青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叩く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く
叩く~
~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん 叫ん~

「叩く~」 1121, 12ppm, 9073位

▼ 叩く~ (196, 17.5%)

30 がした 26 がする 14 がし 9 が聞え 7 がしました 5 が聞えた 2 が低く, が突然, が聞える, だ, で眼, に応じ, のする, を聞く

1 [89件] いとも懶し, かといえ, から来た, が, がありました, がきこえ, がきこえた, がきこえる, がこだま, がこの, がしだした, がそこここ, がふと, がまた, が一年後, が三つ, が入り, が吉例, が四里, が宛然, が家じゅう, が当人, が息, が暗い, が木精, が次第, が止む, が河向い, が洩れ, が滝本, が玄関, が異様, が繁く, が聞えました, が聞こえ, が聴, が近く, が静か, が響い, が頻りに, が高く, す, だけが妙, だけが幽か, であった, である, で僕, で嵐, といつ, とがプール, とが際立つ, とともに, と共に主人, と共に耳, と寒気, と行々子, などが聞こえる, などが靴, なり, にヤモメ暮し, に小僧, に目, に眼, に私, に総領女, に驚い, のみ聞こえぬ, のやう, の絶えない, はますます, はやがて, は又, は執拗, は後, は次第に, は止んだ, は聞こえた, もきこえなかった, もした, も私, も際立っ, や女中, をきい, をさせ, をさせた, を簡単, を聞いた, を聞きつける, 続いて

▼ 叩く~ (179, 16.0%)

5 中から 3 主人は, 彼は, 直ぐに 2 いふの, それは, まるで町, まるで護謨, 内から, 彼女は

1 [153件] ある, いい, いうたところ, いった, いつもトゥルルッル, お長, かえって深く, かんかんと, きちんとつい, きっと扉, ごオん, ざわざわと, したら, すぐに, すぐ足音, そこから, そのま, そのまま弥造, その小さな蕊, その抵抗, その次, その途端, その音, その音律, それこそ, それでスピード, たいがい正常に, ちょん髷仮, どうなります, ばたばたと, ぽんぽんはじけ返る, また負ける, まだ寝, もう一度兩國, もぐらは, やがてごとごと, やがて内, やや暫くし, よく雁首, オムレツが, カアーンと, カンカラという, ガーンと, グツと, コツコツかたい, コリンと, ジョンソン署長が, チロは, ドスンドスンと, ボタと, ポコリと, 一匹の, 一同の, 丈夫の, 三四銭ほどか, 中には, 予て言い付け, 二人は, 人でも, 何やらうめく, 佩剣を, 俥夫は, 俯向き加減に, 内では, 内側へ, 内臟に, 内部から, 凡てが, 刀自は, 刃針が, 十五六歳の, 十六七の, 半ば空っぽで, 単に野放し, 合図と, 吉の, 墻の, 壁が, 外れるやう, 天狗さんの, 女も, 妻の, 子供は, 宅助は, 小さい潜戸, 小僧の, 屑屋は, 平次は, 幽鬼の, 床の, 後を, 心細くて, 忽ちそこ, 忽ち私, 戸が, 戸は, 扉に, 按摩の, 振動が, 支那人の, 文吾の, 文字春の, 旦那じみ, 曲者は, 案の定中, 案内を, 権次は, 毀れて, 火が, 煙管を, 煙草の, 煙草盆を, 熱気と, 父の, 用心深く四, 番頭と, 瘠せた婆さん, 白い小, 直ぐ氣, 直徑二分, 私が, 私の, 穴の, 窓見れ, 立ち上った, 箱の, 細君は, 統計やら, 老人夫婦が, 肩を, 胴の, 能く, 膃肭獣は, 膝から, 草履の, 蒼褪め, 表の, 襖を, 言ひたいだけの, 貧乏する, 起き上, 転がるよう, 返事も, 重い木製, 銭が, 錫の, 階下から, 音が, 顔色を, 飛んでも, 首が, 鬣を, 鰒は

▼ 叩く~ (131, 11.7%)

30 です 14 である 7 でした 54 だ, をやめ 3 だった, であります, でございます 2 が一番, が好き, だから, であった, でございますよ, は止し, をやめた, を止めました

1 [42件] か, かなと思っ, かは知らない, か非常, が合図, が普通, が本来, が聞える, が聞こえる, が聽, だが, だつた, だと, だらう, だ骨, でありまして, ですから, ですが, と打, と私, はこの, はよし, は三百, は仕事, は何だか, は先生, は彌助, は止せつ, は止め, は爺さん, は猿, は結節, は言葉, は誰, は骨, も忘れ, も遠慮, をきく, をきっかけ, をやめる, を樂, を止める

▼ 叩く~ (78, 7.0%)

27 がある 23 があった 7 があります 5 がありました 4 があつ 2 があっ 1 がない, がなく, がなけれ, が四・五人, が寔, が有る, のある, は幾人, もある, 踊る者

▼ 叩くよう~ (58, 5.2%)

8 な音 6 にし 3 な物音 2 な声

1 [39件] だ御, なかるい痛, なその, なそれ, なもの, な大昔, な張り切った感じ, な心持, な感じ, な手付, な批評, な機関銃, な皷, な空虚, な言葉, な跫音, な軽い痛, な雨滴, にすれすれ, にそこら, になったらしく, にぶらり, にまわり, にもし, にも聞えた, にやっ, に二, に二言三言, に刀, に前足, に奇妙, に尾, に彼女, に押え込み, に柄, に照りつけた, に痛く, に聞える, に述べる

▼ 叩くもの~ (41, 3.7%)

14 がある 10 があります 6 があった 4 がありました 1 があるで, がございました, がゐる, が日に日に, が有る, が皆, で日

▼ 叩くやう~ (30, 2.7%)

5 な音 3 な事 2 にし

1 [20件] な三味線, な不気味, な兵士達, な声, な大きな, な始末, な手付, な表情, な雷鳴, に, にでつかい, にピシリ, に引, に或, に明神下, に聞える, に薄暗い, に調べ, に顏, に鳴ります

▼ 叩くこと~ (24, 2.1%)

1 [24件] があるだろう, ができない, が出来, でした, なの, にし, にした, になつ, になつて, になる, によって靴下以上, に依, に最も, は稀, は食物, もあった, もありました, もある, よ, よりもオルゴール, を忌む, を赤児, 夥しいが, 大なれ

▼ 叩くので~ (15, 1.3%)

5 あつた 1 これが, その大変, それに, まるでもうあたし, 先刻から, 同樣, 感情は, 滝本は, 軽い粟, 頭が

▼ 叩く~ (11, 1.0%)

1 [11件] があっ, があった, がありました, がいる, と, とある, と二つ, と二つづつ, と四つづつ, は中途, も十八文

▼ 叩く~ (9, 0.8%)

2 だ, だよ 1 だから, だと, だらう, です, ですよ

▼ 叩く~ (9, 0.8%)

2 もある 1 でこの, について深い, に定めた, に就, ばかりに興味, やそれから, を目ざましい手ばや

▼ 叩くという~ (8, 0.7%)

1 ことが, ことは, のだろう, キツツキの, 場面は, 感じの, 有様であった, 洒落た形

▼ 叩く~ (8, 0.7%)

1 がケダモノ, ですがね, に, は乱暴, をとめ, をやめました, を休め, を止め

▼ 叩く~ (6, 0.5%)

2 いい, 早いか 1 さうでない, 戦場では

▼ 叩く~ (6, 0.5%)

1 このストックホルム市, 任せて, 内より, 到つたの, 懶げ, 都合の

▼ 叩く~ (6, 0.5%)

1 おまえの, 丸い男, 叩くは, 明日のくひ, 火急の, 酒の

▼ 叩く~ (6, 0.5%)

1 キッカケに, 前刻, 待たず自ら, 忌んだのに, 聞き女房, 誰かと

▼ 叩く~ (5, 0.4%)

4 がある 1 ううむ

▼ 叩く真似~ (5, 0.4%)

2 をし, をする 1 した

▼ 叩く~ (4, 0.4%)

1 ッ, 叩かないか, 外から, 珠數を

▼ 叩くから~ (4, 0.4%)

1 そうすると喰物, なの, 済まねえが, 雨戸を

▼ 叩くその~ (4, 0.4%)

1 いやに, 男が, 踊りも, 音が

▼ 叩くとか~ (4, 0.4%)

1 あんと, 云うから, 竹法螺を, 道を

▼ 叩くところ~ (4, 0.4%)

2 がよい 1 でした, ですが

▼ 叩く~ (4, 0.4%)

2 あり 1 お前の, しわが

▼ 叩くやら~ (4, 0.4%)

1 しきりにやきもきし, 夜の, 始めました, 燃えて

▼ 叩く~ (4, 0.4%)

1 が元, では, に廻っ, も骨

▼ 叩くうち~ (3, 0.3%)

1 に平次, に正常, 漸くお

▼ 叩くため~ (3, 0.3%)

2 に振上げた 1 に私

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

2 やありません 1 やない

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 ア, 下から, 何人だろう

▼ 叩くには~ (3, 0.3%)

1 充分間に合いましょう, 彼も, 良人も

▼ 叩くにも~ (3, 0.3%)

1 きつと, 叩かれぬ鉄, 只は

▼ 叩く太鼓~ (3, 0.3%)

2 の音 1 に合せ

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

3 の音

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 につれ, は少し, は次第に

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 であつ, な音, に刀

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 になれなくなった, も, もなく

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 があっ, とを呉れた, の音

▼ 叩く~ (3, 0.3%)

1 がある, もうらやましけれ, を連れ

▼ 叩くかの~ (2, 0.2%)

1 やうで, 外には

▼ 叩くすると~ (2, 0.2%)

1 唯二人で, 貪婪な

▼ 叩くたび~ (2, 0.2%)

2 にう

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 い, せうね

▼ 叩くなと~ (2, 0.2%)

1 殺すなと, 申すに

▼ 叩くのみで~ (2, 0.2%)

1 洗ふこ, 蚊が

▼ 叩くのや~ (2, 0.2%)

2 だよ

▼ 叩くよりも~ (2, 0.2%)

1 これ以上自軍を, 頭を

▼ 叩く以外~ (2, 0.2%)

2 に何

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 に既に再び, に落葉

▼ 叩く前座~ (2, 0.2%)

2 の坊主

▼ 叩く勇気~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, はなかっ

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 に鷹, はなかっ

▼ 叩く如く~ (2, 0.2%)

2 に酒屋

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 にまだ, にパッパッ

▼ 叩く心境~ (2, 0.2%)

2 のサビ

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 に彼, の情念

▼ 叩く物音~ (2, 0.2%)

1 がその, に自分

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

2 と秋

▼ 叩く~ (2, 0.2%)

1 があつ, を持っ

▼ 叩く白い~ (2, 0.2%)

1 大きな掌, 蛾の

▼ 叩く者これ~ (2, 0.2%)

2 に獅子舞

▼1* [175件]

叩くおとなひに, 叩くおばこの固い, 叩くかしもしょうこと, 叩くきりですが, 叩くくらゐの, 叩くくらいじゃ屁とも, 叩くぐらいのもので, 叩くけたたましい音, 叩くこと小なれば, 叩くこの杖も, 叩くごとに一つ一つ記憶, 叩く親を, 叩くそうです, 叩くそばからぽろぽろとく, 叩くそれが何, 叩くそれからヒントを, 叩くそれらの雨, 叩くいいか, 叩くだけにして, 叩くってこれは, 叩くつて行つてそれつ切り, 叩くといふキツヽキの, 叩くとお君が, 叩くとかいうことを, 叩くときは声, 叩くとき自分が叩かれ, 叩くとともに櫛の, 叩くとよすぐに, 叩くなどはおかしい, 叩くなり勝手に, 叩くなんて少し傳染つて來, 叩くにぞありける時, 叩くにつれ雲散霧飛し, 叩くのにそれも, 叩くのア家のもの, 叩くの亂暴を働いた, 叩くまねしつ, 叩くものそれは気配, 叩くものぢやない, 叩くもの日に絶えず, 叩くもの笛を吹く, 叩くもんだから, 叩くびりびりと, 叩く能く, 叩くよと見る間, 叩くより仕方が, 叩くわけにはゆかない, 叩くギヤグがあつ, 叩くスコールの如く, 叩くタツプの響, 叩くハイ今開, 叩くピアノの音, 叩くヘイと返辞, 叩くから気軽, 叩く了見者も, 叩く不思議にガラガラ, 叩くが即ち, 叩く予定だったの, 叩く事実は毎年くり, 叩く人勝手なまちまち, 叩く人間は大概馬鹿, 叩く仕草は地球人独特, 叩く作業であろう, 叩くです, 叩く元気も出た, 叩く其動作がひどく, 叩く其數は十, 叩くはオルゴール, 叩く合の手が入る, 叩く合図の槌, 叩く合圖は女, 叩く鳴る, 叩くはおよそ, 叩くあり, 叩く声色を使, 叩く声音というもの, 叩く大きな音が, 叩く大声たてて, 叩く大雨はいよいよ, 叩くの声, 叩く妻君の声, 叩く妻戸を開け, 叩く姿が影, 叩く学者や蓄音機, 叩くを何, 叩くの音, 叩く川面叩く大雨, 叩く平次の拳, 叩くの均, 叩く後見がこの, 叩く微かな音, 叩く心持さえまざまざ, 叩く必要もなけれ, 叩く恰好を面白, 叩く悲しい夜半の, 叩く手つきで窓枠, 叩くが掌, 叩くは十, 叩くう云, 叩くが正月, 叩く時分には半ば, 叩くがあったら, 叩く號を, 叩く月夜かな, 叩くの槌, 叩く木兔あなづらひ, 叩く木魚や雪, 叩く格好がおじ, 叩く格構をしました, 叩くまで添え, 叩く然森, 叩くに使, 叩く様子じゃ, 叩く機会はないでしょう, 叩くの音, 叩く正季の声, 叩く気力もありません, 叩く気勢で, 叩く気持のいい, 叩く水音舵に添う, 叩く水鶏の宿, 叩くの音, 叩く流刑三千里の場合, 叩く深いうねりと, 叩く火夫の姿, 叩く灰吹の音, 叩く煙管の音, 叩く犬射の声, 叩く猛烈な響, 叩く百姓の姿, 叩く省作は振り返っ, 叩く似を, 叩く真中を渦, 叩く磯屋の砧, 叩くの暮, 叩くの用事, 叩く積りでこの, 叩く窮将の首, 叩く習慣になっ, 叩くにも自, 叩く漠たる孤独, 叩く落語によってであった, 叩くもある, 叩くに行かない, 叩く謙造の忙, 叩く資格を持った, 叩く轟音タタタタタとリベット, 叩く迄もなく開け, 叩く運動になる, 叩く道具も違, 叩く金持それから草木, 叩く鈍い音が, 叩くの音律, 叩く錘舌の音, 叩くの音, 叩く鍵盤にすぎぬ, 叩くの暗号法, 叩くに左手, 叩く間労働者達は私, 叩くの音, 叩く雨声空に転がる, 叩く雨滴の音, 叩くまじりの, 叩く雲水を見る, 叩く音団扇で蚊, 叩く音陰に籠った, 叩くあり, 叩く響きや裏町, 叩くの音, 叩くをおく, 叩くのかしら, 叩く高い水音が, 叩くの胸毛, 叩くの聲, 叩くの音