青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「単純~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

卓子~ 協会~ 協力~ ~南 南~ 南方~ 単なる~ ~単に 単に~ ~単純
単純~
~博士 博士~ 博物館~ ~占め 占め~ 占領~ 卯~ 印~ 印刷~ 印度~

「単純~」 3183, 33ppm, 3559位

▼ 単純~ (1443, 45.3%)

41 もので 10 ことで, ことを, ものである 9 ものだ, ものに 7 心の, 頭で 6 ことに, 意味での 5 のは, ものであった, ようで, 一つの, 女の, 美しさ 4 のだ, ものでない, ものの, ものを, 形を, 心で, 理由で, 言葉が, 魂の

3 [26件] ことが, ことだ, ところに, のである, ものが, ものには, ものは, ような, んだ, 事実に, 人間は, 原因に, 子供の, 彼の, 彼は, 性質の, 意味では, 意味に, 意味の, 様で, 法則が, 男である, 考えが, 自然の, 自覚が, 言葉の

2 [86件] お糸, ところが, のが, のですぐ, のも, のを, ものから, ものだった, ものでありました, ものです, ものと, ものな, もののみ, もの素朴な, やうで, やさしい心, 一致とか, 事実が, 事実である, 事実の, 事実は, 二つの, 人々の, 人達の, 人間だ, 人間に, 何気ない様子, 助役の, 反覆性を, 反語でも, 吾, 声調で, 姿に, 姿の, 平明な, 平穏な, 形で, 形に, 彼女は, 心が, 心は, 心を, 心持で, 思想を, 性格だ, 性格を, 性質を, 意味で, 感動が, 感覚の, 手技は, 操作を, 明快な, 気持から, 無力な, 無邪気な, 理会者には, 理由から, 甘さ, 生活に, 生活の, 田舎めいた, 男であった, 男では, 男を, 目的の, 相互に, 眼を, 私は, 突然変異では, 米友は, 経験で, 老人には, 胸の, 腕力主義で, 自尊心を, 言葉で, 詠嘆が, 調和と, 遊覧帰りの, 青年を, 音だ, 頭の, 頭を, 頭脳の, 魂を

1 [1012件 抜粋] あかるいたち, あの輪廓, いくつかの, いわば無邪気, うねりの, おせい様, お使役, お方と, かきかたで, からだに, きまりの, ことさえ, ことだった, ことです, こととは, ことにも, ことも, ことらし, この一言, ご好意, しかし新鮮, せいか, そして又ごく, そして深い, そして第, その二つ, その婦人ら, それだけとしては, だけにかえって, つくり事を, つまらないもの, ところがこの, ところでは, ところの, と思はれる, どんな感じ, のだろう, のでそれ, ので我々, ので答, のに喫驚, のよ, ひとつの, まかし, またわかり, また至極もつとも, もしくは単純, ものからより, ものだつたらう, ものであるらしかった, ものでした, ものなら, もののみの, ものらしい, もの言ひ, もんだ, やうな, ゆすりを, ようだ, よく聞きなれた, わけの, わりには, アケスケな, カムの, キリスト教の, ケチンボ精神から, タクトの, デザインの, ヒロイズムからは, フィンランド人を, フラッパァで, フレンドシップ以外の, ベッド一つの, ペシミズムは, メロディであった, ヤマツバキから, リュブリケーションの, レウマチス性の, 一例を, 一列で, 一寸した, 一現象に, 一社会現象と, 一部分の, 一面を, 上衣, 不信が, 且つ率直, 世界に, 世界革命の, 世間知らずだ, 乱暴人とのみ, 事で, 事を, 事件だ, 事件と, 事件を, 事実だった, 事実または, 事実を, 事柄で, 事物について, 二個の, 些細な, 人々から, 人たちは, 人とは, 人体の, 人形に, 人生を, 人達には, 人間には, 人間らしいもの, 仕事であった, 仕事の, 仕方は, 仕組み大工さんの, 代も, 仮定であった, 伊賀の, 伝説で, 低調な, 何の, 作りである, 侠気に, 信仰に, 信仰者にのみ, 倫理観を, 偶然から, 偶然の, 僕の, 優しい励まし, 優劣を, 充実した, 光線に, 公理を, 内容で, 内容とのみ, 内容をば, 冗談が, 写実から, 冷覚や, 出来事な, 列を, 別々の, 刺戟が, 力強い訴え, 労働者の, 効果の, 動機である, 動物では, 匂いでは, 十字架が, 卑屈な, 単純な, 原人に, 原因により, 原文かつて, 又それ, 友人同士の, 反射交感の, 反応に, 反抗心や, 取合せが, 受験生の, 古代に, 句と, 只それ, 可愛らしい数, 合一こそ, 同語反復, 君主では, 味しか, 品位を以て, 問いかえし, 問題じゃ, 問題に, 喜びの, 喜悦のみを, 器それだけ, 四囲の, 因果関係が, 固定した, 在来の, 型の, 報告では, 場合である, 場合を, 変りものの, 外見を, 外部から, 夢の, 夢遊病の, 大工の, 天変とは, 失恋では, 女が, 女だった, 女らしい夢心地, 奴だ, 奴め, 好人物であった, 好奇心以外に, 姿が, 姿を以て, 嫌悪の, 子供心には, 季感から, 学生気質で, 宇宙の, 宗教では, 実松源次郎氏の, 家内仕事に, 対応関係を, 対照では, 小唄すら, 少女らしい, 少年少女などには, 尻取り文句の, 山の, 工程にこそ, 左膳今までの, 希いが, 希望に, 常識や, 平面に, 幻覚では, 幼い愛情, 幼稚な, 延長か, 弱さ, 張飛は, 強さ, 形において, 形式が, 形式の, 彼を, 彼女を, 微笑とを, 心から出た, 心から賞讚, 心でも, 心に, 心持ちで, 心的要素に, 志士気質や, 思いがけなさ, 思想が, 怠惰な, 性情に, 性慾の, 性格らしく思われる, 怪奇現象から, 恐ろしく真実, 恐怖とも, 情話よりも, 意味と, 意気込みだけでも, 愚直な, 愛嬌者に, 感じを, 感性知覚から, 感情だ, 感情に, 感情的な, 感想だ, 感激家です, 感激性で, 感覚も, 感覚反応を, 憎悪や, 成長を, 戦後派と, 所だけ, 所作が, 手数の, 手法で, 批判も, 批評では, 技巧によって, 技術家や, 技質素な, 拡散の, 掛声ばかり, 支配, 故に敬虔, 文学的に, 文筆業者としては, 斑紋を, 料理店である, 断定である, 断定を, 方は, 方法では, 日を, 明らさまな, 明るい原色, 明朗らしい, 明白な, 昔の, 時候みまい, 景色は, 暮しを, 曲線も, 書生暮しに, 最善の, 服を, 期待に, 本能的の, 材料に, 条件に, 枕詞に, 根本的法則を, 楽器では, 楽天で, 構図には, 構成と, 様式が, 模様が, 機械は, 機械論で, 次郎と, 歌で, 歌を, 武人で, 武者ばらでも, 武骨一片の, 歴史的段階も, 殺しでは, 母音, 毒気が, 民族性を, 気分では, 気持ちだけで, 気持の, 没技巧の, 浅はかな, 液体で, 温かな, 満足で, 漁具と, 漢です, 点に, 無事な, 無縫一貫性, 無視逐放な, 無頼漢彼等に, 熟語では, 父には, 物なら, 物品の, 物忘れなど, 狡さ, 独詠歌でない, 玩具を, 現象的な, 理想を, 理由からで, 理由だけ, 理由でだけ, 理由を, 理窟では, 甘いセンチメント, 生れつきばかりで, 生活が, 生活を, 生涯から, 生理に, 男だ, 男でし, 男でも, 男好きで, 疲労が, 登山者が, 白漆喰に, 目では, 直接行動を, 真理が, 眼に, 研究で, 硝子窓で, 社会約束は, 神経性ヒロイズムや, 福太郎の, 程よい, 種類に, 空という, 空疎な, 端正さと, 競技は, 笑いでは, 笑い顔だった, 第二主題, 算術的叙述が, 紅売りでない, 純粋な, 組織から, 組織において, 経験を, 統一の, 絵として, 絵を, 絹紐だ, 線である, 罪の, 美しい健康, 美では, 美を, 習字とか, 考えを, 考え方で, 考え方は, 考で, 者で, 職人気質一も, 肉体関係に, 肯定一本で, 自己中心の, 自惚, 自然な, 自由な, 色では, 色ばかりを, 色を, 色彩であった, 花卉の, 若い生活経験, 若者たちが, 若者である, 荘重さにや, 落付きであった, 虚栄或いは, 行為であった, 行為を, 街角を, 表情であった, 表情とは, 表現で, 表現力しか, 装飾が, 西洋流の, 見易いところ, 見栄には, 親愛のみで, 観察から, 観念を, 言い方で, 言葉だ, 言葉を, 計数問題に, 記録として, 詩人肌の, 詰問の, 誠実な, 誤解であった, 誤解殆どおろかしき, 説明を, 読み物としても, 調味によ, 論理でなくなっ, 警告に対して, 譬喩では, 貸借関係と, 質問にも, 質問は, 質朴さは, 趣味の, 車道門であっ, 轢死事件ばかりとは, 迷いの, 連中さえ, 遊びだ, 運動とも, 道の, 道理に, 適当な, 選手だ, 配合であり, 酒徒であった, 野望が, 鎌倉行きでは, 長方形の, 関係では, 電気器具各々の, 静かな, 音の, 音楽形式から, 音響の, 響きにも, 頭では, 頭な, 頭を以て, 頭脳しか, 願いでした, 食中毒という, 餓えと, 驚きでは, 驚異の, 魅力が, 鳴りものの

▼ 単純~ (626, 19.7%)

31 して 9 考えて 7 考へて 4 それを, なって, 答えた 3 これを, 一つの, 解釈し

2 [30件] いえば, うちの, そうは, そう思う, それ丈の, なろう, ものを, 信じて, 出来て, 割りきって, 包まれる美, 合点し, 帰る, 彼を, 思って, 感心し, 排他的に, 死を, 習慣の, 考えた, 考えれば, 肉慾的で, 自然に, 行って, 見えた, 見えて, 見えるの, 解決し, 過ぎて, 露であり

1 [498件] あつかわせる, あなたが, あなたを, あの時分, あらわされたの, あり得ないの, あるの, あるべきの, あれは, あれを, いいところ, いって, いつもの, うけて, うしろも, うなずかれたの, うれしかった, うれしがる, おかしが, お考え, かたづけて, かたづけるの, かつ全く, かんちがい納得ちがいを, きけなかった, ことが, このこと, この生, さう信じて, されようとも, しかも充実, したもの, しっかりさ, しようと, し然, すぎ結果, すること, するため, するなら力, するの一手, する一見地, する為, すわり悪く, せっかちに, そうで, そうなった, そう云う, そう動い, そう片づけ, そう言った, その, そのくらいの, そのハガキ, その一面, その人, その句, その夢, その意味, その根塊, その立場, その職域, その見聞, それが, それだからといって, それだけの, それゆえ一層, そんな心持, そんな褒め, ただに, てっとりばやく出来, とめて, とらないと, なった, なった自分, なってるん, なつち, ならなければ, なりそう, なります, なり生き生き, なり簡素, なる, なること, なるという, なるの, なるもん, なれないの, はいへ, はっきりした, ひとつヒネッて, またできるだけ, また例, また明白, みえる政策, みて, みな随喜した, むかむかし, やって, ゆかず, よいわるいで, よろこぶよう, よろこべないこと, わたしを, キングと, ギャバ族とか, ゲーテにおける, ジャーナリズム一般を, ノンセンスな, ハッキリしすぎ, ブルジョアの, 一人の, 一個の, 一方に, 一方的, 一般的な, 万葉一本の, 三つと, 上から, 上層建築や, 上手いと, 不審った, 不眠の, 且つあからさま, 並べて, 中世で, 丸呑みには, 事が, 事を, 二人の, 云いだした, 云い切れないところ, 云えない, 云つてしまへるなら, 云ひ切れる, 云われて, 交際し, 人の, 人を, 人間と, 人間に, 人間族だけで, 他の, 似たる客観, 似た事実, 低いとは, 体力的に, 俗悪に, 保守的地位に, 信じこんで, 信じたいと, 信じるよう, 信じ得た時代, 信じ自分, 個々の, 個人心理, 健康の, 偶然的であっ, 優る複雑, 光の, 全く排斥, 其詩眼に, 写実主義者と, 凡ての, 出放題な, 分り切ったもの, 分離出来なく出来, 切り籠で, 切取り了せ, 剛柔の, 剣と, 加工した, 労働者の, 動顛という, 区分する, 区別し, 単純に, 参りますまい, 反動で, 反対である, 反射的に, 取り扱われて, 取り消して, 取る方, 取締られる, 受け容れて, 受取る方, 叙し, 句に, 只その間, 可能だ, 合計する, 同じで, 同一平面, 同一視し, 同情から, 同情し, 否定し, 否定した, 否定は, 呼ばれること, 哲学さえ, 哲学の, 問題に, 喉なんかじゃ, 喜びとも, 喜ぶため, 喜んで, 嗤ふ, 噛み難い, 固執し, 固定した, 土人の, 外部的に, 夜灯の, 夢の, 大工という, 天地の, 天地間の, 太い線, 失した推断, 失礼します, 女の, 娯楽として, 子供を, 存在する, 存在である, 存在量に, 安楽を, 宗教的な, 実地に, 実行へ, 家長的な, 対立させる, 対立し, 対立する, 対話敬語, 封建制が, 封建性を, 射的を, 少数なる, 居眠って, 山路ふみ子の, 左様なら, 師の, 帯の, 帰らざるを, 帰一させよう, 平和に, 平面的な, 幸福き, 幻滅と, 幾つかの, 弁証法な, 彼の, 御堂とぞ, 徹すること, 必然的であっ, 応じて, 快くし, 快活で, 思いこんだ書斎人, 思いつめて, 思ったら元, 思ひ切つたこと, 思想では, 思想の, 恋愛に, 恋愛の, 悦ぼう悦ぼうと, 悪人呼ば, 感じられた, 感激した, 憎むこと, 我執であり, 戻したいと, 手法とか, 批判されない, 投げ出して, 投げ抛ったり, 押して, 抽象的な, 拒絶した, 招代で, 指令に, 挙国主義の, 捨象し, 放擲する, 政府内部の, 政治的にのみ, 故郷の, 救い難い, 救済され, 散歩の, 文化の, 斎藤勇の, 斥けられて, 断言し, 日本で, 日本的な, 明るくそういう, 明白に, 明確に, 晴雨と, 暮したいから, 書かれた短い, 書きたまえ, 書き写したに, 書くこと, 最も美, 本の, 来客に, 極めて了, 楽しそう, 概括される, 権力は, 樹木に, 機嫌を, 機械的に, 歌ひ放し, 歌ふと, 正直な, 正直に, 此点ばかりから, 武力を以て, 死は, 殺気立った, 比較する, 民子を, 決められるもの, 泰然として, 淡く, 満たされること, 潜まれて, 激化し, 父母と, 片づくの, 片づけられ得ない意味, 片づける結果, 片附け, 片附ける, 牢固と, 物を, 物事が, 物理学的な, 物理学的に, 現実を, 理想的には, 理解されね, 理論の, 甘くなく, 生きようという, 生きること, 生きること丈, 生な, 生活したい, 生理学的, 生産力の, 用途の, 男と, 画いたかを, 病気だ, 発散できない, 目鼻口と, 盲信し, 直ぐにも, 真である, 矛盾の, 破戒と, 社会に, 神を, 神秘なる, 私が, 科学を, 穏かに, 空間的なる, 等質的に, 答えられないこと, 簡潔に, 純朴にと, 素子と, 素朴に, 素直に, 経営者対被, 経済問題などを, 経験主義的, 結び付くの, 結論を, 絞殺だけ, 統制文化に, 繰り返し繰り返し自己, 繰返すこと, 美が, 美しい幻, 美しく, 美しく生かした, 美しさ, 美人だ, 考えないと, 考えもしくは, 考えられる人, 考えるもん, 考えるガラッ, 考える人, 考える可能性, 考へがち, 考へすぎて, 考へた, 考へたにと, 考へられない筈, 考へられるやう, 考へること, 考へる傾向, 而も, 耳目を, 聞き捨てること, 肯定された, 肯定しかねる, 肯定した, 肯定する, 自分たちの, 自分の, 自己同一的である, 自然である, 自然な, 自然法的に, 自由の, 自由を, 自覚され, 興奮し, 舌を, 良いと, 良人への, 良人以外の, 若いの, 若衆に, 苦しげ, 苦しみ考え愛し, 英雄化された, 行かなかった, 行くもん, 行なったので, 行はれた, 衝動的に, 表明し得ない, 見えるが, 見えるひと, 見えるもの, 見える終止形, 見られず, 見ること, 見ると, 見做, 規定し得ぬ, 親類の, 観想を, 解したいの, 解したと, 解して, 解決され, 解釈した, 言い捨てて, 言つた, 言ひきれぬ, 記述する, 認識という, 説明した, 誹謗する, 諦めてばかりは, 讃嘆出来なかった, 貰えないから, 貰へ, 資本主義乃至, 赤色の, 赴くと, 超イデオロギー的, 身を, 身体や, 軍隊が, 辛すぎる, 農作, 通俗的な, 遊ばずお, 遊びとか, 遊びに, 過ぎるが, 過去の, 配色アクセントなどについてだけ, 開いた窓, 開放され, 限る, 隠者の, 雨滴石を, 面白いから, 頼むの, 頼もしさ, 顔を, 類型的に, 食物の

▼ 単純~ (239, 7.5%)

28 はない 8 はある 7 はなかっ 4 あつた 3 正直な, 素朴な 2 あつた時代, はありません, 優雅で, 又を, 少しの, 楽な, 此方の

1 [172件] あつて, いい, いいの, いい女, いかにもまた, いたって一般的, いつも人, おだてに, かげりを, かつあまりに, かつ不思議, かつ種類, さうし, さえあれ, しかし具体的, しかない, しかもまじり, しかも哀憐, しかも測り, しかも無限, しかも熱情ゆたか, しかも用心深い, しかも色彩, したがって一生, すぐ飽き, すべてが, そうして楽天的, そしてどこ, そして万人, そして楽しく, そして現在, それを, たくらみが, ただこれ, はあった, はあり得なかった, はいかない, はなかったろう, ひとり立ちの, ほとんど韻文, むかっ腹が, わかり切った事, ハッキリした, ボンヤリだ, マットレス丈は, メロディアスと, ロマンティックな, 一から, 一本調子な, 且つ至る, 且粗ッぽい, 人々は, 人の, 今尚, 伝統が, 何でも, 余りにナイーヴ, 健全で, 健康である, 円い顔, 別に講釈, 力強い並行線, 力強い柱台, 効果的な, 卒直で, 印象を, 印象的で, 印象的な, 危なげの, 原始的で, 古雅で, 可愛いい要素, 名誉心に, 善良で, 垢ぬけ, 大まかな, 大概は, 奇妙か, 好いな, 姓氏の, 実直だ, 実直な, 容易な, 常に支離滅裂, 平凡で, 平凡でしょう, 平凡な, 平明だった, 平明で, 幸福な, 強い肉体, 強さ, 心厚い, 快活で, 快活に, 怒りっぽい, 怒りっぽく, 性急だ, 性急でした, 感じ易い, 感動的な, 感情が, 感情的な, 感覚的表徴能力の, 抽象的な, 明快で, 明快です, 明白である, 明白な, 明確な, 書生らしい, 朗らかな, 未熟だ, 林町の, 柔和な, 正確な, 比較的善良, 気に入ったん, 気短かに, 気質的に, 深い方, 混り, 清々して, 清楚で, 無器用で, 無垢な, 無知でした, 無邪気な, 無邪気よ, 熱情的な, 熱烈であった, 熱烈な, 特に規則, 率直である, 率直な, 現実的であり, 理想などという, 的確な, 皮相な, 直接法で, 直接的であり, 知識的である, 端的な, 粗朴, 粗野な, 素朴で, 素直で, 素直である, 細工は, 罪の, 美しい服装, 而も, 肯定の, 臆病な, 自然だ, 芸術的であった, 華やかで, 行けすべて, 要するにその, 訓練が, 貞淑で, 貧しい技術, 軽信的で, 遠くから, 重味の, 開け放しな, 隠しごとが, 静平で, 面白いところ, 須山春一が, 頭の, 類型的な

▼ 単純~ (146, 4.6%)

12 して 9 されて 4 せられて 3 されたもの, するため 2 が行なわれたる, された姿, した, すること, するの, を実行

1 [103件] から咲き出した, から始, から更に, から来た, か否, がある, がやがて, が企てられる, が本旨, が横拡がり, が精緻, が純粋理論, が足りない, された, されたいつも, されたその, されたの, されたり, された分業, された古典的, された生活, された程度, された結果, された者, された表現, されてを, されまた, され共通化, され平凡化, され神経, しそして, したがる一方, したの, したもの, した今様, した手法, した概要的, しよなげて, し出す時, し易く, し簡易迅速, するか, するに, する力, せられすべて, せられた形, せられた結果, せられた言葉, そうと, である, でしかあり得ない, でないであろう, では, というよう, という事, といふ抽象的方法, とがある, とが遂に, として到達, とそれ, とはこの, とは複雑, とふ, と図案化, と言つた才能, にあり, には何, によってのみ科学的概念, に依る, に復したら, に於, に気がつい, に著しい, のよく, のロマンチシズム, の上, の実現, の容易, の最も, の秘訣, の行, の道, はある, はこれ, はす, はそこ, はその, は一つ, は具体化, は即ち, は至難, は近代絵画, への方向, も行われる, をねらつ, をももたらせ, を強要, を支持, を狙った, を説く, を貴ぶ, を道徳的簡易化, 即ち経済化

▼ 単純~ (114, 3.6%)

3 で, なの 2 こそは要求, で自分, というもの, とその, と思い上がり, と明るく, と野蛮人, のため, を持つ, を欠いた

1 [88件] から門人同志, か酒, がひどく, がもっとも, が出, が大人たち, が新, が武蔵, が滑稽, が頬, この独立性, その噪, だ, だけで感じた, であなた, であらう, であり思い, であろう, でさらり, でしょう, でつかまれました, ではございません, でぼく, でやっ, でやはり, で保健婦グーセフ, で政府, で昼, で津田, で自ら瞞, で雅致, といった要素, との絶頂, と云, と健全さ, と危険さ, と同時, と同時に, と技術, と控え目, と率直さ, と真実さ, と素直さ, と複雑さ, にはきっと, にはよめない, にまで洗練, によって着想, にわけ, に一種, に優る, に少し, に微笑, に微笑まれる, に於い, に比べ, に比べる, に満ち, に私, に納め, に罪, に近い, のうち, のゆえ, の完璧, はありがたい, はしかし, はない, は尊い, へと帰らね, もある, もどこ, や率直さ, よりも寧ろ, よ子供, をぜひ, をもってる, を別に, を取戻すべきでありましょう, を可能, を強調, を得る, を持った, を江戸ッ子, を衒っ, を衒つて読者, を見られよ, 優しい暖かさ

▼ 単純なる~ (98, 3.1%)

2 ものに, 大和魂では, 心の, 愛の, 芸術の, 複雑

1 [86件] がゆえに, ことか, ときは, に比し, のろまの, もの殆ん, も浅薄, 一介の, 一種に, 事実である, 二色若しくは, 休息の, 作用に, 供燈流燈の, 俗語では, 俳句の, 党首の, 全部経験の, 功名心から, 勇気を, 原始人類の, 反逆であり, 告白の, 器具を, 固有の, 土民は, 大胆さの, 女学生の, 好々爺, 威嚇とは, 平等的の, 形容詞の, 影や, 後景は, 心的状態を, 志士気質や, 思想の, 思想は, 思慕なら, 悲哀の, 意味の, 意志表示の, 感情は, 感情をば, 我々の, 批評家を以て, 推理法において, 摸倣者が, 放言壮語家に, 文筆業者として, 方なれ, 旅行では, 昔の, 景色を, 本能によって, 民主論者に, 渦紋などの, 烏では, 物象の, 独立せる, 理論家に, 目的に, 知識は, 空気を, 経験について, 綽名な, 美に対する, 義務を, 自分は, 自由民権の, 自給経済の, 色彩, 蝋燭で, 複雑さ, 規則に, 観察による, 解放論者は, 解説である, 言葉の, 誠実は, 誠実も, 説明を, 謀反人として, 鑑賞の, 階級の, 魂の

▼ 単純~ (31, 1.0%)

2 うちに, ために, ものである, 中に, 時代と, 深さ, 美を

1 [17件] ことである, やうで, 世界に, 中にも, 仕方で, 前に, 味を, 法則のみにて, 理屈である, 生活を, 直線を, 美それは, 美少なく, 美徳が, 複合である, 要素を, 間に

▼ 単純である~ (26, 0.8%)

2 か, ように

1 [22件] から問題, かわりに, か複雑, があの, がかの, がこまか, がしかし, がそれだけ, がそれでも, が此主人公, が確信, けれども意志, ことは, ことを, さりとて, だけにあんまり, だけに横, とともに撓み, に引替え, のにも, 故の, 時期は

▼ 単純~ (25, 0.8%)

1 [25件] からそう, からなん, からむずかしい, から毎度, から狂人, から複雑, が, がこの, がその, が濁り, が鋭い, けれどもそれぞれ, けれど深い, しする, し誰一人, という, とのみ片づける, とは到底, とは思われ, とも純粋, と云っ, と思う, な, の, もの

▼ 単純には~ (24, 0.8%)

2 行かない

1 [22件] いかんもの, この関係, して, なかなか行かぬ, やつつけられない, 一切の, 出来て, 出来ない様, 判明でない, 参らない, 受けいれること, 思いこめず, 断定出来ない, 煮つめられた美, 片づけられまい, 物質とは, 看過されなかった, 科学にだけ, 見えなかった, 解決の, 言い解けませぬし, 諦めきれない未練

▼ 単純素朴~ (20, 0.6%)

2 のうち

1 [18件] があらわれ, であったの, であるだけ, で古風, と快活大胆, なこと, なほど, なもの, なる上代, な云わば, な伝統, な形, な正直, な策略, にすぎた, に真情, のあっさり, の立派さ

▼ 単純~ (18, 0.6%)

1 [18件] いい去る, いふこと, なり一般, なり澄江, より解釈, 優雅とを, 力と, 従順そのものの, 思われる思想, 想像される, 来やが, 沈静と, 省略は, 見或いは, 言へば, 誠実とを以て, 避暑地の, 静け

▼ 単純明快~ (17, 0.5%)

2 であつ, な真理, より良く

1 [11件] か, であった, であるため, でもっと, と申した, なの, なる色調, にあなた, になる, に合理的, のうち

▼ 単純であり~ (16, 0.5%)

2 純粋に, 絶えず誰

1 [12件] そして人間, その通り, ながら何, またそれ, より独立, 一方から, 又最も, 概算的である, 無心であっ, 無心である, 省察において, 迅速である

▼ 単純~ (16, 0.5%)

1 [16件] が一般, すなわち神, ということ, というもの, というよう, と美, にはクエーカー教徒, に現実, はございません, はその, は変りもの, を帯び, を損, を示し, を笑うまい, 及びそれ

▼ 単純~ (14, 0.4%)

2 極めたもの, 極めて, 欲すれ, 離れて 1 よろこぶ心, 忘れない, 極む, 装つた語彙の, 許さない, 許して

▼ 単純でない~ (11, 0.3%)

1 [11件] がただ, ものが, 以上大衆が, 伏線で, 何ものか, 場合が, 所が, 朗か, 理由を, 真理を, 面白さ

▼ 単純でも~ (9, 0.3%)

2 ない 1 あり淡白, ある, ないやう, ないわけ, 旅人の, 深い象徴性, 素朴で

▼ 単純~ (8, 0.3%)

1 あるの, いい, 人生の, 何だ, 失われる処, 好いので, 早飲み込み, 磨かれたもの

▼ 単純明白~ (8, 0.3%)

1 なこと, なり曩, なモチーフ, なリアリティー, な勧誘, な譬喩, に現われ, の理由

▼ 単純~ (7, 0.2%)

2 わが前 1 ある, 単調で, 愚昧の, 生命と, 複雑と

▼ 単純明瞭~ (7, 0.2%)

1 であ, である, で一目刺殺, で力強い, なこと, な思想, を特性

▼ 単純率直~ (7, 0.2%)

1 である, であること, でない一葉, な部類, にあらわし, に心情, に求める

▼ 単純から~ (6, 0.2%)

3 複雑に 2 複雑へ 1 複雑な

▼ 単純すぎる~ (6, 0.2%)

2 ようだ 1 ために, と考えられる, のである, よ

▼ 単純そう~ (6, 0.2%)

1 だけれど, な人たち, な姿, な小使さん, な顔, に見え

▼ 単純であっ~ (6, 0.2%)

1 てしかも, てはイカン, てもそれ, ても必ず, て一つ, て独立

▼ 単純極まる~ (6, 0.2%)

1 その生活, 一事の, 反覆を, 師への, 性質は, 質問を

▼ 単純きわまる~ (5, 0.2%)

1 この男, 主観人として, 恋愛物語だ, 残忍さが, 無表情な

▼ 単純そのもの~ (5, 0.2%)

2 のよう 1 であった, であり省略そのもの, の喜悦

▼ 単純という~ (5, 0.2%)

1 ことが, ことに, ことには, ことは, 批評ほど

▼ 単純生活~ (5, 0.2%)

2 に落ちつい 1 いながら, と前, をかり

▼ 単純であった~ (4, 0.1%)

1 から従って, 昔彼は, 時代は, 為整然と

▼ 単純でなく~ (4, 0.1%)

1 ね, ば深い, 容易でなく, 美わ

▼ 単純ながら~ (4, 0.1%)

1 一順の, 神, 筋に, 陰翳に

▼ 単純にも~ (4, 0.1%)

1 云へ, 流布本と, 統制と, 行きますまい

▼ 単純~ (3, 0.1%)

1 何も, 単純ぶりで, 複雑も

▼ 単純感覚~ (3, 0.1%)

1 と同じ, に較べ, のよう

▼ 単純無比~ (3, 0.1%)

1 な標識, な表現, にし

▼ 単純無邪気~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 では

▼ 単純~ (2, 0.1%)

2 はまる

▼ 単純さ正直さ~ (2, 0.1%)

1 が利用, を説明

▼ 単純じゃ~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 単純すぎた~ (2, 0.1%)

1 ということ, 話である

▼ 単純だった~ (2, 0.1%)

1 から, こころもちを

▼ 単純です~ (2, 0.1%)

1 からそして, よ

▼ 単純でなかった~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことを

▼ 単純でなくなっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来る

▼ 単純とか~ (2, 0.1%)

1 健実とか, 健康とかいう

▼ 単純なりし~ (2, 0.1%)

1 が世, 事は

▼ 単純にしか~ (2, 0.1%)

1 云いよう, 心の

▼ 単純~ (2, 0.1%)

1 偏執の, 真率が

▼ 単純らしい~ (2, 0.1%)

1 いかにも子供, から

▼ 単純~ (2, 0.1%)

1 アル, 劃ガ少

▼ 単純主義~ (2, 0.1%)

1 にさう驚く, に陥る

▼ 単純化す~ (2, 0.1%)

1 のが, 時科学的概念が

▼ 単純可憐~ (2, 0.1%)

2 なる日本的自然

▼ 単純失神~ (2, 0.1%)

1 と断言, の章

▼ 単純律義~ (2, 0.1%)

1 な指導者, な生徒監

▼ 単純明朗~ (2, 0.1%)

1 であり得るだろうか, な芸術的要素

▼ 単純明確~ (2, 0.1%)

2 な物理的作用

▼ 単純~ (2, 0.1%)

1 がこれ, だよ

▼ 単純澄明~ (2, 0.1%)

1 な主張, な態度

▼ 単純直接~ (2, 0.1%)

1 な愛憐, の意味

▼ 単純真摯~ (2, 0.1%)

2 な性格

▼ 単純素樸~ (2, 0.1%)

1 なご, な肯定

▼1* [123件]

単純かもしれなかったけれども, 単純きはまるものだつた, 単純きわまったこのこと, 単純これらの美, 単純さが美の主要, 単純さ今も同じ, 単純さ健全な目的, 単純さ明瞭さの殆ど古典的, 単純さ自然さ雑物なしと, 単純さ落着きを得た, 単純すぎて鈍重, 単純すぎますね, 単純だけに感激し, 単純であらねばならぬ, 単純であり得た自己の, 単純であるべきで謎は, 単純であればある, 単純でいてその, 単純でくだけた語りくち, 単純でしたが彼女, 単純ですふっとばされなければという仮定, 単純でなくなったことを, 単純でなくなるといや, 単純でのん気千万の, 単純でわかりやすくそう, 単純で喰い足りない印象を, 単純で居て魅力, 単純で怒った容とか, 単純で思うさえ爽快, 単純で至るところに, 単純といふかとにかく語, 単純とかいうことが, 単純とが千手丸の, 単純とでも言おうか, 単純とは言えぬ, 単純ともみえるほどの, 単純なうなずきを幾度, 単純なえらがり屋であります, 単純ながらも風情の, 単純なつかれではあります, 単純なむさぼりがあった, 単純ならざる種類に, 単純ならずして屡, 単純なれどその, 単純なわかりやすいモノ, 単純な云いかたでは, 単純な判り切ったもので, 単純な唱え言葉も, 単純な思い上がりは, 単純な思ひあがり方に, 単純な浮立つばかりのメロディ, 単純な演じ方を, 単純な澄みとほつた気持ちで, 単純な考へ方である, 単純な腹立ちやうが, 単純な見かただ, 単純な見透かされない深い味, 単純な言いかたでしか, 単純な諦めによる承認, 単純にというべきかも, 単純にまではなりきれぬ尊氏, 単純にをかしさうに, 単純ぶりで君, 単純単純より, 単純へとさらに帰った, 単純むしろ愛すべく野性, 単純ゆえに他, 単純より又複雑, 単純らしく思われる園の, 単純らしく見えるこの男, 単純一徹な金吾, 単純一様に見え, 単純一片の草莽, 単純且粗放にし, 単純主義者に見る, 単純低級なもの, 単純健全な心, 単純化そこから日本的, 単純化協同化明朗化を今, 単純化性能を表し, 単純化日常生活の外形的, 単純直さ, 単純卒直な惜別, 単純原始な理解, 単純古調のこの, 単純失神特有の徴候, 単純定期取引歩金取引等が行われる, 単純平明なあの, 単純幼稚がなつかしい, 単純怪奇な真理, 単純怪奇手に負, 単純旋律やがて霧散, 単純亮に, 単純明白二二ヶ四的に合理的, 単純る人, 単純極まりないもので, 単純清厳とも謂うべき, 単純清澄な表面, 単純清素にし, 単純無垢な子供, 単純無意味不調和もしくは突飛, 単純無知な者, 単純無趣味な直線, 単純無類の美術批評壇, 単純率直傍若無人そしてしばしば, 単純率直達弁の士, 単純真実なる二, 単純真率技巧を施さず, 単純研究のモノメニア, 単純簡朴なりと評すべし, 単純簡素枯淡になつた, 単純素ぼくにあるいは, 単純素朴化され純真純美化, 単純の幻想, 単純色幕の組合わせ, 単純蒼古で徒ら, 単純装飾法のしばしば, 単純複雑の別, 単純込み入つて, 単純過ぎた男と, 単純過ぎるから置いた, 単純闊達を愛する, 単純高尚であり東照宮