友
友~
~友だち 友だち~ ~友人 友人~ 友情~ ~友達 友達~ 双方~ ~反し 反し~

「友~」 9901, 102ppm, 1058位

▼ 友~ (1740, 17.6%)

19 眼を 16 それを 9 お君, 我を 8 こう言っ 7 ここで, 何か, 自分の 6 舌打ちを 5 例の, 槍を, 猿の, 私の, 足を 4 この時, これを, そこに, その時, 非常に

3 [30件] ここに, これらの, そこへ, そのあと, それに, そんなこと, たった一人, よいかな, よく知っ, 一合の, 久しぶりで, 人を, 伊勢の, 小田原提灯を, 峠の, 彼を, 急に, 手を, 提灯を, 歯噛みを, 相変らず, 眼の, 私を, 立ち上って, 笑ひ, 米友としての, 腕を, 自分が, 言葉を, 道庵先生の

2 [111件] ありがたいかな, いう, いよいよ変, お角, がんりきの, こう言い, ここへ, このこと, この男, この騒ぎ, これより, ぜひなく, そこを, そのいずれ, そのままで, その下駄, その人, その声, その大, その手, その槍, その石, それから, なお返事, なつかしけれど, なにも, なるほどと, ぶくぶくに, またぼんやり, ハッと, ホッと, 一旦は, 一葉の, 不思議な, 九尺柄の, 予が, 云った, 云ふ, 今日も, 今更の, 他の, 代々木の, 会所の, 例によって, 俺を, 僕に, 冷笑し, 出るわけ, 勃然として, 友を, 口の, 古びたる鞄, 右の, 君は, 壁の, 大戸の, 家の, 少しも, 居眠りを, 左手の, 帰って, 常に戒めつ, 御飯を, 心得て, 思いました, 怪訝な, 我に, 手に, 持って, 教えられた通り, 日本に, 早くも, 昔から, 昨晩の, 暗澹たる, 最初から, 朝から, 杖を, 杖槍を, 橋の, 死んだ, 炉の, 無言で, 無雑作, 焦れて, 熊を, 百日紅の, 直ぐに, 知識の, 確かに, 禿げた頭, 立って, 童顔, 答えた, 米友として, 縁の, 縄を, 胸を, 腹も, 自分で, 自分は, 自分より, 苦笑いし, 蒲団の, 身に, 道庵に, 道庵の, 野末の, 闇の, 頭を, 頻りに隠栖

1 [1295件 抜粋] あえて驚かない, あとをも, あまり大勢, あらずかや, ありがたい銭, あわて気味, いかにつとめ, いくらか, いっこう平気, いっしょに, いったん左, いつに, いまさらの, いま持っ, いま細君の, いよいよいや, いよいよ不審, うなずいて, おかしいと, おもむろに馬, お松の, お絹, かえってそれ, かなしみて, かなり無遠慮, きまりが, けたたましく叫びました, こういっ, こうして家, こうして油汗, こう言いました, ここだ, ここまで, こちらの, このごろ中毎晩の, この二里八町, この哀哭, この家, この時分, この無作法, この真黒い, この見世物小屋, この頃, これから隠, これも, ごまかして, さいぜん木材, さすがに, さも情, しきりにでえだらぼっ, しきりに感歎, しっかりと, じっとながめ, じっと眺め, じりじりと, すかさず突っ, すっかりのぼせあがっ, すでに出発, すべて各自の, せいせい言っ, せせら笑いながら, そうでなく, そう言っ, そう言われる, そこから, そこで円い, そこで巧み, そこまでは, そこらを, そっと窓, そのところ, そのまま橋, その二声目, その傘, その危ない, その喞筒, その娘, その寝返り, その従者, その恰好, その提灯, その敵, その文面, その杖槍, その流れ, その無, その痩せた, その結び状, その翌日, その詩趣, その金一封, その隣り, それから出直し, それによって, それらの, そんなよう, たえず愉快, たしかに聞いた, ただこれ, ただ単に, たまり兼ねて, ちよつと, ついに二里半, ついに怺, ついに留まりませんでした, ついに自ら, つまみ食, つまらない面, できるだけ受けながした, とうとうその, どうした, どうやらその, どこからとも, なおもエンヤ, なお狂う, なぜか, なつかしいありがたい, なつかしい旧友, なんだか忌, なんだか要領, なんとも, はつきりした, ひとりで, ひとり短, ふと足もと, ふーむと一つ, ほとんど猛然, まじめな, またきょとん, またさすが, またちゃらっぽこ, またまた死んだ, またも二度目, また一散, また京都, また口, また啖呵, また少し, また後, また眼, また舌, また踊る, まだまだこの, まだ寝る, まっしぐらに, みな僕からは, みな土と, みんな背く, むやみに, もう少し突きつめ, もう横, もだえの, もはやじだんだ, やがて教えられた, やっぱり呆れ返った, やっぱり進まない, ようやく気がついた, よく信じ, よく屋根, わからなくなったけれども, わが枕, わざとらしき聲音, わずかに, わたくし以上の, アヌンチヤタと, オヒネリを, キビキビした, ギョッと, ギラギラ光る, グイグイと, テーブルの, ブツブツ言いました, ムカムカと, ムクの, ムッと, ムラムラと, 一人も, 一向その, 一旦寝床, 一気にあきらめ, 一議に, 一齊に, 七兵衛を, 三身三剣の, 上眼使いに, 下り立ったが, 不図何, 不安と, 不幸の, 与えられた髑髏, 且つ憤慨, 両国橋の, 両手を, 予を, 事の, 二メートルの, 二人の, 二人分の, 云いながら, 云ひ, 些の, 亡べり一切, 人に, 仁木の, 今しばらく, 今も, 今一人の, 今名も, 今天, 今度は, 今無し, 今確実に, 以前入っ, 伊予掾で, 低い声, 何とも答えない, 何事に, 何時もの, 使徒, 依然として米友, 倒れながら, 偉いと, 億劫そうに, 先方の, 全くあられ, 其の幅, 円くした, 再び湖面, 冷笑を, 出前持だ, 到るところ, 前にも, 前途の, 力抜けが, 勇気凛々として, 半身を, 単純な, 去りゆきぬ戀, 参籠を, 友の, 口から, 口惜しがっ, 同情しました, 名刺と, 呆れ返りも, 呆氣に, 周を, 唇が, 唯だ, 唯私, 唸りました病, 啖呵を, 喧嘩腰です, 嗤笑いぬ, 嚇と, 四尺足らずの, 団子みた, 国事の, 土団子の, 地団太を, 坐り込んで, 売るまじと, 外へ, 多少それ, 夜の, 夜中に, 夢心地で, 大八車を, 大官芋掘つ, 大東館を, 大菩薩峠を, 天を, 天才の, 始めて, 婆さんの, 学者, 完全に, 実によい, 実は下男代り, 家から, 富士見原まで, 小さくなっ, 小次郎が, 小躍りし, 少しくどもっ, 少しく考え, 少し廻り込ん, 尾上山の, 屋根の, 屹と, 川原の, 差出の, 己れ, 帰らない, 干場に, 幸福な, 店へ, 座を, 弁護士押丁らとともに, 強い目つき, 当惑し, 彼にとっては, 彼等を, 待の, 後ろを, 従来の, 得意気に, 御無沙汰廻りに, 心からこの, 心強に, 必ず侮辱, 忙しく座敷, 忽ち安心, 怖るる, 思わずこの, 思案し, 思案に, 恐れあわておどろき悲しみ, 悲憤の, 惜気も, 意気な, 感心した, 感慨無量の, 慰めて, 憤るけれども, 懐中へ, 我手を, 戸の, 手近な, 打ち笑, 抑えつけて, 折助どもの, 持たんもの, 持つべきもの, 振返って, 捲きかけた手紙, 改めて自分, 教へ, 敵と, 新しい編上靴, 日本の, 易々と, 時々こんな, 暑中休暇で, 暫くその, 暫し途方, 更に傍, 最末, 望めど, 朦々として, 本堂の, 村田一人きりだった, 来ないで, 来るかも, 東京を, 松の, 枕屏風の, 根っから受けつけません, 案外にも, 森の, 椅子を, 楽屋の, 檻の, 櫓拍子に, 正義の, 此時跪きたる, 歯噛を, 死物狂いに, 殺気を, 気がつかなかったであろうが, 気を, 江戸から, 決して君, 油を, 注文より, 洗足を, 海を, 淡島様から, 湯は, 火の, 火打を, 炉中に, 烏帽子を, 無意味に, 無言の, 焦れるばかり, 熊本が, 熱心に, 爪まで, 片手で, 片膝, 物蔭へ, 特に頭, 狂気の, 独流の, 猿を, 甘んじて, 生活を, 畑の, 異体同心の, 病む, 癪に, 皆彼の, 皆美けれども, 盗賊の, 相生町を, 眼をと, 矢も, 短い両, 碓氷峠の, 祖父の, 神田に, 程近い, 突き詰められて, 突立った, 立別れた, 竜華寺の, 竹筒を, 笑いながら, 笑ふ, 第二段, 米友, 米友らしく答え, 素早く何故, 組んずほぐれつして, 続いて, 綿密に, 罪の, 老人の, 而し, 聞き咎めて, 肺重く, 胸一ぱいに, 脂汗を, 腰に, 自ら好奇を, 自分に, 自発的に, 舌打鳴らし, 若い印度人, 茹でたよう, 草花を, 莫大な, 蓮生山熊谷寺に, 街の, 裏から, 見しちふ我, 見下ろして, 見廻す, 親としても, 角平に, 言つた, 託された人, 詠歎的にまでと, 認めて, 語る, 誰か, 誰の, 誰れで, 貧しい人達, 賞美され, 跛足であっ, 跛足の, 路次の, 身ぶるいし, 身体へ, 車上で, 軽々しくそれ, 辰雄という, 返事を, 迷って, 遂にこんな, 遊行上人に, 道ばたの, 道庵を, 遙に, 遠慮会釈なく, 遽に, 重ねて, 金助の, 釣瓶を, 門前の, 間もなく妾, 陶然として, 隠ヶ岡, 雨戸の, 露地の, 面喰っ, 頑として聞かない, 頬冠り, 頻りに彼, 風習を, 飛び歩いて, 首を, 馬の, 驀然に, 驚きました, 高らかに, 黄昏の, 鼈四郎に

▼ 友~ (1671, 16.9%)

35 ために 18 面を 17 顔を 15 ことを 13 姿を 10 手を 9 ように, 上に, 前に, 心を, 手から, 身の上を 8 眼の, 頭の 7 上を, 前へ, 姿は, 方へ 6 名を, 家に, 家を, 心の, 方を, 死を, 間に

5 [11件] 一人は, 口から, 姿が, 家の, 心に, 方で, 槍の, 肩に, 言うこと, 頭に, 頭を

4 [13件] あとを, うちに, ためにも, ほうへ, 一人が, 下宿の, 挙動を, 耳に, 腕を, 言葉を, 身が, 身を, 身体の

3 [32件] ありがたさ, ためには, なきがら, ような, 一人で, 傍に, 冥福を, 声が, 声であります, 好意に, 好意を, 心持が, 恋歌, 愛を, 手に, 方から, 方の, 為に, 眼から, 眼に, 眼前に, 肩を, 苦しみを, 言に, 責任観念が, 身に, 身は, 身体に, 頭が, 頭では, 頭には, 顏を

2 [97件] ある者, いたく悦ぶ, いないこと, いはく, いること, おかげで, ことであります, ことです, たよりは, ところから, ない海浜, ほかには, やうな, 中に, 中の, 二三人も, 云ふ, 交わりを, 仕業を, 代りに, 信用を, 俯向いた, 側へ, 傍へ, 勧めしとき, 単純な, 友造が, 周囲に, 喋喋語る, 嘆きを, 多くし, 契りも, 奴が, 如く心置き, 妻に, 姿の, 存在を, 家へ, 寝息を, 形を, 後ろへ, 心を以て, 情は, 愛情を, 手は, 手紙に, 提唱する, 攻撃に, 敏捷な, 方じ, 方に, 最後の, 松本が, 枕頭に, 株を, 槍を, 死の, 死は, 気象では, 気象として, 求めて, 消息が, 消息を, 温情が, 温情を, 父なる, 狂奔に, 眼が, 眼で, 着物を, 知って, 神観の, 竿を, 米友たる, 群は, 耳には, 背後から, 背後に, 胸に, 腕に, 言の, 言葉が, 言葉に, 記憶は, 語るもの, 身の, 連れて, 面には, 面は, 面影を, 頬を, 頭で, 頭は, 頭へ, 頼みが, 顔は, 魂の

1 [1026件 抜粋] あいた口, あしの, あた, あとから, あらゆる価値, あること, あわただしさ, いうよう, いくたり, いたづら, いる国, うたふうた, おくつ, お蔭で, かたきでも, けわしい視線, こころを, ことだ, ことでしょう, ことに, ことばかり, このよ, この幻想的, この稀有, これを, ごとき, さす谷, しわざ, その樂, その風采, ためにとて, たれかれに, つるが, なかでは, なさけ, なさけの, ねたみ師, はその, はよく, は前, は戸田流, は梯子, は難問, ひとり戰事に, ふだんの, ほとんど全部, もとに, ものとしては, ゆすぶりに対して, わが母, ゐる上野国, ゑまひぬ, アルコール, エロシエンコ親交なりし, クリストフによりも, クンツの, コップの, セシルの, ハガキで, ポットペチミットが, 一人だった, 一人と, 一人な, 一人なりき, 一人はたは, 一人芝居であります, 一半は, 一大事, 一槍で, 一羽が, 一行に, 万年博士は, 三人ともに, 三木拙, 上の, 下宿へも, 不審に, 不運を, 世話に, 両足を, 中間同志が, 主人も, 久我某が, 乏しいといふ, 了見方という, 事であろう, 二人は, 云へる, 人が, 今を, 介抱に, 仕事は, 住居を, 何某の, 余憤は, 使者だ, 俊敏なる, 信用に, 健康を, 傾向を, 兄弟姉妹を, 兩手を, 内心から, 内気な, 再生を, 冷たい空骸, 出来栄えを, 切なる, 別れより, 剃立て, 前まで, 前身と, 力でも, 力には, 功を, 労を, 勇気に, 医者来訪正木その他を, 千鳥は, 南海を, 危機に, 厚意の, 友を, 友誼忍苦潔白しかも, 反省の, 取扱いも, 口前ぐらいで, 口真似を, 口調めいた, 叫びに, 同情は, 同情心の, 名が, 名は, 名前で, 告ぐる所を, 周囲が, 命, 命次に, 咽喉へ, 咽喉元へ, 唯一の, 唸ったの, 啖呵が, 善言を, 嘲りの, 噂を, 因循なる, 圧倒的な, 堪忍袋が, 場合それが, 場合困る, 墓の, 声でありました, 声の, 変物奇物ばかり, 外に, 多い都市, 多くが, 夜ごと寄り來と, 大部分, 天地が, 天性恰好が, 契を, 女房が, 奴は, 奴アンマに, 奴等の, 好奇心は, 好意によ, 如きは, 如く恋, 如く無, 妻かな, 妻も, 姿のみが, 姿も, 婦人記者来り, 子すべてに, 子分たちに, 子分達が, 安井に, 実例で, 室へ, 宮本武蔵が, 家で, 家は, 家人みんな気の, 家庭の, 家旅館に, 寝しずまった頃, 寝息よ, 將士に, 小林勘蔵と, 小野佐世男よという, 居る温泉處, 屍の, 屍凍れる, 川へ, 巧名心を, 帰り来る, 帰国を, 幾夜さかを, 座談会で, 引っぱって, 弱き涙の, 弱気を, 当面に, 形相が, 影に, 影へ, 後に, 後ろす, 後ろを, 後姿と, 得しらぬ, 心で, 心とを, 心は, 心中に, 心地し, 心根が, 応援に, 忠言つねに, 忠言を, 怒を, 思い入れを, 思想と, 思案に, 怪力を以て, 恋に対する, 恋は, 恋人よ, 恨みに, 恭しさ, 悪くない, 悲惨極まる, 情, 情けでござる, 情けに, 情主君の, 愉快を, 意気は, 意見を, 愛読者らしか, 感想である, 態度に, 慕はる, 憐み, 懇切なる, 戀人は, 成功の, 我を, 戦いにくい, 戰裝を, 所置を, 手の, 手へ, 手伝いを, 手紙, 手紙には, 手紙は, 手練だ, 手頸を, 投げた小石, 抛り出して, 持ち馬性, 挙動に, 挙動は, 推定に対して, 描いた, 提案に, 擧動その, 擲った槍, 放つ矢, 故郷を, 数える銭, 文中に, 方が, 方も, 日本一ぞと, 暴発も, 書いて, 會を, 期待する, 本の, 来たこと, 来て, 来遊を, 松, 枕許を, 某が, 案内で, 梯子は, 梯子芸に, 槍が, 槍も, 槍先にかけて, 様子から, 権幕が, 横に, 機影は, 正物, 正義を以て, 歩み去つて, 歯痛の, 死以来いつも, 死顔を, 母親の, 毒矢は, 気まぐれな, 気性から, 気焔は, 気質を, 求馬を, 沽券に, 注文が, 涙を, 清きラヴ, 災を, 為には, 焚きつけた火, 無きには, 無情なる, 無情を, 無遠慮露骨な, 照る頬, 片手の, 物を, 独創という, 独白, 玄耳に, 理性が, 生きかた, 生活に, 生涯と, 生涯の, 留めるの, 疑問を, 病を, 癇癪の, 発憤ぶりは, 白骨を, 百合子が, 目に, 相談係でも, 真骨頂を, 眼では, 眼には, 眼光は, 眼底に, 着物の, 矢は, 知る所以, 知合いでは, 短気は, 祖父藤原遠, 神妙な, 秘密を, 突き出す槍, 窮乏に, 立場が, 笑はんも, 笠の, 筒袖を, 精根を以て, 約が, 素足を, 終の, 結社から, 結社は, 編輯員が, 罪でありました, 美しい顔, 群れも, 考えでは, 耳の, 聞き耳を, 聲は, 肉体と, 肉体の, 肌にばかり, 肩から, 胆を, 背中に, 背後が, 胸が, 胸を, 脱いで, 腕から, 腰に, 腹立ちしこと, 臍, 自己陶酔の, 自由を, 良心として, 若い魂, 苦しみごとを, 范志清を, 葬所光蒸し, 蒲団が, 蒼白な, 藤井右門とによって, 虞翻の, 行きつけの, 行先と, 行方については, 行方を, 行為から, 表裏が, 西鶴めきし, 見てしか, 見る前, 見送を, 覗き込んだ, 親切を, 観察の, 言いぶり, 言うよう, 言つたのも, 言ふ, 言を, 言葉であった, 言葉の, 言語応対に, 訊問を, 記者柴田来り, 訪れに, 註文通りに, 詞を, 詩を, 話を, 語る, 語気は, 誤解嘲笑は, 誰彼も, 調子には, 論理は, 諫言は, 講讀を, 責任感だけは, 赤い顔, 走り去った方面, 足が, 足の, 足を以て, 足許でしました, 踈濶は, 身の上に, 身の上をも, 身体で, 身体も, 車中の, 轟夕起子と, 近くに, 返事は, 迷惑がる, 連中から, 遠方より, 部下らしい, 部屋でありました, 酒宴に, 醜態を, 野郎が, 鉾先を, 門の, 間は, 附録かなんか, 附録を, 陣へ, 陰口を, 隣の, 離反である, 霊は, 靈に, 青木繁は, 靜子は, 面と, 面へ, 面上を, 面色が, 面輪も, 頑強が, 頭上に, 頭脳に, 頸に, 題言を, 顏に, 顔が, 顔までが, 類では, 風采も, 餘戯, 香蔵の, 驚いたおかしな, 骨を, 體を, 髪に, 魂も, 黒く光れる

▼ 友~ (937, 9.5%)

8 舌を 7 言いました 6 眼を 5 ある, ここで, 叫びました, 思いました 4 夢を

3 [11件] あった, それを, 例の, 俄然として, 唸りました, 彼の, 手を, 手練の, 持って, 竜之, 認めました

2 [57件] あって, あらくを, あれば, お角さん, お雪ちゃんの, こう言いました, こう言っ, こう言った, ここに, この場合, この時, じっとし, そこに, そこへ, その時, はじめて見ました, 一から, 不動尊の, 不意に, 二度舌打ちを, 云つた, 人を, 今と, 今日は, 伊予, 何か, 何故に, 円い眼, 友を, 口を, 女の, 家は, 少しテレ, 屹と, 徳利の, 急に, 恋しく稀, 戸棚から, 此人だ, 犬を, 知って, 私に, 私の, 私を, 立ち上りました, 答えました, 縁の, 自分の, 自分を, 舌打ちを, 見てさえ, 言ったの, 訪ねて, 道庵に, 道庵を, 面を, 頭を

1 [745件 抜粋] あいた口, あっ, あっても, あつた, あぶれるくらいの, あまりの, ありまして, ありますじゃ, あり財, あるからとて, あるでは, あるという, ある程度で, あわてて, いいました, いい出した, いくらも, いざって, いった通り, いつぞや彼, いないこと, いないで, いなくなると, いふので, いま丸く, いま持っ, いま私の, いよいよわからなくなっ, いよいよ感心, いよいよ暴れはじめた, うちの人たちに, うっかりここ, うなり出したの, うらぶれて, うわごと, うんと, おいらの, お君, かえって落着, かくまで, かく負軍, かけ直して, かなりの, かなり御機嫌, きっと狼狽, きのふに, けたたましく叫ん, けんかを, こういういい, こういうこと, こういっ, こうしてグッ, こうして別段, こうも, こう口, こう呼び立てた, こう言います, ここでも, ここへ, こちらへ, ことにこれら, この噂, この地上, この峠, この我, この森, この法師, この立札, この通り, こひし, これも, こんな形, さいぜんから, さげすみました, さげすむの, したり, しょんぼりと, せまりくる死, そうさとっ, そこから, そこで時代, そっと引, そのあと, そのとき立腹, その不自由, その勝手, その原因, その後ろ姿, その怪力, その手首, その抱ける, その番人, その自由, その通り実行, その間に, それからまた何, それぞれの, たずね求めんと, たそがれに, たてつづけに, たとい長浜, たびたび, ちょうはんちょぼいちなどに, ちょっと歯切れ, ちょっと面, ついて行きます, つづいて, つぶやきました, どうした, どうしてクリスチャン, どのくらい, どれだけ, ない, ないから, ないの, ないまま, なければ, なさけに, なつかしくて, ねたましくさえ, はじめて内容, はじめて応答, はじめて我, はじめて捲, はったと足, はにかみました, ひとりで, ひとり空々漠々として, ほっと己, ほんとうに, まず目, またこちら, またとつかわ, またまたわからなくなった, またも, またもその, またも眼, またグッと, また以前, また唸りました, また急, また立っ, まだ半信半疑, まるい目, むかし猶, むっくりと, めざして, もしポチ, ややあわて, やや狼狽えました, ようやく半, ようやく深く, よく知っ, わきまえないほどに, わざと調戯, ゐるこれ, ゐる異国, エッと, ガバと, クララを, ゴローの, タジタジと, タンカを, ドイツに, ドッカと, ヒョイと, ピタリと, ポカンと, ムキになったの, ムッと, 一つの, 一婦人の, 一心不乱に, 一期の, 一本の, 一緒に, 一議に, 一途に, 三たび叫びました, 上洛した, 下から, 不審がっ, 不審を, 与力同心の, 両士, 事変の, 二メートルの, 二度目に, 云った, 井戸から, 交つて居は, 今は, 今まで, 今日僕の, 今日明日の, 仲善く, 件の, 会所へ, 伝法院の, 何かに, 何とつかず, 何に, 何んな, 作つた日本語の, 僕の, 僕一人である, 先づ, 先に, 全身を以て, 其の時, 再び別, 再び唸っ, 再び実, 再び躍り上っ, 再び馬, 冷笑しました, 出て, 出來, 出来たそれ, 出来ると, 到着した, 到着しました, 力むの, 力を, 動いたほどには, 勧告しました, 危篤という, 口に, 古市へ, 叫ぶ, 合謀した, 吉原の, 同行する, 同行の, 呟いて, 呼びかけると, 唄を, 唇を, 商売道具を, 問うた, 喚く, 四人に, 四辺を, 土団子じ, 地蔵堂の, 坊主に, 塔の, 声高く, 変に, 外しに, 外に, 大きな声, 大乱れ, 大荷物, 天水桶の, 好んで, 妙に, 存外和ら, 存外平気, 宇治と, 守る燈臺, 実現せられない, 容易に, 密に, 寝像, 寝込んだの, 小躍りし, 少しお冠, 少しく眉, 少し癪, 少し眼, 居合せなかったこと, 屋根の, 左様な, 帰って, 幾人か, 幾人も, 庭を, 庭前の, 弄しました, 引きぞわ, 弥勒寺橋の, 弱音を, 彼を, 待つ思, 後ろから, 後ろについて, 得意に, 徹夜で, 心中の, 心得たもの, 応答に, 快く夜船, 怒り出して, 怒罵して, 思い返して, 思う, 思って, 思わずこう言っ, 思わずまた, 思わず力負け, 思わず口, 思わず苦い, 思わず飛び上っ, 急用で, 怪力なりとは, 恋を, 悠然として, 意気込んで, 感得しました, 憎くなった, 懐中から, 成と, 我は, 戻って, 手引を, 手早く取っ, 打連れて, 承知しない, 投げて, 抜けだした後, 抱きしめて, 持前の, 指さす前, 振返って, 控えて, 提灯から, 提灯に, 擬議しました, 改めてその, 救い出そうと, 敢て, 早くも, 早朝この, 昼寝を, 時々訪ね, 暫く前後左右, 暫く彼, 有つたら, 朝顔を, 未亡人なる, 本場です, 来た, 来たと, 来ないという, 来る, 東国の, 松本の, 案内に, 梯子抜け, 棒を, 極めて無器用, 極めを, 横から, 横を, 欲しい, 歌の, 歩いて, 歩むと, 歯切れの, 歯噛みを, 死んで, 殺されれば, 気がついたもの, 気づかって, 気取ると, 水盤といふ, 決然として, 油を, 泣いて, 流し目に, 海軍を, 深く頷い, 滝口へ, 漕いで, 炉辺を, 無くては, 無事で戻っ, 無事に, 無邪氣, 煩悶を, 物静かに, 特に動物学, 狐を, 独り言の, 狼狽しました, 猛然として, 珍らしく, 現に同じ, 甲を, 畑道を, 畳みかけて, 病んだ後, 目の, 目を, 相伴うて, 相手に, 眼から, 眼に, 睨んだわけ, 矢庭に, 石の, 確と, 社前を, 私との, 私以外にも, 空しくその, 突然ああし, 突然大声, 窃盗を, 立ち止まって, 立去った時分, 答えたので, 答えて, 米友としての, 米友の, 続けて, 縛られること, 群集を, 聞いた, 聞咎めました, 肩を, 背中から, 腐敗貴族を, 自分ながら, 自分に, 苦い面, 苦しんで, 草鞋の, 草鞋を, 荒れれば, 蛙であるなら, 行って, 裏の, 見えぬ, 見かけた人影, 見て取りながらも, 見にけむ, 見下ろすと, 見返りました, 覚ったから, 親切を, 解せない面, 言うこと, 言った, 言って, 言葉を, 訊いた, 託されて, 訪れて, 訳した希臘, 詫びました, 詫言を, 話して, 誇つたの, 誘いに, 誘惑を, 賊衆追, 賛助する, 走りながら, 走りました, 跳ね起きたの, 躍起と, 身悶えし, 身構え充分, 車上に, 返事を, 逃げること, 途中で, 連呼し, 運び来った二メートル, 道庵の, 道庵先生に対して, 遠くから, 遥に, 重い含み声, 重大なる, 鈴喜の, 鉛玉を, 長浜から, 長浜の, 門前に, 附け加えたの, 陶然として, 陶酔境から, 隣席の, 離れ去った今, 面くらわないわけ, 頭の, 頻と, 顧みられないこと, 飛ぶと, 飛んで, 馬に, 馬乗りに, 駆けつけ走り回り私, 駈けつけると共に, 驚かされました, 高さ二丈, 高札を

▼ 友~ (733, 7.4%)

13 して 11 呼んで 8 顧みて 6 会して, 相手に 5 つれて 4 求めて, 見て, 見ると, 訪ねて, 訪れて, 誘くもの

3 [12件] めがけて, もつこと, 先に, 失って, 得たと, 招いて, 持たない, 持って, 案内し, 求む, 追いかけて, 離れて

2 [32件] さんざんに, もってる, 中心として, 伴れ, 便つて乞食を, 促して, 出し抜いて, 呼ぶ魂, 呼んだ, 売ったなどという, 売り妻子, 失ったよう, 得て, 得るならば, 忍ばしめたり, 忘れては, 恋ひ, 懐う, 抱きすくめて, 招いた, 毎日訪ねた, 求めること, 眺めて, 米友と, 見かけて, 訪へば, 軽蔑し, 迎えて, 迎えに, 迎へて, 選ばば, 驚かせたもの

1 [560件 抜粋] あしらいませんから, あとに, あんまり軽く, いささか不憫, いじめて, いたく驚かせました, いたは, いつくしみ憐れむよう, うるを, うれしむ, おかしいと, おさえて, おじさんと, おもへ, おもへば, お松は, お角, かえりみて, かおも, かなしむ, ぎゆつと抱い, けし飛ばそう, ここで, ここに, こしらえた, ことごとく片づけ, このよう, これから訪ね, こんなに持つ, さがし, しっかり後ろ, しみじみと, すて去ったであろうか, そそのかしそっと, そのお, そんな状態, そんな退屈, たしなめると, たずねて, たづね, つくるは, とりまいて, どういふ, どうしよう, ながめて, なくして, なだめに, なつかしがった, なつかしく思ふ, はずかしめようと, ばかに, ひいて, ひとりここ, ひやかして, ぶらさげて, まいたの, まずイウエルスカヤ小聖堂, またしても, またも拳, まったく自由, めあてに, めぐまれた, めざして, もたないこと, もち而, もって, もってる一人, もってる幸福, もってる者, もてなすこと, もてなす時, よび, よび集めて, よぶの種類, カルロの, グッと, リードし, 一人持ち得た, 一人殘し, 一掴みに, 一齊に, 下から, 不利な, 不可と, 不義より, 主は, 乗せたまま, 二人は, 仰いでなんぞ, 会し詩, 会する, 何為に, 作り出すもの, 作り逢う人ごと, 作るの, 侮り難い, 侶と, 促すと共に, 信じ過ぎて, 信ずる, 倒しし敵將ヘクトール, 偉いと, 傷みて, 傷む気持, 全く忘れ得ぬ, 冥土の, 出迎えまず, 利用せし, 前に, 力に, 加えて, 助くるの, 助けた士卒, 勵まし, 勵ませ, 厭い伴, 厭うたり, 取らば, 取囲んだ猿ども, 取巻いて, 取押え, 口惜しがらせました, 口説き落したつもり, 叱ったあの, 吃驚させる, 同胞を, 呪って, 呼で, 呼びおこす, 呼びかけたの, 呼びかわしまた, 呼びました, 呼びましたけれども, 呼び之, 呼び出すも, 呼び留めたけれども, 呼び相, 呼び相手, 呼び類, 呼ぶ, 呼ぶうぐいす, 呼ぶといふ, 呼ぶに, 呼ぶの, 呼ぶらし, 呼ぶを, 呼んだが, 喚びて, 喚んで, 喜ばす其道, 喪ふ, 嘲弄し, 嚇すには, 囲んだ一, 囲んで, 圧迫し, 埋めて, 塀の, 売った, 売ったこと, 売って, 売っても, 売りて, 売り師, 売るとは, 売るなどという, 売る人間, 多み袖, 失いかすか, 失いただ, 失うと, 失った悲しみ, 失つて少し, 失はんも, 失ひて, 失へる, 失われた小宮さん, 契ッた, 好いて, 如何とも, 始めゆうべ, 孫悟空に, 安心させ, 安心させる, 宥わるに, 家に, 容る, 審判くに至った, 導いた, 小蔭に, 帰らせて, 平凡に, 平等に, 幸福な, 延い, 弁護し, 引きおろしに, 引きずり下ろして, 引きとめて, 引くと, 引払って, 彼は, 待たせて, 待つ, 待つこと, 待つと, 後世に, 従者でも, 得, 得ずんば, 得た, 得たここち, 得たの, 得た然し, 得ば, 得ましたので, 得ること, 得ると, 得るの, 得るは, 得るを, 忍ぶにぞ, 忘れて, 怒るそ, 思うて, 思う真情, 思ひ出せば, 思ひ泣く, 思ふにぞ, 思へ, 思わずには, 恋ふ, 恐ろしい浮世, 悲しませるつもり, 悲しめりせまき, 悼みの, 悼む気持, 想うこと, 愛さぬもの, 愛してるという, 愛し得るに, 愛し給, 愛するの, 慕うだけ, 慕って, 慰めたこと, 慰めぬ, 慰める, 慰める事, 憎むが, 憎らしく思いだし, 憫み, 憶ひ, 憶へ, 懐かしがり, 懐ひ, 懐ふ, 懷ひ, 懷ふ, 戀ふ, 戒め合い洛外, 戰に, 所有し, 手ばなした, 手招ぎする, 打った, 打棄てし, 扱った物語, 抑えましたが, 抑え児, 択ぶは, 抱えて, 抱き留めること, 押えながら, 押えようという, 招いたの, 招いての, 招きて, 招くに, 招んで, 拝みました, 拾い女性, 持たなかった, 持ち戀人, 持ち銭, 持ってるけれども, 持つこと, 持つたと, 持つて, 持つの, 持て, 振捨てて, 振返って, 捉えて, 捕り上げた男, 捜しに, 捨てること, 捨てるほか, 捨て数正, 排し褒貶並, 探して, 探すとも, 探すんで, 撲る, 支えて, 攻め落さうと, 救うため, 救う為, 救おうとして, 救はん事の, 救ふが, 救ふべく, 敬する念, 敵の, 斃しき, 斬つたの, 斬つたよう, 日本に, 日本人として, 昔向こうから, 有せる, 本能的に, 案じて, 案内に, 極力はげました, 極端な, 横目に, 欺いた, 欺き世, 欺す, 歓迎し, 止めた, 殴りつけて, 殺したと, 殺したり, 殺し女, 殺し遂に, 殺せり, 毒殺しよう, 求むそこ, 求むるの, 求めざるべからず, 求めたので, 求めないこと, 求めるといふ, 沁, 泣かした, 潜りの, 炉辺の, 焦点と, 煙に, 煩さがらさぬ, 煽てた仲間体, 片輪, 牛として, 珍妙な, 理解した, 理解する, 畏れ且つ, 留めて, 番小屋の, 疑ひ親, 疑わないわけ, 発見し, 的としての, 的に, 目で, 相合傘に, 相手には, 真中へ, 眼を, 睨めて, 睨めると共に, 知らず米友, 知らないよう, 知らない米友, 私から, 突くつもり, 突くの心, 縁の, 罵って, 罵りそれから, 考えて, 肩から, 自慢に, 苦しがらせ, 苦しめんが, 苦めその, 苦笑させました, 葬る老, 袋叩きに, 裏切ったの, 裏切った若者, 裏切って, 裏切り公明, 裏切るわけ, 見た, 見たいという, 見つめて, 見つ遠, 見ば, 見ます, 見やる戦士, 見よ, 見ようとて, 見出したから, 見出したと, 見出すこと能, 見出すだらうと, 見初めて, 見失うよう, 見失ったこと, 見失ったの, 見廻し, 見棄てて, 見物し, 見舞わんと, 見詰めて, 見込んで, 見返ったが, 見返りも, 言いくるめて, 討ち, 討つ, 討伐に, 訪うて, 訪えば, 訪ねた, 訪ねたとき, 訪ねた後, 訪ねようとして, 訪ねるため, 訪ねる前, 訪ふ, 詛う, 詮議した, 誘いました, 誘うお, 誘った, 誘って, 誘つてあれらの, 誘つて御, 誘つて旅に, 誘ふ文, 誘わぬので, 語る, 調べ直すよう, 談敵として, 諭さんと, 謀って, 護りて, 責めし余りに, 責めた語, 責めるより, 責める言, 賣り人, 賣れる者, 赦して, 赦し得るに, 赦し得る愛, 蹴破して, 身受せん, 迎える, 迎へ, 迎へる, 追いかけました, 追いかける事, 追いつめてさえ, 追いません, 追い出させて, 追い出すこと, 送つて外, 送るの, 送るべくその, 逆に, 通り抜いて, 通観し, 道庵は, 遠い旅中, 選ぶが, 選ぶにも, 避けるという, 郷土を, 醫に, 防護しよう, 集えた席, 集めるよう, 非常な, 頼むよりは, 顧み, 顧り, 食い主人, 首肯せし, 馬泥棒以外の, 驚かしたこと, 驚かしました, 驚嘆させ, 黒く塗っ, 黒ん坊に, 鼓舞し

▼ 友~ (538, 5.4%)

31 向って 24 して 4 對し 3 あっては, ささぐ, なつた, 代りて, 向かって, 向ひ, 手紙を, 至っては

2 [27件] きいた, さる人あら, なるそれ, 与えて, 代って, 別れたる頃, 別れを, 向っても, 向つて, 就いて, 得て, 心からの, 於ても, 暇を, 渡したの, 渡すと, 溝口屋の, 立花の, 背き同志, 至ると, 裏切られた, 見られは, 訊いて, 訊きました, 訊ねた, 贈る書, 逢ふ

1 [401件] あたえた手紙, あたるところ, あつきこと, あつた, あらざるもの道, あらず, あらずや, あらぬは, あるから, あれだけ, いたっては, いふ, うち明けし, おくつ, おくりし中, おくる, おくる詩, おくれし螢火, おくれる, お礼を, かえって, くっついて, くれぐれもこの, こう言いました, こう言い含め, このこと, この世の, この小国川, こんな手紙, さ, ささげるであろうか, さし向, させて, さよならを, されること, しないこと, しようという, しろ広い, し自分, すぎなかつた, すべてを, すりつきたがっ, するので, せうと, せむ, その安別, たすけられて, ついて行った, つつがなかれかし, つつまれて, ですね, とって, なくまた, なじみつつ, なった三人, なって, なりうればと, なりえて, なりそこ, なりましたろう, なり幾度, なり得る唯一, なれそう, なれる人, なんらの, のしかかって, はぐれて, ぼくらの, まずはお, まようたと, もっとも似寄った, もつ資格, もとめるもの, もらすの, ゆづりそむきて泣き, よく呑, よく解, よると, わかれはてめ, わが見得せる, オリヴィエが, ナイフを, ハッキリと, パトロクロスは, ラムの, 一切の, 一味の, 一喝された, 一生独身で, 一言の, 一通り話し, 三助の, 三種ある, 与うるは, 与えたる書中, 与えた手紙, 与えました, 与えるもの, 与える文章, 与ふ, 与へた手紙, 与へて, 世外の, 乏しからず, 二つの, 云いたいこと, 云うたの, 云ふたので, 云われて, 人知れず採っ, 今持つた, 介抱されるで, 会う思い, 会したの, 会ったよう, 会ってから, 会ひ, 会ふ, 伝えて, 伝説を, 伴な, 伴れ, 似てるん, 何だばか, 何年ぶりかで, 依頼した, 保證し, 借り深夜孤燈, 僕が, 優りて, 充分の, 先づ胸, 先立って, 公田連太郎先生が, 其武具を, 出たの, 出会った事, 出逢ったよう, 分ちたくも, 別々に, 別る, 別れし雁唯一つ, 別れて, 別れ都門, 利いたと, 劣らずこの, 助けられて, 勝って, 勝つは, 厚かりき, 反対し, 口うつし, 叱り飛ばされた折助, 合い知己, 同行した, 向い, 向いて, 向いました, 向かうよう, 向ったの, 向っていう, 向ってさえ, 向っては, 向つて模倣, 向て, 吠え兄弟, 告ぐ, 告げた, 告げて, 告げよう, 味方を, 呼ばれた夜鷹, 呼ばれて, 呼びかけました, 咬みかかるとは, 哀願せし, 問いかけるの, 問うたところ, 問われて, 嘱し, 嘲られて, 因果を, 売られたの, 多少なりとも參考, 夢現に, 奮ひ, 好意を, 委しく出されたれ, 嫁した, 安心させる, 將棋を, 尋ねて, 對ひ, 導かれて, 小穴一游亭, 少なく参考, 差図され, 市川へ, 幾多の, 幾度出した, 引かるるまま, 引合せようと, 強い生きるちから, 後れて, 後れても, 御馳走を, 心配させた, 惹きつけられて, 愍まれて, 感謝した, 憐み, 懐く一見, 手伝って, 托す, 投げられた金一封, 抗しよう, 抗する心, 抱かれに, 招かれたり, 持たせること, 持つて, 挑戦したい, 挑戦してやろう, 挨拶しました, 接するよう, 掲げられし評文, 掴まれた手, 揶揄せられたる, 撃たれつつ, 支へ, 救いを, 救われて, 教えました, 教へ, 文書かんも, 於て, 於ては, 明答が, 書いた事, 書いて, 書き送れる書翰, 書き遣れり, 書簡を, 最後の, 木の葉の, 未練を, 李億と, 柿の, 桂正作という, 案内され, 棄てられて, 槍で, 死別れ, 毒口を, 比す今, 求めようと, 泣いて, 泣きついたの, 流したる, 渡して, 渡しながら, 渡す, 湖魚を, 満全を, 満足す, 炙らせるの, 焼かせて, 熟, 物申す酒, 献ず, 玄徳の, 甘んじて, 生きうつしな, 由ると, 由良小次郎という, 画を, 番傘を, 疑いを, 痛みの, 盃すすめ, 目を, 直接答うる, 相談しろ, 相違ない, 眞實である, 眼が, 睨められたお, 知らせる, 知らる, 示した, 示し待って, 示せたら必ず, 私の, 笑まひを, 笑われは, 答えし最後, 篤い銀之助, 紛れも, 紹介された, 絵はがきに, 絵ハガキ一枚書いた, 義務を, 習んで, 聞かせたが, 聞かせました, 肖て, 背きし我, 背中を, 背負わせました, 胸の, 腹を, 臨み得るに, 自分と, 興味を, 著書を, 薦めんとて, 行かれた空虚, 行きあったよう, 行き女, 行き逢えり, 裏切られたこと, 見す, 見すてられた記代子, 見せて, 見せ二口, 見つけられて, 見覚えが, 言葉の, 計ったが, 訊く, 訊ねようとの, 託して, 訪われた喜び, 訴えた, 訴えなければ, 詰め寄るかの, 話した, 誘われて, 語ったの, 語った所, 語った言葉, 語って, 語つた言葉で, 語りたいと, 語り九紋龍, 語る書, 誠ならしめ, 誤解せられた, 読んで, 講和を, 警告し, 警告する, 議論を, 譲らざりしヨブ, 讓らざる, 讓る, 責めが, 責めら, 責められ自分, 賛成し, 贈りけむ, 贈るべく, 載せますから, 近寄る隙, 近状を, 迫るもの, 述懐を, 追究する, 送った, 送って, 送られて, 送るべき手紙, 送る雑信, 逢うであろうと, 逢えること, 逢へる, 遇ひ, 遇わずに, 過ぎない筈, 過大の, 違えねえだろう, 遠山といふ, 遣れる述懷, 酷似し, 金を, 開いて, 関係する, 附添を, 降らざりしヨブ, 限って, 随って, 離り, 離れ恋, 非ざる, 頒つ, 頼まれて, 頼み込むわけ, 願うが, 飛びついて, 飢ゑてゐ乍らも, 鼻を

▼ 友~ (469, 4.7%)

16 して 9 いえども 8 すること, なった 7 なって 5 するもの, 一緒に 4 二人で, 別れて, 友との 3 す, なりて, なり兄弟, なれ, 埓も

2 [30件] いっしょに, いって, いつしよ, お君, しつつ, しも, し骨董, するに, するよう, するより, する外, その母親, なしたま, なったの, なつた, なつて, ならざるを, なり役に立つ知識, ムクとの, 二人, 二人梅には, 力を, 友の, 将門とは, 本とを, 知るに, 立話を, 自分とは, 言っても, 語るが

1 [324件] あひ見, あるいて, あるく, あれば, いいます, いいますが, いうが, いうだけ, いうので, いえば, いたしたの, いっしょでさえ, いったら今, いっても, いふをもは, いへば, いわりょう, いわれても, おなじ教, おもえばこそ, おもって, かなり隔たった, きては, ここの, このまま, されるの, し, しかつて, しき, しその, したか, したかったの, したの, したやう, しながらも, しなければ, しばしの, しようとしても, しキリスト, し九年, し來, し名利, し唱歌, し善く, し善し, し多数, し居る予, し得る, し得るの, し愛人, し或, し櫓櫂, し浮世, し知り得る限り, し詩, し貧しき, するが, するため, するところ, するの, するは, するべく探し廻つて, するを, する事, する人, する人々, する勿, する境界, する手段, する方, する方法, する時, する株式仲買人アンリ・ベック, する気, する者, する蓮如, する詩人, する風, せむ, せむにつきつきしかるべしかし, せむにはしかじ, せん, せん心さりとて, そのとき行, その細君, その車力, その馬, それとの, たくさんな, たずさえて, つれ立つて, なされて, なったけれど, なったらいくら, なった令嬢, なった小島成斎, ならしむべきか, ならなければ, ならば, ならん, なりけれ, なりたり, なりたる最初, なりても, なりと, なりました, なりわが, なりわれわれ, なり主, なり其一生, なり安, なり客, なり得るの, なり教師, なり日夕往来, なり迷信, なり選ばれる実力, なる, なるか, なること, なるでありましょう, なると, なるならめ, なるの, なるので, なるべき医者, なるもの, なる一切, なる人物, なれない, なれるならと, なれる希望, のめる酒, ほかの, みないまは, めでよ人々, めでよ人びと, もうこれ, ゆるして, よぶこと, わかれぬ, わが魂, われと, われ馬より, ゐて, ムクが, ムクとに, ムク犬とは, 一しょに, 一所に, 一緒であっ, 三人, 与に, 両替の, 久し振, 争うも, 二三日泊りがけに, 二人だけ, 二人アプサントを, 二十日の, 云うよう, 云えば, 交えた会話, 交したり, 交って, 交つて切磋琢磨に, 交わした会話, 交わるのに, 交遊する, 人形を, 仲よしに, 仲好しに, 会った, 会って, 会談を, 会食し, 佳き友, 信じ二日, 信ずるよう, 兄弟と, 入れ替りに, 再び上陸, 初夏の, 初対面の, 別れたが, 別れたの, 別れた私, 別れてから, 別れ旅館, 友であった, 友でしか, 友とが, 友を, 友達だ, 同じ, 同じい, 同じ勉強, 同じ様, 名づけその, 名づけ得べきほどの, 吟じられたほどの, 呼だ, 呼ばんは, 呼びかけたの, 呼びかは, 呼び愛人, 呼ぶと, 呼べり, 呼んで, 噂の, 回顧談に, 埒も, 変らずすっかり, 夕食を, 多く語を, 女画家との, 妻と, 安ん, 宣言し, 家庭雑誌も, 寡婦に, 将門と, 屡, 山とに, 市中の, 平生会談の, 廊に, 弁信とは, 彼らに, 御簾を, 思って, 思込ん, 惜めば, 感じて, 成らなければ, 我との, 我とは, 我とを, 我夫とは, 打ち伴, 断髪の, 新しく別, 最後の, 未だ成立, 来て, 来り始める, 樹に, 此等の, 死別する, 気脈を, 浅間の, 深く交わっ, 湯島の, 濠梁の, 為す身, 申しても, 病友との, 目に, 盲法師の, 相前後, 相容れなくな, 相対し, 相対した, 相抱い, 相携え, 相謀っ, 眺める習い, 知ってるお前, 知らないで, 知らない馬子, 神と, 私と, 私との, 私とは, 私の, 私共, 窓より, 立別れ米友は, 約するあり東海道, 約束し, 絶ち諸, 良人の, 落ちあいいちど東国, 落ち合うつもり, 袂を, 見さだめると, 見よ, 親しまれ背, 言えば, 言って, 話し込んだもの, 語らう心情, 語らひて, 語りたい, 語りて, 語り合ったこと, 語り合って, 語り訴えること, 語るか, 語るの自由, 語る時, 談ずるが, 論弁し, 論弁せん, 謂ふ, 連れ立ち, 連れ立って, 連れ立つて, 遊びに, 遊ぶ, 遊んでなど, 道しるべとを, 道庵とを, 違う点, 酒を, 長閑な, 雑談する, 離るる, 電車に, 顔見あわせ, 飮めば, 馬とを, 馬車を, 駄馬との

▼ 友~ (278, 2.8%)

3 ぜひなく

2 [14件] このごろでは, さすがに, それに, ない, なきまま, なくまた, なし, またその, ムク犬も, 啖呵を, 安心しました, 死んだ, 無い身, 腹を

1 [247件] あったが, あつまりぬ, あの一行, あらで, ありけり, あり別れて, ある, ある世の中, あれ, あろう身, いい心持, いくらか, いた, いまさら甲乙, いる骨肉, うすら, お角, かたきも, かなり世話, がんりきも, こう多数, ここに, ここを, こちらに, このけったい, この時, これには, こんな可愛らしい, さわること, そういう掛合い, そういう頭, そう合点, そこまでは, そのこと, その一人, その一方, その名, その晩, その血, それぞれ夕餉の, それだけ修行, それと, それに従って, たくさんゐる, たんかを, ちょっと拍子抜け, ちょっと癪, ついその, つい面白く, つづいて, ないと, ない女, ない時, ない私, ない程, なかった, なき庵室, なき珠運, なく, なくして, なくすべて, なくだれ, なくて, なくひとりびとりに恋, なくまったく, なく不運, なく侘しい新年, なく周囲, なく妻, なく学校, なく家, なく寒さうに, なく敵, なく身, なく金持, なにげなく覗い, なにも, なんだか急, なんとなし, はた見知らざる, はるけ, ひそかに, ひとごとでは, ひとり長く甘, びっくりし, ほのかに, またお, またこんな, またぜひ, またそれ, またもとより, また仏頂面, また妙, また御多分, また心得た, また憮然, また押, また期せ, また武芸, また竜, また笠, また逢つて, また非凡, まだ正当, もろともに, やがてやや血気, ようやく退屈, よく知っ, ゐたが, ゐる, ギョッとして, ホッと, 一人一人いとしい, 一人一人なつかしい, 一時は, 一概にそれ, 一緒に, 不動様の, 主も, 久しく見なかった, 亦喜びぬ, 人に, 今や危機, 今日は, 以前舟を, 件の, 何の, 俄かに, 信玄と, 傍には, 先生の, 出家でない, 出来たが, 出来ぬ, 出立の, 力を, 力瘤が, 助かり, 勿論, 及ばないと, 友なら, 合点が, 同じよう, 名殘, 呆れましたが, 呆気に, 問わないけれど, 善友輪王寺の, 国に, 堪り兼ねて, 変に, 夕べには, 多い, 多少考えたらしい, 夢から, 大分人間が, 如才なく, 妻も, 実に飛ん, 実は心配, 小声で, 少しく拍子抜け, 少し癪, 少なかった, 少なければ, 居らん, 屹と, 弥勒寺長屋以来相当に, 張合いが, 強いてとは, 役場で, 彼女も, 御多分によって, 怒っては, 思わず力瘤, 思わず足, 悪友も, 惱むか, 愛で, 我身も, 打っては, 持ち得ないと, 改めて直面, 斬りたくなったらずいぶん, 旧識どころで, 来で, 枕に, 槍にかけては, 止まれない, 歯がゆく思わない, 津田生も, 漸く虫, 無いの, 無かった, 無論そんな, 父も, 特別に, 生きながら, 生長した, 畜類を, 皆, 直ちに同意, 相当に, 真の, 真向きに, 眼を, 知って, 知っては, 知らず識ら, 知らで責め, 知らないながら, 知らぬ苦難, 私と, 私も, 稍酔つた様子で, 立戻っ, 納得しました, 続いて, 考えました, 聞きたくなり人, 自分の, 色を, 蒲団を, 見届けなければ, 見知って, 親戚も, 親方としての, 解せないと, 言葉を, 認め得ず, 誰か, 誰を, 調子に, 足を, 足許から, 身を, 辞退しない, 近来は, 追いあぐねるの, 鍬を, 随分尽力, 離れるとは, 頑として下りませんでした, 顔色を, 風の, 首を, 驚いたが

▼ 友さん~ (253, 2.6%)

8 じゃない 4 というの, に違い, のこと, の手 3 がいい, では, どうした, の胸, はどう

2 [13件] そういうわけ, そんなこと, という人, とおっしゃる, にも御馳走, のはず, の幽霊, の部屋, は, はただ, はわたし, は遅い, よく来

1 [188件] あれあれあの, お休み, お君さん, お話し相手, かい, かえ, かエ, がいない, がいなけれ, がお, がおいら, がお爺さん, がかわいそう, がこうして, がこの, がどうか, がわたし, が保証, が可愛く, が外, が強い, が悪い, が早い, が来, が来た, が来ました, が来れる, が棒, が櫓, が留守居, が胆吹, が長い, が附い, が鷲, ぐらいの貧乏人, この夜中, この舟, これからわたし, これからわたしたち, しっかりしなくっ, そうし, そうしてあなた, そのままの, その事, そりゃなんと, それではどうか, そんなに心細い, そんなに棒, そんなに眼, そんな話, たとえ荒神様, だか, だこと, だってもう, だと, だよ, だろう, でございましたか, でございますが, でも, というお方, とした, とどっち, とのあの, とわたし, と他人, と立てなけれ, どうかし, どうかならない, どうする, どうだい, どうも済みません, なの, ならかまいませんこっち, ならかまわないから, ならば, ならわたし, なら正直, なる者, なんぞについていられる, に, にそっくり, にだけ御馳走, にでも頼ん, ににくがられる, にはわかるまい, にも充分, にわたし, に会いたい, に会わせ, に憎まれる, に申し渡します, に素直, に船, に見せ, に追いかけられ, に逢いました, に限っ, に頼ん, のおっしゃる, のお化け, のほか, のよい, のハガキどこ, の主人, の何者, の功徳, の唄, の唄い, の好き, の姿, の居所, の帰る, の御, の心意気, の心持, の心持一つ, の心耳, の気持, の気象, の眼, の行方, の親切, の許し, の足, の身体, はあなた, はあの, はあんなに, はお, はここ, はたしかに, はどこ, はもう, はやっぱり, はわたしたち, は仲, は何とも, は充分, は全然, は憎みはじめたら, は柄, は死んじゃった, は米友さん, ほんとにお前, ほんとに暫らく, まあよく無事, みたよう, もあんな, もういい, もう遅い, もしかしてお前, もちっとも, もよく, もわたし, も嬉し, も帰りました, も御, も自然, も返答, も騒々しい, や, やさき, やわたくし, や君ちゃん, や父さん, ゆだり加減, よく尋ね, よく戸締り, よく無事, よく言っ, らしくも, わかりました, をつけ, を呼びましょう, を承知, を残し, を相手, を突っつく, 入っても, 危ない, 少しの, 怒ったの, 怒っちゃあ, 悪くなく思っ, 来て, 見なかった, 逃がしちゃ

▼ 友~ (187, 1.9%)

8 友よ 4 僕は, 私は, 遠方の 3 あなたが, 君たちは, 君の, 私の

2 [15件] いざさらば, かなしい友, その声, はや眼, ダナオイ諸, 不思議な, 今日は, 何を, 僕が, 君が, 君は, 君らの, 寒さ, 心閑け, 見知らぬ多く

1 [125件] あなたがたは, ありがたうすぐ, いざともに擁, いざ射, いざ行き, いつかまた, お互に, お許しください, かくて, こ, ここに, このフランス人, この一文, この手紙, この時, この笛, こぼすな, これで, これを, こんな際, ごく僅か, ご免を, さは, さようなら, さらばいざ, そういう加華荘舎, その部屋, それから, それこそ, それに, ただ飲まん, で僕, どうぞ怒らず, びかはす濱千鳥, びわたる, もろとも, わかき日, わが掌, わが過ぎし, わたくしは, われは, われらは, われわれが, アカイア勇將よ, アカイア陣中の, イエスの, グレーの, フレッシュ, ヨーロッパの, 一日は, 下界の, 中廣き, 二十歳の, 人の, 人間とは, 今ここに, 今まで, 今夜わたしは, 何と迚, 何の, 何故私共, 俺が, 俺は, 僕と, 僕に, 僕を, 僕達は, 先づわれの言葉, 全くこの, 其なら, 再び君, 勇武の, 友の, 古い器楽, 古い楽器, 吻り, 咎めて, 善き子, 地上の, 場裏に, 大連は, 大連へ, 妾は, 山よ, 御存じかね, 御身と, 忘れえぬ人びと, 思ひ知り泣きしこと, 恨まじ今日, 悲しい友, 情念を, 想像し, 我の, 我れ, 手を, 教会堂の, 早く浦上, 春が, 楊柳の, 歌あれ, 汝の, 汝は, 汝らわれを, 男兒たれ, 男兒の, 私に, 私を, 笑い給う, 笑う勿, 笑ひ, 精神的な, 絶れし, 自分は, 船は, 若しも我等, 落ついた熱心, 詩の, 読後の, 道ならぬ, 道の, 阿片の, 飲まむ, 馬車の, 駿馬を, 驚くなかれ

▼ 友として~ (142, 1.4%)

2 あはれに, わずかに, 暮したが, 理解する, 苦しい塹壕生活, 遊ぶて

1 [130件] あそびあ, いつまで, おつきあ, おられる筈, お宮の, かなしき戀, かろうじて生き, こういう山, ここへ, これくらゐ, しきりに申しわけ, しばらく遊ん, その啓沃, その待合せ, その術, それを, そんな怖, つきあえる, では, もう遅かっ, より外, ゐたこと, ゐる, ゐること, ゐるの, イタリアに, コタツで, ソヴェートを, ヴィアルドオ夫妻と, 一人室の, 世を, 交つた一人である, 交際する, 今生を, 会いましょう, 会うこと, 会する, 住んで, 余生を, 僅に, 僕が, 内の, 初めて全, 前例の, 原野に, 受けいれ得なかったであろう, 同じ柳並木, 同志として, 喃, 善かりし, 喜んで, 嘯咏自適あたかも, 四方に, 国府家の, 夕飯を, 天父の, 婦人の, 小さくなっ, 居た, 居るの, 引見せらるる, 彼等から, 怖れない, 恥か, 悟りすました, 悦びや, 感じられるには, 我ここに, 我を, 披露に, 持つて, 持つに, 日野氏と, 昔に, 昔より, 最も影響, 本来の, 来たよう, 来れるを, 欠伸の, 歩いたの, 母から, 漸やく, 澄太君を, 熊の, 物語って, 珍しく理解, 生きて, 生きられる限り御機嫌, 生に, 異性の, 皮と, 相互に, 相交つて, 眺めしほどに, 経営苦労しつ, 緑平老, 美き, 老の, 育ちあらい, 育ちながら, 自分は, 草双紙の, 荒野に, 行を, 複雑なる, 見て, 親しく交際, 親しむの, 親しむ可, 訪ねるの, 認識せん, 語って, 語りこの, 迎えるの, 送らねど, 遇し, 遊ばねど, 遊び楽しんだ, 遊ぶもの, 過して, 選んだ一詩人, 長くつきあっ, 閑日月の, 附合っ, 隠居し, 静かに, 頼るべき者, 高き感情, 高らかに

▼ 友~ (112, 1.1%)

5 の長襦袢 4 の花, の袖 3 の掻巻 2 である, の切, の夜具, の膝, の袋, を密

1 [84件] か何, か縮緬, がいつ, がちらちら, がはみ出す, がほんのり, が小, が濡れ, が着せ, が色, が藁, が豊か, でその, で清らか, とか繻珍, とも見える, と云, と綾, と繻子, などといったもの, にこぼれた, に搦ん, に松, に緋裏, に触れる, に鹿の子絞, の, のその, のつ, のふつくり, の下, の不断帯, の前垂, の前垂れ, の小浜, の帯, の影, の染め下地, の模様, の湯, の端, の紅, の紅匂, の絽縮緬, の緋桜縮緬, の羽織, の背, の色, の蒲団, の薄い, の衣, の袂, の袋さ, の裏, の裾, の褄, の褄端折, の襟, の襦袢, の襦袢ぐるみ袂, の襷, の襷がけ, の霞, は一層はらはら, は其の, は簪, は色, は被衣, も敷い, も露出, よ, をと思つた, を取巻い, を捌いた, を捌く, を掛物, を敷, を東京下り, を柔, を着た, を端坐, を袂, を飜, 凄く舞台

▼ 友~ (102, 1.0%)

9 の家 5 と幸吉 3 の小屋 2 の奴, の娘, はいよいよ, はお, は平気, を識

1 [73件] か, が, がなん, が売り物, が嫉妬心, が帰っ, です, で厳重, という厄介者, という悪い, とも出来合っ, にはお, には副業, にむかっ, にも何, に似, に引っ担い, に引渡された, に頼ん, の下心, の住居, の声, の家内, の度胸, の悪法, の慰み物, の敵, の方, の胸, の観世物, はおとなしい清, はおもしろ, はおもしろく, はどうも, はなかなか, はなにか, はほか, はよろこん, は一朱, は両, は云った, は勿論, は卅一, は吽, は和泉屋, は善八, は四年, は女房, は家, は宿, は手箱, は昼間, は無事, は甲府, は知らないらしい, は腕, は茶の間, は茶碗, は身, は酔っ, は釜無, は鍵, もこんな, もさすが, もまあ, も幸吉, も悪い, も眼, をたずね, をどう, を呼び寄せ, を呼ん, を恨む

▼ 友には~ (85, 0.9%)

3 言ふ 2 あらず, それが, わからない

1 [76件] あの小屋, ありけり, いかに重荷, いくらも, いつまで, いよいよわからない, いよいよ不利益, かえって前, この浪人, これを, こんな物語, さっぱり後見, さまざまな, じっと風物, そうしてお, そなた, その影, その心, その持合せ, その時僕, それ以上に, そんなこと, できません, どんな人々, またいささか, まだ, まだどこ, むしろ奇怪千万, よくわからない, よく徹底, 今の, 今までに, 何が, 何を, 充分に, 先天か, 全部わからない, 其癖が, 内々で, 出ない, 分らなかつたの, 別になんらの, 反感を, 口が, 夢寐にも, 大いなる疑問, 宿元を, 少し変った, 屑屋に, 幾分か, 得意の, 心外でした, 思い当らないし, 恵まれて, 敢て, 春水良斎北渓より, 會つた, 會ひたい, 死という, 測り切れない疑問, 狩谷, 猶かくし, 理不尽なる, 癪な, 目算が, 礼儀の, 私から, 義憤と, 肉が, 解くこと, 解せないの, 許す猫, 誘はれ易く, 誤解せらる, 逢えなかったが, 道庵の

▼ 友~ (70, 0.7%)

22 あつた 2 あらう

1 [46件] あつた間, あつて, あられたあなた, あらんこと, あらんと, あれほど, お客は, かつて僕, かれとは, そして同列, どういうつもり, なぐられたの, な一緒, ね青山, 久しくこの, 二男が, 今日も, 今日江北から, 共に他日, 共に武蔵国, 分身の, 別な, 大宮孝潤という, 好い位地, 妻猪川氏を, 嫡子栄次郎の, 学校も, 小学校の, 左慈字を, 市長の, 年長者であった, 後に, 後ろなる, 押えて, 抽斎より, 抽齋に, 拙者を, 教会から, 旭川の, 毎日の, 私が, 私の, 葬儀の, 蘭軒歿後には, 親友で, 集まった倶楽部員達

▼ 友としては~ (70, 0.7%)

1 [70件] あまりに若く, いささか化け物, いつも出様, おまじないより, お雪ちゃんの, かなり多く, かなり気, こうして道庵, この人, この先生, この墓地, この変, この踊り, これ以上の, こんないけ好かない, しどろもどろの, ぜひも, そう見る, その力, その活法, それを, そんなに有難く, そんな相談, たといお, つとめて気, ほとんど進退, まだこうして, やや嶮, やり切れぬ, ゆすぶって, 上の, 世話が, 今日の, 余儀ない次第, 偶然この, 先頭を, 全く予想外, 全く私一人, 出来過ぎですけれども, 前人の, 向うで, 変に, 奔馬追及の, 安宅の, 完全なる, 少しく焦れ出し, 少し飲み過ぎた, 度胸を, 形勢が, 得難い友, 心柄に, 悠々と, 手の, 抵抗した, 検地の, 檻を, 歯切れの, 無理の, 的なき, 知りも, 稀有の, 肯定とも, 自由自在に, 若い娘, 苦境に, 見まじとしても, 観察し, 言うだけの, 道庵を, 面白くも

▼ 友ちゃん~ (64, 0.6%)

2 は友ちゃん, も達ちゃん, や輝

1 [58件] がかえる, がきっと, がしきりに, がそんなふうに, が三十一日, が主張, が十月, が友人, が台所, が留守, が疲れ, が述懐, が速達, だけがずっと, だし, であら, という子, には婚礼, にもそう, にゆっくり, に満足, のこと, のよう, の半, の友達, の場合痛切, の姉さん, の弟, の机, の机とりかたがた, の父さん, の言い出した, の部屋, はあっち, はっとして, はまあ, はもやい, はナイーヴ, は二十八日広島, は持っ, は本当に, は臥, は自分, は送られた, は髪結い, もいくら, もきのう, もすこし, もって, ももう, もやつれ, も元気, も可哀想, やお母さん, をのせ, を思いやる, 出たらどちら, 愈

▼ 友~ (60, 0.6%)

3 は伸子, は玉島 2 の胸, の顔, は妻, は未だ, は潜り戸

1 [44件] が一月, が全く, が急, には短刀, の心, の手, の眼, の足, はあっと, はあわて, はいらいら, はこう, はそれ, はとうとうそう, はのっそり, はもう, はド, は一喝, は云い, は何, は勝手, は反っ, は夢中, は寝不足, は怒鳴った, は悪い, は憎悪, は懐中, は手探り, は拳, は横, は死人, は気, は無益, は然し, は病気, は皆, は簡単, は翌朝, は考え直した, は胸, は譫言, は鞠, は風呂敷包

▼ 友である~ (56, 0.6%)

2 かのよう, ことを

1 [52件] ありがたい友, かもしれない, か知れない, がいま, が酒癖, ことが, ことによって, ことのみに, ことは, こと彼女の, こと申す, し伊東, ためには, ということ, といふ, といふ思ひ, とこの, とはたしかに, とみずから, と云った, と共にまた, と同時に, と宮, と思つて, と知っ, と言う, と言えるだろう, にし, のに, ふたりの, ものから, ような, ようにと, カアル・フォン・ワイゲルト中尉の, 二人の, 他山の石は, 伊藤市郎氏この, 創作の, 加藤が, 同家の, 君に, 周防さまが, 外国人たちの, 大町の, 宇井という, 守屋さんは, 探偵小説家の, 神谷暢氏と, 私に, 私は, 紀伊の, 陳子

▼ 友という~ (49, 0.5%)

6 のは 4 男は 3 ものが, ものは 2 野郎は

1 [31件] くっきょう無類, どっちも, のか, のが, のだ, ので, のでありました, のも, ものだ, もの同僚という, やつで, ような, りっぱな, わけで, 人は, 人物が, 代物が, 名前は, 名前も, 奴が, 奴も, 学者の, 小男は, 常磐津の, 楽天性が, 珍物を, 甘さ, 男が, 礼儀は, 組の, 言葉は

▼ 友から~ (36, 0.4%)

2 送って

1 [34件] あた, いろ, この間うち, たよりが, つ, はるかに, われわれが, 一喝され, 一通の, 五六歩の, 何処かの, 何處かの, 初めて聞き, 制馭さるべき, 厳しい咎めだて, 受ける懇切, 問い返されて, 引き放そうと, 手紙を, 数年来欺かれ, 敵へ, 明白に, 書画骨董商等根気よく, 来たもの, 盗んで, 聞いては, 聞きたいと, 聞く必要, 裏切られた, 記者が, 貰った一朱, 貰った祝着, 贈られたピストル, 電話が

▼ 友にも~ (34, 0.3%)

2 あらぬ, よくわかります

1 [30件] あずからせたかったの, そう思われ, なまけさすよう, またわからなくなりました, また聡明, やっぱり黙っ, 不思議でならなかった, 会い難い, 会はう, 会ひき, 八重との, 分っては, 厚き好学, 同意を, 告げざらん, 常に忘ら, 役人にも, 往来する, 憩ふ, 明さ, 最初から, 棄てられしと, 殆ん, 申し含めて, 紅顔の, 血にも, 許さで彼媼, 語らず秀吉, 語りける事, 頷かれたの

▼ 友たる~ (32, 0.3%)

3 ことを, ものは 2 ことが

1 [24件] お前を, に恥じぬ, のみならず, を知り, クリトーン自身の, 上田博士も, 人たちよ, 今官一君, 同じ南, 名誉を, 少年と, 山田美妙の, 所以で, 所以を, 本多子爵と, 本多男爵さえ, 本多男爵さへ, 楫取, 美妙斎へも, 良三は, 英信も, 西帝の, 音楽強健な, 風守の

▼ 友なる~ (32, 0.3%)

2 ファブリイス伯に, 女と

1 [28件] かな, ことを, ものいた, をお, をや, チチコフも, ポツジヨおとづれ來て, 人の, 佐波武雄が, 士官が, 大詩人, 女どもに, 女房の, 宗祇の, 怨聲は, 懐しき夜, 本多少佐を, 某検査官, 梶川少年に, 狩谷, 男は, 神澤子と, 童子二人牽き行く, 結社が, 美少年梶川与之助も, 貴公子, 貴公子某, 黒衣と

▼ 友さんお前~ (31, 0.3%)

2 はわたし

1 [29件] いつ車力, が君, が尋ね, が欲しい, が裸, が預かった, これからわたしたち, だけに通る, どうしてまあこんな, なにか腹, にはお, に内密, のお, はいい, はお, はこのごろどこ, はその, はそれ, はまだ, は今日, は今晩, は力, は字, は学者, は槍一筋, ほしいなら, もし, も両国, 来るぐらい

▼ 友であり~ (31, 0.3%)

2 兄弟で

1 [29件] あらゆる浪費者, おた, そう信じ, たいから, ちっとや, ながら余りに, また師, よき市民, 世界人類の, 仲間で, 伴侶であった, 兄妹である, 先輩である, 助言者であり, 又詩歌, 召使の, 同じく野球部員, 同胞であった, 師であっ, 師である, 弟子であった, 彼が, 彼を, 心契の, 思いを, 擁護者であり, 母であった, 真の, 自分は

▼ 友~ (30, 0.3%)

4 から出版 2

1 [24件] から, からの依頼, から出した, から届いた, から發刊, から頼まれ, が商略上大袈裟, で出し, というもの, という事, と自由党, にも種々, に入社, に話し, のたしか, の傍, の大家製造, の徳富蘇峰氏, の折紙, の誤謬, は報酬, は彼, は文章, をし

▼ 友~ (28, 0.3%)

2

1 [26件] からがんりき, からだ, がその後お互い, が公人的, けれども大名旗本, けれど素手, し敵, つた, つた市島春城翁政治上の, つた田能村竹田の, と, というの, といえる, といっ, といふ, とて身体, とばかり思っ, と思っ, と気, な, なんてうぬぼれ, のと, よ友造, よ本当, よ網受け, んな

▼ 友~ (28, 0.3%)

2 の御, はどう

1 [24件] あ, あれ見ねえ, おたがいについ知らず, か, がい, がお, が食い足りねえ, こういうわけ, しっかりし, そう前, だってこれ, どうした, のお, の精分, の野郎, はまだ, は鎌倉, もいい, やあー, や友さん, よくあの, 何とか知恵, 済まねえが, 見な

▼ 友~ (28, 0.3%)

2

1 [26件] がどう, が夜鷹, が貸金, だから, だその, だな, だよ, ではない, で悪けりゃ, という名, とやらもう一度, と噛ん, と称す, どのお, どのそ, どの奢らなくっ, どの覚悟, の名, の米友, の逃げ, は, は口小言, は御, は舌打ち, は面倒, を見かけ

▼ 友~ (27, 0.3%)

2 は日英

1 [25件] という男, の前, の耳, の顔, はここ, はこの, はこれ, はさっき, はすぐ, はその, はそのまま, はそれ, はどこ, ははっと, はもう, は一朝, は何, は判官, は喜んだ, は城隍司, は官人, は家, は恐る恐る, は案, もいっしょ

▼ 友では~ (26, 0.3%)

6 ありません 5 ない 2 あり得ない, あるが, なくて 1 あり以後, あるし, とても人, ないか, ないが, ないの, なかった, なからうかと, なく直に

▼ 友とは~ (26, 0.3%)

1 [26件] あんまり反, いうまでも, いえぬ謂わば, いかなる方々, いったん心得た, お茶の水駅の, ここで, して, そこを, その焚火, どっちが, なりがたい, やや有り, 人気者の, 何であった, 何であろう, 偶然その, 古い顔馴染, 向う前, 善光寺本堂を, 大正末年以後唯二囘遭遇した, 帰って, 時としてよき, 楽を, 次から, 認め得ないその

▼ 友~ (25, 0.3%)

1 [25件] お角, がんりきだけが, また故郷, 不死人, 主婦自身の, 于, 合理化展の, 同志に, 国民新聞なにかへも, 大根馬, 妹は, 樒売り, 氷菓を, 県民たちに, 知人が, 知己を, 秋茂たちが, 秋茂などに, 紀秋茂や, 自分にたいする, 親戚は, 誰れ, 違はむ, 部下の, 骨肉が

▼ 友伯父さん~ (24, 0.2%)

2 と一緒

1 [22件] がその, が東京, だけは頭, といふ人, と同い年ぐらゐで, に隣家, の側, の手, の方, の髮, はなか, はもう, はよく, は蜂, は裏, は近所, もみんな, も呼ばれ, も好き, も父さん, や吉さん, を連れ

▼ 友二郎~ (23, 0.2%)

2 が同情, が支配人, だ, の眼, は世にも, は四十年配, は少し, は確り, を顧みます 1 にも信用, に差支, に差支え, の寝室, の寢室

▼ 友~ (23, 0.2%)

1 [23件] が續, とたつた, と別れ, と鳩谷小八郎, にも鳩谷小八郎, に釘付け, の取, の後, の振り返つた, の方, の父一色清五郎, の眼, はしかと, は丁寧, は五六尺下, は折, は立上がりました, は藝道, は藤左衞門, より四つ年下, を搜, を縛り上げます, を遙

▼ 友であった~ (22, 0.2%)

2 ムク犬の

1 [20件] から意外, か何, がその, が何ぞ, が弓矢, ことを, ということ, というこの, と自ら, と言っ, のだ, のである, のです, 俳諧の, 唖, 家具商の, 永機は, 老いたる, 証拠には, 青年カアルの

▼ 友との~ (21, 0.2%)

3 間に 2 間には, 間の

1 [14件] ありのままに, ことを, なかに, 一別来の, 人生の, 会話などで, 夢だつた, 対話に, 約を, 誓いを, 講窮し得たる, 道衍を, 間という, 黙契が

▼ 友~ (21, 0.2%)

2 の一行

1 [19件] が心, こそ幸い, とともにあら, とパン, にさ, に対しては頗る, に挨拶, の寛宏, の小さな, の感情, はかれ, は慰められ, をいき, をお, を眼下, を見いだすだろう, を責める, 去りに, 望み見よ

▼ 友~ (20, 0.2%)

3 の雨, は可憐しき姿 2 の凉, の帶, の紅葉目 1 のそう, のふと, の単, の帯, の涼しげ, の紅葉眼, の美しき, の袖

▼ 友~ (20, 0.2%)

2 の御

1 [18件] が, がまた, が粒蒔, じゃない, というもの, という人形, とお喋り坊主, と引合わし, と言っ, と言った, なんぞもその, には米友公相当, のもたらした, の如きで, もよそながら, を失っ, を捨て, 実はおれ

▼ 友~ (19, 0.2%)

1 [19件] いった, たずさえて, たより二通澄太君へ, 久振, 余りに美しく, 向って, 向つて稍, 告げた, 尽くす場合, 御贈り下さるべく, 応じながら, 振り返つて, 捧げる夕べ, 書いた私, 書状を, 自分の, 送った書簡, 酒を, 頭を

▼ 友~ (19, 0.2%)

2 は家光

1 [17件] が出, が家光, が態度, が起ちかけた, であった, といちばん, とよく, には癲癇, にも四男, に応じ, のことば, はそのまま, は上様, は柳営, は狼狽, は目, へ止めろ

▼ 友~ (18, 0.2%)

2 のお

1 [16件] だつた, で一円五十銭, などいう, なんぞへ行く, に差し向けた, に来た, の名, の横町, は彼, へでも出掛ける, へ来, へ駆けつけた, より他, を伴, を出た, を訪れた

▼ 友太郎~ (18, 0.2%)

1 [18件] がグイグイ, がハッ, が今年, が又, だけは惜しかっ, だったの, という立派, のだった, の事, の手, の異様, の話, はその, も十二, も十歳, も親父, を一人, を捕まえ

▼ 友~ (18, 0.2%)

2 の帶

1 [16件] だと, づくめ, にふくら脛, に赤き, のふろ敷包, の半襟, の夜着, の掛蒲團, の着物, の襦袢, の長襦袢, の長襦袢一つ, も淺, を一面, を外し, を敷いた

▼ 友でも~ (17, 0.2%)

2 あった

1 [15件] あったが, あったので, あつた, ありません, ありモリエエル, ある, あるから, ある彼, ある草薙天鬼, これは, 出來, 無い尊敬, 疑つて, 相手を, 訪ねるか

▼ 友としても~ (17, 0.2%)

1 [17件] いよいよ米友度胸, こんなところ, それは, たとい人, ちょっと途方, やりきれない, よしこんな, 何かしら観念が, 地団太踏ん, 変な, 天性の, 当りが, 思い設けぬこと, 男子の, 突慳貪であります, 身心ともに, 鉄砲玉の

▼ 友なら~ (17, 0.2%)

1 [17件] なくに, ばこういう, ばここ, ばなかなか, ば一, ば二言, ば思い立った, ば我慢, ば昂奮, ば汝, ば適任, ば面白い, ば食っ, め, 其を, 友の, 心を

▼ 友と共に~ (16, 0.2%)

1 [16件] この小銭, すること, するに, 一夜騒いだ, 事を, 光明の, 天子関白わけ取りを, 山いちごの, 有楽座, 東京に, 東京へ, 潜かに, 立つて, 見上げた七葉樹, 踵を, 遠征の

▼ 友にとっては~ (16, 0.2%)

1 [16件] お角, かなり重大, これが, よい記憶, 事柄その, 今まで, 仕合せでありました, 何の, 唯一の, 女軽業の, 忌々しいこと, 用を, 笑われる自分, 苦手である, 道庵が, 非常なる

▼ 友に対する~ (16, 0.2%)

1 [16件] その態度, ような, 不満の, 不満を, 信義とは, 反抗心と, 同情を, 彼の, 期待からも, 無情なる, 答は, 精神であった, 語と, 語は, 語後半は, 返答九章二十五節

▼ 友~ (16, 0.2%)

2 の幹事長

1 [14件] という, といふ, とは何ん, なればこそ, に於, の会報, の巨頭株, の暴状, の秋季大会, は伊藤松宇, は心, へも段々, へ出席, へ行く

▼ 友ほどの~ (15, 0.2%)

3 ものが 2 豪傑が 1 ものを, 人格者に, 人物が, 剛の者が, 男が, 緊張した, 者が, 腹も, 豪傑として, 豪傑に

▼ 友~ (15, 0.2%)

2 を結ぶ

1 [13件] が保たれ, が望み, と平和, と香料貿易関係, にしばし, の手, の關係, もあった, を回復, を成立, を求めた, を申入れ, を結ぼう

▼ 友自身~ (15, 0.2%)

1 [15件] が一隻, が心得, すらもこの, だけで単独, では名状, では誰, になっ, にもよく, にもナゼ, に於, の形相, の言う, の面目問題, は寸暇, もそれ

▼ 友あり~ (14, 0.1%)

6 遠方より 1 あるいは碁, て世, て病, と思っ, 嘗て我, 寝床あり, 火あり, 遠方から

▼ 友とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるべき者, いうべき堀口, なりて, なりぬべし, ろともに, わが妻, 交わって, 別れ行雲流水一人旅, 師とも, 成ぬべし, 言えるの, 語らず情勢, 逢えないかも, 遊ばず衣ひき

▼ 友に対して~ (14, 0.1%)

1 [14件] たった五年, 一種の, 云々, 否とは, 寛大であっ, 年齢の, 感じた, 感謝こそ, 正しき関係, 物やさしい, 真の, 私自身に対して, 過去の, 過大の

▼ 友への~ (14, 0.1%)

3 たよりに 2 たより, 消息に 1 おみやげに, たよりの, なつかしさ, 怒りは, 愛するが, 約束を, 義理からも

▼ 友としての~ (13, 0.1%)

1 [13件] すまな, スイートな, 働きかたは, 幻想や, 心持は, 感情にて, 深い感慨, 深夜の, 礼儀を, 芸当は, 詠歎に, 資格を, 関係を

▼ 友~ (13, 0.1%)

2 に叫び

1 [11件] か, と婢女, に, の中, の悲しみ, の斃, の間, はわが, よあゝ, を, をおどし

▼ 友大助~ (13, 0.1%)

1 [13件] がヒョッコリ私, だつた, というの, のこと, の事, の名, の眼, の配下, は危險, は相, ほど誠實, も彼, を訪ね

▼ 友江田先生~ (13, 0.1%)

2 の統計趣味

1 [11件] がヤッ, というの, とがピッタリ, とミチ子, の命ずる, の外, の意見, の顔, の顔色, は大学, よりは矢張り四歳下

▼ 友~ (13, 0.1%)

4 の妻 2 のところ, は萎れ返り 1 はいよ, はいよいよ, は饅頭, もはや生きた, 最早生きた

▼ 友~ (12, 0.1%)

1 [12件] というの, という者, などがこもごも, なども附き添っ, など当代, の宅, の案内, は信長, や明智光秀, をお, をやっ, を使者

▼ 友たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] が伊予, とも水魚, と別れ, にも恐らく, のことば, の連中, の顔, はここ, は円坐, は各, よはるか

▼ 友といふ~ (11, 0.1%)

3 中にも 1 のは, ものは, チャルデン氏僕の, 俳諧を, 友は, 名に, 生徒の, 老舖

▼ 友をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] またいかなる, 俟たず, 商貨に, 失ったの, 尋ぬる, 想起せざる, 招じ, 持たなかった, 捲添えに, 欺くこと, 誘ふひま

▼ 友なれ~ (10, 0.1%)

2 ばこそです 1 ど先夜, ばこそこうして, ばこそ一飛び, ばこそ体, ばなり, ば告ぐべし, ば渠, ば重ね重ね

▼ 友にとって~ (10, 0.1%)

1 お君, なんらの, ゆっくり羽, 不利な, 怖い人, 戦いにくい, 打撃に, 苦手であっ, 重大なる, 鬼門である

▼ 友さんわたし~ (9, 0.1%)

2 がここ, はお前 1 のこと, の心持, はお前さん, はどう, は大湊

▼ 友だった~ (8, 0.1%)

1 がその, それが, という内海孫兵衛丞, に違い, のだ, 大谷刑部の, 市島春城翁政治上の, 男の

▼ 友ちゃんと~ (8, 0.1%)

1 ならいい, わたしという, 云えば, 交代です, 子供らの, 水いらず, 河村夫妻昨夜八時すぎに, 輝の

▼ 友~ (8, 0.1%)

2 ちは 1 ち, ちかたみ, ちとこの, ちに, ちを, ち一百余人

▼ 友~ (8, 0.1%)

4 んだ 1 のだ, のであります, のでございます, んでし

▼ 友なき~ (8, 0.1%)

1 かと哀, なりといへ, は此世, をかこつ, を友, 境涯に, 孤独を, 野邊の

▼ 友より~ (8, 0.1%)

1 ともして, エゴイストと, 先に, 友に, 得る所, 更に, 軽き約束申出で, 遠く人口

▼ 友~ (8, 0.1%)

2 いなるもの 1 いとあれ, いなる者, いはいねえか, い友兄, い籠さん, に奢っ

▼ 友~ (8, 0.1%)

1 と出くわした, と離れ, は千筋, は境, は見えねえかよう, へ示す, も今, を悉く

▼ 友造君~ (8, 0.1%)

2 を迎え 1 が無事, と前置き, なればこそ, によく, よく無事, 奢るか

▼ 友~ (7, 0.1%)

2 吹風は 1 しらぬが, 何ぞの, 兄の, 婦女界の, 飲み友達

▼ 友一人~ (7, 0.1%)

1 がそれ, が向う, だけです, では, と駄馬一頭, はまた, を遠巻き

▼ 友~ (7, 0.1%)

1 に七三, に随処, の叫び, の啖呵, の極めて, の警句, の驚異

▼ 友~ (7, 0.1%)

1 とともに自分, に嘲られ, に知らしめざりき, の熱心, は多く街頭, は深く, は貴君

▼ 友からの~ (6, 0.1%)

1 手紙だつた, 手紙に, 手紙を, 消息は, 貢物だ, 贈物である

▼ 友さん何~ (6, 0.1%)

2 をし 1 が気に入らない, でもいい, をお, をする

▼ 友たり~ (6, 0.1%)

1 し事, し南岳, し頃, 師たる, 得るもの, 汝信あらず

▼ 友です~ (6, 0.1%)

1 から彼, から眠っ, から私, から通じません, が美少年, よ大臣級

▼ 友とか~ (6, 0.1%)

1 されて, よぶ人, 刎頸の, 莫逆の, 身内の, 重くしすぎる

▼ 友とが~ (6, 0.1%)

1 たがいに, 仮りに, 会話最中, 出て, 杯を, 私たち三人の

▼ 友とを~ (6, 0.1%)

1 あはせ, 同時に見出し, 彼らの, 昔日の, 身に, 隔てる根本的

▼ 友なり~ (6, 0.1%)

1 ああ, ければ, 其心操の, 出で, 利害道義もっ, 足下の

▼ 友二人~ (6, 0.1%)

1 が訪れ, と親類, と都合六人, の如き, は適当, まであるで

▼ 友二郎さん~ (6, 0.1%)

2 から聞いた, を送る 1 の泊っ, の泊つて

▼ 友兄い~ (6, 0.1%)

1 にきわまっ, に落雁, の奴, は思いつき, ほどにはない, をひとつ

▼ 友引き~ (6, 0.1%)

1 だったから, でありたと, と言, の日, をする, を防ぐ

▼ 友朋輩~ (6, 0.1%)

3 にも洩らさじ 2 は變屈者 1 は変屈者

▼ 友染模様~ (6, 0.1%)

1 が桔梗, が浮, のよう, の背中, の色, の裾

▼ 友谷さん~ (6, 0.1%)

1 が何とか, と団子坂, に誘われ, の旦那さん, はかた, もきれい

▼ 友さんあなた~ (5, 0.1%)

1 があそこ, だけが荒れ出し, に買っ, のいらっしゃる, のお

▼ 友さんお前さん~ (5, 0.1%)

1 が来たら, だって男, の今, はうんうん, は相

▼ 友じゃ~ (5, 0.1%)

4 ないか 1 ない

▼ 友その~ (5, 0.1%)

1 一人である, 友の, 手を, 者を, 面も

▼ 友とても~ (5, 0.1%)

1 この歳, また昔噺, 同じこと, 大名の, 農業の

▼ 友とともに~ (5, 0.1%)

1 する, 三人一しょに, 山を, 暴飲も, 遠く天草島に

▼ 友なし~ (5, 0.1%)

3 雀心して 1 折々聞, 経済の

▼ 友にたいして~ (5, 0.1%)

1 いだいてるの, セシルは, 彼女は, 自分の, 餞別の

▼ 友に対しては~ (5, 0.1%)

2 話は 1 あちら向きに, 不信であり, 従者あつかい

▼ 友われ~ (5, 0.1%)

1 に送りぬ, に飯, は僧, より捨て去りし, を咎むること勿

▼ 友を以て~ (5, 0.1%)

2 聚まる 1 兇暴性を, 全く己, 遇し

▼ 友三人~ (5, 0.1%)

1 あり天姿奇秀, と共にこの, に訪, はヨブ, を追

▼ 友~ (5, 0.1%)

1 それでは僕, とこの, の店, はここ, をその

▼ 友~ (5, 0.1%)

1 という旗元, という若い, の兄, の手引, の枕元

▼ 友~ (5, 0.1%)

1 だろうぐらいに, と云う, によろしく, の名前, も同

▼ 友からは~ (4, 0.0%)

2 この頃 1 それきり何の, なれられても

▼ 友でした~ (4, 0.0%)

1 から, からみんなプッ, がお雪ちゃん, しはかり

▼ 友なく~ (4, 0.0%)

1 して, ては生存, 大峰に, 愛人なく

▼ 友一類~ (4, 0.0%)

1 が南海, の海賊, の海賊征伐, の海賊征討

▼ 友交的~ (4, 0.0%)

1 であった, であった王, な会見, に迎え

▼ 友~ (4, 0.0%)

1 し亂鬪, はどう, は海外貿易商會, をときめく

▼ 友切丸~ (4, 0.0%)

2 や時鳥 1 の詮議, は

▼ 友~ (4, 0.0%)

1 が文久二年, などの通辯, に提出, の弘成館

▼ 友呼ぶ~ (4, 0.0%)

1 千鳥の, 千鳥一羽の, 声も, 鹿の

▼ 友房氏~ (4, 0.0%)

2 は今, は自ら

▼ 友白髪~ (4, 0.0%)

1 までも尉, までも添いとげよう, まで偕, まで添

▼ 友~ (4, 0.0%)

1 は, を布政司参議, 云此地既に, 居士の

▼ 友~ (4, 0.0%)

1 の妻, の子, は或は, は飯田安石

▼ 友蔵兄弟~ (4, 0.0%)

1 が待っ, が駈けつけた, は思い切っ, も大

▼ 友諸君~ (4, 0.0%)

2 からしきりに 1 に申, は歓迎

▼ 友造さん~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, という方, とおっしゃる, まあそこで

▼ 友ある~ (3, 0.0%)

2 人は 1 こそ嬉しけれ

▼ 友かや~ (3, 0.0%)

3 雁の

▼ 友これ~ (3, 0.0%)

1 によりて救はる, は不破, を発狂

▼ 友さんそれ~ (3, 0.0%)

1 じゃ話, を言います, を逃がしちまっ

▼ 友たら~ (3, 0.0%)

21 んには

▼ 友だけは~ (3, 0.0%)

1 海道箱根ノ, 素足でありました, 蓑を

▼ 友だって~ (3, 0.0%)

1 いいますがね, 知って, 腹の

▼ 友であろう~ (3, 0.0%)

1 とこれ, としてこの, と敵

▼ 友でなく~ (3, 0.0%)

1 ても山路, ても誰, 神も

▼ 友でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばこういう, ばたしかに, ばならぬ

▼ 友とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものの, 変てこな, 娯楽の

▼ 友とに~ (3, 0.0%)

1 感謝する, 絶望的宣告を, 離れたる孤独

▼ 友など~ (3, 0.0%)

1 あれば, 見えると, 訪ねて

▼ 友なるおう~ (3, 0.0%)

1 なの俄, なは消息, なみまかり

▼ 友はは~ (3, 0.0%)

1 はあこの, はあそういった, はあやって来た

▼ 友ひとり~ (3, 0.0%)

1 が寝, の幻想, 載せ

▼ 友らしい~ (3, 0.0%)

2 のである 1 一人芸で

▼ 友並み~ (3, 0.0%)

1 にさがる, に一足, に何

▼ 友兄さん~ (3, 0.0%)

1 のいう, の事, は正しい

▼ 友協会~ (3, 0.0%)

1 における初演, に紛糾, の演奏会

▼ 友恋し~ (3, 0.0%)

3 さに

▼ 友悪友~ (3, 0.0%)

1 がわれ, のおも, も根元

▼ 友~ (3, 0.0%)

1 におくっ, における, コルラヂーノの

▼ 友様お前~ (3, 0.0%)

1 にも一つ頼み, は手出し, も唄

▼ 友次郎さま~ (3, 0.0%)

1 が先ほど, に添わしてた, のお

▼ 友~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の鉄環

▼ 友谷静栄さん~ (3, 0.0%)

1 と, などみんな元気, の下宿

▼ 友造どん~ (3, 0.0%)

1 あの時, に奢らせなけれ, はどう

▼ 友金兵衛~ (3, 0.0%)

1 との長話, と共にこの, を訪ね

▼ 友長医学士~ (3, 0.0%)

1 で一人, に依っ, の鑑定書

▼ 友お前~ (2, 0.0%)

1 が苛め殺した, はその

▼ 友からも~ (2, 0.0%)

2 よく便り

▼ 友この~ (2, 0.0%)

1 子幾百の, 男には

▼ 友さんあれ~ (2, 0.0%)

1 からどう, から二人

▼ 友さんわたくし~ (2, 0.0%)

1 はどうも, は暫く

▼ 友さん久しぶり~ (2, 0.0%)

1 だ, でしたわね

▼ 友さん君ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にもお前, は旅先

▼ 友さん後生~ (2, 0.0%)

1 だから, だけれど

▼ 友さん怪我~ (2, 0.0%)

1 をした, をしない

▼ 友しか~ (2, 0.0%)

1 いないもの, 持たぬ奴

▼ 友しゅう~ (2, 0.0%)

1 だよ, の弟

▼ 友たるべき~ (2, 0.0%)

1 一人の, 人々の

▼ 友たる者~ (2, 0.0%)

1 は勢, は綿工場

▼ 友だけが~ (2, 0.0%)

1 彼の, 毎日見

▼ 友であっ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て彼

▼ 友でありまし~ (2, 0.0%)

1 て其後, て同じ

▼ 友でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, ない普通

▼ 友とい~ (2, 0.0%)

1 へど, へるもの

▼ 友とや~ (2, 0.0%)

2 成るらん

▼ 友ながらも~ (2, 0.0%)

2 公事なれ

▼ 友などは~ (2, 0.0%)

1 あり得る, 見つからないもの

▼ 友ならず~ (2, 0.0%)

1 いざ行か, 朋友は

▼ 友ならね~ (2, 0.0%)

1 ども, ば元

▼ 友なりしか~ (2, 0.0%)

1 又はアヌンチヤタ, 我なりしかと

▼ 友においては~ (2, 0.0%)

1 一向そんな, 実に容易

▼ 友にこそ~ (2, 0.0%)

2 逢ひ

▼ 友にたいする~ (2, 0.0%)

1 心地で, 憐れみの

▼ 友にまで~ (2, 0.0%)

2 それを

▼ 友に対しても~ (2, 0.0%)

1 あまり使い慣れない, 朝夕手を

▼ 友また~ (2, 0.0%)

1 ねむる, 僕と

▼ 友みたい~ (2, 0.0%)

1 に交わっ, に洛中

▼ 友みな~ (2, 0.0%)

1 のわれ, 聞かず

▼ 友もが~ (2, 0.0%)

2 な磯

▼ 友よび~ (2, 0.0%)

2 てまた

▼ 友よりも~ (2, 0.0%)

1 上手に, 年まわりが

▼ 友らアカイア~ (2, 0.0%)

1 の勇士, の諸

▼ 友をさえ~ (2, 0.0%)

1 出し抜いたこと, 怖れなかった

▼ 友クラブ~ (2, 0.0%)

1 で一荘, で二荘

▼ 友シュルツ~ (2, 0.0%)

1 があこがれてる, のこと

▼ 友ステパン・ミハイロヴィチ~ (2, 0.0%)

1 の健康, の哀れ無常

▼ 友ピリトウス~ (2, 0.0%)

1 とヒッポダーミア, を助け

▼ 友一味~ (2, 0.0%)

1 の不, の輩

▼ 友一流~ (2, 0.0%)

1 の備え, を開く

▼ 友丸伊奈子~ (2, 0.0%)

1 という娘, と私

▼ 友二人一~ (2, 0.0%)

2 はエキオス

▼ 友五月号~ (2, 0.0%)

2 に其の

▼ 友交関係~ (2, 0.0%)

1 で加盟, を結ぶ

▼ 友仙ちりめん~ (2, 0.0%)

2 の切れ端

▼ 友共産~ (2, 0.0%)

2 を主義

▼ 友十郎~ (2, 0.0%)

1 だけが幕裾, などが再度

▼ 友及び~ (2, 0.0%)

1 その馬, 熊の

▼ 友同役~ (2, 0.0%)

1 の友人加山耀蔵, の雷横

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 に双, を愛す

▼ 友呼び~ (2, 0.0%)

1 に行く, の声

▼ 友塩田良三~ (2, 0.0%)

1 はこの, は安積艮斎

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 出来, 張宴楽

▼ 友宇治山田~ (2, 0.0%)

2 の米友

▼ 友室生犀星~ (2, 0.0%)

2 は生れ

▼ 友宮本二郎~ (2, 0.0%)

1 が上, と海陸

▼ 友小島春庵~ (2, 0.0%)

1 が京都, 尚質

▼ 友~ (2, 0.0%)

2

▼ 友川某~ (2, 0.0%)

1 という侍, という旗本

▼ 友庄亮~ (2, 0.0%)

1 が頭, である

▼ 友征伐~ (2, 0.0%)

1 にも此人, に来る

▼ 友~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 友徳富猪一郎君さき~ (2, 0.0%)

2

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の友

▼ 友忠利~ (2, 0.0%)

1 であった, を失った

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, を性格

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 ひ出す其身, ふ御者

▼ 友数人~ (2, 0.0%)

2 のほか

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 と共に満, と名乗り

▼ 友李徴~ (2, 0.0%)

1 であったこの, であつ

▼ 友李徴子~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 友染模樣~ (2, 0.0%)

1 の派手, を鮮

▼ 友染縮緬~ (2, 0.0%)

1 が端もの, のやう

▼ 友様後生~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 友欲しき~ (2, 0.0%)

2 念の

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 の客, はその

▼ 友浄土~ (2, 0.0%)

2 の同行

▼ 友無し~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 に訓, のペーリュウス

▼ 友白首~ (2, 0.0%)

2 でも縊ら

▼ 友百瀬慎太郎~ (2, 0.0%)

2 が大町

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 いへれば, 訪い集い

▼ 友禪模樣~ (2, 0.0%)

1 と見せた, の美しい

▼ 友禪縮緬~ (2, 0.0%)

1 に包まれた, の顫

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 一の, 二が

▼ 友耳建日子~ (2, 0.0%)

1 という者, を副

▼ 友蔵夫婦~ (2, 0.0%)

1 も賛成, も鼻

▼ 友誌上~ (2, 0.0%)

1 に折々, へ第

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 將軍, 民衆の

▼ 友講談雑誌~ (2, 0.0%)

2 の月遅れ新本五冊

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 で知合ってる, に

▼ 友造どんお前~ (2, 0.0%)

1 にはなんとも, の槍

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 すでに攻む, と合した

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 の広間, の給仕

▼ 友~ (2, 0.0%)

1 てん, はロンドン条約

▼1* [635件]

あの繊細に, 友あまたかたらひ来, 友ありければ, 友として我と, 友いかに俊敏なり, 友いつまでか, 友いづこに, 友ほかた, 友およびジャン・クリストフの, 友かくて出, 友かと思われる, 友かぶれがし, 友からよりも彼らから, 友がかかつて居り, 友がきの上, 友がたのお, 友がのこのこと, 友がははあそれでは, 友がり恋ふる, 友くらゐの, 友ぐるみ輪の中, 友さえが氏と, 友さびしからむ五つ六つ買, 友さんあそこへおいでの, 友さんあなたさっき外で何, 友さんあんた今なにをし, 友さんいつでもいい, 友さんいつお前江戸, 友さんいま帰ったよ, 友さんいまお前がう, 友さんお前さっきのこと, 友さんお前御苦労さまだがね, 友さんお前無理をいう, 友さんお前貧乏の味, 友さんここへ泊め, 友さんこれはわたし, 友さんごらんなさいあの, 友さんそっちはわたし, 友さんひとつ取って, 友さんムクを助け, 友さん一人相撲の真似, 友さん事情がわかり, 友さん二人で一緒, 友さん今までは頼み, 友さん今ここへ石, 友さん今夜ここへあの, 友さん今弁信さんが鷲, 友さん今晩わたしを此家, 友さん以外の人, 友さん友さんと立てなけれ, 友さん友さん今ここへ石, 友さん吃驚しなくても, 友さん夜になっ, 友さん大変なん, 友さん奥のお座敷, 友さん家にいる, 友さん御苦労だが, 友さん御飯でも食べ, 友さん心配なさりますな, 友さん悪戯をし, 友さん提灯をつけましょう, 友さん無茶なこと, 友さん熊はどんな, 友さん私は今, 友さん竿をどう, 友さん米友さん家にいる, 友さん腸をおい, 友さん自分は真直ぐ, 友さん自身の何, 友さん舟へ乗っちまっ, 友さん裏の潜り戸, 友さん違やしません, 友さアんこの, 友じゃあねえと腹の中は, 友じゃに依ってなどと, 友と申し, 友すゞめかな, 友ぜんの座ぶとん, 友ぜん模様の寝床, 友そして君を, 友そのものが棒, 友それはそれ, 友ぞと云うであろう然, 友たち一味に答え, 友たらざる也北平は, 友だのグループを, 友だんなさまの顔, 友だ斬って二ツ, 友ちゃん七時近くおかえり, 友ちゃん余りおそくない, 友ちゃん安心して, 友ちゃん息子おばあちゃん, 友ちやん遊ばない, 友ちやんの姉さん, 友やが, 友つぎつぎに死す, 友づれに変り, 友であったればこそお, 友でありましたけれどもこの, 友でありますが今, 友でがしたからな, 友でございと名乗っ, 友でございましてその, 友でござるが何ら, 友でさえがこの吐く, 友でさえも利用の, 友でして鈍重, 友でないと言われ, 友でなかった日には, 友というは大臣のよ, 友といつては少し, 友といふの景の, 友といふは大臣のよ, 友といふばかりわが山, 友とかいふ雑誌は, 友としか見て, 友としてだけでも生きて, 友とぞなして, 友とだけです, 友とて今日の, 友とては結脈一つに, 友とてもそう無茶に, 友となツて, 友とまで思うて, 友とめづ人は, 友とめず人は, 友どのはあなた, 友ども打語らい鳰, 友なき淋しい生活を, 友などといえば, 友などに見つけられなばと, 友などにも脆く西部, 友などもきッ, 友なみだ垂れ手, 友なめて遊ば, 友ならざるなししかし, 友ならぬことは, 友ならびに大衆の, 友なりき一匹は, 友なりけるベルナルドオを, 友なりしかば恰も物, 友なりと二郎は, 友なるべければと自ら, 友にさえ聞かすこと, 友にぞありける, 友にだに暇乞する, 友についての知識は, 友については余りあとの, 友にて命運の, 友にでも打明けるべきだったが, 友にとっての幸いは, 友にとっても彼が, 友によって洗われ弁信, 友に対し私は, 友に対するほど嫉妬し裏切る, 友に従って薬師堂の, 友に関して近隣の, 友のうへ病める人, 友のうへにもながれる, 友のみが同じところ, 友のやまひの, 友はじめお角さん, 友はちよつと眉, 友はと見れば, 友はほどなくとある, 友ばかりである肉縁, 友ひとり傍に来, 友ひょいと振仰いで, 友へかあるいはもう世に, 友へは彼が, 友ほしそうである, 友ほどに絶対に, 友みな佛の恩, 友みな己が道, 友めったにバカを, 友もう少し前へ, 友もじっとしてはおられず, 友もつひに, 友もろともにつける, 友やっとそのたぐり, 友やら身寄りやらに, 友ゆえ油断あるなと, 友よき社会人である, 友よとひそかに, 友よはひ経, 友よりてわれと, 友よりの手紙なれ, 友らしく答えかなり珍妙, 友ら其前に盾, 友ら奮つて男兒たれはげしき, 友ら懸念誠に然り, 友ら男兒たれ衆, 友ら言ふかも, 友わが膝をか, 友わしはただ, 友わたしばかりは, 友をかおのれをか, 友をしか期待し得なかった, 友をすらあのめざましい, 友をぞおもふ, 友をだに見出さざるを, 友をばかりでなく愛するすべて, 友をまで犠牲に, 友アザラシの頭, 友アプデルハルデン氏も數年間, 友アリ遠方ヨリ来ル云々に就い, 友イビキ声にほくそ笑み, 友イベットに呼び寄せられ, 友エリパズまず語る, 友カアル・フォン・ワイゲルト中尉の令姉夫人, 友カセルラこの魂, 友クリストフの悪口, 友グロスマンの周旋, 友サムはその, 友シュテッヘを毒殺, 友シュパウンはこう, 友シンドラーは, 友ジャンナンが馬鹿げた, 友スター等の雑誌, 友セリヌンティウスは深夜, 友セリファンを殴しつけ, 友ソーンダイクに適当, 友トオカルがこの, 友トオマス・スティヴンと材料蒐集, 友トシ新鮮ナ空気卜豊カナ日光トヲ得ル目的, 友トスルハ丘之ヲ恥ヅ, 友トナスノ益ニシテ又植学, 友ハ賀古鶴所君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君ノ一筆, 友バルベイ・ドオルヴィリとトレビュチアン, 友パトロクロスの幽魂, 友ビレラフォンを捨て, 友フエデリゴの曾, 友フーラー博士よ, 友ベートーヴェンは自然, 友マカロフよ, 友マクマイケル言いしは, 友マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークと親しんだ, 友モラルの否定, 友ユースタスは夕食, 友ラインハルト夫妻をますます, 友リザベタ・イワノヴナに約束, 友ロベエルが好き, 友ワトソンに倫敦, 友一党が摂津, 友一半は渭樹秦雲, 友一斤五圓五十銭也などと達者, 友一朝接清規, 友一派の海賊, 友一点の曇り, 友一部分は新た, 友一齊に, 友七さんはしょう油屋, 友七兵衛それぞれに贔屓, 友七郎須藤与惣治の三名, 友あり一, 友三田公です, 友死人小次郎などが, 友与へんや, 友中村来り大, 友中村地平かくのごとき, 友中野君に致し, 友丸家の第, 友丸山定夫の素顔, 友主人の感じ, 友主催でエンタツ, 友乃至婦女界の, 友亂戰の場, 友二三人と共に鳥銃, 友二三十人によつて心, 友二年前両親に逝, 友二葉亭の大人, 友二郎六兵衛それに本店, 友二郎六兵衞それに本店, 友井上唖々子を招き, 友交国の誼, 友交輯睦忠誠にし, 友亭位ひで少々費, 友今や頼むに, 友今頃はもう, 友への態度, 友代りの一僕, 友以上にはならなかつた, 友以外には無人, 友仲間と寄宿舎従来, 友伊沢蘭軒嘗擬招親交中高年者設尚歯之宴, 友伊波さんの, 友伊馬春部君そのひと, 友会席上で蕪村, 友会本部から, 友会連中では伊藤松宇氏, 友会雑誌ふぢなみ, 友会館に於ける, 友伯父さん達と一緒, 友れを, 友のもの, 友の両君, 友住君の外, 友住君国際通信社のジョオンズ君並, 友を聞かし, 友何故にこ, 友倶楽部がその, 友を誘惑, 友僚かくも斃, 友僚恙なく, 友兄これを恕す, 友兄さん今うれしいから, 友先生が言, 友光岡良二来る, 友公あたりは恰好, 友公友公と言っ, 友公相当の感情, 友兼行兼則兼久兼貞兼白兼重などもすべて上手, 友内ヶ崎代議士を煩, 友寥残夜星, 友出版雑誌の大, 友切りに, 友刎頸の友, 友之妹也, 友を抜く, 友をおとさず, 友加藤遠江守どのからそち達, 友助け助けられ女房, 友勇猛の威力, 友の惜, 友の説, 友十数名を待たし, 友十郎小林図書など大, 友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 友半兵衛重治のす, 友厚氏なり或は, 友去れかし, 友及榛軒時代に伊沢氏, 友の妻, 友叡山で相談, 友口愛子といったっけが, 友識の, 友古川緑波の出現以来, 友右衞門だつた筈, 友吉田君と二人, 友同士の約束, 友君今のは以前, 友君僕は思う, 友君君ひとつ弁信さんに給仕, 友君貴島は何, 友吾が師吾が, 友て来る, 友呼び声で深山幽谷, 友喜びてあと, 友ひを, 友喰いになる, 友囀りの喧しき, 友であり個人, 友國木田獨歩氏も, 友園原小源太, 友坂東には将門, 友へ行く, 友境賛吉は実は, 友変塾音頭を踊る, 友多く他は, 友多田不二恩地孝四郎萩原などと, 友大久保鯛生君は八丈島, 友大原の寂然, 友太郎さんは, 友太郎山谷勘兵衛以下十名いずれも勤王, 友如燈焔不停, 友始めたれにも, 友安房守という知己, 友宗瑛によつて, 友官爵の高下, 友室生犀星君であり一人, 友宮島貞丈と感慨, 友などと名, 友を失っ, 友尊き書物美しき, 友小倉是阿弥の事, 友小松五郎義兼では, 友小野氏彦津時成紀秋茂大伴曾良伊予道雅などといった顔ぶれ, 友小野鉄太郎であった, 友小集を開いた, 友少なく浪子を, 友山本敏男におくる, 友岡田撫琴居士におくる, 友島木赤彦君はつひに, 友島村知章君の, 友川三次郎矩行仇討執心の趣, 友川三郎兵衛次男三次郎矩行と申す, 友川様の御, 友川矩行という若, 友工芸研究所とかいうの, 友巴山人赤木君の経営, 友帰り金剛峰寺の西門, 友見野梅との, 友年十九名は中島鎭夫, 友年来起居をともに, 友度胸が据, 友弁信お蝶三人, 友弥三郎はここ, 友が陰陽博士, 友当人はおかしい, 友に答え, 友待てば山風, 友待風なお亭, 友後陣よりお, 友得ぬと歌, 友本人が, 友徳等を率い, 友といふ旅館, 友忠先代重行松太郎小金井太郎の諸家, 友恋しかった, 友恋人同志であり同時に, 友かし, 友恨直言猶招県吏疑, 友恩愛離れ枉害信, 友悉く失はる, 友はせる鹿, 友愛情と四季, 友懇談会を開き, 友などが先頭, 友搗きし異形の, 友摺れしてざわざわ, 友擦れ歟山吹, 友辻本満丸博士が, 友数名日本よりの贈物, 友れアキルリュウス, 友新年附録中に就, 友新聞と云う, 友と云, 友早川勇吉泥酔して, 友明星楽譜帖などが花形役者, 友明智光秀と並び称され, 友に汚行, 友晋永機を出し, 友最も悪むべ, 友には少し, 友會長片岡文子さんは瓦斯ビル社長, 友月上人様の御, 友の情誼, 友木はんあんたは貧乏, 友木夫妻が三日, 友木島孝蔵氏の案内, 友木村丈八が後, 友未亡人小でっぷりした, 友本間祐介氏から記念品, 友村越欣弥が, 友の才人元禄文学, 友来たるこのときつよ, 友来り輔仁会で, 友来氏等がある, 友来訪す, 友染たちにはどちら, 友染モスリンの蹴出し, 友染切で見るもの, 友染向にはありましょう, 友染染緋縮緬などを用, 友染等や, 友染縮緬ずたずたに引き裂き, 友染錦絵の風俗, 友棄ておかず走り出で, 友森下雨村氏からつい, 友森昌憲氏に余, 友森枳園が佐々木氏勝, 友満人, 友様ここが板橋, 友様わしは今, 友様今日はゆっくり, 友様冗談じゃねえ, 友様四方の山々, 友様旅に出たら, 友様明日を楽しみ, 友様東西南北がわかる, 友様気晴らしに面白い, 友様永の旅立ち, 友様犬も歩け, 友様面倒だから, 友橘糸重女史, 友を追撃, 友檀一雄のそれ, 友次郎どのの魂魄, 友き宮, 友欲し気に, 友ねびぬ, 友歐陽修のため, 友正木不如丘博士が療養所, 友正義潔白の王子, 友武田準平が刺客, 友殺したるヘクトールとは, 友殿からその, 友水守亀之助君経営の人文会出版部, 友永久相見るの機, 友江戸庵が句, 友江田さんか, 友河井寛次郎濱田庄司の二兄, 友海内数公既漸凋落, 友渋江抽斎も亦, 友瀧口玲泉は水戸, 友為永春水はこの, 友烏今宵の宿り, 友無きに如かず, 友無くしかも自ら拯, 友にあり, 友特有の道義, 友玄石は鬼, 友珍しさに, 友理窟を以てし, 友生きている, 友生還の姿, 友田中憲氏と予, 友白秋より送らる, 友直仙臺藩に仕, 友矩様がお越し, 友社ご存じでせう, 友社その他もっとも活溌, 友社ものを耽, 友社中彼れと, 友社政教社乃至女, 友社旺文社博文館が中心, 友社旺文社家の光協会, 友社派との間, 友社等七社は戦時中確か, 友祝杯をあげましょう, 友が天主教, 友が大垣, 友禪めりんす, 友禪ムスリンを取込む, 友禪切の衽前, 友禪染の, 友禪的に色斑ら, 友禪縮緬踊子か, 友秋物みなよろし, 友空蝉之世人君羊蹄, 友立ちて其声, 友端公は従者, 友竹中半兵衛も彼, 友笠井一なる夭折, 友等みな異性のあたたかき, 友等三千の大軍, 友などいふ, 友紙上に於, 友の紋, 友置けぬといったら, 友りて, 友において兄弟, 友羽衣烏山二子と共にこの, 友翁妻病死之悔, 友翁葬送に付, 友して, 友聚談の状, 友聴いてくれ, 友は饅頭, 友自らの気取り, 友自体の努力, 友自分の真, 友艶子といふ人物, 友若山牧水に似た, 友苦しみや喜び, 友英豪の, 友荒神という荒神様, 友菊枝上手より来り, 友萩原もまた, 友を追って, 友蔵たちは十二両, 友蔵めにここ, 友蔵らもさすが, 友蔵以上の強い, 友蔵幸吉という兄弟, 友蔵親分丸損かな, 友裂かれて地, 友の片, 友西に立つ, 友西の京の秋, 友記者と漫画家, 友詩人中西悟堂氏の説明, 友諸兄が書かれる, 友諸持が都派, 友謙三郎兵衛という男子, 友の友, 友谷静栄と云う, 友大煥, 友足立京子の生きた, 友を曳かない, 友輩幾人かの弟子ども, 友輩幾個白骨に化し, 友輪王寺の執, 友追討の神力, 友獅豹獅豹者用花毯作身木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前, 友造お前の了見, 友造さんわたくしはごらん, 友造さんわたしはもう, 友造さん最初はその, 友造どこへ行った, 友造どん何をし, 友造どん甲府でやった, 友造わしはどう, 友造友造と噛ん, 友造様まいる, 友造短気をし, 友造誰も来なかった, 友へもそれ, 友に将門謀反, 友遙かに書を寄せ, 友遠方より来る, 友を分ち, 友の花, 友醉はずわれまた醉, 友金勝千秋論語の師伊藤仁斎, 友金子重輔と与, 友で掛ける, 友鈴木小蓮, 友鉄工所のデブ, 友銀今一人は千六こと友雲, 友鍋井君がこれ, 友閑らもひとしく, 友閑夕菴長安などの年寄衆, 友閑惟任日向守万見, 友閑様明智光秀様そして万, 友心庵是仏が, 友隻眼隻腕の丹下左膳, 友であった, 友露伴氏の実兄, 友青山二郎の労, 友願はく我に聞け, 友類似の予約講読者, 友風情にこう, 友食いで立っ, 友食いしてやがるな, 友っ枷, 友高樓のおばしま, 友高橋太華が若干通, 友も, 友鳥浴衣は高知, 友の高く, 友麻生豊君に密報, 友麿となっ, 友麿男爵弁護士藤波堅策氏と同車, 友點頭きて