青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

口惜し~ ~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~ ~古く 古く~ 古人~ 古今~
古代~
古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く 叩く~ ~只

「古代~」 2638, 28ppm, 4118位

▼ 古代~ (926, 35.1%)

8 人の 5 人が 4 ことは 3 人々が, 人に, 幻想で, 支那紙を, 文明を, 村, 美術に

2 [59件] ことを, もので, ものを, ギリシャ人は, ジヤアナリストに, ワルプルギスの, 事だつたら, 事を, 事物を, 人々は, 人です, 人は, 人間は, 人間理想が, 伝承に, 伝説に, 作品を, 分類が, 劇の, 動物の, 印度では, 印象が, 奪掠法とも, 姿で, 婚姻の, 宗教文学に関する, 宝玉を, 家屋を, 希臘人を, 彫像の, 彫刻の, 思想を, 教えの, 文化は, 文学に, 文学を, 文學に, 日本人に, 有様を, 歌謡に, 歴史は, 民族が, 王と, 研究が, 神話を, 祭場, 祭場だった, 禊ぎの, 窯器の, 習俗を, 考へでは, 考へ方, 葬坑で, 薄明を, 表現法を, 装飾に, 記録無力の, 豊富な, 騎士の

1 [770件 抜粋] あきつかみと, あの怪奇, あらゆる文献, ありさま, ある古典劇, いい建築, いろいろな, うれひして, おには, かなり平等, かれら, ことで, こと迄, すばらしい優越, においが, にほひ, ほほえみ, ま, ままを, もっとも偉大, ものが, ものだ, よい点, ように, アラビア人にも, インドの, エジプトの, エゾは, エタに, エトラスケール語から, エヴォエ, カルデアと, カルデア人と, キリスト教關係の, ギリシアの, ギリシヤ語に, ゲルマン民族の, シナ国には, シャーマンに, シャーマンの, スカンヂナヴィア詩人は, ストアや, パン, パンの, ファルスは, ブリトン人が, プラトンの, ペルシアにおいては, ポン教の, ポン教より, ミニェチュアや, ヨーロッパ語では, ローマ共和政を, 一片が, 万葉人が, 万葉仮名を, 不死身にも, 世界を, 世界地図が, 中国人が, 中国人は, 事として, 事実すなわち, 事業が, 井は, 交通の, 交通路です, 交通路に, 人々の, 人ご, 人たちの, 人名まで, 人文は, 人民に, 人物や, 人間の, 仏像に, 仙術, 仮名遣の, 仮面を, 伏羲, 住民の, 何が, 佛體に, 作り話であったなら, 作品として, 例へば希臘, 信仰とは, 信仰の, 信仰問題が, 信濃でも, 俤あり, 修辞学者の, 假作物語類の, 偉人の, 傑作ばかり, 像に, 儘に, 内の, 出版から, 出雲地方と, 刑法が, 初期絵画に, 力士圓鐵板投ぐる男の, 助詞, 動物に, 化石と, 医書を, 医者の, 印度なら, 印度イラニアン語を, 口誦伝承が, 古代を, 古跡の, 史家の, 名作は, 名画で, 名画や, 呼び名の, 品も, 哲学者が, 哲学者により, 哲学者達と, 哲学者達は, 商變し, 啓示の, 器具や, 回鶻人は, 国々の, 国家なる, 国家の, 国語では, 国語には, 土師の, 土師部が, 地名を, 地図及び, 地方官で, 埃及び, 埃及人か, 埋葬場で, 城壁が, 城門が, 基督教信者が, 墓か, 墓地でした, 墳墓が, 墳墓であった, 墳墓に, 墳墓を, 壺に, 大和絵巻を, 大家を, 大殿堂, 大熊が, 大蛇の, 大都市で, 天地根元造りを, 天子様は, 天文学史の, 天文学家の, 天竺国が, 女は, 奴隷は, 妄想を, 姨捨山は, 姿を, 娘の, 婆羅門教が, 婦人に, 字なりと, 学者にても, 學術に, 完全な, 宗教中の, 宗教家の, 宝玉という, 宣教部曲は, 室ほ, 宮廷の, 宮殿が, 家伝, 密集集団は, 寶石なるべし, 小さな神, 屏風を, 山人の, 山城の, 山東人が, 峠の, 工事の, 布地で, 希臘の, 希臘哲学に, 希臘藝術や, 希臘語に, 帝王其の, 平和条約, 平安は, 幻想であった, 廃城でも, 建物が, 建築および, 建築物など, 建築物や, 形は, 形容詞には, 形而上学者の, 彫像や, 彫刻で, 彫刻に, 彫刻家を, 影は, 彼らを, 復帰を, 復興である, 微笑の, 心は, 思想で, 思想の, 思索者中での, 怪物が, 恐ろしい竜, 情史の, 慣例中かの, 懐疑論も, 懷疑論者の, 戦闘隊形は, 戸籍を, 所謂王道といふ, 手製陶器細工を, 掟を, 探求から, 支那の, 支那人だ, 支那人の, 支那人は, 支那印度では, 支那語の, 教えなるポン教, 文人ヴァレリウス・マクシムスの, 文化が, 文化と, 文化として, 文化の, 文化を, 文字で, 文字の, 文学で, 文学的な, 文明に対する, 文書の, 文法からは, 文献に, 文献においては, 文献には, 文献の, 文章が, 文章の, 新室の, 方に, 方へ, 方へも, 旅人が, 旅客に, 族長制度の, 日の, 日本に, 日本民族が, 時を, 書, 書物では, 書物における, 書籍の, 最大の, 服装でも, 服装を, 朝鮮及び, 木杓子の, 朴實敬畏, 村の, 村人は, 条里制の, 板石や, 栄光の, 楯の, 楯打ち, 楽器から, 様式のが, 樣子が, 樹は, 欧羅巴文学に, 歌では, 歌には, 歌や, 歌垣も, 歌謡の, 武士道と, 歴史たとえば, 歴史であった, 歴史を, 歴史伝承の, 歴史思想の, 母たちは, 毛の, 氏族制度などから, 民の, 民俗は, 民俗印象を, 民間傳承, 気だかくも, 水道の, 法でも, 法律を, 浮浪民, 海戦の, 海部, 湖水に, 漢文サンスクリット古代印度の, 漢族が, 火傷の, 火論家水論家が, 父系系譜は, 牧場の, 物語などを, 物語中の, 特別の, 獄吏も, 王は, 王宮の, 理想へ, 瓦に, 生命観で, 生活が, 生活の, 生物の, 生物ばかり, 男女関係ばかりからは, 画家は, 痕を, 発見を, 発音については, 發掘品といふ, 皇后は, 目録と, 相撲は, 知識の, 短歌の, 石器時代人民が, 石門が, 社会力, 社会状態を, 社会生活には, 祖先らは, 神, 神は, 神事の, 神事演芸は, 神仙思想, 神仙思想に, 神仙思想においても, 神仙思想及び, 神学者が, 神祭りの, 神話と, 神話に, 神話の, 神話は, 神話よりも, 神道である, 祭が, 祭に, 祭儀を, 祭典の, 祭場だ, 禮制である, 禮制の, 稗史小説を, 稚拙の, 空気が, 立法者が, 笑いは, 第一期, 純粋の, 紙の, 素朴な, 紫根染の, 経典, 絶滅した, 絹, 經濟事情を, 続いて, 繪畫ばかりを, 羅馬人が, 美から, 美しき植物神話, 美術, 美術や, 習慣で, 習慣に, 耳鬘の, 聖人が, 聖人この, 聖徒の, 聖者に, 聖賢の, 聖賢若く, 胆を, 膳夫が, 自由の, 自由奔放なる, 舞踊に, 航海者には, 色硝子に, 芸術に, 芸術をも, 英主の, 英雄によって, 英雄豪傑の, 茶の, 著者は, 著者達と, 著述を, 虫に, 行事が, 衣冠を, 裁判に, 裸体像は, 裸体像を, 解釋家も, 言語については, 言語伝承に, 記念の, 記録においては, 記録にも, 記録中に, 記録中幾多の, 証と, 詞章が, 詞章の, 詩の, 詩人が, 詩人の, 詩人は, 詩篇の, 話は, 語で, 語を, 説話とは, 説話は, 論理は, 諸国民, 諸彫刻作品, 謳歌者である, 象の, 貝墟を, 貞操観念或は, 財産に, 賢人だ, 賤民たる, 賤民である如く考えられ, 赤煉瓦の, 輝かしい文化, 近東の, 遊蕩を, 道が, 遣唐使船が, 遺物である, 遺物また, 遺習の, 邑, 邑落生活様式の, 都鄙の, 酋長は, 重さ, 重みから, 鏡が, 鏡は, 鏡や, 長老や, 開港場に, 閨秀作家紫式部の, 陶器と, 陶器を, 隠語は, 雰囲気に, 靈賢が, 面が, 面影を, 音は, 音樂より, 音韻と, 音韻を, 風に, 風景が, 風習が, 首都であった, 高僧の, 高貴な, 鬼神を

▼ 古代~ (156, 5.9%)

16 於ては 12 於て 8 あっては 5 ありて, 於いては 4 あつて 3 ありては, 溯って 2 初夜権の, 実在した, 於ける漢族, 溯つて, 溯ると, 溯る程, 用ゐた, 発見する

1 [84件] あったという, あっても, ありましては, あると, ある野焼き歌, ここに, さかのぼった系図, さかのぼっての, さかのぼらば, さかのぼれば, それが, そんな隅, とうて, なかつたと, なる, まず原人, バビロンの, 一度びそれが大成せられ, 三公の, 互いに違った, 依つて解釈, 偏し過ぎ, 偏つてを, 其の言葉, 同じやう, 回すの, 在ても, 在りて, 多く或いは, 存ぜしこと, 存続の, 属すること, 帰つた様な, 帰ること, 復へる, 手代部といふ, 支那に, 於いて, 於いても, 於けるかの, 於けるスピノーザ氏, 於ける世界, 於ける人, 於ける典型的, 於ける南北思想説, 於ける南支那, 於ける各種, 於ける合理化, 於ける呪言, 於ける婚姻制度, 於ける宗教, 於ける宮廷, 於ける海陸, 於ける無限主義, 於ける社会組織, 於ける謎, 於ける遊離神霊, 於ても, 既に送り神, 日本武尊中世に, 歸つた樣な, 比し若く, 法と, 溯つて稽, 溯りたいならせめて, 溯るほど, 生存せし, 発見された, 発見せらるる, 發した, 着眼した, 置き復古思想, 置く必要, 置く説, 行はれた, 行われたもの, 行われて, 見出される, 謡ひ, 起ったの, 遡ぼる憂愁, 遡らずとも, 遡ると, 阿波の

▼ 古代~ (120, 4.5%)

6 の生活 4 の間 3 の死, の考 2 が太陽神, の信仰, の心, の持つ, の注意, の群, の頭脳, や中世的人間

1 [88件] が信仰, が実在, が幻想, が死霊, が素朴, としての深い, としての理想, と土着人, と現代, ならば, にとってはその, にとって甚だ, にとつて, には殊に, には知られなかった, には神, に見出す, のひとり取り殘, のよう, の世界観, の之, の代表的, の信仰的登山, の内, の内部, の力強い, の哲学, の哲學, の地図, の奇蹟, の宗教, の官能, の家屋, の尊崇, の尊重, の居住趾, の常に, の幻想, の形蹟, の心持, の思想, の情操, の感情, の憧れ, の所謂海阪, の方, の物, の特性, の理想的人格, の理由, の生命觀, の疫病神, の発展方向, の神話, の稚, の空想, の簡易生活, の粗野, の純, の素朴, の考へた, の観念, の解釈, の言語, の頭, の饗宴, はこう, はこの, はさ, はそこ, はそれ, ははかま, はチ, は主上, は事実そこ, は光り, は呪詞, は多分, は巌, は戦闘, は斯, は知っ, は考へました, も亦, らしい心, らしく, を想定, を見た

▼ 古代から~ (73, 2.8%)

2 あつた, 近代に, 近代まで

1 [67件] あつて, あるの, いわゆる哲学者, この国, これに, すでにさうで, すでにそうで, ずっと継続, そういわれ, そのままに, ただ一人の, だん, であるが, ひき続い, まれびとに, よく知られ, ギリシア人や, ダークと, 一時的には, 不孝に, 中世に, 中世へ, 中世へは, 中世を, 中古にかけての, 人の, 今に, 今日まで, 伝はる星座の, 伝わったもの, 伝わって, 傳つて來た, 傳統的に, 匪盜の, 印度に, 受身の, 国造が, 大衆文芸と, 存在する, 定住し, 家々に, 實行され, 対立し, 屡現れ, 崇敬至った, 思えば, 戰場で, 支那人が, 日本の, 楚材晉用, 渇仰の, 澤山ある, 無理横暴な, 現今まで, 現時に, 祖先の, 祭器や, 絶大の, 耳環を, 華夏と, 親しく養老, 親を, 近世迄の, 近代への, 近代までを, 頗る發達, 食人肉の

▼ 古代には~ (64, 2.4%)

2 強いもの, 機に

1 [60件] あったが, かうした少女, さうし, なかった, まだ現れなかつた, ハシタという, リを, 一向注意, 一面の, 人間の, 今日の, 今日よりも, 他の, 修飾の, 偶数句並列であった, 努めて, 単なる装飾, 口で, 各の, 吉い, 名のり, 君に, 国法を, 大連すなわち, 存在し, 宗教や, 実際音楽, 家の, 尊者の, 尠く, 屍体を, 市と, 平仮名や, 強烈に, 当時の, 後に, 愛書家という, 成年戒を, 既にかなり, 日つぎのみ, 日本人も, 明らかに, 此等の, 死の, 殉死の, 母音一つで, 水葬のみで, 特定の, 珍らしい, 現代に, 発音上区別が, 禁厭の, 稀で, 第一回, 老人を, 蟾蜍が, 貴族騎士平民奴隷が, 軽羅を, 逆転しなかった, 邑落や

▼ 古代~ (52, 2.0%)

5 の研究 3 の上 2 なの, に於, に比較, に見えた, の人々, の奥底, を解く

1 [30件] が多く, だって恐らく, では重大, で關係, にも現れ, に多く, に政治的変形, に散見, に残り原始種族, に現れる, に著, のある, の一民族, の世界的権威, の似た, の学者, の考, の考證家, の要領, の記事, の説明, の謎, の闡明, の體裁, や神話, をおもに, を一々, を他, を専門, 片や海洋学

▼ 古代生活~ (40, 1.5%)

3 とでもいふ 2 の大切

1 [35件] がわが国, が奈良朝以前, で, であるなら, とでもいう, に基調, に引き当て, に於, に於ける, に現れた, に見えた, に還らう, の一樣式, の中, の俤, の個々, の印象, の大きな, の感情, の断片, の根本基調, の現に, の研究, の組織, の統一原理, の説明, の軌範, は云々, は村, は此, は言語伝承, を対象, を知らう, を考へる, を規定

▼ 古代法律~ (31, 1.2%)

3 と云 2 の中

1 [26件] が支那, たる養老律, で今日, で原, とを對照, にも掲載, に明るい, の傳統的, の変遷現象中, の大要, の深い, の研究, はどう, は何れ, は何故斯く, は何時頃, は差別主義, は支那, は通じ, も勿論, も支那, も無論, を研究, を見ます, を通じて親, を通觀

▼ 古代~ (30, 1.1%)

2 山ごもりし

1 [28件] かういふほう, ここに, このマブチャ・カンバブ, これと, しぬびごと自体, それを, もう少し形, イ列と, プラトン及び, 全く地主, 刈りあげ祭り, 別だ, 勿論近世, 勿論近代, 叙事する, 古代現代は, 国家の, 国民皆兵であり, 夢に, 実体概念によって, 實體概念によ, 少かつ, 木を, 水を, 物心二元, 綱で, 貴族政治が, 近世と

▼ 古代印度~ (24, 0.9%)

5 の法典 2 の立法者, の諸

1 [15件] ではアナロジー, と古代以来近世, にて社會, に於, のみならず, のブラフミー文字, の俗語, の哲学, の密教, の文學, の樣, の研究者, の聖人, の詩人, 乃至今日

▼ 古代からの~ (23, 0.9%)

1 [23件] ありのままの, ことの, ことを, ならわしである, 事で, 伝統では, 信仰では, 儀礼の, 制度を, 労働的精神と, 宋元, 文句は, 歌謡の, 歴史に, 社会組織は, 神の, 素朴な考へ, 習俗によ, 習慣として, 考へ方, 自由な, 言い伝えでは, 雅名で

▼ 古代文化~ (23, 0.9%)

2 の上, の伝統

1 [19件] からズツ, が全滅, が既に, と平, と民族, に就, の一端, の世界, の中堅, の偉大, の力, の唯一, の復興, の所産, の研究者, の總, の繁栄, への超, を見失っ

▼ 古代日本~ (23, 0.9%)

2 の論理

1 [21件] では主, では神, というもの, の, のつま, の一部, の原始的, の多く, の姿, の文学以前, の正体, の民族性, の生活, の社会, の神, の純粋, の考へ, の重要, はかく, を思ふ, を象徴

▼ 古代~ (22, 0.8%)

4 現代の 2 近代とを

1 [16件] し日本, 中世とでは, 中世とは, 中世とを, 云って, 南洋人種の, 同一分量で, 大差なき, 日本古代との, 最も近い, 現代との, 現代とを, 考へて, 聯絡は, 言へば, 近代とに

▼ 古代ギリシア~ (22, 0.8%)

2 の哲学, の自然哲学

1 [18件] のいずれ, のエポス, のプラスティック作品, のヘロドトス, のポリス, の二千何百年前, の作家パウサニアス, の兵法, の兵法書, の哲人, の哲学者, の唯物論的世界観, の学者, の文化, の時代, の自然論者風, の芸術的遺物, の諧謔詩

▼ 古代信仰~ (19, 0.7%)

2 に於ける

1 [17件] から派生, から見, が多く, が見え, では前者, では死, といふ題, による登山, の元, の共通的形式, の変形, の常式, の推移, の標幟, の用語, の記録, の重要

▼ 古代希臘~ (17, 0.6%)

2 の彫刻, の或

1 [13件] か古, などあらゆる, に於ける, に既に, のソフイスト, の叙事詩, の如き, の婦人, の宗教, の昔, の詩界, の陶画, をその

▼ 古代では~ (16, 0.6%)

1 [16件] これに, すべて大, なかった, もとよりなかっ, 五段に, 印度でも, 四十歳迄は, 国君ならびに, 地方の, 書寫の, 決してかく解すべき, 神は, 禮を, 航海または, 若干家族制度が, 農民が

▼ 古代において~ (15, 0.6%)

1 [15件] さうし, しばしば実現, すでに外国文化, それが, ソクラテスが, 一般に, 中央文化の, 分からざりしこと, 各地鹿の, 国家団結の, 家の, 既に解釈, 東方海島の, 男女ともに, 貴族と

▼ 古代より~ (15, 0.6%)

1 [15件] 仲悪しき, 伝わって, 伝わりて, 修験の, 傳説せられ, 最も近代, 法律思想は, 湧き出て, 現代に, 舟行必由の, 行われたるよう, 要津, 論議が, 近代に, 近代ほど

▼ 古代においては~ (14, 0.5%)

2 今日の, 個人意識は 1 これには, よしや乞食, ア行の, 世界共通の, 多くの, 屍骸を, 御互, 清音の, 父を, 考へられては

▼ 古代~ (14, 0.5%)

1 [14件] これは, さながらに, 侮り未來, 味うには, 呼吸し, 喚起せしめ, 現状に, 眼前に, 空想させた, 笑ふ, 考へるのに, 考へるもの, 論ずるごと, 象徴する

▼ 古代日本人~ (14, 0.5%)

2 の信仰生活, の間, の頭 1 に似, のユーモア, の世界観, の心情, の恋愛, の生活, の靈魂, を知らん

▼ 古代時計室~ (14, 0.5%)

1 [14件] だという, と拱廊, にあった, には私, に幽閉, に行く, に鍵, の中, の前, の扉, の文字盤, の鉄扉, へ, を出る

▼ 古代民族~ (14, 0.5%)

1 [14件] が何, が山, にあっ, にとっては暦, にはこの, にも, の俗信, の名残り, の天文学的測定, の性格, の歴史, の残忍性, の記憶, の間

▼ 古代研究~ (14, 0.5%)

2 の話

1 [12件] において最も, には材料, の上, の基礎, の成果, の為, の発足地, の立場, は此仮説, をせなかつた, 始まって, 始まつて

▼ 古代支那~ (13, 0.5%)

2 の衣冠

1 [11件] では隋, においてどう, には編磬, に参ずる, に於, に於ける, の封建イデオロギー, の思想, の文明, の論理, の貨幣

▼ 古代~ (12, 0.5%)

2 なもの 1 であり原人, な, なるもの, な叫び, な往還, な意味, な物理学, な美し, な静けさ, には更に

▼ 古代~ (12, 0.5%)

2 の研究 1 が役, であり中世, であること, でゐ, として注意, にある, において母音, にも翻訳, の, は訣ら

▼ 古代における~ (10, 0.4%)

1 事実としては, 俗間語原観を, 先輩の, 威力神が, 最も重大, 父系系譜の, 発達とは, 科学の, 葬儀の, 護法の

▼ 古代エジプト~ (10, 0.4%)

3 の文化 1 では猫, に於, に於ける, の王宮, の王様, の王統, の神殿建築

▼ 古代文字~ (10, 0.4%)

1 ですが, という, というもの, とかをいじくり廻し, などを研究, なんかに彼女, のこと, のよう, のワ, は戈止

▼ 古代的範疇~ (10, 0.4%)

1 がそのまま, が今日, が持ち出される, で処理, と近代的範疇, は近代的範疇, を現代的カテゴリー, を用いよう, を用いる, を近代的範疇

▼ 古代埃及~ (9, 0.3%)

2 の彫像, の遺作 1 か, に発明, の年代, の木乃伊, の甲虫

▼ 古代宗教~ (9, 0.3%)

1 および文学, のいわゆる, の世界形成, の中, の基礎観念, の形態, の規定通り營辨, の語, は宗教

▼ 古代精神~ (9, 0.3%)

1 がすべて, が閃, であると, の起つ, はそれ, を教えない, を見出さなけれ, を見出す, を閃

▼ 古代詞章~ (9, 0.3%)

4 の上 1 から其文句, が保有, に於ける, の中, の神

▼ 古代哲学~ (8, 0.3%)

1 が殆, との一貫, に於, の範疇, の質料概念, はその, は実体性, は本書

▼ 古代更紗~ (8, 0.3%)

1 が唯三反, だのそんな, で張っ, のカアテン, の二つ折り, の帯, は好者, を三反

▼ 古代~ (7, 0.3%)

1 保存せられ, 僕らを, 急に, 描けそう, 沖縄の, 眠つてゐる, 遺つて

▼ 古代ギリシャ~ (7, 0.3%)

1 の彫刻, の後継者, の物, の神話中, の美術品, の舞台, の連邦議員

▼ 古代中国人~ (7, 0.3%)

1 が黙々, に特有, の各層, の思想, の怪奇, の端倪, も初め

▼ 古代文學~ (7, 0.3%)

1 が現代, に就い, の事, の共通, はいづれもみな共通, を學ぶ, を研究

▼ 古代論理~ (7, 0.3%)

1 から呪言, が彼, にまで溯つ, に順応, の立て, を研究, を考

▼ 古代でも~ (6, 0.2%)

1 なくて, 兩親の, 内膳司の, 同樣, 家族制度が, 文語に

▼ 古代にも~ (6, 0.2%)

1 仁徳天皇の, 存せしならば, 既に此桃, 段々今年, 相当に, 霊魂不滅論あり

▼ 古代及び~ (6, 0.2%)

2 中世の, 現代の 1 中世音楽の, 支那の

▼ 古代埃及人~ (6, 0.2%)

1 が一番尊敬, が死後生活, の天体, は地球, は霊魂不滅, 程ひどく

▼ 古代復帰~ (6, 0.2%)

3 の夢想 2 の夢 1 を夢みる

▼ 古代~ (6, 0.2%)

42 羅人服飾想像圖

▼ 古代社会~ (6, 0.2%)

1 には古代的ジャーナリズム, には古代社会, には女酋長, の封建社会, の指導力, の機構

▼ 古代芸術~ (6, 0.2%)

1 に関した, のかの, の自然, の面影, の香, の香り

▼ 古代金貨~ (6, 0.2%)

21 だそう, でありますから, に宝玉, の噂

▼ 古代~ (5, 0.2%)

2 布片とか 1 ものであった, 彫刻を, 紅色の

▼ 古代~ (5, 0.2%)

1 その条, ないよ, やはり今, 疑ひを, 観察の

▼ 古代エジプト人~ (5, 0.2%)

2 は死者 1 の神話, の遺族, や古代ギリシア人

▼ 古代ギリシヤ~ (5, 0.2%)

1 などは問題, の二人, の哲学, の英雄, や東方諸国

▼ 古代ペルシア~ (5, 0.2%)

1 のカラ井戸, の物語, の王, の美しい, の英雄ルスタム

▼ 古代ローマ~ (5, 0.2%)

1 に於, の岬, の最大, の東南, の虐帝

▼ 古代史上~ (5, 0.2%)

1 からも遺跡, にヒダ, に重大, の大, の最も

▼ 古代文明~ (5, 0.2%)

2 の存在 1 の新しい, の第, を眼前

▼ 古代インド~ (4, 0.2%)

1 に行われ, のバラモン教徒, の交通, や古代支那

▼ 古代スパルタ~ (4, 0.2%)

1 の歴史, も論語孟子, をさ, をさえ再建

▼ 古代世界~ (4, 0.2%)

1 と, と当時, の人口, を代表

▼ 古代中世~ (4, 0.2%)

1 に地中海, に用, のもの, の波斯人

▼ 古代中国~ (4, 0.2%)

1 と限らず, において既に, のアルケミィ, の神仙思想

▼ 古代人形~ (4, 0.2%)

1 になっ, のよう, はほぼ, を出し

▼ 古代国語~ (4, 0.2%)

1 では, では一語中, とつきあはせ, の発音上

▼ 古代宮廷~ (4, 0.2%)

1 で尊信, に於, の伝承歌, の慣例

▼ 古代建築~ (4, 0.2%)

1 とも著しい, にはムロ型, に認められる, の遺蹟

▼ 古代思想~ (4, 0.2%)

1 が純, というもの, に對, 即ち春秋

▼ 古代文学~ (4, 0.2%)

1 に就い, の事, を研究, を集大成

▼ 古代文献学~ (4, 0.2%)

1 の一分科, の書架, の研究, 即ち言語学

▼ 古代日本語~ (4, 0.2%)

1 の中, の優秀, の特色, の習慣

▼ 古代時計~ (4, 0.2%)

1 がズラリ, に関する彼, に馳せはじめた, の蒐集

▼ 古代~ (4, 0.2%)

2 の奇妙 1 において観る, や古代詩

▼ 古代神話~ (4, 0.2%)

1 にみゆる, に重大, の伝説, の叙述

▼ 古代美術~ (4, 0.2%)

1 に凝りだした, のやや, の大成, を俗

▼ 古代英雄~ (4, 0.2%)

3 の石像 1 のごとき

▼ 古代蒔絵~ (4, 0.2%)

1 とか仰々しい, の料紙箱, の本台, の溶け

▼ 古代~ (4, 0.2%)

1 の上, の煙草入れ, れなど, を売る

▼ 古代~ (4, 0.2%)

1 に感じられる, の巨船, の目録, の破風造り

▼ 古代とか~ (3, 0.1%)

1 中世とか, 歴史という, 申しました所

▼ 古代~ (3, 0.1%)

2 近代の 1 中世の

▼ 古代ギリシア人~ (3, 0.1%)

1 の功績, の根本的態度, を考えね

▼ 古代ギリシャ人~ (3, 0.1%)

1 がイギリス, は今日, は美

▼ 古代ギリシヤ人~ (3, 0.1%)

2 のそれ 1 と二十世紀

▼ 古代主義~ (3, 0.1%)

1 に結びつく, の特徴, は往々

▼ 古代女性~ (3, 0.1%)

1 が家, には其職掌上, の低

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 を散らした, を染め出した, を染出した

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 ですか, な老人, の生活

▼ 古代文献~ (3, 0.1%)

1 から出発, によつて印象, に現れず

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 の, の復活, の敷物

▼ 古代神仙思想~ (3, 0.1%)

1 が最も, の余燼時代, を瞥見

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 のみごと, の下, の波蘭婦人服

▼ 古代羅馬~ (3, 0.1%)

1 にてもさ, の艦船, を描き出す

▼ 古代言語~ (3, 0.1%)

1 にたいする特別, の研究方法, を列ねた

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 に著しく, の吟誦, を解釈

▼ 古代~ (3, 0.1%)

1 文明の, 民族の, 法典より

▼ 古代および~ (2, 0.1%)

1 中世, 現代の

▼ 古代その~ (2, 0.1%)

1 儘の, 族人が

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 から儀式, から罪

▼ 古代という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 程の

▼ 古代といふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 風には

▼ 古代とは~ (2, 0.1%)

1 到底比較, 状態が

▼ 古代においてのみ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 古代においても~ (2, 0.1%)

1 これにあたる, また現代

▼ 古代への~ (2, 0.1%)

1 復帰であろう, 愛と

▼ 古代むらさき~ (2, 0.1%)

1 のしぼり, の染め

▼ 古代めいた~ (2, 0.1%)

1 人情小説です, 装飾

▼ 古代スラヴ語~ (2, 0.1%)

1 で読み書き, を教えられ

▼ 古代ノルウェイ語~ (2, 0.1%)

1 の辭典, やその

▼ 古代バビロニア人~ (2, 0.1%)

1 の方法, の考え方

▼ 古代ファルス~ (2, 0.1%)

1 の風味, 乃至は

▼ 古代ブリトン人~ (2, 0.1%)

1 に就い, の婚姻制度

▼ 古代ロシア~ (2, 0.1%)

1 の伝説, の沢山

▼ 古代一般~ (2, 0.1%)

2 の風習

▼ 古代並びに~ (2, 0.1%)

1 中世の, 特に日本

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 の古代もの, 古代近

▼ 古代交通~ (2, 0.1%)

1 が今日, の舟行

▼ 古代仏像~ (2, 0.1%)

1 に近づき, の陳列室

▼ 古代仏画~ (2, 0.1%)

2 を摸写

▼ 古代以来~ (2, 0.1%)

1 のもの, の韻文

▼ 古代住民~ (2, 0.1%)

2 における人口

▼ 古代佛畫~ (2, 0.1%)

1 を摸寫, を模

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 に包んだ, の箱入り

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 に出, の傑作

▼ 古代北歐語~ (2, 0.1%)

1 でも表現, で第

▼ 古代史学~ (2, 0.1%)

1 の展開, の発展

▼ 古代史家~ (2, 0.1%)

1 がヒダ, が隠し

▼ 古代史研究~ (2, 0.1%)

1 の為, の結果

▼ 古代図書館~ (2, 0.1%)

1 に於, へいっ

▼ 古代国民~ (2, 0.1%)

1 が牛肉, はそれ

▼ 古代城郭~ (2, 0.1%)

2 の址

▼ 古代壁画~ (2, 0.1%)

1 がはがれ, の剥落

▼ 古代~ (2, 0.1%)

2 新染浴衣

▼ 古代悲劇~ (2, 0.1%)

1 が人間, と並び

▼ 古代意慾~ (2, 0.1%)

2 の曼陀羅

▼ 古代感情~ (2, 0.1%)

2 のリズム

▼ 古代技術~ (2, 0.1%)

2 に求める

▼ 古代支那人~ (2, 0.1%)

1 が人, が料理書

▼ 古代支那式~ (2, 0.1%)

1 なの, な苦肉の策

▼ 古代支那語~ (2, 0.1%)

1 であること, の音

▼ 古代文明国~ (2, 0.1%)

1 と嘲り, の一巨船

▼ 古代文章~ (2, 0.1%)

1 の発想法, の解剖

▼ 古代未開~ (2, 0.1%)

1 の時代, の遺風

▼ 古代東洋~ (2, 0.1%)

1 の学問, への郷愁

▼ 古代模様~ (2, 0.1%)

1 が見える, の鮮

▼ 古代歌謡~ (2, 0.1%)

1 ののどか, の上

▼ 古代歴史~ (2, 0.1%)

1 と, の基礎中

▼ 古代民種~ (2, 0.1%)

1 に関する講演, の証例

▼ 古代民謡~ (2, 0.1%)

1 のよう, はただ

▼ 古代王朝~ (2, 0.1%)

1 の最大, の遺物

▼ 古代王朝時代~ (2, 0.1%)

1 のエジプト人, の壮大華麗

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 と今, の袋入り

▼ 古代生物~ (2, 0.1%)

1 としても非常, の異風

▼ 古代的思惟~ (2, 0.1%)

1 から近代的思惟, においては物

▼ 古代皇妃~ (2, 0.1%)

2 の出自

▼ 古代短歌~ (2, 0.1%)

1 に似た, の風格

▼ 古代神仙道~ (2, 0.1%)

1 の最も, は宗教

▼ 古代織物~ (2, 0.1%)

1 の一部分, を研究

▼ 古代~ (2, 0.1%)

1 の妖しい, の渋面

▼ 古代自然哲学~ (2, 0.1%)

1 からプラトン, が一般

▼ 古代英語~ (2, 0.1%)

1 の文字, の書体

▼ 古代衰亡~ (2, 0.1%)

2 の頽唐美

▼ 古代論者多忙~ (2, 0.1%)

2 の生活人

▼ 古代貨幣~ (2, 0.1%)

1 なら猶, はこんなに恐ろしく

▼ 古代趣味~ (2, 0.1%)

1 が出, を連想

▼ 古代遺物~ (2, 0.1%)

1 が多い, をさらけ出し

▼ 古代都市~ (2, 0.1%)

1 がそっくりそのまま, のほとり

▼ 古代陶器~ (2, 0.1%)

1 が単なる, の素晴

▼1* [306件]

古代こがれでない人々から, 古代この寺を, 古代さながらの形, 古代じみたる木彫地蔵尊, 古代すなわちキリスト教発生以来二三世紀の, 古代そのままのにおい, 古代チルスカルタゴおよび, 古代との間に, 古代と共に超脱し, 古代ながらの大木の, 古代なる花が, 古代にて織田氏足利義昭公を, 古代にのみ限った事柄, 古代にまで溯つて, 古代びとの物静か, 古代ふうの一交響曲, 古代遊びに, 古代ほど王民相近い, 古代または現代の, 古代までさかのぼること, 古代まれの用語例, 古代きたる翁, 古代もちとをお送り, 古代ものだ, 古代よりの風として, 古代よりも現代の, 古代らしい匂が, 古代をとなふるとも, 古代アイヌの陶器, 古代アッシリアの, 古代アッシリヤの軍船, 古代アテナイの花, 古代アラビヤンナイトの王子, 古代アラビヤ語であろうアラビヤ語, 古代イスラエル人が荒野, 古代イスランドの文學, 古代インカの乾木鼓, 古代インカ帝国の住民, 古代インド的思考の研究, 古代エジプトふうの絵画, 古代エジプト以来の遺族, 古代エジプト式手相及び人相鑑定, 古代エジプト王朝時代の遺物, 古代エジプト王朝発祥の地, 古代エタの人口, 古代ギリシアローマ並びにキリスト教関係, 古代ギリシア哲学が人, 古代ギリシア文化の復興, 古代ギリシア生活展覧会があっ, 古代ギリシア自然哲学に於ける, 古代ギリシャロオマの巨匠達, 古代ギリシャ建築の明美, 古代ギリシャ文学などに女, 古代ギリシヤあたりの神話, 古代ギリシヤユーリピデスの悲歌, 古代ギリシヤ型の簡素, 古代ゲルマン民族の思想信仰, 古代シナの古典, 古代シナ文化は隆盛, 古代シニカル派哲学の開山, 古代スメリヤ人が馬, 古代トハ云ヘド餘リノ迂, 古代トルコ種族の使用, 古代鋳銭ハ僅カ十二種ナレド, 古代バビロニア流の占星術, 古代バビロンやアッシリヤ的, 古代フランスのギグ, 古代ヘブライの予言者マイカ, 古代ヘブライ人の刻める, 古代ヘブライ語で私, 古代ペルシャの陶磁器, 古代マニヤだと, 古代メキシコ人の間, 古代ヤソ教者を埋葬, 古代ロオマの彫像, 古代ロシア風のふくれた, 古代ロプ鹹湖の涸底, 古代ロンドンの城門, 古代ローマ人のと同じ, 古代ローマ貴族そのままの, 古代に中世, 古代中世近代の全体, 古代人名の間, 古代人民の風俗, 古代人的に素朴簡浄, 古代人知の開けざりし, 古代人等は, 古代人間の一生, 古代仏像青銅製の大, 古代仏教の信者達, 古代仏教史上から自分, 古代仏教徒の純粋, 古代以来ロマンはあった, 古代以来近世までに至る, 古代伝承には女性, 古代伝説や古い, 古代住民コロボックルの生活, 古代佛教の聖典, 古代佛教徒の男性的, 古代作家の生活, 古代俳優の舞台姿, 古代は明らさま, 古代像オルフェウストリスタンキリスト受難体操その他すべてのもの, 古代優美の感, 古代兵器が極めて, 古代円柱のよう, 古代出雲の英雄, 古代切入りの箱物, 古代動物の肉, 古代医学のいまだ, 古代博物館である, 古代印刷の標本, 古代印度人の思考, 古代印度史の中, 古代印度語がこの, 古代原人の倫理, 古代叙事詩には人, 古代古戦場をも走る, 古代史上一度も重大, 古代史上稀に見る, 古代史研究家が若干, 古代君主の姓, 古代呪法との因縁, 古代に一抹, 古代哲人のよう, 古代哲學は實體性, 古代唐風の釜, 古代唯物論の確立, 古代回鶻人の埋没, 古代回鶻語で記された, 古代土陶工芸が何故一向に, 古代埃及独特の独木舟, 古代天文観測者中の最も, 古代奈良朝以前の書物, 古代契丹の放胆, 古代女房の顔, 古代女神模様の上, 古代奴隷社会を説き, 古代奸黜なる僧侶, 古代婚姻は人, 古代学者にとってはむしろ, 古代宗教学並びに神話学, 古代宗教思想の継承, 古代家庭民俗を隔て, 古代密祖に接し, 古代小説だ, 古代岩絵具の色調, 古代工芸品まことに美術館, 古代布屋ただ一軒よりない, 古代希伯来の天文家, 古代希臘アゼンスに於, 古代希臘人同様に多数, 古代希臘純歴史派と等しく, 古代希臘羅馬の説話界中, 古代希臘青年のやう, 古代希蝋の尊厳, 古代帝国以来の燦然, 古代帝王の禅譲, 古代常に見るところ, 古代幾多の貴種流離譚, 古代建築専攻の学者, 古代式表現に近代的, 古代復活といふやう, 古代微生物の残骸, 古代探求の深, 古代支那哲学の通覧, 古代支那民族のその, 古代支那路線をたずね, 古代支那銅貨や珠子, 古代支那音を考え, 古代政治の一般組織, 古代文化史の研究, 古代文化地帯がその, 古代文化民族の宇宙開闢伝説, 古代文化的国民の宇宙創造, 古代文字研究に耽る, 古代文明人が物, 古代文明等に関する雑誌, 古代文法を研究, 古代族長の権限, 古代日本中心民族と生活様式, 古代日本全体に渉つて行, 古代日本民族の中心, 古代更紗模様を入れた, 古代書物が巻物, 古代朝鮮の書, 古代木綿の烟草入, 古代末期の様式, 古代の手, 古代東国の状態, 古代東方民族の文化, 古代東洋人の血, 古代梵語學の大家, 古代植民地であったが, 古代楽器の和やか, 古代楽器研究会の優れた, 古代模様空色縮緬の長襦袢, 古代欧洲諸国にも此, 古代欧羅巴に伴, 古代の類型, 古代武人らしきもの, 古代武具だったの, 古代武器の展覧場, 古代殻紙を木, 古代殿堂の廃址, 古代民衆の食料, 古代法中の異例, 古代法制の沿革, 古代法律中に時々, 古代波斯の美術品, 古代演劇を今日, 古代演劇史を知る, 古代漢字音を見る, 古代のシルクハット, 古代特殊民構成の三, 古代状態を研究, 古代狩猟の景観, 古代独得の薬品, 古代独楽は竹生島, 古代独逸詩歌傑作に就い, 古代太の, 古代王國の所在地, 古代現代は現代, 古代理学のいまだ, 古代理想を一身, 古代生活様式の遺, 古代生活研究の一分科, 古代を集めた, 古代異教國の典籍, 古代百科辞典の対, 古代的ジャーナリズムが, 古代的封建的文化の時代, 古代的思想はないです, 古代的樸茂と素朴, 古代的精神を支那, 古代的詞章の片影, 古代的迸出を望む, 古代的靜けさのみがひとり, 古代相承して, 古代睡眠者は人々, 古代石造建築の名残り, 古代研究家の思ひ, 古代研究者は此変形, 古代祝詞には相当, 古代神名や人名, 古代神楽を伝へ, 古代科学の遺物, 古代神に, 古代穴居族の普通, 古代窓掛けがあった, 古代に分ち, 古代絨氈の中, 古代絵画に依っ, 古代絶海の一孤島, 古代經濟事情研究の史料, 古代羅馬人ではない, 古代羅馬制度史を講じ, 古代羅馬史はもう一度, 古代羅馬帝国民中でも最も, 古代美術品と云え, 古代美術愛好家風な衒学的, 古代美術鑑定の専門家, 古代習俗であ, 古代聖楽を奏, 古代自然科学乃至物理学, 古代船艦や波濤, 古代に染めあげられ, 古代芸術史の研究, 古代芸術変遷の系統上, 古代蒙昧の世, 古代薩摩焼などを見た, 古代藝術の自然, 古代蝶鳥の模様, 古代西班牙の拷問部屋, 古代言語学なの, 古代詞章式の論理, 古代説話とでも云うべく, 古代諸国の艦船, 古代賤民の事, 古代路線の目印, 古代農業の未だ, 古代古代等に, 古代造り久田の姥, 古代造型美術を手本, 古代造語法の一つ, 古代道臣命勅を奉じ, 古代邑落の男女媾会, 古代醫療の方法, 古代野獣肉が普通, 古代の袋, 古代の籠手, 古代に鶏, 古代開化國ノ存在セシ證跡甚ダ, 古代陶器その他である, 古代は澄んだ, 古代雛みたいな立派, 古代霊魂崇拝の解説, 古代のぼかし, 古代青銅の鉄瓶, 古代における, 古代靺鞨中世金遼故地, 古代食膳の常用, 古代は中, 古代駆使部の亜流, 古代騎士の状況, 古代鬼神と近世鬼神