青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「吉田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~ 合戦~ 合点~ 合理~ 吉~ 吉原~
吉田~
吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~ 同僚~ 同士~ 同志~ ~同情

「吉田~」 1725, 19ppm, 6160位

▼ 吉田~ (193, 11.2%)

7 自分の 5 そういっ 4 その話 2 これまで, そんなこと, 一も, 一時に, 口笛を, 母親が, 芝居の, 銃を, 首を

1 [159件] あいつが, あるとき, いきなりに, いくら一日の, いった, いつか不眠症という, いつも咳, いつも家, いつ出る, いよいよ図, いよいよ母親, うっかりカッと, かまわず出て, ぐずぐずし, こちらの, この間から, これまでに, これを, さっきの, しきりにこの, じっとその, すぐにも, すべての, そう考える, そう言った, そう言われ, そこから, そのお婆さん, そのとき, その前, その女, その娘, その工場, その店, その話相手, それで, それに対して, そろそろあげ, そんなもの, そんな女, そんな話, たいがい察し, だいぶんながい, つづけて, とにかく女, どちらかと, どん, なにかに, にわかにぐっと癪, はじめてそうで, ひどく当惑, ほとんど身動き, ほろほろ涙, また猫, また鏡, また首縊り, まったく大儀, まったく嫌, もうそんな, もうどうする, もう癇癪, もはや既に涼しい, やっとその, やっと母親, やはり一匹, よほど懇意, ハッと, 一にも, 一歩も, 之を, 二年ほど, 云った, 今の, 以前から, 似せ者, 何か, 何よりも, 何事かと, 何度, 例の, 其の俸給表, 内ポケット, 出しゃばりだった, 出て, 刺客に, 南京袋の, 口尻を, 呆れた顔, 土地の, 大きな溜息, 大笑, 大阪で, 女性を, 実に不思議, 家の, 寒いでしょう, 少し飲む, 少なからず驚いた, 屈託なげ, 左右に, 平常よく思い出す, 彼女の, 思い出した, 思い知らなければ, 思ったので, 急に, 悟ること, 感じて, 感じないでは, 手紙を, 早くからそれ, 昔今も, 東京から, 機嫌よく, 機関庫の, 歩み寄りながら, 母親の, 決してその, 決してほか, 深い苦痛, 温泉の, 漠然とそれ, 煙草を, 猫の, 画師洞谷である, 病気の, 白樺に, 真個に, 私の, 突然その, 突然健三, 窓の, 立てら, 紙切れに, 終列車組の, 組んだ腕, 繰返した, 聞き覚えの, 肩を, 肺が, 胸が, 胸の, 腹の, 腹這いに, 自分が, 自分に, 自分は, 自然その, 茶を, 蜜柑を, 血が, 観察し, 記者会見で, 誰も, 赤い顔, 遠慮なく綾子, 防寒服を, 院庭の, 隣室に

▼ 吉田~ (166, 9.6%)

6 顔を 4 母親は 2 やうな, 弟の, 弟は, 末の, 父が, 頸に

1 [144件] あとから, いう通り老人, お酒, ことかな, すね法師だの, それで私, そんな苦しみ, とし, まちの, まちへ, ペンタゴンか, 三氏に, 三高へ, 上に, 下宿に, 両所とも, 両方に, 中間で, 主人は, 伜の, 住んで, 停車場まで, 兄の, 兵を, 兼好どこへ, 兼好などと, 兼好法師の, 千両を以て, 叔父より, 呼吸が, 哄笑は, 回想談らしかった, 城下へ, 城主七万石松平伊豆守信綱の, 声が, 大人に, 大喜庵に, 大喜庵は, 大喜庵を, 大将に, 大将玉井を, 大池, 大池が, 大池の, 大親分, 大親分さん, 姓を, 姿が, 子分が, 子巳熊, 存在が, 存在と, 存在を, 学校を, 学生街の, 家でも, 家と, 家の, 家は, 家へ, 家を, 家内は, 宿に, 宿の, 宿へは, 寐られない, 寝床の, 寝床へ, 屋敷に, 屋敷は, 師たるに, 帰って, 弟も, 弱り切った神経, 後に, 後ろ姿だけでも, 後姿に, 御隠居様, 心には, 思い過ぎでそれ, 感じて, 抛書山荘, 持って, 政治は, 旦那と, 最近の, 本城を, 村から, 松平伊豆守信古の, 松若, 松若などを, 枕の, 様子は, 次男幸之助が, 次男幸之助である, 正面に, 死んだ月, 母が, 母は, 母も, 母や, 母親が, 母親を, 毛利の, 毛利輝元へ, 気を, 水は, 法師は, 浅間社は, 火祭りは, 父は, 町に, 町の, 町民に, 病室へ, 神主が, 神石, 神護院に, 老い衰えた, 老若男女ひとしく, 胸の, 脅迫云々の, 自由党支持の, 花輪を, 虚桐庵またの名双, 親たちに, 親分さんに, 親分さんは, 親分さんも, 言葉で, 話は, 諸君が, 身体は, 身元から, 身内か, 郷に, 間に, 頭には, 顔が, 顔は, 顔色に, 首に, 首を, 駅を

▼ 吉田さん~ (121, 7.0%)

10 のおじさん 6 の処 5 のおばあさん 3 のところ 2 が紙, が遊び, と云つた, に僕, のお家, の女, の影, はころり, は私, を見

1 [77件] お使い, から, が, がここ, がこの, がそれ, がますます, がみえ, がベッド, が一人, が上着, が大声, が寄宿舎, が新聞, が本当に, が速, が駈け出す, だから, ちょっと来, でいらつ, といううち, としても文学青年的, と云う, と向い合った, などとにぎやか, などはいきなり, にお願い, にはそういった, には旧, に大変, に捧げ, に果し状, に逢った, のおじさま, のラテン語, の家, の御, の持物, の新居, の考え, の評, の詩中, の話, はああ, はいい, はいま九大, はさぞ, はつよい, はにやにや, はもっと, はやはり, は大和, は宇都宮, は川舟, は平, は度々, は慄, は新聞, は東京, は残念そう, は百枚, は經濟, は赤面, は震え, は音羽, は黒縮緬, へ, へも宜しく, ももっと, も久原老, も友田喜造, も同じ, も愛読者, や井上さん, をつかめ, を蹴った, 出て

▼ 吉田~ (65, 3.8%)

4 云った 2 そんなこと, 自分の

1 [57件] おしまいにゃ, こちらの, この状態, こんなになっ, さきに, するよう, そう思っ, その夜, その女, その市場, その町, その病舎, どうしました, なんだ, もうすっかり咳, やってきた市場, やって来て, ようやく帰る, スキャップを, 両手を, 云つてゐました, 云ふ, 例の, 先に, 其の時, 再開の, 叫んだ, 学生だった, 小声で, 思いがけない重患, 慌てて, 最近までに, 来た時, 楽しげ, 歸つてから, 気付くの, 泊って, 混じって, 無理を, 病院の, 病院へ, 直ぐに, 直ちにあと, 相手に, 真先に, 第一, 細い危, 肺病患者だ, 自分に, 芸者に, 観念する, 訪ねて, 語るよう, 豚肉で, 足を, 追ひかけ, 鎌倉へ

▼ 吉田~ (56, 3.2%)

6 のお 3 の若旦那 2 と云

1 [45件] だつたが, てふ, ですがね, では一應, では引, で立派, という旅人宿兼下宿, という旅籠屋, という芸妓屋, と軒行燈, に乘込ん, のお婆さん, のこと, のふみ, の一粒種, の伊左衛門, の兩親, の内儀, の如き, の娘, の婆さん, の店先, の番頭, の筋向う, の總領, の若い, の裏, の身上, の門口, の隱居, の離屋, の養子安兵衛, はお, は其一つ, は此間, へ乘込, へ乘込ん, へ住みこん, へ招待, へ行く, へ行つて, へ轉, をお払い箱, を出た, を御殿

▼ 吉田内閣~ (55, 3.2%)

3 の退陣 2 のもと, の反, や三田村氏

1 [46件] から引き, がいくら, ができよう, が次, が民主化, が独立日本, が総, が補強政策, が警察予備隊, が議会, で首, にそれ, によってはとうてい, に於ける, に退陣, のごとく, のやり, のファシズム, の宿題, の悪政, の憲法, の手, の打倒, の政策, の政策貧困, の時, の時代, の農業政策, の閣僚, は, はこの, はこれ, はどんな, は人民, は占領政策, は憲法, は新しい, は日本, は日本独立後, は独立後, は総, は自分, は警察法, を去っ, を弾劾, 並びにその

▼ 吉田松陰~ (50, 2.9%)

2 があり, の

1 [46件] があたかも, がその, が尋ね, が捕えられた, こそまことに, じゃ, てふ, といふ人, とかがその, とは, とは親友, と会った, と澁木松太郎, と金子重輔, などと一處, なり, に, にあり, について知れる, により, のこと, のごとき, の事件, の作用, の処刑, の勧め, の墓, の失敗, の學問, の幽魂, の最期, の言葉, はこれ, は出, は実に, は当時, は肥後, は関原, もまた, も雲井竜雄, や山県有朋, や雲井龍雄, を任じ, を書い, を祀る, を要する

▼ 吉田磯吉~ (48, 2.8%)

3 の一 2 をはじめ

1 [43件] が, がなにか, がコレラ騒動, が仕掛け, が子分, が子分たち, が山下松次, が戸畑, が指定, が自分, が見舞, が金五郎, じゃがなあ玉井君, じゃないらしい, だけじゃが表, という大, という強力, という親分, とは別個, と対等, に威圧, に逢う, に頼まれ, のつれ, のなに, の勢力, の名声, の懐刀, の方, の精悍, の腰, の表情, はええ, はそんな, は俥ひき, は病床, は目立っ, は表, は身, は金五郎, や花田, らしかった, を激怒

▼ 吉田~ (34, 2.0%)

2 して

1 [32件] ある郡山, すすめはじめるの, それを, たびたび火災, やったの, 一度逢っ, 一泊し, 云うこと, 仕立てて, 出かけた, 出っ食わした, 出る二里半余, 告げて, 呼びかけたの, 大室山といふ, 居りましたので, 恥を, 感じさせたから, 攻め寄せ月, 攻め寄せ月ずえ, 次の, 比べると, 渡した, 着いた, 着いてからも, 着きぬ, 矢野精養軒といふ, 聞かすよう, 話しかけた, 話して, 買物を, 連れて

▼ 吉田~ (33, 1.9%)

1 [33件] かい, があの, がこちら, がスコップ, で一年志願兵, としゃべっ, と二人, と呼ん, と相談, どうだ, に偶然ここ, に逢う, のお父さん, の出品, の手, の持っ, の深い, の顔, は, はやられた, は一カ月余, は今日, は台湾鎮定, は岩場, は恐ろしく, は手, は気持, は終日僕, は言った, は語る, を誘惑, 早く来, 連れて

▼ 吉田首相~ (33, 1.9%)

2 にし

1 [31件] が, がどんなに, がわたし, がイギリス, が一記者, が記者会見, が読ん, が首相, であり諧謔, とその, と広川弘禅氏, と鈴木茂三郎君, にとっては随分, に一度, に与える, の率直さ, の統率力, は去年, は好ん, は官吏, は恐らく, は政府自身, は新, は書斎, は法隆寺失火責任, は迷惑, へお礼, も探偵小説, をとりまい, をアッサリ保守反動, を苦笑

▼ 吉田親分~ (29, 1.7%)

2 のところ

1 [27件] からお世話, から江崎満吉, が, がこっち, が名, が来なさった, が河豚, が知っ, が逢いたい, でも無道, と逢う, になんの用かや, に御, に楯, に返事, に顔, のいる, の名, の御, の盃, の花輪, はかんかん, は若松, は見えん, も物好き, をお前ら, をはじめ

▼ 吉田八十松~ (23, 1.3%)

1 [23件] から吉田八十松, から吉田八十松宛, が実演, が熱海, が現れ, という心霊術師, という術師, という評判, と手紙, には幸いまだ, の声, の大, の心霊術, の証言, はこれ, はボックス, は仙七殺し, は名手, は品性下劣, へ送った, も洋服, より熱海, をイス

▼ 吉田~ (21, 1.2%)

3 行って

1 [18件] 会合, 出て, 出る間, 引き落す北口, 往って, 押寄せなば, 来なかったじゃ, 来るに, 着いた時, 移って, 移つてし, 行, 行き炬燵, 行く, 行つてこたつを, 行つて日本料理を, 行つて月に, 行同道飯田へ

▼ 吉田~ (21, 1.2%)

1 [21件] この, よんでは, 今の, 出すこと, 出ると, 口説いた, 呼んだやう, 呼んで, 振りだしに, 攻めるよりも, 此の, 睨んで, 立って, 苦しめるの, 衝くと, 誘ひ出した, 識り, 送り出して, 閉口させ, 雨天體操場の, 領し其所領

▼ 吉田~ (19, 1.1%)

2 を続

1 [17件] で上, とやら貴殿, と薬屋, の事, の内方, の受売り, の日本地名辭書, の言, の説, は世々山鹿流, は武徳会, への手紙, へ手紙, や來, や土地, を去り, 御在宅

▼ 吉田~ (17, 1.0%)

1 [17件] から先, から南, から東山一帶, から湖, から駈けつけた, にさえ下宿, に曲りかけた, に泊った, の, の下宿, の何とか, の家, の專門, の柳田, の河岸, まで帰っ, まで買出し

▼ 吉田~ (16, 0.9%)

1 [16件] いい白魚, 中村との, 会見した, 佐藤とが, 佐藤とは, 名の, 呼ばれた生徒, 妻が, 小村とが, 小村の, 島田が, 島田とは, 御賄屋敷, 懇意である, 柴野との, 體操の

▼ 吉田先生~ (14, 0.8%)

2 や伊藤先生

1 [12件] があんなに, がいます, とは, とは机竜, と一緒, にあれ, にも申し訳, の厚い, は, は所用, もいっこく, も三人

▼ 吉田~ (14, 0.8%)

1 [14件] からは特に, が許し, でありまして, では二日, という芸妓屋, のみが許す, の人, の免許状下附, の墓地, の息女桜姫, の浪人仙石定邦, は近郷一, へ来る, ノ配下ナリ

▼ 吉田忠左衛門~ (14, 0.8%)

2 も十六歳

1 [12件] から浅野大学, が, が内蔵助, が来, と出会っ, に火鉢, の手, の田口一真, はしずか, より身分, を始め, 黙ったきり

▼ 吉田磯吉親分~ (12, 0.7%)

1 [12件] がな, が君, に逢い, の働きどころ, の名, の居る, はまだ, もこの, も出席, をお前, をはじめ, を売りださせた

▼ 吉田には~ (11, 0.6%)

1 [11件] いって, いつも南天, そう思われた, その娘, その解決, それが, そんな諦め, どうする, 兎も, 分り切って, 起こって

▼ 吉田という~ (10, 0.6%)

3 のは 1 人が, 伯父が, 同役の, 大地主, 家を, 御納屋, 母の

▼ 吉田~ (10, 0.6%)

2 納言定房の 1 納言定房が, 納言定房だけは, 納言定房だった, 納言定房である, 納言定房は, 親分が, 親分は, 親分を

▼ 吉田~ (10, 0.6%)

1 がこの, といつた, と銭形平次, の明るい, はこの, はとうとう, は占領政策, も私, や芦田均, を私

▼ 吉田六郎太夫~ (9, 0.5%)

2 も千原九右衛門 1 が来る, こう三人, とそこ, と合議, と申す, に託し, をよん

▼ 吉田博士~ (9, 0.5%)

31 との両, の地名辞書, の説, はその, は其舊作, は狗奴國王

▼ 吉田定房~ (9, 0.5%)

2 の家 1 といえ, などもほのか, にたいする憤り, に依, の名, の真意, の邸

▼ 吉田~ (8, 0.5%)

2 小村も 1 ついて行く, 井伊も, 吉田の, 強いて, 知って, 自分の

▼ 吉田~ (8, 0.5%)

1 が見えない, さチャセゴ, じゃあ歳祝い, の御, の歳祝い, へお送り, まで誰, 早くお

▼ 吉田竜太郎~ (8, 0.5%)

1 がしおれきっ, で頭蓋, というの, とやらそんな, と申される, と申す, の名, の変名

▼ 吉田といふ~ (7, 0.4%)

1 古本屋の, 大地主, 小使さんと, 待合から, 母の, 男は, 細長い町

▼ 吉田りん子~ (7, 0.4%)

21 が立つ, といふ女, といふ詩人, とは結婚, は不意

▼ 吉田一派~ (7, 0.4%)

1 だってうっかり, との軋轢, の四天王, の弾圧, の御用警察, の者, は大きな

▼ 吉田御殿~ (7, 0.4%)

1 というお, といった感じ, とは言わない, とやらで, におすまい, の主人公, の裏井戸

▼ 吉田親分さん~ (7, 0.4%)

1 にお, にお目にかかり, にコレラ, に申しあげます, に話, のお, の鼻息

▼ 吉田から~ (6, 0.3%)

2 先は 1 二三里遠くへ, 約一里, 聞いて, 送られた明石鯛

▼ 吉田一家~ (6, 0.3%)

1 と来, の中, の四天王, の智慧袋, の錚, を向こう

▼ 吉田寅次郎~ (6, 0.3%)

2 の二の舞 1 がお, が江戸, だとか, なりと

▼ 吉田総理~ (6, 0.3%)

1 のワン, の国会無視, の非, は口, は現在政界, も政権

▼ 吉田兼好~ (5, 0.3%)

1 と知った, に此, のあはれ, のこと, を色法師

▼ 吉田国五郎~ (5, 0.3%)

4 の人形芝居 1 や西川伊三郎

▼ 吉田~ (5, 0.3%)

1 の酒井忠次, へはかからなかった, へ上った, へ質子, を衝い

▼ 吉田武左衛門~ (5, 0.3%)

1 と仰せられる, なの, にご, の姿, はどう

▼ 吉田神社~ (5, 0.3%)

1 から翁, に参詣, の傍, の神官吉田兼和, の長い

▼ 吉田稔麿~ (5, 0.3%)

1 に対しても市中, の死, の死屍, は松陰門下, は脇差

▼ 吉田~ (5, 0.3%)

1 という人, のやす, は前途有為, ばかりは平気, を殺した

▼ 吉田~ (4, 0.2%)

1 彼と, 泊らうかと, 泊るも, 洋食屋を

▼ 吉田にとって~ (4, 0.2%)

1 まだまだ遠い, まだ生々しかっ, 別にそれ, 泰山を

▼ 吉田にとっては~ (4, 0.2%)

1 それは, それを, 苦痛であった, 非常に

▼ 吉田五郎三郎~ (4, 0.2%)

1 からは厳しく, は中間角助, は四十前後, は草履取一人

▼ 吉田健一~ (4, 0.2%)

21 という名, は

▼ 吉田光由~ (4, 0.2%)

1 がかつて, が寛永十八年刊, の, は洛西嵯峨

▼ 吉田八十松さん~ (4, 0.2%)

1 があれ, がわざわざ, が仕方, が縄

▼ 吉田屋さん~ (4, 0.2%)

1 だったの, で起こった, のお, へ奉公

▼ 吉田政府~ (4, 0.2%)

1 のバッサリ, の官吏, の枠, の犠牲

▼ 吉田機関手~ (4, 0.2%)

1 がこれ, って馘首, は終列車, は背広

▼ 吉田監物~ (4, 0.2%)

2 の家 1 の家来下河原清左衞門, は半地

▼ 吉田署長さん~ (4, 0.2%)

2 の返事次第, はたしか

▼ 吉田老母~ (4, 0.2%)

2 お糸, は洞谷

▼ 吉田茂氏~ (4, 0.2%)

1 が内閣, と幹事長広川弘禅氏, の花輪, や広川弘禅氏

▼ 吉田なにがし~ (3, 0.2%)

1 というた, と申す, の手

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

2 長谷川浩三と共に 1 吉田の

▼ 吉田一學樣~ (3, 0.2%)

2 のところ 1 の屋敷

▼ 吉田三五郎~ (3, 0.2%)

1 どうであった, の二人, は不安そう

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

1 と黒崎, に会, に逢ったら

▼ 吉田修理亮~ (3, 0.2%)

1 である, に代っ, は摂

▼ 吉田八十松宛~ (3, 0.2%)

1 にくる, に発送, に送っ

▼ 吉田八右衞門~ (3, 0.2%)

2 という人 1 でございます

▼ 吉田兵助~ (3, 0.2%)

1 です, とかいう奴, とやらは少し

▼ 吉田弥惣~ (3, 0.2%)

1 はなお, はまた, は忽ち

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

1 に下り, の學校, の方

▼ 吉田東伍氏~ (3, 0.2%)

1 の, の日韓古史斷, は

▼ 吉田松蔭~ (3, 0.2%)

1 のよう, の故事, も雲井龍雄

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

2 のお 1 の御

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

1 あり竹林派, と云い, の神道方式

▼ 吉田磯吉さん~ (3, 0.2%)

1 が客人, の名, はえらい

▼ 吉田精一~ (3, 0.2%)

2 といふ男 1 は田中君

▼ 吉田絃二郎~ (3, 0.2%)

1 との区別, なんて菜っぱ, のファナティック

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

1 なる後, の自動車, も大宮行

▼ 吉田通れ~ (3, 0.2%)

2 ば二階 1 ばの俚謡

▼ 吉田~ (3, 0.2%)

1 に見舞, の裏口, の門前

▼ 吉田雄太郎君~ (3, 0.2%)

1 のいる, は此処, を呼ん

▼ 吉田って~ (2, 0.1%)

1 男は, 聞きゃじき

▼ 吉田まで~ (2, 0.1%)

1 行けば, 送って

▼ 吉田サン~ (2, 0.1%)

1 ですか, と呼びかけました

▼ 吉田一學~ (2, 0.1%)

1 の屋敷, 御徒士頭

▼ 吉田三郎~ (2, 0.1%)

1 が迎え, は新しい

▼ 吉田下村~ (2, 0.1%)

2 などと一廉

▼ 吉田久庵~ (2, 0.1%)

1 と男名, と看板

▼ 吉田傳次郎氏~ (2, 0.1%)

1 の一座, の談片

▼ 吉田兼和~ (2, 0.1%)

1 とは日ごろ, や里村紹巴

▼ 吉田内閣不信任案~ (2, 0.1%)

1 に対し賛成, に対する賛成演説

▼ 吉田冠蔵~ (2, 0.1%)

1 であった, というの

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 総理が, 首相の

▼ 吉田団扇~ (2, 0.1%)

1 をクルリ, を指

▼ 吉田大納言~ (2, 0.1%)

1 の裔, は次

▼ 吉田天皇~ (2, 0.1%)

1 のお, の勅

▼ 吉田好道先生~ (2, 0.1%)

1 に図画, に当時

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 助と, 助という

▼ 吉田山の下~ (2, 0.1%)

1 からここ, ですぐ

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 庵お玉が, 庵野間玄琢千田玄知山本楊庵曲直瀬正隆等

▼ 吉田操子先生~ (2, 0.1%)

1 から伝え聞く, に直接

▼ 吉田教授~ (2, 0.1%)

1 の耳, をぺンタゴン

▼ 吉田文雄~ (2, 0.1%)

1 の話, は意味

▼ 吉田方面~ (2, 0.1%)

1 にはそういう, へ行動

▼ 吉田東伍さん~ (2, 0.1%)

2 なんぞは不服

▼ 吉田東伍博士~ (2, 0.1%)

1 が太平記, は弱

▼ 吉田松陰ら~ (2, 0.1%)

1 と倶, は出

▼ 吉田松陰先生~ (2, 0.1%)

1 の住ん, の塾

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 から関内, の姿

▼ 吉田氏貴殿~ (2, 0.1%)

1 と岡田氏, は宇津木兵馬

▼ 吉田洋一氏~ (2, 0.1%)

1 には時々, の親しみぶ

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 の傘, の花輪

▼ 吉田猿松~ (2, 0.1%)

1 の手, の時代

▼ 吉田玄蕃~ (2, 0.1%)

1 に至っ, をはじめ

▼ 吉田玄蕃様~ (2, 0.1%)

2 の一族

▼ 吉田璋也君~ (2, 0.1%)

1 が心配, のこと

▼ 吉田甲子太郎下村千秋~ (2, 0.1%)

1 などに出, などに出会

▼ 吉田磯吉一派~ (2, 0.1%)

1 と拮抗, の人たち

▼ 吉田磯吉身内~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, のうるさい

▼ 吉田神主~ (2, 0.1%)

2 の宅

▼ 吉田~ (2, 0.1%)

1 の蒜間, の蒜間江

▼1* [283件]

吉田お前は知っ, 吉田ここは四条, 吉田あん吉田さあん, 吉田さんウェルス外三内氏夫人等に会い, 吉田さん私が着よう, 吉田さん達にこの, 吉田だけのことは, 吉田だけは江戸時代から, 吉田てえのは, 吉田ではなかった, 吉田でも全くいい, 吉田といった時によっては, 吉田とは無論に, 吉田とも竜太郎とも, 吉田などが続いて, 吉田などをこめる十一名, 吉田にてなすなり, 吉田にとつて此の, 吉田にも会得の, 吉田に対しても一言も, 吉田に対する井伊を, 吉田はなあんだという, 吉田へまはつて東行庵, 吉田より手間どった, 吉田よりもマシな, 吉田イサエさんである, 吉田キヨといふ人妻, 吉田大納言定房卿, 吉田来ル序ニ, 吉田一右衛門と云う, 吉田一品の腹, 吉田一學屋敷へお, 吉田一學樣あとの一軒, 吉田一派民政党内といっ, 吉田一派民政党横暴の罪史, 吉田三五郎二人の家来, 吉田三五郎白石治右衛門二人の股肱, 吉田三市郎弁護人速記録による, 吉田三誼先生がお, 吉田三郎兵衛などが盛名, 吉田夫人達と共に, 吉田両人の持つ, 吉田両君には先夜, 吉田中佐はきょうだい, 吉田久一の二君, 吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 吉田久左衛門陣中に鶏, 吉田久継氏が遺族, 吉田五人の看護婦, 吉田五十年前には互に, 吉田五郎三郎四十前後おなじく旗本, 吉田仁磨と云, 吉田代議士の威力, 吉田住職にみちびかれ, 吉田何三とかいふ文楽, 吉田信君が, 吉田信夫諸君その他船員達の接客法, 吉田修理に真っ先, 吉田修理亮光重は能, 吉田修造等とサムボア, 吉田俳人七八人来る, 吉田候補とたたかい, 吉田健一氏とよく, 吉田八十松ッてイヤ, 吉田八十松発送人も八十松, 吉田八右衞門様に違えねえ, 吉田六郎太夫千原九右衛門のふたり, 吉田兵庫トイウ者ガアッタガ友達ガ大勢コノ弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 吉田兼吉氏所蔵のもの, 吉田内府をはじめ, 吉田内閣当時に学術組織改組準備委員会, 吉田内閣当時定員法をめぐって与野党, 吉田内閣打倒の声, 吉田内閣積年の宿弊, 吉田内閣退陣を強く, 吉田出雲守にあずけ, 吉田右衛門も, 吉田勝右衛門を呼び寄せ, 吉田勲生氏の恩頼, 吉田十三氏の同名, 吉田卓爾先生証明と横, 吉田博光氏で皇太子さま, 吉田卯三郎博士の説, 吉田原早水堀部などは皆一種, 吉田から富士山, 吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 吉田吉兵衛なの, 吉田名物の洗いこのわた, 吉田君井上君が先, 吉田君吉田君と呼ん, 吉田周斎がため, 吉田喜四郎河田郡兵衛坂乃木磯八の四人掛り, 吉田国五郎西川伊三郎を始め, 吉田の前, 吉田園山兩家は七日經, 吉田ほど居心地, 吉田増蔵氏は, 吉田増藏先生の一閲, 吉田壹岐伊丹藏人高橋忠左衞門小河長五郎金出口には野村右京, 吉田外三氏と互に, 吉田外務省の宇野, 吉田大佐から古い, 吉田大助あり即ち, 吉田大夫に逢, 吉田大次郎とある, 吉田大洲新谷松山今治小松西条の旧, 吉田大野の四藩, 吉田夫人は良人, 吉田学長も上京, 吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 吉田學軒氏は五七日, 吉田定房万里小路宣房北畠親房の三卿, 吉田定房北畠親房の三名臣, 吉田の使ひで, 吉田実田所輝明稲村隆一等々で学生, 吉田実連の実話, 吉田宮司と一時間, 吉田寅二郎で他, 吉田寅次郎らの如き, 吉田富三両博士, 吉田小五郎君は是非, 吉田小五郎氏にお目にかかった, 吉田屋あたりの悪い, 吉田屋さまのお, 吉田屋さんあれはお, 吉田屋ものになつ, 吉田屋ハ自異ル, 吉田屋等極メテ美ナリ, 吉田山の下あたりで霧, 吉田山中の俳人, 吉田幕下として友田喜造, 吉田平之助と一, 吉田幸之助というの, 吉田幸右衛門というの, 吉田庄一帯ではこの, 吉田庫三の諸君, 吉田弥三左衛門が止む, 吉田弥三郎氏の鑑定, 吉田弥惣どのですか, 吉田弥惣太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 吉田弥惣太田内蔵助松村友十郎などが再度, 吉田弧岳亡妻三周年の忌日, 吉田張りになった, 吉田御殿類似の話, 吉田忠左衛門兼亮というよう, 吉田忠左衛門原惣右衛門間瀬久太夫小野寺十内堀部弥兵衛間喜兵衛の六人, 吉田忠左衛門堀部老人小野寺間瀬の人々, 吉田忠左衛門殿おいでなされ, 吉田惣蔵へ数回, 吉田惣蔵君のこと, 吉田操子の家, 吉田操子さんと親し, 吉田敏子の来訪, 吉田敬太郎氏は磯吉親分, 吉田敬道氏夫妻も何かと, 吉田文五郎桐竹紋十郎諸氏を招い, 吉田文五郎氏の話した, 吉田新造って, 吉田晴風氏から手紙, 吉田書店に寄っ, 吉田本部から命令, 吉田東伍二氏も前後, 吉田東伍博士らの島後説, 吉田東伍博士以下専門史家の多く, 吉田東里と倶, 吉田松陰なぞはいずれ, 吉田松陰はじめ明治維新の先覺者, 吉田松陰久坂玄瑞田中河内介真木和泉梅田雲浜頼三樹三郎有馬新七松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 吉田松陰以来の航海, 吉田松陰崇拝であった, 吉田松陰彼の話頭, 吉田松陰松陰先生こそ実に, 吉田松陰橋本左内頼三樹三郎を始め多く, 吉田松陰櫻田四十七士の事蹟, 吉田松陰頼鴨崖なぞの記憶, 吉田板取揖斐の各, 吉田というもの, 吉田栄三の芸, 吉田桃樹の天明八年, 吉田様加藤郁子さんより御, 吉田様奥様の御, 吉田機司医博を談らつて, 吉田次郎から三年間武芸, 吉田正太郎勝田加一桑山太市広井吉之助らの諸氏, 吉田正太郎君の仲介, 吉田武左衛門様とは思い, 吉田殿の裏切り, 吉田氏いずれもかく, 吉田氏その後の雲行, 吉田氏らであ, 吉田氏京都へ入ったなら, 吉田氏夫人満鉄, 吉田氏夫妻がいろいろ, 吉田氏帰村し驚き模様, 吉田氏後者は主として, 吉田氏竜太郎どの何をそんな, 吉田氏自身も承認, 吉田民自党内閣のわれわれ, 吉田沢右衛門間瀬孫九郎不破数右衛門の三人, 吉田法印本郷菊坂の吉田長禎, 吉田法眼さまでご, 吉田法眼様のご, 吉田洋一さんである, 吉田洋一佐久間鼎吉岡修一郎佐藤信衛早川庚弌の諸氏, 吉田洋一教授がそれ, 吉田洞谷の子, 吉田海軍大臣の声, 吉田清左衛門だった, 吉田満氏の, 吉田なるもの, 吉田焼打の悲愁嗚咽, 吉田照子を証人, 吉田玉助ら上京し明治座, 吉田玉次郎の後頭部, 吉田玉造が捕り, 吉田甲子太郎と, 吉田甲子太郎氏の筆, 吉田町内の清神社, 吉田町楽友会館に於ける, 吉田留吉という人, 吉田白嶺さんの奥さん, 吉田白嶺氏も談合, 吉田白河二条七条洛の内外, 吉田白河方面へ先発, 吉田白流氏の, 吉田監物家来下河原園八郎がお, 吉田監物家来下河原清左衞門其の方, 吉田直次郎君を訪ねる, 吉田石富士石宇佐石などももともと, 吉田石次中山の三氏, 吉田磯吉氏を書く, 吉田磯吉派の勢力圏内, 吉田神社前の大原, 吉田福岡両氏をたずね, 吉田秀伯三番町の吉田貞順, 吉田秀穀という先生, 吉田秀穀さんで画学校, 吉田秀穀先生がそう, 吉田稔麿肥後の宮部鼎蔵等総勢二十余名, 吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 吉田竜太郎さまでは, 吉田竜太郎殿では, 吉田の改革的偉人, 吉田策庵がある, 吉田精一氏の歌集春, 吉田精顕氏の, 吉田絃二郎さんの身辺秋風, 吉田絃二郎氏の氏, 吉田絃二郎随筆剽窃問題だったが, 吉田総理それ自体が負わなけれ, 吉田総理岡崎外相はその, 吉田総裁の民主自由党, 吉田老人は独り, 吉田老母今日迄逗留, 吉田老母石川おきく等来, 吉田自由党総裁は選挙直後, 吉田若狭守位清という者, 吉田茂全権は, 吉田茂君も当時, 吉田茂馬場恒吾の対談, 吉田菊潭の家, 吉田虎吉という見, 吉田虎蔵とある, 吉田は大, 吉田諸氏を駆り, 吉田豊吉近藤逸五郎が担当, 吉田貞子という方, 吉田貞順五番町の吉田策庵, 吉田財閥の基, 吉田来ると, 吉田追風より予め, 吉田の祖鹽乘津彦命, 吉田週歩の満, 吉田重郎主に, 吉田金重の, 吉田銀座へ折れ, 吉田長右衛門様のところ, 吉田長禎両国若松町の吉田, 吉田首相林幹事長がその, 吉田首相莞爾と受け, 吉田馬洗西城神瀬の四大川, 吉田高原今村等は毛利, 吉田鳥羽一色その他の部落