青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「判事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~ 判~ 判っ~ ~判らない 判らない~ ~判る 判る~
判事~
~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に 別に~ ~別れ 別れ~

「判事~」 1063, 10ppm, 10482位

▼ 判事~ (267, 25.1%)

5 自分の 4 いった, 思つた, 被告の 3 彼の 2 それを, ボートルレを, 机の, 殿村の, 飛び上って

1 [237件] あの巡査, あの欝陶, あの死体, あわてて, いくらか興味, いずれ不祥, いよいよ得意, かうも, かう思つて, かくも, きっと宣告, くだけた調子, こう云っ, このかなり, この三人, この危険, この回答, この報告, この大, この明智, これを, しばらくわたし, しばらく腕, じっとその, じっと眺め, じろりと氷, そこで, そこに, その中, その前, その申立, その頃清正公前, それから, それとなく気, それまで, それ見ろ, そんなこと, ただ厚い, だしぬけに, ちょっと口, ちょっと言葉, ちらりと相手, ときどき合点, なおも犯人, なお友田剛, なお疑い深い, ふたたび語り出した, ふと思いつい, ますます感心, まるきり心, もう反対, やってきた, よく堪え, シャンマティユーを, シュザンヌに, ジロリと, ストーブの, パトロン・ミネットの, ボートルレと, ボートルレに, 一寸笑つた, 一層威儀, 一生懸命に, 一通り斎藤を, 三年来東京高裁民事部長の, 下に, 不思議がった, 不思議な, 中一日, 中田かまを, 事件を, 二ツばかり, 二・二六による, 二本目の, 些細な, 今回の, 今度は, 今日の, 今正に, 今言いし, 何か, 何かの, 何でも, 何と云, 何も, 何を, 何気なく尋ねた, 例の, 倦める色, 先づ私の, 全く別, 全才能, 其取調べたる, 其後本件陰謀の, 冗談の, 別室に, 原田老, 厳然として, 又書記, 取調べに際して, 口を, 口早に, 右の, 右手の, 呟くよう, 呶鳴った, 唇の, 嘘を, 地面に, 埃も, 多少の, 夢から, 女中の, 如何なるテオリー, 如何に, 威丈高に, 室内を, 宿痾の, 尋ねた, 少しあせり出し, 少しいや, 少しも, 少し怒った, 少年の, 屹と, 床へ, 当時少壮有為の, 彼に, 彼を, 待ちかねて, 徐に放火殺人以下八つ, 徒然に, 心着けられ, 思わず胸, 思わず飛び散った彫像, 息を, 愈々奥の手, 憐れむよう, 或いは家宅捜索, 手を, 振り切る様, 探偵小説家の, 揉手を, 支倉が, 支倉の, 改まった口調, 放免言渡し, 放火の, 新聞記者に, 早速承諾, 明智が, 昨日と, 昼の, 暗い顔, 更におだやか, 書記に, 書記を, 最初杖を, 有名な, 服装につき, 東京以来棚田判事と, 果してどの, 椅子の, 検事と, 検事と共に, 欄干について, 次の, 気がかりな, 沈思熟考の, 深く考え, 潮十吉と, 無邪気に, 物々しい有様, 特別に, 猶お, 獄則を, 生きた人間, 甥を, 男の, 番人と, 病人が, 皆その, 益々苦い, 目星き, 目科の, 直に拘留状, 直に本, 相変らず, 眉を, 眉根を, 着いた, 知らず少く, 知らなかったけれど, 立ち停つた, 笑い出して, 答えた, 約束した, 綿貫という, 翌四月七日, 聞取書, 聴く耳, 肉の, 胸を, 自分自身から, 苦笑を, 落ちつき払っ, 葡萄栽培者組合の, 蝋燭を, 衝と, 裁判に関しては, 裁判官に, 親友の, 親友井沢判事の, 言いノート, 言うの, 言った, 訳の, 誰に, 警察署長と, 趣味の, 迷って, 進んで, 邸へ, 鋭き一問, 鍵を, 電車問題を, 静かに, 静に, 顔に, 飽迄も, 餓死し, 首を, 驚いたよう, 驚いて, 高い台, 黙って, 鼠を

▼ 判事~ (194, 18.3%)

7 前に 6 手に 5 前へ, 書記が 3 ところへ, 前で 2 一行は, 前でも, 手を, 手許に, 方を, 疑ひは, 眼にも

1 [151件] うしろに, うちでも, うわさに, ごく簡単, ごとき人物, ごとく死する以外, すべての, ところへまで, ほうが, ほうは, ほうを, もとに, やうに, アニーシインが, ザムエル・クンツと, トレヴォが, フランシスコ, 一行の, 不思議なる, 乗って, 乗馬鞭の, 予審に, 事件に対して, 事件は, 云う一言, 令状でも, 令状を以て, 作曲上の, 係で, 傍らに, 傍を, 公平周到なる, 判決とか, 判決の, 剃刀の, 勇敢さは, 勧めによって, 取調の, 取調べが, 取調べその他によって, 取調べの, 取調べも, 取調べを, 口から, 口元に, 同意を, 名で, 周到なる, 呼出しを, 命令によって, 問を, 問題が, 国枝氏が, 大苦心, 大邸宅, 如く思ひ從つて江戸町奉行, 姿も, 娘たちの, 子供たちが, 子息で, 孫たちの, 孫たちを, 家内に, 尋問する如く, 尾佐竹君から, 屈従によっても, 屍体の, 岡さんが, 席に, 帰って, 待ちに, 御調べ, 心理試験が, 息子たちと, 息子たちとは, 悲劇は, 意の, 意気込みにも, 感情は, 感情を, 態度が, 態度は, 所へ, 手中に, 握って, 文書です, 方からは, 方が, 方で, 方のは, 書斎に, 書記と, 書記生なり, 最も残念, 本当の, 机と, 机の, 来訪を, 来訪以来同家に, 棚田晃一郎氏だけは, 検閲を, 死が, 気もちも, 気を, 気持ちを, 決定を, 法服が, 法的解釈を, 洒落で, 無事を, 無識, 狼狽の, 理智は, 疑ひを, 目的が, 目的は, 私生活との, 立派な, 第一回, 紹介で, 考へで, 自然な, 苛酷や, 表情が, 襟元にも, 見方に, 親友である, 親戚で, 言われたこと, 言を, 言葉に, 言葉に従って, 言葉の, 訊問あり, 訊問が, 訊問中にも, 許しの, 許へ, 調書にも, 論告の, 論理整然たる, 質問に対し, 質問の, 足許に, 追及益, 邸宅においても, 鋭い訊問, 頼みに, 顔, 顔を, 顔色を

▼ 判事~ (87, 8.2%)

2 お米, かわりでも, 云いました

1 [81件] あったが, あの品, いった, きたか, これを, そう云っ, そっと卓上, その告訴状, つぎに, どこかの, まず口, やって来て, ニヤニヤ笑い, ピョーストロヴォ村で, ホッと, 一人法学士が, 一案を, 丁度今, 七睡, 三人と, 両花道, 之に, 云い終ると, 今では, 偶然現われる, 公平周到を, 出動し, 出張し, 出張に, 前菜の, 力を, 十六人ハチマキを, 取調べたが, 叫んだ, 向いに, 向うの, 問わず語りに, 声を, 子どもを, 密行し, 尋ねました, 尋ねると, 少なからず驚い, 屋根裏に, 引用し, 当惑の, 彼らを, 彼を, 後で新聞記者, 急行する, 恭, 或る, 抜擢され, 昔の, 書類を, 有名な, 有罪と, 村, 来たこと, 来て, 来れば, 来客の, 特に選ばれた, 特別に, 犬主を, 相談相手に, 示した聯想診断, 私を, 突然に, 答へ, 考えた, 自宅の, 苦心調査に, 見逃す気遣い, 言うよう, 言った, 訊問する, 許して, 警官を, 青い顔, 駈けつけて

▼ 判事~ (71, 6.7%)

2 向って, 逢った

1 [67件] いうやら, いった, お会いし, こういう警語, こう云われた, こう答えた, つれられて, どう響いたであろう, なった, なったという, なったとき, なった奴, なって, なつて, なるか, なれぬとかいう, はき, われわれの, 仕事を, 任ぜ, 任命した, 会いましたので, 会って, 伝えたその, 何か, 依存する, 取っては, 告白した, 報告し, 女を, 好感を, 家宅捜査令状を, 対したの, 小腰を, 強制処分を, 強請るが, 復職せしめた, 志を, 憫み, 戒厳令という, 手紙を, 打ち懸らんず気色, 担がれて, 拒絶された, 提出し, 教へ, 本件の, 次の, 浮世ばなしを, 深甚の, 犬が, 甚だ片意地, 発見された, 登用された, 目配せする, 答えた所, 聞いた, 言おうもの, 訊問され, 訊問せられた, 訴えるわけ, 話し出そうと, 調書を, 警視が, 賛同した, 転任し, 逢って

▼ 判事さん~ (55, 5.2%)

1 [55件] お聞きなさい, がお, がおっしゃった, がちょっと, が何, が呟き, が私, が立っ, が重っ, この名画, この邸, じゃもうすっかり, だって僕, だという, とか検事さん, とがその, との間, と顔, どうかご, など五人, にお伝え, にこそこそ, にこの, に渡す, のお, のこと, のところ, のほう, の云っ, の前, の命令どおり, の手際, の本, の苦労性, の話, の邪推, の顔, はあくまで, はたいへん, はほんとう, はよく, は二三人, は何, は始終, は広間, は特に, は私, は言下, は諸君, は黙っ, もいた, もっと気, も検事さん, も首, 思い出して

▼ 判事~ (48, 4.5%)

2 お友達, 検事が

1 [44件] いえども, その一味, その黒幕, なった, なるに, カンテロン秘書と, ガニマールとは, ガニマールは, ガニマール探偵とは, ジュッド医師は, ラスコーリニコフの, 一名の, 一緒に, 主任警部が, 二人きりで, 云はれた, 侍講との, 判事の, 友達だった, 対坐し, 市長だけが, 弁護士とに, 弁護士との, 弁護士の, 当時検事であった, 意味あり, 懇意でし, 懇談の, 探偵は, 書記という, 検事の, 検事は, 決闘す, 特高課の, 相談の, 組んで, 結婚せり, 良人が, 被害者の, 親密な, 警官も, 辯護士とを, 顔を, 高等学校時代の

▼ 判事~ (34, 3.2%)

6 検事も

1 [28件] その動機, ない, また同じ, みんな夢中に, やって, 之を, 事件の, 井沢判事も, 今は, 僕の, 全く晴れ晴れ, 其女房孝行に, 同じ思い, 同席で, 大ぶ, 屹と, 必要である, 無下に, 現れず新聞記者, 秘書も, 若干おこまりだった, 茫然自失一言をも, 見当らず恐らく, 解し難い, 警察官も, 警察署長も, 釣込まれて, 防禦の

▼ 判事~ (26, 2.4%)

2 して

1 [24件] ご存じな, すっかり感心, つかまえては, 使って, 入れまた, 初め刑部に, 初め書記や, 動かそうと, 勤めて, 呼んで, 命ずべき旨, 地境へ, 引き止めんこと, 怒らせるため, 指さすの, 睥んだ, 知って, 経て, 苦しめた, 見た, 見上げた, 説きつける為, 逆立ちさせて, 集めて

▼ 判事~ (19, 1.8%)

2 警察医や

1 [17件] みんなが, ウエルス女史の, 兵士や, 弁護士たちも, 恒川警部に, 探偵を, 教授技師という, 検事たちが, 検事の, 検事は, 検事や, 検事連に, 証人や, 警官連の, 警察の, 警察官に, 議会は

▼ 判事~ (11, 1.0%)

1 [11件] がぼんやり, が出廷, が討議, と低, の円形席, の寛大, の方, は余り, は各自, は室外, は立派

▼ 判事から~ (9, 0.8%)

1 一応の, 大宮県知事に, 審問が, 引ったくり, 承はりました, 検事の, 聞いて, 貞を, 辛辣な

▼ 判事には~ (9, 0.8%)

2 被告の 1 また以前, 分らなかつた, 婆さんの, 幾分の, 急に, 漸く朧げ, 言ったん

▼ 判事たち~ (8, 0.8%)

1 が乗った, の中, の意見, は互に, もはじめて, も二つ, を乗せ, 答えて

▼ 判事として~ (7, 0.7%)

1 すでに起用, でなく一個人, 在任した, 在職した, 大阪地方裁判所に, 最も正しい, 来た人

▼ 判事章房~ (7, 0.7%)

1 がいつのまに, が反対, ぐらいな, だけにその, の下手人, の出入り, の身

▼ 判事~ (6, 0.6%)

1 からかける, と法廷, に駆け寄り, のうしろ, の上, の椅子

▼ 判事検事~ (6, 0.6%)

1 が御, が極端, などが警察官, の一行, の法官達, は赤

▼ 判事でも~ (4, 0.4%)

1 ございません罪, ない, 尋問を, 彼の

▼ 判事エガアトン~ (4, 0.4%)

1 がいう, がいた, のもと, は念入り

▼ 判事~ (3, 0.3%)

1 あるいは重要, 何かが, 檢事か

▼ 判事さんあなた~ (3, 0.3%)

1 がまだ, のその, はそれ

▼ 判事~ (3, 0.3%)

1 ダートムーアの, 地主でも, 男と

▼ 判事という~ (3, 0.3%)

1 たいへん親切そう, 人顔を, 資格である

▼ 判事とも~ (3, 0.3%)

1 ひそかに, 極めて和気藹々, 資性温厚学者肌の

▼ 判事などの~ (3, 0.3%)

1 公卿が, 子息たちに, 群を

▼ 判事~ (3, 0.3%)

1 僕が, 示しました, 贈ったの

▼ 判事ウィッツナアゲル~ (3, 0.3%)

1 ある若い, はサンドウィッチ, は手近

▼ 判事~ (3, 0.3%)

1 がなにか, の職, は大いに

▼ 判事さまがた~ (2, 0.2%)

1 の公平, は善意

▼ 判事その~ (2, 0.2%)

1 人が, 人さえも

▼ 判事~ (2, 0.2%)

1 からね, と知る

▼ 判事だの~ (2, 0.2%)

1 何だ, 大臣だの

▼ 判事としては~ (2, 0.2%)

1 一寸世間, 勿体ない程

▼ 判事にも~ (2, 0.2%)

1 なった経験, 思へなかつた

▼ 判事によって~ (2, 0.2%)

1 他被告, 指摘され

▼ 判事に対しても~ (2, 0.2%)

1 彼は, 私は

▼ 判事ロザルスキー~ (2, 0.2%)

1 に贈られた, は名

▼ 判事~ (2, 0.2%)

1 我清氏によって, 我清氏は

▼ 判事司法主任~ (2, 0.2%)

1 の三人, を招き寄せた

▼ 判事~ (2, 0.2%)

1 は之, は司法権

▼ 判事~ (2, 0.2%)

1 の云う如く, は表現

▼ 判事~ (2, 0.2%)

1 の一行六名, の推量

▼ 判事総長~ (2, 0.2%)

1 に進み, は泰然自若

▼ 判事自身~ (2, 0.2%)

1 でさ, の場合

▼ 判事試補~ (2, 0.2%)

1 にまでなった, の月給

▼1* [130件]

判事あたりが慨世的, 判事からで訊問の, 判事からの仕払請求書, 判事からは返事が, 判事くらいに見えた, 判事さんお願いだから, 判事さんそこを探さなけれ, 判事さんレイモンド嬢を警戒, 判事さん今日は土曜日, 判事さん僕は種々, 判事さん出来事を一つ一つ, 判事さん敵はもうこそこそ, 判事さん本当なの, 判事さん犯人は初め, 判事さん私が室内画家, 判事ずれの分際, 判事そして警官や, 判事たるべきものです, 判事だけがそっと会い, 判事だったばかりでなく, 判事であったことも, 判事である貴族出の, 判事でさえも見わけること, 判事で御座いましたが事件, 判事とかの卵みたいな, 判事としての土屋総蔵も, 判事とてもその主張, 判事とに作成させる, 判事との間も, 判事とを兼ねて, 判事どのは俄, 判事のか, 判事など十四五人が, 判事などが駆けつけた, 判事などに話せば, 判事なにがしのため, 判事ならん判事より, 判事については何ら知る, 判事にとつて此の, 判事に対する思い出を, 判事はねぢ曲げた, 判事へも懐旧の, 判事また高潔で, 判事まで栄達した, 判事みたような, 判事もう何もかも白状し, 判事ゆえ訴訟に敗れし, 判事より少し離れたる, 判事よりも威厳に, 判事ウィッツナアゲル氏が不意, 判事カラ叱ラレ判決, 判事ガスコイン皇太子を禁獄, 判事シイグミラア弁護人其の他, 判事セミヨン・イワーノヴィッチ・カチャリニコフがある, 判事ドクトル・アルフレット・ウィッツナアゲル氏と娘アンナ, 判事パーカーに警察, 判事ロザルスキー氏の許, 判事一人の書記, 判事一行の出動, 判事三浦襄のペンネーム, 判事二町博士一町六段史生六段の類, 判事以下弁護士書記に到る, 判事公証人大会堂の司祭, 判事其人が公平, 判事加藤祖一の妻, 判事勤むる人あり, 判事同僚井沢判事と決闘, 判事因藤実に対し偏頗, 判事報道部ショクタク情報局ショクタク保護監察所のエライヒト, 判事大江山捜査課長の顔, 判事大江山捜査課長帯広警部をはじめ多数, 判事姿を見せよ, 判事に逗留中, 判事に二通, 判事宮木鐘太郎氏で立会検事, 判事居ねむり大したもの, 判事山口署長以下皆こうした犬田博士, 判事山口署長司法主任私服特高課員二名のほか, 判事山口署長特高課員司法主任立会いの, 判事山崎大尉の君, 判事左団次の久我, 判事帆村探偵それから本庁, 判事平林書記を随, 判事において先刻, 判事控室で判事, 判事末弘嚴石氏外數名に之, 判事東京地方裁判所判事潮恒太郎同河島臺藏, 判事松岡書記福岡警察署より津川警部, 判事松田道夫君は昔年津山, 判事検事弁護士看守死刑執行人教誨師等は四十八時間熟睡, 判事検事書記弁護士及び各, 判事検事等は一段, 判事検事警官の一行, 判事検事辯護士なんぞも来るだらう, 判事検事鑑定人弁護士新聞記者等五十余人の一行, 判事が東京区裁判所, 判事様私は昨日, 判事殺しをあの, 判事殿御存じのとおり, 判事殿私は決して, 判事気色打ち解けて, 判事水谷由章の手, 判事清澄の息子久我, 判事潮恒太郎同河島臺藏, 判事現実の群集, 判事生活から来る, 判事神奈川県知事租税権頭及び元老院幹事等, 判事神奈川縣知事租税權頭及び元老院幹事等, 判事章房どのを数日, 判事等係官一行が急行, 判事署長と何事, 判事若いころは, 判事若杉浩三氏は若い, 判事裁判所書記の一行, 判事見たような, 判事試補マイヤー君が宿, 判事試補試験にパス, 判事試驗に首尾, 判事諸公が, 判事諸君しばらく聞い, 判事諸君被告を放免, 判事警察官が猶, 判事警察署長その他の有力者六十余名, 判事警視庁の戸山, 判事と呼ばれ, 判事邸内の人間, 判事閣下の頭, 判事阪直人氏の宅, 判事陸海軍の將校, 判事饗応のため