青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「史~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~可愛い 可愛い~ 可憐~ ~可能 可能~ ~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~
史~
~右 右~ ~右手 右手~ 号~ 司令~ 吃驚~ 各々~ 各自~ ~合

「史~」 3764, 41ppm, 2856位

▼ 史~ (874, 23.2%)

40 上に 16 中に, 研究に 11 上では 10 上で, 講義を 8 上から, 中で, 研究を 7 なかで 5 研究は, 第一ページ, 編纂に 4 ような, ように, 上の, 中では, 裏面

3 [14件] なかに, 一つの, 一ページを, 上でも, 上より, 中から, 中には, 中の, 最大の, 研究, 研究では, 立場から, 第一頁, 重要な

2 [52件] いろいろの, うちでも, ことを, 一定の, 一節である, 一節として, 一部を, 一頁として, 上には, 上にも, 中でも, 中にも, 人々の, 仕事を, 偽らざる実体, 劈頭に, 勉強の, 動きを, 問題として, 奥底に, 官に, 家から, 家に, 家の, 専門家は, 推移の, 教授を, 方で, 方法として, 方面では, 時間の, 最初の, 材料に, 材料蒐集を, 概念を, 生地と, 発展的モメントとして, 知識を, 研究者に, 稿を, 著者, 著者しか, 裡に, 観が, 観念, 謎が, 講座を, 講義に, 講義は, 貴重なる, 資料と, 頁を

1 [559件 抜粋] あたりにも, あらゆる偉大, あらゆる時代, ある一定段階, ある時期, いつの, いふ, いふ秀吉と, いろ, うえで, うえに, うしろの, うちから, うちに, お話を, かかれるの, かくれた蝶つがい, ことありがとう, ことで, ことについて, ことばは, このよう, この偉大, この現在点, この雄大, これが, ごとき史料, ごとき大島, すぐあと, すすみゆく現実, その項, それこれを, たしかな, ただの, ためにも, ための, どこかの, どの舞台, なかだけで, なかの, ひとや, ふたまた, ほかに, まとまったもの, まとまった叙述, みなおしという, ものだ, よいの, わかり易い一頁, アカデミー振りと, イギリス人の, コースに, ステップを, ヒューマニズムが, ヒューマニズムについて, プログラムに, ヘンサンが, ページに, ページは, モヤモヤは, モルフォロギー, 一くさりとも, 一つと, 一ひら, 一冊も, 一分科である, 一場面の, 一大段落と, 一大段落なる, 一字で, 一存在としてばかり, 一季節である, 一学生たら, 一席, 一方の, 一日として, 一時期との, 一時期を, 一民族だ, 一片として, 一班を, 一瞬に, 一瞬の, 一研究者として, 一端とも, 一端を, 一節か, 一節だ, 一節にも, 一資料たる, 一部である, 一部です, 一部として, 一部とも, 一部分が, 一部分として, 一部分な, 一鎖一環を, 一頁を, 上からは, 上からも, 上での, 上などで, 上における, 上にさえ, 上へ, 上を, 上代の, 下巻は, 下巻を, 世界的権威である, 世紀に, 中ある, 中からは, 中での, 中ペリクリース時代の, 中ペリクリーズ時代の, 中世紀なりと, 中史記, 中日本の, 中枢を, 主旨は, 乏しさ, 人物中で, 伝えは, 伝は, 伝説に, 似た部分, 位置から, 体裁を, 何事を, 使命は, 個体発生的に, 側において, 側面において, 傾向が, 儺縣なる, 先生が, 先生な, 先駆者の, 全体の, 全局面, 全般を, 全部が, 内から, 内でも, 内に, 内容を, 内田銀蔵等々全国から, 冒頭に, 写真を, 出來る, 出現を, 分析方法は, 列傳に, 初ページ, 初期から, 加, 加羅國なら, 動悸は, 包含する, 包括的にて, 医書目録に, 十八世紀末から, 博大さです, 博奕の, 原稿井汲氏に, 受持の, 叙目は, 叙説は, 叙述からは, 叙述の, 叙述第, 口よりは, 史料である, 史料では, 史料としての, 史的叙述と, 史的研究, 呻きにも, 哲学としての, 哲学の, 唯一の, 問題であろう, 問題では, 問題に, 問題を, 嗜好ある, 回顧によって, 土台で, 坂口昴支那学の, 基礎概念, 基礎的知識の, 報告が, 変動につれて, 外に, 多くが, 多くの, 大きい振り子, 大動揺, 大勢科学, 大家であった, 大局からは, 大嵐の, 大立て者な, 大筋を, 大要を, 大観, 夫と, 夫とは, 奥底の, 如き, 如きは, 如きを, 如き大島, 如き観, 如く史料, 始めにおいては, 存在する, 季節的な, 学会に, 学殖に, 学者が, 學問に, 実績の, 家へ, 密奏を, 密林は, 専攻学者だけに, 専攻学者は, 専門の, 専門家で, 専門家として, 専門家の, 尊重せられた, 局面は, 展開や, 巨人なる, 巻を, 巻頭を, 常識的発言の, 幾ページを, 序文などでも, 底を, 底石を, 弁証法的認識である, 引証に, 強味が, 影響が, 後期及び, 後漢書が, 得難い縮図, 御勉強, 徹底的な, 必然的な, 念頭を, 思想史上の, 悲劇, 惨憺たる, 意義, 成立は, 所に, 手を, 抜萃には, 招待で, 持つ手, 振り出しだった, 插画の, 改造を, 教える事実, 教える処, 教師の, 教授が, 教授だった, 教科書として, 教科書に, 教科書は, 教科細目を, 教育を, 教養なく, 数ページ, 数奇な, 数頁を, 文に, 新しい研究, 新たな, 方こそ, 方に, 方向, 方小林秀雄の, 方法, 方法に対する, 方法論, 方面の, 方面よりは, 明るさ, 時間に, 時間を, 書き留めを, 書畫の, 最も明るい, 最上の, 最後を, 最近の, 最高峰たる, 朝永三十郎美学の, 期望に, 期間を, 未来も, 未解決, 末節に, 本の, 材料という, 材料としては, 根国とは, 根本動因である, 梗概な, 梨園詩人を, 楊儀であります, 概念である, 概念は, 概略だ, 構成に, 標本として, 権威として, 権威エリイ・ルクリユの, 正確な, 段階に, 永遠性が, 決定的な, 波乱として, 波瀾重畳の, 泰斗伊東忠太博士の, 洋行譚を, 流れを, 源泉を, 漢学塾が, 点を, 為に, 為の, 無味乾燥に, 物語は, 特徴として, 特色を, 現実には, 用字を, 発生当時の, 発端より, 目指した大きな, 目標として, 眞相といふ, 知識で, 研究が, 研究だった, 研究においては, 研究について, 研究にとって, 研究には, 研究にも, 研究の, 研究も, 研究上最も, 研究室を, 研究家で, 研究未だ, 研究甚だしく, 研究者にも, 確実な, 示して, 社会科学なら, 積極的発現への, 究明についても, 究積中だ, 第何架, 第何頁, 筆に, 筆法は, 答える処, 精神その, 系統から, 素描とも, 素材の, 素読を, 組織分子と, 組織者, 経過を, 結論は, 綱目も, 綾や, 編修と, 編纂委員長であった, 編纂當時から, 編纂責任者であった, 續きならぬ, 義を, 考へも, 考究には, 考證家若し, 肩に, 背景と, 脆弱さは, 臨時試験の, 興味ある, 舞台は, 良いもの, 花と, 花を, 花吹雪と, 草稿は, 菜圃に, 著者として, 著者は, 薄い霞, 藝文志が, 藝文志これは, 藝文志に, 藝文志には, 藝文志は, 藝文志明史の, 蛭子の, 裏づけが, 裏面すら, 裏面に, 裏面には, 裡面に, 要約であり, 要約である, 要約という, 見地から, 見直しと共に, 見聞せし, 観を, 観念が, 觀ある, 言ひ, 記事と, 記事の, 記者は, 記載が, 記載も, 記載を, 記載中脚註に, 記録として, 訪問を, 訳書の, 話は, 詳しい話, 認識は, 語る諸, 語を, 誤解曲解とによる, 説明に, 調査を, 諸問題, 講演といふ, 講演を, 講義が, 講義と, 講義の, 講話を, 講釈し, 象徴的記録である, 資料からのみ, 資料について, 資料を, 質量を, 趨勢を, 足跡を, 転換期と, 輩ばかりに, 輪郭, 述べて, 造詣を, 進化の, 進路を, 過程を, 部会に, 部面でも, 鄭泰なる, 重大なる, 量的推移の, 鍵も, 鏡に, 門口へ, 開拓と, 闡明に, 闡明には, 離れの, 面白さ, 頁が, 頁に, 頁の, 頂点は, 頃からは, 題目である, 題詞に, 類を, 首位を, 體裁に, 體裁古代史の

▼ 史~ (395, 10.5%)

8 研究する 7 見ると, 読んで 5 見ても, 講じて 3 按ずるに, 教えて, 書いた, 編纂する, 繙いて, 考へようと, 著は, 読む

2 [23件] その時間上, どんなに激賞, ひろげ詩人たち, もって, 一貫し, 中心として, 受持つて, 唯一の, 囘顧し, 専攻する, 書くこと, 知り過ぎて, 研究し, 繙く人, 考えて, 背景に, 見れば, 解釈しよう, 説かんと, 調べて, 通じて, 開いて, 頭に

1 [293件] あまねく渉猟, いぢつて, おもに研究, かえりみれば, かくくらい, かくには, かして, くれて, ことごとく表現, して, ずっと一とおり目, たずねて, たずねると, たずねれば, つうじて, つづける者, つづる思索, とにかく一通り, とりあげられるつもり, はげしく分離, ひもどくもの, まざまざと, まとめ, みたって, みても, みますると, みると, みれば, めくって, もたない日本, やかましい先生, やつて, やると, やる人, やる高瀬太郎, やれとの, よしと, よみ希臘, よむこと, よむひと, よむ折, りっぱに, ノートを, マークする, 一々事実, 一と, 一呑に, 一席辯じ, 一瞥せよ, 一見し, 一覧する, 一読したる, 一読せざるや, 三田史学に, 不可と, 与えようという, 与えるであろう, 世に公, 予期する, 二分する, 人が, 仏語で, 他國, 伝へた為, 作つたのは, 作つた時は, 作り出した日本, 作り史記, 作るに, 作るもの, 作る者, 修めたの, 修めて, 先進国以上の, 全く知らぬで, 兼松石居に, 出した, 分ちて, 初めその, 区別する, 取扱ふかといふ, 受け持って, 受け持つて, 叙述する, 口に, 含むこと, 土台に, 多彩に, 大學, 学び候者, 学んだもの, 學ばんと, 守田と, 官本で, 専攷に, 専攻し, 専攻した, 専攻しよう, 専攻す, 専門と, 専門に, 少しよむ, 少しよんだ, 展望させ, 彩どる, 御存じに, 徹底的に, 必要と, 忘れて, 慰むるやに, 成立たせようと, 扱ったの, 抛り出して, 拵へる, 按じて, 按じ令, 探しても, 描いて, 描きださうと, 支配した, 改造誌上で, 攻むるを, 攻めるの, 攻究する, 敏感な, 教えまた, 教えられたが, 教え大隅君, 教へて, 新旧の, 明かに, 明らかに, 書いたの, 書いて, 書かば, 書きたい, 書きたいと, 書きつづけるよう, 書くもの, 書く上, 書く人, 書く者, 有つ, 本當, 案ずるに, 極めて狭い, 比較的容易, 流れと, 流れる日本人独得, 滔々と, 無条件に, 無理に, 無視した, 特に教えた, 生かすこと, 生むべきであると, 画すべき大業, 目標に, 省みたい, 省みて, 省みれば, 知らず且つ, 知らなかったから, 知らなかったこと, 知るに, 知るには, 知るもの, 知る上, 研究さるる, 示す, 私小説の, 積極的に, 究めたらん, 空漠に, 突出し, 窮むるに, 精研し, 結んで, 統計的な, 綴って, 編する, 編みしや, 編みもって, 編むもの, 編む人, 編んだり, 編纂したれ, 繙いた人, 繙きあるは, 繙く時, 繙く者, 繰返すこと, 習った時, 習ふ, 翻訳する, 翻訳すれ, 考えようと, 考えるについても, 考えるほどの, 考える上, 聞いて, 聴きたく思った, 著し松本万年, 蔵せざる, 虚心に, 衆我競爭の, 見た時, 見た目からも, 見て, 見よ, 見ようといふ, 見ること, 見出す事, 観じ来れば, 観察せしめよ, 觀る, 觀察する, 解くの, 解く作業, 記さむ人あらむ, 記して, 記録する, 評する者, 詠じあるいは, 詳細に, 語ったり, 語るつもり, 説いた論文, 説いて, 説きといふ, 説きないしは, 説くの, 説く上, 説く者, 説明する, 読みその, 読みて, 読み或は, 読み返しギリシャ, 読むうち, 読むが, 読むとき, 読むの, 読むべきだ, 読むまで, 読む者, 読んだもの, 読んだ事, 読物風に, 調べるまでも, 調べる人, 談じ, 論じたこと, 論じ満場, 講じ殊に, 講ぜられたが, 講義し, 講義した, 講義しなけれ, 謡ひ歩い, 讀みましたが, 讀んで, 讀破し, 身を以て, 辿って, 辿ってさえも, 辿りうるよう, 辿る目的, 述べる暇, 述べ万葉集, 追究させました, 逆行した, 通じ次ぎ次ぎに, 通覧させられる, 通読した, 連載し, 進める前, 達觀する, 遥かに, 重く見る, 閲すると, 閲すれば, 閲読する, 離れては, 静的な, 順序だ, 顧みて, 顧みても, 顧みなければ, 顧みるに, 顧る, 飾らせること, 飾る一頁

▼ 史~ (263, 7.0%)

18 於て 4 就て 3 なって, よると, 新紀元, 特筆すべき, 通じて

2 [18件] して, 一新紀元を, 一紀元を, 俤を, 向って, 就いて, 於ては, 明らかである, 曲筆多し, 殆ん, 照らして, 熱中した, 特に足利時代, 特筆せらるべき, 至るまでの, 見えた女性, 重大な, 關する

1 [190件] あっては, あり, ある, あれほど, あんまり有名, いうところ, おも, かおること, かたよって, かつて類, これらの, しろ今日, しろ小説, しろ明治文学史研究家, すぎない, そのほか彼, その要素, その重, ちょっと類例, とつて, ないこと, なかった, ならって, なると, なるの, はた, ほぼ通じ, みても, もちやんと, もどき役の, よりてなりき, よれば, わけもった積極, 一つの, 一つも, 一エポックを, 一抹の, 一時代を, 一貫し, 不朽の, 不滅の, 任じ杜瓊, 任ぜ, 伝えられる, 伝ったところ, 伝無しと, 依らねば, 依ると, 傳はれる, 儼存の, 先を, 入る者奚, 全く缺佚, 全文を, 出て, 分散せしめ, 到っては, 到りその他歌詞雑文, 十六世紀の, 占める位置, 合せて, 名高い伏見鳥羽, 向う五日間の, 向けて, 問はん漁史は, 喧傳され, 固有な, 多く現れ, 多大の, 大なる, 大津絵を, 女性時代とも, 委し此, 対抗する, 對する, 屬すべき, 岡氏が, 建文帝生れ, 強く僕, 徴し, 徴せば, 恰好の, 慣れた読者, 所謂古史家である, 才學識の, 指を, 捉われぬ, 掉尾の, 採入れて, 據り, 政治的変形の, 散見し, 新しい一頁, 於いて, 於けるルネッサンス, 於ける仏教教育, 於ける奧州, 於ける最大, 於ける紀念碑的, 於ける謂, 於ける近代劇運動, 早くも, 明るい先生, 明るい者, 暫く鳴り, 曰く, 書かねど, 最興味, 根ざしたある, 歴史的な, 残した拭うこと, 残り原始種族の, 残るよう, 残る輝, 比較し, 比較しよう, 比類を, 民藝の, 永久に, 永遠に, 浅からぬ, 混ずること, 渉らざるも, 燦爛たる, 特書すべき, 特異な, 特筆大書され, 特筆大書し, 特筆大書せらるべき, 現れたいかなる, 現れる双生児, 現われる女, 現われる総て, 生命を, 異彩を, 當時でも, 登場し, 福沢諭吉が, 私たちの, 称す孝孺, 立つ展開, 立脚する, 精しい外崎覚さん, 終る, 罪が, 至つて一變した, 與ふる, 興味を, 良懐に, 色彩家と, 著わる, 見えしは, 見えない, 見ながら, 見ると, 見るゴール, 規定せらる, 規定せられ, 覚えにくい, 観ても, 記す, 記すこと稀, 記載あり, 記録され, 記録されるべき, 詳しいし, 詳細な, 譲りこの, 譲り茲, 豊富な, 貴重な, 贊成する, 起った何派, 輝く珠玉, 通じ現代日本, 通暁せる, 連続した, 逸して, 逸しもしくは, 遺って, 重大なる, 重要な, 関係の, 限って, 限るわよ, 陰に, 頭が, 顕著な, 類が, 類の

▼ 史~ (168, 4.5%)

2 云はずもの, 少くとも, 常に父, 敗北の, 良き協団史

1 [158件] あの国, あまり貧弱, ありません, あるの, あれほど, あんなに評判, いずれ承る, いつ読ん, いまだ銅器時代, おろか東洋史さへ, かかる誇るべき生活, かつてなき, ここで, ここに, この意味, この時, この流れ, この点, これには, これまでを, これを, こんに, そのまま北海道, そのものとして, その一筋, その反対, それだけ変化, それほど古い, そんなにザラ, だから彼, どこだった, どの時代, どんなもの, どんな人, どんな書物, はじめて独自, ひとまずこれ, ほとんど個人工藝史, まさにこの, また前代未聞, まだこれ, まだ終っ, まったく新しい, みんなそれから, むしろ個人作家史, めずらしく創作, もう一度直される, もはや欧米列強, ゲルマン民族の, ハンドバッグの, ヘーゲルに, マーク・トウェーンの, モロアは, ルネッサンスの, 一つも, 一寸覗きかけ, 世に善本, 世界的に, 中学などで, 主として支那, 久松潜一かのが, 之に, 事実の, 云うまでも, 些細な, 今日の, 何かの, 何となく常にヨーロッパ, 保護者フランスの, 優に大冊, 其, 処が, 処で, 前言う, 動かすべからざる一つ, 勿論世界史, 南北朝の, 単に, 古代の, 史学へ, 右の, 同校長, 吾, 哲学においては, 喜ぶ如く悲む, 変ったと, 変つた考へ, 外側から, 大事の, 大概直観なき, 守田の, 完成すべき, 工場労働に, 左の, 当時乱世の, 当然今日, 形式上一個の, 律文の, 徐に身, 心得たりと, 必ず新しい, 思えば, 悉く史的事実なり, 悲惨な, 成立までに, 我所謂才子に, 手応の, 手際さへ, 抹殺され, 掌故の, 改めて船べり, 政治が, 散文の, 数万年数十万年乃至, 斯かる, 明の, 明らかに, 春秋の, 書すこと, 曾つて, 最早あの, 最近に, 李大師, 桓靈間を, 検束を, 此事から, 歴代の, 歴史の, 歴史上いつも至極, 歴史的現象の, 殆ど成立しないだろう, 民間伝承という, 発刺たる, 眞の, 知らないけれども, 短いけれども, 研究さるべき, 神, 系図に, 結果のみを, 綱目より, 纏まつた, 聖者たちのみの, 脱稿せられずし, 衆我競爭の, 見上げるやう, 評判が, 語つて居ります, 説文に, 読んで, 諸国へ, 近時およそ, 遂に終, 違ふ, 重大な, 鉄塔書院と, 錨綱を, 非常に

▼ 史~ (166, 4.4%)

7 に見 6 に見れ 5 な意味 4 に見る 3 なもの, な規模, な課題, に発展, に見なけれ

2 [11件] な事実, な考え方, な観点, な連関, に, に分析, に奮起, に発達, に観察, の意義, の研究

1 [107件] つまり国語史的, であるが, であること, である神的, でさえ, となる, なその, なドイツ, なリアリティー, な一貫, な人民的基盤, な伝統関係, な余韻, な共軛関係, な出来ごと, な出版, な動力, な含蓄, な哲學史, な問題, な変転, な女性発展史, な客観, な審判, な小説, な把握, な拡大, な整列, な来歴, な核心, な激動, な物語, な現象, な発展, な発展段階, な知識, な考察, な興味深い, な芸術史, な見方, な解釈, な記述, な諸, な順序, にいえ, にいかなる, にさまざま, にすでに, には一つ, には世界中, には最も, には正確, には興味, には赤沼, にみるなら, にみれ, にもまず, にも国際的, にも多少, にも旧態, にも科学史的, にも興味, にも頭, に一變, に与えられた, に云, に云い表わせ, に云え, に云っ, に分類, に原始, に古典, に地理的, に大局的, に批評, に極めて, に殆, に理解, に瞥見, に研究, に細, に組織的, に美術史的, に考え, に考えまし, に考古学的, に考察, に肯定, に興味, に見なけ, に規定, に観れ, に解する, に訂正, に迫る, に重要, に非常, に高度, の客観, の小説, の意味, の立場, の興味, の観点, の解釈, 及び社会的側面, 或は社会史的観点

▼ 史~ (90, 2.4%)

5 出來 2 よしや記さぬ, 血肉を, 西洋を

1 [79件] あからさまに, あったらそれ, あり歌舞伎座, ある, かきかわり日本, この地方, この方面, そうなった, できたならば, ないこと, ないので, また一つ, また奏上, みんな巧妙に, もし一人, よく示し, アルコールに, タレスという, プレトンの, 一つの, 一冊ある, 世界に, 世界的見地から, 主張された, 二重うつし, 今日の, 其編纂者の, 其處に, 利用される, 勝手に, 十分かける, 唯物論を, 変ろうと, 多く為政者, 夫君の, 妻も, 妻室美に, 孤影蕭条たる, 宗教の, 宣命, 屡々繰り返し, 必要である, 成立する, 探究に, 教えられて, 数学教育上の, 文人の, 書いた話, 書かれる時, 書きかえられて, 書きたい今日, 本当の, 東洋史と, 次の, 欧米の, 殆ん, 水藩に, 滴らせた鮮血, 独り, 示すとおり, 示すところ, 示すよう, 社会的連関によって, 義仲を, 背の, 自分の, 著しいが, 言下に, 記念する, 講義を, 貫いて, 贔屓らしい, 起らねば, 跨がって, 過去には, 遠くない, 陽の, 隠れて, 驚かされて

▼ 史~ (83, 2.2%)

32 と孫策, の手, の短剣

1 [74件] が今, が出た, が半眼, が来, が無言, が肩, が背, であった, である, という人物, といえ, とはまだ, とは我が, とも名乗った, などは疾く, には励まされた, に向っ, に笑いかえされた, のあざやか, のす, の交わす, の体, の信義, の兵, の名, の指, の身, の進言, の部下戈定, はうなずい, はこう, はそこ, はひとり奮戦, はひやりと, はほ, はまた, はやにわに, はよろこび勇ん, はわざと, は三千, は剣, は勇躍, は君, は孫策, は将軍台, は彼, は急, は槍, は毅然, は潔く, は生, は稀代, は答え, は耳, は自信, は進ん, は顔, へぶつかっ, もおどろいた, もますます, も心ひそか, も戟, も打, も目, や黄蓋, を, をにがす, をも遂に, を三日間, を呼び, を呼び出し, を打ちとれ, を生, を自分

▼ 史~ (80, 2.1%)

4 の開祖 3 に關 2 といふもの, に役立つた, のため, のみならず, の爲め, 全體

1 [61件] が出, が厖大, が古, が根本, が盛, だと, であ, である, であると共に, である史學, でないと, でないもの, でなくては, といふ觀念, とか地質植物, とはいはれない, と目録學, にとつて, にならない, には役立たなかつた, に對, に影響, に役立たせる, に役立ち, に志, に於, に注意, のうへに與, の上, の全, の分派, の大, の學問, の復活, の歴史思想, の獨立, の研究法, の背景, の補助學, の變化, の進歩, の隆盛, の風潮, はこの, はない, は一つ, は世の中, は全く, は史學, らしい觀念, をする, をやつ, を創立, を單, を學問, を標榜, を益する, を考據, を進歩, 中國文學, 即ち司馬遷

▼ 史~ (73, 1.9%)

2 いって, 我々の, 批評の

1 [67件] いえても, いえるもの, いつたもの, いつたやう, いへば, いわざるべからず, いわれて, かかわりあわずには, その上, その文学, ともの, なし此兩時代, なつて, ならばわが, ならん, なりながら, なり又, なり鹿, なるべき基礎, 世界歴史を, 並列し, 二年の, 云うよう, 云ふ, 人名辞書に, 人間の, 人間史との, 各国の, 同じく世界史, 同じく歴年, 同じ位, 同一の, 同様に, 名く, 名け, 名乗る変り者, 呼ばれた, 呼ばれるべきと, 婦人作家の, 寺院史とで, 庶民史と, 改めこの, 文化史とが, 文学史との, 文学評論とを, 新ヒューマニズム, 日本の, 本来同一本質の, 歌舞伎新報とを, 歩み動くやう, 民俗学との, 環境史とを, 申して, 競はんと, 答える, 紅葉山人の, 結合の, 西洋史との, 見ると, 見るもの, 謂ひ, 謎語, 趣味史, 轍を, 辞書がは, 関根先生の, 雖も

▼ 史~ (62, 1.6%)

2 である, に據, に關, 或は傳説

1 [54件] からその, からでも推定出來, から見た, がなけれ, が多く, が失はれる, が我が, が認められない, では, といふもの, といふやう, とかいふもの, として傳, として取扱, として採用, として證明, と合, と配, なりとも, にのみ拘泥, に基づき, に本, に注意, に限られ, のみを單的, の上, の中, の傳, の前, の取扱, の問題, の扱, の連鎖, の關係, はじつに, はなく, は兎, は却つて, は數, は時代, も考證, をどこ, をゆがめる, を一變, を他, を傳へた國, を參考, を探つ, を根據, を模倣, を紹介, を肯定, を調べ史蹟, を類別

▼ 史~ (32, 0.9%)

2 思想史の, 芸術史の

1 [28件] テエヌの, ベッカアの, 中世思想史を, 単なる文化史, 哲学史又, 哲学概論という, 哲学概論の, 外国法を, 天災史などに, 女子学院の, 島田の, 幸田露伴氏等との, 思想史では, 技術史自身さえをも, 押花の, 教義史が, 数学教育論を, 文明史は, 朝鮮史の, 歴史主義系統の, 環境や, 神話と, 芸能史の, 芸術社会学や, 虐殺史を, 記に, 起居舎人知制誥を, 飛騨誌などを

▼ 史~ (31, 0.8%)

2 ある

1 [29件] あり風俗史, あるが, すべてみな同様な, まずこの, またつり, よまされませんでした, 事の, 亦これ以後, 亦載せず, 出來, 同じである, 同様の, 哲学史の, 国史も, 大部分, 将門始末も, 尚だ, 山陽同様に, 従って, 時には, 来歴の, 東洋史も, 物の数では, 習つたで, 習つて居るだらう, 翻訳され, 複雑で, 読めば, 貞盛伝に

▼ 史という~ (29, 0.8%)

6 ものは 4 ものを, ような 3 ものが 2 のは, ものの 1 ことに, ものについて, 尨大な, 本を, 概念も, 称呼をも, 芸術の, 表現は

▼ 史には~ (28, 0.7%)

1 [28件] あまり興味, ある, いまだかつて見られなかった, この人, これまでに, その當時, オマルの, フリードリッヒ・ヨードルの, 一度ならず現われた, 以上に, 例の, 其の外国伝, 及ばないが, 叛臣伝に, 右の, 名の, 幻の, 日本が, 是非の, 此人の, 此抄録が, 殆ど見る, 求めて, 泰一太一と, 無用の, 稀に, 見出されないプラス, 記す帝

▼ 史~ (25, 0.7%)

2 によるもの, の構造

1 [21件] が淺, といふもの, とかいふもの, によつて救, に立つ, の哲學的基礎, の對立, の概念體系そのもの, の歴史考察, の流れ, の流行, の理論, の解釋, はそれ, はアントロポロギー, は一箇, は今や, は時として全く, は無産者的基礎經驗, は言, をひとつ

▼ 史から~ (23, 0.6%)

1 [23件] いえば, からかわれて, まずはなされない, みても, もたらされた老, コミンテルンに関する, 云えば, 使が, 判断し, 団体同士の, 始まったもの, 始めて, 少くとも, 抽出された, 文化史への, 理解し, 見て, 見ても, 見れば, 見舞いが, 語草から, 豪族系譜を, 離して

▼ 史~ (22, 0.6%)

2 の人物

1 [20件] での大きな, では, において建設的革命家, における一大関鍵, における位置, にもふしぎ, に偉大, に日本, に見出す, のこの, のもっとも, の一大史嶺, の一巻, の一段, の一段落, の会津籠城, の大, の宣教師たち, の銅版画, 最も活動的

▼ 史~ (21, 0.6%)

2 あつた

1 [19件] あまり前例, いえば, この哀れ, この密室, これまで, するどく心内, 云う何, 初めての, 古史と, 奈良朝から, 彼等の, 御眤みの桑原隲藏博士, 教わったローマ法王グレゴリー, 書籍の, 有名な, 纏ったもの, 見た西洋, 見ると, 關係の

▼ 史にも~ (21, 0.6%)

2 例が, 記されて

1 [17件] ない悲戦, 中華の, 他に, 名を, 多く例, 支那語言文字に, 新聞紙上にも, 残って, 残つては, 現れて, 現われて, 田道将軍の, 見える記載, 見ない, 記せしならん, 載せられて, 附添の

▼ 史的使命~ (21, 0.6%)

3 を自, を自覚 2 の自, の自覚, を以て一つ, を有する, を果す, を遂行 1 の一つ, を奪, を奪われ

▼ 史では~ (18, 0.5%)

1 [18件] あっても, この御代, その発明者フランス, ないか, ないから, ないが, ないこと, ないと, なくて, グレゴリー音階という, 例えば自然主義, 大楠公と, 富士川游, 建文帝の, 母の, 特に切支丹信徒, 紀傳體を, 重大きわまる

▼ 史~ (18, 0.5%)

2 の端本

1 [16件] および万国地誌略, と云う, と子略, などを教えられた, に於, に見ゆる, に載せ, の序, の話, は支那, までは素読, を, を売っ, を愛讀, を日本, を講じた

▼ 史~ (18, 0.5%)

2 の中

1 [16件] が大きく, であるが, といふ部, といふ部類, としては劉知幾, と文集, に入, に別史, のもの, の書, の殆ど全部, はその, は一千五百八十四函, は紅色, を正史, 第一架

▼ 史~ (16, 0.4%)

2 が出, の説

1 [12件] などにも注意, に見える, に詳しく, のやう, の一部分, の評論, はこの, は大, は少し, までもここ, を批評, 削繁

▼ 史公自序~ (15, 0.4%)

2 の太初元年, の本文

1 [11件] と, などがさうである, に, による, に自身, の元, の司馬遷, の無責任, の記事, は司馬遷, を擧げ

▼ 史~ (15, 0.4%)

1 [15件] から見れ, がある, がこんな, その洞察力, ではある, には信じられぬ, に照らし, の混濁, の若き, の萌芽, は及ん, は必ず, は烱, をもっ, を持っ

▼ 史~ (15, 0.4%)

1 [15件] が出, が復興, が最後, だが, だの詩歌, に入る, に入れる, に関したる, の中, の奥義, は幾らか, より一段と, をおき, を廣義, を案ずる

▼ 史といふ~ (13, 0.3%)

2 ことに, ものが, ものを 1 ことは, ものは, ものも, 少し私, 新科目, 科目を, 風に

▼ 史研究~ (13, 0.3%)

2 の為

1 [11件] で独特, などもすすめられ, にも有益, の傍ら欧米, の学徒, の必然, の標本, の権威, の発達, の結果, は十年計画

▼ 史との~ (12, 0.3%)

2 横の, 間の 1 上に, 二つに, 応酬唱和の, 教授である, 連関でという, 関係の, 関係気候風土より, 離れぬ関係

▼ 史において~ (12, 0.3%)

1 [12件] かなり重要, まだいかにし, まだ一度, マクシム・ゴーリキイは, 人間らしい生活, 右の, 吾, 宗教改革以後の, 富士帯の, 当時他国に, 極めて重要, 珍しい性質

▼ 史に関する~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことであっ, 二三興味ある, 国家試験, 報告を, 書物を, 本で, 本を, 研究から, 考察の, 著名な, 記録を, 諸論文

▼ 史~ (12, 0.3%)

2 もある 1 が少ない, が真偽, だけを頼っ, だと, というもの, のない, の真実性, はほか, を与えられた, を布石

▼ 史として~ (11, 0.3%)

1 [11件] この一巻, ちゃんと眺めれ, まとめるの, 伝うる, 師の, 文学に, 殘され, 特色が, 理解され, 見のがせないこの, 高く評価

▼ 史を通じて~ (11, 0.3%)

1 [11件] あらゆる時代, その, 一貫した, 仮りに, 如何なる地歩, 意識の, 日本封建制の, 最も偉大, 物質という, 特筆さるべき, 西洋文化を

▼ 史~ (11, 0.3%)

2 となつ 1 であつ, という職, の役, の爵, の王立, の職, の身, は故, をつとめた

▼ 史~ (11, 0.3%)

1 [11件] が書い, となし, と金華, などは自分, に始ま, の六家, の書いた, の自序, も之, 疑年考, 自敍及報任

▼ 史經籍志~ (11, 0.3%)

1 [11件] からは詩文評, といふ明, によつて, の意見, の末, は一つ一つ, は詳博, を作つた, を擧げ, を書いた, を書き

▼ 史である~ (9, 0.2%)

1 からこの, が併, といえる, といふ, といふこと, といふ立場, とすれ, と曰つて, 史佚史角の

▼ 史とか~ (9, 0.2%)

1 そういうもの, ミッチェルの, 世界史とかいう, 何, 卒業論文, 新免家伝覚書とか, 校尉とか, 環境という, 腕力衆に

▼ 史的考察~ (9, 0.2%)

2 の權利 1 がその, とかそういう, においてもまた, に従え, はついに, や思想的傾向, を物理学

▼ 史~ (9, 0.2%)

1 が祖, に出でたる, の主として, の卓越, の研究, の祖先, は支那, を使用, 及び幾種

▼ 史より~ (8, 0.2%)

1 いうと, 学び来ったもの, 已に行, 抽き去らん, 書付を以て, 民族史思想史よりは, 草花の, 見ると

▼ 史~ (8, 0.2%)

1 には佛教, に尠, に於ける, に現, に痕, に見え, に詳記, の載する

▼ 史編纂~ (8, 0.2%)

1 にたずさわる, に参与, の川辺賢武氏, の爲め多く, の第, をなすべき, をはじめ, を閑事業

▼ 史藝文志~ (8, 0.2%)

1 が出, であるけれども, では古, の基礎, の頃, は體裁, までは文史類, もこの

▼ 史でも~ (7, 0.2%)

1 ない, なく正史, よんで, 山陽の, 御用い, 教へて, 日本の

▼ 史とを~ (7, 0.2%)

1 全く非, 学ぶときわれわれ, 對比し, 持つところ, 比較し, 語らねば, 講じて

▼ 史にとって~ (7, 0.2%)

2 重大な 1 忘られない, 意義の, 未曾有の, 興味深い点, 重要な

▼ 史~ (7, 0.2%)

3 の家 1 が家, と客舎相, と旅店, と楊応能

▼ 史~ (7, 0.2%)

1 だった, という者, にいっ, の左, の隊, は追いまくる, を連れ

▼ 史的発展~ (7, 0.2%)

2 の或, の結果 1 のこの, の理解, を有

▼ 史的立場~ (7, 0.2%)

1 から物, である, であるが, でなければ, となり, となる, の上

▼ 史的見地~ (7, 0.2%)

1 からそれぞれ代表作家, から描き出し, から能う, での自身, に叛, よりこれら, より見る

▼ 史通義~ (7, 0.2%)

1 といふ意味, といふ本, に, には載, の原道, を通讀, 殊に校讐通義

▼ 史であり~ (6, 0.2%)

1 その時代, 今日全, 其の外, 文王の, 獅子の, 豊かな

▼ 史とは~ (6, 0.2%)

1 こういうもの, 東西両, 永遠なる, 現に二筋, 申しませぬ世界史, 社会の

▼ 史における~ (6, 0.2%)

1 まったく新しい, セザンヌの, ユーモアの, 北夷と, 最も光彩, 驚いて

▼ 史について~ (6, 0.2%)

1 些の, 全然無, 包懐する, 拝する, 論じたもの, 豊富な

▼ 史乃至~ (6, 0.2%)

1 は広く, 一般に, 宇宙発達史の, 文芸史の, 某々史, 経済思想史を

▼ 史~ (6, 0.2%)

2 の書 1 が墨家, で周, の後, の系

▼ 史~ (6, 0.2%)

1 に於, の一大恨事, の権威, の注意, をふうび, を支配

▼ 史的唯物論~ (6, 0.2%)

1 と場合, と書かれた, の何, の原則, の外, は

▼ 史的意義~ (6, 0.2%)

1 の評価, は如何, をもつ, を否定, を正しく, を適切

▼ 史的発達~ (6, 0.2%)

2 が高度 1 の中, の各々, の或, の過程

▼ 史的規模~ (6, 0.2%)

1 で感覚, で新た, において証明, において證明, の中, をその

▼ 史研究家~ (6, 0.2%)

1 が若干, だつた勝山孫弥, のあいだ, の教え, の浅沼悦太郎君, は裏糸

▼ 史~ (6, 0.2%)

3 の後 1 は其名, をし, を魯

▼ 史あり~ (5, 0.1%)

1 て晟, として各, 一人の, 一國の, 一家の

▼ 史~ (5, 0.1%)

1 といふ, とかペルシヤ, と考え, と考えられる, よ

▼ 史などを~ (5, 0.1%)

1 しらべても, 借りたり, 見ても, 読んだので, 載せる

▼ 史についての~ (5, 0.1%)

1 こと, 勉強など, 大作を, 探求心が, 見解は

▼ 史については~ (5, 0.1%)

1 何も, 加納一郎氏著, 富士川游博士が, 理学博士小倉金之助氏著, 鄭樵の

▼ 史への~ (5, 0.1%)

1 デビューである, 動きである, 方向である, 興味とは, 質問も

▼ 史~ (5, 0.1%)

1 一大潮流ナリシハ言フノ要, 武士ハ婦人, 編纂ガ始マラントスル時獨リ世界史ト將來トニ於テノミ其ノ, 諸侯國神聖皇帝羅馬法王ト符節ヲ, 革命ヲ

▼ 史及び~ (5, 0.1%)

1 それに, 天体論, 天界の, 明朝紀事本末等に, 演劇批評の

▼ 史楊儀~ (5, 0.1%)

1 がひそか, はその, はまだかつて, は孔明, は彼

▼ 史的研究~ (5, 0.1%)

1 には相当, に基かず, に役立つ, は不可欠, を俟

▼ 史~ (5, 0.1%)

1 一巻を, 三二巻七一〇頁, 三段と, 二巻, 四卷

▼ 史~ (5, 0.1%)

1 とかこき出された, とか実証主義, によって充分, によって更に, によって考

▼ 史~ (5, 0.1%)

31 の句三十八, の場合

▼ 史~ (4, 0.1%)

1 そうでなけれ, 何かの, 文化史か, 精

▼ 史としての~ (4, 0.1%)

1 新しい頁, 日本史は, 概括や, 製作を

▼ 史~ (4, 0.1%)

2 のである 1 のだ, のです

▼ 史などの~ (4, 0.1%)

1 いわゆる舞台正面, 上では, 性質が, 講義は

▼ 史なども~ (4, 0.1%)

1 それを, なにか社会, やる, 英語で

▼ 史に対して~ (4, 0.1%)

1 この一種, 新に, 美学に対して, 薄いとか

▼ 史~ (4, 0.1%)

1 文化の, 時代のみ, 社会が, 社会における

▼ 史大観~ (4, 0.1%)

2 の由来記 1 の序説, の説明

▼ 史学会~ (4, 0.1%)

1 からの補助, の将来, の諸君, の雑誌史林

▼ 史學會~ (4, 0.1%)

1 から發行, といふもの, の大, の講演

▼ 史専攻~ (4, 0.1%)

1 の主人, の学士さま, の慶応, の謙蔵氏

▼ 史時代~ (4, 0.1%)

1 といふの, にいたっ, にはひつ, の一大事変

▼ 史最大~ (4, 0.1%)

3 の課題 1 の利益

▼ 史~ (4, 0.1%)

1 について見られたい, の奥, の誌上, の闇

▼ 史~ (4, 0.1%)

1 が夜, の弟, は都, 子爵夫人某

▼ 史的価値~ (4, 0.1%)

1 がそえられる, を与えよう, を我々, を自覚

▼ 史的理解~ (4, 0.1%)

1 が何, に奉仕, のごとき, のため

▼ 史的課題~ (4, 0.1%)

2 の解決 1 であるの, にあり

▼ 史研究者~ (4, 0.1%)

1 として権威, として知られ, には興味, の余り

▼ 史稿~ (4, 0.1%)

1 といふ一册, による, のため, の凡例

▼ 史~ (4, 0.1%)

1 な興味, にいへ, に見れ, のばら

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 へまだ, へウロ, へ知らない

▼ 史としては~ (3, 0.1%)

1 古今無類の, 岩波書店版の, 花の

▼ 史とでも~ (3, 0.1%)

2 いうよう 1 いいましょうか

▼ 史なんか~ (3, 0.1%)

1 ああ漱石, そうでなく, 二銭五厘の

▼ 史によ~ (3, 0.1%)

2 つて教育せらる 1 つて初めて

▼ 史によって~ (3, 0.1%)

1 人みなの, 理解されなかった, 発見された

▼ 史みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な人物, になっ

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 命ジテ此国ニ送, 知リ露國, 繙キツツ当時ノ

▼ 史令司馬遷~ (3, 0.1%)

1 の脱殻, は天漢三年, は眇

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 に關, の意, を見

▼ 史大夫~ (3, 0.1%)

1 となりおおせた, に, に昇進

▼ 史~ (3, 0.1%)

2 まつて 1 って以来

▼ 史学科~ (3, 0.1%)

1 のケーポ・デ・リアーノ教授, の学生, の教授ケーポ・デ・リアーノ

▼ 史學科~ (3, 0.1%)

1 の組織, の諸, を設ける

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 なんて謂わ, により成るべく, に対してもまた

▼ 史思想史~ (3, 0.1%)

1 の一片, の貴重, よりは生活史

▼ 史方面~ (3, 0.1%)

1 のこと, のもの, の事

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 でも歴史科学者, と詩, にヒント

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 が評し, に言うた, の

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 にも日本開化小史, の批評, の誌上

▼ 史的事実~ (3, 0.1%)

1 である, となった, を速報

▼ 史的意味~ (3, 0.1%)

1 があった, の退, の重大さ

▼ 史的立脚地~ (3, 0.1%)

1 と云う, よりし, を取る

▼ 史的運動~ (3, 0.1%)

1 が規準, なの, を理論的抽象

▼ 史秋七草~ (3, 0.1%)

3

▼ 史調査~ (3, 0.1%)

1 のため, の事業, は大正十二年十二月

▼ 史~ (3, 0.1%)

1 というおのおの, に, には明確

▼ 史陳矯~ (3, 0.1%)

21 は城

▼ 史これ~ (2, 0.1%)

1 がどこ, は近代史

▼ 史そのもの~ (2, 0.1%)

1 のよう, を文字

▼ 史であった~ (2, 0.1%)

1 がアカグマ国人, のでその

▼ 史など~ (2, 0.1%)

1 であったが, 拝借し

▼ 史などが~ (2, 0.1%)

1 この方面, 夫である

▼ 史などに~ (2, 0.1%)

1 依りますと, 據つ

▼ 史なる~ (2, 0.1%)

1 に拘らず, ものは

▼ 史についても~ (2, 0.1%)

1 種々の, 近年研究が

▼ 史にとっての~ (2, 0.1%)

1 一九一四年は, 宝と

▼ 史により~ (2, 0.1%)

1 候, 更に広く

▼ 史に対する~ (2, 0.1%)

1 我々の, 文化史が

▼ 史はじまっ~ (2, 0.1%)

1 ての大, て以来

▼ 史をば~ (2, 0.1%)

1 亡児の, 為政の

▼ 史上記臆~ (2, 0.1%)

1 すべき一, すべき価

▼ 史並びに~ (2, 0.1%)

1 演劇史に, 芸術史の

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 を明記, 於禍福

▼ 史五経~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の学問

▼ 史以前~ (2, 0.1%)

1 ですからね, にこんな

▼ 史以来~ (2, 0.1%)

2 の厳密

▼ 史~ (2, 0.1%)

2 にはっきり

▼ 史佚史角~ (2, 0.1%)

1 の學系, の流

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 がさき, をみるなら

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 體が, 體に

▼ 史公以前~ (2, 0.1%)

1 からである, に變化

▼ 史国民史~ (2, 0.1%)

1 のいろ, のいろいろ

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 に怪, 馬涙雨九茂茅蘇城来り

▼ 史大系~ (2, 0.1%)

1 がより, などにも写真版

▼ 史太守~ (2, 0.1%)

1 が自分, の女さん

▼ 史學史~ (2, 0.1%)

1 といふもの, を大

▼ 史學思想~ (2, 0.1%)

1 と言つて, 即ち孟子

▼ 史學界~ (2, 0.1%)

1 に多大, 否更に

▼ 史學者~ (2, 0.1%)

1 の歴史, の説

▼ 史學雜誌~ (2, 0.1%)

1 にも報告, に載せ

▼ 史專攻~ (2, 0.1%)

2 の人々

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 の説, を設け

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 にさぐり入っ, は源語

▼ 史張紘~ (2, 0.1%)

1 がそれ, はよい

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 としうる, を得るある

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 とともに, を敷衍

▼ 史~ (2, 0.1%)

2 を咏

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 にはない, を繰り

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 がある, などといふ論文

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 の間, はある

▼ 史特に~ (2, 0.1%)

1 数学史に関する, 演劇文化史の

▼ 史特有~ (2, 0.1%)

1 の悲痛, の説話

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 に代っ, の伊佐庭如夫氏

▼ 史的世界~ (2, 0.1%)

2 即ち世界的世界

▼ 史的所産~ (2, 0.1%)

1 であった, として従っ

▼ 史的時間~ (2, 0.1%)

1 を再, を溯源

▼ 史的汎神論~ (2, 0.1%)

1 であつ, の上

▼ 史的活動~ (2, 0.1%)

1 の実証, をし

▼ 史的理由~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 史的知識~ (2, 0.1%)

1 なく一巡, は何

▼ 史的社会~ (2, 0.1%)

1 との中間領域, とを自然史

▼ 史的範疇~ (2, 0.1%)

1 も人間史的範疇, も取り出された

▼ 史的背景~ (2, 0.1%)

1 の前, を實感

▼ 史的観点~ (2, 0.1%)

1 によつて整理, に立つ

▼ 史的認識~ (2, 0.1%)

1 の欠如そのもの, の要点

▼ 史的連関~ (2, 0.1%)

1 づけの, はこの

▼ 史的進化~ (2, 0.1%)

1 に伴, の法則

▼ 史的過程~ (2, 0.1%)

1 をその, を幾つ

▼ 史研究上~ (2, 0.1%)

1 の必要, 最も必要

▼ 史研究会~ (2, 0.1%)

1 の会員, の会員たち

▼ 史研究室~ (2, 0.1%)

1 に藤懸教授, の所三男君

▼ 史祝京兆唐解元李西涯等~ (2, 0.1%)

2 と朋友

▼ 史神祇志~ (2, 0.1%)

1 が出版, を書かれた

▼ 史経済史~ (2, 0.1%)

1 の方面, を多彩

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 も, も國破れ身辱

▼ 史自身~ (2, 0.1%)

1 さえをも多少, だとさえ

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 だと, をまつ

▼ 史閔貢~ (2, 0.1%)

1 という者, の兵馬

▼ 史陳郡~ (2, 0.1%)

2 の袁

▼ 史~ (2, 0.1%)

1 の類, は何

▼1* [425件]

つて以來の, 史あって以来, 史あにそれ言ひ, 史あるいは階級性と, 史いずれも大事, 史および将来への, 史からもリアクショナルな, 史さえ無つた印度, 史さえも無批判, 史さながらの歴代音楽家, 史その他の方面, 史それは彼, 史だけでは, 史だけでもこれを, 史だったではない, 史だって恐らく当時, 史だろうと私ども, 史であったらしいが支那, 史でありましてその, 史でしょうか, 史でない限り歴史的運動を, 史でなければならぬ, 史といったような, 史とかいう名を, 史とかは夫, 史とが語る処, 史としてとか永遠によってとか, 史としてももとより完璧, 史とて雜史でも, 史とてもまた同様, 史とで毀損せられない, 史とともに西洋哲学史を, 史となつてを, 史とに終るの, 史とばかり呼んで, 史どころか昭和の, 史なかんずく日本開国問題を, 史なしに思想, 史なぞはあの通り休息, 史などでは扱われて, 史などでもそういう関心, 史などにも出て, 史などは幾ら出, 史などまで充分知つて, 史などをも読み和歌, 史なり性慾史なりに, 史なりといふ必要は, 史なりに外ならぬ, 史なんかよりは現代の, 史なんぞは始から, 史なんてものは, 史においてはこれらの, 史にて御覧なされ, 史にとつては, 史にとってはおそらく比較的名誉, 史にとっても意味ふかい, 史にのみ傾倒せる, 史にまで進んだが, 史によりてもその形勢, 史による時は, 史に関して一言しなけれ, 史のうへに足跡を, 史のみを専門に, 史ほどいぢ, 史また今更に, 史までの正史を, 史までも参照し, 史みたような, 史めいたものを, 史やの教科書は, 史よめば, 史よりは生活史を, 史が和蘭, 史らしいものは, 史をすら通読した, 史をも飾る美人, 史を以て独占の, 史イジプトのところ, 史クロニクル風にかかれ, 史ト將來トニ於テノミ其ノ推移, 史ニ於ケル騎士ガ婦人ヲ崇拜シ其眷顧, 史ニ認メテ而モ二十世紀ニ至リテ漸ク眞ニ融合統一シタル, 史ハ實ニ朝鮮人ノ道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ, 史ユダヤ教ユダヤ文学などに興味, 史レクチュアの用意, 史ローマ法というよう, 史ヲ語リ兵ヲ談ジ, 史の卷一七面, 史一冊出て, 史七卷を著, 史上背を合わし, 史の許芝, 史丞許芝などという魏臣, 史に主, 史中世の部, 史中丞宋若思や武勲赫々, 史中古今稀である, 史中心に観れ, 史中攘夷運動が最大, 史中最初まず開国問題, 史中特筆すべきもの, 史中経世的手腕ある建設的革命家, 史中郎将と敬い, 史中里介山の大菩薩峠, 史のご, 史之権亦似, 史乘始皇の前, 史乘逸話の上, 史事業に關係, 史事業そのものが学問, 史なら知事, 史介添の老, 史令尹咸が數術, 史以外のもの, 史以後の話, 史伝家エワルド曾て其の, 史之對鄭桓言秦晉齊楚代興, 史伯言姜爲伯夷之後許爲大岳之胤, 史を客観, 史傳其他世俗のこと, 史傳家エワルド曾て其の, 史を糾す, 史はこの, 史儒以下の二千, 史元明史略と云う, 史先生はああ, 史全巻を担当, 史公使が私, 史公司馬遷などが見た, 史六巻の第, 史にまで名, 史册中の奇怪, 史列傳には石土門, 史前学の範囲, 史劉曄は, 史十三経注疏なんど本箱がずらりと, 史十三經等を校勘出版, 史十囘講義の筆記, 史博物館を辛うじて, 史卷十四に見える, 史原名は忘れた, 史原始と新進, 史参軍これことごとく貞亮死節, 史参軍事で陳群, 史科学史や, 史叙述としての水準, 史古文書上では, 史に訴え出た, 史に會, 史哲学的文明批評その他その他と云っ, 史哲學及び倫理學等, 史囘顧會と云, 史四巻を二十法, 史國號考には猶, 史國造以下あらゆる官司, 史國難いづこ, 史と見, 史堂前の幕, 史報告による, 史増補の遺稿, 史の東洋美術号, 史の関係, 史外交政策などに関する外人, 史外国伝西南方のや, 史外国作家研究等の一般文学的教養, 史大会に於ける, 史大夫杜周太常趙弟以下誰一人として帝, 史大夫王朗の三名, 史始まって以来, 史始めて成る, 史委員会なるもの, 史子集により表紙, 史孝廉という者, 史学者じゃない, 史学者クルト・ザックス博士の編集, 史學そのものである, 史學史上注意すべきこと, 史學家として見られ, 史學專攻家は配合, 史學文學の門徑, 史學會雜誌第一號, 史學研究の大望, 史學研究會で, 史學考古學等の智識, 史學者たちの何世紀, 史學者美術史家等の間, 史學者邵晉涵が正史, 史學雜誌三十九卷先師島田博士の, 史元嘉六年, 史家中最も能文, 史家法水の長広舌, 史寛舒の二人, 史實といつてもそれ, 史實小説では有り得ない, 史實監視の重大役割, 史實調査に從事, 史専門の雑誌, 史小説の類, 史少からず顛動, 史局薩摩に擬す, 史屈指の暴君たる, 史叔方奏し, 史といういとも, 史岡倉覚三先生の泰東巧芸史, 史島村抱月君現存の人, 史の事, 史巻一百四十三牛景先の伝, 史巻百五十に伝, 史希臘史羅馬史近世史哲學及び倫理學等, 史府生獄丁などの下役, 史建文帝は洪武十年, 史彬これを危ぶみ, 史彬梁良玉の七家, 史彬死し程済, 史には法政大学, 史の著が, 史といふ篇, 史をもっ, 史心身関係本能等の問題, 史と云, 史牛心理学概論闘牛道徳闘牛作法扱牛法大綱なんて, 史思明安慶緒などは申す, 史と作中人物, 史恭閔恵皇帝紀に記す, 史慈呂蒙第, 史慈字は子, 史慈待てっ, 史慈様が攻めこむ, 史態度が先生, 史慌て惑ひ, 史或いはサモアに, 史所伝の史料, 史や史筆, 史担当の滝清一博士, 史探偵小説論の脚注, 史提要か自然科学辞彙, 史政治史等の研究, 史政界史などのいわゆる, 史教科書の間, 史て動かず, 史の言, 史に綺語, 史文化史音楽史の講座, 史文化平家史の永遠性, 史文學傳にも出, 史文模様めいた奇妙, 史文芸史政治史等の研究, 史文芸評論の類, 史方伎伝に見, 史方法とメーリング, 史日本住宅史日本旅行史等及び幾種, 史日本史のほか, 史日本旅行史等及び幾種, 史日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 史日本講座のため, 史映画芸術論映画技術論映画製作機構研究シナリオ研究映画監督術等を聴講, 史景清詭りて, 史暗黒史をかく, 史暴昭燕邸の事, 史曰く支那刑法史曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 史曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 史書類までも収め, 史曾鳳韶願わくは死, 史曾鳳韶これを劾, 史會要などと云, 史末期の一徴候, 史李善註文選杜氏通典だに今に, 史来庵しばらく話した, 史林その他の雑誌, 史楊大将都督長勲をはじめ, 史概説を愛読, 史概論の結末, 史である, 史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 史の根本, 史法理学外国法等の講義, 史が却, 史渙そちの一部隊, 史としていわれ, 史滝精一先生の日本絵画史, 史演出論演劇論史舞台機構論戯曲論を映画専攻者, 史演劇本質論近代劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 史漢學などは寧ろ, 史漢文選等を読む, 史片や海洋学の, 史片曲歪真偽さまざまであるが, 史が立身, 史犯罪実話といったもの, 史遣使, 史王彬を縛, 史王必を府内, 史王翰というもの, 史現象や芸術現象等々, 史生きる態度人間性の, 史画伝の諸, 史画論の雑書, 史略中の事実, 史略攻撃もこの, 史略的ロマン主義を利用, 史略長岡博士のラジュウム, 史白虎隊史蹟とはべつに, 史百家の書, 史的コムプレックスをとりあげ, 史的スケールのもの, 史的ニュアンスがこもっ, 史的代表者であるギリシア人, 史的任務と大, 史的個人において顕現, 史的偏向を可, 史的分析が可, 史的分類である以上, 史的制限を持っ, 史的向上の方向, 史的回顧展望が行われ, 史的地位を有する, 史的変化に当面, 史的学殖がこの, 史的実感が把握, 史的常識と社会機構上, 史的性質のおもしろ, 史的惨禍の発端, 史的想像とを以てした, 史的成長の彼方, 史的敗北として, 史的教養を豫想, 史的文化史的な連関, 史的文献の引用, 史的本質はほか, 史的条件が抑, 史的根拠によって描出, 史的根本テーゼの内, 史的構想の標語, 史的様式の変遷, 史的欠陥はレーニン主義, 史的汎神論的はロマンティク, 史的爛熟期を後, 史的発展法則を持つ, 史的発生秩序を溯っ, 史的系統樹立を解説, 史的考証が細か, 史的自覚が燃え, 史的見解が問題, 史的覚醒のため, 史的記述を以て思想, 史的説明による, 史的足場の方, 史的遺産である筈, 史的関係にまで引きあげ, 史盗人にあ, 史で後世, 史瞥見の続き, 史知識では答え得ぬ, 史研究九巻一号に出, 史研究家たちへ話した, 史社会学哲学経済史簿記法律学歴史学英語独逸語等を三時間, 史という人, 史の設立, 史科學の發達史, 史等皆一樣に筑紫, 史簿記法律学歴史学英語独逸語等を三時間, 史はどこ, 史経済史文化史音楽史の講座, 史を出し, 史編纂上の依頼, 史練子寧縛されて, 史である, 史美術文学が何れ, 史である, 史耿武は憤然, 史聞き得て来っ, 史を抱き, 史自体が時親, 史自然弁証法唯物史観ファッショ哲学批判等の領域, 史舞台機構論戯曲論を映画専攻者, 史芸術史の一定, 史芸術史文芸評論の類, 史葉希賢臣が名, 史葛誠をし, 史葛誠指揮盧振と, 史董昭が諂, 史蜂須賀蓬庵伝のほう, 史を遺した, 史人伝, 史補遺のよう, 史補遺的仕事をし, 史武江年表を, 史と想像, 史觀覺書として載せた, 史解釋は間違つて, 史と神功紀, 史証的には何, 史も少なく, 史評伝という類, 史語誌や語釈, 史という小, 史みて, 史講座の業績, 史講筵の行, 史に乏しい, 史譚怪談巷説の類, 史が画, 史輯申度志御坐, 史近世史哲學及び倫理學等, 史通以後歴史を作る, 史通典太平御覽, 史通文心雕龍二書を愛好, 史進左団次の花和尚魯智, 史進李逵浪裡白跳張順など痛く, 史那スルパナカの両, 史邦野水なぞの俳諧, 史部上層は子, 史部丙が子部, 史野乗にややもすれば, 史門評定所門など庁内, 史の拔けた事, 史関係の本棚, 史韓郁とは説, 史音楽史の講座, 史驚いて言, 史を著, 史に變化, 史魏公沢の護匿, 史に作つて, 史を史默, 史黯曰元者吉之始也を引い