青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叫んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん 叫ん~ ~叫んだ
叫んだ~
~可 可~ 可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~ 可憐~ ~可能 可能~

「叫んだ~」 1225, 13ppm, 8353位

▼ 叫んだ~ (284, 23.2%)

35 である 29 です 13 であった 119 だった 7 でした 5 では, はその 43 であるから

2 [17件] だったが, だつた, だと, であったが, であります, であるが, ですが, と同時, には一同, はおまえら, はた, は今, は窓, は誰, も嘘, も自身, をきっかけ

1 [129件] か, かわからない, かわからなかった, かわからなかつた, か何, か自分, がかの, がまた, がキッカケ, が先, が先刻, が声, が最初, が梅田, が蛙, ださうだが, だろう, だろう声, であったから, でありながら, でありました, であろう, でございました, でございます, ですから, ですけれども, で御座います, と, といっしょ, と同じ, と殆ど, と百城, はあたりまえ, はあながち, はおま, はかねがね, はけっして, はけったい, はこの, はすべて, はたしかに, はちょうど, はまぎれ, はまさに当然, はもうこ, はギッシリ, はトク, はマドロス, はモール博士, は万吉, は三吉, は三郎, は中谷助役, は主, は主馬之進, は九郎, は些, は何, は何事, は余人, は刀下, は切り込ん, は劉夫人, は加島欽哉, は勘八, は吃り, は同じ, は和三郎, は四十がらみ, は大江山捜査課長, は天津飛行士, は娘, は子供, は客席, は實, は小山ミチミ, は小次郎, は川上機関大尉, は帆村, は帆村荘六, は怪塔王, は恋慕, は懷かし, は昨年航空隊, は望楼, は机博士, は杉田, は松島, は椋島技師, は槌主, は樫, は武藤氏, は水, は瀬田, は犯人, は矢張社説記者ポトリヤソウスキイ, は秦野屋, は算定器, は紋十郎, は縄, は蟒, は襟, は覆面, は貴族軍, は針屋, は隊長, は集五郎, は音楽, は髪, もいた, もこの, もその, もまた, ももとより, も勢余つて, も当然, も無理, も突嗟, も覚際, も道理, やら思わず, らしい, を, を留守番, を耳, を聞い, を聞きました, を聞く, を見る

▼ 叫んだ~ (189, 15.4%)

5 すぐに, その声 3 彼は, 誰も 2 その時以来, その瞬間, それは, もうその, もう遅かっ, 一瞬の, 声が, 自分を, 返事が

1 [155件] あッ気, いつぞやの, いまさら止まる, うんも, おそらく電話, お葉, この時, これは, さて誰, しばらくし, すぐ, すぐ一撃, すぐ堂, すぐ考えこん, すぐ語気, すべての, そこで初めて, そこには, そこは, そのとき, そのままぐるりと, そのまま右門, そのまま速力, そのまま風, その三位卿, その叫び, その姿, その実, その後で, その時意外, その時汽車, その牢人, その膚, その返事, それが, それでも笑, それと, それに, ただちに拷問, つぎの, どういうもの, どうする, どうやらそれ, なお血, なんとなくヒステリック, はっと気, ふと彼, まずこの, またすぐ, またひどく, まだ暗い, まるで, まるで自分, むろん通ずる, もうおそい, もうどうにもなりません, もう半兵衛, もう取り返し, もう声, もう師匠, もう後, もう遅い, もはや姿, やがてみなみな, やはり多勢, よほど思い余った, わかったよう, イヴォンヌさんの, オルガ姫は, オレに, カングリ警部は, グイと, 一番機転の, 一言も, 不圖傍, 不破小四郎は, 中に, 主夫人は, 事すでに, 二人の, 今は, 今度こそ, 何か, 何の, 何故かあたし, 何故かその, 余りの, 先方は, 全く左樣, 兵野は, 其の痛み, 利息の, 勿論誰, 千谷さんは, 口に, 口には, 右近丸は, 司馬懿仲達が, 同時に真赤, 君江であった, 咆える, 女は, 姿も, 婆は, 婆やの, 安東の, 実は本当, 小猴, 少し下, 平之進引く, 庄吉の, 弁天松代は, 彼の, 彼女の, 後の祭り, 御方は, 心中二百日千日を, 応へが, 戦い最中の, 政権は, 新九郎は, 新十郎, 既に遅かっ, 暫く両手, 李一は, 来宮様は, 権叔父すら, 此の, 法水は, 澄江の, 犬は, 盃は, 直ぐまた, 直ぐ様, 直ちに秀子, 相手の, 相手は, 真中の, 眼の, 眼隠しの, 答は, 老人に, 肝心の, 胸は, 自分が, 苦悶が, 要するに島左近, 見る見る顔, 見る間, 言葉は, 追求は, 途端に, 間に合わなかった, 青嚢の, 顔には

▼ 叫んだもの~ (64, 5.2%)

18 である 109 がある 7 です 6 があった 2 があつ, がいた 1 が, がありました, さ, だよ, であった, でしたから, ですから, は誰, もある, らしかった

▼ 叫んだ~ (43, 3.5%)

5 にはもう

1 [38件] お鳥, から全然, だったの, であった, とそつくり, とは又, に, にあの, にはすでに, にはその, にはまた, には一抹, には嘉門, には左門, には数間, には数馬, には甚太郎, には長, には鬼王丸, に向う, のよう, の仰天さ, の彼, の溜息, はもう, は勢いよく, は怨敵, ばかり少し, ほどの生命力, までの君枝, もあった, もう堪えられなくなった, も彼, チラッと, 心細さ, 或る, 抱えて, 既にまるで当然の

▼ 叫んだ~ (34, 2.8%)

8 思うと 3 いう, 思ふと 2 すれば, 思います, 書いただけで

1 [14件] いうが, いって, いふ, しもし, まアそう, 伝えられる, 同じ言葉, 同時に後でうん, 同時に顔, 思ひましたら俄, 承る, 書くが, 老母は, 見れば

▼ 叫んだので~ (31, 2.5%)

2 あつた, 二人共目を

1 [27件] こんどは, ござりました, ござります, すぐさまおとなしく, その木, みると, フォームは, フオームは, 丁坊たちは, 人々は, 初めてはっと気がついた, 只さえ, 家の, 密集し, 小男の, 少し赤く, 村岡は, 母屋の, 渠は, 漸く知った, 登勢は, 皆思わず, 私は, 立ち並んだ検察隊, 車を, 通信員は, 風で

▼ 叫んだかと~ (29, 2.4%)

15 思うと 9 思ふと 1 おもうと, 思はれた, 思はれるやう, 思ふ間もなく, 見ると

▼ 叫んだこと~ (24, 2.0%)

4 である 2 であろう, にする

1 [16件] から来, があつ, がありました, すら遅, だろう, であった, であろう何度, でしょう, などは打, に作者, に驚いた, もあった, も劇, を偶然, を知らない, を記憶

▼ 叫んだ~ (23, 1.9%)

1 [23件] が, がありました, がきこえた, がした, がまだ, が挙がった, が挙りました, が流れ伝わった, が群集, が聞えた, が襖, が響い, におどろかされ, にパデレフスキー, のりりしさ爽やかさ, の主, は女, ばかり引, や眼, より早く, を割っ, を耳, を聞く

▼ 叫んだ~ (22, 1.8%)

8 がある 6 があった 2 もあった 1 があります, が一隅, が二三人, のやう, は紛れ, もあつ

▼ 叫んだよう~ (17, 1.4%)

3 でしたが 2 な気

1 [12件] だ, だが, だった, であった, であったが, である, でもあった, な声, な痛い, には思わなかった, に思われる, よ

▼ 叫んだとき~ (14, 1.1%)

3 はもう

1 [11件] あけて, その声, ですら, にはもうすでに, にはもうちゃんと, には足, の心持, はとっさ, はもうすでに, は大吉, 全字宙

▼ 叫んだ言葉~ (12, 1.0%)

41 がある, というの, と全く, の解釈一点, はそれ, は忘れる, を僕, を思い出さざる

▼ 叫んだその~ (9, 0.7%)

1 とたんに, 一刹那に, 切ない叫び, 声が, 声は, 声も, 夜の, 時水は, 聞きそこねか

▼ 叫んだ~ (9, 0.7%)

1 三番目の, 冷泉華子で, 十三郎の, 右近丸である, 小一郎で, 猪右衛門で, 玄女である, 赤痣の, 黒鴨の

▼ 叫んだから~ (8, 0.7%)

3 である 1 だ, です, でその, 安福軒は, 相当の

▼ 叫んだまま~ (8, 0.7%)

1 おそろしいいきおい, おどろいて, すたすたと, その場, その男, またがっくり, 倒れて, 黙って

▼ 叫んだ~ (8, 0.7%)

1 がその, の有名, はセオリー, は不思議, は冒険, は次, は私, も自ら気

▼ 叫んだそう~ (7, 0.6%)

31 じゃない, である, です, ですが

▼ 叫んだつもり~ (7, 0.6%)

2 であったが 1 だが, だったが, だつたが, であった, でした

▼ 叫んだところ~ (7, 0.6%)

1 だった, でこの, でムダ, で聞いてる, のもの, の一, をみる

▼ 叫んだあの~ (6, 0.5%)

1 ロツプ倉の, 六十三機の, 唇だった, 声の, 情熱が, 無邪気な

▼ 叫んだという~ (6, 0.5%)

1 ことだ, その渠等, のだ, ような, 言葉は, 話が

▼ 叫んだ~ (6, 0.5%)

2 と顔 1 がありました, のよう, はそれ, はたしか

▼ 叫んだけれども~ (5, 0.4%)

1 それでも首, 小萩は, 組み合い押し合いで, 誰も, 遅かった

▼ 叫んだとて~ (5, 0.4%)

2 矢張駄目な 1 何事にも, 天使の, 雨に

▼ 叫んだほど~ (5, 0.4%)

1 その存在, だった, だつた, であるが, 驚くべきもの

▼ 叫んだ~ (4, 0.3%)

1 どうか分りません, もう覚え, 分らない, 分りません

▼ 叫んだきり~ (4, 0.3%)

1 しばらくは, とうとうそこ, また口, 又筵

▼ 叫んだぎり~ (4, 0.3%)

3 とうとう気 1 とうとう氣

▼ 叫んだけれど~ (4, 0.3%)

1 あらしが, それは, 声は, 後の祭りだ

▼ 叫んだすると~ (4, 0.3%)

2 何と 1 先方は, 兵士は

▼ 叫んだやう~ (4, 0.3%)

1 でした, なこと, にそれ, に赤子

▼ 叫んだ拍子~ (4, 0.3%)

1 にその, にどんと, に一番下, に両手

▼ 叫んだ瞬間~ (4, 0.3%)

1 に俺, に正勝, は嬉し, よろめきつつ

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 政は, 通の, 通よりも

▼ 叫んだかも~ (3, 0.2%)

2 知れません 1 知れない

▼ 叫んだこの~ (3, 0.2%)

1 劃時代的な, 叫びが, 溢るるごとき

▼ 叫んだじゃ~ (3, 0.2%)

3 ないか

▼ 叫んだそして~ (3, 0.2%)

1 彼の, 煖炉を, 猿達は

▼ 叫んだだけ~ (3, 0.2%)

1 あると, である, でございますもの

▼ 叫んだといふ~ (3, 0.2%)

2 が肚 1 人物は

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 ちが, 相違ない, 違いない

▼ 叫んだまで~ (3, 0.2%)

1 だ, であった, です

▼ 叫んだものの~ (3, 0.2%)

1 ジャックの, 実はイカサマ, 飛びかかって

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 があった, もあった, も有る

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 が言った, だ, は膝

▼ 叫んだ時彼女~ (3, 0.2%)

2 の頭 1 が折れ

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 は力一杯, は爪先, は突然

▼ 叫んだ~ (3, 0.2%)

1 で自分, は再び, を

▼ 叫んだ自分~ (3, 0.2%)

1 の声, の行状, は思わず

▼ 叫んだかは~ (2, 0.2%)

1 知らず, 私が

▼ 叫んだくらい~ (2, 0.2%)

1 だから, ですよ

▼ 叫んだって~ (2, 0.2%)

1 到底外, 死んで

▼ 叫んだとき彼~ (2, 0.2%)

1 ののった, は自分

▼ 叫んだとたん~ (2, 0.2%)

1 どっと鬨の声, に彼

▼ 叫んだなりに~ (2, 0.2%)

1 倒れて, 呆然と

▼ 叫んだのみ~ (2, 0.2%)

1 ならず凡て, 私も

▼ 叫んだふみ~ (2, 0.2%)

1 というの, といふの

▼ 叫んだまま彼~ (2, 0.2%)

1 の眼, はそのまま

▼ 叫んだわけ~ (2, 0.2%)

1 では, なの

▼ 叫んだ~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ 叫んだ人々~ (2, 0.2%)

1 によっておこされ, は認めよう

▼ 叫んだ人たち~ (2, 0.2%)

1 が叫んだ, の名

▼ 叫んだ伊織~ (2, 0.2%)

2 の横

▼ 叫んだ~ (2, 0.2%)

1 が分った, でも

▼ 叫んだ~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼ 叫んだ刹那彼~ (2, 0.2%)

2 の右

▼ 叫んだ夫人~ (2, 0.2%)

2 の声

▼ 叫んだ~ (2, 0.2%)

1 がある, は槍先

▼ 叫んだ守人~ (2, 0.2%)

1 その前, 冷たい物

▼ 叫んだ新九郎~ (2, 0.2%)

1 にも一念, は思わず

▼ 叫んだ時一同~ (2, 0.2%)

1 の眼, は噴き出した

▼ 叫んだ時廊下~ (2, 0.2%)

1 に足音, に面した

▼ 叫んだ時私~ (2, 0.2%)

1 は, も夢中

▼ 叫んだ甲斐~ (2, 0.2%)

2 あってか

▼ 叫んだ~ (2, 0.2%)

1 がある, は振り放そう

▼ 叫んだ美奈子~ (2, 0.2%)

2 の言葉

▼ 叫んだ老人~ (2, 0.2%)

1 は棒, は腰

▼ 叫んだ途端~ (2, 0.2%)

1 に, に横腹

▼ 叫んだ金五郎~ (2, 0.2%)

1 の眼, はくるり

▼1* [203件]

叫んだあとで若い, 叫んだあなたは, 叫んだおかげでブロック, 叫んだかの女は, 叫んだがと同時にまた, 叫んだきり人垣をわけ, 叫んだきり男に体, 叫んだぎりで霎時は動かなかった, 叫んだくらゐである, 叫んだこの世の最後, 叫んだマクベスの, 叫んだすべての口, 叫んだそうして千三の, 叫んだそこから第, 叫んだそれが, 叫んだためなにかそれ, 叫んだだけに終つて結局教育の, 叫んだやない, 叫んだせう, 叫んだといったような, 叫んだとかその他まだまだ, 叫んだときそれはきょう, 叫んだときダダダダダと物凄い, 叫んだとき卓上の電話, 叫んだとき帆村と正太, 叫んだとき気早の拳固, 叫んだとき船橋の根元, 叫んだとき金五郎は背中, 叫んだとたんグルリ身を返した, 叫んだとてもその声, 叫んだなと思ひやる, 叫んだなにもかも, 叫んだのちぶらりと通りすぎ, 叫んだのちジプシーの老婆, 叫んだひと声の悲鳴, 叫んだほどに烈しい熱情, 叫んだままそれのもみ, 叫んだままチチコフは驚き, 叫んだままボール紙をすて, 叫んだまま医者の手, 叫んだまま地に伏し, 叫んだまま大隅学士は門, 叫んだまま桟橋の上, 叫んだまま棒立ちになっ, 叫んだまま眼が開けません, 叫んだまま自分の寝室, 叫んだまま足がすくん, 叫んだ之であろう, 叫んだもんだ, 叫んだうだつた, 叫んだらいてうに男, 叫んだアキレスの如く, 叫んだゴルギアスは初めて, 叫んだストツクマンは正し, 叫んだバイロンの地獄, 叫んだプーリは穏やか, 叫んだモリイシャの声, 叫んだライオンは生蕃, 叫んだワイシャツの青年, 叫んだ一人はつと, 叫んだ一刹那其場に立ち竦んだ, 叫んだ一刹那大略二間背後の方, 叫んだ一念はそち, 叫んだ一語のため, 叫んだ七瀬へ怒り, 叫んだにもオラン, 叫んだ丸本はその, 叫んだ丹波とっさに腰, 叫んだ久兵衛は顔, 叫んだ二人は戸, 叫んだ人物はどこ, 叫んだの者, 叫んだ以上彼はもう, 叫んだ何事だろうと, 叫んだは厳重, 叫んだ作家たちは同じ, 叫んだ倉地に対して葉子, 叫んだも唸い, 叫んだその場, 叫んだ儘狂氣の如く, 叫んだ儘私も日出雄少年, 叫んだ先生は寄っ, 叫んだ光景が叙, 叫んだ児太郎は髢, 叫んだ兵隊がこの, 叫んだ其の声は, 叫んだで人, 叫んだ出羽守はちゃり, 叫んだ刹那です, 叫んだ刹那忠相はヒラリ, 叫んだ刹那牧は, 叫んだ剣幕に呑まれ, 叫んだ勘助はおや, 叫んだ勘次の聲, 叫んだ勿論さような, 叫んだ之介, 叫んだ千世子は男, 叫んだ危険人物は断じて, 叫んだ同じ激しい声, 叫んだ向う鉢巻の禿頭, 叫んだ善吉は涙一杯, 叫んだ園絵だ, 叫んだ声もろともにがばと, 叫んだ大次郎愛する千浪, 叫んだ大西三津三は, 叫んだ女らしさが, 叫んだがいる, 叫んだ安達を想っ, 叫んだ宗介が八ヶ嶽, 叫んだ実例がある, 叫んだ小一郎の声, 叫んだ左膳濡れ燕を大上段, 叫んだ帆村の声, 叫んだ海屋の, 叫んだ弁天松代はあたかも, 叫んだはイキナリ私, 叫んだ弥三郎の声, 叫んだ弥吉逃げられるだけは, 叫んだ弥生はきっと, 叫んだ当の志村仙介も, 叫んだ形相と怖, 叫んだ彼女こそ今, 叫んだ彼等は其敬, 叫んだも目, 叫んだをも幾分, 叫んだ必然の原因, 叫んだ忠直卿は膝, 叫んだ悲鳴が聞えた, 叫んだりでは, 叫んだ意味はわからなかった, 叫んだ憂いであります, 叫んだ戸塚はほか, 叫んだが筒先, 叫んだ批評家もある, 叫んだ文吾の小, 叫んだ文珠屋佐吉いきなり走り, 叫んだをすかし, 叫んだ旗二郎一瞬ヒヤリと胆, 叫んだ日本左衛門が餌, 叫んだ時ベッドぐるみ二人を抱く, 叫んだ時一人の手先, 叫んだ時五六人もの手, 叫んだ時人物は燈, 叫んだ時俊夫君は飛びあがる, 叫んだ時友田君は横, 叫んだ時反射鏡にうつった, 叫んだ時對手はお, 叫んだ時弟が横, 叫んだ時彼は幼児, 叫んだ時御影堂が足袋はだし, 叫んだ時心の乱れ, 叫んだ時月丸は刀, 叫んだ時残りの者, 叫んだ時水ゴボゴボと湧き上がり, 叫んだ時深雪が, 叫んだ時渠は自分, 叫んだ時眞率な演者, 叫んだ時見物人はひとり, 叫んだ時頭上をこつこつ, 叫んだ時駕の中, 叫んだ栄三郎飛びのくお, 叫んだ検証の一火, 叫んだの瞬間, 叫んだの高い, 叫んだにもの狂い, 叫んだ殆どポール, 叫んだ残りの九人, 叫んだは兩手, 叫んだ水戸の先覚者, 叫んだ泉刑部らの前, 叫んだ津村はそれでも, 叫んだ源氏の大将, 叫んだ照子の声, 叫んだ熱血兒もあつ, 叫んだ玄白斎の声, 叫んだ玄蕃は, 叫んだは夢我夢中, 叫んだ生徒があった, 叫んだ田中絹代ばかりで, 叫んだ直後はここ, 叫んだ淵以後も, 叫んだだけ光らせ, 叫んだ瞬間彼女の低い, 叫んだ瞬間杉木立に谷間, 叫んだ瞬間門の前, 叫んだ確かに馬車, 叫んだ神話は歴史, 叫んだ神話中の人物, 叫んだの高い, 叫んだ艦長は旗艦はじめ四隻, 叫んだ侍が, 叫んだ行司はしばらく, 叫んだ介二間あまりスルスル, 叫んだの言葉, 叫んだ軍人の多く, 叫んだ近代の詩人等, 叫んだ途端格子が開いた, 叫んだ道化者がいる, 叫んだ青木の言葉, 叫んだはしきりに, 叫んだ首領はそこで, 叫んだ駕籠の中, 叫んだ鬼小僧は尻