青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「去~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

原子~ ~原理 原理~ ~原稿 原稿~ ~厭 厭~ 厳~ ~厳重 厳重~
去~
~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る 去る~ 去年~ 参~ ~参った

「去~」 1394, 14ppm, 7715位

▼ 去~ (453, 32.5%)

35 は云った 28 が云った 14 は登 9 は黙っ 7 の供 6 を見た 5 が訊いた, は首 4 は眼

3 [14件] が遮った, に向かっ, に呼ばれ, の部屋, の顔, はすぐ, はそこ, はその, はそれ, はまったく, は女主人, は手, は歩き, は続けた

2 [38件] が, がその, がそれ, がはいっ, が一人, という医者, と森, と登, に付い, に命じられ, に囁いた, に答えた, の眼, の診察, の診断, はお, はすばやく, はそう, はそういう, はまた, はもう, は乱暴, は云っ, は例, は半, は口, は外出, は大股, は平気, は彼, は提灯, は机, は片手, は相手, は空, は立ちあがり, は答えた, は若者

1 [222件] から三度, から厳重, から命ぜられた, がいきなり, がおり, がすぐ, がそう, がそんな, がまた, がみつけた, が不審そう, が医長, が反問, が口, が叫んだ, が呼ばれた, が声, が外, が女, が家, が布, が引, が怒った, が戻っ, が振向い, が来た, が独断, が病人, が笑っ, が答えた, が続けた, が脇, が蘭語, が診察, が説明, が追っ, が遮っ, その人, だ, といっしょ, とにつよく, とはもっとも, とやりあった, と別れた, などが輝かしく, などの知らない, ならそう, にそう, にその, にとびかかった, に一種, に云われ, に促され, に向けられ, に呼びかけた, に心酔, に怖, に求められ, に突き当った, に診察, に話しかけた, のいきごみ, のいく, のいった, のおかげ, のこと, のところ, のひろい, のほう, のやり, の先, の助手, の口まね, の声, の姿, の心, の手, の指図, の来る, の独断, の生き, の眼つき, の薬籠, の言葉, の許し, の診, の話, の話す, の説明, の顔色, は, はあっさり, はいつか, はいま夢, はうけつけなかった, はおとよに, はきげん, はきめつける, はくたびれた, はこれ, はしきりに, はじっと, はずいぶん, はそっち, はたたみかけ, はだめ, はちょっと, はつねに, はてきぱき, はどしんどしん, はなだめる, はなに, はのび, はびっくり, はふきげん, はふと, はふところ紙, はべつに, はまえ, はまず, はまもなく, はやがて, はゆっくり, はよく, はわれ, は一方, は一枚, は上衣, は下, は低い, は保, は傷の, は出, は前, は力, は十七軒, は十兵衛, は十日, は午前, は吹きつける, は呟いた, は嘲笑, は固太り, は坂, は声, は太, は奉行, は子供たち, は容赦, は小言, は少女, は巻紙, は座敷牢, は従来, は必ず, は応急, は怒っ, は怒り, は急, は承知, は接待, は暫く, は書き, は来ず, は溜息, は独り, は独り言, は生命力, は疲れ, は疲れた, は疲れはてた, は病人, は相, は眩し, は矢立, は立ちあがっ, は立ちあがった, は立っ, は組伏せた, は絶えま, は続け, は自分, は自嘲, は苛, は苦笑, は茶, は薬, は言下, は言葉, は訝しげ, は語った, は足, は足踏み, は遮っ, は遮った, は遮り, は銀, は関心, は頑として, は頷いた, は頷き, は髯, は鴨居, ほどの人, もくり返し, もそれ, も外, も知っ, も角三, や他, をねめつけた, を押しのける, を眺め, を睨み, を見, を見あげ見おろし, を見返した, を認める, 先生から, 先生だ, 先生の, 先生のみ

▼ 去つて~ (160, 11.5%)

58 しまつ 9 ゐた 5 行くの 3 かへらず, しまつて, ゐました 2 から小菅, から百姓, は來, もらひたくて, 仕舞うの, 居た

1 [67件] おしまひ, からお, からの後, からはじめて, からは妹, からは東京, からもう, からも折, からも書記室, からストーブ, から一月, から丁度九日目, から三, から三日, から久しく, から六十年近く, から六年, から可, から君, から小池, から幹事, から既に, から牛, から間もなく, しまつたら余, その代り, その光, その眞髓, はいけない, はゐない, もそれだけ, もどこ, も坐れ, も少しも, も心, も惜しく, も猶, も生命, も私, も行き, も訣, よりわれ復肴饌, より余, わづか, ゐたおしげ, ゐたこと, ゐた色, ゐて, ゐますか, 久しく相, 休むこと, 動くならば, 同じ現在, 呉れるもの, 好んで, 帰らなかつた, 往く者, 新しい家, 枯れても, 泣く泣きながら, 約一年後, 約二, 見れば, 遠く任, 遠しシヱーキスピーア, 還らざる蓬莱, 還らず徒に

▼ 去つたの~ (48, 3.4%)

16 である 42 か, だと, では

1 [22件] かもわからなかつたなら, か分らん, が同じ, だとは, であるから, であるが, でした, とは別, と同じ, は一千九百三十五年, は丁度四日目, は医術分科, は半ば, は実に, は未だ, は板橋駅附近, は水, は自ら己, も一度, も知らず, を, を見る

▼ 去~ (46, 3.3%)

3 き, して, ます 2 ける影, し日, し船, たる魚屋かな, なされ, 及ばず

1 [25件] いな, お前, きと, けむ, けるもの, ける迹, ける風, さうに, しつらき, しと, し善き, し子, し安元三年四月二十八日, し年, し年秋, し春, し邊, そ, ました, ますまつ, まつさ, まへん, や, んかいな, 麁略あらせじ

▼ 去つた後~ (35, 2.5%)

2 には

1 [33件] だつたかとも, で, で微々, で途中, で青年, には下渋谷, には小さな, に別, に来る, に残, に求める, に猶, のやう, の杏春改瑞英, の河泉, の車寄, はアパート, は丁度, は共産制, は日夏君, は船中, へも新しい, へ一遍, へ収, また長い, も暫く, らしかつ, を丁度, 代助, 必ずや久しき, 漸く姿, 猶亡霞亭, 聞いて

▼ 去~ (34, 2.4%)

2 公義に, 公議に

1 [30件] しまった, その跡, なお毬燈, 三田の, 京師に, 今や協会, 今や協會, 仏蘭西に, 仕舞いました夫ゆえ止, 他人に, 他国に, 以来自, 吉野の, 塾が, 復た返らず, 政友会に, 政友會に, 文芸上に, 新約に, 更らに, 月の, 歸朝の, 江戸に, 浴し返つて復, 淡々と, 深切なり, 英吉利に, 諫早に, 身を, 長崎に

▼ 去~ (32, 2.3%)

6 して 2 するの

1 [24件] が仰がれ, が如何, した, したが, しましたが, します, するから, するもろもろ, するやう, する心持, する怪盜, する怪盜鼬小僧, する怪賊, する感情, する此上, する雲, する雲霧, でも寺崎廣業, にまかし, に拘らず, の, の句, の落柿舍, を送迎

▼ 去つた~ (30, 2.2%)

6 と云 2 と言, と謂

1 [20件] ある事, からだ, しかしそれ, しばらく歩行, ずつとあと, そして流浪人, そのうしろ, その同じ日, だけだつた, だけです, だの, つ, ときだつた, とする, ならそれ, に違, 大將, 役立たずの, 微なる, 若き熱情

▼ 去~ (24, 1.7%)

42 ていた, てのら

1 [16件] たいよいよ, たきり, たという, たの, た去ッ, た後, た方, た法師, た覆面, てしまった, てしまッ, てすじ向う, てゆく, て卒業免状, て行かれました, て行った

▼ 去つて行~ (20, 1.4%)

17 つた 1 つたが, つたもの, つたやう

▼ 去ぬる~ (12, 0.9%)

2 年の 1 がいい, までに, 元亨, 八日大雨の, 夜惡少年の, 天正七八九年の, 天正五年信長公より, 年中泉から, 年安土の, 後月の

▼ 去~ (11, 0.8%)

1 [11件] うかと思, ところまで, 後寡居せられし, 掟という, 教楯に, 条に, 条件に, 箇条中第, 茶屋へ, 茶屋まで, 頭の

▼ 去つて了~ (10, 0.7%)

1 ひさうで一種食慾, ひました, ひ人々, ひ仲, ふこれ, ふとぽ, ふの, ふ夜, へ, へば宜

▼ 去つて仕舞~ (8, 0.6%)

2 はね 1 ひぬ, ひましたが, ふことばかりを, ふと素, ふの, へば健康體

▼ 去~ (8, 0.6%)

2 なく 1 なりて, 云うて, 云ふ, 申様之, 義絶とに, 言う離縁

▼ 去~ (8, 0.6%)

2 不追 1 の件, 不追と, 不追有つて, 不追私, 追わずこれ, 追わず縁

▼ 去なむ~ (6, 0.4%)

2 とす, とする 1 といふ, を私語

▼ 去~ (6, 0.4%)

1 に其地, に岡本玄迪, に霧渓, の伊沢宗家, の眞志屋, の評判

▼ 去つてしまつて~ (5, 0.4%)

1 からは, からわたし, はなん, もうつら, も何一つ

▼ 去~ (5, 0.4%)

1 いと太一, かし, こない場所, やい, 潮も

▼ 去ねよ~ (5, 0.4%)

2 去ねよ 1 わが, わが古き, 吾駒

▼ 去~ (5, 0.4%)

1 が三島, が医師, が小田原, と云, は市河三陽さん

▼ 去~ (5, 0.4%)

1 いただきまする, で此, もらいましたと, を書かせよう, を遣わします

▼ 去~ (5, 0.4%)

1 いづれが, するもの, によってその, を検出, 之不可

▼ 去かって~ (4, 0.3%)

1 入湯に, 槍持の, 行ったその, 行ったの

▼ 去かる~ (4, 0.3%)

1 ことです, に従って登り, に従って高く, のを

▼ 去つて東京~ (4, 0.3%)

1 では誰, に遊學, の市街, へ引

▼ 去なし~ (4, 0.3%)

1 て, てしまった, て來, て手

▼ 去ねと~ (4, 0.3%)

2 思ふ思ひは 1 いはれたところ, おっしゃったを

▼ 去~ (4, 0.3%)

2 皆聖人の 1 同時に積極的, 適当な

▼ 去つた日~ (3, 0.2%)

1 のその, の午後, も江戸

▼ 去つてしまつたの~ (3, 0.2%)

1 である, でございます, は一

▼ 去つて上京~ (3, 0.2%)

1 した, し一先づ, するまでの

▼ 去十日~ (3, 0.2%)

1 に死すべき, の事, より箱館府戦争有

▼ 去~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 去定たち~ (3, 0.2%)

1 が門, は帰途, を十兵衛

▼ 去水流~ (3, 0.2%)

1 ごときは, の名人, をよく

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 この土, 有れば

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 兼ねて, 魂は

▼ 去たり~ (2, 0.1%)

1 ける, 後に

▼ 去つた年~ (2, 0.1%)

1 に當, は或は

▼ 去つた彼女~ (2, 0.1%)

1 に取つ, の勝気

▼ 去つた所~ (2, 0.1%)

1 で尚, は汚

▼ 去つて了つたの~ (2, 0.1%)

1 です, では

▼ 去つて何處~ (2, 0.1%)

1 かの山奧, に行

▼ 去つて姿~ (2, 0.1%)

1 も見えぬ, を隱

▼ 去つて師~ (2, 0.1%)

2 の影

▼ 去つて後~ (2, 0.1%)

1 も武蔵, 始めて綜合的客観詩人

▼ 去つて畢~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 去つて終~ (2, 0.1%)

1 ひ百顆, ふ

▼ 去つて行つた~ (2, 0.1%)

1 といふの, と断定

▼ 去つて都~ (2, 0.1%)

1 に出る, へ帰る

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 はつた, まく惜し

▼ 去なう~ (2, 0.1%)

1 かの, よ

▼ 去ねん~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 去んで~ (2, 0.1%)

1 だすか, 下され帰

▼ 去ッテ復~ (2, 0.1%)

2 還ラズ

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 実ニ就キ, 遠ク長天

▼ 去リ嬉シキ涙ガ~ (2, 0.1%)

2 滾レサウニナル

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 ヲ看, 程ニ

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 来して, 来愚

▼ 去何郎~ (2, 0.1%)

2 無好詠

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 より今, 忽然と寄

▼ 去十三日~ (2, 0.1%)

1 の午後一時頃, の夜

▼ 去十二日~ (2, 0.1%)

1 の夜, より引つ

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 御夢想, 御淵酔

▼ 去~ (2, 0.1%)

1 山阿, 弥遠

▼ 去風流~ (2, 0.1%)

1 の家元西川一草亭, ヲ習ッテイル

▼1* [306件]

ああ残念, 去おうか突如と, 去ア, 去かんかと問うた, 去者の, 去くも退くも, 去ぬ, 去こうとした, 去すべからざること, 去せり午後五時頃より熔岩, 去だにも筆を, 去つた冷静さで描い, 去つた切り軈て梅雨, 去つた受附の皆, 去つた山陽を説いた, 去つた彼こそが白々しい, 去つた後わたくしは江戸, 去つた後プウチヤチイヌの露艦隊, 去つた後一月近く山にゐた, 去つた後亂酒漢になつ, 去つた後京野は椅子, 去つた後其淳樸を賞, 去つた後太刀や弓矢, 去つた後女事務員は茶, 去つた後岡へ上つた石, 去つた後念吉黙つて玄関, 去つた後沢は夫, 去つた後男乙は寝台, 去つた後登志子は窓, 去つた後與吉は卯平, 去つた後金花は独り壁, 去つた従つて独のみ居る, 去つた心が變つた樣, 去つた恢復期に向つた人達, 去つた按吉の居る, 去つた方へすら, 去つた様に心, 去つた海の彼方, 去つた炉の柴, 去つた生活を呼びもどした, 去つた直線や電光形, 去つた私は歩きつ, 去つた繼母がまだ, 去つた者がある, 去つた観があつ, 去つた車の後, 去つてしまつた極めて無造作, 去つてしまつた女は, 去つてしまつた肉食よりも菜食, 去つてしまつてガランとしてゐる, 去つてゆつたりと, 去つてマテイスを見る, 去つて一しほお, 去つて一抹もない, 去つて一箇月とたたない, 去つて一週間ぐらゐしてから僕は伏見, 去つて三年も経つ, 去つて下の方, 去つて了つて居た, 去つて二三日たつと, 去つて人はもう, 去つて人間の活動, 去つて他の原野, 去つて以太利に飄泊, 去つて來たかつた, 去つて保古が湯島, 去つて備後に赴いた, 去つて出家しに, 去つて北総市川, 去つて千年今帰り来る, 去つて南都北嶺の円頂賊, 去つて場中は遽, 去つて夏となつ, 去つて大久保余丁町へ引越し, 去つて大阪に來, 去つて天草に住んだ, 去つて奉天へ行, 去つて寄宿舎に這入り, 去つて寺で宿る, 去つて小名木川に達すれ, 去つて屋敷住ひに, 去つて山水の間, 去つて嵯峨に入, 去つて川甚に至る, 去つて巴里に入る, 去つて市中に住んだ, 去つて幽明世界をへだてる, 去つて当地へ来ました, 去つて往つた, 去つて往つて了ふんだよ, 去つて復ること, 去つて恥を決す, 去つて悠々たり, 去つて惻然たらしむるものがある, 去つて感興反つて尠, 去つて感謝気分に入る, 去つて故郷に歸つたの, 去つて日本へ歸つた後, 去つて日輪寺其阿の許, 去つて晝のみある, 去つて暴力の前, 去つて最後の全集, 去つて机に向, 去つて柳の夕日, 去つて榛名山の麓, 去つて歴史を観る, 去つて江戸に来た, 去つて泉先生の描出, 去つて海路から上京, 去つて無に歸, 去つて畢つて居るの, 去つて知盛の幽, 去つて神の仲間, 去つて神樣に使つて, 去つて神谷についた, 去つて福岡の方, 去つて秋冷忽病骨を侵す, 去つて秋水に見ずである, 去つて精巧をきはめたる, 去つて精神的の世界, 去つて終つた觀がある, 去つて耳も借, 去つて花を看る, 去つて茶店に憩, 去つて蚤のシーズン, 去つて行つたいくつかの思想, 去つて行つたひとの顏, 去つて行つた客の話, 去つて行つた富岡に対して思はず, 去つて行つた方角から低い, 去つて行つた時急に呻き, 去つて行つた飛行機をみつめ, 去つて親類の吉尾, 去つて貰はう, 去つて貰ひたいと古代人, 去つて蹄の音, 去つて迹方も無く, 去つて遙に後, 去つて長崎に来り, 去つて間がない, 去つて霞亭の経歴, 去つて霧卷くこの, 去つて風呂の火, 去つて飄然西の方, 去てから三十何年に, 去吾妻は, 去なすが後朝, 去なつしや, 去なねば沙汰人へ, 去なんのかい, 去なんと年寄りの, 去ににけるかも, 去には僕が, 去にもせで, 去にをらずや, 去みな偶然に係るべき, 去む音と雇い, 去来も, 去ッタ大罪人, 去ッタ後空ガ快ク晴レル, 去ッテシマイ敏子モモハヤ現ワレル, 去て了ツ, 去テ耐心ヲ存スルモノハ其功, 去バ必ラズ逢ハムト契リタラムニ泊瀬川ノ早, 去ラズ痛ミハ小指ト薬指トガ, 去リニシテ二十分以上モ途中デ時間ヲ費シテ, 去リ予ハ書斎ニ戻ル, 去リ空々タル談話百回説クモ益無ク終日聴クモ利, 去リ英国さうざんぷとん港ニ, 去ルガ如ク又頭, 去ルトキハ則チ外ハ黄皺内ハ潔白ニシテ堅シ, 去ルト共ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, 去ル七月廿七日及八月朔日小倉合戦終ニ落城と承り, 去ル例ナレドモ今年ハ珍シク冬籠リノ客多数居残リヲレリ, 去ル十間許ノ処ニアリ高野山独案内ニ, 去ル千八百余年前日本武尊御東征ノ砌海上浪高ク激シキ風雨ニ遭セラレルヤ, 去ル四月鞆津御談判之節世界之公法ニ, 去ル月六日の夜, 去ル正月廿三日夜八ツ時半頃なりしが, 去ル甚ダ遠キコトハ○○○○○, 去ル者槐橋ノ安, 去ル頃御健言書ニ国躰, 去レバ則チ内黄白色ニシテ堅ク味甜ク美ナリ或ハ熱湯ニ, 去一來鬪舞空之花蝶, 去一来の跡, 去七日出願書戸長へ出, 去七月中のこと, 去三十四年小田原養痾中の写真, 去三日由利中八郎維久奉射匠作事, 去下野国界二百七十四里去靺鞨国三千里, 去之顧望猶在, 去となる, 去二月中遥々上京, 去五月の末, 去京一千五百里去蝦夷界一百二十里, 去に意, 去來凡兆杜國史邦野水なぞの俳諧, 去來凡兆等の蕉門, 去來取懸ツ, 去に付, 去と云う, 去八日戦捷祝賀の行列, 去六日巣鴨の獄, 去六月下旬より疝積其上足痛相煩引込, 去六月中より疝積, 去其西北界拘邪韓國七千餘里, 去冬以来ほとんど常識, 去冬以来死の一字, 去冬後園に出, 去冬思立ちし紅箋堂佳話二三枚, 去冬此方へ参候一件家長共私, 去冬注文の書籍, 去冬甚あたたかに, 去冬箱館戦争為御褒美, 去冬逢つた時に突然, 去冬風労に悩み, 去冬魚類専門の田中茂穂氏来訪, 去するに, 去十七日愈降伏, 去十七日於東京府殿様福山藩知事被為蒙仰候に付, 去十九日御卒去, 去十二月下旬より足痛相煩引込, 去十五日にここ, 去卅八年の十二月, 去午年仏国大総兵交着, 去去来行住すべて水の如かれ, 去人災, 去留殖民州外烟, 去来如相避, 去来興, 去四十年十月の末, 去四月二十四日東京を発し, 去四月廿一日に大坂表, 去国三巴遠, 去国西航已二旬洋中風色日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 去夏以来異国の軍艦近海, 去夏墨夷赤狄東西に滯船, 去夏来新樹辺緑陰深処此留連, 去夏狂言評好く拙作, 去夜京都より下向, 去夜深更に及び, 去夢覚初知, 去女王四千餘里又有, 去無還時, 去嫌いとか打越し, 去嫌等の規定, 去害通称は豊輔, 去巓一尺余土人共見古老伝云, 去常陸国界四百十二里去下野国界二百七十四里, 去廿一日午後無事シヤトルに上陸, 去廿七日の出来事, 去廿三日晝九ツ時より御, 去廿九日木子内及二股之賊敗走官軍大野有川迄進撃, 去を知らず, 去数度に及んだ, 去からどうも, 去明治十一年六月七日再造新富座開業, 去亦無, 去晦日友翁妻病死之悔, 去迄召仕候女, 去となつ, 去朔日朝六頃大宮に而早鐘, 去樂浪郡境及帶方郡並一萬二千里在會稽, 去樹下凍風来, 去正月廿日に池震動, 去奪湧, 去と読ませた, 去水流居合の達人, 去水流居合ぬきの飛閃, 去水流居合鶺鴒剣の極意, 去水流相伝網笠撥ねの居合, 去江戸に帰来, 去汽声破客眠, 去も小坂, 去燕雁来の季節, 去独来の道, 去留自在にせよ, 去と云った, 去私則天的な客観性, 去私沒我等の語, 去に秀次公, 去立らねば, 去童村梨本政次郎翁より更科源蔵氏採集, 去の男性一般, 去青蕪老, 去而潭不留影, 去と云, 去臘西方より上候時, 去自由無物従, 去舟汎不維, 去茫茫濠陽今日再相会, 去蝦夷界一百二十里去常陸国界四百十二里, 去西来の二舟子, 去西来知幾年壮心一片老逾堅, 去の縄目, 去識厳しからざるなり, 去となり, 去迚俳優組合の頭取, 去迚放還も, 去迚近くでもない, 去邀賓慈善書生半死身, 去銜赤巾というよう, 去隣翁亦自, 去より御, 去見せには, 去高松攻めの兵