青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「去り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~厭 厭~ 厳~ ~厳重 厳重~ 去~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~
去り~
~去る 去る~ 去年~ 参~ ~参った ~参りました ~参ります 参考~ 参詣~ ~又

「去り~」 1262, 13ppm, 8425位

▼ 去り~ (218, 17.3%)

3 余は 2 われ獨り, 下田に, 合を, 在野の, 新に, 絶対的の, 諸神, 身を, 青雲の

1 [197件] いづくに, いまやその, これを, すくうも, その悪弊, その膚, その裏面, ただその, どこへか, のちの, のち四年乃至, ふたたびかえり来る, ふはり, また水, ゆくところ, よし, よりほどなく人々, より以来, より十有六年, より早く, より花, われらは, アスカニウス, ヂドを, トロイアに, トロイアの, ニューギニア海に, プロヴァンスに, 一種の, 一難また, 世に居, 之より, 之れ, 之を, 乙鳥の, 九百年, 二日間海鵝を, 京に, 京都に, 人は, 人文科学の, 今までの, 今や幾多, 他邦, 以来陸上には, 何れの, 兇賊の, 光り射し或, 其の咽喉, 内包的に, 再び来たらず, 再び歸, 冷たき石, 別に身, 利に, 剰さ, 力の, 北米に, 十日たちに, 又來, 又水, 口腹を, 只だ, 商を, 單に, 夏ちかく, 外国に, 夜の, 夜水竜哭す, 大いに分かりたる, 大地に, 大海の, 妖怪の, 宇宙に, 官途に, 実家に, 実業に, 実用以上に, 実際社会, 容易に, 富士山に, 小店さき, 尚飽き足らず, 尿近くなり, 峯の, 幕閣また, 平和に, 平民的の, 幽に, 庭の, 廓然, 往きて, 往く所, 必ずしも争わざる, 快晴と, 忽ちに病, 悔ゆる, 情けなく腹立たしき涙, 憮恤恵養民富み, 我らが, 我心跳は, 掌中に, 推しの, 搦まる, 摯実なる, 故郷に, 既に遠く, 早く冥々, 明存し, 星と共に, 昼の, 暗光, 望める其郷, 果てはむなしき, 果は, 榊病院に, 欧米鑑賞家の, 歓喜の, 此輕薄男子に, 武士たるの, 武士の, 歸らぬ, 殉国靖難の, 殘る, 気分平生の, 気色蘇する, 永く返ら, 汝誇, 汽船オリアナ号に, 治外の, 波千仭の, 浩蕩の, 浮世の, 海の, 海洋の, 清くなりぬ, 滅亡する, 澄む月, 無人生, 父は, 猛火に, 王を, 痕跡なし, 登れるとき, 皓腕の, 相互の, 相沢の, 真妖怪, 真怪, 碧梧桐鼠骨豹軒等の, 神の, 神界に, 禍を, 秋の, 第八嚢, 築地に, 米国へ, 純粋経験の, 細路に, 絶望したる, 絶海無人の, 群小の, 義仲寺畔の, 肉眼にては, 自来無事, 草津に, 蓬生に, 蘇生祭の, 行先は, 衞軍に, 見えず, 見えずと, 豪州に, 走りて, 足を, 跡なく, 身邊また, 車轍の, 輕薄に, 近寄らず, 進み行き, 遂には, 遂に一物, 遠方に, 酒を, 長寿を, 防備なき, 陰府に, 雨歇み, 雲あかき, 顧みざりしも, 顧みざるところ, 顧みず, 顧みて, 駒橋と, 駒橋なる, 鳥の

▼ 去り~ (46, 3.6%)

6 して 5 けり 32 されて, し日, なった, なって, なつた, なること, なるの

1 [18件] き, けり日の, けるかも, けるという, されたせい, しこの, し水鳥, し跡, なったこと, なったでは, なったらいい, なつたかと, ならなければ, なりました, なりまして, なる, なると, なるん

▼ 去りながら~ (26, 2.1%)

1 [26件] この問題, それを, モンパルナスは, 世用を, 云った, 今日の, 仏の, 僕は, 入牢中の, 其折の, 匕首を, 博学畢竟, 外面に, 宇乃に, 彼は, 微笑み交, 撥形鶴嘴を, 権力均衡の, 權力均衡の, 泰造が, 独り言を, 祖父以來の, 私は, 萬一右衞門佐殿配所へ, 言った, 道誉は

▼ 去り~ (25, 2.0%)

2 あへず, やらずに, 敢へ

1 [19件] あえず彫辰, しない, しないお, しない小鳥, せずという, せずに, せず入っても, せず聞いて, ならず立ちすくんで, やらずほとんど, やらず其場, やらず害, やらず殆, やらず犇めいて, やらず鏡, 出来ず外, 得ず尊氏, 敢ざる, 遣ざりしが

▼ 去り二人~ (25, 2.0%)

6 去りして 2 去り何時の間にか

1 [17件] 去して, 去った家族, 去つて, 去りあと, 去りて, 去りで番傘, 去りみんな, 去りやがて, 去り一, 去り一同, 去り一週間目, 去り三人, 去り九州, 去り今, 去り段々, 去り浮氣心, 帰り間もなくだいぶ

▼ 去りその~ (21, 1.7%)

1 [21件] あとを, ときから, 上に, 中実, 代りに, 名殘, 唱道者から, 夜九時ごろ再び, 女房は, 妻しんといへる, 家は, 家族も, 恥を, 息子も, 母と共に, 水分も, 河岸の, 清廉は, 状況は, 細い腕, 跡へ

▼ 去り~ (15, 1.2%)

4 しない 3 しなかった 1 したけれど, しないお捻り, しないかと, しないの, しなかったか, しなかったろう, すまい, 為んの

▼ 去りつつ~ (14, 1.1%)

3 あった

1 [11件] あります, ある, あると, あるの, あるん, ある時間, ある自分, それを, 人知れず左記, 唄う船唄, 捜寄れ

▼ 去りがてに~ (12, 1.0%)

1 [12件] あらむ, いじくり回した, ためらって, たゆたって, 佇んで, 佇立んで, 同じことば, 坐って, 思うの, 恋々と, 残って, 逍遥し

▼ 去りがたく~ (9, 0.7%)

1 させる事, して, て大将, なった二人, 堪へがたく, 母の, 覚えたという, 覚えた熱情, 足も

▼ 去り~ (9, 0.7%)

1 が立つ, に無, は是, は残った, は疑ひ, は遺った, れ其言, をし, を屋

▼ 去りがたい~ (7, 0.6%)

2 思いを 1 とある, のであった, ものが, 愛着を, 感銘を

▼ 去りそして~ (7, 0.6%)

1 これを, 信州の, 其の年頭, 彼は, 悔いは, 東洋全土に, 降って

▼ 去り~ (7, 0.6%)

2 が来 1 がくる, が来た, になつ, の夕暮れ, は来た

▼ 去り~ (7, 0.6%)

2 ない様子 1 ない口調, なく, なく近寄っ, なく部屋, は水

▼ 去り難い~ (7, 0.6%)

1 思いであった, 思いを, 悩し, 想いを, 様子を, 気持から, 気持で

▼ 去りまた~ (6, 0.5%)

1 この講演, ひとり, 外界の, 岩かげに, 浮名立て, 疊む

▼ 去りこの~ (5, 0.4%)

1 協和会の, 池に, 町へ, 町をも, 近代の

▼ 去りそう~ (5, 0.4%)

1 だった, な様子, にもない, にも見えなかった, に見えた

▼ 去りそれ~ (5, 0.4%)

1 とともに清朗, と気がつい, を削, を眞面目, を真面目

▼ 去り~ (5, 0.4%)

1 えるは, ひしなるべしと, ひしより, ひ先, へ

▼ 去り~ (5, 0.4%)

1 かつた, げに恁, てな心地, な, 気に

▼ 去りかつ~ (4, 0.3%)

1 その資本, やわらかに, 売却する, 来るわが

▼ 去りとは~ (4, 0.3%)

2 耻か 1 また苦々しい, 恥か

▼ 去りにくい~ (4, 0.3%)

1 らしく藤枝, 家庭の, 心持に, 気が

▼ 去りやがて~ (4, 0.3%)

1 川森も, 清洲でも, 蒸し熱い, 黒外套の

▼ 去り~ (4, 0.3%)

1 と語る, の死, を地, を跳板

▼ 去り~ (4, 0.3%)

1 が来, が来れ, になろう, のはじめ

▼ 去り甲斐~ (4, 0.3%)

1 はお, はまた, は元, は台地

▼ 去り~ (4, 0.3%)

1 が去り, は近く, 来る, 逝くとは

▼ 去り難く~ (4, 0.3%)

1 したがって根絶, 一種の, 再び台所, 思い始め

▼ 去りあと~ (3, 0.2%)

1 には武蔵, は二人きり, を先発隊

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 みやは, 父親さん一人きりに, 葉が

▼ 去りがてな~ (3, 0.2%)

1 容子であった, 男女の, 魅力が

▼ 去りがての~ (3, 0.2%)

1 孫や, 思慕を, 春を

▼ 去りしか~ (3, 0.2%)

1 うして, この頃, 別に遺留

▼ 去りそれから~ (3, 0.2%)

1 土木技師である, 尚も快速, 蓮の

▼ 去りただ~ (3, 0.2%)

1 姜維の, 政府の, 生力

▼ 去りたま~ (3, 0.2%)

1 はざりし, へ, へり

▼ 去りついで~ (3, 0.2%)

1 六年後柏原天皇が, 叔母と, 塩と

▼ 去りふたり~ (3, 0.2%)

1 にげこの, 去りしのびやか, 去りだんだん

▼ 去り七十郎~ (3, 0.2%)

1 は伊助, は飲み, は鷺坂

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 はた, はふくろう, は大網

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 に土地, の一台, へ私

▼ 去り~ (3, 0.2%)

2 の中 1 に入る

▼ 去り最後~ (3, 0.2%)

1 に, に第, に馬岱

▼ 去り次に~ (3, 0.2%)

1 アフリカを, サルヂニアを, 茶を

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 の葬礼, も死に, を殺され

▼ 去り~ (3, 0.2%)

2 を剥ぎ 1 は畳みおく

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 はあえて, は悪霊, は投書家

▼ 去り~ (3, 0.2%)

2 なきもの 1 を除かん

▼ 去り~ (3, 0.2%)

1 にあたり, の挨拶, の時間

▼ 去り難き~ (3, 0.2%)

1 に及, は全く, 理由を

▼ 去り~ (3, 0.2%)

2 は消える 1 も其ツ切

▼ 去りあれ~ (2, 0.2%)

1 という間, といふ間

▼ 去りがたき~ (2, 0.2%)

1 心地す, 用あら

▼ 去りぎは~ (2, 0.2%)

1 の一目尾, も亦

▼ 去りけむ~ (2, 0.2%)

2 暗くなり

▼ 去りしかの~ (2, 0.2%)

1 日母は, 時我れ

▼ 去りすでに~ (2, 0.2%)

1 余念も, 記憶の

▼ 去りそのまま~ (2, 0.2%)

1 床の, 音信が

▼ 去りには~ (2, 0.2%)

1 ならなかつたの, 及びません何

▼ 去りひとり~ (2, 0.2%)

1 で信濃, 前に

▼ 去りふたたび~ (2, 0.2%)

1 乱世戦国と, 奥州へ

▼ 去りほっと~ (2, 0.2%)

1 一息つきながら, 息を

▼ 去りほとんど~ (2, 0.2%)

1 士官の, 逆睹し

▼ 去りまさに~ (2, 0.2%)

1 亡国病たるの, 当代の

▼ 去りみんな~ (2, 0.2%)

1 がばらばら, 立ち去ったという

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 願います, 願ったの

▼ 去り一人~ (2, 0.2%)

1 の可愛い, は悲しい

▼ 去り三人~ (2, 0.2%)

1 去つて, 去り皆

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 にあり得べからざる, は来る

▼ 去り何時の間にか~ (2, 0.2%)

1 皆立ち去っ, 見物人は

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 ひぬ, へ

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 は一人桂, は余儀なき

▼ 去り全く~ (2, 0.2%)

1 孤独で, 残り少なと

▼ 去り其の~ (2, 0.2%)

1 葉を, 金五百円にて

▼ 去り又は~ (2, 0.2%)

1 棺桶等に, 示談と

▼ 去り吉野~ (2, 0.2%)

2 去つて

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 その果皮, だ臣下

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 に就かね, に就く

▼ 去り地方~ (2, 0.2%)

2 の農村

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 が来た, を迎え

▼ 去り外形的~ (2, 0.2%)

2

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 が妻, は家産

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 が去っ, の身体

▼ 去り嫌い~ (2, 0.2%)

1 の定め, や打ち

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 六も, 蒸汽に

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 三年一七八九年フランス革命が, 甲板に

▼ 去り従って~ (2, 0.2%)

1 善良な, 通俗文芸に対する

▼ 去り志郎~ (2, 0.2%)

1 去り智恵子, 去り智惠子

▼ 去り思い~ (2, 0.2%)

2 来ると

▼ 去り我等~ (2, 0.2%)

1 はかく, は花

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 えぬばかり, へぬ

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 分子を, 居住地を

▼ 去り新しい~ (2, 0.2%)

1 前途は, 生命と

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 の流れ, 更けて

▼ 去り曖昧化~ (2, 0.2%)

2 し科学

▼ 去り更に~ (2, 0.2%)

1 汝の, 苦惱を

▼ 去り書き~ (2, 0.2%)

1 加え五回, 来り以上私

▼ 去り東京~ (2, 0.2%)

1 で亡くなった, に上り

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 り, る手

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 は金盥, も床

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 が治っ, が治つて一週間

▼ 去り流動~ (2, 0.2%)

2 し去り消耗

▼ 去り消耗~ (2, 0.2%)

2 し去らずには

▼ 去り爾来~ (2, 0.2%)

1 妾さえ, 永久この

▼ 去り秀吉~ (2, 0.2%)

2 についた

▼ 去り自分~ (2, 0.2%)

1 の室, は百円

▼ 去り至射~ (2, 0.2%)

2 は射る

▼ 去り船頭~ (2, 0.2%)

2 は軋

▼ 去り西~ (2, 0.2%)

1 のかた長崎, 深く東

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 ききたりて, 来ったが

▼ 去り~ (2, 0.2%)

1 になりました, に衣

▼ 去り~ (2, 0.2%)

2 きゆける太郎

▼ 去り遂に~ (2, 0.2%)

1 全光明, 其所在を

▼ 去り過去~ (2, 0.2%)

1 に泥まず, のあらゆる

▼1* [545件]

去りあたかもわが国の, 去りあたりは暫く, 去りあちらへ歩い, 去りあなたも去ったら, 去りあの子の, 去りあらたにまた, 去りあらゆる水沫は, 去りある者は, 去りあるいは山深く, 去りいつの目覚め, 去りいつか人数は半分, 去りいつしかその頭髪, 去りいまは牛込, 去りいまだに勝つたこと, 去りいまや往年の, 去りいらい杳として, 去りおそくまで残った, 去りぬる御, 去りかくいうて, 去りかしこへ往く, 去りかなり盃が, 去りてぬかも, 去りがけの時, 去りがたかった, 去りきれいな水, 去りぎわに男, 去りけむ人ぞおも, 去りけらし日, 去りなく答えました, 去りここの城内, 去りここ裾野へ来る, 去りこれがため, 去りこれから長崎へ, 去りうした, 去りさうな美しい姿です, 去りさうに見えたもの, 去りさぞ御迷惑, 去りさっと天空はるかへ, 去りしづかに, 去りすなわちさらに形, 去りすべては消えうせん, 去りずっと向こうから, 去りと夫人, 去りそうしてかの絶倫, 去りその後桶狭間の合戦, 去りそれらの光輝, 去りただただ旧尾州領, 去りたちまちジブラルタルの, 去りたりと申して, 去りたるが如き, 去りだが印象だけは, 去りだんだん人数が, 去りつぎの休息地マトロック, 去りつくづくと彼, 去りつらむ, 去りておもへ, 去りてかの一念の, 去りての後も, 去りては來り, 去りても文覚が, 去りときどき大魚, 去りともすれば自分自身の, 去りないしこれは, 去りなおシエッペラアクの, 去りなむか病, 去りになつた後の, 去り人の, 去りはじめは支那, 去りはるかにはるか, 去りひとり居間に立ち, 去りぷいと見えなくなっ, 去りほんとうは他, 去りまたは人々が, 去りもしくは女と, 去りもちろん姿は, 去りもっと人里離れた, 去りもとの小, 去りもはやここの, 去りゆきにけり, 去りようやく彼女の, 去りわずかに円華窓, 去りわれとどまれば, 去りわれわれのほう, 去りアカイア軍の作業, 去りアカイア陣に引き返す, 去りアムフィダマスは, 去りアンリ四世の紋章, 去りイギリスに渡ろう, 去りカスピ海の岸, 去りクロクロ島に帰還, 去りクーパーセント・アンドリウスを通り, 去りサロンに入っ, 去りジッドの小説, 去りジロリと土手下, 去りセンチメンタリズムの花園, 去りソロモン王位に復した, 去りテオが駆けつけ, 去りハレムに閑古鳥, 去りヒョイとその, 去りヒロポンの切れ目, 去りフランスをも去り, 去りフリュギエー又うる, 去りホワイトスター汽船ペルシック号に投乗, 去りホームズと私, 去りポセードーンに一切, 去りヨーロッパアジアアメリカの各地, 去りヴイクトリヤ停車場からニユーヘブン, 去りと先づ其處, 去り一たび甲斐氏を冒し, 去り一二九六年サールディニアに死す, 去り一人一人の希望, 去り一切は時, 去り一同が去っ, 去り一夜にし, 去り一度水洗いし, 去り一挙して, 去り一日來り一月, 去り一時間一生懸命に掘った, 去り一月來り春, 去り一物をも所有, 去り一瞬にし, 去り一週間目には一人, 去り七年前には妾, 去り三時か四時, 去り三角形を黥, 去りは一めん, 去り下宿住いをした, 去り下水道の蓋, 去り不幸にも彼等, 去り不法におの, 去り丸裸となり, 去り主人は立っ, 去り乃至これは, 去りち來, 去り乗り去る旅人哉, 去り九州へ逃げ, 去り九時婆やが去る, 去りは穏便, 去り事実は永く, 去りが来り, 去り二人歸り間もなく大分, 去り二元を越えた, 去り二度触れるならば, 去り二時間後にヘヒト, 去り二羽去り終に, 去り五月には豪州, 去り享保三年に肅公綱條, 去り京都二条のあの, 去り京都西山に閑居, 去りとしての魅力, 去り今ことさらに我が, 去り今や此無人島に, 去り今後の生計, 去り仏国へ行っ, 去り仏頂寺丸山も去った, 去り仕上げに薄く, 去り代りに十三世紀, 去りて力, 去り以前の如く医, 去り以後牢人して, 去り任意に作, 去り伊久はあと, 去り伊豆半島の先, 去り伊金を仏, 去り会堂も町, 去り会堂理事の職, 去り伯母は又, 去り佐内満はベルリン, 去りを小片, 去りかがおのれ, 去りが告ぐる, 去り価格は安定, 去りに後方, 去り個体はただ, 去り候跡へ我等参, 去り備後の鞆, 去り儚い盛衰を, 去り入口の錠, 去り全国の土地, 去り公孫勝と劉唐, 去り六年ぶりに帰っ, 去り兵車の爲, 去り其店もまた, 去り其賠償を受け, 去り再び帰つて遅く, 去り冬來り年, 去り凡て東半球と南米間, 去り出生した村, 去り切々氷霜の, 去り別に東山の, 去り前途を想つたの, 去り劇中劇の菊之助, 去り劉唐は晁蓋, 去り功名の一方, 去りうるに, 去り加治家の跡, 去り既に成る, 去りの御門, 去り北海道に移住, 去り区婦人代表員がクラブ, 去り成牡も, 去り半日に数千里, 去り南洋に渡っ, 去り単行本として市, 去り博文館の文章世界, 去り占領地域に徴発, 去りて自, 去り去るや林, 去り友輩に, 去り古川が罷める, 去り古白君は逝き, 去り各々彼の, 去り吉右衛門去り友右衛門, 去り吉川はまた, 去りに歸, 去り同志等と平民新聞, 去り向こうにいた, 去り吻ツと白々しい, 去り呂公は連珠砲, 去りは蒼ざめて, 去り善悪美醜を超越, 去り囚人も被告席, 去り国大夫人蜜を米, 去り国家的公見に, 去り國家的公見に, 去り園丁来る事, 去りの生活, 去り土居画伯はこれ, 去り在所にかえり, 去り執着を絶ち, 去り基督教のこれら, 去り堅実なまたは, 去り塩沢丹三郎は江戸, 去り塾長室のほう, 去りがカラ, 去り壁中から出た, 去り夏來り秋, 去り夏来たりその, 去り夕べは四方, 去り外国へ移住, 去り多くの市民, 去り大島の海, 去り大鹿獅子の餌, 去り天下を周遊, 去り天地広大四海兄弟天の時, 去り天帝の真光, 去り太子一人無銭で置き去られ, 去り奈辺より来る, 去り女優の大半, 去り好ましとして就く, 去りが其身, 去り姉たちは二十三年, 去り姑息と停滞, 去り悔いて, 去り姫路を経, 去りやが去る, 去りぶる者, 去り嫌い差合の法式, 去りの清輔, 去り学生らしき男, 去り宅舎を将, 去り安芸は坐り直した, 去り宏子は暗い険しい, 去り宗教を深く, 去り宗祇は連歌界, 去り実に就くという, 去りでそれ, 去り家庭教師の客, 去り家族も疎開, 去り家紋を蒔絵, 去り寝台の下, 去り寝返りも出来る, 去り寤寐判せず迷覚了, 去り實際的な目的, 去り寧溝壑に填せむこ, 去り小さな山荘を, 去り小道をたどり, 去り屋根は崩れ, 去り山伏が又, 去り山根勇藏氏は余, 去り山河は残る, 去り山門に上り, 去り島根大分を經, 去り川烏は電報配達夫, 去り工場の中, 去りれの, 去りは鬼門, 去り帰省九月江戸昌平黌に遊学, 去り帰途神辺に宿した, 去り平凡な情事, 去り平四郎の往く, 去り平然と泳ぎ, 去り年來り人, 去り年齢を忘れ, 去り幼帝の将来, 去りくなく, 去り座席の卓上, 去りの方, 去り建物のなか, 去り弓矢を捨て, 去り強風は雪, 去り彼らの位置, 去り彼女もこの, 去りきて, 去り後僧門の人, 去り後妻の手, 去り従前の非, 去り從つて他者の語る, 去り御園は間もなく, 去りた為, 去り徳次郎は声, 去り心身を慰めたる, 去り悪念に遠ざかり, 去り悲痛なる反抗心, 去り悶々司馬徽が山荘, 去り愚かにもぬけ出し, 去りの主, 去りを去り, 去り我々のよう, 去り或は寝に, 去り批評し盡, 去り折ふし蜂須賀村へ来た, 去り抱卵を捨てない, 去り控え室を通り, 去り教授も立ち上ろう, 去り敵地へ深く, 去り斯くて今, 去り新聞記者とはなりぬ, 去りならずして, 去り日輪の威力, 去りの諡, 去り旧式の教育, 去り易い其れ, 去り易くなつて, 去り春來る時, 去りにわかれ, 去り時としては殉教者, 去り時間と空間, 去り景勝の地, 去り智恵子去り吉野, 去り智惠子去り吉野, 去り暗い憂欝が, 去り暗き夜の, 去り暗黒と混乱, 去り暗黒彼の目, 去り暫く両親と, 去りには国際連盟, 去りきに, 去り更に真に女が, 去り書き終つたならば, 去り優等の, 去り最も善良な, 去りが来た, 去り本道は東南, 去り朱実も去った, 去りの人, 去りの空, 去りとして行方, 去り林田は階段, 去り楚々たる明快な, 去り横瀬浦に移った, 去り横門へ廻った, 去りは紫褐色, 去り機械化部隊が進行, 去りの天才, 去り次代の孫皓, 去り次第に西に, 去りに就く, 去り正しき道に, 去り正直朴実ならし, 去り正路に穏, 去り正造と因縁, 去りの国, 去り此の間四里且つ蒲田温泉, 去り武朗君来る, 去り歴史的認識に代わる, 去り死体の衣類, 去り段々人数が, 去り毎日を希望, 去り気息奄々たるごとき理知, 去りを爽, 去り水師に歸, 去りえに, 去り永久に山, 去り永年召し使, 去り汚吏除くとき, 去り江戸の町, 去り汽笛のひびく, 去りの如く, 去りのすべて, 去り流離の後, 去り浅田氏に就いた, 去り浮氣心で關係, 去り海浪に沈み去る, 去りり来り海, 去り清い霊魂の, 去りがたぎる, 去り溥洽状を知る, 去り灼熱の太陽, 去り炭焼を業, 去り炸裂音もその, 去りの熱, 去り無比の譽, 去り父親一人は釣, 去り片隅に居, 去り狂歌の盛衰, 去り独り来るという, 去りき戰士, 去りり行き身, 去り玉子に饂飩粉, 去りに就く, 去り現在ヨオロッパに存在, 去り理知のもつ, 去り来らんと, 去りも妻, 去りを養う, 去りはおえい, 去り過ぎて, 去り白き其胸を, 去り百戦必敗は固, 去り百賢留らず況して, 去り皆城門の役所, 去り目科も亦, 去り直側にある, 去り眞摯敬虔の態度, 去り怪の, 去り真実につく, 去り真理の客観性, 去り矯飾を忘れ, 去りを除き, 去り石川が杉戸口, 去り石炭も不足, 去り硬直は下, 去り神輿は事故, 去り禍福糾縄す, 去り私どもはまた, 去り私達二人の孤児, 去り移竹移りぬ幾秋, 去り突然病気が, 去り窓ぎわへいっ, 去り十嚢の, 去り筒井はくらみかけた, 去りに就く, 去り糸巻形のローラー, 去り細君は再婚, 去りには客, 去り終に隻影を, 去り緩やかに回転, 去りを離れたる, 去り織田家へ就いた, 去りけなけれ, 去り羅馬はその, 去り翌日宋江は軍師呉用, 去りして, 去り聖霊降臨節には京都, 去りも高く, 去りを薄く, 去りのみ之ある, 去りと臀, 去り自ら足り自ら満足, 去り自宅に籠り, 去り臭気を止め, 去りの甲板, 去りとる舵手, 去り芝居は終る, 去りの時, 去り苦痛薄らぎ食欲復, 去り茶菓がはこばれる, 去り草木眠って, 去り草花の赤い, 去りの方, 去りの花, 去り華美を棄て, 去り華麗の武具, 去り萌黄色の山肌, 去り萬事終つて了つたのだつた, 去り萱草許りの, 去り付いて, 去り葛城独甲板の欄, 去り虚偽暴戻背信そして飽く, 去り行方を消し, 去りの気配, 去り街頭の夜色, 去り衰えきたりて, 去り補修を施, 去り西京丸また危険, 去り視聴の世界, 去り観音堂際なる同, 去り語り来った時分, 去り大名は, 去り諸君とわかれる, 去り議論の經路, 去り讀來つて纖細妙微なる, 去り貧窮の底, 去り贅沢品として愛翫, 去り赤煉瓦のお, 去り起重機も腕, 去り越ゆと, 去りにつけるべき, 去り車行およそ百マイル, 去りを恨ん, 去り農家の低い, 去り近く来たる轟きが, 去り近く賊地に接す, 去り近頃は但馬, 去り途上盛夏の大暑, 去り通り来る分, 去り週来たりて十一月中旬, 去りを逍遙, 去り道筋を変え, 去り遠景は汽車, 去り遺跡は名ばかり, 去り遺骸は珠丘, 去り郁子も和夫, 去り部屋にひとかけ, 去り金兵衛も上, 去り鋪石道はがらがら, 去り鎌倉の寺院, 去り長剣を横, 去り闘い来り思い, 去り離散して, 去り難い重い罪の, 去りもあがっ, 去り雪江の情夫, 去りは來つて峻嶺, 去り雲助もいつのまにか, 去り霊水をたたえた, 去り霊異の品時, 去り青山ありだ, 去り青春は去っ, 去り静かに墓地, 去り頭骨を切り開い, 去りがやわらかく, 去り飄忽とし, 去り食事も進み, 去り香花を飾っ, 去りは徴発, 去り駿馬を御する, 去りを存, 去り高氏も床几, 去り魚雷型潜水艦はめずらしく, 去りに移つた, 去り黄泉国行の説話, 去り黄葉我前ニ墜ツ, 去りし来