青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古今~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

口実~ 口惜し~ ~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~ ~古く 古く~ 古人~
古今~
古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~ ~叩く 叩く~

「古今~」 1427, 15ppm, 7306位

▼ 古今~ (374, 26.2%)

3 人東西の, 名作を, 大傑作, 撰定を, 書籍を, 歌風の, 糟粕の

2 [25件] あやに, 中には, 作品と, 偉人の, 偉大なる, 傑作です, 傑作と, 名画に, 天才に, 学芸を, 才人は, 書に, 歌を, 武将の, 歴史に, 歴史を, 治乱を, 沿革に, 沿革を, 清くたかく新, 相違が, 真理な, 英雄の, 英雄や, 違いが

1 [303件] あらゆるすぐれた, すぐれた女性, ちがいも, まね詠み, めっぽうけい者, ものとは, デレリック大帝だ, ドクトルが, ヴァイオリン, ヴァイオリン協奏曲でも, 一般女子を通じて, 世を, 主流の, 事を, 事例は, 事実において, 二勅撰集に, 五つを, 人々である, 人の, 人情の, 人情を, 人物に, 人物の, 人物を, 人相遠から, 仮名序が, 伝授を, 位置に, 作家では, 作家大抵は, 作者不明の, 作風に, 佞臣に, 例に, 例を, 価値を, 俳句の, 俳書から, 俳諧を, 偉大な, 健全な, 傑れた, 傑作, 傑作といふ, 傑作として, 傑作なりと, 傑作の, 傑作中から, 傑作戯曲と, 傑作戯曲の, 兵書を, 刊本文集絵画などを, 別なく, 前身で, 劇作家について, 劇文学的生産が, 区別が, 医書を, 医説を, 博物書中の, 句を, 史に, 史を, 史實を, 史料を通して, 同人の, 同人等の, 名コンビで, 名トリック, 名ピアニスト, 名人に, 名人竹久紋之, 名作あるなれ, 名作だ, 名作は, 名作も, 名作逸品が, 名優と, 名匠の, 名吟とまでは, 名士だ, 名奉行, 名宰相, 名家に, 名家の, 名戯曲, 名探偵, 名探偵以上, 名描写, 名文を, 名文章, 名曲を, 名法医学者若林博士, 名画について, 名篇佳作と, 哲人が, 哲学を, 哲學を, 哲學系を, 哲學者が, 哲學者は, 哲學者乃至, 哲學者及審美學者が, 哲學者審美家の, 図書を, 地震, 基調に, 変は, 変りは, 変化が, 変遷が, 変遷という, 変革を, 大人物の, 大哲人ソクラテス, 大学者だ, 大学者の, 大家と, 大家の, 大戯曲, 大才, 大業を, 大真理, 大詩人, 大詩人中, 大議論, 天才たちの, 天才たちよりも, 天才の, 天才は, 女の, 妖怪談中に, 妙作, 学者の, 宗教及び, 宗教音楽中芸術的な, 定法である, 実際において, 実験に, 審美學者が, 審美學者の, 対比は, 對照やや, 小説を, 小説伝奇類を, 小説伝記歴史紀行と, 小説家中最も, 尺度に, 差が, 差こそ, 差なく, 差は, 常態である, 幽玄と, 弊を, 当時は, 得失と, 忠臣義士に対して, 怪談に, 怪談中一二の, 惡歌よりも, 愚人どもが, 感が, 戦争史により, 戦争様相の, 戦場十字軍が, 戯曲を, 戯曲家が, 手練透かさぬ, 才物も, 技巧が, 技巧を, 政治その他の, 政治演劇中に, 教育家が, 文人誰か, 文壇の, 文士戲曲を, 文学に, 文学中その, 文学書などを, 文学的作品中その, 文学者は, 文献詩歌小説演劇講談落語俗謡その他の, 文章を, 文芸評論を, 日本人の, 日本画中最も, 早く忘れ, 明器, 昔に, 春を, 時代が, 時代にとって, 時代降, 時勢を, 景状各国戯曲の, 暦の, 書が, 書も, 書物で, 書物に, 最も美しい, 有様を, 有無いづれ, 東歌が, 東西を通じて, 棋譜を, 歌こそは, 歌どもに, 歌などが, 歌人たちも, 歌人は, 歌壇は, 歌風, 歌風と, 歎く, 正調であり, 歴史と, 歴史は, 沿革が, 法律の, 浮世絵に, 浮世絵を通じて, 演劇を通じて, 漢文序には, 濁水社会には, 物語りに, 物語り類, 犯罪史に, 王者に, 珍事に, 珍味だろう, 画と, 畫家の, 異例と, 発足点に, 相違は, 禅話を, 秘法に, 移り替りを, 稀に, 種々なる物語り, 笑話を, 笑談なり, 経書詩文を, 絶品とも, 絶唱と, 絶唱也, 続万葉, 美女の, 美男である, 美術品を, 聖人である, 聖人賢者も, 聖者にも, 聖賢が, 聖賢の, 能弁である, 興廃聖賢の, 舞台の, 色無し, 芸術の, 芸術作品中の, 芸術家の, 英主である, 英雄, 英雄秀吉も, 茶道大義でなけれ, 著者気質の, 観物だ, 記事文中漢文に, 詩を, 詩篇, 語りぐさに, 語彙は, 誹諧歌には, 調べを, 諸方に, 豪傑千場彦七君が, 貴法, 通例, 通例なれ, 通弊である, 通性なれ, 道を, 道徳論者が, 選択法などは, 金持の, 鉄則である, 銘刀が, 間に, 雄篇たるのみ, 雑書を, 革命には, 音楽史上おそらく, 音楽史上に, 頃の, 類似が, 風体をも, 風俗, 鬼たる

▼ 古今~ (131, 9.2%)

7 の歌 4 の中 3 の傳授, の歌風

2 [15件] といふ書, といふ歌集, と時代, の, のやう, の和歌, の大, の成立, の時代, はくだらぬ, は殊に, や百人一首, をほめ, を崇拜, を崇拝

1 [84件] かにあ, から出た, から勘定, から勝れた, か何, が八番め, だけにて十餘, だの延喜式, と, といふ溝渠, とか其の, などお, などでも一枚, などに青やぎ, などの, などの傳授, になる, には, にはあやまり, には勿論, には読人, に到つ, に始まつた, に当今, に次, に歌, に空, に藤原良經, に載せられ, に載つ, のよみ人知らず, の一番お手本, の中心, の主題, の仮名, の価値, の出來, の前, の名高い, の寛けさ, の巻頭, の序, の影響, の後, の恋歌, の態度, の批判, の撰, の撰定, の昔, の春, の時, の時分, の本歌, の歌屑, の神楽歌, の表現, の誹諧哥, の誹諧歌, の讀み, の雑, は万葉集, は唐詩, は尻, ほど面白き, や小倉百人一首, より, をも愛し, を仰ぎ信ずべき, を出, を取っ, を手本, を撰んだ, を支那, を書い, を深く, を見る, を講じた, を讀む, 各本, 大歌所, 後撰集, 注孝經七卷, 遠鏡

▼ 古今東西~ (100, 7.0%)

7 に通ずる 6 の歴史 4 の探偵小説 3 に渉 2 その例, の偉人, の学, の書, の書物, の発明家

1 [68件] あまり変り, あらゆる学者, いずく, にその, にわたって一人, にわたって文芸, にわたって未だ, にわたつ, にわたり三百人, にわたる犯罪文献, に亘っ, に亘つて, に亘り, に亙, に亙り, に出入, に屡々, に幾多, に引用, に散見, に於ける, に比, に溢れ, のあらゆる, のすぐれた, の人情, の価値, の優れたる, の古典, の名匠, の哲学, の哲學者, の大, の大火史, の如何なる, の学問, の学者, の学者たち, の思想, の戯曲, の教, の教法, の文学作品, の料理, の演劇史, の犯罪捜査史, の美術, の習慣, の良書, の芸術家, の言語, の賭博, を問わざれ, を問わず, を通じ, を通じた, を通じていろいろ, を通じてかかる, を通じてそう, を通じてそれほど, を通じて人間, を通じて判官, を通じて同じ, を通じて少く, を通ずる, 案外実際には, 殆ど変り, 至るところ

▼ 古今~ (93, 6.5%)

4 例の, 通じて 3 なると, 絶した 2 倫を, 比倫の, 独歩する, 珍らしい, 移りて, 稀な, 稀なる, 類の

1 [63件] ある言葉, うようよし, その例, ちよつと, はつきり見え, めずらしい芸術的名画, 一貫した, 並びなき発達, 亘って, 亘り敵御方, 亘り顕, 亘る大, 亘る精粋, 亙った国語, 亙って, 亙つて, 亙り東西, 亙れる對話, 例が, 例も, 偏せず, 其例なき, 冠たり, 出た物, 匹儔なき, 卓絶し, 古くから, 名を, 名誉の, 名高い禿頭, 名高き名, 変ず, 変りが, 妙絶なる, 対比させ, 少くは, 暗殺の, 比いなき, 比べものの, 比類なき, 比類なく美しい, 比類無い, 求むれば, 渡り識百世, 濶歩す可き, 無双と, 無双な, 獨歩す, 現れ過ぎた, 示したの, 秀でし強力谷風, 稀なり, 絶すと, 聞える紫房, 載ったの, 近い傾向, 通じたる想, 通じた言, 通じた言い方, 通じ天人, 通ぜぬくせ, 集めたらたちどころに, 類例の

▼ 古今~ (67, 4.7%)

3 一貫した 2 一貫し, 呑吐し, 問はず東西を, 問わず宇宙物心, 問わず洋, 翻弄せん, 通じ諸

1 [50件] あの臭い, つらぬく黄金, ながめ較べて, 一括し, 一貫せる, 中心に, 傾けて, 問はずすべての, 問はずわが, 問はず同じ, 問はず幾多の, 問はず洋の, 問はず畢竟, 問わずおおむね, 問わず卑しく, 問わず詩人, 問わぬ, 宗と, 愛した痕, 愛読し, 成す, 曠しうする, 曠しゅうする, 照らすに, 独歩する, 理想と, 経るに従って, 縦に, 茹涵す, 襲わん, 読みつ, 談じ, 談じた, 論ぜず唯, 論ぜず唯最も, 論ぜず文明, 論ぜず普通, 論ぜず見出される一つ, 貫いての, 貫き東西, 貫き識, 貫く, 貫く戯曲文学, 貫ぬく, 通し東西, 通じた名, 通ずる大法, 通ずる我國, 通ぜる刑法, 達觀し

▼ 古今を通じて~ (41, 2.9%)

2 悲しむべき現象

1 [39件] いっさいの, かくの, はなはだその, もっとも聡明, 一であり, 一も, 一人たり, 人口に, 何人種も, 偉大な, 動かずに, 卓抜な, 厳として, 哲學及び, 変らぬに, 変りは, 多くの, 尤も人文, 必ず普通, 悉く然るには, 支那歴史を, 日本の, 最も傑出, 最大の, 東西に, 歴史的に, 流れるはるか, 浮世は, 渝らず, 演劇に, 演劇の, 画然と一つ, 異る, 至善至賢至正の, 蘭描き, 變つてを, 随筆の, 非常に, 鮫の

▼ 古今独歩~ (31, 2.2%)

4 である, の名人

1 [23件] じゃねえ, だあいつ, だよ, で筋, というの, とかいうべき, とは推し, と云うべきであろう, と大きく, と私, のもの, の人, の名手, の大, の大学者, の妙, の巨人, の研究なんど, の英雄, の評論家, の闇君, の鼻, を唱われる

▼ 古今無双~ (27, 1.9%)

3 の英雄 2 の名, の射

1 [20件] じゃ, であろう, ですまさに, ならん, な女, の, のいい, のシャーロック, のピアニスト, の二つ, の天才, の奇人兼, の歌手, の法医学者先生, の生, の痴情小説, の知者, の艶者, の親孝行者, ノ古

▼ 古今調~ (25, 1.8%)

2 の歌

1 [23件] からは一つ, から離脱, がぴったり, だ, だつたの, であったの, である, というべき, とか万葉調, と言う, と違った, になった, に寄せ, のしかも, のよい, の一面, の主流, の迷夢, もこの, を以て詠まん, を学ぶ, を手ほどき, 或は堂上風

▼ 古今無類~ (22, 1.5%)

2 の卓説, の物笑い

1 [18件] で現代, といふか珍, の一大奇観, の一大奇觀, の七条油小路, の不通, の仁, の名, の嬋妍窈窕, の宝石, の放蕩漢, の珍談, の立派, の純粋, の紹介状, の遺言書, の難曲, の馬鹿者

▼ 古今時代~ (19, 1.3%)

3

1 [16件] から著しく, において作られたる, になつて調子, には一時, に於, に於ける, に発達, のはなやか, の人々, の歌, の歌人, の歌人たち, の流行語, の特殊, の用例, を待ちあぐんだ

▼ 古今未曾有~ (19, 1.3%)

2 なもの, にてこれ

1 [15件] でありまして, な殖え方, のもの, のカード式整理方法, の不況, の出世, の出来事, の大, の大城市, の大発見さ, の対位法形式, の怪事, の意想外, の荘厳, の長篇

▼ 古今伝授~ (14, 1.0%)

3 を受けた

1 [11件] がここ, である, のはじまりである, のよう, の三木, の大がかり, は個人, は当然, を受け, を承けた, を講釈

▼ 古今その~ (11, 0.8%)

2 例が, 例少なから, 揆を, 比を 1 例に, 軌を, 軌を一にした

▼ 古今~ (10, 0.7%)

8 曽有の 1 曽有な, 曽有前代未聞の

▼ 古今和歌集~ (9, 0.6%)

1 にし, にもいくつ, の献上, の研究, はすでに, は将軍家, もまた, をお, を献上

▼ 古今~ (8, 0.6%)

1 ない, もと, 傾向としては, 後鳥羽院の, 悠久である, 早く彼二集, 本流でない, 長い

▼ 古今集以後~ (8, 0.6%)

2 にては新 1 この, ならば, に成る, の幾万, の書き物, の歌人

▼ 古今~ (7, 0.5%)

1 なく東西, なつた, なりますて, 万葉との, 其前後とは, 後鳥羽院の, 続けて

▼ 古今を通じての~ (7, 0.5%)

1 偉大なる, 厄介物である, 大名人, 大天才, 戦の, 最も偉大, 有名な

▼ 古今集時代~ (7, 0.5%)

3 は宋時代 1 にも後世, の手法, の歌, 即ち右

▼ 古今亭志~ (6, 0.4%)

3 ん生 1 ん太君, ん生君, ん馬

▼ 古今以後~ (6, 0.4%)

2 の歌, の歌よみ 1 にては詞, の短歌

▼ 古今無比~ (6, 0.4%)

1 といわね, とお, の一種, の句, の名文, の政体

▼ 古今~ (6, 0.4%)

1 である, なと, なる大入, なる御, にみる, に見る

▼ 古今~ (5, 0.4%)

1 く労苦, 嘆である, 帰である, 揆なりと, 趣である

▼ 古今書録~ (5, 0.4%)

1 には經解, によつて, によつて出來, は見, まではやはり

▼ 古今著聞集~ (5, 0.4%)

21 か何, という本, などに

▼ 古今世界~ (4, 0.3%)

1 にこの, に無比, に親子不和, の実際

▼ 古今同人~ (4, 0.3%)

1 が俊成, の最, の生活態度, の誰

▼ 古今~ (4, 0.3%)

31 の歌

▼ 古今~ (4, 0.3%)

2 一の, 一等の

▼ 古今詩人秀句~ (4, 0.3%)

2 と云 1 の序文, を作つた由來

▼ 古今集以下~ (4, 0.3%)

1 の歌, の無, は月並的, を習

▼ 古今~ (4, 0.3%)

1 が短歌, だと, の姿, の歌

▼ 古今~ (3, 0.2%)

1 大分違ひ, 極度に, 違うもの

▼ 古今には~ (3, 0.2%)

1 ないの, まだ外, 無名氏の

▼ 古今よりも~ (3, 0.2%)

3 善き歌

▼ 古今亭今松~ (3, 0.2%)

1 だった, って言われる, はジッ

▼ 古今亭今輔~ (3, 0.2%)

1 が半分, が言った, といった落語家

▼ 古今以下~ (3, 0.2%)

2 の調 1 の臭味

▼ 古今以前~ (3, 0.2%)

2 にはあらざるべく 1 の在民部卿家歌合せ

▼ 古今六帖~ (3, 0.2%)

1 には, に出, に近く

▼ 古今変らぬ~ (3, 0.2%)

2 人情で 1 と思います

▼ 古今~ (3, 0.2%)

1 の猫, を空しゅう, を通じて同一

▼ 古今東西相違~ (3, 0.2%)

3 あるべくも

▼ 古今集中~ (3, 0.2%)

21 に大切

▼ 古今あたり~ (2, 0.1%)

1 に泥み寄ろう, のサビシ

▼ 古今でも~ (2, 0.1%)

1 なく万葉, むやみと

▼ 古今との~ (2, 0.1%)

1 用語ほどの, 過渡期を

▼ 古今にわたって~ (2, 0.1%)

1 こういう乗物, 向島の

▼ 古今に対する~ (2, 0.1%)

1 穏岐本, 競争意識が

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 万葉も, 新古今

▼ 古今上下東西~ (2, 0.1%)

2 の文学

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 平や, 通道也

▼ 古今~ (2, 0.1%)

2 罕に

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 が多く, の貴

▼ 古今偉大~ (2, 0.1%)

1 なる藝術家, の人

▼ 古今傳授~ (2, 0.1%)

1 が絶える, の有名

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 に狒々, 頗る多い

▼ 古今其の~ (2, 0.1%)

2 例に

▼ 古今其他~ (2, 0.1%)

1 から其, の勅撰集

▼ 古今十戒~ (2, 0.1%)

2 の歌

▼ 古今南北~ (2, 0.1%)

1 を一貫, 同じである

▼ 古今同じ~ (2, 0.1%)

1 ことな, でも

▼ 古今同一~ (2, 0.1%)

1 である, であるから

▼ 古今和歌集一巻~ (2, 0.1%)

1 を御, を献上

▼ 古今哲學~ (2, 0.1%)

1 の系統, を以て名

▼ 古今圖書集成~ (2, 0.1%)

1 なりて, 同卷

▼ 古今大いに~ (2, 0.1%)

2 異なるところ

▼ 古今実物語~ (2, 0.1%)

1 と云, は奇談二十一篇

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 など, にさ

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 な情調, には幽玄

▼ 古今~ (2, 0.1%)

1 撰などと, 撰拾遺の

▼ 古今普通~ (2, 0.1%)

1 の観念, の談

▼ 古今東西一つ~ (2, 0.1%)

2 として欲

▼ 古今東西天下~ (2, 0.1%)

1 をとった, をとつ

▼ 古今歌人~ (2, 0.1%)

1 に成功, の影響

▼ 古今~ (2, 0.1%)

2 の東西

▼ 古今~ (2, 0.1%)

2 すぐれたりと

▼ 古今藝術圖~ (2, 0.1%)

1 の北方山戎之戯, を以て始め

▼ 古今説海~ (2, 0.1%)

1 と稗海, の説略

▼ 古今貫之崇拝~ (2, 0.1%)

2 にて見識

▼ 古今集巻二十~ (2, 0.1%)

1 にかう, の巻頭

▼ 古今集序~ (2, 0.1%)

1 の貫之, は元

▼ 古今集等~ (2, 0.1%)

2 の歌

▼ 古今集風~ (2, 0.1%)

1 の弊, をゆるめた

▼1* [214件]

古今あらゆる一切の, 古今いつの時代, 古今いまだその例, 古今かかる勉強家なし, 古今きっての自称大家, 古今すべての詩, 古今か何, 古今では此位違ふ, 古今なく東西なく, 古今なしとは, 古今などに直に趨, 古今などや常に見習, 古今において往々その, 古今にかけても類の, 古今にも類の, 古今により実に種々, 古今にわたり東西に, 古今はじめての奇蹟, 古今挨拶を, 古今また相同じ, 古今までは引きづり揚げられ, 古今洋の, 古今やの歌風が, 古今ややすぐれたりと, 古今をも包括し, 古今比較ニ於テモ東西ノ, 古今ヘンデルの, 古今一世之人物, 古今一対であろう, 古今一貫した學問, 古今万国の諸, 古今不易なりと, 古今に珍, 古今世界中に未だ, 古今二つの對蹠的, 古今五尺の小, 古今の兄貴, 古今亭しん生の名, 古今亭しん馬に金原亭馬生, 古今亭今松様とは言わない, 古今亭今輔俗にめっかち, 古今亭新生金原亭馬生司馬龍生三升亭小勝と名人上手, 古今亭新生金原亭馬生司馬龍生三升亭小勝二世三遊亭圓生とあと, 古今人情の常, 古今人表只柏益一人並無伯益柏翳分二人, 古今人間の実際, 古今仏像を恋, 古今以後和歌が堂上, 古今以後殆ど新しい歌, 古今以来の絵画主義, 古今以来一時代を経る, 古今伝受であって, 古今体制の変革, 古今体狂詩が添え, 古今余り違わないもの, 古今佛道論衡實録の乙卷, 古今作者を列べ, 古今先生の外恐く, 古今八代集十三代集の和歌, 古今共にこのアマチユア作家, 古今其例に乏しから, 古今内乱の歴史, 古今内外の歴史, 古今前後に盛ん, 古今勝げて計, 古今千年の間, 古今厚薄異なるなり, 古今及び遠島抄並びに, 古今各国の法律, 古今名人大一座, 古今和歌集一部を進ぜしむ, 古今和漢の道徳論者, 古今圖書集成四庫全書考證等を納め, 古今圖書集成草木典九八に武城縣志, 古今地気同じからざるある, 古今の先生, 古今多数の開祖, 古今奇観を読ん, 古今奸雄の計る, 古今妖怪を解釈, 古今宴会芸術の芸統, 古今審美學者の用語例, 古今巻六に載, 古今帝王の権威, 古今幾十百萬の漢人, 古今幾多の伝記, 古今幾百萬の婦人, 古今当時其撰者同人等は連歌, 古今心理のうごき, 古今忠平の君, 古今或は新古今式, 古今拾遺抔が比較的, 古今政界の常態, 古今敗亡のそれ, 古今文人の好き嫌い, 古今文学上の英傑, 古今文明の急進勇歩, 古今りなき, 古今星宿の位置, 古今を異に, 古今時勢の相違, 古今書画便覧だの古画備考, 古今書録四十卷とした, 古今書院主人などが車座, 古今書院主人橋本福松君が, 古今最高の人間通, 古今未だこの事, 古今未曾有式超特急, 古今未曾有無類飛び切り上等の職業, 古今未聞だろうね, 古今本末が却って, 古今東西かくの如く, 古今東西それに匹敵, 古今東西どこを捜し, 古今東西ひとりもいなかった, 古今東西一として驚愕, 古今東西一致の意見, 古今東西人多い中, 古今東西人毎にかかる, 古今東西例證に乏しから, 古今東西共通でヨーロッパ, 古今東西国を異に, 古今東西変りはない, 古今東西寸分の差異, 古今東西幾人も居まい, 古今東西情は兄弟, 古今東西歴史にあるまい, 古今東西無比の文学翻訳国, 古今東西皆さうである, 古今東西足が誘惑, 古今欺くべからざるの, 古今歌風の目標, 古今正しく同一様, 古今武家盛衰記諸家興廃記翁草等の記す, 古今武将の中, 古今歴史の証す, 古今歴史上の通弊, 古今死生あり, 古今殆ど孔明一人と申し, 古今殿をもっ, 古今民間に伝われる, 古今永久変らないもの, 古今漢文序の平城天子, 古今雙の, 古今無上の結句, 古今無名氏の歌, 古今無類天下不思議の書物, 古今父母の情, 古今独歩未曾有の海戦新兵器, 古今獨歩の觀, 古今らしくないが, 古今生命の本体, 古今略備はる, 古今百人の歌, 古今に感じる, 古今的表現の方, 古今然り, 古今目録抄の記, 古今同じでげす, 古今の天才, 古今真理を愛し, 古今碩學がたまもの, 古今系統のもの, 古今絶無といふ評判, 古今經世之事併籌海守禦之事, 古今総ての聖賢, 古今聞きも及ばぬ, 古今興亡の歴史, 古今英雄豪傑の事跡, 古今著名の人びと, 古今著聞集卷八に多情, 古今藝術國にあつ, 古今要覧稿の桜, 古今についてもさうで, 古今詠嘆の調, 古今が音楽, 古今詩人文人の藁本, 古今調短歌固定時代にも言, 古今賢哲の事實, 古今から躍出し, 古今近藤平六をもっ, 古今述懐の, 古今通じて分相応, 古今通例の下世話, 古今道徳の区別, 古今選者たちの立てた, 古今都鄙を一貫, 古今隨一だらうとお, 古今雅俗の普通語, 古今集その他の勅撰集, 古今集のよりは古今六帖, 古今集ばり常識である, 古今集ぶりを容れた, 古今集よみ人知らずの歌, 古今集三木の一古語, 古今集三木傳のをがたま, 古今集以前に既に, 古今集以後暦日と自然現象, 古今集崇拜の一人, 古今集崇拝の一人, 古今集巻五秋歌の下, 古今集巻十の, 古今集巻十八雑の下, 古今集戀の部よみ人知らず, 古今集撰者らの手本, 古今集時代前後の, 古今集東歌に, 古今集正義新學異見, 古今集物名に, 古今集選者個人の態度, 古今集頃の歌, 古今雑部の, 古今風俗の違い, 古今馬琴の如く嫌われてる