青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「可憐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叫ん~ ~叫んだ 叫んだ~ ~可 可~ 可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~
可憐~
~可能 可能~ ~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~ 史~ ~右 右~

「可憐~」 1253, 14ppm, 8187位

▼ 可憐~ (648, 51.7%)

10 姿を 8 花を 7 花が 6 姿が, 少女の 5 ものに, 娘を, 少女に, 少女を 4 姿に, 娘が, 少女が, 美しさ, 顔を

3 [11件] ふうで, ものが, 女の, 姿でした, 姿は, 娘の, 少女と, 気が, 点は, 白い花, 花である

2 [43件] ことだ, たよりない, ところが, のが, のを, ふうに, ものだ, ものであった, ものを, 乙女が, 人々に, 人であった, 人に, 人の, 人を, 優しい美奈子丈, 動物は, 女性を, 姿で, 姿である, 子供達の, 宣言あるいは, 小動物, 弟を, 心を, 思いを, 感じが, 撫子が, 椅子が, 様子を, 燕の, 真情を, 秋草の, 粘土細工か, 羽を, 脆美, 花の, 草花の, 趣が, 野趣を, 雛罌粟の, 音を, 顔立ち

1 [452件] あでの, あの人, いくつかの, いじらしい死, うしろ姿の, うちに, うちにも, うら寂しいそして, おおよう, おとなしい婢, お便りである, お便りを, お友だち, お喋りを, お嬢さんの, お嬢さんを, お雪ちゃんを, かきつばたの, かしこさ, こととも, この紅い, さうし, さざ波を, さだ子が, さまが, しかし犯し, しかも見惚れる, すがた, すすめに, そしてまだ, その赤い, だけ寂し, とこなつの, ところから, ところの, とだ, どこか, なつかしい死, なつッこい, のである, のと, のは, のも, ばかりのあなた, ひとりの, ひろ子が, ふたり, ほとんど神, ものいじらしい, ものだった, ものとは, ものな, ものにたいする, もの又は, ような, ようにさえ, んでお, アメリカの, エゴイストは, オフィリヤを, シンデレラ, セシル・ボランヂュは, ソプラノを, チャブ台の, チロルの, ニコロは, パウルの, ヒメだろう, ヒメは, ピアノの, ボオイ・ソプラノは, マリア・バシュキルツェフに, モニカ・シユワルツと, ユリである, 一少年ひとりしか, 一生を, 一田舍娘らしい, 一種の, 一筋の, 一面を, 不幸な, 中には, 中国少女を, 丸みを, 乙女に, 乙女や, 乙女心を, 乙女達の, 二十円也と, 二階造の, 互の, 人々よ, 人でありました, 人と, 人とばかり, 人にも, 代物さ甲谷が, 令嬢に, 光明ある, 光景を, 兒童を, 兵士解剖体の, 其の愛, 写真や, 処女だ, 処女の, 動物だ, 匂いを, 十の, 千浪の, 即興詩の, 友を, 口許は, 可愛げ, 同じ口びる, 同時に斃, 名も, 咲耶子の, 品であります, 固有の, 国の, 国民を, 声かな, 声が, 声だ, 声をば, 多根女の, 大和の, 天性の, 夫人を, 失せ物の, 奉公人の, 奥さんの, 女, 女が, 女だった, 女で, 女である, 女でした, 女です, 女は, 女を, 女人図を, 女優の, 女子, 女学生女工の, 女性によって, 女房振りです, 好ましい姿, 妖怪に, 妹, 妹の, 妻が, 妻である, 妻の, 妻は, 妻や, 妻を, 姉弟を, 姫君が, 姫宮の, 姿であった, 姿とともに, 姿の, 姿又, 娘であり, 娘である, 娘でした, 娘です, 娘に, 娘には, 娘のみ, 娘も, 娘ら花の, 嬌態を, 子供たちを, 子熊, 存在は, 孝女の, 孤児に, 学生達の, 宮女時代の, 寂しい目, 實が, 小い体, 小さいもの, 小さい足, 小さい體, 小さな友達, 小さな子供, 小さな花, 小さな若葉, 小作人の, 小供, 小児である, 小児も, 小冠者姿に, 小品的野営地は, 小坊主をさえ, 小夜子は, 小娘の, 小柄な, 小柳雅子が, 小柳雅子の, 小芸術品, 小説である, 小鳥が, 小鳥を, 小鳩, 小鶯, 少女, 少女がた, 少女で, 少女です, 少女に対して, 少女に対する, 少女も, 少女百合江でありました, 少年が, 少年たちが, 少年の, 少年も, 尾を, 山だ, 島の, 弱々しい花, 形である, 役者達が, 彼女は, 彼女を, 御一對, 御曹司と, 微笑に対して, 心から, 心が, 心もちは, 心持は, 心根から, 心残りの, 心臟を, 忠実な, 性情は, 恋が, 恋であり, 恋に, 恋人は, 恋人を, 恋愛を, 息女三名の, 情感が, 情緒的の, 愛くるしいかなしげ, 愛人が, 愛人と, 愛人として, 愛嬌ものは, 感じである, 感じの, 感を, 態度に, 戀愛小説である, 手に, 手を, 振袖を, 捨児の, 揺籠が, 摸索やらが, 新入生を, 旅の, 日本の, 旦那は, 昆虫の, 明朗な, 映像を, 暴君である, 曲に, 最期の, 有様が, 木槿の, 木製の, 未来の, 本当に素, 村娘サントッツァを, 東銀子の, 松の, 梨花が, 様子で, 様式に, 歌である, 歌謡や, 此の, 此唄を, 殆ど神, 母子は, 母親と, 気をも, 気品が, 気持が, 水の, 水色の, 池に, 決心と, 波を, 泣き声を, 涙を, 淋しい風情, 淡黄色, 清女たちが, 清浄無垢な, 清純な, 港です, 無邪気な, 爪を, 狂気が, 王子さま, 理由を, 生の, 生毛, 生涯を, 甲斐, 男が, 異人娘の, 病人に, 白い匂, 白い小さな, 白山小, 百姓どもです, 相手に, 眉を, 眼付は, 瞳の, 瞳を, 穎割葉が, 空想で, 空気の, 空骸だ, 童体だった, 童女の, 笑ひ, 筆法ないし, 精神病患者が, 系図であった, 紅山茶花, 紋白蝶が, 納豆売は, 紫の, 経済観念が, 緋の, 罪人を, 美しい姉妹, 美しい姿, 美しい楼舎, 美しい穢多, 美しい顔, 美人が, 美人に, 美女がまことの, 美少女だった, 美少年, 美少年が, 老爺が, 者に, 耳朶が, 聲が, 聲で, 肉体が, 肩の, 背中に, 能面の, 腕へ, 腿を, 自然に対しても, 自白を, 舞妓の, 色に, 色男は, 芝居である, 花だらう, 花で, 花であった, 花です, 花びらが, 花も, 花園に, 若紫の, 若者の, 草が, 草の, 草花が, 草花をば, 菫の, 萩乃も, 葉子や, 蕾が, 薔薇の, 藪柑子の, 虹を, 蝶々さんは, 螢が, 衣服を, 表情こそ, 表情で, 表情を, 言葉に, 記代子に, 詩句と, 詩情を, 話だ, 赤まま草を, 趣を, 足を, 身構へが, 辻占売の, 返答を, 運命を, 道化者の, 遺子を, 都会の, 都鳥が, 野生の, 野百合の, 野草に, 鈴子が, 鉄砲百合が, 長崎が, 雌鳩の, 露子は, 青年の, 青年を, 顎を, 顏も, 顔だろう, 顔で, 顔では, 願いを, 風が, 風姿とは, 風情が, 風情で, 風情を, 風景畫が, 首すじを, 馬鹿者だらう, 驚き方を, 高利貸の, 魂は, 魚の, 鹿を, 麗人を, 黒い瞳, 黒百合も, 龍胆の

▼ 可憐なる~ (93, 7.4%)

3 日出雄少年は 2 一つの, 少女の, 彼の, 日本的自然の, 薔薇の

1 [80件] ことそれは, この少女, その小さい, ものです, ものを, エミリー嬢が, エレーンは, オチョボも, シューベルトよ, ヒルミ夫人は, マリアの, ミンナよ, ロボットが, ヴァイオリンの, 人々よ, 人凛冽たる, 人間の, 佳人を, 君よ, 哉, 唯一の, 多くの, 夢幻の, 大菩薩峠の, 女給それに, 女詩人を, 妹お, 妻は, 妻を, 姪御, 子爵夫人を, 子雀八羽潜み居つ, 存在物, 孝女を, 孤児に対して, 家族図なども, 家族圖なども, 家畜の, 小動物, 小夜子は, 少女とが, 少女にとっては, 少女ネルリの, 少年と, 少年の, 帽子は, 年少の, 彦七の, 彼ら, 心情を, 意気地なき, 日出雄少年等と, 有明節も, 未開花, 梨花と, 武者と, 江戸仕込みの, 状ぞ, 率直さ及び, 産業戦士晴れの, 疲労せる, 瞳より, 秘かの, 米友は, 糸子の, 美しさ, 老王, 者を, 自由である, 良民を, 苦勞の, 英雄です, 萩乃を, 被害者を, 要素を, 銃口を, 防空監視哨は, 風情が, 高山蝶を, 高根薔薇の

▼ 可憐~ (82, 6.5%)

3 鳩を 2 娘さんが

1 [77件] あさ子が, ものじゃ, ものなり, ものを, わが双馬, ポーラに対する, 一少女が, 一少年が, 一少年呉一郎その他の, 乙女は, 仔鹿怖, 光を, 児童に, 児童も, 兒女教育の, 勇士思ひやり, 友江さんも, 唇を, 夫人のけ, 女よと, 女児を, 女子の, 好老爺, 妻, 妻が, 姿は, 姿を, 娘さんであった, 娘を, 嬢が, 子とを, 子を, 子供たちを, 子息らに, 孤囚なりき, 宝玉も, 家畜惱む如精を, 小児, 小羊, 少女で, 少女である, 少女に, 少女是より, 少年, 少年である, 少年も, 幻影は, 弁を, 念むらむら, 恋人が, 情趣を, 愛国心が, 日出雄少年との, 燕朝近く悲しき, 犬なる, 獲物を, 男よ, 第二, 美少年が, 群が, 群の, 群は, 群を, 至りと, 舞姫と, 花が, 花の, 話を, 貞女の, 貴族を, 趣を, 跡を, 限りを, 雲雀が, 風景を, 鳩は, 鳩一羽

▼ 可憐~ (76, 6.1%)

3 思われた, 見えた 2 して, 寂しく, 思った, 思って, 緊張し, 震えて

1 [58件] いっそう処, うつり嬉し, うつ伏しながら, お思い, お思われ, させたかを, たたかって, なったの, なつかしく感じさせる, みえた, 咲いて, 咲いてる山吹, 堪えないよう, 堪えぬ万斛, 堪へられず, 媚びを, 宮は, 小さい靴, 小さく二十三, 床しく最, 微風に, 思いまた, 思い出されて, 思い汝たち, 思い起させる条件, 思はれたり, 思はれて, 思ひ汝達, 思われたの, 思われた小柄, 思われて, 思われる点, 思召され, 揺れるあの, 映った, 枕から, 点彩した, 片手を, 現実の, 男の, 眼に, 粗末な, 素直に, 縹渺として, 美しく見せた, 聞いた, 花開こうと, 見えたから, 見えるかも, 見える恰好, 見え品, 見て, 見ゆる, 言って, 誇示し, 赤くなさった, 身悶えする, 飛んで

▼ 可憐~ (56, 4.5%)

3 あつた 2 さうし, はない, 楚々として, 繊細な

1 [45件] いいで, いかにも楽し, いたいたしいふう, おおように, こまごまと, これを, これ以上の, さえあった, そして世間的, たいそうなお, たまらないよう, なにか積極的, はなく, はなやかで, やさしい美少年四郎, よろしい, 優しくて, 内氣, 叔父として, 可憐でならなく思われた, 女らしく母, 娘らしく, 小仏中, 幾分の, 快活な, 恐ろしくない, 柔和で, 正直で, 気高く温容, 浮気の, 清楚であった, 清楚な, 無邪気な, 痛々しくて, 素朴な, 美しいもの, 美しい点, 美しかった, 肉身とより, 色が, 貴重品の, 面白いには, 頬の, 高い気品, 髪が

▼ 可憐~ (45, 3.6%)

3 に奇麗 2 うだと, うなれど, であろう

1 [36件] があった, がふと, が不足, が僕たち, が十分, が御, そして野性そのもの, でもの, というもの, とを含ん, とを書いた, と少し, と弱々し, などの情緒, にしとどほお, にみな, に傾い, に堪へかね, に源氏, に魅惑, のある, の添った, もございます, もない, よりも実質的, をたのしんだ, をイマジスチック, を増す, を失い, を彼自身, を忘れる, を私, を自分, を自覚, を覚えた, を訴

▼ 可憐しい~ (23, 1.8%)

2 ものを

1 [21件] お心根, が餓死, じゃない, ともいい, と思っ, のは, ものか, ものが, ものと, ものに, 和子が, 和子たちや, 女童どもの, 妹, 姿が, 姿に, 心持で, 気もちは, 気持が, 池に, 領民な

▼ 可憐~ (21, 1.7%)

3 さに, そうに 2 さよ

1 [13件] くも妬ましく, くも感謝に, さだ, さだった, さには, さにも, さは, さや, さよと, さ情ふかき, と思う, と思へる, と謂

▼ 可憐そう~ (20, 1.6%)

2 だから, だと, なこった, なこと

1 [12件] だ, だって, だとか, でならない, というの, なこった可憐そう, なもの, な体重, な男, にお前, に思つて撃, も糞

▼ 可憐~ (10, 0.8%)

1 いうの, いうよりは, いえば, いつても, いふよりは, いへば, 云ふ, 思える隣家, 思つて十分決心し, 見て

▼ 可憐~ (9, 0.7%)

1 がしかし, が困った, けれども無益, つたとの, とかいう以上, として小鳥, とのみ見, と思, よ

▼ 可憐である~ (9, 0.7%)

1 かその, かという, ためか, といふほか, とかいう評価, とも源氏, にもせよ, のを, ばかりである

▼ 可憐にも~ (9, 0.7%)

1 いたずらいたずらしく見せた, 何かを, 当時の, 思いその, 思われて, 瑞々しく盛, 私の, 見えて, 見え美しく

▼ 可憐~ (7, 0.6%)

3 なつて 1 て情なかっ, なつて來, 可愛い, 己より

▼ 可憐らしい~ (7, 0.6%)

1 とかげの, と武蔵, 女隠居, 心地が, 愛度気ない, 花その, 遊びようを

▼ 可憐であった~ (6, 0.5%)

1 あの可愛い, あの姿, からこれ, と源氏, 中の, 源氏は

▼ 可憐そのもの~ (5, 0.4%)

2 である, のよう 1 のやう

▼ 可憐であり~ (5, 0.4%)

2 時として厳粛 1 初々しいの, 美麗である, 脆弱であり

▼ 可憐らしく~ (5, 0.4%)

1 あどけなく聞える, てならなかった, わしを, 亡き御, 小さい小坊主

▼ 可憐~ (4, 0.3%)

1 宮が, 宮を, 彼の, 束髪の

▼ 可憐です~ (4, 0.3%)

1 が一種, が物言, けれど泳ぎ, よ

▼ 可憐でも~ (4, 0.3%)

2 あった 1 あつた, ある

▼ 可憐という~ (4, 0.3%)

1 印象に, 字を, 形容が, 柄では

▼ 可憐~ (4, 0.3%)

1 であったもの, と呼ぶ, なりきと, は如何

▼ 可憐しく~ (3, 0.2%)

1 いじらしくなっ, そして不愍, てならなくなった

▼ 可憐とも~ (3, 0.2%)

1 云ふべき, 悲壮とも, 美しいとも

▼ 可憐~ (3, 0.2%)

1 か, ゴクリと, 艶麗な

▼ 可憐らし~ (3, 0.2%)

1 げに見下ろした, さの, さ不愍さ

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 ものなら, 妹を

▼ 可憐きわまり~ (2, 0.2%)

1 なかった, なき美少女

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 な子供たち, な自分

▼ 可憐しき姿~ (2, 0.2%)

2 を空しく

▼ 可憐しくもなっ~ (2, 0.2%)

1 て, てその

▼ 可憐だった~ (2, 0.2%)

1 からであろう, のでその

▼ 可憐ない~ (2, 0.2%)

1 ぢらしい, わつばめ

▼ 可憐などと~ (2, 0.2%)

1 二十六歳の, 謂って

▼ 可憐ななまめき~ (2, 0.2%)

2 がちらつく

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 即ちあの, 取消そう二人

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 まして, 極めて

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 に富ん, を覚

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

1 な婦人, に涙

▼ 可憐~ (2, 0.2%)

2 管清に

▼1* [57件]

可憐いと思うよう, 可憐がる者は, 可憐く思われる時も, 可憐さうなは信太郎, 可憐さ狡猾さ奸智無邪気さあらゆる強烈, 可憐さ衆愚性その夢, 可憐さ鮮やかな性格, 可憐しがったが政子, 可憐しきお人, 可憐しくなって, 可憐しくも囚われの, 可憐しく思えてならなかった, 可憐しく思ったのです, 可憐しく見せていた, 可憐じゃないですか, 可憐であって平生以上, 可憐であろうとはほんとに, 可憐でしょうねえ, 可憐でたうてい, 可憐でないことも, 可憐でならなく思われた女として, 可憐でみじろぎの音, 可憐で堪らなさうに頬を, 可憐とはどういう意味, 可憐なたくらみを持っ, 可憐なりとの情, 可憐な光りではあの, 可憐な散り菊が, 可憐な泣き方な, 可憐な澄んだ音を, 可憐な見てい, 可憐な鳴声を, 可憐にばかりお思われ, 可憐まれて自分, 可憐いろいろと, 可憐らしきを見る, 可憐モノ, 可憐一点の翠黛, 可憐児二十歳に満たざる, 可憐処属征入, 可憐初心という平俗, 可憐千万であり当事者以外, 可憐可悲の歴史たる, 可憐到街頭, 可憐とも見ゆるなら, 可憐小女去邀賓, 可憐婉なる, 可憐半不還, 可憐椿姫マルグリツトの幽愁, 可憐なところ, 可憐夜雨, 可憐無邪気の恋物語, 可憐だと, 可憐美麗真実なる何物, 可憐至極なる少年, 可憐陰惨また奇妙, 可憐黄花石楠の清楚