青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「合っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

司令~ 吃驚~ 各々~ 各自~ ~合 合~ 合い~ 合う~ ~合せ 合せ~
合っ~
合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~ 合戦~ 合点~ 合理~ 吉~ 吉原~

「合っ~」 3720, 40ppm, 2896位

▼ 合っ~ (3437, 92.4%)

354 いた 178 いる 152 いるの 57 いるよう 51 いたが 40 いて 39 いたの 30 いること, いると 29 いるうち 24 います 18 坐って 16 いるところ, いるもの 15 いました, いるので, 立って 14 いるん, 腰を 12 居た 11 いるから, いる所 10 いるが, いるらしい, みると 9 いたよう, いても, いるか, いるという, 坐った 8 いたこと, いたので, いるとき, いる二人, しまって, 居るの, 来た 7 いたところ, いては, いるに, いる中, いる時, いる間, しまった, それが, 居る, 自分の 6 いたから, いたと, いたもの, 何か, 椅子に, 話して 5 いたん, いるこの, いれば, くれ, しまう, 並んで, 席に, 歩いて, 生きて, 見ると

4 [12件] いたという, いるかの, いるばかり, いる事, いる仲, いる声, おります, 一つの, 一緒に, 坐ると, 席を, 私の

3 [30件] いたかった, いたとき, いた手, いなければ, いましたが, いますと, いるかも, いるだけ, いるでは, いるとは, いるよ, いる人々, いる人間, いる場合, いる夫婦, いる者, きたの, くれと, じっとし, そうし, それを, やって, 一人の, 居ります, 彼の, 手を, 腰かけて, 血の, 顔を, 飛んで

2 [117件] あのまっくら, いい気持, いたかという, いたけれども, いたわ, いたんじゃ, いた女, いた方, いた時, いた様子, いた間, いない, いないと, いないの, いないよう, いなかった, いながら, いますうち, いますから, いますよ, いるし, いるそう, いるそれ, いるぞ, いるといった, いるのに, いるばかりか, いるよりも, いるらしかった, いるわけ, いる上, いる乗客, いる内, いる姿, いる山々, いる方, いる最中, いる有様, いる様, いる様子, いる男, いる男女, いる訳, いる話, いる頃, いる顔, いる風, おりましたが, おるの, お互, お互いの, お互に, この二人, これも, しばらく黙っ, しまったの, そうして寝, はねが, みたが, みれば, みんなで, ゐた, 一つに, 一種の, 両方から, 二階に, 人の, 働く, 出て, 別れてから, 勉強する, 協調しよう, 喧嘩を, 坐りながら, 家を, 居たの, 居ました, 居りました, 居る時, 座を, 待って, 急に, 息を, 時を, 暮らすの, 来たが, 来たこと, 来るの, 泣いて, 流れて, 火花を, 煙草を, 相手の, 研究しあう, 研究する, 私は, 突立っ, 立った, 笑って, 箸を, 腰掛けて, 草の, 行かなければ, 行くの, 行くので, 行った, 見える, 見て, 親しく彼, 輪を, 通る, 進んで, 遊んだ, 銭足らず, 頭を, 飲んで, 黙って

1 [1637件 抜粋] あえて不都合, あたしの, あるいて, あわや鍔競り, いくの, いけば, いたかが, いたからに, いたさまざま, いたずらに父, いたっけなあ, いたのに, いたまだ, いたらしくお, いたり, いた丹頂, いた事を, いた仲, いた友達, いた商売人, いた大衆作家, いた子供たち, いた幸福, いた従者ども, いた折々, いた札幌, いた次男経高, いた男女, いた菩提寺, いた軒, いちゃあ, いつでも, いないに, いない個所, いなかったけれども, いましたよ, いますね, いますわ, いま小僧が, いよいよ世の中, いようとも, いらっしゃるよう, いられるほど, いるありさま, いるお蔭, いるからと, いるさま, いるぜ, いるそば, いるだけでも, いるつもり, いるとさえ, いるならこみ合って, いるひとつ, いるらしいから, いるらしくて, いるらしく帳, いるわずか, いるカアル, いるハンス, いる一種, いる二つ, いる人, いる人間的仕合わせ, いる伽藍, いる傾向, いる共同湯, いる十日, いる吉原, いる向こう, いる味方, いる図, いる壁, いる奥御殿, いる孔雀長屋, いる対岸, いる尾根, いる幼い, いる弟子, いる心持ち, いる旧友, いる村, いる気, いる淫ら, いる現実生活, いる矢代, いる納まる御代, いる老師, いる自分自身, いる苦しい, いる親友たち, いる賛五郎, いる輩, いる近隣同士, いる醜, いる長刀, いる間柄, いる風情, いればこそ, いろんな途方, うまく立, うるさくまつわっ, おかなければ, おくん, おた, おなじく三本, おのがじしはげむ, おらんと, おりますが, おりまする, おり商売上, お出迎え, かけて, かれは, がやがやと, きた仲間, きちんと坐っ, きわめて手狭, くるよう, くれぬ, くれる, くれるもやもや, くんずほぐれつする凄, ぐるぐるまわっ, こういった, ここも, ことごとく芸術的, このテーマ, この男, これから二人, こんどは, こんな佳い, ささやき合って, さてどう, さまたげの, しかも伊丹, しずかな, して, しまうと, しまったこと, しまっては, じっと火, すきあらば, すぐ外れた, すすきの, すれちがって, すわるか, せめて一時, そこを, そのため褐色, その一つ一つ, その先, その布片, その日, その武勇, その無数, その結果, その間に, それで, そろりそろりと, ただ一つ, たべた, だんだん雲行き, ついて, つつましや, つぶやいた, できた物, とうとう私たち, とまって, どこかに, どっちからも, どれが, なお数日, ながれて, ねて, のどかに, のんびりし, ひそひそ何, ひとまず雲竜二剣, びっくりいたしました, ほうほう, ぼんやりと, ます, またわからなくなっ, また餡パン, まるで一篇, まるで遊山, みたいし, みたり, みな黙, みようかと, みようよ, みんなが, もう一人, もう一度引っ返そう, もう少しで, もらいたいところ, もらってよ, やがて巡査, やっとこの, やっと座敷, やや落着, やり直せば, やろう, ゆきたいもの, ゆくうち, ゆくので, ゆく柔弱, よいところ, よろこぶ母娘, わかれた, わずかに, ゐなかった, ゐるな, ウンザリし, ギターを, クスクス笑いあった, ジョリクールを, ソファにかけ, ツンと, ビックリしたらしく, ムッソリニという, 一つ一つ夕靄の, 一ばん, 一同空を, 一層前, 一所に, 一時間の, 一瞬も, 三人寄れ, 三角波を, 上陸した, 不安に, 両, 乗って, 争うよう, 二つありました, 二人とも, 二列に, 互いに味方, 互いに頬, 互に力づけ合う, 互に心, 亢奮し, 人気を, 今ここに, 今年の, 仕事の, 以来なお, 仲よくせよ, 会釈を, 佇んで, 住んで, 体や, 何に, 何事にも, 信頼を, 偶然早足者だけの, 全き, 共に暮し, 其の結果, 凍てた弁当飯, 出張する, 出来た複合民族, 列ぶ, 判ったの, 別れました, 前座に, 助かったり, 動かない一団, 十何人か, 南三十間の, 却ってぶつかっ, 双方の, 取組合い, 召使いの, 吃り芝浦, 吉宗が, 名物の, 吹かれて, 問答する, 喧しく盗難事件, 嘲って, 四つに, 四年前の, 地へ, 地表へ, 坐ったらよ, 坐らせた, 坐り朝, 坐るよう, 場を, 塀から, 外の, 夜もすがら語り尽きない, 夢みて, 大きな調和, 大光明, 大声で, 大笑いし, 天の, 天体の, 奇妙な, 如何にも楽し, 娘の, 子供なんぞは, 存在を, 宛城の, 室の, 密, 寝たり, 寝れば, 小さな堤防, 小径を, 少しも, 居たが, 居たので, 居たら危気無し, 居りながら, 居る中, 居る琥珀色, 屈しなかった彼女, 山手の, 巫山戯たの, 帰りました, 年取るまで, 床を, 廊から, 建つ, 弟子は, 当夜の, 彼らの, 彼女は, 御覧に, 心から祝意, 恐怖に, 愉快である, 意気りんりん, 憂えて, 成功を, 戦ったが, 戸が, 扉の, 手間の, 抜きさし, 挨拶し, 接待係も, 握り合ってる手, 携えて, 敵わ, 断崖を, 日の, 早春の, 明礬の, 時の, 暮した, 更に其上, 最後の, 望みが, 木橋の, 杉子は, 来たため, 来た協同者, 来た宿怨, 来て, 来ました, 来ると, 枯れて, 梯子段を, 楽しい陰日向, 権力を, 櫨楓紅葉の, 欣七郎は, 歌声賑やかに, 歩きにく, 死ななければ, 殆ん, 殺気立った, 気味わるく, 水沢の, 油気の, 泣いたという, 泳いで, 流す汗, 消える, 渦巻くこと, 湯の, 湯島の, 滅茶滅茶に, 火鉢の, 炬燵に, 無言の, 無駄骨を, 燃えついて, 燕の, 物ごとを, 狐狗狸の, 献納した, 甚だ意気, 生死の, 由次郎にも, 番士の, 疲れた鼾, 発したその, 皆な, 直ぐ相手, 相談の, 真向きに, 真黒な, 眩いが, 眼が, 砂の, 碁盤の, 私これで, 稀に, 空罐を, 突立って, 立ちながら, 立ち止まった処, 立ってる, 端なく, 笑う, 笛を, 米琉絣の, 糸筋の, 細い二日, 組を, 縋り付こうとしても, 繰り返え, 羽衣の, 肉を, 胸が, 腰掛けたまま, 膝と, 自分たちの, 自意識の, 舌を, 艶かな, 若い者同士, 苦しく自分, 茫と, 荷駄の, 落日を, 葬列の, 蝉の, 行くこと, 行くものの, 行く三人, 行こうと, 行って, 行李に, 複雑な, 西尾お, 見えて, 見つめること, 見ますから, 見る子, 覗いた, 討たれて, 話し合ってる中, 話を, 誰が, 議論し, 責を, 赤い火花, 走り来る人, 足を, 身体を, 車を, 辛うじてこんな, 迫った, 透かさず舞台気分, 通らなければ, 遂には, 遊び歩きその, 過ぎた年月, 遠い空, 部屋の, 配電盤の, 量感の, 銀座などで, 銭足らず計算が, 長兄次兄私美知子と, 闇に, 陣を, 雑種の, 雨風に, 雪子幸子貞之助, 露店も, 静かに, 非常に, 音象的に, 食いたければ, 食べるが, 食事を, 馬春堂は, 騒いで, 騙し合い, 魔の, 黒い耳長驢馬

▼ 合ったり~ (174, 4.7%)

41 して 9 した 5 すること 4 する 3 しながら 2 しても, するほど, 一緒に, 殺し合ったり, 追っかけ合ったり

1 [102件] あるいはもう, いじめ合ったり, いろんな事, お揃いで研究旅行, からかって, がらがらと, くすぐり合ったり, ぐるぐる回転, けんかを, したもの, した上, した時, した連中, してるの, してるよう, しなければ, しようという, すげえすげえと, すべったり, すまふを, すもうを, するが, するという, するの, する世間, する所, する生活, する間, その将来, それが, つまらぬおしゃべり, どうかすると, どうやら家, どこへ, またその, ゆさぶったり, よろこびの, ゲーテシルレルを, 中傷し, 互に身体, 享楽し, 仕事は, 信長何者ぞと, 傍らに, 先生が, 助け合ったり, 千村の, 卑猥な, 取りっこ, 口喧嘩を, 口舌を, 合図し合っ, 向かいあったり, 善く言え, 喧嘩し, 囁いたり, 囁きを, 宙に, 少年の, 尻尾を, 彼女の, 息休めを, 憎んだり, 手や, 抱き合ったり, 押し合ったり, 揉み苦茶, 撲り合ったり, 昂奮し, 時々は, 棒切れで, 櫛や, 歯を, 比べ合ったり, 水の, 汗を, 泣き叫んだり, 独楽の, 目くばせ, 目くばせし, 眺めたり, 研究を, 組み合ったり, 罵り合ったり, 羽根を, 耳を, 肩を, 胴体を, 自分の, 色々の, 芸妓に, 苦しんだり, 草を, 菜ッ葉を, 親密な, 蹴飛ばし合ったり, 身体が, 身体を, 限りなく, 陥れ合ったり, 隠語を, 離れたり

▼ 合っても~ (44, 1.2%)

1 [44件] あの通り, いい, いいけれど, いた, いつも私, いぬ正成, いるし, おかしくない, こちらは, じっと一, その接吻, その謎, たれあって, どうする, どれが, べつだんふたり微笑, みな何ら, よろしい, 一致点を, 二人とも, 人情には, 何一つ互に力, 刀を, 合わないでも, 名は, 娘さんは, 少しも, 彼らの, 彼女の, 彼女は, 徒らに, 御書, 性コリも, 所詮は, 日本において, 殺しきれないん, 母子は, 点々が, 目が, 絶交し, 証拠は, 話が, 話も, 誰も

▼ 合っては~ (32, 0.9%)

2 いられない

1 [30件] いけません, いても, いなかった, いませんでした, いるの, おりましたが, くすくす笑う, その言葉じり, できるだけ簡潔, どちらとへとも, ならぬこと, またすぐ, 事を, 休んだもの, 何処かへ, 出版元が, 各所で, 名前を, 哄という, 意見を, 慙愧の, 歩けなくなった, 短い会話一つ, 私の, 見たが, 身を, 逃げて, 道化人形を, 青い燐光, 騒々しく笑っ

▼ 合ってから~ (7, 0.2%)

1 いつかこの, どら焼きと, 初めての, 別れるギリギリ, 向から, 急に, 浅井と

▼ 合ってでも~ (4, 0.1%)

4 いるよう

▼ 合ったって~ (2, 0.1%)

1 しようがない, 構いっこないよ

▼ 合ったりなど~ (2, 0.1%)

1 致しますと, 致し茂助

▼ 合っちゃ~ (2, 0.1%)

1 お前さんの, 敵わ

▼ 合ってこそ~ (2, 0.1%)

1 交友の, 夫婦だ

▼ 合ってや~ (2, 0.1%)

1 しない, しなかったの

▼1* [12件]

合ったりはしない, 合ったりへし合ったり, 合ってからの二人は, 合ってからもいちど低く, 合ってさえいた, 合ってといきを, 合ってなんぞいる方, 合ってねだから敏子, 合ってのすえ初めて, 合ってばあ, 合ってばかりいられなくなった, 合ってまでも可愛い娘