青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「合戦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

合い~ 合う~ ~合せ 合せ~ 合っ~ 合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~
合戦~
合点~ 合理~ 吉~ 吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一

「合戦~」 1187, 13ppm, 8579位

▼ 合戦~ (321, 27.0%)

4 もよう, 時に, 最中に 3 あとで, ために, 巷に, 手に, 日の, 曲を, 模様を, 話を, 際には 2 あるたび, 勢が, 場より, 巷と, 日に, 時の, 時折から, 用意が, 真ッただ中, 間を

1 [262件] あいだにも, あったという, あったの, あった事, あった年, あった所, あった永禄三年, あとでも, あとの, あとを, あと五月上旬で, ありさま, あり様, あるたび父, ある日, おりに, おん供に, お伽噺でさえ, お心, きっかけだった, くずれる様, くだりは, ことが, ことそれから, ことだ, ことなど, ごとき今日, さいにも, さい必要上非常手段として, さきにあたって, すきに, すきにも, たえま, たぐひの, たび山野にも, つもりで, ときだ, ときなどは, ときの, とき後の, ないほか, のちいったい, のち徳川家には, はなしを, ばあいは, ほかでは, ほかに, ほかの, まっただ中, まっ最中, まッただ中, もくろみである, もようは, やうに, やま, やむ間, ような, ように, アヤを, シーンで, 一役を, 一曲でありました, 中だった, 中では, 中に, 中へ, 中を, 中二回目を, 事と, 事を, 二十七歳までは, 仕草を, 以前一閑斎の, 備えが, 備えに, 先手に, 光景も, 光景を, 初めに, 前に, 前の, 前までは, 前夜二十七日の, 前後に, 前日に, 動機でも, 勝敗と, 勝敗の, 勝敗以上こんどは, 勝目と, 勝負の, 口火を, 名残りと, 咆哮は, 噂で, 噂話が, 図を, 地の, 型を, 場で, 場と, 場に, 場へ, 場合でも, 場所へ, 場面が, 壮絶さは, 大勝は, 大勝利, 大戦争, 大模擬戦, 如きは, 始めという, 始末を, 実況を, 幕が, 幕は, 平安末期に, 幸先は, 度ごとに, 当初から, 当年天正十一年十一月大村由巳の, 当日の, 当時に, 当時佐和山に, 後しばらく, 後に, 後には, 後は, 後ふたたび, 後まいる, 後知っ, 後陣から, 心得小荷駄の, 忙しいとき, 思い出話として, 悪化に, 悪夢を, 意義は, 慣いです, 戦道具の, 所に, 手筈など, 折に, 折にも, 折り加賀, 折柴田どのの, 折義元の, 折足利の, 指図は, 挙句の, 挫折にも, 揚句に, 揚句人死が, 方便を, 日が, 日だけは, 日であった, 日において, 日には, 日にも, 日まで, 日までは, 日を, 時でも, 時には, 時は, 時まさしく, 時主君とともに, 時多くの, 時弓杖で, 時恰度五十二歳の, 時朝倉が, 時武蔵の, 時焼失する, 時近隣の, 時鳶巣山の, 最中だ, 最中な, 最中なり, 最中の, 最初に, 月日を, 末仲には, 板額の, 果て織田の, 柿の, 様子を, 様相だった, 様相は, 模擬戦を, 模様など, 模様については, 模様は, 歴史に, 永禄四年の, 沙汰に, 混乱ぢや, 準備を, 火の手やら, 火ぶたは, 火蓋を, 物語の, 物音にて, 物音寸時も, 特徴だった, 状況と, 状況は, 猿の, 用意を, 発端である, 目的を, 直前三日三晩にわたる, 直後, 直後である, 直後余りな, 直後信長が, 真ッ最中, 真相は, 真相も, 稽古を, 突発に, 端と, 終りに, 結果, 結果が, 絵巻物を, 絶えない国, 絶え間なかっ, 緊張ぶりと, 翌々年だいぶ, 翌る, 翌年である, 蒔信玄は, 裁きぶりでも, 観が, 角書きの, 記事が, 話が, 話に, 話ばかり, 話も, 調練や, 謀に, 起こりも, 起らんこと, 跡で, 通知を, 錦絵を以て, 開かれん, 間に, 間に合わぬと, 際で, 際であった, 際にも, 際暗夜とは, 面白かった, 顛末を, 類も, 類を通じて, 駆引き, 駈引なんど

▼ 合戦~ (148, 12.5%)

2 なりそう, なりま, 入って, 勝つたとたんに, 於いて

1 [138件] あい或いは, あせり立つこと, うち負け, およぶとい, およぶまでには, お供は, お名, お負けなされ, かかって, かんする史料, くわわりましょう, この頼朝, これで, さしもの, しかるべき馬, そこらは, どれほど, なぞらえ猿, なったと, なったとか, なったら, なったわけ, なった上杉家, なりましょうか, なる, なると, なるン, なれば, ぬきんでた功, はげんで, もい合わさずむなしく, やぶれて, やぶれる最後, よく使われる, わが鴉, わしも, わずかに, 一夜千両を, 両加藤, 伴った若武者, 何の, 働いたこと, 兄の, 先んじて, 入るも, 八百八屍の, 出かける前日, 出たであろが, 出るたびごと, 出会うなどという, 出陣した, 功名を, 加つた詩人の, 加わった, 加わって, 加わり一等, 加われますか, 励むも, 北国勢の, 北条家の, 参る気, 参加した, 参加せず, 及ばんこと, 及ぶかも, 及ぶにおいては, 及ぶの, 及んだの, 双方まったく, 名を, 名馬摺墨に, 味方の, 因んで, 堪えるだけの, 大勝し, 太閤殿下と, 官軍が, 家康は, 家来を, 寝耳に, 屈してから, 彼は, 従事する, 得たま, 御一族, 徹すべき散所領主, 急ぐ人々, 怨敵毛利家を, 恋人同志が, 我等が, 戦場に, 打ち勝ち敵, 打ち負けた報告, 敗れたの, 敵どうしに, 敵勢の, 於いては, 於ける悲劇的英雄, 於ても, 日夜を, 暮れて, 曹操第, 構えおれよ, 武田勝頼様について, 武運拙く, 歯が, 死なせるの, 流石の, 火牛の, 父義朝は, 生捕られ, 用い水戸, 矢交ぜ, 破れて, 神, 立たせて, 立ち入って, 立って, 筆を, 細川家は, 織部正の, 耽つて, 臨まぬうち, 花々しい討死, 蒙った汚名, 血みどろの, 行くん, 見える人々, 討死した, 負けて, 軍律を, 運命を, 鎌倉殿の, 間にあいましょうや, 関う, 集まったもの一百余人, 駈け夕べ, 髯を

▼ 合戦~ (119, 10.0%)

4 して 3 する, するよう 2 するの, する覚悟, やって, やめて, 知って, 経て, 見て

1 [95件] いって, お城, させること, しかける方, した, したその, したり, した事, しはじめた, しばらく待つ, しました, しましても, しよう, しようと, しようという, す, すること, すると, するやう, する事, すゝめた, せずに, とりかくべからずしずか, どろんと, なされますか, なし叶わぬ時節到来, はじめ岡崎の, ひとつ見物さし, ひとまず都, ふんだくらい, みせる, やつた, やらなくちゃあ, やりつづけるが, やりました, やり合って, やるが, やると, やるという, やるとは, やるの, よそに, よそ事に, 一瞥する, 中止し, 仕らうやら, 企て工藤並び, 口火として, 境として, 好まば, 好むとは, 始める, 始めるより, 展じた, 展開しよう, 忌々しく思つて, 思うとき, 批評し, 挑み忽ち, 挑み来るは, 書きまた, 望んで, 果し義, 模した, 次の, 歌っては, 気構えて, 演じた, 演じつ, 申しこむ, 目のあたりに, 行なったこと, 見た, 見た其年, 見てから, 見に, 見まもって, 見渡したの, 見物し, 計れば, 計画した, 試みんと, 語つてゐる, 語るもの, 談じなけれ, 談ずること, 起さずに, 起さぬよう, 起しここ, 起して, 起しても, 遂げて, 開かなくては, 開くこと, 開始し

▼ 合戦~ (93, 7.8%)

2 熄んで

1 [91件] あったと, あの山, あるかと, あんなだった, いい加減, いつもの, いわゆる, お止め, こうして加茂, ここでは, この日, これからする, これからです, これから四日目, ご勝利うた, して, すこし歇, それは, ただの, でき申さぬ, どうだった, ないが, ないと, なかった, なかなか難儀, なさるまい, なるま, ひとえに若, まずやたらに, まだ何年, やむまもなく, やむ間, わずか三日, 一ノ谷でも, 不意の, 両陣ひき分け, 二十一日まで, 今どこにも, 今夜始まり, 今野爪の, 伊那丸さまの, 伏見鳥羽桂川の, 元就の, 収まりさ, 合戦だ, 同じく十三日, 和田左衛門尉将軍家に対して, 夕方から, 夜と, 大きかった, 大津合戦とも, 始まって, 宵が, 尊氏方の, 岐阜の, 当手, 後醍醐の, 従来疑問だらけである, 恐らくこれから今日中, 戦をさえ, 戦史を, 戦国時代の, 承知の, 拙者致すべく, 明日をも, 暁の, 未だしきりに続けられ, 本腰, 机の, 村上義清を, 次第に激しく, 正にこれからだ, 毛利元就が, 清盛と, 熄むまも, 甲軍の, 碁盤の, 終ったわけ, 絶え間ない, 繰り返されたが, 行われて, 街なかの, 諏訪松本両, 越後人と, 足利方の, 連日熾烈を, 遠い昔, 間近くなった, 雲上で, 音音が, 黒雲を

▼ 合戦~ (61, 5.1%)

2 あったと, ある

1 [57件] あった, あったとも, あったの, あったので, あった年, あつた, あり舟倉, あるぞ, あるぞと, あると, あるという, あるのみ, ある間, おこらないとも, ござりまし, すむと, どうの, はじまりますぜ, はじまるいつ薩摩, まあまあ無事, まさに秀吉, 一村上義清の, 何か, 元亀がん, 出来ないの, 初めてであった, 北畠家に, 始つて間もなく, 始まった, 始まったが, 始まって, 始まってからは, 始まるに, 始る, 宣せられてから, 尚も続い, 得たもの, 忙しゅうございます, 最初である, 止む時, 済むと, 続いた後, 繰りかえされて, 行われたあと, 起こったが, 起こるであろうこと, 起こるとも, 起ったの, 起って, 起つたの, 起るか, 起ると, 起るところ, 起るとしても, 鎌倉に, 長びくにつれて, 開らかれた

▼ 合戦~ (42, 3.5%)

3 敵の 2 御ところ

1 [37件] いつも敵, この市街戦, しかと見覚え, すらそれ, どこの, まだ在, 亡くなられ身寄り, 働いた約, 光秀を, 勝頼は, 呉軍の, 夏侯楙の, 天王山を, 定まった, 尊氏の, 手いたく, 敗れた平家さん, 日が, 有名な, 死んだ者, 源氏に, 源氏の, 滅亡した, 父に, 父寂阿, 玄徳軍の, 甲州勢の, 終り敵, 羽柴軍と, 蜀の, 行こう, 賊を, 輝元は, 通って, 道誉や, 鉄砲に, 鳥居峠は

▼ 合戦~ (37, 3.1%)

3 云う 2 いえば, なると

1 [30件] いうと, いうほど, いっては, こんどの, その前後, それからの, なったからには, なって, なっては, ならざるを, ならなかった, なるや, なるやも, なろうも, 云う日, 云ったこと, 伝えて, 化すの, 思われたので, 手ぐすね引い, 方々の, 直しました, 相成りましょう, 称するもの, 筆太に, 見えまする, 見て, 覚悟を, 言われて, 遑なき

▼ 合戦~ (26, 2.2%)

1 [26件] あったらしいが, あったり, いやに, いやはやどうも, ここに, これまで, すんだごとく思い込み一日, その根本, ついに水守勢, ないのに, なく張りあい, なく長陣, まず一応終り, やうやく, よそ事みたいに, わたくしは, 一枚の, 出費も, 和田氏の, 実にそれ, 引分けに, 止めに, 毛利軍の, 百戦百勝疑いなし, 義仲の, 践みたとえ

▼ 合戦には~ (25, 2.1%)

2 秀吉も

1 [23件] ならずに, われらが, 一升六十四文から, 一向堂の, 二年も, 出る, 出淵, 刀傷を, 勝ったところ, 勝味が, 十分に, 及ばぬながらも, 反対に, 召されて, 向い難い, 強かろう, 早くも, 浅井の, 漆間蔵六も, 秀次に, 見られなかった激烈さ, 謙信は, 間に合わぬもの

▼ 合戦では~ (18, 1.5%)

1 [18件] この大鵬, たえず尊氏, まずそんな, わしら奉公人は, 二度まで, 信西入道こそと, 十四日の, 単騎上杉勢の, 大いに意気, 大将首を, 子が, 宇喜多どのの, 山徒の, 後陣へ, 御当家, 楠木勢に, 熊楠が, 生田川一帯は

▼ 合戦でも~ (12, 1.0%)

1 [12件] そんな大兵, たった一度, よう働いた, 両翼の, 何となく全体, 当時は, 柴田滝川の, 清洲会議の, 然し一幕毎, 起しかねまじき語気, 起りましたか, 起るやう

▼ 合戦から~ (11, 0.9%)

1 [11件] いくばくも, よろ這い落ちて, 二年目の, 今日まで, 千早籠城の, 半歳ほど, 次いで清洲会議, 次の, 近江番場の, 関ヶ原までの, 駈け渡って

▼ 合戦にも~ (11, 0.9%)

1 [11件] いたらぬよう, お連れ, そのよう, やぶれた, 似て, 出て, 同じよう, 尾張公に従って, 居残らされるし, 指一本差させよう, 終始死生

▼ 合戦~ (11, 0.9%)

1 [11件] そこで織田明智, であったが, であるから, での精華, には, にもいろんな, に武功, の事, の思い出ばなし, はつり銭, は夜ごと

▼ 合戦~ (9, 0.8%)

1 からな, が模擬戦, ということ, とか種彦, と言ってる, な, なんて言い出し, よ, 飽くまでも戦い

▼ 合戦~ (9, 0.8%)

1 であった, であるから, について精査, には米友, に出, の昔, はウヤムヤ, は馬琴, を作る

▼ 合戦~ (8, 0.7%)

1 てみしょう, て取, て忠勤, て見, て見ようで, て雌雄, 織田勢あまた, 血の

▼ 合戦という~ (6, 0.5%)

2 場合には 1 ところまず, のは, ものは, ような

▼ 合戦以来~ (5, 0.4%)

1 かけちがって, とんと掛け違っ, の負傷者, はじめての, 未だ釈然

▼ 合戦~ (4, 0.3%)

2 のだ 1 さつた事さへ, のぢ

▼ 合戦~ (4, 0.3%)

1 人物に, 旅行を, 歌や, 源平合戦の

▼ 合戦こそは~ (3, 0.3%)

1 全甲州, 畢生の, 立派な

▼ 合戦この~ (3, 0.3%)

1 かたそちの, かた浅井朝倉の, 凄愴

▼ 合戦とは~ (3, 0.3%)

1 いうが, おもしろい, 忙しないもの

▼ 合戦なら~ (3, 0.3%)

1 さつきも, すこしも, ばその

▼ 合戦~ (3, 0.3%)

1 かかる半年, 移行し, 返って

▼ 合戦また~ (3, 0.3%)

2 合戦と 1 中国への

▼ 合戦以後~ (3, 0.3%)

1 この地方, これから自分たち, は洛中

▼ 合戦前後~ (3, 0.3%)

1 にも欠け, の事, の部分

▼ 合戦あった~ (2, 0.2%)

1 か, が柴田勢

▼ 合戦ある~ (2, 0.2%)

1 もののまるで, 毎に

▼ 合戦いらい~ (2, 0.2%)

1 北条氏の, 戦場と

▼ 合戦こそ~ (2, 0.2%)

1 甲越戦記の, 織田の

▼ 合戦する~ (2, 0.2%)

1 ということ, となったら

▼ 合戦です~ (2, 0.2%)

1 が善昌, よ御

▼ 合戦とも~ (2, 0.2%)

1 当時呼ばれた, 成ったる際

▼ 合戦など~ (2, 0.2%)

1 最もお気にいり, 酸鼻を

▼ 合戦などに~ (2, 0.2%)

1 及んだこと, 無心に

▼ 合戦などは~ (2, 0.2%)

1 このあいだ, 二十三四日頃の

▼ 合戦における~ (2, 0.2%)

1 従来の, 悲壮な

▼ 合戦にでも~ (2, 0.2%)

1 なるよう, 出かけるよう

▼ 合戦のみ~ (2, 0.2%)

1 ぎり, ぎり桜井佐吉が

▼ 合戦まで~ (2, 0.2%)

1 その間約, 話して

▼ 合戦より~ (2, 0.2%)

1 唐崎の, 忠臣蔵に

▼ 合戦四国征伐抜群~ (2, 0.2%)

2 の偉功

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

2 は押込み

▼ 合戦当時~ (2, 0.2%)

1 の地, の陣形

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

1 の余談, は事ごと

▼ 合戦描写~ (2, 0.2%)

1 になる, に重点

▼ 合戦直後~ (2, 0.2%)

1 から二, の九日

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

1 一のて, 一日の

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

1 だぞ, の吠え

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

1 があった, の大

▼ 合戦~ (2, 0.2%)

2 の古い

▼1* [133件]

合戦ろうも, 合戦あらば二万十万, 合戦あるべしといふのみにてどなた, 合戦いざといわばみずから鑓, 合戦舌切り雀で, 合戦かと早合点した, 合戦がはぢまつた, 合戦これは御, 合戦これらは現在, 合戦これ義侠ではござらぬ, 合戦ごっこを見物, 合戦しかけた事と, 合戦したがその, 合戦しなければならなくなった, 合戦じゃありませんか, 合戦すべし何の, 合戦せし時も, 合戦せずば置きますまい, 合戦そのままのあり, 合戦そのものよりは微妙, 合戦その他の旧, 合戦その後また英領インド, 合戦たるやこれ, 合戦だけが戦では, 合戦だけはどうか忠実, 合戦だっ合戦だっ, 合戦だったがその, 合戦やによつ, 合戦つづきに倉廩, 合戦であったそこで序幕, 合戦であろうといっ, 合戦できたり急ぎ, 合戦といったような, 合戦といつた類ひの, 合戦とか宮と, 合戦とかがもうちゃんと書物, 合戦としては十二分の捷を, 合戦との二回だけ, 合戦と共に捕えられて, 合戦どころか大変だ, 合戦なされ候とも, 合戦などからみれば, 合戦などでも織田方の, 合戦などというのも, 合戦なりと思い, 合戦にあたって織田方に, 合戦にあたり宮方軍を, 合戦において鎮西八郎為朝公兄なる, 合戦について一つの, 合戦にて兵馬は, 合戦にとりかかつたらしい, 合戦になど及んだかと, 合戦に際して諸国から, 合戦に際しても源家重代の, 合戦ばかりが二慕も, 合戦ばかりは血に, 合戦ばなしなどもまだ, 合戦へはこの伊賀, 合戦ほど心憎い戦, 合戦または浦島太郎, 合戦までは見えましたが, 合戦やら諸事情, 合戦やらなければなるまい, 合戦よりも蕾合戦の, 合戦らしい物の, 合戦をも起させるに, 合戦ニ敗北シ足利又太郎忠綱, 合戦御負ハ, 合戦プレイバックの豪快, 合戦心ニ備ヘ, 合戦七百七十年の倶利伽羅法要, 合戦中折あるごと, 合戦事小須賀九兵衛話には清洲会議, 合戦つて幸に, 合戦仕ったと述べた, 合戦以外のいくつ, 合戦以後宮方の手, 合戦以後武士をやめ, 合戦以来水戸の諸生, 合戦以来江州には長く, 合戦以来縁故を辿っ, 合戦信長勝つと, 合戦全く其方一手の, 合戦再発のいぶり, 合戦前夜の田辺, 合戦前日の夜, 合戦剛猛の事, 合戦参加の大名, 合戦味方の御, 合戦天下の安否, 合戦屏風も切箔, 合戦幸先よし上方, 合戦度々の罪, 合戦当日の潮流, 合戦後急転機を次, 合戦敗レテ父討死トモ言ヒ又行方知ラズトモ聞ヘケレバ, 合戦日々も戦い, 合戦を移す, 合戦最中で敵, 合戦有るべしといふ御, 合戦未来無限戦は熄むまい, 合戦本多が出た, 合戦来年も合戦, 合戦歩卒銃手の平野戦いずれにおいてもその, 合戦江戸時代にはよく, 合戦沙汰になりませぬ, 合戦浅井及び織田, 合戦渡辺橋ノ合戦, 合戦無限の南北両朝, 合戦を読み出し, 合戦への刑罰, 合戦直前にした, 合戦直後八方捜して, 合戦終ったか矢叫び, 合戦終りて後に, 合戦終ニ落城と承り, 合戦絵図の筆法, 合戦絵巻土佐派の合戦絵図, 合戦致し退かでは叶わぬ, 合戦花鍬形といふの, 合戦花馬車競技ももはや, 合戦の合戦, 合戦蛙合戦のほか, 合戦蛙合戦江戸時代にはよく, 合戦蝶合戦などというの, 合戦覚え書, 合戦が始まった, 合戦賤ヶ嶽小牧の役, 合戦長きにわたらん, 合戦開きの吉兆舞, 合戦からその, 合戦高きへ上っ, 合戦鬼王丸の白髪首