青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「古く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~口 口~ 口実~ 口惜し~ ~口調 口調~ 古~ ~古い 古い~ ~古く
古く~
古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句 句~ ~叩い 叩い~

「古く~」 2297, 25ppm, 4697位

▼ 古くから~ (695, 30.3%)

20 あつた 8 あった 7 日本に, 知られて, 行われて 6 あったもの, ある, あるが, 伝わって, 行はれ 4 あったよう, 持つて, 有名な

3 [14件] あったこと, あって, あつて, では, 伝えられて, 使って, 持って, 日本の, 用ゐ, 知って, 研究し, 行はれた, 親しくし, 読み過ぎて

2 [47件] あったと, あったという, あったらしい, あった語, あること, あるの, あるもの, いい伝え, いる年, このこと, そこに, やって, やつて, 伝承され, 傳は, 僕の, 出て, 口誦によって, 可なり, 名の, 多くの, 存した, 存在し, 存在した, 家に, 巫女の, 彼の, 我が国に, 我邦に, 有名に, 用いて, 用いられて, 病院に, 発達した, 知つてゐる, 祖の, 私の, 立つて, 至極つまらぬ, 行道の, 親交が, 言うて, 言われて, 讀み過ぎて, 通じて, 邪気送りの, 開けて

1 [468件] あったか, あったけれども, あったため, あったとは, あったもう, あったものの, あったらしいと, あった医院, あった名, あった形, あった様, あった祈年, あった穴, あった草双紙, あった音, あつたの, あつた像石信仰, あつた様, ありて, ありふれた習俗, ありました, ありまして, あり僕, あり又, あり江戸初期, あり神事, あるあゝ, あるこの, あるとの, あるよう, あるオランダ人, あるチャップハウス, ある処, ある名, ある国柱, ある圓, ある墓地, ある大きな, ある天竺牡丹, ある小さ, ある思いつき, ある捕鯨港, ある数軒, ある文章, ある普通, ある有名, ある根強い, ある楠流, ある此, ある物語, ある狂言, ある画題, ある白梅, ある言葉, ある語, ある謡曲, いくども, いたその, いた女房たち, いた女給, いるお, いるんで, いる下女, いる先, いる先生たち, いる召使, いる女, いる女房たち, いる爺, いる童蒙, いわれて, お持ち, お犬様, お誓, かような, きいて, こういう話, ここで, ここに, この一角, この丸の内, この倶楽部, この国, この土地, この島, この方式, この日, この温泉, この瀑布, この病が流行, この社会, この精神, この置時計, この落合, この辺, この青草, これを, さう, さずきと, して, しばしば観測, すなわち耄及愚翁本, ずいぶん重要, ずいぶん長く, そういう時, そういっ, そう伝え, そのトランク, そのネンウチ, その中心地, その地, その時代, その淵源, その靈, その非, それでは, それらの, つ, ついて, であつ, ですか, のが, のこど, ひらけて, ぼんやりした, ぽつぽつ峡中, まつりと, もっと沢山歌, もつて, やられて, よくおいで, わたしの, わび歌われた, われわれが, クグツという, ケンザイだ, コマ人に, ツクが, 一つの, 一年の, 一種の, 一般通詞のみ, 一部さむらひ, 三ツの, 三韓に, 上野辺に, 下駄の, 不開御門, 世間に, 丘越しに, 中国には, 中央日本の, 乱れて, 二通りの, 云われて, 交通され, 交際し, 亥の, 人に, 人も, 人造人間の, 人間が, 人類に, 今ある, 今日に, 仏教信者が, 仕えて, 代々醫者で, 伝えられた分子, 伝えられオマンルパロ, 伝った広い, 伝って, 伝へて, 伝わってる小さな, 伝わり今, 伝わるもの, 伝承し, 伝承せられた, 伝誦せられ, 伯耆の, 住んで, 住吉, 作って, 使い慣れた文字通り, 使い慣れた道具, 使つてゐた, 使用さるる, 例祭は, 保険が, 信じられて, 信州と, 俺に, 備後酒の, 傳はつた, 働いても, 八間という, 公園に, 共同し, 共産主義に, 内外の, 出入りし, 別莊, 利用され, 動坂さんの, 勤めて, 北海道に, 半ば公式に, 印度に, 印度の, 友人として, 取って, 同名の, 同地で, 名が, 名前の, 吾人の, 哲人は, 唱へ, 問題に, 善悪の, 土地の, 在つた, 在るもの, 在住する, 地方に, 型的な, 墓所と, 夏の, 外人たちの, 外界に, 多く使われ, 大きな店, 大学へ, 大師講の, 天つ, 天児, 天竺などの, 太郎坊と, 太陰暦に, 好意を, 始まって, 始まつて, 委され, 婦人の, 存したらう, 存立し, 学んだもの, 安住の, 定まった法則, 宮廷において, 小法師, 少しずつは, 少なからず, 居る三羽, 居る者, 居る船長, 居る連中, 山を, 山伏類似の, 山又は, 山地の, 山田申楽の, 岡の, 己の, 帝王が, 常識化され, 幽霊を, 幾人も, 広く行き, 広く行きわたっ, 店の, 引き継いだ為事, 強ひられず, 当てるが, 彼とは, 彼等の, 御堂の, 御息所の, 心の, 意識的に, 懸って, 懸つて, 成立し, 我が国にも, 戸倉又は, 手塚の, 抱いて, 持つたもの, 掃除担当の, 探偵小説の, 支那に, 支那製の, 教員は, 教育を, 散じたり, 整へ, 文武の, 文献の, 文章かきの, 斎宮の, 斯う, 日向に, 日本にも, 日本人との, 日本語に, 昌林院を, 昵みの男も, 昼と, 有ったこと, 有り, 有名であった, 朝鮮と, 本文に, 村には, 来て, 東洋にも, 東洋の, 東西両, 架る元, 栄さんの, 校正に, 根を, 次々に, 此す, 此の, 此町には, 此賓客を, 武の, 歴史にも, 毀誉褒貶の, 母音一つで, 気附い, 江戸時代に, 決まった神事, 沈滞し, 流れた伝説, 浅草郵便局の, 海道一の, 港として, 湛えられて, 滝本は, 漁撈と, 演劇運動を, 漢土と, 火事で, 物集北劍の, 特徴を, 現われて, 現代の, 理窟を, 生えてるわけ, 生じて, 生活も, 用ゐられ, 甲府を, 疑問と, 発句といふ, 発達し, 百鳥の, 盂蘭盆に, 盛んに, 相当熱心, 相応に, 知つて居ます, 知られた名, 知られた土地, 知られ且つ, 知り合, 石や, 石成長の, 研究家が, 社会民主党に, 祀って, 神の, 神嘗祭と, 私は, 秘蔵し, 移動往来し, 積り積りし, 空襲教練が, 策子の, 糠部と, 紙漉の, 組合の, 続いた刈り上げ, 続いた歴史, 続いて, 縁籍の, 縮緬の, 織物の, 繰り返され近代, 續い, 考えて, 考えられたよう, 考へられたこと, 耕して, 耳に, 聞えた漁場, 聞えて, 肥後鍛冶が, 自分等の, 自然に, 興言利口など, 舟楫の, 船岡で, 良不良, 良民, 芝居を, 蒸気風呂が, 蓮華の, 蔵され, 蔵し, 行なわれて, 行なわれる雨乞い, 行はれたらう, 行われたこと, 行われたの, 行われた我国, 行われ来って, 袴腰の, 製麻が, 見て, 覚えて, 言いならされて, 言って, 言ひ, 評判に, 評判の, 話が, 認められて, 語られたこと, 語り傳えられて, 讀まれて, 豪族赤松の, 貼られて, 資料は, 賤民の, 赤道線を, 足跡崇敬の, 身の, 輪廻といふ, 近い関係, 近江源氏と, 通行された, 遊女歌舞伎たちここに, 道中差しは, 郷主として, 釈迦どんと, 重大な, 金五郎の, 鉛の, 錦綺の, 開かれて, 開けたもの, 開けた旧道, 防人とか, 随分馬, 隠然たる半, 雀を, 霍去病の, 非常に, 面の, 面識が, 頭の, 食用に, 馬具細工の, 馬庭念流という, 馳駆し

▼ 古く~ (300, 13.1%)

5 もつと 3 これを, ない, よごと, 神の

2 [13件] あるが, ないらしい, 八処女の, 単にこれ, 同一の, 実数は, 幾通りも, 日想観往生と, 日想觀往生と, 最初に, 無かつ, 皆神女の, 語根の

1 [257件] あったが, あったけれど, あの十六・七世紀, ありませんが, あるまいか, あるまいに, いかるがの, いぬと, おほ, このサネカズラ, この五種, この社殿, さうで, さうでなかつた, さらに緊密, そこから, そこに, そのよう, たまふりと, とりみるであ, どうで, どちらかに, ないある, ないから, ないが, ないころ, ないの, ないはず, ない白木, なかった, なかつたが, なって, ならぬ, はやすと, ふると, ほ, またカム, また京都, また大陸, まといが, みおやだい, みそぎと言う, もっとなまめかしい, もっと小さき, やはりやぼさ, やはりよ, やはり想像, やはり手脚, やはり矢倉, やはり聞得大君同様, やはり靈代, イエス・バラバすなわち, イデハと, カムィミンタ, シェイクスピイヤミュッセさては, シレル・シレモノと, ストイック派其の, スロノキといった, タチヤマと, ダンシと, チャセンや, デュマの, トコロズラといった, ドイツ廃帝, ドリス人, ハチヤをも, ペトラルカなどの, モチヒと, モリであった, ヤウカミと, ユーゴーの, 一如で, 一度きりで, 一旦祭事, 万葉新しく, 万葉集巻三の, 三國漢の, 上二段活で, 下から, 下簾, 中村郷と, 主としてひさご, 之れ, 二回大嘗祭にも, 京の, 人肉を, 人麻呂か, 今の, 今年も, 今昔物語にも, 仏典に, 仏蘭西の, 佐々木忠次郎とかいう, 佐伯を, 何よりも, 信仰の, 元禄年間初めて, 全國的, 其が, 其地の, 其子分を, 刈り上げ前後の, 別の, 勿論意味, 十二年の, 却つて日本紀と, 原始呪術から, 各所の, 各豪族各部曲, 吉田東伍博士以下専門史家の, 同じウ, 名取の, 四十體あつ, 四條附近に, 国家確立前から, 外国語すなわち, 外来魂, 夜ざとく睡つ, 大嘗祭と, 大嘗祭の, 大宝年中役の, 大正三年七月奈良において, 大體二つ, 天体ばかりを, 天皇陛下の, 子の, 子取, 宋の, 宮中のみの, 宮廷同様国々の, 密着する, 寡婦また, 寺院に, 少し違つて, 尠く, 山吹が, 山海経で, 嶺南の, 常に政治的開放, 常暗, 年魚市, 広重中頃は, 廣田郷と, 弁証法の, 必問答態を, 必絵解きが, 忠信と, 恐らく呪詞, 悪魔の, 感應院門前の, 慳貪と, 成務天皇の, 我国には, 持統天皇十年十月には, 故日下部四郎太博士, 数人の, 日本の, 日本橋も, 普通に, 更に緊密, 書物の, 有つた, 有名な, 朝鮮に, 本島東岸の, 東光寺薬師堂理智光院などの, 東海岸を, 桔梗を, 標山と, 此の, 此を, 武光とのみ, 武士には, 比地の, 氏族制度でありました, 江戸氏が, 河陽の, 沼地で, 洛陽の, 津と, 津軽に, 洲浜と, 海の, 海岸の, 添刪にも, 源頼光の, 瀬戸内海の, 無いもの, 熊野まで, 片哥, 狛江の, 独り立ちする, 猪及び, 猿楽能に, 理想の, 田の神の, 田畠の, 甲州にも, 男で, 発達の, 目的格の, 直接その, 直越, 社を, 祈年に, 祈年祭風に, 祖先神が, 神である, 神と, 神によって, 神を, 神秘的な, 祭主たる, 称して, 穀物をよと, 穀物或は, 穴生とも, 立山背後の, 童名だけ, 絵島生島事件, 能登の, 脇, 自ら別途, 自分の, 船見山または, 芒と, 若くなる, 蛇壻の, 蛙の, 複合語においてのみ, 見えるが, 見られないと, 見當ら, 言霊を以て, 語根, 説経は, 象を, 貞觀年間, 近傍に, 近衛使について, 部落共同の, 鄭州の, 酋長たる, 野牛と, 野老沢とも, 金國を, 金属で, 長寿者を, 限定せられ, 陶淵明の, 雛と, 雪間の, 雲上の, 雲梯ヶ岡といった, 霊異記新しく, 願人といふ, 鹿

▼ 古くからの~ (187, 8.1%)

4 ことで, 山越しの 3 いい伝え, もので 2 ことであった, 事である, 事と, 名だ, 知りあいで, 習慣から, 習慣で

1 [159件] ある迷信, いひ傳, お友達, お約束, ことには, この家, ものだ, ものだろう, ものには, ものを, イナカを, エセックスとの, ボナパルト派だった, 一般的な, 不断の, 世界人が, 事だ, 事で, 事らしい, 云い習わし, 人が, 人の, 代々の, 仲間たちに, 仲間や, 伝統であっ, 伝統的思想なりを, 伝襲が, 依頼人です, 俗な, 信仰上の, 信仰身の, 信者で, 俳優と, 先生たちに対する, 助手だって, 助手の, 医家が, 友だちです, 友人である, 友人の, 友情が, 友達だ, 友達だった, 友達で, 友達の, 古見の, 名であっ, 名であった, 名称では, 問題が, 土地の, 変化では, 多くの, 大内とは, 大友党の, 大審院判例であっ, 大話, 夫の, 女の, 子供の, 存在である, 定めに従い, 客ゆえ誘われれ, 家が, 宿駅である, 寺田屋などは, 寺院は, 小作達は, 小前分家に対して, 峠なら, 島民の, 帰化人や, 形だ, 必然的要素なりし, 思索家で, 恋愛に, 情実に, 愉しみ, 愛用の, 愛読者だ, 慣ひである, 慣例である, 我々の, 所領で, 手紙類, 批評家であり, 敬虔な, 敬語, 方式であったろう, 日本の, 日本りんごで, 日本桃で, 日本語であっ, 昵みの家では, 書物にも, 有名な, 有閑夫人も, 村の, 様式で, 横隊戦術が, 歌に, 正しい形, 歴史も, 民俗である, 法則が, 炭坑へ, 状態を, 現象でなく, 知り合, 知り合いだ, 知り合いな, 知人寧ろ, 知合ひで仕事も, 研究者に, 神を, 競争相手である, 縫い箔屋だった, 習慣に従って, 考え方で, 考へで, 聖歌を, 臣下は, 芸者屋さんだ, 荘園も, 街並みの, 親しい友, 親しい顔, 親しみが, 親み, 親友な, 観賞者が, 言い伝えが, 言い伝えである, 言い伝えに, 言葉であろう, 記憶である, 話であった, 語である, 誰かだ, 講社や, 講釈場だった, 赤城神社が, 路傍の, 農民の, 込んで, 迷信から, 重い慣例, 関係を, 隣り同士, 預金者と, 風俗が, 食料と, 餅の, 馬頭観音は, 馴染だ, 馴染みで, 馴染客の, 駐在所も

▼ 古く~ (86, 3.7%)

2 しかも最も, 役に立たない飛行機, 皮が, 立派だ

1 [78件] ありふれたもの, いかぬと, こわれかかって, こわれたもの, しなびて, せまい歩道, そうして甘い, その幹, どうにもならない, ひろ子の, まだ若い, みすぼらしい, みっともなくて, もう役に立たなくなった, もう音量, やけてるがね, よくない, よく分らない, わかり切って, クニャクニャおやおや, 一般の, 三十年二十年前株を, 不規則な, 今から, 何かの, 余り清潔, 作意を, 偏狭だった, 全く新しい, 単語と, 危険だ, 厚ぼったくなった, 反て, 名高いもの, 名高いリアルト橋, 否定は, 問題に, 変に, 大きいその, 大きいの, 奇麗でありません, 好いもの, 子供を, 小さい, 尤も年代, 強い気, 役に立たないと, 悪い, 新しい, 新らしい, 日本海の, 時代がかった, 木が, 本物です, 機械が, 毛が, 汐くさい, 汚いん, 汚ない, 物が, 珍しかった, 白式は, 皿数への, 確實な, 私の, 秘密の, 粗末で, 落ちついた宿, 表紙や, 誰が, 貼紙だらけのを, 退屈です, 錆び切って, 長いの, 飛びそう, 駄目です, 骨だらけだった, 黄色い艶

▼ 古くなっ~ (73, 3.2%)

9 ている 3 てい, ていた 2 ています, てこわれ, て居る, て手

1 [50件] てあの, てあるいは, てくずれかかっ, てこけかかった, てこんなに, てしまっ, てすっかり, てすり切れる, てところどころ, てはげ, てはだめ, ては根っから, てほか, てめったに, てもニュース映画, ても出なくなります, ても十分人目, てよく, てよごれた, て一寸見, て何遍, て光った, て処, て古色蒼然, て土台, て地中, て売, て家, て居ります, て底, て建て直し, て弱った, て意味, て所々苔, て朽ち, て欠損, て煤け, て用, て石, て破れた, て破れ目, て神戸, て腰, て行きました, て行く, て誰, て金具, て雨, て馬, て鼠色

▼ 古くなった~ (47, 2.0%)

4 のを

1 [43件] お菓子を, からのう兵部省, から俺, から又, から新しい, から私たち, がらくたを, けれどこの, ことも, せいか, ために, ためも, という方, と思った, な, ので, ので持主, ので最近堀留, ので磯ヶ谷, のと, ぼろぐつをはいていました, ままで, ものかと, ような, ように, ガウンを, コートを, シャッポでも, タオルの, バットを, ブラシの, 嫁入道具の, 家な, 小説では, 屋根板は, 新本よりも, 物に, 直衣を, 短い縮緬, 衣服を, 袍を, 鏡台とか, 門が

▼ 古くより~ (45, 2.0%)

2 広く用い, 持つたへ

1 [41件] あった証, あつた, あるが, この組織, イエスの, マシウ・アアノルドの, 久授呂宮と, 今日に, 伝えられて, 伝わったもの, 伝わった古鏡, 伝来する, 使われたから, 召し使うて, 存した, 存立し, 崇拝せられ, 年内立春など, 持ち伝えたるなり, 持ち伝へた雛人形, 書きなら, 梵土で, 水戸家の, 牝熊の, 狸の, 猴に, 用いたる歌, 知られたこと, 知られて, 秩父の, 純粋の, 自分の, 虎賁など, 行なわれて, 親交あり, 諸国に, 象形文字が, 起り劉, 辭書に, 重んぜられて, 雅味茶気俳味古雅仙骨埃を

▼ 古くなる~ (34, 1.5%)

1 [34件] が伊太利, が明治十年頃, ぞ, といつのまにか, とかえって, とまち, ともっと, ともの, とよく, とウイスキイ, と光沢, と同時に, と垢, と抜ける, と美しい, と羽, と苦笑, と飽き, につれていろいろ, ので障子, ほどよく, ほどエキス分, ほど人, ほど毒質, ほど結晶形, ほど胡粉, までにあ, までは誰, まで生え, ものだ, ンです, 事は, 所の, 木綿で

▼ 古く~ (31, 1.3%)

2 つてゐ, つてゐる

1 [27件] つたしね, つたのか, つたのから, つた九谷焼の, つた人形芝居の, つた掛布団は, つた果物といふ, つた桐柾の, つた隙間だらけです, つても, つて乗り心地でも, つて使はずに, つて來る, つて処, つて北側は, つて反, つて居る, つて干乾びた, つて木が, つて朽ち掛け, つて枯れ, つて穴が, つて紅い, つて腐つた, つて蝋燭が, ツた, ツたり

▼ 古く~ (29, 1.3%)

3 て新しい 2 てしかも, て愈, て新

1 [20件] ていつも, てかつ, てしまう, てそして, て且, て併せ, て力, て家居, て尚, て常に, て忘れられたる, て新しき, て東京邊, て根強い, て権威, て決して, て滅びゆく, て美しき, て良き, て黒き

▼ 古くない~ (28, 1.2%)

2 ことを, 時代に

1 [24件] から或, から食う, がおまえ, が下宿, ことが, ことだ, だけにその, とかいうこと, のが, のである, のを, パンも, パンを, ポストアンプレッショニストとして, 昔の, 時代を, 松並木暁の, 松並木曉の, 熔岩の, 理由が, 白銀色の, 老人も, 運動シャツなどを, 風呂敷包みだ

▼ 古くても~ (16, 0.7%)

1 [16件] い, いいの, なかなかりっぱ, 八九百年位であります, 定住の, 小さく刈りこまれ, 性格気分等の, 新しくても, 書いた時代, 朱泥が, 皮の, 目と, 真理だ, 立派な, 縫い直して, 面白くため

▼ 古くとも~ (16, 0.7%)

1 [16件] かならず黒い, その美, クライスラーの, コロムビア盤の, バックハウスの, ビクターの, 六國の, 其言語が, 其語の, 十数年前の, 宋代位で, 帽子は, 後世から, 新しくない, 正しいもの, 私は

▼ 古く~ (12, 0.5%)

2 ないが 1 あり全国的, あり又, あると, ないので, なき戯曲, なく勿論, ならず手持好, 出近頃, 弱っても, 珍らしく

▼ 古くこの~ (9, 0.4%)

1 三百年の, 地方に, 城の, 徒が, 成語を, 田の, 種の, 草を, 風が

▼ 古くなり~ (8, 0.3%)

2 気が 1 シャツは, 何時までも, 字が, 感激性が, 書き物が, 瓦が

▼ 古くなれ~ (8, 0.3%)

3 ばなる 1 ばいろいろ, ばどう, ばタガ, ば八十八, ば自然

▼ 古くまた~ (8, 0.3%)

1 いかな小島, もう一つ前, 明白な, 最も精巧, 無価値, 甚だ栄えた, 私と, 諏訪神社とは

▼ 古く日本~ (8, 0.3%)

1 でも翻刻, でも飜刻, にあ, につたわっ, には神事, に渡つた支那, の芸能, へはいっ

▼ 古くその~ (7, 0.3%)

1 下半分は, 中を, 名称の, 所領に, 欲望の, 細部が, 説は

▼ 古くこれ~ (6, 0.3%)

1 を, をエタ, をマヒト, を不幸, を物, を神聖

▼ 古くアイヌ~ (6, 0.3%)

1 が日本人, の社会, の神, は, は山上, は自分たち

▼ 古く~ (5, 0.2%)

1 より典型的, 最も完全, 深いの, 発達した, 長くそして

▼ 古く存在~ (5, 0.2%)

1 しえなかったこと, した事, した呪術的仮装舞踊劇, した料理店, するばかり

▼ 古く溯る~ (5, 0.2%)

1 と隼人, ほどすなわち, までもない, 程歌よりも, 程神を

▼ 古くあった~ (4, 0.2%)

1 かと思う, のである, 問題である, 次第は

▼ 古くあつ~ (4, 0.2%)

1 た, たと, たの, た鎮魂術

▼ 古くかつ~ (4, 0.2%)

1 人に, 広く早くより, 稀有の, 黒い家

▼ 古くなつ~ (4, 0.2%)

1 たせゐか, たらうネ, てきた, てしまふ

▼ 古く支那~ (4, 0.2%)

1 から東漸, で言うた, に起っ, の帰化人

▼ 古く既に~ (4, 0.2%)

1 この神, 一度栄えた, 平安朝初期の, 素戔嗚尊は

▼ 古く深江輔仁~ (4, 0.2%)

4

▼ 古く行われた~ (4, 0.2%)

1 ことは, 指印から, 痕跡らしい, 迷信で

▼ 古く遠い~ (4, 0.2%)

2 匂が 1 ものは, 伝統が

▼ 古くある~ (3, 0.1%)

1 のである, シュコの, ホテルで

▼ 古く~ (3, 0.1%)

3 えもな

▼ 古くなく~ (3, 0.1%)

1 両者ともに, 元禄よりも, 新らしくなく

▼ 古くなつた~ (3, 0.1%)

1 ので最近堀留, ものです, ンです

▼ 古く且つ~ (3, 0.1%)

1 正しく山名, 磯馴松と, 長い

▼ 古く~ (3, 0.1%)

1 と呼ん, の目立った, も二川

▼ 古く~ (3, 0.1%)

3 來た

▼ 古く~ (3, 0.1%)

1 八洲国豊葦原瑞穂国葦原中国玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは, 能ある, 部分日本の

▼ 古く最も~ (3, 0.1%)

1 大きいという, 大きい宿屋, 強固に

▼ 古く溯れ~ (3, 0.1%)

1 ばどう, ば中, ば大

▼ 古く~ (3, 0.1%)

1 はれたよ, はれた三史, はれて

▼ 古く行われ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, 保存が

▼ 古く開けた~ (3, 0.1%)

1 土地の, 村には, 農村であっ

▼ 古くいかに~ (2, 0.1%)

1 不具であろう, 祝日の

▼ 古くからも~ (2, 0.1%)

1 新しくも, 聞えた

▼ 古くここ~ (2, 0.1%)

1 から導かれ, には山姥

▼ 古くそれ~ (2, 0.1%)

1 が用いられた, をクレ

▼ 古くなりかけた~ (2, 0.1%)

1 矢車草の, 血液が

▼ 古くなります~ (2, 0.1%)

1 がちょうど, と鳩

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 そうまだ何ん, 見たこと

▼ 古くには~ (2, 0.1%)

1 いわれて, しかつめらしい形

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 ことで, 為来り

▼ 古くはか~ (2, 0.1%)

1 の奇稲田媛, の常盤木

▼ 古くはなつ~ (2, 0.1%)

1 て居ります, て居る

▼ 古くよごれ~ (2, 0.1%)

1 て, てゐる

▼ 古くよりの~ (2, 0.1%)

1 二つの, 慣例に

▼ 古くダンテ~ (2, 0.1%)

2 がイタリア語

▼ 古く並び~ (2, 0.1%)

2 鎮もる

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 の餅草, もその

▼ 古く仕ふる~ (2, 0.1%)

2 はした

▼ 古く伝えられ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 古く八処女~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が其

▼ 古く天狗~ (2, 0.1%)

1 が時に, の名称

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 の時, の時男色

▼ 古く尊き~ (2, 0.1%)

1 神社どもは, 神社は

▼ 古く屍体~ (2, 0.1%)

1 を始末, を林野

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 れた一つ流れ, れた祭り

▼ 古く我が~ (2, 0.1%)

1 全国に, 國を

▼ 古く我国~ (2, 0.1%)

1 では獣畜, には鳥船信仰

▼ 古く或は~ (2, 0.1%)

1 新しくさまざま, 日本的といふ

▼ 古く文献~ (2, 0.1%)

1 にのこった, に見え

▼ 古く新しく~ (2, 0.1%)

1 並べて, 面白可笑しく

▼ 古く日本人~ (2, 0.1%)

1 が住ん, が考へた

▼ 古く暗き~ (2, 0.1%)

1 気体よ, 空気よ

▼ 古く書いた~ (2, 0.1%)

1 ものを, 二項目を

▼ 古く書かれた~ (2, 0.1%)

2 ものも

▼ 古く棲ん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいる

▼ 古く汚れ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 古く河原乞食~ (2, 0.1%)

1 と云った, 或いは河原者

▼ 古く洒落れ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 といつた, の色

▼ 古く演奏~ (2, 0.1%)

1 もそんなに, も爽やかさ

▼ 古く無い~ (2, 0.1%)

1 そのトリック, 石碑が

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 さびた庵, に見え

▼ 古く考へ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て世間

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 も彼, も若い

▼ 古く見え~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ 古く見える~ (2, 0.1%)

1 やうな, 一枚を

▼ 古く見ん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 古く詛言~ (2, 0.1%)

1 が盛ん, を太く怖

▼ 古く読んだ~ (2, 0.1%)

1 ので今, 小説である

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 を牲, を農業

▼ 古く~ (2, 0.1%)

1 を畜, を神

▼ 古く黒ずんだ~ (2, 0.1%)

1 堂の, 壁面に

▼1* [446件]

古くつた国は, 古くあの小鳥が, 古くあり今でも, 古くあるいは面白くない, 古くあれと云う, 古くいずれが後, 古くいって平城京, 古くいつの時代, 古くうたわれたものと, 古く長屋に, 古くおかしくまた悲しく, 古くお祭の際, 古くかかる物を, 古くかかれている, 古くかたくなつたのとかそれ, 古くから口馴れた成語, 古くきたなくなって, 古くこそなったが, 古くこっちの家, 古くへあれ, 古くさかのぼれば, 古くさびていた, 古くしかも一ばん上等の, 古くすれてたって, 古くそして最も有力, 古くそれに室町時代から, 古くそんな語の, 古くたって新しくっ, 古くだしといふ語, 古くつたつて構, 古くつても何ん, 古くつて厭だなんて, 古くつやぶきんの, 古くては問題に, 古くできた信貴山の, 古くとり統べた心が, 古くどっしりして, 古くない慣れの少い, 古くなささうなすんなり, 古くなすった代償に, 古くなったら三年目, 古くならずにゐる, 古くならないで何時も, 古くなりすぎて風, 古くなりましたんでつい, 古くなり過ぎても段々, 古くなり過ぎた悪い品, 古くなるべきを予言, 古くにせものつくりの陶工たち, 古くのりとと称した, 古くはい母音でを, 古くはがまであつたらしい, 古くはくがね, 古くはたくたのばん, 古くはつぎ記録になつたの, 古くはをちと言うた, 古く関ヶ原近くば, 古くひらけた道の, 古くむしばまれてそこ, 古くもう十四五年も, 古くもつと尊く, 古くもどきの名, 古くやって居る, 古くやはり本物の, 古くごとと, 古くよく絵に, 古くゐる女中などが, 古くどりと, 古くだりまで追いやる, 古くイギリスの産業革命, 古くイタリーのメディチ家, 古くインドにもあった, 古くインド人が試み知った, 古くエキゾチックな校舎, 古くオクスフォード伯の領所, 古くギリシア哲学の歴史, 古くギリシヤ時代から世界, 古くクーセヴィツキーのは演奏, 古くサンジョと呼ばれた, 古くシュライエルマッヘルが神, 古くジケアてふ, 古くジャーナリズムの歴史, 古くジロという語, 古くスコラ哲学に於ける, 古くタレスを見るべきだ, 古くチャールズ一世が発明, 古くからいる, 古くデモクリトスは重罪, 古くハシヒトと訓, 古くパレーは冷たい, 古くといったの, 古くミヅチなる水, 古くメディチ家の記録, 古くモロモリモイと転じ, 古くヰナカ臭いの, 古く一九三七年ごろ書かれたもの, 古く一切のマツリ, 古く一千余年も前, 古く三月の初, 古く三月初めの巳, 古く三階への階子段, 古くの物, 古く上方に住み着い, 古く上衣はすり切れ, 古く上質の唐紙, 古く下谷から湯島台, 古く不審しく思うた人少な, 古く与えられたもので, 古く且つ最も有名なる, 古く世界の中国, 古く訓あった, 古く中音のが私, 古く久しくしかもなお, 古くを自分, 古くによったら, 古く二つの別, 古く二十五家を一社, 古く二千年近くも以前, 古く五位の文官, 古く五島に別れ, 古く京阪地方を中心, 古く人形のほか, 古く人文の跡, 古く今日も彫刻, 古く仏典に出, 古く仕えた下男であります, 古く他所の屋根瓦, 古く他方の立場, 古く伊勢に久求都彦, 古く伏兎という菓子, 古く伝わっている, 古く似た語が, 古く住み慣れた郷里から, 古く住み着いた者の, 古く住む外科医である, 古く住んで常に, 古く住んだ醫者で, 古く住人も少ない, 古く何度も時, 古く佛教が流行, 古く使ったのは, 古く俊頼口傳集上にもいけ, 古くつぽい, 古く俗語の, 古く保食神即ち稲荷, 古く倭国については知る, 古くはここ, 古く入ったのでかかる, 古く八尺以上の馬, 古く八掬脛というもの, 古く其性質一層自然, 古く内地にも行われた, 古くの字, 古く出来たことを, 古く分れた人種と, 古く分布においては馬, 古く刊行法を発明, 古く成子の, 古く前方後圓の古墳, 古くとしては強く, 古く十七世紀ルイ十四世の時代, 古く十八世紀末から出来, 古く千剣破は, 古く南方支那あたりから伝へた, 古く単独に宣, 古く厚みのついた, 古くの儘, 古く又はそれとは, 古く反逆的なもの, 古く叙事詞章の間, 古く古いものは, 古く古く善悪の, 古く仕って, 古く合理化せられた物, 古く同名の郷, 古くの終り, 古く呼ばれた事が, 古く呼んだのでこの, 古く和やかな二十曲, 古く和魂漢才といふ言葉, 古く善悪の言葉, 古く回數も頗る, 古く因縁深き木, 古く固定した祝詞, 古くを建て, 古くに汚れた, 古く土人の技, 古く地中海に瀕, 古く地獄谷の称, 古くが多く, 古く城壁も修理, 古く堯舜時代から法律, 古くに古風, 古く売り込んだ店である, 古く変わるのが, 古く変色したの, 古く夏祭りが最, 古く多く史料の伝わらない, 古く多分はいわゆる, 古く大きいものだ, 古く大きくお寺の, 古く大国に行われた, 古くの時, 古く天上に昇る, 古く天賞堂も古い, 古く太い紐で, 古く太陽崇拝に聯絡, 古く奈良時代のおわり, 古く奈良朝から在った, 古く奈良朝以前の作, 古く奉祀せる渡御前, 古くの名, 古く女子が農耕者, 古く始まった風習でない, 古く嫌われている, 古くは北方, 古く学問という概念, 古くに就いた, 古くで祀った, 古く寂びれた鎌倉の, 古く寂れてるという, 古く尊重すべき詞章, 古く人数しか, 古く就中大宝の前後, 古く尺素往来の所謂, 古く屋台も歪んだ, 古く山行を倶, 古く帝皇以下ことごとくその, 古く平倉義倉等備荒の, 古く幕府に仕へ, 古くべったい, 古くの暮, 古く広いが取り柄, 古く建った当時から, 古くく求めて, 古くが見え, 古く形容詞に結合, 古く形態構図をたくましく, 古く形色各別, 古く漢の, 古くは段々, 古く従ってまた, 古く從つて著名でもある, 古く神楽に, 古く忘れられがちな, 古く思出の淡い, 古く悲しい遠い追懐の, 古く感じ方材料も, 古く懐かしい家の, 古く懐かしく物の, 古く成ったのを, 古く成つた股引へそれでも, 古く成つて長押が歪ん, 古く我が国に存, 古く我邦に流, 古く画は, 古く戦国時代から既に, 古く手垢の附, 古く手斧ケヅリの柱, 古く技倆も上, 古く拓かれた農村であった, 古く持つてゐた, 古く掃除人足や手伝等, 古く撃った鳥を, 古く撓めた幹や, 古くに持廻つた確, 古く支那人の用例, 古く放っておく, 古く放生会が行われた, 古く故実にも明るく, 古く敏達天皇の頃, 古く敬意の表現, 古く文学語として用いられ, 古く断篇であり原詞章不明, 古く詩社に, 古く既にさうした, 古く日本紀の編纂者, 古く旱魃の際, 古く明治四十二年に遡らなけれ, 古く易者が住ん, 古くは店, 古く書名を, 古く書物をとほし, 古く有為な俳優, 古く木目も見えません, 古く本朝無題詩, 古く本質的に實, 古く朽ちてしまいました, 古く朽ちかけています, 古く東北地方に進出, 古く東蝦夷日誌や蝦夷行程記, 古く東西の識者, 古く松拍を行, 古く梵教の外, 古く次に斉人所伝の, 古くの主題, 古くのお, 古く此樂土の名, 古く武装に用いられた, 古く歴史は科学, 古く水津氏と聯繋, 古く汚れた背広を, 古く汚れたる机の, 古く江戸時代からの店, 古く沼村と云つた所, 古く泊橿部または羽束部, 古く法制の備, 古く法師の語, 古く泥んだ仕来りによって, 古くと一心同体, 古く海祇から山祇, 古く海神の祭場, 古く深いのである, 古く渡来した色々, 古く渡邊に仕えた, 古く溯って行け, 古く溯れる様に, 古く演劇の見るべき, 古くから盛, 古く漢代の劉, 古く火災にあっ, 古く哥と, 古くがあり, 古く物部によつて, 古く特別保護建造物となっ, 古く狭い街路の, 古く率直にその, 古く玉屋も古い, 古く王應麟がその, 古く現存の最古, 古く理由があっただろう, 古く理論的動機となった, 古く産所と書き, 古く用いられた実例で, 古く甲記者に比すべく, 古く男女の間, 古く病膏肓に入った, 古く発達したので, 古く白旗を樹, 古く白羊宮と漢訳, 古く皆水神の娘, 古く知り給ふ, 古く知れたものでもと, 古く知れ居るが米国, 古く破風やどっしり, 古くの背後, 古く祝詞に, 古く神主を祝, 古く神官はハフリ, 古く神服女の舞ひといふ事, 古く神道家は解い, 古く祭るに在す, 古く祭場であったこと, 古く祭壇だったと, 古く禁ぜられた国造の, 古くや漢, 古く移民して, 古く穴師神人が幾群, 古く立っている, 古くのや, 古く粗雑に幸福, 古く純粋だと, 古く紫式部が命名, 古く細い松の, 古く経験したよう, 古く經典に見え, 古くいて, 古く署名つきである, 古く聖書にあった, 古く聞いた話でも, 古く能樂以前から一つ, 古く脱落して, 古く臨時のおとな, 古く舊石器時代から人間, 古く芒洋とした, 古くと言, 古く蒸した先祖, 古く英語が学術語, 古く落合に住ん, 古く薄暗くて各, 古く藤村の, 古くを霊, 古く蛇起請も行われ, 古くと呼んだ, 古く行われたらしい痕跡は, 古く衛生上の効果, 古くも古く, 古く西方諸國, 古く見せて光沢, 古く見た人が, 古く見ゆる例と, 古く見れば宣詞, 古く見過ぎてゐる, 古く解する如く水を, 古く解釈する鍵, 古く言語精霊の活動, 古く言霊の信仰, 古く記憶にはっきり, 古く誇らかな家, 古く認められていた, 古く語られる物は, 古く説く所の, 古く縣舞という, 古く譬へば梅若に, 古く貴重な品, 古く賣りこまれた源之, 古く起った写し違いという, 古く越中の所謂餓鬼ヶ岳, 古く足利時代に問題, 古く這入つて来, 古く這入つた千秋万歳の, 古く遅れてしまっ, 古く遊行派のヒジリ達, 古く遡ってもっとずっと, 古く釈き明され, 古く金剛山の聖人染殿后, 古く金宝もて鶏, 古く針木峠をす, 古く錆びが附, 古く錆びた位牌が, 古く錆付いて格子, 古くの色, 古く鎌倉時代おそらく弘安頃, 古く鎮花祭と云う, 古く長音符の用法, 古く開かれたものと, 古く陣中に馬糞, 古く陰欝として深山, 古くていた, 古く非人の名称, 古く非常に古雅, 古く非情のうち, 古く頂上にそういう, 古く頑冥な為, 古く領巾と言, 古く風鎮めの呪法, 古くの知識, 古くと牛, 古くは黒犬, 古く鯨祭に関係, 古く鳥取部万の遺骸, 古く鹿舞と云う, 古く黄帝の世, 古く黄色くなってるの, 古く黒ずんで道場, 古くが生え