青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古典~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~ ~古く 古く~ 古人~ 古今~ 古代~
古典~
古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く 叩く~ ~只 只~

「古典~」 2065, 22ppm, 5170位

▼ 古典~ (323, 15.6%)

4 ように, 中から, 中に 3 再認識, 方が, 芸術を, 記載を

2 [23件] うちに, どこにも, 一つである, 上へ, 世界に, 中には, 伝統を, 作者の, 叙事詩や, 地へ, 地を, 座に, 彩色とが, 意味を, 本文が, 権威に対する, 用語例が, 研究, 究明である, 筆者は, 筆者も, 継紹者だけに, 美を

1 [253件] あらゆる文辞, ありふれた資料, いうほど, いろんな文學, うえでは, うちの, うち大勢の, うち最も, おもむきを, かような, がっしり調子, ことを, それと, それは, ために, つたえ以上, なかの, においの, ひもときかた, ままでは, まま国文学的に, もったよう, ものとして, よい響き, よく読める, よさ, よみかたも, ロシア的な, 一つで, 一つの, 一大集成たらし, 一通りを, 一部である, 上に, 上演に, 世界から, 世界を, 中でも, 中にばかり, 中にも, 中の, 代りに, 代表作と, 代表作の, 仮名の, 仲間入りを, 伝奇小説の, 伝奇的な, 体裁を, 作品から, 作品を, 作家たちは, 作家たちも, 価値ある, 保存を, 傑作が, 傑作として, 傑作は, 全集が, 全集と, 全集は, 内から, 内容と, 内容を, 再演が, 再現が, 再評価, 出版その他の, 力を, 効果だ, 勉強を, 受入れ方に, 叢書編纂に, 古典としての, 名曲と, 味ある, 味の, 命が, 品位を, 問題, 問題は, 図案の, 地で, 地に, 地名という, 型の, 堀金とは, 大作は, 大切な, 太平記に, 存在さえ, 学習を, 完成に, 宗教楽と, 定型と, 尊重すべき, 山と, 峻厳について, 平家物語では, 弊を, 引用が, 引用に, 形容も, 形式と, 形式に, 形式を, 形式主義を, 形式韻文を, 復刻という, 復活, 復活は, 復活も, 必然性には, 思想が, 思想と, 性格の, 意味に, 意味は, 愛を, 感情とが, 戦記物なる, 手ずれた, 手寫本を, 扱い方について, 批判が, 批判にすら, 持つ二つ, 持つ明る, 摂取が, 摂取という, 摂取は, 摂取も, 擬古的傾向, 文を, 文字と, 文字や, 文字を, 文学を, 文学書が, 文献学主義的, 文献学主義的解釈を以て, 文献学的解釈に, 文章は, 文章を, 新しい意味, 新釈の, 方で, 方を, 星の, 春を, 時代から, 時代と, 時代の, 普及に, 普及を, 書物の, 最も興味, 本文を, 林に, 樣式美と, 権威を, 歌詞歌曲を, 正しい評価, 歴史文学, 注釈を, 活きた再, 滋味, 演出に際して, 演出は, 演出を, 無言の, 物語に, 玩弄言語の, 現代化として, 現代訳なんて, 現在への, 生れた環境, 用語は, 用語文字の, 真味, 知識の, 知識は, 研究から, 研究で, 研究であっ, 研究では, 研究とか, 研究に, 研究においては, 研究の, 研究は, 研究より, 研究パプツチキとの, 研究リアリズムの, 研究明治文学の, 確立によ, 神話に, 筆が, 筋と, 精神を, 精神気魄を, 精粋とも, 絵巻に, 編集であり, 翻訳で, 翻訳は, 翻訳を, 英訳物を, 處分と, 表の, 見なおしなどを, 規範に, 解釈に, 解釈は, 解釈を, 言葉つてどんな, 言葉を, 訓み, 訓読や, 記事から, 記載に, 記載によって, 記録を, 註釈を, 註釈家には, 評釈や, 詩で, 詩を, 詩歌の, 誇張と, 読み直しに, 談を, 諸書すべて, 諸本, 貴族中心を, 趾せる, 追求にも, 道は, 道を, 選手たちは, 邪念の, 都市が, 重味に, 鑑賞にも, 長篇詩が, 隅々まで, 面影を, 頭は, 飜譯時代が, 香りと, 香気に, 騎士物語や, 魅力が

▼ 古典~ (278, 13.5%)

17 なもの 8 な意味 5 な美し 4 な感じ 3 なるもの, なバレー, な舞踊, な芸術, のもの

2 [21件] でなければ, で優美, ということ, な, なヒューマニズム, な一つ, な価値, な公式, な形式, な文献, な熱, な物理学, な眼鼻立, な精神的風景美, な美しい, な美文, な著書, な表現, に感ぜられ, の堂宇, の意味

1 [187件] から解放的, すぎること, だと, であ, であった, であったの, であった筈, であつ, であるが, であるという, であるといふ, である上, でなくても, でなく十分, でドイツ, でフランス, で之, で典型的, で叙情的, で大柄, で師範学校的, で精練, で素朴闊達, で若々しい, といったよう, といふこと, とでもいひたい, とでも言, とのひとつ, との歴史上, ともいうべき, と歴史的, と解放的, ないくつ, なこの, なところ, なの, なまま, なるが, なるに, なる品質, なる線, なアメリカ人, なイタリー風, なオペラ, なサムライ, なバッハオーフェン, なマホガニー塗, なマリンスキー劇場, なモナリザ, な上品, な乃至, な二行, な云い表わし方, な仏像, な伝承者, な余り, な作家, な例, な倫理学, な倫理學, な偉容, な先輩, な典型, な力, な力学, な力強, な力強い, な匂, な印象, な原型, な厳し, な参考品, な同時に, な名, な哲学, な哲學書, な問題発展形態, な堂々, な場合, な外国文献, な外貌, な大, な女, な姿, な完成味, な定評, な実験, な家庭, な引用句, な形式美, な心持, な感覚, な態度, な懐疑論者, な成果, な或は, な戯曲, な手本, な文学的著作, な文書, な文法, な文芸方面, な新風, な既成尺度, な曲目, な書物, な格式, な模様, な権威, な横顔, な樹皮, な気品, な清純, な物々し, な物理的機巧, な理論的考察, な目礼, な真理, な研究, な確か, な礼儀, な礼讃体, な社会学, な秩序, な空気, な端正さ, な端麗, な範疇, な絵, な総合概念, な美男子, な自然概念, な興味, な舞台, な舞踏, な著者, な行動, な装飾, な西洋料理全集, な規定, な記念碑, な詩形, な語, な語学, な語法, な誤謬, な貧, な賢明, な起源, な趣味, な造形芸術其他, な邦楽器, な重, な青, な面立, な音楽様式, な響, な風詩, な風雅丈, な食物, な馬, にした, になつ, にならう, になる, には文学全般, に傾く, に整頓, に松, に興味, に解釈, に調っ, の三種類, の人, の勇気, の単, の壁画, の幽邃, の手写本, の智識, の物理学, の美し, の芸術, は本来どこ, 乃至歴史的, 諸論理

▼ 古典~ (129, 6.2%)

3 読んで 2 お読み, 崇拝し, 復興しよう, 読むこと, 読むの, 読んだり

1 [114件] おもち, しっかり研究, じかに読む, すくなくとも学生, すっかりお, すてた訳, ずっとさかのぼっ, そう考え, そのままうのみ, それぞれの, ただ勝手, つたえるに, どう今日, みんな現代語に, もう少し深く, やってるところ, やるよ, よく讀ん, よむと, よむという, よむに, よんで, 主張し, 今日の, 伝えて, 伝統として, 体系的に, 何か, 何かの, 使って, 修めんが, 偏愛し, 内生活, 冒涜する, 利用しよう, 勉強し, 勧むるは, 取扱うには, 古典の, 含味, 味読する, 土台に, 基礎に, 学ぶ, 学ぶこそ, 学ぶこと, 学べ, 学んだこと, 実地に, 専門に, 少しも, 引証する, 忘却する, 思い出しました, 愛し, 愛しないよう, 感じた彼女, 截断し, 承け継ぐとは, 持ち出し之, 摂取し得るであろう, 摂取せよ, 改竄し, 教える目算, 整頓し, 映画的に, 極めた人々, 楽しむこと, 殊に, 残して, 深く読む, 渉漁する, 焚いたこと, 無批判的, 現代の, 理想として, 理解する, 生活の, 知って, 知らない青年さ, 研究し, 研究した, 研究する, 私たちが, 究め学問, 窺知する, 素材に, 解釈する, 言葉を通じて, 語る霊廟, 読むため, 読むと, 読むに, 読むについて, 読むには, 読むべきである, 読む上, 読む快楽, 読む者, 読めと, 読んだの, 調べなければ, 調べ古い, 讀むこと, 讀む意味, 讀んだ, 讀んで, 貪るよう, 貴ぶこと, 非常に, 面白く聴かせる, 顧みないという, 顧みない者, 鵜嚥み

▼ 古典~ (75, 3.6%)

3 なって, なれば 2 なつた, なつてる, よれば, 属するもの, 拠って, 用ゐられ

1 [57件] あつて, あらわれた女性, しちまったら科学, しろ国内的, じかにふれ, ずっぷりと, ぞくして, ない部類, なっちまう, ならないと, なりかけて, なりっこの, なると, ふれて, ふれなかった文化層, みえる, みえる浩嘆, 似よつたもの, 取り多く, 向って, 對する, 屬する, 帰り又は, 感じられるテニソン, 拠ること, 接すること, 接するだけが, 於ける, 於て, 曳く鐘, 求むる大事, 求めようと, 浸る人間, 準拠も, 漢文を, 現われて, 用いられ, 用いられて, 稍遅れ, 立ち帰って, 等しいカスパー・リーマン, 耽溺する, 親しむべきこと, 親しんだの, 記されて, 認める, 論拠を, 載せられた空, 近づく事, 通じて, 通じては, 通じ敬神家, 通ずるりっぱ, 通ずる学者, 通暁し帰っ, 限らず夫, 養われて

▼ 古典~ (55, 2.7%)

3 の演出 2 に於い

1 [50件] から近代劇, がはいっ, が得意, だけで, で尊重, というもの, といふもの, としての歌舞伎, として今日以上, とを比較, と区別, と当代, と浪漫劇, と能, と近代劇, にはこの, に多く, に対して払, に対して日本近代劇, に対して有, に見える, に非, のみを通じて現代, のテキスト, の伝統, の作法, の単, の名手, の実演, の新, の様式, の演出法, の系統, の芸術的伝統, はおろか近代劇中, は人, は共通, は十分, ばかりでなく, への反抗, へ眼, より明瞭, らしく自身, をやる, を持つ, を挙げなけれ, を演出, を見, 乃至は, 乃至準

▼ 古典~ (49, 2.4%)

1 [49件] あくまで参考物, あとで, あまり詳しゅう, いかに美しく, いとかんた, おおむね事, そこい, そのよう, その惨状, その点, その甘美, それの, それ自身として, だからかの, つねに安心, どんなもの, やはり読まれ, アリストテレスとは, スペンサーである, ニーチェ特に, 一応作品, 之とは, 何だかそういう, 元より, 出版されます, 別に, 単なる古書, 原語で, 古典その, 古典として, 国語の, 大したもの, 大体三つの, 安心し, 完全な, 実際問題, 彼を, 我々に, 持って, 支那文明の, 歴史の, 永遠に, 決して写実的, 決して旧く, 無用だ, 率直に, 要するに一個, 要するに古典, 論拠と

▼ 古典として~ (42, 2.0%)

2 今日に, 有名な

1 [38件] だれにでも, のこるか, のこるなどという, のこるに, もっと認められ, 何人も, 何時までも, 作品の, 半現実感の, 固定し, 固定した, 在るわけ, 存続し得る, 完成され, 尊重せらるべき, 尊重せられる, 平家ほど, 教科書に, 明瞭に, 最も貴重, 有って, 有名である, 歴史家にとっても, 残すか, 残って, 殘る, 源氏物語と共に, 物を, 独特の, 独自の, 現代人にとって, 生き得るという, 知られる例, 私たちに, 評価すべき, 読まるべき意義, 読まれるに, 非常に

▼ 古典~ (38, 1.8%)

5 なって 2 いわれるもの, 現代の

1 [29件] いうほど, いふよりは, いへば, いわれるよう, いわれるゴーリキイ, おなじよう, され典拠, その日本訳者, であって, なったとき, なった作家たち, なりきつたの, なるの, なるもの, なる時, なる理由, ダンテの, ベートーヴェンの, 云うべき作品, 云っても, 云ふ, 云わず凡そ, 別にヴァイオリン音楽, 呼ばれるの, 呼ばれるもの, 必ずしも関係, 称せられるもの, 肩を, 自身とが

▼ 古典主義~ (38, 1.8%)

2 の精神, はその

1 [34件] だ浪漫主義, というの, といふの, といふもの, としても浪漫的色彩, とも片づけきれない, と浪漫主義, と自由主義, に, に反逆, に対して彼, に就い, に押され, に關, の, の世界, の原理, の姿, の後, の愛国心, の拘束, の芸術, はあ, はまた, は何等, は別, は古典主義, は歴史, は遠き, への接近, またはロマン主義, やギリシア古典, 又は擬古典主義, 新スコラ主義

▼ 古典文学~ (37, 1.8%)

1 [37件] があの, が宮廷生活, が歴史, だけを熟読, です, で今日, といえ, としての地位, とその, にこう, には文学本来, にみる, によって度外視, に太陽讚美, に対して乏しい, に本格的, のいくつ, のもう, の一つ, の中庸主義, の主潮, の伝統, の傑作, の六脚詩, の句, の形式主義, の或, の教養, の文体, の粋, の約束, の領域, は如何なる, への関心, を抹殺, を担当, を跋渉

▼ 古典~ (32, 1.5%)

2 今日の

1 [30件] すでに創意, ほしいわ, もつ人間苦解脱, 先例又は, 再認識, 国民全般に, 多く売れる, 実に古典化, 引き続いて, 引く伝統, 恰好の, 成立した, 救いに, 文学として, 文学外の, 日本資本主義の, 書かれたり, 有って, 朗らかに, 東西古今に, 歓迎されるだろう, 求められたり, 知りたい時, 研究される, 示して, 筆の, 続々新版, 自分として, 遠い距離, 集まって

▼ 古典~ (32, 1.5%)

3 に從 2 の場合

1 [27件] からみれ, から目, では帶電粒子, では律し得ない, では解き得ず, では解けぬ, では説明, となる, との對應, とは其結果, と相容れない, と量子力學, と量子論, によつて抽象, によつて表, に於, のやう, の力, の極めて, の結果, の行くべき, の適用, は原子, は正しい, を一般化, を以て量子力學, を用

▼ 古典~ (27, 1.3%)

2 である私, の大和絵師, の大和繪師, や高踏派

1 [19件] だ流行らないのよ, である, でまた, でも高, で香具師, というの, ないし教養派, なん, に対する印象派, の作家ピエル・ルイス, の出る, の学説, の宝ラ・フォンテーヌ, の尊ぶ, の巨匠, の芸術, は次, や新定律詩派, や高

▼ 古典~ (27, 1.3%)

2 の解釈法, や標準語

1 [23件] が用, が示し, である如く武士, として, となつ, となる, とはよほど, と古典語, などもあつ, なるもの, には殊に, にもあり, に似た, の創造者, の変形, の完成, の意味, はもちろん, は日本, を学ばない, を学ぶ, を現代語, を知らない

▼ 古典平家~ (26, 1.3%)

3 や盛衰記

1 [23件] が御, だと, でもぼく, にはその, には一貫, には彼自身, の, のうち, の全, の原語, の序章, の心, の方, の著者, はいく, も, も時, も盛衰記, も私, やその他, や物語本, をひきあい, を初め

▼ 古典芸術~ (20, 1.0%)

2 なるもの

1 [18件] が存在, が有する, できたえあげた, というもの, に深い, の中, の伝統, の修練, の名人芸, の品格, の外, の天才, の理解, の舞台, の講話, へ深く, を専門, を射撃

▼ 古典~ (19, 0.9%)

2 古寺に

1 [17件] いろいろの, エド時代の, 仏像には, 優秀な, 古仏, 外国文学を, 戯曲だ, 文献の, 新旧約, 時代小説も, 歴史や, 物語の, 独仏語で, 現代の, 記録に, 近代文学にも, 雑書に

▼ 古典から~ (17, 0.8%)

1 [17件] 伝説化され, 例証を, 取った趣情句, 取った道徳的, 取った題句, 学べという, 愛聴を, 推定出来る, 来て, 来る力強い, 欧洲中世紀騎士道文学までの, 現代までの, 現代作家の, 盗んだこと, 直接の, 社会理論体系や, 近世哲学の

▼ 古典~ (17, 0.8%)

1 [17件] こんな分りきった, そうたいして信用, その間は, それが, やがて読ん, よんだり, 一般の, 不用である, 力を, 多数であっ, 大抵揃っ, 支那を, 新しい眼, 新作も, 現代作品も, 生きて, 郷土史も

▼ 古典研究~ (16, 0.8%)

2 の上, を本気

1 [12件] から導き出された, が取上げられはじめた, と市民的ロマン語的, などは人, にくらべる, に余力, に大切, の叢書, の歴史文学, の陣立て, も一つ, を利用

▼ 古典的価値~ (13, 0.6%)

1 [13件] ある書, ある歴史的, が知らず知らず, との対立, と現代的価値, に対立, に於, のある, の所有者, の水準, の豊か, をもち得る, 及び前

▼ 古典には~ (12, 0.6%)

1 [12件] こうみえる, この賊徒, ないので, なく小生, みえるが, 全く見えない, 千年を, 古い伝統, 嘗て見られぬ, 多く政治的権威, 色々の, 驚くばかり

▼ 古典作家~ (12, 0.6%)

2 ではトルストイ, として仏蘭西劇 1 から滋養, たとえばドストイェフスキー, であるかの, と云, の列, の生活, の研究, を読みはじめ

▼ 古典悲劇~ (12, 0.6%)

1 [12件] が忽ち, としての美, と浪漫主義的ドラマ, と第, について語つて, に於, に眼, の作者, の侍女役, の後者, の様式, は古典悲劇

▼ 古典時代~ (12, 0.6%)

1 [12件] そのままの, と呼ん, における宇宙始源, の人々, の思想, の意義, の文学, の殿堂, の民族, の特殊, は, めいた形容詞

▼ 古典主義者~ (11, 0.5%)

2 はラファエロ 1 たるべくあまりに, ではありません, とした, と呼ばなけれ, と呼ぶなら, なん, にすぎない, の名, はこれ

▼ 古典にも~ (10, 0.5%)

1 ある場面, かかる語, この類, だん, 甲斐国の, 見えて, 見えるが, 親しみ和歌, 通じまた, 通ずるであらう云

▼ 古典哲学~ (10, 0.5%)

1 が本当, との三つ, の内, の弁証法, の根本的, の終焉, の結論, の観念論, は人々, を初め

▼ 古典太平記~ (10, 0.5%)

1 があくる, では後醍醐天皇, には, にはある, にもかなり, による, の筆者, の筆者小島, の荒唐無稽, よりはやや

▼ 古典学者~ (10, 0.5%)

2 などは別 1 であり擬古文学作家, である, としてよき, にし, に言わせる, の言う, の通弊, の非難

▼ 古典としての~ (9, 0.4%)

2 醇粋味は 1 デカルトの, 匂いが, 待遇を, 文學價値を, 真偽とは, 短歌は, 資格でも

▼ 古典~ (9, 0.4%)

3 のである 2 のだ 1 ので, ものである, んだ, 能の

▼ 古典に対する~ (9, 0.4%)

2 教養の 1 この光景, 冒涜である, 尊敬と, 熱を, 真の, 私の, 絶大な

▼ 古典復興~ (9, 0.4%)

4 の気運 1 なの, の内, の熱意, も亦そう, を唱え

▼ 古典的作品~ (9, 0.4%)

2 を破壊 1 が示す及び, とオックス, における歌, にしろ, にのみ見られる, の再, を作り上げ

▼ 古典経済学~ (9, 0.4%)

1 がフィジオクラット, だ, とドイツ古典哲学, とフランス, の成立以来今日, の理論体系上, の起源, も亦, 乃至主として

▼ 古典音楽~ (9, 0.4%)

3 の最後 1 のあと, のよう, のレコード, の形式, の森, の絶頂

▼ 古典~ (8, 0.4%)

1 あつたの, せう, その一句一語, ジョージ, 婦人の, 而も, 見る仙境, 読むと

▼ 古典である~ (8, 0.4%)

1 が一九四七年, が三国志, が其の, が現代, といった, と言う, アリストテレスは, ベッカリヤを

▼ 古典では~ (8, 0.4%)

1 ここの, すぐこれ, ないが, なくして, なくて, ロスタンの, 仲綱と, 誇張し

▼ 古典への~ (8, 0.4%)

2 復帰が 1 判断の, 反逆が, 常識の, 懐古的な, 注意は, 道において

▼ 古典~ (8, 0.4%)

2 の研究 1 と云, に貢獻, の一進歩, の全, の基礎, は第

▼ 古典~ (7, 0.3%)

1 けれど, そうです, その古典, ということ, という感じ, とそれ, よ

▼ 古典という~ (7, 0.3%)

2 ものが 1 ものを, 意味に, 成果として, 概念が, 観念に

▼ 古典~ (7, 0.3%)

1 されたかは, しきつて, した物理學, して, すること, や型化, を急ぎたがる

▼ 古典的因果律~ (7, 0.3%)

2 が成立, の不成立 1 に反する, は成立, を適用

▼ 古典韻文~ (7, 0.3%)

2 の凋落 1 としての抒情詩, のそれ, の如き, の既に全く, の生ぬるい

▼ 古典について~ (6, 0.3%)

1 いろいろ云われた, まだ何, 云々する, 研究した, 評論家が, 誠実に

▼ 古典そのもの~ (5, 0.2%)

1 さえ二十世紀, に就く, に次いで, をいた, 乃至古典的文書

▼ 古典アメリカ~ (5, 0.2%)

1 の, のかつて, の健康, の清純, の表情

▼ 古典~ (5, 0.2%)

1 だまって, ではあり得ない, としてかその, になろう, を定義

▼ 古典的物理学~ (5, 0.2%)

1 がただ, の基礎, の常識, の意味, の自然観

▼ 古典的範疇~ (5, 0.2%)

1 だからと, はそのまま, はなる, は飜訳, 乃至範疇組織

▼ 古典量子論~ (5, 0.2%)

1 によつて形成, によるもの, の無力さ, より始め, を原子

▼ 古典とか~ (4, 0.2%)

2 申し上げるほど 1 中世の, 漢学の

▼ 古典とは~ (4, 0.2%)

1 ちが, 何を, 作者の, 実際問題

▼ 古典~ (4, 0.2%)

1 と相, のある, は詩, を加味

▼ 古典喜劇~ (4, 0.2%)

21 と古典悲劇, を含む

▼ 古典~ (4, 0.2%)

1 とを区別, におけるよき, に於ける, や同

▼ 古典学的~ (4, 0.2%)

1 なもの, な意味, な知識, な遺産

▼ 古典文學~ (4, 0.2%)

1 が支配, それから歴史小説, とか時代小説, を讀むべきである

▼ 古典文芸~ (4, 0.2%)

1 としての俳句, の復興, の理解, の鑑賞

▼ 古典物理学~ (4, 0.2%)

1 で言う, に属する, のエーテル, を革命的

▼ 古典的文献~ (4, 0.2%)

1 とし, に対するこうした, の紹介, を尊重

▼ 古典からの~ (3, 0.1%)

1 よき教え, 情景で, 模倣であっ

▼ 古典とも~ (3, 0.1%)

1 いうべきガボリオ, いうべき人物, 称すべきもの

▼ 古典より~ (3, 0.1%)

1 その意匠, 世界大戦後の, 研究を

▼ 古典作品~ (3, 0.1%)

2 の研究 1 の鑑賞

▼ 古典平家物語~ (3, 0.1%)

1 ではもう, には拠っ, はいわば

▼ 古典~ (3, 0.1%)

1 の力學, を墨守, 又は文章語式

▼ 古典復活~ (3, 0.1%)

1 の勢, の気運, の趣き

▼ 古典~ (3, 0.1%)

1 である, にまじっ, の翻読

▼ 古典様式~ (3, 0.1%)

1 との間, における理想化, の音楽

▼ 古典派経済学~ (3, 0.1%)

1 の完成者, の最後, はブルジョア的埒内

▼ 古典的作家~ (3, 0.1%)

1 に近い, の議論, は巧妙

▼ 古典的哲学~ (3, 0.1%)

1 に採ろう, の出発点, は物質

▼ 古典的支那文~ (3, 0.1%)

1 を学ばせる, を学ぶ, 即ちいわゆる

▼ 古典的理論~ (3, 0.1%)

1 から跡づけ, に対して其の, に於

▼ 古典的趣味~ (3, 0.1%)

1 の上, の側, を知らず

▼ 古典~ (3, 0.1%)

1 というもの, とシェイクスピヤ, への信仰

▼ 古典美術~ (3, 0.1%)

1 におけるごとく, に憧れ, を失いました

▼ 古典趣味~ (3, 0.1%)

1 なん, の匂い, の田舎

▼ 古典~ (3, 0.1%)

1 な顔, の作品, の少

▼ 古典であっ~ (2, 0.1%)

1 ても, て私たち

▼ 古典であり~ (2, 0.1%)

1 人生の, 直接には

▼ 古典です~ (2, 0.1%)

1 ね, よ一つ

▼ 古典でも~ (2, 0.1%)

1 時代が, 研究する

▼ 古典との~ (2, 0.1%)

1 解釈学は, 調和と

▼ 古典などに~ (2, 0.1%)

1 すべて通じ, なれば

▼ 古典などを~ (2, 0.1%)

1 読むにつれて, 読むにも

▼ 古典なる~ (2, 0.1%)

1 が故に, しきたりが

▼ 古典における~ (2, 0.1%)

1 仮名の, 実例を

▼ 古典についての~ (2, 0.1%)

1 また上代史上, 教養を

▼ 古典についても~ (2, 0.1%)

1 同じこと, 批評を

▼ 古典によって~ (2, 0.1%)

1 与えられた自己, 考えるだけでも

▼ 古典やら~ (2, 0.1%)

2 また日本

▼ 古典ギリシア~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の現代的飜案

▼ 古典~ (2, 0.1%)

1 の古典, の大変立派

▼ 古典主義時代~ (2, 0.1%)

1 とも稱, の内容

▼ 古典主義的~ (2, 0.1%)

1 だ, な判断

▼ 古典伝来~ (2, 0.1%)

2 の描写力

▼ 古典劇作家~ (2, 0.1%)

1 とされ, を読ん

▼ 古典力学~ (2, 0.1%)

1 だけで間に合う, をそして

▼ 古典叢書~ (2, 0.1%)

1 だな, で全

▼ 古典~ (2, 0.1%)

1 が見事, とのじつに

▼ 古典~ (2, 0.1%)

1 の極めて, を添

▼ 古典支那文~ (2, 0.1%)

1 を正しく, を見なれ

▼ 古典教育~ (2, 0.1%)

1 に関する著者, の方

▼ 古典文学者~ (2, 0.1%)

1 であったシュライエルマッヘル, であるその

▼ 古典文書~ (2, 0.1%)

1 だけに限定, である

▼ 古典文献~ (2, 0.1%)

1 の引用, を著述

▼ 古典派風~ (2, 0.1%)

2 の絵

▼ 古典画作り~ (2, 0.1%)

1 といふ感, としても須田式

▼ 古典的人間~ (2, 0.1%)

1 としてもゲーテ, として成熟

▼ 古典的伝統~ (2, 0.1%)

1 であった, の不滅

▼ 古典的傑作~ (2, 0.1%)

1 なぞ新劇俳優, は人間そのもの

▼ 古典的力学~ (2, 0.1%)

1 でも明白, を応用

▼ 古典的地盤~ (2, 0.1%)

1 の上, の時代

▼ 古典的悲劇~ (2, 0.1%)

1 というべき, をその

▼ 古典的教養~ (2, 0.1%)

1 が唯一, を持った

▼ 古典的文書~ (2, 0.1%)

1 の解読, の解釈法

▼ 古典的時代錯誤~ (2, 0.1%)

2 であり余りに

▼ 古典的概念~ (2, 0.1%)

1 によつて, の本質

▼ 古典的源泉~ (2, 0.1%)

1 に基い, を集めた

▼ 古典的理想主義~ (2, 0.1%)

1 でありその, をねらっ

▼ 古典的見地~ (2, 0.1%)

1 からし, の基準

▼ 古典研究者~ (2, 0.1%)

1 の資料鑑別眼, の頭

▼ 古典~ (2, 0.1%)

1 一位に, 一巻の

▼ 古典精神~ (2, 0.1%)

1 に還り, を近代意識

▼ 古典絵家~ (2, 0.1%)

2 の意趣

▼ 古典繪家~ (2, 0.1%)

2 の意趣

▼ 古典舞踊~ (2, 0.1%)

1 の復興, の歩

▼ 古典表現~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 古典観念論~ (2, 0.1%)

1 の中心課題, の伝統

▼ 古典~ (2, 0.1%)

1 について先, は近代

▼ 古典詩学~ (2, 0.1%)

1 の同じ, の窮屈

▼ 古典読本~ (2, 0.1%)

1 のため, の現代文学

▼1* [277件]

古典あながち史書では, 古典ありがたやへの, 古典あるひは, 古典および支那の, 古典からしか惹き出せない, 古典からということを, 古典からは大いに盗んだ, 古典こそ最上の, 古典さえ実は公式, 古典しかわからないよう, 古典ずき万葉ずき, 古典その者の, 古典その他の文献, 古典たらしめようと意気, 古典たる宮廷の, 古典だけでお艶, 古典だけを対象とは, 古典だの全集だ, 古典であったと考える, 古典であるならどのやう, 古典である動かされ教へ, 古典でさえもなくて, 古典といふものは, 古典とかいう特定の, 古典としてはこの要領, 古典どおりな訓, 古典なぞと一緒に, 古典など特にそうだ, 古典などが最も良い, 古典などでどんなの, 古典などに関して前世紀以来, 古典などの講義を, 古典なども僕らが, 古典においてそうでありまし, 古典においてはネノクニであり, 古典にとっても現代にとっても, 古典にのみ現われて, 古典にまで論拠を, 古典に対すると同じこと, 古典に関する論議が, 古典のみか後代久しく, 古典のみには安らえない, 古典ばかりということに, 古典ひきの最上, 古典よりはぼくの, 古典よんでい, 古典らしい油絵の, 古典らしく面白かった, 古典をも課します, 古典エッサネイ頃の, 古典ギリシアそのものにあっ, 古典ギリシア語においてもすでに, 古典ギリシャの芸術, 古典ディドロなんか我慢, 古典ロシア革命文学の中, 古典ヴァイオリン曲にも重要, 古典の評価, 古典主義劇の残塁, 古典主義文学の理性, 古典主義浪漫主義自然主義の三つ, 古典主義進歩と伝統, 古典主義運動が演劇, 古典主義風の悲劇, 古典乃至歴史に, 古典二冊二十銭酒は安く, 古典人間史といっ, 古典仏教派の精巧, 古典以上厖大な, 古典作家達の盛大時, 古典作曲家中の巨峰, 古典作物以外には其古典, 古典俚謡の数曲, 古典全集の解題, 古典劇クラシックに対して一方, 古典劇上演はもちろん, 古典劇場の別名, 古典劇専門の俳優, 古典劇時代からである, 古典即ち純粹, 古典及び一般問題に関する, 古典取扱いの中, 古典叙事詩と古典悲劇, 古典古語に通じた, 古典時代人の, 古典同時に漢文の, 古典名作とされる, 古典名曲のレコード, 古典哲学以来哲学そのものの一分科, 古典哲学的な意味, 古典の社会学者, 古典好みからロドマン, 古典学校やソルボンヌ大学, 古典学的興味の対象, 古典学的骨董品に自分, 古典学究の理窟, 古典学等の研究, 古典學研究について茲, 古典家レオナドダヴィンチの高潔, 古典尊重の精神, 古典小屋本家茶屋からといふの, 古典小説中でも比類, 古典崇拝の伝統, 古典常套の誇張, 古典式幾何學は變更, 古典式表現に近代, 古典弾きのプロフェッサー, 古典形式の交響曲, 古典後期のもの, 古典復古するわけ, 古典復帰を見る, 古典復興物語調流行がきざしかけた, 古典思想では慾天, 古典思慕に入り込んだ, 古典悲劇作家の面影, 古典悲劇専門の俳優, 古典成立の時代, 古典手寫本の飜刻, 古典扱いをされ, 古典抒情詩の中, 古典探偵小説の方, 古典探求の態度, 古典摂取の態度, 古典擁護に違い, 古典数学の全面的, 古典が大方そう, 古典文化のつきない, 古典文学スタイルの特徴, 古典文学書俳書歌書を集める, 古典文学談に区切, 古典文学謳歌の傾向, 古典日本建築に生甲斐, 古典書中の諸, 古典楽器の演奏, 古典歌謡である, 古典歌謡曲の名手, 古典派らの味わい, 古典派作家らのうち, 古典派洋画家と自ら称, 古典派浪漫派及び近代大家, 古典派等のもの, 古典流行から何一つ, 古典源氏を純文学, 古典演劇はたしかに, 古典漢文の古典, 古典漢文科の出身, 古典のブリタニカ, 古典物理学的な範疇体系, 古典特に古典的文書の, 古典生活の調査, 古典画作り達は成るべく, 古典画家或ひ, 古典発見であったの, 古典発音によつて, 古典的オペラへの興味, 古典的ギリシアの昔, 古典的ゴシツク派の藝術, 古典的スケプティズムに較べれ, 古典的タイプを学ぶ, 古典的ロシア写実派の絵, 古典的ローマン的および自然主義的, 古典的人工的な美, 古典的伝統精神と形式, 古典的価値自身の内部, 古典的偶然論の誤り, 古典的典型たる, 古典的劇詩人の傑作, 古典的勢力を持つ, 古典的名著中に述べた, 古典的和弦などよりもはるか, 古典的哲學は物質, 古典的地位を贏, 古典的均衡である, 古典的天才を褒め揚げる, 古典的存在さえ危く, 古典的完成古典的秩序私は君, 古典的屋内装飾はその, 古典的常識は例えば, 古典的年代にあっ, 古典的建築および屋内, 古典的形式の束縛, 古典的情緒を歌つた, 古典的意味での伝統, 古典的意義のある, 古典的懐疑論の行なわれた, 古典的戦法に邂逅, 古典的戦法そのものである, 古典的手法でまるで, 古典的抽象形態を有っ, 古典的文化型を復活, 古典的文化支那趣味として日本, 古典的文学を所有, 古典的文物は夫, 古典的文献そのものが改竄, 古典的文献的価値を認め, 古典的文章を引用, 古典的時代と考え得るなら, 古典的本文の前後, 古典的東洋民族の古代史, 古典的業績である, 古典的楽匠らによって実際, 古典的模型を用, 古典的権威から云っ, 古典的歌舞伎の保存, 古典的歌集はもちろん, 古典的正統派経済学の方法, 古典的死語に代えるべき, 古典的物語は先ず, 古典的特色は満喫, 古典的理智的にし, 古典的社会学がその, 古典的秩序へのあこがれ, 古典的秩序私は君, 古典的童話的と云う, 古典的筆法で, 古典的筆致と現代私娼窟, 古典的精密科学の方法, 古典的統計操作であるとか, 古典的統計法が原子物理学, 古典的考察はなぜ, 古典的自然主義への進展, 古典的自然主義芸術の伝統, 古典的舞踊と歌曲, 古典的色彩のみが今日, 古典的芸術におけるごとく, 古典的荘重さをもった, 古典的著作を抱え, 古典的著述を完成, 古典的表現として択ん, 古典的要素の一切, 古典的觀念を捨て, 古典的解説は, 古典的言辞を弄する, 古典的詩文をまね, 古典的課題であったこの, 古典的論理でありこの, 古典的近代が実存, 古典的造形芸術さえもの解釈法, 古典的遺産として残る, 古典的量子論であ, 古典的静謐の美, 古典的音楽ともいうべき, 古典的香りのする, 古典知れた数だ, 古典研究会いろんなもの, 古典の, 古典のパントマイム, 古典科出身の, 古典素問を排した, 古典紹介ぶりであったの, 古典経済書の一つ, 古典編纂の事業, 古典者流のある, 古典自分未来この三位一体, 古典自由哲学の初め, 古典自身が決める, 古典色彩の濃厚, 古典芝居の科白, 古典英詩の抜萃, 古典観念論者のフィヒテ, 古典觀念と量子論, 古典解説や報道文作製術, 古典詞章の幻, 古典詩中いろいろな意味, 古典詩人という, 古典詮索の興味, 古典語化して, 古典語学と古典語, 古典語学精神なん, 古典調はない, 古典論的電子論の見地, 古典現実派と, 古典趣味宗教臭と近代科学, 古典電子論は発達, 古典音楽主題音楽はどの, 古典音楽鑑賞の他, 古典に留り, 古典風景で包んだ