青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「台~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~ 可憐~ ~可能 可能~ ~可能性 ~台
台~
~台所 台所~ 史~ ~右 右~ ~右手 右手~ 号~ 司令~ 吃驚~

「台~」 7464, 81ppm, 1379位

▼ 台~ (2657, 35.6%)

376 上に 112 自動車が 60 上へ 53 上で 42 上には 41 前に 40 上の 38 上から 24 車が 21 方へ, 自動車に, 飛行機が 19 下に 17 ような, 上を 16 人力車が, 馬車が 15 うえに 14 トラックが, 前へ, 自動車を 12 ところへ, 中に, 自動車は 10 俥が, 馬車に 9 そばに, 自転車が 8 ところに, 間を 7 ヘリコプターが, 車に, 電車が

6 [11件] 中で, 傍に, 前の, 後ろに, 所へ, 方から, 橇が, 車の, 車を, 近くに, 鏡の

5 [19件] うしろに, まわりを, ように, 下から, 下を, 中の, 人力車を, 側に, 処に, 向うに, 国の, 大型自動車が, 宮に, 局の, 後から, 物の, 自動車で, 自動車と, 車は

4 [23件] ほうを, まはり, まわりに, トラックに, トラックを, ピアノを, ヘリコプターは, 下には, 下の, 中へ, 人車を, 前には, 宮の, 方を, 炭車が, 立派な, 端に, 自動車の, 荷車が, 荷馬車が, 電車を, 露と, 黒い自動車

3 [42件] あたりにも, かわりに, ところで, まわりには, やうな, やうに, タクシーが, タクシーを, パトロール, ロケットが, 上では, 上は, 人力車は, 俥に, 傍へ, 円タクが, 女の, 宮では, 宮へ, 屋根に, 手押車を, 横手に, 橇と, 橇を, 機械で, 櫓の, 消防車が, 立ち処を, 腕車が, 自動車, 自動車から, 荷車を, 装甲車が, 装甲車は, 軍の, 軍は, 辻馬車が, 鐘ヶ淵から, 隅に, 飛行機の, 飛行機を, 馬車は

2 [116件] ある宇宙艇, ある部屋奥, うしろから, ことを, すぐ近く, ほうへ, まわりの, りっぱな, オルガンが, オルガンを, オートバイが, オープン, バスキャデラク飛行機を, パトロールカーが, ピアノの, ヘリコプターでした, ベッドが, リヤカーは, ロケットは, ロケット艇に, ロケット艇は, 一角に, 上が, 上と下に, 上などで, 上まで, 上や, 下へ, 中には, 乗合自動車が, 五分心の, 人力車の, 人車が, 人造人間戦車は, 代りに, 傍を, 兵が, 兵は, 兵を, 内部が, 円タクを, 処で, 前から, 前で, 前まで, 古馬車, 向うの, 宮は, 小さいの, 小さな飛行機, 小型の, 小型自動車が, 屋根から, 左右には, 幌馬車が, 平らな, 後に, 後ろへ, 戦車を, 所に, 扉を, 抽斗を, 掃除を, 救援艇の, 数が, 方で, 時計が, 時計の, 時計は, 松さんの, 板が, 棒に, 森を, 横に, 横の, 橇の, 機械を, 機関車一台の, 欄干に, 消防自動車が, 物は, 物も, 犬橇が, 王は, 男は, 石の, 石垣の, 空円タクが, 空車が, 空車の, 窓を, 端から, 自転車に, 茶屋の, 荷馬車を, 蔭で, 薄玻璃, 衣を, 装甲車に, 角を, 財を, 貨物自動車が, 足に, 車から, 車で, 車も, 鉄の, 鐘が, 陰に, 隣りに, 電車一台の, 青葉を, 首吊, 馬車の, 馬車を, 高級自動車が

1 [944件 抜粋] あいだの, あくの, あたりを, あった頃, ある中央, ある停車場, ある広間, ある燭台, うえが, うえを, うしろで, うしろの, うちでは, うちに, うち先ず, おもしろきこと, かたわらに, からのタクシー, くるま, ことばかりは, ごとき大, すき間の, すぐ下, すぐ前, そばによって, そばへ, そりが, ちょうど下, ついた小さな, つまつた音だ, でて, ところには, ない人生, なかから, なかほどに, はじに, はなしの, ひとつへ, ほうが, ほうは, まえが, まえで, まえには, まえを, ままやっ, まわりや, むこうが, ものあらし, ものッて, やや高い, ようだ, ようである, よぼよぼの, わきの, アカシヤの, インターナショナルです, エレベーターは, オープンが, カメラが, ガラスから, ガラス戸を, クライスラーの, グランド, コリントゲームを, ジープが, スポンジが, タイプライター, タイプライターの, タクシイには, タクシー, タクシーと, ターネフに, テーブルと, トラクターも, トラクター四台の, トラック隊を, トラツクが, トラツクの, トロッコには, ハイヤーが, バスが, パトロールカーの, パネルに, ピアノから, ピアノだった, ピアノも, ブルドーザーが, ヘリコプターその, ベビイ・オルガンが, ボロ円タク, ポンプが, ランプは, ロケットの, ロケット艇が, 一つで, 一つに, 一変形であろう, 一方に, 一段高い, 一詩を, 一隅に, 七重櫓が, 三頭立橇で, 上か, 上だ, 上と下とに, 上において, 上にと, 上のからの, 上までの, 上らしい, 上エで, 上三センチばかりの, 上店には, 上緑の, 上部は, 下からは, 下は, 丘に, 丘を, 両側に, 並べ方などの, 中を, 中央は, 乗合馬車が, 乗用が, 事なぞは, 二三間手前に, 京子から, 人の, 人事更迭が, 人力車すらも, 人影に, 人車は, 人造人間戦車隊の, 仏像を, 仕事が, 代りなどに, 位置に, 佐良井邸へ, 俊一さん等, 修理を, 側の, 側まで, 偵察機は, 傍から, 傍まで, 傍らには, 備えに, 傾向, 僚艇は, 優秀なる, 元祖だ, 八座の, 兵の, 兵士の, 内の人に, 内側で, 円い卓子, 処まで, 出来上りを, 刃よりも, 列で, 削られた大理石, 前とに, 前を, 前後に, 割だ, 助けを, 十一時の, 卑弥呼も, 南面は, 単葉飛行機が, 反対側に, 古い荷車, 古ぼけた駅逓馬車, 右の, 合戦は, 同型が, 名を, 向こうから, 向こうへ, 向側で, 君長に, 君長を, 周囲に, 周辺を, 問題の, 器械を, 四十男だ, 四方の, 国不知火や, 国王の, 土鋤機を, 地下電車を, 坂も, 埴土壌土と, 墻の, 壊れたるあり三角点, 壜型を, 外から, 外で, 多段式タービン, 夢に, 大きな荷物自動車, 大きな赤い, 大ロケット, 大八車へ, 大型の, 大型遊覧自動車が, 大岩の, 大柱, 大空中戦, 大空軍, 大辻が, 大館氏明経ヶ島の, 天井は, 太鼓に, 奥さん方, 奥に, 女に, 女七分の客の, 女自身, 如きは, 妖婦唐賽児なり, 存し, 宇宙艇内へ, 客車の, 宮から, 宮を, 家康を, 宿を, 小がたトラック, 小さなオートバイ, 小ざっぱりと, 小型航空器を, 小馬車, 局に, 局前の, 屏風と, 山に, 岩の, 島津春子刀自の, 崖下に, 工も, 左右に, 左翼の, 帆自動車が, 帰らない事実, 幌型の, 幌自動車が, 平へ, 幻影を, 床の, 座敷牢を, 建物の, 引出しの, 弾機附馬車は, 形を, 影も, 役に, 後へ, 後横から, 御暇乞, 必要を, 快速自動車が, 怪影, 恐怖では, 患者運送車が, 戦争の, 戦車の, 戦闘偵察攻撃爆撃の, 所には, 所まで, 手が, 手押ポンプを, 扮装と, 折りたたみ寝台が, 抽斗から, 接続を, 攻撃ロケット艇が, 救援ロケットの, 救援ロケットは, 救援艇が, 数々十畳の, 数を, 敵艇を, 断末魔の, 新しき帷, 新市街, 方に, 方には, 方へと, 方式を, 旧式な, 春の, 時分でした, 暗い真下, 曳出しを, 有ったの, 朋輩と, 木理を, 本を, 朱塗りの, 板との, 柱にも, 柱を, 梢を, 椅子の, 植物性大, 様な, 横では, 横へ, 横手である, 橇で, 橇は, 機が, 機も, 機械の, 機械機を, 機関車で, 機関銃が, 欄干を, 正中の, 武芝の, 歿年は, 殺人団機は, 水を, 江戸屋である, 沖で, 泥ダラケの, 洋燈に, 洋車が, 流線型が, 消防自動車でした, 消防自動車の, 淵という, 清盛晩年の, 温泉という, 火星の, 灯よりも, 煤けた洋燈, 照明燈が, 爆撃機が, 爆撃機より, 片隅で, 片隅を, 牛車が, 物である, 物とか, 牽引車に, 犬の, 猟銃に, 猾い, 王に, 球台中一台だけが, 男が, 男に, 画が, 番号が, 異人屋敷の, 畳んだの, 白いきれ, 白い針, 白糸沢では, 相乗俥が, 真新しい赤塗り, 石垣に, 破風に, 碗を, 移動式, 程度です, 空タクシーが, 空自動車が, 窓から, 立つ隣, 端において, 端を, 竿には, 第一層, 箪笥その, 箱を, 箱型トラックが, 箱自動車一九三六の, 素建の, 終りから, 組立木片の, 綱の, 緑色に, 練習を, 縁を, 縄が, 縄は, 羅紗を, 肱に, 背の, 背後を, 脚に, 脚もとに, 脚下銀灰色の, 膳部に, 自動車にも, 自動車怪物の, 自記晴雨計に, 舗石に, 艇にも, 艦中に, 艦載機が, 花電車が, 若者たちにも, 茶屋から, 荷物車が, 荷車に, 荷馬車と, 荷馬車は, 葬儀自動車が, 蔭に, 藁を, 蝋燭の, 血気盛んな, 被の, 装甲車の, 裏へ, 製作には, 裾で, 裾の, 要領ででも, 見なれない大型, 見舞車が, 角の, 計量機の, 設備は, 設備われ, 試みといふ, 試みの, 警察の, 警察自動車が, 豆電燈の, 財宝を, 貨物自動車隊から, 賦なる, 賦を, 購入費を, 赤い張物板, 赤燈が, 赤銅鉄運搬車が, 跡に, 跪んで, 軍が, 軍用機が, 軽旅客機, 軽機関銃, 輦台が, 輦台を, 辛いカクテル, 辻馬車で, 近くへ, 追跡隊が, 週期で, 遊覧用大型自動車が, 運送屋に, 郵便馬車が, 野菜を, 金の, 釘に, 針金を, 鉢を, 錨に, 鏡は, 鏡台に, 間から, 附近へ, 陰ながら膝, 隅の, 雪橇が, 電動機大小幾つかの, 電気的条件までは, 霊柩車が, 露とも, 青年が, 青年は, 面ほ, 音丈を, 頃領主六角家の, 飛んだ所以, 飛行機さえ, 飛行機も, 飛行船が, 館の, 馬や, 馬力車は, 馬橇に, 馭者を, 駕籠を, 高みから, 高座の, 高級クーペを, 鮨の, 麓に, 黄包車が

▼ 台~ (928, 12.4%)

36 して 17 立って 14 なって, 腰を 13 向って 12 載せて 9 のって, 乗って 8 坐って 6 のせて 5 上って, 並んで, 出て 4 のぼって, 上った, 乗せて, 肱を, 腰かけて, 足を, 身を

3 [12件] いる, されて, ついて, 乗った, 出るの, 寝て, 据えて, 登って, 登る, 立った, 腰掛けて, 茶碗を

2 [44件] したり, たどりつきました, とりつけられて, なる人間, のぼる前, のり軒, ふたたび現われた, ゐる妻, 一つの, 上ったの, 上るもの, 乗せられて, 乗っかって, 乗つて, 乗れば, 倚りかかっ, 凭りか, 凭れて, 出た, 出る, 分乗し, 取りつけて, 向かって, 娘と, 横たわった, 満載した, 登ったの, 登りました, 眼を, 突き当るやら, 立つて, 立つと, 立つまでは, 立つ日, 納って, 肘を, 背を, 腰かけた, 転落する, 載せられて, 輝くであろうが, 近い俥, 送ること, 飛び乗つて

1 [623件 抜粋] あおむいて, あがって, あなごと, あらわれた, あらわれたらたちまち, ある一定週期, ある雑誌, いたし敵, いたの, いたり, いた助手, いるに, いるの, いる吉川, いる女, いる樊遅, い並んだ長唄, おいでに, おきました, おしこんで, おれは, お客が, お立ちに, かかった様子, かくれるほど, かけた, かけたばかり, かけられた, かけられる事, かじりついて, からすみ花塩さざれ梅また, ぎつしり並べ, ぐたりと坐りました, ぐるりと, こさえさして, これだけ, ころがされて, ころげ落ちて, さしむかって, さらして, されたり, しがみついて, した, した塑像, した菓子, した薄暗い, しっかり結びつけられ, しようと, しろ流刑地, すえられみかどの出御, すくなくとも五トン, すすみ小刀, すすみ打ちかえし打ちかえし羽交, する, するおれ, すると, するん, するベンチ, する小さな, すわりこんだまま, すわろうと, すゑて, せいが, そのバタ, そろえて, たずねかけた, ただ四本の, ついた杖, つかったもの, つかって, つかまった, つかまつて, とどめた者, とびあがり早速, とびついて, とびとびに, とびのり出発, とびのると, とび乗った, とりつけられたラジオ拡声器, なった机, なっては, なつて, ならんかも, なりさすが, なりその, なり刺, なるまた, なろうとは, ねせられて, ねます, のしかかるよう, のせたお, のせたこと, のせた茶, のせた鉢植, のせられた時, のせられて, のせる, のせ墓標, のっかって, のったので, のった木戸番, のった高, のぼせら, のぼせられて, のぼった, のぼったぞう, のぼらすこと, のぼらせられる, のぼらせること, のぼらなければ, のぼるか, のぼるだろうよと, のぼる位, のぼる敵, のぼろうと, のりそして, のりました, はさんで, ぱちっと置い, ひかかつ, ひざまずいて, ひとりで, ぴったりくっつい, ぶち割って, ぶつかった, ぶつかり薬缶, ぶん廻す, まだ二三人, まだ大, みちて, むかった, やつと, ゆくこと, よじのぼった, よじ登らせる僧正, ゐる一頭だて, ゐる兵隊さん, グッと, グリグリ飾, バラが, ピアノ箪笥等を, フゥフィーボー博士が, ブラ下っ, ミッチェルが, レーニンの, 一しょに, 一人あたり班長が, 一人を, 一列に, 一族の, 一気に今度, 三つの, 三太は, 三本の, 上がった時, 上がらずして, 上がらなければ, 上げられる女, 上げる位, 上せる外途, 上せ気長, 上った時, 上った罪人, 上つて星の, 上ぼせた, 上らず自分, 上らせようと, 上りて, 上りました, 上ります, 上り夜霧, 上ること, 上ると, 上るも, 上る人, 上る野郎, 上ろうと, 下がってよ, 下った, 両足を, 並ぶと, 並ぶわ, 並べて, 並んだ, 並んだの, 乗せたスタンド, 乗せた寄鍋, 乗せられたよう, 乗っけて, 乗ったって, 乗ったまま, 乗った巧緻, 乗った行きずり, 乗ってから, 乗つた, 乗つて問屋, 乗らなん, 乗りこむ音, 乗りました, 乗りますと, 乗る, 乗ると, 乗るの, 乗れと, 乗込みて, 二人裏と, 二女を, 五銭ずつ, 人間と, 他人では, 他界の, 代用され, 仰臥させ, 仰臥させられる, 仰臥する, 伏せて, 佇んで, 住んで, 何かって, 余人へ, 使った板囲い, 使用する, 俯伏さっ, 借りて, 入れなければ, 入れるため, 全速力を, 六十年前ベッカリアが, 凭れチーズ, 出で, 出るそう, 出ると, 分乗した, 判事の, 判断し, 到着する, 刺しこむと, 前囃子, 前途を, 助けあげられた, 務め続けて, 勤めて, 半身を, 及べり, 取りつけた太鼓, 古いさびしい仏, 古い菊判, 古金襴, 叱られるから, 合わそうと, 吊り下げられて, 向いまして, 向うの, 向かった, 向きなおって, 向き合って, 向った, 向つて四人, 向ふと, 命を, 和智君を, 喰いついて, 四海の, 四頁を, 固って, 坐するの, 坐ったまま, 坐った二頭立て, 坐つて, 坐り, 坐りこみ帳合い, 坐りもっと, 坐り筆, 坐ること, 坐るべき方, 坐るべしとは, 埃が, 変った, 変った花束, 多くの, 大旗, 大調練, 奇妙な, 妙な, 妾は, 安全に, 安座し, 寄せかけたの, 寄って, 寐そべって, 小さくカンカン, 居ただぶだぶ, 居る運転手, 屈み込んで, 屯する人たち, 左の, 差置きて, 幽囚せられ, 幾つでも, 庄亮と, 座らせられません, 庭下駄を, 廻ろうと, 引渡そうと, 当番を, 彼が, 彼岸桜の, 後手を, 心得顔詩人に, 悠々腰, 患者さんを, 懸けた, 戴せ, 戻しながら, 戻った, 手が, 手を, 打ちて, 据え付けられて, 据って, 据わり切りなので, 掛けたよう, 接しそれ, 接して, 推されて, 擦り寄りつ優に, 文殊を, 料理が, 新高さんと, 昇つても, 昇り釣り上げられて, 昇る, 晒されること, 普請し, 曝されかけて, 曝す, 書いて, 木の, 未来永劫坐り続ける, 来りて, 梟され, 構えたの, 横たわる宿命的, 止まらなかった, 残って, 永住する, 注意した, 洋服を, 洗面器やら, 活けた, 深紅の, 満載し, 灯が, 無数の, 熱の, 片肱, 犬を, 犯人の, 現われニコニコ, 生えて, 用いられつつ, 男が, 登ったり, 登つ, 登つてものを, 登らなければ, 登るか, 登るの, 登るよう, 白い覆, 直った, 着いたの, 着くと, 硝子鉢が, 積ませましてな, 積み乗せて, 積上げた品物, 突ツ立つ, 突伏し, 立たされた時, 立たせて, 立たねば, 立たれた, 立ちなまし夜, 立ちはだかって, 立ち出でて, 立ち四周, 立ったの, 立った時, 立つこと, 立つた一人, 立つ神官, 立つ迄も, 立て, 立てて, 立とうが, 笑はれる, 籠って, 精巧な, 納めたまま, 紐を, 素子が, 終わったの, 結びつけられて, 縛り付けた小さい, 織られた毛布, 置かれたまま, 置かれた空鑵, 置き添えた, 置くこと, 聴くと, 胡座を, 胸を, 腰かけたが, 腰かけた姿勢, 腰掛けながら, 臨んだもの, 自ら携へ, 致しまするでご, 花模様の, 若い武士, 茶を, 茶碗が, 落ちた, 薔薇の, 血みどろに, 行き客一同, 行って, 行つて見よう, 行逢った, 見える若, 訴え出たが, 詰め込んで, 詰寄ると, 謫戍の, 赴き見れば, 赴くこの, 跳びついて, 躯を, 車を, 車夫二人ずつを, 載せ, 載せたお, 載せた馬, 載せると, 載せるの, 載せメス, 載せ革, 載って, 載つた洗面盥, 載つて, 輝かしく輝い, 近い小径, 近い方, 近い細道, 近い頭, 近接せり, 追いつきそれ, 送られるに, 送りでも, 送るの, 送れ, 通じて, 連って, 過ぎない, 過ぎないので, 達する, 酒宴の, 釘を, 釘抜の, 銀流しを, 銅像が, 陣取ったセリファン, 陣地を, 陳列されはじめ, 集って, 集中される, 集散し, 雑誌が, 難を, 電球の, 靠れて, 鞭を, 頭から, 顕われた, 飛び乗った, 飛び乗り宮岡警部, 飛乗った, 飜る, 飾られた労働者, 首を, 首垂れ, 駆けよると, 高く立っ, 鳥籠を, 鳴るから, 黒い服, 黒い桐油紙

▼ 台~ (446, 6.0%)

10 置いて 7 前に, 囲んで 5 出して, 持って, 据えて 4 もって, 持ち出して 3 備うる, 買って

2 [32件] おいて, おりて, かこんで, さながらの, つくり朝晩ボート, ふく姿態, 並べて, 中に, 中心として, 作って, 使って, 出た, 占領し, 取巻いて, 叩いた, 守って, 左に, 建てたと, 引いて, 拭きながら, 持出して, 据えたり, 攻めよ, 構えて, 眺めて, 眺め忽ち, 築いて, 経て, 落して, 設えさせて, 買ったり, 降りて

1 [329件] いくつか, いつまでも, うつ棒, おき例, おこさうと, おっぴらいた両脚, おとすまでは, おりた, おりると, おり客席, おろして, かこみある, かたくに, かるがると持ちあげた, きれいに, ここへ, こしらえて, さして走つた, さらって, した品物, して, すえた奥, すえて, すえ炬燵, すりあしで, そこに, たすけたわけ, たずねさらに, たたいて, たたいてる, だんだん高く, ちょっと横, つかわず自分, つくった, つくつて横臥, つくりそれ, つくるの, つくる道具, つって, つぶしたこと, できるだけうまく, とびおりて, とびだして, とめる, とりに, とりまき盛りあげた飯, ならべた, なんとなくいじくっ, にらみつけては, のがれしかも, のこして, のぞいて, のぞきこんだ, はさんで, はずしたの, ひかえて, ひかない前, ひきながらも, ひきよせて, ひっくりかえし障子, ひっさらって, ひどくゆすりました, ひょろひょろの, ふたつ合わせた, ふりかえりふりかえり屠所, ふり返つた, ぶち毀し, へだてて, べりべり引き剥がし, まず三百本以上, また始め, みあげた, みあげてから, もち母親, もつた冷たき, もつて, やって, ゆすぶって, わたしに, メチャメチャに, 一つ叩く, 一つ廻る, 一ときでも, 一方の, 三つに, 三つ列べ, 三人で, 三個持っ, 上った, 上り口まで, 上る時, 下した, 下りると, 下り草鞋, 下ろして, 二つタテに, 二つ合せた, 二段に, 互いにさし, 仰いで, 何処かに, 作らせそれ, 作る, 作ると, 作るにも, 作る糊, 使うこと, 使わなかったの, 促しました, 倒し台, 借り得て, 借る代, 傭ひ, 先に, 入れて, 六畳の, 兼有した, 出さないかと, 出し附近, 出す, 出すという, 出だし送, 剥ぎ取ると, 卓として, 博士が, 博士の, 卸しそこ, 取りはずすと, 取り寄せさせ新聞紙, 取囲んで, 叩いて, 叩かないで, 叩きながら, 叩き叩き大声, 叩き拍子, 叩く, 呼び出した, 品海に, 囲みませう, 囲み十時頃, 固守する, 奪取する, 家の, 尋ねて, 小さくおりたたん, 小舟に, 小袖ぐるみ相手の, 崩して, 左方の, 左近少将が, 幽に, 店員たちに, 建てさせるべき長広舌, 建て銅人, 建る, 廻れば, 引いた, 引いたあと, 引かれると, 引っぱずして, 引っ掛けた, 引渡す方法, 引率し, 弾きながら, 彼女の, 往来へ, 後ろに, 得て, 思い出した, 思ひ出した, 思わせるもの, 思わせる大きな, 恐れるの, 恐れる心, 恥隠しなどと, 想像し, 憤る旨, 手で, 打ち倒す, 抑え込んで, 披げる, 抱えて, 押えようと, 押しやり手, 担い笊, 担ぎかけた人足, 担ぐの, 拵えて, 拵えるの, 持たせて, 持ち出し思想陳列, 持ち運ぶ女, 持ったまま, 持ったまま側, 持つて, 指さす, 据えつけたり, 据えまして, 据ゑたり, 掌で, 探すよう, 探り当てて, 控えて, 握りしめて, 攫って, 支へて, 新調し, 望ませたり, 朧に, 机の, 村の, 枕に, 棒に, 楯に, 欠いても, 正面へ, 残したおなじ, 残して, 残すばかり, 毀ち今, 浮かした, 火の, 焼き捨てて, 焼け, 焼けば, 照すべし, 照らして, 片づけぞうり, 畑の, 発明した, 発案する, 盗む意志, 盗んで, 目がけて, 直したの, 相手の, 真中に, 眺めた, 眺める事, 着けた洋灯, 睨んで, 知って, 短くした, 破って, 立てそこ, 立てそのうえ, 立てること, 等分に, 築いた, 築いたの, 築いた時分, 築かせ百官, 築く高, 紅葉の, 組み立てて, 組んで, 綺麗に, 置きそこ, 置きて, 置き供物, 置き更に, 置き次, 置き舞台, 肥った体, 背中に, 腰掛けに, 自分の, 蔵ってからも, 行長の, 西土の, 要し他, 見た, 見たいという, 見たこと, 見たさ, 見て, 見ない間, 見にも, 見ま, 見る, 見ると, 見る事, 見上げたる行人, 見上げて, 見上げる, 見付けて, 見出すと, 覗き込んだ, 覗き込んでは, 親の, 親方から, 訛伝え, 訪れて, 買い込み営業用, 買ひ, 賑は, 蹈んで, 蹴返す, 転覆する, 軽く叩き, 載せて, 迂回し, 途中で, 通れ, 造りその, 運んで, 過ぎたる車, 遠まわり, 選びゆっくり, 金色の, 長火鉢の, 開けて, 降りなければ, 降り広場, 陥れた, 陽気に, 隠すに, 離して, 離れた, 離れて, 頂く日, 頼む銭, 飛びおりると, 飾って, 飾りたてた箱馬車, 飾るの, 駆けおりて, 駆りて, 駈け降りると

▼ 台~ (292, 3.9%)

29 あって 16 ある 7 あった 5 置いて 4 ありその 3 そびえて, 二つ並ん, 置かれて

2 [15件] あつて, ありました, あり台, あるの, ついて, どこに, 作られるの, 光栄, 出た, 出て, 出来る, 恥辱, 目に, 置かれその, 高いので

1 [192件] あいた時二人, あお向, あたりを, あったならば, あったり, あつた, あの娘, あぶないぜ, ありありと, ありまして, ありますから, ありガス管, あり一方, あり十人, あり工作道具, あり金属, あり陸路荊州, あるきり, あるその, あると, あるん, ある下, ある許, いくつも, いく台も, いずれも, いつの, いて, いる事, うち出す, お蝶, くみ建てられて, ぐるりと, こしら, こしらえて, こつちへ, じゃまに, すっかりでき上っ, ずらりと並ん, そのまわり, たったので, ちょっと摺れ摺れ, つくって, つくりつけ, つづいて, できて, ところ土間に, とぶころ, どこへ, どれも, なければ, ならびその, はいれそう, ひとつ, ひとつ置かれ, ひろくなく, ひろげられお, まるで水, もうお, やっと担ぎ出され, わたしの, ガンデンという, グレーヴの, ズッと, ポツンと, ユラユラと, 一つ, 一つしまっ, 一つの, 一つ突っ, 一つ突つ立つ, 一つ立っ, 一五%で, 一対あっ, 七・五%である, 三つ四つ青楓の, 三面鏡の, 九時を, 二つも, 二つ三つ節穴を, 二ヵ月で, 二十四五も, 二十荷積みである, 五つ六つの, 何だか生き, 倒れて, 備へ, 傾いて, 入口と, 再び入口, 出かけるよう, 出発し切る, 列って, 十一時を, 十時を, 半崩れ, 危ないぞ, 原っぱを, 取り下ろされ一年中, 取り壊されるため, 古いたって, 吹倒された, 大きな音, 威勢よく, 存在する, 家並の, 寂しくなった, 小な, 少し狭い, 左右に, 幾つも, 弦月の, 役に立つよう, 待って, 待つて, 御簾越しに, 必要である, 怖くない, 急停車を, 惜しけりゃあ, 手術を, 押し寄せどどどっと, 押すな, 括って, 拭きこんで, 持ち出される頃, 据えて, 据え附けられて, 据ゑてあつてその, 据ゑてある, 据ゑられて香煙が, 整然と並ん, 時々脛, 書斎の, 来る, 欲しいの, 毎日多, 浪を, 浮かんで, 漆で, 火事場へ, 無くては, 片隅に, 狭かったら, 玄関前に, 相向い, 真中に, 真直ぐな, 眼下に, 石も, 立って, 立つて, 築かれて, 組み立てられて, 組立てられたまま蜘蛛, 縦横様々に, 繰り出しいつの間にか, 置かれ一方, 聳えたち, 聳えて, 脳出血の, 舁き出された, 船長だ, 若い女性, 行きて, 裂ける, 要るの, 見えその, 見えた, 見えて, 見えもう, 見える, 見渡され人家, 設えて, 設けられて, 設備はれ, 賭物したる, 近く見える, 迷惑する, 通るだけの, 通れるほどの, 造られてから, 進出した, 附けて, 飛びまさあ, 飛ぶと, 飛ぶは, 飛ぶん, 飛んでからじゃ, 飛出した, 高く立った, 高天原に

▼ 台~ (205, 2.7%)

6 並んで, 何台も 4 なかった, 幾台もの 3 つながって, ない, 動いて, 繋がって, 自動車が

2 [15件] あった, ある, なければ, やってきました, やりすごして, 四台も, 棒引も, 止まって, 立往生し, 続いた, 続いて, 走って, 通って, 通りません, 運転し

1 [140件] あえて辞し, あったが, あって, あつた, あはず, ありませんかわり, あるの, あるらしかった, あるん, ある寝台, ある要塞地帯, あろうか, いないタクシー溜り, いるという, いろいろあり, おせい, かけつけるという, きて, ここに, こっちを, ずらっと, そうしたお, その姿, それから, そろって, ただ一人の, たてかけて, たまって, ついだん, つづいて, つづきその, つながれて, つめかけアゴ紐, とうとう黄いろい, とくに無くなった, とても数え切れない, とび交いうるさい, ないが, ないこと, ないよ, ないよう, ない停車場, ならんで, ぶうッ, まじって, みあたらぬ, みえず碇泊場, むろん最も新しい, ヴァンデの, 一しょに, 七台も, 万力も, 三台もの, 不愉快な, 両方から, 並べて, 並べられて, 作った, 作りその, 停めて, 備えて, 備は, 像も, 八台も, 兵部省も, 出て, 動けなくなって, 勢ぞろいし, 同様で, 大型バスが, 工事中の, 工場へ, 差置いた上, 市五郎の, 席も, 幾台も, 待ち合わしたため, 待ったりなんか, 待つ間, 御櫓, 恐るるに, 恐れなかったの, 担ぎこまれその, 持って, 据えつけて, 撃ちおとされた, 曳きこんであり所々, 来ないん, 来なかった, 機台も, 残って, 残つてゐなかつた, 汽罐車が, 洋館も, 渡して, 満員な, 無いよう, 無かった, 爆裂弾ば, 現われて, 現存し, 留吉の, 発射された, 百台も, 皆此室に, 空に, 空気銃も, 立ち往生し, 続いたが, 綺麗な, 置いて, 肩を, 腕車が, 自動車には, 自動車の, 花で, 茶色だの, 蕊も, 見えないので, 見えなかった, 見える, 見えるが, 見かけましたわ, 見たこと, 見られない日, 見当らぬ, 買って, 赤いポスト, 走つて, 通らない, 通らなかった, 通らなかったくらいの, 連ねて, 連結された, 道に, 遣り過して, 遣過ごして, 針箱も, 鋭利な, 飛ばして

▼ 台なし~ (185, 2.5%)

39 にし 20 にする 12 になっ 10 になる 8 にされた 76 にした 4 にされ, になった 3 だよ, になつ, になつて, になり 2 じゃない, だと, だな, だわ, ぢや, です, にされる, にしちまった, に遊ばし

1 [45件] いよいよ世, ずら, だけれど, だろ, だろうじゃ, だア, だ泥棒ごっこ, であの, である, であるとは, でご, でございまして, でしょうがな, ですからね, ですよとは, でせう, で自慢, という体, という遠慮, となっ, となつた, となり, なん, な半天, にくさされ, にさせ, にしたらしい, にしない, にしねえ, にしました, になさる, になってる, になつた, になつちやつた, にならざる, になりました, になります, に成っ, に汚す, の信州, よ, 人ッ子も, 堪らないって, 路頭に, 身体が

▼ 台~ (171, 2.3%)

3 出ると, 腰を 2 つれて, 出て, 手を, 登って, 首を

1 [155件] あが, あがって, あがる支度, あつまって, うちの, お出かけの, お友だち, かかりその, かくれて, かけあがって, かけた変, かけのぼって, かけるという, すばやく姿, そっと一人, つるし本当, とびあがると, とびついた, とびのった, とび乗って, のせて, のせろって, のぼった, のぼりレオノーレ, のりこみ横, のりこんで, はいって, はいりこんで, はいると, ふと眼, ほうりだした, またてふてふ, むかって, ゆかぬうち, ゆく, わりこんだ, スタスタと, バタの, ポイと, 一緒に, 上がった, 上げたからと, 上ったが, 上っては, 上ろうと, 上陸を, 下りて, 下る人, 下る登山者, 両手を, 並べて, 並べる時, 並べ古い, 乗せられて, 乗っけるかな, 乗りこむつもり, 乗ると, 乗ろうと, 乳を, 五貫目ばかりの, 伝って, 出かけて, 出して, 出ようと, 前脚, 去ったあと, 参りましたところ, 吊りさげられて, 吊り下げられたもの, 向けた, 向って, 呼び戻す, 圧されて, 坐らせただ, 坐ること, 小さくちぢん, 崩れて, 帰る, 座って, 廻れ, 引っぱりあげて, 引出す手筈, 急いで, 戻った, 戻ったところ, 抜ける切通し, 押しこまれて, 推し上せたと, 推上すも, 旅立たれるさ, 来たよう, 案内し, 植木鉢を, 正面向けた, 歩いて, 湯灌の, 照付ける, 父親の, 片足かけ, 登りに, 登り各自感慨, 登るよう, 白っぽい造花, 私達を, 移ろうと, 突いた, 突っ伏して, 立ちながら, 罪人を, 置いて, 翡翠と, 肘が, 自然と, 舁ぎ載せた, 葬具を, 蝋燭を, 行き偉い, 行く必要, 行った, 行って, 見る間, 見廻りに, 豚尾の, 足を, 身軽に, 載せたまま馬車, 載せられる死刑囚, 載りにくかっ, 近か, 追いあげられて, 送って, 送らざるべからず而, 送られねば, 送られるか, 送られる人間, 送りに, 送ること, 送るん, 送れば, 遊びに, 降り折竹ら, 集まった, 飛び上がって, 飛び上がれよ, 飛び上った, 飛び掛った, 飛び移った, 馳けて, 駆けのぼった, 駆け上った時, 駆け込んで, 駆け附け小判五枚, 駈け上って, 鮮麗に, 鼻紙を

▼ 台から~ (159, 2.1%)

5 飛び降りて 3 おりて, 声を, 降りて, 顔を 2 はずして, インターナショナルの, 出て, 家の, 海を, 甲斐駒に, 身を

1 [128件] うちならされる, おっこっ, おりた馭者, おりようと, おろした, かかえ降ろされた, きこえた, この有様, ころげ落ちたなり, ころころと, すぐに, すべったそれから, するする降り, その光, ちんれつ台へ, とびおりた, とび下りるよう, とび降りたところ, どやどやと, のって, はみだしそう, ふたりの, ふりかえって, ふり返った, ぶら下げた足, キユーを, ハメ板まで, ヒントを, ボーンボーンと, 一杯の, 一歩どいた, 一段高く, 一間半程隔った, 上に, 上向きに, 下さうと, 下の, 下へ, 下りて, 下りるとき何, 下ろされた, 下を, 二三歩後へ, 五時を, 仏体まで, 他の, 仰向けに, 六十までには, 切抜帳みたいな, 前庭の, 十二時を, 十台位の, 卸して, 取出さねば, 台へ, 台へと, 叱咤し, 向き返った, 外しすこしも, 夜毎に, 大独楽, 奉天の, 姿を, 子供の, 導いて, 廻す締金, 引きおろすと, 引きずり下ろされて, 引きずり下ろしたに, 引き上げたで, 引出すよう, 手を, 手術台へと, 持って, 振り返った, 攫われて, 教場の, 整備する, 星の, 本郷まで, 来て, 東駒へ, 此方を, 母の, 泥まみれに, 洗面器まで, 流山利根運河野田, 瓦を, 登った青年団二十余名, 真下の, 眺める雄大, 移された死骸, 立ちあがって, 立ち上がり床, 立上がって, 策を, 紙包を, 聞え出した, 脱するため, 舌打ちが, 落こちた, 見えるよう, 見たの, 見て, 見る湖上, 見下しながら, 見事な, 赤報隊の, 転げ落ちました, 近道を, 銀を, 降りた, 降りたの, 降りたばかりの, 降りました, 降りるなり, 雑駁で, 離るる, 離れて, 飛びおりて, 飛び下りた, 飛び下りて, 飛び降りた, 飛び降りると, 飛び降りるとき, 飛込んだこと, 馳け, 黒斑山の

▼ 台~ (141, 1.9%)

2 それに, なく後, なって, まつて

1 [133件] あの道具, あ台, いい右, いう, いっても, いふ, いふべけれ, いへば, おまけに, かがやき, こちらの, して, しなければ, する, すること, するの, する者, そうして東京, そのむこう, その洋館, たんすが, ちがうところ, なくつづい, なくつづきました, なくやって来る, なく並べられ, なく国道, なく城壁, なく壊れ, なく擦違っ, なく来, なく東京, なく続い, なく続いた, なく自転車, なく通る, なく電車, なく馬車, なして, なしに, なったの, なってるほど, なり又は, なる, なる人間, なる基本産業, なる者, へって, ほとんど同じ, よぶ小, よぶ所, イエス, パンや, ヤマト, ライオンとの, ライオンのから, レール等々は, 一しよ, 一列に, 一緒に, 丸卓子との, 乳母代りの, 云う号, 云って, 云ふ, 云ふ巡, 仕事台との, 其仏を, 円卓子と, 列を, 十六ミリの, 反対の, 台との, 台の, 同じ陶器, 同様の, 名づくる, 名づけたる高楼, 名づけて, 名づけ造営落工, 呼ばれる小さな, 呼んで, 四五人を, 壁の, 大した変り, 大奥との, 大鞄二個, 宇宙艇五台の, 定めたパーリアメント・ヒル, 客席の, 対いあっ, 小さな仏, 屑籠を, 幌の, 平台とで, 座席の, 後部の, 思われる紳士, 扉とは, 掲示の, 掻き寄せた灰, 数えられる自動車, 数冊の, 書いたので, 書くの, 枯木の, 椅子が, 椅子二脚と, 殆ん, 水彩絵具の, 湯沸器と, 火掻き, 狭い三尺, 申すとかいう, 申すの, 申は, 相対した, 知らうやう, 私の, 称える一, 続いて, 胴体とが, 腰かけが, 自分の, 薬屋の, 衣裳戸棚二台と, 言って, 車窓との, 通るにつれて, 道具箱とが, 鎖の, 陰惨な, 駈け出して

▼ 台~ (140, 1.9%)

2 プラチナだった, 其所に, 右の, 恥辱に

1 [132件] あの辺, あるが, あるけれども, あるの, いいとしても, いつ見, いよいよ盛, うちおとされのこる三台, おれの, からっぽで, からっぽに, きわめて粗末, この第, これに, ごく出来, さすがに, さっきの, さらにその, すっかり白布, すっかり黒い, そのとき, そのまま, そのまま楽, その室, その部屋, できても, とんと存じません, どうだい, なかなかね, のがれられぬ運命, まさに九時, まず無事, もちろん焼け, もっとも呪うべき, もろくも, もろもろの, やつぱり銀だ, ゾウの, プリュニイ氏式の, ヴォルテール珈琲店に, 一の, 一九三〇年の, 一台分の, 一箇所や, 三尺ばかりしか, 上矢切だ, 九つです, 二匹の, 二百尺の, 五拾疋でございます, 今尚, 備えねば, 僕の, 元来美事な, 先ほど, 八万四千の, 円形で, 切口なれ, 刑執行人の, 十二の, 十五間その, 十分の量だつた, 博士の, 即台閣, 名も, 吹きさらしである, 喫煙者の, 墓場の, 壊れて, 大まわり, 大岩の, 天の, 富士である, 少し小高く, 平生セメントや, 引続き調子, 徐春甫が, 恐怖すべき, 敷石の, 日本の, 日本プロレタリア文化連盟で, 星を, 普請初めの, 普通の, 曳っ, 曾て, 柳箱松を, 次々に, 止まって, 武担の, 殆ど粉砕し, 水の, 沈の, 沈や, 沖の, 法律の, 満員で, 火星兵団の, 無惨にも, 煙を, 片づけられて, 特に高い, 町へ, 白金でも, 皆南向きの, 真正面です, 眺望絶佳の, 知て, 純金であった, 繁陽の, 自分と, 自動車が, 舟に, 蕪村に, 蟻田博士の, 蠢爾として, 覆えされて, 赤いユービン車, 足かけ八年にわたる, 躊躇し, 躑躅ヶ崎七殿の, 農場通い用に, 運ばれたの, 遥かの, 銀蠅で, 陣地の, 雨風に, 青く空, 飛ぶだらうぜ, 駄目として, 高くポチ, 黒光りに

▼ 台~ (114, 1.5%)

2 ポンポンと, 何か, 煙草を, 身を, 顔を

1 [104件] あつた, あつた様, いるよう, ござります, すっかり洗い落とし, すらあの, その上, その号外, それぞれに, たべて, つんざいた, ともかく名, はない, はなしつ, は御者, は運び切れぬ, ひいて, ひと晩ねむれ, ひろ子が, まさかり, まず一万円以上, グラマンを, ハンドルを, バットを, バラバラ, バラバラ又, ボートの, ラ, ロンドン, 一にも, 一ヶ月少なくとも, 下の, 並んでるグルズスキー, 乗着けた, 乗込んで, 二人の, 二十二箇の, 五人ほどの, 亡くなった人, 仙丈岳, 六十円と, 処刑された, 十二カペイキ払っ, 十分だった, 千葉之介常胤舎弟國府五郎胤道の, 口笛を, 名を, 四方山話世間は, 塔の, 売ったあと, 大きいもの, 大板の, 宴席の, 川風に, 幽かに, 当時大阪の, 彫刻の, 彼方には, 後の, 手を, 押して, 搬びつけたのだつたが工事は, 支えて, 支えねば, 暮しも, 朝と, 李が, 欠伸を, 正ちやん, 死骸が, 殺された, 殺して, 泳いで, 流しっ放し, 漁師らしい, 父は, 片腕切落された, 牛蒡を, 由布院へ, 病院に, 相当年期を, 私その他にも, 簡単に, 終るやうカット, 終わってるこの, 絞首の, 聖書や, 聞いたが, 荷物を, 覇心いよいよ, 観測係を, 読み耽りすっかり, 賢島へ, 足りたの, 足りるかしら, 通るの, 遊んで, 運ばれて, 酒食し, 間伏の, 鞭を, 顔と, 飛び立つ間際, 食事する

▼ 台~ (109, 1.5%)

28 の上 3 に腰 2 に腰かけ, の高, へ腰, を見出す

1 [70件] かなに, からころげ落ちた, からツト, から取っ, から引きずり下ろされた, から火袋, から立ち上り, から転げ落ちる, が付い, が四ツ, だけが残っ, であった, とかの仕事, となつ, とは掘り返された, ともに二丈, と中台, などで脾腹, に, にちよこん, につい, になりました, にはこう, には一九一八年, に一八一五年六月十八日, に三遊連, に乗っ, に及ばざる, に取り縋, に小さく, に池田, に特に, に腰掛け, に飾り付けられた, に高, のところ, のほとり, のまわり, のもと, の亀, の分析, の周囲, の回り, の巌とも, の方, の横, の横側, の蓮花, の表面, の隙間, の飾り, の高い, は一杯, は二間, は掘り上げた, ばかりあっ, へ登っ, もその, もなく, も蒼, や樹木, らしい物, を作る, を持ちあげる, を掩, を枕, を沢山, を碁盤, を除い, ヲ据エテ

▼ 台~ (87, 1.2%)

8 の少女 3 の人, の露 2 に乗せられ

1 [71件] からは非常, から子, から望遠鏡, から苦笑, から飛び下りた, で欣々然, で死ぬだろう, で独り, に, にある, において絞首, にその, にて述べたる, にのせ, にのぼっ, に上る, に二人, に休し, に動かし, に居並ぶ, に引, に引っぱり上げる, に意外, に投げ出された, に持, に横たえました, に横たわった, に欣々然, に消えた, に点ぜられた, に焼きもの, に現われ, に登っ, に登つて, に立ち, に立ち得る, に端然, に紅友禅, に絞殺, に縛られた, に置い, に置く, に膝, に裸, に裸体, に見る, に載っ, に送られた, に鎧櫃, に饑ゑて月, のところどころ, のポーズ, のユーモア, の優雅, の冷凍林檎, の処刑, の歯車, の死体, の水瓶, の汐見坂, の滑走台, の犠牲, の籠, の諸君, の金公, の首, は蔭, へのせ, へ送ろう, へ達した, を仰い

▼ 台には~ (52, 0.7%)

2 なる

1 [50件] いって, この外, この条件, つい近年, つつじの, なったの, のせきれないから, のって, ひどい紙, まだひとり, みな白い, ゆであげたよう, ゆで玉子, ジャズの, 一つの, 一人の, 一行が, 三千の, 三根夫を, 乗りきれないそう, 十六の, 十文以上の, 危けれ, 向って, 外へ, 夜具二人前を, 大抵から, 大金を, 小林が, 御者と, 必ずだれ, 机や, 机本箱鏡台姿見針箱くけ, 松竹梅の, 柔和な, 流るるよう, 灯が, 白いきれ, 白髪の, 百合子が, 砂時計の, 研究所や, 緑いろ, 舶来の, 茶店が, 荷物を, 蟹と, 赤シャツを, 雑誌雑誌そして, 黒ん坊と

▼ 台~ (40, 0.5%)

3 の方 2 の流許

1 [35件] からそっと, から汁椀, から炭, で, でおかず, で三帖, で働い, で働かね, で行水, に大きな, に女中, に居た, のざわめき, の側, の土間, の木戸, の板の間, の様子, の流し, の火消壺, の蝋燭, の通用口, の隅, は働く, へでも何, へやって来た, へ出た, へ投げ出し, へ抛り込ん, へ持ちこむ, へ来た, へ運んだ, をしました, を手つだい, を這

▼ 台~ (35, 0.5%)

2 つて来た

1 [33件] そこに, そんなもの, まわりの, ベンチや, 三台に, 二台で, 二台の, 今も, 勘定台の, 化粧台バスなぞが, 古墳が, 古雑誌, 実験机の, 室内ブランコなど, 寝室の, 小切手の, 小学校が, 昇降口の, 架刑台や, 楽譜などを, 槌を, 洋酒の, 盆の, 硝子製の, 笞刑柱や, 糸を, 荷車などが, 読経座の, 道具類は, 金具が, 長火鉢電話も, 開くと, 鼻緒と

▼ 台~ (33, 0.4%)

3 にいる 2 の方, の荷足

1 [26件] から厩橋, から市内, から此家, から駒込, じゃア, でございますが, ですから, とは山, と浅草, になら, に入りこむ, に貸, のあたり, のほう, の二丁目, の侠客, の先生, の吾家, の坂, の宅, の山, の某, の者, の鈴木, へ機嫌伺い, まで林

▼ 台まで~ (25, 0.3%)

1 [25件] あるらしいの, おいで, たどりつきました, ちゃんとつい, 一気に駆け抜けられる, 上ったけれど, 下がったところ, 下されるという, 中古自動車を, 全裸で, 出して, 壊れ先刻, 女中に, 持去った, 摺りへっ, 来たとき, 歩いて, 爆破され, 見えるの, 見せて, 逃げて, 運んで, 門辺に, 降って, 飛んで

▼ 台という~ (23, 0.3%)

2 のが, やつが

1 [19件] おそるべき役所, ぜいたくな, たいへんな, のは, のも, ものは, ものミニストルへ, やつを, トロッコが, 処が, 大サーカス, 恐ろしい現実, 画工に, 者です, 自動車が, 財宝を, 金箱がねえ, 金箱を, 鉄車が

▼ 台~ (23, 0.3%)

6 の主簿 2 の官舍, へ往く

1 [13件] から天台県, から天台縣, とである, には逢, には逢い, に來, に来, に着いたら, に着任, に著, に著い, へお, へおい

▼ 台さん~ (22, 0.3%)

2 のところ

1 [20件] がお, がそう, がゆうべ, が三十七歳, が来合わせ, たらお, でも来, という人, という家, と皆あっち, にきのう, にたのん, にたのんだら, に手伝っ, のアパート, の友人, の友達, も保田, も或は, も来る

▼ 台ランプ~ (21, 0.3%)

2 のスイッチ

1 [19件] がともされ, が一つ, が二台, が消えたらしく, が点つて, が置い, が風, だけが残っ, と這い, など, に火, の, のネジ, を仁王門, を使っ, を抱, を持ち出し, を灯し, を見出した

▼ 台もの~ (20, 0.3%)

3 馬車が 2 自動車が

1 [15件] がた馬車が, タイプライタアが, トラックが, トラックで, トラックの, 校正刷を, 燭台が, 立派な, 自動車に, 自動車の, 荷車が, 輜重車が, 轎が, 電車を, 飛行機が

▼ 台~ (19, 0.3%)

1 [19件] が入口, が外出, が意味, が腑, に声, に逢う, のくせ, の小指, の足, の顔, はそんな, はなんとなく, ははずみ, は九女八, は傘, は玄関, は艶, は見ない, は足

▼ 台~ (17, 0.2%)

1 [17件] せいぜい五十, つらなった車, ならべて, 丑松の, 二台ある, 二台の, 何かの, 四台ある, 客を, 山の, 数が, 望楼からでも, 現れた, 立てて, 裸火の, 通りすぎて, 通り過ぎた後

▼ 台~ (17, 0.2%)

3 のジープ 2 の茶室

1 [12件] かに来た, かの一銭活動, か四台目ごと, にお, に揉み殺される, のせまい, のトラック, の中, の前, の寝台, の炭車, も駄目

▼ 台とも~ (16, 0.2%)

1 [16件] いう可, さらに多数, しれないタンク, とまりました, なるらしかった, やっつけられたので, サイレンは, マル通の, 乗りすて, 人を, 土蔵に, 机とも, 知れぬ数, 称すべくエンニウス, 言うし, 言ひ

▼ 台どころ~ (15, 0.2%)

1 [15件] からおふくろ, から言う, でガタガタ, で働い, とわかれ, にころがっ, に働い, に大きな, に降り, の方, の板敷き, へ出, へ行っ, をやる, を嗅ぎ当て

▼ 台でも~ (14, 0.2%)

2 出して

1 [12件] あれば, 一万円ちかく, 入って, 六台でも, 助かったの, 多くの, 早く見つけた, 矢張り北の方が, 置いたやう, 置いたよう, 自分の, 落して

▼ 台~ (14, 0.2%)

1 [14件] がそれ, が現れ, だけが眼, というの, とやらがない, とやらでもてなす, とやらをめぐって争奪, とやら云う, と言, に盛られ, のさかな箸, の意義, は藤原氏, を追う

▼ 台ある~ (13, 0.2%)

1 [13件] か無し, きりで, そうである, それを, だけで, ということ, のみだ, ばかりの光景, 中で, 古いらんぷが, 外は, 球台が, 自転車にまで

▼ 台といふ~ (13, 0.2%)

2 のは, 人が 1 ことだけ, ものが, ものを, 人は, 小高い所, 意味でありまし, 断崖の, 者が, 車が

▼ 台~ (13, 0.2%)

1 [13件] から虎, が大台, といいました, にその, に咎められし, のお鉢, のかた, の友人, の有志, の株, の横丁, の横手, へはいる

▼ 台~ (12, 0.2%)

1 [12件] からそんなに, からカメラマン, から寒, から総員三百名, が娘, とかあるいはまた, と云っ, と云つて, と思う, と思ふ, 上へ, 二台だ

▼ 台では~ (12, 0.2%)

2 ないか 1 あるが, ございません, なからう, スウィングバンド二階の, 何の, 北に, 喇叭が, 色の, 運転手と, 鞭が

▼ 台との~ (12, 0.2%)

3 ある腰掛け 2 間に 1 あいだの, ために, 中間に, 狭い間, 間である, 間の, 間は

▼ 台にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] それが, たれて, とんと想像, なまなましい血, なるでしょうと, なるの, 丸柱は, 乗せられ同じ, 客が, 満たない, 老媼は, 腰を

▼ 台~ (12, 0.2%)

1 [12件] からトロ, から目的地, で食べた, にて, の二州, の極み, の税関, へむけ, へ上陸, へ出張, よりももっと, 迄の海路

▼ 台~ (12, 0.2%)

1 [12件] ですぞ, なるまま七十余日, なれば, にそむき召さる, によりただいま, により妹, に背き, をきい, をこうむり, を下し, を拝受, を論議

▼ 台かの~ (11, 0.1%)

2 自動車に 1 タンクが, 人力車が, 立派な, 自動車が, 自動車は, 自動車も, 車の, 車を, 馬車を

▼ 台ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] あがりましたから, であった, パークし, 一列に, 並んで, 俥を, 列を, 勢いよく駆け, 持って, 燕が, 紐で

▼ 台ほど~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるしサ, ずらりと俥, つながつて, で前駆, 並んで, 人力車を, 土間に, 据えて, 空から, 絶えては, 続いて

▼ 台しか~ (10, 0.1%)

2 ないの 1 ありませんでした, できません, ない, ない旧式練習機, なかった, なく三十五六人, 来て, 見えなかったから

▼ 台~ (10, 0.1%)

1 が脱, にのり, には十一, のま, の下, の岩, も天蓋, を持っ, 天冠などが, 等を

▼ 台察児~ (10, 0.1%)

1 が血相, の険しい, はあわただしく, はうなだれ, は刀, は居崩れ, は露台上手, は駈け寄っ, をはじめ一, 駈け入って

▼ 台~ (10, 0.1%)

1 だの玉葉, で其一端, に, によつて, に記される, の中, の康治元年八月十八日, の著者, や玉葉, を見る

▼ 台あり~ (9, 0.1%)

1 そのほか別, その半ば, その殆ど全部, それからまた壁, それから又, 現場より, 白銅を, 石砲楼あり, 礼拝の

▼ 台として~ (9, 0.1%)

1 またやがて, もう一つ完全, より急速, 大きな木片, 恰好と, 格好が, 試みたところ, 通俗小説に, 選択した

▼ 台盤所~ (9, 0.1%)

1 から藤壺, のほう, の女房たち, の婢女, の手つだい, の雀, へそっと, へ来, を源氏

▼ 台その~ (8, 0.1%)

1 上に, 上の, 二番目を, 前の, 前面に, 外いろんな, 明るい字面, 荒筵その

▼ 台ばかりの~ (8, 0.1%)

1 コンクリート・ミキサアが, 威勢の, 新しいトラクター, 炭車の, 荷車に, 金色の, 飛行機が, 馬橇が

▼ 台ヶ原~ (8, 0.1%)

1 に辿り着いた, の北原家, の客舎, の御, へ下り, へ下る, へ下山, までまっしぐら

▼ 台~ (8, 0.1%)

3 て並ぶ 1 か, ている, てずるずる, てふとん, て停った

▼ 台とまっ~ (7, 0.1%)

4 ている 3 ていた

▼ 台とを~ (7, 0.1%)

1 低声, 全然別, 出して, 庭へ, 持って, 揃えやがて, 通って

▼ 台へと~ (7, 0.1%)

1 上って, 導かれた, 廻って, 急がせられしは, 移つた後に, 通路を, 階段を

▼ 台より~ (7, 0.1%)

1 いなかったので, もっとむごたらしい, 低い一寸法師, 入りて, 六百万台の, 編成せられ, 飯櫃取おろし

▼ 台並ん~ (7, 0.1%)

2 でいた 1 でいます, でおい, でゐる, で客, で通る

▼ 台俎板~ (7, 0.1%)

3 の上 1 の傍, の向う側, の面, へ抛り出した

▼ 台~ (7, 0.1%)

1 が颯と, でこの, で万福寺, の御用, の朱, をはり, を廂

▼ 台十能~ (7, 0.1%)

2 に火 1 などという特別, の中, へ火, を持っ, を片手

▼ 台徳院~ (7, 0.1%)

1 と崇源院, と称した, に劣らない, に比べ, の北隣, は中仙道, を関ヶ原

▼ 台~ (7, 0.1%)

2 のその 1 から譲り受け, で孤竹君, といつた, に勧め, も吼えまする

▼ 台~ (7, 0.1%)

1 がおかしい, のため, の河内, の紹介, はこの, や主任, をご存じ

▼ 台それ~ (6, 0.1%)

1 だけでもう, にたいし, に乗っ, に乗った, はいかにも, を見

▼ 台だけが~ (6, 0.1%)

1 あるいて, お寺の, 正常な, 残って, 防御の, 防禦の

▼ 台について~ (6, 0.1%)

1 がっくり額, ゐれば, 二人ずつの, 仔細に, 手数料の, 障子紙を

▼ 台ほどの~ (6, 0.1%)

2 大きさ, 車に 1 ロケットは, 車が

▼ 台置い~ (6, 0.1%)

3 てあった 1 てあっ, てあり, てあります

▼ 台電車~ (6, 0.1%)

2 をやり過した 1 が乗りすてられた, が入っ, が留っ, を待つ

▼ 台おい~ (5, 0.1%)

3 てある 1 てあった, てあり

▼ 台ぐらい~ (5, 0.1%)

1 並んで, 持ち出すん, 数えること, 有るの, 製作した

▼ 台である~ (5, 0.1%)

1 かもしれない, が一番, これは, と言, のは

▼ 台とが~ (5, 0.1%)

1 あって, あるばかり, 来るよう, 残るの, 真白に

▼ 台への~ (5, 0.1%)

1 一本道な, 上陸作戦が, 恐怖は, 行進曲, 道を

▼ 台もっ~ (5, 0.1%)

3 ている 1 て, て行っ

▼ 台ラムプ~ (5, 0.1%)

1 が下, の二つ, の方, の蔭, を机

▼ 台~ (5, 0.1%)

1 から東海岸, です, ですか, の師範学校, を出発

▼ 台~ (5, 0.1%)

1 の固定, の美事, は訳, もてるのに, 通るだろう

▼ 台~ (5, 0.1%)

1 が収め, と買っ, の稼ぎ, の西瓜, を超える

▼ 台~ (5, 0.1%)

1 という小字, にうつし, の若者たち, の連中, の高品さん

▼ 台持っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 ていた, て来た, て歩かない

▼ 台洋燈~ (5, 0.1%)

1 がついてる, が影, の傍, を手, を点け

▼ 台秘要~ (5, 0.1%)

1 が既に, と云, に出で, を講じ, を講じた

▼ 台~ (5, 0.1%)

3 をさげ 1 であるが, へ詰め込んだ

▼ 台~ (5, 0.1%)

3 のところ 1 なんという, を離れた

▼ 台あと~ (4, 0.1%)

1 から来, から自動車, から駈け抜け, の空いた

▼ 台からは~ (4, 0.1%)

1 その中, 一隊の, 後が, 曲芸師が

▼ 台ぐらいは~ (4, 0.1%)

1 かなりに, 引つぱり, 来て, 用意しなく

▼ 台ずつ~ (4, 0.1%)

1 で毎日市中, 入れられた, 携えて, 黒塗り真

▼ 台だけ~ (4, 0.1%)

1 入れないかい, 来た人力車, 消え去るという, 犬を

▼ 台とは~ (4, 0.1%)

1 その名, ない器械, 並べないので, 彼にとっては

▼ 台など~ (4, 0.1%)

1 あまた殿下, あり, だと, 見えて

▼ 台にでも~ (4, 0.1%)

1 なるだろう, のせられて, のっけて, 上るもの

▼ 台トラック~ (4, 0.1%)

1 からすこし, がある, がき, は四台

▼ 台バス~ (4, 0.1%)

1 がやって来た, が同じ, が来, なぞが眼

▼ 台一台~ (4, 0.1%)

1 とを持っ, に木札, 見つめた, 見送って

▼ 台二つ~ (4, 0.1%)

1 である, であるが, にひとり, の寝台

▼ 台~ (4, 0.1%)

1 が籠城中, のやつ, の手, の痩せ

▼ 台~ (4, 0.1%)

2 のおでん 1 などは何, の方

▼ 台待っ~ (4, 0.1%)

4 ていた

▼ 台~ (4, 0.1%)

1 に圧し附けられ, に押しつけ, の上, を持ち挙げ

▼ 台~ (4, 0.1%)

1 あらせられ畏く, をはやく, を仰いだ, を仰ぎ

▼ 台買っ~ (4, 0.1%)

1 てその, てやる, て後, て持っ

▼ 台~ (4, 0.1%)

2 の洋燈 1 の柵, の絵馬

▼ 台頼ん~ (4, 0.1%)

2 でもらう 1 でおくれ, で来

▼ 台あっ~ (3, 0.0%)

1 ていずれ, てもう, て椅子

▼ 台あった~ (3, 0.0%)

2 のを 1 のでともかく

▼ 台ごと~ (3, 0.0%)

1 にきまった, にどこ, ひっくりかえしたり

▼ 台じり~ (3, 0.0%)

2 を返し 1 をさかさ

▼ 台だけを~ (3, 0.0%)

1 アイヌは, 残して, 結んだ紐

▼ 台だって~ (3, 0.0%)

1 みあたりそう, 作り上げられませんよ, 満足じゃ

▼ 台だの~ (3, 0.0%)

1 他人の, 古雑誌, 持場だの

▼ 台とか~ (3, 0.0%)

1 位牌だ, 我国の, 鉄の

▼ 台とで~ (3, 0.0%)

1 ほとんど一ぱい, 二三ヶ月住んだ, 楽々と

▼ 台などが~ (3, 0.0%)

1 ささげられた, 並んで, 沢山に

▼ 台などの~ (3, 0.0%)

1 下に, 品々を, 据えつけに

▼ 台などは~ (3, 0.0%)

1 すぐ民衆, ちゃんとし, 多少その

▼ 台なども~ (3, 0.0%)

1 なしに, 置かれて, 脚は

▼ 台などを~ (3, 0.0%)

1 一両日払わざる, 提げながら, 発見した

▼ 台なる~ (3, 0.0%)

1 かの座敷牢, 伯爵夫人は, 茶枳尼天の

▼ 台にて~ (3, 0.0%)

1 哀げに, 殺せし大, 語り合えるを

▼ 台~ (3, 0.0%)

2 宮の 1 待つて

▼ 台のうへに~ (3, 0.0%)

1 立たされたやう, 紙袋を, 足を

▼ 台ふき~ (3, 0.0%)

1 にはどこ, のため, の置き場

▼ 台また~ (3, 0.0%)

1 一台つごう, 厳として, 米国が

▼ 台までも~ (3, 0.0%)

1 下りず突, 下りず突っ, 揺がしさ

▼ 台みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な小屋, な棚

▼ 台やら~ (3, 0.0%)

1 お花立, 機械やらを, 鳩売る

▼ 台よりも~ (3, 0.0%)

1 すこし高く, もっと以上, 今さし迫った

▼ 台らしい~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものに, 物やら

▼ 台を以て~ (3, 0.0%)

1 ようやく全部, 地方官の, 配達する

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 傾斜ヲヤ, 時間ガ来タコトヲ知ラセニ来タノデ颯子ハ一層, 殺される

▼ 台三台~ (3, 0.0%)

1 と同様, と続い, と通る

▼ 台並べ~ (3, 0.0%)

1 てあり, てある, て通っ

▼ 台取締~ (3, 0.0%)

1 がこう, の声, の棒

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 の三種, の封爵, の戚族

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 だけがやがて, の数, は放送

▼ 台~ (3, 0.0%)

2 の駒 1 の三味線

▼ 台来た~ (3, 0.0%)

1 けれども奥さん, タクシーの, 自動車を

▼ 台殿~ (3, 0.0%)

1 に召見, の御, は車

▼ 台火斗~ (3, 0.0%)

1 は二, を作る, を買

▼ 台用意~ (3, 0.0%)

1 されて, しこれ, して

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 が落ち, へ指, へ障っ

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 は多く, を売っ, を拵える

▼ 台自転車~ (3, 0.0%)

1 が一個, に二人, をもっ

▼ 台至急~ (3, 0.0%)

2 ここまで 1 バルテモア車庫へ

▼ 台貸し~ (3, 0.0%)

1 てあげよう, てもらった, て呉れ

▼ 台輿~ (3, 0.0%)

1 で渡った, は駕籠, または肩クマ

▼ 台近く~ (3, 0.0%)

1 にある, もあろう, 並んで

▼ 台連結~ (3, 0.0%)

1 だ, でどっち, というの

▼ 台附電灯~ (3, 0.0%)

1 のむこう, のスイッチ, の光

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 に謹慎中, は上, は即

▼ 台飛ん~ (3, 0.0%)

2 で来れ 1 で来

▼ 台~ (3, 0.0%)

1 から突き出され, をしょっ, を張っ

▼ 台あたり~ (2, 0.0%)

1 か或いは, の屋根

▼ 台うち~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の前

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 まわりが, 頼みします

▼ 台お呼び~ (2, 0.0%)

2 下さい

▼ 台ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 若い人たち

▼ 台さま~ (2, 0.0%)

1 が欠け, を残し

▼ 台じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないん, 窮屈だ

▼ 台ずつの~ (2, 0.0%)

1 ロケットを, 軽い小板

▼ 台たのむ~ (2, 0.0%)

1 といったの, 事に

▼ 台だけは~ (2, 0.0%)

1 まだかなり新しかっ, 免れたけれど

▼ 台つき~ (2, 0.0%)

1 で廻転, の遠目金

▼ 台つづい~ (2, 0.0%)

1 てまた, て通った

▼ 台つらね~ (2, 0.0%)

1 てドライブ, て出発

▼ 台であり~ (2, 0.0%)

1 乍ら亡き, 帝国とは

▼ 台でございます~ (2, 0.0%)

1 かと聞き返される, よやれ

▼ 台です~ (2, 0.0%)

1 からね, よ

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 のだ, ので既に

▼ 台において~ (2, 0.0%)

1 また床, 花の

▼ 台にの~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, ぼつて

▼ 台にまで~ (2, 0.0%)

1 上らなければ, 落ちて

▼ 台に対し~ (2, 0.0%)

1 こっちは, さしうつむくまで

▼ 台のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 台までを~ (2, 0.0%)

2 災いした

▼ 台やっと~ (2, 0.0%)

1 通る細道, 駒込の

▼ 台七台~ (2, 0.0%)

1 ないし十余台, 乃至十余台

▼ 台上台下~ (2, 0.0%)

1 にみち, の千杯万杯

▼ 台下り~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 台二台~ (2, 0.0%)

1 とへっ, の程度

▼ 台人待ち顔~ (2, 0.0%)

1 に停車, に止っ

▼ 台仕立て~ (2, 0.0%)

2 て行つたの

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 の杯, 大筏

▼ 台以上~ (2, 0.0%)

1 の格, も並ん

▼ 台八車~ (2, 0.0%)

1 に箪笥, に雉子

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 て行く, て赤坂芸者

▼ 台出動~ (2, 0.0%)

1 させること, の準備中

▼ 台及び~ (2, 0.0%)

1 主馬頭者勒瑪ほか参謀侍衛ら多勢, 空中給油機六台より

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 におりかけ, へ下りよう

▼ 台命ニ~ (2, 0.0%)

2 依ツテ由比ヶ浜ニ棄テシム

▼ 台唐臼~ (2, 0.0%)

1 の蹈台, を下り

▼ 台宗問目二十七条~ (2, 0.0%)

1 を呈し, を撰

▼ 台山下~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, までたどりついた

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 からすれ, の上

▼ 台待機~ (2, 0.0%)

1 させ大手町側, して

▼ 台従業員~ (2, 0.0%)

2 は主人

▼ 台徳院廟~ (2, 0.0%)

1 が建造, の方

▼ 台拭巾~ (2, 0.0%)

1 でそこら, をかけ

▼ 台攻撃~ (2, 0.0%)

1 の故智, の際

▼ 台放置~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 台新調~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 台木戸口忍~ (2, 0.0%)

1 返なぞ, 返なぞ云

▼ 台止まっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 台波上茫茫~ (2, 0.0%)

2 看不

▼ 台~ (2, 0.0%)

2 としては幾分

▼ 台町馬場~ (2, 0.0%)

1 の芝草燃, へ行きついた

▼ 台疾走~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 台目ごと~ (2, 0.0%)

1 に一人, に目立っ

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 あった, あつた

▼ 台立往生~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 台立派~ (2, 0.0%)

1 な盗賊, な高級自動車

▼ 台美奈子達~ (2, 0.0%)

2 の一行

▼ 台自動車~ (2, 0.0%)

1 がやって来た, を買っ

▼ 台花火~ (2, 0.0%)

1 などをあげ, のいろいろ

▼ 台見送っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て再び

▼ 台購入~ (2, 0.0%)

1 した, し郷里

▼ 台走っ~ (2, 0.0%)

2 て行った

▼ 台通った~ (2, 0.0%)

2 きりで

▼ 台通れる~ (2, 0.0%)

1 幅だつた, 道だ

▼ 台~ (2, 0.0%)

2 を塞い

▼ 台附コップ~ (2, 0.0%)

1 だの封蝋, へ赤葡萄酒

▼ 台~ (2, 0.0%)

1 に水, を残る

▼1* [621件]

つて数人の, 台あいたよ, 台あつた, 台あつらえてわざわざ, 台あまりの神輿, 台ありましたの, 台ありゃ誰にでも, 台いくらすると, 台いにしへの卑弥乎, 台いるのです, 台うず高く米俵, 台おくられたことが, 台おんなかしまし, 台かぎりかと思っ, 台かざられてあった, 台かなりゆるい速度, 台からからと門, 台からのロケットから, 台からも見えるの, 台がら空きのバス, 台てどこ, 台きりのバス, 台ぎれに使用, 台ぎれのみえているところや下絵の墨絵, 台くらゐづつもとほるのが, 台くらいは落ちるよう, 台くらいまで開墾した, 台ぐらいしかない, 台はした, 台ここへ呼ん, 台こそもっともふさわしい, 台こちらを向い, 台ことに五トンという, 台この料理店の, 台これらはみな借金取り, 台しに, 台ごと横へすべっ, 台さえもてあまし気味, 台さえも捨てたという, 台さげた儘急ぎ足に, 台さることながら, 台しばらくは引き, 台しめ縄餅箱を買う, 台じゅうが欲, 台すえてあった, 台すえつけたこれから準備, 台すくすくとある上, 台すぐよこして, 台すなわち寝床の, 台すらないの, 台するものは, 台すれ違って通った, 台そういう建物が, 台そのものも一つ, 台その他の什器購入費, 台そびえ弁天島小瀬戸を, 台我の, 台たのんでくれ, 台たむろして, 台たるコルコバド山上に, 台や窮屈, 台つきカップを差し, 台つきコップ匙などしまっ, 台つくんだ, 台つくったら君にも, 台つけた汽車を, 台つごう四台の, 台つづくとそれからまた, 台つながって横道, 台づつ通つて行つた, 台であって鹿, 台であり生きた航路案内者と, 台でおさめようとした, 台でござるか, 台での展望を, 台といへる処, 台といったような, 台とかのトラックを, 台ところによっては二台, 台としか思えないじゃ, 台とともにしゃがみ剣, 台とに注意を, 台ともしてあります, 台と共に立てられ鳳鳳, 台どうで, 台どころ道具などを初め, 台どっかへ滑っ, 台ないかねえ, 台ないし十余台も, 台なきは虫, 台なぞを置いて, 台なにも乗っ, 台なら我も, 台なり分娩台なりを, 台なりを到底肉眼, 台なんかへ時々登る, 台なんぞあてに, 台なんぞもない, 台につき半ば眼瞼を, 台になつて横た, 台にもと思ひ五寸, 台によって大きな帳簿, 台によりかかったまま身動き, 台ぬけだし十字路を, 台のうへのささやかな, 台のこらず海底に, 台のみが残った, 台のみに脚が, 台のよこから, 台のりおくれても正しい, 台のろのろ伸子たちの, 台はるか高いところ, 台ばかりが飛んで, 台ばかりになって, 台ばかりも鏡台が, 台ひっぱって来, 台ひどく汚れたまま, 台ひろってきた, 台ぶち毀して, 台ぶんのピース, 台へでもよいから, 台へまで追い上げること, 台へも上れるし, 台ほしいんだ, 台ほどもずらりと並べ, 台まいら戸お客が, 台またの名を銀流し, 台または三台ずつの, 台まってやっと, 台まつ直に向う, 台までがその晩, 台までは人家が, 台まるで王者の, 台むかひ山などにも, 台むこう側に, 台の馬車, 台もう一度僕の, 台もちこんでいる, 台もとまっています, 台もやい一銚子の相伴, 台やとって道路, 台やり過した次の, 台ゆるゆる走って, 台ゆれてくる, 台心をば, 台ようやくにし, 台よこすように, 台わざわざわたしの, 台わずか五千円, 台わたくしもやっと, 台をかふやう, 台をにぎつてゐました, 台をも勤めて, 台オープンにした, 台ガラ専門の乞食, 台ガ杯盤狼藉ト取リ, 台キャメラマン社会部の人, 台グライカラダガ近頃殊ニ甚シクナッタ, 台ゴブが二, 台サイドカー附自働自転車一台, 台ジュアンヌの机, 台ジープが待っ, 台タクシーがふっとんだ, 台トラクターが運転, 台トラックポンプエレヴェイター起重機各五千, 台ト滑車ヲ作ラセ, 台寝テ頸, 台ニハ佐々木看護婦ガ寝ルコトニナッタ, 台ニ三人予ヲ囲ン, 台ニ四人婆サン五子陸子浄吉ノ四人ガ乗ッタ, 台正ニ雲外ニ, 台バカリだったが, 台パンクした時, 台ピアノでは映らない, 台ベルの吊られた, 台ペン入れなど売っ, 台ホテルといふの, 台ポールの向き, 台ヨードをとる, 台ラムネ屋の屋体, 台ワイシャツの前, 台ワツシヨワツシヨとかつがれ, 台左右ニ列シテ玉龍ト金鳳トアリ, 台一ツ火鉢本箱でおしまい, 台一列になっ, 台一列縦隊にならん, 台一叢の木蔭, 台一口とする, 台一台どっかへ滑っ, 台一回について人夫賃, 台一回一円五十銭三十回で四十五円, 台一式の御用, 台一念一向, 台一日六十三軒のレコード, 台一枚で女人, 台七世の孫延興王, 台七星門方面は右脇大将張世爵以下, 台三円案内者へは一人二十銭宛, 台三十一番街に滑りこんだ, 台三十台と列, 台三十歳台の若者たち, 台三台トラックがき, 台上海の空, 台上目黒の富士, 台がある, 台並んだいちばん前の, 台中一台だけが正常, 台中古を見つけ, 台中在住の内地人官民, 台中屠蘇の方, 台中州庁では水越知事, 台中州知事とは埔里, 台中州知事水越幸一は蕃情, 台中師範に学び, 台中法院より竹井検察官, 台中港へ着き, 台中継台となり, 台乃至十余台も, 台乗りおろして, 台乗り捨てて眺め, 台亀ヶ谷の急, 台二万円はかかる, 台二列に対, 台二十台三十台と列, 台二千何百の教会, 台二台三台トラックがき, 台云いつけるお延, 台五台と駈け出し, 台五台疾走して, 台五台群衆を押, 台五郎といふ庄家, 台井戸端のところ, 台交通規則を無視, 台もなく, 台人力車を聯, 台の筑後, 台今方佐藤の逃げ迷つて, 台仕入れて来る, 台仕立てる身分の, 台席他郷送, 台付きの箱, 台付コップを拵ら, 台代りがミカン箱, 台以外には何, 台以後は非常, 台休んでいた, 台の損傷, 台の重, 台作られたきりであっ, 台使っている, 台の大きな, 台供待ちをし, 台供物台等は多く, 台俊一は日本プロレタリア文化連盟, 台を連ね, 台借りだしたのです, 台借りるのも, 台借り切ってフェアバンクス, 台停まったまま動き, 台偵察機三十台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 台傘立傘恋風に, 台備えてあった, 台傭ってその, 台のタクシイ, 台先生と云われる, 台光つてゐた, 台入ったよ車, 台入れたよ, 台八百斤宛の重量, 台の如き, 台六十円の貸切り, 台また敬太郎, 台其等のもの, 台内庭へ入っ, 台内監察に任じた, 台処じゅう荒れ狂って, 台処仕事をし, 台処働きの小僧, 台処家じゅうに罵声, 台出すわけにゃ, 台出来ていよう, 台にお, 台を作つて, 台列なりそれぞれ逞しく, 台のトラック, 台到着した, 台に出る, 台前後して, 台前方から押寄せる, 台剣戦争および事変, 台創案者ギヨタン氏は仁者, 台北の方から此村, 台千円などという法外, 台千円位で買える, 台千畳敷の広間, 台南市の駅前, 台博士の握る, 台を孵, 台つぱのまん中, 台一台と, 台取つて見る, 台取りよせたもの, 台取締人の顔, 台へ旅立たれる, 台右舷のすぐ, 台合計九十台を以てようやく, 台合計四十八機よりなる, 台刑台耳切りの, 台君本をもっ, 台吠えるような, 台呼びよせたと話し, 台呼び止め彼の, 台呼んで来, 台員一同はお, 台哲別らがロシア, 台問有て但し, 台囃子の音, 台四十歳台で一, 台四台しばらくは, 台四明の峰, 台四番目と云つた順序, 台四頭の毛, 台囲み荏原屋敷の, 台探見記, 台国道をこっち, 台地響を打たし, 台を登らう, 台を捲きあげ, 台基廠の杉氏方, 台場銭の端, 台増して獅子舞, 台売ったりすれ, 台売四名花売二名合計六十九名だったの, 台夕日詠めしかつ, 台多くて七八台, 台に驕った, 台大トラックが止っ, 台大型オープンの自動車, 台大至急でここ, 台奈良朝時代の雅楽衣裳, 台奏す文曲星帝座を, 台奥深い辺りには, 台を嫌っ, 台女御のが五台, 台という意味, 台寂しい彼の, 台寄贈して, 台の者, 台寝台がはいり, 台察児半弓を引っ提げ, 台察児参謀らを促し, 台察児参謀官人ら居並び背後, 台察児露台の上手, 台に詣でる, 台寺内の虎子石, 台対する海は, 台小倉の緒, 台小姓巴剌帖木その他参謀等多勢厳しき武装, 台合わした車, 台居ったもんな, 台屋台を乗せ, 台屏風などをその, 台山荘に入る, 台山麓の地, 台山麓五台山荘に入る, 台州有人と, 台州福州を股, 台州開元寺僧思託, 台工築に着手, 台布巾を持っ, 台の懐旧談, 台帰って来ます, 台幅一杯になっ, 台のやぶれた, 台幌型フォードがあった, 台平均瓦斯エンヂンを作り上げる, 台幾年にもついぞ, 台の民林三, 台廉売の広告, 台建築の遺物, 台続いて, 台引きに出し, 台引き請けて同じ, 台引張って来た, 台して, 台弾き物吹き, 台当りその頃, 台当り二十五円の補助, 台当時野戦病院にし, 台の違った, 台彼方から全, 台待つことに, 台後ろ向きに止まっ, 台使を, 台徳公の面影, 台徳院本殿内に安置, 台徳院殿の治世, 台徳院殿さまの御霊屋, 台徳院殿様すなわち前, 台徳院秀忠公からご, 台徳院造営時代はかよう, 台忘れられたように, 台にと云っ, 台恋人愛児畑柳家財産唇のない, 台に反対, 台戦前の四十倍, 台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 台手術台とちがう, 台拍子宮神楽双盤駅路山颪浪音そこへ噺, 台持つて洋裁やつ, 台挿箱大鳥毛供奴まことに立派, 台捕獲して, 台据えてあった, 台揺り上げ揺り下げして走っ, 台擦れに肩, 台攻撃機十五台偵察機三十台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 台攻撃機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 台整列しおりしも, 台敷き物は, 台新しい農具の, 台方寸のカメラ, 台の人, 台旋盤等を据え付ける, 台日本銀行前なる常盤橋その他数箇所, 台譜, 台旧式の手刷り, 台明石夫人に属した, 台のこと, 台の座席, 台曲尺に隅, 台曳いていっ, 台曳き込むであつて車の, 台曳く人も, 台に提灯, 台早くよこし, 台朦朧と寂しく, 台木戸口忍返しなぞいふ, 台木馬棚幅飛び棒, 台材木を引いた, 台条約は解消, 台来るのが, 台に祖国ポーランド, 台の石段, 台の縁, 台柩馬車がいた, 台の上, 台梶棒の根もと, 台と瓦葺き, 台椅子四脚香炉と燭台一対, 台植物園等を巡覧, 台にならん, 台横丁へはいった, 台が客待ち, 台機械体操射撃場名前は忘れた, 台次ぎつぎに, 台欲しいね, 台を一つ, 台止っている, 台止まつてゐた, 台止めてあります, 台正道信士と刻, 台正門をすべりこん, 台武士のお歴々, 台残っている, 台残ったトラックには, 台殖やす積りで, 台母衣を懸けた, 台を上げ, 台治荘の滕県城, 台法華坂などに迫った, 台洋灯の下, 台洗面器水差というよう, 台浚泥機百台トラックポンプエレヴェイター起重機各五千, 台浴衣の洗濯, 台を見下ろした, 台海潯を環らす, 台消毒のため, 台淋しい広場に, 台炭坑がある, 台等肩, 台無事に通れあ, 台煉瓦塀の外, 台片方のタイヤ, 台牛天神牛込赤城神社谷中白金高輪台あたりか或いは, 台が運ばれる, 台狭苦しい座敷に, 台献納しようと, 台のやう, 台玄関の横, 台球キユウチヨウクお客の人柄, 台とも思わず, 台泉堡この, 台産霊の字面, 台町あたりの下宿屋街, 台町一カ所は方面違い, 台町下を流れし, 台留っていた, 台登ろうとしては辷っ, 台白山の奥, 台百姓一人に逢う, 台盛んに取り毀した, 台目のに乗り, 台省官府の制, 台眺望はすばらしい, 台着物かけタオル, 台石製作の任, 台硝子器類など一応, 台磨碓を薦, 台積みこんであった, 台の荷橇, 台笠立傘挟箱用長持引馬までが動揺, 台とお菜, 台米国から取り寄せた, 台紛失して, 台細引だの滑車, 台給油機六台攻撃機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 台続いて横切る, 台編隊でゆうゆう, 台練習は以前, 台がわ, 台置かれてあった, 台置くのと, 台群衆を押, 台をやすめ, 台考案の医者, 台耕地の間, 台耳切りの刑, 台に達した, 台背後に酒壜, 台やかな幌, 台花瓶を並列, 台花瓶油壺などの写生, 台茶色のピアノ, 台荷物をつんだ, 台衙門のある, 台衝立の三点, 台衣桁下駄箱えもん竹, 台についた, 台裂刑車火刑台吊刑台, 台裂地その他の諸, 台装置のまん中, 台装飾的に据え, 台裏門を出, 台覆いパーヴェル・パヴロヴィッチの下着, 台見たいなところで, 台見つけたので遠く, 台見付けて其, 台記別記に記入, 台記康治五年四月十四日の條, 台註文して, 台なるもの, 台詩人プーシキンの雪, 台読心術交霊術結晶凝視等々の降, 台警官をいっぱい, 台警察自動車が三台, 台豊島園へ, 台ひ込んで, 台買うには五百円, 台買えるつもりです, 台買ふためには色々, 台買切ってねり歩くらしかった, 台貸切自動車が玄関, 台購い長袖の, 台購ってあった, 台走り込んで来, 台のついた, 台足りないのでつい, 台に上っ, 台路上へ置い, 台踏みつぶしたそうである, 台車輪一杯の狭い, 台転がっている, 台軸花いけなど, 台辻馬車が停っ, 台一人で, 台迄も作るという, 台近づいて来た, 台追っかけてきた, 台つた, 台通って行った, 台通らないのです, 台通り過ぎたりした, 台通るか正確, 台通過したか, 台って疾走, 台進上仕候, 台道夫の家, 台部屋の隅, 台野原では塚, 台でもっ, 台の底, 台鍍金の銀眼鏡, 台の縁, 台鏡台長火鉢三味線掛などの据置, 台長く有情郎に, 台長さんを紹介, 台長範とゴリラ, 台附洋杯だの金, 台院様御病中出精相勤候, 台院殿信誉自然現成大姉, 台隣村から町, 台雇って新橋, 台雇つて新橋の停車場, 台雲五公居士と号す, 台電車線路を越した, 台霜下り来らし声霧ら, 台静かに並ん, 台飛行機をお, 台食器これらは支那製, 台けて来, 台の附近, 台駅前のカフェ, 台駈けぬけてきた, 台っていた, 台高くても七〇%以下, 台高槻に買っ, 台鵙屋春琴門人明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 台黒く平たく現われた, 台の重